2010年09月29日

フリーター、家を買う。 第1話

三流私大を卒業した武誠治(二宮和也)は、部品会社に就職したが、社風になじめず、たった3ヵ月で辞めてしまう。

中堅商社で経理畑ひと筋に働いてきた父・誠一(竹中直人)は、何故相談もなく勝手に辞めたのか、と誠治を怒鳴りつけた。専業主婦の母・寿美子(浅野温子)は、誠治が自分で決めたことだから、と言ってかばった。誠治は、その気になればすぐに就職できると軽く考えていた。

しかし、就職活動は思うようにいかなかった。誠治は、とりあえずアルバイトを始めたものの、人間関係が上手くいかないとすぐに辞めてしまい、バイトを転々とする日々を送っていた。誠治の姉で、開業医のもとに嫁いだ亜矢子(井川遥)は、自堕落な弟の行く末を案じていた。それでも寿美子だけは、誠治を信じて見守っていた。

 そんなある日、寿美子のようすがおかしくなる。寿美子は、食品が散乱したキッチンに座り込み、「ごめんなさい今日も死ねませんでした」と何度も繰り返していた。寿美子が重度のうつ病であることを知った亜矢子は、原因に心当たりはないのか、と誠治と誠一を問い詰める。すると誠一は、すべて誠治のせいだと言い出す。

 寿美子に心配をかけたことを悔やんだ誠治は、再就職することを決意し、その準備資金作りのために、大悦貞夫(大友康平)が経営する大悦土木でアルバイトを始める。そこで誠治は、大手ゼネコンの社員の千葉真奈美(香里奈)という女性と出会った。誠治は、自分がここのバイトに来たのは、就職活動や通院中の母親に付き添うために融通が利くからだ、と真奈美に話す。すると真奈美は、誰に言い訳しているのか、と言い放ち、自分はこの仕事がしたくてここに来ている、と告げる。

 誠治は、慣れない仕事のせいか、工事現場で思うように作業をすることができずにいた。そんな誠治の脳裏に、誠一や真奈美らの言葉が浮かんだ。そのとき誠治は、寿美子だけがいつも笑顔で自分を見守ってくれていたことに気づき…。



フリーター、家を買う。 TOPへ
各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『フリーター、家を買う。 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(12) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モリのアサガオ 新人刑務官と或る死刑囚「絆」の物語 第1話

研修期間を終えたばかりの新人刑務官 及川直樹(伊藤淳史)は、東京西拘置所の処遇部に配属され、凶悪犯ばかりが収容されている死刑囚舎房を担当することになる。死刑に怯える者、自分の罪と向き合い償いの日々を送る者、全く反省せず開き直る者…。死刑囚たちを前に直樹は不安と戸惑いを覚える。
その日、全員に大福餅が配られることになり、直樹は大福を配って歩くことに。死刑囚の石峰(六平直政)の所へ配りに行った時、無理やり大福を取られそうになった拍子に直樹は石峰の分の大福を落としてしまう・・・。

石峰の傍若無人な態度に怒りを覚えた直樹は数が決まっているからと、石峰に大福を渡さずに舎房を後にする。

ちょうどその日、10年前に殺された自分の両親の仇を討って1年間の逃亡生活を送っていた“平成の仇討ち殺人犯”渡瀬満(ARATA)が出頭し逮捕される。直樹と満は少年時代、同じ野球チームに所属していたことがあった。当時、直樹にとって満はあこがれのヒーローだった。
しかし15歳の時、満は強盗に押し入った田尻勝男(斎藤歩)に両親を殺され、自らも右肩を刺されたことで野球ができない体になってしまった。妹とともに施設に預けられた満は、復讐の時を待ち、出所した田尻を切り殺したのだった。

しかし、そこには2つの死体があった。田尻は娘を抱えていたのだ。満は田尻だけではなく、娘も切り殺した。満が娘をあえて巻き添えにしたのか、それとも娘には気づかずに巻き込んでしまったのか…これから始まる渡瀬満の公判ではその点がポイントになってくる。直樹は子供のころを思い出し、複雑な気持ちになるのだった…。

翌日、直樹は石峰のために大福をもっていくが、石峰の房はもぬけの殻。
直樹の知らない間に石峰の死刑が執行されていたのだった。死刑の執行は必ずしも刑が確定した順で行われるのではない。石峰の執行を知った直樹は大好物だった大福をあげなかったことで罪悪感にかられる。
そんな直樹に若林(塩見三省)が声をかける。若林は執行の前に石峰が大福をうまそうに食べたことを告げ、死刑囚との接し方に悩む直樹に「刑務官も死刑囚も人間。人間対人間の付き合いなので、長い時間をかけて答えを自分で見つけるしかない」との言葉を投げかける。

翌日、直樹は香西忠伸(中村獅童)という死刑囚に便せんを渡す。
香西は不良グループのリーダーで、リンチによって少年3人を殺害した主犯として死刑が確定した死刑囚だ。最初のうちは荒れていた香西だったが、今は毎日、被害者遺族に手紙を書き続けている。その姿は盲目的にも思えるほどで便せんにひたすら文字をしたためていた。

ある日、そんな香西に被害者の母から初めての返事がくる。直樹は香西の想いが伝わったのだと嬉しくなり、「これでもう手紙を書かなくてもいいんですね」と激励する。
しかし翌日、香西は便せんを飲み込んで自殺を図ってしまう。
とまどう直樹に、深堀は「お前がおいつめたんじゃねぇか」と言い放つ。直樹は、ひたすら手紙を書き続けていた香西を励ましたつもりが、彼に生きる目的を失わせるようなことを言ってしまったのだと気づき、一命を取り留めた香西のもとを訪れる。

香西は、被害者の母親の手紙を読んで、より一層、どれだけのお詫びをしてもどうしようもないことを思い知ったと語る。殺人を犯した自分がこうして生き続けていることが申し訳なく、死んでお詫びをしようとおもった…しかし死ぬことすらできなかったと…。

直樹はどんな言葉をかけてあげたらいいかわからず、香西の手をにぎるのだった。

そんな中、渡瀬満が東京西拘置所に移送されてくることに・・・。
いよいよ渡瀬満の公判がこれから始まるのだった。


モリのアサガオ 新人刑務官と或る死刑囚「絆」の物語 TOPへ 各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『モリのアサガオ 新人刑務官と或る死刑囚「絆」の物語 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(7) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

流れ星 第1話

新江ノ島水族館に勤める岡田健吾(竹野内豊)は、婚約者の相澤美奈子(板谷由夏)との結婚を控え、幸せな気分でいた。

同じ頃、槇原梨沙(上戸彩)も、恋人の藤代誠(大東俊介)から両親に会ってほしいと言われ、笑顔になる。と、そんなとき、梨沙の携帯電話が鳴った。誠には秘密だが、梨沙はイメクラで働いており、電話は出勤の催促だった。

翌朝、梨沙が帰宅すると、兄の修一(稲垣吾郎)が部屋にいた。修一は、借金を梨沙に押し付けたまま姿を消していたが、返済のめどが立ったという。それを信じない梨沙が金を見せろと迫ると、修一は逆に梨沙の財布を奪おうとする。もみ合ううち、イメクラの名刺が落ち、それを見られてしまった梨沙は、部屋を飛び出した。がむしゃらに走った梨沙は、気づくと新江ノ島水族館の前にいた。水族館に立ち寄り、クラゲの水槽の前にやってきた梨沙は、ふわふわと漂うクラゲたちに心を奪われる。やがて閉館時間になるが、それでもクラゲに見入っていた梨沙に、健吾が声をかけた。

一方、高校の美術部に所属する健吾の妹のマリア(北乃きい)は、親友の安田瑞希(川口春奈)とおしゃべりに興じていた最中に、突然、意識を失い倒れてしまう。病院で目を覚ましたマリアに、担当医師の神谷凌(松田翔太)はやさしい笑顔を見せる。
神谷は、病院にやってきた健吾と母の和子(原田美枝子)に、このままではマリアの余命は1年ほどだろうと告げた。マリアは肝臓の病気で移植を必要としているのだ。健吾と和子は、自分の肝臓を使ってほしいと言うが、検査の結果、ともに不適合であると判明した。肝臓のドナー候補は、6親等以内で血縁のある者か、3親等以内であれば血縁でなくても構わないという。健吾と和子は、親戚を当たるが、誰からもいい返事はもらえなかった。
マリアは、同じ病棟に入院している落語好きの少年・沢村涼太(桐山照史)と知り合いになる。

そんな日の夜、美奈子と夕食の準備をしていた和子は、美奈子に、マリアのために肝臓をわけてやってほしいと切り出す。突然、土下座をして頼まれた美奈子はとまどい、言葉を発せない。と、そこへ、健吾が帰ってきた。事態を知り驚く健吾を尻目に、美奈子は岡田家を後にする。

一方、梨沙は、修一の借金を返し終え、遂にイメクラを卒業した。その足で誠に会い、笑顔でグラスを酌み交わした。すると、そこに修一が現れた。なんと、修一と誠はすでに顔なじみで、料理店の出店を計画している誠は、儲かると言われ、出店資金の300万円を修一に預けていたのだ。驚いた梨沙は、修一に返金を迫るがはぐらかされ、さらに、イメクラで働いていることを誠に明かされてしまう。ショックを受けた誠は、店を飛び出していく。

絶望した梨沙が、新江ノ島水族館の裏の海岸でひとり酒を飲んでいると、健吾がやってきた。健吾は同僚の川本順二(杉本哲太)に仕事のことで水族館に呼び出され、帰るところだった。酔った梨沙は健吾に、クラゲには脳がないんだ、と話しかける。それは先日、水族館で健吾が梨沙に教えてやったことだったので、健吾は笑ってしまう。健吾が水族館の人間だと気づいた梨沙は、頼み込んで閉館後の水族館へ入れてもらう。ミズクラゲの水槽の前で足を止めた梨沙は、死んだら溶けてなくなるというミズクラゲを、じっと見つめていた。

翌日、梨沙は、再びイメクラにやってくると店長の白井(光石研)に土下座をして300万円を前借した。そして、それを誠に返すが、誠からは別れを告げられてしまう。

同じ頃、健吾は、美奈子から家族にはなれない――つまり、マリアのドナーにはなれない、と告げられた。
その日の夜、帰宅した梨沙は、アパートの前に停められた高級車から、修一が部屋に上がっていくのを見た。修一を追いかけるように部屋に入った梨沙に、修一は誠と仲直りできたか、と悪びれずに聞いた。怒りが爆発した梨沙は、包丁を持ち出すと、修一めがけて突進する。修一が避けると、梨沙は自分を刺そうとした。修一が包丁を取り上げようとしてもみ合ううち、修一は手のひらを切ってしまう。ハッとした梨沙は、包丁を放すと、部屋を飛び出していく。
泣きながら街をさまよいフラフラになった梨沙が行き着いたのは、踏切だった。遮断機をくぐり踏切内に入った梨沙は、電車が来る方に向かい立ち尽くす。

と、1台の電車が迫ってきた。梨沙は目をつぶり、電車が来るのを待つ――。と、ふいに誰かに腕を引っ張られた。梨沙は、咄嗟にその手を払うが、その手は離さず、梨沙の体は踏切の外へ投げ出された。梨沙を救ったのは、健吾だった。
余計なことをしやがって、と言う梨沙に、健吾は、借金の額を尋ねる。そして、それを自分が肩代わりするから、家族になってほしい、自分と結婚してほしい、と頼む。驚く梨沙を見つめた健吾は…。



流れ星 TOPへ
各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
タグ:流れ星

『流れ星 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(13) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PERFECT REPORT 第1話

とあるボーリング場でゲームを楽しむ1人の女、蒼山叶(松雪泰子)。彼女は、CTN(キャピタル・テレビジョン・ネットワーク)の報道部員。

そのころ、CTN報道局遊軍取材班に、局の看板アナウンサーの奥澤緑(相武紗季)が異動して来る。バラエティーを中心に活躍していた奥澤は、ヘルプで担当した緊急ニュースの原稿を読み間違え、勉強のためと報道に回されたのだ。配属された遊軍取材班は、報道局でも"お荷物"扱いされる者が集まる部署だった。

ボーリングを終えた蒼山は、偽装問題が発覚した食品会社社長の記者会見場へ。自分は知らなかったと弁明する社長に、きつい一言を浴びせた蒼山は自前のデジカメで、ある映像を記録する。

報道局に戻った蒼山は、ニュース編集部・デスクの黒井彰(平山浩行)に、食品会社の会見で押さえた映像を見せる。映像には、謝罪会見をあざ笑うかのような社長のしぐさが映っていた。しかし、蒼山に他の部員から、お前はもう社会部の人間ではないと声が飛ぶ。どうやら、蒼山は自身の遊軍取材班デスクへの異動を忘れていた様子。そんなところに、宮島総理(石橋凌)が、米国務長官との会談を目の前に官邸から失踪したとのニュースが舞い込む。いつもの癖で、早速その取材に出かけようとする蒼山だが、黒井から遊軍取材班で多摩川に再び現れたアザラシの取材に行くよう追い払われてしまった。

遊軍取材班では、異動初日から遅刻しているデスクの話題で持ち切り。カメラマンの黄田功(要潤)、ベテラン記者の白石弘(小日向文世)、ADの桃井祐(遠藤雄弥)、カメラ・アシスタントの紫村健(小柳友)、そして奥澤がのんびりとデスクのうわさ話…ほとんど悪口…を話していると当の本人、蒼山が現れた。するとあいさつもなく、矢継ぎ早にアザラシの取材を命令。班員たちは、名前ではなく"部外者面"、"愛想笑い"…など、見た目で即座にあだ名をつけて指示する蒼山にあ然としながら、早くも不信感を抱く。

炎天下の多摩川で取材する遊軍取材班は、蒼山への不満たらたら。その蒼山は、取材車の中で、行方不明となった総理に関する緊急特番に見入っていた。結局、アザラシは見つからずに引き上げようとすると、緊急特番は総理が戻って来たと報道。CTN政治部記者の赤坂衆(小出恵介)は、総理の体調不良を伝えているのだが、蒼山はなぜ戻って来たのかが気にかかる。

局に戻った蒼山は失踪直前と復帰後の総理の映像を見比べ、ネクタイに注目。復帰後の総理のネクタイには、ネクタイピンがついていた。遊軍取材班の面々は、取材の手順を次々と繰り出し、自分たちをこき使う蒼山にあきれてしまう。

翌朝、総理の囲み会見に顔を出した蒼山。勝手な取材は迷惑だと怒りをあらわにする赤坂にも、遊軍取材班はあらゆる部のヘルプだと平然としている。

ネクタイピンは、市販されているものではなかった。蒼山は、総理の経歴の書かれた資料を遊軍に示し、どこかでオーダーメイドしている可能性があると調べさせる。白石と紫村は蒼山の命令から逃れるため、アザラシの取材に向った。そこで2人は、昨日の午後、息子が総理の姿を見たと言う主婦の証言を得る。局に戻った2人が昨日の撮影テープを調べると、不審な清掃車を発見。それは、政府専用の清掃車だった。しかし、白石はこのことは蒼山に報告しなくて良いと紫村に言う。

桃井は、ネクタイピンが総理の在籍した大学のラグビー部のものだと突き止める。蒼山は、白石と奥澤を大学へと向わせる。 2人は、ネクタイピンは総理在籍時から20代後の選手が大学選手権で優勝した時に作ったものだとわかった。その代の選手で総理と接点のあった人物を調べるがいなかったが、連絡がつかない選手は3人いた。

一方、白石が隠していた清掃車の件を知った蒼山は、自分たちが取材していた場所から推測して総理が向った先の病院や医療施設を調べると遊軍に命令。だが、これまでの蒼山のやり方に、もはや着いていこうとするメンバーはいなかった。1人、病院を調べる蒼山はとある病院の入院患者から、連絡のつかない選手の1人、早川(深水元基)が、総理が姿を消した日に亡くなっていたことを突き止める。蒼山はその事実を総理補佐官の滝田(中丸新将)に尋ねるのだが、答えは得られない。しかし、蒼山は滝田から総理が通う理髪店を教えられた。その理髪店で、蒼山は全てを知ることになる。

遊軍に戻った蒼山は、カメラをかついで大学へと向おうとする。すると、白石を除くメンバーが手伝いに来た。そして、その日、総理は緊急記者会見を行って辞任を表明。各マスコミが慌てる中、CTNは蒼山のリポートVTRを流す。VTRでは、総理が元SPの早川を看取りに行ったことを語る。また、総理と早川が同じ大学のラグビー部出身であること。早川が火事の際に総理をかばったことで、寝たきりになっていたことも伝えた。

スクープになったとはいえ、蒼山のルール無視の取材に怒る赤坂は黒井に詰め寄る。すると、黒井は蒼山のお目付け役として遊軍取材班に異動するよう赤坂に命じた。赤坂は、出世コースに乗せてもらうことを条件に渋々と引き受ける。

大スクープをものにした蒼山たち、遊軍取材班は再びアザラシの取材に戻って…。


PERFECT REPORT TOPへ 各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
タグ:PERFECT REPORT

『PERFECT REPORT 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(6) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

獣医ドリトル 第1話

マスコミで活躍するカリスマ獣医・花菱優(成宮寛貴)が、テレビ画面の中で声なき動物の声に耳を傾けなければいけないと語っている。

その頃、高層マンションのベランダから六田徹(伊澤柾樹)の飼い猫が転落し、地面に落下した。
徹は、父・六田一郎(西村雅彦)と、意識不明の重体となった愛猫ラグの為に獣医を探す。
だが、どの獣医も治療は困難だと門前払いで、ペットの為にもと安楽死を勧められる。合理主義者のエリート企業マンの一郎は、ラグを諦めて新しい猫を飼えと言うが、息子の徹は、ラグはこの世に一匹しかいないと抵抗する。
徹は話題のカリスマ獣医・花菱にも治療を頼むが、大忙しの花菱は手が廻らない。
徹を不憫に思った花菱は、あまりお勧め出来ないという前置きをして、『鳥取動物病院』を紹介する…。

時を同じくして、骨折した競走馬の治療依頼のため、紹介状を持った多島あすか(井上真央)が『鳥取動物病院』にやってきた。
獣医の鳥取健一(小栗旬)・通称ドリトルは、無職のあすかに、手術費と術後にかかる維持費として3000万円準備するよう要求する。

あすかが戸惑っていると、意識朦朧の愛猫ラグを抱きかかえた徹が駆け込んできた。
治療費として100万円を要求するドリトルに、徹の父・一郎は高すぎると文句を言うが、ラグを思う徹は承諾する。
ラグの手術で見せたドリトルの巧みなメス捌きは、素人目にも難手術だと判る。見事手術は成功したのだが、手術後も愛猫ラグの昏睡状態は続く。

手術を見学していたあすかは、ドリトルの腕を信用し、競走馬・アスカミライの手術を依頼する。
走っても走っても勝てない競走馬・アスカミライは、亡くなった父の形見であると同時に、就職も出来ず何をやっても失敗ばかりのあすかにとって、自分の投影であり、癒される大事な友達でもあった。
ラグに続き、アスカミライの手術に臨むドリトル。

しかしその後、あすかにとって思いもよらない出来事が待ち受けていた!!
また、手術が成功したにもかかわらず意識が回復しないラグを見かねて徹の父親・一郎は、弁護士を雇って手術費の返金を迫ってきた!その要求を当然拒否するドリトルは…。



獣医ドリトル TOPへ
各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『獣医ドリトル 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(8) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Q10 第1話

高校3年の深井平太(佐藤健)は、ある日誰もいない理科準備室で、眠っている女の子(前田敦子)を見つける。
平太が彼女のある部分に触れると、いきなり女の子が目を覚ました――。

実は彼女は前の晩、校長の岸本路郎(小野武彦)が繁華街のゴミ箱で見つけ、酔ったいきおいで家に連れ帰った子だった。
翌朝、息をしていないことに驚いた校長は平太の担任の小川訪(田中裕二)に助けを求め、理科準備室に隠しておいたのだ。
居合わせた工学博士・柳栗子(薬師丸ひろ子)は、彼女をロボットだと見抜く。
しかし、どこを見ても人間としか見えない。何か秘密があるに違いない。
スキャンダルを恐れた岸本は、ある提案をする。

「このことは4人だけの秘密だから―――」

成り行き上、学校では平太がロボットの面倒を見ることになった。
そんなとき平太は、校長室に入り込んで校長のイスをナイフで切り刻む生徒を目撃する……。


Q10 TOPへ 各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
タグ:Q10

『Q10 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(13) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

検事・鬼島平八郎 第1話

鬼島平八郎(M田雅功)は、伊智地方検察庁に勤める44歳の新人検事。さまざまな職を転々としてきた経歴を持ち、家では姉の遺した2人の子供を育てる鬼島は、伊智地検でも異色の存在。エリート検事の森本真紀(内田有紀)や支部長検事の藤波達彦(松重豊)、若手事務官の越中二朗(濱田岳)や若手検事の土方小百合(西山茉希)、定年間際の検事・木戸勉(田山涼成)らに囲まれながらも、決してマイペースを崩さない。

そんな鬼島は、真紀が担当する小さな横領事件の取調べに立ち会うことに。地元の樋村建設の経理課長・三沢輝男(津田寛治)が会社の金500万円を横領した事件だ。あっさりと罪を認めた三沢に対し真紀が起訴を決めようとした矢先、鬼島は自分の判断で処分の保留を決めてしまう。

「あの人、絶対ウソついてますよ」

検事の仕事は起訴すること――そんな「司法の常識」を微塵も気にせず、真実を知ろうとする鬼島は、唖然とする真紀を尻目に、事件の再捜査を開始。三沢の事件を担当した刑事・小石川悟(金山一彦)に補充捜査を依頼した。渋々ながら捜査を開始した小石川がつかんだのは、三沢がギャンブルや酒に大金をつぎ込んでいたという関係者の証言だった。これが三沢の本当の顔なのか?

納得のいかない鬼島は、護送車の中で三沢を問い詰めると、クルマを三沢の自宅に向かわせる。そして、クルマの窓越しに愛娘の姿を見せつけた。

「あなたがあの娘の幸せ創ってあげな、誰ができるんですか」

その言葉に心を動かされた三沢は、木戸検事の取調べで横領は会社の指示だったと自供した。横領した500万円は、樋村社長(名高達男)から命令された3億円の裏金作りの一部だったのだ。巨額の裏金の存在に伊智地検は大騒ぎに。それを知った東京地検の検事正・敷島康広(石橋凌)も苛立ちを隠せない。そして、受話器を取ると真紀に電話をかけた……。果たして二人の関係は?

そんな騒動もどこ吹く風の鬼島の前に、謎の男・安東正親(ビートたけし)が現れる。安東は鬼島に向かい、こう言い放った。

「調子に乗ってんじゃねえぞ。おまえ、死ぬぞ」

安東の眼光に思わず、たじろぐ鬼島。だが、彼はまだ知る由もなかった。この小さな横領事件が、大事件の始まりだということを。


検事・鬼島平八郎 TOPへ 各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『検事・鬼島平八郎 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

医龍 Team Medical Dragon3 KARTE:01

“医龍”こと朝田龍太郎(坂口憲二)が、明真大学付属病院を去ってから数年――。

明真はかつての野口賢雄(岸部一徳)のスキャンダルで患者が激減、外科医レベルの低下で訴訟が絶えないなど信用は地に落ちていた。新学長となった鬼頭笙子(夏木マリ)は記者会見で教育・臨床・研究を柱に明真の再建を目指すと宣言する。同じ頃、アメリカでは加藤晶(稲森いずみ)が幼い少女の心臓移植を成功させ、外国人教授たちを驚愕させていた。そして、とある戦地では朝田が爆撃により負傷した女性の治療にあたっていた。

明真のERにバイク事故により川に放り出された患者が運び込まれてきた。すぐにオペに入る伊集院登(小池徹平)と木原毅彦(池田鉄洋)だが、手のくだしようのない状況に諦めて閉胸しようとしたその時、オペ室に朝田が現れた。朝田はオペ続行を告げ、見事な手腕で成功させる。見学室では、その一部始終を鬼頭と加藤が見つめていた。さらに鬼頭は藤吉圭介(佐々木蔵之介)が勤める病院を訪れ、明真に戻り再生医療研究を完成させるよう説得。明真でチームドラゴンの復活が噂される中、荒瀬門次(阿部サダヲ)は、1年前に執刀医のミスにより患者を死なせてしまった事件以来、オペには入らなくなっていた。

藤吉の依頼で、明真に17歳の菅谷有希奈(桜庭ななみ)が転院してきた。有希奈は極めて珍しい心臓の病気で、どこの病院でも外科的治療は不可能と診断されていた。新しく来た研修医・真柄冬実(谷村美月)の指導医となった伊集院は、冬実を連れて有希奈の元へ治療方針の説明に行くが、有希奈の「治るんだよね?」という問いに答えることができず目をそらしてしまう。手術日が決まり、有希奈にオペの説明を行う際、朝田が成功の確率は70%と告げたことに驚き、断言したことで訴訟でも起こされたらと不安を募らせる伊集院。しかし朝田は医者と患者を結びつけるのは同意書ではなく信頼だと言い切る。

手術日。荒瀬不在のままオペが始まった。順調に進んでいると思われたが、冬実が有希奈の体温が上がっていることに気付く。有希奈は体温が上がり続ける悪高熱性も患っていたのだ。モニターでその異変に気付いた荒瀬はオペ室にやってくると、朝田に60分でのオペ終了を言い渡し、全身管理を始める。素晴らしいチームワークと腕でオペを進めていくチームドラゴン。手術は成功し、握手を交わす朝田と荒瀬。

同じ頃、野口が明真の鬼頭の元へやってきた。野口は明真の改革案を鬼頭に渡すと、チームドラゴンはやがて必要なくなると不気味な笑みを浮かべた。野口の明真の復帰を聞き、驚く伊集院たち。そんな中、新たな緊急オペが入った。荒瀬に連絡がつかず、代わりの麻酔医でオペを始める朝田。その頃、奇しくもオペ中の患者と同じ疾患を抱えて別の病院に通っていた荒瀬が、帰り道の途中で倒れていた。救急車で明真に運ばれてきた荒瀬はすぐにオペをしなければ助からない状態だったが、朝田は進行中のオペを離れられない。加藤も伊集院も出払っていて、必死で応急処置をする藤吉の手を野口がつかんだ…。

やがて、オペを終え飛び出してきた朝田と連絡を受け駆けつけた伊集院の前を、ストレッチャーに横になっているものの意識はある荒瀬が運ばれて行った。驚く朝田と伊集院に、藤吉は、荒瀬がカテーテルで助かったことを告げた。治療をしたのは、野口がアメリカから連れてきたカテーテル医・黒木慶次郎(遠藤憲一)だった。


医龍 Team Medical Dragon3 TOPへ 各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『医龍 Team Medical Dragon3 KARTE:01』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(12) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都地検の女 第6シリーズ 第1話

50歳の誕生日、人間ドックを受けるために病院を訪れた鶴丸あや(名取裕子)は、かつて女子大生の転落死事件を通じて知り合った女子大の学長・浜田喜久子(山本陽子)とバッタリ再会する。同じく人間ドックのために来院していた喜久子の「200歳まで生きたいわ」という力強い微笑みに、あやは圧倒される…。

 その夜、あやは検察事務官の太田勇一(渡辺いっけい)、上司の高原副部長(蟹江敬三)、京都府警の成増警部補(寺島進)、事務官見習いの斉藤加奈子(小林きな子)らに誕生日を祝福してもらい、気分よく過ごすことができたのだが…なんと翌日、東京で暮らす姑の圭子(有馬稲子)が突然やって来たからビックリ! 圭子はしばらくあやの家に逗留するつもりらしく、“天敵”ともいえる姑の乱入に、あやは困惑するばかり…。

 そんな中、殺人事件の被疑者・田村茂一(山本紀彦)が、あやのもとに送致されてきた。造園業者・飯島康志(藤田宗久)が山林で撲殺された事件で、田村は自分が犯人だと名乗り出てきたという。飯島の直接の死因は頭部の挫傷だったが、死体には電流が流れた痕跡が残されており、事件当夜は嵐だったため、犯人は撲殺したあと落雷死に見せかけようとしたのではないかと考えられていた。だが、当の田村は「電流なんて何のことだかわからない」とあやに言う。

 田村のあいまいな動機や供述に不審を抱いたあやは、自ら事件を調べなおすことに。所轄の刑事・池内(益岡徹)が被害者・飯島の自宅から押収したという3通の手紙に着目する。そのうち2通は“林敬一郎”という人物からで、残りの1通は“林峰生”という人物からだったが、その名前を聞いた太田は、急に興奮する。林峰生(原田龍二)は京都出身の日本人ながら上海に在住、“リン・ファン”の名で中国の現代アート界を皮切りに世界的に注目を集めるアーティストなのだという。

 峰生は個展を開催するため、ちょうど数日前から帰国し、京都に滞在していた。調べると、事件の日、峰生らしきサングラスの男が飯島を訪ねていたことがわかる。

 さっそくあやは峰生に会いに行き、事件当夜のアリバイをたずねると、峰生「ホテルの部屋にいた」と答える。それ以外の質問には黙秘を貫く峰生になす術もないあやだったが、帰り際、峰生のものと思われる靴に目をとめる。“主婦の勘”を働かせ、明らかにおかしい点を見つけたあやは、峰生が何かを隠していると確信し、彼の経歴を調べはじめるが…!?


京都地検の女 TOPへ 各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『京都地検の女 第6シリーズ 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

闇金ウシジマくん 第1話

違法な金利でカネを貸し付ける闇金融業者「カウカウ・ファイナンス」社長・丑嶋(山田孝之)のもとには、もうよその金融機関で借りられなくなった「後がない」客たちが連日窮状を訴えに詰めかける。一方、債務者に対する丑嶋たちの積極的な取り立ても途絶えなく続いていた。

そんなある日、AV女優だった大久保千秋(片瀬那奈)は、故郷の親に心配を掛けないために正社員の職を探している中「カウカウ・ファイナンス」に辿り着く。丑嶋が千秋に出した入社試験はカウカウ・ファイナンスの事務所で正座させられている客を「パンツ一枚にしている理由は」という問題。

千秋は無事入社試験に合格し、カウカウ・ファイナンスに迎えられた。これは千秋にとって、丑嶋たちとともに体験するあまりにも刺激的な日々の始まりだった。彼女が最初にかかわった客は、世間をなめた漫画家志望のフリーター・池田(尾上寛之)だった。

池田はコンビニでアルバイトをしながら漫画家を目指すが、次第に執筆時間は減り、パチスロへとのめり込んでいく。「いつか、きっと・・」と思いながらも借金は膨らみついには闇金融であるカウカウ・ファイナンスにやってくることとなったが…。



闇金ウシジマくん TOPへ
各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『闇金ウシジマくん 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セカンドバージン 第1回

第1回「不実な指」

総合テレビ 2010年10月12日 午後10時放送
BSハイビジョンでは金曜午後6時から放送。

 中村るい(鈴木京香)は、出版業界では名の知れた辣腕プロデューサー。文壇の重鎮・眞垣秀月(草笛光子)の信頼も勝ち得て、社長の向井(段田安則)とともに設立した出版社・新海社を最大手までに育て上げた。とあるワイン会で、るいは17歳年下の金融庁のキャリア・鈴木行(長谷川博己)と出会う。日本の金融市場を改革したいと熱く語る行に興味をもったるいは、彼の著書の出版に向け動き出す。

一方、資産家の娘である妻・万理江(深田恭子)との退屈な生活に疑問を抱いていた行は、るいのことが頭から離れず・・・。


セカンドバージン TOPへ 各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『セカンドバージン 第1回』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(4) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギルティ 悪魔と契約した女 第1話

東京・目黒のオフィスビルから男が飛び降りた。現場を通りかかった警視庁捜査一課の刑事・真島拓朗(玉木宏)は、遺体に容赦なくカメラを向けるフリージャーナリストの堂島基一(唐沢寿明)に苦々しい表情を浮かべる。騒然となるオフィス街。そこから、犬を連れた野上芽衣子(菅野美穂)が人知れず立ち去った。

1カ月後、真島は同僚の榎本万里(吉瀬美智子)から、管理官の三輪周平(モロ師岡)が失踪したことを聞かされる。理事官の宇喜田元(吉田鋼太郎)に捜索を命じられた真島は、手がかりを求めて三輪の家へ。その道中、側溝に落ちた犬が助け出せず困っている芽衣子に出会う。真島はうろたえるばかりの芽衣子を叱りつけ、犬を無事に救出した。

数時間後、銀行員の菅沼俊也(波岡一喜)は謎の女からの電話に脅えていた。「もうやめてくれ。あのときは悪かった」と懇願する菅沼だが、電話は無情にも切れてしまう。同じ頃、カフェの公衆電話の受話器を置いた芽衣子は、店内にいた菅沼の妻・知香(原田佳奈)に近づく。

一方、三輪の家を調べた真島は、1カ月前の飛び降り自殺を報じた新聞記事を見つける。なぜ三輪がこの記事を持っていたのか?不思議に思いながら表に出ると、三輪の失踪を嗅ぎつけた堂島が待ち構えていた。堂島が現場にいたことを思い出した真島は事件についてたずねるが、堂島は答えをはぐらかす。

まもなく、真島は三輪家の愛犬・アンが預けられているペットサロンで芽衣子に再会。彼女はこの店のトリマーだった。出産を控えたアンが飼い主の不在で行き場を失っていることを知った芽衣子は、自分に世話をさせて欲しいと申し出る。その熱意に心を動かされたペットサロンのオーナーの小山内琴美(横山めぐみ)は、芽衣子がこのペットサロンでアンを預かることを承諾する。

そんな折、真島は万里から三輪に関する不可解な情報を聞く。失踪直前、女子刑務所を密かに訪ねていたらしいのだ。さらに三輪は、目黒で自殺した男・北村良和(浜田晃)の家にも現れ、不審な女と犬のことを家族にたずねたという。

翌朝、いつものようにポストから朝刊を取り、駅のホームに向かった菅沼の携帯が鳴り出した。電話の主は芽衣子。向かいのホームにいた知香の背後に迫り、言うことを聞かなければ妻を殺すと脅した芽衣子は「人を陥れた嘘は死に値する。あなたの命で償いなさい」と菅沼に自殺を強要。追い詰められた菅沼は、芽衣子が朝刊にしのばせていた毒薬を飲み、自ら命を絶った。

北村の事件を調べようと目黒署に立ち寄った真島は、菅沼の死を「自殺じゃない!」と訴える知香を見かける。夫が謎の女からの嫌がらせに遭い、自分も犬に襲われたと証言する知香の言葉を聞いた真島は、北村の事件との奇妙な符合に気づく。

その日の夕方、介護施設で暮らす母・千津(岩本多代)を訪ねた芽衣子に忌々しい記憶が蘇っていた。15年前、「私はやってない!」と訴える芽衣子に冷たく背を向けた母…。一方、真島も辛い過去を思い出していた。1年前、真島は後輩の吉井宏太(川野直輝)とともに通り魔殺人の被疑者・溝口猛(金井勇太)を追い詰めたが、ふいを突かれて宏太を殺されてしまったのだ。

深夜、アンの陣痛が始まったと芽衣子から知らせを受けた真島はペットサロンへ。初めての出産立ち会いに戸惑う芽衣子は、真島に励まされながら無事に子犬を取り出した。生まれたばかりの命に穏やかな表情を浮かべる2人…。

夜を徹した出産を終えた朝、真島は菅沼が自殺した駅へ。ホームに三輪の姿を見つけるが、すぐに見失ってしまう。その直後、真島は三輪の家で書き置きを発見。そこには、「警察官として許されない行為をしてしまった。せめて自分の手ですべてを終わりする」と遺書とも読める三輪の懺悔が綴られていた。

やがて、三輪のメモから過去の捜査資料のナンバーを見つけた真島は15年前の事件にたどり着く。それは、未成年の少女が青酸カリを混入したケーキを姉の夫と息子に食べさせ、毒殺した事件。被疑者はノガミメイコ。15年前の芽衣子だった…!


ギルティ 悪魔と契約した女 TOPへ 各話視聴率

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『ギルティ 悪魔と契約した女 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(14) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

SPEC〜警視庁公安部 公安第五課未詳事件特別対策係事件簿〜 第1話

警視庁は、未解決事件の捜査強化のため、捜査一課弐係(通称:ケイゾク)に加え、公安部に未詳事件特別対策係を設立した。通称、ミショウ。通常の捜査一課的手法では、捜査の対象にならないような特殊な事件を主に取り扱う。つまり、証拠がほとんどなく、また、目撃証言もほとんどないプロの犯行によるとされる事件や、国や政治、宗教団体がらみの不可解な事件など、捜査一課では手に余る事件を主に扱う。

ミショウの係長は、野々村光太郎(70) [竜 雷太]。のらりくらりの天才狸と言われた男が、嘱託で係長になった。一見風格もあるし、まず、年寄りを怒鳴るクレーマーはあまりいない。
「まあまあ、今、我々未詳事件特別対策係が全力を挙げて捜査してますから」
と、相手の怒りやテンションを受け止め、ずるずると、ごまかす。そんな効果が期待されての部署なのだ。

そんな野々村の下に、部下がつけられた。トラブルを起こしてミショウに飛ばされてきた二人。問題はあるけど、実力はハンパない。
一人は、当麻紗綾(24) [戸田恵梨香]。頭は異常によく、学校も行かず、塾も行かず、京大理学部に合格。しかも、京大在学中にFBIに何故かもぐりこみ、X-FILEの研究をしてきた変わり種。IQはなんと、201。頭が良すぎるため、上司を小馬鹿にし、しかも、オタクかと思ったら意外にケンカっ早い。ミショウに入って1年で犯人と格闘して大けがを負い、今でも左手はギプスのまんま、というつわものだ。
もう一人は瀬文焚流(36) [加瀬 亮]。現場のたたき上げ。警視庁の花形である警視庁特殊部隊(SIT)に大抜擢され、27歳の若さで小隊長の位置にまで上り詰めた凄腕。銃器の扱いは警視庁で一番、極真空手も師範代クラス。ところが、ある事件が理由で、ミショウに飛ばされた。

当麻と瀬文は、犯人が通常の人間ではないとしたら、どういうSPECの持ち主かと言う前提で、捜査を開始する。「犯人の、特殊な能力 (UNKNOWN SPEC)は何か」を推理し、のうのうと逃げおおせようとしている犯人を追い詰めていく。当麻と瀬文はSPECを逆手にとり、ケンカし協力し合いながらトラップを仕掛け、犯人と息詰まるような攻防を繰り広げていく。



SPEC〜警視庁公安部 公安第五課未詳事件特別対策係事件簿〜 TOPへ
各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『SPEC〜警視庁公安部 公安第五課未詳事件特別対策係事件簿〜 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(15) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FACE MAKER #01

地味な顔の島野佳代子は音信不通になった彼氏、遠藤弘明を探してとあるレストランへ。佳代子は美女の肩を抱いて店から出てきた遠藤に声をかける。遠藤はこの美女と付き合っていると言い放ち、佳代子の顔を罵って去っていく。彼氏に捨てられた佳代子は自分の顔に憤りを覚える。数日後、佳代子はペルソナクリニックを訪ね、別人に変えて欲しいと看護士の霧島京子に懇願。京子は美容整形では限界があると断るが、どの病院でも断られた佳代子は簡単に引き下がらない。すると、京子は秘密を守る事を約束に地下階への黒いキーカードを佳代子に差し出す。地下1階の診察室では白衣をまとった天才美容整形外科医、霧島瞬が待っていた。

 触診後、霧島が照明を点けると、壁にたくさんの顔が並ぶフェイスライブラリーが浮かび上がる。霧島が望む顔に生まれ変わらせてやると告げると、佳代子は恐る恐る壁の顔を見て、1つのサンプルに目を留める。霧島が出した条件は1度オペした人間を2度はオペしないという事。そして霧島は手術の報酬として佳代子の顔をもらうと伝える。そして、佳代子が待つ手術台へ向かう霧島。霧島はアメリカ連邦保安局に所属し、連邦証人保護プログラムによって手術を執刀していた美容整形外科医。姿を変えなければ生命の危機のある要人や重要事件の証人を全くの別人にしてきたのだ。闇の世界では、人に新たなる顔を授ける彼をフェイスメーカーと呼んでいた…。

 1ヵ月後、顔に巻かれた包帯を解かれた佳代子は自分の新たな顔をまじまじと見て霧島に感謝する。霧島はこの顔に飲み込まれるなと佳代子にアドバイスを送る。今後、佳代子は樋口麗美という別人として生きていく事に。街を歩くだけで次々にナンパされ、スカウトからも声をかけられる麗美は男に対して自信を持ち始め、遠藤がいきつけのバーへと出向く。麗美がバーのカウンターで飲んでいると、遠藤が声をかけてくる。遠藤は麗美に熱い視線を送り、必死に口説き始める…。そして、遠藤とデートを重ねる麗美は遠藤の態度が昔と全く違ってやさしい
事に驚く。

 数週間後、遠藤は麗美にダイヤの指輪を渡し、結婚を前提にした交際を申し込む。麗美はキレイになった自分の事なら、遠藤はずっと愛してくれるかもしれないと期待を抱く。その時、遠藤に500万円も貢ぎ騙された女が現れる。麗美はその女性の顔と昔の自分の顔をダブらせ、遠藤が自分を捨てた男だった事を思い出す。佳代子もまた営業成績を上げるための接待費が足りないという遠藤の言葉を鵜呑みにして500万円も渡していたのだ。後日、復讐を誓った麗美は興信所を訪れる。

 興信所職員によれば、遠藤はギャンブルの借金が数千万あり、火の車だという。数日後、麗美は遠藤を連れて超高級マンションのモデルルームを見学。麗美が物件を気に入った事を伝え、結婚という言葉をちらつかせると、遠藤は困惑しつつも何とか手付金の1500万円を用意すると約束する。

 そんな時、麗美の前に霧島が現れる。霧島は佳代子の顔を売った事を麗美に報告。麗美は誰に売ったか訊ねるが、霧島は答えられないと言って去っていく。数日後、麗美がまだ手付金を支払っていない遠藤に結婚の延期を匂わせると、慌てた遠藤は会社から借りて手付金を用意すると麗美に約束する。遠藤は会社の取引データを改ざんして会社の金を横領。期日までに手付金を支払った遠藤は麗美と共にマンションで購入の手続きを済ませる。帰り道、2人の前に刑事が現れ、遠藤は業務上横領の容疑で逮捕される。刑事は会社に外部から匿名の情報提供があり、会社が通報してきた事を遠藤に告げる。遠藤は助けてくれと麗美の足にすがりつく。だが、麗美は遠藤を足蹴にして、余罪を調べて遠藤に重い罰を与えて欲しいと刑事に要求。麗美は「これが私の復讐よ」と遠藤の耳元で囁き、遠藤は訳がわからないまま連行されていく。遠藤への復習は完遂したかのようにみえたが、数日後、そんな麗美の前に佳代子の顔の女性が現れて…。


FACE MAKER TOPへ 各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
タグ:FACE MAKER

『FACE MAKER #01』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(5) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロヒョウ 龍が如く新章 第1章

かつてはキレたら手がつけられない若者だったが、今はもめごとを避けている右京龍也(斎藤工)。
ある日、彼のもとに後輩の春斗(石黒英雄)が飛び込んできた。
親友の天馬(石田卓也)が、ヤクザの上納金強奪に失敗、事務所に捕らえられているというのだ。
事務所に踏み込んだ龍也と春斗は、九鬼組のヤクザに襲われた天馬を見つける。
因縁をつけてくるヤクザ達。
やむなく乱闘となり、二人を先に逃がした龍也は、若頭の戸田(虎牙光揮)と一騎打ち。
拳銃を突きつけられ、戸田に殴られた龍也はその場で意識を失ってしまう。

ところが、目を覚ました龍也の前には、血まみれの戸田が倒れていて…。
逃げる龍也だが、九鬼組組長・九鬼(永澤俊矢)に、戸田殺しを警察にばらされたくなかったら、街の地下施設に存在する賭博格闘技場「ドラゴンヒート(=DH)」で戦えと強請られる。
龍也に見せられたのは、自分が戸田を撃ち殺す、監視カメラの映像だった・・・。
俺はやってない!こうして、自分の“無実の証明”の為に、事件の謎を追いながら、龍也のDHファイターとしての生活が始まる。


クロヒョウ 龍が如く新章 TOPへ 各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『クロヒョウ 龍が如く新章 第1章』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ドラマ/アイウエオ順検索