2010年11月26日

医龍 Team Medical Dragon3 KARTE:08

オペの器具を持つと手が震えてしまう朝田龍太郎(坂口憲二)は、別の病院でPTSDだと診断された。そして、診察室から出てきた朝田を、偶然病院にいた黒木慶次郎(遠藤憲一)が目撃していた。

明真では、加藤晶(稲森いずみ)と藤吉圭介(佐々木蔵之介)が真鍋徹(今井悠貴)の今後の見通しについて話をしていた。現在は小康状態が続いているが、やはりドナーを待って心臓移植するしかなさそうだが、元気に見えた徹はセキが止まらなくなっていた。

黒木から病院で目撃したことを聞いた荒瀬門次(阿部サダヲ)は、カンファ室で模型を前にメスを持つ手が震えている朝田を目撃。朝田は自分がPTSDであることを告げ、原因はかつて戦地で救えなかった少年のことだろうと話す。そこへ、徹の急変を告げる伊集院登(小池徹平)が飛び込んできた。

加藤は移植が無理である以上オペをやるしかないと診断。明後日にオペをやることを告げると朝田は大丈夫だとうなずいた。一方、カテーテルでは黒木のちょっとしたミスが増えていた。

自分を信じて頑張っている徹を見て、必死にPTSDを克服しようと努める朝田だが震えは止まらない。オペをやることを聞いた黒木は、朝田に信頼している患者を裏切ることになると忠告。朝田はお前とは違うと反論しながらも、もどかしさを募らせていた。

オペを翌日に控えチームを集めた朝田は、理由を正直に話して明日は執刀できないと話した。執刀は加藤が、伊集院が第1助手に、朝田は第2助手に回ることになった。

とある墓地で顔を合わせる黒木と藤吉。そこは藤吉の娘と、黒木の婚約者の墓がある墓地だった。藤吉は、最愛の人間を失くしたのはお前だけじゃなく、自分は亡くなった娘のためにも過去にとらわれず未来を生きると告げて去って行く。見送る黒木の口元には一筋の血が流れていて…。

徹のオペ当日。オペ室に入る前の朝田に向かい「先生の周りにはみんながいることを忘れないでください」と話す伊集院。そして加藤によるオペが始まった。加藤らの作業を見ながらかつての戦地の様子を思い出し手が震えだす朝田。そんな中、順調に終盤を迎えていたオペで、真柄冬実(谷村美月)が器材にぶつかったことにより病状に異変が現れた。慌てて処置する加藤たち。朝田も震える手で心臓マッサージを始める。やがて、朝田の手の震えが止まった。オペをやると告げると、すさまじいスピードと技術で徹のオペを成功させた。

オペの成功と朝田の復帰をラボで聞き安心する藤吉だが、藤吉もまた幹細胞を増やすことに成功させ、研究を大きく前進させていた。

朝田との話の中で、朝田と黒木が会った病院にはカテーテル班がないことを知った荒瀬。同じ頃、鬼頭学長(夏木マリ)の前には野口賢雄(岸部一徳)が現れ…。


医龍 Team Medical Dragon3 TOPへ 各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『医龍 Team Medical Dragon3 KARTE:08』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(11) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

FACE MAKER #09

少女漫画家、如月リリカ(佐藤めぐみ)の双子の妹、如月信子(佐藤めぐみ[2役])はリリカと違う顔になりたいと天才美容整形外科医、霧島瞬(永井大)に美容整形手術を依頼する。顔は同じだがリリカと信子の性格は正反対。派手で社交的な姉リリカは傲慢な正確だが男性にモテモテ。自分の私生活を赤裸々に描いた漫画が大ヒット中の売れっ子だった。一方の信子はリリカのアシスタントとして漫画を仕上げ、姉のマネージメントもする影の存在。信子はそんな人生がイヤになったと霧島に明かす。

 霧島は信子がリリカと同じ男性を好きになったからだろうと指摘する。すると信子は好意を寄せる編集長、片岡慎司にリリカも恋心を抱いていたことを話し始める。片岡に夢中のリリカは恋人の浜田と別れた事を明かし、片岡と朝帰りしたことを信子に見せつける。信子は双子のこの顔を捨てたいと訴え、霧島はフェイスライブラリーを用意。信子はその中から1つのサンプルを選ぶ。

 1ヵ月後、新しい顔に生まれ変わった信子は岡本あゆみ(鈴木亜美)という別人として生きていく事に。アパートへ引っ越したあゆみはリリカに連絡し、二度と戻らないと伝えて過去と決別。あゆみは本当に自分が描きたい漫画を描き、完成した原稿を持って片岡編集長のもとを訪れる。片岡は評価しつつもリリカの作品と似すぎていると指摘。同じ作風の作家は2人もいらないと言われ、落胆するあゆみだったが、片岡の計らいにより、編集部で働く事が決まる。

 そんな折、片岡の携帯にリリカが殺されたという連絡が入る。犯人はリリカにフラれた元交際相手の浜田だった。姉のリリカが亡くなり、ついに双子の呪縛から解放されたあゆみだったが、そんな彼女の前に霧島が現れ、信子の顔が売れた事を伝えて去っていく。

 数日後、あゆみは編集部に呼び出され、片岡から紹介したい人がいると告げられる。あゆみの前に現れたのは、信子の顔を持つ女性だった。またしても双子の顔に縛られるあゆみだったが・・・。


FACE MAKER TOPへ 各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

タグ:FACE MAKER

『FACE MAKER #09』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナサケの女 国税局査察官 #07

「新田さん、あんたも死にたくなかったら、そんなヤバいところには近寄らないことね」
「私は全サカンを動員してでも、やるつもりです」
「全サカン? やめて! 松子だけは巻き込まないで」

 「特殊関係人タレコミ調査・強化月間」と銘打たれた東京国税局・査察部には、脱税者の特殊関係人(愛人)から情報の提供が相次いでいた。そんな中、大手人材派遣会社を経営する青山貴美子(真野響子)は、自身の愛人である花形不動産社長の花形啓介(橋爪功)を三億円の脱税容疑で告発。証拠提供の見返りとして、新田(柳葉敏郎)にある取引を持ちかける。

 一方、松子(米倉涼子)は、査察官だった鉄子(武田鉄矢)が追っていたという事件を調べるうちに、鉄子の過去と友也(瀬戸康史)の父親の死が、花形不動産と裏ルートでつながりのある山井興業に関連していることを突き止める。
新田も再び鉄子の部屋を訪れ、鉄子にある協力を依頼。それに対し、鉄子は…!?

  翌日、花形不動産の強制調査のスケジュールが発表される。
日野「今回のガサは花形不動産。着手先は花形不動産、花形啓介の自宅…」
新田「新たにもう1件、着手先を追加します。株式会社・山井興業」
松子「山井興業は何十年も前から政治家と繋がっているという噂があります。そこを叩くんですか!?」
新田「それは国税の仕事ではない。我々の武器は調査力だけだ!」

 強い決意を胸に陣頭指揮をとる新田。そして、強制調査当日。新田も自ら、裏金の引き渡しが予想される現場に張込みに出る。一方、任務から外された松子も、独断で新田らのいる現場に向かう。しかし、そこで予想を超える衝撃の出来事が新田と松子を襲う…!?


ナサケの女 国税局査察官 TOPへ 各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『ナサケの女 国税局査察官 #07』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(5) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都地検の女 第6シリーズ 第8話

 鶴丸あや(名取裕子)のもとに、2件の痴漢容疑で逮捕された男が送致されて来た。その被疑者とは老舗和菓子店の店主・川上信平(高田賢一)で、日時は違うが、同じバス路線で法科大学院生の栗原由貴(前田亜季)と主婦の和田美也子(藤巻るも)に痴漢行為を働いた容疑がかけられていた。警察の取調べに対しては一貫して否認し続けていた川上だが、なぜかあやの顔を見たとたん、なげやりになって全面的に容疑を認めた。「ダメだ。これじゃ勝ち目ない…」。自分を見てつぶやいた川上の言葉が気にかかったあやは、独自の捜査を開始する。

 すると、美也子が痴漢にあったのは2カ月も前のことなのに、彼女の被害届は川上が由貴の事件で逮捕された後に出ていることが判明する。

 美也子に川上の逮捕を知らせ、被害届を出すよう迫ったのは、中京署の池内刑事(益岡徹)だった。しかも犯人を特定させるために見せた川上の写真が、両手錠、腰縄つきだったことがわかる。

 これでは、被害者を誘導して被害届けを出させたと疑われても仕方がない。そんなにまでして、警察は川上を痴漢常習犯に仕立て上げたかったのか…!? あやは、池内がなぜ強引な捜査をしたのかが気にかかって…!?

 そんな中、川上が経営する和菓子店を訪ねてみた、あや。以前は行列ができるほどの人気店だったにもかかわらず、痴漢で逮捕されたウワサがかけめぐり、閑古鳥が鳴いていて…!?

 事件の真相を探るべく、あやは執務室に多数の職員を集め、どのように痴漢が行われたかを再現する実験を試みた!すると意外な事実が判明し・・・!?


京都地検の女 TOPへ 各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『京都地検の女 第6シリーズ 第8話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

黄金の豚-会計検査庁 特別調査課- 第7話

芯子(篠原涼子)の今回の調査対象は、前アブラビ大使・緒方広務(升毅)の絵画横領疑惑。現地の大使館で所蔵されているはずの日本画が、なぜか銀座の高級クラブに飾られているというのだ。絵の推定額はおよそ1千万円。ほかにも2千万円以上の絵画が行方不明になっていた。

さっそく芯子たちは銀座の高級クラブへ調査に行くが、絵画はすでになかった。クラブのママは「あれは修復に出す間だけお預かりしただけで、もう大使に返した」と言う。ならば、と芯子たちは緒方に直接2千万の絵画の行方を聞くが、「現地で盗まれた。途上国では残念ながらよくあることだ」とさらりとかわされてしまう。

怪しんだ角松(大泉洋)・金田(桐谷健太)たちが調べはじめると、緒方の在任中の無駄遣いと贅沢三昧の記録がぞろぞろと出てきた。大使館を20億円かけて改装、毎年1千万かけての模様替え――。さらに調査のため現地アブラビに飛んだ優(岡田将生)が、驚くべき事実を伝えてきた。緒方の帰国と同時に大使館所蔵の高級ワイン3千本のうち2500本が行方不明になっているというのだ。やはり緒方は怪しい…。

が、そんなときアブラビで、絵画を盗んだ犯人として日本人留学生が逮捕された。優が留置場に面会に行くと、留学生は絵のことなど何も知らず、事情のわからぬままいきなり捕まったという。緒方に罪をなすりつけられたのはあきらかだが、しかし当の緒方はなかなか尻尾を出さない。

ついに芯子は緒方のウソを暴く作戦を立て、大使館に潜り込む。が、芯子の正体が緒方にばれてしまった!大使館は治外法権。捕まった芯子はそのままアブラビに送られるかもしれない…。

そのとき優が、ある行動を取った――!


黄金の豚-会計検査庁 特別調査課- TOPへ 各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『黄金の豚-会計検査庁 特別調査課- 第7話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(8) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相棒 Season9 第6話

第6話「暴発」

右京(水谷豊)と尊(及川光博)は、角田課長(山西惇)率いる組対5課と、薬物を違法に流している二見会の一斉摘発に参加。が、事務所から男の射殺体が発見された。組員たちが殺人について黙秘する中、厚生労働省の麻薬取締部、通称「麻取」の五月女課長(尾美としのり)が、自分たちも内偵していた二見会の送検を手伝わせてほしいと言ってきた。見返りに薬物の入手ルートなど貴重な情報を、という条件に上層部も承諾する。

一方、右京らは、薬物を買った人間が検挙の情報を事前に得ていたかのように逃亡したことを知る。さらに麻取が取り調べを行った翌日、突然、組員たちは死んだ男は銃の暴発が原因だった、と口を揃えて証言・・・。右京と尊が暴く薬物売買摘発の裏に隠された衝撃の真実とは?


相棒 Season9 TOPへ 各シーズン別視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『相棒 Season9 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(10) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロヒョウ 龍が如く新章 第七章

天馬(石田卓也)の携帯に、DHの場所が記載された差出人不明のメールが届き、DHに潜り込んだ天馬と春斗(石黒英雄)。
九鬼(永澤俊矢)らに捕らえられるが、龍也(斎藤工)は、天馬たちの命を背負う約束を九鬼とかわし、二人は無事解放される。

龍也は戸田殺しのぬれ衣をきせられDHで戦わされていることを二人にはじめて告白する。
天馬は今まで一言も相談をしてこなかった龍也を許せなかった。

今回の龍也のDH対戦相手はDH初参戦の謎のファイター鮫島(ビッグ村上)。
データの全くない相手と、龍也はどのように闘うのか。
そして闘いの最中、天馬のとった裏切りの真意とは。


クロヒョウ 龍が如く新章 TOPへ 各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『クロヒョウ 龍が如く新章 第七章』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

闇金ウシジマくん 第7話

カウカウ・ファイナンスの名簿を早く盗めとの鷺咲(有薗芳記)のプレッシャーは、スパイとして丑嶋(山田孝之)の下で働く芳則(荒木宏文)を次第に追い詰めていく。

一方、借金で追い込まれた板橋(山中崇)は銀行の新規事業融資申し込み書類を偽造、親友の小堀(中村靖日)の了承を得ないまま彼を融資の保証人に仕立て上げる。そしてエロリアーノの瑞樹(かすみりさ)の自宅マンションには、ついに彼女に対して強い執着と復讐心を併せ持つ沼田(山本浩司)が現れ…。



闇金ウシジマくん TOPへ
各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『闇金ウシジマくん 第7話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギルティ 悪魔と契約した女 第8話

腹を刺された三輪(モロ師岡)が息を引き取り、溝口(金井勇太)が現場から逃走。宇喜田(吉田鋼太郎)も姿をくらました。だが、警察上層部は芽衣子(菅野美穂)が送った写真から溝口と宇喜田のつながりを知り、この事実を隠蔽。三輪が暴力団の抗争に巻き込まれて殺されたと発表する。納得いかない万里(吉瀬美智子)は捜査を続行。事件の通報者が芽衣子だったと知る。

万里は芽衣子のもとに押しかけ、溝口との関係を問い詰める。芽衣子が溝口に襲われながらケガひとつなく、三輪が殺された現場にもいたことから、実は芽衣子が溝口の黒幕で、復讐に邪魔な人物を襲わせていたのではないか疑っていたのだ。「あなたの本性、必ず暴いてみせる」と芽衣子に挑戦的に言い放つ万里。

その頃、激しい憎悪と悲しみで正気を失っていた真島(玉木宏)は、何かに憑かれたように溝口の行方を追っていた。そんな折、溝口から電話が入る。怒りに震える真島を弄ぶように「好きな女が殺されたら泣いちゃう?」と次の犯行をほのめかす溝口。真島は腰の拳銃に手をかけ、「ぶっ殺してやる」とつぶやいて走り出す。

真島が向かったのは、ちょうどペットショップから帰宅中の芽衣子のもとだった。まもなく真島は芽衣子をつけてきた溝口を発見。襲いかかってきた溝口に向けて発砲して追い詰めると、頭に銃口を突きつける。ところが引き金を引こうとした瞬間、飛び出してきた芽衣子に「殺しちゃいけない!あなたは私と違う!」と止められ、その隙をついて溝口は逃げてしまった。

真島はなぜ止めたのかと芽衣子を責め、自分が溝口を殺さなければ三輪や宏太(川野直輝)の家族の苦しみは終わらないと苦悩を吐露。「あいつを殺したかった」と涙を流す真島を芽衣子は「あなたは犯罪者になっちゃいけない」となだめ、震える真島の手をやさしく握る。

まもなく、発砲騒ぎを知った万里が駆けつけ、真島に寄り添う芽衣子を発見。怒りに満ちた表情で芽衣子の頬を叩き、真島に近づくなと告げると「これ以上、拓朗を不幸にしないで!」と言い捨てて去った。真島も去り、ひとり残された芽衣子は「私が片付けなきゃ…」と決意を込めてつぶやく。

翌朝、堂島(唐沢寿明)から呼び出された芽衣子は、事件を嗅ぎ回っていた堂島が何者かに襲われ、ケガを負ったことを知る。堂島は大物の黒幕がいると告げ、復讐を続けるのは危険だと警告。芽衣子が次にやろうとしていることを見透かすように、溝口には近づくなと告げる。

その足で出勤した芽衣子を万里が待ち構えていた。溝口との関係を「私には真島さんを傷つける理由がない」と否定した芽衣子はアンの世話を万里に託し、真島と決別する意志を告げる。

そんな折、溝口が芽衣子に電話をかけてきた。自分と手を組もうという溝口の申し出を、芽衣子はある企みをもって受け入れる。一方、真島は三輪が殺された現場に芽衣子がいたことを万里から聞かされ、ペットショップに駆けつけるが、芽衣子は溝口の呼び出しに応じて出かけた後だった。

真島は芽衣子が自分に代わり、溝口を手にかけようとしていることを察していた。芽衣子を止めようと、溝口の居所を必死で探す真島。そんなとき、堂島が現れ、溝口をとある場所で見かけたという情報を耳にしたと明かす。

芽衣子は指定されたコンテナヤードに赴き、隠し持っていたスタンガンで溝口を襲おうとするが失敗。溝口の逆襲を受け、追い詰められてしまう。そのとき、ようやく現場に駆けつけた真島の目の前で、溝口は芽衣子に火を放とうとするが、芽衣子がとっさに噴射した催涙スプレーが引火。溝口は炎に包まれ、焼け死んでしまった。ぼう然となる芽衣子と真島。やがて、観念したような表情で顔を上げた芽衣子を、真島は「俺のせいだ。お前はもうひとりじゃない」と強く抱きしめ…。


ギルティ 悪魔と契約した女 TOPへ 各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『ギルティ 悪魔と契約した女 第8話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(6) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

セカンドバージン 第8回

第8回「愛しているのは私」

総合テレビ 2010年11月30日 午後10時放送
BSハイビジョンでは金曜午後6時から放送

 東京地検に逮捕された行(長谷川博己)は、連日の厳しい取調べに憔悴していた。拘置所に面会に来た万理江(深田恭子)に行は「離婚してくれ」と頼むが、はっきりと拒絶される。

ある夜、るい(鈴木京香)の家に万理江が来て全部自分の仕業だと話す。るいと一緒にいた愛子(YOU)は万理江を罵倒するが、「愛人は妻にはなれない」と万理江は余裕綽綽。るいにできるのは、日々、拘置所の行に手紙を書くことだけだった。

しかし、行はるいとの面会を拒む。そして、出所の日・・・。


セカンドバージン TOPへ 各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『セカンドバージン 第8回』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フリーター、家を買う。 第7話

 武誠治(二宮和也)は、大悦土木のアルバイト仲間・豊川哲平(丸山隆平)が突風で倒れた資材の下敷きになり、病院に運ばれたことを知る。誠治は、哲平が収容された病院に向かい、千葉真奈美(香里奈)や社長の大悦貞夫(大友康平)らと合流した。哲平は、意識不明の状態が続いていた。現場の安全責任者である真奈美は、酷くショックを受け、自分を責めた。大悦は、偶発的で避けられない事故だった、と真奈美に告げた。

 誠一(竹中直人)は、退院した寿美子(浅野温子)のために、薬を飲んだかどうかをチェックできるカレンダーを作成していた。大悦の指示で病院から一旦帰宅した誠治は、誠一が積極的に寿美子をサポートするようになったことを素直に喜んだ。

 あくる日、誠治たち大悦土木の面々は、いつものように作業に取り組む。だが、事故のショックを引きずっていた真奈美は、作業中にぼんやりしていて大悦から叱責される。その夜、哲平の意識が戻った。誠治たちとともに病院に向かった真奈美は、哲平に謝った。哲平は、そんな真奈美に、運が悪かっただけで真奈美には責任はない、と返すと、あかり(岡本玲)とデートの約束をしたのにこのまま死ねるわけがない、と軽口をたたいて皆を笑わせた。

 そんな折、武家に、亜矢子(井川遥)がやってくる。誠治に、ひとり息子・智也(橋本智哉)の勉強を見てもらうためだった。そこで亜矢子も、誠一が寿美子のために協力するようになったことを知る。が、亜矢子は、当たり前のことだ、と手厳しかった。

 一方、真奈美は、現場に行くのが怖くなり、ついに仕事を休んでしまう。大悦は、以前の現場で起きた事故のことを誠治に話し、そのときも哲平の事故も真奈美のせいではないが、真面目で責任感が強い人間ほど自分を責めてしまう、と続けた。

 哲平は、順調に回復していたものの、リハビリをしてもいままで通り大悦土木の仕事に戻れるかどうかはわからなかった。それにショックを受けた哲平は、見舞いに来たあかりに、もう来なくていい、と言ってしまう。あかりからその話を聞いた誠治は、哲平の病室を訪ねた。哲平は、自分には土木の仕事しかないが、それが出来ないのならあかりを幸せにしてやることができない、と苦しい胸の内を明かした。見舞いに来て偶然その話を聞いてしまった真奈美は、病院を飛び出した。誠治は、大悦に電話を入れ、教えてもらった真奈美のマンションを訪れた。そこで真奈美は、事故は誰のせいでもないとわかっていても簡単には割り切れない、もう続けていく自信がなくなった、と誠治に告げ…。

 西本家では、幸子(坂口良子)が、訪問販売員の相沢(ムロツヨシ)に息子の和彦(横尾渉)と上手くいっていないことを相談していた。相沢は、すでに幸子に30万円の印鑑を売りつけていたが、今度は家の表札を何とかすべきだなどと言い出す。

 あかりは、差し入れのプリンを持って哲平の見舞いに行く。そこであかりは、一緒にリハビリを頑張るから、と哲平に告げた。哲平は、あかりの言葉を受け止め、何も言わずにそのプリンを食べ始めた。

 誠治は、誠一から、アルバイトのせいで就職活動が後回しにならないよう、釘を刺される。そのやりとりを聞いていた寿美子は、いまの仕事は頑張って長く続いている、と声をかけた。時給がいいし融通がきくから、と答える誠治。すると寿美子は、「それだけ?」と誠治に言って、キッチンで片づけを始める。

 ハローワークを訪れた誠治は、職員の北山雅彦(児嶋一哉)から、いまさら何を言っても仕方ないが四葉電子を辞めてしまったことを後悔しているのではないか、と言われる。北山にしてみれば、誠治が土木の仕事を続けているのが不思議でならないらしい。寿美子の言葉を思い出した誠治は、ふいに立ちあがると、「後悔なんてしてない」と言い残して外に飛び出す。

 誠治は、原付バイクで真奈美のマンションへと向かった。しかし真奈美は不在のようだった。真奈美が橋の見える埠頭にいるのではないかと思いつき、バイクを走らせた誠治は、途中、ガス欠でバイクが動かなくなると、そのまま道端に乗り捨てて走り出した。

 真奈美を見つけた誠治は、自分が大悦土木で経験したことや感じたことを話し始め、辞めるな、と彼女に告げる。実は真奈美の携帯電話には、大悦土木の仲間たちからも、励ましのメールや留守電メッセージが残されていた。「みんな、ホントになんなのよ…」。真奈美は、そういって涙を流した。

 あくる日、真奈美は、大悦土木に戻る。真奈美は、喜嶋建設と大悦土木の親睦をはかるバーベキュー大会をことしも開くことを誠治たちに告げた。

 バーベキュー大会には、哲平も顔を出した。誠治は、仲間たちと楽しいひと時を過ごした。

 帰宅した誠治は、いつものように、寿美子の手にハンドクリームを塗ってやる。「就職なんだけど、いい人たちがいる会社、見つけられるといいな」と寿美子に話す誠治。そんな誠治に、寿美子は、見つけられるといいわね、と言って微笑み…。



フリーター、家を買う。 TOPへ
各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『フリーター、家を買う。 第7話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(13) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

流れ星 第7話

岡田健吾(竹野内豊)は、マリア(北乃きい)のドナーになりたいと言い出した相澤美奈子(板谷由夏)に戸惑いを隠せない。一度は別れたが、健吾が忘れられない美奈子は、自分がドナーになり移植手術をするのが妥当だと考えたのだ。

一方、マリアの病状は予断を許さない状態だったが、マリアはまだ移植手術に納得していなかった。
美奈子がドナーになる以上、自分は不要だと感じた梨沙(上戸彩)は、荷物をまとめ岡田家を出て行く。

そんな頃、神谷凌(松田翔太)は、病院の医局に送られてきたファックスを見て愕然とする。そこには「健吾は臓器売買で肝臓を手に入れた。手術は中止すべきだ」と書かれていた。それを見た中島留美(北川弘美)が、槇原修一(稲垣吾郎)に電話をすると、修一は自分がファックスを送ったことを認めた。
神谷に呼び出された梨沙は、ファックスを見て驚くが、美奈子がドナーになるので、自分は手術はしないし、健吾から受け取った金は返すつもりだ、と話す。そして、久々にアパートに戻ると、そこには修一がいた。修一と話すうち、梨沙は修一が岡田和子(原田美枝子)から、金をゆすりとっていたことを知る。そして、修一のスーツの内ポケットにあった金をつかむと、部屋を出ていく。

同じ頃、健吾は、川本順二(杉本哲太)から梨沙が大きな荷物を持って歩いていた、と聞き、急いで自宅に戻る。が、すでに梨沙の姿はなかった。和子は、修一のところへ行ったのでは、と言う。それを聞いた健吾が、なぜ修一を知っているのかと尋ねると、和子は修一が手術を止めろと訴えに来たこと、そして、手術を認めてもらう代わりに金を渡したことを明かした。
健吾が、梨沙のアパートにやってくると、修一が現れた。健吾は梨沙の居場所を教えてくれと頼むが、修一はそれを拒否する。

アパートを後にした健吾が自転車を走らせていると、夜の橋の上にたたずむ美奈子の姿があった。その日の夕方、健吾は美奈子から、一緒にマリアの見舞いに行こうと誘われたが、断っていたのだ。自分をずっと待っていた美奈子に健吾は、気持ちは嬉しいが、無理してドナーになると言ったんだろう、でも、もう大丈夫だから、と声をかけた。すると、美奈子は、やさしくせずにはっきり言ってくれ、と自分に対する気持ちを言うように促す。健吾は、美奈子とは結婚はできない、と本心を明かした。

そして、自宅へ戻ると、修一から取り返した金を郵便受けに入れようとする梨沙を見つける。健吾に声をかけられた梨沙は、和子に返しておいてくれ、と金を渡すが健吾は受け取らない。と、梨沙は健吾のポケットに金を押し込んだ。そして、「離婚届、送るから」と言って、歩きはじめる。健吾は、梨沙を追いかけると、「戻ってきてほしい」と引き止めた。

翌日、健吾はマリアに、確かに自分と梨沙は契約結婚をしたが、梨沙は本気でマリアを助けようと思っている、その気持ちを信じてくれ、と話す。健吾の言葉を聞いたマリアは、梨沙とふたりで話したいと言う。そしてやってきた梨沙に、どうして他人のために手術が受けられるのか、と尋ねた。すると、梨沙は、死のうとしていた自分を健吾が助けたからだ、と答える。自分が生きているのは、健吾のおかげだと言う梨沙に、マリアは、手術を受けることを決心する。

そんな日の夜、梨沙の携帯に修一から着信があった。アパートに戻ってこないので心配していると話す修一に梨沙は、手術が終ったら戻るから、と言った。

後日、修一が再び送ったファックスが病院内で騒動となり、医師らが緊急会議を開くことになった。そこに出席した神谷は、意見を求められると、ファックスの内容には信憑性がない、自分は岡田夫妻と面談を重ねてきたが、ふたりは深い絆で結ばれていて、契約結婚なんかではない、と断言した。

その後、健吾は神谷を呼び出すと、梨沙をドナーにして手術をすることをもう一度考えてほしい、と頼む。神谷は、健吾と梨沙の気持ちを信じることにした、と言って手術を承諾した。

そして、手術の前夜、和子はマリアに付き添っているため、岡田家には健吾と梨沙だけになった。寝付けない梨沙は、健吾の部屋を訪ねると、クラゲの水槽のそばへ。そして、クラゲを見ているうちに、眠気がやってきた。そんな梨沙に健吾が、自分は別室で休むからと言って部屋を出ようとしたとき、梨沙が声をかけた。振り向いた健吾に、梨沙はTシャツをまくりあげると、「覚えといて、私のお腹」と言って腹を見せた。手術をすれば、腹に大きな傷が残ってしまうため、梨沙は、自分の今の姿を健吾に覚えておいてほしかったのだ。梨沙の気持ちがわかる健吾は、しっかりと覚えたと言って、梨沙を見据えた。

そして、手術当日。和やかななかにも、緊迫した空気が流れるなか、梨沙とマリアはストレッチャーに乗せられ手術室へ入っていった。
同じ頃、修一は、タブロイド紙の記者・岩井冴子(上野なつひ)と会っていた。
病院では、手術開始を示すランプが光り、健吾は和子とともに、祈るような気持ちでいた。



流れ星 TOPへ
各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
タグ:流れ星

『流れ星 第7話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(8) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

モリのアサガオ 新人刑務官と或る死刑囚「絆」の物語 第7話

『力になりたい』と直樹は自分の気持ちを満にぶつけた。そんな直樹の気持ちが通じてか、満は少しだが、直樹と言葉を交わし始めるようになる。

そんな中、直樹は恋人の麻美(香椎由宇)から、ソウル支社への転勤を打診されたと聞かされる。迷う麻美に、直樹は自分の不安を隠し、一度韓国に行ってみてから決断したらどうかと提案し、2人で韓国に行くことに・・・。
直樹はパスポートを申請するために戸籍抄本を取り寄せるが、そこで衝撃的な事実を知ってしまう・・・。


直樹の戸籍抄本の父母の欄には今まで両親だと思っていた及川正道・佐和子の名前はなく、「山本憲人」「山本美代子」と記載され、直樹のところには【養子】と書かれていた。自分が正道と佐和子の実子ではなかったこと知りショックを受ける直樹。「山本」というのは誰なのか・・・以前、死刑囚の深堀から「山本にそっくりだな」と言われたことが直樹の頭をよぎる。深堀が何かを知っていると感じた直樹は、翌朝深堀の房へ向かう。深堀は直樹が“山本憲人”という人物の息子であることを知ると激しく動揺し、直樹に襲い掛かかり直樹を殺そうとする。

深堀の態度から山本と何かあったのでは・・・と感じた直樹は歴代の刑務官の名を調べるがその中に「山本憲人」という名前はない・・・。直樹は、深堀の犯罪歴に関する資料を調べ始める。
深堀は、14年前の1996年仮釈放中に町で肩が触れ合ったことをきっかけに、次々と3人の男を刺殺して死刑判決を受けていた。さらに、その事件より12年前の1984年、深堀はもう一つ「鶯谷事件」と呼ばれる殺人事件にも関わっていたことがわかる。

そしてその「鴬谷事件」の主犯の欄には「山本憲人・・・死刑。1992年、死刑執行」という文字が・・・。まさか自分の父親が死刑囚だったとは・・・。直樹はただ愕然とする・・・。
“鴬谷事件”とは、26年前、東京下町の運送会社の社長と社員3名の計4人が殺害された事件だった。山本憲人と深堀圭造もその会社の従業員だったが事件の数日前に解雇されていた。犯行の動機は、同社事務員の吉川美代子を巡る三角関係のもつれで、日頃、恋人の美代子から『社長にセクハラを受け、交際を強要されている』と相談を受けていた山本は、事件当夜、残業中に社長に言い寄られていると連絡を受け、社長の殺害を決意。たまたま遊びに来ていた深堀に協力を頼んで会社に乗り込み、用意した包丁で社長と社員二人を刺殺。リストラされて社長を恨んでいた深堀も、社員1人を殺害した。公判では、痴情のもつれによる計画的犯行で、無関係の社員3人も巻き添えに殺害したと認定され求刑通り、主犯の山本に死刑、共犯の深堀に懲役12年の実刑判決が下っていた。直樹の父は死刑囚、とっくに死刑執行されていたのだった。

その夜、麻美とソウル支社への転勤の話になるが直樹はそれどころではなく、「麻美が決めればいいと思う」と言い残し帰ってしまう。残された麻美は直樹の気持ちがわからなくなり、涙する。酔っぱらった直樹は街で人とぶつかり、「俺は人殺しの息子だ」と言い放ったことで喧嘩に・・・。その頃、直樹の部屋から戸籍抄本を見つけた父の正道と母の佐和子も直樹の帰りを待っていた。ボロボロになって帰ってきた直樹に、正道と佐和子は実の息子だと思っていると想いを告げるが、直樹はどうして今まで本当のことを言ってくれなかったのか・・・と両親を責めてしまう。
直樹は翌日、深堀の元妻・和子(岡本玲)のところを訪ねる。山本のことをもっと知りたいと思ったのだ。和子は、山本君が人を殺すとは思えなかったのに・・・と直樹に打ち明ける。本当に父は主犯だったのか、直樹の中に1つの疑問が生まれた。

その夜、直樹はイビキをかいてよく眠る深堀を見つめながら父のことを思っていた・・・すると、世古が「すごいよな〜。6人も人を殺しておいてぐっすり眠れるんだから・・・」と直樹に話しかける。世古は鴬谷事件で1人、出所後3人を殺害した罪で死刑囚となったはずだが、6人殺したとはどういうことか・・・。深堀は6人殺したと自慢していたのだと世古は言う。

すべての真実を知るのは深堀ただ1人だと考えた直樹は、深堀に向かい合う決心をする。
「鴬谷事件」の主犯は本当に父・山本憲人だったのか?詰め寄る直樹に“お前の父親は大バカ者”だと深堀は言い、そんなに知りたきゃ教えてやるよと、“鴬谷事件”の真実を話し始める・・・。

事件当夜、残業中に社長に言い寄られ、さらに山本の子供を妊娠したことを知られたことで命の危険を感じた美代子からの電話を受けた山本の様子をみた深堀は、解雇された恨みもあり、社長の殺害を決意。山本の家の包丁を持ち出し、社員3人を刺殺。

その最中、社長に殺されそうになった深堀を助けようと、山本が社長を刺殺したというのがこの事件の真相だと深堀は語る。
本当は、3人を殺害した主犯は深堀で、山本は1人殺害したのだった。

なぜ、山本は深堀の罪をかぶったのか。子供の頃、川でおぼれているところを助けてもらった山本は深堀に恩を感じており、さらにこの深堀の行動のおかげで美代子とお腹の子供、つまりは直樹の命が救われたことに恩を感じていた。山本は、3つの命をお前に救ってもらって感謝していると深堀に告げたという。自分が主犯ということにして死刑を受け入れるからおまえは生きろ!と深堀に口裏を合わせるように言ったのは山本だった。

そして、山本には死刑判決が下った。実刑判決となった深堀は出所したが、その後、肩がぶつかったという理由で衝動的に3人を殺害。結局は死刑囚となったのだった。“俺の代わりに死刑囚になった山本はバカだが、せっかく出所したのに死刑囚になった俺は山本以上のバカだけどな。だが、まだまだ面白おかしく続けて生きてやるー”と深堀は高笑いをする。

その夜、帰ってきた直樹に正道と佐和子は山本からの手紙を渡す。直樹が真実を知る時がきたら、見せてほしいと託された手紙だった。その手紙には、生まれながら死刑囚の息子という十字架を背負わせてしまったことへのお詫びと、自分の人生は素晴らしいものだったが、只一つ悔むべきは、人の命を奪ってしまったこと。どんな理由があっても、人が人の命を奪うことは許されない。だから自らの命をもって、その罪を償うのだと書かれていた。
山本の死刑に立ち会った正道は、山本は本当に立派な男だったと直樹に告げる。

翌日、直樹は山本が過ごした房へ向かう。するとそこは満の房と同じだった。直樹は満に自分が殺人者の息子だったことを話す。そして、自分のせいで事件がおこってしまったことに傷つき、自分は生まれてこなければよかったんだと涙をこぼす。
満は直樹の肩を抱き言う。「どんなつらいことがあっても、お前は死なないんだぞ」と直樹をいたわる。
2人の心が通ったように見えた瞬間だった。


モリのアサガオ 新人刑務官と或る死刑囚「絆」の物語 TOPへ 各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『モリのアサガオ 新人刑務官と或る死刑囚「絆」の物語 第7話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(7) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PERFECT REPORT 第7話

蒼山叶(松雪泰子)は、黒井彰(平山浩行)から、ある書類を渡される。「CTN開局50周年記念式典」で、「原点」をテーマに各部署に密着したドキュメンタリー映像を流すという。
報道局のドキュメンタリー映像の制作を依頼された蒼山は、80人以上いる報道局員全員のコメントを集めるよう、遊軍取材班の面々に指示を出す。皆が不平を漏らすなか、社会部からもヘルプ要請が入る。要請の内容は、女子マラソン・オリンピック金メダリストの波多野恵子(陽月華)に張り付き、ある大物政治家の隠し子であるというスクープネタの裏付けをとるというもの。
大忙しの遊軍取材班。療養のため、休暇を取って実家に戻っている赤坂衆(小出恵介)の不在が響く。

赤坂は早く仕事に復帰したいと思う一方で、激しい頭痛と悲惨な事故現場のフラッシュバックに悩まされ、1週間の予定だった休暇の延長を蒼山に願い出る。そのいらだちから、地方紙の記者である父親、正俊(北見敏之)の仕事に嫌悪感を抱き、衝突してしまう。

一方、社会部記者と共に波多野に張り付く桃井祐(遠藤雄弥)は、一瞬のチャンスを狙う突撃インタビュー時に、重大なミスを犯してしまい絶好のスクープを逃して、スポーツ紙に奪われてしまう。追い詰められた桃井は、これ以上取材しても何も出てこないという周囲の制止を振り切り、「ひとりで取材を続ける」と出て行く。

そんな時、蒼山はある記者から亡くなった森山秀明(佐藤滋)が生前、赤坂の評判を聞き回っていたと聞く。蒼山は、なぜ森山がそんな行動をしていたのかを探り出す。しかし、森山の秘書仲間からは何も浮かばなかった。
蒼山は黄田功(要潤)と森山の妻、美代子(霧島れいか)を訪ねる。すると、美代子は遺品からみつかったと森山が調べていた赤坂の資料を蒼山に渡した。

桃井がスポーツクラブで波多野に張り付いていると、奥澤緑(相武紗季)が手伝いに来た。その時、波多野に1人の男が近づく。桃井は奥澤を撮影するふりをして、波多野と男を撮影した。

蒼山の計らいで、黄田は娘の楓(小西舞優)を連れて休養中の赤坂の実家を訪ねる。黄田親子の訪問は、赤坂の心を和ませた。さらに、赤坂は正俊が取材する姿を改めて見る機会を持ち、記者の原点を思い出す。
その夜、黄田は赤坂に蒼山から預かったと封筒を渡した。中には、森山が調査していた赤坂の資料が入っている。蒼山のメモには、森山には赤坂の思いが届いていたのではと記されていた。

翌日、黄田親子とともに赤坂も東京に戻った。遊軍に顔を出した赤坂は、波多野の張り付きに向おうとする桃井と奥澤を引きとめ、2人がスクープのタネをつかんでいると話す。桃井からスポーツクラブで撮った写真のメールを見た赤坂は、波多野に近づく男が政党の選挙対策委員会の本部長だと告げる。そして、桃井たちは波多野の口から次期選挙への立候補への意欲を引き出した。

桃井のスクープに盛り上がる遊軍取材班。と、そこに黒井が現れた。黒井は、広場で起きた傷害事件を伝え、容疑者は澤村光輝(木村了)だと蒼山に告げる。


PERFECT REPORT TOPへ 各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
タグ:PERFECT REPORT

『PERFECT REPORT 第7話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

霊能力者 小田霧響子の嘘 #08

芸能プロダクション・瀬川プロの稽古場に、不気味な人影が出現。劇団員の話によると、20年以上前に公演中に急死した女優が、演じていた“死に雪姫”の姿で演劇にまつわる場所に現れるらしい。瀬川プロの看板女優にして劇団の代表でもある由美(中田喜子)は、幽霊の存在などまったく信じていなかったが、劇団員たちに動揺が広がっているため、「話だけでも聞いてほしい」と響子(石原さとみ)を訪ねてやってきた。

公にはなっていないが、両親が失踪した後、響子と弟・幸太(竹内寿)の面倒を見てくれたのが叔母である由美だった。また、薫(大島優子)にとって由美は実の母親なのだが、薫は自分の仕事を優先して幼少時から自分をないがしろにしていた由美を憎んでいるようで、ろくに話も聞かずに追い返してしまう。それでも、由美に大きな恩のある響子は、幽霊騒動を解決するべく調査を開始。谷口(谷原章介)と共に瀬川プロを訪れる。

応対に出たのは、由美のチーフマネージャー・東(中西良太)と、現場マネージャーの香取(竹財輝之助)。2人によると、死に雪姫の霊を目撃するのはベテラン女優が多く、しかもその霊を見た人は数日中に病気で倒れるという噂があるという。そんな時、響子と谷口の前に死に雪姫が現れ、ある祭りで由美が命を落とすという不気味なメッセージを残して姿を消す。その祭りは、由美が毎年お忍びで足を運んでいるもので、由美は周囲がどんなに止めても行くと言って聞かなかった。響子は由美を警護するべく薫に話を持ち掛けるが、薫は事務所のイベントの準備に忙しく、すげなく話を突っぱねて…!?



霊能力者 小田霧響子の嘘 TOPへ
各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『霊能力者 小田霧響子の嘘 #08』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

獣医ドリトル 第6話

鳥取(小栗旬)は、富沢(石坂浩二)から町を荒らしている野生の猪の捕獲を強引に押し付けられる。鳥取はあすか(井上真央)に留守を頼んで捕獲に行くことに。
現地に着いた鳥取は、早速罠を仕掛け、見回りを行う。

しかし、なぜか地元の小学校教師・畑山(松下由樹)の生徒たちは、鳥取の先回りをして、猪の捕獲を邪魔していたことが発覚。
生徒たちを問い詰めると、町を荒らしている猪は、以前小学校に迷い込んだモモコだと言う。
そんな話をしている折、鳥取や生徒たちの前に猪が現れる。猟銃を構える猟友会。その時鳥取は…。

その頃、土門(國村隼)から「オペができない偽りのカリスマ」という夕刊紙の記事を見せられる花菱(成宮寛貴)。
土門は、花菱に「動物総合医療センター計画」に協力するなら記事をもみ消して、花菱を守ると持ちかけていた…。



獣医ドリトル TOPへ
各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『獣医ドリトル 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

Q10 第7話

平太(佐藤健)のクラスに月子(福田麻由子)が登校してくるようになった。
「Q10(前田敦子)は私たちのもの」とQ10の秘密を握っている月子。
Q10を撤収されることを恐れた平太は、Q10を連れて逃げることを決意する。

そのころ影山(賀来賢人)は高校生活の最後の思い出にと、河合(高畑充希)の映画を撮りたいといい始める。
「せめて映画だけでも、幸せに撮ってくれるかな?」
そう言う河合の希望でふたりは“幸せな”映画の撮影を始める。

いっぽう、久保(池松壮亮)は知り合いの入院患者の死に直面し、いいようのない不安にかられていた。
そんな久保の姿を見た民子(蓮佛美沙子)は――。

そんななか、東京を離れ、知らない街にたどり着いた平太とQ10。
平太はQ10をどこかに隠そうとする。
そんなふたりを月子が追ってきて――。


Q10 TOPへ 各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
タグ:Q10

『Q10 第7話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(10) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クローンベイビー 第8話

青柳正宗(市川知宏)は、菊池ヒロ(松坂桃李)から“クローン同士の殺し合いを止める方法”を聞き出そうとするのだが、返ってきた答えは「マスタークローンのお前が死ねば、みんなが助かる」というものだった。ところが、今度こそ正宗を仕留めようとしたヒロの脳裏に突如走ったのは、包帯を全身に巻いた少女の姿――。初めて『覚醒』を味わったヒロは、マスタークローンが正宗ではなく、葛飾マリカ(滝裕可里)なのではないかと疑いを持ちはじめて…!?

一方、野球人生に未練のある小津悟志(稲葉友)は、あの頃の肩を取り戻したい一心で、次の殺しのターゲットに指名された岡部城太郎(山ア賢人)の家へと向かう。そんなこととはつゆ知らず、パソコンに向かっていた城太郎は――。

同じ頃、樋口璃子(菊池亜希子)と青柳加奈子(未来穂香)は新宿副都心署を訪れ、「『エイジェック研究所』が七夕殺人事件に関係している」ことを刑事・若林春喜(駿河太郎)に打ち明けていた。しかし、「すぐにでも強制捜査に踏み切ってほしい」と願い出る2人をよそに、若林は全く取り合わず…。


クローン ベイビー TOPへ 各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『クローンベイビー 第8話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嬢王3 Special Edition 第8話

櫂人に二十歳のバースデーをシャンパンで祝ってもらった舞は、シャンパンのラスト・ドロップに櫂人と雪乃の心の傷が癒えるようにと願い事をする。
そんな舞に、櫂人は突然のキス!

ところが、その瞬間を雪乃に目撃されてしまい、再び雪乃は逆上。
アイスピックを自分の太ももに突き刺す。
櫂人が自分を捨てて、舞のもとへ行ってしまうことを恐れる雪乃は、過去を思い出させ櫂人に再び忠誠を誓わせるのだった。

櫂人と雪乃のことで心が晴れないまま、舞のバースデーウィークが華々しく始まった。
たくさんの客が、舞の20歳を祝いにやって来て、イベントは大盛況。
理央名は、自分たちの客は一切呼ばず、舞の客を奪いとっていこうと画策する。

さらに、店内に“ある写真”が出回り、舞は窮地に立たされる。
その裏では理央名に切り捨てられた姫華が店を去り、ある企みのために雪乃に近づいた香織も店を去ることになる。
雪乃は、去った2人の穴を埋めようと、店に新たな波乱を起こそうと画策し始める。


嬢王3 Special Edition TOPへ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『嬢王3 Special Edition 第8話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

医龍 Team Medical Dragon3 KARTE:07

手術後、目を覚ましたものの記憶があいまいな朝田龍太郎(坂口憲二)だが、記憶さえ戻れば3週間後にはケガも治りオペができるだろうと診断される。

明真に妊婦の佐藤理恵(星野真里)が転院してきた。理恵は胎児が出産と同時に脈拍が落ちてしまう病気にかかっているため、3週間後に帝王切開をして、生まれた新生児にするペースメーカーを埋め込むオペを予定していた。オペは取り出してから2分以内に終了させなければならないという加藤晶(稲森いずみ)の言葉に、伊集院登(小池徹平)、荒瀬門次(阿部サダヲ)ら医師たちに緊張が走る。

復帰予定の朝田もオペに参加させる予定だと告げた加藤は、書類の中に書かれていた理恵の夫の名前を見て顔色を変える。治療方法を説明するため理恵の病室を訪ねた加藤は、病室を出たところで理恵の夫・修一(吉田栄作)に呼び止められた。妻を助けて欲しいと話す修一はかつての婚約者で、仕事をとって加藤から別れを告げた人だった。

朝田の事故は自分をかばったからだと心を痛めていた真鍋徹(今井悠貴)は、藤吉圭介(佐々木蔵之介)に励まされ朝田の病室を訪ねた。ところが、朝田は徹の記憶もなくしていた。衝撃を受けながらも、病気と闘うことを必死に宣言する徹の言葉と涙に朝田の記憶が戻った。

理恵のオペのシミュレーションが行われた。同じ状況を作り、人形を使って実際の動きをしてみるが、加藤が器具を落とすなどのミスもあり、どうしても2分きることができない。気持ちが焦るばかりだ。そんな折、散歩に行こうとしていた理恵が加藤を誘った。理恵は自分や修一がどれほど子供を望んでいたかを話すと、病気にかかった自分を責め、子供だけはどうしても助けて欲しいと懇願する。

朝田の様子を見に来ていた加藤に、理恵の容態が急変したとの連絡が入った。3週間後まで待てないと判断し、翌日にオペを行うことに。朝田抜きでオペをやることを聞いた鬼頭学長(夏木マリ)は、失敗は許さないと、危ない場合は中断して北洋に回すように念を押す。不安を隠せない加藤だが、深夜の廊下で歩く練習をしている朝田を見かけた。数歩歩いては倒れ、起き上がっては歩き…と必死な姿を見つめる加藤。やがて、ベンチで休憩する朝田に声をかけた加藤は、オペが明日になったことを告げた。大丈夫だと言う加藤の不安を察した朝田は、お前なら必ず成功すると声をかけた。

翌日、加藤は修一に必ず助けると告げてオペ室に入っていく。胎児が取り出されてすぐにオペが始まった。なんとか2分をきって落ち着ける状況までもっていたが、そこで異変が起こった。大動脈縮窄症で、1時間以内に大動脈再建のオペを終わらせなければいけない状況に。がく然となり、動けなくなっていた加藤だが、見学室に駆けつけた朝田が術式を伝える。その言葉を受け、加藤が動き出した。そして、加藤はさらに難易度の高い術式で1時間以内にオペを終わらせた。

そんな中、鬼頭のもとに野口賢雄(岸部一徳)から荷物が届く。そこには野口にそっくりの顔が書かれたマトリョーシカとロシア語で「私は戻ってくる」と書かれたメモが入っていた。一方、病室で持針器を手にしていた朝田。その右手は細かく震えていて…。


医龍 Team Medical Dragon3 TOPへ 各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『医龍 Team Medical Dragon3 KARTE:07』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(9) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

秘密 07

札幌出張の際に、バス運転手・梶川幸広(吹越満)と前妻の息子・文也(田中圭)に会った平介(佐々木蔵之介)。しかし、文也は家庭を捨ててほかの女と逃げた父のことを恨んでおり、平介が渡そうとした梶川の形見も受け取ろうとはしなかった。藻奈美(志田未来)の魂と直子(石田ひかり)の身体を奪った事故を起こすほど身をすり減らして働きながら、前妻の姉・沢田美香子に送金していた梶川の意図は何だったのか。そして、美香子はなぜ送金の事実を文也には隠していたのか…。平介はもやもやとした気持ちが収まらないまま、東京へと戻った。

 そんなある日、平介は藻奈美の担任・橋本多恵子(本仮屋ユイカ)から、先日酔っ払って迷惑をかけてしまったお詫びにと食事に誘われた。多恵子と話している平介をリビングに残し、自分の部屋へさっさと戻ってしまう直子。その行動に呆気に取られた平介は心ここにあらずの状態で、多恵子の誘いに対して首を縦に振る。


 平介と多恵子が食事に行く日がやって来た。ところが多恵子と落ち合う直前に偶然、平介は直子が相馬春樹(竜星涼)と公園で会っている場面を目撃。もう一度若さを手に入れた直子、そんな彼女と青春を楽しめる男に激しい嫉妬を覚えながら、平介は多恵子の待つレストランへと向かった。そこへ思いがけない出来事が起こった。多恵子がやや遠回しながらも、平介に愛の告白をしてきたのだ。しかし、平介は多恵子の気持ちに応えようとはしなかった。

 僕にはまだ妻がいる――直子への想いを強くする平介。しかし、直子の平介に対する態度はそっけなく、春樹と会っていたことも話そうとはしなかった。ますます焦った平介は直子のその日の行動を問い質した。そんな平介を直子は突き放した。
「私にだってプライバシーってものがあるのよ」

 猜疑心の塊となった平介は、己をコントロールできなくなっていった。直子の携帯メールをこっそりチェックしようとしたかと思えば、電話中の会話に聞き耳を立て、直子宛ての郵便物も勝手に開いた。そして遂には、直子が使っている藻奈美の部屋に盗聴器を仕掛けた。卑劣なことをしている自覚はあった。しかし、平介には止められなかった。

 そんな折、平介は直子と春樹の会話を盗聴してしまう。アメリカ留学を控えた春樹は、日本で過ごす最後の1日を直子と過ごしたいと申し出た。その数日後 ――直子が友人の由梨絵(林丹丹)と買い物に行きたいと、平介に切り出した。直子が指定した日は、春樹が藻奈美を誘った日…。平介は必死に阻止しようとしたが、直子は結局、春樹と会うことを選んだ。いても立ってもいられなくなり、待ち合わせ場所へと乗り込む平介。独占欲にまみれた平介は、2人が別れの挨拶をすることすら許そうとはしなかった。「君と藻奈美は住んでいる世界が違うんだよ。だから、君たちのことを許すわけにはいかない」――平介は有無を言わせず、直子を連れ帰った。

 だが、事態はこれだけでは収まらなかった。帰宅した直子が、平介が仕組んだ盗聴器を発見したのだ。激しい怒りをあらわにする直子に、平介は繰り返し言った。
「お前はオレの妻なんだからな」

 しかし、平介が必死になればなるほど、直子の心は離れていった。
「お願いだから…これ以上、私を苦しめないで。私を…ひとりにさせて」

 直子はその場に崩れ落ちた。そんな彼女を平介はどうすることもできなかった…。


秘密 TOPへ 各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
タグ:秘密

『秘密 07』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(7) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SPEC〜警視庁公安部 公安第五課未詳事件特別対策係事件簿〜 第7話

ある夜、瀬文(加瀬亮)は美鈴(福田沙紀)から、志村(伊藤毅)が強制尊厳死されることになったと聞かされる。瀬文の元部下である志村は、長い間植物状態が続いており、警察病院からついに強制尊厳死を宣告されてしまったのだ。

瀬文は“ 病を治す能力を持つ人物 ”なら志村を救えると思い、居場所を見つけようと必死。当麻(戸田恵梨香)と共に、スペックホルダーのデータを調べ始める。そして、予知能力者・冷泉(田中哲司)ならば、予言で病を治す人間の居場所が分かるだろうと冷泉の居場所を探す。

その矢先、未詳に「新宿のシンデレラ」ことサトリ(真野恵里菜)と名乗るギャルがやって来た。サトリは人気の占い師で、人の心を読む能力があると言う。サトリは「冷泉の身柄を奪還する」と宣言。瀬文の心から、冷泉の居場所を読み取ったといい姿を消して…。



SPEC〜警視庁公安部 公安第五課未詳事件特別対策係事件簿〜 TOPへ
各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『SPEC〜警視庁公安部 公安第五課未詳事件特別対策係事件簿〜 第7話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(11) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

検事・鬼島平八郎 第6話

検事・鬼島平八郎(M田雅功)の活躍で、秘書の坂下(風見しんご)による大橋議員(細川茂樹)の殺害は阻止された。伊智地検の面々は、大橋の受け取った裏金が幹事長の橘寛二(松方弘樹)に流れているのを証明しようと捜査を開始する。

依然、大橋は意識不明のままであるため、目を覚ましたらすぐに話が聞けるようにと交代で病室を見張ることになった。だが、橘や敷島検事正(石橋凌)とつながっていたことがわかった真紀(内田有紀)だけは蚊帳の外である。

しかし、小百合(西山茉希)による坂下の聴取が始まった直後、伊智地検に敷島率いる東京地検特捜部が乗り込んでくる。敷島は大橋議員による収賄事件は自分たちが捜査すると一方的に宣言し、伊智地検から事件を奪ってしまう。さらに、坂下の聴取を行なう検事として選ばれたのは、真紀だった。真紀は、坂下が個人的な動機で殺人に及んだとして事件を処理しようとする。

事件を奪われた伊智地検の検事たちが意気消沈する中、意識不明だった大橋がついに目を覚ます。ところが、大橋は姿を消し行方不明になってしまう。敷島は真紀に向かって、どんな汚い手段を使ってでもこの件を解決し、橘のバックアップで政界入りすると宣言した。

一方、鬼島たちが必死の捜索を開始した矢先、大橋の妻と娘がお忍びで伊智にやってくる。妻子の思いを痛感した鬼島と事務官の越中(濱田岳)は、藤波支部長(松重豊)が手に入れた情報から大橋の居場所を探り当てる。橘が自分を殺そうとしたことが信じられない大橋に向かって、鬼島は橘に電話して真意を確かめてみろと勧める。橘が大橋に告げたのは、残酷な言葉だった。

「何も心配いらん。後のことはこの私に任せて心穏やかに行ってこい」

親代わりだった橘に裏切られたショックで崩れ落ちる大橋に、鬼島は妻と娘を引き合わせ、家族のことをしっかり考えろ、と励ます。家族に再会して心を動かされた大橋は、今回の裏金事件の真相と、今まで関与した不正のすべてについて話すと約束した。

しかし、そこに敷島が現れ、大橋の身柄を奪い取ろうとする。なすすべもなく苦境に立たされる伊智地検の検事たち。しかし、越中のアイデアで、大橋に公務執行妨害の容疑をかけて現行犯逮捕し、特捜部に優先して身柄を確保することができた。さらに、真紀も敷島に向かって、ボイスレコーダーを突きつける。そこには、橘のためなら不正も辞さないという敷島の言葉が録音されていた。真紀は自分が職を失うことを覚悟で敷島に反旗をひるがえしたのだった。

「私は、私にとっての正義を執行させてもらいます」

伊智地検が大橋の身柄を確保し、検事総長・山岳法徳(古谷一行)も事件を伊智地検に任せると決めた。ようやく事件の真相が明らかになろうとした矢先、安東正親(ビートたけし)が鬼島の前に現れる。

「おめでたいな。もう終わったつもりかい?」

その言葉どおり、鬼島に衝撃の知らせが飛び込んでくる。大橋が自殺したというのだ!鬼島は大橋の葬儀にやってきた橘に向かって、坂崎博志という議員を覚えているか?と問いかけた。坂崎は橘派の議員で、鬼島の姉の夫。坂崎夫婦は大橋と同じように、謎の自殺を遂げたのだった。だが、橘は記憶にないと言い捨てたのだった……。


検事・鬼島平八郎 TOPへ 各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『検事・鬼島平八郎 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

FACE MAKER #08

15年前、激しく言い争う声に目を覚ました14才の柏木香苗が隣りの部屋を覗くと、そこには血の付いた包丁を握る母親、柏木みのりの姿があった。床ではみのりの愛人、梶田が血を流して倒れていた。以後、殺人犯の娘と言われ、辛い思いをしてきた香苗(椎名法子)は天才美容整形外科医、霧島瞬に美容整形手術を依頼する。殺人犯である母親に似た自分の顔を見たくない、生まれ変わってやり直したいと訴える香苗。そして香苗はフェイスライブラリー中から1つの顔を選ぶ。

 手術から1ヵ月が経過し、新しい顔に生まれ変わった香苗は鈴木朋子(矢田亜希子)として別の人生を歩む事になる。数日後、朋子は病院の清掃員として働き始める。仕事中、朋子は苦しそうにしゃがみ込む患者の松山千代(朝加真由美)を助けたことがきっかけで、看護師の沖田俊作と顔見知りになる。その日以来、積極的に話しかけてくる沖田に戸惑う朋子。朋子は母親の事件以来、人と関わる事を避けて生きてきたのだ。だが、朋子は誰に対しても優しい沖田に次第に心を開くようになる。

「矢田 亜希子」

 そして朋子は沖田から交際を申し込まれる。だが、男で身を崩した母親の事が脳裏をよぎり、朋子は沖田を避けるようになってしまう。そんな朋子の前に霧島が現れ、前の顔が売れた事を告げる。翌日、朋子は千代に声をかけられる。元気がない沖田を心配する千代から沖田を元気にできるのはあなたしかいないと言われ、朋子は病院の庭にいる沖田に会いに行く。その直後に朋子は驚愕。なんと、前の自分、香苗の顔をした女性が歩いていたのだ。近くにいた千代はその女性を見て「香苗」と呼びかけた後、胸を押さえて苦しみ出す。

 病室へと運ばれた千代。朋子が目を覚ました千代に香苗の事を訊ねると、千代は自分の娘だと告白。娘に会う資格がないと自責の念に駆られる千代は、人を殺して14年服役していた事を朋子と沖田に打ち明ける。千代は香苗を近くで見守るために半年前に顔を変えたという。そして千代は末期ガンと診断された事を告白。千代が娘に辛い思いをさせた罰が当たったと自分を責めると、朋子は香苗の苦しみを代弁して千代を厳しく非難する。

 朋子は霧島を訪ね、千代の顔を変えたのかと問い詰める。霧島は他の患者の事を話すつもりはないと言い放った後、ある女性の話を話し始める。夫に先立たれ、1人娘を1人で育てる事になった女性。彼女は必死に働いたが、夫が残した借金もあり、その日の生活もままならなかったという。話を聞いて千代の事と気付く朋子。続けて、霧島は彼女の恋人が娘にまで手を出そうとした事を伝える。朋子は千代が香苗を守るために梶田を刺したという事実を初めて知る。その日の夜、千代の容態が悪化して…。


FACE MAKER TOPへ 各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
タグ:FACE MAKER

『FACE MAKER #08』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナサケの女 国税局査察官 #06

「男も女もお金が貯まると愛人を作る。つまり、愛人三人をそれぞれの会社のトップに置いてるんだ。この会社は会長のハーレムか!」

 全国で結婚式場や結婚相談所、旅行代理店などを展開しているブライダル産業の『ふれあい産業』グループの会長・大鳥清太郎(平泉成)は、鉄子の部屋の常連客。ある日、大鳥が店に忘れていった鞄に大金が入っているのを見つけた松子(米倉涼子)と鉄子(武田鉄矢)は、大鳥を尾行し、その大金を愛人の島田美恵(紫吹淳)に届けるところを目撃する。しかも、『ふれあい産業』は宗教法人を利用した、多額の所得隠しの疑いがあり、松子はその数日前、パワーストーンを高額で販売する宗教法人の集いに参加していた。

 大鳥は長年苦楽をともにしてきた代表の三崎愛(室井滋)をはじめ、複数の愛人を重要ポストに配置し、巧みな言葉で裏金の金庫番をさせているらしい。会社をハーレム化し、荒稼ぎしている大鳥に怒り心頭の松子は、証拠固めに奔走する。

 そんな中、鉄子の部屋に現れた新田(柳葉敏郎)は、店の常連客である大鳥の情報を鉄子に求めるが…。

 そして、強制調査の日。愛人たちは次々と身柄を拘束され、現金や裏帳簿が押収される。しかし、当の大鳥は同じ頃、新しい若い愛人・青山珠美(秋山莉奈)とのデートを楽しんでいた。それを知った愛人たちは、驚きの行動に出る…!?


ナサケの女 国税局査察官 TOPへ 各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『ナサケの女 国税局査察官 #06』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都地検の女 第6シリーズ 第7話

鶴丸あや(名取裕子)の上司、京都地検刑事部の高原副部長(蟹江敬三)はある晩、検事バッジのついた上着を男にひったくられてしまう。翌朝、落ち込んで始末書を書いていたところ、上着を拾ったという若い女性が届けにきてくれた。

 彼女はジョギング中、公園のベンチに上着が置いてあるのを見つけたと話し、名前も名乗らず、礼をいう間もなく去っていった。服装はOL風で清楚な印象だったが、あやは彼女の胸元にキラキラ光るラメがついていたことに違和感を抱く。

 数日後、オフィスの近くまで昼食を取りに出かけた高原は偶然、その店で件の女性に再会! 彼女は草村楓(小沢真珠)と名乗り、職業は幼稚園の先生をしているという。そして、知人の弁護士の卵のために就職先を紹介してほしいと高原に頼んできた。

 そんな中、あやのもとに送致されてきた傷害致死事件の被疑者・深沢実(笹木俊志)が容疑を否認し、アリバイを主張しはじめた。しかし、成増警部補(寺島進)の捜査で、新たな目撃証言が得られた。事件当夜、現場付近の路地で、深沢とキャバクラ嬢らしき女が出会いがしらに2、3言交わしていたところを、易者が目撃していたという。

 深沢のなじみのキャバクラ店を当たったところ、なんと彼と言葉を交わしていたのは楓だと判明! 楓は幼稚園の先生ではなく、キャバクラ嬢だったのだ。しかも、事件の夜、楓は男物の上着を持っていたと、易者が証言。その上着は、おそらく高原のもの…。だとしたら、楓が高原の上着を拾ったという話もウソだったことになる。

 楓と、彼女の知人の弁護士の卵が、グルになって高原に恩を売り、就職口を斡旋してもらおうと企んだのではないかとにらんだ、あや。楓の証言次第で深沢を起訴できるかどうかも決まるため、あやは彼女の周辺を調べはじめるが・・・!?


京都地検の女 TOPへ 各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『京都地検の女 第6シリーズ 第7話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

黄金の豚-会計検査庁 特別調査課- 第6話

芯子(篠原涼子)ら特別調査課の今回の調査対象は、科学研究費(科研費)を使う、東京国立大学の遺伝子工学のスター教授・響ゆかり(鈴木砂羽)。だが当の響は人当たりのいい女性で、怪しいとされた領収書もつじつまの合うものだった。また東京国立大学は優(岡田将生)の母校でもあった。

さっそく大学に向かった芯子たちは、響の親衛隊のような学生軍団「響ファイブ」に阻まれる。響ファイブ(菊田大輔、鈴木身来、永岡卓也、標永久、春日由輝)は、相当響に心酔しているのか、芯子たちに不遜な態度をとる。怪しいとされた領収書は研究のために響ファイブにバイト代として支払ったもので、この世界ではよくあることだという。

そんな芯子たちの前に、響の同僚・栗田(袴田吉彦)が現れ訴える。科研費は申請しても300分の1の研究者しか選ばず、なかなか自分たちにまわってこない。しかし、響教授には年3回も支払われているというのだ。その総額は3億円。さらに栗田は「遺伝子関連のベンチャー企業を調べてみろ」と芯子らに密告する。明珍(生瀬勝久)の栄転にともない課長補佐に昇進した角松(大泉洋)のために、この案件で結果を出したい金田(桐谷健太)はさっそく調査に向かう。

そのころ優は久留米(宇津井健)に呼び出されある料亭に向かっていた。そこには久留米となんと内閣総理大臣・樫永(伊武雅刀)がいた。驚く優……。
やがて調査を続ける芯子たちの前に、響ファイブが弁護士とともに現れ「響への調査をやめないならば訴える」と、脅しめいた行動をとる。やはり響の研究室には何かがあるのか?

そんなとき角松が暴漢に襲われ――?!


黄金の豚-会計検査庁 特別調査課- TOPへ 各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『黄金の豚-会計検査庁 特別調査課- 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(4) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相棒 Season9 第5話

第5話「運命の女性」

惚れっぽい陣川(原田龍二)がひょんなことから知り合った奈緒(京野ことみ)と食事をしていたころ、空き巣に入られてしまった。犯人は鍵を使って部屋に入ったようだが、右京(水谷豊)は陣川が「落とした」という鍵は何者かが空き巣目的で盗んだのではないか、と推理。しかも陣川は前日に駅前に結婚式の引き出物袋を置き忘れていた。

右京と尊(及川光博)は陣川と引き出物袋を取りに行くが、陣川の袋は朝一番に来た女性がプレミアの財布が入っているから、と言って引き取っていた!果たしてその女性は何者なのか?空き巣の目的とは?陣川の些細な出会いが、またも意外な事件へと発展する!?



相棒 Season9 TOPへ 各シーズン別視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『相棒 Season9 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(10) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

セカンドバージン 第7回

第7回「のぞかれた夜」

総合テレビ 2010年11月23日 午後10時放送
BSハイビジョンでは金曜午後6時から放送

 会社に泊まりこむと万理江(深田恭子)に嘘をつき、るい(鈴木京香)と密会を重ねる行(長谷川博己)。しかし、万理江は、すべてを悟った。その頃、愛猫レタスの行方が分からなくなり、るいは焦燥する。

また、編集部に悪質な嫌がらせの手紙が届きはじめる。行の狙う証券会社の買収が着実に進む中、週刊誌に行とるいのスキャンダルが取り上げられる。マスコミの取材を受けていた万理江は、心労が原因で流産になったと偽る。

さらに万理江の行動は止まらず、ついに行は東京地検特捜部に連行されてしまう・・・。


セカンドバージン TOPへ 各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『セカンドバージン 第7回』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギルティ 悪魔と契約した女 第7話

芽衣子(菅野美穂)は堂島(唐沢寿明)から渡された次のターゲットの資料を見て思わぬことを知る。芽衣子を襲った男は溝口(金井勇太)で、宇喜田(吉田鋼太郎)と裏で繋がっていたのだ。捜査一課の実権を握る宇喜田が復讐を妨害しているとすれば、芽衣子にも手の出しようがない。だが、芽衣子はある思いを胸に復讐の続行を決意する。

真島(玉木宏)は傷の痛みをおして出勤し、芽衣子を襲った犯人の遺留品を鑑識で調べて欲しいと万里(吉瀬美智子)に依頼。三輪(モロ師岡)から電話があったことを明かし、芽衣子を犯人に仕立てた黒幕は警察関係者ではないかという疑惑を口にする。さらに真島は、宇喜田に冤罪への関与を追及。15年前の事件を機に宇喜田が異例の出世を遂げていることを突きつけて挑発する。この後、溝口の潜伏先を訪ねた宇喜田は「標的を変えよう」と芽衣子の次に襲う人物を指示して…。

同じ頃、三輪に呼び出された真島は驚くべき事実を聞かされる。15年前、三輪は自分の報告書が偽造され、芽衣子を犯人とする証拠がねつ造されたのを知りながら、出世と引き換えに見過ごすことを宇喜田に持ちかけられ、これを受け入れたというのだ。さらに三輪は、一連の不審死事件は芽衣子への償いのために自分がやったことだと告白。だが真島には、三輪の犯行だとは思えない。

その夜、真島の自宅を万里が訪ねてきた。真島は三輪に告げられたことを話し、宇喜田の背後に冤罪のねつ造を指示した大物がいるはずだと話す。万里は三輪が一連の事件の罪を被ろうとしていることから、芽衣子の犯行である可能性が高まったと指摘。「事実から目をそむけないで」と真島に忠告する。

この後、芽衣子に会った真島は自分が刑事であることを告白。不審死事件の真犯人は芽衣子なのかと聞くが、芽衣子は疑惑を否定する。「君を信じる」と立ち去った真島の後ろ姿に、謝罪の思いで涙を流す芽衣子。その頃、真島の家に溝口が侵入。真島の帰りを待っていた万里が襲われる。

翌朝、ついに対決を決意した三輪から呼び出された宇喜田が指定された倉庫に向かおうとしていると、芽衣子から電話が入った。悪行を世間にばらすと挑発する芽衣子に、苦々しい表情を浮かべる宇喜田。

倉庫に現れた宇喜田を待ち構えていた三輪は、冤罪のねつ造を公表して欲しいと迫る。だが宇喜田は耳を貸さず、三輪に拳銃を向けて…。宇喜田は倒れている三輪のそばで電話をかけて溝口を呼び出し、「処分しておけ」と指示する。

まもなく、真島に鶴見(水上剣星)から連絡が入った。街で溝口を見かけ、その後を尾行しているというのだ。危険を察した真島は鶴見が向かった倉庫に急行。ところが鶴見は溝口に見つかり、捕らえられてしまう。

一方、現場を去ろうとしていた宇喜田は、芽衣子が残した赤い封筒に気づく。中身は、芽衣子が溝口と会う宇喜田の写真を撮り、捜査一課に送ったことを知らせる手紙だった。密かに現場に来ていた芽衣子は、宇喜田の行動を撮影していたのだ。がく然となる宇喜田を物陰からうかがう芽衣子。そのとき、現場に到着した真島に気づく。

真島は捕らえられた三輪と鶴見を発見。三輪の腹にはナイフが刺さっていた。溝口は鶴見も殺すと脅し、用意した灯油をかぶって自ら火をつけろと真島をうながす。ふたりを助けようと灯油を浴びた真島がマッチを擦ろうとしたそのとき、パトカーが到着。溝口は現場から逃げ出してしまう。

事件を知った万里は一般人からの通報で警察が動いたと聞き、その人物を特定するよう同僚に指示。一方、瀕死の重傷を負っていた三輪は「あの子を頼む」と真島に芽衣子を託して息絶える。真島は溝口への怒りに震え…。芽衣子は宇喜田を追い詰めたと堂島(唐沢寿明)に電話で報告。溝口の情報が欲しいと調査を頼み…。


ギルティ 悪魔と契約した女 TOPへ 各話視聴率へ

2010年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『ギルティ 悪魔と契約した女 第7話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(7) | 2010年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
50音検索