2010年02月04日

エンゼルバンク〜転職代理人 第5話

真々子(長谷川京子)は多忙を極める同僚・田口(ウエンツ瑛士)から、ある求職者の担当を引き受けてくれないか、と頼まれる。その転職希望者とは、中堅の印刷会社「ナミキ印刷」に勤める若手経理マン・内藤浩也(長谷川朝晴)。内藤が掴んだ情報によれば、「ナミキ印刷」は社長が強引に推し進めた不動産投資のせいで債務超過に陥っており、倒産しそうな状況にあるとか。それを聞いた真々子は、「ナミキ印刷」を早く辞めて転職活動を始めることを勧める。会社が倒産した後に転職活動をすると、潰れるまで動くことができなかった人物だと思われ、評価が下がる可能性があるのだ。しかし、内藤はどうにもこうにも煮え切らない様子。真々子の目の前で「倒産しないかもしれないのに辞めるのはもったいないし…」と、転職すべきかどうか悩み出してしまう。

 内藤の今後を真剣に考えて心配する真々子。すると、上司の海老沢(生瀬勝久)が「倒産するかどうか、調べてみればいい」と提案し、“倒産の可能性がチェックできる8つのポイント”を伝授する。それらをすべて試した結果、内藤は会社が危ない状況にあることを再認識。ようやく転職を決意する。ところが、その内藤がエントリーした会社の面接をすっぽかしてしまった! 理由を問いただす真々子に、内藤は転職を迷っていた本当の理由を打ち明ける。それを機に、真々子は内藤が会社を辞めてしまってよいものか悩み始め…。

 やがて、そんな真々子が窮地に立たされる事態が発生する。自らの“ある言動”が原因で、海老沢から無期限の謹慎を言い渡されてしまったのだ…!


エンゼルバンク〜転職代理人TOPへ

『エンゼルバンク〜転職代理人 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

853〜刑事・加茂伸之介 File.05

とある不動産屋の従業員が殴打され、意識不明の重体になった。彼は事務所を荒らしている犯人と鉢合わせになり、あわてて110番通報するものの、電話が通じる前に襲われたと見られる。現場には若い女性のものと思われる、ピンクゴールドの指輪が落ちていた。

 その夜、酒井十一(林 剛史)と真島航輝(戸次重幸)らは合コンへ。たまたまその話を聞きつけた加茂伸之介(寺脇康文)は無理矢理合コンに乱入し、女の子たちと盛り上がってしまう。そんな中で、真島はお互い気乗りのしない女性・氷川唯(小松彩夏)と店を抜け出し帰ろうとする。そのまま別れようとする真島に「相談があるので、お茶を飲みませんか?」と誘う唯。真島は唯に付き合い、帰り際にメールアドレスの交換をする。

 翌朝、不動産屋強盗事件の特別合同捜査本部が立つ。現場から発見された手袋痕が、捜査三課が追っていた連続窃盗犯のものと一致したのだ!現場に残されていた指輪は女性のものと思われたが、柔道経験者で体格もいい被害者が若い女性に殴打され意識不明になった、という状況に疑問を持つ。すると、現場を調べていた真島らから鉄扉のノブから被害者の血痕が出たと知らせが入り、女性でも犯行が可能だったことが分かった。

 一方、真島は唯と会うことが密かな楽しみになっていた。そんな折り真島は、現場に落ちていた指輪はペアリングでさらにたった5組しか流通していない限定品で、唯がそのペアリングの片方をしていることに気付く。武藤勇作(田辺誠一)が真島に「彼女から指輪について話を聞け」と命じるが、加茂は「惚れた女性を疑うようなことをするな」と真島を止めようとする・・・!


853〜刑事・加茂伸之介 TOPへ

『853〜刑事・加茂伸之介 File.05』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とめはねっ! 鈴里高校書道部 第6回

最終回「鈴里書道部の絆」

 鈴里書道部は、書道甲子園パフォーマンス曲を自分たちの夢を重ね合わせた「希望の轍(わだち)」に決めた。そして、三浦清風は結希に「轍」の大字を書くよう命ずる。パフォーマンスの旗印を書くプレッシャーと闘いながら練習する結希だが納得いく字がなかなか書けない。一方、縁は、結希への恋心に自分も気付き始めていた。そんな時、結子(葉月里緒奈)の実家の母が病に倒れたと連絡が入る…。


とめはねっ! 鈴里高校書道部 TOPへ

『とめはねっ! 鈴里高校書道部 第6回』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(5) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

新撰組 PEACE MAKER 第3話

新撰組への入隊を認められ、土方歳三(谷内伸也)の小姓となっている鉄之助(須賀健太)。
監察(情報収集に走り回る密偵)の山崎烝(榊原徹士)と出会い、ライバル心を抱いた鉄之助は、 よりいっそう「強くなりたい」という気持ちを強めていた。

長州側の動きが目につき始めた折、いつか火事の際、助けた沙夜(滝澤史)が浪人たちに囲まれているのを見た鉄之助は、 新撰組の立場を忘れて喧嘩を始めてしまう。沖田総司(柳下大)らが加わったことで、騒ぎは苦い結末を迎えてしまい…。


新撰組 PEACE MAKER TOPへ

『新撰組 PEACE MAKER 第3話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

曲げられない女 第5話

“曲げられない女”=早紀(菅野美穂)は、恋人・正登(塚本高史)と別れ、仕事を辞め、母にも先立たれてしまうが、璃子(永作博美)と光輝(谷原章介)の存在に助けられ、少しずつ自分を取り戻していく。

そんな矢先、早紀のマンションに家出した璃子が転がり込み、さらに酔った光輝から「好きだ」と告白される。そして璃子は義母や夫に内緒で子どもたちを早紀のマンションに連れてきてしまう。子どもたちとの接し方がわからない璃子に代わって、早紀と光輝は子どもたちの面倒を見る。

そのころ璃子の夫と義母は警察に捜索願いを出していた。早紀は子どもたちをひとまず返すよう璃子を説得するが、璃子は「あたしなんて誰にも必要とされてない」と聞く耳を持たない。そんな璃子に早紀は――。


曲げられない女 TOPへ

『曲げられない女 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(4) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相棒 Season 8 第15話

捜査一課の伊丹刑事(川原和久)が店でラーメンを食べていると突然隣の客がもがき倒れた!毒物が仕込まれていたと分るが、右京(水谷豊)の推理によれば、どうやら狙われたのは伊丹のようだ。右京は尊(及川光博)とともに伊丹を警護することに。

伊丹は10年前のある殺人事件が原因ではないかと思い出す。当時、強引な取り調べをした伊丹は容疑者たちに恨まれている可能性もある。
捜査一課イチ熱い伊丹が右京らの警護も振り切り勝手に動き出すが…。10年の時を経て目の当たりにした真実とは?


相棒 Season 8 TOPへ
タグ:相棒 season 8

『相棒 Season 8 第15話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(12) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤かぶ検事京都篇 第五話

薬種業で財を成した資産家の三条円太郎(清水綋治)が脳卒中で死んだ。
資産の一部を相続する権利のある円太郎の愛人、椙田魔也子(すぎたまやこ・中山忍)がそれを放棄したため、弁護士の葉子(菊川怜)が相続財産管理人になった。

その直後、大林順三(和泉宗平)と庄司健太(本田大輔)が、それぞれ円太郎の子であると名乗り出た。
二人とも円太郎の認知は受けておらず、母親も異なるという。順三と健太は対立する。意外な展開に葉子は驚いた。
そして順三が鉄パイプで頭を殴られて死体となって発見された。
事件の夜、現場で目撃されていた健太が取り調べを受ける。

ふしぎなことに、行方の分からなかった魔也子が現れ、健太は円太郎の子に間違いないと証言する。
生前の円太郎から聞いていたと魔也子は主張するが、柊(中村梅雀)には疑問が残る。
順三殺しを捜査する柊と燎子(原沙知絵)、溝口(中西良太)は、円太郎が暮していた「蝸牛庵(かぎゅうあん)」と呼ばれる屋敷を捜索し、事件の真相を推理する。

やがて、25前にある女性から円太郎が金を奪い、土地を購入していたことが分った。
その金と円太郎が残した資産との関係は? そして資産が目的だと思われる順三殺害の犯人は?
柊は過去の出来ごとを丹念に調べ、悲しい姉妹の復讐に気付く。その事実を明らかにするため、柊は法廷で大きな賭けにでる。


赤かぶ検事京都篇 TOPへ

『赤かぶ検事京都篇 第五話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

まっすぐな男 第五話

健一郎(佐藤隆太)がやっと佳乃(貫地谷しほり)との恋を意識し始め、二人はいいムードに。
一方、ゆきえ(佐々木希)のアパートに戻った鳴海(深田恭子)は暇を持て余し、典夫(渡部篤郎)からアルバイトを紹介してもらう。

まもなく、会社が手がける駅前再開発プロジェクトを進めていた健一郎に、取り壊し予定の空きビルに人が住み着いているとの連絡が入る。
その正体はなんと鳴海!典夫の世話したアルバイトというのが、空きビルに居座ることだったのだ。
健一郎は追いだそうとするが、鳴海は金をもらうまで出て行くつもりはないと居座り続ける。

手荒な手段を使ってでも追い出すと息巻く山崎(宇梶剛士)を、3日以内に説得して出て行かせると押しとどめた健一郎。
この後、典夫と会った健一郎は、ビルの利権を巡るオーナー一族の内輪揉めがトラブルの原因だと知らされる。

一方、ビルから出て行くこともできず、退屈で仕方ない鳴海。
その夜、鳴海以外は誰もいないはずのビルに怪しい人影が…。翌日、健一郎は、ビルの中から女の悲鳴と男の怒鳴り声が聞こえたとの連絡を受ける。健一郎が慌てて駆けつけると、ビルから女の叫び声が…!


まっすぐな男 TOPへ

『まっすぐな男 第五話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(4) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

泣かないと決めた日 第3話

千秋(片瀬那奈)は美樹(榮倉奈々)に、万引きしたことを誰にも言わないよう口止めする。一方、万里香(杏)は仲原(要潤)のマンションの前に引っ越し、仲原に偶然だったことをアピールする。

そんな中、美樹の身に再び災難が降り掛かる。田沢(長谷川純)が美樹のものと思われるブログを見つけたのだ。そこには同僚の悪口が書かれていた。身に覚えのない美樹は否定するが、ブログを見た有希子(木村佳乃)らは激怒。有希子は美樹への憎悪を募らせ、美樹が懲戒免職になるよう人事に掛け合ってくれと桐野(藤木直人)に訴える。


泣かないと決めた日 TOPへ

『泣かないと決めた日 第3話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(4) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

コードブルー 2nd season 第五話

突然、現れた父親。そして、母親の死の真相とは…藍沢耕作(山下智久)は、絹江(島かおり)が相変わらずはっきりと教えてくれないことに苦悩していた。一方、冴島はるか(比嘉愛未)の恋人、田沢悟史(平山浩行)には“その時”が間近に迫る。すでに悟史は個室に移され、彼の両親やたくさんの友人たちも呼ばれた。藍沢、白石恵(新垣結衣)や緋山美帆子(戸田恵梨香)、藤川一男(浅利陽介)たちも、その夜はフェローたち全員が病院に残ることになる。

そんな時、体中に痣のある女の子、上野未来(杉山優奈)が救急車で搬送されて来た。未来は児童養護施設から抜け出し、事故に遭った可能性もある。藍沢は頑なにぬいぐるみを手放さない未来を諭した。そして、未来が友人にバスから投げ捨てられたぬいぐるみを取り戻すために、怪我を負ったことを聞き出す。

翌日、悟史の意識レベルが著しく低下。父親は、楽にさせてやろうとの決断をする。悟史は、最期の力をふりしぼって、冴島を傍らに呼んだ。だが、その時、ドクターヘリ要請が入る。冴島は、ヘリコプターに乗り込んでしまった。

遠のいていく意識の下で、冴島の名を呼ぶ悟史。だが、冴島は悟史の死を看取ることは出来なかった。冴島が、悟史の死を知ったのは帰還中のヘリの中。藍沢からの無線連絡だった。病院に戻った冴島は、息絶えた悟史の手をそっと握る。

白石は、悟史の両親に病理解剖を依頼。辛い依頼をためらう白石に、藍沢は自分だったら解剖を希望すると告げる。悟史の両親は解剖を承諾。解剖所見を両親に報告する白石は、悟史が最期まで立派な医師だったと伝えた。

夕方のヘリポート。藤川は、梶寿志(寺島進)に冴島にどう声をかけたら良いかと相談。梶が、傍にいてやるだけで良いとアドバイスしているところに冴島が来た。藤川が口を開こうとすると、冴島は自分を必要としてくれる人は誰もいなくなったとはき捨てる。その言葉に、何も言うことがみつからない藤川…。

悟史のお別れ会の日。藍沢は白石の仕事を引き受け、緋山とともに行かせる。お別れ会で、冴島は悟史の両親に請われて別れの挨拶をした。病院に戻る途中、ヘリポートを通りかかると緋山が冴島をヘリのドクター席に座らせる。そして、緋山は自分たちには冴島が必要だと話す。白石も、冴島が自分たちの光だと付け加えた。それは、冴島が悟史の存在を形容した言葉と同じだった。

悟史の死を乗り越えようとして、冴島だけでなく、フェローたちも動き出す。そんな中、藍沢はとあるアパートの一室を訪ねた。部屋の表札は、藍沢誠次(リリー・フランキー)と掲げられていて…。


コードブルー TOPへ

『コードブルー 2nd season 第五話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(11) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハンチョウ〜神南署安積班 シリーズ2 第五話

ある日、清水(桑野信義)という男の遺体が発見された。清水は人材派遣会社の経営者だが、実態は外国人を工事現場や風俗店に斡旋するブローカーだったようだ。その時、警察無線に金属バットを持った不審者が逃走中という連絡が。安積班は手分けをしてその不審者を探す。そして安積(佐々木蔵之介)が追い詰めた不審者は、ソンサックというタイ人だった。署で取調べを受けるソンサックは日本語が理解できないため、浜野(野村佑香)という通訳が取調室に呼ばれる。するとソンサックは、あっさり罪を認めた。しかし、村雨(中村俊介)はソンサックが日本語を理解しているのではないかと疑う。その後の調べで、清水が事件当日に集金した600万円が現場から消えていることもわかった。

安積は、ソンサックが通っていた日本語学校を訪れる。教師の柏木(古田新太)によると、彼は日常会話程度なら問題ないという。その時、柏木のもとに学生が駆け込んできた。日本語学校の生徒数人が、数日前から行方不明だというのだ。しかもその中には、ソンサックの妹がいるという…。

須田(塚地武雅)らの捜査で、ソンサックにはタイに残した弟がいることが判明。しかもバンコクの病院に入院中のため多額の治療費が必要だという。ソンサックへの疑いはますます強まる。そんな折、清水が外国人女性を斡旋していた店に聞き込みに来た村雨は、生徒を返せと店の男に詰め寄る柏木に出くわす。


ハンチョウ〜神南署安積班〜 TOPへ

『ハンチョウ〜神南署安積班 シリーズ2 第五話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(5) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

特上カバチ!! 4

ある夜、田村 (櫻井翔) が帰宅すると、大家の 晴子 (田丸麻紀) が困っている人がいるから話を聞いて欲しいとやって来た。現れたのは 吉田香織 (清水美沙)。夫が経営する饅頭屋が倒産し、現在夫とは別居中だ。

香織が今日、自分の銀行口座から現金を引き出そうとすると、口座が差し押さえられていたと言う。口座凍結の理由に覚えがなく、当面の生活費にも困った香織は途方に暮れていた。

翌日、田村は 栄田 (高橋克実) にどうにか香織を助けられないかと相談する。最初は断った栄田だったが、香織に会うなり態度が豹変。どうやら恋に落ちてしまったようで…。

香織は、銀行に口座の差し押さえを依頼した金融会社に行き、自分がサラ金の連帯保証人になっていることを知る。借用証書を見せられるが、香織は書類にサインをした覚えがないと言う。債務者の名前は別居中の夫、吉田学 (近藤芳正) になっているため、夫が香織の名前を勝手に使用した可能性が高い。

大野 (中村雅俊) は、この案件を 美寿々 (堀北真希) に依頼。田村と栄田が補助でつくことになる。早速、サラ金に調査に行くことになった田村は、栄田からあるモノを用意するよう命じられる。それを使えば借用書の偽造を見破ることが出来るのだ。

さらに、借用書の文字を調べる為、田村と美寿々は栄田の案内の元、筆跡鑑定人・元堀 (酒井敏也) を訪れる。

偽造が明らかになったがその証拠は依然、掴めぬまま。田村ら3人は、香織の夫・吉田のアパートを訪れる。吉田は、自分の名前は書いたが、妻の名前は誰の書いた字か記憶にないと白を切る…。

ある日、ようやく偽造の手がかりを見つけた田村は、一軒のスナックにたどり着く。そこで美寿々がキャバ嬢になりすまし潜入捜査を行うことに。

果たして田村と美寿々は、借用証偽造の証拠をつかみ、香織の生活を守ることが出来るのか?そして、栄田の恋の行方は…?


特上カバチ!! TOPへ

『特上カバチ!! 4』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(6) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ 第15話「時は得難く失い易し」

ターミネーターT-1001はなぜか医師を必要としていた。サラ(レナ・ヘディ)とジョン(トーマス・デッカー)、キャメロン(サマー・グロー)はリストに名前がある人物を追跡するうち、その理由に気付く。一方、デレク(ブライアン・オースティン・グリーン)は親しかった女性ジェシー(ステファニー・ジェイコブセン)が"現在"に現れて驚く。

オリジナル放映日(U.S.):2008年10月20日


ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ TOPへ

『ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ 第15話「時は得難く失い易し」』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

左目探偵EYE 第3話

愛之助の左目に、『狭山瞳』の文字が映る。それは結婚式の招待リストに書かれたものだった。「まさか瞳先生が…」驚いた愛之助は、瞳(石原さとみ)が出席する結婚式の情報を聞き出す。御曹司と結ばれた友人の結婚式であること、その式には現職の大臣・鷲尾弘明(升毅)が出席することを知る。瞳の身を案じる愛之助は、その結婚式に潜入することを決意する。

結婚式当日、式場は、鷲尾に脅迫状が届けられていたことから、厳重な警備体制が敷かれていた。警官として会場の警備に当たっている夢人(横山裕)を発見した愛之助は、事件が起きることを予感し、精肉業者の荒井健吾(魔裟斗)が運転する保冷トラックの荷台に隠れて会場内への潜入に成功する。

一方、福地(佐野史郎)は、黒晶(クリスタル ケイ)から『結婚式』『平康三(深水三章)死刑囚』という意味不明な2つのキーワードを聞かされる。

 まもなく、控室にいた新郎が何者かに刺されるという事件が発生。現場に駆けつけた愛之助は、救急車を呼びに行く夢人を追いかける。
 会場に来た福地は、現場に残されたボイスレコーダーを発見。その内容は驚くべきものであった。凶器として使用されたであろう鋭利な刃物の特定を急がせる福地だったが、厳重な警備の中、会場内に持ち込むことは不可能であり、捜査は暗礁に乗り上げる。そんな中、愛之助は、左目映像をヒントに、あることに気が付く。しかし、そんな愛之助をあざ笑うかのように、第2の事件が起こる!


左目探偵EYE TOP
タグ:左目探偵EYE

『左目探偵EYE 第3話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

君たちに明日はない 第4話

第4話「旧友」

 今度は、2つの大銀行が合併した超メガバンクのリストラだ。真介は、高校時代の旧友・池田昌男(青木崇高)と、面接室で再会する。学年トップの成績だった池田だが、吸収された側の銀行出身で、明らかに冷や飯食いの立場に置かれていた。けれど、妻・彰子(遠藤久美子)を失望させたくない池田は、大企業に勤め続けるプライドを捨てられない。真介は同級生の山下(北村有起哉)に協力を求め、あ る秘策に打って出る。


君たちに明日はない TOPへ

『君たちに明日はない 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(5) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラッディ・マンデイ シーズン2 #03

藤丸(三浦春馬)との対面を果たしたJ(成宮寛貴)は、一瞬の隙を突いて藤丸に襲い掛かる。拳銃を手にしたJは、自分の口内に銃口を向けて…!?

『魔弾の射手』による謎の神経ガスを使ったサイバーテロの全容を掴んだサードアイだったが、すでに時は遅く、ガス供給網システムは「ホーネット」によって乗っ取られてしまっていた。サードアイの局長・苑麻(中原丈雄)は、 “ホーネット”の行動を断固阻止すべく、藤丸の再招集を決断する。

一方、藤丸はマヤ(吉瀬美智子)によって連れ去られた音弥(佐藤健)の行方を必死に追っていた。その頃、音弥はマヤに案内されたホテルの一室で、予期せぬ相手と対面を果たし、衝撃の真実を知ることに。動揺を隠しきれない音弥だったが…!?


ブラッディ・マンデイTOPへ

『ブラッディ・マンデイ シーズン2 #03』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(7) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

咲くやこの花 第5回

第5回『来ぬ人を』

 失恋したこいは、それでも由良への想いを捨てなかった。武士と町人では生きる目的が違うと諭すはなに、「自分が必死に戦う姿を見せ由良に生き方を考え直してもらいたい」と語るこい。

一方、信助(佐野史郎)は娘のしのを思うあまり、こいに勝ちを譲るように頼むが……。やがて深川一を決める決戦の日がやってきて…。

咲くやこの花 TOP

『咲くやこの花 第5回』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マジすか学園 #05

#05 「チョウコクとネズミ」

ある日、だるまはマジ女のどの派閥にも属さない一匹狼の「チョウコク」と廊下でぶつかり因縁をつけるが、百人一首をボソボソとつぶやく「チョウコク」の不気味な雰囲気に圧倒される。
チョウコクは「ラッパッパ」に惨敗した過去をもつが、それ以来修行を積み、今ではラッパッパと互角に戦えるという噂も流れているヤンキー。そんなチョウコクに近づく者が現れる。

一方、「ラッパッパ」副部長のサドは山椒姉妹をも倒した前田に危機感を抱き始め、優子のもとを訪れる。
そんな中、“前田は人殺し”というビラが校内にまかれるという事件が発生し…。


マジすか学園 TOPへ

『マジすか学園 #05』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

サラリーマン金太郎2 第5話

住民の反対運動にあい20年もの間、工事がまったく進んでいない江並ダム。大和会長(宇津井健)の指示により、金太郎(永井大)は工事を再開させるため現場へと向かう。反対にせよ賛成にせよ、まずは村の人たちの声を聞こうと地元の食堂へ飛び込むが、彼らの様子がどうもおかしい。そんな中、金太郎は反対派のリーダー、初音(中越典子)という女性と知り合う。

 推進派のいやがらせや買収によって、ほとんどの反対派は建設を受け入れていた。初音は孤立無援にもかかわらず、天下りなど一部の者だけが利権をむさぼるダム建設に断固として反対してきたのだ。初音の幼なじみでダム推進派の県会議員・朝倉英雄(東根作寿英)の説得も突っぱねる初音。反対派の意見も平等に聞くべきだと主張する金太郎だが、なかなかこの問題は一筋縄ではいきそうにない。

 金太郎は再度、初音の家を訪れ、住民説明会に出席するよう頼む。説明会に乗り込んだ初音は天下り問題に加え、この土地の地盤が不安定でダム建設には適切ではないことを指摘。それを聞いた金太郎は、工事を請け負う施工業者として地盤の再調査を提案する。「あんたらはよ、計画が動き出してくれたらそれでいいかもしれねえが、こっちはそうはいかねえんだ! 水の漏れるダムなんか作れっかよ! サラリーマンなめんじゃねえ!!」

 説明会の一件で初音と打ち解けた金太郎は、彼女から亡き父親に対する複雑な思いを聞かされる。しかし、その晩、金太郎は何者かに襲撃される。その正体は、英雄にたかっているヤクザたちだった。絶体絶命のピンチの中、どうにか初音を助けたものの、金太郎は吊り橋の上から激流の中へ落とされてしまう。初音の悲痛な叫び声が響く。「矢島さん!」。はたして金太郎の命は? そしてダム建設の行方はいったいどうなってしまうのか!?


サラリーマン金太郎TOPへ

『サラリーマン金太郎2 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤマトナデシコ七変化 第4話

突然、下宿屋に帰ってきた美音(高島礼子)は、レディには程遠いスナコ(大政絢)の姿を見て、嘘をついていた恭平(亀梨和也)たちに激怒する。そして「三日以内にスナコをレディにすること!」と再度指令を出す。美音は、三日後にスナコとお金持ちのイケメンとのお見合いを勝手にセッティングしていたのだ!レディになることもお見合いも気の進まないスナコだったが、美音の喜ぶ顔が見たい、と渋々OKする。

そして当日、お見合い会場には恭平、雪之丞(手越祐也)、武長(内博貴)、蘭丸(宮尾俊太郎)たちも様子を見にやってきていた。そこに現れたのは、お見合い相手・久留米(温水洋一)とその乳母(茅島成美)だった。「イケメン…?」と呆然となる恭平や美音たち。しかし、スナコと久留米には意外にも共通の趣味があり、意気投合。結婚話が一気に進むことに。その一方で、恭平は胸のもやもやに気がつくが…。


ヤマトナデシコ七変化 TOPへ

『ヤマトナデシコ七変化 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宿命 1969-2010 -ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京- 第4話

崇(北村一輝)と尚子(上原美佐)は、政略結婚という両家の思惑を超え、真実の愛をはぐくみ始めていた。三奈(真野響子)が白井(奥田瑛二)と密会していたことを知った崇は、三奈と激しく衝突する。自分と尚子の間にある真実を知らない崇には、なぜ三奈が突然結婚に反対し始めたのか理解できない。

そんな中、再び白井と面会した三奈は、破談どころかこの縁談にますます乗り気になっている白井の言動にがくぜんとする。嫌なら崇に真実を告白しろという白井に、三奈は返す言葉がない。追い詰められた三奈は崇の別れた恋人、宣子(小池栄子)のことを思い出し、ある策略をめぐらす。三奈は尚子に、宣子に手切れ金として渡した小切手を換金する意思があるかどうかの確認を頼む。

一方、宣子は人身事故を起こして治療費や慰謝料の支払いを抱えた弟を助けるため、一度は返送しようと決めた小切手を換金する決意を固める。


宿命 1969-2010 -ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京- TOPへ

『宿命 1969-2010 -ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京- 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(4) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

連続ドラマ小説 木下部長とボク 第4話

木下部長が配ったあったかいおしぼりとプレゼンを途中で切り上げ退室したことで、奇跡的に越前商事の一大プロジェクトの広告を請け負う事になった木下部。

「あの潔さが良かったんですよね」と言う僕元に、「実はあの日、下痢やってん」と恥ずかしげもなく告白する木下部長。プレゼンを切り上げたのは漏らしそうになったから…。
木下部長を少し見直し始めていた僕元は真相を聞いてがっかりする。

木下部長は本部長に呼ばれ、越前商事が博打気分で木下部を選んだ事を伝えられる。本部長は堅実に取り組むように釘を刺すが、木下部長はぼけーっと話を聞いていた。 「なんかもう一つ話があったような…」

木下部に戻った木下部長は、本部長の話をすっかり忘れていた。神奈川たちが木下部長に話を思い出させようとしていると、石川が「俺に次の仕事、やらせてくれ」と部屋に飛び込んできた。木下部長は「おお」と即答。本部長のもう1つの話とは次の仕事に関する事だった。

石川にすべてを任せて気楽になった木下部長は「俺、もう帰ってもええんやな?」と一言。出社して30分、木下部長は午前11時に帰ってしまう。
すると石川はすぐにミーティングを始め、外資系大手電機メーカー新商品のマスコミ発表が、木下部指名で来た事を報告。しかも日本上陸第1弾となる新しい機能が搭載された画期的なポットだという。

その頃、木下部長はつぶやいていた。
「やっぱ温泉かなぁ」
やって来た温泉で足湯に浸かって爆睡していると、女性の魅惑的な足が木下部長の足に近づいてくる。足が触れ合って目が覚めた木下部長。
その女性は、木下部長の名前を何故か知っていた。

その頃、君島部が進めるお菓子業界1メーカーの新製品マスコミ発表が、木下部の発表と同じ日になった事が発覚する。石川はお菓子にポットのマスコミ発表が負ける訳にはいかないとライバル心を剥き出しに。
しかし本心では、木下部のマスコミ発表に記者が誰1人来ないのではないかと心配していた。

意を決して石川は君島部長に会いに行き、マスコミ発表を違う日にしてほしいと土下座する。しかし君島は冷静に、石川の頼みを断る。
屈辱に震える石川。

その頃、木下部長は…「やっぱり思い出されへん」
湯上がりに会話をする木下部長と女性。女性は朝までゆっくり一緒にいたいと誘うが、木下部長の脳裏を、かれんのママがよぎる。
ぐずぐずしながらも謎の女の誘いを断った木下部長に、今度は本部長からの誘いが。すぐに会社に戻って来いという。

会社では外資系メーカーの女性幹部が待っていた。本部長は、マスコミ発表が成功するかどうか心配してやってきた彼女に、安心材料を示して欲しいと木下部長に指示。「安心して頂ける材料・・・そうですねぇ…、僕の目を見ていただければ」無言で見つめる女性幹部。
「それから、僕の汗を見ていただければ」温泉帰りでほっかほかだった。
指名したことが勘違いだったと絶句し、発表当日取材カメラがたくさん集まる様にしてくれ、と言い捨て女性幹部は部屋を出て行く。

 木下部はマスコミ発表に向け、夜遅くまで準備を進める。皆が一丸となる中、会議室にひょっこり顔を出す木下部長。差し入れの「温泉まんじゅう」と共に。木下部長はイベントの模型に興味津々で、触って壊して、当日に来ればいいと言われて完全に邪魔者扱い。

 マスコミ発表当日。時間になってもマスコミのカメラは一台も会場に来ない。外資系メーカー女性幹部は、賠償金問題だと激怒して帰ってしまう。僕元がふと外を見ると隣りの豪華なホテルにたくさんの報道陣が駆け付けていた。そこが君島部のマスコミ発表の会場だったのだ。

その時、堂々と時間に遅れてやった来た木下部長。「え?終わったの?マスコミ発表」と、のんきな発言。
木下部員たちは、マスコミ発表の失敗を前に呆然とするだけだった。すると突然、木下部長は瓶ビールを開けてごくごく飲み始める。驚く部員たち。

「いやぁ、もう飲んじゃおうかなと思て。いまやったら冷えてるし」という木下部長に続き、ひとり、また1人と部員たちがヤケ酒を飲み始める。
かなり酔っぱらった木下部長はコンパニオンに…ディープキスしていた。僕元は、酔うとこうなるのかと、半ば納得半ば驚き木下部長を眺めていた。

しばらくして… 「人が、死んでいる!」 と叫び声が。ホテルの従業員が、木下部の発表会場を覗いて驚いていたのだ。
部屋の中には死体となった木下部長たちが…いや死体のように酔いつぶれた木下部の部員たちだった。

ところが君島部のマスコミ発表に来ていた記者たちはその騒ぎを聞きつけ、続々と木下部のプレゼン会場に駆け付けて…。なんと、たくさんの取材人に囲まれ、熱くジェイソン社のポットについて語る石川が多くのメディアで取り上げられ、木下部のマスコミ発表は大成功という結果となった。
この伝説は「木下の集団ふて寝作戦」と呼ばれ、今も語り継がれている・・・。


連続ドラマ小説 木下部長とボク TOPへ

『連続ドラマ小説 木下部長とボク 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不毛地帯 第十四話

アメリカ近畿商事から東京本社に帰任した壹岐正(唐沢寿明)は、専務取締役に就任する。それは、壹岐が社長の大門一三(原田芳雄)に次いで、近畿商事のナンバー2になったことを意味していた。

それから半年後の昭和45年12月、イランで石油鉱区が売りに出されるという情報をつかんだ石油部長の兵頭信一良(竹野内豊)は、石油開発を手がけたいと壹岐に直訴する。今回、売りに出される鉱区は、兵頭が以前から目をつけ、情報収集を続けていたサルベスタン鉱区である可能性もあるという。石油開発にすべてを賭けようとしている兵頭の強い決意を知った壹岐は、ただちにイランに向かうよう指示した。

大門を訪ねた壹岐は、さっそく石油開発の件を切り出した。石油開発にかかる費用はおよそ200億円。石油が出れば1000億円以上の利益が見込まれていた。開発費用は、日本石油公社から最大で50パーセント支援してもらうことができるという。開発に失敗した場合でもその返済は免除されるというものの、石油が出なければ100億円もの費用が無駄になる。大門は、その場での決断を避けた。

一方、兵頭は、近畿商事テヘラン事務所を拠点にして情報収集を開始する。だが、売りに出されるのがどこの鉱区なのか、つかむことができなかった。焦りを隠せない兵頭は、イラン石油公社の筆頭理事に会うために、以前から何度か接触してきていた正体不明のブローカーとコンタクトを取る。しかし、兵頭のミスから、その計画は失敗に終わってしまう。

そんななか、壹岐は、第三次中東戦争の際にも協力を仰いだ国際ロビイストの竹中莞爾(清水紘冶)の事務所を訪ねる。そこで壹岐は、リビアの元石油大臣で、現在は石油コンサルタントをしているハバシュという人物が今回イランで売り出される鉱区を知っているとの情報を得る。壹岐は、兵頭に連絡し、ハバシュが滞在しているパリに向かうよう命じた。

パリに到着した兵頭は、ハバシュと会う約束を取り付け、滞在先のホテルを訪れる。しかしハバシュは、多忙を理由に兵頭と会おうとはしなかった。そんな兵頭の前に、黄紅子(天海祐希)が現れる。


不毛地帯 TOPへ


タグ:不毛地帯

『不毛地帯 第十四話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(4) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エンゼルバンク〜転職代理人 第4話

真々子(長谷川京子)の元教え子で、ライフパートナーズ社でアルバイト中の浪人生・江村夏生(中村蒼)が「今年は受験しない」と言い出した! 夏生は“なんとなく”で受験するのが嫌だという。真々子は説得して受験させようとするが、夏生は聞く耳を持たない。

そんなとき、真々子はリストラ勧告されたばかりの53歳エンジニア・江村良男(北見敏之)と面談することに。良男は30年間貢献してきた会社に裏切られたショックを引きずりながらも、転職先を探そうとしていた。ところが、良男は面談室にコーヒーを運んできた夏生を見て愕然となる。なんと、夏生と良男は親子だったのだ! しかも、2人の仲は険悪な様子…。どうやら夏生は仕事人間だった父親のことをよく思ってないらしい。
江村親子のことを心配しながら、良男の転職先を探そうとする真々子。

ところが、上司の海老沢(生瀬勝久)から「中高年の転職は難しい」と言われてしまう。海老沢によれば、50代の転職者はA・B・Cの3パターンに分類されるらしい。そして、良男のような50代エンジニアに当てはまる“Bパターン”の求人は、ほぼゼロだというのだ!
さらに、海老沢は真々子に「年功序列制度の意味とは何か?」と問いかける。真々子は「年齢の順に出世していくこと」と答えるが、海老沢は「それは、よくない思い込みだ」と一蹴。海老沢が説く50代転職者の3パターン、そして年功序列制度の真の意味とは…!?


エンゼルバンク〜転職代理人TOPへ

『エンゼルバンク〜転職代理人 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

853〜刑事・加茂伸之介 File.04

ある夜、加茂伸之介(寺脇康文)がひとり居酒屋で飲んでいると、平田章(小宮孝泰)という男が別の客とケンカを始める。慌てて仲裁に入る加茂。だが平田は加茂に「釣りはいらない」と財布を投げつけ、その店を去ってしまう。財布の中にあった平田の免許証をたよりに平田のマンションにやってきた加茂は、マンションの入り口で女性の悲鳴を聞き、部屋から走り去っていく平田とすれ違う!加茂が悲鳴の主である女性のもとに駆けつけると「誰もいないはずの部屋から男の人が出てきた」という証言が。部屋の中に入ってみると、そこには胸と腹を刺された佐伯俊哉(新納敏正)の死体があった!

 武藤係長(田辺誠一)の指示のもと、捜査一課・佐々木雪子(富田靖子)らが捜査を開始。被害者は事件のあったマンションの不動産会社『佐伯不動産』の社長で、現場となった103号室は以前に平田が住んでいた部屋だったことがわかる。さらに、雪子らは佐伯不動産への聞き込みで、その103号室を借りたいと言ってきていた女性がいることを知る。

 その女性の名は柳井芳江(山下容莉枝)。従業員の証言によると、部屋の貸し借りについて話をするうちに芳江と佐伯は恋愛関係に発展していたということだった。だが実は芳江は平田の元妻で、そのことを知った佐伯と口論になっていたとの証言を得る。

 さっそく芳江に話を聞きにいく雪子と浜育実(菅原大吉)。平行して平田の足取りを追っていた加茂らは、平田が無銭飲食で逮捕されたことを知る。警察に連行されてきた平田は、加茂に「俺が佐伯さんを殺しました」と自白。しかし、平田の行動に疑問を感じた加茂は、平田は犯人ではないと推察し…!?


853〜刑事・加茂伸之介 TOPへ

『853〜刑事・加茂伸之介 File.04』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とめはねっ! 鈴里高校書道部 第5回

第5回「書道部分裂!?」

 結希の情熱に、書道甲子園パフォーマンス部門へ部員全員出場を決めた鈴里書道部は、パフォーマンスの練習を開始する。そこへ現れた三浦清風は「お前たちは書の本質がわかっておらん!」と一喝!それに怒った杏子と詩織は「私たちは足を引っ張るだけ。退部する」と言い出す。残された結希や縁たちが戸惑っているころ、縁の父・義之(ダンカン)にある事件が起こる…。


とめはねっ! 鈴里高校書道部 TOPへ

『とめはねっ! 鈴里高校書道部 第5回』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(8) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

曲げられない女 第4話

信念も物事も“曲げられない女”=早紀(菅野美穂)は、恋人・正登(塚本高史)と別れ、仕事を辞め、母にも先立たれ、すっかり無気力になってしまった。早紀を励まそうする璃子(永作博美)と光輝(谷原章介)だが、早紀に「あなたたちみたいに幸せになれない」と弱音を吐かれて複雑な気持ちになる。周囲に同調し、結局自分の居場所をなくしている自分たちは果たして幸せといえるのか?そして璃子は正登と光輝の二人がともに早紀を想っていることに気づく。

そんな早紀を老弁護士・中島(平泉成)が訪ねてくる。弁護士を引退し田舎に帰るという中島から預かったノートを開いたとき、早紀のなかで何かが目覚めた。
数日後、早紀は正登に呼び出され、2回目のプロポーズをされる。早紀は今度こそプロポーズを受けるのか?


曲げられない女 TOPへ

『曲げられない女 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(4) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相棒 Season 8 第14話

盲腸で入院したたまき(益戸育江)を見舞った右京(水谷豊)と尊(及川光博)は、同じ病室に入院していた6歳の七海(石井萌々果)と知り合う。不審な男に追いかけられ逃げる途中ケガをしたらしい。七海はその不審な男を代議士の江嶋(田中哲司)だというのだが…。

右京らが早速その現場に行ってみると近くでジャーナリストの安田(竹本孝之)の事務所の捜索が行われていた。安田が遺体となって発見されたためだ。しかも安田は江嶋の盟友であることが判明する。少女が追いかけられた事件と安田の死に、何か関係があるのか!? 右京と尊が政治家の野望に潜む闇に挑む!


相棒 Season 8 TOPへ
タグ:相棒 season 8

『相棒 Season 8 第14話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(7) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤かぶ検事京都篇 第四話

弁護士の吉野達夫(伊庭剛)が自分の車の中で何者かに射殺された。
使われた拳銃が京都市内の派出所から盗まれた物だと判明し、柊(中村梅雀)は京都府警の行天燎子警部補(原沙知絵)、溝口賢一警部(中西良太)と共に捜査を開始する。

殺された吉野は、暴力団組織の顧問弁護士を務めており、よくない評判も聞こえてくる。
吉野は、妻で日本舞踊家元の岩渕美希子(洞口依子)とは別居しており、愛人の雨宮潤子(宮本真希)と一緒に暮していた。
潤子が美希子の弟子だったと知って柊は驚く。美希子の内弟子、門脇澄江(さくら)によると、美希子は吉野と潤子を深く恨んでいたようだ。

しかし、美希子には犯行の時刻に足袋職人の浜田克也(梨本謙次郎)と食事をしていたというアリバイがあった。
三角関係にある男女の愛憎のもつれによる犯罪か。柊が推理を巡らせていた時、もう一つの事件が起こる。
吉野の殺害に使われた拳銃で胸を撃たれて死んでいる、暴力団員の河崎武敏(高野八誠)が発見されたのである。河崎はかつて潤子と恋仲にあった男だ。
河崎が拳銃を盗み、吉野を殺した後、捜査の手が伸びたことで観念して自殺したようにも見えるが、柊には疑問が残る…


赤かぶ検事京都篇 TOPへ

『赤かぶ検事京都篇 第四話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

まっすぐな男 第四話

熊沢(田中圭)がデートを仕組んで以来、健一郎(佐藤隆太)と佳乃(貫地谷しほり)は二人でランチを楽しむまでに接近。
だが互いにまだぎこちなく、甘いムードとはほど遠い。
熊沢は煮え切らない健一郎にヤキモキ。加えて、鳴海(深田恭子)が広告モデルを引き受けたことを恩に着せ、また健一郎にトラブルを持ち込むのではないかと心配でならない。

一方、鳴海はゆきえ(佐々木希)とケンカをし、アパートを追い出されてしまう。
健一郎を呼び出し、家に泊めて欲しいと頼む鳴海。
断っても泊まると言い張って譲らない鳴海に困り果てる健一郎。
その様子を見かねた佳乃が、自分の家に泊めてもいいと申し出た。

佳乃の好意に甘え、彼女のマンションにまんまと転がり込む鳴海。
そんなとき、健一郎にゆきえから連絡が入る。
ゆきえは、鳴海が数日と言いながら結局は半年もアパートに居座っていたこと、騒動ばかり起こされて迷惑を被ったことを訴え、そんな鳴海を泊めることになった佳乃の身を案じていた。

熊沢からも「佳乃ちゃんがなんか悪い影響を受けたらどうする」と責められ、さすがに心配になった健一郎は佳乃の勤め先へ。
だが「あの人、ちょっと変わってるけど嫌な人じゃない」と鳴海に好意的な佳乃の言葉を聞いて安堵。しっかり者の佳乃なら鳴海にいい影響を与えられると言い、「友だちになってやってくれ」と改めて世話を頼む。

その直後、帰宅した佳乃は部屋の惨状を見てあ然。
鳴海は料理に失敗して台所をめちゃくちゃにしたうえ、拾ってきた猫を勝手に住まわせていたのだ。
呆気にとられる佳乃に鳴海は「泊めてくれたお礼に」と健一郎との恋をアシストしたいと申し出る。
複雑な心境の佳乃をよそに、小悪魔的な笑みを浮かべ勝手に盛り上がる鳴海。

翌日、佳乃は恋のアシスト作戦を実行しようと健一郎に会っていた鳴海を見かける。健一郎をからかってふざける鳴海の様子が恋人同士のように見え、佳乃はショックを受ける。

明くる日、佳乃、鳴海、熊沢と後輩の英樹(遠藤雄弥)が健一郎の家に集まり、すき焼きパーティーが開かれる。
そんな中、佳乃の買ってきたチョコプリンを鳴海が勝手に食べ始め、慌てて止めようとする佳乃と気まずい空気に。
健一郎が「いいだろ、プリンぐらい」と鳴海をかばうと、佳乃は急に怒り出して家を飛び出してしまう。

佳乃の思わぬ行動に面食らう健一郎。
だがそのプリンが、健一郎の好物だからと佳乃が用意していたものだったと熊沢から聞かされ、たまらず佳乃を追いかけていく。
健一郎が町中を駆け回ってようやく探し当てた佳乃は、酒に酔い潰れて道にへたり込んでいた。

佳乃は「ケンちゃんは私よりあの人のこと考えてる」と抑えていた思いを吐露。
健一郎の頼みだからと鳴海の世話をがんばったにもかわらず、鳴海ばかりかまう健一郎の態度が佳乃には耐えられなかったのだ。
「お前は強いから」となだめる健一郎に「私は強くなんかない」と抱きつく佳乃。
どうしていいかわからず硬直する健一郎だが、やがて佳乃をやさしく抱きしめ…。


まっすぐな男 TOPへ

『まっすぐな男 第四話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(5) | 2010年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
50音検索