2013年10月11日

独身貴族 第2話

2013.10.17 thu.On-Air 第二話「一夜限りのシンデレラ!!恋に落ちた独身貴族」

守(草g剛)は、ゆき(北川景子)が書いた脚本を、手直ししていけばよくなる原石だと評価。脚本を待つ日本映画の水島(梶原善)にそう伝えて渡すように、と<進(伊藤英明)に指示した。ところが翌日、水島に面会した進は表紙を差し替え、大物の高倉雄二(津川雅彦)が書いた脚本だと言ってしまう。

その頃、守は玲子(平岩紙)と気乗りがしないデート中だった。そこへ進から電話が入り、水島にゆきの脚本を渡したと報告を受けた。これで会社が救われ、結婚もせずに済むと確信した守は、密かに喜びを爆発させる。

後日、守は叔母の亜希子(デヴィ・スカルノ)から、玲子を自宅に招待しただろうと連絡を受ける。身に覚えがない守だが、どうやら先日のデート中に約束をしてしまったらしい。しかも、聞けばその訪問時間が迫っていた。

一方、弁護士の小林(篠井英介)と面会していた進は、妻から請求された慰謝料があまりに高額なことに驚愕する。

映画の撮影現場で働き始めたゆきは、慣れないながらも雑用をこなそうとするが、現場を仕切る裕太(藤ヶ谷太輔)から不当に厳しく扱われていた。そんなゆきの姿を、須美花(蓮佛美沙子)が嬉しそうに見ていた。

約束の時間を過ぎ、大量の食材を買い込んだ玲子が守の自宅にやってくる。将来ここに住むかもしれないからまずは部屋を案内してくれ、という玲子に守は辟易。さらに、料理を始めた玲子を見て、自分とはあまりに違う大ざっぱぶりに気が遠くなり…。

第1話 2013年10月10日「なぜ僕が結婚しないのか?その理由を教えましょう…」
第3話 2013年10月24日「独身貴族に終止符!?縮まっていく二人の距離」

独身貴族 TOPへ
各話視聴率へ
2013年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2013年秋ドラマ視聴率一覧へ
タグ:独身貴族

『独身貴族 第2話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2013年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月09日

リーガルハイ 第2話

vol.2「逆ギレ天才起業家〜“つぶやいたら”名誉毀損?」2013年10月16日

負けたままでは終われない。古美門研介(堺雅人)は黛真知子(新垣結衣)とともに安藤貴和(小雪)を訪ねる。黛は被告人尋問の前に拘置所に来た吉永慶子なる人物に何かを言われたのではないかと聞くが、貴和は判決の承諾は自分の意思だと言う。それでも古美門は執拗に上告を迫るが、はぐらかされてしまった。

 事務所に戻った古美門と黛は服部(里見浩太朗)に動画サイトを見せられる。それは、若くして会社を創設、一流会社を次々と買収し“時代が生んだ天才”と謳われた鮎川光(佐藤隆太)のインタビュー番組。インサイダー取引などの容疑で実刑判決を受け出所したばかりの鮎川は、自分を誹謗中傷したマスコミらを訴えると息巻く。服部は、鮎川が起こす訴訟に絡んで法律事務所に依頼が飛び交っていると古美門たちに教えた。

 早速、古美門と黛は鮎川の下に行き、訴訟代理人の売り込み。得意の饒舌で鮎川を持ち上げ、仕事を獲ろうとする古美門だが、あっさり断られる。鮎川は自分自身で全ての訴訟を闘うと宣言し、法廷で闘いたいと古美門を挑発した。

 挑発に乗ることを促すかのように古美門法律事務所に、鮎川に訴えられたブロガーが弁護依頼に来た。しかし、古美門は黛に任せてしまう。そこに、『NEXUS』の羽生晴樹(岡田将生)と本田ジェーン(黒木華)が現れた。鮎川に訴えられた漫画家の玉川たま(谷村美月)の代理人となった羽生たちは、共同弁護を頼みに来たのだ。断ろうとする古美門だが…。

第1話 2013年10月9日「完全復活・古美門研介!すべては依頼人のために無敗の弁護士が非道の悪人に立ち向かう!」
第3話 2013年10月23日「顔か?心か?どちらを選ぶ?前代未聞の整形裁判」

リーガルハイ TOPへ
各話視聴率へ
2013年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2013年秋ドラマ視聴率一覧へ

『リーガルハイ 第2話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(9) | 2013年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダンダリン 労働基準監督官 第3話

第3話「守るべきものは?友情か法律か」2013年10月16日

西東京労働基準監督署の課長・土手山(北村一輝)の大学時代からの親友・相島(マギー)が経営する工務店の作業現場で、作業員の墜落事故が発生した。電話を受けた段田凛(竹内結子)は、土手山と共に現場に向かうことに。落下した作業員は貧血でバランスを崩したらしいという報告を受けた土手山は単なる事故で片付けようとするが、凛は「法律違反」をかぎつける。

そんな中、凛と残業をしていた帰りに南三条(松坂桃李)が暴力事件を起こしていたことが発覚。南三条は署長の真鍋(佐野史郎)から厳重注意を受けるが、どうやら何か言い分があるらしい。一方、相島の現場で不正がある可能性を凛に指摘された土手山は大激怒。その上、息子への誕生日プレゼントを元妻のみどり(西田尚美)から突き返され、不機嫌全開の土手山のせいで職場はピリピリムードに。

そこに、瑠璃子(トリンドル玲奈)とデートの約束をしていた胡桃沢(風間俊介)が現れた。奇妙な流れでデートは凛の歓迎会になってしまい、土手山以外の同僚たちで食事をすることになるのだが、その店に胡桃沢の上司・相葉(賀来千香子)が現れた。見覚えのないはずの相葉から初対面ではないと言われ、戸惑う凛。一方、一人で冷静になった土手山は、真相を確かめるために相島のもとへ向かうことに。

第1話 2013年10月2日「働く人を守りたい…ブラック企業に制裁を」
第2話 2013年10月9日「女ナメんな内偵24時!セクハラ社長に唸れ!!」
第4話 2013年10月23日「学生絶望!?内定切り企業に唸れ」

ダンダリン 労働基準監督官 TOPへ
各話視聴率へ
2013年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2013年秋ドラマ視聴率一覧へ

『ダンダリン 労働基準監督官 第3話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2013年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドクターX〜外科医・大門未知子〜 第2シリーズ 第1話

OPE.1 2013年10月17日
「このまま閉じたら、三ヶ月以内に命落としますよ」
ラテ欄「復活!!!!失敗しないハケンの女オペは1億の競走馬」

 北海道・旭川の競馬場。フリーランスの外科医・大門未知子(米倉涼子)が、医師紹介所を営む晶(岸部一徳)と共に一般席で競馬に興じていた頃、馬主席では、高級毛皮に身を包んだマダム(三田佳子)が、年下の美しい男(藤木直人)とシャンパンを飲みながら、優雅にレースを眺めていた。
 注目の大一番。未知子が賭けていた馬の進路を、マダムの持ち馬が妨害。その結果、転倒したマダムの馬は骨折、安楽死処分を宣告されてしまう。「一億円の馬を簡単に安楽死などさせられない」と、マダムが嘆く場面に出くわした未知子は、「たとえ手術をしても100%失敗する」との獣医の言葉に闘志をたぎらせ、したこともない馬の手術を「私、失敗しないので」と引き受けるが…!?

 数週間後、帝都医科大学付属病院のカンファレンスでは、内科統括部長の特別患者で、名前を伏せての入院を希望している大腿骨肉腫患者の治療方針が話し合われていた。外科統括部長の蛭間(西田敏行)以下、外科の医師たちは大腿部切断がベストと判断するが、そこに「異議あり!」と異論を唱える声が響く。その声の主はなんと、未知子だった! 白衣も着けず、露出過多な出で立ちの未知子に、カンファレンスは騒然。怒号が飛び交う中、未知子は、堂々と下肢温存を主張する。

 そのとき、騒然とする一同を内科統括部長・馬淵が一喝。その人こそ、未知子をカンファレンスに呼んだ張本人。北海道で未知子に馬の手術をさせたあのマダムだった…! 果たして、馬淵の目的は…? その特別患者の正体は…!?

第2話 2013年10月24日「私なら切れます。死なせません。絶対に失敗しないので」ラテ欄「患者のお腹に残された秘密!?」

ドクターX〜外科医・大門未知子〜 TOPへ
各話視聴率へ
2013年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2013年秋ドラマ視聴率一覧へ

『ドクターX〜外科医・大門未知子〜 第2シリーズ 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(4) | 2013年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

科捜研の女 第13シーズン 第1話

第1話「殺人者からの挑戦状告発された鑑定ミス!鑑識課長に潜む闇…」2013年10月17日放送

農園経営者・篠塚秀実(手塚理美)が、温室内で死体となって発見された。榊マリコ(沢口靖子)たち科捜研のメンバーも現場に駆けつけるが、奈良県警から異動してきた新任の鑑識課長・藤倉甚一(金田明夫)に「科捜研は後だ。まずはウチが調べる」と追い払われ、なかなか遺体に近づけさせてもらえない。だが、マリコは現場に残るかすかな匂いに気づき、即座に死因が青酸ガス中毒であることを見抜く。

 自殺ではないかと話す相馬涼(長田成哉)たちの会話を耳にした藤倉は「余計な口出しをするな。判断するのは刑事だ」と激怒。事件関係者と接触し、捜査にも同行するマリコたちのやり方についても「邪道だ」と切り捨てる。

 そんな中、土門の捜査で、死んだ秀実は20年前まで奈良県警の科捜研で法医研究員として働いていたことがわかる。当時、藤倉も奈良県警の鑑識課に在籍していたはず。藤倉は秀実と面識があったにもかかわらず、一切その事実を口にしなかった。土門は、藤倉が秀実の遺体から故意に科捜研を遠ざけようとしたのではないかと疑う。

 その矢先、秀実の弁護士が、「自殺という判断には納得いかない」と再捜査を要求。民間の鑑定機関“鷹城科学鑑定ラボラトリー”に、鑑定を依頼すると発表した。

 科捜研が見つけられなかった証拠を民間の機関が発見したら、科捜研、ひいては京都府警もただではすまない。だが、真実を明らかにしたいと願うマリコは、科捜研での鑑定結果をラボ代表の鷹城京介(宅麻伸)に提出する…。

第2話 2013年10月24日「20年目の罠!誘拐された真犯人!!爆死まで5秒、起爆装置の謎」

科捜研の女 第13シーズン TOPへ
各話視聴率
2013年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2013年秋ドラマ視聴率一覧へ

『科捜研の女 第13シーズン 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2013年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

よろず占い処 陰陽屋へようこそ 第2話

第二話「空腹占い師、呪いのラーメンの謎を解く」2013年10月15日

陰陽屋に、中華料理店『上海亭』の女将・金井江美子(濱田マリ)が相談にやって来る。客足が突然ぴたりと途絶え、「店が呪われているのではないか」と言う江美子。

店の前には、触った者は必ず呪われると言い伝えられている狐石(きつねいし)が置いてあったという。ノリ気でない祥明(錦戸亮)は、手っ取り早く口コミサイトにべた褒めのコメントを書こうと提案。ところが、そこに『上海亭』を誹謗中傷する嘘八百の書き込みが。怒り心頭の江美子に半分脅される形で、祥明は店で張り込むことになる。

一方、路子(倉科カナ)は、インターネットの掲示板に瞬太(知念侑李)が捨て子だと書き込まれていることを知り、胸を痛める。

自宅を訪ね、両親のみどり(南野陽子)と吾郎(見栄晴)に瞬太の捨て子騒動の真相を尋ねる路子。しかし、2人は捨て子だとあっさり認め、路子を驚かせる。きちんと本人に話した方が、と言う路子に、「15年も一緒に暮らしていれば、家族の始まりがどうだったかなんて、どうでもよくなってくるんです」と言うみどり。

翌日、祥明の仕掛けた罠に掛かった犯人が、グルメサイトの掲示板に、店で撮影したハエ入りラーメンの証拠写真を新たにアップ。江美子はますます落ち込むが、祥明に促され写真を見ると、突然、犯人捜しをやめると言い出す。なんと、犯人は江美子の息子・隆平(若葉竜也)だった!

江美子が亡くなった夫の店を継いだことで、漫画家の夢を諦めるはめになったと不満を言う隆平。しかし祥明は「あなた、ガチで呪われてますよ」と隆平に言い放ち、お祓いの儀式を執り行う。江美子が犯人探しを断念したのは、犯人がわが息子だと気付いたからだ。息子に事実を突きつけないのは、夢を諦めさせたことを申し訳ないと思っているからだ。そんな江美子の思いに気づかないあなたは、きっと呪われている、と。

翌日、江美子が祥明に“犯人”の書き込みが変わったとうれしそうに報告していると、そこへ、商店街の連中が一人の男を連れて来る。『上海亭』を陥れた犯人に間違われたその男は、祥明と顔見知りの様子で「会いたかったぜ、ヨシアキ!」と告げ…。

第1話 2013年10月8日「元ホスト占い師、含み笑いで謎を解く!?」
第3話 2013年10月22日「見つけたら1億円!?消えた遺言状のナゾ」

よろず占い処 陰陽屋へようこそ TOPへ
各話視聴率へ
2013年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2013年秋ドラマ視聴率一覧へ

『よろず占い処 陰陽屋へようこそ 第2話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2013年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相棒season12 第1話

2013年10月16日(水) 8:00〜10:09pm
第1話「ビリーバー」初回2時間スペシャル

 特命係・杉下右京(水谷豊)は、甲斐享(成宮寛貴)の彼女、笛吹悦子(真飛聖)から最近、享の様子がおかしい、と相談を受ける。どうやら、「みんなの動画」というサイトで「火の玉大王」と名乗る男の生放送にハマっていると言う。「9.11同時多発テロがアメリカ政府の陰謀」「富士山は今年中に噴火する。それも人為的に。」など様々な諸説を配信している「火の玉大王」こと綾辻(忍成修吾)は陰謀論者のようだ。

 心配になった右京は、享を尾行しその行動を探ろうとする。すると、「火の玉大王」を中心に手をつなぎ、夜空に向かって宇宙船を呼ぼうとする享の姿が…。本当に享は「火の玉大王」に心酔しているのだろうか?右京も流石に首をかしげてしまう。

 そんな折、大東亜産業の専務・高山(大原康裕)の遺体がホテルで見つかった。所轄によると服毒による自殺の模様だが遺書は無く自殺理由は不明とのこと。そのニュースを見て妙に気になっている享に右京は気づくが…

 右京は真相を探るため「火の玉大王」の生放送に潜入するが、図らずもネットの放送上で享と会話してしまうことになり、調べていることが明らかに。

 享は一体なにをしていたというのか?
 そのあとに起こる警察を揺るがす大事件とは!
 ネットの闇が右京たちに迫る!
 犯人の目的とは!?

第2話 2013年10月23日「殺人の定理」

相棒season12 TOPへ
Season12 各話視聴率へ
2013年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2013年秋ドラマ視聴率一覧へ
タグ:相棒season12

『相棒season12 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(7) | 2013年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミス・パイロット 第1話

story#1「下町の居酒屋の娘、パイロットになる!」2013.10.15. Tue.on-air

東京・蒲田にある居酒屋の娘、手塚晴(堀北真希)は、就職活動中の大学生。特に夢もなく、就職活動に苦戦し万策尽きた晴の目に飛び込んできたのは、ANAの自社養成パイロットの募集要項だった。

晴は考えもしなかった航空業界の会社説明会で、長年パイロットを夢見てきた小田千里(相武紗季)と出会う。100倍以上の倍率にもかかわらず、パイロット一本で勝負をする東大大学院エリート才女の千里とは正反対の晴だが、採用試験が進むにつれて二人は会話を交わす仲になる。

晴はパイロット採用試験を受ける傍ら、さまざまな会社にエントリーするも、手にするのは不合格通知ばかり。

一方で、そんな晴の天真爛漫、素直な性格がANAパイロットの採用試験面接官の国木田孝之助(斎藤工)と、現役機長でパイロットを束ねる総責任者・篠崎一豊(岩城滉一)の目にとまる。

順調に選考を突破していく晴だったが、ここぞという所でしくじってしまう。追い打ちをかけるように千里から、何百人の命を預かるパイロットという職業に対する気持ちの甘さを指摘された晴はすっかり自信を無くす。そんな折、晴は小さな製作所から内定をもらい・・・。

第2話 2013年10月22日「新人訓練生の試練!空港ターミナルで上司に物申す!」

ミス・パイロット TOPへ
各話視聴率へ
2013年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2013年秋ドラマ視聴率一覧へ

『ミス・パイロット 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(6) | 2013年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

刑事のまなざし 第2話

第2話「43歳新人刑事が救う出向サラリーマンの心と家族…名物鍋料理と2重の殺人」10月14日夜8時 ON AIR

東池袋署管内でホームレスが殺された。殺されたのはショウ(山口祥行)と呼ばれている男で、前夜にホームレスたちに嫌がらせをした少年たちに腹を立て、暴行をしていていたという。その上、同じホームレスのマサ(須田邦裕)とも揉め事を起こしており、周囲の評判はあまりよくなかった。

夏目(椎名桔平)、安達(小野ゆり子)、福森(松重豊)は菊池係長(要潤)の指示で聞き込みを始めるが、ホームレスたちがなかなか自分の身の上のことを話したがらない。そんな中、夏目はナカ(螢雪次朗)が自分と同じ青森出身だと知り親しくなる。

そんな折、被害者のショウの身元が判明。ショウは17年前に傷害致死事件を起こしており、19歳の会社員を殺していた過去があった。福森と安達はそれを受け、被害者の父親・本木(松澤一之)に会いに行く。一方、夏目は体調を崩していたナカに、郷土料理の”ひっつみ”を作ってあげていた…。

第1話 2013年10月7日「43歳新人刑事。瞳に映る涙のミステリー」
第3話 2013年10月21日「捜査中止命令!?動き出した娘の未解決事件と消えた5000円札」

刑事のまなざし TOPへ
各話視聴率へ
2013年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2013年秋ドラマ視聴率一覧へ

『刑事のまなざし 第2話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2013年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

海の上の診療所 第1話

第1話「瀬戸内海の美しい島々を巡る病院船の物語が今始まる」10月14日月曜 夜9時(初回15分枠大)

 『海診丸』は、瀬戸内海の無医島を巡り、医療サービスを提供する診療船。医師やスタッフたちは、病院並みの設備を持つこの船で共同生活を送りながら、島々を回っている。そんなある日、海診丸にひとりの医師がやってくることになった。その男の名は瀬崎航太(松田翔太)。北海道出身のフリーランスの総合診療医だ。

 元ヤンキーだというウワサもある看護師の戸神眞子(武井咲)、内科医の内村葵(藤原紀香)、看護師の三崎昇(福士蒼汰)、事務員で葵の夫でもある日内晃(荒川良々)、船長兼料理長の海藤剛(寺島進)ら海診丸のスタッフは、航太の歓迎会を準備していた。が、約束の時間より大幅に遅れてやってきた航太は、風呂上がりの眞子に出くわし、不審者に間違われて彼女に蹴り飛ばされてしまう。

 あくる朝、改めてスタッフたちに自己紹介をした航太は、さっそく実務に就いた。今回、海診丸が訪れたのは千登勢島だ。午前中、航太は、集まってきた島民たちの診察をした。しかし眞子は、胃の痛みが取れないという患者に炭酸飲料を飲むよう勧めるなど、いい加減とも思える航太診察ぶりに半ばあきれていた。

 午後、航太は、眞子とともに往診に出かける。明日は島の祭りがあるらしく、太鼓の練習をしている男・宮脇拓也(高橋努)の姿もあった。往診の帰り、航太は、墓石の前で涙を流していた女性・村上美月(加藤あい)に気づき、その美しい姿に心を奪われる。美月は、この島で造船業を営む道則(片岡鶴太郎)の娘だった。廃業し、家を売ろうとしている道則と、亡き母の思い出が残る家を守りたいという思いからそれに反対している美月が衝突していることを知った航太は、美月と結婚して道則の後を継ごうと決意。眞子たち海診丸のスタッフにいきなり「明日で船を降りる」と宣言するが…。

第2話 2013年10月21日「ちいさな島の小学校・たった1人の生徒と先生の絆」

海の上の診療所 TOPへ
各話視聴率へ
2013年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2013年秋ドラマ視聴率一覧へ

『海の上の診療所 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(5) | 2013年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

49 各話あらすじ

第1話
2013.10.5 O.A

加賀美暖(佐藤勝利)は、冴えない平凡な高校1年生。
ある日、暖と父親は交通事故に遭い、暖をかばって父親が死んでしまう。
目が覚めたとき、暖の中身は父親だった。

なんでも器用にこなす父親の素質を持った暖の高校生活が始まる。
突然明るくなった暖の様子に、友人の智(神宮寺勇太)や健太(安井謙太郎)、幸(山本舞香)たちは驚くが・・・。

第2話
2013.10.12 O.A


暖(佐藤勝利)は、智(神宮寺勇太)が隠し撮りしていた写真の美少女が、学園のマドンナ的存在の水無月マナ(西野七瀬)だと知る。
マナに興味を持ちはじめた暖の元に、マナの彼氏と称するテニス部キャプテン・沢村省吾(寺西拓人)が現れる。
省吾は暖に脅しをかけるが、そこに健太(安井謙太郎)率いるバスケ部のメンバーたちが立ちはだかり…。

高校生活になじみつつある暖は偶然、父・幹の小学校からの友人・高見春樹(酒井敏也)と再会。
リストラに遭い、家庭崩壊の危機だと聞いた暖は、春樹のために力を貸そうと決意する。


第3話
2013.10.19 O.A


マナ(西野七瀬)に告白したことで、校内で一躍有名人になった暖(佐藤勝利)。
一方、智(神宮寺勇太)と幸(山本舞香)は、以前とは明らかに変わった暖の言動を不審に思い始める。
ついに二人で暖の自宅におしかけ、真相を確かめることに。

そんなある日、暖は健太(安井謙太郎)たちバスケ部のメンバーから、
部の存続のために二ヵ月後の大会に出場してほしいと懇願される。「二ヵ月後」と聞き、一度は断る暖だったが…。


第4話
2013.10.26 O.A


ある朝、学校に行く暖(佐藤勝利)をマナ(西野七瀬)が迎えに来た。
一緒に登校する二人を見て、ショックを隠しきれない省吾(寺西拓人)。
暖とのデートを何度もすっぽかしていたマナだったが、打って変わって積極的に暖にアプローチするようになる。

そんな中、姉・裕子(野村麻純)の友人・園子(深川麻衣)から、裕子を妊娠させた相手について聞きだした暖。
早速、ホストクラブで働く元彼・桐生哲也(喜矢武豊)の元へ乗り込んだ暖は、二人が別れたいきさつ、さらに哲也が多額の借金を抱えている事を知る。


第5話
2013.11.02 O.A


哲也(喜矢武豊)の借金返済のため、学校帰りにホストクラブでステージに立つ暖(佐藤勝利)。
ある日、仕事を終えて帰宅した暖は、眩暈を起こして倒れこんでしまう。

翌日、なぜか本来の息子の魂で目覚めた暖は必死に記憶を辿り、
事故のこと、そして父親・幹との最後の会話を思い出した。

さらに、学校へ向かった暖は、親しげに話しかけてくるクラスメートや健太(安井謙太郎)たちの態度に困惑。 やがて、智(神宮寺勇太)と幸(山本舞香)から“父の魂が入った暖”が巻き起こした出来事を聞いた暖は…。


第6話
2013.11.09 O.A


本来の暖(佐藤勝利)とその身体に宿った父親・幹の二人の魂が、頻繁に入れ替わるようになる。息子の暖は母親・愛子(紺野まひる)を、父は幸(山本舞香)ら若い女の子を女性として意識すると入れ替わりが起きるというのだ。

次第に二人の境界が曖昧になっていく中で、息子のために何かを残したいと考えた暖は、マナ(西野七瀬)に自分はもうすぐ死ぬと告白。そして、マナと息子の暖が付き合えるようにマナを口説き始める。一方、哲也(喜矢武豊)のホストクラブに突然、裕子(野村麻純)がやって来て…。


第7話
2013.11.16 O.A


父親・幹の魂を宿した暖(佐藤勝利)への思いに気づいた幸(山本舞香)は、暖に対して積極的に迫るが、すぐに息子に戻ってしまい思いを遂げられずにいた。一方、息子の魂の暖は関わる人たちに、事あるごとに父親の素質と比べられ苦悩する。

ある夜、いつものようにステージに立つチキンバスケッツのメンバーは、レコード会社社長の恵子(生稲晃子)から、ネットアイドルとしてデビューしないかと持ち掛けられる。学校にバレることを恐れる暖だが、哲也(喜矢武豊)や健太(安井謙太郎)は乗り気で…。


第8話
2013.11.23 O.A


父親・幹の素質と何かと比較される暖(佐藤勝利)は、皮肉を交えて自らを“寒”と称するように。さらに寒が好きな幸(山本舞香)は、自分ではなく父親に好意を抱いていたことを知り、寒は命を絶とうとする。気絶した瞬間に幹の魂に入れ代わり危険を回避するが、息子に対する心配の種は消えずにいた。

チキンバスケッツの活動が本格化する中、純(森田美勇人)は祖父が碁会所で賭けをして金を巻き上げられていることが気になって仕方がない。相手が高校生・伏見剛(羽生田挙武)だと知った健太(安井謙太郎)は憤慨し、暖に対極を交代するよう頼み込む。


第9話
2013.11.30 O.A


囲碁の勝負で剛(羽生田挙武)に勝ったことで、寒(佐藤勝利)を少し見直した幸(山本舞香)。だが、父親の魂が入った暖への好意は変わらず、幸に密かに想いを寄せる寒は複雑な感情を抱える。

マナ(西野七瀬)が寒をすっかり気に入ったことが面白くない省吾(寺西拓人)は、マナが語る暖と寒の存在を不審に思い尾行を開始。そこで、ホストクラブでステージに立つチキンバスケッツの様子を目撃してしまう。一方、暖の母親・愛子も、息子の態度の変化に気づき…。


第10話
2013.12.07 O.A


マナ(西野七瀬)にときめいたことで、暖(佐藤勝利)から寒へ入れ替わりが起きた。幸(山本舞香)とマナは、暖の身体を取り合って火花を散らすようになる。

ネットアイドルとしてデビューしたチキンバスケッツは、動画配信が成功して瞬く間に人気者に。学校の女子たちもチキンバスケッツの話題で持ちきりで、浮かれたバスケ部のメンバーは部活の練習もおろそかになってしまう。同じく、大金を手にして浮かれる哲也(喜矢武豊)の様子に父親の自覚がないと怒った裕子(野村麻純)は、別れを決意。そんな中、裕子の陣痛が始まり…。


最終話
2013.12.28 O.A


暖(佐藤勝利)の身体に父親・幹の魂が宿っているという真実を、友人や家族たちは驚きながらも自然と受け入れていた。

そんな中、幸(山本舞香)に負けじと寒に熱烈なアプローチを続けるマナ(西野七瀬)は、49日間が過ぎたとき「息子の暖の魂が消える可能性」に気づく。事故の状況を思い出し、本当は自分が死んでいたことを悟った寒は、心配するマナに対し自分のことは放っておいてほしいと突き放してしまう。一方、哲也(喜矢武豊)が突然、チキンバスケッツの解散を宣言し…。

そして、いよいよ幹が暖の身体を借りていられる最後の日、49日目が訪れようとしていた。


49 TOPへ
2013年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2013年秋ドラマ視聴率一覧へ
タグ:49

『49 各話あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(2) | TrackBack(2) | 2013年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

東京トイボックス 各話あらすじ

#01「俺は最高のゲームを作りたいだけ!」10.05 ONAIR

ゲーム制作会社『スタジオG3』の社長をしている天川太陽(要潤)は、かつてゲーム業界最大手の『ソリダスワークス』にいた天才クリエイター。それが、今はゲームの聖地・秋葉原にある雑居ビルで携帯向けミニゲームやパチスロムービーなどで食いつないでいる。

万年赤字の『スタジオG3』には創立メンバーであるグラフィッカーの谷崎七海(北川弘美)、プログラマーの依田敦史(趙a和)、同じくプログラマーの金田正志(菊田大輔)、グラフィッカーの阿部茉莉(岸明日香)の個性的なメンバーがスタッフとして働いていて、今日も連日の徹夜作業で疲労困憊だ。

そんな彼らにお構いなしに、納品前日に「仕様の一部を変更する!」と息巻く太陽。が、そこへやって来たのはビシッとスーツを着こなしたキャリアOLの月山星乃(宇野実彩子・AAA)。月山は経営コンサルタント会社・インフォセレクトから『スタジオG3』の建て直しのために出向してきたという。

納期・予算は度外視。面白いもの、魂のこもったものしか作らないという天才クリエイターの太陽と、納期・予算は絶対。遅延料などもってのほかと言い切るビジネスウーマンの月山。
ゲーム制作現場という熱い舞台で、二人の魂のぶつかり合いが始まる!


#02「本気の?ダメ企画」10.12 ONAIR
携帯用ミニゲーム“電脳戦士モバイラー”の納期を強引に延ばし、仕様を変更した太陽(要潤)だったが、月山(宇野実彩子)の気転により何とか遅延料を払わずに窮地を脱したのも束の間、月山がクライアントから“捨て企画”を作るよう頼まれ、太陽と一触即発に。一度は“捨て企画”を書くことを渋々了承した太陽だったが、提出先が『ソリダスワークス』と聞いて…。

谷崎七海(北川弘美)から太陽とソリダスの因縁を聞いた月山は、改めて太陽にぶつかるが、結局自分で企画書を書くことになる。だが、全くゲームを知らない月山は依田(趙a和)や金田(菊田大輔)、アベマリ(岸明日香)たちにカフェゴールデンバウムで教えを請うが…。

一方、『ソリダスワークス』の局長ルームで仙水伊鶴(福士誠治)と秘書の窪ノ内品子(橋本マナミ)が不敵な笑みを浮かべ…。
果たして月山は企画を書き上げることが出来るのか!?
その時、太陽は!?


#03「海外版制作に陰謀の影」10.19 ONAIR
月山(宇野実彩子)に隠れて企画書を書き上げ、無事に提出した太陽(要潤)。束の間、ゆったりとした時間を送っていたが、月山だけは『スタジオG3』の財務表を睨み、相変わらずの危機的状況に悩んでいた。

一方、“捨て企画”を書いたのが太陽だと掴んだ仙水(福士誠治)は、ある事を企み始める。
そんな折、MMGというパブリッシャー(=ゲーム販売会社)の社長・須田大作(相島一之)が『スタジオG3』を訪れ、太陽たちが2年前に作ったソフト“サムライ☆キッチン”の海外版を出したいと切り出す。太陽を始め月山やスタッフたちのテンションは上がり、久しぶりに盛り上がるG3だったが、実はこの話を須田に持ち込んだのが太陽と因縁のある『ソリダスワークス』で…。

会社のことを考え、やらなければならないと月山は考えるが、頑として言うことを聞かない太陽。次第にスタッフたちも太陽に不信感を抱き、G3に不協和音が立ち始める。
月山は太陽を説得できるのか!?


#04「逃げ続ける男の決意!トイレ占拠でガチ本音」10.26 ONAIR
誰もがやりたい“サムライ☆キッチン”の海外版制作だったが、『ソリダスワークス』と因縁のある太陽(要潤)は逃げ続けていた。

その頃、月山(宇野実彩子)は出向元の会社でG3の売り上げが上がらないことを上司から責められていた。このままでは本社に戻れないという焦りは募るばかりで…。
さらにマサ(菊田大輔)はG3を辞めようかなと言い出し、依田(趙a和)やアベマリ(岸明日香)も愚痴をこぼすが、七海(北川弘美)だけは仙水(福士誠治)の怖さを知っているだけに、同調しない。

どうしても諦めきれない月山は“サムライ☆キッチン”を素人なりに研究し、修正箇所を提案するために模索していた。

その提案書をたまたま見つけた太陽。びっしりとメモ書きされ、細かく分析された提案書を見た太陽の心に様々な想いが去来する…。どうなる、スタジオG3!?どうする、天川太陽!?


#05「不吉な(秘)ラブレター!?理不尽なゲームを作れ」11.2 ONAIR
過去のトラウマと向き合い、さらに『ソリダスワークス』の仙水(福士誠治)と向き合うことを決めた太陽(要潤)。『スタジオG3』のメンバーは“サムライ☆キッチン”の海外版が制作できることになり、大はしゃぎする。

一方、仙水は不敵な笑みを浮かべ、秘書の品子(橋本マナミ)に分厚い“ラブレター”を託していた…。
数週間後―――。
太陽を中心に、海外向けに内容や細かい仕様を変更し、新たなキャラの追加も順調に行い『スタジオG3』は活気にあふれていた。

そこへMMGの須田(相島一之)から預かってきたと、月山(宇野実彩子)が仕様書を持って帰ってくる。その仕様書を見て、固まる太陽、七海(北川弘美)、依田(趙a和)、マサ(菊田大輔)、アベマリ(岸明日香)。月山だけが意味が分からず…。


#06「ゾンビVS裏切りのOL好きなんだよ…えっ?」11.9 ONAIR
ゲームセンターでヒントを掴み、仙水(福士誠治)が作った完璧な仕様書に従わないことを決めた太陽(要潤)。太陽の面白い提案を受け入れる七海(北川弘美)、依田(趙a和)、マサ(菊田大輔)、アベマリ(岸明日香)。その姿を見て、思わず微笑んでしまう月山(宇野実彩子)。

一方、仕様書に赤を入れられ送り返された仙水は怒りを露わにするが…。
数日後、出向元の上司に呼び出された月山は本社に戻すつもりと言われ…。

そして、遂に“サムライ☆キッチン”の試作品が完成する。月山は太陽からデバッグ作業を手伝うように言われるが、全くゲームセンスのない月山は役立たずで…。

その頃、『ソリダスワークス』の社長・御堂雄頑(石橋蓮司)は仙水を呼びつけ、あることを問いただす。
太陽・月山・仙水。それぞれの望み、迷い、思惑が複雑に絡み合い、三人の運命が大きく狂いだしていく!?


#7「天才の壮絶なる過去…ネジがモノを考えるな!」11.16 ONAIR
本社に戻る話が着々と進むなか、MMGの社長・須田(相島一之)から“サムライ☆キッチン”の商標権を『ソリダスワークス』に売らないかと持ち掛けられた月山(宇野実彩子)。商標権を売れば、会社の運転資金にはしばらく余裕が出来るが、現在制作を進めている海外版がどんなに売れても『スタジオG3』は“サムライ☆キッチン”の続編は作れないことになってしまう。

仙水伊鶴(福士誠治)の狙いは何なのか…。思惑を確かめるため、単身、『ソリダスワークス』に乗り込む月山。そこで話される天川太陽(要潤)の光と影―――。

その頃、『スタジオG3』では月山が本社に戻るか否か…という話から彼氏がいるか否か、という話に発展し…。果たして、月山に彼氏はいるのか!?


#8「衝撃(秘)S級バグ発生!」11.23 ONAIR
“サムライ☆キッチン”の制作もいよいよ大詰め。バグの修正率も99%を越え、残るは比較的プレイに影響のないCランクのバグのみに。

一息ついた七海(北川弘美)がコンビニへ出かけると、そこにはなぜか仙水(福士誠治)の姿が。そして、不敵な笑みを浮かべ、「彼女から話を聞いた?」と意味深なことを訊ねる…。

三日続いた徹夜作業も終わりが見え、雑談をしている太陽(要潤)や依田(趙a和)、マサ(菊田大輔)、アベマリ(岸明日香)たち。

その横で、デバッグ作業をしていた月山(宇野実彩子)。急に真っ暗になる画面。信じたくない現実=Sランクのバグ発見!!が『スタジオG3』をさらなるパニックへと陥れる。

苛立ち葛藤する太陽。本社への復帰に悩む月山。そして、仙水…。
果たしてSランクのバグにどう決着をつける!?


#9「涙の本気ビンタ炸裂!悲しくてやりきれない」11.30 ONAIR
“サムライ☆キッチン”海外版制作の最終段階で見つかったSランクのバグ。
バグの原因は追加した『新ルート』にあることは分かりつつも根本的な解決が見いだせないでいた。ところが、チーフプログラマーの依田(趙a和)から太陽(要潤)に『新ルート』を丸ごと削除すれば問題は解決する、という提案がなされる。それにはさすがにG3メンバーも抵抗するが…。

そしてさらなる衝撃がG3を襲う。
新ルートは続編に入れればいいという妥協案を出した太陽に“続編は作れない”という月山(宇野実彩子)の衝撃発言――。

“続編は作れない”の真意を聞いた太陽をはじめとするG3スタッフは月山を必要以上に責めたててしまう。自分なりに考えて行動していた月山にはショックが大きく、ついに涙を流してしまい…。

すれ違う太陽と月山の気持ち…。G3を揺さぶる手を休めない仙水…。
このまま黙ってゲーム魂を売ってしまうのか、太陽の心が大きく揺れる!


#10「危険な罠(秘)決意の賭け」12.07 ONAIR
“サムライ☆キッチン”の続編が作れないことを月山(宇野実彩子)から聞かされ、太陽(要潤)をはじめとするG3スタッフは必要以上に責め、月山を傷つけてしまった。

しかし、月山は“サムライ☆キッチン”を守るため仙水(福士誠治)のところに単身乗り込んでいたことを須田(相島一之)から聞き、太陽と月山のすれ違った気持ちはなんとか修復。太陽は『新ルート』を削除しない覚悟を決めた。

そして太陽と月山は仙水に納期の延長をお願いするため『ソリダス・ワークス』へ出向く。必死に頭を下げる太陽と月山に構わず、「ゲームしようぜ」と急に切り出す仙水。
果たしてその真意は……。

一方その頃、依田(趙a和)、マサ(菊田大輔)のプログラマーチームはバグの原因を特定するため不眠不休で働いて…。

ついに太陽VS仙水の直接対決!!! 怒涛のラスト3話!!!


#11「魂の勝負!衝撃の結末(秘)必殺技に萌コスプレ」12.14 ONAIR

納期の延長をお願いする太陽(要潤)と月山(宇野実彩子)に一度は「いいよ」と言った仙水(福士誠治)だったが、仙水は舌の根も乾かぬうちに「無理」と言い出す。

せっかく依田(趙a和)やマサ(菊田大輔)がバグの原因を究明し、3日間あれば修正して完成できるのに…万事休す…に見えたが、月山は「賭けをしませんか?」と仙水に提案する。

太陽が勝てば納期は三日延長。負けたらソースコードを渡す。という月山に対し、仙水は負けたら商標権を渡す。ただし、勝てば――太陽がソリダスに戻る――。という賭けを提案する。
その条件はのめないと言う月山に対し、勝負を受けるという太陽。
「オレは勝つ」という太陽の言葉に覚悟を決める月山――。

いざ、太陽VS仙水のゲーム対決が始まった!
防戦一方の太陽。巧みな攻撃を仕掛けながらも仙水は語る――戻って来い。お前はオレに使われてこそ価値がある――と。
果たして勝負の行方は!!!?


#12「涙の数だけ夢がある!魂のジャンケン大会!?」12.21 ONAIR
太陽(要潤)が仙水(福士誠治)との勝負に勝ち、『スタジオG3』は窮地を脱した。
そして月山(宇野実彩子)は本社に戻ることになる。さらに、七海(北川弘美)も仙水に誘われ、G3を辞めると言い出し…。

これまでゲーム制作のことしか考えてこなかった太陽に、須田(相島一之)が「社長だろ、人脈を広げろ」と “コスプレ合コン”に誘う。だが、“接待”などしたことない太陽は勘違いして――。悩む太陽。こんなとき、月山がいてくれたら…。
一方、仙水は「僕、諦め悪いからさ」と不敵な笑みを浮かべる。

ゲーム制作現場で熱い魂をぶつけあった天才ゲームクリエイターの太陽とビジネスウーマンの月山。価値観の違う二人が本気でぶつかりあって完成した“サムライ☆キッチン”の海外版。
そこには汗と涙の結晶が…。
感動の最終話!!!


東京トイボックス TOPへ
2013年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『東京トイボックス 各話あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2013年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

刑事吉永誠一・涙の事件簿 第1話

1 新相棒登場SP!「熱血&クールコンビが難病少女の夢を守る巨悪詐欺を許すな!!」2013.10.11 放送

地下駐車場で女性の死体が見つかった。被害者は占い師の須永弥生で、死因は失血死、背後から鋭利な刃物で刺されていた。弥生のハンドバッグを持ち去る男が防犯カメラに映っており、怨恨や痴情のもつれのほか、強盗の線でも捜査をすることに…。弥生が働いていたビルへ行くと、1週間前に三上達也という男が訪ねてきて弥生と言い争いをしていたことがわかる。三上は知り合いが弥生に騙されたのだと説明するが、鑑は三上が何か隠しているのではないかと疑う。

一方、弥生と同居していた不動産会社社長の黒木は3か月前から事実上別居していて、弥生の死亡時刻には新しい女の家にいたと証言する。そんな中、黒木と弥生が詐欺罪で告訴されていたことが判明!訴えていたのは神保豊と神保千香夫婦。夫婦の娘は心臓疾患で入院中だという…。


第2話 2013年10月18日「飛びおりた覆面男」

刑事吉永誠一・涙の事件簿 TOPへ
2013年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2013年秋ドラマ視聴率一覧へ

『刑事吉永誠一・涙の事件簿 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜 第1話

2013.9.13 onair 第1話「永遠に君を護る!」

東京帝國大学次元物理学部の教授で宇宙理論学の教鞭をとる沫嶋黎士(木村拓哉)は、髪はボサボサであまり外見にこだわらず、人と接することが苦手。学生たちの間では“いちいち残念”と言われているが、学者としてはその世界で広く認められる頭脳を持つ天才でワームホール理論の最先端の研究者だ。

そんな黎士はある日、自身の導き出した理論から自分自身が100%の確率で数時間後に殺され、更にその数十時間後には自分の婚約者で大手IT会社に勤める安堂麻陽(柴咲コウ)も殺されると悟る。

「僕と君は殺される。君の命は、僕が殺されても絶対に護る。100年先もずっと、ずっと護るから」

黎士の告げた言葉を最初は冗談かと思う麻陽。だがその後、黎士が姿を消してしまったと連絡を受け、その行方を心配する。

そんな矢先、黎士が成田空港から国際線に搭乗していることが判明するのだが、なんとその飛行機が爆発事故で墜落したとのニュースが入り、麻陽は黎士の死に愕然となる。

受け入れ難い黎士の死に憔悴する麻陽だったが彼女にも暗殺者の魔の手が襲い掛かる。そんな麻陽の目の前になんと黎士と容姿がそっくりな謎の男・ロイド(木村拓哉/2役)が突然現れる−。ロイドは麻陽の命をあらゆる危険から護るようクライアントから依頼されていると告げるが…。

第2話 2013年10月20日「母の愛、家族の絆」

安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜 TOPへ
各話視聴率へ
2013年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2013年秋ドラマ視聴率一覧へ

『安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(9) | 2013年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

東京バンドワゴン〜下町大家族物語 第1話

第一話「下町大家族物語!〜四世代の力!愛の歌声で奇跡を!」2013/10/12

東京の下町にある老舗古本屋・東京バンドワゴン。
明治18年から続くこの店を営む堀田家は、4世代8人の大家族!

旅行添乗員として働く次男の青(亀梨和也)、青の祖父で三代目店主の勘一(平泉成)、長女の藍子(ミムラ)、長男の紺(金子ノブアキ)、紺の妻・亜美(平愛梨)、藍子の娘・花陽(尾澤ルナ)、研人(君野夢真)、青の父で伝説のロックンローラー・我南人(玉置浩二)。
そんな一家を、2年前に亡くなった青の祖母・サチ(加賀まりこ)が幽霊となって見守っている。
そんな今は珍しい大家族・堀田家の食卓は、会話が飛び交い、親子喧嘩もあり、いつも賑やかだ。

そんな中、青がひどく酔っ払って交番に保護されてしまう。
そこで女子大生のすずみ(多部未華子)と出会い、酔った勢いで絡んでしまう青。怒って青を突き倒し、立ち去るすずみ。酔いがさめた青は、すずみが落としていった古書を拾う。それは、すずみが大学の図書館で借りた本だった。

その後、青は本を手がかりにすずみの大学を訪ね、彼女と再会。本を返してもらったすずみは喜ぶが、青にはそっけない態度をとる。
下町の人々に愛される東京バンドワゴンには、さまざまな客が訪れる。

ある日、勘一は店の本棚で、見覚えのない2冊の百科事典を見つけた。
その晩、勘一は家族に尋ねるが、誰もその百科事典のことを知らない。
青が本棚を確認すると、勘一が見たはずの百科事典が2冊ともなくなっていた。しかし翌日、店に出た勘一は、またその百科事典を見つける。

なぜ百科事典が消えたり現れたりするのか、青たち堀田家の人々は、百科事典の謎を探り始める!

第2話 2013年10月19日「下町大家族物語〜赤ちゃん置き去り事件!!父親は誰?」

東京バンドワゴン〜下町大家族物語 TOPへ
各話視聴率へ
2013年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2013年秋ドラマ視聴率一覧へ

『東京バンドワゴン〜下町大家族物語 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(8) | 2013年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハクバノ王子サマ純愛適齢期 第2話

第2話「教師の恋不倫する女は嫌いですか?」
10/10(木) 夜11:59〜0:54

女子校で古文を教える32歳の高校教師、原多香子(優香)。孤独と不安を抱えた彼女に突然訪れた、7歳年下の新任教師・小津晃太郎(三浦貴大)との恋の予感。誠実でハツラツとした晃太郎に惹かれたのもつかの間、彼にはすでに婚約者がいた…。

ショックを受ける多香子。一方、晃太郎の出現で多香子への恋心を再燃させた元不倫相手の先輩教師・黒沢明夫(中村俊介)は、再び多香子に近づく。寂しさから黒沢を自宅マンションに招き入れてしまう多香子――しかしすんでの所で仕事の電話が入る。近藤と中村、2名の生徒が痴漢に遭い警察に保護されたというのだ。慌てて警察に向かいながら、「危うく昔の関係に戻るところだった…」と反省する多香子は、寂しさをまぎらわそうとしても空しいだけだと痛感するのだった。

翌日。「わたしの家、父の不倫が原因で離婚したんですよね」――生徒である市川琴美(優希美青)が、そう多香子に言った。意味ありげな言葉を残して去る琴美に、多香子の胸はざわつく。

一方、何も知らない晃太郎は、無邪気に多香子に話しかけてくる。つい強がりを言ってしまう性格の多香子と、イタズラっぽくそれをからかう晃太郎。「欲を出さなければ、『話していて楽しい異性』でいられるのに、どうして愛されたいと思ってしまうんだろう」…晃太郎にだけは黒沢との過去を知られたくないと思う多香子だった。

しかし多香子と黒沢の関係は、あっさりと晃太郎の耳に入ってしまう。「教師同士で不倫なんて最低!」琴美はあの夜、多香子と黒沢が一緒にマンションに入っていくところを目撃していたのだ。自分の見た一部始終を晃太郎に話す琴美。「人違いじゃないか?愛妻家の黒沢先生と真面目な原先生に、そんなことあるわけないじゃないか」信じたくない晃太郎だが、ふたりの言動を思い返すほどに琴美の話が真実みを帯びてきて…。「不倫だけは許せないんだもん」と言う琴美に、「俺だって…軽蔑する」と返す晃太郎。琴美が帰ったあとの生物室でひとり、頭を抱えるのだった。

晃太郎には知られたくない多香子と、知ってしまった事実に悶々とする晃太郎。

「そりゃーどう考えても不倫だべ」いつもの男子会で今村(柳下大)に断言され、落ち込む晃太郎。父親の浮気が原因で両親が離婚している晃太郎は、不倫を許すことができない。「俺は絶対に女性を泣かせない」そう言う彼に、江川(新井浩文)は「それは立派だが、人の恋愛をネタにして勝手に善し悪しを語るな」と静かに怒りながら諭すのだった。彼にもまた、恋愛で辛い過去が…。

一方の女子会では、「女の過去の不倫を気にするような男、こっちから願い下げよ!」とユウコ(市川実和子)。不倫だって本気の恋もある。黒沢との不倫は、当時の多香子にとっては本物の恋だった――そう思っていた。しかしその経験で負った傷は深く、今でも多香子の心を弱くするのだった。

多香子の実家には、月に一度家族みんなで集まるという決まりがある。多香子の母・久恵は、最近雑誌でも人気のカリスマ主婦。台所で人生のほとんどを過ごしてきた母だが、今はその生き方を誰もが賞賛する。妹の尚美はすでに結婚、出産…そんな家族で囲む食卓に、多香子の居場所はなかった。
同じ頃、晃太郎はイギリス留学中の婚約者・東山カオリ(河北麻友子)とネット電話を楽しんでいた。女子校に勤める晃太郎の浮気を心配するカオリと、生徒は子どもだから心配ないと言う晃太郎。「じゃあ、先生は?」カオリの言葉に、思い浮かべるのは多香子の顔で――。そのとき、晃太郎の携帯が鳴った。以前痴漢に遭った生徒・中村と近藤が、また警察に保護されたというのだ。

慌てて駆けつける多香子、晃太郎、そして黒沢。以前の痴漢騒動は、親や好きな男子の気を引きたかった2人の虚言だったとわかる。迷惑をかけるばかりの愚かな行為。しかし、愛してほしくて必死にもがく生徒の素直さが、多香子の胸を打った。

「わざわざ出てきたんですから、一緒に食事でもどうですか?」黒沢の一言で、イタリアンレストランに行くことになる多香子、晃太郎、黒沢。危うい距離感で均衡を保つ3人に、緊張が走る…!?

第1話 2013年10月3日「略奪愛に不倫…主演女優を発表」
第3話 2013年10月17日「緊急事態彼の婚約者を見て…涙ついに切ない愛を告白」

ハクバノ王子サマ純愛適齢期 TOPへ
各話視聴率へ
2013年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2013年秋ドラマ視聴率一覧へ

『ハクバノ王子サマ純愛適齢期 第2話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2013年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハクバノ王子サマ純愛適齢期 第1話

第1話 「略奪愛に不倫…主演女優を発表」
10/3(木) 夜11:59〜0:54

「私は、誰にも選ばれなかったから独りなんだ」――
カップルや家族連れで賑わう休日の街にいると、一人でいることが嫌でも目立つ。原多香子(優香)、32歳。恋愛の経験はあるけれど、いつも泣いて終わりを迎えていた。ふと気が付けば周りの男たちはみんな誰かのものになっていて、日々の努力と高価な基礎化粧品で保ってきた美貌も、そろそろ重力には逆らえなくなってきている。

孤独と不安で破裂しそうな毎日。そんな多香子が古文教師として勤めるのは、『小田原女子高等学校』。多香子はその美しさと融通の利かない性格から、生徒から『タカコサマ』と呼ばれていた。二学期の始業式。新学期に胸躍らせ、弾けるような若さではしゃぐ女子高生の輝きが、今の多香子の目に痛い。「夏をひとつ越えたくらいで人生が変わるほど、この世は甘くないのに」そう思っていた多香子だが…。

転機は突然訪れる。新しく若い男性教師が赴任してきたのだ。彼の名前は小津晃太郎(三浦貴大)、25歳。いったんは一般企業に就職したものの、3年で辞めて高校教師になったという変わり種だ。「5年ぶりの若い男よ!」同僚の女性教師・森秀美(山田真歩)や生徒たちが色めきたつなか、「25歳じゃ年下すぎる…」と戸惑う多香子。しかし当の小津は、「騒いでいただくのはありがたいですが、残念ながら年下には全く興味がありません」と堂々と生徒に宣言。「僕が恋愛に関して決めていることはひとつ。つき合っている女性は絶対に泣かせない」小津の言葉は、恋に泣いてきた多香子の胸に刺さる。そんな多香子を、先輩教師の黒沢明夫(中村俊介)は意味ありげに見つめていて…。 小津は多香子が担任を務めるクラスの副担任となり、ふたりの距離はぐっと近づく。ハツラツとしていて、生徒の扱いも上手い小津にどんどん惹かれていく多香子。そしてついに、小津から食事の誘いが…!「この新学期は何かが起こるかもしれない」そう思う多香子だった。

多香子・ユウコ・秀美が集う、いつもの女子会。「あのね、年下の男とつき合うのは流行りじゃないからね。当然の権利!」。居酒屋の一角で、多香子の親友・ユウコ(市川実和子)は、そうまくしたてた。同年代の本音がぶっちゃけられるこの女子会は、多香子の数少ないストレス発散の場だ。「かけてる化粧代と努力の分、若い男とつき合う権利があるの!」とユウコ。女子会メンバーに背中を押され、改めて小津を男として意識する多香子だった。

一方の男子会。晃太郎を中心に集うメンバーは、幼馴染の今村高志(柳下大)と、サラリーマン時代の取引先の商社マン江川(新井浩文)だ。晃太郎が多香子を食事に誘ったことを白状すると、男子会もヒートアップ。「ただ仕事の話を聞きたいだけだよ」と弁明する晃太郎に、「向こうは30を越えた女だぞ?食いつきが違うぞ」と脅す今村。それでも、多香子を憎からず思っていることは否定できない晃太郎なのだった。

恋の始まりを自覚した女の朝は忙しい。多香子だってそれは同じだ。いつもより一時間早く起きて、パックしてストレッチして、服で悩んでメイクに気合いを入れて。職場で晃太郎と視線が絡むたび、ふとした瞬間に微笑みあうたび、多香子のテンションは上がっていく。30歳を越えた今でも、恋する気持ちは十代の頃と何も変わらない――そう実感する多香子だった。

その日の夜、職員総出で晃太郎の歓迎会が行われた。晃太郎の隣を後輩の菅原里奈に奪われ、出遅れた感のある多香子。そんな多香子に、秀美が助け船を出す。「小津先生、年下には興味がないとおっしゃっていましたけど、年上はどうですか?」ドキッとしてその返答を待つ多香子。小津の答えは―― 「いえ、年上とか年下とかそういうことを言いたかった訳じゃなくて。婚約者が女子高で働くことを心配していたもんですから」 なんと小津には、イギリスに留学中の婚約者がいたのだ。周囲がはやし立てるなか、多香子は平静を装うのが精いっぱいだった。

逃げ込んだ洗面所の鏡に映る、自分の姿。夕方になると鏡が怖いと思うようになったのは、20代の後半から。今の自分はもう32歳。7つも下でも、いいなと思った男はすでに人のもの。 短い夢に破れ、打ちひしがれる多香子を察して歩み寄ったのは、黒沢だった。気づいた多香子は、逃げるようにその場を去る。実は多香子と黒沢の間には、人には言えない過去があった。黒沢の薬指に光るプラチナのリングに、あの頃は何度涙を流したかわからない。もう吹っ切れたはずなのに…。

婚約者がいるくせに真っ直ぐな魅力で多香子の心をかき乱す晃太郎と、大人の優しさと狡さで古傷をうずかせる黒沢。入り乱れる恋愛模様は複雑に絡まり合い、ますます多香子を悩ませてゆく――

第2話 2013年10月10日「教師の恋不倫する女は嫌いですか?」

ハクバノ王子サマ純愛適齢期 TOPへ
各話視聴率へ
2013年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2013年秋ドラマ視聴率一覧へ

『ハクバノ王子サマ純愛適齢期 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2013年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独身貴族 第1話

2013.10.10 thu.On-Air 第一話「なぜ僕が結婚しないのか?その理由を教えましょう…」 

映画制作会社「キネマ・エトワール」社長の星野守(草g剛)は、美食と高級ファッション、そして何よりも映画を愛する独身貴族。叔母の亜希子の指示で、配給会社の会長令嬢の現王園玲子(平岩紙)とお見合いするも、結婚する気は皆無だった。一方、守の弟で「キネマ・エトワール」の専務である星野進(伊藤英明)は、離婚協議中ながらも、恋愛に忙しい日々を送る。弁護士の小林征嗣(篠井英介)は、そんな進を苦々しく見ていた。

同じ頃、脚本家を夢見ながらも一向に芽が出ない春野ゆき(北川景子)は、ある男性からプロポーズを受ける。しかし、そこに男性の家族が同席、ゆきに家政婦のような役割を求めていることが発覚し幻滅する。

ある日、「キネマ・エトワール」の社内で、進と守が激しく口論を交わしていた。次回作のために依頼している大御所脚本家(津川雅彦)の脚本が来ないのだ。会社の存続をかけた次回作だが、脚本が上がらないことには予算が通らない。締切りが迫るも脚本家を信じて待つ守に、進はイライラが募る。ラインプロデューサーの川越裕太(藤ヶ谷太輔)や秘書の緒方須美花(蓮佛美沙子)も、動向を見守っていた。

またしても脚本コンクールに落選したゆきは、貯金も底をついたため、親友の沙織(西原亜希)の紹介で、沙織とともにハウスクリーニングのアルバイトを始める。

第2話 2013年10月17日「一夜限りのシンデレラ!!恋に落ちた独身貴族」

独身貴族 TOPへ
各話視聴率へ
2013年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2013年秋ドラマ視聴率一覧へ
タグ:独身貴族

『独身貴族 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(6) | 2013年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

殺しの女王蜂 各話あらすじ

fetish 01 美しい足は死の香り 2013.10.04

日本のどこかに存在し、凶悪犯罪が多発する無法地帯、通称・混沌街(カーオスタウン)。 警察すら見放したこの街に、犯罪者をも恐れさせる美脚の女殺し屋たちが存在した…その名も“アシナガ”。 「キャバレー・アシナガバチ」は、表向きは美脚の踊り子たちが集う酒場だが、裏の顔は悪への復讐を望む者がアシナガに殺しを依頼する場所。アシナガは、強い結束力があるわけでもなければ、依頼人に感情移入するわけでもない。金さえ積まれればどんな相手でも、自慢の美脚でクール&セクシーに、そして必ず仕留めるのだ 。

本日のターゲットは、のこぎりで美女の脚を切断し、その映像をネットで生配信している猟奇的殺人犯・ミケランジェロ(板尾創路)。被害者の夫から依頼を受けたアシナガ4人――ピータン(簑島宏美)、スパンキー(中村さくら)、ポイズン(春輝)、エンジェル(河合ひかる)は早速、タンソク(今野浩喜)が仕入れた情報をもとに敵アジトへと向かい、ミケランジェロをスピーディーに仕留めるのであった。

無事に依頼を遂行し、キャバレーで報酬について盛り上がる4人。そこに突然、ひとりカーオスタウンへとやってきたピストル(尾花貴絵)が現れ、4人にアシナガに加入させろと迫る。女たちに険悪なムードが漂うなか、殺したはずのミケランジェロがまだ生きているとの情報が飛び込んでくる。これを聞いたピストルは、仕留めたら仲間に入れることを条件に、ミケランジェロのもとへと単身乗り込むが…。


fetish 02 巨乳死すべし 2013.10.11
日々犯罪が多発している無法地帯・カーオスタウンで、胸の大きな女性ばかりが殺害される事件が発生。長い脚を持つ美しき女殺し屋集団“アシナガ”のもとに、犯人への復讐を望む被害女性の母親がやってきた。聞けば、娘は巨乳の女性のみが入信できる新興宗教「πの箱舟」に所属していたという。早速、教団施設への潜入の段取りを相談するアシナガたち。

しかし、成功報酬が100万円と聞いた途端に皆やる気が失せてしまう。ただひとり、ピータン(簑島宏美)だけは「一人なら100万を総取りできるから」と名乗りを上げ、依頼が成立する。

ガムテープとパットで“ニセ巨乳”を仕込んだピータンは、教団施設への潜入に成功。しかしその後、教団教祖のザ・マスター(麿赤兒)にニセ巨乳を見破られてしまい、監禁されることに。そんな中、教団施設内で偶然、幼馴染のサチ(三津谷葉子)に再会したピータンだったが…。


fetish03 お前に首ったけ 2013.10.18
カーオスタウンで“首の美しい女性”が絞殺される連続殺人事件が発生。犯人の羊(田口トモロヲ)は、女の首を愛でては絞め殺す猟奇犯だ。

早速アシナガに依頼が舞い込むが、スパンキー(中村さくら)は標的を自分独りで殺すと宣言する。羊は孤児院時代のスパンキーに首を絞める虐待を繰り返した憎むべき男だったのだ。過去を断ち切るためにも羊を殺そうとするスパンキーだったが、あるきっかけでトラウマから体が動かなくなる…!


fetish04 トイレの黒髪さん 2013.10.25
廃校になった中学校で、クロカミと呼ばれる長い黒髪の女の霊が現れ、憑りつかれた者は髪の毛を掻き毟りながら死ぬ――そんな噂が広がるさなか、肝試しに廃校を訪れたJK(滝元吏紗)は、本当にクロカミに遭遇した上に、髪を掻き毟る女性の死体を見つけてしまう。

一方、女性の遺族から「幽霊を殺して欲しい」という無茶な依頼を受けたアシナガも、幽霊の正体を暴くべく廃校へ。そこで、ある手がかりを発見することに…!


fetish05 悪魔の囁き、天使の恋 2013.11.1
今回の標的は“王子”と呼ばれる女衒の男(金子昇)。報酬3000万の依頼にやる気満々のアシナガは、“セクシー担当”のエンジェル(河合ひかる)を送りこみ、王子を発見する。作戦は成功したかに思われたが…。

一方、エンジェルは誠実で奥手なマサオ(橋爪遼)と出会い、急速に愛を深める。今回の仕事を降りると宣言するも、否応なく王子と対決するハメに――。殺し屋稼業と恋で揺れるエンジェル…彼女の出した答えとは!?


fetish06 背徳キッスを召し上がれ 2013.11.8
混沌街で背中にクモの巣状の傷をつけられた女性の遺体が次々と発見される。被害者の姉・麗子(水崎綾女)の依頼を受け、ポイズン(春輝)とピストル(尾花貴絵)が、タランチュラ(小林健一)と呼ばれる標的の元へと向かう。

しかし、功を焦ったポイズンは敵の罠にはまり、ピストルを負傷させてしまう。さらに、依頼人の麗子がタランチュラに誘拐される最悪の事態が発生。情に厚いポイズンは敵のアジトに単身乗り込むが…!


fetish07 ドMの異常な愛情 2013.11.15
今回のターゲットは、連続殺人犯・ミスターM(温水洋一)。弱そうな風貌の“ドM男”だが、SMクラブの女王様を拉致・監禁し、自分が興奮する責めをしないと電圧をかけて殺す異常な性癖な持ち主だ。

自分の理想の女王様を探すミスターMは、なぜかシスター(藤本恵理子)に一目惚れ。シスターをおびき寄せようと、彼女が気にかけるJK(滝元吏紗)を監禁する。不穏な動きを察知したシスターはミスターMのアジトへと向かうが…。


fetish08 美少年キラーをおもてなし 2013.11.22

混沌街でイケメンホストばかりを狙う美少年連続殺人事件が発生。アシナガは被害者のホスト仲間に復讐を依頼される。しかし、ハリネズミと呼ばれる犯人の顔は不明…。そこでアシナガたちは、自らがイケメンホストに扮して犯人おびき寄せることに。

早速、客の3名が容疑者として浮上するが、決め手にかける。そんな中、監視カメラを見ていた依頼者は決定的な証拠を見つけて店内に飛び出すが…恐怖の針使いの魔の手がアシナガを襲う!


fetish09 地獄のお尻ダンス 2013.11.29

福引で高級リゾート招待券をゲットしたアシナガたちは、遅い夏休みに出かけることに。
それぞれ水着でプールやジャグジーなど満喫する5人だったが、そんな無防備な彼女たちに、女の尻を噛みちぎって殺す超危険人物・シャーク(高山善廣)の影が忍び寄り――。

いつの間にか他のアシナガたちの姿が見えないことに気づいたスパンキー(中村さくら)は、急いで武器を取りに向かうが…。


fetish10 処女ゲバゲバ 2013.12.6

混沌街で処女ばかりが狙われる“吸血殺人事件”が発生。アシナガに依頼が舞い込み、処女疑惑のあるピストル(尾花貴絵)が担当することに。

一方、シスター(藤本恵理子)に弟子入りを許可されたJK(滝元吏紗)も、処女に扮して犯人をおびき寄せるが、そこで意外な人物から発砲され、意識不明の重体に陥ってしまう。現場に単発式銃が落ちていたことから、犯人をピストルと断定したシスターは怒りに震えてアシナガたちを襲う――。


fetish11 ママを殺せ 2013.12.13

混沌街に鳴り響く鐘の音が、父が死んだ時に聞こえた音と同じことに気づいたピストル(尾花貴絵)。真実を探るべく保安官(宮川一朗太)に詰め寄り、父がビックママ(高岡早紀)に消されたことを確信する。

同じ頃、ビッグママは自らキャバレーアシナガバチを訪れ、アシナガに宣戦布告。自らの手で父の敵を仕留める決意のピストルと、それぞれの誇りのために立ち上がったアシナガが、ついにビッグママのアジトへと乗り込む――!


last fetish さらば美脚の殺し屋 2013.12.20

ピストル(尾花貴絵)に彼女の父親を殺した真犯人の名を告げようとした瞬間、ビッグママ(高岡早紀)は何者かに撃たれて絶命した。

戸惑うアシナガたちのもとを、敵であるメガネ(苫米地玲奈)が訪れ、ビッグママの息子でありママを殺した「バッドサン」を殺すのに協力してほしいと依頼する。 ピストルの父親を殺し、ビッグママを殺した本当の黒幕、バッドサンの正体は意外な人物だった――!!


殺しの女王蜂 TOPへ
2013年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『殺しの女王蜂 各話あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノーコン・キッド 〜ぼくらのゲーム史〜 各話あらすじ

第1話
2013.10.4 放送

1983年、15歳の渡辺礼治(田中圭)は父・雅史(佐藤二朗)が営むゲームセンターで店番をしていた。同級生の木戸(浜野謙太)は店の常連で、壁に張られた各ゲームの1位は木戸のゲーム名「KID」で占められていた。一方ゲームにはあまり興味のない礼治だったが、美少女・高野(波瑠)がゲームをする姿に一目惚れしゲームに手を伸ばす。その後高野に「KID」のことを尋ねられた礼治は、つい自分が「KID」だと嘘をついてしまう。


第2話
2013.10.11 放送


1984年。16歳の礼治(田中圭)が木戸(浜野謙太)の部屋にいると木戸の父・秀雄(みのすけ)がやってくる。ドイツで事業をすることになった秀雄は共に移住しようと言うが木戸はゲームセンターでプレイがしたいとそれを拒否。ゲームセンターに対して否定的な秀雄に、礼治を送る口実で木戸は礼治の店に誘導。そこで生き生きとプレイする木戸を見て、秀雄はゲームの勝負で決めようと提案する。だがそれは唯一木戸が苦手なゲームで…。


第3話
2013.10.11 放送


1985年。17歳の礼治(田中圭)は、憧れの高野(波瑠)がゲームの達人・鬼塚(永岡佑)と“ゲーセンわたなべ”にいる姿を目撃。いい雰囲気の二人が気になって仕方がない礼治は、木戸(浜野謙太)に相談を持ちかける。

一方、思いを寄せている鬼塚が、自分の姉・京子(芳賀優里亜)を好きだという事実に耐え切れなくなった高野は、「私がこのゲームに勝ったら私と付き合ってください!」と鬼塚に勝負を挑むが…。


第4話
2013.10.25 放送


1987年11月。一浪の礼治(田中圭)は受験勉強に励み、木戸(浜野謙太)も予備校で追い込みをかけていた。そんな中、礼治は街で高野(波瑠)に出会う。すっかりあか抜けまさに女子大生そのものの高野は、金持ち風の男の車に乗り走り去っていく。ショックで全てを投げ出したくなっていると、窓の外からファミコンのソフトが投げ込まれる。それは今日発売されたばかりのゲームだった。礼治はそのゲームを始めてみるのだが…。


第5話
2013.11.1 放送


1990年。大学4年の礼治(田中圭)は木戸(浜野謙太)に「こんな彼女が欲しい」と雑誌を指さす。それは偶然にも読者モデルの高野(波瑠)だった。数日後、礼治はひょんなことから女子大生の朱理(藤本泉)と知り合う。共通点の多い朱理と付き合いたい礼治だったが、元カレの裕介(南圭介)が完璧な男だったことを知り絶望的に。木戸から「何か一つでも上回っていればいい」と励まされた礼治は裕介にゲームで勝負を持ちかけるが…。


第6話
2013.11.8 放送


ゲームのプログラミング会社を立ち上げた木戸(浜野謙太)。一方、礼治(田中圭)は就職活動は惨敗、目標もなくさえない日々を送っていた。ファッション雑誌の編集者になった高野(波瑠)はオリジナリティがないことで企画が通らず悩むが、木戸の言葉をきっかけに発案したゲームとのコラボ企画がついに採用!だがイベント当日、高野をねたむ同僚に大事な新作ゲーム機を隠されてしまう。高野を心配した木戸は、礼治に助けを求めるが…。


第7話
2013.11.15 放送


1993年。有望な若手プログラマーとして活躍する木戸(浜野謙太)。一方、就職が決まらず何となく日々を過ごしていた礼治(田中圭)は雅史(佐藤二朗)から店を売ると言い渡される。その話を聞いた木戸は高野(波瑠)にあることを依頼し、店は活気を取り戻す。雅史の体調がよくないことを知る礼治は「俺が店を継ぐから」と閉店を拒み木戸も同意。真剣な二人に雅史は、あるゲームを1コインでクリアしたら店を礼治に譲ると告げるが…。


第8話
2013.11.22 放送


1995年。世の中は格闘ゲームブームに沸くが礼治(田中圭)の店は相変わらずガラガラ。だが常連の男(眞島秀和)がゲーマー界の有名人であることがわかると店は一気に繁盛する。一方木戸(浜野謙太)は他の常連客の居場所がなくなったことが気になっていた。ある日、三天王の一人でかつての木戸の部下が木戸に挑戦状をたたきつける。格闘ゲームはやらない主義の木戸。初挑戦ながらその戦いを受けるが…。


第9話
2013.11.29 放送


木戸(浜野謙太)が来なくなったことで客が減り始め、焦る礼治(田中圭)は自らを「元祖キッド」と名乗り、客と対戦することに。
すると意外な実力を見せる「元祖キッド」に対戦希望者が続出。また高野(波瑠)は客集めにゲーム大会の開催を礼治に提案する。一方木戸は、店の常連客から木戸にとって大切な存在のゲーム機が撤去されると聞き驚く。その後、礼治は大会には参加しないという木戸に、「キッド」の名を賭け勝負を挑む!


第10話
2013.12.06 放送


木戸(浜野謙太)は若手社長として注目を集め、高野(波瑠)は最年少編集長に抜擢される。一方店がさらに苦しい経営状態に陥った礼治(田中圭)は木戸に借金を申し込むが…。別の日、常連客と店でシュミレーションゲームをする礼治はそのうちゲームの女の子が高野に似ていることに気づき…。すると店に本物の高野が現れる!その高野から「今日の最終便で外国に行く」と告げられた礼治は、ゲームの相手を高野に見立てているうちに!?


第11話
2013.12.13 放送


2013年。木戸(浜野謙太)の会社の共同代表・野々村(川島潤哉)はかつて木戸が作成した「攻略ノート」を必死で探していた。同じ頃、高野(波留)は礼治(田中圭)に再会。礼治は木戸を助けるために「攻略ノート」を持って一緒に来てと言う高野を拒否。その後、野々村の部下・邦男から個人データを一瞬で検索できるシステムを解く鍵が「攻略ノート」にあると聞いた礼治は、ノートとの引き換えに大金を提示されるが…。


第12話
2013.12.20 放送


廃墟となった『ゲーセンわたなべ』に向かった礼治(田中圭)は、高野(波瑠)に「攻略ノートが欲しければ店に来てゲーム対決をしろ」と木戸(浜野謙太)への伝言を託す。それは1983年、二人が出会い対決した思い出のゲームだった。木戸が勝てばノートを渡し、逃げたり礼治が勝つことがあればノートを野々村(川島潤哉)に渡す、と言う。それを聞いた木戸はその目に輝きが戻り…。そして二人の最後の対決が始まった…!


ノーコン・キッド 〜ぼくらのゲーム史〜 TOPへ
2013年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『ノーコン・キッド 〜ぼくらのゲーム史〜 各話あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2013年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダンダリン 労働基準監督官 第2話

第2話「完全復活・古美門研介!すべては依頼人のために無敗の弁護士が非道の悪人に立ち向かう!」 2013年10月9日

働く人を守るルールを遵守するためには曲がらない、融通の利かない女、労働基準監督官・段田凛(ダンダリン)(竹内結子)が、労基の管轄外である“セクハラ”を救うために立ち上がる!?ペアを組むことになった南三条(松坂桃李)をますます悩ませる、凛の第2ラウンド!

飲茶カフェチェーンの店長・花枝(平山あや)が、社長からのセクハラを訴えて労働基準監督署にやってきた。セクハラは労働局の管轄だからと花枝を帰してしまった凛の姿に、土手山(北村一輝)らが安心したのも束の間。南三条と外回りに出かけた凛は、ランチを口実に花枝が働いている店へ。そこで花枝の会社の社長である椎名(篠井英介)を相手に暴れてしまい、またまた土手山から激怒されるが、凛は諦めるどころか残業にかこつけて夜を徹しての独自調査を開始。仕方なく、南三条も凛に付き合うことに…。

調査の甲斐あって、凛は花枝が“名ばかり管理職”であることを確信。翌日の会議でチェーンの全店舗を対象にした大規模な内偵を提案するが、署長の真鍋(佐野史郎)の反対に遭い…!?

第1話 2013年10月2日「働く人を守りたい…ブラック企業に制裁を」
第3話 2013年10月16日「守るべきものは?友情か法律か」

ダンダリン 労働基準監督官 TOPへ
各話視聴率へ
2013年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2013年秋ドラマ視聴率一覧へ

『ダンダリン 労働基準監督官 第2話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2013年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

ダンダリン 労働基準監督官 第1話

第1話「働く人を守りたい…ブラック企業に制裁を」2013年10月2日

働く人を守るルールを遵守するためには曲がらない、融通の利かない女、労働基準監督官の段田凛(だんだ・りん)(竹内結子)が、すべ ての働く人を守るために立ち上がる!

「ブラック企業」「名ばかり管理職」など、最近話題の「お仕事問題」を取り上げ、ちょっと役に立つ労働豆知識も満載の、お仕事エンターテインメント。西東京労働基準監督署に、1人の監督官が配属されてきた。

彼女の名前は、段田凛。前の部署では相当の問題児だったらしいというウワサに、課長の土手山(北村一輝)と署長の真鍋(佐野史郎)は戦々恐々。土手山は、凛より年下だがしっかり者の南三条(松坂桃李)に彼女の“お目付け役”を命じることに。

そんな中、あるリフォーム会社の営業マン・西川(渡辺いっけい)と出会った凛は、彼が会社からサービス残業を強いられていることを知り、「会社に自分がそんなことを言ったとバレたら首になる」 という西川の声にも耳を貸さず調査を開始。

しかし、社長の鴨光(でんでん) と取っ組み合いのケンカになり、土手山から大激怒されてしまう。その後ダンダリンがとった監督官としての作戦は、署の監督官全員をアゼンとさせるものだった…。

第2話 2013年10月9日「完全復活・古美門研介!すべては依頼人のために無敗の弁護士が非道の悪人に立ち向かう!」

ダンダリン 労働基準監督官 TOPへ
各話視聴率へ
2013年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2013年秋ドラマ視聴率一覧へ

『ダンダリン 労働基準監督官 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(7) | 2013年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よろず占い処 陰陽屋へようこそ 第1話

第一話「元ホスト占い師、含み笑いで謎を解く!?」2013年10月8日

東京都北区王子の下町風情ただよう商店街。

高校1年の沢崎瞬太(知念侑李)は、担任の只野路子(倉科カナ)から留年確実と宣告された帰り、占い好きの母親・みどり(南野陽子)に連れられて、新しくできた怪しい占いの店『陰陽屋』を訪れる。店主・安倍祥明(錦戸亮)のルックスと巧みな話術にすっかり魅了され、身の上相談を始めるみどりに、祥明は「すべて悪い霊のせい」と告げて除霊を行い、代金1万円を請求。あまりのインチキぶりに激怒した瞬太は、祥明に殴りかかる。しかし、その拍子に高価な調度品を割ってしまい、結果、店で雑用係のアルバイトをするはめに。

その夜、路子の祖父・内藤源次郎(杉良太郎)が営む居酒屋『狐火』では、商店街の連中が集まり、“ぼったくりの男”祥明の話題で持ちきりに。近くの神社の巫女・鮎川珠希(柏木由紀)の証言で、祥明がかつてナンバーワンホストだったことも判明すると、路子の嫌悪感はますます強まり、商店街の連中は、『陰陽屋』の立ち退き運動を始めることを決意。

そんな中、『陰陽屋』に里見由実香(鈴木梨央)という9歳の少女がやって来る。祥明に父親の“狐つき”を治してほしいと頼む由実香。優しかった父・健介(戸次重幸)に狐がつき、母の香奈子(春木みさよ)に毎晩暴力を振るっているというのだ。

乗り気ではない祥明だったが、ふいに店に現れた源次郎に促され、しぶしぶ里見家に向かう。すると突然、家の中から女性の叫び声が!祥明、瞬太、路子が踏み込むと、そこには思わぬ光景が広がっていた。祥明は戸惑うことなく室内をしげしげと見回しひと言、「この家、ガッツリ祟られています」――。突然現れた怪しい男に最初は激しい反発を見せる夫婦。しかし、祥明と話すうち態度が変わり始め、結局、祥明はなんと口先だけで“狐つき”をするりと解決してしまう。

翌日、商店街では臨時集会が開かれ、『陰陽屋』の立ち退き要求が可決される。と、そこへ祥明に救われた里見一家と、女子児童たちが署名を持って現れ、『陰陽屋』をなくさないでほしいと訴える。その姿を見た源次郎は、「もう少し様子を見よう」と提案し、『陰陽屋』はなんとか存続が認められることに。ところが路子はあることから、祥明の策略に気づき憤慨。祥明に対する印象は最悪のものに。

一方、そんな陰陽屋を遠くから見つめる怪しげな男性が…。

第2話 2013年10月15日「空腹占い師、呪いのラーメンの謎を解く」

よろず占い処 陰陽屋へようこそ TOPへ
各話視聴率へ
2013年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2013年秋ドラマ視聴率一覧へ

『よろず占い処 陰陽屋へようこそ 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(7) | 2013年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

都市伝説の女 Part2 第1話

2013年10月11日
第1話 富士山編
ラテ欄「富士山の伝説!!No.1パワースポット殺人!?樹海の女」

 FBIに出向していた都市伝説オタクの美人刑事・音無月子(長澤まさみ)が一時帰国した。月子の目的は、富士山に関する都市伝説を語り合うシンポジウムに参加すること。月子はさっそく会場となる富士山麓へと向かう。と、そこへ警視総監になったばかりの武重治(伊武雅刀)が現れた。武は月子のため、警視庁内に都市伝説が絡んだ全国の事件を追う「非科学事件捜査班(略称:UIU)」を設立し、月子の上司・丹内市生(竹中直人)を班長に任命。月子はUIU設立にあわせ、警視庁に復帰することに。

 その矢先、事件が起こった! シンポジウム当日の朝、25年かけて辿り着いた富士山の謎の真実を発表する予定だったUMA研究家・中野修二(瀬川亮)の死体が、本栖湖の湖畔で見つかったのだ。地面には中野の遺体を引きずった跡が残されており、樹海の方へと続いていた。しかも不可解なことに、中野の手の平には謎の赤い古代文字が…。遺体を発見した月子はその状況を確認するや、ある確信を抱く。

 「この事件には富士山の都市伝説が絡んでる!」

 中野は本栖湖で多数目撃証言のあるUMA「モッシー」を研究し続けていた男。彼はシンポジウムでモッシーの真実、あるいは富士の樹海で自殺を遂げられなかった者たちが暮らすと噂される“地図にも載らない村”の秘密を公表しようとしていたのではないか…。

 月子はさっそく、帰国した彼女にいち早く会おうと駆けつけていた鑑識課員・勝浦洋人(溝端淳平)も巻き込み、捜査を開始。中野の自宅アパートから、25年つけ続けた日記のうち1カ月分だけが無くなっていることを発見する。そんななか、中野が事件の数日前、幼馴染の安田隆(窪塚俊介)と口論をしていたとの目撃証言が飛び出した。その証言内容から、丹内は2人が中野の婚約者・大西恭子(須藤理彩)をめぐって三角関係にあったと推理。男女関係のもつれによる殺人事件だとにらむ。だが、月子は頑として、富士山の都市伝説が絡んでいるとの線で捜査を続行。手掛かりを求め、遂には樹海へと足を踏み入れるのだが…!?

第2話 2013年10月18日「UFOは実在!?東京〜神戸500キロ、死体が飛んだ!?」

都市伝説の女 TOPへ
各話視聴率へ
2013年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2013年秋ドラマ視聴率一覧へ

『都市伝説の女 Part2 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(5) | 2013年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロコーチ 第1話

第一話「三億円事件〜昭和最後の謎!!45年前の完全犯罪に悪徳刑事が挑む…犯人は生きていた」2013.10.11 O.A.

警察庁より県警の捜査一課に赴任した 清家真代 (剛力彩芽)。彼女は県会議員・郷田 (石丸謙二郎) の愛人マンションで起きた殺人事件を担当することに。

その現場に現れたのは捜査二課の警部補・黒河内圭太 (長瀬智也) ――
黒河内は捜査を通じて多くの政財界人のスキャンダルを握る、「 県警の怪物 」 と恐れられる人物だった。

清家はそんな汚れた刑事を嫌悪するが、捜査を進めていくうちに黒河内が巨大にして崇高な目的を抱えていることを知り… !?

第2話 2013年10月18日「ニセ警官の決着!」

クロコーチ TOPへ
各話視聴率へ
2013年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2013年秋ドラマ視聴率一覧へ
タグ:クロコーチ

『クロコーチ 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(6) | 2013年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

刑事のまなざし 第1話

第1話「43歳新人刑事。瞳に映る涙のミステリー」10月7日夜8時 ON AIR

夏目信人(椎名桔平)はある事件をきっかけに少年鑑別所の法務技官から転身して4か月、新人刑事として東池袋署刑事課強行犯係に勤務している。夏目と組むのはベテラン刑事の福森誠一(松重豊)と、年齢は若いが刑事としては夏目の先輩にあたる安達涼子(小野ゆり子)だ。

東池袋署管内では放火と思われる3件の不審火が発生していたが、そんなある夜、4件目の放火が発生。アパートが焼け、男性が死亡した。死亡したのは佐藤英明(山中聡)。看護師の前田恵子(森口瑤子)の内縁の夫で、恵子の息子・裕馬(野村周平)と共に暮らしていたが、裕馬の反対で二人は結婚できずにいたという。しかし、亡くなった英明は金銭問題や暴力で恵子と裕馬を苦しめていた、との聞き込み情報を得た福森と安達は、恵子が勤める病院へと向かった。

その同じ頃、夏目は、ゲームセンターでひたすらクレーンゲームを続ける裕馬の姿を見つめていた。程なく、福森たちに合流した夏目は、入院患者の安岡(竜雷太)から、恵子の事件当夜のアリバイを確認する。続いて、息子のアリバイを確認するために裕馬を訪ねる夏目だが…。

第2話 2013年10月14日「43歳新人刑事が救う出向サラリーマンの心と家族…名物鍋料理と2重の殺人」

刑事のまなざし TOPへ
各話視聴率へ
2013年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2013年秋ドラマ視聴率一覧へ

『刑事のまなざし 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(5) | 2013年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月30日

リーガルハイ 第1話

vol.1「完全復活・古美門研介!すべては依頼人のために無敗の弁護士が非道の悪人に立ち向かう!」2013年10月9日

 古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)は、恋愛問題が発覚したアイドル相手に“騙された”と訴えるファンたちを弁護。ハチャメチャな論理で被告を追い詰める古美門は、黛ではなく羽生晴樹(岡田将生)を指名して交代。羽生は人情に訴えて、アイドルに罪を認めさせた。

 その夜、古美門法律事務所で祝勝会。検察官の羽生は、弁護士職務経験として古美門法律事務所にいたのだが、この日で終了。古美門は、羽生にほれ込んでいた様子で検察官を辞めて自分の事務所に入るよう誘う。しかし、羽生は自分の道を模索すると古美門に別れを告げた。

 その頃、古美門のライバル三木長一郎(生瀬勝久)は、事務所のベテラン弁護士、磯貝邦光(古舘寛治)から担当案件から降りたいと頼まれていた。三木は許さないが、そのクライアントの無実を勝ち取るのは不可能と考えていた。

 黛が古美門に骨のある案件が来たと報告。実は磯貝が放り投げた案件で、そのクライアントとは運輸会社社長と、その娘の殺害、殺害未遂容疑で死刑を宣告された安藤貴和(小雪)った。2審が進行中の貴和には2度の離婚歴があり、元夫たちの不審死から保険金目当ての疑惑も持たれている。黛と拘置所を訪ねた古美門は、やる気は無かったものの貴和のある提案で引き受けることにした。

 さらに2人は、羽生の計らいで裁判の担当検事に会うことにも成功。羽生が紹介したのは醍醐実(松平健)という一風変わった主任検事だった。

第2話 2013年10月16日 「逆ギレ天才起業家〜“つぶやいたら”名誉毀損?」

リーガルハイ TOPへ
各話視聴率へ
2013年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2013年秋ドラマ視聴率一覧へ

『リーガルハイ 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(13) | 2013年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
50音検索