2018年01月31日

anone 第5話

#5「初恋!?つのる想いと命の期限!ニセモノで結ばれた4人は本当の家族になれるのか!?」2018.02.07

理市(瑛太)は、亜乃音(田中裕子)の娘・玲(江口のりこ)と結婚の約束をしながら、妻の結季(鈴木杏)と娘と共に暮らす二重生活を送っていた。さらに、秘密の別宅では一人ニセ札作りを研究していて…。一方、亜乃音の元には、一千万円持ち逃げしたにも関わらず盗まれてしまったるい子(小林聡美)が、舵(阿部サダヲ)とともに謝罪に訪れる。行き場のない二人を受け入れた亜乃音の家で、四人の奇妙な共同生活が始まった。

ハリカ(広瀬すず)は、そんな日常の出来事をいつものようにチャットゲームで報告し、彦星(清水尋也)を元気づけようとするが、ある日突然彦星のログインが途絶え…。一方、印刷所で目眩を起こした舵を助けた理市は、るい子と舵が亜乃音の家で世話になっていることを知る。その頃、病院の窓から彦星の病室が片付けられているのを見たハリカは、慌てて院内へ駆けつける。すると、彦星が集中治療室に入っていること知り…。


最近、様子がおかしく帰りが遅いハリカを心配した亜乃音は、電話をかけるが、ハリカはわざと明るく振る舞う。「またそっち行くから」と答えるハリカに対し、亜乃音は、自分たちの住む家がハリカにとってはもう“帰るところ”だからね、と話す。亜乃音の言葉を聞いたハリカは震える声で病院にいることを打ち明け…。そして、過去に暗い影を抱える理市の目論見も徐々に明らかになろうとしていた―。

第1話 2018年1月10日「ある犯罪が出会うはずのない5人の運命を絡ませた!偽物から始まる真実愛、感動の物語」
第2話 2018年1月17日「あの謎の札束の真相とは?触れ合う孤独な2つの魂を引き裂いたのは誤解が招いた誘拐事件」
第3話 2018年1月24日「親に捨てられた少女と母になれなかった女。ニセ札がお金では買えない真実の絆を生んだ!」
第4話 2018年1月31日「叶わない願い。幽霊の娘と暮らす母の究極の愛」
第6話 2018年2月14日「今夜何かが起きる!悪魔の誘いか救世主か!?お金はこの手で作れます」

anone TOPへ
各話視聴率へ
2018年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2018年冬ドラマ視聴率一覧へ
タグ:anone

『anone 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2018年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相棒 Season16 第15話

2018年2月7日(水) よる9:00〜10:09
15分拡大スペシャル
第15話「事故物件」

パチンコ店の景品交換所で400万円を奪った男が、逃走中に事故死する事件が発生。その金をネコババしたホームレスの東大寺雅夫(勝矢)は、老人が病死したという“事故物件”を借りる。と、金を隠そうと開けた天井裏から、『この手記が発見される時、私はすでに殺されている』から始まる不穏な手記を発見する。筆者は、大手家具メーカーの会長・矢部泰造(勝部演之)で、『犯人を見つけた者には謝礼を支払う』と書いてあったことから、東大寺は密かに犯人捜しを決意する。

いっぽう、消えた400万円を捜索していた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、「最近、羽振りがいいホームレスがいる」という情報を得て、東大寺のアパートを訪れる。東大寺が何か隠していることを察した2人は、周辺の情報を収集。すると、元の借り主である泰造の一族が相続を巡って揉めていたことが判明。親族一同が暮らす矢部邸を訪ねると、門前には挙動不審の東大寺の姿があり…!?

不穏な手記を残した資産家は病死か、他殺か?
遺産を狙う“華麗なる一族”には裏の顔が!
ホームレス探偵と右京、推理合戦の行方は…!?

第1話 2017年10月18日「検察捜査」
第2話 2017年10月25日「検察捜査〜反撃」
第3話 2017年11月1日「銀婚式」
第4話 2017年11月8日「ケンちゃん」
第5話 2017年11月15日「手巾(ハンケチ)」

第6話 2017年11月22日「ジョーカー」
第7話 2017年11月29日「倫敦からの客人」
第8話 2017年12月6日「ドグマ」
第9話 2017年12月13日「目撃しない女」
第10話 2018年1月1日(月)元日スペシャル「サクラ」

第11話 2018年1月10日「ダメージグッズ」
第12話 2018年1月17日「暗数」
第13話 2018年1月24日 300回記念スペシャル(前篇)
第14話 2018年1月31日 300回記念スペシャル 「いわんや悪人をや」(後篇)
第16話 2018年2月14日「さっちゃん」

相棒 Season16 TOPへ
各話視聴率へ
2017年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2017年秋ドラマ視聴率一覧へ
2018年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2018年冬ドラマ視聴率一覧へ
タグ:相棒 Season16

『相棒 Season16 第15話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2018年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

きみが心に棲みついた 第4話

第4話「最低男が大パニック誠実男の宣戦布告!」
2018.2.6 o.a

 星名(向井理)に命じられ下着姿でランウェイを歩いた今日子(吉岡里帆)は、翌日、星名に優しい言葉をかけられて舞い上がってしまう。その勢いで新企画が通ったらデートをするという約束を取りつけ、意気揚々と生地探しに励むのだった。しかし、八木(鈴木紗理奈)が納得する生地を見つけられず、星名が今日子を担当から外そうとしているという噂を耳にする。慌てて星名に詰め寄る今日子だったが、反対に威圧的な言葉を受け震え上がる。

 その頃、今日子に元恋人・映美(中村アン)とのキスを見られた吉崎(桐谷健太)は、仕事に集中できないでいた。訝しんだスズキ(ムロツヨシ)の質問攻めに合い、洗いざらい話しているうちに今日子が気になる存在であることを自覚し始める。

 仕事の不調からか、今日子はエキセントリックなメールを吉崎に送ったことを激しく後悔していた。心配した吉崎からの電話に謝りながらも、吉崎の言葉に勇気づけられ、再度プロジェクトに取り組む。そして、完成した試作品を発表することになるが…。

第1話 2018年1月16日「冬の恋は三角形!恋ヘタ女×超誠実男×支配男の恋」
第2話 2018年1月23日「歓迎会で大バトル!恋愛ターミネーター×方言萌え女」
第3話 2018年1月30日「目を覚ませダメ女!あの男の闇は深い…」
第5話 2018年2月13日「大好きです!BBQでキス&ガチバトル」

きみが心に棲みついた TOPへ
各話視聴率へ
2018年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2018年冬ドラマ視聴率一覧へ

『きみが心に棲みついた 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2018年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FINAL CUT 第5話

ストーリー#5「疑惑を真実にした男人気司会者の正体!」2018.02.06 ON AIR

慶介(亀梨和也)は、高校生の頃、あるテレビ番組をきっかけに母・恭子(裕木奈江)を女児殺害事件の犯人扱いされ、無実の罪で亡くした男。12年後、警察官になった慶介は、母を死に追いやった番組関係者に次々と“ファイナルカット”という致命的弱点を捉えた映像を突きつけて制裁し、“ある目的”のため言いなりにしていく。

当時、人気司会者・百々瀬塁(藤木直人)率いる番組『ザ・プレミアワイド』が、「若い男を見た」という恭子(裕木奈江)の目撃証言は放送せず、小池(林遣都)が作った犯人候補者リストも追及せずに終わっていたことを突き止めた慶介。なぜ番組は当時、警察よりも早く、恭子を犯人扱いし始めたのか?

ある日、慶介が運営するメディア被害の通報サイトに、今度は「ザ・プレミアワイド」のカメラマン・皆川義和(やついいちろう)に関する相談が寄せられる。慶介は、かつて自宅に押しかけ、執拗(しつよう)にレンズを向けて母を追いつめた皆川をターゲットにし、動向を追い始める。

一方、慶介は、『ザ・プレミアワイド』が母を犯人扱いし始めた背景に警察が絡んでいるのではないかと考え、12年前、事件を捜査していた上司の高田(佐々木蔵之介)に疑惑をぶつける。

その頃、慶介が扮(ふん)した“マモル”との恋に夢中な若葉は、マモルとの食事にサプライズで雪子を同席させることを思いつく。雪子が思いを寄せる“吉澤”がマモルと同一人物だとは知らず、マモルを待つ2人。そうとは知らない慶介は、姉妹が待つ店へと向かい……。

第1話 2018年1月9日「母のため僕はテレビに復讐する」
第2話 2018年1月16日「消された目撃証言」
第3話 2018年1月23日「特ダネは大誤報!?」
第4話 2018年1月30日「母を犯人にした男」
第6話 2018年2月13日「愛する人へ…真犯人は、君の兄さんだ」

FINAL CUT TOPへ
各話視聴率へ
2018年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2018年冬ドラマ視聴率一覧へ
タグ:Final Cut

『FINAL CUT 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2018年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

海月姫 第4話

2018.2.5放送 第4話「緊急出動!落ちこぼれ達が起こす大逆転劇!」

倉下月海(芳根京子)に想いを届けようと、鯉淵修(工藤阿須加)は『天水館』に行くが、ばんばさん(松井玲奈)とまやや(内田理央)に追い帰される。ばんばさんたちが月海に武勇伝を語っていると、ジジ様(木南晴夏)と千絵子(富山えり子)が帰って来た。こちらは蔵之介(瀬戸康史)が男だと知り『天水館』や月海に近づかないよう言いに行ったのだが様子がおかしい。千絵子は蔵之介が『ベルサイユのばら』のオスカルだったと泣き崩れる。政治一家に女として産まれたが男として育てられたと蔵之介がついた嘘を二人は信じたのだ。

ジジ様たちが北京ダックを奢ってもらったと知ったまややは蔵之介に電話。蔵之介が『バタフライ』というクラブにいると聞くと、まややは蝶マニアが集うイベントと勘違い。月海とばんばさんを伴い自分たちも奢ってもらおうと『天水館』を後にした。

蔵之介が桐山琴音(最上もが)たちにクラゲのドレスの写真を見せていると月海たちが到着。そこはオシャレなクラブ。月海たちは浮きまくり琴音たちにバカにされる。蔵之介は月海たちを連れ出すが傷ついた“尼〜ず”は帰ってしまった。ばんばさんとまややは二度と蔵之介とは関わらないと宣言。

後日、蔵之介は琴音からクラゲのドレスを作って欲しいと連絡を受ける。琴音が担当するミュージックビデオの監督が、蔵之介からもらった写真を見てアーティストに着せたいと言い出したのだ。蔵之介は月海たちに話をするのだが…。

第1話 2018年1月15日「月9史上最も奇妙な三角関係!?人は誰でも自分のままで輝ける!」
第2話 2018年1月22日「初恋の試練天水館が消滅!?尼〜ず最大の危機」
第3話 2018年1月29日「初デート!暴かれたシンデレラの魔法とウソ」
第5話 2018年2月12日「一攫千金!ショータイムにかけた仲間の想いをつなげ!運命の決断」

海月姫 TOPへ
各話視聴率へ
2018年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2018年冬ドラマ視聴率一覧へ
タグ:海月姫

『海月姫 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2018年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

トドメの接吻 第5話

#5「ぶち壊せ婚約披露!人生を変えるチャンスと母に迫る死の危険…運命の選択」2018/2/4

宰子(門脇麦)からのキスで想定外のタイムリープをしてしまった世界で、旺太郎(山ア賢人)は自分に惹かれていたはずの美尊(新木優子)の態度が突然冷たくなったことに戸惑う。さらに、病床で目を覚ますはずだった美尊の父・尊(山田明郷)が亡くなり、尊氏(新田真剣佑)が美尊にプロポーズして会社を継ぐ宣言をするシナリオに変わっていて…。

尊氏が意図的に父親を助けなかったと疑う旺太郎は、挽回を狙って祖母との死別を繰り返したくない宰子にキスを迫り再びタイムリープをする。しかし、それでも尊が死に尊氏が美尊にプロポーズする運命を変えることはできず…。さらに、旺太郎の正体を知る尊氏が、12年前の沈没事故を引き起こした船長の息子であることを美尊の前で暴露!旺太郎はそこで初めてあの日クルーズ船に乗り合わせていた幸せそうなお金持ちが並樹家とその取り巻きだったことを知る。

同情を買うために生い立ちを偽っていた旺太郎に失望した美尊は、父の死後結婚に向けて豹変した兄・尊氏に戸惑いつつも、会社のために自分の気持ちを割り切ろうとする。たった7日のタイムリープでは変えられない自分の運命を呪う旺太郎だったが、尊氏のプロポーズの本当の理由について何かを隠している様子の長谷部(佐野勇斗)に思い当たり…。

そんな中、旺太郎を心配した母・光代(奥貫薫)が家まで食事を作りにやって来る。しかし、弟・光太を沈没事故に巻き込んでしまった罪悪感のあまり、今でも光太が生きていると信じる母を疎ましく感じる旺太郎は、冷たい言葉をかけ追い返してしまう…。

美尊と尊氏の婚約の準備が進む中、旺太郎は長谷部の美尊への思いを利用し、郡次(小市慢太郎)が何かのビデオテープをネタに尊氏を脅していることを聞き出す。婚約披露パーティーの混乱の中、テープを盗み出そうとするが、あと少しという時に光代が転倒し意識不明の重体だという連絡が入り…!自分の運命を変えるチャンスと母親の命を天秤にかける旺太郎がとった行動とは…!?そして、旺太郎の孤独に触れ、宰子が考えた意外な行動とは!?

第1話 2018年1月7日「落とせ百億の女!金と権力を狙うNO.1ホストに贈られたのは死のキス!?」
第2話 2018年1月14日「なぜ俺は殺される?百億の令嬢狙う男に迫る真犯人の影…!?衝撃ラスト必見」
第3話 2018年1月21日「愛なきキスの契約!?神の力で百億の令嬢を救え!襲いかかる黒幕狂気の刃!」
第4話 2018年1月28日「血の繋がらない兄のプロポーズ!?闇に堕ちた御曹司…新たな敵に逆転なるか」
第6話 2018年2月11日「主人公、死亡!?キスしても戻らない…運命を知る2人切なすぎるラスト5分」

トドメの接吻 TOPへ
各話視聴率へ
2018年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2018年冬ドラマ視聴率一覧へ

『トドメの接吻 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2018年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

99.9-刑事専門弁護士- SEASON II 第4話

第4話「奇策!!民事法廷で刑事の無実を証明せよ」2018年2月4日よる9時放送

斑目法律事務所に岩村梢(有森也実)が刑事事件の弁護で相談にやってきた。被疑者は、梢の夫で工場の社長・岩村直樹。直樹が、取引先のタナハシ機械製作所専務・棚橋幸次郎を殺害後、自殺したのだ。

その後、事件は被疑者死亡のまま書類送検されて、不起訴処分になっていた。さらに、梢は幸次郎の兄でタナハシ機械製作所の社長・政一郎(迫田孝也)から3億円の損害賠償請求をされていた。

しかし梢はその日に届いたメールから直樹は絶対に殺人を犯してないと確信していて、何としても無実を立証してほしいと依頼してきた。

佐田(香川照之)は、被疑者死亡の場合、裁判が開かれないからこれ以上の弁護は無理だと説明して、依頼を断る。しかし、深山(松本潤)は、すでに事件現場に向かっていた。

舞子(木村文乃)は連れ戻すよう佐田に指示されたが、結局深山のペースに巻き込まれる。しかし、細かく調べていく中で、警察と検察の刑事記録に矛盾があることが判明する…。

一方、佐田は直樹がエンジンに関する特許を個人で持っていて、莫大な価値があったことに気付く。政一郎は、梢に相続を放棄させることで莫大な価値があるこの特許を手に入れようとしていたのだ。

佐田は、梢の依頼を正式に引き受けて、さっそく政一郎の弁護士・森本貴(近藤芳正)に会いに行く。森本は、民事でやり手の弁護士で、佐田とは面識はないが、お互い名前を知っている、ライバル関係だった。

深山たちは状況証拠を揃えて、検察に再調査を依頼するが、跳ね除けられる。すると佐田がある奇策を思いつく。斑目法律事務所のメンバーは、この絶体絶命の状況をひっくり返し、無実を証明することはできるのか!?

第1話 2018年1月14日「型破りな弁護士が返ってきた!!元裁判官からの依頼!?逆転不可能な事件に挑め」
第2話 2018年1月21日「26年越しの事実!!犯人は透明人間!?水晶が導く父の冤罪の謎」
第3話 2018年1月28日「前代未聞の出張法廷裁判官の思惑」
第5話 2018年2月11日「歪められた少年裁判嘘つきは誰!?」

99.9-刑事専門弁護士- SEASON II TOPへ
各話視聴率へ
2018年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2018年冬ドラマ視聴率一覧へ

『99.9-刑事専門弁護士- SEASON II 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2018年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家族の旅路 家族を殺された男と殺した男 第1話

第1話「私は一体何者なのか沈黙の死刑囚と真実」2018年2月3日放送

「柳瀬光三に会ってください。――あなたのご両親を殺した男です」
その女性の言葉に、若手弁護士・浅利祐介(滝沢秀明)は凍りついた。

 東京・下町にある法律事務所。祐介は、所長の澤田陽一郎(片岡鶴太郎)の下、忙しく働く毎日を送っていた。

ある日、事務所に河村礼菜(谷村美月)という女性が祐介を訪ねて来る。彼女はなぜか祐介の素性を知っていた。 実は、祐介の両親と祖父は30年前、柳瀬光三(遠藤憲一)という男に殺害され、赤ん坊だった祐介はその後、母親の姉夫婦に養子として育てられてきたのだった。裁判では、柳瀬は無実を訴えたが、 3度もの再審請求を棄却され、現在死刑囚として服役中の身となっていた。

祐介に対し礼菜は、驚くべき依頼をする。「あなたでなければできない仕事だから」

 柳瀬は、末期がんで余命わずかな礼菜の母・河村あかね(横山めぐみ)の最初の夫だったという。 柳瀬との間には、事件を境に行方不明になっている光男という子どもがいて、礼菜は母のために光男の行方を捜したいと願っていた。 事件の生き残りである祐介なら柳瀬から真実を聞き出すことが出来るはず――それが礼菜の考えだった。

死刑囚への面会は、再審を担当する弁護人に限られる。礼菜が言っているのは、被害者遺族である祐介に柳瀬の再審弁護人に なってほしいということと同じであった。「冗談じゃない!」祐介は礼菜を追い返してしまう。

 長年にわたり親の仇と信じていた男の弁護など出来るものか… 一度はそう思った祐介だったが、そんな彼に江戸っ子気質のベテラン弁護士・澤田は声をかける。 「だがな祐介、弁護士である以上、感情に流されて可能性をつぶすことは断じて許されねえぞ。それが親を殺した相手であってもだ」 その言葉に我に返る祐介。弁護士としての本分を思い出し、祐介は事件に向き合う決意をする。

 祐介は、改めて礼菜に事件の話を聞く。初めて耳にする事件の犯人・柳瀬の背景。祐介の育ての母・由美子(いしのようこ)は、殺害された実母の姉だ。 事件を追うことは、本当の息子のように育ててくれた今の両親を苦しめることになりはしないか…その心は乱れるのだった。

 ある日の、東京中央拘置所。そこに祐介の姿があった。 柳瀬の独房に、刑務官の声が響き渡る。
「柳瀬、面会だ」

第2話 2018年2月10日「冤罪?愛する家族に背を向け死刑囚の無実を信じるのか?葛藤する祐介」

家族の旅路 家族を殺された男と殺した男 TOPへ
2018年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2018年冬ドラマ視聴率一覧へ

『家族の旅路 家族を殺された男と殺した男 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2018年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日の君がもっと好き 第3話

2018年2月3日(土)よる11:05〜
第三話「影法師」

 植木の剪定に里川家を訪れた松尾亮(市原隼人)は、静子(三田佳子)の計らいで茜(伊藤歩)、梓(志田未来)、智弘(渡辺大)と里川家で夕食を共にする。人見知りで無口な亮。梓とケンカし仏頂面の茜。その茜と目も合わせない智弘。ただ一人、梓だけがしゃべり続ける奇妙な夕食の様子を、そっと窺っている者がいた。それは、なんと…。

 そんな中、梓のスマートフォンに丹野香(森川葵)からの着信がある。応対の不自然さに疑いの目を向ける智弘。夫の嫉妬に半ば喜びを感じつつ、香に会いたい気持ちも抑えきれない梓は、相手が女性だと証明すると言って、亮、茜まで誘い、香が勤めるガールズバーへと強引に4人を連れ出す。

 その頃、同僚の桃田(神永圭佑)と飲んでいた城崎遥飛(白洲迅)は、酔った勢いで、子持ち女性を誘惑してはいたぶり脅していることを口走っていた。さらに酔いの回った遥飛は、子持ち店員の中島美波(朝倉えりか)を求めてガールズバーに乱入。梓を見つけると、香との秘密を亮たちに暴露する…!?

第1話 2018年1月20日「出逢い」ラテ欄「この冬最高のヒューマン・ラブストーリー開幕!」
第2話 2018年1月27日「月齢」ラテ欄「衝撃ラブストーリー!秘密の禁断のキス」
第4話 2018年2月10日「告白」ラテ欄「心が焼ける!涙…裸の告白!!」

明日の君がもっと好き TOPへ
2018年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2018年冬ドラマ視聴率一覧へ

『明日の君がもっと好き 第3話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2018年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜 第4話

#04「入れ墨執事に恋!?姉ご乱心のキス&父豆まき暴投」2018.2.3 o.a

家族のために体を張ってきた秀作(山田涼介)だったが、その努力の甲斐なく、知晶(波瑠)が自分より楠木(千葉雄大)を大事にしていることを気にかけていた。

その知晶が泰蔵(中村梅雀)の持ってきたお見合い話を断り、今、気になっている人がいると宣言。秀作は、ひょっとしてそれが楠木なのでは?と不安になる。

そんな矢先、楠木の背中に鯉の入れ墨があるのを目撃した秀作は、楠木を問いつめる。すると楠木は知晶にキスをされたという衝撃の事実を告白するのだった。

ショックは受けたものの、知晶の幸せのためならと、姉の恋を応援しようと思う秀作。

しかしお見合い相手の角居(駿河太郎)が北沢学園の将来に関係する重要人物のため、何としても結婚させろと泰蔵と博文(小澤征悦)に追い詰められて、ある作戦に出ることに…。

第1話 2018年1月13日「セレブ一家の爆笑スキャンダル!末っ子悲壮な決意で証拠隠滅大作戦」
第2話 2018年1月20日「愛犬逃走クビの危機!替え玉作戦で姉ちゃん豹変」
第3話 2018年1月27日「メイド喫茶事件に親父も参戦!激うまカレーの真相」
第5話 2018年2月10日「骨肉の恋愛バトル!牛丼兄VSうなぎ弟チョコ争奪戦」

もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜 TOPへ
各話視聴率へ
2018年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2018年冬ドラマ視聴率一覧へ

『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2018年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホリデイラブ 第2話

第2話「妻の攻撃」2018年2月2日

 ずっと信じ続けてきた夫・純平(塚本高史)が浮気をしていた――。これ以上はない裏切りに、高森杏寿(仲里依紗)の心はひどく傷つけられる。事の経緯を説明し、「やり直したい」と必死に許しを請う純平。だが、杏寿には到底受け入れることができない。

「私たち…もう終わりよ。二度とこの家に帰って来ないで」
 杏寿に突き放され、何よりも大切なものを台無しにしてしまったことを痛感した純平は、自らの愚かさにあきれながら、家を出ていく。

 その頃、純平の浮気相手・井筒里奈(松本まりか)の家庭にも、不穏な空気が流れ始める。自宅不倫現場を目撃して激昂した夫・渡(中村倫也)が里奈のことを「汚い女だ」などと罵って威圧し、完全なる支配下に置こうと画策。純平にも会社をすぐ辞めて街を出るよう要求し、どこまでも執拗に追い詰めていく! そんな中、不倫関係を清算しようとする純平に、里奈がドキッとするような言葉を投げ掛け…!?

 一方、迷いを覚えながらも、離婚へ向けて進み出す杏寿。そんな彼女に思わぬ出会いが訪れる。スピリチュアルアプリで一度やりとりをした経営者・黒井由伸(山田裕貴)が、目の前に現れたのだ。黒井は杏寿に好意を持ち、積極的に距離を縮めようとするが…!?

第1話 2018年1月26日「夫の帰還」
第3話 2018年2月9日「最後のクリスマス」

ホリデイラブ TOPへ
2018年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2018年冬ドラマ視聴率一覧へ

『ホリデイラブ 第2話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2018年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンナチュラル 第4話

ep4 2018.2.2 OnAir
Unnatural Death #4 誰がために働く
ラテ欄「謎の交通事故死!?ブラック企業に殺された夫!」

ある日、ミコト(石原さとみ)の母であり、弁護士の夏代(薬師丸ひろ子)がUDIに解剖の依頼にやってきた。バイク事故によって、若くして亡くなった佐野(坪倉由幸)の死因を究明してほしいという。

佐野には妻と子供が2人いたが、バイクの任意保険が切れていた上に生命保険にも加入していなかった。子供2人を抱えて途方に暮れる妻・可奈子(戸田菜穂)を助けるべく、夏代がUDIに連れてきたのだ。

佐野が事故を起こした原因として考えられるのは3つ。
@佐野が勤めていた工場の長時間労働による過労
A乗っていたバイクの修理ミス
Bかかりつけ医師による病気の見落とし

死因次第で責任の所在が変わるため、死因究明は遺された家族にとっては重要な問題となる。また、疑いをかけられた勤め先の工場長、バイク屋の店長、病院の弁護士がUDIにやってきて、醜い責任の押し付け合いをし始める。

中立公正な立場にあるミコトたちは解剖に取り掛かるが、佐野の意外な死因を発見してしまうことに…。果たして、UDIは遺された家族を救うことができるのか?!

その一方、UDIに『お前のしたことは消えない、裁きを受けろ』と書かれた脅迫状が届く。中堂(井浦新)は自分に宛てられたものだと言うが…。

葬儀屋の木林(竜星涼)を使って怪しい動きをしている中堂の秘密がついに明らかになる…!?

第1話 2018年1月12日「名前のない毒」ラテ欄「名前のない毒…連続不自然死の謎を解け」
第2話 2018年1月19日「死にたがりの手紙」ラテ欄「一家無理心中…自殺に見せかけた事件の真相!?」
第3話 2018年1月26日「予定外の証人」ラテ欄「無実の男を救えるか!?勝率0.01%の逆転裁判」
第5話 2018年2月9日「死の報復」ラテ欄「盗まれたご遺体!?亡き妻は自殺か?他殺か…?」

アンナチュラル TOPへ
各話視聴率へ
2018年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2018年冬ドラマ視聴率一覧へ

『アンナチュラル 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2018年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

リピート〜運命を変える10か月〜 第4話

4「次々標的に我々は狙われている!連続死のナゾ」
2018年2月1日(木)よる11時59分〜0時54分

天童太郎(ゴリ)は、リピート前に事故死した息子の死を避けることに成功した。だが、息子の身代わりに別の少年が事故死してしまった。そのことにショックを受ける天童に、風間(六角精児)は、「あなたは自分さえよければいいんですか?とんだエゴイストだ。これ以上ルールを破ったらあなた方にも何が起こるか分かりませんよ」と忠告する。

 その頃、毛利圭介(本郷奏多)にフラれた由子(島崎遥香)は、圭介の部屋に忍び込み、「圭介、ずっと見守ってあげる」と隠しカメラを設置していた。

天童のカフェに集まる篠崎鮎美(貫地谷しほり)と圭介。鮎美は「人生ってやっぱり変えられないんだ……」と呟く。鮎美自身もリピートして、久瀬一樹(松田悟志)と婚約することに一度は成功したが、結局はひどい別れ方をしてしまっていた。

一方の圭介は、リピート前には由子に金で奴隷のように縛られていたが、先日ようやく別れを告げることができていた。「リピートも悪いことばかりじゃない」と言う圭介に、「あと、あなたがやり直したいのは、カメラだね」と鮎美は言う。圭介のかつての夢はカメラマンになることだった。だが、「いや、それは自分の意思で辞めたんだ」と言う圭介。その様子を見ていた天童が「毛利の部屋で飲みなおそう」と言い出し、3人は圭介の家に向かうことになった。

圭介のアパートで、天童と鮎美は、圭介が大事に取っていたカメラと写真を目にする。「モノクロか。いいじゃないか」と天童や鮎美はその圭介の写真に見入る。圭介は「……好きにしろよ」と気恥ずかしそうに佇んでいた。

その鮎美らの様子が由子の盗撮カメラに撮られていて、由子は公園のベンチでその映像を見ていた。由子は鮎美の姿に「ババアのくせに……」と呟いた。

後日、圭介がキャバクラのバイトに出ていると、客としてリピート仲間の郷原(清水圭)が現れた。派手なスーツに身をつつんだ郷原は豪勢に金を使う。郷原は競馬で大儲けしてすっかり様子が変わっていた。その郷原は、キャバ嬢相手に明日の相撲の結果を言い当てたりする。その郷原を見かねて、圭介は「予言めいたことはするなって言われてるよね?」と注意するが、郷原は悪びれず「風間の言うことなんてどうでもいい。金で遊べば頭も柔らくなるよ」と圭介に金を握らせ行ってしまう。

翌日、鮎美が図書館に出勤していると、利用客のふりをした由子が現れた。「本が好きで、将来は図書館で働きたいと思っているんです」と言う由子。その鮎美に「仕事のことをいろいろ伺いたいので、連絡先を教えて下さい」と由子はすり寄り、鮎美は由子に連絡先を教えてしまう。

その頃、天童は、台東区の連続放火事件のニュースをパソコンで眺めていた。横沢佐知子(手塚理美)の死んだ後も「夕焼け荘」というアパートが放火されたという。「夕焼け荘……?」と天童。そこに圭介から電話が入る。「郷原が未来の出来事をにおわせている」と言う圭介に、「それじゃリピートの秘密がバレるのも時間の問題だな。分かった、呼び出して釘を刺そう」と天童。

その折、鮎美は偶然、町中で坪井(猪野広樹)と郷原を目にする。坪井は「おまえ、ネメシスのことを!」と郷原の胸倉を掴んで責め立てていた。だが「坪井くん?郷原さん?」と近づいてくる鮎美の存在に気付き、二人は慌てて立ち去っていった。

鮎美は天童のカフェに行き、天童と圭介に坪井と郷原の様子を報告した。「ネメシス?」と圭介。圭介や天童にも郷原と坪井がなぜ揉めていたのか分からなかった。そこに天童に呼び出された郷原が来る。天童が「仲間が二人も死んだんだ、派手な動きは控えた方がいい」と郷原を諫めるが、「おまえら風間の犬か?人生を変えたくてリピートしたんだろ」と開き直る郷原。郷原はリピートで得た派手な今の生活を変える気はないと言ってカフェを出ていく。

だが、その直後、郷原は路地裏で何者かに刺されてしまう。郷原の悲鳴に慌てて駆け付ける鮎美と圭介。そして郷原は、「郷原さん!?」と恐怖に震える鮎美の目の前で亡くなった。

郷原が亡くなり、鮎美や圭介、天童、そして残りのリピート仲間の坪井と大森知恵(安達祐実)は回龍亭に集まった。一同は風間を待つが風間は一向に現れなかった。その時、天童はタブレットで台東区の連続放火事件のニュースをみんなに見せる。「横沢さんが亡くなった後に放火されたこの『夕焼け荘』だけど……」と天童。それは亡くなったリピート仲間の高橋(福田転球)のアパートだという。「どういうこと?」と鮎美。すると大森知恵が「もしかして、横沢さんを殺した犯人の次の狙いは高橋さんで、高橋さんが死んだと知らないで火をつけたんじゃないかしら?そして同じ人が郷原さんを狙って……」と言う。

「まさか。3人を狙う理由はなんだよ。リピートしたってことしか共通点はないじゃないか。しかも誰がそれを知ってるって言うんだ」と圭介。「リピートの情報が誰かから漏れたのかもな」と天童が言い、圭介も激しく追及するが、坪井は無言を貫く……。

そしてその日、帰っていく鮎美の後をつける何者かの影。そしてその影が鮎美を階段の上から突き飛ばし……

第1話 2018年1月11日「運命を変える10か月!衝撃のどんでん返し」
第2話 2018年1月18日「束縛する女飼い犬人生からの脱却運命を変える」
第3話 2018年1月25日「運命のバス事故から命救えるか?狂気の合鍵女」
第5話 2018年2月8日「秘密の部屋暴かれる正体…急接近する甘いワナ」

リピート〜運命を変える10か月〜 TOPへ
2018年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2018年冬ドラマ視聴率一覧へ

『リピート〜運命を変える10か月〜 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2018年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

隣の家族は青く見える 第3話

ストーリー 3「夫婦の絆!!妻の涙と夫のあふれる想い!!」2018.2.1

奈々(深田恭子)は、朔(北村匠海)と渉(眞島秀和)がキスしているところを目撃してしまう。朔は、奈々に渉との関係を打ち明け、ゲイであることを他人に公表していない渉のために、誰にも言わないでほしいと頼む。一方、事情を知らない大器(松山ケンイチ)は、何かと奈々に接近してくる朔のことが気になって仕方ない。

亮司(平山浩行)は、元妻が急死したため、息子の亮太(和田庵)に会いに名古屋へ行っていたことをちひろ(高橋メアリージュン)に話す。亮司は、亮太を引き取ってこの家で一緒に暮らしたい、とちひろに告げるが……。

最後のタイミング法に臨む奈々は、レディースクリニックの医師・片岡(伊藤かずえ)のもとを訪ねる。そこで片岡は、奈々に、クロミッドという誘発剤を勧める。

大器は、コンペに出した企画が評価され、本社の土地開発部門が進めているアウトレットモールの開発プロジェクトに参加することになる。大器は、奈々からもアイデアをもらい、早速企画書をまとめる。一方、不妊治療を始めてから情緒不安気味の奈々だったが、妊娠した可能性があることに気付く。

そんな折、義母の聡子(高畑淳子)は、薬局で妊娠検査薬を購入しようとしている奈々を見かけ、大器と奈々が子作りしていると知り大喜びで……。

第1話 2018年1月18日「のぞきたくなる!!ひとつ屋根の下に住む家族達の秘密とは!?」
第2話 2018年1月25日「ひとつ屋根の下で、大波乱の顔合わせ!!」
第4話 2018年2月8日「母の愛、娘の願い壊れた絆の架け橋!!」

隣の家族は青く見える TOPへ
各話視聴率へ
2018年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2018年冬ドラマ視聴率一覧へ

『隣の家族は青く見える 第3話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2018年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BG〜身辺警護人〜 第3話

2018年2月1日(木)
第3話「現金1億円を守れ!! 地上50mからの救出」

 深夜に緊急の警護依頼が舞い込み、招集をかけられた島崎章(木村拓哉)ら日ノ出警備保障・身辺警護課のメンバーたち。一度は身辺警護課を辞めた高梨雅也(斎藤工)も復職する中、彼らに命じられた任務は『人気タレント・かのん(三吉彩花)に支給する現金一億円の警護』というものだった。

 急に「引退したい」と言い出し、姿を消したかのんを連れ戻すための金だ、と説明する芸能事務所社長の坂東光英(西村まさ彦)。現金輸送の経験もある高梨を責任者とし、かのんに会うため車で出発するが、行き先もはっきりしない任務に高梨は不信感を募らせ…?

 ようやく現金一億円の運び先を明かし始めた坂東。なんと、かのんは「引退する」と言い出し姿を消したのではなく、誘拐されていたのだ! 警察には知らせないで欲しい、と懇願する坂東の意思を尊重し、誘拐犯の要求した場所に金を運ぶことに。しかし、犯人との通話に成功した章は、ある違和感を覚え…?

 その頃、警視庁SPの落合義明(江口洋介)は、厚生労働大臣の立原愛子(石田ゆり子)から“民間の警備会社の章に警護を依頼するつもりだ”と言われ、驚がく。落合は、章を探して日ノ出警備保障に現れ…!?

第1話 2018年1月18日「45歳の新人ボディーガード!!観客2万人の命を守れ」
第2話 2018年1月25日「裁判官夫婦の裏の顔 48時間の命…脱出確率0%の壁!!」
第4話 2018年2月8日「女大臣が白昼の密会 禁断の3時間任務!!」

BG〜身辺警護人〜 TOPへ
各話視聴率へ
2018年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2018年冬ドラマ視聴率一覧へ

『BG〜身辺警護人〜 第3話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2018年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

科捜研の女 第17シリーズ 第11話

第11話「週刊誌スキャンダル殺人!脅迫文の筆跡とバナナの謎」2018年2月1日

 人気俳優・今村草太(松田凌)の遺体が発見された。現場の状況から石階段から足を踏み外して転落死したらしい。草太のトートバッグから、草太がアイドルの高見メグ(松下りおん)との熱愛デートの記事が掲載された週刊誌が見つかった。が、なぜかそのページには赤いフェルトペンで「2度と京都にくるな きたら殺す」と書かれた太い文字が。そんな警告を無視して京都に来たために草太は何者かに殺害されたのか?

 鑑定の結果、脅迫文の文字は草太本人のものでも、所属事務所の本城朋親社長(樋渡真司)のものでもないことが判明した。上着のポケットからは焼き肉店のレシートに包まれた噛み終えたガムが見つかったが、店の防犯カメラから事件当日に一人でランチを食べ、店でもらったガムを口に入れていることがわかった。マリコ(沢口靖子)は、その画像を拡大鮮明化し、遺体の左手人差し指の黒い付着物を探す。サインペンのインクだが、この時点ではまだ付いていない。昼食後、どこかでファンにサインでもしたのだろうか?

 トートバッグの中にはなぜかコーヒー豆が10粒入っていた。ピーベリーという珍しい豆で、しかも焙煎ごとに豆の違いがわかるため、色と香りを測定すれば京都のどの店で焙煎されたものか特定できる。マリコらはピーベリーを扱う店から焙煎したコーヒー豆を集めて比較鑑定、三島環(酒井美紀)と娘の三島百果(白本彩奈)が営む店であることを特定する。事件当日も草太が店を訪れていた事が分かり…!?

科捜研の女2017スペシャル 2017年10月15日「決死の大追跡!猛毒を運ぶ逃亡犯VS最新鋭ドローン!!ドモンを襲う暴走列車…マリコ、涙の検視!衝撃ラスト」
第1話 2017年10月19日「衝撃スタート!緊縛マリコVS新人研究員の凍死実験!?」
第2話 2017年10月26日「マリコVS刺繍名人!変色する刺繍糸の殺人トリック!?」
第3話 2017年11月2日「折り鶴が見た殺人/マリコの上空200キロ探査!殺人犯が飛ばした折鶴の謎」
第4話 2017年11月9日「マリコの殺人コンサート!?火を放つ指揮棒と小麦の謎」
第5話 2017年11月16日「マリコVS美人科学者 抱きつくと死ぬ男達と内出血の謎」
第6話 2017年11月23日「京都民泊おもてなし殺人!?マリコのお泊りグッズ鑑定」
第7話 2017年11月30日「マリコVS現場保存のできない美人警察官!?衝撃ラスト」
第8話 2017年12月14日「私は誰!?記憶喪失の殺人犯VSマリコの最新脳指紋鑑定」
第9話 2018年1月18日「姿なき狙撃犯VS監禁されたマリコ!脱いだ晴れ着で銃弾鑑定!?」
第10話 2018年1月25日「マリコVSメイク達人 白玉粉が暴く変身美女のウラの顔」
第12話 2018年2月8日「マリコVS疑惑の検査技師!?消えた心臓と空飛ぶ注射針」

科捜研の女 第17シリーズ TOPへ
各話視聴率へ
2017年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2017年秋ドラマ視聴率一覧へ
2018年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2018年冬ドラマ視聴率一覧へ

『科捜研の女 第17シリーズ 第11話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2018年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

anone 第4話

#4「叶わない願い。幽霊の娘と暮らす母の究極の愛」2018.01.31

西海(川瀬陽太)にニセ札を掴ませ、亜乃音(田中裕子)の一千万円を持ち逃げしたるい子(小林聡美)は自宅アパートへと戻る。そこでるい子は謎の女子高生と生活していて…。

一方、西海のニセ札を偶然手に入れた理市(瑛太)は再び林田印刷所を訪ね、最近印刷機を使った形跡があることを密かに確かめる。妻子と質素な暮らしを送る理市には何かを企んでいるようなのだが…。

そして事件以来、亜乃音の元に身を寄せるハリカ(広瀬すず)は、亜乃音に大金を失わせてしまったことを申し訳なく思いつつ、先進医療を受けるお金の無い彦星(清水尋也)の体調も心配していた。

カレーショップ跡でハリカに遭遇し、るい子がお金を奪ったことを知った舵(阿部サダヲ)は、るい子の息子の電話番号を頼りにハリカと共にるい子の家へ。

しかし、たどり着いたタワーマンションでるい子の姑・百合恵(高林由紀子)から、るい子は「おかしなこと」を言うようになり半年前に出て行ったと知らされる。

さらに二人は、るい子の息子・樹(武藤潤)と百合恵の歪な依存関係を目にするのだが…。るい子の過去に秘められた理不尽で悲しい現実が明らかになろうとしていた。

そしてその頃、娘の玲(江口のりこ)に再会した亜乃音は夜時間が無いかと聞かれて…。

第1話 2018年1月10日「ある犯罪が出会うはずのない5人の運命を絡ませた!偽物から始まる真実愛、感動の物語」
第2話 2018年1月17日「あの謎の札束の真相とは?触れ合う孤独な2つの魂を引き裂いたのは誤解が招いた誘拐事件」
第3話 2018年1月24日「親に捨てられた少女と母になれなかった女。ニセ札がお金では買えない真実の絆を生んだ!」
第5話 2018年2月7日「初恋!?つのる想いと命の期限!ニセモノで結ばれた4人は本当の家族になれるのか!?」

anone TOPへ
各話視聴率へ
2018年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2018年冬ドラマ視聴率一覧へ
タグ:anone

『anone 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2018年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

相棒 Season16 第14話

2018年1月31日(水) よる9:00〜10:09
300回記念スペシャル(後篇)
第14話「いわんや悪人をや」

片山雛子(木村佳乃)が、瀬戸内米蔵(津川雅彦)の寺で得度式を行い出家した。いっぽう、公安調査庁の職員が白骨遺体で発見された事件について、第一発見者である常盤(矢野聖人)を調べていた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、彼が3年前にアメリカに滞在していたという情報を掴む。

3年前といえば、美彌子(仲間由紀恵)との関係が疑われた元ロシア人スパイ・ヤロポロクがアメリカに亡命した時期とかぶる。亘は、常盤がアメリカにいるヤロポロクの手紙を中継して、美彌子に白骨遺体の身元を知らせたのではないかと推理するが、右京はまったく別の可能性を考えていた。

そんな中、常盤が遺体を発見したのは、実はあるアメリカ人から発掘を頼まれたからだと証言する。

亡命した“美彌子が愛した男”の行方を追う特命係。
瀬戸内、雛子、そして証言を翻した常盤の思惑とは…
右京と亘が、カオスと化した因縁の事件に終止符を打つ!!

第1話 2017年10月18日「検察捜査」
第2話 2017年10月25日「検察捜査〜反撃」
第3話 2017年11月1日「銀婚式」
第4話 2017年11月8日「ケンちゃん」
第5話 2017年11月15日「手巾(ハンケチ)」

第6話 2017年11月22日「ジョーカー」
第7話 2017年11月29日「倫敦からの客人」
第8話 2017年12月6日「ドグマ」
第9話 2017年12月13日「目撃しない女」
第10話 2018年1月1日(月)元日スペシャル「サクラ」

第11話 2018年1月10日「ダメージグッズ」
第12話 2018年1月17日「暗数」
第13話 2018年1月24日 300回記念スペシャル(前篇)
第15話 2018年2月7日「事故物件」

相棒 Season16 TOPへ
各話視聴率へ
2017年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2017年秋ドラマ視聴率一覧へ
2018年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2018年冬ドラマ視聴率一覧へ
タグ:相棒 Season16

『相棒 Season16 第14話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2018年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

きみが心に棲みついた 第3話

第3話「目を覚ませダメ女!あの男の闇は深い…」
2018.1.30 o.a

 約束をすっぽかしただけではなくボロボロの状態で目の前から逃げ出した今日子(吉岡里帆)を吉崎(桐谷健太)はメールで問い質すが、今日子は上手く答えることができない。なぜなら、過去の非道な仕打ちがあっても、どうしても星名(向井理)と繋がっていたいと願う自分の気持ちに気付いてしまったのだ。

 会社では相変わらず八木(鈴木紗理奈)とは衝突してばかりで、一緒に組んでいる新プロジェクトの企画が全く進まない。しかも、星名からは実際に企画が通るのは今日子のチームと堀田(瀬戸朝香)のチームのどちらか1つだけだと告げられてしまい不安が募っていく…

 そんな時、新作下着の発表会が開催された。取材で吉崎も担当作家のスズキ(ムロツヨシ)と共に会場を訪れている。今日子も忙しく動き回っていたが、星名に呼ばれ紙袋を手渡される。中に入っていた意外な物を見て戸惑う今日子に、「俺のために生きるって、言ったよな?」という星名の言葉が突き刺さる。星名はとんでもない試練を仕組んでいたのだ…

第1話 2018年1月16日「冬の恋は三角形!恋ヘタ女×超誠実男×支配男の恋」
第2話 2018年1月23日「歓迎会で大バトル!恋愛ターミネーター×方言萌え女」
第4話 2018年2月6日「最低男が大パニック誠実男の宣戦布告!」

きみが心に棲みついた TOPへ
各話視聴率へ
2018年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2018年冬ドラマ視聴率一覧へ

『きみが心に棲みついた 第3話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2018年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FINAL CUT 第4話

ストーリー#4「母を犯人にした男」2018.01.30 ON AIR

慶介(亀梨和也)は、高校生の頃、あるテレビ番組をきっかけに母・恭子(裕木奈江)を女児殺害事件の犯人扱いされ、無実の罪で亡くした男。12年後、警察官になった慶介は、母を死に追いやった番組関係者に次々と“ファイナルカット”という致命的弱点を捉えた映像を突きつけて制裁し、“ある目的”のため言いなりにしていく。

当時、人気司会者・百々瀬塁(藤木直人)率いる番組『ザ・プレミアワイド』が、「若い男を見た」という恭子(裕木奈江)の目撃証言は放送せず、小池(林遣都)が作った犯人候補者リストも追及せずに終わっていたことを突き止めた慶介。なぜ番組は当時、警察よりも早く、恭子を犯人扱いし始めたのか?

ある日、慶介が運営するメディア被害の通報サイトに、今度は「ザ・プレミアワイド」のカメラマン・皆川義和(やついいちろう)に関する相談が寄せられる。慶介は、かつて自宅に押しかけ、執拗(しつよう)にレンズを向けて母を追いつめた皆川をターゲットにし、動向を追い始める。

一方、慶介は、『ザ・プレミアワイド』が母を犯人扱いし始めた背景に警察が絡んでいるのではないかと考え、12年前、事件を捜査していた上司の高田(佐々木蔵之介)に疑惑をぶつける。

その頃、慶介が扮(ふん)した“マモル”との恋に夢中な若葉は、マモルとの食事にサプライズで雪子を同席させることを思いつく。雪子が思いを寄せる“吉澤”がマモルと同一人物だとは知らず、マモルを待つ2人。そうとは知らない慶介は、姉妹が待つ店へと向かい……。

第1話 2018年1月9日「母のため僕はテレビに復讐する」
第2話 2018年1月16日「消された目撃証言」
第3話 2018年1月23日「特ダネは大誤報!?」
第5話 2018年2月6日「疑惑を真実にした男人気司会者の正体!」

FINAL CUT TOPへ
各話視聴率へ
2018年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2018年冬ドラマ視聴率一覧へ
タグ:Final Cut

『FINAL CUT 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2018年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

海月姫 第3話

2018.1.29放送 第3話「初デート!暴かれたシンデレラの魔法とウソ」

倉下月海(芳根京子)は、クラゲのドレスを作ろうと言い出した鯉淵蔵之介(瀬戸康史)を信じられなかった。しかし、蔵之介は本気。月海の部屋で図鑑を見た蔵之介は、早速ドレスのデザインをスケッチする。すると月海は全然違うと、自分が描いたハナガサクラゲのデッサンを見せた。蔵之介は思わず、こんなドレスがあったら欲しいと言う。そこに、ばんばさん(松井玲奈)が、風呂が空いたと月海を呼びに来た。男の格好だった蔵之介は姿を消す。

蔵之介が家に帰ると修(工藤阿須加)が部屋に来た。修は月海と会いたいがどうすれば良いかわからないでいた。月海と付き合わせると言った約束がまだ有効かと蔵之介に問う修。すると蔵之介は修に月海に声をかけると請け負う。

『天水館』に行った蔵之介は修とデートするよう月海に告げた。月海は行きたくないと即答。修と稲荷翔子(泉里香)が交際していると思っていたからだ。蔵之介は直接修に聞いてみれば良いと言うが、月海には無理。さらに男性とデートなどしたら『天水館』にいられなくなると続ける月海に、蔵之介は強引にメイクを施して出かけさせる。

月海と修は無事に落ち合うがギクシャクしたデートが続く。そんな中、メガネをかけた月海を見た修は『天水館』で気色悪いと言ってしまった女性だと気づく。一方、蔵之介は“尼〜ず”にクラゲのドレスを作ると宣言。気乗りしない面々に、蔵之介はドレスで儲けた金で『天水館』を救おうと言いだす。

第1話 2018年1月15日「月9史上最も奇妙な三角関係!?人は誰でも自分のままで輝ける!」
第2話 2018年1月22日「初恋の試練天水館が消滅!?尼〜ず最大の危機」
第4話 2018年2月5日「緊急出動!落ちこぼれ達が起こす大逆転劇!」

海月姫 TOPへ
各話視聴率へ
2018年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2018年冬ドラマ視聴率一覧へ
タグ:海月姫

『海月姫 第3話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2018年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トドメの接吻 第4話

#4「血の繋がらない兄のプロポーズ!?闇に堕ちた御曹司…新たな敵に逆転なるか」2018/1/28

並樹家の養子である尊氏(新田真剣佑)は、血の繋がりに関係なく本当の家族だと思っていた父・尊(山田明郷)が、会社の跡継ぎを妹の美尊(新木優子)に決めていることに長年複雑な思いを抱いていた。一方、そんな尊氏に、叔父で社長秘書の郡次(小市慢太郎)は、養子を解消して血の繋がっていない美尊と結婚し、会社の後継者となるようプレッシャーをかける。副社長の椅子を狙う郡次が尊氏の前にちらつかせるビデオテープには12年前の沈没事故のある秘密が残されているのだが…。

並樹家の金と権力を手に入れるために宰子(門脇麦)のキスによるタイムリープを利用したい旺太郎(山ア賢人)は、自分が望む時にキスすればその度に願いを一つ叶えるという“キスの契約”を結ぼうと持ちかけるが、旺太郎のクズぶりを嫌う宰子に逃げられてしまう。尊氏が美尊にプロポーズし婚約話が進もうとする中、旺太郎が宰子にキスされるために考えたのは自分の命をかけたとんでもない作戦だった!

無事に尊氏がプロポーズする前の過去に戻った旺太郎は、尊氏に先手を打ち美尊にプロポーズをする。さらに、尊氏が美尊に近づこうとするチャンスを潰しながら、少しずつ美尊の心に取り入っていき…。そんな中、美尊は旺太郎が落としたある結婚式の招待状を拾う。それは旺太郎の幼なじみの結婚式のもの。幼少期にいい思い出が無いので出席したくないと白状する旺太郎に、美尊は自分も一緒に行ってあげるので出席したほうがいいと提案する。

そして結婚式の日、旺太郎の幼なじみの新婦から、旺太郎が不幸な境遇の中で一人生きてきた苦労人だと聞いた美尊は、ただのチャラいホストだと思っていた旺太郎の孤独な一面を知り、強く惹かれるのだが…。

その頃、宰子は育ての親である祖母が介護施設で亡くなったという連絡を受ける。美尊との関係が軌道に乗り浮かれる旺太郎の前に現れた宰子は、路上で突然キスを奪う!!倒れる二人に周囲が驚く中、その様子を見ていた春海(菅田将暉)だけはなぜか冷静で…。

想定外のタイムリープに宰子を責めつつも、祖母の死を受け入れられない宰子の力になる旺太郎。この機に乗じて宰子の信頼を得ようと軌道修正しようとするものの、一方でなぜか並樹家のことは前回のようにうまくは進まず…。

第1話 2018年1月7日「落とせ百億の女!金と権力を狙うNO.1ホストに贈られたのは死のキス!?」
第2話 2018年1月14日「なぜ俺は殺される?百億の令嬢狙う男に迫る真犯人の影…!?衝撃ラスト必見」
第3話 2018年1月21日「愛なきキスの契約!?神の力で百億の令嬢を救え!襲いかかる黒幕狂気の刃!」
第5話 2018年2月4日「ぶち壊せ婚約披露!人生を変えるチャンスと母に迫る死の危険…運命の選択」

トドメの接吻 TOPへ
各話視聴率へ
2018年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2018年冬ドラマ視聴率一覧へ

『トドメの接吻 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2018年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

99.9-刑事専門弁護士- SEASON II 第3話

第3話「前代未聞の出張法廷裁判官の思惑」2018年1月28日よる9時放送

人気ロック歌手・ジョーカー茅ヶ崎(宇崎竜童)がジャーナリスト・安田(伊藤高史)の殺人容疑、及び、その事件の目撃者・石川(安達祐実)の殺人未遂容疑で逮捕された。

茅ヶ崎の顧問弁護士を務める佐田(香川照之)は、焦った様子で何かを隠している模様。
接見に向かおうとする深山(松本潤)を必死で止めて、新たに斑目法律事務所の一員となった舞子(木村文乃)を担当に任命。

事件を追う中で、茅ヶ崎の賭博行為のネタを掴んだ安田から、茅ヶ崎が揺すられていたこと、そして佐田の指示でその事実を警察に言わず内緒にしていたことが判明する。

最終的にその事実が警察にバレてしまい、茅ヶ崎には安田を殺害する動機があったため故意に隠蔽していたとされてしまったのだ。

"依頼人の利益"を守ろうと策を講じた佐田のせいで、依頼人がピンチに立たされてしまったことを佐田に指摘し、攻め立てる深山たち。

しかも、殺人事件では目撃証言、殺人未遂事件では、凶器に茅ヶ崎の指紋があるという絶体絶命の状況!
そして、担当する裁判官は舞子の先輩だった山内(松尾諭)。舞子の立場が変わり、今までの態度から豹変する山内に、舞子は裁判官と弁護士の間にある分厚い壁を感じる。

舞子の元上司で、山内の上長である東京地裁・所長代行の川上(笑福亭鶴瓶)は『お互いの立場で、対等にガンガンやり合えばいい』と激励するが…

崖っぷちに立たされた中で、深山と舞子は茅ヶ崎の無実を見つけ、佐田の窮地を救うことが出来るのか?

第1話 2018年1月14日「型破りな弁護士が返ってきた!!元裁判官からの依頼!?逆転不可能な事件に挑め」
第2話 2018年1月21日「26年越しの事実!!犯人は透明人間!?水晶が導く父の冤罪の謎」
第4話 2018年2月4日「奇策!!民事法廷で刑事の無実を証明せよ」

99.9-刑事専門弁護士- SEASON II TOPへ
各話視聴率へ
2018年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2018年冬ドラマ視聴率一覧へ

『99.9-刑事専門弁護士- SEASON II 第3話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2018年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オーファン・ブラック〜七つの遺伝子〜 第8話(最終話)

EPISODE 8「家族とは絆とは…悲しき暗殺者の選択は孤独な姉妹達の物語完結」2018.01.27 O.A

 沙羅(知英)は槙雄(山崎育三郎)を救出すべく、彼が拉致された廃屋に向かっていた。ところが沙羅たちクローンを狙うダイアード社の人間に捕らえられてしまう。沙羅の無鉄砲な行動に思わず怒る槙雄。そんな槙雄に、沙羅は「貴重なサンプルに手を出すはずがない」と強がってみせる。ところが、部下から報告を受けたダイアード社の幹部・クロサキヒロカ(知英)は沙羅を“削除”するよう命じていた。

第1話 2017年12月2日「BBC初リメイク1人7役!自殺した女の顔は自分と瓜二つ」
第2話 2017年12月9日「危険ななりすまし…狙われた命。同じ顔の女と謎の追跡者の影」
第3話 2017年12月16日「追跡者の影!射殺犯から戦慄のメッセージ終わらない殺人の嵐」
第4話 2017年12月23日「銀髪の暗殺者!偽物を削除する目的とは!?大杉漣、遂に登場!」
第5話 2018年1月6日「第二章突入!崩れる絆…嘘をついているのは誰!?竹中直人登場」
第6話 2018年1月13日「夫を拷問!?疑心暗鬼恋人、隣人、家族…愛する人は敵か味方か」
第7話 2018年1月20日「光と影の双子…出生の秘密に隠された母の思い!第七の女登場」

オーファン・ブラック〜七つの遺伝子〜 TOPへ
2017年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2017年秋ドラマ視聴率一覧へ
2018年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2018年冬ドラマ視聴率一覧へ

『オーファン・ブラック〜七つの遺伝子〜 第8話(最終話)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2018年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日の君がもっと好き 第2話

2018年1月27日(土)よる11:20〜
第二話「月齢」
ラテ欄「衝撃ラブストーリー!秘密の禁断のキス」

 丹野香(森川葵)から性に関する悩みを打ち明けられた松尾亮(市原隼人)は、戸惑いながらも香を受け入れ結婚を前向きに考え始める。

 一方、恋愛に疲れた里川茜(伊藤歩)は、胸中を打ち明けた祖母の静子(三田佳子)から、性欲と恋とを勘違いしていないかと思いがけない言葉を投げかけられ、返事に詰まってしまう…。

 その夜、街では城崎遥飛(白洲迅)が子持ちの城之内美晴(釈由美子)を誘った挙句、いつものように罵倒した上、財布を奪い取っていた。

 同じ頃、黒田家では、梓(志田未来)が夫の智弘(渡辺大)に嘘をつき、香の勤めるガールズバーへと出かけていく。そして、夕飯の支度もなく放って置かれるはめになった智弘は、ある女性を寿司屋に誘う。やってきた女性はなんと、茜だった…!

第1話 2018年1月20日「出逢い」ラテ欄「この冬最高のヒューマン・ラブストーリー開幕!」
第3話 2018年2月3日「影法師」

明日の君がもっと好き TOPへ
2018年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2018年冬ドラマ視聴率一覧へ

『明日の君がもっと好き 第2話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2018年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜 第3話

#03「メイド喫茶事件に親父も参戦!激うまカレーの真相」2018.1.27 o.a

20年間北沢家につくしてきた執事の小岩井(浅野和之)が、自殺しようとしていたところを保護された。驚く秀作(山田涼介)だが、小岩井はメイド喫茶にハマっていたらしく、その姿を博文(小澤征悦)に目撃されていた。北沢家の名誉を傷つけるのは契約違反だと辞めさせようとする泰蔵(中村梅雀)たち。

退職願いを差し出す小岩井を引きとめる秀作。しかし「アナタの子守りをするのはもうウンザリ」と言われ何も言えなくなってしまう。

楠木(千葉雄大)が来て以来、次々と事件が起こると気づいた秀作は、すっかり知晶(波瑠)に気に入られている楠木に不審な目をむける。

そんな中、知晶が小岩井の娘がメイド喫茶で働いていることを突き止めた。娘の話から小岩井の知られざる一面を知った秀作だが、一方、小岩井はすでに新しい職場で働き始めていて―。

第1話 2018年1月13日「セレブ一家の爆笑スキャンダル!末っ子悲壮な決意で証拠隠滅大作戦」
第2話 2018年1月20日「愛犬逃走クビの危機!替え玉作戦で姉ちゃん豹変」
第4話 2018年2月3日「入れ墨執事に恋!?姉ご乱心のキス&父豆まき暴投」

もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜 TOPへ
各話視聴率へ
2018年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2018年冬ドラマ視聴率一覧へ

『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜 第3話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2018年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンナチュラル 第3話

ep3 2018.1.26 OnAir
Unnatural Death #3 予定外の証人
ラテ欄「無実の男を救えるか!?勝率0.01%の逆転裁判」

ミコト(石原さとみ)は半年前に発生した“主婦ブロガー殺人事件”の裁判に、代理証人として出廷することになる。被告は被害者の夫の要一(温水洋一)。殺害の動機は、妻からの精神的DVによるものだと罪を認めていた。しかし裁判で証拠として提出された包丁が本当の凶器ではないことに気づいたミコトは、凶器の矛盾を指摘。それを聞いた被告の要一も、一転して無実を主張する。

裁判は大混乱になり、検事の烏田(吹越満)はミコトに激怒。検察を敵に回すと警察庁からUDIへの補助金にも影響があるのではと所長の神倉(松重豊)が心配する中、ミコトは事件の真実を明らかにするため再び法廷に立つことを決意する。白いものをも黒くするという異名をとる有罪率99.9%のやり手検事とミコトの法廷バトルが始まる!

第1話 2018年1月12日「名前のない毒」ラテ欄「名前のない毒…連続不自然死の謎を解け」
第2話 2018年1月19日「死にたがりの手紙」ラテ欄「一家無理心中…自殺に見せかけた事件の真相!?」
第4話 2018年2月2日「誰がために働く」ラテ欄「謎の交通事故死!?ブラック企業に殺された夫!」

アンナチュラル TOPへ
各話視聴率へ
2018年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2018年冬ドラマ視聴率一覧へ

『アンナチュラル 第3話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2018年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

特命刑事 カクホの女 第2話

2018年1月26日放送 第2話「奇妙な誘拐」

北条百合子(名取裕子)と三浦亜矢(麻生祐未)は正式にコンビを組むことになった。その矢先、女子高生の誘拐事件が発生。“嘘を見破る勘”を持つ亜矢は、脅迫電話を受けた姉が何か隠し事をしていることに気づくが…。

そんな中、亜矢は身代金の受け渡し場所で張り込み中、3年前の事件を思い出して動揺し、張り込みに失敗。身代金受け渡しは中止となり、自宅謹慎となる。すると、百合子が「犯人が分かった」と訪ねてきて…。

第1話 2018年1月19日「凸凹コンビ結成」

特命刑事 カクホの女 TOPへ
2018年冬ドラマ(1-3月)TOPへ

『特命刑事 カクホの女 第2話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2018年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リピート〜運命を変える10か月〜 第3話

3「運命のバス事故から命救えるか?狂気の合鍵女」
1月25日(木)よる11時59分〜0時54分

リピート仲間のうち、高橋和彦(福田転球)に続いて横沢佐知子(手塚理美)も亡くなった。風間(六角精児)のもとに集まった篠崎鮎美(貫地谷しほり)や毛利圭介(本郷奏多)、天童太郎(ゴリ)らリピートメンバーは「偶然なのか?」と不安がるが「偶然でないならなんだと言うんです?」と言う風間。

その後、鮎美や圭介、天童が、横沢のラストダンスの現場であった図書館のイベントホールに集まって横沢の冥福を祈っていると、天童に、元妻の文香(ちすん)から電話があった。天童はバツイチで、その元妻文香と息子の淳史(南出凌嘉)が3月23日からアメリカに移住するのだと言う。「最後に淳史に会う?」と尋ねる文香に、「いや、会わない」と天童。そう言う天童の様子がぎこちなくて、「どうしたんです?」と鮎美。だが「別に」と天童。圭介は天童を怪しみ、「天童さん、リピートした理由はカフェの新メニューを作るためって言ってたけど、本当は違うんじゃないの?」と尋ねるが天童は、はぐらかす。

3月23日が来た。天童のカフェに鮎美と圭介が訪れると、天童は再び文香から電話を受けていた。淳史が「パパに会いたい」と言うので、飛行機の時間を一本遅らせて会いに来るというのだ。「ここに来る!?なんでそんなことをするんだ!」と血相を変える天童に、「何があったんです?」と尋ねる鮎美。

「実は……」と白状する天童。リピート前の3月23日。天童は渡米前の淳史に会いたいと、天童の店に淳史を招いたのだった。そして楽しい時間を過ごしたが、その後、高速バスに乗って成田空港に向かった淳史は、交通事故に巻き込まれて命を失ったのだった。「対向車線の車が高速バスに突っ込んで……死んだのは淳史一人。俺のせいだ。俺が会いたいなんて言ったから」と天童。「リピートした本当の理由は、その事故を避けるためなんだな?」と圭介。

天童はそれを認め、「ここにいたら淳史が来てしまう」と出ていこうとするが、「待って!淳史君のお父さんに会いたいって気持ちはどうなるんですか?逃げないでちゃんと向き合ってください!三人で協力すればきっと事故は回避できます」と鮎美。「俺もこいつに賛成だ。空港への行き方を変えればいいんじゃないか?」と圭介にも説得され、天童は淳史に会うことにする。

待ち合わせ場所に、淳史と文香が現れた。「淳史!久しぶりだな」と淳史を歓迎する天童。天童と淳史は二人でパンケーキを焼いたりして楽しく時間を過ごす。そして時間になり、天童は、文香との待ち合わせ場所に、淳史を連れて行く。天童は文香に会うなり「頼む、バスに乗るのは止めてくれ」と頭を下げる。だが、代替手段の電車も遅延しており、「やっぱりバスに乗るわ」と文香。その時、状況を見守っていた鮎美と圭介が、天童に「近くにレンタカーがある」と携帯メールで知らせるのだった。「車借りてくるから!待ってて」と天童は文香と淳史に言って車を借りに走った。

だが文香は淳史を連れてバスに乗ってしまい、鮎美も思わず一緒にバスの中へ。天童と圭介は慌ててレンタカーでバスの後を追う。事故の瞬間まであと10分しかなかった。 鮎美も必死に「バスを停めて下さい!このままでは事故に遭います!」と運転手や乗客に訴えるが相手にされない。そのうち乗客から「何やってんだよ!」「おまえが一人で降りろ」と責められるようになる。

だが淳史だけは「お姉ちゃん、お父さんの友達でしょ?僕、降りる」と鮎美を信じてくれる。そこで鮎美は「降ります!停めて!」と言うが、その瞬間、対向車線でふらついている車が見える。「あそこ、前!」と鮎美が運転手に注意すると、運転手は急ブレーキをかけてバスを停めた。衝撃で鮎美は倒れるが、その時、対向車線の車はバスの脇をすり抜けていき、追突事故は回避できた。

そこに天童と圭介が追い付いてきた。「淳史!無事か?!」とバスの中に淳史を見つけて抱きしめる天童。そしてその後、天童は、レンタカーで無事に淳史と文香を成田空港まで送り届けるのだった。

家の近くの公園まで戻った鮎美は、偶然一樹(松田悟志)に会う。鮎美は一樹の浮気を問いただすか迷っていたが、圭介に「ちゃんと確かめろ」と言われ、思い切って尋ねる。だが一樹は下手な嘘で誤魔化そうとする。そんな一樹を許せず鮎美は「このゲス野郎!私は都合のいい女じゃない!……別れて下さい!」と言ってしまう。すると一樹は態度を豹変させ、「鮎美みたいな地味な女と結婚してやろうって言ってるのに、別れるとかふざけんな!最低な女だ!」と鮎美を罵る。あまりの態度に驚いて何も言い返せない鮎美だったが、その時、「最低なのはあんたの方だ」と圭介が現れた。そして一樹に「あんたにこいつはもったいないよ」と言い、鮎美を連れ去るのだった。

「あ、ありがとう」と鮎美が圭介にお礼を言っていると、天童からの電話が入る。落ち合った先で鮎美と圭介が見せられたのは、先ほどの高速バスが事故にあったというニュースだった。そして、淳史とは別の小学生の男児が一人、事故死したとのことで……。「別の子が犠牲に!?」と鮎美が驚いていると風間が来る。「忠告したはずです。人の生き死にを変えるのは禁止だと。ルールを破るなら、あなたたちにも何が起こるか分かりませんよ」と言う風間で……

第1話 2018年1月11日「運命を変える10か月!衝撃のどんでん返し」
第2話 2018年1月18日「束縛する女飼い犬人生からの脱却運命を変える」
第4話 2018年2月1日「次々標的に我々は狙われている!連続死のナゾ」

リピート〜運命を変える10か月〜 TOPへ
2018年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2018年冬ドラマ視聴率一覧へ

『リピート〜運命を変える10か月〜 第3話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2018年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

隣の家族は青く見える 第2話

ストーリー #2「ひとつ屋根の下で、大波乱の顔合わせ!!」2018.1.25

奈々(深田恭子)と大器(松山ケンイチ)は、不妊治療の専門医・片岡(伊藤かずえ)の助言に従って、タイミング法を実践し始める。

仕事を終えて帰宅した奈々は、共有スペースの花壇で花を見ていた朔(北村匠海)に出会う。部屋の中にいた渉(眞島秀和)は、奈々と朔が談笑しているのに気づき、慌てて朔に電話して呼び戻そうとする。戻ってきた朔に、余計な詮索をされないよう、他の住人とは関わるな、と釘を刺す渉。すると朔は、ふて腐れて別の部屋に行ってしまう。

亮司(平山浩行)は、ちひろ(高橋メアリージュン)には内緒で、再び名古屋にある元妻の実家を訪れる。だが、亮司の息子・亮太(和田庵)は、母の死にショックを受け、いまだに亮司とは何も話そうとしなかった。

一方、深雪(真飛聖)は、手作りのマフィンを持って、ちひろや渉、奈々の元を訪ね歩く。その際、深雪は、花壇の水やりやゴミ出しのルールなどを話し合うために月イチで行われる定例会を月2回にすべきだと提案するとともに、みんなでバーベキューパーティーをしたいと言い出す。

第1話 2018年1月18日「のぞきたくなる!!ひとつ屋根の下に住む家族達の秘密とは!?」
第3話 2018年2月1日「夫婦の絆!!妻の涙と夫のあふれる想い!!」

隣の家族は青く見える TOPへ
各話視聴率へ
2018年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2018年冬ドラマ視聴率一覧へ

『隣の家族は青く見える 第2話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2018年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
50音検索