2021年04月01日

ゆるキャン△2 TOP

『ゆるキャン△2』は、2021年4月2日から同年6月17日まで、『木ドラ24』枠において毎週金曜0時30分 - 1時(木曜深夜)で放送された。全12話。

第2期では本編に加えて『へやキャン△』も厳選したエピソードをショートストーリーとして放送する。これに先立つ形で、同年3月29日23時6分から年末年始のエピソードを描いた特別編『ゆるキャン△スペシャル』が放送、これにあわせる形でスペシャル放送直前の同日20時30分から公式Instagramにて福原遥と大原優乃によるインスタライブの配信が行われた。


第1期
2020年1月10日から3月27日まで、テレビ東京『木ドラ25』枠において毎週金曜1時から1時30分(木曜深夜)で放送された。主演は福原遥。初回放送直前の2020年1月9日21時30分からは、LINE LIVEにて福原と大原優乃が見所を紹介する「#ゆるキャン△ 放送直前 福原遥&大原優乃ゆる生LIVE配信」が行われた。


各話あらすじ
第1話 2021年4月1日
 ソロキャンプが趣味の女子高生、志摩リン(福原遥)は年越しキャンプで静岡を訪れていた。一人、本を読んだり、年越しそばを食べたり、温泉に浸かったりと、ゆったり大晦日そして元日を過ごしたリンだったが、道路の凍結で3日まで家に帰れないことに…。そんな中、なでしこ(大原優乃)から「浜松のおばあちゃん家に行くから一緒に行かない?」と誘われ、駅で待ち合わせることに。「お昼を食べよう」というなでしこについて行くと…。

第2話 2021年4月8日
 ソロキャンプが趣味の女子高生・志摩リン(福原遥)は年越しソロキャンプで静岡を訪れていたが、路面凍結の影響で3日まで家に帰れないことに。そんな中、なでしこ(大原優乃)から浜松にある祖母の家に誘われる。到着するとなでしこの幼なじみの綾乃(石井杏奈)もいて、昔話や最近のキャンプの話で盛り上がる3人。なでしこの意外な過去も明らかに!?そして夜は3人でなでしこ思い出の展望台に行くことになり…。

第3話 2021年4月15日
 どうしても欲しいガスランタンのため、なでしこ(大原優乃)は高校生でもできるバイトを探していた。ところが条件が合わず大苦戦。野クル(野外活動サークル)のメンバーともバイトの話をしている最中に、珍しく姉の桜(柳ゆり菜)から天丼を食べないかとお誘いが。天丼に釣られて行ってみるとそこには…。一方、リン(福原遥)も雑誌を見て新しいキャンプグッズへの想像を膨らませていた。そんな時、なでしこから一通のメッセージが…

第4話 2021年4月22日
「世のキャンパーたちはオシャレな食器でオシャレなキャンプ飯を食べている!野クル(野外活動サークル)でもオシャレな冬キャンがしたい!」ということで買い揃えた新しいキャンプ道具たち。ところが、そのままでは使用できないことが判明。大垣(田辺桃子)と犬山(箭内夢菜)とたまたま通りかかった斉藤(志田彩良)は木皿やスキレットなどをキャンプ本番できちんと使用できるようにするため、家庭科室での作業に取り掛かるが…。

第5話 2021年4月29日
 バイトで予定が合わなかったリン(福原遥)、なでしこ(大原優乃)を除き、大垣(田辺桃子)、犬山(箭内夢菜)、斉藤(志田彩良)の3人で山中湖へキャンプに行くことに。大垣のプランでキャンプ場に向かおうとするも、最初からドタバタ騒ぎ。犬山のローチェアを買うため、大型アウトドアショップに立ち寄るが、品揃えの凄さに圧倒され何を買うか悩んでしまう…そして買い物の後は温泉へ。そこで見つけてしまった魅惑の食べ物に一同は…

第6話 2021年5月6日
 バイトで予定が合わなかったリン(福原遥)、なでしこ(大原優乃)を除き、大垣(田辺桃子)、犬山(箭内夢菜)、斉藤(志田彩良)の3人は山中湖にキャンプをしに来ていた。順調にスーパーで買い物を済ませ、みさきキャンプ場へ到着。散策をしたり、湖畔で大垣特製のホットドリンクを楽しんだりと、まったりとした時間を過ごした3人だったが、夕方になり急激に気温が下がっていき凍え始める…。果たして3人の運命は!?

第7話 2021年5月13日
 大垣(田辺桃子)、犬山(箭内夢菜)、斉藤(志田彩良)の3人は山中湖のみさきキャンプ場へ来ていた。まったりと湖畔でくつろいでいたが、夕方になり急激に気温が下がり凍え始める。犬山と斉藤は薪の調達のため慌てて管理人棟へ向かうが、管理人が帰ってしまい途方にくれていた…。そして鳥羽(土村芳)はリン(福原遥)から心配の連絡を受けてキャンプ場で3人を探していた。一方、なでしこ(大原優乃)はリンにある相談の電話をかけるが…。

第8話 2021年5月20日
 なでしこ(大原優乃)が突然のソロキャンプ宣言!?そこでリン(福原遥)がソロキャンのレクチャーをすることに。そして斉藤(志田彩良)の家で野クル(野外活動サークル)のメンバーがソーセージ庭キャン開催! それぞれ持ち寄ったソーセージを焼く予定だったが、大垣(田辺桃子)は豚ひき肉から自家製ソーセージを作ると言う。その様子をじっと家の中から見つめる斉藤の父(橋本じゅん)…。そしてバイトで遅れたリンを出迎えたのは…。

第9話 2021年5月27日
 遂になでしこ(大原優乃)がソロキャンプデビュー!富士宮に到着したなでしこは富士山に興奮しながらも父との引越しした頃の懐かしい思い出に浸っていた。そして浅間大社でお参りをすませ、姉・桜(柳ゆり菜)に教えてもらった富士宮焼きそばの店に向かうが、そこには行列ができていた…。一方、リン(福原遥)はビーノで奥山梨へ。赤沢宿を観光したり、古民家カフェでまったりして過ごしていた。ところが途中、桜の車を見かけ…

第10話 2021年6月3日
 奥山梨の旅の途中、桜(柳ゆり菜)と遭遇したリン(福原遥)は初めて二人でお茶をすることに。最初は緊張していたリンだったが、意外な共通点に意気投合。一方、なでしこ(大原優乃)は念願のご当地グルメ「しぐれ焼き」に大興奮!そしてご飯の後は野田山健康緑地公園へ! 苦労しながらも一人でテントの設営を終えたなでしこは散策後、アウトドア実験料理をすることに。そして、ヴィラ雨畑でのんびり過ごしていたリンだったが、途中から連絡が途絶えたなでしこのことが心配になり…。

第11話 2021年6月10日
 ヴィラ雨畑でのんびり過ごしていたリン(福原遥)だったが、途中から連絡が途絶えたなでしこ(大原優乃)のことが心配になり、いてもたってもいられずビーノで走り出す。ところがその頃、なでしこは次々にアウトドア実験料理を作っていた。炊事棟で行われるなでしこの挙動不審な動作に、隣のテントの姉弟は、最初は訝しんでいたが、気づけば一緒にホイル焼きを食べていた。
こうして初めてのソロキャンプの夜を迎えたなでしこが感じたこととは…。

最終話 2021年6月17日
 初めてのソロキャンプを終えたなでしこ(大原優乃)は一人の良さも、皆で行うキャンプの楽しさも知り、ますますキャンプにはまっていく。そしてまたクリスマスの時のように野クル(野外活動サークル)、リン(福原遥)、斉藤(志田彩良)皆でキャンプに行こうと計画する。すると顧問の鳥羽(土村芳)が今度はテスト後の3月に伊豆はどうかと提案し、伊豆キャン計画が決定する。それぞれにテスト勉強とバイトに励み、今度は皆で伊豆へ…


ドラマ概要
累計発行部数400万部を突破する同名コミックを実写化したシーズン2。ソロキャンプが趣味の女子高校生・リン(福原遥)は、なでしこ(大原優乃)との出会いをきっかけに、野外活動サークルメンバーとのにぎやかなキャンプの楽しさを知る。シーズン1を経たリンとなでしこらの関係の変化や、“ゆるいキャンプ”の様子を描く。

キャスト
福原遥
志摩リン 役
祖父の影響で中学1年生の時からキャンプを始めた女子高生。知識、経験ともに豊富だが、人付き合いは苦手。静かにキャンプを楽しみたいというポリシーの持ち主で、原付スクーターに乗りながら、道中で気になったキャンプ場に繰り出すほどのキャンプ好き。

大原優乃
各務原なでしこ 役
無邪気で活発な女子高生。引っ越し当日に自転車で富士山を見に来たものの、疲れて日没まで居眠りをしてしまい困っていたところをリンに助けられ、キャンプに興味を持つように。高校で、大垣と犬山が作った同好会「野外活動サークル」に入部する。

田辺桃子
大垣千明 役
「野外活動サークル」の部長。リンとは面識があるようだが、若干苦手意識を持たれている。騒々しいが、行動派で男気のある性格。

箭内夢菜
犬山あおい 役
「野外活動サークル」の一員で、大垣と2人で同好会を立ち上げた創立メンバー。肝心な時にはみんなを気遣う陰のリーダー的存在で、関西なまりのおっとり系。

志田彩良
斉藤恵那 役
リンの学校の友達。休日に自宅からキャンプ先のリンとSNSでメッセージを交わす間柄で、人付き合いが苦手なリンをサポートする。マイペースな自由人。

スタッフ
原作 - あfろ 『ゆるキャン△』(芳文社)
脚本 - 北川亜矢子
音楽 - 小田切大
スペシャル・第2期エンディングテーマ - 門脇更紗「わすれものをしないように」(ビクターエンタテインメント)
監督 - 二宮崇、吉野主、玉澤恭平
プロデューサー - 合田知弘(第2期、以上テレビ東京)、熊谷喜一(ヘッドクォーター)、岩倉達哉(S・D・P)
制作 - テレビ東京、SDP、ヘッドクォーター
製作著作 - ドラマ「ゆるキャン△」製作委員会


番組公式サイト
ゆるキャン△ - Wikipedia

『ゆるキャン△2 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カラフラブル〜ジェンダーレス男子に愛されています。〜 TOP

『カラフラブル〜ジェンダーレス男子に愛されています。〜』(カラフラブル ジェンダーレスだんしにあいされています)と題して、2021年4月1日から同年6月3日まで、毎週木曜の23時59分 - 翌 0時54分に読売テレビ製作・日本テレビ系の新放送枠「モクドラF」で放送された。全9話。主演は吉川愛と板垣李光人。


各話あらすじ
第1話 2021年4月1日「眼福カップル誕生! 運命の再会」
 漫画誌の編集者・和子(吉川愛)は、美しいものが大好き。その一方、仕事や“推し”のことに全力で自分自身のことは二の次になってしまいがちだった。仕事ができて周囲への気遣いを忘れない編集長のあさひ(水野美紀)に憧れている。
ある日、和子は同期のファッション誌編集者・玲(中川大輔)から撮影を手伝ってほしいと頼まれる。撮影現場へ行くと、人気モデルのキラ(桐山漣)が現れる。和子は、キラの美しさに見とれる。その時、キラを追ってやってくる男性がいた。女性と見間違われるほど美しい彼は、和子の高校時代の後輩・周(板垣李光人)。周は、キラのスタイリストをしていた。思いがけない再会に、和子はビックリ。周は和子のことを「僕のずっと好きな人です」と宣言し、いきなり抱きしめる。「ええええ――!?」ますますビックリして動揺する和子…。

第2話 2021年4月8日「お試し交際スタート! 眼福カップルに異変?」
 再会してすぐ周(板垣李光人)から告白された和子(吉川愛)は、「周君のことをもっと知りたい」とお試しで付き合うことに。周は「僕の全部、絶対好きにさせるから」と宣言。一緒にカフェで朝食を食べたり、少しずつ恋人らしいことをしていく和子と周。一方、あさひ(水野美紀)は、キラ(桐山漣)に「俺の女にしてやるよ」と告げられたものの、まったく相手にしない。自分に落とせない女性はいないと思い込んでいたキラは、あさひの反応に戸惑う。

第3話 2021年4月15日「衝動のキス…めぐるの涙の理由は 」
 取材でキラ(桐山漣)と子ども番組の歌のお兄さん・ゆうたん(永田崇人)の対談に立ち会った和子(わこ=吉川)は、周(めぐる=板垣)にスカウトの話があると知って大興奮。後日、和子と周、あさひ(水野美紀)は、ゆうたんの番組に出演するキラとテレビ局へ。だが子どもがキラにおびえ、収録は大混乱に陥った。そんな中、泣いた子をなぐさめていた周がキラの代役に駆り出される。

第4話 2021年4月22日「突然のキスに動揺! すれ違う想い」
 撮影で周(めぐる=板垣李光人)と会うのが気まずい和子(わこ=吉川愛)は、境(おいでやす小田)と彼が常に叱る新入社員・甘地(遠藤健慎)とのこじれた関係が気になる。そんな中、小学生の娘・乙姫(川上凛子)の社会科見学のため、境が撮影参加を願い出る。キラ(桐山漣)のファンの乙姫を前に良いところを見せたいらしい。和子はキラに協力を頼むが、周は引っ掛かりを感じ…。

第5話 2021年4月29日「同棲生活スタート! 恋で広がる世界」
 和子(わこ=吉川愛)との時間を楽しむ周(めぐる=板垣李光人)は、芸能活動のオファーに考え込む。ドラマ出演の話が来たキラ(桐山漣)は、条件がのめず拒んでしまう。そんな中、和子の同期のファッション誌編集者・玲(中川大輔)があさひ(水野美紀)に‘新しいキラ’を掲げたコラボ企画を持ち込む。

第6話 2021年5月6日「新展開! 美少年ユニット結成」
 トークショーへの出演が決まった周(めぐる=板垣李光人)とささめ(草川拓弥)。共演者にゆうたん(永田崇人)がいると知った和子(わこ=吉川愛)は、以前、ゆうたんとぶつかって涙した周を心配し、出演を引き留める。だが、周は頼りないと言われているように感じ、2人はけんかになってしまう。一方、あさひ(水野美紀)は、‘新しい関係’を始めようと言うキラ(桐山漣)に動揺を隠せない。

第7話 2021年5月13日「美少年ユニット披露! 波乱の展開…」
 奥田(塩野瑛久)が出したこれからの活動に関する‘条件’に驚き悩む周(めぐる=板垣李光人)とささめ(草川拓弥)。あさひ(水野美紀)から仕事で頼られたと喜ぶ和子(わこ=吉川愛)に、周は自分の悩みを話すことができない。一方、キラ(桐山漣)は突然あさひの家を訪問。あさひは和子にむちゃな相談をしてしまったとキラにこぼす。そんな中、和子はささめから奥田の条件を聞く。

第8話 2021年5月20日「同棲カップル“めぐわこ”の休日」
 あさひ(水野美紀)の気になる会話を耳にしたキラ(桐山漣)は、仕事上の話を恋愛話と勘違いし妄想が止まらなくなる。大御所漫画家へのあいさつに出掛ける境(おいでやす小田)は、同行させる甘地(遠藤健慎)との押し問答に頭を抱えていた。一方、和子(わこ=吉川愛)と周(めぐる=板垣李光人)の休日が珍しく重なった。周は和子に、趣味グッズであふれる部屋の片付けを提案する。

第9話 2021年5月27日「誕生日デートのゆくえ…辞令が分かつ運命」
 上層部の依頼に驚くあさひ(水野美紀)。一方、自身の誕生日を控え張り切るキラ(桐山漣)は、周(めぐる=板垣李光人)とささめ(草川拓弥)のユニット「ユニコーンボーイズ」のプロデューサーとしても気合十分だ。そんな中、和子(わこ=吉川愛)はあさひと共にキラや周の所属事務所を訪れ、社長・奥田(塩野瑛久)と対面。‘女性目線’を強調する奥田の言葉に違和感を抱く。

最終話 2021年6月3日「新時代カップルが選び取る未来 」
 奥田(塩野瑛久)が出したこれからの活動に関する‘条件’に驚き悩む周(めぐる=板垣李光人)とささめ(草川拓弥)。あさひ(水野美紀)から仕事で頼られたと喜ぶ和子(わこ=吉川愛)に、周は自分の悩みを話すことができない。一方、キラ(桐山漣)は突然あさひの家を訪問。あさひは和子にむちゃな相談をしてしまったとキラにこぼす。そんな中、和子はささめから奥田の条件を聞く。


原作概要
『ジェンダーレス男子に愛されています。』(ジェンダーレスだんしにあいされています)は、ためこうによる漫画作品。『FEEL YOUNG』(祥伝社)にて2018年3月号より連載されている。美しいものには目がないけど自身の外見には興味がない漫画編集部の女性編集者とファッション全般において完璧な古着店の店員であるジェンダーレス男子との恋愛模様を描くラブコメディ。


キャスト
町田和子(まちだ わこ)
演 - 吉川愛
出版社の女性漫画誌編集部所属の新人漫画編集者。同期の玲に頼まれてファッション雑誌の手伝いをする。

相馬周(そうま めぐる)
演 - 板垣李光人
ファッションショップ店員であり、和子の高校時代の後輩。

キラ
演 - 桐山漣
周の友人でモデル。俺様系の性格で、生涯で1度も女性と付き合ったことがないため、実はピュアかも知れない。登場人物の中で1番ギャグ的な人物。

三輪玲(みわ さとし)
演 - 中川大輔
和子が勤務する出版社の同期で、ファッション誌編集部所属の編集者。第1話でキラの服のタグを無理やり取ろうとして服を破ってしまう。

渡辺春菜(わたなべ はるな)
演 - 五島百花
和子が所属する女性漫画誌編集部所属の漫画編集者。

甘地大和(あまじ やまと)
演 - 遠藤健慎
和子が所属する女性漫画誌編集部所属の新入社員。

山崎愛(やまざき あい)
演 - 寒川綾奈
周とキラが行きつけにしているサロンのネイリスト。

境正美(さかい まさみ)
演 - おいでやす小田(おいでやすこが)
和子が所属する女性漫画編集部のデスクで、和子の上司。

鉄本あさひ(てつもと あさひ)
演 - 水野美紀
和子が所属する女性漫画誌編集部の編集長。

ゲスト
第1話
KOUGU維新・プラスドライバ
演 - 乙ルイ(おつ るい)/ 中の中の人 - 大津広次(きつね)
キラの対談相手。

KOUGU維新・平やっとこ(たいらの やっとこ)
演 - 淡川幸一郎(あわかわ こういちろう)/ 中の中の人 - 淡路幸誠(きつね)
キラの対談相手。

第3話
ゆうたん
演 - 永田崇人(第6・7話)
子ども向け番組の歌のお兄さんとして活躍するタレント。第2話の最後にも登場した。

監督
演 - 芹澤興人
周をキラの代わりに抜擢した。

高林
演 - 吉田ウーロン太(第5話 - )
キラのマネージャー。

第6話
舘ささめ
演 - 草川拓弥(超特急)(第9話)
周の芸能界でのパートナー。

奥田涼一郎(おくだ りょういちろう)
演 - 塩野瑛久(第9話)
周が所属する芸能事務所の代表。

AKI(アキ)
演 - 黒木啓司(EXILE / EXILE THE SECOND)
ミュージシャン。音楽グループ「EXILA(エグザイラ)」所属。

スタッフ
原作 - ためこう 『ジェンダーレス男子に愛されています。』(FEEL YOUNG / (祥伝社)連載中)
脚本 - 坪田文
監督 - 熊坂出、湯浅弘章、松浦健志
音楽 - 眞鍋昭大
主題歌 - Amber's「Question」
チーフプロデューサー - 前西和成
プロデューサー - 小島祥子、熊谷理恵(大映テレビ)、塙大志(大映テレビ)
制作協力 - 大映テレビ
製作著作 - 読売テレビ


番組公式サイト
ジェンダーレス男子に愛されています。 - Wikipedia

『カラフラブル〜ジェンダーレス男子に愛されています。〜 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レンアイ漫画家 TOP

『レンアイ漫画家』(レンアイまんがか)は、2021年4月8日から同年6月17日まで、フジテレビ系「木曜劇場」にて毎週木曜22時00分 - 22時54分に放送された。全11話。主演は本作が民放連ドラ単独初主演となる鈴木亮平。

原作漫画では主人公は葬儀屋の従業員・久遠あいこであるが、テレビドラマ化するにあたり、原作者了承のもと、原作漫画の主要人物であった漫画家・苅部清美を刈部清一郎に名前を変更した上、主人公に置き換えて物語が再構築されている。


各話あらすじ 平均視聴率 5.37%
第1話 2021年4月8日「恋愛ミッション始動 愛を知らない天才恋愛漫画家と愛を知りたい迷える女子」 ※初回は15分拡大(22:00 - 23:09) 視聴率 6.5%
 漫画一筋で恋愛下手な漫画家と、“ダメ男ホイホイ”の崖っぷちアラサー女子の不器用な恋を描くラブコメディー。人生模索中のあいこ(吉岡里帆)は、初恋の人の葬儀でその兄の清一郎(鈴木亮平)と出会う。清一郎は連載作品が大ヒット中の少女漫画家で、あいこに「俺のために恋愛しろ」と疑似恋愛をするよう迫る。

第2話 2021年4月15日「指令はまさかの別れ初めて触れた鬼瓦の…泣いていいんだ」 視聴率 5.1%
 向後(片岡愛之助)の後輩・早瀬(竜星涼)を好ましく思うあいこ(吉岡里帆)は、清一郎(鈴木亮平)の指示にがくぜん。さらに清一郎と暮らすレン(岩田琉聖)の転校手続きも引き受けることになり、漫画以外の常識がない清一郎にあきれる。やがて、早瀬への思いに悩むあいこは、清一郎が‘刈部まりあ’として長年描く漫画を読むことに。そんな中、レンが登校していないと分かり…。

第3話 2021年4月22日「鬼瓦の奇策…ギャル年下教師と禁断の恋」 視聴率 4.8%
 あいこ(吉岡里帆)のアパートに倒壊危機が。引っ越し費用に頭を抱えるあいこに、行きつけのカフェバー店長代理の二階堂(眞栄田郷敦)が声を掛ける。やがて清一郎(鈴木亮平)にあることを願い出たあいこは、‘ギャルファッション’に身を包み、小学校へ。三者面談でレン(岩田琉聖)の担任の大倉(稲葉友)と親しくなるミッションに臨む。そして大倉から恋人のことで相談を受け…。

第4話 2021年4月29日「変調きたす孤高生活あざと可愛いで格差に挑め!」 視聴率 5.7%
 生活費を稼ぎたいあいこ(吉岡里帆)は二階堂(眞栄田郷敦)に疑似恋愛の協力を頼むが、思わぬ反応をされる。次に清一郎(鈴木亮平)が思いついたのは、セレブ男性との‘格差恋愛’。あいこは出会いを模索し、マッチングアプリで知り合った男性・八代(坂東工)と約束を取り付けた。一方、レン(岩田琉聖)の同級生・麻央(星乃あんな)の叔母で漫画家の可憐(木南晴夏)が刈部家にやって来る。

第5話 2021年5月6日「最強の姉登場で二人は恋人に!?シン清一郎覚醒!?」 視聴率 5.6%
 突然やって来たあいこ(吉岡里帆)の厳格な姉・るりこ(観月ありさ)が、清一郎(鈴木亮平)をあいこの恋人だと誤解。漫画のためだと言う向後(片岡愛之助)の説得で、あいこと清一郎は恋人のふりをすることになる。うまく偽ることができない清一郎のため、向後がるりこを連れ出す間に2人は恋人の練習を開始。互いの好きな部分を考え、恋人らしいしぐさをあいこに指導された清一郎は…。

第6話 2021年5月13日「まさかの二人にまさかのキュン展開!男の戦い勃発!!」 視聴率 5.0%
 二階堂(眞栄田郷敦)が働くカフェバーの店員・由奈(小西桜子)が入院し、あいこ(吉岡里帆)は代わりにアルバイトをすることに。店に向後(片岡愛之助)らがやって来る一方で、清一郎(鈴木亮平)からはデリバリー注文が入る。その配達で、あいこは清一郎にときめく事態に。そんな中、憧れの漫画家‘刈部まりあ’が清一郎の家にいると信じる可憐(木南晴夏)が、あいこに詰め寄る。

第7話 2021年5月20日「突如現れた魔性の母恋愛漫画家が恋愛できなくなった理由…」 視聴率 5.0%
 清一郎(鈴木亮平)の秘密に近づいた可憐(木南晴夏)が混乱する中、清一郎はその日の夕方に来訪予定の人物への対応に頭を抱える。あいこ(吉岡里帆)は清一郎の様子が気になりながらも二階堂(眞栄田郷敦)との仕事へ。一方、向後(片岡愛之助)は清一郎を漫画賞にエントリーさせるよう上司から指示されていた。やがて帰宅したあいこは、清一郎への訪問者と顔を合わせてあぜんとする。

第8話 2021年5月27日「告白の行方…魔性の母が再襲撃!!疑似家族崩壊危機!?」 視聴率 5.2%
 2人の時間が気まずい清一郎(鈴木亮平)とあいこ(吉岡里帆)は、レン(岩田琉聖)の帰宅にほっとしたのもつかの間、レンの後ろから客として現れた向後(片岡愛之助)と美波(内田理央)にあぜんとする。向後は漫画賞について清一郎に伝えたいと考えていたが、あいこから前日の出来事を聞いてパニック状態に。そして、清一郎への影響を危ぶみ、あいこも巻き込んで美波を追い返そうとする。

第9話 2021年6月3日「キスのその後…さらされた漫画家の正体」 視聴率 5.4%
 早瀬(竜星涼)の‘観察’で判明した清一郎(鈴木亮平)の行動に驚く二階堂(眞栄田郷敦)や可憐(木南晴夏)ら。向後(片岡愛之助)は清一郎の変化にショックを隠せない。二階堂の店で大人達の話を聞いたレン(岩田琉聖)は、清一郎とあいこ(吉岡里帆)に質問をぶつけ、2人を慌てさせる。そんな中、‘刈部まりあ’を巡り、SNSで騒動が勃発。時を同じくして、出版社にある知らせが入る。

第10話 2021年6月10日「恋するデート!だが幸せは作家を潰す…?貫かれた愛のゆく先」 視聴率 5.0%
 食事に行く約束をしていた清一郎(鈴木亮平)とあいこ(吉岡里帆)は、その前に遊園地デートをすることに。あいこはお化け屋敷を怖がる清一郎の新たな一面に顔がほころぶ。一方、向後(片岡愛之助)は読者アンケートで不動の人気を誇る清一郎の漫画を、可憐(木南晴夏)の漫画が追い上げていると知り、不安に駆られていた。そんなある日、誌面を見た可憐が向後に連絡を入れる。

最終話 2021年6月17日「何が清一郎に起きたのか!?不器用ピュアラブコメついに完結」 視聴率 5.8%
 二階堂(眞栄田郷敦)や早瀬(竜星涼)に教えられて朝のランニングや株取引、料理などを次々と始め、規則正しい生活を送る清一郎(鈴木亮平)。向後(片岡愛之助)は清一郎の決意を尊重しながらも、彼の‘ルーティン動画’に戸惑う。あいこ(吉岡里帆)と可憐(木南晴夏)の話題にも清一郎の激変ぶりが上る一方で、異業種交流会に参加する清一郎を尾行した向後は、そこで可憐と出くわす。


原作概要
『レンアイ漫画家』は、原案・企画:西田大輔(AND ENDLESS)、山崎紗也夏による漫画作品。『モーニング』(講談社)にて、2011年4・5合併号から2012年7号まで連載された。


キャスト
刈部清一郎(かりべ せいいちろう)〈33〉
演 - 鈴木亮平[8](青年期:松大航也)
本作の主人公。『刈部まりあ』のペンネームで少女漫画『銀河天使』を連載している。
顔出しNGでプライベートを隠している。行き詰まった漫画のネタにするため、高額な報酬を対価にあいこに疑似恋愛ミッションを課す。

久遠あいこ(くおん あいこ)〈29〉
演 - 吉岡里帆(高校時代:若柳琴子)
本作のヒロイン。夢無し、彼氏無し、仕事無しのアラサー女子。
運命の『人生の相方』を探しているが、これまでDVや束縛など、何かしら問題のある男性としか交際したことがないダメ男ホイホイ。初恋の人・純の葬儀で清一郎やレンと出会う。

清一郎の親族
刈部レン(かりべ レン)〈9〉
演 - 岩田琉聖
清一郎の甥。純の遺児。
シングルファーザーの純に育てられたが、父も亡くし清一郎に引き取られる。

刈部純(かりべ じゅん)〈享年31〉
演 - 白石隼也(高校時代:奥平大兼)
清一郎の弟。あいこの初恋の人。故人。レンを男手ひとつで育ててきたシングルファーザー。
超が付くほどの女好きで、あいこやレンに「魅力的な女の子が多すぎる」と語っていた。高校時代にあいこから5回告白され、ちょうど彼女がいなかったという理由で5回目の告白で交際したが、長くは続かなかった。

「少女モーニング」の関係者
清一郎が少女漫画『銀河天使』を連載する談央出版の漫画雑誌

向後達也(こうご たつや)〈42〉
演 - 片岡愛之助
清一郎の担当編集。漫画家・刈部まりあの正体を出版社内で唯一知る人物。元ラガーマンでスポーツ誌から少女漫画誌に異動した経歴を持つ。

清一郎の漫画のネタとなることから、あいこが疑似恋愛ミッションのターゲットを確実に落とすために徹底的なリサーチを行い、的確なアドバイスを与える。四十肩を患っている。

金條可憐(きんじょう かれん)〈32〉
演 - 木南晴夏
清一郎の後輩漫画家。清一郎(刈部まりあ)を尊敬しており、顔出しNGの刈部まりあの正体を探っている。
あいこの姉・るりこのことを刈部まりあと勘違いする。

田中みのり(たなか みのり)
演 - 平塚日菜
金城可憐のアシスタント。

山田編集長(やまだ - )
演 - 林和義
「少女モーニング」の編集長。

その他
二階堂藤悟(にかいどう とうご)〈22〉
演 - 眞栄田郷敦
あいこ行きつけのカフェバー『2STORY CAFE』の店長代理。由奈という交際相手がいながら、あいこに気がある。

伊藤由奈(いとう ゆな)〈21〉
演 - 小西桜子
『2STORY CAFE』のウェイトレス。二階堂と交際している。

金條麻央(きんじょう まお)〈9〉
演 - 星乃あんな
可憐の姪。レンの同級生。

早瀬剛(はやせ つよし)〈29〉
演 - 竜星涼
一流企業勤務のエリートサラリーマン。あいこの疑似恋愛ミッションのターゲット。元ラガーマンで向後の大学ラグビー部の後輩。
ミッション終了であいこにフラれた後も、彼女のことが気になり後を付け回しストーカーと化していた。

秋山美波(あきやま みなみ)
演 - 内田理央(高校時代:松永有紗)(第7話 - )
レンの実母。純の離婚した妻。清一郎には母親は亡くなったとその存在をひた隠しにされてきた。

ゲスト
第1話
葬儀屋のおばあちゃん
演 - 松本海希
「あかり葬祭」の職員。

第2話
大倉シンゴ(おおくら シンゴ)
演 - 稲葉友(第3話)
小学校教員。レンのクラス担任。あいこの疑似恋愛ミッションのターゲット。

第3話
児童
演 - 中野遥斗、中川稜己、森美理愛、小熊萌凛
レンの同級生。麻央と「廃墟で幽霊が出る」「殺人事件があった」などと噂される清一郎の自宅を訪問し、清一郎に追い返される。

さくら荘の住人たち
演 - みなみ奈未、野田美桜
あいこの住むアパートの住人たち。シロアリ被害で倒壊する恐れがあり、アパートを解体するため退去しなければならないとあいこに伝える。

リサ
演 - 結那
大倉の彼女。あいこが大倉に女性の気持ちを代弁するようなアドバイスをしたことで大倉から大切な人と気付かれプロポーズされたことから、あいこに感謝の言葉を述べに現れる。

第4話
八代貴之
演 - 坂東工
帰国子女で年収2000万円を誇るハイスペックな独身貴族。マッチングアプリであいこが疑似恋愛ミッションのターゲットとして探し出した相手。

自身が複数の女性と交際することは問題ないとする一方、水族館であいこが清一郎と一緒にいたところを交際していると勘違いし、それを認めないなど自分勝手な考えの持ち主で、あいこを見下したうえ罵倒し、暴力を振るおうとしたところを清一郎に制止される。

第5話
緒方るりこ
演 - 観月ありさ
あいこの異父姉。あいことは12歳も年が離れており、母子家庭で働く母親に代わってあいこを育てた。
9年前、結婚してすぐに夫を亡くしている。酒癖が悪いが、清一郎があいこの交際相手でないことには気付いていた。

スタッフ
原作 - 山崎紗也夏『レンアイ漫画家』(講談社モーニングKC刊)
脚本 - 松田裕子
演出 - 石川淳一、小林義則、淵上正人
音楽 - 末廣健一郎
オープニング曲 - BiSH『ZENSHiN ZENREi』(avex trax)
主題歌 - 佐藤千亜妃『カタワレ』(EMI Records)
プロデュース - 小林宙(共同テレビ)
編成企画 - 佐藤未郷、江花松樹(フジテレビ)
制作 - フジテレビ
制作著作 - 共テレ


番組公式サイト
レンアイ漫画家 - Wikipedia

『レンアイ漫画家 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桜の塔 TOP

『桜の塔』(さくらのとう)は、テレビ朝日系「木曜ドラマ」枠(毎週木曜21:00〜21:54)で、2021年4月15日から同年6月10日まで放送された。全9話。主演は玉木宏。


各話あらすじ 平均視聴率 10.36%
第1話 2021年4月15日「警察官25万人の頂点へ! 失敗できない出世バトル…!!」 ※初回10分拡大(21:00 〜 22:04) 視聴率 13.5%
 2016年――東京都内の銀行で、一般市民を人質に取った立てこもり強盗事件が発生した!警視庁刑事部捜査一課の主任・水樹爽(広末涼子)は部下の富樫遊馬(岡田健史)らを率い、事件現場を包囲。現場からの連絡を受け、地方大学出身の「外様派」刑事部長・千堂大善(椎名桔平)は警備部所属の特殊急襲部隊「SAT」の出動を要請する。

第2話 2021年4月22日「俺を撃て!! 勝率1%の昇進バトル」 視聴率 10.2%
 同期の漣(玉木宏)、新垣(馬場徹)、馳(渡辺大知)の3人から、警視正候補2人を選ぶ投票が行われることに。‘薩摩派’の警備部長・権藤(吉田鋼太郎)と‘東大派’の警務部長・吉永(光石研)の派閥票を持つ新垣と馳が圧倒的有利の中、漣はボーガンを使った連続通り魔事件の捜査で、無党派票の取り込みを狙う。爽(広末涼子)らは事件を予言する動画を調査。その裏で漣は策を巡らす。

第3話 2021年4月29日「同期を救え!! 裏切り者上司を暴け」 視聴率 9.5%
 爽(広末涼子)は拳銃の横流し疑惑を調べる漣(玉木宏)から、自班の班員・高杉(長谷川朝晴)か轟(駒木根隆介)が関与した可能性を知らされ、潔白を証明するため協力することに。漣は亡父・勇仁(岡部たかし)の後輩である高級クラブのママ・志歩(高岡早紀)と情報屋の刈谷(橋本じゅん)と策を巡らす一方で、警務部所属の同期・馳(渡辺大知)の様子がおかしいと気付く。

第4話 2021年5月6日「父は警察官に殺された!! 犯人は…」 視聴率 9.4%
 漣(玉木宏)は「警察に殺される」という亡父・勇仁(岡部たかし)の言葉を考え続ける一方で、今回の押収品横流しについて探り、1993年にも同じ手口の横流しがあったと知る。過去の事件には、権藤(吉田鋼太郎)ら‘薩摩派’の関与が疑われた。爽(広末涼子)と過去を調べ始めた漣は、薩摩派の覚えめでたい富樫(岡田健史)を仲間に引き込む。優愛(仲里依紗)はそっけない漣にいら立ち…。

第5話 2021年5月13日「第一部完結! 父の復讐を果たせ!!」 視聴率 9.9%
 父・勇仁(岡部たかし)の死にまつわる衝撃の事実にたどり着いた漣(玉木宏)は、次なる目的のため、爽(広末涼子)や刈谷(橋本じゅん)らと5年前の未解決の傷害事件について調べ始める。当時、スポーツカーの運転手が路上で被害者と口論になり、けがをさせて逃走していた。そんな中、結婚式を控える漣と優愛(仲里依紗)は、爽と富樫(岡田健史)とダブルデートをすることになり…。

第6話 2021年5月20日「第二部開幕〜新派閥でリベンジ!!」 視聴率 9.8%
 千堂(椎名桔平)を失脚させる決死のクーデターが失敗に終わり、千堂の娘・優愛(仲里依紗)と結婚して5年、漣(玉木宏)は順調にエリートコースを歩んでいた。一方、今や副総監となり、「外様派」を一大派閥「千堂派」へと押し上げた千堂を必ずや倒すべく、漣は“その時”を待ち続けていた。そんな折、漣は国会議員・沙代里(中田有紀)の受託収賄罪の証拠をつかむ。

第7話 2021年5月27日「あの男を警視総監にはさせない!!」 視聴率 10.1%
 一大派閥を築いた副総監・千堂(椎名桔平)を倒すべく機をうかがっていた漣(玉木宏)が動き出し、警視総監の座を巡る争いが複雑化。漣は爽(広末涼子)の助言もあり、優愛(仲里依紗)にしばらく実家へ戻るよう伝える。一方、刈谷(橋本じゅん)は千堂の動きを察知。そんな中、内閣府特命担当大臣・若槻(浜田晃)が狙撃される。

第8話 2021年6月3日「警察トップが犯人!? 衝撃の最終章」 視聴率 10.3%
 刈谷(橋本じゅん)に刺された千堂(椎名桔平)は、漣(玉木宏)が裏で糸を引いたと推測するが、漣は“ある事情”から刈谷を遠ざけていた。その矢先、逃亡していた刈谷が何者かに射殺され、爽(広末涼子)らの捜査で、刈谷がかつて元銀行強盗犯・蒲生(森崎ウィン)から改造銃を購入していた事実が明らかになる。

最終話 2021年6月10日「最終決戦… 新警視総監は私だ!!」 視聴率 10.5%
 秘密裏に刈谷(橋本じゅん)殺しの捜査が行われる中、ある意外な人物が自首する。混乱を極める警視庁。漣(玉木宏)の幼なじみである捜査一課主任の爽(広末涼子)は、裏で漣が一枚かんでいるのではないかと疑い、真実を解き明かすため、取り調べを開始する。


概要
「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」(日本テレビ系)で注目を集めた脚本家・武藤将吾による、警察組織内の権力争いを描いたオリジナル人間ドラマ。ある出来事から権力を手に入れることを渇望するようになったエリート警察官が、汚い仕事もためらうことなく遂行し、野望の階段を駆け上がっていく。主演の玉木宏が、やがては警視総監になることを目指している野心家の主人公・上條漣を演じる。


ストーリー
幼少期に経験したある出来事から、権力を手に入れることを渇望するようになった警視庁捜査共助課の理事官・上條漣(玉木宏)。野心家で、やがては警視総監になることを目指す漣は、まずは自らの派閥のトップを警視総監にしようと、どんなに汚い仕事もためらわず遂行している。

漣が属するのは、刑事部長・千堂大善(椎名桔平)を長とする「外様派」。千堂は「東大派」の警務部長・吉永晴樹(光石研)、「薩摩派」の警備部長・権藤秀夫(吉田鋼太郎)と警視総監の座を争っている。権力闘争に身を投じる漣は、幼なじみで正義感が強い捜査一課の刑事・水樹爽(広末涼子)と対立しつつも、爽の部下・富樫遊馬(岡田健史)の有能さに目を留める。


キャスト
上條漣(かみじょう れん)
演 - 玉木宏(小学生時代:小林優仁)
本作の主人公。警視庁刑事部捜査共助課理事官→警務部監察官室監察官→警視庁公安部→内閣情報調査室→刑事部捜査二課長→捜査共助課長。階級は警視→警視正→警視長。「外様派」のキャリア組。ずば抜けたプロファイリング能力を誇る。ウイスキーを入れた父の形見のスキットルを持ち歩いている。

小学生の頃は明るい性格だったが、父・勇仁が交番で首吊り自殺をしたことを機に目的の為なら手段を選ばない冷徹な性格に変わり、証拠の捏造などの違法行為も平然と行うようになる。また勇仁のような「弱者」にはならないという決意を持つが、実際は誰よりも弱い心を持ち、冷徹な性格も半ば虚勢に近く、漣自身も自覚することを恐れている。

父・勇仁の後輩である刈谷が高杉を利用する形で起こした事件を機に、勇仁が亡くなる直前まで当時の警察上層部による拳銃の横流しについて調べていたこと、自身が警察官になる切っ掛けを作った"恩人"でもある千堂が勇仁を自殺に追い込んだ張本人であることを知る。千堂が娘・優愛の傷害事件を揉み消したことを告発して彼を失脚させ勇仁の"弔い"を果たそうとするが、その目論見を看破していた千堂の反撃に遭い失敗に終わる。さらに千堂に自身が爽にしてきた仕打ちをそっくりそのまま返された挙句、千堂と同じサッチョウの悪魔という言葉に対して自身も清廉潔白の身ではない事も加えて何も言い返せないという醜態を晒してしまう。

それから5年後の2021年、内閣情報調査室に出向中、権藤が国民のために職務を全うする姿を目の当たりにし、千堂が私利私欲のため警視総監になることを阻止し、権藤を警視総監になる道筋を作るために有志を募り新垣や馳たち13人で新派閥「改革派」を立ち上げ「千堂派」に反旗を翻す。

5年前に千堂に自慢された彼のコレクションルームに父・勇仁が交番で自殺した晩の紛失したとされる千堂の顔が映った監視カメラのビデオテープが保管されていることを確信し、彼の娘・優愛を刈谷殺害の犯罪者に仕立てることにより、身内の不祥事を理由にコレクションルームを家宅捜索しビデオテープを奪い取る計略を成功させ、千堂を副総監の座から引きずり落し、彼の警視総監になる野望を打ち崩す。

千堂への復讐を成し遂げた後、警視長に昇進し、「改革派」に移った富樫を会議室に呼び出し「お前にとって正義とはなんだ?」と自身が千堂に問われた同じ言葉を彼に問いかけ作品は幕を閉じる。

水樹爽(みずき さわ)
演 - 広末涼子(小学生時代:稲垣来泉)
警視庁刑事部捜査一課主任。ノンキャリアで階級は警部補。漣の幼馴染。漣の父・勇仁に憧れて刑事になった。事件を出世の道具として利用していた漣に対し怒りをぶつけると同時に、漣を糾弾するのに非情になりきれない部分を持つ自身に苦悩する。

優愛が刈谷殺害を自首したことで彼女が漣に仕向けられ刈谷を殺害したことを知り、漣をその件で断罪するとともに拳銃で狙撃する。しかし、漣を狙撃した弾丸は漣の父・勇仁の形見であるスキットルが敢えて狙い撃ちされ致命傷には至らず、「サッチョウの悪魔は死んだ」と、これまでの悪行を生きて償うよう漣を諭すことで漣を父殺しの真犯人・千堂への復讐から解放する。

千堂が警視庁を去り、崩壊した「千堂派」から「改革派」に移った富樫が漣に会議室に呼び出される後ろ姿を見つめながら「キャリアに染まるなよ」と語る彼女の左手の薬指には富樫との婚約指輪が輝いていた。

警視庁
刑事部
血縁や学歴にこだわらない実力至上主義を掲げる「外様派」のトップ・千堂が部長を務める。

千堂大善(せんどう たいぜん)
演 - 椎名桔平
警視庁刑事部長→警視庁副総監→地方警察本部本部長。階級は警視監。最終学歴は名古屋大学法学部。
東大、京大出身者が多数を占める警視庁上層部で非主流派である地方大学出身の「外様派」のトップ。カリスマ性あふれる人柄と行動力を武器に警視庁刑事部長という要職に登り詰めた。同じ「外様派」である漣を重宝しており彼を踏み台にして警視総監の座を狙っている。出世や保身の為なら脅迫などの強引な手段も平気で使う冷酷な一面を持ち、警察上層部から「サッチョウ(警察庁)の悪魔」と呼ばれている。

23年前、上層部の「薩摩派」による押収物の拳銃横流しを秘密裏に捜査していた勇仁が夜勤をする交番を訪れ、警視正への昇進を見返りに勇仁を粛清する汚れ仕事を「薩摩派」に申し出ていたことから、彼が交番で首吊り自殺で死亡した件に関与していた。勇仁の葬儀に参加した際、自身が勇仁を自殺に追い込みながら「勇仁と同じ道を辿れば、彼が自ら命を絶った理由が分かる」と漣に告げて自分の名刺を渡し、彼が警察官になる切っ掛けを作った。

父の仇と知り失脚を狙う漣から、5年前の娘・優愛の傷害事件の揉み消しの不祥事で揺さぶりをかけられるが、漣の動きを志歩からの密告で全て見通しており、彼が仕掛けた策を全て回避する。反旗を翻した漣を追放することもできたが、愛娘・優愛に傷害事件の自首を勧めた際、寄り添うことを約束していたことから反逆を不問とし、結婚して娘を幸せにするようにと漣を服従させる。

第2部開始時点では副総監に就任しており、「外様派」を「東大派」に匹敵する一大勢力「千堂派」に発展させる。第1部のラストで漣が優愛と結婚したことで、彼と"義理の親子"となるが、千堂は漣が自分を失脚させること諦めていないと認識しており、互いの関係を「仮面親子」と揶揄する。

次期警視総監の座を手中に収めるべく、警視総監の任命権を有する国家公安委員会委員長でもある内閣府特命担当大臣・若槻に接触し、彼の政治塾出身で贔屓にしている加森議員の収賄容疑を調べる漣に捜査を中止するよう命じるなどの妨害を図るが、爽の協力を得て収賄の証拠を手に入れた漣によって加森議員が逮捕されたことで若槻の信頼を失う。

しかし警視総監の座に固執することから、20年前(2001年)公安部所属時に矢上の命令で携わった潜入捜査の関係者・元SAT隊員の久瀬を唆して若槻大臣を狙撃させ、若槻が長を務める国家公安委員会による次期警視総監の任命を遅らせようと目論む。久瀬と同期だった刈谷、敵対する権藤・吉永からの情報を得た漣と彼の味方についた富樫によって、自身が久瀬に書かせた誓約書を証拠に追及されるが、矢上が20年前の自身の失態を公にさせまいと介入することを見越して返り討ちを果たし、漣たち「改革派」を窮地に追い込む。

その夜の帰り道、同期の久瀬が利用されたことを知り激昂した刈谷の襲撃を受けナイフで刺されるが大事には至らず、警視総監となる野望を成熟しようとするが、漣に仕向けられた娘・優愛が刈谷を殺害したことを打ち明けられ、彼女の犯罪を隠蔽しようと5年前の改造拳銃密造・銀行強盗犯の蒲生に刈谷殺害の罪を擦り付けようとする。しかし、富樫の懸命な聞き込み捜査により蒲生の無実のアリバイが証明され、優愛が刈谷殺害を自首したことから、娘の犯罪を隠蔽しようとしていたことが突き止められる。更には、漣の計略により殺人犯となった優愛の捜査のために彼女の親族としてコレクションルームが家宅捜索されることとなり、漣がその存在を確信していた父・勇仁が自殺した晩の紛失したとされていたもう一つの監視カメラの映像が納められたビデオテープが発見され、勇仁の自殺への関与が証明されたことから副総裁の座から失脚、「千堂派」は崩壊し多数が「改革派」に鞍替えする。

副総監の座から失脚し警察組織から追放されたと思われたが、権藤の計らいにより優愛の犯罪を隠蔽しようとしていた事実を揉み消され、地方警察本部の本部長として警察組織に留まる。

土門義郎(どもん よしお)
演 - 野間口徹(第6話 - 最終話)
千堂の後任の刑事部長。階級は警視監。「千堂派」で彼に絶対服従。
加森議員の収賄罪での逮捕を千堂の意向で差し止められていたが、志歩と不倫している写真を漣から突きつけられ仕方なく逮捕状を発行する。ハーバード大学で犯罪心理学を専攻しプロファイリングの心得があり、モニター越しで取り調べを受ける久瀬が誓約書を預けた相手を特定する。

牧園隆文(まきぞの たかふみ)
演 - 関智一(第1話・第2話・第6話 - 最終話)
警視庁刑事部捜査第一課長→警視庁刑事部参事官。階級は警視正→警視長。ノンキャリア。交番勤務からノンキャリアの最高峰である捜査一課長にまで登りつめたいわゆる「現場一筋の叩き上げ」。派閥争いとは全くの無縁であり、故に現場の捜査員からの人望が厚い。猛者ぞろいの捜査一課をまとめたり、キャリア組との板挟みに遭う等苦労の絶えない人物。第2部開始時点で刑事部のNo.2である参事官に就任している。

富樫遊馬(とがし あすま)
演 - 岡田健史
捜査一課 刑事→捜査二課→捜査共助課理事官 。階級は警部補→警視。キャリア組で警察大学校を首席で卒業したにもかかわらず、あえて現場である捜査一課を希望した変わり者。
爽に気があり、漣から彼女とのデートを対価に提案され、「薩摩派」の内部を探る密偵の役目を引き受ける。

第2部開始時点では捜査二課に所属し、副総監の千堂に傾倒している節があり、漣を「(千堂の)飼い犬」呼ばわりするなど彼を目の敵にするような素振りを見せている。

爽との関係は良好であったが、捜査二課のパソコンから加森議員の収賄容疑の証拠となるデータが紛失した日、普段より早く出勤していたことから漣に疑われ関係が拗れていく。当初は関与を否定していたが、若槻大臣狙撃事件の折、自分が上層部の指示で加森議員のデータを消去したことを爽に打ち明け謝罪するが疎遠となる。その後、狙撃事件の容疑者である久瀬を漣が取り調べる一部始終を目の当たりにしたことで千堂の"本性"を知り、千堂が久瀬に書かせていた誓約書を漣の指示で回収する。

しかし、久瀬が関りを持つ20年前(2001年)の潜入捜査官殉職事件の"黒歴史"を蒸し返されることを恐れた矢上総監が現れ、彼から警察としてのキャリアの保証と引き換えに誓約書を渡すよう命令されるも拒否するが、富樫が爽と交際関係にあることを知る矢上から「誓約書を渡せば、爽の違法捜査を不問にする」と脅され悩んだ末、爽を守るため誓約書を渡してしまう。

若槻大臣狙撃の件で千堂を追い込もうとする漣に協力したことで「千堂派」内部で孤立し、千堂に加担した矢上総監の脅しに屈してでも守ろうとした爽に対して漣との関係を執拗に問い詰めたり、自分に振り向いてくれないことへの苛立ちをぶつるなど投げやりとなる。

刈谷が何者かに射殺された事件で、千堂から反旗を翻したことに対し「汚名返上の機会を与える」と改造銃が入った茶封筒を渡され証拠捏造を命じられるが、それを突き返し拒否する。しかし翌日、「千堂派」の捜査員が刈谷殺害に使われた弾丸の線条痕と一致する改造銃を発見し、その改造銃から5年前に漣に唆されて改造銃を使い銀行強盗事件を起こした蒲生の指紋が検出されたと知り千堂に証拠を捏造したのか問い詰めるが軽くあしらわれる。漣から千堂の指示で証拠捏造を行ったのかを尋ねられると5年前の銀行強盗事件で漣が同様の手口で蒲生を逮捕したと反論するも、蒲生が刈谷を殺害した犯人ではないと分かった上で証拠を捏造したのかと追い打ちをかけられ、蒲生に濡れ衣を着せたてしまったことを反省する。そのことから3日間、寝食を忘れ必死に聞き取り捜査を行い、刈谷殺害の時刻に蒲生が24時間営業のスーパーに買い出しに行っていたアリバイがあったことを証明し、蒲生の冤罪を晴らす。廃校の屋上から転落し意識不明だった蒲生が意識を取り戻すと涙を流して彼の回復を喜び、人のために涙を流したことから爽からの信頼を回復する。

千堂失脚による「千堂派」崩壊後は「改革派」に移り、「早く出世して漣よりも豪華な結婚式を挙げる」と爽にアピールしており、彼女と婚約したことが示唆される。

高杉賢剛(たかすぎ けんごう)
演 - 長谷川朝晴(第1話 - 第3話)
捜査一課水樹班主任。階級は警部補。面倒見もよく人望も厚い人物だが、ギャンブルで抱えた借金を返済するため押収物の拳銃を暴力団に横流ししていた。その事を監察官となった漣に突き止められ、漣が富樫に指示して仕込ませた拳銃を暴力団に密売しようとしていたところを漣と爽に確保される。警視総監・荒牧の甥であったことから容易に逮捕することが出来ない取扱注意人物であったため、拳銃横流しは不問にして依願退職という形で責任を取らされる。

轟啓一(とどろき けいいち)
演 - 駒木根隆介(第1話 - 第3話、第6話・第7話・最終話)
捜査一課水樹班の刑事。階級は巡査部長→警部補。捜査四課(暴力団捜査担当)から異動してきた。明るく陽気な人物。
権藤勝利の父・権藤秀夫が警視総監となったことから、勝利が捜査一課の後輩であるのにも関わらず敬語で接するようになる。

屋敷武雄(やしき たけお)
演 - 桜井聖(第1話・第2話・最終話)
警視庁刑事部捜査一課係長→警視庁刑事部捜査一課長。階級は警部→警視正。
水木たちの直属の上司である係長。キャリアの縄張り争いに辟易したり捜査会議中に動画を見ていた富樫に唖然とするなど牧園と同じく気苦労の絶えない人物。第2部では係長から牧園の後任として捜査一課長に就いている。

八雲総司(やくも そうじ)
演 - 菅原健(第1話)
捜査共助課の刑事。

警務部
「東大派」のトップ吉永が部長を務める。「東大村」と揶揄されるほど吉永の派閥で占められている。

吉永晴樹(よしなが はるき)
演 - 光石研
警視庁警務部長→警察庁警備局長。最終学歴:東京大学の「東大派」。写経が趣味。
警視正に昇進した漣を警務部に引き抜き警察内の監視役である監察官に着任させ、押収物の拳銃を横流ししていた警視総監・荒牧の甥である高杉を逮捕させるように仕向ける。身内の不祥事で荒巻のキャリアに傷をつけることで逮捕を阻止できなかった上長の千堂を逆恨みさせ彼の失脚を画策していたが、馳が薬物自殺を図る前に漣に高杉と荒巻の関係を密告してくれたことで漣は逮捕ではなく依願退職という形で高杉に責任を取らせたことから千堂を失脚させることに失敗、逆に自身が馳を使って裏金作りをしていた弱みを漣や千堂に握られる。

5年前刈谷に接触し、刈谷に拳銃横流しを高杉に唆すよう指示をだし間接的に横流しをけしかけた張本人であり、刈谷に千堂の尾行を依頼し彼の弱みを探らせ、久瀬が千堂に利用されたことを知ると刈谷の怒りを利用し500万円で千堂を襲うよう指示するなど、要所で千堂を失脚させるよう暗躍していたことが刈谷が残していた吉永との通話の音声データから刈谷の死後明らかとなる。一連の行動は警察の未来を守るためサッチョウの悪魔である千堂を警視総監になることを阻止するためで、裏金作りも治安を維持する番人として検察や与党との連携を強化するために使ったと自身の行為を正当化する。しかし権藤から「警視総監を目指す人物としてふさわしくない」と一刀両断され、千堂からも一連の不祥事を不問とする代わりに辞表を提出するよう要求されたことから、その要求を受け入れ出世レースから退くことになるが、刈谷射殺への関与は否定する。

馳道忠(はせ みちただ)
演 - 渡辺大知
警務部に所属する漣と同期のキャリア組。階級は警視(第1部)→警視正(第2部)。「東大派」。警視正への推薦が確実視されていたが、漣が仕掛けた通り魔事件の犯人逮捕の功績で漣に出し抜かれ推薦の決選投票で落選してしまう。同期の漣と新垣を裏で見下しており警視正への推薦を逃し悔しさをにじませるが、その後も2人の昇進祝いをしようと冷静を装う。

昇進を見送られてからは決算処理の仕事に回されるが、裏で吉永からの架空請求の領収書を会計に紛れ込ませ裏金作りに加担させられており、昇進の芽がなくなり裏金作りの汚れ仕事に回されたことを苦に薬物を大量摂取して自殺を図るが未遂に終わる。自殺を図る前に昇進できず落ち込んでいたのを励ましてくれた漣に高杉と荒巻の関係や吉永の指示で自身が裏金作りに加担していたことを伝えており、吉永が千堂失脚の計略を練っていたことを漣に気付かせる契機を与えるが、千堂の判断で裏金作りを単独犯で行っていたことにされる。

退院後は交通部交通総務課を経て第2部では警視庁総務部企画課長に就任しており、漣の考えに賛同して新派閥「改革派」に名を連ねる。

警備部
「薩摩派」の権藤が部長を務める。

権藤秀夫(ごんどう ひでお)
演 - 吉田鋼太郎
警備部長→内閣情報調査室・内閣情報官 →警視総監。「薩摩派」
23年前、上層部の「薩摩派」による押収物の拳銃横流しを調べ上げた勇仁の内部告発の阻止を試みるが、勇仁から「警察官は正義を見失ってはいけない」と信念を示され説得に失敗する。その一方で派閥の不祥事を知りながら人を動かすだけの金もコネもなく黙って上層部に従うことしかできなかったことを悔いており、勇仁が目指した「人を助けるための存在」である警察を実現するために権力を手に入れようと警視総監を目指していた。

勇仁が自殺した当日の交番の防犯カメラの映像に勇仁に拳銃を向ける人物と共に愛用するライターが映っていたことから、漣から父を自殺に偽装し死に追い込んだ人物であると疑われるが、愛用のライターは勇仁の死からしばらくたって千堂から譲り受けたものであると告げ、勇仁の自殺に関与したことを否定し、自殺を防げなかったことを漣に謝罪する。

5年後(2021年)、「千堂派」を離脱した漣など13人で構成された新派閥「改革派」の後見人となり、千堂による漣の父・勇仁への自殺教唆、矢上が拳銃横流しに関わっていたことが勇仁により証言されている監視カメラのビデオテープを漣の計略で入手したことにより、矢上を警視総監の座から引きずり落すとともに、千堂を糾弾、出世レースから退場させ、矢上の後任として警視総監に就任する。

新垣広海(にいがき ひろみ)
演 - 馬場徹
警備部に所属する漣と同期のキャリア組。階級は警視→警視正。漣をライバル視している。父親は警察庁長官。「薩摩派」。
23年前に押収物の拳銃の横流しに関わった「薩摩派」の人間を調べ上げた父の手帳を漣に提供する。

第2部では警視庁警備部警備一課長に就任し、漣の考えに賛同し、新派閥「改革派」に名を連ねる。

別府明(べっぷ あきら)
演 - 杉昇真(第1話・第4話)
警備部。新垣の部下。

警視庁本部
荒牧雄彦(あらまき たけひこ)
演 - 段田安則(特別出演)(第1話 - 第5話)
警視総監。「薩摩派」。多くの同僚を蹴り落とし「桜の塔」に君臨する男。各派閥の長をうまく使いこなすこともあれば、逆に煽って派閥の対立を起こさせるなど何を考えているかわからない策士的な人物。甥の高杉が拳銃を暴力団に横流ししていた件で千堂に借りを作られる。

矢上彰文(やがみ あきふみ)
演 - 尾美としのり (第6話 - 最終話)
荒巻の後任の警視総監。「薩摩派」。「薩摩派」での内部分裂で派閥内の強硬派を率いるトップとなり、警視総監に就任後、汚れ仕事を任せるため千堂を副総監に選び自身の腹心とする。千堂に対し「関心があるのは、私に従うか、従わないか。その二択だけだ」と断言し、退官後も院政をひくことを画策している。

事件の捜査などにおいては真相解明よりも損得勘定を重視する傾向が強く、自らの地位・権力を固持する上で必要と見なした者に対しては、たとえ相手が重大事件に関与していても協力・擁護する立場に回り、場合によっては脅迫や証拠隠滅などの強行手段を自ら用いることも厭わない狡猾な人物。

2001年、当時公安部に所属していた千堂に暴力団の潜入捜査を命じて自らの"点数稼ぎ"を目論むが、その潜入捜査官の深海が覚醒剤に手を染め暴走した挙げ句に射殺されるという最悪の結末を迎えてしまったことを"黒歴史"として秘匿し続けており、その事件に関わりのある久瀬が起こした若槻大臣の狙撃事件で千堂が漣たちから追及された際には、狙撃事件を仕組んだのが千堂だと知りながら自らの保身の為に千堂に加担し、証拠となる誓約書を富樫を脅し回収する。

漣の父・勇仁が交番で自殺した晩に、刈谷に夜勤を休むように持ち掛けた張本人で、薩摩派の上層部として拳銃の横流しに関わっていたことからその秘密を共有する千堂とは一蓮托生の関係で、千堂を警視正に推薦するとともに、以降も千堂の数々の不正を擁護していた。最後は漣の計略で千堂のコレクションルームに保管されていた漣の父・勇仁から拳銃横流しに関わっていたことを証言されている交番の監視カメラのビデオ映像が発見されたことを権藤から突きつけられ、国家公安委員会にそのことを申告され警視総監の座から失脚する。

その他
千堂優愛(せんどう ゆあ)
演 - 仲里依紗
千堂大善の一人娘。1991年12月6日生まれ。漣をからかっていたことをプロファイリングで見抜かれたことから彼に興味を持ち、父・大善から結婚を前提とした付き合いの了承を得た漣からの交際の申し出に応え婚約者となる。しかし漣の婚約者となるも多忙によるすれ違いや、結婚式の準備で顔を合わせても心から相手をしてくれていないことを察し、漣に怒りをぶちまける。

5年前に発生した未解決の傷害事件の犯人であったが、父・大善によって事件を揉み消されており、大善を不祥事で失脚させることを狙う漣から、全力で守るので正当防衛で今からでも正直に自首すべきだと促され、傷害事件の当事者であったことを認める。

第2部開始時点では漣と結婚して5年が経っているが、プライベートでの会話が少ないこと等に不満を抱いている一方で、前述の傷害事件の犯人であったことを告白したことを切っ掛けに漣の気持ちが自分から離れてしまったのではないかと爽に不安を打ち明ける。

大善が警視総監になることを阻止するため彼の弱みを探らせるため、表向きは警視総監になるために躍起になり、周りが見えなくなり孤立することを防ぐためという名目で漣から実家に戻り父・大善に不審な点がないか監視するよう託けられ、漣に自分のことを見てもらいたい気持ちから協力を引き受ける。

実家に戻る前、漣が備忘録として書いていた日記を盗み見たことで漣の心境や大善との"確執"を知る。漣の父・勇仁の件に関しては大善に非があることを理解しつつも、肉親である大善と漣が対立し続けるのを見かねて悩んだ末に離婚を決意し、漣を愛する気持ちは変わらないことを誓いつつ別れを告げる。

自身が起こした傷害事件をネタに漣が刈谷から金を揺すられ、警察をクビにした大善を恨み優愛を襲うかもしれないことを危惧することが書かれた漣の日記を盗み見て、漣が自分を仕向けていることを自覚しつつ、漣を愛する気持ちから彼の思惑に敢えて従い改造銃を使い刈谷を殺害する。

刈谷銀次郎(かりや ぎんじろう)
演 - 橋本じゅん
元警察官。漣の父・勇仁と共に交番勤務をしていた後輩だった男。勇仁が亡くなった後は志歩とともに漣の親代わりとなり、彼が警察官になってからは「桜の塔」を登り詰めるための汚れ仕事に協力する。

23年前の拳銃横流しに関わった人物に事件を想起させるため、高杉に拳銃横流しのノウハウを教えて同じ不祥事を起こさせ揺さぶりをかける。漣の語る上層部の様子から「薩摩派」が横流しに関与していたと絞り込む。

漣が千堂に屈してからは仕事を辞め家族とも別れてしまい、飲んだくれとなって漣に金をせびる自堕落な生活に陥ってしまう。

第2部が始まる20年前(2001年)に巡査部長だった頃、公安部に所属していた千堂から「覚醒剤の取引をしている暴力団への潜入捜査を成功させれば、捜査一課に配属させる」と誘われ、同期の深海と共に身分を隠すために警察を辞めて潜入捜査を行う。しかし覚醒剤に手を染めた深海が、取引当日に錯乱状態に陥って刈谷が刑事だと暴露した上に拳銃を向けたことで窮地に陥るも、同じく同期でSATに所属していた久瀬が深海を狙撃したことで難を逃れる。その後、深海の暴走で自身の警察への復帰を断念し、新しく始めた探偵業の収入と、警察から"退職金"という名目で受け取った大金で家族を養っていた。

千堂が警視総監の座に着く為に起こした「若槻大臣狙撃事件」に久瀬が利用されていたことを知り、漣・富樫・吉永による告発を矢上と結託する形で跳ね退けた千堂がクラブ「S」へ向かう道すがら、彼にナイフで襲いかかる。その後は志歩によって「S」に匿われ、及川の密告で土門たちが「S」に駆けつける前に漣と志歩の手引きで逃亡するが、その直後に漣に仕向けられた優愛によって射殺される。

5年前に漣と飲んでいた時、漣の父・勇仁が千堂によって自殺に追い込まれた日、勇仁が調べていた拳銃横流しに関わっていた薩摩派の警察上層部に当日の夜勤を休むように言われて一度は断ろうとしたものの最終的には大金を積まれて要求を受け入れたことを酔った勢いで喋ってしまい"裏切り者"と見なされ疎遠となっていた。

死後、志歩に渡していたぬいぐるみの中から吉永と内通していた通話記録の音声データが漣により発見され、吉永に千堂を失脚させるための手駒として使われていたことが明らかとなる。

小宮志歩(こみや しほ)
演 - 高岡早紀
銀座の高級クラブ「S」のママ。元警察官。漣が「桜の塔」を登り詰めるための協力者。
警察官時代、保管庫の担当となった際に上層部ぐるみで押収物の拳銃を横流ししていることを知り、勇仁にそのことを相談し、彼が拳銃の横流しを捜査する契機を与えている。

母がステージIVの末期がんで、千堂の資金提供で母が高度な医療ケアを提供されていたことから彼のS[注 11]となり、漣の行動を千堂に全て密告していた。

5年後、闘病していた母が亡くなり千堂に対する借りが無くなったことから漣への裏切りを謝罪し、勇仁を死に追いやった千堂に一矢報いるため、千堂が内閣府特命担当大臣の若槻有造との関係を強めている情報を漣に提供する。

及川明深(おいかわ あけみ)
演 - 井本彩花
銀座の高級クラブ「S」のホステス。刈谷が「S」に匿われていることを大門の密偵として密告する。

上條勇仁(かみじょう はやと)〈享年42〉
演 - 岡部たかし
漣の父。元警視庁捜査一課の刑事。階級は警部。新人時代の千堂、吉永、権藤たちに刑事のイロハを叩き込んでいる。プロファイリングの技術を習得していた。正義感が強く優しい人柄。離婚をしたことで漣を1人で育てるために交番勤務を希望して異動する。爽からは「ヒーロー」と慕われていた。

拳銃の横流しを行っていたのが上層部の「薩摩派」であることを突き止めるが、度重なる脅迫を受けたことで心身共に疲弊し、一度は内部告発を断念しようとするも、漣からの「警察官は人を助けるための仕事」という言葉で自分の信念を思い出す。そして23年前の1993年5月12日、交番を訪ねてきた権藤からの説得を退け告発に踏み切ろうとするも、同じ日の夜に「薩摩派」からの警視正への推薦を見返りに交番に現れた千堂から「告発を取り止める」「告発する代わりに拳銃横流しの罪を自分が被る」「告発せずに自ら命を絶つ」という3つの選択肢を突き付けられ、悩んだ末に自らの信念を貫くため漣への"遺言"を遺し首吊り自殺の道を選ぶ。

水樹鉄朗(みずき てつろう)
演 - 小松和重
爽の父。中華料理店「龍鉄」を営んでいる。
富樫のことを気に入り、「婿殿」と呼ぶようになる。妻が病気で店に出れなくなった際、「花婿修行に来ないか」と誘い、厨房で調理を任せるなど富樫と打ち解けており、娘の爽と結婚することを期待している。第2部では刑期を終え出所した蒲生を爽からの紹介で「龍鉄」の従業員として雇うことになる。はじめは前科者の蒲生を雇うことに対し不満を述べていたものの、彼のひたむきな姿勢に心情が変わり料理の配膳の仕方から厳しく教えていく。その後、彼が寝る間を惜しんで練習した炒飯を試食し「ウチの味だ」と合格点を出し「龍鉄」の一員として正式に認める。ところが千堂の策略で刈谷を殺害した犯人として証拠捏造した改造銃から指紋が検出されたということで爽たち捜査一課が蒲生に対し任意同行を求め訪ねてくる。懸命に更生しようとしている蒲生の姿を爽とともに誰よりも見続けてきた鉄朗は、彼の犯行を真っ向から否定し、捜査員としてやってきた爽に蒲生の無罪を証明してやってほしいと頭を下げる。

蒲生兼人(がもう かねと)〈24〉
演 - 森崎ウィン(第1話・第2話・第6話 - 最終話)
銀行強盗事件の容疑者。学生時代、銃器を紹介する動画コンテンツをメインに据えたベンチャー企業を仲間と設立するが業績が低迷し、多額の借金を返済するため金属粉末焼結式の3Dプリンターで高精度な金属製の拳銃を密造していた。その情報を漣に掴まれ、海外にも繋がりを持つ暴力団の密売ルートを紹介する偽話を持ち掛けられ、紹介料1000万円を準備するために銀行強盗をそそのかされ実行する。最後は漣が出世する手柄とするため銀行強盗、拳銃密造の両方の容疑で逮捕されるが、爽に銀行強盗の計画を持ちかけてきた電話の相手と同じ声の人物と警視庁内で会ったことを伝える。

5年後(2021年)には刑期を終え、中華料理店「龍鉄」の従業員となり、寝る間も惜しんでチャーハン作りを練習し、初めての給料を持参し銀行強盗事件の被害者である岸川夫婦に謝罪に行こうとするなど更生していたが、刈谷を殺害した犯人として証拠捏造した改造銃から指紋が検出されたと千堂から濡れ衣を着せられ、警察から追われたことから逃亡し廃校に潜伏する。その後、廃校の屋上で爽から無実を証明しようと説得され投降しようとした矢先、SATから狙撃されたのを回避しようとしてバランスを崩し屋上から転落し重体となる。事故後、富樫の懸命な聞き込みにより刈谷殺害の犯行時刻に24時間営業のスーパーに買い出しに行っていたアリバイが証明され、重篤な状態であったが意識を取り戻す。

ゲスト
第1話
佐久間義孝(さくま よしたか)
演 - 少路勇介(第5話)
捜査共助課課長。刑事部長・千堂の娘・優愛の婚約者。銀行強盗事件の陣頭指揮を執っていたが上層部の権力闘争のあおりをうけSATの出動要請がかなわず犯人を取り逃す失態を晒す。漣の仕掛けた女子高生・弥生との援交捏造の罠にはまり依願退職して失脚し、優愛との婚約も白紙となった。

5年前の傷害事件で被害者に見舞金100万円を渡していたことを漣から尋ねられ、自分をクビにした千堂に復讐するため、娘・優愛が起こした傷害事件を千堂が揉み消したことを教える。優愛のスポーツカーのドライブレコーダーを渡して証人になることを漣に約束するが、その裏では千堂に再就職先を斡旋されることで懐柔されており、更には自分を失脚させたのは漣であったことを教えられていたことから、漣が千堂を失脚させる動きを実行に移したところで彼を裏切る。

岸川信代(きしかわ のぶよ)
演 - 杉野なつ美
銀行強盗事件の人質。海外旅行の紙幣換金に銀行を訪れた際に蒲生に右上腿部を発砲され、右下半身が麻痺してしまう。

岸川健広(きしかわ たけひろ)
演 - 田上ひろし
信代の夫。定年退職して妻・信代を労うため初めて海外旅行に行く予定だった。

弥生(やよい)〈17〉
演 - 鳴海唯
佐久間を失脚させるための援交捏造に志歩が10万円で雇った女子高生。泥酔した佐久間とベットで撮影した写真を週刊誌に売り込むと脅迫し依願退職に追い込む。

第2話
Mr.預言者(ミスターよげんしゃ)
演 - 渡部豪太
本名・堀川順平(ほりかわ じゅんぺい)。「サタンのお告げ!」を決め台詞に毒舌を吐く芸でブレイクした一発屋芸人で人気が低迷していたが、連続通り魔事件の犯行現場を的中させる予言動画がバズり再注目を浴びる。しかしその予言は漣からプロファイリングで予測した情報を提供されたもので、出世の評価を得るのに世間から事件の関心を大きくするために利用されており、最後は偽の情報を掴まされて予言が外れ世間からペテン師扱いされ再び人気が低迷する。その後、人気者に返り咲こうと刺激的な動画を撮ろうとして公園を歩いていた20代の男性をナイフで刺した容疑で逮捕される。

第3話
内海(うつみ)
演 - 竹森千人
警務部の刑事。警視庁管内で暴力団から押収した拳銃が新潟で発見されたことから、警視庁内の拳銃横流しの主犯を見つけ出すことを漣に命じる。吉永の裏金作りを知った漣が馳のパソコンを調べる前にその証拠となるデータを削除している。

仲根(なかね)
演 - 岩瀬亮
警務部の刑事。内海の同僚。吉永が千堂を失脚させるために漣を利用しようとしていることを内海と話していた会話を漣にボイスレコーダーで録音される。

河北亮平(かわきた りょうへい)
演 - 荒井啓汰
覚醒剤の密売人で初台で発生した殺人事件の容疑者。高杉の拳銃横流しの証拠を掴むための餌にする拳銃を漣の指示で動いた富樫が覚醒剤に紛れさせて仕込むことに逮捕後の家宅捜索が利用された。

第4話
権藤勝利(ごんどう かつとし)
演 - 新原泰佑(第7話 - 最終話)
権藤秀夫の息子。警察学校卒業で警視庁への配属を控えており、「薩摩派」で面倒を見るよう秀夫から派閥の部下たちに紹介される。

漣に呼ばれ父・秀夫が23年前に上層部の「薩摩派」が押収物の拳銃を横流ししていたことを知りながら組織を守り秩序を保つために隠蔽を正当化する発言をする様子を隠れて傍聴しており、父に真実を告発するべきだと訴える。
5年後の2021年、刑事部捜査一課に配属されており、父が後見人を務める「改革派」に名を連ねる。

第5話
相澤(あいざわ)
演 - 松田賢二
「週刊ライト」の記者。捜査一課時代からの勇仁の知人で彼の葬儀にも参列していた。
漣から千堂の傷害事件揉み消しのスクープ記事の執筆を持ち掛けられるが、千堂からその様な事実はなかったと言い含められ、その代償に有名俳優の高原修二郎がシャブを使っている情報を提供され不祥事の記事を揉み消される。

第6話
加森沙代里(かもり さより)
演 - 中田有紀
民生党の国会議員。アイドル出身。商業施設の誘致を斡旋した受託収賄罪で漣からマークされていたが、2年かけて集めた捜査二課内の収賄の証拠資料が紛失する。しかし漣からの密命を受けた爽により、癒着する帝東商事の専務秘書の女性から授乳室で賄賂を受け取る証拠を掴まれ逮捕される。

若槻有造(わかつき ゆうぞう)
演 - 浜田晃(第7話)
内閣府特命担当大臣。自身の政治塾出身で子飼いである加森への賄賂の一部が自分に横流しされていることから、警視総監の任命権を有する国家公安委員会委員長でもあるため取り入ろうと接触してきた千堂に対し、彼女の収賄罪での逮捕に便宜を図るよう要求する。

次期警視総監の選出会議まで残り1週間足らずとなった際、駅前で街頭演説中に左の大腿部を何者かに狙撃される被害に遭う。

第7話
久瀬秀臣〈55〉
演 - 浜田学
SATの狙撃手だった男。機動隊からSATに配属後、千堂が所属していた頃の公安部に転属した後、依願退職している。漣のプロファイリングで捜査範囲を広げた結果、目撃情報やビルの屋上から硝煙反応が検出され若槻大臣狙撃の容疑で逮捕される。オリンピック開催を前に世間に警備の脆弱性を訴えるための犯行であったと自供するが、20年前潜入捜査をしていた同期で恋人を取り合った仲でもあった深海を射殺しており、彼の死が殉職として取り扱われていなかったことから、若槻大臣の狙撃を持ち掛けてきた千堂に名誉回復のため深海を公務での殉職扱いにして二階級特進を与え、その分の遺族年金も保障させる誓約書を交わし狙撃を引き受けていた。

警察の取り調べを受ける前に、久瀬は行きつけの居酒屋の店長に誓約書を預けており、漣の指示を受けた富樫が入手するも、千堂に加担した矢上総監に脅され手放したことで狙撃事件と千堂の繋がりを証明することが出来なくなり、結果的に若槻大臣の事件は「久瀬が単独で実行した犯行」として処理された。

深海慎吾
演 - 中川晴樹
元公安部の警察官。故人。20年前、手柄を立てたい矢上が当時公安部だった千堂を使い捜査一課への異動をダシに覚醒剤取引の潜入捜査を命令したことから復職を前提に警察を退職、ヤクザ組織の構成員として潜入するがミイラ取りがミイラになり覚醒剤に手を染めてしまい、覚醒剤の取引現場で突如錯乱状態に陥り、同じく潜入捜査をしていた刈谷が刑事であることを暴露したために遠方から包囲していた久瀬によって射殺される。しかし、遺体から覚醒剤が検出されたため公務中の殉職として扱われなかった。

深海麻里
演 - 松井佳子
深海慎吾の妻。久瀬は元交際相手であったが彼が身を引いたことで深海と結婚している。夫を射殺したことに負い目を感じている久瀬に対し、彼が幸せになることが夫婦の願いであると考えており、久瀬が夫の名誉回復のために大臣狙撃事件を起こしてしまったことに責任を感じている。

スタッフ
脚本 - 武藤将吾
演出 - 田村直己(テレビ朝日)、星野和成、片山修(テレビ朝日)
音楽 - 村松崇継
主題歌 - 宮本浩次 「sha・la・la・la」(ユニバーサルシグマ / Universal Music Japan)
挿入歌 - Rolling Stones「悪魔を憐れむ歌」(第1話)
警察監修 - 古谷謙一
ゼネラルプロデューサー - 内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー - 中川慎子(テレビ朝日)、中沢晋(オフィスクレッシェンド)
制作協力 - オフィスクレッシェンド
制作著作 - テレビ朝日


番組公式サイト
桜の塔 - Wikipedia

『桜の塔 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警視庁・捜査一課長 season5 TOP

『警視庁・捜査一課長』(けいしちょう・そうさいっかちょう)は、テレビ朝日系の2時間ドラマ「土曜ワイド劇場」(土曜日21:00 - 23:06)で2012年から放送されている刑事ドラマシリーズ。主演は内藤剛志。

好視聴率を受け、2016年4月から同年6月23日まで、同局系「木曜ミステリー」(木曜20:00 - 20:54)枠にて連続ドラマ版が放送された。全11話。(season1

2017年4月13日から同年6月22日まで、同局系「木曜ミステリー」(木曜 20:00 - 20:54)枠にて連続ドラマ版(season2)が放送された。全10話。

2018年4月12日から同年6月14日まで、同局系「木曜ミステリー」(木曜 20:00 - 20:54)枠にて連続ドラマ版(season3)が放送された。全10話。初回と最終回は2時間スペシャル。

2020年4月9日から同年9月3日まで、同局系「木曜ミステリー」(木曜 20:00 - 20:54)枠にて連続ドラマ版『警視庁・捜査一課長2020』(season4)が放送された。全16話。


2021年4月8日から同年6月17日まで、同局系「木曜ミステリー」(木曜 20:00 - 20:54)枠にて連続ドラマ版(season5)が放送された。全10話。


各話あらすじ 平均視聴率 11.76%
第1話 2021年4月8日「女子駅伝連続殺人!? 限界ギリギリを攻める女VS新生チーム大岩」 ※初回2時間スペシャル(20:00 〜 21:48) 視聴率 12.8%
 たたき上げの捜査一課長・大岩(内藤剛志)が凶悪事件に挑む刑事ドラマの新シーズン。東京・芝浦ふ頭の運河から男性の遺体が上がる。事件か事故か分からない中、大岩らが捜査を進めていると、遺体発見現場付近で新たに女性編集者の変死体が見つかる。真琴(斉藤由貴)らは、現場から逃走したとみられる人物を追う。

※2021年4月15日は『世界フィギュアスケート国別対抗戦2021』(18:30 〜 21:00 )放送のため、休止。

第2話 2021年4月22日「死を呼ぶ元ギャルの人生相談!? 矢印だらけの謎エステ」 視聴率 12.1%
 東京・虎ノ門の雑居ビルの屋上で看板の取り外し作業を行っていたベテラン職人の丹下(佃典彦)が転落死を遂げ、大岩(内藤剛志)らが臨場する。遺体のそばに落ちていた矢印の缶バッジは、最近カウンセリングでも話題を集めるエステ店のオーナー・直美(石川恋)の出版記念サイン会で配られたものと判明。直美は真琴(斉藤由貴)に、丹下には見覚えがないと証言するが…。

第3話 2021年4月29日「警察コスプレ殺人!! 刑事好きオタクがホシを挙げる!?」 視聴率 12.8%
 東京・中野で警察官風の衣装を着た食品輸入会社社員・優里(川添野愛)の刺殺体が発見され、大岩(内藤剛志)らが臨場。優里はパティシエコンテストの責任者で、前日はコスプレイベントに参加していた。そんな中、‘デカオタク’と呼ばれる時子(生駒里奈)が小山田(金田明夫)の追っかけを始める。

第4話 2021年5月6日「激辛シュークリームの殺意!? 抹茶をわさびに変える女」 視聴率 10.8%
 超辛口で知られるスイーツ評論家・渡会(柏原収史)が自宅マンションの敷地内で刺殺され、大岩(内藤剛志)らが臨場する。手にしていたのは人気パティシエールの元妻・幸子(阿部純子)の新作シュークリーム。渡会が失敗作と酷評したもので、クリームの代わりにワサビが詰められていた。一方、マネジャーの美貴(桜木梨奈)によると、渡会はワサビが大の苦手だったという。

第5話 2021年5月13日「着物ぐるぐる殺人!? 欧米好きの伝統職人と謎のコーラ」 視聴率 11.8%
 反物で巻かれた多田野(犬塚マサオ)の遺体が多摩川の河川敷で見つかり、大岩(内藤剛志)らが臨場する。多田野は父親の後を継いで東京・浅草で着物レンタル店を営んでいたが、安価なデジタルプリントではなく手描きにこだわり、倒産に追い込まれていた。そんな中、反物が高名な手描き職人の亡き祥雲(篠塚勝)の作と判明。真琴(斉藤由貴)は娘の着子(大西礼芳)に話を聞く。

第6話 2021年5月20日「変な前髪殺人!? 時をかける学ランと消えた第2ボタン」 視聴率 11.6%
 東京・立川の廃校舎で詰め襟の学生服を着た男性の遺体が見つかり、大岩(内藤剛志)らが臨場する。被害者は不正を報じられて経営破綻した元IT企業社長・常盤(辻本耕志)で、タクシー運転手によると‘制服合コン’に向かっていたという。さらにドライブレコーダーに、コートの下は制服と思われる特徴的な前髪の女性(大原櫻子)が廃校舎に行く様子が写っていて…。

第7話 2021年5月27日「犯人は心配性!? 素人ピアニストの凶器紛失トリック!!」 視聴率 11.9%
 会社社長の大友(渋江譲二)が川の近くで撲殺され、大岩(内藤剛志)らが臨場する。真琴(斉藤由貴)は大友が楽観的な性格と推察するが、そばには心配性の人向けの便利グッズが落ちていた。また、防犯カメラにはリュックを前に抱えた女性の姿が。大友の秘書の正美(森口彩乃)によれば、大友は契約している警備会社の責任者・凛子(中村ゆりか)と意見が衝突していたという。

第8話 2021年6月3日「○×クイズ殺人!? 賞金1000万円を奪う女と謎のギター男」 視聴率 11.1%
 東京・お台場に住む商社社員・海野(森田甘路)が刺殺され、大岩(内藤剛志)らが臨場。会社員だが、テレビ番組の‘クイズ王’としても知られる海野は、文字を切り貼りした出題カードを握りしめていた。真琴(斉藤由貴)はその切り貼りが均等でないことが気に掛かる。そんな中、海野が番組の優勝賞金1千万円を恋人だった玲(井桁弘恵)につぎ込んでいた可能性が浮上する。

第9話 2021年6月10日「最先端すぎる殺人!? 最新自転車に乗る容疑者女VS補助輪の女」 視聴率 10.0%
 アパレル会社社長の錦野(寺門ジモン)が東京・銀座の本社前で刺殺され、大岩(内藤剛志)らが臨場する。社員の沙也加(実咲凜音)によると、錦野は注目のデザイナー・美絵(高橋ユウ)に業務提携を迫っていたらしい。一方、防犯カメラに写っていた最新の自転車に乗る女性の足取りを追った真琴(斉藤由貴)は、明らかに美絵をまねているデザイナーの千歳(吉田志織)に行き着く。

最終話 2021年6月17日 ※2時間スペシャル(20:00 〜 21:48) 視聴率 12.7%
 東京・浅草のアトリエで食品サンプルデザイナーの神下(林泰文)が刺殺され、手にはナポリタンのサンプルが。神下は、大岩(内藤剛志)が10年前の殺人事件の際に取り調べをした相手だった。そんな中、大岩の知人でパリ警視庁の刑事・花絵(馬場ふみか)が来日し、神下作のそのサンプルはパリの博物館に展示中だったが、本人が盗み出した可能性が浮上したと告げる。


概要
内藤剛志演じる“たたき上げ”捜査一課長・大岩純一と熱き刑事たちが被害者の無念を晴らすため、東京全域を疾走するシリーズ最新作。今作でも斉藤由貴、本田博太郎、陽月華、鈴木裕樹、ナイツ・塙宣之、床嶋佳子、金田明夫らおなじみのメンバーが集結。今までのテイストはそのままに、新たなことにも挑戦していく。


キャスト
内藤剛志
大岩純一 役
警視庁捜査一課長。400人以上の精鋭集団・捜査一課を束ねるリーダー。都内で起きた全ての凶悪事件現場に臨場し、各捜査本部の指揮に当たる。捜査員たちからの信頼も厚く、その業務は多忙を極める。一人娘を病で失った悲しい過去があり、月命日には娘の好物だったカレーとプリンを食べている。

松下由樹
今田美蓮 役
ファッションデザイナー。関東新聞社会部の記者だった夫が1年前に失踪している。娘の亜希はモデルとして活動中。

三吉彩花
妹尾萩 役
新宿中央署の刑事課に配属されたばかりの新人刑事。母親の仕事の関係で海外生活が長かったため、日本人らしくその場の空気を読んだり、相手の心を察することが苦手。思ったことをはっきりと伝える性格。

金田明夫
小山田大介 役
警視庁捜査一課・庶務担当管理官。大岩の右腕として捜査を進める頼れる存在。多数の捜査員を動員して行う“大捜索”で目標物を探し当てる能力が人一倍高いことから、“見つけのヤマさん”とも呼ばれている。恐妻家で、妻には弱い。

スタッフ
脚本:深沢正樹、田辺満
監督:池澤辰也、木川学、濱龍也
プロデューサー:関拓也、残間理央、島田薫


番組公式サイト
警視庁・捜査一課長 - Wikipedia

『警視庁・捜査一課長 season5 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の夫は冷凍庫に眠っている TOP

『私の夫は冷凍庫に眠っている』(わたしのおっとはれいとうこにねむっている)は、2021年4月10日から同年5月15日まで、テレビ東京系で、土曜23時25分 - 23時55分枠に新設の「サタドラ」枠で放送された。全6話。主演は本仮屋ユイカ。なお、本作ではオリジナルストーリーが作成され、ドラマオリジナルの展開が追加された。


各話あらすじ
第1話 2021年4月10日「再臨」
 輸入家具や雑貨を取り扱うネットショップで生計を立てながら、郊外の一軒家でひっそりと暮らしていた如月夏奈(本仮屋ユイカ)は、数カ月前に偶然知り合い婚約した佐藤亮(白洲迅)と一緒に暮らすことに。だが幸せな時間も束の間、亮が豹変し、暴力を振るうようになってしまう。情事のあと、ほろ酔い状態の亮を絞殺する。その死体を物置の古い冷凍庫に隠し、自由な生活が始まるはずだったのだが――。

第2話 2021年4月17日「生贄 」
 殺したはずの佐藤亮(白洲迅)がなぜか生きている。だが死体は冷凍庫で凍ったまま。「殺すだけじゃ足りない」ーそう考えた如月夏奈(本仮屋ユイカ)は、死体の一部をミンチ状にし、亮に食べさせるという恐ろしい企てを思いつく。ところが翌日、人が変わったかのように「職に就いて、いい夫になる」と言い出す亮。そんな言葉に騙されまいと、夏奈は夜中に仕込んだあの肉のハンバーグを弁当に詰めて、面接に向かう亮に手渡すが…。

第3話 2021年4月24日「聖餐 」
 如月夏奈(本仮屋ユイカ)と佐藤亮(白洲迅)の奇妙な生活は、相変わらず続いていた。だが冷凍庫には間違いなく死体が眠っている――夏奈は仕事の帰りにふと心理カウンセラーの母・木芽(浅田美代子)のオフィスへ。話をしている最中、冷凍庫が置いてある倉庫の鍵を閉め忘れたことを思い出す。一方、木芽が依頼した探偵・阿久津誠(おかやまはじめ)は、亮の履歴書を入手。内容を見た木芽は、ある不可解な点に気づく。

第4話 2021年5月1日「告解 」
「知りたいだろ?自分が誰を殺したのか」――佐藤亮(白洲迅)は、如月夏奈(本仮屋ユイカ)の犯行に気づいていた。ならば亮は一体誰なのか?恐怖と混乱が入り混じる中、身の危険を感じた夏奈は隙をついて倉庫に鍵をかけ立てこもる。一方、阿久津誠(おかやまはじめ)の調査で、亮の本名は“久保田奏”だと判明。さらに不動産の転売に手を染める半グレだと知った如月木芽(浅田美代子)は、慌てて夏奈に事実を伝えようとするが…。

第5話 2021年5月8日「禁忌 」
 亮(白洲迅)が「久保田奏」だと聞いた木芽(浅田美代子)は、夏奈(本仮屋ユイカ)を守ろうと駆け付け、亮をナイフで刺してしまう。夏奈は「亮と奏は双子だ」と訴えるが、木芽は聞く耳を持たない。幸い孔雀(斉藤由貴)の機転で亮は大事には至らずに済む。夏奈は木芽に、亮と同じ顔の冷凍庫の遺体を見せ、自分が奏を殺したと告白。亮に謝罪した木芽は‘夏奈は普通とは違う子’だと告げる。

最終話 2021年5月15日「覚醒 」
 奏の遺体が消えた翌日、不動産仲介業者・唐沢(青柳翔)は木芽(浅田美代子)のクリニックへ。遺体を隠したこと、木芽が夏奈(本仮屋ユイカ)の親ではないことを問い詰め、揺さぶりをかけるが、木芽は何も答えない。業を煮やした唐沢は、木芽との食事に出掛けた夏奈の隙をついて家へ侵入し、殺害の証拠をつかもうとする。一方、亮(白洲迅)は孔雀(斉藤由貴)から夏奈の過去を聞かされる。


原作概要
『私の夫は冷凍庫に眠っている』は、2019年に小説投稿サイト「エブリスタ」に掲載された八月美咲による小説。のちに高良百によってコミカライズされ、2020年4月2日から2021年2月25日にかけてiOS・Android用マンガ雑誌アプリ「マンガワン」(小学館)で配信連載された。


キャスト
如月夏奈 - 本仮屋ユイカ

佐藤亮 - 白洲迅

唐沢幸介(亮が勤務する不動産会社の上司) - 青柳翔(劇団EXILE)

木芽(夏奈の母親) - 浅田美代子

阿久津誠(木芽の依頼で亮の調査をする探偵)- おかやまはじめ

孔雀(夏奈の家の向かいに住むミステリー作家) - 斉藤由貴

スタッフ
原作 - 八月美咲『私の夫は冷凍庫に眠っている』
監督 - 御法川修
脚本 - 大谷洋介、本山久美子、御法川修
音楽 - 木戸崇博、村田有希
エンディングテーマ - MATSURI「金魚すくい」(Being)
プロデューサー - 岡部紳二、佐々木梢、宮田幸太郎
製作協力 - スタジオブルー
製作 - テレビ東京、テレビ東京制作


番組公式サイト
私の夫は冷凍庫に眠っている - Wikipedia

『私の夫は冷凍庫に眠っている TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月31日

声春っ! TOP

『声春っ!』(こえはるっ)は、 2021年4月29日(28日深夜)から同年7月1日(6月30日深夜)まで、毎週水曜24:59〜25:29に日本テレビで放送中。全10話。主演は日向坂46。


各話あらすじ
第1話 2021年4月28日「夢の形」
 うまく喋れないことにコンプレックスを抱える日ノ輪めいこ(佐々木美玲)。心の拠り所は、ただ一つ。人気漫画家金閣寺炎上が描く、週刊ホップで連載されている大ヒット漫画「涙色戦記」。そんなある日、「涙色戦記アニメ化、ヒロインオーディション開催」の情報を知る。「金閣寺炎上先生の世界に入りたい!」めいこはその夢を叶えるため、そして自分を変えるために、きらめき声優学園に入学する。入学初日からトラブルに巻き込まれ、遅刻してしまっためいこは、元気で明るい少女、天道まな(丹生明里)に救われる。その教室にはまな以外にも、個性豊かな少女たちが集まっていた。そんな中、子供の頃からめいこになにかとちょっかいをかける、尼崎あまね(渡邉美穂)も同じ学校へ入学していたことを知る。一気に落ち込むめいこ。そんな登校初日だったが、月川雪菜(金村美玖)・本田多恵(河田陽菜)・草間愛理(上村ひなの)を中心とする教室の個性豊かな面々が、めいこと同じ学生寮、ドレミ荘のメンバーであったことを知る…。


第2話 2021年5月5日「好敵手未満」
 めいこ(佐々木美玲)たちがきらめき声優学園に入学して一か月。ドレミ荘メンバーと共に生活するめいこは、パワフルなまなの性格と能力に、あこがれ以上に劣等感を感じてしまう日々を過ごしていた。そんな中、【どんな声優になりたいのか】を考える自己PRシートの提出が課題で出される。思い思いの声優像を記入する生徒たち。一方で、「声優として、自分の優れているところは?」という項目を埋められないめいこは悩み続けていた。岩尾先生(平野綾)に自己PRシートの提出を急かされるめいこだったが、そこで意外にもまながめいこ同様、自分が優れているところを記入できていないことを知る。 そんな時、突如まなの携帯に不穏な着信が鳴り…。


第3話 2021年5月12日「外見と中身」
 草間愛理(上村ひなの)やきらめき声優学園のクラスメイト達から、次々と声をかけられるようになり、驚きつつも喜ぶめいこ(佐々木美玲)は楽しい学園生活を過ごしていた。そんなある日、声優のアドリブ力が問われる実習で実技課題を振られる愛理。課題に取り組む愛理だったが、思いの外グダグダな対応になってしまいクラスメイトから引かれてしまうのだった。愛理は、話の整理がつかずトークが上手くいかないことで悩んでいることをドレミ荘メンバーに打ち明ける。そこで、めいこから学ぶため、師匠と呼び、弟子入り宣言をする愛理。それに対してめいこは戸惑いながらも行動を共にすることになるが…。


第4話 2021年5月19日「憧れと嫉妬」
 岩尾先生(平野綾)から校内オーディションの開催が告げられ、色めき立つ一同。特に月川雪菜(金村美玖)と本田多恵(河田陽菜)の二人は、憧れのまりりん&るびーの妹分的アイドルトリオのオーディションと知って興奮が止まらない。一方めいこ(佐々木美玲)はオーディション課題に歌唱や創作ダンスなどがあると聞いて最初受験をためらっていたが、大好きな炎上先生も夢中のシリーズと知り、挑戦を即決する。結局ドレミ荘メンバー全員がオーディションを受けることとなり、テンションMAXの雪菜のリードで、まずはセルフプロデュースの一環と皆でショッピングセンターへ買い物に向かうのだが…。


第5話 2021年5月26日「諦めが肝心」
 あのオーディションからあっという間に1年。寮母の春風ちずえ(高本彩花)が切り盛りするドレミ荘には、新しい寮生が加わっていた。玄米校長(山寺宏一)の特別プログラムも佳境を迎える中、めいこ(佐々木美玲)は優しく後輩を指導するまでに成長、あまね(渡邉美穂)・まな(丹生明里)と並んで2年のトップ3と言われるほどに。だんだん卒業が近づき、一同は声優としての所属事務所探しに必死になっていたが、あまねや雪菜(金村美玖)の表情は冴えない。さらに、きらめきプロジュニア所属であるはずのちずえまでなにやら思い悩む様子。そんな中、めいこに電話がかかってくる…。


第6話 2021年6月2日「卒業」
 金閣寺炎上先生(竹中直人)からの「涙色戦記」アニメ化プロジェクト中止の発表に、がっくりと落ち込むめいこ(佐々木美玲)。そんな時、卒業制作にアニメを作ろうとしている美大生・誠実(菅井義久)と偶然出会い、声優としてアニメ制作に関わることになる。めいこは、卒業が迫るドレミ荘メンバーたちへ、それぞれの進路へ進んで皆がバラバラになる前に、記念にこの作品に参加しようと提案する。めいこは必死に誠実を励ましながら、アニメ制作を進めようとするが・・・。


第7話 2021年6月9日「挫折の先に」
 めいこ(佐々木美玲)がきらめき声優学園を飛び出してから1年の月日が経とうとしていた。清掃のバイトで生活するかたわら、多恵(河田陽菜)や愛理(上村ひなの)を筆頭にドレミ荘メンバーの活躍を目にするめいこは、いまだに失意の中にいた。
そして、ある出来事をきっかけに、学園の仲間たちと再会する・・・。


第8話 2021年6月16日「選ばれたい」
 目標としていた「涙色戦記」ヒロインオーディションへの招待をうけためいこ(佐々木美玲)とまな(丹生明里)たち。プロデューサーの柿沢(武田航平)から説明を受けためいこは、オーディション参加を決意し、ドレミ荘メンバーとともに集中特訓を行うことにするが…。


第9話 2021年6月23日「選ばれない」
 「涙色戦記」ヒロインオーディションの一次試験を無事通過しためいこ(佐々木美玲)とまな(丹生明里)たち。最終試験参加者3名までに絞る二次試験へ挑むドレミ荘メンバーだったが、同じ会場には大人気ユニット『まりりん&るびー』のまりりん(松田好花)という超強力なライバルもあらわれ…。


最終話 2021年6月30日「声春」
 プロデューサーの柿沢(武田航平)の話からオーディションの裏側事情を偶然にも知ってしまっためいこ(佐々木美玲)とまな(丹生明里)。激昂する2人だったが、「もう逃げたくない」この想いを胸に最後までやり遂げることを誓う。最終オーディションへ向かう2人の結末とは…!


概要
同局の「DASADA」に続く日向坂46が主演を務める青春群像劇。声優学校を舞台に、少女たちの夢と挑戦の日々を描く。秋元康が企画・原作を手掛け、脚本は通称“チェリまほ”で話題となった「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」(テレビ東京ほか)の吉田恵里香が前作に続き担当する。


ストーリー
人気漫画家・金閣寺炎上(竹中直人)の漫画「涙色戦記」が心のよりどころである日ノ輪めいこ(佐々木美玲)は、ある日、「『涙色戦記』アニメ化、ヒロインオーディション」の開催を知る。人前でうまくしゃべれないコンプレックスがあるが、ひそかに声優になることを夢見ていためいこは、夢をかなえるため、そして自分を変えるため「きらめき声優学園」に入学する。

学園には元気で明るい天道まな(丹生明里)ら個性豊かなメンバーがそろっており、中には子どもの頃からめいこにちょっかいをかける尼崎あまね(渡邉美穂)も。さらに、めいこは教室に集まった生徒たちが同じ学生寮「ドレミ荘」のメンバーだと知る。


キャスト
日ノ輪めいこ
演 - 佐々木美玲
主人公。うまく話せないコンプレックスを抱えている。夢を叶えるためにきらめき声優学園に入学する。

天道まな
演 - 丹生明里
もう一人の主人公。明るい元気な少女でありながら、事故で剣道を諦めた過去がある。めいこのライバルの友人。

尼崎あまね
演 - 渡邉美穂
めいこの子供の頃からの同級生。地元の高級旅館のお嬢様であり、何でも器用にこなす優等生。

月川雪菜
演 - 金村美玖
みんなより2つ年上のクールなお姉さん。アイドルを目指していたがいつも選考外。声優のアイドルを目指している。

本田多恵
演 - 河田陽菜
雪菜を神のように慕っている。地味な存在であったが、オーディションでアイドルグループに選ばれる。

春風ちずえ
演 - 高本彩花
みんなの暮らす寮の寮母さん。プロの声優でありながら、なかなか仕事が増えず伸び悩んでいる。

まりりん
演 - 松田好花
ちずえと同期の人気声優。

草間愛理
演 - 上村ひなの]
天使のようなかわいい少女。めいこと同じコンプレックスを抱えているが、めいこに憧れ師匠として慕う。

るーな(ハンカチ)の声
演 - 潮紗理菜
めいこが持っている、ハンカチに印刷されたアニメキャラの声。物語の進行役。

その他
大俵玄米
演 - 山寺宏一
きらめき声優学園の校長。

岩尾先生
演 - 平野綾
きらめき声優学園の講師。

おばちゃん
演 - 戸田恵子
めいこの祖母。

金閣寺炎上
演 - 竹中直人
アニメ化作品も多数ある大人気の漫画家。最新作の「涙色戦記」を連載中。

スタッフ
企画・原作 - 秋元康
監督 - 新城毅彦、西村了
脚本 - 吉田恵里香
音楽 - 牧戸太郎]
製作 - 南波昌人、高谷和男
プロデュース - 植野浩之、今野義雄
プロデューサー - 茂木徹、山王丸和恵、長汐祐人
宣伝プロデューサー - 深澤優樺
制作プロダクション - AOI Pro.
製作著作 - 『「声春っ!」製作委員会』


番組公式サイト
声春っ! - Wikipedia

『声春っ! TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラブコメの掟〜こじらせ女子と年下男子〜 TOP

『ラブコメの掟〜こじらせ女子と年下男子〜』(ラブコメのおきて こじらせじょしととししただんし)は、2021年4月8日(7日深夜)から同年6月24日(23日深夜)まで、テレビ東京系深夜ドラマ枠「水ドラ25」で毎週木曜 1時10分 - 1時40分(水曜深夜)に放送された。全12話。主演はテレビ東京系連続ドラマ初主演となる栗山千明。


各話あらすじ
第1話 2021年4月7日
 九条瑠璃(栗山千明)は、電子コミックの編集部で働く優秀なアラサー。パーフェクトな外見と言動から恋愛経験豊富と思われてきた。しかし実際は、15年前の大学時代に彼氏が一瞬いただけの恋愛ド素人。そんな瑠璃が、“見た目も中身もパーフェクト”な職場の後輩・真宮亮(小関裕太)から突然、飲みに誘われ恋愛相談を持ち掛けられる。「誰と付き合っても3か月以上続かない」と打ち明ける亮に「あなたがまだ本当の出会いをしていないだけよ」とドヤ顔で答える瑠璃。これもすべて瑠璃が少女漫画から得た知識!しかし…飲みすぎた瑠璃が翌朝目を覚ますと、隣には亮の姿が!瑠璃の頭の中は大パニック。そして、なぜか瑠璃は亮に恋愛指南をすることに!理想の彼氏像を体現していく亮に瑠璃の15年ぶりのトキメキが止まらない!


第2話 2021年4月14日
 酔っぱらって記憶をなくし、目覚めたら自分の部屋で隣に亮(小関裕太)の寝顔が。酔っぱらった勢いで瑠璃による恋愛指南として二人はお付き合いをする話になっていた。余裕をかまし亮を送り出す瑠璃だったが内心は「できっこない!」と動揺を隠せない。そんな瑠璃とは対照的にオフィスでも亮は平常モード。モヤモヤする瑠璃。そうした中、亮から「今日、一緒に帰りませんか?」と誘われ…。弟・惇太(草川拓弥)も助けてくれず、焦る瑠璃は、亮に連れられ夜景スポットへ。瑠璃の二人の“恋愛指南”ラブに思わぬ進展が!?


第3話 2021年4月21日
 ロマンチックな夜景スポットで「いつもフラれてばかり」と意外な事実を亮(小関裕太)から聞かされた瑠璃(栗山千明)。カッコつけて一人で帰ろうとした矢先に、つまづき亮に抱きかかえられ、そこからの…まさかのキス!!一夜明け、悶々として眠れなかった瑠璃は「あれは事故キス」と動揺を収めようとする。職場でも亮を意識しないよう亮のことを「ただの電柱」と思いこもうとする瑠璃。そんな瑠璃の気持ちを知ってか知らずか、亮は「今週末デートしませんか?」とさらなる誘いをかけてきた!亮が選んだのは遊園地。遊園地と言えば“観覧車で何かが起きる”のが少女漫画の定番。手に汗握る、二人のラブの行方は!?


第4話 2021年4月28日
 「観覧車では何かが起こる」と言われていた通り、亮(小関裕太)との初のデートで手をつないでしまい、帰り道にはプレゼントでピアスまでもらってしまった瑠璃(栗山千明)。次の日になってもデートの記憶が頭から離れず、すっかり主役気分になってしまっていた瑠璃は、「あれは私のデートじゃない」と心を落ち着かせようとする。気を取り直して社長が招集をかけた会議に参加すると、そこに現れたのは親会社の専務の立花エリカ(堀田茜)。彼女の登場が思わぬ展開に!?パーフェクトキャリアウーマンの瑠璃の前に立ちはだかる彼女の正体とは一体!?


第5話 2021年5月5日
 亮(小関裕太)と立花エリカ(堀田茜)がフロアーを出る姿を目撃した瑠璃(栗山千明)は、2人きりで話している内容を聞いてしまった。亮の振り向かせたい相手は、まさか元カノのエリカ…!?瑠璃は恋愛指南として亮と付き合っていたはずだが、なぜか自分がエリカにやきもちを妬いていることに気づく。家に帰り酒を飲み気持ちを紛らわせようとするが、その姿を見た弟の惇太(草川拓弥)に呆れられてしまう。次の日から瑠璃は、自然と亮を避けるようになり、亮も自分が避けられていることを察する。しかし、事態は思わぬ展開に!?


第6話 2021年5月12日
 亮(小関裕太)に、恋愛指導を終わりにして今まで通り上司と部下に戻ろう、と告げた瑠璃(栗山千明)。泣きそうになるのを堪えながら走り去り、家に駆け込む。玄関に座り込んで顔を上げた目線の先には、本棚にある少女漫画の「今日、恋を始めます」。「はじまる前に、終わっちゃった」と瑠璃がつぶやくと後ろから「勝手に終わらせないでください」と声が。ハッと振り返ると、そこには亮の姿が!瑠璃の後を追いかけてきた亮から衝撃の告白が…。果たして二人の恋の行方は…!?


第7話 2021年5月19日
 亮(小関裕太)の、瑠璃(栗山千明)の家に行きたいというお願いから、汚い部屋を片付けるため、急いで家に帰る瑠璃。前から歩いてきた男・賢治(吉沢悠)と少しぶつかり、賢治が倒れてしまう…。突然の出来事に慌てる瑠璃は懸命に声をかけるも、賢治は動かない。救急車を呼んで、病院に付き添って、家に帰ってきたらすっかり夜中になってしまった。やっと家に帰れた瑠璃は、力の限り片づけたものの、亮が瑠璃の家に来るまでのタイムリミットは残り1日。果たして彼氏との家デートは成立するのか!?


第8話 2021年5月26日
 亮(小関裕太)がシャワーを浴びている間に、完全に眠ってしまった瑠璃(栗山千明)。すると亮は瑠璃の部屋に落ちていた名刺に気づく。そこにはなんと亮の兄である『真宮賢治』(吉沢悠)の名が…!? 次の日、会社で明らかに元気のない亮を見て、瑠璃は、自分が昨晩寝てしまったことに怒っているのだと勘違いをする。だが実際は、昨日の名刺のことで何か心に闇を抱えている亮。亮は賢治に電話をかけ、もう自分たちに関わらないように言ったのだった。亮と賢治の間には、いったい何があったのか!?そうした中、瑠璃と亮の前に、賢治が登場…!?


第9話 2021年6月2日
 明後日が亮(小関裕太)の誕生日だと知った瑠璃(栗山千明)。誕生日を誰からも祝ってもらったことがないと聞き、瑠璃は「真宮君の今までの分も全部ひっくるめて、最高の誕生日にするから」と並々ならぬ決意を亮に告げる。とはいったものの、恋愛ド素人の瑠璃には何をすればいいかさっぱりわからない…。少女漫画やネットに頼りリサーチするも、なかなかいい案が見つからず、会社のメンバーにそれとなく聞いたりしてアイデアをまとめる。誕生日当日、会社ではある事件が!果たして瑠璃は最高の誕生日にすることができるのか?!


第10話 2021年6月9日
 朝、瑠璃(栗山千明)の家で目覚める亮(小関裕太)。賢治(吉沢悠)からの着信が来るが、亮は無視をする。しかし瑠璃から、賢治が倒れた原因が過労だったと聞き、亮は賢治に会うことを決意する。次の日、会社で明らかに元気がない亮を見て、瑠璃は会議室に呼び出す。亮は、昔賢治に家から出て行けと言われたのに、今更になって会社を手伝ってくれと言われ、混乱をしていると打ち明けた。その姿を見た瑠璃は、賢治に会うことにする。賢治の意思を確認すべく、話をした瑠璃。すると、賢治から衝撃の発言が…。


第11話 2021年6月16日
 瑠璃(栗山千明)は賢治(吉沢悠)に、亮(小関裕太)と別れてほしいと言われてしまう。賢治の言った「自分のために生きてほしい」という言葉に引っかかる瑠璃。亮だって自分のために生きている、と考えつつも、亮は今の仕事を辞めて、賢治のところに戻りたいのが本心なのではないかと考える。次の日、瑠璃は会社で思い切って亮の本音を聞いてみることに。すると、亮は兄の誘いを少し嬉しいと思っていたことを打ち明ける。亮の本音を聞いた瑠璃は、思わぬ決断に走る…!?


最終話 2021年6月23日
 「離れよう」と告げた瑠璃(栗山千明)。亮(小関裕太)に背を向けて歩き始める瑠璃の後を追えず、亮は立ち尽くした。
次の日、職場からの帰り際、瑠璃の前に突然、亮が現れ会議室に引っ張り込まれる。別れに納得がいかない亮は「俺はもう1回片思いするだけです」と訴える。その瞬間、突然力が抜けて、亮は倒れてしまった。亮を家に送り届けた後、本棚の少女漫画をおもむろに捨てようとする瑠璃。すると、「なまえのないお姫様」という一冊の絵本が瑠璃の目に飛び込んできた。亮との思い出を振り返りながらページをめくる瑠璃…その時、瑠璃の手が止まった。二人の運命の歯車がまた大きく動き出す!


ストーリー
大学時代に一瞬彼氏を持ったことがあるだけの恋愛経験がゼロに等しい電子コミック編集部に勤務する女性が、中身も外見もパーフェクトなのに振られ続けっぱなしの後輩社員にふとしたきっかけで嘘の恋愛指南をすることにより巻き起こる恋愛模様を描くラブコメディ。


キャスト
九条瑠璃(くじょう るり)〈34〉
演 - 栗山千明
電子コミック編集部に勤務する容姿端麗なアラサー女子。

真宮亮(まみや りょう)〈27〉
演 - 小関裕太
瑠璃の後輩社員。中身も外見もパーフェクトなのに振られ続けている。

九条惇太(くじょう じゅんた)
演 - 草川拓弥(超特急)
瑠璃の弟。

真宮賢治(まみや けんじ)
演 - 吉沢悠
亮の兄。

立花エリカ(たちばな えりか)
演 - 堀田茜
瑠璃の会社の役員。

野川未希(のがわ みき)
演 - 井筒しま
瑠璃の会社の後輩。

ゲスト
第10話
五月女恵
演 - 江口のりこ
『ソロ活女子のススメ』とのクロスオーバー。

スタッフ
監督 - 河原瑶(テレパック)
脚本 - 大林利江子、鈴木裕那、青塚美穂
主題歌 - 倉木麻衣「Can you feel my heart」(NORTHERN MUSIC)
エンディングテーマ - SHE'S 「Spell On Me」(Virgin Music / UNIVERSAL MUSIC)
EDタイトル漫画 - 狩谷希
技術協力 - フォーチュン
美術協力 - 山崎美術
照明協力 - Kカンパニー
プロデューサー - 森田昇 漆間宏一(テレビ東京)、金沢友也(テレパック)
制作 - テレビ東京、テレパック
製作著作 - 『ラブコメの掟〜こじらせ女子と年下男子〜』製作委員会


番組公式サイト
ラブコメの掟〜こじらせ女子と年下男子〜 - Wikipedia

『ラブコメの掟〜こじらせ女子と年下男子〜 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

理想のオトコ TOP

『理想のオトコ』(りそうのおとこ)は2021年4月8日(7日深夜)から同年5月27日(26日深夜)毎週木曜の0時40分 - 1時10分(水曜深夜)にテレビ東京系の深夜ドラマ枠「ドラマParavi」で放送。全8話。主演は蓮佛美沙子。


各話あらすじ
第1話 2021年4月7日「人生最大のモテ期到来!?」
 32歳独身の美容師・小松燈子(蓮佛美沙子)はある日、編集者の親友・茉莉沙(藤井美菜)から、これから授賞式に登壇する漫画家・ミツヤス(安藤政信)の身なりを整えてほしいと頼まれる。そのまま授賞式に訪れた燈子は偶然にも同級生・圭吾(味方良介)と再会、さらにデザイナーの高野(瀬戸利樹)と出会う。そんな中、舞台上から時折ミツヤスの視線を感じる燈子。この視線の意味は…一体?式典後、ひょんなことから飲みに行くことになった燈子とミツヤス。一方で茉莉沙も高野と二人で飲むことに、この夜を境にアラサー女子たちの恋愛の歯車が一気に動き出す!

第2話 2021年4月14日「失敗は恋の始まり」
 ミツヤス(安藤政信)との一夜の過ちに落ち込む燈子(蓮佛美沙子)は、体の関係から始まる恋もありだと茉莉沙(藤井美菜)に励まされる。しかし、茉莉沙には相手がミツヤスだと言えずにいた。恋愛に発展する訳がないと思いながらも彼のことが頭から離れない燈子は、圭吾(味方良介)から突然の告白を受け、2人の間で気持ちが揺れ動く。そして、燈子は意を決して再びミツヤスと会う。

第3話 2021年4月21日「これって勘違い?」
 燈子(蓮佛美沙子)とミツヤス(安藤政信)は連絡を取り合い、会うようになる。会うごとにミツヤスへの思いを募らせる燈子は、久しぶりの恋に戸惑いながらも、期待を抱き始める。ところが、アシスタントの最賀(平井亜門)から2人の関係を聞かれたミツヤスの答えに、燈子はあぜんとしてしまう。一方、茉莉沙(藤井美菜)は高野(瀬戸利樹)からアプローチされ、少しずつひかれていく。

第4話 2021年4月28日「年上のオトコと同級生のオトコ」
 燈子(蓮佛美沙子)はミツヤス(安藤政信)の言葉にショックを隠しきれない。圭吾(味方良介)は燈子の落ち込みを察し、食事に誘う。安心できる圭吾と、気付くと頭に浮かぶミツヤス。2人の間で、燈子の心は揺れ動いていた。一方、茉莉沙(藤井美菜)は夫の正樹(武田航平)の行動に違和感を覚える。

第5話 2021年5月5日「僕はダメなオトコです」
 圭吾(味方良介)の“結婚”というワードを聞き、ミツヤス(安藤政信)から告白を取り消しされる燈子(蓮佛美沙子)。告白してきたかと思えば、今度はフラれる羽目に。圭吾が理想のオトコだったら、自分を幸せにしてくれそうな気がする…分かっているのに、どうして?燈子はそんな感情に振り回されていた。

第6話 2021年5月12日「貴方をずっと待っている」
 ミツヤス(安藤政信)と付き合い始めた燈子(蓮佛美沙子)。だが仕事に夢中になると連絡が取れないミツヤスに不安が募り、仕事にも支障が。そこへ圭吾(味方良介)から連絡が入る。一方、正樹(武田航平)に浮気への疑念を告げた茉莉沙(藤井美菜)は、高野(瀬戸利樹)から夫婦関係の不調を指摘される。

第7話 2021年5月19日「すれ違う2人」
 電話口で燈子(蓮佛美沙子)の様子を察した圭吾(味方良介)が訪ねてきた。圭吾にまた心配を掛けたと反省する燈子は、連絡が取れないミツヤス(安藤政信)を気に留めないよう、携帯電話の電源を切ってしまう。ミツヤスは燈子が音信不通となったことにがくぜんとする。一方、茉莉沙(藤井美菜)は高野(瀬戸利樹)と距離を縮めるが、2人でいるところを正樹(武田航平)に見られ…。

最終話 2021年5月26日「理想のオトコとは?」
 久しぶりに2人で会った燈子(蓮佛美沙子)とミツヤス(安藤政信)は、改めてお互いへの思いを打ち明けることで心を通わせていた。そんな中、ミツヤスが旅先で描いてきたデッサンから、とある事実が発覚する…! 一方、茉莉沙(藤井美菜)は、夫・正樹(武田航平)との今後について、一つの決着をつけようとしていた。その決断に、高野(瀬戸利樹)は…。様々な事情が交錯する大人の恋。2人の女性が選んだ「理想のオトコ」とはーー。


原作概要
『理想のオトコ』は、チカによる漫画。電子コミックサービス「LINE マンガ」(2018年7月 - 2019年8月)と「Palcy」(2019年11月 - 2020年4月)で連載されていた。恋から暫く遠ざかっている32歳の女性美容師が10歳上の漫画家とかつての同級生との間で揺れ動く大人のラブストーリーを描く。


キャスト
小松燈子〈32〉(独身の美容師) - 蓮佛美沙子(幼少期:田中乃愛)

安積茉莉沙〈32〉(編集者・燈子の親友) - 藤井美菜

高野正巳〈22〉(新進気鋭のデザイナー) - 瀬戸利樹

志摩圭吾〈32〉(茉莉沙の同僚・燈子の高校時代の同級生) - 味方良介

ミツヤス〈42〉(漫画賞を受賞した漫画家) - 安藤政信(青年期:松村陸斗)

京子(澄子の勤めるヘアサロン・エマーニのオーナー) - しゅはまはるみ

安積正樹(茉莉沙の夫) - 武田航平

最賀(ミツヤスのアシスタント) - 平井亜門

ふみ(ヘアサロン・エマーニの美容師) - 里々佳

神田(ヘアサロン・エマーニの美容師) - 岩上隼也

小町敏史(編集長) - 黒須洋嗣

スタッフ
原作 - チカ 『理想のオトコ』(KCコミックス / 講談社刊)
脚本 - 小松江里子
監督 - 宮脇亮、北川瞳、吉野主
音楽 - 鈴木ヤスヨシ
オープニングテーマ - 足立佳奈「ノーメイク」(Sony Music Labels)
エンディングテーマ - 大橋ちっぽけ「By Your Side」(日本コロムビア/TRIAD)
美容指導 - Kivi
技術協力 - ビデオスタッフ
美術協力 - BEENS
チーフプロデューサー - 山鹿達也(テレビ東京)
プロデューサー - 小松幸敏(テレビ東京)、高石明彦(The icon)
制作 - テレビ東京、The icon
製作著作 - 『理想のオトコ』製作委員会


番組公式サイト
理想のオトコ - Wikipedia

『理想のオトコ TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DIVE!! TOP

『DIVE!!』(ダイブ)は、2021年4月15日(14日深夜)から同年7月1日(6月30日深夜)まで、テレビ東京系の深夜ドラマ枠「ドラマホリック!」枠で木曜 0:00 - 0:40(水曜深夜)に放送された。全12話。主演は井上瑞稀、橋優斗、作間龍斗(HiHi Jets)。


各話あらすじ
第1話 2021年4月14日
 高さ10mから時速60キロ、わずか1.4秒の空中演技の美しさと正確さを競う水泳・飛び込み。MDCに所属する高校生の坂井知季(井上瑞稀)は、毎日練習ばかりの日々に疑問を抱えていた。一方、富士谷要一(作間龍斗)は親子2代で五輪出場を目指していた。津軽の海では、断崖絶壁に一人の青年(橋優斗)の姿が。ある日、知季は新任コーチ・麻木夏陽子(馬場ふみか)からその才能を見抜かれ、オリンピックを目指さないかと誘われる。

第2話 2021年4月21日
 ミズキダイビングクラブ(MDC)に所属する飛び込み選手の知季(井上瑞稀)は、新任コーチの夏陽子(馬場ふみか)から「一緒にオリンピックを目指してみない?」と声を掛けられる。戸惑う知季に、夏陽子はトレーナーの小宮(大東駿介)と共に専用の練習メニューを提示。エースの要一(作間龍斗)はそれを複雑な思いで見つめていた。さらに、夏陽子は飛沫(高橋優斗)という少年を連れてくる。

第3話 2021年4月28日
 MDCに沖津飛沫(橋優斗)がやって来る。飛沫の祖父は伝説の選手で、夏陽子(馬場ふみか)が条件付きでMDCに連れてきたのだ。知季(井上瑞稀)や要一(作間龍斗)は飛沫のダイナミックな飛び込みに圧倒される。一方で知季はMDCの仲間たちに誤解され、何のために飛び込みをやっているのかわからなくなる。練習をサボってしまった知季に夏陽子は競技を続けるのか辞めるのか答えを出すよう迫り、「3日間」だけ待つと告げる。

第4話 2021年5月5日
 飛び込みを続けると決意した坂井知季(井上瑞稀)とMDCのメンバーに、コーチの麻木夏陽子(馬場ふみか)は驚くべき提案をする。沖津飛沫(橋優斗)はある目的のため受け入れるが、富士谷要一(作間龍斗)は反発。一方、知季は自分がオリンピックを目指すことに未だ悩んでいた。すると夏陽子は知季には要一や飛沫にないある才能を持っていると言う。大会まで残り3ヶ月、夏陽子は知季に新技への挑戦を言い渡す。
夏陽子の思惑とは一体…? そんなある日、夏陽子の命令で知季、要一、飛沫の3人でとある場所に向かうことに。

第5話 2021年5月12日
 坂井知季(井上瑞稀)は、難易度の高い技の練習がうまくいかず、何度も失敗してしまう。知季の様子を見た富士谷要一(作間龍斗)は麻木夏陽子(馬場ふみか)に新技への無謀なチャレンジは知季の為にならないと文句を言うが、夏陽子にはある確信があり…。一方、知季はロッカールームで倒れてしまった沖津飛沫(橋優斗)を心配するが…。そして、要一自身も知季と飛沫の2人に触発され、高度な技にチャレンジしたいとコーチの富士谷敬介(村上淳)に申し出る。さらに、失敗続きで弱気になっている知季に夏陽子はあるアドバイスをする。

第6話 2021年5月19日
 オリンピック強化選手を選ぶ選考会に臨んだ知季(井上瑞稀)、要一(作間龍斗)、飛沫(橋優斗)。飛沫は豪快なダイブを決め、高得点をたたき出す。要一は完璧な演技で圧倒的に1位。要一以外の得点は団子状態で、知季は巻き返しを狙っていた。運命のラストダイブで飛沫の持病の腰痛が悪化する。要一は海外のトップ選手でも決められない完璧な入水を決め、ぶっちぎりで優勝を決める。知季は逆転3位を狙い4回転半に挑むが…。

第7話 2021年5月26日
 オリンピック強化選手に要一(作間龍斗)と知季(井上瑞稀)が選ばれた。飛沫(高橋優斗)は腰の痛みが悪化したため、夏陽子(馬場ふみか)が辞退させたのだ。飛沫は知季らの強化合宿中に青森・津軽に帰ってしまう。知季と要一は津軽の飛沫を訪問。要一は夏陽子から預かったDVDを渡し、飛沫の帰りを待つ。一方、MDCでは、要一がオリンピック代表に決定したと発表されるが…。

第8話 2021年6月2日
 知季(井上瑞稀)は恋人・未羽(田鍋梨々花)と弟・弘也(前田旺志郎)が抱き合う場面を目撃。それが頭から離れず、夏陽子(馬場ふみか)に叱咤(しった)される。一方、オリンピック代表に決まった要一(作間龍斗)は思うように飛び込めず、青森の飛沫(高橋優斗)は亡き祖父の映像を見て、競技への未練に気付く。

第9話 2021年6月9日
 要一(作間龍斗)がオリンピック代表になったことで周りが浮き足立ちMDCの入会希望者も増えていたが、要一自身は深刻なスランプに陥っていた。そんな中、知季(井上瑞稀)が練習中に倒れてしまう。心配して駆けつけた要一に、知季はそれでも「自分に勝つために、4回半を飛びたい」という真っ直ぐな思いをぶつける。自分の目標に邁進する知季と飛沫(橋優斗)。要一は2人から刺激を受け、決意を胸に日水連の会長に会いに行く。

第10話 2021年6月16日
 突如空いたオリンピック代表の1枠をかけ、知季(井上瑞稀)、要一(作間龍斗)、飛沫(橋優斗)は火花を散らす。要一は回転数を増やし、今までの自分を超えたいと敬介(村上淳)に指導を受けるが、指導方法に納得できず衝突してしまう。飛沫は柔軟性を身に着けるため、夏陽子(馬場ふみか)からバレエの練習を課される。一方、4回半が飛べず悩んでいる知季に、夏陽子は「特別レッスン」として、ある場所へ連れだす。

第11話 2021年6月23日
 夏陽子(馬場ふみか)がアメリカに行くという話を偶然聞いてしまった知季(井上瑞稀)。最終選考会の予選を1位で通過するものの、動揺し決勝で力を発揮できずにいた。一方、一番の実力者である要一(作間龍斗)も、予選6位と不調。そして飛沫(橋優斗)は、偉大な祖父を超えるため、腰に痛みを抱えながらも、プラットフォームに立つ。運命のオリンピック代表選手選考会。夢を叶え、オリンピック行きを掴むのは果たして…。

最終話 2021年6月30日
 試合中に富士谷要一(作間龍斗)が倒れてしまった! 体調不良を隠し、大会に参加していた要一に父親でもあるコーチ・敬介(村上淳)はある決断を下すが―。要一と敬介、親子である前に選手とコーチとして、共に戦ってきた2人が出した答えとは…。一方、沖津飛沫(橋優斗)は祖父が観客を魅了した幻の“スワンダイブ”への挑戦へ―。恋人の恭子(藤原さくら)が見守るなかプラットフォームに立つ! また、坂井知季(井上瑞稀)はコーチの麻木夏陽子(馬場ふみか)のアメリカ行きに動揺し、なかなか本調子を出せずにいた。このままでは、先に進めない知季は夏陽子の元へ―。果たして知季は4回半を成功させ、優勝争いに食い込めるのか?


原作概要
『DIVE!!』(ダイブ)は、森絵都による、水泳の飛込み競技を題材とした「スポ根」青春小説。2000年から2002年にかけて、講談社より全4巻が刊行された。第52回小学館児童出版文化賞受賞作。2006年に角川文庫より文庫版(上・下)が発売された。

2003年にNHK-FMの「青春アドベンチャー」でラジオドラマ化、熊澤尚人監督で映画化、2008年6月公開。また、池野雅博作画で漫画化されたものが『週刊少年サンデー』2007年28号より2008年27号まで連載された。2017年より、紅柴るづる作画による新たな漫画版が『ヤングエース』2017年7月号から2018年10月号まで連載された。2018年9月に舞台版が上演された。


ドラマ概要
高さ10mからプールの水面までのわずか1.4秒の空中演技の美しさと正確さを競い合う水泳・飛込競技を題材とした、直木賞作家・森絵都による青春小説を連続ドラマ化。


ストーリー
坂井知季(井上瑞稀)の通う「ミズキダイビングクラブ」(通称・MDC)は、赤字経営により存続の危機に陥っていた。そんなクラブに新任コーチの麻木夏陽子(馬場ふみか)が突如現れる。彼女が提案したクラブ存続の条件は「次のオリンピックに『MDC』から日本代表選手を送り出す」というものだった。

知季とその座を争うのは、エースの富士谷要一(作間龍斗)、幻の高校生ダイバー・沖津飛沫(高橋優斗)をはじめとした個性豊かなダイバーたち。体一つを武器に、その一瞬にすべてを懸けた少年たちの熱い戦いが始まる。


キャスト
坂井知季 - 井上瑞稀(HiHi Jets /ジャニーズJr.)
富士谷要一 - 作間龍斗(HiHi Jets / ジャニーズJr.)
沖津飛沫 - 橋優斗(HiHi Jets / ジャニーズJr.)
麻木夏陽子 - 馬場ふみか
丸山レイジ - 望月歩
大広陵 - 佐久本宝
野村未羽 - 田鍋梨々花
坂井弘也 - 前田旺志郎
小宮静人 - 大東駿介
坂井久志 - 野間口徹
富士谷敬介 - 村上淳

スタッフ
監督 - 瑠東東一郎、久万真路
脚本 - 加藤綾子、加藤法子、政池洋佑
主題歌 - HiHi Jets『青にDIVE』
飛込監修 - 金戸恵太
協力 - 日本水泳連盟、セントラルスポーツ
チーフプロデューサー - 山鹿達也(テレビ東京)
プロデューサー - 倉地雄大(テレビ東京)、木下真梨子(テレビ東京)、清家優輝、岸川正史
協力プロデューサー - 都志修平(ジェイ・ストーム)
制作 - テレビ東京、ジェイ・ストーム、ファインエンターテイメント
製作著作 - ドラマ「DIVE!!」製作委員会


番組公式サイト
DIVE!! - Wikipedia

『DIVE!! TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋はDeepに TOP

『恋はDeepに』(こいはディープに)は、2021年4月14日から同年6月9日まで、日本テレビ系「水曜ドラマ」枠(毎週水曜22:00〜23:00)で放送された。全9話。石原さとみと綾野剛によるW主演。

2021年6月16日には、海音と倫太郎が別れてから再会するまでの3年間を描く『恋はもっとDeepに - 運命の再会スペシャル - 』を放送予定。


各話あらすじ 平均視聴率 8.37%
第1話 2021年4月14日「史上最強ラブコメ!海を愛する女とツンデレ御曹司の運命の恋…彼女のヒミツとは!?」 視聴率 10.5%
 海を愛する‘魚オタク’の海洋学者・海音(石原さとみ)は、星ヶ浜海岸に海中展望タワーの建設計画があると知り、何とか食い止めたい。一方、「蓮田トラスト」の会長兼社長・太郎(鹿賀丈史)の次男・倫太郎(綾野剛)は英国から呼び戻され、星ヶ浜でのリゾート開発の陣頭指揮を任される。環境保護を訴える海音と開発を推進する倫太郎、相対する2人はテレビ局で出会う。

第2話 2021年4月21日「僕を助けた君は一体何者!?敵対する二人の運命的な恋が始動!」 視聴率 8.9%
 海音(石原さとみ)と倫太郎(綾野剛)は互いに前夜の星ヶ浜での出来事について確かめたいがうまくいかない。社には世界的ホテルの会長・デイビッドが訪れ、光太郎(大谷亮平)と倫太郎は、誘致の契約を取り付けるための説明に追われる。そこに現れた海音はデイビッドの意見に賛同して開発を喜び、倫太郎は不審を抱く。一方、榮太郎(渡邊圭祐)は鴨居(橋本じゅん)の研究室を訪れる。

第3話 2021年4月28日「女の過去が明らかに!?加速する運命の恋にツンデレ炸裂!新たな恋のライバル登場」 視聴率 8.3%
 ホテル誘致の決定に憤慨した海音(石原さとみ)は、倫太郎(綾野剛)が買収で問題の起きた土地の所有者・雪乃(堀田真由)の元に向かったと知り、後を追う。土地を手放すのをやめたという雪乃から理由を聞いた海音は大満足。一方、説得できない倫太郎は光太郎(大谷亮平)に責められ、海音が邪魔なら外せと言われる。そんな中、倫太郎の親友で広報部の鶴川(藤森慎吾)が海音に意外な事実を伝える。

第4話 2021年5月5日「大波乱のWデートで突然のキス!?お互いに募る想い、膨らむ疑惑…そして衝撃の告白」 視聴率 8.6%
 海音(石原さとみ)の話を聞き、山を守る決心をした倫太郎(綾野剛)は、「山を崩さない」という条件で、土地を購入。その行動は社内で問題になり、父で会長の太郎によって、倫太郎はプロジェクトから降ろされてしまう! 代わりに指揮を執る光太郎(大谷亮平)は、倫太郎がこだわっていた<海中展望タワー>の建設を中止。目的達成となる海音だが、光太郎の人柄がどうしても信頼できず……。さらに、倫太郎とハグしていた女性・遥香(泉里香)の存在が気になってしまい……。

第5話 2021年5月12日「大人のファンタジーラブコメ第2章開幕!二人の運命を結ぶ指輪明かされる彼の過去」 視聴率 7.7%
 海音(石原さとみ)を見失った倫太郎(綾野剛)は鴨居(橋本じゅん)の自宅へ。経緯を説明していると、そこに海音が帰宅する。そんな中、水族館主催のイベント「星ヶ浜の今と未来」で、鴨居研究室は「今」、蓮田トラストは「未来」のコーナーを担当することになった。倫太郎は太郎(鹿賀丈史)からリーダーを任される。一方、鴨居は海音の論文掲載に必要な‘経歴’を作成して…。

第6話 2021年5月19日「必ず君を守る…彼女の秘密を共有した二人愛の告白と覚悟のキス禁じられた恋が加速」 視聴率 7.6%
 鴨居(橋本じゅん)の不在に海音(石原さとみ)はぼうぜん。不安でいっぱいの海音を、倫太郎(綾野剛)は自宅へと案内する。研究室の面々も心配して蓮田家へ。そこで藍花(今田美桜)は海音と倫太郎に、榮太郎(渡邊圭祐)のことを相談する。一方、太郎(鹿賀丈史)が、光太郎(大谷亮平)と倫太郎からそれぞれ星ヶ浜に対する思いを聞き、その上でどちらをリーダーにするか決めると告げる。

第7話 2021年5月26日「君を離したくない!初めての遊園地デート愛し合う二人に別れが迫る!彼女は海へ…」 視聴率 7.4%
 「蓮田トラスト」の株を香港の投資会社が買い進めていることが判明。一方、海音(石原さとみ)には経歴詐称問題を巡って、週刊誌の記者が張り付いている。倫太郎(綾野剛)はそんな海音を心配し、気晴らしに遊園地へと誘い出す。そんな中、海音は動画配信者のMr.エニシ(福山翔大)からテレビ出演を促された。研究室のためにも身の潔白を証明した方がいいと言われた海音は…。

第8話 2021年6月2日「ラスト2話!別れを決意した人魚と人間の恋の行方は!?涙の公開告白…君が大好きだ」 視聴率 8.2%
 海音(石原さとみ)は鴨居(橋本じゅん)の旧知の医師の診察を受けて帰宅するが、倫太郎(綾野剛)とは連絡がつかない。それは、倫太郎が鴨居の申し出を受け入れたからだった。一方、榮太郎(渡邊圭祐)は会社で新たな計画を発表する。そんな中、鴨居が海音の経歴等について教授会での説明を求められた。鴨居からそのことを聞いた海音は、研究室の皆に真実を話したいと告げる。

最終話 2021年6月9日「ついに最終回!別れは3日後の満月の夜…運命の恋、感動の結末命がけの最後のキス」 視聴率 8.1%
 海音(石原さとみ)は鴨居(橋本じゅん)から、海と陸の行き来には満月が関係しているらしく、次の満月は3日後だと知らされぼうぜんとする。翌日、海音は倫太郎(綾野剛)に研究室を辞めることを電話で伝えるが、明後日にはいなくなるとは切り出せない。一方、倫太郎は、海音が拾った亡き母親の指輪を太郎(鹿賀丈史)に渡し、海中展望タワーの建設はなしにすると告げる。


概要
「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)、「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)などを手掛けた徳尾浩司の脚本で、石原さとみと綾野剛が初共演するラブコメディー。石原演じる海を愛する魚オタクの海洋学者・渚海音と、綾野扮するロンドン帰りのツンデレ御曹司・蓮田倫太郎が巨大マリンリゾート開発を巡って出会い、住む世界が違う2人が恋に落ちていく。しかし、海音にはある秘密があり、それが物語の鍵となる。


ストーリー
芝浦海洋大学・海洋学術センター・鴨居研究室の特任研究員で海を愛する渚海音(石原さとみ)は、星ヶ浜海岸に巨大マリンリゾートが建設されると知り、海に暮らす魚たちの暮らしを守るため、何とか止める手立てはないかと考える。一方、リゾート開発を進める「蓮田トラスト」の御曹司で3兄弟の次男・蓮田倫太郎(綾野剛)は、父にロンドンから呼び戻され、星ヶ浜での開発の陣頭指揮を任される。

海音が出演したあるテレビ番組をきっかけに、正反対の目的を持って最悪の出会いを果たした海音と倫太郎。しかし翌日、海音は、倫太郎と対立関係にある蓮田家の長男・光太郎(大谷亮平)に、リゾート開発チームに参加してほしいと頼まれる。


キャスト
渚海音(なぎさ みお)〈33〉
演 - 石原さとみ
主人公。海洋学者の女性。鴨居研究室に所属する。海の生き物に詳しく、なんでも魚にたとえて話をする。プラスチックゴミなどにより海が汚れる事を嘆いており、蓮田トラストが進めるマリンリゾート開発を阻止したいと考えている。水生生物と会話し意思疎通を図ることが出来る。母の死因を自分のせいだと感じている倫太郎に、自身が星ヶ浜の海で生まれたこと、そして身体の性質上人間界には長くいられないことを明かした。

蓮田倫太郎(はすだ りんたろう)〈35〉
演 - 綾野剛(幼少期:上野山夢輝)
巨大不動産企業「蓮田トラスト」の御曹司。蓮田三兄弟の次男。父・太郎が体調不良と聞かされロンドンのコンサルを辞め帰国。家業のマリンリゾート開発事業を任され、星ヶ浜に夢だった海中展望タワーの建設に尽力する。英語だけでなくフランス語にも堪能。
当初はマリンリゾート開発によって星ヶ浜の自然環境が脅かされることを危惧する海音と衝突することが多かったが、プライベートでのダイビングの最中に起きたアクシデントで溺れかけた所を海音に救われてから、徐々に彼女を異性として認識するようになる。また、環境保護を意識する海音の意見にも耳を貸すようになり、彼女の正体を知った後も、仕事を抜け出して遊園地に連れていくなど良好な関係を続けている。

鴨居研究室
芝浦海洋大学・海洋学術センターの研究室。
鴨居正(かもい ただし)〈58〉
演 - 橋本じゅん
研究室室長。教授。独り身の生活だったが、9か月前のある雨の日、星ヶ浜の海岸で気を失って倒れていた海音を保護し、同居を始める。周囲には海音のことを姪と告げている。
2年前、星ヶ浜のリゾート開発のための水質調査を光太郎から依頼され、資金難だった研究室への寄付金を期待して調査結果を蓮田リゾートが求める数値に書き換える偽装を行ってしまう。
海音が研究室を去ることが決まるが、蓮田トラスト名義で榮太郎から3億5000万の寄付金の資金提供を受け、資金難を免れる。

宮前藍花(みやまえ あいか)〈26〉
演 - 今田美桜
特任研究員。海音の良き理解者。
蓮田トラストの星ヶ浜でのリゾート開発に海音が関わったことを切っ掛けに榮太郎と出会い、彼と恋人同士になる。
海音が星ヶ浜の海に帰ってから彼女の後を引き継ぎ、蓮田トラストのリゾート開発における海洋環境に関するアドバイザーに就任する。

染谷醍醐(そめや だいご)〈40〉
演 - 高橋努
教授。専門は魚類生態学。
海音が研究室を辞めることになり、彼女がオファーを受けていたニューヨークで行われる国際海洋会議の講演に海音から頼まれ英語が苦手だが椎木と共に代理で講演することになる。

椎木拓真(しいき たくま)〈40〉
演 - 水澤紳吾
准教授。専門は海洋再生可能エネルギー。研究室に住み着いている。フランス語に堪能。
S計画(深海未来都市計画)実現のため榮太郎と裏で結託し「蓮田トラスト」の株式買い取りに暗躍する。
経歴不詳の海音の存在に疑問を抱き正体を突き止めようとしていたが、海音が自ら経歴詐称を告白すると「渚海音は本物の研究者だ」と彼女を擁護する。
海音が研究室を辞めることになり、彼女がオファーを受けていたニューヨークで行われる国際海洋会議の講演に人前が苦手だが海音から頼まれ染谷と共に代理で講演することになる。

蓮田家
蓮田光太郎(はすだ こうたろう)〈39〉
演 - 大谷亮平(幼少期:長野蒼大)
倫太郎の兄。蓮田三兄弟の長男。「蓮田トラスト」専務。次期社長候補。東大卒。弟・倫太郎と幼少期から確執があり、倫太郎の海中展望タワー建設に横槍を入れる肚づもりで、建設に反対する海音をアドバイザーという名目でリゾート開発のスタッフに招聘する。
星ヶ浜のリゾート開発を進める裏にはレアメタルをはじめとする海底資源の開発を見据えており、2年前の水質調査の数値改ざんで良心の呵責に苛まれた鴨居が再調査を訴えるが、週刊誌の記者を使い海音の経歴スキャンダルで騒ぎを起こし鴨居研究室を環境対策の監査から外そうとする。しかし、後に自身の考えの過ちを認め、その事を倫太郎に謝罪する。

蓮田榮太郎(はすだ えいたろう)〈29〉
演 - 渡邊圭祐(幼少期:岩川晴)
倫太郎の弟。蓮田三兄弟の三男。「蓮田トラスト」リゾート開発本部社員。東大卒。会社にはコネで入社する。次兄・倫太郎と長兄・光太郎とは、中立の立場で平等に接している。
香港の投資会社「ダニエル・カッパー」に買い集めた個人所有する「蓮田トラスト」の株式を売り払い、「蓮田トラスト」の新たな経営陣として取締役に推薦させ経営に介入し、星ヶ浜のリゾート開発を白紙撤回させ、深海未来都市計画(略称:S計画)を提案する。
海音が海に帰ってから3年後、S計画ではなく再生可能エネルギーの活用を目指す大規模プロジェクトを提案し、父・太郎から賛同を受ける。

蓮田太郎(はすだ たろう)〈70〉
演 - 鹿賀丈史
蓮田三兄弟の父。「蓮田トラスト」会長兼社長。

蓮田トラスト
巨大不動産企業。リゾート開発事業に注力している。
鶴川優作(つるかわ ゆうさく)〈35〉
演 - 藤森慎吾(オリエンタルラジオ)
広報部。倫太郎の学生時代からの親友。
ダナン海洋大学に留学経験があり、大学が内地に移転しキャンパスがビーチから遠くなっていたと海音の発言が矛盾していることを倫太郎に気付かせる。

山内可憐(やまうち かれん)〈28〉
演 - 筧美和子
リゾート開発本部企画支援課。専務の光太郎に想いを寄せている。

風間みどり(かざま みどり)〈48〉
演 - 松熊つる松
リゾート開発本部企画支援課・課長。勤続20年のベテラン社員。

その他
Mr.エニシ(ミスター エニシ)〈30〉
演 - 福山翔大
YouTuber。地元の星ヶ浜の様子を中心に「エニシチャンネル」で動画配信している。海音が出演した動画がバズったことから、彼女を付け回し盗撮するなど何とか「エニシチャンネル」に登場させようと画策する。海音から間違って「タニシさん」と呼ばれている。「たそがれTV」のレポーターも務めている。
海音から頼まれ彼女が海洋環境の保護を訴える様子をYouTubeに投降し、その動画が世界的な歌手・レミィ・ララの目に留まり海音の訴えに賛同するメッセージが発信され、世界中から賞賛される切っ掛けを作る。

ウツボ
声 - 若本規夫
鴨居家の水槽で飼われているウツボ。海音に「君がここにいられるのは、あと3ヶ月なんだろ?」と意味深な言葉をかける。海音が星ヶ浜の海岸に現れた時、彼女にくっついていたため鴨居家で飼われることになった。

蓮田有沙(はすだ ありさ)
演 - 霧島れいか
蓮田三兄弟の母親。25年前、星ヶ浜の海岸でビーチボールで遊んでいた倫太郎と光太郎が目を離した僅かな間に海難事故に遭い亡くなってしまい、母の事故死の原因を倫太郎と考える光太郎が彼に対して反目することとなる。

ゲスト
第1話
ミノカサゴ
声 - 高山みなみ
芝浦テレビの水槽で飼われているミノカサゴ。海音から海中展望タワー開発による環境破壊の愚痴を聞かされる。

ハッピー岡田
演 - 吉田ウーロン太(第3話・第7話)
芝浦テレビの情報番組「たそがれTV」の司会者。

米山綾子
演 - 川口果恋(第3話・第7話)
「たそがれTV」のアシスタントをする芝浦テレビの女子アナ。

カニ
声 - 高山みなみ
海音に星ヶ浜の海でダイビングしていた倫太郎がアクシデントに遭っていることを伝える。

第2話
デイヴィッド・チャン
演 - 小手伸也
世界的なホテルチェーン「ベンジャミン・スターホテル」の会長兼CEO。星ヶ浜へのホテル誘致を光太郎から交渉される。海中展望タワーの建設が星ヶ浜へのホテル開業の条件としている。

第3話
近江谷遥香(おうみや はるか)
演 - 泉里香(第4話・第6話・最終話)
光太郎の元妻。正体が判明するまでは、倫太郎と会った際に親しげにハグをし、子供(颯太)と一緒だったことから、それを目撃していた海音から倫太郎の妻と勘違いされていた。

颯太(そうた)
演 - 志田暁(第4話・最終話)
光太郎と遥香の息子。父・光太郎を尊敬し、彼の様な完璧な男になりたいと光太郎に訴える。

真壁雪乃(まかべ ゆきの)
演 - 堀田真由
「アルデバランリゾート」のホテル建設予定地とされる星ヶ浜上流の河川周辺の土地所有者。

真壁昭夫
演 - 宮崎吐夢
雪乃の父方の叔父。亡くなった雪乃の父が借金を背負っていたため、「アルデバランリゾート」に土地を売ることを勧める。

アユカケ
声 - 梶裕貴
ホテルの建設予定地とされる星ヶ浜上流の河川に生息するアユカケ。水質調査に訪れた海音に彼女にふられた愚痴を語る。

第4話
おばあさん
演 - 川越たまき
スーパーマーケットの客。落とした荷物を倫太郎に拾ってもらった。

第5話
ミズクラゲ
声 - 花澤香菜
星ヶ浜水族館のミズクラゲ。水族館で迷子になったゆりの行き先を海音に教える。

カニ
声 - 花澤香菜
星ヶ浜水族館のカニ。水族館で迷子になったゆりの行き先を海音に教える。

ゆり
演 - 寺田藍月
星ヶ浜水族館で迷子になった幼い女の子。

堤誠一
演 - 越村友一(第6話)
「週刊ホリデー」の記者。論文を発表する海音の経歴について鴨居に確認する取材に現れ、取材を拒否する鴨居ともみ合いになり転倒、負傷したため、鴨居が警察に連行される。蓮田トラストに出入りしており、光太郎の差し金で海音について取材していた。

第6話
富浦ふみ
演 - 藤吉久美子(第8話)
富浦医院の院長。鴨居とは旧知の仲で、彼に付き添われた海音の筋力測定をする。マスコミに海音が追われた際、海音を病院に匿う。

大橋
演 - 若林久弥(第7話、第8話)
芝浦海洋大学の職員。鴨居に海音の経歴を証明する書類の提出を求める。

真田
演 - 山田明郷(第7話、第8話)
芝浦海洋大学の教授。鴨居に研究室の統廃合の対象に鴨井研究室が含まれていることを告げる。

片桐
演 - 永倉大輔
科学者。蓮田トラストで光太郎に海底資源開発の環境への影響はパラメータをいじればどうとでもなると説明する。

亀田君
声 - 緒方恵美
蓮田トラストで飼われているカメ。光太郎と片桐がデータ改ざんで海底資源の発掘を強引に進めようとしてることを海音に教える。

宅配員
演 - 大水洋介
鴨居研究室の椎木にタイ料理を宅配する。

第7話
高柳良一
演 - 堀部圭亮
週刊満潮編集長。光太郎に依頼され海音の経歴の真偽を調査し、公表している経歴が嘘であることを掴み、「たそがれTV」に生出演する海音に対して経歴や鴨居との血縁関係について問い詰め、海音の言う経歴は全て噓であると生放送中に暴露する。


演 - 候偉(第8話・最終話)
香港の投資会社「ダニエル・カッパー」の幹部。蓮田トラストの株式を30%以上保有し、経営陣の刷新を唱え、新しい経営陣として榮太郎を取締役に推薦する。榮太郎が取締役会でS計画を提案した後、海底都市に巨大カジノを建設するよう命令する。
海音が訴えた海洋環境の保護のメッセージが世界的な支持を集めたことで蓮田トラストの株価が高騰し、想定外の株高で蓮田トラストの株を買い進めるための資金が足りず経営への影響力を強めることを断念する。

第8話
近藤
演 - 住田隆
芝浦海洋大学の教授会の出席者。経歴詐称で大学や関係者に迷惑をかけたことを教授会で謝罪する海音に、そもそもどうして星ヶ浜の海を守りたいのか質問し、一体何者なのかと問い詰める。

最終話
レミィ・ララ
演 - アリナ・カサノヴァ
世界的な歌手。海音が訴える海洋環境の保護に賛同するメッセージをYouTubeに投降し、海音の海洋環境の保護の訴えが世界中から賞賛される影響を与える。

スタッフ
脚本 - 徳尾浩司
演出 - 鈴木勇馬、岩本仁志、伊藤彰記
主題歌 - back number「怪盗」(ユニバーサルシグマ)
音楽 - 菅野祐悟
海洋学術監修 - 風呂田利夫(東邦大学)、秋山信彦(東邦大学)、日本海洋生物研究所
デベロッパー監修 - 栗原知己(株式会社クオル)
水中撮影 - ジール、テール
水産協力 - AQUA LINK、海水魚専門店アットブルー
チーフプロデューサー - 加藤正俊
プロデューサー - 枝見洋子、畠山直人、鈴木香織(AX-ON)、山口雅俊(ヒント)
制作協力 - AX-ON
製作著作 - 日本テレビ


番組公式サイト
恋はDeepに - Wikipedia

『恋はDeepに TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特捜9 season4

『特捜9』(とくそうナイン)は、2018年からテレビ朝日系「水曜21時」枠(水曜 21:00 - 21:54)で放送されている刑事ドラマシリーズ。2006年から2017年に同枠で放送された『警視庁捜査一課9係』の続編である。

『season1』は2018年4月11日から6月13日まで放送された。全10話。
『season2』は2019年4月10日から同年6月26日まで放送された。全11話。

season2開始に先立って、2019年4月7日の『日曜プライム』にて「スペシャル」を別途放送された。

2020年4月8日より『season3』が放送。同年7月22日まで放送された。全10話。

2021年4月7日から同年6月30日まで『season4』が放送された。全13話。


各話あらすじ 平均視聴率 13.15%
第1話 2021年4月7日「灰色の容疑者」 ※初回10分拡大(21:00 - 22:04) 視聴率 13.2%
 個性的な刑事が集う“特捜班”が事件に挑むシリーズ第4弾。死後10日ほど経過した若い女性の刺殺体が見つかる。捜査を開始した直樹(井ノ原快彦)ら特捜班は、女性が大学生でマッチングアプリを使っていたことなどを突き止める。そんな中、彼女を殺害した凶器と別の殺人事件の凶器の特徴が一致したことが判明する。

第2話 2021年4月14日「殺人デザイナー」 視聴率 13.7%
 アパレルメーカーのデザイナー・浅川塔子が、自宅で殺されているのが見つかった。臨場した浅輪直樹(井ノ原快彦)は、第一発見者の女性2人から話を聞く。しかし2人は「私たちも命を狙われている。かくまってほしい」と言い出す。彼女たちは“ネット自警団”のような活動をしていたというが、最近、塔子たちへの殺人予告ともとれる差出人不明の脅迫メールが届いていたらしい。すると、捜査線上には怪しい人物が次々と現れて…?

第3話 2021年4月21日「最高の日」 視聴率11.9%
 村瀬健吾(津田寛治)は、古いスーツのポケットから片方だけのイヤリングが出てきたことに戸惑っていた。いつどこで紛れ込んだのか…まったく思い出すことができない。浅輪直樹(井ノ原快彦)ら特捜班のメンバーにも聞くが、皆イヤリングに見覚えはないと言う。そんな中、遺留品がポケットに残っていたのではないかという疑惑にたどり着く。この日、特捜班には出動要請が入らず、何もかもが穏やかに過ぎていくと思われたのだが…?

第4話 2021年4月28日「祈り」 視聴率 14.2%
 傷害事件の現場付近にいた志保(羽田美智子)が容疑者の1人として疑われ、事情聴取を受ける特捜班の面々。通報者を捜す直樹(井ノ原快彦)らは、窓から様子をうかがう視線を感じ、その家を訪ねる。だが、住人の亮子(東ちづる)から、引きこもりの息子・泰幸(川合智己)を刺激するなと接触を拒まれてしまう。一方、周辺の不良グループを調べる青柳(吹越満)らは重要な情報をつかむ。

第5話 2021年5月5日「殺しの設計図」 視聴率 12.9%
 昼食の買い出しに出かけた新藤(山田裕貴)は街中で突然、銃声を耳にする。驚いていると、怪しげな模造拳銃を手にした覆面3人組が出てきたところに遭遇。とっさに強盗と判断した新藤は、自分のスマートフォンを犯人たちの車に乗せ、公衆電話から直樹(井ノ原快彦)に連絡!国木田(中村梅雀)が位置情報を解析し、追跡を開始する。強盗により有名建築家が流れ弾に当たって死亡するが、事件は過去へと繋がっていく…?

第6話 2021年5月12日「呪われた絵」 視聴率 13.2%
 妙子(遠藤久美子)らと出掛ける途上、青柳(吹越満)は少女・えりな(尾碕真花)から助けを求められる。案内されたアトリエには社長・伊藤(二階堂智)の遺体があり、えりなは会社の専属画家だった。直樹(井ノ原快彦)らはえりなの才能を巡り伊藤ともめていた画廊経営者・小鳥遊(冨家規政)を訪問。そんな中、えりなは生き別れていた母・さつき(長田奈麻)が犯人だと言い…。

第7話 2021年5月19日「殺人パズル」 視聴率 13.9%
 直樹(井ノ原快彦)らは遺体で見つかった高宮(朝倉伸二)が常連だった食堂を訪ね、店主・かおり(町田マリー)に話を聞く。小学生の息子・一輝(齋藤優聖)が高宮と数字パズルでよく遊んでいたという。高宮が数学者だったと分かる中、監察医務院で高宮の遺体が盗まれる事態が発生。一方、青柳(吹越満)らは、荒らされた高宮の部屋をうかがっていた不審人物を探る。

第8話 2021年5月26日「密室のハリネズミ」 視聴率 13.0%
 ビル清掃員の文子(田島令子)が自宅で殺された。直樹(井ノ原快彦)らは密室状態の家の2階で、引きこもりの娘・雪(春木みさよ)を発見。雪は手にけがをしており、何も話そうとしない。やがて、文子が有名弁護士の聡美(松浦佐知子)が担当するパワハラ裁判の重要証人だったと判明する一方で、職場では娘の商社勤めを自慢していたと分かる。直樹は裁判の傍聴に向かう。

第9話 2021年6月2日「空飛ぶ容疑者」 視聴率 13.2%
 後頭部に陥没痕がある会社員・脇坂(永倉大輔)の遺体が見つかり、直樹(井ノ原快彦)と新藤(山田裕貴)は、現場の壁の高い位置に足跡がついていると気付く。脇坂の会社の社員・早希(佐藤みゆき)が事件当夜に一緒にいたと分かる中、パルクールを練習中に脇坂と激突し、損害賠償を巡ってもめていた翔(元木聖也)が捜査線上に浮上。直樹らは翔の軽い身のこなしに驚く。

第10話 2021年6月9日「爆弾バスツアー」 視聴率 12.4%
 化学肥料の盗難事件が起こる中、新藤(山田裕貴)は地下アイドル・ルリ(小池美由)のバスツアー配信動画に青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)の姿を発見。実は青柳らは爆弾らしき物を持つ悠真(林裕太)を追い、乗客に紛れていた。連絡手段がない中で調べ始めた直樹(井ノ原快彦)は、ルリの所属事務所社長・瀬戸口(中野順一朗)に殺害予告があり、送り主が乗客にいると知る。

第11話 2021年6月16日「完全黙秘」 視聴率 12.5%
 直樹(井ノ原快彦)は旧知の仲である鑑識課の猪狩(伊東四朗)を取り調べることに。猪狩は不審者を目撃して刺殺体を発見し、偶然にも被害者が亡き後輩警察官の息子・公也(岸田タツヤ)だったと語る。警視庁管理官・中原(小須田康人)の監視下で調べが進む中、猪狩と公也のもめ事が判明。さらに猪狩が接触した‘恋人レンタル’従業員・舞(岡本あずさ)の関与が疑われ…。

第12話 2021年6月23日「10億の妻」 視聴率 12.9%
 直樹(井ノ原快彦)は誕生日の妻・倫子(中越典子)と外出中に港での遺体発見現場に遭遇。遺体は投資会社役員の古賀(木下政治)で、事故死と思われた。だが、志保(羽田美智子)と共に古賀の妻・優子(三津谷葉子)と会った直樹は、彼女が入れたコーヒーに違和感を覚える。遺体の不審点から他殺の線も浮かぶ中、古賀が大損させた顧客に大金を補填(ほてん)していたと分かる。

最終話 2021年6月30日「希望の香り」 ※10分拡大(21:00 - 22:04) 視聴率 13.9%
 車椅子生活となった村瀬健吾(津田寛治)のため、バリアフリーの物件を探していた小宮山志保(羽田美智子)はパトカーのサイレンから近くで事件が起きたことを知り、現場に駆けつける。事件が起きた高架下にはすでに捜査一課が到着していたが、志保は運び出されてきた被害者の遺体から、“ある香り”がするのに気づく。それは、村瀬が刺された事件のときに感じた香水の匂いと同じだった。志保は、そのことを捜査一課の主任・高木(利重剛)に伝えるものの、まったく取り合ってもらえない。


概要
井ノ原快彦演じる警視庁捜査一課特別捜査班(特捜班)リーダー・浅輪直樹を中心に、個性豊かな特捜班メンバーが活躍する人気刑事ドラマシリーズのseason4。羽田美智子、津田寛治、吹越満、田口浩正、山田裕貴らが再び集結。前シーズンの最終回で班長としてメンバーを率いることを決意した中村梅雀演じる国木田誠二と共に、「何としても事件を解決する」という同じ信念を持った特捜班の刑事たちが捜査に当たる姿を描く。


ストーリー
死後10日ほど経過した女子大学生の刺殺体が発見され、浅輪直樹(井ノ原快彦)ら特捜班が捜査を開始。被害者がマッチングアプリを使っていたこと、彼女のアパートを訪れた不審な男がいたことが判明する中、監察医・早瀬川真澄(原沙知絵)が重要な情報をもたらす。凶器の特徴が、先日発生した弁護士夫婦強盗殺人事件のものと一致するというのだ。

弁護士夫婦強盗殺人事件の被疑者は検察で一貫して犯行を否認。取り調べ中の被疑者に話を聞こうとする直樹だったが、大きな壁が立ちはだかる。それは、東京地検次席検事・渡辺理人(佐野史郎)。特捜班の班長・国木田誠二(中村梅雀)と深い因縁を持つ渡辺は、特捜班の依頼を冷酷にはねつける。


キャスト
井ノ原快彦
浅輪直樹 役
警視庁捜査一課特別捜査班主任。警部補。仲間を誰よりも思いやり、活躍を見守ることができるリーダー。正義感が人一倍強く、曲がったことが大嫌い。常に弱者に寄り添い、手柄とはほど遠い地道な捜査も嫌がらない。承認欲求の強い若手刑事・新藤から不満に思われていた時期もあったが、今では信頼を得ている。

羽田美智子
小宮山志保 役
警視庁捜査一課特別捜査班。警部補。14係の係長に栄転異動した村瀬の誘いを断って9係に残り、主任まで務めた。特捜班の紅一点として独自の視点を持ち、それが捜査に生かされることも。特捜班のメンバーとの間には絆も感じており、特に村瀬には支えられたという恩義から、村瀬を心配しつつ、頼りにもしている。

津田寛治
村瀬健吾 役
警視庁捜査一課特別捜査班刑事。警部補。ノンキャリアだが自分の能力はキャリア以上と信じて疑わない自信家。頭の回転が早く、何をやってもそつがない。一時期、14係の係長を務めていたこともある。出世しか頭にないようだが、実は熱い刑事魂を内に秘めている。志保の活躍を陰で支える喜びを感じている節も。

吹越満
青柳靖 役
警視庁捜査一課特別捜査班。警部補。反骨精神が強く、金持ちと上流階級が大嫌いな皮肉屋。自分を完璧主義者だと思っているが、コンプレックスを抱えた不器用な生き方をしている。過去にヤクザから救出した妙子と恋人として同居中。妙子との関係を認めない警察組織の中で、刑事という職業をめぐる葛藤もある。

田口浩正
矢沢英明 役
警視庁捜査一課特別捜査班刑事。巡査部長。大らかな心の持ち主。変わり者の青柳を受け止め、聞き役やサンドバックに徹したり、時には厳しく叱ることもできる優れた相棒。妻の早苗は売れっ子の漫画家で、休日にはアシスタントを務めることも。捜査に必要な似顔絵はプロ級。子煩悩でもある。

山田裕貴
新藤亮 役
警視庁捜査一課特別捜査班刑事。巡査。運動神経がよく、犯人と格闘する場面などでも頼れる存在。効率主義的な思考も併せ持ち、軽々しい発言で直樹に怒られたり、特捜班の面々と衝突することもあったが、次第に先輩たちを尊敬するようになった。

中越典子
浅輪倫子 役
直樹の妻。かつて9係の係長だった加納倫太郎の娘。現在はパティシエールを仕事にしている。さまざまなニーズに対応したスイーツをネット販売したいと考えて試行錯誤する中、友人が営む喫茶店の手伝いを始める。

原沙知絵
早瀬川真澄 役
関東監察医務院に勤務する監察医。遺体に関するプロフェッショナル。志保とは、女同士、そして友人がいないもの同士、相変わらず仲が良い。

中村梅雀
国木田誠二 役
警視庁総務部広報課主査。かつては警視庁捜査一課6係の有能な係長だったが、“ある事件”の責任を取るために広報課に異動した過去を持つ。


スタッフ
脚本:徳永富彦、稲葉一広、瀧川晃代、岡崎由紀子

監督:田村直己、兼崎涼介、上堀内佳寿也、鈴木浩介

プロデューサー:大川武宏、神田エミイ亜希子


番組公式サイト
特捜9 - Wikipedia

『特捜9 season4』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガールガンレディ TOP

『ガールガンレディ』(Girl Gun Lady)は、2021年4月7日(4月6日深夜)から同年6月9日(8日深夜)まで毎日放送「ドラマイズム」枠((火曜深夜) 1:29 - 1:59(TBS))で放送された。 全10話。


バンダイの大人向けホビー事業部「BANDAI SPIRITS」が原案を受け持ち、白石聖主演、加えて若手女優を17名起用し、オリジナル特撮ドラマを企画。プラモデルとサバイバルゲーム、女子校生による脱出ゲームをかけ合わせた内容となる。キーアイテムとなる銃のガールガンなどのプラモデルがバンダイスピリッツからドラマ放送と合わせて4月から発売される。


各話あらすじ
第1話 2021年4月6日「真夜中の光弾女子高生」
 学校で居場所が無かった、地味な女子・小春(白石聖)の、唯一の趣味はプラモデルを作ること。こっそり生徒に隠れてプラモデルを作る保健の先生・守山薫(和田雅成)と熱く語っていると、生徒会長の松子(石井杏奈)が居合わせ、「くだらない」と一蹴されてしまう…。そしてある日、小春は学校帰りに立ち寄った不思議な骨董屋で、店長(濱田岳)から“人生を変える”というプラモデルを購入する。夢中で組み立てたその夜…、気づけば不思議なパラレルワールドに召喚されていて――!? 目の前には、小春が組み立てたプラモデルの「アリス」(大原優乃)!? 夢か現実か分からないまま、脱出不能のサバイバルゲーム「ガールガンファイト」が幕を開ける―。


第2話 2021年4月13日「無邪気な殺戮者たち」
 突如パラレルワールドに召喚され、「ガールガンファイト」に参加することになった小春(白石聖)。翌日、現実世界の学校で、小春はチームメイトの夏菜(伊藤萌々香)や秋帆(出口夏希)からガールガンファイトの仕組みを教わり、打ち解けていく。そしてこれまでは無縁だった友情≠ノ触れ始める小春だが、夏菜と秋帆は小春にある大きな隠し事を抱えていた…。


第3話 2021年4月20日「ヴァルキュリアの降臨」
 「ラスイチ」だった水野(井頭愛海)がパラレルワールドで撃たれて絶命し、現実世界から存在が消えたことを受け、これはゲームではなく人殺しだと思った小春(白石聖)は銃を持つことが怖くなっていた。一方、ブラボータンゴには、水野に代わって新たに生徒会長の松子(石井杏奈)が、プレイヤーとして参加することになり、コマンダーのビアンカ(寺本莉緒)を差し置いて、指示を出し始め…!?


第4話 2021年4月27日「殺さない殺し合い」
 「殺し合いをやめないか」と松子(石井杏奈)に提案した小春(白石聖)。コマンダーのアリス(大原優乃)の指示にも従わないと約束し、ある条件付きで了解を得ることに。そして、チャーリータンゴの一華(大原梓)と二葉(神南里奈)、三津恵(Hina)やデルタタンゴの北本(見上愛)、南(葵うたの)、東野(田辺桃子)にも現実世界で話を持ちかけた小春は、「ガールガンファイト」で殺し合いはしないとお互いに約束することに成功する。いざガールガンファイトが始まると、プレイヤー達の外れる光弾と異様な雰囲気に、アリスが気付き…!? 一方、プレイヤー達はファイト中にも関わらず教室に集い「誰も死なない記念のパーティ」を始めて…!?


第5話 2021年5月4日「プラモード」
 松子(石井杏奈)から「ガールガンレディを信用するな」と言われた小春(白石聖)だったが、アリス(大原優乃)から過去にアルファタンゴのプレイヤーだった、まさみ(十味)の話を聞かされる。アルバムにあった当時の写真には、何やら見慣れない『プラモード』という戦闘方法が写っていて、ガールガンレディとプレイヤーの心が一つになった時にそれが発動すると夏菜(伊藤萌々香)と秋帆(出口夏希)から聞く小春だが…。一方、敵チームであるデルタタンゴの東野(田辺桃子)から「ラスイチ」だと相談され、戸惑いを覚える小春。そして迎えた「ガールガンファイト」では、「ラスイチ」の夏菜をカバーしながら、フラッグを取りに行く作戦のアルファタンゴに、デルタタンゴの北本(見上愛)や東野が追い打ちをかけて絶体絶命の状況に―!?


第6話 2021年5月11日「疾走、背水の晩夏」
 保健の先生・守山(和田雅成)から不思議な骨董屋の奥に、倉庫があることを聞いた小春(白石聖)。秋帆(出口夏希)に相談し、陸上の全国大会を控える夏菜(伊藤萌々香)には内緒でこっそり潜入することに…。忍び足で店内に入る2人だったが、案の定、店長(濱田岳)にバレてしまい、担任の星宮(朝比奈彩)にも報告されて謝る仕舞いに…。ガールガンレディの秘密が倉庫にあると考えた2人は、「ガールガンファイト中に侵入しよう」と夏菜にも提案。そして、パラレルワールドでアリス(大原優乃)に話すが、学校を囲む“ビリビリ壁”を開ける方法がなかなか見つからず…。一方、松子(石井杏奈)は、ブラボータンゴのコマンダー・ビアンカ(寺本莉緒)ではなく、何故かアリスにある相談を持ち掛け―!?


第7話 2021年5月18日「冬の訪れ、春の目覚め」
 不思議な店長(濱田岳)が営む骨董屋の倉庫に、ついに潜入した小春(白石聖)と秋帆(出口夏希)。その中は、まるで宇宙船のように広く、「ガールガンファイト」で絶命したプレイヤー達の姿が剥製のように並んだ異様な空間になっていた…。怒りがこみ上げる小春と秋帆の背後から、光弾が放たれ、そこには松子(石井杏奈)の姿が―。そして、アリス(大原優乃)はある決心をする…。また、現実世界では夏菜(伊藤萌々香)の存在が消され、悲しい現実が待ち構えていた。小春は、秋帆と共に倉庫を確認すべく、店長に会いに行くが、店の倉庫はただの物置になっており、謎は深まるばかり。一方、パラレルワールドでは、アルファタンゴに夏菜に代わって新たなプレイヤーが追加されることになり―!?


第8話 2021年5月25日「Girl Gun Lady」
 新たにプレイヤーに加わった、夏菜の妹・冬美(伊藤萌々香)に「ガールガンファイト」について教える小春(白石聖)と秋帆(出口夏希)。アリス(大原優乃)を人間にし、チーム全員が生き残るためには、残りのファイトを全て勝ち、優勝することが必至になっていた。小春は「ラスイチ」になっていたが、アリスのためにも、全身全霊で戦うことを決める。そして、運命の最終決戦がついに幕を開ける――。
血みどろの戦いが行われる中、松子(石井杏奈)は2丁のブラストガールガンを連射し、小春を追い詰めていき…!?そして、銃を怖がっていた冬美にもある変化が―。


第9話 2021年6月1日「チェックメイトへの背信」
 松子(石井杏奈)は、ガールガンレディだった…。過去の「ガールガンファイト」で優勝し、晴れてコマンダーから人間になれた松子だったが、新たな世界では、全く知らない記憶が作られていた。全てを告白した松子が、「最後の式典」の前に、生き残ったプレイヤー達にガールガンシステムを破壊できるという、プラモデル「ガールアーマー」を探そうと申し出る。小春らは、守山先生(和田雅成)が「ガールアーマー」を作ったM太郎だと疑い、星宮先生(朝比奈彩)にも協力を得て、聞き出そうとするが…?

最終話 2021年6月8日「終わらない明日へ」
 全てが明らかになった。伝説のモデラ―M太郎が作り出した「ガールガンレディ」を買いそろえ、「ガールガンシステム」世界を作り出した、店長(濱田岳)。ついに、アリス(大原優乃)が人間になる儀式が始まるが、小春(白石聖)や秋帆(出口夏希)、冬美(伊藤萌々香)も不思議な力で拘束されて動けなくなってしまい…!? アリスは人間になれるのか、そして小春たちは生きて元の世界に戻れるのか―。衝撃のラストが明らかに…。


あらすじ
現実世界では居場所がない地味な女子高生・立花小春。一人ぼっちな彼女の唯一の趣味はプラモデルをつくること。小春は学校帰りに立ち寄った骨董屋で「銃」のプラモデルと、「アリス」 という名のプラモデルを購入。組み立てたその日の夜、彼女が目を覚ますとそこは無人の学校の中であった。


キャスト
立花小春
演 - 白石聖 幼少時 - 丹彩夏
友達のいない高校二年生。2年C組。骨董屋で購入したプラモデルをきっかけに、「ガールガンファイト」に参加する。小心者で戦闘に向かない性格だが、プラモづくりは才能がある。チームALPHAタンゴのメンバー。

門脇松子
演 - 石井杏奈 幼少時 - 山本理楽
生徒会長。頭脳明晰、運動神経抜群。立花小春とは幼馴染でよく一緒にプラモデルで遊んでいたが、高校入学とともに「くだらない」とプラモ作りから離れ、小春と距離を取るようになる。BRAVOの水野の消滅で同チームに加入する。驚異的な反射神経を持ち、自チームのコマンダーであるビアンカを信用していない。2年A組。

9話で元コマンダー・アマツの生まれ変わりであることが明かされる。

参加チーム
軍隊や自衛隊などでグループの識別コードとして使われる、A,B,C,Dなどアルファベット順の頭文字、およびパーソナルカラーが割り当てられている。各チームで戦法やコマンダーの感情に特徴を持つ。コマンダーの髪の色も、パーソナルカラーと同じである。

チームALPHAタンゴ
パーソナルカラーは青、戦闘服は白いブラウスでもっとも日常的かつ地味。

アリス
演 - 大原優乃
コマンダー。人間的な感情が強く、観察力が鋭い。巨乳。

薄井夏菜
演 - 伊藤萌々香(第1話‐第7話、第10話、2役)
陸上部に所属するスポーツ少女。3年F組。陸上では全国大会出場の経歴を持つ。不器用でありプラモデルは苦手分野だが、持ち前の脚力で「ガールガンファイト」からの生還を誓う。

第6話で3ライフを失い消滅。

稲田秋帆
演 - 出口夏希
眼鏡で三つ編みの理系女子。1年G組。地頭がいいものの、なれ合いを苦手としている。少々、横文字が苦手。
クールな印象があるが、チームメンバーを焼肉に誘い女子会的なものを開催するなど、小春いわく「かわいい」一面も併せ持つ。

中崎まさみ
演 - 十味(第5話、第6話、第7話)
かつてのALPHAタンゴメンバー。元写真部でアルバムが残っていた。元2年C組。

薄井冬美
演 - 伊藤萌々香(第7話‐第10話、2役)
新たに加わった夏菜の妹。1年G組。夏菜消滅に伴い新たに加わった。参戦時点で姉は消滅しているため、姉の記憶はない。姉同様に俊敏だが強気な姉に対し、気後れしがちで繊細。弾の装填されていないチェンジガールガンを最初から所持している。アタックガールガンは未所持。

チームBRAVOタンゴ
パーソナルカラーはピンク、戦闘服はピンクのブラウス。

ビアンカ
演 - 寺本莉緒
コマンダー。冷静かつ慎重に指示を出すため、メンバーからは消極的と捉えられがち。

水野千鶴
演 - 井頭愛海(第1話‐第8話)
ファッションとメイクにこだわりを持つクラスの人気者。他者を馬鹿にして優越感に浸っている。2年C組。
終始、馬鹿にして下に見ている立花小春の事を追い詰めるも、第2話で最終的に薄井による至近距離射撃により倒され、消滅。

大竹凛
演 - 鈴木ゆうか(第1話‐第8話)
スクールカースト上位の優等生。強いものには従い、弱いものに反抗する。3年G組。

梅林葵
演 - 染野有来(第1話‐第8話)
美意識高い1年生。妹気質で、危険な出来事に対しての免疫がない。1年J組。

チームCHARLIEタンゴ
パーソナルカラーは黄色、戦闘服は黄色いジャケットを着込む。独特のノリとチームプレイが特徴。

シャーロット
演 - 石田桃香
コマンダー。関西弁かつノリを重視しており、変則的な作戦は敵側からも読みづらい。いわく「カワイイは強い」。

生島一華
演 - 大原梓
双子の姉。運動神経がいいお調子者。戦隊ものへの憧れから、妹・二葉との合体技、コンビネーション技を得意技とする。3年A組。

生島二葉
演 - 神南里奈
双子の妹。姉同様に運動神経がよく、戦隊好き。姉に合わせるのが得意。3年A組。

雨宮三津恵
演 - Hina
社交的な生島姉妹の後輩。前線には行かないがフォローがうまい。生島姉妹とは幼馴染。1年B組。

チームDELTAタンゴ
パーソナルカラーは黒、戦闘服はセーラー服とベレー帽で、コマンダー以外は全員眼鏡を着用。性格・プレイスタイルとも過激な点が特徴。

デイジー
演 - 安藤咲桜
コマンダー。サディスティックな性格で、プレイヤーからも恐れられている。身内に冷酷な命令を下すが、本人の射撃精度も桁違いに正確。

北本レイ
演 - 見上愛
ポーカーフェイスで、嘘をつくことに罪悪感がなく、躊躇なく人間を撃つ面もある。2年A組。

東野菜月
演 - 田辺桃子(第1話‐第8話)
罠作りに長けている。特技は騙すことと、ウソ泣き。1年G組。

南加奈
演 - 葵うたの(第1話‐第8話)
スプラッターフェチ。デイジーに絶対服従しており、常に最前線へと進む。2年E組。

過去のガールガンファイトチーム
オレンジ色のパーソナルカラーを持つ過去のチーム。チーム名は不明。全員すでに消滅している。

今野さくら
演 - 山口美月(第6話‐第10話)
ラスイチとなりながらも手負いの中リーグ優勝を手に入れた。

岸すみれ
演 - 真島なおみ(第6話‐第10話)
コマンダー・アマツに従うロングヘア―のメンバー。

塩見らん
演 - 志田音々(第6話‐第10話)
チェンジガールガンを持つ二つ結びのメンバー。

その他
骨董屋店長
演 - 濱田岳
骨董屋「FFF」を経営する店長。プラモデルも売っている。奥の倉庫に秘密がある。
実はフィギュアシリーズ「ガールガンレディ」が好きすぎるあまり、伝説のモデラー「M太郎」が作った魂のこもったモデルをそろえ、「ガールガンシステム」世界を作り出した張本人。

守山薫
演 - 和田雅成
私立源女子学園の養護教諭。プラモデル好きであり、賞を取れるほどのモデリング技術を持つ。ただしそれ以外のものに関心が薄く、存在感も薄い。

星宮美麗
演 - 朝比奈彩
私立源女子学園2-C担当教諭。小春らの担任で、女子生徒からの人気も高い。夏菜が所属する陸上部の顧問でもある。

校内放送
声 - 蒼井旬
ルール変更をアナウンスする謎の放送主。

教師1
声 - 加藤衛(第7話)

女生徒A
声 - 伊藤優(第7話)

警察官
声 - 山本啓之(第10話)
星宮先生の通報を受けて学校にやってきた警察官。

スタッフ
監督 - 瀧悠輔、平井淳史、関根淳
脚本 - 宮本武史、吉崎崇二
原案 - BANDAI SPIRITS
オープニングテーマ - 高橋李依「U撃つ」(A-Sketch/Astro Voice)
エンディングテーマ - Hi Cheers!「monologue」(A-Sketch)
企画 - ADKエモーションズ
制作 - ロボット
製作 - 「ガールガンレディ」製作委員会・MBS/BSP


番組公式サイト
ガールガンレディ - Wikipedia

『ガールガンレディ TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

着飾る恋には理由があって TOP

『着飾る恋には理由があって』(きかざるこいにはりゆうがあって)は、2021年4月20日から同年6月22日まで、TBS系「火曜ドラマ」枠(毎週火曜22:00〜22:57)で放送された。全10話。主演は川口春奈。


各話あらすじ 平均視聴率 7.99%
第1話 2021年4月20日「背伸びして頑張るのは何のため?」 ※初回15分拡大(22:00 - 23:12) 視聴率 9.1%
 思いを寄せる社長・葉山(向井理)の下、インテリア会社の広報課で忙しく働く真柴(川口春奈)は、契約更新を忘れて住居を追い出されてしまう。唯一の女友達で人気フードスタイリストの香子(夏川結衣)に頼った真柴は、彼女の自宅である東京・表参道の高級マンションへ。そこで、気ままに働くキッチンカーの料理人・駿(横浜流星)らと共同生活を始めることになる。会社のため、フォロワーのため、そして密かに想いを寄せる葉山社長のため、「憧れの存在」であり続けようと背伸びし努力する日々…。

第2話 2021年4月27日「共同生活の甘い罠!?動き始める恋」 視聴率 8.2%
 真柴(川口春奈)は葉山(向井理)のことで落ち込んでいた。その様子を見た駿(横浜流星)は好物のエビを食べさせると約束。同居する香子(夏川結衣)と陽人(丸山隆平)も心配する。出社した真柴は、SNSの更新を一旦止めるよう課長・松下(飯尾和樹)から指示され、戸惑いを隠せない。昼食時、駿がキッチンカーを出店する広場を訪れた真柴は、そこで葉山らしき人物を目撃し…。

第3話 2021年5月4日「キャンプで大波乱!恋の急展開!?」 視聴率 6.8%
 真柴(川口春奈)の後輩・茅野(山下美月)と秋葉(高橋文哉)が、会社の公式ホームページのリニューアルを任された。一方、課長の松下(飯尾和樹)は真柴が仕事でミスをした原因を疲れと考え、有給休暇を取るよう指示。その夜、真柴は陽人(丸山隆平)のオンラインカウンセリングを受ける。翌朝、真柴らは同居人の彩夏(中村アン)の絵がコンクールの最終選考に残ったと知る。

第4話 2021年5月11日「シェアハウスに予期せぬ嵐が…!」 視聴率 7.8%
 キャンプの夜、駿(横浜流星)から「好きかもね」と言われ、真柴(川口春奈)は気持ちが揺さぶられるものの、駿の真意が分からないまま帰路につく。真柴と駿が帰宅すると、香子(夏川結衣)から陽人(丸山隆平)と羽瀬(中村アン)も交えた4人に話があると切り出される。そんなある日、羽瀬が体調を崩してしまう。急に気分が悪くなってしまった羽瀬の具合を聞くうちに、真柴はある思いを巡らす。同じ頃、「el Arco Iris」の広報課では来期のコレクションに向けたプロジェクトが始動し、急遽、デザイナーとの打ち合わせに真柴が指名されて…。

第5話 2021年5月18日「もどかしい恋私ただのお隣さん?」 視聴率 8.2%
 お互いの想いを確認しあった真柴(川口春奈)と駿(横浜流星)。真柴は他のシェアハウスのメンバーに知られないように、駿をデートに誘うも、駿からの提案はこうじの散歩。恋人らしい特別感が欲しい真柴と、変化を望まない駿…真柴はお互いの価値観の違いに不満と不安を募らせる。一方、陽人(丸山隆平)は、相談者、舟木(黒川智花)からのカウンセリング回数が増えていることを心配していた。そんなある日、陽人のみならず、真柴、駿をも巻き込む騒動が巻き起こる…! さらには、香子(夏川結衣)の元旦那・礼史(生瀬勝久)が現れ、シェアハウスは大騒動に…!?

第6話 2021年5月25日「社長が帰還!カオスな三角関係!?」 視聴率 7.8%
 駿(横浜流星)が部屋で目を覚ますと、隣で祥吾(向井理)が気持ちよさそうに寝ていた。このシェアハウスの珍客に一番反対すると思った駿だったが、意外にも祥吾を快く受け入れる。自分がかつて好きだった人のことを快く受け入れる駿のことが益々わからなくなる真柴(川口春奈)。祥吾と思わぬ再会を果たしたことで、真柴はいつかバイヤーになるという夢をより一層強める。祥吾はその夢を全面的に応援すると伝え、次第に二人の距離が近づいていく一方で真柴と駿の心が離れていく。

第7話 2021年6月1日「故郷の初島で吹き荒れる恋の嵐!!」 視聴率 7.8%
 真柴(川口春奈)は母・すみれ(工藤夕貴)が暮らす故郷・初島に戻り、気になる商品を扱う工房へ向かう。真柴は店主に、商品を会社で扱わせてほしいと頼むが、感触が良くない。真柴から報告を受けた松下(飯尾和樹)は、葉山(向井理)に相談するよう提案。真柴から商品について知らされた葉山は、島に向かうと言い出す。一方、駿(横浜流星)は葉菜(山本千尋)の店を見に行く。

第8話 2021年6月8日「過去と向き合う時…恋が加速する」 視聴率 8.5%
 葉山(向井理)が再び香子(夏川結衣)のマンションに滞在することに。葉菜(山本千尋)の言葉が胸に刺さる駿(横浜流星)は、真柴(川口春奈)が葉山と一緒にいるところを見てさらに落ち込んでしまう。だが、真柴は元気のない駿のことを気に掛けていた。香子はそんな2人に、予約困難なフランス料理店の席を贈る。一方で、駿は「店に来て」という葉菜の頼みを放っておけず…。

第9話 2021年6月15日「最大のピンチその時隣にいる人は」 視聴率 7.1%
 真柴(川口春奈)と駿(横浜流星)二人で出掛けるはずだったレストランデートだったが、駿は仕事で時間に間に合わず、真柴は祥吾(向井理)とレストランへ行くことに。一方の駿は、真柴を追いかけたものの、真柴と祥吾の二人を見て、なぜか追いかけられず途方に暮れていた。
そんな中、真柴は自分が投稿したバックのデザイナーに、盗作の疑いがある事件が発生。盗作に加担したなどと、心ないコメントが増えはじめ、インフルエンサーとしての活動が脅かされる。さらに、駿のもとに北海道で店を任せたいというスポンサーが現れ駿の心は揺れ動く。真柴と駿、挫折を味わいながらも、諦めきれないそれぞれの夢に向かうのだが…

最終話 2021年6月22日「想い合うからこそ、未来へ…!」 視聴率 8.6%
 真柴(川口春奈)はSNSが炎上して以来、気持ちが途切れなかなか投稿できない日々が続いていた。そんな真柴を見かねた祥吾(向井理)は救いの言葉を掛ける。一方、駿(横浜流星)のもとには、北海道で店を任せたいというスポンサーが現れ、心が揺れ動いていた。そんな中、陽人(丸山隆平)からの突然のプロポーズに戸惑う羽瀬(中村アン)。そして、礼史(生瀬勝久)から「もう一度やり直したい」と言われた香子(夏川結衣)。それぞれが人生の選択に迷っていた。シェアハウスメンバーは、恋に仕事にと思いが交錯し、将来に向かって歩んでいく。それぞれが出した答えとは…


概要
奇麗に着飾ることで自分の居場所を得ていたヒロインが、価値観の違う人々と一つ屋根の下で暮らしながら鎧を脱ぎ捨て、自分らしく生きる姿を描く“うちキュン”ラブストーリー。脚本は「恋はつづくよどこまでも」(同系)などを手掛けた金子ありさが担当。ヒロインの“着飾る女”・真柴くるみ役は、同枠初出演・初主演となる川口春奈が務める。


ストーリー
インテリアメーカー「el Arco Iris」の広報・真柴くるみ(川口春奈)は、広告宣伝のPR活動を担当し、社長の葉山祥吾(向井理)からも一目置かれている。SNSでは10万人近くのフォロワーを持ち、インフルエンサーとしても活躍。ひそかに思いを寄せる葉山のため、憧れの存在であり続けようと背伸びし努力する日々を送っている。

そんな中、業務に追われてマンションの更新を忘れ、部屋を追い出されてしまった真柴は、唯一の女友達で姉御と慕う人気フードスタイリスト・早乙女香子(夏川結衣)を頼る。香子のマンションで暮らすことになるが、それは、縁もゆかりもない、年齢も職種もバラバラな5人でのルームシェアだった。


キャスト
真柴くるみ(ましば くるみ)〈26 → 27〉
演 - 川口春奈
本作の主人公。初島出身。インテリアメーカー「el Arco Iris(エル・アルコ・イリス)」の広報。

広報として、プレスリリースやメルマガの作成、メディアの取材対応、広告宣伝のPR活動を担当し、会社の宣伝のためと始めたSNSで10万人近くのフォロワーを誇るインフルエンサー。社長の葉山に、7年間にわたり密かに想いを寄せている。いつかバイヤーになることを夢見ている。

日々の業務に追われ契約更新を忘れていたためにマンションを追い出されて、「姉御」と慕う唯一の女友達である香子を頼り彼女の所有する表参道の高級マンションでルームシェアをすることとなる。

藤野駿(ふじの しゅん)〈26〉
演 - 横浜流星
札幌出身。父は天文学者、母は栄養士。キッチンカーでカレー一品のみのバル「Fuji Bal(フジバル)」を営業する料理人。

ミニマリスト。過去に出店したスペイン料理店「Hortensia(オルテンシア)」を潰してしまった苦い経験から夢や野心を捨ててしまい、純利益を10万円稼げればいいという経営方針で休みを多くとり雨の日は休むなどマイペースに仕事をしている。くるみのことを韻を踏んで「マメシバ真柴」と呼ぶ。

ルームシェアの同居人
早乙女香子(さおとめ こうこ)〈50〉
演 - 夏川結衣
人気フードスタイリスト。くるみが「姉御」と慕う唯一の女友達。

くるみがカフェでバイトをしていた頃からの知り合いで、契約更新を忘れマンションを追い出された彼女を自身の所有する表参道の高級マンションのルームシェアに招き入れる。くるみを招く1年前に離婚しており、心機一転のため数か月後に豪州への語学留学を控え、留学中に部屋のメンテナンスとペットの犬・こうじの世話をすることを条件に自宅マンションを若者たちに安く貸し与える。

送金詐欺の被害に遭い、現地のコーディネート会社に収めた留学費用を騙し取られてしまう。

寺井陽人(てらい はると)〈36〉
演 - 丸山隆平
オンラインで悩み相談を請け負う関西人のカウンセラー。駿のはとこ。新しい同居人であるくるみに好意を抱き積極的にアプローチを図るが、くるみから相談を受けたため「相談者には手を出さない」というマイルールを厳守し恋愛対象から外す。かつて大学病院に勤務していた。

普段は落ち着いた様子であるが、彩夏が清水に呼ばれた際は早とちりし、「ええかげんにせえよ!」と怒鳴った。陽人はこの時のことについて「彩夏が清水とよりを戻したら嫌だと思った」という旨の発言をしている。

羽瀬彩夏(はせ あやか)〈33〉
演 - 中村アン
現代アートの絵画やオブジェを作るアーティストの卵。近所の高級スーパーでデリバリーのバイトをしており、そのきっかけで香子と知り合い生活苦を知られルームシェアに誘われた。共有リビングにはほとんど姿を見せず、他の同居人たちへの文句は付箋にメッセージを書いて伝える。作品制作では出来が気に入らないと騒ぎながら斧で破壊しようとするなど、エキセントリックな行動も取る。

絵を書き始めて10年目にして「破壊と創造」という題名の絵が「ART NEW WAVE 2021」の最終選考に残るも落選する。

バイト先の先輩・清水と「付き合ってはいないが泊まる」関係であり、体調を崩した際には妊娠疑惑が持ち上がった。しかし検査結果は陰性であり、判明すると安心したような残念がるような涙を流した。

人物画を見たいという依頼を受け、陽人にモデルを依頼する。妊娠疑惑の一件から陽人とはあまり喋っていなかったが、ある日突然キスをする。

清水を怒鳴った陽人から自身に関する想いを聞いたときは「私が好きなのは陽ちゃんだけだから」と想いを伝え、後ろから抱きしめられている。

葉山祥吾(はやま しょうご)〈40〉
演 - 向井理
「el Arco Iris」創業社長。くるみが密かに想いを寄せる相手。取締役会で他の役員から批判を受け社長を退任し、「el Arco Iris」を退社するとマンションを引き払い、くるみたちの前から姿を消す。その後日本に帰国し、くるみの住むシェアハウスで暮らし始める。

姿を消していた際はトルコに渡航しており、佐藤真司(さとう しんじ)名義でくるみに身の回りのものを送っていた。駿には「身の回りのものを送るとなったとき、最初に浮かんだのが真柴だった」とこぼす。

30歳の時に結婚をしたが、3年ほどで離婚している。

「el Arco Iris」の関係者
インターネット通信販売で若者から支持を集めるインテリアメーカー。社名はスペイン語で虹という意味。路面店事業に進出する。

松下宏太郎(まつした こうたろう)〈45〉
演 - 飯尾和樹(ずん)
広報課・課長。課長なのに後輩社員からも突っ込まれる。

茅野七海(かやの ななみ)〈24〉
演 - 山下美月(乃木坂46)
くるみの広報課の後輩。短大卒であり入社3年目。文章力が高く、公式文書を書くことを得意とする。

しっかり者だが、感情が分かりにくい所がある。酔うと誰にでもキスをする癖がある彼氏がいるが、秋葉に告白され、気まずさ故くるみの仕事の手伝いに立候補する。

秋葉亮(あきば りょう)〈23〉
演 - 高橋文哉
広報課の新入社員。茅野に恋をする。

桂木裕子(かつらぎ ゆうこ)〈35〉
演 - 木本夕貴
社長秘書。葉山退任後は新社長の細貝の秘書となる。

細貝雄一(ほそがい ゆういち)〈42〉
演 - 赤ペン瀧川
葉山とともに「el Arco Iris」を立ち上げた敏腕副社長。葉山が社長退任後は陣頭指揮を執り、くるみに当分の間SNSを中止するよう命じる。後日社長に就任する。

真柴家
真柴すみれ(ましば すみれ)
演 - 工藤夕貴
くるみの母。初島で一人暮らしをしている。

その他
小林礼史(こばやし れいじ)
演 - 生瀬勝久(第3話 - )
香子の元夫。海外の美術館で香子の前に横入りした人を注意したことで香子と出会う。結婚生活の終盤では同じ家にいるにも関わらず携帯電話でしか連絡を取り合わず、ある日突然「君とはもう暮らせない」と家を出ていく。

犬ではなく猫が飼いたかった、こうじの名前を呼びにくいため「みそ」にしたかった、など香子とは様々な価値観の違いがあった。

舟木千春(ふなき ちはる)
演 - 黒川智花(第3話 - )
陽人のオンラインカウンセリングの相談者。りんごジュースが好物。陽人に好意を抱いている様子。

陽人が大学病院に勤務していた頃の看護師で、疲れた彼にフルーツジュースを差し入れていた。体調不良により看護師は退職し、現在は会社勤めである。

陽人に「カウンセラー以上に思ってくれているのだったらその思いに応えることはできない」と言われた際には突然ビデオ通話を終了し、駿のキッチンカーに立てこもる。その時の「自分の価値は自分で決める」との言葉に胸を打たれ、自身の今後を考えることとこれまでの感謝を陽人に伝える。

福本葉菜(ふくもと はな)
演 - 山本千尋(第4話 - )
駿の元彼女。レストラン「Hortensia」のオーナーの娘で、ホールスタッフも務めていた。

ゲスト
第2話
清水
演 - 加治将樹(第4話)
彩夏がアルバイトする高級スーパーの先輩。彩夏とは「付き合ってはいないが泊まる」関係。保育士の幼馴染との結婚を控えている。

第3話
堀内
演 - 貴山侑哉
香子のフードコーディネート会社のスタッフ。香子に留学費用の送金詐欺に遭ったことを報告する。

第4話
呉美恵(ウー・メイフェン)
演 - 加藤侑紀
台北市出身の有名デザイナー。1987年4月9日生まれ。台湾美術大学インテリアデザイン学科卒業。モナカが好物。

葉山とは8年前にイスタンブールで偶然遭遇している。

畠山法子
演 - 森谷ふみ
「蕎麦きゅう」の店員。

第8話
丹羽
演 - 森久保祥太郎
レストラン「Hortensia」の客。

丹羽知子
演 - 小林沙苗
レストラン「Hortensia」の客。丹羽の妻。

梶尾一太
演 - 坂田聡

福本
演 - 近江谷太朗

第9話
塩見
演 - 横澤夏子
「el Arco Iris」店舗の客。

古賀
演 - 小田井涼平
香子が予約したフレンチレストランのシェフ

皆本
演 - 奥村佳恵
「el Arco Iris」店舗の社員。

スタッフ
脚本 - 金子ありさ
プロデュース - 新井順子
演出 - 塚原あゆ子、棚澤孝義、府川亮介
編成 - 松本友香、川島優子
音楽 - 神山羊、兼松衆、田渕夏海
主題歌 - 星野源「不思議」(SPEEDSTAR RECORDS)
取材・美術協力 - SEMPLE
SNSアドバイザー - 山田雅之
オンラインカウンセリング監修 - 三浦純
料理監修 - 大野文彦、中村哲、平塚未来
キッチンカー監修 - 松本竜太、高井智久
製作 - TBSスパークル、TBS


番組公式サイト
着飾る恋には理由があって - Wikipedia

『着飾る恋には理由があって TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大豆田とわ子と三人の元夫 TOP

『大豆田とわ子と三人の元夫』(おおまめだとわことさんにんのもとおっと)は、2021年4月13日から同年6月15日まで、カンテレ制作によりフジテレビ系「火曜21時」枠(毎週火曜21:00〜21:54)で放送された。全10話。主演は松たか子。脚本家・坂元裕二によるオリジナル作品。


各話あらすじ 平均視聴率 6.12%
第1話 2021年4月13日「3回結婚して3回離婚した。でも私は幸せを諦めない」 ※初回15分拡大(21:00 - 22:09) 視聴率 7.6%
ある日、社長就任と同時期に亡くなった母親のパソコンを開こうとしたとわ子は、パスワードが設定されていることに気付く。どうやら、別れた夫のうちの誰かが設定したらしい。唄はすぐに確認するよう促すが、面倒なことを避けたいとわ子は気が重い。

第2話 2021年4月20日「明かされる離婚の秘密と男の本音」 視聴率 6.7%
 遠慮せずとわ子(松たか子)に近づく鹿太郎(角田晃広)がうらやましい慎森(岡田将生)は、公園で知り合った翼(石橋菜津美)に弱音を吐く。その鹿太郎は女優の美怜(瀧内公美)と接近し、八作(松田龍平)も親友の恋人・早良(石橋静河)と出会う中、とわ子は唄(豊嶋花)の案で、元夫達を招いてすき焼きをすることに。慎森はとわ子が思い出のソファを処分したことにショックを受ける。

第3話 2021年4月27日「全俺が泣いた〜器が小さい男の恋」 視聴率 5.7%
 大学図書館の設計を巡り、とわ子(松たか子)は優秀な若手建築士のデザインを評価しつつも、予算面から不採用に。それがきっかけで社内に不穏な空気が流れ始め、とわ子は悩む。女優・美怜(瀧内公美)からのアプローチに戸惑う鹿太郎(角田晃広)は、ダンス教室で出会ったとわ子とのなれそめを振り返っていた。そんな中、鹿太郎はとわ子が社長業に悩んでいることを知る。

第4話 2021年5月4日「嘘と嘘が絡み合う二つの三角関係」 視聴率 6.0%
 八作(松田龍平)は、親友・俊朗(岡田義徳)の恋人である早良(石橋静河)のアプローチに頭を悩ませていた。自然にもてる八作を、慎森(岡田将生)と鹿太郎(角田晃広)はやっかむ。一方、かごめ(市川実日子)が、とわ子(松たか子)と同じマンションの男性から食事に誘われた。かごめは面倒くさがるが、とわ子は自分のことのように胸を躍らせる。しかし突然、かごめと連絡が取れなくなる。

第5話 2021年5月11日「前編完結へ〜4度目のプロポーズ」 視聴率 6.2%
 とわ子(松たか子)の誕生日が近づいたある日、とわ子の父・旺介(岩松了)らが家に来て誕生日を祝い始めた。その席で唄(豊嶋花)の恋愛事情が明らかになり、とわ子はもやもやする。そんな中、仕事絡みで出会った3回の離婚歴がある会社社長・門谷(谷中敦)からアプローチを受けたとわ子。さらに社内では、従業員が自分に誕生日サプライズを仕掛けようとしていることに気付いてしまう。

第6話 2021年5月18日「第1章完結!全員集合地獄の餃子パーティー」 視聴率 5.5%
 誕生日当日の夜、取引先の説得に向かったとわ子(松たか子)との連絡が途絶えた。とわ子の誕生日を祝うため、オペレッタに集まっていた八作(松田龍平)、鹿太郎(角田晃広)、慎森(岡田将生)は彼女の身を案じるが、そこへ早良(石橋静河)、美怜(瀧内公美)、翼(石橋菜津美)が偶然来店し、さながら合コンのような飲み会が始まる。

第7話 2021年5月25日「第2章スタート!最後の恋のはじまりは突然に」 視聴率 5.8%
 かごめ(市川実日子)の一件から1年、とわ子(松たか子)は自宅で一人暮らしを始めていた。高校に進学した唄(豊嶋花)が、通学しやすい旺介(岩松了)の家に引っ越したからだ。娘がいない寂しさを抱えながらも、生活を楽しもうと試行錯誤するとわ子は、ある日、公園で“謎の男”(オダギリジョー)と出会う。

第8話 2021年6月1日「ファミレスの密会〜仕事、恋、揺れる感情」 視聴率 5.8%
 買収騒動に揺れる「しろくまハウジング」に、外資系ファンドの人達がやって来た。双方が話し合いの席に着く中で、とわ子(松たか子)は社長辞任を迫られることに。そんな折、とわ子の変化を察した慎森(岡田将生)と鹿太郎(角田晃広)が2人でマンションを訪ねてきて、とわ子を驚かせる。一方で、とわ子は公園で知り合った男性(オダギリジョー)から、意外なお願いをされる。

第9話 2021年6月8日「遂にクライマックス!最後の決断・幸せの行方」 視聴率 6.2%
 大史(オダギリジョー)はとわ子(松たか子)に説得され、望まない相手との結婚をやめる。その後、思いを互いに伝え合った2人の関係は、大人の恋へと発展する。ある日、大史がとわ子に、海外の会社へ転職しようと考えていることを明かす。一方、唄(豊嶋花)はとわ子の現状を八作(松田龍平)に話し、この件は慎森(岡田将生)には内緒にしようと伝えるが、そこへ慎森が現れる。

最終話 2021年6月15日「最終回…なのに新たな恋!?」 視聴率 5.7%
八作(松田龍平)のレストランで、とわ子(松たか子)は初恋の相手・甘勝(竹財輝之助)と偶然再会する。仲良さそうに談笑する2人の様子を見ていら立つ鹿太郎(角田晃広)は、抱えきれない気持ちを共有するため、慎森(岡田将生)に電話をかける。その後、とわ子は自宅マンションで亡き母親の遺品がまとめられた段ボール箱を発見。その中には、母親が出しそびれた手紙があった。それを見たとわ子は…。

※最終話は「FIFAワールドカップ2022 アジア2次予選 日本×キルギス」の放送のため、30分繰り下げ(21:30 - 22:24)。また、カンテレやフジテレビでは直前に事前番組『このあと最終回!大豆田とわ子と三人の元夫』を別途放送。


概要
「カルテット」(TBS系)、「最高の離婚」(同系)、「Mother」(日本テレビ系)などを手掛けた脚本家・坂元裕二による完全オリジナルのロマンティックコメディー。松たか子が、3回結婚し3回離婚したバツ3の主人公・大豆田とわ子を演じ、とわ子のことを忘れられない“3人の元夫”として、岡田将生、東京03・角田晃広、松田龍平が共演する。


ストーリー
建設会社「しろくまハウジング」の社長に就任したばかりの大豆田とわ子(松たか子)は、実は3回結婚して3回離婚しているバツ3。すごく変人というわけではなく、洋服が好きで、明るくおちゃめでちょっとせっかち、どこかとぼけた面白い女性で、最初の夫・田中八作(松田龍平)との間に生まれた中学3年生の娘・唄(豊嶋花)と2人で暮らしている。


2番目の夫は、ファッションカメラマンの佐藤鹿太郎(角田晃広)、3番目の夫は、エリート弁護士・中村慎森(岡田将生)。今もまだ、とわ子は3人の元夫たちに何かとトラブルを持ち込まれ振り回されている。果たして、4人はそれぞれの幸せを見つけることができるのか?


キャスト
大豆田とわ子(おおまめだ とわこ)〈40 → 41〉
演 - 松たか子(少女期:木下渓、10歳時:高丸えみり)
本作の主人公で、建設会社「しろくまハウジング」の新社長。過去に3度の離婚歴があるため、田中・佐藤・中村の名字で呼ばれることも多々あるが、説明するタイミングを逃しているため特に訂正もせず適当に話を合わせている。

最初の夫・八作との間に産まれた中学3年生の娘・唄と2人暮らし。26歳の時に八作と離婚。原因は彼が他の女性への思いを消せないまま自分と結婚したことに気づいたためだが、とわ子の41歳の誕生日に靴下をプレゼントしたことを切っ掛けにその相手が親友のかごめだと知る。

前社長に指名され社長に就任するも、立場が変わったことで社員たちと距離ができてしまい寂しさを感じている。元建築士であるため社員たちの気持ちを尊重したいと思っているが、会社の利益を考えなくてはならない立場から現場と対立することもあり、自身は社長に向いていないと零す。

ベランダの窓の網戸をよく外す。家具の組み立てが苦手。朝のラジオ体操では周囲と動きが合わない。猫舌。ストレスを感じるとしゃっくりが止まらなくなる。自転車に乗れない。

田中八作(たなか はっさく)〈40〉
演 - 松田龍平
とわ子の最初の夫で、唄の実父。東京・奥渋谷のレストラン「オペレッタ」のオーナー兼ギャルソン。
物腰が柔らかく男女問わず人当たりがいいため、その気がなくても自然と女性にモテてしまい、困っている。親友である俊朗曰く「オーガニックなホスト」。

俊朗の彼女・早良からの強引なアプローチに頭を悩ませており、周囲からモテないための行動(失礼な言動や不潔感のアピール)をレクチャーされ実践するも、察しの良い彼女に効果はなかった。

とわ子と結婚する以前から、彼女の親友・かごめに恋をしているが、彼女が恋愛に興味をもたないことを知って片思いの気持ちを抱えたままとわ子と結婚し、それに気づいたとわ子からの申し出で離婚する。

佐藤鹿太郎(さとう かたろう)〈45〉
演 - 角田晃広
とわ子の2番目の夫。業界ではまあまあ有名なファッションカメラマン。
以前はスクープカメラマンをしていたが、潜入取材で訪れた社交ダンス教室でのとわ子との出会いを契機に現職に転身した。

離婚後もとわ子には未練たらたらで、事あるごとに好意を示しているが相手にされていない。離婚の原因については「(とわ子の)しゃっくりを止めてあげることができなかったから」と語る。スタジオにはとわ子の写真が飾られており、周囲には自身の最高傑作だと自慢気に話す。

撮影を担当した女優・美怜からアプローチを受け、新たな恋の予感に浮かれるが彼女の目的は鹿太郎に瓜二つな不倫相手の影武者だった。

周囲からは器が小さいと言われている。口笛を吹くのが下手。やたらと「家族」を強調してくる。

中村慎森(なかむら しんしん)〈31〉
演 - 岡田将生
とわ子の3番目の夫。「しろくまハウジング」の顧問弁護士。
とわ子との離婚後は渋谷の同じビジネスホテルに2年間泊まり続け、近所付き合いがないために楽だと感じている。

何でも否定から入るひねくれ者。顔に似合わず走り方がダサく、体育の評定は12年間1だった。パンダの動画を見て癒されている。強がりで他人に弱みを見せられず、自分で自分を励ますタイプ。

挨拶を不要だと言い切っていたが、とわ子たちにぎこちなく挨拶をした。また、鹿太郎がとわ子に花束を渡した際にも難癖をつけるが、八作から花を1輪渡された際には嬉しさを隠せずにいた。周囲から面倒くさがられ残念だと言われている自覚はあるが、直す気はない様子。

ある日公園で派遣切りにあったと自称する翼と知り合い弁護を引き受けようとするが、彼女から嘘をつかれていたことに不信感を抱く。

とわ子の関係者
大豆田唄(おおまめだ うた)
演 - 豊嶋花
とわ子の娘。実父は田中八作。中学3年生(第1章)→高校1年生(第2章)。
医者を目指すと勉強に励んでいたが「20歳までに結婚する」と宣言し勉強を辞めてしまい、熱心にメイクの練習をしている。
旺介と継母の幾子がとわ子のために早めのバースデーパーティーを開いた日に、西園寺という開業医の息子と18歳になれば結婚すると言いだす。とわ子は反対だが、旺介と幾子は賛成している。

高校進学を機に母・とわ子に甘えていてはいけないと考えるようになり、高校に近い祖父・旺介の家に引っ越し"自立"する。

西園寺とは進学後も付き合っているが、「いいお嫁さんになる練習」と称して夜中にコーラを買いに行かされたり、彼の宿題をやらされたりといった対等でない関係で、唄は女性である自分が医者を目指して困難に遭うより、男性である彼を支えるほうが「生きやすい」と考えていた。とわ子がこれに異を唱え西園寺を罵ったのが原因で彼と不仲になり、國村と語り合ったのち、再び医者を目指すことをとわ子に告げる。

大豆田旺介(おおまめだ おうすけ)
演 - 岩松了
とわ子の父。元参議院議員だが現在は落選が続き無職。とわ子が「しろくまハウジング」の社長に就任後、ふたたび選挙運動を始める。前妻のつき子が他に思いを寄せる人がいたことに気付いていた。幼い頃のとわ子の面倒を見てあげられなかったことを後悔しており、「転んでも1人で起きる子にしてしまった」ととわ子に謝罪するが、とわ子からは転んだときに起こしてくれた元夫たちのような人物がいて、旺介も父としてちゃんと支えになってくれたと感謝を示される。

大豆田幾子
演 - 石村みか
大豆田旺介の後妻。

綿来かごめ(わたらい かごめ)
演 - 市川実日子(10歳時:知久杏朱)(#1 - #6)
とわ子の30年来の親友。未婚で自由気ままな生活をしている。たびたびとわ子の家で食事を共にしている。
幼い頃、町内では狼少女と恐れられていたが、信号のない横断歩道を渡れず立ち止まっていたとき助けられたのを契機にとわ子と知り合い、「空野みじん子」というペンネームで少女漫画を合作するなどして仲を深める。とわ子を自分にとって、友人を超えて「家族」と名の付くすべてを内包したような存在ととらえており、彼女に甘え、とわ子もかごめを大事にする、仲の良い関係を築いている。

初入社した会社を3か月で退職しており、その後8回の転職を繰り返すも仕事が長続きしない。30歳の誕生日に、隣家の可哀想な赤ん坊を連れ出して指名手配された過去がある。

とわ子と同じマンションに住む五条から好意を寄せられており、気の合う彼を良く思っていたが自身の人生に恋愛は必要ないと心に決めており、誘われていた食事をすっぽかす。恋愛も含めて、自分の生き方が一般的なものからずれていることを自覚しており、「ただただ、それが私なんだよ」と受けとめている。編集者・ライターの福田フクスケはこうしたかごめの性的指向をアロマンティック/アセクシャルと指摘している。

30年ぶりに「空野みじん子」のペンネームを用いて少女漫画誌に応募し、少女漫画家の夢に再挑戦することを決める。とわ子は彼女のネームを見て「天才」と絶賛し手伝いを申し出たが、「空野みじん子」はもう2人のものではなく、ソロプロジェクトなのだと断る。

とわ子がイベント会社社長・門谷に仕事の予算を交渉した日の深夜午前1時17分、心筋梗塞で突然他界する。

後日、とわ子が代わりに応募した「ふりる新人まんがグランプリ」で生前創作していた漫画「輝くキッス」が佳作に入選する。

松林カレン(しょうりん カレン)
演 - 高橋メアリージュン
「しろくまハウジング」営業部責任者。とわ子を支える優秀な部下。
1年前のアートイベント関係の仕事で抱えた負債を解消するにはマディソンパートナーズに身売りすることが最善と考え、「しろくまハウジング」の買収阻止に不利となる経営状況を秘密裏に先方に漏洩し、「しろくまハウジング」がマディソンに買収された後はマディソン側から「しろくまハウジング」の取締役に選任されるとともに、とわ子との社長交代の話を推し進められ対立を深める。しかし、マディソンの社長が株式の不正取引疑惑で東京地検特捜部から捜索を受けることになると、とわ子の指示で社債を発行し、マディソンに買われた「しろくまハウジング」の株を買い戻す段取りを始める。

三上頼知(みかみ よりとも)
演 - 弓削智久
「しろくまハウジング」設計部。
作品性を優先し利益を度外視する傾向があるため、予算を重視するカレンとよく対立する。

城久間悠介(しろくま ゆうすけ)
演 - 平埜生成
「しろくまハウジング」施工部。前社長の息子。
オーナーである父親が「しろくまハウジング」のマディソンパートナーズへの身売りを考えていることをとわ子に伝える。

大壺羽根子(おおつぼ はねこ)
演 - 穂志もえか
「しろくまハウジング」経理部。

黒部涼(くろべ りょう)
演 - 楽駆
「しろくまハウジング」の新人社員。翌日競合コンペに出品する予定の設計の法規制を間違い、とわ子たちが徹夜で設計を見直さなければならなくなる失態を犯す。

六坊仁(ろくぼう じん)
演 - 近藤芳正
「しろくまハウジング」の重鎮。職人気質で住宅建築からかけ離れたイベント関係の仕事には極力参加しない。
門谷が発注したアートイベントの仕事に一切追加予算を出さないと連絡してきたことで、発注済みの材料などで1億円の損失が発生することに浮足立ち、狼狽する社員たちを落ち着かせ、最終予算内で仕事が収まるよう調整する指示を出す。

マディソンパートナーズからのアウトソーシングなどによるコスト削減の提案に対し、いいものを作りたい一心で腕を磨き上げてきた職人に対しコストとしか見なさない先方の考えに声を荒げて抗議する。マディソンに買収された後もコスト低減の話を進められるが、本当は「しろくまハウジング」が所有する建築の特許が欲しいだけだろうと、不信感を募らせる。

駒月美和
演 - 田辺愛美
「しろくまハウジング」の社員。

山村エミー
演 - 田村まな
「しろくまハウジング」の社員。

しろくまハウジング社員
演 - 寺井義貴

小鳥遊大史(たかなし ひろし)
演 - オダギリジョー(少年期:星慧音、青年期:武藤悠真)(#6 -#9)
公園でとわ子とラジオ体操をしていた数式を持ち歩く男性。
何度か街中でとわ子と再会するうちに親しくなり、死の直前のかごめからの電話に出てやれなかったことへの後悔と、彼女が夢半ばで亡くなったことを悲しむとわ子の心情を聞き、慰める。しかし後日、「しろくまハウジング」を買収した外資系ファンド・マディソンパートナーズの法務部長としてとわ子の前に現れ、買収後の取締役会でとわ子の社員に対するパワハラの話を議題に持ち出し彼女に退任要求を突きつける。驚くとわ子にビジネスとプライベートは別だと言い切り、仕事以外では今までと変わらず親しくしたいと告げる。

子供の頃から友達と言えるほど数学が好きで、憧れの数学者が教えていた大学に進学したかったが、17歳の頃から家族を介護することとなり進学を断念、介護を終えた頃には31歳で、その時にマディソンの社長に拾われたことから恩義を感じ、彼の言われるがままに敵対する勢力を潰したり無茶なことをしてきたため、社内では社長と対立する専務派から恨まれている。

マディソンの社長から娘と結婚するよう命令されそれをミッションと捉えており、恋愛経験が乏しいことからとわ子に何を話せばいいか恋愛のアドバイスを求める。その甲斐あってか、社長の娘の方からプロポーズされるが、社長への恩にとらわれず自分の意思を押し殺し好きじゃない人との結婚はやめるべきだととわ子に諭され、プロポーズを断ることを決める。

マレーシアで会社を経営する知人から誘われた仕事をすることを決意し、とわ子に「人生を一緒に生きるパートナーになってくれませんか?」とプロポーズし、準備をしてもらえるマレーシアの家の写真をとわ子に見せ、とわ子の建築の仕事も現地で見込めると説明し「夢がかないますね」と語るが、彼女には別れを告げられる。

八作の関係者
三ツ屋早良(みつや さら)
演 - 石橋静河(#1 - #6、#10)
俊朗の彼女。勝ち気で積極的な女性で、八作に出会った瞬間好意を抱き猛烈にアプローチする。
俊朗のことはタイプではないが、優しそうだったから付き合ってみただけと話す。アプローチをかけても一向に振り向いてくれない八作に愛想をつかし彼の元を離れていく。

最終話で、園児の散歩に付き添う保育士として、出勤中のとわ子とすれ違っている。

出口俊朗
演 - 岡田義徳(#1 - #5)
八作の親友。恋人の早良を伴いオペレッタを訪れる。
早良の浮気を疑っているが、その相手が八作だとは気付いていない。

持田潤平(もちだ じゅんぺい)
演 - 長岡亮介
八作を誘い「オペレッタ」を立ち上げたシェフ。八作からは「もっちん」と呼ばれている。
心配性で、いつも店の評価を気にしている。

鹿太郎の関係者
古木美怜(ふるき みれい)〈32〉
演 - 瀧内公美(#1 - #6、#10)
有名女優。岩手県出身。血液型はO型。劇中のテレビドラマ『逆に愛してる』に出演中。
写真撮影で知り合った鹿太郎に好意があるそぶりを見せ彼に近づく。母親のイヤリングに関する思い出話で鹿太郎の同情を引くが、そのエピソードは以前出演したドラマと一言一句同じセリフで語られたウソ話であった。実は鹿太郎と瓜二つの男性と不倫しているのをパパラッチから脅迫されており、週刊誌に証拠写真を送られると出演した映画やCMに契約違反で賠償金を支払う羽目となることから、交際相手は独身の鹿太郎だと偽装するため彼に近づいていた。しかし自身の要望に懸命に応えようとする鹿太郎の優しさに触れ、不倫相手が冷たくなってきたこともあり「これからは普通の恋がしたいの」「器の小さい恋がしたい」と鹿太郎に対し本当に恋愛感情を抱くようになる。しかし一向に自分の想いを受け入れようとしない鹿太郎に愛想をつかし彼の元を離れる。

最終話で『逆に愛してる』シーズン4のロケで芝居をしている様子を出勤途中のとわ子が見学している。

慎森の関係者
小谷翼(こたに つばさ)〈26〉
演 - 石橋菜津美(#1 - #6、#10)
慎森が公園で偶然出会った女性。
慎森に、派遣切りされた会社の上司にパワハラを受けたと訴えるものの、上司の名前が話すたびに違い、嘘がバレたため事務所を逃げ出す。後日、槙森と再会した際「私のことを覚えているか」と尋ねても彼は気づかなかったが、実は渋谷のビジネスホテルの清掃員で2年前から慎森と顔を合わせており、彼が宿泊する部屋にタオルを届けた際に顔を合わせ、ようやく気づかれる。槙森の無関心に傷つき「あなたはわたしの大切なものを奪った」と責める一方で、彼の笑顔に惹かれて恋心を抱いていた。最後は故郷で実家の旅館を継いで社長になると槙森に伝えて去る。

最終話でトランペットを演奏するストリートミュージシャンとして出勤中のとわ子とすれ違っている。

ゲスト
以下のゲストのほか、毎回主題歌のゲストラッパーがカメオ出演する(#主題歌・エンディング参照)。

#1
大豆田つき子
演 - 広澤草(#9、#10)
とわ子の実母。大豆田旺介の前妻。旺介とはとわ子が幼い頃に離婚し、とわ子の社長就任の日に亡くなる。生前、國村真という人物に、結婚してとわ子を産んだ後も思いを寄せていることが綴られた手紙を、投函せず残していた。

佳純
演 - 岩井七世
八作に思いを寄せ、オペレッタで壁ドンならぬドアドンをする女性。

御手洗健正(みたらい やすまさ)〈41〉
演 - 斎藤工(最終話)
置き引きされたとわ子のカバンを取り返してくれた船長服の男性。
とわ子からデートに誘われ横浜のレストランでディナーを楽しむが、実際は船長ではなく結婚詐欺師であった。最終話で結婚詐欺で逮捕されたことがネットニュースで報じらており、被害女性の写真をネットにアップしていたことが判明。とわ子が被害に遭った(実際は未遂に終わっている)と察した六坊が、ニュースに盛り上がる社員たちをたしなめる。

ギャルソン
演 - 冨田佳輔
とわ子が御手洗と訪れた横浜のレストランの店員。
このまま御手洗がとわ子から金を借りるのを見れば、彼が女性から金を借りるのを5回見ることになるとこっそりとわ子に教える。

パン屋の店員
演 - 小泉光咲(#5)
とわ子がラジオ体操後に入ったオシャレなパン屋で働くかっこいい店員。後日オペレッタに来店している(#5)。

#2
蛯原太陽
演 - 川久保拓司
「しろくまハウジング」を頻繁に訪問するインテリアデザイナー。
スポーツマンで、しょっちゅうとわ子をバスケに誘っている。スマホを水平にして通話する姿を見たとわ子と慎森から陰で笑われていた。

グルメ社長
演 - 岩谷健司
年商一千億円の社長。すき焼きに特化した卵をとわ子に贈る。

城久間幹生
演 - 佐藤旭
「しろくまハウジング」の前社長。
入院中に社員たちを呼びだし、とわ子を新社長に指名する。

刑事
演 - 松本亮

#3
仲島登火
演 - 神尾楓珠
「しろくまハウジング」の若手建築士。
大学図書館の設計を手掛けそのセンスで建築士出身のとわ子を感動させるが、採算度外視のプランのために不採用にされる。自身の作品が実現しなかったことから「しろくまハウジング」を退職し、以前から誘われていたシンガポールの設計事務所に渡る。今回は離れることにしたが、社長として嫌われ役に徹するとわ子のことは嫌いではなく、機会があったらまたいつか仕事をしたいと「オペレッタ」で友人に語っており、その場に偶然居合わせた鹿太郎から肩を組まれ共感されるも、面識がないため戸惑っていた。

切腹おじさん
演 - 板垣雄亮
戦国武将「清水宗治」の子孫を自称する男性。
ラジオ体操を終えたとわ子に、自分の先祖が日本に切腹の文化を作ったと話しかける。


演 - 中井千聖
鹿太郎のカメラアシスタント。
鹿太郎から食事代を手渡されるが300円しかなかった。

吉倉優奈
演 - 福岡みなみ
「しろくまハウジング」の社員。
仲島が「しろくまハウジング」を退職したことを聞いて、自分も退職すると言い出す。

#4
五条廣務
演 - 浜田信也
とわ子と同じマンションに住むオーケストラ指揮者。
独身のいい男で、かごめを自身のコンサートと食事に誘うなど彼女に好意を抱いていたが男女関係が面倒だという理由でかごめにフラれる。

史郎
演 - 廣末哲万(#6)
かごめのいとこ。
実家の資産3億円を全額児童施設に寄付したかごめに親戚一同が怒っており、行方を捜していた。一度はかごめを見つけ連れていったが、彼女に逃亡される。

杏子
演 - 並木愛枝(#6)
史郎の妻。

喫茶店の店員
演 - 大原梓
かごめがプリンアラモードを注文した喫茶店の店員。

警察官
演 - マックス・アンソニー
とわ子とかごめが19歳の時に海外旅行先で誘拐されたのを救出に来た現地の警察官。

#5
門谷
演 - 谷中敦
イベント企画会社「ヴイゲード」の社長。
アートイベントの仕事を「しろくまハウジング」に依頼する。とわ子と同じバツ3ということで離婚歴や結婚観で意気投合し、彼女にプロポーズする。しかし自身もバツ3にも関わらず、とわ子が「3回も離婚したかわいそうな人」という考えからプロポーズしており、自分の離婚は「勲章」みたいなものでとわ子の離婚は「傷」と言ってしまうモラハラ男性であったことから、とわ子からプロポーズを断られる。その後、プロポーズを断られプライドを傷つけられた腹いせからか「しろくまハウジング」に発注していたアートイベントの仕事に追加予算をださないと嫌がらせじみた行動に出る。とわ子が予算の交渉に赴くが、途中かごめの訃報で退席したこともあり会談は決裂し、契約を白紙に戻すと連絡する。

整体師
演 - 板橋駿谷、須田晶紀子
門谷がとわ子を連れていった整体マッサージ店の従業員。

#7
若木
演 - 川口覚(#8、#9)
外資系ファンド・マディソンパートナーズから来た「しろくまハウジング」の買収交渉役。
「しろくまハウジング」にコストを度外視した設計を止め、量産できる低価格住宅に特化し人員削減を推進すべきと提案してくる。レンズ部分を全く目にかからない位置まで下げ、メガネが必要ないようなかけ方をしていたことから、慎森に陰でそのことをツッコまれる。

#9
屋敷佐和子
演 - 水田萌木
八作が「自分が結婚するかもしれない相手」と咄嗟に嘘をついて適当な名前を言った全く面識のない女性。
「オペレッタ」で唄が「とわ子が小鳥遊と結婚するかもしれない」と八作に教えたが、慎森に途中の部分から聞かれてしまい、八作が咄嗟に適当な名前を出してしまう。慎森がその名前でスマホで検索すると女子プロボウラーだった。

萬田
演 - 持田将史
プール付きの豪邸に住む慎森の先輩。マディソンパートナーズの良からぬ話を慎森に教える。

萬田の娘たち
演 - いこまえん、羽鳥心彩
萬田家の飼犬を洗った慎森が「犬を洗うことが何よりの幸せなんだ」と答えたことに対し「何でトリマーにならなかったの?」と質問する。

#10
甘勝岳人
演 - 竹財輝之助
とわ子の初恋の相手。ヘリコプターの操縦士。「オペレッタ」で偶然とわ子と再会する。とわ子を「豆子ちゃん」と呼び、再会後デートで食事に行った際「男が10人いたら9人は好きになっちゃうんじゃない?」ととわ子をべた褒めするが、自分はその10人のうちの1人のほうで、とわ子には友情しか感じないと告げる。

國村真(くにむら まこと)
演 - 風吹ジュン
とわ子の実母・つき子が「マーさん」と呼び、結婚後も思いを寄せていた人物。名前や手紙の内容から男性かと思われたが女性であり、唄からの祖母の「恋人」かという問いかけを否定しなかった。小学生の頃、近所のバレエ教室でつき子と知己を得ており、お互いの持ってないところを嫉妬し合ってケンカをした分、距離も近くなり何でも話し合える仲になっていた。とわ子に対し、つき子は家族を愛していたのも事実、自由になれたらと思っていたのも事実で矛盾しているが結果は家族を選んだだけで、自分を選ばずそれが正解であったと答え、彼女の不安を取り除く。とわ子から時々遊びに来ていいかとの申し出に応え、彼女と意気投合する。

高田
演 - 藏内秀樹
とわ子と唄が実母・つき子が残した手紙の住所を頼りに國村真を尋ねに行った際、國村真と間違えた男性。國村のことを知っているらしく、近くのアパートに移り住んだことをとわ子たちに教える。


主題歌・エンディング
主題歌はSTUTS & 松たか子 with 3exesによる「Presence」。STUTSはトラック制作と楽曲プロデュース、松はメインヴォーカルを担当。「3exes」はとわ子の元夫たちを演じる岡田将生、角田晃広、松田龍平によるコーラスである。作詞は松のヴォーカルパートがbutajiとSTUTS、ラップパートのリリック・ディレクションはKID FRESINOが担当した。

作品中の主題歌およびエンディング映像は毎回変わり、主題歌「Presence」に、松のヴォーカルに加えて毎回違うゲストラッパーと、その週のエピソードの中心となるとわ子の元夫を演じる岡田将生、角田晃広、松田龍平らがそれぞれ参加してラップを披露する映像が流れる形となっていた。各回のゲストラッパーはキャストのラップ担当部分も制作し、その回のドラマ本編にもカメオ出演している。また第8話にはNENEの相方であるRyugo Ishidaもカメオ出演した。

音源としては「Presence I(feat. KID FRESINO)」が2021年4月14日に、「Presence II(feat. BIM, 岡田将生)」が5月26日に配信リリースされた。さらに全10曲を収録した主題歌アルバム『Presence』が6月23日にリリース。

主題歌 - STUTS & 松たか子 with 3exes(Sony Music Labels)
#1、#6 - 「Presence I (feat.KID FRESINO)」
#2、#7 - 「Presence II(feat. BIM, 岡田将生)」
#3、#8 - 「Presence III(feat. NENE, 角田晃広)」
#4、#9 - 「Presence IV(feat. Daichi Yamamoto, 松田龍平)」
#5、#10 - 「Presence V(feat. T-Pablow)」
エンディング監督 - 丸山雄大、芳賀陽平
エンディング曲プロデュース - 藤井健太郎


スタッフ
脚本 - 坂元裕二
音楽 - 坂東祐大
挿入歌 - 「Ils parlent de moi feat. Maika Loubté」(原詞:坂元裕二、仏詞:Maika Loubté、作曲:坂東祐大・涂櫻)、「All The Same feat. Gretchen Parlato, BIGYUKI」(原詞:坂元裕二、英詞:LEO今井、作曲:坂東祐大)、「Crescent Morning feat.Cwondo」(作詞:マシュー・ロー、作曲:坂東祐大)
ナレーション - 伊藤沙莉
プロデュース - 佐野亜裕美
演出 - 中江和仁、池田千尋、瀧悠輔
制作協力 - カズモ
制作著作 - カンテレ


番組公式サイト
大豆田とわ子と三人の元夫 - Wikipedia

『大豆田とわ子と三人の元夫 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

探偵☆星鴨 TOP

『探偵☆星鴨』(たんてい☆ほしかも)は、2021年4月27日(26日深夜)から同年6月29日(28日深夜)まで、日本テレビ系の深夜ドラマ枠「シンドラ」枠(火曜 0:59 - 1:29)で放送された。全10話。主演は4年ぶりの同枠出演およびドラマ単独初主演となる有岡大貴(Hey! Say! JUMP)。


各話あらすじ
第1話 2021年4月26日
 おばあちゃんから引き継いだリサイクルショップの一角に探偵事務所を構えている星鴨(有岡大貴)。TVからは、ある殺人事件のニュースが。名探偵シャーロック・ホームズや金田一耕助のように難事件を解決することに憧れて探偵になったのに、実際の依頼は、知的でハードボイルドとはほど遠いものばかり。

第2話 2021年5月3日
 星(有岡大貴)がリサイクルショップに戻ると、留守番をしていた唐戸(片山友希)が「依頼を受けた」と得意げに報告。しかしそれは星が断固拒否する浮気調査!依頼人・島田(朝倉あき)の浮気のボーダーラインはやたら細かく厳しい。変装して尾行し、島田の夫(伊島空)の行動を調べる星。初調査の唐戸はノリノリでサポート。またも捜田刑事(岡田義徳)が現れ星を連行!?探偵・星と新米助手・唐戸のドタバタコンビが動き出した!

第3話 2021年5月10日
 女性にタジタジしてしまう星(有岡大貴)の前に5人の女性依頼人が現れ最大の危機!?中学時代の同級生という彼女たちの依頼は、タイムカプセル捜索。唐戸(片山友希)から「売れない商品ばかり」と責められていた星だが、商品を活用、なんとか依頼人の事情を聴く。そんな中、捜田刑事(岡田義徳)が追う殺人事件にも新たな展開!事件に星の同級生(森廉)!そして師匠・ジョー(堀部圭亮)の存在が…星の周りで何かが動き始める!

第4話 2021年5月17日
 デカいレトロゲームを買い取ってきた星(有岡大貴)に、またゴミを増やしたと責める唐戸(片山友希)。レトロゲームの胸熱な面白さを主張する星だが、唐戸は最新のオンラインゲーム「サバイバル行動」に夢中。お互いゲームに没頭していると店先に不審な男の姿が! そっと近寄り捕まえようとするが、男はなんと依頼人で正体はオンラインゲーム世界一の「モーリーラン太」(加藤諒)。それを聞いた唐戸は大興奮だが依頼は星にとって「人類史上一番ムリ!」なデート代行。

第5話 2021年5月24日
 星(有岡大貴)のもとに「ある物」を盗まれた依頼人・田所(菅原永二)が。難事件と喜ぶ星だが、盗まれたのはナポリタンの「味」。まずは試食。ただ食べる星に対し、唐戸(片山友希)は的確に味を表現し、食リポのよう。疑惑の店と食べ比べると確かに似ている。2人目の依頼人・西田(磯山さやか)はカレーの味を盗まれたという。疑惑の店は同じ店!捜田(岡田義徳)も現れ、利きカレーに参戦!味泥棒疑惑から想定外の一番星が!?

第6話 2021年5月31日 ※前夜放送の『news zero』の放送時間拡大により10分繰り下げ(1:09 - 1:39)
 星(有岡大貴)がリサイクルショップの接客をしていると、突然「きゃーっ」と唐戸(片山友希)の悲鳴!ラップ音が聞こえ、「幽霊がいる」と主張する唐戸だが、星は受け流して接客に戻る。再び響く唐戸の悲鳴、今度は床がびしょ濡れに。絶対に幽霊とゆずらない唐戸だが、星も妙な違和感を覚えていた。閉店後こっそりと忍び込んで調べてみると…。そこに現れた影は幽霊!? ではなく、星の探偵学校の同級生・四方田樹(千賀健永)だった!

第7話 2021年6月7日
 星(有岡大貴)のリサイクルショップで、ある男性客(中川晴樹)が商品を物色し、唐戸(片山友希)が接客し、購入し帰って行く。それは何気ない日常のようだが、何かが違い…、奥からソファーで眠る捜田刑事(岡田義徳)のいびきが聞こえている。目を覚ました捜田から、星に依頼が!!行方不明になった愛犬のジェニファーを捜索してほしいという。

第8話 2021年6月14日
 星(有岡大貴)は、捜田刑事(岡田義徳)から探偵・黒谷(森廉)が殺された事件のホシ【犯人】はジョー(堀部圭亮)だと言われ、まさかと思いながらも、動揺していた。ジョーにもらったオルゴールを手に事件のことを考えていると、そこに女性客・竹田(入山法子)が現れる。相変わらず女性に戸惑いがちな星だが、唐戸(片山友希)は手が離せないというので、仕方なく星が接客することに。

第9話 2021年6月21日
 星(有岡大貴)は捜田刑事(岡田義徳)から、ついに念願の殺人事件の依頼を受けることになった! 唐戸(片山友希)も「すごい!」と喜ぶが、重要参考人は星の師匠・ジョー(堀部圭亮)で、師匠を追い込むことになる可能性も…。さっそく「タワシ殺人事件捜査本部」の張り紙を星の探偵事務所に掲げる捜田。だが一向にほかの刑事たちの気配がない。

最終話 2021年6月28日
 星(有岡大貴)と捜田(岡田義徳)は、星お手製の探偵グッズ三徳双眼鏡とあんパンを手に張り込み、一方の唐戸(片山友希)は、黒谷(森廉)殺害現場近くの喫茶店の防犯カメラに映っていた竹田芽衣(入山法子)の姿を見つける。星は、ジョー(堀部圭亮)の告白は全くの作り話で、実は真犯人を星に暴いてほしいという調査依頼だったのではないか!?


概要
人気劇団・ヨーロッパ企画の諏訪雅によるオリジナル脚本で、同劇団のファンというHey! Say! JUMPの有岡大貴がドラマ単独初主演を務めるコメディー・ミステリー。有岡が演じるのは、ハードボイルドな探偵の世界に憧れているが、女性とのコミュニケーションが苦手な探偵・星鴨。依頼の調査中に起こるハプニングにドタバタと振り回されたり、未解決殺人事件の犯人と疑われたりしながら、「見えた! 輝く一番星!」の決めゼリフとともに一級品のひらめきの速さで全力解決していく。


ストーリー
リサイクルショップの一角に事務所を構える探偵・星鴨(有岡大貴)のもとに、ストーカー被害に悩む唐戸つぐみ(片山友希)が依頼に訪れる。女性との接触が苦手な星はタジタジになるが、依頼を解決すると、つぐみが「ここで助手をします」と言いだし、星は助手としてつぐみを採用する羽目に。

そんな女性に不器用な探偵と、その克服に協力する助手が調査をしているさなかには、必ず現れ、星を逮捕しようとする刑事・捜田一(岡田義徳)。実は捜田はある未解決殺人事件を追っていて、事あるごとに星が怪しいと決めつける。なぜ星は犯人と疑われるのか? 全く関係ないと思っていた未解決殺人事件と星との妙な接点が次第に浮き彫りになってくる。


キャスト
星 鴨(ほし かも)〈29〉
演 - 有岡大貴(Hey! Say! JUMP)
「星探偵事務所」の探偵。30歳を前に大手探偵事務所から独立し、祖母の営んでいたリサイクルショップの一角を探偵事務所としている。ハードボイルドな探偵の世界に憧れているが、女性とのコミュニケーションが苦手。調査中に容疑者となり、取り調べを受けてしまうことも。「見えた! 輝く一番星!」という決めゼリフ(?)で解決策をひらめく!?

唐戸つぐみ(からと つぐみ)〈25〉
演 - 片山友希
「星探偵事務所」の助手。自身のストーカー被害を星に依頼したことをきっかけに、星の事務所で助手を始める。

四方田樹(よもだ いつき)
演 - 千賀健永(Kis-My-Ft2)
ミステリー作家で、探偵学校時代の鴨の同級生。

捜田 一(そうだ はじめ)〈40〉
演 - 岡田義徳
警視庁捜査一課の刑事。ある未解決殺人事件を追っていて、事あるごとに悪目立ちする星を疑うが、毎度すぎて星と友情のような感情が芽生える。

ジョー(城豊也)
演 - 堀部圭亮
通称・ジョー。星の憧れの師匠で、探偵学校時代の講師。年齢不詳、所在不明、プライベートも謎。

ゲスト
第1話
石黒ゆかり
演 - 磯野貴理子
つぐみのストーカー被害の鍵を握る女性。

刑事
演 - 石田剛太(ヨーロッパ企画)

第2話
島田里奈
演 - 朝倉あき
夫の浮気調査を依頼する女性。

島田博司
演 - 伊島空
浮気の疑惑が持たれている里奈の夫。

バスタブを売る客
演 - 酒井善史(ヨーロッパ企画)

第3話
中学時代の演劇部部員
元部長
演 - 小川紗良

元部員
演 - 川添野愛
演 - 辻千恵
演 - 畦田ひとみ
演 - 田中珠里
中学時代に埋めたタイムカプセルの捜索を依頼する元演劇部のメンバー。

黒谷毅
演 - 森廉
探偵学校時代の鴨の同級生。

第4話
モーリーラン太
演 - 加藤諒
カリスマゲーマー。

ドミ子
演 - 黒崎レイナ
モーリーラン太のデート相手。

第5話
田所
演 - 菅原永二
洋食店オーナー。

西田
演 - 磯山さやか
カレー店オーナー。

第6話
四方田樹
演 - 千賀健永
星の探偵学校の同級生。


演 - 遊井亮子
編集者。

捜田一
演 - 岡田義徳
警視庁捜査一課の刑事。

二村
演 - たかやまあたる
巡査。

第7話
-
演 - 中川晴樹(ヨーロッパ企画)
客。

-
演 - 石田剛太(ヨーロッパ企画)
捜田の部下。

第8話
竹田
演 - 入山法子
客。

-
演 - 武田航平
竹田の婚約者

-
演 - 横山涼

横入
演 - 竹田光稀
刑事。

スタッフ
脚本 - 諏訪雅(ヨーロッパ企画)
脚本監修 - 上田誠(ヨーロッパ企画)
演出 - 宝来忠昭、本田大介
音楽 - 立山秋航
主題歌 - Hey! Say! JUMP 「ネガティブファイター」(ジェイ・ストーム)
編成企画 - 安島隆、河野雄平
コンテンツプロデューサー - 岩崎広樹
チーフプロデューサー - 福士睦
企画プロデューサー - 長松谷太郎
プロデューサー - 能勢荘志、橋淳之介、若林雄介
制作プロダクション - Pipeline
製作著作 - 日本テレビ、ジェイ・ストーム


番組公式サイト
探偵☆星鴨 - Wikipedia

『探偵☆星鴨 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒミツのアイちゃん TOP

『ヒミツのアイちゃん』は、2021年2月21日(20日深夜)よりFODで配信された。全10話。主演は平祐奈。

2021年4月13日(12日深夜)より同年6月15日(14日深夜)まで、フジテレビのブレイクマンデー24(0:25 - 0:55、関東ローカル)で放送された。


各話あらすじ
第1話 2021年4月12日「恋なんて興味ゼロ!オレの敵は天野玲欧!!」
 バスケットボール部エースの女子高生・愛子(平祐奈)は、ライバル視する男子バスケ部エースの玲欧(佐藤寛太)に毎日対決を申し込んでは負け続けていた。ある日、親友の広子(吉田志織)からの頼みでメイドカフェでアルバイトをすることになった愛子は、ウイッグとメイド服で大変身。すると、店に玲欧が現れ…。
  
第2話 2021年4月19日「・・・恋なんかじゃない!!」
 デート以来、玲欧が気になってしょうがない愛子。気がつくと玲欧を目で追っている自分がいた。広子には「それは恋だよ」と言われるが認めたくない。そんな時、バイト終わりに玲欧から連絡が入る。ご飯に誘われた愛子は、舞に変身し玲欧に会いに行く。公園でバスケットボールを見つけた愛子は勝負を挑む。しかし、その勝負に本気でぶつかってこない玲欧にイライラした愛子は、思わずウィッグを外し正体をバラしてしまう。しかし、玲欧の反応は意外なものだった・・・

第3話 2021年4月26日「最強の双子と初カレシ♥」
 正式に付き合うことになった愛子と玲欧。しかし、愛子は初めての彼氏でどうすればいいのかわからない。戸惑う愛子をよそに玲欧はいつもと変わらない様子。玲欧の親友・健司に「玲欧の彼女はメイドの舞さん」とクラスメイトにバラされるも、玲欧は舞が愛子だと訂正しようとする。そんな玲欧に愛子は「言わないで!」と懇願する。付き合ってることを言いたくない愛子と言いたい玲欧。2人の気持ちはすれ違う。

第4話 2021年5月3日「ツライかも・・・ヒミツの試練」
 周囲に正体を隠して付き合うことになった愛子と玲欧。学校ではライバルの愛子として過ごし、外では舞として玲欧とデートを重ねる。しかし学校ではいつも周りに郁や女子たちがいる玲欧を見て、今までとは違う切ない想いが積み重なって行く。すると巧がモノ言いたげに玲欧に揺さぶりをかける。そんなある日、愛子がいつものようにスピカでバイトしていると玲欧の親衛隊が「舞さんに挨拶させて」とやって来た!ピンチの愛子。そんな愛子を救ってくれたのは・・・

第5話 2021年5月10日「超絶肉食ライバルの本気!」
 遊園地にデートにやって来た愛子と玲欧。思いっきり楽しもうとしているとなんとそこに郁と巧がやって来た!「好きな人のことならなんでも知っている」と玲欧に近づく郁。マウントをとってくる郁の振る舞いにどんどん愛子の元気が無くなって行く・・・。そんな愛子の顔を見た玲欧は・・・。ようやく二人きりになれた愛子と玲欧。しかしそこへ巧が「郁がいなくなった・・・」とやって来る。手分けして郁を探していると、観覧車に乗り込む玲欧と郁を見つけた愛子は思わず巧と一緒に別の観覧車に乗り込んでしまう・・・。愛子×巧と玲欧×郁はそれぞれ・・・

第6話 2021年5月17日「・・・好きって言われた。」
 階段から落ちそうになった愛子をかばって巧が腕を怪我してしまう。責任を感じた愛子は「オレが面倒みるよ!」と手をあげる。睨みつける玲欧。玲欧は巧を警戒するように愛子に忠告する。「大丈夫」と笑っていた愛子はある日、巧が一人ハロウィンパーティーの準備を頼まれたと言うので手伝うことに。するとそこで巧が愛子に…。巧の思いがけない行動にテンパった愛子。そしてそれは玲欧との大ゲンカに発展し…

第7話 2021年5月24日「ヒミツのレオくん!?」
 玲欧と仲直りした愛子は、初めて玲欧の部屋へ・・・。近づいてくる玲欧に覚悟を決め目を瞑る・・・が、愛子は大事なことに気づいてしまう・・・! 翌日から玲欧の態度が素っ気ないと感じる愛子。外で会う時間は減り、部活でも勝負にのってこないし、教室ではずっと寝ている玲欧。不安になった愛子は、広子と郁とともに玲欧の後をつけることにした。そこで見たものは・・・

第8話 2021年5月31日「無敵すぎる玲欧の元カノ。」
 デートの約束をしていた愛子は駅前に向かうと、偶然が重なり全員集合。何か言いたそうな玲欧の元カノ・柚香を残し、郁が玲欧を強引に引っ張って行く。元カノの出現に動揺を隠せない愛子。煽る郁と、「信じるしかない」と励ます広子。ある日、学校に柚香が現れた・・・。愛子は柚香に1on1の勝負を挑む。その後、愛子は柚香の玲欧への真っ直ぐな想いを聞いてしまう・・・そして・・・

第9話 2021年6月7日「愛子のキモチと玲欧のホンネ。」
 愛子の中で柚香の存在が大きな不安となっていく・・・。そんな初めての気持ちに戸惑う愛子。不安が止まらない愛子は玲欧にその気持ちをぶつけるも、途中で我に返り・・・。そんな愛子を目の当たりにした玲欧は、柚香に連絡する。カフェで会うことになった愛子・玲欧・柚香。柚香の想いと玲欧の想いが交差する。その帰り道、玲欧は愛子に「俺は舞さんと別れたい・・・」と柚香と話して思ったことを愛子に告げる・・・

最終話 2021年6月14日「初めての恋はヒミツの恋。」
 クリスマスが差し迫ったある日、試験の話をしていた愛子と広子に郁と巧の話し声が聞こえて来た。2人が話していた最後のカケとは・・・。そしてクリスマスの夜。愛子は「もうヒミツは終わりだ」と、ウィッグを脱ぐ決意をする・・・。愛子、玲欧、郁、巧、それぞれの想い・・・それぞれの覚悟・・・それぞれの未来・・・。たくさんのことを乗り越えた先に待ってる未来は自分が思うよりきっと明るい!!!


原作概要  
『ヒミツのアイちゃん』は、花緒莉による漫画作品。『Cheese!』(小学館)にて2009年9月号から2014年11月号まで連載された。その後、スピンオフとして『ヒミツのヒロコちゃん』が連載されている。2021年、平祐奈の主演によりFODで実写ドラマ化。2020年12月時点で累計発行部数は370万部を突破している。


ドラマ概要
花緒莉による同名人気コミックを実写化した青春ラブストーリー。ボーイッシュで負けず嫌いな高校生・香住愛子を平祐奈が、バスケットボール部のイケメンエース・天野玲欧を劇団EXILEの佐藤寛太が演じる。アルバイト先でロングヘアのウィッグをつけて女の子らしいメイド姿に変身した愛子が、客としてやって来た玲欧から告白されたことで、初めての恋を不器用ながらも精いっぱい頑張ろうとする姿を描いていく。


ストーリー
バスケットボール部のエース・天野玲欧(佐藤寛太)と張り合っている負けず嫌いの高校生・香住愛子(平祐奈)は、兄・律希(MASATO)が経営するメイドカフェで働くことに。フリフリとしたメイド服とロングヘアのウィッグで変身した愛子は、お店にやって来た玲欧に、女子大生の「舞」と名乗って接客する。

玲欧からデートに誘われ、闘争心から「ほれさせて振ってやる」とデートを重ねる愛子だったが、やがて玲欧を好きになってしまう。舞の正体を知っていた玲欧と晴れて付き合うことになった愛子は、ライバルとの交際を知られたくないため、玲欧の彼女が自分であることを周囲には秘密にするが…。


キャスト
香住愛子 - 平祐奈
3人の兄に囲まれて育った負けず嫌いな女子高校生。花風高校女子バスケットボール部のエースで、男子のエースである玲欧に勝負を挑んでは負け続けている。メイドカフェ「スピカ」でアルバイト中、玲欧に対してとっさに「大学生の戸田舞」と名乗る。

天野玲欧 - 佐藤寛太(劇団EXILE)
花風高校男子バスケットボール部のエースで学校一のモテ男。愛子からライバル視されている。「スピカ」の舞に一目ぼれしてデートに誘う。

北内広子 - 吉田志織
愛子の親友。アルバイト先である「スピカ」のピンチを救ってほしいと愛子に頼む。

森川郁 - 大和田南那
愛子の恋のライバルになる女性。

森川巧 - 別府由来
郁の双子の弟。

久保建司 - 水沢林太郎
玲欧の中学時代からのバスケ仲間。

香住律希 - MASATO(THE BEAT GARDEN)
愛子の兄で、「スピカ」の店長。愛子の負けず嫌いな性格を熟知している。

香住真琴 - 菅井義久

香住蘭治 - 坪根悠仁

スタッフ
脚本:根津理香
演出:松浦徹
プロデューサー:郷田悠
主題歌:1on1/神はサイコロを振らない


番組公式サイト
ヒミツのアイちゃん - Wikipedia

『ヒミツのアイちゃん TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

珈琲いかがでしょう TOP

『珈琲いかがでしょう』(コーヒーいかがでしょう)は、2021年4月5日から同年5月24日まで、テレビ東京系列の「ドラマプレミア23」枠(月曜23:06 - 23:55)の第1弾として放送された。全8話。主演はテレビ東京系連続ドラマ初主演となる中村倫也。


各話あらすじ
第1話 2021年4月5日「幸せの移動カフェ 心を癒す優しい店主 」
「人情珈琲」
垣根志麻(夏帆)は、誠実・丁寧・義理・人情をモットーに働くOL。その不器用さゆえ効率重視の部長(井上肇)には毎日のように怒られている。もてはやされるのはいつも、明るくて要領がいい後輩・馬場(足立梨花)だ。
一人寂しくランチタイムを過ごしていたある日、どこからともなくいい匂いが漂ってくる。香りの先には、青山一(中村倫也)が営むたこマークの移動珈琲店「たこ珈琲」があった。一杯一杯丁寧に淹れる工程と、出来上がった珈琲のおいしさに感動した垣根は、自分の不器用さにしんどさを感じていることを思わず青山に打ち明ける。


「死にたがり珈琲」
クレーム対応の電話オペレーターをしている早野美咲(貫地谷しほり)は、心を無にしてただただ謝る毎日を送っていた。ある晴れた休日、美咲が洗濯物を干していると、どこからか珈琲の香りが漂ってくる。「こんな昼下がりは死にたくなる」…穏やかなひと時に反して、ベランダでそんなことを思った美咲。手すりに片足をかけたその時、美咲の目に真下にいる青山の姿が飛び込んでくる。しかも目が合うと笑顔を見せ、驚いた美咲はその拍子に干していたガードルを落としてしまい…。


第2話 2021年4月12日「幸せの移動カフェ 心を癒す優しい店主 」
「キラキラ珈琲」
青山一(中村倫也)はみかん畑に囲まれた、ある田舎道で「たこ珈琲」を開店していたが、ここにいるのもこの日まで。営業を終え、深夜、車で東京へ移動していると、後方で何やら物音が…。髪をピンク色に染めたみかん畑の娘・大門雅(山田杏奈)が、こっそり乗り込んでいたのだ。慌てて引き返そうとするが、雅は田舎生活がとにかくイヤで、可愛い自分は東京でも通用するはずだと訴える。既にオーディションを受けることも決めていた。「東京で何かしらになりたい」…何を言っても引き下がらない雅に根負けした青山は、親へ報告することを条件に連れていくことに。

東京では、雅のインスタのファンだという、礼(臼田あさ美)の世話になることになっていた。原宿で落ち合い、オーディション会場へ連れて行ってもらう間にも、スカウトされたり、かわいいものに囲まれたり。期待感がますます高まっていくが――。

「だめになった珈琲」
ある日、礼のルームメイト・ヤイ子(三浦透子)が、突然出ていくと言い出す。最近の礼の行動にもうついていけないという。ついに独りぼっちになった礼の部屋に突然、青山が訪ねてくる。雅が部屋にスマホを忘れたといい、早速探し始めると、雑然とした部屋から古びたエスプレッソマシーンが出現。礼は機械を懐かしそうに見つめながら、上京した頃のことを青山に話し始める…。


第3話 2021年4月19日「動き始めた物語…!! 心優しき店主の秘密」
「男子珈琲」
 飯田正彦(戸次重幸)は、仕事もルックスも完璧なサラリーマン。あのヨン様にも似ていると言われるほどで、周囲に慕われていることは本人も自覚していた。青山一(中村倫也)の「たこ珈琲」に女子社員たちを引き連れ、全員分の珈琲を奢ったり、珈琲のうんちくを披露したりと“いい上司”をアピールしていた。
そんな折、新しい企画について部下と意見が衝突。かみ合わない不満を、見た目も性格も正反対の同僚・森(小手伸也)にぶつける。感情的になる飯田を森はなだめるが、そんな矢先、飯田はひょんなことから、女子社員の陰口を耳にし、自分が嫌われていることを知ってしまう。「勘違いしている」など、飯田の話題で盛り上がる女子社員たちの罵詈雑言にショックを受けた飯田は、青山の前で自分のカッコ悪さを嘆く。その頃、謎の男・ぺい(磯村勇斗)は青山に近づきつつあった――。


「金魚珈琲」
ぺいの姿を見た青山は、なぜか慌ててワゴン車で逃亡。ある田舎町にたどり着いた青山は、タイヤがパンクするというアクシデントをきっかけに、スナックのママ・アケミ(滝藤賢一)と出会う。しかもなりゆきでスナックの手伝いをすることに。あっという間に人気者となった青山を、アケミは昔どこかで見かけたような気がして…。

そんな折、偶然にもアケミの中学の同級生・遠藤(丸山智己)が来店する。野球部のエースで、学校の人気者だったという。青山が入れた珈琲焼酎を味わいながら、2人は久々の再会を喜ぶ。

アケミはスナックを営む傍ら、母親の介護にも追われていた。そしてかつて夢を諦めた後悔のような思いを、青山に吐露する。そんな心情を感じ取ったのか、遠藤はアケミに「閉鎖的な町から抜け出して、もう一度夢と向き合うべき」と訴える。


第4話 2021年4月26日「一杯の珈琲がつなぐ再会…店主の壮絶過去 ついに迫る魔の手!!」
「ガソリン珈琲」
ワゴン車のタイヤがパンクした青山一(中村倫也)は、ガソリンスタンドに立ち寄る。厳つい風貌の店主・ゴンザ(一ノ瀬ワタル)とは知り合いのようで、笑顔を見せる青山に「昔のお前を知っていると身の毛がよだつ」と言いながら整備をしている。

そんな中、一台のトラックがやってくる。セルフでガソリンを入れ始めた運転手の菊川貞夫(野間口徹)は、どこか不機嫌そう。ゴンザ曰く、たまに来店する、声をかけても挨拶すらしない無愛想な客だという。そんな菊川が、思わず動きを止める。青山の珈琲の香りにつられたようだ。「淹れたての珈琲いかがでしょう?」

――その声に我に返ったのか珈琲を飲まずに慌てて去ってしまうが、どこか寂し気な様子が気になった青山は、しばらくガソリンスタンドで「たこ珈琲」を開くことに。実は菊川は珈琲を“飲めない”のではなく“飲まない”、ある複雑な事情を抱えていた。


「ファッション珈琲」
青山は、元バリスタチャンピオンとして珈琲界では有名なカフェ店主・モタエ(光浦靖子)にコピ・ルアックの豆を届ける。“幻の珈琲豆”と言われるインドネシアの高級珈琲豆だ。2人でその珈琲を堪能していると、まもなく始まるワークショップの生徒が来店。その中に垣根志麻(夏帆)の姿を見つけた青山は、思わず影に隠れてしまう。そんなことを知る由もない垣根は、珈琲に興味を持つきっかけとなった青山との出会いを語り始める。一方、珈琲について純粋に教えたいモタエは、“箔付け”のために通う生徒たちとのズレに悩んでいて…。

その頃、ぺい(磯村勇斗)はとあるヤクザ事務所にいた。組員の花菱(渡辺大)に呼び出されたからだ。なにやら青山について話している2人。果たして2人と青山の関係は…?
そして青山の隠された過去が徐々に明らかになっていく。


第5話 2021年5月3日「傷だらけの店主…!! 人生変えた1杯の珈琲 移動カフェの真実!?」
「ほるもん珈琲」
ぺい(磯村勇斗)が目の前に現れ、ワゴン車の中で青ざめる青山一(中村倫也)。しかもカフェで再会した垣根志麻(夏帆)が、車まで青山を追いかけて来てしまう。青山の元仕事仲間だと自己紹介したぺいは、「静かなところで3人で話そう」と提案する。だがぺいの目的は青山を花菱(渡辺大)のもとへ連れていくこと。垣根を巻き込みたくない青山だが、垣根は保険だと逃がそうとしない。

青山の運転で移動中、垣根から青山の前職について尋ねられたぺいは、「強いて言えば清掃業」と答える。そして血や泥にまみれながら“清掃業”をしていた当時について語り出す。


「初恋珈琲」
ある理由でぺいは花菱(渡辺大)らから殴る蹴るの暴行を受けることに。自分の真っ赤な血を見ながら、小学校時代の初恋の相手が背負っていた、真っ赤なランドセルを思い出す。少年時代のぺい(込江大牙)が恋心を抱いたのは、席替えで隣同士になったひとみだ。家が貧しく父親に暴力を振るわれ、早くも人生に絶望していたぺいにとって、ひとみは天使だった。そんな折、ひょんなことから、ひとみの家で手作りの珈琲ゼリーをごちそうになる。苦くて甘くて冷たくて…それはぺいにとって初恋の味だった――。

一方青山は、垣根に珈琲にハマるきっかけになった、ホームレスのたこ(光石研)との出会いを打ち明ける。


第6話 2021年5月10日「一体何が足りない!? 大切な人に淹れる珈琲 秘伝…最後の隠し味」
「たこ珈琲」
垣根志麻(夏帆)が淹れた珈琲を味わいながら、青山一(中村倫也)は珈琲の道に進むきっかけとなった、ホームレスのたこ(光石研)との出会い、そして青山が珈琲を淹れながら各地を巡っている本当の理由を打ち明ける。

たこの淹れた珈琲に魅了され弟子入りを懇願した若き青山。その申し出を受け入れたたこは、ただ単純に「珈琲を美味しく淹れる」だけではない、青山自身に足りていない何かを気づかせるための修行を始めるのであった。今まで自分が過ごしてきたヤクザな世界とは真反対な、穏やかな日常を過ごしたり、ちょっとしたシアワセに気づくような日々を送る青山。珈琲の腕前が上達していくのと比例するかのように、青山の中でも小さな変化が起き始めていた…。

第7話 2021年5月17日「ついに現れた黒幕! 優しき店主の裏切りと甘い珈琲牛乳の約束」
「ぼっちゃん珈琲」
青山一(中村倫也)は、ようやくたこ(光石研)の親戚宅の前にたどり着くが、あと一歩のところでぼっちゃん(宮世琉弥)に拘束されてしまう。ワゴン車に連れ込まれ、夕張(鶴見辰吾)の運転でどこかへ移動中、ぼっちゃんは青山が面倒を見てくれた幼い頃のことを振り返り始める。

当時10歳だったぼっちゃん(長野蒼大)の面倒を見ることになった青山は、ぼっちゃんが学校でいじめられていることに気づく。給食に出てくるコーヒー牛乳もいつも取り上げられてしまい、一度も飲んだことがないという。父親がヤクザの二代目(内田朝陽)であることを武器にすればと助言するが、ぼっちゃんはヤクザが大嫌いだと一蹴。自分の力でクラスの底辺から脱出するため、いつかコーヒー牛乳を飲むため、毎日苦手な逆上がりの自主練をしていた。

そんなぼっちゃんの覚悟を知った青山は、逆上がりの練習に付き合うように。さらに組の抗争によって連れ去られそうになった時には颯爽と救い出し、眠れない夜にはコンデンスミルクをたっぷり入れたコーヒー牛乳で喜ばせた。次第にぼっちゃんにとって、二代目がかまってくれない寂しさを埋めてくれる青山が、強くてかっこいいキャラクター“とらモン”のような存在となっていく。「ずっとそばにいる」という約束も交わすが、その直後、約束を裏切る出来事が起きる――。


最終話 2021年5月24日「世界中に美味しい珈琲を届けたい…最高にポップな1杯だ!!」
「暴力珈琲」「ポップ珈琲」
ぼっちゃん(宮世琉弥)が執拗に青山一(中村倫也)を追っていたのは、信頼していた青山の裏切り行為に対する報復だった。垣根志麻(夏帆)やぺい(磯村勇斗)を巻き込んでまで追い詰めようとするが、暴力ですべてを制するようになったぼっちゃんに、青山は「そのやり方で手に入れたコーヒー牛乳はおいしかったか」と問いかける。

ぼっちゃんの脳裏に蘇ったのは、同級生を脅して好きなだけコーヒー牛乳が飲めるようになったのに、なぜかまったく味がしなかった頃の記憶…。さらにこれまで沈黙を貫いていた夕張(鶴見辰吾)が、見かねて裏切りの真相を語り始める。青山が大金と共に姿を消した裏には、息子を思う二代目(内田朝陽)とのある固い約束があった。

時を経て事実を知ったぼっちゃんは…。ついに最終回。青山は「奥さんと同じ墓に入りたい」と願っていた、たこ(光石研)の願いを叶えることはできるのか?

※初回から第3話までは5分拡大( - 翌0:00)


原作概要
『珈琲いかがでしょう』は、コナリミサトによる漫画作品。『WEBコミック EDEN』(マッグガーデン)にて2014年2月20日から2015年12月7日まで連載された。


キャスト
青山一(あおやま はじめ)
演 - 中村倫也
本作の主人公。タコのマークの移動珈琲屋「タコ珈琲」の店主。8種類のブレンドを準備していることからタコ足(8本)に因んでタコのマークを使っているが、たこ焼き屋と間違われることが悩みの種。

垣根志麻(がきね しま)
演 - 夏帆(ep.1、ep.8 - ep.14)
誠実・丁寧・義理・人情がモットーの不器用なOL。

杉三平(すぎ さんぺい)
演 - 磯村勇斗
移動珈琲屋を始める前の青山と因縁がある男。通称・ぺい。

たこ
演 - 光石研(ep.10 - ep.14)(若い頃:前田旺志郎(ep.14))
ホームレスの男性。青山の珈琲の師匠。

ゲスト
役名不詳の登場人物の名前は原作漫画を参考にする。
第1話
■人情珈琲(ep.1)
馬場(垣根の後輩OL) - 足立梨花
部長(垣根の会社の部長) - 井上肇
社長(垣根の会社の社長) - 大石吾朗

■死にたがり珈琲(ep.2)
早野美咲(死を意識するクレーム対応の電話オペレーター) - 貫地谷しほり
シヴァ(インドカレー店「カリカ」の店主) - バルニー
シヴァの妻(店主の妻) - アディカリ・サンギタ
シヴァの娘(店主の娘) - スベディ・アニンディタ

第2話
■キラキラ珈琲(ep.3)
大門雅(東京に憧れる田舎の女子高生) - 山田杏奈
大門(雅の父) - 清水伸
タイジ(礼の悪い友人) - 小柳友
ヨウスケ(礼の悪い友人) - 小柳心

■だめになった珈琲(ep.4)
礼(東京で挫折を経験した自称画家の女性) - 臼田あさ美(ep.3)
ヤイ子(礼のルームメイト) - 三浦透子
ゲンさん(原宿のギャラリーオーナー) - 川瀬陽太
ネネモ(礼の美術学校の学友) - 柳英里紗
村下正(有名なアートディレクター) - 岩崎う大

第3話
■男子珈琲(ep.5)
飯田正彦(都会のサラリーマン) - 戸次重幸
飯田由美(正彦の妻) - 筧美和子
森(正彦の同僚) - 小手伸也
中島(正彦の陰口を言う後輩社員)- 永島聖羅

■金魚珈琲(ep.6)
アケミ(田舎でスナックのママとして生きる男性) - 滝藤賢一
遠藤(アケミの同級生) - 丸山智己
田中(「スナックあけみ」の常連客) - 上地春奈
鈴木(「スナックあけみ」の常連客) - 鈴木アメリ
森田(「スナックあけみ」の常連客) - もりももこ
斎藤(「スナックあけみ」の常連客) - 桜田聖子
潮(「スナックあけみ」の常連客) - 長野克弘
アケミの母 - 竜のり子

第4話
■ガソリン珈琲(ep.7)
ゴンザ(ガソリンスタンド店主・青山の知人) - 一ノ瀬ワタル
ゴンザの妻 - 山田真歩
織江(ゴンザの娘) - 池谷美音
菊川貞夫(不愛想なトラック運転手) - 野間口徹
菊川マリ(貞夫の妻) - 松本若菜

■ファッション珈琲(ep.8)
モタエ(カフェ店主・元バリスタチャンピオン) - 光浦靖子
珈琲教室の生徒(モタエの珈琲教室の生徒) - 相築あきこ、うえのやまさおり、隅乃倉ひろみ
花菱(泥龍会の幹部) - 渡辺大(ep.9 - ep.12)
花菱の舎弟 - 浦山佳樹、鈴木武、松本亮、久保圭一(ep.10)

第5話
■ほるもん珈琲(ep.9)
■初恋珈琲(ep.10)
ぺい(小学生時代) - 込江大牙
ひとみ(ぺいの同級生・初恋の相手)- 筧礼(大人のひとみ:駒井蓮)
ひとみの母 - 川村エミコ

第6話
■たこ珈琲(ep.11)
ぼっちゃん(泥龍会組長・17歳の三代目) - 宮世琉弥(ep.12、ep.13)

第7話
■ぼっちゃん珈琲(ep.12)
ぼっちゃん(10歳の頃) - 長野蒼大(ep.13)
夕張(泥龍会のベテラン幹部) - 鶴見辰吾(ep.13)
二代目(泥龍会組長・ぼっちゃんの父) - 内田朝陽(ep.13)
泥龍会構成員 - 渡部龍平(ep.13)

最終話
■暴力珈琲(ep.13)
権田組組長(泥龍会と対立する暴力団の組長) - 石橋保

■ポップ珈琲(ep.14)
幸子(たこの妻) - 市毛良枝 (若い頃:森迫永依)
マコ(たこの孫) - 宮野陽名
幸子の父 - 佐藤五郎
幸子の母 - 石井静

スタッフ
原作 - コナリミサト「珈琲いかがでしょう」(マッグガーデンコミックスEDENシリーズ)
脚本 - 荻上直子
監督 - 荻上直子、森義隆、小路紘史
音楽 - HAKASE-SUN
OP主題歌 - 小沢健二 「エル・フエゴ(ザ・炎)」(Virgin Music / UNIVERSAL MUSIC)
ED主題歌 - Nulbarich 「CHAIN」(ビクターエンタテインメント)
協力 - 猿田彦珈琲(技術指導:平岡佐智男)
珈琲カーデザイン - 富田麻友美
技術協力 - バル・エンタープライズ
美術協力 - KHKアート
チーフプロデューサー - 阿部真士(テレビ東京)
プロデューサー - 合田知弘(テレビ東京)、森田昇(テレビ東京)、山田雅子(アスミック・エース)、平部隆明(ホリプロ)
制作協力 - ホリプロ
制作 - テレビ東京、アスミック・エース
製作著作 - 「珈琲いかがでしょう」製作委員会


番組公式サイト
珈琲いかがでしょう - Wikipedia

『珈琲いかがでしょう TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きれいのくに TOP

『きれいのくに』は、2021年4月12日から同年5月30日まで、NHK総合「よるドラ」枠(月曜 22:45 - 23:15)で放送された。全8話。主演は吉田羊。

同年4月から「よるドラ」の枠が月曜の22:45 - 23:15に移動。本作は月曜日時代最初の放送作品となる。


各話あらすじ
第1話 2021年4月12日
 美容師の恵理(吉田羊)と税理士の宏之(平原テツ)夫妻は再婚同士。子どもはおらず、日々を優雅に暮らしている。映画監督(稲垣吾郎)からのインタビュー取材に「結婚生活に不満はない」と答える2人だが、恵理は夫に言えない秘密を抱えていた。ある時、宏之の事務所に謎の女性(蓮佛美沙子)がやって来て、2人は急速に距離を縮める。そして、宏之は寝室で驚異の体験をする。

第2話 2021年4月19日
 突然妻の恵理(吉田羊)が十年前の恵理(蓮佛美沙子)の姿に若返ってしまった!夫の宏之(平原テツ)は困惑するが恵理も周囲も若返った事実に全く気づかない。一方若さを手に入れた恵理は宏之の部下・根木(木村達成)に好意を寄せられ、さらに宏之の欲望のまなざしに気づき、封印していたある思いをよみがえらせる…!20代の頃、駆け出しの美容師だった恵理(小野花梨)はカメラマンの健司(須賀健太)とつき合っていたのだが…

第3話 2021年4月26日
 20代の姿に若返った妻・恵理(小野花梨)。それは夫の宏之(平原テツ)にとって、自分と出会う前の見知らぬ女の姿だった…!そして物語は本章へ―若者以外の大人のほとんどが同じ男(稲垣吾郎)と女(加藤ローサ)の顔をしている世界。隣同士の家に住む誠也(青木柚)と凜(見上愛)はお互いに恋心を抱いているが、コンプレックスを抱え、気持ちを言い出せずにいる。あるとき、凛は映画館で小野田(吉田羊)という女に出会い…。

第4話 2021年5月3日
 かつての流行の反動で、今は美容手術が法律で禁止されている世界。幼なじみの高校生・誠也(青木柚)、凜(見上愛)、れいら(岡本夏美)、貴志(山脇辰哉)はそれぞれ違う顔だが、中山(秋元龍太朗)は誕生前に両親が遺伝子操作を施したため、大人たちと同じ顔をしている。いつも放課後を一緒に過ごす五人だが、れいらはときどき“パパ活”で見知らぬ男性とデートをしていた。しかし突然、客の福井(稲垣吾郎)が密室で豹変し…!

第5話 2021年5月10日
 誠也(青木柚)は思い切って凜(見上愛)をデートに誘い、約束を取りつける。一方、中山(秋元龍太朗)はれいら(岡本夏美)に避けられていることを悩んでいた。れいらは中山の顔を見るとパパ活の客(稲垣吾郎)に襲われたことを思い出してしまうのだが、それを知るよしもない中山は、凜に相談する。その頃、誠也は心身が傷ついたれいらが気がかりで、凜とのデートを断って一緒に過ごすことに。しかし、凜は誠也の嘘に気づいて…。

第6話 2021年5月17日
 凜(見上愛)は、誠也(青木柚)がれいら(岡本夏美)と二人で会っているところを目撃し、傷ついていた。さらに顔のコンプレックスの悩みが増大し、法律で禁止されている美容手術に興味を募らせていく。そして“パパ活”を始めて…。その頃、映画監督(稲垣吾郎)が新作の撮影のために高校を訪れる。凜はそこにいた女優・安藤(小野花梨)、パパ活の客・千葉(山中崇)との出会いで、禁断の闇世界に足を踏み入れることになり…?!

第7話 2021年5月24日
 美容手術をしていない人々が秘密裏に集まる『きれいのくに』。凜(見上愛)はそこで違法な手術について知り、誘惑に揺れる。そして女優の小野田(吉田羊)に会い…。一方、誠也(青木柚)は凜がパパ活をしていることを知り、激しく動揺する。貴志(山脇辰哉)はれいら(岡本夏美)に想いを寄せ、れいらは中山(秋元龍太朗)にパパ活の客(稲垣吾郎)の面影に苦しんでいることを告白する。ついに若者たちの気持ちがあふれ出して―!

最終話 2021年5月31日
 貴志(山脇辰哉)がれいら(岡本夏美)に告白したことを知った誠也(青木柚)。背中を押されるように凜(見上愛)に想いを伝えることを決意する。一方、れいらはパパ活の客(稲垣吾郎)に襲われたトラウマを克服するため、中山(秋元龍太朗)に一緒に過ごしたいと提案する。事件があったカラオケ店で二人は…。そして誠也の気持ちを知った凜。自分の顔を変えるために美容手術を受けたいという思いを彼に伝える。そのとき誠也は―!


概要
「好きな人の、好きな顔になりたい」。誰もが抱える容姿へのコンプレックスにまつわる青春ダークファンタジー。新進気鋭の劇作家・加藤拓也と同局が初めてタッグを組み、リアルと虚構が入り交じる全く新しいジュブナイルSFドラマを描く。「自分の口が許せない」「輪郭をほんの少し変えたい」、そんな悩みを抱えた高校生たちが暮らすのは、ほとんどの大人が“同じ顔”をした不条理な国。そんな国で彼らは恋をする。

“同じ顔”をしている国の大人の男に稲垣吾郎、女に加藤ローサが扮し、蓮佛美沙子演じる謎の女の出現により、不可解で信じがたい出来事に遭遇する美容師の恵理役を吉田羊が務める。


ストーリー
美容師の恵理(吉田羊)と会計士の宏之(平原テツ)は再婚同士の夫婦。子どもはなく、2人で優雅な生活を満喫している。結婚生活に不満はないはずだったが、謎の女(蓮佛美沙子)が現れたことで、夫婦は不可解で信じがたい出来事に遭遇する。

一方、同じ高校に通う誠也(青木柚)、凜(見上愛)、れいら(岡本夏美)、貴志(山脇辰哉)、中山(秋元龍太朗)は、幼なじみのごく普通の高校生。唯一違うのは、彼らの周囲の大人のほとんどが“同じ顔”をしている国に暮らしていること。街を歩く大人はみんな同じ男(稲垣吾郎)と女(加藤ローサ)の顔をしている。そんな世界で恋をする5人。ある日、凜と恵理が映画館で出会う。


キャスト
恵理(43)(美容師・宏之の妻) - 吉田羊
美容師。再婚同士の夫婦で会計士の夫・宏之と優雅な生活を満喫している。謎の女が宏之の前に現れたことで、不可解で信じがたい出来事に遭遇する。

宏之(税理士・恵理の夫) - 平原テツ

恵理(33) - 蓮佛美沙子

恵理(23) - 小野花梨

健司 (スチールカメラマン・恵理の夫) - 橋本淳

健司(20代) - 須賀健太

由香里 - 村川絵梨

太田 - 徳永えり

根木 - 木村達成

誠也(高校生) - 青木柚

凜(高校生) - 見上愛

れいら(高校生) - 岡本夏美

貴志(高校生) - 山脇辰哉

中山(高校生) - 秋元龍太朗

男 - 稲垣吾郎
ほとんどの大人が“同じ顔”をした不条理な国の男。

女 - 加藤ローサ
ほとんどの大人が“同じ顔”をした不条理な国の女。

映画監督 - 稲垣吾郎

謎の女 佐川- 蓮佛美沙子
恵理の夫・宏之の前に現れる謎の女。

小野田- 吉田羊

スタッフ
脚本 - 加藤拓也
音楽 - 蓮沼執太
制作統括 - 訓覇圭
プロデューサー - 小西千栄子、高橋優香子
演出 - 西村武五郎、鹿島悠、田中陽児、加藤拓也


番組公式サイト
きれいのくに - Wikipedia

『きれいのくに TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イチケイのカラス TOP

『イチケイのカラス』は、2021年4月5日から同年6月14日まで、フジテレビ系「月9」枠(月曜 21:00 - 21:54)で放送された。全11話。主演は竹野内豊。


各話あらすじ 平均視聴率 12.51%
第1話 2021年4月5日「型破りの裁判官VS堅物エリート裁判官! バディ誕生」※初回30分拡大(21:00 - 22:24) 視聴率 13.9%
 入間みちお(竹野内豊)は、東京地方裁判所第3支部第1刑事部<通称:イチケイ>の刑事裁判官。元弁護士という異色の経歴を持つみちおは、ヒゲを生やし、服装はカジュアル、とぼけた発言もしばしばという、お堅い裁判官のイメージとはほど遠いゆるい空気をまとった男だが、先入観に一切とらわれない自由な観察眼と、徹底的に調べ上げる探究心を持ち、弁護士団や検察官の双方から恐れられているクセ者だ。

第2話 2021年4月12日「幼きわが子を虐待!SNSで人気の母親に下す判決!」 ※15分拡大(21:00 - 22:09) 視聴率 10.5%
 イチケイでは、有罪判決が下された事件の差し戻し案件を、みちお(竹野内豊)を裁判長に坂間(黒木華)、駒沢(小日向文世)の合議制で扱うことに。料理研究家の瑤子(前田敦子)が1歳半の長女に対する虐待で有罪となった第1審の裁判長は、最高裁事務総局事務総長・健一郎(石丸謙二郎)の息子・隆久(馬場徹)だった。公判で、みちおは虐待を裏付ける診断をした小児科医・足達の証人尋問を行うが…。

第3話 2021年4月19日「伝説の裁判官が暴走凶悪犯の愛」 視聴率 12.7%
「どうしたらなれるか、アインシュタインに」。ある日みちお(竹野内豊)は、坂間(黒木華)たちイチケイメンバーにそう質問する。ヒントは、裁判官にも大事なことだとみちおは言うが……。そのとき、起訴状を読んでいた部長の駒沢(小日向文世)は、合議制で扱いたい案件がある、とみちおたちに告げる。案件は重過失致死及び死体損壊の事件で、被告人はガラス工房で働く藤代省吾(岡田義徳)、被害者は市役所職員の野上哲司(成松修)だった。

第4話 2021年4月26日「17歳の少年が5千万円を強奪」 視聴率 12.4%
 坂間(黒木華)を訪ねた妹の絵真(馬場ふみか)が、意気投合したみちお(竹野内豊)の勧めで坂間の裁判を傍聴する。イチケイが合議制で扱うのは、17歳の博人(田中偉登)がアルバイト先の売上金5千万円を強奪して逃亡し、捕まりそうになったため、繁華街のビルの屋上からその金をばらまいた事件。少年事件は初めての坂間が裁判長を務めるが、博人は取り調べ段階から完全黙秘を貫いていて…。

第5話 2021年5月3日「初恋のバレリーナが容疑者…」 視聴率 12.3%
 坂間(黒木華)は、バレエ団経営者で振付師の楓(黒沢あすか)が1年前にセクハラで解雇した元トレーナー・矢口(松木研也)を突き飛ばして意識不明の重体に陥らせた案件で裁判長を務めることに。所属プリマの恭子(生田絵梨花)は、書記官・石倉(新田真剣佑)の同級生かつ初恋の人だった。一方、食い逃げ事件を担当したみちお(竹野内豊)は坂間に「併合審理」を提案し…。

第6話 2021年5月10日「令和の大泥棒が法廷に登場!」 視聴率 13.4%
 坂間(黒木華)が敬愛する日高(草刈民代)が最高裁長官に内定する。実は12年前、弁護士のみちお(竹野内豊)が担当した案件の裁判長が日高で、みちおが要請した証人尋問を却下。結果、それがみちおの弁護士としての最後の仕事になっていた。今回、みちおは常習犯の岸田(バカリズム)が起こした窃盗事件を担当。被害者はくしくも12年前に証人として呼ぼうとした人物で…。

第7話 2021年5月17日「司法VS型破り裁判官決戦のとき」 視聴率 13.6%
 12年前、みちお(竹野内豊)が弁護人、日高(草刈民代)が裁判長として臨んだ殺人事件に、国税庁OBの志摩(羽場裕一)が関与していた疑いが浮上。坂間(黒木華)は、無罪を訴えて命を絶った仁科(窪塚俊介)の妹・由貴(臼田あさ美)を訪ね、再審請求ができると伝える。いったん断った由貴は、弁護士の青山(板谷由夏)の後押しで再審請求を決意。青山とみちおはかつて同じ弁護士事務所に所属していた。

第8話 2021年5月24日「万引き犯VS万引き犯真実は!?」 視聴率 11.7%
 みちお(竹野内豊)がいるイチケイで主任書記官を務める川添(中村梅雀)が自身の不運を嘆く中、書記官研修生の前橋(渡辺佑太朗)と磯崎(夏目愛海)が実務研修にやって来る。一方、坂間(黒木華)が単独審で担当する被告人の恵子(真凛)が、保釈中に傷害事件を起こす。万引で逮捕された恵子は、育児や介護が考慮され、在宅審理となっていた。今回殴打した相手は、万引の目撃者・史絵(朝加真由美)だったが…。

第9話 2021年5月31日「いったいどうなる!?裁判員裁判」 視聴率 10.5%
 みちお(竹野内豊)らイチケイは、家政婦の梓(春木みさよ)が雇い主の優香(八木さおり)をバルコニーから突き落としたとされる殺人事件を「裁判員裁判」で扱うことに。第1回公判で、梓は事故だと犯行を否認。だが、転落後まだ息があった優香を放置していたと分かり、裁判員は梓の犯行を確信する。梓はかつて自身の過失による火災で夫と娘を亡くして多額の資産を獲得し、‘悪女’と呼ばれていた。

第10話 2021年6月7日「最終回につづく物語切ない真実」 視聴率 12.7%
 みちお(竹野内豊)は、元同僚の弁護士・青山(板谷由夏)が母親の多恵(銀粉蝶)のために建てた家へ。後日、イチケイは‘名無しの権兵衛’こと素性を何一つ明かさない被告人の男(板尾創路)が、スパナで17歳の純(小野寺晃良)を殴打してけがを負わせた事件を扱うことになるが、国選弁護人は青山だった。路上生活者だと判明した男は起訴内容を否定し、うそをついている純を法廷に呼ぶよう訴える。

最終話 2021年6月14日「型破り裁判官最後の裁判!?真実を翻ろうする黒幕…さよなら、入間みちお」 ※30分拡大(21:00 - 22:24) 視聴率 13.9%
 日高(草刈民代)がみちお(竹野内豊)を呼び出し、ゴシップ記事の真意と裁判官再任の条件について忠告する。同じ頃、みちおは大学生・笹岡(菅原健)の自転車事故による重過失致傷事件を担当。笹岡は事故当時、現場が工事中だったと主張していたが、工事記録は存在しないという。一方、地下鉄拡張工事での落盤事故に絡む業務上過失事件を担当する坂間(黒木華)は、自転車事故の現場が地下鉄工事のエリアだと指摘。地下鉄工事を含むプロジェクトのリーダーは有力な二世議員・安斎(佐々木蔵之介)だった。みちおは2件を「併合審理」とする。


原作概要
『イチケイのカラス』は、浅見理都による漫画。『モーニング』(講談社)にて、2018年24号から2019年14号まで連載。

原作漫画では主人公は特例判事補の坂間真平であるが、テレビドラマ化するにあたり、原作者了承のもと、原作漫画で脇役であった入間みちおを主人公に据え、小太りでメガネをかけた中年裁判官という風貌をおしゃれ髭を生やすイケメン裁判官に変更し、坂間真平も女性の坂間千鶴に人物設定が変更されたうえ、物語が再構築されている。


ストーリー
東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)を舞台に、主人公の刑事裁判官・入間みちおの自由奔放で型破りな裁判に振り回されるも真実をつかもうと奔走するイチケイメンバーの活躍が描かれる。


キャスト
入間みちお(いるま みちお)〈47〉
演 - 竹野内豊
本作の主人公。イチケイの刑事判事。最終学歴が中卒で元弁護士という異色の経歴の持ち主。趣味はふるさと納税をすることで、机の周りは返礼品で溢れかえっている。
1人当たり250件前後の裁判を担当し迅速かつ効率的な処理が求められる刑事裁判官でありながら、自らの足で現場に赴き、マイペースで事件を徹底的に検証する。しがらみや偏見、先入観に一切とらわれないことから弁護士、検察の双方から恐れられている。
愛犬の名前はみちこ。

坂間千鶴(さかま ちづる)〈31〉
演 - 黒木華
事件の処理件数が信じられないほど少ないイチケイを立て直すため日高の意向で赴任してきた特例判事補。東大法学部出身。堅物で真面目。エリート意識が高く、冗談が通じないタイプ。みちおと同じ裁判官宿舎に住んでいる。

イチケイの関係者
駒沢義男(こまざわ よしお)
演 - 小日向文世
イチケイの部総括判事。任官から30年以上、刑事事件一筋のベテラン判事。物腰柔らかで温厚な人物。ただし、他者に迷惑をかける悪辣な人間には鋭い皮肉を交えながら丁寧な口調で諭す。
みちおが弁護士から裁判官に転身するきっかけとなった12年前の裁判に関わり、みちおを裁判官に誘った張本人。
スマホゲームにはまり、課金の原資にするために自著の売り込みに熱心。

川添博司(かわぞえ ひろし)
演 - 中村梅雀
イチケイの主任書記官。自称「ついていない男」。公判の検証の際の実験台にされたり痴漢冤罪に遭ったりと災難の多い人物。離婚歴あり。
同期のほとんどが管理職の中、自身が出世できないのはペアを組む裁判官の引きが悪く、みちおと組んでいることから評価が低いためと考えており、イチケイは自分の墓場で、このまま滞りなく定年を迎えることができればとネガティブ思考に陥っている。
ギターが趣味で、ついてない出来事にあうたびに「シブの歌」(渋々と地裁支部を渡り歩く裁判官の悲哀を歌った歌)を歌っている。

石倉文太(いしくら ぶんた)
演 - 新田真剣佑
イチケイの書記官。人懐っこい性格でみちおに振り回されるイチケイメンバーの橋渡し役になる。実家は『そば処いしくら』。
千鶴に好意を抱いており、彼女に思わせぶりな素振りを見せるが、生真面目な千鶴に毎度怪訝な顔をされる。

浜谷澪(はまや みお)
演 - 桜井ユキ
イチケイの書記官。三つ子の男の子の母。みちおを「残念なイケメン」と評する。

一ノ瀬糸子(いちのせ いとこ)
演 - 水谷果穂
イチケイの新人女性事務官。

最高裁判所
日高亜紀(ひだか あき)
演 - 草刈民代(第1話 - 第7話、第10話、最終話)
最高裁判所判事。女性初の最高裁判所長官に最も近いと言われる人物。
千鶴の司法研修所時代の上席教官で、郷里が同じ長崎県かつ女性ということから彼女のことを何かと気に留めている。みちおが弁護士から裁判官に転身するきっかけとなった12年前の裁判の裁判長で、みちおが要請した志摩総一郎の証人尋問を関連性がないとして却下している。
12年前の事件の再審公判で、元書記官の友坂の証言から最高裁事務総局からの意向で検察の求刑通りの判決を下したのか証人尋問されるが、そのような事実は一切なかったと否定し、明確な証拠に基づき審理するよう忠告、再審閉廷後も今回の立場を逸脱したみちおの行為は裁判官失格であると指摘する。しかしその後、中森に接触し、彼が検察上層部が志摩が布施元治、真鍋伸殺害の真犯人である事実を掴んでいたことを明かす会話の録音を記者会見を開き公表し、最高裁判所長官になるために12年前の裁判で事務総局に忖度した判決を下した自分こそが裁判官失格であると語り、道義的責任をとるため退官する。退官後はカレー店を開業している。

東京地方検察庁
井出伊織(いで いおり)
演 - 山崎育三郎
中堅の検察官。甲子園ベスト4進出の元高校球児。第65期司法修習生。
次長検事の中森から岸田茂の窃盗事件の再捜査を行わないよう圧力を掛けられるが、川添たちから司法修習生卒業時の誓いを聞かされ初心を曲げていると痛いところを突かれたため、小宮山の担当事務官の女性を食事に誘い、小宮山が岸田の行方を警察より先に探し当てようとしていたことを聞き出す。
12年前の事件の再審公判で、中森が志摩が脱税指南していたことを知りながら彼を守ろうとしたのは特捜時代に当時国税庁職員の志摩からの情報提供で実績を上げていたことが理由であると、特捜部の内部資料を証拠として提出する。

城島怜治(じょうじま れいじ)
演 - 升毅
主任検事。総括判事の駒沢と司法修習時代の同期。第36期司法修習生。
次長検事の中森から岸田茂の窃盗事件の再捜査を行わないよう圧力を掛けられるが、川添たちから司法修習生卒業時の誓いを聞かされ初心を曲げていると痛いところを突かれたため、井出と共に再捜査して得られた新たな情報をみちおたちイチケイメンバーが食事をする『そば処いしくら』で大声で話し彼らに聞こえるように伝える。
12年前の事件で「開かずの扉」と言われる再審請求が仁科由貴から出された際、中森から即時抗告するよう命令され圧力を掛けられるが左遷覚悟でそれに抗い、申請書を提出しなかったことから再審が開かれることとなる。上層部に逆らったことから転属が検討されたが曲者揃いのイチケイに対応できる検事が他にいないことから異動を免れる。
鷹和建設の巨額脱税疑惑では東京地検特捜部として捜査を行い、安斎康雄の政治資金団体に脱税した金が流れていた癒着を突き止める。

刑務官
演 - 長谷川正尚、五十嵐梅郷、寺岡悠貴、續g田聖

みちおの関係者
富樫浩二(とがし こうじ)〈47〉
演 - 明樂哲典
みちおのファンクラブ「みちおを見守る会」の会長。「世田谷家政婦殺人事件」では補充裁判員に選ばれている。

青山瑞希(あおやま みずき)
演 - 板谷由夏(第4話・第6話・第10話)
みちおと同じ法律事務所の同僚だった弁護士。みちこの元飼い主。
刑事裁判で無罪が確定した「東京ドリームランド」の事故を民事で損害賠償請求し、12年前の事件で志摩が関わっていた可能性が高まると被疑者の妹・由貴を説得し再審請求を促し、再審が決まると彼女の弁護士を東京第三弁護士会の代表として務める。

12年前の事件の関係者
仁科壮介(にしな そうすけ)〈享年37〉
演 - 窪塚俊介
布施元治殺害の被疑者。元東丸電機研究部主任。布施から工場の製造部門に異動させられ精神が不安定な状態が続き、彼と何度もトラブルを起こしていた。ある日、工具で布施を殴りつけ殺害した容疑で逮捕され、罪を認めるも公判では一転して現場から走り去る男を目撃したと証言し無罪を主張するが、裁判長を務める日高から無期懲役の判決を下されると無実を訴える遺書を残し自殺する。

仁科由貴(にしな ゆき)
演 - 臼田あさ美
仁科壮介の妹。フリースクールの教師。兄が無実の罪を苦に自殺し、自身は「殺人者の妹」と世間から非難されたことから当時担当弁護士だったみちおを非難したが、窃盗事件の公判を切っ掛けに12年前の事件にみちおが証人尋問を要請した志摩が関わっていた可能性が高まったことから千鶴や青山から説得され事件の再審請求を行う。

布施元治(ふせ もとはる)〈享年45〉
演 - 中野剛
殺人事件の被害者。東丸電機・経営戦略部長。

志摩総一郎(しま そういちろう)〈58〉
演 - 羽場裕一(第5話 - 第7話)
オメガ会計事務所所長。元国税庁職員。岸田茂の窃盗事件の被害者。
12年前の事件で仁科が証言する布施の殺害現場から逃げ出した人物としてみちおが証人尋問を要請した。
岸田の窃盗事件の公判を通じて税理を担当する東丸電機を含む大手企業数社の脱税を指南していた容疑が浮上し、法人税法違反の疑いで逮捕される。
仁科由貴の再審請求を発端に検察上層部が布施元治、真鍋伸殺害の真犯人であることを掴んでいたことが明らかとなり、警察の取り調べで殺害を自供する。

ゲスト
第1話
長岡誠(ながおか まこと)〈22〉
演 - 萩原利久
大学生。衆議院議員の江波和義に対する傷害事件の被告人。

江波和義(えなみ かずよし)〈55〉
演 - 勝村政信
衆議院議員。
大学生の長岡誠に殴りつけられて、全治1ヶ月のケガを負う。

長岡洋一郎(ながおか よういちろう)〈享年52〉
演 - 松澤一之
長岡誠の父で江波和義の元秘書。不正献金疑惑で東京地検にマークされていたが、2カ月前に列車に轢かれて命を落とす。

浅井登(あさい のぼる)
演 - 生津徹
長岡誠の弁護人。

相馬真弓(そうま まゆみ)
演 - 松本若菜
奈々の母。長岡洋一郎が踏切に飛び込んだ際の目撃証言をする。

相馬奈々(そうま なな)
演 - 古川凛
真弓の娘。

傍聴マニア
演 - 長田庄平、松尾駿(チョコレートプラネット)
入間みちおのファンクラブ「みちおを見守る会」のメンバー。

法廷見学の中学生
演 - 北原十希明
「裁判官ってモテますか?」と法廷見学で千鶴に質問する中学生。

第2話
深瀬瑤子(ふかせ ようこ)
演 - 前田敦子
人気料理研究家。長女・詩織への虐待に対する事件の被告人。

香田健一郎(こうだ けんいちろう)
演 - 石丸謙二郎(最終話)
最高裁事務総局・事務総長。職権の発動を多用し、事務総局の意向を無視するみちおを解雇しようとするが、懲戒処分を受けた息子・隆久をこっそり復帰させようとしていることをイチケイに関わる判事、検事、弁護士たちから引き合いに出され法曹界は入間みちおを必要としていると抗議を受け、熊本地方裁判所への異動に人事を改める。

香田隆久(こうだ たかひさ)
演 - 馬場徹 (最終話)
香田健一郎の息子。地裁の判事。瑤子の長女への虐待事件の第1審で裁判長を務めた。

土屋里美(つちや さとみ)
演 - 西尾まり
瑤子の弁護士。

深瀬啓介(ふかせ けいすけ)
演 - 渋谷謙人
瑤子の夫。

深瀬弘子(ふかせ ひろこ)
演 - 松金よね子
瑤子の義母。

深瀬詩織(ふかせ しおり)
演 - 山内いろ葉(3歳時:佐藤恋和)
瑤子の長女。乳幼児の頃、瑤子から揺さぶられる虐待を受けたとされている。

足達克己(あだち かつみ)
演 - 金井勇太
瑤子の長女に揺さぶられっ子症候群の診断を出した小児科医。

小野田祥子(おのだ しょうこ)
演 - 智順
託児所の保育士。瑤子の差し戻し公判の証人。深瀬啓介の元交際相手。

傍聴マニア
演 - 内海崇、駒場孝(ミルクボーイ)
「みちおを見守る会」のメンバー。

第3話
藤代省吾(ふじしろ しょうご)〈44〉
演 - 岡田義徳
ガラス工房の職人。野上哲司の殺害、遺体損壊事件の被告人。強盗致死の前科があり18年前に駒沢が減刑判決を下している。

野上哲司(のがみ てつじ)〈45〉
演 - 成松修
市役所の職員。殺人事件の被害者。

野上奈緒(のがみ なお)
演 - 佐津川愛美
野上の妻。シングルマザーの笹原署の警察官で娘・碧を連れ立って野上と結婚した。

野上碧(のがみ みどり)
演 - 渡邉心結
奈緒の娘。シングルマザーだった奈緒の連れ子で中学生。野上哲司と血縁関係はない。

岡崎恵一(おかざき けいいち)
演 - 水間ロン
藤代の殺人事件を捜査した笹原署の刑事。

迫田淳史(さこた あつし)
演 - 大河内浩
笹原署の署長。

堀口義則(ほりぐち よしのり)
演 - 越村友一
笹原署の刑事部長。

益子(ますこ)
演 - 貴山侑哉(第1話)
民事部検事。

支部長
演 - 森永徹
東京地方裁判所第3支部の支部長。

詐欺師
演 - 輝海
振り込め詐欺グループのリーダー。18年前、金銭を横取りしようとした藤代と揉みあううち殺害された。

津田丈弘(つだ たけひろ)
演 - 神崎孝一郎
元保護司。佐賀在住。18年前の事件で藤代の保護司を務めていた。

傍聴マニア
演 - 金ちゃん、坂井良多(鬼越トマホーク)
「みちおを見守る会」のメンバー。

第4話
望月博人(もちづき ひろと)〈17〉
演 - 田中偉登
強奪事件の未成年の被告人。アルバイトをしていた遊園地の売上金5千万円を強奪し、赤羽のビルの非常階段から現金を全てばらまく。完全黙秘を貫く。

吉沢未希(よしざわ みき)
演 - ついひじ杏奈
博人と同じ児童養護施設で兄弟のように育った妹分の女学生。ピアノコンクールで何度も優勝するほどのピアノの才能があったが、博人がバイトする遊園地でジェットコースターの事故に巻き込まれ尺骨神経損傷で左腕に麻痺が残りピアニストの夢を断念する。

滝本陸(たきもと りく)
演 - 細田佳央太
博人と同じ児童養護施設で兄弟のように育った弟分の学生。

辰巳浩之(たつみ ひろゆき)
演 - 夙川アトム(第9話)
博人の国選弁護人。博人に黙秘権を行使することについて説明をせず、公判中も居眠りするなど真剣に弁護に取り組んでいないため千鶴から一喝される。
「世田谷家政婦殺人事件」で弁護人を務めるが、井出から裁判員裁判は普通の国選弁護人より弁護料が高く、結果を出して 弁護士会から推薦を欲しがっていると看破される。

佐野春代(さの はるよ)
演 - 枝元萌
博人が育った児童養護施設の職員。

門田光彦(かどた みつひこ)
演 - 水野智則
博人がバイトしていた遊園地「東京ドリームランド」の管理責任者。上からの指示でメンテナンスコストを大幅に減らすため、遊具の定期点検や老朽化した部品の修理・管理を怠っていたことを博人に教えている。

稲垣司(いながき つかさ)〈45〉
演 - 前川泰之
国内屈指の弁護士事務所「アレース&カンパニーファーム」に所属する社会的信用を落とした企業法務を得意とする年収3億円超のスター弁護士。金のために法律家になったと言い切る。「東京ドリームランド」の顧問弁護士で1年前の遊園地での事故の公判で口裏を合わせ過失がなかったかのように偽装している。

坂間絵真(さかま えま)
演 - 馬場ふみか(第9話)
千鶴の妹。大学生。ネパールの遺跡での発掘作業から帰国し彼氏と休暇を過ごす予定であったが、彼氏に浮気されたため持て余した休暇を姉・千鶴の官舎で過ごし、千鶴が裁判官を務める裁判を傍聴する。婚期を逃しそうな姉・千鶴のことを心配しており、イチケイで会った千鶴に気のある石倉のルックスに合格点を与え千鶴との結婚を前提とした交際をお願いし、みちおには千鶴との昼食をブッキングする。

詐欺罪、恐喝罪の被告人
演 - 永野芽郁
美人局の被告人。詐欺の起訴事実を千鶴から確認されるが舌打ちして明確に答えず、確認と舌打ちの応酬を法廷で繰り返す。

銃刀法違反の被告人
演 - 広瀬アリス
銃刀法違反の被告人。極道妻。千鶴の懲役1年10月の判決文に対し脅迫めいた発言をしたことから、追加で脅迫罪で起訴しようかと千鶴から問われ謝罪する。

窃盗罪の被告人
演 - 遠藤憲一
賽銭泥棒の常習犯。盗んだ金を高級飲食店の飲食代に充てていた。食事がうまいという理由から静岡の刑務所に収監されることを希望するが権限がないと千鶴から却下される。

傍聴マニア
演 - 鈴木もぐら、水川かたまり(空気階段)
「みちおを見守る会」のメンバー。裁判を次々とこなす千鶴を「ベルトコンベアー裁判官」と評する。

第5話
馬場恭子(ばば きょうこ)
演 - 生田絵梨花(乃木坂46)
フランスのロワールバレエ団で日本人で初めてプリンシパルに選ばれた世界的に活躍するバレリーナ。「槇原エラーブルバレエ団」出身。書記官の石倉とは中高時代の同級生で、石倉の初恋の相手。

槇原楓(まきはら かえで)〈51〉
演 - 黒沢あすか
「槇原エラーブルバレエ団」の経営者兼振付師。元トレーナー矢口雅也に対する傷害事件の被告人。

矢口雅也(やぐち まさや)〈38〉
演 - 松木研也
「槇原エラーブルバレエ団」の元トレーナー。槇原楓が起こした傷害事件の被害者。階段から突き落とされ頭部を強打し意識不明の重体。団員に対しセクハラを行っていた疑惑がある。

榎田真美(えのきだ まみ)
演 - 明星真由美
槇原楓の弁護人。

元木次郎(もとき じろう)〈58〉
演 - 阿南健治
食い逃げ事件の被告人。矢口雅也の傷害事件発生当日、現場で矢口が槇原と言い争っているのを目撃したと証言したことから、みちおの提案で傷害事件との併合審理となる。

手塚大輔(てづか だいすけ)
演 - 古谷佳也
元木次郎の弁護人。

果歩(かほ)
演 - 水上京香
「槇原エラーブルバレエ団」の団員。馬場恭子の証人。

他の証人たち
演 - 結城陽葵、武田莉奈、黒須杏樹、星乃彩月
「槇原エラーブルバレエ団」の団員たち。馬場恭子の証人。

小百合(さゆり)、頼子(よりこ)
演 - ゆめっち、かなで(3時のヒロイン)
「みちおを見守る会」のメンバー。

第6話
岸田茂(きしだ しげる)〈43〉
演 - バカリズム
志摩総一郎宅から現金を窃盗した容疑者。前科6犯の窃盗犯。絶対に人を傷つけず、金が余っていると踏んだ家しか狙わない美学を持つ。窃盗後に新聞配達員の運転する自転車と衝突した際に顔を見られ通報されたことを理由に自首している。

奥山(おくやま)
演 - 中野順一朗
岸田茂の弁護人。

下山良太(しもやま りょうた)
演 - 長島令玖
新聞配達員。自転車で新聞配達中に窃盗後の岸田が運転する自転車と衝突し、そのことを交番に通報する。

真鍋伸(まなべ しん)〈享年38〉
演 - 坂口和也
明報新聞記者。岸田茂の窃盗事件を調べていたが、何者かに突き飛ばされ頭部を強打し脳死状態となり、数日後に病院で息を引き取る。妻・智花の話では元々国税庁の天下りについて調べていた。

真鍋智花(まなべ ともか)
演 - 山田キヌヲ(第7話)
真鍋伸の妻。出産を控え里帰りしていたところ、夫を何者かに襲われ失ってしまう。

戸田啓次(とだ けいじ)
演 - 中村元気
真鍋伸の友人。真鍋が襲われた当日、彼が自身の釣り船の舟底に何かを入れていたのを目撃している。

小宮山明憲(こみやま あきのり)
演 - テイ龍進(第7話)
岸田茂の窃盗事件の取り調べを行った検事。元特捜部。次長検事・中森の子飼い。
井出と共に12年前の事件の再審公判で担当検事を務め、みちおが裁判官を務めることに忌避申し立てを行う。

小宮山検事の担当事務官
演 - 吉田れいな
井出に食事に誘われ、小宮山が岸田を取り調べていた際の様子を打ち明ける。

畠山(はたけやま)
演 - 日向丈
ヤメ検の弁護士。検察時代、小宮山の後輩であった。岸田の公判中、何度か岸田の面会に訪れている。

中森雅和(なかもり まさかず)
演 - 矢島健一(第7話・第10話)
次長検事。特捜部出身。役職は城島より上だが、城島の後輩。12年前の事件の公判を担当した。
城島と井出が小宮山の取り調べについて調査しようとしていたのを圧力を掛け阻止し、12年前の事件の再審請求がなされると即時抗告するよう城島に命令する。

第7話
飯田加奈子(いいだ かなこ)
演 - 岡まゆみ
志摩総一郎の元妻。プライベートブランドの洋服店オーナー。12年前の事件では志摩は自宅にいたとアリバイを主張したが、当初は手に血が付いた状態で夜遅くに戻ってきたと証言しており、後に浮気をしていた志摩を懲らしめるための偽証であったと証言を改めている。

友坂良一(ともさか りょういち)
演 - 淵上泰史
栃木のいちご農家。元書記官で12年前の事件の公判を担当しており、出世のために上層部の意向に沿った判決を行う日本の司法制度が冤罪の温床になっていると嫌気がさし、裁判官を目指していたが退官している。

傍聴マニア
演 - 植野行雄、松下宣夫(デニス)
「みちおを見守る会」のメンバー。

第8話
潮川恵子(しおかわ けいこ)〈33〉
演 - 真凛
窃盗事件の被疑者。保釈中に2度目の窃盗事件を起こすクレプトマニア。育児と義母の介護疲れから軽いうつ状態で服薬しており、罪状を認め逃亡の恐れもないだろうと浜谷の進言で千鶴は在宅審理を決定していたが、保釈中に山寺史絵に暴行し重傷を負わせたことから窃盗事件と傷害事件が併合審議されることになる。しかし、その審議の場で、実は史絵が万引きをしているところを目撃し、それを止めようとした際に襲われ抵抗して彼女を負傷させてしまったと主張する。

山寺史絵(やまでら ふみえ)
演 - 朝加真由美
潮川が保釈中に起こした2度目の窃盗事件の目撃者。潮川恵子の小学校時代の恩師。頭を殴打され記憶障害で事件当時の記憶が無くなっている。

潮川拓馬(しおかわ たくま)
演 - 森岡龍
潮川恵子の夫。商社マンでドイツに単身赴任していたが妻の公判や被害者への謝罪のため帰国する。

潮川ほたる(しおかわ ほたる)〈6〉
演 - 寺田藍月
拓馬と恵子の娘。山寺史絵の入院する病院を探し出し母の傷害を謝罪する。

拓馬の母
演 - 勝倉けい子
恵子の義母。

拓馬の妹
演 - 山下朱梨
恵子の義妹。

山寺信吾(やまでら しんご)
演 - 大谷亮介
山寺史絵の夫。7期当選の市議会議員。

堤(つつみ)
演 - 阿部翔平
山寺史絵の弁護人。

前橋幸則(まえはし ゆきのり)
演 - 渡辺佑太朗
書記官研修生。事務官から書記官になるための定期実務研修でイチケイを訪れる。父が大学病院の医師。

磯崎由衣(いそさき ゆい)
演 - 夏目愛海
書記官研修生。事務官から書記官になるための定期実務研修でイチケイを訪れる。

道彦(みちひこ)
演 - 武井壮
みちおの甥っ子。「甥っ子」という言葉の先入観に反し大の大人。

傍聴マニア
演 - 盛山晋太郎、リリー(見取り図)
「みちおを見守る会」のメンバー。

第9話
高見梓(たかみ あずさ)
演 - 春木みさよ
家政婦。「世田谷家政婦殺人事件」の被告人。5年前に火災事故で夫と娘を亡くしている。

桐島優香(きりしま ゆうか)
演 - 八木さおり
家主。被害者。13年前、長野県で夫・桐島重利が失踪している。

桐島希美(きりしま のぞみ)〈16〉
演 - 松風理咲
優香の娘。被害者の娘でありながら弁護側の証人として被告人・高見梓の証人尋問に出廷する。11歳のとき小児心臓移植を受けている。

大前正一(おおまえ しょういち)
演 - 山崎銀之丞
「世田谷家政婦殺人事件」の裁判員。塾講師。昔、弁護士を目指していたことから裁判に詳しい。

落合清美(おちあい きよみ)
演 - 池津祥子
「世田谷家政婦殺人事件」の裁判員。結婚相談所のアドバイザー。

立原理沙子(たちはら りさこ)
演 - 太田順子
「世田谷家政婦殺人事件」の裁判員。主婦。検察側の生々しい証拠映像を視聴して気分が悪くなり、裁判員を降りたいと言いだす。

田部公平(たべ こうへい)
演 - 山口森広
「世田谷家政婦殺人事件」の裁判員。土木作業員。

小中渚(こなか なぎさ)
演 - 羽瀬川なぎ
「世田谷家政婦殺人事件」の裁判員。大学生。幼い頃から自宅に家政婦がいるなど裕福な家庭。

西園寺勝則(さいおんじ かつのり)
演 - 永田崇人
「世田谷家政婦殺人事件」の裁判員。証券会社勤務。

新村早苗(にいむら さなえ)
演 - 行平あい佳
「世田谷家政婦殺人事件」の補充裁判員。派遣社員。推理小説を書いて投稿している。

傍聴マニア
演 - 畠中悠、伊藤俊介(オズワルド)
「みちおを見守る会」のメンバー。

薮下(やぶした)
演 - 堀家一希
集団カンニング事件の被告人。千鶴に見下されたと逆恨みし、「千鶴も見守る会」の千鶴の説諭に「82_10」のアカウントで誹謗中傷の書き込みしており、千鶴に付き纏い裁判所で襲撃するが警備員に取り押さえられる。

第10話
ホームレスの男性(御手洗信一)
演 - 板尾創路
傷害事件の被告人。高校生たちから執拗に投石され、犯行メンバーの一人・朝倉純を捕まえ揉み合いになった際、相手が所持していたスパナを奪い胸を殴打し重傷を負わせたとされる。青山が国選弁護人として弁護につくが、素性を全く明かさないために“名無し”のまま公判が行われる。ホームレス仲間の間では「カンちゃん」と呼ばれており、シジミを採って個人や料亭に売り生計を立てている。

朝倉純(あさくら じゅん)〈17〉
演 - 小野寺晃良
ホームレスたちに投石していた高校生のひとり。 所持していたスパナを被告人のホームレスに奪われ、胸を殴打され重傷を負ったとされている。

多恵(たえ)
演 - 銀粉蝶
青山瑞希の母。看護師。富山県川冨村出身。瑞希が中学生の頃離婚し、郷里の川冨村に戻っている。

原口秀夫(はらぐち ひであき)〈45〉
演 - 米村亮太朗(最終話)
鷹和建設人事部長。実家が料亭で「カンちゃん」からシジミを買っている。
地下鉄工事中に起きた落盤事故の公判を前に行方をくらませる。

的場直道(まとば なおみち)
演 - 金井良信(最終話)
鷹和建設社長。志摩総一郎が脱税を指南した巨額脱税を行っていた大企業のうちの1社。落盤事故が発生した地下鉄工事で下請けのイバタ工業に過重労働を強いていた疑惑が浮上する。

傍聴マニア
演 - 矢部太郎(カラテカ)、こがけん
「みちおを見守る会」のメンバー。

最終話
安斎高臣(あんざい たかおみ)〈47〉
演 - 佐々木蔵之介
衆議院議員。大物議員・安斎康雄を父に持つ。落盤事故が発生したイバタ工業の地下鉄工事に関わる大型複合施設「TOKYO SCRAMBLE CITY」の開発プロジェクトリーダーを務める。

笹岡庸介(ささおか ようすけ)
演 - 菅原健
大学生。自転車事故によって起こした重過失致傷事件の被告人。

本庄昭(ほんじょう あきら)
演 - 大西ユースケ
イバタ工業社員。地下鉄工事の現場監督で落盤事故で死亡する。工期を間に合わせるために元受けの鷹和建設からの圧力で過重労働に従事させられていた疑惑が浮上する。

本庄由美子(ほんじょう ゆみこ)
演 - 三谷悦代
本庄昭の母。息子が連日深夜過ぎに仕事から帰宅していた様子を証言する。

本庄歩(ほんじょう あゆむ)〈5〉
演 - 有山実俊
本庄昭の息子。父・昭の労働状況を法廷で証言する。

原口芽衣(はらぐち めい)
演 - 櫻井愛々
原口秀夫の娘。雲隠れしている父・秀夫が自分の誕生日に家に戻ることを文太に教える。

安斎康雄(あんざい やすお)〈71〉
演 -
安斎高臣の父。大物議員。建設族であり厚労族。労基にも顔が利く。

江原諭(えばら さとし)
演 - 橋本さとし
弁護士。関東弁護士会の理事長。鷹和建設の現場監督・青柳の弁護を担当する。

青柳健作(あおやなぎ けんさく)〈35〉
演 - 岡田優
落盤事故が発生した地下鉄工事の鷹和建設側の現場監督。

曽根山裕(そねやま ゆたか)
演 - 松本誠
弁護士。笹岡庸介の弁護を担当する。

田之上幸三(たのうえ こうぞう)〈58〉
演 - 篠井英介
安斎高臣の秘書。職権発動で裁判所主導でみちおたちが捜査することに圧力を掛ける。

戸田順二(とだ じゅんじ)
演 - 山崎画大
労働監督基準署・過重労働撲滅特別対策班(通称:カトク)の管理官。職権発動で裁判所主導でみちおたちが捜査した際、イバタ工業に過重労働はなかったと証言する。安斎康雄と出身大学が同じでボート部の後輩。

柳沢美知恵(やなぎさわ みちえ)
演 - 筧美和子
みちおの姪っ子。みちおのゴシップ記事を心配して甥っ子の道彦とともに官舎を訪問する。

富永(とみなが)、早紀(さき)
演 - 野崎数馬、橋爪渓
熊本地方裁判所第2支部の書記官。赴任するみちおの荷物がふるさと納税の返礼品だらけで驚愕する。

傍聴マニア
演 - 昴生、亜生(ミキ)
「みちおを見守る会」のメンバー。

スタッフ
原作 - 浅見理都『イチケイのカラス』(講談社モーニングKC刊)
脚本 - 浜田秀哉
演出 - 田中亮 、星野和成、森脇智延、並木道子
音楽 - 服部隆之
主題歌 - WGB(和楽器バンド)「Starlight」(ユニバーサルシグマ)
裁判所監修 - 水野智幸(法政大学法科大学院教授)
書記官監修 - 牛田宰(元東京地方裁判所裁判所書記官)
検察監修 - チーム五社
警察監修 - 古谷謙一
刑務監修 - 加藤正明
医療監修 - 松本尚
協力プロデュース - 古郡真也
プロデューサー - 後藤博幸、有賀聡(ケイファクトリー)、橋爪駿輝
編成企画 - 高田雄貴
制作協力 - ケイファクトリー
制作・著作 - フジテレビ第一制作室


番組公式サイト
イチケイのカラス - Wikipedia

『イチケイのカラス TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年冬ドラマ(1-3月)

20:00 21:00 22:00 23:00 24:00
NHK Eテレ 全5話
21/2/8〜3/8
ハルカの光
CX 全19話
20/11/2〜21/3/22
監察医 朝顔
第2シリーズ
TX 全8話
21/1/25〜3/15
アノニマス
〜警視庁
“指殺人”対策室〜
CX 全8話
21/1/11〜3/1
30禁
それは30歳未満
お断りの恋。

NTV 全10話
21/1/25〜4/5
でっけぇ風呂場で
待ってます


CX 全10話
21/1/11〜3/22
夫のちんぽが
入らない
  CX 全10話
21/1/12〜3/16
青のSP
―学校内警察・嶋田隆平―

TBS 全10話
21/1/12〜3/16
オー!マイ・ボス!
恋は別冊で
TBS 全8話
20/12/15〜2/9
年の差婚

CX 全10話
21/1/19〜3/16
シンデレラは
オンライン中!


TBS 全7話
21/2/16〜3/30
ホリミヤ
EX 全20話
20/10/14〜21/3/17
相棒season19
NTV 全10話
21/1/13〜3/17
ウチの娘は、
彼氏が出来ない!!
TX 全12話
21/1/6〜3/24
ゲキカラドウ

TX 全12話
21/1/6〜3/24
おじさまと猫

NTV 全6話
21/1/20〜3/11
FAKE MOTION
−たったひとつの願い−


TX 全12話
21/1/6〜3/24
テレビ演劇
サクセス荘3
EX 全10話
21/1/14〜3/18
遺留捜査
第6シリーズ
EX 全9話
21/1/21〜3/18
にじいろカルテ
CX 全11話
21/1/7〜3/18
知ってるワイフ
NTV 全10話
20/1/7〜3/11
江戸モアゼル
〜令和で恋、
いたしんす。〜
TX 全8話
21/1/7〜3/4
あなた犯人じゃ
ありません
TX 全6話
21/1/15〜2/19
今野敏サスペンス
警視庁強行犯係
樋口顕
NHK 全8話
21/1/22〜3/12
ドリームチーム

TBS 全10話
21/1/22〜3/26
俺の家の話
EX 全24話
20/10/9〜21/3/26
24 JAPAN
TX 全12話
21/1/8〜3/26
バイプレイヤーズ
〜名脇役の森の
100日間〜


TX 全6話
21/1/8〜2/12
直ちゃんは
小学三年生

TX 全6話
21/2/19〜3/26
東京怪奇酒

TX 全4話
21/3/5〜3/26
声優探偵
NHK 全4話
21/2/6〜2/27
六畳間のピアノマン
NTV 全10話
21/1/23〜3/27
レッドアイズ
監視捜査班
EX 全10話
21/1/23〜4/3
モコミ
〜彼女ちょっと
ヘンだけど〜

NHK 全8話
21/1/16〜3/13
ここは今から倫理です。

EX 全8話
21/1/16〜3/13
書けないッ!?
〜脚本家 吉丸圭佑の
筋書きのない生活〜

CX 全10話
21/1/9〜3/13
その女、ジルバ
EX 全10話
21/1/9〜3/13
3Bの恋人
TBS 全10話
21/1/17〜3/21
天国と地獄
〜サイコな2人〜
NTV 全10話
21/1/17〜3/21
君と世界が終わる日に
20:00 21:00 22:00 23:00 24:00

『2021年冬ドラマ(1-3月)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月06日

声優探偵 TOP

『声優探偵』は、2021年3月6日(5日深夜)から同年3月27日(26日深夜)、土曜 1時53分 - 2時23分(金曜深夜)にテレビ東京深夜ドラマ枠で放送された。全4話。主演は沢城千春。


各話あらすじ
第1話 2021年3月5日
 人気声優・小野友樹が自宅マンションで死亡。声優探偵・不零(沢城千春)と声優オタクの刑事・かおる(武田玲奈)が声優仲間に聞き込みをする中で、被害者の最後の声と死の間際まで読み込んでいた台本が判明する。
  
第2話 2021年3月12日
 イケメン声優・マスダトシキ(増田俊樹)が毒殺された。音楽活動でも活躍中の彼は、レコーディングスタジオにて死の間際まで新曲『DANCE』のレコーディングをしていたらしい。声優探偵・不零オサム(沢城千春)と透頂かおる(武田玲奈)が現場に残された録音データを確認すると、マスダの「おどれ…」という声が残っていた。さらに現場には何故か、おそろいのマグカップや膝掛けが置いてあって…?

第3話 2021年3月19日
 声優・金田朋子(金田朋子)が自宅で心臓発作で死亡した。発見時、何故かクロコダイルの覆面をしたまま倒れており、さらには「お尻に謎のかじり痕」が。声優探偵・不零オサム(沢城千春)と透頂かおる(武田玲奈)は第一発見者である被害者の夫・森渉(森渉)に疑いの目を向ける。そして、自宅近くの防犯カメラを確認したところ、被害者がしゃべった瞬間にレンズが割れて壊れてしまった!?

最終話 2021年3月26日 ※2:08 〜 2:38
 大人気声優・浪川大輔(浪川大輔)がホテルで殺害された。死因は窒息死で、殺害現場は浪川が日頃からよく利用していた部屋だという。声優探偵・不零オサム(沢城千春)と透頂かおる(武田玲奈)が調べたところ、浪川とマネージャーとの電話の通話記録に「またつまらぬものを…」というかの有名なセリフが残されていた。さらに事件を追うと、不零オサムの父親の死に関係している「黒イ声事件」の核心に迫る事実が明らかに…。

  
概要
普段は声のみで演じる声優が全身を使った演技で視聴者を魅了する、新感覚のコメディーミステリー。人気声優の沢城千春が主人公の探偵・不零オサムを演じ、自身の持つ“絶対声感”を武器に事件の真相に迫っていく。ヒロインの女性刑事・透頂かおるに武田玲奈が扮し、不零の相棒となる人工知能を搭載したスマートマイク・バイノーラくんの声を花江夏樹が担当するほか、ベテラン声優の小林清志がナレーションを務める。


ストーリー
ある事件をきっかけに声優を引退し探偵となった不零オサム(沢城千春)。彼が持つ“絶対声感”は、被害者の最後の声“ダイイングボイス”を脳内再生することでその感情を読み解くことができるという特殊能力である。

声優オタクの刑事・透頂かおる(武田玲奈)と、人工知能を搭載したスマートマイク・バイノーラくん(声・花江夏樹)を相棒とし、毎回なぜか声優が殺されるという事件現場に駆け付け、絶対声感を武器に事件を解決していく。


キャスト
沢城千春
不零オサム 役
ある事件をきっかけに声優を引退し探偵となった。絶対音感ならぬ“絶対声感”という特殊能力を武器に、被害者最後の声“ダイイングボイス”を頼りに事件を解決していく。10年前に起きた、声優たちの命を奪った薬害事件の黒幕をとらえようと野心を燃やす。

武田玲奈
透頂かおる 役
かつて声優を志したが挫折し、声優学校から警視庁へと転身した異色の経歴を持つ新米刑事。警視総監である父親のコネを使い、声優たちが巻き込まれる事件にいち早く駆け付ける“声優オタク”の一面を持つ。

花江夏樹(声)
バイノーラくん 役
不零の相棒である“スマートマイク”。音響学の権威である不零の父・響次郎博士が開発した人口知能を搭載した機械で、状況を冷静に分析し、的確な情報を提示してくれる頼もしい存在。


スタッフ
脚本:ヒロハラノブヒコ

監督:綾部真弥

プロデューサー:祖父江里奈
プロデューサー:大島康寛
プロデューサー:中澤研太

主題歌:Spin a Roulette/内田雄馬


番組公式サイト

『声優探偵 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月27日

FUN!FUN!FANTASTICS

『FUN!FUN!FANTASTICS』は、20201年2月3日(2日深夜)から同年3月17日(16日深夜)、毎週水曜 0:59 - 1:29(火曜深夜)に日本テレビ系で放送された。全6話。


各話あらすじ
第1話 2021年2月2日
 とある喫茶店に集められ、80〜90年代の魅力が詰まったライブステージを上演することになったFANTASTICS。そこで!当時を知らない彼らを助けるため、80〜90年代のレジェンドが毎回登場し直接指導。第1話ゲストは元チェッカーズの鶴久政治。当時ならではの仰天エピソードが満載!80〜90年代の名曲カバーをFANTASTICSが熱唱!笑い&歌&ドキュメントのエンタテインメントSHOWが幕を開ける!

第2話 2021年2月9日
 今回は日本の音楽を変えていった、あのTM NETWORKの木根尚登がレジェンドゲストとして登場!代表曲「Get Wild」秘話も満載!
そしてメンバー自ら考えた振り付けであの名曲を披露!

第3話 2021年2月16日
 メンバーのテンションがあがる今回のレジェンドは…ダンス甲子園で一躍有名になったLL BROTHERS!なんと、FANTASTICSとダンスコラボも!?そして…舞台を引っ張っていくキャプテンもOAで決定!

第4話 2021年3月2日
 80年代バブル真っ盛り…今回のレジェンドはブラザー・コーン! ウソみたいな当時の夜遊びや業界用語を学ぶ!そして今回披露する名曲は…!?

第5話 2021年3月9日
 ライブステージでダンスと歌以外のパフォーマンスを学びたい! そこにハンドパワーで一世風靡した、Mr.マリックがやってきた!メンバーの中でマジックの素質があるのは一体誰だ!?

最終話 2021年3月16日
 最終回はトレンディドラマで大ブレイクした俳優、大鶴義丹が登場!レジェンド俳優のオーディションで遂に、ライブステージで披露する物語の主役が決まる!一体誰が主役に…?


概要
FANTASTICS from EXILE TRIBEのメンバー(世界、佐藤大樹、澤本夏輝、瀬口黎弥、堀夏喜、木村慧人、八木勇征、中島颯太)が本人役で挑むシットコム。“1980、90年代のことを学ぶ”をコンセプトに、毎話登場するレジェンドゲストが当時のさまざまなカルチャーをFANTASTICSに直接指導していく。また、メンバーの考えた振り付けで、当時の懐かしの名曲カバーも披露する。

各話に登場するレジェンドは鶴久政治(チェッカーズ)、木根尚登(TM NETWORK)、LL BROTHERS、Bro.KORN、Mr.マリック、大鶴義丹。番組ナビゲーターはマイケル富岡が務める。


ストーリー
ある喫茶店に集められ、1980、90年代の魅力が詰まったライブステージを上演することになったFANTASTICS from EXILE TRIBEのメンバー(本人役)。しかし当時を知らない彼らは、80、90年代のレジェンドから直接指導を受けることに。

第1話では元チェッカーズ・鶴久政治が、ファンが実家に押しかけ記念品が次々と消えてしまった理由や、チェッカーズのために町中の信号機を青にせざるを得なかった背景など、当時ならではの仰天エピソードを披露する。2話以降もレジェンドが当時の歌、ダンス、マジックをFANTASTICSに教えるほか、なめ猫やバンドブームなど懐かしいエンタメカルチャーが登場する。


キャスト
世界
世界 役
FANTASTICS from EXILE TRIBEのリーダー。2014年、EXILE新パフォーマーに選ばれる。17年から佐藤大樹と共にリーダーを務めるFANTASTICSとしても活動を開始。18年、FANTASTICS from EXILE TRIBEとしてメジャーデビュー。

佐藤大樹
佐藤大樹 役
FANTASTICS from EXILE TRIBEのリーダー。2018年にFANTASTICS from EXILE TRIBEとしてメジャーデビュー。アーティスト活動の他にもドラマ出演など俳優としてもマルチに活動中。

澤本夏輝
澤本夏輝 役
FANTASTICS from EXILE TRIBEのパフォーマー。

瀬口黎弥
瀬口黎弥 役
FANTASTICS from EXILE TRIBEのパフォーマー。

堀夏喜
堀夏喜 役
FANTASTICS from EXILE TRIBEのパフォーマー。

木村慧人
木村慧人 役
FANTASTICS from EXILE TRIBEのパフォーマー。

八木勇征
八木勇征 役
FANTASTICS from EXILE TRIBEのボーカル。

中島颯太
中島颯太 役
FANTASTICS from EXILE TRIBEのボーカル。

スタッフ
演出:徳永清孝
プロデューサー:植野浩之、伴在正行、広川祐介

主題歌:Play Back/FANTASTICS from EXILE TRIBE


番組公式サイト

『FUN!FUN!FANTASTICS』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月21日

六畳間のピアノマン TOP

『六畳間のピアノマン』は、NHK総合「土曜ドラマ」枠(毎週土曜 21:00〜21:50)は、2021年2月6日から同年2月27日まで放送された。全4回。主演は加藤シゲアキ、段田安則、原田泰造、南沙良(※各話オムニバス)。


各話あらすじ
第1話 2021年2月6日「自分を救う勇気」
派遣社員の村沢憲治(加藤シゲアキ)の職場では新人の永津(森永悠希)へのパワハラが常態化している。8年前、村沢と夏野(古舘佑太郎)、大友(三浦貴大)は上河内(原田泰造)のパワハラを受けていた。夏野は楽しく歌う動画「六畳間のピアノマン」を残し事故で亡くなってしまう。以来他人と関わらないように生きてきた村沢だが、苦しむ永津を前に夏野を救えなかった過去がよみがえる。そんな村沢に六畳間のピアノマンの歌声が…


第2話 2021年2月13日「優しい息子」
 夏野泰造(段田安則)は退職の日に、偶然上河内秀人(原田泰造)を見かける。8年前に事故で亡くなった息子の誠(古舘佑太郎)にパワハラをしていた憎い相手だ。人に優しくと育てたことが、パワハラに耐えられない弱い人間にしたのではと悔やむ泰造。しかし警察官の脇見(細田善彦)、誠の同級生の都(福田麻由子)ら、若者たちとの関わりで変わっていく。誠が「六畳間のピアノマン」として楽しそうに歌う動画を見た泰造は…


第3話 2021年2月20日「いい人になりたい」
 上河内秀人(原田泰造)は工事現場の作業員。すべてを失った彼は、芳江(麻生祐未)が運営する子ども食堂に支えられている。8年前、夏野誠(古舘佑太郎)にパワハラをした上河内は、誠の父の泰造(段田安則)に再会し衝撃を受ける。一方子ども食堂に通う幼いカズト(又野暁仁)はビートルを三台見たら願いが叶う、と一生懸命。父親がいないカズトを思いビートル探しを手伝う上河内。居酒屋を開きたい真治(上地雄輔)も加わって…


最終話 2021年2月27日「歌声は響きつづけて」
 有村美咲(南沙良)はプロの歌手を夢見る女子高校生。もう一つの顔は地下アイドルのミクリだ。心の支えは更新が止まった動画「六畳間のピアノマン」。孤独な美咲はピアノマンにメッセージを送り、励ましの返事に驚き喜ぶ。マネージャーの吉田(木下ほうか)に過剰なファンサービスを求められ、大人に失望する美咲。しかもピアノマンつまり夏野誠(古舘佑太郎)が既に亡いと知り絶望が深まる。そこに大道芸人の大友(三浦貴大)が…


原作概要
『逃げ出せなかった君へ』は安藤祐介による日本の小説。ブラック企業でのパワハラを原因に自死を選んだ社員と関わりをもった人物たちの生き方を描く6つのエピソードからなる群像劇。2019年3月30日にKADOKAWAより刊行された。


ドラマ概要
ビリー・ジョエルの名曲「ピアノ・マン」をモチーフにした、安藤祐介の「六畳間のピアノマン(改題:逃げ出せなかった君へ)」をドラマ化。「ピアノ・マン」を動画投稿サイトで歌う“六畳間のピアノマン”と名乗る青年・夏野誠(古舘佑太郎)を中心に、彼が残した歌声により人生が交錯していく四つの物語を、加藤シゲアキ、段田安則、原田泰造、南沙良がそれぞれ演じるヒューマンドラマ。


ストーリー 
パワハラを受けていた元同僚・夏野誠(古舘佑太郎)が交通事故で亡くなってから8年、人との関わりを避けるように生きてきた村沢憲治(加藤シゲアキ)。そんなある日、派遣先の職場で再びパワハラを目にした村沢は、ピアノマンと呼ばれていた誠のことを思い出し、動けなかったかつての自分との葛藤に苦しむ。


キャスト
第1回
村沢憲治
演 - 加藤シゲアキ
誠の元同僚。現在はブラック企業を退職し派遣社員として働いている。派遣先の企業で社員がパワハラされる様子を目の当たりにし、8年前に誠を助けることが出来なかった記憶が蘇り、自責の念に苛まれる。

第2回
夏野泰造
演 - 段田安則
誠の父。妻に先立たれ父子家庭で誠を育て上げたが、交通事故で失ってしまう。誠の死から8年後、ひっそりと定年退職を迎えたある日、誠にパワハラを働いていた上河内が現れ動揺する。

第3回
上河内秀人
演 - 原田泰造 (第2回)
誠にパワハラを働いていた上司。誠へのパワハラが社内で問題となり会社を退職する。行き場をなくしていたところ、こども食堂を切り盛りする芳江と食堂に食事に来る二人の幼い兄弟たちと出会う。

第4回
有村美咲
演 - 南沙良
女子高校生。地下アイドルの活動をしているが、将来的には自身で楽曲を手掛けようと作詞作曲に挑んでいる。アイドル活動や作曲に行き詰った時、誠の投稿した『ピアノマンの六畳間』の動画を視聴し癒されている。

全話共通
夏野誠
演 - 古舘佑太郎
故人。8年前にブラック企業でパワハラを受けていたが、交通事故に遭い亡くなってしまう。生前、『六畳間のピアノマン』のアカウントで動画サイトに投稿したビリー・ジョエルの楽曲「ピアノ・マン」を歌唱する動画が残された人たちの人生を交錯させ、彼らの心を励ます。

ゲスト
第1回
大友
演 - 三浦貴大
誠の元同僚。

第2回
芳江
演 - 麻生祐未
こども食堂を切り盛りする女性。

上地雄輔
細田善彦

スタッフ
原作 - 安藤祐介『逃げ出せなかった君へ』
脚本 - 足立紳
音楽 - 伊賀拓郎
制作統括 - 内田ゆき(NHK)
演出 - 野田雄介、泉並敬眞


番組公式サイト
逃げ出せなかった君へ - Wikipedia

『六畳間のピアノマン TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京怪奇酒 TOP

『東京怪奇酒』(とうきょうかいきざけ)は、2021年2月20日(19日深夜)から3月27日(26日深夜)までの土曜 0時52分 - 1時23分(金曜深夜)にテレビ東京深夜ドラマ枠『ドラマ25』で放送された。全6話。主演は杉野遥亮。

清野原作のテレ東ドラマは『山田孝之の東京都北区赤羽』『その「おこだわり」、私にもくれよ!!』に続く3作目となるが、過去の2作同様、進行役は俳優が実名で担当する。


各話あらすじ
第1話 2021年2月19日「白い服を着た幽霊のいる霊穴アパート」
 俳優の杉野遥亮は、自身のビビリを克服するために“怪奇酒”を始めることに。怪奇酒とは、実際に心霊現象のあった現場に出向き、お酒を飲み霊と向き合うという行為。杉野が話を聞きにいったのは、今話題のカルト芸人のチャンス大城。昔住んでいたアパートには、白い服を着た女性の霊がいて、しかもそこは“霊穴”で霊がたくさんいるという。

第2話 2021年2月26日「可愛い声が聞こえる猫塚」
 今回、杉野が向かったのは、オカルト研究家に聞いた東京都S区にある“猫塚”。怪談マニアの間では有名で“この世のものとは思えないほど可愛い猫の声”がするという。杉野は軽い気持ちで猫塚に行くが、いきなり怨念のこもった立ち札にビビると、ペットボトルが突然、草むらに転がってくる。すると、どこかからとんでもなく可愛い猫の声がしはじめた。そこに猫がいると確信した杉野は、エアで猫と戯れはじめると、とんでもない結末に…。

第3話 2021年3月5日「醜態と哀愁が渦巻く事故物件」
 「事故物件住みます芸人」の松原タニシに勧められて杉野が向かったのは、孤独死した男性の住むアパート。マジメな人だったが、遺品整理にきた娘にHな本のコレクションが見られてしまったという。そのためか成仏できず、未だにその場所にいるという。杉野が怪奇酒をはじめても、お父さんの霊は出てこない。しかし杉野がHな本を見せると、「カーン」という金属音が…。Hな本をめくるとさらに激しい金属音が!お父さんの霊が現れたのだった。

第4話 2021年3月12日「不穏なノートがある、ラブホテル」
 今回、杉野はOKAMOTO’Sから紹介してもらった怪談好きミュージシャン、Creepy NutsのR-指定に話を聞く。R-指定は元カノと昔訪れたラブホで強烈な心霊体験をしたという。そのホテルに杉野が行くと、山盛りの塩で清められていて、4階は封鎖され、女性の笑い声が突然聞こえてきた。部屋に入ると、不気味な絵、大音量のお経、消えない電気…そしてR-指定が話していた不気味なノートもあった。ノートをめくると、心霊現象が立て続けに起き始める…。

第5話 2021年3月19日「霊が密集するお笑い劇場」
 杉野は岡山天音と一緒に、ヨシモト∞ホールへ。人気怪談家芸人・ありがとうぁみや、生き霊が見える芸人・シークエンスはやともに怪談話を聞くと、その日の深夜、劇場で怪奇酒を始める。怪奇酒初心者の岡山天音は、子どもの霊がいたという舞台で酒を飲み始めると、ありえない現象が起こり続け、恐怖のどん底へ。一方、怪奇酒上級者となった杉野は、霊相手にしてはいけないことを全てして、霊を呼び寄せようとする…。

最終話 2021年3月26日「大島てるオススメ 事故物件の聖地」 ※1:07 〜 1:38
 普通の怪奇酒では満たされなくなった杉野は、さらに強い刺激を求め、事故物件サイトの管理人「大島てる」のもとへ。そこで紹介されたのは“事故物件の聖地”ともいえる全階いわくつきのアパートだった。今までとは桁違いの霊の気配を感じ興奮する杉野。1階は殺人、2階は自殺した犯人が住んでおり、3階は友人同士の喧嘩からその片方が殺されたという。憑りつかれたように足を進める杉野が屋上へ辿り着くと…とんでもない景色をみることに…。


原作概要
『東京怪奇酒』は、清野とおるによるコミックエッセイ。2020年1月31日にKADOKAWAから刊行された。著者の清野が知人や友人から聞いた怪談話の場所を実際に訪れて飲酒した体験を描く。


ドラマ概要
同局で放送の「直ちゃんは小学三年生」と同枠で杉野遥亮が連続主演を務めるドラマの2作目。原作は、知人から心霊話を聞きそのスポットにわざわざ出向き飲酒するという実体験を描いた清野とおるの同名漫画。同局と清野のタッグは、「山田孝之の東京都北区赤羽」、「その『おこだわり』、私にもくれよ!!」に続いて3度目となる。


ストーリー 
俳優・杉野遥亮(本人)に、海外ホラー映画主演のオファーがくる。しかし杉野はホラーが大の苦手。そんなある日、杉野は自身のラジオ番組「杉野遥亮の今度は長ズボン」にゲスト出演した漫画家・清野とおるから、心霊現象の起きた場所に1人で行って恐怖心や高揚感の中で酒を飲む「怪奇酒」の話を聞く。怖がりな人ほど向いていると言われ、勧められるままに怪奇酒を体験することになる杉野。すると毎回、怪談マスターが登場して杉野にホラー話を吹き込んでいく。


キャスト
杉野遥亮(本人) - 杉野遥亮

ゲスト
全話
清野とおる

各話ゲスト
チャンス大城
松原タニシ
オカモトショウ(OKAMOTO'S)
R-指定(Creepy Nuts)
大島てる
三上丈晴(雑誌『ムー』編集長)
吉田悠軌
ボルサリーノ関
岡山天音

スタッフ
原作 - 清野とおる 『東京怪奇酒』(KADOKAWA刊)
監督 - 太田勇(テレビ東京)、広瀬陽一、山口将幸
脚本 - 山田能龍、辻健一、福田昌平、太田勇(テレビ東京)
音楽 - 遠藤浩二
オープニングテーマ - さユり『かみさま』(ソニー・ミュージックレーベルズ)
エンディングテーマ - OKAMOTO'S 『Complication』(ソニー・ミュージックレーベルズ)
プロデューサー - 太田勇、青野華生子(テレビ東京)、向井達矢(ラインパック)
制作 - テレビ東京


番組公式サイト
東京怪奇酒 - Wikipedia

『東京怪奇酒 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月20日

ホリミヤ TOP

『ホリミヤ』は、2021年2月17日(2月16日深夜)から同年3月31日(3月30日深夜)まで、毎日放送の深夜ドラマ枠「ドラマイズム」(毎週火曜 25:28〜25:58)で放送中。全7話。主演は鈴鹿央士と久保田紗友。

放送に先駆けて、2021年2月5日には第1話から第3話に撮りおろし追加シーンを加えた劇場版が1週間限定でイベント上映される。


各話あらすじ
第1話 2021年2月16日
 地味で根暗な宮村(鈴鹿央士)はクラスではいつも独りぼっち。対して、いつもクラスの中心にいる派手で美人な堀(久保田紗友)。共通点などなく交わるはずのなかった2人だが、ある出来事をきっかけに距離を縮めていくことに。

第2話 2021年2月23日
堀(久保田紗友)との出会いをきっかけに、急速に輝きを帯びていく宮村(鈴鹿央士)の高校生活。同じクラスの石川(鈴木仁)や由紀(岡本莉音)とも友達になり、にぎやかな毎日を送るなか、宮村と堀の距離はどんどん縮まり、自分たちの感情に戸惑いを覚える。

第3話 2021年3月2日
 堀(久保田紗友)に思いを伝えた宮村(鈴鹿央士)だが、暗くて地味な自分と、美人で人気者の堀とのギャップに不安を覚え、なかなか堀に返事を聞けずにいた。そんな中、宮村は中学時代の親友・進藤(井上祐貴)に背中を押され、また新しい青春の一歩を踏み出し始める。

第4話 2021年3月9日
 堀(久保田紗友)や石川(鈴木仁)、由紀(岡本莉音)に生徒会メンバーも加わり、ますますにぎやかになる宮村(鈴鹿央士)の日々。心の奥ではそれぞれが誰かを思い、自分の気持ちに素直になろうと悩みながらも試行錯誤していた。

第5話 2021年3月16日
 体育祭で卓球に出場した堀(久保田紗友)の対戦相手は、生徒会のアイドル・レミ(マーシュ彩)。彼女は堀に「宮村を賭けよう」と提案する。そんな中、宮村(鈴鹿央士)はある理由からバスケットボールに出場することを決める。

第6話 2021年3月23日
 毎日家事に追われ遊ぶ時間のない堀(久保田紗友)を放課後デートに連れ出す宮村(鈴鹿央士)。帰り道、2人は偶然、中学時代に宮村をいじめていた元クラスメート・谷原に出会う。

最終話 2021年3月30日
 冬休み目前、なぜか堀(久保田紗友)を避けるような態度を見せる宮村(鈴鹿央士)。2人で過ごすクリスマス。不安に胸を押しつぶされそうになりながらも宮村を待つ堀。卒業も間近、2人はそれぞれの思いを伝え合う。


原作概要
『堀さんと宮村くん』(ほりさんとみやむらくん)は、HEROによる日本のウェブコミック。略称は「堀宮(ほりみや)」。2007年2月からウェブサイト「読解アヘン」で公開されており、現在は本編は終了し「おまけ」という形で不定期連載中。


ドラマ概要
HERO・萩原ダイスケによるシリーズ累計570万部を突破した同名漫画を、主演・鈴鹿央士、ヒロイン・久保田紗友でドラマ化。ドラマ版の第1〜3話と撮り下ろしエクストラシーンを加えた映画の公開も決定、新進気鋭の22歳、松本花奈監督が、柔らかく爽やかな青春の日々を紡ぐ。


ストーリー 
クラスではいつも1人、静かで根暗な宮村伊澄(鈴鹿央士)と、容姿端麗、成績優秀、クラスの中心にいる堀京子(久保田紗友)。2人には誰にも知られていない“秘密”があった。

ある日、ピアスだらけの若い男が、けがをした京子の弟・創太を家まで送り届けてくれる。バンドマンのような格好をした男こそ宮村のもう一つの姿で、その宮村が見たのは、化粧もせず無造作に髪を束ね、弟の面倒を見ながら家事をこなす家庭的な姿の堀だった。

お互いの秘密を共有したこの日から2人の距離は近づき、今まで学校で存在感のなかった宮村の高校生活が、徐々にきらめきを帯びていく


キャスト
鈴鹿央士
宮村伊澄 役

根暗な男子高校生。クラスではいつも1人で、他人に興味を示さず友達もいない。堀と出会い、互いの秘密の共有者となったことから、学生生活が色づき始める。

久保田紗友
堀京子 役
容姿端麗、成績優秀、クラスの中心にいる高校生。ひょんなことから宮村と互いの秘密を共有することになり、距離が近づいていく。


スタッフ
原作 - HERO、萩原ダイスケ『ホリミヤ』(スクウェア・エニックス『月刊Gファンタジー』連載中)
監督 - 松本花奈、吉野主
脚本 - 酒井善史、石田剛太、大歳倫弘
制作 - ホリプロ
製作 - 実写「ホリミヤ」製作委員会、毎日放送


番組公式サイト
堀さんと宮村くん - Wikipedia

『ホリミヤ TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハルカの光 TOP

『ハルカの光』(ハルカのひかり)は、2021年2月8日から同年3月8日まで、NHK Eテレで毎週月曜 19時25分 - 19時50分に放送中。全5話。脚本家・矢島弘一のオリジナル作品。主演は黒島結菜。


各話あらすじ
第1話 2021年2月8日
 照明オタクのハルカ(黒島結菜)は西谷(古舘寛治)が営む名作照明の専門店「エクラ」で働いている。ある日、寿司店の大将・岡林(イッセー尾形)が電球を求め来店。ここはそういう店ではないとハルカに追い返され、怒って去った岡林だが、数日後に再びやって来る。妻が急逝してから店内の雰囲気が暗くなった上、照明の電球まで切れたのだという。そんな岡林の目に留まったのは…。

第2話 2021年2月15日
 「エクラ」に年配の古山(塩見三省)と息子らしき良太郎(渡辺大知)が来店。良太郎から結婚記念の品を探していると聞いたハルカ(黒島結菜)が両親思いの息子だと感心すると、古山は気分を害したのか店を出て行った。すると良太郎は古山は父ではなく恋人だとハルカと西谷(古舘寛治)に告げる。

第3話 2021年2月22日
 「エクラ」にボクサーの左京(駿河太郎)が来店する。集中できない時はろうそくの火を見て練習すると言う左京。彫刻家イサム・ノグチ作の照明に注目した彼に、ハルカ(黒島結菜)はその制作秘話を語る。翌日、左京の忘れ物を届けにジムを訪れたハルカは、会長の娘・愛子(内田慈)から意外な話を聞く。

第4話 2021年3月1日
 「人はいつも光を求めている」という西谷(古舘寛治)の決まり文句をそらんじる謎の女性(緒川たまき)が来店、自分に似合う照明を要望する。大切な人を‘光に奪われた’らしい彼女に、ハルカ(黒島結菜)は夕日から発想された照明を薦める。その光は1年前、人生にくじけそうになったハルカを立ち直らせたものだ。そして東日本大震災で被災したハルカを救ったのも、ある光だった。

最終話 2021年3月8日
 ハルカ(黒島結菜)と西谷(古舘寛治)がとある名作照明を眺めていると、挙動不審な男が!東北からやってきたハルカの父・和也(甲本雅裕)だった。漁師をしている和也は震災以来ギクシャクしていた妻・有香(山下容莉枝)とハルカの関係をなんとか取り持とうとしていた。和也は、思い切って新しい家を建てようと思っていること、そこにハルカの存在を感じられる照明が欲しいと母さんが言っていることをハルカに伝える。


概要
東日本大震災で心に傷を負った主人公・幸本ハルカが、名作照明の専門店である光に魅せられ、店の経営者や客との関わりの中で少しずつ前を向いていく物語。脚本は向田邦子賞を受賞した気鋭の矢島弘一が手掛け、恋愛より照明が大事という照明オタクのハルカを黒島結菜、ハルカが働くことになる店の店長・西谷慎一を古舘寛治が演じる。


ストーリー 
名作照明を扱う専門店「エクラ」で働く照明オタクの幸本ハルカ(黒島結菜)と店長・西谷慎一(古舘寛治)のもとを、老舗すし店の大将(イッセー尾形)が訪ねて来る。「電球を売れ!」と連呼する大将に、ハルカは「ここに電球を求めてやって来るのはすし店でタピオカを頼むようなもの」と一蹴。怒って帰った大将だが、数日後なぜか再び店を訪れる。

実は最近妻が急逝し、店が急に暗くなったところに電球まで切れてしまったという。そんな大将の目に留まったのは真ちゅう製のペンダントライト。広い面積を照らす照明ではないのに、「人が集まる光」だとハルカが伝えると、大将は試しに店でこの照明を点けてみることにするが…。


キャスト
幸本ハルカ
演 - 黒島結菜
名作照明を集めた専門店「エクラ」で店番として働く照明オタク。宮城県出身。東日本大震災で家や多くの友人をなくしている。漁師の父が震災以来初めての漁から戻ってきた時に、真っ暗な海に放ったいさり火の光に救われた経験がある。

西谷慎一
演 - 古舘寛治
「エクラ」の店長。ハルカはこの店である光に出合い、心を奪われ店番として働くようになる。

ゲスト
イッセー尾形
塩見三省
渡辺大知
駿河太郎
内田慈
緒川たまき
田牧そら
山下容莉枝
甲本雅裕

スタッフ
作 - 矢島弘一
制作統括 - 樋口俊一(NHK)、川崎直子(NHKエンタープライズ)、小川直彦(スパークル)
プロデューサー - 長澤佳也、松原弘志
演出 - 松原弘志(1話、2話、5話)、長澤佳也(3話、4話)


番組公式サイト
ハルカの光 - Wikipedia

『ハルカの光 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月19日

モコミ〜彼女ちょっとヘンだけど〜 TOP

『モコミ〜彼女ちょっとヘンだけど〜』(モコミ かのじょちょっとヘンだけど)は、2021年1月23日からテレビ朝日の「土曜ナイトドラマ」枠(毎週土曜 23:00〜23:30)で放送中。主演は小芝風花。


各話あらすじ
第1話 2021年1月23日
 ‘物’の気持ちが分かる繊細な感覚を持つ萌子美(小芝風花)は、アルバイト先の工場でもどこか浮いた存在。ある日、工場の窓の汚れが気になった萌子美は騒動を起こしてしまい、知らせを受けた母・千華子(富田靖子)は、周囲と違う萌子美が再び引きこもりにならないか悩む。数日後、迎えた萌子美の誕生日。千華子や父・伸寛(田辺誠一)、兄・俊祐(工藤阿須加)が祝う中、ある人が現れる。

第2話 2021年1月30日
 清水萌子美(小芝風花)は同居を始めた祖父・須田観(橋爪功)にずっと気になっていることを相談。萌子美の母・千華子(富田靖子)は自分の父親とはいえ、わだかまりのある観に萌子美が頼るのを見て複雑な気持ちになる。

第3話 2021年2月6日
 俊祐(工藤阿須加)は自分の生花店で働き始めた萌子美(小芝風花)を見守るが、恋人で店員の涼音(水沢エレナ)に事前に相談しなかったことが気まずい。一方、伸寛(田辺誠一)が税理士事務所での仕事を在宅に変更し、寝耳に水の千華子(富田靖子)は観(橋爪功)ともぶつかり家の中は険悪に。そんな中、涼音に店番を頼まれた萌子美は佑矢(加藤清史郎)の姿を見掛けて後を追う。それが問題となり…。

※2021年2月13日(土)に発生した地震による報道特別番組に伴い、第4話の放送は途中中断、1週間順延された。

第4話 2021年2月20日
 伸寛(田辺誠一)からドーナツ店のフラワーアレンジメントを褒められた萌子美(小芝風花)。「勘違いしちゃ駄目」と水を差す千華子(富田靖子)の発言を観(橋爪功)が否定する中、萌子美は2人の不仲の理由を聞くが、千華子は答えない。そんな折、ドーナツ店から定期的な注文が入り、俊祐(工藤阿須加)は自分が担当すると決める。一方、佑矢(加藤清史郎)がお礼をしたいと萌子美を店に訪ねてくる。

第5話 2021年2月27日
 花と話す自分を変な目で見ない佑矢(加藤清史郎)に、萌子美(小芝風花)の顔がほころぶ一方で、伸寛(田辺誠一)との口論で傷つく千華子(富田靖子)は無気力になり家事を放棄する。生花店では、涼音(水沢エレナ)が店をリニューアルして萌子美にディスプレーを任せようと提案。即答できず口ごもった俊祐(工藤阿須加)は、うっぷんを募らせていき、そのどす黒い本音をSNS上にぶちまける。

第6話 2021年3月6日
 萌子美(小芝風花)と佑矢(加藤清史郎)が生花店で話す姿を目にした伸寛(田辺誠一)と千華子(富田靖子)は、関係が気になって仕方がない。千華子は男性との付き合いは慎重にと口を出すが、萌子美は自分の感覚を信じると聞き流す。生花店ではSNSを開始。自分も始めた萌子美は、佑矢とSNSでやりとりをするようになる。そんな中、俊祐(工藤阿須加)の誘いで佑矢が清水家にやって来る。

第7話 2021年3月13日
 萌子美(小芝風花)に居場所だった生花店を奪われたと憤る俊祐(工藤阿須加)が家出。SNSでの本音も知った千華子(富田靖子)や伸寛(田辺誠一)が驚く中、店では、涼音(水沢エレナ)が俊祐の不在は自分が別れると言ったせいだと誤解する。俊祐が戻るまで店を守ろうと決めた萌子美は、観(橋爪功)に協力を仰ぎ、俊祐の仕事を買って出る。一方、車で過ごす俊祐の元に佑矢(加藤清史郎)が現れる。

第8話 2021年3月20日 ※23:40〜
 伸寛(田辺誠一)はこれからの生き方について千華子(富田靖子)に相談するが、一蹴される。一方、花や物の気持ちが分からなくなった萌子美(小芝風花)は生花店を早退。不安を紛らわせるように佑矢(加藤清史郎)を家に招いた。佑矢の帰宅後、萌子美は突っ掛かってきた俊祐(工藤阿須加)や家族を前に、‘能力’がなくなったと告白。千華子は「それが普通」だと諭すが、俊祐は責任を感じ…。

第9話 2021年3月27日
 モノと話せなくなった清水萌子美(小芝風花)は平気なふりをしつつ、内心では不安が大きくなるばかりだった。岸田佑矢(加藤清史郎)に支えられて何とか気持ちを落ち着かせるが、家族は自分にとって”普通のこと”が出来なくなった萌子美を心配する。兄・俊祐(工藤阿須加)は自分を責めながらも素直になれず、ぶっきらぼうに当分仕事を休むことを妹に提案。萌子美もそれを受け入れる。

最終話 2021年4月3日
 行方がわからなくなったぬいぐるみのトミーを捜すため、清水萌子美(小芝風花)は木々たちに居場所を知らないか問いかける。すると、萌子美の祈りが通じたのか、再びモノたちの声が聞こえるように。木々たちに導かれ、萌子美はついにトミーとの再会を果たす。帰宅した萌子美は以前にも増して積極的になる。職場に復帰し、仕事に行く前に岸田佑矢(加藤清史郎)とジョギングを開始。そこにはある思いが秘められていて…。


概要
数々のドラマを手掛けてきた脚本家・橋部敦子と小芝風花の初タッグで描くオリジナルのヒューマンホームドラマ。小芝演じる主人公・清水萌子美は、縫いぐるみや石、植物など、感情を持たないとされている物の気持ちが分かってしまう繊細な“感覚”の持ち主。それゆえ、他人との関わりを極力持たないように生きてきたが、あることをきっかけに広い世界に踏み出すことを決意。さまざまな経験を重ねながら成長していく姿をつづる。


ストーリー
小さな工場で不良品のチェックをしている清水萌子美(小芝風花)は、仕分ける速度がほかの従業員に比べて速く、黙々と仕事をしていた。ある日、不良品を見つけた萌子美は思わず「その子、けが…」と言いかけてしまう。実は萌子美には、感情を持たないとされている物の気持ちが分かってしまう繊細な“感覚”があったのだ。萌子美の母・千華子(富田靖子)は、娘が工場で問題を起こしたと知らされ頭を痛める。

数日後、22歳の誕生日を迎える萌子美が、ある理由から工場に行きたくないと言いだす。この日だけ穏便に過ごしたいと、母は娘の言うことを聞くことに。その夜、家族そろって萌子美の誕生日のお祝いをしていると、訪問者がやって来る。


キャスト
清水萌子美(しみず もこみ)〈21 → 22〉
演 - 小芝風花
本作の主人公。本来は感情を持つはずのない石や植物、ぬいぐるみなどの気持ちが読み取れるという繊細な感覚の持ち主。幼少期はその感覚からモノの代弁をすることで周囲から理解されず、変わった子供と思われ問題児扱いされていた。そのため、周囲の人にヘンなことを言ってしまっていないかと気にするあまりうまく言いたいことを伝えられなくなり、人とコミュニケーションを取ることに疲弊して小学5年の頃から不登校気味となってしまい、中学には一度も通わず通信制の高校を卒業している。世間からはひきこもりやニートとみなされているが、常に部屋にこもっているわけではなく、兄・俊祐に誘われて外出することもある。

現在は母・千華子の勧めで工場で製品の不良品チェックのアルバイトをしている。

清水家
清水千華子(しみず ちかこ)
演 - 富田靖子
萌子美の母。萌子美が普通の子と同じように生活できるようにあらゆる手を尽くすが問題を解決できていないため、娘の行末を心配している。自覚に欠けているが、他人に対し過干渉で支配的な性格。

清水伸寛(しみず のぶひろ)
演 - 田辺誠一
萌子美の父。税理士。過干渉な妻・千華子の意見に反論できず気力を失っている。

清水俊祐(しみず しゅんすけ)
演 - 工藤阿須加
萌子美の兄。父方の祖父から受け継いだ花屋を経営している。
近隣住民に親しまれ常連客も多く、友人から相談を持ち込まれることも多いが、ある秘密を抱えている。

須田家
須田観(すだ かん)
演 - 橋爪功
萌子美の祖父。千華子の父。元高校教師で、現在はタクシー運転手。
千華子とあることで揉めて以来長年音信不通で妻を亡くして一人暮らしを続けていたが、ある日清水家に姿を現し同居することになる。

シミズフラワーショップ
俊祐が経営する花屋

依田涼音(よりた すずね)
演 - 水沢エレナ
花屋の店員。俊祐と密かに交際している。

桜井真由(さくらい まゆ)
演 - 内藤理沙
花屋の店員。シングルマザー。

その他
岸田佑矢(きしだ ゆうや)
演 - 加藤清史郎
萌子美がはじめて恋をする青年。
俳優志望でフードデリバリーのバイトをしている。

スタッフ
脚本 - 橋部敦子
演出 - 竹園元(テレビ朝日)、常廣丈太(テレビ朝日)、鎌田敏明
エグゼクティブプロデューサー - 内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー - 竹園元(テレビ朝日)、中込卓也(テレビ朝日)、布施等(MMJ)
音楽プロデュース - S.E.N.S. Company 
音楽 - 森英治
主題歌 - GENERATIONS from EXILE TRIBE「雨のち晴れ」(rhythm zone)
企画協力 - オスカープロモーション
制作 - テレビ朝日、メディアミックス・ジャパン(MMJ)


番組公式サイト
モコミ〜彼女ちょっとヘンだけど〜 - Wikipedia

『モコミ〜彼女ちょっとヘンだけど〜 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レッドアイズ 監視捜査班 TOP

『レッドアイズ 監視捜査班』(レッドアイズ かんしそうさはん)は、2021年1月23日から同年3月27日まで、日本テレビ系「土曜ドラマ」枠(毎週土曜 22:00〜22:54)で放送された。全10話。主演は亀梨和也。


各話あらすじ 平均視聴率 9.84%
第1話 2021年1月23日「復讐に燃える元刑事!最新監視システムを駆使し殺人鬼を追え!」 視聴率 12.4%
 監視カメラ映像を駆使した捜査を行う神奈川県警捜査分析センター(KSBC)発足に伴い、統括責任者の島原(松下奈緒)は元捜査一課刑事の伏見(亀梨和也)を捜査官に誘う。恋人を殺された過去を持つ伏見は、元犯罪心理学者・山崎(木村祐一)や元自衛官・湊川(シシド・カフカ)らを雇うことを条件に挙げるが、彼らには犯罪歴が。そんな中、女性の連れ去り事件が起き、伏見らは犯人を追う。

第2話 2021年1月30日「新たな殺人鬼現る!制限時間内に犯人を確保せよ!メンバーに危機が」 視聴率 10.4%
 伏見響介(亀梨和也)たちが、KSBCでの業務を本格的に開始する中、KSBCに「人を殺した」という電話が入った。遺体を捨てる様子を監視カメラに敢えて映し、捜査員を挑発する犯人。現場に向かった伏見と湊川(シシド・カフカ)は、遺棄された男女のうち、男性の生存を確認。そして、殺された女性の胸ポケットから、犯人のメッセージが書かれた手帳を発見する。

第3話 2021年2月6日「第1章クライマックス!幾重もの殺人鬼の罠!あの人物が殺される!」 視聴率 9.9%
 犯人だった蠣崎(忍成修吾)に湊川(シシド・カフカ)が拉致され、自分を責める伏見(亀梨和也)。島原(松下奈緒)は妹のはるか(高橋ひかる)からの連絡を気にしつつも、伏見や山崎(木村祐一)らと蠣崎の行方を探る。一方、湊川は息子・敢太(森島律斗)のことをなぜか知る蠣崎と話すうち、夫を殺害した事件を思い返す。やがて湊川に命の危険が迫る中、KSBCに蠣崎のメッセージが届く。

第4話 2021年2月13日「青いコートの男の正体ついに判明!女性誘拐事件発生!制限時間迫る」 視聴率 9.4%
 夫を亡くした島原(松下奈緒)が早々に復帰する中、誘拐事件が発生。伏見(亀梨和也)と湊川(シシド・カフカ)が捕まえた不審者は山崎(木村祐一)の息子・克巳(塩野瑛久)で、覚醒剤を巡るトラブルで恋人の優希(冨手麻妙)が連れ去られたと分かる。優希の身に危険が及ぶ一方で、自身の詐欺罪により息子と疎遠な山崎は、かつて詐欺で関わった半グレ集団が犯人と知り、驚きの行動に出る。

第5話 2021年2月20日「連続爆発事件最後の標的はあの人!警察内部に内通者?最強の敵現る」 視聴率 9.5%
 伏見(亀梨和也)や島原(松下奈緒)、山崎(木村祐一)らKSBC周辺の事件に蠣崎(忍成修吾)がことごとく絡むことが判明。その聴取で激高した伏見は捜査一課の長久手(川瀬陽太)らに止められる。一連の事件の黒幕の存在と内通者の可能性に伏見が気付く中、刑事2人が爆発事件の被害に遭う。すると長篠(趣里)の様子に異変が。小牧(松村北斗)の調べで、彼女の過去が浮かび上がる。

第6話 2021年2月27日「制限時間内に凶悪な強盗事件を阻止し、拉致された捜査官を救えるか」 視聴率 9.5%
 島原(松下奈緒)はカウンセラーの鳥羽(高嶋政伸)から妹のはるか(高橋ひかる)について話すよう促される。一方、伏見(亀梨和也)を襲った犯人は一連の事件の黒幕‘先生’ではないと分かった。島原が再び周囲に被害が及ぶことを懸念する中、小牧(松村北斗)の誘拐事件が発生。長篠(趣里)は小牧の経歴を調べる。その頃、小牧は後輩の命を盾に高難度のハッキングを強いられていた。

第7話 2021年3月6日「今度は凍死の危機!迫る命のタイムリミット!制限時間内に脱出せよ」 視聴率 9.8%
 山崎(木村祐一)は、人を操る黒幕‘先生’に、伏見(亀梨和也)の過去との接点がある可能性を指摘。そんな中、亡き恋人・美保(小野ゆり子)の動画で呼び出された伏見がさらわれ、冷凍庫に監禁されてしまう。KSBCには犯人2人と伏見が写るライブ映像が届き、島原(松下奈緒)らは必死に監禁場所を捜す。一方、KSBCへ配信中だと知らされた伏見は、犯人の手掛かりを伝えようとする。

第8話 2021年3月13日「最終章始動!占拠された捜査本部を奪還せよ!犯人の狙いとは一体?」 視聴率 10.3%
 蠣崎(忍成修吾)が警察病院から逃走し、伏見(亀梨和也)は長久手(川瀬陽太)と姉川(長田成哉)がいる現場へ。その蠣崎は、仲間と合流後、KSBCへ侵入。捜査官を銃撃し占拠してしまう。蠣崎と向き合う島原(松下奈緒)が彼の要求を知る一方、外にいた伏見と湊川(シシド・カフカ)、小牧(松村北斗)、山崎(木村祐一)は刑事部長・奥州(矢島健一)から秘密裏に解決するよう指示を受ける。

第9話 2021年3月20日「最終決戦開始大病院が占拠された!ついに裏切り者の正体が明らかに」 視聴率 9.1%
 ‘青いコート’を着てKSBCに現れた鳥羽(高嶋政伸)は、笑みを浮かべながら腕の傷を見せる。美保(小野ゆり子)の殺害犯と同じ傷に伏見(亀梨和也)は激高するが、犯行を否認する鳥羽は好きに調べるよう言い放つ。鳥羽と向き合う島原(松下奈緒)が彼の話に惑わされる中、伏見と湊川(シシド・カフカ)は鳥羽の診療所で凶器を発見。その指紋が、KSBC内部のある人物と一致する。

最終話 2021年3月27日「今夜全ての事件の謎が明らかに!裏切り者の正体は?衝撃のラスト」 視聴率 8.1%
 小牧(松村北斗)の銃撃現場から逃走した伏見(亀梨和也)に、鳥羽(高嶋政伸)から連絡が入った。そして明かされる鳥羽の過去……。そこには伏見の婚約者・美保(小野ゆり子)の死との思いがけない関係が…!? 鳥羽の真意を探る鍵が、公にできない犯罪を記した“ブルーブラッドリスト”にあると確信した島原(松下奈緒)は、奥州(矢島健一)のPCからデータを盗み出すことに成功。


概要
亀梨和也主演で、「ボイス 110緊急指令室」(同系)を手掛けたチームがおくるサイバークライムサスペンス。監視カメラやNシステム、ネット解析・画像分析など日本国中から集まるビッグデータを駆使して犯罪捜査にあたる、実在の警察組織をモデルとした架空の組織・KSBC(神奈川県警捜査分析センター)を舞台に、亀梨演じる愛する人の命を奪われた元刑事の伏見響介と、彼によって集められた天才的な頭脳を持つ元犯罪者たちが、最新科学を駆使して凶悪犯を追い詰めていく。


ストーリー
監視カメラを駆使した最新鋭の監視システムによって犯罪捜査を行うべく、神奈川県警に新設された独自の特殊部隊・KSBC(神奈川県警捜査分析センター)。その統括責任者に就任した島原由梨(松下奈緒)は、捜査一課時代の後輩で今は職を離れている元刑事の伏見響介(亀梨和也)を呼び戻す。

伏見は民間捜査員としてプロファイリングを得意とする元大学教授・山崎辰二郎(木村祐一)、シングルマザーの元自衛隊員・湊川由美子(シシド・カフカ)、若き天才ハッカー・小牧要(松村北斗)といった個性あふれるメンバーを集めるが、彼らは全員、元犯罪者だった――。“監視の塔”を舞台に、伏見ら捜査官のリアルタイムでの犯罪者追跡が始まる。


キャスト
伏見響介(ふしみ きょうすけ)〈33〉
演 - 亀梨和也
本作の主人公。KSBCの特別捜査官。鋭い洞察力を持つ。
3年前まで神奈川県警の捜査一課刑事であったが、婚約者の美保が「青いコート」を着た人物に殺害されたことを契機に退職している。「元犯罪者」の山崎、湊川、小牧と浮気調査を生業とする探偵事務所を開業するが、捜査一課時代の先輩・島原からの特別捜査官への就任オファーを、探偵事務のメンバーもKSBCの特別捜査官へ登用することを条件に受諾する。

KSBC(神奈川県警捜査分析センター)
神奈川県警内に新設された科学捜査を行う部署。県警から出向した捜査官と民間から登用された特別捜査官で構成されている。

島原由梨(しまばら ゆり)〈35〉
演 - 松下奈緒
KSBCセンター長。
KSBCに集められた情報を元に現場部隊の捜査方針を決定する指揮官。有能であった伏見をKSBCの特別捜査官に登用する。塾講師の夫と二人暮らしで両親とは疎遠だが、年の離れた妹のはるかとは仲が良い。

長篠文香(ながしの ふみか)〈27〉
演 - 趣里
情報分析官。
サイバー犯罪対策課に所属していたが、自らKSBCに異動を願い出ている。

KSBC特別捜査官
伏見が開業した探偵事務所から登用された優秀な能力を有する人材。全員が逮捕歴がある「元犯罪者」。

山崎辰二郎(やまざき たつじろう)〈55〉
演 - 木村祐一
犯罪心理学の元国立大学教授。通称「辰さん」。
普段は飄々としているが、あらゆる犯罪のデータを記憶しており、犯人の行動を的確に予測する優秀なプロファイラー。ある理由から投資詐欺グループの犯罪に関わることとなり、グループの裏切りで逮捕された前科がある。将棋が趣味。

湊川由美子(みなとがわ ゆみこ)〈35〉
演 - シシド・カフカ
シングルマザーの元自衛隊員。優れた身体能力を持ち、格闘能力に秀でている。
高校卒業後に自衛隊に入隊し、そこで同僚と結婚し一人息子の敢太を儲けるが、夫からのDVがエスカレートし息子を守るために夫を殺害、伏見に逮捕されている。常に冷静沈着で無口であるが、被害者感情に敏感で思いやりがある。

小牧要(こまき かなめ)〈26〉
演 - 松村北斗(SixTONES)
若き天才ハッカー。
有名工科大学を主席で卒業後、大手IT企業に就職。会社員時代、ひそかに警備会社や銀行を軒並みハッキングし、防衛省のサーバーに5回目に侵入した際に発見され逮捕されている。KSBCでは淡々と仕事をこなしているように見えるが、内には正義感を秘めている。

KSBCの周辺人物
大塩はるか(おおしお はるか)〈21〉
演 - 橋ひかる
島原の妹。移動式コーヒーショップ「石’s kitchen」でアルバイトをしている。多忙な姉を心配している。

石津渉 (いしづ わたる)〈40〉
演 - 福澤重文
移動式コーヒーショップ「石’s kitchen」の店長。仕事熱心なはるかを優しく見守る。

湊川敢太 (みなとがわ かんた)〈8〉
演 - 森島律斗
湊川の一人息子。
湊川に「手作りのお守り」をプレゼントするなど、母親思い。湊川が捜査に出ている際は、祖母に預けられている。

伏見の関係者
結城美保 (ゆうき みほ)〈享年27〉
演 - 小野ゆり子
伏見の婚約者。3年前の冬、「青いコート」を着た何者かに刃物で襲われ、そのまま帰らぬ人となる。殺人犯は未だに捕まっておらず、「未解決事件」となっている。

神奈川県警
長久手智亮 (ながくて ともあき)〈42〉
演 - 川瀬陽太
捜査一課刑事。捜査一課時代の伏見の先輩。
「足で稼ぐ」捜査が信条のアナログ人間で科学捜査を行うKSBCに反感を抱いている。優秀な後輩であった伏見を疎ましく思っている。

姉川保(あねがわ たもつ)〈33〉
演 - 長田成哉
捜査一課刑事。階級は警部補。
最先端の科学捜査を行うKSBCと優秀な伏見に憧れを抱いている。

奥州寛治(おうしゅう ひろはる)〈52〉
演 - 矢島健一
刑事部長。
島原の能力を買いKSBCのセンター長に任命したが、伏見や「元犯罪者」を特別捜査官に登用したことに懸念を抱いている。

スタッフ
脚本 - 酒井雅秋、福田哲平、まなべゆきこ
演出 - 水野格、長沼誠
チーフプロデューサー - 池田健司
プロデューサー - 尾上貴洋、茂山佳則(AX-ON)
音楽 - カワイヒデヒロ
主題歌 -
制作協力 - AX-ON
製作著作 - 日本テレビ


番組公式サイト
レッドアイズ 監視捜査班 - Wikipedia

『レッドアイズ 監視捜査班 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月13日

君と世界が終わる日に TOP

『君と世界が終わる日に』(きみとせかいがおわるひに)は、日本テレビとHuluの共同制作で2021年1月17日から同年3月21日まで、毎週日曜22時30分 - 23時25分にSeason1が日本テレビ系列『日曜ドラマ』にて放送された、全10話。同年3月21日からSeason2がHuluで配信予定。全6話。主演は本作が日本テレビ系列の連続ドラマ初主演となる竹内涼真。


各話あらすじ 平均視聴率 7.77%
第1話 2021年1月17日「俺が絶対守る人間vsゾンビ!!命がけで挑む闘い」 視聴率 8.4%
 自動車整備工の響(竹内涼真)は、恋人で研修医の来美(中条あやみ)に求婚しようとしたその日、トンネル崩落事故に巻き込まれる。数日後、響が脱出すると街の状況は一変。生ける屍(しかばね)のような化け物に襲われてしまう。やがて同級生の警察官・等々力(笠松将)と上司・本郷(大谷亮平)、大学生の佳奈恵(飯豊まりえ)ら生き残りと遭遇した響は、絶望的な状況の中で来美を捜す。
 
第2話 2021年1月24日「絶対見捨てない仲間がゾンビに!?迫る決断の時!!」 視聴率 8.2%
 来美(中条あやみ)と無線でつながった響(竹内涼真)は、来美が口にした「春海交差点」へ向かう。一方、自衛隊のトラックに救助された来美は、医師のジアンが行う子どもの手術を手伝う。そんな中、宇和島(笹野高史)の様子に異変が。彼の扱いを巡り、響と等々力(笠松将)は対立するが、同行している引っ越しアルバイトのミンジュン(キム・ジェヒョン)がある事実を明かす。

第3話 2021年1月31日「裏切り者は誰!?生死を賭けた人質交換必ず救う!!」 視聴率 8.0%
 「横須賀駐屯地」を目前に突然の銃撃を受けた響(竹内涼真)らはその場から逃亡。研究者の首藤(滝藤賢一)やジアン(玄理)らが集まる同駐屯地内では、自衛官・桑田(浅香航大)が銃撃戦の報告書が書き換えられていることに気付き、不審に思う。そんな桑田に来美(中条あやみ)は、外部調査への同行を懇願。一方、疲弊した響らはたどり着いた複合施設で生き残りの若い女性と遭遇し…。

第4話 2021年2月7日「ついに会える!?引き裂かれた恋人たち反撃開始!!」 視聴率8.4%
 美亜(芳根京子)の裏切りで、生ける屍(しかばね)を‘ゴーレム’と呼ぶ坪井(小久保寿人)ら「刀集団」に捕まった響(竹内涼真)ら。発電機の修理で響だけが地下から連れ出される中、桑田(浅香航大)らと周辺を訪れた来美(中条あやみ)が刀集団に拉致され、それを知った首藤(滝藤賢一)はある指示を出す。地下では、響の助けを待つ佳奈恵(飯豊まりえ)に、等々力(笠松将)は響が裏切ると言い捨てる。

第5話 2021年2月14日「生き残るためにもう手段は選ばない!!ゆがむ正義」 視聴率 7.2%
 結月(横溝菜帆)の持病の薬を探しに向かった響(竹内涼真)とミンジュン(キム・ジェヒョン)は、‘ゴーレム’に襲われていた記者らを助ける。1人は妻子を捜しており、それは紹子(安藤玉恵)と結月のことだった。駐屯地では、突然現れた等々力(笠松将)の話に来美(中条あやみ)の様子が一変。一方、響らは訪れた病院でジアン(玄理)と遭遇する。同じ頃、夫と再会した紹子は…。

第6話 2021年2月21日「今夜真実が明らかに!!敵地に乗り込み見たものは」 視聴率 7.1%
 船で横須賀駐屯地を目指す響(竹内涼真)達は、流れ着いた小さな島で坪井(小久保寿人)らと再会する。駐屯地では、幹部を掌握する首藤(滝藤賢一)が司令官の牛込(神保悟志)と対立。特殊な遺伝子を持つ来美(中条あやみ)が、自責の念から首藤の研究に協力する一方で、響は島に住む男性から駐屯地に関する不気味な忠告を受ける。やがて、響は坪井らと共に駐屯地に乗り込むが…。

第7話 2021年2月28日「死なせない!!仲間のゾンビ化を止める最後の賭け」 視聴率 7.1%
 ‘ゴーレム’となった母に動揺する響(竹内涼真)は駐屯地に駆け付けた島の住人・御前崎(宇野祥平)の注射で意識を失う。響を捜す佳奈恵(飯豊まりえ)とミンジュン(キム・ジェヒョン)は勝利(田中奏生)と来美(中条あやみ)に遭遇し、もめた末に勝利とミンジュンが負傷。島で目覚めた響は、首藤(滝藤賢一)の元部下である御前崎から衝撃の事実を聞かされる。そこへジアン(玄理)が現れ…。

第8話 2021年3月7日「探し続けた恋人が敵に…!! 憎しみ募る残酷な再会」 視聴率 7.1%
 響(竹内涼真)はミンジュン(キム・ジェヒョン)の死に憤る甲本(マキタスポーツ)に冷静に態勢の強化を提案。その裏で自責の念に苦しんでいた。駐屯地には‘ゴーレム’が侵食。等々力(笠松将)は、首藤(滝藤賢一)の研究のためだけに生きる来美(中条あやみ)に胸を痛め、安全な場所として島の調査を願い出る。一方、紹子(安藤玉恵)は佳奈恵(飯豊まりえ)の響への思いに気付き、後押しする。

第9話 2021年3月14日「もう一度会いたい!!希望をつなぐ最後の人質交換」 視聴率 7.8%
 来美(中条あやみ)に弓を射てしまった響(竹内涼真)はがくぜんとする。意識がない来美が駐屯地へ運ばれる中、佳奈恵(飯豊まりえ)の話を聞き、敵視することに疑問を抱き始めた桑田(浅香航大)は独自に調査を開始。そのことで首藤(滝藤賢一)に追われ、島に逃げて来る。絶望を抱える響は駐屯地の状況を知り、拘束した等々力(笠松将)の元へ。そんな中、紹子(安藤玉恵)の容体が悪化する。

最終話 2021年3月21日「すべての謎が明らかに!!なぜゾンビは生まれた」 視聴率 8.4%
 響(竹内涼真)に銃を向け、決別する来美(中条あやみ)。首藤(滝藤賢一)の元に戻る来美の‘洗脳’ぶりを甲本(マキタスポーツ)が嘆く一方で、ラジオで港に集まるよう呼び掛けるシェルターの存在が明らかになり、一同は翌朝、港に向かうことを決めた。やがて、皆が寝静まった深夜。捨てきれない思いを抱く響は、等々力(笠松将)や桑田(浅香航大)と言葉を交わした後、1人で島を出る。


概要
トンネル滑落事故に巻き込まれた主人公が、“生ける屍”がさまよう変わり果てた街で、引き裂かれた恋人と再会するため生き延びるゾンビアクション。主人公で、終末世界を生き抜くたくましいサバイバー・間宮響を竹内涼真、その恋人・小笠原来美を中条あやみが演じる。脚本は濃密な人間ドラマに定評のある池田奈津子、演出は菅原伸太郎が務める。

日本テレビとHuluによる共同製作で、地上波でSeason1を完結させた後、HuluオリジナルとしてSeason2を配信。これまでの地上波連ドラの域を超えた圧倒的なクオリティーとスケールで、ゾンビサバイバル×ラブストーリー×ミステリーの三つの軸が絡み合う極限の人間ドラマを描く。


ストーリー
自動車整備工・間宮響(竹内涼真)は、高校時代からの恋人・小笠原来美(中条あやみ)と同棲中。しかし、ひそかにプロポーズの準備をしていたその日、不運にもトンネル滑落事故に巻き込まれ閉じ込められてしまう。

4日後、響が命からがらトンネルを脱出すると、世界は一変していた。大破した交通網。届かない電波。ラジオからは緊急避難指示が繰り返され、街中には血痕が。そして、誰もいない街をさまよう“生ける屍”。たった1人取り残されてしまった響は、来美を必死に捜すが、どこにも見当たらない。やがて響は街が警戒区域として封鎖されてしまったこと、そして、わずかに生き残った人々の存在に気付く。


キャスト(Season1)
間宮響(まみや ひびき)〈26〉
演 - 竹内涼真(16年前:小林未来)
本作の主人公。自動車整備工の青年。
16年前、母を病気で亡くした直後、父が失踪して周囲からは父に捨てられたと言われるが、父が言い残した「必ず帰ってくる」という言葉を信じ、今でも父の帰りを待っている。

医療品の入手のために侵入した横須賀駐屯地の敷地内で来美を目撃し、等々力に連れ去られる来美を追跡して、暗闇の通路内で一度は接触に成功するが、首藤に指示された自衛官たちに襲われ監禁されてしまう。その後、佳奈恵とミンジュンに救出されるも再び来美を探すために駐屯地内を彷徨い、亡くなったはずの母・琴子がゾンビ化しているのを目撃し、彼女の拘束を解き、それが切っ掛けでミンジュンが琴子に噛まれることになる。

ミンジュンがゾンビとなった響の母・琴子に噛まれゾンビ化し、彼の頭をナイフで刺して介錯することになるが、その遠因を作り出したミンジュンの足をナイフで刺した駐屯地の女性の話を甲本や佳奈恵から聞かされ、その女性が来美とは知らずにミンジュンの仇討のために復讐を誓う。(第7話)

小笠原来美(おがさわら くるみ)〈26〉
演 - 中条あやみ
研修2年目の研修医。響と同棲している。高校時代、響とはともに弓道部に所属していた。
首藤による精密検査で、ゴーレムウイルスを無力化する完璧な抗体を作ることが出来る100万人に1人の特殊な抵抗遺伝子が備わっていることが判明する。

等々力から響は死んだと聞かされ放心状態となり、負傷搬送されてきた自衛官の検診が散漫だったため、見落とした自衛官がゾンビになり、襲われた愛奈がゾンビ化したことを首藤に責められ、責任感から抗体を採取する人体サンプルになることを申し出る。

ゾンビ化し愛奈がテロリストの男に首元を刺され殺されたと彼の兄・勝利から聞かされ、そのテロリストとされる男が響とは知らず愛奈の仇討のために復讐を誓う。(第6話)

間宮家
間宮拓郎(まみや たくろう)
演 - 小市慢太郎
響の父。16年前、響の母が病死した直後「必ず帰ってくる」という言葉を言い残し失踪している。響が高校生の頃、富士山麓で遺留品が見つかったが依然として消息不明の状態。

間宮琴子(まみや ことこ)
演 - 臼田あさ美
響の母。16年前、首藤が主治医を務める病院で病死したはずが、横須賀駐屯地の首藤のラボにゾンビ化した状態で檻の中に閉じ込められていた。後に彼女の死が病死ではなく、首藤に遺伝子治療の違法な治験でウイルスベクターを投与されたことによるものであったことが御前崎により明かされる。(第6話・第7話)

駐屯地に響を連れ戻しに来たミンジュンにより頭をナイフで刺され絶命する。(第7話)

放浪グループ
崩壊したトンネルから脱出した響が避難場所までの移動を共にする生存者たち。

等々力比呂(とどろき ひろ)〈26〉
演 - 笠松将
警察官。機動捜査隊所属。階級は巡査部長。
響と来美の高校時代の同級生。本郷の部下。
ショッピングモールから逃走する際、負傷した隊員を搬送する自衛隊の一団を目撃し、上司の本郷を射殺された報復で弓矢を放ち撃ち殺し、放浪グループがテロリストと誤認される切っ掛けを作る。放浪グループで意見の対立する響と自分のどちらについていくかを問いかけたところ、全員が響に追随したため、ひとりになり孤立してしまう。その後、横須賀駐屯地に引き返し自衛官になりすまし来美に接触し、この駐屯地はおかしいので抜け出そうと誘うが、来美から響の消息を尋ねられると響は死んでしまったとウソをつく。(第5話)

駐屯地に侵入した不審者として自衛隊に拘束されていたが、来美が響の生存を知ると面倒なことになるため、首藤から半ば強制的に来美を監視する役目を言い渡される。(第7話)

柊木佳奈恵(ひいらぎ かなえ)〈21〉
演 - 飯豊まりえ
大学3年生。人に心を閉ざすところがあったが、ゾンビたちから逃げ延びるため放浪グループでともに協力し合う生活を送ったことで心を開くようになり、特に危険を顧みず放浪グループのために全力を尽くす響を信頼し、響に好意を抱くようになる。

志願してミンジュンと駐屯地に取り残された響の救出に向かうが、テロリストと誤認した来美がミンジュンの右太ももをナイフで刺したことが切っ掛けでゾンビ化してしまったため、猿ノ島に帰還後、甲本や響にその女性のせいでミンジュンがゾンビ化したと告げ、響が恋人の来美と知らずミンジュンの仇討の相手とみなす原因を作る。(第7話)

本郷大樹(ほんごう だいき)〈35〉
演 - 大谷亮平
警察官。機動捜査隊所属。階級は警部補。
市民の安全を守る警官として職務を全うしようとする正義漢。避難場所とされていた横須賀駐屯地のゲート前に到着するが、自衛隊から左胸を狙撃され死亡する。(第2話)

宇和島雅臣(うわじま まさおみ)〈68〉
演 - 笹野高史
小説家。右前腕をゴーレムに噛まれ徐々にゴーレム化が進行したため、両手を等々力に拘束されて見捨てられそうになり、響が責任をもって保護し一緒に避難することを主張するが、一時避難していた建物をゾンビの集団に襲撃された際に外側からゲートを施錠して残りの生存者を逃がし、自身はゴーレムに襲われ死亡する。(第2話)

甲本洋平(こうもと ようへい)〈46〉
演 - マキタスポーツ
引越し業者。普段は上司としてミンジュンに威張った態度を取っているが、響を助けるためにゾンビ化した響の母・琴子にミンジュンが噛まれてしまった際は、彼のことを心から心配し、遠因を作った響を責め立てる。(第7話)

三原紹子(みはら しょうこ)〈40〉
演 - 安藤玉恵
介護士。結月の母。
1年前にDVが原因で離婚した狛江が封鎖区域の外から追いかけてきたため怯えるが、結月が母を守るためにゾンビに襲わせ殺そうとしたので、娘の罪を被り、自分が狛江をゾンビに襲わせ殺そうとしたとウソをつく。(第5話)

三原結月(みはら ゆづき)〈10〉
演 - 横溝菜帆
小学生。紹子の娘。喘息の持病があり、定期的に薬を摂取する必要がある。
母にDVを働いていた狛江を憎んでおり、母を守るため狛江に遊ぼうと血の付いた船に誘い出し、ゾンビに襲わせ殺そうとした。父親を殺す凶行を響たちに咎められるが、これまで生き延びるために響たちがやってきたことと同じで何がいけないのかと反論され、誰も言い返すことができず全員が口を閉ざしてしまう。(第5話)

吾妻伸二(あづま しんじ)〈36〉
演 - 鈴之助
バイク便のライダー。避難の途中でゴーレム化して結月を襲撃しようとしたため、響が放った弓矢で頭を撃ち抜かれる。(第1話)

ユン・ミンジュン〈24〉
演 - キム・ジェヒョン
韓国人の青年。ジアンの弟。引っ越し屋のアルバイトで、甲本の部下。
医療品を探しに来た病院でジアンと再会するが、首藤の研究に邪魔な存在として姉と対立することになる。(第6話)

日本で初めてできた友人である響を救出するため再度駐屯地に侵入するが、その際テロリストと見做した来美からナイフで右太腿を刺される。負傷したため逃走するが、足から滴る血に誘い出されたゾンビ化した響の母・琴子が佳奈恵を襲ってきたため琴子の頭をナイフで刺して殺し、相討ちで左手首を噛まれてしまう。猿ノ島に帰還後、響に彼の母・琴子を殺してしまった事を懺悔する。響がジアンの協力で駐屯地から桑田一尉に腹部を銃撃されながらもゴーレムウイルスの治療薬を入手して投与されるが、不完全な治療薬であったためゴーレム化を止めることが出来ず、最後は響に介錯され頭をナイフで刺されて息を引き取る。(第7話)

狛江聡(こまえ さとし)
演 - 長谷川朝晴(第5話)
記者。三原紹子の夫。封鎖区域の外から妻子を探すため封鎖区域に侵入してきた。
ゾンビに囲まれていたところを結月の喘息の薬を探していた響たちに発見、救出され、放浪グループに合流し紹子、結月と再会する。実は紹子とはDVが原因で1年前に離婚しており、嫉妬深さから紹子、結月の行方を捜していた。ゾンビから守ってくれた響になびいていると嫉妬し紹子に暴力をふるったので、母を守るため結月が狛江に遊ぼうと血の付いた船に誘い出し、ゾンビに噛まれ殺されそうになる。響達と封鎖区域外に脱出することを望んでいたが、ゴーレムへの変化が始まっており、響は放浪グループには「ゾンビになってしまった」とだけ触れたが、避難していた船内で響によって首を絞められ息の根を止められている。(第5話)

小池(こいけ)
演 - 井上依吏子(第5話)
狛江と共に封鎖区域の外から封鎖区域内の様子を取材するために侵入してきた記者。ゾンビに囲まれていたところを響たちに救出されるが、程なく再びゴーレムに襲われて噛みつかれてしまう。(第5話)

駐屯地グループ
避難場所の一つとなった横須賀駐屯地を拠点とする生存者たち。

首藤公貴(しゅとう こうき)〈46〉
演 - 滝藤賢一
人間をゾンビ化するゴーレムウイルスの研究者。政府からの特命で横須賀駐屯地に駐留している。
16年前、響の母が入院していた病院の主治医であったが、その正体は遺伝子治療のためにゴーレムウイルスを開発した張本人であった。

来美が等々力から響は死んだと聞かされ放心状態となり、負傷搬送されてきた自衛官の検診が散漫だったため、見落とした自衛官がゾンビとなり愛奈を襲いゾンビ化してしまったことを責めたて、来美が抗体を採取する人体サンプルに申し出る状況に誘導する。

牛込浩二郎(うしごめ こうじろう)〈55〉
演 - 神保悟志
自衛官。一等陸佐。横須賀駐屯・自衛隊のトップ。ワクチン開発を理由に指揮系統に横槍を入れる首藤のことを疎ましく思う。

日増しに環境が悪化する駐屯地から避難者全員を輸送し、自衛隊を撤退させることを幹部たちに主張するが、ワクチン開発の件で首藤に半ば洗脳されてしまった幹部たちから反対されてしまう。その後、駐屯地内で謎の失踪を遂げ、地下通路の奥にあった施設内でゴーレム化した姿で等々力に発見される。(第6話)

桑田陸斗(くわた りくと)〈28〉
演 - 浅香航大
自衛官。一等陸尉。横須賀駐屯地・中隊長。
職務に忠実であるが、首藤がテロリストという共通の敵を作り、みんなの不安を煽っているのではないかと疑問を抱くようになる。(第7話)

沢健太郎(さわ けんたろう)
演 - 堀家一希
自衛官。三等陸尉。桑田の部下。忠誠心の厚い、桑田の相棒。
海野を等々力に弓矢で殺されたことから、テロリストと見なした刀集団や放浪グループの生存者たちを憎悪し隊の命令を無視して復讐しようとしている。

海野航(うみの わたる)〈18〉
演 - 坪根悠仁
新人自衛官。ショッピングモールのゾンビからの抗体採取、刀集団の殲滅の任務に就くが、負傷したため仲間の自衛官に搬送されていたところを、上官の本郷を射殺された恨みを持つ等々力から復讐として、背後から弓矢を放たれ殺害される。(第4話)

三角(みすみ)
演 - 金井勇太
自衛官。二等陸佐。警察官の本郷をテロリストと言った首藤の証言を信じ、本郷射殺の報告書を書き換えたが、その証拠となる映像を首藤が盗んでいたことから不審に思い首藤を問い詰めようとするが、首藤からコーヒーに毒を盛られて殺害される。(第4話)

ジアン〈31〉
演 - 玄理
日韓新興感染症対策機構の研究者。ミンジュンの姉。横須賀駐屯地で研究に尽力。冷静沈着。
弟のミンジュンが響の母・琴子に噛まれゾンビになる恐れが出た際は響を巻き込み芝居を打ち、治験者から採取してつくった治療薬を響に入手させ、ミンジュンを救おうとする。(第7話)

葛島俊(かつしま しゅん)〈26〉
演 - 八木拓海
研究員。ジアンの部下。横須賀駐屯地で研究に尽力。

橘勝利(たちばな しょうり)〈15〉
演 - 田中奏生
避難所で来美が出会った兄妹の兄。避難中にゾンビの襲撃を受けトラックから外に投げ出された際に木の杭が右胸に刺さる重傷を負うが、ジアンと来美の緊急オペで一命を取り留める。(第3話)

妹がゴーレム化したのは来美のせいだと彼女を責めるが、父母にいつ会えるか尋ねる愛奈に苛立ってしまい、「一人で縄跳びでもしてろ」と言ったばかりに妹がゴーレムに襲われてしまったことが一番の原因であると悔やんでいたところ、医療品を入手するために駐屯地に侵入した響がナイフで愛奈の首元を刺して殺害したことから、響をテロリストと見なし響への復讐を誓う。(第6話・第7話)

橘愛奈(たちばな まな)〈8〉
演 - 新津ちせ
避難所で来美が出会った兄妹の妹。来美を母親のように慕う。
来美が等々力から響は死んだと聞かされ放心状態となり、負傷搬送されてきた自衛官の検診が散漫だったため、見落とした自衛官がゴーレムとなり襲撃された為、ゴーレム化してしまう。(第5話)
医療品を入手するために駐屯地に侵入した佳奈恵を襲ったため、響にナイフで首元を刺され絶命する。(第6話)

刀集団
ゴーレムウイルスが蔓延する以前に感染した疑いで横須賀市内の研究所に隔離され、隠蔽のため避難指示後も閉じ込められていた集団。研究所から抜け出しショッピングモールに潜伏していたが、現在は猿ノ島に移動している。

中越美亜(なかごし みあ)〈22〉
演 - 芳根京子
有名女優。響たちがショッピングモールまで辿り着いた際にナイフで襲いかかるが、ゾンビ化した彼氏が同施設内にいるために離れられず、仕方なく刀集団の命令に従って襲いかかったので仲間に入れてほしいと響たちに願い出る。しかし、その説明は響たちに近づいて内情を探るための嘘であり、坪井に人質に取られた佳奈恵と銃器を交換する場に結月を人質にして現れ、隠し持っていた銃器で佳奈恵を奪還しようとしていた響たちに銃器を差し出すよう要求する。(第3話)

刀集団をテロリスト集団とみなしていた自衛隊がショッピングモールに突入するが、ゾンビ化した彼氏がいることは本当で、彼を見捨て自衛隊に投降することも逃げ出すこともできず、ゴーレム化した彼氏を抱き締め、彼氏に噛まれて自身もゴーレム化する道を選ぶ。彼氏と共に残ることを決意した直前に出会った響にゾンビが火と熱に弱いことを教えている。(第4話)

坪井(つぼい)〈30〉
演 - 小久保寿人
武装でゾンビを撃退しながらショッピングモールに潜伏している刀集団のリーダー。佳奈恵を人質に取る。(第3話)
地元の有力者の子息で周りから忖度されていたが、ゴーレムウイルスに感染した疑いで隔離されると、これまで忖度していた人たちから見捨てられ人間不信に陥る。一方でいつ裏切るか分からないとうそぶきつつも同じように隔離された人たちからは以前のように「坊ちゃん」と慕われたことから、リーダーシップを発揮し彼らを守っていた。しかし、自衛隊からテロリスト集団とみなされていたことで襲撃を受け、大半が殲滅されてしまう。(第4話)

横須賀駐屯地へボートを使い海路で行きつこうとしたが難破・漂流し猿ノ島に辿り着いた響たち放浪グループよりも先に猿ノ島に到着しており、医療品の入手という共通の目的で利害が一致したため、放浪グループと共闘して横須賀駐屯地に海路で侵入するが、日暮れの撤収時間を過ぎても戻ってこない響を残して猿ノ島に引き返す。(第6話)

ハル〈29〉
演 - 田中道子
刀集団のメンバー。人質に取った佳奈恵の束ねた後ろ髪を刀で切断し、「次は首をはねる」と響たちを脅迫する。(第3話)

さくら
演 - 鈴木咲
刀集団に保護されている少女。刀集団から逃走を図る響が落とした来美への婚約指輪を拾い、後にその指輪を来美に渡したことで、来美は響が近くに居たことを知る。(第4話)

筧(かけい)
演 - 諏訪太郎
刀集団に保護されている高齢男性。負傷していた左足を来美に応急処置してもらう。ゴーレムウイルスに感染した疑いで隔離された集団の一員で避難指示後も閉じ込められ存在を隠蔽されようとしていたが、坪井がゾンビの襲撃を防ぎながらショッピングモールへ避難させてくれたので、彼に感謝をしている。(第4話)

坪井の主導のもと猿ノ島まで辿り着いたが、負傷した左足を更に悪化させており、その事が坪井が放浪グループと共闘し、横須賀駐屯地に医療品を入手するために侵入することを決意させる。(第6話)

猿ノ島グループ
観光に使われていた無人島。

御前崎(おまえさき)
演 - 宇野祥平
猿ノ島に刀集団が流れ着く以前から生活していた医師。猿ノ島に流れつき喘息で苦しむ結月に漢方を処方し治療にあたる。日韓新興感染症対策機構で首藤の部下だった研究者で、ゴーレムウイルスの研究に取り憑かれ常軌を逸した研究を進める首藤を危険視している。(第6話)

ミンジュンと佳奈恵が駐屯地に取り残された響を救出するのに同行し、響を発見して鎮静剤を注射して猿ノ島に連れ帰り、響の母・琴子が首藤によって遺伝子治療の名目で違法な治験でウイルスベクターを投与されゴーレム化した最初の犠牲者であったことを告げる。(第7話)

スタッフ
脚本 - 池田奈津子
演出 - 菅原伸太郎、中茎強、久保田充
特殊メイク造型ディレクター - 石野大雅
感染症監修 - 上昌広、真下知士
音楽 - Slavomir Kowalewski、A-bee
主題歌 - 菅田将暉「星を仰ぐ」(Epic Records Japan)
挿入歌 - 安田レイ「Not the End」(SME Records)
自衛隊監修 - 越康広
自衛隊指導 - 長谷部浩幸
弓道指導 - 弓馬術礼法小笠原流
劇中料理 - 赤堀博美
レシピ監修 - 鳥羽周作
VFX - Spade&Co.(スペード・アンド・カンパニー)
アクション監督 - 柴原孝典
ガンエフェクト - 早川光
カースタント - タカハシレーシング
チーフプロデューサー - 加藤正俊、茶ノ前香
プロデューサー - 鈴木亜希乃、鬼頭直孝、伊藤裕史
協力プロデューサー - 白石香織
制作 - 福士睦、長澤一史
制作協力 - 日テレアックスオン
制作著作 - 日本テレビ、HJ Holdings,Inc


番組公式サイト
君と世界が終わる日に - Wikipedia

『君と世界が終わる日に TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
50音検索