2020年03月31日

2020年冬ドラマ(1-3月)

20:00 21:00 22:00 23:00 24:00
CX 全11話
20/1/6〜3/16
絶対零度
〜未然犯罪潜入捜査〜
Season4
TX 全7話
20/1/20〜3/9
病院の治しかた
〜ドクター有原の挑戦〜
CX 全8話
20/1/13〜3/2
ブスの瞳に
恋してる2019


NTV
20/1/20〜
やめるときも、
すこやかなるときも

  CX 全10話
20/1/14〜3/17
10の秘密
TBS 全10話
20/1/14〜3/17
恋はつづくよどこまでも
TBS 全7話
20/1/7〜2/18
SEDAI WARS

TBS
20/2/15〜
死にたい夜に
かぎって
EX 全20話
19/10/9〜3/18
相棒 season18
NTV 全10話
20/1/8〜3/11
知らなくていいコト
TX 全11話
20/1/8〜3/18
僕はどこから

NTV 全10話
20/1/15〜3/19
DASADA

TX 全12話
20/1/8〜3/25
来世では
ちゃんとします
EX 全34話
19/4/18〜3/19
科捜研の女
第19シリーズ
EX 全9話
20/1/16〜3/12
ケイジとケンジ
所轄と地検の24時

CX 全11話
20/1/9〜3/19
アライブ
がん専門医のカルテ
NTV 全10話
20/1/9〜3/12
ランチ合コン探偵
〜恋とグルメと
謎解きと〜
TX 全12話
20/1/9〜3/26
ゆるキャン△

CX 全5話
20/1/16〜2/13
ペンション・
恋は桃色
TX 全7話
20/1/24〜3/6
駐在刑事
Season2
NHK 全7話
20/1/24〜3/6
ハムラアキラ
〜世界で最も不運な探偵〜


TBS 全10話
20/1/17〜3/20
病室で念仏を
唱えないでください
EX 全7話
20/1/24〜3/6
女子高生の無駄づかい
TX 全12話
20/1/10〜3/27
コタキ兄弟と
四苦八苦

TX
20/1/24〜
絶メシロード
NHK 全4話
20/1/18〜2/8
心の傷を癒すということ
NTV 全10話
20/1/11〜3/14
トップナイフ
-天才脳外科医の条件-
EX 全7話
20/2/1〜3/14
アリバイ崩し承ります
NHK 全8話
20/2/1〜3/21
伝説のお母さん

CX 全8話
19/12/1〜1/25
悪魔の弁護人・
御子柴礼司
〜贖罪の奏鳴曲〜


CX 全8話
20/2/1〜3/21
パパがも一度恋をした
EX 全10話
20/1/18〜3/21
この男は
人生最大の過ちです
TBS 全10話
20/1/19〜3/22
テセウスの船
NTV 全10話
20/1/12〜3/15
シロでもクロでもない
世界で、パンダは笑う。
20:00 21:00 22:00 23:00 24:00
2018年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2018年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2018年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2018年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2018年4-6月期ドラマ 視聴率一覧 2018年1-3月期ドラマ 視聴率一覧
2017年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2017年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2017年4-6月期ドラマ 視聴率一覧 2017年1-3月期ドラマ 視聴率一覧
2016年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2016年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2016年4-6月期ドラマ 視聴率一覧 2016年1-3月期ドラマ 視聴率一覧
2015年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2015年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2015年4-6月期ドラマ 視聴率一覧 2015年1-3月期ドラマ 視聴率一覧

『2020年冬ドラマ(1-3月)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月19日

死にたい夜にかぎって TOP

『死にたい夜にかぎって』は、2020年12月25日から同年3月31日まで、深夜ドラマ枠「ドラマイズム」(毎週火曜 25:28〜25:58)で、毎日放送制作によりTBSをはじめとする同系列の一部において放送された。全6話。主演は賀来賢人。


各話あらすじ(020年2月26日 - 4月1日)全6話
第1話 2020年2月25日
 高校で1番かわいい女の子にあることを言われ、その日を境にうまく笑えなくなった浩史。大人になった浩史(賀来賢人)は、音楽系のチャットルームでアスカ(山本舞香)と会話をするのが日々の楽しみとなっていた。そんなある日、話の流れからアスカと直接会うことになる。
 
第2話 2020年3月3日
 アスカ(山本舞香)のために、浩史(賀来賢人)は安月給のアルバイトを辞め、ライター見習いとして編集社へ転職する。仕事にも慣れて同棲生活も落ち着いてきたある日、ご飯に手を付けないアスカを心配した浩史は、アスカを病院へ連れて行く。 

第3話 2020年3月10日
 深夜にアスカ(山本舞香)から浮気相手に送るはずのメールが間違って届いた浩史(賀来賢人)は、おあいこだと割り切るため風俗通いを続けていた。そんな中、編集部の部下・岡田(小西桜子)から浩史は‘猛アタック’を受ける。

第4話 2020年3月17日
 浩史(賀来賢人)がアスカ(山本舞香)との生活にマンネリを感じ始めていた時、アスカが営業の押しに負けて新聞を契約してしまったと打ち明ける。ある朝、浩史は新聞が投函される瞬間に引き抜くイタズラを仕掛ける。突然のことに驚く配達員・紺野(堀田真由)に謝る浩史だったが…。

第5話 2020年3月24日
 作曲活動に精を出すアスカ(山本舞香)に、曲が仕上がるたびに感想を求められる浩史(賀来賢人)は、アスカを褒めながらも全く理解できずにいた。ラッパーの部下達にも誰一人として彼女の曲を褒める者はおらず、思っていることを伝えるべきだと部下に強く促された浩史は、アスカに正直な気持ちをぶつける。

最終話 2020年3月31日
 2011年3月11日、浩史(賀来賢人)とアスカ(山本舞香)を巨大地震が襲う。1回目の揺れに耐えたアスカだったが、2回目の揺れでアスカの心は再び壊れてしまう。そして、浩史も閉所恐怖症を再発。1人でこの恐怖に勝つしかないと、浩史はトイレに駆け込み自分をなだめるが、逆にアスカを1人にしてしまい…。


概要
WEBサイト「日刊SPA!」の連載エッセーから恋愛エピソードを中心に再構築した爪切男の同名小説を原作に、賀来賢人の主演で実写ドラマ化。幼くして母に捨てられた男・小野浩史(賀来)が、さまざまな女性たちとの出会いを通じて少しずつ笑顔を取り戻していく姿を描く、もの悲しくもユーモアあふれる物語。


ストーリー
「君の笑った顔、虫の裏側に似てるよね。カナブンとかの裏側みたい」。高校で1番かわいい女の子にそう言われた小野浩史(賀来賢人)は、その日を境にうまく笑えなくなる。母には幼くして捨てられ、初恋の相手は自転車泥棒と、女性にさまざまなトラウマを抱えた浩史。そんな浩史が橋本アスカと出会ったのは、音楽系のチャットルームだった。

アスカがチャットルームに入室してくるたびに、浩史の気持ちは高揚する。そして、初めてアスカと直接会えた時に、アスカが変態に“唾”を売って生活している女性だと知る。その日から、浩史にとって人生最愛の彼女との、最高で最低の6年間が始まる。


キャスト
小野浩史 - 賀来賢人(少年期・青木柚)
幼くして母に捨てられ、父の鉄拳制裁を受けながら育つ。女性に憧れが強いものの、全くモテず、振り回されてばかりいる。25歳の時に人生最愛の女性・アスカと出会う。渋谷にあるラッパーしかいない編集社で働いている。

橋本アスカ - 山本舞香

編集部
黒田 - 戸塚純貴
岡田さん - 小西桜子
レブロン - 今井隆文
CRAZY舌 - 櫻井健人
社長 - Mummy-D

主人公の少年期
浩史の父 - 光石研
山村さん - 玉城ティナ
吉野さん - 中村里帆

スタッフ
原作 - 爪切男『死にたい夜にかぎって』(扶桑社)
監督 - 村尾嘉昭、坂上卓哉
脚本 - 加藤拓也
音楽 - 遠藤浩二
チーフプロデューサー - 浅野由香、丸山博雄
プロデューサー - 松本桂子、尹楊会、遠藤里紗
制作 - TBSスパークル
製作 - カルチュア・エンタテインメント、毎日放送

主題歌:7/ましのみ


番組公式サイト

『死にたい夜にかぎって TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

テセウスの船 TOP

『テセウスの船』(テセウスのふね)は、2020年1月19日から同年3月22日まで、TBS系「日曜劇場」枠(毎週日曜 21:00〜21:54)で放送された。全10話。主演は竹内涼真。


各話あらすじ(2020年1月19日 - 3月22日)全10話 平均視聴率 13.31%
第1話 2020年1月19日「平成元年に殺人犯になった父!タイムスリップした息子が真実に迫る!父子の奇跡!」 初回25分拡大(21:00 - 22:19)
 1989年、宮城の小学校で無差別毒殺事件が起き、警察官の文吾(鈴木亮平)が逮捕された。2019年、世間から隠れて生きる文吾の息子・心(竹内涼真)は、妻・由紀(上野樹里)の言葉で父親と向き合うことを決意する。事件のあった小学校の跡地を訪れた心は、突然真っ白な霧に包まれて気を失い、事件が起きる直前の1989年にタイムスリップ。そこで、心は当時の文吾と出会う。

第2話 2020年1月26日「真犯人あらわる!引き裂かれる親子の絆」 ※第2話15分拡大(21:00 - 22:09)
 文吾(鈴木亮平)の無実を信じる心(竹内涼真)は事件を防ぐべく、現場となる「音臼小学校」の臨時教員に。続いて、文吾と共に、数日後に死亡するはずの目が不自由な独居老人・田中(仲本工事)の家へ向かう。そこには心を泥棒だと敵視する新聞配達員・長谷川(竜星涼)がいて、心に村から出て行けと言い放つ。一方で心は、田中の家にあるノートに描かれた不気味な絵に気付く。

第3話 2020年2月2日「父さんは殺人犯になります…決死の告白!涙の別れ…」
 長谷川(竜星涼)が死亡。公務執行妨害で刑事・金丸(ユースケ・サンタマリア)らに追われた心(竹内涼真)は拘束直前、未来を記したノートと免許証を谷底に投げ捨てる。金丸の厳しい取り調べに疲弊する心だが、翌朝なぜか釈放に。文吾(鈴木亮平)ら佐野家に温かく迎えられ、胸が詰まる。翌日、駐在所に免許証だけが届いた。心はノートが拾われた可能性にがくぜんとする。

第4話 2020年2月9日「変わり果てた未来…死んだはずの妻と再会運命の行方」
 突然、濃い霧に包まれてタイムスリップし、2020年の現代に戻ってしまった心(竹内涼真)。事態の悪化を知り打ちひしがれながらも、拘置所に収監されている文吾(鈴木亮平)との面会を果たす。年老いた文吾は、娘・鈴(貫地谷しほり)が面会に訪れたことを心に伝える。そして、その時に聞いたと言って、鈴が現在暮らしている住所を心に教える。心は姉の鈴に会いに行く。

第5話 2020年2月16日「無罪の証言者現る!最後の希望…まさかの裏切りに涙」
 心(竹内涼真)は変わってしまった現代で、由紀(上野樹里)が記者になり、姉の鈴が藍(貫地谷しほり)と名乗り別人として生きていることを知る。義母・さつき(麻生祐未)の言動に藍が動揺する中、文吾(鈴木亮平)の事件について証言するという女性が現れた。心は喜び、由紀と共に文吾の面会に向かう。ところがその後、女性が証言の約束をなかったことにしてほしいと言い…。

第6話 2020年2月23日「真犯人からの招待状命がけの対決!犯人はお前か…!?」
 心(竹内涼真)が倒れた藍(貫地谷しほり)を心配する中、事件の真犯人を知る紀子(芦名星)が死亡。紀子の家にいたさつき(麻生祐未)も病院に運ばれた。心は由紀(上野樹里)にさつきがいる病院を調べてもらい、事件の真相を聞き出そうとする。その後、心はみきお(安藤政信)から電話を受け、由紀と共に彼の案内でさつきのマンションへ。そこで、不気味な絵を発見する。

第7話 2020年3月1日「真犯人からの招待状命がけの対決!犯人はお前か…!?」
 事件前に再びタイムスリップした心(竹内涼真)は、文吾(鈴木亮平)と共にこの時代のみきお(柴崎楓雅)を捜す。さつき(麻生祐未)によると、彼は「知り合いの家に行く」と言って姿を消したという。心と文吾はみきおの家へ。そこで、心はみきおの話を記録したレコーダーがないことに気付く。一方、文吾はフロッピーディスクを発見。そこにはみきおからのメッセージが…。

第8話 2020年3月8日「ついに黒幕が登場!!全て俺のせいだった!?絶望の父子」
 心(竹内涼真)と文吾(鈴木亮平)は小学校の放送室でみきお(柴崎楓雅)と向き合い、学校の外へ連れ出そうとするも、みきおが突然泣き出す。駆け付けたさつき(麻生祐未)らにとがめられた心と文吾は、みきおが何もしないよう見張ることしかできない。そんな中、お楽しみ会で児童に振る舞われる鍋にみきおが毒を入れた可能性が浮上。一方、別の場所で新たな事件が起きる。

第9話 2020年3月15日「黒幕の最終計画…!父は殺人犯!?試される家族の絆!」
 心(竹内涼真)は、みきお(柴崎楓雅)から呼び出しを受けた文吾(鈴木亮平)を追って、山奥の小屋へと向かう。だがそこに文吾の姿はなく、置き去りにされたパトカーの後部座席には意識を失ったみきおが横たわっていた。やがて、行方不明の文吾にみきおの殺人未遂容疑が掛かる。さらに、事件を知ったマスコミが佐野家に殺到し、対応に追われる和子(榮倉奈々)達は疲弊していく。

最終話 2020年3月22日「黒幕の正体は誰だ!?父が連続殺人犯に…!?家族を待ち受ける未来衝撃のラスト16分!!」
 文吾(鈴木亮平)が連続殺人容疑で警察に連行された。心(竹内涼真)は文吾の潔白を証明するため、みきお(柴崎楓雅)から真犯人を聞き出そうと病院へと駆け付けるが、さつき(麻生祐未)に追い返されてしまう。そんな中、心は疲弊した和子(榮倉奈々)と共に文吾の面会へ。心は文吾に、必ず犯人を突き止めると誓うが、険しい表情の文吾は、心や和子と目を合わせようとせず…。

各話視聴率


※初回・最終話は25分拡大(21:00 - 22:19)
※第2話15分拡大(21:00 - 22:09)


原作概要
『テセウスの船』(テセウスのふね)は、漫画家・東元俊哉によ漫画。講談社発行の漫画雑誌『モーニング』にて、2017年30号から2019年30号まで連載。


ドラマ概要
東元俊哉のミステリー漫画を竹内涼真主演でドラマ化。父が逮捕される直前の平成元年にタイムスリップして、殺人事件の真相を追う主人公・田村心を竹内が演じる。

心の両親役で、鈴木亮平と榮倉奈々が出演。鈴木はNHK大河ドラマ「西郷どん」以来のドラマ出演となる。

榮倉は34歳と65歳の和子を1人で演じるほか、現在26歳の竹内と36歳の鈴木は、実年齢10歳差で父子役に挑戦。また、心を支える最愛の妻・由紀役で上野樹里が特別出演する。

加害者家族としてつらい人生を送ってきた心が、タイムスリップしたことで本当に父が殺人犯なのか疑問を抱き、過去を変えようと立ち向かう姿を描く壮大なミステリー大作。


ストーリー
生まれる前に父が殺人犯として逮捕された田村心(竹内涼真)は、母と姉兄と共に、加害者家族として世間からの厳しい視線を浴び、暗闇の中を生きてきた。心はそんな自分を受け入れ、いつも励まし支えてくれる妻・由紀(上野樹里)から、ある日、「自分の父親を信じてみて」と言われ、父と向き合う決意をする。

父が逮捕された事件の現場となった村を訪れた心だったが、そこで突然、事件直前の平成元年にタイムスリップしてしまう。そして心は、生まれて初めて父・佐野文吾(鈴木亮平)と、31年前の母・和子(榮倉奈々)に出会い、温かく笑顔あふれる家族の姿を目にする。


キャスト
田村心(たむら しん)〈30〉
演 - 竹内涼真(幼少期:高木波瑠)
佐野文吾の息子。1989年4月26日生まれ。武蔵野市中町5-5-6-306在住。教員免許を取るが、殺人犯の息子ということで教師になることは諦めている。

妻の由紀が死んだ後、音臼小学校の跡地を訪れるが、突然濃い霧に包まれ1989年1月7日にタイムスリップする。

たどり着いた1989年で文吾が本当に殺人犯なのかを調べるため、由紀の作成したノートを元に文吾に張りついて音臼小無差別殺人事件を止める決意をする。そして文吾が命の危険を冒してまで三島明音を助けようとしているのを見て、文吾は殺人犯ではないと確信する。

1989年の文吾や和子からは「心さん」と呼ばれている。文吾が身元保証人になり音臼小学校の臨時教員になる。

崖から捨てたノートを犯人に拾われたため、文吾にこれから起こる音臼小無差別殺人事件のこと、文吾が殺人犯として逮捕されること、心が文吾の息子だということを打ち明けるが、取り乱した文吾に駐在所を追い出される。音臼神社で文吾と和解するが、濃い霧に包まれ現代に戻ってしまう。

2020年(現代)
主人公の親族
田村和子(たむら かずこ)
演 - 榮倉奈々
心の母。夫の佐野文吾が逮捕されてからは笑顔はなく、子供たちに、他人の前で笑ったり泣いたりしちゃいけないと話している。
心がタイムスリップから戻った現代では、心が過去を変えた影響で和子は心を出産後に一家心中を図り死亡している。

村田藍(むらた あい) / 田村鈴(たむら すず)
演 - 貫地谷しほり(高校生:御守花凛)
心の姉。小学5年生のとき、音臼神社の階段から転落し長時間雪に埋もれたせいで頬に凍傷の痕が残っていたが、タイムスリップした心が過去を変えた影響で痕がなくなっている。現在は顔を整形していて、上記の偽名を使用している。内縁の夫は音臼小学校の同級生だった加藤みきお(現・木村みきお)。夫と義母は自身が佐野鈴だということは知らないと本人は思っていた。

田村慎吾(たむら しんご)
演 - 澤部佑(中学生:田澤泰粋
心の兄。心がタイムスリップから戻った現代では、心が過去を変えた影響で和子と共に死亡している。

田村由紀(たむら ゆき)
演 - 上野樹里(特別出演)
心の妻。旧姓:岸田。心の過去をすべて承知の上で両親の反対を押し切り結婚する。ミルクティーが好物。

心に自身が作成したノートを見せ、音臼小無差別殺人事件の話をしている最中に産気づき、病院で娘の「未来」を産むが、妊娠中毒症で死亡する。

心がタイムスリップから戻った現代では、心が過去を変えた影響で生存している。但し独身のため姓は「岸田」で心とは面識もなく娘の「未来」も存在しない。週刊実像の記者をしていて、音臼小無差別殺人事件の記事を書いている。

由紀に会いに来た心に対し記者として接する。後日、心から「音臼小事件被害者の集い」のことを聞かれ、文吾の冤罪を証明しようとする心の姿を見て日時と場所を教える。由紀も当日「音臼小事件被害者の集い」に行くが、会場に入れず被害者遺族に冤罪の証拠がほしいと言えないでいる心の代わりに壇上に立ち訴える。

岸田聡(きしだ さとし)
演 - 津村和幸(第1話)
由紀の父。由紀が死んだのは心と結婚したせいだと思っている。

佐野文吾(さの ぶんご)
演 - 鈴木亮平
宮城拘置支所の死刑囚。1989年3月12日に起きた音臼小無差別殺人事件で犯人として逮捕され、死刑判決が確定した今も冤罪を訴え続けている。

現代に戻り面会に来た心と会う。文吾はタイムスリップした心のことを覚えていて、心がいなくなってからの出来事、鈴が初めて面会に来たこと、再審請求をするつもりがないことを話す。

音臼村の元住人
木村みきお(きむら みきお)
演 - 安藤政信
鈴の内縁の夫。旧姓は「加藤」。音臼小無差別殺人事件の被害者で、後遺症で下半身不随になり車椅子生活をしている。事件後、身寄りがないみきおはさつきの養子になる。さつきの死後、さつきが彼女の部屋にある大量の絵や青酸カリを発見し紀子を口封じのために殺したことから音臼町事件の真犯人の可能性が否定できないと心に語るが、実は事件を起こした張本人であり、現代においてさつきや正志を殺害したのも自分であった。車椅子生活もフェイクであり、普通に歩ける。碑の前で全てを終わらせるために心を殺そうとするが、予め通報されていた警察のサイレンに気付き、その場から撤退。心は再びタイムスリップしたため、2人とも消息不明となってしまった。

木村さつき(きむら さつき)
演 - 麻生祐未
音臼小学校の元教員。腹黒い性格をしており目的のためなら手段を選ばない。中野区新薬町3-2-9-203在住。音臼小無差別殺人事件後、身寄りがない加藤みきおを引き取る。

藍とみきおの住んでいるマンションを盗撮しており、喫茶店での心と藍の会話から藍の本名が「佐野鈴」だと確信し、脅迫を仕掛ける。さらに、藍に死なない程度の毒を(紀子が金丸を殺した犯人についての情報を心に話す前に)飲むように命じて、藍が救急車で運ばれる隙を突き、青酸カリ入りの芋羊羹を食べさせることで紀子を毒殺し、自らも食べて被害者を装い、藍に擦りつけようとしたが、みきおに殺害される。

松尾紀子(まつお のりこ)
演 - 芦名星
木村メッキ工場の元パート職員。旧姓は「佐々木」。長谷川翼が亡くなってから別の男性と結婚して娘がいる。夫は亡くなり今は八王子で一人暮らしをしている。

音臼小無差別殺人事件の証言者として名乗り出るが娘に反対され断る。その後、一生後悔したくない思いから心に当時見たことを話す決意をする。

自宅で心に真相を話す直前に同席していた鈴が倒れ、鈴が付き添いの心と救急車で運ばれたあと、さつきに口封じのごとく毒殺されてしまう。

田中正志(たなか まさし)〈59〉
演 - せいや(霜降り明星)
田中義雄の息子で、現在はアパートで暮らしている。みきおの証言によりさつきの病室から逃げ去った人物と人物像が一致しており、心が会いに行こうとしたが、既にみきおに殺害された後であった。

1989年(過去)
佐野家
佐野文吾
演 - 鈴木亮平
宮城県警仙南警察署音臼村駐在所の警察官。村民から慕われ頼りにされていて、家族も大切にしている。
鈴が運ばれた三島医院でタイムスリップした心と対面する。三島明音が森で迷子になり保護するが、熊が出て逃げているうちに崖から落ち足をケガする。明音を探しにきた心に明音を崖から引っ張り上げてもらい、明音を井沢に預け再び戻ってきた心に文吾も引っ張り上げてもらう。
その後、文吾と打ち解けた心から2020年の未来から来たと打ち明けられる。

心が現代に戻ったあと「6年生を送るお楽しみ会」を中止させようとしたが、結局中止にはならず「はっと汁」で事件が起こる。

佐野和子
演 - 榮倉奈々
心の母。朗らかで優しく笑顔が絶えない。現在妊娠している。
鈴を助けた心に感謝し自宅に泊まるよう勧める。

佐野鈴
演 - 白鳥玉季
心の姉。音臼小学校の5年生。カニが好物。
1989年1月7日に音臼神社の階段から転落し雪に埋もれる。本来はこの件で頬に凍傷の痕が残るが、タイムスリップした心に三島医院に運ばれ、医師の処置が早かったため、頬に凍傷の痕が残らず軽い脳震盪だけですむ。

佐野慎吾
演 - 番家天嵩
心の兄。天真爛漫。

音臼小無差別殺人事件の死亡者
◆(1989年3月12日、青酸カリが入った「オレンジジュース」を飲んで死亡した人物)※番組開始時点
●(1989年3月12日、青酸カリが入った「はっと汁」を飲んで死亡した人物)※第4話以降

小向香奈(こむかい かな)
演 - 未来 ◆ ●
音臼小学校の教員。

大貫公平(おおぬき こうへい)
演 - 佐藤タダヤス ◆
音臼小学校の教員。本来は1989年3月12日に音臼小無差別殺人事件で死亡するが、タイムスリップした心が過去を変えた影響で死なずに済む。

野村悠(のむら ゆう)
演 - 笹木祐良 ◆ ●

冴島真理(さえじま まり)
演 - 小林有希 ◆ ●

佐田悦子(さだ えつこ)
演 - 小熊萌凛 ◆ ●

児玉直弘(こだま なおひろ)
演 - 岡田龍樹 ◆ ●

西脇勤(にしわき つとむ)
演 - 山田紋士 ◆ ●

佐藤陽(さとう ひかり)
演 - 小島怜珠 ◆ ●

工藤さゆり(くどう さゆり)
演 - 小林紗希 ◆ ●
以上7人は音臼小学校の5年生。

不可解な死に方をした住人
■(番組開始時点で不可解な死に方をしている人物)
□(タイムスリップした心が過去を変えた影響で不可解な死に方をした人物)
●(1989年3月12日、青酸カリが入った「はっと汁」を飲んで死亡した人物)※第4話以降

佐々木紀子(ささき のりこ)
演 - 芦名星 ■
木村メッキ工場のパート職員。婚約者の翼から日常的に暴力を振るわれている。

本来は1989年2月18日にシアン中毒で自殺しているが、タイムスリップした心が過去を変えた影響で死なずに済む。

翼から青酸カリを持ってくるように言われ断るが、やはり暴力を振るわれ工場から青酸カリを盗み翼に渡す。

翼が死んだあと罪悪感と恐怖で生きる気力を失い音臼岳で自殺しようとしたが、金丸が犯人に崖から突き落とされるのを目撃し、自殺する気力もなくなり音臼村から逃げ出す。

長谷川翼(はせがわ つばさ)
演 - 竜星涼 □
新聞配達員。写真が趣味。表面上は優しく子供たちの人気者だが、婚約者の紀子には暴力を振るっている。

三島明音を監禁し殺すつもりだったが殺せず、翼は音臼神社で遺体で発見される。死因は青酸カリによる自殺。

三島千夏(みしま ちなつ)
演 - 湯本柚子 ■ □
保と聡子の次女。明音の妹。
本来は1989年1月7日に自宅倉庫にあった除草剤パラコートを誤って飲み死亡するが、タイムスリップした心が事前に倉庫のパラコートを捨て回避させる。しかし別のパラコートを飲み死亡する。

金丸茂雄(かねまる しげお)
演 - ユースケ・サンタマリア □
宮城県警仙南警察署強行犯捜査係の警部補。

村に突如現れた心が、三島千夏の殺害及び三島明音を誘拐した犯人だと疑い逮捕するが、なぜか急に釈放する。その後、駐在所を追い出された心から、未来から来たこと、文吾の息子だということを告げられ協力を求められる。

金丸は文吾を殺人犯にしないための重要な証拠を捜しに行くが、音臼岳の谷で遺体で発見される。

木村敏行(きむら としゆき)
演 - 不破万作 ■
木村メッキ工場の工場長。さつきの父。

本来は1989年1月9日午前7時頃、音臼岳の荒川橋付近で雪崩が起こり巻き込まれて死亡するが、タイムスリップした心の行動で雪崩に巻き込まれるのを回避させ死なずにすむ。

田中義男(たなか よしお)
演 - 仲本工事 ■ ●
元宮城県議会議員で詩人。目の具合が悪い。

本来は1989年1月15日に自宅の火事により死亡するが、タイムスリップした心が1月15日に文吾と正志の3人で義男の自宅に詰め、火事が起こるのを防ぐ。但し心が過去を変えた影響で、1989年3月12日に音臼小無差別殺人事件で死亡する。

その他
田中正志
演 - せいや(霜降り明星)
義男の息子。目の具合が悪い父の面倒を見るため、休みの日だけ仙台から来ている。

徳本卓也(とくもと たくや)
演 - 今野浩喜
農家。何を考えているのかわからないと言われている。

森清彦(もり きよひこ)
演 - 加治将樹
宮城県警仙南警察署強行犯捜査係の刑事。2020年においては既に故人であり、独自に音臼町事件については調べていた。

森君江(もり きみえ)
演 - ただのあっ子
2020年時点での森の妻。

三島保(みしま たもつ)
演 - 黒岩司
三島医院の院長。明音と千夏の父。音臼神社の階段から転落し負傷した鈴の処置をする。

三島聡子(みしま さとこ)
演 - 佐藤寛子
明音と千夏の母。

神崎(かんざき)
演 - 野村昇史

藤原(ふじわら)
演 - 三上市朗
刑事。

加藤みきお
演 - 柴崎楓雅
音臼小学校の5年生。身寄りがない少年。

三島明音(みしま あかね)
演 - あんな
音臼小学校の5年生。保と聡子の長女。千夏の姉。
千夏が亡くなったあと、森に入り千夏との「森でリスに餌をあげる」という約束を守ろうとするが、迷子になり文吾と心に助けられる。
その後、本来は1989年1月16日に行方不明になるはずだったが、心が過去を変えた影響で前日の1月15日に行方不明になる。風速計のある小屋に監禁されているのを文吾と心に救出される。意識が戻った明音は監禁したのは長谷川翼だと証言する。しかし、金丸や森が調べたところ、絞められた際の痣が不自然であることが判明、実は翼ではなく絞めたのは加藤みきおだと判明する。

井沢健次(いざわ けんじ)
演 - 六平直政
井沢商店の店主。村のまとめ役。文吾を「文ちゃん」と呼んでいる。

加納(かのう)
演 - 東龍之介(第2話)
文吾に手配され田中義男を診た医師。

石坂秀夫(いしざか ひでお)
演 - 笹野高史
音臼小学校の校長。絵が趣味。心を臨時教員に採用する。

木村さつき
演 - 麻生祐未
音臼小学校の教員。生徒からの信頼が厚い。独身で父との2人暮らし。

馬淵(まぶち)
演 - 小籔千豊(第9話・最終話)
宮城県警の監察官。キャリア。「組織」を守るためならば手段を選ばない。文吾との間には過去の因縁がある模様。
意識不明の加藤みきおが文吾のパトカーに残されていたため、殺人未遂容疑で家宅捜索するために佐野家を訪れる。

スタッフ
原作 - 東元俊哉『テセウスの船』(講談社コミックスプラス / モーニング刊)
脚本 - 高橋麻紀
音楽 - 菅野祐悟
主題歌 - Uru「あなたがいることで」(Sony Music Associated Records)
CMナレーション - 平野貴大
プロデューサー - 渡辺良介、八木亜未
演出 - 石井康晴、松木彩、山室大輔
製作 - 大映テレビ、TBSテレビ


番組公式サイト
テセウスの船 (漫画) - Wikipedia

『テセウスの船 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月08日

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 TOP

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(シロでもクロでもないせかいで、パンダはわらう。)は、日本テレビ系の「日曜ドラマ」(毎週日曜 22:30〜23:25)で、2020年1月12日から同年3月15日まで放送された。全10話。主演は清野菜名と横浜流星のW主演。


各話あらすじ(2020年1月12日 - 3月15日)全10話 平均視聴率 8.09%
第1話 2020年1月12日「忖度なしで暴け!」
ネガティブな性格のせいで負け続けの囲碁棋士・レン(清野菜名)は、医学生の直輝(横浜流星)から時折、パンケーキ店に誘われることが唯一の楽しみ。一方、政治家のセクハラなどを暴き、悪人を懲らしめる謎の人物‘ミスパンダ’が世間を騒がせ、記者のあずさ(白石聖)はその人物を追っていた。そんな中、顔に包帯を巻いた女性の飛び降り自殺を巡り、さまざまな噂が飛び交う。後日、直輝に誘われパンケーキ店を訪れたレンは、直輝がシロップをかけるのを見ているうちに意識が遠のき、ミスパンダとして目覚める。

第2話 2020年1月19日「大学不正入試の闇」
レン(清野菜名)と直輝(横浜流星)は、東京誠立大学のキャンパスで学長の岸本がナイフを持った男に襲われる事件に遭遇。男は岸本を刺した後、レンに襲い掛かる…。事件を受けて、東京誠立大学副学長の池渕が記者会見を開く。池渕は、岸本が意識不明の重体と発表。犯人は、赤嶺という3浪中の浪人生だった。

第3話 2020年1月26日「疑惑のスポーツ界」
スピードクライミング日本代表の沙奈恵(秋元才加)が練習中のけがで世界選手権を辞退すると発表。誰かが故意にロープを切ったと訴える。記者会見を見たレン(清野菜名)は、沙奈恵が中学校の同級生だと気付く。沙奈恵の件を調べることになった直輝(横浜流星)はレンに接触。沙奈恵に会い、蘇る過去の記憶に動揺したレンは、直輝に10年前の忌まわしい出来事を打ち明ける。

第4話 2020年2月2日「いじめ進学校の闇」
直輝(横浜流星)はレン(清野菜名)の担当医で教授の門田(山崎樹範)から、10年前の火事に絡むレンとリコの秘密を聞く。そんな中、いじめ被害を訴える中学生・翔太(杉田雷麟)が同級生・涼介(小林喜日)を人質に立てこもり、ミスパンダを呼ぶよう要求。あずさ(白石聖)も取材を始めた。ところが、Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)は直輝にミスパンダの召喚を許可せず…。

第5話 2020年2月9日「ついに正体バレる」
神代(要潤)に秘密を知られた直輝(横浜流星)は取引を持ち掛ける。そんな中、7年前の商業施設爆破事件で再審請求中の死刑囚・浜口(谷田部俊)が拉致され、彼がシロかクロかを問うミスパンダの動画が配信された。神代は爆破事件周辺を取材し、顔見知りの刑事・三津谷(高橋努)らに遭遇。レン(清野菜名)は囲碁喫茶に現れた門田(山崎樹範)から直輝について詰問される。

第6話 2020年2月16日「ミスパンダ殺処分へ禁断の三角関係勃発」
偽者による事件でミスパンダが殺人容疑で指名手配され、警視庁捜査一課の三津谷(高橋努)と弥生(江口のりこ)が動く。直輝(横浜流星)はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)からミスパンダを処分するよう言われる。レン(清野菜名)は門田の死に心を痛め、直輝に助けを求めるが、そんな彼女に衝撃の事態が。一方、直輝は神代(要潤)の協力で、‘偽ミスパンダ’の正体を探り…。

第7話 2020年2月23日「今夜急展開!母と娘衝撃の過去と真犯人」
催眠が解けたミスパンダが、レン(清野菜名)ではなく、本当の名前であるリコを名乗った。ミスパンダ誕生の経緯を聞いたリコは直輝(横浜流星)に、門田(山崎樹範)殺害犯を捕まえてほしいと告げる。後日、彼女はレンとして目を覚まし、直輝との別れを振り切ろうと囲碁に集中。一方で、あずさ(白石聖)は自分が「コアラ男」に誘拐された事件を神代(要潤)が調べていると知る。

第8話 2020年3月1日「最終章!最愛の父は誘拐犯!?衝撃の結末」
8年前の誘拐事件の犯人が哲也(田中圭)だと報道され憤る直輝(横浜流星)は、神代(要潤)から証拠を突き付けられる。レン(清野菜名)は逮捕された麻衣子(山口紗弥加)と面会するが、レンかリコかと尋ねられて戸惑う。そんな中、直輝はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)と対峙(たいじ)し、彼が哲也の殺害犯ではないかという疑いをぶつける。そんな直輝を、あずさ(白石聖)が呼び出し…。

第9話 2020年3月8日「まさかの黒幕…今夜全ての真相を暴露!」
佐島(佐藤二朗)が哲也(田中圭)の殺害を自白し、世間に激震が走る中、神代(要潤)は直輝(横浜流星)を訪問。すると、直輝からまだ復讐は終わっていないと言われ驚く。その後、直輝の元にレン(清野菜名)を拉致した‘コアラ男’から連絡が入る。制限時間内に8年前の誘拐事件の現場に来ないとレンを殺すという。焦る直輝は、あずさ(白石聖)に協力を求め、現場にたどり着くが…。

最終話 2020年3月15日「さよならミスパンダ最後のミッション!」
リコとなったレン(清野菜名)が直輝(横浜流星)の復讐を身をていして止めてから1カ月がたつ。レンとの思い出やミスパンダとなった彼女との日々を振り返った直輝は、春男(升毅)らがいる囲碁喫茶を訪れる。直輝は謝罪の言葉を口にするが、憤る春男から暴言を吐かれてしまう。世間に‘コアラ男誘拐事件’の真相が広まる中、佐島(佐藤二朗)と会った直輝は、ある覚悟を決める。

各話視聴率


概要
清野菜名と横浜流星のダブル主演で、警察やマスコミが触れない闇に隠された真実を華麗に暴くシニカルミステリー。普段は気弱な囲碁棋士ながら驚異的な身体能力を持ち、世の中のグレーな事件に白黒つける“ミスパンダ”こと川田レンを清野が、レンを操るメンタリストの“飼育員さん”こと森島直輝を横浜が演じる。


ストーリー
囲碁棋士の川田レン(清野菜名)はネガティブな性格のせいで試合に勝てず悩んでいた。そんなレンの唯一の楽しみは、医学生・森島直輝(横浜流星)に時折、「パンケーキを食べに行こう」と誘われることだった。

世間では、裏で甘い汁を吸う悪人たちを懲らしめる謎の人物“ミスパンダ”が話題となっていた。そんな中、顔に包帯を巻いた女性が飛び降り自殺し、彼女の死についてネット上でさまざまなうわさが飛び交う。

ある日、レンは直輝に呼び出されてパンケーキの店を訪れる。直輝がパンケーキにシロップをかけると、レンの意識が次第に遠のいていく。


キャスト
川田レン / 川田リコ / ミスパンダ〈23〉
演 - 清野菜名(幼少期:宝辺花帆美、レン少女期:紅里、リコ少女期:樹里)
本作の主人公。
囲碁棋士。1996年9月24日生まれ。かつては天才美人棋士と呼ばれたが、ある事件を機にネガティブな性格になり、成績が伸び悩んでいる。囲碁喫茶・GOBANでアルバイトをしている。宮澤沙奈恵とは中学時代の同級生。

裏では、白髪ウィッグに黒いアイマスクを着用して「ミスパンダ」と名乗り、思いも寄らない行動力と誰もが驚愕する身体能力で「クロ」と認定された者を断罪する。「ミスパンダ」として行動する時は、ネガティブな「川田レン」とは対照的にテンションが高く、笑みを浮かべることが多い。ミスパンダへの変身は直輝がパンケーキにシロップをぐるぐるとかける行為を見せることによって発動するが、他の飲食物と液体の組み合わせでも可能。

幼い頃は、母・麻衣子や双子の姉・リコと3人で暮らしていたが、10年前に放火事件に巻き込まれた際にリコが亡くなり、レンは「自分が生き延びた代わりにリコが死んでしまった」と罪悪感を抱いている。レンはこの事件でPTSD(心的外傷後ストレス障害)を患い、ライターの火や消防車のサイレンに過敏に反応してしまうようになる。また、親から檻(室内飼い動物用の柵のようなもの)に閉じ込められたという虐待経験があり、それもまたPTSDの一つで檻に閉じ込められたような状態(目の前に柵がある)になると軽いパニックを起こし「お母さん、ここから出してよ」と泣きそうになる。

実は、10年前の放火事件で亡くなったのは双子の妹・レンであり、姉のリコは火傷を負いながらも生き残った。しかし、母・麻衣子から再び虐待されることを恐れ「私が『レン』になればママに好きでいて貰える」と考えたリコは、事件前から交流のあった門田に事実を告げた上で「私を『川田レン』にしてほしい」と頼み、彼の催眠療法を受けて『川田レン』として生きることとなった。

それから10年間、生活に支障は無かったが、直輝と関わるようになってから前述の「虐待」や放火事件の記憶に再び悩まされる。リコは直輝に好意を抱いており、第4話で門田から「直輝は君を利用しているだけで、好意は持っていない」と告げられても、「私が(直輝の)役に立っているのなら構わない」「(直輝に)好きになって貰えるよう頑張る」と答えている。

森島直輝(もりしま なおき)〈23〉
演 - 横浜流星(幼少期:山田暖絆)
本作のもう一人の主人公。
精神医学を学んでいる大学生。テレビ番組では「メンタリストN」と名乗って出演している。
裏では「Mr.ノーコンプライアンス」の指示により、「ミスパンダ」ことレンを操る「飼育員さん」として、世の中に蔓延る“グレーゾーン”を取り締まる行動を行っている。

8年前に失踪した父・哲也が遺体で発見されたことを受けて、真相を突き止めて復讐するという野望を持つ。
当初は「ミスパンダ」ことレン(リコ)のことを「復讐のための道具」としか考えていなかったが、彼女が本来の人格に戻ったことや、自身が巻き込まれた放火事件の真相を知ったレン(リコ)が苦悩する姿を目の当たりにしたことで「大切な存在」として意識するようになる。

リコや哲也(が生前に残していたメッセージ動画)から復讐を止めるよう告げられていたが、8年前の「コアラ男誘拐事件」と哲也が殺された事件が、あずさが自分勝手な理由で家族を巻き込んで起こしたものであることを知った直輝は、怒りと憎しみを抑えきれずに彼女を殺そうとするも、咄嗟に庇ったリコを刺してしまう。

門田明宏(かどた あきひろ)〈45〉
演 - 山崎樹範
大学病院に勤務する精神科医。直輝が所属するゼミの教官でもある。
レンが遭遇した10年前の事件をきっかけに、レンの治療を行っている。
10年前の放火事件の後、生き残ったリコから「記憶と人格を変えてほしい」と頼まれ、彼女が『川田レン』として生きる切っ掛けをつくった。第4話で直輝に真相を告げた際、リコの「異変」の原因が直輝にあると察知し、リコに「直輝とは関わるな」と釘を差そうとしたりするなど不穏な動きを見せている。

レンの記憶を変えた理由について、表向きには「レンの望みを叶えるため」と語っていたが、実際は「記憶の書き換え」についての論文を完成させるために彼女を利用していただけに過ぎなかった。第5話のラストにて、双子を入れ替えていたことを加賀春夫から聞かされた川田麻衣子により自宅の書斎で殺害され、論文の作成に使っていたパソコンは破壊されていた。

東山楓(ひがしやま かえで)〈15〉
演 - 吉田美月喜
天才美少女囲碁少女(自称)。私立魁姫中学校の生徒。
「ミスパンダ」の存在に憧れを抱いている。レンを一方的にライバル視しており、彼女と顔を合わせる度に勝負を挑もうとするが拒否されている。

小園武史(こぞの たけし)〈23〉
演 - 中田圭祐
直輝のゼミ仲間。

前川雪乃(まえかわ ゆきの)〈23〉
演 - 祷キララ
直輝のゼミ仲間。
お調子者の小園を嫌っている。
川田麻衣子(かわた まいこ)〈40〉
演 - 山口紗弥加
レンの母親。レンのことを溺愛している。
レンとともに遭遇した10年前の放火事件により、現在も療養施設で治療を受けている。
以前は双子の姉妹であるリコとレンの3人で暮らしていたが、レンに対しては優しく振る舞う一方で、彼女の双子の姉・リコには「檻に閉じ込めて放置する」「十分な食事を与えない」等の虐待を繰り返していた。

自身が双子を妊娠していることを知った麻衣子は、当初「幸せも二人分になる」と期待していたが一人で二人を育てなければならない厳しさに耐えきれず精神を病み、双子のうちの一方だけを育てようと考えるようになる。その意図が姉のリコと妹のレンに対する差別的な接し方として現れ、終いにはリコを抹殺しようと企み、10年前に訪れたキャンプ場でリコだけが一人で間借りしていた部屋に放火したが、後にその部屋にリコだけでなくレンも居たことに気付く。麻衣子は救出された女の子をレンと決めつけ、リコが亡くなった(と思い込んでいる)ことについては悲しんだりしないどころか「リコが死んでくれて良かった」と呟いていた。

やがて「GOBAN」の店主の春男から、自分がレンだと思い込んでいたのが門田に催眠をかけられ記憶を変えられたリコである事を告げられた麻衣子は、その真偽を確かめるために門田の家を訪ねる。そして門田が自分の研究の「実験台」としてレン(の記憶を持ったリコ)を利用していたことを知り、「リコの人格を消して欲しい」と頼むが拒否され、怒り狂った麻衣子は隠し持っていたナイフで門田を殺害し、彼の研究データが記録されていたパソコンを破壊した。

「パンダチャンネル」で放送された映像で、門田の研究室にあるパソコンにデータが残っていることを知り、そのパソコンを破壊しようと忍び込むが、それは直輝が仕掛けた罠だった。そこでミスパンダの正体がリコであることと、10年前の放火にリコだけでなくレンが巻き込まれた理由を知るが、麻衣子は放火事件そのものがリコを殺すために自ら仕組んだことを暴露しつつも、リコを殺そうとしていたことを謝りもせずに「催眠術でレンの人格を呼び戻して、リコの人格を消して欲しい」と直輝に頼むが、リコが「母親を悲しませたくない」一心でレンのフリをしていたことを直輝に指摘され、門田を殺害した件で警察に自首した。

佐島源造(さじま げんぞう) / Mr.ノーコンプライアンス
演 - 佐藤二朗
法務大臣。
裏では、直輝の能力を評価して、世に蔓延る“グレーゾーン”を取り締まるように指示を出す謎の人物。
8年前、娘のあずさがコアラ男に誘拐された事件では、マスコミを通して犯人に土下座しながら早期釈放を呼び掛ける。その後、あずさが解放されたことに安堵するが、ミスターパンダ(哲也)から「誘拐」されていた筈のあずさが一郎と笑顔で食事している写真を見せられ激しく動揺する。すぐさま一郎とあずさを問い詰めて二人が独断で起こした「自作自演の誘拐事件」であることを知った源造は、誘拐事件に自分が関わっていないことを哲也に打ち明けた上で謝罪会見を開くことを約束するが、その矢先に、あずさから「口封じ」を頼まれた一郎によって哲也が射殺される。源造は直ぐに救急車を呼ぼうとするも、二人の子供の罪を隠すために断念し、彼の遺体を山中に埋める。そして哲也が「コアラ男誘拐事件」について纏めていた資料の写真を入れ換えて、あたかも自分が部下に命じて起こした自作自演の誘拐事件であるかのように偽装した。

やがて「あずさの婚約者」として直輝が現れた際、彼の名前が、哲也が死ぬ間際に呟いていた名前と同じであることと、直輝の目的が「父親を殺した犯人への復讐」であることに気付いた源造は、「8年前の事件の『裁き』を受けるときが来た」と悟りながらも、哲也をコアラ男に仕立て上げるために「偽物の哲也の遺書」のコピーを神代に渡すなどをして一郎たちを庇い続け、直輝に「父を殺した仇」として詰め寄られた時も、8年前の事件の真相を隠し通す為に「私を殺してくれ!」と直輝に懇願し、その直後に薬物を飲んで意識不明の重体に陥る(この時、源造は直輝と対面する前に「『コアラ男誘拐事件』は、自分が部下と共謀して起こした事件である」と公表する内容の動画をマスコミにリークしていた)。

病院に搬送された後も、源造は一郎たちの罪を隠蔽するために飛び降り自殺を図ろうとするが、神代の説得で思い止まり、「コアラ男誘拐事件」の真実を打ち明けた。

森島哲也(もりしま てつや)〈享年38〉
演 - 田中圭(友情出演)
直輝の父。妻とは1996年に死別。
様々な事件を解決してきた敏腕刑事だったが、8年前、ある事件を追っている最中に失踪し、白骨化遺体として発見された。
失踪する前に、直輝に渡したパンダの縫いぐるみの右目にはUSBメモリが隠されており、8年前の「コアラ男誘拐事件」に関する動画が記録されていた。哲也は刑事としての仕事とは別に、パンダの覆面を被り「ミスターパンダ」として政治家などが絡んだ事件を独自に調査していた。

8年前の「コアラ男誘拐事件」では、あずさが監禁されていた場所の近くの住民が撮った写真から「狂言誘拐」であることを突き止め、あずさの父・源造を問い詰める。やがて、誘拐事件が佐島兄妹が独断で行った自作自演であることを知った源造から「会見を開いて事実を公表する」という言葉を信じて素顔を明かすが、その直後にあずさから「口封じ」を頼まれた一郎に撃たれて致命傷を負い、絶命する直前に、誘拐事件に関する動画が記録されたUSBを隠したパンダのぬいぐるみの右目のボタンを飲み込んだ。その後、兄妹の罪を隠蔽しようとした源造によって遺体を山中に埋められた。

事件を捜査する中で「自分は命を落としてしまうかも知れない」と悟った哲也は、「もし自分が殺されるような事があっても、絶対に復讐してはいけない」という直輝へのメッセージ動画をUSBに残していた。

佐島一郎(さじま いちろう)
演 - きづき
法務大臣秘書官。源造の長男。あずさの兄。
父親である源造に、後継者としては1000年早いとチェーンストーリーで言われている。妹のあずさからは「頼み事を何でも聞いてくれる人」と認識されている。

8年前、あずさから「父を驚かせるために、自分を誘拐して欲しい」と頼まれ断ろうとするが、苛立ちを募らせるあずさの不機嫌な表情を見かねて渋々受け入れ、コアラの覆面を被った「コアラ男」に変装し、ボイスチェンジャーで声を変えて「(あずさの)身代金として一億円を要求する」動画を父・源造に送りつける。しかし、その動画を源造がマスコミにリークしたことで大騒動に発展してしまったことに動揺し、あずさを「解放する」形で事態の収束を図る。その後、源造から自分とあずさが映っている写真を見せられたことで誘拐事件が自作自演であることを認めるが、事実が公表されることを恐れたあずさから「口封じ」を頼まれ、写真を源造に渡していた哲也を銃撃した。

直輝とレンが会っているところを盗撮してあずさのスマートフォンに送ったり、第9話でレンを誘拐して脅迫動画を直輝に送った「コアラ男」の正体も一郎であり、レンの抹殺が失敗した後、直輝に「お前の父親を殺したのは俺だ!」と言い放ち、レンと直輝の目の前で拳銃自殺した。

山野辺龍彦(やまのべ たつひこ)
演 - 高橋ジョージ
捜査一課長。三津谷と坂下の上司。

全日テレビ
神代一樹(かみしろ かずき)
演 - 要潤
全日テレビに出入りしているフリーの敏腕ディレクター。「真相を突き止めること」よりも「視聴者の興味を惹く映像を作ること」を重視する。ミスパンダが関わる事件を追う中で、ミスパンダを操る「飼育員さん」が直輝であることを突き止めて問い詰めた際、彼から「8年前の『コアラ男誘拐事件』の真相を突き止めてくれたら、ミスパンダの正体を教える」と取引を持ちかけられ、その要求を受け入れる。

佐島あずさ(さじま あずさ)
演 - 白石聖
佐島源造の娘。森島直輝の恋人。全日テレビ記者。私立魁姫中学校出身。
8年前、中学時代に、コアラの仮面を被った男(コアラ男)に誘拐された。
ある人物からレンと直輝が映っている写真を送られたことで激しく動揺し、その真偽を確かめるべく「GOBAN」で働くレンの元を訪ねる。そこで「取材」と称して直輝との関係を問い詰め、自身が直輝の婚約者であることを明かした上で「婚約者がいる男性と付き合うのはどんな気分?」と詰め寄るが、「ごめんなさい」と繰り返すレンに苛立ち、名刺を残して去っていった。

飯田兼一(いいだ けんいち)
演 - 福田転球

田中三太(たなか さんた)
演 - 永山たかし

伊藤健人(いとう けんと)
演 - 坂東龍汰

囲碁喫茶「GOBAN」
加賀佳恵(かが よしえ)
演 - 椿鬼奴
店のママ。「女の勘がよく当たる」らしい。

加賀春男(かが はるお)
演 - 升毅
店長。療養中の麻衣子に代わり、レンの親代わりをしている。レンが10年前の放火事件の記憶に悩まされるようになったことを心配している。

菊池勘平(きくち かんぺい)
演 - 水澤紳吾
常連客。

中島きよし(なかじま きよし)
演 - 松浦祐也
常連客。

小林孝雄(こばやし たかお)
演 - スチール哲平
常連客。

並木しげる(なみき しげる)
演 - 浅見小四郎
常連客。

ゲスト
第1話
江本達郎(えもと たつろう)
演 - 和田正人
IT会社「Anterifield」社長。

横山愛菜(よこやま あいな)〈享年27〉
演 - 安田マユミ(整形前) → 山口真帆(整形後)
飛び降りて死亡した社員。

山崎(やまざき)
演 - 仁村紗和
社長秘書。

花咲義弘(はなさき よしひろ)
演 - 遠山俊也
花咲形成外科クリニックの院長。

上坂真司(かみさか しんじ)
演 - 川ア麻世
衆議院議員。
セクハラ等の不祥事を起こす。

第2話
岸本大樹(きしもと だいき)
演 - 阿南健治
東京誠立大学の学長。
息子の不正入試を疑われていた。

岸本俊一(きしもと しゅんいち)
演 - 中尾暢樹
岸本学長の息子。

池渕淳二(いけぶち じゅんじ)
演 - モロ師岡
東京誠立大学副学長。

柳本育郎(やなぎもと いくろう)
演 - 渡辺裕之
元文部科学省事務次官。

児島(こじま)
演 - 兒玉宣勝(第8話)
直輝に父が自殺として処理されたことを知らせた刑事。

第3話
宮澤沙奈恵(みやざわ さなえ)
演 - 秋元才加
スピードクライミングの日本代表選手。
練習中に負った怪我のために世界選手権辞退を余儀なくされる。
レンとは中学時代の同級生。

鹿野博史(しかの ひろし)
演 - 三浦貴大
スピードクライミングの日本代表コーチ。

北里亜香里(きたざと あかり)〈23〉
演 - 竹内愛紗
スピードクライミングの日本代表選手。宮澤のライバルとされている。

磯貝誠(いそがい まこと)
演 - 六平直政
沙奈恵のコーチ。以前から指導が厳しいとのことでパワハラ疑惑が報じられていた。
沙奈恵が怪我をする前にコーチを解任されており、記者会見でパニックを起こした沙奈恵の発言で一層立場が危うくなったが、真犯人が見つかったことで、再度、沙奈恵のコーチになった。

ミルコビッチ
演 - フィフィ
コリーナのコーチ。

コリーナ
演 - 不明

第4話
小島春香(こじま はるか)
演 - 谷村美月
スクールカウンセラー。

宮本翔太(みやもと しょうた)
演 - 杉田雷麟
楓と同じ私立魁姫中学校の生徒。涼介からいじめを受けたと主張し、校内に立て篭もる。

風見涼介(かざみ りょうすけ)
演 - 小林喜日
翔太の同級生。翔太をいじめていないと主張。

第5話・第6話
浜口公則(はまぐち きみのり)
演 - 谷田部俊
死刑囚。ボンドモール東京爆破事件を起こしたとされている。護送中に偽ミスパンダと偽飼育員さんに誘拐された後に殺害され、偽ミスパンダによって本物のミスパンダが殺人犯として指名手配された。

中延陽一(なかのべ よういち)
演 - 結木滉星
被害者遺族。

中延陽子(なかのべ ようこ)
演 - 三倉茉奈
被害者遺族。

三津谷彰義(みつや あきよし)
演 - 高橋努
警視庁捜査一課刑事。

坂下弥生(さかした やよい)
演 - 江口のりこ
警視庁捜査一課刑事。三津谷とは「ハブとマングースコンビ」と呼ばれる。

岩城啓太の母
演 - 朝加真由美(第6話のみ)

スタッフ
脚本 - 佐藤友治、蛭田直美
演出 - 遠藤光貴
主題歌 - ビリー・アイリッシュ 「bad guy」(Interscope Records)
チーフプロデューサー - 岡本浩一(読売テレビ)
アクションコーディネイト - 柴原孝典
プロデューサー - 福田浩之(読売テレビ)、馬場三輝(ケイファクトリー)、千葉行利(ケイファクトリー)
撮影 - 岡崎真一、古川好伸
映像 - 高井裕二
照明 - 村澤浩一
音声 - 福田陽輔
技術デスク - 星宏美
編集デスク - 下元徹、佐藤博亮
編集 - 河村信二
PR編集 - 足立浩
ライン編集 - 黒川翔太郎
VFX - 高橋良明
選曲 - 谷口広紀
音響効果 - 榊原聡志
MA - 関口浩平
美術プロデューサー - 津留啓亮
美術進行 - 佐々木理恵
装飾 - 有村謙志
持道具 - 白方菜月
衣裳 - 池田友紀
ヘアメイク - 板垣美和、船戸美咲(鈴木奈々担当)
構成 - 関聖子、関根龍太郎(日本テレビ)
共同プロデューサー - 池田健司(日本テレビ)
制作協力 - ケイファクトリー
制作著作 - 読売テレビ


番組公式サイト
シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 - Wikipedia

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悪魔の弁護人・御子柴礼司 〜贖罪の奏鳴曲〜 TOP

『悪魔の弁護人・御子柴礼司 〜贖罪の奏鳴曲〜』(あくまのべんごにん みこしばれいじ しょくざいのソナタ)は、東海テレビ制作・フジテレビ系「オトナの土ドラ」(毎週土曜 23:40〜24:35)で、2019年12月7日から2020年1月25日まで放送された。全8話。主演は要潤。

「御子柴礼司シリーズ」4作(『贖罪の奏鳴曲』『追憶の夜想曲』『恩讐の鎮魂曲』『悪徳の輪舞曲』)を原作としている。


各話あらすじ(2019年12月7日 - 2020年1月25日)全8話 平均視聴率 2.90%
第1話 2019年12月7日「冷徹&悪徳…最恐の弁護士ヒーローが今夜誕生!!正義の意味が問われる衝撃ラスト!」 視聴率 3.4%
 失職中の女性・洋子(ベッキー)は、法律事務所の事務員に採用される。ところが、事務所を構える御子柴(要潤)は、勝つためなら手段を選ばない悪辣(あくらつ)弁護士だった。御子柴は主婦の亜季子(奥菜恵)が起こした夫殺害事件に興味を抱き、担当弁護士から強引な手段で引き継ぐ。その法廷で、御子柴は敵対する東京地検の次席検事・岬(津田寛治)と対峙(たいじ)する。

第2話 2019年12月14日「正義なんかどうでもいい…大逆転法廷劇に衝撃!!今夜はクールな悪魔が二度驚かす!?」 視聴率 3.3%
 洋子(ベッキー)は御子柴(要潤)が少年時代に殺人事件を起こしたという過去を知り動揺する。洋子の親友で新聞記者のあすみ(玄理)はその罪を許せず、御子柴を調べ始める。一方、亜季子(奥菜恵)による夫殺害事件を担当する御子柴は、彼女が隠し事をしていると確信し、手掛かりを求めて亜季子の生家がある福岡県へ。洋子とあすみは、御子柴がかつて入っていた医療少年院の元教官・稲見(勝野洋)を訪ねる。

第3話 2019年12月21日「新展開 依頼人はかつての恩師 恩返しか? …復讐か?今夜傷だらけの悪魔が暴走し始める」 視聴率 3.2%
 老人施設に入居する稲見(勝野洋)が、介護士・栃野(小多田直樹)を殺害した容疑で逮捕された。事件を報道するテレビ番組を御子柴(要潤)はにらむように見つめ、洋子(ベッキー)は不安を抱く。それが的中し、御子柴は国選弁護人・宝来(本村健太郎)から稲見の弁護を強引に奪う。稲見と接見した御子柴は彼の犯行を確信する。有罪は免れない状況だが、稲見は落ち着いており、御子柴は疑問を抱く。

第4話 2019年12月28日「今夜、悪魔の衝撃過去が判明 悪魔の後悔と強い決意 悪魔の味方も現れる?悪魔の逆襲劇」 視聴率 2.1%
 稲見(勝野洋)の初公判で御子柴(要潤)は無罪を主張するが、稲見は自身の犯行を認め、減刑すら拒否する。稲見の元妻・恭子(赤座美代子)を訪ねた洋子(ベッキー)は、御子柴が弁護士になった理由や、稲見がなぜ半身不随となったのかを知る。御子柴は稲見に弁護士の解任を言い渡されるが、諦めずに事件の背景を調べて、被害者・栃野(小多田直樹)にも何らかの問題があったとにらむ。

第5話 2020年1月4日「新年もアクセル全開の悪魔!! どんでん返しの裁判の行方は!?悪魔VS依頼人衝撃のラスト」 視聴率 2.9%
 稲見(勝野洋)が栃野(小多田直樹)を殺害した理由を探る御子柴(要潤)は、稲見がある事実を隠していることに気付く。事件現場となった老人施設では、恒常的に入居者への虐待が行われていた。それを隠す入居者たちに御子柴は、あることを言い放つ。岬(津田寛治)は稲見を再び取り調べる。互いが持つ罪への考え方は違ったが、岬は稲見に罪は償うべきだと告げる。一方、洋子(ベッキー)は、御子柴が悪魔とののしられながらも弁護士を続ける理由に気付く。

第6話 2020年1月11日「最終章依頼人は…実の母親!?過去に翻弄される悪魔今夜ラストはあの男が渾身逆襲劇!!」 視聴率 2.8%
 御子柴(要潤)の母・郁美(浅野温子)が、再婚相手で資産家の拓馬(市山貴章)を殺害した容疑で逮捕される。妹の梓(森脇英理子)に弁護を頼まれ、御子柴は郁美と接見。郁美は再会を喜ぶが、御子柴は弁護人としての態度を崩そうとしない。また、無実を訴える郁美だが、状況は彼女の犯行を裏付けていた。一方、事件現場で証拠を集める岬(津田寛治)は、驚きの事実に気付く。

第7話 2020年1月18日「暴走!!止まらない世間の悪意荒れる法廷と母の秘密今夜ラストに御子柴が重大告白!?」 視聴率 2.3%
 郁美(浅野温子)の裁判が始まった。岬(津田寛治)は郁美の犯罪を裏付ける新たな証拠を提示し、さらには郁美と御子柴(要潤)が親子であることを暴露。少年時代に凶悪事件を起こした弁護士による裁判に非難が殺到し、洋子(ベッキー)は対応に追われる。一方、岬は息子の洋介(吉村卓也)と会う。

最終話 2020年1月25日「衝撃弁護士やめるってよ!?贖罪を探し続ける悪魔母の運命賭けた最後の大逆転法廷!!」 視聴率 3.2%
 御子柴(要潤)が「弁護士を廃業する」と言い残して姿を消した。事務所には郁美(浅野温子)の事件の後任だという弁護士・宝来(本村健太郎)が現れる。洋子(ベッキー)は困惑しながらも御子柴が戻ると信じ、あすみ(玄理)と共に郁美の事件を調べ直す。その頃、御子柴は故郷を訪れていた。生まれてこなければよかったと思う御子柴の元に岬(津田寛治)から電話が入る。


※第2話は『東アジア E-1サッカー選手権男子 日本対 香港』(19時00分 - 21時24分、フジテレビ制作)の為、日曜日になってからの放送(0時10分 - 1時05分)の放送。

※第3話は『全日本フィギュアスケート選手権女子フリー」(19時00分 - 21時15分予定だったが、フィギュアスケート中継5分延長(19時00分 - 21時20分、フジテレビ制作)の為、(23時55分 - 0時50分)の放送予定だったが日曜日になってからの放送(0時00分 - 0時55分)に放送。


原作概要
『贖罪の奏鳴曲』(しょくざいのソナタ)は、中山七里の推理小説。「御子柴礼司シリーズ」第1作。


ドラマ概要
要潤が、“悪魔の弁護人”と呼ばれるほどあくどい手腕で勝訴をもぎ取る弁護士・御子柴礼司を演じるヒューマン法廷ミステリー。原作は、中山七里の傑作ミステリー小説「弁護士・御子柴シリーズ」の4作品。二転三転するハイテンポな法廷劇だけでなく、少年時代に犯した過去の罪と向き合う御子柴の苦悩を描き、正義と贖罪の意味を問う。


ストーリー
ハローワークで紹介された法律事務所を訪れた日下部洋子(ベッキー)は、到着するなり採用を告げられ、早速事務員として働くことに。だがそこは、“悪魔の弁護人”と呼ばれる弁護士・御子柴礼司(要潤)の事務所だった。

ある日、御子柴は「世田谷の夫殺し」の裁判に興味を抱く。夫を殺害した後に事件を隠蔽する意思もあったとして、被告人の津田亜季子(奥菜恵)には一審で懲役16年という重い刑罰が下されていた。御子柴は、強引な手法で亜季子の控訴審の弁護人に就くが、その様子を見た洋子は、身勝手な加害者をなぜ好き好んで弁護するのかといぶかる。そんな中、亜季子と面会した御子柴はあることに気付く。


キャスト(東海テレビ / フジテレビ版)
御子柴礼司〈45〉(弁護士) - 要潤(少年期・園部信一郎:大西利空)
多額の報酬を要求するが、請け負った依頼はどんな手を使ってでも勝訴に導くため、“悪魔の弁護人”と呼ばれる弁護士。実は、14歳の時に凶悪犯罪を犯し“少年A”と呼ばれた過去を持つ。当時は園部信一郎という名前だったが、医療少年院に入った時に名前を変え、少年院を出てから独学で学んで弁護士になった。

日下部洋子〈35〉(御子柴法律事務所 事務員) - ベッキー
「御子柴法律事務所」の事務員。母子家庭で育ち、奨学金を得て大学進学したが、卒業後の就職先がブラック企業で体調を崩し退職。派遣先でも契約を切られ無職になった時に、ハローワークから紹介され現職に。御子柴の過去を知ってしまう。

桜葉あすみ(舞町新聞社 記者) - 玄理

宝来兼人(弁護士) - 本村健太郎

横山紗矢(検察事務官) - 田中こなつ

岬恭平〈55〉(東京地検 次席検事) - 津田寛治
東京地検のナンバー2である次席検事。法律は絶対だと信じる堅物で、罪を犯した人間には相応の罰を与えることで、社会の秩序を守れると考えている。御子柴の強引なやり方に嫌悪感を抱く。

ゲスト
第1話
津田要蔵(亜季子の義父) - 山田明郷(第2話)

津田美雪(亜季子の長女) - 豊嶋花(第2話)

安武里美(中学生いじめ自殺民事訴訟 原告) - 金谷真由美(第2話)

青柳俊彦(金融業) - 西興一朗(第2話)

津田倫子(亜季子の次女) - 本保佳音(第2話・第3話・第5話・最終話)

津田伸吾〈享年40〉(亜季子の夫) - 渡辺慎一郎(第2話)

吉脇謙一(亜季子の元同僚) - 玉熊直人

津田亜季子(世田谷・夫殺害事件 被告人) - 奥菜恵(少女期:堰沢結愛)(第2話・最終話)

村田(安武里美の息子の元担任) - 山沖純

佐原みどり(福岡早良区女児殺害事件 被害者) - 渋谷南那(第2話・第3話・第5話・最終話)

稲見武雄(医療少年院 元教官) - 勝野洋(第1話は写真出演・第2話 - 第5話)

第2話
溝端庄之助(亜季子の元主治医) - 大林丈史

第3話
石動恭子(稲見の元妻) - 赤座美代子(第4話・第5話)

小笠原栄(伯楽園 入居者) - 泉晶子(第5話)

久仁村兵吾(伯楽園 入居者) - 菅野久夫(第5話)

後藤清次(伯楽園 入居者) - 渡部雄作(第5話)

前原譲(伯楽園 介護士) - 藤原シンユウ(第5話)

菅山(赤羽南警察署 警察官) - 松林慎司(第4話)

栃野守(伯楽園 介護士) - 小多田直樹(第4話・第5話)

山崎(ヤクザ) - 龍坐

矢野(東京地検 検事) - 関野昌敏

第4話
嘘崎雷也〈16〉(信一郎と同室の院生) - 下川恭平

栃野一美(栃野守の母) - 山本みどり

柿里(医療少年院 教官) - 嶋尾康史

山岸(医療少年院 教官) - スチール哲平

日浦香織(ブルーオーシャン号転覆事件 被害者) - 平澤瑠菜(第5話)

第5話
日浦頌栄(日浦香織の父) - 柴田次郎

石動武士〈享年33〉(稲見の息子) - 岩田玲

第6話
薦田梓(御子柴の妹) - 森脇英理子(幼少期・園部梓:前田織音)(第7話・最終話)

成沢拓馬〈享年75〉(郁美の再婚相手) - 市山貴章(第7話・最終話)

岬啓二(岬恭平の弟) - 岡部たかし(第7話・最終話)

高須(館林のアパートの管理人) - 水木薫

木嶋(成沢家の隣人) - ぶっちゃあ(最終話)

桐生(東京地検 検事正) - 矢嶋俊作

成沢郁美(御子柴の母) - 浅野温子(第7話・最終話)

第7話
友原行彦(福岡県警 刑事) - 大西武志

園部謙造(御子柴の父) - 野仲イサオ(最終話)

岬洋介(岬恭平の息子) - 吉村卓也(最終話)

最終話
氏家(元科捜研 研究員) - 岩谷健司

小曾根(大田区無差別殺傷事件 被害者の息子) - 平野貴大

スタッフ(東海テレビ / フジテレビ版)
原作 - 中山七里 「御子柴礼司シリーズ」
企画 - 市野直親(東海テレビ)
脚本 - 泉澤陽子、戸田彬弘
音楽 - 島崎貴光(スマイルカンパニー)、佐々木裕(スマイルカンパニー)、コヤマヒデカズ(スマイルカンパニー)
演出 - 村谷嘉則、松田祐輔、稲葉正宏
協力プロデューサー - 遠山圭介(東海テレビ)
プロデューサー - 松本圭右(東海テレビ)、渡辺良介(大映テレビ)、椋尾由布子(大映テレビ)
主題歌 - Lefty Hand Cream「ポーカーフェイス」
制作著作 - 大映テレビ
制作 - 東海テレビ


番組公式サイト
贖罪の奏鳴曲 - Wikipedia

『悪魔の弁護人・御子柴礼司 〜贖罪の奏鳴曲〜 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月30日

2019年秋ドラマ(10-12月)

放送局・ドラマ名で検索 

20:00 21:00 22:00 23:00 24:00
CX 全11話
19/10/7〜12/16
シャーロック
TX 全8話
19/10/21〜12/9
ハル
〜総合商社の女〜
NTV 全7話
19/10/14〜11/25
ブラック校則

CX全8話
19/10/21〜12/9
ヤヌスの鏡
  CX 全10話
19/10/8〜12/10
まだ結婚できない男
TBS 全10話
19/10/15〜12/17
G線上のあなたと私
TBS 全10話
19/10/22〜12/24
左ききのエレン
EX
19/10/9〜
相棒 season18
NTV 全10話
19/10/9〜12/18
同期のサクラ
TX 全9話
19/10/16〜12/18
死役所

NTV 全5話
19/11/28〜12/25
貴族誕生
-PRINCE OF
LEGEND-


TX 全12話
19/10/9〜12/25
ミリオンジョー
EX
19/4/18〜
科捜研の女
第19シリーズ
EX 全10話
19/10/17〜12/19
ドクターX
〜外科医・大門未知子〜
第6シリーズ

CX 全9話
19/10/17〜12/12
モトカレマニア
NTV 全10話
19/10/3〜12/5
チート
〜詐欺師の皆さん、
ご注意ください〜
TX 全12話
19/10/10〜12/26
新米姉妹の
ふたりごはん
TX 全7話
19/10/18〜12/6
特命刑事
カクホの女2
NHK 全10話
19/10/18〜12/18
ミス・ジコチョー
〜天才・天ノ教授の
調査ファイル〜


TBS 全10話
19/10/18〜12/13
4分間の
マリーゴールド
EX 全8話
19/10/11〜12/6
時効警察はじめました
TX 全12話
19/10/4〜12/20
孤独のグルメ
Season8


TX 全12話
19/10/18〜12/27
ひとりキャンプで
食って寝る


NHK 全5話
19/10/19〜11/16
少年寅次郎
NTV 全10話
19/10/12〜12/14
俺の話は長い
EX 全8話
19/11/2〜12/21
おっさんずラブ
-in the sky-

NHK 全8話
19/10/26〜12/14
決してマネしないで
ください。


CX 全8話
19/10/5〜11/30
リカ
EX 全10話
19/10/5〜12/14
Re:フォロワー
TBS 全11話
19/10/20〜12/29
グランメゾン東京
NTV 全10話
19/10/13〜12/15
ニッポンノワール
−刑事Yの反乱−
20:00 21:00 22:00 23:00 24:00
2018年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2018年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2018年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2018年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2018年4-6月期ドラマ 視聴率一覧 2018年1-3月期ドラマ 視聴率一覧
2017年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2017年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2017年4-6月期ドラマ 視聴率一覧 2017年1-3月期ドラマ 視聴率一覧
2016年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2016年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2016年4-6月期ドラマ 視聴率一覧 2016年1-3月期ドラマ 視聴率一覧
2015年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2015年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2015年4-6月期ドラマ 視聴率一覧 2015年1-3月期ドラマ 視聴率一覧

『2019年秋ドラマ(10-12月)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月28日

この男は人生最大の過ちです TOP

『この男は人生最大の過ちです』(このおとこはじんせいさいだいのあやまちです)は、2020年1月18日から同年3月21日まで、朝日放送テレビ(ABCテレビ)制作により「ドラマL」(日曜 23:35 - 翌 0:05)で放送された。テレビ朝日(日曜 2:30 - 3:00(土曜深夜))ほか同系列局においても放送。全10話。


各話あらすじ(2020年1月19日 - 3月22日)全10話
第1話 2020年1月18日「速水もこみちが恋するドM社長に」
 天城製薬の派遣社員・佐藤唯(松井愛莉)は、愛犬を亡くした悲しみからバーで酒をあおっていた。「生き返る薬、開発しろよ〜」と泣きながらクダを巻いていると、一人の男が声をかけてくる。「死んだものは生き返らない」。その代わりに、過剰摂取すれば、すぐにでも犬に会える薬を教えると言う。さらに「無駄吠えは家でやれ」と、容赦ない言葉を連射。すると唯は、仕返しに足を引っかけて男を転ばせると、「わざとでーす」と言い捨て店を出る。その男が、自社の社長、天城恭一(速水もこみち)であることも知らずに…。翌日、社長室に呼び出された唯は、クビを覚悟で出頭。しかし、天城が唯に告げた言葉は「僕を奴隷にしてください」だった。

第2話 2020年1月25日「ドM社長が合コンに!! 」
 天城(速水もこみち)は唯(松井愛莉)の言い付けを守り、唯と距離を置く事に。数日後、愛犬を失って初めての誕生日を迎えた唯の前に、花束を手に立つ天城の姿が…。

第3話 2020年2月1日「誕生パーティーに美女乱入で大乱闘」
 天城(速水もこみち)の誕生日会に招待された唯(松井愛莉)は、天城に恥をかかせれば縁を切れると秘書の名取(入江甚儀)に言われ、しぶしぶ出席する。当日、会場には天城の父である会長(渡辺裕之)の姿があった。

第4話 2020年2月8日「危険な温泉旅行!? 社長が仕掛けた罠」
 唯(松井愛莉)は天城社長の秘書・名取(入江甚儀)に頼まれ、天城(速水もこみち)らと温泉旅行へ。唯と名取は恋人のふりをして、唯を諦めるよう天城を仕向けるが…。

第5話 2020年2月15日「社長を誘う美女登場!!」
 唯(松井愛莉)は天城(速水もこみち)の車に落としたイヤリングを受け取るため会議場へ。そこで唯は、エレベーターで二人きりになった男性から、いきなり迫られる。

第6話 2020年2月22日「M男社長のイケない写真流出!!」
 犬の情報交換のため連絡を取り合う唯(松井愛莉)と藍田(平岡祐太)は、天城(速水もこみち)も含めドッグランへ行く事に。だが当日、天城は予定をキャンセルする。

第7話 2020年2月29日
 天城(速水もこみち)との関係を勘ぐる社内の空気に疲れた唯(松井愛莉)。「誰もいない水族館で癒やされたい」と小声で口にすると、天城はすぐに水族館を貸し切る。

第8話 2020年3月7日「激白!! 社長の過去」
 残業している唯(松井愛莉)のため、天城(速水もこみち)は豪華なディナーをオフィスに運び込む。食事中、唯は天城が「褒められ嫌い」になった過去について蒸し返す。

第9話 2020年3月14日「無敵社長に宣戦布告!! 男たちの逆襲」
 天城(速水もこみち)の過去を知った唯(松井愛莉)は、その重さに耐えかね藍田(平岡祐太)を頼る。唯はドッグランで話を聞いてもらうも、藍田に急患の知らせが…。

最終話 2020年3月21日「奴隷社長の恋は衝撃の結末に…!!」
 天城(速水もこみち)が搬送された病院に駆けつける唯(松井愛莉)。病室には白布を掛けられた天城が。後日、藍田(平岡祐太)に会った唯は、本心を告げる。


原作概要
『この男は人生最大の過ちです』は、九瀬しきによる日本の漫画。『コミックシーモア』内の電子コミック誌『恋するソワレ』(ソルマーレ編集部)で2017年Vol.3より連載中。

「みんなが選ぶ!!電子コミック大賞2019」にて女性部門賞を受賞[2]。2019年実写版CMも映画館限定の劇場予告として石川恋・井浦新主演で放映された。


ドラマ概要
「みんなが選ぶ!!電子コミック大賞2019」で女性部門賞を受賞した九瀬しきの同名コミックを原作に、速水もこみちが連続ドラマに10年ぶりに主演するラブストーリー。速水は顔よし、頭脳よし、家柄よしで非の打ち所のない製薬会社の社長ながら“ドM”な一面を持つ天城恭一を演じる。


ストーリー
「天城製薬」の派遣社員・佐藤唯(松井愛莉)は、愛犬を亡くした悲しみから「生き返る薬、開発しろよ〜」と泣きながらバーでクダを巻いていた。すると、1人の男が「死んだものは生き返らない」と声をかけてくる。

「無駄ぼえは家でやっていただけませんか」と、容赦ない言葉を浴びせられた唯は、仕返しに足を引っ掛けて男を転ばせ「わざとで〜す」と言い捨てて店を出る。その男は、唯の会社の社長・天城恭一(速水もこみち)であることも知らずに…。

翌日、社長室に呼び出された唯。しかし、天城が唯に告げた言葉は「僕を奴隷にしてください!」だった。


キャスト
速水もこみち
天城恭一 役
製薬会社「天城製薬」の社長で顔よし、頭脳よし、家柄よしと非の打ち所がない。優秀な研究者でありながら経営者としても一流。しかし、いちずに思いを寄せる唯だけには“ドM”な一面を見せる。

松井愛莉
佐藤唯 役
「天城製薬」に勤める派遣社員。社内でのおとなしいイメージからは想像できない“隠れドS”な素質がある。社長から奴隷志願されるという非常事態に心が揺れる。

田中道子
三島冴 役
天城の同級生。天才科学者。“多能性細胞”を開発しノーベル賞候補となっている。天城への思いもはっきりと伝える天真らんまんな性格。

入江甚儀
名取蒼 役
天城社長に忠実なエリート秘書。女性に対してはだらしない性格。

片山萌美
石川麻美 役
唯の先輩。天真らんまんで少しミーハーな性格。唯と天城の関係を面白がりながらも、応援している。

平岡祐太
藍田航之郎 役
天城の同級生で友人。手術成功率100%のスーパードクター。クールな性格だが、天然な部分も。

スタッフ
原作 - 九瀬しき『この男は人生最大の過ちです』
プロデューサー - 山崎宏太(朝日放送テレビ)、清家優輝(ファインエンターテイメント)
監督 - 菊地健雄、桑島憲司
音楽 - 池永正二(あらかじめ決められた恋人たちへ)
脚本 - さくのり限、伊澤理絵
制作協力 - ファインエンターテイメント
制作著作 - 朝日放送テレビ

主題歌:I’m a slave for you/川口レイジ
エンディング:STOP/川口レイジ


番組公式サイト
この男は人生最大の過ちです - Wikipedia

『この男は人生最大の過ちです TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パパがも一度恋をした TOP

『パパがも一度恋をした』(パパがもいちどこいをした)は、2020年2月1日から同年3月21日まで、東海テレビ制作・フジテレビ系「オトナの土ドラ」(毎週土曜 23:40〜24:35)で放送された。全8回。主演は小澤征悦。


各話あらすじ(2020年2月1日 - 3月22日)全8話 平均視聴率 2.85%
第1話 2020年2月1日「亡き妻がおっさんになって帰ってきた!?笑いと涙の愛の物語」 視聴率 2.9%
 妻の多恵子(本上まなみ)を3年前に亡くした吾郎(小澤征悦)は立ち直ることができず引きこもっている。そんな吾郎と娘・トモ(福本莉子)の前に多恵子を名乗る全裸のおっさん(塚地武雅)が現れた。信じない2人だが吾郎の父・タロスケ(麿赤兒)は多恵子が生き返ったと大騒ぎ。一方、多恵子の父・十郎(山田明郷)は吾郎に、1週間以内に再就職しないとトモを引き取ると宣言する。
 
第2話 2020年2月8日「おっさんVS愛娘!吾郎の如意棒!目指せ愛の国ガンダーラ!?」 視聴率 3.1%
 おっさん(塚地武雅)姿の多恵子(本上まなみ)に吾郎(小澤征悦)は戸惑うが、料理の味や仕草は多恵子そのもの。ならばおっさんを愛せるのかと自問する吾郎に、いとこの‘トカレフ’こと英太(塚本高史)はとんでもないことを助言する。トモ(福本莉子)はおっさんが家事全般をしてくれることに感謝しながらも、母亡き後、自分がしてきたことを奪われたようで寂しさを覚える。

第3話 2020年2月15日「愛娘がおっさんに!?義父、愛と涙のコブラツイスト!」 視聴率 2.7%
 吾郎(小澤征悦)とトモ(福本莉子)は生き返った多恵子(本上まなみ)、通称・おっさん多恵子(塚地武雅)に慣れ始める。そんな中、来訪した十郎(山田明郷)が謎のおっさんと暮らす吾郎に激怒。元プロレスラーの十郎に技をかけられた吾郎はこれは生き返った多恵子だと叫んでしまう。だが、十郎はおっさん多恵子を拒絶。吾郎は落ち込むおっさん多恵子を連れ、十郎の家に向かう。

第4話 2020年2月22日「橋本マナミが参戦!最凶母娘登場!受難のトレカフ&誘拐騒ぎ」 視聴率 3.1%
 おっさん多恵子(塚地武雅)を生き返った多恵子(本上まなみ)として受け入れた吾郎(小澤征悦)は、トモ(福本莉子)がまだ「ママ」と呼べずにいることがもどかしい。ある日、タロスケ(麿赤兒)が親戚の女児・りの(粟野咲莉)を一時的に預かる。りのはおっさん多恵子に対するトモの態度に疑問を抱く。

第5話 2020年2月29日「死んだ妻に瓜二つ!?究極の選択!塚地武雅VS本上まなみ!波乱のおっさンバ」 視聴率 2.2%
 吾郎(小澤征悦)は道で多恵子(本上まなみ)にそっくりな女性とすれ違う。その女性はトモ(福本莉子)のクラスの臨時担任・ミク(本上=2役)だった。そんなある日、ミクが吾郎らの家にやって来る。おっさん多恵子(塚地武雅)が動揺する中、吾郎は生前の多恵子を思い出し、涙をこぼす。翌日、吾郎は「多恵子に会いたい」という一心でトモの学校へ行き、不審者に間違えられる。

第6話 2020年3月7日「涙のおっさん寿司!親友との再会…吾郎が多恵子の為に奔走する愛のストーカー事件」 視聴率 2.8%
 多恵子(本上まなみ)の実家から多恵子の中学時代の写真と手紙が届いた。おっさん多恵子(塚地武雅)は、手紙に書かれた親友・えみこ(紺野まひる)のことを懐かしむ。2人を会わせたい吾郎(小澤征悦)は、トカレフ(塚本高史)にえみこの行方を捜してもらう。後日、トカレフが開いた合コンにえみこが現れた。吾郎はおっさん多恵子を親戚のガンスケと紹介し、2人を再会させる。

第7話 2020年3月14日「ママが天国へ帰る? クライマックス間近!おっさんフォーエバー前編! 初恋と夫婦愛」 視聴率 2.8%
 吾郎(小澤征悦)とトモ(福本莉子)は、おっさん多恵子(塚地武雅)が8日後に天国へ帰ることを知り、衝撃を受ける。おっさん多恵子は、多恵子(本上まなみ)の死後、落ち込む吾郎を元気づけようと天国の神様から許しをもらい、現世に来たと明かす。多恵子の愛を知り、吾郎はますます別れを受け入れられない。そんな中、トカレフ(塚本高史)がやって来て、好きな人ができたと言う。

最終話 2020年3月21日「さよならママ! 究極の愛が呼ぶ奇跡!感動の最終回! おっさんフォーエバー後編」 視聴率 3.2%
 吾郎(小澤征悦)とトモ(福本莉子)が、多恵子(本上まなみ)と別れる日まであとわずか。そんな中、おっさん多恵子(塚地武雅)の外見が、詐欺容疑で指名手配中の辰夫(塚地=2役)という実在の人物と判明。辰夫にはユカリ(阿部純子)という娘がいることも分かり、吾郎とおっさん多恵子は彼女に会いに行く。ところが、ユカリはやくざ稼業の父親に対し、憎しみに近い感情を抱いていた。


※第2話は『土曜プレミアム翔んで埼玉 (21:00 - 23:20、フジテレビ制作)の為、(23:50 - 0:45)放送

※最終話は当初『世界フィギュアスケート選手権2020男子フリー』(19時00分 - 22時00分)だったが、新型コロナウイルス感染症の流行 により大会が中止になり同枠で『緊急生放送!FNS音楽特別番組 春は必ず来る』19時00分 - 22時00分、フジテレビ制作)及び『土曜プレミアム インデペンデンス・デイ:リサージェンス』(22時00分 - 0時10分、フジテレビ制作)の為、日曜日になってからの放送(0時10分 - 1時05分)に放送。


原作概要
『パパがも一度恋をした』は、阿部潤による漫画。ビッグコミックスピリッツ(小学館)の2009年43号から2012年36・37合併号まで連載された。妻を亡くし引きこもった夫の前に男の姿をして生まれ変わった妻が現れたことで繰り広げられる家族劇を描いたラブコメディ。
 

ドラマ概要
最愛の妻を失い絶望した男性が再び立ち直るまでの、不思議な愛を描くヒューマンコメディー。阿部潤の同名漫画を原作に、家族の前に突如現れた妻の生まれ変わりの中年男性によって少しずつ再生されていく家族の絆を、ハートフルに描く。


ストーリー
3年前に愛する妻・多恵子(本上まなみ)を交通事故で失った山下吾郎(小澤征悦)は、そのショックから、仕事を辞めて自宅に引きこもり続けていた。一人娘のトモ(福本莉子)は、そんな吾郎を心配しつつ、自分が頑張らなければと家事をこなし、祖父・タロスケ(麿赤兒)や吾郎のいとこ・加藤英太(塚本高史)と共に、笑顔で過ごす日々。いつの日か、吾郎が元の“かっこよくて優しいパパ”に戻ってくれると信じて…。

そんなある日、吾郎たちの前に見知らぬおっさん(塚地武雅)が現れる。自分は多恵子だと訴えるおっさんのことを信じられない吾郎とトモだが、タロスケは多恵子だと断言する。


キャスト
山下吾郎
演 - 小澤征悦
3年前に最愛の妻・多恵子を亡くして以来、引きこもり生活を送る、山下家のダメパパ。元々は商社マンで、仕事もでき、家族をこよなく愛する“かっこよくて優しいパパ”だったが、多恵子への愛が強過ぎたためにショックも大きく、その死を受け入れられない。いまだに多恵子の墓参りにも行けずにいる。

おっさん多恵子/川上辰夫
演 - 塚地武雅(ドランクドラゴン)
多恵子の生まれ変わり。3年前にこの世を去ったが、吾郎の様子を見ていられず、なぜか中年のおっさんの姿でよみがえった。戸惑いつつも、吾郎らと再び生活できることを心から喜ぶ。天然で優しくかわいらしい性格で、料理の腕も抜群。すね毛を気にしたりする乙女心も忘れない。

山下多恵子/佐々木ミク
演 - 本上まなみ
3年前に交通事故で亡くなった、吾郎の妻。山下家の精神的支柱であり、女神のような存在だった。美人な上に人好きのする穏やかな性格で、家族にとっては自慢の妻であり母。残した家族のことを天国から見守っていたが、吾郎が立ち直れない状態を見かねて現世に降りてくる。

山下トモ
演 - 福本莉子
山下家の一人娘で、高校2年生。元々は甘えん坊な性格だったが、中学2年生の時に母・多恵子を亡くして以来引きこもる吾郎を見かねて、家事を取り仕切ったりと、しっかりせざるを得なかった事情が。動物好きで将来は獣医になりたいと考えているが、大学に進学するか迷っている。

持田ともこ
演 - 根本りつ子

持田十郎
演 - 山田明郷

宮下純平
演 - 黒木啓司(EXILE/EXILE THE SECOND)

小金沢光代
演 - 池津祥子

加藤英太(トカレフ)
演 - 塚本高史
しょっちゅう山下家にやって来る、吾郎のいとこ。通称・トカレフ。いつも適当な発言で吾郎を刺激してしまうトラブルメーカーだが、振り回される吾郎もなぜかいつも許してしまうキャラクター。仕事で世界を飛び回っていると吹聴しているが、その実態は誰も知らない。

山下タロスケ
演 - 麿赤兒
吾郎の父。山下家でのんびりと過ごしている。多恵子を亡くして失意の吾郎を優しく見守っていたが、それがかえって引きこもりを悪化させてしまった。おっさん姿の多恵子を真っ先に多恵子自身だと認識するなど、時に優れた直感を発揮することも。

大垣幹太
演 - 若林時英

古賀サキ
演 - 仁村紗和

西野佳奈
演 - 新実芹菜

ゲスト
片瀬りの
演 - 粟野咲莉(第4話)
菊三の孫、ナナの子。

片瀬ナナ
演 - 橋本マナミ(第4話)
菊三の娘、りのの母。

片瀬菊三
演 - 大久保鷹(第4話)
タロスケの従兄弟。

片瀬文子
演 - 駒塚由衣(第4話)
菊三の妻。

高木えみこ
演 - 紺野まひる(第6話)
多恵子の親友。

勝彦
演 - 矢野聖人(第6話)
えみこの恋人。

姫乃樹ティアラ
演 - 綾乃彩(第7話・最終話)
トカレフの恋人でおっさん多恵子のパート先の同僚。

川上ユカリ
演 - 阿部純子(最終話)

スタッフ
原作 - 阿部潤 『パパがも一度恋をした』(ビッグコミックス / 小学館刊)
脚本 - 田中眞一、福島三郎、山下すばる
音楽 - 木村秀彬、福島祐子
企画 - 市野直親(東海テレビ)
演出 - 後藤庸介、六車俊治
プロデューサー - 河角直樹(東海テレビ)、松本圭右(東海テレビ)、古林郁子(ジ・アイコン)、高石明彦(ジ・アイコン)
主題歌 - 湘南乃風「ただいま」
制作著作 - The icon
制作 - 東海テレビ


番組公式サイト
パパがも一度恋をした - Wikipedia

『パパがも一度恋をした TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伝説のお母さん TOP

『伝説のお母さん』(でんせつのおかあさん)は、NHK総合テレビの「よるドラ」枠(毎週土曜 23:30〜24:00)で、2020年2月1日から同年3月21日まで放送された。全8話。前田敦子主演。


各話あらすじ(2020年2月1日 - 3月21日) 全8話
第1話 2020年2月1日「ほいくしょがあいていない!」
 魔法使いのメイ(前田敦子)ら伝説の勇者一行はかつて世界を支配しようとした魔王(大地真央)を撃退し、平和を取り戻した。今、メイは生後8カ月の娘の育児に奮闘している。だが魔王が復活し、メイは国王(大倉孝二)の士官・カトウ(井之脇海)から再び魔王討伐の旅に出てほしいと言われる。夫のモブ(玉置玲央)は頼りなく、娘を預ける保育所に空きがないため、メイは悩む。

第2話 2020年2月8日「こづれでいこうぜ」
 子連れで魔王(大地真央)討伐の冒険に出たメイ(前田敦子)を、仲間の盗賊・ベラ(MEGUMI)は叱る。だが、同じく仲間の僧侶・クウカイ(前原瑞樹)は「子連れで魔王に勝利したら格好良くないすか」と発言。賛同したリーダーのマサムネ(大東駿介)は冒険の継続を決め、メイに「伝説のお母さんになれ」と告げる。一方、魔王は人間が抱える問題を研究し次の攻撃を考えていた。

第3話 2020年2月15日「働"け"ざる者たち」
 カトウ(井之脇海)はメイ(前田敦子)の子育て問題を先に解決すべきと国王(大倉孝二)に直訴するが、逆に魔王(大地真央)討伐を急ぐよう言われてしまう。一方、ベラ(MEGUMI)は女手一つで育てる8歳の息子・ベル(林田悠作)をメイに預け、勤務先の盗賊会社の仕事に専念することになる。

第4話 2020年2月22日「ただの結婚ではないようだ」
 メイ(前田敦子)達はクウカイ(前原瑞樹)とポコ(片山友希)の結婚発表に沸く。だが戦士としてのキャリアを失いたくないポコが「子どもはいらない」と宣言し、2人の関係に暗雲が。クウカイは一子相伝の魔法を継承してきた両親・アキラ(大塚明夫)とアツコ(仙道敦子)の期待に応えようとしていた。一方、マサムネ(大東駿介)は魔王(大地真央)から意外なことを告げられる。

第5話 2020年2月29日「そして決断へ…」
 メイ(前田敦子)達は、魔王(大地真央)討伐に向けた決起集会を開く。そこへカトウ(井之脇海)がやって来て、「全員、魔王討伐のメンバーから外された」と告げる。新リーダーには、メイの後輩魔法使い・メルル(林田岬優)が任命され、国王(大倉孝二)主催で新たな討伐メンバーを選ぶトーナメントも行われるという。メイは子育てに専念できる状況に安堵(あんど)するが…。

第6話 2020年3月7日「眠れる勇者と導きの魔王」
 魔王(大地真央)討伐の新メンバーを選ぶトーナメントに出場したメイ(前田敦子)は、会場で夫・モブ(玉置玲央)と鉢合わせる。言い争う2人を笑って傍観する国王(大倉孝二)に、カトウ(井之脇海)が「陛下のせいです」と言ってしまったことから、モブが会社を解雇された裏事情が明らかに。ショックで家出したモブは、そこが魔界とは気付かず、マサムネ(大東駿介)の元に身を寄せる。

第7話 2020年3月14日「メイとモブと魔王と呪われし会談」
 「平和的に話し合いたい」という魔王(大地真央)側の要求が国王(大倉孝二)に伝わる。魔王のわなではと疑う国王は、メイ(前田敦子)やベラ(MEGUMI)らを再び集め、この機に乗じて魔王を生け捕りにする作戦を授ける。メイがモブ(玉置玲央)の育児に不安を抱く中、迎えた国王と魔王の首脳会談当日。メイ達が作戦を実行に移そうとしたその時、魔王は意外なことを口にする。

最終話 2020年3月21日「ろーど しますか?」
 パーティーから外され、子どもを連れてカトウ(井之脇海)の家を訪れたメイ(前田敦子)は、ある人物と出会い、モブ(玉置玲央)の元へ戻る決心をする。一方、魔王(大地真央)との決戦に挑むベラ(MEGUMI)達は、なすすべもなく敗北寸前まで追い詰められる。魔王がとどめを刺そうとした時、メイが救出に駆け付けた。ところが魔王は、メイ達の想像を超える力を身に付けていた。


概要
ロールプレーイングゲーム(RPG)の世界を舞台に、“伝説のお母さん”が魔王討伐に奮闘する姿を描く、ファンタジーなのにリアルな子育てストーリー。出産後初のドラマ主演となる前田敦子が、かつて勇者と共に魔王を撃退した魔法使いのメイ役に扮する。


ストーリー
かつて闇の力で世界を支配しようとした魔王を撃退し、世界の平和を取り戻した勇者一行。この戦いに参加した伝説の魔法使い・メイ(前田敦子)は、訪れた平穏な日々の中、めでたく第1子を出産する。

専業主婦として子育てに奮闘する日々を送っていたメイのもとに、ある日、魔王が封印を解かれて復活したという知らせが届く。国王(大倉孝二)は、伝説の一行に魔王討伐の命を下すが、0歳8カ月の娘・さつきを預ける保育所も空いていないばかりか、夫・モブ(玉置玲央)も頼りにならず、メイの現状はそれどころではなかった。

果たしてメイは、数々の障壁を乗り越えて「育児」と「世界平和」の両立を実現することができるのか!?


キャスト
伝説のパーティ
メイ - 前田敦子
かつて魔王を封印した史上最強の魔法使い。現在はワンオペの家事育児と戦う毎日。0歳8カ月の一人娘・さつきを抱え、初めての子育てに奮闘中。「家事育児はお母さんの仕事」という思いが強く、一緒に子育てしてくれない夫のモブにも強く言えない。

ベラ - MEGUMI
伝説のシーフ(盗賊)。あらゆる情報に精通し、世界を見通す。夫と離婚し、1人で8歳の息子・ベルを育てている。完全男社会な盗賊会社で戦うワーキングマザー。マイペースなメンバーをまとめる裏ボス的存在。

ポコ - 片山友希
伝説の戦士

クウカイ - 前原瑞樹
伝説のパーティに新加入した僧侶

マサムネ - 大東駿介
伝説の勇者。イクメン。商社勤務で男性の育休取得者第1号となったが、社内の風当たりは強く、疲弊している。リーダーっぽい決めゼリフを試みるが、根が適当なため大していいことは言えない。モブとは悪友同士。もうすぐ第2子が生まれる。目立ちたがり屋で持ち歌を持っている。

人間界
モブ - 玉置玲央
メイの夫。行き当たりばったりの性格。ゲームとゴロ寝が大好き。「男は一家の大黒柱」という思いも強く、メイに対してコンプレックスを隠し持っている。娘・さつきのことはかわいがっているが、オムツは替えられない。おだてに弱く、人はいい。

さつき - 岡部明花俐、岡部光花俐(2人1役)
メイとモブの娘、愛称はさっちゃん。

バーのマスター - 中村まこと

メルル - 林田岬優(第4話〜)
メイの魔法大学時代の3年後輩でカトウの同期の魔法使い。

国王に仕える大臣 - 大竹直、中藤奨、高橋義和

カトウ - 井之脇海
国王に仕える若き士官。実直な仕事ぶりで人望も厚い。10年前の魔王侵攻の際、メイに家族を救ってもらった。冒険と育児の両立に悩むメイを支えようと奔走するが、国王のムチャぶりに振り回され、いつも苦労が絶えない。

国王 - 大倉孝二
メイたちの国を統治する王さま。「私、偉い?」が口癖。士官のカトウや大臣たちをいつも困らせている。子育て政策には無関心。自国にラグビー世界大会を招致するのが夢。適当なようで、たまに鋭い発言をする。

魔界
リツ - 松岡恵望子
マサムネの妻、魔界にマイホームを持つ。

魔王の側近 - 村上新悟
復活を遂げた魔王が人間界の育児・家事事情を理解するための教材VTR(制作・著作:MHK)を制作している。

魔王 - 大地真央
魔界を支配する王。侵略のため人間を研究するも、魔族は雌雄同体であるため、「男だから」「女だから」という概念が理解できない。人間界の「ショウシカ」「ワンオペ」「タイキジドウ」に付け入った奇策を弄する。

魔界のお兄さん - 小林よしひさ

魔界のお姉さん - 上原りさ
側近が制作した教材VTRに登場。劇中では、「ショーシカ」・「マミートラック」・「大黒柱」(再生されず)について説明。

ゲスト
第1話
メイの母 - 梅沢昌代
料理番組の出演者 - 孫成順、吉田桃華

ピアンカ - 島田桃依
子育て担当課の職員
第2話
テレビリポーター - 阿部祐二(第5話)

第3話
ベル - 林田悠作
ベラの息子

第4話
タカギ - 杉浦太陽
勇者派遣会社「スクエニー」所属の派遣勇者。マサムネの代理でパーティに一時的に加入した。保育士、歯科衛生士、インテリアコーディネーターの資格を所持。

アキラ - 大塚明夫
クウカイの父

アツコ - 仙道敦子
クウカイの母

第5話
レフリー - お宮の松(第6話)
「魔王討伐パーティー選抜トーナメント」のレフリー。

ブレイブ・ドリーマー - 藤森慎吾(オリエンタルラジオ、写真のみの出演)
「魔王討伐パーティー選抜トーナメント」にエントリーした戦士。

修行の講師 - 益山貴司

第6話
ダンサー - 池田美千瑠

ヨシムネ
マサムネとリツの子ども。

最終話
クミコ - 安澤千草
カトウの母

スタッフ
原作 - かねもと『伝説のお母さん』
脚本 - 玉田真也、大池容子
予告編ナレーション - ましゅるむ(Youtuber)
CG制作 - 大月壮
劇中SNS制作 - 志村環、松田美喜子
グラフィック制作 - 勝木めぐみ
美術 - 小谷内理華、佐久間ゆかり
美術進行 - 浅沼道之、高橋尚孝、荘埜裕介、佐藤浩、金平裕之、椎名俊明
美術統括 - 小澤直行
装飾 - 松本吉正、落合生嗣
資料提供 - だっことおんぶの研究所
抱き方指導 - 中垣佳代子
メイク - 馬場五大、岡本侑子
ヘアメイク - 石月裕子、猪狩友介
衣裳制作 - 森まき
スタイリスト - 山エリ
編集 - 岡崎正亮
記録 - 村上律子
TD - 高口英史、酒井俊史
撮影 - 大石理沙、石橋正和、山口卓夫、高橋秀幸、岩崎巧
照明 - 阿刀田琢、関康明、山本大貴、鈴木勇人、菅原陽一郎、嶋岡万美子
音声 - 奥山操、佐藤生康、天利浩和、水野友晴、榎田大道
映像技術 - 岡本卓、山下輝良
音楽 - 宮崎誠
音響統括 - 吉田直矢
音響効果 - 佐藤あい、千本木真純
プロデューサー - 上田明子
制作統括 - 松川博敬、篠原圭、岡本伸三
演出 - 村橋直樹、佃尚能、二見大輔、田中健二
制作・著作 - NHK


番組公式サイト
伝説のお母さん - Wikipedia

『伝説のお母さん TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アリバイ崩し承ります TOP

『アリバイ崩し承ります』(アリバイくずしうけたまわります)は、2020年2月1日から同年3月14日まで、テレビ朝日系「土曜ナイトドラマ」枠(毎週土曜 23:15〜24:05)で放送された。全7話。主演は浜辺美波。


各話あらすじ(2020年2月1日 - 3月14日)全7話 平均視聴率 4.67%
第1話 2020年2月1日「死者のアリバイ」 視聴率 5.2%
 時計店を1人で営む時乃(浜辺美波)は、商店街で知り合った県警捜査一課の管理官・察時(安田顕)と共に作家・奥山(丸山智己)の交通事故に遭遇する。奥山は殺人を告白して死亡し、察時は奥山の証言通りの事件だと判断。刑事の雄馬(成田凌)は着任したての察時の指示が気にくわない。そんな中、奥山のアリバイが発覚。察時は、時乃が‘アリバイ崩し’が得意と知り…。

第2話 2020年2月8日「ストーカーのアリバイ」 視聴率 4.5%
 医科大学教授・杏子(星野真里)の刺殺事件が発生。興味を抱く時乃(浜辺美波)に、察時(安田顕)はアリバイ崩しを頼むことはないと断言する。捜査では、杏子に金の無心をしていた元夫・菊谷(忍成修吾)が疑われるが、犯行時刻に居酒屋にいた鉄壁のアリバイが。察時は菊谷のある言葉が引っ掛かる。一方、捜査一課の雄馬(成田凌)は察時の下宿先が時乃の家と知り、敵視する。

第3話 2020年2月15日「美人姉妹のアリバイ」 視聴率 5.1%
 ピアノ講師が自宅で殺される事件が発生。被害者が通うマッサージ店店長・芝田(木村了)の証言により、犯行時刻が明確になる中、アリバイのない被害者の妹・純子(橋本マナミ)は、自分が殺したかもと言い出す。雄馬(成田凌)は純子を犯人だと確信するが、察時(安田顕)は供述に引っ掛かりを覚える。一方の時乃(浜辺美波)は、事件解決に‘アリバイ探し’が必要だと知る。

第4話 2020年2月22日「山荘のアリバイ」 視聴率 4.2%
 時乃(浜辺美波)は旅先のペンションで殺人事件に遭遇した察時(安田顕)に頼まれ、ドライブデートと勘違いする雄馬(成田凌)と共に現地へ。被害者は宿泊客の男性で、察時を含む宿泊関係者を疑う現地警察の稲葉は、時乃らの登場に不満げだ。察時は警察官を目指す中学生・龍平と親しくなるが、唯一アリバイがない。時乃は周囲のアリバイ崩しに挑む。

第5話 2020年2月29日「ダウンロードのアリバイ」 視聴率 4.2%
 3カ月前に殺された富岡(田窪一世)の家で白骨体が見つかった。意気込む察時(安田顕)に対し、雄馬(成田凌)はずっと捜査をしてきた係長の牧村(勝村政信)が解決すべきだと譲らない。牧村らは、白骨体は富岡が殺した元部下で、その息子・英介(板垣瑞生)が復讐を遂げたとにらむ。時乃(浜辺美波)もまた、犯人は英介と予想。優秀な彼が高度なアリバイ工作をしたと考える。

第6話 2020年3月7日「凶器のアリバイ」 視聴率 4.2%
 暴力団の抗争が激化。使用された拳銃が見つかり、後に射殺体も発見される。時乃(浜辺美波)との会話を雄馬(成田凌)に聞かれた察時(安田顕)が焦る中、捜査会議に真壁(間宮祥太朗)ら組織犯罪対策課が加わる。真壁は威圧的な態度で周囲を圧倒。真壁の情報から容疑者が浮上するが、アリバイが判明する。一方で真壁は‘女帝’と呼ばれる上司・村木(木村カエラ)を恐れ…。

最終話 2020年3月14日「多すぎる証人のアリバイ」 視聴率 5.3%
 河川敷で焼死体が見つかり、被害者が衆院議員・渡海(徳光和夫)の秘書と分かる。渡海は雄馬(成田凌)の父で、時乃(浜辺美波)の亡き祖父とも親しかった。察時(安田顕)はもう1人の秘書・藤枝(西田尚美)の話から、渡海の犯行を疑うが、雄馬の前で口に出せない。協力を頼まれた時乃が複雑な感情を抱く中、察時と雄馬は捜査を巡り対立。さらに新たな被害者が見つかり…。


原作概要
『アリバイ崩し承ります』は、大山誠一郎によるミステリ小説。2018年9月7日に実業之日本社より刊行された。時計屋の若き女性店主が祖父譲りの推理力を発揮して、警察の捜査一課が頭を悩ませる難事件のアリバイ崩しに挑むさまを描く。

『2019本格ミステリ・ベスト10』にて国内ランキング1位、『このミステリーがすごい!2019年版』にて国内編15位にランクインし、第19回本格ミステリ大賞小説部門候補作にも選ばれた。

ドラマ概要
トリックの名手・大山誠一郎の同名小説を原作に、浜辺美波と安田顕が共演する本格謎解きミステリー。時計店を営みながら“アリバイ崩し”も承る隠れた名探偵・美谷時乃を浜辺が、エリートコースから外れて左遷された単身赴任中の刑事・察時美幸を安田が演じる。


キャスト
美谷時乃(みたに ときの)〈20〉
演 - 浜辺美波
美谷時計店 店主。
幼い頃に両親が事故で他界したため時計店を営む祖父・時生に引き取られて以来、時計修理に興味をもち修理の技術を身につけるとともに、“アリバイ崩しの名人”と呼ばれた時生からみっちりとアリバイ崩しのノウハウを仕込まれている。現在は時生も亡くなり、時計店の裏の母屋に住みながら一人で時計店をきりもりしている。勘違いから察時に空き部屋を貸すことになったのを契機に、時生から禁止されていたアリバイ崩しの依頼を一回5000円の成功報酬で引き受けるようになり、「時を戻すことができました。アリバイは、崩れました」の決め台詞とともに、難事件のアリバイをいとも簡単に崩してみせる。アリバイ崩しの危険性については認識しているが、アリバイを崩したいという思いの方が勝ってしまい、3か月前の未解決事件のアリバイ崩しでは、解決の糸口を見つけるために自ら望んで察時と一緒に殺人事件の容疑者に話を聞きに行った。

察時美幸(さじ よしゆき)〈45〉
演 - 安田顕
那野県警察本部 刑事部 管理官。警視。
警察庁勤務のキャリア組であったが、庁内の対立派閥の汚職を暴こうとして返り討ちにあい、那野県警に左遷させられた。妻・直美、中学1年生の娘・美咲と離れて那野へ単身赴任することになり、美谷時計店2階の時生が使っていた部屋に下宿する。プライドが高いため県警内に協力し合って事件を捜査する仲間を作ることができず、孤軍奮闘でアリバイ崩しに挑み頓挫していたところ、牧村から今は亡き“アリバイ崩しの名人”の存在を聞き、その孫娘である時乃も実はアリバイ崩しができると知って、葛藤の末に彼女にアリバイ崩しを依頼する。時乃の能力が知れ渡ると自分が時乃の力を借りて事件を解決したことがばれてしまうので、時乃に自分の専属となってもらう代わりに、捜査が行き詰まったら必ず相談することを約束する。

渡海雄馬(とかい ゆうま)〈25〉
演 - 成田凌
那野県警察本部 刑事部 捜査一課 刑事。巡査部長。
警察にも顔が利く国会議員・渡海一成の息子で、県警内の同僚や上司から常に忖度されていたので、突然やってきて偉そうに指示をしてくる察時のことが気に食わず事あるごとに彼に反発する。推理はいつも短絡的で、当たったためしがない。察時が鮮やかにアリバイを崩すことに違和感を持ち、協力者がいるのではないかと疑ったことがある。ゆくゆくは一成の跡を継ぐつもりでいる。時乃に好意を抱いており頻繁に時計店を訪れ口説こうとするが、真面目に相手をされたことがない。

樋口秀人(ひぐち ひでと)〈34〉
演 - 柄本時生
那野県警察本部 鑑識課 検視官。
オネエの検視官。察時と話すときはやたらと距離を詰めてくる。バレンタインには、時乃にマカロンのレシピを教えるなど女子力も高い。

下郷明斗夢(しもごう あとむ)〈24〉
演 - 井上雄太
那野県警察本部 刑事部 捜査一課 刑事。巡査部長。
雄馬の後輩刑事。察時のアリバイ崩しに尊敬の眼差しを送る。

堀雅人(ほり まさと)〈22〉
演 - 溝口琢矢
那野県警察本部 刑事部 捜査一課 刑事。巡査部長。
下郷と同じく雄馬の後輩。捜査一課最年少の若手刑事。

高杉カレン(たかすぎ カレン)〈22〉
演 - 是永瞳
那野県警察本部 事務員。
来客対応や事務を担当。時乃とも親しい。

美谷時生(みたに ときお)
演 - 森本レオ
時乃の祖父で、美谷時計店の前店主。故人。
生前は“アリバイ崩しの名人”として「アリバイは時計が主張の根拠となっているから、時計屋こそアリバイの問題をもっとも扱える人間」という方針のもと様々なアリバイ崩しを行っており、時乃が幼い頃からそのノウハウを仕込んできたが、「アリバイ崩しは人の恨みを買う危険があるので一人でやっては駄目だ」と釘を刺していた。雄馬の父・一成とは囲碁仲間だった。察時が県警に赴任する半年前に他界している。

牧村匠(まきむら たくみ)〈52〉
演 - 勝村政信
那野県警察本部 刑事部 捜査一課 係長。
自身の部下にも関わらず国会議員の父を持つ雄馬を「ジュニア」と呼び過剰に忖度し、彼の推理をベタ褒めする。過去に一度だけ時生にアリバイ崩しを依頼したことがあるが、その後は刑事としてのプライドから他人の推理に頼らなくなった。孫の時乃がアリバイ崩しの仕事を受け継いだことには気付いていない。

綿貫哲治(わたぬき てつじ)〈58〉
演 - 中丸新将
那野県警察本部 本部長。
県警トップにも関わらず、常に雄馬のご機嫌を取り忖度している。時生が県警に寄贈した柱時計の定期的なメンテナンスを時乃に頼んでいる。

ゲスト
第1話
磯田幸三〈60〉(藪マンションの管理人) - 田山涼成
奥山新一郎〈35〉(人気推理作家) - 丸山智己
中島香澄〈35〉(親読出版 編集者) - 森矢カンナ
肉屋の店主 - 小浦一優(芋洗坂係長)

第2話
浜沢杏子〈42〉(那野県立医科大学医学部 教授) - 星野真里
菊谷吾郎〈45〉(杏子の元夫・経営コンサルタント) - 忍成修吾
浜沢安嵐〈30〉(杏子の弟・美容師) - 金井勇太
梶山達夫(那野県立医科大学医学部 研究助手) - 森準人

第3話
河谷純子〈32〉(河谷敏子の妹・ホステス) - 橋本マナミ
芝田和之〈35〉(マッサージ店「里楽贅処」の店長) - 木村了

第4話
稲葉茂男〈43〉(山梨県警刑事) - デビット伊東
原口龍平〈13〉(ペンション「時計荘」の宿泊客・中学生) - 大西利空
野本和彦(「時計荘」の宿泊客) - 吉田ウーロン太
黒岩賢一(「時計荘」の宿泊客) - 尾崎右宗
上寺千恵(「時計荘」の宿泊客) - 西丸優子
里見良介(「時計荘」のオーナー) - ノモガクジ
里見万希子(良介の妻) - 阿部朋子

第5話
和田英介〈21〉(超難関校「明央大学」の学生) - 板垣瑞生
富岡真司(健康器具販売会社 社長) - 田窪一世
古川桔平〈21〉(英介の学友) - 井上翔太

第6話
真壁剛士〈25〉(那野県警 組織犯罪対策課 刑事・雄馬の幼馴染) - 間宮祥太朗
村木キャサリン(那野県警 組織犯罪対策課・警部・通称「組対の女帝」) - 木村カエラ
平根勝男(大村製薬 社員) - 斎藤陽一郎

最終話
渡海一成〈65〉(衆議院議員・雄馬の父) - 徳光和夫
藤枝ミホ〈43〉(一成の議員秘書) - 西田尚美
名越徹(一成のもう一人の議員秘書) - 須田邦裕
安本孝之(一成のパーティーに参加したスーパーの店員) - 藤原智之

スタッフ
原作 - 大山誠一郎 『アリバイ崩し承ります』(実業之日本社刊)
脚本 - いずみ吉紘
監督 - 河合勇人、星野和成
ゼネラルプロデューサー - 横地郁英(テレビ朝日)
プロデューサー - 浜田壮瑛(テレビ朝日)、山本喜彦(MMJ)
制作 - テレビ朝日、MMJ


番組公式サイト
アリバイ崩し承ります - Wikipedia

『アリバイ崩し承ります TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トップナイフ-天才脳外科医の条件- TOP

『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』は、2020年1月11日から同年3月14日まで、毎週土曜日22時 - 22時54分に、日本テレビ系の「土曜ドラマ」で放送された。全10話。主演は天海祐希 。


各話あらすじ(2020年1月11日 - 3月14日)全10話 平均視聴率 11.27%
第1話 2020年1月11日「脳の謎に挑む!天才の頂上決戦」 視聴率 13.0%
 「東都総合病院」の‘女帝’こと脳神経外科医の深山(天海祐希)は、部長の今出川(三浦友和)から、新任の医師3人のまとめ役を押し付けられる。その顔ぶれは、‘世界のクロイワ’の異名をとる腕ながら、女癖の悪さでも知られる黒岩(椎名桔平)。外科とカテーテルの二刀流で、3度の飯よりオペが好きな西郡(永山絢斗)。医学部を首席で卒業した自信家で、実力が伴わぬことに気付かない専門研修医の幸子(広瀬アリス)。着任早々、急患の対応を任され固まる幸子の前に現れた深山は、的確な判断で緊急開頭し、患者の危機を救う。

第2話 2020年1月18日「脳の不思議…ストーカーの謎!」
 自殺未遂を繰り返す和子(濱田マリ)が搬送されてきた。オペしか頭にない西郡(永山絢斗)は、担当を降りようとするが、深山(天海祐希)は最後まで責任を持つよう命じる。一方、1年前のバス事故で脳挫傷を負った由香里(松本若菜)が、頭痛を訴えて受診。しかし、その真の目的は「付きまといをやめさせてほしい」というもので、相手はこの病院の脳外科医だとおびえる。

第3話 2020年1月25日「女帝に殺人容疑!?捨てた過去」
 深山(天海祐希)と黒岩(椎名桔平)は、くしくもそれぞれ子ども絡みの問題を抱えることに。そんな中、交通外傷で前月、一晩だけ入院した赤坂(金井勇太)が、ある症状を訴え受診する。一方、1年前にくも膜下出血で搬送され、深山が執刀した神戸(池田成志)が来院し、「深山に殺された」と訴える。それは、黒岩が海外で1例だけ体験し、深山にとっては初めての症例で…。

第4話 2020年2月1日「手術ミス!?失われた記憶と殺意」
 パジャマ姿でうろつき、搬送された女性(中尾ミエ)は身元不明。開頭手術の痕跡から深山(天海祐希)は「逆向性健忘」と診断した。女性について話す深山と西郡(永山絢斗)の元に、娘の千春(三浦透子)が駆け付け、彼女の正体が判明する。一方、清(本田博太郎)が幼なじみ・正(綾田俊樹)を連れて来院。正の記憶は約30年前の33歳で止まり、清を叔父と思い込んでいるという。

第5話 2020年2月8日「才能の激突!勝負のオペの行方」
 西郡(永山絢斗)の母・喜和子(中尾ミエ)が回復する一方、西郡本人は自信を失い覇気がない。そんな中、テレビでも人気のピアニスト・景浦(柿澤勇人)に巨大な聴神経腫瘍が認められた。景浦の要望は聴神経温存。深山(天海祐希)は救命も難しいこの手術に西郡を指名した今出川(三浦友和)を問いただす。同じ頃、西郡は3階から転落したピアノ講師・麻理恵(大西礼芳)を診察する。

第6話 2020年2月15日「密室緊急オペ!女帝に復讐せよ」
 かつて深山(天海祐希)の下で働いていた大澤(山本浩司)が、西郡(永山絢斗)の診察を受ける。10年前、深山に解雇され、実家の病院を継いだ大澤は、‘もう一人の自分’が見えて困っていると話す。リストラの噂にびくびくしていた幸子(広瀬アリス)は、ますます不安に。一方、事故に巻き込まれて搬送された元高校球児の原田(笠松将)は、切断されて失った左腕の痛みを訴える。

第7話 2020年2月22日「顔がわからない恐怖犯人は誰?」
 深山(天海祐希)は、酒に酔って階段から転落したという実業家・祥子(原沙知絵)の開頭血腫除去を行う。祥子の元には池谷(木村了)、西川(夙川アトム)という男性2人が連日、見舞いに訪れていた。そんな中、祥子が深山に「誰の顔も分からない」と訴える。一方、真実(桜田ひより)が、仕事場での母親の姿をこっそり見たいと来院し、幸子(広瀬アリス)が案内役を買って出る。

第8話 2020年2月29日「左腕が恋人!?奇妙な略奪愛!」
 幸子(広瀬アリス)が受け持つ前川(金田明夫)に、まひした腕を‘若い恋人’だと思い込む幻覚症状が出る。幸子は再手術の同意書を、深山(天海祐希)経由で妻・純子(原日出子)に頼みたいと考えるが、今出川(三浦友和)から「君の仕事だ」と言い渡される。一方、夫に「好きな女ができた」と言われた純子は、幻覚と説明されても怒りは収まらず、手術には同意しないと主張する。

第9話 2020年3月7日「最終章!ワンチームでの難手術」
 頭蓋底腫瘍で転院してきた患者は今出川(三浦友和)の妻・里美(有森也実)だった。理事長の前園(村井國夫)に辞表を提出し、独断で黒岩(椎名桔平)と西郡(永山絢斗)を入れたのはこの手術のためと認めた今出川は、深山(天海祐希)を加えた3人にオペを頼む。一方、落下した鉄筋が頭部に刺さった中学生・徹(田中奏生)がドクターヘリで搬送され、母・良美(鈴木杏)が駆け付ける。

最終話 2020年3月14日「母の本音…涙の先にある結末!」
 深山(天海祐希)や西郡(永山絢斗)、黒岩(椎名桔平)ら脳神経外科の面々が一丸となり、今出川(三浦友和)の妻・里美(有森也実)の手術に臨む。術後、里美はなかなか目覚めない。一方、手術を終え無菌室にいる中学生・徹(田中奏生)が、負傷は母・良美(鈴木杏)に殺されそうになったからだと言い出した。そんな中、深山は家出したままの真実(桜田ひより)に、自ら踏み出すよう促す。

各話視聴率


原作概要
『トップナイフ』は、林宏司の小説。2019年12月26日に河出文庫から出版。


概要
外科医の中でも一握りの「手術の天才」ばかりが集う脳外科を舞台に、最高の医師=トップナイフたちがそれぞれに抱える秘密や苦悩をリアルに描く群像劇。常に完璧を求められ、手術は全て成功して当たり前という脳神経外科で、脳動脈瘤のスペシャリストとして活躍する主人公・深山瑤子を天海祐希が演じる。


ストーリー
東都総合病院で“女帝”と名高い深山瑤子(天海祐希)は、脳神経外科の部長・今出川孝雄(三浦友和)から、新しく赴任する3人の医師のまとめ役を押し付けられてストレスを抱えていた。その医師とは、世界的名医だが女癖の悪さで有名な黒岩健吾(椎名桔平)、三度の飯よりオペが好きな西郡琢磨(永山絢斗)、そして、自信家だが現場での実力が伴っていない専門研修医の小机幸子(広瀬アリス)。

赴任早々、急患の対応を任されてフリーズした幸子の前に現れた深山は、的確な判断と鮮やかな腕で患者の危機を救う。一度傷つけば取り返しのつかない“脳”を扱う脳神経外科は、執刀医の腕が全て。深山は使い物にならない幸子にいら立ちを覚える。


キャスト
東都総合病院
脳神経外科医師
深山瑤子 - 天海祐希
東都総合病院の脳神経外科に所属する脳動脈瘤のスペシャリスト。脳神経外科の管理職的役割。自分の実力一つで患者の人生が変わるため、その責任と重要性を自覚して、患者の命を第一に考えている。一方で、そのために家族を捨てたという罪悪感を抱えている。

黒岩健吾 - 椎名桔平
東都総合病院の脳神経外科に所属する脳腫瘍のスペシャリスト。「世界のクロイワ」の異名をとり、マスコミにもたびたび取り上げられるスター脳外科医。仕事で多くの人の命を救っているのだから、それ以外は全て自分を優先してもいいと考えている自分第一主義者。

小机幸子 - 広瀬アリス
東都総合病院の脳神経外科に所属する専門研修医。幼い頃から神童ともてはやされ、トップになる人生を歩んできた。医学部を首席で卒業。偏差値が最も高く、最も難しい医療だからという理由で脳外科医になる。医局に入り「実技がダメな新人」とうわさされるが、本人にその自覚はない。

西郡琢磨 - 永山絢斗
東都総合病院の脳神経外科に所属。外科もカテーテルもできる二刀流。手技に絶対的な自信を持ち、“天才”を自称。しかし、その自信は表面上のもので、中身はコンプレックスの塊。同僚にも患者にも心を開かない孤高の医師。

今出川孝雄 - 三浦友和
東都総合病院の脳神経外科に所属する部長。医者としては平凡だが、人の適材適所を見分ける能力に長けている。持ち前の着眼力で、その人が一番言われたくないことまで言ってしまうことも。天才医師たちを脳外科に集めた、誰にも言えない秘密を抱えている。

看護師
犬飼剛〈35〉 - 福士誠治

小沢真凛 - 森田望智

伏見愛子〈29〉 - 藤本泉

その他
玉井静香〈24〉(部長秘書) - 宮本茉由

織田直人(救命医) - アキラ100%

城田奨(救命医) - 西野大作

宮本英二 - 若林秀敏

楠田良太郎 - 中川あきら

浜田礼子(麻酔科医) - 大藤由佳

その他
来島達也〈30〉(BAR「カサブランカ」オーナー) - 古川雄大
病院の近くにあるため、多くの医師たちの憩いの場となっているバー「カサブランカ」のオーナー。“軽い男”で女性を口説くことしか頭にない。来島の醸し出す独特な雰囲気により、医師の仮面を外した深山たちが歌ったり踊ったりと意外な一面を見せることもある。

沢城真実(深山の娘) - 桜田ひより(幼少期:浅田芭路)

田辺保〈6〉(黒岩と美由紀の間に出来た息子) - 嶺岸煌桜

ゲスト
第1話
宅間みどり - 堀内敬子
宅間浩〈53〉 - 二階堂智
宅間武志 - 安光隆太郎(8年前:平野虎冴)
宅間未来 - 田中里念(8年前:川田秋妃)
上野真里 - 長内絵里香

第2話
桑原和子〈58〉 - 濱田マリ
牧羽由香里〈35〉 - 松本若菜
田辺美由紀(黒岩の元愛人) - 内田慈(第9話)
桑原茂(桑原和子の夫) - 伊藤正之
山田千春(西郡の妹) - 三浦透子(第4話・第5話)
田島隆一 - 岩田知幸

第3話
神戸一郎〈54〉 - 池田成志
赤坂進次郎〈31〉 - 金井勇太
沢城真一(深山の元夫) - 小市慢太郎(第4話・第7話・第8話)
山田喜和子〈70〉(西郡の母) - 中尾ミエ(第4話・第5話)
京子(黒岩のヘルパー) - 上原奈美(第7話 - 第9話)
百合(赤坂の彼女) - 藤井千帆
神戸優子(神戸の娘) - 河合優実

第4話
山口清 - 本田博太郎
内田正〈61〉 - 綾田俊樹

第5話
景浦祐樹〈34〉(ピアニスト) - 柿澤勇人
根岸麻理恵〈34〉 - 大西礼芳
大原里子(景浦のマネージャー) - 原扶貴子
大久保(鑑識官) - 水野智則

第6話
大澤卓司〈40〉 - 山本浩司
原田保〈28〉 - 笠松将
木元佐代美〈20〉 - 吉田美佳子
三島ここ - 前田織音

第7話
滝野祥子〈38〉 - 原沙知絵
花井 - 茅島成美
池谷 - 木村了
西川 - 夙川アトム
沢城薫(沢城真一の妻、真実の継母) - 酒井美紀(第8話)
松木健介 - 清水優
真実の義弟 - 高橋謙
前川洋一〈70〉 - 金田明夫(第8話)
前川純子 - 原日出子(第8話)

第8話
今出川里美〈56〉(今出川の妻) - 有森也実(第9話)
青いワンピースの美少女 - 片山友希

第9話
添野良美 - 鈴木杏
添野徹 - 田中奏生
前園(東都総合病院 理事長) - 村井國夫
片岡鶴太郎 - 本人
探偵 - 六角慎司

スタッフ
原作 - 林宏司『トップナイフ』(河出文庫刊)
脚本 - 林宏司
音楽 - 横山克、鈴木真人
主題歌 - JUJU 「STAYIN' ALIVE」(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)
チーフプロデューサー - 池田健司
プロデューサー - 鈴木亜希乃
演出 - 大塚恭司、佐久間紀佳、茂山佳則
制作協力 - AX-ON
製作著作 - 日本テレビ


番組公式サイト
トップナイフ (小説) - Wikipedia

『トップナイフ-天才脳外科医の条件- TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心の傷を癒すということ TOP

『心の傷を癒すということ』(こころのきずをいやすということ)は、阪神・淡路大震災から25年を機にNHK大阪放送局により制作され、NHK総合テレビの「土曜ドラマ」枠(毎週土曜 21:00〜21:50)にて、2020年1月18日から2月8日まで放送された。全4話。


各話あらすじ(2020年1月18日 - 2月8日)全4話 平均視聴率 5.45%
第1話 2020年1月18日「神戸、青春の街」 視聴率 6.5%
 両親が韓国生まれと知って以来、自己を模索していた和隆(柄本佑)は、親友の湯浅(濱田岳)と同じ大学の医学部に進み、教授の永野(近藤正臣)の影響で精神科を志す。一方で和隆は、映画館で出会った終子(尾野真千子)と恋に落ちる。1995年1月、精神科医として働く和隆が暮らす神戸の街を大地震が襲う。

第2話 2020年1月25日「僕たちの仕事」 視聴率 5.0%
 大地震が起きてすぐ勤務先の病院へ向かった和隆(柄本佑)は、自分の無力さを痛感。精神科医として自分にできることは何かを模索する。そんな中、旧知の新聞記者・谷村(趙泯和)から「被災地の状況を内側から書いてほしい」とコラムの連載を依頼される。

第3話 2020年2月1日「見えない命綱」 視聴率 5.4%
 阪神・淡路大震災発生から2カ月がたった。心の傷に苦しむ人に寄り添い続ける和隆(柄本佑)はある日、片岡(清水くるみ)という患者に出会う。彼女の中に複数の人格が同居していることが分かり、和隆は治療に全力を尽くす。その一方で、和隆は父・哲圭(石橋凌)の事業が破綻したと知る。
 
最終話 2020年2月8日「残された光」 視聴率 4.9%
 阪神・淡路大震災発生から5年がたち、神戸の街は復興を遂げつつあった。そんな中、新しい病院で理想の医療を目指す和隆(柄本佑)に、がんが見つかる。仕事を中断して治療に専念するか、病を抱えながら患者に向き合い続けるかの選択を迫られる一方で、和隆は2児を育てかつ身重の終子(尾野真千子)と共に有効な治療法を模索。やがて、「心のケア」の本質にたどり着く。


概要
阪神・淡路大震災発生時、被災者の“心のケア”に奔走した若き精神科医・安克昌が懸命に生きた証をつづるヒューマンドラマ。志半ばでこの世を去った安氏の遺族への取材で得た事実を基に、名称などを変えてオリジナルストーリーとして紡ぐ。


ストーリー
ジャズピアノと読書を愛する安和隆(柄本佑)は、幼い時に両親が韓国生まれと知って以来、自分が何者なのか模索していた。やがて、親友の湯浅浩二(濱田岳)と同じ大学の医学部に進んで青春を謳歌。映画をきっかけに出会った終子(尾野真千子)と恋に落ちる。

大学では、精神科医の永野教授(近藤正臣)の影響で精神科の道を志すものの、父・哲圭(石橋凌)からは猛反対を受ける。そんな和隆が暮らす神戸の町を、1995年1月、大地震が襲う。


キャスト
安和隆
演 - 柄本佑
主人公。精神科医。神戸大学医学部附属病院精神科勤務。

安終子
演 - 尾野真千子
和隆の妻。

安哲圭
演 - 石橋凌
和隆の父。辣腕事業家。大阪在住の在日韓国人一世。

朴美里
演 - キムラ緑子
和隆の母。在日韓国人二世。

安智明
演 - 森山直太朗
和隆の兄。東京大学を卒業し渡米、原子力研究開発の第一人者となる。

安壮介
演 - 上川周作
和隆の弟。父・哲圭の事業を引き継ぐ。

湯浅浩二
演 - 濱田岳
和隆の親友。ともに精神科医の道に進む。和隆とジャズバンドを組み、サックスを担当する。

谷村英人
演 - 趙a和
日報新聞社文化部の新聞記者。和隆に連載執筆を依頼する。

ママ
演 - 濱田マリ
ジャズ喫茶「スクルド」のママ。

結城理恵
演 - 谷村美月
和隆の患者。震災で精神的に不安定となり、避難所で和隆と出会う。

校長先生
演 - 内場勝則
避難所となった朝日小学校の校長。


演 - 紺野まひる
仮設住宅の入居者。幼子と2人で暮らす。

片岡心愛
演 - 清水くるみ
和隆の患者。急性アルコール中毒で搬送され、多重人格と診断される。

北林史也
演 - 浅香航大
和隆の後輩医師。和隆の元で研修医として学び、和隆を慕う。

新島聡子
演 - 平岩紙
和隆の同僚看護師。震災で病院が倒壊、避難所での看護活動を通じて和隆と知り合う。

永野良夫
演 - 近藤正臣
和隆の恩師。日本の精神医学の権威で、和隆が精神科医を志すきっかけとなる。

スタッフ
原案 - 安克昌
脚本 - 桑原亮子
音楽 - 世武裕子
制作統括 - 城谷厚司
プロデューサー - 京田光広、堀之内礼二郎、橋本果奈、齋藤明日香
演出 - 安達もじり、松岡一史、中泉慧
制作・著作 - NHK大阪放送局


番組公式サイト
心の傷を癒すということ (テレビドラマ) - Wikipedia

『心の傷を癒すということ TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絶メシロード TOP

『絶メシロード』(絶メシRoad、ぜつメシロード)は、2020年1月25日からテレビ東京「ドラマ25」で土曜 0:52 - 1:23(金曜深夜)に放送中。主演は地上波連続ドラマ初主演となる濱津隆之。

各話あらすじ
第1話 2020年1月24日
 サラリーマン・民生(濱津隆之)の楽しみは、絶やしたくない絶品グルメ‘絶メシ’を求めて旅に出る事。うどん店に向かい、たどり着いた建物に困惑するも入店した民生は…。

第2話 2020年1月31日
 車中泊マスター・鏑木(山本耕史)に浜焼きを食べに誘われた民生(濱津隆之)は‘絶メシ’が気になり断ってしまう。車を走らせて食堂を見つけた民生は、あるメニューを頼む。

第3話 2020年2月7日
 群馬・高崎で民生(濱津隆之)は、中華料理店へ。そこで目にしたのは無数の石。さらに石に強いこだわりを持つ店主と遭遇。個性的な店で民生はある‘絶メシ’に出合う。

第4話 2020年2月14日
‘絶メシ’を求めて静岡・下田を旅している民生(濱津隆之)が発見したのは、とんかつ店。妙に威勢の良い店主により、民生は強制的に「ミックス定食」を食べる事になる。

第5話 2020年2月21日
 千葉・銚子の漁港の近くで、とある看板を見つけた民生(濱津隆之)は、店に入り「お任せ定食」を注文する事に。しかし店主・佳江(朝加真由美)は、なぜか涙を流していて…。

第6話 2020年2月28日
 民生(濱津隆之)は、同期の西野(忍成修吾)から会社を辞めて紅茶の店を出すと打ち明けられる。そんな折、神奈川・横須賀でおしゃれな店を発見した民生は、店主・守康(ミッキー・カーチス)が薦める「煮込みハンバーグ」を堪能する。

第7話 2020年3月6日
 埼玉・秩父で民生(濱津隆之)はレトロな雰囲気の食堂で、店主・義友(諏訪太朗)と孫・晃希(上川周作)に出会う。「店を継ぐのか」という問いかけに表情を曇らせる晃希は…。

第8話 2020年3月13日
 栃木県で民生(濱津隆之)は小さな焼きそば店を発見する。席はテーブル席が一つで、メニューは焼きそばのみ。そしてこの店の誕生のきっかけと夫婦の過去を知る事になり…。

第9話 2020年3月20日
 仕事のため金沢に来ていた須田(濱津隆之)は、偶然、ベテラン車中泊マスター・鏑木(山本耕史)と再会する。いつもなら1人で車中泊をする須田だが、強引な鏑木に誘われ2人で車中泊をすることに。そして、眠ろうとした時、隣から鏑木のすすり泣きが聞こえてきて…。

第10話 2020年3月27日
 石川・金沢で民生(濱津隆之)は、妻の実家を訪れた車中泊マスター・鏑木(山本耕史)と会う。さらに、たまたま金沢に来ていた民生の娘・紬(西村瑠香)と3人で車中泊をする事になるが…。

第11話 2020年4月3日
 東京・奥多摩の食事処に来た民生(濱津隆之)は「とろろめし定食」を注文。すると1人の謎の男が店内に入って来て、衝撃の一言を放つ。男が店にやって来たのには、ある理由があった。


概要
時代の流れとともに絶滅しそうな絶品メシ“絶メシ”を求め、週末に1泊2日の旅に出掛ける中年サラリーマン・須田民生の小さな大冒険を描く連続ドラマ。映画「カメラを止めるな!」で主役を演じ、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞した濱津隆之が、地上波連ドラ初主演し、日本全国を車一つで駆け回る。濱津演じる須田民生が訪れる絶メシ店では、実際の店主たちへの取材を基にしたエピソードも披露される。

ストーリー
妻と高校生の娘と暮らす、どこにでもいるごく普通のサラリーマン・須田民生(濱津隆之)は、日々の生活の中でさまざまなストレスを感じていた。そんなある日、自家用車のミニバンを活用した小さな大冒険を思いつく。それは、家族が不在の週末に、絶滅しそうなメシ“絶メシ”を求めて日本各地に向かい、1人の時間を楽しむこと。

民生は「誰も誘わない・誰も巻き込まない・予算はお小遣いの範囲内で」をモットーに、日本全国を車一つで駆け回る。そして、少々怪しい外観のお店や、無口な店主、個性的な常連など、そこに行かなければ分からない、行った者だけが知ることのできる絶品グルメと出合う。

キャスト
須田民生
演 - 濱津隆之
どこにでもいそうなごく普通のサラリーマン。
誰も誘わず、誰も巻き込まず、そして予算はお小遣いの範囲内をモットーに、週末に自家用車で日本全国の絶メシを求めて1泊2日の旅を楽しんでいる。

須田佳苗
演 - 酒井若菜
民生の妻。
アイドルグループ「Tear Drops」の大ファンで、ライブが行われるたびに娘と出かけている。

鏑木勉
演 - 山本耕史
時間の殆どを車中で過ごす車中泊マスター。民生が行く先々で出会う一風変わった男性。

スタッフ
原案 - ローカルグルメサイト「絶メシリスト」(群馬県高崎市)
脚本 - 森ハヤシ、村上大樹、家城啓之
演出 - 菅井祐介、古川豪、小沼雄一、原廣利
音楽 - 河野丈洋
主題歌 - スカート 「標識の影・鉄塔の影」(PONY CANYON)
プロデューサー - 寺原洋平、畑中翔太、田川友紀
プロモーション協力 - Carstay株式会社
制作 - テレビ東京、テレコムスタッフ
製作著作 - 「絶メシロード」製作委員会


番組公式サイト
絶メシロード - Wikipedia

『絶メシロード TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コタキ兄弟と四苦八苦 TOP

『コタキ兄弟と四苦八苦』(コタキきょうだいとしくはっく)は、2020年1月11日から同年3月27日まで、テレビ東京系「ドラマ24」で放送された。全12話。主演は古舘寛治と滝藤賢一。


各話あらすじ 平均視聴率 1.70%
第1話 2020年1月10日 視聴率 1.7%
 予備校の英語講師だった一路(古舘寛治)は、現在は無職でつつましい暮らしをしている。楽しみといえば喫茶店に通うことで、アルバイト店員・さっちゃん(芳根京子)に話し掛けようと試みるが、いつも空振りに終わっている。そんなある日、一路の家に、弟の二路(滝藤賢一)が転がり込んでくる。兄弟の再会は8年ぶりで、一路が勘当を言い渡して以来だった。

第2話 2020年1月17日 視聴率 1.5%
 真面目すぎる兄・一路(古舘寛治)と適当すぎる弟・二路(滝藤賢一)、無職の兄弟にムラタ(宮藤官九郎)が持ち込んだ「レンタルおやじ」としての新たな依頼は、親戚のふりをして結婚式に参列すること。二路は浮かれるが、一路は偽って親戚をレンタルする新郎のことを怪しんでいた。しかも、新婦・手毬(岸井ゆきの)のおなかには新しい命が。疑惑だらけのまま、式は進み…。

第3話 2020年1月24日 視聴率 2.2%
 一路(古舘寛治)と二路(滝藤賢一)が始めた「レンタル兄弟おやじ」に、ムラタ(宮藤官九郎)から新たな仕事が。依頼は男子大学生・坂井(望月歩)からの恋愛相談だった。坂井は女性との初デートの場所に悩んでいた。A案は水族館、B案は「耳をすませば」だという。張り切る兄弟だが、もてない一路ともてる二路で意見が分かれ、喫茶店のさっちゃん(芳根京子)まで巻き込む騒動になる。

第4話 2020年1月31日 視聴率 1.8%
 一路(古舘寛治)と二路(滝藤賢一)にまたも「レンタルおやじ」の依頼が。今回の依頼は少し長期になるとのことで、依頼人・須弥子(樋口可南子)と面談するが、彼女は「あと3カ月したら世界が終わる」と言い出す。兄弟にあれこれ買い物を頼むなどまるで使用人のように扱う須弥子に一路は不信感を抱くが、二路は「その分、大金を稼げる」と大喜び。謎の多い須弥子の本当の依頼は…。

第5話 2020年2月7日 視聴率 2.0%
「レンタルおやじ」の一路(古舘寛治)と二路(滝藤賢一)は喫茶店で依頼人・後藤を待っていたが、一向に現れない。そんな中、一路はさっちゃん(芳根京子)がレジから3万円を盗む瞬間を目撃してしまう。混乱する一路がさっちゃんを改心させるために取ったある行動が、今度は二路を困惑させる。

第6話 2020年2月14日 視聴率 1.4%
 一路(古舘寛治)と二路(滝藤賢一)は、初めてレンタル兄弟おやじの‘ソロ活動’をすることに。二路はタワーマンションで開催されるホームパーティーのゲストとしてレンタルされる。セレブのもてなしに浮かれる二路だが、そこへ現れたのは別居中の妻・有花(中村優子)だった。一方、一路の元には依頼人の中学生・ハナ(川島鈴遥)が来る。一路は子どもへの接し方に戸惑う。

第7話 2020年2月21日 視聴率 1.9%
 レンタル兄弟おやじの一路(古舘寛治)と二路(滝藤賢一)に来た新たな依頼は、音信不通の女性の安否確認。兄弟は家を訪ねるが、一向に返事がない。孤独死が一路の脳裏をよぎるが、扉を開けると、そこは足の踏み場もない「ごみ屋敷」だった。ますます孤独死の恐れが高まる中、こわごわと中を進んだ兄弟が見つけたのは、ごみに埋もれて動かないあかり(門脇麦)の手で…。

第8話 2020年2月28日 視聴率 1.7%
 ある朝、一路(古舘寛治)が目を覚ますと、事件が発生していた。二路(滝藤賢一)と外見はそのままに中身だけが入れ替わったのだ。真面目な一路が混乱する一方、能天気な二路は状況を楽しむ。兄弟はさっちゃん(芳根京子)に入れ替わりを告げ、一緒に原因を探すが、事態はさらにややこしくなり、彼女を巻き込む大騒動に発展。また、徐々にさっちゃんの過去が明らかになり…。

第9話 2020年3月6日 視聴率 1.5%
 一路(古舘寛治)と二路(滝藤賢一)に「夫の様子がおかしいので調べてほしい」と依頼が。2人は依頼人の夫が足しげく通う‘カリスマレンタルおじさま’ボブ(吉沢悠)が開催するセミナーに潜入。セミナーは大盛況で終わったが、参加費で荒稼ぎするボブのやり方が気に食わない兄弟は「真のレンタルおやじセミナー」を開く。さらに、二路は一路の最大の秘密を見つける。

第10話 2020年3月13日 視聴率 1.3%
 5年前、瑞樹(手塚理美)という女性が、一路(古舘寛治)の元へ行方不明だったはずの父・零士(小林薫)の居場所を知らせに来た。それ以来、一路はたびたび零士の元へ足を運んでいるという。父親らしいことを何一つせず、浮気性で母親を泣かせてばかりだった零士に対して、二路(滝藤賢一)は複雑な思いを隠せずにいた。だが、一路の誘いで父親と再会を果たすことになる。

第11話 2020年3月20日
 レンタル兄弟おやじの一路(古舘寛治)と二路(滝藤賢一)の今回の依頼人は、さっちゃん(芳根京子)が同棲していた元恋人・ミチル(北浦愛)だ。復縁を迫るミチルにさっちゃんは突き放すような態度で「嫌い」と追い返してしまう。そこには深い事情があった。ところが、一路は心ない言葉でさっちゃんを傷つけてしまう。兄弟は、2人の幸せのために自分達にできることを考える。

最終話 2020年3月27日
 さっちゃん(芳根京子)が喫茶シャバダバを辞めることになった。母の旅館を手伝うという。妹との突然の別れを前に兄弟は動揺を隠せない。そんな中、ふとひらめいた二路(滝藤賢一)は、肩を落とす一路(古舘寛治)を尻目に‘古滝家1泊2日ツアー’を提案。さっちゃんはこの驚きの提案を快諾し、一つ屋根の下、きょうだい3人で過ごす最初で最後の1日を迎えることになる。


概要
真面目すぎる兄とちゃらんぽらんな弟が、ひょんなことから“レンタルおやじ”を始め、癖のある依頼内容に四苦八苦しながらも孤独な依頼人たちと関わっていく人間賛歌コメディー。古舘寛治と滝藤賢一がダブル主演を務め、愛すべき駄目おやじ兄弟を演じる。

脚本は、「逃げるは恥だが役に立つ」「アンナチュラル」(ともにTBS系)、「獣になれない私たち」(日本テレビ系)など人気作を手掛ける野木亜紀子のオリジナルで、本作で同系ドラマに初参加する。監督を務めるのは、数々の映画での受賞歴を誇り、「山田孝之の東京都北区赤羽」「山田孝之のカンヌ映画祭」(同系)を担当した山下敦弘。


ストーリー
予備校の英語講師だった古滝一路(古舘寛治)は、現在無職。真面目でつつましい暮らしをおくる中での唯一の楽しみは、近所の喫茶店「シャバダバ」に通うこと。かわいいアルバイト店員のさっちゃん(芳根京子)に話しかけようとするが、いつもうまくいかず空振りに終わっている。

そんなある日、弟の二路(滝藤賢一)が突然一路の家に転がり込んでくる。8年前に勘当を言い渡して以来の来訪をいぶかる一路だが、来る直前に二路が事故を起こしていたことを知り、慌てて現場へ。すると、そこにいた被害者・ムラタから、自分の代わりに待ち合わせ場所へ行ってほしいと頼まれる。待ち合わせ場所へ向かった2人は、そこに現れた女性を見て絶句する。


キャスト
古滝一路(こたき・いちろう)
演 - 古舘寛治
古滝兄弟の長男。
以前は予備校の講師をしていたが、現在は無職。唯一の楽しみは馴染みの喫茶店に通うこと。

古滝二路(こたき・じろう)
演 - 滝藤賢一
古滝兄弟の次男。
事故を起こしたことがきっかけで、8年ぶりに一路の自宅に転がり込んでくる。

さっちゃん
演 - 芳根京子
喫茶店「シャバダバ」の看板娘。

ムラタ
演 - 宮藤官九郎
「レンタルおやじ」代表。古滝兄弟が「レンタルおやじ」を始めるきっかけを作った人物。

古滝有花
演 - 中村優子
二路の妻。

スタッフ
脚本 - 野木亜紀子
監督 - 山下敦弘
音楽 - 王舟&BIOMAN(スペースシャワーネットワーク)
オープニングテーマ - Creepy Nuts 「オトナ」(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)
エンディングテーマ - STARDUST REVUE 「ちょうどいい幸せ」(日本コロムビア)
チーフプロデューサー - 阿部真士(テレビ東京)
プロデューサー - 濱谷晃一(テレビ東京)、根岸洋之(マッチポイント)、平林勉(AOI Pro.)、伊藤太一(AOI Pro.)
制作 - テレビ東京、AOI Pro.
製作著作 - 「コタキ兄弟と四苦八苦」製作委員会


番組公式サイト
コタキ兄弟と四苦八苦 - Wikipedia

『コタキ兄弟と四苦八苦 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女子高生の無駄づかい TOP

『女子高生の無駄づかい』(じょしこうせいのむだづかい)は2020年1月24日から同年3月6日まで、岡田結実の主演でドラマ化。テレビ朝日「金曜ナイトドラマ」枠(毎週金曜 23:15〜24:15)で放送。 全7話。


各話あらすじ(2020年1月24日 - 3月6日 )全7話 平均視聴率 3.74%
第1話 2020年1月24日「ヒジキの友よ」 視聴率 3.2%
 田中(岡田結実)は、女子高に入学しながら生徒が女子しかいないことにぼうぜん。担任の佐渡(町田啓太)をワセダ、体に包帯をした級友の山本(福地桃子)をヤマイと全員にあだ名を付け、小学校からの友人のヲタこと‘腐女子’の菊池(恒松祐里)とロボこと無表情な天才少女・鷺宮(中村ゆりか)からバカと命名される。ヲタらと下校中、恋人が欲しいバカは様々な出会いを妄想して…。

第2話 2020年1月31日「唐揚げ万歳」 視聴率 3.5%
幼い外見を気にする百井(畑芽育)は、ロリとあだ名を付けたバカ(岡田結実)にからかわれて憤慨。ロボ(中村ゆりか)やヲタ(恒松祐里)をも黙らせる純粋な捨てぜりふを放つ。ワセダ(町田啓太)は、進路希望に「ドラゴンに乗って戦いたい」と答えるヤマイ(福地桃子)と対峙(たいじ)。そんな中、マジメこと一(にのまえ・浅川梨奈)は憧れのロボと親しくなるためバカの観察を始める。

第3話 2020年2月7日「欅坂46小林参戦」 視聴率 4.5%
 クラスに容姿端麗なリリィ(小林由依)が転入してきた。‘男性アレルギー’だというリリィだが、隣席のバカ(岡田結実)に触れ異変が起こる。ワセダ(町田啓太)は不登校気味のマジョこと九条(井本彩花)を心配。一方、‘BL漫画’好きのヲタ(恒松祐里)はワセダと教頭(大倉孝二)で妄想を展開する。

第4話 2020年2月14日「友達の家は臭い」 視聴率 4.0%
 ヤマイ(福地桃子)は目が充血し、養護教諭のシーキョン(内藤理沙)の元へ。包帯をしている経緯を聞かれて、‘大いなる理由’を語り始める。女子にモテることを目指すリリィ(小林由依)は、計算された行動で人気者の地位を確立。さらに自分よりモテるマジメ(浅川梨奈)に近づく。一方、ある男子高校生がバカ(岡田結実)、ヲタ(恒松祐里)、ロボ(中村ゆりか)に熱い視線を送り…。

第5話 2020年2月21日「毛深くなりたい」 視聴率 2.7%
 歯痛に悩むヤマイ(福地桃子)は歯痛を「呪い」と言ったことで、マジョ(井本彩花)の興味を引くことに。音声合成技術を使って楽曲を制作する「ボカロP」でもあるワセダ(町田啓太)は、オリジナルCDを完成させて感動。過去のバンド時代を振り返る。そんな中、バカ(岡田結実)がヲタ(恒松祐里)の夢を軽々しく口にしたことで、2人がけんかに。ロボ(中村ゆりか)がある行動に出る。

第6話 2020年2月28日「性教育はBL!?」 視聴率 4.0%
 リリィ(小林由依)は性知識がないロリ(畑芽育)の将来を案じ、性教育をしようとヲタ(恒松祐里)とマジメ(浅川梨奈)に相談。ヲタが分かりやすい恋愛漫画をロリに貸すことになるが間違えて‘BL漫画’を渡してしまう。同じ頃、バカ(岡田結実)に緊急事態が。一方、ヤマイ(福地桃子)はワセダ(町田啓太)から、包帯を取って状態を見せるか病院に連れて行かれるかの選択を迫られ…。

最終話 2020年3月6日 視聴率 4.3%
 正月を一緒に過ごすバカ(岡田結実)、ヲタ(恒松祐里)、ロボ(中村ゆりか)は神社へ。願いは具体的な方がいいと聞いたバカは、看護師の自分とイケメン外科医など都合のいい妄想を次々と繰り広げる。ヤマイ(福地桃子)は、無事に育てたいあるものについてワセダ(町田啓太)に相談。一方、リリィ(小林由依)はバカ対策案を思いつく。後日、漫画の設定を練るヲタは、頭にワセダが浮かび…。


原作概要
『女子高生の無駄づかい』は、ビーノによる漫画。略称は『女子無駄』。元々はビーノが『ニコニコ静画』に投稿していた作品であり、好評を受けて2015年12月4日よりKADOKAWAのウェブコミック配信サイト『ComicWalker』にてリメイク版が商業連載化。『ニコニコエース』での連載を経て、現在は『コミックNewtype』(KADOKAWA)にて連載中。

都立さいのたま女子高等学校(通称「さいじょ」)に通う個性派ぞろいのJKたちが女子高生活を無駄に浪費する日常学園コメディ。メディアミックスとして、2019年にテレビアニメ化された。

概要
アニメ化もされたビーノの同名漫画をドラマ化。個性派女子高生(=JK)たちが、男子のいない独特な空間の中で、今しかない青春時代を思いきり浪費していくシュールで残念な毎日を描く。

ストーリー
さいのたま女子高校に通う田中望(岡田結実)は、すがすがしいほど底なしのバカで本能の赴くままに行動するため、あだ名もそのまま「バカ」。アニメや漫画を愛するオタク女子の「ヲタ」こと菊池茜(恒松祐里)、頭は良いが感情は死んでいる「ロボ」こと鷺宮しおり(中村ゆりか)と一緒のクラスで、3人でよくつるんでいる。

そんなバカたちの担任を務めるのは、有名大学を卒業した27歳の独身「ワセダ」こと佐渡正敬(町田啓太)。バカ、ヲタ、ロボのほかにも、クラスには癖のある個性豊かなJK(女子高生)たちが集まっており、今日も“青春”を無駄に過ごす日々を送っている。


キャスト
田中望 - 岡田結実
さいのたま女子高校の1年生。あだ名は「バカ」。すがすがしいほどのバカで本能の赴くままに行動することが多い。何事にも物怖じしないが、空気も読めない。クラス全員のあだ名の考案者。ヲタ、ロボとは小学生の頃からの友人で、3人でよくつるんでいる。

菊池茜 - 恒松祐里
さいのたま女子高校の1年生。あだ名は「ヲタ」。アニメや漫画を愛するオタク女子。自身も漫画家を目指して漫画を描いているが、画力はイマイチ。

鷺宮しおり - 中村ゆりか
さいのたま女子高校の1年生。あだ名は「ロボ」。頭は良いが感情が死んでおり、常にポーカーフェイス。毒舌だが天然の部分も。自宅で菌をペットとして飼っている。

佐渡正敬 - 町田啓太(劇団EXILE)
さいのたま女子高校1年2組の担任。あだ名は「ワセダ」。有名大学を卒業した27歳独身。“女子大生派”を自ら名乗るほどの女子大生好き。

久条翡翠 - 井本彩花

山本美波 - 福地桃子

一奏 - 浅川梨奈

百井咲久 - 畑芽育

警察官 - 横山涼

シーキョン - 内藤理沙

教頭 - 大倉孝二

スタッフ
脚本 - 田辺茂範(劇団 ロリータ男爵)、矢島弘一(劇団 東京マハロ)、角田貴志(劇団 ヨーロッパ企画)、山田由梨(劇団 贅沢貧乏)、安藤奎(劇団 アンパサンド)、玉田真也(劇団 玉田企画)
監督 - 山本大輔
音楽 - 田渕夏海、中村巴奈重
演出 - 山本大輔、日暮謙、中島良
主題歌 - Little Glee Monster「STARTING OVER」
技術協力 - フォーチュン
美術協力 - テレビ朝日クリエイト
ポスプロ - 三友(MITOMO STUDIO)
企画協力 - 古賀誠一
ゼネラルプロデューサー - 三輪祐見子(テレビ朝日)
プロデューサー - 貴島彩理(テレビ朝日)、本郷達也(MMJ)、布施等(MMJ)
制作 - テレビ朝日、MMJ


番組公式サイト
女子高生の無駄づかい - Wikipedia

『女子高生の無駄づかい TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

病室で念仏を唱えないでください TOP

『病室で念仏を唱えないでください』(びょうしつでねんぶつをとなえないでください)は、2020年1月17日から同年3月20日まで、TBSテレビ系「金曜ドラマ」枠(毎週金曜 22:00〜22:54)で放送された。全10話。主演は伊藤英明。


各話あらすじ(2020年1月17日 - 3月20日)全10話 平均視聴率 8.92%
第1話 2020年1月17日「僧侶であり救急医!型破りな男が命と心を救う!」 ※初回15分拡大(22:00 - 23:09)
 僧侶兼救命救急医の松本(伊藤英明)が働く「あおば台病院」の救命救急センターに交通事故の救急患者数人が運び込まれる。同僚医師・三宅(中谷美紀)らが様々な状態の患者の対応に追われる中、松本は車の助手席にいた容子(hitomi)の処置に。そこに容子の息子・将太(大西利空)が駆け付ける。直後、現れた容子の同乗男性の妻・みどり(黒沢あすか)はセンター長・玉井(萩原聖人)らを前に夫の浮気を騒ぎ立て、将太がそれを聞いてしまう。一方、有能な心臓血管外科医・濱田(ムロツヨシ)を迎え同院には変化の時が訪れる。

第2話 2020年1月24日「少年の涙僧医が起こす奇跡!」
 この日も、朝からあおば台病院の救命救急センターには、次々に急患が運び込まれていた。交通事故による大怪我で運ばれてきた患者・宮島隆弘(ナオト・インティライミ)は、意識が朦朧とした状態で、医師の三宅(中谷美紀)はじめ、研修医の田中(片寄涼太)や看護師の堀口(土路生優里)が処置にあたっていた。

第3話 2020年1月31日「爆発事故炎の中の恩人を救え」
 交通事故で入院中の宮島(ナオト・インティライミ)が姿を消す騒動が発生。「楽になりたい」という宮島の心の健康まで気に掛ける松本(伊藤英明)と、救命という救急医の本分を守るべきだという三宅(中谷美紀)は意見が対立する。そんな折、松本はスポーツジムで児嶋(松本穂香)と遭遇。児嶋は松本に、濱田(ムロツヨシ)が心臓血管外科に来てから、執刀の機会が減ったとこぼす。

第4話 2020年2月7日「救命拒否奇跡起す千手観音!?」
 全ての患者を受け入れたいと言う松本(伊藤英明)に研修医の田中(片寄涼太)が反発。大病院の御曹司である田中は医療には限界があると考えていた。一方、児嶋(松本穂香)は濱田(ムロツヨシ)から手術の助手に指名され、救急と関わらないよう忠告される。そんな折、階段から転落した男性・長沢(本並健治)が一刻を争う容体に。ところが、駆け付けた長沢の妻・奈穂(中島ひろ子)が手術の中止を訴える。

第5話 2020年2月14日「熱血僧医VS天才医!新章突入」
 松本(伊藤英明)は師匠・円明(団時朗)の寺で失意にさいなまれていた。救命救急センターには、松本の頼みを受けた整形外科医・藍田(堀内健)や、児嶋(松本穂香)が合流する。そんな折、円明の元に旧知の老人・石川が危篤との連絡が届く。少年時に温かく接してくれた石川を覚えていた松本は、行かせてほしいと懇願。初めて触れた臨終の形に医師としての在り方を考える。

第6話 2020年2月21日「僧医に嘘つかないでください」
 児嶋(松本穂香)が、目指す救急医として三宅(中谷美紀)の名前を挙げ、誘った松本(伊藤英明)は複雑な気持ちに。そんな中、救急受け入れ要請が相次いで入る。態勢を整えた一同は、ボウリング場から搬送された患者にあぜん。一方、建設現場のパネル落下事故では、1人目の患者は脚を骨折、2人目は意識不明となっていた。2人目の顔を見た三宅は動揺して動きが止まってしまう。

第7話 2020年2月28日「坊主が恋した!?最後のデート」
 松本(伊藤英明)は、延命治療を拒む憲次(泉谷しげる)を説得しようと宮寺家を訪れるが、意見が対立し、口論になる。そんな折、病院にも延命治療を望まない末期がん患者が搬送されてきて、松本はその人と向き合うことに。直後に交通事故で搬送されてきた少年には心臓付近に手術痕があった。松本が緊急手術を始めようとした矢先、濱田(ムロツヨシ)が手術室に入ってきて…。

第8話 2020年3月6日「その正義は誰の命も救わない」
 あおば台病院には近頃、高価なはずのペースメーカーを埋め込まれた生活保護受給者が立て続けに搬送されていた。松本(伊藤英明)は児嶋(松本穂香)が調べた患者の情報を手に、濱田(ムロツヨシ)から事情を聞こうと詰め寄る。自らの計画実現に向け着々と動く濱田は、心臓血管外科内の案件については自分を信用して預からせてほしいと懇願。松本は濱田に任せることにするが…。

第9話 2020年3月13日「初めての涙!小さな命の奇跡」
 小児用ハートセンターの設立計画を進める濱田(ムロツヨシ)は、医師会の後ろ盾を得たい医療コンサルタント・長谷(淵上泰史)に促され、心臓外科学会理事長・大貫(きたろう)の孫の手術を行う。松本(伊藤英明)は濱田に声を掛けるが、濱田は話を遮り、立ち去ってしまう。その夜、濱田と病院理事長・澁沢(余貴美子)を訪ね、長谷と投資家・リチャード(近藤公園)が現れる。

最終話 2020年3月20日「僧医が導く最後の奇跡!」
 あおば台病院に通り魔事件発生の連絡が入る。刃物で刺され重体の女性をはじめ、重傷者も多数いるという。松本(伊藤英明)は現場で犯人ともみ合い、負傷しながらも犯人と重体の女性をなんとか救う。だが、松本はその娘や世間から「犯人をなぜ助けるのか」と強く責められてしまう。さらに多重事故が発生。三宅(中谷美紀)、濱田(ムロツヨシ)らは一丸となり救命に当たる。

各話視聴率


原作概要
『病室で念仏を唱えないでください』(びょうしつでねんぶつをとなえないでください)は、こやす珠世による日本の漫画。小学館の『ビッグコミック増刊号』に2012年8月17日号から連載されている。また、『ビッグコミック』(同社刊)本誌にも出張掲載されている(2012年 - 2013年、2020年に短期連載)。


ドラマ概要
こやす珠世の同名漫画を原作に、僧侶でもある救命救急医・松本照円の奮闘を通して、「生きること」を問う医療ヒューマンストーリー。TBSの連続ドラマは12年ぶりの主演となる伊藤英明が、肩まで長かった髪をばっさりと落とし、丸刈りで異色の役柄に挑む。


ストーリー
幼少期に目の前でおぼれている幼なじみを救えなかったことから仏門に入り、大切な人の死を前にして命を救いたいという思いから医者を志した松本照円(伊藤英明)。病院では救命救急医として医療に従事しながら、霊安室での枕経や、終末期の患者の心のケアといった僧侶としての仕事も兼任している。

救急センターに運び込まれた患者の処置に法衣のまま当たることもあり、時に患者に「自分が亡くなってしまったのでは?」と勘違いさせるなど、騒動を起こしてしまうことも。また、何かにつけて念仏を唱えたり説法をするため、同僚からはしばしば煙たがられるが、本人は医師としても僧侶としても明るく真面目に日々取り組んでいた。


キャスト
松本照円(照之) - 伊藤英明(幼少期:吉田日向)
あおば台救命救急センターの救命救急医であり、病院付きの僧侶。僧侶としての名が照円で、本名は照之。幼なじみを自分のせいで亡くしたと考え、トラウマから仏門に入り、たくさんの命を救うために医師となる。病室で念仏を唱えると、「縁起でもない」と嫌がられている。僧衣姿のまま救急医療にあたることも。

濱田達哉 - ムロツヨシ
エリート心臓血管外科医。医学会でも一目置かれる存在で、心臓外科の中でも特に難しいとされる小児心臓血管外科手術も手掛ける。「美しいオペ」を信条としているため、命を救うためであればむちゃにも見える処置をもいとわない松本と、事あるごとに衝突する。

児嶋眞白 - 松本穂香
濱田の下で働く新人心臓外科医。能力は高いがプレッシャーに弱い。濱田の前立(第一助手)をしていた際にミスをして役立たず扱いされてから、干され気味に。松本と出会い、目の前の命を助ける救命救急に携わりたいと思い始める。

田中玲一 - 片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)

小山内みゆき - 唐田えりか

吉田太郎 - 谷恭輔

長見沙穂 - うらじぬの

堀口瑠衣 - 土路生優里

宮寺あや - 土村芳

瀬川修二 - 安井順平

藍田一平 - 堀内健

おばちゃん - 宮崎美子

澁沢和歌子 - 余貴美子

宮寺憲次 - 泉谷しげる

玉井潤一郎 - 萩原聖人

三宅涼子 - 中谷美紀
松本の同僚。腕のいい仕事のできる救命救急医。松本のことを「念仏くん」と呼んでいる。サバサバとした性格の現実主義者。一方で繊細な一面も併せ持つ。容姿端麗だが少し抜けたかわいらしい一面も。松本とは衝突することも多いが、互いの実力を認め合い、信頼関係を築いている。

ゲスト
第1話
谷村容子 - hitomi
谷村将太 - 大西利空
谷村啓太 - 川口和空
及川結衣 - 飯窪春菜
土浦まさし - 永山竜弥
クルーのディレクター - 丸山ゴンザレス
川辺真奈美 - 今藤洋子
太田みどり - 黒沢あすか

第2話
岡崎真理子 - 島袋寛子
宮島隆弘 - ナオト・インティライミ(第3話)
後藤由紀夫 - 見栄晴
後藤梓 - 森迫永依
丸山翼 - 田中奏生
岡崎勉 - 渡邉蒼
宮島佳菜 - 朝見心(第3話)

第3話
藤森隆文 - 宇梶剛士
藤森真紀子 - 栗田よう子

第4話
長沢沙織 - 美山加恋
長沢功一 - 本並健治
長沢奈穂 - 中島ひろ子
品川凱斗 - 齋藤絢永
品川愛羅 - 石田凛音
品川結花 - 木本夕貴
夏川麻友 - 山田桃子
夏川莉乃 - 加藤柚凪
植木洋 - 松角洋平(第5話)

第5話
石川美津子 - 榊原郁恵
石川祐三 - 品川徹
石川祐介 - 温水洋一
唯円 - 葵揚(第6話)
成瀬真奈 - 新井美羽
大貫義彦 - きたろう(第8話)

第6話
和田晴香 - 文音
御代田信 - 藤井隆
和田洋平 - 吉沢悠

第7話
前田鮎子 - 戸田菜穂
坂下那奈 - 萩原みのり
リチャード・ポー - 近藤公園(第8話)
長谷英人 - 淵上泰史(第8話)
宮寺早苗 - 長野里美(第8話)

第8話
川崎百合子 - 大西礼芳
田沼秀一 - 前田公輝
小塚里香 - 白石糸
川崎悠人 - 清塚信也
峯山医師 - 吉田ウーロン太

スタッフ
原作 - こやす珠世 『病室で念仏を唱えないでください』(小学館「ビッグコミック」連載中)
脚本 - 吉澤智子
音楽 - 井筒昭雄
主題歌 - 三浦大知「I'm Here」(SONIC GROOVE)
編成 - 渡瀬暁彦
医療監修 - 林宗博(日本赤十字社医療センター)、渡部広明(島根大学医学部附属病院)、山岸俊介(イムス東京葛飾総合病院)
仏事監修 - 新倉典生(善立寺住職)
チャプレン監修 - 谷山洋三(東北大学大学院文学研究科)
演出 - 平野俊一、岡本伸吾、泉正英
プロデューサー - 峠田浩
製作著作 - TBS


番組公式サイト
病室で念仏を唱えないでください - Wikipedia

『病室で念仏を唱えないでください TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハムラアキラ〜世界で最も不運な探偵〜 TOP

2020年1月24日から同年3月6日まで、毎週金曜日21時00分 - 22時49分に、NHK総合の「ドラマ10」枠で放送された。全7回。主演はシシド・カフカ。シシド・カフカは本作がドラマ初主演となる。


各話あらすじ(2020年1月24日 - 3月6日)全7話 平均視聴率 3.87%
第1話 2020年1月24日「トラブルメイカー」 視聴率 4.8%
 晶(シシド・カフカ)はミステリー専門書店でアルバイトをしながら、店主の富山(中村梅雀)が冗談で始めた「白熊探偵社」で調査員をしている。ある日、姉の珠洲(MEGUMI)が晶の元を訪ねてくる。珠洲に散々な目に遭わされてきた晶は、彼女を毛嫌いしていた。珠洲は今までのことをわびたいと、海外旅行のチケットを晶に渡す。そんな中、山中で女性の遺体が発見される。

第2話 2020年1月31日「静かな炎天」 視聴率 3.0%
 暑い夏の日。“不運な探偵”と自認している葉村(シシド・カフカ)のもとに久しぶりの依頼が舞い込む。早速調査を開始するが、その調査対象が何者かに襲われあっさり終了。調査費をあてにしていた晶はガッカリするが、そこにまた別の依頼が・・・。そんなことが二度三度と続き、晶は違和感を抱く。うだるような“炎天”のせいかと思う晶だったが、町内会長(長谷川初範)の母が救急車で運ばれる事態に遭遇し、違和感の理由を突き止める。そんな時、書店の常連の警視・岡田(間宮祥太朗)が現れ、晶は自らの推理を岡田に聞かせることになる。

第3話 2020年2月7日「わたしの調査に手加減はない」 視聴率 4.1%
 晶(シシド・カフカ)は慧美(三倉佳奈)という女性から、数年前に転落死した親友・香織(藤井美菜)が夢枕に立つので死の真相を調べてほしいと依頼される。渋々調査を始めた晶は、香織が亡くなる直前にSNSへ投稿した写真を手掛かりとして、慧美と香織の大学時代のゼミ仲間・環(松本まりか)らの存在を突き止める。さらに、実は慧美が香織に嫉妬していたという証言を得る。

第4話 2020年2月14日「濃紺の悪魔」 視聴率 3.4%
 晶(シシド・カフカ)はフラワーアーティスト・詩織(武田梨奈)のボディーガードを2週間務めることになった。誰に狙われ、なぜ2週間なのかと問う晶に、詩織は「悪魔に自分を殺してと酔った勢いで依頼してしまった」と話す。その後、次々と事件が起こり、詩織は命を落とす。一方、晶に謎の男性(野間口徹)から、「姉の死の真相を知りたくないか」という連絡が届く。

第5話 2020年2月21日「悪いうさぎ X」 視聴率 4.0%
 先輩探偵・村木(池田成志)の強引な誘いで、晶(シシド・カフカ)はリゾート会社会長・滝沢(大鶴義丹)の依頼を受ける。高校生の娘・美和(田中珠里)の行方を、友人・ミチル(井頭愛海)から聞き出してほしいというのだ。奇妙な依頼に戸惑いながらも、晶はミチルに接触。ミチルはなぜか挑戦的な態度を取る。そんな中、ミチルの友人・綾(小野花梨)が殺される事件が起きる。

第6話 2020年2月28日「悪いうさぎ Y」 視聴率 3.8%
 晶(シシド・カフカ)に、美和(田中珠里)や綾(小野花梨)とよく一緒にいたという若い女性・カナ(黒崎レイナ)についての新たな情報がもたらされる。そんな中、晶はミチル(井頭愛海)の父・義光(木下ほうか)の依頼により、ミチルと探偵事務所で共同生活を開始。彼女の境遇を知ることになる。

最終話 2020年3月6日「悪いうさぎ Z」 視聴率 4.0%
 美和(田中珠里)の母・亜寿美(筒井真理子)から電話を受け、事務所を出た晶(シシド・カフカ)は突然、何者かに襲われ、監禁される。何とか逃げ出した晶は、亜寿美が自殺したことを知る。さらに岡田(間宮祥太朗)から、滝沢(大鶴義丹)や亜寿美と親しかった野中(羽場裕一)が良からぬゲームをしていると聞く。そのゲームにミチル(井頭愛海)も参加するつもりだと知った晶は…。


原作概要
『葉村晶シリーズ』(はむらあきらシリーズ)は、若竹七海による推理小説のシリーズ。孤高の女性、葉村晶が職を転々としながら様々な事件に巻き込まれる様をハードボイルドタッチで描く。


ドラマ概要
ミステリー作家・若竹七海が20年以上にわたり描いてきた「女探偵・葉村晶シリーズ」をシシド・カフカ主演でドラマ化。ミステリー好きの主人公・葉村晶(シシド)が、周囲の人々の助けを借りながら事件解決に奮闘する姿を描く。
「女はタフでなければ生きていけない。優しくなければ生きていく資格がない」の言葉を実践する葉村の活躍を、大胆に、そしてスタイリッシュに描く新時代の“探偵物語”。


ストーリー
ミステリー専門書店でアルバイトをしている葉村晶(シシド・カフカ)は、店長の富山泰之(中村梅雀)が冗談で始めた「白熊探偵社」の調査員としても働いている。

葉村は書店の常連・野々村(松尾貴史)や柿崎(中村靖日)をはじめ、探偵の先輩・村木義弘(池田成志)、影山東署の刑事・速見治松(津田寛治)、同じく刑事の柴田要(板橋駿谷)らの手を借りながら、事件解決に奮闘する日々を送っていた。中でも、警視・岡田正太郎(間宮祥太朗)は、葉村が唯一、その知性に一目置いている存在だった。

何かと災難に巻き込まれがちな葉村は、周りから“世界で最も不運な探偵”と面白がられながら、日々事件と向き合っていく。


キャスト
葉村晶(古書店「MURDER BEAR BOOKSHOP」のアルバイト、「白熊探偵社」の調査員) - シシド・カフカ

岡田正太郎(警視庁の管理官、警視) - 間宮祥太朗

村木義弘(元・警官の探偵) - 池田成志

速見治松(影山東署の刑事) - 津田寛治

柴田要(影山東署の刑事) - 板橋駿谷

古書店「MURDER BEAR BOOKSHOP」関係
野々村(常連客、リサイクル店店主) - 松尾貴史

柿崎(常連客、サラリーマン) - 中村靖日

アケミ(常連客、キャバクラ勤務) - 大後寿々花

浅川(アルバイト、大学生) - 浦上晟周

富山泰之(店主) - 中村梅雀

ゲスト
第1回
珠洲(晶の姉) - MEGUMI

生沢努(生沢メイの夫) - 村上淳

生沢メイ(晶の同級生) - 中川知香

第2回
糸永静男(町内会長) - 長谷川初範

山際誠(村木の調査対象者) - 鈴木拓

依頼人
鈴木・夫 - 綾田俊樹

鈴木・妻 - 梅沢昌代

須藤明子 - 宮田圭子

角野史郎 - みのすけ

糸永静江(糸永静男の母親) - 片岡富枝

第3回
中山慧美(依頼人) - 三倉佳奈

依頼人の大学時代のゼミ仲間
野口環 - 松本まりか

由良香織 - 藤井美菜

西条華子 - フォンチー

ミワ(喫茶店の店主) - 徳井優

第4回
濃紺の男 - 野間口徹

松島詩織(フラワー・スタイリスト) - 武田梨奈

城都(探偵、村木の部下) - 増田修一朗

第5回・第6回
平ミチル - 井頭愛海

平貴美子 - 生田智子

山辺秀太郎 - 神尾佑

滝沢美和 - 田中珠里

柳瀬綾 - 小野花梨

平義晃 - 木下ほうか

滝沢喜代志 - 大鶴義丹

辻亜寿美 - 筒井真理子

野中則夫 - 羽場裕一

水地佳奈 - 黒崎レイナ

大黒重喜 - 田中要次

スタッフ
原作 - 若竹七海
脚本 - 黒沢久子、木田紀生
音楽 - 菊地成孔
演出 - 大橋守、増田靜雄、中村周祐
探偵業考証 - 堀江俊通
警察考証 - 倉科孝靖
撮影 - 深野岳志、菅信吉
編集 - 平野一樹
制作統括 - 三鬼一希
制作・著作 - NHK名古屋放送局


番組公式サイト
葉村晶シリーズ - Wikipedia

『ハムラアキラ〜世界で最も不運な探偵〜 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駐在刑事 Season2 TOP

『駐在刑事 Season2』は、2020年1月24日から同年3月6日まで、テレビ東京系列の「金曜8時のドラマ」枠(毎週金曜 20:00〜20:54)で放送された。全7話。主演は寺島進。


各話あらすじ(2020年1月24日 - 3月6日)全7話 平均視聴率 7.44%
第1話 2020年1月24日「究極の激流トリック!?」 視聴率 8.6%
 警視庁捜査一課の刑事だった江波(寺島進)は、今は東京・奥多摩の水根駐在所に勤務している。ある日、渓谷上流で酒造会社専務・黒田(堀部圭亮)の変死体が見つかる。第一発見者は黒田と同じ酒造に勤める珠美(高島礼子)。警察での取り調べ中、彼女は黒田の殺害を自供する。しかし、犯行時間に珠美は別の場所にいたという証言を聞いた江波は独自に捜査を開始する。

第2話 2020年1月31日「殺人同窓会に隠された復讐を暴け!!」 視聴率 7.6%
 会社社長・平良(青柳尊哉)が殺された。彼はつぐみ(入来茉里)ら大学時代のフェンシング部の面々とぜいたくな自然体験「グランピング」を楽しんでいた。そんな中、山岳ガイド・遼子(笛木優子)の父親で元駐在の兵次(泉谷しげる)が帰ってくる。事件に首を突っ込む兵次だが、何者かに崖から突き落とされてしまう。江波(寺島進)は、殺人事件と転落事故の関連性を探る。

第3話 2020年2月7日「90分で人質を救出せよ!!」 視聴率 6.8%
 アウトドア施設で会社社長・沖永(窪寺昭)の遺体が見つかる。社員の番場(阿部亮平)は、手を血に染めた同僚・宇佐美(忍成修吾)が部屋から飛び出すのを目撃したという。江波(寺島進)や警視庁捜査一課の管理官・加倉井(北村有起哉)らが駆け付ける中、逃げた宇佐美は猟銃を奪い、遼子(笛木優子)や小学生の海人(高橋來)、妊婦・江里子(島崎遥香)ら5人を人質に立てこもる。

第4話 2020年2月14日「小さな目撃者を守れ!」 視聴率 6.4%
 金貨が発見され、宝探しに沸く東京・奥多摩。江波(寺島進)は毎日、見回りに駆り出されていた。夏子(田中美里)の息子・海人(高橋來)も友達と宝探しに行き、山で男性(大澄賢也)の遺体を発見。犯人らしき人物に顔を見られてしまう。その後、江波が渓流で同じ遺体を見つける。

第5話 2020年2月21日「逃亡犯と疑惑の女…涙の真相を暴け!!」 視聴率 6.8%
 大物フィクサー・大曾根(伊東四朗)の右腕と呼ばれた元部下で、殺人容疑で裁判中の葛城(本宮泰風)が警察病院から逃走。加倉井(北村有起哉)は江波(寺島進)に復讐するためなのではと忠告する。そんな中、奥多摩で男性の変死体が発見される。元妻・羽川(真飛聖)に疑惑の目が向けられるが、遼子(笛木優子)がアリバイを証言。そして、ついに葛城が姿を現し、江波が襲われる。

第6話 2020年2月28日「疑惑の転落死!江波を襲う殺人植物の謎!」 視聴率 7.0%
 美也子(市毛良枝)の夫で孝夫(鈴之助)の父親・岩男の13回忌に、山仲間で「奥多摩のクマタカを守る会」の人々や親友の登山家・風巻(渡辺裕之)が集まる。江波(寺島進)は彼らが最近、ソーラーパネル建設のための森林伐採計画を巡り、建設会社社長・森瀬(相島一之)ともめていることを知る。翌朝、崖下で森瀬の遺体と猟銃が発見され、血中から麻薬の成分が検出される。

最終話 2020年3月6日「衝撃と涙の最終回!女たちの密約…愛した人の裏の顔を暴け!!」 視聴率 8.9%
 滝付近で夏子(田中美里)の夫・大輔(黒田大輔)の変死体が見つかる。江波(寺島進)は夏子のアリバイを証言するが、彼女は参考人として取り調べを受ける。一方、大輔はIT会社社長・桜田(内藤聖羽)に海人(橋來)の養育費を要求し、恐喝で訴えられていたことが発覚。夏子と桜田が不倫関係だったとにらんだ加倉井(北村有起哉)は、DNA鑑定を行い、夏子の家を家宅捜索する。


前シリーズ
2014年からテレビ東京・BSジャパン共同制作の2時間ドラマで放送されているシリーズ。主演は寺島進。番組宣伝では「奥多摩駐在刑事」と表記される場合もある。

放送枠は「水曜ミステリー9(第2期)」(第1作 - 第3作)、「水曜エンタ・水曜ミステリー9」(第4作)。 第5作は駐在刑事スペシャルとして放送。

Season1
2018年10月19日から同年12月7日まで、テレビ東京系列の「金曜8時のドラマ」枠で寺島主演による連続ドラマ化。 初回2時間スペシャル。全7話。


概要
都心からほど近い自然豊かな奥多摩を舞台に、元警視庁捜査一課の敏腕刑事で、今は“駐在さん”として地元の人々に親しまれている警察官・江波敦史(寺島進)が、奥多摩の平和を守るために事件の解決に奔走する人気シリーズのヒューマンサスペンス。2018年に連続ドラマ化され好評を博し、今作が第2弾となる。


ストーリー
東京の奥多摩・水根に駐在する警察官・江波敦史(寺島進)は、かつて警視庁捜査一課の刑事として活躍していたが、担当事件の取り調べ中、重要参考人が服毒自殺したことで奥多摩の駐在所へ左遷されてきた。しかし、江波は今や地元では“駐在さん”と呼ばれて慕われている。

そんな奥多摩で、次々と事件が起こる。江波は、時に組織や上司とぶつかりながらも、ただ犯人を捕まえるだけではなく、目の前にいる人に寄り添い、汗を流して奔走する。


キャスト
寺島進
江波敦史 役
奥多摩・水根に駐在する警察官。かつて警視庁捜査一課の刑事として活躍していたが、担当事件の取り調べ中、重要参考人が服毒自殺したことで奥多摩の駐在所へ左遷される。今では、地元で“駐在さん”と呼ばれ慕われている。

北村有起哉
加倉井国広 役
警視庁捜査一課・管理官。警察の「組織」を大切にしているため、「人」を大切にする江波とは対立する。冷静沈着な性格。

笛木優子
内田遼子 役
山岳ガイド。美也子に誘われて、水根旅館の休み処「みやこ」のおかみも務める。図書館司書の資格を持ち、江波の推理を助けることも。

佐藤寛太
軽部翔平 役
警視庁第九方面本部奥多摩専任特別管理官。一度見たものは忘れない特技を持ち、抜群のIQを誇る。出世をゲームと言い切り、目標は警察庁長官。孝夫の恋のライバルでもある。

鈴之助
池原孝夫 役
自然を愛する山岳ガイド。水根旅館の跡取り息子で遼子に思いを寄せている。体を張って江波と共に殺人トリックを暴くことも。

田中美里
綿谷夏子 役
移動販売パン屋「ラ・メール」の店主。小学生の息子・海人と水根に引っ越してきた。明るく前向きな性格で、江波から好意を寄せられる。

市毛良枝
池原美也子 役
奥多摩にある老舗・水根旅館のおかみ。何かと江波のことを気に掛け、時には犯人逮捕のヒントを与えることも。

スタッフ
原作:笹本稜平「駐在刑事」「駐在刑事 尾根を渡る風」(ともに講談社文庫)

脚本:田子明弘、入江信吾

監督:小林義則、鈴木統、元村次宏

プロデューサー:濱谷晃一、阿部真士、元村次宏

主題歌:たとえ世界がそっぽ向いても/鈴木雅之


番組公式サイト
駐在刑事 - Wikipedia

『駐在刑事 Season2 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペンション・恋は桃色 TOP

『ペンション・恋は桃色』(ペンション こいはももいろ)は、フジテレビ系深夜レーベル「フジテレビからの!」にて「5週連続特別ドラマ」として2020年1月17日(1月16日深夜)から同年1月14日(1月13日深夜)まで、金曜日の1時25分から1時55分に放送された。全5回。リリー・フランキーと斎藤工のダブル主演。


各話あらすじ
第1話 2020年1月16日
 シロウ(リリー・フランキー)は、ペンション「恋は桃色」を娘・ハル(伊藤沙莉)と営む中年男。イケメンだが人付き合いが苦手で周りから煙たがられていた青年・ヨシオ(斎藤工)は、ひょんなことからシロウに声を掛けられ、そこで住み込みで働くことに。ある日、若い女性が「シロウと付き合いたい」と言い出して…。
 
第2話 2020年1月23日
 同棲している彼・マサト(SWAY)に浮気をされてペンションにやって来たカズハ(筧美和子)。追いかけてきたマサトの話を聞こうともしないカズハは、勢いでシロウ(リリー・フランキー)にキスをする。カズハと付き合うフリをすることになったシロウは「彼女ができた」と喜ぶが…。
 
第3話 2020年1月30日
 ペンションにヨシオ(斎藤工)の両親が訪ねてくる。父の会社を手伝うため、家に帰る約束だという母の言葉に、何も言い返せないヨシオ。そんなヨシオを父は突き放す。一方、キヨシ(細野晴臣)の施設を訪れたシロウ(リリー・フランキー)は、「もう来なくていい」と言われてしまう。 

第4話 2020年2月6日
 シロウ(リリー・フランキー)は、キヨシ(細野晴臣)に紹介された施設の職員・マキ(三倉茉奈)をペンションに招く。誰もいないリビングで2人でお酒を飲みながら話していると、マキはあることをシロウに打ち明ける。

最終話 2020年2月13日
 キヨシ(細野晴臣)の訃報を電話で受けたシロウ(リリー・フランキー)は、ヨシオ(斎藤工)に促されて施設へと向かう。白い布をかけられ、ベッドに横たわるキヨシを目にしたヨシオは、施設員のモリオ(つぶやきシロー)に、亡くなる直前のキヨシの様子を聞く。


概要
東京の外れの少し寂れたペンション「恋は桃色」を舞台に、器用に生きられない人々の日常を描くヒューマンドラマ。経営者の中年男・シロウ役のリリー・フランキーと、ひょんなことからそこに居着くようになった訳ありの青年・ヨシオ役の斎藤工がダブル主演し、シロウの娘・ハル役で伊藤沙莉が共演する。

タイトルは、1973年に細野晴臣がリリースした名曲「恋は桃色」にちなんでおり、本作の主題歌にも起用。細野本人もシロウの父親役で登場する。


ストーリー
東京の外れにあるやや寂れたペンション「恋は桃色」を営む中年男・シロウ(リリー・フランキー)と、足が不自由ながらもテキパキと働く娘・ハル(伊藤沙莉)。そこに、シロウが「暇ならうちで働け」と声を掛けたヨシオ(斎藤工)も住み込みで働くことに。施設にいるシロウの父・キヨシ(細野晴臣)は、妻に逃げられた過去を持つシロウの今後を思案している。

イケメンなのに、人付き合いが苦手で周りから煙たがられていたヨシオは、シロウのプライベートに関わりたくないと思っていたが、次第に巻き込まれていく。ある日、若い女性が「シロウと付き合いたい」と言い出し、ペンションの中はてんやわんやに…。


キャスト
シロウ
演 - リリー・フランキー
ペンション「恋は桃色」の経営者。テキトー中年男で、妻に逃げられた過去を持つ。

ヨシオ
演 - 斎藤工
ワケあり青年。イケメンだが、人付き合いが苦手。ふとしたきっかけでシロウのもとに居着くようになる。

ハル
演 - 伊藤沙莉
シロウの娘。不自由な足でペンションの仕事をテキパキこなす。

カズハ
演 - 筧美和子
ペンションの宿泊客。同棲中の交際相手の浮気が発覚してペンションにやってくる。

マサト
演 - SWAY
カズハの交際相手。

マキ
演 - 三倉茉奈
キヨシが入居する施設の職員。

モリオ
演 - つぶやきシロー
キヨシが入居する施設の職員。

ヨシオ友人
演 - JOY
ヨシオの飲み仲間。

ヨシオ後輩
演 - 安藤ニコ
ヨシオの飲み仲間。
白石和彌

演 - 白石和彌(友情出演)
本人役。

キヨシ
演 - 細野晴臣
シロウの父。施設に入居し、シロウの行く末を案じている。

スタッフ
企画 - 橋爪駿輝
チーフプロデューサー - 小林有衣子
プロデューサー - 野村梓二
脚本 - 清水康彦
主題歌 - 細野晴臣「恋は桃色」(ビクター/スピードスター)
音楽 - 細野晴臣、香田悠真
撮影 - 川上智之
照明 - 佐伯琢磨
監督 - 清水康彦、大内田龍馬
制作 - EAST FACTORY INC.
制作著作 - フジテレビジョン


番組公式サイト
ペンション・恋は桃色 - Wikipedia

『ペンション・恋は桃色 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゆるキャン△ TOP

『ゆるキャン△』は、2020年1月10日から同年3月26日まで、テレビ東京系「木ドラ25」枠において毎週金曜1時から1時30分(木曜深夜)で放送された。全12話。主演は福原遥。


各話あらすじ
第1話 2020年1月9日
 ソロキャンプが趣味の女子高生・リン(福原遥)は、山梨・本栖湖の浩庵キャンプ場にやって来る。1人の時間を楽しむリンがトイレに向かうと、富士山を見に来て迷子になったというなでしこ(大原優乃)から助けを求められる。突然のことに戸惑いつつも、おなかが空いたと言うなでしこのために、リンはカレー麺を用意する。

第2話 2020年1月16日
 リン(福原遥)は高校の図書室で、浩庵キャンプ場で出会ったなでしこ(大原優乃)の姿を目にする。なでしこはリンとの出会いでキャンプに興味を持ち、転校して早々、野外活動サークルに入っていた。部員の大垣(田辺桃子)らと校庭でテントを組み立てていたなでしこは、誤ってテントのポールを折ってしまう。

第3話 2020年1月23日
 ふもとっぱらキャンプ場でソロキャンプをしているリン(福原遥)のところへやって来たなでしこ(大原優乃)は、以前振る舞ってもらったカレー麺のお返しにと、担々餃子麺を作り始める。完成した鍋を食べながら、リンは、先日のことをなでしこに謝る。

第4話 2020年1月30日
 なでしこ(大原優乃)が加わり3人となった“野クル”は冬キャンプの準備を始める。当日、なでしこらはキャンプ場に行く前に、笛吹川フルーツ公園やほったらかし温泉を訪れる。一方、リン(福原遥)もソロキャンプのため、長野に向かっていた。

第5話 2020年2月6日
 高ボッチ高原にたどり着いたリン(福原遥)は、富士山まで一望できる山頂に行ったり、スープパスタを作ったりとソロキャンプを満喫する。一方、ほったらかし温泉に着いたなでしこ(大原優乃)たち“野クル”メンバーは、湯上がり後、休憩所で夕方まで寝てしまう。

第6話 2020年2月13日
 コンパクト焚き火グリルを手に入れたリン(福原遥)は、なでしこ(大原優乃)と焼肉キャンプをすることに。なでしこの姉・桜(柳ゆり菜)の車でキャンプ場まで送ってもらう途中、2人はスーパーに立ち寄り、食材の買い出しを済ませる。そして、紅葉の名所でもある美しいキャンプ場に向かうが…。

第7話 2020年2月20日
 リン(福原遥)となでしこ(大原優乃)は四尾連湖キャンプ場に到着。テントを組み終えたなでしこが散策していると、ベテランキャンパー姉妹・美波(土村芳)と涼子(北原帆夏)に出会う。一方、リンは焼肉の準備で備長炭に火をつけようとするが、なかなかうまくいかない。

第8話 2020年2月27日
 なでしこ(大原優乃)の提案で、“野クル”の次の活動はクリスマスキャンプに決まる。一方、なでしこと一緒にキャンプに行く約束をしていたリン(福原遥)は、風邪を引いて行けなくなってしまったなでしこを残し、片道120kmある長野の上伊那を目指し原付スクーターを走らせる。

第9話 2020年3月5日
 1人長野のキャンプ場へと向かうリン(福原遥)のため、観光スポットを調べてナビをするなでしこ(大原優乃)。すると、自宅に大垣(田辺桃子)がやって来る。一方、温泉にたどり着いたリンは、温泉と食事を済ませてつい寝入ってしまう。

第10話 2020年3月12日
 キャンプ場へ向かう道中、通行止めに遭遇したリン(福原遥)は、千明(田辺桃子)のおかげで無事に到着する。展望台から夜景を眺めた後、リンは夕食の‘焼き肉まん’を調理。ほうじ茶と一緒に堪能していると、千明から電話があり、‘野クル’のクリスマスキャンプに誘われる。

第11話 2020年3月19日
 ‘野クル’メンバーとのクリスマスキャンプ当日、予定より早く到着した千明(田辺桃子)とあおい(箭内夢菜)は、キャンプ場近くの牧場でジェラートを味わい、リン(福原遥)となでしこ(大原優乃)も焼きマシュマロをチョコビスケットに挟んだおやつを堪能する。すると、まだ到着していない恵那(志田彩良)から、リンに意味深なメッセージが届く。

最終話 2020年3月26日
 クリスマスキャンプを楽しむリン(福原遥)達は、夕食にあおい(箭内夢菜)が懸賞で当てたA5ランクの黒毛和牛を使ったすき焼きを堪能しつつ、恵那(志田彩良)が用意したサンタクロースの衣装を着て盛り上がる。ソロキャンパーとしてキャンプを楽しんでいたリンだったが、この‘クリキャン’を通して、みんなとのキャンプの楽しさも実感する。


原作概要
『ゆるキャン△』は、あfろによる日本の漫画作品。山梨県周辺を舞台に、キャンプ場でのリクリエーションや野外調理などといったアウトドア趣味の魅力と、それを身の丈に合った範囲で満喫する女子高校生たちのゆるやかな日常を描く。『まんがタイムきららフォワード』(芳文社)にて2015年7月号から2019年4月号まで連載され、同年3月29日より芳文社の漫画配信サイト『COMIC FUZ』に移籍して連載中。


ドラマ概要
近年のキャンプブーム、とりわけ女性のソロキャンプブームに大きな影響を与え、2018年にはテレビアニメも放送された累計250万部突破の同名コミックを実写化。静かにキャンプを楽しみたい、主人公のソロキャンパー・志摩リンを、同系ドラマ初主演となる福原遥が演じる。共演者には、大原優乃、田辺桃子、箭内夢菜、志田彩良と注目の若手女優が集結。


ストーリー
祖父の影響で中学1年生の時からキャンプを始めた女子高生の志摩リン(福原遥)は、静かにキャンプを満喫したいというポリシーのソロキャンパー。ある日、山梨・本栖湖の浩庵キャンプ場へやって来たリンは、迷子になった各務原なでしこ(大原優乃)から助けを求められる。

なでしこは、引っ越し当日に自転車で富士山を見に来たものの、日没まで居眠りをしてしまい困っていたらしい。戸惑うリンだったが、おなかをすかせたなでしこのために、カレー麺を用意することに。そして、2人で焚き火を囲みながら、たわいない話をして過ごしていると、目の前にある光景が飛び込んでくる。


キャスト
福原遥
志摩リン 役
祖父の影響で中学1年生の時からキャンプを始めた女子高生。知識、経験ともに豊富だが、人付き合いは苦手。静かにキャンプを楽しみたいというポリシーの持ち主で、原付スクーターに乗りながら、道中で気になったキャンプ場に繰り出すほどのキャンプ好き。

大原優乃
各務原なでしこ 役
無邪気で活発な女子高生。引っ越し当日に自転車で富士山を見に来たものの、疲れて日没まで居眠りをしてしまい困っていたところをリンに助けられ、キャンプに興味を持つように。高校で、大垣と犬山が作った同好会「野外活動サークル」に入部する。

田辺桃子
大垣千明 役
「野外活動サークル」の部長。リンとは面識があるようだが、若干苦手意識を持たれている。騒々しいが、行動派で男気のある性格。

箭内夢菜
犬山あおい 役
「野外活動サークル」の一員で、大垣と2人で同好会を立ち上げた創立メンバー。肝心な時にはみんなを気遣う陰のリーダー的存在で、関西なまりのおっとり系。

志田彩良
斉藤恵那 役
リンの学校の友達。休日に自宅からキャンプ先のリンとSNSでメッセージを交わす間柄で、人付き合いが苦手なリンをサポートする。マイペースな自由人。

スタッフ
原作 - あfろ 『ゆるキャン△』(芳文社)
脚本 - 北川亜矢子
音楽 - 小田切大
主題歌 - LONGMAN「Replay」(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)
オープニングテーマ - H△G「瞬きもせずに」(ドリーミュージック)
監督 - 二宮崇、吉野主、玉澤恭平
プロデューサー - 藤野慎也(テレビ東京)、熊谷喜一(ヘッドクォーター)、岩倉達哉(SDP)
制作 - テレビ東京、SDP、ヘッドクォーター
製作著作 - ドラマ「ゆるキャン△」製作委員会


番組公式サイト
ゆるキャン△ - Wikipedia

『ゆるキャン△ TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランチ合コン探偵〜恋とグルメと謎解きと〜 TOP

『ランチ合コン探偵〜恋とグルメと謎解きと〜』(ランチごうコンたんてい こいとグルメとなぞときと)のタイトルで、2020年1月9日から同年3月12日まで、読売テレビ製作・日本テレビ系「木曜ドラマF」枠(毎週木曜 23:59〜24:54)で放送された。全10話。主演は民放連続ドラマ初主演となる山本美月。


各話あらすじ(2020年1月9日 - 3月12日)全10話 平均視聴率 3.86%
第1話 2020年1月9日「呪われた部屋」 視聴率 4.2%
 住宅会社の経理部に中途採用で入社したゆいか(山本美月)は、観察力に秀でたミステリーマニア。ちょっと変わった雰囲気のゆいかに、経理部長の亀田(木村祐一)は戸惑い、営業部の若手エース・健斗(瀬戸利樹)は興味を示す。そんな中、ゆいかの同僚・麗子(トリンドル)が、ランチタイムに合コンをする「ランチ合コン」を企画する。参加したゆいかは、合コン相手が語る不思議な話に興味津々で、早速推理を始める。
 
第2話 2020年1月16日「午後2時のスーパーヒーロー」 視聴率 3.9%
 通勤途中、麗子(トリンドル玲奈)に一目ぼれした4歳年下の銀行員・初柴(小越勇輝)がデートに誘った。謎解きが好きな同僚・ゆいか(山本美月)は渋る麗子にランチ合コンを提案。当日、初柴は上司の須藤(袴田吉彦)と現れた。自慢話ばかりの須藤にうんざりする麗子だが、ゆいかは行内で俳優の弓月(古屋呂敏)がストーカー男(ねりお弘晃)を撃退した話に興味を示す。

第3話 2020年1月23日「金曜日の美女はお弁当がお好き」 視聴率 3.6%
 ゆいか(山本美月)と麗子(トリンドル玲奈)は、キッチンカーで弁当を販売する楢崎(小林豊)が、惜しまれつつ閉店した洋食店のオーナー・高木(仲義代)の弟子と知る。居酒屋店主・岡(竹財輝之助)も交えた合コンの席上、ゆいかは楢崎から、弁当を大量に購入する女性の話を聞き、興味を抱く。

第4話 2020年1月30日「揺れる女心と消えたダイヤ」 視聴率 3.7%
 麗子(トリンドル玲奈)に、支社勤務の元恋人・和馬(平田雄也)から食事の誘いが入る。ゆいか(山本美月)は、復縁を迫られるかもと心ざわめかせる麗子にランチ合コンを提案。当日、中国料理店に現れたのは和馬と上司・金子(川久保拓司)で、金子から和馬の近況を聞いた麗子はあぜんとする。一方、ゆいかは金子が元妻・千春(荻野友里)に指輪を盗まれたという話に興味を示す。

第5話 2020年2月6日「失踪した新妻と謎のメッセージ」 視聴率 3.7%
 ゆいか(山本美月)は、麗子(トリンドル玲奈)が友人の結婚式の2次会で知り合った出版社社員・原(佐伯大地)とのランチ合コンに誘われ、ドイツ料理店へ。原とやって来た同僚・稲生(きづき)は、新婚の双子の弟・直也(きづき=2役)の妻・夏美(多岐川華子)にこの店を教えてもらったと話す。そんな中、直也から稲生に、夏美が暗号めいたメモを残し失踪したと連絡が…。

第6話 2020年2月13日「窓の中の動物園」 視聴率 3.1%
 ゆいか(山本美月)が心を開いてくれないことに落ち込む麗子(トリンドル玲奈)だが、桜井(瀬戸利樹)からはゆいかとの仲を取り持ってほしいと頼まれる。そこへやって来たゆいかが、麗子、桜井に自分の知人を加え、ランチ合コンをしようと提案。参加したのは予備校の数学講師・勝俣(白石隼也)で、ゆいかとは図書館で出会ったという。2人は数学の難解な話題で盛り上がる。

第7話 2020年2月20日「狙われたピース」 視聴率 4.2%
 ランチ合コンのことを聞き付けた経理部長の亀田(木村祐一)が休日、麗子(トリンドル玲奈)とゆいか(山本美月)を自宅に招き、近所に住む元介護士・本間(鈴木勝大)を紹介する。イケメンの上、優しくて家族思いの本間に麗子のテンションが上がる中、ゆいかは亀田が事件の謎解きをさせるために自分達を呼んだと気付く。実は、本間が飼っている亀が命を狙われているという。

第8話 2020年2月27日「解きたくない謎」 視聴率 4.6%
 病院に寄ってから出社するというゆいか(山本美月)のことを気に掛ける麗子(トリンドル玲奈)は、合コンの場にいつも現れる謎の男・龍之介(坂口涼太郎)を怪しみ、桜井(瀬戸利樹)に相談。さらに、龍之介をおびき寄せ、その目的を白状させようと考え、ランチ合コンを設定する。合コン相手は食品会社勤務の松尾(崎山つばさ)と谷川(平野良)で、予想通り、龍之介が姿を現す。

第9話 2020年3月5日「開かれた秘密の扉」 視聴率 3.8%
 麗子(トリンドル玲奈)は、桜井(瀬戸利樹)との会話以来、様子がおかしいゆいか(山本美月)のことが気掛かりだ。そこで、岡(竹財輝之助)の協力を得て、スポーツジムを経営する西浦とのランチ合コンを設定。岡は早速、ジムで起きた盗難事件の謎について話題にするが、ゆいかは全く食いつかない。一方、桜井は、幼い頃に「あーちゃん」という少女と遊んだ公園へ向かい…。

最終話 2020年3月12日「夕焼けはなぜ赤い」 視聴率 3.8%
 ゆいか(山本美月)は大仏ホーム会長・志乃(手塚理美)から、自分の過去について鍵を握る黒幕の住所を入手。それが財閥「一条グループ」の創業者・永太郎の自宅だと知る。そこで、麗子(トリンドル玲奈)と桜井(瀬戸利樹)に決意を伝え、1人で訪ねるが、応対した執事(山田明郷)に永太郎は留守だと言われる。一方、ゆいかをつけ回す龍之介(坂口涼太郎)が、大仏ホームに忍び込む。


原作概要
『ランチ合コン探偵』(ランチごうコンたんてい)は、水生大海の推理小説。

実業之日本社の季刊小説誌『紡』において、2013年春号から2014年夏号にかけて「ランチ合コン探偵 そこに愛はあるのかい?」のタイトルで連載。2014年9月11日に単行本『ランチ合コン探偵』が刊行されたのちに、2016年10月5日に『ランチ探偵』に改題され文庫化された。同年12月3日には、続編『ランチ探偵 容疑者のレシピ』の文庫本が刊行された。

ドラマ概要
水生大海の小説を原作に、山本美月主演でドラマ化した新感覚ミステリー。ミステリーマニアの天野ゆいか(山本)が、同僚の肉食系女子・阿久津麗子(トリンドル玲奈)がセッティングしたランチ合コンに参加して、そこで耳にした事件の謎を解いていく。


ストーリー
住宅会社「大仏ホーム」に勤める阿久津麗子(トリンドル玲奈)は、新しい恋を見つけるべくランチ合コンを企画。中途入社したばかりの同僚・天野ゆいか(山本美月)が参加することになり、2対2のランチ合コンを開催する。

合コン中、2人は相手の男性たちから謎に満ちた話を聞かされ、謎解きが好きなゆいかはその謎を解かずにはいられなくなる。制限時間はランチが終わるまでの1時間。ゆいかは合コン相手を質問攻めにし、その場で謎を解いていく。


キャスト
大仏ホーム
経理部
天野ゆいか〈28〉 - 山本美月(幼少期:池谷美音)
住宅会社「大仏ホーム」経理部に勤務。観察力に秀でており、三度の飯より謎解きが好きなミステリーマニア。男性にはあまり興味がないが、同僚の麗子に付き合ってランチ合コンへ出掛けている。

阿久津麗子〈28〉 - トリンドル玲奈
「大仏ホーム」経理部に勤務。正統派の美人で、恋愛も食事も“肉食系”。恋愛ハンターとしてランチ合コンを企画しているが、実は男性との付き合いに関してはピュアな一面も持つ。

小島和子〈51〉 - 池谷のぶえ

吉川颯太〈24〉 - 金井浩人

亀田広〈54〉(経理部長) - 木村祐一
「大仏ホーム」経理部の部長。既婚者。お人よしの小心者。思い込みが激しく、周囲から時にうっとうしがられることも。駄じゃれやおやじギャグが好き。

営業部
桜井健斗〈28〉(麗子・和馬の同期) - 瀬戸利樹(幼少期:高木波瑠)
「大仏ホーム」営業部に勤務する若手のエース。爽やかなスポーツマンで、女子社員の憧れの的。謎多きゆいかの素性を知ろうと近づき、恋愛感情を抱くようになる。

神奈川支社
北村和馬〈28〉(麗子・桜井の同期、麗子の元カレ) - 平田雄也

その他
鈴木龍之介〈28〉(神出鬼没の男、一条家執事) - 坂口涼太郎

白石律子〈38〉(白石律子ハートクリニック医師、ゆいかの担当医) - 知念里奈

ゲスト
第1話
築山亮介(総合商社営業部) - 佐野和真
早坂拓哉〈27〉(総合商社営業部、築山の後輩) - 太田基裕
小野寺徹〈46〉(総合商社営業部部長) - 木川淳一
A子〈26〉(総合商社秘書室) - 大平有沙

第2話
須藤優一(青山平成銀行中支店行員、初柴の上司) - 袴田吉彦
初柴純〈24〉(青山平成銀行中支店行員) - 小越勇輝
S子(ストーカー被害者) - 樋口柚子
蟻田(S子のストーカー) - ねりお弘晃
弓月剣太郎(イケメン俳優) - 古屋呂敏

第3話
楢崎博文(キッチンカー弁当販売員) - 小林豊(BOYS AND MEN)
岡徹平(居酒屋経営) - 竹財輝之助(第4・6 - 最終話)
高木秀男(洋食屋タカギ元オーナー) - 仲義代
高木淳子(高木の妻) - 倉橋秀美
謎の美女 / 高木理恵(高木の娘) - 滝裕可里
高山航一(大仏ホーム人事部) - 好井まさお(井下好井、第6・7・最終話)
楢崎洋一(博文の父親) - 福井晋

第4話
金子実〈36〉(大仏ホーム神奈川支社営業部長、和馬の上司) - 川久保拓司
池田千春〈35〉(金子の元妻) - 荻野友里
青木友恵〈23〉(カネコしあわせ不動産店舗手伝い、金子の知人) - 奥仲麻琴
菊池沙耶(大仏ホーム神奈川支社、和馬の今カノ) - 秋乃ゆに

第5話
稲生正也〈31〉(出版社社員、直也の双子の兄) - きづき
稲生直也〈31〉(テレビ局勤務、正也の双子の弟) - きづき
原貴俊〈31〉(出版社社員、正也の同僚) - 佐伯大地
稲生夏美〈29〉(商社勤務、直也の妻)- 多岐川華子
鶴岡志乃(大仏ホーム会長、桜井の伯母) - 手塚理美(第7・9・最終話)

第6話
勝俣剛史(予備校数学講師) - 白石隼也
瑞香(ユミの母親) - 松浦りょう
祥平(瑞香の元夫、ユミの父親) - 小日向星一
大野(瑞香の恋人) - 武藤賢人
ユミ(瑞香・祥平の娘) - 浅田芭路

第7話
本間賢一郎(亀田の知人、元介護士) - 鈴木勝大
本間理沙(賢一郎の妹) - 太田夢莉
小日向紘子(賢一郎の担当入居者) - 福井裕子
小日向仁士(紘子の長男) - 藤元英樹
澄香(紘子の長女) - 西慶子
清子(紘子の次女) - 李千鶴
警察官 - 嶋佐和也・屋敷裕政(ニューヨーク)

第8話
松尾史郎(膳彩フーズ営業部) - 崎山つばさ
谷川恵一(膳彩フーズ宣伝部) - 平野良
武田悠也〈26〉(膳彩フーズ営業部) - 伊藤祐輝
A子 / リカ(膳彩フーズ営業部) - 水上京香
北條孝典〈55〉(膳彩フーズ営業部本部長) - 山本まなぶ
レストランピエモンテマスター - いわいのふ健
イタリアンレストランウェーター - もう中学生

第9話
西浦広大(スポーツジムオーナー兼インストラクター、岡の後輩) - 佐藤祐基
桐谷琴乃〈33〉(スポーツジム会員) - 池田愛
桐谷三智子〈60〉(琴乃の義母) - 佐藤直子
古幡由佳〈35〉(スポーツジム会員、琴乃の元同僚) - 工藤里紗
湯浅一(スポーツジムインストラクター) - 是近敦之
秋江(桜井の地元の近隣住民) - 南風佳子
スポーツジムスタッフ - 杉山優華(つぼみ大革命)

最終話
鈴木龍之進 / 一条永太郎(一条家執事 / 本物の財閥創業者、ゆいかの祖父) - 山田明郷
一条永太郎 / 鈴木龍之進(財閥創業者 / 本物の一条家執事、龍之介の祖父) - 石井愃一

スタッフ
原作 - 水生大海 『ランチ探偵』シリーズ(実業之日本社文庫刊)
脚本 - 阿相クミコ、守口悠介、赤松新
監督 - 菊川誠、朝比奈陽子
音楽 - 仲西匡
主題歌 - つぼみ大革命 「恋愛ランチ」(よしもとミュージック)
チーフプロデューサー - 前西和成
プロデューサー - 沼田賢治、斎木綾乃(吉本興業)、森安彩(共同テレビ)、久松大地(共同テレビ)
制作 - 共同テレビ
制作協力 - 吉本興業
製作著作 - 読売テレビ


番組公式サイト
ランチ合コン探偵 - Wikipedia

『ランチ合コン探偵〜恋とグルメと謎解きと〜 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アライブ がん専門医のカルテ TOP

『アライブ がん専門医のカルテ』(アライブ がんせんもんいのカルテ)は、フジテレビ系「木曜劇場」枠(毎週木曜 22:00〜22:54)で、2020年1月9日から同年3月19日まで放送された。全11話。倉光泰子のオリジナル作品で、主演は松下奈緒。


各話あらすじ(2020年1月9日 - 3月19日)全11話 平均視聴率 7.02%
第1話 2020年1月9日「発生箇所不明のがん…治療不能からの逆転劇!新医療ドラマ始動」
 腫瘍内科医の心(松下奈緒)は、職場の総合病院で「オンコロ先生」と呼ばれて親しまれていた。全ての領域のがんに対して患者に合わせた治療を提供する腫瘍内科は常に人材不足で、部長の阿久津(木下ほうか)は研修医の結城(清原翔)と奈海(岡崎紗絵)を勧誘していた。ある日、心は患者の検査の件で、病院に移って来たばかりの消化器外科医・薫(木村佳乃)に助けられる。その後、心は原発不明がんで余命宣告を受けたという女性から、治療方針の相談を受ける。

第2話 2020年1月16日「知られざる男性乳がん…患者達がつなぐ希望」
 腫瘍内科医の心(松下奈緒)は、乳がん患者の莉子(小川紗良)を診察。莉子は手術を遅らせたいと言うが、研修医の結城(清原翔)はその気持ちが理解できず、同僚の奈海(岡崎紗絵)と言い合いに。そんな中、心は意識不明の夫・匠(中村俊介)に関する義父・京太郎(北大路欣也)の言葉に傷つき、仲良くなった消化器外科医・薫(木村佳乃)に愚痴をこぼす。一方、莉子と話した結城は…。

第3話 2020年1月23日「愛する家族最期の時間…在宅医療という選択」
 心(松下奈緒)が治療を担当する末期がん患者・陽子が救急搬送されてきた。心は緩和医療への切り替えを提案し、陽子もそれを希望するが、夫の修造は複雑だ。さらに在宅医療かホスピスかを巡り、娘2人を含む家族の中で意見が割れてしまう。心は、陽子と夫・匠(中村俊介)の状況を重ねて思い悩む。一方、薫(木村佳乃)は、ジムで関河(三浦翔平)という男性と知り合う。

第4話 2020年1月30日「愛する人を亡くしたら…悲しみを癒やす医療」
 匠(中村俊介)のことを考える心(松下奈緒)と京太郎(北大路欣也)は、元気がない漣(桑名愛斗)を思いやる。そんな中、出勤した心に警察から連絡が。そこで心は、匠が事故に遭った現場にいた理由を知る。一方、治療の副作用について説明を受けた乳がん患者の莉子(小川紗良)は、同じ病気を経験した薫(木村佳乃)に相談を持ち掛ける。その頃、心は京太郎の様子が気になり…。

第5話 2020年2月6日「離婚調停中の母親を襲う希少がん光射す逆転の治療法」
 心(松下奈緒)は希少がんの患者・春香を診察。夫と中学生の息子がいる春香は仕事が決まったばかりで、入院はできないという。同じ頃、薫(木村佳)の元上司・須藤(田辺誠一)の前に関河(三浦翔平)が現れていた。後日、春香の治療方針について他科の医師らと話し合った心は、春香が抱えている事情を知り、迷いが生じる。一方、病院内では、薫に関するある噂が広まる。

第6話 2020年2月13日「娘を救いたい!父の切実な想い…標準治療と民間療法」
 ジャーナリストの関河(三浦翔平)が薫(木村佳乃)らの周囲を探る中、薫はある決意を固める。一方、手術を控えた民代(高畑淳子)と話し、思い迷う心(松下奈緒)は、結城(清原翔)と共に患者の絵麻とその両親へのがん告知に臨む。その後、心と薫は民代の手術を巡って意見が衝突。そんな中、抗がん剤治療に否定的な絵麻の父が突然現れ、絵麻を連れ帰ろうと騒動を起こす。

第7話 2020年2月20日「がん再発の父と引きこもりの息子6030問題」
 心(松下奈緒)は結城(清原翔)と共に、がんの手術から3年後に転移が認められた患者・武井(平田満)と向き合う。入院を拒否し、息子・健太(篠原篤)の話題をはぐらかす武井に、心は何か事情があると考える。一方、薫(木村佳乃)は前の職場へ。後日、結城に自身の余命を問い詰めた武井が診察に現れず、心は武井の自宅に向かう。そんな中、心に須藤(田辺誠一)から連絡が入る。

第8話 2020年2月27日「男子高生のがん患者と母の想い…涙を笑顔に変える日」
 民代(高畑淳子)が抗がん剤治療を続けないと決め、戸惑う心(松下奈緒)は薫(木村佳乃)に相談する。病棟では、18歳の和樹が2度目となるがんの再発で入院。発病時の9歳の和樹を知る光野(藤井隆)の話を聞き、奈海(岡崎紗絵)は彼を励まそうとするが、はねつけられてしまう。一方、民代は莉子(小川紗良)と知り合う。後日、奈海は和樹が書いたブログを目にして…。

第9話 2020年3月5日「妊婦のがん子供か母か…2つの命を守れるか」
 心(松下奈緒)の元患者でもある妊娠初期の静(山田真歩)が切迫早産で搬送されてきた。検査でがんの再発が判明し、心と薫(木村佳乃)は治療を優先することを勧めるが、静も夫の敬(落合モトキ)も中絶を拒否する。一方で、莉子(小川紗良)から民代(高畑淳子)の様子を聞いた心は、莉子のテーブルに静が編集長を務めるがん関連情報のフリーペーパーがあることに気付く。考え込む心に、ある知らせが入る。

第10話 2020年3月12日「すい臓がん難手術と兄弟愛…二人の女医、最後の試練」
 手術を控えるがん患者・佐伯の弟が、実績のある病院への転院を宣言。医局では、研修終了が近づく結城(清原翔)や奈海(岡崎紗絵)が進路に悩む一方で、心(松下奈緒)に仕事のオファーが舞い込む。そんな中、佐伯の転院を断りに現れた大手病院の理事が、結城の母親と判明。心と薫(木村佳乃)は、急ぎ佐伯の手術準備を進めるが、佐伯は転院しろと譲らない弟と口論になる。

最終話 2020年3月19日「がん再発を越え…生きる希望を全ての人へ」
 薫(木村佳乃)の‘記念日’の告白により、心(松下奈緒)と薫の生活が慌ただしくなる中、食道がんの患者・千寿子の手術が決まる。千寿子は執刀医の薫に、手術の日程を遅らせてほしいと言い出す。結婚を控えた娘・麗奈に予定通りに挙式させたいという。だが、麗奈は心に手術を優先するよう願い出る。一方で、心は自身の進む道や、患者の治療と生きがいについて悩み…。

各話視聴率


概要
日本のテレビドラマとして初めての、腫瘍内科を舞台にしたメディカル・ヒューマンドラマ。日本ではまだ比較的数の少ない“がん診療のスペシャリスト”である腫瘍内科医と、有能な消化器外科医を中心に、がん治療の最前線で闘う医師と患者の姿を描き出す。


ストーリー
横浜みなと総合病院で、本人の名前とかけて“オンコロ先生”と呼ばれている腫瘍内科医の恩田心(松下奈緒)は、「治るか治らないかではなく、患者の人生に寄り添うこと」をモットーに、誰よりも真摯にがん患者に向き合っていた。

そんなある日、心は、移籍してきた有能な消化器外科医・梶山薫(木村佳乃)と出会う。腫瘍内科の必要性を理解してくれる外科医として、そして、太陽のように明るい性格で支えてくれる同僚として、大切な友人となった薫との出会いは、心にとって、公私ともに突然差し始めた一筋の光のようだった。しかし、実は薫は、心には言えない秘密を抱えていた。


キャスト
恩田心(おんだ こころ)
演 - 松下奈緒
主人公。神奈川県横浜市の横浜みなと総合病院の腫瘍内科医。周囲からは名前を略して“オンコロ先生”と呼ばれている。
医学部卒業後は放射線科に進むが、より多くのがん患者を救いたいという強い思いから、腫瘍学を学んだのち腫瘍内科への転科を決める。

梶山薫(かじやま かおる)
演 - 木村佳乃
横浜みなと総合病院の消化器外科医。物語が開始する1週間前に関東医大中央病院から転院してきた。
“サイレントキラー”と称される膵臓がんの手術におけるスペシャリスト。それ故にがんに関する知識は豊富である。しかし、バディを組むことになる心にも話せない隠された秘密を抱えている。

横浜みなと総合病院
腫瘍内科
結城涼(ゆうき りょう)
演 - 清原翔
横浜みなと総合病院の研修医。
物事をはっきりと言う性格のため、周りから誤解されることがある。冷静沈着でありながら、素直になれない不器用な性格である。家系が外科医であるため、本能的に外科医を目指している節がある。

夏樹奈海(なつき なみ)
演 - 岡崎紗絵
横浜みなと総合病院の研修医で結城とは同期。あるきっかけから小児科医を目指している。
真面目で努力家だが、時折羽目を外してしまう。

光野守男(みつの もりお)
演 - 藤井隆
横浜みなと総合病院の腫瘍内科医で心の同僚。
元は麻酔科に所属していたが、5番目の子供ができたこともあり、勤務時間が安定している腫瘍内科に異動した。腫瘍内科医としてのキャリアは浅いが、大変明るく朗らかな性格のため、医師や患者たちからの信頼度は厚い。

阿久津晃(あくつ あきら)
演 - 木下ほうか
横浜みなと総合病院の腫瘍内科の部長。病院内に腫瘍内科を創設した人物。
基本的に診療は心に任せているが、心をはじめとする部下たちに対しては極めて寛容。開放的で明るい性格。

婦人科
前園敬之(まえぞの のりゆき)
演 - 高橋洋(第1話・第5話・第9話)

消化器外科
美川史郎(みかわ しろう)
演 - 阿南健治(第1話・第6話・最終話)
消化器外科の部長。薫の上司。

看護師
松井聡
演 - 松本慎司

渡辺
演 - 田川可奈美

病院関係者
高坂民代(こうさか たみよ)〈64〉
演 - 高畑淳子(第1話 - 第10話)
長年通院している全身がんの患者。そのため、病院内の事情に詳しい。 元化粧品メーカーの美容部員。
心が一貫して担当しているが、薫からも診療を受けている。

佐倉莉子(さくら りこ)〈26〉
演 - 小川紗良(第2話 - 最終話)
会社員。ある日乳がんが見つかり、心の診察を受ける。
全摘手術の話を心から聞かされ、現実を受け入れられなくなるが、心と薫の説得により、手術と抗がん剤治療を受ける事を決断する。

恩田家
恩田匠(おんだ たくみ)〈45〉
演 - 中村俊介
心の夫。
父の京太郎に憧れ小説家になったが全く売れておらず、生計は心に任せて、自身は家事と漣の育児を務めていた。意識不明の重体。

恩田漣(おんだ れん)
演 - 桑名愛斗
心と匠の一人息子。小学1年生。

恩田京太郎(おんだ きょうたろう)
演 - 北大路欣也
匠の父。職業は脚本家。

関東医科大学附属中央病院
須藤進(すどう すすむ)
演 - 田辺誠一
消化器外科の副部長。薫の元上司。

その他
関河隆一(せきかわ りゅういち)
演 - 三浦翔平(第3話 - 第7話)
スポーツジムで薫に近づいてきた謎の男性。
正体は医療ジャーナリストであり、過去にある病院で起きた医療過誤について調査している。

ゲスト
第1話
村井恵子(むらい けいこ)〈55〉
演 - 石野真子
原発不明のがんを患っている女性患者。
余命3ヶ月を宣告されているため医師からホスピスの入寮を勧められているが、本当に助からないのか否かを確かめるために、結婚を約束している忠司とともに心のもとを訪れる。

山本忠司(やまもと ただし)
演 - 田口トモロヲ
恵子の大学時代の同級生。恵子とは結婚を約束している。
原発不明のがんを患っている恵子と共に心のもとを訪れる。

殿山俊樹(とのやま としき)〈38〉
演 - 石田明(NON STYLE)
美川の親友の病院から転院してきた患者。
胃がんの肝転移ステージ4という診断を受けていたが、それは画像のみの診断であり、肝生検を行った結果、胃、肝臓共に初発のステージ1のがんである事が判明した。

第2話
日ノ原徹(ひのはら とおる)〈58〉
演 - 寺脇康文
男性乳がんを患っている患者。かつては妻と娘の3人暮らしだったが、離婚して現在は独り暮らし。
乳腺科で発症率が1%に満たない男性乳がんと診断され困惑する。

赤城紀子(あかぎ のりこ)
演 - ふせえり
徹が乳腺科で出会った乳がん患者。“おせっかいババア“を自称しており、男性にして乳がんを患っている徹の手助けをした。緩和ケアを別の病棟で受けている。

佐倉裕子(さくら ゆうこ)
演 - 村岡希美
莉子の母。手術に来なかった莉子を病院に連れてくる。

吉田葵(よしだ あおい)
演 - 宮澤竹美
莉子の友人。

第3話
木内陽子(きうち ようこ)
演 - 朝加真由美
複数のがんを患っている患者。
抗がん剤治療による身体の負担を軽減させるために緩和治療を打診される。

田所歩美(たどころ あゆみ)
演 - 三倉茉奈
陽子の次女。
心から打診された母への緩和治療の方針を受け入れられず、抗がん剤治療の続行を望む。

猪瀬浩美(いのせ ひろみ)
演 - 野田久美子
陽子の長女。
心からの説明を受け、母への緩和治療の方針に賛成するが、在宅医療については同じく家庭を持つ妹と共に反対している。母を苦しませたくないと思っているため、抗がん剤治療の続行を望む妹と対立してしまう。

木内修造(きうち しゅうぞう)
演 - 遠山俊也
陽子の夫で浩美と歩美の父。

川谷潤平(かわたに じゅんぺい)〈45〉
演 - 生津徹
4年前に肝臓がんを切除するも、再発を宣告された患者。妻の美沙と息子が1人いる。

川谷美沙(かわたに みさ)
演 - 小出ミカ
潤平の妻。

第4話
中山
演 - 佐藤みゆき
出版社「徳文社」の社員。

森川
演 - 三浦誠己
半年前に妻を亡くした男性。妻の担当医だった阿久津からグリーフケアを受けている。

第5話
長尾春香(ながお はるか)〈40〉
演 - 遊井亮子
希少がんの一種である粘液型腫瘍肉腫を患う患者。夫と別居中で、息子の優斗の親権を争っている。

長尾優斗(ながお ゆうと)
演 - 南出凌嘉
春香の息子。
夜中にこっそり家から出ようとして二階の窓から落下し左腕を骨折、母である春香が通う横浜みなと総合病院に搬送された。

本間
演 - 伊藤洋三郎
北陸総合病院の医者。

第6話
土方絵麻(ひじかた えま)〈27〉
演 - 清水くるみ
若くしてステージ3の胃がんを患う患者。心から抗がん剤治療を勧められる。

土方徳介(ひじかた とくすけ)
演 - ベンガル
絵麻の父。病院が勧める標準治療に懐疑的である。

土方律子(ひじかた りつこ)
演 - 宮田早苗
絵麻の母。

第7話 
武井正弘(たけい まさひろ)〈65〉
演 - 平田満
3年前に膀胱がんを患い膀胱を摘出するも、肺への転移が発覚し、がん性胸膜炎を診断される。心から入院し抗がん剤治療をする事を勧められたが、自宅に引きこもっている息子の健太を気にかけており、息子のために入院を拒む。
後日、呼吸不全を起こし、健太の119番通報により心の病院に搬送される。

武井健太(たけい けんた)
演 - 篠原篤
正弘の息子。自宅に引きこもっている。父とは、母が10年前に亡くなって以降一切話をしていない。
呼吸不全により苦しむ父を見つけ、119番通報をする。

第8話
井上和樹(いのうえ かずき)
演 - 萩原利久
横浜東高校に通う高校3年生のがん患者。
幼い頃からがんで入退院を繰り返し、大学進学を目前に胚細胞腫瘍の再発を診断された。
自身のがん闘病の体験を綴ったブログを運営しており、読者から“希望“と呼ばれている。入院後もブログを更新しているが、がんの再発を隠し、「免許を取って初ドライブ」や「家族とスキー」などの嘘を綴っている。

井上弥生(いのうえ やよい)
演 - 安藤玉恵
和樹の母。

第9話
小山内静(おさない しずか)〈39〉
演 - 山田真歩
切迫流産で緊急搬送されてきた妊婦。5年前に大腸がんを患い、無事に退院して凍結保存した卵子を用いて妊娠したが、搬送されてきた際の検査でがんが肝臓に転移していたことが発覚した。
心は静に妊娠の継続は難しく、母体の命を優先したいと話すが、夫の敬と共に中絶を拒んだ。
大腸がんになった後、出版社を退社し“NOT ALONE“というフリーペーパーの編集長に転身し、がんに関する情報やがんサバイバーの体験記を執筆している。

小山内敬(おさない たかし)
演 - 落合モトキ
静の夫。

第10話
佐伯芳雄(さえき よしお)
演 - 相島一之
すい臓がんの患者。隼人の兄。

佐伯隼人(さえき はやと)
演 - 丸山智己
芳雄の弟。芳雄を有馬総合病院に転院させようとする。

結城美紀子(ゆうき みきこ)
演 - とよた真帆
涼の母。有馬総合病院の理事。

結城駿(ゆうき しゅん)
演 - 若林拓也
涼の弟。

最終話
橘千寿子
演 - 三田寛子

橘麗奈
演 - 佐津川愛美

スタッフ
脚本 - 倉光泰子
プロデュース - 太田大、有賀聡
演出 - 野舞 
主題歌 - 須田景凪 「はるどなり」(unBORDE / ワーナーミュージック・ジャパン)
音楽 - 眞鍋昭大
製作 - フジテレビ


番組公式サイト
アライブ がん専門医のカルテ - Wikipedia

『アライブ がん専門医のカルテ TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケイジとケンジ 所轄と地検の24時 TOP

『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』(ケイジとケンジ しょかつとちけんのにじゅうよじ)は、2020年1月16日から同年3月12日まで、テレビ朝日系「木曜ドラマ」枠(毎週木曜 21:00〜21:54)で放送中。全9話。主演は桐谷健太と東出昌大。


各話あらすじ(2020年1月16日 - 3月12日)全9話 平均視聴率 9.83%
第1話 2020年1月16日「ビッグバディ始動」 ※15分拡大(21:00 〜 22:09)
 念願かなって神奈川県警横浜桜木警察署の刑事となった元体育教師の豪太(桐谷健太)は、同僚のひかる(今田美桜)や目黒(磯村勇斗)から連続空き巣事件について聞き、犯人を捕まえると大張り切り。横浜地方検察庁みなと支部の検事・修平(東出昌大)は、好意を抱く立会事務官・みなみ(比嘉愛未)の前で大事件を担当したいと焦っていた。やがて現行犯逮捕した空き巣が元教え子の滑川(馬場徹)と知り、豪太は落ち込む。一方、修平は滑川の事件にある疑いを抱き、桜木署に確認。その態度にいら立つ豪太は、修平にかみつく。

第2話 2020年1月23日「供述を翻す男」
 路上で口論の末に殴られた男性が階段から転落し、意識不明に。容疑者として猫田(稲葉友)が捕まり、豪太(桐谷健太)は教員経験を生かした取り調べで自白を引き出す。だが、地検に移った猫田は修平(東出昌大)に対し、警察で自白を強要されたと犯行を否定。豪太は起訴に必要な物証を要求する修平に反発しながらも証拠探しに奔走する。その経緯を見たみなみ(比嘉愛未)は…。

第3話 2020年1月30日「殺人捜査の最前線」
 バーのオーナーの刺殺事件が発生。神奈川県警捜査一課が捜査するため、張り切る豪太(桐谷健太)ら所轄は支援に回される。上司の樫村(柳葉敏郎)に懇願して担当検事となった修平(東出昌大)は、みなみ(比嘉愛未)を前に得意げだ。やがて、運送会社社員・瀬川(薬丸翔)が容疑者に浮上。だが、物証がないからと逮捕の許可を出さない修平に捜査一課長・見城(池田成志)らは焦り出す。

第4話 2020年2月6日「法で裁けない女」
 テレビの密着取材が決まり、豪太(桐谷健太)ら強行犯係の面々は放火の知らせに全員で出動して大騒ぎ。やがて、放火された原動機付自転車の持ち主・直樹(大東駿介)が、みなみ(比嘉愛未)の元恋人で、犯人は直樹から短期間で振られた貴理子(阿部純子)と分かる。みなみの恋愛事情に落ち込む修平(東出昌大)は、検察にやって来た直樹をにらむが、意外な話を聞き豪太に調査を頼む。

第5話 2020年2月13日「誤認逮捕」
 豪太(桐谷健太)と目黒(磯村勇斗)は、路上のけんかで相手にけがさせた源を逮捕する。目黒の同級生だった弁護士・神田川の登場で誤認逮捕と分かり慌てる横浜桜木署の面々だが、源に3年前の事件の傷害容疑が浮上。原則通り釈放させようとする検察と警察で意見がぶつかる。その後、修平(東出昌大)は見張りも兼ねて豪太らの捜査に参加。一方で、神田川は根回しに動く。

第6話 2020年2月20日「消えた死体!?」
 豪太(桐谷健太)と修平(東出昌大)、みなみ(比嘉愛未)は、行きつけの店で大貫(風間杜夫)と樫村(柳葉敏郎)に遭遇する。一方、合コンがうまくいかず交番で田口(湯江タケユキ)に愚痴をこぼしていたひかる(今田美桜)は、逃走中のコンビニ強盗犯・半田を確保。半田は送検されるが、樫村に八つ当たりされた修平の指示で、ひかるは半田の兄の所在を調べる羽目に。それが大騒動に発展する。

第7話 2020年2月27日
 横集団暴行事件が発生。豪太(桐谷健太)らは、大学生の江島(永田崇人)を骨折させたとして、同じ高校の卒業生である久保田(濱正悟)、宮前(柾木玲弥)、黛(今井悠貴)を取り調べ、全員を送検する。主犯格が誰かを探す検察は、修平(東出昌大)と日下(渋谷謙人)、栄(峯村リエ)の検事3人がそれぞれに話を聞くが供述が食い違う。豪太は日下と張り合う修平にあきれるが…。

第8話 2020年3月5日「嘘を吐くオンナ」
 体中にあざがある6歳の女児・笑美が保護された。豪太(桐谷健太)は笑美と2人で暮らす母親・真由子(桜井ユキ)を連行するが、真由子は虐待を否認。検察との共同捜査が始まり、笑美の元へ向かった豪太とひかる(今田美桜)、修平(東出昌大)、みなみ(比嘉愛未)は、表情を失ったその痛ましい姿に怒りを募らせる。一方、目黒(磯村勇斗)らは、男性2人の‘決闘’事件を調べる。

最終話 2020年3月12日「ワンチームで挑む殺人事件」
 横浜桜木署管内で、激しい暴行を受けた身元不明の遺体が見つかった! 遺体の胸元にある火傷の痕を見た桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)は、犯人が身元を隠ぺいするためタトゥーを消そうとしたのだと推測。これを重要視した横浜地方検察庁みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)は、「3人組の犯人を見た」という第一発見者の証言と照らし合わせ、ある仮説を立てる。その目の付けどころを部長検事・樫村武男(柳葉敏郎)は評価。修平にこの事件を担当させることにする。

各話視聴率


ドラマ概要
桐谷健太と東出昌大がダブル主演を務める“大人の群像コメディー”。元体育教師の走り出したら止まらない刑事・仲井戸豪太(桐谷)と、頭脳明晰過ぎて逆にズレている東大卒の頭でっかちな超エリート検事・真島修平(東出)が、それぞれの正義感をたぎらせながら難事件を解決していく姿を描く。


ストーリー
神奈川県警の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)は、今という時代に重視されるコンプライアンスも意に介さず「とにかく犯人を逮捕して、被害者に感謝されたい」と躍起になる熱血漢。一方、横浜地方検察庁の検事・真島修平(東出昌大)は、「犯罪者を裁くための一番の社会正義は、起訴すること。そのために証拠を集める刑事は、検事の“駒”である」と考える冷血漢。

共にまだ半人前な2人がバディを組み、時にはぶつかり合いながらも共鳴し、数多くの事件に立ち向かっていく。


キャスト
仲井戸豪太(なかいど ごうた)〈36〉
演 - 桐谷健太
神奈川県警横浜桜木警察署の刑事。私立高校の教師から転職した経歴を持つ。
体育会系の性質もあってか、何かあると突っ走ってしまう癖がある。教師から刑事になったこともあり、市民の目線による考えを持っており、つい上層部にも物申してしまう。

真島修平(ましま しゅうへい)〈32〉
演 - 東出昌大
横浜地方検察庁みなと支部所属の検事。東京大学法学部・法科大学院を卒業したエリート。
エリートであるが故に感覚がだいぶズレている傾向があり、市民感覚にも希薄な部分がある。検事になって5年目だが、未だに重大案件を任せてもらえない。

仲井戸みなみ(なかいど みなみ)〈33〉
演 - 比嘉愛未
豪太の妹で横浜地方検察庁みなと支部の立会事務官。修平のサポートを担当している。
事件関係者などの心情にも深く分け入る機転の良さがあり、時に修平にひと言申し添えるなどの積極性も見られる。ただ、突然家に転がり込んできた兄の豪太の猪突猛進ぶりには呆れている。

目黒元気(めぐろ げんき)〈28〉
演 - 磯村勇斗
神奈川県警横浜桜木警察署の刑事。
安定した将来を手にするために出世を第一に考えており、「ミスをせず堅実に職務をまっとうする」のが信条。真反対の性格の豪太に振り回される。

毛利ひかる(もうり ひかる)〈26〉
演 - 今田美桜
神奈川県警横浜桜木警察署の刑事。
裏表のないサバサバした性格だが、中年以上の男性が好みで豪太や修平のような若い男性にはまるで興味が沸かない。

日下直樹(くさか なおき)〈31〉
演 - 渋谷謙人
横浜地方検察庁みなと支部所属の検事。東京大学在学中に司法試験に合格したエリート。
警察の存在を検察よりも劣ると見ている点においては修平と似た性格だが、自分は修平よりも優秀であると勝手に思い込んでいる。

森岡奈緒子(もりおか なおこ)〈26〉
演 - 奥山かずさ
横浜地方検察庁みなと支部の立会事務官。日下のサポートを担当している。
勝手に競い合っている検事たちの様子を観察するのが何より好きである。

多胡永吉(たご えいきち)〈48〉
演 - 矢柴俊博
神奈川県警横浜桜木警察署捜査課の課長。
部下である豪太の暴走をいつも気にかけている。

桂二郎(かつら じろう)〈55〉
演 - 菅原大吉
神奈川県警横浜桜木警察署の刑事。出世を望まぬ頼もしきベテラン。
常に沈着冷静で、いつも後輩のことを温かく見守っている。

持丸栄(もちまる さかえ)〈55〉
演 - 峯村リエ
横浜地方検察庁みなと支部所属の女性検事。若手育成には定評がある。
部長検事である樫村からはよく相談を受ける。

亀ヶ谷徹(かめがや とおる)〈30〉
演 - 西村元貴
横浜地方検察庁みなと支部の立会事務官。持丸のサポートを担当している。
ベテラン女性検事である持丸の下で常にストレスとプレッシャーと闘いながら、持ち前の粘りで乗り切っている。

宮沢かほり(みやざわ かほり)〈50〉
演 - 八木亜希子
飲食店「OKAZU-YA」の女主人。
裁判官だった経歴があり、修平やみなみ、時には豪太の良き相談相手となる。

樫村武男(かしむら たけお)〈53〉
演 - 柳葉敏郎
横浜地方検察庁みなと支部所属の部長検事で修平の上司。
かつて東京地方検察庁特捜部に所属しており、鬼検事と恐れられていた。しかし、融通が利かず、市民感覚が極度にズレている傾向にある修平に対してはなかなか重大案件を任せる勇気が持てない。

大貫誠一郎(おおぬき せいいちろう)〈60〉
演 - 風間杜夫
神奈川県警横浜桜木警察署署長。豪太にとっての最大の理解者でもある。
非常に温厚な性格であり、常に警察と検察は同等の立場にいるべきであるとの考えを持っている。

スタッフ
脚本 - 福田靖
主題歌 - 宮本浩次 「ハレルヤ」(UNIVERSAL MUSIC JAPAN)
チーフプロデューサー - 黒田徹也(テレビ朝日)
プロデューサー - 服部宣之(テレビ朝日)、飯田サヤカ(テレビ朝日)、菊地誠(アズバーズ)、松野千鶴子(アズバーズ)、岡美鶴(アズバーズ)
演出 - 本橋圭太(アズバーズ)、及川拓郎
制作協力 - アズバーズ
制作 - テレビ朝日


番組公式サイト
ケイジとケンジ〜所轄と地検の24時〜 - Wikipedia

『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

科捜研の女 第19シリーズ TOP

2019年4月18日から2020年3月19日まで、毎週木曜日20:00 - 20:54に、テレビ朝日系列の「木曜ミステリー」枠で放送された。全34話。


各話あらすじ(2019年4月18日 - 2020年3月19日)全34話 平均視聴率 11.65%
第1話 2019年4月18日「科捜研の女VS科警研の女/マリコVS科警研の女 1年続く鑑定バトル」
 京都駅の防犯カメラに、逃走中の連続婦女絞殺事件の容疑者・荒木田(鈴木拓)の姿が確認された。同じ頃、芸妓・鶴藤(浦まゆ)が殺され、マリコ(沢口靖子)は直接の死因が窒息ではなく心破裂の可能性を指摘。だが、現場で荒木田の下足痕が採取されたことと首を絞める手口から、府警に現れた警察庁科警研の主任研究員・つかさ(檀れい)は荒木田の犯行だと断言する。

第2話 2019年4月25日「天才画家Xの計画」ラテ欄「時価2億!? イタズラ壁画殺人!! 科学が暴く画家の正体」
 廃工場で男性(吉田ウーロン太)の遺体が発見され、壁には描いたばかりの絵画と特徴的なサインが。そこに約束をしていたという美術評論家・雫(真飛聖)が現れ、被害者は街角の壁などにゲリラ的に描くことで有名な画家・実相寺だと証言。だがその正体は不明で、土門(内藤剛志)も雫からわずかな情報しか得られない。マリコ(沢口靖子)は靴の付着物から身元を探ろうとする。

第3話 2019年5月2日「カナダから来た男」ラテ欄「マリコVSカナダから飛んできた銃弾!? 目撃者はカモメ」
 マリコ(沢口靖子)らの元同僚でカナダ在住の相馬(長田成哉)から、京都に行くと連絡が。ところが、一足先に到着した相馬の友人でカナダの大学の研究員・遠藤(小堀正博)が射殺体で発見された。彼のスマートフォンを調べると、到着直後、大阪のカウンセリングルームに電話をしたことが判明。一方、宇佐見(風間トオル)は遠藤の論文に捏造(ねつぞう)疑惑があることを知る。

第4話 2019年5月9日「8億円の猫」ラテ欄「マリコVS8億円ネコ 肉球鑑定が暴く緑色の汗の殺人犯」
 病院から一時帰宅していた人気絵本作家・由子(室井滋)が撲殺される。余命宣告を受けた由子は、全財産8億円を愛猫・ももの世話をするという条件付きで、ペットシッターの剛(笠松将)に贈与するとしていた。マリコ(沢口靖子)達は、由子の耳とももの頭部から、犯人の物と思われるハンドクリームを検出。土門(内藤剛志)は、担当編集者・水野(小久保丈二)らに話を聞く。

第5話 2019年5月16日「50年前から来た客」ラテ欄「京都スイーツツアー 突然発火する旅行者とおからの謎」
 廃倉庫で焼死体が発見され、マリコ(沢口靖子)らの鑑定で、高齢の白人男性と断定される。近くには、セーラー服の少女と2人の青年の古い写真が落ちていた。間もなく、男性は米国在住のリチャード(リチャード・ウィルソン)と判明。彼が写真の3人、寺の跡取りだった後藤(大出俊)、後藤の後輩・平松(寺田農)、その妹・さくら(中田喜子)に会いに来たと分かるが…。

第6話 2019年5月23日「愛される悪魔」ラテ欄「夫4人連続不審死!? 魔性の妻を暴くマリコのクシャミ」
 資産家・留蔵(上村厚文)の遺体を、帰宅した40歳年下の妻・聡美(鶴田真由)が発見。実は4年前、聡美の3人目の夫で大手スーパー社長が不審死を遂げ、聡美は連日マスコミに追われたが、証拠が挙がらず事件性なしと処理された。一方で、その前の夫2人も結婚後程なく死亡している。鑑定の結果、留蔵は毒殺されたと判明。マリコ(沢口靖子)らは前夫3人の周辺を探る。

第7話 2019年5月30日「消えたパンダの謎」ラテ欄「逃亡犯がリゾートに潜伏!? マリコとパンダの合同捜査」
 和歌山の「アドベンチャーワールド」で休暇中のマリコ(沢口靖子)、亜美(山本ひかる)、呂太(渡部秀)は、両親と来園した桃香(小南希良梨)のリュックを狙う不審な男に遭遇。逃げた男が京都で強盗傷害事件を起こした新浜(小柳友)と判明する。やがて桃香が新浜に連れ去られた。マリコらは上長・富田(小宮孝泰)の方針に盾突く県警刑事・熊谷(平岡祐太)と共に捜査に乗り出す。

第8話 2019年6月6日「パンダの中の真実」ラテ欄「マリコの相棒に殺人容疑!? 神出鬼没の爆弾ドローン」
 マリコ(沢口靖子)達は和歌山から京都に舞い戻っていた指名手配犯・新浜(小柳友)の足跡を追う。そして、新浜が押し入った会社を訪ね、事件の発端を洗い直す。すると、手提げ金庫を奪われ階段から突き落とされた同社顧問税理士・結城(内野謙太)、逃走用に車を奪われたタクシー運転手・永井(北口ユースケ)と新浜の共通点、さらに、ある人物との関連が明らかになる。

第9話 2019年7月11日「京都爆弾観光ツアー」ラテ欄「マリコの爆弾大捜索…犯人が観光案内するアプリの謎」
 榊マリコ(沢口靖子)と土門薫(内藤剛志)のもとに、“京都観光促進センター”の園崎乙弥(松田悟志)から相談が舞い込んだ。園崎らは、京都の名所を訪れた観光客たちに、京都らしさを感じさせる“音”を専用アプリで体験してもらう“京都サウンドAR”というプロジェクトを進めていたのだが、共同で開発に当たっていた音響の研究家・尾藤奏吾(村上新悟)が失踪。さらに、センターのサイトに「プロジェクトを中止しないと恐ろしいことが起きる」という謎の脅迫メールが届いたという。

第10話 2019年7月18日「マリコ寿司を握る」ラテ欄「天才寿司職人殺人!? マリコでも作れる極上にぎりの謎」
 寿司店主・若杉(渡辺哲)が絞殺された。カウンターに食べかけの握り寿司があり、宇佐見(風間トオル)が若杉の店とは違う酢が使われていると指摘する。一方、若杉がホテルに依頼され、新規参入する寿司職人の候補者4人を採点していたと判明。マリコ(沢口靖子)達が調べると野田(藤重政孝)が同じ酢を使用していた。野田は寿司職人の養成学校でその酢を教わったと言い…。

※2019年7月25日は『テレビ朝日開局60周年記念 世界水泳 韓国・光州 2019』放送のため休止

第11話 2019年8月1日「殺人遊覧船ツアー」ラテ欄「マリコ激流下り殺人鑑定!! 頭にコンセントがある男!?」
 嵐山の空き寺で、住職亡き後、代役を兼ねる別の寺の住職・淳雄(阿部達雄)の遺体を、早朝、清掃に来た幸子(峯村リエ)ら5人の檀家が発見。指定文化財の仏像が消えたことから、土門(内藤剛志)は強盗殺人と断定する。マリコ(沢口靖子)達は被害者から採取した緑色の繊維に注目。防犯カメラの映像と下足痕から緑色のリュックを背負った男を犯人と特定し、捜索を始める。

第12話 2019年8月8日「赤い宝石」ラテ欄「凶器は花束!? マリコVS体内で宝石を作れる殺人犯の謎」
 宝石店警備員・春田(モト冬樹)が神社で刺されて意識不明となり、マリコ(沢口靖子)らも現場へ。手にしていた花束を作った生花店店主・めぐみ(大村彩子)は春田を覚えていないという。一方、花に付いた血液が、6年前に殺人事件の重要参考人になった諸星(石垣佑磨)のものと判明。以前は病院の臨床検査技師長だった春田と、けんかで運ばれた諸星との接点が浮上する。

第13話 2019年8月15日「お茶の達人」ラテ欄「マリコVSお茶の達人 究極のブレンドを作る殺人犯の謎」
 宇治茶の老舗「久住茶寮」の従業員・橋本(川野直輝)が殺され、店主・久住(藤田宗久)夫婦の証言から、5年前に解雇した角倉(松澤一之)が浮上。マリコ(沢口靖子)らに橋本とは会っていないと言う角倉だが、直後に開催された「宇治茶グランプリ」でも久住の茶筒をすり替えた疑いが…。

第14話 2019年8月22日「予約された死」ラテ欄「被害者が殺人を生前予約!? マリコVS証拠を火葬する女 」
 元開業医の一郎(鶴田忍)が、自宅離れで殺害される。一郎は家族に内緒で、自身の葬儀を生前予約していた。マリコ(沢口靖子)は、その依頼先である神城葬儀社の峰子(中島ひろ子)に、‘墓場まで持っていきたい秘密’を遺族にも知られないようにしてくれるとの噂があると聞く。そんな中、家政婦・佐奈(飯島順子)が、堅物で知られた一郎に愛人がいたと証言して…。

第15話 2019年8月29日「女神のぬか漬け」ラテ欄「何でもぬか漬けする殺人犯!? マリコの激旨ナス鑑定!!」
 ‘ぬか漬けの女王’と呼ばれる料理研究家・雪絵(森口瑤子)の夫で、その本やグッズを販売する会社社長・純一(戸井勝海)が社長室で殺された。専務・三島(武野功雄)の通報で駆け付けたマリコ(沢口靖子)らは、純一が最期に食べたのが社員の彩花(仲村瑠璃亜)のぬか漬けだと突き止める。愛人関係を認めた彩花は、純一と雪絵がライセンス契約を巡りもめていたと証言する。

第16話 2019年9月5日「風岡早月のメッセージ」ラテ欄「衝撃ラスト!! 凶弾に撃たれた風岡先生…骨が暴く真実」
 ホテルでの発砲・立てこもり事件に、解剖医の早月(若村麻由美)が巻き込まれた。現場の防犯カメラの映像には、マリコ(沢口靖子)らが見るのを予想して、身振りで「犯人は1人、人質は自分も含めて6人」と伝える早月の姿が。一方、投入された特殊犯捜査係の広橋(合田雅吏)が犯人(忍成修吾)に電話で要求を聞くが、早月は取って付けたような犯人の返答に違和感を抱く。

第17話 2019年10月17日「妻と愛人の事件簿」ラテ欄「マリコの自宅に爆弾犯が居候!? 水漏れする偽夫婦の謎」
 京都市内で銀行強盗が発生。犯人の男たちは、赤と青の風船を並べたような不思議な形の爆発物を持って逃走した。一方、榊マリコ(沢口靖子)が休みの科捜研では、橋口呂太(渡部秀)たちが防犯カメラの映像を確認するものの、それだけでは爆発物の特定はおろか本物かどうかも分からない状況だった。

第18話 2019年10月24日「人質志望の女」ラテ欄「人質マリコ救出作戦〜銃撃戦に携帯ゲーム機で応戦!?〜」
 榊マリコ(沢口靖子)の住むマンションに、成分不明の爆発物を所持した銀行強盗3人組が逃げ込んだ。現場の部屋に潜入したマリコの機転によって爆発物の種類は特定され、誘拐された杉原夫妻の息子・卓海(浅海翼)がマンション内のごみ集積場で、もう1人の犯人に囚われていることも分かる。

※2019年10月31日は「野球・侍ジャパンシリーズ2019 日本×カナダ」放送(19:00 〜 20:54)のため、休止。

第19話 2019年11月7日「刑事部長の憂鬱」ラテ欄「マリコの部下は刑事部長!? 殺人現場を再現する謎の芋」
 焼き鳥店店員・深田(永沼伊久也)の他殺体を、交番巡査・平野(菅原大吉)が発見し、マリコ(沢口靖子)らが臨場する。遺留品の折れたガラス製パイプから、血痕と大麻の成分、深田の唾液に加え、平野の指紋が検出された。だが、平野はパイプに覚えはなく、深田とも面識がないと話す。平野の幼なじみで親友の刑事部長・藤倉(金田明夫)は、捜査の指揮を自ら外れる。

第20話 2019年11月14日「納豆菌の女VS乳酸菌の女」ラテ欄「マリコVS菌活の女!? 空飛ぶ納豆とパン工房殺人の謎!!」
 定休日のベーカリーの工房で、店主・長内(小川剛生)の遺体を、パン生地に使うヨーグルト酵母を届けに来た妻・花野(大路恵美)が発見。土門(内藤剛志)、マリコ(沢口靖子)らが臨場する。現場で稲わらが採取される中、長内の前妻・奈津(西尾まり)がCMでも知られる納豆研究家と判明。また、長内が事件直前に焼いた食パンから、パンの天敵である納豆菌が検出される。

第21話 2019年11月21日「ドクターKの失敗」ラテ欄「ぬいぐるみは見た!? 鉄道模型を魔改造する殺人犯の謎」
 本城(尾崎右宗)が自宅で刺殺され、マリコ(沢口靖子)らが臨場した部屋では鉄道模型の赤と青の電車が走っていた。本城のおいによると、前日、青の電車は壊れて動かなかったという。また、現場からはおもちゃの車のタイヤが見つかった。その車は、玩具を直すボランティアの久保井(西村まさ彦)に、保育園児の母親・小百合(遊井亮子)が修理のため預けたものと判明する。

第22話 2019年11月28日「ミステリーの達人」ラテ欄「マリコVS推理作家!? 殺人犯が集うサイン会と葛餅の謎」
 工場で働く古田(今野浩喜)の遺体が空き地で発見され、マリコ(沢口靖子)らは付着していた砂と植物片を調べる。また、古田は小説家・高柳(大和田伸也)のサイン入り児童書を所持。前日のサイン会は新刊購入者が対象で、担当編集者・日菜子(吉本菜穂子)はデビュー作の児童書を持参した古田をよく覚えていた。一方、古田を時折、初老の男性が訪ねていたと分かる。

第23話 2019年12月5日「土門刑事の妻」ラテ欄「さらば、土門刑事!! マリコVS1999年から来た殺人犯」
 ライターの広辺(森下じんせい)が殺され、落ちていた‘1999年12月31日’の京都タワーの展望券には19年前に死亡した元刑事・火浦(升毅)の指紋が。ところが、広辺の着衣からも同じ指紋が出たため、土門(内藤剛志)の同期だったという火浦の生存が判明する。一方、マリコ(沢口靖子)らは広辺が、2000年になると同時に起きた大学生の集団自殺事件を調べていたと知る。

第24話 2019年12月12日「土門刑事の選択」ラテ欄「土門最後の事件!! マリコVS致死率100%のウイルス」
 フリーライターの広辺(森下じんせい)が絞殺され、その遺留品から、元刑事で19年前に死亡したはずの火浦(升毅)が生きていると分かり、広辺殺害の容疑がかかる。1999年の大みそかに起きた大学サークルの集団自殺と不可解な転落死、二つの事件の関連を調べていた広辺に、大学関係者から多額の振り込みがあったことも判明。そんな中、広辺殺害と同じ手口で新たな事件が起こり、マリコ(沢口靖子)と土門(内藤剛志)は真相を探る。

第25話 2019年12月19日「シャンハイ捜査線」ラテ欄「京都〜上海ラーメンバトル殺人!! 20億円寸胴鍋の謎」
 年明けに新部署に異動することになった蒲原(石井一彰)は、同僚となる堀切(中村俊介)と、ある撲殺事件の捜査にあたる。その事件で殺害された岡村(長南洸生)は、2年前に起きたラーメンチェーン店の「バイトテロ」の当事者で、同支店は閉店に追い込まれ、チェーン店の株価も大暴落。岡村は2千万円の賠償を求められていた。一方、動画が4年前に撮影されたものだと分かったマリコ(沢口靖子)は、なぜ2年後に投稿されたのか不思議に思う。

第26話 2020年1月16日「待ち人、来る」ラテ欄「初詣おみくじ殺人!? マリコVS裏の顔を持つ美人巫女!!」
 マリコ(沢口靖子)らが初詣に訪れた神社で宮司の妻・教子(平井三智栄)が撲殺された。参拝客が住み込みの手伝い・詩帆(高田里穂)の動画をアップし、それを見た人物が神社のホームページに詩帆への脅迫文を書き込んだことが発覚。背格好の似た教子が詩帆と間違われた可能性が浮上する。広域サイバー捜査係の堀切(中村俊介)と蒲原(石井一彰)は捜査に乗り出す。

第27話 2020年1月23日「マリコの動画チャンネル」ラテ欄「No.1フレンチ殺人!! マリコの仰天料理が暴く店の裏側」
 有名フランス料理店の総料理長・池住(横堀悦夫)の撲殺体を、出勤した副料理長・八十嶋(丹羽貞仁)らが発見。2代目社長・小畑(浅野和之)は料理の現場を知らず事業拡大に走り、解任に動いた池住の社長就任が目前だった。一方、小畑は料理動画を毎日ノーカットで撮影、更新しており、マリコ(沢口靖子)らは事件当日の動画から、小畑のアリバイ成立を確認するが…。

第28話 2020年1月30日「筋肉は嘘をつかない」ラテ欄「マリコVSダイエット達人!! ㊙︎10キロ減量法が暴く殺人犯」
 ダイエット企画に挑戦中のアナウンサー・七海(野呂佳代)が殺された。七海が通うジムのトレーナー・美音(青山倫子)は厳しい指導で知られ、マリコ(沢口靖子)らは事件当日に2人の口論が目撃されていたと聞く。そんな中、亜美(山本ひかる)は七海が辻井(賀集利樹)のジムにも通っていたことを突き止める。そこは美音のジムとは真逆で、ゆったり系を提唱していた。

第29話 2020年2月6日「銭湯アイドルの秘密」ラテ欄「マリコ銭湯アイドル徹底解剖!! 白骨を贈る熱烈ファン」
‘スーパー銭湯アイドル’政宗(柏原収史)の楽屋に袋に入れた人骨が置かれる事件が起きる。マリコ(沢口靖子)はその人骨がかつて大きな手術を受け、刺殺された男性だと指摘。肋骨の特徴に注目し、早月(若村麻由美)に身元の洗い出しを頼む。袋には政宗と男性の写真もあったが、政宗は心当たりはないと言う。一方、楽屋には政宗のファン・希和(左時枝)の「素足痕」があり…。

第30話 2020年2月13日「100円の殺人!?」ラテ欄「節約名人の殺人計画〜45円ステーキが暴く死体消失!?」
 ブログで人気の‘節約の達人’佐江(菊地美香)が殺される。実際の佐江はぜいたく好きで、小遣い稼ぎのためブログを開設していた。マリコ(沢口靖子)らは節約情報を提供していた図書館員・逸子(松岡依都美)を突き止める。逸子は佐江を泊めたことは認めたが、殺害は否定。そんな中、20年前の殺人事件で服役した逸子の母・志乃(筒井真理子)が捜査線上に浮かぶ。

第31話 2020年2月20日「ピンク色の鑑定」ラテ欄「マリコVS色の魔術師 10円でピンクに変わる犯行声明!?」
 河原で発見された遺体が、19年前に捜索願いが出された草木染の染色家・後藤(春田純一)と判明。マリコ(沢口靖子)達は、現場に紫色の手拭いと「事件現場」と書かれた手描きの地図を残した古着ショップ店長・夏夫(赤楚衛二)にたどり着く。小学生時代に誘拐された夏夫は、父親に信じてもらえず、事件に便乗すれば警察が調べてくれると考えて地図を置いたと話す。

第32話 2020年2月27日「マリコのネイルサロン」ラテ欄「マリコVS赤い指の女〜脅迫したら変色するネイルの謎」
 保険外交員・樹里(佐藤乃莉)が自宅アパートで殺される。爪にはスーツに不似合いな赤いマニキュアが施され、そばにネイル用ストーンが1粒落ちていた。マリコ(沢口靖子)はネイルサロンを営む佐和(佐藤江梨子)の爪のストーンと断定。土門(内藤剛志)らの調べで2人の関係も明らかになる。

※2020年3月5日は『列島警察捜査網THE追跡2020春の事件簿』(19:00 〜 20:54)放送のため、休止

第33話 2020年3月12日「ニューヨークから来た悪魔」ラテ欄「マリコVS後妻業の女再び!! 50億円テリヤキ帝国の殺人」
 米国に会社を築いた嘉壱(福本清三)が自宅で死亡。2週間後、長女で大阪にある日本支社の専務・鏡子(美鈴響子)の遺体が京都で見つかり、マリコ(沢口靖子)らが臨場する。嘉壱には子が3人いたが、会社株以外の全資産の80%を聡美(鶴田真由)に遺贈するという遺言公正証書が存在していた。聡美はマリコや土門(内藤剛志)と因縁のある‘後妻業’が疑われる人物で…。

最終話 2020年3月19日「20年目の榊マリコ」ラテ欄「マリコ最後の鑑定!再開の父と最新科学で暴く20年前の密室殺人…シリーズ最大の謎が明らかに!!」 ※最終回スペシャル(20:00 〜 21:48)
 20年前の殺人事件の犯人として逮捕された小説家・芳賀(田中要次)が無罪を主張。マリコ(沢口靖子)らが再鑑定を行う。写真家・狩野(比留間由哲)が自身の別荘で銃殺された事件で、宿泊していたのは妻・市香(河井青葉)や友人ら男女6人。狩野と芳賀が口論となった翌朝、市香が狩野の遺体を発見。猟銃から指紋が検出され、姿を消した芳賀が犯人とされたが…。

各話視聴率


※第6話は放送時間を6分拡大、21時までの1時間の放送。後続番組『5夜連続ドラマスペシャル 山崎豊子「白い巨塔」』第2話にステブレレスで接続。
※第7話・第8話と第17話・第18話と第23話・第24話は2話完結(前後編)。
※最終話は2時間スペシャル(20:00 - 21:48)。


概要
沢口靖子扮する法医研究員・榊マリコら京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)のメンバーが、各々の専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿を描く人気ミステリー。

日本の連続ドラマ史上、最も長くシリーズが継続しており、今作で20周年を迎える。また、テレビ朝日開局60周年を記念して、1年間にわたって放送されるため、京都の四季折々の情景がふんだんに盛り込まれるのも見どころとなる。


ストーリー 
京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコ(沢口靖子)は、私生活はてんでズボラだが、科学捜査の分野においては常に冷静沈着なスペシャリスト。

マリコ自身の卓越した知見、そして個性的過ぎる科捜研メンバーが持つ法医、物理、化学、文書鑑定などの最新の専門技術を武器に、京都府警捜査一課の土門薫(内藤剛志)と共にさまざまな難事件に挑んでいく。

ある日、連続絞殺事件の犯人が取り調べ中に逃走。マリコらが捜査協力を依頼される。そんな中、絞殺された女性の遺体が発見され、科警研のメンバーは現場の状況から逃走犯の犯行を疑うが、マリコは疑問に思い…


キャスト
沢口靖子
榊マリコ 役
京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員。科学捜査には信念とプライドを持っているが、過信することなく真理は科学を扱う人間にかかっていることも心得ている。現在は独身だが、実は一度結婚経験がある。京都府警捜査一課の土門とは強い絆で結ばれており、互いに信頼し合っている。

内藤剛志
土門薫 役
京都府警捜査一課の刑事。警部補。団体行動が苦手な一匹狼タイプで、直情的に突っ走ることが多い。マリコと共に独断で捜査に走ることがあり、藤倉刑事部長から苦言を呈されることもしばしばだが、やり方を変える気はない。妻とは死別、かつての部下の殉職に責任を感じ続けている。

若村麻由美
風丘早月 役
洛北医科大医学部病理学科法医学教室の教授。一男一女の母。のんきで陽気な性格。仕事以外でも何かとマリコの相談に乗っている。マリコとは性格も私生活も正反対だが、仕事に関してはよいパートナーシップで結ばれている。

風間トオル
宇佐見裕也 役
科捜研の化学担当。狭き門の中途採用試験に合格し採用された。以前は国立航空科学研究所の技官として、爆発物や化学兵器の防犯・研究をしていた。気象や海洋など航空安全に関わる知識も豊富で、マリコのよきアドバイザー。

金田明夫
藤倉甚一 役
京都府警刑事部長。警視。土門の上司。以前は鑑識畑一筋で、筋金入りの現場第一主義だった。頑固で曲がったことが嫌いな性格。人にこびたりは絶対にしない。以前は「科捜研はあくまで裏方であるべき」と考え、捜査に過度に介入してくるマリコの行動を非難していたが、最近は一定の理解を示すようになった。

斉藤暁
日野和正 役
科捜研所長。文書鑑定担当。もともとは警視庁の科捜研にいたが、京都府警からの要請で東京から京都へ異動してきた。そのため、妻子は東京在住で単身赴任中。見かけはいい加減だが、意外に正義感も強く、情にもろい。過労で仕事中に倒れて入院して以来、科捜研メンバーの働き方に気を配っている。

スタッフ
脚本:戸田山雅司、櫻井武晴
監督:森本浩史、田崎竜太
プロデューサー:関拓也、藤崎絵三、中尾亜由子、谷中寿成

主題歌:Blue Rain/今井美樹


各シーズンあらすじ
科捜研の女9
科捜研の女10
科捜研の女11
科捜研の女12
科捜研の女13
科捜研の女14
科捜研の女15
科捜研の女16
科捜研の女17
科捜研の女18

番組公式サイト
科捜研の女 - Wikipedia

『科捜研の女 第19シリーズ TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月27日

来世ではちゃんとします TOP

『来世ではちゃんとします』(らいせではちゃんとします)は、2020年1月9日(8日深夜)から同年3月26日(25日深夜)まで、テレビ東京系「ドラマパラビ」で木曜 1時35分から2時05分(水曜深夜)に放送された。全12話。主演は内田理央。動画配信サービスParaviでは1月1日21時より毎話先行独占配信。


各話あらすじ(2020年1月9日 - 3月26日)全12話
第1話 2020年1月8日
 CG制作会社で働くアラサー女子の桃江(内田理央)は、ローテーションを組んで5人のセフレと関係を持っていた。中でも一番のお気に入りのAくん(塩野瑛久)に本気で恋をしている桃江だったが、ある日、Aくんから「彼女ができた」と報告されてしまう。一方、桃江の同僚でBL好きなオタク女子・梅(太田莉菜)は、自身の恋愛には全く興味がなく、日々、男性同士の恋愛に妄想を膨らませていた。
 
第2話 2020年1月15日
 桃江 (内田理央) の同僚・林(後藤剛範)は、過去に浮気されたトラウマから女性と付き合うことができなくなっていた。一方、同じく同僚で魔性のイケメン・松田(小関裕太)は女性のあしらいがうまく、セフレ初心者の亜子 (小島藤子)はすっかりハマっていた。曖昧な関係を続ける松田に亜子は不満をぶつけるが、うまく丸め込まれてしまう。

第3話 2020年1月22日
 「スタジオデルタ」のチームリーダー・檜山(飛永翼)は、通常業務をこなしながら、副業で漫画を描くという過酷な日々を送っている。その訳は、檜山が風俗嬢・心ちゃん(中川知香)に恋をして、給料のほとんどを貢いでいるからだった。一方、マッチングアプリを始めた林(後藤剛範)は、凪(ゆうたろう)という美女と仲良くなる。

第4話 2020年1月29日
 林(後藤剛範)が出会った美女・凪(ゆうたろう)の正体はなんと男だった。林は困惑しつつも凪と会うことを決意する。凪の提案で林の自宅に行く事になった2人だったが…。

第5話 2020年2月5日
 会社の地下倉庫に閉じ込められた桃江(内田理央)と松田健(小関裕太)の2人は、何とか理性を保つ。一方、風俗嬢の心(中川知香)は、どんな客にも笑顔を絶やさないが、嫌な客の相手をする時はあることを想像していた。

第6話 2020年2月12日
 ドSなAくん(塩野瑛久)の要求に応えてバニーガール姿になった桃江(内田理央)に、Aくんは冷たい言葉を言い放つ。一方、心(中川知香)からバレンタインチョコレートを受け取る約束をした檜山(飛永翼)に、当日、急な仕事が入ってしまう。

第7話 2020年2月19日
 檜山(飛永翼)の元へ出版社から漫画家デビューの誘いの電話が来る。夢がかなうと喜ぶ檜山だが、副業で稼ぐ余裕がなくなると、風俗嬢・心(中川知香)に会いに行けなくなるのではと思い悩む。一方、男性と恋愛できない梅(太田莉菜)は、桃江(内田理央)を誘いレズビアンバーへ行くが、女性にも拒否反応が出てしまう。

第8話 2020年2月26日
 桃江(内田理央)は、童貞大学生・Fくん(山下航平)とマッチングアプリで出会うが、何度か会ううちに付き合っていると勘違いされ罪悪感を感じる。一方、松田(小関裕太)は、自宅に来た亜子(小島藤子)のかばんに入っていたハムスターにメロメロになってしまう。

第9話 2020年3月4日
 隣に引っ越してきた美女・梢(浦まゆ)に恋をしてしまった林(後藤剛範)。しかし林には、少しずつ距離を縮めてきた女装男子・凪(ゆうたろう)もいた。一方、凪が桃江(内田理央)のセフレ・Dくん(富田健太郎)の弟だということが発覚し、桃江と凪はひょんなことから会うことになる。

第10話 2020年3月11日
 ついに夢の漫画家デビューを果たした檜山(飛永翼)は、風俗嬢・心(中川知香)のために働いて貢ぎまくる。一方、桃江(内田理央)はAくん(塩野瑛久)から食事に誘われ浮かれていたが、当日になってキャンセルされてしまい、予約していた店に松田(小関裕太)と2人で行くことになり…。

第11話 2020年3月18日
  桃江(内田理央)らスタジオデルタのメンバーが鍋パーティーをしていると、社長から松田(小関裕太)の出向が決まったと連絡が来る。急な展開に浮かない顔になる5人。すると、林(後藤剛範)の元へ梢(浦まゆ)から連絡が入り、パーティーに参加することに。さらに、心(中川知香)が一緒にやって来て、檜山(飛永翼)は動揺を隠せず…。

最終話 2020年3月25日
 他社への出向が決まり、もう会えなくなると思いの高まった桃江(内田理央)と松田(小関裕太)は、玄関でどちらからともなくキスをする。2人は同じベッドで眠ることになるが、眠れない桃江は松田にある提案をする。一方、檜山(飛永翼)は心(中川知香)に思いを伝えるため、会社を休んで会いに行く。


原作概要
『来世ではちゃんとします』は、いつまちゃんによる日本の4コマ漫画。『グランドジャンプ』(集英社)にて、2018年5号から連載中。同社の『グランドジャンプめちゃ』『グランドジャンプむちゃ』にも掲載。CG制作会社に勤める女性を中心とした性生活を描くコメディー。


ドラマ概要
恋に悩む女性たちから共感の声が殺到している、いつまちゃんの同名漫画が原作の、性と生き方をこじらせた今どきの男女の毎日をつづる赤裸々コメディー。主人公の、性に奔放で5人のセフレがいる性依存系女子・大森桃江を同系ドラマ初主演となる内田理央が演じ、個性豊かな社員たちに太田莉菜、小関裕太、後藤剛範、ラバーガール・飛永翼が扮する。


ストーリー
「彼氏いない歴=年齢のBL大好き処女」「無責任に女性をもてあそぶ魔性のイケメン」「過去のトラウマから処女しか愛せなくなった面食い」「風俗嬢にガチ恋し収入のほとんどを貢ぐ男」と、こじらせたメンツがそろう映像制作会社「スタジオデルタ」は、アニメやゲームのCG制作を行う下請け会社で、仕事はかなりの激務。

社員の1人・大森桃江(内田理央)は、5人のセフレと同時進行で付き合う性依存気味のアラサー女子。そんな桃江にも、本気で恋する相手・Aくんがいるが、彼には本命の彼女がいて自分の恋が報われることはない。桃江たちは、性をこじらせ、生き方をこじらせながらも毎日をしぶとく生きていく。
 
 
キャスト
大森桃江
演 - 内田理央
都内にある映像プロダクション「スタジオデルタ」の社員で、5人のセフレがいる27歳の性依存系女子。本命の男性・Aくんの彼女には決してなれないと自覚しており、どうしようもない切なさと虚しさを感じているが、「まーいっか。来世ではちゃんとしますということで」と、どこかクールに現状を見つめ、承認欲求、好奇心と寂しさの狭間を生きている。

高杉梅
演 - 太田莉菜
「スタジオデルタ」の社員。美人だが、彼氏いない歴=年齢の隠れ処女。恋愛への興味はないアセクシャルだが、BLが大好き。

松田健
演 - 小関裕太
「スタジオデルタ」の社員。悪気なく女性に手を出す魔性のイケメン。ヒモ適性もあり、付き合った相手をことごとくメンヘラ化させていく。

林勝
演 - 後藤剛範
「スタジオデルタ」の社員。初めてできた彼女を寝取られたトラウマにより、清楚な処女しか好きになれなくなったセカンド童貞。元カノのSNSを見るのがやめられない。

檜山トヲル
演 - 飛永翼(ラバーガール)
「スタジオデルタ」の社員でチームリーダー。副業で漫画を描いている。風俗嬢に本気で恋しており、稼いだお金を貢ぎまくる。

桜木亜子
演 - 小島藤子

栗山凪
演 - ゆうたろう

心ちゃん
演 - 中川知香

Aくん
演 - 塩野瑛久

Bくん
演 - 平田雄也

Cくん
演 - 野村尚平(令和喜多みな実)

Dくん
演 - 富田健太郎

Eくん
演 - おばたのお兄さん

梢ちゃん
演 - 浦まゆ

ナレーション - つぶやきシロー

ゲスト
第2話
セックスカウンセラー・ベロニカ - 中尊寺まい
本山可奈子(林の元彼女) - 浦郷絵梨佳(第3話)※写真のみ

第3話
ソープランドの客 - 高橋義和

第4話
B子 - 佐々木史帆
C子 - きなり

第5話
中年男 - 鈴木理学
サラリーマン - 小村裕次郎
おじさん - 河合恭嗣

第7話
水道修理業者 - 長瀬広臣
聖羅 - ルウト
レズビアンバーの女性 - 外山史織、宇野由菜
バーテン - かでなれおん
編集者 - 山里尚大(集英社・グランドジャンプ編集部) ※声のみ

第8話
Fくん - 山下航平

第9話
若者 - 菅井義久、堀丞

第10話
シゲヨ - 島田桃依
Aくんのデート相手 - 中川可菜

第11話
梅の母、桃江の姉(2役) - 東城未来 ※声のみ

スタッフ
原作・EDアニメ - いつまちゃん
脚本 - ペヤンヌマキ、舘そらみ
監督 - 三木康一郎、湯浅弘章、ペヤンヌマキ、大内隆弘、松浦健志
音楽 - スキャット後藤
チーフプロデューサー - 山鹿達也(テレビ東京)
プロデューサー - 祖父江里奈(テレビ東京)、北川俊樹(テレビ東京)、熊谷理恵(大映テレビ)、塙太志(大映テレビ)
制作 - テレビ東京、大映テレビ株式会社
製作著作 - 「来世ではちゃんとします」製作委員会


番組公式サイト
来世ではちゃんとします - Wikipedia

『来世ではちゃんとします TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DASADA TOP

『DASADA』(ダサダ)は、2020年1月16日(15日深夜)から2020年3月19日(18日深夜)まで、毎週水曜 24:59〜25:29に日本テレビで放送された。全10話。

日向坂46では初めてとなるテレビドラマ。 放送終了後、オリジナルストーリーが動画配信サービスのHuluで番組とあわせて公開される。


各話あらすじ
第1話 2020年1月15日「出会い」
 私立マロニエ女学院高校に通うゆりあ(小坂菜緒)は、親友のゆりこ(佐々木久美)と菜々緒(富田鈴花)と共に、平凡ながらも楽しい毎日を過ごしていた。そんなある日、ゆりあの実家「佐田洋裁店」に借金取りがやって来る。両親が大切にしている店を守ろうとしたゆりあは、「半年で1000万円を返済する」と約束してしまう。
 
第2話 2020年1月22日「始まり」
 ゆりあ(小坂菜緒)は、同じクラスの沙織(渡邉美穂)に「一緒にブランドを作ろう」と持ち掛けるも断られ、その理由が「ダサい」という事にショックを受ける。一方、沙織は大好きなアイドルユニット・FACTORYのオフ会で、同じくファンのキラリ(高瀬愛奈)にばかにされ、悔しくなってオフ会を飛び出してしまう。 
 
第3話 2020年1月29日「偽り」
 ゆりあ(小坂菜緒)と沙織(渡邉美穂)は、「DASADA」をどんなブランドにしようかと悩む。ゆりあはモデルをしているせれな(加藤史帆)とのコラボレーションを提案。せれなに協力してもらうことに抵抗があった沙織だったが、自分のデザイン画を褒めてくれたゆりあの気持ちに応えたいと、デザインを考える。

第4話 2020年2月5日「優しさ」
 ゆりあ(小坂菜緒)は沙織(渡邉美穂)から、真琴(齊藤京子)ときちんと向き合うように言われる。そんな中、思いがけない人物から初注文が入り、ゆりあと沙織は気合を入れるが、ゆりこ(佐々木久美)と菜々緒(富田鈴花)に反対される。
  
第5話 2020年2月12日「裏切り」
 担任の中池(坪倉由幸)から停学を言い渡されたゆりあ(小坂菜緒)と沙織(渡邉美穂)。沙織はゆりあに、学校側に告げ口した人物に心当たりがないか考えるよう言う。さらに、SNSで「DASADA」を非難する内容が拡散されて大騒ぎになってしまう。

第6話 2020年2月19日「亀裂」
「DASADA」をSNSで非難していたのがいちご(佐々木美玲)だと分かり、怒りがおさまらない沙織(渡邉美穂)、真琴(齊藤京子)、せれな(加藤史帆)を、ゆりあ(小坂菜緒)は不安そうに見つめる。一同はこの騒動でブランド力を失った状況を脱却しようと、ファッションブランドの登竜門「U20デザインカーニバル」へ出場をしようと考える。

第7話 2020年2月26日「友だち」
 菜々緒(富田鈴花)とゆりこ(佐々木久美)は、「DASADA」を立ち上げてから、ゆりあ(小坂菜緒)との距離を感じていた。そんな中、ゆりあ、沙織(渡邉美穂)、真琴(齊藤京子)、せれな(加藤史帆)、いちご(佐々木美玲)たちは、「U20デザインカーニバル」の後、それぞれの得意分野を生かしてブランドの売り方を考え奮闘していた。

第8話 2020年3月4日「思惑」
 奇跡的な偶然が重なりFACTORYの目に止まった「DASADA」は、SNSの拡散により売れ行きを伸ばし、ゆりあ(小坂菜緒)は無事に佐田洋裁店の借金を全額返済する。目標を達成し「DASADA」をどうするか決めかねていた頃、トレンドアドバイザー・オジャP(マギー)が現れる。

第9話 2020年3月11日「別れ」
 おちょこ(松田好花)からFACTORY入りの誘いを受けた沙織(渡邉美穂)は、悩みながらもFACTORYに加入する。一方、デザイナーの沙織がいなくなり「DASADA」の解散を宣言したゆりあ(小坂菜緒)は、笑顔で過ごしていたが、教室にある一つの空席を気に掛けていた。

最終話 2020年3月18日「必然」
 FACTORYのゲリラライブ会場から沙織(渡邉美穂)を連れ出したゆりあ(小坂菜緒)は海へ行き着き、2人で久しぶりに話をする。しかし、おちょこ(松田好花)に見つかり、沙織はFACTORYに戻るように説得される。そんな2人を「DASADA」のメンバーは佐田洋裁店で出迎え、7人はこれからの「DASADA」ついて一つの決断をする。


概要
秋元康が企画・原作を担当し、日向坂46のメンバーが総出演して初主演を務める学園青春群像劇。容姿はかわいいが周囲からどこかダサいと思われている主人公・佐田ゆりあ(小坂菜緒)を中心に、ファッションブランド「DASADA」を立ち上げることになった私立マロニエ女学院高校の生徒たちが、夢をかなえるために奮闘する姿を描く。


ストーリー
私立マロニエ女学院高校2年生の佐田ゆりあ(小坂菜緒)は、親友の立花ゆりこ(佐々木久美)と畑屋菜々緒(富田鈴花)と共に、平凡ながらも楽しい毎日を過ごしていた。そんなある日、ゆりあの実家「佐田洋裁店」に借金取りがやって来る。両親が大切にしている店を守ろうとしたゆりあは、「半年で1000万円を返済する」と約束してしまう。

お金を稼ぐために仕事を探すもののなかなか見つけられず、途方に暮れていたゆりあだったが、同じクラスの篠原沙織(渡邉美穂)が衣装のデザイン画を描いていると知り、沙織に「一緒にブランドを作ろう」と持ちかける。


キャスト
マロニエ女学院
佐田ゆりあ
演 - 小坂菜緒
2年生。クラスの中心人物。実家は佐田洋裁店。

篠原沙織
演 - 渡邉美穂
2年生。クラスの空気的存在。FACTORYのファン。

小笠原真琴
演 - 齊藤京子
3年生。バレーボール部部長。

高頭せれな
演 - 加藤史帆
3年生。白鳥学園に彼氏がいる。読者モデル「せれな〜で」として活動中。

岡田いちご
演 - 佐々木美玲
2年生。ガリ勉。

立花ゆりこ
演 - 佐々木久美
2年生。ゆりあの親友。メイクが好き。

畑屋菜々緒
演 - 富田鈴花
2年生。ゆりあの親友。実家が理髪店。

荻原みき
演 - 潮紗理菜
3年生。白鳥学園に彼氏がいる。せれなと仲が良い。

春澤くるみ
演 - 丹生明里
3年生。白鳥学園に彼氏がいる。せれなと仲が良い。

古岡五月
演 - 金村美玖
1年生。すみれの親友。

五反田すみれ
演 - 上村ひなの
1年生。五月の親友。ゆりあを「顔推し」している。

直島正子
演 - 宮田愛萌
2年生(B組)。バレーボール部。真琴に憧れる。

中池先生
演 - 坪倉由幸(我が家)
2年A組の担任。数学担当。

芸能人
FACTORY
ぐいのみ
演 - 東村芽依
FACTORYメンバー。ダンスが得意。

おちょこ
演 - 松田好花
FACTORYリーダー。地下アイドル出身。

トックリン
演 - 河田陽菜
FACTORYメンバー。作詞が得意。

その他芸能人
マホぽよ
演 - 高本彩花
キャンティーン専属モデル。

とろろ
演 - 井口眞緒
グラビアアイドル。生活のため中華料理屋でバイトもしている。

その他
キラリ
演 - 高瀬愛奈
FACTORYのファン。沙織の知り合い。

ゆりあのパパ
演 - 長谷川朝晴
佐田洋裁店の店主。

ゆりあのママ
演 - 池端レイナ

丑岡
演 - 野間口徹
借金取り。

寅田
演 - 森谷勇太
丑岡の子分。

沙織の母
演 - 神田うの

ポンディ
演 - エゼマタ健太チャールズ
中華料理屋「七龍」の岡持ち。とろろのファン。ゆりあの家族とも親しい。

スタッフ
企画・原作:秋元康
監督:河合勇人、西村了
脚本:吉田恵里香
製作:南波昌人、高谷和男
プロデュース:植野浩之
プロデューサー:山王丸和恵、水田貴久、伊藤裕史(AXON)
コンテンツプロデューサー:横山祐子
制作プロダクション:AXON
企画制作:日本テレビ
製作著作:「DASADA」製作委員会
主題歌:「青春の馬」日向坂46


番組公式サイト
DASADA - Wikipedia

『DASADA TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

僕はどこから TOP

『僕はどこから』(ぼくはどこから)は、2020年1月9日(8日深夜)から2020年3月19日(18日深夜)まで、テレビ東京系の「ドラマホリック!」枠(毎週水曜 24:12〜24:52)で放送された。全11話。主演は中島裕翔(Hey! Say! JUMP)。


各話あらすじ(2020年1月9日 - 3月19日)全11話 平均視聴率 0.90%
第1話 2020年1月8日 視聴率 1.2%
 今から半年前、薫(中島裕翔)は認知症を患う母・陽子(仙道敦子)を介護しながら、小説家になることを目指していた。しかし、薫の持つある特殊能力が原因で、作品を出版社に持ち込むたびに酷評され、「自分がない」と一蹴されていた。その頃、薫の元同級生で22歳の若さで暴力団組長になった智美(間宮祥太朗)は、会長から誰もやりたがらない大きな仕事を依頼される。そして、この仕事になぜか薫が巻き込まれることになる。

第2話 2020年1月15日 視聴率 1.1%
 他人の思考をコピーできる特殊能力を持つ薫(中島裕翔)。暴力団組長・智美(間宮祥太朗)はその能力で今回の仕事に協力してほしいという。部下の権堂(音尾琢真)は素人を絡ませることに反対するが智美は「薫は恩人だ」と話す。それは智美が高校1年生だった5年前のこと。妹・千佳(上白石萌歌)が遺書を残し消えた。焦る智美の元に同級生の薫が現れ、遺書を奪うと書き写し始めて…。

第3話 2020年1月22日 視聴率 1.2%
 薫(中島裕翔)は替え玉受験の片棒を担ぐ決意をし、智美(間宮祥太朗)と共に依頼人・涼子(須藤理彩)の家へ。涼子は、この家の長男は決められた大学に入るしきたりがあるが、息子の玲(笠松将)はどうにもならず、替え玉を決意したという。ところが、話をするうちに涼子は突然、玲をたたく。薫があぜんとする中、智美の元に暴力団の会長・東宮寺(若林豪)から連絡が入る。

第4話2020年1月29日 視聴率 0.9%
 薫(中島裕翔)は替え玉受験で小論文に取り組んでいる最中、玲(笠松将)の思考に入り込んでしまう。違和感を覚えつつ指示通り試験を終え、智美(間宮祥太朗)らと落ち合うが、そこに玲の姿はない。嫌な予感がした薫は慌てて井上家へ向かい、そこで血まみれの涼子(須藤理彩)の遺体を見つける。

第5話 2020年2月5日 視聴率 0.6%
 薫(中島裕翔)は殺人容疑で勾留される。警察に出頭した智美(間宮祥太朗)は取り調べで「玲(笠松将)を紹介してきたのは薫だ」と供述。刑事・桐原(神保悟志)は、薫が暴力団員の同級生を巻き込み、強盗を計画した殺人犯と確信する。智美の裏切りを知りがくぜんとする薫だが、取り調べには続きがあった。智美は替え玉受験について隠し、薫と朝から読書会をしていたと話す。

第6話 2020年2月12日 視聴率 0.6%
 替え玉受験は東宮寺(若林豪)がもくろむカジノ計画成立に必要な仕事だった。真相を握る玲(笠松将)の行方が分からない中、智美(間宮祥太朗)の元に権堂(音尾琢真)から電話が。聞こえたのは薫(中島裕翔)の家へ向かう東宮寺と権堂の会話だった。その頃、薫の横を情報屋の山田(高橋努)らが乗る清掃車が通過。そして薫は自宅近くで東宮寺に声を掛けられ、車で拉致される。

第7話 2020年2月19日 視聴率 1.0%
 夜中、薫(中島裕翔)の自宅に来た山田(高橋努)は、智美(間宮祥太朗)を救いたいと思わないかと告げる。情報屋だという山田は玲(笠松将)の居場所を智美に連絡したが、その後、玲が暴力団員にかくまわれていると判明したという。武器を持たずに向かった智美に届けてほしいと、山田は拳銃を取り出す。その後、電話をかけると言い外に出た山田は車の中へ。車内には玲がいて…。

第8話 2020年2月26日 視聴率 0.8%
 山田(高橋努)は銃を持つ薫(中島裕翔)が智美(間宮祥太朗)と落ち合ったところでの逮捕を画策。山田の言葉に何かを感じつつ、薫は目的の清掃会社へ向かうため長距離バスに乗る。一方、薫と智美の供述を疑う桐原(神保悟志)が薫の後を追跡。山田とつながる刑事・喜多(金井浩人)も乗車し、薫は警察に包囲されることになる。そんな中、ある女性がバスに乗り込んでくる。

第9話 2020年3月4日 視聴率 0.8%
 警察に包囲された山田(高橋努)は強奪した車に薫(中島裕翔)を引きずり込み、銃を突き付けたまま逃走。なぜ山田を陥れることができたのか。緊急配備が敷かれる中、薫は車内で真相を明かす。薫のメッセージを見た智美(間宮祥太朗)は、やりとりが全て山田経由だと察知。山田の計略を阻止するため権堂(音尾琢真)と奔走し、薫にわなを知らせようと千佳(上白石萌歌)を送り込んだのだ。

第10話 2020年3月11日 視聴率 0.8%
 薫(中島裕翔)は山田(高橋努)の暴行で意識を失い、智美(間宮祥太朗)は拳銃の引き金を引き続けていた。その頃、権堂(音尾琢真)に布で口をふさがれた千佳(上白石萌歌)は倒れ込んでしまう。東宮寺(若林豪)との約束の時間が迫る中、智美はついに山田の弟分・駿(岡崎体育)と対面する。家族同然の仲間を次々と殺害され怒る駿は、智美に向け発砲。被弾した智美の腹から血があふれ出す。

最終話 2020年3月18日
 薫(中島裕翔)と智美(間宮祥太朗)は物置にかくまわれた玲(笠松将)を捜すが、そこに彼の姿はなく、壁一面に血らしきもので殴り書きされた数字があった。薫は「逃げろ」と言う智美に反し、壁の数字に触れて玲の居所を追う。一方、権堂(音尾琢真)は、陽子(仙道敦子)がいる薫のアパートへ千佳(上白石萌歌)を連れて行く。そして嫌がる千佳を「これは智美からの指示だ」と説き伏せて…。


原作概要
『僕はどこから』は、市川マサによる日本の漫画作品。『週刊ヤングマガジン』(講談社)にて2018年7号から50号まで連載された。全4巻 。


概要
Hey! Say! JUMP・中島裕翔と間宮祥太朗の共演でおくる、同名コミック原作の青春異能クライム・サスペンス。文章を書き写すことで書いた人間の思考をコピーしてしまう異能に苦悩する、小説家志望の青年・竹内薫(中島)が、元同級生のエリートヤクザ・藤原智美(間宮)に導かれ、“自分探し”を決意していく中でさまざまな策謀に巻き込まれていく。上白石萌歌は、智美の妹・千佳というドラマオリジナルのキャラクターで登場。


ストーリー
文章を書き写すことで他人の思考をコピーできる、小説家志望の青年・竹内薫(中島裕翔)。薫は認知症を患う母と2人で暮らしながら、今日も一心不乱に原稿に向かっていた。しかし、薫はその能力ゆえに、“自分独自の作品”が作れないという大きな壁にぶつかっていた。母を介護する生活の中で夢と現実との隔たりにもがく薫に、ある日、母が事故に遭うという悲劇が起きてしまう。

自分の存在意義を見失い、母の入院費用さえままならないと人生に絶望する薫。そこへ、元同級生の講談会系東宮寺組最年少組長・藤原智美(間宮祥太朗)が現れる。薫の異能を知る智美は、莫大な報酬と共に“ある仕事”を提示する。


キャスト
竹内薫 - 中島裕翔(Hey! Say! JUMP)
認知症の母と暮らし、小説家を志す20歳の青年。他人の文章を書き写すことで、その人物の思考を読み取り、あたかも自分の体験のように没入することができる異能を持つ。しかしその能力ゆえに、自分の作品が作れないというジレンマを抱える。母が事故に遭ったことで人生に絶望していた時、智美と再会する。

藤原智美 - 間宮祥太朗
薫の元同級生で、講談会系東宮寺組の最年少組長。薫とは学生時代からの付き合いで、その能力を深く信じている。母の事故で絶望に暮れていた薫の前に現れ、薫の能力を用いた替え玉受験の仕事を、莫大な報酬とともに提示する。

藤原千佳 - 上白石萌歌
智美の2歳下の妹。天真らんまんな明るさの持ち主だが、時折冷めた影が見え隠れする。複雑な家庭環境で育ち、思春期に孤立しかかっていた影響か、たった1人の心の支えである智美に心酔している。

駿 - 岡崎体育

権堂真司 - 音尾琢真

山田龍一 - 高橋努

サントス ‐ アイクぬわら

東宮寺正胤 - 若林豪

井上涼子 - 須藤理彩

井上玲 - 笠松将(幼少期:伊藤清孝)

黒井刑事 ‐ 都丸紗也華

桐原崇 - 神保悟志

竹内陽子 - 仙道敦子

スタッフ
原作 - 市川マサ『僕はどこから』(週刊ヤングマガジン連載)
脚本 - 高橋泉
監督 - 瀧悠輔、熊坂出、大内隆弘
チーフプロデューサー - 山鹿達也(テレビ東京)
プロデューサー - 戸石紀子(テレビ東京)、北川俊樹(テレビ東京)、川西巧久(ドラマデザイン社)、都志修平(ジェイ・ストーム)
制作 - テレビ東京、ドラマデザイン社、ジェイ・ストーム
製作著作 - 「僕はどこから」製作委員会


番組公式サイト
僕はどこから - Wikipedia

『僕はどこから TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

知らなくていいコト TOP

『知らなくていいコト』(しらなくていいコト)は、2020年1月8日から同年3月11日まで、日本テレビ系「水曜ドラマ」枠(毎週水曜 22:00〜23:00)で放送された。全10話。主演は吉高由里子。脚本を担当する大石静のオリジナル作品。


各話あらすじ(2020年1月8日 - 3月11日)全10話 平均視聴率 9.48%
第1話 2020年1月8日「吉高由里子主演 週刊誌が舞台のお仕事系ヒューマンドラマ」
 ケイト(吉高由里子)は、政治家や芸能人のスキャンダルを次々と暴く週刊誌のすご腕記者。ある日、シングルマザーとしてケイトを育てた映画翻訳家の母親・杏南(秋吉久美子)が、くも膜下出血で急死する。杏南は、ケイトの父親があるハリウッドスターだと言い残した。ケイトの恋人で同じ編集部の春樹(重岡大毅)が、通夜の準備を手伝い、遺影は元恋人のカメラマン・尾高(柄本佑)が数年前に撮影したものを使用することに。ケイトは、2人にそれぞれ、母親に告げられた父親の件を話す。
 
第2話 2020年1月15日「私が殺人者の娘?週刊誌記者が逆境に立ち向かう!」
 週刊誌記者・ケイト(吉高由里子)の母でシングルマザーだった杏南(秋吉久美子)が謎の言葉を残し、急死して3週間。遺品の指輪から乃十阿(小林薫)の存在を知ったケイトはある可能性に行き当たり、それは恋人・春樹(重岡大毅)との関係にも影を落とす。そんな中、ケイトはDNA分析により相手を紹介する結婚相談所を取材。まだ知らぬ自身の父親について思いを巡らせる。

第3話 2020年1月22日「ついに殺人犯の父と対面!ケイトめぐり男達が戦う」
 尾高(柄本佑)の優しさに触れたケイト(吉高由里子)は8年前の交際のきっかけや、プロポーズを断って春樹(重岡大毅)に心を移した経緯を振り返る。そんな中、黒川班では年末年始合併号で人気絶頂のダンサー・タツミーヌこと巽(大貫勇輔)を取り上げることになった。ところが、取材を始めた矢先、巽が老人達に暴言を吐いている10年前の動画がSNSで拡散、炎上してしまう。

第4話 2020年1月29日「これが週刊誌の裏側!編集部一丸で狙う大スクープ」
 亡母・杏南(秋吉久美子)の母校・慶英大学にその著書を寄贈したケイト(吉高由里子)は、帰途のバスで、CMなどでも活躍する有名予備校講師・ジーザス富岡(新納慎也)についての噂を耳にする。そこで、別件で富岡を取材する春樹(重岡大毅)に同行することに。一方で、ケイトは尾高(柄本佑)に、乃十阿(小林薫)に興味を持った理由と、なぜ報道カメラマンを辞めたのかを尋ねる。

第5話 2020年2月5日「急展開! ついに殺人犯の父を直撃!真の動機を暴け」
 ケイト(吉高由里子)は尾高(柄本佑)に伴われ、30年前、乃十阿(小林薫)が‘事件’を起こしたキャンプ場の跡地を訪れる。一方で、ケイトは元警察署長・沖田(勝野洋)が、親代わりをしてきた孫を殺害した事件の裁判を傍聴。スパルタ教育が生んだ悲劇と騒がれていたが、ケイトは沖田が何か隠していると直感する。周辺取材からは、スパルタ教育とは全く違う側面が見え…。

第6話 2020年2月12日「週刊誌の不倫報道裏側公開!タレコミ尾行を直撃」
 乃十阿(小林薫)を訪ねたケイト(吉高由里子)を、尾高(柄本佑)が心配して追ってくる。一方、将棋界のプリンスと呼ばれる人気棋士の妻・和美が、夫と女優の不倫情報を持ち込んだ。ケイトにSNSの2人のやりとりを見せた和美は、自分が告発したとは伏せた上で、記事にして夫が戻ってくるよう仕向けてほしいという。やりとりで使われる‘暗号’に着目したケイトは…。

第7話 2020年2月19日「週刊誌襲撃事件で絶体絶命!不倫の恋の天罰?」
 校了前日、高熱を出した特集班デスク・黒川(山内圭哉)が、ケイト(吉高由里子)にデスク代理を命じて病院へ。編集長の岩谷(佐々木蔵之介)も大物小説家との食事会に向かう。そんな中、国会議員の政治資金不正流用について実名で告発した私設秘書が、実名証言を取り下げると言い出した。担当の木嶋(永野宗典)が説得に向かう中、ケイトらは差し替え原稿の用意に追われる。

第8話 2020年2月26日「号泣!殺人犯の娘が公に!父の事件と不倫愛の行方」
 仕事に復帰したケイト(吉高由里子)は、国会議員の資金管理団体で‘金庫番’を務めていた相田の自殺の真相を追い、消えた帳簿を探すよう岩谷(佐々木蔵之介)から命じられる。その狙いを聞いたケイトは、早速、相田の自宅を訪ね、妻・依子に取材を申し込むが、拒絶されてしまう。尾高(柄本佑)がケイトのことを気に掛ける中、他社の誌面にケイトに関するある記事が掲載される。

第9話 2020年3月4日「動揺!父の殺人事件の真相…誰かを庇っていた!?」
 ケイト(吉高由里子)に手記を書かせろと上層部に促された岩谷(佐々木蔵之介)は、ケイトを呼び、ある提案をする。そんな中、テレビの大食い番組の準決勝で女王に敗れた挑戦者から、番組は‘やらせ’との密告が入る。ケイトは福西(渕野右登)と生放送の決勝を見学し、番組ADに注目。一方、尾高(柄本佑)は、報道陣が自宅に押し寄せた乃十阿(小林薫)をスタジオにかくまう。

最終話 2020年3月11日「ケイトの選択!運命の愛の結末は!?事件真相に涙」
 30年前、乃十阿(小林薫)が幼い息子をかばって罪をかぶった可能性を聞いたケイト(吉高由里子)は、乃十阿の息子が住むドイツへと旅立っていた。ケイトの暴走を知った尾高(柄本佑)は、当時3歳だった息子に事件の真相を聞いても無駄だと止めようとするが……。ケイトは、乃十阿が息子をかばった気持ちを理解しているような尾高に複雑な思いを抱く……。

各話視聴率


概要
吉高由里子が週刊誌の敏腕記者役で主演するお仕事系ヒューマンドラマ。週刊誌編集部を舞台に、主人公・真壁ケイト(吉高)が、記者としてだけでなく、人としても成長していく姿を描く。

脚本は「家売るオンナ」(同系)、「大恋愛〜僕を忘れる君と」(TBS系)など、話題作を数多く手掛けてきた大石静のオリジナル。仕事も恋も順風満帆だったケイトが、最愛の母の死をきっかけに、驚がくの真実を知り運命に翻弄されるさまを、軽妙なタッチで1話完結で紡ぐ。


ストーリー
政治家の不正から芸能人のスキャンダルまで、スクープを狙う週刊誌の敏腕記者・真壁ケイト(吉高由里子)。ケイトは映画評論家で字幕翻訳の第一人者としても知られる杏南(秋吉久美子)の一人娘として、母を誇りに思い育ってきたが、戸籍に父親の名前はなかった。

ある日、ケイトはシニア女性を狙った新手の詐欺に騙された女性のことを知り、特ダネとして突撃取材を試みようとする。そんな中、杏南が突然、脳梗塞で倒れたと知らせが入り、ケイトは急いで病院へ駆けつけるが、杏南は間もなく息を引き取る。
死の間際、杏南は今まで一度も明かすことがなかった父親の名前をケイトに告げるが、それは誰もが知るハリウッドスターで…!?


キャスト
真壁ケイト(まかべ けいと)〈32〉
演 - 吉高由里子
週刊誌「週刊イースト」編集部記者、特集班・黒川班に所属。1987年8月生まれ。自信家だが人懐っこい。
通称「イーストのエース」。頭の回転は早い方で、見出しを考えるのも得意。黒川のデスク代理を務める。
亡くなる前の母・杏南から父親に関する衝撃の事実を知ることになり、人生最大のスクープにぶつかる。

尾高由一郎(おだか ゆういちろう)〈35〉
演 - 柄本佑
動物カメラマン。ケイトの元彼。既婚者。1984年12月16日生まれ。
元報道カメラマンだったが、とあるスクープ後に動物カメラマンに転向した。

野中春樹(のなか はるき)〈28〉
演 - 重岡大毅
ケイトの彼氏。結婚の約束までしていたが、ケイトの父親に関する事実を聞き、第3話で別れを告げた(別れてからは敬語を使っている)。
「週刊イースト」編集部の記者(連載班・東山班所属)。
ケイトと別れてからは愛花と付き合っている。
麻布高校卒業。部活は将棋部だった。

小野寺明人
演 - 今井隆文
特集班 黒川班記者。既婚。髪型がアフロで黒川から「取材時に悪目立ちする」と思われている。

倉橋朋美
演 - 小林きな子
特集班 倉橋班・デスク。

小泉愛花
演 - 関水渚
連載班 東山班記者。
ケイトと野中が別れてから野中と付き合う。仕事はできる方らしく、要領も良いため、倉橋からスカウトされる。

鮫島裕二
演 - 和田聰宏
特集班 鮫島班・デスク。

柴崎・ウッディ・健太
演 - 渡辺邦斗
WEB班 内山班記者。

田淵隆太
演 - 粟島瑞丸
グラビア班 田淵班・デスク。

佐藤幸彦
演 - 森田甘路
特集班 黒川班記者。

福西彰
演 - 渕野右登
特集班 黒川班記者。ゆとりらしい発言や呑気な行動が多く、黒川から叱責されている。

木嶋涼太
演 - 永野宗典
特集班 鮫島班・デスク。

小林英明
演 - 岡部尚
特集班 倉橋班記者。

市川武
演 - 渋谷謙人
グラビア班 田淵班記者。

内山英嗣
演 - 今里真
WEB班 内山班・デスク。

東山秀則
演 - 本多力
連載班 東山班・デスク。

黒川正彦
演 - 山内圭哉
特集班 黒川班・デスク。関西弁で話す。

里見花乃
演 - 宮寺智子
編集部 庶務係。尾高にも優しく声をかけてくれる。

尾高みほ(おだか みほ)
演 - 原史奈
尾高の妻。1984年4月22日生まれ。

真壁杏南(まかべ あんな)〈62〉
演 - 秋吉久美子
ケイトの母。慶英大学文学部英米文学科卒業。
著名な映画評論家であり字幕翻訳家。マスコミにも積極的に出演していた。
収録直後に突然倒れてしまい、意味不明な言葉を残し、くも膜下出血で息を引き取る。
卒業論文はエデンの東。
生前、尾高にはケイトの父親に関する秘密を伝えていた。

岩谷進(いわたに すすむ)〈52〉
演 - 佐々木蔵之介
「週刊イースト」の編集長。妻は同業者で「週刊世界」編集長。

乃十阿徹(のとあ とおる)
演 - 小林薫
謎の自転車屋。

ゲスト
第1話
浅井マネージャー - 玄覺悠子
多賀笑子(たが えみこ) - 倍賞美津子

第2話
山際篤夫(やまぎわ あつお) - えなりかずき
笹野明奈(ささの あきな) - 市川由衣

第3話
河原巽(かわはら たつみ)/タツミーヌ - 大貫勇輔
ミミコ近藤 - 篠井英介
菅井 ‐ 大河内浩

第4話
ジーザス富岡(ジーザスとみおか) - 新納慎也
中島光 - 長野里美
生方康三(うぶかた こうぞう) - 及川いぞう
神崎光一(かんざき こういち) - 田中聡元
生田(いくた)プロデューサー - 望月理恵

第5話
沖田秀則(おきた ひでのり) - 勝野洋
長谷部(はせべ)刑事 - 清水伸
石川(いしかわ)弁護士 - 小須田康人

第6話
高村(たかむら)弁護士 - 平田満
桜庭洋介(さくらば ようすけ)〈35〉 - 田村健太郎
桜庭和美(さくらば かずみ) - 三倉茉奈(第7話)
吉澤文香(よしざわ ふみか)〈26〉 - 佐津川愛美

第7話
丸山(まるやま)シゲオ - 西村まさ彦
笹美鈴(ささ みれい) - 小沢真珠
江川直之(えがわ なおゆき) - おかやまはじめ
伊地知悟 - 寺井義貴(第8話)

第8話
相田依子(あいだ よりこ) - 遠藤久美子
相田正司(あいだ しょうじ) - 住田隆
石森(いしもり)副社長 - 大高洋夫

第9話
荒牧 - 三船海斗

スタッフ
脚本 - 大石静
演出 - 狩山俊輔、塚本連平
音楽 - 平野義久
主題歌 - flumpool 「素晴らしき嘘」(A-Sketch)
チーフプロデューサー - 西憲彦
プロデューサー - 小田玲奈、久保田充、大塚英治(ケイファクトリー)
制作協力 - ケイファクトリー
制作 - 日本テレビ


番組公式サイト
知らなくていいコト - Wikipedia

『知らなくていいコト TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相棒 Season18 TOP

『相棒 Season18』は、2019年10月9日から2020年3月18日まで、毎週水曜日21:00 - 21:54に、テレビ朝日系の「水曜21時」枠で放送された。全20話。


各話あらすじ(2019年10月9日 - 2020年3月18日)全20話 平均視聴率 14.68%
第1話 2019年10月9日「アレスの進撃」 ※初回30分拡大(21:00〜22:24)
 恒例のロンドン旅行を終えたはずの警視庁特命係の刑事・右京(水谷豊)が1週間も無断欠勤で連絡が取れず、亘(反町隆史)らは安否を気にする。そんな中、右京の携帯電話が海岸に漂着し、亘は単身、出発点とおぼしき北海道の天礼島へ。手掛かりを求め訪れた日露の交流施設で、娘のミナ(北香那)を無理やり連れ出そうとしている岩田(船越英一郎)と遭遇する。岩田はすぐに立ち去り、亘はミナや施設の館長・甘村井(団時朗)らに話を聞くが、誰も右京を見ておらず情報が得られない。やがて島内で殺人事件が起きる。

第2話 2019年10月16日「アレスの進撃〜最終決戦」 ※30分拡大(21:00〜22:24)
 右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、連続殺人の容疑が掛かった岩田(船越英一郎)を囮に、事件に関する情報を集めるため“信頼と友好の館”内部を捜索することに。すると、ミナ(北香那)らメンバーの部屋から、片山雛子(木村佳乃)がとある協会の顧問に就任したことを伝える週刊フォトスを見つける。

第3話 2019年10月23日「少女」
 右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、鑑識課の益子(田中隆三)の猫を捜す中で会った小学生・明菜(大島美優)の自宅へ。すると同じマンションで飲食店経営者・沢木(三溝浩二)が殺され、明菜が犯人に連れ出されたらしいと分かる。指紋から浮上した逃亡犯・島村(三浦誠己)には自殺した恋人がおり、恋人は沢木にゆすられていた。その頃、明菜は島村に驚きの話を始めていた。

第4話 2019年10月30日「声なき声」
 厚生労働省職員・片桐(山本圭祐)の転落遺体が見つかった現場で、右京(水谷豊)と亘(反町隆史)はジャーナリスト・中川(長谷川朝晴)に遭遇。週刊誌記者・楓子(芦名星)の知人だという中川と話をした右京は、彼が最近取材した学校遊具での児童死亡事故に着目し、小学校や遊具の設置業者を調べ始める。一方、亘は片桐が所属していた過重労働撲滅特別対策室を訪ねて…。

第5話 2019年11月6日「さらば愛しき人よ」
 覆面詩人「スノウ」が自宅で殺され、現場の詩集から亘(反町隆史)の写真が見つかる。亘は、被害者の真悠子(小林由梨)ではなく元恋人のユキ(佐藤江梨子)がスノウだと主張。ユキは真悠子の同居人で、亘は6年前にユキと出会ったコーヒー店を訪れ、店主・金子(水橋研二)に彼女の連絡先を尋ねる。亘の様子から右京(水谷豊)があることに気付く中、ユキの驚きの素性が分かる。

※2019年11月13日は『世界野球プレミア12 スーパーラウンド』(18:45 〜 21:51 )放送のため、休止

第6話 2019年11月20日「右京の目」
 右京(水谷豊)は物件の管理会社で働く旧知の和江(山本道子)の頼みで、亘(反町隆史)と共に空き部屋を調査。部屋に仕掛けられた装置によりけがをし、しばらく目が見えなくなってしまう。一方、マンション建設予定地から遺体が。被害者は不動産会社の社員で、右京がけがをした部屋も同社の所有だった。謝罪に来た和江と彼女の上司・真山(山崎一)に会った右京は怪しい足音の話を聞く。

第7話 2019年11月27日「ご縁」
 医師である息子の医療ミスをかたる電話を受けた母親・君枝(山口美也子)が‘アポ電強盗’の被害に遭う。警察が一丸となって詐欺のターゲット情報の出所を探る中、右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、親による代理婚活に着目。右京は青木(浅利陽介)を息子役に、親代わりとして会に潜入する。だが、過去に君枝と情報交換した津田(河西健司)らからは声が掛からず…。

第8話 2019年12月4日 前後篇スペシャル「檻の中 前篇」
 研究費の横領容疑で起訴された大学教授・皆藤(中村育二)の保釈金を巡り、准教授・佳奈恵(中村優子)らが襲われ、金が奪われる。皆藤を知る右京(水谷豊)は、横領行為自体に疑念を抱いていた。一方、亘(反町隆史)は幼なじみの記者・桝本(山崎樹範)から皆藤の情報を求められる。皆藤と接見後、研究室で災難が相次ぐことを知った右京らは横領が仕組まれた可能性を探る。

第9話 2019年12月11日 2週連続スペシャル「檻の中〜告発」
 遠隔操作技術の第一人者である大学教授の皆藤(中村育二)は、横領の罪で逮捕されていたが、それは研究の乗っ取りを目論む准教授・佳奈恵(中村優子)がでっち上げた冤罪であることが判明。3000万円の保釈金も戻り、皆藤の保釈も決定的になった。亘(反町隆史)は、旧友で週刊誌記者の桝本(山崎樹範)が、皆藤の保釈を受けて、何か事を起こすのではないかと危惧していたが、本人を問い詰めても軽くかわされてしまう。

第10話 2019年12月18日「杉下右京の秘密」
 右京(水谷豊)が何か隠しごとをしているのではないか? …と疑念を持った亘(反町隆史)は、仕事帰りに尾行。すると、右京らしき人物が、幼い子供とその母親の2人とスーパーで買い物をした後、まるで家族のようにアパートの一室で仲睦まじく過ごす姿を目撃する。翌日、亘から事情を問いただされた右京は、里美(遊井亮子)というシングルマザーの女性とその息子・裕太(鳥越壮真)との馴れ初めを語り始める。

※2019年12月25日は『くりぃむクイズ ミラクル9 3時間SP』(19:00 〜 22:09)放送のため、休止。

第11話 2020年1月1日 元旦スペシャル「ブラックアウト」※『テレビ朝日開局60周年記念番組』として水曜21時から23時15分までの2時間15分SP。
 警視庁主催のゴルフコンペが行われ、右京(水谷豊)と亘(反町隆史)はパーティーの準備を担当する。パーティーが終わり、右京が元警察庁刑事局長で警備会社社長の恭一郎(長谷川初範)や秘書の紗耶香(瀧本美織)ら他の客と共に地下駐車場に向かうと、そこで激しい爆発が起こり、中に閉じ込められてしまう。がれきで埋まった入り口を見た亘は、爆発が犯罪によるものだと推察し、巻き込まれた客の素性を調べ始める。

※2020年1月8日は「相棒シリーズ X DAY」(20:00 〜 22:04)放送のため、休止

第12話 2020年1月15日「青木年男の受難」
 右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、青木(浅利陽介)と同じサイバーセキュリティ対策本部に勤める土師(松嶋亮太)の話から、青木が何者かに拉致された可能性に気付く。青木は所轄で起きた事件データに外部からアクセスしており、右京と亘は同署刑事課係長・後藤に捜査協力を依頼。若手刑事・木村の監視の下、青木がアクセスした暴力団絡みの刺傷事件の資料を調べ…。

第13話 2020年1月22日「神の声」
 遺留品の返却で訪れた東京・奥多摩の村で移動スーパーの店員・琴江(松居直美)と知り合った右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、山中で変死体事件に遭遇。駐在所の警察官・草野(粕谷吉洋)は、連続殺人事件の容疑者だったことで村で迫害された橋沼(庄大地)の復讐だと言い出す。右京らが橋沼と同時期に姿を消した女性について調べる中、変死体の意外な死因が判明する。

第14話 2020年1月29日「善悪の彼岸〜ピエタ」
 右京(水谷豊)と亘(反町隆史)がいる特命係に右京の英国研修時代の‘相棒’・南井(伊武雅刀)が現れる。右京は南井を過去の連続殺人事件2件の黒幕だと疑っていた。激高して去る南井を追う中、亘は南井と関係がありそうな女性・マリアと出会う。一方で、東京の原宿と日暮里周辺で変死体が発見され、南井が関わる連続殺人の疑いが浮上。亘はマリアから呼び出され…。

第15話 2020年2月5日「善悪の彼岸〜深淵」
 右京(水谷豊)の前に現れた英国研修時代の‘相棒’・南井(伊武雅刀)が、東京の原宿と日暮里で被害者が出た連続殺人事件に関わっている可能性が浮上。右京と亘(反町隆史)は内村(片桐竜次)と中園(小野了)に事態を報告するが、証拠は何もない。英国の過去の事件から、右京らは次の殺人の場所と被害者像を予測。そこへ、右京の元に南井から電話がかかってくる。

※2020年2月12日は「あいつ今何してる?&そこの○○止まりなさい合体SP」(19:00 〜 21:48)放送のため、休止。

第16話 2020年2月19日「けむり」
 介護施設理事長の殺人事件に連続窃盗犯‘けむり’の関与が浮上する中、元特命係の捜査二課刑事・陣川(原田龍二)が右京(水谷豊)と亘(反町隆史)の元へやって来る。けむりの今までとは違う手口を気にする陣川は、右京らと捜査をしたいと意気込み、お気に入りの店員・理沙(飛鳥凛)のいる居酒屋に2人を同伴。やがて、けむりの遺留品が残る新たな窃盗事件が発生する。

第17話 2020年2月26日「いびつな真珠の女」
 遺体の指を切る連続殺人事件が発生する中、亘(反町隆史)は弁護士の連城(松尾諭)に呼ばれ、右京(水谷豊)も知る別の連続殺人事件の被告・小夜子(西田尚美)に面会。小夜子は、亘の身近な人が行方不明ではと口にする。折しも、亘が好意を抱くキッチンカー店主・芽依(朝倉あき)との連絡が途絶えていた。亘は右京に話すなという小夜子の指示に従い、彼女を再訪する。

第18話 2020年3月4日「薔薇と髭との間に」
 右京(水谷豊)はバーのママ・ヒロコ(深沢敦)に頼まれ、亘(反町隆史)と共にリゾート会社社員・光太郎(細田善彦)が金を強奪された事件を捜査。光太郎は、買収予定の洋食店店主・宮倉(清水昭博)に契約金の一部を届ける道中で襲われた。右京らが光太郎の会社を訪ね、上司・押田らに話を聞いていると、光太郎の兄・宗一郎が現れる。さらに、押田が遺体で見つかり…。

第19話 2020年3月11日「突破口」
 右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、青木(浅利陽介)が持ち込んだ資料により、政治家の口利き疑惑の鍵を握るゼネコンの経理担当職員が転落死した事件を調べる。上層部が自殺の線を強いる一方で、右京は遺体の指の骨折が気になる。被害者の同僚・山野(中本賢)は、右京と話すうちに不審者を見たことを思い出し、動揺。後日、上司に相談する山野を、何者かが見つめて…。

最終話 2020年3月18日「ディープフェイク・エクスペリメント」 ※最終話は2時間9分SP(20:00 〜 22:09)
 政府と関係があった元武器開発会社社長・桂川(村上新悟)が自宅で殺された。捜査会議に潜り込んだ右京(水谷豊)と亘(反町隆史)はその後、現場へ。そこにいた青木(浅利陽介)から、現場のパソコンに桂川と内閣情報調査室職員・庸子(遠山景織子)の親密な動画が残されていたと聞く。一方で、推理力低下がささやかれ始めた右京は、美彌子(仲間由紀恵)らに心配される。

各話視聴率


概要
誕生から20年目を迎える、大人気刑事ドラマシリーズの第18弾。水谷豊と反町隆史のコンビも5年目に突入し、さらなる“伝説”が生まれる。

これまでシリーズを彩ってきた名キャラクターたちも再び集結。石坂浩二、杉本哲太、仲間由紀恵など、特命係存続の鍵を握る上層部の面々が暗躍する。

前シーズンから登場した大物政治 家・鑓鞍兵衛役の柄本明、サイバーセキュリティ対策本部に出戻った青木年男役の浅利陽介も続投。


ストーリー
恒例のロンドン旅行を終えたはずの杉下右京(水谷豊)が、1週間も無断欠勤を続けていた。電話もつながらず、留守番電話にメッセージを残しても折り返しがない。冠城亘(反町隆史)はもちろん、右京を取り巻く面々はそれぞれの立場から安否を気にしていた。

サイバーセキュリティ対策本部捜査官・青木年男(浅利陽介)が調べたところ、右京は1週間前に間違いなく帰国したが、その後の足取りが全くつかめなかった。

そんな中、亘は秋田県警に呼び出される。なんと、右京のスマートフォンが発泡スチロール容器に封入され、秋田の海岸に流れ着いたというのだ。調べた結果、北海道の北にある天礼島に渡る飛行機の搭乗者名簿に右京の名前が見つかる。


キャスト
水谷豊
杉下右京 役
警視庁特命係の係長。警部。明晰な頭脳で数々の事件を解決してきたが、切れ者であるが故に上層部から疎まれ特命係という閑職に追いやられている。どんな時でも冷静沈着、誰にでもいんぎんな態度で接するため、無礼に感じられることも。そうした性格から、特命係に配属された者はことごとく辞めていき「人材の墓場」と呼ばれている。

反町隆史
冠城亘 役
巡査。法務省から警視庁に出向してきたキャリア官僚だったが、事件捜査に興味を持ち、紆余曲折あった末に法務省から警視庁へ天下りのような形で異動。特命係の配属となる。元キャリア官僚らしく明晰な頭脳を持ち、軽口や芝居がかった態度で人をけむに巻く。杉下とは息の合ったコンビネーションを見せることもあるが、どこか信用しきっていない素振りも見せる。


スタッフ
脚本:輿水泰弘
監督:橋本一
プロデューサー:桑田潔、佐藤凉一、高野渉、西平敦郎、土田真通


番組公式サイト
相棒 - Wikipedia


各シーズンあらすじ
相棒 season1
相棒 season2
相棒 season3
相棒 season4
相棒 season5
相棒 season6
相棒 season7
相棒 season8
相棒 season9
相棒 season10
相棒 season11
相棒 season12
相棒 season13
相棒 season14
相棒 season15
相棒 season16
相棒 season17

『相棒 Season18 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SEDAI WARS TOP

『SEDAI WARS』は、2020年1月7日から同年2月18日まで、深夜ドラマ枠「ドラマイズム」(毎週火曜 25:28〜25:58)で、毎日放送制作によりTBSをはじめとする同系列の一部において放送された。主演は山田裕貴。


各話あらすじ(2020年1月7日 - 2月18日) 全7話
第1話 2020年1月7日
 経済の衰退が進む近未来の日本。どの世代も、不幸や不運を他の世代のせいにしている中で、総理大臣の安藤(大友康平)は、政治を国民に返還すると宣言。各世代の代表者「SEDAI(セダイ)」による、日本国初代大統領決定戦「SEDAI WARS」を開催すると発表した。旅行代理店に勤める地味で目立たない青年・悟(山田裕貴)は、「ゆとり世代」の代表者として選ばれる。

第2話 2020年1月14日
 悟(山田裕貴)ら各世代から選ばれた10人が、VRフィールドで戦う「SEDAI WARS」が始まる。勝敗を分けるのは、それぞれの気合いと集中力。当初は戸惑いを隠せなかった10人だが、各世代の誇りと他の世代への不満から、やがて各々が覚醒し、独自の技を繰り出していく。激しいぶつかり合いが続き、ついに最初の敗退者が出る。

第3話 2020年1月21日
 戦いを勝ち抜いた6人は後半戦を前に一時注目を浴びる。しかし萌(浅川梨奈)は学校でいじめに遭い、優子(真飛聖)は仕事と介護に明け暮れるなど、喜んでいる余裕はなく…。

第4話 2020年1月28日
 後半戦に出場する6人は、要領を得て前半戦を超える激闘を繰り広げる。だが、悟(山田裕貴)だけが戦いに消極的で、“みんな仲良く”では駄目なのかと提案する。そんな悟の思いも虚しく、敗退者が続出し、最後にある“SEDAI”が勝ち残る。

第5話 2020年2月4日
 団塊世代の茂(西岡徳馬)が初代大統領となってから半年後。国民の不満が爆発し、茂はあえなく失脚してしまう。再び大統領決定戦を行う発表に、悟(山田裕貴)は疑問を抱き…。

第6話 2020年2月11日
 悟(山田裕貴)は元首相・安藤(大友康平)の秘書だった愛(長澤奈央)に接触。誰が二度目の大統領決定戦の開催を決めたのかを疑問に思っていた愛は、悟に情報を提供する事に。

最終話 2020年2月18日
 大統領決定戦の糸を引いていた黒幕の正体が明らかに。強制的にVRの世界へ転送された悟(山田裕貴)は、黒幕のアバターを倒せば自分達が脱出できる事に気付き反撃に出るが…。


概要
近未来の日本を舞台に、最強の世代を決める世代間バトル“SEDAI WARS”を開催するという異色のオリジナル作。出場するのは、団塊、バブル、ロスジェネ、ゆとり、ミレニアルの各世代代表者。内閣総理大臣に代わって日本を治める大統領を決めるべく、VR空間内でバトルアクションを繰り広げる。

ストーリー 
近未来の日本。国民の間で、世代間のわだかまりと不満から、社会の機能が著しく低下。経済は衰退し、崩壊の一途をたどっていた。各世代が、不幸と不運を全て他の世代のせいにして、人々は誰かを信じる気持ちや思いやりを失っていた。

そんな中、時の総理大臣は、日本をどの世代に委ねるのかをバトルアクションで決める大統領決戦“SEDAI WARS”の開催を宣言する。出場者「SEDAI」に選ばれたゆとり世代の柏木悟(山田裕貴)は、各世代の思いが渦巻く戦いに、流されるがまま参加することになる。


キャスト
ゆとり世代代表
柏木悟 - 山田裕貴
ゆとり・さとり世代。旅行代理店に勤務。何事に対しても受け身な性格で、周囲に流されて“SEDAI WARS”に参加する。脱力系のイマドキの若者。なぜか人をひきつける魅力も併せ持つ。

玉川麻美 - 奥山かずさ

団魂世代代表
山尾茂 - 西岡徳馬

小川清 - 鈴木正幸

ロスジェネ世代代表
白井優子 - 真飛聖
ロスジェネ世代。会社員。独身。仕事と介護に明け暮れる生活に疲れ切っている。

黒田哲也 - 出合正幸

バブル世代代表
大谷修 - 岡田浩暉
バブル世代。高価なスーツと装飾品で着飾っており、発言もバブリー。

鈴木香織 - 横山めぐみ

ミレニアル世代代表
西條萌 - 浅川梨奈
ミレニアル世代。グラビアアイドル。通っている高校でいじめに遭っている。

筧翔太 - 池田優斗

内閣総理大臣
安藤直樹 - 大友康平

内閣総理大臣秘書
藤原愛 - 長澤奈央

その他の登場人物
後藤田勝 - 坂本長利

GEN - 高山みなみ(声の出演)

スタッフ
監督 - 坂本浩一
脚本 - 横手美智子
撮影 - 百瀬修司
編集 - 目見田健
音楽 - 中村康隆(夜長オーケストラ)
オープニングテーマ - Blue Vintage 『SEDAI WARS』(FROG MUSIC / NVPR)
エンディングテーマ - ニノミヤユイ『私だけの、革命。』
ナレーション - 田久保宗稔
チーフプロデューサー - 仲吉治人、丸山博雄
プロデューサー - 有澤亮哉、村島亘、梶原富治
制作 - ロボット
企画・原作 - バンダイナムコアーツ


番組公式サイト
SEDAI WARS - Wikipedia

『SEDAI WARS TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
50音検索