2017年03月14日

お前はまだグンマを知らない TOP

「お前はまだグンマを知らない」は、2017年3月7日から3月28日まで、日本テレビ『ネクストブレイク』枠(毎週火曜日0:59 - 1:29)にて放送中。全4回予定で、原作をベースとしたオリジナルストーリーとなる。


概要
2014年の発売以来、群馬に関する県民あるあるネタと強過ぎる地元愛が反響を呼び、累計発行部数50万部を突破した井田ヒロトの人気コミックを映像化。インターネットの愛好家らから愛を込めて「未開の地グンマー」「日本最後の秘境」「古代グンマー帝国」などと呼ばれる群馬県を舞台にしたコメディードラマで、間宮祥太朗が主演を務める。

謎多き土地・グンマに転校した高校生・神月紀(間宮)が、独自性の強いグンマ文化や、異常なほどグンマ愛が強いクラスメートたち、特有の“ローカルルール”に苦闘しながらも、恋に青春に奮闘する。全4回の連続ドラマの後に、映画化されることも決定している。


原作
『お前はまだグンマを知らない』は、井田ヒロトによる漫画(ウェブコミック)作品。『月刊コミック@バンチ』(新潮社)のウェブコミック配信サイト『くらげバンチ』にて2013年10月より配信中。累計発行部数は2017年2月現在で50万部。

作者が中学1年の時に群馬県高崎市に引っ越してきた時の体験がベースとなっている。

間宮祥太朗の主演でドラマ化および映画化の予定。


ストーリー
高校2年生の神月紀(間宮祥太朗)は、“チバ”から謎に満ちた地“グンマ”に引っ越すことに。初めて目の当たりにするグンマ独自の風習に困惑しながらも、神月は何とか転校先のクラスに溶け込もうとするが、グンマ県民のあるタブーを早々に犯してしまい、なかなか受け入れてもらえない。

そんな中、神月は学校一の美女・篠岡京に一目ぼれ。さらに、グンマとライバル関係にある“トチギ”や“イバラキ”との争いにも巻き込まれ、神月の高校生活は混沌を極めていく。


キャスト
神月 紀 - 間宮祥太朗
“チバ”から“グンマ”に引っ越してきた高校2年生。妄想癖が激しく、初めて目の当たりにするグンマ独自の風習に困惑する。クラスに溶け込もうと奮闘する中で、学校のマドンナ・篠岡京に恋をする。

轟 一矢 - 吉村界人
神月の幼なじみ。小さい頃は神月と仲が良かったが、幼くしてチバからグンマに移住。再会した神月となぜかあまり関わろうとしない。

篠岡 京 - 馬場ふみか
神月のクラスの美少女。グンマを愛し、「グンマ人以外は男として見れない」という生粋のグンマ人。

木村 仁建 - 入江甚儀
神月のクラスのクラス委員。戦後、グンマが内閣総理大臣を日本最多の4人輩出していることを誇りに思っている。

野汁先輩 - 加治将樹
3回留年しているため20歳の色黒でヒゲ面の先輩。グンマ愛が深く、神月にグンマのウンチクをいろいろ教えてくれる。

ゆもみちゃん(草津温泉公式ゆるキャラ、友情出演)

担任 - 山本博(ロバート)

近藤の妻 - 椿鬼奴

近藤 - ほんこん

大泉 - 吉田カルロス

ナレーション - 若本規夫

スタッフ
原作 - 井田ヒロト
監督 - 水野格
脚本 - 樫田正剛
音楽 - 牧戸太郎
主題歌 - G-FREAK FACTORY
チーフプロデューサー - 西憲彦
プロデューサー - 佐藤東弥、坂下哲也
制作協力 - AXON
製作著作 - 日本テレビ

主題歌
「風林花山」
歌 - G-FREAK FACTORY


各話あらすじ 平均視聴率 4.70%
第1話 2017年3月6日 視聴率 5.3%
 グンマに転校した高校生の日常を描くコメディー。転校生の神月(間宮祥太朗)は京(馬場ふみか)に一目ぼれ。だが京は、グンマ愛に満ちた生粋のグンマ人だった。
 
第2話 2017年3月13日 視聴率 4.1%
 轟(吉村界人)が、イバラキ人のヤンキー「こうもんボーイズ」がシャンゴを求めてグンマに遠征に来ているらしいと言いだし、クラス中が息をのむ。しかし、神月(間宮祥太朗)だけが、シャンゴが何なのか分からない。
 
第3話 2017年3月20日
 グンマでの生活にも慣れてきた神月(間宮祥太朗)は、京(馬場ふみか)を遠くから眺めながら妄想する日々を送っていた。そんななか、「上毛かるた全国ナンバーワン決定戦」の開催が迫る。  

第4話 2017年3月27日
  怪文書を残したキツネの正体をクラス一同は突き止めようとする。神月(間宮祥太朗)は昨夜、京(馬場ふみか)と目撃したキツネの証拠映像を見せるが…。
 

番組公式サイト

『お前はまだグンマを知らない TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

火花 TOP

『火花』は、2017年2月26日から、NHK総合(毎週日曜 23:00〜23:45)にて放送中。全10話。

Netflixにて、2016年春に全10話一挙配信されたものを約45分(最終回のみ50分)に再編集して放送する。


原作概要
『火花』(ひばな)とは、お笑いタレントの又吉直樹が書いた初の中編小説。初出は『文學界』2015年2月号(文藝春秋)。掲載時より現役人気お笑いタレントの手がけた純文学小説として話題を呼び、文芸誌である同誌が増刷されるヒットとなったほか、第28回三島由紀夫賞候補作、第153回芥川龍之介賞受賞作。

2016年にNetflixと吉本興業によってネット配信ドラマとして映像化され、翌2017年にはNHK総合にて、前年にNetflixにてネット配信されたものの再編集版が放送開始予定。2017年2月、板尾創路監督により映画化されることが発表された。同年11月に公開予定。


概要
2015年に芥川賞を受賞した、お笑いコンビ・ピースの又吉直樹による同名小説を原作に、若手芸人の苦悩と葛藤に満ちた10年間の軌跡を描く青春ドラマ。Netflixオリジナルで映像化された作品が、初めてNHK総合で放送される。

お笑い芸人とその周囲の人たちの心の描写を林遣都、波岡一喜、門脇麦らが体当たりで演じるほか、井下好井の好井まさお、とろサーモンの村田秀亮ら芸人も出演。総監督を廣木隆一が、監督は白石和彌、沖田修一、久万真路、毛利安孝が務める。

ストーリー
売れない芸人の徳永太歩(林遣都)は、営業先の花火大会で天才肌の先輩芸人・神谷才蔵(波岡一喜)と出会う。誰にもこびないスタイルと圧倒的なセンスに引きつけられ、弟子入りを懇願した徳永は、神谷の伝記を書くことを条件に許される。

それから2人は夜ごと酒を酌み交わし、お笑いについて熱く語り合う。しかし、コンビとして少しずつ売れ始めた徳永と、うまくいかずにもがき苦しむ神谷の歯車は少しずつかみ合わなくなる。そして、神谷はある日、借金を抱えたままこつ然と姿を消してしまう。


キャスト
徳永 太歩
演 - 林遣都
お笑いコンビ「スパークス」のボケ担当。

神谷 才蔵
演 - 波岡一喜
お笑いコンビ「あほんだら」のボケ担当。徳永の先輩芸人。

山下 真人
演 - 好井まさお(井下好井)
お笑いコンビ「スパークス」のツッコミ担当。

大林 和也
演 - 村田秀亮(とろサーモン)
お笑いコンビ「あほんだら」のツッコミ担当。

宮野 真樹
演 - 門脇麦
神谷の同居人

日向 征太郎
演 - 田口トモロヲ
スパークスが所属する芸能事務所・日向企画の社長。

緒方 健治
演 - 染谷将太
日向企画の社員。お笑い担当。

西田 英利香
演 - 菜葉菜
日向企画の社員。

ロクさん
演 - 渡辺哲
徳永と同じアパートの住人。

小野寺
演 - 渡辺大知
徳永と同じアパートの住人。

あゆみ
演 - 徳永えり
徳永の元バイト仲間。現在は美容師。

望月
演 - 温水洋一
徳永のバイト先のコンビニ店長。

恩田
演 - 宮崎吐夢
徳永の新しいバイト先の店長。

渡辺
演 - 小林薫
武蔵野珈琲店の店主。

百合枝
演 - 高橋メアリージュン
山下の恋人。

笹本 英樹
演 - 忍成修吾
テレビ局ディレクター。

里島 誠
演 - 村杉蝉之介
テレビ局ディレクター。

熱海のイベント主催者
演 - 山本浩司

熱海の居酒屋の店員
演 - 山本彩(NMB48)

焼き鳥屋の店員
演 - 武田梨奈

合コン相手
演 - 今井華、島袋聖南

スタッフ
総監督 - 廣木隆一
統括プロデューサー - 古賀俊輔
監督 - 廣木隆一(1・9・10)、白石和彌(3・4)、沖田修一(5・6)、久万真路(7・8)、毛利安孝(2)
脚本統括 - 加藤正人
脚本 - 加藤正人、高橋美幸、加藤結子
脚本協力 - 板尾創路
撮影 - 鍋島淳裕
照明 - かげつよし
録音 - 深田晃、岩丸恒
音響効果 - 渋谷圭介、佐藤祥子
美術 - 相馬直樹
装飾 - 桑田真志
編集 - 菊池純一、野本稔
音楽 - 上野耕路、石塚徹
音楽プロデューサー - 田井モトヨシ
エグゼクティブ・プロデューサー - 岡本昭彦、吉崎圭一、DavidLee、上木則安
プロデューサー - 山地克明、仲良平、五十嵐真志、鳥澤晋、坂本和隆
制作プロダクション - ザフール、パイプライン
制作 - 吉本興業

主題歌 - OKAMOTO'S「BROTHER」
挿入歌 - SPICY CHOCOLATE「二人で feat.西内まりや&YU-A」


各話あらすじ 平均視聴率 3.15%
第1話 2017年2月26日「芥川賞受賞作のドラマ化・若手芸人と先輩の魂の軌跡」 視聴率 4.8%
 2001年夏。売れないお笑いコンビ・スパークスの徳永(林遣都)は営業先の静岡・熱海で漫才コンビを組む先輩芸人・神谷(波岡一喜)と出会う。観客に「地獄」と連呼する激烈な漫才を披露する神谷の姿に徳永は魅了される。仕事の後、徳永は共に居酒屋を訪れた神谷に「弟子にしてください」と申し出る。神谷は自分の伝記を書くことを条件にその願いを受け入れる。その日から、徳永は神谷との日々を書きつづることになる。

第2話 2017年3月5日 視聴率 2.9%
 神谷(波岡一喜)の漫才コンビ・あほんだらは活動の拠点を大阪から東京に移した。徳永(林遣都)は神谷と東京・吉祥寺で会い、公園の打楽器パフォーマンスに飛び入り参加したり、コーヒー店で店主の渡辺(小林薫)が入れるコーヒーを飲みながら語り合ったりする。一方、スパークスは舞台への出演を懸け、ネタ見せの場へ。終了後、相方の山下(好井まさお)は恋人の百合枝(高橋メアリージュン)と帰り、徳永は後輩芸人と飲みに行く。

第3話 2017年3月12日「もうここ吉祥寺ちゃいますよ・こいつムカつく弟みたいやわ」 視聴率 1.5%
 2001年秋。徳永(林遣都)のスパークスはネタ見せのオーディションに合格し、きちんとした舞台で漫才を披露する。一方、真樹(門脇麦)と住む神谷(波岡一喜)は、ひも同然の暮らしを送りながら、芸人を続けていた。神谷は東京・吉祥寺で飲み語らい、終電を逃した徳永を家に連れ帰る。そして、真樹を加えた3人ではしゃぎ、夢のような時間を過ごす。その後、オーディションで、スパークスと神谷のあほんだらが顔を合わせる。

第4話 2017年3月19日「お前は自分の面白い部分に自分で気づいてないやろ?」 視聴率 3.4%
 徳永(林遣都)はアルバイトをしながら若手芸人が出演する舞台に立ち続けていた。ある日、徳永は幼少期に憧れた漫才コンビ「夢路いとし・喜味こいし」のいとしの訃報を聞く。居ても立ってもいられなくなった徳永は山下(好井まさお)を呼び出す。だが、ネタ合わせに気が乗らない山下の態度に腹を立て、けんかをしてしまう。一方、徳永と同じアパートに住むストリートミュージシャン・小野寺(渡辺大知)が実家に帰ることになる。

第5話 2017年3月26日「銀髪・ベージュのコーデュロイパンツ・鬼まんま」
 スパークスとあほんだらは、観客の投票によって順位が決まるお笑いイベントに出演する。2組とも完成度の高いネタを披露するが、優勝したのはハプニングで爆笑をさらったピン芸人だった。その後、徳永(林遣都)は友人の美容師・あゆみ(徳永えり)の練習台になり、髪を銀色に染める。以降、この髪の色は徳永のトレードマークになる。ある日、徳永と神谷(波岡一喜)は真樹(門脇麦)の家で酒を飲むが、神谷の様子がおかしい。


番組公式サイト
火花 (小説) - Wikipedia
タグ:火花

『火花 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

スリル!〜赤の章〜警視庁庶務係ヒトミの事件簿・〜黒の章〜弁護士・白井真之介の大災難 TOP

『スリル!〜赤の章〜警視庁庶務係ヒトミの事件簿』は、NHK総合(毎週水曜 22:25〜23:15)で、2017年2月22日から同年3月15日まで放送された。全4話。


概要
NHK総合とNHK BSプレミアムが連動して、2つの視点でミステリーの謎をあぶり出す、複眼エンターテインメントドラマ。NHK総合では、地上波の連続ドラマ初主演となる小松菜奈が、警視庁庶務係で働きながら事件を推理する中野瞳に扮する。

詐欺師の父親に育てられ、犯罪知識が豊富な瞳が、刑事の外河猛(小出恵介)を利用して捜査情報を入手し、的確な推理で難事件を解決に導くさまを描くストーリー。NHK BSプレミアムでは、瞳と外河に関わりを持つ悪徳弁護士の白井真之介(山本耕史)が主人公の、「スリル!〜黒の章〜弁護士・白井真之介の大災難」も放送。それぞれ全4話の構成でおくる。

ストーリー
関連がないと思われていた2つの殺人事件の被害者の名前が書かれ、さらなる犯行を暗示させる文書が警視庁に届き、刑事の外河猛(小出恵介)らは捜査に乗り出す。一方、庶務係の中野瞳(小松菜奈)は、捜査とは無縁の業務を行っていたが、領収書の不備を見つけて呼び出した外河の捜査手帳を盗み見て、次の被害者の名前が「後藤」であると推理する。

実は瞳は、詐欺師の父親に育てられ、犯罪知識が豊富だった。直後に後藤明子(櫻井淳子)という女性が意識不明の状態で発見され、事件は新たな展開を見せる。


キャスト
小松菜奈
中野瞳 役
警視庁の庶務係に勤務する一般職員。詐欺師の父親に育てられたため、犯罪の知識が豊富。外河を利用して捜査情報を入手し、的確な推理で難事件を解決に導く。

小出恵介
外河猛 役
警視庁捜査一課の刑事。事務処理が苦手なため、領収書に不備が多い。正義感は強いが、瞳に捜査手帳を盗み見されたり、相棒の黒岩からミスを押し付けられたりと、不器用な面がある。

木下ほうか
黒岩壮吉 役
警視庁捜査一課の刑事。外河の相棒だが、「自分のミスは外河のミス、外河の手柄は自分の手柄」という性格で、外河を窮地に追い込む。

山本耕史
白井真之介 役
悪徳弁護士。割のいい仕事を求めて事件をねつ造したり、弁護士倫理に反する依頼を引き受けては、結局は一銭にもならないことばかり。実は事務所の家賃を滞納し、立ち退きを迫られている。

スタッフ
作:蒔田光治、徳尾浩司
演出:河合勇人、原正弘、滝本憲吾、麻生学
制作統括:海辺潔、蒔田光治、中村高志
プロデューサー:阿部謙三

主題歌:邪邪邪VSジャスティス/キュウソネコカミ


赤の章 各話あらすじ
第1話 2017年2月22日「警視庁庶務係ヒトミの初事件」 視聴率 5.6%
 警視庁庶務係で働く瞳(小松菜奈)は、刑事が立て替えた捜査費用の領収書などを厳しくチェックするのが仕事だ。詐欺師の父に育てられたためか事件に対する嗅覚が極めて鋭い瞳は、ある日、領収書の不備を見つけたことがきっかけで捜査一課の刑事・外河(小出恵介)と知り合う。外河が追う連続殺傷事件の被害者の名前が‘しりとり’でつながっていると気付いた瞳は、外河や腹黒い弁護士・白井(山本耕史)を利用し、真相に迫る。

第2話 2017年3月1日「警視庁庶務係ヒトミの大予言」
 国会議員の秘書が殺される。その死は占い師の祥子(釈由美子)に予言されていた。外河(小出恵介)の事情聴取に祥子は「人の隠し事が見える」と言い、飲食代を捜査費用として不正請求した刑事への査察を予言。その時、外河に瞳(小松菜奈)から飲み屋の領収書について確認が入る。外河も同行したことになっていたのだ。外河は瞳から、祥子の予言はインチキだと告げられる。

第3話 2017年3月8日「警視庁庶務係ヒトミの大迷宮」
 ホテルの屋上で女子大生の遺体が見つかる。現場には彼女の足跡しか残っておらず、自殺と考えられた。一方、領収書に不備がある外河(小出恵介)を追う瞳(小松菜奈)は、彼に無視されたため休暇を取って捜査現場に押し掛ける。そのホテルでは宿泊客が失踪する事件が多発しており、5年間も宿泊を続ける兵藤(石橋蓮司)に疑惑の目が向けられていた。その頃、ホテルの過去に疑念を抱き、独自に調査を進める瞳に魔の手が忍び寄る。

最終話 2017年3月15日「警視庁庶務係ヒトミの恋とテロ」
 瞳(小松菜奈)は上司のめいとデート中の外河(小出恵介)に恥をかかせ、2人は大げんかになる。そんな中、化学工場で強盗事件が発生し、盗まれた薬品で神経ガスが生成可能と判明。警察は、テロ集団に利用されたと出頭してきた男をおとり捜査に使う。ところが、その男を尾行していた瞳がテロ集団に拉致されてしまう。「デートの約束を断る」と1回だけ電話をかけることを許された瞳は、外河に隠れたメッセージを託す。


番組公式サイト
スリル!〜赤の章・黒の章〜 - Wikipedia

スリル!〜黒の章〜弁護士・白井真之介の大災難


『スリル!〜黒の章〜弁護士・白井真之介の大災難』は、NHK BSプレミアム(毎週日曜 22:00〜22:50)で、2017年2月26日から同年3月19日まで放送された。全4話。


概要
NHK総合とNHK BSプレミアムが連動して、2つの視点でミステリーの謎をあぶり出す、複眼エンターテインメントドラマ。NHK BSプレミアムでは、割のいい仕事を求めては一銭にもならないことに振り回される腹黒弁護士・白井真之介(山本耕史)の遭遇する事件を描く。

NHK総合では、同作で白井と関わる警視庁庶務係勤務の中野瞳(小松菜奈)を主人公にした連続ドラマ「スリル!〜赤の章〜警視庁庶務係ヒトミの事件簿」が放送。物語の舞台を同じくした2作が連動する形で、異なるストーリーが展開される。


ストーリー 
割のいい仕事を求める弁護士の白井真之介(山本耕史)に、会社社長の松尾幸助(忍成修吾)から、強盗殺人事件で盗まれた名画を取り戻してほしいと依頼が舞い込む。警察には内密に犯人と交渉した白井は、1億円と引き換えに名画の奪還に成功するが、美術家の武村美男(斉木しげる)から贋作だと指摘されてしまう。窮地に立たされた白井の元に、犯人から「本物の絵を売るのを手伝え」と取引が持ち掛けられる。


キャスト
山本耕史
白井真之介 役

悪徳弁護士。割のいい仕事を求めて事件をねつ造したり、弁護士倫理に反する依頼を引き受けては、結局は一銭にもならないことばかり。実は事務所の家賃を滞納し、立ち退きを迫られている。

小出恵介
外河猛 役
警視庁捜査一課の刑事。事務処理が苦手なため、領収書に不備が多い。正義感は強いが、瞳に捜査手帳を盗み見されたり、相棒の黒岩からミスを押し付けられたりと、不器用な面がある。

木下ほうか
黒岩壮吉 役
警視庁捜査一課の刑事。外河の相棒だが、「自分のミスは外河のミス、外河の手柄は自分の手柄」という性格で、外河を窮地に追い込む。

小松菜奈
中野瞳 役
警視庁の庶務係に勤務する一般職員。詐欺師の父親に育てられたため、犯罪の知識が豊富。外河を利用して捜査情報を入手し、的確な推理で難事件を解決に導く。


黒の章 各話あらすじ
第1話 2017年2月26日「弁護士・白井真之介の大鑑定!?」
 弁護士・白井(山本耕史)の元に会社社長の松尾(忍成修吾)が訪ねてきた。松尾は最近、警備員を殺された上に名画を盗まれており、その絵を取り戻してほしいと白井に依頼する。警察に内緒で犯人と交渉した白井は、1億円と引き換えに名画の奪還に成功。だが、美術評論家・竹村(斉木しげる)に、絵は偽物だと一笑に付されてしまう。窮地に立たされた白井だが、犯人から「本物の絵を売るのを手伝え」と持ち掛けられて…。

第2話 2017年3月5日「弁護士・白井真之介の大偽装!?」
 逆瀬川(野波麻帆)という女性が白井(山本耕史)を訪ね、婚約者の弁護を依頼する。彼女の勤める食品会社で殺人事件が起き、同僚でアリバイのない恋人・九条(前川泰之)が重要参考人となっているのだ。刑事事件は割が合わないと渋る白井だが、背後に食品偽装が隠されていると知り、事件を引き受ける。集団訴訟に持ち込もうというのだ。一方、外河(小出恵介)に絡み、事件に首を突っ込んだ瞳(小松菜奈)は犯行時刻に疑念を抱く。

第3話 2017年3月12日「弁護士・白井真之介の大不倫!?」
 白井(山本耕史)は社長夫人の洋子(横山めぐみ)から、不倫の証拠写真をネタに脅してきた犯人を突き止めてほしいと依頼される。金の受け渡し現場で張り込んだ白井だが、金を受け取った女を見失ってしまう。程なく自称ジャーナリストが殺され、現場に残された受領書から洋子が逮捕される。外河(小出恵介)に付きまとって事件に首を突っ込む瞳(小松菜奈)は、被害者のパソコンから写真データが消去されていることに不審を抱く。

最終話 2017年3月19日「弁護士・白井真之介の大恋愛!?」
 選挙期間中に国交大臣・大道(寺田農)の秘書が撲殺されるが、容疑者は検視結果と食い違う供述をする。一方、白井(山本耕史)は学生時代の憧れの人である弁護士の京子(雛形あきこ)から自分の事務所に来ないかと誘われる。白井は対立候補・成美(須藤理彩)を支援する京子に頼まれ、大道の疑惑を追求。そして成美が被害者である秘書から受け取るはずだった大道の収賄の証拠映像を発見する。選挙戦は大きく動くが…。


番組公式サイト
スリル!〜赤の章・黒の章〜 - Wikipedia

『スリル!〜赤の章〜警視庁庶務係ヒトミの事件簿・〜黒の章〜弁護士・白井真之介の大災難 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

きみはペット TOP

『きみはペット』は、2017年2月6日からフジテレビの地上波深夜枠(毎週月曜 26:35〜27:30)で放送中。全16話予定。また、2017年2月5日からフジテレビオンデマンドにて先行配信がスタートし、中国と韓国でも同時期に放送・配信予定。


原作概要
『きみはペット』(英: Tramps Like Us)は、小川彌生による日本の漫画作品。2003年に第27回(平成15年度)講談社漫画賞少女部門受賞。

講談社の漫画雑誌『Kiss Carnival』2000年6月号に『PET』という題名で読み切りとして初掲載された後、同年10月号から12号まで短期連載。その後、現在の題名で『Kiss』にて2000年から2005年まで連載された。2003年にTBS、2017年にフジテレビにてテレビドラマ化、2011年に韓国で映画化された。単行本は数か国語にそれぞれ翻訳されており、TOKYOPOPから英語・ドイツ語版、クロカワからフランス語版、スターコミックからイタリア語版が発売されている。


概要
キャリアウーマンと、ペット志望のイケメン男子との奇妙で胸キュンな同居生活を描いた、小川彌生による大ヒットコミックを連続ドラマ化。2003年に初めて日本でドラマ化され、11年に韓国で映画化されたラブコメディーを、「イタズラなKiss2〜Love in TOKYO」「南くんの恋人〜my little lover」の制作陣が集結し、再びドラマ化する。

ヒロインの巌谷澄麗(スミレ)を演じるのは、モデル・女優として幅広く活躍する入山法子。映像化のたびにそのキャスティングが大きな話題となる“モモ”こと合田武志を、志尊淳が演じる。

ストーリー
新聞記者のスミレ(入山法子)は、高学歴で容姿端麗だが、実際は恋愛に不器用なキャリアウーマン。ある日、結婚を意識していた彼氏にフラれ、職場でも左遷され酔って帰宅したスミレは、家の前のダンボール箱に入っていた青年・合田武志(志尊淳)を見て、昔飼っていた犬の“モモ”と見間違えて抱きついてしまう。

翌日、スミレは「ペットとしてなら」と提案し、“モモ”と名付けたその青年と一緒に暮らし始める。次第にモモとの生活に心を癒やされるスミレだったが、そんな折、初恋の人と再会する。


キャスト(2017年版)
巌谷スミレ:入山法子 (少女時代:安藤美優)
東大&ハーバード大卒のキャリアウーマンで、巷談新聞社の生活情報部記者。クールビューティーな外見に反して気弱で小心者。かつての愛犬に似ている青年を“モモ”と呼び、一緒に暮らし始める。

合田武志(モモ):志尊淳
スミレのペットとして一緒に暮らすことになった青年。スミレの料理が大好き。スミレの恋に敏感で、ヤキモチを焼くこともある。実は才能あるバレエダンサーで、ローザンヌで賞を取った経験がある。

蓮實滋人:竹財輝之助

白妙ユリ:野呂佳代

福島紫織:柳ゆり菜

澁澤ルミ:志田友美

吉田浩一:岡部尚

海野渉:生島翔

白妙ラン : 苑美

伊丹友和:岡部たかし

瓜山一雄:吉田ウーロン太

石田隆太:柾木玲弥

山口有沙:木下美咲

倉木さやか:岡村いずみ

本田友成:栩原楽人

梅宮万紗子(第7話ゲスト)

スタッフ(2017年版)
脚本:古賀文恵
演出:熊坂出
製作:中江康人
アシスタントプロデューサー:岡村祥子
プロデューサー:代情明彦

オープニングテーマ : 夢みるアドレセンス「Rainbow Rain」


各話あらすじ
第1話 2017年2月6日「美少年の飼い方」
 新聞記者のスミレは、結婚を意識していた彼氏にフラれ、仕事も左遷され、人生のどん底にいた。そんなある日、酔って帰宅したスミレは、家の前のダンボールに入っていた美少年を、昔飼っていた犬のモモと見間違えて抱きつく。翌日、スミレは「ペットとしてなら」と提案し、少年をモモと名付けて一緒に暮らし始めるが……。

第2話 2017年2月13日「ペットの効能」
 次に誰かと付き合うなら、自分に劣等感を持たない人と決めていたスミレは、取材で知り合った御曹司・伊集院とデートする。しかし、彼とのデートは居心地が悪く、全く楽しむことができなかった。伊集院と決別したスミレは、モモに一層癒しを感じるようになる。“モモ”こと武志のダンス公演を観に行ったスミレは感動し……。

第3話 2017年2月20日「初めての男VSペット」
 再会した初恋の相手・蓮實と食事に行ったスミレは、その帰りに家の前で彼とキスをする。しかし、犬の鳴きまねでモモに邪魔をされ、蓮實は帰ってしまう。ペットが飼い主に嫉妬するという話を聞いたスミレは、拗ねているモモを優しくとりなす。数日後、蓮實に屋上に呼び出されたスミレは、ずっと好きだったと告白されて……。

第4話 2017年2月27日「誕生日の過ごし方」
 蓮實(竹財輝之助)に急接近する受付の福島さん(柳ゆり菜)に阻まれながらも、勇気を奮って自分の気持ちを伝えたスミレ(入山法子)は、蓮實と付き合うことに。約束していた誕生日、彼が仕事で会えなくなると、スミレはさみしさを埋めるように仕事に没頭する。その夜、疲れた彼女が帰宅すると、モモ(志尊淳)がサプライズを用意して待っていた。そこへ蓮實から着信があり……。

第5話 2017年3月13日「飼い主失格!?」
 ソウル転勤をきっかけに、蓮實からプロポーズされたスミレ。瞬く間に広まったその噂を耳にした福島さんは失望するが、すでに伊集院を新たなターゲットにしていた。蓮實に返事ができないままでいたスミレは、結婚したらモモと一緒に暮らせないことに気づき、これ以上情が移らないようモモに冷たい態度をとり始めるが……。

※2017年3月20日は放送休止。

第6話 2017年3月27日「正しい甘え方」
 ストーカーに追われる福島(柳ゆり菜)を家に泊めたことを打ち明けてくれない蓮實(竹財輝之助)に、スミレ(入山法子)は不信感を抱き、眠れない夜を過ごす。さらに、急な仕事でスミレの疲労はピークに。そんなスミレを見たモモ(志尊淳)は…。


番組公式サイト
きみはペット - Wikipedia

『きみはペット TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

真昼の悪魔 TOP

『真昼の悪魔』は、フジテレビ系(毎週土曜 23:40〜24:35)で、2017年2月4日から同年3月25日まで、放送された。全8話。主演は田中麗奈。


概要
突然現れた隣人がごく普通の家族を崩壊させるスリリングな展開が話題を呼んだ、“オトナの土ドラ”第1弾「火の粉」(同系)のスタッフが再集結し、昭和55年に発表された遠藤周作の同名小説を連続ドラマ化。奇怪な事件やトラブルの相次ぐ病院を舞台に、田中麗奈演じる優秀な美人外科医・大河内葉子の裏の顔を描くサスペンスで、虚ろな心の隙間を埋めるために悪魔の所業を重ねる葉子の恐ろしさだけでなく、登場人物それぞれが抱える心の闇にもスポットを当て、衝撃の結末へと突き進んでいく。


ストーリー
作家志望の青年・難波聖人(中村蒼)が、ある日腹部に猛烈な痛みを覚え、病院に運ばれた。対応した医師の大河内葉子(田中麗奈)は、虫垂炎だと診断し、激痛に耐える難波の顔を両手で包み込んで、優しく声を掛ける。美しい女神のような葉子の姿に、難波は地獄の痛みが和らいだ気がする。

手術後入院することになった難波は、ふとしたきっかけで清掃員の芳賀明善(篠原篤)と知り合う。少々おせっかいだが、愛想がよくおしゃべりな芳賀と意気投合した難波は、葉子が担当医になって喜ぶ。しかしそれは、大いなる絶望と破滅への入り口だった。


キャスト
大河内 葉子
演 - 田中麗奈
関東女子医大付属第三病院外科医。
美人で優秀な外科医。社交的で明るい性格な上、患者にも親切なため評判が良い。しかし本当は、幼いころからあらゆる出来事に対して心が動かず、無感動かつ無道徳な裏の面を持っている。 苦しんでいる人を見ても、かわいそうと思うことがなく、罪悪感も持ち合わせていない。ターゲットとなる人物が現れると、衝動的に悪のスイッチが入る。

難波 聖人
演 - 中村蒼
入院患者で葉子の担当患者。塾のバイト講師で、小説家志望。
小説家としてはいまだ芽が出ず、塾講師のアルバイトをしている。小説に関する知識が深く、好奇心旺盛な性格。緊急入院した病院で、担当医となった葉子に好意を持つが、やがてその存在に疑問を持ち始める。

芳賀 明善
演 - 篠原篤
関東女子医大付属第三病院清掃員。 暇を持て余していて、話し相手を求めている。病院の内部事情に詳しく、病院内で起こる不可解な出来事を難波と共に暴こうとする。

吉田 誠
演 - 鈴木省吾
関東女子医大付属第三病院外科部長。

渡来 倫子
演 - 福田ゆみ
関東女子医大付属第三病院外科医。

浅川 純
演 - 瑛蓮
関東女子医大付属第三病院外科医。

相沢
演 - 川本成(あさりど)
関東女子医大付属第三病院心療内科医。

大河内 徳広
演 - 村井國夫
葉子の父。

宮島 浩介
演 - 原田龍二
大塚のライバルグループのホテルチェーンを創業した実業家。

大塚 光
演 - 大倉孝二
大手ホテルグループ御曹司。

神父
演 - 伊武雅刀
関東女子医大付属第三病院の近くにある教会の神父。

ゲスト
小林 照美
演 - 朝加真由美(第1話)

梶本 喜子
演 - 宮地雅子(第1話)

加能 学
演 - 水野智則(第1話)

大塚 陽一
演 - 団時朗(第6話)

竹居 道明
演 - 坂上忍(最終話)

スタッフ
原作 - 遠藤周作『真昼の悪魔』(新潮文庫刊)
脚本 - 香坂隆史
音楽 - 大間々昂、兼松衆、田渕夏海
協力プロデューサー - 市野直親(東海テレビ)、千葉行利(ケイファクトリー)
プロデューサー - 遠山圭介(東海テレビ)、高橋史典(ケイファクトリー)、馬場三輝(ケイファクトリー)
制作著作 - ケイファクトリー
制作 - 東海テレビ

主題歌 - 倖田來未「On my way」(rhythm zone)


各話あらすじ(2017.2.4 - 2017.3.25)全8話 平均視聴率 3.43%
第1話 2017年2月4日「衝動」ラテ欄「「衝動」女神のような女医のウラの顔」 視聴率 3.1%
 病院に腹痛を訴える青年・難波(中村蒼)が搬送される。医師の葉子(田中麗奈)は的確かつ優しく処置し、難波は痛みが和らぐ思いがする。手術が無事成功した難波は、入院中の病室の引き出しから奇妙なメモを見つけ、好奇心から清掃作業員の芳賀(篠原篤)に内容を調べてもらう。一方、老母の入院費や治療費の工面に悩む娘の照美(朝加真由美)に、葉子は力になるとほほ笑む。だが、照美が病室を離れると、葉子の態度は一変する。

第2話 2017年2月11日「実験」ラテ欄「「実験」幼き者をつまずかせる者は」 視聴率 3.3%
 老女が謎の死を遂げた。葉子(田中麗奈)は教会のざんげ室で、人が苦しむ姿から生への実感が得られると語り、神父(伊武雅刀)はそこに悪魔の存在を感じとる。一方、難波(中村蒼)は葉子に、死亡患者名が記されたメモの話をするが、それ以降、原因不明の腹痛に見舞われるように。そんな中、仲良しの女児の退院を寂しく思う男児が「まだ治らなければいい」と言うのを聞いた葉子は…。

第3話 2017年2月18日「命日」ラテ欄「「命日」悪魔が親に手を掛けるとき」 視聴率 3.5% 
 教会で父・徳広(村井國夫)を殺害すると語った葉子(田中麗奈)は、徳広の食事を作るようになる。一方、ホテル経営者の息子・大塚(大倉孝二)は再び葉子を誘う。そのデートの際、葉子に興味を抱いた実業家の宮島(原田龍二)は大塚を挑発する。病院内で起こる事件と葉子の関連を疑う難波(中村蒼)は執刀医が葉子であることに不安を抱く。だが、葉子に説得され、手術に同意してしまう。

第4話 2017年2月25日「背信」ラテ欄「「背信」悪魔の囁き…恐怖の人体実験!」 視聴率 3.8%
 葉子(田中麗奈)の父・徳広(村井國夫)が他界。その死に疑問を抱きつつ、難波(中村蒼)は葉子の手術を受けることに。麻酔で意識が薄れる中、難波は葉子から衝撃の事実を明かされる。一方、外科医の渡来(福田ゆみ)は担当する政治家の症状が改善せず焦っていた。葉子は、認可されていないが効果が期待できる新薬の投与を提案し、副作用が心配なら他の患者で実験をと吹き込む。

第5話 2017年3月4日「挑発」ラテ欄「「挑発」神父VS悪魔の女医」 視聴率 4.4%
 葉子(田中麗奈)は愛を説く神父(伊武雅刀)に反発心を抱き、自分の生き方を宣言。2人の対立は深まる。一方、心療内科に入院する難波(中村蒼)は、まるで洗脳されたかのように葉子に従順になっていた。葉子は亡き父・徳広(村井國夫)が最後に言いたかったことの意味を知るため、難波に自分の生い立ちを題材にした小説を書かせる。その頃、葉子と婚約した大塚(大倉孝二)には、葉子を中傷する差出人不明のメールが多数届いていた。

第6話 2017年3月11日「復讐」ラテ欄「「復讐」悪魔への反撃のシナリオは?」 視聴率 3.1%
 大塚(大倉孝二)の父・陽一(団時朗)が診察を受けに来た。率直な物言いの葉子(田中麗奈)を気に入った彼は入院を決める。その頃、病院から脱出した難波(中村蒼)は、葉子への復讐のシナリオを練り始める。陽一の余命は長くはなかった。だが、わがままで尊大な彼は大塚に、自分が死んでも会社を継げないよう遺言書を書き換えると言い放つ。怒りに震える大塚に対し、葉子は遺言書の変更の前に陽一を死に至らしめる提案をする。

第7話 2017年3月18日「挑戦」ラテ欄「「挑戦」命を懸けた悪魔の大勝負」 視聴率 2.8%
 葉子(田中麗奈)への復讐を実行するため、難波(中村蒼)は神父(伊武雅刀)に協力を求め、自身は心療内科の病室へ戻る。そんな折、病院に数々の不審死を引き起こした犯人として葉子の名前を記した匿名の告発文が。葉子は否定するが、さらに謎のDVDが届く。葉子は教会へ行き、神父と対面する。かつて葉子を挑発してきた神父は、以前の姿に戻っていた。いら立った葉子は神父の本当の病名を宣告。それでも愛を説く神父に…。

最終話 2017年3月25日「贖罪」ラテ欄「「贖罪」愛を知った悪魔の行く末は」
 大塚(大倉孝二)と結婚した葉子(田中麗奈)は女児をもうけ、地方で診療所を開いていた。一方、小説家として活躍する難波(中村蒼)は、葉子を主人公とした物語を書くため3年ぶりに神父(伊武雅刀)と会う。難波が葉子を訪ねることを知った神父は、彼女の中で眠っているであろう「悪魔」が目覚めていないかを見定めてくるよう求める。その頃、診療所に、葉子にかつて散々な目に遭わされた人物が訪れ、娘を盾に葉子を脅していた。


番組公式サイト
真昼の悪魔 - Wikipedia
タグ:真昼の悪魔

『真昼の悪魔 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

豆腐プロレス TOP

『豆腐プロレス』(とうふプロレス)は、2017年1月22日から2クールにわたり毎週日曜0時35分 - 1時00分(土曜深夜)に、テレビ朝日系列で放送中のAKB48のメンバーと姉妹グループ(AKB48グループ)のメンバーが多数出演する、女子プロレスをテーマとしたテレビドラマ。主演は宮脇咲良。


概要
AKB48グループが「プロレス×ドラマ」という異色のテーマに挑むエンターテインメントドラマ。同グループのメンバーたちが女子プロレスラーに扮し、ガチンコの肉弾戦を展開する。彼女たちは現在、第一線で活躍したプロレスラーから本格的なトレーニングを受けており、そこで磨いたプロレス技を劇中でさく裂させる。

“アイドル×プロレス”という大型プロジェクトにふさわしい実力の持ち主、そして次世代のAKB48をけん引するメンバーという観点からプロデューサーの秋元康が選抜した“つわ者”たちが出演。宮脇咲良、松井珠理奈、兒玉遥、島田晴香、白間美瑠、松村香織、向井地美音、横山由依らが“参戦”する。

ストーリー
母親を早くに亡くした女子高校生・宮脇咲良は、父・ウロボロス洋平(菅原大吉)と平穏に暮らしていたが、ある日、洋平が急死する。洋平はかつて王者にまで登り詰めたプロレスラーで、引退後は豆腐店のかたわら「錦糸町道場」を経営。道場から王者を輩出したいと選手の育成に力を注いでいた。

しかし、弟子の矢崎英一郎(渡辺いっけい)の裏切りで新設団体「白金ジム」に有望選手をごっそり引き抜かれ、残っている門下生は横山由依たった一人という落ちぶれようだった。これまでプロレスを嫌悪してきた咲良だったが、亡き父の家族への思いとプロレスへの情熱を知り、矢崎からも思わぬ挑発を受けたことで、プロレスの世界に身を投じることになる。


キャスト
錦糸町道場
宮脇咲良
演 - 宮脇咲良
普通の女子高校生。母親を早くに亡くし、豆腐店とプロレス道場「錦糸町道場」を営む父親・ウロボロス洋平と暮らしている。プロレスを嫌悪していたが父親が急死し、その思いを継いでプロレスの世界に入る。

向井地美音
演 - 向井地美音
咲良の親友。

横山由依
演 - 横山由依
白金ジムに有望選手引き抜かれた末、唯一残っていた門下生。

ウロボロス洋平
演 - 菅原大吉
咲良の父親で、元プロレスラー。豆腐店を営む傍ら、錦糸町道場を運営していたが、急死する。

白金ジム
松井珠理奈 / ハリウッドJURINA
演 - 松井珠理奈
W.I.P.のスター選手。エメラルドHARUKAと「パワーストーンズ」というペアを組む。

兒玉遥 / エメラルドHARUKA
演 - 兒玉遥
ハリウッドJURINAと「パワーストーンズ」というペアを組む。

島田晴香 / ユウコシマダ
演 - 島田晴香

松村香織 / 杭打ち松村
演 - 松村香織

白間美瑠 / 道頓堀白間
演 - 白間美瑠

矢崎英一郎
演 - 渡辺いっけい
白金ジムの創設者。かつて洋平の弟子であったが、師匠を裏切りジムを新設する。咲良にプロレスの世界に入るよう仕組んだ人物。

スタッフ
企画・原作 - 秋元康
監督 - 豊島圭介 ほか
脚本 - 徳尾浩司 ほか
音楽 - スキャット後藤
プロデューサー - 林雄一郎(テレビ朝日)、池田邦晃(テレビ朝日)、中沢晋(オフィスクレッシェンド)、谷鹿夏希(オフィスクレッシェンド)
制作協力 - オフィスクレッシェンド
制作 - テレビ朝日
制作著作 - W.I.P.2017製作委員会


各話あらすじ
第1話 2017年1月21日
 母を早くに亡くした咲良(宮脇咲良)は、豆腐店とプロレス道場「錦糸町道場」を営む父・洋平(菅原大吉)と暮らす普通の女子高生。元プロレスラーの洋平は道場からチャンピオンをと頑張っていた。ところが、弟子・矢崎(渡辺いっけい)の裏切りによって新設団体「白金ジム」に有望選手を引き抜かれ、門下生は由依(横山由依)だけという事態に。そんな中、洋平が急死。父の思いを知った咲良はプロレスの世界へと足を踏み入れる。

第2話 2017年1月28日
 洋平(菅原大吉)の道場を守ると決めた咲良(宮脇咲良)だが、現役高校生による女子プロレスリーグ「WIP」に参戦するには選手6人以上の団体をつくることが条件。咲良は美音(向井地美音)と学校で募集を始めるが、相手にされない。24歳の由依(横山由依)は通信制高校に入り直す。そんな中、咲良と美音は、洋平と昔組んでいた坂巻(今野浩喜)にトレーナーを依頼しに行く。

第3話 2017年2月4日
 女子高生プロレスラーになる仲間を探す咲良(宮脇咲良)と美音(向井地美音)は、粘り強く玲奈(加藤玲奈)や古畑(古畑奈和)らに声を掛け続ける。「WIP」の登録締め切りが迫る中、咲良は矢崎(渡辺いっけい)から女子プロレスで勝って借金を返せないなら全てをもらうと宣告される。一方、試合会場では右足のけがを隠して戦っていた珠理奈(松井珠理奈)が、遥(兒玉遥)に見抜かれる。

第4話 2017年2月11日
 横山(横山由依)の指導の下、咲良(宮脇咲良)たちは練習を始めるが、最初は受け身の練習ばかりで木崎(木崎ゆりあ)は不満だ。一方、美音(向井地美音)は悩んでいる様子だが、早くプロのトレーナーを呼ぼうと焦る咲良は気付かない。そんな中、矢崎(渡辺いっけい)の招待で初めて試合を観戦した咲良らは、珠理奈(松井珠理奈)らの激闘に大興奮。咲良は再び坂巻(今野浩喜)を訪ねる。

第5話 2017年2月18日
 坂巻(今野浩喜)をトレーナーに迎え、練習を始めた咲良(宮脇咲良)たち。すると坂巻はペンキで道場の壁を塗れと命令。戸惑う咲良たちだが、昔の映画のようにこれで手首を鍛えるのかと思い、壁をカラフルに塗る。その一方、美音(向井地美音)からプロレスをやめると言われたことを隠している咲良は、美音が塗る場所を空けておく。そんな作業の様子を見ていた坂巻は…。

第6話 2017年2月25日
 初試合まで2週間を切り地獄の合宿を行う咲良(宮脇咲良)たち。だが、木崎(木崎ゆりあ)だけはいまだやる気を見せない。その頃、けがをしている珠理奈(松井珠理奈)はグラビアの撮影や取材で忙しく、島田(島田晴香)らは不快感を抱く。そんな中、咲良らは揃いのジャージを作ることに。一同が盛り上がる中、無関心な様子の木崎は古畑(古畑奈和)に用事があると言って道場を去る。

第7話 2017年3月4日
 初めての試合を控えたある日、咲良(宮脇咲良)は珠理奈(松井珠理奈)に密着したドキュメンタリー番組がテレビで放送されていることに気付き、興味津々で見入る。その中で、珠理奈のストイックな練習風景や、普通の女子高生らしい一面、そして15歳でチャンピオンになったことによる孤独が語られる。その一方で、珠理奈は大事なパートナーの遥(兒玉遥)ではなく、新たに白間(白間美瑠)と組むことになり、苦悩していた。

第8話 2017年3月11日
 白金ジムと対戦する「錦糸町道場マッチ」まで残り7日。古畑(古畑奈和)が風邪をひいて休む中、咲良(宮脇咲良)たちは最後の追い込みにかかる。一方、新パートナーの白間(白間美瑠)と練習をしていた珠理奈(松井珠理奈)は、メキシコへ修業に行く遥(兒玉遥)に別れを告げる。そんな折、かつて錦糸町道場に在籍していた「WIP」の初代チャンピオンで、タレントに転身した小嶋(小嶋陽菜)が咲良たちの取材にやって来る。

第9話 2017年3月18日
 古畑(古畑奈和)が現れないまま、「錦糸町道場」のお披露目試合が幕を開ける。緊張しながらリングインした咲良(宮脇咲良)たちは、ファンの黄色い声援を受けて華やかに入場する「白金ジム」のメンバーのオーラに奮い立つ。そして、木崎(木崎ゆりあ)対須田(須田亜香里)の第1試合が、神宮寺(野上慎平)の実況と時宗(佐藤真弓)の解説で始まる。だが、木崎は須田の華麗なプロレス技の数々に苦戦を強いられてしまう。

第10話 2017年3月25日
 お披露目試合が盛り上がる中、咲良(宮脇咲良)と湯本(湯本亜美)が対戦する第3試合が始まった。勢いよく攻める咲良だが、湯本の華麗な技に圧倒される。しかし、咲良の目はプロレスをする喜びできらきらと輝く。その頃、近くの公園のトイレにこもる島田(島田晴香)と松村(松村香織)は、メインマッチをつぶそうと待ち構えていた。一方、追い詰められた咲良は無意識のうちに強烈なローリングエルボーをヒットさせる。

第11話 2017年4月1日
 錦糸町道場のお披露目会から半年後。矢崎(渡辺いっけい)は、けがで休養中の珠理奈(松井珠理奈)が王座を返還したため、改めて王者を決める「WIP王者決定トーナメント」の開催を発表した。咲良(宮脇咲良)は1回戦で、移籍先の白金ジムで「工事現場同盟」に仲間入りしてヒールに転向した美音(向井地美音)と対戦する。コンビを組んでいた美音の変心に戸惑う咲良は、美音が島田(島田晴香)たちから習った反則技に追い詰められる。


番組公式サイト
豆腐プロレス - Wikipedia

『豆腐プロレス TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

突然ですが、明日結婚します TOP

『突然ですが、明日結婚します』は、2017年1月23日から同年3月20日まで、フジテレビ系の「月9」枠(毎週月曜21:00 - 21:54)で放送された。全9話。主演は西内まりや。初回15分拡大。


概要
宮園いづみによる同名コミックの連続ドラマ化。仕事はできるが“結婚して専業主婦になりたい女”と、イケメンで優秀だが“絶対に結婚したくない男”が出会ったことで、全く結婚に関する価値観が合わないながらも、次第に強烈にひかれ合い、複雑で滑稽でリアルな恋愛模様を繰り広げるラブストーリー。


ストーリー 
金融に関する資格をいくつも持ち、誰よりも仕事熱心で優秀な大手銀行員の高梨あすか(西内まりや)は、人一倍結婚願望が強く、将来の夢は“結婚したら専業主婦になる”こと。5年付き合った彼氏からのプロポーズ待ちだったのに突然ふられ、落ち込む暇もなく婚活を始めるあすかだったが、ことごとく惨敗。そんな時、イケメン人気アナウンサー・名波竜(山村隆太)と出会う。

あすかにとって理想の相手である名波だが、彼は今急増中の“嫌婚男子”で、結婚に対する価値観は正反対。それでもお互いを知れば知るほど強烈にひかれ合う2人は、ついに付き合うことになるのだが、考え方の違いからバトルが勃発する。


キャスト
高梨あすか(たかなし あすか)
演 - 西内まりや
大手銀行で働く会社員。数々の金融に関する資格を持ち、仕事熱心で能力も高い。人一倍結婚願望が強く、専業主婦になることが将来の夢。5年付き合った彼氏にふられ婚活に励む。

名波竜(ななみ りゅう)
演 - 山村隆太(flumpool)
人気アナウンサー。イケメンでもてるが、絶対に結婚したくないと考える“嫌婚男子”。結婚することで自由がなくなり、住宅ローンの心配や万が一浮気したら慰謝料を請求されるという不安、そして何より“結婚は女性の逃げ場”だと考えている。

神谷暁人
演 - 山崎育三

桐山莉央
演 - 中村アン

牧瀬桃子
演 - 岸井ゆきの

小野広紀
演 - 森田甘路

高梨奏
演 - 葉山奨之

矢沢麻衣
演 - 山賀琴子

清水悠真
演 - 鍵本輝(Lead)

金田三郎
演 - 加藤諒

高梨新太郎
演 - 古舘寛治

高梨典子
演 - 石野真子

留守香奈
演 - 椿鬼奴

氷室統哉
演 - 杉本哲太

三上響
演 - 沢村一樹

桜木夕子
演 - 高岡早紀

あすかの元彼氏
演 - 白洲迅

スタッフ
原作 - 宮園いづみ 『突然ですが、明日結婚します』(小学館『プチコミック』)
脚本 - 山室有紀子、倉光泰子
演出 - 並木道子、石井祐介、宮脇亮、野田悠介
音楽 - やまだ豊、安田寿之、西口悠二
音楽プロデュース - 志田博英
アナウンス指導 - 向坂樹興
プロデュース - 後藤博幸、大木綾子
制作著作 - フジテレビ

主題歌 - 西内まりや「Motion」(SONIC GROOVE)
挿入歌 - やまだ豊「Take My Hand」(ボーカル : NIKIIE)


各話あらすじ(2017.1.23 - 2017.3.20)全10話 平均視聴率 6.59%
第1話 2017年1月23日「結婚したい女VSしたくない男!恋バトル」ラテ欄「結婚観正反対の恋!すれ違いラブバトル」※初回15分拡大(21:00 〜 22:09)
 銀行勤務のあすか(西内まりや)は、真面目で誰よりも仕事熱心。その一方で、結婚願望は人一倍強く、夢は「恋愛結婚して専業主婦になること」だ。そんなあすかが、27歳の誕生日に5年付き合った恋人に突然、振られた。そして、傷も癒えぬまま出席した結婚式のブーケトスで、信じられないような失態を演じてしまう。しかも、司会を担当していたテレビ局の人気アナウンサー・名波(山村隆太)が、あすかを笑いものにして…。

第2話 2017年1月30日「大波乱のプロポーズ」
 あすか(西内まりや)は‘結婚する気がない’名波(山村隆太)のことが気に掛かる。そして、一緒にカフェにいた証券会社の神谷(山崎育三郎)のことを聞かれると、あたふたしてしまう。そんな中、あすか、莉央(中村アン)、桃子(岸井ゆきの)が再び小野(森田甘路)の部屋に招かれた。あすかは名波から「結婚は理解できないが一緒にいたい」と言われ、戸惑う。一方、名波は女優の夕子(高岡早紀)とトーク番組をやることになる。

第3話 2017年2月6日「俺の女に手を出すな」
 あすか(西内まりや)は名波(山村隆太)に、料理しに行くとメール。小野(森田甘路)や莉央(中村アン)、桃子(岸井ゆきの)も同席予定だったが、3人は気を利かして、2人だけにする。ところが緊張のせいか、2人の会話は弾まない。そんな中、あすかは名波が新番組で夕子(高岡早紀)と共演すると知る。一方、名波は神谷(山崎育三郎)について探りを入れる。数日後、仕事帰りのあすかと神谷は、路上でテレビクルーに取材される。

第4話 2017年2月13日「ライバルのKiss」
 名波(山村隆太)とデートするあすか(西内まりや)は、周囲の視線を感じて落ち着かない。そこで、名波は三上(沢村一樹)にもらったスパのペア券を使うことに。ところが、2人きりになったのもつかの間、名波のスマートフォンにメッセージが着信。あすかは、自分をその場に残し飛び出していく名波にあぜんとする。一方、あすかから恋人ができたと聞いた神谷(山崎育三郎)は、テレビ局で親密そうな名波と夕子(高岡早紀)の姿を目撃する。

第5話 2017年2月20日「女の実家で鉢合わせ」
 神谷(山崎育三郎)に翻弄(ほんろう)されたあすか(西内まりや)は、怒りと動揺が収まらず、小野(森田甘路)の部屋では皆が奇妙に思うほどはしゃいでしまう。2人の様子を目撃してしまった名波(山村隆太)も、内心穏やかでない。数日後、上司から神谷がいる証券会社との共同プロジェクトへの参加を打診されたあすかは、婚期が遠のくとちゅうちょする。一方、名波は小野から、あすかとの時間をもっとつくるべきだと助言される。

第6話 2017年2月27日「右薬指の虫除け指輪」
 あすか(西内まりや)は名波(山村隆太)の提案で彼と一緒に暮らすことに。転居当日、家族が突然やって来て、莉央(中村アン)と桃子(岸井ゆきの)の3人で住むとうそをついていたあすかは慌てるが、何とかその場を取り繕う。名波は三上(沢村一樹)らに同居の件を話す。そんな中、夕子(高岡早紀)に呼び出されて会ったあすかは、名波に話そうとするがタイミングを逃してしまう。一方、神谷(山崎育三郎)もあすかが実家を出たと知る。

第7話 2017年3月6日「別れよう涙の決断」
 名波(山村隆太)とあすか(西内まりや)の同居、そして夕子(高岡早紀)との二股疑惑が、インターネットのニュースに流れる。対応に追われる名波は帰宅できず、あすかへのマスコミ攻勢を心配する小野(森田甘路)らは、部屋に集まる。そんな中、SNSでは‘あすか捜し’が始まり、名波は氷室(杉本哲太)から、担当番組に出演できなくなったことを告げられる。数日後、あすかは記者の草ヶ谷(村上航)に尾行され、声を掛けられる。

第8話 2017年3月13日「バイバイバカ男…」
 名波(山村隆太)が突然、あすか(西内まりや)に別れを告げる。ぼうぜんとするあすかは、仕事も手に付かない。その夜、名波が呼んだ夕子(高岡早紀)が部屋に現れ、失望したあすかは実家へ戻る。数日後、神谷(山崎育三郎)と栃木に出張したあすかは、神谷と彼の幼なじみたちとの酒宴に加わり、一時、つらい思いを忘れる。その頃、三上(沢村一樹)と氷室(杉本哲太)は、異動を内示された名波を元気づけるべく、部屋を訪ねていた。

最終話 2017年3月20日「桜の木の下で…」
 モスクワ転勤の準備に追われる名波(山村隆太)は、あすか(西内まりや)には言わずに行くと小野(森田甘路)に話す。そんな中、名波を訪ねてきた奏(葉山奨之)が「逃げている」と非難。一方、あすかは夕子(高岡早紀)から、先日は名波に頼まれて一芝居打ったと明かされ、モスクワ行きの件を初めて知る。さらに、神谷(山崎育三郎)からは、名波の出発日がニューヨーク支店との遠隔会議と重なるが見送りを優先するよう勧められ…。

各話視聴率


番組公式サイト

『突然ですが、明日結婚します TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

視覚探偵 日暮旅人 TOP

『視覚探偵 日暮旅人』(しかくたんてい ひぐらしたびと)は、2015年11月20日21時 - 22時54分に、日本テレビ系の「金曜ロードSHOW!」枠で放送された。

2017年1月22日から同年3月19日まで、毎週日曜22時30分 - 23時25分に、「日曜ドラマ」枠で連続ドラマとして放送された。全9話。初回30分拡大。


原作概要
『探偵・日暮旅人』(たんてい ひぐらしたびと)シリーズは、山口幸三郎による小説。第1弾『探偵・日暮旅人の探し物』が2010年にアスキーメディアワークスのメディアワークス文庫から出版された。


ドラマ概要
昨年11月に放送されたスペシャルドラマが連続ドラマとなって復活。主演の松坂桃李ほか、多部未華子、濱田岳、北大路欣也ら主要キャストと、演出・堤幸彦という豪華布陣はそのままに、同名タイトルで再スタートを切る。

原作は、小説家・山口幸三郎の人気ヒューマンミステリー「探偵・日暮旅人」シリーズ。松坂が演じる主人公の日暮旅人は、幼い頃起きたある出来事がきっかけで、聴覚・嗅覚・味覚・触覚を失ったものの、唯一残された視覚が発達し、音や匂い、温かさや冷たさ、そして物に残された人の思いまでをも“視る”特殊能力を得た。そんな旅人が、“探し物探偵”として視覚を駆使して難事件を解決していく。


ストーリー 
日暮旅人(松坂桃李)は、過去に起きた出来事が原因で視覚以外の4つの感覚を失ったものの、やがて、匂いや感情などを“視る”ことができるようになった“探し物探偵”。相棒の雪路雅彦(濱田岳)、血のつながらない娘・百代灯衣(住田萌乃)、そして、灯衣が通う保育園の保育士・山川陽子(多部未華子)らとの温かい絆に支えられながら、特殊能力を駆使してさまざまな難事件を解決し、生計を立てている。

一方、そんな日々の中で、20年前に旅人を襲った悲劇の真相も徐々に明らかになっていく。探し物探偵を生業とする旅人の真の目的とは…。


キャスト
日暮 旅人(ひぐらし たびと)
演 - 松坂桃李
「探し物探偵事務所」の探偵。幼い頃にある事件に見舞われ、聴覚、嗅覚、味覚、触覚を失ったが、唯一残された視覚だけが発達し、匂いや感情など、人には見えないものが“視える”ようになった。その能力を生かして“探し物探偵”として生計を立てているが、あまり目を酷使すると失明する恐れがある。一見柔和に見えるが、謎めいた雰囲気を持っている。

山川 陽子(やまかわ ようこ)
演 - 多部未華子
旅人の血のつながらない娘・灯衣が通う、のぞみ保育園の保育士。正義感が強く、旅人と灯衣親子のために、力になりたいと思っている。昔から何をやっても普通で、平穏な人生を歩んできたが、唯一、幼い頃に初恋の男の子のキーホルダーを無断で持ち帰ってしまったことが心残りになっている。

雪路 雅彦(ゆきじ まさひこ)
演 - 濱田岳
旅人の相棒。地元の名士で国会議員・雪路照之の次男。口が悪く、お調子者に見えるが、面倒見がよい。お人よしの旅人が失明しないよう、事務所の仕事量を調節している。腕っぷしも強く、地域のチンピラたちからも慕われている。

小野 智子(おの ともこ)
演 - 木南晴夏

百代 灯衣(ももしろ てい)
演 - 住田萌乃
事務所で旅人たちと一緒に暮らしている少女。大人にも物怖じしない気の強さを持っている。実の親以上に旅人のことを慕っており、旅人に近づく陽子をライバル視している。

須藤 栄美(すどう えみ)
演 - 臼田あさ美

朝井 権(あさい けん)
演 - 落合モトキ

山川 陽一郎(やまかわ よういちろう)
演 - 山崎一

榎木 渡(えのき わたる)
演 - 北大路欣也
榎木診療所の所長で、旅人の主治医。旅人のことを幼い頃から知っている唯一の人物。旅人が5歳の時に巻き込まれた事件のことも知っている様子で、探し物探偵の仕事を応援しつつも、旅人の体を心配している。

園長先生
演 - 木野花

主任保育士
演 - 山本裕子

特別ドラマ
太田 宏幸
演 - 木下ほうか
情報番組チーフD。

榎木の診療所の看護師
演 - 橋本マナミ

生島ヒロシ(本人役)
演 - 生島ヒロシ
司会者。

猫探しの依頼人
演 - 中野英雄

尾本直子(おぼんなおこ)
演 - 久世星佳
教育学者。

菊池幸夫(本人役)
演 - 菊地幸夫
弁護士。

先輩ディレクター
演 - 生島勇輝

編成部員
演 - 若狭勝也

女子アナ
演 - 水上京香

連続ドラマ
鶴田 亀吉(つるた かめきち)
演 - 上田竜也

増子 すみれ(ますこ すみれ)
演 - シシド・カフカ

土井 潤一(どい じゅんいち)
演 ‐ 和田聰宏

榎木の診療所の看護師
演 - ほのか

連続ドラマゲスト
第1話
村山 章
演 - 桐山漣

植村 義郎
演 - 菅原大吉

ネイル
演 - 岡本あずさ

組員
演 - 中村祐志

タクシーの運転手
演 - 青木源太

鶴田の母
演 - 戸田恵子

第2話
矢口 凛子
演 - 矢田亜希子

宮川 恵理
演 - 入山法子

狭川 洋一
演 - 栗原類

江園 大樹
演 - 今野浩喜(第8話)

ピザ屋の店員
演 - 萩原利久

雪路 照之(写真)
演 - 伊武雅刀(第3・7・8話)

白石 孝徳
演 - 吹越満(第3話 - )

保健所職員
ダチョウ倶楽部

第3話
雪路 勝彦
演 - 眞島秀和(第6話)

西沢 愛歌
演 - 国仲涼子
雪路雅彦の元メイド。

川辺 健也
演 - 福田悠太

大野婦警
演 - 高田聖子

元刑事
演 - 渡辺哲

川辺の父
演 - 蝶野正洋

第4話
川村 祐介(ヒカル・レイ)
演 - 三浦貴大

赤羽の家康
演 - 前野朋哉

今林
演 - 池田鉄洋(第5 ‐ 7話)

ホテルの従業員
演 - 大島蓉子

ホームレス
演 - 半海一晃(第5話)

リッチー
演 - 北村有起哉(第5話 ‐ )

第5話
犬飼 啓
演 - 吉田栄作

小松原 静香
演 - 三吉彩花

店長
演 - ト字たかお

刑事
演 - 岡部たかし

島本 秀明
演 - 山田明郷(第7話)

第6話
権藤 博
演 - 永島敏行

権藤 一
演 - 福士誠治

ジュン
演 - 高橋メアリージュン

山田 一恵
演 - 西尾まり

ハルカ(百代 灯果)
演 - ともさかりえ(第7・8話<回想>)

第8話
白石 昇一
演 ‐ 中川翼

スタッフ
原作 - 山口幸三郎『探偵・日暮旅人』シリーズ(メディアワークス文庫)
脚本 - 福原充則
音楽 - ESME、ハタヤテツヤ、suble
テーマ曲 - 「夢の中へ」井上陽水(ユニバーサル ミュージック)
音楽プロデュース - 茂木英興
サウンドデザイン - 石井和之
VFX - エヌ・デザイン、SPADE & Co.
アクションコーディネーター - 青木哲也
カースタント - スーパードライバーズ
技術協力 - 池田屋、タムコ、阿呍
美術協力 - 日本テレビアート
チーフプロデューサー - 神蔵克(金曜ロードSHOW! 特別ドラマ企画) / 西憲彦(連続ドラマ)
プロデューサー - 荻野哲弘(日本テレビ)、神康幸・小林美穂(オフィスクレッシェンド)
演出 - 堤幸彦
制作協力 - オフィスクレッシェンド
製作著作 - 日本テレビ

関連作品
スピンオフコンテンツ『遺言』(2015年11月19日配信開始、Hulu)
本ドラマを見ながら、演出の堤幸彦が演出家としての映像に対するこだわりを伝える内容となっている。


各話あらすじ(2017.1.22 - 217.3.19)全9話 平均視聴率 9.19%
第1話 2017年1月22日「匂い・感情が目で視える探し物探偵…笑い&涙&スリル満載で贈る堤幸彦監督最新作」※初回30分拡大(22:00 〜 23:25)
 五感のうち唯一残った視覚を駆使して探偵業を営む旅人(松坂桃李)は、相棒・雪路(濱田岳)、血のつながらない娘・灯衣(住田萌乃)と暮らしている。ある日、ヤクザの組長・村山(桐山漣)から金庫破りの犯人捜しを頼まれた旅人に、続いて保育園の園長(木野花)から現在地に移転前の園庭に埋めた「タイムカプセル」を掘り出してほしいと依頼が入る。それは保育士・陽子(多部未華子)らが園児だった20年前に埋めたもので…。

第2話 2017年1月29日「5歳の少女を救え」
 旅人(松坂桃李)は、キャバクラで働く恵理(入山法子)から、2日前に行方不明になった5歳の娘・さくら(川北のん)の捜索を頼まれ、雪路(濱田岳)とアパートの住人に聞き込みを開始。住人の狭川(栗原類)と凛子(矢田亜希子)には話を聞けたが、江園(今野浩喜)はさくらがいなくなった日から消息不明らしい。その頃、灯衣(住田萌乃)が黙って家を抜け出し、一緒にいた亀吉(上田竜也)と居合わせた陽子(多部未華子)は慌てる。

第3話 2017年2月5日「結婚式(秘)女装作戦」
 旅人(松坂桃李)の事務所を挙式間近の川辺(福田悠太)が訪れ、婚約者がふさぎ込んでいる原因を探ってほしいという。その婚約者が愛歌(国仲涼子)だと知り、雪路(濱田岳)は驚く。実は、雪路の父は大物参議院議員・照之(伊武雅刀)で、愛歌は住み込みの使用人。しかも、愛歌は雪路の12歳上の異母兄・勝彦(眞島秀和)と恋人同士だったが、16年前、勝彦が突然、家出。その後、山で遺書が見つかり、自殺と処理されていた。

第4話 2017年2月12日「合コン保育士探し」
 陽子(多部未華子)は智子(木南晴夏)に誘われ、婚活パーティーへ。ところが、参加者のヒカル・レイ(三浦貴大)と意気投合し、2人で会場を後にした智子が、翌日、無断欠勤し連絡が取れなくなる。陽子は捜索願を出す一方、旅人(松坂桃李)に頼ろうとする。しかし、疲れ切った旅人は眠りから覚めず、雪路(濱田岳)が協力することに。その頃、増子(シシド・カフカ)ら警察も、ドラッグの売人として浮上したヒカルを追っていて…。

第5話 2017年2月19日「消えた音楽家探し」
 榎木(北大路欣也)から、旧友の娘・静香(三吉彩花)が大ファンだというミュージシャン・犬飼(吉田栄作)の捜索依頼が舞い込む。旅人(松坂桃李)は耳が不自由な静香と手話で会話。そして雪路(濱田岳)と亀吉(上田竜也)は、麻薬売買の元締め・リッチー(北村有起哉)と遭遇し、犬飼がその配下の売人だと知る。一方、増子(シシド・カフカ)は、リッチーの配下の別の売人・川村(三浦貴大)の体内から検出されたあるドラッグに注目して…。

第6話 2017年2月26日「ブラック旅人炸裂」
 旅人(松坂桃李)に墨東署の白石(吹越満)が接近。その正体に気付いていた旅人は、両親を殺した犯人を捜し出すよう、逆に白石を脅す。一方、雪路(濱田岳)は増子(シシド・カフカ)から、自分の父と旅人の父の関係や誘拐事件について聞かされ衝撃を受ける。その頃、探偵事務所の下にあるキャバクラの新人ホステス・ハルカ(ともさかりえ)とジュン(高橋メアリージュン)と顔を合わせた旅人は突然気を失い、店に運び込まれる。

第7話 2017年3月5日「いよいよ最終章!!」
 旅人(松坂桃李)とけんかした雪路(濱田岳)が出て行き、陽子(多部未華子)は灯衣(住田萌乃)から、2人を仲直りさせてほしいと頼まれる。その頃、ホステスのハルカこと灯果(ともさかりえ)が事務所に姿を現した。20年前、旅人を監禁した一人が灯果だった。しかし、灯果は期待する情報を何も持っておらず、旅人はいら立つ。しかも旅人は灯果のもう一つの顔に気付く。一方、増子(シシド・カフカ)は白石(吹石満)に不審を抱いて…。

第8話 2017年3月12日「涙と衝撃の告白!!」
 旅人(松坂桃李)は一同を前に、自分の過去とこれまでの経緯を打ち明ける。衝撃を受けた雪路(濱田岳)や陽子(多部未華子)たちは、「両親を殺した相手を捜し出し、復讐する」と宣言する旅人を思いとどまらせようとするが、旅人の決意は固い。一方、白石(吹越満)には、息子の昇一(中川翼)を誘拐した相手からドラッグ「ロスト」を持ってくるようメールが届く。旅人の仕業だと思い込んだ白石は、帰宅途中だった陽子を拉致するが…。

最終話 2017年3月19日「涙と衝撃の結末!!」
 両親を殺した人物を知った旅人(松坂桃李)が姿を消し、陽子(多部未華子)は復讐に向かったと確信。一方、榎木(北大路欣也)が灯衣(住田萌乃)と留守番をする事務所には、照之(伊武雅刀)の秘書と鳥羽組のヤクザが現れ、「山田手帳」を捜し回る。榎木は発砲されて負傷するものの、手帳を守りきる。そして、手帳を託された雪路(濱田岳)は、ある作戦に出た。その頃、旅人は雪路家の別荘で、ついに両親殺しの犯人と対峙(たいじ)する。

各話視聴率


番組公式サイト
探偵・日暮旅人 - Wikipedia

『視覚探偵 日暮旅人 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大貧乏 TOP

『大貧乏』(だいびんぼう)は、2017年1月8日から同年3月12日まで、毎週日曜日21時00分 - 21時54分に、フジテレビ系で放送された。全10話。初回15分拡大放送。主人公を演じる小雪は、フジテレビの連続ドラマでの主演は初となる。


概要
無一文に追い込まれたシングルマザーが、理不尽な社会に立ち向かっていく、“お金”と“愛”をテーマにしたヒューマンコメディー。実生活でも3児の母である小雪が、勤務先の突然の倒産で、“大貧乏”に転落した主人公の七草ゆず子を等身大で熱演。その相棒となる敏腕エリート弁護士・柿原新一を、子役デビュー以来28年以上のキャリアを持つ伊藤淳史が演じる。

見た目も中身も違う凸凹なこの2人が、会社倒産に関わる敵の正体を突き止め、不器用ながらも子供たちのために戦っていく。


ストーリー 
2人の子供を育てるシングルマザーの七草ゆず子(小雪)は、突然勤めていた会社「ディメンションズ・オブ・ヒューマニティ(DOH)」が倒産し、給与も貯金も全てを失い“大貧乏”に転落してしまう。途方に暮れていたゆず子のところに、同級生だった柿原新一(伊藤淳史)から連絡が来る。敏腕弁護士の柿原から、「倒産には裏がある」と助言されるが、働き口を見つけることを優先させようとするゆず子。しかし、「一番大切な家族の生活が奪われたことに、疑問を持たないのはどうして?」と問う柿原の言葉に心を動かされる。そして、倒産の引き金となったある事実が発覚。2人はその核心に迫るにつれ、さらなる大きな渦に巻き込まれていく。


キャスト
主要人物
七草 ゆず子(ななくさ ゆずこ)
演 - 小雪
人材派遣会社「DOH」元社員。二児のシングルマザー。
苦労を乗り越えながら、二人の子供たちの成長を見守り、家族を大事にしている。
毎月少額ながら地道に貯金をしてきたが、度重なる災難により一文無しになってしまう。

柿原 新一(かきはら しんいち)
演 - 伊藤淳史
柿原法律事務所代表弁護士。高校時代、七草ゆず子と同級生だった。
学生時代から自分に自信が持てない性格からか、恋愛にはかなりの奥手。

人件派遣会社「DOH」
加瀬 春木(かせ はるき)
演 - 成田凌
DOH営業部社員。
ゆず子と柿原と共にDOH倒産の秘密を探る。

浅岡 礼司(あさおか れいじ)
演 - 滝藤賢一
DOH経理部長。DOH倒産の秘密について何か知っている模様。
後に柿原たちと手を組み、濱中電子工業の不正の謎を探る。

天満 利章(てんま としあき)
演 - 奥田瑛二
DOH代表取締役社長。
社内外問わず厚い信頼を得ていたが、裏では濱中電子工業と何らかの関わりがある模様。

野村 梨沙(のむら りさ)
演 - 仲里依紗(第1話 - 第2話)
DOH経理部OL。年の離れた妹がいる。
不正送金の証拠ファイルを持ち出しており、それをゆず子に渡そうとするが、何者かに突き飛ばされファイルを奪われる。

田淵 有三
演 - 田山涼成(第2話 - 第3話(第3話は写真のみでの出演))
DOH元総務課長。ゆず子の元上司。
10年前にDOHを退社しており、その後は「みなみまち不動産」という不動産屋を経営している。

柿原法律事務所
木暮 祐人(こぐれ ゆうと)
演 - 神山智洋(ジャニーズWEST)
柿原法律事務所の新人弁護士。柿原を非常に尊敬している。

濱中電子工業
月島 レイコ
演 - 泉里香(第4話 - )
濱中電子工業OL。合コンをきっかけに柿原に惚れ込む。

橋本 亜香里
演 - 沢井美優(第4話)
濱中電子工業OL。元研究職所属

さやか
演 - 岡本杏理(第4話)
濱中電子工業OL。

濱中 直宏
演 - 大鶴義丹(第4話、第6話)
濱中電子工業専務取締役。

高野 由鶴
演 ‐ 奥貫薫(第5話)
濱中電子工業のバッテリー「アウセル」の開発責任者。

主要人物の家族
七草 翔太
演 - 今井暖大
ゆず子の息子。

七草 実結
演 - 野澤しおり
ゆず子の娘。

柿原 正美
演 ‐ 山本道子(第5話 - 第6話)
柿原の母。

その他
櫻沢 まりえ
演 - 内田理央
ゆず子のママ友。元ヤン。三人の子持ち。ゆず子の良き相談相手でもある。

櫻沢 カイト
演 - 中村宙喜
まりえの息子。

櫻沢 タイガ
演 - 西畑慶吾
まりえの息子。

櫻沢 シエル
演 - 尻引結馨
まりえの娘。

タクちゃん
演 - 山田親太朗(第4話)
まりえの夫。

福沢
演 - 戸田昌宏(第1話 - 第2話)
DOHの法務担当弁護士。

新井
演 - 小松利昌(第1話)
ゆず子の高校時代の同級生。

ジャスティス・ゴトー
演 - マイケル富岡(第2話)
ドラマ「正義の検事 ジャスティス ゴトー」の主人公。

ジャンルイジ
演 - BEN L(第4話)
イタリア人。柿原たちと共に合コンに同行する。

明日菜
演 - 安藤美優(第5話 - 第6話)
翔太のクラスメイト。

鈴木 忠成
演 - 岡部たかし(第6話)
「週刊デイズ」編集部記者。

ミスターバレンタイン
演 - パトリック・ハーラン(第6話)
柿原法律事務所のクライアント。

スタッフ
脚本 - 安達奈緒子
編成企画 - 増本淳、西原恵
プロデュース - 小林宙
演出 - 土方政人
制作 - フジテレビジョン
制作著作 - 共同テレビ

主題歌 - SOLIDEMO「Happiness」(avex trax)


各話あらすじ(2017.1.8 - 2017.3.12)全10話 平均視聴率 4.91%
第1話 2017年1月8日「ラブコメ時々サスペンスの新ドラマ!」※初回15分拡大(21:00 〜 22:09)
 勤務先が突然倒産した上、自宅アパートでのトラブルで貯金も失ったシングルマザー・ゆず子(小雪)は、子ども2人を抱えて途方に暮れる。高校の同窓会で再就職先を紹介してもらおうとしても、学校のマドンナだった彼女のなりふり構わぬさまに周囲は苦笑するばかり。一方、ゆず子に高校時代から憧れていた年商107億のエリート弁護士・柿原(伊藤淳史)は、彼女に近づきたい一心で倒産の件を調べ、裏があると助言する。

第2話 2017年1月15日「今夜は少しサスペンス?大逆転!?手にした30億」
 ゆず子(小雪)は会社の裏金を調べることで子どもに何かあったらと怖くなり、柿原(伊藤淳史)に調査続行を断る。その一方、事務処理で元社長・天満(奥田瑛二)と会ったゆず子は、いつも通り優しい彼が裏金に関わったのかと気になってしまう。柿原はゆず子とつながりを保つため、彼女が働く弁当店に通うが、相手にされない。そんな中、柿原と加瀬(成田凌)は会社の不正を知る梨沙(仲里依紗)と会い、裏金の送金先を聞き出す。

第3話 2017年1月22日「ママが入院!?2人きりの夜に大事件裏金奪還の結末」
 裏金との関わりを疑われる浅岡(滝藤賢一)に宣戦布告したゆず子(小雪)は、柿原(伊藤淳史)を代理人とする委任契約書に判を押し、改めて加瀬(成田凌)と3人で裏金30億円の行方を追うことに。田淵家から運び出された段ボール箱の中の現金が国外に出されれば終わりだという柿原。焦る加瀬は、子連れのゆず子を批判し、子どもにも自分たちで留守番できるはずだと告げる。一方、柿原はゆず子から友達だと念押しされてしまう。

第4話 2017年1月29日「ママがスパイ迫る危険!奥手弁護士にモテ期到来!?」
 会社の倒産の原因になった「濱中電子工業」への賠償金250億円が、実は濱中が仕組んだものではと推理した柿原(伊藤淳史)は、心配しながらもゆず子(小雪)に派遣社員として濱中に潜入してもらう。週末、子どもをまりえ(内田理央)一家に預け、ゆず子は濱中でバッテリーを作ったという亜香里(沢井美優)と親しくなるため一緒に合コンへ。だか相手は精いっぱいおしゃれをした柿原ら弁護士チームで、ゆず子はあきれる。

第5話 2017年2月5日「嘘の婚約話で嫁姑争い勃発!?敵仲間入りで新展開!」
 「濱中電子工業」への賠償金250億円の真相を追及するため、柿原(伊藤淳史)は浅岡(滝藤賢一)もチームに迎える。ゆず子(小雪)と加瀬(成田凌)は敵だった相手と組むことに戸惑う。しかし、柿原は浅岡から濱中の新型バッテリーの開発責任者が由鶴(奥貫薫)だと聞き、彼女に元々不良品だったと証言させようと話す。一方、婚約者がいるという柿原のうそを信じた母・正美(山本道子)が上京し、柿原は婚約者役をゆず子に頼むが…。

第6話 2017年2月12日「正義のママvsメディア!本命vs義理決戦はバレンタイン」
 レイコ(泉里香)からバレンタインデーに会いたいと言われ、承諾した柿原(伊藤淳史)だが、好きでもないのに会っていいのかと悩む。その一方、ゆず子(小雪)から「被害者の会」をつくって訴えたいと言われた柿原は、証拠がない状況で危険だと知りながらも、正義を信じる彼女のため賛成する。早速ゆず子らは元社員たちに連絡するが、賛同者が増えない。そんな中、天満(奥田瑛二)が参加したおかげで賛同者が急増するが…。

第7話 2017年2月19日「ドキドキ旅行幸せなひと時襲う真実裏切り者は隣に」
 深夜、ゆず子(小雪)と柿原(伊藤淳史)は、旅館の一室で熟睡する子どもたちの布団を挟み、眠れない。その3日前、ゆず子を名前で呼びたい柿原は、木暮(神山智洋)を相手に練習するが、本人にはなかなか言えずにいた。その様子を見た天満(奥田瑛二)の提案で、柿原はゆず子と子どもたちを連れ、遠方での訴訟説明会に行くことに。一方、訴訟相手の「濱中電子工業」の社員を心配するゆず子のため、柿原は和解交渉を始めるが…。

第8話 2017年2月26日「ママを買収!?1億円の魔力!本当の悪が牙をむく!」
 加瀬(成田凌)が持ち込んだ情報を検証したゆず子(小雪)と柿原(伊藤淳史)は天満(奥田瑛二)のもくろみを知り、後継者を巡る騒動があった「濱中電子工業」とのつながりを追うことに。ゆず子らは天満と確執がある加瀬を心配する。そんな中、柿原が主人公の検事・ゴトー(マイケル富岡)のようになりたいと憧れたドラマの撮影が事務所で行われることになり、柿原は大喜び。一方、焦る加瀬は浅岡(滝藤賢一)を脅迫しようと言い出す。

第9話 2017年3月5日「今夜すべてが明らかに!!奪われた250億の真相」
 ゆず子(小雪)の子どもたちを守るため、部屋に泊まり込む柿原(伊藤淳史)と加瀬(成田凌)。翌朝、ゆず子に世話を焼かれた柿原と加瀬は感動する。一方、柿原は留置場の浅岡(滝藤賢一)を訪ね、天満(奥田瑛二)が裏取引で濱中電子工業の未公開株100億円分を入手し、同社が上場されて株式が公開されるのを待っていると聞く。それを柿原は木暮(神山智洋)が作った紙芝居でゆず子らに説明し、6日後の上場までに天満を倒す証拠を探す。

最終話 2017年3月12日「最終決戦!小さき正義賭けに出る巨悪への罠!」
 天満(奥田瑛二)を取り逃がしたことが許せない柿原(伊藤淳史)は、濱中電子工業を刑事告訴してつぶし、天満の罪も暴くと言い出す。ゆず子(小雪)は暴走する柿原を諭し、彼に寄り添う。追及を諦めた柿原は、濱中と和解して賠償金250億円を取り返し、元社員や派遣スタッフに配ることに。濱中の謝罪会見も見届け、全て終わったと感慨にふける一同。ゆず子と柿原、加瀬(成田凌)はその後、会うこともないまま、半年が過ぎて…。

各話視聴率


番組公式サイト
大貧乏 - Wikipedia
タグ:大貧乏

『大貧乏 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

A LIFE〜愛しき人〜 TOP

『A LIFE〜愛しき人〜』(ア ライフ いとしきひと)は、TBS系「日曜劇場」枠(毎週日曜21時 - 21時54分に)で2017年1月15日から放送された。主演は木村拓哉。初回25分拡大放送。第2話と最終話は15分拡大。第9話は10分拡大。


概要
かつて病院を追われた一人の外科医を中心に、愛しき人のたった一つの命とかけがえのない人生を描く、骨太なヒューマンラブストーリー。主人公の外科医・沖田一光を、約3年ぶりに同枠で主演を務める木村拓哉が演じる。

沖田は、超一流の手術の腕を持つが、決して華々しいスーパードクターではなく、実直で無限の努力を重ねる職人外科医。患者を救うことを絶対に諦めない強い意志を持ち、不器用ながら一途に命と向き合う沖田の姿とともに、さまざまな思惑、愛憎と欲望が渦巻く病院内の人間模様を映し出す。

共演には、竹内結子、松山ケンイチ、木村文乃、菜々緒、及川光博、浅野忠信ら豪華な顔ぶれが集結。脚本は、橋部敦子のオリジナルストーリー。


ストーリー 
医師として駆け出しの頃、壇上記念病院を追われ、恋人を置いて単身アメリカに渡った外科医・沖田一光(木村拓哉)は、ひたすらオペ経験を積んで職人外科医となった。10年後、恩師である院長の命を救うために日本に戻ってきたが、院長の娘で元恋人の壇上深冬(竹内結子)は、現在副院長を務める壇上壮大(浅野忠信)と結婚していた。

実は、10年前に沖田を病院から追い出したのは、彼の幼なじみで親友でもあった壮大だった。それを知らない沖田は、さまざまな思惑がうごめく病院内で、医師として目の前の命を救おうと、患者に向き合っていく。


キャスト
沖田 一光(おきた かずあき)
演 - 木村拓哉
心臓血管と小児外科が専門の外科医。恋人を日本に残してアメリカ・シアトルで修行。経験を積み超一流の技術を持つ外科医となった。その腕を買われて、恩師でもある東京の大病院の壇上記念病院院長の手術を任される。

院長を救った後、院長からの誘いを断りシアトルに戻るつもりでいたが、深冬の病気を知り日本に残る。

医者が患者に口にするのは本来よくないとされる「大丈夫」という言葉をよく用いる。第2話では病院を守るため患者の再手術を拒む壮大に「絶対大丈夫」「俺の大丈夫には根拠がある」と主張し、再手術の許可を懇願した。

「オペは準備で全てが決まる」という信念を持つ。

壇上 深冬(だんじょう みふゆ)
演 - 竹内結子
壇上記念病院院長の娘で小児外科医。沖田のかつての恋人。
一見すると健康体であるが、実は脳内に大きな腫瘍を抱えており、放っておけば確実に死ぬ運命にある。

井川 颯太(いがわ そうた)
演 - 松山ケンイチ
心臓血管外科医。関東外科医学会会長の父を持ち、ゆくゆくは「満天橋大学病院」を継ぐ2世医師。

柴田 由紀(しばた ゆき)
演 - 木村文乃
一流オペナース。沖田を慕っている。沖田からは「俺にとって彼女以上のオペナースはいない」と評されている。

榊原 実梨(さかきばら みのり)
演 - 菜々緒
壇上記念病院の顧問弁護士。

羽村 圭吾(はむら けいご)
演 - 及川光博
第一外科部長であり心臓血管外科専門の医師。

壇上 壮大(だんじょう まさお)
演 - 浅野忠信
副院長兼脳外科医。深冬の夫。旧姓:鈴木。脳外科医としての腕は確かであるが、経営手腕に関しても敏腕で、その腕を虎之助に乞われて檀上家の入り婿という形で深冬と結婚する。しかし、深冬との間に娘の莉菜を儲け、娘への人並みの愛情を持つ父親である一方で、かつて沖田と交際していた深冬のことを愛しながらも心の底から信じられず、榊原と男女の仲になるという屈折した心を持つ。

脳外科医でありながら脳内に大きな腫瘍を持つ深冬を救うための手術方法を見つけることが出来ず、その事実を深冬や虎之助にも伝えられないでいたが、沖田に事実を打ち明けた上で手術の方法を見つけてもらうよう頼む。

沖田とのプライベートでの会話では、彼を「カズ」の愛称で呼んでいる。一方で一心からは「そうだい君」と呼ばれている。

壇上記念病院
壇上 虎之助(だんじょう とらのすけ)
演 - 柄本明
院長。深冬の実父。心臓の病を患った際、沖田にオペを担当して欲しいと望んだことが、物語の始まりとなる。

真田 隆之(さなだ たかゆき)
演 - 小林隆
事務長。

茶沢 達彦
演 - 谷口翔太

白川 哲雄
演 - 竹井亮介

赤木 麗子
演 - ちすん

その他
沖田 一心(おきた いっしん)
演 - 田中泯
一光の父。寿司屋を営んでいる。

壇上 莉菜(だんじょう りな)
演 - 竹野谷咲
深冬と壮大の娘で虎之助の孫。5歳。

ゲスト
第2話
森本 洋造
演 - 平泉成
井川が担当した和菓子職人の患者。虎之助とは顔見知り。

森本 達也
演 - 近藤公園
洋造の息子。和菓子職人。

井川 勇
演 - 堀内正美
颯太の父。「満天橋大学病院」院長。(第7話)

第3話
成田 美保
演 - 紺野まひる
友梨佳の母。

竹中 浩一
演 - 谷田歩
「あおい銀行」行員。(第5・7・9話)

蒲生
演 - 越村公一
「慶安大学病院」小児外科教授。

第4話
片山 修造
演 - 鶴見辰吾
「片山関東病院」院長。

片山 孝幸
演 - 忍成修吾
「片山関東病院」心臓血管外科医師。修造の息子。

西山 弥生
演 - 峯村リエ
「壇上記念病院」看護師長。(第5話)

第5話
山本 輝彦
演 - 武田鉄矢
「桜坂中央病院」の副院長。壇上壮大と羽村の大学時代の恩師であり心臓外科の権威。

風間 義男
演 ‐ 須田邦裕
教師。山本の患者。

第6話
榊原 達夫
演 ‐ 高木渉
榊原の実父。(最終話)

斉藤
演 ‐ 梅沢昌代

第7話
児島 由貴子
演 ‐ 財前直見

第8話
上野 豊子
演 ‐ 山口美也子
虎之助の妹。(最終話)

第9話
草野 康浩
演 ‐ 佐々木勝彦
「脳神経外科学会」理事長。

安井 友樹
演 ‐ 藤本飛龍

安井 久乃
演 ‐ 茅島成美
友樹の祖母。

三条(最終話)
演-咲坂実杏
オペ室看護師

スタッフ
脚本:橋部敦子
音楽:佐藤直紀
後援:東京都医師会
特別協力:昭和大学江東豊洲病院
総合医療監修:天野篤
医療監修:順天堂大学医学部附属順天堂医院
編成:辻有一
監督補:塩崎遵
演出補:八木一介
協力プロデューサー:植田春菜
アシスタントプロデューサー:大河原美奈
企画:植田博樹
プロデュース:瀬戸口克陽、東仲恵吾
演出:平川雄一朗、加藤新、木村ひさし
製作著作:TBS

主題歌:B'z「Still Alive」(VERMILLION RECORDS)


各話あらすじ(2017.1.15 - 2017.3.19)全10話 平均視聴率 14.52%
第1話 2017年1月15日「帰ってきた職人外科医!!宿命の再会」 ※初回25分拡大放送(21:00 〜 22:19)
 職人気質の外科医・沖田(木村拓哉)は「壇上記念病院」院長で恩師の虎之介(柄本明)に呼ばれ、米国から10年ぶりに帰国する。虎之介は重い心臓病を患っており、沖田を担当医に指名したのだ。虎之介の娘で外科医の深冬(竹内結子)と、その夫で副院長を務める沖田の幼なじみ・壮大(浅野忠信)は、複雑な心境で彼を迎える。沖田は虎之介の容体を確認し、手術を即断。だがリスクが高く、外科部長・羽村(及川光博)らは猛反対する。

第2話 2017年1月22日「俺の患者!!譲れない医師の信念」※15分拡大放送(21:00 〜 22:09)
 壮大(浅野忠信)は沖田(木村拓哉)に、深冬(竹内結子)の脳にある腫瘍のことを伝える。大きな自覚症状はないものの、このままでは命が危ないという。深冬の主治医に任命された沖田だが、彼女に病気を告げることができず、苦悩する。一方、井川(松山ケンイチ)が、虎之介(柄本明)の友人で和菓子職人・森本(平泉成)の担当医に立候補する。診察の結果、井川は通常の開胸オペではない方法を選択。沖田は、強気な井川の様子が気に掛かる。

第3話 2017年1月29日「決断!!患者の未来をかけた戦い」
 深冬(竹内結子)が7歳の友梨佳(石井心咲)の担当医になる。母の美保(紺野まひる)によると、1年前に腹部の手術を受けている友梨佳は、半年ほど前から夜に時々起きる腹痛に苦しんでいた。前の病院では、小児外科治療学会のトップ・蒲生が心因性の症状と断定。蒲生の診断を覆すと圧力をかけられる可能性が高い。他の医師が二の足を踏む中、沖田(木村拓哉)が友梨佳を共に診ると言い、育児中の深冬に代わって当直につく。

第4話 2017年2月5日「ナースのプライド」
 沖田(木村拓哉)は壮大(浅野忠信)から、ある病院に出向いて手術をしてほしいと頼まれる。そこは、壮大が虎之介(柄本明)に内緒で提携話を進めている病院だった。難しい手術のため、沖田はオペナースに由紀(木村文乃)を指名。ところが手術中、同病院の院長・片山(鶴見辰吾)の息子で心臓血管外科医・孝幸(忍成修吾)が、由紀の指摘にへそを曲げる。そして手術は成功するが、片山は提携話を盾に取り、由紀を外すよう迫る。

第5話 2017年2月12日「恩師の医療ミス」
 深冬(竹内結子)が仕事中に倒れる。深冬の病状をこれ以上隠せないと焦る壮大(浅野忠信)は、告知を巡って沖田(木村拓哉)と言い合いになる。一方、羽村(及川光博)が医師会の事故調査委員に選出される。事故の疑いがある医療行為を外部メンバーとして調査する役目で、羽村はそれを自慢げに同僚たちに打ち明ける。だが、羽村の元に持ち込まれた依頼は、彼と壮大の恩師である心臓外科の権威・山本が行った手術の調査だった。

第6話 2017年2月19日「究極のモンスターペイシェント」
 沖田(木村拓哉)の告知の前に、深冬(竹内結子)が自分の脳腫瘍のことを知ってしまう。壮大(浅野忠信)は動揺して沖田を責め立てる。一方、深冬は沖田に、腫瘍のことを虎之介(柄本明)には黙っていてほしいと頼む。そんな中、病院の顧問弁護士・実梨(菜々緒)の父・榊原が病院に運び込まれる。榊原は15年前に妻と実梨を残して別の女性の元に走り、以来音信不通だったという。榊原を憎む実梨は彼の手術への同意を拒む。

第7話 2017年2月26日「最後の患者は14歳の乳がん!?」
 沖田(木村拓哉)は、深冬(竹内結子)の有効な手術法を見つけられずにいた。もう長く持たないと確信した深冬は、神経を犠牲にしてでも脳腫瘍を切除して生きたいと沖田に訴える。沖田は高いリスクを伴う手術を拒むが、深冬の決意は固い。深冬は自分が診察した14歳の茜の手術を沖田に託し、今後は外来患者の担当を外してほしいと同僚たちに伝える。一方、壮大(浅野忠信)が進めていた別病院との提携が正式に決定する。

第8話 2017年3月5日「親父のオペ!!まさかの不覚…」
 会議の場での実梨(菜々緒)の発言により、医師たちに深冬(竹内結子)の脳腫瘍のことを知られてしまう。沖田(木村拓哉)と壮大(浅野忠信)は、激高する虎之介(柄本明)に経緯や詳しい病状を説明し、必ず深冬を救うと約束する。そんな中、沖田の父・一心(田中泯)が倒れる。手術は羽村(及川光博)が担当する予定だったが、一心は息子にやってほしいと言いだす。身内への手術は冷静な判断が難しく、沖田は手術を承諾するべきか迷うが…。

第9話 2017年3月12日「最終幕!!命運を握る最後の選択」※10分拡大放送(21:00 〜 22:04)
 深冬(竹内結子)の腫瘍から出血が起き、手術は延期になってしまう。沖田(木村拓哉)は手術方法の確立が遅れた自身の力不足を責める。一方、壮大(浅野忠信)は虎之介(柄本明)に自分が深冬の手術を行うと宣言する。そんな折、壮大に現職大臣の手術依頼が届く。リスクの大きい手術だが、壮大は依頼を承諾。さらに、提携話を進めていた他病院との契約を一方的にほごにする。身勝手な壮大の行動に羽村(及川光博)は怒りをくすぶらせる。

最終話 2017年3月19日「救いたい!!愛しき人の命…宿命の行方!!」※15分拡大放送(21:00 〜 22:09)
 羽村(及川光博)と実梨(菜々緒)の暴露で、壮大(浅野忠信)がかつて進めていた他院との提携計画が、虎之介(柄本明)と深冬(竹内結子)に知られてしまう。虎之介は壮大を副院長の座から解任し、病院から出て行けと命じる。沖田(木村拓哉)は壮大をかばうが、沖田への嫉妬で冷静さを欠いた壮大は聞く耳を持たず、病院を飛び出す。深冬の手術日が近づくが、壮大は病院に帰ってこない。壮大不在の中、沖田たちは難しい手術に臨むことになる。

各話視聴率


番組公式サイト
A LIFE〜愛しき人〜 - Wikipedia

『A LIFE〜愛しき人〜 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男水! TOP

『男水!』(だんすい)は、2017年1月22日(21日深夜)同年3月12日(11日深夜)まで、毎週日曜0:55 - 1:25(土曜深夜)に日本テレビで放送された。全8話。


原作概要
木内たつやの漫画。花とゆめにて2013年15号から連載を開始し、その後、Webサイトの「花LaLa online」に移行して連載中。

2017年に『男水!プロジェクト』として、テレビドラマの放送後、2017年5月に舞台化作品が上演。


ドラマ概要
ウェブ漫画サイトで連載中の木内たつやの人気コミック「男水!」を同名タイトルでドラマ化した超体育会系青春ドラマ。廃部寸前の東ヶ丘高校水泳部を中心とした競泳部員たちの奮闘を、恋愛要素一切なしで描く。

松田凌、宮崎秋人、安西慎太郎、廣瀬智紀ら、“2.5次元”と呼ばれるアニメや漫画の舞台化作品で活躍してきた主役級の若手俳優たちが、水泳男子たちの熱い青春を体現する。

また、同作は来年5月に舞台化されることも決定しており、メーンキャストはドラマ、舞台共に出演することでも注目を集めている。


ストーリー 
東ヶ丘高校の弱小水泳部のメンバーは、部長の榊秀平(松田凌)、篠塚大樹(宮崎秋人)、マネジャーの小金井晴美(赤澤燈)の2年生に、1年生の滝結太(佐藤永典)と原田ダニエル(神永圭佑)が加わったばかりのたった5人。

一方、インターハイ常連の私立龍峰高校水泳部は、部長の仁科誉(黒羽麻璃央)をはじめとし、秀平と大樹の幼なじみである藤川礼央(安西慎太郎)ら精鋭たちが、全国制覇を目指してトレーニングに励んでいた。

そんな中、インターハイでの優勝経験がある川崎亮也(廣瀬智紀)が、水泳部の新任コーチとして東ヶ丘高校にやって来る。


キャスト
榊 秀平
演 - 松田凌
東ヶ丘高校男子水泳部の部長。妹と弟がおり、優しいお兄ちゃん気質。スタイルワンは背泳ぎ。

篠塚 大樹
演 - 宮崎秋人
秀平の幼なじみで東ヶ丘高校男子水泳部のNo.1の実力者。飄々としている所がある。暴君な姉を持つため、基本的に部活のしごきには耐えられる。スタイルワンはバタフライと自由形。

藤川 礼央
演 - 安西慎太郎

小金井晴美
演 - 赤澤燈
東ヶ丘高校男子水泳部の選手兼マネージャー。秀平と大樹の幼馴染み。おネエ口調で話す。秀平にゾッコンだが、指導となると誰それ構わず鬼のように厳しくなる。

滝結太
演 - 佐藤永典
東ヶ丘高校男子水泳部の一年で水泳未経験者。新入生歓迎会を通して、自分を変えたい思いで真っ先に入部を決める。

平光希
演 - 小澤廉

仁科譽
演 - 黒羽麻璃央

龍峰高校水泳部の主将。スタイルワンは自由形(長距離)。
神宮一虎
演 - 池岡亮介

原田ダニエル
演 - 神永圭佑
東ヶ丘高校高校男子水泳部の一年で結太と同級生。結太と同じく未経験者。最初は他の部と迷っていたが、大樹が話した伝説の話(ウソ)をきっかけに入部を決める。自意識過剰な所がある。

川崎亮也
演 - 廣瀬智紀
東ヶ丘高校男子水泳部の現コーチ。インターハイで優勝した経験を持つ。赴任して早々ハードな練習メニューを選手に課す。

市村真幸
演 - 齊藤教兵

村上英輔
演 - 奈須田雄大

高浦一郎
演 - 津嘉山寿穂

高浦二郎
演 - 櫻井圭佑

森親太郎
演 - 上村海成

羽生親一朗
演 - 大浦龍宇一

磯村邦夫
演 - モロ師岡

スタッフ
原作 : 木内たつや
監督 : 松永洋一
脚本 : 吉田恵里香
制作 : ポリゴンマジック、日テレアックスオン
企画制作 : 日本テレビ放送網
製作著作 : 男水!製作委員会

エンディングテーマ曲 : 男水!オールスターズ(松田凌、宮崎秋人、安西慎太郎、赤澤燈、佐藤永典、小澤廉、黒羽麻璃央、池岡亮介、神永圭佑、廣瀬智紀)「Growing up! Go on!」


各話あらすじ(2017.1.22 - 217.3.12)全8話 平均視聴率 2.84%
第1話 2017年1月21日 視聴率 3.7%
部員が足りず廃部直前の東ヶ丘高校水泳部に一年生二人が加わるものの、マイペースな面々に振り回される部長の秀平(松田凌)。一方、水泳界の名門私立・龍峰高校は、春季大会でも優勝を総なめにし、インターハイ優勝を目指し一丸となっている。そんな中、東ヶ丘の面々は、帰宅途中、ランニング中の龍峰チームに遭遇する。龍峰の新エース・礼央(安西慎太郎)は、同じ中学だった秀平と大樹(宮崎秋人)に嫌悪感を示す。競泳にかける男子高校生たちの熱いドラマが都大会に向け動きだす。

第2話 2017年1月28日 視聴率 3.1%
東ヶ丘高校水泳部に臨時コーチとしてやってきたのは、過去インターハイ優勝の川崎亮也(廣瀬智紀)だった。ハルミ(赤澤燈)の作った練習メニューを一喝し、超スパルタな練習がスタートする。川崎の強引なやり方に滝(佐藤永典)は部活を辞めると言い出すなど部はバラバラに。みんなを気遣う秀平は川崎に直談判するも、周りのことばかり気にして泳いでいると速くなれないと突き返される。川崎の言葉をキッカケに中学時代のトラウマを思い出す秀平。それは、秀平、大樹、礼央の想いがすれ違うキッカケの事件だった。

第3話 2017年2月4日 視聴率 2.5%
「本気で泳げないなら出て行け!」と川崎から水泳部を追い出された大樹は、部活を休み自宅と学校を往復するだけの毎日。ついには秀平からの連絡にも出なくなってしまう。その一方で、東ヶ丘水泳部のメンバーは川崎の指導により着実にタイムが上がり手応えを感じている。秀平は何とか大樹を水泳部に連れ戻そうと帰り道説得していると、部活帰りの礼央に偶然出会ってしまい…。

第4話 2017年2月11日 視聴率 3.0%
 川崎のセッティングにより、東ヶ丘高校は龍峰高校と合同記録会を行うことになる。秀平たちは緊張しながら憧れの龍峰高校のプールにやって来る。秀平は平と背泳ぎで、大樹は礼央とバタフライで、滝は仁科と自由形で一緒に泳ぐことになる。川崎のトレーニングにより成果を実感する秀平たちではあるが…

第5話 2017年2月18日 視聴率 2.6%
 龍峰高校水泳部が雑誌の取材を受ける中、都大会のメンバー選抜が行われる。記録会で大樹(宮崎秋人)と会って以来、もやもやしていた礼央(安西慎太郎)だが、気を引き締め直して勝負に挑む。

第6話 2017年2月25日 視聴率 2.4%
 秀平(松田凌)ら東ヶ丘高校水泳部の面々は、連絡の取れないコーチの川崎(廣瀬智紀)がどこにいるか気になって練習に身が入らない。そんな中、龍峰高校水泳部員の平(小澤廉)がやって来て、川崎の居場所を知っているという。

第7話 2017年3月4日 視聴率 2.9%
 東ヶ丘高校水泳部は都大会が迫る中、龍峰高校のプールを1レーンだけ借りて練習することに。秀平(松田凌)や大樹(宮崎秋人)が本気で戦うことを決意するなか、礼央(安西慎太郎)は相変わらず2人を避け続けるが…。

最終話 2017年3月11日 視聴率 2.5%
 都大会当日。秀平と大樹は、二人の今の想いを水泳で礼央に伝えようとスタート台に立つ。秀平(松田凌)は決勝に進まないと平(小澤廉)と対戦することはない。そんな中、平は予選一位のタイムで決勝進出を決める。はたして、秀平は決勝に進出し、平と戦うことが出来るのか?一方、大樹は、礼央と予選で相まみえることになるのだった。それぞれの想いが水泳を通じてぶつかり合う…。


番組公式サイト
男水! - Wikipedia
タグ:男水!

『男水! TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀と金 TOP

『銀と金』(ぎんときん)は、2017年1月7日から同年3月25日まで、テレビ東京の「土曜ドラマ24」枠(毎週日曜0:20 - 0:50)で放送された。全12話。主演は池松壮亮。

全12話のうち、第1話から3話は「株の仕手戦編」、第4話から6話は「セザンヌ編」、第7話から9話は「ポーカー編」、第10話から12話は「麻雀編」と4部構成となる。


原作概要
『銀と金』(ぎんときん)は、福本伸行による漫画作品。1992年から1996年まで『アクションピザッツ』(双葉社)に連載された。単行本は全11巻。

裏社会を生きる男達の、株の仕手戦や政治家との裏取引などの駆け引き、殺人鬼や復讐に身を委ねた男と命を懸けた死闘、さらに福本得意のギャンブル勝負を描いた作品である。


ドラマ概要
「カイジ」や「アカギ」などで有名な、ギャンブル漫画の第一人者・福本伸行の同名作品を連続ドラマ化。大金を賭けた「悪」VS「悪」の怒涛の心理戦が展開するブラックエンターテインメント。

連ドラ初主演となる池松壮亮が、うだつの上がらない青年・森田鉄雄に扮し、リリー・フランキー演じる裏社会を仕切る大物フィクサー・平井銀二と出会ったことから、裏社会へ足を踏み入れ、大金を奪い合う「究極のマネーゲーム」に身を投じるさまを描く。


ストーリー 
何事もうまくいかず、やり場のない怒りをギャンブルで発散していた森田鉄雄(池松壮亮)は、負けが続いていたある日の競馬場で、裏社会を仕切る大物フィクサー・平井銀二(リリー・フランキー)に出会う。

銀二のカリスマ性と、悪魔じみた思考で悪党から金を搾り取る才能に魅了された森田は、彼を超える男になりたいという夢を抱き、欲望渦巻く裏社会で生きていくことを決意。大金を手にするために、命を懸ける「悪」VS「悪」の心理戦を繰り広げていく。


キャスト
池松壮亮
森田鉄雄 役
ギャンブルで負け続けていた時に銀二に出会い、銀二を超える男になりたいという野望を抱いて、裏社会に足を踏み入れる。「銀を超える金(キン)と呼ばれる人間になりたい」と志す。損得抜きの行動原理“勘”で動くこともある、強運の持ち主。

リリー・フランキー
平井銀二 役
“金が全て”の思想を持つ、裏社会を仕切る大物フィクサー。森田を“ある条件”に当てはまる男として裏社会に引き込み、その才能と成長に期待を寄せている。卓越した能力と独自の人生哲学を持ち、悪党から金を搾り取っている。最終的には、政治家を使って日本の経済界を支配する野望を持つ。

マキタスポーツ
安田巌 役
元警視庁捜査一課のエース。優秀な刑事だったが、欲望に弱く、徐々に悪に染まっていった揚げ句、現在は銀二と共に裏社会で生きている。銀二から信頼されている。

臼田あさ美
巽京子 役
元新聞記者で銀二の仲間。かつての経験を生かし、情報収集によって銀二たちをサポートしているが、過去は謎に包まれている。銀二たちのたまり場である「BAR FULLER」の経営者。

村上淳
船田正志 役
元東京地検特捜部の検事で銀二の仲間。検事時代は東京地検の若きエースとして活躍していたが、上司の反感を買って飛ばされ、検事を辞めざるを得なくなった。過去の経歴を元に、企業をゆするブローカーをしている。

スタッフ
原作:福本伸行
監督:古厩智之、中前勇児
脚本:山岡潤平、根本ノンジ
音楽:諸橋邦行
制作協力:大映テレビ
製作著作:テレビ東京

主題歌:amazarashi「ヒーロー」(ソニーミュージックアソシエイテッドレコーズ)


各話あらすじ
第1話 2017年1月7日「最悪のマネーゲーム」
 うだつの上がらない森田鉄雄(池松壮亮)は、何事も上手く行かず、やり場のない怒りをギャンブルに逃げることで発散していた。負けが続く素寒貧の森田は、競馬場で裏社会を仕切る大物フィクサー平井銀二(リリー・フランキー)と出会う。銀二の悪党ぶりと、億を超える大金をたやすく手に入れる天才的な才能に憧れて「銀を超える金(キン)と呼ばれる人間になりたい」という志を抱き、欲望渦巻く裏社会へ足を踏み入れるのだった…。

第2話 2016年1月14日「悪対悪の心理戦」
 銀二(リリー・フランキー)は森田(池松壮亮)に仲間を紹介し、ホテルチェーン経営者・梅谷(ダンカン)をつぶして大金を得る計画を説明する。梅谷はある企業の株をひそかに買い占めて価格をつり上げ、売り抜けて利益を得ようとする仕手戦の‘本尊’。しかし、梅谷は資金ぐりに苦しんでいた。銀二たちは、梅谷を追い詰めて入れ替わろうとする一方、企業側の後ろ盾となっている銀行の弱みを探り、資金を凍結させるべく、動きだす。

第3話 2017年1月21日「究極の心理戦」
 銀二(リリー・フランキー)や森田(池松壮亮)らは、銀行から国会議員・海堂(丸山智己)への金の流れの証拠をつかむべく、海堂と義父で銀行頭取の土門(大石吾朗)、金の抜け穴となっている不動産会社の社長・丸石(羽場裕一)が会うよう仕向ける。3人がいるマンションの一室に乗り込んだ銀二らは、銀行から海堂に金が渡ったと分かる会話を録音するが、周囲には海堂の手下が迫っていた。森田は銀二からレコーダーを託され、逃げ出す。

第4話 2017年1月28日
 森田(池松壮亮)に「二者択一の必勝法」を教えた銀二(リリー・フランキー)は、「自力で大金を得られるようになったら再び会おう」と別れを告げる。そんな時、銀行頭取・土門(大石吾朗)が10億円のセザンヌの絵画を所有すると知った森田。画廊従業員で新人画家の女性との出会いを利用し、彼女が勤める画廊のオーナー・中島(佐野史郎)から金をだまし取ろうと考える。

第5話 2017年2月4日
 森田(池松壮亮)は画廊主・中島(佐野史郎)の従業員で新人画家の美沙(鉢嶺杏奈)に、銀行頭取・土門(大石吾朗)所有の10億円のセザンヌの絵画の模写を頼む。数日後、森田は精巧な偽物と美沙の模写を使って土門をだます。それは銀二(リリー・フランキー)から教えられた「二者択一の必勝法」だった。森田は中島に、3枚の中からセザンヌを見抜ければ1億円で売ると話す。

第6話 2017年2月11日「7億勝負」
 中島(佐野史郎)と森田(池松壮亮)の勝負が始まる。離れた位置から3枚のうち2枚の絵を見て、どれが本物のセザンヌの絵かを見抜くこの勝負、中島は1億円払うごとに1メートル近づけるが、部屋は薄暗く、よく見えない。中島は森田に、もう1億円出すので絵の上に照明を掲げてほしいと泣きつく。上からの照明で、中島がひそかに本物に付けた印が見えてきた。しかし印を囲むように丸が描き加えられていて、中島は困惑する。

第7話 2017年2月18日「命賭けのポーカー」
 森田(池松壮亮)はバーで客の美緒(高月彩良)と由香理(我妻三輪子)から、建設会社の御曹司・西条(大東駿介)とその仲間たちが闇ポーカーで女性を食い物にしていると聞く。友人が被害に遭ったという美緒たちと会場のクラブに行った森田は、西条とポーカー勝負をする中で、彼らがいかさまをしていると気付くが、その方法が分からない。一方、西条は美緒と由香理に、金と引き換えに森田の情報を教えてほしいと持ち掛ける。

第8話 2017年2月25日「地獄のポーカー」
 森田(池松壮亮)と西条(大東駿介)の闇ポーカー勝負が再び始まる。美緒(高月彩良)の何げない行動で西条のいかさまの方法に気付いた森田はどんどん掛け金を積む。しかし、森田の持ち札は役になっていない。いかさまによってそれを知る西条も、大金を賭け続ける。資金が底をついた森田に、安田(マキタスポーツ)と巽(臼田あさ美)が新たに段ボール入りの金を運び込み…。

第9話 2017年3月4日「決着!地獄のポーカー」
 大金を賭けて西条(大東駿介)と闇ポーカーをする森田(池松壮亮)は、手持ちのカードが役になっていないのにコールする。驚いた美緒(高月彩良)はブレーカーを落とし、暗くなった隙にカードを入れ替えさせようとするが、西条に阻止される。しかし、森田のカードは既に役になっていた。西条がテーブルに細工をしているのを見抜いた森田は、それを利用し、自分のカードがまだ役になっていないと思い込ませていたのだ。

第10話 2017年3月11日「最狂の麻雀」
 森田(池松壮亮)や銀二(リリー・フランキー)たちは、蔵前(柄本明)のカジノ場で大金を賭けてマージャンをする西条(大東駿介)と再会。負けて放心状態の西条は怪しげな部屋へ連れて行かれる。扉の向こうの西条の叫び声を聞いた蔵前は満足そうだ。500億円を賭けた蔵前との勝負を翌日に控えた銀二は、森田に「ギャンブルの正体が見えたか」と問い掛ける。ギャンブルのイメージを「身投げ」と答えた森田に、銀二は翌日の勝負を託す。

第11話 2017年3月18日「最狂の麻雀・中編」
 500億円を賭けた蔵前(柄本明)とのマージャン対決が始まるが、森田(池松壮亮)は蔵前が有利な独自のルールに苦戦する。休憩中、銀二(リリー・フランキー)は森田に短刀を差し出し「死ぬことを決意しろ。そこから道は開かれる」と話す。その夜、森田はゆっくりと自分の胸に短刀を突き刺す。激痛で床に倒れた森田に銀二は「お前は死んだ。ここから先の時間はギャンブルにくれてやれ」と言い、蔵前を倒すためのある秘策を教える。

最終話 2017年3月25日「最狂の麻雀 衝撃の結末」
 銀二(リリー・フランキー)は森田(池松壮亮)に、蔵前(柄本明)独自のマージャンのルールを逆手にとり、彼を追い詰めて総資産5千億円全てを狙う方法を伝授。戦略が成功する確率は低いが、銀二は「勝つということは相手の心臓をつかむこと。そして、つかんだらつぶすこと」だと語る。勝負の場で銀二は蔵前を挑発し、総資産を超える額を賭けさせることに成功。運なら負けないと豪語する蔵前だが、ゲームが不利に展開し焦りだす。


番組公式サイト
銀と金 - Wikipedia
タグ:銀と金

『銀と金 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(10) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スーパーサラリーマン左江内氏 TOP

『スーパーサラリーマン左江内氏』(スーパーサラリーマンさえないし)のタイトルで、2017年1月14日から同年3月18日まで、日本テレビ系の「土曜ドラマ」枠(毎週土曜日21時 - 21時54分)で放送された。全10話。主演は堤真一。


原作概要
『中年スーパーマン左江内氏』(ちゅうねんスーパーマンさえないし)は藤子・F・不二雄のSF漫画で、『漫画アクション』(双葉社)に1977年9月15日号から1978年10月26日号に掲載された。全14話。


ドラマ概要
藤子・F・不二雄が唯一連載した大人のヒーロー漫画をドラマ化。主演を堤真一が務め、脚本・演出は「勇者ヨシヒコ」シリーズ(テレビ東京ほか)などを手掛けた福田雄一が担当する。

堤が演じるのは、建設会社で中間管理職として働く気弱なサラリーマン・左江内(さえない)。ドラマでは、左江内が怪しい老人(笹野高史)から無理やり“スーパースーツ”を譲り受け、恐妻の円子(小泉今日子)、思春期の2人の子供との家族の問題と世界平和の間で板挟みになるさまがコミカルに描かれる。


ストーリー 
建設会社に勤める万年係長の左江内(堤真一)は、ある日、謎の老人(笹野高史)からスーパーヒーローになれるという“スーパースーツ”を無理やり押し付けられる。だがそのスーツは、事件を察知すると仕事中でも左江内を出動させる上に、スーツを着ている時の出来事は人々の記憶に残らないという特性を持っていた。

いくら頑張っても“鬼嫁”の円子(小泉今日子)ら家族や周囲から見直されることはないという理不尽に耐えながら、気が優しい左江内は、町の平和を守るために奔走していく。


キャスト
左江内家
左江内 英雄〈52〉
演 - 堤真一
できれば責任を背負わないで済ませたいと考えている主人公でツッコミ担当。こんにゃくが大の苦手。栃木県出身。スーパーマンの重責も辛いので事あるごとに返したがっているが、困っている人を放って置けない部分もある。家での私生活は、妻には尻に敷かれ、子供にもあまり良く扱われていないが、本人は妻も子供も愛している。基本的に常識人であるが、マイペースでスーパーマンの力を通勤や部屋の掃除などに便利に使っていることもある。左江内の超人としての活躍は忘却光線で忘れさせる為、それ自体が「無かったこと」になっているが、時々オフにすることもできる。第7話ではスーパーマンをやめたい一心で池杉に託したが、彼がスーパースーツを紛失してしまったことにより、スーパースーツで強化した強盗相手にスーツ無しで戦い、内に秘めた責任感と根性を発揮した。

左江内 円子〈50〉
演 - 小泉今日子
左江内の妻。男勝りな口調で左江内に無茶を平然と頼むなどわがままで子供っぽく、身勝手な俗に言う鬼嫁。容姿は美人で小柄。また、左江内の浮気などという事は考えたくもないことであり、本当は左江内を愛していることが伺える。不器用で素直になれないだけであり、左江内の話を聞いてあげたり、一度は拒んだ保護者同伴の遠足に参加したり、左江内が部長に就任したと勘違いして彼を悩ませていたがすかさずフォローしたり、時には家事もすることもあるため根は優しい。左江内曰く、1日に15時間は寝ており、どこでも寝られる体質で7話ではヨガをしながら寝た姿に左江内を驚かせた。また、最終回では左江内を守るため、バスジャックに蹴りを入れるなど大胆な一面も見せた。

左江内 はね子〈16〉
演 - 島崎遥香
左江内の長女で、アイドル志望で少々わがままな少女。父親を軽く扱っているが、第1話で強盗犯から自分を犠牲にして自らを救おうとした左江内に死んで欲しくないと本音で語った(ただし、左江内の忘却光線でそれは忘れている)。優しい一面もあり、困っている左江内にお金を貸したり、不器用な両親に気を使って左江内の変わりにレストランの席取りを引き受けたりなど手助けすることもある。

左江内 もや夫〈8〉
演 - 横山歩
左江内の長男で、自分が悪くても認めたがらない小学生男子。自分を運んで空を飛ぶ左江内をドラえもんと称した(ただし忘却光線でその件は忘れている)。父に対して口は悪く生意気だが、ヒーローショーに特別出演した左江内を応援したり、左江内が全く帰ってこないことに不安を感じるなど、父のことは決して心底嫌っているわけではない。

警察
小池 郁男〈39〉
演 - ムロツヨシ
藤子不二雄作品では多々登場するキャラクター。スーパーマンの左江内の活躍で解決した事件現場に、何故か必ず駆けつける運がいい刑事。事件解決後に左江内の忘却光線でその活躍は忘れ去られ、その際小池が勝手に自分が片付けた事にしてしまうので、発生した事件は小池の手柄になる。それがあまりに連続するので、自分は無意識のうちに事件を解決する能力があると勘違いしている。ラーメンが好物で、出前のものを食べながら登場する事もある。ポーズを決める際にトレンチコートの裾を無駄に捲りあげる癖がある。

刈野 助造〈29〉
演 - 中村倫也
小池の部下。小池とは仲が良く、小池が忘却光線の後に説明している「事件を解決した過程」を素直に感心している。

フジコ建設営業3課
英雄の勤務先。

簑島 光男〈55〉
演 - 高橋克実
左江内の上司。池杉と仲がよくお調子者。頭が薄く光り輝いている。

池杉 照士〈27〉
演 - 賀来賢人
左江内の部下で独特な口調で話す。キザな性格でややチャラ男気味。根は臆病で第4話では自分が失敗した仕事を引き継いだ左江内が成功させそうなところを妨害し、第7話では酔った勢いで左江内からスーパーマンの仕事を引き受けるが、恐怖感が拭えず、挙句他人にスーツを盗まれた事を左江内に言い出せずにいた(この一件は忘却光線で忘れている)。ただし、妨害した件を良心の呵責で左江内に詫びたり、小心者だが憎めない男。みちると交際しており第6話でデートをしていた。

蒲田 みちる〈24〉
演 - 早見あかり
左江内の部下だが、彼に対して少しドライである。サバサバした性格の女性。第6話で池杉と交際していた事が明らかになった。時には上司である光男に対して辛辣なことを言うことも多々ある。

下山 えり〈26〉
演 - 富山えり子

その他
米倉 / キャプテンマン
演 - 佐藤二朗
左江内に何かと接触する神出鬼没の人物で、登場するごとに職業が異なる。滑舌がかなり悪く、顔が大きい。忘却光線と同様の効果がある能力を持っているのか左江内は彼と会ったことを忘れている。
第1話はカラオケ店員、第2話はバッティングセンターの店員、第3話はインターネットカフェの店員、第4話は回転寿司の板前、第5話は占い師。第6話はヒーローショーの演出家。第7話は新聞の古い号外を配るバイト。第8話は居酒屋の店員。第9話は万年係長。

その正体はキャプテンマンという名のヒーローで、スーツのモデルはパーマンに近い。左江内に会う度に記憶を消していた。

演じている佐藤は左江内相手に毎回アドリブでの掛け合いを繰り広げており、出演者が素で思わず笑ってしまうことも度々ある。

謎の老人
演 - 笹野高史
左江内にスーパーマンになるスーツを手渡す老人。たまに英雄の様子を見に来るようで、第4話では原作者が一緒だと言う事で一度だけ(しかも1回しか使えない)コピーロボットを左江内に与え、第6話では爆弾のある場所を教えてくれた。第7話では弱めのスペアスーツと見せかけたスキーウェアを左江内に渡した。

木手〈50〉
演 - 福島マリコ
円子のママ友。

吉村 さやか〈16〉
演 - 金澤美穂
はね子と同じ学校の同級生。

佐野 サブロー〈16〉
演 - 犬飼貴丈
はね子と同じ学校の同級生。

ゲスト
第1話
強盗
演 - 塚本高史(友情出演)

第2話
新聞配達人
演 ‐ ラバーガール


演 ‐ 織本順吉

智恵子
演 ‐ 佐々木すみ江

あきら
演 ‐ 五十嵐陽向
もや夫のクラスメートの男子児童で、歌が下手なことを理由に合唱の練習をサボっていた。

第3話
真中 ありさ
演 - 浜辺美波
アイドルグループ「ルージュパンク」の不動のセンター。性格の表裏が激しい。
はね子のオーディションをプッシュしてもいいと左江内に後押しする。

飛び降り学生
演 - 戸塚純貴

マネージャー
演 - 郭智博

ありさの事務所社長
演 - 大河内浩

ありさの母
演 ‐ 村岡希美

第5話
藤崎
演 - 本田翼
総務課に勤務する女性社員で、左江内の後輩。
実家の豆腐屋が悪徳金融会社から借りた借金を返済するために左江内を始めとするあらゆる者から金を騙し取っていた。後にそれを知った左江内は悪徳金融会社を壊滅したことで解放され、謝罪した。

第7話
高萩 省吾
演 - 間宮祥太朗
池杉が置いて行ったスーパースーツを悪用して銀行強盗を働く。彼が何故スーパースーツを使いこなせるようになったのかは不明。

第8話
笹原 桃子
演 - 永野芽郁
栃木県で会社に勤めつつスーパーウーマンを受け持つOL。左江内同様、先代の老婆からスーパースーツを受け継いだ。
事故現場で偶然会った同じスーパーマン仲間の左江内と意気投合する。メンヘラ気味でスーパーウーマンであることや恋愛などで悩みを抱え、自殺を試みたが左江内に何度も止められる。後日、立ち直った事を知らせに東京の左江内に会いに行き、左江内が一人で支えきれない鉄塔が落下しそうなのを支えて彼を救った。

左江内 春子
演 - 立石涼子
左江内の母。栃木県在住。円子は彼女の前では「夫の言う事を聞く妻」を演じていたが、気が強い円子が優しさだけが取り柄で頼りない英雄を上手く夫としてたてている事を見抜いていた。

左江内 茂雄〈80〉
演 - 平泉成
左江内の父。栃木県在住。

真紀子
演 ‐ 阿南敦子
左江内の妹。

第9話
フジコ建設社長
演 ‐ 風間杜夫

フジコ建設社長夫人
演 ‐ 石野真子


演 ‐ 宅麻伸(友情出演)

強盗
演 ‐ やべきょうすけ

第10話
バスジャック犯
演 - 菅田将暉
円子と木手が乗る観光バスをジャックした若者。ただ円子に圧されたりして、やや気が弱い。正体はゲームが買えなくてムシャクシャしていたところを米倉(キャプテンマン)に操られて犯行に及んだ男でもある。しかしながら結局犯行自体が忘却光線で「なかったこと」になり、念願のゲームも左江内の配慮で手に入れ(左江内が「ホトケ電気」で米倉が変装した電気屋からもらったもの)、自分が犯行に及んだ理由も分からないまま逃走していった。

スタッフ
原作 - 藤子・F・不二雄『中年スーパーマン左江内氏』(双葉社・中央公論新社・小学館刊)
脚本・演出 - 福田雄一
音楽 - 瀬川英史
EDロールダンス振り付け - 楢木和也
法律監修 - 池村聡
警察監修 - 古谷謙一
スーパー服制作 - JAP工房
アクション監督 - 田渕景也・難波一宏(スタントチームGocoo)
技術協力 - NiTRo、キアロスクーロ撮影事務所、ファーストショット
照明協力 - オフィス・ドゥーイング
美術協力 - 日テレアート
VFX - khaki
ドローン撮影 - 東通クリエイティブ・ビジョン
ポスプロ - レスパスビジョン
協力プロデューサー - 次屋尚
チーフプロデューサー - 伊藤響
プロデューサー - 高明希、柳内久仁子
制作協力 - AX-ON
製作著作 - 日本テレビ

主題歌 - 三代目J Soul Brothers「Happy?」(rhythm zone)


各話あらすじ(2017.1.14 - 2017.3.18)全10話 平均視聴率 9.54%
第1話 2017年1月14日「藤子F原作サエないヒーロー悪に強いが妻に弱い」※初回15分拡大(21:00〜22:09)
 建設会社の万年係長で恐妻家の左江内(堤真一)は、鬼嫁・円子(小泉今日子)、思春期でプチ反抗期の長女・はね子(島崎遥香)、小生意気な長男・もや夫(横山歩)の4人家族。小心者で頼りなく、会社でも家庭でも期待されていない左江内だが、ある日、怪しげな老人(笹野高史)から、スーパーヒーローになれるスーパースーツを無理やり託される。そして、助けを求める人がいれば、たとえ仕事中でも出動する羽目になってしまう。

第2話 2017年1月21日「サエないヒーローでも息子のピンチを救えるのか!?」
 スーパーヒーローを渋々続ける左江内(堤真一)は、再会した例の老人(笹野高史)にスーツを返そうとする。しかし、仕事に遅れそうになり、ついスーツの威力に頼ってしまう。そんな左江内と部下の蒲田(早見あかり)は、たまたま入ったもんじゃ焼き店の店主・茂(織本順吉)から「店を閉めてマンションを建てたい」と相談される。一方、もや夫(横山歩)が合唱コンクールの指揮者に選ばれ、円子(小泉今日子)は大喜びするが…。

第3話 2017年1月28日「ヒーローがなんてったってアイドルのマネジャー!?」
 左江内(堤真一)は、娘のはね子(島崎遥香)が人気アイドルグループ「ルージュパンク」のオーディションを受けると知る。後日、左江内は広報部の助っ人として、CM撮影の現場に駆り出されるが、出演する‘4代目マイホームガール’はルージュパンクのセンター・ありさ(浜辺美波)だった。左江内が建設会社の営業係長と知ったありさは横柄な態度を取るが、はね子の件を聞いて、最終審査でプッシュしてもいいと言いだす。

第4話 2017年2月4日「仕事か遠足か?夫婦愛を試されるサエないヒーロー」
 左江内(堤真一)は上司の簑島(高橋克実)から、明後日に迫った3社競合のプレゼンを押し付けられる。蒲田(早見あかり)ら部下に昇格のチャンスだと乗せられ、やる気になった左江内は、設計課の諸星(尾上寛之)らと準備を始める。ところが、保護者同伴のもや夫(横山歩)の遠足が同日と判明。円子(小泉今日子)から、仕事を休んでも行くよう命じられ、困り果てた左江内は例の老人(笹野高史)にコピーロボットが欲しいと頼むが…。

第5話 2017年2月11日「不倫!?家庭崩壊の危機に顔面蒼白のヒーロー」
 左江内(堤真一)は上司の簑島(高橋克実)から相談を受ける。総務部の藤崎(本田翼)と居酒屋で飲んだ簑島は、気が付くとホテルで一人寝ていて、店を出た後の記憶がない。その後、藤崎から「不倫をばらされたくなければ」と金を要求されているという。左江内にとって藤崎は総務部時代の後輩だ。説得を頼まれた左江内が居酒屋に誘ったところ、藤崎は簑島を許すという。ところが、左江内が目覚めると、そこはホテルの一室で…。

第6話 2017年2月18日「ムロツヨシ大活躍!?爆弾を見つけ出せ!」
 刑事の小池(ムロツヨシ)はここ数カ月、無意識のうちに事件を解決しては、警視総監賞を幾つも手にしている。実のところ、左江内(堤真一)の手柄なのだが、それを知る者はいない。休日、家族とテーマパークを訪れた左江内は、危険信号を察知して事務所へ。そこにいたのは小池と刈野(中村倫也)で、園内に爆弾が仕掛けられたという。正体を明かした左江内は、家族を帰したら、すぐに戻って捜査に協力することを約束するが…。

第7話 2017年2月25日「ヒーローが銀行強盗に!?悪用されたスーパースーツ」
 スーパーヒーローの自覚が出てきた左江内(堤真一)は、海外のテロのニュースを見て「何もできなかった」と罪悪感を感じる。部下の池杉(賀来賢人)と酒を飲んで、正体を明かした左江内は、スーパーヒーローとしての悩みを話し、後継者に名乗りを上げた池杉にスーツを託した。本気にしていなかった池杉は、翌日、スーツが本物だと知って驚く。直後、SOS信号を聞いた池杉は、左江内に促されて出動することになる。

第8話 2017年3月4日「鬼嫁が良妻に!?悩めるスーパーウーマンが人生相談」
 左江内(堤真一)は、父・茂雄(平泉成)の誕生日を祝うため、1泊で栃木の実家に帰省。左江内の妹・真紀子(阿南敦子)夫婦もやって来る。ブランドバッグの購入を同行の条件にした円子(小泉今日子)は、茂雄と春子(立石涼子)夫婦の前では完璧な‘良妻’を演じ、はね子(島崎遥香)ともや夫(横山歩)も協力する。その夜、SOSを感知した左江内は逃走する強盗を追跡。追い付いた現場で‘スーパーウーマン’の桃子(永野芽郁)と遭遇する。

第9話 2017年3月11日「社長・風間杜夫登場で大波乱の予感?!」
 課長の簑島(高橋克実)が部長昇進の内示を受ける。順当なら、係長の左江内(堤真一)が次期課長のはずだが、新課長には元2課の係長(宅麻伸)が就任した。帰宅すると、既に簑島の妻と電話で話した円子(小泉今日子)が、左江内も昇進したと早合点。左江内は否定しそびれ、自己嫌悪に陥る。そんな中、SOSを受けた左江内は、ピストルを手にした強盗から豪邸の主人を救出する。その相手は偶然にも、勤務先の社長(風間杜夫)で…。

最終話 2017年3月18日「ヒーロー放棄で絶体絶命!?夫婦愛の奇跡!!」
 もや夫(横山歩)が欲しがっているゲームソフトの発売日と、接待ゴルフが重なり、ソフトを買いそこなった左江内(堤真一)は、ゴルフから戻って捜し回る。その最中のSOSに一瞬、ためらった結果、男の子がベランダから転落してしまった。限界を感じた左江内は、謎の老人(笹野高史)にスーツを返却しようと決意する。責任から解放され、翌朝、気持ちも軽く出社した左江内だが自分の席にはある人物が座っていて…。

各話視聴率


番組公式サイト
中年スーパーマン左江内氏 - Wikipedia

『スーパーサラリーマン左江内氏 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

精霊の守り人 TOP

『放送90年 大河ファンタジー 「精霊の守り人」』(ほうそう90ねん たいがファンタジー せいれいのもりびと)は、NHK総合テレビジョンで2016年3月19日から3年に渡って全22回で放送予定。主演は綾瀬はるか。映像は4Kで撮影される。2014年7月28日に制作発表が行われた。タイトルは「精霊の守り人」だが、「守り人シリーズ」全話をドラマ化する。

放送日程
全22話からなる3部作。
シーズン1(全4話)を2016年3月19日(土)から同年4月9日まで放送(58分)※初回のみ73分。
シーズン2(全9話)を2017年1月21日(土)から同年3月25日まで放送(58分)。
シーズン3(全9話)を2017年11月から放送予定。

原作
守り人シリーズ(もりびとシリーズ)は、上橋菜穂子による異世界ファンタジー小説のシリーズ作品である。旅人シリーズを含む。全10巻と短編集、作品集、短編収載本各1冊。


テレビアニメ版
2007年4月7日 - 9月29日に、NHK-BS2の衛星アニメ劇場枠で放送された。全26話。また、2008年4月5日に、NHK教育テレビが土曜日午前9時からの枠で放送された。


概要
人と精霊が共生する世界を舞台にしたファンタジー大作を綾瀬はるか主演で実写ドラマ化し、全編4K映像で制作する。用心棒で短槍の使い手であるバルサ(綾瀬)が、精霊の卵を宿した新ヨゴ国の幼い王子・チャグム(小林颯)を、帝(藤原竜也)の命を受けた王宮の狩人たちや異界の魔物から守りながら冒険の旅を続ける。

上橋菜穂子の同名小説シリーズ全10巻を原作に、3年にわたり全22回で放送する予定。仲間との絆や、チャグムが帝に成長し、国々を巻き込む戦乱を乗り越えるまでを壮大なスケールで描く 。


ストーリー
用心棒のバルサ(綾瀬はるか)は、暴れる牛車から新ヨゴ国の王子・チャグム(小林颯)が崖下に落ちるのを目撃して助け出す。しかし、駆けつけた王宮の密偵・狩人たちがバルサを捕らえ、地下牢に投獄する。

バルサはチャグムの母・ニノ妃(木村文乃)から、チャグムが精霊の卵を宿したが、その精霊は水の魔物と言われており、それを嫌った父の帝(藤原竜也)から命を狙われていると伝えられる。ニノ妃からチャグムの用心棒を依頼されたバルサは、やむなくチャグムを連れて逃避行することになる。


キャスト
〈〉内はドラマ設定年齢。

バルサ〈30〉 - 綾瀬はるか(少女期:清原果耶、幼少期:横溝菜帆)
カンバル王国出身の用心棒。短槍の使い手で、ニノ妃の依頼を受け、新ヨゴ国の第二王子・チャグムを守る旅に出る。

チャグム〈11〉 - 小林颯
新ヨゴ国の第二王子。水の精霊の卵を宿したため、父である帝から命を狙われる。母・ニノ妃の依頼でバルサに守られながら旅をする。

タンダ - 東出昌大
新ヨゴ国の薬草師。先住民・ヤクーの血を引き、幼いころから呪術師・トロガイの元で修業を積む。バルサの身を案じている。

ジグロ - 吉川晃司
バルサの育ての親。カンバル王国最強の武人だったが、バルサの父親に頼まれ、幼いバルサを連れて国を脱出する。

トロガイ - 高島礼子
先住民・ヤクーの呪術師。当代一の呪術力を持つタンダの師匠で、バルサからも尊敬される。新ヨゴ国の帝を冒とくする者として命を狙われる。

聖導師 - 平幹二朗
新ヨゴ国の聖導師。星読博士の最高位で、帝を補佐して政治を司る。

帝 - 藤原竜也
ログサム - 中村獅童
新ヨゴ国の君主。水の精霊の卵を宿した息子のチャグムが異能者になっていくことに恐怖心を抱き、狩人たちに殺害を命じる。

二ノ妃 - 木村文乃
シュガ - 林遣都
ガカイ - 吹越満
モン - 神尾佑
ジン - 松田悟志
トーヤ - 加藤清史郎
サヤ - 彩島りあな
一ノ妃 - 奥村佳恵

スタッフ
原作 - 上橋菜穂子『精霊の守り人』ほか「守り人」シリーズ全10巻「外伝」2巻
脚本 - 大森寿美男
音楽 - 佐藤直紀
制作統括 - 海辺潔、加藤拓、谷口卓敬
プロデューサー - 竹内敬明、大越大士、結城崇史
演出 - 片岡敬司


各話あらすじ 平均視聴率 9.20%
第1話 2016年3月19日「女用心棒バルサ」 ※21:00〜22:15
ラテ欄「女用心棒バルサ〜上橋菜穂子・原作のファンタジー大作!」 視聴率 11.7%
 暴れる牛車から崖下に落ちた王子・チャグム(小林颯)を川から救出した女用心棒のバルサ(綾瀬はるか)は、王宮の密偵である‘狩人’に捕らえられる。バルサは王宮の地下牢(ろう)につながれるが、チャグムの母・二ノ妃(木村文乃)に解放され、王子を連れて逃げるよう頼まれる。チャグムには水の魔物が取りつき、それを嫌った帝(藤原竜也)から命を狙われていると言うのだ。雇われたバルサはチャグムを連れて王宮を後にする。

第2話 2016年3月26日「王子に宿りしもの」 
ラテ欄「王子に宿りしもの〜魔物の正体は!?」 視聴率 10.6%
王宮の狩人との戦いで危機にさらされたバルサ(綾瀬はるか)は、チャグム(小林颯)の不思議な能力によって救われる。チャグムの叫びに呼応するように、川の水が狩人を押し流したのだ。満身創痍(そうい)のバルサは、幼なじみで呪術師見習のタンダ(東出昌大)の手当てで一命を取り留める。一方、王宮の星読博士・シュガ(林遣都)は呪術師・トロガイ(高島礼子)から、チャグムに精霊の卵が産み付けられたのではないかと聞かされる。

第3話 2016年4月2日「冬ごもりの誓い」
ラテ欄「冬ごもりの誓い〜遂に魔物が出現!」 視聴率 7.1%
チャグム(小林颯)に宿る水の精霊の卵を狙う土の精霊ラルンガから逃れたバルサ(綾瀬はるか)は「狩穴」と呼ばれる山中の洞窟に逃げ込む。バルサは、かつて自分を守ってくれた短槍(そう)の達人・ジグロ(吉川晃司)のことをチャグムに語る。そのころ、王宮では皇太子サグム(中野魁星)が熱病に侵されていた。後継者を失うと恐れる帝(藤原竜也)に、星読博士の最高位である聖導師(平幹二朗)はチャグムを呼び戻すよう進言する。

最終話 2016年4月9日「決戦のとき」
ラテ欄「決戦のとき〜魔物との死闘の行方は!?シーズン1完結!」 視聴率 7.4%
 ラルンガの襲撃を何とかかわしたバルサだが、救い出したチャグムは何者かに操られるようにバルサの腕をすりぬけ森の中に消えてしまった。帝の密命でチャグムの命を狙う狩人・ジン(松田悟志)と、どちらが先にチャグムを見つけるか、手に汗握る追跡劇が始まる。一方、王宮に連行されたトロガイはシュガとともに伝説に残るラルンガ退治の方法を探り、伝説に隠されたある真実に気づく。その頃、チャグムは吸い寄せられるようにサーナンと呼ばれる伝説の水源にたどりついていた。そして卵を狙うラルンガの殺気がチャグムに忍び寄る…。


番組公式サイト


「精霊の守り人U 悲しき破壊神」(Season2)

2017年1月21日から同年3月25日まで、NHK「土曜ドラマ」枠(毎週土曜21:00〜22:00)にて放送された。全9回。


概要
上橋菜穂子の小説「精霊の守り人」シリーズを原作に、綾瀬はるか主演で実写ドラマ化したファンタジー大作の新シリーズ。用心棒のバルサ(綾瀬)と新ヨゴ国の王子・チャグム(板垣瑞生)の冒険が再び始まる。

今作では、2016年3月に放送された前シリーズで、バルサがチャグムとの旅を終えてから4年後が描かれ、新ヨゴ国の西隣にあるロタ王国に身を潜めるバルサと、新ヨゴ国で皇太子となったチャグムの物語が、より壮大なスケールで展開する。

真木よう子、板垣、鈴木梨央、ディーン・フジオカ、鈴木亮平、柄本明ら新たなキャストも加わり、さらに緻密な人間模様が繰り広げられる。


ストーリー 
新ヨゴ国の王子・チャグム(板垣瑞生)との旅を終えて4年。お尋ね者となったバルサ(綾瀬はるか)は、新ヨゴ国の西隣に位置するロタ王国に身を潜め、用心棒稼業を続けていた。

ある日、バルサは人身売買組織に売られそうになったタル人の少女・アスラ(鈴木梨央)を助けるが、アスラはタルの破壊神“タルハマヤ”を招き、大量殺人を起こす力を授かった恐るべき存在であることが分かる。

アスラを抹殺しようと、ロタ王家の密偵・カシャルたちが動きだす。一方、航海に出ていたチャグムは、海の国・サンガル王国を攻める南の大陸・タルシュ帝国の陰謀に巻き込まれる。


各話あらすじ 平均視聴率 7.08%
第1話 2017年1月21日「災いの子」ラテ欄「ファンタジー巨編・新章開始」 視聴率 8.2%
 用心棒バルサ(綾瀬はるか)が逃亡生活を送るロタ王国に、薬草を求めて幼なじみの薬草師タンダ(東出昌大)がやって来る。2人が泊まった宿には、アスラ(鈴木梨央)というタル人の少女が捕らわれていた。人買いがアスラを怒らせると、まばゆい光が現れて周囲の人々を殺していく。アスラを助け出したバルサに、タンダは不吉だから関わるべきではないと忠告する。そんな時、アスラをさらおうとする呪術師シハナ(真木よう子)が現れる。

第2話 2017年1月28日「罠」ラテ欄「罠〜綾瀬はるかと真木よう子が馬上対決!皇太子の援軍炎上!?」 視聴率 8.1%
 バルサ(綾瀬はるか)がアスラ(鈴木梨央)と身を潜める小屋に呪術師スファル(柄本明)が現れ、アスラは怒りで人々を殺す力を持っており、誰にも救えないと忠告する。それでもアスラを守ろうとするバルサだが、薬を盛られたのか意識が遠のいていく…。一方、サンガル王国救出の航海に出たチャグム(板垣瑞生)は、タルシュ帝国に対抗するには隣国との同盟が必要と祖父のトーサ(伊武雅刀)に訴え、針路をロタ王国に向けさせた…!

第3話 2017年2月4日「光の力」 視聴率 6.8%
 バルサ(綾瀬はるか)はアスラ(鈴木梨央)を狙う刺客から逃れ、国境の町で衣装店を営むマーサ(渡辺えり)の元へ。そこでアスラの笑顔を見てほっとする。一方、チキサ(福山康平)と共に人質となったタンダ(東出昌大)は、スファル(柄本明)から、アスラに宿った破壊神により再び人々が恐怖に支配されるのを許すのかとただされ、バルサの逃亡先を教えてしまう。サンガル王国に捕らわれたチャグム(板垣瑞生)は、命を狙われる。

第4話 2017年2月11日「笑う魔物」ラテ欄「笑う魔物〜綾瀬はるかvs狼!破壊神降臨」 視聴率6.5%
 サンガル王国に捕らわれたチャグム(板垣瑞生)は脱走するが、敵のもりを肩に受ける。負傷したチャグムを乗せた舟の前に密偵・ヒュウゴ(鈴木亮平)の海賊船が現れ、行く手を阻む。一方、バルサ(綾瀬はるか)はシハナ(真木よう子)から届いた脅迫状に従い、再びロタ王国を目指す。途中の野営地でオオカミの群れに襲われるが、アスラ(鈴木梨央)が一瞬でオオカミたちを殺す。高笑いするアスラはまがまがしい何者かに支配されていた。

第5話 2017年2月18日「聖なる場所へ」ラテ欄「聖なる場所へ〜つり橋の死闘」 視聴率 7.4%
 バルサ(綾瀬はるか)はアスラ(鈴木梨央)を知るタル人らと共に都を目指すが、彼らの影響でロタ人への憎しみを口にするアスラに「人を殺したいなんて思わないでくれ」と繰り返し言い聞かせる。つり橋で武装集団の襲撃を受けたバルサは、自ら盾となってアスラたちを先に行かせるが、背後からも襲われてしまう。一方、チャグム(板垣瑞生)はタルシュ帝国の属国となったヨゴ国に連行される。そこは、ヒュウゴ(鈴木亮平)の故郷だった。

第6話 2017年2月25日「帝国の牙」ラテ欄「帝国の牙〜高良健吾が鈴木亮平をつるし、板垣瑞生を誘惑する」 視聴率 6.3%
 バルサ(綾瀬はるか)はチャグム(板垣瑞生)がタルシュ軍に捕らわれたと聞き、心を乱す。圧倒的な国力をうかがわせるタルシュ帝国の都に着いたチャグムは、王子ラウル(高良健吾)に謁見(えっけん)。「国を滅ぼしたくなければ、父を殺してお前が帝になれ」と命じられる。抵抗するチャグムの前に、縛られたヒュウゴ(鈴木亮平)が引き出される。チャグムを属国であるヨゴ国へ連れて行ったことが裏切り行為だとみなされたという。

第7話 2017年3月4日「神の守り人」ラテ欄「神の守り人〜涙の最終決戦!」 視聴率 6.7%
 アスラ(鈴木梨央)に味方と信じ込ませたシハナ(真木よう子)はその力を利用し、王弟イーハン(ディーン・フジオカ)にロタ王国を統一させようとする。建国の儀が無事終われば、正統な王として認められるのだ。だが、南部領主が異を唱え、さらにタルの民がなだれ込んできて儀式は大混乱に陥る。シハナの幻術に惑わされたアスラが破壊神を降臨させようとした時、バルサ(綾瀬はるか)が「アスラに人殺しはさせない」と飛び込んでくる。

※2017年3月11日は「NHKスペシャル 東日本大震災「一斉解除〜原発事故6年 福島で何が…〜」」(21:00 〜 21:50)が放送のため、休止。

第8話 2017年3月18日「王子の足跡」ラテ欄「王子の足跡〜新章スタート!」 視聴率 6.6%
 チャグム(板垣瑞生)がロタ王国に向かったと聞いた二ノ妃(木村文乃)は、バルサ(綾瀬はるか)を捜すよう命じる。一方、チャグムが死んだと聞き無力感に襲われていたバルサだが、二ノ妃から用心棒に雇いたいと伝言を受け、生気がよみがえる。そして、チャグムが持つ宝石を手掛かりに捜索を始めるが、見つからない。実はチャグムは南部の大領主スーアン(品川徹)に捕らわれていた。焦るバルサの前に、ヒュウゴ(鈴木亮平)が現れる。

最終話 2017年3月25日「呼びあう魂」ラテ欄「呼びあう魂〜感動の完結編!」
 襲われたバルサ(綾瀬はるか)は、相手がロタ王国に仕える密偵と気付き、あえて捕まる。密偵の狙いはヒュウゴ(鈴木亮平)で、チャグム(板垣瑞生)を奪われまいとしていたのだ。そのチャグムは、南部領主の屋敷から脱出したものの、ロタ王の城を前に追っ手に囲まれる。危機を救ったのはシハナ(真木よう子)だった。イーハン(ディーン・フジオカ)に謁見(えっけん)したチャグムは、同盟を願い出る。その頃、バルサも城を目指していた。


番組公式サイト
(守り人シリーズ - Wikipedia)

『精霊の守り人 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(23) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

山田孝之のカンヌ映画祭 TOP

『山田孝之のカンヌ映画祭』(やまだ たかゆきの カンヌえいがさい)は2017年1月6日から同年3月24日まで、テレビ東京系にて毎週土曜0:52 - 1:23(金曜深夜)に放送されたドキュメンタリードラマ。全12話。


概要
山田孝之がカンヌ国際映画祭に向けて始めた映画制作の過程を記録した異色のドキュメンタリードラマ。監督は、「リンダ リンダ リンダ」や「苦役列車」などで知られる山下敦弘と、ドキュメンタリー監督の松江哲明が共同で担当する。

山田が山下を呼び出し、「(映画の)賞が欲しい」と告げるところからスタートする同作。世界最高峰のカンヌ国際映画祭で賞を取ろうと、映画製作に奔走する山田のひと夏の記録。果たして、山田が作る映画とは一体どのような内容なのか?


ストーリー 
2016年、夏。俳優の山田孝之は、映画監督の山下敦弘を呼び出し、世界最高峰の映画祭であるカンヌ国際映画祭で賞を取りたいと告げる。後日、とある場所で集まった山田と山下は、早速映画の内容について話し始め、制作をスタート。カンヌに向けてまい進していく。


出演
山田孝之(俳優)
山下敦弘(映画監督)
芦田愛菜(俳優)

映画「穢の森」演出部
渡辺直樹(チーフ助監督)
ヤング・ポール(セカンド助監督)
木村緩菜(サード助監督)

出演協力
ムロツヨシ(俳優、第1話)
佐藤忠男(映画評論家・日本映画大学学長、第2話)
天願大介(映画監督・脚本家・日本映画大学学部長/教授、第2話)
安岡卓治(映画プロデューサー・日本映画大学教授、第2話)
矢田部吉彦(東京国際映画祭プログラミングディレクター、第3話)
山崎裕(カメラマン、第3話,10-11話)
首くくり栲象(第3、7、11話)
有村昆(映画コメンテーター、第3話)
よしひろまさみち(ライター、第3話)
伊藤さとり(ライター)(第3話)
藤井ペイジ(芸人、第3話)
山内章弘(映画プロデューサー・映画プロデューサー。東宝株式会社映画企画部部長、第4話)
的場敬紀(ソニー・インタラクティブエンタテインメントマーケティングコミュニケーション部 チーフ、第4話)
稲垣歩駿(合同会社Temper Horse CEO、第4話、第8-11話)
荒木文夫(プロダクション・マネージャー、第5話)
小山内照太郎(ナント三大陸映画祭・日本映画担当、第5話)
ギヨーム・ブラック(映画監督、第6話)
ディミトリ・イアンニ(KINOTAYO現代日本映画祭チーフプログラマー・日本映画研究者、第6話)
オレリー・ゴデ(ロカルノ国際映画祭プログラマー、第6話)
ヨヴ・ムーア(カラリスト、第6話)
ヴァンサン・ワン(映画プロデューサー、第6話)
河瀬直美(映画監督、第6-7話)
村上淳(俳優、第7-8話)
長澤まさみ(俳優、第8-9話)
山田清孝(山田孝之の父、最終話)

スタッフ
監督 - 山下敦弘、松江哲明
ナレーター - 長澤まさみ
構成 - 竹村武司
チーフプロデューサー - 大和健太郎
プロデューサー - 藤野慎也、山本晃久
撮影 - 戸田義久
録音 - 山本タカアキ
音響効果 - 勝亦さくら、大塚智子
編集 - 今井大介
音楽 - スカート
オープニングテーマ曲 : フジファブリック「カンヌの休日 feat. 山田孝之」
エンディングテーマ曲: スカート「ランプトン」
協力 - 漫☆画太郎
制作協力 - 合同会社カンヌ
コンテンツプロデューサー - 小林昌平
アソシエイトプロデューサー - 浅野太
制作 - テレビ東京、C&Iエンタテインメント
製作・著作 - 「山田孝之のカンヌ映画祭」製作委員会


各話あらすじ(2017.1.6 - 2017.3.24)全12話
第1話 2017年1月6日「山田孝之、カンヌを目指す」
 俳優の山田孝之は、親交のある映画監督・山下敦弘を呼び出して、「カンヌ映画祭で賞を取りたい」と言う。後日、2人はある場所で、早速、映画の内容について話し始める。

第2話 2017年1月13日「山田孝之、カンヌを学ぶ」
 カンヌ映画祭を目指して映画制作に取り組むことになった山田孝之は「合同会社カンヌ」を設立。カンヌ映画祭について学ぶため、山田は監督の山下敦弘と主演の芦田愛菜と共に日本映画大学を訪問する。

第3話 2017年1月20日「パイロットフィルムを作る」※(1:07 〜 1:38)
 カンヌ映画祭で賞を取るためのヒントを日本映画大学で学んだ山田孝之、山下敦弘、芦田愛菜。3人は資金集めのためにパイロットフィルム制作に取り掛かる。

第4話 2017年1月27日「金を集める」
 映画制作に必要な資金を集めるためにパイロットフィルムを制作した山田孝之。フィルムを携えた山田は、芦田愛菜と山下敦弘監督と共に大手映画会社へ向かう。

第5話 2017年2月3日「カンヌを下見する」
 映画制作に必要な資金集めに難航していた山田孝之は、山田の大ファンという会社経営者から出資の約束を取り付ける。山田はカンヌへ下見に行きたいと言う。

第6話 2017年2月10日「フランスの映画人と会う」
 山田孝之と山下敦弘監督はカンヌ映画祭の会場を下見し、カンヌ事務局のスタッフにパイロットフィルムを渡す。さらに2人はフランスの映画人に会いに行く。 

第7話 2017年2月17日「山田孝之 覚醒する」
 山田孝之と山下敦弘監督は芦田愛菜と共にカンヌと関係が深いある監督に会うため奈良へ。監督から出演オファーを受けた山田は作品への出演を決断する。

第8話 2017年2月24日「山田孝之 キャスティングをする」
 山田孝之がプロデュースする映画「穢の森」は脚本は作らず斬新な手法で撮影を行うことに。山田は芦田愛菜以外の出演者決めでも斬新な発想を披露する。

第9話 2017年3月3日「村上淳 木になる」
 映画「穢の森」で重要な‘木’のキャスティングは候補が決まらず難航していた。一方で、父親役の役作りに励んでいた男性俳優に山田孝之はある提案をする。

第10話 2017年3月10日「長澤まさみ 悩む」
 山田孝之は映画「穢の森」の母親・さちこ役をある女優にオファーしていた。合同会社カンヌを訪れた彼女は、芦田愛菜や愛人・北沢役とリハーサルを行う。

第11話 2017年3月17日「芦田愛菜 決断する」※開始時間変更(1:12 〜 1:43)
 映画「穢の森」に母親・さちこ役で出演予定だった女優から断られた山田孝之。山田はさちこ役は俳優ではなくオブジェを使用することを独断で決めてしまう。

最終話 2017年3月24日「山田孝之 故郷へ帰る」
 映画「穢の森」クランクイン当日、予期せぬ方向へと動き出した山田孝之プロデュース映画の現場。数日後、山田はスタッフを誘い故郷・鹿児島へ向かった。


番組公式サイト
山田孝之のカンヌ映画祭 - Wikipedia

『山田孝之のカンヌ映画祭 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜 TOP

『バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜』は、2017年1月13日(金曜深夜)から同年3月31日まで、テレビ東京のドラマ24枠(毎週金曜 24:12〜24:52)で放送中。全12話。


概要
シェアハウスを舞台に、遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研の日本を代表する名脇役6人が本人役で全員主役を務めるコメディー。2002年のある特集記事で“日本映画界を支える俳優6人”に選ばれており、以降「いつか一緒に映画をやりたい」と語り合っていた仲だった彼らが、役作りのために共同生活するという設定で、物語は進行する。

ささいなことでけんかになったり、盛り上がったりとほほ笑ましい日常を送る一方、役者としてのすごみや矜持も垣間見せる6人。ゆるいけど格好いいおじさんたちの姿が、毎回笑いと感動を呼び起こす。メインの監督は、映画「アズミ・ハルコは行方不明」の松居大悟が務める。


ストーリー 
遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研の6人はある折、海外の動画配信サイトから大型ドラマの出演オファーを受ける。主演はある大物俳優で、監督も世界的なビッグネームだったが、監督から彼らに要望が入る。それは「役作りで、絆を深めるためシェアハウスで3カ月間の共同生活を送る」というものだった。

一緒に暮らし始めた6人は、ささいなことでいざこざを起こしつつも、中学生のように和気あいあいと日々を過ごしていく。だが、実は彼らは10年前のある仕事が原因で、おのおのにしこりを残していた。さらに、この大型ドラマにも秘密が隠されており、事態は意外な方向へ展開していく。


キャスト
遠藤憲一
遠藤憲一 役
1961年6月28日東京都出身。83年、「壬生の恋歌」(NHK)でドラマデビュー。眼力とこわもてを生かして数多くの悪役を演じ名を上げたが、近年はかわいい役柄や気弱なキャラクターも好演し、見た目とのギャップで視聴者を楽しませている。主な作品は「湯けむりスナイパー」(テレビ東京系)、「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」シリーズ、「民王」(ともにテレビ朝日系)、映画「土竜の唄」シリーズなど。

大杉漣
大杉漣 役
1951年9月27日徳島県出身。73年、別役実作品「門」で舞台デビュー。93年の映画「ソナチネ」出演が転機となり、映画・ドラマへの出演が相次ぐ。偉人からヤクザまでさまざまな役をこなす演技派で、「300の顔を持つ男」の異名を持つ。映画「HANA-BI」、「沈まぬ太陽」、舞台「だいこん役者」など代表作多数。

田口トモロヲ
田口トモロヲ 役
1957年11月30日東京都出身。78年、劇団「発見の会」に入団し、82年「俗物図鑑」で映画デビュー。映画「鉄男」、「植物男子ベランダー」シリーズ(NHK)など出演作多数。そのほか、映画監督として「色即ぜねれいしょん」「ピース オブ ケイク」などの作品を発表。ミュージシャンやナレーターとしても活躍し、ドキュメンタリー番組「プロジェクトX〜挑戦者たち〜」(NHK)のナレーションでも有名。

寺島進
寺島進 役
1963年11月12日東京都出身。85年に俳優デビュー。悪役を演じることに長け、北野武監督の映画作品などで人気を博す。最近では、大河ドラマ「真田丸」(NHK)での好演が記憶に新しい。主な出演作品は、「アンフェア」シリーズ、「京都地検の女」シリーズ(テレビ朝日系)、映画「キッズ・リターン」など。

松重豊
松重豊 役
1963年1月19日福岡県出身。86年、大学卒業と同時に蜷川幸雄が主宰する劇団「蜷川スタジオ」に入団。89年に同劇団退団後はフリーとなり、舞台、ドラマ、映画、Vシネマ、CMなどに多数出演。2012年、「孤独のグルメ」(テレビ東京系)で連続テレビドラマ初主演。同作はその後、シリーズ化されるなど人気を博し、演じた主人公・井之頭五郎も自身にとっての当たり役となった。

光石研
光石研 役
1961年9月26日福岡県出身。78年、高校在学中に映画「博多っ子純情」のエキストラのオーディションを受けたところ、いきなり主役に抜てきされてデビュー。淡々とした物言いと独特の笑顔を武器に、ドラマや映画で多彩なキャラクターを演じ分ける。出演した映画は数知れず、代表作は「Helpless」「紀子の食卓」「あぜ道のダンディ」「共喰い」など。

スタッフ
脚本:松居大悟、ふじきみつ彦、宮本武史
監督:松居大悟、横浜聡子、竹村謙太郎
プロデューサー:浅野太、濱谷晃一、田辺勇人、浅野敦也

エンディング:Forever Young/竹原ピストル


各話あらすじ 平均視聴率 2.11%
第1話 2017年1月13日「バイプレイヤーと主役」 視聴率 1.8%  
 遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研の6人の俳優(=いずれも本人)は、中国の動画配信サイトから大型ドラマの出演オファーを受ける。主演は大物俳優で、監督も世界的な人物だ。しかし監督から、役作りで絆を強めるためにシェアハウスで3カ月間、共同生活を送ってほしいという要望が。6人は戸惑いつつも和気あいあいと生活する。そんな彼らだが、実は10年前、仕事が原因でそれぞれにしこりが残っていた。

第2話 2017年1月20日「バイプレイヤーと共演NG」※0:27 〜 1:07 視聴率 1.9%
 寺島は、遠藤と松重が「キャラクターがかぶっているため共演NG」と書かれたインターネット記事を見つける。遠藤と松重は記事を穏やかに否定し、刑事ドラマ「相方」でW主演すると明かす。「相方」の撮影現場では、共演の荒川(荒川良々)が助監督から、遠藤と松重の前では「かぶる」という言葉を徹底的に禁止すると言われる。過去に2人が乱闘騒ぎを起こしたと聞いた荒川は、ピリピリとした雰囲気に緊張する。

第3話 2017年1月27日「バイプレイヤーとスキャンダル」 視聴率 2.8%
 光石(光石研)は連続ドラマ「W不倫の悲劇」で共演中の山口(山口紗弥加)に誘われ、自宅を訪問。手料理を堪能して楽しい時間を過ごし、気分よく帰ろうとした光石は、ほろ酔いの山口に引き留められる。そんな光石に「不倫大キャンペーン中」の週刊誌の影が忍び寄る。シェアハウスでは、大杉が、松重(松重豊)に深刻な顔で「10年前に撮影した自主映画フィルムが盗まれた。犯人は同居する6人の中にいる」と相談する。

第4話 2017年2月3日「バイプレイヤーとアクション」 視聴率 2.7%
 直感派の寺島(寺島進)と理論派の田口(田口トモロヲ)は、役作りにおいても気が合わない。自主映画頓挫の一因ともなった不仲の2人が、アクション映画で共演することに。だが、田口のこだわりで撮影が遅れ、寺島は彼に駄目出し。しかし、クライマックスシーンで高所恐怖症の寺島がためらい、険悪な空気になる。2人のやりとりを見ていた主演女優も困惑してしまい…。

第5話 2017年2月10日「バイプレイヤーと撮影中止」 視聴率 1.8%
 朝食中、松重(松重豊)以外の5人は、10年前に撮影した自主映画のフィルムを盗んだのは彼ではないかと密談していた。そんな中、6人は女性シンガーのミュージックビデオに全員で出演することに。しかも内容は学園ドラマ仕立ての‘フケメンパラダイス’とのことで、一同は戸惑う。松重は、イケメン若手俳優と女性シンガーを取り合う高校生役を演じる羽目になり…。

第6話 2017年2月17日「バイプレイヤーとパクリ疑惑」 視聴率 2.1%
 大杉(大杉漣)が「‘バイプレイヤーズ’の企画が売られた」と大騒ぎ。大杉は遠藤(遠藤憲一)に、企画書が持ち込まれたテレビ東京に確認してほしいと頼む。遠藤が松重(松重豊)を連れて訪ねたプロデューサーは、制作会社の担当者が辞めて困っていた。企画は担当者と脚本家が考えたもので、その脚本家はある俳優だという。大杉は、松重、光石(光石研)と共に俳優を待ち伏せする。

第7話 2017年2月24日「バイプレイヤーと悪役」 視聴率 2.0%
 自主映画フィルムの盗難も脚本の盗作も、全て大杉(大杉漣)のうそだった。「うそはなしにしよう」という松重(松重豊)の言葉に皆が同意する中、テレビでは寺島(寺島進)が悪役を演じる時代劇が流れる。寺島には、毎週のように手紙を送ってくる保育園児の兄と妹のファンがいた。感激した寺島は2人に会いに保育園へ。しかし、寺島が悪役のせいで、彼らはからかわれていた。それを見た寺島は、悪役をやめることを決意する。

第8話 2017年3月3日「バイプレイヤーとキー局制覇」 視聴率 2.0%
 大杉は4カ月前から「七人の侍」のリメーク企画の頓挫を知っていた。映画のフィルムを盗んだ犯人が5人の中にいると思いうそをついて共同生活をしていたのだ。激怒した5人は家を出て行く。そんな中、大杉は、不倫騒動でどん底だったが再起した俳優に遭遇。信頼回復の方法を聞くと、ゼロからやり直す覚悟で仕事をしたという。大杉は仕事を求めてテレビ局を回る。

第9話 2017年3月10日「バイプレイヤーと監督」 視聴率 1.9%
 10年前、ラストシーンを目前に撮影中止になった自主映画「バイプレイヤーズ」。大杉(大杉漣)は失踪中の監督・鬼屋敷を捜し出し、ラストシーンを撮ってもらいたいと他の5人に話す。だが、寺島(寺島進)らは「あの作品を終わらせた張本人」だと言い、協力を渋る。捜索を託された遠藤(遠藤憲一)と田口(田口トモロヲ)は、鬼屋敷が移住したと噂の「栗卒村」へ。そこは、住人が有名人にそっくりだという不思議な村だった。

第10話 2017年3月17日「バイプレイヤーとマドンナ」※開始時間変更(0:32 〜 1:12)
 盗まれたはずの映画「バイプレイヤーズ」のフィルムが、マドンナを演じた女優の家で見つかった。6人で確かめに行こうと盛り上がるが、光石だけは黙ったままだ。10年前、彼女の恋人役を演じて本気になり、ラブシーンをキャンセル。怒った彼女が降板し、撮影も中止になったからだ。ジャスミン(北香那)は光石に、彼女に謝るためにバラエティー番組出演の仕事を提示。応援団として、遠藤と松重の出演も決まる。

第11話 2017年3月24日「バイプレイヤーとタブー」
 「バイプレイヤーズ」のフィルムを取り戻した6人。大杉(大杉漣)が「帰ったら上映会をしよう」と言う横で遠藤(遠藤憲一)、松重(松重豊)、光石(光石研)の顔は浮かない。夜、6人とジャスミン(北香那)は上映会をする。ラストシーンを撮れば完成だと意気込む大杉だが、光石は「これ以上は無理だ」と言い出す。‘芸能界のドン’が愛人と映り込んでいるのだ。強行すれば芸能界追放の危機という状況の中、ある提案が舞い込む。

最終話 2017年3月31日」 「バイプレイヤーとバイプレイヤーズ」
 仲たがいや芸能界追放の危機などの困難を乗り越えた遠藤(遠藤憲一)、大杉、田口(田口トモロヲ)、寺島(寺島進)、松重(松重豊)、光石(光石研)は、俳優仲間の協力もあり、10年がかりで映画「バイプレイヤーズ」の製作にこぎ着ける。そんなある日、6人は‘芸能界のドン’に呼び出される。彼らの目の前には拳銃を持った男がいた。そして大杉ら‘バイプレイヤー’のシェアハウスでの共同生活が終わりを迎える。


番組公式サイト

『バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(19) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奪い愛、冬 TOP

『奪い愛、冬』(うばいあい ふゆ)は、2017年1月20日から同年3月3日まで、テレビ朝日系の「金曜ナイトドラマ」枠(毎週金曜日23時15分 - 翌0時15分)で放送された。全7話。主演は倉科カナ。


概要
不倫と大胆な濡れ場の描写で大きな話題を呼んだ、2016年版ドラマ「不機嫌な果実」(同系)のスタッフが再集結し、人気放送作家・鈴木おさむが脚本を担当する攻めの恋愛ドラマ。主演に倉科カナ、その婚約者役に三浦翔平を迎えて、ドロドロしているけどキュンとする金曜の夜の“ドロキュン劇場”が幕を開ける。


ストーリー 
デザイン会社に勤める池内光(倉科カナ)は、持ち前のガッツと優秀な頭脳で仕事をしっかりとこなし、婚約者・奥川康太(三浦翔平)との結婚も間近に控え、充実した日々を送っていた。そんな折、彼女の前に、かつて死ぬほど愛した元彼が出現。自分には康太という婚約者、元彼には妻がいるにもかかわらず、光は“禁断の愛”へと走りだしていく。

康太は優柔不断な面もあるが、やりたいことを実現するため、親のコネで入った会社を辞めて再就職するといった気概の持ち主。そんな康太の意志の強さは光への揺るがぬ愛にも表れていたが、彼女の心が離れていくに連れてもう1人の康太が覚醒し、嫉妬のあまり嫌な男へと変ぼうを遂げていく。


キャスト
池内 光(いけうち ひかる)
演 - 倉科カナ
デザイン会社「アッパーワークス」のデザイナー。
正義感が強く、先が読めてデキる女。同じ会社で付き合っている、同い年だが後輩の男性・奥川康太にプロポーズされ、婚約することに。仕事場では康太にも厳しく接するが、プライベートでは結婚を目前にウキウキした日々を送る。しかしある日、かつて死ぬほど愛していた元彼と突然再会してしまう。

奥川 康太(おくがわ こうた)
演 - 三浦翔平
池内光の婚約者。アッパーワークスのアシスタントデザイナー。別会社を経営する母親に溺愛されており、裕福な家庭で大事に育てられてきたからか、優柔不断の癒し系男子。

森山 信(もりやま しん)
演 - 大谷亮平
デザイン会社「ウルトラデザイン」のデザイナー。
旧姓は尾田。光の元彼で光がかつて死ぬほど愛した男。訳あって光の前から一方的に姿を消す。

森山 蘭(もりやま らん)
演 - 水野美紀(幼少期:佐山未安 / 学生時代:庭野結芽葉)
信の妻。3年前、大学の仲間で幼馴染の信が通り魔にナイフで襲われそうになったのを庇い右足に重傷を負う。

アッパーワークス
豊野 秀子(とよの しゅうこ)
演 - 秋元才加
アッパーワークス社員。康太への好意から光と康太の仲を引き裂こうとする。

武田 玄(たけだ げん)
演 - 三宅弘城
アッパーワークス制作部部長。光の上司。

ウルトラデザイン
加藤 清(かとう きよし)
演 - 西銘駿
ウルトラデザインのアシスタントデザイナー。信の後輩。

斎藤 道彦
演 - ミスターちん
ウルトラデザイン制作部部長。信の上司。

主要人物の家族
池内 麻紀(いけうち まき)
演 - キムラ緑子
光の母。女手一つで光を育ててきた。定食屋「ココロ亭」店主。

奥川 美佐(おくがわ みさ)
演 - 榊原郁恵
康太の母。

その他
尾上 礼香(おのうえ れいか)
演 - ダレノガレ明美
康太の元カノ。後述するスピンオフドラマでは主役を務める。

高木
演 - 小須田康人
羽木建設社員。創業50周年プロジェクト「ブランドリニューアル」の担当者。

スタッフ
脚本 - 鈴木おさむ
音楽 - 沢田完
ゼネラルプロデューサー - 横地郁英(テレビ朝日)
プロデューサー - 川島誠史(テレビ朝日)、遠田孝一(MMJ)、八巻薫(MMJ)
演出 - 樹下直美、星野和成、小松隆志
制作 - テレビ朝日、MMJ

主題歌 - AAA「MAGIC」(avex trax)
オープニングテーマ - Aimer「凍えそうな季節から」(SMEレコーズ)


各話あらすじ(2017.1.20 - 2017.3.3)全7話 平均視聴率 6.46%
第1話 2017年1月20日「奪われたら奪い返せ」 視聴率 6.6%
 デザイン会社で働く光(倉科カナ)はある日、アシスタントで恋人の康太(三浦翔平)からプロポーズされ承諾する。かつて心の底から愛した信(大谷亮平)に突然別れを告げられ、絶望した光。その傷を癒やしてくれた康太の愛に包まれ、光は今の幸せをかみしめる。そんな中、光は会社を代表し、建設会社のロゴデザインのコンペに参戦することに。康太とその説明会に向かった光の前に、ライバル会社のデザイナーとして信が現れる。

第2話 2017年1月27日「結婚直前…裏切りのホテル」 視聴率 5.1%
 光(倉科カナ)は信(大谷亮平)と会ったことを康太(三浦翔平)に打ち明け、改めて康太が好きだと伝える。だが、信に抱き締められたことは言えないでいた。一方、蘭(水野美紀)は信が前夜、女性といたことを執念で突き止める。そんな中、康太の実家を訪れた光は、調査した美佐(榊原郁恵)から自分の両親の駆け落ちについて初めて知らされ戸惑う。康太は光とある場所を訪れ、蘭と出会う。

第3話 2017年2月3日「妻の復讐…熱海へ」 視聴率 5.8%
 同僚の秀子(秋元才加)から、光(倉科カナ)が信(大谷亮平)の誕生日である2月29日を何かの暗証番号にしているのではと言われた康太(三浦翔平)は、光がスマートフォンの暗証番号を打つたびに気になる。その一方、康太は仕事で煮詰まっている光と温泉旅行へ行き、愛を確かめ合う。だが、2人の前に、秀子から旅行のことを聞いた美佐(榊原郁恵)が現れ、光は戸惑う。一方、蘭(水野美紀)は通り魔に刺された場所に信を連れて行く。

第4話 2017年2月10日「波乱のWデート旅行」 視聴率 6.5%
 秀子(秋元才加)は、光(倉科カナ)のSNSに「泥棒」などの悪口を書いた犯人が蘭(水野美紀)だと察し、彼女に会う。蘭から、光と信(大谷亮平)のある写真を見せられた秀子は、光には天罰が必要だと提案。一方、康太(三浦翔平)の実家を訪れた光は、ついに美佐(榊原郁恵)から結婚を許され喜ぶが、そこへ光と信の写真を引き延ばしたパネルが届く。激情に駆られた康太はそのパネルを壊し…。

第5話 2017年2月17日「逆転…奪い返す日」 視聴率 6.1%
 信(大谷亮平)の思わぬ告白に驚く光(倉科カナ)と蘭(水野美紀)。そこへ現れた康太(三浦翔平)が暴れ出し、制しようとした光が転んで頭を打って病院へ。康太は警察に捕まる。その後、美佐(榊原郁恵)が迎えに来て解放された康太は、美佐から「したいようにすればいい」と言われ笑顔を見せる。そんな中、信が光とは会わないから何もするなと蘭に懇願し、姿を消す。蘭と秀子(秋元才加)は美佐の自宅を訪ね、共に光への憎しみをぶちまける。

第6話 2017年2月24日「妻の秘密…衝撃の結末!」 視聴率 7.1%
 秀子(秋元才加)から、縁切り神社で光(倉科カナ)と信(大谷亮平)が別れるよう神頼みすればと言われ、憤る康太(三浦翔平)。さらに、光のバッグに入れた盗聴器の受信機を見せられた康太は、秀子に襲い掛かり、ますます心が壊れていく。一方の蘭(水野美紀)も、不気味な人形で光を呪っていた。そんな中、光はけじめをつけようと、康太に婚約破棄を頼む。笑顔で承諾する康太だが、その後、縁切り神社を訪れ、同じ思いの蘭と出会う。

最終話 2017年3月3日「雪山で涙の最終決戦!」 視聴率 8.0%
 康太(三浦翔平)が蘭(水野美紀)の秘密を光(倉科カナ)や信(大谷亮平)らに暴露する。直後、信は倒れ、病院へ。信の病気のことを聞いた蘭は、秀子(秋元才加)の協力を得て、光が目を離した隙に信を自宅に連れ帰ろうとする。光と康太が追いつく中、目覚めた信は隠していたことを話してほしいと蘭に告げる。全てを告白し、そこまでして信を手に入れたかったと訴える蘭。蘭の行為が許せない光。2人を前にした信は、蘭の方へ歩み寄る。


番組公式サイト
奪い愛、冬 - Wikipedia
タグ:奪い愛、冬

『奪い愛、冬 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下剋上受験 TOP

『下剋上受験』(げこくじょうじゅけん)は、TBS系「金曜ドラマ」枠(毎週金曜22時 - 22時54分)にて2017年1月13日から放送された。全10話。主演は阿部サダヲ。初回15分拡大。


原作概要
『下剋上受験』は、「にほんブログ村」中学受験ブログランキングで閲覧数第1位の桜井信一が、自身の経験をノンフィクションで書き下ろした書籍である。

2014年7月18日に産経新聞出版から単行本が刊行された。2016年12月22日には、桜井家のその後を描いた「文庫版あとがき」と「桜井佳織より」を収録した文庫版が出版された。


ドラマ概要
学歴コンプレックスを前向きに乗り越えてきた中卒の父が、偏差値41の娘を塾にも行かせず、二人三脚で最難関中学を目指した奇跡の実話をドラマ化。同名のノンフィクション書籍を原作に、主人公の桜井信一を阿部サダヲ、同じく中卒の妻・香夏子を深田恭子が演じ、娘の佳織役には、オーディションで約250人の中から選ばれた山田美紅羽が扮する。

脚本は、ドラマ「ナースのお仕事」「お金がない!」(ともにフジテレビ系)などを手掛けた両沢和幸が担当。受験シーズンに、笑って泣ける家族の奮闘を描く“受験ホームコメディー”を展開する。


ストーリー 
下町の古い集合住宅に暮らす桜井家は、大黒柱の桜井信一(阿部サダヲ)、妻の香夏子(深田恭子)、小学5年生の一人娘・佳織(山田美紅羽)の3人家族。桜井家は代々中卒で、信一も中学を卒業し、現在は不動産会社の営業マンとして働いていた。

しかし、名門大学卒の新人・楢崎哲也(風間俊介)に高級物件の担当客を奪われてしまい、学歴が将来に与える影響を考え始める。さらに、佳織が受けた「全日本統一小学生テスト」の結果が散々なものだったことが分かり、勉強や学歴に対して落胆する娘の姿を見て、信一は二人三脚で中学受験を目指すことを決意する。


キャスト
桜井家
桜井 信一(さくらい しんいち)〈40〉
演 - 阿部サダヲ
主人公。佳織の父で元不良の中卒。

桜井 香夏子(さくらい かなこ)〈33〉
演 - 深田恭子
佳織の母で元ギャルの中卒。信一の妻。

桜井 佳織(さくらい かおり)〈10〉
演 - 山田美紅羽
信一・香夏子の娘。小学校5年生。

桜井 一夫(さくらい かずお)〈65〉
演 - 小林薫
信一の父で大工。

スマイベスト不動産
楢崎 哲也(ならざき てつや)〈33〉
演 - 風間俊介
信一の会社の後輩。東西大学卒業。

長谷川 光秀(はせがわ みつひで)
演 - 手塚とおる
部長。

徳川家
徳川 直康(とくがわ なおやす)〈40〉
演 - 要潤
東京大学卒業。大企業「トクガワ開発」二代目社長。信一の元同級生。

徳川 麻里亜(とくがわ まりあ)〈10〉
演 - 篠川桃音
直康の娘。佳織の小学校に転校してきた。

芳江
演 - 山野海
家政婦。

その他
小山 みどり(こやま みどり)〈24〉
演 - 小芝風花
佳織が通う小学校の担任の先生。

松尾(まつお)〈40〉
演 - 若旦那
信一の地元仲間で、居酒屋店主。

竹井(たけい)〈40〉
演 - 皆川猿時
信一の地元仲間で、理容師。

梅本(うめもと)〈40〉
演 - 岡田浩暉
信一の地元仲間で、酒屋。

杉山(すぎやま)〈38〉
演 - 川村陽介
信一たちの後輩で、大工の一夫の弟子。

山之内 賢太
演 - 野間口徹
「羽柴進学塾」受付担当。

黒崎
演 - 菊田大輔
麻里亜の家庭教師。

ゲスト
第1話
安西 恭子 - 山下容莉枝

第2話
樋口先生 - 津田寛治

第4話
大河原 - 岡山天音

第5話
中津川晴美 ‐ 黒坂真美

第7話
朝比奈医師 ‐ 佐野史郎

矢崎多恵 ‐ 金沢きくこ

大久保先生 - 石井大裕

スタッフ
原作 - 桜井信一『下剋上受験』(産経新聞出版)
脚本 - 両沢和幸
音楽 - 出羽良彰
演出 - 福田亮介、吉田秋生
プロデューサー - 渡辺良介、八木亜未
教材協力 - 馬渕教室
製作著作 - 大映テレビ、TBS

主題歌 - 斉藤和義「遺伝」(スピードスターレコーズ)


各話あらすじ(2017.1.13 - 2017.3.17)全10話 平均視聴率 8.16%
第1話 2017年1月13日「中卒家族が最難関中学に挑む!」※初回15分拡大(22:00 〜 23:09)
 下町の古い団地で暮らす不動産会社の営業マン・信一(阿部サダヲ)は、妻・香夏子(深田恭子)、小学5年生の娘・佳織(山田美紅羽)と3人暮らし。家族は仲良しだが、信一夫婦は揃って中卒で、佳織の成績も芳しくない。ある日、信一は名門大学出身の新入社員・楢崎(風間俊介)に、高級物件の担当客を譲る羽目に。学歴が必要なのではと感じ始めた信一は、入塾のテストを佳織に受けさせようとするが、香夏子は乗り気ではなく…。

第2話 2017年1月20日「奇跡の人生大逆転へ!父と娘の勉強開始!」
 佳織(山田美紅羽)が中学受験を決意した。塾に通わせたくない信一(阿部サダヲ)は、参考書を買い込んで勉強を始めるが、内容がさっぱり理解できない。そんなある日、佳織のクラスに麻里亜(篠川桃音)が転校してくる。麻里亜は、大手建設会社の社長・徳川(要潤)の娘で、全国テストでも上位の成績を誇る実力者。麻里亜も佳織と同じく、中学受験に挑む予定で、担任・みどり(小芝風花)を無視して、授業中に自分の勉強を進める。

第3話 2017年1月27日「家庭訪問で大バトル!親の見栄と娘の願い!」
 香夏子(深田恭子)の理解も得られ、信一(阿部サダヲ)と佳織(山田美紅羽)は中学受験に向けて本格的に勉強を開始。だが、信一は自分で教えると宣言したものの、何から手を付けてどう進めていけばいいか見当もつかない。そこで、楢崎(風間俊介)のアドバイスに従い、進学塾の卒業生の親から使い終わった塾のテキストを無料で譲ってもらう。喜ぶ信一を尻目に、楢崎は仕事をないがしろにして受験に熱中する信一に不満を募らせる。

第4話 2017年2月3日「私も家族の役に立つ!母の決心と旅人算」
 信一(阿部サダヲ)の仕事ぶりに業を煮やした楢崎(風間俊介)が、今回は自分一人の成果だと主張した。信一は、楢崎の気持ちに気付けなかったこと、そして仕事も受験勉強も中途半端になっている現状を反省し、辞表を提出。繁華街でティッシュ配りの仕事を始める。やがて、香夏子(深田恭子)は楢崎から、信一が仕事を辞めたことを聞く。心配した香夏子は信一に対し遠巻きに仕事の話を振るが、信一は本当のことを言わずにごまかす。

第5話 2017年2月10日「妻は就職夫は主夫!娘は勝負の全国模試」
 香夏子(深田恭子)が、信一(阿部サダヲ)の勤めていた不動産会社で働き始める。信一は佳織(山田美紅羽)の世話と家事を担当するが、香夏子が他の男性に目を付けられないか心配でならない。一方、靴を泥まみれにされた麻里亜(篠川桃音)が学校を欠席した。心配した佳織は学校で見掛けた徳川(要潤)に頼み、麻里亜の自宅を訪問する。麻里亜に会い、部屋に招き入れられた佳織は、そこで一緒に志望校の過去問題を解いてみるが…。

第6話 2017年2月17日「父と娘の大喧嘩!受験までの最後の休日」
 信一(阿部サダヲ)は全国模試で佳織(山田美紅羽)の偏差値が52まで上がったことを喜ぶ。だが、その後は伸び悩み、結果が出ないまま6年生に。一方、麻里亜(篠川桃音)の成績は落ち始めていた。徳川(要潤)は佳織との付き合いが原因と考え、信一に「2人の交流をやめさせて勉強に集中させよう」と提案。信一はそれを受け入れ、佳織に麻里亜との付き合いを禁じる。佳織はショックを受け、香夏子(深田恭子)に抱きついて号泣する。

第7話 2017年2月24日「遺伝するのは魂だ!娘の反抗期対処法!」
 信一(阿部サダヲ)は、佳織(山田美紅羽)の受験勉強の後押しや家事に追われる日々を送る。精神的に追い詰められた信一は、佳織や香夏子(深田恭子)にきつく当たり、そんな自分に危険を感じて病院を訪問。そこに、仕事のストレスに悩む徳川(要潤)が現れる。香夏子から信一の状態や仕事の愚痴を聞いた一夫(小林薫)は長谷川(手塚とおる)にある頼み事をする。そんな中、けが予防のため体育の授業は休むよう信一から言われた佳織は…。

第8話 2017年3月3日「スランプ脱出!絶対に諦めない家族の絆」
 信一(阿部サダヲ)が倒れ、そのまま検査入院することになる。病院で佳織(山田美紅羽)の全国模試の結果を聞いた信一は、答案を細かくチェックして、考え方は間違えてないのにミスが多いことに着目。結果がバツなら全く分からなかった子と同じだと佳織に伝える。やがて、退院の日を迎えた信一だったが、家賃の未払いで家族は自宅を追い出されてしまい、ひとまず一夫(小林薫)の家へ。一夫は家の売却を考えていたが…。

第9話 2017年3月10日「入試本番涙のクライマックスへいざ出陣」
 佳織(山田美紅羽)の成績が全国模試で初めて偏差値60を超えた。信一(阿部サダヲ)は、3学期は受験まで佳織に学校を休ませることを決意。みどり(小芝風花)にそれを伝える。一方、信一は保護者面接の存在を知り、楢崎(風間俊介)に頼んで練習を行う。楢崎から「併願も検討すべき」と助言されるが、信一は「桜葉学園」一本に絞る姿勢を崩さない。そんな中、過去問に苦しむ佳織が「桜葉じゃなくてもいい?」と逃げ腰になり…。

最終話 2017年3月17日「勉強で人生が変わる!奇跡の合格発表」
 香夏子(深田恭子)が差し出したものを手にした信一(阿部サダヲ)は驚く。受験勉強に立ち向かう佳織(山田美紅羽)の頑張りに心を動かされた香夏子が、信一にも佳織にも内緒で用意したのだった。強くたくましくなった佳織の姿に目をみはる信一。そんな2人を見た一夫(小林薫)は、香夏子に感謝するとともに、自分は信一にいい教育を与えてやれなかったと自省する。後日、徳川(要潤)と会った信一は、娘たちの幸せに思いをはせる。

各話視聴率


番組公式サイト
タグ:下剋上受験

『下剋上受験 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お母さん、娘をやめていいですか? TOP

『お母さん、娘をやめていいですか?』は、2017年1月13日から同年3月3日まで、NHK総合・ドラマ10枠(毎週金曜 22:00〜22:50)にて放送された。全8話。


概要
波瑠と斉藤由貴の共演で、複雑に絡む娘と母の関係を描くモンスターホームドラマ。一番の親友であり、まるで恋人のようでもあった母娘が、ある男性の登場で泥沼の三角関係に一変。母の呪縛から逃れようとする娘と、娘を奪われたくないという気持ちから次第に暴走していく母とで、激しく火花を散らす愛憎バトルを展開する。

2人が親しくなる住宅メーカーの社員役を柳楽優弥、仕事一筋で母と娘の関係に踏み込めないでいる父親役を寺脇康文が演じる。

脚本は、NHK連続テレビ小説「ひまわり」、「GOOD LUCK!!」(TBS系)などで知られる井上由美子が担当する。


ストーリー 
娘の早瀬美月(波瑠)と母・顕子(斉藤由貴)は、美月の受験や就職活動も二人三脚で乗り越えてきた、まるで恋人のように仲のいい親子。ある日、新築することになった早瀬家に、住宅メーカーの松島太一(柳楽優弥)が出入りするようになると、彼を気に入った顕子が美月と付き合うように後押しする。

松島と出会った美月は、自分が無意識に母親の顔色ばかり見て生きてきたことを自覚するようになる。そして、顕子は次第に娘が変わり、自分から離れていくことに動揺。一番大切なものを奪われたくないあまり、心の奥の危険なスイッチを入れて松島を誘惑してしまう。


キャスト
早瀬家
早瀬 美月(はやせ みづき)〈25〉
演 - 波瑠
女子高の英語教師。母親が一番の親友で、ファッションや食の趣味も一致している。松島と出会い、人懐っこい性格に次第に惹かれていく。

早瀬 顕子(はやせ あきこ)〈50〉
演 - 斉藤由貴
美月の母。趣味で人形作りのアシスタントをしている。一人娘の美月に惜しみない愛情を注いできた。美月に松島と交際するよう薦める。

早瀬 浩司(はやせ こうじ)〈54〉
演 - 寺脇康文
美月の父。食品会社に勤務。会社人間で、家庭のことは顕子に任せきりにしていた。実は会社でリストラ対象になっているが、家族には言えないでいる。

オアシスハウジング
松島 太一〈28〉
演 - 柳楽優弥
新築する早瀬家を担当する住宅メーカーの現場監督。顕子に後押しされて美月と交際するようになるが、仲が良すぎる母娘の関係に少しずつ危うさを感じる。

立原 真紀
演 - 壇蜜
早瀬邸新築担当の設計技師。
松島の先輩。松島とつき合っていたことがある。

私立女子高
後藤 礼美(ごとう あやみ)
演 - 石井杏奈(E-girls)
美月が担当する生徒。

太田 和幸
演 - 眞島秀和
英語科主任。一時、美月と付き合っていた。

早瀬浩司の同僚
雪村 勝治
演 - 棚橋真典

御手洗 孝史
演 - みのすけ

村主 栄三
演 - 佃典彦

その他
牧村 文恵(まきむら ふみえ)
演 - 麻生祐未
顕子の大学時代からの友人。「まきむらふみえ人形教室」主宰。

川端 玲子
演 - 大空眞弓
美月の祖母で、顕子の母。老人ホームに入居している。

川端 貴之
演 - 中村靖日
顕子の弟。

川端 和子
演 - 太田彩乃
川端貴之の妻、顕子の義妹。

後藤 佳代子
演 - 池津祥子
後藤礼美の母親。シングルマザー

スタッフ
作 - 井上由美子
音楽 - 富貴晴美
演出 - 笠浦友愛、佐藤譲、大橋守(NHK名古屋放送局)
制作統括 - 櫻井壮一(NHK名古屋放送局)
制作 - NHK名古屋放送局

主題歌 - サラ・オレイン「Little Doll」


各話あらすじ(2017.1.13 - 2017.3.3)全8話 平均視聴率 5.71%
第1話 2017年1月13日「危険な蜜月」 視聴率 5.0%
 早瀬家は美月(波瑠)と母・顕子(斉藤由貴)、父・浩司(寺脇康文)の3人家族。顕子と恋人のように仲がいい美月は、母の完璧なサポートで育ち、現在は女子高校で英語教師を務めている。ある日、新築中の早瀬家を担当する住宅メーカーの現場監督・松島(柳楽優弥)が不思議な人懐っこさで母子と親しくなる。松島を気に入った顕子は美月に彼と付き合うよう促す。美月は松島と初めてのデートに出掛けるが、2人を顕子が尾行して…。

第2話 2017年1月20日「三角関係」 視聴率 5.4%
 初デートで松島(柳楽優弥)から交際を申し込まれた美月(波瑠)は、突然のことに驚き、断ってしまう。顕子(斉藤由貴)が、嫌がる美月を松島と再び強引にデートさせようとすると、松島はそれでは3人でデートしたらどうかと提案する。3人のデートは思いの外、楽しいものになり、美月と松島は急接近する。だが、松島に仕事の悩みまで相談し始めた美月を見た顕子は、一転して松島と付き合うのをやめるよう、美月に告げる。

第3話 2017年1月27日「暴走」 視聴率 4.5%
 美月(波瑠)は顕子(斉藤由貴)に反発し、松島(柳楽優弥)と付き合うことにする。そんな折、顕子が突然倒れてしまう。美月は顕子を気遣い、いったんは松島と距離を置こうとする。だが、顕子が回復すると、美月は再び松島に会いに行く。その美月の後を顕子が付けていた。尾行に気付き怖くなった美月は、顕子を振り切り、松島の元へたどり着く。一方、取り残された顕子は、建築中の早瀬家の美月の部屋に夜、一人で忍び込む。

第4話 2017年2月3日「甘い罠」 視聴率 6.0%
 美月(波瑠)の元に、祖母・玲子(大空眞弓)が倒れたとの連絡が入った。美月は顕子(斉藤由貴)、浩司(寺脇康文)と共に、玲子が入居している老人ホームに駆け付ける。玲子は顕子に「駄目な子ね」と言い残し、亡くなる。玲子の通夜の席で顕子は取り乱し、浩司と言い争いになる。そして、その日から顕子は‘子ども返り’して、美月に甘え始める。そんな母の姿を見て、美月は松島(柳楽優弥)との付き合いをしばらくやめようとする。

第5話 2017年2月10日「裏切り」 視聴率 5.2%
 建築現場を訪れた顕子(斉藤由貴)は松島(柳楽優弥)に苦しい胸の内を打ち明ける。自分の胸にもたれかかり、涙を流す顕子の姿を見た松島は、思わず抱き締めてしまう。それを知った美月(波瑠)は、顕子を問い詰める。だが、顕子は松島の方から抱き付いてきたと言う。顕子のことが信じられなくなった美月は、家を出て松島の部屋に行くことを決意する。そして顕子の人形展が開かれる日、美月は顕子に黙って家を出ようとする。

第6話 2017年2月17日「毒りんご」 視聴率 5.9%
 美月(波瑠)はようやく家を出て、松島(柳楽優弥)の部屋に引っ越した。ところが、住所を突き止めた顕子(斉藤由貴)が突然、部屋にやって来る。そして、顕子はいつの間にか合鍵を作り、松島の部屋に勝手に入るようになる。顕子は、部屋を掃除したり、美月の服を着たりして、まるで自分が恋人の部屋にいるような気分に浸る。そのことを知った美月は混乱する。その頃、美月の勤務先の学校では、文化祭の準備が進んでいた。

第7話 2017年2月24日「出口なし」 視聴率 7.6%
 文化祭にやって来た顕子(斉藤由貴)は生徒・礼美(石井杏奈)の母・佳代子(池津祥子)とけんかになり、大騒動に。そして、美月(波瑠)の目の前で、佳代子が階段から転落するという事故が起きる。美月は責任を問われ、一時的に学校を休むよう言われる。美月は、家に帰ってきなさいと言う顕子を拒否し、連絡も絶つ。一方、浩司(寺脇康文)は会社に辞表を提出し、顕子にやり直したいと伝える。そんな中、新居の引き渡しの日が近づく。

最終話 2017年3月3日「人形の家」 視聴率 6.1%
 顕子(斉藤由貴)は美月(波瑠)を新居の部屋に閉じ込め、自分の元に戻るように説得する。美月は拒否するが、それなら「自分を殺して」とまで言う顕子を見て、いったん家に帰ることにする。そんな2人の姿を見た浩司(寺脇康文)は、結局、元に戻っただけかと思い、落胆する。そんな中、松島(柳楽優弥)が美月と顕子の前に突然現れ、美月を強引に連れ出してしまう。そして、松島は美月と共に、長年会っていなかった母親を訪ねる。


番組公式サイト
お母さん、娘をやめていいですか? - Wikipedia

『お母さん、娘をやめていいですか? TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(7) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三匹のおっさん3〜正義の味方、みたび!!〜 TOP

『三匹のおっさん3〜正義の味方、みたび!!〜』は、2017年1月20日から同年3月10日まで、テレビ東京系で『金曜8時のドラマ』(金曜19:58 - 20:54)枠にて放送された。全8話。主演は北大路欣也。
初回15分拡大(20:00 〜 21:09)、最終回は2時間スペシャル(20:00 〜 21:48)。


第1シリーズ
『三匹のおっさん〜正義の味方、見参!!〜』
2014年1月17日から同年3月14日まで、テレビ東京系で『金曜8時のドラマ』(金曜19:58 - 20:54枠)で放送された。全8話。
初回は54分拡大の2時間スペシャル(19:58 - 21:48)。最終回は69分拡大のスペシャル(19:58 - 22:03)。

第2シリーズ
『三匹のおっさん2〜正義の味方、ふたたび!!〜』
2015年4月24日から同年6月12日まで、第1シリーズ同様テレビ東京系「金曜8時のドラマ」枠(毎週金曜日19:58 - 20:54)で放送された。全8話。
初回15分拡大(19:58〜21:09)、最終回は2時間スペシャル(19:58 〜 21:48)。


概要
有川浩の人気シリーズを基に、かつての悪ガキ3人組である清田清一(北大路欣也)、立花重雄(泉谷しげる)、有村則夫(志賀廣太郎)が結成した私設自警団が、近所にはびこる悪を“斬って”いく痛快ドラマの第3シリーズ。

2014年に放送された第1弾では、最終回で同局のプライムタイムの連続ドラマ(時代劇を除く)史上最高となる12.6%の高視聴率を獲得。15年放送の第2弾でも第1話の視聴率が 11.0%を記録するなど人気を示した。今回は、外国人旅行客をターゲットにした民泊詐欺事件が扱われるなど、現代社会を反映してさらにスケールアップしたトラブルを、清一らが腕っ節と頭脳のチームワークで解決していく。


ストーリー 
定年退職後、近所のゲームセンターに再就職した剣道の達人・清田清一(北大路欣也)。同じく武闘派の柔道家で、居酒屋の元亭主・立花重雄(泉谷しげる)。機械をいじらせたら無敵の工場経営者・有村則夫(志賀廣太郎)。かつて「三匹の悪がき」と呼ばれていた彼らは、何かと物騒になってきた町を守るため、町内をパトロールする自警団“三匹のおっさん”を結成し、近所の悪を果敢に成敗していた。

だが、夜回りを続けていた彼らの前に、現代社会にはびこるさまざまな事件や悪人がまたしても出現。清田の孫・祐希(大野拓朗) と有村の娘・早苗(三根梓)の大学生コンビと共に、再び立ち上がることになる。


キャスト
北大路欣也
清田清一 役
通称・キヨ。熱い正義感の持ち主。定年退職し、ゲームセンターの嘱託社員として再就職。還暦を迎えた今でも、剣道の腕はにぶっていない。

泉谷しげる
立花重雄 役
通称・シゲ。居酒屋「酔いどれ鯨」の元亭主。店は息子夫婦に任せているが、“三匹のおっさん”のたまり場でもある。武闘派で柔道の腕に覚えあり。

志賀廣太郎
有村則夫 役
通称・ノリ。町工場「有村電業」の社長。機械を触らせたら無敵の頭脳派だが、まな娘の早苗にはめっぽう弱い。

ゲスト
第3シリーズ
第1話
アンナ(父親を探すために来日した女性) - シャーロット・ケイト・フォックス
中尾 圭介(「中尾写真館」店主) - 長谷川初範  
中尾 真希(中尾の娘) - 相楽樹  
近藤 祥太(「中尾写真館」バイト) - 木村了  
岩下 伸吾(真希の婚約者) - 柳下大
岩下 雅彦(伸吾の父) ‐ 佐々木省三
岩下 文子(伸吾の母) ‐ 小夏ゆみこ
祥太の仲間 - 福崎峻介、渡辺隼斗
窃盗犯 - 石塚義之(アリtoキリギリス)

第2話
三枝 洋子(「万福」店主) - 根岸季衣
三枝 誠(洋子の息子) - 内田朝陽
田辺 晃平(「とんてんラーメン」社長) - 阿南健治
杉下 広行(誠の幼馴染) - 脇知弘

第3話
荒木 行雄(演劇プロデューサー) - 前川泰之
栗田 貴一 - 小倉久寛(第3シリーズ最終話)
栗田 美奈代 - ふせえり(第3シリーズ最終話)
横山 和孝 - 田窪一世
泉 賢造 - 福本伸一
村松 洋子(元新劇女優) - 丘みつ子

第4話
森田 祐介 ‐ 肥後克広
横沢 ‐ 金子昇
山本 ‐ 山本圭祐
河野 真由美 ‐ 松山愛里

第5話
本間 優一(元プロ野球選手) - 徳重聡
近藤 和也 - 金山一彦
近藤 沙織(和也の妻) - 安達祐実
葛西 伸幸 - 佐藤正宏

第6話
佐々木 いずみ ‐ 酒井若菜
遠山 吾郎 ‐ 田口浩正
遠山 美咲(吾郎の娘) ‐ 真家有里奈
松岡 直人(いずみの幼馴染) ‐ 敦士

第7話
キャッチ松本(健児の同級生・お笑い芸人) - 橋本じゅん
近藤(「東新宿芸能社」社長) - 渡辺正行
富岡(「お達者クラブ」会長) - 大河内浩
近藤の手下 - 大原研二、吉田メタル
斎藤 幸子 - 上村依子 
頭山 三郎(笑いの脳科学 博士) - 芋洗坂係長

最終話
栗田 博光(栗田の息子) ‐ 今井悠貴
柏木 卓也(柏木の息子) ‐ 西山潤
大冴 ‐ 久保田悠来
イージンレイ ‐ 小松彩夏
杉浦 亮平(杉浦の息子) ‐ 中村靖日
柏木 牧子(柏木の妻) ‐ 須藤理彩
柏木 善信 ‐ 佐野史郎
杉浦 健作(清一の高校の先輩) ‐ 石橋蓮司

スタッフ
原作:有川浩「三匹のおっさん」シリーズ(講談社)
脚本:江頭美智留、鈴木聡、森ハヤシ、深沢正樹
監督:猪原達三、白川士、大内隆弘
プロデューサー:山鹿達也、阿部真士、井上竜太

主題歌:オワリはじまり/かりゆし58


各話あらすじ(2017.1.20 - 2017.3.10)全8話 平均視聴率 7.09%
第1話 2017年1月20日「帰ってきた三匹のおっさん 悪質!?民泊詐欺を成敗!」 ※初回15分拡大(20:00 〜 21:09) 視聴率 8.9%
 家族と初詣に来ていた清一(北大路欣也)、重雄(泉谷しげる)、則夫(志賀廣太郎)の3人は窃盗犯を捕まえ、私設自警団‘三匹のおっさん’の復活を宣言する。商店街では、父親を捜すために来日したアンナ(シャーロット・ケイト・フォックス)ら外国人観光客を狙った「民泊詐欺」が発生。清一らは、アンナが持っていた民泊先の写真が写真館店主・中尾(長谷川初範)が撮影したものと突き止めるが、心当たりがないと中尾に一蹴される。

第2話 2017年1月27日「町内でラーメン戦争勃発!三匹のおっさんVS悪徳ラーメン店」 視聴率 7.8%  
 清一(北大路欣也)、重雄(泉谷しげる)、則夫(志賀廣太郎)は夜回り中、洋子(根岸季衣)が一人で切り盛りするなじみのラーメン店の前に、ごみ袋を捨てる男を目撃。捕まえようとするが、見失ってしまう。一方、駅前に人気のワンコインラーメン店がオープン。洋子の息子で会社員の誠(内田朝陽)は、その駅前の店の社長・田辺(阿南健治)から、洋子が断ったフランチャイズ化を再度、検討してほしいと頼まれる。洋子の体を心配する誠は…。

第3話 2017年2月3日「 三匹がシルバー劇団に入団!? 夢を踏みにじる悪を成敗!」 視聴率 7.0%
 栗田(小倉久寛)ら商店街の面々がシルバー劇団を結成し、元新劇女優・洋子(丘みつ子)の指導の下、旗揚げ公演を控えていた。ひょんなことから清一(北大路欣也)は殺陣指導、則夫(志賀廣太郎)は音響を担当し、重雄(泉谷しげる)は出演者として参加することに。そんな中、洋子が連れてきた演劇プロデューサー・荒木(前川泰之)が有名劇場での旗揚げ公演を提案する。盛り上がる劇団員たちだが、500万円掛かると聞いて尻込みする。

第4話 2017年2月10日「三匹の家族を狙う魔の電話! 最新オレオレ詐欺を成敗!」 視聴率 7.0%
 清一(北大路欣也)は芳江(中田喜子)、貴子(西田尚美)と「若返り脳体操」の無料講習会を受けに公民館へ。そこには登美子(藤田弓子)や則夫(志賀廣太郎)、早苗(三根梓)の姿もあった。一同はリーダー・森田(肥後克広)の指導で体操に励み、アシスタントの横沢(金子昇)らがアドバイスして回る。数日後、貴子へ健児(甲本雅裕)を装った人物から「100万円の入ったかばんを無くした」という聞き取りづらい電話がかかってくる。

第5話 2017年2月17日「親の野心に火をつける甘い罠! 少年野球チームを守れ!」 視聴率 6.5%
 清一(北大路欣也)は、少年野球チームの監督を務める理髪店店主・葛西(佐藤正宏)から相談を受ける。元プロ野球選手・本間(徳重聡)を新コーチとして迎えることになったが、チームに在籍していた清一の孫・祐希(大野拓朗)にも頼みたいという。数日後、コーチになった本間と祐希は、大輔(坂田湧唯)らチームの子どもたちにあいさつする。大輔の母・沙織(安達祐実)ら保護者は、自分の子を試合に出してほしいと躍起になる。

第6話 2017年2月24日「三匹が子供たちに大苦戦!? 子供食堂を狙う悪党を成敗!」 視聴率 6.8%
 清一(北大路欣也)、重雄(泉谷しげる)、則夫(志賀廣太郎)は、貴子(西田尚美)の元パート仲間・克恵(木野花)がオーナーを務め、子どもに格安あるいは無料で食事を提供する食堂を手伝うことに。そこで貴子は、一人で娘・美咲(真家有里奈)を育てる高校時代の同級生・遠山(田口浩正)と再会。彼がボランティアスタッフ・いずみ(酒井若菜)に好意があると気付いた貴子は、仲を取り持とうとする。そんな中、食堂が悪質な嫌がらせを受ける。

第7話 2017年3月3日「三匹vs悪徳"訪問販売"!! 絶交した親友と涙の再会!?」 視聴率 7.1%
 芳江(中田喜子)が手伝う老人健康クラブに、かつて大人気だった芸人・キャッチ松本(橋本じゅん)を呼ぶことに。実は松本と健児(甲本雅裕)は元同級生で漫才コンビを組んでいたが仲たがいをして疎遠になっていた。清一(北大路欣也)から友情の大切さを諭され、思い切って連絡を取った健児は、旧交を温め涙を流す。イベントも大盛況で終了するが、その日以来、お年寄りが次々と訪問販売の詐欺事件に遭い…。

最終話 2017年3月10日「三匹のおっさん最後の大成敗!!」〜最終回2時間SP ※20:00 〜 21:48 視聴率 5.6%
 ‘家族の絆’をスローガンにした卓球大会が間近に迫り、豆腐店の真一(小倉久寛)・美奈代(ふせえり)夫妻は高校生の息子・博光(今井悠貴)のために出場を決める。ある日、清一(北大路欣也)は高校時代の先輩・杉浦(石橋蓮司)と再会。強引に清一の家に泊まった杉浦は翌日も帰りたがらない。一方、町内で連続不審火が発生。同一犯とにらんだ清一、重雄(泉谷しげる)、則夫(志賀廣太郎)はある出来事から博光を疑うが、真一に一蹴される。


番組公式サイト
三匹のおっさん - Wikipedia

『三匹のおっさん3〜正義の味方、みたび!!〜 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

増山超能力師事務所 TOP

『増山超能力師事務所』(ますやまちょうのうりょくしじむしょ)は、2017年1月5日から同年3月23日まで、読売テレビ制作・日本テレビ系「木曜ドラマ」枠(毎週木曜 23:59〜24:54)にて放送された。全12話。主演は田中直樹(ココリコ)。


原作
『増山超能力師事務所』は、誉田哲也による小説。2013年7月16日に文藝春秋より出版された。


概要
「ストロベリーナイト」「武士道シックスティーン」などで知られる人気作家・誉田哲也の同名小説を基にしたヒューマンSFドラマ。約3年ぶりの連続ドラマ主演となるお笑いコンビ・ココリコの田中直樹が、一級超能力師で「面倒くさい」が口癖の「増山超能力師事務所」所長・増山圭太郎を演じる。

超能力を持つ個性豊かなメンバーたちが、依頼人のトラブルや悩みを解決するために悪戦苦闘しながら探偵業に奔走する、1話完結スタイルのストーリー。


ストーリー 
「日本超能力師協会」の認定試験に合格すると“超能力師”に認定され、不合格だと“無能力者”と呼ばれる世界。高い能力を持つ一級超能力師の増山圭太郎(田中直樹)は、超能力者たちに働く場所を与えたいという思いから事務所を営んでいる。

所属しているのは、いやらしいことを考えては怒られる二級超能力師・高原篤志(浅香航大)、美しく有能で気が強い元女番長・住吉悦子(中村ゆり)、不細工な上におなかも弱い中井健(柄本時生)、超能力より年の功という事務員・大谷津朋江(平田敦子)。

見た目も能力もキャラクターも違った個性を放つ彼らが、浮気調査や人探しといった依頼人の悩みを解決するために奮闘していく。


キャスト
増山超能力師事務所
増山圭太郎 - 田中直樹(ココリコ)
「増山超能力師事務所」の所長。「面倒くさい」が口癖だが、高い能力を持つ一級超能力師で、女性にモテる。妻と5歳の娘がおり、命を懸けて妻を守らなければいけない事情を抱えている。

高原篤志 - 浅香航大
「増山超能力師事務所」に所属する二級超能力師。物に触れて、その物に起こった過去の出来事を映像で感じ取ることができる。ふしだらなことを考えては怒られている。

住吉悦子 - 中村ゆり
「増山超能力師事務所」に所属する二級超能力師。人の心を読むことに加え、物に触れずに発火させることができる。容姿も能力も優れているが、かつては札付きのワルで、“川口の魔女”と呼ばれ恐れられていた。実は増山のことを恋い慕っている。

中井健 - 柄本時生
「増山超能力師事務所」に所属する二級超能力師。自分や他人がイメージした映像をカメラに写すことができるほか、人の感情を色として感じ取ることができる。不細工で全くモテない三枚目キャラ。

大谷津朋江 - 平田敦子
「増山超能力師事務所」で経理を担当する事務員。超能力はないが、年の功から鋭い洞察力を持ち、超能力に頼らない方が、かえって人間の本質を見抜けるものだと考えている。

宇川明美 - ルウト

その他
河原崎晃 - 忍成修吾

榎本克己 - 六平直政

高鍋逸雄(増山の元上司) - 鹿賀丈史

増山文乃(増山の妻・旧姓「井山」) - 芦名星

主な各話ゲスト
第1話
矢沢 - 松永拓野
成田史哉 - 雨野宮将明
杉浦 - まちゃあき(エグスプロージョン)
アナウンサー - 川田裕美

第2話
西条照美 - 雛形あきこ
西条敏郎 - 梶原善
白石耕太(榎本の部下) - 好井まさお(井下好井)
ラーメン屋店主 - 藤原光博(リットン調査団)

第3話
川西今日子 - 田丸麻紀
川西春奈 - 畑芽育
斎木里美 - ami(J☆Dee'Z)
川西彰浩 - 藤本涼
山本亜美 - Nono(J☆Dee‘Z)
森山加代子 - MOMOKA(J☆Dee‘Z)
出合い系カフェ店長 - 久保田和靖(とろサーモン)

第4話
石野公子 - 上原多香子
大倉和斗 - 村田秀亮(とろサーモン)
キャバクラ常連客 - 堤下敦(インパルス)
キャバクラ店長 - 小村裕次郎
リポーター - 遠藤章造(ココリコ)
安田幸一 - モト冬樹

第5話
田丸等 - 寺脇康文
田丸俊介 - 柳喬之
(幼少期) - 高山稜来
横澤夏子 - 横澤夏子
雑貨店店主 - 水野透(リットン調査団)

第6話
滝沢留美 - 中島ひろ子
滝沢南 - 内田未来
杉下正明 - 小野寺大夢

第7話
畑中葵 - 真野恵里菜
宮田純一(宇川の幼馴染) - 落合モトキ
染谷保 - 土佐信道(明和電機)

第8話
篠崎玲奈 - 山下リオ
ユン・ジフン - ユナク from 超新星
秘書 - 武田裕光
増山アリス(増山の娘) - 武田梨花
大谷津誠司(大谷津の夫) - モロ師岡

第9話
倉木都 - 小沢真珠
松澤萌 - 筧美和子
遺失物係 - ミッキーボード(かりすま〜ず)
小山内晃 - 国広富之

第10話
長尾秀人 - 山中崇
竹田月子 - 芹那
金田信夫 - 福田転球
通報者 - ネゴシックス

第11話
藤宮千秋 - 高月彩良
藤宮亜澄 - 堀田茜
藤宮博之 - 星田英利
藤宮千佳 - 須藤理彩

第12話
マダム朝倉(本名「朝倉小百合」) - 横山めぐみ
(幼少期) - 内田愛
遠藤いずみ - 黒川智花
今井司郎 - 藤原一裕(ライセンス)
朝倉夕子 - 赤司まり子
バーの客 - 誉田哲也

スタッフ
原作 - 誉田哲也『増山超能力師事務所』(文春文庫)
脚本 - 櫻井剛
演出 - 久万真路、湯浅弘章、片桐健滋
制作プロダクション - ザブール
制作協力 - 吉本興業
制作著作 - 読売テレビ

主題歌 - ユナク&ソンジェ from 超新星「君じゃなきゃ」(よしもとアール・アンド・シー)


各話あらすじ(2017.1.5 - 2017.3.23)全12話 平均視聴率 3.42%
第1話 2017年1月5日「超能力は誰のため?」 視聴率4.5%
 「日本超能力師協会」認定の超能力師・増山(田中直樹)は、協会の理事・高鍋(鹿賀丈史)が所長を務めるリサーチ会社で超能力者の調査・発掘を担当。同僚の河原崎(忍成修吾)と共に、人の心の声が聞こえる大学生の中井(柄本時生)や、小指を触れただけで全てが分かる高校生の篤志(浅香航大)らに会いに行くが、自分の能力を持て余している彼らは増山らを拒絶する。かつて同じ悩みを抱え、彼らの気持ちがよく分かる増山は…。

第2話 2017年1月12日「初仕事はゴムの味」 視聴率 3.2%
 増山(田中直樹)が構えた超能力師事務所でアルバイトをしていた篤志(浅香航大)が、やっと2級超能力師検定試験に合格する。社員に昇格した篤志は、所長・増山から初めて依頼人・照美(雛形あきこ)の担当を任される。照美の依頼は、彼女の夫・敏郎(梶原善)の浮気調査だった。篤志は、敏郎が経営する服飾デザイン事務所を張り込むが、彼が女性社員と浮気をしている様子はない。

第3話 2017年1月19日「忘れがたきは少女の瞳」 視聴率 3.6%
 篤志(浅香航大)は増山(田中直樹)の指示で、中井(柄本時生)が担当していた家出人捜索の案件を引き継ぐ。家出した高校生の春奈(畑芽育)の持ち物に触れた篤志は、残っていた春奈の思念の断片から、母親の今日子(田丸麻紀)への不信感を読み取る。篤志は中井を調査に巻き込み、春奈の友人の記憶をカメラに念写。そこに写る、春奈が会っていたという女子高生(ami)を捜し出し、尾行してみると、出会い系カフェにたどり着く。

第4話 2017年1月26日「愛すべきは男の見栄」 視聴率 3.8%
 増山(田中直樹)にスカウトされたキャバクラ嬢の明美(ルウト)が事務所に面接に来た。しかし、増山が3日前から音信不通のため、悦子(中村ゆり)が対応する。悦子の心を読んで自分が歓迎されていないことを知った明美は、もう来ないと言い残し、帰ってしまう。そんな中、増山に依頼した調査の状況を確認したいという公子(上原多香子)が訪ねてくる。公子は、不正献金疑惑で騒がれる大物国会議員・安田(モト冬樹)の秘書だった。

第5話 2017年2月2日「隠し味は超能力」 視聴率 2.6%
 篤志(浅香航大)は、商店街の食堂の息子・俊介(柳喬之)から超能力を教えてほしいと頼まれる。父・等(寺脇康文)が体を壊し、俊介が店を継ぐために修業先から戻ってきたが、味に自信はあるのに客が激減したという。等は超能力で客ごとに味付けを変えて繁盛させていたらしい。協力したい篤志だが増山(田中直樹)から待ったが掛かる。増山は等から店をつぶす依頼を受けていた。

第6話 2017年2月9日「侮れないのは女の勘」 視聴率 3.3%
 路上で見つかった変死体が、超能力者によって殺された可能性が浮上。刑事の榎本(六平直政)から増山(田中直樹)に捜査への協力要請が入り、悦子(中村ゆり)らが現場に向かう。見習の明美(ルウト)が、悦子の忠告を聞かず、遺体発見現場に触れて被害者の思念を読み取ると、苦しむ被害者のそばに小学生くらいの女の子が見える。悦子らはその少女・南(内田未来)を見つけ出す。

第7話 2017年2月16日「面倒くさいのは同性の嫉妬」 視聴率 3.4%
 明美(ルウト)は2級検定試験を不合格に。増山(田中直樹)は、明美の初仕事にと用意していた葵(真野恵里菜)という女性の身辺調査を篤志(浅香航大)に任せる。篤志が子ども用品店に勤務する葵を尾行すると、彼女が立ち寄った喫茶店に明美が現れた。葵の同僚・宮田(落合モトキ)と幼なじみの明美は2級合格と偽り、葵の依頼を受ける。葵は他の同僚からのいじめに遭っていた。

第8話 2017年2月23日「パートナーは君じゃなきゃ」 視聴率 3.3%
 玲奈(山下リオ)という女性から指輪を捜してほしいという依頼が舞い込む。捜すのは友人がベランダから投げ捨てた指輪だという。話を聞いた中井(柄本時生)は、金属探知機を持ち出す。超能力を期待していた玲奈は、増山(田中直樹)に担当替えを要求。代わりに玲奈の部屋を訪ねた篤志(浅香航大)は、思念を読むがヒントは見つからない。同じ頃、朋江(平田敦子)も結婚指輪をなくし、夫の誠司(モロ師岡)に合わせる顔がないと落ち込む。

第9話 2017年3月2日「女の過去は崖の上」  視聴率 3.4%
 中井(柄本時生)と明美(ルウト)は、刑事の白石(好井まさお)の依頼で、彼の恋人・萌(筧美和子)の浮気調査を開始。同じ頃、篤志(浅香航大)は榎本(六平直政)に頼まれ、ある女性(小沢真珠)の行方を捜す。交番に助けを求めたその女性は、警官が目を離した隙に消えたという。一方、萌の頭の中が別の男性のことでいっぱいと知った白石は中井らを相手にやけ酒を飲むが…。

第10話 2017年3月9日「帰ってきたのは貴女のため」 視聴率 3.9%
 遠距離恋愛中の月子(芹那)の身辺調査を依頼した長尾(山中崇)が結果を聞きに来所中、近所のビルで転落死事件が発生。現場で超能力師の関与を示す「DM値」が検出されたため、榎本(六平直政)が事務所を訪ねてくる。榎本は、直前に超能力を使った悦子(中村ゆり)を疑うが、増山(田中直樹)に一蹴される。そんな中、榎本が証拠品の被害者の携帯電話で死の直前に通話した相手にリダイアルすると、長尾の携帯電話が鳴りだす。

第11話 2017年3月16日「心霊現象は飯のタネ」 視聴率 2.6%
 篤志(浅香航大)は、増山(田中直樹)に代わって河原崎(忍成修吾)の調査に協力。依頼人の亜澄(堀田茜)は、毎晩、家の中で発生するポルターガイスト現象を解明してほしいという。河原崎は、亜澄の妹で受験生の千秋(高月彩良)の超能力が原因ではないかと疑うが、彼女が超能力者だという報告はない。千秋に内緒で家中に監視カメラを仕掛ける一方、昼間の千秋を尾行した篤志は、彼女の持つ参考書に触れ、あることに気付く。

最終話 2017年3月23日「相棒は謎の男」 視聴率 3.4%
 篤志(浅香航大)は、人気美容家・マダム朝倉(横山めぐみ)の美容詐欺を告発するテレビ番組の制作を手伝う。被害者のいずみ(黒川智花)によると、マダム朝倉のマッサージの効果に驚き、高額なクリームを買い続けたが、実は何も変わっていなかったという。客を装い施術を受けた中井(柄本時生)は、マダム朝倉が‘能力者’だと気付く。同じ頃、増山(田中直樹)は文乃(芦名星)に付きまとう高鍋(鹿賀丈史)と向き合い、その目的を問う。


番組公式サイト
増山超能力師事務所 - Wikipedia

『増山超能力師事務所 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嫌われる勇気 TOP

『嫌われる勇気』(きらわれるゆうき)は、2017年1月12日から同年3月16日まで、フジテレビ系の木曜劇場枠(毎週木曜22時 - 22時54分)で放送中された。全10話。初回15分拡大。主演は香里奈。


原作
『嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え』(きらわれるゆうき じこけいはつのげんりゅう アドラーのおしえ)は、岸見一郎と古賀史健の共著による、アルフレッド・アドラーの「アドラー心理学」を解説した書籍。2013年12月13日にダイヤモンド社より出版された。

アルフレッド・アドラーの「アドラー心理学」を哲学者(哲人)と若者の会話を通して、分かりやすく解説をしている。2014年にビジネス書ランキングの年間2位、2015年には1位を獲得した。


ドラマ概要
アルフレッド・アドラーが創設した「アドラー心理学」について解説し、大ベストセラーとなった「嫌われる勇気」が原案の刑事ドラマ。人間の悩みとは全て対人関係であり、他者からどう思われるかは、自分にはコントロールできない「他者の課題」。そこを切り離して考えることで、対人関係の悩みから解き放たれると説くアドラー心理学を地で行く、孤高の女性刑事の活躍を描く。

他者から嫌われることを恐れない「嫌われる勇気」を持つヒロイン・庵堂蘭子に扮するのは、5年ぶりの同系連続ドラマ主演となる香里奈。蘭子とバディを組む刑事・青山年雄をNEWSの加藤シゲアキ、2人に協力する心理学科教授・大文字哲人を椎名桔平が演じる。


ストーリー 
警視庁刑事部捜査一課8係の刑事である庵堂蘭子(香里奈)は、他人からの評価や評判を一切気にせず、自己中心的だと言われても全くひるまない一匹おおかみタイプ。難事件を次々と解決に導いた実績を持つが、常に自分が信じる道を行くため、時には上司や捜査本部の方針に反することもある。蘭子本人は、それを悪いこととは感じていないが、その振る舞いや、圧倒的な検挙率の高さを自慢するでもない余裕ぶった態度に、彼女を良く思わない警察組織の人間も多い。

そんな蘭子が、相棒となった刑事・青山年雄(加藤シゲアキ)を振り回しつつ、難事件解決に奔走する。


キャスト
庵堂 蘭子(あんどう らんこ)〈32〉
演 - 香里奈(14歳当時:桜田ひより)
警視庁捜査一課8係所属の刑事。帝都大学文学部心理学科卒。階級は警部補。本庁の捜査一課ではナンバーワンの検挙率である。彼氏無しの独身で丁寧な口調で話す。相棒は青山。一匹狼で滅多に笑顔を見せない不愛想な性格。その上、捜査会議に出ず捜査員の推理を「(その推理) 明確に否定します」の言葉とともに一蹴し自分の意見を貫くアドラー心理学で提唱される特徴をそのまま具現化したような人物。

青山 年雄(あおやま としお)〈28〉
演 - 加藤シゲアキ
警視庁捜査一課8係所属の新人刑事。庵堂の相棒。幼少期から刑事志望であり、社交的で積極的にコミュニケーションを取る性格。その反面人に嫌われたくない思いが非常に強く、自分とは正反対の性格である庵堂に手を焼くが、足繁く通う帝都大学の教授、大文字の勧めでアドラー心理学の特徴を彼女から学び始める。また怖いものが非常に苦手で、暗闇の中で唐突に物が落ちて来た時は悲鳴をあげ庵堂の腕にしがみ付いた事がある等、男性としては頼りない一面が存在する。

大文字 哲人(だいもんじ てつと)〈52〉
演 - 椎名桔平
帝都大学文学部心理学科教授で警視庁に事件のプロファイリング像を提供する特別コンサルタント。専門は犯罪心理学だがその他心理学の知識も持つ。落ち着いた物腰で話すが、心理学の知識で人の心の闇等も知り尽くした結果、世の中をネガティブに捉えるペシミストになった。度々訪れる青山には庵堂の行動をアドラー心理学の知識になぞらえて考えるよう諭す。

半田 陽介(はんだ ようすけ)〈55〉
演 - 升毅
警視庁捜査一課8係係長。庵堂の超が付く程の単独行動に悩む一方、三宅の情報収集能力を高く買っており、彼を信頼する。現場主義で物分かりが良い。
前述のようにしていたのは、後述の通り三宅がキャリアだったからである。

小宮山 正明(こみややま まさあき)〈42〉
演 - 戸次重幸
警視庁捜査一課8係所属の刑事。相棒は浦部。一見落ち着いた性格に見えるが中身は出世ばかりを考えていて浦部に闘争心を燃やしながら嫌味を吐く、陰湿で強かな男性。

浦部 義孝(うらべ よしたか)〈38〉
演 - 丸山智己
警視庁捜査一課8係所属の刑事。相棒は小宮山。かつて庵堂とバディを組んでいたが、散々振り回された為、彼女と新しい相棒の青山を「青年」呼ばわりしてまとめて毛嫌いし、青山には雑用を押し付ける横柄な性格。また8係1番の武闘派ではあるが、彼のパンチは必ず梶に交わされている。自称FBI仕込みのプロファイリングで推理を披露するが、尽く庵堂に前述のように言われ否定される。上記の様な性格ではあるが、DVを受けている女性に対し暴力をふるう旦那を非難する等、決して悪い人物ではない。

三宅 隆俊(みやけ たかとし)〈26〉
演 - 桜田通
警視庁捜査一課8係所属刑事。インターネットオタクでパソコンでの情報収集に非常に長けている。常に無表情ではあるがその中に秘められた情熱や信念を捜査にぶつける。報告は半田と誰かの会話に割り込みして話す。
実は自身の父親共々キャリアであった。蘭子の捜査には陰ながら協力する。

相馬 めい子(そうま めいこ)〈28〉
演 - 相楽樹
帝都大学医学部法医学講座の助教で監察医の若い女性。プライドが高い性格だが青山と親しい。どこかセクシーな雰囲気があり、遺体が殺害された時の状況を誘惑交じりに青山やその他男性刑事に説明する。事件に関する自身の見立てを「妄想ですか?」などと決めつけられるなど庵堂の振る舞いにイライラしており、彼女の弱みを握るべく大文字に接近するが、逆に自身の劣等感を指摘される。

梶 準之助(かじ じゅんのすけ)〈45〉
演 - 正名僕蔵
鑑識課主任鑑識官。妻子持ち。誰もが庵堂を嫌う中、彼女の思考や言動、推理に注目し、「さすが庵堂蘭子」と口癖を言う。庵堂が前述の発言をすると「出た」と叫ぶ。また、鑑識課の人間でありながら浦部が殴り掛かってくるのをかわす等、余程高い身体能力の持ち主である事が伺える。その代わり、村上のイジリで妻が浮気すると引っ掛けられた時には滅法弱い。

村上 由稀菜(むらかみ ゆきな)〈22〉
演 - 岡崎紗絵
鑑識課鑑識係。若いながら、並外れた勘と嗅覚を持ち事件の重要な証拠を発見すべく日々奮闘している。庵堂を尊敬する一方、梶をイジる日々を過ごす。

間雁 道子(まかり みちこ)〈20〉
演 - 飯豊まりえ
帝都大学文学部心理学科所属の大文字の助手。しっかり者。庵堂の聞き込み先に同行する場面がある。

土方 登志郎(ひじかた としろう)〈36〉
演 - 寿大聡
帝都大学文学部心理学科准教授。天然な性格で歴史が好きな青山と趣味が合う。大文字の指示で来客にお茶を汲む事もある。

庵堂 悠真(あんどう ゆうま)〈第6話 - 最終話〉
演 - 堀井新太
蘭子の弟。蘭子が誘拐、救出された後一家離散して母親と一緒に暮らしていた為最近まで姉に会えずにいた。再会時お互いに抱擁していた事から、青山に彼氏と間違われ一方的に嫉妬される。父親を捜しており、姉の捜査に協力する。

ゲスト
第1話
天野 真紀〈43〉
演 - 南野陽子
ファッション雑誌「美venus」モデルであり、コンブ茶会スクール主催。

植村 彩子
演 - 石田ひかり
コンブ茶会スクール参加者のセレブ主婦。

坪内 翔平
演 - 坂田聡
天野真紀をストーキングして逮捕された男性。

鈴村 美里
演 - 青山倫子
コンブ茶会スクール参加者の主婦。茶会を苦手に感じていた。

赤塚 留美
演 - 藤本恭子
殺害された1人目のファッション雑誌「美venus」モデル。

丹羽 優香
演 - 中井理恵
殺害された2人目のファッション雑誌「美venus」モデル。

少女
演 - 本間菜穂
ケーキ屋さんで最後の1個のショートケーキを母にねだる女の子。

第2話
稲葉 聡〈52〉
演 - 池内万作
ロペル文具広報部執行役員。

大村 絵実華〈28〉
演 - 大後寿々花
ロペル文具商品開発部所属の社員。喫煙者。

竹内 順平〈28〉
演 - 笠原秀幸
ロペル文具広報部社員。

前島 成美〈享年27〉
演 - 中村瑠璃亜
1年前に手首を果物ナイフで切って自殺した社員の女性。

市川 尚道〈42〉
演 - 神農直隆
ロペル文具商品開発部執行役員。高層ビルから転落死した。

光川 美希
演 - 藤本泉
ロペル文具社員。庵堂らに前島が自殺した部屋を「呪いがかけられている」と呼ぶ噂がある事を教える。

第3話
仁科 恵(17)
演 - 高月彩良
沙織の教え子で、遺体の第一発見者の女子高生。学力は学年トップクラスの秀才であり、庵堂と対立する。

仁科 美子
演 - 霧島れいか
恵の母親。学歴コンプレックスを持っている。

吉野 沙織
演 - 上野なつひ
名門女子高の数学教師。被害者。

三島 玲子
演 - 久保陽香
名門女子高の元英語教師。

相良 裕子
演 - 森高愛

西田 美由紀
演 - 加村真美

北崎 絵梨子
演 - 花影香音

市川 葵
演 - 飯村未侑
上記4名は恵の同級生。

第4話
狸穴 さゆり
演 - 前田亜季
勝利の娘で前衛芸術家。

狸穴 治子
演 - 朝加真由美
勝利の妻。

狸穴 寿也
演 - 水橋研二
勝利の息子。

武藤 秀一郎
演 - 平野貴大
勝利の秘書。

狸穴 勝利
演 - 山田明郷
元大臣。心不全で死去。

藤澤 功
演 - 大村波彦
国会議員。

吉川 有美
演 - 小松彩夏
狸穴家の家政婦。

米村 正蔵
演 - 柴田明良
勝利のかかりつけ医。

第5話
霧島 塔子
演 - 内山理名
フラワーデザイナー。美沙とは幼馴染だが、直也をめぐり犬猿の仲になっている。

山岸 美沙
演 - 中島亜梨沙
直也の妻。幼い時の事故で足に障害が残る。

山岸 直也
演 - 六角慎司
帝都大学准教授で、美沙の夫。被害者。

第6話
繁田 諒
演 - 渋江譲二
相馬の元彼。被害者。

木本 遥
演 - 知花くらら
繁田が働くスポーツジムに通う専業主婦。

田村 真歩
演 ‐ 大谷みつほ
OL。繁田が働くスポーツジムの元会員。

木本 正晴
演 - 河相我聞
遥の夫。弁護士。

第7話
佐藤 太郎
演 ‐ 板尾創路
青山に助けを求める男性。

森下 裕翔
演 ‐ 松尾英太郎

坂本 和夫
演 ‐ 西沢仁太

尾崎 透
演 ‐ 加藤翔

第8話
松田純一(32)
演 -
医療機器メーカーの営業社員。被害者。

鈴木将也(享年15)
演 - 阿久津秀寿
1986年生まれ。15歳だった15年前に亡くなっているが、新しい金属バットに彼の指紋が付着している。

鈴木夏輝
演 - 高杉真宙
将也の弟。悠真とは幼い頃に兄の不良グループに混じって良く遊んだ仲。兄を亡くして家族が精神的に病んでからは一人で父の工場を継ぎ働いている。

鈴木俊江
演 - 片岡礼子
将也、夏輝の母。蘭子の事情聴取に答える。

佐野祐介
演 -
将也の殺害に追い込んだ後、15年服役した人物。

第9話
庵堂 道則 ( - 10話)
演 ‐ 勝村政信
蘭子、悠真の父親。元神奈川県警察所属の警察官。1999年、娘が誘拐された際救助した。一家離散後も娘と一緒に暮らしていたが、ある日書き置きを残して失踪し、行方不明だった。その後、捜査で土方と近藤によって殺害された事が判明する。

近藤 隆雅
演 ‐ 久保田悠来
青山が刺された時とほぼ同じ時刻に発見された刺殺体の会社員。
前述の誘拐事件の犯人の一人。土方に殺された。

婦人警官
演 ‐ 大塚愛
警視庁総務部所属の婦人警官。捜査資料を持っている蘭子と出合い頭に衝突する。

スタッフ
原案:岸見一郎・古賀史健『嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え』
演出:池澤辰也、及川拓郎、星野和成
脚本:徳永友一
音楽:得田真裕
企画:渡辺恒也、橋爪駿輝
プロデューサー:目黒正之、井元隆佑
制作:フジテレビ、東映

主題歌:大塚愛「私」(avex trax)
オープニングテーマ:NEWS「EMMA」(ジャニーズ・エンタテインメント)


各話あらすじ(2017.1.12日 - 2017.3.16)全10話 平均視聴率 6.49%
第1話 2017年1月12日「最強アドラー女子が始動!勇気の心理学で連続殺人の謎を解け」  ※初回15分拡大(22:00 〜 23:09)
 鋭い観察眼を持つ警視庁捜査一課8係の刑事・蘭子(香里奈)は協調性が全くない。8係に異動したばかりの青山(加藤シゲアキ)はそんな蘭子と組み、人気モデル殺人事件を捜査することに。だが、独自の動きをする蘭子は、事件の鍵を握るモデル・真紀(南野陽子)が開く美容教室に勝手に入会し、青山も巻き込む。蘭子のやり方に閉口する青山に、係長の半田(升毅)は、大学の心理学科教授・大文字(椎名桔平)の元へ行く任務を与える。

第2話 2017年1月19日「ブラック企業狂想曲!呪われた部屋の謎」
 蘭子(香里奈)から刑事に向いていないと言われ憤慨する青山(加藤シゲアキ)に、大文字(椎名桔平)はアドラーの「目的論」に答えがあると諭す。そんな中、会社の窓から執行役員・市川(神農直隆)が転落死した。現場の部屋では1年前に市川の部下・成美(仲村瑠璃亜)が自殺。蘭子は成美の同期・竹内(笠原秀幸)らが仕事の大変さをこぼしながら現状を変えようとしない姿を見て「変わらないという決断を下している」と口にする。

第3話 2017年1月26日「競争に殺された教師!女対女緊迫の頭脳戦」
 高校教師・沙織(上野なつひ)が自宅で刺殺され、蘭子(香里奈)らは捜査を開始。事情聴取を受ける第一発見者の教え子・恵(高月彩良)の落ち着いた態度を不審に思った蘭子は、恵の同級生や母・美子(霧島れいか)から話を聞く。成績優秀な恵は美子から大きな期待を寄せられ、学校では孤立した存在だった。一方、青山(加藤シゲアキ)は大文字(椎名桔平)に犯人像を尋ねる。大文字は事件を解くヒントは「競争」の中にあると言う。

第4話 2017年2月2日「容疑者は一族全員!承認欲求を否定せよ!」
 青山(加藤シゲアキ)は大文字(椎名桔平)に行動が自由過ぎる蘭子(香里奈)への不満を訴えるが、「自由とは他者から嫌われること」と論じられる。国会議員・狸穴(山田明郷)の死に関して捜査を開始した蘭子たち。妻・治子(朝加真由美)が死因究明を拒否し、殺人の疑いが浮上していた。蘭子は、治子と娘で芸術家のさゆり(前田亜季)、息子で第二秘書の寿也(水橋研二)、第一秘書の武藤(平野貴大)に対し全員が容疑者だと言い放つ。

第5話 2017年2月9日「美しき計画殺人!血塗られたバレンタイン」
 大文字(椎名桔平)の元教え子・美沙(中島亜梨沙)の夫で大学准教授の山岸(六角慎司)の遺体が自身の研究室内で見つかる。蘭子(香里奈)は研究室にあったイベントのチラシに注目。主催者は大文字の元教え子・塔子(内山理名)で、美沙は塔子が自分に隠れて夫と会っていたと激怒する。もみ合う2人だが、蘭子は「自分の課題ではない」と意に介さない。青山(加藤シゲアキ)は大文字から蘭子が実践する「課題の分離」について聞く。

第6話 2017年2月16日「被害者は元カレ!?遺体が語る四年前の約束」
 蘭子(香里奈)が男性(堀井新太)に路上で抱き付く姿を見た青山(加藤シゲアキ)は、蘭子は男性の言葉を信じてだまされるタイプに違いないと大騒ぎ。それに対し大文字(椎名桔平)は、「信用」と「信頼」の違いを論じる。そんな中、めい子(相楽樹)の元恋人・諒(渋江譲二)の遺体が河川敷で発見され、彼と不倫関係を告発された遥(知花くらら)の関与が疑われる。事件当日の諒の足取りを探る蘭子は彼がめい子と会う約束だったとにらむ。

第7話 2017年2月23日「仲間を救え!刻む死の秒読み爆弾魔vs蘭子」
 青山(加藤シゲアキ)は蘭子(香里奈)の「嫌われる勇気」という考えをなかなか理解できない。悩む青山に大文字(椎名桔平)は、蘭子が併せて持つ考え方「共同体感覚」を説明する。そんな中、青山は爆発事故を起こした犯人に狙われているという男性・佐藤(板尾創路)を保護し、警視庁に連れて行く。すると、佐藤のバッグから時限爆弾が。佐藤は犯人に脅されたと言う。そこへ電話をかけてきた犯人は、蘭子と勝負をしたいと告げる。

第8話 2017年3月2日「死者からの復讐!?連続殺人犯からの招待状」
 会社員の松田(横井優一)が撲殺される。松田は15年前に起きた中学生殺害事件の加害者の一人で、当時の被害者・将也(阿久津秀寿)の指紋が松田殺害の凶器から見つかる。蘭子(香里奈)と別行動を取る青山(加藤シゲアキ)は一人で大文字(椎名桔平)を訪ね、犯人の心理にある「安直な優越性の追求」について聞く。青山は将也の自宅に行き、蘭子と遭遇。そこで2人は、将也と蘭子の弟・悠真(堀井新太)が並んだ写真を見つける。

第9話 2016年3月9日「黒幕は誰だ!真実が引き裂く孤独なバディ」
 青山(加藤シゲアキ)が大文字(椎名桔平)の研究室を訪ねた帰りに何者かに刺され、その現場付近で会社員の男性・近藤の刺殺体が発見される。近藤は、蘭子(香里奈)の父の物である実家の鍵を所持していた。蘭子は、この事件と18年前に起きた自身の誘拐事件との関連を確信する。蘭子は大文字に犯人の心当たりを聞きに行く。ところが、大文字は、事件の解決には蘭子がトラウマに支配されている現状から脱却する必要があると説く。

最終話 2017年3月16日「8係最後の事件!真犯人はそこにいる!!」
 大文字(椎名桔平)が蘭子(香里奈)を呼び出す。けがの治りきらない青山(加藤シゲアキ)が同行する中、大文字は18年前の蘭子誘拐事件当時の捜査状況や、蘭子の父・道則(勝村政信)が失踪直前に「メシア」を名乗る犯人にたどり着いたことなど自らが知る情報を2人に明かす。大文字はさらに、蘭子が犯人につながる手掛かりを過去に目撃したが、記憶を封印していると指摘。事件解決には蘭子が過去と向き合うことが必要だと告げる。

各話視聴率


番組公式サイト
嫌われる勇気 - Wikipedia

『嫌われる勇気 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

就活家族〜きっと、うまくいく〜 TOP

『就活家族〜きっと、うまくいく〜』(しゅうかつかぞく きっと、うまくいく)は、2017年1月12日から同年3月9日まで、テレビ朝日系の「木曜ドラマ」枠(毎週木曜日21時 - 21時54分)で放送された。全9話。初回15分拡大。主演は三浦友和。


概要
家族全員が就職活動に取り組む異色のホームドラマ。テレビ朝日の連続ドラマ初主演となる三浦友和が父親役を演じ、黒木瞳、前田敦子、工藤阿須加らが共演する。

三浦が扮するのは、大手鉄鋼メーカーで働く富川洋輔。信念を持って会社のために尽くし、役員昇格も目前だったが、ある出来事がきっかけで築き上げてきたものを全て失ってしまう。

さらに、事態はあらぬ方向に展開。妻で私立中学の国語教師・水希(黒木)、宝飾メーカーに就職した娘・栞(前田)、就職活動中の息子・光(工藤)との家庭も崩壊。一家そろって就職活動をすることとなった富川家の姿を通して、「仕事とは何か」をユーモラスに時にシリアスに問い掛けていく。


ストーリー 
富川洋輔(三浦友和)は、大手鉄鋼メーカーで新卒採用とリストラを担当する人事部長。さらなる出世も目前だったが、ある日、それまでの功績が全て崩れ去ってしまう出来事に見舞われる。

さらに、家族のために尽くしてきた私立中学の国語教師・水希(黒木瞳)、勤め先の宝飾メーカーでセクハラに悩みながらも、念願だった部署に異動した娘・栞(前田敦子)、就職活動に悩む大学3年生の息子・光(工藤阿須加)にも衝撃的な現実が襲い掛かり、一家の生活は一変。平穏だった家族の絆の歯車が狂い始め、それぞれが転落を余儀なくされていく。


キャスト
富川家
富川 洋輔(ともかわ ようすけ)
演 - 三浦友和
大手鉄鋼メーカーで人事部長として働くエリートサラリーマン。信念を持って仕事と向き合い、部下からの信頼も厚い。だが、役員昇格に手が届きそうなところで信念を曲げた仕事をしてしまい、運命が一変する。

富川 水希(ともかわ みずき)
演 - 黒木瞳
洋輔の妻で、私立中学の国語教師。おっとりしているが、家族のためとなれば頼りになる一面も。念願だったマイホームの購入を夢見た矢先に、衝撃的な出来事に直面する。

富川 栞(とみかわ しおり)
演 - 前田敦子
富川家の長女。洋輔を持ち上げてはお小遣いをもらうなど、ちゃっかりしたところがある。セクハラに悩みながらも宝飾メーカーで働き、希望の部署に異動できることになるが、そこでさらなる困難に見舞われる。

富川 光(とみかわ ひかる)
演 - 工藤阿須加
富川家の長男。三流大学の3年生で、就職活動に苦戦している。真面目で正義感も強いが、父親譲りの不器用な性格と、自分で決めたことは決して曲げない頑固さが玉にきず。

その他
国原 耕太(くにはら こうた)
演 - 新井浩文
「国原就活塾」の塾長。

中原 綾子(なかはら あやこ)
演 - 山本未來
ジュエルD外商部一課課長。

戸川 加奈(とがわ かな)
演 - 中川知香
就職活動中の大学生。

夏野 久美(なつの くみ)
演 - キムラ緑子
洋輔の高校の同級生。洋菓子店経営。

真壁 雄斗(まかべ ゆうと)
演 - 渡辺大
ジュエルD外商部一課の社員。

川村 優子(かわむら ゆうこ)
演 - 木村多江
日本鉄鋼金属の社員。

天谷 五郎(あまや ごろう)
演 - 段田安則
リストラされた事を家族に言えずに、通勤したふりをして公園で一日を過ごす男。

ゲスト
第1話
中野 春樹(なかの はるき)
演 - 山口大地
光の同級生。

加藤 誠(かとう まこと)
演 - 柾木玲弥
就活生。父は「ヤマト銀行」頭取。

第2話
飯田(いいだ)
演 ‐ 浅見小四郎
「イイダボルト」社長。

富川 大輔(とみかわ だいすけ)
演 ‐ 綾田俊樹
洋輔の実兄。

佐藤 久志(さとう ひさし)
演 ‐ 宮城孔明(第3話 ‐ )
かつての水希の教え子。

佐藤 大悟(さとう だいご)
演 ‐ 松澤一之(第3話 ‐ )
佐藤久志の父。

第3話
川村 聡一郎(かわむら そういちろう)
演 ‐ 斉木しげる(第4話)
優子の叔父。

斎藤 隆(さいとう たかし)
演 ‐ 阿部丈二
医師。

真咲
演 ‐ 長田成哉( ‐ 第6話)
ホスト。

第4話
大鷹 一郎(おおたか いちろう)
演 ‐ 神尾佑(第5・8話)
「ザ・エコノミージャーナル」編集長。

宮岡(みやおか)
演 ‐ 宮崎吐夢(第5話)
水希の同僚教師。

第6話
小島 満夫(こじま みつお)
演 ‐ 伊藤正之(第8話)
「鼓吹不動産建設」社長。

第7話
竹之内 亘(たけのうち わたる)
演 ‐ 小木茂光(第8話)
国会議員。洋輔の知人。

みどり
演 ‐ 宮地雅子(第8話)
花屋の店員。

第8話
若林(わかばやし)
演 ‐ 飯田基祐
「海陽銀行」融資部長。

スタッフ
脚本 - 橋本裕志
音楽 - 江口貴勅
監督 - 秋山純、落合正幸、常廣丈太
ゼネラルプロデューサー - 黒田徹也、内山聖子
プロデューサー - 船津浩一、下山潤(ジャンゴフィルム)
制作協力 - ジャンゴフィルム
制作著作 - テレビ朝日

主題歌 - 林部智史「晴れた日に、空を見上げて」(avex trax)
挿入歌 - 林部智史「雨の日と月曜日は」(avex trax)


各話あらすじ(2017.1.12 - 2017.3.9 )全9話 平均視聴率 9.70%
第1話 2017年1月12日「父のリストラ、母の熟年離婚…家族に仕事下さい!!」 ※初回15分拡大(21:00 〜 22:09)
 富川家は大手鉄鋼メーカーの人事部長・洋輔(三浦友和)、私立中学教師の妻・水希(黒木瞳)、OLの長女・栞(前田敦子)、就活中の長男・光(工藤阿須加)の4人家族。新卒採用とリストラ勧告を担当する洋輔は、その真面目な働きで役員昇進目前だ。水希も校長から雇用延長を打診され、2人はマイホーム購入を決断する。そんな中、洋輔は社長の的場(中丸新将)から、入社面接で落とした銀行頭取の息子を採用するよう命じられて…。

第2話 2017年1月19日「リストラ夫家を買う!!妻の秘密…娘の反乱!?」
 意外な人物から身に覚えのない罪により内部告発されたことで、自宅待機を言い渡された洋輔(三浦友和)はがくぜんとし、水希(黒木瞳)にも言い出せない。さらに社長の的場(中丸新将)から子会社への出向を打診された洋輔は、その場で退職を決断する。栞(前田敦子)は真壁(渡辺大)の口利きで、念願の外商部一課への異動が決まった。一方、光(工藤阿須加)は「就活塾」の塾長・国原(新井浩文)に誉められ、次第に自信を付けていく。

第3話 2017年1月26日「夫はわかってくれない!!妻の不満爆発の夜!?」
 洋輔(三浦友和)はある人物を介して、その叔父の会社社長と会い、再就職がほぼ決まる。栞(前田敦子)は、自社の宝石を売るため、セレブが集まる婚活クラブに入会。パーティーで医師と出会い、デートの約束をする。そんな中、就活塾で自信をつけた光(工藤阿須加)がついに内定をもらった。洋輔はブラック企業だと入社に反対するが、光は聞く耳を持たない。一方、水希(黒木瞳)は内申書取り違えの件で佐藤家を毎日のように訪ねるが…。

第4話 2017年2月2日「妻にホストの恋人が!?家族に失業を話す時…」
 同窓会に出席した洋輔(三浦友和)は、久美(キムラ緑子)らと再会。しかし、直前に思わぬ場所で見掛けた水希(黒木瞳)のことが気になってしまう。真壁(渡辺大)と中原(山本未來)との仲を疑う栞(前田敦子)は、真壁に直接問いただす。一方、栞からやりたいことにこだわれと助言された光(工藤阿須加)は、ネットエントリーも不可能だった有名出版社を訪ねることに。そんな中、成り行きで水希に出張すると言ってしまった洋輔は…。

第5話 2017年2月9日「子供はわかってくれない!暴露にキレる妻!?」
 家族に失業のことを言いそびれた洋輔(三浦友和)は、天谷(段田安則)に紹介された清掃のアルバイトを続けている。水希(黒木瞳)は家庭訪問の件で、校長・原口(矢島健一)ばかりか同僚からも孤立。その足は、真咲(長田成哉)のいるホストクラブへと向いてしまう。一方、栞(前田敦子)は退職願を提出。そんな中、洋菓子店を営む久美(キムラ緑子)に頼まれ、業務提携の契約の場に同席した洋輔は、久美からある提案をされて…。

第6話 2017年2月16日「妻vs愛人!!家庭内別居の始まり」
 洋輔(三浦友和)と水希(黒木瞳)が激しくぶつかり合い、富川家はぎくしゃくとするばかり。水希はホストクラブや友人との温泉旅行に癒やしを求め、一方で洋輔は自営で企業コンサルタントをやってみようと決断する。そんな折、再就職先の資料をマンションのポストに直接投函しに来た優子(木村多江)と出くわした水希は、何の疑いも持たず、家に上げる。一方、国原(新井浩文)が新たなネタを手に入れ、洋輔に接触してくる。

第7話 2017年2月23日「娘の婚約者vs無職の父!新居は誰のもの?」
 洋輔(三浦友和)と水希(黒木瞳)の亀裂はますます深まり、栞(前田敦子)と光(工藤阿須加)は心配する。そんな折、洋輔が清掃の仕事で派遣されたのは、古巣のニッテッコー本社だった。しかもそこで、自分を陥れて役員になった綿引(神保悟志)と出くわす。水希にはアルバイト先の生花店の店長(ウダタカキ)から正社員にならないかとの話が舞い込む。一方、洋輔が現在住むマンションの転売に動きだし、新居を諦めた水希と大げんかになる。

第8話 2017年3月2日「最後の決断逆転チャンスに賭けて父は走る!」
 新居に一人で寝泊まりする洋輔(三浦友和)に、思い掛けない好条件の就職話が舞い込む。一方、生花店の正社員になった水希(黒木瞳)は、本社の商品開発チームへの推薦を打診され、離婚を具体的に考え始める。やっと連絡がついた水希から、マンションを処分して資産を分けたいと言われた洋輔は驚き、就職のことを切り出せない。そんな洋輔に天谷(段田安則)が、水希と直接会って引き止めないと、一生後悔すると助言する。

最終話 2017年3月9日「最終回!それぞれの旅立ちの日きっと、うまくいく」
 家族の食事会を急な仕事で欠席した洋輔(三浦友和)は、マンションに残された離婚届にぼうぜん。水希(黒木瞳)は、生花店で責任ある仕事を任され、多忙な日々を送っていた。一方、栞(前田敦子)は転職先で壁にぶつかり、一緒に暮らす真壁(渡辺大)にも不審を抱く。光(工藤阿須加)は、アルバイトをする出版社の取材で、国原(新井浩文)の就活塾の悪徳ぶりを暴くことになり、葛藤していた。そんな中、洋輔はインド行きの決断を迫られて…。

各話視聴率


番組公式サイト
就活家族〜きっと、うまくいく〜 - Wikipedia

『就活家族〜きっと、うまくいく〜 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

科捜研の女 第16シリーズ TOP

2016年10月20日から2017年3月9日まで、毎週木曜日20:00 - 20:54に、テレビ朝日系列の「木曜ミステリー」枠で放送された。全17話+正月スペシャル。


概要
沢口靖子が主人公を演じる人気作で、京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコの活躍を描く第16シーズン。今シーズンは、ゲストとして登場するさまざまな分野のスペシャリストたちがドラマを盛り上げる。

“顔を見ればうそが分かる微表情研究の学者”や、“研ぎ澄まされた五感でどんな爆弾も解体する爆弾処理のエキスパート”など、強烈な個性と能力を持ったくせ者がマリコの前に現れ、ある時は反目、ある時はタッグを組んで難事件に挑んでいく。


ストーリー 
榊マリコ(沢口靖子)は、科捜研の名物法医研究員。「化学はうそをつかない」という信条の下、日々の事件の中に隠された真実を追い求めていた。

そんな折、“顔を見ればうそが分かる微表情研究のくせ者学者”や、“研ぎ澄まされた五感でどんな爆弾も解体する爆弾処理のエキスパート”といった、人並み外れた能力と独特のキャラクターを持ったスペシャリストたちがマリコの前に次々と現れる。

彼らと衝突し、また協力しながら事件と対峙していく中で、マリコは人としても、法医研究員としても、さらなる成長を遂げていく。


キャスト
沢口靖子
榊マリコ 役
京都府警科学捜査研究所、通称・科捜研の法医研究員。科学捜査には強い信念を持っているが、長年の経験から、真理は科学を扱う人間に掛かっていることも熟知している。独身だが、実は一度結婚したことがある。

内藤剛志
土門薫 役
京都府警捜査一課刑事。警部補。熱血漢で団体行動が苦手。単独行動を取ることも多く、よく周囲と衝突する。マリコとは強い絆で結ばれており、互いに信頼している。

若村麻由美
風丘早月 役
洛北医大医学部病理学科法医学教室の教授。のんきで明るい性格の持ち主。マリコとは同世代ということもあり、プライベートの相談にも乗っている。

風間トオル
宇佐見裕也 役
科捜研の研究員。専門は化学。以前は国立航空科学研究所に技官として勤めていたこともあり、気象や海洋など、航空安全に関わる知識も豊富。

金田明夫
藤倉甚一 役
京都府警刑事部長。警視。鑑識畑一筋だったが、卓越した観察眼と冷静な判断力を買われて刑事部長に抜てきされた。筋金入りの現場主義者で、捜査に介入したり、事件関係者と過度に接触するマリコらの行動を厳しく非難してきたが、最近は現場の判断にも理解を示すようになった。

斉藤暁
日野和正 役
科捜研所長。文書鑑定担当。もともと警視庁科捜研におり、京都府警からの要請で異動してきた。そのため、妻子は東京在住で京都に単身赴任中。見かけはいい加減だが、実は正義感は強く、情にももろい。

スタッフ
原案 - 須藤武雄+科学捜査研究会「科学捜査(秘)犯罪ファイル」ほか
脚本 - 戸田山雅司、櫻井武晴、岩下悠子、真部千晶、李正姫、松本美弥子
脚本(過去) - 日暮裕一、田辺満、砂本量、斎藤淳一、武上純希、深沢正樹、高山直也、飯島早苗、森下直、丸茂周、小川眞住枝、児玉頼子、田中孝治、小山睦子、瀧川晃代、吉本昌弘
音楽 - 川井憲次(第3シリーズ - )
音楽(過去) - e-KLAY(遠藤浩二・黒木千波留・土屋玲子、第2シリーズ) ※第1シリーズは不在
監督 - 森本浩史、石川一郎、兼崎涼介、濱龍也、田ア竜太、小川岳志、匂坂力祥
監督(過去) - 大井利夫、辻野正人、橋本一、藤岡浩二郎、西山太郎、伊藤寿浩、中川裕介
ゼネラルプロデューサー - 関拓也(第16シリーズ)
プロデューサー
テレビ朝日 - 藤本一彦(第14シリーズ - )、藤崎絵三(第16シリーズ)
東映 - 塚田英明(第1・第2・第12シリーズ - )、中尾亜由子(第13シリーズ - )
制作 - テレビ朝日、東映


各シーズンあらすじ
科捜研の女9
科捜研の女10
科捜研の女11
科捜研の女12
科捜研の女13
科捜研の女14
科捜研の女15


各話あらすじ(2016.10.20 - 2017.3.9)全17話+正月SP 平均視聴率 11.63%
第1話 2016年10月20日「美女誘拐!覆面犯を透視する0.2秒の微表情解析!!」
 京都府警科学捜査研究所のマリコ(沢口靖子)たちが、白骨遺体の発見現場に急行すると、既に多くの野次馬が集まっていた。程なく、ハッカー集団が警察無線の内容を動画サイトに公開したことが分かる。ハッカーは大学のサーバーにも侵入して、学生のデータを公開。さらに、同大学に通う神社の娘・萌衣(岡本玲)を拉致して、不可解な要求を突き付けてくる。マリコらはアップされた動画から、萌衣の監禁場所の特定を急ぐ。

第2話 2016年11月3日「新幹線急加速…決死の人質救出作戦!!空飛ぶ巫女の謎」※「SMBC日本シリーズ2016 第5戦 日本ハム×広島」放送のため、1週間順延。
 離婚の危機に陥った夫婦の関係を修復する「夫婦問題研究所」のカウンセラー・真帆(魏涼子)が自宅で毒殺される。マリコ(沢口靖子)は、現場で遺体が握り締めていた紙片を採取する。鑑定で、紙片は離婚届の切れ端と判明。夫によると、他に好きな人ができたと真帆から離婚を切り出されていたという。捜査が進む中、真帆の口座に研究所の所長・渚(あめくみちこ)の夫・充生(橋爪淳)から、毎月入金があったと分かる。

第3話 2016年11月10日「夫婦問題カウンセラー殺人!死体が破いた離婚届の謎」
 離婚の危機に陥った夫婦の関係を修復する「夫婦問題研究所」のカウンセラー・真帆(魏涼子)が自宅で毒殺される。マリコ(沢口靖子)は、現場で遺体が握り締めていた紙片を採取する。鑑定で、紙片は離婚届の切れ端と判明。夫によると、他に好きな人ができたと真帆から離婚を切り出されていたという。捜査が進む中、真帆の口座に研究所の所長・渚(あめくみちこ)の夫・充生(橋爪淳)から、毎月入金があったと分かる。

第4話 2016年11月17日「マリコ決死のヤミ鍋鑑定!誕生日に殺された美女の謎」
 女子大生の明日香(奥仲麻琴)が、おばんざい屋でのアルバイトの帰りに殺された。マリコ(沢口靖子)らの鑑定で、彼女の腕時計からA型の男性の血液が検出される。土門(内藤剛志)は、DNAの任意提出を拒んだ恋人の直人(山田裕貴)を疑う。そんな中、明日香が2日前に公園で見つかったホームレス男性(内藤和也)の遺体の身元確認のため所轄署を訪ねていたと分かる。マリコは、病死と思われた男性の死因を調べ直す。

第5話 2016年11月24日「殺人現場を消す女!掃除の達人VSマリコの大根おろし」
 山中で前科のある川越(ダンカン)の刺殺体が見つかった。マリコ(沢口靖子)らの鑑定で、川越がピンクのじゅうたんの部屋で殺害された後に、山中に捨てられたことが分かる。川越が住んでいた簡易宿泊所を調べたマリコは、部屋にあった雑誌で彼の元妻・素子(熊谷真実)が‘掃除の達人’として活躍していると知る。写真に写る素子の部屋のじゅうたんがピンクだった。マリコらは任意で素子の部屋を調べるが血液反応は出ない。

第6話 2016年12月1日「京都職人技殺人!血が付かない和傘VS電気仕掛けの女」
 マリコ(沢口靖子)らは和傘職人の樋口(山本道俊)が他殺体で見つかった自宅工房に出動。捜査中、樋口の妻・みさき(青山倫子)が庭で犯人の足跡を調べる宇佐見(風間トオル)に食って掛かり、樋口の母・敬子(鷲尾真知子)にたしなめられる。鑑定で、凶器は傘の製作に使う「またべら」と分かる。樋口の作業着に付着していた花粉は工房の庭に咲く花々のものと一致。しかし1種類だけ、庭でまだ咲いていない菊の花粉が見つかる。

第7話 2016年12月8日「マリコVS爆弾配達人〜“八ッ橋”が暴いた暗号文の謎」
 配達された小包が爆発する事件が連続発生し、マリコ(沢口靖子)らは遺留品の鑑定を進めると同時に、爆発物処理班の柿沢(渡辺大)に応援を依頼する。軽傷だった被害者の2人に接点はなく、さらに現場で見つかったメッセージカードに書かれた「T」の字と数字も何を意味するのか解読できない。そんな中、新たな爆発が起き、元府警職員の芝木(白井滋郎)が死亡。犯人は芝木を殺すため、爆弾を遠隔操作したことが分かる。

第8話 2016年12月15日「さらば科捜研!絶対止まらない爆弾の罠…衝撃ラスト」
 マリコ(沢口靖子)は、元法務大臣の和香子(大島さと子)の娘・理菜(松浦雅)、採石会社社長・館山(床尾賢一)、元府警職員・芝木(白井滋郎)らが狙われた連続爆発事件が10年前の爆発物処理班の班長・徳武(加藤重樹)の事故死とつながっていると気付く。メッセージカードの謎を解いた相馬(長田成哉)が、次に犯人が爆弾を仕掛ける場所を特定。マリコらは、繁華街で起きると予測される次の爆発を阻止するため動き出す。

正月スペシャル 2017年1月3日(火)「列島大追跡!マリコvs誘拐殺人犯〜24年前の未解決事件が今また動き出す!!刑事を狙う自動走行バイクと空飛ぶ身代金3000万円の謎を飛行機雲が解く!」 ※(21:00 〜 23:10)
 バイク便会社の社長・間中悟(羽場裕一)が公衆トイレに入った一瞬の隙に、ベビーカーに乗せておいた1歳の息子が何者かにさらわれる事件が発生した。現場からバイクの痕跡が発見され、榊マリコ(沢口靖子)たち科捜研のメンバーは犯人らしきバイクの男の行方を追うことに…!

第9話 2017年1月12日「マリコvs疑惑の女医“禁じられた解剖”と高血糖の謎」
 早朝、京都市内の寺院の階段下で、近所に住む資産家・和田茂(小倉一郎)の死体が発見された。妻で医師の絵美子(濱田マリ)によると、和田は朝の散歩を日課としており、いつもと変わらず散歩に出たという。和田は重度の糖尿病を患っており、ペン型のインスリン注入器を携帯していたはずだったが、所持品の中にインスリンが見当たらなかったことから、散歩の途中に高血糖でこん睡状態となり、階段から転落したのではないかと思われた。しかし、榊マリコ(沢口靖子)は遺体の瞳孔が過度に拡大していることに違和感を抱き、逆に和田は低血糖状態にあったのではないかと考えはじめる。

第10話 2017年1月19日「嘘に殺された美女!脳科学が暴く人気モデルの裏の顔」
 雑誌の読者モデル・みちる(宮地真緒)の絞殺体が河川敷で見つかる。現場近くの監視カメラに、みちるが女性と歩いている姿が写っていた。さらに、事件前にみちるが高名な児童文学作家の牧(黒田福美)と会っていたことが分かる。牧は、別れ際にみちるに話し掛けてきた人物がいたが顔までは覚えていないと話す。マリコ(沢口靖子)は、牧に無意識化の記憶も確認できる「機能的核磁気共鳴画像法」の検査を受けてもらう。

第11話 2017年1月26日「グルメ格付け殺人!死を呼ぶ裏メニューで人間発火!?」
 マリコ(沢口靖子)らは、刺殺体で見つかった白人男性を調べる。解剖で被害者が事件前に本格的なフランス料理を食べていたことが判明。付着していたサボテンのとげなども特定される。付近の防犯カメラには、被害者が女性と歩く姿、そして2人を追う男性が写っていた。男性はフランス料理店で給仕を取り仕切る羽田野(葛山信吾)で、被害者は昨夜、店に来たフランス人観光客だという。やがて、被害者の正体が判明する。

第12話 2017年2月2日「マリコvs京都花街の女!舞妓の仮装行列を透視鑑定!?」
 工事現場で男性の他殺体が見つかる。被害者の安住(柴田善行)は製薬会社の新薬開発の責任者だった。マリコ(沢口靖子)らが安住の衣服から採取した微物は折れたかんざしのかけらと分かる。一方、蒲原(石井一彰)は出張中の土門(内藤剛志)に代わりベテランの兵頭(佐野史郎)と組むが、マイペースの兵頭とは息が合わない。マリコは胃の内容物から、安住が立ち寄ったお茶屋やスナックを特定。そのスナックで兵頭に遭遇する。

第13話 2017年2月9日「マリコvs似顔絵捜査官!顔が上下逆になる殺人犯の謎」
 マリコ(沢口靖子)らはデイトレーダーの真島(西村匡生)が殺された事件を担当。凶器は美容師が使うようなはさみだと分かる。やがて目撃者が見つかり、似顔絵捜査官の代役として総務の未知(中原果南)が似顔絵を作成。しかし、目撃者の佐々木(住田隆)から50%しか似ていないと言われる。未知がかつて優秀な似顔絵捜査官だったと知ったマリコは、佐々木が犯人を逆さまに見ていたことを突き止める。

第14話 2017年2月16日「マリコvs超常現象を呼ぶ女!?空飛ぶタイヤと密室の謎」
 義助(田山涼成)が住職を務める寺の蔵の中で遺体が見つかる。蔵は密室状態だったが、マリコ(沢口靖子)らの鑑定で自殺を装った殺人と判明。マリコらは犯人がどうやって蔵を密室状態にしたのか分からず頭を悩ます。被害者は建設会社社長・大前(入江毅)で、強引な手法で開発事業を進める人物だった。捜査が進む中、強引な開発に対し反対運動を続ける大学教授・小柳(冨家規政)が大前に付きまとっていたと分かる。

第15話 2017年2月23日「雪山カップルを狙う銃弾!5℃以下で白く光る美女!?」
 マリコ(沢口靖子)らは山中で救出された枝織(小松彩夏)の体から検出された銃弾などを調べる。所持品の2枚の写真はインスタントカメラで撮ったもので、枝織の上司・萩野(大迫一平)、友人・紗代子(内田慈)のほか、迷彩服姿の2人の男が写っていた。写真のコテージに向かうとそこには萩野の銃殺体とさらに5枚の写真が。マリコらは写真の撮影順を推測し、事件の推移を考える。犯人は紗代子を人質に逃走中と思われた。

第16話 2017年3月2日「マリコvsバスジャック犯!100均グッズで決死の鑑定」
 マリコ(沢口靖子)らはデザイナーの麻未(篠原真衣)が絞殺体で見つかった河川敷に出動。凶器はスカーフで、切れたネックレスの黒真珠も落ちていた。マリコは移動で路線バスに乗車。しかし、発車直後にバスは猟銃を持った男(林泰文)にジャックされる。男が乗客の荷物を回収中に、黒真珠が床に転がる。マリコはバス内の6人の中に麻未を殺した犯人がいると確信する。

最終話 2017年3月9日「最終鑑定…完全密室の罠に落ちたマリコ!!衝撃ラスト」
 朝、豪邸で主人の小田山(平岡秀幸)の他殺体が見つかる。自宅には秋月(石橋保)が経営するセキュリティー会社の厳重な防犯システムが導入され、マリコ(沢口靖子)らが監視カメラを確認しても、人の出入りはない。妻の浩乃(佐藤仁美)は、小山田が押した非常通報ボタンで駆け付けた警備員に起こされるまで、事件に気付かなかったと話す。浩乃の前夫も結婚半年後に自宅で溺死しており、土門(内藤剛志)らは彼女の犯行を疑う。

各話視聴率


番組公式サイト
科捜研の女 - Wikipedia

『科捜研の女 第16シリーズ TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラブホの上野さん TOP

『ラブホの上野さん』(ラブホのうえのさん)は、2016年12月1日より毎週木曜日にフジテレビオンデマンドで配信。2017年1月18日から毎週木曜 2:25〜2:55(水曜深夜)に、フジテレビでも放送中。主演は本郷奏多。


原作概要
原案:上野・作画:博士による漫画作品。
『月刊コミックフラッパー』(KADOKAWA メディアファクトリー刊)にて、2014年7月号より連載中。ストーリーは基本的に1話完結で、恋愛問題に悩む人物の前に主人公の上野が現れ、時には後輩の一条などを交えながら、心理学などを駆使して、目当ての異性の心を射止めるためのアドバイスをおこなう内容になっている。最後に、上野が自分が相談に乗った相手に対して、恋愛が成就したあかつきには、自分が勤務するラブホテルの五反田キングダムを利用するよう勧めるのがオチになっている。


キャスト
上野さん - 本郷奏多
お城のようなラブホテル「五反田キングダム」のスタッフ。紳士的でエレガント、冷静沈着、上品で穏やかに見えるが、ナンパに失敗した男性を見つけると傷口に塩を塗るようなドSっぷりを発揮する。相手の非を責めながらも、恋愛指南をユーモラスに繰り出す。

一条 昇 - 柾木玲弥
彼女いない歴21年の大学生。上野さんに恋愛指南を乞うために、「五反田キングダム」でアルバイトしている。明るく元気だが、要領が悪く詰めも甘いため、女性に全くモテない。上野さんの恋愛指南を聞くことで、徐々に成長していく。

相川千尋 - 大沢ひかる
「五反田キングダム」のアルバイト。目つきが悪く、怒っているように見えるが、そんなつもりは全くない。上野さんや一条に対して接し方がきついが、悪気はない。

三田悦子 - 麻丘めぐみ
「五反田キングダム」で長年働くベテラン清掃員。部屋を掃除するたびに、何かしら発見しては、上野さんたちに面白おかしく報告する。うわさ好きでお節介。ホテルで起こるさまざまな恋愛沙汰に首を突っ込む

中瀬麻衣 - 松井愛莉
「五反田キングダム」の向かいにある、上野さん行きつけの「むちゃカフェ」のアルバイト店員。明るく天然な性格で、多くのファンがいる。軟派で軽薄な男が大嫌いで、誠実な男がタイプ。

室田平吉 - 聡太郎
「むちゃカフェ」のマスター。渋いタイプのイケメンで、ちょい悪おやじ風。彼目当てに来店する女性客もいるほどだが、本人は興味がなさそう。

菊地大雅 - 芋洗坂係長
「五反田キングダム」に出入りする業者で、コスプレ衣装のレンタル商品などを卸している。見た目は太ったエロおやじだが、なぜかモテる。

スタッフ
演出:日暮謙
脚本:神田優、小鶴乃哩子
企画・プロデュース:野村和生(フジテレビ)、下川猛(フジテレビ)
プロデューサー:澤田賢一
主題歌:アカシック「愛×Happy×クレイジー」


各話あらすじ
第1話 2017年1月18日「ラブホテルへの誘い方」ラテ欄「恋愛指南!ラブホテルへの誘い方教えます」
五反田の繁華街にそそり立つラブホテル「五反田キングダム」。その道路脇に寝ている童貞大学生の一条昇(柾木玲弥)。一条は昨夜このホテルの前で、気になっている同じ大学のななみ(阿部菜渚美)が男と一緒に歩いているところを見かける。2人の関係を信じたくない一条は、夜通しホテルの前で見張っている内にそのまま寝てしまっていた。

第2話 2017年1月25日「ゲスな話題で盛り上げろ!」ラテ欄「女性との会話術!ゲスな話題ほど盛り上がる」
 上野(本郷奏多)の恋愛指南を受けるために、「五反田キングダム」でアルバイトをすることになった一条(柾木玲弥)。客の対応をするたびに、かわいい彼女に全然釣り合っていないブサイクな彼氏というカップルの多さに、「俺の方がイケてないか!?」と憤る一条。そんな一条を、上野は「何様だ」と叱責する。

第3話 2017年2月1日「おごらなくちゃいけないの?」ラテ欄「デート代は割り勘?男性が払うべきなのか?」
 仕事に慣れてきた昇(柾木玲弥)だが、来店する恋人たちにうらやましさを募らせる。そんな折、昇は千尋(大沢ひかる)の意外な姿を目撃し、思わず見ほれる。

第4話 2017年2月8日「理想のタイプって難しい」ラテ欄「女性必見!理想の彼氏と付き合う方法を伝授」
 ラブホテルにとって1年で一番の書き入れ時のクリスマスイブの夜、五反田キングダムは空室待ちのカップルであふれ、一条(柾木玲弥)らは大忙し。ミニスカサンタの格好で、むちゃカフェからデリバリーを届ける麻衣(松井愛莉)に、一条は見ほれてしまう。そんな中、スイートルームでは女子会が開かれていたが、結局彼氏のいる友達に裏切られ、みのり(赤根那奈)が一人残された。上野(本郷奏多)は、そんなみのりに対して、彼氏ができない原因を厳しく指摘し、恋愛指南する。

第5話 2017年2月15日「勝てる合コン 負ける合コン」ラテ欄「合コン必勝法!合コンのテクニック教えます」
 仕事の合間に上野(本郷奏多)と一条昇(柾木玲弥)はむちゃカフェに。何やらテーブル席が騒がしいことが気になった一条が、店員の麻衣(松井愛莉)に尋ねてみると、男女6人の合コンが行われているという。しかし、楽しそうにしていた女性陣全員が途中で帰ってしまう。ところが、残された男性陣はがっかりするどころか、手応えを感じて盛り上がっている。そんな中、上野が女性陣に逃げられたことを鋭く指摘し、予言めいたことを言い放つ。

第6話 2017年2月22日「素敵な言い訳」ラテ欄「人は見た目!恋は外見!中身はどうでも良い」
 ラブホテルでの仕事に慣れてきた一条(柾木玲弥)は、屋上で仕事をサボっていると、飛び降り自殺しようとしている就活生・大隈(小栗わたる)に気付き、自殺を食い止める。一条ともみ合った時にけがをした大隈の手当てを麻衣(松井愛莉)に頼み、一条は大隈を励ます。大隈は就活がうまくいかず、生きる気力を失っていた。

※2017年3月1日と3月8日は放送休止。

第7話 2017年3月15日「感情の一致で恋が始まる」ラテ欄「女性との会話は内容ではなく気持ちを聞け!」
 上野(本郷奏多)と共にむちゃカフェでランチをしている一条(柾木玲弥)は、落ち目のアイドル・さおり(多田愛佳)がいることに気付く。マネジャーの五十嵐(篠田光亮)ともめているようだが、アイドル好きの一条は空気も読まずさおりに握手を求め、不機嫌なさおりは一条を無視して出ていってしまう。

第8話 2017年3月15日「お友達ゾーン脱出作戦」
 【むちゃカフェ】のバイト中瀬麻衣(松井愛莉)が、深刻な表情で【五反田キングダム】にやって来る。カフェのマスター室田平吉(聡太郎)が、開店前に謎の電話をよこしたきり連絡が取れないと言う。一人でカフェを営業する事になった麻衣を、一条昇(柾木玲弥)は心配する。「麻衣の好感度を高めるチャンスだ」と上野(本郷奏多)にそそのかされた一条は、麻衣と二人で店を切り盛りする事に。

※第7話と8話は一挙放送

第9話 2017年3月22日「言葉を制する者が恋を制す!」ラテ欄「既読スルーされないLINE術!メール作法」
 麻衣(松井愛莉)と、LINEのIDを交換した一条(柾木玲弥)は、仕事中にもかかわらずスマホをいじってばかり。しかし、表情は浮かない。一条が麻衣に既読スルーされることが多くなったと上野(本郷奏多)に打ち明けると、上野は“メールの正しい作法”について恋愛指南を始める。

第10話 2017年3月22日「恋のヒエラルキー」ラテ欄「誠実な男はモテる?女性が求める誠実さとは」
 ささやかなデートを経て、中瀬麻衣(松井愛莉)と距離を縮めた一条昇(柾木玲弥)は、ますます麻衣に夢中になっていた。カフェでテキパキと働く麻衣を眺めていると、麻衣を呼び捨てにするイケメンの伊東(七瀬公)と、その友人、脇田(荒牧慶彦)、鈴木(北尾貢次)が来店する。伊東は麻衣の高校時代の先輩だった。伊東は仲間内で行く予定の別荘に、麻衣を誘い始める。断りにくい状況で、困惑する麻衣。

※第9話と第10話は一挙放送

第11話 2017年3月29日「完璧なデートプラン」 ※世界フィギュアスケート選手権2017女子ショート」延長の際、放送時間繰り下げの場合あり。
 一条(柾木玲弥)は麻衣(松井愛莉)とのデートが目前に迫り、意気込む。上野(本郷奏多)からデートのテクニックを学び、準備は万端だ。そんな中、休みのはずの千尋(大沢ひかる)が岡本(冨田佳輔)と「五反田キングダム」にやって来る。


番組公式サイト
ラブホの上野さん - Wikipedia

『ラブホの上野さん TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レンタルの恋 TOP

『レンタルの恋』(レンタルのこい)は、2017年1月18日から同年3月22日まで、毎週木曜 0時10分 - 0時40分(水曜深夜)にTBS系の水曜版『テッペン!』・『水ドラ!!』枠で放送された。全10話。主演は剛力彩芽。


概要
どんな無理難題にも応え、必ず客を満足させる“レンタルの彼女”と、そんな最強の彼女とデートをして、瞬く間に恋に落ちてしまう男性が繰り広げる恋物語。相手の好みを把握し、態度や言葉遣いだけでなく、キャラクターも理想の彼女になりきる人気ナンバーワンの高杉レミを剛力彩芽が演じる。


ストーリー 
クリスマスが目前に迫るある日、うだつの上がらない大学生・山田公介(太賀)の元に届けられた段ボールから出てきたのは、彼女のレンタルサービスを行う会社「Rental Lovers」の人気ナンバーワン・高杉レミ(剛力彩芽)。容姿やトーク力も抜群で、どんな無理難題にも完璧に応えるレミだったが、仕事(デート)が終わると、絶対に笑顔を見せてくれない。しかも、レミの首には奇妙な包帯が巻かれていた…。

公介はレミに惹かれて恋に落ち、「きみを永久レンタルしたい」と申し出るが、「絶対にできません」と拒絶されてしまう。


キャスト
高杉 レミ
演 - 剛力彩芽
彼女のレンタルサービスを行う会社「Rental Lovers」の人気ナンバーワン。どんな無理難題を言う客の依頼も断らず、気配りもできて、おもてなしも最高。しかし、デートが終わると絶対に笑顔を見せない。首には謎の包帯を巻いている。

山田 公介
演 - 太賀
地味な大学生。アニメと美少女フィギュアが大好きな、恋愛経験なしの草食系男子。レンタル彼女のレミにのめり込んでしまう。

道端 すみれ
演 - 岸井ゆきの
公介の幼なじみ。お節介だが明るく優しい性格。公介に恋心を抱きながらも、告白できずにいる。レミにのめり込む公介を心配する。

鷹見 鑑物
演 - 温水洋一
レミが所属する「Rental Lovers」の社長兼マネジャー。腰が低く笑顔だが、いつも忙しなく時間を気にしている。

天戸 悠
演 - 原幹恵

橘 隼人
演 - 健太郎

細井 美姫
演 - 信江勇

香川 アケミ
演 - 金田彩奈

結城 翔
演 - 清原翔

スタッフ
脚本 - 田辺茂範 ほか
プロデューサー - 宮ア真佐子、鈴木早苗
演出 - 渡瀬暁彦、伊藤雄介、渡部篤史
製作著作 - TBS


各話あらすじ 平均視聴率 1.80%
第1話 2017年1月18日「最強レンタル彼女現る!剛力が体当りのコスプレ披露」 視聴率 1.3%
 高杉レミは、レンタル会社のルール内かつ時間内なら、お客さまからのどんな無理難題も決して断らず投げ出さず、リクエストを完璧に遂行し、必ず満足させるという人気No.1にして“最強のレンタルの彼女”だ。お客さまの好みを把握し、態度や言葉遣いだけでなく、キャラクターも理想の彼女になりきるレミだが、人とは違う特徴を持っていた。それは、ひとたびデート(仕事)が終わると絶対に笑顔を見せない。そして、首には奇妙な包帯が――。

第2話 2017年1月25日「教えたがり男とサバイバルデート!わたくし、生きたい!」 視聴率 1.9%
 公介(太賀)は鷹見(温水洋一)にレミ(剛力彩芽)をレンタルしたいと詰め寄るが、別の人がレンタル中だった。公介は10分でもデートがしたいからその現場まで行くと言い張る。

第3話 2017年2月1日「不良中年と喧嘩上等の青春デート」 視聴率 2.3%
 鷹見は公介にレンタルラバーズで働いて支払いをするよう提案する。公介はレミ(剛力彩芽)のデート相手の友人から集金をするよう指示を受け、デート現場へ。

第4話 2017年2月8日「人気ユーチューバーと生配信デート!」 視聴率 1.7%
 レミ(剛力彩芽)は天戸悠のピンチヒッターを引き受けることに。一方、公介(太賀)はアケミのデートをサポートすることになるが、レミのデートが気になってしまう。

第5話 2017年2月15日「愛と涙と友情と…奇跡は起こせる!」 視聴率 1.6%
 レミ(剛力彩芽)は天戸悠のピンチヒッターを引き受けることに。一方、公介はアケミのデートをサポートすることになるが、レミのデートが気になってしまう。

第6話 2017年2月22日「子役に恋愛指導デート!そして恋が走り出す…」 視聴率 1.4%
 公介(太賀)と隼人(健太郎)はレミ(剛力彩芽)の今日のデート現場の緑山スタジオへ。レミを探すとドラマの撮影現場に遭遇し、デート相手が13才の天才子役であると発覚する。

第7話 2017年3月1日「レンタル彼女のデートテク、教えてあげる!」※『WBC世界一奪還へ!侍ジャパン壮行試合 日本vs台湾』放送延長のため、55分繰り下げ(25:05〜25:35)。 視聴率 1.4%
 公介(太賀)はレミ(剛力彩芽)に「付き合ってもらえますか」と言われ感激。ところが、デート現場で待っていたのはすみれ(岸井ゆきの)。すみれはレミからデートテクを学ぶことに。

第8話 2017年3月8日「人類と昆虫の愛の物語」 視聴率 3.0%
 レミ(剛力彩芽)がレンタルラバーズを辞めると言い、最後のデート相手の元へ。一方、隼人(健太郎)はあることを確かめるために、公介(太賀)とレミのデート現場へと向かう。

第9話 2017年3月15日「プロポーズ大作戦!ついに衝撃の正体判明…」※WBC特番放送のため、開始時間変更(0:25〜00:55)。 視聴率 1.6%
 レミ(剛力彩芽)の幼なじみ・誠志郎がレンタルラバーズを訪れる。鷹見(温水洋一)は間違えたふりをして誠志郎からデートの予約を受けてしまったとレミに連絡をする。

最終話 2017年3月22日「さよなら、最強のレンタル彼女」※WBC準決勝』の試合状況により放送時間が変更する場合があり。
 レミ(剛力彩芽)の正体を知った公介(太賀)は現実が受け入れられない。隼人(健太郎)とすみれ(岸井ゆきの)は心配し公介を外に連れ出すが、公介はレミを探してレンタルラバーズへ向かう。


番組公式サイト
レンタルの恋 - Wikipedia

『レンタルの恋 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京タラレバ娘 TOP

2017年1月18日から同年3月22日まで、日本テレビ系「水曜ドラマ」枠(毎週水曜 22:00〜23:00)で放送された。全10話。主演は吉高由里子。


原作概要
『東京タラレバ娘』(とうきょうタラレバむすめ)は、東村アキコによる漫画作品。『Kiss』(講談社)にて2014年5月号より連載されている。単行本は2016年9月現在既刊6巻。

2013年9月に、2020年のオリンピック開催地が東京に決定した後、作者のアラサー・アラフォーの独身の友人たちが次々と「一人で(または親と)東京オリンピックを見るなんて嫌だ」と言い出したことを元ネタにしている。


ドラマ概要
累計発行部数180万部を突破した東村アキコの同名人気コミックをドラマ化。主人公の売れない脚本家・鎌田倫子を吉高由里子が演じる。吉高がドラマの主演を務めるのは、NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」以来、約2年ぶりとなる。

倫子は、彼氏もおらず、親友の山川香(榮倉奈々)、鳥居小雪(大島優子)と女子会ばかり開いているアラサーの独身女性。「奇麗になっ“たら”いい男が現れる」「好きになれ“れば”結婚できる!」。そんな“タラレバ話”を繰り返していた倫子たちが、ある出来事を機に現実に直面。恋に仕事に右往左往していく姿をコミカルに描く。


ストーリー 
売れない脚本家の鎌田倫子(吉高由里子)は30歳で独身。彼氏もおらず、親友の山川香(榮倉奈々)、鳥居小雪(大島優子)と居酒屋で女子会を繰り返す日々を送っていた。

「あの時、ああして“たら”違ってたかも」「もっと頑張って“れば”よかった」。そんな話ばかりしていると、突然、金髪のイケメン男子に「タラレバ女」と言い放たれてしまい、はたと厳しい現実にぶち当たる。「あれ? あたしたちってもう女の子じゃないの?」。

以降、倫子は幸せを求めて悪戦苦闘しながらも、恋に仕事に奮闘していく。


キャスト
鎌田 倫子〈30〉
演- 吉高由里子
独身、彼氏ナシ、仕事もイマイチの売れない脚本家。原作では33歳であるが、本作では年齢設定が引き下げられている。

山川 香〈30〉
演 - 榮倉奈々
倫子の高校時代からの親友でネイリスト。

鳥居 小雪〈30〉
演 - 大島優子
倫子の親友で、居酒屋「呑んべえ」の看板娘。

その他
KEY(鍵谷 春樹)〈25〉
演 - 坂口健太郎
倫子たちを叱咤する新鋭気鋭のモデル。辛口発言が多いが、どことなく影を持っている。

早坂 哲朗〈35〉
演 - 鈴木亮平
ドラマ制作会社「ジャパンテレビエンタープライズ」に勤めるドラマプロデューサー。8年前倫子に「ダサい」を理由にフラれた過去を持つ。今は芝田マミのことが好きだが、一方で倫子のことも気にかけている。

鮫島 涼〈32〉
演 - 平岡祐太
人気バンドのギタリスト。香の元彼。現在はモデルの彼女がいる。

芝田 マミ〈22〉
演 - 石川恋
倫子を慕っているドラマAD。倫子のアシスタントであった原作とは異なり、本作では早坂が勤務するドラマ制作会社の社員となっている。

鳥居 安男〈62〉
演 - 金田明夫
居酒屋「呑んべぇ」店主。小雪の父。バツイチ。

丸井 良男〈35〉
演 - 田中圭
サラリーマン。妻帯者だが別居中と告げた上で小雪と不倫する。

タラ
声 - 加藤諒
倫子にだけ見える幻想。語尾に「タラ」を付ける。鱈の白子がモチーフ。
第8話では香の前に、第9話では小雪の前にも姿を現す。

レバ
声 - あ〜ちゃん(Perfume)
倫子にだけ見える幻想。語尾に「レバ」を付ける。レバテキがモチーフ。
第8話では香の前に、第9話では小雪の前にも姿を現す。

ゲスト
徳田 芳樹(第1・2・3・7話)
演 - 菊池均也
倫子の手がけるドラマ作品の監督。

笹崎 まりか(第2話)
演 - 筧美和子
倫子の代わりにドラマの脚本を担当することになった若い女性脚本家。

奥田 優一(第5・6話)
演 - 速水もこみち
倫子とある日偶然出会うバーテンダー。料理が得意で長身でイケメン、さらに性格もいい。一時的に倫子の彼氏になるが、一緒に過ごしていく内に映画の嗜好などを巡るズレの発生から倫子が「噛み合わない」状況となっていき、破局する。

沢田 曜子(第5・9話)
演 - 村川絵梨
KEYの元妻。若くして病気で亡くなった。

紗英(第7話)
演 - 坂ノ上茜
倫子が脚本を担当する北伊豆PRドラマで登場していた女優。

竹内 加奈子 -(第8・9話)
演 - 井上晴美

荒川(第8・9話)
演 - 鼓太郎

スタッフ
原作 - 東村アキコ
脚本 - 松田裕子
音楽 - 菅野祐悟
チーフプロデューサー - 伊藤響
プロデューサー - 加藤正俊、鈴間広枝、/ 鈴木香織(AXON)
演出 - 南雲聖一、 鈴木勇馬、小室直子
制作協力 - AXON
製作著作 - 日本テレビ

主題歌 - Perfume「TOKYO GIRL」(ユニバーサルJ / Perfume Records)


各話あらすじ(2017.1.18 - 2017.3.22)全10話 平均視聴率 11.35%
第1話 2017年1月18日「あー幸せになりたい恋に仕事に悪戦苦闘!!右往左往」※22:00 〜 23:10
 30歳独身の売れない脚本家・倫子(吉高由里子)は、親友の香(榮倉奈々)と小雪(大島優子)の3人で、小雪の父・安男(金田明夫)が営む居酒屋で女子会ばかりやっていて恋愛から遠ざかっている。そんな中、倫子はプロデューサー・早坂(鈴木亮平)から食事に誘われる。8年前に振ったものの、すっかりあか抜けた彼の誘いに期待が膨らむ倫子。当日、倫子の報告を待つ香と小雪だったが、店にはモデルのKEY(坂口健太郎)が来ていて…。

第2話 2017年1月25日「急展開のキス!次の一手がわからない!!」ラテ欄「アラサー3人娘が幸せ求めて悪戦苦闘、右往左往!」
 KEY(坂口健太郎)が人気モデルだと知り、腹立たしい倫子(吉高由里子)たち。恋を忘れた倫子は、監督から脚本に胸キュンシーンが欲しいと要求され、不安になる。そんな折、倫子は早坂(鈴木亮平)とマミ(石川恋)からドラマ主題歌を歌うバンドのライブに誘われ、香(榮倉奈々)と小雪(大島優子)も呼ぶ。そのバンドのギタリストは、香がかつて振った元恋人・涼(平岡祐太)だった。香は再会した涼に抱き締められ、胸をときめかせる。

第3話 2017年2月1日「恋に仕事に迷走中!?私の愛、どこだー!!」
 KEY(坂口健太郎)との関係が急展開した倫子(吉高由里子)は、香(榮倉奈々)と小雪(大島優子)を呼び出して相談する。だが、女子会ばかりやっていたせいか、3人揃っても次にどう行動すればいいのか分からない。仕方なく、倫子と香は店に戻る小雪に付いていき、酒を飲むことに。その道中、小雪は、落としたジャガイモを拾ってくれた男性・丸井(田中圭)にお礼をするため店に誘う。そして丸井のしぐさや笑顔にときめいてしまう。

第4話 2017年2月8日「初めての大ゲンカ!!固い女の友情に亀裂」
 小雪(大島優子)は妻と別居中という丸井(田中圭)と不倫関係に陥り、香(榮倉奈々)は本命の彼女がいる涼(平岡祐太)の‘セカンド’という立場を受け入れていた。恋愛をしている2人をうらやましく思う倫子(吉高由里子)は、「いい女」になりたいと占い師(いとうあさこ)に相談する。一方、温泉旅館宿泊券が当たった小雪は、丸井と行く約束を。しかし、倫子は不倫旅行に反対し、その話をきっかけに小雪や香とけんかになってしまう。

第5話 2017年2月15日「崖っぷちからの奇跡の出会い」
 人気の占い師(山村紅葉)から厳しい現実を突き付けられた倫子(吉高由里子)、香(榮倉奈々)、小雪(大島優子)の3人。中でも、仕事も恋もどん底の倫子は打つ手がない。そんな折、倫子はバーを営む奥田(速水もこみち)と知り合い、彼といい雰囲気に。早速、香と小雪に報告するが、KEY(坂口健太郎)にはまた‘タラレバ話’だとばかにされる。一方、早坂(鈴木亮平)は倫子に、急病の脚本家の代役を決めるコンペへの参加を打診する。

第6話 2017年2月22日「幸せって、結婚って何だろう」
 奥田(速水もこみち)という完璧な恋人ができて浮かれる倫子(吉高由里子)は、彼からずっと一緒にいられたら幸せだと言われ、早速、香(榮倉奈々)と小雪(大島優子)に報告する。2人にプロポーズだとうらやましがられた倫子はまんざらでもない。一方、小雪は丸井(田中圭)と別れられずにいたが、香は涼(平岡祐太)との関係を断ち切り、結婚相談所に入会すると宣言。そんな中、倫子は再び奥田と一晩過ごし、その完璧さに気疲れする。

第7話 2017年3月1日「突然のキス!!…仕事も恋もあきらめるにはまだ早い」
 早坂(鈴木亮平)から頼まれて彼の故郷である静岡・北伊豆町の町おこしPRドラマの脚本を書いた倫子(吉高由里子)は、その撮影の見学に香(榮倉奈々)と小雪(大島優子)と3人で行く。わずか5分のドラマで気乗りしなかった倫子。だが、北伊豆町で早坂の恩師である観光協会の田口(田山涼成)らから大歓迎され、町の魅力をインターネットで誰かに届けたいという彼らの熱意を感じ取った倫子は、ダサい仕事だと思っていた自分を恥じる。

第8話 2017年3月8日「私、妊娠したかも!?揺れる女心…振り返らず進め!!」
 急に互いに意識するようになった早坂(鈴木亮平)から電話をすると言われた倫子(吉高由里子)は、香(榮倉奈々)と小雪(大島優子)からついに‘タラレバ女’卒業だと祝福される。さらに、以前書いた企画が連続ドラマに採用されることになり大喜び。そこへ、早坂からの電話で食事に誘われた倫子は、緊張しながら彼と向き合う。一方、涼(平岡祐太)と別れられずにいる香は、生理が遅れたため妊娠を疑うが、検査する勇気を持てない。

第9話 2017年3月15日「会うのはこれが最後不倫の結末とタラレバ男の涙!!」
 価値観の合う早坂(鈴木亮平)との恋愛に幸せをかみしめる倫子(吉高由里子)。一方、結婚相談所での婚活が難航している香(榮倉奈々)だが、風邪でダウンした際、見舞いに現れた涼(平岡祐太)を追い返し、関係を断ち切る。そんな中、早坂の家用に鍋を買うことになり妄想が膨らむ倫子は、彼と会う約束をしたいつもの店で涼とKEY(坂口健太郎)に遭遇。その店内で立ち働く小雪(大島優子)は、丸井(田中圭)から家に来ないかと誘われる。

最終話 2017年3月22日「ついに最終回!!もがき続けた三人娘の幸せの行方!!」※10分拡大(22:00 〜 23:10)
 ひょんなことから早坂(鈴木亮平)にうそをつき、気がとがめる倫子(吉高由里子)。ある日、倫子、香(榮倉奈々)、小雪(大島優子)の元に同級生から結婚式の招待状が届き、3人は第3次結婚ラッシュが始まったと落ち込む。一方、早坂と暮らす物件探しを始めた倫子だが、過去のことで傷ついているKEY(坂口健太郎)のことが気になってしまう。そんな中、KEYがオーディションをすっぽかしたと早坂から聞いた倫子は、彼の行方を捜す。

各話視聴率


番組公式サイト
東京タラレバ娘 - Wikipedia

『東京タラレバ娘 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相棒 Season15 TOP

『相棒 Season15』は、2016年10月12日から2017年3月22日まで、毎週水曜日21:00 - 21:54に、テレビ朝日系の「水曜21時」枠で放送された。全18話。初回と最終回は2時間スペシャル。


概要
警視庁の窓際部署「特命係」に所属する天才警部・杉下右京(水谷豊)が、相棒と共に難事件に挑む人気刑事ドラマシリーズの第15弾。前作では、反町隆史扮する法務省のキャリア官僚・冠城亘がシリーズ史上初の警察官ではない相棒となり、明晰な頭脳とコミカルな一面を披露して右京と新鮮なコンビネーションを生み出した。

右京&亘コンビで迎える2シーズン目からは、所属を改めた亘が新たな立場で特命係に戻ってくる。


ストーリー 
人を呪い殺したという女性が警視庁に出頭してくる。殺害したという相手は、3日前に確かに用水路で溺死を遂げていたが、現場検証の結果、事故死と断定されていた。

女性は自分を罰してほしいと真剣に訴えるが、現行法では彼女を逮捕することも罰を与えることもできない。この奇妙な訴えに興味を抱いた杉下右京(水谷豊)は、警察学校での研修を終えた冠城亘(反町隆史)と共に捜査に乗りだす。


キャスト
水谷豊
杉下右京 役
警視庁特命係の警部。優れた洞察力と記憶力による名推理で事件の謎を解明する。かつては刑事部捜査二課の刑事として数多くの事件を解決していたが、重箱の隅をつつくような捜査で上層部が公にしたくない事件の犯人まで追い詰めてしまい、特命係という閑職に追いやられた。

反町隆史
冠城亘 役
法務省キャリア官僚で警視庁に出向していたが、正式に警視庁所属に。頭脳明晰だが、ひょうひょうとしていてつかみどころがない。

鈴木杏樹
月本幸子 役
小料理屋「花の里」の女将。過去に交際していたヤクザの男を拳銃で撃ち、右京に逮捕された。出所後、右京の薦めで女将に。右京のことを信頼している。

榎木孝明
日下部彌彦 役
法務省のキャリア官僚。前の事務次官が急死したため、急きょつなぎとして法務事務次官に起用された。検事の資格がないため、波風も覚悟の上で、自らの信念に従って行動を取る。元部下の亘にも目を掛けている。

石坂浩二
甲斐峯秋 役
警察庁長官官房付。右京の捜査手腕を認めており友好的だが、警察組織の利益のためならどんな手段でも使う冷徹な一面がある。


各話あらすじ(2016.10.12 - 2017.3.22)全18話 平均視聴率 14.96%
第1話 2016年10月12日「守護神」ラテ欄「守護神〜呪いで人を殺す女〜挑むは右京と広報課の冠城亘?新展開!波乱の幕開け!!」※初回2時間スペシャル(20:00〜22:09)
 警視庁の一員となった亘(反町隆史)は、希望した捜査部署ではなく、美彌子(仲間由紀恵)が課長を務める広報課に配属される。一方の右京(水谷豊)は、初恵(小野ゆり子)という女性が人を呪い殺したと自首してきたと耳にする。初恵が殺したと主張するジムインストラクターは、警察に事故死と断定されていた。初恵は会いにきた右京に、他にも2人呪い殺したと告白。興味を抱いた右京は、3件の事件を改めて調べ始める。

第2話 2016年10月19日「チェイン」ラテ欄「チェイン〜冠城亘の最初の事件」
 右京(水谷豊)と亘(反町隆史)はそれぞれ別の人物から、1年前に失踪した男性・工藤を捜してほしいと頼まれる。依頼人の羽賀(音尾琢真)と桜子(大谷みつほ)はシガーバーで工藤と出会い、彼の自家製シガーのとりことなって毎週会っていたという。そんな中、1年前の傷害致死事件の容疑者・野中の遺体が山中で見つかる。現場にリトルシガーの吸い殻が落ちていたと聞いた右京らは、野中と工藤が同一人物だったのではないかと疑う。

第3話 2016年10月26日「人生のお会計」
 亘(反町隆史)は捜査一課に加わり、アパートで住人の山本(十貫寺梅軒)が殺された事件を捜査。資料を見た右京(水谷豊)は仏壇に置かれていた名刺が気になり、独自に捜査を始める。名刺の主は保険会社の営業マン・谷中(石井正則)だった。山本が谷中を保険金の受取人にしていたと分かり、伊丹(川原和久)たちは谷中の犯行を疑う。一方の右京は、10年前に山本の娘を自殺に追い込んだ元ホスト・田島(渋江譲二)の行方を捜す。

第4話 2016年11月2日「出来心」
 右京(水谷豊)と青木(浅利陽介)は、帰宅途中の路上でひったくりの現場に遭遇。犯人は通行人の平井(風間杜夫)に撃退される。実は平井は詐欺師で、だました男性(武子太郎)から金を巻き上げるところだった。騒ぎの中、男性に逃げられた平井も現場から立ち去る。名乗りもせず消えた平井が気になり、周辺で聞き込みを始めた右京と亘(反町隆史)は、平井が相棒の留美子(内田慈)と詐欺のために運営している悩み相談所にたどり着く。

第5話 2016年11月9日「ブルーピカソ」
 画家の三上(斉藤陽一郎)が転落死。捜査でオークション会社に行った右京(水谷豊)は、社長の磯田(坂西良太)と社員の貴和子(森尾由美)が、見つかった「ブルーピカソ」について話すのを聞く。その絵は8年前、ピカソの未発見の作品ではと画廊主の古澤(堀内正美)に持ち込まれたが、公式鑑定人の来日直前、偽物にすり替えられ消えていた。無名時代、三上が古澤の世話になったと知った右京は三上の死と絵の関係を疑う。

第6話 2016年11月16日「嘘吐き」
 ある夜、漫画家・夏音(柳生みゆ)は住んでいるアパートの隣の部屋から激しい衝突音と女性の悲鳴を聞く。数日後、夏音はホームセンターの袋にのこぎりなどを入れて持ち歩く男と隣に住む女性がその部屋を出入りするのを見かけ、さらに別の中年男女も出入りしていた。部屋を観察した右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、これが複雑な事件であると確信。謎の中年男女の所在とともに、夏音の身元についても調べる。

第7話 2016年11月23日「フェイク」
 亘(反町隆史)は、誘拐事件で息子を殺された美奈子(安達祐実)を車で自宅まで送ることに。息子と二人暮らしだったはずの美奈子が、部屋で誰かと話す声を聞き、亘は不審に思い身元の調査を始める。一方、右京(水谷豊)は、誘拐されたもう1人の少年の両親に要求された身代金の受け渡し場所として指示されたコインロッカーの近くで、気になるマンションを見つけ、犯人が逃走経路として準備した場所ではないかとにらむ。

第8話 2016年11月30日「100%の女」
 亘(反町隆史)は同期の検事・映子(鶴田真由)が担当する裁判を傍聴。この事件の捜査に携わった亘は、証人の紗季(志保)の証言に疑問を抱く。聞き込みの時と異なる証言をしたからだ。2カ月程前、駐ロシア特命全権大使に内定していた外務省官僚の棚橋(窪園純一)が殺され、紗季の証言で部下の中嶋(松下哲)が容疑者に。検察は監視カメラの映像を証拠としていた。亘は事件に興味を持った右京(水谷豊)と捜査を始めるが…。

第9話 2016年12月7日「あとぴん〜角田課長の告白」
 右京(水谷豊)は角田(山西惇)から、産廃場で作業員の他殺体が見つかった事件の真相究明を頼まれる。被害者の光田(樋渡真司)は、20年前に失踪した角田の中学時代の友人だという。右京は聞き込みで、光田が現場監督の仁藤(相島一之)から暴力を受けていたことを聞く。一方の亘(反町隆史)は、写真部だった光田には火災現場の写真で受賞歴があることを知る。その写真がきっかけで逮捕された放火犯の息子が仁藤だった。

第10話 2017年1月1日 元旦スペシャル「帰還」ラテ欄「帰還〜特命係左遷!?警察官連続失踪事件に巨大権力の陰謀!!閉ざされた町で陥る特命係絶対の危機!?」 ※21:00 〜 23:15
 右京(水谷豊)と亘(反町隆史)に、郊外のベッドタウン黒水(くろうず)町の駐在所への臨時異動辞令が下った。黒水は問題がある警察官の左遷先と噂される署だった。その夜、都内では警視総監の四方田(永島敏行)を囲む会合が開かれていた。それは、都内の浄化作戦で成果を上げた四方田のためのパーティーで、会場には副総監の衣笠(大杉漣)や峯秋(石坂浩二)の姿もあった。また、前科のある人間を積極的に受け入れ、寂れかけた町を再生させるプロジェクトに取り組んでいる黒水町の町長・和合(八嶋智人)も列席していた。

第11話 2017年1月11日「アンタッチャブル」
 路上で刺殺事件が発生。捜査をしようとした右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、刑事部長の内村(片桐竜次)から目撃者に接触しないよう命じられる。目撃者は警察上層部の娘らしい。現場を見た右京は、中学生である目撃者が通学路でもない寂しい夜道をなぜ一人で歩いていたのか気になる。やがて、目撃者の父親が警視庁のナンバー2である副総監・衣笠(大杉漣)と判明。右京らは早速、衣笠の娘・里奈(桜田ひより)に会いに行く。

第12話 2017年1月18日「臭い飯」
 右京(水谷豊)は白骨遺体が発見された廃倉庫で、大手米穀販売会社の食品偽装を告発するメモと証拠の米が入った袋を見つける。白骨の身元が前科のある蜂矢(稲健二)と判明。蜂矢が、元受刑者の受け入れ制度があったその米穀販売会社に再就職していたことも分かる。同社社長・多岐川(宮本大誠)は食品偽装を全面的に否定。右京と亘(反町隆史)は、蜂矢の失踪と同時期に刑務所へ逆戻りした元同僚・亀井(笹野高史)に面会に行く。

※2017年1月25日は「くりぃむクイズ ミラクル9 2時間スペシャル」(19:56 〜 21:48)が放送のため、休止。

第13話 2017年2月1日「声なき者〜籠城」ラテ欄「前後編スペシャル!!声なき者〜籠城」
 神戸(及川光博)からのメールを受けた亘(反町隆史)は、1年前の人質立てこもり事件を思い出す。傷害事件を起こした犯人が車で逃走し、近くで巡回カードを集める手伝いをしていた右京(水谷豊)が、犯人が立てこもった家を特定したのだ。程なく、逃走車両の持ち主が司法浪人生の真渕(三浦英)と判明。その真渕から、ある企業の常務の妻を連れて来いというメールが入る。だが、彼女は3週間前に駅のホームから転落死していた。

第14話 2017年2月8日「声なき者〜突入」ラテ欄「前後編スペシャル!!声なき者〜突入」
 人質立てこもり事件が起きて半日。犯人は3週間前に転落死した常務夫人・聡美(及川莉乃)を呼べと要求し続けていた。一方、右京(水谷豊)は、聡美のことで話があるという尊(及川光博)と久々の再会を果たす。聡美は監察官・大河内(神保悟志)の知人の娘で、尊は大河内から相談に乗るよう頼まれていた。死の前、聡美は幼い息子を連れて2カ月余り姿を消しており、戻った半月ほど後に、自殺のような転落死を遂げたという。

第15話 2017年2月15日「パスワード」
 右京(水谷豊)と亘(反町隆史)が入院した幸子(鈴木杏樹)の見舞いに行くと、そこに伊丹(川原和久)らが現れた。幸子と同室の真奈美(橋本真実)を担当するヘルパーの小松崎(小林且弥)が殺され、伊丹らは彼女を疑っているようだ。右京は、盲目の真奈美が2日前、買物中に転んで入院したと聞き不審を抱く。その日は大雪だったからだ。亘は、証拠品の小松崎の服についた匂いが、真奈美の姉・貴子(池津祥子)の香水と同じだと気付く。

第16話 2017年2月22日「ギフト」
 連続殺人の罪で拘束中の北(野間口徹)が捜査員の男を殺害し、顔を切り刻んで逃亡。北から犯行をほのめかす連絡を受けていた伊丹(川原和久)宛に業務用の冷蔵庫が届き、中には北がリストアップしていた女性の遺体が入っていた。右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、北の手際の良さから共犯者の存在を確信する。さらに、右京たちは美しい女性の顔を切り刻むことに快楽を感じていた北が、男性の顔を刻んだことに違和感を覚える。

第17話 2017年3月1日「ラストワーク」
 動画クリエーターの中鴨(尾上寛之)がインターネットに上げた動画が話題に。‘ラストワーク’というその動画には、拳銃で脅され泣きながらステーキを食べる男が映っていた。右京(水谷豊)らは動画がフィクションか事件かを見極めるため、中鴨の行方を追う。やがて動画の男がホームレスの大屋(渡辺哲)と分かる。中鴨は続編を次々とアップ。右京は彼がライブ配信に選んだ場所にある秘密が隠されていることに気付く。

※2017年3月8日は「ぽっちゃりママのダイエット奮闘記」(19:00 〜 21:48)が放送のため、休止。

※2017年3月15日は「2017ワールドベースボールクラシック 2次ラウンド 日本×イスラエル」(18:30 〜 21:51予定)が放送のため、休止。

最終話 2017年3月22日「悪魔の証明」ラテ欄「悪魔の証明〜容疑者冠城亘!!社美彌子の秘密を巡りついに特命係が全面対決!?」※2時間スペシャル(20:00 〜 22:09)
 週刊誌のスキャンダル記事により、広報課長の美彌子(仲間由紀恵)が未婚の母でハーフの娘がいることが発覚。何者かが美彌子のパソコンに侵入してデータを盗み出したと分かり、亘(反町隆史)が疑われる。美彌子は副総監・衣笠(大杉漣)ら警視庁幹部から問い詰められるが、父親の素性を明かさない。右京(水谷豊)は、記事の写真に写るクリスマスツリーが実はロシア式の正月飾りだと気付く。亡命したロシアスパイ・ヤロポロクと美彌子の関係を疑った右京は、美彌子の元上司で未決囚の天野(羽場裕一)に会う。

各話視聴率へ


番組公式サイト
相棒 - Wikipedia
タグ:相棒 Season15

『相棒 Season15 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住住 TOP

『住住』(すむすむ)は、2017年1月24日から同年3月28日まで、日本テレビ系で毎週火曜 25:29〜25:59に放送中。全10話予定。


概要
お笑い芸人のバカリズム、女優の二階堂ふみ、オードリーの若林正恭が出演する異色作。3人が住むマンションを舞台に、芸能人のリアルな日常を描くシットコムドラマで、それぞれ本人役として登場する。

ドラマは、東京都内の某マンションの同じ階にバカリズムと若林が住んでおり、バカリズムが若林の部屋によく遊びに来るという設定。そこに二階堂も加わり、それぞれが抱えていたり、起こしてしまった“芸能人っぽい悩み”を解決していくさまがコミカルに描かれる。

バカリズムは出演だけでなく、原案と脚本も担当。リアルとフェイクの間を行き来する“バカリズムワールド”が展開する。


ストーリー
東京都内の某マンション。お笑い芸人のバカリズムと若林正恭は同じ階に住んでおり、バカリズムはよく若林の部屋に遊びに来ていたが、2人は芸能人でありながら派手に遊ぶこともなく、地味な独身生活を送っていた。

そんなある日、そのマンションに女優の二階堂ふみが住んでいることが分かる。やがて二階堂も彼らの仲間に入り、同じマンションで暮らす“芸能人仲良し3人組”が誕生。それぞれが暮らしの中で抱えている問題やトラブルを、協力したり、時には反発し合いながら解決していく。


キャスト
バカリズム
升野英知 役
独自の世界観を持ったコントや大喜利を武器に活躍するお笑い芸人。近年は脚本家としても活躍の場を広げている。売れっ子芸能人ながら私生活は極めて地味。

二階堂ふみ
二階堂ふみ 役
人気若手女優。多数の映画賞を受賞するなど、その実力は折り紙つき。

若林正恭
若林正恭 役
本業のお笑いのみならず、司会業や俳優、執筆活動とマルチに活躍する人気芸人。だが、人見知りな性格で、派手な遊びが嫌いな升野と馬が合う。

スタッフ
脚本:バカリズム
脚本:オークラ
脚本:安部裕之
監督:住田崇、橋本和明
プロデューサー:松岡至、吉無田剛

主題歌:そんな夜/Enjoy Music Club


各話あらすじ 平均視聴率 1.91%
第1話 2017年1月24日「二階堂ふみもいる。」 視聴率 2.1%
 都内のマンションの同じ階に住むバカリズムと若林正恭は、互いの部屋を行き来する仲。ある日、二階堂ふみも同じマンションに住んでいることが判明する。

第2話 2017年1月31日「若林の服」 視聴率 1.7%
 若林正恭の部屋でくつろぐバカリズムと二階堂ふみ。じゃんけんで負けた若林が買い出しに行っている間、バカリズムと二階堂はチャイナ服を見つけてしまう。

第3話 2017年2月7日「お騒がせ冷蔵庫」 視聴率 1.7%
 若林正恭の部屋にある冷蔵庫の音が気になると言い始めたバカリズム。振動を止めるために冷蔵庫の脚にかませるものを求めて、二階堂ふみと共に探し始める。

第4話 2017年2月14日「升野の部屋」 視聴率 2.0%
 バカリズムの部屋を訪問した二階堂ふみと若林正恭。彼がかたくなに寝室を見せたがらないことが気に掛かった二階堂と若林は、なんとか寝室に入る策を練る。

第5話 2017年2月21日「寝れない2人」 視聴率 1.9%
 翌日4時起きだという二階堂ふみは、バカリズムに一緒に朝まで起きていてほしいと依頼。了承したバカリズムだが、度々眠ろうとする二階堂に嫌気がさす。

第6話 2017年2月28日「思い出す」 視聴率 2.1%
 バカリズムは若林の部屋で自分の財布がないことに気付く。財布を捜すために、部屋に入ってきた時のことを思い出す。1時間前を回想すると、二階堂ふみがニット帽をなくしていたことを思い出す。

第7話 2017年3月7日「真夜中の訪問者」 視聴率 2.2%
 玄関の鍵を開けてほしいとバカリズムの部屋のインターホンが鳴る。3人は相談し開けないことにするが、数日後部屋の前にはフルーツ盛りが置かれていた。

第8話 2017年3月14日「若林家の秘密」 視聴率 1.6%
 同じ間取りなのに若林正恭の部屋だけがバカリズムと二階堂ふみよりも家賃が安いことを不思議に思う3人。若林は、事故物件ではないかと不安に駆られる。

第9話 2017年3月21日「お土産論争」
 二階堂ふみが買ってきた海外土産をきっかけに‘お土産論争’が勃発。独特な形の民族楽器や器を差し出す二階堂に対し、バカリズムと若林正恭は苦言を呈す。

最終話 2017年3月28日「さよなら若林さん」
 来月にマンションの契約が切れるため、引っ越すつもりだと若林正恭はバカリズムに打ち明ける。そこに二階堂ふみも現れ、部屋の契約を更新することを勧める。


番組公式サイト
タグ:住住

『住住 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(12) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホクサイと飯さえあれば TOP

『ホクサイと飯さえあれば』は、MBS(毎日放送)系でドラマイズム枠(毎週水曜 25:28〜25:58(火曜深夜))にて、2017年1月24日から同年3月14日まで放送された。全8話。主演は上白石萌音。

第1話(一食目)放送の1週前にナビ番組と上京初日のエピソードからなる「上京・新居飯計画編」が放送された。

2017年1月19日よりNetflixでも配信されている。


原作概要
『ホクサイと飯さえあれば』(ホクサイとめしさえあれば)は鈴木小波による漫画作品。『ヤングマガジンサード』(講談社)にて2014年vol.1(創刊号)より連載中。

東京都足立区北千住に一人暮らしする主人公の山田文子(通称「山田ブン」)が、生活の合間に「楽しく」自炊する様子を描く。料理を「作る楽しさ」に重点がおかれたグルメ漫画であり、作中では材料集め、調理の過程やレシピは詳細に描かれるものの、実際に作った料理を食べるシーンは一切登場しない。食べる寸前で終わるか、既に食後となった場面で話が終わる。そのため作者の鈴木小波は、説明しなくても味が容易に判るメニューを中心に選んでいるという。また、ひとり言になりがちな料理シーンの解説役として、“相棒”となるぬいぐるみをツッコミに据え、それと会話する体裁をとっている。


ドラマ概要
鈴木小波の同名コミックを原作に、人見知り女子大生の自炊ライフを描くグルメドラマ。大学進学を機に上京し、一人暮らしを始めたばかりの主人公・ブンこと山田文子を、注目の若手女優・上白石萌音が演じる。

東京の下町・北千住で、ウサギに似たぬいぐるみのホクサイと一緒に暮らす文子が、どんなに忙しくてお金がなくても、野菜・たんぱく質・炭水化物のバランスが取れたアイデア満載の一品料理を作り、平凡ながら幸せな日常を過ごすストーリーが描かれる。グルメドラマながら食べるシーンが一切ないという異色の内容も見どころとなる。


ストーリー 
大学進学のために上京し、下町・北千住で一人暮らしを始めた大学生のブンこと山田文子(上白石萌音)。人見知りで、ウサギに似たぬいぐるみ・ホクサイと会話するなど妄想癖もあるブンのこだわりは、料理だけはきちんと作ること。どんなにお金がなくて忙しくても、いかに安く、おいしく、幸せを感じて食べるかを大切にしている。

文子は、野菜・たんぱく質・炭水化物をバランスよく、しかし、面倒なので基本的には1品で済ませようと、アイデア満載のレシピに挑戦。時にはトラブルにも巻き込まれるが、ホクサイがいて、おいしいご飯されあれば毎日が幸せな文子のハッピーライフがスタートする。


キャスト
山田文子 - 上白石萌音
通称・ブン。大学進学のために上京し、北千住で一人暮らしを始める。人見知りで妄想癖がある。ウサギに似たぬいぐるみ・ホクサイと生活している。ご飯へのこだわりが強い。

ホクサイ - 梶裕貴 ※ 声の出演
ブンの相棒で、ウサギを模したぬいぐるみ。作中における「世界的名作アニメ『ホクサイとフジヤマ』」のメインキャラクター。

有川絢子 - 池田エライザ
ブンの大学の同級生。通称・ジュン。コミュニケーション能力の高いおしゃれ女子。おいしいご飯にとにかく目がなく、おいしいご飯を作れる人を尊敬している。

柑田川永太郎 - 前田公輝
絢子の幼なじみで、千住高校の新任教師。担当教科は国語で、編み物部の顧問。“金八先生”に心酔している。

凪 - 桜田ひより
ブンの家の裏手にある墓地からやって来る謎の少年。ブンの家に突然上がり込んで以来、たびたび遊びに来るようになる。

ブンの母 - 斉藤由貴 ※ 声の出演

スタッフ
原作 - 鈴木小波『ホクサイと飯さえあれば』
プロデュース - 森谷雄
監督 - 宝来忠昭、柴田啓佑
脚本 - 土城温美、北川亜矢子
企画・製作プロダクション - アットムービー
製作 - ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」製作委員会、MBS

主題歌 - HY「HAPPY」
エンディングテーマ - GOOD ON THE REEL「小さな部屋」


各話あらすじ(2017.1.24 - 2017.3.14)全10話 平均視聴率 0.99%
第1話 2017年1月24日「変身のサンドイッチ」ラテ欄「ドラマイズム★上白石萌音主演」 視聴率 1.2%
 北千住の一軒家で一人暮らしをしている、ブンこと山田文子(上白石萌音)は、ぬいぐるみのホクサイだけが話し相手という、一風変わった女子大生。しかし、当の本人は「ホクサイ」と「美味しいご飯」さえあれば平気だと、ぼっち飯をエンジョイする毎日を送っていた。そんなある日、商店街へと出かけたブンは、食材や台所用品を買い集め、気づけば残金が67円に。さらには空腹に襲われ街をさまよっていると、パン屋でパンの耳をもらっているコミュ力抜群の女子・ジュンこと有川絢子(池田エライザ)と出会う。思わずじっと見つめるブンに、ジュンは微笑みかけてくるが、人見知りの激しいブンは、その場から逃げ出してしまい――。

第2話 2017年1月31日「微笑みのミートボールスパゲッティ」 視聴率 0.9%
 美術科に通うブンは、自宅で人物画のデッサンに取り組んでいた。しかし、空腹と画力のせいで、描きかけの自画像が肉団子に見え始め、頭の中はすっかり「肉団子モード」に。耐えきれなくなったブンは、ホクサイの制止も聞かず、ジュンからのランチのお誘いを振り切って、材料の買い出しへと出かける。
だが、自宅へ戻ったブンが目にしたのは、誰もいないはずの居間でくつろぐ、謎の少年・凪の姿だった。「ブン、俺と遊ぼうよ」と静かに告げる凪を前に、焦るブン、ビビるホクサイ…!ブンは無事、肉団子料理を作ることができるのか――?

第3話 2017年2月7日「魔法の牛すじカレー」 視聴率 1.1% 
 課題の出来が悪く、教授に呼びだされて憂鬱なブンは、一日を乗り切るために「魔法を仕込む」のだと、早朝から何やら料理を始める。「そんな時に慰めてくれる恋人を作るべき」という、ジュンのアドバイスにも耳を貸さないブンだったが、予想通り教授からお説教をされ、さすがに凹んで、デッサンの練習に出かける。そこで、偶然出会ったジャージ姿の新米教師・柑田川永太郎(前田公輝)にモデルを頼むこととなり、ホクサイは、「もしや恋の始まりか!?」と色めき立つが、ブンの頭の中は、朝から仕込んだ「グツグツの魔法」でいっぱい。悩み事があるという柑田川に、魔法について熱く語り出し――。

第4話 2017年2月14日「恋のかぼちゃクリームドリア」 視聴率 1.5%
 授業中に居眠りをしたペナルティで、教授から課題を言い渡されたブンは、デッサンのモチーフとして、かぼちゃや玉ねぎを大量に持ち帰ることに。さらには、バレンタインの友チョコ代わりにお菓子を作って欲しいと、ジュンから落花生を押し付けられる。さっそく料理に取り掛かるブンだったが、二つの料理を同時進行で作ったせいで、大失敗をしてしまう。それでも、ホクサイと凪が見守る中、なんとかリカバリーしようと奮闘するが、そこへジュンの代わりにお菓子を取りに来たという、「幼馴染のろーちゃん」なる男子が現れ、人見知りなブンはさらなるパニックに――!

第5話 2017年2月21日「幸せのダブル親子丼」 視聴率 0.8%
 些細なことで母親と喧嘩をしてしまったブン。ホクサイは、早く仲直りをするよう言うが、ブンは絶対謝らないと意地を張り、モヤモヤした気持ちを静めるために、「今が旬」の卵を買いに行く。美味しい卵料理を妄想することで、ようやくいつもの調子を取り戻すが、いたずらをしかけた凪のせいで、大切な卵が割れてしまい、ブンの機嫌は再びどん底に。見たこともないブンの表情を目の当たりにした凪は焦り、卵を買いに走るのだが――?

第6話 2017年2月28日「攻めの味噌煮込みうどん」 視聴率 0.7%
 大学のカフェテリアで、ジュンが毛糸と格闘している姿を目撃するブン。聞けば、幼馴染のろーちゃんこと柑田川永太郎に一目ぼれの相手がいると知って焦り、手編みのマフラーをプレゼントするのだという。乙女の恋する姿に憂いを感じるブンだったが、自身も悩みの真っただ中。「冬の景色」を描いた課題について、教授からダメ出しされ、留年の危機に陥っていたのである。課題再提出のため、「冬の景色」を探すブンだったが、モチーフを見つけられないまま自宅に戻る。すると、母から送られて来た荷物の中に、「土鍋」を発見。何かを思いつき「これで『冬』が描ける!」と張り切ったブンは、翌朝、早起きして調理を始めるが――。

第7話 2017年3月7日「愛のマジカルセルフロールキャベツ」 視聴率 0.8%
 ある日突然、ジュンが「料理を教えてください!」と、ブンに頭を下げる。聞けば、最近、元気のないろーちゃんのために、手料理を作って励ましたいというのだ。「食べる専門」だったジュンの健気な決心に心打たれたブンは、料理初心者にもできるレシピを考え、ジュンを自宅に招いてさっそく指導を始める。しかし、包丁を握ったことすらないというジュンの腕は壊滅的。分量を量ることもままならないジュンに付きっ切りで指導をするうちに、思わずいろいろと手伝ってしまい――。

最終話 2017年3月14日「友情のモチモチ羽根付き餃子」 視聴率 0.9%
 今夜は山田家恒例の餃子大会の日。一家全員が上京して来るのだと、朝からご機嫌で餃子を仕込むブン。
しかし、大学のカフェテリアで、ジュンからある事実を知らされ、二人は不穏な状況に。ブンがかつて、土手でモデルを頼んだジャージ男は、ジュンの片思いの相手「ろーちゃん」だったというのだ。驚くブンだったが、ジュンから「どうして隠してたの?」と攻められ、思わず黙り込んでしまう。結局何も言えずに自宅に戻ったブンは、「私には、親友を作るなんて無理だった」と諦めモードで、餃子の仕込みを再開する。しかしその時、いつもはツッコミを入れるはずのホクサイに、ある異変が起きて――?


第0話 2017年1月17日「ホクサイと飯さえあればー上京・新居飯計画編ー【ドラマイズム★上白石萌音主演】」※(25:43 〜 26:13)
 来週から始まる新感覚グルメドラマ『ホクサイと飯さえあれば』。 ●舞台は下町 ●主人公は上京したばかりの友達少ない超内向女子 ●食事は「お家(ウチ)ご飯」のみ ●そしてなんと 食べているシーンは一切
描かない! 異色のグルメドラマ。その魅力を紹介すると共に、今回はなんと、第1話を観る前にもっと「ホクサイと飯さえあれば」を楽しめる上京編を特別に制作! 上白石萌音・池田エライザのインタビューも。


番組公式サイト
ホクサイと飯さえあれば - Wikipedia

『ホクサイと飯さえあれば TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(13) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
50音検索