2018年03月31日

2018年冬ドラマ(1-3月)

放送局・ドラマ名で検索 

20:00 21:00 22:00 23:00 24:00
CX
18/1/15〜
海月姫
NTV
18/1/22〜
卒業バカメンタリー
  CX
17/1/9〜
FINAL CUT
TBS
18/1/16〜
きみが心に棲みついた
TBS
18/1/16〜
賭ケグルイ
EX
17/10/18〜
相棒 season16

TX
18/2/7〜
バイプレイヤーズ
〜もしも名脇役がテレ東朝
ドラで無人島生活したら〜
NTV
18/1/10〜
anone
CX
18/1/17〜
ROAD TO EDEN

NTV
18/1/10〜
漫画みたいに
いかない


TX
18/1/17〜
御茶ノ水ロック
EX
17/10/19〜
科捜研の女
第17シーズン
EX
18/1/18〜
BG〜身辺警護人〜
CX
18/1/18〜
隣の家族は青く見える
NTV
18/1/11〜
リピート
〜運命を変える10か月〜
TX
18/1/18〜
モブサイコ100
TX
18/1/19〜
特命刑事
カクホの女
NHK 全4話
18/1/5〜1/26
女子的生活
TBS
18/1/12〜
アンナチュラル
EX
18/1/26〜
ホリデイラブ
TX
18/1/12〜
オー・マイ・
ジャンプ!
〜少年ジャンプが
地球を救う〜


TX
18/1/12〜
MASKMEN
NHK 全9話
17/11/25〜18/1/27
精霊の守り人〜最終章〜
NTV
18/1/13〜
もみ消して冬
〜わが家の問題
なかったことに〜
EX
18/1/20〜
明日の君がもっと好き

CX
18/2/3〜
家族の旅路
家族を殺された男と
殺した男


CX
17/12/2〜18/1/27
オーファン・ブラック
〜七つの遺伝子〜
TX
18/1/18〜
電影少女〜
VIDEO GIRL AI
2018〜
TBS
18/1/14〜
99.9
-刑事専門弁護士-
SEASON II

NTV
18/1/7〜
トドメの接吻
20:00 21:00 22:00 23:00 24:00

2017年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2017年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2017年4-6月期ドラマ 視聴率一覧 2017年1-3月期ドラマ 視聴率一覧
2016年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2016年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2016年4-6月期ドラマ 視聴率一覧 2016年1-3月期ドラマ 視聴率一覧
2015年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2015年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2015年4-6月期ドラマ 視聴率一覧 2015年1-3月期ドラマ 視聴率一覧
2014年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2014年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2014年4-6月期ドラマ 視聴率一覧 2014年1-3月期ドラマ 視聴率一覧
2013年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2013年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2013年4-6月期ドラマ 視聴率一覧 2013年1-3月期ドラマ 視聴率一覧
2012年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2012年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2012年4-6月期ドラマ 視聴率一覧 2012年1-3月期ドラマ 視聴率一覧
2011年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2011年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2011年7-9月期ドラマ 視聴率一覧 2011年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2010年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2010年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2010年4-6月期ドラマ 視聴率一覧 2010年1-3月期ドラマ 視聴率一覧
2009年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2009年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2009年4-6月期ドラマ 視聴率一覧
タグ:INDEX

『2018年冬ドラマ(1-3月)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

バイプレイヤーズ 〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜 TOP

『バイプレイヤーズ 〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜』(バイプレイヤーズ もしもろめいわきやくがてれとうあさどらむじんとうせいかつしたら)は毎週水曜日21:54 - 22:48)で、2018年2月7日から放送中。

主演は遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、松重豊、光石研の5人。ジャスミン役の北香那も引き続き出演するが、寺島進はスケジュールの都合により出演しない。


前作
『バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜』(はテレビ東京系列のドラマ24枠(毎週土曜日0:12 - 0:52〈金曜日深夜〉)で、2017年1月14日(13日深夜)から4月1日(3月31日深夜)まで放送された。

主演は遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研の6人。メイン監督と脚本を松居大悟が務める。


概要
名脇役たちがそれぞれ本人役を演じ、「おじさん同士が共同生活を送る」というユニークさとそのギャップに話題が集まった、ドラマ24「バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜」(同系)が、水曜プライムタイムの連続ドラマとして帰ってくる。今回は、遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、松重豊、光石研の5人が、無人島で共同生活を送る姿を届ける。

劇中劇となる“テレビ東京の朝ドラ「しまっこさん」”に出演する、本田望結、吉田羊、岡田将生、小日向文世、役所広司ら豪華ゲスト陣にも注目。スタッフには、監督の松居大悟や脚本を手掛けるふじきみつ彦、宮本武史らが前作に引き続き結集する。


ストーリー 
遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、松重豊、光石研の5人は、テレビ東京がスタートさせる朝ドラ「しまっこさん」で共演することになり、大杉のマネジャー・ジャスミン(北香那)から受け取った地図を頼りに、大杉が所有する船で、ロケ地である雄父ヶ島へ向かう。しかし、到着した島にはまるで人の気配がなく、突如として廃虚のような建物でサバイバル生活を強いられることになってしまう。

一方、業界は5人の失踪劇で、深刻なバイプレイヤー不足になるのではと騒動に。そんな中、「しまっこさん」の撮影が初日を迎える。果たしてバイプレイヤーズは、朝ドラは、一体どうなるのか?


キャスト
遠藤憲一
遠藤憲一 役
1961年6月28日生まれ。56歳。眼力とこわもてで頭角を現したが、近年はかわいい役柄や気弱なキャラクターなども演じ、見た目とのギャップで視聴者を楽しませている。主な作品は「湯けむりスナイパー」(テレビ東京ほか)、「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」シリーズ、「民王」(ともにテレビ朝日系)など。見かけによらず、繊細で細やかな感性を持ち、心配性である。日常生活でも仕事の上でも、実は意外と右往左往する。

大杉漣
大杉漣 役
1951年9月27日生まれ。66歳。偉人からヤクザまでさまざまな役をこなす演技派で、「300の顔を持つ男」と呼ばれるバイプレイヤーの代表的存在。映画「ソナチネ」「HANA-BI」「沈まぬ太陽」、舞台「だいこん役者」など代表作多数。思い込みと気遣いが激しく、やや頼りない。メンバーの中で最年長で、4人から「リーダー」と思われている。性格はとびきり優しい。責められるとへこむ一面も。

田口トモロヲ
田口トモロヲ 役
1957年11月30日生まれ。60歳。映画「鉄男」、「植物男子ベランダー」シリーズ(NHK)などに出演するかたわら、映画監督、ミュージシャンとしても活躍し、ドキュメンタリー番組「プロジェクトX〜挑戦者たち〜」(NHK)のナレーションでも有名。一言で言えばエキセントリック。口数は少なく、他人には理解できない行動をよくとる。どんな性格なのか、誰も把握できていない。

松重豊
松重豊 役
1963年1月19日生まれ。55歳。主人公・井之頭五郎を演じた「孤独のグルメ」シリーズ(テレビ東京ほか)など代表作多数。何事にも文句を言わない、和を尊ぶ我慢と謙虚の人。高身長と朴訥(ぼくとつ)な雰囲気を持ち味に、悪役から善良な市民まで演じる怪優。5人の中で一番物腰の柔らかい優しい男。周囲が望むような芝居を、自分なりにコツコツ積み上げていく。ストレスがたまるとギョーザを焼き始める。

光石研
光石研 役
1961年9月26日生まれ。56歳。代表作は、映画「Helpless」「紀子の食卓」「あぜ道のダンディ」「共喰い」など。人懐っこくみんなに愛され、良い人過ぎて罪つくりな男。16歳で初出演・初主演デビュー。苦労時代を経て獲得した渋さと優しさが魅力。老若男女関わらず、誰とでも仲良くなれる希有な存在。5人の中で一番オシャレ。恋愛ネタでよくイジられる。

北香那
ジャスミン 役
大杉の付き人兼マネジャー。

スタッフ
脚本:ふじきみつ彦、宮本武史、松居大悟、横浜聡子、浅野敦也
プロデューサー:浅野太、濱谷晃一、田辺勇人、浅野敦也

エンディング:ゴミ箱から、ブルース/竹原ピストル


各話あらすじ
第1話 2018年2月7日「バイプレイヤー、無人島に暮らす」
 俳優の遠藤、大杉、田口、松重、光石が行方不明と報じられる。テレビ東京がスタートさせる朝ドラ「しまっこさん」出演のためロケ地の島へ向かう途中だったという。発端は1週間前。5人は大杉の付き人になったジャスミン(北香那)から地図を受け取り、大杉所有の小型船舶で出航。だが、到着した島には人の気配がない。5人は廃虚のような建物で共同生活をすることになるが、ドラマの撮影は初日を迎えてしまう。

第2話 2018年2月14日「バイプレイヤーの眠れない日常」
 遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、松重豊、光石研はようやく朝ドラの撮影に合流。この日は寺島(寺島しのぶ)がクランクインしたが、5人はエキストラ扱いの役になったため、ほとんど出番がない。しかもホテルの部屋不足のため、廃屋「島ハウス」で生活しなければならなくなった。家事全般を押し付けられた松重は寝られない状況に陥り、いらいらが募る。その上、なぜかヒロイン役の本田(本田望結)からは冷たい視線を向けられる。

第3話 2018年2月21日「男バイプレイヤーと女バイプレイヤー」
 朝ドラ「しまっこさん」の撮影現場。板谷(板谷由夏)は吉田(吉田羊)との共演シーンに悩んでいた。板谷は仲のいい田口(田口トモロヲ)に相談しようとするが、高熱で寝込んでいると知り、彼ら5人が住む島ハウスに見舞いに行くことに。板谷の訪問に5人は一喜一憂するが、そこで彼女と吉田の意外な確執が判明する。そんな中、島おじさん役が1人欠けたため、プロデューサーは女性バイプレイヤーのシーンを増やすことを決める。


番組公式サイト
バイプレイヤーズ - Wikipedia

『バイプレイヤーズ 〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

MASKMEN TOP

『MASKMEN』(マスクメン)はテレビ東京系列の土曜日1時台の「ドラマ25」第4シリーズとして、2018年1月13日(1月12日深夜 24:52〜25:23)から放送中。


概要
お笑いコンビ・野性爆弾のくっきーが初プロデュースする新人芸人“人印(ピットイン)”の成長を記録した異色のドキュメンタリードラマ。芸人デビューを果たした人印の成長や、彼らを共に見守る芸人たちの姿を追い、そこから、くっきーと、彼に人印と名付けられた俳優・斎藤工の“芸人としての葛藤”を映し出す。


ストーリー
2017年秋、サンドウィッチマンや永野など人気芸人が所属するグレープカンパニーが主催するお笑いライブが行われた。その中でひときわ異彩を放つ、マスクを被った謎の新人芸人。“人”に“印”と書いて「人印(ピットイン)」と名乗るその芸人をプロデュースしたのは、鬼才・野性爆弾のくっきーだった。
そして、人印の正体が、俳優の斎藤工であることが明らかに。突如デビューを果たした新人芸人のドキュメンタリーが始まる。


キャスト
斎藤工
斎藤工 役
俳優であるにもかかわらず、「本気で芸人になる!」と宣言。覆面をかぶり、匿名で挑戦する。野性爆弾のくっきーにプロデュースを依頼。いかにもくっきープロデュースらしい異彩を放つ風貌となり、人印(ピットイン)と名付けられる。

くっきー
くっきー 役
吉本興業所属。相方・ロッシーとお笑いコンビ・野性爆弾として活動する。音楽や絵画、小道具の製作を得意としており、今回ある理由から、人印をプロデュースしていく。


スタッフ
構成 - 竹村武司
監督 - 久保田集
ディレクター - 井上章一、加藤富久
アドバイザリー - 松江哲明
音楽 - 土門典彰
オープニングテーマ - MAN WITH A MISSION「Freak It! feat.東京スカパラダイスオーケストラ」(ソニー・ミュージックレコーズ)
エンディングテーマ - Toshl「マスカレイド」(武士JAPANミュージック)
プロデューサー - 藤野慎也(テレビ東京)、佐久間大介、小林有衣子
チーフプロデューサー - 大和健太郎(テレビ東京)
制作 - テレビ東京、イースト・エンタテインメント
製作著作 - 『MASKMEN』製作委員会


各話あらすじ
第1話 2018年1月12日「正体」
 野性爆弾・くっきーがプロデュースする芸人の成長過程をおくるドキュメンタリードラマ。くっきーが、“人印(ピットイン)”をプロデュースした経緯に迫る。
 
第2話 2018年1月19日「誕生」 
 斎藤工は覆面をかぶり、匿名で芸人に挑戦するという。斎藤がプロデュースをお願いしたのは、野生爆弾のくっきー。異彩を放つ風貌で、“人印(ピットイン)”と名付けられたマスク芸人誕生の経緯が明らかになる。

第3話 2018年1月26日「始動」
 マスクのデザインやネタが決まり、斎藤工が扮する覆面芸人・人印は渋谷の路上でネタを披露。さらに、所属するグレープカンパニー主催のお笑いライブに出演することになる。

第4話 2018年2月2日「修行」
 芸人として基礎が足りないと指摘した野性爆弾くっきーは、斎藤工をお笑い芸人養成所であるNSCに体験入学させる。すると、講師の野々村先生の指摘で、さまざまな課題が浮き彫りとなる。

第5話 2018年2月9日「岐路」
 斎藤工は仕事の合間も肌身離さず人印のマスクを持ち歩き、ネタを自分のものにするために奮闘する。さらに、野性爆弾くっきーは、斎藤の大喜利の才能に目を付け、人印のネタに取り入れようとする。

第6話 2018年2月16日「苦悩」※25:02 〜 25:33
 よしもと∞ホールの舞台に立った斎藤工ふんする人印は、笑いをとることができずに先輩芸人との力の差を痛感する。悩んだ斎藤は、一度くっきーと離れることを決意。知り合いのお笑い芸人・バイきんぐの小峠英二に会いに行く。

第7話 2018年2月23日「決意」※25:02 〜 25:33
 お笑い芸人として進む道を苦悩していた斎藤工はバイきんぐ・小峠英二に相談。小峠は、斎藤が考える“笑い”を改めてくっきーと話し合い、一緒に新たなネタを作り上げることで、今までに見たことのない笑いが誕生するのではないかとアドバイスする。


番組公式サイト
MASKMEN - Wikipedia
タグ:MASKMEN

『MASKMEN TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

ROAD TO EDEN TOP

『ROAD TO EDEN』は、2018年1月17日から、フジテレビ系列で(毎週水曜 24:55〜25:25)で放送中。


概要
荒廃した惑星を舞台に、ヒト型キメラ兵器“ニュークローン”の支配から反乱を起こす、レジスタンスたちの死闘を描くSFドラマ。自身の出生の秘密を求めて仲間5人と共に「エデン」を目指す主人公・カイトを演じるのは、若手実力派俳優の柄本佑。ヒロインのアリス役を久松郁実、カイトの幼なじみ・ケンジ役を桜田通、カンベエ役を松田慎也、セイラ役を三浦真椰が務める。


ストーリー
地球ではないある惑星では、強大なエネルギーを生み出す物質“オレイカルコス”を巡って起こった世界大戦での大量破壊兵器使用によって、壊滅的な環境破壊が引き起こされ、荒廃した世界が広がっていた。オレイカルコスを利用した強化ヒト型キメラ兵器“ニュークローン”の出現により大戦は収束するが、ニュークローンの1人であるアダムのクーデターにより、人類はニュークローンの支配下に置かれてしまう。

ニュークローン軍に反乱するレジスタンスのメンバー・カイト(柄本佑)は、過酷な生活をおくる中で、物資を盗んでは労働者階級に配っていた。そして、自身の出生の秘密を求めるカイトは、仲間と共に「エデン」を目指す。



スタッフ
演出:谷村政樹
演出:森脇智延
演出:三橋利行
プロデューサー:草ヶ谷大輔
プロデューサー:古郡真也

主題歌:EDEN/Use With Caution
挿入歌:Always 〜The answer is blowin’ in the wind〜/JEKYLL★RONOVE



各話あらすじ
第1話 2018年1月17日
 人類は“ニュークローン”と呼ばれる強化ヒト型キメラ兵器に支配されていた。そこに現れた義賊のカイト(柄本佑)は、自分でも気付かない能力が埋め込まれていた。果たしてカイトは人類たちの救世主になれるのか。
 
第2話 2018年1月24日
 エデンを目指し、動きだしたカイト(柄本佑)一行。しかし、エデンには飛空挺がないと渡れない。そこに、かつてケンジ(桜田通)の憧れのパイロットだったセイラ(三浦真椰)が現れ、パイロットのプライドを懸けた運命のバトルが始まる。  

第3話 2018年1月31日
 カイト(柄本佑)たちは飛空艇を手に入れたが故障してしまい、カンベエ(松田慎也)のかつての故郷・ザイオンへ部品の調達に向かう。故郷を訪れたカンベエは妹のリサから故郷がニュークローンに踏みにじられ、母親が殺害され、父親が鉱山で奴隷にされていることを知る。

第4話 2018年2月7日
 エデンに侵入するには防衛システムを解除する必要があった。システムの開発者であり、ニュークローンの生みの親でもあるタオ博士(岩城滉一)は基地に囚われの身となっていた。情報屋のラグーからそれを聞いたカイト(柄本佑)たちは、タオ博士を救いに動く。しかし、待ち受けていたのはアダム(古田新太)の腹心・リュウ(永井大)であった。

第5話 2018年2月14日
 タオ(岩城滉一)を救出するのに成功したものの、カイト(柄本佑)がアダム(古田新太)の息子であることに驚く仲間たち。アリス(久松郁実)は、かつてニュークローンに父を殺された憎しみから、カイトのことを受け入れられないでいた。

第6話 2018年2月21日
 カイト(柄本佑)、タオ(岩城滉一)、カンベエ(松田慎也)は、突破不可能と言われている迷宮、メイズへと向かう。しかし、侵入するとともにカイトは仲間とはぐれる。一方、アリス(久松郁実)、ケンジ(桜田通)、セイラ(三浦真椰)は、エデン国境警備基地の偵察へ向かう。
 

番組公式サイト
タグ:ROAD TO EDEN

『ROAD TO EDEN TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

2017年秋ドラマ(10-12月)

放送局・ドラマ名で検索 

20:00 21:00 22:00 23:00 24:00
CX 全10話
17/10/23〜12/25
民衆の敵
〜世の中、
おかしくないですか!?〜
NTV 全10話
17/9/18〜11/20
吾輩の部屋である
CX 全8話
17/10/16〜12/4
ぼくは麻理のなか
  CX 全10話
17/10/17〜12/19
明日の約束
TBS 全10話
17/10/17〜12/19
監獄のお姫さま
TBS 全4話
17/10/10〜11/1
恋する香港

TBS 全4話
17/11/7〜11/28
目玉焼きの黄身
いつつぶす?


CX 全4話
17/12/5〜
咲-Saki-阿知賀編
EX
17/10/18〜
相棒 season16
NTV 全10話
17/10/4〜12/6
奥様は、取り扱い注意
CX 全8話
17/10/11〜11/29
パパ活

CX 全11話
17/10/11〜12/20
ラブホの上野さん2
EX
17/10/19〜
科捜研の女
第17シーズン
EX 全10話
17/10/12〜12/14
ドクターX
〜外科医・大門未知子〜
第5シリーズ
CX 全10話
17/10/12〜12/14
刑事ゆがみ
NTV 全10話
17/10/5〜12/7
ブラック・リベンジ
TX
17/10/19〜12/28
Re:Mind
TX 全7話
17/10/20〜12/1
ユニバーサル広告社
〜あなたの人生、
売り込みます!〜
NHK 全8話
17/9/8〜11/17
この声をきみに

NHK 全7話
17/11/24〜12/29
マチ工場のオンナ
TBS 全11話
17/10/13〜12/22
コウノドリ
第2シリーズ
EX 全8話
17/10/20〜12/8
重要参考人探偵
TX 全11話
17/10/13〜12/22
新宿セブン

TX 全11話
17/10/13〜12/22
セトウツミ
NHK 全8話
17/9/2〜10/21
植木等とのぼせもん
NHK 全9話
17/11/25〜
精霊の守り人〜最終章〜
NTV 全10話
17/10/14〜12/16
先に生まれただけの僕
EX 全8話
17/10/14〜12/9
オトナ高校

CX 全8話
17/10/7〜11/25
さくらの親子丼

CX
17/12/2〜
オーファン・
ブラック
〜七つの遺伝子〜
TX 全12話
17/10/7〜12/23
フリンジマン
〜愛人の作り方
教えます〜
TBS 全10話
17/10/15〜12/24
陸王
NTV 全9話
17/10/15〜12/17
今からあなたを
脅迫します
20:00 21:00 22:00 23:00 24:00

2017年4-6月期ドラマ 視聴率一覧
2017年4-6月期ドラマ 視聴率一覧 2017年1-3月期ドラマ 視聴率一覧
2016年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2016年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2016年4-6月期ドラマ 視聴率一覧 2016年1-3月期ドラマ 視聴率一覧
2015年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2015年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2015年4-6月期ドラマ 視聴率一覧 2015年1-3月期ドラマ 視聴率一覧
2014年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2014年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2014年4-6月期ドラマ 視聴率一覧 2014年1-3月期ドラマ 視聴率一覧
2013年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2013年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2013年4-6月期ドラマ 視聴率一覧 2013年1-3月期ドラマ 視聴率一覧
2012年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2012年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2012年4-6月期ドラマ 視聴率一覧 2012年1-3月期ドラマ 視聴率一覧
2011年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2011年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2011年7-9月期ドラマ 視聴率一覧 2011年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2010年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2010年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2010年4-6月期ドラマ 視聴率一覧 2010年1-3月期ドラマ 視聴率一覧
2009年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2009年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2009年4-6月期ドラマ 視聴率一覧
タグ:INDEX

『2017年秋ドラマ(10-12月)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

御茶ノ水ロック TOP

『御茶ノ水ロック』は、2018年1月17日から、テレビ東京系列において、毎週水曜日の26:35から27:05で放送中。2018年1月10日は初回直前スペシャル。


概要
擦れ違ってしまった兄弟の絆を中心に、バンドに懸ける男たちの青春を描く。子供の頃に武道館に立つという同じ夢を持った始(佐藤流司)と亮(染谷俊之)は、母親の死をきっかけに別の道へ。始はバンドを結成し、実力派プロデューサーとなった兄・亮に認めてもらうべく奮闘する。2018年3月の舞台化も決定。


キャスト
佐藤流司 - 片山始役

崎山つばさ - 逢坂翔平役

前山剛久 - 奈良悠介役

松本岳 - 新田誠役

宮城紘大 - 乾慎吾役

砂原健佑 - 五十嵐隼人役

Chiyu - 吉原公太役

夛留見啓助 - 橘蓮役

谷水力 - 藤瀬和也役

染谷俊之 - 片山亮役

スタッフ
脚本 田中眞一
監督 横尾初喜、直、畝田光記


各話あらすじ
第1話 2018年1月17日
 御茶ノ水駅でライブ告知のフライヤーを配る片山始(佐藤流司)や奈良悠介(前山剛久)らダイダラボッチのメンバーたち。しかし道行く人の足を止められず、その夜のライブは観客も集まらなかった。落胆する始たち。ところが彼らの後に現れた翔平(崎山つばさ)率いるビジュアル系バンド「ヘブンズドア」は、閑散としていたライブハウスを満員にする。驚く始だったが、そんなヘブンズドアを見つめるひとりの男の姿に言葉を失う。

第2話 2018年1月24日
 ボーカルが脱退し、ギターの始が歌うと宣言したダイダラボッチだったが、スタジオでの練習を終えて帰る途中、ベースの新田誠(松本岳)やドラムの乾慎吾(宮城紘大)は始の歌は下手だ、とダメ出し。新ボーカルを探そうと提案までする始末。始は不満顔だ。始のバイト先でもある「バー・サウスポー」のマスターのマサ(中西良太)のアドバイスもありオーティションを、と盛り上がる中、奈良の携帯が鳴る。その電話の相手は……。

第3話 2018年1月31日
 プロデューサーの片山亮(染谷俊之)にバンド名を「ヘブンズドア」から「THE DIE is CAST」へ、さらに自分たちの名前も英語名へと変えられ、とにかく片山の言う通りにしてきた翔平改めSHO(崎山つばさ)。しかし、ほかのメンバーは目指してきた自分たちでなくなっていくことに不安を覚える。一方のダイダラボッチは、ライブに向けて練習を重ねていた。そんな時、乾(宮城紘大)の様子がおかしいと感じるメンバーたち。実は乾は恋をしていたのだった。

第4話 2018年2月7日
 DICのプロデューサーであり、新鋭のレコード会社「クリムゾン・スカイ・レコード」の社長の片山亮(染谷俊之)が始(佐藤流司)の実兄であることを知ったダイダラボッチだったが、その日常はいつも通り。しかしバンドの要でもありインディーズバンド界で実力を評価される新田(松本岳)は、人気の出てきたダイダラボッチの次の一手を考えていた。それは自分たちのCDを作って今より広く聴いてもらおうと言うものだ。しかし始には新田が焦っているように見えて……。


番組公式サイト

『御茶ノ水ロック TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

トドメの接吻 TOP

『トドメの接吻』(トドメのキス)は、日本テレビ系「日曜ドラマ」枠にて2018年1月7日から、毎週日曜22時30分 - 23時25分に放送中。主演は山ア賢人。


概要
山崎賢人演じる主人公のクズ男・堂島旺太郎が、キスによる“死のループ”の謎を追う邪道ラブストーリー。顔はいいが女をもてあそぶナンバーワンホスト・堂島の前に突如現れる“キスで殺す女”に扮するのは門脇麦。今まで見たことのない過激でミステリアスな役に挑み新境地を開く。

脚本は「ROOKIES」(TBS系)、「デスノート」(同系)などを手掛けた、いずみ吉紘のオリジナル作品。


ストーリー 
堂島旺太郎(山崎賢人)は、過去のある事件をきっかけに愛を捨て、金と権力のみを追い求めるようになったナンバーワンホスト。誰も愛さず成り上がることだけを目指す旺太郎は、ある日、日本企業のトップ・並樹グループの社長令嬢・並樹美尊(新木優子)と出会う。

美尊こそ自分の求める理想の女と確信し、落としにかかる旺太郎。しかし、そんな彼の前に、青白い顔で真っ赤な唇の謎の女(門脇麦)が現れる。

その女にいきなりキスをされた旺太郎は、突然呼吸困難に陥り、命を落とす。ところが次の瞬間に目を覚ますと、そこは見覚えのある景色が広がる7日前の世界だった。

キャスト
堂島 旺太郎〈22〉
演 - 山ア賢人
本作の主人公。ホストクラブ「ナルキッソス」のイケメンナンバーワンホスト。12年前、ある事件をきっかけに誰も愛そうとはしなくなった。

キス女
演 - 門脇麦
本作のヒロイン。旺太郎の前に突如現れた、“キスで殺す女”。逃げる旺太郎をどこまでも追いかけてくるが、その正体は不明。

並樹 尊氏〈22〉
演 - 新田真剣佑
旺太郎の人生のライバルとなる、“完璧紳士の御曹司”。日本企業トップのホテル王・並樹グループの御曹司で、旺太郎が狙う社長令嬢の兄。

並樹 美尊〈21〉
演 - 新木優子
日本企業トップのホテル王・並樹グループの令嬢で、並樹尊氏の妹。

長谷部 寛之〈21〉
演 - 佐野勇斗
大手クルーズ会社の御曹司であり“美尊に恋するお坊ちゃま”。尊氏・美尊とは幼馴染で、小さい頃から美尊のことが好き。

布袋 道成〈21〉
演 - 宮沢氷魚

森 菜緒〈21〉
演 - 堀田茜

青田 真凛〈21〉
演 - 唐田えりか

小柳 奈々子〈21〉
演 - 山本亜依

堂島 旺
演 - 光石研

堂島 光代
演 - 奥貫薫

根津 功一
演 - 岡田義徳


演 - 弓削智久

並樹 尊
演 - 山田明郷

並樹 京子
演 - 高橋ひとみ

新井 郡次
演 - 小市慢太郎

小山内 和馬〈21〉
演 - 志尊淳

春海 一徳〈22〉
演 - 菅田将暉 (友情出演)

スタッフ
脚本 - いずみ吉紘
音楽 - Ken Arai
演出 - 菅原伸太郎、明石広人
チーフプロデューサー - 西憲彦
プロデューサー - 鈴木亜希乃、渡邉浩仁、岡宅真由美

主題歌 - 菅田将暉「さよならエレジー」(エピックレコードジャパン)


各話あらすじ
第1話 2018年1月7日「落とせ百億の女!金と権力を狙うNO.1ホストに贈られたのは死のキス!?」 ※初回30分拡大(22:00 〜 23:25)
 金と権力を追い求めるホストが、何度も“死”と“時間”を繰り返すサスペンス。ナンバーワンホストで女性をもてあそぶ“クズ男”の旺太郎(山崎賢人)は、店を訪れた社長令嬢・美尊(新木優子)をものにしようと張り切る。だが、突然現れた謎の女(門脇麦)にキスをされた旺太郎は、そのまま息絶えてしまう。

第2話 2018年1月14日「なぜ俺は殺される?百億の令嬢狙う男に迫る真犯人の影…!?衝撃ラスト必見」
 宰子(門脇麦)にキスされる度に死に、次の瞬間、7日前に戻ってきた旺太郎(山崎賢人)。宰子の目的が分からず混乱する旺太郎は、ホストクラブを休み、和馬(志尊淳)に身辺の世話を頼む。菜緒(堀田茜)の指名で危険を冒して出勤した旺太郎は、目当ての美尊(新木優子)こそ来なかったものの、乗馬クラブの初乗り会に誘われる。そんな折、旺太郎のドリンクを飲んだ同僚・柿崎(笠松将)が倒れ、旺太郎は警察に毒物混入を疑われる。

第3話 2018年1月21日「愛なきキスの契約!?神の力で百億の令嬢を救え!襲いかかる黒幕狂気の刃!」
 キス女・宰子(門脇麦)から旺太郎(山ア賢人)を守るふりをしていつも側にいた和馬(志尊淳)は、旺太郎への愛が報われなかった嫉妬と逆恨みから旺太郎と心中しようとする。間一髪のところでなんとか一命を取り留めるが、負傷を負った旺太郎。病院で今までの出来事を思い起こし、宰子のキスに7日前にタイムリープする能力があることに気づき、宰子を利用しない手はないと思い立つ…。

第4話 2018年1月28日「血の繋がらない兄のプロポーズ!?闇に堕ちた御曹司…新たな敵に逆転なるか」
 過去の件で社長秘書の郡次(小市慢太郎)に脅された尊氏(新田真剣佑)は、京子(高橋ひとみ)と美尊(新木優子)の前で、尊(山田明郷)が亡くなったら養子を解消して美尊と結婚したいと告げる。一方、宰子(門脇麦)にキスの契約を拒絶された旺太郎(山崎賢人)だが、尊氏が美尊に求婚したと知り、宰子の力で挽回すると決意。宰子の目前で飛び降り自殺をし、キスの力で自分を救わせた旺太郎は、尊氏の求婚の1日前にタイムリープする。

第5話 2018年2月4日「ぶち壊せ婚約披露!人生を変えるチャンスと母に迫る死の危険…運命の選択」
 旺太郎(山崎賢人)がタイムリープした後、なぜか尊(山田明郷)の死期が早まり、美尊(新木優子)の態度が冷たくなった。その原因を突き止めるため宰子(門脇麦)にキスして再び7日前に戻った旺太郎だが、結局尊は亡くなる。すると尊氏(新田真剣佑)は美尊にプロポーズし、旺太郎の父が12年前に自分たちが乗っていたクルーズ船を沈めた船長だと暴露する。うそが美尊にばれて焦る旺太郎は、長谷部(佐野勇斗)に近づき、尊氏の秘密を探る。

第6話 2018年2月11日「主人公、死亡!?キスしても戻らない…運命を知る2人切なすぎるラスト5分」
 尊氏(新田真剣佑)を追い詰めるビデオテープのコピーを捜す旺太郎(山崎賢人)は、自分と美尊(新木優子)のキスを気にする宰子(門脇麦)に愛情なんてないと断言し、父・旺がいるという香港へ。結局、旺には会えなかったが、長谷部(佐野勇斗)の父であるクルーズ船の運営会社社長がテープのコピーを持っている可能性に気付いた旺太郎は、長谷部に連絡し、7日以内に捜せと脅迫する。ところが7日後、東京湾で長谷部の遺体が発見され…。

第7話 2018年2月18日「償いとは?健気すぎる決断…究極の愛は禁断の選択!運命のキスに託す思い」
 長谷部(佐野勇斗)を襲った犯人を探るためタイムリープを繰り返した旺太郎(山崎賢人)が、男に殴打され命を落とす。代わりに助かった長谷部は、犯人が尊氏(新田真剣佑)ではと疑う。一方、12年前の旺太郎との因縁を知った宰子(門脇麦)は、彼を救うためタイムリープするタイミングを待っていた。そんな中、役員らの前で尊氏に婚姻届を渡された美尊(新木優子)は、愛しているのは旺太郎だと言い出す。それを耳にした宰子は美尊に近づく。

第8話 2018年2月25日
 旺太郎(山崎賢人)の運の良さに宰子(門脇麦)の関与を疑う尊氏(新田真剣佑)。一方、宰子との仲を怪しむ美尊(新木優子)に親戚だとごまかした旺太郎は、美尊から結婚前提で付き合ってと言われ、並樹家に挨拶に行くことになる。そんな2人を切なく見つめる宰子。訪問当日、旺太郎は美尊にペアリングを渡し得意満面だが、尊氏は一緒に来た宰子に近づこうとする。翌日、旺太郎の父・旺(光石研)が長谷部(佐野勇斗)を殺したとして逮捕され…。

各話視聴率


番組公式サイト
トドメの接吻 - Wikipedia

『トドメの接吻 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

99.9-刑事専門弁護士- SEASON II TOP

『99.9 -刑事専門弁護士-』(きゅうじゅうきゅうてんきゅう けいじせんもんべんごし)は、TBS系の「日曜劇場」枠で放送された。主演は嵐の松本潤。

2016年4月17日から6月19日まで毎週日曜日21時 - 21時54分に、SEASON Iが放送された。

2018年1月14日から、TBS系列「日曜劇場」の100作目としてSEASON IIが放送中。


概要
2016年に放送されて好評を博したリーガル・エンターテインメントの第2シーズン。前作では描かれなかった裁判官との激しい攻防戦も見どころとなる。

起訴されると有罪率が99.9%とされる刑事事件を専門に担当する若手弁護士・深山大翔を松本潤、敏腕弁護士・佐田篤弘を香川照之が演じる、名コンビが復活。2人はぶつかり合いながらも、依頼された事件に隠された事実を暴いていく。また、新ヒロインとして元裁判官の弁護士で“チーム斑目”の一員となる尾崎舞子に木村文乃が扮する。

同系連続ドラマがシリーズ化されるのは、09年と11年に放送された日曜劇場「JIN−仁―」以来6年ぶりとなる。


ストーリー 
99.9%有罪とみなされた案件でも、残された0.1%の事実をとことん追求する型破りな弁護士の深山大翔(松本潤)は、国内屈指の大手・斑目法律事務所に所属。敏腕弁護士の佐田篤弘(香川照之)とチームを組み、ぶつかり合いながらも依頼された事件に隠された事実を暴いてきた。

ある日、事件の依頼者の付き添いとして、元裁判官の弁護士・尾崎舞子(木村文乃)が事務所にやって来る。舞子は状況証拠から有罪は免れそうにない事件にも関わらず、わずかな可能性を追い求める深山と対立してしまう。

一方、佐田は、舞子の優秀な経歴を知り、事務所の新戦力としてスカウトするが、舞子には、退官後に司法の世界から距離を置いていた理由があった。


キャスト
松本潤
深山大翔 役
斑目法律事務所の弁護士。佐田とチームを組み、99.9%有罪とみなされた案件でも、残された0.1%の事実をとことん追求する。26年前のある事件が刑事専門弁護士を志望するきっかけとなった。

香川照之
佐田篤弘 役
斑目法律事務所の弁護士。元検事で、手段を選ばず勝訴にこだわる民事のプロだったが、現在は深山とチームを組んで刑事事件も担当する。尾崎の優秀な経歴を知り、事務所の新戦力としてスカウトする。

木村文乃
尾崎舞子 役
元裁判官の弁護士。東大法学部在学中に司法試験に合格し、裁判官として刑事裁判のキャリアを重ねる。ある事件をきっかけに退官し、司法の世界から距離を置いている。

笑福亭鶴瓶
川上憲一郎 役
東京地方裁判所所長・代行を務める裁判官。膨大な案件数を裁いてきたエリートで、口癖は「ええ判決をせえよ」。裁判官はあくまでも「その時点で目の前に提出された証拠」を精査し、法律にのっとって判断するだけであり、もし検察が間違いを犯して冤罪が生まれたとすれば、それを証明するに足る証拠を提出するのはあくまで弁護士の役目だという特有の考えの持ち主。深山と大きく対立するようになる。

岸部一徳
斑目春彦 役
班目法律事務所のマネージングパートナーで、所長。名だたる大手企業の顧問弁護を請け負っている。優れた弁護士のヘッドハンティングや、吸収合併を積極的に行う戦略が功を奏し、一代で事務所を現在の規模にした超やり手の弁護士。利益と名声を追求する一方で、時に理想を語り、本音が読めないくせ者でもある。深山の亡き父とは学生時代の友人でもある。

スタッフ
脚本:宇田学
演出:木村ひさし
プロデューサー:瀬戸口克陽
プロデューサー:東仲恵吾


各話あらすじ
第1話 2018年1月14日「型破りな弁護士が返ってきた!!元裁判官からの依頼!?逆転不可能な事件に挑め」 ※初回25分拡大(21:00 〜 22:19)
 斑目法律事務所の刑事事件専門ルームでは、弁護士・深山(松本潤)の型破りな仕事ぶりのせいで室長が定着しない。所長の斑目(岸部一徳)は弁護士・佐田(香川照之)に再び室長就任を頼み込む。そんな折、依頼人の加代(谷村美月)が元裁判官の友人・舞子(木村文乃)を伴い事務所へ。加代は殺人で起訴された父親の無実の証明を懇願するが、有罪と考える舞子は情状酌量を求めてくる。深山は舞子の主張を聞かず、独自に調査を始める。

第2話 2018年1月21日「26年越しの事実!!犯人は透明人間!?水晶が導く父の冤罪の謎」※20分拡大(21:00 〜 22:14)
 深山(松本潤)は、美由紀(野々すみ花)から連絡を受けて、故郷の金沢を訪れていた。美由紀は、26年前に、深山の父親・大介(首藤康之)が逮捕された殺人事件の被害者・美里の妹だった。美由紀が深山に渡したのは見覚えのない水晶の遺留品。当時、事件現場に落ちていて、美里の遺留品として警察から母親に返されていた。しかし、それは美里のものでもなく、大介のものでもなかった。そうだとすると、現場に第三者がいたという新たな証拠なのか…。

第3話 2018年1月28日「前代未聞の出張法廷裁判官の思惑」
 佐田(香川照之)が顧問弁護士を務めるロック歌手・茅ヶ崎にジャーナリスト殺害容疑が掛かる。容疑はすぐに晴れるはずだったが、事件の目撃者の女性が暴行を受けて意識不明に陥り、入院。凶器から茅ヶ崎の指紋が見つかった上、佐田の失策も重なり、茅ヶ崎は窮地に立たされる。表だって動けない佐田に代わり、舞子(木村文乃)が主任としてこの件を担当。サポートに当たる深山(松本潤)は、舞子と共に目撃証言の確認に向かう。

第4話 2018年2月4日「奇策!!民事法廷で刑事の無実を証明せよ」
 斑目法律事務所を依頼人・梢(有森也実)が訪れる。梢の夫の工場経営者・岩村(ユリオカ超特Q)と取引先の会社専務・幸次郎(永滝元太郎)が死亡。警察は岩村が幸次郎を殺して自殺したと判断し、不起訴処分としていた。だが、幸次郎の兄で共同経営者・政一郎(迫田孝也)は梢に3億円の損害賠償を請求。深山(松本潤)は岩村の無実を証明するため、事件を再検証する。一方、佐田(香川照之)は今回の法外な請求の裏に気付く。

第5話 2018年2月11日「歪められた少年裁判嘘つきは誰!?」
 深山(松本潤)らは元同僚の弁護士・志賀(藤本隆宏)の依頼で、女子高生・久美子(清原果耶)に対する強制わいせつ容疑で起訴された17歳の少年・山崎(市川理矩)の弁護を担当する。山崎は警察に自白を強要されたと無実を主張。深山らは犯行現場周辺などで聞き込み調査を開始するが、有力な手掛かりがつかめないまま裁判に臨むことに。一方、この裁判の裏には、東京地裁裁判長・川上(笑福亭鶴瓶)の思惑が働いていた。

※2018年2月18日は「平昌オリンピック2018 スピードスケート女子500m決勝」放送のため、休止。

第6話 2018年2月25日 ※25分拡大スペシャル(21:00 〜 22:19)
 すし店の店長・新井(竜雷太)が、知人の舞子(木村文乃)を訪問。不動産会社社長・平田(三又又三)が殺された事件で第一発見者となった新井は、警察の疑いを晴らしてほしいと訴える。依頼を受けた舞子や深山(松本潤)らが調査を進める中、容疑者逮捕のニュースが流れる。容疑者は舞子の弟・雄太(佐藤勝利)だった。舞子は弁護を担当しようとするが、雄太は拒否。過去のある一件から、2人の間には大きな溝ができていた。

各話視聴率


番組公式サイト
99.9 -刑事専門弁護士- - Wikipedia

『99.9-刑事専門弁護士- SEASON II TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

電影少女〜VIDEO GIRL AI 2018〜 TOP

『電影少女〜VIDEO GIRL AI 2018〜』は、2018年1月18日より、テレビ東京系で毎週土曜 24:20〜24:50で放送中。


原作概要
『電影少女』(でんえいしょうじょ、ビデオガール)は、桂正和によるSF恋愛漫画作品。様々なメディアミックス展開が行われている桂の代表作の一つ。


概要
桂正和の代表作で、SF恋愛漫画の金字塔「電影少女」を、原作の続編として現代を舞台に実写ドラマ化。ドラマ初主演となる乃木坂46・西野七瀬と、野村周平のダブル主演でおくる。

野村演じる弄内翔は、戸次重幸演じる原作の主人公・弄内洋太の甥。古いビデオテープを再生したことでテレビ画面から飛び出してくる“ビデオガール”の天野アイを西野が演じ、現代によみがえった“ビデオガール”と翔の不思議な同居生活を描く。


ストーリー 
ごく普通の高校生・弄内翔(野村周平)は、両親の離婚を機に、絵本作家の叔父・弄内洋太(戸次重幸)の家に居候することに。学校では、同じクラスの美少女・柴原奈々美(飯豊まりえ)にひそかな恋心を抱いているが、奈々美は翔の親友・古矢智章(清水尋也)に好意を抱いているという一方通行状態。

そんなある日、翔は洋太の家の納戸で、テープが入ったままの壊れた古いビデオデッキを見つけ、何かにひかれるかのように、必死でデッキを修理する。そしてビデオを再生すると、テレビ画面から“ビデオガール・天野アイ”(西野七瀬)と名乗る女の子が飛び出してきた。翔とアイの、3カ月におよぶ奇妙な共同生活が始まる。


キャスト
弄内翔 - 野村周平
天野アイ - 西野七瀬(乃木坂46)
柴原奈々美 - 飯豊まりえ
古矢智章 - 清水尋也
大宮リカ - 大友花恋
弄内洋太 - 戸次重幸
清水浩司 - 村上淳

スタッフ (テレビドラマ)
原作 - 桂正和『電影少女』(集英社刊)
脚本 - 喜安浩平、山田能龍、真壁幸紀、室岡ヨシミコ
監督 - 関和亮、真壁幸紀、桑島憲司
音楽 - tofubeats
主題歌 - tofubeats「タイトル未定」(unBORDE)
チーフプロデューサー - 浅野太(テレビ東京)
プロデューサー - 五箇公貴(テレビ東京)、倉地雄大(テレビ東京)、巣立恭平(ROBOT)
制作 - テレビ東京、ROBOT
製作著作 - 「電影少女 2018」製作委員会


各話あらすじ
第1話 2018年1月13日
 高校生の翔(野村周平)は、両親の離婚を機に、絵本作家の叔父・洋太(戸次重幸)の空き家で一人暮らしを開始。学校では同じクラスの奈々美(飯豊まりえ)に恋心を抱いているが、彼女は翔の親友・智章(清水尋也)を思っていた。ある夜、翔は家のクローゼットから壊れたビデオデッキを発見。デッキを直して入ったままのテープを再生すると、アイ(西野七瀬)と名乗る女の子の映像が流れる。しかも、そのアイが突然、画面から飛び出してくる。

第2話 2018年1月20日
 25年前、翔(野村周平)の叔父・洋太(戸次重幸)はビデオガールのアイ(西野七瀬)と暮らしていた。役割を全うしたアイは、ビデオデッキと共に25年間、大切に保管されていた。洋太が言うにはアイの再生時間は3カ月で、再生後はテープの中に戻るらしい。朝食を用意するけなげなアイの姿を見た翔は、事態を受け入れ始める。そんな中、奈々美(飯豊まりえ)が家にやって来る。

第3話 2018年1月27日
 アイ(西野七瀬)の後押しもあり、翔(野村周平)は憧れの奈々美(飯豊まりえ)とデートをすることに。「翔のそばにいること」が役割のアイは2人を尾行するが、途中で見失ってしまう。そんな中、アイは智章(清水尋也)に遭遇する。智章は、両親が離婚したばかりの翔を心配していた。一方、映画を見終えた翔と奈々美は感想を言い合ううちに、少しずつ打ち解けていく。奈々美の智章への思いを知りつつも、翔は喜びを隠せない。

第4話 2018年2月3日
 翔(野村周平)はアイ(西野周平)と外出中、中学校の後輩・リカ(大友花恋)と再会。アイは「懐かしい」という人間らしい感覚をうらやましく思う。一方、奈々美(飯豊まりえ)と付き合い出した智章(清水尋也)は、アニメプロデューサー・清水(村上淳)にシナリオを見てもらう約束を取り付ける。だが、プロの意見は厳しく、コンクールまで時間がない中、3人は大げんかしてしまう。

第5話 2018年2月10日
 アイ(西野七瀬)と翔(野村周平)の初デートは延期になる。一方、翔が描いたキャラクターデザインを見たアニメプロデューサー・清水(村上淳)は、ある目的のために弄内家へやって来る。清水は、アイの正体を知っているようだ。清水の思惑を知らない翔たちはアニメを見てもらえて大喜びする。清水は、翔たちに音楽をどうするのかと指摘。アイは先日、街で会った翔の後輩・リカ(大友花恋)が音楽をやっていたことを思い出す。

第6話 2018年2月17日
 人気トラックメーカーで女癖の悪いカオル(富田健太郎)は、翔(野村周平)たちのアニメ音楽を作曲する条件にアイ(西野七瀬)とのデートを要求。アイのことが心配な翔がデートの後をつけていると、リカ(大友花恋)の姿が。リカは自分の身代わりになったアイに後ろめたさを感じていた。翔たちはカップルを装って尾行を始める。そんな中、翔とリカは、アイたちに見つかってしまう。アイは2人が一緒にいることに不機嫌になる。

第7話 2018年2月24日
 アイ(西野七瀬)が失踪した。1週間たっても行方は分からず、翔(野村周平)は体調を崩してしまう。見舞いに訪れた奈々美(飯豊まりえ)らに「アイは叔父の元へ帰った」とうそをついた翔。そんな翔に好意を寄せるリカ(大友花恋)は、アイの代わりに翔の世話をして、距離を縮める。一方、アニメコンテストのサイトに翔らの作品がアップされ、称賛の声が集まる。清水(村上淳)はその動向を見ながら、ある策略を巡らせていた。


番組公式サイト
電影少女 - Wikipedia

『電影少女〜VIDEO GIRL AI 2018〜 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家族の旅路 家族を殺された男と殺した男 TOP

『家族の旅路 家族を殺された男と殺した男』(かぞくのたびじ かぞくをころされたおとこところしたおとこ)は、2018年2月3日よりフジテレビ系列「オトナの土ドラ」枠(毎週土曜 23:40〜24:35)で放送中。主演は滝沢秀明。


原作概要
『父と子の旅路』(ちちとこのたびじ)は、小杉健治著の小説。『小説推理』(双葉社)にて2002年5月号から10月号まで連載された。
2005年に単発ドラマ化、2018年に連続ドラマ化される。


概要
小杉健治の小説をドラマ化するヒューマンサスペンス。家族を惨殺された過去を持つ弁護士が、その事件の犯人である死刑囚の再審請求を担当して事件と向き合う中で、冤罪(えんざい)の可能性に気付いたことから、衝撃の真実が明らかになっていく。

主人公の浅利祐介を演じる滝沢秀明が弁護士役に初挑戦するほか、一家3人を殺害した罪で死刑執行を待つ死刑囚・柳瀬光三を遠藤憲一、祐介に事件と向き合うように促す法律事務所の所長・澤田陽一郎を片岡鶴太郎、祐介に再審請求の依頼をする謎の女性・河村礼菜を谷村美月、秘密を抱える礼菜の母・あかねを横山めぐみが演じる。


ストーリー 
浅草近くの古いビルにある、小さな法律事務所。ある日、そこで働く若手弁護士・浅利祐介(滝沢秀明)の元に、若い女性が訪ねて来る。河村礼菜(谷村美月)と名乗るその女性は、ある死刑囚の再審弁護人になってほしいと祐介に依頼する。その死刑囚とは、30年前に祐介の両親と祖父を惨殺した柳瀬光三(遠藤憲一)だった。

一度は依頼を断った祐介だったが、事務所の所長で祐介が敬愛する弁護士・澤田陽一郎(片岡鶴太郎)は、引き受けるよう祐介に説く。なぜ、礼菜は今頃になって再審を願い出たのか。礼菜と柳瀬の関係は? そして、柳瀬の冤罪(えんざい)の可能性が浮かび上がってくる。


キャスト(2018年)
滝沢秀明
浅利祐介 役
弁護士。赤ん坊の頃に両親と祖父を殺害され、養父母の元で育ち、事件のことを知り法律家の道へ。犯人とされる死刑囚・柳瀬の再審請求をしたいという礼菜の申し出に、最初は嫌悪感を抱くが、弁護士としての使命感から事件に向き合うことに。

遠藤憲一
柳瀬光三 役
一家3人を殺害した罪で死刑執行を待つ死刑囚。事件当時、妻に逃げられ、自病もあり、一人息子を預けようと奔走していたが、殺人犯として逮捕された。手放した息子の幸せだけを心の支えに、30年間刑務所で過ごす。

片岡鶴太郎
澤田陽一郎 役
祐介の勤める弁護士事務所の所長。祐介が尊敬する理想の弁護士で、冤罪事件を多く手掛けている。江戸っ子気質の熱血漢で、実直な人柄。

谷村美月
河村礼菜 役
祐介に柳瀬の再審弁護人を依頼をする、謎の女性。祐介と出会い、心ひかれていく。母のあかねを反面教師として育つ。

横山めぐみ
河村あかね 役
礼菜の母。17歳の時に家出をし、自由奔放で荒れた人生を送ってきた。末期がんで余命宣告を受ける。

スタッフ(2018年)
原作 - 小杉健治『父と子の旅路』(双葉社)
脚本 - いずみ玲
演出 - 国本雅広、村松弘之
音楽 - 羽岡佳
主題歌 - 滝沢秀明「タイトル未定」
企画 - 横田誠(東海テレビ)
プロデューサー - 西本淳一(東海テレビ)、大久保直実 (ビデオフォーカス)、坪ノ内俊也 (ビデオフォーカス)
制作著作 - ビデオフォーカス
制作 - 東海テレビ


各話あらすじ 平均視聴率 3.55%
第1話 2018年2月3日「私は一体何者なのか沈黙の死刑囚と真実」 視聴率 4.0%
 弁護士の祐介(滝沢秀明)は小さい法律事務所で所長・澤田(片岡鶴太郎)の下、働いている。ある日、礼菜(谷村美月)という女性が祐介を訪ね、30年前に起きた一家3人惨殺事件の犯人として拘留中の死刑囚・柳瀬(遠藤憲一)への接見を頼む。それは再審弁護人の依頼を意味していた。だが、事件の被害者は祐介の両親と祖父。親の敵の再審請求などできないと拒否する祐介だが、やがて弁護士としての使命感から、事件と向き合う決意をする。

第2話 2018年2月10日「冤罪?愛する家族に背を向け死刑囚の無実を信じるのか?葛藤する祐介」 視聴率 3.1%
 祐介(滝沢秀明)は柳瀬(遠藤憲一)に接見するが、被害者遺族としての感情から彼をなじってしまう。事件後、行方不明になった柳瀬の息子・光男を見つけたい礼菜(谷村美月)は祐介と共に、事件を担当した元刑事・松枝(石丸謙二郎)を訪ねる。松枝は柳瀬の供述に矛盾点があったことなどを挙げ、事件に対する疑念を口にする。松枝は柳瀬の冤罪(えんざい)の可能性を捨てきれずにいた。心が揺れる祐介は、事件の詳細や裁判記録を調べ直す。

第3話 2018年2月17日「無罪の証明…死刑囚の故郷へ死刑と引き換えに隠したかった秘密とは?」
 祐介(滝沢秀明)は柳瀬(遠藤憲一)の弁護士だった津村の妻・佐智子(朝加真由美)から話を聞く。津村が柳瀬の無実を信じていたこと、柳瀬が祐介の身を案じていたことを聞いた祐介は、柳瀬という人間が分からなくなる。祐介は柳瀬の元妻で礼菜(谷村美月)の母・あかね(横山めぐみ)を訪問。あかねは祐介らが光男を捜していると知ると、礼菜をなじる。傷ついた礼菜は弁護依頼を取り下げようとするが、祐介は後戻りできないと告げる。

第4話 2018年2月24日
 柳瀬(遠藤憲一)の実直な人柄や光男への愛情を知った祐介(滝沢秀明)は柳瀬の無罪を確信する。だが、柳瀬は再審請求の手続きを拒絶する姿勢を崩さない。祐介はあかね(横山めぐみ)が入院する病院を再び訪ねる。あかねは祐介が事件の被害者遺族でありながら柳瀬の再審弁護人になると聞き、驚きを隠せない。対する祐介は、柳瀬の人生が狂ったことも礼菜(谷村美月)が長年苦しんできたことも、あかねに原因があると責め立てる。


番組公式サイト
父と子の旅路 - Wikipedia

『家族の旅路 家族を殺された男と殺した男 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日の君がもっと好き TOP

『明日の君がもっと好き』は、2018年1月20日から、テレビ朝日系の「土曜ナイトドラマ」枠(毎週土曜23:05 - 23:59に)で放送中。主演は市原隼人。


概要
土曜ナイトドラマ枠の第2弾。“人生に一度だけの大切な恋”をテーマに、時代を正確に切り取った鋭いセリフ回しに定評のあるベテラン脚本家・井沢満が、登場人物それぞれの仕事観や人知れず抱えた心や体に関する悩み、家族との葛藤などリアルな感情を、とがった視点で切り取る。

恋愛群像劇としてのエンターテインメント性と、人間の本質を描いた味わい深いドラマ性を併せ持った、予想の“斜め上”をいく新感覚のヒューマンラブストーリー。


ストーリー 
老舗造園会社で働く松尾亮(市原隼人)はクライアントのオフィスビルへの搬入作業中、突風でめくれた里川茜(伊藤歩)のスカートについ目がいってしまう。といっても、才色兼備の社長秘書である茜に強い興味があるわけではなく、亮は女性との恋愛に冷め切っていた。

ある晩、亮は勤務先の社長から娘の丹野香(森川葵)との結婚を切り出されるが、住み込みで働いてきた彼にとって、香は共に育った妹同然の存在のため、突然の話に困惑するばかり。
当の香は、昼は工事現場、夜はガールズバーで働き、自らの性的アイデンティティーを見失っていた。そして、香はバーの客で茜の妹・黒田梓(志田未来)と出会い、少しずつ打ち解けていく。


キャスト
市原隼人
松尾亮 役
老舗造園会社で働く造園デザイナー。声をかけてくる女性とは付き合うものの、恋愛には興味がなく「女は面倒くさい」と言ってはばからない。休日はカメラ片手にバイクで出掛けては、一人の自由な時間を過ごしている。大衆演劇の名門一座の次男でもあるが、口下手で役者になることを嫌い、実家を出ている。

伊藤歩
里川茜 役
一流企業の社長秘書。高学歴で美人だが、男運はめっぽう悪い。かつての恋人を妹に奪われ、関わりを持つ男は妻子持ちばかり。幼い頃に両親を事故で亡くして以来、東京下町の一軒家で祖父母と暮らしている。いよいよ結婚をあきらめてマンションの購入を考え始めている。“オンナ売り”しないことがポリシー。

森川葵
丹野香 役
亮が働く造園会社社長の一人娘。亮とは兄妹のように一つ屋根の下で育つ。現在は実家を出て一人暮らし。自分のセクシャリティーに悩みを抱え、昼は工事現場で、夜はフェミニンな装いに身を包み、ガールズバーで働きながら自分の性的アイデンティティーを探している。亮に好意を抱いているが、それが女性としての恋心なのかが分からず苦しんでいる。自分のことを「ボク」と呼ぶ。

白洲迅
城崎遥飛 役
茜が勤める企業の若手男性社員。“高嶺の花”と敬遠されている茜にも臆せずアプローチをかける。陽気で屈託がないような人柄だが、実は幼少期に母から受けた虐待によるトラウマがあり、年上の女性に対して、どうにもできない闇を抱えている。

志田未来
黒田梓 役
茜の10歳年下の妹。3年前に姉の恋人を奪う“略奪婚”で実家を出て行ったが、既に結婚生活は冷え切っている。愚痴を聞いてもらおうと飛び込んだガールズバーで香と出会い、互いに親しみを抱くようになる。

スタッフ
脚本 - 井沢満
音楽プロデュース - S.E.N.S. Company
音楽 - 有木竜郎
演出 - 竹園元(テレビ朝日) 、片山修(テレビ朝日)
プロデューサー - 竹園元(テレビ朝日)、 中込卓也(テレビ朝日) 、下山潤(ジャンゴフィルム)
制作協力 - ジャンゴフィルム
制作著作 - テレビ朝日

主題歌 - PrizmaX「yours」


各話あらすじ 平均視聴率 3.80%
第1話 2018年1月20日「出逢い」ラテ欄「この冬最高のヒューマン・ラブストーリー開幕!」 視聴率 4.3%
 造園会社で働く亮(市原隼人)は、恋愛より趣味のカメラを手にしている方が性に合っている。亮が出入りするオフィスの社長秘書・茜(伊藤歩)は男運が極めて悪く、その茜にアプローチする新入社員の遥飛(白洲迅)には人懐こいキャラとは正反対の裏の顔があった。ある夜、亮は社長の文彦(柳葉敏郎)から、娘の香(森川葵)と結婚し、家業を継いでもらえないかと切り出される。香は昼は工事現場、夜はガールズバーで働いていて…。

第2話 2018年1月27日「月齢」ラテ欄「衝撃ラブストーリー!秘密の禁断のキス」 ※サタデーステーション』が15分拡大(20:54 - 22:9)のため、15分繰り下げ(23:20 - 翌0:14)。 視聴率 3.9%
 茜(伊藤歩)は同居する祖母・静子(三田佳子)に、交際相手と破局したことを明かし、自らの男運のなさを嘆く。香(森川葵)は自分が「男」と「女」のどちらの心で亮(市原隼人)のことが好きなのか分からないと苦しい胸の内を告白。亮はそんな香に寄り添っていこうと決める。年上の女性に対して‘闇’を抱える遥飛(白洲迅)は美晴(釈由美子)に声を掛けていた。一方、梓(志田未来)は再びガールズバーを訪ね、香と親しげな亮に嫉妬する。

第3話 2018年2月3日「影法師」 視聴率 3.6%
 茜(伊藤歩)に頼まれ、庭木の手入れをした亮(市原隼人)。梓(志田未来)はそんな茜と亮の関係を追及する。静子(三田佳子)が亮に夕食を共にと提案し、梓は夫の智弘(渡辺大)をその席に呼ぶ。さらに4人で香(森川葵)の働くガールズバーへ行くことに。一方、遥飛(白洲迅)の同僚・桃田(神永圭佑)は子持ちの熟年女性に‘お仕置き’をするという遥飛のスマートフォンの動画を見て…。

第4話 2018年2月10日「告白」※サタデーステーション』が15分拡大(20:54 - 22:9)のため、15分繰り下げ(23:20 - 翌0:14)。 視聴率 3.4%
 工事現場で働く香(森川葵)に遥飛(白洲迅)が声を掛け、梓(志田未来)とのキスシーンを撮影したと告げる。不安になった香は、亮(市原隼人)に相談。さらに、自身が抱える問題と正面から向き合うと決意を語る。一方、遥飛自身が撮影した年上の女性たちへのむごい行為の画像が、何者かにより社内に一斉送信された。その後、遥飛の欠勤を知った茜(伊藤歩)は、先日、泥酔した遥飛を一緒に送り届けた亮に同行を頼み、自宅を訪ねる。

※2018年2月17日はオリンピック中継(18:56 - 23:54)および『ANNニュース』(23:54 - 23:59)のため、休止。

第5話 2018年2月24日「聖母」
 家出した香(森川葵)を、梓(志田未来)は実家に泊めるが、翌朝、文彦(柳葉敏郎)が乗り込んで来る。一方、茜(伊藤歩)は、香が亮(市原隼人)の妹ではなく婚約者だと知って、衝撃を受ける。茜から正直に話してほしかったと言われた亮も、戸惑いを隠せない。そんな中、亮は香と共に、遥飛(白洲迅)が香の例の写真を削除したかどうかを確認するため、出勤時の遥飛の元へ。3人は同じバスに乗り込むが、車内で遥飛が痴漢呼ばわりされる。


番組公式サイト

『明日の君がもっと好き TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜 TOP

『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』(もみけしてふゆ わがやのもんだいなかったことに)は2018年1月13日から日本テレビ系の土曜ドラマ枠(毎週土曜 22:00〜22:54)で放送中。主演は山田涼介。


概要
ヒットドラマの鉄板三大職業としてもおなじみの、医者・弁護士・警視庁を職業とするエリート3きょうだいが、一家の安泰を脅かす事件のみを全力で解決する、痛快コメディー・ホームドラマ。法律や常識よりも“家族の幸せ”が優先されるという、ばかばかしくも美しい家族愛を描く。


ストーリー 
ちょっと正義感が強過ぎる警視庁の警察官で次男の北沢秀作(山田涼介)、3きょうだいの中でも一番の頭脳と弁舌を誇る敏腕弁護士の長女・知晶(波瑠)、著名人の手術を多数成功させてきた若き天才心臓外科医の長男・博文(小澤征悦)。北沢家エリート3きょうだいは、一家の安泰を脅かすトラブルを秘密の「家族会議」で解決していく。

家族の幸せを最優先に解決していくためには、法律や常識は二の次。そして、我の強い長女、長男の主張に押されて、末っ子刑事の秀作は、家族への愛情と職業倫理観で葛藤したあげくに解決策をひねくりだす。


キャスト
北沢 秀作〈25〉 - 山田涼介(Hey! Say! JUMP)
北沢家の次男。警視庁の幹部候補生が集う警務部に所属するエリート警察官。正義感が強過ぎるところがあるが、日夜、警視総監を目指し、昇任試験の勉学に励んでいる。感情を内に秘めるタイプのため、家族会議ではきょうだいたちの主張に振り回される

北沢 知晶〈27〉 - 波瑠
北沢家の長女。「美」と「知」を兼ね備えた敏腕弁護士。きょうだいの中でも一番の頭脳と弁舌の持ち主。正義感がとても強く、間違ったことは言わないが、周囲と感覚が少しずれており、ビックリさせるような言動を取ることも多い。

北沢 博文〈38〉 - 小澤征悦
北沢家の長男。若き天才心臓外科医。部下からの信頼も厚く、将来の院長候補ともささやかれている。家族を愛しているが、自分のことも大好き。家族会議では知晶と舌戦を繰り広げ、秀作を翻弄する。

北沢 泰蔵〈63〉 - 中村梅雀
3きょうだいの父親。北沢家の当主。私立中学校「北沢学園」の学園長。3きょうだいを東大に進学させた秘訣を書いた著書がベストセラーとなり、難関校の名経営者として名を上げる。

尾関 光希 - 小瀧望(ジャニーズWEST)

池江 里子 - 恒松祐里

手毛綱 美鎖夫 - 児嶋一哉(アンジャッシュ)

楠木 松也 - 千葉雄大

小岩井 凛治 - 浅野和之

スタッフ
脚本 - 金子茂樹 
チーフプロデューサー - 福士睦
プロデューサー - 櫨山裕子、秋元孝之
演出 - 中島悟
制作協力 - オフィスクレッシェンド
制作著作 - 日本テレビ


各話あらすじ
第1話 2018年1月13日「セレブ一家の爆笑スキャンダル!末っ子悲壮な決意で証拠隠滅大作戦」※初回10分拡大(22:00 〜 23:04)
 エリート警察官の秀作(山田涼介)は、敏腕弁護士の姉・知晶(波瑠)、天才外科医の兄・博文(小澤征悦)、難関私立中の学園長である父・泰蔵(中村梅雀)に名家・北沢家の一員としてプレッシャーをかけられ、少々面倒な人生を送ってきた。そんな中、一家に母親が亡くなって以来の危機が到来。泰蔵が好きになった女性に裸の写真を撮られ、金を要求されたのだ。博文と知晶はスキャンダルをもみ消すため、秀作にも協力するよう迫る。

第2話 2018年1月20日「愛犬逃走クビの危機!替え玉作戦で姉ちゃん豹変」
 博文(小澤征悦)が院長・浜野谷(柴俊夫)宅のパーティーの最中、愛犬ジョンを逃がしてしまう。浜野谷は人事権をジョンに与えており、博文は今から手なずけておこうと庭で遊んでいて、逃げられてしまったのだ。浜野谷が泥酔して気付いていないと聞いた秀作(山田涼介)は、元警察犬を使って捜索に当たるが、失敗に終わる。そんな中、真相を知った浜野谷から、72時間以内に連れ戻さなければ解雇だと言い渡された博文は…。

第3話 2018年1月27日「メイド喫茶事件に親父も参戦!激うまカレーの真相」
 執事の小岩井(浅野和之)が、自殺の名所で警察に保護された。すると博文(小澤征悦)が、メイド喫茶から出てきた小岩井を目撃してしまったのが原因だと話し、知晶(波瑠)や泰蔵(中村梅雀)も解雇は当然だと言う。小岩井を慕う秀作(山田涼介)は警察へと向かうが、彼に激しく拒絶された上、退職願を渡されぼうぜん。さらに、ハムスターのプラトンもいなくなり、途方に暮れる。そんな中、小岩井がメイド喫茶を訪ねた経緯が判明して…。

第4話 2018年2月3日「入れ墨執事に恋!?姉ご乱心のキス&父豆まき暴投」
 秀作(山田涼介)は、知晶(波瑠)が自分よりも執事見習いの楠木(千葉雄大)をかわいがっていることに不安を覚える。そんな中、楠木の‘秘密’を目撃した秀作は、逆に想定外の告白をされて混乱する。一方、泰蔵(中村梅雀)は、見合いを拒絶し「気になっている人がいる」と答えた知晶を問い詰める。その後も、この政略結婚が諦めきれない泰蔵と博文(小澤征悦)は、知晶と相手の角居(駿河太郎)との出会いを計画するよう秀作に命じる。

第5話 2018年2月10日「骨肉の恋愛バトル!牛丼兄VSうなぎ弟チョコ争奪戦」
 秀作(山田涼介)はホームパーティーに職場の尾関(小瀧望)や里子(恒松祐里)らを招待したが、里子と博文(小澤征悦)が急接近。尾関から「早めに手を打つべきだ」と助言され、里子に好意を抱いていることを博文に伝えたものの、相手にされず、知晶(波瑠)には「正々堂々と取り合えばいい」と促される。さらに、博文は里子との結婚話を持ち出し、泰蔵(中村梅雀)の賛成まで取り付けてしまう。諦めかけた秀作は、ある作戦を思い付く。

第6話 2018年2月17日「熟女サスペンスで男の色気が人生最大!?」
 大学時代の社交ダンス部の同窓会から帰宅した泰蔵(中村梅雀)が玄関で倒れ、博文(小澤征悦)の病院に救急搬送された。泰蔵はチョコレートの入った五つの紙袋を持ち帰っていたが、その中の一つが睡眠薬入りだった可能性が浮上する。翌日、見舞いに訪れたこずえ(山村紅葉)、潮音(宍戸美和公)ら5人の女性の中に犯人がいるとにらんだ秀作(山田涼介)らは、全員を自宅に招く。秀作はその態度からこずえが犯人だと確信するが…。

第7話 2018年2月24日
 博文(小澤征悦)は善財(竹森千人)に応急処置を施すが、凶器のハンドベルの指紋から犯人扱いされる。意識が戻った善財が真犯人を明かしても汚名返上とはならず、「副院長への道が絶たれた」と落ち込む博文。秀作(山田涼介)は泰蔵(中村梅雀)と知晶(波瑠)に命じられ、失意の兄を勇気づける。そんな中、院長・浜野谷(柴俊夫)宅に出入りするクリーニング店の手毛綱(児嶋一哉)から、博文にも挽回のチャンスがあるとの情報が入る。

各話視聴率


番組公式サイト
もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜 - Wikipedia

『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

オー・マイ・ジャンプ!〜少年ジャンプが地球を救う〜 TOP

『オー・マイ・ジャンプ!〜少年ジャンプが地球を救う〜』は、2018年1月12日から、テレビ東京系列において、ドラマ24枠 毎週金曜日の24:12〜24:52の時間帯で放送予定。主演は伊藤淳史。


概要
日本を代表する少年漫画雑誌として熱烈なファンを持ち、2018年に創刊50周年を迎える「週刊少年ジャンプ」の全面協力の下でおくる、斬新なヒーロー・エンターテインメントドラマ。

伊藤淳史演じる、かつてヒーローに憧れていた主人公が、ジャンプのことを語り合う秘密クラブに招待され、ジャンプにまつわるエピソードや、それを語る人たちの人生に触れて成長していくさまを描く。

物語の中で、ジャンプのさまざまな名作の創作秘話、裏話、都市伝説が明かされ、大のジャンプファンが出演者として登場するほか、分かる人には分かるネタが満載。脚本は、根本ノンジ、西条みつとし、グランドジャンプで漫画原作も務める横幕智裕らが担当。


ストーリー 
食品メーカーの営業として働く月山浩史(伊藤淳史)は、かつて「週刊少年ジャンプ」の愛読者でヒーローに憧れる少年だったが、今では事なかれ主義で面倒を避ける大人になっていた。そんなある日、後輩の女子が上司からセクハラされているのに、見て見ぬふりをした浩史の前に謎の男が現れ、秘密クラブへといざなう。

そこはジャンプを好きな人たちが集まり語り合う場所で、オーナーである謎の男の厳しい条件をクリアした者だけが会員となることができるという。そして会員には“1日1回ヒーローらしいことをする”というルールが課せられる。強烈過ぎるメンバーたちが語る“ジャンプあるある”に呆然とする浩史だったが…。


キャスト
伊藤淳史
月山浩史 役
かつての「少年ジャンプ」愛読者。名前の「ひろし」から「ヒーロー」というあだ名で呼ばれ、絶対ヒーローになると思っていたが、大人になるにつれて現実を知りあきらめた。いつしか漫画も読まなくなり、34歳に。彼女もおらず、飲料メーカー「太陽ドリンコ」の営業として働く日々をおくる。

佐藤仁美
木暮美樹 役
婚活中の医師。39歳。「少年ジャンプ」のヒロインに強い憧れを抱いており、いろいろなコスプレをするのが趣味。

寺脇康文
水川康介 役
妻と子を持つ55歳。外資系の金融機関に勤務しているらしい。「聖闘士星矢」のファン。


スタッフ
脚本:根本ノンジ、西条みつとし、横幕智裕、粟島瑞丸、守口悠介
監督:三木康一郎
プロデューサー:浅野太、阿部真士、橘康仁、堀英樹


各話あらすじ 平均視聴率 1.63%
第1話 2018年1月12日 視聴率 1.9%
 飲料会社の営業マン・浩史(伊藤淳史)が外回りから会社に戻ると、若手課長の阿久が部下の女性・水戸を説教していた。浩史より年下の阿久は日頃から横暴だが、実は社長のおい。水戸を助けたいと思いつつ、浩史も逆らえないでいた。そんな中、浩史は公園で謎の男性・土田(斉木しげる)に声を掛けられる。そして連れていかれたのは、「週刊少年ジャンプ」を愛する者だけが集う秘密クラブ「オー・マイ・ジャンプ!」だった。

第2話 2018年1月19日 視聴率 1.3%
 浩史(伊藤淳史)が異動した営業4課はスパルタな世界だった。課長・大嵐(ケンドーコバヤシ)は、得意先をライバル会社に奪われた浩史に、取り戻さないと解雇だと宣告。浩史は元得意先を訪ねてみたものの、店は顧客を奪った黒塚(馬場徹)のアイデアで繁盛していた。その時、浩史は秘密クラブで出会った智子(生駒里奈)を見掛ける。彼女は向かいに座る男性・佐々木を前に、奇妙なポーズをしたかと思うと逃げ出してしまう。

第3話 2018年1月26日 視聴率 1.6%
 浩史(伊藤淳史)は金城(柳俊太郎)から悩みを打ち明けられる。漫画家を目指して上京し2年になるが、いまだに編集者から罵声を浴びせられるという。しかし、浩史が読んでみると、漫画は盗作でしかなく、智子(生駒里奈)ら秘密クラブの面々も内容のあまりのひどさに驚きを隠せない。水川(寺脇康文)が物語を考えられる人と組むことを勧めると、金城は「時間がない」と言い出し…。

第4話 2018年2月2日 視聴率 1.7%
 国際弁護士のジョンと付き合うことになった美樹(佐藤仁美)は機嫌がいい。翌日、出社した浩史(伊藤淳史)は痔(じ)の悪化に苦しんでいた。それを知った大嵐(ケンドーコバヤシ)は、腕のいい医師を紹介。早速、病院を訪れた浩史の前に現れたのは、実は医師の美樹だった。浩史が治療を受けながら話を聞くと、あれ以来、ジョンから全く連絡がないという。そんな美樹の前に、「キャッツ・アイ」のような女性3人組が現れる。

第5話 2018年2月9日
 浩史(伊藤淳史)は元取引先のフットサル場を訪ねるが、取り合ってもらえない。もう来るなと言われ落胆していると、土田(斉木しげる)から「助けてください」と電話が。急いで向かった秘密クラブは、サッカー少年・光により荒らされていた。光は、大好きな漫画「キャプテン翼」に出てくる最高難度の必殺技‘スカイラブハリケーン’のできる人がここにいると聞いたらしい。浩史と土田は光の心を救うため、必殺技を特訓する。

第6話 2018年2月16日 ※24:22 〜 25:02
 土田(斉木しげる)は「ジョジョの奇妙な冒険」の47巻を特別保存している。「誰であっても触れてはならず、中を見ては駄目」で、もしその決まりを破れば、秘密クラブへ出入り禁止になるといわれている。その47巻が、秘密クラブからなくなる。容疑者は水川(寺脇康文)、美樹(佐藤仁美)、金城(柳俊太郎)、智子(生駒里奈)だ。探偵のように推理を働かせた浩史(伊藤淳史)が、怪しい人物のかばんをチェックしたところ、予想外の物が出てくる。

第7話 2018年2月23日 ※24:22 〜 25:02
 外資系の金融会社に勤め、妻は理解ある外国人だという水川(寺脇康文)は、浩史(伊藤淳史)から見たら人生の勝ち組だ。水川は、「聖闘士星矢」のキャラクターにふんする理由を「クールなのに仲間のため命を懸けるのが自分に似ているから」と話す。ところが、秘密クラブに現れた妻・麻里は日本人だった。慌てふためく水川に、麻里は浮気を疑う。水川は妻の信用を取り戻そうと、娘・沙莉と秘密クラブのメンバーに協力を仰ぐ。


番組公式サイト

『オー・マイ・ジャンプ!〜少年ジャンプが地球を救う〜 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホリデイラブ TOP

『ホリデイラブ』は、2018年1月26日より、テレビ朝日の「金曜ナイトドラマ」枠(毎週金曜 23:15〜24:15)で放送予定。主演は仲里依紗。


原作概要
『ホリデイラブ 〜夫婦間恋愛〜』(ホリデイラブ ふうふかんれんあい)は、原作:こやまゆかり、作画:草壁エリザによる、日本の漫画作品。『マンガボックス』にて連載中。2017年11月現在、既刊5巻。


ドラマ概要
ベテラン漫画家・こやまゆかりの人気コミックを原作に、不倫を“夫婦サイドの純愛”にフォーカスした異色のドラマ。日常に潜む罠をサスペンスフルに描写しながら、試練の末に本当の意味でのパートナーとして成長していく夫婦の姿を描く。

同局の連続ドラマ初主演となる仲里依紗が、浮気される“サレ妻”の高森杏寿に扮し、何があっても夫を愛する、ピュアで真っすぐなヒロインを熱演。夫婦再構築を目指して奮闘する。

脚本は、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」、「ファースト・クラス」(フジテレビ系)などを手掛けた渡辺千穂が担当する。


ストーリー 
夫・高森純平(塚本高史)と5歳の娘の3人で、ごく普通の幸せな家庭を築いていた杏寿(仲里依紗)。恋愛結婚した純平からは、最近“女”として見られていないように思えることが小さな不満だが、「自分たちは不倫や離婚からは最も遠い存在」と思っていた。

ある日、杏寿が自宅で経営するネイルサロンの客・坂口麗華(壇蜜)から「あなたは他の男から見れば、まだ十分“女”よ」とほのめかされ、ざわめきを覚える。

そんな矢先に、純平が顔に多数のアザを作って帰宅する。一体何があったのか…。それは、苦悩の夫婦生活の始まりだった。


キャスト
高森 杏寿 - 仲里依紗
夫と5歳の子どもの3人で暮らす、ごく普通の幸せな家庭の主婦。タフでバイタリティーもあり、真っすぐで明るい性格。恋愛結婚した夫に最近“女”として見られていないことに少々不満がある。夫が一度限りの過ちを犯してしまったことから、苦悩の夫婦生活が始まる。

高森 純平 - 塚本高史
杏寿の夫。大手ゼネコン勤務。妻子を東京に残して単身赴任中。明るい性格でやや単純だが、現場をまとめ上げる熱血さと誠実さを兼ね備えている体育会系の男。心の隙間に巧妙に入って来た里奈の誘惑に負けてしまう。夫婦関係を再構築すべく奔放するが、里奈に踊らされ、その時々の出来事に流されてしまう。

井筒 里奈 - 松本まりか
純平の単身赴任先で一緒に働く女子事務員。男が放っておかないタイプのゆるふわ系。一流大学卒の夫・渡と、その裕福な実家に対してコンプレックスがある。渡にすべてを管理されており、肩身の狭い生活を送っている。純平を運命の相手だと信じ込み、あの手この手で純平に近づいていく。

井筒 渡 - 中村倫也
里奈の夫。男尊女卑の考えを持ち、独占欲が強く妻を所有物とみなす。浮気した里奈を事あるごとに責めたてる。東京港区一等地にある実家に生まれ、外資系会計事務所で働くコンサルタント。無駄や非合理的なことが大嫌いで、それを妻の里奈にも強要している。

坂口 麗華 - 壇蜜
杏寿のネイルサロンの客。スピリチュアルな世界に通じる霊的能力が高い。杏寿の運命の相手は純平ではなく、他にもいるとほのめかす。相手を引き込む話術がある。

黒井 由伸 - 山田裕貴
夫の浮気で落ち込む杏寿と「スピリチュアルアプリ」で同業者として出会う。聞き上手で男としての魅力もあるタイプ。ネイルサロンとエステ、8店舗を経営している。

春田 龍馬 - 平岡祐太
杏寿のネイルサロン時代の同僚。親友で良き相談相手。美容関係の仕事をしていることもあり、中性的な雰囲気。杏寿から「ハルちゃん」と呼ばれて女友達のように何でも話し、お互い信頼している関係。子どもが好きで、高森家の娘・七香の面倒もよく見ている。

小泉 駿 - 飯島寛騎

一ノ瀬 真人 - 岡田龍太郎

橘 亜沙美 - 三津谷葉子

スタッフ
原作 - こやまゆかり・草壁エリザ『ホリデイラブ 〜夫婦間恋愛〜』
脚本 - 渡辺千穂
音楽 - 横山克、Evan Call
演出 - 松田礼人(ドリマックス・テレビジョン)、山本大輔(アズバーズ)、小野浩司(MMJ)
ゼネラルプロデューサー - 大川武宏(テレビ朝日)
プロデューサー - 飯田爽(テレビ朝日)、木曽貴美子(MMJ)
制作 - テレビ朝日、MMJ

主題歌 - ポルノグラフィティ「カメレオン・レンズ」(SME Records)



各話あらすじ 平均視聴率 5.18%
第1話 2018年1月26日「夫の帰還」 視聴率 5.1%
 自宅でネイルサロンを経営する杏寿(仲里依紗)は、大手ゼネコン勤務の夫・純平(塚本高史)と幼い娘・七香(渋谷南那)の3人で幸せに暮らしていた。だが、純平が静岡に単身赴任してから1年後、杏寿は彼から女性として見られなくなっているのではと思う。ある日、杏寿のサロンに新規の客・麗華(壇蜜)が来店。杏寿は彼女に夫との関係に悩んでいないかと問われる。一方、純平の前には新しい事務員・里奈(松本まりか)が現れる。

第2話 2018年2月2日「妻の攻撃」 視聴率 5.8%
 渡(中村倫也)から辞職しないと社会的に抹殺すると宣告された純平(塚本高史)は、東京で新しい仕事を探すと杏寿(仲里依紗)に話し、謝罪。杏寿は裏切りを許せず、家に帰ってくるなと言い渡す。翌日、純平は渡から早く会社を辞めろと急かされるが、里奈(松本まりか)は純平との関係を断つつもりがない様子。一方、離婚を決意した杏寿は、ネイルセミナーで黒井(山田裕貴)と会う。

第3話 2018年2月9日「最後のクリスマス」 視聴率 5.1%
 七香(渋谷南那)のため純平(塚本高史)と一緒にクリスマスを過ごすことにした杏寿(仲里依紗)。久しぶりの我が家に感慨深い純平だが、杏寿から今年が最後だと宣告され、無邪気に喜ぶ七香の姿に涙がにじむ。その夜、純平は改めて杏寿に謝罪する。しかし前夜、渡(中村倫也)からの電話で純平が里奈(松本まりか)と会っていると聞いていた杏寿は、その言葉を信じられない。そして純平との別れの時、杏寿は寂しがる七香の姿に涙する。

第4話 2018年2月16日 視聴率 4.7%
 里奈(松本まりか)がSNSで見つけたという写真から、偽物の黒井(山田裕貴)との関係を純平(塚本高史)に知られた杏寿(仲里依紗)。ぼうぜんとする純平に杏寿は懸命に説明するが、理解してもらえず、2人の仲は再び危機に。春田(平岡祐太)から里奈が全てを仕組んだのではと言われた杏寿は戸惑うが、黒井と出会うきっかけをつくった麗華(壇蜜)とは連絡がつかなくなる。一方、渡(中村倫也)は強引に里奈を退職させ、家から追い出す。


番組公式サイト
ホリデイラブ 〜夫婦間恋愛〜 - Wikipedia

『ホリデイラブ TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンナチュラル TOP

『アンナチュラル』は、2018年1月12日から、TBS系の「金曜ドラマ」枠(毎週金曜 22:00〜22:54)で放送中。主演は石原さとみ。初回は15分拡大。


概要
不自然な死を遂げた人の死因を解明して、偽装殺人や医療ミスなどを暴く法医学ミステリー。死因究明のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」で働く法医解剖医の三澄ミコトを、同局系の連続ドラマに主演するのは今作が初めてとなる石原さとみが演じる。

脚本は「逃げるは恥だが役に立つ」(同系)などを手掛けた野木亜紀子によるオリジナルストーリー。ミステリーとともに、特殊な世界に身を置きながら、私生活では普通の人と変わらない日常を送るミコトたちラボのメンバーの姿も描き出す。


ストーリー 
海外とは異なり、日本では“不自然な死”(アンナチュラル・デス)」の場合でも、ほとんどは解剖されることなく荼毘(だび)に付されている。そんな日本で、死因究明専門のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」が新設された。

UDIラボに運び込まれるのは、不自然な死を遂げた怪しい死体ばかり。法医解剖医の三澄ミコト(石原さとみ)は、ある理由から不自然死を放置することが許せず、死の裏側にある偽装殺人・医療ミス・未知の症例などを日々突き止めていた。

特殊な世界に身を置くミコトだったが、勤務の中で仲間と笑い合い、仕事が終われば合コンにも行き、おいしい食事も食べる、ごく普通の生活を送っていた。


キャスト
不自然死究明研究所 UDIラボ
三澄 ミコト(みすみ みこと)〈33〉
演 - 石原さとみ
UDIラボの三澄班を率いる法医解剖医。医大の法医学教室で准教授として研さんを積み、4カ月前にラボに着任した。合理的な性格のため、無駄な争いを避けて笑顔で切り抜けようとする。ある理由から不自然死の放置が許せない。

中堂 系(なかどう けい)〈41〉
演 - 井浦新
UDIラボの中堂班を率いる法医解剖医。3000件もの解剖実績があるベテランだが、態度も口も悪いため、チームを組む臨床検査技師がすぐに辞めてしまい、記録員もいない。目的のためには手段を選ばず、ラボに出入りする葬儀業者に何かを探させている。

久部 六郎(くべ ろくろう)〈26〉
演 - 窪田正孝
医大生。UDIラボ三澄班で記録員のアルバイトをしている新人。ラボで法医学という未知の世界を徐々に知っていく。ネットやガジェットに精通している。

東海林 夕子(しょうじ ゆうこ)〈35〉
演 - 市川実日子
UDIラボ三澄班の臨床検査技師。薬学部出身。ラボ設立時から在籍し、仕事よりプライベートが優先。好き嫌いが激しく、仲間内では遠慮がない。ミコトとは監察医務院時代から面識がある、気の合う同僚。

坂本 誠(さかもと まこと)〈50〉
演 - 飯尾和樹(ずん)
臨床検査技師。

神倉 保夫(かみくら やすお)〈55〉
演 - 松重豊
UDIラボ所長。元は厚労省の職員で、東日本大震災の身元不明遺体調査を機にラボへの転属を志願したという話もあるが、単なる天下りといううわさも。補助金に依存するラボの運営に危機感を持っているが、自由過ぎるメンバーたちに好き勝手にされる。

その他
末次 康介(すえつぐ こうすけ)〈45〉
演 - 池田鉄洋
六郎の飲み仲間。

木林 南雲(きばやし なぐも)〈28〉
演 - 竜星涼
フォレスト葬儀社の社員。

三澄 秋彦(みすみ あきひこ)〈25〉
演 - 小笠原海(超特急)
ミコトの弟。予備校講師。

関谷 聡史〈33〉
演 - 福士誠治
ミコトの恋人。

宍戸 理一(ししど りいち)〈43〉
演 - 北村有起哉
フリー記者。

毛利 忠治(もうり ただはる)〈39〉
演 - 大倉孝二
UDIラボに解剖を依頼する西武蔵野署の刑事。

向島 進〈34〉
演 - 吉田ウーロン太
西武蔵野署の刑事。

三澄 夏代(みすみ なつよ)〈53〉
演 - 薬師丸ひろ子(特別出演)
ミコトの母。弁護士。

スタッフ
脚本 - 野木亜紀子
音楽 - 得田真裕
法医学監修 - 上村公一、鵜沼香奈(東京医科歯科大学)
プロデューサー - 新井順子(ドリマックス・テレビジョン)、植田博樹(TBSテレビ)
演出 - 塚原あゆ子、竹村謙太郎、村尾嘉昭(ドリマックス・テレビジョン)
製作 - ドリマックス・テレビジョン、 TBS

主題歌 - 米津玄師「Lemon」(ソニー・ミュージックレコーズ)


各話あらすじ
第1話 2018年1月12日「名前のない毒」ラテ欄「名前のない毒…連続不自然死の謎を解け」
 ミコト(石原さとみ)は日本に新設された「不自然死究明研究所(UDIラボ)」の法医解剖医。彼女の仕事は、不自然な死を遂げた遺体を解剖し、本当の死因を探ることだ。ある日、突然死した高野島という男性の遺体がUDIラボに運び込まれる。ミコトは遺体を解剖し、何らかの薬毒物摂取による急性腎不全の可能性が高いとにらむ。調査を進める中、ミコトは高野島の恋人で遺体の第一発見者である路子(山口紗弥加)と出会う。

第2話 2018年1月19日「死にたがりの手紙」ラテ欄「一家無理心中…自殺に見せかけた事件の真相!?」
 ミコト(石原さとみ)や六郎(窪田正孝)たちは、練炭による心中事件が起きた家へ。死亡した4人は自殺志願者交流サイトで集まったらしく、全員赤の他人だった。被害者のうち、一番若い女性だけは身元が分からず、死因も他の3人とは違って凍死と判明。また、彼女の胃の中から「ユキオトコノイ」「タスケテ 花」と書かれたメモが見つかる。捜索願が出されていた高校生・花の両親が駆け付けるが、遺体を見て人違いだと言う。

第3話 2018年1月26日「予定外の証人」ラテ欄「無実の男を救えるか!?勝率0.01%の逆転裁判」
 ミコト(石原さとみ)は所長・神倉(松重豊)の依頼で、有名主婦ブロガー殺人事件の検察側の代理証人として出廷。同事件では夫・要一(温水洋一)が容疑者として逮捕されていた。裁判の担当検事・烏田(吹越満)は、流れはほぼ決まっているので要望通りに証言すればいいとミコトに告げる。だが、遺体の刺し傷の再現画像を見たミコトは、凶器は別にあると証言し、烏田と対立。今度は弁護側の証人として裁判に参加することになる。

第4話 2018年2月2日「誰がために働く」ラテ欄「謎の交通事故死!?ブラック企業に殺された夫!」
 ミコト(石原さとみ)の母で弁護士・夏代(薬師丸ひろ子)が、UDIで司法解剖を行う予定の男性・佐野(坪倉由幸)の件で相談に来る。バイク事故死した佐野が働く工場の工場長、乗っていたバイクを修理した店員、事故前に佐野の健康診断を担当した医師の3者それぞれが、自分に責任はないと主張しているという。解剖後、事態がさらに複雑化する中、ミコトは同僚の法医解剖医・中堂(井浦新)の過去に関して、不穏な噂を聞く。

第5話 2018年2月9日「死の報復」ラテ欄「盗まれたご遺体!?亡き妻は自殺か?他殺か…?」
 ミコト(石原さとみ)は、中堂(井浦新)にまつわる過去の事件と、彼がUDIラボにいる理由を知る。そんな中、青森在住の男性・鈴木(泉澤祐希)が溺死した妻・果歩の解剖を依頼。警察は自殺としていたが、鈴木はそれを強く否定していた。ミコトらは解剖を始めるが、直後、鈴木が果歩の両親に内緒で遺体を盗み出したと判明。しかも2人は夫婦ではなく、駆け落ちした恋人同士だった。解剖は中止となり、遺体は両親に返される。

第6話 2018年2月16日「友達じゃない」ラテ欄「謎のセレブパーティ連続殺人…同僚が容疑者!?」
 東海林(市川実日子)は同じスポーツジムの会員同士の飲み会に参加。翌朝、東海林が目を覚ますとホテルのベッドにいて、隣でジム会員の権田原(岩永洋昭)が死んでいた。駆け付けたミコト(石原さとみ)によると、権田原は窒息死。東海林は睡眠薬を飲まされた可能性が高いが、体から薬が検出されない。さらに、飲み会に来る予定だった細川(三宅克幸)も窒息死したと判明。警察が東海林を疑う中、ミコトらは2人の死因を探る。

第7話 2018年2月23日
 ミコト(石原さとみ)は予備校で働く義弟・秋彦(小笠原海)の頼みで、法医学に興味があるという高校生・白井(望月歩)に会いに行くがすっぽかされる。連絡先を伝えてもらった翌日、白井からライブ配信のURLが届く。映像には「殺人者S」を名乗る白井と遺体が映っていた。白井は級友を殺したと言い、ミコトに死因を質問。制限時間内に正解できなければもう1人殺すと宣言する。ミコトは、映像から遺体の死因を検証する。

各話視聴率


番組公式サイト
アンナチュラル - Wikipedia

『アンナチュラル TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女子的生活 TOP

『女子的生活』は、NHK総合「ドラマ10」枠(毎週金曜 22:00〜22:50)にて、NHK大阪放送局の制作により、2018年1月5日から同年1月26日まで放送された。全4回。主演は志尊淳で、本作がNHKドラマ初主演となる。

舞台は東京から神戸、小川は本名の「幹生」ではなく愛称の「みき」表記、後藤に下の名がある、女性との接触は、男としての異性愛寄りであったものが、体は男である中の心を優先したレズビアンという解釈であるなど、原作小説と異なる点が存在する。


原作概要
『女子的生活』(じょしてきせいかつ)は、坂木司によるライト文芸連作短編小説。文芸誌『yom yom』の読み切り競作企画「ふたりぐらし」の第3回として2013年春号に掲載された短編小説「女子的生活」が好評を博し、2014年冬号から2015年秋号、2016年春号に全6回にわたり連載化、2016年8月に新潮社より刊行された。自称トランスジェンダーの「みき」こと小川幹生と後藤との共同生活を描く。


ドラマ概要
坂木司の同名小説を原作に、トランスジェンダーのヒロインを描く痛快ガールズストーリー。同局ドラマ初主演となる志尊淳が、ファストファッション会社「Passeggio(パッセジオ)」で働く“美人OL”の小川みきを熱演する。

ファッションの街・神戸を舞台に繰り広げられる、破天荒で毒気たっぷりだが憎めない性格のみきと、一癖も二癖もある登場人物たちの“バトル”とは!?


ストーリー 
“かわいい女子的な生活”に憧れて、田舎から都会に出てきた小川みき(志尊淳)。ファストファッション会社「Passeggio(パッセジオ)」でOLとして働き始めたみきには、トランスジェンダーであるという大きな秘密があった。

性別は男性で、見た目はスラリとした美人。しかし、男に興味はなく、好きになるのは女性という、ややこしい心情を抱えているみき。

ある日、かつて同級生だった後藤忠臣(町田啓太)と再会。変わってしまったみきの姿に戸惑いを隠せない後藤をよそに、みきは圧倒的な自己肯定力で突き進んでいく。


キャスト
小川みき(幹生) - 志尊淳
ファストファッション会社「Passeggio(パッセジオ)」のOL。見た目は美人だが性別は男性で、好きになるのは女性というトランスジェンダー。SNSで「女子的生活」を更新するのが日課。

後藤忠臣 - 町田啓太 
みきの元同級生。IT系企業勤務。これ以上ないくらい平均的な男。

かおり - 玉井詩織
みきの同僚。同期入社のゆるふわかわいい系女子。計算高いが正直な性格。

板倉 - 羽場裕一
みきやかおりの上司。イタリア風のファッションでダンディにキメている。

仲村 - 玄理

ゆい - 小芝風花

夙川アトム

鈴木慶一

楠見薫

小松健悦

ゲスト
第2話
ミニーさん - 中島広稀
ともちゃん - 西原さつき

第3話
柳原美穂 - 前田亜季
美穂の母 - 山村紅葉
小川敏生 - 鈴木裕樹
小川富生 - 本田博太郎

第4話
マナミ - 土村芳
ケンイチ - 山口翔悟

スタッフ
原作 - 坂木司『女子的生活』
脚本 - 坂口理子
音楽 - 鈴木慶一
トランスジェンダー指導 - 西原さつき
制作統括 - 三鬼一希
プロデューサー - 木村明広
演出 - 新田真三、中野亮平


各話あらすじ(2018年1月5日 - 1月26日)全4話 平均視聴率 3.55%
第1話 2018年1月5日 視聴率 3.7%
 見た目は美しい女性だが、実は男性で、女性が恋愛対象というトランスジェンダーのみき(志尊淳)はファストファッション会社で働くOL。同僚のかおり(玉井詩織)や仲村(玄理)と共に、忙しいながらも充実した「女子的生活」を満喫していた。ある日、同級生だった後藤(町田啓太)が訪ねて来る。みきの姿を見て驚く後藤だったが「お金がなく頼る人間がいないので助けて欲しい」と言い、みきは「合コン」セッティングを条件に、渋々承諾することに。合コン当日、みきの前に、ゆい(小芝風花)という自然派気取りの女が現れる。みきとゆいは、「女」同士のバトルを繰り広げることになるのだが・・・。

第2話 2018年1月12日 視聴率 3.2%
 みき(志尊淳)と後藤(町田啓太)は、奇妙な同居生活を続けていた。ある日、後藤は、みきに会わせたい人がいると言い出す。その人物は、「ミニーさん」(中島広稀)と呼ばれていた同級生だった。後藤は「リストラされ、うつ病になったらしいミニーさんを助けたい」と言う。後藤の思いに負けたみきは、渋々、了承する。ミニーさんに会ったみきは、彼に気遣いを見せる。しかし、ミニーさんは反応せず、揚げ句の果てには、みきを批判し始める。後藤は、敵対心でいっぱいのミニーさんとみきの仲を取り持とうとするが、みきは「彼は病気なのではなく、ただ自分たちを見下げたいだけだ」と見抜き、反撃に出る。

第3話 2018年1月19日 視聴率 3.4%
 みき(志尊淳)は仕事のトラブル処理のため、地元の兵庫・香住へ。みきが家族に‘カミングアウト’していないとかおり(玉井詩織)から聞かされた後藤(町田啓太)は、みきを気に掛ける。仕事を終えたみきは、自己嫌悪を吹っ切るように神戸へ戻ろうとする。そんな時、後藤が香住に現れる。心配してくれた後藤の気持ちがうれしいみきだったが、そこで父・富生(本田博太郎)と会ってしまう。みきは、初めて女性の姿で家族と向き合う。

最終話 2018年1月26日 視聴率 3.9%
 後藤(町田啓太)が家を出ていき、みき(志尊淳)は久しぶりに女子的生活を満喫するが、どこか寂しげだ。仕事の関係で「セレブ合コン」に駆り出されることになったみきとかおり(玉井詩織)。みきは、そこで出会ったマナミ(土村芳)の女性としての天真らんまんさに気おされる。みきのことを気に入ったマナミは、家に押し掛けてくる。そんな時、後藤がみきの家に戻ってくる。さらにマナミの婚約者・ケンイチ(山口翔悟)も現れ…。。


番組公式サイト
女子的生活 - Wikipedia
タグ:女子的生活

『女子的生活 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特命刑事 カクホの女 TOP

『特命刑事 カクホの女』は、2018年1月19日から、毎週金曜日20:00 - 20:54に、テレビ東京系の『金曜8時のドラマ』で放送中。主演は名取裕子。


概要
2014年放送の「マルホの女〜保険犯罪調査員〜」(同系)でタッグを組んだ名取裕子と麻生祐未のコンビが、舞台を警察に移し、コメディーとハードな要素を交えた、サスペンスエンターテインメントに帰ってくる。

名取演じる、警視庁の人事畑にいたエリート警察官・北条百合子と、麻生演じる、神奈川県警のたたき上げの刑事・三浦亜矢。価値観も得意分野も真逆の凸凹コンビが、真犯人をカクホ(確保)していくさまを、前作同様の2人のぶつかり合いに加え、お互いの大きな秘密を暴いていくというスリリングな縦軸をからめて描く。前作に引き続き、脚本を秦建日子、監督を鈴木浩介が務める。


ストーリー 
たたき上げの刑事・三浦亜矢(麻生祐未)の“うそを見破る勘”のおかげで、立てこもり事件を無事解決した神奈川県警刑事部。その打ち上げをしている最中に、新任の警部として、北条百合子(名取裕子)がやって来る。警視庁の内勤から、県警の現場刑事として異動してきたという異例の事態に、いぶかしむ亜矢たち。

そこへ、同僚刑事の飯田から衝撃の電話がかかってくる。飯田の妻が、寮の一室で殺されていたというのだ。 第一発見者の飯田は、妻殺しの容疑を掛けられ拘留されてしまう。警察寮内で起きた前代未聞の殺人事件の真相、そして、通常ではありえない異動をしてきた百合子に課せられた“特命”とは?


キャスト
名取裕子
北条百合子 役
人事畑の長かったエリート警察官で、階級は警部。警視庁入庁以来数十年、人事を中心とする事務方の業務を担当していたが、定年を目前にして、神奈川県警刑事部捜査一課強行犯係への配属を命じられた。内勤のエキスパートで事務処理能力は非常に高く、警察内部の情報に精通している。東京都出身。

麻生祐未
三浦亜矢 役
神奈川県警刑事部捜査一課強行犯係の班長。ノンキャリアのたたき上げ刑事で、男性だらけの警察社会の中でも負けない鼻っ柱の強さを持つ。あまり笑うことのない、クールビューティー。過去の多くの経験から、相手がうそをついているかを見分ける特別な“勘”を備えている。川崎市川崎区出身。

スタッフ
脚本:秦建日子
監督:鈴木浩介
プロデューサー:山鹿達也、濱谷晃一、小松幸敏、石塚清和

主題歌:運命の人/林部智史


各話あらすじ 平均視聴率 6.90%
第1話 2018年1月19日「凸凹コンビ結成」 視聴率 7.7%
 神奈川県警のたたき上げの刑事・亜矢(麻生祐未)は‘うそを見破る勘’のおかげで、立てこもり事件を解決。その打ち上げ中、刑事部の新任として百合子(名取裕子)がやって来る。百合子は警視庁の前人事一課長。亜矢たちはこのあり得ない異動をいぶかしむ。そこに、同僚刑事・飯田(佐藤アツヒロ)から電話が入る。なんと彼の妻・結衣(大村彩子)が寮の一室で殺されていたという。そして飯田には、空白の1時間があった。

第2話 2018年1月26日「奇妙な誘拐」 視聴率 7.0%
 百合子(名取裕子)と亜矢(麻生祐未)は正式にコンビを組む。その直後、高校生・優(伊藤雛乃)が誘拐される事件が発生。犯人は優の姉・伊代(南沢奈央)に身代金1億円を要求する。しかし、亜矢は伊代が隠し事をしていると気付く。身代金の受け渡し場所で張り込み中、百合子は亜矢に睡眠薬を飲む訳を尋ねる。亜矢は最近、3年前の事件の悪夢にうなされていた。事件を思い出し動揺した亜矢のせいで、張り込みは失敗する。

第3話 2018年2月2日「美女の変死」 視聴率 6.0%
 百合子(名取裕子)は麻里(朝加真由美)という女性と出会う。麻里は娘・貴音(橘美緒)と連絡が取れなくなり、秋田から駆け付けたという。そんな中、アパートの一室で刺し傷のある遺体が見つかり、所持品から住人・絵美(清水葉月)だと判明。絵美はデパートの総菜店勤務だが、SNS上では人気のセレブ「パトラ」を名乗り、優雅な生活の写真を載せていた。百合子は、絵美のメーク道具がなくなっていることが気に掛かる。

第4話 2018年2月9日「37秒の音声トリック」
 百合子(名取裕子)は如月(高橋克典)から、婚約者の晋作(鶴見辰吾)が死に追いやられた事件に亜矢(麻生祐未)が関わった可能性があると言われる。そんな中、資産家・阿佐美(いとう裕子)が自宅で殺害され、百合子と亜矢は捜査を開始。容疑者の個人タクシー運転手・諸星(若林久弥)は飼い犬を残し姿を消した。諸星の10歳の息子・翔太(横山歩)は事件当日、父親のタクシーに同乗しており、現場から男が飛び出したと証言する。

第5話 2018年2月16日「不幸のブーケ」
 百合子(名取裕子)と亜矢(麻生祐未)に、女性が公園で刺され重体と通報が入り捜査を始める。被害者は結婚式帰りの飯沼まどか(芦名星)。犯人は“レアもの”のパーカー姿で、すぐに特定されるかと思われたが…意識が戻ったまどかは「一番信じていた人に裏切られた」と書置きを残し、再び意識を失い昏睡状態に。まどかは交際中の北原祐介(平岡祐太)と結婚すると友人に話していたが、実は、北原は別の女性と婚約をしていた…。

※2018年2月23日は「卓球チームワールドカップ2018 女子卓球ニッポン第2戦!」(18:59 〜 20:54)放送のため、休止。

第6話 2018年3月2日
 郵便ポストに仕掛けられた爆弾でミュージシャンの望月陽一(深月信之介)が死亡し、百合子(名取裕子)と亜矢(麻生祐未)が捜査を始める。望月はアイドルの蓮見野々花と“ゲスな不倫”をしていたが、既婚者と知った野々花はショックで自殺していた。封筒には死んだはずの野々花の名前が。爆弾は死者からの贈り物なのか…2人は殺害予告をした野々花のファンを捜査する中、同じ手口の爆弾事件が発生し第二、第三の犠牲者が…。


番組公式サイト
特命刑事 カクホの女 - Wikipedia

『特命刑事 カクホの女 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

モブサイコ100 TOP

『モブサイコ100』は、Netflixとテレビ東京がタッグを組み、テレビ東京のドラマ枠「木ドラ25」(毎週金曜1:00 - 1:30)の第4弾として、2018年1月19日未明(18日深夜)から放送中。


原作概要
『モブサイコ100』(モブサイコヒャク)は、ONEによる日本の漫画。2012年4月18日から裏サンデーで連載されている。2014年12月より小学館のコミックアプリ、MangaONE(マンガワン)でも連載されることとなった。

2016年7月13日時点でコミックスの累計発行部数は120万部を突破している。

2016年7月から9月までテレビアニメが放送された。

2017年1月23日、第62回「小学館漫画賞」(少年向け部門)受賞。


ドラマ概要
小学館のマンガアプリ「マンガワン」で連載中の同名コミックを原作に、おかっぱ頭の内気な性格だが、生まれつき強大な超能力が備わっている主人公・影山茂夫(通称・モブ)の、壮大な超能力バトルと成長を描く青春ドラマ。

モブを演じるのは、映画やドラマ、バラエティーで活躍中の濱田龍臣。モブをこき使う、自称・霊能力者の霊幻新隆役に波岡一喜、モブが恋心を抱く高嶺ツボミ役に乃木坂46の与田祐希が扮する。激しいアクションシーンに定評のある坂本浩一が監督を務め、ギャグ満載のコメディーとシリアスなシーンが絶妙に絡み合い、VFXを駆使した壮大な超能力バトルシーンが展開される。


ストーリー 
おかっぱ頭の内気で目立たない中学2年生、影山茂夫(濱田龍臣)、通称・モブ。勉強もスポーツも人付き合いも苦手で、恋心を抱く幼なじみの高嶺ツボミ(与田祐希)にも相手にされない。そんなモブには、生まれつき強大な超能力が備わっていた。その能力に目をつけた自称・霊能力者の霊幻新隆(波岡一喜)は、時給300円でモブを雇い、都合よく悪霊の除霊をさせている。

超能力に頼らず普通の生活を送りたいと考えるモブは、平凡な自分を変えようと必死に努力するが、怪しい超能力者たちが起こすさまざまな事件に巻き込まれていく。そして、モブの感情の高ぶりが“100%”に達した時、とてつもない強大な力を発揮する。


キャスト
影山茂夫(モブ):濱田龍臣
超能力を持つおかっぱ頭の中学2年生。通称・モブ。内気で目立たず、勉強もスポーツも人付き合いも苦手。幼なじみのツボミに恋心を抱くが相手にされていない。超能力に頼らず普通に生活したいと考えているが、感情の高ぶりが“100%”になると強大な力を発揮する。

霊幻新隆:波岡一喜
「霊とか相談所」を営む自称・霊能力者。霊能力はなく、詐欺まがいの商売をしている。モブを時給300円で雇い、悪霊の除霊を任せるなどこき使っているが、励ましや的確なアドバイスもするため、モブからは“師匠”と呼ばれ慕われている。

高嶺ツボミ:与田祐希(乃木坂46)
モブの幼なじみで、クラスメート。天然ボケのキャラクターで、学校ではアイドル的な存在。モブから恋心を抱かれているが相手にせず、モブの弟で優等生の律を格好いいと思っている。

影山律:望月歩

花沢輝気:荒井敦史

暗田トメ:山谷花純

おやじ:モロ師岡

密裏賢治:久保田悠来

白鳥大地:塩野瑛久

白鳥海斗:福山康平

黒崎麗:坂ノ上茜

スタッフ
脚本:吉田玲子、国井桂
監督:坂本浩一
プロデューサー:小林史憲、中野剛
チーフプロデューサー:大和健太郎
共同プロデューサー:成田岳
Netflixコンテンツプロデューサー:小林史憲、滝山直史
制作:テレビ東京、東映ビデオ
製作著作:ドラマ「モブサイコ100」製作委員会


各話あらすじ
第1話 2018年1月18日
生まれつき強大な超能力をもつ中学生、影山茂夫(濱田龍臣)・通称モブ。しかし、内気で目立たず、勉強もスポーツも苦手で、恋心を抱く幼馴染のツボミちゃん(与田祐希)にも相手にされない。そして自称・霊能力者の霊幻新隆(波岡一喜)に都合よく利用され、時給300円で悪霊の除霊をさせられている。さえない生活に悩むモブは、モテたい一心で肉体改造部への入部を決意。その頃、街では超能力者を狙う不気味な集団が動き出していた――

第2話 2018年1月25日
 生まれつき強大な超能力をもつが、内気で目立たない中学生、影山茂夫(濱田龍臣)・通称モブ。モテたい一心で肉体改造部へ入部し筋トレに励んでいたが、憧れのツボミちゃん(与田祐希)に「空気読んでよ!」と言われ落ち込んでしまう。悩むモブの前に仮面を被った怪しい男が現れた。「モテますよ」と連れて行かれたのは宗教団体『(笑)』の集会。登場したのは、どんな人間でも笑顔にしてしまうという教祖・エクボ(島津健太郎)だった!

第3話 2018年2月1日
 生まれつき強大な超能力をもつ中学生、影山茂夫(濱田龍臣)・通称モブ。モブを勧誘した宗教団体『(笑)』は教祖エクボが信者たちを洗脳する怪しい教団だった。弟の律(望月歩)や暗田トメ(山谷花純)は謎のマスクを被らされ強制的に笑顔にさせられてしまう。エクボが悪霊だと気付いたモブは感情が高ぶり、100%に達して爆発!壮絶なバトルが始まった。その頃、塩中の番長・鬼瓦(白戸達也)が黒酢中の裏番長にぶっ飛ばされていた…

第4話 2018年2月8日
 影山茂夫(濱田龍臣)・通称モブの下駄箱から、差出人不明のラブレターが見つかる。憧れのツボミ(与田祐希)からかもしれないと期待したモブは、待ち合わせ場所に向かう。その裏では、黒酢中の裏番長・花沢輝気(荒井敦史)に敗北した塩中の番長・鬼瓦天牙(白戸達也)が、肉体改造部を利用して花沢を倒そうと画策していた。一方モブの師匠、霊幻新隆(波岡一喜)はなぜ脱サラして「霊とか相談所」を開いたのか?その理由が明かされる。

第5話 2018年2月15日
 塩中の番長・鬼瓦天牙(白戸達也)の企みによって、黒酢中との抗争に巻き込まれた影山茂夫(濱田龍臣)・通称モブ。人質にされたモブを助けようと塩中の肉体改造部が駆けつけ不良たちを倒していく。そこへ現れた黒酢中の裏番長・花沢輝気(荒井敦史)は、体に触れることなく肉体改造部を投げ飛ばした。さらにモブを攻撃するが、モブは超能力を使おうとしない。一方、モブを探し回る律(望月歩)は途中でツボミ(与田祐希)と遭遇する。

第6話 2018年2月22日
 生まれつき超能力をもつ少年モブ(濱田龍臣)は、超能力者・花沢輝気(荒井敦史)から一方的に攻撃を受けていた。だが、モブを守ろうとした悪霊・エクボが消滅させられたことで感情が高まり100%に達し、ついに強大な力が爆発する。その力を感知した超能力の研究施設『覚醒ラボ』では、創設者・密裏賢治(久保田悠来)が密かに調査を開始。一方、ツボミ(与田祐希)たち生徒の間では、白いTシャツを着た謎の男の噂が広まっていた。


番組公式サイト
モブサイコ100 - Wikipedia

『モブサイコ100 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リピート〜運命を変える10か月〜 TOP

『リピート〜運命を変える10か月〜』は、2018年1月11日から、毎週木曜日23時59分 - 翌0時54に、日本テレビ系で放送中。


概要
作家・乾くるみの同名小説を連続ドラマ化。貫地谷しほり、本郷奏多、ゴリのトリプル主演で、10か月前の過去に戻り人生をやり直そうとする人間たちの愛憎劇やタイムスリップの謎をミステリータッチで描く。

図書館司書で一流商社マンからのプロポーズを期待していたタイミングで、未来から過去に戻る時間旅行“リピート”の誘いを受ける篠崎鮎美を貫地谷しほり、鮎美と次第に惹かれ合っていく青年・毛利圭介を本郷奏多、リピートに秘められた謎を追う中心的な人物となる天童太郎にガレッジセールのゴリが扮する。

脚本は「オトナ女子」(フジテレビ系)、「IQ246〜華麗なる事件簿〜」(TBS系)を手掛けた泉澤陽子が担当する。


ストーリー 
図書館司書として働く篠崎鮎美(貫地谷しほり)のもとに、ある日突然、謎の男から「今から1時間後の6時45分に地震が起きます」という電話がかかってくる。鮎美はいたずら電話だと思っていたが、1時間後に実際に地震が発生。すると先ほどの男から再び電話がかかってくる。

風間と名乗るその男は、未来から過去へ戻って人生をやり直しており、その時間旅行“リピート”に、鮎美をゲストに招きたいと誘ってくる。その誘いに参加したのは鮎美、毛利圭介(本郷奏多)、天童太郎(ゴリ)ら計8人。それぞれが“過去の後悔”を理由にリピートをするが、そこでは予想を超えた出来事が待ち受けていた。


キャスト
貫地谷しほり
篠崎鮎美 役
子どもの頃から人付き合いが苦手で、本の世界に安らぎを求め、図書館司書となる。本音が言えない性格だが、内心では毒を吐いたり相手への仕返しを妄想する一面もある。リピートの中で、年下の圭介に徐々に惹かれていく。

本郷奏多
毛利圭介 役
カメラマンを目指しアシスタントの仕事に励んでいたが、あるトラブルがきっかけでその夢を諦め、キャバクラで働くフリーターとなる。一見遊び人風に見えるが根は真面目。リピートの中で鮎美に心を動かされ、生き方が変わっていく。

ゴリ
天童太郎 役
カフェのオーナー。フランクな性格で誰に対しても臆することなく意見を述べる性格。離婚を経験しており、一人息子がいる。息子に関することで一つだけ大きな後悔があるため、リピートへの参加を決意。リピートに参加したメンバーを引っ張る中心的な存在。

六角精児
風間 役
8人の男女をリピートにいざなう謎の男。感情を表に出さず、何らかの意図を持って鮎美たちを導く。しかし、何を考えているのかは不明で、その目的がリピートの謎に大きく関わる。



スタッフ
原作:乾くるみ「リピート」(文春文庫)
脚本:泉澤陽子
監督:蔵方政俊、湯浅弘章、片桐健滋
プロデューサー:岡本浩一、沼田賢治、中間利彦、村本陽介、古賀俊輔、長坂淳子


各話あらすじ 平均視聴率 3.38%
第1話 2018年1月11日「運命を変える10か月!衝撃のどんでん返し」 視聴率 3.8%
 鮎美(貫地谷しほり)は勤務先の図書館で知り合った商社マンの一樹(松田悟志)と交際して1年半。間もなく海外出張から帰国する一樹からのプロポーズを期待している。そんな中、鮎美は携帯電話に連絡してきた風間(六角精児)と名乗る男から、「リピート」と呼ぶ人生のやり直しに招待される。半信半疑の鮎美だが、風間は地震を事前に言い当てていた。鮎美は説明会の会場に行き、そこで風間から招待された他の7人と出会う。

第2話 2018年1月18日「束縛する女飼い犬人生からの脱却運命を変える」 視聴率 2.9%
 「リピート」で10カ月前から人生をやり直した鮎美(貫地谷しほり)は、一樹(松田悟志)から無事にプロポーズされる。しかし風間(六角精児)によると、一緒に参加した高橋(福田転球)はリピート直後に死亡したという。一方、圭介(本郷奏多)は由子(島崎遥香)との関係を断ち切ろうと行動を始めるが、勤務先のキャバクラにリピート前にはいなかった新人が入店してくるなど、何かがおかしい。数日後、鮎美は一樹の両親に紹介される。

第3話 2018年1月25日「運命のバス事故から命救えるか?狂気の合鍵女」 視聴率 3.2%
 リピート仲間が相次いで死亡した。ショックを受ける鮎美(貫地谷しほり)は、一方で婚約者・一樹(松田悟志)のことで思い悩む。一樹が女性とキスをしているのを目撃してしまったのだ。そんな中、鮎美と圭介(本郷奏多)は、天童(ゴリ)が実は交通事故で亡くした息子の淳史(南出凌嘉)を生き返らせるためにリピートに参加したことを知る。しかし、風間(六角精児)からは、リピート中に人の生死に関わることは固く禁じられていた。

第4話 2018年2月1日「次々標的に我々は狙われている!連続死のナゾ」 視聴率 3.6%
 鮎美(貫地谷しほり)はリピートしても人生を変えることはできなかったが、由子(島崎遥香)と別れたかった圭介(本郷奏多)はリピートの目的を果たすことができたようだ。ところが、圭介に執着して部屋に隠しカメラを設置した由子は、天童(ゴリ)と共に圭介の部屋を訪ねた鮎美に嫉妬の炎を燃やし、利用者に成り済まして鮎美が働く図書館に現れる。同じ頃、リピート仲間の郷原(清水圭)が、圭介が働くキャバクラに来店する。

第5話 2018年2月8日「秘密の部屋暴かれる正体…急接近する甘いワナ」
 鮎美(貫地谷しほり)が何者かに押されて階段から転落する。病院で目を覚ますと心配顔の圭介(本郷奏多)がいた。一方、天童(ゴリ)は坪井(猪野広樹)が郷原(清水圭)の死に関わっているのではと疑い、監視を続ける。やがて坪井がリピート前から郷原と連絡を取り合っていたと分かる。仕事に復帰した鮎美の前に再び由子(島崎遥香)が現れた。ある夜、由子は鮎美の家にまで押し掛けてくる。

第6話 2018年2月15日「走り出す運命の愛…衝撃の初夜引き裂く悪女」
 鮎美(貫地谷しほり)の言葉に励まされ、圭介(本郷奏多)は再びカメラを手にする。モデルを頼まれた鮎美はそんな圭介の変化がうれしい。一方、天童(ゴリ)の店に由子(島崎遥香)が客として現れた。天童はリピートの話題を持ち出した由子に慌てる。由子は知恵(安達祐実)にも電話をしてリピートについて嗅ぎ回っているらしい。リピートの秘密を握った由子は、公表されたくなければ今まで通り自分と交際するよう圭介に迫る。

第7話 2018年2月22日
 由子(島崎遥香)の身に起きた出来事に責任を感じた鮎美(貫地谷しほり)は罪を告白するつもりだったが、天童(ゴリ)に引き留められる。警察の捜査でリピートの秘密が暴かれるかもしれないからだ。天童は、もう一度リピートして、この状況をなかったことにしようと言い出す。圭介(本郷奏多)はその案に同意するが、鮎美は決断できない。2週間後、由子の行方を捜す興信所の調査員・谷本(清水伸)が、鮎美の働く図書館に現れる。


番組公式サイト

『リピート〜運命を変える10か月〜 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

隣の家族は青く見える TOP

『隣の家族は青く見える』(となりのかぞくはあおくみえる)は2018年1月18日からフジテレビ系列の『木曜劇場』枠(毎週木曜 22:00〜22:54)で放送中。主演は深田恭子。


概要
中谷まゆみによるオリジナル脚本で、深田恭子と松山ケンイチが妊活に立ち向かう夫婦を演じるヒューマンドラマ。近年注目されている集合住宅“コーポラティブハウス”を舞台に、それぞれの悩みを抱えた家族たちの秘密が徐々に暴かれ、“隣の芝生は青く見える”中で、葛藤しながら成長していくさまを描く。

深田と松山が演じる“子どもが欲しい夫婦”のほか、平山浩行と高橋メアリージュン演じる“子どもが欲しくない女性とバツイチ男性”、北村匠海と眞島秀和演じる“男性同士のカップル”、真飛聖と野間口徹演じる“虚栄心の強い専業主婦と失業夫”など、さまざまなタイプのカップルが登場する。


ストーリー 
スキューバダイビングのインストラクターをしている五十嵐奈々(深田恭子)と、中堅玩具メーカーに勤める大器(松山ケンイチ)の夫婦は、念願の新居となる“コーポラティブハウス”を購入したことを機に、大器の母・聡子(高畑淳子)も心待ちにしていた子作りをスタートする。だが、そう簡単には子どもを授かることはできず、妊活の大変さを痛感する。

さまざまな家族が自分たちの意見を出し合いながら作り上げるコーポラティブハウスでは、住人同士が密接な関係を築くことに。奈々と大器はここで、個性的な隣人たちが起こす騒動に巻き込まれていく。


キャスト
深田恭子
五十嵐奈々 役
スキューバダイビングのインストラクターとして働く活発な女性。小さなアパートで、住宅購入のための資金を貯めながら、夫の大器と2人きりの生活を楽しんでいたが、“コーポラティブハウス”購入をきっかけに、妊活をスタートする。

松山ケンイチ
五十嵐大器 役
心優しいが、ちょっと頼りない奈々の夫。中堅玩具メーカー社員。母親の聡子から、孫の誕生を期待されている。奈々と共に妊活に向き合う。

平山浩行
川村亮司 役
ちょっとチャラいところもあるが仕事のできるスタイリスト。バツイチで、現在はちひろと婚約中。コーポラティブハウスを2人の住居として購入し、結婚式を間近に控えたある日、元妻の実家から連絡が入る。

高橋メアリージュン
杉崎ちひろ 役
ネイリスト。婚約中の亮司とは、子どもを持たない約束をしている。ドレス選びなど、結婚式の準備に追われる日々を過ごしている。

北村匠海
青木朔 役
20歳。渉がゲイであることを見抜き、ある日突然渉の部屋に転がり込む。

眞島秀和
広瀬渉 役
一級建築士。38歳。コーポラティブハウスを設計し、自分好みにデザインした部屋を購入して住んでいる。ゲイであることを隠しているが、飲み屋で出会った朔が部屋に転がり込んできたため、他の住人には“甥”とうそをついて同居を始める。

高畑淳子
五十嵐聡子 役
大器の母で、ちゃきちゃきした性格。夫の健作と一緒に焼き鳥店を営んでいる。息子夫婦に子どもが産まれてほしいと願っている。

スタッフ
脚本 - 中谷まゆみ
プロデューサー - 中野利幸(CP)
演出 - 品田俊介、高野舞
制作 - フジテレビ第一制作室

主題歌 - Mr.Children「here comes my love」


各話あらすじ
第1話 2018年1月18日「のぞきたくなる!!ひとつ屋根の下に住む家族達の秘密とは!?」 ※初回15分拡大(22:00 〜 23:09)
 スキューバダイビングのインストラクター・奈々(深田恭子)と夫のサラリーマン・大器(松山ケンイチ)は、複数の家族が設計段階から一緒につくる‘コーポラティブハウス’を購入。他に入居予定の家族は婚約中の亮司(平山浩行)とちひろ(高橋メアリージュン)ら3組。奈々と大器はこれを機に子づくりを始める。1年後、新居での生活が始まっても子どもが授からず、奈々は大器を説得して一緒に不妊治療専門クリニックを訪れる。

第2話 2018年1月25日「ひとつ屋根の下で、大波乱の顔合わせ!!」
 不妊治療を始めた奈々(深田恭子)と大器(松山ケンイチ)は、医師・片岡(伊藤かずえ)の指導の下、最も妊娠しやすい時を狙う「タイミング法」に挑む。そんな折、奈々は渉(眞島秀和)と同居する朔(北村匠海)と知り合う。一方、亮司(平山浩行)はちひろ(高橋メアリージュン)には内緒で、亡き元妻の実家で暮らす息子・亮太(和田庵)に会いに通っていた。そして、住人たちと交流を深めたい深雪(真飛聖)はバーベキューを提案する。

第3話 2018年2月1日「夫婦の絆!!妻の涙と夫のあふれる想い!!」
 渉(眞島秀和)との関係を秘密にするよう朔(北村匠海)に頼まれた奈々(深田恭子)は、朔との仲を大器(松山ケンイチ)に嫉妬され笑いをこらえる。亮司(平山浩行)は亮太(和田庵)を引き取ると打ち明けるが、ちひろ(高橋メアリージュン)はそれを受け入れられない。そんな中、排卵誘発剤を飲み始めた奈々は、大器の妹・琴音(伊藤沙莉)が初めて胎動を感じた瞬間に居合わせるが、複雑な気持ちに。その一方で、体調に変化を感じ始める。

第4話 2018年2月8日「母の愛、娘の願い壊れた絆の架け橋!!」
 人工授精への移行を片岡(伊藤かずえ)に勧められた奈々(深田恭子)は、家にやって来た聡子(高畑淳子)から大量の子宝グッズを渡され戸惑う。一方、奈々に人工授精の話を聞いた大器(松山ケンイチ)は抵抗感を持つ。上京した奈々の実母・春枝も自然妊娠でないとだめだと大反対し、奈々は不妊治療継続を諦めようかと大器にこぼす。そんな中、渉(眞島秀和)と朔(北村匠海)の関係を暴露する怪文書が、自宅と渉の会社でばらまかれる。

第5話 2018年2月15日「あふれる想い…!!私たちが出した答え」
 人工授精に向けて準備をする奈々(深田恭子)と大器(松山ケンイチ)。一方、深雪(真飛聖)は代行業者に依頼してまでセレブ妻ぶりをSNSでアピールし、失業中の真一郎(野間口徹)はダンスに熱中する娘・優香(安藤美優)の姿を見て感動する。そして亮司(平山浩行)は引っ越しを決めたちひろ(高橋メアリージュン)を引き留める勇気がない。そんな中、人工授精の日が決まり、奈々は大器が家で採取した精子をクリニックに持参する。

第6話 2018年2月22日
 奈々(深田恭子)はお宮参りを終えた琴音(伊藤沙莉)の娘を抱き、思わず涙ぐむ。人工授精に失敗し続けている奈々は精神的に追い込まれた状況。大器(松山ケンイチ)と聡子(高畑淳子)はそんな奈々を心配する。一方、亮太(和田庵)と暮らし始めたちひろ(高橋メアリージュン)だが、彼を甘やかすばかりの亮司(平山浩行)に戸惑う。そんな中、朔(北村匠海)は母・ふみ(田島令子)から結婚をせかされる渉(眞島秀和)を見てつらくなる。

各話視聴率


番組公式サイト
隣の家族は青く見える - Wikipedia

『隣の家族は青く見える TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BG〜身辺警護人〜 TOP

『BG〜身辺警護人〜』(ビージー〜しんぺんけいごにん〜)は、2018年1月18日から毎週木曜日21時から21時54分にテレビ朝日系の「木曜ドラマ」枠で放送中。主演は木村拓哉。


概要
民間ボディーガードという、一見地味だが常に危険と隣り合わせの職業を、あらゆる人物の思惑を絡めながらリアルに描く、濃密な人間ドラマ。主人公で民間警備会社に勤める島崎章を、これまでさまざまな役を演じながらもボディーガード役は初めてとなる木村拓哉が演じる。


ストーリー 
ボディーガードとは、クライアントの依頼を受けて武器を持たずに人を守る、究極のサービス業。正当防衛が成立しないと反撃することも許されず、身一つで危険と立ち向かう“命の盾”ともいえる存在だ。

過去のある出来事をきっかけにボディーガードの世界から身を引いていた島崎章(木村拓哉)は、民間警備会社に「身辺警護課」が新設されることを機に復帰を決意。過去のキャリアを隠し、新人ボディーガードとして着任する。

そして章は、さまざまな過去を抱えた一癖も二癖もある同僚たちと共に、個人の命だけでなく、財産、名誉、地位など全てを守るため、常に危険と隣り合わせの任務を遂行していく。


キャスト
木村拓哉
島崎章 役
かつては敏腕のボディーガードとして働いていたが、ある出来事をきっかけに、工事現場の警備員となる。しかし、民間警備会社の身辺警護課新設を機に復帰を決意。過去を隠して新人ボディーガードとして着任する。チームの仲間たちからは頼りない存在だと思われているが、ボディーガードとしてのスキルは卓越したものを持っている。私生活では、中学生の息子と二人暮らし。

江口洋介
落合義明 役
警視庁SP(セキュリティポリス)。所轄勤務を経て警備部警護課へ配属、秀でた警護能力、広範な知識、そして冷静な判断力を評価され、SPに任命された。特定の警護対象者にはつかず、緊急かつ重要な対象者の警護をする。射撃を得意とし、武器を持たない民間の警備会社が身辺警護に当たることをよく思っておらず、同じ現場になっても全く相手にしない。

斎藤工
高梨雅也 役
身辺警護課所属。元自衛隊員ということもあり、新人ボディーガードの中では卓越した能力を持っている。そのため、他のメンバーを見下しているところもある。性格は、良く言えば真っすぐで情熱的、悪く言えば思い込みが激しく融通が利かない。

菜々緒
菅沼まゆ 役
身辺警護課所属。メンバー唯一の女性ボディーガード。運動神経は抜群で、ボディーガードの仕事はお金のためと割り切っていて、危険手当の出る仕事には積極的に参加する。

間宮祥太朗
沢口正太郎 役
身辺警護課所属。昨今の厳しい就職活動戦線に失敗し、どこからも内定をもらえず、渋々就職した先が警備会社だった。良くも悪くも今どきの若者で、物事を深く考えずノリが軽い。

石田ゆり子
立原愛子 役
厚生労働大臣。知的な美貌で人気のキャスターだったが、8年前、衆議院選に立候補し、有権者から圧倒的支持を受けてトップ当選する。女性の立場を向上させる旗印として現職に抜てきされた。上昇志向が強く、そのためには手段を選ばない。

上川隆也
村田五郎 役
身辺警護課の課長。新設された身辺警護課に集まった個性豊かなメンバーをとりまとめる存在。柔らかな物腰で、常に冷静、課長としてメンバーの一人一人をよく見ている。

スタッフ
脚本 - 井上由美子
音楽 - 高見優
ゼネラルプロデューサー - 内山聖子、三輪祐見子
プロデューサー - 川島誠史、秋山貴人、田上リサ
監督 - 常廣丈太、七高剛
制作協力 - 5年D組
制作著作 - テレビ朝日


各話あらすじ
第1話 2018年1月18日「45歳の新人ボディーガード!!観客2万人の命を守れ」 ※初回15分拡大(21:00 - 22:09)
 民間警備会社所属の警備員・章(木村拓哉)は、社長の今関(永島敏行)から新設する「身辺警護課」への異動を打診される。敏腕ボディーガードだった章は、ある出来事をきっかけに第一線から退いた。しかし、今関の要請を受け復帰を決断。メンバーは課長の村田(上川隆也)以下、高梨(斎藤工)、まゆ(菜々緒)、沢口(間宮祥太朗)だ。一方、厚生労働大臣・愛子(石田ゆり子)に脅迫状が届き、警視庁警備部警護課・落合(江口洋介)らが動き出す。

第2話 2018年1月25日「裁判官夫婦の裏の顔 48時間の命…脱出確率0%の壁!!」 ※15分拡大(21:00 - 22:09)
 注目の裁判を控える裁判官・行永(田中哲司)の自宅玄関先の自転車が放火され、警視庁SP・落合(江口洋介)らが出動する。一方、章(木村拓哉)とまゆ(菜々緒)は、行永の依頼で、妻・亜佐美(大塚寧々)の警護に当たる。ところが、亜佐美は不動産会社の営業マン・三上(石黒英雄)と会った直後に様子が急変し、ある指摘をした章を解雇した。章から経緯を聞いた行永は、妻の素行を知るため、章たちを雇ったことを認めるが…。

第3話 2018年2月1日「現金1億円を守れ!! 地上50mからの救出」
 章(木村拓哉)は復帰した高梨(斎藤工)と、人気タレント・かのん(三吉彩花)が所属する芸能事務所社長・坂東(西村まさ彦)が運ぶ1億円の現金を警護する。坂東によると、突然引退したいと行方をくらませたかのんが、1億円くれたら戻ると言ってきたという。2人は坂東を車に乗せて出発するが、高梨は振り込みや小切手でないことを疑問視。旧札であることに注目する章は、実はこれが誘拐事件で1億円は身代金だと気付く。

第4話 2018年2月8日「女大臣が白昼の密会 禁断の3時間任務!!」
 厚生労働大臣の愛子(石田ゆり子)から警護依頼が入る。表向きは病院の人間ドックに入る日に、対立派閥のトップとホテルで密談するという。任務は病院を抜け出し、目的を果たして戻るまで。24時間体制の警視庁SPの目もかいくぐらねばならない。章(木村拓哉)、村田(上川隆也)らが愛子の移送を担当する中、待機する高梨(斎藤工)は彼女の目的自体に疑いを抱く。その頃、SPの落合(江口洋介)には愛子がいなくなったとの連絡が…。

第5話 2018年2月15日「今度は絶対に守る!! 6年越し…涙の再会」
 慈善団体の代表で元有名サッカー選手の純也(満島真之介)が、イタリア・ミラノのチャリティーに出品するボールなどを空港まで警護してほしいと依頼。担当に章(木村拓哉)を指名してくる。章は6年前、純也のボディーガードだったことをメンバーに明かし、任務完了後に全て話すと告げる。当日、章と高梨(斎藤工)が純也をホテルに訪ねる中、沢口(間宮祥太朗)が明後日の国内イベントに純也の名前を見つけ、不審を抱く。

第6話 2018年2月22日
 章(木村拓哉)たちに元首相・鮫島(橋爪功)から依頼が入る。首相経験者にはSPが付くが、政府がもう要人ではないと判断し、警護が終了したのだ。しかし、鮫島は章と村田(上川隆也)に、在任中の襲撃事件の犯人に再び命を狙われていると訴える。一方、まゆ(菜々緒)は、離婚して鮫島と同居する娘・喜和子(中村ゆり)と小学生の孫・彩矢(豊嶋花)の対応に当たる。ところが、彩矢が下校時刻を1時間以上過ぎても帰らず…。

各話視聴率


番組公式サイト
BG〜身辺警護人〜 - Wikipedia

『BG〜身辺警護人〜 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

科捜研の女 第17シリーズ TOP

2017年10月19日から、毎週木曜日20:00 - 20:54に、テレビ朝日系列の「木曜ミステリー」枠で放送中。

2017年10月15日に2時間スペシャルが放送。


概要
沢口靖子が京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコに扮し、最新の科学捜査で難事件に挑むミステリードラマ。

現行の連続ドラマシリーズの中では最長の歴史を誇る人気作品。前シーズンで話題となった、マリコがさまざまなコスプレにチャレンジする「衝撃的なマリコのワンカット」もパワーアップして、各話に1回必ず登場する。


キャスト
沢口靖子
榊マリコ 役
京都府警科学捜査研究所の法医研究員。裏打ちされた知識とプライドを持って捜査に挑むが、決して科学を過信することがない冷静さも持ち合わせている。バツイチの独身。共に捜査に臨む京都府警の土門とは互いに強い絆で結ばれている。

内藤剛志
土門薫 役
京都府警捜査一課の刑事。団体行動が苦手な一匹狼タイプ。上から指示が出る前にマリコと共に捜査を開始し、藤倉刑事部長から苦言を呈されることも少なくない。かつて部下を死なせたことで心に大きな傷を負ったが、今はそれを乗り越え、捜査に臨んでいる。

若村麻由美
風丘早月 役
洛北医科大医学部病理学科法医学教室の教授。1男1女の母。マリコとは同世代ということもあり、仕事はもちろんのこと、それ以外のことでも何かと相談に乗っている。明るくのんきで、マリコとは正反対の性格。

風間トオル
宇佐見裕也 役
科捜研の化学担当。以前は国立航空科学研究所の技官として、爆発物や化学兵器の防犯・研究をしていた。京都で暮らす独り身の母を思いやり、科捜研へとやって来た。気象や海洋など航空安全に関わる知識も豊富で、捜査において頼りがいのあるアドバイザーとなっている。

金田明夫
藤倉甚一 役
京都府警刑事部長。もともとは現場主義の鑑識員だった。頑固な性格で、決して人に媚びたり愛想を振りまいたりはしない。かつては捜査におけるマリコの介入に難色を示していたが、最近は一定の理解を示すようになった。

斉藤暁
日野和正 役
科捜研所長。文書鑑定担当。もともとは東京の警視庁科捜研におり、京都府警から要請を受けて異動してきた。妻子は東京在住で京都に単身赴任中。見かけはいい加減だが、正義感が強く、情にもろい。

スタッフ
脚本:櫻井武晴、戸田山雅司
監督:森本浩史、田崎竜太
プロデューサー:関拓也、藤崎絵三、塚田英明、中尾亜由子

主題歌:Venus/Anly

各シーズンあらすじ
科捜研の女9
科捜研の女10
科捜研の女11
科捜研の女12
科捜研の女13
科捜研の女14
科捜研の女15
科捜研の女16


各話あらすじ
科捜研の女2017スペシャル 2017年10月15日「決死の大追跡!猛毒を運ぶ逃亡犯VS最新鋭ドローン!!ドモンを襲う暴走列車…マリコ、涙の検視!衝撃ラスト」(21:00 〜 22:54)
 取引先の女社長を殴った傷害罪で逮捕送検されていたナスダ工業副社長・那須田(黄川田将也)が、父親の葬儀に出席するための勾留執行停止中に逃亡した。マリコ(沢口靖子)らは顔認証システムを使い、逃げた那須田の行方を追う。一方、土門(内藤剛志)らは那須田に殴られた被害女性から話を聞こうとするが、いまだ意識不明。その後、那須田が東京にいたころ土門の妹でカウンセラーの美貴(加藤貴子)のカウンセリングを受けていたことがわかり、京都にやってくるという美貴から話を聞くことにする。

第1話 2017年10月19日「衝撃スタート!緊縛マリコVS新人研究員の凍死実験!?」
 肉の熟成庫で男性の遺体が見つかる。マリコ(沢口靖子)の調べで、生きているうちに庫内につるされて凍死したと分かる。しかし、遺体には抵抗した痕がなく、毒物も検出されない。程なく、被害者の銀行員が口コミグルメサイトに多数投稿しているカリスマレビュアーの「舌三郎」と判明。一方、熟成庫の持ち主で飲食店社長の里美(櫻井淳子)は、自分が事件に無関係だと証明するため民間の鑑定人・江藤(中川大志)を雇う。

第2話 2017年10月26日「マリコVS刺繍名人!変色する刺繍糸の殺人トリック!?」
 マリコ(沢口靖子)はインテリアコーディネーターの浪子(月船さらら)が殺された現場でガラス玉の半球を見つける。凶器の置き時計は湊川(窪塚俊介)が社長を務めるホテルのリニューアルオープン記念で配布予定の品だった。マリコはホテルの壁に飾られた刺しゅう絵の竜の目に、現場で見つけたのと同じガラス玉が使われていると気付く。絵が刺しゅう作家の喜久恵(山口美也子)の作だと聞いたマリコは、彼女に会いに行く。

第3話 2017年11月2日「折り鶴が見た殺人/マリコの上空200キロ探査!殺人犯が飛ばした折鶴の謎」
 マリコ(沢口靖子)らは、企業の名誉顧問・節子(草村礼子)が絞殺体で見つかった現場に出動。解剖の結果、節子は病に侵され、余命わずかだったと分かる。そんな中、浜松に住む中学生のブログに節子の部屋に飾ってあったものに似た千代紙の折り鶴の写真がアップされる。風船に結ばれて飛んできたというその折り鶴を開くと「ごめんなさい。あなたの命を奪ったのは私です」と犯行声明のような言葉が記されていたという。

第4話 2017年11月9日「マリコの殺人コンサート!?火を放つ指揮棒と小麦の謎」
 作曲家・海東(長谷川初範)の妻・莉華子(佐藤乃莉)が自宅で変死。遺体はフィットネスバイクにまたがったままだった。マリコ(沢口靖子)は状況から一酸化炭素中毒を疑う。やがて、血液検査で莉華子の小麦アレルギーが分かる。マリコは、ケーキを食べた後のバイクによる運動が引き金となり莉華子が意識障害を起こしたと推測。その後、室内の炭のオブジェに火をつけられて殺されたとにらむ。マリコらは海東から話を聞く。

第5話 2017年11月16日「マリコVS美人科学者 抱きつくと死ぬ男達と内出血の謎」
 芸人の桑原(牧田哲也)がストーカーの葉子(吉村泉)に刺され死ぬ。現場は展望台で、桑原は恋人の麻由(黒川智花)とデート中だった。麻由の話から、葉子は麻由に襲い掛かってきたが、かばった桑原を刺してしまい、展望台から身を投げて自殺したと思われた。葉子の遺体を調べたマリコ(沢口靖子)は、返り血の少なさが気になる。監視カメラは故障して何も写っておらず、破断したケーブルからガの鱗粉(りんぷん)が検出される。

第6話 2017年11月23日「京都民泊おもてなし殺人!?マリコのお泊りグッズ鑑定」
 マリコ(沢口靖子)らは、外国人観光客のジェイソン(BT)の他殺体が見つかった民泊先に出動。検査入院から帰宅したばかりの家主・文恵(柴田理恵)は捜査に非協力的で、土門(内藤剛志)らを振り回す。娘の俊子(西尾まり)によると文恵は昔からコミュニケーションが苦手なのだという。鑑定で、現場で採取された微物が大麻と判明。さらに監視カメラの映像により、文恵が犯行時刻に一度、家に出入りしていたことが分かる。

第7話 2017年11月30日「マリコVS現場保存のできない美人警察官!?衝撃ラスト」
 佐藤啓太(北村友希)という男性の遺体が発見された。いち早く現場に駆けつけた京南署地域課の堀口裕子(西原亜希)は、現場保存をと的確な指示を与える。土門(内藤剛志)がそんな裕子に感心していると、マリコ(沢口靖子)に向かって裕子が「榊先生」と呼びかけた。裕子はマリコが講師を務めた「現場保存講習」を受講。その講義に感銘を受けたらしい。

※2017年12月7日は「フィギュアスケートグランプリファイナル2017 男子ショート」(19:00 〜 21:00)放送のため、休止。

第8話 2017年12月14日「私は誰!?記憶喪失の殺人犯VSマリコの最新脳指紋鑑定」
 京都・宇治の山中の川で変死体が見つかる。マリコ(沢口靖子)が遺体を見ると、頭には大きな傷、首にも絞められた痕跡があり、他殺の可能性が高い。身元は分からず、図形と「ヒラタ」という文字が記されたメモだけを持っていた。そんな中、同じ山の売店で万引きして捕まった男(夙川アトム)が「ヒラタ」と名乗っていることが分かった。しかし、土門(内藤剛志)の取り調べを受けたヒラタの話は二転三転して、要領を得ない。

※2017年12月21日、28日、2018年1月4日、11日は休止。

第9話 2018年1月18日「姿なき狙撃犯VS監禁されたマリコ!脱いだ晴れ着で銃弾鑑定!?」
 マリコ(沢口靖子)は本部長の佐伯(西田健)と茶会に出席。主催は‘政界の陰のフィクサー’と呼ばれる柳原(品川徹)が代表を務める財団で、携帯電話類の持ち込みはできない。会場で不審な赤い光に気付いたマリコは、屋上に潜んだ狙撃犯を発見。最上階の部屋にあったパソコンから土門(内藤剛志)に出動を要請したマリコだが、狙撃犯に見つかってしまい身動きが取れなくなる。そこへ、柳原の孫で小学生の悟(高橋來)が現れる。

第10話 2018年1月25日「マリコVSメイク達人 白玉粉が暴く変身美女のウラの顔」
 民家の床下から2人の遺体が見つかった。撲殺されたと思われる住人のゆず(冨樫真)は、白骨遺体を抱くように横たわっていた。マリコ(沢口靖子)らの鑑定で白骨遺体は20代前半の男性と判明。一緒に見つかった化粧ポーチの持ち主が、男性を殺した犯人である可能性が浮上する。ポーチの中の化粧品は25年前のものだった。そんな中、ゆずがえり子(芳本美代子)という女性の主宰するメーク教室に通っていたことが分かる。

第11話 2018年2月1日「週刊誌スキャンダル殺人!脅迫文の筆跡とバナナの謎」
 東京でドラマの撮影中だった人気俳優の草太(松田凌)の転落遺体が京都で見つかる。遺留品に週刊誌があり、その中の草太とアイドル・メグ(松下りおん)の熱愛を伝えるページにはマジックペンで「2度と京都にくるな きたら殺す」と記されていた。マリコ(沢口靖子)らは筆跡鑑定を進めるとともに、かばんから出てきたコーヒー豆などを鑑定。やがて、豆は環(酒井美紀)が営む喫茶店で焙煎(ばいせん)されたものだと判明する。

第12話 2018年2月8日「マリコVS疑惑の検査技師!?消えた心臓と空飛ぶ注射針」
 法医学者・弓原(奥田達士)が遺体で見つかり、元同僚の早月(若村麻由美)や有田(相島一之)は驚く。マリコ(沢口靖子)は司法解剖を主張するが、事件性がないため許可が下りない。早月は死因を突き止めるため、弓原の妻・郁絵(古村比呂)に解剖の許可を求める。臨床検査技師の郁絵は、臓器の検査は自分が行うことを条件に承諾。夫と3カ月前から別居していた郁絵だが、アパートの住人が弓原が死んだ日に彼女を目撃していた。

第13話 2018年2月15日「宇宙から来た凶器!?巨大なバラと回転する遺体の謎!!」
 マリコ(沢口靖子)は、殺された金融会社社長・稲葉(山本道俊)の遺体からバラの花弁を採取。一方、凶器から検出された砂は隕石(いんせき)の含有物と判明する。やがて、自転車の籠にバラの花束を入れた人物が稲葉の後を追う姿を記録した監視カメラの映像が見つかる。さらに、稲葉の強引な取り立てに悩んでいた亮子(遠藤久美子)が、2年前に亡くなった夫・滝沢(伊嵜充則)の仏壇にいつもバラの花を供えていると分かる。

第14話 2018年2月22日
 ブランド品買取店社長・和子(大林菜穂子)が殺され、元店長の根岸(津村知与支)が強盗殺人容疑で逮捕される。蒲原(石井一彰)は、和子は既に死んでおり、遺体の上に金が並べられていたという根岸の言葉が気になる。やがて、和子が連絡を取っていた堂上(ドヰタイジ)も1週間前に転落死したと判明。連続殺人を疑った蒲原は、マリコ(沢口靖子)に助けを求める。程なく、両現場で水色の布が残されていたことが分かる。

各話視聴率


番組公式サイト
科捜研の女 - Wikipedia

『科捜研の女 第17シリーズ TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漫画みたいにいかない。 TOP

『漫画みたいにいかない。」は、2018年1月10日から、日本テレビ系列で毎週水曜 24:59〜25:29に放送中。主演は角田晃広。


概要
登場人物と舞台・場面をほぼ固定し、売れない漫画家を中心とした日常を描く、新感覚シチュエーション・コメディー。「ゴッドタン」(テレビ東京系)などの人気バラエティーを手掛け、芸人からも絶大な信頼を得ている放送作家・オークラがオリジナル脚本を書き下ろし、ドラマの初監督も務める。

出演は、コント師としての評価も高い東京03、三代目J Soul Brothersの山下健二郎、女優・モデルとして活躍する山本舞香の異色の5人。来春、同じメンバーでの舞台化も決定している。

さらに、東京03の舞台などではおなじみのイラストレーター・ニイルセンが手掛けるアニメーションが、役者の芝居と融合する点も見どころの一つとなる。


ストーリー 
根拠もなく「ビッグになる!」と意気込み漫画家になるも、全く売れる気配のない戸塚オサム(角田晃広)は、今日も頼りないアシスタントの荒巻弘彦(山下健二郎)と事務所兼自宅で新作漫画を執筆中。

だが、一人娘のるみ(山本舞香)、編集者の足立徹(豊本明長)、幼なじみで定食屋を営む鳥飼昭雄(飯塚悟志)がいつも問題を持ち込んできて、漫画制作どころではなくなってしまう。「ほとんどの大人の人生は、どうして漫画みたいにうまくいかないんだ…」。5人の日常と不満が、シニカルな笑いを生み出していく。


キャスト
角田晃広
戸塚オサム 役
全く売れない漫画家。44歳。妻と離婚してバツイチ。娘のるみのことが心配でしょうがない。

飯塚悟志
鳥飼昭雄 役
戸塚と幼なじみで、定食屋のマスター。44歳。物語のメンバーを俯瞰(ふかん)で見ているが、たまに暴走する。

豊本明長
足立徹 役
戸塚が連載している雑誌の担当編集者。40歳。クールぶっているが女にだらしなく、意外に抜けている。

山下健二郎
荒巻弘彦 役
戸塚のアシスタント。さまざまな職を転々としてきた31歳。単純でばかだが、正義感が強く情に厚い。

山本舞香
高橋るみ 役
戸塚の娘。20歳。男にだらしなく夜遊び好き。朝帰りをしては父親といつもけんかをしている。

スタッフ
脚本:オークラ
監督:オークラ
プロデューサー:川邊昭宏、秋山健一郎、坂下哲也、筒井梨絵

主題歌:What’s your name?/雨のパレード


各話あらすじ 平均視聴率 2.14%
第1話 2018年1月10日「漫画家事務所「戸塚プロダクション」を舞台にした悲喜こもごも」 視聴率 2.2%
 売れない漫画家の戸塚(角田晃広)とアシスタントの荒巻(山下健二郎)は今日も事務所で漫画を描いていた。戸塚は4コマ漫画の最後のオチ‘最近の若者の怒り方’がどうしても描けない。自分みたいに駄目な大人に若者を怒る資格があるのか?と悩んでいたからだ。そんな時、一人娘のるみ(山本舞香)の夜遊びが心配な戸塚が、るみのスマホを勝手に盗み見たことで、るみが家出をしてしまう。

第2話 2018年1月17日「ほとんどの大人は上手に恋愛できていない」 視聴率 2.2%
 3日前に知り合った女性にメールで告白するも、返信がなくうなだれる戸塚(角田晃広)。一方、戸塚の担当編集者・足立(豊本明長)は二股で悩んでいるという。

第3話 2018年1月24日「ほとんどの大人のアドバイスは適当だ」 視聴率 2.3%
 生き方について議論する荒巻(山下健二郎)と鳥飼(飯塚悟志)。仲良さそうに話に加わる女の子(玉井詩織)が2人の間に座るが、誰もその正体を知らないという。

第4話 2018年1月31日「ほとんどの人間は自分のプラン通りに生きていない」 視聴率 2.0%
 突然、父親の戸塚(角田晃広)に「結婚する」と告げたるみ(山本舞香)。さらに憧れの漫画家からもらったサイン色紙が何者かによって汚され、戸塚は激怒する。

第5話 2018年2月7日「ほとんどの大人は他人に理解されない一面を持っている」 視聴率 2.0%
 娘のるみ(山本舞香)が男性から下着を贈られたことを知った戸塚(角田晃広)。親として正しいリアクションを模索する。一方、鳥飼(飯塚悟志)はラップを刻む。

第6話 2018年2月14日
 人気雑誌の連載が決定し、新しいアシスタントを募集する戸塚(角田晃広)。そこで面接に来た男(白洲迅)が、るみ(山本舞香)と会うなりただならぬ雰囲気に。

第7話 2018年2月21日
 ダンス大会に向けて練習を重ねる鳥飼(飯塚悟志)ら。ダンサー経験のある荒巻(山下健二郎)が熱心に指導する。一方、戸塚(角田晃広)は階段から落ちてしまう。


番組公式サイト

『漫画みたいにいかない。 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

anone TOP

『anone』(あのね)は、2018年1月10日から毎週水曜 22:00〜23:00に、日本テレビ系の「水曜ドラマ」枠で放送中。主演は広瀬すずで『学校のカイダン』(2015年)以来3年ぶりの連続ドラマ主演となる。


概要
「Mother」「Woman」に続く日本テレビ×坂元裕二脚本の第3弾。“生きることの意味”をテーマに、人が生きる上で本当に大切なものは何かを問いかけ、真実の人間愛を見つけていく物語を紡ぐ。


ストーリー 
19歳の辻沢ハリカ(広瀬すず)は両親と隔絶し、今はネットカフェで暮らす毎日を送っていた。生きる方法さえ見失っていたハリカだったが、ある日、法律事務所に勤める老齢の女性・林田亜乃音(田中裕子)と出会い、彼女の秘密を知ってしまう。
あざむかれ、裏切られ、人を信じる心をなくしていた2人。夫に先立たれ、一人で暮らしている亜乃音は、ハリカを気にかけるようになるが、そんな矢先に、ある事件が起きて…。


キャスト
辻沢 ハリカ(つじさわ ハリカ)〈19〉
演 - 広瀬すず
自分の世界に閉じこもりがちで、どこか挙動不審な少女。幼少期は天真らんまんで野放図だったが、両親とはある事件をきっかけに隔絶している。今はネットカフェで暮らしている。

青羽 るい子(あおば るいこ)〈50〉
演 - 小林聡美
明るい性格で頭の回転が速い器用な女性。自他共に認めるほど男運が悪い。ふらりと訪れたカレーショップで舵と意気投合する。

持本 舵(もちもと かじ)〈45〉
演 - 阿部サダヲ
フランチャイズのカレーショップ店長。実直な性格で常に他人に気を使っている。私欲がなく、身の周りで起こる大概の出来事を運命として受け入れてきた。

中瀬古 理市(なかせこ りいち)〈35〉
演 - 瑛太

花房 万平(はなふさ まんぺい)〈65〉
演 - 火野正平
弁護士。亜乃音が事務員として勤める花房法律事務所の所長。誠実で柔和な性格。事務員として働く亜乃音を信頼しており、どこか気があるようにも見える。釣りが趣味。

林田 亜乃音(はやしだ あのね)〈62〉
演 - 田中裕子

スタッフ
脚本 - 坂元裕二
演出 - 水田伸生
チーフプロデューサー - 西憲彦
プロデューサー - 次屋尚
制作協力 - ザ・ワークス
製作著作 - 日本テレビ


各話あらすじ
第1話 2018年1月10日「ある犯罪が出会うはずのない5人の運命を絡ませた!偽物から始まる真実愛、感動の物語」 ※初回10分拡大(22:00 〜 23:10)
 天涯孤独のハリカ(広瀬すず)は日雇い仕事をしながらネットカフェで寝起きしている。森の洋館でおばあちゃん(倍賞美津子)と暮らした数年間の楽しい思い出は、チャット友達のカノンさん(清水尋也)にも話していた。ある日、ネットカフェの住人・有紗(碓井玲菜)が海辺で1万円札が詰まった保冷バッグを発見。その後、ハリカと、同じく住人の美空(北村優衣)の3人で回収に向かう。それを捨てたのは亜乃音(田中裕子)で…。

第2話 2018年1月17日「あの謎の札束の真相とは?触れ合う孤独な2つの魂を引き裂いたのは誤解が招いた誘拐事件」
 かつて更生施設で一緒だった“カノン”こと紙野彦星(清水尋也)の病気を治すには、お金が必要であることを知ったハリカ(広瀬すず)は、「林田印刷所」の名前を頼りに亜乃音(田中裕子)の元を訪ねる。そこで再会を果たすのだが、亜乃音の持っていたあの札束の衝撃的な真相を知ることとなる。

第3話 2018年1月24日「親に捨てられた少女と母になれなかった女。ニセ札がお金では買えない真実の絆を生んだ!」
 ハリカ(広瀬すず)は印刷所に押し入った舵(阿部サダヲ)とるい子(小林聡美)を追うが、亜乃音(田中裕子)の娘と勘違いされた上、逆に拉致されてしまう。連れていかれた舵の店には、改造銃で上司を撃ったという舵の元同級生・西海(川瀬陽太)が来ていて、3人にも銃を向けた。さらに、西海はハリカの身代金を要求することを思い付き、るい子に亜乃音との交渉を命じる。一方、亜乃音は元従業員・理市(瑛太)と1年ぶりに再会する。

第4話 2018年1月31日「叶わない願い。幽霊の娘と暮らす母の究極の愛」
 ハリカ(広瀬すず)の誘拐事件が予想外の結果に終わって3週間。自分を責めるハリカを、亜乃音(田中裕子)は忘れるようにと諭す。そんな中、ハリカは亜乃音の1千万円を持ち逃げしたのが、るい子(小林聡美)だとにらみ、行方を捜して舵(阿部サダヲ)の元へ。メモに残されていたるい子の息子・樹(武藤潤)の携帯電話番号に連絡をし、2人は姑から話を聞くことができた。一方、亜乃音は路上で、孫の陽人(守永伊吹)と初めて言葉を交わす。

第5話 2018年2月7日「初恋!?つのる想いと命の期限!ニセモノで結ばれた4人は本当の家族になれるのか!?」
 ハリカ(広瀬すず)は、幼なじみで病床にある彦星(清水尋也)と、スマートフォンのアプリで会話。るい子(小林聡美)と舵(阿部サダヲ)が「自首する」と亜乃音(田中裕子)を訪ねて来たこと、そこに亜乃音が働く法律事務所の弁護士・万平(火野正平)が現れたことなどを話す。さらに、最新の治療法について触れるが、彦星に拒絶される。一方、るい子と舵も成り行きで亜乃音と同居を始めた。そんな中、舵は来訪した理市(瑛太)が元従業員だと知る。

第6話 2018年2月14日「今夜何かが起きる!悪魔の誘いか救世主か!?お金はこの手で作れます」
 理市(瑛太)から「偽札作り」を提案されたハリカ(広瀬すず)や亜乃音(田中裕子)たちは、驚きを隠せない。るい子(小林聡美)が追い出しに掛かる中、亜乃音は玲(江口のりこ)が再婚しようとしている相手が、既婚者の理市だと気付いて動揺する。後日、舵(阿部サダヲ)は理市と遭遇し、印刷機器などで埋め尽くされた彼の別宅へ。一方、理市を呼び出した亜乃音は、玲と別れてくれと切り出すが、逆に思いも寄らない事実を突き付けられる。

※2018年2月21日は「ピョンチャンオリンピックスピードスケート男女団体パシュート決勝」(19:55 〜 22:54 )が放送のため、休止。

第7話 2018年2月28日
 陽人(守永伊吹)の悪気ない行動が、死者を出すほどの火事を起こしたことを理市(瑛太)から知らされた亜乃音(田中裕子)は、自分の罪に気づいていない陽人と玲(江口のりこ)を守るためニセ札作りへの協力を決意する。るい子(小林聡美)と舵(阿部サダヲ)も協力を申し出る中、ハリカ(広瀬すず)だけは犯罪に巻き込みたくない亜乃音はニセ札作りをハリカに隠すことに…。

各話視聴率


番組公式サイト
anone - Wikipedia
タグ:anone

『anone TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相棒 Season16 TOP

『相棒 Season16』は、2017年10月18日から、毎週水曜日21:00 - 21:54に、テレビ朝日系の「水曜21時」枠で放送中。初回は30分拡大放送。第2話、第13話、 第14話は15分拡大。第10話(正月SP)は2時間15分SP。


概要
シリーズの誕生から17年、全286話の平均視聴率が驚異の16.2%を誇る人気刑事ドラマ。

右京とコンビを組む冠城亘を演じるのは、今作で3年目となる反町隆史。2人それぞれの正義と信条が摩擦を起こす場面も見られた前シーズンから、さらに踏み込んだ展開が描かれる。


ストーリー 
数々の難事件を解決に導いてきたキレ者だが、歯に衣(きぬ)着せぬ物言いと理屈に合わないことには決して譲らない頑固さ故に、上層部に疎まれ、窓際部署である・警視庁特命係に配属された杉下右京(水谷豊)。

法務省のキャリア官僚として人材交流の名目で警視庁に出向し、その後、天下りのような形で警視庁に入庁し特命係に異動となった冠城亘(反町隆史)。性格もキャリアも違う2人が、事件を通してすれ違い、ぶつかり合いながらも、真実に近づいていく。


キャスト
水谷豊
杉下右京 役
明晰な頭脳で数々の事件を解決してきた警視庁特命係の係長。階級は警部。キレ者であるが故に上層部から疎まれ、特命係という閑職に追いやられる。どんな時でも冷静沈着、誰にでも慇懃な態度で接するが、それが時に無礼に映ることも。本人の自覚は薄いが、そうした性格がきつく感じられるようで、特命係に配属された者はことごとく辞めていくことから「人材の墓場」と呼ばれている。

反町隆史
冠城亘 役
法務省から警視庁に出向してきたキャリア官僚から、警視庁へ天下りのような形で異動、特命係に配属される。階級は巡査。元キャリア官僚らしい能力の高さがありながらも、軽口や芝居がかった態度でそれと感じさせない。杉下とは違った角度から事件にアプローチすることで事件解決のきっかけとなることも多く、捜査官としての優秀さを証明している。

鈴木杏樹
月本幸子 役
杉下が常連の小料理屋「花の里」の女将。かつて、夫を死に追い込んだ暴力団幹部への復讐を果たし海外逃亡をもくろむも、杉下に見抜かれ逮捕された過去を持つ。模範囚として刑期を終え、出所の後、杉下の推薦で「花の里」の女将となる。以前は不幸を一身に背負ったような「ついてない女」を自称していたが、女将となってからは心身ともに落ち着いている様子。

石坂浩二
甲斐峯秋 役
警察庁ナンバー2の警察庁次長のポストから、息子の逮捕の後、警察庁長官官房付に降格される。それでも警察内での影響力は依然大きく、杉下の無期限停職処分を覆し復職させたり、冠城を特命係に異動させるなど、特命係への関与を続けている。

スタッフ
脚本:興水泰弘
演出:橋本一
プロデューサー:桑田潔、佐藤凉一、高野渉、西平敦郎、土田真通


各話あらすじ
第1話 2017年10月18日「検察捜査」 ※初回拡大SP(21:00 〜 22:24) 視聴率 15.9%
 3人の妻を殺した容疑で勾留中の平井(中村俊介)が検察で供述を翻し犯行を否認。自白を強要されたとして、特命係の右京(水谷豊)と亘(反町隆史)、捜査一課の伊丹(川原和久)らを脅迫罪で告訴する。検察が告訴状を受理し、検事の田臥(田辺誠一)が特命係へ。田臥を動かす法務省の日下部(榎木孝明)の狙いは、捜査権のない特命係の捜査への関与を立件することだった。右京は田臥に平井の事件に携わったきっかけを話し始める。

第2話 2017年10月25日「検察捜査〜反撃」 ※15分拡大(21:00〜22:09)
 事故死に見せかけて3人の妻を殺害したとされる平井(中村俊介)は、自白が強要されたものだったと、無実を主張し続けていた。法務事務次官の日下部(榎木孝明)を後ろ盾に、その事件の捜査指揮権を掌握した検察官の田臥(田辺誠一)は、特命係の右京(水谷豊)と亘(反町隆史)を捜査から閉め出す。真の狙いは、捜査権を持たない特命係が指示に反して捜査を行った場合、それを違法行為として立件することにあった。

第3話 2017年11月1日「銀婚式」
 右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は玄関に灯油をまかれたと通報があった商社専務・瀬川(川野太郎)の家へ。同じ頃、瀬川が目を離した隙に、半身不随の妻・楓(菊池桃子)を乗せた車椅子が暴走。放り出された楓は軽傷だったが、車椅子は大破する。不審を抱き聞き込みを始めた右京らは、‘逆玉のこし’の瀬川が楓の殺害を計画したのではと疑う。数日後、瀬川が別荘で転落死。その状況の一部始終がビデオカメラに録画されていた。

第4話 2017年11月8日「ケンちゃん」
 亘(反町隆史)が利用するコンビニの店員・健次郎(西井幸人)が殺され、亘と右京(水谷豊)は捜査に乗り出す。捜査本部は、2年前に健次郎の証言で捕まった窃盗犯・宍戸(菅原卓磨)を容疑者に特定。だが、右京には仮出所したばかりの宍戸の犯行とは思えない。遺体の手には漢字の「中」らしき字が書き残されていた。やがて、健次郎が夜間は印刷工場で働いていたと分かる。工場のロッカーからは数学書とノートが出てきて…。

第5話 2017年11月15日「手巾(ハンケチ)」
 警察学校の屋上から教官・樋口(佐戸井けん太)が転落し、意識不明の重体に陥る。同じく教官を務める米沢(六角精児)からの連絡で、元教え子の亘(反町隆史)は右京(水谷豊)と共に現場へ。厳しい指導で警察官不適格者を切り捨てる樋口は、恨みを買うことも多い人物だった。搬送先の病院に行った右京らは、樋口の娘で所轄刑事の真紀(南沢奈央)と遭遇。その冷淡な様子が気になる。右京らは真紀が捜査中の事件を探り始める。

第6話 2017年11月22日「ジョーカー」
 捜査二課の元刑事・早見(山田純大)が警視庁を告訴する。半年前、早見は歩道橋から転落死した妻でデータサイエンティストの幹子(宮本裕子)の死を殺人だと主張。警察が自殺と断定したため、目撃者を捜し出す。しかし、その目撃者は早見が用意した疑いが浮上。偽証を問われ、懲戒免職となった早見は、処分の取り消しを求めて裁判を起こしたのだ。裁判を傍聴した右京(水谷豊)たちは、幹子の死の真相を調べ始める。

第7話 2017年11月29日「倫敦からの客人」
 警備員・西田(康喜弼)が殺され、現場付近で見つかった持ち主不明の携帯電話に動画が残っていた。捜査本部は動画に写る男を追う。右京(水谷豊)らは、青木(浅利陽介)から携帯電話の持ち主が「ダークウェブ」という通常では見ることができないインターネットの暗部にアクセスしていたようだと聞く。ダークウェブにアップされている未発覚の殺人動画を見た右京は、わずかな手掛かりから現場を特定し、駆け付ける。

第8話 2017年12月6日「ドグマ」
 住宅街で見慣れない虫を見つけた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は近くの家の中で遺体を発見。虫は中央アジアに生息する「ジゴクバチ」だった。無数に刺された痕があるにもかかわらず被害者の豊子(新倉緋沙子)が逃げようとした形跡は見当たらず、右京は殺人の可能性を疑う。チョウの収集家の豊子は足しげく中央アジアに通っていたようだ。右京らは現地で豊子を撮影したことがある写真家の藤本(岩井秀人)に会いに行く。

第9話 2017年12月13日「目撃しない女」
 亘(反町隆史)が弁当を買いに通うキッチンカーの店主・芽依(朝倉あき)が殺人事件の目撃者に。殺されたのは芽依が料理の仕込み場所として使わせてもらっていたスナックのマスター・大友(酒井晴人)だった。芽依は店から出てきた2人組と鉢合わせしたが、人相はよく覚えていないと話す。右京(水谷豊)は、芽依が人の顔を覚えたり見分けたりするのが困難な「相貌失認」だと気付く。やがて、大友が詐欺集団の一員と判明する。

※※12月20日・27日の放送は休止。

第10話 2018年1月1日(月) 元日スペシャル「サクラ」 ※21:00〜23:15
 右京(水谷豊)と亘(反町隆史)はパトロール中に発砲事件に遭遇。犯人は逃げ、被害者も現場から消えてしまう。使われたのは制服警察官に支給される拳銃だった。そんな中、交番で拳銃自殺した警察官・風間(俵木藤汰)の拳銃が消えたことを伝える動画が、気象庁の緊急災害メールを通じて流出。右京と亘は、銃撃犯と動画を流出させたサイバー犯が同一人物とにらむ。しかし、犯人が風間を盗撮した理由は分からない。やがて、右京は風間が3カ月前の参議院議員の川での溺死に疑念を抱いていたと知る。

第11話 2018年1月10日「ダメージグッズ」
 元特命係の陣川(原田龍二)がロンドン研修から帰国。右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は陣川が現地で知り合った咲(真野恵里菜)から相談を受ける。咲は親友・麻里(川村ゆきえ)の1カ月前の死に疑問を抱いていた。遺書はなく、咲のスマートフォンに自殺をほのめかすメールだけが送られてきたという。過酷な家庭環境で育ち児童相談所で知り合った咲や麻里の仲間の一人は、今は参議院議員として活躍する成澤(岩井七世)で…。

第12話 2018年1月17日「暗数」
 警視庁副総監の衣笠(大杉漣)が、青木(浅利陽介)と会食後、2人の暴漢に切りつけられる事件が発生。衣笠は7年前、県警本部長時代に、カルト集団の一斉検挙を指揮した経緯があり、その関連も視野に入れて緊急対策チームが編成される。いっぽう、青木から事件の話を聞いた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、独自の捜査に乗り出し、衣笠家を訪れる。周囲は警備が強化され、許可のない者は門前払いだったが、以前、事件の目撃者として特命係と知り合った衣笠の娘・里奈(桜田ひより)の計らいで話を聞けることに。

第13話 2018年1月24日 300回記念スペシャル 「いわんや悪人をや」(前篇)※15分拡大(21:00 〜 22:09)
 元法務大臣の瀬戸内(津川雅彦)が仮出所した。住職として寺の再興を志す瀬戸内の元を、元衆院議員・雛子(木村佳乃)が訪問。出家を願い出て瀬戸内を驚かせる。一方、同寺の荒れた墓地から白骨遺体が見つかり、連絡を受けた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は捜査に乗り出す。同じ頃、警視庁広報課長の美彌子(仲間由紀恵)は、ロシアのスパイ・ヤロポロクからの手紙を受け取る。手紙には白骨遺体事件に関する情報が記されていた。

第14話 2018年1月31日 300回記念スペシャル 「いわんや悪人をや」(後篇)※15分拡大(21:00 〜 22:09)
 瀬戸内(津川雅彦)の寺から出た白骨遺体の身元が判明し、右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は寺の檀家総代の息子・常磐(矢野聖人)の身辺を調べる。美彌子(仲間由紀恵)に届いた元スパイ・ヤロポロクの手紙に常磐が関わっているのではないかと考えたからだ。一方で、右京は米国に亡命したはずのヤロポロクが、日本に潜伏しているのではないかと疑う。そんな中、常磐が、実はある人物に頼まれて遺体を掘り起こしたと言い出す。

第15話 2018年2月7日「事故物件」 ※15分拡大(21:00 〜 22:09)
 強盗犯が逃走中に転落死。右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は奪われた金の行方を捜す。同じ頃、強盗犯の隠し金を見つけたホームレスの雅夫(勝矢)は、その金でアパートに入居。部屋の天井裏でノートを見つける。この部屋で死んだ前住人・矢部(勝部演之)の手記だった。命を狙われていると気付いた矢部は、自分を殺した犯人を見つけた者には財団から多額の謝礼を払うと書き残していた。調べると、矢部は資産家で財団も実在した。

第16話 2018年2月14日「さっちゃん」
 3週間前から幸子(鈴木杏樹)の店に通う客の烏丸(池田成志)が刺され、意識不明の状態で見つかる。現場の消費者金融会社では他に社員3人が倒れており、1人は死んでいた。事件は、孤独な生活を続けていた幸子が、烏丸に誘われ、デートした後に起きた。生き残った社員によると烏丸が突然、事務所に殴り込んできたという。2人の関係を見守ってきた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、真相を突き止めるため、捜査に乗り出す。

第17話 2018年2月21日「騙し討ち」
 システム開発会社の営業マン・稲葉(斉藤悠)が自宅で殺される。ドアにピッキングの跡があり、窃盗犯の犯行と思われた。右京(水谷豊)は、叫び声を聞いて通報したという通行人に興味を抱く。一方で右京らは、捜査二課の梶(矢島健一)が事件について嗅ぎ回っていることに気付く。聞くと、稲葉は梶が極秘捜査中の贈収賄事件の関係者だったらしい。やがて、稲葉と同じマンションに住む瀧川(山中聡)が通報者と判明する。

各話視聴率


番組公式サイト
相棒 - Wikipedia

各シーズンあらすじ
相棒 season1
相棒 season2
相棒 season3
相棒 season4
相棒 season5
相棒 season6
相棒 season7
相棒 season8
相棒 season9
相棒 season10
相棒 season11
相棒 season12
相棒 season13
相棒 season14
相棒 season15
タグ:相棒 Season16

『相棒 Season16 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

賭ケグルイ TOP

2017年11月21日に実写テレビドラマ化が発表された。2018年1月16日よりMBSテレビ制作の「ドラマイズム」枠(毎週火曜 25:28〜25:58)にて放送中。


原作概要
『賭ケグルイ』(かケグルイ)は、河本ほむら原作・尚村透作画による漫画作品。

2017年2月17日にテレビアニメ化が発表され、同年7月1日から9月23日までMBS・TOKYO MXほかにて放送された。


ドラマ概要
原作・河本ほむら、作画・尚村透の累計370万部を超える大ヒット同名漫画を実写ドラマ化。“ギャンブルの強さ”で生徒の階級が決まる私立百花王学園を舞台に、常軌を逸したギャンブルに身を投じる“賭ケグルイ”の世界を個性豊かなキャラクターで描く。

リスクを負うことに快感を覚えるギャンブル狂の主人公・蛇喰夢子(じゃばみゆめこ)を浜辺美波が、勝負に弱く、学園の最下層とされる家畜“ポチ”と呼ばれる鈴井涼太に高杉真宙が扮し、新境地に挑む。
監督は、映画「トリガール!」「あさひなぐ」などを手掛け、俳優の振り切った演技を引き出すことにも定評のある英勉。高杉とは「トリガール!」に続いて2回目のコラボレーションとなる。


ストーリー 
創立122年を迎える名門校・私立百花王学園は、伝統的に生徒の階級を“ギャンブルの強さ”で決めている。勝者には地位と名誉が与えられ、敗者は財産も尊厳も奪われる。
そんな常軌を逸した学園に転校してきた蛇喰夢子(浜辺美波)は、一見すると清楚な美少女だが、リスクを負うことに快感を覚えるギャンブル狂の“賭ケグルイ”だった。
学園を支配する生徒会は、夢子を危険な存在と判断し、百戦錬磨の刺客たちを送り込む。壮絶な駆け引きとだまし合いを制した者だけが勝てる、己を賭けた究極の心理バトルが幕を開ける。


キャスト
浜辺美波
蛇喰夢子 役
ギャンブルの強さで階級が決まる、私立百花王学園に転校してくる清楚な美少女。実は常軌を逸したギャンブル狂で、学園を牛耳る生徒会からも危険視される。

高杉真宙
鈴井涼太 役
私立百花王学園の生徒。勝負に弱く学園の底辺に追いやられている。転校してきた夢子に救われ、以後は行動を共にする。

森川葵
早乙女芽亜里 役
夢子のライバル。2年華組のトップに君臨する、すご腕で高飛車なツインテールの美少女JKギャンブラー。かれんな容姿とは裏腹にプライドが高く、鈴井を敗北させ、家畜“ポチ”の身分にたたき落とした。転校生の夢子に、最初にギャンブル対決を仕掛ける。

スタッフ
原作 - 河本ほむら、尚村透
監督 - 英勉


各話あらすじ 平均視聴率 0.93%
第1話 2018年1月16日 視聴率 0.9%
 生徒の階級がギャンブルの強さで決まる百花王学園。転校してきた夢子(浜辺美波)は、クラス一のギャンブラー・芽亜里(森川葵)に勝負を持ち掛けられる。

第2話 2018年1月23日 視聴率 0.7%
 夢子(浜辺美波)と芽亜里の対決は予想外の結末を迎えた。そんな中、夢子の前に1年生の皇伊月(松田るか)が現れ、掛け金2000万円の勝負を持ち掛ける。

第3話 2018年1月30日 視聴率 1.0%
 皇伊月(松田るか)と「ダブル神経衰弱」で勝負することになった夢子(浜辺美波)。圧倒的な記憶力でクリアする夢子だったが、皇はゲームにわなを仕掛けていた。

第4話 2018年2月6日 視聴率 1.1%
 夢子(浜辺美波)に敗れ「ミケ」へと転落した芽亜里(森川葵)。一発逆転を狙う芽亜里は、生徒会の西洞院百合子(岡本夏美)に公式戦を申し込み起死回生を図る。

第5話 2018年2月13日
 西洞院(岡本夏美)と対戦することになった夢子(浜辺美波)。賭け金は4000万円と負ければ転落必至。興味本位に見えた夢子だが様子がいつもと違っていた。

第6話 2018年2月20日
 西洞院に敗れミケ落ちした夢子(浜辺美波)。そんな中、生徒会主催の「債務整理大集会」が開催。借金免除を目指し、夢子や芽亜里(森川葵)が参加を決める。


番組公式サイト
賭ケグルイ - Wikipedia
タグ:賭ケグルイ

『賭ケグルイ TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きみが心に棲みついた TOP

2018年1月16日からTBS系「火曜ドラマ」枠(毎週火曜 22:00〜22:54)で放送中。主演は連続ドラマ初主演の吉岡里帆。


原作概要
『きみが心に棲みついた』(きみがこころにすみついた、You always inhabit my heart )は、天堂きりんによる日本の漫画作品。『Kiss PLUS』(講談社)にて2011年3月号から2013年9月号まで16話が連載された後、『FEEL YOUNG』(祥伝社)に移籍し、「きみが心に棲みついたS(エス)」として2013年11月号から連載されている。単行本は『きみが心に棲みついた』が全3巻、『きみが心に棲みついたS』が既刊5巻。


ドラマ概要
天堂きりんの人気漫画を原作に、対照的な魅力を持つ2人の男性の間で揺れ動く主人公を描く、三角関係ラブストーリー。他人の前でオドオドと挙動不審な動きをしてしまう“キョドコ”こと小川今日子を、連続ドラマ初主演となる吉岡里帆が演じる。

今日子が心惹かれる漫画編集者の吉崎幸次郎を桐谷健太、今日子の大学時代の先輩で、冷酷な裏の顔もある星名漣を向井理が演じるほか、石橋杏奈、ムロツヨシ、鈴木紗理奈、瀬戸朝香らが共演。三角関係をさらに複雑にしていく。


ストーリー 
下着メーカー「ラブワール」に勤める小川今日子(吉岡里帆)は、職場の先輩・堀田麻衣子(瀬戸朝香)に連れられ、人生初の合コンに参加する。
他人の前だと挙動不審な動きをする今日子は、学生時代に“キョドコ”とあだ名をつけられていた過去があり、自己評価が極めて低い。合コンでも「自分を好きなってくれるなら、誰でもいいから付き合いたい」と口走り、周囲をドン引きさせてしまう。

合コン相手の漫画編集者・吉崎幸次郎(桐谷健太)は、今日子に厳しい言葉を投げかけるが、彼なら自分を変えてくれると感じた今日子は吉崎に交際を申し込む。しかしその矢先、今日子がかつて強く惹かれた学生時代の先輩・星名漣(向井理)と再会する。


キャスト
小川 今日子(おがわ きょうこ)
演 - 吉岡里帆
下着メーカー「ラブワール」の材料課勤務。自己評価が低いため、他人の前で挙動不審な動きをしてしまうことから、学生時代は“キョドコ”と呼ばれていた。何事もやり過ごす癖がついている。傷つきたくない、傷つけたくないという気持ちがあるため口下手。その分、時折あふれ出す言葉が唐突で強烈。

吉崎 幸次郎(よしざき こうじろう)
演 - 桐谷健太
出版社勤務。漫画雑誌の編集者でちょいエロ漫画の作者・スズキの担当。率直で明るく、大らかで面白い男。歯に衣着せぬ物言いだが、実は優しくて誠実。一見、能天気にも見えるが、実は繊細さを隠すようにおどけたふりをしている。

飯田 彩香(いいだ あやか)
演 - 石橋杏奈
今日子の同期社員で材料課のリーダー。上司からも認められている。星名の魅力にはまり、今日子に嫉妬するようになる。

スズキ 次郎(スズキ じろう)
演 - ムロツヨシ
漫画家。吉崎が担当している漫画の作者で、互いに信頼し合っている。漫画の取材のために今日子の会社を訪れることも。ユーモラスな人物。

八木 泉(やぎ いずみ)
演 - 鈴木紗理奈
今日子の会社のデザイナー。メンズインナーの担当からレディースに異動してきた。才能があり、関西弁で厳しい意見を言う。

堀田 麻衣子(ほった まいこ)
演 - 瀬戸朝香
今日子の会社の先輩でレディースインナーのデザイナー。八木と同期。姉御肌で、自己評価の低い今日子の能力を認めている良き理解者でもある。

星名 漣(ほしな れん)
演 - 向井理
今日子の大学時代の先輩。勤務する商社が今日子の会社を買収し、上司として現れる。表向きはソフトな人柄だが、実は人の心理を操ることに長けた冷酷な男。学生時代の今日子にとっては憧れの人だった。

スタッフ
原作 - 天堂きりん『きみが心に棲みついた』『きみが心に棲みついたS』(祥伝社フィールコミックス刊)
脚本 - 吉澤智子、徳尾浩司
音楽 - 出羽良彰
演出 - 福田亮介、水田成英、金子文紀、棚澤孝義
編成 - 磯山晶、池田尚弘、中島啓介
プロデューサー - 佐藤敦司
製作 - ドリマックス・テレビジョン、TBSテレビ

主題歌 - E-girls「Pain,pain」(rhythm zone)


各話あらすじ
第1話 2018年1月16日「冬の恋は三角形!恋ヘタ女×超誠実男×支配男の恋」 ※初回15分拡大(22:00 〜 23:09)
 下着メーカーで働く今日子(吉岡里帆)は人見知りが激しく、学生時代は挙動不審の‘キョドコ’と呼ばれていた。ある日、職場の先輩・堀田(瀬戸朝香)らに連れられて、人生初の合コンに参加した今日子は、漫画編集者・吉崎(桐谷健太)に思い切って告白したものの振られてしまう。そんな折、今日子の会社に、商社から企画室長として星名(向井理)が出向してくる。彼は、大学時代に今日子を深く傷つけた忘れがたい男性だった。

第2話 2018年1月23日「歓迎会で大バトル!恋愛ターミネーター×方言萌え女」
 今日子(吉岡里帆)は星名(向井理)に呼び出され、新ブランドの立ち上げメンバーに抜てきされる。もう一人のメンバー・八木(鈴木紗理奈)はメンズインナーのトップデザイナー。八木は実績のない今日子を信用しておらず、企画書を出すよう命じる。翌日、吉崎(桐谷健太)が担当作家・スズキ(ムロツヨシ)を連れ、取材で今日子の会社を訪れる。喜ぶ今日子は、取材後の吉崎を食事に誘う。星名はその様子を冷ややかに見つめていた。

第3話 2018年1月30日「目を覚ませダメ女!あの男の闇は深い…」
 星名(向井理)が新ブランドを一つに絞ると宣言。堀田(瀬戸朝香)と八木(鈴木紗理奈)の企画を比較し、負けたチームは解散だという。八木と組む今日子(吉岡里帆)は、堀田のチームの同期・飯田(石橋杏奈)から、星名が彼女の家に泊まったと聞かされ、心がかき乱される。そんな中、吉崎(桐谷健太)がスズキ(ムロツヨシ)と共に、今日子の会社の新作発表展示会に来ることに。その席上で、星名は今日子にとんでもないことを強いる。

第4話 2018年2月6日「最低男が大パニック誠実男の宣戦布告!」
 企画書が八木(鈴木紗理奈)に認められ、喜ぶ今日子(吉岡里帆)。だが一方で、星名(向井理)と飯田(石橋杏奈)の関係が気になり、企画が通ったらデートしてほしいと星名に迫る。星名は申し出を受けるも、今日子と吉崎(桐谷健太)の仲を警戒していた。そんな中、今日子はプレゼン用のサンプルに使う生地を見繕うが、八木に納得してもらえない。さらに、星名が自分を企画から降ろし、代わりに飯田を兼任させるつもりだと知り…。

第5話 2018年2月13日「大好きです!BBQでキス&ガチバトル」
 星名(向井理)は、吉崎(桐谷健太)を気にする今日子(吉岡里帆)にいら立ち、「吉崎の化けの皮を剥がしてやる」と言い放つ。そんな中、星名の元に姉・祥子(星野園美)から連絡が。祥子は星名に金を無心してくる。一方、八木(鈴木紗理奈)と堀田(瀬戸朝香)は、大学時代の今日子にトラウマを与えた人物が星名である可能性に気付く。その星名は、吉崎に接近し、週末バーベキューをすることに。今日子は、星名から吉崎を守ろうと…。

第6話 2018年2月20日「好きが爆発する2人過去の恋に勝てる!?」
 吉崎(桐谷健太)とキスを交わし幸せな今日子(吉岡里帆)だが、星名(向井理)の動向が不安で仕方がない。そんな中、商品開発統括部部長・池脇(杉本彩)が最終プレゼンを前に、新ブランドのデザイナーを堀田(瀬戸朝香)に指名。八木(鈴木紗理奈)にはサポートを命じる。池脇と八木にはかつて恋愛絡みのトラブルがあり、個人的な恨みらしい。八木と対等に勝負したい堀田は、一計を案じる。一方、星名は今日子と吉崎の関係を知り…。

各話視聴率


番組公式サイト
きみが心に棲みついた - Wikipedia

『きみが心に棲みついた TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FINAL CUT TOP

『FINAL CUT』(ファイナルカット) は、2018年1月9日から毎週火曜21時 - 21時54分にカンテレ (関西テレビ) 制作・フジテレビ系の「火曜21時枠」で放送中。主演は亀梨和也。


概要
KAT-TUNの亀梨和也主演で、自殺に追い込まれた亡き母の復讐に人生をささげる男の姿を描く。SNS等で誰もが簡単に映像を受け取ったり発信することができ、同時にその影響力の大きさ、危うさと隣り合わせで生きている現代。亀梨演じる主人公の中村慶介は、そんな今の時代ならではの「映像」を駆使した手段で復讐を進め、最後に「これがあなたのファイナルカットです」の決めぜりふでターゲットを追い込んでいく。


ストーリー 
高校時代に、母親が女児殺害事件の犯人扱いをされて自殺に追い込まれた過去を持つ中村慶介(亀梨和也)は、12年の時を経た現在、事件の真犯人を捜し出し、母を追い詰めた者たちへの復讐を果たそうと動きだす。その者たちは、当時の事件の取材・放送関係者、そして事件の鍵を握る小河原雪子(栗山千明)・若葉(橋本環奈)姉妹だった。

慶介は、ターゲットに近づくと、公開されればその人の人生が終わる致命的な映像“ファイナルカット”を突きつけ、彼らをある目的のために言いなりにしていく。しかし、小河原姉妹にそれぞれ別人を装って接する中で、予想しなかった事態が起こる。


キャスト
中村 慶介(なかむら けいすけ)
演 - 亀梨和也
主人公。12年前に殺人事件の冤罪を被った母親が自殺しており、犯人探しと復讐を目論む。

百々瀬 塁(ももせ るい)
演 - 藤木直人
テレビ番組司会者。12年前に慶介の母親の事件を取り扱っている。

小河原 雪子(おがわら ゆきこ)
演 - 栗山千明
事件の鍵を握る姉妹の姉。美術館で学芸員をしている。

小河原 若葉(おがわら わかば)
演 - 橋本環奈
事件の鍵を握る姉妹の妹。

小池 悠人(こいけ ゆうと)
演 - 林遣都
若手ディレクター。

野田 大地(のだ だいち)
演 - 木雄也(Hey! Say! JUMP)
慶介の幼馴染。

皆川 義和(みながわ よしかず)
演 - やついいちろう
テレビカメラマン。

井出 正弥(いで まさや)
演 - 杉本哲太
番組プロデューサー。
-
演 - 裕木奈江
-
演 - 鶴見辰吾

小河原 達夫
演 - 升毅
小河原家の父。弁護士。

小河原 夏美
演 - 長野里美
小河原家の母。

真崎 久美子(まさき くみこ)
演 - 水野美紀
番組ディレクター。

高田 清一郎(たかだ せいいちろう)
演 - 佐々木蔵之介
警視庁新宿中央署の副署長。12年前の事件の担当刑事。

スタッフ
脚本 - 金子ありさ
音楽 - 菅野祐悟
演出 - 三宅喜重、日暮謙
プロデューサー - 豊福陽子
制作著作 - カンテレ


各話あらすじ
第1話 2018年1月9日「母のため僕はテレビに復讐する」 ※初回15分拡大(21:00 - 22:09)
 慶介(亀梨和也)の母親は12年前に自殺した。母親が園長を務める保育園の女児が殺された事件でワイドショー司会者・百々瀬(藤木直人)らマスコミに犯人扱いされ、自ら命を絶ったのだ。復讐と真犯人捜しに始動した慶介は、事件の鍵を握る雪子(栗山千明)・若葉(橋本環奈)姉妹に接触。一方、慶介が運営するメディア被害告発サイトに、ワイドショーの当時のディレクターで現プロデューサー・井出(杉本哲太)絡みの情報が寄せられる。

第2話 2018年1月16日「消された目撃証言」
 慶介(亀梨和也)が運営するサイトに新たな告発メールが届く。差出人は殺人被害者の夫・河合だった。警察は、河合夫婦が経営するアパートの住人・住吉を容疑者と特定するが、逮捕寸前に住吉が逃亡してしまう。警察の取材自粛要請を無視して、「ザ・プレミアワイド」ディレクター・真崎(水野美紀)が住吉に直撃インタビューを行ったのが原因だった。12年前、真崎に母親を追い詰められた慶介は、真崎の動向を追う。

第3話 2018年1月23日「特ダネは大誤報!?」
 慶介(亀梨和也)は副署長・高田(佐々木蔵之介)に素性を知られていたことに動揺する。そんな中、慶介は「ザ・プレミアワイド」の若手ディレクター・小池(林遣都)の身辺を調べ、小池が事件関係者の個人情報を掲示板にさらしていることを知る。同じ頃、小池は部活中に生徒に罵声を浴びせる教師の音声をインターネット上で見つけ、取材を開始。小池のスクープが報道されると、当の中学教師・沢渡(関めぐみ)に非難が集中する。

第4話 2018年1月30日「母を犯人にした男」
 慶介(亀梨和也)は雪子(栗山千明)にキスをした自分自身に戸惑いを隠せない。一方、人気子役のゆめ(坂井悠莉)が撮影所の階段から転落して負傷。「ザ・プレミアワイド」は子役の光喜(樋口海斗)が押したのではと疑い、しつこく追い回しており、慶介のサイトに光喜の母親・佳代(陽月華)から助けを求めるメールが舞い込む。慶介と大地(高木雄也)は、光喜を追い回す番組カメラマン・皆川(やついいちろう)の動向を調べ始める。

第5話 2018年2月6日「疑惑を真実にした男人気司会者の正体!」
 雪子(栗山千明)とデート中、若葉(橋本環奈)が突然現れ、慶介(亀梨和也)は言葉を失う。一方、百々瀬(藤木直人)が番組の全ての決定権を握っていることを知った慶介と大地(高木雄也)は、百々瀬の身辺を調べ始めるが、弱点はなかなか見つからない。そんな中、ブラックな労働環境を「ザ・プレミアワイド」で告発した信用金庫職員・井関(石井智也)からサイトにメールが届く。放送予定だった続報が突然、中止になったという。

第6話 2018年2月13日「愛する人へ…真犯人は、君の兄さんだ」
 慶介(亀梨和也)は、雪子(栗山千明)が自分の目的に気付いたことを悟る。そんな中、SNSで有名な料理研究家・みちる(今野杏南)が殺された。警察は同棲中の恋人でシステムエンジニアの矢口(中村倫也)の犯行を疑い、「ザ・プレミアワイド」も矢口が犯人であるかのように報道する。慶介のサイトを見た矢口が、助けを求めて自宅を訪ねてきた。慶介は無実を訴える矢口を信じるが、大地(高木雄也)は彼を警察に引き渡すよう促す。

※2018年2月20日は「平昌オリンピック2018 カーリング 男子予選リーグ 日本×デンマーク」(19:57 〜 22:48 )が放送のため、休止。

第7話 2018年2月20日
 事件当時、警察幹部の芳賀(鶴見辰吾)が捜査情報をリークし、司会者の百々瀬(藤木直人)が番組で恭子を犯人視し始めたことを突き止めた慶介だったが、ある日、警察官としての姿がテレビ中継されてしまう。
雪子(栗山千明)に呼び出された慶介は、ついに本名を明かし、母が犯人扱いされた事件の真犯人・小河原祥太の行方を突き止めるため、妹である雪子と若葉(橋本環奈)に近づいたと打ち明ける。しかし、雪子は「あの日、兄は家にいた」と言い返し、慶介の言葉に耳を貸そうとしない。

各話視聴率


番組公式サイト
FINAL CUT - Wikipedia
タグ:Final Cut

『FINAL CUT TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

卒業バカメンタリー TOP

卒業バカメンタリー(そつぎょうバカメンタリー)は、2018年1月23日(22日深夜)から、日本テレビ系列で毎週火曜0:59-1:29(シンドラ枠、JST)に放送中。


概要
偏差値70超えのエリート大学生4人が、卒業までの90日間で“大人の男”になるべく奮闘するドキュメンタリー風青春ドラマ。ジャニーズWESTの藤井流星と濱田崇裕がダブル主演を務める。

そのほか、兄弟お笑いコンビ・まえだまえだを経て、ドラマや映画で活躍する前田航基、ネクストブレークとして注目を集める吉田靖直が出演。非モテ街道を突き進んできた4人のおバカな会話と悪戦苦闘ぶりを描く。

また、4人に女性との出会い方を指南する清掃員役には新井浩文が扮し、若手俳優を支える。脚本は、「キングオブコント2014」で優勝したお笑いコンビ・シソンヌのじろうが担当し、オリジナル脚本に初挑戦する。


ストーリー 
日本最高のエリート大学に通う、ガク=堀口学(藤井流星)、マオ=米澤真央(濱田崇裕)、コウキ=伊田公貴(前田航基)、ジュン=仁純(吉田靖直)の4人は、勉強ばかりの日々を送ってきた大学4年生。「大学卒業までに大人の男になろう」と一大奮起した4人は、彼らなりの見解に基づき、それぞれの理想の女性に出会うべく、時にぶつかり、時に失敗し、時に目的を忘れつつ、熱い友情を交わしながら悪戦苦闘を繰り返す。

大学卒業までのタイムリミットは90日間。“大人の男”への階段を駆け上がる、真の卒業に向けた彼らの大学時代最後の青春を、ドキュメンタリーカメラが追っていく。


キャスト
堀口学(ガク) - 藤井流星(ジャニーズWEST)
文学部日本文学科の大学4年生。小さい頃からすぐに鼻血が出る。どうすればいいのか分からなくなった時、無意識に本を出して読もうとしてしまう。

米澤真央(マオ)- 濱田崇裕(ジャニーズWEST)
理学部数学科の大学4年生。貞操観念が強く、付き合う=結婚と考えている。一番おとなしいが、気分が乗ると理解できない行動を取ることも。

伊田公貴(コウキ)- 前田航基(まえだまえだ)
農学部農学科の大学4年生。4人の中では一番明るく、一番まともなツッコミ役。

仁純(ジュン)- 吉田靖直(トリプルファイヤー)
理学部生物学科の大学4年生。いつもニヤニヤしており、物事を斜め上から見ている。

田村(タムラ)- 新井浩文
ガクたち4人のたまり場の清掃員。彼らに女性との出会い方を指南する、現役のプレーボーイ。

スタッフ
脚本:じろう(シソンヌ)
企画・演出:橋本和明
監督:中尾浩之(P.I.C.S.)
チーフプロデューサー:福士睦
プロデューサー:大倉寛子、長松谷太郎(ジェイ・ストーム)、平賀大介(P.I.C.S)
制作プロダクション:P.I.C.S
製作著作:日本テレビ、ジェイ・ストーム


各話あらすじ 平均視聴率 3.43%
第1話 2018年1月22日 視聴率 3.3%
 大学4年生のガク(藤井流星)、マオ(濱田崇裕)らが‘大人の男’になるべく奮闘するストーリー。ある日、ガク達はSNSで知り合った女性に会いに行くことに…。

第2話 2018年1月29日 視聴率 3.7%
 SNSで合同コンパがあると知り、盛り上がるガク(藤井流星)ら。そんな中、田村(新井浩文)から「コンパは外見で決まる」と聞き、洋服を買いに行くことに。

第3話 2018年2月5日 視聴率 3.3%
 校内のイベントサークルが主催するスノーボードツアーに行くことにしたガク(藤井流星)ら。旅費を稼ぐためガクらは工事現場で4日間のアルバイトを始める。

第4話 2018年2月12日
 部室にいたガク(藤井流星)らは、田村(新井浩文)にあることを言われ温泉旅行に出かける。やがて、宿についてからコウキ(前田航基)の様子に異変が…。

第5話 2018年2月19日
 ジュン(吉田靖直)は知り合いの留学生の女性からパーティーに誘われ、ガク(藤井流星)らを連れて行くことに。一同は外国人特有の盛り上がりに驚くが…。


番組公式サイト
卒業バカメンタリー - Wikipedia

『卒業バカメンタリー TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海月姫 TOP

2018年1月15日から、フジテレビ系「月9」枠(毎週月曜 21:00〜21:54)にて放送中。主演は芳根京子。


原作概要
『海月姫』(くらげひめ)は、東村アキコによる漫画作品。「おしゃれ」に縁のなかった少女と女装男子が繰り広げる騒動を描いたシュールラブコメディ。

『Kiss』(講談社)にて2008年21号より連載されている。なお、2014年4月号掲載の後、翌5月号を休載し別作品『東京タラレバ娘』を掲載して以後は、2作とも不定期連載の扱いとなっている。単行本は講談社より全17巻が発行されており、10巻までの累計発行部数は220万部を突破している(10巻の帯より)。

第34回(平成22年度)講談社漫画賞少女部門受賞。「このマンガがすごい!2011」オンナ編第3位受賞。

2010年10月から12月にかけてフジテレビ『ノイタミナ』枠でテレビアニメ化。2014年には実写映画化された。


ドラマ概要
ドラマ化された「東京タラレバ娘」など、漫画家・東村アキコの人気作を連続ドラマ化。オタクだらけのアパートに住む “クラゲオタク女子”が、ある出会いから、一生縁がないと思っていた恋を知り、新しい自分や生き方を見つけていく姿を、ギャグを交えて描く。

主人公の倉下月海には月9ドラマ初主演となる芳根京子、月海と三角関係になる、女装が趣味の美男子・鯉淵蔵之介には瀬戸康史、童貞エリートの蔵之介の弟・鯉淵修には工藤阿須加が扮する。脚本は「僕たちがやりました」(同系)の徳永友一、メイン演出は「リーガルハイ」シリーズや「デート〜恋とはどんなものかしら〜」(共に同系)の石川淳一が務める。


ストーリー 
男子禁制アパート「天水館」でオタク仲間たちと楽しく暮らす、クラゲオタクの倉下月海(芳根京子)は、ある日、クラゲのことがきっかけで、誰もが振り返るほどの美女と出会う。だが実はその美女は、ファッション好きが高じて女装を趣味としているイケメンプレーボーイ・鯉淵蔵之介(瀬戸康史)だった。

おしゃれ美人だと警戒する天水館の住人たちだったが、なぜか天水館と月海が気に入った蔵之介は、女性のふりをして入り浸るように。程なくして月海は、蔵之介の弟で、大物国会議員である父・慶一郎の秘書を務める童貞エリート・修(工藤阿須加)とも知り合う。月海はこの兄弟と関わるうちに、変化していく。


キャスト
倉下 月海 - 芳根京子
イラストレーター志望の20歳の女の子。夢のために鹿児島から上京したが、専門学校に通うわけでも、イラストを売り込むわけでもなく、男子禁制アパート「天水館」で、オタク女子たちと一緒に楽しく暮らす。病死した母親と幼い頃に一緒に見たクラゲに「お姫さまのドレスみたい」と魅了されて以来、人生のほとんどをクラゲに費やしてきた生粋のクラゲオタク。外見に無頓着で自信もないため、化粧気はなく服装はほぼスウェット。

鯉淵 蔵之介 - 瀬戸康史
ファッション好きが高じて、女装まで行き着いてしまったオシャレ美男子。大物国会議員・鯉淵慶一郎の愛人の子で、将来政治家にしたいという慶一郎の意向から、鯉淵家に引き取られた。舞台女優だった母譲りの端麗な顔立ちで、付き合った女性は数知れないほどのプレーボーイ。月海に出会い、エリートやオシャレな人間たちとは全く違う世界を知り、月海に興味を抱く。

鯉淵 修 - 工藤阿須加
父である慶一郎の秘書として働きながら、政治家の道を継ぐべく将来を嘱望されている。過去のあるトラウマから女性が苦手になり、今まで付き合った女性は1人もいない“童貞エリート”。超が付くほどの真面目な性格。母から離されて鯉淵家に引き取られた腹違いの兄・蔵之介に対して、その悲しみを思い、小さい頃から大切にしてきた

ジジ - 木南晴夏

ばんば - 松井玲奈

まやや - 内田理央

千絵子 - 富山えり子

稲荷 翔子 - 泉里香

スタッフ
原作 - 東村アキコ『海月姫』(講談社『Kiss』所載)
脚本 - 徳永友一
編成企画 - 渡辺恒也
プロデュース - 小林宙
演出 - 石川淳一
制作 - フジテレビ / 共同テレビ


各話あらすじ
第1話 2018年1月15日「月9史上最も奇妙な三角関係!?人は誰でも自分のままで輝ける!」※初回15分拡大(21:00 〜 22:09)
 イラストレーターを夢見て鹿児島から上京した20歳の月海(芳根京子)は、クラゲをこよなく愛する‘オタク女子’。好きな分野が異なるオタク仲間たちと男子禁制のレトロな共同住宅「天水館」で暮らしながら、マニアックな青春を満喫していた。ある日、月海はひょんなことからおしゃれな女装男子・蔵之介(瀬戸康史)と知り合う。蔵之介の父・慶一郎(北大路欣也)は政治家で、兄弟もその秘書を務めるエリート・修(工藤阿須加)だった。

第2話 2018年1月22日「初恋の試練天水館が消滅!?尼〜ず最大の危機」
 修(工藤阿須加)のことが気になる月海(芳根京子)は、漫画のペン入れのアルバイト中も上の空。そんな中、天水館の水道管が破裂し、修理代20万円が必要になる。だが、実家からの仕送りに頼る月海たちに金はなく、遊びに来ていた蔵之介(瀬戸康史)はフリーマーケットや月海デザインの縫いぐるみ製作で金を稼がせる。その一方、修から天水館の周辺を取り壊す再開発計画を聞いた蔵之介は、計画を阻止してくるよう月海たちに促す。

第3話 2018年1月29日「初デート!暴かれたシンデレラの魔法とウソ」
 ある日、月海(芳根京子)は蔵之介(瀬戸康史)に背中を押され、修(工藤阿須加)と人生初のデートへ。緊張する月海は蔵之介に言われた通り、眼鏡を外して何とか修と会話をする。その頃、蔵之介は天水館で月海のデッサンのクラゲをモチーフとした服作りに挑む。食事中、眼鏡をかけた月海を見た修は、彼女が天水館のオタク女子だと気付き、動揺。彼の異変を気にしつつも帰宅した月海は、蔵之介らとクラゲの服作りに熱中することになる。

第4話 2018年2月5日「緊急出動!落ちこぼれ達が起こす大逆転劇!」
 蔵之介(瀬戸康史)に会おうとしてオシャレ人間が集まるクラブに迷い込んだ月海(芳根京子)ら‘尼〜ず’は、彼の友人・琴音(最上もが)から格好をばかにされ、改めて彼とは住む世界が違うと気付く。そんな中、蔵之介は琴音から、今度プロデュースするミュージックビデオにクラゲのドレスを使いたいと依頼される。そこで蔵之介は、別の衣装を天水館に持ち込み、これを基に3日で10枚のドレスを作ろうと月海らに話すが…。

第5話 2018年2月12日「一攫千金!ショータイムにかけた仲間の想いをつなげ!運命の決断」
 稲荷(泉里香)は、千絵子(富山えり子)の母で天水館の所有者・千世子(富山=2役)と買収の交渉をすべく韓国へ。それを知り絶望する月海(芳根京子)たち。慶一郎(北大路欣也)が今度のパーティーで再開発賛成を表明すると知った蔵之介(瀬戸康史)も焦り、パーティー当日にドレスのショーを開こうと月海らに提案。天水館を守るためこの案に乗った一同は、人形専門のドレス職人・ノムさん(安達祐実)を助っ人に、ドレス作りに励む。

第6話 2018年2月19日「第二章突入尼〜ず解散危機!愛と勇気の闘争」
 蔵之介(瀬戸康史)が女装姿で再開発反対を訴えたことでマスコミが騒ぐ中、蔵之介は注目を利用して、クラゲのドレスを売り込む。一方、月海(芳根京子)は修(工藤阿須加)から、蔵之介には内緒でドレスを1着注文したいと頼まれる。ドレスの注文が次々入り、奔走する月海ら‘尼〜ず’。だが、稲荷(泉里香)には頑張っても意味はないと言われ、蔵之介が連れてきた縫製会社の女性・ニーシャからも駄目出しを受け、落ち込んでしまう。

第7話 2018年2月26日
 鯉淵修(工藤阿須加)から告白された倉下月海(芳根京子)は大混乱。“尼〜ず”に相談出来ない月海は、蔵之介(瀬戸康史)に電話した。話を聞いた蔵之介はどういうつもりで言ったのかと修に尋ねる。すると修は交際を求めているのではなく、月海にプロポーズしようと思っていると突っ走ろうとしていた。いきなりそんなことをしたら月海がどうなるかわからないと、蔵之介は修を諌める。

各話視聴率


番組公式サイト
海月姫 - Wikipedia
タグ:海月姫

『海月姫 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
50音検索