2017年05月11日

残酷な観客達 TOP

『残酷な観客達』(ざんこくなかんきゃくたち)は、2017年5月18日から毎週木曜 0:59 - 1:29(水曜深夜)に日本テレビ系列で放送中の欅坂46のミステリー学園ドラマ。


概要
欅坂46主演、秋元康が企画・原作を担当し、脚本に第35回向田邦子賞を受賞した矢島弘一を迎えておくる本格ミステリードラマ。2016年に放送された「徳山大五郎を誰が殺したか?」(テレビ東京系)では、メンバー全員が自らの名前で登場人物を演じていたが、今回はそれぞれ役名があり、密室から脱出するためにさまざまなアピールを見せ続ける21人の女子高生たちを演じる。


ストーリー
舞台となるのは現代からさほど遠くない近未来。プライバシー優先のために教師や生徒の名前を開示しなくなった学校に通う女子高生21人が、突如、教室に閉じ込められる。残された1枚のタブレットは、なぜか彼女たちの様子を全世界に配信しており、教室を出るためにはタブレットの向こう側にいる見ず知らずの観客たちから多くの「いいね!」をもらわなくてはならない。

生徒たちそれぞれが得意なことでアピールを始めて「いいね!」を集めていくが、次第にその行動はエスカレート。奮闘するうちに、さまざまな友情と裏切りが交錯していく。


キャスト
生徒
葉山ゆずき – 平手友梨奈

永嶺みこ – 長濱ねる

石野紗英 – 石森虹花

岩本エレナ – 今泉佑唯

内村渚 – 上村莉菜

岡本優希 – 尾関梨香

温田遥 – 織田奈那

古賀奈緒 – 小池美波

小柳郁美 – 小林由依

坂本はな – 齋藤冬優花

佐野静香 – 佐藤詩織

椎名ケイト – 志田愛佳

杉崎凛 – 菅井友香

須原美空 – 鈴本美愉

長野楓花 – 長沢菜々香

橋本るな – 土生瑞穂

浜野楓 – 原田葵

望月琴 – 守屋茜

吉村梓 – 米谷奈々未

若本杏奈 – 渡辺梨加

和久綾乃 – 渡邉理佐

スタッフ
企画・原作 - 秋元康
脚本 - 矢島弘一
音楽 - 牧戸太郎
プロデューサー - 植野浩之
監督 - 矢島弘一、日暮謙
制作 - 八木元
企画制作 - 日本テレビ
制作プロダクション - イメージフィールド
製作著作 - 「残酷な観客達」製作委員会

主題歌 - 欅坂46「エキセントリック」


各話あらすじ
第1話 2017年5月17日 視聴率 3.1%
 教室に閉じ込められた21人の女子高生。教室のタブレット端末からその様子が全世界に配信されている状況で、葉山ゆずき(平手友梨奈)らは脱出を試みる。

第2話 2017年5月24日
 大衆から多くの「いいね!」をもらい次々とメンバーが脱出する。一方葉山ゆずき(平手友梨奈)らは取り残され、杉崎凛(菅井友香)は大衆にアイデアを乞う。

第3話 2017年5月31日
 葉山ゆずき(平手友梨奈)らは再び「いいね!」を獲得しなければならない状況に。一方、小柳郁美(小林由依)は、杉崎凛(菅井友香)が弾くピアノに心を打たれる。


番組公式サイト
残酷な観客達 - Wikipedia

『残酷な観客達 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

フランケンシュタインの恋 TOP

『フランケンシュタインの恋』(フランケンシュタインのこい)は、日本テレビ系「日曜ドラマ」枠にて、2017年4月23日から毎週日曜22時30分 - 23時25分に放送中。主演は綾野剛


概要
フランケンシュタインの物語を、現代の日本を舞台によみがえらせたオリジナルのラブストーリー。100年前に生み出された不老不死の“怪物”を綾野剛が演じ、人に触れられないある秘密を抱えた怪物が、人間に恋してしまう切ない恋模様が描かれる。

怪物が恋をする農学部の女子大学生・津軽継実を二階堂ふみ、怪物と友情を育みながらも、恋のライバルとなる大学院生・稲庭聖哉を柳楽優弥、聖哉のことが大好きな元ヤンキーの大工職人・室園美琴を川栄李奈が演じるなど、豪華キャストが織り成す“恋の四角関係”も見どころ。脚本は、NHK連続テレビ小説「てるてる家族」、「精霊の守り人」(NHK総合)などを手掛けた大森寿美男が担当する。


ストーリー 
100年前のある事件をきっかけに生み出された怪物(綾野剛)は、森の奥でひっそりと暮らしていた。永遠の命を持つ怪物は人間とは懸け離れた肉体を持っているが、その心は優しさに満ちあふれ、無理だと分かっていながらも、人間として暮らせる日を夢見ていた。

そんなある日、怪物はある出来事を機に女子大学生の津軽継実(二階堂ふみ)と出会い、恋に落ちる。しかし、怪物には人間とは触れ合えない“ある秘密”があった。触れたいけれど傷つけたくない。好かれたいけれど嫌われたくない…。関わることで抱き始めた人間への複雑な感情が、やがて怪物を苦しめていく。


キャスト
怪物
演:綾野剛
100年前に生み出された不老不死の肉体を持つ怪物。顔や体に大きな傷はあるが、一見、怪物には見えない。その心は人間に近く、むしろ人間よりも優しさにあふれている。ある出来事をきっかけに継実と出会い恋をするが、人間には触れられない“ある秘密”に苦しめられていく。

津軽継実
演:二階堂ふみ
大学で農学部に通い「菌」を研究する“リケジョ”。勉強一筋ではなく、そこそこ青春も楽しんできた。子どものころから体が弱く、死が隣にある日々を送ってきたことから、人生に対して冷めた目線を持っている。ある日、目の前に現れた“不思議な男”に心を奪われ、彼が怪物だとは気付かないまま恋に落ちる。

稲庭聖哉
演:柳楽優弥
継実と同じ大学の研究室に所属する大学院生。継実に恋心を抱く中、怪物と出会い、実家で彼と一緒に暮らすことになる。何かと怪物の世話を焼き、友情を育んでいくが、怪物と自分を比べてしまい、自分の方が「偽物の人間」と感じることも多く、落ち込んだり、嫉妬したりする人間臭い青年。

室園美琴
演:川栄李奈
不幸な家庭で育ち、家出した元ヤンキー。街をふらついていた時に稲庭の父に拾われ、大工職人として育てられる。ぶっきらぼうで気性が荒く、男勝りの言動が多いが、それは精いっぱい強がって1人で生きてきたため、心によろいをまとっているから。実は聖哉のことが好き。

天草純平
演:新井浩文
怪物が大好きなラジオ番組のリポーター。お悩み相談担当。怪物と出会い、その秘密を知る。怪物の恋の良き相談相手でもある。

稲庭恵治郎
演:光石研
聖哉の父。工務店の社長で腕はいい。人情味あふれる職人かたぎで、居場所のない人を拾ってきては、職人に育て上げたりしている。

鶴丸十四文
演:柄本明
農学博士で継実と聖哉の担当教授。怪物を研究していく。怪物の細胞を使えば、数多くの病気の治療に役立ち、人間が追い求めてきた「死のない世界」が手に入るかもしれないと考えるが…。

スタッフ
脚本 - 大森寿美男
チーフプロデューサー - 伊藤響
プロデューサー - 河野英裕 大倉寛子(AXON)
演出 - 狩山俊輔、茂山桂則(AXON)
音楽 - サキタハヂメ
キャラクターデザイン - 澤田石和寛
制作協力 - AXON
制作著作 - 日本テレビ

主題歌 - RADWIMPS「棒人間」
挿入歌 - Uru「しあわせの詩」


各話あらすじ
第1話 2017年4月23日「怪物は人間に恋をした!人を殺すかもしれない怪物と難病女性の歳の差100歳のラブストーリー!」 ※(22:00 〜 23:25)
 農学部の女子大生・津軽(二階堂ふみ)は、医学生とのコンパで酒を飲まされ、車で山へ連れ去られる。途中、森の中へ逃げ込んだ津軽は、突然現れた謎の影に助けられる。翌日、自分の身体に付着していた珍しいキノコに気付いた津軽は、教授・鶴丸(柄本明)と大学院生・稲庭(柳楽優弥)に新種かもと話し、再び森へ。そこで津軽は男性に見える影(綾野剛)と再会し、「僕は人間じゃない」という彼からその素性を聞き出そうとする。

第2話 2017年4月30日「危険な肉体!早く人間になりたい」
 津軽(二階堂ふみ)と稲庭(柳楽優弥)は、稲庭工務店の近くで津軽の姉・晴果(田島ゆみか)が倒れているのを発見。晴果の体にはキノコが群生していた。津軽は、そこに現れた深志研(綾野剛)の仕業かと疑うが、深志研は謎めいた言葉を話すのみ。いら立った津軽は稲庭と一緒に晴果を病院に運び、医師からアレルギーの症状ではと言われる。一方、森の家に戻った深志研はサキ(二階堂=2役)と出会った120年前のことを思い出す。

第3話 2017年5月7日「120年の愛泣いた怪物…」
 津軽(二階堂ふみ)は叶枝(木野花)から、大学がある場所に昔何かの研究所があったと聞き、調べることに。一方、深志研(綾野剛)は稲庭(柳楽優弥)に頼み、「人間を殺すかもしれない怪物は、人間に恋をしてはいけないのでしょうか」という悩みを、天草(新井浩文)のラジオ番組に投稿してもらう。翌日、深志研は恵治郎(光石研)らと建築現場の家へ。津軽らも現れる中、いつものラジオ番組が始まり、深志研の悩みが採用される。

第4話 2017年5月14日「涙!世界で一番衝撃的な愛の告白」
 日曜日、深志研(綾野剛)は人間について学ぶため津軽(二階堂ふみ)と出掛ける。深志研に会いに来て空振りに終わった稲庭(柳楽優弥)は、恵治郎(光石研)らから気を回される。一方、公園などで人々が楽しむ様子を観察した深志研と津軽は大学へ行き、子どもの頃に津軽が母と訪れた古い地蔵の前へ。そこで津軽が病気で短命だということを聞かされた深志研は、再び天草(新井浩文)の悩み相談に投稿して大事な人の命を守る方法を聞く。

第5話 2017年5月21日「毒親に殴り込み!!ついに両想いへ」
 稲庭(柳楽優弥)はラジオ投稿者の「フランケンシュタイン」に興味を持つ天草(新井浩文)と牛久(森岡龍)に会ってその意図を探り、投稿者が本物の怪物なのだと話す。一方、津軽(二階堂ふみ)からうそをついて普通の人のふりをするよう教わった深志研(綾野剛)は、晴果(田島ゆみか)と叶枝(木野花)を紹介される。そんな折、稲庭から天草が自分に会いたがっていると聞いた深志研は喜び、津軽と稲庭が見守る中、天草と対面する。

第6話 2017年5月28日「好きな人を守るための3つの戦い」
 深志研(綾野剛)が天草(新井浩文)のラジオ番組に「フランケンシュタイン」というラジオネームで出演した。津軽(二階堂ふみ)は心配しながら稲庭(柳楽優弥)や鶴丸(柄本明)と大学の研究室でラジオを聴く。すると本番中、深志研は自分が人間ではないと告白し始める。津軽らは焦るが、十勝(山内圭哉)らは相手にしない。さらに深志研は、もっと人間を知りたいと話し、天草も深志研にメッセージを送るようリスナーに呼び掛ける。

第7話 2017年6月4日
 深志研(綾野剛)が本物の怪物だと知った天草(新井浩文)。一方、深志研から生まれた新種のキノコを調べた鶴丸(柄本明)は、人と生きることでさまざまな感情が生まれ、このキノコのような形で出現していくと説明。それを聞いた深志研は、津軽(二階堂ふみ)といるのが怖くなる。そんな中、鶴丸から深志研を利用しないよう頼まれる天草だが、公開生放送に彼を出演させろとプロデューサーの湯河原(黒田大輔)に言われてしまう。

各話視聴率


番組公式サイト
フランケンシュタインの恋 - Wikipedia

『フランケンシュタインの恋 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

櫻子さんの足下には死体が埋まっている TOP

2017年4月23日から、フジテレビ系「日曜21時枠ドラマ」(週日曜 21:00〜21:54)にて放送中。初回15分拡大。主演は観月ありさ。


原作概要
『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(さくらこさんのあしもとにはしたいがうまっている)は、太田紫織によるミステリ小説。表紙イラストは鉄雄が担当している。

元々は2012年に書籍投稿コミュニティ『E★エブリスタ』に掲載されたWEB小説。同年、『E★エブリスタ 電子書籍大賞ミステリー部門』(角川書店)優秀賞を受賞し、2013年2月23日に角川文庫より書籍化された。第2巻以降は書き下ろしで、既刊11巻が刊行されている(2017年3月現在)。

2015年2月24日にテレビアニメ化。同年10月より12月まで放送された。また、漫画版(作画:水口十)が『ヤングエース』(KADOKAWA)にて2015年8月号から連載されている。


ドラマ概要
2012年に小説投稿サイト「エブリスタ」に掲載されたウェブ小説で、シリーズ累計100万部を突破した人気ミステリー小説が原作。美人で名家のお嬢さまにして、三度の飯より「骨」を愛する標本士の九条櫻子が、法医学・自然人類学の豊富な知識と類いまれなる観察眼によって、数々の難事件を解決していくさまを描く。

主人公の櫻子を演じるのは、今作が26年連続の連続ドラマ主演作にして連ドラ主演30作品目となる観月ありさ。共演は、Kis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔、高嶋政宏、新川優愛、上川隆也ら。


ストーリー 
九条櫻子(観月ありさ)は、日本に数人しかいない骨格標本を組み立てる標本士。博物館や研究・教育機関からの依頼を受け、日々動物の骨の組み立てを行っている。そんな櫻子のところに、博物館の職員・館脇正太郎(藤ヶ谷太輔)が訪れる。

櫻子と正太郎は、とある骨の謎を探るべく山を訪れ、そこで人間の白骨死体を発見する。櫻子が見つけた白骨死体は誰のものなのか、なぜその場所が分かったのか? 櫻子が、骨からの声をもとに独自の目線で謎を解き明かす。


キャスト
九条 櫻子
演 - 観月ありさ
骨格標本専門の標本士。名家のお嬢さまで美人だが、口調は男勝りで、他人の目を気にせず歯に衣(きぬ)着せぬ発言をする。三度の飯より「骨」を愛し、美しい骨をめでるのが何よりも好き。法医学・自然人類学の豊富な知識、類いまれなる観察眼を武器に、骨から難事件を解決する。

館脇 正太郎
演 - 藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)
博物館の職員。大学の就職課の紹介で何とくなく就職したため、博物館の展示物や剥製に興味もなく、気味が悪いとすら思っている。ひょんなことから新たな仕事を命じられ、櫻子と出会う。

志倉 愛理
演 - 新川優愛
正太郎の同僚。昔から化石が大好きで、大人になったら博物館か科学館に勤めたいと思っていた。櫻子のことを苦手に思い恐れているが、徐々に櫻子のシュールな魅力にはまっていく。

山路 輝彦
演 - 高嶋政宏
刑事。上昇志向があり正義感の強い男。事件現場でたびたび遭遇する櫻子に、妙に興味をひかれてしまう。最初は迷惑を掛けられるだけだと思っていたが、次第に櫻子の知識を頼りにするようになる。

磯崎 齋
演 - 上川隆也
学芸員で、正太郎と愛理の先輩。櫻子のことを変人呼ばわりし、煙たがっているように振る舞うが、その才能や知性を認めている。好奇心からさまざまな実験をし、植物に関する研究を行っており、植物の専門家として櫻子と正太郎をサポートする。プライベートは謎に包まれている。

近藤 卓也
演 - 細田善彦

谷上 和裕
演 - 近藤公園

杉森 重男
演 - 渡辺憲吉

新井 隆太
演 - 田中聡元

沢 梅
演 - 鷲尾真知子

スタッフ
原作 - 太田紫織『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(エブリスタ / 角川文庫)
脚本 - 山岡潤平
音楽 - 菅野祐悟
編成企画 - 稲葉直人(フジテレビ)
プロデュース - 森安彩(共同テレビ)
演出 - 佐藤祐市、山内大典
制作 - フジテレビ
制作著作 - 共同テレビ


各話あらすじ
第1話 2017年4月23日「変人!偏屈!骨好き女現る!」 ※初回15分拡大(21:00 〜 22:09)
 3度の飯より骨が好き’な名家の令嬢・櫻子(観月ありさ)は、動物の骨を組み立てるプロの「標本士」。「自然の森博物館」の新人職員・正太郎(藤ヶ谷太輔)は、櫻子が完成させた標本を受け取って来るよう命じられた。恐がりの正太郎が、標本だらけの室内でびくついていると、櫻子が先日預かったキツネの骨の発見現場に案内しろと言い出す。そして、同僚の愛理(新川優愛)に教えられた森に案内すると、そこには白骨遺体が…。

第2話 2017年4月30日「傷ついた迷子の少女を救え!」
 正太郎(藤ヶ谷太輔)は、櫻子(観月ありさ)宅からの帰途、コンビニの前ではだしの女の子(吉澤梨里香)と遭遇。迷子の通報をし、櫻子の家で山路(高嶋政宏)たちの到着を待つことに。そんな中、櫻子は女の子が左手首を骨折後、しかるべき処置がされていないことに気付く。さらに、背中に引っかき傷もあり、母親による虐待の可能性が浮上した。翌日、女の子の家が判明し、送って行った櫻子と正太郎は、室内の状況に息をのむ。

第3話 2017年5月7日「届け!恩師が遺した骨と想い」
 高校時代の恩師・佐々木(モロ師岡)が他界し、櫻子(観月ありさ)は遺族から数多くの標本を託される。博物館の磯崎(上川隆也)や正太郎(藤ヶ谷太輔)らが仕分けを手伝うが、その中に火葬された人骨が見つかり、添えられた紙片には和歌と「玲子」という名前が記されていた。一方、博物館に櫻子の名前で注文された大量の弁当が届き、インターネットの掲示板に櫻子の悪口が書き込まれる。それは、高校生・入山(浦上晟周)の仕業で…。

第4話 2017年5月14日「豪邸殺人!私は骨になりたい」
 櫻子(観月ありさ)や正太郎(藤ヶ谷太輔)たちは、博物館のオーナー・清治郎(佐々木勝彦)の娘で同館代表・薔子(富田靖子)に依頼され、清治郎の誕生日を祝うため、前日から屋敷へ。清治郎の妻・君子(島かおり)、薔子の兄、妹夫婦、弟も顔を揃える中、清治郎が突如、明日、来季の事業計画のプレゼンをするよう命じ、結果次第で遺産の配分を決めると宣言した。翌朝、清治郎が遺体で見つかり、きょうだい間で犯人捜しが始まる。

第5話 2017年5月21日「元教師、悲しき過去との対決」
 正太郎(藤ヶ谷太輔)は、仕事を休んだ磯崎(上川隆也)が、元教え子について聞いて回る場面に遭遇。櫻子(観月ありさ)と自宅を訪ねると、磯崎は重い口を開く。高校教師だった5年前、クラスに一重(中村ゆりか)、二葉(三浦透子)、三奈美(山谷花純)の仲良し3人組がいたが、二葉が失踪。磯崎は責任を感じて退職した。そして、一昨日、突然電話してきた一重に、連絡がつかないという。櫻子は、手掛かりは三奈美にあるとにらむ。

第6話 2017年5月28日「消えた骨!教え子が隠す真実」
 櫻子(観月ありさ)は、法医学者の叔父が20年前、自殺とされた事件に疑いを抱き、刑事だった山路(高嶋政宏)の亡弟も同様に考えていたと知る。その遺体からは「蝶形骨」が奪われていた。一方、一重(中村ゆりか)たちが二葉(三浦透子)を埋めた現場で発見された別の遺体にも「蝶形骨」がなく、山路は20年前の事件との関連を疑う。そんな中、正太郎(藤ヶ谷太輔)は三奈美(山谷花純)から、高校時代のあるエピソードを聞く。

第7話 2017年6月4日
 刑事の近藤(細田善彦)は、小学校の同級生で作曲家の藤岡(「ジョンミョン)と再会。藤岡が‘呪い’のせいで死期が近いと言うのを聞いた近藤は、正太郎(藤ヶ谷太輔)に櫻子(観月ありさ)を連れてくるよう頼む。櫻子に「呪いなんてない」と断言してほしいという。藤岡は櫻子たちに、叔父が半年前に亡くなる直前、家系にまつわる呪いを口にしたと話し、藤岡の会社の共同経営者・新谷(隈部洋平)は、藤岡家の死亡リストを見せる。

各話視聴率


番組公式サイト
櫻子さんの足下には死体が埋まっている - Wikipedia

『櫻子さんの足下には死体が埋まっている TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小さな巨人 TOP

『小さな巨人』(ちいさなきょじん)は、TBS系「日曜劇場」枠で2017年4月16日から毎週日曜21時 - 21時54分に放送中。初回25分拡大。主演は長谷川博己。


概要
今までにはないリアルな警察官の姿を描く、警察エンターテインメントドラマ。警視庁のノンキャリアの最高峰である捜査一課長を目指す刑事・香坂真一郎役で長谷川博己が主演。たった一つのミスで捜査一課から所轄の刑事に左遷された香坂が、出世街道から外されながらも自らが信じる“正義”を貫き、“悪”と対峙していく姿が描かれる。


ストーリー 
警視庁捜査一課の刑事・香坂真一郎(長谷川博己)は、今年3度目の捜査本部事件を解決。その“祝勝会”が行われた料亭の前で、中小企業社長の中田隆一の飲酒運転を疑い、取り調べの際にその車に傷をつけてしまう。

翌朝、大手ニュースサイト・ゴーンバンクに「飲酒状態の刑事、車を破損」という記事が掲載され、警察の名誉を傷つけたとして所轄署への異動を命じられる。左遷されて早々に、ゴーンバンクの社長・中田和正の誘拐事件が発生するが、香坂は捜査一課で部下だった山田春彦(岡田将生)から「所轄は後方支援」と冷たく言い放たれてしまう。


キャスト
香坂 真一郎
演 - 長谷川博己
警視庁捜査一課のエースで、未来の捜査一課長を嘱望されていた刑事。しかし、ある日、三笠と会食をした後に行った取り調べの際に犯したたった一つのミスにより、所轄の刑事に左遷される。捜査一課への返り咲きを狙う。

山田 春彦
演 - 岡田将生
警視庁捜査一課の刑事。香坂の元部下で、捜査一課長・小野田の車の運転担当。ノンキャリアだが、警察庁次官から内閣官房副長官に上り詰めたキャリアの父親を持つ。

小野田 義信
演 - 香川照之
警視庁捜査一課長。高卒のノンキャリだが、たたき上げで事件現場の最高指揮官である捜査一課長までのぼりつめた実力の持ち主。対立する三笠のお抱えである香坂を自分の部下に引き入れたのは、優秀な道具だと認めたため。しかし、香坂が左遷される要因となる証言をし、関係に亀裂が生じる。

警視庁芝警察署
渡部 久志
演 - 安田顕
所轄署の刑事で、香坂の異動先の同僚。出世に興味がなく、現場たたき上げで単独行動が多い。香坂とたびたび衝突する。

中村 俊哉
演 - 竜星涼
若手刑事。

三笠 洋平
演 - 春風亭昇太
前警視庁捜査一課長。自らと同じ警務畑を歩む香坂をかわいがり、高く評価する。現在は、所轄署の署長を務める。

警視庁本庁
三島 祐里
演 - 芳根京子
警視庁の新任職員。警察犬のブリーダーに憧れて入庁したが、志望とは異なる警務部人事課に配属された。昇任試験の問題の準備や採点の補助、人事案の整理の仕事を行っている。警察内部の人事情報に精通することで、ある決意をする。

藤倉 良一
演 - 駿河太郎
刑事・捜査一課長。

柳沢 肇
演 - 手塚とおる
警視庁警務部監察官。

その他
香坂 敦史
演 - 木場勝己
香坂真一郎の父。

中田 和正
演 - 桂文枝
IT企業・ゴーンバンク社長。

スタッフ
監修 - 福澤克雄
脚本 - 丑尾健太郎、八津弘幸
プロデューサー - 伊與田英徳、飯田和孝
演出 - 田中健太、渡瀬暁彦
製作著作 - TBS


各話あらすじ
第1話 2017年4月16日「新警察ヒーロー誕生敵は味方のフリをする裏切り上司を倒せ!!」※初回25分拡大(21:00 〜 22:19)
 警視庁捜査一課強行班1係長の香坂(長谷川博己)は、今年三度目の捜査本部事件を解決する活躍をみせていた。その祝勝会と称して、前捜査一課長で今は所轄の署長をしている三笠(春風亭昇太)と料亭で会食していると、どこで聞きつけたのか現捜査一課長・小野田(香川照之)が現れる。三笠と小野田は優秀な部下の香坂を評価しているという共通点はあるが、互いの捜査理論の違いから腹の底ではいがみあっていた。

第2話 2017年4月23日「所轄刑事としての覚悟!隠ぺいされた真実を暴く!」 ※15分拡大放送 「ボクシングW世界戦!井岡VSノクノイ タパレスVS大森」が延長のため、開始時間変更 (21:15 〜 22:24)
 捜査一課によって誘拐犯・風見(長江英和)が逮捕され、IT企業社長・中田(桂文枝)の誘拐事件は幕が下りようとしていた。署長・三笠(春風亭昇太)が小野田(香川照之)に頭を下げたことで、香坂(長谷川博己)ら所轄署の刑事は処分を免れる。だが、香坂はこの誘拐事件にはまだ裏があると考え、三笠を通じて捜査一課と対立する捜査二課の協力を仰ごうとする。香坂の動きを知った小野田は、山田(岡田将生)に香坂の件を一任する。

第3話 2017年4月30日「警察に裏切り者が!あの上司に一喝!! 」
 所轄署の香坂(長谷川博己)と渡部(安田顕)は、風見の娘を殺害した真犯人として、中田(桂文枝)の息子・隆一(加藤晴彦)に目を付ける。だが、三笠(春風亭昇太)は後は捜査一課に任せるよう忠告する。そんな中、捜査一課が所轄署に同事件の捜査協力を求めてくる。態度を一変させた小野田(香川照之)を、香坂は不審に思う。捜査会議では、事件の最重要人物として隆一の名前が挙がる。一方、事件当日の隆一にはアリバイがあった。

第4話 2017年5月7日「捜査一課長を逮捕!?上司との直接対決!」
 隆一(加藤晴彦)のアリバイを証言したバーのオーナー・アリサ(佐々木希)が姿を消し、香坂(長谷川博己)と山田(岡田将生)は、小野田(香川照之)が中田(桂文枝)・隆一親子と内通していたと確信。だが、彼らが最近接触した事実は見つからない。そこで香坂は、誘拐事件を取材する新聞記者・佐川(好井まさお)に警察しか知らない情報を流す。世間を騒がせ、事態収集のために中田側と小野田が再び接触した場を押さえる作戦だった。

第5話 2017年5月14日「裏切り上司を100%、クロにする!芝署編、完結!」
 中田(桂文枝)、隆一(加藤晴彦)親子と内通していたのは三笠(春風亭昇太)だった。香坂(長谷川博己)と山田(岡田将生)は、小野田(香川照之)に疑いの目を向けたことを謝罪する。だが、小野田は隆一に関する今後の捜査は全て捜査一課が取り仕切ると宣言し、所轄は指示があるまで待機するよう命じる。そんな中、香坂らは、三笠が隆一の殺人の証拠を隠し持っていると考え、独自に三笠の周囲を洗うが、手掛かりは全くつかめない。

第6話 2017年5月21日「豊洲署編突入!悪徳理事長率いる学園の闇に迫る!」
 東京・芝署から豊洲署の刑事課に異動した香坂(長谷川博己)。そこには警視庁人事課から来た祐里(芳根京子)や、やはり異動してきた山田(岡田将生)もいた。ある日、香坂らは失踪した男性の捜索を始める。男性は私立学校「早明学園」で経理課長を務めており、学園の専務・富永(梅沢富美男)は元警視庁捜査一課長。富永は香坂の父・敦史(木場勝己)を所轄へ異動させた過去があり、小野田(香川照之)を一課長に引き上げた人物だった。

第7話 2017年5月28日「学園最大の闇は天下り!?不正に警察が関与?」
 山田(岡田将生)が、「早明学園」を内偵捜査中だった警察官・江口(ユースケ・サンタマリア)を殺害した容疑で身柄を拘束された。山田は容疑を否定し、現場から逃げた人物がいたと証言する。小野田(香川照之)率いる捜査一課は豊洲署に特別捜査本部を設置。現場からは第三者の毛髪が発見され、その人物を容疑者として指名手配する。一方、香坂(長谷川博己)は一課の報告と、以前、山田から聞いていた情報との食い違いに気付く。

第8話 2017年6月4日
 小野田(香川照之)が、任意同行した富永(梅沢富美男)をあっさり釈放した。取り調べの途中、富永の無罪を示す新たな証拠が提出されたためだという。小野田は改めて横沢(井上芳雄)を、江口(ユースケ・サンタマリア)の殺害容疑で指名手配。香坂(長谷川博己)ら所轄刑事も捜査に加わることになる。家族を優先する横沢は妻・亜美(中村アン)と接触する可能性が高く、彼女に信頼されている祐里(芳根京子)が見張り役を命じられる。

各話視聴率


番組公式サイト
小さな巨人 (テレビドラマ) - Wikipedia
タグ:小さな巨人

『小さな巨人 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

架空OL日記 TOP

2017年4月15日から毎週土曜日の1:29 - 1:59に読売テレビにて放送中。

huluでは未放送部分を含んだオリジナル版に加え、その後を描いたスピンオフを配信。


原作概要
『架空OL日記』(かくうオーエルにっき)は、バカリズムによる書籍。バカリズムが2006年からアメーバ公式ブログ『架空升野日記』において、OLになりきって架空の日常を綴ったブログを書籍化したものである。2013年に小学館文庫から2巻を発行。


ドラマ概要
バカリズムが銀行勤めのOLのふりをして、インターネット上にこっそりつづり書籍化もされた“伝説のブログ”を、本人の脚本・主演で連続ドラマ化。銀行の一般職OLとして働く升野英知にバカリズムがそのまま扮し、4人の仲良しOL仲間と共に、更衣室や休憩室で上司の愚痴・美容・恋愛話などを繰り広げる。

ブログを読んでいた誰もが本物のOLだとだまされ、「女心が分かり過ぎている」と話題となった怪作。OLたちの“あるある爆笑トーク”や、日常の中で起こる“プチ事件”の数々がコミカルに描かれる。仲良しのOL仲間役には、夏帆、臼田あさ美、佐藤玲、山田真歩が共演する。


ストーリー 
アフターファイブは化粧品売り場をチェックし、“締めのラーメン”に後悔してジムに行くけれど、おなかはポッコリのまま…。そんな、ちょっとズボラなOL・升野英知(バカリズム)と4人のOL仲間は大の仲良し。

英知の同期で、ジム通いをし過ぎて腹筋が割れ、スタッフに間違われるほどの藤川真紀(夏帆)、男前な先輩・小峰智子(臼田あさ美)、細か過ぎる先輩・酒木法子(山田真歩)、天然過ぎる後輩・五十嵐紗英(佐藤玲)らと共に、更衣室や休憩室で日々、よもやま話に花を咲かせて、ゆる〜い“事件”に巻き込まれていく。


キャスト
升野英知 - バカリズム
入社5年目の銀行一般職OL。彼氏なしの実家住まい。ゲームと食べることが好きで、何かとややズボラ気味な24歳。

藤川真紀 - 夏帆
升野の同期で親友。通称・マキちゃん。彼氏ありの実家住まい。気が付けば腹筋が六つに割れんばかりの勢いでジムに通っているなど、ストイックな性格。

小峰智子 - 臼田あさ美
入社7年目になる升野の先輩。通称・小峰様。上司にも物怖じせずハッキリ意見を述べ、後輩の面倒見もいい頼れる先輩。彼氏ありで実家住まい。

五十嵐紗江 - 佐藤玲
入社2年目の升野の後輩。通称・サエちゃん。漫画好きの天然な妹キャラで、彼氏なしの実家住まい。

酒木法子 - 山田真歩
入社10年目の29歳。規律に細かく、家庭的でしっかり者だが、現在、彼氏は募集中。特技はボウリング。

スタッフ
原作・脚本:バカリズム「架空OL日記1」「架空OL日記2」(小学館文庫刊)
主題歌:吉澤嘉代子「月曜日戦争」
企画協力:マセキ芸能社
監督:住田崇
制作プロダクション:AOI Pro.
製作著作:2017「架空OL日記」製作委員会(読売テレビ/Hulu/AOI Pro./ジェイアール東日本企画/ティップネス/C Channel/ポニーキャニオン/ローソンHMVエンタテイメント)


各話あらすじ 平均視聴率 1.02%
第1話 2017年4月15日 視聴率 1.4%
 升野(バカリズム)、マキ(夏帆)、小峰(臼田あさ美)、サエ(佐藤玲)、酒木(山田真歩)は仲良しOL5人組。金曜日の仕事終わりに悪夢は突然訪れた。会社帰りに更衣室で5人が雑談していると、マキがお金を出し合って買ったハロゲンヒーターがつかなくなっていることに気付く。それは寒がりなOLにとって死を意味していた。うちひしがれながら帰宅し、週明けに出社すると…。

第2話 2017年4月22日 視聴率 0.8%
 食堂でお昼休憩をとる升野(バカリズム)、マキ(夏帆)、サエ(佐藤玲)。本日の話題は、副支店長がメガネからコンタクトに替えたこと。出るわ出るわ悪口のオンパレードで盛り上がる3人。そして仕事終わり、3人は、小峰(臼田あさ美)の副支店長への対応を聞かされ大感心する。その後、升野・マキ・サエはジムへ。ちなみに3人でジムに来るとマキだけは別メニュー。その訳は…

第3話 2017年4月29日 視聴率 0.5%
 お昼休みに升野(バカリズム)とマキ(夏帆)が食堂に行くと、何やらサエ(佐藤玲)が怒っている。メニュー表を見ると、今日はチーズハンバーグのはずが、食堂の手違いで翌日のメニューと入れ替わることに。法事で明日お休みのサエはチーズハンバーグを食べられず…そんなサエを慰めようと、小峰(臼田あさ美)、酒木(山田真歩)も加わり、5人でおいしい洋食屋へ行くことに。しかしそこでのサエがとった驚異の行動に一同あ然…。

第4話 2017年5月6日 視聴率 0.7%
 升野(バカリズム)が出社すると、更衣室では本日お昼の食堂メニューである酢豚について、「そもそも酢豚にパイナップルが入っているのがありかなしか」で激論が交わされていた。そんな中、なぜかサエ(佐藤玲)の元気がない。その理由に升野とマキ(夏帆)があぜんとする。

第5話 2017年5月13日 視聴率 1.0%
 給湯室でお茶の用意をする升野(バカリズム)は、お茶っ葉が切れていることに気付く。補充されていないことにいら立つ升野は、誰が犯人か疑い始める。

第6話 2017年5月20日 視聴率 1.7%
 升野(バカリズム)が仕事を終えて、更衣室に戻ると自分のロッカーの前に二つの紙袋があった。片方の紙袋には靴とバッグで、これは数日前に派遣の阿部さんが結婚式に出るということで貸したものだ。もう一つはディオールの紙袋で、その中には新品のグロスが入っていた。阿部さんがお礼に買ってくれたものだと思い、自宅に持ち帰って意気揚々とグロスを試す升野だが…。

第7話 2017年5月27日
 給湯室で副支店長とすれ違いざま「あれ?ちょっとふっくらした」と声をかけられた升野(バカリズム)。ショックを受けた升野は仕事終わり、更衣室で皆にダイエットを宣言する。サエ(佐藤玲)も便乗し、2人は「とにかく食べない!」と主張。そんな2人を小峰が巧みな言葉で焼肉に誘い出すが、果たして…

第8話 2017年6月3日
 升野(バカリズム)らが入院したゆみ(田原可南子)の見舞いに行く計画を。一番早く見舞いたい上司・柏原の思惑を察した小峰(臼田あさ美)はあることを伝える。


番組公式サイト
架空OL日記 - Wikipedia
タグ:架空OL日記

『架空OL日記 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(8) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マッサージ探偵ジョー TOP

『マッサージ探偵ジョー』(マッサージたんていジョー)は、2017年4月9日(8日深夜)からテレビ東京系で毎週日曜0時20分 - 0時50分に放送中のサスペンスコメディドラマ。主演は中丸雄一で、テレビ東京土曜ドラマ24の主演をジャニーズ事務所所属タレントが務めるのは初めて。


概要
KAT-TUNの中丸雄一が主演を務めるサスペンスコメディー。中丸扮する、卓越したマッサージ技術と情報収集能力を持つ出張マッサージ師・矢吹原丈(通称・ジョー)が、毎回仕事先で殺人事件に遭遇し、驚異的なマッサージスキルで関係者の心を解きほぐし、「マッサージでそこまで分かっちゃうの?」と思わずツッコミを入れたくなる名推理を展開。事件の謎を解決していく。


ストーリー 
ジョーこと矢吹原丈(中丸雄一)は、偶然知り合ったマッサージ店「ほぐす堂」の店主・エコ婆(倍賞美津子)の勧めで、「ほぐす堂」の出張専門マッサージ師として働いていた。

ある日、ジョーが施術した婦人の夫が殺害されるという事件が起き、風変わりな刑事・金石徹(小澤征悦)とその部下・加藤虎雄(和田正人)からジョーは犯人と疑われてしまう。同僚の新米マッサージ師・亜久里葉子(小芝風花)に促されたジョーは、自らの疑いを晴らすため、卓越したマッサージ技術と観察力を駆使して、事件の謎を解いてみせる。

それ以来、ジョーは毎回、出張先で奇妙な殺人事件に巻き込まれ、そのたびに意外な才能を発揮するようになる。


キャスト
矢吹原丈(ジョー)
演 - 中丸雄一
ほぐす堂の従業員。人間嫌いでコミュ障。マッサージによってあらゆるカラダの情報を入手する能力がある。

阿久里葉子(アグリ)
演 - 小芝風花
ほぐす堂の新人従業員。明るくて好奇心旺盛。

加藤虎雄(タイガー)
演 - 和田正人
警視庁捜査一課の刑事でマネーの部下。生真面目。

金石徹(マネー)
演 - 小澤征悦
警視庁捜査一課の刑事。正義感が強いストレートな男。

エコ婆
演 - 倍賞美津子
ほぐす堂の店主。

西藤吉
演 - 与座よしあき
出張マッサージ店「ほぐ師堂」の従業員。おっとりしている。

青山広松
演 - 三河悠冴
ほぐ師堂の従業員。アイドルおたく。

スタッフ
脚本 - 井上テテ、政池洋佑
監督 - 根本和政、瀧悠輔
チーフプロデューサー - 浅野太
プロデューサー - 稲田秀樹(テレビ東京)、小松幸敏(テレビ東京)、村上公一(ROBOT)
制作協力 - ROBOT
制作著作 - テレビ東京


各話あらすじ 平均視聴率 2.30%
第1話 2017年4月8日「事件のツボ」 視聴率 2.4%
 エコ婆(倍賞美津子)のマッサージ店「ほぐす堂」で働く出張マッサージ師・ジョー(中丸雄一)は腕はいいが人間嫌い。ある日、ジョーは、美容クリニック院長・太田(児玉貴志)の妻・彩愛(横山めぐみ)の出張マッサージへ。翌日、刑事のマネー(小澤征悦)とタイガー(和田正人)が店へ来て、太田が自宅で殺されたと話す。彩愛の不倫相手と疑われ、犯人扱いされたジョーは、容疑者が集められる中、全員をマッサージしたいと言い出す。

第2話 2017年4月15日「嫉妬のツボ」 視聴率 2.6%
 女子高校の新体操部へ出張マッサージに行ったジョー(中丸雄一)は少女たちを前にして動揺するが、何とか施術を終える。その夜、新体操部のエース・翔子(小松美月)が殺される。不思議なことに遺体の首には2回締められた痕があった。ジョーは刑事・マネー(小澤征悦)と謎解き勝負をすることになる。やがて、翔子や元エース・みどり(吉本実憂)らの間にレギュラーの座を巡るライバル同士の嫉妬があった可能性が浮上する。

第3話 2017年4月22日「アイドルのツボ」 視聴率 2.6%
 ジョー(中丸雄一)はアイドル・志帆(光宗薫)の出張マッサージに。施術を終えマンションから出てきた2人の様子を、カメラマン・貝沼(戸田昌宏)がスクープし、熱愛報道で大騒ぎになる。そんな中、志帆のマネジャー・大林(平原テツ)が、棒状の凶器で胸を一突きにされ、殺害された。不仲だった志帆、志帆のストーカー、そして交際相手としてジョーも容疑を掛けられる。

第4話 2017年4月29日「嘘のツボ」 視聴率 2.1%
 ジョー(中丸雄一)は、ミュージカルスター夫妻の海斗(郭智博)と亜紀(白羽ゆり)の元へ出張マッサージに行き、突然、歌い始める2人に圧倒される。程なく、海斗が毒殺されてしまう。時間のトリックが仕掛けられた巧妙な殺人で、ジョーはまたしても探偵業に駆り出されることに。そんなジョーたちの目前で、亜紀とマネジャー・希恵(滝沢沙織)が壮絶なバトルを繰り広げる。

第5話 2017年5月6日「恐怖のツボ」 視聴率 1.8%
 エコ婆(倍賞美津子)の計らいで、「ほぐす堂」の従業員は温泉旅行へ。ジョー(中丸雄一)の療養が目的だが、向かう車内では、アグリ(小芝風花)らが大声で歌い、ゲームで盛り上がる。なぜか刑事のマネー(小澤征悦)とタイガー(和田正人)もいて、ジョーがうんざりするほど騒がしい。怪しげな旅館に着いた一行の前に、男性の名前を呼びながらうろつく奇妙な女性(紺野まひる)が現れる。

第6話 2017年5月13日「記憶のツボ」
 旅館で寝ていたジョー(中丸雄一)たちが目を覚ますと、隣に見知らぬ男性の刺殺体があった。一同は地元の刑事・竜(石井正則)に問い詰められるが、昨晩はジョーの誕生日祝いをしたこと以外、泥酔していて誰も覚えていない。監視カメラに残っていた映像から「この中に犯人がいる」と追及を強める竜を、ジョーは思わず、つぼを押して気絶させてしまう。ジョーたちは、意識がない間に起きた事件の真相をつかもうとする。

第7話 2017年5月20日「料理のツボ」
 東京・銀座の人気ホステス・愛(ちすん)からジョー(中丸雄一)に出張マッサージの依頼が入る。普段は‘延長歓迎’のエコ婆(倍賞美津子)からなぜか「今日は予定の施術だけ」とくぎを刺されたジョーだが、愛から延長を頼まれ承諾してしまう。ところが、そこへ愛の交際相手の闇金融業者・鬼島(大河内浩)が帰ってくる。嫉妬深い鬼島は「殺してやる」とジョーにドスを突き付ける。

第8話 2017年5月27日「強盗のツボ」
 「ほぐす堂」近くの銀行で強盗事件が発生し、ジョー(中丸雄一)たちはテレビで様子を見ていた。被害はなかったが、犯人は凶器を持ったまま逃走した。すると突然、入り口が開き、逃走中の銀行強盗が店内へ。犯人はサブマシンガンを放ち、ジョーたちを驚かせる。銃声を聞いたマネー(小澤征悦)ら警察官が店を取り囲む中、強盗はジョーたちに銃口を向け、金銭を要求する。そんな中、アグリ(小芝風花)は強盗の不審な行動に気付く。

第9話 2017年6月3日「ライバルのツボ」※「世界卓球×全仏オープンテニス」中継により放送時間の変更・休止の可能性があります。
 ジョー(中丸雄一)の噂を聞いた夫婦が、娘がいじめられているかもしれないので、調査してほしいと「ほぐす堂」にやって来る。ジョーが依頼に困惑していると、‘マッサージ探偵’を自称するマッサージ師・飛雄馬(渡部豪太)が現れる。そんな中、マネー(小澤征悦)が殺人事件を解決してほしいとジョーの元へ。それを聞いた飛雄馬は、どちらが本当のマッサージ探偵かをはっきりさせるため、強引に謎解き対決を持ち掛ける。


番組公式サイト
マッサージ探偵ジョー - Wikipedia

『マッサージ探偵ジョー TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(14) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犯罪症候群 Season1 TOP

東海テレビとWOWOWの共同制作により、シーズン1が2017年4月8日から同年5月27日まで、フジテレビ系列「オトナの土ドラ」(毎週土曜 23:40〜24:35)で全8話が放送終了。シーズン2が同年6月11日よりWOWOW「日曜オリジナルドラマ」で全4話が放送される予定。シーズン1は『失踪症候群』『誘拐症候群』を、シーズン2は『殺人症候群』を原作としている。


原作概要
『症候群シリーズ』(しょうこうぐんシリーズ)は、貫井徳郎による推理小説のシリーズ。

警視庁内の捜査課が表立って動けない事件を処理する、警察組織が扱いにくい事件を捜査し真相を追い求めるのチーム『特殊任務』の活躍を描いたミステリー。

シリーズ一覧
失踪症候群(1995年11月 双葉社 / 1998年3月 双葉文庫 / 2014年10月 双葉文庫【新装版】)
誘拐症候群(1998年3月 双葉社 / 2001年5月 双葉文庫 / 2014年11月 双葉文庫【新装版】)
殺人症候群(2002年1月 双葉社 /2005年6月 双葉文庫 / 2014年12月 双葉文庫【新装版】)


ドラマ概要
貫井徳郎の3部作「失踪症候群」「誘拐症候群」「殺人症候群」を、「オトナの土ドラ」と、「連続ドラマW」(WOWOW)で、メーンキャストはそのままに主人公を入れ替え、別視点でドラマ化する社会派サスペンス。警察組織が扱いにくい事件の真相を追う特殊任務に携わる男たちの姿を通して、復讐(ふくしゅう)と正義の狭間で揺れ動く苦悩を描く。

Season1の主人公となる、妹を殺された元刑事・武藤隆役を玉山鉄二、殺された妹の恋人で、武藤の先輩刑事でもある鏑木護役を谷原章介、特殊任務の指揮役であり事件解決のためなら手段を選ばない冷酷な男・環敬吾役を渡部篤郎が演じる。

ストーリー 
ある夫婦の5歳になる娘が誘拐された。犯人からの要求は、身代金500万円。夫婦が貯金を崩して全額支払うと、娘はおびえた様子もなく帰宅し、「お姉さんと遊んでいた」と言う。

そんな折、つらい出来事から警察を辞めて1年、生活のため探偵事務所の調査員として働いている武藤隆(玉山鉄二)の元に、警視庁警務部人事二課の環敬吾(渡部篤郎)から電話が入る。少額の身代金を要求し確実に儲ける「小口誘拐」を、秘密裏に調査してほしいとの依頼だった。犯罪捜査には二度と関わらないと決めていた武藤に、環は「未成年者の犯罪を増やしてはいけない。妹さんを未成年者に殺されたあなたならお分かりでしょう」と言葉を掛ける。


主なキャスト
武藤隆 - 玉山鉄二(Season1主役)
元刑事で、現在は探偵事務所の調査員。妻と娘がいる。1年前に妹を未成年者に殺害され、少年法に守られている犯人を自らの手で殺そうと考えるが、犯人が自殺。その後、自身の復讐心と殺意に恐怖を覚えて警察を辞めた。環から、とある未成年者犯罪の捜査を依頼され、調査を進めることに。

鏑木護 - 谷原章介(Season2主役)
警視庁捜査一課の刑事。ひょうひょうとして明るい性格だが、実は天涯孤独の身。武藤の先輩にあたり、深い信頼と友情で結ばれている。かつて武藤の妹と交際しており、愛する人を失った過去を乗り越えるため刑事の仕事に打ち込んでいる。復讐心に苦しむ武藤をいさめ、忘れるように説くが…。

環敬吾 - 渡部篤郎
警視庁警務部人事二課所属の、優秀だが私生活も前歴も不明な謎の男。刑事部長からの特命で、警察が表立って動けない事件を、退職した元警察官を使って超法規的手段で捜査している。武藤に救いの手を差し伸べるような振る舞いをするが、弱みや家族関係など利用できるものは徹底的に利用する冷酷さを持つ。国や社会を守るためには、多少の犠牲は仕方がないと考えている

田村公平 - 甲本雅裕

磯村咲子 - ミムラ

武藤雅恵 - 鶴田真由

武藤真梨子 - 桜田ひより

桜井秀人 - 相島一之

ジーニアス - 要潤

高梨道治 - 竜雷太

スタッフ
原作 - 貫井徳郎 「失踪症候群」「誘拐症候群」「殺人症候群」(双葉文庫)
脚本 - 篠ア絵里子、谷口純一郎
音楽 - やまだ豊
監督 - 村上正典、都築淳一
企画 - 横田誠(東海テレビ)、小西真人(WOWOW)
プロデュース - 市野直親(東海テレビ)、青木泰憲(WOWOW)、水野綾子(共同テレビ)
制作協力 - 共同テレビジョン
製作 - 東海テレビ放送、WOWOW


各話あらすじ 平均視聴率 3.97%
第1話 2017年4月8日「復讐の是非。愛する人を失った男達をつなぐ奇妙な誘拐事件」 視聴率 5.8%
 1年前警察を辞めて、今は探偵事務所で浮気調査に明け暮れる武藤(玉山鉄二)は、警視庁人事二課の環(渡部篤郎)という男から、ある“特命”を受ける。少額の身代金を要求し確実に儲ける「小口誘拐」を秘密裏に調査してほしいというものだった。犯罪捜査には二度と関わらないと決めていた武藤だが、犯人が未成年の可能性があると聞かされ動揺する。

第2話 2017年4月15日「あなたの中にも獣がいる…?犯罪者への異常なまでの執着心」 視聴率 3.1%
 武藤(玉山鉄二)は娘の真梨子(桜田ひより)が補導されたことまで把握する環(渡部篤郎)から、小口誘拐事件へのさらなる捜査協力を求められる。娘への危険をにおわされ、心ならずも引き受けた武藤は、身代金要求額の金が偶然手元にあったという被害者の父・田村(甲本雅裕)の証言の真偽を追及。一方、事件の首謀者・ジーニアス(要潤)に頼まれ、犯罪へ加担しているとは知らずに子どもの世話をする咲子(ミムラ)は不安を募らせる。

第3話 2017年4月22日「天才的誘拐犯を引きずり出せ愛娘守るため父が挑む執念の心理戦!」 視聴率 3.0%
 咲子(ミムラ)は武藤(玉山鉄二)から、ジーニアス(要潤)に依頼された仕事が誘拐への加担になると聞かされ、衝撃を受ける。だが、ジーニアスを裏切ることができない。武藤は協力という形で情報を得ようとする。だが、環(渡部篤郎)は咲子の口を割らせるよう強要。手段を選ばない環を恐れた武藤は、誘拐の実行犯と見られるジーニアスの弟・後藤(生島翔)への接触を試みる。

第4話 2017年4月29日「見逃すな!今夜スタート!超絶怒涛の新展開!戸籍交換する若者たちへ」 視聴率 3.9%
 ジーニアス(要潤)は環(渡部篤郎)が追う相手ではなかった。環は武藤(玉山鉄二)に、失踪した青年・小沼(上杉柊平)を捜すよう命じる。一方で、武藤は前にも増して反抗的な娘・真梨子(桜田ひより)の態度に頭を悩ましていた。やがて、小沼が住民票を転々と移していることが判明。突き止めたアパートの居住者も別人だった。武藤は、これが単純な失踪事件ではないと気付く。

第5話 2017年5月6日「娘が捜査のおとりに?今夜、獣が解放される!衝撃ラスト10分」 視聴率 4.2%
 真梨子(桜田ひより)は武藤(玉山鉄二)への反発心から家を出た。武藤は娘を気にしながらも、小沼(上杉柊平)の捜索を継続する。小沼と戸籍を交換した青年・吉住(大内田悠平)は殺害されており、武藤は2人の戸籍交換の仲介者を探り出そうとする。その頃、当の仲介者は何者かに小沼の居場所と金を要求されていた。一方、鏑木(谷原章介)も別の方向から事件を追うが、環(渡部篤郎)に命じられて動く武藤の身を案じ、いら立つ。

第6話 2017年5月13日「あなたは悪を見抜けるか…?1億円輸送に目をこらせ…最終章開幕!」 視聴率 3.8%
 環(渡部篤郎)と決別し、探偵事務所調査員に戻った武藤(玉山鉄二)は、絵本作家の道典(高橋光臣)と知り合う。道典は大企業の社長・道治(竜雷太)の息子で、道治は道典に会社を継がせようとしていた。そんな中、道典の息子が誘拐される。犯人は1億円を要求し武藤を運搬役に指名。道治は借金を頼む道典に、妻・美和(前田亜季)と離婚して家に戻ることが条件と告げる。

第7話 2017年5月20日「覚醒…命懸けて犯人を見つけ出す!硝煙と血と狂気衝撃ラスト」
 誘拐事件の犯人は逮捕されるが、人質になった道典(高橋光臣)・美和(前田亜季)夫婦の息子は殺された。犯人はなぜ身代金1億円を燃やしたのか、武藤(玉山鉄二)は事件の真相を追う。鏑木(谷原章介)は協力を申し出る一方、武藤が犯人への怒りから自分を見失うのではと心配する。そんな中、武藤は真相解明の手掛かりとなる男性に遭遇。そこへ環(渡部篤郎)から連絡が入る。

最終話 2017年5月27日
 鏑木(谷原章介)と共に誘拐事件を調べ直すことにした武藤(玉山鉄二)。事件の背景に道治(竜雷太)への怨恨があるのではとにらみ、彼の秘書・桜井(相島一之)を追及する。その際、武藤は環(渡部篤郎)も桜井に接触していると知る。一方、息子を殺された道典(高橋光臣)・美和(前田亜季)夫婦は今も絶望の中にいた。復讐心から自分の手で犯人を殺すという道典を、武藤は経験を踏まえて諭すが、「復讐しなくてよかった、本当にそう思っていますか」と問われ言葉を失う。改めて自分を見詰め直した武藤は…。


番組公式サイト
症候群シリーズ - Wikipedia

『犯罪症候群 Season1 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボク、運命の人です。 TOP

『ボク、運命の人です。』(ぼく、うんめいのひとです。)は、日本テレビ系で2017年4月15日から22時 - 22時54分に放送中。主演は亀梨和也。初回14分拡大。


概要
土曜夜9時のドラマ枠が10時に移動し、「土10ドラマ」第1弾となるラブコメディー。運命を信じた男とそれをかたくなに拒否する女、そして運命を説く謎の男を軸に物語が展開する。

主人公となる平凡な会社員・正木誠を亀梨和也、誠の運命の女性・湖月晴子に木村文乃、誠の前に突然現れて“運命の恋”を説く謎の男に山下智久が扮する。

亀梨と山下は、今作のためにスペシャルユニット「亀と山P」を結成し、主題歌も担当。2人は2005年の同系ドラマ「野ブタ。をプロデュース」から誕生したユニット「修二と彰」としても主題歌を歌い、大ヒットさせている。


ストーリー 
正木誠(亀梨和也)は29歳の会社員。平凡な毎日を送っていたある日、彼の前に“神”を名乗る謎の男(山下智久)が現れ、「君はまだ気付いていないけれど、壁一枚隔てた隣のオフィスに絶対に恋に落ちなくてはいけない女性が働いている。そう、彼女こそが君の“運命の人”だ」と告げる。

その言葉を信じてみることにした誠は、隣のオフィスで働く、同じく29歳の湖月晴子(木村文乃)に告白するが、彼女は運命など全く信じていない現実的な女性。盛大にフラれてしまい失敗に終わるが、その後も誠が愚直にアタックし続け、“運命の恋物語”の幕が開ける。


キャスト
正木誠(まさき まこと)〈29〉
演 - 亀梨和也
ウォーターサーバー会社に勤める29歳の会社員。過去の恋愛は悲惨なものばかりだったが、神を名乗る謎の男との出会いによって一変。謎の男の口車に乗せられて、運命の人との恋に向き合う。

湖月晴子(こげつ はるこ)〈29〉
演 - 木村文乃
誠の会社の隣のオフィスで働く女性。とにかく現実的な性格で、どんなことも頭で考えてから行動をする現代的な“左脳系”女子。30という年齢になる今、結婚の2文字を意識し、ますます慎重になっている。

四谷三恵〈29〉
演 - 菜々緒
晴子の親友で、つらいいことも楽しいことも共有し合う飲み仲間。女性としての楽しみを多く持ち、自立して人生を楽しんでいる。言いたいことははっきりと言うが、どこか憎めない愛らしさがあり、最良の距離感で人と接する。

葛城和生〈30〉
演 - 澤部佑
誠の同僚。

鳩崎すみれ〈48〉
演 - 渡辺江里子(阿佐ヶ谷姉妹)
晴子の会社の社長。

宇久森みどり〈24〉
演 - 岡野真也
誠の同僚。

湖月大地〈55〉
演 - 杉本哲太
晴子の父。少々抜けたところがあり、一言多いタイプだが憎めない性格。会社では管理職を務めているが、目下の悩みは若い社員との摩擦。なぜか誠と変な縁をもってめぐり会う。

関原卓〈42〉
演 - 大倉孝二
誠の同僚。

湖月善江〈54〉
演 - 石野真子
晴子の母。

烏田翔吉〈49〉
演 - 田辺誠一
誠が所属する部署の部長で、周囲のことをよく見ていて、誰も気付いていない部分にも手を伸ばすすてきな上司。その気遣いが誠の恋にも図らずも影響を及ぼすことがある。

謎の男
演 - 山下智久
誠の前に突然現れた自称・神様。晴子を誠の「運命の女性」と定め、その恋が地球に不可欠なものだと告げる。誠の恋を楽しんでいるようだが何を考えているかは不明。

スタッフ
ナレーション:福山潤
脚本 - 金子茂樹
演出 - 佐久間紀佳、小室直子、猪古隆一
音楽 - 林ゆうき
チーフプロデューサー - 西憲彦
プロデューサー - 福井雄太、下山潤(日活)
制作協力 - 日活
製作著作 - 日本テレビ

主題歌 - 亀と山P「背中越しのチャンス」


各話あらすじ
第1話 2017年4月15日「壁越しの運命。見知らぬ二人、奇跡の恋開幕」※初回14分拡大(22:00 〜 23:08)
 静岡から東京勤務になった‘女運’のない会社員・誠(亀梨和也)の部屋に、‘神’を名乗る謎の男(山下智久)が現れ「年内に結婚して、来年には子どもを産まないと、地球が大変なことになる」と告げる。相手となる晴子(木村文乃)は壁1枚隔てた隣のオフィスにいるらしい。半信半疑の誠は翌日、彼女の存在を確かめに行くが、声は掛けられない。すると、その夜も待ち受けていた男が、誠と晴子には人生で何回も接点があったと言う。

第2話 2017年4月22日「恋のライバル急接近勝利の為に金稼げ!?」
 帰社した誠(亀梨和也)は、オフィスビルの前で定岡(満島真之介)と話す晴子(木村文乃)を目撃する。定岡は晴子の高校時代の同級生であり、夏の甲子園の県予選で、誠からさよならヒットを打った人物だ。向かいのビルの商社に転職してきた定岡は、晴子とは数年ぶりの再会で、思わず声を掛けた誠のことも覚えていた。その夜、現れた謎の男(山下智久)から、定岡に勝つために必要なのは‘お金’だと言われた誠は、翌日から営業に精を出す。

第3話 2017年4月29日「恋敵がプロポーズ!?奇跡呼ぶ魔法の音楽」
 晴子(木村文乃)に同僚の三恵(菜々緒)が、定岡(満島真之介)と誠(亀梨和也)のどちらが晴子にふさわしいか見極めてあげると提案。そして、4人で居酒屋に行くが、三恵は誠をばっさり切り捨てる。謎の男(山下智久)は、落ち込む誠に「クラシック名曲100選」のCD全曲を覚えたとき、晴子がどちらを選ぶか導き出されると、謎めいたことを言う。しかし、連絡先すら晴子に渡せずにいる誠に対し、定岡が晴子にプロポーズすると明かして…。

第4話 2017年5月6日「恋のニンジン大作戦 成功率0%の告白!?」
 誠(亀梨和也)は晴子(木村文乃)を食事に誘うが、当日、店で待っていたのは三恵(菜々緒)一人だけで、そこになぜか定岡(満島真之介)もやって来る。三恵は晴子に代わり、恋愛する意思がないことを2人に伝えに来たという。すると、定岡が諦めると即答。切り替えの早さに驚く誠は、諦めるつもりはないと宣言する。謎の男(山下智久)はそんな誠に、ニンジンが大の苦手の部長・烏田(田辺誠一)に、ニンジンを食べさせるよう、謎の指示を出す。

第5話 2017年5月13日「まさかの急接近!初デート&初○○…?」
 晴子(木村文乃)に「嫌いではない」と言わせた誠(亀梨和也)は、友人の富田(あかつ)が営むちゃんこ鍋店に誘う。そこに、引退したばかりの大寒山(HIRO)が現れた。晴子が大寒山の大ファンだと知った富田は「断髪式」への出席を提案し、晴子は大感激。一方、謎の男(山下智久)は、晴子が大寒山に恋をする可能性を指摘し、腕相撲で大寒山に勝てば、晴子の思いは一気に誠に傾くと断言。定岡(満島真之介)をトレーナーにしろと言い出す。

第6話 2017年5月20日「二人きりの部屋。涙する彼女。彼の決断」
 誠(亀梨和也)と居酒屋に行った関原(大倉孝二)と和生(澤部佑)が、部屋に上げろと言い出し、誠は謎の男(山下智久)と鉢合わせしないかと気が気でない。そんな中、和生に促され、2人が2年前に街頭インタビューを受けたニュース映像を見返したところ、誠はまたしても‘運命’に気付く。一方、謎の男は晴子(木村文乃)を部屋に招くよう指示。数日後、誠と晴子の会社の飲み会が開かれ、その席上、関原が誠の同棲疑惑を口にする。

第7話 2017年5月27日「起こせサプライズ!奇跡の指輪の渡し方」
 晴子(木村文乃)とついに交際することになった誠(亀梨和也)は大満足。ところが、謎の男(山下智久)は、この1カ月で結婚までもっていかないと「地球は滅亡する」とせき立てる。そして、1カ月遅れのバースデープレゼントとして、指輪を渡すよう指示。本人にサイズを聞いてしまったらサプライズにならないと言われた誠は、早くも三恵(菜々緒)に指輪を贈ったという定岡(満島真之介)から、サイズを見分ける特訓を受けることになる。

第8話 2017年6月3日
 誠(亀梨和也)は同僚と行った居酒屋で大地(杉本哲太)と遭遇。善江(石野真子)から晴子(木村文乃)と誠の仲を知らされたばかりの大地は、喜びを口にする。しかし、同席する関原(大倉孝二)や和生(澤部佑)が誠の女運の悪さに触れたことから、事態は一転。大地は「娘から手を引け」と告げて立ち去った。謎の男(山下智久)は、かつて大地に嫌われていながら今ではお気に入りの地位を確保している三恵(菜々緒)に指示を仰げと言う。

各話視聴率


番組公式サイト
ボク、運命の人です。 - Wikipedia

『ボク、運命の人です。 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4号警備 TOP

『4号警備』(よんごうけいび)は、2017年4月8日から同年5月20日まで、NHK総合(毎週土曜 20:15〜20:45)にて放送された。全7話。


概要
民間警備会社のボディーガードによる“身辺警護”の最前線を描くオリジナルドラマ。窪田正孝と北村一輝のコンビで、ユーモアあり、アクションあり、感動ありのストーリーを展開する。

阿部純子、麿赤兒、木村多江、片岡鶴太郎といった個性的なレギュラー出演者に加え、各話には豪華ゲストも登場。ストーカーや逆恨み、子供の連れ去りなどの危機が絶えない現代社会で、警察のSPとは異なり、逮捕権限も拳銃も持たない民間警備会社の“普通の警備員たち”の奮闘を描く。

脚本は、「99.9─刑事専門弁護士─」(TBS系)などを手掛けた宇田学が担当する。


ストーリー 
警備会社「ガードキーパーズ」の警備員・朝比奈準人(窪田正孝)は、警備の中で最も危険でスキルを求められる“4号警備”の任務を命じられる。朝比奈は、とある挫折のために警察官を辞めて、警備の世界に入っていた。相棒役に指名されたのは、石丸賢吾(北村一輝)というさえない中年男性。かつては企業の社長だった石丸は、警備会社では慎重過ぎる性格から“臆病者”のレッテルを張られている人物だった。

互いに文句を言い合い、対立してばかりの2人だったが、次第に身辺警護の仕事を通じて、クライアントたちの生きざまに触れ、自身の過去とも向き合うようになる。


キャスト
朝比奈準人(窪田正孝)
元警察官。若くして退官後に警備業に就いた。格闘技ジムの2階に下宿している。

石丸賢吾(北村一輝)
元会社経営者で妻子持ちだったが、現在は離婚している。交通誘導警備(2号警備)に従事していたが、なぜか池山に4号警備への従事を命令された。自他共に臆病者と呼ばれる慎重派。

上野由宇(阿部純子)
元ホテルのフロント係。ストーカー被害をきっかけに朝比奈、石丸たちに助けを求め、その後ガードキーパーズに入社した。

ガードキーパーズ社員
本田薫(木村多江)
ガードキーパーズの二代目社長。同時にアパレル事業も営んでおり、主にそちらへ注力しており、警備業については経営意欲が薄い。

池山幸雄(片岡鶴太郎)
元警視庁のSPで、現在はガードキーパーズ警備の部長。朝比奈、石丸に命じてコンビを組ませた。

金沢茜(濱田マリ)
ガードキーパーズの経理・事務担当。

遠藤恵輔(高木渉)
ガードキーパーズ警備部のリーダー。

大川(横田大明)

山本(浦野博士)

その他
江本六郎(麿赤兒)
朝比奈が下宿している格闘ジムのオーナー。

山田剛志 - 神戸浩)
朝比奈と同じくジムに住み込んでいるジム清掃員。

松下楓(久保田紗友)
石丸の娘。

小林三喜男(賀来賢人)
朝比奈が警官を退官した理由に深く関わっている。殺人の罪で3年半収監されていた。

ゲスト
第1回(4月8日)
広瀬秀嗣(水橋研二) - 盲目の男性で遺産相続を巡って命を狙われていた。
外国の要人バートランド(セイン・カミュ)
広瀬の命を狙う男(島津健太郎)

第2回(4月15日)
小川(小沢一敬) - 上野由宇を執拗にストーキングしていた。
ホテル従業員・羽場(横塚真之介)
ホテル支配人(多田木亮右)

第3回(4月22日)
原正(中山秀征) - ブラック企業の噂がある大手不動産会社の社長。
原のひとり息子・昇太(伊藤歩夢)
総務部長・森(小須田康人)

第4回(4月29日)
熊田典子(伊藤蘭) - 市長選挙に立候補した元教師だが、何者かから脅迫を受けていた。
甲本富雄(高橋光臣) - 熊田の教え子で熊田の選挙事務所の運営者。
熊田陣営のスタッフ(芳野友美、山口智恵)

第5回(5月6日)
馬場啓介(柏原収史) - エリートサラリーマンで妻、奈津子の警護を依頼した。
馬場奈津子(壇蜜) - 夫の依頼で朝比奈たちが警護についた主婦。

第6回(5月13日)
渋谷謙一(塚本晋也) - 外国人労働者たちの失踪事件に取り組む弁護士だったが、謎の組織に狙われるようになっていた。

最終回(5月20日)
女殺し屋(佃井皆美)

スタッフ
制作統括 - 藤澤浩一
脚本 - 宇田学
演出 - 石塚嘉
音楽 - `島邦明
アクション監督 - 川本耕史


各話あらすじ(2017.4.8 - 2017.5.20)全7話 平均視聴率 6.30%
第1話 2017年4月8日 視聴率 7.6%
 警備会社ガードキーパーズの警備員・朝比奈(窪田正孝)は、上司の池山(片岡鶴太郎)から「4号警備」の任務を命じられる。相棒に指名されたのは、冴えない中年男・石丸(北村一輝)。初めての警護対象者は、目の見えない広瀬(水橋研二)という男性で、多額の遺産相続に絡んで何者かに命を狙われていた。朝比奈らは通勤路を変えるよう進言するが、広瀬はなぜか変えようとせず、あえて危険に身をさらすかのように振舞う…

第2話 2017年4月15日 視聴率 6.9%
 ホテルのフロントで働く上野(阿部純子)は正体不明のストーカーに悩まされていた。朝比奈(窪田正孝)と石丸(北村一輝)は、通勤時と勤務中だけという契約で上野を警護することに。しかし、朝比奈は上野の帰宅後も自発的に張り込みをし、ストーカーの正体を突き止めようとする。石丸はその熱心さをいぶかしむが、そこには朝比奈の過去が深く関わっていた。そんな折、警護の隙を突いてストーカー・小川(小沢一敬)が上野を襲う。

第3話 2017年4月22日 視聴率 7.0%
 大手不動産会社の本社で爆発物が見つかる。社長の原(中山秀征)は、社員を過労自殺に追い込んだブラック企業のトップとして世間から激しい批判を浴びていた。朝比奈(窪田正孝)と共に原を警護することになった石丸(北村一輝)は、いつにも増して任務を嫌がっている様子。実は原は、経営コンサルタントをしていた頃の石丸をよく知る人物だった。そんな中、石丸の元に、別れて暮らす娘・楓(久保田紗友)が数年ぶりに現れる。

第4話 2017年4月29日 視聴率 5.3%
 地方の市長選に立候補した典子(伊藤蘭)。無名の新人ながら懸命に選挙活動を行う彼女の陣営に現職側からと思われる嫌がらせが続いていた。朝比奈(窪田正孝)、石丸(北村一輝)、上野(阿部純子)は典子の警護につく。ある日、典子の選挙事務所にトラックが突っ込み、逃走。事務長の甲本(高橋光臣)は「卑劣な手に屈するな」とスタッフを励ます。そんな中、朝比奈はあることに気付く。

第5話 2017年5月6日 視聴率 4.2%
 朝比奈(窪田正孝)と石丸(北村一輝)は主婦・奈津子(壇蜜)の警護に付くことになる。「無言電話などの嫌がらせに妻が悩まされている」という夫・啓介(柏原収史)からの依頼だったが、何日たっても無言電話はかかってこない。また、奈津子がボランティア活動を行う老人ホームに同行しても怪しい気配はなく、暮らしは穏やかそのものだ。ところがある日、家の中で警戒中に、ふとしたきっかけで、奈津子が激しく取り乱す。

第6話 2017年5月13日 視聴率 6.9%
 弁護士・渋谷(塚本晋也)の事務所に銃弾が送りつけられる。外国人労働者が人身売買の標的となっている実情を調べる渋谷から警護を依頼された池山(片岡鶴太郎)は、この危険な仕事を受けるべきか悩む。一方、仲たがいしたままの朝比奈(窪田正孝)と石丸(北村一輝)は、‘2人で1人を守る’身辺警護の意味も見いだせずにいた。そんな中、朝比奈らの会社が買収されるという噂が広がる。

最終話 2017年5月20日 視聴率 6.2%
 人身売買を告発しようとする弁護士・渋谷(塚本晋也)の警護を引き受けることになった朝比奈(窪田正孝)と石丸(北村一輝)。朝比奈は上野(阿部純子)、石丸は娘の楓(久保田紗友)と改めて会い、それぞれ無事で帰って来ることを胸に期する。かくして警護当日、朝比奈たちは、犯罪組織の造反分子から取引場所として指定された巨大な地下道へと向かう。その頃、朝比奈の恋人を殺したストーカー・小林(賀来賢人)が不審な動きを見せていて…。


番組公式サイト
タグ:4号警備

『4号警備 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(14) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

SR サイタマノラッパー〜マイクの細道〜 TOP

『SRサイタマノラッパー〜マイクの細道〜』は、2017年4月8日(4月7日深夜)より6月までの予定で、土曜0:52-1:23(金曜深夜)に放送中。


概要
“インディーズ映画の金字塔”と称賛を集めた映画「SR サイタマノラッパー」シリーズを、初めてドラマ化。ラッパーとしての成功を夢見る埼玉の田舎育ちの青年・IKKU(駒木根隆介)、TOM(水澤紳吾)、MIGHTY(奥野瑛太)の3人の苦悩と成長を描いた同シリーズは、2009年に1作目の映画が公開されるやいなや話題をさらい、続く2作目、3作目の映画でも数多くの賞を受賞した。

映画と同じく入江悠が監督・脚本を務める本ドラマでは、ヒップホップグループ「SHO-GUNG」として活動する3人が、東北各地をさまよいながら、“諦めきれない夢”と“青春”にけじめをつけるさまを、ラップを刻みながらつづっていく。


ストーリー 
埼玉の片田舎で生まれ育ったヒップホップグループ「SHO-GUNG」メンバーのIKKU(駒木根隆介)、TOM(水澤紳吾)、MIGHTY(奥野瑛太)の3人は、ラップで名声を得たいという夢を持ちながらも、グループ結成から10年の歳月が過ぎていた。

そんな折、彼らにクラブイベントのオファーが舞い込んでくる。早速、IKKUとTOMは、埼玉から離れて暮らすMIGHTYを連れ戻しに青森に赴くが、トラブルに巻き込まれ、トラックドライバーのカブラギ(皆川猿時)、家出娘の香田トーコ(山本舞香)と共に、東北各地を転々とする羽目になってしまう。果たして「SHO-GUNG」は無事イベントに漕ぎつけることができるのか?


キャスト
駒木根隆介
IKKU 役
ヒップホップグループ「SHO-GUNG」のメンバー。本名・加賀谷郁美。ラッパーとしての成功を夢見ているが、今はニート同然の生活を送っている。

水澤紳吾
TOM 役
「SHO-GUNG」のメンバー。本名・本間友弥。結婚し、現在はガールズバーで働いている。間もなく父になる予定。

奥野瑛太
MIGHTY 役
「SHO-GUNG」のメンバー。本名・松本樹。事件を起こして逮捕され、服役していた。出所後は青森の大間で観光ガイドをしている。

山本舞香
香田トーコ 役
大間のスナック店の娘。ある事情から、好きでもない男と無理やり結婚させられそうになり、家出する。

皆川猿時
カブラギ 役
フリーのトラック運転手。偶然が重なり、「SHO-GUNG」の面々と旅することに。

スタッフ
脚本・監督 - 入江悠
チーフプロデューサー - 大和健太郎
プロデューサー - 武藤大司、東田陽介
製作 - テレビ東京、電通
製作・著作 - 『SRサイタマノラッパー〜マイクの細道〜』製作委員会


映画
『SR サイタマノラッパー』は、2009年公開、入江悠監督の日本映画。2009年の第19回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアター・コンペティション部門でグランプリを獲得、第13回富川(プチョン)国際ファンタスティック映画祭でNETPAC AWARD(最優秀アジア映画賞)を獲得、第50回日本映画監督協会新人賞を獲得した。

キャスト
MC IKKU:駒木根隆介
小暮千夏:みひろ
MC TOM:水澤紳吾
李:杉山彦々
MC MIGHTY:奥野瑛太
MC KEN:益成竜也
MC TEC:配島徹也
DJ T.K.D:上鈴木伯周


各話あらすじ
第1話 2017年4月7日
 サイタマの弱小ラップグループ「SHO-GUNG」。プロを目指していたが、7年前に空中分解し、メンバーはバラバラに。ラッパーの夢を諦めきれないでいたIKKU(駒木根隆介)の元にクラブチッタでのライブ出演のチャンスが舞い込んでくる。IKKUは「SHO-GUNG」を再結成するべくTOM(水澤紳吾)と共にMIGHTY(奥野瑛太)が刑務所出所後に生活をしている青森県・大間へ向かうことに。

第2話 2017年4月14日
 7年前に空中分解したサイタマの弱小ラップグループ「SHO-GUNG」。再結成してライブ出演を目指すIKKU(駒木根隆介)とTOM(水澤紳吾)は青森・大間にいるMIGHTY(奥野瑛太)を訪ねる。地元のヤンキートーコ(山本舞香)が働くスナックで再会するも、3人の溝は埋まる気配はない。翌日、同じスナックでそれぞれの思いの丈をラップでぶつけ合う3人の姿があった…。一方トーコも地元の資産家マキノ(村杉蝉之介)との結婚を母親から強引に進められ悩みを抱えていた。

第3話 2017年4月21日
 フリースタイルラップで7年間の空白を埋め「SHO-GUNG」として再スタートした3人は夢であったライブ出演へ向けて祝宴をあげていた。翌朝泥酔した3人はカブラギ(皆川猿時)の自慢のデコトラを傷つけてしまう。その補償としてカブラギの運送仕事を手伝わされることになり、一同は岩手県・遠野へと向かう準備に入る。一方トーコ(山本舞香)も資産家マキノ(村杉蝉之介)との結婚を強引に進められ、ついに家出を決心し、大間の町を彷徨っている中、トーコの目の前に現れたのは…

第4話 2017年4月28日
 カブラギ(皆川猿時)の手伝いで無理やり乗せられた「SHO-GUNG」と家出目的のトーコ(山本舞香)を乗せたデコトラは、岩手県の深い雪道で立ち往生。デコトラを修理する為に彷徨っていると見つけたのは美人な雪(中村静香)が経営する一軒のどぶろく屋。一目惚れしたカブラギはデコトラが直るまで滞在させてもらう。雪の祖父はデコトラの故障はかっぱの呪いだと言い放つ。一同はかっぱ伝説で有名な川に行く…そこにいたのは何と!?

第5話 2017年5月5日
 遠野でトラック故障により立ち往生してしまった面々。一刻も早くライブ出演の準備をしたい「SHO-GUNG」は、かっぱの呪いを解くために再びかっぱ伝説の川へとやってくる。雪(中村静香)の爺様の言葉を思い出し、ラップでかっぱを呼び出そうとする「SHO-GUNG」。そこに現れた遠野のラッパー邦夫(松尾諭)はカッパ様を呼ぶにはエロラップが必要だと教えてくれる。雪とトーコ(山本舞香)もラップに加わるとそこに現れたのは!?

第6話 2017年5月12日
 ライブで披露する新曲が必要な「SHO-GUNG」達はは、伝説のトラックメーカーTKD先輩の兄が住職をしているという福島・猪苗代湖にあるお寺を目指す。一方、カブラギ(皆川猿時)の失恋を癒すためトーコ(山本舞香)はカブラギを温泉へ連れていくことに・・・。お寺に到着した「SHO-GUNG」は住職を訪ねるも、ひょんなことから修行中の僧侶達と揉めラップでも圧倒されてしまう。そこに現れたイケメン僧侶の青鬼(野村周平)の案内で住職に会わせてもらうことになったのだが・・・

第7話 2017年5月19日
 福島猪苗代湖にある世界で唯一のヒップホップ寺で、1週間の修行に耐えることができたらライブで披露する新曲を書いてもらえることになった「SHO-GUNG」。一方、温泉から戻ってきたトーコ(山本舞香)は、青鬼(野村周平)に一目惚れして「SHO-GUNG」と一緒にお寺で料理の手伝いをすることに。言葉と友達になるため厳しい修行に耐えている中、IKKU(駒木根隆介)は妹芙美(柳ゆり菜)の結婚式とライブが同じ日にちであることに気づき、その選択に迫られることに・・・

第8話 2017年5月26日
 IKKU(駒木根隆介)らSHO-GUNGメンバーは兄タケダ(上鈴木伯周)から新曲を提供してもらう。そんな中、IKKUは妹の結婚式とライブとで悩んでしまう。

第9話 2017年6月2日 ※「世界卓球×全仏オープンテニス」中継により放送日時の変更の可能性があり。
 IKKU(駒木根隆介)とTOM(水澤紳吾)はカブラギ(皆川猿時)らとともに、ライブ会場の下見へ。一方その頃、MIGHTY(奥野瑛太)は監禁されてしまう。


番組公式サイト
SR サイタマノラッパー - Wikipedia

『SR サイタマノラッパー〜マイクの細道〜 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

孤独のグルメ Season6 TOP

『孤独のグルメ Season6』は、2017年4月7日から、テレビ東京系列において、毎週金曜日の24:12〜24:52の時間帯で放送中。


第一期 2012年1月5日 - 3月22日(12回)
第二期(Season2)2012年10月10日 - 12月26日(12回)
第三期(Season3)2013年7月10日 - 9月25日(12回)
第四期(Season4) 2014年7月9日 - 9月24日(12回)
第五期(Season5)2015年10月3日 - 12月19日(12回)


概要
松重豊が主演を務める異色グルメドラマの第6シーズン。輸入雑貨商・井之頭五郎(松重)が、仕事で訪れた街で1人絶品料理に舌鼓を打つ姿をドキュメンタリータッチで描く同シリーズは、小腹がすく深夜帯に料理を味わうさまが視聴者から“夜食テロ”と称されているほか、登場する店が全て実在することから、放送後、その店にファンが殺到するなどさまざまな話題を振りまいてきた。

今シーズンも、ドラマの基本コンセプトは踏襲。五郎のホームグラウンドである東京都内でのロケはもちろん、地方やあの“食の聖地”へも出張し、さまざまな国やジャンルのグルメが登場する。


ストーリー 
個人で輸入雑貨商を営む井之頭五郎(松重豊)は日々、商用でさまざまな街を訪問する。そこで気になった店に立ち寄り食事をし、絶品焼肉や激辛四川料理など、言葉では表現できないようなグルメの数々と出合ってきた。

仕事で出張することも多い五郎は、この春も各地を訪問。そこでまだ見ぬ一品料理との邂逅(かいこう)を果たしていく。


キャスト
松重豊
井之頭五郎 役
自由な生き方をモットーとし、個人で輸入雑貨商を営んでいる。仕事で訪れた街で雰囲気のある店を探し、そこで食事を取ることを楽しみとしている。未婚で、酒は飲めない。

スタッフ
原作:原作:久住昌之、作画:谷口ジロー「孤独のグルメ」(週刊SPA!)
プロデューサー:川村庄子


各話あらすじ 平均視聴率 3.85%
第1話 2017年4月7日「大阪府美章園のお好み焼き定食と平野の串かつ」 視聴率 3.9%
 仕事で久しぶりに大阪にやってきた井之頭五郎(松重豊)。一人目のクライアント、不動産屋の島崎(六角精児)は、数年前まで東京で仕事をしており、五郎に仕事を頼みたいと大阪まで呼び寄せたのだ。打ち合わせを終えた途端腹が減った五郎。店探しを始めると飾り気のない、渋い佇まいの店に入ってみるが、ある定番メニューを食べる客の姿や、常連の吉田(池乃めだか)にツッコミを要求されるなど、大阪の洗礼を受けるのだった。

第2話 2017年4月14日「東京都新宿の豚バラ生姜焼き定食」 視聴率 3.9%
 早朝6時半。五郎(松重豊)は東京・大久保駅近くの喫茶店で、洋食器の展示販売の準備を手伝っていた。店主のさくら(東風万智子)は陳列に駄目出しをするが、それは五郎の指示によるもので、スタッフに微妙な空気が流れる。8時半、ようやく仕事を終えた五郎は辺りを歩き、「淀橋市場」の看板を発見。「今朝は市場めしだ」と決め、若女将(久保田磨希)の案内で食堂へ。‘トマト酢漬け’というメニューに目が留まる。

第3話 2017年4月21日「東京都目黒区三田のチキンと野菜の薬膳スープカレー」 視聴率 4.0%
 五郎(松重豊)は緊張した面持ちで東京・目黒駅に降り立った。ホテルの客室インテリアのリニューアルに向けたプレゼンテーションのためだ。しかし、五郎の商品プランを見た担当の工藤(山崎樹範)は、けげんな表情を見せる。芳しくない結果にトボトボと歩く五郎がわれに返ると、そこは知らない住宅街だった。空腹に気付き、店を探すと、「薬膳スープカレー」の看板を発見。五郎は、店員(谷村美月)の案内で席に座る。

第4話 2017年4月28日「東京都東大和市の焼き肉」 視聴率 3.3%
 五郎(松重豊)はけがをした知人・真理子(手塚理美)を見舞うため、東京・東大和市駅に立ち寄る。カーテン店を営む彼女は中学3年生の息子・武(福地叶成)に手を焼いていた。真理子と別れた五郎は空腹だが、店が見当たらない。しかも、肉が食べたいと言っていた武を思い出し‘焼き肉モード’だ。焼き肉の看板を見て入店した五郎は「アゴ」というメニューを見つける。

第5話 2017年5月5日「東京都世田谷区 三軒茶屋の回転寿司」 視聴率 3.7%
 五郎(松重豊)が東京・三軒茶屋駅からステンドグラス店へ向かうと、中で店長・彩(山下リオ)が泣いていた。驚く五郎だが、彼女の涙の理由は意外なものだった。五郎は大阪で頼まれたフロアスタンドを探すために、この店を訪れた。しかし、彩の祖父・次郎(若林豪)は突然、五郎を釣りに誘う。なぜか彩も負けじと、五郎にステンドグラスの体験教室を勧める。店を後にした五郎は、腹が減る中、回転寿司店を発見する。

第6話 2017年5月12日「東京都新宿区 高田馬場のシャン風豚高菜漬け炒めと牛スープそば」 視聴率 4.3%
 五郎(松重豊)は東京・高田馬場駅で降り、空手道場へ。師範代・鈴木(高橋努)に頼まれた商品を届けに来たが、厳しい稽古の最中で声を掛けづらい。だが、商品の注文理由は恐ろしげな鈴木の様子からは想像もつかない内容だった。道場を出ると、午後3時半。昼食の店を探すがどこも「準備中」だ。後悔する五郎だったが「ミャンマー料理・シャン料理」の看板を発見する。

第7話 2017年5月19日「東京都渋谷区道玄坂の皿うどんと春巻」
 商談で東京・渋谷のクラブを訪ねた五郎(松重豊)は、慣れない空間に戸惑っていた。オーナー・冴島(窪塚俊介)との打ち合わせもやりづらい。疲れて空腹になった五郎は、店を探し始める。若者で埋め尽くされた渋谷で「もう自分の来る所ではないのかな」と思い始めた時、道玄坂の路地に渋いたたずまいの店を発見。皿うどんや中華料理などのメニューに心躍らせて中へ入ると、若女将(川上麻衣子)がなぜか相席に案内する。

第8話 2017年5月26日「東京都台東区御徒町のラム肉長葱炒めとスペアリブ」
 五郎(松重豊)は東京・御徒町の宝石加工専門店へやって来た。デパートの催事場に初出店する社長・竹内(岡田浩暉)は、展示スペースの内装を五郎に依頼する。竹内は、イベントで職人の加工作業を見せたいと熱く語る。五郎もそんな竹内の思いに仕事で応えたい。ところが気合を入れた途端、五郎は急に腹が減る。しばらくして「羊」の文字が入った看板を発見。どうやら中華系の羊料理店らしいが、イメージが湧かない。

第9話 2017年6月2日「東京都品川区旗の台のサルスエラとイカ墨パエリア」※「世界卓球×全仏オープンテニス」中継により放送日時の変更の可能性があり。
 東京・旗の台の商店街を歩く五郎(松重豊)は、喫茶店で久しぶりのクリームソーダを堪能した後、もともと銭湯だった建物にたどり着く。フィンランド人の顧客からの依頼で、この建物を別のことに使えないか、視察に来たのだった。オーナー・藤堂(神尾佑)の案内で内部を見ながら、五郎は構想を膨らませる。その後、腹が減った五郎は、大通りでスペイン料理店を発見。店の奥さん(佐藤仁美)に案内されて、中に入る。


番組公式サイト
孤独のグルメ - Wikipedia

『孤独のグルメ Season6 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(7) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女囚セブン TOP

『女囚セブン』(じょしゅうセブン)は、2017年4月21日から、毎週金曜日23時15分 - 翌0時15分に、テレビ朝日系の「金曜ナイトドラマ」枠で放送中。主演は剛力彩芽。


概要
剛力彩芽が女囚に挑戦する、女子刑務所を舞台にした異色の群像劇。塀の中の女囚たちが、“頂点”を目指して壮絶なバトルを繰り広げていく。

剛力が演じるのは、殺人の冤罪(えんざい)で女子刑務所に送られた京都の芸妓・神渡琴音。琴音はクセの強い女囚たちから嫌がらせを受け、時には命を狙われさえもするが、持ち前のしたたかさと腹黒さでクールに仕返しし、“プリズン・サバイバル”を切り抜けていく。

女たちのバトルとともに、なぜ琴音が無実の罪をかぶったのか、その謎も大きな見どころ。脚本は「民王」シリーズ(同系)などを手掛けた西荻弓絵が担当する。


ストーリー 
京都の芸妓・神渡琴音(剛力彩芽)は、酒に酔って寝ている間に仲間の芸妓が殺された事件の罪をかぶり、女子刑務所で服役することに。彼女が収監された刑務所では、“頂点”をめぐり、女囚たちが壮絶なバトルを繰り広げていた。

早速、琴音も嫌がらせの標的になるが、語学や腕力に長けた琴音は、それらのいじめをクールにくぐり抜けていく。しかし、海千山千の犯罪者たちが集う刑務所では、次々と強敵が出現。琴音はそんな彼女たちと戦う、壮絶な“プリズン・サバイバル”に身を投じていく。


キャスト
神渡 琴音(かみわたり ことね)
演 - 剛力彩芽
仲間の芸妓を殺した冤罪をきせられ、刑務所に送られた謎多き京都の芸妓。

楠瀬 司(くすせ つかさ)
演 - 山口紗弥加
罪を犯した謎多き政治秘書で男装の麗人。

市川 沙羅(いちかわ さら)
演 - トリンドル玲奈
雑居房(共同室)内で最年少、DV夫を殺した元ヤンのシングルマザーで琴音を率先していじめる。

津田 桜子(つだ さくらこ)
演 - 平岩紙
無期懲役で服役中の後妻業の女、遺産目当ての連続殺人の毒婦。

矢島 千鶴香(やじま ちづか)
演 - 橋本マナミ
不倫の末に患者を殺した全身整形サイボーグ看護師。

平塚 うめ(ひらつか うめ)
演 - 木野花
雑居房(共同室)内で最高齢、老老介護に耐え切れず夫を殺してしまった。

坂本 奈津(さかもと なつ)
演 - 安達祐実
そして無銭飲食を繰り返す、刑務所No.1の情報屋。

琴音を知る人びと
一条 涼(いちじょう りょう)
演 - 梶芽衣子
琴音の育ての親で、置屋の女将。琴音の無実を信じる。

小春(こはる)
演 - 久住小春
琴音を慕う後輩舞妓。琴音の無実を晴らそうと、独自に動き始める。

雪乃(ゆきの)
演 - 寺川里奈
置屋の芸妓。

内藤 裕次郎(ないとう ゆうじろう)
演 - 高嶋政伸
表と裏で全く違う顔を見せる次期総理大臣の呼び声も高い法務大臣。

本郷 和也(ほんごう かずや)
演 - 寿大聡
法務大臣・内藤の秘書。

刑務所の人びと
恩田 健郎(おんだ たけろう)
演 - 池内万作
刑務所の所長。

百目鬼 幸子(どうめき さちこ)
演 - 宍戸美和公
刑務所のベテラン刑務官。

一本松 昇(いっぽんまつ のぼる)
演 - 永野宗典
刑務所の処遇部長。

大平 仁(おおひら じん)
演 - 田村健太郎
刑務所イチのイケメン刑務官。

立原 桐子(たちはら きりこ)
演 - 内藤理沙
刑務所の新人刑務官。

山川 まお(やまかわ まお)
演 - 山崎静代
脱獄を図る元女子プロレスラー。

菊池 徹子(きくち てつこ)
演 - 大幡しえり
刑務所に服役する女囚。

鈴木 小夜子(すずき さよこ)
演 - 雨宮舞香
刑務所に服役する女囚。

スタッフ
脚本 - 西荻弓絵
主題歌 - 新しい学校のリーダーズ「毒花」
ゼネラルプロデューサー - 内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー - 山田兼司(テレビ朝日)、浅井千瑞(MMJ)、本郷達也(MMJ)
監督 - 瑠東東一郎、豊島圭介
制作 - テレビ朝日、MMJ


各話あらすじ 平均視聴率 5.38%
第1話 2017年4月21日「全員、悪女!史上最恐のプリズン・サバイバルが、いま始まる」 視聴率 7.5%
 殺人罪で懲役5年を科せられた元芸妓の琴音(剛力彩芽)は、花園刑務所へ送られる。琴音の同室は6人。政治資金規正法違反及び詐欺罪で服役中の元政治家秘書・司(山口紗弥加)やDV夫を殺した元ヤンキーの沙羅(トリンドル玲奈)ら一癖も二癖もある女ばかりだ。新人いじめが始まる中、琴音は顔色一つ変えず、沙羅らは逆に気味が悪い。一方、度重なる無銭飲食で捕まった奈津(安達祐実)だけは何かと琴音の世話を焼く。

第2話 2017年4月28日「獄中ダンス大会でマウント合戦!?”後妻業のエロ女”の危険な罠」 視聴率 5.3%
 法務大臣・内藤(高嶋政伸)の視察に合わせ、部屋別対抗のダンスイベントが行われることに。沙羅(トリンドル玲奈)たちは優勝賞品の菓子を誰にも渡したくない。高名な日本舞踊の先生を祖父に持つ桜子(平岩紙)が‘センター’に名乗りを上げ、練習が始まる。一方で桜子は、所内のボスに命じられて琴音(剛力彩芽)の身辺を探るが、何もつかめない。さらに、罪状の殺人について直接聞くが、分からないと言われてしまう。

第3話 2017年5月5日「女囚が国家試験に挑戦!?夫殺しの元ヤン・シングルマザーの秘密」 視聴率 4.1%
 元ヤンキーの殺人犯・沙羅(トリンドル玲奈)は、なぜか美容師の職業訓練だけは人が変わったように真面目に受講。国家試験に合格したら、養育権を剥奪された6歳の娘と会わせると所長の恩田(池内万作)が約束してくれたからだ。国家試験の前日、刑務官の百目鬼(宍戸美和公)が沙羅に話し掛ける。その直後、琴音(剛力彩芽)は、取り乱してトイレに駆け込む沙羅を目撃して…。

第4話 2017年5月12日「“全身整形ナース"のゲス不倫殺人の真相!女の怨念が大暴走…」 視聴率 5.1%
 ‘面会シーズン’が近づき、沙羅(トリンドル玲奈)らは千鶴香(橋本マナミ)から目が離せない。昨年、不倫相手が面会に現れず、大暴れした千鶴香は単独室に隔離されたのだ。一方、琴音(剛力彩芽)は面会に訪れた一条(梶芽衣子)から、香山(篠田光亮)が偽物の雑誌記者だと教えられる。そんな中、所長の恩田(池内万作)らが恐れていたインフルエンザ患者が所内で発生する。

第5話 2017年5月19日「老老介護で夫殺し!?ついに“冤罪事件"の黒幕が明かされる!」 視聴率 4.9%
 犯罪被害者の話を聞く更生プログラムが始まるが、受刑者には犯罪手口を学ぶ機会になってしまい、逆効果。そんな中、琴音(剛力彩芽)は百目鬼(宍戸美和公)がうめ(木野花)に話し掛ける姿を目撃する。午後の研修は、受刑者同士が詐欺の被害者と加害者を演じて、被害者の気持ちを考える実習だった。しかし、琴音と組んだうめの様子がおかしい。うめは、自分の罪で息子夫婦に苦労を掛けていることに心を痛めていた。

第6話 2017年5月26日「愛欲に溺れた政治秘書!汚れたスーツと“黒い契り"」
 司(山口紗弥加)の面会に、政治家・高見沢(中谷さとみ)がやって来る。高見沢は優秀な私設秘書だった司を一刻も早く出所させようと、法務大臣の内藤(高嶋政伸)に依頼したという。その内藤は、総理が健康問題で辞任した政界において、次期総理を決める総裁選への出馬をささやかれていた。琴音(剛力彩芽)は奈津(安達祐実)から司の仮釈放が近いと聞いて考えを巡らせる。

第7話 2017年6月2日
 内藤(高嶋政伸)の総理大臣就任を阻止するため脱獄を決意した琴音(剛力彩芽)は、同室の仲間に計画を打ち明ける。そんな中、抜き打ちの持ち物検査が行われた。ドライバーを見つけた百目鬼(宍戸美和公)が、琴音たちに詰め寄っていると、突然、所内が停電で真っ暗闇に。再び、明かりがともると、ドライバーが脚に刺さった百目鬼が倒れていた。琴音らは、乗り込んできた刑事たちから、一人ずつ厳しい取り調べを受ける。


番組公式サイト
女囚セブン - Wikipedia
タグ:女囚セブン

『女囚セブン TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバース TOP

2017年4月14日からTBS系「金曜ドラマ」枠(毎週金曜 22:00〜22:54)にて放送中。主演は藤原竜也。初回15分拡大。


原作概要
『リバース』は、湊かなえによる推理小説。2013年11月号から2014年12月号まで雑誌『小説現代』に連載され、2015年5月19日に講談社から単行本が刊行された。第37回吉川英治文学新人賞の候補作。2017年3月15日には講談社文庫版が刊行された。


ドラマ概要
人気作家・湊かなえの同名小説を原作に、「夜行観覧車」「Nのために」(ともに同系)のスタッフが藤原竜也主演でドラマ化。10年前に旅先で起きた親友の不審な事故死に向き合う主人公のサラリーマン・深瀬和久を藤原が演じる。

深瀬の恋人でパン屋に勤める越智美穂子を戸田恵梨香、旅行を共にしたゼミ仲間らを玉森裕太、三浦貴大、門脇麦、市原隼人が演じるほか、YOU、志賀廣太郎、片平なぎさらが共演。元刑事のフリージャーナリストで10年前の事故の真相を追う小笠原俊雄に武田鉄矢が扮するなど、豪華キャスト総出演で、友情、贖罪(しょくざい)、美しい愛を描いた極上のミステリーを紡ぐ。


ストーリー 
大学生だった10年前、ゼミ仲間とのスノーボード旅行中に親友・広沢由樹(小池徹平)を失った深瀬和久(藤原竜也)は、地味でさえないサラリーマン人生を送っていた。ある日、行きつけのコーヒー店で越智美穂子(戸田恵梨香)と運命的な出会いをし、頼りない自分に明るく接する彼女に強く惹かれていく。

そんな中、大学時代の教授の退官祝賀会で、かつて旅行を共にしたメンバーで現在は高校教師の浅見康介(玉森裕太)や、県議会議員秘書の村井隆明(三浦貴大)、大手商社マンの谷原康生(市原隼人)らと再会する。すると、彼らを待ち受けていたかのように、10年前の事故の真相を追うフリージャーナリストの小笠原俊雄(武田鉄矢)が現れる。


キャスト
深瀬和久〈32〉
演 - 藤原竜也
「ニシダ事務機」営業部に勤務。有名大学を卒業しながら、自分には価値がないとコンプレックスを抱く。大学のゼミで知り合った人生で初めてできた親友・広沢由樹を10年前の旅行先で失くす。

越智美穂子〈30〉
演 - 戸田恵梨香
パン屋「グリムパン」に勤めている深瀬の恋人。行きつけのコーヒー店で深瀬と運命的に出会う。売れ残ったパンを深瀬のいれたコーヒーと共に食べる時間に幸せを感じている。

浅見康介〈32〉
演 - 玉森裕太(Kis-My-Ft2)
深瀬の大学のゼミ仲間。何事にもストイックな性格。現在は高校教師をしているが、厳しい指導が原因で生徒や保護者とのトラブルが絶えない。深瀬と10年前の事故の真相を調べ始める。

広沢由樹〈享年22〉
演 - 小池徹平
大学のゼミで知り合った深瀬と親友になるが、ゼミ仲間らとのスノーボード旅行中に行方不明となり、半年後に白骨化した遺体で発見される。

村井隆明〈32〉
演 - 三浦貴大
深瀬の大学のゼミ仲間。現在は県議会議員である父の秘書を務め、地盤を引き継いで立候補する日を待ち望む。純粋な性格で、父からのプレッシャーに悩む。

谷原明日香 ← 村井明日香〈27〉
演 - 門脇麦
村井の妹。広沢に好意を寄せていたことから、10年前のスノーボード旅行に強引に参加する。大学卒業後にアプローチしてきた谷原と結婚し、家庭を築く。

谷原康生〈33〉
演 - 市原隼人
深瀬の大学のゼミ仲間。ゼミのリーダー的存在で、大学時代から思いを寄せていた村井の妹と結婚する。現在は大手商社に勤め、上司のパワハラに苦しんでいる。

乾恭子〈48〉
演 - YOU
クローバーコーヒーのマスターの妻。

広沢忠司〈65〉
演 - 志賀廣太郎
広沢の父。愛媛でみかん農家を営む。

広沢昌子〈57〉
演 - 片平なぎさ
広沢の母。息子の事故を受け入れられない。

小笠原俊雄〈65〉
演 - 武田鉄矢
ジャーナリスト。元長野県警で、広沢失踪事件の担当だった。

森下泉〈23〉
演 - 藤本泉
浅見の同僚で国語教師。

藤崎莉子〈17〉
演 - 山口まゆ
浅見の生徒。

相良了平〈17〉
演 - 鈴木仁
浅見の生徒。

村井明正〈70〉
演 - 村井國夫
村井と明日香の父。県議会議員。

甲野伸之〈52〉
演 - 山崎銀之丞
明正の秘書。

村井香織〈26〉
演 - 趣里
村井の妻。

沼淵ことは〈42〉
演 - 篠原ゆき子
村井の不倫相手。

谷原七海〈3〉
演 - 古田結凪
谷原と明日香の娘。

乾圭介〈48〉
演 - バッファロー吾郎A
クローバーコーヒーのマスター。恭子の夫。

スタッフ
原作 - 湊かなえ『リバース』(講談社)
脚本 - 奥寺佐渡子、清水友佳子
音楽 - 横山克
演出 - 塚原あゆ子、山本剛義、村尾嘉昭
プロデューサー - 新井順子
制作 - ドリマックス・テレビジョン、TBS

主題歌 - シェネル「Destiny」(作詞:松尾潔、作曲:川口大輔)


各話あらすじ
第1話 2017年4月14日「親友の死に隠された秘密…復讐は十年後に始まった」 ※初回15分拡大(22:00 〜 23:15)
 深瀬和久(藤原竜也)は、冴えない男だ。有名大学を卒業しながらも、地味でつまらないほど普通の人生を送ってきた。唯一の彼の取り柄は、美味しいコーヒーを淹れること。そしてその度に彼の頭をよぎるのは、たった一人の親友・広沢由樹(小池徹平)を失ったことだった。それは10年前、大学のゼミ仲間5人とのスノボ旅行中に起きた悲しい事件、それは――。

第2話 2017年4月21日「罪の告白…十年前に起こった雪山の悲劇」
 深瀬(藤原竜也)は美穂子(戸田恵梨香)に10年前のことを語る。大学時代の深瀬、広沢(小池徹平)、浅見(玉森裕太)、谷原(市原隼人)は、長野にある村井(三浦貴大)の別荘へ遊びに行く。その後、村井と妹・明日香(門脇麦)が別荘の最寄り駅に遅れて到着。村井は車で迎えに来るよう強い口調で迫るが、外は大雪で4人は困惑する。やがて、酒を口にしていた広沢が、自分が行くと手を挙げる。だが、広沢が駅にたどり着くことはなく…。

第3話 2017年4月28日「ついに犠牲者が…!迫りくる告発犯の影」
 深瀬(藤原竜也)は小笠原(武田鉄矢)から、広沢(小池徹平)の件について今まで考えもしなかった可能性を示され、驚く。さらに小笠原は、事故現場の第一発見者は谷原(市原隼人)だと告げ、初めて知る事実に深瀬は混乱する。一方、浅見(玉森裕太)、谷原、村井(三浦貴大)にも「人殺し」と糾弾する紙が届き、相談のため集まった4人。事故の件を谷原から思うように聞き出せない深瀬だが、帰り際、村井が深瀬に声を掛ける。

第4話 2017年5月5日「犯人は女?ホーム転落…次の犠牲は誰だ」
 谷原(市原隼人)が草野球の帰りに駅のホームから転落した。現場では「人が突き落とされた」という叫び声を駅員が聞いていたが、目撃者は皆無。一方、谷原が転落前に飲酒していたことから、警察は事件と事故双方の線で捜査を進める。深瀬(藤原竜也)、浅見(玉森裕太)らは、告発文を送ってきた人物の仕業ではないかと考える。そんな中、谷原が参加していた草野球の写真を見た深瀬は、観客席にいる中年女性に目を付ける。

第5話 2017年5月12日「彼女に襲いかかる魔の手…そしてまた一人が消える!」
 村井(三浦貴大)と県議会議員・ことは(篠原ゆき子)のダブル不倫がスクープされる。村井は県議会議長の父・明正(村井國夫)から身を隠せと指示され、深瀬(藤原竜也)のアパートに転がり込む。一方、深瀬は美穂子(戸田恵梨香)が何者かに追われていると知り、気が気でない。そんな中、深瀬のアパートを訪れた浅見(玉森裕太)が、広沢(小池徹平)の件について「最後に広沢を見たのはおまえじゃないのか」と村井を問い詰める。

第6話 2017年5月19日「第2章開幕…新たな容疑者!愛媛に隠された親友の謎」
 村井(三浦貴大)や谷原(市原隼人)を心配する深瀬(藤原竜也)は、谷原の病室に明日香(門脇麦)を訪ねる。広沢(小池徹平)の死への村井の関与を疑う明日香は、当時の兄の行動を深瀬に伝える。一方、小笠原(武田鉄矢)からの情報で、美穂子(戸田恵梨香)をつけ回す男の正体が判明。そんな中、改めて10年前のことを知りたいと願う深瀬と浅見(玉森裕太)は再び長野へ。その後、広沢の母・昌子(片平なぎさ)を訪ね、愛媛に行く。

第7話 2017年5月26日「ラスト7分衝撃の展開!告発犯の正体が明らかに…!」
 深瀬(藤原竜也)は広沢(小池徹平)の故郷・愛媛で、自分たちに告発文を送った犯人が、広沢が付き合っていた恋人ではないかという情報を得る。東京に帰った深瀬は、生徒のトラブルで一足先に戻っていた浅見(玉森裕太)と共に、谷原(市原隼人)の見舞いに。意識を取り戻した谷原は深瀬らに改めて10年前のことを尋ねられ、事故現場で見たことを思い出す。一方、明日香(門脇麦)は谷原の隠し事に不安を感じていて…。

第8話 2017年6月2日
 深瀬(藤原竜也)は美穂子(戸田恵梨香)に何度も電話をかけ、捜し回るが、彼女と連絡が取れなくなってしまう。深瀬の家に集まっていた4人は、広沢(小池徹平)の恋人の正体を知り、彼女と話し合おうと決めるが、村井(三浦貴大)は逃げるようにその場を立ち去る。その後、自宅に戻った谷原(市原隼人)は、明日香(門脇麦)に心配をかけたことをわびる。谷原の話を聞いた明日香は村井を訪ね、10年前に何があったかを問いただす。

各話視聴率


番組公式サイト
リバース (湊かなえの小説) - Wikipedia
タグ:リバース

『リバース TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜 TOP

『ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜』(ツバキぶんぐてん〜かまくらだいしょやものがたり〜)は、NHK総合「ドラマ10」枠(毎週金曜 22:00〜22:50)にて2017年4月14日から放送中。全8回予定。


原作概要
『ツバキ文具店』(ツバキぶんぐてん)は、小川糸の小説。季刊文芸誌『GINGER L.』(幻冬舎)への連載を経て、2016年4月21日に幻冬舎より刊行された。2017年本屋大賞候補作品。2017年4月にNHKラジオ第1「新日曜名作座」にてラジオドラマ化された。


概要
2017年の本屋大賞にノミネートされた小川糸のベストセラー小説「ツバキ文具店」を原作に、多部未華子主演でドラマ化。古都・鎌倉を舞台に、バリからふるさとに帰ったばかりの主人公・雨宮鳩子(多部)が、亡き祖母から文具店を受け継ぎ、手紙の代筆をなりわいとする“代書屋”として成長していく姿を描く。

鳩子は依頼者の思いもくみ取り、手紙を一から考えて代筆する日々の中で、風変わりな人々と触れ合い、日常の小さな幸せを感じていく。


ストーリー 
雨宮鳩子(多部未華子)は、「ツバキ文具店」を営んでいた祖母・カシ子(倍賞美津子)が亡くなり、その葬式に出るために8年ぶりにふるさとの鎌倉に戻った。文具店とは名ばかりで、カシ子は客の依頼を受けて手紙を代筆する“代書屋”を本業としており、鳩子も幼い頃に代書の手ほどきを受けていたが、厳しい指導に反発し、家を出ていた過去があった。

残された店舗兼住居を売却しようとしていた鳩子だったが、「ツバキ文具店」は代書屋として地元の人々に愛されており、引き継ぐことを余儀なくされる。新米の代書屋となった鳩子は、手紙の依頼に応えるうちに、さまざまな人々と心を通わせていく。


キャスト
雨宮 鳩子 - 多部未華子
カシ子の孫。かつては祖母と一緒に住み、代書の厳しい指導を受けていた。それに反発して高校卒業とともに上京し、就職活動に失敗して海外に出ていた。あだ名はポッポ。

白川 清太郎 - 高橋克典
鎌倉の観光ガイド。「ツバキ文具店」に顔を出し、カシ子の身の回りの手伝いをしていた。かつては東京の一流商社に勤めていた。

守景 蜜朗 - 上地雄輔
鎌倉の「むぎカフェ」の店主。一人娘の陽菜と暮らしている。

楠 帆子 - 片瀬那奈
新津ちせ

バーバラ婦人 - 江波杏子
雨宮家の隣に住む婦人。生前のカシ子と親しくしていた。鳩子を温かい目で陰ながら見守っている。

男爵 - 奥田瑛二
鎌倉の人々から「男爵」と呼ばれている男性。カシ子の葬儀に顔を出し、鳩子のことも昔から知っている様子。

雨宮 カシ子 - 倍賞美津子
鳩子の亡き祖母。鎌倉で「ツバキ文具店」を営み、客に頼まれると美しい文字で手紙を代筆していた。

スタッフ)
原作 - 小川糸『ツバキ文具店』
脚本 - 荒井修子
音楽 - 白石めぐみ
制作統括 - 内田ゆき(NHKエンタープライズ)、中村高志(NHK) 
演出 - 黛りんたろう、榎戸崇泰、西村武五郎

主題歌 - 絢香「コトノハ」 


各話あらすじ 平均視聴率 5.60%
第1話 2017年4月14日「奇妙なお悔やみ状」 視聴率 5.7%
 鳩子(多部未華子)は8年ぶりに故郷・鎌倉へ戻る。「ツバキ文具店」という小さな文具店を営んでいた祖母・カシ子(倍賞美津子)が亡くなったのだ。ツバキ文具店は、依頼者が書けない手紙を本人に成り代わって書く店だった。幼い頃、母に捨てられ、厳しいカシ子に反抗して家を飛び出した鳩子は、店を継ぐ気はない。そんな中、カシ子が亡くなる直前、彼女に手紙の代筆を依頼したという客・マダムサイダー(冨士眞奈美)が現れる。

第2話 2017年4月21日「幸せの修了証書」 視聴率 4.6%
 新米の‘代書屋’となった鳩子(多部未華子)の元に、三津田(高橋和也)という男性から離婚を知らせる手紙の依頼が持ち込まれる。妻に好きな人ができたのが離婚の原因だという。三津田は妻の唯一の要望である、封ろう用のシーリングスタンプを渡す。円満離婚を強調する三津田に、鳩子は違和感を抱く。鳩子は手紙のヒントを得ようと三津田を訪ねるが、話すうちに三津田は動揺し、離婚の知らせを出すかどうか迷い始める。

第3話 2017年4月28日「けじめの断り状」 視聴率 5.6%
 ツバキ文具店を鳩子(多部未華子)の元恋人・武田(松澤傑)が訪ねてきた。出版社で編集者として働く彼は、有名エッセイストに送る執筆依頼を代わりに書いてほしいという。安易な依頼に気分を害した鳩子は断り、武田を追い返す。そんな中、鳩子は男爵(奥田瑛二)に、友人からの借金の依頼を断る手紙の代筆を頼まれる。男爵が苦手な鳩子は戸惑うが、次第に彼の優しい一面を知る。男爵の断り状に取り組むうちに、武田のことを考え直した鳩子は、ある方法を思い付く。

第4話 2017年5月5日「最後のラブレター」 視聴率 5.1%
 鳩子(多部未華子)は園田(川口覚)という男性から、昔別れた恋人・桜(桜川博子)への手紙の代筆を依頼される。ただ自分が元気であることを伝えたいという園田には既に妻子がおり、桜も結婚している。帆子(片瀬那奈)から「不倫の誘いの片棒を担がされつつある」と忠告された鳩子だが、そうは思えず、ひたすら桜の幸せを思う園田の気持ちを手紙にしようとする。その一方、鳩子は守景(上地雄輔)親子と親しくなっていく。

第5話 2017年5月12日「母へ贈る文字」 視聴率 6.4%
 鳩子(多部未華子)のことを聞き回る怪しげな外国人青年(アレックスJD)がツバキ文具店の周囲に現れた。周りの人たちが心配する中、男爵(奥田瑛二)が鳩子の元に花蓮と名乗る美しい女性(芦名星)を連れてくる。客室乗務員の花蓮は鳩子に義母への誕生日カードの代筆を依頼。快く引き受けた鳩子だが、どうやら花蓮と義母はうまくいっていないらしい。花蓮を問いただすと、彼女は文字がとんでもなく下手なのだと打ち明ける。

第6話 2017年5月19日「愛するチーちゃんへ」 視聴率 6.2%
 ツバキ文具店に白川(高橋克典)が現れる。母・千代(草村礼子)の介護に悩んでいた白川は、ついに母を施設に預けることを決意。ところが、亡き夫からの手紙が来るはずだから家に戻ると言う千代に困り果てていた。鳩子(多部未華子)に父からの手紙を書いてほしいという白川は、参考にと、父が生前、出張先から母に送ったたくさんの手紙を渡す。白川の両親の間の深い愛情に、鳩子は果たして自分が代書できるのかと不安になる。

第7話 2017年5月26日「話せなかった思い」
 守景(上地雄輔)の妻の死の理由を知り、衝撃を受ける鳩子(多部未華子)。ある日、匿名の女性(平山さとみ)から絶縁状を頼まれた鳩子は人を幸せにできない手紙ではと悩む。そんな中、カシ子(倍賞美津子)の文通相手の息子だという留学生(アレックス・JD)が鳩子を訪問。不仲だったカシ子の手紙に自分についての記述が多くあると聞いた鳩子は戸惑う。一方、白川(高橋克典)の母が急死。手紙をたき上げる「手紙供養」を行うことになる。

最終話 2017年6月2日「解き放たれた言葉」
 亡きカシ子(倍賞美津子)が書いた手紙を読んで、彼女の自分への深い愛情を知った鳩子(多部未華子)は、ショックで手紙を書けなくなってしまう。それに加え、守景(上地雄輔)は娘・陽菜(新津ちせ)を連れて鎌倉を去ろうとしていた。思いを伝えられない鳩子は動揺する。そんな折、バーバラ婦人(江波杏子)の発案で、鳩子は男爵(奥田瑛二)たちと花見の会を開く。桜の下で鳩子は、鎌倉で多くの人の思いやりに支えられて、自分は幸せに生きているのだと気付く。カシ子の思い出がよみがえる寺で、守景と向き合った鳩子は…。


番組公式サイト
ツバキ文具店 - Wikipedia

『ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(6) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

釣りバカ日誌 Season2 新米社員 浜崎伝助 TOP

『釣りバカ日誌 Season2 新米社員 浜崎伝助』(つりバカにっし しんにゅうしゃいん しーずん2 はまさきでんすけ)のタイトルで、2017年4月21日から、毎週金曜日20時 - 20時54分に、テレビ東京系の『金曜8時のドラマ』で放送中。


Season1
『釣りバカ日誌〜新入社員 浜崎伝助〜』のタイトルで、2015年10月23日から12月11日まで毎週金曜日20時 - 20時54分に、テレビ東京系の『金曜8時のドラマ』で、濱田岳主演で放送された。

2017年1月2日に『YAMADA新春ドラマスペシャル「釣りバカ日誌〜新入社員 浜崎伝助〜 伊勢志摩で大漁! 初めての出張編」』のタイトルで、単発スペシャルドラマとして放送された。


概要
2015年秋に連続ドラマとして放送され好評を博した、濱田岳主演の「釣りバカ日誌」シリーズ第2弾。濱田がハマちゃんこと大手ゼネコン社員・浜崎伝助に、西田敏行がスーさんこと社長の鈴木一之助に扮し、時にはけんかをしながら仲良く釣りをして、さまざまな珍騒動を繰り広げるコメディー。今回は、入社3年目を迎えマイペースぶりに磨きがかかってきた“新米社員”ハマちゃんが、さらなるトラブルを巻き起こしていく。


ストーリー 
2017年、五輪の開催に向けて沸く東京だが、大手ゼネコン「鈴木建設」に勤めるハマちゃんこと浜崎伝助(濱田岳)は、相変わらず超マイペースな日々を過ごしていた。

自他共に認める釣り好きの伝助は、スーさんこと「鈴木建設」社長の鈴木一之助(西田敏行)らと、各地に釣りに赴き、公私両面でさまざまな珍騒動を繰り広げていく。


キャスト
濱田岳
浜崎伝助 役
大手ゼネコン「鈴木建設」営業三課の社員。通称・ハマちゃん。入社して3年になるが相変わらずマイペースで、出世よりも大好きな釣りに情熱を注ぐ。失敗が回り回って良い結果を生むこともあるのだが、その成果に気付く者は少ない。

広瀬アリス
小林みち子 役
定食屋「かづさ屋」の従業員で、秋田出身の料理上手な看板娘。恋人の伝助が釣ってきた魚を、いつもおいしく料理してくれる。明るく、物おじしない性格で、感情が一気に高まることも。伝助の釣りバカっぷりにいつも振り回される。

吹越満
佐々木和男 役
「鈴木建設」営業三課の課長で伝助の上司。長いものには巻かれ、目下の者には強く出る典型的な中間管理職タイプ。仕事よりも釣りに没頭する伝助にいつもイライラしていて、胃を痛めている。

西田敏行
鈴木一之助 役
伝助が勤める大手ゼネコン「鈴木建設」の創業者であり社長。ひょんなことから伝助と知り合い釣りに誘われて以来、伝助を「ハマちゃん」と呼び、 釣りの師匠と仰ぐ。愛称はスーさん。普段は社長として威厳を保っているが、釣りが絡むと冷静な判断を下せなくなることも。

スタッフ
原作:「釣りバカ日誌」「釣りバカ日誌番外編 新入社員 浜崎伝助」(小学館)
脚本:佐藤久美子、山岡潤平、朝原雄三
監督:児玉宜久、石川勝巳
プロデューサー:山鹿達也、浅野太、齋藤寛之、竹内絵唱

主題歌:I’m FISH///DISH//


各話あらすじ 平均視聴率 5.64%
第1話 2017年4月21日 ※初回拡大スペシャル(20:00 〜 21:48) 視聴率 6.8%
 鈴木建設営業三課はライバル社を出し抜いて大型の新規契約を取り付け、活気づいていた。契約獲得に一役買ったのは伝助(濱田岳)。社長の鈴木(西田敏行)は長年いがみ合ってきたライバル社の社長・甘粕(松平健)の鼻を明かせたと上機嫌だ。一方、伝助は大学時代の先輩・鮫島(若林正恭)から新婚ののろけ話を聞いて感化され、勢いでみち子(広瀬アリス)に結婚を提案。そんなみち子の前に、大学准教授の藤岡(浦井健治)が現れ…。

第2話 2017年4月28日「ハマちゃんと10億円」 視聴率 5.9%
 ‘開かずの踏切’に架ける歩道橋建設を任された伝助(濱田岳)は、予算が折り合わず頭を抱えていた。釣りに行った際、鈴木(西田敏行)は伝助に「振り出しざおのように歩道橋も造れたら」と話す。翌日、伝助は鈴木の一言から設計課・尾上(浜野謙太)に、ある工法を提案。尾上は予算内かつ短期間でできると言い出す。課長・佐々木(吹越満)は、その工法の特許を取れば10億円が手に入ると知り、個人で出願しようとする。

第3話 2017年5月5日「ハマちゃん釣りをやめる」 視聴率 6.2%
 一人で釣りに出掛けた伝助(濱田岳)は岩場でバランスを崩して転落し、頭を強打。鈴木(西田敏行)、みち子(広瀬アリス)らが心配する中、意識を取り戻した伝助だが、何やら様子が変だ。翌日、始業前に出社した伝助は机の中の釣り道具を次々と捨て始める。あまりの変わりように、課長・佐々木(吹越満)は自分の小言が実を結んだと大喜び。一方、伝助から「会社のために師弟関係を解消する」と宣言され、鈴木はショックを受ける。

第4話 2017年5月12日「ハマちゃんvs美人サギ師」 視聴率 4.3%
 伝助(濱田岳)は母・とし子(榊原郁恵)から、兄・純友(前野朋哉)が結婚すると聞いて大喜び。ところが、相手とは2カ月前にSNSで知り合ったばかりで、明日、東京で初めて会うという。伝助は、とし子から頼まれて、兄の婚約者を見極めることに。翌日、みち子(広瀬アリス)と待ち合わせ場所に潜入した伝助は、婚約者・美和(マイコ)の美しさに見とれる。しかし、純友にマンション購入を勧める彼女の言動に不信感を抱く。

第5話 2017年5月19日「ハマちゃんと不思議な後輩」 視聴率 5.0%
 伝助(濱田岳)が所属する営業三課に新人・慎平(森永悠希)が配属される。慎平は実は、鈴木(西田敏行)と親しい会社社長・芳川(益岡徹)の息子で、修業のために入社したのだ。伝助は、マイペースな慎平に振り回される。一方、後継者問題で伝助から「部下に任せることも大事だ」と言われた鈴木は、仮病でしばらく会社を休むことに。すると、次期社長の座を巡り常務・秋山(伊武雅刀)と専務・岡本(名高達男)が火花を散らしだす。

第6話 2017年5月26日「佐々木課長と恋心」
 伝助(濱田岳)と課長・佐々木(吹越満)は、ワンマン経営をする社長・修子(大地真央)の会社の結婚式場建設コンペの説明会に出席。佐々木は契約を勝ち取るため、修子を暗闇の中で食事を楽しむレストランに招待する。暗闇でつまずいた修子に手を差し伸べた伝助。しかし、修子はそれを佐々木の手と勘違いし、恋心を抱き始める。話を聞いた伝助は、鈴木(西田敏行)の助言で、佐々木を修子の嫌いなタイプに仕立てようとする。

※2017年6月2日は「世界卓球×全仏テニス」(19:00 〜 21:00)が放送のため、休止。

第7話 2017年6月9日
 伝助(濱田岳)と一之助(西田敏行)がいつものように釣りを楽しんでいると、釣りガール・祐実(真野恵里菜)と出会う。祐実にデレデレの一之助は、彼女と二人で釣りに行くために、またも伝助に嘘をつく。それが原因で決別宣言をする伝助と一之助だが、彼女は実はゼネコン志望の就活生で…!?彼女の企みとは一体!


番組公式サイト
釣りバカ日誌 - Wikipedia

『釣りバカ日誌 Season2 新米社員 浜崎伝助 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

100万円の女たち TOP

『100万円の女たち』は、2017年4月13日から、テレビ東京系で木ドラ25枠(毎週木曜 25:00〜25:30)で放送中。


概要
木曜深夜に新設された「木ドラ25」第1弾は、青野春秋の同名コミックを基にした密室ミステリー。主人公の道間慎を演じるのは、人気バンド・RADWIMPSのボーカルである野田洋次郎。主演映画「トイレのピエタ」での好演も記憶に新しい野田が、今作でドラマ初出演にして初主演を果たす。

半年前から5人の美女たちとなぜか一つ屋根の下で暮らすことになった、売れない小説家の慎は、毎月100万円もの大金を女たちから支払われるが、彼女たちの目的も素性も全く分からない。回を追うごとに、一つ、また一つと解明されていく謎。やがて慎は、この奇妙な共同生活を通して、思いもよらなかった大きな運命に翻弄(ほんろう)されていく。


ストーリー 
道間慎(野田洋次郎)は売れない小説家。彼は、半年前からなぜか5人の美女と一つ屋根の下で暮らしている。女たちは家賃兼生活費として、毎月100万円もの大金を慎に支払うが、彼女たちに対する質問は一切禁止されており、なぜこの家に集まってきたのか、普段は何をやっているのかなどは、一切謎に包まれたままだ。

やがて、この奇妙な共同生活を通じて、女たちの過去や存在理由などが少しずつ解明されていく。同時に、慎自身にも思いもよらなかった変化が起き始め、彼を取り巻く環境も変わっていく。そして慎が美女たちとの暮らしに幸せを感じ始めていたある日、すべてを崩壊させる事件が起きる。


キャスト
野田洋次郎
道間慎 役
なぜか5人の美女と共に暮らすことになった売れない小説家。奇妙な共同生活に翻弄されていくうち、自身の身にも思いもよらなかった変化が起き始める。

福島リラ
白川美波 役
コーヒーを愛する女。家の中では常に全裸で、妖艶な魅力と得体の知れないオーラを放っている。

松井玲奈
塚本ひとみ 役
紅茶を愛する女。無類の読書好きで常に本を読んでいる。ヨガ好きでもある。

我妻三輪子
小林佑希 役
ほうじ茶を愛する女。言葉数が少なく無駄話をしない。たまに優しい。

武田玲奈
鈴村みどり 役
アセロラジュースを愛する女。陰のある高校生で、生い立ちに何か秘密を抱えている。

新木優子
開菜々果 役
牛乳を愛する女。一見捉えどころがないが、大物感を漂わせている。


スタッフ
原作:青野春秋「100万円の女たち」(小学館)
脚本:山田能龍、室岡ヨシミコ、中園勇也
監督:藤井道人、原廣利、桑島憲司
プロデューサー:大和健太郎、五箇公貴、堀尾星矢

主題歌:漂う感情/コトリンゴ

各話あらすじ
第1話 2017年4月13日
 道間慎(野田洋次郎)は売れない小説家。彼は半年前から5人の謎の美女たちと一つ屋根の下で暮らしている。美女たちは家賃兼生活費として毎月100万円もの大金を慎に支払うが、この共同生活にはいくつかルールがあり、彼女たちに対する質問は一切禁止されていた。

第2話 2017年4月20日
 売れない小説家の慎(野田洋次郎)は、父が母とその交際相手を殺害した死刑囚。誰もいなくなった家で一人暮らしをしていたが、5人の謎の美女たちが現れ、現在は一緒に生活している。ある日、家では全裸の美波(福島リラ)がスランプの慎を見て、自分の仕事に誘い出す。そこで、思いもよらない美波の真実を知った慎は…。

第3話 2017年4月27日
 慎(野田洋次郎)は美波(福島リラ)が経営する高級売春クラブに連れていかれ、体の関係を迫られる。そんな中、慎と5人の女たちは出版社の創立記念パーティーに招かれる。そこで、菜々果(新木優子)が注目を集める。

第4話 2017年5月4日
 慎(野田洋次郎)がある日、陰のある女子高生・みどり(武田玲奈)の部屋に呼ばれると、下着姿の彼女から意外な迫られ方をする。その様子を廊下からうかがっていたひとみ(松井玲奈)は、慎に冷たく当たるようになる。

第5話 2017年5月11日
 家の中では全裸で過ごす美波(福島リラ)は、女子高生のみどり(武田玲奈)に相談され、彼女に付きまとう男を抹殺しようと車ではねる。一方、口数の少ない佑希(我妻三輪子)は、実は結婚していることをみんなに明かす。

第6話 2017年5月18日
 慎(野田洋次郎)の2年ぶりの新刊が発売されたが、書店では目立たない。一方、人気小説家・花木ゆず(中村倫也)の本が大量に山積みされている。そんな中、文学賞の選考会が開かれる。

第7話 2017年5月25日
 慎(野田洋次郎)は最優秀文学賞を受賞するが、父親が死刑囚であることが世間に知られ、週刊誌の記者によって5人の女たちと同居していることも暴かれてしまう。

第8話 2017年6月1日
 世界的大女優の菜々果(新木優子)が自室で何者かに殺害された。警察は謎の共同生活をおくる慎(野田洋次郎)と、残った4人の女たちに疑いの目を向ける。


番組公式サイト

『100万円の女たち TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋がヘタでも生きてます TOP

読売テレビ制作・日本テレビ系「木曜ドラマ」枠(毎週木曜 23:59〜24:54)で2017年4月6日から放送中。主演は高梨臨で、共演の土村芳は朝ドラ『べっぴんさん』終了後、民放の連続ドラマは初出演となる。


原作概要
『恋がヘタでも生きてます』(こいがヘタでもいきてます)は、藤原晶による漫画作品。
『プチコミック』(小学館)にて2008年3月号から2009年12月号まで連載された。単行本は全4巻。


ドラマ概要
藤原晶の同名コミックを高梨臨主演で映像化した、“恋ヘタ”な登場人物たちが織り成すラブコメディー。「恋より仕事」と突っ張って生きているキャリアウーマンの茅ヶ崎美沙(高梨)、経営のプロだが、あるトラウマを抱えている雄島佳介(田中圭)、衝撃的な理由で婚約相手に浮気されてしまう榎田千尋(土村芳)、女は体の関係だけでOKと割り切っている橋本司(淵上泰史)らが、不器用過ぎる恋愛模様を繰り広げていく。


ストーリー 
ゲーム会社で働く茅ヶ崎美沙(高梨臨)は、会社の経営トップに立つことを目指す一方、恋は最長2カ月しか続いたことがない“恋ヘタ”女子。ついに次期社長の座に就くことが決定的になった折、朝の公園をジョギング中に偶然、雄島佳介(田中圭)という男と出会い、積極的にアプローチされて戸惑う。

一方、美沙とルームシェアする榎田千尋(土村芳)は、交際4年の彼氏からプロポーズされる。しかし、喜んだのもつかの間、美沙の社長就任の夢はニューヨーク帰りのエリート・佳介によって奪われ、千尋は婚約者の浮気を目撃し、“男の本音”を知ってしまう。


キャスト
茅ヶ崎美沙 - 高梨臨
ゲーム会社勤務。社長を目指して奮闘するキャリアウーマン。仕事第一で、恋愛ゲームを作っているが、自身の恋愛は最長2カ月しか続いたことがない。意地っ張りで人に甘えることが苦手。

雄島佳介 - 田中圭
ニューヨーク帰りの経営のプロ。強引さと優しさを兼ね備えており、仕事も恋愛もパーフェクトに見えるが、実は悲しい過去がある。

榎田千尋 - 土村芳
美沙のルームメート。お嬢さま育ちで家事が得意。証券会社の派遣社員で受付嬢をしている。ドラマのような恋愛に憧れ、4年付き合った彼氏と結婚間近だったが、ある理由で浮気されてしまう。

橋本司 - 淵上泰史
美沙と同じ会社で働くゲームプログラマー。女性との交際に否定的で、体の関係だけで十分だと思っているドライな性格。

スタッフ
原作 - 藤原晶(小学館『プチコミック』FCα刊)
脚本 - 横田理恵
演出 - 大谷健太郎
チーフプロデューサー - 前西和成(読売テレビ)
プロデューサー - 汐口武史(読売テレビ)、高石明彦、渋谷英史、木村綾乃(The icon)
制作協力 - The icon
制作著作 - 読売テレビ


各話あらすじ 平均視聴率 3.44%
第1話 2017年4月6日「キスとマグロ」 視聴率 3.7%
 携帯ゲーム会社で恋愛ゲームを作る美沙(高梨臨)は、仕事が大好きな独身女性。ある朝、子犬を散歩中の佳介(田中圭)から声を掛けられドキドキした美沙は、会社で社長の日下部(寺脇康文)から引退すると告げられ、次期社長は自分だと発奮する。一方、美沙と同居する千尋(土村芳)は恋人・仁(長田成哉)からプロポーズされる。翌朝、再会した佳介にキスされた美沙が、動揺したまま出社すると、新社長として佳介が現れる。

第2話 2017年4月13日「不満 不感 愛でるキス」 視聴率 3.2%
 佳介(田中圭)の積極的なアプローチに戸惑う美沙(高梨臨)は、浮気した仁(長田成哉)とやり直すという千尋(土村芳)と言い合いになり、美沙の方こそ傷つくのを恐れる臆病者だと言われる。一方、千尋は池で溺れた自分を救ってくれた男性が美沙と同じ会社のプログラマー・司(淵上泰史)だとは知らず、気になっていた。そんな中、佳介は自腹で高級焼き肉店に社員を集め、懇親会を開くという。美沙は露骨な人気取りだと反発する。

第3話 2017年4月20日「キスの一歩前、スキの一歩先」 視聴率 3.4%
 佳介(田中圭)に対して素直になれない美沙(高梨臨)は、なぜか前向きな千尋(土村芳)から「変わらなきゃ」と励まされる。実は千尋も、司(淵上泰史)の影響で自分を変えようとしていた。そんな中、人気ゲームの声優にスキャンダルが発覚。新バージョンから声優を変えたいと佳介から提案された美沙は、日下部(寺脇康文)も賛成に回ったため、渋々承諾する。一方、千尋は、司の助言に従い、仁(長田成哉)を突き放す作戦に出る。

第4話 2017年4月27日「熱すぎる夜のレッスン」 視聴率 3.5%
 佳介(田中圭)との関係を一歩進めることが土壇場で怖くなり、その場から逃げ出した美沙(高梨臨)。一方、千尋(土村芳)は自宅で司(淵上泰史)からあるレッスンを受けることに。翌朝、疲れ果てて帰宅した美沙は、司からの教えで開眼した千尋から思わぬ助言を受ける。そんな中、恋愛ゲームのファンイベントの準備に追われる美沙は、佳介に昨夜のことを謝ろうとするが、逆に感謝され、「楽しかった」と過去形で言われてしまう。

第5話 2017年5月4日「絶叫…初デートと最後の夜」 視聴率 3.8%
 千尋(土村芳)から指摘され改めて佳介(田中圭)への好意を自覚した美沙(高梨臨)は、どうせ長続きしないとためらうが、千尋から短期間楽しんで別れればと勧められる。一方、千尋は司(淵上泰史)を忘れられずにいたが、その司には理佳子(内田理央)が接近していた。そんな中、美沙は佳介と商談先を訪れ、大学時代にだまされて付き合った相手・黒川(小西遼生)と再会する。

第6話 2017年5月11日「結ばれた先の切なき悶え」 視聴率 3.5%
 千尋(土村芳)と司(淵上泰史)の関係を知った美沙(高梨臨)は、千尋と言い合いになる。そんな中、佳介(田中圭)から大事な話があると言われた美沙が社長室に入ると、そこには司の姿が。2人は佳介から、1カ月後に開催される「関東ゲームショー」に制作中の新作ゲームを出展したいと打診される。司は無理だと拒否するが、美沙は体験版なら可能だと言って佳介を援護する。

第7話 2017年5月18日「恋の幸せセフレの覚悟」 視聴率 3.3%
 強引な黒川(小西遼生)の前から逃げ出した美沙(高梨臨)だが、携帯電話をなくし街中で途方に暮れる。一方、司(淵上泰史)にひかれる千尋(土村芳)は、危うい関係に陥ろうとしていた。そんな中、美沙は自分を追ってきた佳介(田中圭)と本音で言い合い、思いを告げる。翌朝、佳介の部屋で目覚めた美沙は、彼から合鍵を渡され、有頂天で千尋に報告する。だが、興味がない様子の千尋は、会社を退職して六本木のクラブで働き始める。

第8話 2017年5月25日「ライバルの嵐、自分との闘い」 ※24:09〜25:04 視聴率 3.1%
 佳介(田中圭)にだまされているのではと疑い始めた美沙(高梨臨)は、自分と食事中でも携帯電話の着信に慌てる彼の様子を怪しむ。一方、司(淵上泰史)とは割り切った関係と自認する千尋(土村芳)は、クラブに来た日下部(寺脇康文)から無理をしても続かないと言われる。そんな中、理佳子(内田理央)から千尋を惑わす司の存在を知らされた仁(長田成哉)は、司に殴り掛かる。

第9話 2017年6月1日
 仕事でミスをして佳介(田中圭)との間にも亀裂が生じた美沙(高梨臨)は、会社をずる休みすることに。落ち込む美沙は、自分から佳介に別れを切り出した方が傷が浅いのではと千尋(土村芳)に話す。会社では企画会議が開かれ、美沙が手掛けてきたゲームの制作が佳介の判断で中止に。さらに佳介は、新作の企画を美沙ではなく真吾(小関裕太)中心で進めるよう命じる。翌日、ゲームの制作中止を知った美沙は、佳介に詰め寄る。


番組公式サイト
恋がヘタでも生きてます - Wikipedia

『恋がヘタでも生きてます TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人は見た目が100パーセント TOP

『人は見た目が100パーセント』は、2017年4月13日からフジテレビの『木曜劇場』(毎週木曜 22:00〜22:54)にて放送中。初回15分拡大。主演は桐谷美玲。


原作概要
『人は見た目が100パーセント』(ひとはみためが100パーセント)は、大久保ヒロミによる漫画。『BE・LOVE』(講談社)にて2014年第1号から2015年第23号まで連載された。単行本は全4巻。


ドラマ概要
現代女性のリアルな心情を描いてきた大久保ヒロミによるコミックを原作に、製紙会社に勤務する真面目でさえない理系女子研究員の3人が、流行のメークやファッション、美容などに大真面目に向き合い研究するさまを描くラブコメディー。


ストーリー 
製紙会社に勤務する研究員の城之内純(桐谷美玲)は、真面目でさえない理系女子。研究に没頭するあまり、“女子力”や“美”に背を向けた人生を歩んできたため、おしゃれ偏差値最底辺の人間になってしまっていた。

しかし仕事の都合から、自分は“女子”ではなく“女子モドキ”なのかもしれないと思い始め、研究室の同僚女子たちと3人で、流行のメーク・ファッション・美容などに関する「美の特別研究」を始めることに。果たして彼女たちは、女性たちが求める“美”を自分たちのものにして、“ステキ女子”になれるのか。


キャスト
城之内 純
演 - 桐谷美玲
製紙会社勤めの見た目はさえない真面目な理系女子研究員。研究に没頭し、「女子力」や「美」に背を向けた人生を歩んできたばかりに、おしゃれ偏差値が最底辺になってしまった。しかし、仕事の都合から、自分は「女子」ではなく「女子モドキ」なのかもしれないということに気がつき、研究室の同僚女子ふたりと一緒に3人で流行のメーク・ファッション・美容など「美の特別研究」を始めることに。

前田満子
演 - 水川あさみ
子どももいる既婚者。若いころは、当時流行していたルーズソックスやミニスカート、派手なメイクとイケイケのギャルだったが、結婚して子どもが生まれた後は、家事と育児に追われ、「美」や流行から取り残されてしまう。現在では「妻であり、母であるが、女でない」という残念なタイプで、ビューティーやファッションがイケイケの時代で止まっているため、「美」についての知識がズレている。

佐藤聖良
演 - ブルゾンちえみ
自分に圧倒的な自信があり、おしゃれをすれば可愛くなると思っているが、そのやり方がわからず、男性とも付き合った経験がないぽっちゃり女子。自分に甘く、人に厳しい性格で、『自分基準』がはっきりしており、個性的で独特なメークをしている。食べることが『美』より『恋』より大好き。

榊 圭一
演 - 成田凌
純が運命的に出会いを果たすイケメン美容師。

岸根香澄
演 - 足立梨花
純たちと一緒に働くことになる庶務課の「ステキ女子」。最新のファッションをさらりと着こなし、流行のメイクなどにも敏感で、男性の目を引く存在。

森村美優
演 - 岡崎紗絵
純たちと一緒に働くことになる庶務課の「ステキ女子」。「美の特別研究」をする純たちに、時にアドバイスもしていく。

丸尾拓馬
演 - 町田啓太
冴えない理系男子。仕事が終わった後、密かに行われている女子モドキたちによる『美の特別研究』を不思議がっている。

岡部和人
演 - 中尾暢樹
榊圭一の後輩美容師。

スタッフ
原作 - 大久保ヒロミ (講談社『BE・LOVE』)
脚本 - 相沢友子
プロデューサー - 草ヶ谷大輔
演出 - 松山博昭、品田俊介、永山耕三
製作著作 - フジテレビ


各話あらすじ
第1話 2017年4月13日「恋も美容も苦手!!女子モドキが恋をする!? 」 ※初回15分拡大(22:00〜23:09)
 純(桐谷美玲)は、東京・八王子にある製紙会社の研究員。真面目で優秀だが、おしゃれには無関心で、‘女子力’や‘美’とは無縁の人生を送ってきた。同僚の満子(水川あさみ)、聖良(ブルゾンちえみ)も同類だ。ところが、所属する研究室が化粧品メーカーに吸収され、4月から丸の内にある会社に移ることが決定。純たちは同社の新春パーティーに参加し、自分たちは進化の過程で女子になり損ねた‘女子モドキ’であると気付かされる。

第2話 2017年4月20日「恋と人生の大逆転!!」
 丸の内に初出勤した純(桐谷美玲)たちは、庶務課の香澄(足立梨花)らに研究室へと案内され、統括マネジャー・松浦(室井滋)を紹介される。その後、週末の親戚の結婚式に、松浦も新郎側から招待されていると知って慌てた純は、満子(水川あさみ)、聖良(ブルゾンちえみ)の協力を得て、ドレスを選び、バッグを用意。それでも自信が持てない純に、香澄が会社と同じビル内にある美容室の榊(成田凌)にヘアメークを頼めばいいと提案する。

第3話 2017年4月27日「二人きりの夜!!女子モドキ奮闘」
 純(桐谷美玲)に続き、満子(水川あさみ)と聖良(ブルゾンちえみ)も、松浦(室井滋)の目的と、自分たちがお荷物であることを知ってしまう。國木田(鈴木浩介)は見た目を改めないと居場所がなくなると忠告し、手本を見つけてまねてみてはと助言する。退社時、純は香澄(足立梨花)と美優(岡崎紗絵)に遭遇し、榊(成田凌)ら美容師との合コンに参加する羽目に。生きた心地のしない純だったが、香澄や美優を手本にしようと思い立つ。

第4話 2017年5月4日「もう止まらない想い命懸けの恋」
 純(桐谷美玲)は美容師の榊(成田凌)に恋をしてしまったことを、満子(水川あさみ)と聖良(ブルゾンちえみ)に打ち明ける。しかし、アクションを起こすことはできず、榊に褒められた髪をもっと美しくするため、シャンプーについて研究することに。3人はいつもよりも高額な商品を買い求めるが、そのシャンプーを巡って、満子は夫の芳彦(山崎樹範)へのストレスを募らせる。一方、純は香澄(足立梨花)が榊と急接近していると気付く。

第5話 2017年5月11日「ポジティブ女子に福来たる」
 月曜日、出社してきた純(桐谷美玲)の‘落ち武者’のような髪形に、満子(水川あさみ)と聖良(ブルゾンちえみ)はあぜん。前日、榊(成田凌)にカットの後、編み込みをしてもらったが、朝には崩れていて再現できなかったという。それでも、純はいつになく前向きだ。そんな中、3人は傘を研究して新調するが、置き忘れが気になって仕方がない。すると、香澄(足立梨花)が「なくしても得るものがあったりする」と、意味深な発言をする。

第6話 2017年5月18日「逆境から這い上がれ花束を君に」
 眼鏡のフレームを曲げてしまった純(桐谷美玲)は出勤前、会社近くの眼鏡店を目指す。ところが、ガラスのドアに顔面をぶつけて倒れてしまい、居合わせた榊(成田凌)に病院まで送ってもらう羽目に。一方、出社した満子(水川あさみ)と聖良(ブルゾンちえみ)は、パソコンの作業がうまくいかず、悪戦苦闘。そこにやって来た丸尾(町田啓太)に手助けを頼む。満子は、丸尾を前にした聖良の態度を見て、その思いに気付く。

第7話 2017年5月25日「二人きりの夜に奇跡の急接近!!」
 純(桐谷美玲)は、榊(成田凌)が有名アーティストのコンサートのチケット2枚を、知人から受け取る場面に遭遇。さらに、香澄(足立梨花)と美優(岡崎紗絵)の会話を聞き、それに行く相手が香澄だと気付いてショックを受ける。一方、丸尾(町田啓太)のことが気になる聖良(ブルゾンちえみ)はダイエットを決行。そんな中、週末に高校時代の同窓会を控える満子(水川あさみ)の提案により、3人は‘リフトアップ’の研究をすることになる。

第8話 2017年6月1日
 ファッション誌から、開発中の新ファンデーションに関する取材の申し込みが入った。先方が八王子製紙から来た研究員に、写真付きで登場してほしいと言っていると聞かされた純(桐谷美玲)、満子(水川あさみ)、聖良(ブルゾンちえみ)は青ざめる。写真写りに全く自信のない3人は、香澄(足立梨花)たちに助言を求める。そんな中、機密情報の外部漏えいが発覚。噂で、自分たちが犯人だと名指しされていることを知った純たちは…。

各話視聴率


番組公式サイト
人は見た目が100パーセント - Wikipedia

『人は見た目が100パーセント TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緊急取調室 SECOND SEASON TOP

『緊急取調室』(きんきゅうとりしらべしつ、英称:Emergency Interrogation Room)は、2014年からテレビ朝日系で断続的に放送されている刑事ドラマ。主演は天海祐希。

第2シリーズは2017年4月20日から毎週木曜 21:00〜21:54で放送中。

第1シリーズと第2シリーズの間には、2015年9月27日21時 - 23時10分に「日曜エンタ」枠にてドラマスペシャルが放送された。

Seaon1
テレビ朝日系列の木曜21時枠[21:00〜21:54]で、2014年1月9日から同年3月13日まで放送された。初回のみ 21:00〜22:09。全9話。

概要
天海祐希が主演を務める人気シリーズの刑事ドラマの連ドラ第2弾。2014年に連続ドラマ第1弾が、2015年9月にはスペシャルドラマが放送された。同作は、可視化設備の整った特別取調室で厄介な被疑者を取り調べる警視庁の専門チーム「緊急事案対応取調班」(通称・キントリ)の活躍を描く。

天海演じる真壁有希子らキントリの刑事たちが、一筋縄ではいかない被疑者と緊迫の心理戦を繰り広げる。今回のテーマは“普通の人間が一番怖い”。人生を積み重ねる中で、超えてはいけない一線を越えてしまった人々。時にゾッとさせ、時にやるせなさや悲しさを感じさせる彼らの闇を、真壁らが暴いていく。


ストーリー 
警視庁のたたき上げ刑事・真壁有希子(天海祐希)は、数々の凶悪事件を解決に導き、優秀な人材のみが集められる捜査一課特殊捜査班(SIT)の長にまで上り詰めた人物。だがある折、バスジャック事件で失態を犯した真壁は、その全責任を負わされ、可視化設備の整った特別取調室で厄介な被疑者を取り調べる専門チーム「緊急事案対応取調班」(通称・キントリ)に配属された。

キントリを統括する管理官・梶山勝利(田中哲司)や、小石川春夫(小日向文世)ら一癖も二癖もあるベテラン取調官に囲まれながら、真壁は犯人たちと息の詰まる心理戦を繰り広げていく。


キャスト
天海祐希
真壁有希子 役
緊急事案対応取調班の刑事。キャリア不合格の警部補だが、類いまれな交渉能力を持つ。周囲にこびない一匹狼的存在だが“キントリ”に連帯感を覚え、チームの一員としての役割を大切にするようになった。被疑者を「マル裸にする」を信条に、取り調べに臨む。

田中哲司
梶山勝利 役
緊急事案対応取調班の管理官。ノンキャリアだが、要領よく立ち回って出世街道を進んできた。昔からよく知る有希子の卓越した交渉能力に目を付け、キントリメンバーに抜てきした。冷徹な判断力と決断力で部下たちを引っ張る。

速水もこみち
渡辺鉄次 役
殺人捜査第一係の刑事。監物とコンビを組んでいることから「もつなべコンビ」と呼ばれている。上司の命令には絶対に逆らわない従順な部下。恐怖感や駆け引きの機微も持ち合わせていない。

鈴木浩介
監物大二郎 役
殺人捜査第一係の係長。渡辺の上司で相棒だが、度量が小さく、すぐ物に当たる。徐々にキントリチームの実力を認めつつあるが、相変わらず自分たちが検挙した被疑者を横取りしていく彼らをよく思っていない。

大倉孝二
磐城和久 役
警視庁刑事部部長。世間の警察に対する不信や批判を払しょくすべく、「開かれた警察」をアピールしようと躍起になっている。梶山をライバル視しているが、キントリをうまく利用し、自分のポジションを確立しようともくろんでいる。

でんでん
菱本進 役
緊急事案対応取調班の刑事。刑事人生の大半がいわゆる“マル暴一筋”で、犯罪の生き字引。おだてたり、脅したり、取引をもちかけたりと、悪賢い駆け引きと経験で犯人を落としていく。

大杉漣
中田善次郎 役
緊急事案対応取調班の刑事。通称・ホトケの善さん。どんな凶悪犯でも更生できると信じており、取り調べでも無駄にテクニックを駆使せず、情で落とす。

小日向文世
小石川春夫 役
緊急事案対応取調班の刑事。キントリチームきっての頭脳派で、被疑者にもソフトに対応するが、その実、徹底した洞察力を発揮して追い込んでいく。いつも笑顔だが、周囲は彼が本当に笑っているとは思っていない。


スタッフ
脚本:井上由美子
演出:常廣丈太、本橋圭太
プロデューサー:三輪祐見子、都築歩、松野千鶴子、神馬由季

主題歌:最後は必ず正義が勝つ/AI


各話あらすじ
第1話 2017年4月20日「傘をさす女」 ※初回15分拡大(21:00 〜 22:09)
 宅配便の車内で、配達員・小牧(石田卓也)が傘を差した状態で死んでいるのが見つかり、水筒からヒ素が検出される。直後、配達エリアにあるマンションの独居老人・民子(三田佳子)が自首。取り調べに当たる警視庁捜査一課「緊急事案対応取調班」の有希子(天海祐希)と中田(大杉漣)に、民子はある理由で脅され、金を要求されたからだと証言する。ところがその後、小牧と不倫していた文香(馬渕英里何)の存在が浮上して…。

第2話 2017年4月27日「靴下を履かせる男」ラテ欄「殺人医師に空白の9分間!!立てこもった正義の警官」
 患者の人工呼吸器を外した容疑で逮捕された医師・糸山(福士誠治)を‘キントリ’の小石川(小日向文世)と中田(大杉漣)が担当する。しかし糸山は記憶にないの一点張り。すると、糸山を連れてきた留置管理課の宮沢(村田雄浩)が取調室に籠城し、自ら取り調べをすると言って密造銃を構えた。中田が何とか取調室に転がり込む中、有希子(天海祐希)はSITの出動を要請した磐城(大倉孝二)に30分だけ説得の時間がほしいと頼む。

第3話 2017年5月4日「オウムを飼う二人」ラテ欄「オウムを見た!!夫と妻に裏の顔正体不明の真犯人!?」
 ある朝、主婦のマユミ(酒井美紀)から庭のプールで男性が死んでいると通報があり、一課の監物(鈴木浩介)、渡辺(速水もこみち)らが急行する。そこに、前夜は仕事で事務所に泊まったという夫・小泉(入江雅人)も帰宅。2人とも男性に見覚えはないと証言するが、玄関から被害者の血痕が検出された。有希子(天海祐希)ら‘キントリ’の取り調べに対し、小泉は路上で絡んできたチンピラ、マユミはストーカーだと全く別の供述をして…。

第4話 2017年5月11日「ふたりの愛」ラテ欄「目撃者は29人…授業中の殺人!?正反対なふたりの愛」
 高校3年生の俊介(平岡拓真)が、担任・愛(矢田亜希子)の古文の授業中に毒物中毒で倒れ、意識不明に。海外への家族旅行を翌日に控え、両親は自殺の可能性を否定する。‘キントリ’が同級生29人への聴取を行う中、有希子(天海祐希)は同席した愛の言動に不審を抱く。翌日、有希子と中田(大杉漣)が、俊介の家で母親・愛(森尾由美)に話を聞いていると、担任の愛が来訪。母親が担任をひどく嫌っていることが分かる。

第5話 2017年5月18日「記憶をなくした男」ラテ欄「殺人の記憶がない…嘘まみれの血だらけヒーロー!?」
 血の付いたワイシャツ姿で、タオルで巻いた包丁を手にオフィス街を歩いていた水越(塚本高史)を、監物(鈴木浩介)と渡辺(速水もこみち)が銃刀法違反で現行犯逮捕する。旅行会社に勤める水越は、朝起きたら包丁を握っていて、人を殺したかもしれないが記憶がないと主張。取り調べに当たる有希子(天海祐希)と小石川(小日向文世)にも、前夜10時ごろに退社し、気付いたら朝だったと証言した。ところが職場の退社記録は7時半で…。

第6話 2017年5月25日「だます女」ラテ欄「チーム分裂!?次々と自殺者が…魔性の女の黒い笑顔」
 銀行員の雅美(阿南敦子)が自宅マンションから転落死を遂げ、自殺と断定された。ところが、死の直後までスマートフォンがつながり、相手がネイルサロンを経営する恭子(鶴田真由)と判明。しかも同店の客である主婦・和子(村松恭子)とホステス・茜(東加奈子)も過去に自殺し、恭子に大金を融通していたと分かる。聴取に当たる有希子(天海祐希)は恭子が3人を‘信者’にしたとにらむが、有希子自身もペースを乱される。

第7話 2017年6月1日
 通販会社のクレーム対応部署の課長・理香(上野なつひ)の他殺体を出社した社員が発見。臨場した監物(鈴木浩介)と渡辺(速水もこみち)は、前日最後まで残っていた遅番パート従業員が愛美(西原亜希)、かずえ(田中美奈子)、聡子(阿知波悟美)だと知って驚く。監物たちは昨夜、居酒屋で3人と顔を合わせていた。有希子(天海祐希)たちが個別に事情聴取したところ、3人は揃って理香が責任感のある優しい上司だったと証言する。

各話視聴率


番組公式サイト
緊急取調室 - Wikipedia

『緊急取調室 SECOND SEASON TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警視庁・捜査一課長 Season2 TOP

『警視庁・捜査一課長』(けいしちょう・そうさいっかちょう)は、テレビ朝日系の2時間ドラマ「土曜ワイド劇場」(土曜日21:00 - 23:06)で2012年から放送されている刑事ドラマシリーズ。主演は内藤剛志。

好視聴率を受け、2016年4月から同年6月23日まで、同局系「木曜ミステリー」(木曜20:00 - 20:54)枠にて連続ドラマ版が放送された。全11話。(Season1

2017年4月13日から同局系「木曜ミステリー」(木曜 20:00 - 20:54)枠にて連続ドラマ版(season2)が放送中。初回2時間スペシャル。


概要
内藤剛志が主演を務める人気ミステリーシリーズの連続ドラマ第2弾。2012年7月に「土曜ワイド劇場」でスタートし、昨年4月期に連ドラ第1弾が放送された。

物語の舞台は、警視庁の花形部署・捜査一課で、内藤は400人超の精鋭刑事を統率する捜査一課長・大岩純一に扮する。大岩は卓越した推理力とリーダーシップを持つ一方、決してスーパーマンではない等身大のヒーローで、部下たちと共に難事件を解決していくさまがスリリングに描かれる。


ストーリー 
大岩純一(内藤剛志)は、約400人の精鋭集団・警視庁捜査一課を束ねるリーダー。東京都内で起きたすべての凶悪事件の現場に臨場し、各捜査本部の指揮に当たるため多忙を極めており、平均睡眠時間は3時間ほどしかない。

獅子奮迅の活躍を見せる大岩だが、何か特殊な能力があるわけではなく、自ら率先し、決して諦めず、真摯に捜査に当たる硬骨漢で、故に周囲からも厚い信頼を得ている。

都内では日々、重大な事件が発生するが、大岩は平井真琴(斉藤由貴)、小山田大介(金田明夫)、天笠一馬(鈴木裕樹)ら個性的な捜査員を信じ、彼らと共に事件解決に向けて奮闘していく。


キャスト
内藤剛志
大岩純一 役
警視庁捜査一課長。ヒラから成り上がったたたき上げの刑事として、部下たちからの信頼も厚い。一人娘を病気で失った過去があり、月命日には娘の好物だったカレーとプリンを食べることに決めている。

田中圭
刑部公平 役
大岩が使う公用車の運転担当刑事。指揮官として重圧と闘いながら決断を下していく大岩の葛藤を間近で感じることによって、刑事として、人間として大きく成長していく。大岩からあだ名で「ケイブ」と呼ばれる。

床嶋佳子
大岩小春 役
大岩の妻。娘の死を乗り越え、いつも笑顔で大岩を支えてきた。彼女との何気ない会話から、大岩が事件解決のヒントを得ることも多い。

本田博太郎
笹川健志 役
警視庁刑事部長。捜査で重大なリスクが生じる場面でも、その責任を決して部下には負わせず、自らが全てをかぶろうとする男気の持ち主。

矢野浩二
武藤広樹 役
警視庁捜査一課・鑑識課主任。犯罪を人一倍憎んでいる正義漢。検視官としての能力も高く、臨場する大岩らに事件解決の足掛かりを与える。

鈴木裕樹
天笠一馬 役
警視庁捜査一課刑事。遊軍刑事として、現場の最前線で捜査に当たる。かつて大岩が乗車する公用車の運転を担当していたことから、大岩の信頼も厚い。

金田明夫
小山田大介 役
警視庁捜査一課・庶務担当管理官。真琴と共に、大岩の右腕として活躍する。直感的な推理を展開する真琴に対して、持ち前の粘り強さを生かした地道な捜査が得意。恐妻家で、妻には弱い。

斉藤由貴
平井真琴 役
警視庁捜査一課・現場資料班主任。優れた洞察力と直感力で大岩をサポートする。犯人逮捕のゲン担ぎで大福をよく食べることから、大岩から「大福」と呼ばれている。小山田管理官とは凸凹コンビ。

スタッフ
脚本:安井国穂
監督:濱龍也
プロデューサー:関拓也、秋山貴人、島田薫、高木敬太

主題歌:美しい棘/GLIM SPANKY


各話あらすじ
第1話 2017年4月13日「捏造された殺人」ラテ欄「帰ってきた最強の刑事VS絶対に捕まらない殺人犯!首都高を完全に封鎖…時速15`で脱出した美女とムササビ」※初回2時間スペシャル(20:00 〜 21:48)
 10年前に殺人罪で服役した静江(渡辺えり)が、出所後に再審を請求。当時、事件を担当した警視庁捜査一課長の大岩(内藤剛志)はマスコミに責任を追及される。そんな中、大物国会議員・玲子(国生さゆり)の秘書・加代(安藤裕美)が殺される。携帯端末の位置情報を頼りに、持ち去られた加代のバッグが御岳山の山頂で見つかる。その中からは、10年前に静江が川に捨てたと供述し、今回の事件でも使われた凶器が出てくる。

※2017年4月20日は「世界フィギュアスケート国別対抗戦2017 男女ショートほか」(18:30 〜 21:00)が放送のため、休止。

第2話 2017年4月27日「運賃1億円!?犯人が指名した美人タクシー運転手の謎」
 大岩(内藤剛志)らは、仮出所したばかりの矢崎(小宮孝泰)の他殺体が東京・月島の運河で見つかった事件を捜査。元銀行員の矢崎は、8年前に起きた巨額横領事件の犯人だった。真琴(斉藤由貴)は、8年前に矢崎の共犯だと疑われ自殺した直属の上司の妻・由美子(森口瑤子)に会いに行く。今はタクシー運転手として働く由美子には、犯行時刻に八王子の霊園で拾った1億円入りの紙袋を警察に届けたというアリバイがあった。

第3話 2017年5月4日「完璧すぎる美女たちの殺人“失敗”計画」
 大岩(内藤剛志)は、東京・有明の工場跡地で他殺体が見つかった事件の捜査を指揮。被害者は建築デザイナーの江上(伊藤洋三郎)と判明する。なぜか両手を上げて‘万歳’の姿をしていた遺体には、犯行の手掛かりを消そうとして逆に多くの証拠が残されていた。真琴(斉藤由貴)は、江上が設計したつり橋を共同施工するゼネコンの責任者・久美(市毛良枝)に会い、事件当日、江上と一緒に奥多摩の施工現場に行ったことを聞く。

第4話 2017年5月11日「牛は見た!美女たちの殺人伝言ゲーム!?」
 大岩(内藤剛志)らは東京郊外の牧場でドレス姿の女性の他殺体が見つかった事件を捜査。被害者は銀座のホステス・唯(小池唯)だった。真琴(斉藤由貴)は、牧場にパン店のワゴン車で来た女性が気になり、その店を捜し出す。ところが、店は臨時休業。真琴は、店を訪ねてきた保育士の貴子(高橋かおり)に話を聞く。一方、唯の客である倉木(四方堂亘)の娘が誘拐されていたと判明。唯は誘拐犯の指名で身代金を運んでいたという。

第5話 2017年5月18日「女たちの殺人同窓会 偽シロガネーゼの謎」
 真琴(斉藤由貴)は東京・白金の公園で見つかった女性の他殺体に違和感を抱く。しゃれた服装に髪形などが合っていないのだ。その後、大岩(内藤剛志)らは所轄署の前で妻を捜す菊池(神戸浩)と出会う。被害者は菊池の妻・恵子(音無美紀子)だった。女優を目指す娘・美帆(近野成美)に会いに青森から上京した恵子だが、娘と別れた後の足取りは不明。携帯電話の履歴には蒲田のスーパーと現場近くのIT企業の番号が残っていた。

第6話 2017年5月25日「遺産相続15億!?赤の他人と結婚した美女」
 東京・新宿のビルの屋上で胸ポケットに遺書を入れ、飛び降り自殺寸前の状態で死んでいる男性が見つかる。亡くなった木俣(住田隆)は、会社を15億円で売却したばかりの元経営者。ビルの向かいで美容室を営む美紀子(尾上紫)から、木俣と女性がもみ合う姿を見たと聞いた大岩(内藤剛志)は、殺人と断定する。やがて、医師に余命3カ月と言われた木俣が1週間前にゆり菜(井上和香)という女性と結婚していたと分かる。

第7話 2017年6月1日
 大岩(内藤剛志)は、変死体を乗せたゴムボートが東京湾を漂流していた事件の捜査を指揮。ボートには現金3千万円入りのアタッシェケースが残されていた。被害者の重森(佐伯新)は、女性用バッグの人気ブランドの経理担当役員だったが、1カ月前に自主退職していたことが分かる。ブランドの本社は、東京湾に流れ込む多摩川沿いに立っていた。社屋を訪ねた真琴(斉藤由貴)が裏側に回ると、社長室の窓ガラスが割れていた。

各話視聴率


番組公式サイト
警視庁・捜査一課長 - Wikipedia

『警視庁・捜査一課長 Season2 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

兄に愛されすぎて困ってます TOP

『兄に愛されすぎて困ってます』(あににあいされすぎてこまってます)は、2017年4月12日から同年5月10日まで、日本テレビ系で毎週水曜 24:59〜25:29に放送された。全5回。

映画と同じキャスト・スタッフによって、映画のストーリーの裏エピソードを描く。


原作概要
『兄に愛されすぎて困ってます』(あににあいされすぎてこまってます)は、夜神里奈による少女漫画作品。小学館の雑誌『Sho-Comi』で2015年14号から連載中。小学館〈少コミフラワーコミックス〉、既刊5巻(2017年3月24日現在) 。2017年6月30日に実写映画が公開予定。


概要
夜神里奈の人気少女漫画を、土屋太鳳主演で実写化。6月に公開される同名映画に先駆けて、“非モテ女子”に突如訪れたモテ期をめぐる、甘く切ない青春ラブストーリーが描かれる。

告白12連敗中の橘せとかに土屋が扮し、口は悪いが誰より妹思いの兄・はるかを片寄涼太、せとかの初恋相手で研修医の芹川高嶺を千葉雄大が演じるほか、草川拓弥、杉野遥亮らイケメンたちの競演も見どころ。
ドラマは“兄系イケメンズ・フェスティバル”の前夜祭のような内容で、ヒロインのせとかが全くモテない理由や、兄系イケメンたちとの出会いなどが明らかになる。


ストーリー 
橘せとか(土屋太鳳)は、恋愛体質だが全くモテない高校2年生。現在、告白12連敗中だが、振られ続けていた理由に“ヤンキー系ツンデレお兄”の兄・はるか(片寄涼太)が関係しているらしいことが分かってくる。

そんな中、“ホスト系スイートボーイ”の高校3年生・美丘千秋(草川拓弥)との運命的な出会いや、初恋の人で研修医の芹川高嶺(千葉雄大)との数年ぶりの再会といった機会が訪れ、せとかの高校生活はにわかに色付き始める。


キャスト
土屋太鳳
橘せとか 役
高校2年生。恋に憧れ、告白を続けるが、現在12年連敗中の“非モテ女子”。だが、それら失恋の背景に兄・はるかの存在が浮かび上がってくる。

片寄涼太
橘はるか 役
せとかの兄。高校3年生で、顔よし、頭よし、運動神経よしのハイスペック男子。口は悪いが誰よりも妹思いの“ヤンキー系ツンデレお兄”。

千葉雄大
芹川高嶺 役
せとかの初恋の相手で総合病院の研修医。大病院の院長の長男で、将来は後を継ぐお金持ち。いつも毒舌で意地悪ばかりしている“セレブ系ののしり王子”。

草川拓弥
美丘千秋 役
せとかと運命的に出会う高校3年。女性は全員お姫さまとして扱う“ホスト系スイートボーイ”。

杉野遥亮
芹川国光 役
せとかの同級生で高嶺の弟。せとかの良き相談相手であり、クラスの癒やし&イジられキャラの“ヘタレ系塩顔男子”。

スタッフ
監督 - 河合勇人
原作 - 夜神里奈
脚本 - 松田裕子
音楽 - 牧戸太郎
主題歌 - GENERATIONS from EXILE TRIBE「空」
企画・制作 - 日本テレビ放送網
製作 - 「兄こま」製作委員会
制作プロダクション - AOI Pro.


各話あらすじ(2017.4.12 - 2017.5.10)全5話 平均視聴率 2.82%
第1話 2017年4月12日「兄に愛されすぎて困ってます!」 視聴率 2.4%
 ある日、高校2年生の橘せとか(土屋太鳳)は勇気を出して剣道部の鈴木くん(神尾楓珠)に告白するも、ソッコーでフラれてしまう。初恋から現在に至るまで、なんと告白12連敗中! 落ち込むせとかは、思い切って鈴木くんに自分がふられた理由をきくと、思いがけない返答が・・・! 今までフラれ続けた理由には “お兄”ことはるか(片寄涼太)が関係している・・!?

第2話 2017年4月19日「初デートにドキドキして困ってます!」 視聴率 2.7%
 せとか(土屋太鳳)の目の前に現れた他校の先輩、美丘千秋(草川拓弥)。千秋はイケメンで、スウィートな非の打ちどころがない完璧な王子様♪ せとかは千秋と「カレカノごっこ」をはじめ、早速水族館デートへ行くことに。幸せ絶頂のデート中、千秋の元カノ・美沙(里々佳)が現れ・・・!?そこにまさかのお兄(片寄涼太)が乱入!?

第3話 2017年4月26日「初恋の人に再会して困ってます!」 視聴率 2.5%
 初恋の相手・芹川高嶺(千葉雄大)と再会した橘せとか(土屋太鳳)。校門に車で現れた高嶺は、せとかを乗せある場所へ。心配した橘はるか(片寄涼太)は車を追う。

第4話 2017年5月3日「本当のキスに遭遇して困ってます!」 視聴率 3.1%
 はるか(片寄涼太)は高嶺(千葉雄大)に妹に恋しているのではと指摘されてから、せとか(土屋太鳳)のことを妙に意識してしまう。そんな中、国光(杉野遥亮)が学校の階段で足を滑らせ、はるかも国光を助けようとして一緒に転落。2人は高嶺がいる病院に入院する。

最終話 2017年5月10日「イケメンズに愛されすぎて困ってます!」 視聴率 3.4%
 高嶺(千葉雄大)の衝撃的な一幕を見てしまいひどく落ち込むせとか(土屋太鳳)。一方高嶺は、はるか(片寄涼太)に「スイッチが入った」と宣言する。


番組公式サイト
兄に愛されすぎて困ってます - Wikipedia

『兄に愛されすぎて困ってます TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3人のパパ TOP

『3人のパパ』は、2017年4月19日から、TBS系の『テッペン!水ドラ!!』枠(毎週水曜 23時56分 - 24時40分)で放送中。


概要
堀井新太が民放連続ドラマで初主演するハートフルコメディー。ひょんなことから赤ちゃんを育てることになった3人の若者たちが、子育てを通して、目の前の命と向き合い成長する姿をコミカルに描く。

堀井が演じるのは高校時代の友人らとシェアハウスで暮らす、明るく能天気な主人公・平林拓人。共にシェアハウスで暮らす友人で3人のリーダー的存在・羽野恭平を山田裕貴、アパレル勤務のクールでマイペースな性格の岡山朔を三津谷亮が演じる。


ストーリー 
高校時代の友人とシェアハウスで暮らす平林拓人(堀井新太)は、ある日帰宅すると、部屋の中ですやすやと寝ている赤ちゃんの姿を見つける。共に暮らす友人の羽野恭平(山田裕貴)、岡山朔(三津谷亮)も帰宅し、状況がつかめないまま、机に残されていた置き手紙に目を通すと、「この子はあなたの子どもです」と書かれていた。

それぞれに心当たりがある3人だったが、互いに責任を押し付け合い、時間だけが過ぎていく。そんな中、赤ちゃんが熱を出していることに気付き、3人は慌てふためいてしまう。


キャスト
堀井新太
平林拓人 役
元野球少年の営業マン。高校時代の友人2人と共にシェアハウスで共同生活を送る。性格は明るくて能天気。自分の子どもかもしれない赤ちゃんと向き合おうとする。

山田裕貴
羽野恭平 役
拓人とシェアハウスで暮らす友人。3人のリーダー的存在で、大手商社に勤めるエリート。突然現れた赤ちゃんと自分の人生プランとの間で葛藤するが、放っておけずについ子育てを手伝ってしまう。

三津谷亮
岡山朔 役
拓人とシェアハウスで暮らす友人。アパレルブランド勤務。クールでマイペース。センスがよく器用で、女性にモテるが、本気の恋愛をしたことがない。子どもは苦手で赤ちゃんには無関心。

松井愛莉
渡辺華 役
拓人らの高校時代の同級生。拓人の会社の託児所で保育士として働いており、3人と赤ちゃんの生活に深く関わっていく。

相楽樹
高橋るい 役
恭平の同僚で婚約者。赤ちゃんの存在を知らないため、様子がおかしい恭平が浮気をしているのではないかと疑いだす。

濱田マリ
大山美奈子 役
拓人らが暮らすシェアハウスの大家。同じ建物の1階でたこ焼き店を営む。育児に奮闘する3人を温かく見守る。

スタッフ
脚本:小山正太
演出:岡本伸吾
プロデューサー:松本友香


各話あらすじ 平均視聴率 2.08%
第1話 2017年4月19日「ある日突然赤ちゃんが家に!?」 視聴率 1.9%
 平林拓人(堀井新太)は高校時代からの友人・羽野恭平(山田裕貴)、岡山朔(三津谷亮)とシェアハウスで一緒に暮らしている。そんな彼らの共同生活のルールは“深入りしない”。そんなある日、拓人が仕事から帰宅すると部屋の中で見知らぬ赤ちゃんが寝ていることに気づく。恭平と朔も帰宅し、その謎の状況に困惑。状況がつかめないまま、3人が机に置かれた手紙に目を通すと「この子はあなたの子どもです。」と書かれていた!

第2話 2017年4月26日「誰にもバレずに過ごせるか!?」 視聴率 2.0%
 拓人(堀井新太)ら3人が暮らすシェアハウスに、華(松井愛莉)が訪ねてくる。晴大(石塚錬)の存在を隠したい拓人たちはすぐに追い返し、これから先、晴大をどうするか悩む。

第3話 2017年5月3日「大事件発生!?深入りしない関係の崩壊…」 視聴率 2.4%
 突然、拓人(堀井新太)が姿を消し、恭平(山田裕貴)と朔(三津谷亮)はどちらがその日の晴大(石塚錬)の面倒を見るかでもめる。一方、拓人の行動は晴大のことを思ってのことだった。

第4話 2017年5月10日「楽しい記念日から一転、最悪の空気に!?サプライズで一発逆転!?」 視聴率 2.1%
 晴大(室野慶心)が拓人(堀井新太)らの前に現れてから1年たち、すっかり3人は晴大を溺愛していた。一方、恭平(山田裕貴)は恋人に晴大の存在を知られることを危惧していた。

第5話 2017年5月17日「イヤイヤ期到来!?1週間のママ体験」 視聴率 2.0%
 恭平(山田裕貴)が1週間大阪に出張へ。その間、拓人(堀井新太)は恭平の自転車を借りることに。一方、華(松井愛莉)はるい(相楽樹)とカラオケボックスで遭遇し、悩みを聞いてもらう。

第6話 2017年5月24日「突然の来訪者!美奈子に息子がいた!?」
 拓人(堀井新太)らは晴大(室野慶心)の人生初めてのお花見を美奈子(濱田マリ)と行うことに。美奈子が店を離れた隙に、美奈子の息子と思われる亮介が現れたことで動揺する。

第7話 2017年5月31日
 恭平(山田裕貴)は、晴大と状況が一致する失踪事件のニュース記事を発見。誘拐犯だと疑われているのではないかと動揺した拓人(堀井新太)たちは話し合いを始める。


番組公式サイト
タグ:3人のパパ

『3人のパパ TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

母になる TOP

『母になる』(ははになる)は、2017年4月12日から日本テレビ系「水曜ドラマ」枠(毎週水曜 22:00〜23:00)で放送中。主演は沢尻エリカ。


概要
誘拐事件に直面した家族を通して、3人の女性たちが傷つきながらも母になるまでを描くヒューマンドラマ。沢尻エリカが約3年ぶりに連続ドラマで主演を務める。

3歳の時に誘拐された息子と9年ぶりに再会した主人公・柏崎結衣を演じる沢尻は、「母親役は本当に難しいと思ったし、まだ実生活でも経験していないので、不安がありました」とプレッシャーを明かしながらも、作品について、「今までにないような新しいストーリーで面白い」と手応えを語っている。

結衣の元夫・柏崎陽一を藤木直人が演じるほか、結衣の息子が母と慕う女性・門倉麻子に小池栄子、結衣を励まし続けるママ友・西原莉沙子に板谷由夏が扮する。


ストーリー 
柏崎結衣(沢尻エリカ)は、夫・陽一(藤木直人)と3歳の息子・広と幸せな日々を送っていた。だが、幼稚園のいつもの帰り道、ほんの一瞬、つないでいた手を離した隙に息子はいなくなっていた。その事件をきっかけに家庭は崩壊し、結衣は陽一と別れて1人でひっそりと生きてきた。
そして、息子の失踪から9年後、結衣の前に、13歳となった息子が突然姿を現す。


キャスト
柏崎 結衣
演 - 沢尻エリカ
北海道出身、19歳で単身上京。陽一と結婚し、息子・広が生まれる。息子が3歳の時に誘拐され、以後は夫と別れて1人で暮らしている。

柏崎 陽一
演 - 藤木直人
息子が誘拐されたのを機に離婚した、結衣の元夫。かつては人工知能の研究をする大学の准教授だったが、誘拐事件後は引きこもっている。

木野 愁平
児童相談所の児童福祉司。広を担当し、結衣と陽一が広と再会するきっかけをつくる。自身もある過去を抱えており、広の幸せを願っている。

柏崎 広
演 - 道枝駿佑(関西ジャニーズJr.)

緒野 琴音
演 - 高橋メアリージュン

西原 繭
演 - 藤澤遥

田中 今偉
演 - 望月歩

西原 太治
演 - 浅野和之

西原 莉沙子
演 - 板谷由夏
誘拐事件発生後も結衣を励まし続けたママ友。自身も母親だが、良い母になれないと悩んでいる。

柏崎 里恵
演 - 風吹ジュン

門倉麻子
誘拐された広を7年間世話をして、一緒に暮らしてきた。母になりたいと願い、広も母と慕っている。

スタッフ
脚本 - 水橋文美江
演出 - 中島悟
チーフプロデューサー - 松岡至
プロデューサー - 櫨山裕子、秋元孝之
制作協力 - オフィスクレッシェンド
制作著作 - 日本テレビ


各話あらすじ
第1話 2017年4月12日「わが子が誘拐…涙の再会で始まる親子の愛しい絆」※初回10分拡大(22:00 〜 23:10)
 書店で働く結衣(沢尻エリカ)は、通勤バスで見掛ける陽一(藤木直人)のことが気になっていた。陽一は大学講師で、来店をきっかけに2人の交際は始まり、やがて結婚。息子の広が生まれる。陽一の研究室の教授・太治(浅野和之)と莉沙子(板谷由夏)夫婦にも娘が生まれ、3歳になった広たちは同じ幼稚園に通っていた。そんなある日、いつものように幼稚園に迎えに行った結衣が、一瞬目を離した隙に、広が突然消えてしまう。折しも、付近で続発している幼児連れ去り事件に状況が酷似していることが分かり…。

第2話 2017年4月19日「愛しいわが子と再び暮らせる!育てた母が送った衝撃の手紙」
 結衣(沢尻エリカ)は児童福祉司・愁平(中島裕翔)からの連絡で、3歳の春にいなくなった息子の広(道枝駿佑)と9年ぶりに再会を果たす。一方、離婚した後、引きこもり状態の陽一(藤木直人)も、愁平から今回の経緯を聞かされた。そんな中、結衣は訪ねてきた広に「お母さん」と甘えられ、幸せをかみしめる。翌日、広を養護施設まで送り届け、陽一と再会した結衣は、愁平から広が2年前に施設に来るまでの状況を聞き、言葉を失う。

第3話 2017年4月26日「届かぬ想い…我が子の嘘に母はどうする?育てた女と直接対決」
 結衣(沢尻エリカ)と陽一(藤木直人)は広(道枝駿佑)と暮らすため、復縁を決意。麻子(小池栄子)の存在を持ち出し、心配する児童福祉司・愁平(中島裕翔)に、結衣はこの9年間を思えば何があっても大丈夫だと言い切る。そんな中、誕生日を迎えた広が来訪し、祖母の里恵(風吹ジュン)は感無量。しかし、広が‘素直な良い子’であればあるほど結衣の心境は複雑だ。その夜、施設に帰った広は、結衣からプレゼントされた携帯電話で麻子に電話する。

第4話 2017年5月3日「弁当捨てるわが子の心見えない…育ての母の再出発」
 結衣(沢尻エリカ)は一緒に暮らし始めた広(道枝駿佑)が自分にだけ他人行儀なのが気に掛かる。さらに、担任教師・柿田(山中崇)に呼び出され、保護者会の件を知らされていなかったことが判明。そんな中、広が「施設に戻りたい」と訴え、結衣はがくぜんとする。その一方で、広は陽一(藤木直人)や里恵(風吹ジュン)の前ではこれまで通り明るく振る舞っていた。陽一から、広との間に何かあったのかと聞かれた結衣は言葉に詰まる。

第5話 2017年5月10日「わが子の意外な返信メール…産んでくれた意味を探す旅の答え」
 広(道枝駿佑)がいなくなったと愁平(中島裕翔)から連絡を受けた結衣(沢尻エリカ)は、麻子(小池栄子)の関与を疑い不安に駆られる。間もなく、広が今偉(望月歩)と一緒にいると分かり、結衣はほっとする。一方、愁平からの問い合わせで、広の身を案じていた麻子も、見つかったと聞いて安心するが、それ以上の情報は得られず、やるせない。一方、柏崎オートを再開することにした里恵(風吹ジュン)は、新しい経理担当者を探していて…。

第6話 2017年5月17日「この子を育てる!母になれなかった女の壮絶な告白」
 麻子(小池栄子)が柏崎オートに現れ、結衣(沢尻エリカ)と陽一(藤木直人)は驚く。混乱する結衣たちは、駆け付けた愁平(中島裕翔)から、麻子が2年間刑に服していた事情と、それが広(道枝駿佑)を守るためだったことを聞かされる。さらに愁平は、麻子が実母ではないと分かった理由、誘拐事件にたどり着いた経緯などを明かす。一方、琴音(高橋メアリージュン)に連れられ、その場を離れた麻子は、里恵(風吹ジュン)のマンションに行く。

第7話 2017年5月24日「究極のわが子への愛とは?産み育てふたりの母親遂に直接対決」
 結衣(沢尻エリカ)は麻子(小池栄子)ときっちり向き合おうと、陽一(藤木直人)と広(道枝駿佑)が釣りに出掛けている間に家に招き、莉沙子(板谷由夏)も同席する。結衣は、広のことは母親の自分に任せてほしいと語り掛け、麻子も結衣がどんなにつらい目にあったかを里恵(風吹ジュン)から聞いたと話して頭を下げた。ところがその後、思わぬ展開に。一方、太治(浅野和之)は、仕事で忙しい莉沙子に代わり、自分が‘母親’になると宣言する。

第8話 2017年5月31日
 広(道枝駿佑)が、麻子(小池栄子)と暮らしていたアパート近くのお好み焼き店の女性のことを、厳しくて優しかったと懐かしむ。そんな中、結衣(沢尻エリカ)に突然、麻子から電話が。2年前の罪の件を、広には話さないでくれと言われた結衣は、どうすべきかと愁平(中島裕翔)に相談。一方、ジャーナリストの沢登(森田甘路)に会うことにした麻子は、直前まで沢登と一緒だった愛美(大塚寧々)の言葉が気になり、とっさに尾行する。

各話視聴率


番組公式サイト
母になる - Wikipedia
タグ:母になる

『母になる TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警視庁捜査一課9係 TOP

警視庁捜査一課9係(けいしちょうそうさいっか9がかり)は、テレビ朝日系列でシリーズ化されている水曜21時枠の刑事ドラマである。2017年までに通算シリーズ12本、スペシャル2本、スピンオフドラマ1本が放映されている。2017年に第12シリーズが放送中。

2014年7月9日から同年9月10日まで、第9シリーズが放送された。

2015年4月22日から同年7月1日まで、第10シリーズが放送された。全10話。初回2時間スペシャル。

2016年4月6日から同年6月15日まで、第11シリーズが放送された。全11話。初回2時間スペシャル。

2017年4月12日から第12シリーズが放送中。


概要
『はぐれ刑事純情派』『さすらい刑事旅情編』『はみだし刑事情熱系』『相棒』など、数多くの大ヒットシリーズを世に送り出したテレビ朝日の水曜21時刑事ドラマ枠のシリーズ。放送が終了した『はぐれ刑事純情派』『さすらい刑事旅情編』『はみだし刑事情熱系』に代わり、『相棒』とともに、2006年の春より、テレビ朝日の水曜21時刑事ドラマ枠のレギュラーシリーズとなっている。

当初は、事件の複雑化で、1話では解決できない2週1話完結のエピソードが存在していた。

2009年の第4シリーズからは、タイトルが『新・警視庁捜査一課9係』に変わり、夏クールの放送となった。また、本シリーズより、監察医の早瀬川真澄(原沙知絵)が新たに加入した。これ以降、番組のスタイルがこれまでのコミカル路線から『相棒』を髣髴とさせるシリアス路線に変化している。また、第3シリーズまで毎回のように登場していた加納倫太郎の実娘である石川倫子(中越典子)が第4シリーズ以降では登場しないストーリーも出てきている。

2006年12月27日放送の『警視庁捜査一課9係 特別編』では同局の人気ドラマ『相棒』に登場する鑑識の米沢守(六角精児)が登場し、2010年9月15日放送の『新・警視庁捜査一課9係 season2』の最終回では『相棒』でもおなじみの「帝都新聞」の文面が登場していた。さらに、2010年12月23日に公開された『相棒 -劇場版II- 警視庁占拠! 特命係の一番長い夜』では“トリオ・ザ・捜一”の3人が7係の所属となっていた。これらのことから、『相棒』とは事実上世界観を共有しているものとみられるが、小道具や刑事部長の違いもあり現時点では真相は不明である。


スタッフ
脚本 - 深沢正樹、入江信吾、岡崎由紀子、古沢良太、江良至、波多野都、徳永富彦、瀧川晃代、平松正樹、ハセベバクシンオー、真部千晶、伊藤洋子、太田愛、須藤泰司
音楽 - 吉川清之
監督 - 吉田啓一郎、杉村六郎、油谷誠至、児玉宜久、長谷川康、田村孝蔵、新村良二、細川光信
テーマ音楽 - racchi(第3シリーズまで)
チーフプロデューサー(「新」以降はゼネラルプロデューサー) - 松本基弘(テレビ朝日)
プロデューサー - 大川武宏(テレビ朝日 / 第2シリーズまで)、島川博篤(テレビ朝日)・金丸哲也、丸山真哉(東映)
制作 - テレビ朝日、東映

主題歌
※ 主題歌は浅輪直樹役の井ノ原が所属しているV6の楽曲が一貫して使用されている。
第1シリーズ - 「グッデイ!!」
第2シリーズ - 「ジャスミン」
第3シリーズ - 「蝶」
新(通算第4シリーズ) - 「GUILTY」
新2(通算第5シリーズ) - 「only dreaming」
新3(通算第6シリーズ) - 「Sexy.Honey.Bunny!」
第7シリーズ - 「kEEP oN.」
第8シリーズ - 「君が思い出す僕は 君を愛しているだろうか」
第9シリーズ - 「涙のアトが消える頃」
第10シリーズ - V6「Timeless」 (avex trax)
第11シリーズ - V6「Beautiful World」(avex trax)

出演:渡瀬恒彦 井ノ原快彦 羽田美智子 中越典子 吹越満 田口浩正 津田寛治 原沙知絵 ほか


新・season1 各話あらすじ

(2009.7.1 - 2009.9.16)全11話 平均視聴率13.10%
番組キャッチコピーは「謎が謎を呼び、新9係始動」。
第1話 2009年7月1日「殺人占い」

第2話 2009年7月8日「殺人女優」

第3話 2009年7月15日「殺意のロザリオ」

第4話 2009年7月29日「殺人スクープ」

第5話 2009年8月5日「殺人ダイヤモンド」

第6話 2009年8月12日「殺人レシピ」

第7話 2009年8月19日「アロマ殺人事件」

第8話 2009年8月26日「殺人歌姫」

第9話 2009年9月2日「落雷花嫁」

第10話 2009年9月9日「新コンビ誕生」

最終話 2009年9月16日「生命の捜査線」

7月22日は「世界水泳ローマ2009 シンクロナイズドスイミング・コンビネーション決勝」が放送されたため休止。

各話視聴率


新・season2


各話あらすじ(2010.6.30 - 2010.9.15)全12話 平均視聴率 14.70%
番組のキャッチコピーは「止まらない事件。止まらない9係。」
第1話 2010年6月30日「100億の殺人」

第2話 2010年7月7日「殺人酵母」

第3話 2010年7月14日「殺人ベストセラー」

第4話 2010年7月21日「死者からのメール」

第5話 2010年7月28日「殺人DJ」

第6話 2010年8月4日「殺しのリュージュ」

第7話 2010年8月11日「聴かれた殺人」

第8話 2010年8月18日「歩く死体」

第9話 2010年8月25日「二つの血痕」

第10話 2010年9月1日「高層の死角」

第11話 2010年9月8日「殺人ネイル」

最終話 2010年9月15日「ヒミコ強奪」

各話視聴率


新・警視庁捜査一課9係season3(第6シリーズ)


放映期間:2011年7月6日 - 9月14日
番組のキャッチコピーは「この夏…最高に輝く刑事たち」

各話あらすじ(2011.7.6 - 2011.9.14)全11話 平均視聴率 15.83%
第1話 2011年7月6日「消された女刑事」

第2話 2011年7月13日「殺人バースディ」

第3話 2011年7月20日「赤い破片の秘密」

第4話 2011年7月27日 「ルビー殺人事件」

第5話 2011年8月3日「美食の殺人」

第6話 2011年8月10日「秘密の部屋」

第7話 2011年8月17日「殺人法廷」

第8話 2011年8月24日「殺人渓谷」

第9話 2011年8月31日「殺意の赤いライン」

第10話 2011年9月7日「悪魔の連載」

最終話 2011年9月14日「最期の銃弾」

各話視聴率


警視庁捜査一課9係season7(第7シリーズ)


放映期間:2012年7月4日((近畿地方は初回の2時間スペシャルのみ7月7日) - 9月5日。全10話。
  初回は20:00 - 21:48の2時間スペシャル。
番組キャッチコピーは「覚醒」。

各話あらすじ(2012.7.4 - 2012.9.5)全10話 平均視聴率 11.79%
第1話 2012年7月4日 初回2時間スペシャル「Uの傷跡」
 高級マンションの18階から女性が転落死し、倫太郎(渡瀬恒彦)ら9係の面々が捜査に取り掛かる。部屋の持ち主は、与党幹事長・坂東(西岡徳馬)の次男・卓(須賀貴匡)だった。倫太郎らは卓を連行して取り調べを始めるが、圧力がかかり事件は事故と処理される。そんな中、新党党首・曽根山(野村宏伸)の秘書・出口(松澤一之)が、家政婦の美鈴(山口あゆみ)と共に何者かに殺される。やがて、出口が死の直前に9係の志保(羽田美智子)の友人でテレビ局記者のさやか(加藤貴子)と会っていたことが判明する。

第2話 2012年7月11日「殺人陶器」
 今は亡き陶芸作家・斎藤(河原さぶ)の作品を売り出すことで成功を収めていた会社社長・松岡(本城丸裕)の遺体が社長室で発見される。青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)が、出社していないという社員の聡子(麻乃佳世)の自宅を訪ねようとしたところ、自殺しようとしていた聡子を救出する。聡子は付き合っていた松岡が離婚してくれず、遊ばれたと思い松岡を殺害して自分も死ぬつもりだったと供述。しかし、真澄(原沙知絵)の解剖の結果、刺殺と考えられていた松岡の死因が窒息死、もしくは毒物による中毒死であることが判明する。さらに現場にこぼれていたコーヒーから毒物が検出され、犯人は聡子ではなく、松岡は毒殺されたことが明らかになる。倫太郎(渡瀬恒彦)は、松岡が氷に毒が仕込まれたアイスコーヒーを飲んでいたのではないかと推理。さらに、松岡が斎藤の弟子・小泉(緒形幹太)が作った陶器で氷を作り、曜日によって使い分けていたという情報を入手する。

第3話 2012年7月18日「シェフ殺人事件」
 フレンチシェフの吉見(滝藤賢一)の刺殺体が、自らが講師を務める料理教室で発見された。吉見は教える料理の試作をするために、一人教室に残っていたという。倫太郎(渡瀬恒彦)は鍋の中に完成している試作品を発見するが、その料理に使われていないジャガイモの皮とオレンジの皮が捨ててあることに疑問を抱く。さらに、遺体のそばに「切ったジャガイモは水にさらし」というメモを見つける。一方、青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)は、吉見に頼まれながらも時間が遅くなったからとの理由で、ハーブソルトを教室に届けなかったという二番手シェフの谷本(赤木伸輔)を調べる。村瀬(津田寛治)と志保(羽田美智子)は、テレビ番組で吉見に父親のレストランの料理を批判され、店をつぶされた二宮(青柳尊哉)という青年がいたことをつかむ。

第4話 2012年7月25日「殺意の芝生」
 スポーツエージェント会社社長の小早川(山田純大)の他殺体が自宅の庭で発見される。第一発見者は妻の貴子(北原佐和子)で、夫の会社で専務をしているが、別居しており夫婦生活は破綻している。遺産目当てに夫を殺害しかねないと、青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)は貴子を調べることにする。しかし、貴子のアリバイは証明され、事件当日、オフィスに怒鳴り込んできたというテニス選手の恵理(大谷みつほ)が容疑者として浮上する。恵理が自殺を図るが一命を取り留める。小早川と不倫関係にあり、小早川の離婚が成立せず広告の契約も失い、怒りが頂点に達したという。アリバイも曖昧で、倫太郎(渡瀬恒彦)が、凶器の火かき棒があったまきストーブ近くで発見したブローチも恵理のものであることが判明する。一方、まきストーブに興味を示していた倫太郎は、ストーブ鍋について書かれているバレリーナのひとみ(彩也子)のブログを発見する。小早川の自宅にはひとみのパネルが飾ってあり、ブログの写真が現場のまきストーブだったのだ。

第5話 2012年8月1日「悪魔の似顔絵」
 児童養護施設の職員・由佳里(末永遥)がペットボトルの茶を飲んで死亡した。昼食を取る前の午前中に、何者かがペットボトルの中に毒物を入れた可能性が高い。事件当日の午前中に職員は由佳里しかおらず、子供たちの証言などから、由佳里の不倫相手らしい男が訪ねて来ていたことが分かる。倫太郎(渡瀬恒彦)と浅輪(井ノ原快彦)は、不審者を唯一目撃したという少女・鳴海(沢田萌音)から、あらためて事情を聴く。鳴海は器用に不審者の似顔絵などを描いて捜査に協力するが、涙一つ流さず、他の子供たちから奇妙な目で見られている。そんな中、毒物が盗まれた工業高校を捜査していた村瀬(津田寛治)らは、事件当日撮影されていたビデオに、養護施設の子供たちを見つける。一方、似顔絵からデータを調べていた倫太郎と浅輪は、よく似ている矢野(東根作寿英)という薬物更生施設にいる男性を訪ねる。矢野はアリバイを主張し、事件との関わりを否定するが、似顔絵を描いたのが子供であることを知り、なぜかふと黙り込む。

第6話 2012年8月8日「アロハ殺人事件」
 生花店を経営する緑(宮本真希)の絞殺死体が店で発見される。状況から、犯人は別の場所で緑を殺害、スーツケースなどに入れて店に遺体を遺棄したと見られる。緑は過去に3人の男性と結婚しており、そのうち2人が不審死している。その2人の遺族が緑を恨んでいる可能性もあると、倫太郎(渡瀬恒彦)らは調査を始める。遺族の一人、静江(山口果林)は殺したいほど緑を憎んでいたことを認めたが、事件当日はボランティアのフラダンスに参加していたとアリバイを主張。もう一人の遺族、佳代子(山下裕子)のアリバイは曖昧だったが、以前、腕のけがで神経を切っており、絞殺する力はないという。しかし、静江がボランティアで踊っていた会場は、佳代子が勤務するホテルということが判明する。

第7話 2012年8月15日「穏やかな死体」
 頭部を強打している身元不明の男性の遺体が発見された。犬の散歩に出た女性が「返せよ」という男の怒声を耳にしていた。近くにはプルタブが開いたまま、飲んだ形跡のない缶コーヒーが置いてあり、多量に摂取すると死に至る合成麻薬が検出された。監察医の真澄(原沙知絵)によると、これまでにも合成麻薬入りの缶コーヒーを飲んで死亡した身元不明遺体が連続して発見されているという。これらの事件に共通しているのは、合成麻薬入りの缶コーヒー、身元不明、景色のいい場所で発見されているということ。倫太郎(渡瀬恒彦)と浅輪(井ノ原快彦)は遺体の身元調査を、青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)は現場の防犯カメラの映像を分析し始める。

第8話 2012年8月22日「犬は見ていた」
 お笑いコンビのぼけ役で、最近は多方面で活躍していた千穂(阿南敦子)の遺体が発見された。自宅である団地のバルコニーから転落したらしいが、指紋が拭き取られていたことから何者かに突き落とされた可能性が高い。部屋には千穂が飼っていた大型犬がいた。村瀬(津田寛治)は、仕事が激減した千穂の相方の珠子(雛形あきこ)に疑惑を抱き、彼女に会いに行く。一方、倫太郎(渡瀬恒彦)は千穂の部屋にあった植物の名前を必死に調べていた。そんな中、千穂の恋人・譲(枝川吉範)が2年前に病死していたことが分かり、倫太郎と浅輪(井ノ原快彦)は譲が働いていた園芸店へ行く。そこで倫太郎は千穂が育てていた植物で唯一名前の分からなかったものが「吉兆草」であることを知る。

第9話 2012年8月29日「殺人同窓会」
 河川敷で戸神(本宮泰風)という男性の刺殺体が発見された。別の場所で殺害されたようだが、胸ポケットから東京スカイツリー近くの商店街のチラシが見つかる。青柳(吹越満)は、村瀬(津田寛治)に解剖の立ち会いを指示し、商店街へ。倫太郎(渡瀬恒彦)と浅輪(井ノ原快彦)も、チラシの「日曜日はマグロ祭り」に引かれ、商店街へ向かう。倫太郎と浅輪は、商店街で祭りを手伝う倫子(中越典子)に偶然会う。倫子によると、マグロ祭りを前にマグロは売り切れてしまったという。予定よりも早くマグロを売り切ってしまった店に疑惑を抱いた倫太郎は、浅輪を連れてその店へ行く。店の主人・飯田(せんだみつお)に、業務用冷凍庫に残っていた血痕などを指摘すると、戸神の遺体を遺棄したことを認める。

最終話 2012年9月5日「殺人オーケストラ」
 作曲家の彩華(月船さらら)が、自分の作品のオーケストラコンサートが開かれる会場の控室で殺害される。倫太郎(渡瀬恒彦)は現場に落ちていた幼稚園の「お遊戯発表会」のチラシに目を留めるが、矢沢(田口浩正)は倫太郎を妻の早苗(畑野ひろ子)が検査を受けている病院で偶然見掛けてしまい、倫太郎のことが気になって仕方がない。倫太郎は友人の医師・大町(林与一)の検査を受けに来ていただけだった。倫太郎はオーケストラのメンバーに大町の娘・詩音(原史奈)がいることを知る。「お父さんは僕の高校時代の友人で」と話す倫太郎に、詩音は「父ではありません。ずっと前から」と言い放つ。そんな中、真澄(原沙知絵)の報告で、彩華が殺害された凶器が細長い棒状のものであることが分かる。

各話視聴率


番組公式HP テレビ朝日|新・警視庁捜査一課9係
番組公式サイト テレビ朝日|警視庁捜査一課9係
警視庁捜査一課9係 - Wikipedia


警視庁捜査一課9係season8(第8シリーズ)


放映期間:2013年7月10日 - 9月11日。全10話。

概要
“昼あんどん”と呼ばれる加納倫太郎や、曲がったことが大嫌いな熱血漢・浅輪直樹ら個性的な刑事たちの活躍を描く刑事ドラマの第8シリーズ。


ストーリー
指揮官でありながら神出鬼没な加納倫太郎(渡瀬恒彦)や、彼の実の娘・倫子(中越典子)と交際する熱血漢・浅輪直樹(井ノ原快彦)ら、警察官である前に一人の人間として問題や悩みを抱える9係の面々は、それぞれプライベートに大きな変化を迎えながらも日々の捜査に精を出していた。そんなある日、人気ベーカリーのオーナーの遺体が遊歩道で発見される。後頭部をバッドで執拗に殴られており、深い恨みを持つ者の反抗と思われた。被害者は3年前、夫を金属バットで殴り殺し、DVの正当防衛として無罪が成立していた。そこで、主任になった小宮山志保(羽田美智子)は3年前の事件との関連を含め、捜査を9係メンバーに指示する。


各話あらすじ(2013.7.10 - 2013.9.11)全10話 平均視聴率 13.19%
第1話 2013年7月10日「捏造された殺人」
 行列のできるベーカリーのオーナー・弘子(松尾れい子)の遺体が、自宅近くの遊歩道で発見された。後頭部を金属バットで執拗(しつよう)に殴られており、深い恨みを持つ者の犯行と思われたが、臨場した倫太郎(渡瀬)は遺体の不自然さに疑問を抱く。犯人は弘子が倒れて動かなくなってからも、後頭部を殴り続けたようだが、遺体の倒れ方を見ると、犯人の位置からは後頭部を殴打しづらいはずだった。弘子には3年前、夫・雄介(渡辺修一)を金属バットで撲殺した過去があった。弘子は、雄介から家庭内暴力(DV)を繰り返されており、事件当日も金属バットで暴力を受け、夢中で抵抗し、撲殺してしまったという。

第2話 2013年7月17日「殺人美容室」
 人気美容室のトップアーティスト・飛鳥(神楽坂恵)の遺体が、開店準備中の自らの店舗で発見された。志保(羽田美智子)を新たな主任とする9係のメンバーが現場に駆け付けるが、そのころ倫太郎(渡瀬恒彦)は、前主任の青柳(吹越満)のことで人事課長の三島(江藤潤)に呼び出されていた。そんな中、飛鳥が事件当夜、エステ会社社長の紗登美(国生さゆり)と食事をしていたことが判明。さらに飛鳥の顧客リストの中から、青柳と同居する妙子(遠藤久美子)の名前が見つかる。飛鳥のルームメートの塚田(土屋裕一)、知世(高橋メアリージュン)、榎本(牧田哲也)の3人は、それぞれアリバイを主張。紗登美によると、飛鳥は独立することで現在の店長・田所(笠兼三)ともめていたらしい。田所は飛鳥をよく思っていなかったことを認めたが、一方で紗登美が飛鳥を全面的に支援していたと証言する。

第3話 2013年7月24日「逃亡者の殺意」
 志保(羽田美智子)が何者かに刺され、病院に搬送された。相棒の村瀬(津田寛治)は別行動をしていた。志保は、殺人事件の捜査中、誰かに会いに行ったところを襲われたらしい。その殺人事件とは、雑居ビルの一室で、10年前の建設会社爆破事件の主犯として指名手配されていた飯野(比留間由哲)の刺殺体が発見されたというものだ。現場からは多数の「飛ばし携帯電話」が見つかり、いわゆる「母さん助けて詐欺」に手を染めていたようだ。10年前、飯野は自らが勤めていた建設会社を爆破。横領の疑いで解雇されたことへの逆恨みが犯行の動機だったが、同様に解雇された麻生(土佐和成)も指名手配されていた。飯野と麻生、さらに正体不明のもう1人の共犯者は、現場となった雑居ビルに同居、詐欺で稼いでいた。志保と村瀬は、現場に落ちていたレシートからスーパーで聞き込みを行っていたが、手掛かりは得られなかった。そんな中、爆破された建設会社を訪ねた倫太郎(渡瀬恒彦)と直樹(井ノ原快彦)は、横領事件はぬれぎぬの可能性があったことを知る。さらに、青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)は「母さん助けて詐欺」の被害者から、犯人の似顔絵を手に入れる。

第4話 2013年7月31日「昼下がりの銃殺」
 ある町の防犯会長を務める摂子(藤真利子)が、何者かに拳銃で殺害された。現場の状況から、強盗殺人の可能性が高く、青柳(吹越満)と村瀬(津田寛治)は外国人窃盗団の犯行と考え、珍しく意見が一致する。しかし、青柳は摂子が地元の交番に何度も電話をしていた携帯電話の発信履歴を基に、ひそかに捜査を開始。村瀬も凶器の拳銃に摂子の指紋が付着していたことから、顔見知りによる犯行の線で捜査を始め、志保(羽田美智子)にあきれられる。一方、倫太郎(渡瀬恒彦)と直樹(井ノ原快彦)は、凶器が太平洋戦争中に使用されていた十四年式拳銃であることに着目。事件の第一発見者の岩倉(深水三章)が、父親の遺品として鑑定に出していたことをつかむ。しかし、店主が警察に通報した後、押収された拳銃は8個全ての銃弾と共に保管庫にあることを確認する。また志保らは、摂子が生前世話を焼いていた青年・三橋(神永圭佑)の元を訪ねるが、母親の秀美(山下容莉枝)は会わせようとしない。さらに青柳らは、交番での聞き込みで、摂子が指名手配犯を発見したと通報し、報奨金を受け取っていた事実を知る。

第5話 2013年8月7日「殺人生原稿」
 加代(あめくみちこ)という女性の刺殺体が、宿泊していた友人・奈美(横須賀昌美)の自宅で見つかった。加代は事件前日に青森から上京、ある出版社を訪ねた後、何者かと都内のホテルの喫茶店で待ち合わせをしていたことが分かる。加代は右手で固定電話を抱え込み、伸びた左手の先には10月のページが開いた卓上カレンダーがあった。倫太郎(渡瀬恒彦)は、監察医の真澄(原沙知絵)から加代が右利きであることを確認すると、電話を右手で抱えていることに疑問を持つ。また、加代が訪ねた出版社の編集者・貴島(菅原大吉)によると、加代は亡き作家・柴田(藤岡大樹)の最後の愛人だったという。最近になって、加代の元から柴田の最後の原稿「夏色の女たち」が発見されたが、加代は自分がもらったものだと主張。それを認めない柴田の遺族と争い、貴島が200万円を加代に支払って出版にこぎ着けたらしい。おかげで小説は大ヒットとなったが、加代は金額の上乗せを要求してきたという。そんな中、加代とホテルで会っていたのが、柴田の娘カンナ(平山あや)だと判明。父の作品のことで話があると呼び出されたカンナだったが、金の話だったため、ろくに会話もせずに別れたと話す。一方、青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)は、ひそかに見つけた証拠から、奈美の元夫・赤木(寺十吾)を容疑者として拘束する。

第6話 2013年8月14日「127の殺意」
 元ファンドマネジャーの百武(湯江健幸)の他殺体が、ある建設現場で発見された。何者かに後頭部を殴打されたようで、左手には「127」と数字が書かれていた。監察医の真澄(原沙知絵)によると、百武本人が書いた可能性が高いという。そんな中、百武が、ある新聞社の経済部記者・実希子(野々すみ花)と連絡を取っていたことが分かる。実希子は、推定100億円の資産をつくって引退した百武が、最近になって活動を再開したため、取材を依頼したのだという。百武の妻・十和子(安座間美優)はネイリストの弓恵(建みさと)とスパに行っていたというだけでアリバイも曖昧だ。倫太郎(渡瀬恒彦)と直樹(井ノ原快彦)は、百武の自宅からパソコンが消えていることを確認。防犯カメラの映像をチェックすると、事件当日、2人の男が百武の部屋へ入るところが映っていた。

第7話 2013年8月21日「死の紋様」
 世界的な金融グループの日本支社に勤務する桜田(井田国彦)の刺殺体が見つかった。仕事場として借りていたマンションの駐車場で、背後から刺されたらしいが、部屋にはめおと茶わんがあるなど生活感があふれていた。倫太郎(渡瀬恒彦)は、遺体の手のひらに残っていた塗料の跡に不審を抱く。また、桜田のセカンドバッグから、妻・由里子(七瀬なつみ)の署名、押印がある離婚届が見つかる。由里子によると、桜田には5年ほど前から愛人がいて、仕事場のマンションも愛人との密会場所だったらしい。しかし志保(羽田美智子)は、そんな由里子に疑問を持つ。遺体確認の際にわざわざ喪服を着ていたこと、遺体を見た時も冷静だったことなど、まるで桜田が死亡したことを知っていたかのように振る舞っていたからだ。そんな中、桜田の手のひらに残っていた塗料の跡が暗号で、お祝いのカードなどに使われる文字・カリグラフィーだと分かる。倫太郎はカリグラフィーの入門書の著者・路代(渡辺梓)を訪ねる。

第8話 2013年8月28日「殺人スタント」
 ベテランスタントマンの武藤(浜田学)が撮影現場のビルの屋上から転落死した。撮影中ではなく、昼の休憩中に転落したらしい。武藤は5年前に一度引退。妻・香織(遊井亮子)が父親の跡を継いで経営する葬儀社で、副社長をしていたという。今回は長年コンビを組んでいた主演の影山(大浦龍宇一)に頼まれ、現場に復帰したが、香織は自殺の可能性はないと否定する。武藤のファンだという真澄(原沙知絵)の検視によると、転落による傷以外に打撲痕や内出血が複数あることが判明。さらに、右足の膝と右腕の肘に打ち身による炎症があり、薬が塗られていたという。志保(羽田美智子)と村瀬(津田寛治)は真澄に立ち会ってもらい、それぞれの傷を検証。すると、腹部の殴打痕と膝と肘の炎症が撮影とは関係のない傷だと分かる。香織によると、武藤はスタントマンについて「もともとやりたい仕事ではなかった」と話していたらしい。だが、倫太郎(渡瀬恒彦)と直樹(井ノ原快彦)は、武藤が葬儀社に入社した当時に書いた自らの葬儀プランに「スタントマン時代の写真を飾りたい」といった言葉を見つける。

第9話 2013年9月4日「殺しのネックレス」
 倫子(中越典子)の前に、自分が本当の父親だという男が現れた。ショックを受ける倫子に男は、近くのカフェで証拠を見せるから、と言って去る。しかし、その男・風間(有薗芳記)の遺体が発見された。遺体を一目見た倫太郎(渡瀬恒彦)は表情を変えると、近くの短期契約マンションの一室へ向かう。室内は乱され、窓は開けたままだった。風間はここから転落したらしい。倫太郎は直樹(井ノ原快彦)に鑑識を呼ぶよう指示し、こっそりと倫子のネックレスを拾い、ポケットにしまい込む。青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)は目撃者の事情聴取、志保(羽田美智子)と村瀬(津田寛治)は現場に残された靴の跡から靴店を当たるが、直樹は単独行動を取る倫太郎と連絡が取れなくなる。現場に残された靴の跡から、倫子が浮上する。また、倫太郎を除く9係のメンバーが管理官の真山(矢島健一)によって集められる。数々の証拠から、倫子を最重要参考人と断定。単独で事件を捜査する倫太郎の行動を、娘を救うための証拠隠滅の可能性があるという。

最終話 2013年9月11日「殺人船長」
 倫太郎(渡瀬恒彦)が、高校時代からの友人で日本海洋大学の学部長・山尾(笹野高史)に、大学での講演を依頼された。倫太郎は村瀬(津田寛治)を適任者として指名。しかし、村瀬は警務部への異動の話があり、刑事を辞めるべきか悩んでいた。そして村瀬の講演が終了した後、大学の構内で学長の倉持(佐伯新)の他殺体が見つかる。傷痕から凶器は二股のやりのようなものと判明。さらに右手の小指の付け根に奇妙な形の傷があった。倉持は午後3時に、山尾、妻で理事の千恵子(春木みさよ)、創立者の娘で山尾の助手・史織(三倉茉奈)、大手不動産会社専務の井元(遠山俊也)を学長室に集めていた。どうやら、大学を閉鎖した跡地に建設を計画している複合施設について話があったらしい。井元によると、反対派の山尾、千恵子、史織を説得しようとしていたらしい。そんな中、真澄(原沙知絵)の行った解剖結果によって、倉持は村瀬の講演中に死亡していたと分かる。やがて倫太郎と直樹(井ノ原快彦)の捜査で、意外な人物が自供を始める。

各話視聴率


警視庁捜査一課9係season9


放映期間:2014年7月9日 - 2014年9月10日 全10話

概要
“昼あんどん”と呼ばれる加納倫太郎(渡瀬恒彦)や、曲がったことが大嫌いな熱血漢・浅輪直樹(井ノ原快彦)ら個性的な刑事たちの活躍を描く刑事ドラマの第9シリーズ。
羽田美智子、津田寛治らおなじみのレギュラー陣は今作も健在。9年目に突入する今回は、メモリアルシーズンとして、さまざまな仕掛けが展開される。
その第1弾として、「9係」が誇る“名珍コンビ”青柳靖(吹越満)&矢沢英明(田口浩正)を主人公にした、シリーズ初のスピンオフドラマ「警視庁捜査一課9係 シーズンスピンオフSP『雨な二人』」(6月27日)を放送。


警視庁捜査一課9係 season9 スピンオフスペシャル 2014年6月27日「殺人犯元妻の女医が謎の逃亡!同時に起きた人質強盗事件“もうすぐ会える…”母の言葉が隠す真相」 ※23:25〜24:25 視聴率 8.0%
 青柳(吹越)と矢沢(田口)は非番の日、応援に駆り出され、殺人容疑で逃走中の男の元妻・恭子(西田尚美)が住むマンションを張り込む。殺人事件の被害者は、以前に恭子と逃走中の元夫の娘をひき逃げで殺害し、出所したばかりだった。張り込み交代時間の5分前、恭子がマンションから出てくる。青柳たちが尾行すると、電車に乗った恭子は、ある駅で降り、迎えに来た車に乗って走り去る。青柳と矢沢は目に留まった運送会社のトラックを借りて彼女の後を追う。


各話あらすじ(2014.7.9 - 2014.9.10)全10話 平均視聴率 11.38%
第1話 2014年7月9日「殺人クルーズ」
 海に面したレストランで行われる結婚式の直前、新郎の前田(笠原秀幸)が何者かに刺殺された。9係の直樹(井ノ原快彦)の高校時代の同級生で、式を担当したウエディングプランナー・朱音(黒谷友香)の証言から、前田は式が始まる前の10分間に殺害された可能性が高くなる。容疑者も招待客に絞られるが、肝心の凶器が見つからない。そんな中、防犯カメラに前田の上司・三沢(久松信美)が、海に何かを落とすような姿が映っていた。青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)は、三沢に事情を聴きに行く。一方、倫太郎は直樹と共に朱音から、新郎新婦や親族らも幸せそうだったと聞く。だが、倫太郎はその朱音に疑問を抱く。

第2話 2014年7月16日「世界平和殺人事件」
 最先端の電子技術を扱う研究所の所長・津島(清水章吾)が転落死した。9係の面々が現場検証をしていると、新聞記者の渡辺(蟹江一平)が現れ、津島殺害の犯行声明ともいえるメールが届いたという。9係は他殺の線で捜査を始めるが、村瀬(津田寛治)は、志保(羽田美智子)と親しげな渡辺が気になって仕方がない。渡辺の証言から、津島が核兵器にも応用できる技術を危険国家に提供していた疑いがあったことが分かる。そんな中、現場近くの小料理店で聞き込みをしていた倫太郎(渡瀬恒彦)と直樹(井ノ原快彦)は、津島が死の直前、店の前で何者かに殴られ、その場で探し物をしていたことを知る。探し物は見つからず、津島は店のおかみにメニューにない「ほうとう」を注文し、おいしそうに食べていたらしい。津島が探し物をしていた場所を調べた倫太郎たちは、古い新聞記事を見つける。

第3話 2014年7月23日「殺人ギター」
 国税調査官・富樫(奥田達士)が何者かに殺害された。容疑者として、富樫が、不正経理などの疑いで調査をしていた会社社長・猪狩(尾関伸嗣)が浮上する。一方、富樫が事件当日、理緒(メイサツキ)という歌手と会っていたことが分かる。直樹(井ノ原快彦)の調べで、富樫の妻・弥生(中山忍)が、かつて理緒とデュオを組んでいたことが判明。デュオを解散・引退後、富樫と結婚した弥生は過去に歌手だったことを夫に隠していたが、最近になって理緒から再結成を持ち掛けられ困っていたという。そんな中、倫太郎(渡瀬恒彦)が富樫の息子・文哉(加藤清史郎)に、父親について聞くと、融通の利かない堅物だったと言い切る。友人たちとバンドを組みたいと言った時も反対され、東京大学に入って役人になれと言われたらしい。

第4話 2014年7月30日「殺人家計簿」
 38歳の加代という女性が自室で殺害された。だが、見た目は20代にしか見えず、現場からは24歳の幸(黒川智花)の免許証も見つかる。被害者は加代と幸という二つの顔を持っていたことになり、直樹(井ノ原快彦)たちは、どちらが本物なのか首をかしげる。一方、倫太郎(渡瀬恒彦)は、現場のテーブルの上にあった肉じゃがにタマネギが入っていないことが気になる。検視の結果、被害者の年齢が20代半ばと分かり、殺害されたのは幸である可能性が高くなる。幸は1年前、借金取りに追われる父・原田(樋渡真司)と共に夜逃げをしていた。本物の加代(尾上紫)によると、個人情報を盗まれたことがあり、どうやら幸は盗んだ情報で加代に成り済ましていたらしい。そんな中、志保(羽田美智子)と村瀬(津田寛治)は、幸の双子の妹・遥(黒川=二役)から話を聞くが、原田と別れた母親について家を出て以来、幸とは会っていないという。

第5話 2014年8月6日「殺人ミュージカル」
 舞台女優・美玲(折井あゆみ)の遺体が控室で発見された。美玲は、大物ミュージカル女優・舞衣(真琴つばさ)が主演する舞台の稽古中で、事件当日は舞衣が作ったスムージーを飲んでいた。そのスムージーは舞衣や美玲をはじめ、俳優の正樹(寿大聡)、演出家の棚橋(山崎直樹)も飲み、食中毒のような症状を訴えたが、美玲だけが死亡した。スムージーの材料に疑問を抱いた倫太郎(渡瀬恒彦)は、何者かが毒性のある植物「グリーンクロッカス」を仕込んでいたことをつかむ。舞衣は材料がすり替えられたことに気付かず、スムージーを作ったらしい。そんな中、新人女優メグ(小宮有紗)の話から、事件前夜、棚橋の妻で舞衣の親友である聖美(久世星佳)が最後に劇場を出たことが分かる。聖美がグリーンクロッカスを入手していたことも判明し、彼女は舞衣と夫の不倫を疑っての犯行と認める。だが、自分が用意した量では人は死ぬはずがない、と犯行を否認する。

第6話 2014年8月13日「殺しの感謝状」
 スナック経営者・近田(松本実)の他殺体が見つかる。現場で村瀬(津田寛治)は志保(羽田美智子)にも説明せず、鑑識にノートパソコンの搬出を指示する。青柳(吹越満)も、こっそりと近田のスマートフォンをポケットにしまい、矢沢(田口浩正)をあきれさせる。一方、倫太郎(渡瀬恒彦)は、スナックの最後の客の伝票にあった「CR」という文字に疑問を抱く。やがて、近田のスマホの通話記録から、飲食店経営者・御木本(松尾敏伸)という男性が浮上する。御木本は、青柳らの質問にも、近田とは幼なじみだっただけで、事件当日の電話でも大した話はしていないという。そんな中、倫太郎と直樹(井ノ原快彦)は聞き込みから、近田が、はるか(小池唯)というアイドルを脅していたことを知る。

第7話 2014年8月20日「殺しの処方箋」
 志保(羽田美智子)はスポーツクラブで実業家・藤木(姜暢雄)と知り合う。だが、クラブの上の階にあるホテルの一室で客が自殺。志保は駆け付けた所轄署の刑事に、刑事であることを知らされてしまう。そんな中、倫太郎(渡瀬恒彦)は志保の「自殺」という報告に疑問を抱く。死亡した水川(伏見哲夫)は数年前に会社をつぶして破産。さらに、末期がんを患っており、自殺する動機は十分だった。倫太郎と直樹(井ノ原快彦)は、水川の娘・博美(村井美樹)に話を聞くが、中学生の頃に家を出ていった父親とは15年ほど会っていないという。水川の遺体の痕跡から他殺だと判明する。また、博美が事件直前、訪ねて来た水川を追い返していたことが分かる。しかも、水川に早く死んで保険金を、という言葉まで投げ付けていたらしい。博美は母親の治療費を稼ぐため、金に困っていた。一方、青柳(吹越満)たちの捜査で、水川に多額の融資をしていた悪徳金融会社社長・段田(手塚とおる)が容疑者として浮かぶ。

第8話 2014年8月27日「殺人大学」
 プロ野球チームのベテランスカウト・東野(山田明郷)の他殺体が大学野球部のグラウンドで発見された。東野は野球部のスラッガー・伴藤(杉本健介)に注目していたが、事件当日の紅白戦で伴藤の弱点が露呈。息子のプロ入りを後押しする伴藤の父親・大造(隆大介)は、プロ入りに否定的な東野に対して怒りをあらわにしていたという。そんな中、凶器が野球のバットである可能性が高くなるが、部室にあったバットからはルミノール反応は検出されない。東野の部屋を調べた倫太郎(渡瀬恒彦)と直樹(井ノ原快彦)は、東野が伴藤のほかに投手の田中(永嶋柊吾)にも注目していたことを知る。一方、青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)は、大造の車のトランクからルミノール反応が出た金属バットを発見する。

第9話 2014年9月3日「殺人オーデコロン」
 プロのビリヤード選手・明神(金子昇)が、対戦相手の美鈴(森カンナ)との試合を前に殺害された。明神は対戦前の会見で、美鈴が負ければ大会スポンサーの社長・石沢(佐藤誓)の愛人になるという賭けをしていたことを暴露していた。倫太郎(渡瀬恒彦)と直樹(井ノ原快彦)は美鈴に話を聞きに行くが、彼女は「私は犯人じゃない」と言うだけで取り付く島もない。一方、青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)は、明神が殺害される直前に何者かと言い争っていたことを知り、その人物が田茂山(山田アキラ)だと突き止める。そんな中、明神が田茂山に、大会に出場していた日本チャンピオンの巽(伊藤洋三郎)にけがを負わせるよう依頼していたことが分かる。

最終話 2014年9月10日「運命殺人事件」
 アパレルメーカーの専務・白崎(大鶴義丹)の他殺体が港で発見された。何者かに鈍器で殴られた後、海に投げ落とされて溺死したらしい。白崎の勤務先では、創立10周年記念の式典で社長の睦月(東ちづる)の娘でプロのピアニストを目指す花音(瀬戸さおり)と、世界的ピアニスト・松川(春田純一)の連弾を企画。そんな文化事業に金を使う睦月と、合理化を推進していた白崎は対立していたという。事件前にも、睦月が何者かに襲われるなど、不穏なことが続いていた。そんな中、睦月が学生時代、倫太郎(渡瀬恒彦)が担当した事件でけがをしていたことが分かる。睦月は、そのけがが原因でピアニストになる夢を諦めたことを明かす。一方、志保(羽田美智子)と村瀬(津田寛治)は、睦月を襲った元社員・犬塚(六角慎司)を拘束。500万円の着服を1億円にされて解雇されたことを恨んでの犯行だと言うが、白崎殺害については否認。逆に、白崎は犬塚に差額の9500万円は松川を呼ぶために使われたと話し、さらに睦月が社長を続ける気力をなくすよう、白崎から持ち掛けられたと供述する。その時、白崎は「取って置きの秘策がある」と言っていたという。

2時間SP 2014年10月5日「日曜よる9時に“9係"がドラマスペシャルで登場! 実行犯の違う連続殺人の謎に、個性豊かな9係メンバーが抜群のチームワークで挑む!!」
 経営者殺害事件が相次いで発生する!それは命を懸けた動機なき殺人!? 事件の裏に隠された真実…その前に立ちはだかる2人の女とは? 倫太郎(渡瀬恒彦)ら9係が暴いた犯人。そして、意外な真実が明らかに!!

各話視聴率


番組公式サイト
(警視庁捜査一課9係 - Wikipedia)


警視庁捜査一課9係season10


概要
“昼あんどん”と呼ばれる加納倫太郎(渡瀬恒彦)や、曲がったことが大嫌いな熱血漢・浅輪直樹(井ノ原快彦)ら個性豊かな捜査一課9係の活躍を描く刑事ドラマの第10シリーズ。羽田美智子、津田寛治らおなじみのレギュラー陣は今作も健在。事件捜査だけでなく、刑事たちの私生活も描いていく。


ストーリー 
犯罪検挙率は警視庁トップの少数精鋭凄腕集団・警視庁捜査一課9係。その指揮官でありながら神出鬼没な加納倫太郎(渡瀬恒彦)や、彼の実の娘・石川倫子(中越典子)と交際する熱血漢・浅輪直樹(井ノ原快彦)ら「9係」のメンバーは、警察官である前に一人の人間として問題や悩みを抱えている。
個性が強過ぎる彼らは事件の捜査でも対立するが、共通しているのは全員が熱い正義感の持ち主だということ。一見バラバラに行動しているように見えるが、犯人逮捕のためにそれぞれが全力を注いでおり、反目し合いながらもさまざまな難事件に熱く立ち向かっていく。


各話あらすじ(2015.4.22 - 2015.7.1)全10話 平均視聴率 11.86%
第1話 2015年4月22日 10周年記念スペシャル「空飛ぶ花嫁 -危険ドラッグ殺人事件-」ラテ欄「空飛ぶ花嫁〜危険ドラッグ殺人事件・係長が狙撃された!」※初回2時間スペシャル(20:00〜21:48)
 高層マンションで転落死事件が発生し、倫太郎(渡瀬恒彦)ら9係が捜査に乗り出す。亡くなった理沙(上野なつひ)の遺体からは危険ドラッグの成分が検出される。自殺か事故と思われたが、倫太郎は遺体についた小さなあざが気になる。理沙は母親への手紙に、政治家の下で働いていると書いていた。手紙を読み、かつての上司で政治家の中西(小林稔侍)に会いに行った倫太郎は、暴漢に襲われた中西をかばって撃たれてしまう。

第2話 2015年4月29日「殺しのレシピ」
 9係はレストランで起きた殺人事件を捜査。被害者の料理人・遠藤(真山明大)は、2週間後にオーナーの貴子(古手川祐子)の娘でパティシエの逸子(里久鳴祐果)との結婚を控えていた。倫太郎(渡瀬恒彦)は、発見時に火が付いたままだった鍋が気になる。鍋の中身は、貴子しかレシピを知らないはずの看板メニューのコンソメスープだった。やがて、遠藤が別の女性とも交際中で、女性のために部屋を借りていたことが分かる。

第3話 2015年5月6日「伝説の鑑識」
 会員制交流パーティーで、イベント会社社員・安奈が死んでいた。発見場所は参加者の今井の控え室で、第一発見者も彼だ。倫太郎(渡瀬恒彦)らは、現場でベテラン鑑識課員の猪狩(伊東四朗)と再会。定年退職した猪狩だったが、スペシャリストの再雇用として復帰していた。その猪狩の見立てによると毒物が使われた可能性が高いという。一方の倫太郎は、安奈の手帳に記された2つの日付にひっかかり…。

※2015年5月13日は「くりぃむVS林修!早押しクイズサバイバー 2015春」(19:00〜21:48)が放送のため、休止。

第4話 2015年5月20日「おいしい死体」
 早朝の路上で、顔に小麦粉と溶き卵、パン粉が付着した不審遺体が見つかり、倫太郎(渡瀬恒彦)ら9係の面々が捜査に着手。やがて、被害者がアルバイト先の精肉店でコロッケと一緒に眼鏡を揚げ、その画像をインターネット上にアップする‘バイトテロ’を起こした人物と判明。精肉店は廃業に追い込まれていた。さらに、バイトテロの犯人に報復し、その画像をアップする‘天誅(てんちゅう)マン’の存在も明らかになる。

第5話 2015年5月27日「殺人アイドル」
 倫太郎(渡瀬恒彦)らは、アイドルの若菜(吉岡里帆)が深夜の路上で広人(佐藤貴広)を刺殺した事件を捜査。広人は若菜が所属するグループのファンで、正当防衛かと思われた。若菜のブログには殺人をほのめかす書き込みもあった。しかし、凶器から別の人物の血液も検出され、現場にもう1人いた可能性が浮上。やがて、現場で目撃された車の所有者が大物俳優・樋口(国広富之)の息子でタレントの栄(斉藤悠)と分かる。

第6話 2015年6月3日「完全犯罪理論」
 倫太郎(渡瀬恒彦)は警視総監の神田川(里見浩太朗)から、恩人の元警視総監・北田(津川雅彦)が大学の学長を辞任すると聞き、会いに行く。数日後、同大学教授で犯罪心理学の権威・宮崎(塩野谷正幸)が変死体で見つかり、状況から服毒自殺を装った他殺の線で捜査が始まる。容疑者として妻の仁美(渡部梓)や元不倫相手の理恵(松下恵)らが捜査線上に浮かぶ中、倫太郎は1カ月前に北田と宮崎との間にトラブルがあったことを知る。

第7話 2015年6月10日「殺人夢工房」
 倫太郎(渡瀬恒彦)は、公園で変死した映画の助監督・良平(橋爪遼)のズボンの折り返しから出てきた陶器のかけらが気になる。死因は、側頭部打撲による外傷性硬膜外血腫で、事件と事故どちらか分からない。やがて、良平が警察に何かを相談しようとしていたことが分かる。さらに、撮影現場で誤って本物の刀が使われていたことが判明。一方、倫太郎は映画の美術担当・辻(赤塚真人)に陶器片について相談を持ち掛ける。

第8話 2015年6月17日「3つの捜査線」
 ある朝、7時から10時の間に恵比寿・代官山・広尾の3カ所で立て続けに殺人事件が発生。9係はそれぞれ分かれて捜査を始める。エステ会社の社長が殺された恵比寿の事件を調べる倫太郎(渡瀬恒彦)と直樹(井ノ原快彦)は、被害者の所持品にあったネットカフェの割引券から小谷(蟹江一平)という男にたどり着く。小谷の元勤務先を訪ねると、青柳(吹越満)や志保(羽田美智子)らが現れる。三つの事件は、全て小谷につながっていたのだ。

第9話 2015年6月24日「四角い死体」
 9係は週刊誌記者の徳丸(木下政治)の変死事件を捜査。自宅のクロゼットから出てきた遺体は、季節外れの革の上着を着て不自然に丸まっていた。現場に残されたたばこの吸い殻からDNAが検出され、一致したミュージシャンの大鳥(本宮泰風)が容疑者として浮上。そんな中、倫太郎(渡瀬恒彦)らは、画家の早和子(宮本真希)に話を聞きに行く。早和子が描いたと思われる徳丸のデッサン画を現場で見つけ、気になったのだ。

最終話 2015年7月1日「殺意の香り」
 セレブ女子大に通う奈津美が殺された。検証現場で直樹(井ノ原快彦)は旧知の刑事・城(高橋光臣)と再会。所轄署の城は、優秀な本庁の9係の手足となって働くと倫太郎(渡瀬恒彦)にアピールする。倫太郎は、現場にあったチューブ入りのハンドクリームを気にしていた。 奈津美の死因は絞殺。右目にだけカラーコンタクトをはめていたことが確認される。左目のレンズはどこで落ちたのか?

各話視聴率


番組公式サイト


警視庁捜査一課9係season11


概要
“昼あんどん”と呼ばれる係長・加納倫太郎(渡瀬恒彦)や、曲がったことが大嫌いな浅輪直樹(井ノ原快彦)ら警視庁捜査一課9係の個性的な刑事たちが活躍する姿を描く刑事ドラマの第11弾。今回は、よりスケールアップした難事件に9係の面々が挑んでいくほか、セミレギュラーとして野際陽子が新加入し、倫太郎の亡き妻のいとこを演じる。

これまでどんな相手と対峙しても動じなかった倫太郎だが、亡き妻のいとこは、倫太郎にとって頭の上がらない存在。そんな2人の関係は、直樹と倫太郎の娘・倫子(中越典子)の恋の行方にも影響を及ぼしていく。


ストーリー 
指揮官の役割を担う係長でありながら神出鬼没な加納倫太郎(渡瀬恒彦)や、彼の実の娘・倫子(中越典子)と交際する熱血漢・浅輪直樹(加納倫太郎)ら9係のメンバーは、警察官である前に一人の人間として問題や悩みを抱えた面々ばかり。

個性が強過ぎる彼らは事件の捜査でも対立するが、共通しているのは全員が熱い正義感の持ち主だということ。一見、バラバラに行動しているように見えるが、犯人逮捕のためにそれぞれが全力を注いでおり、反目し合いながらもさまざまな難事件に立ち向かい、解決に導いていく。


各話あらすじ(2016.4.6 - 2016.6.15)全11話 平均視聴率 12.14%
第1話 2016年4月6日 スタートスペシャル 「最強の宿敵、登場!死んだクマ男の秘密!!幻の青いチューリップに宿る殺意!」 ※初回2時間スペシャル(21:00〜22:54)
 早朝、団地の敷地内で熊の着ぐるみ姿の男が刺殺され、倫太郎(渡瀬恒彦)率いる警視庁捜査一課9係が臨場する。被害者は、1年ほど前に彗星(すいせい)のごとく現れた青年実業家の浜中(坪倉由幸)と判明。団地の自治会長は倫太郎の亡妻のいとこ・静香(野際陽子)だった。やがて、浜中が数年前に世間を騒がせ、こつぜんと姿を消した投資詐欺グループの主犯だった可能性が高まる。1年半前、倫太郎は海外在住だった静香から、その投資詐欺の被害に遭った知人のことで相談を持ち掛けられていた。

第2話 2016年4月13日「殺人整体」
妻の律子(白石美帆)と整体サロンを営む荒木田(川岡大次郎)が殺された。捜査に着手した倫太郎(渡瀬恒彦)は現場の施術室に置かれた熱帯魚の水槽が気になる。人気整体師の荒木田だが、事件前に施術を受けた客の理沙(川村ゆきえ)からはセクハラの被害届が出されていた。カルテと現場の状況を照合した青柳(吹越満)は、客の美波(渋谷飛鳥)に注目。やがて、美波と荒木田の意外な関係が明らかになる。

第3話 2016年4月20日「カラフルな殺人」
 ジュエリーブランドの広報部長・由香利(中原果南)の他殺体が見つかった。遺体の顔には、なぜか赤と青の絵の具がかけられている。犯人によるメッセージなのか? 由香利は、通信販売専門チャンネルに自ら出演して、看板商品「幸せを呼ぶリング」の売上に貢献していた。死亡推定時刻は由香利が出演予定だった番組放送の直前だったことが判明。

第4話 2016年4月27日「時間差殺人」
ベンチャー企業社長の高見沢(金子昇)が、妻の美咲(篠田麻里子)とレストランで食事の後、駐車場で射殺された。青柳(吹越満)らは、最近、高見沢の周辺を付きまとっていた土橋(須田邦裕)を取り調べる。土橋の話から、高見沢が10年前に振り込め詐欺の首謀者だったことが判明。一方、倫太郎(渡瀬恒彦)らが現場近くで停車していたタクシーの車載カメラを調べると、犯人の姿は写っていなかったが、銃声が記録されていた。

第5話 2016年5月4日「殺人ヨガ」
ヨガスタジオを主宰するマヤ(白羽ゆり)が服毒死。遺体はヨガのポーズをしていた。自殺かと思われたが、鑑識の猪狩(伊東四朗)の調べにより他殺の可能性が濃厚に。やがて、遺体のポーズは半年前に辞めたインストラクターの蘭子(佐藤康恵)が考案したことが分かる。2人は、このポーズをめぐりトラブルになっていたという。一方、倫太郎(渡瀬恒彦)は、スタジオに飾られた受賞メダルが一つなくなっていると気付く。

第6話 2016年5月11日「花の殺人」
フラワーアーティストの沙耶(青山倫子)が変死体で見つかる。遺体は彼女の作品のように植物や花に囲まれていた。沙耶の自宅を調べた倫太郎(渡瀬恒彦)は、静香(野際陽子)と沙耶が一緒に写っている写真を見つける。静香に話を聞くと、7年前、沙耶がニューヨークまで会いに来たのだという。一方、志保(羽田美智子)と村瀬(津田寛治)は、アシスタントの美紀(中丸シオン)の話から、沙耶に恨みを持つ人物がいたことを知る。

第7話 2016年5月18日「殺人カメラ」
新人カメラマンの松浦(神谷リク)が個展会場で毒殺された。しかし、松浦が直前までいた控室からも、会場にいた写真仲間の藤尾(松澤一之)や公子(棟里佳)、仲間で元恋人でもある百々(原田佳奈)らの持ち物からも毒物は見つからない。倫太郎(渡瀬恒彦)は、松浦の二眼レフカメラの裏ぶたが開いたままで、フィルムがないことに疑問を抱く。やがて、事件後に会場から姿を消した写真仲間の寺崎(土屋佑壱)が捜査線上に浮かぶ。

第8話 2016年5月25日「3つの大追跡」
妙子(遠藤久美子)が出演したショッピングセンターのイベント会場で発砲事件が発生。青柳(吹越満)らは直前に見掛けた不審な女(上原多香子)の行方を捜していた。同時刻、倫太郎(渡瀬恒彦)ら9係の面々もそれぞれ別件で同じ場所に。志保(羽田美智子)らは拳銃を所持していると思われる国際マフィアの男(葛山信吾)を尾行してきた。一方、倫太郎と直樹(井ノ原快彦)は、かばんに拳銃らしきものを入れた少年(小林颯)を追っていて…。

第9話 2016年6月1日「コスプレ殺人」
人気漫画家の秋絵(山下裕子)が自作のアニメ映画のヒットを祝うパーティー会場で転落死。倫太郎(渡瀬恒彦)はアニメの登場人物のコスプレをした秋絵の手袋が片方ないことに不審を抱く。遺体にはスタンガンの傷痕があり、他殺と断定される。捜査が進む中、秋絵の年下の夫・類(古原靖久)と声優・玲奈(森高愛)の不倫が判明。秋絵は、雑誌記者・武田(まいど豊)が偶然撮影した類と玲奈の不倫の証拠写真をもみ消していた。

第10話 2016年6月8日「追憶の殺人」
2015年3月、一人暮らしの登志子(多岐川裕美)が殺され、程なく、刑務所を出所したばかりの渡部(小野武彦)が逮捕された。倫太郎(渡瀬恒彦)は、その時に渡部が見せた何かを成し遂げたような晴れやかな微笑が忘れられない。渡部は犯行を否定したが、捜査が進めば進むほど犯人は渡部としか考えられなかった。9係の面々は倫太郎の捜査方針に疑念を抱く。それでも引っ掛かる倫太郎は、渡部と登志子の接点を調べるが…。

最終話 2016年6月15日「殺人メッセージ」
倫太郎(渡瀬恒彦)は警視総監の神田川(里見浩太朗)から入手したばかりの古本を渡される。本の内容と裏表紙に添えられた献辞から、富豪夫人・千寿子(田岡美也子)殺害容疑でおい・寺田(福崎峻介)が逮捕された一件が冤罪だと告発しているようだ。だが、事件は倫太郎ら9係の担当外だ。そんな中、ゴシップ誌ライター・田野倉(奈良坂篤)の転落死の捜査を始めた倫太郎は、この件が千寿子の事件と関係があることに気付く。

各話視聴率


番組公式サイト

警視庁捜査一課9係season12


概要
警視庁捜査一課9係に属する個性的な刑事たちの活躍を描いた、本格的刑事サスペンスの第12弾。今シリーズでは、これまで以上にバリエーションに富んだ難事件が、9係の捜査官たちの前に立ちはだかる。
 
主演の渡瀬恒彦は直前に亡くなっており、主人公不在という異例の設定で最終回まで放送する方針。


各話あらすじ
第1話 2017年4月12日「かかし殺人事件」 ※初回15分拡大(21:00〜22:09)
 郊外の田畑でかかしにくくりつけられた身元不明の遺体が相次いで見つかる中、直樹(井ノ原快彦)は静香(野際陽子)に呼び出される。団地の花壇でもかかし遺体が見つかったというのだ。9係が駆け付けるが、食事を抜いて行き倒れ寸前の画家・俊介(中村俊介)がもたれていただけだった。そんな中、新たに4人目のかかし遺体が発見される。恩師の黛(竹中直人)と検視した真澄(原沙知絵)は4人目と他の遺体との違いに気付く。

第2話 2017年4月19日「消えた水死体」
 早朝、大学の研究室で夜を明かした黛(竹中直人)が屋上から見下ろすと、プールに人が浮かんでいた。ところが、駆け付けると人は消えており、黛は真澄(原沙知絵)を呼び出す。黛は着衣から浮いていたのは経済学部長の来栖(上杉祥三)だと思ったという。来栖の妻・杏子(筒井真理子)から話を聞く志保(羽田美智子)らに、海で来栖の遺体が見つかったと知らせが入る。解剖により来栖は海水ではなく淡水で溺死したと分かる。

第3話 2017年4月26日「殺人ピアノ曲」
 音楽出版社の社長・良美(藤真利子)が自宅で殺された。第一発見者で良美宅に姉妹で同居する盲目のピアニスト・響子(夢咲ねね)は異変には気付かなかったと言い、妹・真子(梶原ひかり)も犯行時刻はアルバイト先だったと話す。直樹(井ノ原快彦)は、現場のごみ箱に捨てられていたCDが気になる。さらに、3年前の響子の映像を見た直樹は、共演するクラリネット奏者が現場近くの監視カメラに写っていた男だと気付く。

第4話 2017年5月3日「ねらわれた監察医」
 解剖中の遺体から有毒ガスが発生し、真澄(原沙知絵)が意識不明の重体に陥る。埠頭(ふとう)で見つかった遺体の身元は、IT企業の社員・柳沢(永井裕久)で、別の場所で殺されたと思われる。解剖を引き継いだ黛(竹中直人)によると柳沢は絞殺されており、特定された毒物は、監察医の命を狙って、死後、遺体に仕込まれた可能性が高いという。直樹(井ノ原快彦)らは、殺人事件と毒物が遺体に仕込まれた事件の両方を同時に追う。

第5話 2017年5月10日「殺しの刺しゅう」
 ファッションブランドの社長・影山(石田佳央)が殺された。現場は、被害者が仕事場に使っていたホテルの客室で、新作を着たトルソーが並んでいた。凶器となった裁ちばさみがチーフデザイナーの詩織(万里紗)のものと判明するが、詩織は2日前にはさみを盗まれたと話していた。直樹(井ノ原快彦)は、影山の不倫相手で5年前に自殺した女性の元の職場が、詩織の母親・結子(根岸季衣)が営む洋品店だったと気付く。

第6話 2017年5月17日「犬の毛の殺意」
 直樹(井ノ原快彦)らは、ペットショップ経営者・真奈美(山本南伊)の遺体が公園の池で見つかった事件を捜査。近くにある真奈美のマンションの部屋を調べた鑑識の猪狩(伊東四朗)は部屋が犯行現場だと指摘。犯人がなぜ池に遺体を捨てたのか分からない。そんな中、真奈美が電気機器会社の社長・佐野山(せんだみつお)の愛人だと分かる。佐野山は、真奈美との別れ話の交渉を部下に任せ、半年間一度も会っていないと話す。

第7話 2017年5月24日「殺人フェイク」
 神社の境内で殺されていた男性が、窃盗容疑で逮捕されたものの証拠不十分で釈放された杉谷(笠兼三)と分かる。ポケットには20万円入りの封筒が残されていた。所轄署によると杉谷は主犯の名前を明かさなかったという。直樹(井ノ原快彦)は所持品のお茶のペットボトルの中の水が気になる。調べると、水は整水器で作られたものだった。やがて、杉谷が事件前に介護施設の看護師・理沙(下村愛)と会っていたことが分かる。

第8話 2017年5月31日
 直樹(井ノ原快彦)は、9係に電話をかけてきた爆弾予告犯の指示に従って、東京都内を走り回っていた。三つの爆弾を仕掛けたという男は、直樹を指定した公衆電話まで走らせ、ヒントを一つずつ告げる。ヒント通りに一つ目の爆弾が見つかった。志保(羽田美智子)たちは、直樹と連絡を取りながら、犯人の特定を急ぐ。一方、非番の青柳(吹越満)と連絡がつかない矢沢(田口浩正)は、第二の爆弾を捜すために暴力団の事務所に乗り込む。

各話視聴率


番組公式サイト

『警視庁捜査一課9係 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん TOP

『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』(ファイナルファンタジーフォーティーン・ひかりのおとうさん FINAL FANTASY XIV Daddy of Light)は、2017年4月18日よりTBS系(毎週火曜 25:28〜25:58)で放映中。

ファイナルファンタジーシリーズでは、初の実写ドラマ化となる。


原作概要
元々は、マイディーというハンドルネームを持つ一介のゲーム好きの青年が、ブログ「一撃確殺SS日記」にて連載していた『光のお父さん』というタイトルの一連のブログ日記である。60歳を超えるゲーム好きの父に、自分がやっていたオンラインゲームの『ファイナルファンタジーXIV』(『FFXIV』)で親孝行したいというマイディーのブログは、累計300万アクセスという人気を呼び、書籍化、テレビドラマ化へと至った。

タイトルは、『ファイナルファンタジーXIV』における主人公(プレイヤー)が「光の戦士」と呼ばれていることから、父親を「光の戦士=光のお父さん」と作中で命名したため。

作中のゲームシーンでは、実際に『ファイナルファンタジーXIV』で原作者であるマイディーらが操作した映像が使われる。制作発表記者会見もオンラインゲーム内で行われた。


ドラマ概要
オンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」を通じて、父と息子が絆を取り戻す異色作。ゲーム愛好家のブログ「一撃確殺SS日記」で話題となった実話をベースに、実写映像とゲーム画面を織り交ぜてドラマを構成する。

正体を隠してゲーム内で父と交流するサラリーマンの稲葉光生に千葉雄大、60歳を超えてオンラインゲームにハマる光生の父・博太郎を大杉漣が演じるほか、石野真子、馬場ふみか、袴田吉彦、長谷川初範が共演。豪華俳優陣に加え、南條愛乃など人気声優も多数起用される。


ストーリー 
コピー機の営業マン・稲葉光生(千葉雄大)の趣味はロールプレイングゲーム。子供の頃は父親の博太郎(大杉漣)とゲームを一緒に楽しんでいたが、近頃はめっきり会話も減っていた。

突然会社を辞めてしまうなど、言動がよそよそしくなった博太郎を心配した光生は、退職祝いにと「プレステ4」をプレゼントする。けげんな顔をする博太郎だったが、光生のアドバイスで“インディ”というキャラクターを設定し、次第にゲームにハマっていく。

一方、光生は実は“マイディー”という名前で、すでにゲームをしており、素性を隠してゲームの中で博太郎と冒険することになる。


キャスト
リアルパート
マイディー / 稲葉 光生(いなば あきお)
演 - 千葉雄大 / 声 - 南條愛乃
原作では「僕」と名乗っているが、ドラマ化に当たって名前が付けられた。「マイディー」のキャラクター名を使用している。

インディ / 稲葉 博太郎(いなば ひろたろう)
演 - 大杉漣
光生の父。突然会社を辞めるなど様子がおかしかったが、光生に「プレステ4」をプレゼントされてゲームにハマっていく。ゲーム内では“インディ”というキャラクターとなり、息子だと知らずに“マイディー”と行動を共にする。

稲葉 貴美子(いなば きみこ)
演 - 石野真子
博太郎の妻で、光生の母親。韓国ドラマが大好き。

正田 陽子(しょうだ ようこ)
演 - 馬場ふみか
光生の勤めるコピー機会社の美人社員。入社したばかりで悩みを抱えていたが、社内での“制服騒動”をきっかけに光生と関係を深めていく。

エオルゼアパート
マイディー
声 - 南條愛乃

インディ
声 - 大杉漣

あるちゃん
声 - 寿美菜子

きりんちゃん
声 - 悠木碧

スタッフ
原作:ブログ「一撃確殺SS日記」(マイディー)
脚本:吹原幸太
監督:野口照夫、山本清史
主題歌:the other end of the globe/GLAY
挿入歌:Jacarandaの花のように/meg
エンディング:AKANE/SILENT SIREN


各話あらすじ 平均視聴率 1.48%
第1話 2017年4月18日「光のお父さんがやってきた。」 視聴率 1.6%
 ゲームの世界で互いを理解し、距離を縮めていく親子を描く。営業マンとして働く光生(千葉雄大)は、突然会社を辞めた父・博太郎(大杉漣)をオンラインゲームに誘う。

第2話 2017年4月25日「光のお父さんが姿を消した。」 視聴率 2.0%
 新人女子社員の離職率が高い原因の調査を依頼された光生(千葉雄大)は、陽子(馬場ふみか)に接近。一方、父・博太郎(大杉漣)がささいな理由でゲームを離脱する。

第3話 2017年5月2日「お父さんにゲームオーバーはなかった。」 視聴率 1.4%
 難しい顧客を担当し、クレームを受ける光生(千葉雄大)。そんな中、ゲーム内でボスに何度倒されても決して諦めない父・博太郎(大杉漣)の姿に光生は何かを感じ取る。

第4話 2017年5月9日「お父さんは1日1時間の戦士になった。」 視聴率 1.4%
 ゲームにはまった父・博太郎(大杉漣)に母の怒りが爆発し一日一時間のプレイを約束させられる。一方、光生(千葉雄大)の職場でも大げんかが勃発し、緊張した空気に。

第5話 2017年5月16日「光のお父さんは意外な言葉を口にした。」
 光生(千葉雄大)と父・博太郎(大杉漣)の互いに抱えた秘密が交差していく。ゲーム内で博太郎との距離を縮める光生は、博太郎が会社を辞めた理由を聞き出そうとするがはぐらかされる。

第6話 2017年5月23日「光のお父さんはすべてを打ち明けた。」 視聴率 1.0%
 光生(千葉雄大)は父・博太郎(大杉漣)が病気であることを疑い始める。父に真意を確かめたい光生は、自前のノートパソコンでゲームにログインすることに。

第7話 2017年5月30日「光のお父さんは本物の光の戦士だ。」
 大ボス攻略が困難を極める中、父・博太郎(大杉漣)の手術の日程が決まる。光生(千葉雄大)は手術までに攻略できなければ自分たちの「負け」と宣言する。


番組公式サイト
ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん - Wikipedia

『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(6) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたのことはそれほど TOP

2017年4月18日から、TBS系「火曜ドラマ」枠(毎週火曜 22:00〜22:54)で放送中。主演は波瑠。初回15分拡大。


原作概要
『あなたのことはそれほど』は、いくえみ綾による漫画作品。『FEEL YOUNG』(祥伝社)にて2010年10月号より不定期に連載されている。単行本は2016年10月現在既刊4巻。


ドラマ概要
いくえみ綾の同名コミックを原作に、2組の夫婦の結婚生活と恋愛模様を描く、予測不可能な展開が見どころの大人のラブストーリー。主人公で“二番目に好きな人”と結婚した渡辺美都に波瑠が扮し、これまでとは異なる役柄で新境地に挑む。

美都の夫で愛妻家の渡辺涼太を東出昌大、浮気する夫を手のひらで転がす有島光軌の妻・麗華を仲里依紗、美都が忘れられない初恋相手・光軌を鈴木伸之が演じるほか、山崎育三郎、麻生祐未らが共演。一度きりの人生で誰と結ばれるのが本当の幸せなのか、“忘れられない人”がいる全ての大人たちへ問い掛ける。脚本は「ダメな私に恋してください」(同系)を手掛けた吉澤智子が担当する。


ストーリー 
眼科クリニックで医療事務として働く三好美都(波瑠)は、患者として知り合った渡辺涼太(東出昌大)に交際を申し込まれる。これまでは中学時代の初恋の人・有島光軌(鈴木伸之)が忘れられず、彼と似た男ばかりと付き合ってきたが、穏やかで優しく、何よりも美都を一番に考えてくれる涼太は結婚相手としても申し分がなかった。

占い師に「二番目に好きな人と結婚した方が幸せになれる」と2回も告げられたことで、美都は結婚を決意し、順風満帆な結婚生活をスタートさせる。しかし、ある日の飲み会の帰り道で、偶然にも光軌と再会したことで、封印していた気持ちを抑えきれなくなる。


キャスト
渡辺 美都(わたなべ みつ)
演 - 波瑠
眼科クリニックで医療事務として働く。

渡辺 涼太(わたなべ りょうた)
演 - 東出昌大

有島 麗華(ありしま れいか)
演 - 仲里依紗

有島 光軌(ありしま こうき)
演 - 鈴木伸之(劇団EXILE)

飯田 香子(いいだ きょうこ)
演 - 大政絢
美都と小学校時代からの親友。

横山 皆美(よこやま みなみ)
演 - 中川翔子
有島と麗華が暮らすマンションに引っ越してきた主婦。

森 留美(もり るみ)
演 - 黒川智花
眼科クリニックの同僚。

榎本 祐機(えのもと ゆうき)
演 - 成田偉心
有島の行きつけのバーで働くバーテンダー。

小田原 真吾(おだわら しんご)
演 - 山崎育三郎
涼太が勤めるインテリア会社の同期。

花山 司(はなやま つかさ)
演 - 橋本じゅん
美都が勤めるクリニックの眼科医。

三好 悦子(みよし えつこ)
演 - 麻生祐未
美都の実母。シングルマザー。

スタッフ
原作 - いくえみ綾『あなたのことはそれほど』
脚本 - 吉澤智子
演出 - 金子文紀、竹村謙太郎、福田亮介
編成 - 池田尚弘、中島啓介
プロデューサー - 佐藤敦司
製作 - ドリマックス・テレビジョン、TBSテレビ

主題歌 - 神様、僕は気づいてしまった「CQCQ」(Atlantic Japan)


各話あらすじ
第1話 2017年4月18日「究極の恋愛選択優しすぎ夫×忘れられない運命のヒト」 ※初回15分拡大(22:00 〜 23:09)
 眼科クリニックで医療事務として働く美都(波瑠)は、患者として来ていた涼太(東出昌大)に交際を申し込まれる。これまで付き合ってきた明るく面白いいわゆるモテ系男子とは全く違うが、居心地のよさを感じる。でも一番好きなのは…美都の脳裏に中学の頃好きだった有島光軌(鈴木伸之)が蘇る。自分に別れを告げることなく引っ越してしまった有島。今でも彼に似た人を見つけるとつい目で追ってしまっていた。

第2話 2017年4月25日「暴走する春の恋!背徳の温泉旅行」
 有島(鈴木伸之)と再会した美都(波瑠)は、夫・涼太(東出昌大)がいながらも有島と肉体関係を持ってしまう。帰宅後も高揚感を隠しきれない美都。不審に思った涼太は、美都が眠った後に携帯電話を盗み見て、有島の名前を見つける。中学時代以来のどきどきする恋に浮かれる美都は、自分が既婚者であることを隠して、頻繁に有島と連絡を交わし合う。一方の有島も、出産を控えた妻・麗華(仲里依紗)がいることを美都に隠していた。

第3話 2017年5月2日「ヤバい夫の哀しみ全てがバレる夜」
 美都(波瑠)と温泉旅行を楽しんでいた有島(鈴木伸之)の元に、麗華(仲里依紗)が娘を出産したという連絡が。有島が既婚者だと知った美都は動揺を隠し、自分も結婚していると告白する。そんな折、美都の母・悦子(麻生祐未)が階段から転落して足を骨折。涼太(東出昌大)が悦子を病院から2人のマンションに連れ帰る。一方、美都は小田原(山崎育三郎)から高級ワインをもらったお礼に、手料理を振る舞うことを涼太に提案する。

第4話 2017年5月9日「最愛の妻への最凶のプレゼント」
 美都(波瑠)と有島(鈴木伸之)は互いに既婚者だと分かってからも関係を続行。涼太(東出昌大)は、美都が有島と連絡を取っていると知りながらも言い出せない。そんな涼太の様子を気に掛ける同僚・小田原(山崎育三郎)や美都の母・悦子(麻生祐未)。その悦子は自宅に戻り、出産のため実家にいた麗華(仲里依紗)は、娘を連れて有島の元に帰ってきた。一方、有島から趣味を持てと言われた美都は、職場近くの陶芸教室を訪ねてみる。

第5話 2017年5月16日「夫VS愛人!地獄の公園デビュー」
 初めての結婚記念日、美都(波瑠)に「この先どうあろうと、今の君がどうあろうと、ずっと君を愛する」と誓った涼太(東出昌大)。全てを知られていたことにがくぜんとする美都は、その日以降も笑顔で接してくる涼太の気持ちを測りかねていた。そんな中、美都は陶芸教室の人が麗華(仲里依紗)に本を借りているという話を聞き、思わず「自分が返しておく」と名乗り出る。美都は有島(鈴木伸之)の不在時を狙い、自宅に麗華を訪ねる。

第6話 2017年5月23日「変身夫と家出妻!激情の赤ワイン」
 美都(波瑠)は、自分をなじろうともせず笑顔で接しつつも、ひそかに有島(鈴木伸之)に会いに行った涼太(東出昌大)の態度に戸惑う。涼太はそんな美都に別れる気はないと宣言。これからをどう楽しくやっていくか話し合おうと告げる。涼太の話を聞いた美都は有島を呼び出し、自分たちは別れる必要がないと言い張る。そんなある日、涼太は歯科医に行くと言って会社を早退。その様子に、小田原(山崎育三郎)は違和感を覚える。

第7話 2017年5月30日「ついに覚醒!誰よりも恐いうちの妻」
 有島(鈴木伸之)は美都(波瑠)に「友達にならないか」と提案。美都は今まで通りの関係にしがみつこうとするが、有島の決意は固い。有島から「家に帰れ」と言われ失意の美都は、病院の仕事を休み、悦子(麻生祐未)の元に転がり込む。一方、有島は自宅に戻ったものの、罪悪感から麗華(仲里依紗)に対し平静ではいられなくなっていた。夜、悦子のスナックに駆り出された美都は、店にやって来た涼太(東出昌大)と対峙(たいじ)する。

各話視聴率


番組公式サイト
あなたのことはそれほど - Wikipedia

『あなたのことはそれほど TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 TOP

『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(クライシス こうあんきどうそうさたいとくそうはん)は、関西テレビ(カンテレ)制作・フジテレビ系の火曜21時ドラマ枠(毎週火曜 21:00〜21:54)にて2017年4月11日から放送中。主演は小栗旬。


概要
直木賞作家の金城一紀が原案・脚本を務める、骨太なアクションエンターテインメント。国家の危機に立ち向かっていく秘密部隊・公安機動捜査隊特捜班の活躍を描く。

「カリ・シラット」という武術を習得している金城自身がアクション監修も担当し、2年半ぶりの連続ドラマ主演となる小栗旬と、小栗とは民放連続ドラマ初共演となる西島秀俊が、約1年前から金城の下で訓練。鍛え抜かれた肉体と抜群の身体能力で、華麗なアクションを披露する。


ストーリー 
元自衛隊員の稲見朗(小栗旬)、元外事警察の田丸三郎(西島秀俊)が所属する公安機動捜査隊特捜班は、警察庁警備局長・鍛治大輝(長塚京三)直轄の秘密部隊。メンバーは、元警視庁捜査一課の刑事・吉永三成(田中哲司)を班長に、元機動隊爆発物処理班の樫井勇輔(野間口徹)、すご腕の元ハッカー・大山玲(新木優子)と、各分野のスペシャリストが集結しているが、それぞれがすねに傷を持つ一癖も二癖もある面々。

そんな彼らが、テロリストや新興宗教団体、軍事スパイ、麻薬密売組織などに立ち向かい、自身の正義感と現実の狭間で、苦悩しながらぶつかっていく。


キャスト
稲見 朗(いなみ あきら)
演 - 小栗旬
元・自衛隊隊員の捜査官。ある特殊任務で心に深い傷を負い、除隊し現在に至る。

田丸三郎(たまる さぶろう)
演 - 西島秀俊
稲見と同じ特捜班に所属するまじめでストイックな男。ある事件をきっかけにかつていた公安部外事課から異動を命じられ、特殊班に引き抜かれた過去を持つ。

吉永三成(よしなが みつなり)
演 - 田中哲司
元・警視庁捜査一課の刑事で、取り調べの名手。

樫井勇輔(かしい ゆうすけ)
演 - 野間口徹
元・爆発物処理班の特捜班メンバー。抜群の嗅覚を持ち、匂いが色分けされて見える「共感覚」の持ち主。

大山 玲(おおやま れい)
演 - 新木優子
凄腕の元・ハッカーでサイバー情報分析のスペシャリスト。クールながらも心に闇を抱えている。

鍛冶大輝(かじ だいき)
演 - 長塚京三
公安機動捜査隊特捜班の創設者。極めてドライかつ合理的な考え方をする切れ者。

青沼祐光(あおぬま ゆうこう)
演 - 飯田基祐
鍛冶の忠実な部下。

スタッフ
原案・脚本:金城一紀
音楽:澤野弘之
演出:鈴木浩介、白木啓一郎(カンテレ)
チーフプロデューサー:笠置高弘(カンテレ)
プロデューサー:萩原崇(カンテレ)
アソシエイトプロデューサー:坂田佳弘(カンテレ)
制作著作:カンテレ

主題歌:Beverly「I need you love」


各話あらすじ
第1話 2017年4月11日「巨悪に規格外なチームが挑む!」※初回15分拡大(21:00 〜 22:09) 視聴率 13.9%
 班長・吉永(田中哲司)をはじめ、元自衛隊員・稲見(小栗旬)、元公安捜査員・田丸(西島秀俊)ら5人が所属する「公安機動捜査隊特捜班」は、警察庁警備局長・鍛治(長塚京三)直轄の秘密部隊。国家に危機をもたらす事件を秘密裏に捜査し、解決を図る。ある日、首に爆弾を巻かれた青年・圭介(白洲迅)が街中に現れる。現職大臣の息子である圭介は数々の犯罪に関わってきたが、親の権力によって逮捕を免れてきた。犯人は大臣に、夜のニュース番組での公開謝罪を要求。さもなければ、圭介を処刑するという。

第2話 2017年4月18日「暗殺の真相を暴け」
 田丸(西島秀俊)に「国家の危機に関すること」で話があると連絡してきたジャーナリストの古垣が毒殺される。田丸は稲見(小栗旬)らと、古垣が何を取材していたのか調べ始める。手掛かりは古垣からメールで届いた一軒家の写真と、彼が死の間際に言い残した「アリス」という言葉だけ。捜し出した家は既に空き家で、隣人の話から「西尾」という家族が2年程前に住み始め、一昨日、突然引っ越していったことが分かる。

第3話 2017年4月25日「国会議員襲撃!平成維新軍の脅威」
 贈収賄疑惑の渦中にある大物政治家・浜尾(螢雪次朗)が、白昼堂々、現れた3人組にテレビカメラの前で射殺された。直後に「平成維新軍」を名乗る組織から犯行声明が出され、犠牲者が増える可能性が高まる。犯行に使われた拳銃「グロック19」の出所を追う稲見(小栗旬)と田丸(西島秀俊)は、暴力団の組長・大畑(戸田昌宏)にたどり着く。そして3人組のうちの1人は、大畑の銃を持ち出した息子の譲(大和孔太)と分かる。

第4話 2017年5月2日「要人警護!罪と罰の結末」
 稲見(小栗旬)らが命じられた新たな任務は、大学教授・有馬(小市慢太郎)の警護だった。しかし、彼がどういう人物で、誰に狙われているのか、何も情報は与えられない。期限は彼が海外へと出国するまでの1週間だが、警護2日目の朝、出勤した有馬が樫井(野間口徹)の制止を無視して研究室のドアを開けると、爆発が発生。有馬を守りながらその場を離れようとした稲見と樫井の前に、拳銃を持った2人組が立ちはだかる。

第5話 2017年5月9日「危険な潜入捜査!本当の正義とは」
 稲見(小栗旬)は留置所で暴力団組員の沢田(杉本哲太)に接触。沢田に取り入った稲見は、彼が所属する暴力団「仁愛興業」の本部への潜入に成功する。稲見の任務は、組織のトップ・仁科(神尾佑)のパソコンに、大山(新木優子)が用意したUSBを挿すことだった。しかし、チェックが厳しく何も持ち込むことができない。一方、稲見の報告を受け、上層部の指示に疑問を抱いた吉永(田中哲司)は、独自に任務の背景を調べ始める。

第6話 2017年5月16日「爆破テロ犯を追え!国家が隠す闇」
 カルト教団による地下鉄爆破事件の実行犯で指名手配中の里見(山口馬木也)が東京都内に出没。新たなテロを計画している可能性が高く、吉永(田中哲司)らは行方を追う。稲見(小栗旬)は、11年前の爆破事件当時、公安部に所属していた田丸(西島秀俊)から話を聞くが、田丸は何かを隠しているようだ。程なく、駐車場の防犯カメラで里見の映像が見つかる。吉永らは潜伏場所を突き止めるためインターネットの掲示板を利用する。

第7話 2017年5月23日「平成維新軍の革命!未来を守れ!」
 インターネット上に平成維新軍の新たな犯行予告が出されたが、テロの標的も手段も分からず、稲見(小栗旬)らは身動きができない。犯行予告文を読んだ大山(新木優子)は昔のハッカー仲間・坂本の関与を確信する。かつて届いたメールのアドレスから見つけ出した坂本は、普通の高校生(今井悠貴)だった。予告された犯行の時間が刻々と迫るが、坂本は黙秘。大山は彼のパソコンやスマートフォンのパスワードの解析を急ぐ。

第8話 2017年5月30日
 田丸(西島秀俊)は千種(石田ゆり子)の仲介で、彼女の夫で情報提供者の林(眞島秀和)に会い、「神の光教団」のテロに関する情報を入手したと聞かされる。林は詳細な情報と引き換えにある条件を持ち掛けてきた。公安総務課長・青沼(飯田基祐)の許可を得た田丸は、林の要求に応じる。千種経由で聞いた林の情報によると、教団は2日後に文部科学大臣を狙った自爆テロを計画しているという。田丸は稲見(小栗旬)らと出動する。

各話視聴率


番組公式サイト
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 - Wikipedia

『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

貴族探偵 TOP

『貴族探偵』は、2017年4月17日からフジテレビ系の「月9」枠(毎週月曜 21:00〜21:54)で放送中。月9ドラマ30周年記念作品。主演は嵐の相葉雅紀。初回30分拡大。


概要
1987年4月よりスタートし、枠として30周年を迎える今春の月9ドラマは、「ようこそ、わが家へ」(同系)のスタッフが再集結し、“主人公が推理をして謎を解く”という常識を覆す “主人公が推理をせずに謎を解く”という、前代未聞の設定で送るミステリー。

ミステリー作家・麻耶雄嵩による本格推理小説「貴族探偵」とその続編「貴族探偵対女探偵」を原作に、主演の相葉雅紀をはじめ、武井咲、生瀬勝久、井川遥、仲間由紀恵、滝藤賢一、中山美穂、松重豊ら豪華俳優陣が集結。主演の相葉とは全員初共演となり、出演者の多くが今作でさまざまな初挑戦をする。


ストーリー 
年齢、家族、学歴、住所、さらに本名までも不明で、貴族と名乗る青年・貴族探偵(相葉雅紀)。探偵を趣味にしている貴族だが、「推理などという雑事は、使用人に任せておけばいいんですよ」と言い放つと、事件関係者の女性と会話を楽しみ始める。捜査、推理をするのは、彼ではなく、彼を取り巻く召使いたちで、貴族へ絶対的な忠誠心を持つ執事の山本(松重豊)、メイドの田中(中山美穂)、運転手の佐藤(滝藤賢一)の3人が、現場分析、証拠集めなどの捜査へと動き始める。


キャスト
相葉雅紀
貴族探偵 役
年齢、家族、学歴、住所、本名までも不明。己のことを貴族と名乗り、探偵を趣味にしている青年。しかし、事件の捜査は執事たちに任せていて自分は動かない。働いている様子はないが、常に身ぎれいで紳士的。

武井咲
高徳愛香 役
新米の探偵。貴族と事件現場において何かと相対することになる。探偵という職業に誇りを持っている。

生瀬勝久
鼻形雷雨 役
刑事。“貴族よりも先に謎を解く”という利害が一致し、愛香と行動を共にする。上昇志向が強く、長い物に巻かれるタイプ。実は現場経験に乏しいが、事件解決にまい進する。

井川遥
喜多見切子 役
愛香が「師匠」と仰ぐ探偵で、愛香に探偵のいろはを教えた。過去に貴族との推理対決に敗れており、その後、謎の死を迎える。

仲間由紀恵
謎 役
神出鬼没の謎のキャラクター。

滝藤賢一
佐藤 役
貴族に仕える召使いの一人で運転手。貴族の代わりに捜査をする。いざという時には貴族を守るボディーガードも兼ねている。

中山美穂
田中 役
貴族に仕えるメイド。控えめな性格で整理整頓が大好き。「紅茶をいれさせたら右に出る者はいない」と貴族から称賛されている。

松重豊
山本 役
貴族の執事。常に冷静沈着で、貴族の手足となって働く。貴族の代わりに捜査をする。

スタッフ
原作 - 麻耶雄嵩 『貴族探偵』『貴族探偵対女探偵』(集英社文庫)
脚本 - 黒岩勉
演出 - 中江功、金井紘、相沢秀幸
プロデュース - 羽鳥健一、西坂瑞城
制作 - フジテレビ

主題歌 - 嵐「I'll be there」(ジェイ・ストーム)


各話あらすじ
第1話 2017年4月17日「推理は雑事!破天荒なニューヒーロー登場!誰よりも優雅に悪を裁く!」※初回30分拡大(21:00〜22:24)
 名探偵・切子(井川遥)を師と仰ぐ新米探偵の愛香(武井咲)はクライアントの令嬢・依子(木南晴夏)の別荘を訪れ、古井戸の前で彼女の友人・笹部(ハリー杉山)の他殺体を発見。神奈川県警の鼻形(生瀬勝久)らが捜査を始める中、貴族探偵と名乗る謎の青年(相葉雅紀)が現れ、警察上層部に働き掛けて捜査に乗り出す。が、貴族は何もせず、執事の山本(松重豊)ら使用人に捜査を任せるだけ。憤る愛香は先に真相を暴こうとする。

第2話 2017年4月24日「第1発見者は御前!メイドと女探偵が推理対決で謎を解く!」 ※15分拡大(21:00〜22:09)
 ミステリー作家・厄神(大和田伸也)から取材依頼を受け、編集者・美咲(紺野まひる)と車で別荘へ向かっていた愛香(武井咲)は、落石事故の現場で貴族(相葉雅紀)の一行と遭遇し、その石があった厄神の別荘へ一緒に行くことに。厄神のファンという田中(中山美穂)が興奮する中、貴族は殴られた厄神の遺体を発見。貴族から事件の捜査を譲られた愛香は対応に現れた鼻形(生瀬勝久)や田中らと、関係者から事情を聞く。

第3話 2017年5月1日「禁断の恋殺人事件!国家権力に怒れる貴族」
 1週間前、廃倉庫で頭と両腕が切断された女性の遺体が見つかり、その頭と両腕を川原に埋めようとしていたとして、教師・浜村(内野謙太)が逮捕された。被害者の主婦・逸子(岩佐真悠子)が、教え子の女子高生・遥(橋本環奈)と付き合う浜村から金を脅し取っていたと分かるが、浜村は犯行を否認する。そんな中、遥から浜村を助けてと依頼された愛香(武井咲)は、捜査を開始。そこへ現れた貴族(相葉雅紀)も協力を申し出る。

第4話 2017年5月8日「温泉宿で殺人事件!孤立する宿!使用人不在で御前大ピンチ!」
 愛香(武井咲)は、地下アイドル・しずる(藤川千愛)を自殺に追いやった「田名部」を捜すようファンに依頼されるが、断る。そこにやって来た依子(木南晴夏)に誘われ、愛香は願いをかなえてくれる「いづな様」が出現するという温泉へ。そこで結婚相手を探す鼻形(生瀬勝久)や、香苗(草刈麻有)という女性の付き添いで現れた貴族(相葉雅紀)と遭遇する。さらに、田名部という男性(渋谷謙人)もいづな様の儀式に参加して…。

第5話 2017年5月15日「華麗なる一族の惨劇!花婿選びの世継ぎ争いで連続殺人事件!」
 政財界や医療業界にまで幅広い影響力を持つ資産家・鷹亮(竜雷太)唯一の直系の孫、弥生(北香那)の婿を選ぶ儀式が行われる桜川家。貴族(相葉雅紀)について鷹亮に聞こうとやって来た愛香(武井咲)は、鷹亮の外孫・皐月に誘われ屋敷に入り、儀式の立会人を務める貴族と遭遇する。成り行きで愛香も立ち会う中、婿の有力候補である金山(忍成修吾)が何者かに毒を盛られ重体に。早速、鼻形(生瀬勝久)らが現れ推理が始まる。

第6話 2017年5月22日「花婿候補連続殺人!身分違いの恋が生み出した事件なのか!?」
 名家・桜川家当主の鷹亮(竜雷太)直系の孫・弥生(北香那)の婿候補だった3人が密室で殺された。婿選びの儀式の立会人として居合わせた貴族(相葉雅紀)と愛香(武井咲)は、それぞれ鷹亮から依頼され、捜査をすることに。貴族は3件の殺人事件を、山本(松重豊)、田中(中山美穂)、佐藤(滝藤賢一)の3人に1件ずつ別々に当たらせる。一方、愛香は桜川家執事・愛知川(篠井英介)の息子・友也(白洲迅)と弥生の関係に着目し…。

第7話 2017年5月29日「名探偵との直接対決!暴かれる貴族の秘密と謎の使用人登場!」
 愛香(武井咲)は切子(井川遥)の死に貴族(相葉雅紀)が関わっているのか調べるため、切子が最後に手掛けた事件を調べる。1年前、切子は恩義のある社長・都倉(小木茂光)が密室状態の自宅書斎で自殺したと聞き、現場へ急行。後妻・光恵(広末涼子)、秘書・真佐子(森口瑤子)らに迎え入れられた切子は、密室自殺を偽装した殺人だと見抜く。そこへ貴族の一行が現れ、切子は真相にどちらが先にたどり着くか勝負をするが…。

第8話 2017年6月5日
 貴族探偵(相葉雅紀)は、特命秘書の鈴木(仲間由紀恵)に喜多見切子(井川遥)の殺害命令を下していた? 高徳愛香(武井咲)は、切子の手帳から政宗是正という人物の名を見つける。切子はこの男を調べようとして殺害されたのだろうか? 政宗是正こそ貴族探偵の正体なのか? 

各話視聴率


番組公式サイト
貴族探偵シリーズ - Wikipedia
タグ:貴族探偵

『貴族探偵 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

お前はまだグンマを知らない TOP

「お前はまだグンマを知らない」は、2017年3月7日から3月28日まで、日本テレビ『ネクストブレイク』枠(毎週火曜日0:59 - 1:29)にて放送された。全4回。原作をベースとしたオリジナルストーリーとなる。


概要
2014年の発売以来、群馬に関する県民あるあるネタと強過ぎる地元愛が反響を呼び、累計発行部数50万部を突破した井田ヒロトの人気コミックを映像化。インターネットの愛好家らから愛を込めて「未開の地グンマー」「日本最後の秘境」「古代グンマー帝国」などと呼ばれる群馬県を舞台にしたコメディードラマで、間宮祥太朗が主演を務める。

謎多き土地・グンマに転校した高校生・神月紀(間宮)が、独自性の強いグンマ文化や、異常なほどグンマ愛が強いクラスメートたち、特有の“ローカルルール”に苦闘しながらも、恋に青春に奮闘する。全4回の連続ドラマの後に、映画化されることも決定している。


原作
『お前はまだグンマを知らない』は、井田ヒロトによる漫画(ウェブコミック)作品。『月刊コミック@バンチ』(新潮社)のウェブコミック配信サイト『くらげバンチ』にて2013年10月より配信中。累計発行部数は2017年2月現在で50万部。

作者が中学1年の時に群馬県高崎市に引っ越してきた時の体験がベースとなっている。

間宮祥太朗の主演でドラマ化および映画化の予定。


ストーリー
高校2年生の神月紀(間宮祥太朗)は、“チバ”から謎に満ちた地“グンマ”に引っ越すことに。初めて目の当たりにするグンマ独自の風習に困惑しながらも、神月は何とか転校先のクラスに溶け込もうとするが、グンマ県民のあるタブーを早々に犯してしまい、なかなか受け入れてもらえない。

そんな中、神月は学校一の美女・篠岡京に一目ぼれ。さらに、グンマとライバル関係にある“トチギ”や“イバラキ”との争いにも巻き込まれ、神月の高校生活は混沌を極めていく。


キャスト
神月 紀 - 間宮祥太朗
“チバ”から“グンマ”に引っ越してきた高校2年生。妄想癖が激しく、初めて目の当たりにするグンマ独自の風習に困惑する。クラスに溶け込もうと奮闘する中で、学校のマドンナ・篠岡京に恋をする。

轟 一矢 - 吉村界人
神月の幼なじみ。小さい頃は神月と仲が良かったが、幼くしてチバからグンマに移住。再会した神月となぜかあまり関わろうとしない。

篠岡 京 - 馬場ふみか
神月のクラスの美少女。グンマを愛し、「グンマ人以外は男として見れない」という生粋のグンマ人。

木村 仁建 - 入江甚儀
神月のクラスのクラス委員。戦後、グンマが内閣総理大臣を日本最多の4人輩出していることを誇りに思っている。

野汁先輩 - 加治将樹
3回留年しているため20歳の色黒でヒゲ面の先輩。グンマ愛が深く、神月にグンマのウンチクをいろいろ教えてくれる。

ゆもみちゃん(草津温泉公式ゆるキャラ、友情出演)

担任 - 山本博(ロバート)

近藤の妻 - 椿鬼奴

近藤 - ほんこん

大泉 - 吉田カルロス

ナレーション - 若本規夫

スタッフ
原作 - 井田ヒロト
監督 - 水野格
脚本 - 樫田正剛
音楽 - 牧戸太郎
主題歌 - G-FREAK FACTORY
チーフプロデューサー - 西憲彦
プロデューサー - 佐藤東弥、坂下哲也
制作協力 - AXON
製作著作 - 日本テレビ

主題歌
「風林花山」
歌 - G-FREAK FACTORY


各話あらすじ2017.3.6 - 2017.3.27)全4話 平均視聴率 3.98%
第1話 2017年3月6日 視聴率 5.3%
 グンマに転校した高校生の日常を描くコメディー。転校生の神月(間宮祥太朗)は京(馬場ふみか)に一目ぼれ。だが京は、グンマ愛に満ちた生粋のグンマ人だった。
 
第2話 2017年3月13日 視聴率 4.1%
 轟(吉村界人)が、イバラキ人のヤンキー「こうもんボーイズ」がシャンゴを求めてグンマに遠征に来ているらしいと言いだし、クラス中が息をのむ。しかし、神月(間宮祥太朗)だけが、シャンゴが何なのか分からない。
 
第3話 2017年3月20日 視聴率 3.1%
 グンマでの生活にも慣れてきた神月(間宮祥太朗)は、京(馬場ふみか)を遠くから眺めながら妄想する日々を送っていた。そんななか、「上毛かるた全国ナンバーワン決定戦」の開催が迫る。  

最終話 2017年3月27日 視聴率 3.4%
  怪文書を残したキツネの正体をクラス一同は突き止めようとする。神月(間宮祥太朗)は昨夜、京(馬場ふみか)と目撃したキツネの証拠映像を見せるが…。
 

番組公式サイト
お前はまだグンマを知らない - Wikipedia

『お前はまだグンマを知らない TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

火花 TOP

『火花』は、2017年2月26日から同年4月30日まで、NHK総合(毎週日曜 23:00〜23:45)にて放送された。全10話。

Netflixにて、2016年春に全10話一挙配信されたものを約45分(最終回のみ50分)に再編集して放送する。


原作概要
『火花』(ひばな)とは、お笑いタレントの又吉直樹が書いた初の中編小説。初出は『文學界』2015年2月号(文藝春秋)。掲載時より現役人気お笑いタレントの手がけた純文学小説として話題を呼び、文芸誌である同誌が増刷されるヒットとなったほか、第28回三島由紀夫賞候補作、第153回芥川龍之介賞受賞作。

2016年にNetflixと吉本興業によってネット配信ドラマとして映像化され、翌2017年にはNHK総合にて、前年にNetflixにてネット配信されたものの再編集版が放送開始予定。2017年2月、板尾創路監督により映画化されることが発表された。同年11月に公開予定。


概要
2015年に芥川賞を受賞した、お笑いコンビ・ピースの又吉直樹による同名小説を原作に、若手芸人の苦悩と葛藤に満ちた10年間の軌跡を描く青春ドラマ。Netflixオリジナルで映像化された作品が、初めてNHK総合で放送される。

お笑い芸人とその周囲の人たちの心の描写を林遣都、波岡一喜、門脇麦らが体当たりで演じるほか、井下好井の好井まさお、とろサーモンの村田秀亮ら芸人も出演。総監督を廣木隆一が、監督は白石和彌、沖田修一、久万真路、毛利安孝が務める。

ストーリー
売れない芸人の徳永太歩(林遣都)は、営業先の花火大会で天才肌の先輩芸人・神谷才蔵(波岡一喜)と出会う。誰にもこびないスタイルと圧倒的なセンスに引きつけられ、弟子入りを懇願した徳永は、神谷の伝記を書くことを条件に許される。

それから2人は夜ごと酒を酌み交わし、お笑いについて熱く語り合う。しかし、コンビとして少しずつ売れ始めた徳永と、うまくいかずにもがき苦しむ神谷の歯車は少しずつかみ合わなくなる。そして、神谷はある日、借金を抱えたままこつ然と姿を消してしまう。


キャスト
徳永 太歩
演 - 林遣都
お笑いコンビ「スパークス」のボケ担当。

神谷 才蔵
演 - 波岡一喜
お笑いコンビ「あほんだら」のボケ担当。徳永の先輩芸人。

山下 真人
演 - 好井まさお(井下好井)
お笑いコンビ「スパークス」のツッコミ担当。

大林 和也
演 - 村田秀亮(とろサーモン)
お笑いコンビ「あほんだら」のツッコミ担当。

宮野 真樹
演 - 門脇麦
神谷の同居人

日向 征太郎
演 - 田口トモロヲ
スパークスが所属する芸能事務所・日向企画の社長。

緒方 健治
演 - 染谷将太
日向企画の社員。お笑い担当。

西田 英利香
演 - 菜葉菜
日向企画の社員。

ロクさん
演 - 渡辺哲
徳永と同じアパートの住人。

小野寺
演 - 渡辺大知
徳永と同じアパートの住人。

あゆみ
演 - 徳永えり
徳永の元バイト仲間。現在は美容師。

望月
演 - 温水洋一
徳永のバイト先のコンビニ店長。

恩田
演 - 宮崎吐夢
徳永の新しいバイト先の店長。

渡辺
演 - 小林薫
武蔵野珈琲店の店主。

百合枝
演 - 高橋メアリージュン
山下の恋人。

笹本 英樹
演 - 忍成修吾
テレビ局ディレクター。

里島 誠
演 - 村杉蝉之介
テレビ局ディレクター。

熱海のイベント主催者
演 - 山本浩司

熱海の居酒屋の店員
演 - 山本彩(NMB48)

焼き鳥屋の店員
演 - 武田梨奈

合コン相手
演 - 今井華、島袋聖南

スタッフ
総監督 - 廣木隆一
統括プロデューサー - 古賀俊輔
監督 - 廣木隆一(1・9・10)、白石和彌(3・4)、沖田修一(5・6)、久万真路(7・8)、毛利安孝(2)
脚本統括 - 加藤正人
脚本 - 加藤正人、高橋美幸、加藤結子
脚本協力 - 板尾創路
撮影 - 鍋島淳裕
照明 - かげつよし
録音 - 深田晃、岩丸恒
音響効果 - 渋谷圭介、佐藤祥子
美術 - 相馬直樹
装飾 - 桑田真志
編集 - 菊池純一、野本稔
音楽 - 上野耕路、石塚徹
音楽プロデューサー - 田井モトヨシ
エグゼクティブ・プロデューサー - 岡本昭彦、吉崎圭一、DavidLee、上木則安
プロデューサー - 山地克明、仲良平、五十嵐真志、鳥澤晋、坂本和隆
制作プロダクション - ザフール、パイプライン
制作 - 吉本興業

主題歌 - OKAMOTO'S「BROTHER」
挿入歌 - SPICY CHOCOLATE「二人で feat.西内まりや&YU-A」


各話あらすじ(2017.2.26 - 2017.4.30)全10話 平均視聴率 2.71%
第1話 2017年2月26日「芥川賞受賞作のドラマ化・若手芸人と先輩の魂の軌跡」 視聴率 4.8%
 2001年夏。売れないお笑いコンビ・スパークスの徳永(林遣都)は営業先の静岡・熱海で漫才コンビを組む先輩芸人・神谷(波岡一喜)と出会う。観客に「地獄」と連呼する激烈な漫才を披露する神谷の姿に徳永は魅了される。仕事の後、徳永は共に居酒屋を訪れた神谷に「弟子にしてください」と申し出る。神谷は自分の伝記を書くことを条件にその願いを受け入れる。その日から、徳永は神谷との日々を書きつづることになる。

第2話 2017年3月5日 視聴率 2.9%
 神谷(波岡一喜)の漫才コンビ・あほんだらは活動の拠点を大阪から東京に移した。徳永(林遣都)は神谷と東京・吉祥寺で会い、公園の打楽器パフォーマンスに飛び入り参加したり、コーヒー店で店主の渡辺(小林薫)が入れるコーヒーを飲みながら語り合ったりする。一方、スパークスは舞台への出演を懸け、ネタ見せの場へ。終了後、相方の山下(好井まさお)は恋人の百合枝(高橋メアリージュン)と帰り、徳永は後輩芸人と飲みに行く。

第3話 2017年3月12日「もうここ吉祥寺ちゃいますよ・こいつムカつく弟みたいやわ」 視聴率 1.5%
 2001年秋。徳永(林遣都)のスパークスはネタ見せのオーディションに合格し、きちんとした舞台で漫才を披露する。一方、真樹(門脇麦)と住む神谷(波岡一喜)は、ひも同然の暮らしを送りながら、芸人を続けていた。神谷は東京・吉祥寺で飲み語らい、終電を逃した徳永を家に連れ帰る。そして、真樹を加えた3人ではしゃぎ、夢のような時間を過ごす。その後、オーディションで、スパークスと神谷のあほんだらが顔を合わせる。

第4話 2017年3月19日「お前は自分の面白い部分に自分で気づいてないやろ?」 視聴率 3.4%
 徳永(林遣都)はアルバイトをしながら若手芸人が出演する舞台に立ち続けていた。ある日、徳永は幼少期に憧れた漫才コンビ「夢路いとし・喜味こいし」のいとしの訃報を聞く。居ても立ってもいられなくなった徳永は山下(好井まさお)を呼び出す。だが、ネタ合わせに気が乗らない山下の態度に腹を立て、けんかをしてしまう。一方、徳永と同じアパートに住むストリートミュージシャン・小野寺(渡辺大知)が実家に帰ることになる。

第5話 2017年3月26日「銀髪・ベージュのコーデュロイパンツ・鬼まんま」 視聴率 2.1%
 スパークスとあほんだらは、観客の投票によって順位が決まるお笑いイベントに出演する。2組とも完成度の高いネタを披露するが、優勝したのはハプニングで爆笑をさらったピン芸人だった。その後、徳永(林遣都)は友人の美容師・あゆみ(徳永えり)の練習台になり、髪を銀色に染める。以降、この髪の色は徳永のトレードマークになる。ある日、徳永と神谷(波岡一喜)は真樹(門脇麦)の家で酒を飲むが、神谷の様子がおかしい。

第6話 2017年4月2日「その頃僕らはどうかしていた」 視聴率 3.0%
 スパークスが初の単独ライブを行うことになり、徳永(林遣都)と山下(好井まさお)はその準備に明け暮れる。神谷(波岡一喜)との関係は相変わらずで、彼の懐具合を心配した徳永は総菜をつまみに外で飲もうと提案。向かった公園でぐずる赤ん坊を見掛けた神谷は、自作の川柳で笑わせようとするが、火に油を注いでしまう。後日、徳永は神谷から真樹(門脇麦)と別れたと知らされる。徳永は、真樹の家に荷物を取りに行く神谷に付き合う。

第7話 2017年4月9日「オレのイイとこ十個ゆうて?」 視聴率 1.9%
 2007年冬。スパークスはラジオ番組でネタを披露するまでになっていた。一方、あほんだらは底辺のままで、神谷(波岡一喜)は借金をしては飲み歩く荒んだ生活を送っていた。そんなある日、徳永(林遣都)は神谷の相方・大林(村田秀亮)に呼び出され、神谷が借金で首が回らなくなっていると知らされる。徳永はこれ以上神谷を追い込むまいと距離を置くようになるが…。

第8話 2017年4月16日「日常の不甲斐ない僕は、あんなにも神谷さんを笑わすことが出来るのに」 視聴率 2.5%
 若手芸人の登竜門「お笑いスター発掘バトル」で入賞したスパークスは、テレビのネタ番組にも呼ばれるようになっていた。収入が増えた徳永(林遣都)は広い家に引っ越す。一方、神谷(波岡一喜)はさらに借金を重ね自暴自棄に。徳永はより大きな劇場でのスパークスの単独ライブを成功させた後、久しぶりに神谷と会う。神谷は銀髪に黒い服で、徳永のスタイルをまねていた。

第9話 2017年4月23日「芸人としてやっていく自信、もうないねん」 視聴率 1.9%
 ゴールデンタイムのお笑い番組へのレギュラー出演の話がなくなったスパークス。瞬く間に落ち目になり、意気消沈する山下(好井まさお)を徳永(林遣都)は必死に励ます。家賃の安いアパートへ引っ越した後、徳永は久しぶりに会った神谷(波岡一喜)から励まされる。一方、山下と百合枝(高橋メアリージュン)は徳永を訪ね、妊娠と結婚を報告。山下はこれを機に引退したいと言う。

最終話 2017年4月30日「思ってることと逆のことを全力で言うと、明確に想いが伝わるんとちゃうかな」 視聴率 3.1%
 解散が決まったスパークスは所属事務所主催のライブで最後の漫才を披露することに。当日、会場に神谷(波岡一喜)や百合枝(高橋メアリージュン)たちも駆け付ける。そして徳永(林遣都)と山下(好井まさお)は力の入ったネタで、観客を笑顔と涙の渦に巻き込んでいく。1年後、徳永は不動産屋で働いていた。ある日、大林(村田秀亮)から呼び出された徳永は、神谷の失踪を知る。大林と別れて仕事に戻った徳永の元に、1本の電話が入り…。


番組公式サイト
火花 (小説) - Wikipedia
タグ:火花

『火花 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
50音検索