2017年12月30日

2017年秋ドラマ(10-12月)

放送局・ドラマ名で検索 

20:00 21:00 22:00 23:00 24:00
CX 全10話
17/10/23〜12/25
民衆の敵
〜世の中、
おかしくないですか!?〜
NTV 全10話
17/9/18〜11/20
吾輩の部屋である
CX 全8話
17/10/16〜12/4
ぼくは麻理のなか
  CX 全10話
17/10/17〜12/19
明日の約束
TBS 全10話
17/10/17〜12/19
監獄のお姫さま
TBS 全4話
17/10/10〜11/1
恋する香港

TBS 全4話
17/11/7〜11/28
目玉焼きの黄身
いつつぶす?


CX 全4話
17/12/5〜
咲-Saki-阿知賀編
EX
17/10/18〜
相棒 season16
NTV 全10話
17/10/4〜12/6
奥様は、取り扱い注意
CX 全8話
17/10/11〜11/29
パパ活

CX 全11話
17/10/11〜12/20
ラブホの上野さん2
EX
17/10/19〜
科捜研の女
第17シーズン
EX 全10話
17/10/12〜12/14
ドクターX
〜外科医・大門未知子〜
第5シリーズ
CX 全10話
17/10/12〜12/14
刑事ゆがみ
NTV 全10話
17/10/5〜12/7
ブラック・リベンジ
TX
17/10/19〜12/28
Re:Mind
TX 全7話
17/10/20〜12/1
ユニバーサル広告社
〜あなたの人生、
売り込みます!〜
NHK 全8話
17/9/8〜11/17
この声をきみに

NHK 全7話
17/11/24〜
マチ工場のオンナ
TBS 全11話
17/10/13〜12/22
コウノドリ
第2シリーズ
EX 全8話
17/10/20〜12/8
重要参考人探偵
TX 全11話
17/10/13〜12/22
新宿セブン

TX 全11話
17/10/13〜12/22
セトウツミ
NHK 全8話
17/9/2〜10/21
植木等とのぼせもん
NHK 全9話
17/11/25〜
精霊の守り人〜最終章〜
NTV 全10話
17/10/14〜12/16
先に生まれただけの僕
EX 全8話
17/10/14〜12/9
オトナ高校

CX 全8話
17/10/7〜11/25
さくらの親子丼

CX
17/12/2〜
オーファン・
ブラック
〜七つの遺伝子〜
TX 全12話
17/10/7〜12/23
フリンジマン
〜愛人の作り方
教えます〜
TBS 全10話
17/10/15〜12/24
陸王
NTV 全9話
17/10/15〜12/17
今からあなたを
脅迫します
20:00 21:00 22:00 23:00 24:00

2017年4-6月期ドラマ 視聴率一覧
2017年4-6月期ドラマ 視聴率一覧 2017年1-3月期ドラマ 視聴率一覧
2016年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2016年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2016年4-6月期ドラマ 視聴率一覧 2016年1-3月期ドラマ 視聴率一覧
2015年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2015年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2015年4-6月期ドラマ 視聴率一覧 2015年1-3月期ドラマ 視聴率一覧
2014年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2014年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2014年4-6月期ドラマ 視聴率一覧 2014年1-3月期ドラマ 視聴率一覧
2013年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2013年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2013年4-6月期ドラマ 視聴率一覧 2013年1-3月期ドラマ 視聴率一覧
2012年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2012年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2012年4-6月期ドラマ 視聴率一覧 2012年1-3月期ドラマ 視聴率一覧
2011年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2011年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2011年7-9月期ドラマ 視聴率一覧 2011年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2010年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2010年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2010年4-6月期ドラマ 視聴率一覧 2010年1-3月期ドラマ 視聴率一覧
2009年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2009年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2009年4-6月期ドラマ 視聴率一覧
タグ:INDEX

『2017年秋ドラマ(10-12月)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

オーファン・ブラック〜七つの遺伝子〜 TOP

『オーファン・ブラック〜七つの遺伝子〜』のタイトルで、12月2日から東海テレビの制作により、フジテレビ系列にて『オトナの土ドラ』枠(毎週土曜23:40 - 翌0:35)で放映中。主演の知英が、1人7役を演ずる。


原作
『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』 (オーファンブラックぼうそういでんし、Orphan Black)は、カナダのケーブル局SPACEとBBCアメリカの合作により制作されたテレビドラマ。遺伝子操作やクローン人間を扱っている。

主人公サラには自分と同じ顔をもつ人物が世界中に多数いるというドラマ設定となっており、主人公サラを演じるタチアナ・マスラニーは、母国語や階級階層等が異なる配役を含む多数の登場人物を同時に演じている。

北米では2013年3月30日から2013年6月1日にシーズン1(全10話)、2014年4月19日から2014年6月21日にセカンドシーズン(全10話)が放送され、April 18, 2015年4月18日から2015年6月20日にかけて3rdシーズン(全10話)が放送された。


概要
BBCアメリカで放送された人気海外ドラマ「ORPHAN BLACK」を、アップテンポで刺激的なストーリー、サスペンスフルな展開はそのままに、ヒューマンドラマの要素を加え、日本版としてリメーク。生活に困窮し娘と離れ離れの生活を送るシングルマザーが、自分と同じ顔を持つ女性の自殺に遭遇し、その女性に成り代わったことから、次々と同じ顔の女性が現れて予測不能な事象に巻き込まれていくさまを描く。

主人公の青山沙羅をはじめ、沙羅が成り代わる刑事・椎名真緒子のほか、大学院生、暗殺者など同じ顔の7人を演じ分けるのは、元KARAの知英。共演者には山崎育三郎、竹中直人、麻生祐未らが名を連ねる。

ストーリー
元孤児のシングルマザー・青山沙羅(知英)は、娘の萌絵との生活のために、昼は工場、夜はキャバクラで働いていた。しかし、仕事が重なり萌絵を肺炎一歩手前まで追いやってしまったことから、沙羅の養母・冴子(麻生祐未)に萌絵を奪われてしまう。

自分だって、普通の母親のようにずっと萌絵のそばにいてやりたい。お金さえあれば一緒に暮らせるのに…。そう思う沙羅の前に、取り乱した様子の女性が現れる。なんとその顔は、沙羅と瓜二つだった。衝撃を受ける沙羅が止める間もなく、女性は電車に飛び込み、高級そうな鞄が遺された。沙羅は鞄を手に取り、その場を逃げるように立ち去る。


キャスト
青山 沙羅(あおやま さら)(27)
演 - 知英
孤独なシングルマザー。施設で育ち、里親の冴子に引き取られ養子になったが、冴子と性格が合わず中学卒業と同時に家出。さまざまな職を転々とし、現在は昼は工場、夜はキャバクラで働く生活。ある日、仕事のせいで娘の萌絵が病気になり、萌絵を冴子に奪われてしまう。お金さえあれば、萌絵と一緒に生活でき、幸せにすることができると思っている。

椎名 真緒子(しいな まおこ)(27)
演 - 知英
自殺で亡くなる、沙羅と同じ顔をした神奈川県警の刑事。自殺の1カ月前に、強盗事件の重要参考人を銃で死なせてしまう事案を起こし、そのことで精神的に追い詰められていたと思われている。なりゆきで、沙羅が真緒子に成りすますことになる。

岩城 槇雄(いわき まきお)
演 - 山崎育三郎
真緒子の恋人で同棲している。一見ハンサムで誠実な男性だが、笑顔の裏にミステリアスな雰囲気をかもし出している。沙羅が成りすます真緒子のおかしな行動を心配するが、冷めた視線を見せることも。心にある闇を抱えている。

青山 薫(あおやま かおる)
演 - 西銘駿

木村 綾乃(きむら あやの)
演 - 滝沢沙織

金城 剛(きんじょう つよし)
演 - 岡田浩暉

ナガセ
演 - 高橋努

脇田
演 - 竹中直人
巨大医療機関に所属する科学者。槙雄と、あるつながりが。沙羅の存在にも興味を持ち始める。

青山 冴子(あおやま さえこ)
演 - 麻生祐未
沙羅の養母。自堕落な生活をする沙羅から萌絵を引き離し、 「お金さえあれば萌絵を幸せにできる」と思っている沙羅に対して、厳しく接する。それらは全て母としての愛情からで、沙羅に「変わってほしい」と強く願っている。

スタッフ
原作 - 『Orphan Black』
脚本 - 青柳祐美子
企画協力 - 青柳祐美子
演出 - 村上牧人(テレパック)、渋谷未来(テレパック)、金子与志一
音楽 - fox capture plan
主題歌 - JY「MY ID」(ソニー・ミュージックレコーズ)
企画 - 横田誠(東海テレビ)
プロデュース - 松本圭右(東海テレビ)、渋谷未来(テレパック)、野田健太(テレパック)
制作著作 - テレパック
制作 - 東海テレビ


各話あらすじ
第1話 2017年12月2日「BBC初リメイク1人7役!自殺した女の顔は自分と瓜二つ」
 施設育ちのシングルマザー・沙羅(知英)は仕事も続かず、孤独な生活を送っている。見かねた養母・冴子(麻生祐未)は沙羅の一人娘を取り上げてしまう。ある日、沙羅は駅のホームで自分と同じ顔をした真緒子(知英=2役)が自殺する現場に遭遇。衝動的に真緒子のバッグを持ち去った沙羅は、彼女の家へ。真緒子には槙雄(山崎育三郎)という婚約者がおり、裕福な暮らしをしていた。沙羅は、真緒子と入れ替わることを思い付く。

第2話 2017年12月9日「危険ななりすまし…狙われた命。同じ顔の女と謎の追跡者の影」
 沙羅(知英)と、うり二つの女性・オク(知英)が乗った車が襲撃され、オクは即死する。そこへ、沙羅が持つ真緒子(知英)の携帯電話に女性から電話が。沙羅がオクの死を告げると、女性はオクの毛髪と血液を持ってくるよう命じる。真緒子の成り済ましはやめることにした沙羅は、真緒子の金が入ったバッグを持ち、義弟・薫(西銘駿)の家を出る。だが、バッグの中に金はなく、真緒子が起こした誤射事件の書類があった。

第3話 2017年12月16日「追跡者の影!射殺犯から戦慄のメッセージ終わらない殺人の嵐」
 沙羅(知英)は自分と同じ顔をした2人の女性・主婦のリカ(知英)と大学院生の泉(知英)から、自分たちはクローン人間だと告げられるが、信じられない。一方、自殺した真緒子(知英)に成り済ます沙羅は、刑事への復帰を認められる。それは沙羅にとって、槙雄(山崎育三郎)が気付く前に、同僚刑事の金城(岡田浩暉)に奪われた真緒子の金を取り戻すチャンスだった。だが、その矢先、沙羅が埋めたオク(知英)の遺体が掘り出される。


番組公式サイト
オーファン・ブラック 暴走遺伝子 - Wikipedia

『オーファン・ブラック〜七つの遺伝子〜 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

咲-Saki- TOP

『咲-Saki-』(さき)は、MBS(毎日放送)系でドラマイズム枠(毎週水曜 25:28〜25:58(火曜深夜))にて、2016年12月6日から同年12月27日まで放送された。全4話。主演は浜辺美波。また、2017年1月10日に単発の特別編が放送された(25:28〜)。2017年2月3日に映画も公開。

「咲-Saki-」の実写化プロジェクト第2弾として、スピンオフ作品咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-Aのドラマと映画が製作される。いずれも主演は桜田ひより。桜田にとってドラマ・映画の初主演作となる。

ドラマ版は2017年12月に全4話の深夜ドラマとして放送。ドラマ版特別編が2018年1月に放送され、映画版は同月より全国公開される。


原作
『咲-Saki-』(さき)は、小林立による漫画作品。スクウェア・エニックス『ヤングガンガン』2006年4号から6号にかけて短期掲載され、その後同年12号より連載中。


概要
小林立の同名人気麻雀漫画を原作に、登場人物のキャラクターを細部までこだわって実写化した青春スポ根ドラマ。麻雀競技人口が1億人を超え、日本でも大規模な大会が開催されている世界を舞台に、麻雀部の女子高生たちが全国大会を目指して切磋琢磨する姿を描く。

主人公の宮永咲を演じるのは、本作が連続ドラマ初主演となる浜辺美波。共演には、SUPER☆GiRLSの浅川梨奈、私立恵比寿中学の廣田あいから、若手女性キャストが20人以上集結する。また、2017年2月には続編映画の公開も決定している。


ストーリー
清澄高校に入学した宮永咲(浜辺美波)は、全国中学生麻雀大会の個人戦で優勝した天才少女・原村和(浅川梨奈)ら麻雀部員とひょんなことから対戦することになる。咲は、勝つことはないが、なぜか毎局プラスマイナスゼロで負けることがなかった。

実は麻雀にトラウマを持っていた咲だったが、和の天才的な麻雀の打ち方に感化されて麻雀部に入部することを決意。やがて、全国高校生麻雀大会の頂点を目指すことになる。


キャスト
浜辺美波
宮永咲 役
清澄高校1年生。麻雀にトラウマを持ち、プラスマイナスゼロであがる打ち方をする。本来は嶺上開花を得意とし、和に感化されて麻雀部に入部する。

浅川梨奈
原村和 役
清澄高校1年生。全国中学生麻雀大会で個人戦優勝した美少女。運に頼らない完全理論派の打ち手。咲の実力を見抜く。

廣田あいか
片岡優希 役
清澄高校1年生。和とは中学時代からの友人。お気楽で豪快な性格。前半(東場)で驚異的な強さを見せる。タコスが大好物。

スタッフ
原作:小林立(掲載「ヤングガンガン」スクウェア・エニックス刊)
脚本:森ハヤシ
音楽:T$UYO$HI(The BONEZ)
麻雀指導:ケネス徳田、黒木真生、馬場裕一/バビロン
オープニングテーマ曲:清澄高校麻雀部(浜辺美波、浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)、廣田あいか(私立恵比寿中学)、古畑星夏、山田杏奈)「きみにワルツ」[54]
エンディング曲:フレデリック「ハローグッバイ」
制作プロダクション:ダブ
製作:VAP AMUSE MBS A-Sketch DUB SQUARE ENIX
監督:小沼雄一


各話あらすじ 平均視聴率 1.35%
第1話 2016年12月6日 視聴率 1.6%
 21世紀。これは、《世界の麻雀人口が1億人を突破し、麻雀の実力が人生を左右する世界》で、どこにでもいる普通の女子高生・宮永咲(浜辺美波)の物語―。ある日の放課後。咲は同級生の美少女・原村和(浅川梨奈)と運命的な出会いをする。和の後を追うと、旧校舎にひっそりと存在している麻雀部の部室に辿り着く。そこには和の他に、なぜか大好きなタコスを手放さない・片岡優希(廣田あいか)と広島弁を話すメガネ娘・染谷まこ(山田杏奈)がおり、咲は断ることが出来ずに麻雀を打つ事に…。

第2話 2016年12月13日 ※15分押し(25:43-26:13) 視聴率 1.2%
故意か偶然か。全局プラマイゼロの麻雀をした宮永咲(浜辺美波)の事が頭から離れない原村和(浅川梨奈)。 私、あまり麻雀好きじゃないんです...」という咲の去り際の言葉も納得がいかない。和は自宅のネット麻雀でプラスマイナスゼロを作ろうとするが、その難しさにひとり悩む。後日、清澄高校では、県大会のエントリーシートを目の前に頭を抱えている竹井久(古畑星夏)と染谷まこ(山田杏奈)。 団体戦にエントリーするには、部員があと1人足りない。部員を揃えるべく久はある行動に出る…。

第3話 2016年12月20日 視聴率 1.0%
全国麻雀大会県予選まで残り1か月。 全国レベルの強豪校が存在する県予選を前に、竹井久(古畑星夏)の指示で、宮永咲(浜辺美波)と原村和(浅川梨奈)は、染谷まこ(山田杏奈)の実家の雀荘でアルバイトをすることに。バイト先に到着すると、なんとそこはコスプレ雀荘!さっそくメイド服を着させられる咲と和。恥ずかしさでたまらない咲とまんざらでもない和。しばらくして、雀荘のお客の相手をする事に。お客相手に和やかに麻雀をする2人だが、そこに訪れたある人物との一戦が2人の麻雀に対しての意識を変える事になる…。

最終話 2016年12月27日 視聴率 1.6%
染谷まこ(山田杏奈)の実家のメイド雀荘で藤田靖子(夏菜)に大敗した宮永咲(浜辺美波)と原村和(浅川梨奈)。 落ち込んでいる彼女たちに竹井久(古畑星夏)はあるプランを用意していた。最後の追い込み『強化合宿』である。片岡優希(廣田あいか)、まこも合流し、県予選に向けての、最後の調整が始まった。豪華な旅館の門構え、女将の気遣い、明らかに一流旅館の風情。 そんな旅館で麻雀練習が出来るのは最高と、気合を入れる部員たち。しかし、旅館で用意されていたのは、超ハードなトレーニングだった…。


咲−Saki− 特別編 2017年1月10日「ドラマイズム★美少女麻雀漫画が実写化」(25:28〜25:58)
 麻雀というゲームを美少女たちの青春ドラマにはめこんだ、ユニークな世界観が読者を熱狂させ、ベストセラーとなった「ヤングガンガン」にて連載中の「咲−Saki−」。この大人気コミックの実写化プロジェクトが遂に始動! 全4話に特別編を加えた全5話からなるTVドラマでは、清澄高校麻雀部に飛びこんだ1年生・咲が仲間たちとともに全国高校麻雀大会に向かうまでの日々を描く。

 清澄高校が長野県県大会で闘う強豪校のライバルたちを紹介! 決勝でぶつかる[風越女子高校]、[鶴賀学園]、そして“怪物”天江衣(菊地麻衣)が大将をつとめる最強の敵[龍門渕高校]のキャラクターにも迫る。
県大会までカウントダウンとなった各高校の様子をお楽しみに!



番組公式サイト
咲-Saki- - Wikipedia


「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」


MBS(毎日放送)系でドラマイズム枠(毎週水曜 25:28〜25:58(火曜深夜))にて、2017年12月5日から放送。全4話。


概要
原作・小林立、作画・五十嵐あぐりによる人気麻雀漫画の実写化プロジェクト第2弾。“阿知賀”を舞台にしたもう一つのストーリーで、麻雀部に所属する少女たちの青春を描く。

主人公の高鴨穏乃を演じるのは、連続ドラマ初主演となる桜田ひより。阿知賀女子学院メンバーには、フェアリーズの伊藤萌々香のほか、恒松祐里、SUPER☆GiRLSの渡邉幸愛、私立恵比寿中学の中山莉子が出演するなど若手キャストたちが名を連ね、前作同様、ビジュアル再現度の高さも注目されている。

ドラマは、麻雀部の大将を務める穏乃が、親友だった原村和(浅川梨奈)ともう一度対局するため、仲間を集めて全国大会に臨むさまが描かれる。


ストーリー
小学6年生の高鴨穏乃(岡崎美優)は、阿知賀女子学院の空き教室に開設された子ども麻雀クラブで、転校生の原村和(鈴木伶奈)と仲良くなり、親友の新子憧(峯田百花)や上級生らと卓を囲む楽しい日々をおくっていた。しかし、講師を務める大学生の赤土晴絵(南沢奈央)が実業団にスカウトされてクラブは解散。

3年後、中学3年生になった穏乃(桜田ひより)は、全国中学生麻雀大会個人戦で和(浅川梨奈)が優勝したと知り、懐かしい阿知賀女子学院の教室に駆け込む。穏乃は和とまた一緒に麻雀を打ちたいという思いから、インターハイ出場を夢見て、阿知賀女子学院に進学して麻雀部を復活させようと決意する。


キャスト (「阿知賀編」実写版)
高鴨穏乃 - 桜田ひより
新子憧 - 伊藤萌々香(フェアリーズ)
松実玄 - 恒松祐里
松実宥 - 渡邉幸愛(SUPER☆GiRLS)
鷺森灼 - 中山莉子(私立恵比寿中学)
赤土晴絵 - 南沢奈央
園城寺怜 - 咲良菜緒(チームしゃちほこ)
清水谷竜華 - 小倉優香
江口セーラ - 水春(桜エビ〜ず)
船久保浩子 - 島崎莉乃(Cheeky Parade)
二条泉 - 新井愛瞳(アップアップガールズ(仮))
花田煌 - 矢野優花
弘世菫 - 日比美思(元Dream5)
渋谷尭深 - RaMu
亦野誠子 - 岩田華怜(元AKB48)
大星淡 - 志田友美(夢みるアドレセンス)
安河内美子 - 琴海りお(レッツポコポコ)
江崎仁美 - 岩崎春果(ふわふわ)
白水哩 - 高田里穂
鶴田姫子 - 岡崎紗絵

スタッフ (「阿知賀編」実写版)
原作:小林立(掲載「月刊少年ガンガン」スクウェア・エニックス刊)
作画:五十嵐あぐり
監督:小沼雄一


各話あらすじ
第1話 2017年12月5日
 小学生の頃麻雀クラブだった穏乃(桜田ひより)。当時仲の良かった和(浅川梨奈)の全国中学生麻雀大会優勝を知り、中学3年生になった穏乃は麻雀部の復活を決意する。

第2話 2017年12月12日
 同好会として発足した阿知賀女子学院の新星・麻雀部。しかし、穏乃(桜田ひより)と憧(伊藤萌々香)はまだ中学生で、正規の部員は玄(恒松祐里)のみ。練習で卓を囲むこともままならないうえに、5人の部員がいなければ団体戦に出場できないため、部員探しに着手する。

第3話 2017年12月19日
 穏乃(桜田ひより)と憧(伊藤萌々香)は晴れて阿知賀女子学院に入学。阿知賀に戻ってきた晴絵(南沢奈央)が顧問となり、当面の目標をインターハイ出場に定め、新生・麻雀部は始動する。


番組公式サイト
タグ:咲-saki-

『咲-Saki- TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

精霊の守り人 TOP

『放送90年 大河ファンタジー 「精霊の守り人」』(ほうそう90ねん たいがファンタジー せいれいのもりびと)は、NHK総合テレビジョンで2016年3月19日から3年に渡って全22回で放送予定。主演は綾瀬はるか。映像は4Kで撮影される。2014年7月28日に制作発表が行われた。タイトルは「精霊の守り人」だが、「守り人シリーズ」全話をドラマ化する。

放送日程
全22話からなる3部作。
シーズン1(全4話)を2016年3月19日(土)から同年4月9日まで放送(58分)※初回のみ73分。
シーズン2(全9話)を2017年1月21日(土)から同年3月25日まで放送(58分)。
シーズン3(全9話)を2017年11月25日(土)から放送中。

原作
守り人シリーズ(もりびとシリーズ)は、上橋菜穂子による異世界ファンタジー小説のシリーズ作品である。旅人シリーズを含む。全10巻と短編集、作品集、短編収載本各1冊。


テレビアニメ版
2007年4月7日 - 9月29日に、NHK-BS2の衛星アニメ劇場枠で放送された。全26話。また、2008年4月5日に、NHK教育テレビが土曜日午前9時からの枠で放送された。


概要
人と精霊が共生する世界を舞台にしたファンタジー大作を綾瀬はるか主演で実写ドラマ化し、全編4K映像で制作する。用心棒で短槍の使い手であるバルサ(綾瀬)が、精霊の卵を宿した新ヨゴ国の幼い王子・チャグム(小林颯)を、帝(藤原竜也)の命を受けた王宮の狩人たちや異界の魔物から守りながら冒険の旅を続ける。

上橋菜穂子の同名小説シリーズ全10巻を原作に、3年にわたり全22回で放送する予定。仲間との絆や、チャグムが帝に成長し、国々を巻き込む戦乱を乗り越えるまでを壮大なスケールで描く 。


ストーリー
用心棒のバルサ(綾瀬はるか)は、暴れる牛車から新ヨゴ国の王子・チャグム(小林颯)が崖下に落ちるのを目撃して助け出す。しかし、駆けつけた王宮の密偵・狩人たちがバルサを捕らえ、地下牢に投獄する。

バルサはチャグムの母・ニノ妃(木村文乃)から、チャグムが精霊の卵を宿したが、その精霊は水の魔物と言われており、それを嫌った父の帝(藤原竜也)から命を狙われていると伝えられる。ニノ妃からチャグムの用心棒を依頼されたバルサは、やむなくチャグムを連れて逃避行することになる。


キャスト
〈〉内はドラマ設定年齢。

バルサ〈30〉 - 綾瀬はるか(少女期:清原果耶、幼少期:横溝菜帆)
カンバル王国出身の用心棒。短槍の使い手で、ニノ妃の依頼を受け、新ヨゴ国の第二王子・チャグムを守る旅に出る。

チャグム〈11〉 - 小林颯
新ヨゴ国の第二王子。水の精霊の卵を宿したため、父である帝から命を狙われる。母・ニノ妃の依頼でバルサに守られながら旅をする。

タンダ - 東出昌大
新ヨゴ国の薬草師。先住民・ヤクーの血を引き、幼いころから呪術師・トロガイの元で修業を積む。バルサの身を案じている。

ジグロ - 吉川晃司
バルサの育ての親。カンバル王国最強の武人だったが、バルサの父親に頼まれ、幼いバルサを連れて国を脱出する。

トロガイ - 高島礼子
先住民・ヤクーの呪術師。当代一の呪術力を持つタンダの師匠で、バルサからも尊敬される。新ヨゴ国の帝を冒とくする者として命を狙われる。

聖導師 - 平幹二朗
新ヨゴ国の聖導師。星読博士の最高位で、帝を補佐して政治を司る。

帝 - 藤原竜也
ログサム - 中村獅童
新ヨゴ国の君主。水の精霊の卵を宿した息子のチャグムが異能者になっていくことに恐怖心を抱き、狩人たちに殺害を命じる。

二ノ妃 - 木村文乃
シュガ - 林遣都
ガカイ - 吹越満
モン - 神尾佑
ジン - 松田悟志
トーヤ - 加藤清史郎
サヤ - 彩島りあな
一ノ妃 - 奥村佳恵

スタッフ
原作 - 上橋菜穂子『精霊の守り人』ほか「守り人」シリーズ全10巻「外伝」2巻
脚本 - 大森寿美男
音楽 - 佐藤直紀
制作統括 - 海辺潔、加藤拓、谷口卓敬
プロデューサー - 竹内敬明、大越大士、結城崇史
演出 - 片岡敬司


各話あらすじ 平均視聴率 9.20%
第1話 2016年3月19日「女用心棒バルサ」 ※21:00〜22:15
ラテ欄「女用心棒バルサ〜上橋菜穂子・原作のファンタジー大作!」 視聴率 11.7%
 暴れる牛車から崖下に落ちた王子・チャグム(小林颯)を川から救出した女用心棒のバルサ(綾瀬はるか)は、王宮の密偵である‘狩人’に捕らえられる。バルサは王宮の地下牢(ろう)につながれるが、チャグムの母・二ノ妃(木村文乃)に解放され、王子を連れて逃げるよう頼まれる。チャグムには水の魔物が取りつき、それを嫌った帝(藤原竜也)から命を狙われていると言うのだ。雇われたバルサはチャグムを連れて王宮を後にする。

第2話 2016年3月26日「王子に宿りしもの」 
ラテ欄「王子に宿りしもの〜魔物の正体は!?」 視聴率 10.6%
王宮の狩人との戦いで危機にさらされたバルサ(綾瀬はるか)は、チャグム(小林颯)の不思議な能力によって救われる。チャグムの叫びに呼応するように、川の水が狩人を押し流したのだ。満身創痍(そうい)のバルサは、幼なじみで呪術師見習のタンダ(東出昌大)の手当てで一命を取り留める。一方、王宮の星読博士・シュガ(林遣都)は呪術師・トロガイ(高島礼子)から、チャグムに精霊の卵が産み付けられたのではないかと聞かされる。

第3話 2016年4月2日「冬ごもりの誓い」
ラテ欄「冬ごもりの誓い〜遂に魔物が出現!」 視聴率 7.1%
チャグム(小林颯)に宿る水の精霊の卵を狙う土の精霊ラルンガから逃れたバルサ(綾瀬はるか)は「狩穴」と呼ばれる山中の洞窟に逃げ込む。バルサは、かつて自分を守ってくれた短槍(そう)の達人・ジグロ(吉川晃司)のことをチャグムに語る。そのころ、王宮では皇太子サグム(中野魁星)が熱病に侵されていた。後継者を失うと恐れる帝(藤原竜也)に、星読博士の最高位である聖導師(平幹二朗)はチャグムを呼び戻すよう進言する。

最終話 2016年4月9日「決戦のとき」
ラテ欄「決戦のとき〜魔物との死闘の行方は!?シーズン1完結!」 視聴率 7.4%
 ラルンガの襲撃を何とかかわしたバルサだが、救い出したチャグムは何者かに操られるようにバルサの腕をすりぬけ森の中に消えてしまった。帝の密命でチャグムの命を狙う狩人・ジン(松田悟志)と、どちらが先にチャグムを見つけるか、手に汗握る追跡劇が始まる。一方、王宮に連行されたトロガイはシュガとともに伝説に残るラルンガ退治の方法を探り、伝説に隠されたある真実に気づく。その頃、チャグムは吸い寄せられるようにサーナンと呼ばれる伝説の水源にたどりついていた。そして卵を狙うラルンガの殺気がチャグムに忍び寄る…。


番組公式サイト


「精霊の守り人U 悲しき破壊神」(Season2)

2017年1月21日から同年3月25日まで、NHK「土曜ドラマ」枠(毎週土曜21:00〜22:00)にて放送された。全9回。


概要
上橋菜穂子の小説「精霊の守り人」シリーズを原作に、綾瀬はるか主演で実写ドラマ化したファンタジー大作の新シリーズ。用心棒のバルサ(綾瀬)と新ヨゴ国の王子・チャグム(板垣瑞生)の冒険が再び始まる。

今作では、2016年3月に放送された前シリーズで、バルサがチャグムとの旅を終えてから4年後が描かれ、新ヨゴ国の西隣にあるロタ王国に身を潜めるバルサと、新ヨゴ国で皇太子となったチャグムの物語が、より壮大なスケールで展開する。

真木よう子、板垣、鈴木梨央、ディーン・フジオカ、鈴木亮平、柄本明ら新たなキャストも加わり、さらに緻密な人間模様が繰り広げられる。


ストーリー 
新ヨゴ国の王子・チャグム(板垣瑞生)との旅を終えて4年。お尋ね者となったバルサ(綾瀬はるか)は、新ヨゴ国の西隣に位置するロタ王国に身を潜め、用心棒稼業を続けていた。

ある日、バルサは人身売買組織に売られそうになったタル人の少女・アスラ(鈴木梨央)を助けるが、アスラはタルの破壊神“タルハマヤ”を招き、大量殺人を起こす力を授かった恐るべき存在であることが分かる。

アスラを抹殺しようと、ロタ王家の密偵・カシャルたちが動きだす。一方、航海に出ていたチャグムは、海の国・サンガル王国を攻める南の大陸・タルシュ帝国の陰謀に巻き込まれる。


各話あらすじ 平均視聴率 6.96%
第1話 2017年1月21日「災いの子」ラテ欄「ファンタジー巨編・新章開始」 視聴率 8.2%
 用心棒バルサ(綾瀬はるか)が逃亡生活を送るロタ王国に、薬草を求めて幼なじみの薬草師タンダ(東出昌大)がやって来る。2人が泊まった宿には、アスラ(鈴木梨央)というタル人の少女が捕らわれていた。人買いがアスラを怒らせると、まばゆい光が現れて周囲の人々を殺していく。アスラを助け出したバルサに、タンダは不吉だから関わるべきではないと忠告する。そんな時、アスラをさらおうとする呪術師シハナ(真木よう子)が現れる。

第2話 2017年1月28日「罠」ラテ欄「罠〜綾瀬はるかと真木よう子が馬上対決!皇太子の援軍炎上!?」 視聴率 8.1%
 バルサ(綾瀬はるか)がアスラ(鈴木梨央)と身を潜める小屋に呪術師スファル(柄本明)が現れ、アスラは怒りで人々を殺す力を持っており、誰にも救えないと忠告する。それでもアスラを守ろうとするバルサだが、薬を盛られたのか意識が遠のいていく…。一方、サンガル王国救出の航海に出たチャグム(板垣瑞生)は、タルシュ帝国に対抗するには隣国との同盟が必要と祖父のトーサ(伊武雅刀)に訴え、針路をロタ王国に向けさせた…!

第3話 2017年2月4日「光の力」 視聴率 6.8%
 バルサ(綾瀬はるか)はアスラ(鈴木梨央)を狙う刺客から逃れ、国境の町で衣装店を営むマーサ(渡辺えり)の元へ。そこでアスラの笑顔を見てほっとする。一方、チキサ(福山康平)と共に人質となったタンダ(東出昌大)は、スファル(柄本明)から、アスラに宿った破壊神により再び人々が恐怖に支配されるのを許すのかとただされ、バルサの逃亡先を教えてしまう。サンガル王国に捕らわれたチャグム(板垣瑞生)は、命を狙われる。

第4話 2017年2月11日「笑う魔物」ラテ欄「笑う魔物〜綾瀬はるかvs狼!破壊神降臨」 視聴率6.5%
 サンガル王国に捕らわれたチャグム(板垣瑞生)は脱走するが、敵のもりを肩に受ける。負傷したチャグムを乗せた舟の前に密偵・ヒュウゴ(鈴木亮平)の海賊船が現れ、行く手を阻む。一方、バルサ(綾瀬はるか)はシハナ(真木よう子)から届いた脅迫状に従い、再びロタ王国を目指す。途中の野営地でオオカミの群れに襲われるが、アスラ(鈴木梨央)が一瞬でオオカミたちを殺す。高笑いするアスラはまがまがしい何者かに支配されていた。

第5話 2017年2月18日「聖なる場所へ」ラテ欄「聖なる場所へ〜つり橋の死闘」 視聴率 7.4%
 バルサ(綾瀬はるか)はアスラ(鈴木梨央)を知るタル人らと共に都を目指すが、彼らの影響でロタ人への憎しみを口にするアスラに「人を殺したいなんて思わないでくれ」と繰り返し言い聞かせる。つり橋で武装集団の襲撃を受けたバルサは、自ら盾となってアスラたちを先に行かせるが、背後からも襲われてしまう。一方、チャグム(板垣瑞生)はタルシュ帝国の属国となったヨゴ国に連行される。そこは、ヒュウゴ(鈴木亮平)の故郷だった。

第6話 2017年2月25日「帝国の牙」ラテ欄「帝国の牙〜高良健吾が鈴木亮平をつるし、板垣瑞生を誘惑する」 視聴率 6.3%
 バルサ(綾瀬はるか)はチャグム(板垣瑞生)がタルシュ軍に捕らわれたと聞き、心を乱す。圧倒的な国力をうかがわせるタルシュ帝国の都に着いたチャグムは、王子ラウル(高良健吾)に謁見(えっけん)。「国を滅ぼしたくなければ、父を殺してお前が帝になれ」と命じられる。抵抗するチャグムの前に、縛られたヒュウゴ(鈴木亮平)が引き出される。チャグムを属国であるヨゴ国へ連れて行ったことが裏切り行為だとみなされたという。

第7話 2017年3月4日「神の守り人」ラテ欄「神の守り人〜涙の最終決戦!」 視聴率 6.7%
 アスラ(鈴木梨央)に味方と信じ込ませたシハナ(真木よう子)はその力を利用し、王弟イーハン(ディーン・フジオカ)にロタ王国を統一させようとする。建国の儀が無事終われば、正統な王として認められるのだ。だが、南部領主が異を唱え、さらにタルの民がなだれ込んできて儀式は大混乱に陥る。シハナの幻術に惑わされたアスラが破壊神を降臨させようとした時、バルサ(綾瀬はるか)が「アスラに人殺しはさせない」と飛び込んでくる。

※2017年3月11日は「NHKスペシャル 東日本大震災「一斉解除〜原発事故6年 福島で何が…〜」」(21:00 〜 21:50)が放送のため、休止。

第8話 2017年3月18日「王子の足跡」ラテ欄「王子の足跡〜新章スタート!」 視聴率 6.6%
 チャグム(板垣瑞生)がロタ王国に向かったと聞いた二ノ妃(木村文乃)は、バルサ(綾瀬はるか)を捜すよう命じる。一方、チャグムが死んだと聞き無力感に襲われていたバルサだが、二ノ妃から用心棒に雇いたいと伝言を受け、生気がよみがえる。そして、チャグムが持つ宝石を手掛かりに捜索を始めるが、見つからない。実はチャグムは南部の大領主スーアン(品川徹)に捕らわれていた。焦るバルサの前に、ヒュウゴ(鈴木亮平)が現れる。

最終話 2017年3月25日「呼びあう魂」ラテ欄「呼びあう魂〜感動の完結編!」 視聴率 6.0%
 襲われたバルサ(綾瀬はるか)は、相手がロタ王国に仕える密偵と気付き、あえて捕まる。密偵の狙いはヒュウゴ(鈴木亮平)で、チャグム(板垣瑞生)を奪われまいとしていたのだ。そのチャグムは、南部領主の屋敷から脱出したものの、ロタ王の城を前に追っ手に囲まれる。危機を救ったのはシハナ(真木よう子)だった。イーハン(ディーン・フジオカ)に謁見(えっけん)したチャグムは、同盟を願い出る。その頃、バルサも城を目指していた。


番組公式サイト



「精霊の守り人〜最終章〜」(Season3)

2017年11月25日から、NHK「土曜ドラマ」枠(毎週土曜21:00〜22:00)にて放送中。全9回。


概要
上橋菜穂子の小説「精霊の守り人」をはじめとした“守り人シリーズ”を原作に、綾瀬はるか主演で実写ドラマ化したファンタジー大作の最終章。人と精霊が共生していた世界を舞台に、綾瀬が演じる用心棒・バルサと新ヨゴ国のチャグムの冒険を、2016年3月スタートの第1シーズン、17年1月スタートの「悲しき破壊神」、そして最終章と、3部作・全22回で描く。

最終章では、立派な皇太子に育ったチャグム(板垣瑞生)と深い信頼関係で結ばれたバルサが、巨大な勢力を持つタルシュ帝国から新ヨゴ国を救うため、バルサの祖国・カンバル王国へ向かい、過去に起こった事件の真実をついに知ることになる。


ストーリー 
再び共に旅することになった女用心棒バルサ(綾瀬はるか)と新ヨゴ国の皇太子チャグム(板垣瑞生)。2人は、バルサの故郷・カンバル王国へ向かい、王国の奥深くに潜んでいた陰謀を暴く。

新ヨゴ国を狙うタルシュ帝国の攻撃を受けたチャグムは、瀕死の新ヨゴ国を救うためにロタ王国とカンバル王国と同盟を結び、形勢は逆転。チャグムに父・帝(藤原竜也)との対決の時が迫る。

一方、タンダ(東出昌大)の行方を必死に探すバルサは重症のタンダと出会うが、共にタルシュ軍に捕らえられてしまう。

そんな中、チャグムがタルシュ軍の陣屋に。そして、タルシュ帝国のラウル王子(高良健吾)とチャグム、バルサが向き合い刃を交わす。


各話あらすじ 平均視聴率 5.60%
第1話 2017年11月25日「バルサ、故郷へ」 視聴率 6.0%
 強大な勢力を持つタルシュ帝国の第2王子・ラウル(高良健吾)は、今にも海を渡り、新ヨゴ国に攻め入ろうとしていた。短槍(たんそう)使いの女用心棒・バルサ(綾瀬はるか)は、隣国のカンバル王国、そしてロタ王国と同盟を結び自国を守ろうと動く新ヨゴ国の皇太子・チャグム(板垣瑞生)と共に、カンバル王・ログサム(中村獅童)の元へ向かう。バルサにとって、故郷・カンバルへの旅は、封印された過去の扉を開くことでもあった。

第2話 2017年12月2日「カンバルの闇」 視聴率 5.7%
 カンバル王国に入ったバルサ(綾瀬はるか)とチャグム(板垣瑞生)は、国王のログサム(中村獅童)がタルシュ帝国と通じていると確信する。ジグロ(吉川晃司)の兄・カグロ(渡辺いっけい)との再会を果たす中、バルサは父・カルナ(上地雄輔)とジグロの友情、そして深い悲しみを知る。故郷の現状に触れ、さらに自分の記憶をたどることで、ジグロが自分を連れて逃げた理由とカンバル王国の陰謀が、バルサの中で解き明かされる。

第3話 2017年12月9日「ルイシャ贈り」 視聴率 5.1%
 バルサ(綾瀬はるか)はチャグム(板垣瑞生)と共に、カンバル王国のヨンサ氏族領で医術師を続けている叔母・ユーカ(花總まり)を訪ねる。突然現れたバルサをめいだと信じられず戸惑うユーカに、バルサはジグロ(吉川晃司)に育てられた経緯を語る。そして、ユーカの計らいで、ヨンサ氏族の長老・ラルーグ(武田鉄矢)に「ルイシャ贈り」の儀式について教えを請う。そんな中、バルサは再び捕らわれ、ログサム(中村獅童)と対面する。

第4話 2017年12月16日「ログサムの野望」
 ログサム(中村獅童)に挑発されたバルサ(綾瀬はるか)は彼と激しい死闘を繰り広げるが、王子ラダール(中川晃教)に阻止される。その頃、新ヨゴ国では、タルシュ帝国の密偵セナ(織田梨沙)により、チャグム(板垣瑞生)が生きている事実が聖導師(鹿賀丈史)に知らされる。ログサムはバルサの力を見極めるため、「王の槍」と闘わせようとする。その相手にカグロ(渡辺いっけい)が名乗り出て、バルサとカグロの闘いが始まる。


番組公式サイト
(守り人シリーズ - Wikipedia)

『精霊の守り人 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(23) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マチ工場のオンナ TOP

『マチ工場のオンナ』(マチこうばのオンナ)と題してNHK総合「ドラマ10」(毎週金曜 22:00〜22:50)にてNHK名古屋放送局制作により、2017年11月24日から放送中。全7回予定。主演は内山理名で、本作がNHKの連続ドラマ初主演となる。


原作概要
『町工場の娘 主婦から社長になった2代目の10年戦争』(まちこうばのむすめ しゅふからしゃちょうになったにだいめのじゅうねんせんそう)は、諏訪貴子によるビジネス書。2014年11月18日に日経BP社より刊行された。

2016年3月には第2弾となる『ザ・町工場 「女将」がつくる最強の職人集団』が刊行された。


ドラマ概要
愛知県の町工場を舞台に、32歳の専業主婦が経験ゼロの社長業に奮闘するサバイバルヒューマンドラマ。父親の急死で工場が倒産寸前となり、社長を継ぐことになる主人公・有元光を、NHK連続ドラマ初主演の内山理名が演じる。

光の家庭も危機に陥るなどさまざまな荒波を、主婦目線の現実処理能力と決断力で乗り越えていくストーリー。光の父・泰造を舘ひろしが演じるほか、光の夫・大を永井大、社長となった光に猛反発する古参社員役で竹中直人、柳沢慎吾らが共演。

脚本は、大河ドラマ「花燃ゆ」、「四十九日のレシピ」(ともにNHK総合)を手掛けた大島里美が担当する。


ストーリー
専業主婦の有元光(内山理名)は、夫・大(永井大)と息子の3人暮らし。ある日、過労で倒れた父・泰造(舘ひろし)の様子を見に行くと、医師からがんで余命4日と告げられる。

幼くして亡くなった兄の代わりに、光を社長にしようと育ててきた泰造に反発し、専業主婦となった光。しかし、町工場を守ろうとする父の思いを知り、社長を継ぐと決意した矢先に、泰造が息絶える。

社長になると宣言する光だったが、頼るつもりでいた夫はアメリカに転勤になり、光をお飾り社長として見る幹部社員たちから猛反発に合うばかりか、取引先の銀行からも軽くあしらわれるなど、次々と試練がやってくる。


キャスト
有本家
有元 光
演 - 内山理名
須藤家の一人娘。幼くして亡くなった兄の代わりに、父・泰造から男の子のように育てられた。同じ会社に勤めていた大と結婚後は、専業主婦として息子と3人で暮らす。

有元 大
演 - 永井大
光の夫。自動車部品メーカーに勤務している。明るい性格で人あたりが良く、家族思い。時々大胆な行動をとったりする。アウトドア派で釣りが好き。

有元 航太
演 - 山田羽久利

須藤家
須藤 泰造
演 - 舘ひろし
町工場「ダリア精機」の社長。 ワンマンだが、社員を家族のように大事にしている。娘・光を厳しくしつけた反動で、今は娘と疎遠な状態にある。競馬が趣味。

須藤 百合子
演 - 市毛良枝
泰造の妻。常に穏やかで、少し天然っぽいところも。会社の経営は泰造に任せ、自身は家族を優しく見守っている。

ダリア精機
勝俣 勉
演 - 竹中直人
「ダリア精機」のベテラン職人。泰造、純三と会社を創業し、技術の腕は会社で随一。頑固で気難しい。妻・敏江には頭が上がらない。

花田 純三
演 - 柳沢慎吾
「ダリア精機」のベテラン職人。会社の創業時からのメンバー。人情派でおしゃべりな性格。

一ノ瀬 翔
演 - 吉村界人

川口 大樹
演 - 渡辺佑太朗

打越 和哉
演 - 忍成修吾

三枝 文雄
演 - 苅谷俊介

愛知東西銀行
長谷川 隆史
演 - 村上淳

スタッフ
原作 - 諏訪貴子『町工場の娘』
脚本 - 大島里美
音楽 - 澁江夏奈
主題歌 - 松田聖子「新しい明日」
演出 - 末永創、佐藤譲、小野見知(NHK名古屋)
制作統括 - 吉永証(NHK名古屋)


各話あらすじ 平均視聴率 4.13
第1話 2017年11月24日「大嫌いなお父さん」 視聴率 4.2%
 専業主婦の有元光(内山理名)は、夫・大(永井大)と息子の3人暮らし。ある日、過労で倒れた父・泰造(舘ひろし)の様子を見にいくと、医師からガンで余命4日と告げられる。幼くして亡くなった兄の代わりに光を社長にしようと育ててきた泰造に反発、専業主婦となった光。病床の父を前にしても、自分の気持ちを素直に伝えられない。しかし光は、町工場を守ろうとする父の思いを知り、ついに社長を継ぐと決意。その言葉を聞いて、泰造は息絶える。社長になると宣言した光に次々試練がやってくる。

第2話 2017年12月1日「もみくちゃ主婦社長」 視聴率 4.3%
 光(内山理名)は泰造(舘ひろし)が残した町工場を継ぐべきか迷っていた。打越(忍成修吾)によると、会社の経営状況は悪く、一刻の猶予も許されないという。百合子(市毛良枝)や付き合いのある銀行員・長谷川(村上淳)は、大(永井大)の社長就任を期待していたが、その大に米国への異動話が持ち上がる。経営の再建策を模索する光だが、リストラしか方法が見つからない。そんな中、古株職人の勝俣(竹中直人)と純三(柳沢慎吾)が行動を起こす。

第3話 2017年12月8日「昨日の友は今日の敵」 視聴率 3.9%
 光(内山理名)がベテランの運転手・三枝(苅谷俊介)ら5人をリストラしたことで、会社は大騒ぎになる。勝俣(竹中直人)や純三(柳沢慎吾)は光のやり方に猛反発。光は、若い社員・一ノ瀬(吉村界人)たちのアイデアを生かして社内の改善を図ろうとするが、それがまた摩擦を生んでしまう。さらに、米国への異動が決まった大(永井大)とも擦れ違いの日々。そんな折、若手の職人・川口(渡辺佑太朗)のミスで、大量の不良品が出る。


番組公式サイト
町工場の娘 - Wikipedia

『マチ工場のオンナ TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

目玉焼きの黄身 いつつぶす? TOP

『目玉焼きの黄身 いつつぶす?』は、2017年11月7日より同年11月28日まで、毎日放送(MBSテレビ)制作「ドラマイズム」(毎週火曜 25:28〜25:58)にて放送された。全4話。主演は劇団EXILEの青柳翔。


原作概要
『目玉焼きの黄身 いつつぶす?』(めだまやきのきみ いつつぶす)は、おおひなたごうによる漫画作品。エンターブレイン刊『コミックビーム』にて、2012年10月号より連載中。また、2014年8月に全4話でテレビアニメが連続放送された。


ドラマ概要
おおひなたごうの同名漫画を原作に、料理の“食べ方”にこだわりを持つカップルと、2人を取り巻く個性的なキャラクターたちが繰り広げるヒューマンドラマ。主人公の田宮丸二郎を青柳翔が、その恋人のみふゆを成海璃子が演じる。

付き合い始めて間もない二郎とみふゆが、朝食の定番メニューの目玉焼きをどう食べるかで言い争い、価値観をぶつけ合いながらも、お互いを理解しようとするストーリー。二郎の職場の上司で、次郎に的確なアドバイスをおくる近藤役に佐藤二朗が扮するほか、大谷亮平、山下真司らが共演。毎回登場するおいしそうな食べ物の数々をどう食べるのか、全ての人に問い掛ける。


ストーリー
付き合い始めたばかりの田宮丸二郎(青柳翔)と恋人のみふゆ(成海璃子)は、ある日の朝、朝食の定番メニューである目玉焼きを前に、どのタイミングで黄身をつぶして食べるのかで論争を始める。

その後も、食べ方にこだわりのある2人は、「カレーのルーどうかける?」「納豆ごはんの正しい食べ方って?」「焼き鳥は串から外す?」「ちらしずしにワサビじょうゆかける?」「スパゲッティにスプーン使う?」「焼き肉に白飯ってアリ? ナシ?」と、ことごとく言い争いとなる。

ギクシャクする2人だったが、食べ方をきっかけにお互いの価値観についてだけでなく、仕事への向き合い方なども考え始め、共に成長しようとする。

 食べ方に人一倍強いこだわりをもつ二郎(青柳翔)。彼女のみふゆ(成海璃子)と初めて朝を迎えた日、朝食の目玉焼きの食べ方で2人は大げんかをしてしまう。


キャスト(テレビドラマ)
田宮丸二郎 - 青柳翔
食べ物の食べ方に人一倍のこだわりを持つ。付き合い始めたばかりの恋人・みふゆと食べ方について言い争い、職場の上司の近藤に相談する。

みふゆ - 成海璃子
二郎の恋人。漫才コンビ「魑魅魍魎」として活動する若手女性芸人。二郎に負けず劣らず食べ方にこだわりがあり、いつも二郎と言い争いになる。

近藤 - 佐藤二朗
二郎の職場の上司。サングラスにアフロヘアーという独特の風貌だが、食べ方に悩む二郎に的確なアドバイスを送る導師的な存在。

大谷亮平

八木将康

武田玲奈

遠藤史也

保紫萌香

平沼紀久

山下真司(特別出演)

スタッフ(テレビドラマ)
原作 - おおひなたごう「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」(エンターブレイン)
脚本 - 鈴木謙一
監督 - 山口雄大
漫才監修 - おおかわら(鬼ヶ島)
製作 - 「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」製作委員会・MBS

主題歌 - NICO Touches the Walls「Funny Side Up!」(キューンレコード)
エンディングテーマ - 阪本奨悟「自分らしく生きていたい それだけなんだけど」(A-Sketch)


各話あらすじ(2017年11月7日 - 11月28日(TBS))全4話 平均視聴率 1.05%
第1話 2017年11月7日 視聴率 0.8%
 食べ方に人一倍強いこだわりをもつ二郎(青柳翔)。彼女のみふゆ(成海璃子)と初めて朝を迎えた日、朝食の目玉焼きの食べ方で2人は大げんかをしてしまう。

第2話 2017年11月14日 視聴率 1.6%
 ステーキを食べに来た二郎(青柳翔)とみふゆ(成海璃子)。いつも通り二郎はフォークの背にライスを乗せて食べるがうまく食べられず、みふゆから指摘される。

第3話 2017年11月21日 視聴率 0.9%
 ちらし寿司のわさびじょうゆのかけ方で言い争う二郎(青柳翔)とみふゆ(成海璃子)。そのせいでスーツアクターの仕事に身が入らない二郎は役を降ろされる。

最終話 2017年11月28日 視聴率 0.9%
 千夏が仲をとりもってくれ、仲直りすることができた二郎(青柳翔)とみふゆ(成海璃子)。2人で迎えた2度目の朝、二郎はみふゆの目玉焼きの食べ方を実践する。


番組公式サイト
目玉焼きの黄身 いつつぶす? - Wikipedia

『目玉焼きの黄身 いつつぶす? TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

今からあなたを脅迫します TOP

『今からあなたを脅迫します』は、2017年10月15日から同年12月17日まで、毎週日曜22時30分 - 23時25分に日本テレビ系「日曜ドラマ」枠で放送中。全9話。主演はディーン・フジオカと武井咲。


原作概要
『脅迫屋シリーズ』(きょうはくやシリーズ)は、藤石波矢による小説シリーズ。
講談社タイガ(作:藤石波矢、表紙イラスト:スカイエマ)


ストーリー 
質素な暮らしをしているが、実は超お金持ちでお人よしのお嬢さま・金坂澪(武井咲)。ある日、彼女の家に届いた怪しい動画に、覆面をかぶった「脅迫屋」と名乗る男が、恋人を人質に取り、高額な身代金を要求する様子が映されていた。

しかし、澪にはこれまで恋人がいた経験はゼロ。“脅迫する相手を間違える”というありえない人違いから、悪で人を救う「脅迫屋」の千川完二(ディーン・フジオカ)と、“変人級に善人”の澪が出会う。

2人は、「盗み屋」「探り屋」といった千川の仲間たちと共に、振り込め詐欺から誘拐事件まで、脅迫だらけのさまざまな事件に巻き込まれていく。


キャスト
千川 完二
演 - ディーン・フジオカ
依頼を受けて人を脅迫する「脅迫屋」。調査能力と行動力に優れ、裏世界では評判が良い。一見爽やかなイケメンだが、ファッションセンスは微妙。普段はぐうたらなお調子者で、くだらないギャグが大好きだが、誰も相手にしてくれない。

金坂 澪
演 - 武井咲
他人でも放っておけない、変人級のお人よし。美人だが、これまで彼氏はいたことがない。アルバイトをしながら質素な暮らしをしているが、実は数千万円単位のお金を動かせる正真正銘のお嬢さま。

目黒
演 - 三宅弘城
千川の相棒。どんな鍵でも数秒のピッキングで開けてしまうすご腕の「盗み屋」。変装しての潜入調査が得意。いつもは口数が少なく優しい男。調子に乗りやすい千川を冷静にツッコみ、たしなめる。料理が趣味だが、味は微妙。

栃乙女
演 - 島崎遥香
今どきのメークとネイルアートがトレードマークのハッカー。かつての彼氏に「バカで何も取りえがない」と言われたことに腹を立て、猛勉強してハッカーとなった。甘いお菓子が大好物で誘惑に弱いのが玉にきず。しっかり者の澪に懐いている。

轟 雄之助
演 - 近藤正臣
澪の祖父。澪との関係は悪く、家族だとは思われていない。

京田 カオル
演 - 鈴木伸之(劇団EXILE)
澪の住むアパートに引っ越してくる好青年。澪とは会話が弾み、好感を抱かれる。

ロビン
演 - 蛭子能収

カンちゃん
演 - 山賀琴子

ぱるこ
演 - 佐藤玲

レイチェル
演 - 内藤理沙

スタッフ
原作 - 藤石波矢『今からあなたを脅迫します』(講談社タイガ)
脚本 - 渡部亮平、関えり香
音楽 - 林ゆうき
チーフプロデューサー - 福士睦
プロデューサー - 松本京子、難波利昭(AXON)
演出 - 中島悟、狩山俊輔
制作協力 - AXON
制作著作 - 日本テレビ

主題歌:Let it snow!/DEAN FUJIOKA


各話あらすじ
第1話 2017年7月15日「悪の力で人を救う脅迫屋VS善人お嬢様最悪の出会い」 ※初回15分拡大(22:30 〜 23:40)
 お人好しの女子大生・金坂澪(武井咲)のアパートに、ある日突然送られてきた差出人不明のDVDと電話番号。映像の中ではなんと「脅迫屋」と名乗る男が「振り込め詐欺で騙し取った金を返さないと恋人を殺す」と、“共犯”で“恋人”の佐藤(稲葉友)に銃を突きつけていた! しかし、澪にとっては身に覚えのない犯罪どころか、恋人なんていたこともなく…。澪からの電話で人違いを告げられた「脅迫屋」こと千川完二(ディーン・フジオカ)は大混乱。なんと本来の脅迫相手・葛城菜緒子は澪の部屋の前の住人だったと発覚する。

※2017年10月22日の放送は選挙特番のため、休止。

第2話 2017年10月29日「歌姫を守れ悪徳記者ヤラセ記事」
 脅迫屋の仕事を手伝う羽目になった澪(武井咲)は千川(ディーン・フジオカ)と共に依頼人・沙和子(大後寿々花)の元へ。ゴーストライター疑惑などの中傷記事で歌手・ERu(高月彩良)を自殺に追いやった雑誌編集長・茂木(小木茂光)を脅し、彼女の名誉を回復させる記事を書かせてほしいと頼まれる。澪は千川から、茂木との取引のためのスクープを捏造(ねつぞう)すべく、人気俳優・柿宮(栗原吾郎)に抱き付く役を命じられる。

第3話 2017年11月5日「結婚サギ…人生狂った女の復讐」
 千川(ディーン・フジオカ)は被害者家族の依頼を受け、亡母が結婚詐欺師だった大学生・益子(浅香航大)に500万円用意しろと脅す。益子は仕方ないと了承し、偶然脅迫を知った澪(武井咲)に反対されても相手にしない。さらに、澪に頼み千川と会った益子は、アルバイト先のホテルで働く真希(南沢奈央)に愛人関係を強要する支配人・戸田(東幹久)を脅し、別れさせてほしいと依頼。ところが、真希こそが益子の脅迫の依頼人で…。

第4話 2017年11月12日「許せない!殺人鬼に涙の復讐を」
 澪(武井咲)は教師だった亡き母・七海(石田ひかり)の教え子・國枝(森田甘路)と出会い、自分の両親が死亡した事故で罰を受けた加害者・大西よりも悪い奴がいると言われる。翌日、澪は國枝が添島(前田公輝)という男を襲い逃げたと刑事から聞く。添島は澪の両親を事故死させた車の持ち主で、当時飲酒して同乗していた。澪から話を聞いた千川(ディーン・フジオカ)は、添島こそが事故の加害者で、大西は身代わりだと推理する。

第5話 2017年11月19日「お嬢様に死が迫る!!最大の危機」
 千川(ディーン・フジオカ)は轟(近藤正臣)から澪(武井咲)を守れと脅されるが、その澪が何者かに誘拐された。千川と目黒(三宅弘城)は澪の部屋で盗聴器を発見。その形式から、仕掛けた犯人が近くにいることを栃乙女(島崎遥香)に聞いた千川は、澪の隣人・カオル(鈴木伸之)の部屋に侵入するが、中はもぬけの殻。千川は不破(小沢仁志)を訪ね、カオルが金次第で殺人も行う危険な‘監視屋’で、その依頼人が意外な人物だと聞き出す。

第6話 2017年11月26日「新章開幕!!脅迫屋が隠す過去…」
 入院中の澪(武井咲)は命の危機を救ってくれた千川(ディーン・フジオカ)に感謝を伝えたいと願う。だが、千川はかたくなに見舞いに行こうとしない。そんな中、千川は小学生の愛梨(横溝菜帆)と出会い、母・あかね(佐伯日菜子)を助けてと頼まれる。あかねは元恋人の取り立て屋・佐々木(高橋洋)に借金を負わされた上、生活保護を打ち切られ困窮していた。一方、澪の前にはスナオ(間宮祥太朗)と名乗る‘ナンパ師’が現れ…。

第7話 2017年12月3日「脅迫屋の死!?迫る影…絶体絶命」
 福祉事務所職員・蔵井(飯塚悟志)が死んだ。事件・事故両面を追う警察は、蔵井に接触した千川(ディーン・フジオカ)らを捜し始める。それを知り心配する澪(武井咲)。千川は、蔵井にだまされたあかね(佐伯日菜子)と娘・愛梨(横溝菜帆)に会い、2人が弱者を助ける「雨垂れの会」の施設で暮らしていると聞く。その後、千川はスナオ(間宮祥太朗)と共に蔵井が死んだ飲食店へ。店員から死の状況を聞き、度重なる‘偶然’を疑う。

第8話 2017年12月10日「幸せの絶頂が地獄に…恋人死す」
 澪(武井咲)は千川(ディーン・フジオカ)の亡き恋人・稚奈(松下奈緒)の店だった場所を訪れ、血まみれの千川を発見。驚いた澪は目黒(三宅弘城)らに連絡しようとするが、千川は連絡するなと言って意識を失う。一方、千川が行方不明と知ったスナオ(間宮祥太朗)は、栃乙女(島崎遥香)と目黒に自分が稚奈の弟だと告白。「雨垂れの会」代表・富永(真野響子)を母代わりとして育った稚奈が千川と出会い、心を通わせた経緯を語る。

最終話 2017年12月17日
「雨垂れの会」代表・富永(真野響子)への復讐を決意した千川(ディーン・フジオカ)を止められず、悲しむ澪(武井咲)。一方、スナオ(間宮祥太朗)から事情を聞いた目黒(三宅弘城)と栃乙女(島崎遥香)は、同会の全会員が千川を捜索していると知り危機感を抱く。その頃、千川はひそかに拳銃を手に入れていた。目黒とスナオは千川が来ると思い、雨垂れの会のクリスマスパーティー会場へ。そして澪も千川を止めようと会場へ急ぐ。

各話視聴率


番組公式サイト
脅迫屋シリーズ - Wikipedia

『今からあなたを脅迫します TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

陸王 TOP

『陸王』は、2017年10月15日から同年12月24日まで、毎週日曜21時 - 21時54分にTBS系日曜劇場枠で放送中。主演は役所広司。初回は2時間スペシャル。


原作概要
『陸王』(りくおう)は、池井戸潤による小説。『小説すばる』(集英社)に2013年7月号から2015年4月号まで連載され、2016年7月8日に集英社から単行本が刊行された。


概要
池井戸潤の同名小説を原作に、老舗足袋業者が会社の存続を懸けて新規事業に挑む、企業再生ストーリー。足袋製造で培った技術を生かして“裸足感覚”を追求したランニングシューズ・陸王の開発に挑む「こはぜ屋」の4代目社長・宮沢紘一を役所広司が演じる。


ストーリー 
埼玉県行田市にある老舗の足袋業者「こはぜ屋」の4代目社長・宮沢紘一(役所広司)は、足袋の需要が年々先細っていく中、資金繰りに悩んでいた。危機感を持った宮沢は、足袋製造で培った技術を生かし、“裸足感覚”を追求したランニングシューズの開発に乗り出すことを決意する。

しかしそれは、従業員20人余りの地方の零細企業にとって、新製品を開発するための資金や人材もない中で、世界的なスポーツブランドと競争することになる苦難の道のりだった。

何度もくじけそうになる宮沢だが、そのたびに家族、従業員、取引先、銀行の担当者が、そして知り合いを通じた新たな人脈が彼を救う。


キャスト
宮沢 紘一(みやざわ こういち)
演 - 役所広司
埼玉県行田市にある老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長。

宮沢 大地(みやざわ だいち)
演 - 山崎賢人
紘一の長男。「陸王」のソール部分に使用する「シルクレイ」の生産を任される。

茂木 裕人(もぎ ひろと)
演 - 竹内涼真
「ダイワ食品」陸上競技部の選手。学生時代箱根駅伝5区を走った。

宮沢 茜(みやざわ あかね)
演 - 上白石萌音
紘一の長女。大地の妹。高校生。

坂本 太郎(さかもと たろう)
演 - 風間俊介
「埼玉中央銀行行田市店」融資課の銀行員。

城戸 明宏(きど あきひろ)
演 - 音尾琢真
「ダイワ食品」陸上競技部の監督。

平瀬 孝夫(ひらせ たかお)
演 - 和田正人
「ダイワ食品」陸上競技部の選手。

毛塚 直之(けづか なおゆき)
演 - 佐野岳
「アジア工業」陸上競技部の選手。

大橋 浩(おおはし ひろし)
演 - 馬場徹
「埼玉中央銀行行田市店」融資課長。

安田 利充(やすだ としみつ)
演 - 内村遥
「こはぜ屋」の係長。

江幡 晃平(えばた こうへい)
演 - 天野義久
「椋鳩通運」の社員。

仲下 美咲(なかした みさき)
演 - 吉谷彩子
「こはぜ屋」の縫製課で働く最年少の社員。

水原 米子(みずはら よねこ)
演 - 春やすこ
「こはぜ屋」の縫製課の社員。

橋井 美子(はしい よしこ)
演 - 上村依子
「こはぜ屋」の縫製課の社員。

西井 冨久子(にしい ふくこ)
演 - 正司照枝
「こはぜ屋」縫製課で働く最年長の社員。

立原 隼人(たちはら はやと)
演 - 宇野けんたろう
「ダイワ食品」陸上競技部の選手。

加瀬 尚之(かせ なおゆき)
演 - 前原滉
「ダイワ食品」陸上競技部の選手。

内藤 久雄(ないとう ひさお)
演 - 花沢将人
「ダイワ食品」陸上競技部の選手。

川井(かわい)
演 - 佐藤俊彦
「ダイワ食品」陸上競技部の選手。

水木(みずき)
演 - 石井貴就
「ダイワ食品」陸上競技部の選手。

端井(はしい)
演 - 安藤勇雅
「ダイワ食品」陸上競技部の選手。

吉田(よしだ)
演 - 山本涼介
「アジア工業」陸上競技部の選手。

正岡 あけみ(まさおか あけみ)
演 - 阿川佐和子
「こはぜ屋」の縫製課リーダー。

佐山 淳司(さやま じゅんじ)
演 - 小籔千豊
「アトランティス」社員。小原の部下。

家長 亨(いえなが とおる)
演 - 桂雀々
「埼玉中央銀行行田市店」の支店長。

富島 玄三(とみしま げんぞう)
演 - 志賀廣太郎
「こはぜ屋」の経理担当。

有村 融(ありむら とおる)
演 - 光石研
スポーツショップの経営者。

宮沢 美枝子(みやざわ みえこ)
演 - 檀ふみ
紘一の妻。

飯山 素子(いいやま もとこ)
演 - キムラ緑子
晴之の妻。

村野 尊彦(むらの たかひこ)
演 - 市川右團次
シューズ調整のプロ。

小原 賢治(おばら けんじ)
演 - ピエール瀧
「アトランティス」営業部部長。

飯山 晴之(いいやま はるゆき)
演 - 寺尾聰
倒産した「飯山産業」の元社長。

スタッフ
原作 - 池井戸潤『陸王』(集英社刊)
脚本 - 八津弘幸
プロデューサー - 伊與田英徳、飯田和孝、川嶋龍太郎
演出 - 福澤克雄、田中健太
陸上総監督 - 原晋(青山学院大学陸上競技部長距離ブロック監督)
陸上協力 - 青山学院大学陸上競技部
トレーニング協力 - スポーツモチベーション
足袋協力 - きねや足袋
協力 - 埼玉県行田市
製作著作 - TBS


各話あらすじ
第1話 2017年10月15日「役所広司・15年ぶり連ドラ出演〜倒産寸前の足袋屋が大企業と悪銀行に挑む!親子と仲間の愛で復活なるか」※初回2時間スペシャル(21:00 〜 22:48)
 埼玉・行田市の老舗足袋業者「こはぜ屋」の4代目社長・宮沢(役所広司)は、先細るばかりの足袋の需要から資金繰りに苦慮する日々。就職活動の傍ら家業を手伝う長男・大地(山崎賢人)との折り合いも悪く、悩みが尽きない。ある日、宮沢は銀行の担当者・坂本(風間俊介)の提案で、新規事業への参入を考え始める。そして足袋製造技術を生かすことができる‘はだし感覚’を追求したランニングシューズの開発にたどり着く。

※2017年10月22日の放送は選挙特番のため、休止。

第2話 2017年10月29日「執念で完成させろ!想いは金に勝てる?」※15分拡大(21:00 〜 22:09)
 宮沢(役所広司)たちは新たなランニングシューズを「陸王」と名付け、開発に着手。シューズに使う新しいソールの素材候補から、繭を特殊加工した新素材「シルクレイ」に目を付ける。だが開発会社は既に倒産し、特許を持つ元社長・飯山(寺尾聰)も行方知れずになっていた。そんな中、宮沢は坂本(風間俊介)の協力で飯山の居場所を発見。飯山との交渉に臨むが、年間5千万円という高額の特許使用料を要求されてしまう。

第3話 2017年11月5日「世界に一つのシューズを息子に託して!」 ※15分拡大(21:00 〜 22:09)
 飯山(寺尾聰)が「陸王」の開発チームに加わり、宮沢(役所広司)たちは本格的なソール作りを開始。飯山の開発アシスタントを大地(山崎賢人)が担当することになる。一方、けがに苦しむ実業団「ダイワ食品陸上部」の茂木(竹内涼真)は、陸王のサンプルを履いて練習を行い、わずかに手応えを感じていた。ところが、シューズを提供する米国メーカー「アトランティス」の日本支社営業部長・小原(ピエール瀧)は、茂木に不快感を示す。

第4話 2017年11月12日「新陸王で涙の復活!裏切り大企業に挑め」
 飯山(寺尾聰)や大地(山崎賢人)の努力が実を結び、ランニングシューズのソールに使う新素材が完成。次の作業は、最も重要なソールの試作品開発だ。宮沢(役所広司)は茂木(竹内涼真)の足型を取ろうとするが、チームから許可が降りず、頭を抱える。一方、茂木も会社から今後の進退について選択を迫られていた。そんな中、「アトランティス」ではシューフィッター・村野(市川右團次)と、小原(ピエール瀧)の対立が激しさを増す。

第5話 2017年11月19日「陸王を脱いだ茂木!大企業が牙を剥いた〜倒産を救う息子の絆」
 宮沢(役所広司)は村野(市川右團次)と協力し、茂木(竹内涼真)のサポート契約を取り付ける。次にランニングシューズのアッパー素材の改良に取り掛かるが、こはぜ屋の資金繰りが危機的状況に。そこで宮沢はソール用の「シルクレイ」を本業の足袋作りに生かし、新しい地下足袋の開発も並行して進める計画を立てる。そんな折、縫製課の古株・冨久子(正司照枝)が過労により倒れてしまう。さらに、飯山(寺尾聰)が何者かに襲われる。

第6話 2017年11月26日「陸王でライバルを倒せ!息子と一緒の戦」
 「陸王」を履いた茂木(竹内涼真)が公式レース復帰戦となる「ニューイヤー駅伝」に登場。応援に駆け付けた宮沢(役所広司)や大地(山崎賢人)らこはぜ屋の面々は感無量だ。第6区のスタートを切った茂木は力強い走りを披露。同区間を先に走り出したライバルで、アトランティスの「R2」を履く毛塚(佐野岳)に迫っていく。一方、小原(ピエール瀧)はこはぜ屋にアッパー素材を提供する織物会社の社長・橘(木村祐一)に接触していて…。

第7話 2017年12月3日「陸王が中止!あきらめない息子」
 小原(ピエール瀧)の妨害工作で、陸王のアッパー素材を提供する織物会社との取引が白紙になった。陸王を諦めるつもりがないこはぜ屋では、新たな素材を探す役目を大地(山崎賢人)が担当。宮沢(役所広司)はランナー向けの雑誌に陸王の広告を出そうと考える。その矢先、ソール素材「シルクレイ」を製造する機械が故障。機械を一から造るには1億円が必要で宮沢は途方に暮れる。一方、飯山(寺尾聰)にある企業の人間が接触する。

第8話 2017年12月10日「3億円で買収!?陸王で親子駅伝」
 投資会社に転職した坂本(風間俊介)が、宮沢(役所広司)にこはぜ屋の売却を提案。宮沢は「会社を手放すつもりはない」と激怒する。一方、飯山(寺尾聰)は買収を狙う企業に見当がついたが、事態を静観。同じ頃、茂木(竹内涼真)は「陸王」がもう手に入らないことや、陸上部が存続の危機にあることを知り、追い詰められていた。監督・城戸(音尾琢真)の言葉を受け止めた宮沢は、社員を集め、駅伝大会に出場しようと切り出す。

第9話 2017年12月17日
 宮沢(役所広司)は「フェリックス」社長・御園(松岡修造)が示す買収条件に気持ちが揺らいでいた。ところが、こはぜ屋一同は買収に猛反発。あけみ(阿川佐和子)ら女性工員は宮沢が考え直すまでは「残業を一切しない」と仕事を滞らせる。そんな中、御園の誘いで釣りに出掛けた宮沢は、何度も挫折を味わったという彼の半生を意外な思いで聞く。一方、茂木(竹内涼真)は「新生R2」で1万メートルの試合に出場することを決める。

各話視聴率


番組公式サイト
陸王 (小説) - Wikipedia
タグ:陸王

『陸王 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

2017年夏ドラマ(7-9月)

放送局・ドラマ名で検索 

20:00 21:00 22:00 23:00 24:00
CX 全10話
17/7/17〜9/18
コード・ブルー
ドクターヘリ緊急救命
THE THIRD SEASON
NTV 全10話
17/6/19〜8/21
孤食ロボット

NTV
17/9/18〜
吾輩の部屋である
CX 全8話
17/7/3〜8/21
ファイブ

CX 全6話
17/7/10〜9/4
感情8号線
  CX 全10話
17/7/18〜9/19
僕たちがやりました
TBS 全10話
17/7/18〜9/19
カンナさーん!
TBS 全5話
17/7/4〜8/1
マジで航海してます。

TBS 全8話
17/8/15〜10/3
伊藤くん A to E
EX 全10話
17/7/12〜9/13
刑事7人 第3シリーズ
NTV 全10話
17/7/12〜9/13
過保護のカホコ
TBS 全10話
17/7/19〜9/27
わにとかげぎす
NTV 全10話
17/5/17〜7/19
残酷な観客達
EX 全9話
17/7/13〜9/14
遺留捜査
第4シリーズ
EX 全8話
17/7/20〜9/14
黒革の手帖
CX 全9話
17/7/13〜9/7
セシルのもくろみ
NTV 全10話
17/7/6〜9/14
脳にスマホが
埋められた!
TX 全12話
17/7/13〜9/28
さぼリーマン
甘太朗
TX 全8話
17/7/21〜9/15
警視庁ゼロ係
〜生活安全課
なんでも相談室〜
SECOND SEASON
NHK 全7話
17/6/23〜8/4
ブランケット・キャッツ

NHK 全8話
17/9/8〜
この声をきみに

TBS 全10話
17/7/14〜9/15
ハロー張りネズミ
EX 全6話
17/7/28〜9/1
あいの結婚相談所
TX 全11話
17/7/21〜9/29
下北沢ダイハード

TX 全11話
17/7/21〜9/29
デッドストック
〜未知への挑戦〜
NHK 全6話
17/6/10〜7/15
幕末グルメ
ブシメシ!


NHK 全8話
17/9/2〜
植木等とのぼせもん
NTV 全10話
17/7/8〜9/16
ウチの夫は
仕事ができない
CX 全8話
17/6/3〜7/22
屋根裏の恋人

CX 全8話
17/8/5〜9/30
ウツボカズラの夢
TX 全12話
17/7/8〜9/23
居酒屋ふじ
TBS 全10話
17/7/9〜9/17
ごめん、愛してる

CX 全10話
17/7/9〜9/10
警視庁いきもの係
NTV 全10話
17/7/16〜9/17
愛してたって、
秘密はある。
20:00 21:00 22:00 23:00 24:00

2017年4-6月期ドラマ 視聴率一覧 2017年1-3月期ドラマ 視聴率一覧
2016年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2016年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2016年4-6月期ドラマ 視聴率一覧 2016年1-3月期ドラマ 視聴率一覧
2015年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2015年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2015年4-6月期ドラマ 視聴率一覧 2015年1-3月期ドラマ 視聴率一覧
2014年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2014年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2014年4-6月期ドラマ 視聴率一覧 2014年1-3月期ドラマ 視聴率一覧
2013年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2013年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2013年4-6月期ドラマ 視聴率一覧 2013年1-3月期ドラマ 視聴率一覧
2012年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2012年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2012年4-6月期ドラマ 視聴率一覧 2012年1-3月期ドラマ 視聴率一覧
2011年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2011年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2011年7-9月期ドラマ 視聴率一覧 2011年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2010年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2010年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2010年4-6月期ドラマ 視聴率一覧 2010年1-3月期ドラマ 視聴率一覧
2009年10-12月期ドラマ 視聴率一覧 2009年7-9月期ドラマ 視聴率一覧
2009年4-6月期ドラマ 視聴率一覧
タグ:INDEX

『2017年夏ドラマ(7-9月)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

フリンジマン〜愛人の作り方教えます〜 TOP

『フリンジマン〜愛人の作り方教えます〜』は、テレビ東京「土曜ドラマ24」枠(毎週土曜 24:20〜24:50)で2017年10月7日から同年12月23日まで放送。主演は、板尾創路。


原作概要
『フリンジマン』(FRINGE-MAN)は、青木U平による漫画作品。『週刊ヤングマガジン』(講談社)にて、2013年第24号から2014年22・23合併号まで連載された。愛人作りのベテランである主人公が、「とにかく愛人が欲しい」と願う冴えない男たちに、自身の愛人作りのノウハウをレクチャーしていくコメディ漫画。


概要
原作は「週刊ヤングマガジン」で連載していた青木U平のコミック。「愛人を作ってみたい」と願う3人の疲れた男たちに、愛人教授(ラマン・プロフェッサー)と呼ばれる愛人作りのプロが、厳しく指導し数々のミッションを与え、そのテクニックを伝授していく。

前代未聞の“愛人の作り方”ハウツードラマで、主人公の愛人教授こと井伏真澄を演じるのは、テレビ東京系ドラマ初主演の板尾創路。脚本は、「居酒屋ふじ」「銀と金」(共に同系)などで同枠を支えてきた根本ノンジと、「相棒」(テレビ朝日系)などのテレビドラマや舞台でも活躍する守口悠介が担当する。


ストーリー 
高校時代の同級生である田斉治(大東駿介)、満島由紀夫(淵上泰史)、坂田安吾(森田甘路)の3人は、「愛人が欲しい!」と、たまり場にしている雀荘で夜な夜な叫んでいた。田斉や満島ら既婚者は、絶対に足を踏み入れてはいけないことだと分かってはいるが、枯れ果てた結婚生活はもはや限界が近づいていると主張するのだった。

そんな彼らに、愛人を作る方法を指南してくれるという男・井伏真澄(板尾創路)が現れた。満島の同僚である井伏は、22歳で初めて愛人を作り、同時期に最大11人の愛人と付き合ったことがあるという、通称・愛人教授(ラマン・プロフェッサー)と呼ばれる男だった。


キャスト
井伏真澄:板尾創路
満島の同僚。通称・愛人教授(ラマン・プロフェッサー)。22歳の頃に初めて愛人を作り、同時期に最高11人の愛人を囲っていたという、愛人作りのプロフェッショナル。自分のノウハウを実践させるため、田斉ら愛人同盟の面々に、不倫の道を指南する。普段は寡黙で、何を考えているのか分からないが、発言は極めて的確。

田斉治:大東駿介
妻との関係がうまくいっていない、小心者のサラリーマン。井伏との出会いによって、愛人作りの第一歩を踏み出していく。他人から悪く思われることが嫌で、冤罪(えんざい)を極端に恐れている

満島由紀夫:淵上泰史
田斉と坂田の友人で、明るく元気なサラリーマン。出版社のデスクをしているが、残念なほどに空気を読むことができない。同僚である井伏を、田斉と坂田に紹介した。生粋の野球バカ。

坂田安吾:森田甘路
田斉と満島の高校の同級生。あふれるほどの映画愛を持ち、レンタルDVD店でアルバイトをしている。3人の中では1人だけ独身だが、愛人同盟に参加する。

江戸川雷人:東幹久
料理教室に通う爽やかな男。一見普通に見えるが、実の姿は“バズ・コック(毒針料理人)”の異名をとるやり手の男。井伏の最大のライバル。

北原謙三:村松利史
田斉、満島、坂田ら愛人同盟が集まっている雀荘の店主。麻雀も打たずにくだらない話をしている3人を煙たがっているものの、その様子が気になって仕方がない。

山口詠美:筧美和子

川上ミエ:佐津川愛美

江口カオリ:岸明日香

綿貫リサ:小倉優香

桐野夏美:MEGUMI

阿川久利栖:板野友美

スタッフ
原作:青木U平「フリンジマン」(講談社)
脚本:根本ノンジ、守口悠介
監督:久万真路、二宮崇
プロデューサー:浅野太、松本拓、倉地雄大、伊藤太一

各話あらすじ
第1話 2017年10月7日「貴方の不倫の仕方、間違ってます」
 結婚生活に不満を抱く田斉(大東駿介)、満島(淵上泰史)、坂田(森田甘路)の3人には「愛人をつくる」という共通の夢がある。その夢をかなえるため、3人は満島の同僚・井伏(板尾創路)を呼び出す。実は井伏は「愛人教授(ラマン・プロフェッサー)」と呼ばれる愛人づくりの手だれだった。井伏は田斉たちに「愛人同盟」の結成を提案し、‘四つのおきて’を守るよう指示。そして厳しい指導の下、彼らに数々のミッションを与えていく。

第2話 2017年10月14日「愛人による不倫指南?」
 田斉(大東駿介)は部下・詠美(筧美和子)とタクシーに同乗し、家まで送ることに。満島(淵上泰史)、坂田(森田甘路)と共に諜報室から見守っていた井伏(板尾創路)は突然、ルートを変更をしろと言う。井伏の的確な指示により田斉は、詠美の家の前で一緒にタクシーを降りることに成功。ところが彼女の部屋の前に、こわもてのタツヤ(一ノ瀬ワタル)という男性が待ち構えていた。

第3話 2017年10月21日「不倫が妻にバレたら…」
 田斉(大東駿介)は詠美(筧美和子)から、元恋人を諦めさせるために恋人のふりをしてほしいと頼まれる。ところが、詠美と入ったレストランで、友人と食事を楽しむ妻・美知子(渡辺舞)が背後の席にいることに気付いた田斉。絶体絶命の危機を迎える中、井伏(板尾創路)から「今すぐ詠美にあだ名を付けてもらうように」とのメッセージが。危機を回避するための策だという。しかも井伏は、5分後に美知子を動かすと断言する。

第4話 2017年10月28日「愛人と行く衝撃のラブホテル」
 詠美(筧美和子)との愛人関係を目指し、数々の危機を乗り越えてきた田斉(大東駿介)だが、美知子(渡辺舞)は夫に違和感を抱き始めていた。翌日、詠美は田斉に元恋人とは完全に終わったと告げる。田斉は慌てて井伏(板尾創路)に連絡し「本当のデートに誘う方法を教えてほしい」と懇願。井伏は仕事そっちのけで指南する。詠美をデートに誘った田斉は胸の高鳴りが止まらない。ところが坂田(森田甘路)は偶然、詠美の秘密に気付く。

第5話 2017年11月4日
 とにかく愛人がほしい満島(淵上泰史)は、井伏(板尾創路)にレクチャーを懇願。満島には、既に2人の愛人候補がいた。2週間前に飲み会で知り合ったデパート店舗案内係のミエ(佐津川愛美)と、露出度の高いキャバクラ嬢・カオリ(岸明日香)だ。清純そうなミエを推す田斉(大東駿介)と安吾(森田甘路)に対し、井伏は店舗案内係がいかに手ごわいかを説いていく。そんな事実を知らない満島は、愛人候補たちとの距離を徐々に縮めていく。

第6話 2017年11月11日「サプライズおっぱい?」
 既婚であることを隠してミエ(佐津川愛美)とデートする満島(淵上泰史)。井伏(板尾創路)は今すぐ打ち明けるよう諭すが、満島は指示を無視する。数日後、井伏の招集で料亭に集まった満島たち「愛人同盟」の前に、井伏の愛人・美紗(安達祐実)が現れる。美紗は満島たちに「脈あり」の女性を見分ける方法をアドバイス。そのおかげで、満島は愛人候補のキャバクラ嬢・カオリ(岸明日香)を再びデートに誘うことに成功する。

第7話 2017年11月18日
 ミエ(佐津川愛美)とのやりとりに夢中の満島(淵上泰史)は再び朝10時からデートすることに。「愛人同盟」の力を借りずに愛人をつくると息巻く満島だが、結局は井伏(板尾創路)が田斉(大東駿介)に教えた手を使う。しかもことごとくうまくいかず、ミエは早々に帰ってしまう。焦る満島は思い切った行動を起こす。一方、マージャン店に江戸川(東幹久)という怪しげな男性が現れる。

第8話 2017年11月25日
 レンタルDVD店でアルバイト中の坂田(森田甘路)の前にリサ(小倉優香)が現れる。映画の趣味が似ているリサを坂田は「愛人の原石かも」と思うが、恋人に促された彼女はDVDを借りずに店を出る。坂田は井伏(板尾創路)らの前で「映画より男を取った」と批判。しかし井伏は、坂田がリサのことが気になっていると見抜く。実際、坂田はリサが大学生とリサーチ済みで…。

第9話 2017年12月2日
 井伏(板尾創路)は、タレント志望の女子大学生・リサ(小倉優香)と恋人を別れさせると宣言。自らリサを抱き、その現場に恋人を鉢合わせさせる作戦だ。坂田(森田甘路)はその作戦を阻止するため、田斉(大東駿介)と満島(淵上泰史)に力を貸してほしいと懇願する。その時、井伏から田斉と満島にだけ新たなミッションが下る。リサに自分が敏腕プロデューサーだと信じさせるため、彼女を連れてドラマの撮影現場に潜り込むというが…。

第10話 2017年12月9日
 井伏(板尾創路)が不在の中、田斉(大東駿介)たちにマージャン店の常連・夏美(MEGUMI)が料理教室は愛人をつくりやすいと勧める。出会いを求めて入会する女性が多いという。実際、料理教室は美しい女性ばかりだった。思わずにやける3人の前に、男性生徒・江戸川(東幹久)が。実は江戸川はマージャン店にも現れたことがあったが、3人はその事実を知らない。江戸川は、井伏の教えを実践して女性を口説く田斉たちを見詰める。

第11話 2017年12月16日
 江戸川(東幹久)の助言で久利栖(板野友美)と親密になった田斉(大東駿介)は、井伏(板尾創路)と決別。満島(淵上泰史)と坂田(森田甘路)は井伏から、江戸川が甘言で取り入って全てを崩壊させる‘毒蜂料理人・バズコック’だと聞き、田斉のマンションへ。だが、偶然見掛けた田斉の妻・美知子(渡辺舞)の隣には江戸川がいた。一方、井伏は江戸川の目的を探るため‘愛人手術(ラマンオペ)のスペシャリスト’森尾(村上淳)を送り込む。


番組公式サイト
フリンジマン

『フリンジマン〜愛人の作り方教えます〜 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さくらの親子丼 TOP

『さくらの親子丼』(さくらのおやこどん)は 2017年10月7日から同年11月25日まで、東海テレビの制作により、フジテレビ系列にて『オトナの土ドラ』枠(毎週土曜日23時40分-翌0時35分)で放送された。全8話。主演は真矢ミキ。


概要
NHK連続テレビ小説 「あぐり」「すずらん」、「3年B組金八先生」第7・第8シリーズ(TBS系)などを手掛けた脚本家・清水有生が、子どもや社会的弱者に降りかかってくるさまざまな現代日本の問題を描く、オリジナルの社会派人情ドラマ。一切事情を詮索せずに、温かい親子丼を食べさせる主人公のもとに、行き場をなくした人たちや、社会からはみ出した人たちが集い、彼らの事情が浮き彫りになっていく。


ストーリー 
東京・大田区にある古本屋「九十九堂」の奥に、「たまりば」と呼ばれる一室がある。さまざまな事情を抱えた行き場のない人たちがやって来ると、店主の九十九さくら(真矢ミキ)は、黙って親子丼を作って出してくれる。

その親子丼で空腹が満たされた人々が、少しずつ自分のことを話し始めると、ある時は笑顔で励まし、ある時は共に涙を流しながら聞くさくら。「泣きたい時は泣けばいい。落とした涙の粒だけ幸せの花が咲くんだから」。それがさくらの口癖だ。今日もまた1人、2人と、現代社会からはみ出してしまいそうな人が、九十九堂を訪れる。


キャスト
九十九 さくら
演 - 真矢ミキ
古本屋・九十九堂書店主人。店の奥にある通称「たまりば」で身寄りがない人や子供達に無料で親子丼を提供、相談に乗ったりしている。

あざみのことは「悠平が命がけで守った命」との思いを持ち、帰る場所のないあざみと暮らしている。

二宮 あざみ
演 - 吉本実憂
ある日「たまりば」にリエと共にやって来た少女。後述の通り母に殺されそうになった時、悠平が止めに入ったことで救われた。

さくらが誘拐犯として警察に連行された時は、被害届を取り下げるよう美春に直談判した。

九十九 恭子
演 - 本仮屋ユイカ
さくらの娘で雑誌記者。さくらが「たまりば」で親子丼を提供することを良く思っていなかったため別居していた。後述のように兄を殺されているため、不良少年・少女に憎しみを持つ。あざみのことも憎んでいたが、さくらのあざみに対する思いを聞き一緒に暮らすようになる。

九十九 悠平
演 - 大地伸永
さくらの息子。17歳の時にファミレスでアルバイト中、娘を殺そうとしたあざみの母を止めようとして揉み合いになり、ナイフが突き刺さって亡くなった。

中西 俊太
演 - 塚田僚一(A.B.C-Z)
九十九堂と同じ商店街にある「鳥安精肉店」の店員。悠平の親友で、恭子とも仲がいい。元不良でさくらの世話になったことがある。

玉置 玄
演 - 矢野浩二

佐伯 風花
演 - 浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)

正木 リエ
演 - 柳美稀 (五杯目を除く)
あざみの友人。一年前に傷害事件を起こす。その事件の被害者の少女が生きていることを知って苦悩し、ついには彼女に首を締められる夢まで見て追い詰められ、善後策をさくらに相談、少女の母親に泣きながら謝罪した。その後は償いをするために働き始める。

大六屋の大将
演 - 河野洋一郎

米松 キミ子
演 - 飯沼千恵子
九十九堂の隣で理容店を営む。

米松 カヨ子
演 - 齋藤めぐみ
キミ子の妹

ゲスト
君塚 達也
演 - 今井悠貴
美香の兄。

君塚 美香
演 - 伊丹彩華
達也の妹。

御代川 由希
演 - 大西礼芳
平和島小学校6年1組担任。母のスパルタ教育の影響で生徒に体罰を加えたり修学旅行の積立金を横領することや売春をするなど性格が歪んでいる。実は過食症に陥っており、さくらとの出会いが立ち直るきっかけとなる。

御代川 峰子
演 - 森口瑤子
由希の母。娘を教師にするためにスパルタ教育を押し付ける。

松島 剛志
演 - 柾木玲弥
「たまりば」に親子丼を食べに来る青年。13年前に一家心中したが、ただ一人生き残った。

松島 真紀
演 - 有森也実
剛志の母。前述の事件で行方不明になり、どこかの海岸に流れ着き、静岡の病院にいた。心中の影響で幼児退行の症状がある。自分のことを「ケイちゃん」だと思っている。

東海林 直晃
演 - 沖門和玖
SNSでピンポン大会の情報を見て九十九堂にやってくる少年。実は引きこもりで母に暴力をふるっている。

東海林 美春
演 - 中島ひろ子
直晃の母。

蔵前
演 - 宮川一朗太
自立支援センター「ハートスクール」センター長。

演 - 恒川英里(東海テレビアナウンサー)
さくらが未成年者略取誘拐で逮捕された事を伝えた

西浦 花菜子
演 - 遠藤久美子
あざみの母親でさくらの子供(恭子の兄)の殺害者

スタッフ
原作・脚本 - 清水有生
音楽 - 富貴晴美
演出 - 阿部雄一、木内健人、坂梨公紀
制作著作 - オスカープロモーション
制作 - 東海テレビ

主題歌 - Hilcrhyme「涙の種、幸せの花」(ユニバーサル )


各話あらすじ(2017年10月7日 - 11月25日)全8話 平均視聴率 3.26%
第1話 2017年10月7日「行き場を失った人を温かい親子丼で癒す…あなたの居場所はここにある!!」 視聴率 4.2%
 古書店主・さくら(真矢ミキ)は店に‘たまりば’という一室をつくり、行き場のない人々に無料で親子丼を提供している。腹を空かしてやって来た家出少女・あざみ(吉本実憂)はさくらが差し出した親子丼の味に感動し、反抗的な態度を取りながらも店に通うようになる。ある時、あざみが赤ん坊の頃に母親に殺されそうになったという過去を話す。止めに入った高校生が殺されたという話を聞いたさくらは、ぼうぜんとする。

第2話 2017年10月14日「娘さえいなければ…行き場をなくした若きシングルマザーの闇」 視聴率 3.5%
 さくら(真矢ミキ)の店に元常連・風花(浅川梨奈)が3歳の娘を連れてやって来た。シングルマザーの風花は、今の交際相手と一緒に暮らすつもりだと幸せそうに話す。だが、あざみ(吉本実憂)はその話に違和感を覚え、さくらも風花の親子丼の食べ方が気になる。そんな中、さくらは亡き息子の親友だった俊太(塚田僚一)に、16年前に息子を殺害した少女があざみの母親だと話す。

第3話 2017年10月21日「だれか私をとめて!!過度の愛情が身を壊す摂食障害に悩む教師」 視聴率 3.9%
 さくら(真矢ミキ)の娘で雑誌編集者の恭子(本仮屋ユイカ)は、少女による暴力事件を取材していた。事件の加害者は、あざみ(吉本実憂)の友人・リエ(柳美稀)。さくらの店であざみを見掛けた恭子は、リエの連絡先を問い詰める。そんなある日、店に3人の小学生が来て、担任教師・由希(大西礼芳)に腕や脚をつねられたと、さくらに青あざを見せる。そこへ由希が現れ、児童らを強引に連れ帰る。実は、由希はある問題を抱えていた。

第4話 2017年10月28日「愛しただけなのに…母の強すぎる愛が娘を摂食障害に!?苦悩する現代の母娘」 視聴率 2.8%
 さくら(真矢ミキ)の店に由希(大西礼芳)の母・峰子(森口瑤子)がやって来る。「たまりば」にいる人たちを怪しむ峰子は、由希も店を訪れていると聞き、不快感をあらわにする。一方、リエ(柳美稀)は自分が起こしたリンチ事件の被害者がいまだに寝たきりだと知る。苦しむリエにあざみ(吉本実憂)は、自分の母親が人を殺したと明かす。そんな中、さくらの元に警察から、摘発した風俗店関係者の中に由希がいるとの連絡が入る。

第5話 2017年11月4日「突きつけられた運命自分の母親が事件を…真実を知り今夜2人の関係が動く」 視聴率 3.3%
 自分の発言がもとでさくら(真矢ミキ)が亡き悠平の部屋を片付けたことに落ち込む恭子(本仮屋ユイカ)。俊太(塚田僚一)は恭子を慰める中で、あざみ(吉本実憂)が悠平を殺害した加害者の娘だと話してしまう。憤る恭子に、さくらは「あざみは悠平が命を懸けて守った命」だと言い、強く口止めする。ところが、あざみがそのやりとりを聞いてしまう。泣き崩れるあざみはさくらの元に帰りづらくなり、リエ(柳美稀)ら不良仲間のところへ行く。

第6話 2017年11月11日「あなたが心配なの!!今夜さくらの感情爆発話題!!深夜の涙腺崩壊ドラマ」 視聴率 2.6%
 さくら(真矢ミキ)は自分との因縁を知ったあざみ(吉本実憂)への接し方が分からず、避けるように。そんな時、実家へ戻った恭子(本仮屋ユイカ)がさくらの態度を「母さんらしくない」といさめる。一方、あざみは俊太(塚田僚一)が働く精肉店でのアルバイトを始める。ある日、さくらの店に日頃出入りする剛志(柾木玲弥)がスーツ姿で現れた。剛志がこれからすることを察したさくらは、「あんたに食べさせる親子丼はない」と突き放す。

第7話 2017年11月18日「さくらに緊急事態!!誰もが胸打たれる親子のキズナとは!?今夜も涙腺崩壊」※「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017 日本×台湾」(18:30 〜 22:44 254分)延長の為110分繰下げ(1:30 〜 2:25) 視聴率 2.5%
 さくら(真矢ミキ)の店に直晃(沖門和玖)という少年が親子丼を食べに来た。実は直晃は引きこもり状態で、母親の美春(中島ひろ子)に暴力を振るっていた。手に負えない美春は、強引に直晃を自立支援施設に入れる。その施設を偶然取材した恭子(本仮屋ユイカ)は、厳しい訓練に耐える直晃を目にする。数日後、さくらの店に直晃が再びやって来る。親子丼を食べた後、帰りたがらない様子の直晃だが、さくらはそれに気付かない。

最終話 2017年11月25日「今夜、親子丼最終章さくらの愛に包まれる涙が止まらない55分の感動ドラマ」 視聴率 3.3%
 あざみ(吉本実憂)から育ての親とのつらい思い出を聞いたさくら(真矢ミキ)は、親元へ帰らなくていいと伝える。そんな中、恭子(本仮屋ユイカ)はインターネットの情報からあざみの実母・花菜子の行方を知る。さくらと恭子は悩んだ末、あざみに報告。混乱したものの会って話をしたいと決意したあざみは、恭子に最寄り駅まで付き添われ、花菜子が働くスナックを訪ねる。


※東海テレビで12月2日(土)1時40分から「最後の一杯【完全版】」を放送する予定だったが、12月1日に主題歌を歌っていたHilcrhymeのメンバーが大麻取締法違反の容疑で逮捕されたことに伴い、放送を中止した。


番組公式サイト
さくらの親子丼

『さくらの親子丼 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オトナ高校 TOP

『オトナ高校』は、2017年10月14日から同年12月9日まで、テレビ朝日系の「土曜ナイトドラマ」枠(毎週土曜23:05 - 23:59に)で放送された。全8話。主演は三浦春馬。


概要
テレビ朝日に新設された「土曜ナイトドラマ」枠の第1弾。三浦春馬が東大卒のトップバンク行員というエリートでありながら、30歳でいまだ童貞の荒川英人を演じる。

物語の舞台となるのは、少子化対策のために政府が打ち立てた、第2義務教育法案に基づく公的教育機関「オトナ高校」。そこに、有無を言わせず入学させられた異性と性体験のない30歳以上の男女たちが、童貞・処女の卒業を目指して恋愛を学んでいく。


ストーリー 
2017年秋。トップバンクで将来を嘱望されるエリート行員・荒川英人(三浦春馬)は、見知らぬ男からピンクの書状を渡される。日本で第2義務教育法案がまとまり、公的教育機関「オトナ高校」が設立されたというのだ。英人が手にしたのは、まさにその入学召喚状だった。

「オトナ高校」は、性経験のない30歳以上の男女を入学させ、本当のオトナになるための英才教育を受けさせる学校。英人はその容姿やスペックからは想像もできない、“チェリート”だった。

入学を断固拒否しようとする英人だが、入学を拒否すれば逮捕、服役等の罰則があるという。そこで英人は、入学期日までに卒業条件である“童貞卒業”を達成しようと画策する。


キャスト
オトナ高校 生徒
荒川 英人〈30〉
演 - 三浦春馬
本作の主人公。ヤマト銀行国際部の社員。山形県出身。東京大学卒業生。
トップバンクの行員のエリートでありながら童貞であるということから「チェリート」というあだ名をつけられてしまう。幼少期のあだ名は「どすこい君」。

権田 勘助〈55〉
演 - 高橋克実
あだ名は「サショー」。ヤマト銀行国際部の部長。早稲田大学卒業生。
第4話でEDとカルロスの前で告白。

斑 益美〈35〉
演 - 山田真歩
あだ名は「ヒミコ」。引きこもりのオタク。

川本・カルロス・有〈33〉
演 - 夕輝壽太
あだ名は「ヤルデンテ」。弁当店「かわもと」の店長。第4話でゲイだと判明。また遥香に対して英人の悪い噂を流した。

園部 真希〈32〉
演 - 黒木メイサ
あだ名は「スペア」。商社「須佐能商事」のキャリアウーマン。一橋大学卒業生。
恋に不器用で常に「2番目の女」に甘んじてしまう。上司と不倫中。

オトナ高校 教師
山田 翔馬〈25〉
演 - 竜星涼
担任。毒舌のスパルタ教師。キラキラネームの読みは「ペガサス」。5人の子持ち。妻は1年前に死亡。男手一つで5人の子供を育てている。「スナックペガサス」の店主(第6話)。

姫谷 さくら〈24〉
演 - 松井愛莉
副担任。性経験において百戦錬磨の「エロ小悪魔教師」。「ヤマト銀行」系列会社の社員。

嘉数 喜一郎〈53〉
演 - 杉本哲太
「校長」兼「内閣府特別政務官」。

持田 守〈45〉
演 - 正名僕蔵
副担任。不細工ながら美女と結婚し、5人の愛人を持つ。

ヤマト銀行
伊藤 奈緒
演 - 長見玲亜
ヤマト銀行国際部の社員。

木村 麻実
演 - 氏家恵
ヤマト銀行国際部の社員。

その他
白鳥 光一
演 - 橋洋(第2話 - )
須佐能商事の社員。園部真希の不倫相手の上司。

西野 小春
演 - 逢沢りな
姫谷さくらの友人。

二階堂 健吉
演 - 緋田康人
開央電機の専務。

ゲスト
第1話
和田島 正臣
演 - 小手伸也
あだ名は「パーフェクト」。オトナ高校の生徒。

山崎 亜里沙
演 - 小松彩夏
合コンパーティーの参加者。銀行員。

安堂 知里
演 - 奥平フミ
合コンパーティーの参加者。

第2話
麗香
演 - 渡辺舞
代議士の娘。

第3話
中山 遥香
演 - 松井玲奈
荒川英人の幼馴染でグループデートの相手。

詠美
演 - Erina
権田勘助のグループデートの相手。

静流
演 - 二宮郁
川本のグループデートの相手。

片村 渚
演 - 宇佐美奈穂
ソフトボール日本代表。

第4話
岩清水 叶
演 - 城田優(第5話)
あだ名は「王子」。総理大臣の息子。オトナ高校の転校生。

第6話

演 - 和泉ちぬ
斑益美の母。

山田 心人(やまだ ハート)
演 - 木村皐誠
山田翔馬の子供。6歳。

山田 緑輝(やまだ サファイア)
演 - 築地ひより
山田翔馬の子供。5歳。

山田 愛冠(やまだ ティアラ)
演 - 稟華
山田翔馬の子供。4歳。

山田 微笑(やまだ モナリザ)
演 - 高野心
山田翔馬の子供。3歳。

山田 皇帝(やまだ シーザー)
演 - 加藤斗真
山田翔馬の子供。2歳。

警察官
演 - 高橋優
オトナ高校の警備にやって来た警察官。冒頭でオトナ高校の写真を撮ろうとする野次馬を追い返す。

スタッフ
脚本 - 橋本裕志
音楽 - 金子隆博
演出 - 瑠東東一郎、山本大輔 、樹下直美
ゼネラルプロデューサー - 三輪祐見子(テレビ朝日)
プロデューサー - 貴島彩理(テレビ朝日) 、松野千鶴子(アズバーズ)
制作協力 - アズバーズ
制作著作 - テレビ朝日

主題歌 - 高橋優「ルポルタージュ」


各話あらすじ(2017.10.14 - 12.9)全8話 平均視聴率 3.33%
第1話 2017年10月14日「童貞卒業したら即卒業!?-恋せよオトナ!衝撃学園ドラマ開幕!」 視聴率 5.4%
 2017年秋。東大出身のエリート銀行員・英人(三浦春馬)は、内閣府の嘉数(杉本哲太)から突如「オトナ高校」への入学を命じられる。それは、深刻な少子化問題に歯止めをかけるための公的機関で、対象者は性経験のない30歳以上の男女。入学を拒否すれば逮捕、服役等の罰則があると知った英人は、入学期日までに‘童貞’を卒業しようと決意。仕事で付き合いのある調査会社の社員・さくら(松井愛莉)をデートに誘うが…。

第2話 2017年10月21日「東大卒エリート童貞vs都合のいい処女!地獄の学園ライフ卒業か!?」※「フィギュアスケートISUグランプリシリーズロシア大会」放送の為36分繰り下げ(23:41 - 翌0:35)。 視聴率 3.6%
 英人(三浦春馬)らが受けた「オトナ偏差値テスト」で最低得点の真希(黒木メイサ)は、やり手のキャリアウーマンだが、実態は常に2番目の女で、現在も既婚の上司・白鳥(高橋洋)に好意を抱いている。一方、スポーツ交流の授業が行われた。運動が苦手な英人は理由を付けて見学に回るが、周囲の視線は冷たい。そんな折、真希が体調不良に。英人は保健室に付き添い、優しさをアピールするが、逆にストーカー呼ばわりされる。

第3話 2017年10月28日「動物園の中心で童貞を叫ぶ!?エリート童貞、18年越しの絶叫キス」 視聴率 2.5%
 卒業をもくろみ、うその報告をした英人(三浦春馬)と真希(黒木メイサ)には罰則が科せられる。そんな中、授業で「恋人代行サービス」の体験実習が行われる。写真と自己PRをインターネットのサイトに登録し、指名してきた相手と‘手つなぎデート’するというものだ。英人は権田(高橋克実)、川本(夕輝壽太)とグループデートに臨むが、現れたOL3人組の中の遥香(松井玲奈)は、山形の田舎町で育った英人の小学校の同級生で…。

※2017年11月4日は「MBC日本シリーズ第6戦・ソフトバンク×DeNA(18:30 - 21:54)放送延長のため、休止。

第4話 2017年11月11日「性を学ぶ地獄合宿!?急展開の混浴パニック&童貞部長の衝撃告白!」 視聴率 3.4%
 メールの偽情報や靴箱のメモから、英人(三浦春馬)は何者かが自分の‘卒業’を邪魔していると気付く。そんな中、学習成果の上がらない生徒たちを見かねた学校側が、土日に「合宿研修旅行」を行うと発表。反発する英人たちだが、川本(夕輝壽太)に促され、全員で参加することが決まる。1日目は、オトナ高校ならではの社会科見学、家庭科研修に続き、ペアでのオリエンテーリング。英人は真希(黒木メイサ)と組むことになる。

第5話 2017年11月18日「総理の息子が新入生!?学級崩壊が生んだ男の約束!恋か?友情か?」 視聴率 2.5%
 新入生の岩清水(城田優)は、総理大臣の息子だ。校長の嘉数(杉本哲太)は職員を前に、彼を‘卒業’させることが最大の使命だと宣言する。一方、真希(黒木メイサ)とさくら(松井愛莉)は、親の七光りでやりたい放題の岩清水を巡って火花を散らし、英人(三浦春馬)と権田(高橋克実)は偶然、彼が初恋の相手を思い続けていることを知る。そんな中、英人はさくらから、岩清水の卒業作戦に協力すれば、英人の卒業にも力を貸すと提案される。

第6話 2017年11月25日「まさかの個人情報流出?こじらせエリート、ドロドロ四角関係に!」 視聴率 3.5%
 総理の息子のインターネットへの投稿により、英人(三浦春馬)と権田(高橋克実)が「オトナ高校」の生徒であることが露見する。学校側はしばらくの間、学級閉鎖を決定。英人らは肩を落とすが、世間や職場の女性たちの反応は想定外だった。そんな中、英人と真希(黒木メイサ)は、翔馬(竜星涼)に同行して益美(山田真歩)を家庭訪問。その後、さくら(松井愛莉)と川本(夕輝壽太)も加わり、翔馬の子ども5人を相手に「子育て実習」に臨む。

第7話 2017年12月2日「ついに最終章!珍同棲スタートで卒業か!?ドロドロ四角関係に!」 視聴率 3.1%
 英人(三浦春馬)は真希(黒木メイサ)に初告白するが、返事は月曜日まで待ってほしいと言われてしまう。月曜日は英人らの米ニューヨーク出張の出発日だった。土曜日、さくら(松井愛莉)から日曜夜に食事しようと誘われた英人は、‘卒業’の相手はさくらしかいないと、レストランを予約。その直後、真希からも同様のメールが届く。後のない英人は、真希の誘いにも乗り、2軒のレストランを行き来しながら必死でアピールするが…。

最終話 2017年12月9日「ついに卒業!?周回遅れの青春ドラマ、感動のクライマックス!」 視聴率 2.6%
 英人(三浦春馬)は真希(黒木メイサ)と初同棲、さくら(松井愛莉)と初キスを体験するが、その後は何の進展もない。一方、‘卒業’実績不足の責任を取って、担任の翔馬(竜星涼)の退任が決定する。しかし、英人は翔馬の退任を阻止するため「全員で卒業しよう」と呼び掛ける。あきれる真希は「しばらく距離を置きたい」と出て行ってしまうが、それにもめげず、英人は外部から人を招いて「お見合いパーティー」を開こうと提案して…。


番組公式サイト
オトナ高校 - Wikipedia
タグ:オトナ高校

『オトナ高校 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先に生まれただけの僕 TOP

『先に生まれただけの僕』(さきにうまれただけのぼく)は、2017年10月14日から同年12月16日まで、毎週土曜22時 - 22時54分に、日本テレビ系の土曜ドラマ枠で放送中。全10話。主演は櫻井翔。


概要
民間企業が経営する私立高校を舞台に、現代においてさまざまな問題を抱える教育の現場を浮き彫りにする、社会派エンターテインメントドラマ。嵐の櫻井翔が4年半ぶりに連続ドラマに主演し、商社マンでありながら、ひょんなことから高校の校長として辞令を受け、出向を命じられる主人公・鳴海涼介を演じる。


ストーリー 
民間企業が経営する京明館高校は、社内で「不採算部門」と呼ばれている。偏差値は、中の下でスポーツが優れているわけでもない。第1、第2志望校に落ちた生徒が入る、定員割れギリギリの高校だ。

そんな学校の経営を立て直すため、大手総合商社「樫松物産」で働く商社マン・鳴海涼介(櫻井翔)が、校長として送り込まれる。教育現場を知らない鳴海は、突然の校長という立場と、これまでのビジネスの常識とはかけ離れた学校現場の実態に困惑する。

一方、鳴海を校長として迎えることとなった現場の教師たちは当然反発。しかし、彼らにも熱い教育理念があるわけでもない。果たして、鳴海は京明館高校を立て直せるのか。


キャスト
年齢は公式サイトの「相関図&生徒名簿」による

鳴海 涼介〈35〉
演 - 櫻井翔
京明館高等学校の校長。以前は総合商社樫松物産で商社マンとして働いていたが出向を命じられた。教育現場の実態に戸惑う。

真柴 ちひろ〈31〉
演 - 蒼井優
特進クラスの2年3組担任。現代社会教師。鳴海に反発しているが次第に触発されていく。

島津 智一〈29〉
演 - 瀬戸康史
2年2組担任。英語教師。英国への留学経験がある。人見知りな性格で目立たなかったが、アクティブラーニングを実践することで存在感を発揮していく。真柴に好意を持っている。

市村 薫〈32〉
演 - 木南晴夏
1年3組担任。日本史教師。

矢部 日菜子〈23〉
演 - 森川葵
1年1組担任。音楽教師。

後藤田 圭〈35〉
演 - 平山浩行
総合商社樫松物産の社員。

河原崎 孝太郎〈36〉
演 - 池田鉄洋
3年1組担任。生物教師。

及川 祐二〈42〉
演 - 木下ほうか
2年1組担任。数学教師。

松島 聡子〈29〉
演 - 多部未華子
鳴海の恋人。総合商社樫松物産の社員。

綾野 沙織〈40〉
演 - 井川遥
保健室の先生。

郷原 達輝〈36〉
演 - 荒川良々
3年2組担任。物理教師。

杉山 文恵〈50〉
演 - 秋山菜津子
3年3組担任。古文教師。

香坂 友梨子〈29〉
演 - 松本まりか
総合商社樫松物産の専務秘書。

加賀谷 圭介〈52〉
演 - 高嶋政伸
総合商社樫松物産の専務。

柏木 文夫〈56〉
演 - 風間杜夫
副校長。

スタッフ
脚本 - 福田靖
音楽 - 平野義久
プロデューサー - 次屋尚(日本テレビ)、高橋史典(ケイファクトリー)
演出 - 水田伸生
制作協力 - ケイファクトリー

主題歌 - 嵐「Doors〜勇気の軌跡〜」


各話あらすじ
第1話 2017年10月14日「未来を生きる子供たちのために教師は何を教えるべきか?サラリーマン校長の仰天学校改革!?」※初回14分拡大(22:00 〜 23:08)
 大手総合商社で働く35歳の鳴海(櫻井翔)は、ある日突然、グループ傘下の私立高校の校長として出向することに。そこで赤字続きの経営を立て直すことになった鳴海だが、副校長兼事務長の柏木(風間杜夫)は頼りにならず、ちひろ(蒼井優)ら教師にも危機感が全くない。一方の教師たちも、若い上、教育現場のことを知らない鳴海の赴任に反発する。そんな中、鳴海は始業式で型破りのあいさつをし、生徒たちの心をつかむが…。

第2話 2017年10月21日「スクールカースト!不登校!教師の反乱!サラリーマン校長逆襲なるか?」
 鳴海(櫻井翔)が奨学金の現実を諭した2年3組の龍之介(佐久間悠)が学校を休んだ。本社専務・加賀谷(高嶋政伸)から不祥事は自己責任と脅されていた鳴海は、龍之介が不登校になったらと心配し、ちひろ(蒼井優)に相談。だが逆に本社の評価を気にしていると見抜かれてしまう。一方、養護教諭の沙織(井川遥)から2年1組の小山(立石ケン)が毎日腹痛で保健室に来ると聞いた鳴海は、担任の及川(木下ほうか)に対応するよう促す。

第3話 2017年10月28日「デジタル万引はなぜいけない?若き校長の本気が遂に高校を変え始める?!」
 教員免許を持つ鳴海(櫻井翔)が、辞めた教師の代わりに数学の授業を担当することに。授業が教育実習以来と聞いたちひろ(蒼井優)らは絶対無理だとあきれる。そんな中、生徒が売り物の雑誌の中身を撮影する「デジタル万引」をしたという連絡がコンビニから学校に届く。鳴海と柏木(風間杜夫)が防犯カメラの映像を確認すると犯人は2年3組の陸(平田敬士)で、担任のちひろと対応することに。そして翌日、鳴海は初授業に挑む。

第4話 2017年11月4日「校長、怒涛のロングスピーチ!改革から取り残された三年生のみんなへ!」
 鳴海(櫻井翔)は教師全員で島津(瀬戸康史)からアクティブラーニングを習おうと提案。柏木(風間杜夫)も入学志願者の増加を願う鳴海のため協力を頼む。すると日菜子(森川葵)ら数名が賛同し、まずは1年生と2年生の授業だけ変えることにする。参加をためらうちひろ(蒼井優)も島津に誘われ、翌日の勉強会へ。そこで一緒にアクティブラーニングを学んだ鳴海は、再び自分で教壇に立つと決める。ちひろらも新しい授業に挑み…。

第5話 2017年11月11日「ボクらの未来、ボクらが創る!変わり始めた学校!誇りと熱意、涙の結晶」
 学校説明会の申込者数が少なく、来年度も定員割れの可能性が高いと知った鳴海(櫻井翔)は、既に終わったオープンキャンパスをやり直すと決意。学校紹介イベントの企画立案を生徒に託したちひろ(蒼井優)は、相手のやる気を引き出す会話が上手だと鳴海に褒められる。一方で鳴海は加賀谷(高嶋政伸)の先手を打つため、社長の原(小林勝也)に接触。それを知った加賀谷は沙織(井川遥)に近づき、鳴海に反発する教師を探る。

第6話 2017年11月18日「プライド」
 学校説明会の申し込み者数が増える中、柏木(風間杜夫)は公立高校を目指す受験生の受け皿となるよう教師陣に話す。だが、学校の変化を実感する鳴海(櫻井翔)は納得がいかない。忙しい鳴海となかなか会えない聡子(多部未華子)は、彼とほほ笑み合っていたちひろ(蒼井優)の存在が気になってしまう。そんな中、鳴海は沙織(井川遥)から部活が強くなれば生徒も自校に誇りが持てると聞く。一方、加賀谷(高嶋政伸)は鳴海の弱点を探っていた。

第7話 2017年11月25日「わたし幸せになります!成績トップ女子生徒の結婚宣言に職員室は大紛糾」
 聡子(多部未華子)は2人でいても学校の話ばかりの鳴海(櫻井翔)に戸惑いを隠せない。学校では、特進クラスで成績優秀な2年生・ほのか(山田佳奈実)が卒業後に大学進学せず、12歳年上のアルバイト先の店長・貴弥(福士誠治)と結婚すると言いだした。ほのかの母・真咲美(神野三鈴)から相談されたちひろ(蒼井優)は、鳴海と一緒にほのかの面談をするが、彼女の意思は固い。貴弥も真剣な思いだと訴えるが、鳴海は違和感を抱く。

第8話 2017年12月2日「勉強より大切なこと。夢のためにボクは学校をやめます!」
 鳴海(櫻井翔)は部活動に専門の指導者を招請。男子バスケットボール部には実業団の熱川(松田悟志)が雇われ、顧問の河原崎(池田鉄洋)は不満を抱く。そんな中、特進クラスで成績最下位の達也(伊能佑之介)が3年進級時は普通クラスに落ちることに。達也の父・和宏(升毅)は対応したちひろ(蒼井優)と柏木(風間杜夫)に学校の責任だと怒りをぶつける。ところが、達也がプロ棋士を目指し将棋に没頭していることが分かり…。

第9話 2017年12月9日「学校改革最大のピンチ!それは人生最大のピンチとともに」
 バスケットボール部コーチ・熱川(松田悟志)が高額な遠征費を勝手に決め、保護者からクレームが入る。強化のため遠征が必要と言う熱川に賛同するものの、費用の面で悩む鳴海(櫻井翔)。一方、入試担当の島津(瀬戸康史)は千人を目標に個別相談を行いたいと提案し、皆でアイデアを考える。だが、ちひろ(蒼井優)は聡子(多部未華子)のことが気になり上の空。一方、後藤田(平山浩行)に告白された聡子は、鳴海との間に距離を感じる。

最終話 2017年12月16日「さよなら校長先生!僕が伝えたかった最後の言葉」
 加賀谷(高嶋政伸)から、会社に戻るか京明館高校に転籍するか選べと迫られた鳴海(櫻井翔)。さらに、聡子(多部未華子)からも別れを告げられた鳴海は混乱する。そんな鳴海を心配するちひろ(蒼井優)。一方、秘書の友梨子(松本まりか)から鳴海が迫られている選択を聞いた聡子も心配になり、帰り道に会った柏木(風間杜夫)に全てを告げる。翌日、受験相談の数が伸びず一同が悩む中、一晩考えた柏木は、鳴海に会社に戻った方がいいと話す。

各話視聴率


番組公式サイト
先に生まれただけの僕

『先に生まれただけの僕 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

セトウツミ TOP

2017年10月13日から同年12月22日まで、テレビ東京系「ドラマ25」枠(毎週金曜 24:52〜25:23)で放送中。高杉真宙と葉山奨之のダブル主演。


原作概要
『セトウツミ』は、此元和津也による漫画作品、およびそれを原作とした映画。『別冊少年チャンピオン』(秋田書店)にて、2013年5月号より連載中。大阪の男子高校生、瀬戸と内海が放課後に川辺で繰り広げる関西弁の会話劇を描いた作品。

『月刊少年チャンピオン』(同社刊)2015年12月号において、高橋ヒロシの『クローズ』の25周年のトリビュート企画では、瀬戸と内海が『クローズ』について語る『セトウツミ外伝』が掲載された。

映画化され、2016年7月2日に公開。2017年、テレビドラマ化。


ドラマ概要
男子高校生2人が放課後の河原でまったりしゃべるだけなのに、その練りに練られたユニークな会話の面白さから大人気の「別冊少年チャンピオン」連載中の同名コミックを連続ドラマ化。

2016年に公開されスマッシュヒットとなった映画版も記憶に新しいが、今回キャストを一新し、クールな内海想を高杉真宙、お調子者の瀬戸小吉を葉山奨之という今注目の若手俳優2人が、ダブル主演で演じる。


キャスト
内海想:高杉真宙
寡黙でクールな高校2年生。友達が少なく、部活にも入っていないため、塾に行くまでの時間を河原で過ごしている。

瀬戸小吉:葉山奨之
明るく社交的な性格の高校2年生。先輩とのいざこざでサッカー部を退部し、暇を持て余していたところ、河原で内海と出会う。

樫村一期:清原果耶
瀬戸と内海の同級生。黒髪美人で実家は寺。学園のマドンナで瀬戸から好かれているが、内海のことが好き。

田中真二:森永悠希
瀬戸と内海の同級生。左右対称の名前とセンター分けの髪形から、「公平そう」という理由で2 人の対決の審判を務める。

ハツ美:片山友希
瀬戸に告白する高校1年生。瀬戸の前だと緊張してうまくしゃべれず、内海越しに話しかける。それ以外の相手に対しては、饒舌かつ毒舌。

スタッフ
原作:此元和津也(秋田書店「別冊少年チャンピオン」連載)
脚本:宮崎大
監督:瀬田なつき、坂下雄一郎、杉田満
オープニングテーマ:SUPER BEAVER「虹」(I×L×P× RECORDS)
エンディングテーマ:miwa「We are the light」(Sony Records)
チーフプロデューサー:大和健太郎
プロデューサー:小林史憲、泉英次、宮崎大
制作:テレビ東京、ブロードメディア・スタジオ
製作著作:「セトウツミ」製作委員会


各話あらすじ
第1話 2017年10月13日
@「自販機」か?「ジドハン」か?省略語を巡って意見が対立する2人の軽妙なトークバトル。
A顔も髪型も名前も“左右対称”な男、田中真二(森永悠希)が登場!瀬戸と内海のバドミントン対決の審判を務める。ルールは“思いやり感”?
B塾までの時間を潰したい内海とサッカー部を辞めて居場所を失った瀬戸。利害関係が一致した2人の運命の出会いとは!?

第2話 2017年10月20日
@「樫村一期(清原果耶)をメロメロにする方法を教えてほしい」という瀬戸に、内海が攻略法をアドバイス。「アメとムチを使い分けろ」。
A瀬戸が内海に弁当の交換を提案。豪華なサンドイッチを渡した内海に対し、瀬戸の弁当は…。
B内海に恋心を抱く樫村は積極的にアプローチするが全く相手にされない。一方、瀬戸は大好きな樫村にLINEを送る。三角関係の行方は!?

第3話 2017年10月27日
@サッカー部を辞めたらバレンタインチョコがゼロになった瀬戸。一方、内海はブーム到来でモテまくる。謎のバルーンさんも登場!
Aついに瀬戸ファンの女子が出現!前髪パッツンの不思議ちゃん、ハツ美(片山友希)が樫村(清原果耶)を好きな瀬戸にグイグイ迫る。
B河川敷で樫村と鉢合わせたハツ美。「めっちゃ必死やん」と説教を始め…。三角関係勃発!?

第4話 2017年11月3日
@河川敷での“ババ抜き”対決!トランプのババを見て野球部の馬場(田中偉登)が脳裏に浮かんだ瀬戸。でも顔が思い出せず、ゲームに集中できない。一方、深読みしすぎた内海はメガネを外して勝負に出るが。。。
A「アイデンティティを見出せずに生きてきた」ババ抜きの審判を務めた左右対称男・田中真二(森永悠希)。悩める田中が書いた、母への手紙。

第5話 2017年11月10日
@ゴリラ顔した木沢先生(原西孝幸)が、授業をサボった瀬戸に“笑撃”の補習。人類の遺伝子はチンパンジー寄り?ゴリラ寄り?
A瀬戸に恋するハツ美(片山友希)が手作り菓子でアピール…さらに樫村(清原果耶)を真似た髪型も披露!一途な恋の行方は…!?
B新キャラの岡山県人、蒲生(橋里恩)が登場。「靴飛ばしチキンレース合戦」始まる!

第6話 2017年11月17日
@スマホの調子が悪いとカスタマーセンターに電話する瀬戸と内海。すぐ目の前で野球部の馬場(田中偉登)が素振りをしているのに、なかなか顔が覚えられず…。
A瀬戸、内海、馬場、田中(森永悠希)が河川敷で草野球。そこに樫村(清原果耶)やハツ美(片山友希)、ネコも登場して様々な思惑が渦巻く…そして迎える衝撃の結末!

第7話 2017年11月24日
@瀬戸の両親は離婚問題が勃発中。祖父は若き日の祖母を求めて徘徊中。嘆く瀬戸に内海は…。
A河川敷に現れた車いすの少女(山田杏奈)。悲壮感漂う少女を前になぜか饒舌な内海。瀬戸とのトークは次第にテンションが上がり…。
B樫村(清原果耶)VSハツ美(片山友希)再び!瀬戸と内海それぞれに恋する2人のトークバトルが炸裂。

第8話 2017年12月1日
@“絵しりとり”を始める2人。互いに無言の心理ゲーム。勘違いと深読みによって噛み合わないまま迎える、見事な結末とは!?
A河川敷で再び手紙をしたためる田中真二(森永悠希)。樫村一期(清原果耶)へのラブレターだ。そこへハツ美(片山友希)が現れて文面を読まれてしまい…

第9話 2017年12月8日
@金髪リーゼントのヤンキー(吉村界人)が河川敷に現れ、無言で階段に座った。恐怖のカオス空間でさらに冴える2人のトーク!
A左右対称男・田中(森永悠希)が提案する新たな対決とは!?その裏で動くハツ美(片山友希)の思惑…。
B河川敷に集まる樫村(清原果耶)やバルーンさん(吉田カルロス)たち。物語は風雲急を告げる!

第10話 2017年12月15日
@瀬戸のもとに突然、内海の姉(谷村美月)が現れた。ハツ美(片山友希)に遠隔操作されて、瀬戸が姉から聞き出した内海の秘密とは!?
A樫村(清原果耶)に恋文を書いた瀬戸…内海が発した一言に逆上し、殴りかかる…。
B内海が抱える闇、知られざる過去がついに明らかに…密かに企てた恐ろしい計画とは!?


番組公式サイト
セトウツミ
タグ:セトウツミ

『セトウツミ TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新宿セブン TOP

『新宿セブン』は、2017年10月13日から同年12月22日まで、テレビ東京系列において、ドラマ24枠 毎週金曜日の24:12〜24:52の時間帯で放送中。主演は上田竜也。


概要
KAT-TUNの上田竜也が、同名人気コミックを映像化するヒューマンミステリーで、連続ドラマ初主演。それに加え、主題歌もソロで担当する話題作に挑む。新宿歌舞伎町とアジアを舞台に、上田演じる質店の店主で抜群の鑑定眼を持つ主人公・七瀬が、物の真贋(しんがん)を見極めると同時に、依頼人の悩みや事件を解決していくさまを描く。


ストーリー 
東洋一の歓楽街と呼ばれ、怪しく危険に満ちた眠らない街・新宿歌舞伎町。この街で一目置かれる存在の「七瀬質店」店主・七瀬(上田竜也)は、抜群の鑑定眼で、持ち込まれた“物”のみならず、“人”の真贋も見抜く天才鑑定士だ。七瀬の店には、時計やバッグはもとより、拳銃、クスリ、臓器まで、あらゆる物が持ち込まれる。

“物”も“人”も、本物しか信じない七瀬は、持ち込まれた品物を鑑定し、依頼人の悩みをも解決していく。彼が、なぜこの街で質店を経営しているのか? そこには、歌舞伎町に潜む謎と、隠された理由があった。


キャスト
上田竜也
七瀬 役
歌舞伎町にある「七瀬質店」の店主。誰もが認める歌舞伎町の顔で、「“七つ屋”の七瀬」と呼ばれる天才鑑定士。幼少期にアジアを放浪し、さまざまな修羅場をくぐり抜けて鑑定眼を身に付けた謎多き人物でもある。“物”の鑑定はもちろん、“人”に関しても、偽物を認めず本物しか信じない。

中村倫也
大野健太 役
ある出来事をきっかけに、七瀬の下で働くようになった鑑定士見習。極めて普通の人間だが、ざまざまな体験を通して成長していく。

大野いと
水月華 役
七瀬らの前に現れる、記憶喪失の謎の女性。

野波麻帆
宝生エリカ 役
七瀬らが足しげく通うコリアンバー「エルドラド」のママ。

田中哲司
近藤昭人 役
歌舞伎町を見回る、新宿西署犯罪対策課の刑事。目的のためなら手段を選ばない。

夏木マリ
シノブ 役
七瀬らが常連として通う餃子店の店主。

スタッフ
原作:作:観月昴/画:奥道則「新宿セブン」(日本文芸社)
脚本:山田能龍、山岡潤平、和田清人、小寺和久
監督:藤井道人、植田泰史、佐藤源太、山内大典、淵上正人
プロデューサー:浅野太

主題歌:未完成のアンサー/上田竜也


各話あらすじ 平均視聴率 1.94%
第1話 2017年10月13日 視聴率 2.1%
 新宿・歌舞伎町にある「七瀬質店」の店主、七瀬(上田竜也)は“新宿一の鑑定士”と呼ばれていた。七瀬の店には、あらゆる物が持ち込まれる。時計やバッグ、果ては拳銃、クスリまで…。ある日、七瀬に鑑定の依頼が。健太(中村倫也)と共に向かった先は轟組長の愛人・明日香(片山萌美)のマンション。幹部の鮫島(駿河太郎)曰く、明日香が組の金に手を付けたという。それ相当の金品がないか鑑定してほしいというが七瀬はある「物」から真実に気づき…

第2話 2017年10月20日 視聴率 2.1%
 ふらついた足取りで七瀬(上田竜也)の質店に現れた女性(大野いと)が、「私を査定してください」と言いながら、店内に倒れ込む。介抱しようとした健太(中村倫也)は、彼女の首から肩口に数滴の血痕があることに気付く。目覚めた彼女は記憶を失い、自分が誰なのか分からないという。七瀬はエリカ(野波麻帆)たちに探りを入れるが、情報は得られない。そんな中、七瀬は女性から「記憶が戻るまで置いてほしい」と懇願される。

第3話 2017年10月27日 視聴率 1.5%
 華(大野いと)がエリカ(野波麻帆)のバーでホステスとして働きだした初日、キャバクラの伝説的経営者・福富(西岡徳馬)が来店。なぜか「ハナ」という名に反応し、華を一目で気に入る。華の様子を見に来た七瀬(上田竜也)は、ひょんなことから福富自身を鑑定することに。七瀬に「金はあるけど教養がない成金」と言われ怒りをあらわにする福富だが、その鑑定眼を認める。後日、七瀬の元に福富から出張鑑定の依頼が入る。

第4話 2017年11月3日 視聴率 2.0%
 アイドル・李穂(矢作穂香)が七瀬(上田竜也)の質店を訪れ、ファンからのプレゼントの買い取りを依頼。李穂の大ファンの健太(中村倫也)は自分の贈り物も持ち込まれたことに動揺するが、彼女は余裕がない様子だ。帰途、李穂は背後に怪しい男の気配を感じ、タクシーで実家へ。実は彼女はアイドルをやめる決意をしていた。母の仏前で手を合わせた李穂は、父・隆(菊池均也)に報告するが「逃げているだけだ」と猛反対される。

第5話 2017年11月10日 視聴率 1.7%
 七瀬(上田竜也)の店に常連の尾上(斎藤洋介)が来店。質店にはギャンブルで金を使い果たしては質入れする客も多い。尾上もその一人で、この日も古びた腕時計を預ける。七瀬はそれが価値のある物だと見抜く。数日後、腕時計を買い戻しに来た尾上だが、その日の夕方、車と衝突してしまう。七瀬らが病院に駆け付けると、尾上は昏睡(こんすい)状態だった。自殺説や当て逃げ説が浮上する中、七瀬は全く違うと見立てる。

第6話 2017年11月17日 視聴率 1.9%
 健太(中村倫也)が店番をしていると、セーラー服の少女(川島鈴遥)が古い限定品のテディベアを預かってほしいとやって来る。タグには彼女の名前と思われる「三鷹渚」と書かれていた。3万円と査定した健太は名前を書いてもらおうとするが、少女は3万円とともに消えてしまう。店に戻ってきた七瀬(上田竜也)はテディベアから少女の様子が見えてこないことを不審に思い、名前とセーラー服を手掛かりに少女を捜そうとする。

第7話 2017年11月24日 視聴率 2.6%
 健太(中村倫也)はホステス・鈴麗(上原実矩)に求婚され、動揺する。彼女の望みは偽装結婚だった。鈴麗は実は不法労働者で、母の手術で抱えた借金返済のため中国から来た。鈴麗によると、家宝の香合を売ってくれるならビザを手配するという人物がいるとのこと。だが、鈴麗にとって香合は母との絆で命より大切な物だ。七瀬(上田竜也)は健太と共にその人物との交渉を試みる。それは中国マフィアの首領・王(嶋田久作)で…。

第8話 2017年12月1日 視聴率 1.6%
 近藤(田中哲司)はスパイ・張(高橋良浩)が残忍な方法で殺されたと聞き怒りを抑えきれない。その頃、目を覚ました華(大野いと)は記憶を取り戻していた。一方、バーでは七瀬(上田竜也)らが見守る中、ギター流し・ナベ(神保悟志)のライブが行われる。手術のため明日でいったん歌い納めるという。ボーイ・琢也(柳俊太郎)も温かい視線を送る。翌日、ナベが七瀬の質店に来る。

第9話 2017年12月8日
 華(大野いと)が姿を消した。華が記憶を取り戻したことに気付いていた七瀬(上田竜也)は、彼女が質入れしたライターと王(嶋田久作)の入れ墨の模様が同じことから、王率いる中国マフィアのトラブルに巻き込まれたのではと推測。一方、華のライターの中から鍵を発見した近藤(田中哲司)は、路地裏のコインロッカーへ。鍵が合うロッカーを捜していると、突然、七瀬が現れる。全ては3年前の残忍な事件から始まっていた。

第10話 2017年12月15日
 七瀬(上田竜也)の店に、近藤(田中哲司)の無残な亡きがらと華(大野いと)が監禁されている写真が届く。七瀬は健太(中村倫也)たちに、近藤の真の目的を語る。近藤は王(嶋田久作)率いる中国マフィアに妻と子を殺され、復讐のためにマフィアの組織を潰そうとしており、そのためのネタが華のライターの中の鍵にあったのだ。ところが、本物の鍵は七瀬がすり替えて持っていた。七瀬が原因で近藤が殺された事実に、健太は激怒する。


番組公式サイト
タグ:新宿セブン

『新宿セブン TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

重要参考人探偵 TOP

2017年10月20日から同年12月8日まで、毎週金曜日23時15分 - 翌0時15分に、テレビ朝日系の「金曜ナイトドラマ」枠で放送された。全8話。主演はKis-My-Ft2の玉森裕太。


原作概要
『重要参考人探偵』(じゅうようさんこうにんたんてい)は、絹田村子によるの漫画作品。

『増刊flowers』(小学館)にて2013年初夏号から連載され、後に本誌の『月刊フラワーズ』(同社刊)に移籍して、2015年9月号から連載中。

単行本は「フラワー・コミックスα」より刊行され、2016年(平成28年)12月の時点で既刊4巻。


ドラマ概要
絹田村子の同名漫画を原作にした、コメディータッチの本格推理ドラマ。なぜか殺人事件の現場に居合わせ、死体の第一発見者となる主人公・弥木圭(まねきけい)をKis-My-Ft2の玉森裕太が演じる。
圭と共に事件の謎に挑むモデル仲間役で、NEWSの小山慶一郎と古川雄輝が共演。毎度事件に遭遇し“重要参考人”となる圭の無実の罪を晴らすために推理を繰り広げる骨太なミステリー要素と、イケメン3人が災難に見舞われるエンターテインメント性が絶妙に融合し、華麗に事件を解決するさまが見どころとなる。
原作にはない、オリジナルのヒロインも登場。脚本は「謎解きはディナーのあとで」(フジテレビ系)などで知られる黒岩勉が担当する。


ストーリー 
モデルの弥木圭(玉森裕太)は、なぜかいつも殺人事件の現場に居合わせ、死体の第一発見者になってしまう不幸体質の男。そんな、常に冤罪(えんざい)の危機と隣り合わせの圭が、モデル仲間で推理オタクの周防斎(小山慶一郎)、女好きで聞き込み上手のシモン藤馬(古川雄輝)と共に、巻き込まれてしまった殺人事件の謎に挑む。

「厄介事には巻き込まれたくない」という願いも虚しく、毎度事件に遭遇し“重要参考人”となり追い詰められる圭。己の無実を証明するために、仲間と力を合わせて事件に立ち向かっていく。


キャスト
弥木 圭(まねき けい)〈27〉
演 - 玉森裕太(7歳時:志水透哉
モデル事務所『ウェーブ』所属のモデル。
行く先々で殺人事件に遭遇し、その第一発見者=重要参考人となってしまい、「犯人は俺じゃない!!」と毎回叫ぶはめになる。そのせいでやがてモデル業界内では「弥木圭と一緒に仕事をすると、殺人事件に遭遇する」という“都市伝説”も広まってしまう。そんな境遇にはうんざりしているが、いよいよ窮地に陥ると、火事場の馬鹿力のごとく、己の無実を証明するため「今から真相を教えてやる、重要参考人のこの俺が」と確信のないまま推理を始め、モデル歩きやシェイカーさばきなど、時間かせぎをしながら考えをまとめ、斎とシモン曰く“火事場のバカ推理”で最後には真相にたどり着き、犯人を言い当てる。
母・主計には、頻繁に殺人事件に遭遇していること等を隠している。

周防 斎(すおう いつき)〈29〉
演 - 小山慶一郎
圭と同じ事務所所属のモデル仲間。世界的門閥グループの御曹司で、推理マニアで探偵に憧れる自称・名探偵。ノリが軽く、いつも重要参考人となって事件と関わる圭を羨ましがっているようにも見えるが、実は心底心配している。

早乙女 果林(さおとめ かりん)〈26〉
演 - 新木優子
ドラマオリジナルキャラクター。警視庁捜査一課所属の新人刑事。組織班では紅一点らしく、仕事を任せてもらえなかったり手柄を横取りされたりしながらも男社会の中で奮闘している。
実は圭の大学の同級生で元彼女。圭の何度も死体を発見してしまう特異体質が原因で一方的に別れを告げられたため、捜査現場で再会してもつっけんどんな態度を取る。

シモン 藤馬(シモン とうま)〈28〉
演 - 古川雄輝
圭と同じ事務所所属のモデル仲間。人懐っこい性格で天然キャラ。ナンパ好きだが下心はなく、女性なら年齢問わず誰とでも仲良くなれるため、聞き込みが上手く、思わぬ情報を手に入れてくることがある。

牧太 真希子(まきた まきこ)
演 - 堀田茜
モデル事務所『ウェーブ』のマネージャー。通称マキマキ。モデル達には厳しく、女好きのシモンですら恐れる存在。

今井 寛太(いまい かんた)
演 - 一井直樹
捜査一課所属で果林の先輩刑事。嫌味な性格で、早乙女には辛く当たる。

浪江 篠介(なみえ しのすけ)〈44〉
演 - 滝藤賢一
モデル事務所『ウェーブ』の社長。自身も元カリスマモデルであり、人脈も広く情報通。オネエ気質で、男の裸に大興奮する。スカーフがトレードマークで、マネキンにかけたものの中からその日身に着けるものを決めている。

登 一学(のぼり いちがく)
演 - 豊原功補
果林の上司で、警視庁捜査一課主任。現場で警官達に指示を出すリーダー的存在。
何度も重要参考人になる圭に対して多大な警戒と疑念を抱き、果林に圭をマークするよう命じる。

古仙 淳(こせん あつし)〈59〉
演 - 西岡コ馬
警視庁捜査一課長。
最終話にて、「殺人」と「指定暴力団への薬物密売」の容疑で逮捕された。また、果林を殺害しようとした。

弥木 主計(まねき かずえ)
演 ‐ かとうかず子(第5話・第7話・最終回)
圭の母。息子の「死体を発見してしまう体質」を心配している。

弥木 要人(まねき かなめ)
演 ‐ 大澄賢也(第5話 - 最終回)
圭の父。石長島交番勤務の巡査部長。20年前の平成9年8月7日、石長神社で死亡しているのが発見された。

吉倉 清司(よしくら せいじ)
演 - 松平健
警視総監。2年前に警視庁のトップになった人格者。
20年前、圭の父親である要人が殺された「石長島交番警察官殺害事件」では捜査本部の管理官を務めていた。

織居 和彦
演 - 瀬野和紀(第7話・最終回)
未解決事件専門のフリージャーナリスト。20年前の「石長島交番警察官殺害事件」についてあちこちで取材をしている。

ゲスト
第1話
宇田川 周平
演 ‐ マギー
「ミウラ時計」商品企画部社員。15年間「ログゼル」開発に関わってきた元プロジェクトリーダー。

小高 邦江
演 ‐ 遼河はるひ
「ミウラ時計」商品企画部部長。新商品「ログゼル」開発の現プロジェクトリーダー。

牛込 弘
演 ‐ 大河内浩
「ミウラ時計」社長。

金重 友造
演 ‐ 鈴木拓(ドランクドラゴン)
古美術商。高級懐中時計「プロード」を欲しがっている。

岡本 大地
演 - 市川欣希
「ミウラ時計」広報部社員。

第2話
乙原 ゆり
演 ‐ 志田未来
朝のドラマに出てから国民的人気となった清純派女優。

魚住 爽太
演 ‐ 中山優馬(小学生時:平林智志)
モデル。群馬県草富村出身。1994年1月13日生まれ。乙原ゆりのファン。「カクテル純絞り」CMのオーディションを受け、最終審査にも合格した。

蔵田 司郎  
演 - 市川知宏
「劇団PORUPORU」の劇団員。「カクテル純絞り」CMのオーディション一次審査合格者。傷害罪の前科があり、突然キレることがある。

貴志 隼人
演 - 橋本全一
「難波モデル事務所」のモデル。関西弁を話す。「カクテル純絞り」CMのオーディション一次審査合格者。知人に借金があり、CM出演の報酬で返そうとしていた。

第3話
木戸 愛奈
演 ‐ 笛木優子
木戸の妻。料理が下手。

木戸 聡
演 ‐ 敦士
東京都大笠市矢絣山の山頂ロッジの管理人。不愛想。

前橋 光雄
演 ‐ 冨家規政
カメラマン。

天川 哲也
演 - 生津徹
コーディネーター。ミステリーファン。

日吉 大介
演 - 田中聡元
雑誌編集者。

野中 緑
演 - 真凛
メイク・スタイリスト。既婚者。

第4話
紅 栞
演 - 雛形あきこ
劇団「オニオンスープ」のベテラン女優。気に入った新人にはシェイクスピアの「この世は舞台 人はみな役者」という言葉とおまじないを教える。

黒井 創
演 - 福田悠太(ふぉ〜ゆ〜)
俳優。1976年設定の観客参加型ミステリー舞台「内海館殺人事件」で初主演を務める。

高遠 薫子
演 - 小島藤子
船舶会社令嬢。斎の見合い相手。斎に個性的な柄のちりめんブックカバーをプレゼントする。

太平 洋
演 - 少路勇介
俳優。

東 ルナ
演 - 矢作穂香
恋愛禁止のアイドルグループ「レインボーガールズ」所属のアイドル。

印田 伊佐治
演 - 真砂京之介
俳優。

極 利郎
演 - 佐伯新
演出家。

第5話
柘植 梓(つげ あずさ)
演 ‐ 紺野まひる
高級住宅街「錦ヶ丘」の住人。主婦。昭島家の隣人。

空木 勝子
演 - 青木さやか
昭島家の向かいの住人。愛犬家で、チワワを飼っている。

浜 有起哉
演 - 六角慎司
昭島家の向かいの住人。ディトレーダー。

柘植 すみれ(つげ すみれ)
演 - 山田杏奈
梓の娘。高校1年生。

引田 大輔
演 ‐ 辻修
引越し業者「関引越センター」社員。

昭島 のぶえ〈72〉
演 ‐ 岩本多代
引っ越しの依頼主。夫は亡くなり、娘とは離れて暮らしている。社交ダンスが趣味。

第6話
宮田 和哉
演 - 岡田義徳
服飾デザイナー。滝坂団地29号棟101号室に事務所をもつ。

塩川 歩実
演 - 須藤理彩
NWFプランニングのプランナーで、イベントプロデューサー。シモンが出演したメンズのインナーショーを企画した。野崎とは大学のイベントサークルで知り合い、2人で会社を立ち上げた。

野崎 茂
演 - 姜暢雄
イベントプロデューサー。塩川と共にインナーショーを企画した。変わったことをして人を驚かせるのが好き。宮田とは中学からのくされ縁。

宮田 絵奈
演 - 柳ゆり菜
和哉の妻。インナーショーを見に来ていた圭と斎に声をかけ、特に圭を気に入る。

戸成 金太郎
演 - 阿見201
遺体発見現場となった206号室の向かいの住人。

第7話
田崎 典子
演 - 伊藤かずえ
石長島温泉「典坊」の女将。元は東京の大手広告代理店で働いていたが、先代の父が亡くなったため島に戻って女将となった。

佐久間 和夫
演 - モト冬樹
石長島温泉「典坊」の番頭。

鍋島 ナオミ
演 - 岩佐真悠子
メイク・スタイリスト。ドラマや雑誌で活躍中。

高江 克海
演 - 斉藤陽一郎
カメラマン。海外の写真コンクールでも受賞歴がある。清見をこき使う。

清見 悠(きよみ ゆう)
演 - 瀬戸利樹
高江のカメラアシスタントを10年務めている若手カメラマン。最近自らも新人賞をとった有望株。

最終回
左門 貴大
演 - 林家三平
組織犯罪対策課警部補。20年前、「石長島交番警察官殺害事件」で押収された覚せい剤の出所を追っていた。

桐山 光晴〈38〉
演 - 粟島瑞丸
指定暴力団石神組の組員。USBデータを手に入れるために圭らを襲う。

スタッフ
原作 - 絹田村子
脚本 - 黒岩勉
音楽 - 高見優
演出 - 塚本連平、宝来忠昭、小松隆志
ゼネラルプロデューサー - 横地郁英(テレビ朝日)
プロデューサー - 神田エミイ亜希子(テレビ朝日)、浅井千瑞(MMJ)、本郷達也(MMJ)
制作 - テレビ朝日、MMJ

主題歌 - Kis-My-Ft2「赤い果実」(avex trax)


各話あらすじ(2017年10月20日 - 12月8日)全8話 平均視聴率 4.83%
第1話 2017年10月20日「なぜか死体を見つける男!?シャンデリアで殺された女帝部長!!」 視聴率 4.9%
 なぜかよく死体に遭遇し、そのたび毎に“第一発見者”になってしまうという不幸体質な男・弥木圭(玉森裕太)。今日も例に漏れず、目の前に飛び降りをしたと思われる人間が頭から落ちてくるという事態に見舞われる。

第2話 2017年10月27日「殺人オーディションと10年前の“点と線"」 視聴率 5.1%
 圭(玉森裕太)は人気女優・乙原(志田未来)の相手役を務めるCMオーディションを斎(小山慶一郎)、シモン(古川雄輝)と受け、自分だけが最終審査へ。その審査で圭はライバルの3人と共に実際に乙原とカメラテストを受け、結果、乙原のファンだという魚住(中山優馬)が合格する。その後、ガラスが割れる音を聞いてオーディション会場に入った圭は、何者かに頭を殴打された魚住と遭遇。そして、またも遺体の第一発見者になる。

第3話 2017年11月3日「山頂の密室殺人!!増える死体!?」 視聴率 4.9%
 山岳雑誌の撮影で山登りに出掛けた圭(玉森裕太)、斎(小山慶一郎)、シモン(古川雄輝)の3人。彼らと撮影スタッフは、圭を監視するためひそかに付いてきた果林(新木優子)と遭遇し、一緒にその晩泊まるロッジへ。管理人の木戸夫妻は態度が悪く、おいしいと評判のはずの料理もまずくて一同は驚く。深夜、ひょんなことから設備故障中の部屋に入って寝た圭は翌朝、密室状態の室内でコーディネーター・天川(生津徹)の遺体を発見し…。

第4話 2017年11月10日「殺人シェイクスピア!!舞台上演中に起きた殺人事件の謎!!」 ※「サッカー国際強化試合 日本×ブラジル」( 20:54 〜 23:04)放送のため、開始時間変更(23:15〜0:15) 視聴率 3.6%
 すぐ死ぬ役で舞台デビューする圭(玉森裕太)が緊張していると、共演するベテラン女優・栞(雛形あきこ)が良い演技ができるおまじないを教えてくれる。その公演直前、シモン(古川雄輝)と果林(新木優子)が見に来たと知り、ますます緊張する圭。そんな折、圭は主役の黒井(福田悠太)がヒロイン役のルナ(矢作穂香)ともめているところを目にする。そして幕が開くが、黒井が舞台上で殺され、それをまたもや圭が最初に見つけてしまう。

第5話 2017年11月17日「隣人の秘密!?セレブ妻の裏の顔!!」 視聴率 6.5%
 シモン(古川雄輝)と引っ越し業のアルバイトをすることになった圭(玉森裕太)は、社員の引田(辻修)と3人で高級住宅街にある依頼人・のぶえ(岩本多代)の家を訪れる。のぶえの家にはなぜか望遠鏡や拡声器があり、のぶえは向かいの家の梓(紺野まひる)にだけ引っ越しのあいさつをしていた。その様子から、他の隣人との関係を怪しむ圭。その後、いったん外に出た圭が荷造りのため再び家に入ると、のぶえが殺されていて…。

第6話 2017年11月24日「殺人ファッションショー!?消えた死体の謎!!」 視聴率 4.3%
 圭(玉森裕太)や斎(小山慶一郎)ら3人はショー会場で出会ったデザイナー・和哉(岡田義徳)らと飲むため、彼が仕事場にしている団地へ。遅れてきた圭は和哉から別棟にいるイベントプロデューサー・茂(姜暢雄)を連れてくるよう頼まれ、彼の部屋へ。そこで圭は刺された様子の茂を発見。すぐ救急車を呼んだ圭は、階段を駆け下りる和哉の妻・絵奈(柳ゆり菜)の姿を見掛ける。救急隊員を連れて圭が部屋に戻ると、茂は消えていて…。

第7話 2017年12月1日「ついに最終章!!温泉女将が隠す父の死の謎!?」 視聴率 5.4%
 温泉宿のPRのため、圭(玉森裕太)ら3人は「石長島」へ。島の風景に見覚えがある圭は温泉宿の女将・典子(伊藤かずえ)や番頭の佐久間(モト冬樹)に自分と会ったことがないかと確認。2人は圭の名字を聞いて口ごもるが、知らないと言う。温泉での撮影後、圭らは典子の勧めで万病に効くという源泉を飲み、直後、カメラマンの高江(斉藤陽一郎)が吐血し死亡。斎(小山慶一郎)は毒だと推理し、湯のみを用意した圭が疑われる。

最終話 2017年12月8日「父親殺しの復讐!?命がけで最後の推理」 視聴率 3.9%
 圭(玉森裕太)は自身の過去について鍵を握る男から呼び出しを受ける。しかし、そこには遺体があり、圭はまたもや第一発見者に。今度こそ重要参考人として連行されると思った圭は、逃亡を決意する。斎(小山慶一郎)とシモン(古川雄輝)の助けを借りて事務所に潜伏した圭は、改めて自分の生い立ちを調べようと動き出す。一方、捜査を進める一学(豊原功補)がある事実に着目する中、真実に迫ろうとしていた果林(新木優子)に危険が…。


番組公式サイト
重要参考人探偵 - Wikipedia

『重要参考人探偵 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノドリ 第2シーズン TOP

2017年10月13日から同年12月22日まで、「金曜ドラマ」枠(毎週金曜 22:00〜22:54)で、続編となる第2シリーズが放送中。


第1シーズン
2015年10月16日から12月18日まで金曜 22時 - 22時54分にTBS系の「金曜ドラマ」枠で綾野剛の主演でテレビドラマ化された。


原作概要
『コウノドリ』は、鈴ノ木ユウによる日本の漫画である。産婦人科を舞台にした作品で、2012年35号から『モーニング』(講談社)で連載中。連載開始当初は短期集中連載としての形であったが、2013年春から正式な連載が始まった。

2015年、第39回講談社漫画賞・一般部門にノミネート、2016年、第40回講談社漫画賞・一般部門受賞。


ドラマ概要
鈴ノ木ユウの同名漫画を原作に、綾野剛が産婦人科医と天才ピアニスト・BABYの二つの顔を持つ主人公・鴻鳥サクラを演じて好評を博した、医療ドラマの新シリーズ。前作から1年半後のペルソナ総合医療センターを舞台に、産科医療という命が誕生する現場で、スタッフたちがチーム一丸となって奮闘する姿を描く。

本作では「生まれること、そして生きること」をテーマに、生まれてくる赤ちゃんとその家族の出産後の未来、さらに、それに取り組む医療者たちの未来も見据えたエピソードを展開。


ストーリー 
天才ピアニスト・BABYというもう一つの顔を持つ、ペルソナ総合医療センターの産婦人科医・鴻鳥サクラ(綾野剛)は、生まれてすぐにシングルマザーだった母を亡くし、乳児院と児童養護施設で育った過去を持つ。サクラは「生まれてきた全ての赤ちゃんに“おめでとう”と言いたい」という願いのもと、産婦人科医として命の現場に寄り添ってきた。

そしてこの1年半の間に、研修医だった下屋加江(松岡茉優)や白川領(坂口健太郎)も専門医として正式に配属され、それぞれ成長を遂げていた。

一方、サクラも産婦人科医としてのあり方を見詰め直す“事件”を経験し、あらためて自身の将来を見据え始めていた。


キャスト
綾野剛
鴻鳥サクラ 役
ペルソナ総合医療センターの産婦人科医。生まれてすぐに母を亡くし、乳児院と児童養護施設で育った。「生まれてきた全ての赤ちゃんに“おめでとう”と言いたい」と願う、愛情深い性格。天才ピアニスト・BABYという顔も持つ。

松岡茉優
下屋加江 役
ペルソナ総合医療センターの産婦人科医。研修医を終えて専門医となり、サクラのように患者の立場に立って物事を考えられる医師を目指す。

吉田羊
小松留美子 役
ペルソナ総合医療センターの助産師長。サクラを研修医のころに指導しており、「BABY」であることも知っている。助産師としてキャリアを積み、“次のステップ”を考え始める。

坂口健太郎
白川領 役
ペルソナ総合医療センターの新生児科の医師。下屋とは同期で、研修医をへて専門医となる。代々続く医師の家庭に育ち、実家の医院を継ぐことを望まれている。

星野源
四宮春樹 役
ペルソナ総合医療センターの産婦人科医。優秀な腕を持ち、サクラとは同期。人情派のサクラに対して、理論派で冷徹だが、お互いに尊敬し合っている。

大森南朋
今橋貴之 役
ペルソナ総合医療センターの新生児科の部長。産婦人科も含めた周産期センター長も兼任する。愛想がなく、口数も少ないが、小児医療に熱い思いを抱く。

スタッフ
原作 - 鈴ノ木ユウ『コウノドリ』(講談社『モーニング』連載)
脚本 - 坪田文、矢島弘一、吉田康弘
ピアノテーマ・監修・音楽 - 清塚信也
音楽 - 木村秀彬
取材協力 - 荻田和秀(りんくう総合医療センター産婦人科医)、豊島勝昭(神奈川県立こども医療センター新生児科医)、室月淳(宮城県立こども病院産科医)
プロデューサー - 那須田淳、峠田浩
企画 - 鈴木早苗
演出 - 土井裕泰、山本剛義、加藤尚樹
製作著作 - TBS

主題歌 - Uru「奇蹟」


各話あらすじ
第1話 2017年10月13日「命についてすべてのこと」※初回15分拡大SP(22:00 〜 23:09)
 産科医としてキャリアを重ねてきたサクラ(綾野剛)。研修医だった下屋(松岡茉優)と白川(坂口健太郎)もそれぞれ産科と新生児科の専門医となり、共に「ペルソナ総合医療センター」で働いている。ある日、サクラと助産師・小松(吉田羊)は耳の聞こえない妊婦・マナ(志田未来)を担当することに。一方、サクラの同僚・四宮(星野源)はキャリアウーマンの妊婦・彩加(高橋メアリージュン)を診察。赤ちゃんに疾患が見つかる。

第2話 2017年10月20日「母と子、答えなき命の選択」
 ある日、診察に来た妊娠19週の妊婦・佐和子(土村芳)は、サクラ(綾野剛)に子宮頸部腺がんと診断される。がんの進行が早く、まだ完全に佐和子のお腹の中で育っていない赤ちゃんをどの段階まで成長させるか、佐和子の治療をどこまで遅らせるのか、非常にシビアな決断が久保夫婦に迫る。

第3話 2017年10月27日「母を救え産後うつと無痛分娩」
 サクラ(綾野剛)は心臓病を患う妊婦・麗子を担当する。麗子は非常に素直な性格で、迷信に右往左往したり、周囲のアドバイスで過剰な行動に出たりするなど次々に騒動を起こし、サクラをあぜんとさせる。一方、子育てと仕事の両立に悩む彩加(高橋メアリージュン)が「産後うつ」になっている可能性が浮上。四宮(星野源)や小松(吉田羊)たちが対策を考える中、サクラはかつて担当したある妊婦のことを思い出す。

第4話 2017年11月3日「自然分娩良い母になるリスク」
 研修医・吾郎(宮沢氷魚)が報告を怠ったことで妊婦の体が危険にさらされた。サクラ(綾野剛)たちがすぐに対応したため、大事には至らなかったものの、四宮(星野源)は吾郎を「使えない」と切って捨てる。そんな折、サクラは「トーラック」を希望する妊婦・蓮(安めぐみ)を担当する。トーラックとは、帝王切開の次の出産で自然分娩をすること。「リスクを伴う出産になる」とサクラは念を押すが、蓮は譲ろうとしない。

第5話 2017年11月10日「ママが、あなたにできること」
 サクラ(綾野剛)は妊婦・瑞希を診察。早産になりやすい状態のため、すぐに入院してもらうことになる。不安を隠せない瑞希だが、先に入院していた同室の妊婦・ひかるが話し掛けてきて、2人は仲良くなる。一方、下屋(松岡茉優)が緊急の帝王切開を担当して生まれた赤ん坊の両親が病院を訪れる。赤ん坊は超低出生体重児で、手術が必要な状態だ。だが、両親は出産時の病院側の対応に不満があり、手術に同意しないと言う。

第6話 2017年11月17日「母子を救え!チーム救命医療」
 一人前になりたいと焦る下屋(松岡茉優)は、ヘルプに入った産婦人科医院で、切迫早産で入院中の妊婦・カエを診察する。2人は同じ名前ということもあって仲良くなる。ある日、下屋はカエの様子がおかしいことに気付き、院長に報告。週明けに検査をすることになったが、程なく、ペルソナ総合医療センターにカエが緊急搬送されてくる。ペルソナに戻っていた下屋がショックを受ける中、サクラ(綾野剛)らは手術を行うが…。

第7話 2017年11月24日「母になる人生、ならない人生」
 仕事中に突然、小松(吉田羊)が倒れた。検査の結果、子宮の病気がかなり進行していることが判明。サクラ(綾野剛)と四宮(星野源)は子宮の全摘出がベストだと判断するが、小松は迷う。一方、下屋(松岡茉優)は異動先の救命科で何もできない自分を痛感していた。産婦人科には下屋の代わりに、仕事と子育てを両立させるシングルマザー・倉崎(松本若菜)が。彼女は優秀だが周囲に頼ろうとせず、サクラたちを心配させる。

第8話 2017年12月1日「医師の決意!病院を辞めます」
 四宮(星野源)はサクラ(綾野剛)に常位胎盤早期剥離の研究のため一度病院を離れるつもりだと告げる。その矢先、父親が倒れたと連絡を受け、四宮は帰郷。そんな中、サクラは妊婦・真帆の出産を担当する。白川(坂口健太郎)の的確な処置を助けになんとか取り上げられたものの、赤ん坊は低酸素状態に陥っていた。白川は真帆と夫に心配ないと伝えるが、サクラと今橋(大森南朋)は自らを過信する様子の白川に不安を隠せない。

第9話 2017年12月8日「不育症…世界一の味方は誰?」
 サクラ(綾野剛)は3回目の流産が判明した妊婦・沙月を診察する。原因を知りたいと思い詰める沙月は、不育症の検査を希望。サクラや小松(吉田羊)は沙月の苦しみに寄り添おうとする。下屋(松岡茉優)は、救命科に研修に来た吾郎(宮沢氷魚)と急患の処置に当たるものの、何もできず立ち尽くす。一方、石川に帰省した四宮(星野源)は、産科医の父・晃志郎(塩見三省)の受け持つ妊婦が早期胎盤剥離を起こしたことを知り…。

第10話 2017年12月15日「家族を作ること…出生前診断」
 サクラ(綾野剛)は羊水検査を希望する妊婦・透子を診察する。透子は別の病院で出生前診断を受け、おなかの子がダウン症候群の可能性が高いと診断されていた。サクラはまだ現実を受け止めきれない透子と夫・光弘に、検査の結果が出る前に今後どうするかを話し合っておくよう語りかける。一方、やはりおなかの子がダウン症候群と診断された信英・明代夫妻。2人は長女のことや生活のことを考え、中絶を希望する。

各話視聴率


番組公式サイト
コウノドリ

『コウノドリ 第2シーズン TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユニバーサル広告社〜あなたの人生、売り込みます!〜 TOP

『ユニバーサル広告社〜あなたの人生、売り込みます!〜』は、2017年10月20日から同年12月1日まで、毎週金曜日20:00 - 20:54に、テレビ東京系の『金曜8時のドラマ』で放送された。全7話。


原作概要
『ユニバーサル広告社シリーズ』(ユニバーサルこうこくしゃシリーズ)は、荻原浩による小説シリーズ。

2016年12月29日にテレビ東京系で『なかよし小鳩組』を原作にスペシャルドラマ化され、2017年10月期には『花のさくら通り』を原作に連続ドラマ化された。


スペシャルドラマ版
『ダメ父ちゃん、ヒーローになる! 崖っぷち!人情広告マン奮闘記』のタイトルで、2016年12月29日木曜21時 - 23時8分にヒューマンドラマスペシャルとしてテレビ東京で放送された。主演は沢村一樹。


連続ドラマ版概要
累計37万部を売り上げた直木賞作家・荻原浩の“ユニバーサル広告社”シリーズの「花のさくら通り」を連続ドラマ化。港町の寂れたシャッター商店街に事務所を移転した弱小広告会社「ユニバーサル広告社」の奮闘を描く、家族そろって楽しめるヒューマンコメディー。

昨年末に放送したスペシャルドラマ「ダメ父ちゃん、ヒーローになる!崖っぷち!人情広告マン奮闘記」(同系)の続編にあたり、主人公のコピーライター・杉山を沢村一樹が演じ、脚本を岡田惠和、監督を川村泰祐が引き続き務める。岡田は、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」後、初めてのドラマ脚本となる。


ストーリー 
杉山(沢村一樹)は、かつて一流広告代理店に勤務し、数多くのプロジェクトを成功させてきた売れっ子で、時代の寵児といわれた時もあった広告マン。自分の力を信じて、大手広告代理店を飛び出し独立を考えたが、そううまくは行かず、弱小広告会社「ユニバーサル広告社」に拾われた。

不運は続き、不景気のために都内のオフィスから移転を余儀なくされ、小さな港町にある寂れたシャッター商店街にたどり着いた「ユニバーサル広告社」。新天地で、弱小広告会社の新たな奮闘が始まる。


キャスト
共通
杉山 利史(ユニバーサル広告社社員) - 沢村一樹

スペシャル
石原 幸子(杉山の元妻) - 広末涼子

石原 早苗(杉山の娘) - 鈴木梨央

石井(ユニバーサル広告社社長) - 小堺一機

猪熊 エリカ(ユニバーサル広告社社員) - 臼田あさ美

村崎(ユニバーサル広告社社員) - 柄本時生

西脇 勝也(小鳩組員) - 上杉柊平

小鳩 源六(小鳩組長) - 伊武雅刀

河田 薫(小鳩組員) - 杉本哲太

その他 - 渡辺邦斗、ダンディ坂野、山上賢治、高澤父母道、田村幸士、込江海翔、サイラス・ジュイ、木村英里、辞本直樹 ほか

連続ドラマ
石井 健一郎(ユニバーサル広告社社長) - 三宅裕司

猪熊 エリカ(ユニバーサル広告社社員) - 片瀬那奈

村崎 六郎(ユニバーサル広告社社員) - 要潤

藤沢 さくら(純喫茶「ジュルビアン」の看板娘) - 和久井映見

一の瀬 始(カフェ「かもめ」店主)- 入江甚儀

城田 光 - やついいちろう

藤沢 宏(純喫茶「ジュルビアン」店主、さくらの父) - でんでん

スタッフ
原作 - 荻原浩『なかよし小鳩組』(SP)、『花のさくら通り』(連続ドラマ)
脚本 - 岡田惠和、谷口純一郎(連続ドラマのみ)
主題歌 - GLAY「あなたといきてゆく」(ポニーキャニオン/LSG)(連続ドラマ)
音楽 - 平沢敦士(連続ドラマ)
選曲 - 石井和之(連続ドラマ)
監督 - 川村泰祐、及川拓郎(連続ドラマのみ)
ランニング監修 - 齊藤太郎(NPO法人ニッポンランナーズ)(SPのみ)
脚本スタッフ - 中村千明(SPのみ)
アクションコーディネート - 釼持誠(SPのみ)
技術協力 - ビデオフォーカス
美術協力 - アックス
サウンドデザイン - スポット
ロケ協力 - 高崎市、高崎フィルム・コミッション、綾瀬ロケーションサービス ほか
プロデューサー - 田淵俊彦(テレビ東京)、渡辺良介(大映テレビ、ラフ・アット)、熊谷理恵(大映テレビ)、中川順平(連続ドラマのみ・テレビ東京)、小松幸敏(連続ドラマのみ・テレビ東京)
制作協力 - 大映テレビ
製作著作 - テレビ東京


各話あらすじ(2017年10月20日 - 12月1日)全7話 平均視聴率 3.99%
第1話 2017年10月20日「岡田恵和脚本・夢かなえる4人組が奮闘」 視聴率 4.4%
 杉山利史(沢村一樹)は元“売れっ子広告マン”。自信過剰で大手代理店を飛び出すも、職に就けず、弱小代理店「ユニバーサル広告社」社長・石井健一郎(三宅裕司)に拾われる。会社は移転を繰り返し、遂に港町の寂れた商店街へ。移転した当日、ある取引先から無理難題が舞い込む。杉山たちはそのピンチを乗り切れるのか…!?商店街を舞台に人々の絆と笑顔を取り戻すために、ユニバーサル広告社が奮闘する!

第2話 2017年10月27日「商店街を生き返らせて下さい!老舗和菓子店のピンチを救え!」 視聴率 4.4%
 杉山(沢村一樹)が働くユニバーサル広告社に朝早くから一人の来客が、それは鶴亀会館・社長鶴田(甲本雅裕)だった。提案された案どちらが良いか決め兼ねていると言う。そこに大学生・嶋田武弘(森下大地)が広告の依頼に訪れる。石井社長(三宅裕司)は実家を継ぎたい、流行らせたいと語る武弘に感心し、一度店舗を見て宣伝展開を考えたいと申し出たが拒まれ依頼は破談に…。そんな中、さくら(和久井映見)に誘われ、一行はお通夜に出席することに、そこには武弘の姿も。依頼の件には触れずにいた杉山たちだったが、光(やついいちろう)と、さくらの父・宏(でんでん)が加わり意外な展開に…「商店街に魔法をかけて」さくらの願いと秘密とは!結婚式場の運営と未来を懸け悩む鶴田が下す運命の決断は一体!? ユニバーサル広告社が絆と笑顔のために奮闘する!!

第3話 2017年11月3日「崖っぷち魚屋母娘に笑顔を!奇跡を起こす愛のレシピで勝負!」 視聴率 4.1%
 港町のシャッター商店街に引っ越してきたユニバーサル広告社。いつも空回りばかりの石井社長(三宅裕司)が朗報を持ち込む。広告社が冷凍食品のコンペ最終2社に残ったのだ。ライバルは杉山(沢村一樹)がかつて働いていた大手代理店・博王堂。相手に不足はない!杉山と村崎(要潤)は会社でコンペ案に磨きをかける。そんな中、さくら(和久井映見)が鮮魚店の女店主・節子(高橋ひとみ)からの依頼を持ち込んでくる。一人で切り盛りする店に、客を呼び込んでほしいというのだ。広告社は急に忙しくなりだす。そんな状況で、杉山が妙案を思いつけずすっかり煮詰まっていると、節子の娘・加奈(工藤綾乃)がやって来て「母の依頼を撤回したい」と直訴…!?そして自他共に認める広告センスゼロの社長が恐る恐る放った一言とは…!?ユニバーサル広告社が人々の絆と笑顔のために奮闘する!!

第4話 2017年11月10日「私を広告して!絶世の美女20年ぶりに降臨悲恋のマドンナを救え」 視聴率 3.8%
 杉山(沢村一樹)は元船具屋で古い写真の中から、ひときわ美しい女性を見つける。美女は永山サキ(大空眞弓)、通称「坂の上の姫・サキ様」と呼ばれ、商店街では知らない人がいない伝説の令嬢だった。杉山は気高く美しい笑顔に、思わず一目ぼれするが、生きていても齢80近いおばあちゃん…そんな中、サキがさくら(和久井映見)に連れられて、突然広告社にやって来た!驚く杉山を前に、サキは「私を広告してください」さらに「世界中に知らせてほしい」と頼むのだった。彼女の依頼に秘められた思いとは!?伝説の令嬢が20年ぶりに現れたことで商店街はにわかに活気づいてく…。杉山たち弱小広告社が人々の絆と笑顔のために奮闘する!!

第5話 2017年11月17日「逆境ラーメン屋を立て直せ!商店街マップに涙の秘策があった」 視聴率 5.0%
 杉山(沢村一樹)はさくら(和久井映見)の提案で、各店舗のアピールポイントを載せた商店街マップを作ることに。そんな中、商店街でラーメン店を営む三浦(高杉亘)が広告依頼に来る。普段は定時で帰る事務兼経理担当の猪熊(片瀬那奈)が熱意を見せ、残業続きで三浦と新しいラーメン作りに挑む。そんな三浦をホステス・千絵(田中美奈子)が温かく見守っていた。一方、杉山はマップを作る中で、商店街に共通する持ち味に気付く。

第6話 2017年11月24日「弱小商店街を世界へキーワードは…看板娘一発逆転の最終手段」 視聴率 3.3%
 さくら(和久井映見)の喫茶店で商店街総会が開かれていた。面倒なことに巻き込まれる予感がした杉山(沢村一樹)は避けて通ったが、暇で会社を追い出された石井(三宅裕司)が喫茶店に足を踏み入れ、商店街活性化のコンサルタント契約を結んできてしまう。しかし、勝算はほとんどなく、杉山たちは手始めに一の瀬(入江甚儀)が手掛けた商店街のホームページを作り直すことに。一の瀬は、仕事に没頭する杉山たちの姿に感化される。

最終話 2017年12月1日「寂れた商店街が映画の舞台に!?住民総出で奇跡のフィナーレ!」 視聴率 2.9%
 杉山(沢村一樹)たちはコンサルタント契約の第1弾として商店街のホームページを完成させる。だが、その先のアイデアがなかなか浮かばない。そうとも知らず完成に沸き立つ商店街の人々を見て、杉山たちは責任の重さを感じる。そんな中、ホームページを見て「映画のロケ地候補にしたい」という打診が。相手は有望な若手監督・佐伯(長田成哉)だという。話はあっという間に広まり、さくら(和久井映見)らは舞い上がる。


番組公式サイト
ユニバーサル広告社シリーズ - Wikipedia

『ユニバーサル広告社〜あなたの人生、売り込みます!〜 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

Re:Mind TOP

『Re:Mind』(リマインド)は、2017年10月19日から同年12月28日まで、毎週金曜 1:00 - 1:30(木曜 25:00 - 25:30)にテレビ東京系列の木ドラ25枠内で放送中。2017年10月13日からNetflixで先行配信される。


概要
秋元康がプロデュースするアイドルユニット・けやき坂46(ひらがなけやき)の12人が、秋元が企画・原作を手掛ける密室サスペンスドラマで、連続ドラマ初主演を果たす。

メンバーが演じるのは、同じ高校のクラスメート。知らない間に古い洋館の一室に閉じ込められてしまった彼女たちが、さまざまな困難と出遭い、それを乗り越えて、脱出できるかどうかが見どころとなる。


ストーリー 
古い洋館の一室で、少女たち(けやき坂46)が眠っている。ある少女が目を覚ますと、目の前には大きなテーブルがあり、それを囲むように座らされているのが、赤い袋を被された高校のクラスメートたちだと知る。

1人、また1人と目を覚ましては、パニック状態に陥っていく少女たち。そして、最後の少女・齊藤(齊藤京子)が目を覚ました時、彼女たちの恐ろしい状況が明らかになる。少女たちを閉じ込めたのは一体誰なのか? 果たしてその目的とは?


キャスト
齊藤京子
齊藤京子 役
洋館に閉じ込められた少女たちの中で、一番最後に目を覚ました少女。気が付くと密室に閉じ込められていたという異常な状況に、パニックになり、泣き叫んだり、けんかをする者などが出る中、混乱するクラスメートたちの発言に冷静なツッコミを入れるなど、肝の据わった姿を見せる。


スタッフ
企画・原作 - 秋元康
脚本 - 室岡ヨシミコ、田中洋史、保坂大輔
音楽 - 牧戸太郎
プロデューサー - 大和健太郎、江川智、野村敏哉
共同プロデューサー - 成田岳
アソシエイトプロデューサー - 小林史憲
コンテンツプロデューサー 滝山直史、鎌仲佑允
監督 - 内片輝、石田雄介、頃安祐良、古川豪
制作 - テレビ東京、ADKアーツ


主題歌 - けやき坂46「それでも歩いてる」


各話あらすじ
第1話 2017年10月19日
 古い洋館の一室。部屋にある大きなテーブルのまわり、赤い袋を被らされた制服姿の少女達(けやき坂46)が眠っている。1人また1人と目を覚まし始め、気づくとそこにいたのは全員高校のクラスメイト達だった…。突然の状況に混乱が押し寄せるなか、なぜこの場所に集められ、このような異常な状況にあるのか、原因や脱出する方法を必死に考える少女達は、1つの空席に目を向ける。その間にも絶え間ない恐怖と憔悴が彼女達を襲い―

第2話 2017年10月26日
 椅子に座らされ、足枷で身動きすらとれない状況の中、井口眞緒(本人)が忽然と姿を消した――。緊迫感と恐怖が蔓延する中、それぞれが必死に逃げ出す手段や助けを呼ぶ方法を探す。そんな中、佐々木美玲(本人)は、部屋の中を見回すうちにあるものに気づいた。なぜ、眞緒は消えたのか。この場所の意味とは。そして彼女が導き出した、ここに集められたメンバーの「共通点」とは…

第3話 2017年11月2日
 井口眞緒(本人)に続いて東村芽依(本人)も姿を消し、密室内は更なる混乱に陥る。次は誰が消えるのかという恐怖心と焦りの中、この監禁はいじめに対する渡邉美穂 (本人)からの復讐なのではないかと考えた少女達がはじめたのは、「ある事件」の犯人捜しだった―。思い出そうとする者、隠す者、暴く者、その中で少しずつ明らかになってゆく過去の出来事と、その真相とは…

第4話 2017年11月9日
 2人に続き潮紗理菜(本人)も消え、残されたのは8人に。困惑する彼女達のもとに、一斉にツイッタ―の通知が。投稿されたメッセージの内容とは…そして議論は更なる展開へ。学校から姿を消した渡邉美穂(本人)が最も恨んでいたのは誰なのか?齊藤京子(本人)は、この部屋の仕組みとある事件の関連性を指摘する。応酬が激しくなってゆくなか、ドアの外から不気味な音が―

第5話 2017年11月16日
 赤い袋を被った執事がベルを鳴らすとまた1人消え、恐怖で怯える7人。彼女達を監禁したのはこの男なのか?そんな中、男は飲み物を配膳。7人はそれも何かを「思い出す」ための鍵だと必死に記憶をたどらせる。行き当たったのは、ツイッターアカウント「真っ白な正義」にあげられたとある活動。男はそのときの関係者で、復讐のために彼女達を集めたのだろうかと思い至るが―

第6話 2017年11月23日
 部屋が明転し明らかになった執事の正体は、暴力事件がきっかけで学校をクビになった元担任の林友幸(宮川一朗太)だった。失業後、“セクハラ教師”だったとツイッターアカウント「真っ白な正義」に投稿された事で大切なものを失う羽目になったという林。少女達は、彼から自分達の行ってきた「正義」の意義を問いただされ困惑してゆく。全ては林の復讐心による犯行だったのか…

第7話 2017年11月30日
 仲間に続き、監禁の犯人かと思われた元担任の林友幸(宮川一朗太)までもが姿を消し、密室内は恐怖と混乱に包まれる。脱出のため、部屋を見回し“思い出す”ためのヒントを探し続ける7人。そんな中、柿崎芽実(本人)は1つの絵画に見覚えがある事に気づく。どうやらここにいるメンバーで、渡邉美穂(本人)の彼氏の別荘を訪ねたときに見かけたものらしい。偶然?それとも…

第8話 2017年12月7日
 また1人消え、部屋に残されたのは6名に。そんな中、長い間声が出なくなっていたはずの加藤史帆(本人)が実は喋れることが判明する。嘘をついた理由を問い詰める少女達に、最初は本当に声が出なかったという加藤が語り始めたのは、そのきっかけとなったある「事件」の事で…。その最中、急に部屋の電気が消え高本彩花(本人)は以前、街であった停電について「思い出す」。

第9話 2017年12月14日
 部屋が大きく揺れ始め、残された5名はパニック状態に。渡邉美穂(本人)が自殺しているのだとしたら、誰が自分たちを閉じ込めたのか?佐々木美玲(本人)は、渡邉の父親が復讐のために仕組んだ事なのではないかと推測する。渡邉の父親について思い出そうとする美玲に他の少女達も同調し始め議論を進める中、高本彩花(本人)と齊藤京子(本人)の秘密の活動が明らかになり―

第10話 2017年12月21日
 次々と仲間が消え、室内は混乱状態が続く。元担任の林(宮川一朗太)や渡邉美穂(本人)の父親が犯人ではないとしたら一体誰が何のために…?部屋を見渡しながら犯人に関する推理を続ける少女達。そして柿崎芽実(本人)は、誰かが嘘をついていて真犯人はこの中にいると推測し、お互いに疑い始め言い争う。果たして、身動きがとれない少女達は、なにを思い出していくのか…


番組公式サイト
Re:Mind - Wikipedia
タグ:Re:Mind

『Re:Mind TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラック・リベンジ TOP

『ブラック・リベンジ』は、2017年10月5日から同年12月7日まで、毎週木曜日23時59分 - 翌0時54に、日本テレビ系で放送された。全10話。主演は木村多江。


概要
かつて、自殺によって夫を失った主人公が、スキャンダルをでっち上げ、夫を陥れた人間を追い詰めていく痛快な復讐劇。“復讐の鬼”と化す週刊誌の契約ライター・今宮沙織を、民放連続ドラマでは初主演となる木村多江が演じる。

元「週刊文春」のエース記者として知られるジャーナリスト・中村竜太郎が本作を監修。不倫議員、ハニートラップ、罵倒音声など、実際に世間を騒がせたスキャンダルのエッセンスを取り入れ、人間の本性を赤裸々に描く。


ストーリー 
世間を揺るがす特大ネタが評判で、売り上げを伸ばす週刊誌「週刊星流」。その編集部で契約ライターとして働く今宮沙織(木村多江)は、スキャンダルに強烈な執念を持ち、周囲がひるむような場所にも平気で潜入して数々のスキャンダルをスクープする冷徹な記者だ。

実は、沙織の夫は、将来有望な政治家だったが、でっち上げられたスキャンダルを苦に自殺していた。沙織は、夫が遺言として残した、ゲス不倫政治家、ハニートラップでのし上がったアイドル、悪徳女社長の3人を相手にスキャンダルのネタを見つけ出し、世にさらして社会的に抹殺しようと奮闘する。


キャスト
木村多江
今宮沙織 役

人気週刊誌「週刊星流」の契約ライター。新人ながら数々のスキャンダルをスクープしている。5年前、政治家である夫の圭吾と、おなかの中の第1子と共に幸せに暮らしていたが、「週刊星流」に圭吾の金銭トラブルと愛人スキャンダルを報じられ、圭吾は自殺。流産してしまう。

佐藤二朗
福島勲 役
「週刊星流」の編集長。温厚で部下からの信頼も厚く、慕われている。仕事熱心で雑誌の売り上げを伸ばすことを第一に考えている。「読者が今見たいもの」と感じれば、どんなスキャンダルもちゅうちょなく掲載する。

平山浩行
天満龍二 役
正義感あふれる「週刊星流」編集部デスク。しっかり者で仕事熱心な編集部のエース的な存在。圭吾のスキャンダルを掲載した張本人だが、ねつ造の真相は知らない。沙織にいち早く違和感を持ち、情報屋を雇って素性を調べさせる。後に沙織から5年前の真相を打ち明けられ、ある選択を迫られることになる。

堀井新太
高槻裕也 役
圭吾の元秘書。圭吾を尊敬しており、良きパートナーとして支えていた。圭吾の自殺後は、政界を引退し投資家となって成功を収め、バーを経営している。沙織の気持ちをくんで陰ながら助けていくが、復讐に駆られる沙織を見て、復讐をやめさせたいと思うようになる。

鈴木砂羽
糸賀朱里 役
精神科医。沙織の妹・綾子の紹介で沙織の担当医として精神のケアを行う。沙織も心を開いており、自らの悩みを吐露するが、実際は沙織の復讐心を洗脳に近いほど過度にあおっている。


スタッフ
脚本:佐藤友治
演出:大谷太郎
プロデューサー:柿本幸一、田中壽一、福田浩之、尾上貴洋

主題歌:闇に咲く花 〜The Catastrophe〜/SING LIKE TALKING feat.サラ・オレイン


各話あらすじ 平均視聴率 3.53%
第1話 2017年10月5日「スキャンダルな復讐劇」 視聴率 3.7%
 人気週刊誌「週刊星流」の契約ライター・沙織(木村多江)は、星流で働き始めてまだ3カ月だがスクープ記事を連発。しかし、その情報源は編集長の福島(佐藤二朗)にも決して明かさず、取材もいつも単独行動だ。アイドルの熱愛をスクープした沙織は、続いて人気政治家・塚本(神尾佑)の愛人問題を取材すると言い出す。実は、塚本のスキャンダルを暴いて失脚させるのが、偽名を使って星流に入った沙織の目的の一つだった。

第2話 2017年10月12日「ゲス女優の炎上結婚式」 視聴率 3.1%
 沙織(木村多江)は、青年実業家・有島(永岡佑)との結婚を発表したばかりの人気女優・サユミ(芹那)の取材に着手。夫・圭吾(高橋光臣)を死に追い込んだ偽の不倫ベッド写真で、顔を隠して一緒に写っていた女が無名時代のサユミだったのだ。一方、デスクの天満(平山浩行)は今回も沙織に芦原(岡野真也)を同行させ、さらに便利屋の城田(DAIGO)にその素性を調べさせる。

第3話 2017年10月19日「美人社長とゲス美少年」 視聴率 3.4%
 沙織(木村多江)は、青年実業家・有島(永岡佑)との結婚を発表したばかりの人気女優・サユミ(芹那)の取材に着手。夫・圭吾(高橋光臣)を死に追い込んだ偽の不倫ベッド写真で、顔を隠して一緒に写っていた女が無名時代のサユミだったのだ。一方、デスクの天満(平山浩行)は今回も沙織に芦原(岡野真也)を同行させ、さらに便利屋の城田(DAIGO)にその素性を調べさせる。

第4話 2017年10月26日「美少年愛人クラブの闇」 視聴率 3.7%
 沙織(木村多江)は、南條(横山めぐみ)に復讐するつもりが逆にわなにはめられ、違法取材の証拠写真を撮られてしまう。心配した高槻(堀井新太)は復讐をやめるよう説得するが、沙織は聞く耳を持たない。沙織が復讐に固執する理由を探るため、高槻はカウンセラーの朱里(鈴木砂羽)と会う。一方、沙織は自分の正体を突き止め金を要求してきた城田(DAIGO)が、妹の綾子(中村映里子)親子にも接触したと知り、焦りを募らせる。

第5話 2017年11月2日「黒幕はねつ造編集長!」 視聴率 3.9%
 夫・圭吾(高橋光臣)を死に追い込んだ記事を捏造(ねつぞう)した黒幕が編集長の福島(佐藤二朗)だったと判明。沙織(木村多江)は、福島を新たな復讐の標的に定める。一方、沙織を脅迫していた城田(DAIGO)が転落死した。城田の残した資料で沙織の正体を知った天満(平山浩行)は、彼女が城田を殺したのではないかと疑う。天満に問い詰められた沙織は、彼が5年前に福島の指示で書いた圭吾の記事が捏造だったことを告げる。

第6話 2017年11月9日「亡き夫が妹と不倫!?」 視聴率 3.9%
 「星流」最新号に掲載されるはずだった福島(佐藤二朗)を告発する記事が握りつぶされた。代わりに掲載されたのは、沙織(木村多江)の妹・綾子(中村映里子)と圭吾(高橋光臣)の愛人関係を暴露するスキャンダル記事。記事を差し替えたのは、沙織たちの計画に気付いていた福島本人だった。沙織は、捏造(ねつぞう)記事で再び圭吾をおとしめた福島を許せない。しかし、記事の内容は事実だという福島は、証拠の動画を沙織に見せる。

第7話 2017年11月16日「ゲス不倫の重い代償」 視聴率 3.8%
 妹の綾子(中村映里子)と亡夫・圭吾(高橋光臣)の不倫を知った沙織(木村多江)は、朱里(鈴木砂羽)の元に身を寄せ、抜け殻のような日々を送っていた。綾子は記事を読んだ周囲の人々から好奇の目を向けられ、いたたまれない。追い打ちをかけるように「星流」の記者がつきまとい、何も知らない息子の悠斗(佐藤令旺)からは「ふりんって何」と問われた綾子は、胸が締め付けられる。同じ頃、朱里は沙織に内緒で福島(佐藤二朗)と会う。

第8話 2017年11月23日「ゲス編集長と最終対決」 視聴率 2.8%
 福島(佐藤二朗)に先手を打たれ、復讐が果たせない沙織(木村多江)は、ひと思いにナイフで殺してしまおうと機会をうかがう。そんな沙織を心配して芦原(岡野真也)が自宅を訪ねてきた。芦原は、自分のことなど忘れ好きな道に進めと話す沙織の変化に戸惑う。天満(平山浩行)も沙織にはもう関わるなと忠告。それでも1人で捏造(ねつぞう)の証拠を捜す芦原は、福島が資料の保管場所として利用しているトランクルームを突き止める。

第9話 2017年11月30日「最終章!真の復讐とは」 視聴率 3.5%
 記事の捏造(ねつぞう)が発覚した福島(佐藤二朗)は、マスコミから激しく追及される。沙織(木村多江)はそれでも満足できず、福島が地獄の底に落ちるまで見届けるつもりだ。綾子(中村映里子)は、復讐を終えた沙織が死を選ぶのではないかと心配し、朱里(鈴木砂羽)に助けを求める。そんな中、ついに「星流」が廃刊に追い込まれた。高笑いする沙織に、ある人物から電話が入る。

最終話 2017年12月7日「暴かれる復讐の真相!」
 朱里(鈴木砂羽)は、綾子(中村映里子)の息子・悠斗(佐藤令旺)を人質にして沙織(木村多江)をおびき寄せる。一方、沙織は朱里からのメッセージに書かれていた25年前のことに心当たりがない。検索すると、25年前に中学校の同級生が自殺した記事が見つかる。沙織が廃校になった母校に駆け付けると、朱里が待ち構えていた。警察に捕まった高槻(堀井新太)は、朱里のクリニックで遺体が見つかったと聞き、沙織の身を案じる。


番組公式サイト
ブラックリベンジ - Wikipedia

『ブラック・リベンジ TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

刑事ゆがみ TOP

2017年10月12日から同年12月14日まで、毎週木曜日22時 - 22時54分にフジテレビ系『木曜劇場』枠で放送された。全10話。主演は浅野忠信。


原作概要
『刑事ゆがみ』(けいじゆがみ)は、井浦秀夫による漫画である。『ビッグコミックオリジナル』(小学館)にて、2016年10号から連載中。単行本は既刊3巻。


ドラマ概要
原作は「弁護士のくず」などで知られる井浦秀夫の同名コミック。独特な推理力を持ち、違法捜査も日常茶飯事の刑事・弓神適当(ゆがみゆきまさ)と、真面目で正義感あふれる新米刑事・羽生虎夫の凸凹バディが犯罪を解決する、1話完結の刑事ドラマ。


ストーリー 
みんなが信じている人物や物事を、先入観ゼロで観察し、人の心の奥底に潜む闇を見抜く刑事・弓神適当(浅野忠信)は、真実解明のためには違法捜査もいとわず、事件を解決する。弓神の相棒である羽生虎夫(神木隆之介)は、成績優秀で真面目、強い正義感故に弓神に振り回されてしまう後輩の刑事だ。そんな凸凹バディが、さまざまな難事件を解決していく。


キャスト
弓神 適当(ゆがみ ゆきまさ) - 浅野忠信
独特な推理力を持つ、天才で偏屈な刑事。真実解明のためには違法捜査もいとわず、相手が誰であろうが常識やレッテルに惑わされない。普段は、腹黒くゆがんだ性格の変わり者だが、事件の捜査になると、鋭い観察眼を武器に、犯罪者たちの心を見抜き、巧みな話術でその化けの皮をはがしていく。

羽生 虎夫(はにゅう とらお) - 神木隆之介
弓神の相棒の新米刑事。成績優秀、真面目で強い正義感を持つが、犯人をどんどん捕まえて点数を上げたいという腹黒さも併せ持つ。違法捜査だらけの弓神に振り回される。

菅能 理香(かんの りか) - 稲森いずみ
弓神と羽生が所属する、うきよ警察署刑事課強行犯係の係長。警部補。男社会の警察の中でも力強く生き残り、弓神とは対照的に出世した。弓神とは警察学校時代からの同期。管理職として自分勝手な弓神にいつもイラつきながらも、刑事としての優秀さは信頼しており、いざという時は味方をする。羽生には弓神が持っている刑事という仕事の神髄を学んでほしいと思っている。

多々木 挙男(たたき あげお) - 仁科貴
うきよ警察署刑事課強行犯係の中で一番の年長者で、弓神や羽生を温かく見守るベテラン。

町尾 守(まちお まもる) - 橋本淳
うきよ警察署刑事課強行犯係の中堅刑事。強行犯係を支えるしっかり者。

氷川 和美(ひかわ かずみ) - 山本美月
中性的な敏腕ハッカー。豊富なサイバー知識を生かしたリサーチ能力などで、弓神の捜査をサポートする。警察組織には属さず、弓神の独自調査にも同行。過去に巻き込まれた大きな事件によって声を失っており、実は弓神との間には深い因縁がある。

スタッフ
原作 - 井浦秀夫『刑事ゆがみ』(小学館「ビッグコミックオリジナル」連載中)
脚本 - 倉光泰子、大北はるか、藤井清美
主題歌 - WANIMA「ヒューマン」
プロデュース - 藤野良太、高田雄貴
演出 - 西谷弘、加藤裕将、宮木正悟
制作 - フジテレビ


各話あらすじ 平均視聴率 6.50%
第1話 2017年10月12日「超適当偏屈自分勝手非常識遅刻常習犯KY問題児、だけど天才」※初回15分拡大(22:00 〜 23:09)
 うきよ署の弓神(浅野忠信)は、違法捜査も平然と行う適当な天才刑事。真面目で正義感が強いバディの羽生(神木隆之介)は、振り回されてばかりいる。ある朝、歩道橋下で女子大生・マイ(小倉優香)の遺体が見つかり、転落事故と思われた。しかし、弓神は事件だとにらみ、マイが電車で痴漢被害に遭ったことを同じ大学の友人・倉間(大後寿々花)から聞き出す。その痴漢騒ぎに居合わせた駅員は、羽生の中学時代の同級生・坂木(杉咲花)で…。

第2話 2017年10月19日「初恋愛憎溺愛純愛」
 中学教師の女性・早杉が自宅で負傷し、早杉の元教え子で教育実習生の打越が意識不明に陥る事件が起きた。早杉によると、侵入者に暴行されかけたところに、打越が訪ねてきて、犯人ともみ合いになったという。弓神(浅野忠信)と羽生(神木隆之介)は、打越の母親・悦子(黒沢あすか)からも事情を聞き、打越の部屋を調べる。さらに、早杉の部屋に勝手に侵入し、羽生を使って検証を行った弓神は、早杉の証言が虚偽だと確信する。

第3話 2017年10月26日「二面性」
 羽生(神木隆之介)が尊敬する交番勤務時代の上司で定年間近の真下が、殴打され意識不明の状態で見つかる。羽生と病室に行った弓神(浅野忠信)は真下のスケッチブックに描かれた木に注目。真下の次女によると、小学生の頃に母を亡くし、7歳違いの姉は高校を中退後、音信不通だという。間もなく、羽生が容疑者を突き止める。真下と面識のあるその男は、産業廃棄物を不法投棄しようとして真下に見つかったことは認めるが…。

第4話 2017年11月2日「秘密」
 ビルの階段から建築士・大山(姜暢雄)が転落死。同じ建設会社で働く社長令嬢で婚約者の高遠と、彼女と同期の堤(高梨臨)が居合わせた。堤は弓神(浅野忠信)の取り調べに対し、一度だけ関係を持った大山に、ストーカーされていたと供述。やめさせる目的で会ったが、腕をつかまれて振り払ったところ落下したと話す。争う声で駆け付けた高遠と警備員(前野朋哉)の証言も一致。堤は以前、大山の件を交番に相談しており、応対したのは羽生(神木隆之介)で…。

第5話 2017年11月9日「因縁寄生支配宿敵」
 少女誘拐事件が発生。少女の母は前市長の娘、父は婿養子の市議で、管轄の花道署から弓神(浅野忠信)に協力要請が入る。誘拐現場にかつて弓神が担当した殺人事件「ロイコ事件」に関係するカタツムリのマークが残されていたのだ。弓神はある理由から、羽生(神木隆之介)に偽の情報を与え、自身の協力者であるヒズミ(山本美月)を見張らせる。そんな中、犯人は市議夫婦に身代金運搬を指示。一方、市議と秘書との不倫関係が浮上する。

第6話 2017年11月16日「適当傲慢真剣勝負」
 青年実業家・貝取が刺される。彼は事前に、開業間近のプラネタリウムで準備予定とツイートしており、事件はそこで起きた。貝取は弓神(浅野忠信)と羽生(神木隆之介)の聴取に、犯人は見ていないと話すが、詐欺まがいの方法で企業買収を繰り返していた貝取を恨む者は多い。望遠鏡メーカー創業者・星月も会社を乗っ取られ、社長だった息子は自殺していた。しかし、星月は犯行を否定し、小学生の孫娘も星月のアリバイを主張する。

第7話 2017年11月23日「人生色々悲喜交々」
 菅能(稲森いずみ)は同窓会で、証券会社の管理職として働く親友の絵里子が、年下の実業家と結婚すると聞く。翌朝、絵里子が服毒死を遂げているのを、彼女が1カ月前に遭った引ったくり被害の件で確認に訪れた警察官が発見。羽生(神木隆之介)の調べにより、絵里子は現在無職で、結婚話もうそと分かる。弓神(浅野忠信)は、絵里子が部下や恋人だと言っていた写真が、‘リア充代行サービス’を利用して撮影したものとつかむ。

第8話 2017年11月30日「一日千秋一期一会」
 好きだった競走馬の引退を知って落ち込む弓神(浅野忠信)は、憂さ晴らしに羽生(神木隆之介)を連れてキャバクラに行く。馬の話ばかりして呆れられる弓神とは対照的に、キャバクラ嬢のキララ(久松郁実)たちからおだてられ、調子に乗って酒を飲む羽生。そこに猿渡愛実(市川由衣)がやってくる。弓神は、かつて愛実を窃盗容疑で逮捕したことがあった。愛実は、すっかり犯罪からは足を洗い、児童養護施設にいるひとり息子の実(吉沢太陽)と一緒に暮らすことを夢見て、キャバクラ嬢をしながら昼の仕事を探しているという。

第9話 2017年12月7日「弓神適当絶体絶命」
 元医師・薮田の他殺体を家政婦・春菜が発見し、弓神(浅野忠信)、羽生(神木隆之介)らが捜査を開始。現場からは「積年の恨み、ここに晴らす」と記された紙片が見つかる。薮田は春菜に、妻とは離婚し、息子も死んだと話していたが、実際は医大受験に失敗した息子は藪田に虐待されて家出したと判明。菅能(稲森いずみ)は、事件が息子による復讐劇を描いた横島の未完の小説にそっくりだと気付き、弓神は似過ぎている点に不審を抱く。

最終話 2017年12月14日「3か月ありがとう」
 弓神(浅野忠信)は、ヒズミ(山本美月)が意識不明のまま収容された病院に現れたのを最後に、羽生(神木隆之介)たちの前から姿を消す。うきよ署では、ドライブレコーダーの映像などから、資産家の元医師・薮田恒男(渡辺哲)を殺害したのは、死んでいるはずの作家・横島不二実(オダギリジョー)であると断定し、捜査を開始する。横島は、7年前に自らの小説『ロイコ』になぞられた殺人事件を自演し、河合武(渋川清彦)・伊代(酒井美紀)夫妻を殺害していた。そのときに生き残ったひとり娘がヒズミだった。横島は、逮捕される直前に焼身自殺したはずだった。だが、その死は、弓神によって偽装された可能性が高かった。

各話視聴率


番組公式サイト
刑事ゆがみ
タグ:刑事ゆがみ

『刑事ゆがみ TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドクターX 外科医・大門未知子 第5シリーズ TOP

『ドクターX 外科医・大門未知子』(第5シリーズ)は、2017年10月12日から同年12月14日まで、テレビ朝日系列の木曜21時枠[21:00〜21:54]で放送された。第1話と第2話と第9話は15分拡大。最終話は20分拡大。

『ドクターX 外科医・大門未知子』は、2012年10月18日から同年12月13日まで、テレビ朝日系列の木曜21時枠[21:00〜21:54(JST)]で放送された。初回と最終回は15分拡大(21:00 - 22:09)。全8話。

第2シリーズは、2013年10月17日から同年12月19日まで、同枠で放送された。初回は15分拡大(21:00〜22:09)、最終回は30分拡大(21:00〜22:24)。全9話。

第3シリーズは2014年10月9日から同年12月18日まで、同枠で放送された。初回は15分拡大(21:00〜22:09)、最終回は30分拡大(21:00〜22:24)。全11話。

第4シリーズは2016年10月13日から同年12月22日まで、同枠で放送された。初回と最終回は15分拡大(21:00 - 22:09)。全11話。

2017年までに通算シリーズ5本、スペシャル1本が放送され、スピンオフ1本が配信の後、放送された。


ドラマ概要
米倉涼子演じる孤高の天才外科医・大門未知子が、金と欲にまみれた医療界に鋭いメスを入れる、人気ドラマの第5シリーズ。米倉は「とにかく楽しみにしていてください。私、失敗しないので(笑)」と未知子の決めぜりふを交えて力強く宣言している。

ドラマの舞台となるのは、初の女性院長誕生を機に、新たな権力争いが渦巻く東帝大学病院。新院長の志村まどかを、米倉と初共演の大地真央が演じるほか、内田有紀や岸部一徳、遠藤憲一、西田敏行ら常連メンバーが再集結するのはもちろん、第1シリーズで新米外科医を演じた田中圭と、野心家の外科部長を演じた段田安則も5年ぶりに参戦。未知子と再会してどのような顔を見せるのかにも期待が高まる。

キャスト
米倉涼子
大門未知子 役
「神原名医紹介所」に所属し、医局に属さずさまざまな病院を渡り歩くフリーランスの外科医。報酬は桁違いに高いが、外科医としての腕は超一流。患者や手術以外のことには無頓着で、誰に対しても物怖じせず言いたいことを言うため、医局の面々とは折り合いが悪い。

岸部一徳
神原晶 役
未知子が所属する「神原名医紹介所」の所長。未知子が「師匠」と慕う存在。かつて医師免許をはく奪されたことがあるなど、謎多き人物。大学病院の内情にも詳しい。趣味はマージャン。

大地真央
志村まどか 役
東帝大学病院の女性院長。オペの腕は一流で、コネにも人脈にも頼らず、実力一本で現在の地位まで上り詰めた。院長就任後は“患者ファースト”を第一に掲げて医療改革を推し進め、実力のある医者なら肩書きは関係ないと明言し、未知子を雇う。

遠藤憲一
海老名敬 役
東帝大学病院の外科副部長。出世欲が強く、権力者たちにひたすら尽くす、卓越した「御意」力を持つ。未知子ともたびたび対立するが、真摯(しんし)に病気と向き合う未知子に共感し、策略を台無しにしてしまうことも多々ある、憎めない存在。

内田有紀
城之内博美 役
「神原名医紹介所」に所属するフリーランスの麻酔科医。シングルマザー。かつては帝都医科大学付属第三病院に勤務していたが、未知子と出会いフリーに転身した。完全切除が不可能な局所進行膵がんを患い、一度は死を覚悟したが、未知子の手術により命を救われた。

西田敏行
蛭間重勝 役
東帝大学病院・知床分院の院長。表向きは温和な性格だが、逆らう者はバッサリと切り捨てる冷血漢。未知子に対して積年の恨みを抱いている。医療界のトップに君臨するのが夢。知床分院に左遷されて一度は隠居を決意するが、筋金入りの権力欲は捨てきれない様子。

スタッフ
脚本:林誠人
脚本:寺田敏雄
脚本:香坂隆史
演出:田村直己
演出:松田秀知
プロデューサー:内山聖子
プロデューサー:大江達樹
プロデューサー:都築歩
プロデューサー:霜田一寿
プロデューサー:池田禎子

主題歌:Force -Orchestra Ver.-/ユニゾン/Superfly


各話あらすじ
第1話 2017年10月12日「復活!!!! 失敗しないハケンの女 世界横断オペ2000万」 ※初回15分拡大(21:00 〜 22:09)
 フリーの外科医・未知子(米倉涼子)は旅先で応急処置を施したバス運転手・車田(松澤一之)の再手術のため、転院先の「東帝大学病院」に乗り込む。同院では蛭間(西田敏行)に代わり、まどか(大地真央)が新院長に就任したばかり。‘患者ファースト’を掲げ病院を改革中のまどかは、未知子の腕を見込んで雇用契約を交わす。ところが彼女は、車田の手術は手術支援ロボットの遠隔操作を利用して、米国の名医に任せるという。

第2話 2017年10月19日「VSゆとり院内盗撮!?過保護な患者の秘密」※15分拡大(21:00 〜 22:09)
 新米外科医の西山(永山絢斗)や伊東(野村周平)ら4人は、未知子(米倉涼子)の影響を受け、院長回診をすっぽかしたり定時帰宅したりとやりたい放題。海老名(遠藤憲一)らは扱いに手を焼く。そんな中、息子を心配して蛭間(西田敏行)に賄賂を届けに来た伊東の母親・不二子(中田喜子)が院内で倒れる。「進行胆のうがん肉腫」と診断された不二子の根治には難手術が必要。蛭間は伊東を執刀医に指名するが、不二子は手術を拒否する。

第3話 2017年10月26日「VSキレる教授!? セカンドオピニオン失敗しないので」
 未知子(米倉涼子)は大学の付属幼稚園に出張するが、そこで園長の三鴨(平田満)が倒れた。検査をした未知子は手術を勧める。しかし、三鴨は外科副部長・猪又(陣内孝則)の患者だった。猪又は、肺腺がんの三鴨の腫瘍を化学療法で小さくしてから手術をするというが、治療を始めて半年たっても腫瘍は小さくなっていないらしい。三鴨はセカンドオピニオンを希望するが、他の病院で診察を断られ、名医紹介所を訪ねてくる。

第4話 2017年11月2日「外科医を育てる超VIP患者の秘密!?」
 森本(田中圭)が婚活パーティーで知り合った婚約者・四織が倒れた。彼女は肝臓がんを患っており、手術をしなければ余命3カ月と診断される。そんな中、四織が「日本医師倶楽部」会長・内神田(草刈正雄)の娘と分かり、蛭間(西田敏行)らは大慌て。外科副部長3人が担当する万全の態勢で臨むことになる。未知子(米倉涼子)も執刀医に名乗りを上げるが、森本が語った偽の経歴を信じた四織は、彼の手術以外は受けないと言い出す。

第5話 2017年11月9日「診断1秒人工知能VS失敗しない野生の勘!?」
 人工知能(AI)の将棋ロボットと対局中に倒れた若手天才棋士・五反田が搬送されてくる。診断がつけられない鳥井(段田安則)は、最先端のAI診断システム「ヒポクラテス」に診断を委ねることに。一方、五反田は意識を取り戻した後、再戦のため強引に退院しようとするが、脚に力が入らず病院へ逆戻りする。検査結果を見た未知子(米倉涼子)はヒポクラテスの診断に同意できないが、その未知子にも病名が分からない。

第6話 2017年11月16日「おしどり夫婦の緊急Wオペ!? 私麻酔もできるので」
 猪又(陣内孝則)の手術で麻酔を担当した博美(内田有紀)は、手術失敗の責任を押し付けられ病院への出入りを禁止される。ささいなことで未知子(米倉涼子)と博美の関係もぎくしゃくし、未知子は手術で博美とは組まないと宣言。そんな中、妻・敦子(松金よね子)の見舞いに来た中華料理店店主・良夫(平泉成)の膵臓(すいぞう)に腫瘍が見つかる。未知子は夫婦共に手術するつもりだが、良夫の手術を猪又に横取りされてしまう。

第7話 2017年11月23日「日米女医対決!! オペ室の中心で愛を叫ぶ」
 原(鈴木浩介)のロシア赴任時代の恋人・ナナーシャ(シャーロット・ケイト・フォックス)が突然、病院を訪ねてくる。彼女の出現で、内神田(草刈正雄)の妻・小百合(戸田菜穂)のいとこ・萌々香(小飯塚貴世江)と原との間で進んでいた縁談も駄目になりそうだ。やがて、超一流の外科医であるナナーシャが米国で医療ミスを犯していたと判明。手術の報告書を読んだ未知子(米倉涼子)は、彼女が脳腫瘍を患っていると気付く。

第8話 2017年11月30日「命懸けの内部告発!? 最強黒幕の秘密…」
 厚労大臣による友人への便宜を告発した元大臣秘書官・八雲(林家正蔵)が入院してきた。一躍正義のヒーローになった八雲だが、他の病院が大臣の顔色をうかがい入院を拒む中、蛭間(西田敏行)が売名に利用するため受け入れたのだ。「肝外発育型肝細胞がんステージ4A」と診断された八雲の難しい手術を執刀できるのは未知子(米倉涼子)しかいない。だが、内神田(草刈正雄)の意向を受けた蛭間により、未知子は解雇されてしまう。

第9話 2017年12月7日「最終章!未知子VS内神田ついに激突!!」 ※15分拡大(21:00 〜 22:09)
 博美(内田有紀)の友人の娘でバレリーナを目指す遥(井本彩花)が、足の痛みを訴え、祖父の節郎(大友康平)と来院。当初、有痛性外脛骨(けいこつ)と診断されるが、未知子(米倉涼子)の話を聞いた博美の勧めで再検査を受け、舟状骨骨折と分かる。完治には2回の手術と半年間の治療が必要で、大切な選考会を控える遥はショックを隠せない。未知子は遥の希望をかなえる手術法を思い付くが、内神田(草刈正雄)から圧力がかかり…。

最終話 2017年12月14日「最終章〜失敗しないハケンの女倒れる…!?」※20分拡大(21:00 〜 22:14)
 内神田(草刈正雄)の圧力によって晶(岸部一徳)の名医紹介所は各病院との取引停止の危機に。そんな中、ある大物人物が東帝大学病院で手術を受けることになった。その症状は重く、手術を成功させられるのは未知子(米倉涼子)以外に考えられない。だが、蛭間(西田敏行)はある思惑から新米外科医の西山(永山絢斗)を執刀医に指名する。この手術は自分でなければ無理だと名乗りを上げた未知子だったが、絶体絶命の窮地に陥ってしまう。

各話視聴率


番組公式サイト
ドクターX〜外科医・大門未知子〜

『ドクターX 外科医・大門未知子 第5シリーズ TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

科捜研の女 第17シリーズ TOP

2017年10月19日から、毎週木曜日20:00 - 20:54に、テレビ朝日系列の「木曜ミステリー」枠で放送中。

2017年10月15日に2時間スペシャルが放送。


概要
沢口靖子が京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコに扮し、最新の科学捜査で難事件に挑むミステリードラマ。

現行の連続ドラマシリーズの中では最長の歴史を誇る人気作品。前シーズンで話題となった、マリコがさまざまなコスプレにチャレンジする「衝撃的なマリコのワンカット」もパワーアップして、各話に1回必ず登場する。


キャスト
沢口靖子
榊マリコ 役
京都府警科学捜査研究所の法医研究員。裏打ちされた知識とプライドを持って捜査に挑むが、決して科学を過信することがない冷静さも持ち合わせている。バツイチの独身。共に捜査に臨む京都府警の土門とは互いに強い絆で結ばれている。

内藤剛志
土門薫 役
京都府警捜査一課の刑事。団体行動が苦手な一匹狼タイプ。上から指示が出る前にマリコと共に捜査を開始し、藤倉刑事部長から苦言を呈されることも少なくない。かつて部下を死なせたことで心に大きな傷を負ったが、今はそれを乗り越え、捜査に臨んでいる。

若村麻由美
風丘早月 役
洛北医科大医学部病理学科法医学教室の教授。1男1女の母。マリコとは同世代ということもあり、仕事はもちろんのこと、それ以外のことでも何かと相談に乗っている。明るくのんきで、マリコとは正反対の性格。

風間トオル
宇佐見裕也 役
科捜研の化学担当。以前は国立航空科学研究所の技官として、爆発物や化学兵器の防犯・研究をしていた。京都で暮らす独り身の母を思いやり、科捜研へとやって来た。気象や海洋など航空安全に関わる知識も豊富で、捜査において頼りがいのあるアドバイザーとなっている。

金田明夫
藤倉甚一 役
京都府警刑事部長。もともとは現場主義の鑑識員だった。頑固な性格で、決して人に媚びたり愛想を振りまいたりはしない。かつては捜査におけるマリコの介入に難色を示していたが、最近は一定の理解を示すようになった。

斉藤暁
日野和正 役
科捜研所長。文書鑑定担当。もともとは東京の警視庁科捜研におり、京都府警から要請を受けて異動してきた。妻子は東京在住で京都に単身赴任中。見かけはいい加減だが、正義感が強く、情にもろい。

スタッフ
脚本:櫻井武晴、戸田山雅司
監督:森本浩史、田崎竜太
プロデューサー:関拓也、藤崎絵三、塚田英明、中尾亜由子

主題歌:Venus/Anly

各シーズンあらすじ
科捜研の女9
科捜研の女10
科捜研の女11
科捜研の女12
科捜研の女13
科捜研の女14
科捜研の女15
科捜研の女16


各話あらすじ
科捜研の女2017スペシャル 2017年10月15日「決死の大追跡!猛毒を運ぶ逃亡犯VS最新鋭ドローン!!ドモンを襲う暴走列車…マリコ、涙の検視!衝撃ラスト」(21:00 〜 22:54)
 取引先の女社長を殴った傷害罪で逮捕送検されていたナスダ工業副社長・那須田(黄川田将也)が、父親の葬儀に出席するための勾留執行停止中に逃亡した。マリコ(沢口靖子)らは顔認証システムを使い、逃げた那須田の行方を追う。一方、土門(内藤剛志)らは那須田に殴られた被害女性から話を聞こうとするが、いまだ意識不明。その後、那須田が東京にいたころ土門の妹でカウンセラーの美貴(加藤貴子)のカウンセリングを受けていたことがわかり、京都にやってくるという美貴から話を聞くことにする。

第1話 2017年10月19日「衝撃スタート!緊縛マリコVS新人研究員の凍死実験!?」
 肉の熟成庫で男性の遺体が見つかる。マリコ(沢口靖子)の調べで、生きているうちに庫内につるされて凍死したと分かる。しかし、遺体には抵抗した痕がなく、毒物も検出されない。程なく、被害者の銀行員が口コミグルメサイトに多数投稿しているカリスマレビュアーの「舌三郎」と判明。一方、熟成庫の持ち主で飲食店社長の里美(櫻井淳子)は、自分が事件に無関係だと証明するため民間の鑑定人・江藤(中川大志)を雇う。

第2話 2017年10月26日「マリコVS刺繍名人!変色する刺繍糸の殺人トリック!?」
 マリコ(沢口靖子)はインテリアコーディネーターの浪子(月船さらら)が殺された現場でガラス玉の半球を見つける。凶器の置き時計は湊川(窪塚俊介)が社長を務めるホテルのリニューアルオープン記念で配布予定の品だった。マリコはホテルの壁に飾られた刺しゅう絵の竜の目に、現場で見つけたのと同じガラス玉が使われていると気付く。絵が刺しゅう作家の喜久恵(山口美也子)の作だと聞いたマリコは、彼女に会いに行く。

第3話 2017年11月2日「折り鶴が見た殺人/マリコの上空200キロ探査!殺人犯が飛ばした折鶴の謎」
 マリコ(沢口靖子)らは、企業の名誉顧問・節子(草村礼子)が絞殺体で見つかった現場に出動。解剖の結果、節子は病に侵され、余命わずかだったと分かる。そんな中、浜松に住む中学生のブログに節子の部屋に飾ってあったものに似た千代紙の折り鶴の写真がアップされる。風船に結ばれて飛んできたというその折り鶴を開くと「ごめんなさい。あなたの命を奪ったのは私です」と犯行声明のような言葉が記されていたという。

第4話 2017年11月9日「マリコの殺人コンサート!?火を放つ指揮棒と小麦の謎」
 作曲家・海東(長谷川初範)の妻・莉華子(佐藤乃莉)が自宅で変死。遺体はフィットネスバイクにまたがったままだった。マリコ(沢口靖子)は状況から一酸化炭素中毒を疑う。やがて、血液検査で莉華子の小麦アレルギーが分かる。マリコは、ケーキを食べた後のバイクによる運動が引き金となり莉華子が意識障害を起こしたと推測。その後、室内の炭のオブジェに火をつけられて殺されたとにらむ。マリコらは海東から話を聞く。

第5話 2017年11月16日「マリコVS美人科学者 抱きつくと死ぬ男達と内出血の謎」
 芸人の桑原(牧田哲也)がストーカーの葉子(吉村泉)に刺され死ぬ。現場は展望台で、桑原は恋人の麻由(黒川智花)とデート中だった。麻由の話から、葉子は麻由に襲い掛かってきたが、かばった桑原を刺してしまい、展望台から身を投げて自殺したと思われた。葉子の遺体を調べたマリコ(沢口靖子)は、返り血の少なさが気になる。監視カメラは故障して何も写っておらず、破断したケーブルからガの鱗粉(りんぷん)が検出される。

第6話 2017年11月23日「京都民泊おもてなし殺人!?マリコのお泊りグッズ鑑定」
 マリコ(沢口靖子)らは、外国人観光客のジェイソン(BT)の他殺体が見つかった民泊先に出動。検査入院から帰宅したばかりの家主・文恵(柴田理恵)は捜査に非協力的で、土門(内藤剛志)らを振り回す。娘の俊子(西尾まり)によると文恵は昔からコミュニケーションが苦手なのだという。鑑定で、現場で採取された微物が大麻と判明。さらに監視カメラの映像により、文恵が犯行時刻に一度、家に出入りしていたことが分かる。

第7話 2017年11月30日「マリコVS現場保存のできない美人警察官!?衝撃ラスト」
 佐藤啓太(北村友希)という男性の遺体が発見された。いち早く現場に駆けつけた京南署地域課の堀口裕子(西原亜希)は、現場保存をと的確な指示を与える。土門(内藤剛志)がそんな裕子に感心していると、マリコ(沢口靖子)に向かって裕子が「榊先生」と呼びかけた。裕子はマリコが講師を務めた「現場保存講習」を受講。その講義に感銘を受けたらしい。

※2017年12月7日は「フィギュアスケートグランプリファイナル2017 男子ショート」(19:00 〜 21:00)放送のため、休止。

第8話 2017年12月14日「私は誰!?記憶喪失の殺人犯VSマリコの最新脳指紋鑑定」
 京都・宇治の山中の川で変死体が見つかる。マリコ(沢口靖子)が遺体を見ると、頭には大きな傷、首にも絞められた痕跡があり、他殺の可能性が高い。身元は分からず、図形と「ヒラタ」という文字が記されたメモだけを持っていた。そんな中、同じ山の売店で万引きして捕まった男(夙川アトム)が「ヒラタ」と名乗っていることが分かった。しかし、土門(内藤剛志)の取り調べを受けたヒラタの話は二転三転して、要領を得ない。

※2017年12月21日、28日、2018年1月4日、11日は休止。

第9話 2018年1月18日
 政治的な影響力も大きく、政界の“影のフィクサー”とも呼ばれている柳原大造(品川徹)が会長を務める財団が主催するお茶会に、佐伯本部長(西田健)が出席することになった。男女同伴が条件となるため、佐伯はマリコ(沢口靖子)に声をかけるが、マリコはきっぱりと拒否。ところが佐伯が科捜研のための新しい機材の導入を交換条件として提示すると、手のひらを返したように同意。着慣れない和服を着て会場へと向かう。

各話視聴率


番組公式サイト
科捜研の女 - Wikipedia

『科捜研の女 第17シリーズ TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

恋する香港 TOP

『恋する香港』(こいするほんこん)は、2017年10月10日から同年11月1日まで、MBS・TBSほかTBS系列などの深夜ドラマ枠「ドラマイズム」(毎週火曜 25:28〜25:58)で放送された。全4話。


概要
小池栄子と吉沢亮がダブル主演し、オール香港ロケで撮影された恋愛サスペンス。ある目的から香港を訪れた観光客・井本真樹を小池が、ドキュメンタリー番組のディレクター・山田健太を吉沢が演じる。

ドラマは、山田が香港で日本人タレントを追うドキュメンタリー番組を撮影中、そのタレントがさらわれた事件をきっかけに5人の男女が出会い、予想外のゴールに向かっていくさまを描く。


ストーリー 
香港でドキュメンタリー番組を撮影中の日本人タレント・エリー(最上もが)が、突然、何者かにさらわれてしまう。番組ディレクターの山田健太(吉沢亮)は、混乱する現場で、観光客の井本真樹(小池栄子)と偶然出会う。

やがて、エリーを誘拐した犯人は、真樹がマッチングサイトでやり取りをしていた香港人のダニエル(永田薫)で、容姿に自信のない真樹が、エリーの写真を使ってやりとりしていたことが発覚。さらに、事件は現地マフィアも介入する予想外の展開へと発展し、二人は香港の街を駆け巡ることになる。


キャスト
井本真樹
演 - 小池栄子
マッチングサイトで知り合った香港人・ダニエルに会うために香港を訪れる。自分に自信がなく、ダニエルとのやりとりは、日本人タレントのエリーの画像を使っていた。

山田健太
演 - 吉沢亮
テレビ局のディレクター。エリーのドキュメンタリー番組撮影のために香港を訪れ、真樹と出会う。

平川彩
演 - 馬場ふみか
テレビ局のアシスタント・ディレクター。エリーのドキュメンタリー番組撮影のために香港を訪れる。

エリー
演 - 最上もが
二面性のあるミステリアスなタレント。自身の活動を追うドキュメンタリー番組の撮影で香港を訪れる。

ダニエル
演 - 永田薫(MAG!C☆PRINCE)
香港人。マッチングサイトで真樹と知り合う。真樹が使用していたエリーの画像を見て、恋焦がれる。

阿久津
演 - 柳下大
テレビ局のプロデューサー。エリーのドキュメンタリー番組撮影のために香港を訪れる。

片桐なり
演 - 岩松了
香港のブローカー。エリー誘拐事件に関わることになる。

スタッフ
企画統括・プロデュース:大澤剛(ワタナベエンターテインメント)
原案:D-ZOO、野崎浩貴
脚本:倉光泰子
監督:スミス、戸塚寛人
オープニングテーマ:MAG!C☆PRINCE「Dreamland」
エンディングテーマ:MAG!C☆PRINCE「YUME no MELODY」
プロデューサー:櫻井雄一(ソケット)
制作:ソケット


各話あらすじ(2017年10月11日 - 11月1日 TBS)全4話 平均視聴率 0.85%
第1話 2017年10月10日「ロケする香港」 視聴率 0.7%
 ドキュメンタリー番組の仕事で香港へとやってきたタレントのエリー(最上もが)。そのワガママさにディレクターの山田健太(吉沢亮)やADの平川彩(馬場ふみか)は終始振り回されっぱなし。そのせいで健太はプロデューサーの阿久津(柳下大)から嫌味を言われてしまう。翌日、飲食店での撮影中、エリーが周りの男たちから因縁をつけられる。やってきた店員のダニエル(永田薫)が男たちを押しのけ、制止する健太を殴り、エリーを何処かへと連れ去ってしまう。現場が混乱する中、健太の前に井本真樹(小池栄子)という女性が現れる。

第2話 2017年10月17日「会いに来る香港」 視聴率 0.7%
 真樹(小池栄子)はマッチングサイトで知り合った香港人ダニエル(永田薫)から、近々開催されるランタン祭りを一緒に見に行かないかと誘われ香港へとやってきた。ところが目の前でダニエル(永田薫)がエリー(最上もが)を誘拐するのを目撃し、混乱する。その場にいたディレクターの健太(吉沢亮)とは昨夜一度会っているが、健太は飲み過ぎで覚えていない。健太はダニエルが「真樹」という名前を口にしたことから、真樹が彼と関わりがあるのではないかと予想する。

第3話 2017年10月24日「駆け抜ける香港」 視聴率 1.3%
 健太(吉沢亮)は事情を知っている様子の真樹(小池栄子)に協力を仰ぎ、ダニエル(永田薫)とエリー(最上もが)を追う。真樹がマッチングサイトのアイコンにエリーの顔写真を使ったせいで、ダニエルはエリーを真樹と勘違いし、連れ出してしまったのだ。ダニエルはエリーから約束のランタンを受け取ろうとするが、エリーには何のことだかさっぱりわからない。さらにダニエルとエリーは、ランタンを追う片桐なり(岩松了)一派に捕まってしまう。

第4話 2017年11月1日「恋する香港」 視聴率 0.7%
 ダニエル(永田薫)とエリー(最上もが)の行方を追う真樹(小池栄子)と健太(吉沢亮)と平川(馬場ふみか)。片桐(岩松了)に捕まったダニエルとエリーを助けるために、真樹は1人ランタンを持って約束の場所へと向かう。そこへ警官隊が現れるが、警官たちは片桐一派ではなくダニエルを誘拐容疑で逮捕しようとする。真樹は警官に襲い掛かり、「彼は悪くない!」と警官から銃を奪い、発砲した。


番組公式サイト
恋する香港
タグ:恋する香港

『恋する香港 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラブホの上野さん TOP

『ラブホの上野さん』(ラブホのうえのさん)は、2016年12月1日より毎週木曜日にフジテレビオンデマンドで配信。2017年1月18日から同年4月5日まで、毎週木曜 2:25〜2:55(水曜深夜)に、フジテレビでも放送された。全12話。主演は本郷奏多。

続編となる『ラブホの上野さん Season2』は、2017年10月11日から同年12月20日まで、毎週木曜 2:25〜2:55(水曜深夜)に、フジテレビで放送中。


原作概要
原案:上野・作画:博士による漫画作品。
『月刊コミックフラッパー』(KADOKAWA メディアファクトリー刊)にて、2014年7月号より連載中。ストーリーは基本的に1話完結で、恋愛問題に悩む人物の前に主人公の上野が現れ、時には後輩の一条などを交えながら、心理学などを駆使して、目当ての異性の心を射止めるためのアドバイスをおこなう内容になっている。最後に、上野が自分が相談に乗った相手に対して、恋愛が成就したあかつきには、自分が勤務するラブホテルの五反田キングダムを利用するよう勧めるのがオチになっている。


キャスト
上野さん - 本郷奏多
お城のようなラブホテル「五反田キングダム」のスタッフ。紳士的でエレガント、冷静沈着、上品で穏やかに見えるが、ナンパに失敗した男性を見つけると傷口に塩を塗るようなドSっぷりを発揮する。相手の非を責めながらも、恋愛指南をユーモラスに繰り出す。

一条 昇 - 柾木玲弥
彼女いない歴21年の大学生。上野さんに恋愛指南を乞うために、「五反田キングダム」でアルバイトしている。明るく元気だが、要領が悪く詰めも甘いため、女性に全くモテない。上野さんの恋愛指南を聞くことで、徐々に成長していく。

相川千尋 - 大沢ひかる
「五反田キングダム」のアルバイト。目つきが悪く、怒っているように見えるが、そんなつもりは全くない。上野さんや一条に対して接し方がきついが、悪気はない。

三田悦子 - 麻丘めぐみ
「五反田キングダム」で長年働くベテラン清掃員。部屋を掃除するたびに、何かしら発見しては、上野さんたちに面白おかしく報告する。うわさ好きでお節介。ホテルで起こるさまざまな恋愛沙汰に首を突っ込む

中瀬麻衣 - 松井愛莉
「五反田キングダム」の向かいにある、上野さん行きつけの「むちゃカフェ」のアルバイト店員。明るく天然な性格で、多くのファンがいる。軟派で軽薄な男が大嫌いで、誠実な男がタイプ。

室田平吉 - 聡太郎
「むちゃカフェ」のマスター。渋いタイプのイケメンで、ちょい悪おやじ風。彼目当てに来店する女性客もいるほどだが、本人は興味がなさそう。

菊地大雅 - 芋洗坂係長
「五反田キングダム」に出入りする業者で、コスプレ衣装のレンタル商品などを卸している。見た目は太ったエロおやじだが、なぜかモテる。

スタッフ
演出:日暮謙
脚本:神田優、小鶴乃哩子
企画・プロデュース:野村和生(フジテレビ)、下川猛(フジテレビ)
プロデューサー:澤田賢一

主題歌:アカシック「愛×Happy×クレイジー」


各話あらすじ(2017.1.18 - 4.5)全12話
第1話 2017年1月18日「ラブホテルへの誘い方」ラテ欄「恋愛指南!ラブホテルへの誘い方教えます」
五反田の繁華街にそそり立つラブホテル「五反田キングダム」。その道路脇に寝ている童貞大学生の一条昇(柾木玲弥)。一条は昨夜このホテルの前で、気になっている同じ大学のななみ(阿部菜渚美)が男と一緒に歩いているところを見かける。2人の関係を信じたくない一条は、夜通しホテルの前で見張っている内にそのまま寝てしまっていた。

第2話 2017年1月25日「ゲスな話題で盛り上げろ!」ラテ欄「女性との会話術!ゲスな話題ほど盛り上がる」
 上野(本郷奏多)の恋愛指南を受けるために、「五反田キングダム」でアルバイトをすることになった一条(柾木玲弥)。客の対応をするたびに、かわいい彼女に全然釣り合っていないブサイクな彼氏というカップルの多さに、「俺の方がイケてないか!?」と憤る一条。そんな一条を、上野は「何様だ」と叱責する。

第3話 2017年2月1日「おごらなくちゃいけないの?」ラテ欄「デート代は割り勘?男性が払うべきなのか?」
 仕事に慣れてきた昇(柾木玲弥)だが、来店する恋人たちにうらやましさを募らせる。そんな折、昇は千尋(大沢ひかる)の意外な姿を目撃し、思わず見ほれる。

第4話 2017年2月8日「理想のタイプって難しい」ラテ欄「女性必見!理想の彼氏と付き合う方法を伝授」
 ラブホテルにとって1年で一番の書き入れ時のクリスマスイブの夜、五反田キングダムは空室待ちのカップルであふれ、一条(柾木玲弥)らは大忙し。ミニスカサンタの格好で、むちゃカフェからデリバリーを届ける麻衣(松井愛莉)に、一条は見ほれてしまう。そんな中、スイートルームでは女子会が開かれていたが、結局彼氏のいる友達に裏切られ、みのり(赤根那奈)が一人残された。上野(本郷奏多)は、そんなみのりに対して、彼氏ができない原因を厳しく指摘し、恋愛指南する。

第5話 2017年2月15日「勝てる合コン 負ける合コン」ラテ欄「合コン必勝法!合コンのテクニック教えます」
 仕事の合間に上野(本郷奏多)と一条昇(柾木玲弥)はむちゃカフェに。何やらテーブル席が騒がしいことが気になった一条が、店員の麻衣(松井愛莉)に尋ねてみると、男女6人の合コンが行われているという。しかし、楽しそうにしていた女性陣全員が途中で帰ってしまう。ところが、残された男性陣はがっかりするどころか、手応えを感じて盛り上がっている。そんな中、上野が女性陣に逃げられたことを鋭く指摘し、予言めいたことを言い放つ。

第6話 2017年2月22日「素敵な言い訳」ラテ欄「人は見た目!恋は外見!中身はどうでも良い」
 ラブホテルでの仕事に慣れてきた一条(柾木玲弥)は、屋上で仕事をサボっていると、飛び降り自殺しようとしている就活生・大隈(小栗わたる)に気付き、自殺を食い止める。一条ともみ合った時にけがをした大隈の手当てを麻衣(松井愛莉)に頼み、一条は大隈を励ます。大隈は就活がうまくいかず、生きる気力を失っていた。

※2017年3月1日と3月8日は放送休止。

第7話 2017年3月15日「感情の一致で恋が始まる」ラテ欄「女性との会話は内容ではなく気持ちを聞け!」
 上野(本郷奏多)と共にむちゃカフェでランチをしている一条(柾木玲弥)は、落ち目のアイドル・さおり(多田愛佳)がいることに気付く。マネジャーの五十嵐(篠田光亮)ともめているようだが、アイドル好きの一条は空気も読まずさおりに握手を求め、不機嫌なさおりは一条を無視して出ていってしまう。

第8話 2017年3月15日「お友達ゾーン脱出作戦」ラテ欄「女性をドキドキさせられない男はモテない!」
 【むちゃカフェ】のバイト中瀬麻衣(松井愛莉)が、深刻な表情で【五反田キングダム】にやって来る。カフェのマスター室田平吉(聡太郎)が、開店前に謎の電話をよこしたきり連絡が取れないと言う。一人でカフェを営業する事になった麻衣を、一条昇(柾木玲弥)は心配する。「麻衣の好感度を高めるチャンスだ」と上野(本郷奏多)にそそのかされた一条は、麻衣と二人で店を切り盛りする事に。

※第7話と8話は一挙放送

第9話 2017年3月22日「言葉を制する者が恋を制す!」ラテ欄「既読スルーされないLINE術!メール作法」※27:05〜
 麻衣(松井愛莉)と、LINEのIDを交換した一条(柾木玲弥)は、仕事中にもかかわらずスマホをいじってばかり。しかし、表情は浮かない。一条が麻衣に既読スルーされることが多くなったと上野(本郷奏多)に打ち明けると、上野は“メールの正しい作法”について恋愛指南を始める。

第10話 2017年3月22日「恋のヒエラルキー」ラテ欄「誠実な男はモテる?女性が求める誠実さとは」
 ささやかなデートを経て、中瀬麻衣(松井愛莉)と距離を縮めた一条昇(柾木玲弥)は、ますます麻衣に夢中になっていた。カフェでテキパキと働く麻衣を眺めていると、麻衣を呼び捨てにするイケメンの伊東(七瀬公)と、その友人、脇田(荒牧慶彦)、鈴木(北尾貢次)が来店する。伊東は麻衣の高校時代の先輩だった。伊東は仲間内で行く予定の別荘に、麻衣を誘い始める。断りにくい状況で、困惑する麻衣。

※第9話と第10話は一挙放送

第11話 2017年3月29日「完璧なデートプラン」ラテ欄「完璧なデートプランで告白!テクニック伝授」 ※世界フィギュアスケート選手権2017女子ショート」延長のため、放送時間繰り下げ(27:10〜 27:35)。
 一条(柾木玲弥)は麻衣(松井愛莉)とのデートが目前に迫り、意気込む。上野(本郷奏多)からデートのテクニックを学び、準備は万端だ。そんな中、休みのはずの千尋(大沢ひかる)が岡本(冨田佳輔)と「五反田キングダム」にやって来る。

最終話 2017年4月5日「恋の勝者とは?」ラテ欄「恋愛の真の勝者とは本気で好きになれた人」 ※26:55〜27:20
 一条(柾木玲弥)は、麻衣(松井愛莉)とのデートが失敗に終わったショックで、バイトを無断欠勤してしまう。人手を欠いた「五反田キングダム」は多忙を極め、上野(本郷奏多)は、千尋(大沢ひかる)や悦子(麻丘めぐみ)から一条を呼び戻すようせかされる。


Season2 各話あらすじ
第1話 2017年10月11日「プレゼントで落とせ!」
 大学生の川田(タモト清嵐)は、同じ大学の学生で、姫と呼ばれチヤホヤされている品川佐奈(古畑星夏)を眺め、ため息をついている。そこに、ラブホテル【五反田キングダム】のマネージャー、上野(本郷奏多)が現れる。川田の佐奈に対する想いを見抜いた上野は、デートに誘う恋愛テクニックを指南する。

第2話 2017年10月18日「浮気と決めつける その前に……」
 上野さん(本郷奏多)の思惑にまんまとハマり、「五反田キングダム」でアルバイトをすることになった佐奈(古畑星夏)は、露骨にやる気がない態度を取る。一条(柾木玲弥)は、佐奈に先輩風を吹かせるがなめられる。そんな中、佐奈は上野さんからの信頼が厚い千尋(大沢ひかる)に対して嫉妬心を抱く。

第3話 2017年10月25日「恋活パーティ―完全攻略法!!」
 区役所職員の宮武(大谷幸広)が地域活性化イベントを任され悩んでいる。そこで上野さん(本郷奏多)が「それは恋愛に飢えているからだ」と言い当てる。

第4話 2017年11月1日「イジられたい女たち」
 佐奈(古畑星夏)はアルバイトを続けているが、相変わらず仕事は手を抜き、客には愛想を振りまき、先輩の一条(柾木玲弥)の前でもサボる始末。そんな佐奈の働きぶりを見ていた上野さん(本郷奏多)は、ある行動に出る。

第5話 2017年11月8日「磨いて光って恋をして!?」
 上野さん(本郷奏多)からイイ女になる素質があると告げられた佐奈(古畑星夏)は、見違えるほど仕事を頑張り、先輩の一条(柾木玲弥)を驚かせる。また、好意を寄せる上野さんに認められたい気持ちが強まる。

第6話 2017年11月15日「キャバクラ純愛物語」
 一条(柾木玲弥)が、仕事中に職場の金庫や客の財布を怪しい目つきで見つめ、清掃員の三田(麻丘めぐみ)にお金を借りようとするなど、様子がおかしい。不審に思った佐奈(古畑星夏)と三田は、一条を尾行する。

第7話 2017年11月22日「リア充とはなんだ?」
 大学の知人に、バーベキューに誘われた佐奈(古畑星夏)は、リア充であることをアピールし、一条(柾木玲弥)に自慢する。そのやりとりを目にした上野さん(本郷奏多)は、営業活動を行うため、佐奈が誘われたバーベキューに一条と共に参加する。

第8話 2017年11月29日「恋愛指南バトル!ニセ上野 現る!?」
 「指南された通りに実践したら、ラブホに連れ込めた!」と、「むちゃカフェ」で盛り上がっている男性客。そのやりとりを目にした一条(柾木玲弥)は、上野さん(本郷奏多)から恋愛指南を受けたことを話していると思って聞き耳を立てていると、上野が口にしないセリフが聞こえてくる。

第9話 2017年12月6日「ウソつきは不倫の始まり」
 「五反田キングダム」でアルバイトを続ける佐奈(古畑星夏)は、上野さん(本郷奏多)への思いを募らせ、仕事が手に付かない。そんな佐奈の様子を気に掛ける相川(大沢ひかる)が佐奈を飲みに誘う。

第10話 2017年12月13日「恋とデートはタイミング!」
 一条(柾木玲弥)は、SNSにアップされた麻衣(松井愛莉)とピエール(ジョナサン・シガー)の写真を見て、2人で旅行に行く事実を知り、ショックのあまり麻衣からの電話に冷たく当たってしまう。

最終話 2017年12月20日「素敵なフリ方 フラれ方」
 麻衣(松井愛莉)とピエール(ジョナサン・シガー)が付き合っていると決め付けていた一条(柾木玲弥)は、誤解だ気付き、慌てて麻衣に電話する。しかし、多忙な日々をおくる麻衣と落ち着いて話すこともできない。


ラブホの上野さん 番組公式サイト
ラブホの上野さん2 番組公式サイト
ラブホの上野さん - Wikipedia

『ラブホの上野さん TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パパ活 TOP

『パパ活』(ぱぱかつ)は、2017年6月26日から毎週月曜0時にdTV・FODで配信開始されたインターネットテレビドラマ。全8話。主演は渡部篤郎。脚本は野島伸司。

同年10月12日(11日未明)から同年11月30日まで、毎週木曜0時55分からフジテレビにて地上波放送された。


概要
エイベックス通信放送の映像配信サービスdTVとフジテレビのタッグによるオリジナルドラマの2作目。

女性が男性から金銭的支援を受けるため肉体関係のない交際をする、現代の新たな男女関係「パパ活」を題材にした野島伸司のオリジナル脚本のラブストーリー。

本作においてパパ活は「入り口のモチーフ」として使われており、物語は「年の差恋愛」のみをテーマとしてはいない。ヒロインである杏里がパパ活を開始するのは生活費を稼ぐためであり、背景にある「貧困女子」という現代の社会問題や、航の抱える心の闇をも描いている。


キャスト
栗山航〈45〉
演 - 渡部篤郎
大学教授。

赤間杏里〈20〉
演 - 飯豊まりえ
女子大生。
演じる飯豊によれば、強めの口調で今風の「イケイケな女の子」であり、自分とはまったく異なる性格だが、希望を失って寂しさを抱えている点に「普通の女の子」や「リアルさ」を感じたという。

柿沢実〈23〉
演 - 健太郎
コック見習い。

栗山菜摘〈44〉
演 - 霧島れいか
航の妻。

入江芳樹〈44〉
演 - 橋本さとし
オーナー。

スタッフ
脚本 - 野島伸司
企画 - 森下正樹(エイベックス通信放送)、清水一幸(フジテレビ)
プロデュース - 上田徳浩・松井純子(エイベックス通信放送)、三竿玲子(フジテレビ)
演出 - 加藤裕将

主題歌 - Beverly「Unchain my heart」


各話あらすじ(2017年10月12日(11日深夜) - 2017年11月30日(29日深夜)地上波)全8話
第1話 2017年10月11日「今夜泊まる所がないの」
 母親に恋人ができ、家を追い出された杏里は、誰にも頼ることが出来ず、ネットカフェで寝泊まりしながら大学に通うことに。家を借りるお金もなく途方にくれていると、体の関係なしのデートだけで金銭援助をしてもらえる男女交際「パパ活」を紹介される。最初は消極的だった杏里だが、背に腹はかえられず「パパ活」始める。ある日、ホテルのロビーで待っているとそこに現れたのは、どこか寂しげな雰囲気を持つ航だった・・・。

第2話 2017年10月18日「私はあなたのペット」
 航(渡部篤郎)の部屋に一人で泊まり、久しぶりに安眠することができた杏里(飯豊まりえ)。翌朝、大学の講義に出ると新しい先生として航が現れる。先生と生徒だという事を知った杏里は、パパ活が学校にバレたら…と焦る。しかし航から、たまたまホテルのロビーに居合わせ、自暴自棄の杏里を放っておけず部屋を貸したと聞き、荷物をとったら出て行くと約束する。そんな航は、親友の芳樹(橋本さとし)から「お前が壊れているのはいいが、嫁さんまで壊すな」と忠告される。

第3話 2017年10月25日「淋しがりやの飼い主」
 たった一人のパパ“オンリー”として、航(渡部篤郎)は杏里(飯豊まりえ)を自分の仕事部屋に住まわせる。2人は公園で航お手製のサンドイッチを仲良く食べたりして、本物の親子のような時間を過ごす。杏里の誕生日プレゼントを買いにジュエリーショップを訪れた2人は、そこで、年配の男と買い物に来ていた美月(佐藤美希)と出会う。美月が航に挨拶をすると、ごまかして逃げるように出て行ってしまった航を見て、杏里は航の嘘に気づく。

第4話 2017年11月1日「恋したら契約違反」
 航(渡部篤郎)の亡くなった実の娘の身代わりとして航に接することを決意した杏里(飯豊まりえ)。ある日、一人で部屋にいると、航の妻・菜摘(霧島れいか)がやってくる。航が離婚を切り出した為、興信所を雇って杏里の存在を知り、確かめにきたのだ。慌てて、亡くなった娘と同じ誕生日で気にかけてもらっているだけで恋愛関係ではないと弁解する杏里に、菜摘は驚くべき告白をする。それを聞いた杏里は…。

第5話 2017年11月8日「実の娘の身代わり」
 菜摘の涙の告白を聞いて同情した杏里は、思春期の娘の悪い面も見せることで航の幻想を壊そうとしたが、航の傷ついた顔を見て逆に衝撃を受け、自分も航の事を実際の父親として見ていたのか・・・と思い悩む。確かめる為に起こした行動が元で、杏里は航から部屋を追い出されてしまう。一方、航もまた、菜摘から芳樹との肉体関係を聞かされ、杏里に翻弄されながら、自分と静かに向き合っていたのだった・・・。

第6話 2017年11月15日「パパに抱かれる夜には」
 ついにお互いの恋心に気づき、一夜を共にした航と杏里。しかし、友人達からは単なる不倫ではないかと言われてしまう。一方、航と杏里の関係性の変化を知った菜摘は、ペットならいいがルール違反だと杏里に詰め寄る。菜摘の強く激しい感情に触れた杏里は傷つき、どうしたらいいかわからなくなる。そんな中、杏里に振られて料理に邁進していた実は、芳樹から航に関する重大な秘密を打ち明けられていた・・・。

第7話 2017年11月22日「忍び寄る破局の予感」
 航の亡くなった娘の本当の父親が芳樹だと聞かされた実は、悩んだが我慢できず、杏里にその事を伝える。菜摘が航を騙し続けていることを許せない杏里だが、娘を溺愛して10年もひきずっていた航に言えるはずもなく、一人思い悩んでいた。一方、航は菜摘に離婚届を突きつける。そこへ帰ってきた杏里に、離婚なんて絶対にしないと言い放つ。黙って菜摘の話を聞いていた杏里だが・・・。航と杏里の様子を見た菜摘は徐々に壊れていく・・・。

最終話 2017年11月29日「命短し恋せよ乙女」
 菜摘(霧島れいか)がマンションから落ちるのを目の前で目撃してしまった杏里(飯豊まりえ)。菜摘は即死だった。放心状態の航(渡部篤郎)と連絡がとれなくなり、杏里は心配する実(健太郎)と共に航の部屋に戻ったが、開け放たれた窓に揺れるカーテンを目にして泣き崩れる。菜摘の死に関して、事件性も疑われはじめ、大学内でも様々な噂がささやかれていた。ようやく部屋に戻ってきた航に「ずっと側にいる」という杏里だったが、航は…。


番組公式サイト
パパ活
タグ:パパ活

『パパ活 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奥様は、取り扱い注意 TOP

『奥様は、取り扱い注意』(おくさまは、とりあつかいちゅうい)は、2017年10月4日から同年12月6日まで、日本テレビ系「水曜ドラマ」枠(毎週水曜 22:00〜23:00)で放送された。全10話。主演は綾瀬はるか。原案・脚本は金城一紀。初回と最終回は10分拡大。


概要
綾瀬はるか主演で、一生懸命生きる全ての女性へ、愛と勇気のエールをおくるエンターテインメントドラマ。脚本は、エッジの効いたサスペンスとアクションを盛り込んだ作品で定評のある金城一紀が担当する。

綾瀬が演じる主人公の伊佐山菜美は、家事全般は下手だが正義感が強く、怒らせたら凶暴になる専業主婦。これまで“愛され女子”を数多く演じてきた綾瀬が、「キュートで明るい」と「強くてカッコイイ」を併せ持つ役どころに挑戦する。


ストーリー 
伊佐山菜美(綾瀬はるか)は、合コンで一目ぼれした勇輝(西島秀俊)と結婚し、閑静な高級住宅街に暮らすちょっとセレブな専業主婦。誰もがうらやむ満ち足りた生活は、何もかも順風満帆に思えた。
しかし、暮らし始めて半年、家事全般が下手な菜美は悩み事ばかり抱えていた。最大の悩みは、毎日の生活が“平凡過ぎる”こと。

ある日、菜美は隣人の主婦に誘われて料理教室へ通うことに。初めてできた友人たちからさまざまなアドバイスをもらい、友情を育んでいく菜美。

そんな中、ある主婦が夫からDVを受けていることを直感した菜美は、どうしたら彼女を救えるか悩んだ結果、「私がなんとかしてあげる!」と、トラブル解決に立ち上がる。


キャスト
伊佐山 菜美(いさやま なみ)
演 - 綾瀬はるか
人もうらやむちょっとセレブな専業主婦。天涯孤独で、愛情を知らずにタフに生きてきた経歴を持つ。そんな訳ありの人生をやり直して、穏やかな幸せを手に入れるため、合コンでゲットした勇輝と結婚。閑静な高級住宅街で暮らし始めるが、1年とたたないうちに、幸せそうに見える主婦たちが抱えるさまざまなトラブルに気付いてしまう。

大原 優里(おおはら ゆり)
演 - 広末涼子
菜美の主婦友達。主婦としての知識が豊富で、菜美たちをグイグイと引っ張りアドバイスする。

佐藤 京子(さとう きょうこ)
演 - 本田翼
菜美の主婦友達。おっとりしているが、好奇心旺盛な28歳。

伊佐山 勇輝(いさやま ゆうき)
演 - 西島秀俊
菜美の夫。
友人と共同でIT企業を経営しているセレブで 、少し天然な菜美の行動も笑顔で許す優しい性格。

大原 啓輔
演 - 石黒賢
優里の夫。

佐藤 渉
演 - 中尾明慶
京子の夫。

佐藤 良枝
演 - 銀粉蝶
京子の姑。

スタッフ
原案・脚本 - 金城一紀
音楽 - 得田真裕
演出 - 猪股隆一
プロデューサー - 枝見洋子、松本明子(AXON)
チーフプロデューサー - 福士睦
制作協力 - AXON
製作著作 - 日本テレビ


各話あらすじ
第1話 2017年10月4日「史上最強の新米主婦が事件解決!」※初回10分拡大(22:00 - 23:10) 視聴率 11.4%
 菜美(綾瀬はるか)は‘穏やかな幸せ’を求め、合コンで互いに一目ぼれした勇輝(西島秀俊)と出会って3カ月で結婚。閑静な高級住宅街でセレブな専業主婦生活を送っているが、生い立ちや特殊な前職は、IT企業を経営する勇輝には内緒にしている。新婚半年、平凡な日々に物足りなさを感じ始めていた菜美は、両隣の主婦・優里(広末涼子)と京子(本田翼)に誘われ、料理教室に通うことに。苦手な料理に懸命に取り組む中、そこで出会った知花(倉科カナ)の不自然な様子から、彼女がDV被害に遭っていると気付く。

第2話 2017年10月11日「ワケあり主婦が秘密の過去と対決!」
 優しい夫・勇輝(西島秀俊)と暮らす、一見平凡な主婦の菜美(綾瀬はるか)は、優里(広末涼子)、京子(本田翼)と共にカルチャースクールの「着付け教室」を受講する。そこで出会った夏希の着こなしは、不器用な菜美とは対照的に見事で、しかも色っぽい。そんなある日、夏希の過去を記した中傷ビラが町内中に投函され、自宅の壁には落書きが。町内会が、夏希を追い出そうとしていることに憤慨した菜美たちは、犯人を捕まえると宣言する。

第3話 2017年10月18日「ママ友いじめのボスと女同士の対決」
 菜美(綾瀬はるか)はかつて某国の特殊工作員だったが、勇輝(西島秀俊)はじめ周囲には秘密にしている。ある日、菜美はカツアゲしている3人組の不良に遭遇し、‘罰’を与えた。すると、それを目撃していた理沙から、けんかのやり方を教えてほしいと頼まれる。幼稚園児の子を持つ理沙は、幼稚園の保護者会のボスで元女子プロレスラーの貴子からいじめを受けているのだという。菜美は条件付きで、トレーニングを引き受ける。

第4話 2017年10月25日「元特殊工作員の主婦が挑む誘拐事件!驚きの真犯人とは!?」
 菜美(綾瀬はるか)、優里(広末涼子)、京子(本田翼)は、主婦たちの読書会を主催する美佐子を訪ね、彼女の息子が誘拐されたことを知る。犯人が郵便受けに投函したスマートフォンの画面には「明日午後8時までに1億円を用意しろ。警察に電話したら息子を殺す」という脅迫メモが写っていた。美佐子の夫が警察には届けないと宣言する中、息子の家庭教師・真純がやって来る。その直後、犯人は身代金の運び役に真純を指名してきて…。

第5話 2017年11月1日「妻たちが家出!?自由な夜に忍び寄る危険から友達を守れ!」
 菜美(綾瀬はるか)と京子(本田翼)は、優里(広末涼子)に元気がないのが気掛かり。2日後、菜美たちを呼び出した優里が、家出するので付き合ってくれと言い出す。優里は、家事にも子育てにも非協力的で、外で働きたいと希望しても耳を貸さない大学教授の夫・啓輔(石黒賢)に対する我慢が、限界に達していた。そして、菜美も勇輝(西島秀俊)に、京子も渉(中尾明慶)に不満を抱く出来事があったばかり。3人はメモを残し、家出を決行する。

第6話 2017年11月8日「殺人事件発生!理想の夫婦に隠された恐るべき秘密とは!?」
 菜美(綾瀬はるか)が京子(本田翼)、優里(広末涼子)と通うフラワーアレンジメント教室には、同じ町内の冴月、靖子、千尋がいた。菜美は町内会報の編集をする冴月から取材依頼を受け、翌日の夜、自宅に来てほしいと指定される。ところが、約束の時間、玄関前には靖子と千尋がいて、冴月は留守。そこに、冴月から渋滞で遅れるから家の中で待っていてほしいとの電話が入る。直後、3人は室内で殺されている冴月の夫を発見する。

第7話 2017年11月15日「余命半年の友達の元カレ探し!?理想の旦那が遂に嘘をつく」
 菜美(綾瀬はるか)はお茶会を開いた近所の良家の主婦・友恵から、探偵をしていると誤解され、人捜しを頼まれる。重い病気で余命半年と宣告された友恵は、死ぬまでにやりたいことを考えた時、大学時代の交際相手に会うこと以外、思い付かなかったという。相手について分かっているのは名前、生年月日、出身地、当時のアパートの場所だけ。菜美は某国特殊工作員時代の仲間で天才ハッカーの小雪(西尾まり)に調査を依頼する。

第8話 2017年11月22日「連続空き巣事件発生!旦那を襲った犯人へ華麗な復讐開始」
 菜美(綾瀬はるか)は優里(広末涼子)、京子(本田翼)らと、与党幹事長代理・三浦の妻に招かれホームパーティーに参加。三浦は1年前、汚職が取り沙汰されたが内部告発者の自殺で事件は幕引きされていた。一方、菜美は招待客の藍子の様子に不審を抱く。そんな中、町内で空き巣被害が相次ぎ、勇輝(西島秀俊)が犯人と鉢合わせ。幸い大事には至らなかったが、京子が空き巣被害に遭うのは三浦家のパーティー参加者ばかりだと気付いて…。

第9話 2017年11月29日「最後の敵が仕掛けた罠!旦那の正体が遂に…!」
 町に不穏な空気が流れ始める中、勇輝(西島秀俊)に‘秘密’があることを直感した菜美(綾瀬はるか)は、元仕事仲間のハッカー・小雪(西尾まり)に正体を探ってほしいと依頼する。一方、京子(本田翼)は渉(中尾明慶)の不倫を疑い、会社帰りを尾行。部下とホテルに消えるのを目の当たりにしてがくぜんとする。啓輔(石黒賢)との生活に息苦しさを感じる優里(広末涼子)は、合コンで知り合った安西(小関裕太)に誘われランチの約束をするが…。

最終話 2017年12月6日「遂に最終回!全ては嘘…それでも愛してる!」 ※10分拡大(22:00 〜 23:10)
 小雪(西尾まり)と再び会った菜美(綾瀬はるか)は、帰宅した勇輝(西島秀俊)と向き合う。勇輝は結婚に至るまでの経緯を明かし、菜美の選択肢は一つしかないと言い切る。京子(本田翼)は、不倫が原因で良枝(銀粉蝶)に家を追い出された渉(中尾明慶)から連絡がないのが気掛かりだ。一方、優里(広末涼子)は軽はずみな行動の結果について罪悪感と不安にさいなまれていた。優里は単身、売春組織のボス・横溝(玉山鉄二)の元へ談判に向かう。

各話視聴率へ


番組公式サイト
奥様は、取り扱い注意

『奥様は、取り扱い注意 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相棒 Season16 TOP

『相棒 Season16』は、2017年10月18日から、毎週水曜日21:00 - 21:54に、テレビ朝日系の「水曜21時」枠で放送中。初回は30分拡大放送。第2話は15分拡大。


概要
シリーズの誕生から17年、全286話の平均視聴率が驚異の16.2%を誇る人気刑事ドラマ。

右京とコンビを組む冠城亘を演じるのは、今作で3年目となる反町隆史。2人それぞれの正義と信条が摩擦を起こす場面も見られた前シーズンから、さらに踏み込んだ展開が描かれる。


ストーリー 
数々の難事件を解決に導いてきたキレ者だが、歯に衣(きぬ)着せぬ物言いと理屈に合わないことには決して譲らない頑固さ故に、上層部に疎まれ、窓際部署である・警視庁特命係に配属された杉下右京(水谷豊)。

法務省のキャリア官僚として人材交流の名目で警視庁に出向し、その後、天下りのような形で警視庁に入庁し特命係に異動となった冠城亘(反町隆史)。性格もキャリアも違う2人が、事件を通してすれ違い、ぶつかり合いながらも、真実に近づいていく。


キャスト
水谷豊
杉下右京 役
明晰な頭脳で数々の事件を解決してきた警視庁特命係の係長。階級は警部。キレ者であるが故に上層部から疎まれ、特命係という閑職に追いやられる。どんな時でも冷静沈着、誰にでも慇懃な態度で接するが、それが時に無礼に映ることも。本人の自覚は薄いが、そうした性格がきつく感じられるようで、特命係に配属された者はことごとく辞めていくことから「人材の墓場」と呼ばれている。

反町隆史
冠城亘 役
法務省から警視庁に出向してきたキャリア官僚から、警視庁へ天下りのような形で異動、特命係に配属される。階級は巡査。元キャリア官僚らしい能力の高さがありながらも、軽口や芝居がかった態度でそれと感じさせない。杉下とは違った角度から事件にアプローチすることで事件解決のきっかけとなることも多く、捜査官としての優秀さを証明している。

鈴木杏樹
月本幸子 役
杉下が常連の小料理屋「花の里」の女将。かつて、夫を死に追い込んだ暴力団幹部への復讐を果たし海外逃亡をもくろむも、杉下に見抜かれ逮捕された過去を持つ。模範囚として刑期を終え、出所の後、杉下の推薦で「花の里」の女将となる。以前は不幸を一身に背負ったような「ついてない女」を自称していたが、女将となってからは心身ともに落ち着いている様子。

石坂浩二
甲斐峯秋 役
警察庁ナンバー2の警察庁次長のポストから、息子の逮捕の後、警察庁長官官房付に降格される。それでも警察内での影響力は依然大きく、杉下の無期限停職処分を覆し復職させたり、冠城を特命係に異動させるなど、特命係への関与を続けている。

スタッフ
脚本:興水泰弘
演出:橋本一
プロデューサー:桑田潔、佐藤凉一、高野渉、西平敦郎、土田真通


各話あらすじ
第1話 2017年10月18日「検察捜査」 ※初回拡大SP(21:00 〜 22:24) 視聴率 15.9%
 3人の妻を殺した容疑で勾留中の平井(中村俊介)が検察で供述を翻し犯行を否認。自白を強要されたとして、特命係の右京(水谷豊)と亘(反町隆史)、捜査一課の伊丹(川原和久)らを脅迫罪で告訴する。検察が告訴状を受理し、検事の田臥(田辺誠一)が特命係へ。田臥を動かす法務省の日下部(榎木孝明)の狙いは、捜査権のない特命係の捜査への関与を立件することだった。右京は田臥に平井の事件に携わったきっかけを話し始める。

第2話 2017年10月25日「検察捜査〜反撃」 ※15分拡大(21:00〜22:09)
 事故死に見せかけて3人の妻を殺害したとされる平井(中村俊介)は、自白が強要されたものだったと、無実を主張し続けていた。法務事務次官の日下部(榎木孝明)を後ろ盾に、その事件の捜査指揮権を掌握した検察官の田臥(田辺誠一)は、特命係の右京(水谷豊)と亘(反町隆史)を捜査から閉め出す。真の狙いは、捜査権を持たない特命係が指示に反して捜査を行った場合、それを違法行為として立件することにあった。

第3話 2017年11月1日「銀婚式」
 右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は玄関に灯油をまかれたと通報があった商社専務・瀬川(川野太郎)の家へ。同じ頃、瀬川が目を離した隙に、半身不随の妻・楓(菊池桃子)を乗せた車椅子が暴走。放り出された楓は軽傷だったが、車椅子は大破する。不審を抱き聞き込みを始めた右京らは、‘逆玉のこし’の瀬川が楓の殺害を計画したのではと疑う。数日後、瀬川が別荘で転落死。その状況の一部始終がビデオカメラに録画されていた。

第4話 2017年11月8日「ケンちゃん」
 亘(反町隆史)が利用するコンビニの店員・健次郎(西井幸人)が殺され、亘と右京(水谷豊)は捜査に乗り出す。捜査本部は、2年前に健次郎の証言で捕まった窃盗犯・宍戸(菅原卓磨)を容疑者に特定。だが、右京には仮出所したばかりの宍戸の犯行とは思えない。遺体の手には漢字の「中」らしき字が書き残されていた。やがて、健次郎が夜間は印刷工場で働いていたと分かる。工場のロッカーからは数学書とノートが出てきて…。

第5話 2017年11月15日「手巾(ハンケチ)」
 警察学校の屋上から教官・樋口(佐戸井けん太)が転落し、意識不明の重体に陥る。同じく教官を務める米沢(六角精児)からの連絡で、元教え子の亘(反町隆史)は右京(水谷豊)と共に現場へ。厳しい指導で警察官不適格者を切り捨てる樋口は、恨みを買うことも多い人物だった。搬送先の病院に行った右京らは、樋口の娘で所轄刑事の真紀(南沢奈央)と遭遇。その冷淡な様子が気になる。右京らは真紀が捜査中の事件を探り始める。

第6話 2017年11月22日「ジョーカー」
 捜査二課の元刑事・早見(山田純大)が警視庁を告訴する。半年前、早見は歩道橋から転落死した妻でデータサイエンティストの幹子(宮本裕子)の死を殺人だと主張。警察が自殺と断定したため、目撃者を捜し出す。しかし、その目撃者は早見が用意した疑いが浮上。偽証を問われ、懲戒免職となった早見は、処分の取り消しを求めて裁判を起こしたのだ。裁判を傍聴した右京(水谷豊)たちは、幹子の死の真相を調べ始める。

第7話 2017年11月29日「倫敦からの客人」
 警備員・西田(康喜弼)が殺され、現場付近で見つかった持ち主不明の携帯電話に動画が残っていた。捜査本部は動画に写る男を追う。右京(水谷豊)らは、青木(浅利陽介)から携帯電話の持ち主が「ダークウェブ」という通常では見ることができないインターネットの暗部にアクセスしていたようだと聞く。ダークウェブにアップされている未発覚の殺人動画を見た右京は、わずかな手掛かりから現場を特定し、駆け付ける。

第8話 2017年12月6日「ドグマ」
 住宅街で見慣れない虫を見つけた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は近くの家の中で遺体を発見。虫は中央アジアに生息する「ジゴクバチ」だった。無数に刺された痕があるにもかかわらず被害者の豊子(新倉緋沙子)が逃げようとした形跡は見当たらず、右京は殺人の可能性を疑う。チョウの収集家の豊子は足しげく中央アジアに通っていたようだ。右京らは現地で豊子を撮影したことがある写真家の藤本(岩井秀人)に会いに行く。

第9話 2017年12月13日「目撃しない女」
 亘(反町隆史)が弁当を買いに通うキッチンカーの店主・芽依(朝倉あき)が殺人事件の目撃者に。殺されたのは芽依が料理の仕込み場所として使わせてもらっていたスナックのマスター・大友(酒井晴人)だった。芽依は店から出てきた2人組と鉢合わせしたが、人相はよく覚えていないと話す。右京(水谷豊)は、芽依が人の顔を覚えたり見分けたりするのが困難な「相貌失認」だと気付く。やがて、大友が詐欺集団の一員と判明する。

※※12月20日・27日の放送は休止。

第10話 2018年1月1日(月) 元日スペシャル「サクラ」 ※21:00〜23:15
 クリスマスイベントの会場で発砲事件が発生。しかし、奇妙なことに加害者のみならず被害者も行方をくらましてしまう。残された銃弾から、制服警察官に支給されている拳銃、通称“サクラ”が使われたと判明した直後、交番で制服警察官が自殺し、銃が持ち去られているのが発見された。広報課長の美彌子(仲間由紀恵)は、混乱を避けるため発表を控えようとするが、『QTES689』というハンドルネームを持つ何者かが、緊急災害速報メールの発信元をハッキングしてサクラ盗難の証拠映像を拡散してしまう。独自の捜査を始めた右京(水谷豊)は、自殺した警察官が元所轄刑事で、3か月前に事故と処理された内閣人事局長の死を、一人で捜査していたという情報を掴む。

各話視聴率


番組公式サイト
相棒 - Wikipedia

各シーズンあらすじ
相棒 season1
相棒 season2
相棒 season3
相棒 season4
相棒 season5
相棒 season6
相棒 season7
相棒 season8
相棒 season9
相棒 season10
相棒 season11
相棒 season12
相棒 season13
相棒 season14
相棒 season15
タグ:相棒 Season16

『相棒 Season16 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

監獄のお姫さま TOP

『監獄のお姫さま』(かんごくのおひめさま)は、2017年10月17日から同年12月19日まで、TBS系「火曜ドラマ」枠(毎週火曜 22:00〜22:54)で放送中。主演は小泉今日子。初回15分拡大。


概要
宮藤官九郎が脚本を手掛け、小泉今日子がTBSドラマで16年ぶりに主演を務める、いまだかつてないクライムエンターテインメント。小泉と宮藤のタッグは、2013年のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」以来となる。

女子刑務所で出会った生きることに不器用な人間たちの切なさや悲しさを、笑えて泣ける人間ドラマとして描く女たちの群像劇で、人と人との絆や友情、生きる意味を問い掛ける。


ストーリー 
元服役囚の馬場カヨ(小泉今日子)、勝田千夏(菅野美穂)、大門洋子(坂井真紀)、足立明美(森下愛子)、そして刑務官の若井ふたば(満島ひかり)は、大企業の社長・板橋吾郎(伊勢谷友介)を誘拐計画のターゲットにする。

女子刑務所で出会った5人は、無実の殺人罪で収監されたままの江戸川しのぶ(夏帆)のために、彼女を陥れた板橋に復讐を果たそうとしていた。しかし、次々とハプニングが起こり、思い通りに計画が進まない。そのたびにパニックに陥いる5人だったが、何とか軌道修正しようと奮闘する。


キャスト
馬場 カヨ(ばば カヨ)
演 - 小泉今日子
年下夫の不倫をきっかけに夫を刺してしまい、殺人未遂の罪で懲役5年の実刑判決を受けて服役している主婦。

若井 ふたば(わかい ふたば)
演 - 満島ひかり
厳格な刑務官にして教官。

板橋 吾郎(いたばし ごろう)
演 - 伊勢谷友介
過去に殺人を犯したイケメン社長。復讐のターゲットになる。

江戸川 しのぶ(えどがわ しのぶ)
演 - 夏帆
乳製品メーカーの社長令嬢。副社長の愛人殺しの冤罪で捕まる。

長谷川 信彦(はせがわ のぶひこ)
演 - 塚本高史
検事。

小島 悠里(こじま ゆうり)
演 - 猫背椿
女子刑務所の受刑者。

板橋 晴海(いたばし はるみ)
演 - 乙葉
吾郎の妻。

馬場 公太郎(ばば こうたろう)
演 - 神尾楓珠
カヨの息子。

護摩 はじめ(ごま はじめ)
演 - 池田成志
女子刑務所所長。

大門 洋子(だいもん ようこ)
演 - 坂井真紀
詐欺と横領で捕まる。

足立 明美(あだち あけみ)
演 - 森下愛子
違法薬物不法所持で捕まる。夫は暴力団の組長。

勝田 千夏(かつた ちなつ)
演 - 菅野美穂
所得隠しと巨額の脱税で捕まったカリスマ主婦。

スタッフ
脚本 - 宮藤官九郎
音楽 - ワンミュージック
編成 - 磯山晶
プロデューサー - 金子文紀、宮ア真佐子
演出 - 金子文紀、福田亮介、坪井敏雄、渡瀬暁彦
製作著作 - TBS

主題歌 - 安室奈美恵「Showtime」(Dimension Point)


各話あらすじ
第1話 2017年10月17日「最強美女軍団VSイケメン社長!?因縁の対決が始まる」 ※初回15分拡大(22:00 〜 23:09)
 2017年、クリスマスイブの朝。カヨ(小泉今日子)、ふたば(満島ひかり)、洋子(坂井真紀)、明美(森下愛子)、千夏(菅野美穂)の5人は、5年前から素性を隠して秘密裏に進めていた計画を実行に移す。それは、大企業の社長・板橋(伊勢谷友介)を誘拐し、過去のある事件の罪を認めさせること。手始めに、5人は板橋の息子・勇介(前田虎徹)の誘拐に着手することに。ところが、さまざまなハプニングが起こり、計画は思い通りに進まない。

第2話 2017年10月24日「刑務所ライフ開幕戦今夜決定!最強の女囚は誰だ」
 2011年秋。女子刑務所に収監されたカヨ(小泉今日子)は、刑務官・中谷(BOB)やふたば(満島ひかり)たちから所内での生活について簡単な説明を受ける。洋裁工場に配属されたカヨは、脱税で捕まった尊敬する経済評論家・千夏(菅野美穂)をはじめ、洋子(坂井真紀)、明美(森下愛子)らと知り合う。同じ頃、カヨの周辺に不穏な空気が流れ始める。2017年。吾郎(伊勢谷友介)の誘拐に成功したカヨたちは、困惑する吾郎に理由の説明を試みる。

第3話 2017年10月31日「爆笑ヨーグルト姫の秘密…涙の天城越え」
 “爆笑ヨーグルト姫事件” の裁判のやり直しを求め、警視庁前で犯行声明を読み上げる 板橋吾郎 (伊勢谷友介) の長男・勇介 (前田虎徹)。池畑刑事 (米村亮太郎) は、無事保護された勇介から情報を聞き出そうとする。

第4話 2017年11月7日「彼女たちの事情…裏切り男の面会室」
 2012年6月。しのぶ(夏帆)がひそかに妊娠していることを知ってしまったカヨ(小泉今日子)は、日一日と大きくなるしのぶの腹を見て、居ても立ってもいられない。だが、しのぶから誰にも言わないでほしいと頼まれたこともあり、なんとかふたば(満島ひかり)に察してもらおうとする。2017年。ふたばの号令の下、吾郎(伊勢谷友介)を縛り上げたカヨたちは、勇介(前田虎徹)の母親が誰なのか、本当のことを言うよう迫っていて…。

第5話 2017年11月14日「この子を守りたい!女囚たちの育児日記」
 2017年。吾郎(伊勢谷友介)はカヨ(小泉今日子)たちの狙いが、しのぶ(夏帆)が犯人として服役中の殺人教唆事件の再審請求であることを知る。だが、決定的な証拠はなく再審が難しい状況に変わりはない。2012年。出産を終えたしのぶが生まれたばかりの子どもを連れて刑務所に帰ってきた。しのぶは刑務官に呼び出され、子どもを刑務所で育てるべきか議論する。そして、ふたば(満島ひかり)の後押しもあり、所内での子育てが始まる。

第6話 2017年11月21日「決意と結束」
 2017年。「エドミルク本社」では、刑事・池畑(米村亮太朗)がふたば(満島ひかり)の経歴を知り、彼女が誘拐事件に関わっている可能性を推理。吾郎(伊勢谷友介)の妻・晴海(乙葉)に、ふたばへ連絡するよう指示する。晴海から電話を受けたふたばは、事件に巻き込まれたと偽り、一度会社へ戻ることにする。2014年。勇介を奪われたしのぶ(夏帆)から笑顔が消えた。一方、勇介の姿を週刊誌の記事で見たカヨ(小泉今日子)たちは…。

第7話 2017年11月28日「ハニートラップ!?」
 2017年。EDOミルク本社に戻ったふたば(満島ひかり)は、池畑(米村亮太朗)から尋問を受ける。ふたばから携帯電話のメッセージで助けを求められたカヨ(小泉今日子)たちは、晴海(乙葉)に脅迫電話をかけ、様子見がてら誘拐の目的を再度伝える作戦に出る。さかのぼって2014年。長谷川(塚本高史)がカヨに交際を申し込む。カヨは思わぬ事態に浮かれながらも、しのぶ(夏帆)たちと共に吾郎(伊勢谷友介)を追い詰める計画を進める。

第8話 2017年12月5日「葛藤」
 2017年。晴海(乙葉)から吾郎(伊勢谷友介)の居場所へ連れて行くよう頼まれたふたば(満島ひかり)は、池畑(米村亮太朗)の目を盗み、一緒に車で抜け出す。道中、ふたばは晴海に、刑務所で見つけた‘復讐ノート’について話す。2015年。ノートを見たふたばは、カヨ(小泉今日子)たちが吾郎への復讐を計画していることに気付き、カヨを懲罰房へ連行する。しのぶ(夏帆)を助けたいと訴えるカヨに、ふたばは厳しい現実を突き付ける。

第9話 2017年12月12日「娑婆」
 2015年11月。出所したカヨ(小泉今日子)は美容院で働くことに。息子・公太郎(神尾楓珠)に会いたいと願うカヨだが、元夫・武彦(赤堀雅秋)から公太郎との接触を拒まれてしまう。2016年7月、ふたば(満島ひかり)はしのぶ(夏帆)と勇介を再会させてあげようとひそかに動く。ところが、ふたばの行動は吾郎(伊勢谷友介)に筒抜けだった。2017年4月。カヨが働く美容院にふたばが客として来店。ふたばが去った後に残されていたのは…。

最終話 2017年12月19日
 爆笑ヨーグルト姫事件を調べるため、急遽沖縄に向かった検事の 長谷川 (塚本高史) と助手の 今池 (上川周作)。しのぶ (夏帆) と 吾郎 (伊勢谷友介) がパラセーリングを申し込んだボートハウスで、思いもかけない事実を知ることに…。一方、アジトのガレージでは、実行犯と思われる プリンス (ナリット) が 若井 (満島ひかり) たちの尋問を受けていた。プリンスは、何度聞いても同じ言葉を繰り返し答えるばかりで進展がなく、カヨ (小泉今日子) たちはお手上げ状態だった。

各話視聴率


番組公式サイト
監獄のお姫さま - Wikipedia

『監獄のお姫さま TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日の約束 TOP

『明日の約束』(あしたのやくそく)は、2017年10月17日から同年12月19日まで、毎週火曜21時 - 21時54分にカンテレ(関西テレビ)制作・フジテレビ系の「火曜21時枠」で放送中。主演は井上真央。初回20分拡大。


概要
高校のスクールカウンセラーが、ある生徒の死の謎を究明する中で、いじめ、毒親、非行などの難題と人の心の闇に対峙しながらも、生きる意味や親子のかたちを探っていくヒューマン・ミステリー。


ストーリー 
椿が丘高校のスクールカウンセラー・藍沢日向(井上真央)は、「親でもない、教師でもない、最後に味方になってあげられる大人」として、学校や家庭の問題に悩む生徒の心のケアに生活をささげていた。ある日、気にかけていた不登校の男子生徒・吉岡圭吾(遠藤健慎)から、「好きです」と告白される。しかし、その翌日、彼は不可解な死を遂げてしまう。

果たして、誰が彼を死なせたのか。原因究明に動く日向の前に立ちはだかるのは、陰湿ないじめ、日向の母親と同じ“毒親”の真紀子(仲間由紀恵)による圭吾への過干渉、圭吾自身の非行歴と不穏な交友関係だった。しかし、日向は持ち前の前向きな性格を武器に、あらゆる問題に向き合っていく。


キャスト
藍沢 日向(あいざわ ひなた)
演 - 井上真央
高校のスクールカウンセラー。学校や家庭の問題に悩む生徒の心のケアに生活をささげる。過干渉な母親とのいびつな関係に悩んで育ってきた。

吉岡 真紀子(よしおか まきこ)
演 - 仲間由紀恵
不登校の男子生徒・吉岡 圭吾の母。

吉岡 圭吾(よしおか けいご)
演 - 遠藤健慎
不登校の高校生。日向に告白した翌日、不可解な死を遂げる。

霧島 直樹(きりしま なおき)
演 - 及川光博
圭吾の担任。

本庄 和彦(ほんじょう かずひこ)
演 - 工藤阿須加
日向の恋人。サラリーマン。

北見 雄二郎(きたみ ゆうじろう)
演 - 白洲迅
2年A組の教師。

大宮 奈緒(おおみや なお)
演 - 新川優愛
臨時教員。

藍沢 尚子(あいざわ なおこ)
演 - 手塚理美
日向の母。

小嶋 修平(こじま しゅうへい)
演 - 青柳翔
ジャーナリスト。

白井 香澄(しらい かすみ)
演 - 佐久間由衣
圭吾の幼馴染。2年前に高校を中退し、ダンスサークルに所属しながら、スーパーでアルバイトとして働いている。

スタッフ
脚本 - 古家和尚
演出 - 土方政人(共同テレビ)、小林義則(共同テレビ)
プロデューサー - 河西秀幸(カンテレ)、山崎淳子(共同テレビ)
音楽 - 眞鍋昭大
制作協力 - 共同テレビ
制作著作 - 関西テレビ放送


各話あらすじ
第1話 2017年10月17日「生徒が謎残す死…真相探るカウンセラーが想う、母との明日」※初回20分拡大(21:00 〜 22:14)
 日向(井上真央)は椿が丘高校に勤めるスクールカウンセラー。問題を抱える生徒たちに寄り添おうと日々頑張っているが、自身は過干渉の‘毒親’尚子(手塚理美)のことを誰にも相談できずにいる。ある日、日向は不登校の生徒・圭吾(遠藤健慎)を心配し、担任の霧島(及川光博)と家庭を訪問。圭吾の母・真紀子(仲間由紀恵)は息子が学校でいじめられていると訴え、不信感を隠さない。だが、日向は真紀子と圭吾の関係に疑問を抱く。

第2話 2017年10月24日「吉岡君を死なせたのは誰か…牙をむく母」 
 圭吾(遠藤健慎)が自宅で自殺し、遺体で発見された。日向(井上真央)と霧島(及川光博)は彼の家に駆け付けるが、圭吾の父・吉岡(近江谷太朗)に追い帰される。一方、真紀子(仲間由紀恵)はショック状態で「学校に殺された」とつぶやく。圭吾の死に校内が騒然となる中、昨夜、彼に好きだと告白された日向は、すぐ断ったことを気に病む。そんな折、日向は圭吾の同級生・那美(井頭愛海)から彼がクラスでいじめられていたと聞く。

第3話 2017年10月31日「新たな学校の疑惑…優しさで支配する母」
 スクールカウンセラーの日向(井上真央)は、ある日、不登校が続く1年生の圭吾(遠藤健慎)から「好きになりました」と告白されるが、翌日、圭吾は遺書も残さず不可解な死を遂げてしまう。息子の死は学校の責任だとする母・真紀子(仲間由紀恵)の主張に対し、校長の轟木(羽場裕一)は記者会見を開いて対応は適切だったと説明。しかし、マスコミや世間の“犯人探し”は勢いを増し、学校は非難をあびる。

第4話 2017年11月7日「愛情という母の攻撃…悪者を裁くのは誰」
 母・尚子(手塚理美)との幼い頃からの確執を恋人の本庄(工藤阿須加)に打ち明けようとした矢先、日向(井上真央)の元に霧島(及川光博)から、辻(神尾佑)が何者かに襲われ重傷を負ったという連絡が入る。一方、バスケットボール部のマネジャー・希美香(山口まゆ)は、今までにも増して部活動に熱意を傾ける主将・大翔(金子大地)の態度に危うさを感じていた。そんな中、大翔が部員に暴力を振るう動画がニュースサイトで公開される。

第5話 2017年11月14日「少年の不穏な過去に母の影…遂に核心へ」
 日向(井上真央)は大翔(金子大地)から圭吾(遠藤健慎)を無視し始めた理由を聞き、圭吾の変化に真紀子(仲間由紀恵)の関与を疑う。だが、霧島(及川光博)らに確証がないと言われる。そんな折、本庄(工藤阿須加)から求婚された日向は、尚子(手塚理美)の動向が気になりつつも承諾する。生徒たちが大翔の暴力動画を撮った犯人捜しを始める中、日向と霧島は中学時代、真紀子が‘モンスターペアレント’で嫌われていたと勝(渡邉剣)から聞く。

第6話 2017年11月21日「疑惑の母に問う真実…結婚で変える未来」
 学校の相談室で真紀子(仲間由紀恵)と対面した日向(井上真央)は、圭吾(遠藤健慎)が家出した日に彼と話した内容を問われるが、圭吾のプライバシーだと言って断る。真紀子はさらに圭吾の死について責め立て、訴える用意はできていると告げる。そんな中、辻(神尾佑)に続いて大翔(金子大地)が襲われた。病院に駆け付けた日向は、目撃した希美香(山口まゆ)から犯人が背の高い女だと聞く。日向は改めて過去のことについて調べ始める。

第7話 2017年11月28日「悲しき復讐…本当の悪者は誰歪んだ母子」
 香澄(佐久間由衣)のことで悩む日向(井上真央)は、霧島(及川光博)と麻子(馬渕英里何)に対応を相談。霧島は警察に事情を話すべきだと言う。一方、希美香(山口まゆ)は圭吾(遠藤健慎)の妹・英美里(竹内愛紗)の援助交際を知り、日向に告げる。その際、日向は大翔(金子大地)の動画を流出させたのが霧島か自分だと生徒の間で疑われていると知る。流出させる理由がないと否定する霧島。日向は、圭吾から告白されたことを霧島に明かす。

第8話 2017年12月5日「疑惑の母親に非難の声…届かない子の声」
 本庄(工藤阿須加)の突然の暴力に声もない日向(井上真央)。彼の部屋を出た日向は帰宅する気にもなれず、偶然会った霧島(及川光博)に付き添われて学校へ。そこへ、香澄(佐久間由衣)から電話が入る。日向と霧島は近くにいるという香澄を捜すが見つからない。一方、真紀子(仲間由紀恵)は、圭吾の携帯電話に届いた「僕はお母さんのせいで死にました」という‘ケイゴ’からのメッセージにがくぜん。英美里(竹内愛紗)はその姿を見て…。

第9話 2017年12月12日「暴いた黒教師の罪…問えない母親の罪」※「東アジアE-1サッカー選手権 日本代表×中国」(19:00 - 21:24)放送のため、30分繰り下げ(21:30 - 22:24)
 圭吾(遠藤健慎)への盗聴行為が露見し、世間の攻撃が真紀子(仲間由紀恵)に向かう中、日向(井上真央)は朱里(立野沙紀)経由で香澄(佐久間由衣)から託されたパソコンを手に霧島(及川光博)と向き合う。香澄は残る復讐相手として霧島を狙っていた。日向の追及に、霧島は圭吾の孤立の原因をつくったと認める。一方、日向と本庄(工藤阿須加)との関係にはさらなる変化が。自分の未来を考える日向は尚子(手塚理美)に思いを伝えようとする。

最終話 2017年12月19日
 学校でのいじめ、母・真紀子(仲間由紀恵)による精神的虐待……ちまたでさまざまな憶測が飛び交った、圭吾(遠藤健慎)の自殺。しかし結局、真相は誰にも分からず、クラスメイトや教師、残された家族は日常を取り戻せずにいた。日向(井上真央)も、スクールカウンセラーとしてそんな人々の心をケアする一方で、死の前日に圭吾から告白されたことがずっと胸に引っ掛かっていた。

各話視聴率


番組公式サイト
明日の約束 - Wikipedia
タグ:明日の約束

『明日の約束 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
50音検索