2024年03月31日

2024年冬ドラマ(1-3月)

20:00 21:00 22:00 23:00 24:00
CX
24/1/8〜
君が心をくれたから
CX
24/1/15〜
春になったら
TX 全8話
23/12/4〜1/30
SHUT UP
NTV
24/1/22〜
先生さようなら
TX
24/2/5〜
ブラック
ガールズトーク
CX
24/1/8〜
チェイサーゲームW
パワハラ上司は
私の元カノ
  EX
24/1/23〜
マルス-ゼロの革命-
NHK
24/1/9〜
正直不動産2
CX
24/1/9〜
リビングの松永さん
TX
24/1/9〜
夫を社会的に
抹殺する 5つの方法
Season2
TBS
24/1/23〜
瓜を破る
〜一線を越えた、
その先には

TBS
24/1/9〜
#居酒屋新幹線2
TBS
24/1/23〜
Eye Love You
EX
23/10/18〜
相棒season22
NTV
24/1/10〜
となりのナースエイド
TX
24/1/10〜
パティスリーMON
TX
24/1/10〜
推しを召し上がれ
〜広報ガールの
まろやかな日々〜
CX
24/1/17〜
婚活1000本ノック
TX
24/2/21〜
ケンシロウによろしく
EX
24/1/18〜
グレイトギフト
CX
24/1/18〜
大奥
NTV
24/1/18〜
めぐる未来
TX
24/1/11〜
ナースが婚活
TX
24/1/12〜
ジャンヌの裁き
CX
24/1/12〜
院内警察
TBS
24/1/26〜
不適切にもほどがある!
EX
24/1/5〜
おっさんずラブ
-リターンズ-
TX
24/1/5〜
闇バイト家族
NTV
24/1/5〜
消せない「私」
―復讐の連鎖―

TX
24/1/12〜
ハコビヤ
EX
24/1/13〜
恋する警護24時
EX
24/1/20〜
離婚しない男
―サレ夫と悪嫁のし愛
NTV
24/1/13〜
新空港占拠
CX
24/1/6〜
おっさんのパンツが
なんだって
いいじゃないか!
TBS
23/1/14〜
さよならマエストロ
〜父と私のアパッシオナート〜
EX
24/1/21〜
アイのない恋人たち
NTV
24/1/21〜
厨房のありす
20:00 21:00 22:00 23:00 24:00

『2024年冬ドラマ(1-3月)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月21日

ケンシロウによろしく TOP

『ケンシロウによろしく』は、DMM TVにて、2023年9月22日より独占配信中。主演は松田龍平。2024年2月22日(21日深夜)から、テレビ東京にて毎週水曜26:35〜27:05に地上波放送中。


各話あらすじ
第1話 2024年2月21日
 幼い頃に木村(中村獅童)というヤクザに母・栞(筒井真理子)を奪われ復讐(ふくしゅう)を誓った沼倉(松田龍平)は、「北斗の拳」を読みあさり、暗殺拳を学び、最強のマッサージ師に。そんなある日、沼倉は風俗店で里香(西野七瀬)という女性に出会い…。
 
第2話 2024年2月28日
 就職試験として、力士のマッサージを課せられた里香。試験に合格し、沼倉マッサージで働くことになった里香は、沼倉が復讐のためにマッサージ師になったことを知る。ついに、沼倉の敵、木村が沼倉マッサージにやって来る時が来た。沼倉が木村の背中を指圧し始めたその時…。

 
原作概要
『ケンシロウによろしく』は、ジャスミン・ギュによる日本の漫画作品。『週刊ヤングマガジン』(講談社)にて、2020年16号から2023年47号まで連載された。


ドラマ概要
動画配信サービス・DMM TVのオリジナルドラマを地上波初放送。ヒットメーカーのバカリズムが脚本を担当し、映画「地獄の花園」などでバカリズムとタッグを組んだ関和亮が監督を務め、同名コミックを実写ドラマ化する。

松田龍平が、復讐のために漫画「北斗の拳」を読んで暗殺拳を学び、なぜか史上最強のすご腕マッサージ師となった主人公・沼倉孝一を演じ、沼倉に弟子入りするマッサージ専門学校生のヒロイン・坂本里香に西野七瀬が扮する。加えて、倉科カナ、矢本悠馬、斉木しげる、勝村政信、野間口徹、松井愛莉、大鶴肥満(ママタルト)、義江和也、筒井真理子、中村獅童ら多彩なキャストが共演。


ストーリー
幼い頃、ヤクザの木村猛志(中村獅童)に母・栞(筒井真理子)を奪われた沼倉孝一(松田龍平)は、復讐のために愛読書であった「北斗の拳」を読み込んで暗殺拳を学び、母の敵を討つことを固く誓った。復讐に燃える男が、暗殺拳を極めようとした果てに、マッサージ師になって人々を幸せにしていく。


キャスト
沼倉孝一(ぬまくら こういち)
演 - 松田龍平
10歳の時に母親を奪った木村へ復讐をするため、愛読書の「北斗の拳」を読みあさる。ありとあらゆるツボを極め、人間の体の隅々まで把握し、国家資格を四つ取得。なぜか史上最強のすご腕マッサージ師となり、自身で店舗を開業するまでに成長する。

坂本里香(さかもと りか)
演 - 西野七瀬
指圧師を目指す、マッサージ専門学校生。寝たきりの父の医療費と自身の学費を稼ぐために風俗でアルバイトをしていたところ、沼倉と出会う。沼倉の極上の指圧に感激し、弟子入りすることに。

周辺人物
木村猛志
演 - 中村獅童
沼倉から母親を奪ったヤクザ。

沼倉の母親
演 - 筒井真理子

久田佳子
演 - 倉科カナ
ヤクザ専門の記者。沼倉の復讐を手助けする。

中村ひろし
演 - 矢本悠馬
バーチャルアイドルを応援するオタク。

野田修
演 - 斉木しげる
大手IT企業の社長。

ヨシトモカタコラス
演 - 野間口徹
伝説の凝りの名人。テレビ番組「モミの鉄人」の出演者。

西ヶ上
演 - 勝村政信
西洋医学しか断じて認めない医師。

沢村ルナ
演 - 松井愛莉
敏感女王の異名を持つ女性。

森山林
演 - 大鶴肥満(ママタルト)
力士。沼倉のマッサージ店の常連客。

森山林の弟子
演 - 義江和也

スタッフ
原作 - ジャスミン・ギュ『ケンシロウによろしく』(講談社『ヤングマガジン』連載)
脚本 - バカリズム
主題歌 - 花冷え。「Believer」
監督 - 関和亮、スミス、中山佳香


番組公式サイト
ケンシロウによろしく - Wikipedia

『ケンシロウによろしく TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月30日

ブラックガールズトーク TOP

『ブラックガールズトーク』は。2024年2月5日からテレビ東京系「ドラマプレミア23」枠(毎週月曜23:06〜23:55)で放送中。朝日奈央と関水渚と石井杏奈のトリプル主演作。

各話あらすじ
第1話 2024年2月5日「恐怖!最恐の派遣さん&二股クズ彼氏」
バリキャリOL佳央梨(朝日奈央)、面倒見のいい保育士あや(関水渚)、平凡なOL奈緒(石井杏奈)は、よく集まっておしゃべりを繰り広げている。いつも話題に上がるのは身の回りにいる迷惑な人たちのヤバいエピソード。ある夜、佳央梨は職場に現れた“最恐の派遣社員”亜紀(小林涼子)について語り出す。経歴・スキル・気遣い全て申し分なし!と思いきや、その正体は…!さらに奈緒の彼氏・高木(猪塚健太)がまさかの二股!?


第2話 2024年2月12日「モンペ母と仕組まれた罠/パワハラ上司」
あや(関水渚)の結婚が決まり、佳央梨(朝日奈央)と奈緒(石井杏奈)は祝うことに。お相手は保育士の同僚・隼人(板垣瑞生)だが、その職場で紆余曲折があったらしい。原因はある不可解な写真とママ軍団のボス・石野(真飛聖)のようで…。【高圧的パワハラ上司】佳央梨が後輩・諏訪(本田響矢)とランチデートすることに。約束したきっかけは前職の上司・祥子(猫背椿)との偶然の再会だという。


第3話 2024年2月19日「人として無理な男&何も決められない男」 ※23時06分〜23時55分
奈緒(石井杏奈)はマッチングアプリで2人の男性と会った。すべて手配してくれるヒロ(宮崎秋人)と奈緒の意向を尊重する橘(園田祥太)。どちらも第一印象は悪くなかったのだが…【モラハラ夫】あや(関水渚)は突然姉・さやか(小野寺ずる)に呼び出される。娘の急病で病院に行ったがお金が足りず貸してほしいという。そんな状況に陥った原因は夫・樹(長田成哉)にあった…。


第4話 2024年2月26日「人のモノ欲しがり女/マザコンロミオメール男」
奈緒(石井杏奈)はあや(関水渚)の新居で、新入社員・星子(森田想)にまつわる騒動を話し始める。星子は愛嬌はあるが人のモノを欲しがる一面が。その略奪体質ゆえ大事件を巻き起こしたという…。【マザコンロミオメール男】「反省した頃かな」「また君に会いたい」佳央梨(朝日奈央)はスマホに次々と届くストーカーまがいのメッセージに悩んでいた。差出人は4年前に別れた秀司(落合モトキ)で…。


原作概要
『ブラックガールズトーク』は、マキノマキによる日本の漫画作品。『ブラックガールズトーク』として『マンガワン』(小学館)、『裏サンデー』(同)では2019年5月2日から同年8月15日まで短期連載として連載。単行本2巻(case.8 - )収録分以降は『ブラックガールズトークリターンズ』として『マンガワン』では2019年12月26日より、『裏サンデー』では2020年1月2日より連載されているが、単行本では「ブラックガールズトーク」表記である。2023年3月時点で単行本の累計部数が100万部を突破している。

ドラマ概要
原作は、小学館のコミックアプリ「マンガワン」で連載中のマキノマキによる同名作品。“人のもの欲しがり女”“モラハラ浮気夫”“高圧的パワハラ上司”“何も決められない男”…身の回りにいるお騒がせなヤバい人たちについて、仲良し女子3人組が「こういう人、いるいる!」とおしゃべりして心のデトックスを図る、共感型リアル体験ドラマ。

ストーリー
商社に勤めるバリキャリ会社員の太田佳央梨(朝日奈央)、面倒見のいい保育士・三浦あや(関水渚)、ごくごく平凡な会社員・高橋奈緒(石井杏奈)。仲のいい女子3人組はいつも、それぞれの家やカフェに集まり、とびきりの主観と偏見、そしてほんの少しの毒を織り交ぜながら、たわいもないトークを繰り広げていた。

ある夜、佳央梨は職場に現れた“最強の派遣社員”について語り出す。第一印象は経歴・スキル・性格、すべて申し分なしと思いきや、とんでもない問題を抱えた“最恐の派遣社員”だったことが分かる。さらに奈緒の彼氏に二股疑惑が浮上。ハイスペックだと信じていた優しい彼氏に、とんでもない裏の顔が発覚する。


キャスト
太田佳央梨
演 - 朝日奈央
商社に勤めるバリキャリ会社員。3人の中ではしっかり者の、頼れるお姉さん。


三浦あや
演 - 関水渚
優しくて面倒見のいい性格の保育士。

高橋奈緒
演 - 石井杏奈
何もかもが平均的な会社員。彼氏に二股疑惑が持ち上がる。

周辺人物
若村隼人
演 - 板垣瑞生
あやの彼氏で同僚の保育士。後に夫となる。

諏訪元哉
演 - 本田響矢
佳央梨の職場の“できる後輩社員”。

スタッフ
原作 - マキノマキ『ブラックガールズトーク』(小学館『マンガワン』連載)
監督 - 上田迅(ザ・ワークス)、弓座翔平(ザ・ワークス)
脚本 - 舘そらみ、上田迅(ザ・ワークス)、岸本鮎佳
主題歌 - DA PUMP「Use Your Body」(SONIC GROOVE)
エンディングテーマ - ONE N' ONLY「TALKIN'」(SDR)
チーフプロデューサー - 森田昇(テレビ東京)
プロデューサー - 祖父江里奈(テレビ東京)、多湖亮太(ザ・ワークス)
制作 - テレビ東京
制作協力 - ザ・ワークス
製作著作 - 「ブラックガールズトーク」製作委員会


番組公式サイト
ブラックガールズトーク - Wikipedia

『ブラックガールズトーク TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月27日

厨房のありす TOP

『厨房のありす』(ちゅうぼうのありす)は、2024年1月21日から日本テレビ系「日曜ドラマ」枠(毎週日曜22:30〜23:25)で放送中。主演は門脇麦。


各話あらすじ 平均視聴率 5.36%
第1話 2024年1月21日「普通のきみは素晴らしい」 視聴率 6.2%
 料理店「ありすのお勝手」の店主・ありす(門脇麦)は、マイペースでコミュニケーションが苦手な自閉スペクトラム症(ASD)だが、大好きな化学の理論を生かす天才料理人。親友で元ヤンキーのホール担当・和紗(前田敦子)と切り盛りする店に、住み込みのアルバイトを希望する倖生(永瀬廉)がやって来た。採用はありすを男手一つで育てた父・心護(大森南朋)の承諾が必要で…。

第2話 2024年1月28日「誰かと共に生きること」 視聴率 5.2%
 ありす(門脇麦)と心護(大森南朋)が暮らす家に倖生(永瀬廉)が転がり込み、新生活が始まった。こだわりが強すぎるありすの生活は、調味料の並べ方をはじめルールだらけ。混乱する倖生をよそに、マイペースなありすは、夫婦げんかに悩む常連の雅美(伊藤麻実子)のためストレス解消メニューを提供する。一方、大学にいる心護は、ありすと倖生が急接近しないか不安に駆られる。

第3話 2024年2月4日「「助けて」って言えば良い」 視聴率 4.7%
 親友・和紗(前田敦子)の生まれてくる赤ちゃんの名前を一緒に考え始めるありす(門脇麦)。和紗の母・明希子(阿南敦子)が言うには、親は“こういう子に育ってほしい”という気持ちを名前に込めるようだけど…「私の名前には、どんな気持ちが込められたんでしょうか…」。ありすは、自分の名前を付けてくれた母親の思いが知りたくなってしまう…。

第4話 2024年2月11日「実の母と、火事の真相」 視聴率 5.2%
 ありす(門脇麦)の店に、蒔子(木村多江)が突然やって来た。緊張するありすだが、心護(大森南朋)は蒔子をすぐに追い返そうとする。ありすは倖生(永瀬廉)に、かつて見た心護と蒔子の様子をこっそり打ち明ける。「お母さんは、お金を払って私を捨てたんだと思います」。翌日、ありすの店に和紗(前田敦子)が復帰し、無愛想な倖生のイメチェンを提案。賛同したありすのアイデアで倖生は前髪を上げることになり、常連客から大好評。

第5話 2024年2月18日「恋とはナンダ…!?」 視聴率 5.5%
 「あの火事が事故じゃないこと、おまえは分かってるだろ」と詰め寄る心護(大森南朋)に、「バレて困るのはお前だろ」と誠士(萩原聖人)は答える。2人を偶然目撃してしまった百花(大友花恋)。25年前の五條製薬の火事は事故じゃない…!?ありす(門脇麦)の過去には、まだまだ秘密があるようで…。

第6話 2024年2月25日「ごめんなさい、好きです」
 心護(大森南朋)が倖生(永瀬廉)に、倖生の父・晃生(竹財輝之助)に関する衝撃の告白を。一方、倖生への恋心を自覚したありす(門脇麦)は、和紗(前田敦子)の家で作戦会議。アプローチなどしたことのないありすのために、和紗ら三ツ沢家の面々は案を出し合い、帰宅したありすは早速、実践してみる。翌日、店は始まって以来の盛況ぶり。ありすは大張り切りで腕を振るうが…。


概要
「料理は化学です」が口癖の自閉スペクトラム症(ASD)の料理人が、ゲイの父親や親友、謎めいた青年と支え合い、温かい言葉とごはんで絆を結ぶ、少し切なくて温かい新時代のハートフル・ミステリー。門脇麦が主演を務め、化学の知識から、それぞれの客に合った“やさしいごはん”を作るASDの天才料理人・八重森ありすを演じる。


ストーリー
街の小さなごはん屋さん「ありすのお勝手」の店主・八重森ありす(門脇麦)は自閉スペクトラム症(ASD)で、その特性から頑固でこだわりが強く、人とのコミュニケーションが苦手。しかし、ひとたび包丁を握れば、ありすは大好きな化学の知識を基に、おいしくて優しい料理を生み出し、店は人気店になっている。

そんなありすの店に、住み込みのアルバイトを希望する青年・酒江倖生(永瀬廉)がやって来て、ありすの人生が微妙に変わり始める。ゲイの父・八重森心護(大森南朋)に見守られながら、みんなの心をおいしいごはんで温めているありすだが、そんな彼女の生い立ちと家族には、本人も知らない重大な秘密があった。


キャスト
八重森ありす(やえもり ありす)〈28〉
演 - 門脇麦
料理店「ありすのお勝手」の店主。
小さな料理店「ありすのお勝手」の店主。自閉スペクトラム症で、3歳の頃から有機化学者の父親と2人暮らし。頑固でこだわりが強く、コミュニケーションは苦手。だが、驚異的な記憶力の持ち主で、父親の影響ではまった化学においては膨大な知識を持ち合わせる。食材の栄養素や調理工程を化学式や化学変化で理解し、「料理は化学です」が口癖。客の体調から、その人に合った“やさしいごはん”を作る天才料理人。

酒江倖生(さかえ こうせい)〈24〉
演 - 永瀬廉
「ありすのお勝手」の住み込みアルバイト。住所不定のフリーターで、一見すれていて無愛想だが、ありすが気に入りホールスタッフとして雇われる。自閉スペクトラム症のありすの行動や言動に戸惑うことも多いが、その才能やひたむきさに次第にひかれ、支えるようになっていく。ぶっきらぼうだが、根は優しい。何か目的があって店にやって来たらしい。

八重森心護(やえもり しんご)〈51〉
演 - 大森南朋
ありすの父親。ゲイで、ありすを3歳で引き取り育ててきたシングルファーザー。有機化学を教える大学教授で、かつては「五條製薬」で創薬研究をする化学者だった。温厚で心優しく、ありすを深い愛情で見守っているが、娘に関してはかなり心配性。ありすには「母親は亡くなった」と説明している。

ありすの関係者
三ツ沢和紗(みつざわ かずさ)〈28〉
演 - 前田敦子
ありすの幼なじみで、唯一の友達。地元では有名な最強の元ヤンキーで、幼い頃からありすをいじめから守り抜いてきた。息子が2人おり、現在、第3子を妊娠中。「ありすのお勝手」のホール係として1人で接客を担当しているが、出産に合わせて代わりのアルバイトを募集している。倖生に、仕事とありすとの接し方をレクチャーしていく。


三國谷優作(みくにや ゆうさく)〈28〉
演 - 前原瑞樹
ありすと和紗の幼なじみであり、「スーパー三國谷」の店長。

五條製薬
五條蒔子(ごじょう まきこ)〈51〉
演 - 木村多江
大手製薬会社「五條製薬」のCEOの娘であり、研究開発担当取締役として新薬の開発に情熱を注ぐ創薬化学者でもある。真面目で責任感が強い。愛妻家の夫は父の後継者として次期CEOに内定しており、夫のことを心から愛し、頼もしく思っている。心護の古い同僚で、ありすの過去を知っている様子。

五條道隆(ごじょう みちたか)〈74〉
演 - 北大路欣也
蒔子の父。同社のCEO。会社を守るためであれば、どんな手でも利用する。

五條誠士(ごじょう せいじ)〈52〉
演 - 萩原聖人
蒔子の夫。同社の次期CEOで、蒔子と心護とは元同僚の間柄。
三ツ沢工務店

三ツ沢金之助(みつざわ きんのすけ)〈34〉
演 - 大東駿介
大工。和紗の夫。和紗と同じく、元ヤン。

三ツ沢定一郎(みつざわ じょういちろう)〈55〉
演 - 皆川猿時
社長。和紗の父。八重森親子を側で支えている。

三ツ沢明希子
演 - 阿南敦子
和紗の母。

虎之助
演 - 三浦綺羅
和紗と金之助の息子。

銀之助
演 - 湯本晴
和紗と金之助の息子。
東名大学

松浦百花(まつうら ももか)〈25〉
演 - 大友花恋
心護の研究室に出入りしている稲城化成の営業担当。倖生の元同級生。倖生に好意を抱いていた。ありすを目の敵にする。

山口礼央(やまぐち れお)〈22〉
演 - 橘優輝
心護の研究室に所属する大学生。栄太とは恋人同士。

野村栄太(のむら えいた)〈22〉
演 - 堀野内智
心護の研究室に所属する大学生。礼央とは恋人同士。
「ありすのお勝手」常連客

柴崎明里
演 - 金澤美穂
常連客。

白石雅美
演 - 伊藤麻実子
常連客。

柏原優奈
演 - 新井郁
常連客。

スタッフ
脚本 - 玉田真也
音楽 - 横山克
演出 - 佐久間紀佳、鈴木勇馬、瀬野尾一
チーフプロデューサー - 三上絵里子
プロデューサー - 鈴間広枝、諸田景子、松山雅則
制作協力 - トータルメディアコミュニケーション
製作著作 - 日本テレビ


番組公式サイト
厨房のありす - Wikipedia

『厨房のありす TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイのない恋人たち TOP

『アイのない恋人たち』(アイのないこいびとたち)は、2024年1月21日から朝日放送テレビ制作・テレビ朝日系列の「日曜10時枠の連続ドラマ」枠(毎週日曜22:00〜22:54)で放送中。主演は福士蒼汰。遊川和彦の脚本によるオリジナル作品。


各話あらすじ
第1話 2024年1月21日
久米真和(福士蒼汰)は、33歳独身の売れない脚本家。高校時代から一貫して、「一人でも多くの人が、生きる勇気が出るような脚本」を目指し執筆を続けているが、数年前に獲った新人賞を最後に、鳴かず飛ばずのくすぶった生活を送っている。

ある日、真和は高校の同級生、淵上多聞(本郷奏多)と郷雄馬(前田公輝)と、15年ぶりの再会を果たす。多聞は一流企業のサラリーマン、雄馬は生活の安定した公務員職に就いていたが、三人そろって独身かつ彼女なし。

真和は愛、雄馬はeye(見る目)、多聞はI(自分)のないアラサーになっていた。そんな現状に嘆くのは雄馬のみ。まともな恋愛経験のない多聞はこの先のビジョンを持たず、「愛」のない真和に至っては、後腐れない関係でいられる相手をマッチングアプリで見つけては、三回会ったら連絡を断つと決め、出会いと別れを繰り返している有様だ。

一方、脱サラしブックカフェを経営する今村絵里加(いまむらえりか)は、31歳になる今日まで男性経験ゼロ。
店のローンを抱え、引きこもり気味の兄、それを甘やかし続ける母、見て見ぬ振りの父に囲まれた生活の中、恋愛も結婚も自分には縁のないものと諦めている。

ところが、店にやってくる同年代の女性客、近藤奈美(深川麻衣)の積極的な婚活姿勢が絵里加を触発。ほんのお試しのつもりでマッチングアプリに登録してみると、意外にも即、気の合う相手が見つかる。恐る恐るながら、イケメンなプロフィール写真にほだされ初デートに向かうと、そこには真和が…!


第2話 2024年1月28日
久米真和(福士蒼汰)に、連続ドラマの脚本を代理で書くチャンスが急きょ巡ってくる。成功への足がかりをつかみたい真和は、合コンの一件で落ち着きをなくしている郷雄馬(前田公輝)と淵上多聞(本郷奏多)を横目に、全力で執筆に打ち込もうとする。しかし、今村絵里加(岡崎紗絵)に言われた、「あんたに、人を幸せにする脚本なんか絶対書けないから!」の言葉が頭から離れず、いくら意気込んでもまったく書けない状態に陥ってしまう。

一方、その絵里加は、真和に言い過ぎたことを後悔しつつも、自分からコンタクトを取る気にはなれず、ため息混じりの日々を送っていた。近藤奈美(深川麻衣)と冨田栞(成海璃子)は、そんな絵里加の様子を気にかけるが、二人にも憂うつな出来事が起こり…。

その後も真和の執筆は一向に捗らず、事情を知った稲葉愛(佐々木希)から「女の呪い」と揶揄される絶望的な状況が続く。そして迎えた締め切り前夜。1行も書けないまま、愛から強引な呼び出しを受けた真和は、半ば投げやりな気持ちで出かけていくが…。


第3話 2024年2月4日
稲葉愛(佐々木希)が企てた実の息子誘拐計画に巻き込まれた久米真和(福士蒼汰)は、高校卒業後の愛の人生と、自身の育児放棄が原因で息子に会わせてもらえない現状を知る。罪の意識と後悔にさいなまれつつ、償い方がわからずに苦しむ愛。

郷雄馬(前田公輝)は持ち前の妄信かつ猛進ぶりを発揮し、近藤奈美(深川麻衣)を運命の人に認定。“eye=見る目”のなさを危ぶむ真和を尻目に、早くもプロポーズしそうな勢いで初デートに出掛けていく。同じ日、真和は、マッチングアプリで知り合った女性とは3回以上会わないという“愛”のない自分ルールを破り、今村絵里加(岡崎紗絵)との4回目のデートへ。残る淵上多聞(本郷奏多)も冨田栞(成海璃子)から誘いを受けるが、“I=自分”をなくして他人に合わせる煩わしさから断ってしまう。

そんな多聞も雄馬の強引さには敵わず、奈美に会わせたいという呼び出しに応じて渋々出かけることに。指定の場所は絵里加のブックカフェ。そこには、絵里加と会っていた真和だけでなく、奈美に呼び出された栞もいて…。
気まずいながらも、合コンで会うはずだった6人が対面を果たすが…。


第4話 2024年2月11日
郷雄馬(前田公輝)と近藤奈美(深川麻衣)が結婚の意思を固める。知り合って1カ月足らず、両家の許しもまだとあって、久米真和(福士蒼汰)と淵上多聞(本郷奏多)は、「すぐ破局する」「反対される」と冷ややか。奈美から婚姻届の保証人を頼まれた今村絵里加(岡崎紗絵)と冨田栞(成海璃子)も、もう少し時間をかけた方がいいとネガティブな反応をしてしまう。

だが、愛の力を信じる雄馬は、真和たち外野の雑音を一蹴。いつまでも正式に付き合おうとしない、真和と多聞の優柔不断さを批判する。奈美もまた、絵里加と栞に「勢い」の大切さを熱弁。ためらってばかりの絵里加たちは、逆にハッパをかけられてしまう。

真和の脚本は上々の評価を得る。しかし、急な修正を強いられることもあり、そんな時、真和は絵里加とのデートより仕事を優先。絵里加に、奈美のお説教を生かす機会はなかなかめぐってこない。一方、会社で栞に会った多聞は、なりゆきで何年も帰っていない実家の事情を打ち明ける展開になり…。

そんな中、いよいよ雄馬が奈美の両親に会う日がやってくる。


第5話 2024年2月18日
淵上多聞(本郷奏多)は冨田栞(成海璃子)と付き合い始めたものの、女性経験がなく、その必要性も感じない多聞には、栞が肉体関係を望んでいるのか、求められたとき自分は期待に応えられるのか、そもそも自分はどうしたいのかが分からず頭を悩ませる。一方、恋愛に肉体関係は必須と考える久米真和(福士蒼汰)は、「付き合いたい」という今村絵里加(岡崎紗絵)ともその段階まで進むが、ちょっとした綻びから拒まれ、絶縁のピンチに…。

そんな停滞気味の二組とは対照的に、結婚に突き進む郷雄馬(前田公輝)と近藤奈美(深川麻衣)は勢いをさらに加速。奈美は反対する両親のもとを離れて郷家での同居を始める。孫でもできれば許してもらえるという楽観的な雄馬とともに、親しい人だけでの小規模な結婚パーティを開くことにする。幹事を頼まれた真和、多聞、絵里加、栞の4人は、それぞれに気まずさを抱えながら打ち合わせの席で顔を合わせることになり…。

雄馬と奈美は稲葉愛(佐々木希)を招待客の一人にリストアップする。真和が連絡を取ることになるが、そんな中、真和のアパートに意外な人物が現れる!?


第6話 2024年2月25日
結婚パーティのドタキャンで破局を迎えた郷雄馬(前田公輝)と近藤奈美(深川麻衣)に連鎖し、ケンカ別れをしてしまった淵上多聞(本郷奏多)と冨田栞(成海璃子)、久米真和(福士蒼汰)と今村絵里加(岡崎紗絵)は、それぞれ心に傷を抱えながら今後の身の振り方を模索し始める。

多聞は、「I=自分」のない生き方からの脱却を決意。人に気をつかうことをやめ、自分の好きなように生きていくと真和たちに宣言する。その多聞に恋愛を否定された栞は、振られた腹いせに恋愛しまくるモードに突入。マッチングアプリでデート相手をゲットし、即行動を開始する。
一方、奈美は自力での結婚を諦め、おとなしく母親が勧める相手とお見合いすることに。「eye=見る目」のなさを自覚した雄馬も、結婚相談所を頼って相手探しを始める。

そして、絵里加は恋愛からの撤退を決断。対して真和はマッチングアプリの使用を再開し…。

そんな中、脚本の仕事で真和にピンチが訪れる。絵里加と別れ筆が鈍っている真和に、プロデューサーがAIの使用を提案。真和は反発し、自力で原稿を仕上げるのだが…。


概要
脚本家・遊川和彦によるオリジナル脚本で、恋愛偏差値が低いアラサーの訳あり男女7人が織り成す愛の物語を描く。遊川と初タッグを組む福士蒼汰が主演を務め、心から人を愛することも愛されることからも逃げている売れない脚本家・久米真和を演じる。真和は後腐れない関係でいられる相手をアプリで見つけては出会いと別れを繰り返しており、そんな真和と出会うブックカフェ経営者・今村絵里加に岡崎紗絵が扮する。男性経験のないまま30歳を過ぎ恋愛を諦めている絵里加は、真和によって日常をかき乱されていく。それぞれの理由により恋愛と距離を置き、恋人もいない登場人物たちが出会い、触れ合い、人を愛することで生まれ変わっていく。


ストーリー
久米真和(福士蒼汰)は、33歳になった今でも“人を勇気づける映画を作る”という高校時代からの夢を抱き続ける、独身の売れない脚本家。恋愛や結婚に興味がなく、マッチングアプリで出会う女性を相手に欲望を処理している“愛のない男”だ。一方、ブックカフェを経営する31歳の今村絵里加(岡崎紗絵)は、男性経験のないまま一生独身の人生を受け入れようとしていた。ところが、店にやって来る同年代の女性たちの自分とは違う恋愛・結婚観に触発され、お試し感覚でマッチングアプリにトライ。そこで真和に出会い、2人は不器用で不格好な恋愛模様を繰り広げていく。


キャスト
久米真和(くめ まさかず)〈33〉
演 - 福士蒼汰
33歳の売れない脚本家。基本的に3回会った女性とは連絡を絶つと決めているため、独身で彼女もいない。心から人を愛することも愛されることからも逃げているため、“愛がない男”と呼ばれている。

今村絵里加(いまむら えりか)〈31〉
演 - 岡崎紗絵
ブックカフェ経営者。31歳。結婚への焦りも憧れも抱くことなく、男性経験のないまま30歳を過ぎた。一生独身でもいいと思い始めていた矢先、お試し感覚でトライしたマッチングアプリで真和と出会う。

淵上多聞(ふちがみ たもん)〈33〉
演 - 本郷奏多
真和の高校の同級生で、一流食品会社の企画開発部勤務。爽やかな笑顔と柔らかな物腰で、女性からの好感度は決して低くないが、女性と付き合ったことが一度もない。主張や決断力がなく、相手に合わせすぎて恋愛まで発展しない“自分(I)がない男”。

冨田栞(とみた しおり)〈29〉
演 - 成海璃子
多聞の会社の後輩。真面目で何でもテキパキとこなすため、上司や後輩から頼られ、一生懸命頑張りすぎてしまった結果、結婚を考える余裕がないまま29歳に。絵里加が経営するブックカフェの客。

郷雄馬(ごう ゆうま)〈33〉
演 - 前田公輝
真和の高校の同級生で警察官。昔から“愛にあふれる男”を自認しており、強すぎる結婚願望から、出会った女性を自分都合で“運命の人”と思い込み、相手の本質を見ようとしない悪癖がある。“見る目(eye)がない男”と揶揄されている。

近藤奈美(こんどう なみ)
演 - 深川麻衣
区役所の戸籍課職員。常に自信がなく積極的に恋愛に踏み出せないが、結婚への思いや憧れは人一倍あり、婚活をしなければ結婚相手は見つからないと焦っている。絵里加が経営するブックカフェの客。

稲葉愛(いなば あい)
演 - 佐々木希
真和の高校の同級生で、初恋相手。高校時代は学校のマドンナ的存在で、ピアニストを目指していたが、現在は当時の輝きはなく、レンタル彼女やクラブのホステスをしながら一過性の恋と酒に溺れる日々を送っている。バツイチ。

スタッフ
脚本 - 遊川和彦
音楽 - 平沢敦士
主題歌 - THE BEAT GARDEN「present」
演出 - 綾部真弥、吉川鮎太
制作協力 - ホリプロ
制作著作 - 朝日放送テレビ


番組公式サイト
アイのない恋人たち - Wikipedia

『アイのない恋人たち TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さよならマエストロ〜父と私のアパッシオナート〜 TOP

『さよならマエストロ〜父と私のアパッシオナート〜』(さよならマエストロ ちちとわたしのアパッシオナート)は、2024年1月14日より、TBS系「日曜劇場」枠(毎週日曜21:00〜21:54)で放送中。主演は西島秀俊。


各話あらすじ 平均視聴率 10.80%
第1話 2024年1月14日「それが彼の運命」 ※初回25分拡大(21:00 - 22:19) 視聴率 11.4%
5年前、指揮者・夏目俊平(西島秀俊)は音楽の街・ウィーンで指揮台に立ち、聴衆を大いに沸かせた。しかし、俊平はその時知る由もなかった。娘・響(芦田愛菜)に最悪なことが起きていたことを。5年後の2023年、秋。俊平は指揮者を辞めて、一人きりでウィーンの街にいた。家族は、彼の元を去っていったのだ。そんな俊平のもとに、日本にいる志帆(石田ゆり子)から5年ぶりに連絡が入る。画家の志帆にフランスで仕事が入ったため、日本で子どもたちの面倒を見て欲しいと言う。


第2話 2024年1月21日「エンディングオーケストラ、誕生」 15分拡大(21:00 - 22:09) 視聴率 11.1%
仕事でフランスに行ったはずの志帆(石田ゆり子)は日本にいた。
そして、古谷(玉山鉄二)はそのことを知っていた。そこには、深いわけがあった。

そんなことを知る由もない俊平(西島秀俊)は、晴見フィルの指揮者を引き受けることに。そんな中、白石市長(淵上泰史)と出くわし、ホールは3カ月後に閉館、オーケストラは予定通り残り3ヶ月で廃団だと念を押される。

さらに、白石は晴見フィルが40年以上かけて集めてきた楽譜の撤去を部下に命じる。
市長たちの強引なやり方に途方に暮れる古谷と大輝(宮沢氷魚)。しかし、俊平はそんなことを意に介さず、新しい演奏曲を提案する。さらに、新メンバーも募集することに……

一方、響(芦田愛菜)は上司の滝田(山本圭祐)から、ある指令を受けていた。


第3話 2024年1月28日「田園コンサートの奇跡」 視聴率 10.9%
晴見フィルでのコンサートを提案した俊平(西島秀俊)。しかし、市の圧力もあり、ホールは使えなくなってしまった。
演奏する場所をなくして晴見フィルに不穏な空気が流れる中、オケのメンバーでも演奏を巡り、口論が。

プロレベルの蓮(佐藤緋美)が、メンバーの演奏ミスなどを激しく責め立てて、大輝(宮沢氷魚)が途中で練習を抜け出してしまう。
オケ団員たちが最悪な雰囲気の中、俊平は奇想天外な場所での演奏を提案する。

そんな中、響(芦田愛菜)は、上司からの命令で晴見フィルに妨害させられていた。
そんな姿を見ていた俊平は、響の部屋に向かう。


第4話 2024年2月4日「勘違いな恋の喜劇」 視聴率 10.6%
響(芦田愛菜)がバイオリンを弾くところを目撃した大輝(宮沢氷魚)と天音(當真あみ)と蓮(佐藤緋美)。凌駕した技術に驚く3人。大輝は響を晴見フィルに誘う。しかし響は、演奏していたことは内緒にして欲しいと懇願。その代わりとして響はある条件を提示される。

一方、出前コンサートの会場で志帆(石田ゆり子)に会った俊平(西島秀俊)は、気になってオケの練習に身が入らない。そんな様子にドギマギしていた古谷(玉山鉄二)。実は古谷には俊平に隠していたある秘密があった。

そんな中、俊平と志帆が偶然鉢合わせてしまう。
5年ぶりに向き合った二人が話し合うこととは。
そして、そんな俊平を捜す謎の男(満島真之介)が現れ・・・!


第5話 2024年2月11日「思春期な娘の家出と初恋」 視聴率 10.0%
俊平(西島秀俊)と瑠李(新木優子)の関係を勘違いした響(芦田愛菜)は、たまたま2人でいるところを目撃。そのこともきっかけとなり、響は家出してしまう。

予想だにしない出来事に動揺する俊平は、志帆(石田ゆり子)の元を訪ねる。そこで、2人は響のために協力し合うことに。響が家出した先は意外なところで…

そんな中、海(大西利空)にもあるハプニングが起きて、家出することに!?
夏目家がバラバラになっていく中で、明らかになっていく5年前の真実。
あの日、俊平と響にあったことが語られる……


第6話 2024年2月18日「さよならコンサート」 視聴率 10.8%
あおぞらホールの閉館が3月末から2月末に繰り上げになった。おまけに市側は今後一切、晴見フィルの新規イベントは受け付けないと言う。練習場所も失ってしまい、ちゃんとした舞台もないまま、解散することになってしまう晴見フィル。

落ち込む団員たちに小村(西田敏行)は、恒例行事の梅まつりで、ゲリラ的に、最後のコンサートを開いてはどうかと提案。
古谷(玉山鉄二)を中心に、市側にバレないようにコンサートの準備を進めていく。

「さよならコンサート」に向けて進めていく中で、俊平(西島秀俊)は近藤(津田寛治)の密かな夢を知る。さらに、瑠李(新木優子)の知られざる素顔に気がついて…

そんな時、響(芦田愛菜)はホールのオーディオルームによく来ている富子(白石加代子)から、題名のわからない曲があると相談される。


第7話 2024年2月25日
あおぞらホールがついに閉館となった。
練習場所を失いコンサートの予定もない。残り1カ月となった晴見フィルだが、やれることがなくなってしまい、団員たちもバラバラになってしまった。

小村(西田敏行)に相談するが、それどころではない様子。なぜなら、自身の喜寿を記念した人生初のライブを控えていて、クラリネットの演奏に励んでいたのだ。しかし、予期せぬ事態が起きて……

一方、天音(當真あみ)は響(芦田愛菜)からバイオリンが上達していることを褒められる。しかし、なぜか天音は思い悩んでいる様子。というのも、実はある悩みを抱えていて……

そんな中、鏑木(満島真之介)が夏目家にやって来る。なんとドイツの名門交響楽団から俊平(西島秀俊)に常任指揮者のオファーがあると言う。それはかつて俊平が夢にまで見た憧れの舞台。二度とないチャンスで……


概要
天才指揮者だったが、“ある事件”で家族も音楽も失った父親と、そんな父を拒絶し音楽を嫌う娘が、市民オーケストラを通して失った情熱を取り戻し、親子の絆と人生を再生させていくヒューマンドラマ。西島秀俊が主演を務め、海外で活動する才能ある指揮者だが、音楽以外に関してはポンコツの夏目俊平を演じる。その娘で市役所勤務の響には芦田愛菜が扮する。決別していた2人は、俊平が廃団寸前の市民楽団を指揮するために帰国したことで、気まずい同居生活を始めることになる。


ストーリー
20代の頃から海外で活動し、数々の有名オーケストラと共演してきた才能ある指揮者・夏目俊平(西島秀俊)は、音楽に関しては天才的で人々を魅了するが、それ以外の能力はゼロ。家事は何一つできないポンコツで、超マイペースかつ天然な男でもある。そんな俊平は、5年前に起きた“ある事件”をきっかけに音楽界から離れ、家族も彼のもとを去っていたが、日本のある地方の廃団寸前の市民楽団を指揮するために数十年ぶりに帰国。5年ぶりに娘・響(芦田愛菜)と再会し、同居生活を始める。一方、市役所に勤める響は、5年前の事件で父と決別し、音楽を嫌い、音楽のない人生を送っており、その時から時間が止まっていた。


キャスト
夏目俊平(なつめ しゅんぺい)
演 - 西島秀俊
主人公。元指揮者。娘との関係に悩む。
若くして海外で活動し、数々の著名なオーケストラと共演してきた天才マエストロ(指揮者)。音楽好きであり、アパッシオナート(情熱的)に取り組む。その情熱は同僚たちにも好影響を与えていた。

5年前に起きたある事件を理由に表舞台を去る。その後、とある地方の楽団の指揮をするために数十年ぶりに帰国。
音楽以外のセンスは皆無。特に家事は苦手。
超マイペースであり天然。

夏目響(なつめ ひびき)〈20〉
演 - 芦田愛菜
ヒロイン。俊平の娘。晴見市役所総務課に勤務している。俊平とは不仲。
父と異なり音楽のセンスがなく音楽を嫌っている。

晴見フィルハーモニー
廃団の危機にある市民オーケストラ。
森大輝(もり だいき)
演 - 宮沢氷魚
トランペット奏者。努力家だが、演奏に難がある。響と同じ市役所の観光課に勤めている。

内村菜々(うちむら なな)
演 - 久間田琳加
ティンパニ奏者。大学生。高校時代のトラウマから自信をもって演奏ができない。

古谷悟史(ふるや さとし)
演 - 玉山鉄二
団長でファゴット奏者。晴見市役所観光課の職員。響の上司。
存続のために俊平を指揮者として招聘しようとする。

近藤益夫(こんどう ますお)
演 - 津田寛治
コンサートマスターでバイオリン奏者。建設会社の社長。
指揮者を志望しており、俊平の存在を快く思っていない。

周辺人物
志帆(しほ)
演 - 石田ゆり子
俊平の元妻で響と海の母親。画家。ある理由から、俊平を晴見フィルハーモニーの指揮者に推薦する。

海(うみ)
演 - 大西利空
俊平の息子。フランス生まれの帰国子女で高校2年生。5年ぶりに父親と暮らすことを無邪気に喜ぶ。

谷崎天音(たにざき あまね)
演 - 當真あみ
高校2年生。我が道を行く性格で楽天的な面が見受けられる。

小村二朗(こむら じろう)
演 - 西田敏行
カフェ「うたカフェ二朗」の店主。晴見フィルハーモニーの最古参。大輝の祖父。

倉科瑠李(くらしな るり)
演 - 新木優子
プロオーケストラのフルート奏者。スキャンダルが後を絶たず、あらゆる楽団からお払い箱にされている。

羽野蓮(はの れん)
演 - 佐藤緋美
チェリスト。幼い頃から音楽の才能に恵まれ周囲の期待を背負って、今は音楽を辞め、配送の仕事をしている。俊平と出会って、晴見フィルハーモニーに誘われる。

鏑木晃一(かぶらぎ こういち)
演 - 満島真之介
謎の男。俊平が関係する5年前の事件のことを知っている。

白石一生(しらいし いっせい)
演 - 淵上泰史
晴見市市長。俊平と真っ向から対立している。

スタッフ
企画プロデュース - 東仲恵吾
脚本 - 大島里美
音楽 - 菅野祐悟
撮影監督 - 神田創
音楽監修 - 広上淳一(東京音楽大学)
全面協力 - 東京音楽大学
演出 - 坪井敏雄、富田和成、石井康晴、元井桃
プロデュース - 益田千愛
製作著作 - TBS


番組公式サイト
さよならマエストロ〜父と私のアパッシオナート〜 - Wikipedia

『さよならマエストロ〜父と私のアパッシオナート〜 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか! TOP

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』は、2024年1月6日から、東海テレビ・フジテレビ系列の「土ドラ」枠(毎週土曜23:40〜24:35)で放送中。主演は原田泰造。

各話あらすじ
第1話 2024年1月6日「おっさん、家族に否定される――」
「お茶は女性が淹れてくれた方がおいしいだろう」

昭和生まれの51才・沖田誠(原田泰造)はそのデリカシーのない言動のせいで家族や会社の部下たち、さらには愛犬のカルロス(こまち)にまで嫌われていた。ワン(怒)!

そんなある日、誠は妻・美香(富田靖子)の友人の息子・五十嵐大地(中島颯太)がゲイであることを知る。そしてその大地が、引きこもっている息子・翔(城桧吏)の部屋に入り込んでいる事を……「なんでそんなのが翔の部屋に!」思わず大地を否定してしまう誠。そんな誠に翔が冷たく言う。

「僕は……お父さんみたいな人には絶対なりたくない!」

家族のために頑張ってきたつもりの誠。なのに、家族からは嫌われ、会社でも疎まれ、でも何をどうすればいいのかすら分からない……苦悩の誠に大地が声をかけ―――


第2話 2024年1月13日「おっさん、腐女子の世界を知る――」
ひきこもりの息子・翔(城桧吏)を理解するため、ゲイの青年・大地(中島颯太)と友達になり、自らのアップデートを誓った昭和のおっさん・沖田誠(原田泰造)。

そんな中、娘・萌(大原梓)に大問題が発生する!

マンガをこよなく愛し、BLの二次創作に勤しむ腐女子ガチ勢の萌は、国内最大級の同人誌イベント・コミックカーニバルへの参加を決めていたのだが、急な発熱で行けなくなってしまったのだ。それでも無理していこうとする萌を妻の美香(富田靖子)と止める誠。

「じゃあ、父さんが行こう」

ひょんな事からコミックカーニバルに参加することになった誠。しかし、そこには異様なコスプレ女子・林檎(工藤綾乃)やセーラー服姿のおじさん(森本のぶ)がいて……。果たして誠は腐女子の世界を理解することは出来るのか!?


第3話 2024年1月20日「おっさん、イケメンとデートする――」
年の離れた友人・大地(中島颯太)のお陰で娘・萌(大原梓)の大事にしているものを少しだけ理解した昭和のおっさん・沖田誠(原田泰造)。そんな中、大地から「知り合いの両親に贈るプレゼントを選ぶアドバイスが欲しい」と相談され買い物に付き合うことに。爽やかな青年とのデートのようなシチュエーション!?

「いや。これはデートと言うより介護だな……」

そこで誠は引きこもりの息子・翔(城桧吏)が好きそうなかわいいパスケースを見つける。翔に買って帰れば喜ぶのでは? そう思う誠だったが、店員に声をかけられると勇気が出ずにその場を逃げるように去ってしまい……

そんなある日、仕事から帰宅した誠は愛犬のカルロス(こまち)が元気がないことに気付く。慌てて動物病院に駆け込むと、そこにいたのは大地の母・美穂子(松下由樹)で……。ゲイの息子とともに生きてきた美穂子の言葉が、誠にある真理を気付かせる!? 早くもタイトルを回収する前半戦の最重要エピソード!


第4話 2024年1月27日「おっさん、少しだけアップデートする――」
人の趣味嗜好はおっさんのパンツと同じ!?ひとつの気付きを得た誠(原田泰造)。そんな中、不登校中の息子・翔(城桧吏)が久しぶりに学校に行くと言い出す。思わず褒めてやろうとする誠だったが妻の美香(富田靖子)に止められ、そっとしておくことに。そう。誠は、我慢できるようになったのだ!

とは言え、心配な誠は再登校初日に、翔を学校の近くまで車で送ることに。いざ、校門の前で立ちすくむ息子に、誠は胸を張ってある言葉を贈って――。

その頃、大地(中島颯太)は実家に帰省する恋人の円(東啓介)に、円の父親の還暦祝いを渡していた。自分の親への気遣いに嬉しくなる円。だが、実家からの電話では「まだ恋人はいない」と口にしてしまい――

一方、学校に行った翔にも試練が…。キャラの濃すぎるギャル三人衆、謎のメイク女子(並木彩華)、そして翔が所属している野球部の面々。少しだけアップデートした誠を中心に、おっパンステージ2の幕が上がる!


第5話 2024年2月3日「おっさん、大失敗――」
昼時、ランチの蕎麦をすすりながら雑誌を読んでいた誠(原田泰造)は愕然としていた。 “10年後、こんな人材はお払い箱!”と書かれた記事はまさに誠そのもの。このままでは自分もお払い箱!?

誠は自分に言い聞かせる。「俺は…大丈夫。アップデートしている…はず?」

一方、誠の息子・翔(城桧吏)は再び学校に行けなくなっていた。心配する母の美香(富田靖子)だったが、今は見守るしかない。そんなある日、翔は愛犬カルロス(こまち)の散歩中に家の近所で、野球部の仲間である長谷川(坂上翔麻)に遭遇する。思わず逃げようとする翔に「相談がある」と話しかける長谷川。そんな二人の様子を誠が目撃して――

美香は友人の美穂子(松下由樹)に翔のことを相談していた。だが、美穂子もまた、息子の大地(中島颯太)のことで心配事を抱えていた。「他人だから出来ることもあるかも…」美穂子はとあるイベントを美香に提案する。

沖田家で大地の恋人・円(東啓介)も呼びバーベキューが開かれることになる。しかし、そこで誠は、大きな失敗をしてしまうことになる。


第6話 2024年2月10日「おっさん、妻の偉大さを知る――」
順調にアップデートを重ねていた令和の堅物おっさん・沖田誠(原田泰造)。しかし、ゲイの大地(中島颯太)と円(東啓介)の関係を受け入れていたが故に、思わぬ形で“アウティング”をしてしまう。

アウティングとは、本人の了承を得ずにその人の性的指向などを公表してしまうこと……幸い、二人の関係に気付いている面々の前でのアウティングだったが、誠は自分がまだまだ無知であることを痛感する――

そんな中、美香は同僚の前田(池津祥子)から美香のアイデア弁当がメニューに採用されたことを称賛される。美香自身嬉しく、家族に報告したかったのだが、誠や娘の萌(大原梓)はそんな美香の気持ちに気付かなかった。つい不満を吐露してしまう美香に、誠はこれまで美香が支えてくれていたことにハッと気付く。誠は萌や翔(城桧吏)も巻き込み、とある作戦を決行して――

そんな中、誠のオフィスに新たな人間がやってくる。古池正則(渡辺哲)。誠の先輩で誠以上に偏見の塊のような昭和オヤジが、新たな嵐を巻き起こして――


第7話 2024年2月17日「おっさん、それぞれの悩みを知る!」
家族4人で食卓を囲むことが出来た沖田家。ひとつの大きな壁を乗り越えた誠(原田泰造)だったが職場では戦国時代の合戦場のような緊迫した空気が立ち込めていた。誠の先輩にあたる昭和世代の古池(渡辺哲)の言動に、部下たちがぴりついていたのだ。そんな中、部下たちから念願のランチに誘われる誠。しかし、そこは阿鼻叫喚の地獄絵図で!?

一方、息子の翔(城桧吏)は同級生のメイク女子・香梨奈(並木彩華)のお陰でようやく“自分のやりたいこと”を見つけることが出来る。それはメイクアップアーティストへの道。母・美香(富田靖子)と姉の萌(大原梓)には相談したものの、まだ誠には言えないでいる翔。そんな翔に野球部の長谷川(坂上翔麻)がとある質問を投げかける。「沖田ってゲイなの?」

大地(中島颯太)は大地で悩んでいた。恋人で獣医学部の先輩でもある円(東啓介)が獣医師試験を受けないつもりだというのだ。大地と一緒にいるための選択らしいのだが、そんな円に大地はいつもの前向きさを失い――!? それぞれの悩みが交錯するおっパンステージ3が幕を開ける!


第8話 2024年2月23日「おっさん、縁側で息子と語り合う!」
翔(城桧吏)が抱えてきた悩みを知った誠(原田泰造)。不用意な言葉で翔を怒らせてしまうが、そんな翔はずっと抱えてきた苛立ちを父にぶつけてしまったことを反省していた。

「躓かずにもっと上手にやりたいのに……」
そんな翔を大地(中島颯太)は秋祭りに誘う。そこで大地と翔が楽しそうにしているのを円(東啓介)が見てしまい―――


一方、誠の会社ではトラブルが発生していた。リース用のコピー機に不具合が発生したというのだが、それは言いがかりでいわゆるカスタマーハラスメントに巻き込まれたのだ。納得いかないが対応しようとする部下たちを尻目に、古池(渡辺哲)は勝手に20年前の飲み友達だというコピー機製造会社の専務・鍋岡(佐野史郎)に会いに行こうとする。無謀な行動を止めようとする誠に古池が言う。

「俺に残されているのは古いやり方ぐらいだ。それが通用するのか、試したいんだ」
誠もまた、息子とちゃんと向き合おうとしていた。縁側で翔に静かに語りかける誠。

「父さん、いろいろうまくやれなくてごめんな……」
男たちの「次の一歩」につながる哀愁と希望の第8話!


概要
LINEマンガの超人気同名漫画を、原田泰造の主演でドラマ化。家族からも嫌がられる古い価値観を持つ中年男性・沖田誠(原田)が、ゲイの青年やキャラの濃い人物たちと交流し、悪戦苦闘しながら古い常識をアップデートし成長していく姿を通して、すべての人たちの「好き」を肯定し応援するホームコメディー。

ストーリー
古い常識と偏見で凝り固まった考えを持つ51歳の沖田誠(原田泰造)は、家族からは“堅物”と嫌われ、会社の部下からも敬遠されていた。ある日、3カ月前から引きこもっていた高校生の息子・翔(城桧吏)が、ゲイの友人・五十嵐大地(中島颯太)を連れて来る。反射的に大地のことを否定してしまった誠は、翔から「お父さんみたいな人には絶対なりたくない!!」と言われ、ショックを受ける。

落ち込む誠だったが、大地から「俺と友達になれませんか?」と提案される。こうして偏見だらけのおっさんに、二回り以上年下のゲイの友達ができたことで、彼の「常識」がアップデートされていく。

キャスト
原田泰造 /沖田誠 役
昭和生まれの51歳。事務機器リース会社の営業戦略室長。何事にも真っすぐだが、デリカシーがなく、その言動で周囲に不快感を抱かせている。古い常識や偏見がこびりついており、家族からも嫌われている。一家の大黒柱として「男は男らしくあるべき!」という考えで生きてきたが、一念発起し自分の考え方をアップデートしようと決意する。

中島颯太 /五十嵐大地 役
誠のアップデートを手伝うことになる、ゲイの青年。翔の友人で大学生。

城桧吏 /沖田翔 役
誠に反発する息子。引きこもり中の高校生。男らしさよりかわいいものが好きで、自分自身が何者なのかと考えて、悩んでいる。

大原梓 /沖田萌 役
誠のデリカシーのなさにあきれ気味の娘。2次元をこよなく愛し、自らも同人誌を描く腐女子ガチ勢の大学生。

松下由樹 /五十嵐美穂子 役
大地の母で獣医師。ゲイの息子を受け入れ共に歩んできたシングルマザーで、誠の無理解を解きほぐしていく。

富田靖子 /沖田美香 役
誠の妻。夫の言動には諦めの境地にいるが、「昔はここまで頑固じゃなかった」とも思っている。パートで働きつつ、最近はオーディション番組からデビューした男性アイドルグループの“推し活”に夢中。

スタッフ
脚本:藤井清美
演出:二宮崇、室井岳人、加治屋彰人
プロデューサー:松本圭右、古林都子、渋谷未来
主題歌:Dancing Dreamer/4-CaraT


番組公式サイト

『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか! TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

離婚しない男―サレ夫と悪嫁の騙し愛― TOP

『離婚しない男―サレ夫と悪嫁の騙し愛―』は、2024年1月20日から、テレビ朝日系「土曜ナイトドラマ」枠(毎週土曜23:30〜24:00)にて放送中。主演は伊藤淳史。


各話あらすじ
第1話 2024年1月20日
 大手新聞社・関東新聞の社会部エース記者である岡谷渉(伊藤淳史)はある日、妻・ 綾香が男と二人でホテルに入る不倫現場を目撃してしまう。それを機に、会社には育児に専念するという理由で部署異動願を出し、在宅ワークに切り替えるようになる。しかし渉の本当の目的は、綾香と離婚し、愛娘・心寧(磯村アメリ)の親権を得ること。娘の養育実績を作り、裁判で少しでも有利になるためだった。

しかし、凄腕の離婚弁護士・財田トキ子(水野美紀)のもとを訪れた渉は、父親の親権の獲得率はわずか1割だと突き放され弁護を受けてさえもらえず…。落ち込む渉のもとに、財田と業務提携を結ぶ探偵の三砂裕(佐藤大樹)が現れ、裁判で戦える証拠集めを共にすることを提案。渉は、年下だが馴れ馴れしく接する裕に戸惑いながらも、彼からの提案を受け入れる。

後日、綾香の不倫相手である、心寧が通う芸能事務所のチーフマネージャー・司馬マサト(小池徹平)の行動を見張っていた裕は、綾香とマサトがふたりで逢引しているところを発見し、尾行。ホテルに入るのだと思いきや、彼らがタクシーで向かった先は意外過ぎる場所で――!?


第2話 2024年1月27日
 岡谷渉(伊藤淳史)は、妻・綾香(篠田麻里子)に不倫され、離婚して、父親の親権獲得率わずか1割という高い壁を乗り越えて愛娘・心寧(磯村アメリ)の親権を獲得するため奔走中。綾香と不倫をしている、心寧が通う芸能事務所のチーフマネージャー・司馬マサト(小池徹平)が、なぜ岡谷家のマンションの隣室に引っ越ししてきたのか…渉はその真意を測りかねていた。

探偵・三砂裕(佐藤大樹)からの指示で、ふたりの情事を撮影するべくベランダから自撮り棒でスマートフォンを伸ばし奮闘するも、悔しさのあまりに力強く握った前歯が抜けてしまい…。ある日綾香は、渉のためにおにぎりを作ってくれるが、中の具材はなんと結婚指輪で――。しかも綾香は、洗濯物はすべて手洗いで行うよう渉に強要。加速する綾香から渉への嫌がらせを目の当たりにした裕は、一刻も早く優秀な弁護士を渉につけるべく、新たな秘策を提案する。


第3話 2024年2月3日
 愛娘・心寧(磯村アメリ)が公園でケガをし、一緒にいた夫の岡谷渉(伊藤淳史)をここぞとばかりに責める妻の綾香(篠田麻里子)。しかしその腕には、渉の見覚えのない真新しいタトゥーが刻まれていて…。

後日、綾香は、不倫相手の司馬マサト(小池徹平)に自分たちの関係が渉にバレているのではないかと相談するが、マサトは彼女の心配を一蹴。彼は500円玉で綾香の右目を隠し、渉と離婚している未来が見えないのかと詰め寄り、「君には今の人生は地味すぎる」と優しく諭すのだった。

実は綾香はもともとアイドルデュオ《KOIRAM》のメンバーで、デビューシングルが初登場5位となるなど活動は華やかで順風満帆だったが、あることを機に活動自粛に追い込まれた不遇の過去があった…。一方、探偵・三砂裕(佐藤大樹)から綾香との馴れ初めを聞かれた渉も、彼女との出会いから今までの一端を語る。それから再び凄腕の離婚弁護士・財田トキ子(水野美紀)のもとを訪れた渉と裕だったが、渉はトキ子から自分の甘さを指摘され、涙する。

そんな中、マサトと綾香の禁断の逢引は、さらに過激さを増して――!?


第4話 2024年2月10日
 岡谷渉(伊藤淳史)の家のソファで禁断の情事を始めた妻の綾香(篠田麻里子)と不倫相手の司馬マサト(小池徹平)。渉は探偵・三砂裕(佐藤大樹)からの指示で、二人の不倫の証拠を収めるべく、ソファの下に隠れて自撮り棒の先に付けたカメラを伸ばして奮闘するも、なかなかうまく撮影できず…。

渉のことを「愛していない」とマサトに告げる綾香の言葉を聞き、渉はソファの下でひっそりと涙するのだった。やがて、綾香とマサトが家を出た後、裕は渉を抱きしめ「がんばったな」とねぎらうも、渉は「もう限界だよ」と自暴自棄になり、走り去ってしまう。渉を追う裕だが、なんと二人の前に離婚弁護士・財田トキ子(水野美紀)が現れ、思いもよらない言葉を渉に投げかける――。

そんな中、綾香はマサトのある《異変》を目の当たりにすることに!


第5話 2024年2月17日
 岡谷渉(伊藤淳史)は、自宅マンションの前で突然、妻・綾香(篠田麻里子)の不倫相手である司馬マサト(小池徹平)に話しかけられる。

渉は、マサトの目的が分からず不信感を抱きながらも、愛娘・心寧(磯村アメリ)の件で話があるとのことで、しぶしぶ二人で公園を散歩することに。そこで渉はマサトから、心寧がポールサニープロダクションと専属契約を結んだことや、綾香と心寧に、1年間のアメリカ留学を勧めている話などを告げられる。

綾香から何も聞かされていなかった渉は驚くが、マサトからさらなる衝撃発言が飛び出して――。渉が苦しむ様子を目の当たりにしたマサトは、過去にたまたま目撃した、まだ結婚前の渉と綾香の幸せそうな仲睦まじい姿を思い出すのだった…。

やがて、財田トキ子(水野美紀)と三砂裕(佐藤大樹)の執念の調査で、マサトの正体、そして渉に近づいた理由が明らかに!? 同じ頃、マサトの綾香へのセクシャルな要求はさらにエスカレート!! そんな矢先、渉の前に謎の美女・竹場ナオミ(藤原紀香)が現れて…?


第6話 2024年2月24日
 岡谷渉(伊藤淳史)は、自宅マンションの前で突然、妻・綾香(篠田麻里子)の不倫相手である司馬マサト(小池徹平)に話しかけられる。渉は、マサトの目的が分からず不信感を抱きながらも、愛娘・心寧(磯村アメリ)の件で話があるとのことで、しぶしぶ二人で公園を散歩することに。

そこで渉はマサトから、心寧がポールサニープロダクションと専属契約を結んだことや、綾香と心寧に、1年間のアメリカ留学を勧めている話などを告げられる。綾香から何も聞かされていなかった渉は驚くが、マサトからさらなる衝撃発言が飛び出して――。

渉が苦しむ様子を目の当たりにしたマサトは、過去にたまたま目撃した、まだ結婚前の渉と綾香の幸せそうな仲睦まじい姿を思い出すのだった…。やがて、財田トキ子(水野美紀)と三砂裕(佐藤大樹)の執念の調査で、マサトの正体、そして渉に近づいた理由が明らかに!? 同じ頃、マサトの綾香へのセクシャルな要求はさらにエスカレート!! そんな矢先、渉の前に謎の美女・竹場ナオミ(藤原紀香)が現れて…?


概要
大竹玲二の人気漫画を伊藤淳史の主演、鈴木おさむの脚本で連続ドラマ化。妻に不倫された“サレ夫”が、妻の不倫に気付かない振りをしながらも、“父親の親権獲得率わずか1割”という壁に挑むリコン・ブラックコメディー。社会部のエース記者・岡谷渉(伊藤)は妻の不倫を知り、離婚を決意。一人娘の親権を獲得するため、キャリアを捨ててイクメンになり、同時に妻の不倫の証拠も収集していく。

渉の妻と不倫を繰り返す芸能事務所のチーフマネジャー・司馬マサト役を小池徹平が務め、渉とバディを組み不倫の証拠集めに協力する探偵・三砂裕に佐藤大樹、親権事案において日本有数の解決実績を誇る敏腕弁護士・財田トキ子に水野美紀が扮する。

ストーリー
関東新聞社・社会部のエース記者・岡谷渉(伊藤淳史)は、妻・綾香が芸能事務所のチーフマネジャー・司馬マサト(小池徹平)と不倫していることを偶然知ってしまい、離婚を決意。そこから、出世を捨てて在宅ワークに切り替えイクメンデビューする。その理由は、7歳になる一人娘・心寧の親権を獲得するべく養育実績を重ねるため。

しかし、相談した敏腕弁護士・財田トキ子(水野美紀)から「父親の親権の獲得率はわずか1割」と厳しい現実を突きつけられてしまう。それでも渉は「心寧のためならなんだってする」と決意し、妻の不倫に気付かない振りをしながら、探偵・三砂裕(佐藤大樹)と共に不倫の証拠も収集していく。


キャスト
伊藤淳史 /岡谷渉 役
関東新聞社・社会部記者。妻・綾香が不倫していることを偶然知り、離婚を決意。一人娘・心寧の親権を獲得するために必要な養育実績を重ねるため、出世を捨てて在宅ワークに切り替えイクメンデビューする。さらに、妻に真の目的を悟られないように、不倫の証拠も収集していく。

小池徹平 /司馬マサト 役
綾香の不倫相手で、芸能事務所「ポールサニープロダクション」のチーフマネジャー。綾香と不倫を繰り返し、やがて岡谷家の隣人として引っ越してくるなど行動をエスカレートさせていく。表向きは渉の娘・心寧をスカウトする目的で綾香の前に姿を見せたが、実はある壮大な計画がある。

佐藤大樹 /三砂裕 役
財田法律事務所と業務提携している探偵。渉のバディとして、積極的に綾香の不倫調査に協力する。初対面からなれなれしく、エモいことに過剰に反応する。

水野美紀 /財田トキ子 役
財田法律事務所の代表弁護士。離婚裁判、とりわけ親権に関する事案については日本有数の実績を誇る敏腕。ドライな性格で、渉に厳しい現実を突きつけるが、情に厚い面があり、娘のために必死になっている渉の行動に次第に心を動かされていく。独特の言い回しで話し、甘いものには目がない。

スタッフ
脚本:鈴木おさむ
演出:木村ひさし、吉川祐太、竹園元
ゼネラルプロデューサー:服部宣之
プロデューサー:浜田壮瑛、長谷川晴彦、平体雄二


番組公式サイト

『離婚しない男―サレ夫と悪嫁の騙し愛― TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋する警護24時 TOP

『恋する警護24時』(こいするけいご にじゅうよじ)はテレビ朝日系「オシドラサタデー」枠(毎週土曜23:00〜23:30)で2024年1月13日から放送中。主演は連続ドラマ初単独主演の岩本照(Snow Man)。


各話あらすじ
第1話 2024年1月13日「相性最悪な任務開始!」 ※初回30分拡大(23:00 〜 0:00)
 ボディガード会社・RACCO警備保障に勤める北沢辰之助(岩本照)に、法律事務所から警護依頼が舞い込む。警護対象は弁護士・岸村里夏(白石麻衣)。以前担当した案件で逆恨みをされ、命まで狙われているという。契約書も無事交わし、警護をスタートさせようとしたその矢先、里夏から「ボディガードなんていりません!」という耳を疑う一言が…! このままだとキャンセル料が発生してしまうという事で、今日1日だけ警護される事を渋々了承した里夏。

 辰之助と相棒ボディガードの原湊(藤原丈一郎)の警護のもとクライアント先に向かう里夏は、安全のため移動手段からルートまで決められ、エレベーターの混雑を避けるためにハイヒールで6階まで階段を上らされるなど、辰之助の融通の利かなさにイライラ。それでも、新しいクライアントである新進気鋭のミールキット会社・社長の漆原透吾(溝端淳平)を前に張り切るが、威圧感と存在感のすごい辰之助のせいで漆原との打ち合わせも仕切り直しとなってしまう。我慢の限界に達した里夏は、辰之助に警護は今日限りと告げると、辰之助を巻いて逃走をはかる。

 そんな中、里夏は母校で講演会に参加することとなり、そこで本当に命を狙われる事件が起きて…!?


第2話 2024年1月20日
 岸村里夏(白石麻衣)の警護契約が継続されることになっただけでなく、24時間体勢で請け負うことになった北沢辰之助(岩本照)は、安全確保のために里夏を辰之助や原湊(藤原丈一郎)が暮らすボディガードの寮でかくまうことに…。里夏が辰之助の部屋を借りることになったため、辰之助は仕方なく原の部屋へ。そんな中、里夏は父を追って警察官になった辰之助がなぜ警察官を辞めたのか気になり、辰之助にその理由を聞くが、はぐらかされてしまう。

 辰之助の警護の下で法律事務所に出社した里夏を、事件のことを心配した漆原透吾(溝端淳平)が訪ねてくる。漆原は里夏に何かを耳打ちして去っていくが、辰之助には聞こえず…。そこへ、里夏に矢吹賢治(小野武彦)所長からお呼びがかかる。里夏を襲った兄妹の両親からお詫びがしたいという申し入れがあったことを伝えられ、辰之助はすかさず外部との接触を控えた方がいいと進言するが、その言葉を制して里夏は会うことを承諾。厳戒態勢で警戒する中、両親が現れ…!


第3話 2024年1月27日
 父が殺害された事件で捕まった少年のうちの1人、加賀美洋太(山口大地)と父の墓の前で遭遇した北沢辰之助(岩本照)は、突如、加賀美に襲い掛かられるが、応戦してねじ伏せる。観念した加賀美に辰之助は、父が殺された当時、何があったのかを話して欲しいと頼むと、加賀美は自分が知りうる限りの事件当時の出来事を明かすが、父を殺害された真相まではわからず…。

 そこで辰之助は加賀美に、事件に関わる残りの2人の少年の居場所を知りたいと協力を依頼する。すると、加賀美は事件以来2人とは会っていないが、一度だけ差出人不明のあるメッセージが届いたという。その内容から、2人のどちらかが送ってきた可能性が高く…。

 社員寮に戻った辰之助は、原湊(藤原丈一郎)たちボディガードの同僚にその話を伝えたところ、湊が加賀美になりすまして送り主に「会って話せないか?」とメッセージを送って、反応を待つことに。


第4話 2024年2月3日
 父の殺害事件に関わる2人のどちらかと思われる人物に、身分を偽ってコンタクトを取った北沢辰之助(岩本照)は、ついにその人物から返信を受け取る。指定されたサウナで会うことになり、原湊(藤原丈一郎)と椎谷厚徳(今野浩喜)と共に向かった辰之助は、その人物らしき人を見つけるが、接触する寸前に思わぬ事態が起きてしまう。

 一方、岸村里夏(白石麻衣)は、漆原透吾(溝端淳平)から出張のお土産を渡すために、社員寮に来たいと申し出を受けるが、安全の観点から住所を知られることを避けるために外で会う約束をする。ところが、偶然会ったという津田結子(吉谷彩子)が漆原を社員寮に連れてきてしまう。念のため周囲の安全確認をした辰之助たちボディガードは、里夏、漆原、結子たちと微妙な空気の中で食卓を囲むことに。

 そこへ突然、チャイムと共にドアを叩く音が鳴り…!


第5話 2024年2月10日
 加賀美洋太(山口大地)から、水田雄介から連絡が入ったと知らせを受けた北沢辰之助(岩本照)は、加賀美が水田と会う約束をした現場へ向かう。しかし、そこに現れたのは水田ではなく、金井光男(渋谷謙人)。辰之助は金井に水田の居場所を問い詰めるも、金井は知らないと言う。

 ただ、金井は水田の恐ろしい本性を明かし、辰之助の父が殺害された事件当日、何があったかを話し出す。会社に戻り、金井から聞いた内容を岸村里夏(白石麻衣)や同僚たちに報告した辰之助は、水田を探し出して罪を償わせると強い思いを口にするが、里夏は思い詰めたような様子の辰之助に一抹の不安を抱く。

 そんな中、辰之助たちに漆原透吾(溝端淳平)から警護依頼が入る。漆原の会社の新商品お披露目パーティーに里夏を招待するために、当日の会場の警護を任されることに。当日、会場には津田結子(吉谷彩子)も招待されていて、辰之助が呼び止められていると、漆原に案内されていた里夏は、そこで漆原からある告白を受け…!

 同じ頃、会場付近では不審な動きをする金井の姿があり…!


第6話 2024年2月17日
 北沢辰之助(岩本照)は、金井光男(渋谷謙人)の仲介で水田雄介と会うことになったが、約束の場所に向かうと、そこには金井の他殺体が!

 しかも、同時に駆け付けた警察によって辰之助は殺人容疑で逮捕されてしまう。ボディガードの仕事をしながら、父親殺しの事件を追い、関係者に1人で接触しようとしていた辰之助の状況から報復と疑われる中、岸村里夏(白石麻衣)は辰之助の無実を信じ、弁護を請け負うことに。自ら招いた事態に打ちのめされる辰之助だったが、接見に訪れた里夏から原湊(藤原丈一郎)らボディガードたちも辰之助を助けるために動いていること、そして「私があなたを守ります」という言葉を受け、気力を取り戻す。

 里夏と原たちは、これまで得た情報を整理する中で、水田が仕組んだ罠だと考える。ただ、いまだ水田の居場所も正体もつかめていないため、まずは加賀美洋太(山口大地)に話を聞こうとするが、加賀美が姿を消していることが発覚。そんな中、漆原透吾(溝端淳平)が里夏を訪ねてくる。そこで原は、漆原のある発言が引っかかり…。


第7話 2024年2月24日
 矢吹賢治(小野武彦)が漆原透吾(溝端淳平)に会いに行ったことを知った北沢辰之助(岩本照)と岸村里夏(白石麻衣)たちは、急いで後を追って漆原の会社へ向かう。しかし、矢吹はすでに帰った後で、漆原は涼しい顔で辰之助が釈放されて良かったと心にもないことを言う。そんな漆原に、辰之助と里夏はこれまで調べた裏付けと共に漆原が水田雄介であることを問い詰めると、漆原は平然と認める。それでも辰之助の父親殺しに関しては否定、堂々と無実を主張し…。

 そんな漆原の挑戦的な態度に、辰之助が改めて必ず真相を突き止めると強い決意を誓う中、行方をくらましていた加賀美洋太(山口大地)から連絡が入る。実は、加賀美は水田=漆原が父親殺し事件の犯人だという決定的な証拠を持っていると言う。しかし、辰之助はこの任務を外されてしまい、代わりに原湊(藤原丈一郎)たちが加賀美の元へ向かうことになる。


概要
岩本照が連続ドラマ単独初主演を務め、金子ありさがオリジナルで描く考察系アクション・ラブコメディー。父親を殺害した犯人を追う、武骨で超ストイックなボディーガード・北沢辰之助(岩本)が、負けず嫌いで頑固な弁護士の24時間警護を請け負い、一つ屋根の下で暮らすことに。その相性の悪さで2人は反目するが、次第に気持ちに変化が生じていく。


ストーリー
ボディーガード会社「RACCO警備保障」の北沢辰之助(岩本照)は、運動神経抜群で会社のエース。警察官だった父を強盗事件で亡くしている辰之助は、その犯人が野放しになっているのではないかと知り、仕事をしながら父の事件も追っている。

そんなある日、矢吹法律事務所から警護依頼が舞い込む。警護対象は弁護士の岸村里夏(白石麻衣)で、以前担当した案件で逆恨みされて命を狙われているという。早速警護をスタートさせようとする辰之助だが、里夏から「ボディーガードなんていりません!」という耳を疑う一言が。その後、里夏は渋々警護を了承するが、辰之助の融通の利かなさにイライラを募らせる。


キャスト
北沢辰之助(きたざわ たつのすけ)〈30〉
演 - 岩本照(Snow Man)
「RACCO警備保障」勤務。ボディガードのスペシャリストで会社のエース的存在。
岸村里夏を厳戒態勢の24時間警護するため、ひとつ屋根の下で暮らすことになる。

岸村里夏(きしむら りか)〈30〉
演 - 白石麻衣
矢吹法律事務所で働く弁護士。真面目で一本気な性格。担当した案件の関係者から逆恨みされ命を狙われる。
里夏を心配した所長が辰之助に警護を依頼するが、警護の必要はないと考える里夏は辰之助とぶつかっていく。

RACCO警備保障
原湊(はら みなと)〈27〉
演 - 藤原丈一郎(なにわ男子)
ボディガード。辰之助の2年後輩で、辰之助とともにシェアハウスをしている1人。実家が金持ち。

椎谷厚徳(しいや あつのり)〈40〉
演 - 今野浩喜
ボディガード。辰之助の1年後輩。体力がある力持ち。

塚本和江(つかもと かずえ)〈52〉
演 - 松下由樹
社長。

矢吹法律事務所
矢吹賢治(やぶき けんじ)〈75〉
演 - 小野武彦
所長。里夏の良き上司。辰之助の父の事件の裁判官。

ラーキリッシュ
急成長中のミールキットを扱う会社。
漆原透吾(うるしばら とうご)〈34〉
演 - 溝端淳平
社長。里夏のクライアント。

河野宗一(こうの そういち)〈27〉
演 - 内田航
漆原の秘書。

その他
津田結子(つだ ゆいこ)〈31〉
演 - 吉谷彩子
看護師。辰之助の元恋人。

水田雄介
演 - 織山尚大(少年忍者)
警察官だった辰之助の父が殺された事件に関係する。

スタッフ
脚本 - 金子ありさ
音楽 - 見優、信澤宣明
主題歌 - Snow Man「LOVE TRIGGER」(MENT RECORDING)
演出 - 鈴木浩介、宝来忠昭、飛田一樹
エグゼクティブプロデューサー - 三輪祐見子(テレビ朝日)
プロデューサー - 神田エミイ亜希子(テレビ朝日)、尾花典子(ジェイ・ストーム)、石塚清和(ファインエンターテイメント)、岡田健人(ファインエンターテイメント)
制作協力 - ファインエンターテイメント
制作 - テレビ朝日


番組公式サイト
恋する警護24時 - Wikipedia

『恋する警護24時 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新空港占拠 TOP

『新空港占拠』は、2024年1月13日から、日本テレビ系「『土曜ドラマ』枠(毎週土曜22:00〜22:54)で放送中。

放送開始1週間前の2024年1月6日まで占拠先(ドラマの舞台となる箇所)とタイトルは伏せられ、『XXX占拠』として告知されていた。

前作
『大病院占拠』(だいびょういんせんきょ)は、2023年1月14日から3月18日まで日本テレビ系「土曜ドラマ」枠で放送された。主演は櫻井翔。


各話あらすじ 平均視聴率 6.47%
第1話 2024年1月13日「新・占拠」ラテ欄「あの悪夢から1年…再び占拠事件発生!!犯人は凶悪な獣!?」 視聴率 7.1%
今度の舞台は『空港』――。あの病院占拠事件から1年、神奈川県警捜査一課の武蔵三郎(櫻井翔)に、再び“最悪の1日”がやって来る…!
神奈川県初の国際空港『かながわ新空港』を、突如として獣の面をかぶった武装集団が占拠!

またもや事件に巻き込まれた武蔵は、1年前の事件以来休職している管理官・和泉さくら(ソニン)に協力を要請!情報分析官の志摩(ぐんぴぃ)、さらに新たな仲間も加わって…。空港からの人質救出と、鬼以上に危険な“けもの退治”に挑む…!

一方その頃…横浜湾岸病院でメスを握る武蔵の妻・裕子(比嘉愛未)も、ある事件に巻き込まれていた…!
人質救出の期限はわずか1日…。獣たちの正体は!?目的は!?そして武蔵の家族の運命は!?
一瞬も目が離せないタイムリミット・バトル・サスペンスが、再び始まる!!


第2話 2024年1月20日「新・交渉」ラテ欄「再び命を削る交渉戦! 獣の緻密で凶暴な計画… 人質の嘘を暴け」 視聴率 7.5%
「武蔵主任…お久しぶりです」――武蔵(櫻井翔)に銃口を向けた“蛇”の正体は、情報分析官の駿河(宮本茉由)だった。1年前、共に事件を解決した駿河が、なぜ獣に…?混乱する武蔵に、「また交渉人になってもらいます」と駿河。断れば人質全員の命はない…。

一方その頃、裕子(比嘉愛未)は、謎の男(ジェシー)に脅されて、言われるがまま車を走らせる。その行き先は、裕子の思いも寄らない場所で…。

そんな中、空港への侵入経路を探すさくら(ソニン)は、ある方法を思いつく。
再び始まる、命懸けの交渉…!武蔵は、ある人質の嘘を暴き、獣の一人の面を剥ぐ!


第3話 2024年1月27日「新・脱走」ラテ欄「巧妙な罠に武蔵の相棒絶体絶命…人質の脱走VS壮絶に追う獣」 視聴率 7.1%
獣のワナにかかってしまった武蔵(櫻井翔)は、本庄(瀧内公美)の救出に必要な鍵の在りかを知り、がくぜんとする…。鍵は、武蔵の体の“ある部分”に埋め込まれていた…「ウソだろ…」。追い詰められた武蔵と本庄の運命は――!?

その頃、裕子(比嘉愛未)は、謎の男(ジェシー)に脅されながら、えみりの待つ自宅に戻り、謎の男の治療を始める…。

空港では、秘密の通路を通って脱出を試みる宇和島(濱津隆之)たちが、あと一歩のところで獣に気付かれてしまい絶体絶命に…!
そんな中、獣のリーダー・龍は、人質の中から次のターゲットを選び、その命を奪おうとする…。助けたければ、ターゲットが企てていた“ある犯罪計画”の真相を暴け…!タイムリミットは…50分!さくら(ソニン)たちは真相究明を急ぐが…。

人質が企てていた計画とは!?その裏で暗躍する人物…そして次に面を脱ぐ獣の正体は!?事件はさらなる予想外の展開へ突き進む!!


第4話 2024年2月3日「新・対決」ラテ欄「因縁対決!!青鬼が語る十二支の謎が…警察の裏切り者遂に発覚」 視聴率 5.1%
武蔵(櫻井翔)は、1年前の病院占拠事件の首謀者・大和(菊池風磨)と再び対峙する。獣の仲間・駿河(宮本茉由)と繋がっていた大和から、獣の目的を聞き出そうとする武蔵。「一体何をしようとしてる!」。すると大和は不敵な笑みを浮かべ、あるヒントを口にする…。

一方、さくら(ソニン)たちは、元管理官・丹波(平山浩行)の妻・愛の自殺にある人物が関わっていることを突き止め、真相を暴こうとする。だが、愛が死亡した時の捜査記録は、なぜか全て削除されてしまっていた…。
その頃、謎の男(ジェシー)によって自宅に監禁されていた裕子(比嘉愛未)とえみりは、隙を見て自宅から脱出しようとするが…。2人を想定外の事態が待ち受けていた…。

裕子を待ち受ける想定外の事態!北見が犯した罪とは!?大和が告げたヒントとは!?獣たちが次々と素顔をあらわにし、事件は衝撃の展開を迎える――!


第5話 2024年2月10日「新・突入」ラテ欄「突入作戦で警察最大の危機 容疑者は指揮官?獣が遂に面を取る」 視聴率 6.6%
「和泉がやるわけないだろ!」…武蔵(櫻井翔)は、川越殺害の疑いをかけられたさくら(ソニン)の無実を信じるが、さくらの所持品の中から“ある物”が見つかってしまう…。

一方、裕子(比嘉愛未)は、綾部に殺される寸前で謎の男(ジェシー)に命を救われ、頭が混乱…!なぜ彼が…?訳が分からない裕子は、謎の男に言われるまま、必死に逃げる――。
空港では、二葉(奥貫薫)ら人質たちが新たな危機に瀕する。このままでは1時間以内に全員死ぬ。助かるために10人の人質は【ある方法】を試すことに…。

そんな中、警備部長の大久保は、事態を収拾すべく、ある無情な作戦を決行する…!
何がウソで、何が真実か…武蔵がたどり着く答えは!?そしてついに、あの獣が素顔を見せる!!


第6話 2024年2月17日「新・犯人」ラテ欄「占拠真の目的は…武蔵妻の命は…全て繋がり出す 新たな獣登場」 視聴率 5.4%
かながわ新空港の社長・天童(黒沢あすか)の“ウソ”を暴くために奔走する武蔵(櫻井翔)は、5年前に空港建設を巡って起きた殺人事件『百首事件』にたどり着いた。その事件に、天童の“ウソ”が隠されているはず…。事件現場となった百首神社を調べる武蔵は、神社本殿で獣たちの足跡を見つけるが、その直後、神主から命を狙われ絶体絶命に――!

一方、綾部(吉田健悟)に拘束されてしまった裕子(比嘉愛未)と謎の男(ジェシー)は、身動きが取れず万事休す…!「データはどこですか?」…綾部は謎の男のバッグの中から何かを探し出そうとする…。

そんな中、本庄(瀧内公美)は、百首神社境内の防犯カメラの記録から、ある重要な映像を発見…!映像を解析したさくら(ソニン)たちは、衝撃の光景を目撃する――!

暴かれていく天童の罪と、獣たちの素顔…!彼らはなぜ獣にならなければいけなかったのか!?壮絶な過去…結成前夜の誓い…獣たちの“真の目的”が明らかに!!


第7話 2024年2月24日「新・逃亡」ラテ欄「武蔵決死で追う黒幕山猫…お前が山猫…?微笑む青鬼何を知る」
人質全員爆殺まで残り4時間…!爆発を食い止めるため“山猫”の正体解明を急ぐ武蔵(櫻井翔)は、さくら(ソニン)に隠れて、殺人の罪に問われている天童(黒沢あすか)の力を借りようとする。「山猫の正体が分かる場所に案内しろ」…武蔵は天童の拘束を解くと、警備の目をかいくぐって逃走を始める…!

空港では、北見(手塚とおる)が獣の1人を人質にとり、「今すぐ俺たちを解放しろ」と龍に要求。すると、龍の決断を巡って獣たちの間で衝突が起こり…。
一方、本庄(瀧内公美)は拘置所の大和(菊池風磨)から山猫の情報を聞き出そうとするが、大和に、本庄は“切り札”を使う…。そんな中、武蔵と天童の逃亡に気付いたさくらは、武蔵の確保に動き出す!!

武蔵とさくらの亀裂…獣たちの不協和音…全てを狂わす“山猫”の正体とは!?そして…獣であることを明かした大河(ジェシー)はなぜ単独行動をとるのか!?さらなる衝撃が武蔵を待ち受ける!!


概要
2023年1月期に同系で放送された連続ドラマ「大病院占拠」の続編。「ボイス 110緊急指令室」(19、21年)や前作の制作チームが再び集結し、完全オリジナルのタイムリミット・バトル・サスペンスをおくる。引き続き櫻井翔が主人公の刑事・武蔵三郎を演じ、神奈川県内の某所で再び発生した大規模な占拠事件に立ち向かっていく。三郎の妻・武蔵裕子役の比嘉愛未、武蔵の上司・和泉さくら役のソニンが続投。新人情報分析官役で白石聖、謎の男役でジェシー、地元の警察官役で瀧内公美らが新たに参戦する。またしても顔を面で隠した武装集団が人質を取り占拠する中、再び巻き込まれた武蔵は、与えられた期限1日の中で捜査に当たる。


ストーリー
神奈川県警捜査一課強行犯係の刑事・武蔵三郎(櫻井翔)は、1年前に自身の家族を巻き込んだ「大病院占拠」事件を解決に導き、医師の妻・裕子(比嘉愛未)と娘・えみりとの別居状態を解消し、家族3人で仲むつまじく暮らしていた。そんな折、神奈川県内某所で再び大規模な占拠事件が発生。犯人はまたしても顔を面で隠した武装集団で、複数の人質と武蔵が巻き込まれてしまう。与えられた期限はわずか1日と刻一刻と時間が迫る中、武蔵は新たな仲間と共に捜査に当たる。

キャスト
櫻井翔 /武蔵三郎 役
神奈川県警捜査一課強行犯係の刑事。警部補。1年前に自身の家族を巻き込んだ「大病院占拠」事件を解決に導き、妻と娘との別居状態を解消。家族で仲むつまじく暮らしている。刑事としては圧倒的な推理力と、時にはルールを破ってでも真実に迫る、行動力のある人間。一見冷静だが、正義感が強い熱血漢。再び占拠事件に巻き込まれ、新たな仲間と共に捜査に当たる。

比嘉愛未 /武蔵裕子 役
三郎の妻。優秀な心臓外科医。自身が勤める界星堂病院で起きた「大病院占拠」事件後、横浜湾岸病院に勤務している。度胸が据わっていて、正義感が強くリーダーシップもある。

白石聖 /岩槻澪 役
神奈川県警捜査支援分析センター(KSBC)新人情報分析官。民間のIT企業からKSBCにスカウトされた。IT・デジタル分野に強く、情報収集・情報分析能力は非常に高い。素直で真面目な努力家。

ジェシー /謎の男 役
正体不明の謎の男。

瀧内公美 /本庄杏 役
占拠事件の舞台となる地元の警察官。警部補。行動力があり、正義感が強い。目上の者に対しても物おじせず、思ったことははっきりと言う性格。自分の仕事に誇りを持ち、管轄内の道路や建物をすべて把握している。

ソニン /和泉さくら 役
神奈川県警刑事部捜査一課特殊班(SIS)管理官。警視。武蔵の警察学校時代の同期でよき理解者。「大病院占拠」事件後、現場を離れていたが、再び占拠事件が発生し指揮官に復帰する。

正体不明の謎の男
演 - ジェシー(SixTONES)

武蔵二葉〈51〉
演 - 奥貫薫
武蔵の姉で神奈川県議会議員。

壬生正雄〈62〉
演 - 手塚とおる
占拠の施設に居合わせた男。

警察関係者
川越和夫〈47〉
演 - 片桐仁
占拠の舞台となるある場所の地元警察署・署長。

岩槻澪〈28〉
演 - 白石聖
KSBCの新人情報分析官。

本庄杏〈30〉
演 - 瀧内公美
川越の署の地元警察官。
占拠の舞台となるある場所の人物

天童美香〈55〉
演 - 黒沢あすか
有能な代表取締役社長。

宇和島健介〈58〉
演 - 濱津隆之
天童の命令に忠実に従う、彼女の秘書。

久留米勝利〈42〉
演 - 長田成哉
弁護士顧問。家族思い。

米沢秀夫〈36〉
演 - 富川一人
職員。趣味はマラソン。

スタッフ
脚本:福田哲平
演出:大谷太郎、茂山佳則、伊藤彰記
チーフプロデューサー:田中宏史
プロデューサー:尾上貴洋


番組公式サイト

『新空港占拠 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハコビヤ TOP

『ハコビヤ』は、2024年1月13日(12日深夜)からテレビ東京系列の「ドラマ25」枠(毎週金曜24:52〜25:23)にて放送中。主演は田辺誠一、ヒロイン役に影山優佳。


各話あらすじ
第1話 2024年1月12日「届け先住所、不明。」 ※25:07〜
 とある街で洋食屋を営む白鳥剣(田辺誠一)。彼にはもう一つの顔がある。それは「運び屋」としての顔である。 「運び屋」と言っても、ハリウッド映画に出てくるような「運び屋」ではない。 犯罪行為にならなければ、「もの」でも「ひと」でもなんでも正確に運ぶ。それがこの運び屋のモットーである。 届け先がわからないモノや、宅配便では決して届けられない場所への運搬など、“どうしても自分では届けられないもの”を運ぶ。その依頼の裏には、この運び屋に頼まなければならない、それぞれの「事情」があり、 その「事情」をこの男なりに汲み取ったうえで「運び」を行うのだ。


第2話 2024年1月19日「不倫相手に届けるスマホ。」
にも興味を持ち手伝いだす。そんなとき、元カレにスマホを届けてほしいと麻衣子(立石晴香)が依頼してくるが、その相手は人気芸人の飯沼(おいでやす小田)だった。だが、飯沼には女優でモデルの妻・あずさ(東風万智子)がいて…。


第3話 2024年1月26日「依頼人、子供。」
洋食屋・キッチン白鳥を営む白鳥剣(田辺誠一)には「運び屋」という、もう一つの顔がある。キッチン白鳥でバイトとして働く天野杏奈(影山優佳)は、運び屋の仕事にも興味を持ち勝手に手伝うことに。

そんなとき店にやって来た沙耶(志水心音)は、ネットで知り合ったリコにぬいぐるみを届けてほしいと依頼。最近病んでいたリコを心配する沙耶だったが、リコの父親と思われる大学教授の西村(升毅)から冷たく突き放されてしまい…。


第4話 2024年2月2日「不良少女へのバースデーケーキ」
洋洋食屋・キッチン白鳥を営む白鳥剣(田辺誠一)には「運び屋」という、もう一つの顔がある。キッチン白鳥でバイトとして働く天野杏奈(影山優佳)は、運び屋の仕事にも興味を持ち勝手に手伝うことに。

そんなとき店にやって来た三恵子(中島ひろ子)は、家出をしてしまった娘の葵(中井友望)に誕生日ケーキを届けてほしいと依頼する。直接渡さないことに疑問を持つ杏奈だったが、三恵子には何か事情があるようで…。


第5話 2024年2月9日「最もいい加減な依頼人。」
洋食屋・キッチン白鳥を営む白鳥剣(田辺誠一)には「運び屋」という、もう一つの顔がある。キッチン白鳥でバイトとして働く天野杏奈(影山優佳)は、運び屋の仕事にも興味を持ち勝手に手伝うことに。常連客・椿山(皆川猿時)は今日もツケで代金を支払わず、剣(田辺誠一)に睨まれていた。

そんな椿山が運び屋に依頼にやってくる。荷物を運んでほしいと持ってきたものは、うさぎの着ぐるみで、不思議に思う二人だったが…。


第6話 2024年2月16日「指定日時・1年後。」
洋食屋・キッチン白鳥を営む白鳥剣(田辺誠一)には「運び屋」という、もう一つの顔がある。キッチン白鳥でバイトとして働く天野杏奈(影山優佳)は、運び屋の仕事にも興味を持ち勝手に手伝うことに。

ある日、女性客から褒められた杏奈は剣にもたまには褒めてほしいと伝えると、指輪のケースと手紙を持って杏奈に近づいてくる。驚く杏奈だったが、それは一年前に依頼されたものだった。プロポーズの依頼だと考えた杏奈は思案するが…


第7話 2024年2月23日「消息不明の恩師へ」
洋食屋・キッチン白鳥を営む白鳥剣(田辺誠一)には「運び屋」という、もう一つの顔がある。キッチン白鳥でバイトとして働く天野杏奈(影山優佳)は、運び屋の仕事にも興味を持ち勝手に手伝うことに。ある日、世良琢磨(森永悠希)という青年が絵を持ってやってくる。唯一の恩師・神沢朋美(原田佳奈)に届けてほしいという依頼だった。世良が届けたほうが朋美も喜ぶのではと杏奈は助言するが、何やら会えない事情があるようで…。


概要
同系連続ドラマ初主演となる田辺誠一と、日向坂46卒業後のドラマ初出演となる影山優佳の共演でおくるヒューマンドラマ。これまで、グルメ、サウナ、ソロ活といった、さまざまなライフスタイルドラマを生み出してきたテレ東が、今回フォーカスを当てるのは、どんな運送会社にも頼めない特殊な事情を持った人たちの依頼を成し遂げる“運び屋”。

田辺が演じる、洋食店の店主と運び屋という二つの顔を持つ主人公と、影山演じる訳あり女性の異色バディが、物や人と共に依頼人が抱えるさまざまな事情を運び、そこから生まれる人間模様を映し出していく。


ストーリー
白鳥剣(田辺誠一)は、洋食店「キッチン白鳥」を営みながら、運び屋としても活動する、二つの顔を持ち合わせている。犯罪行為にならなければ、「届け先が分からない」「分単位の時間指定」といった運送会社に頼めない依頼から、時には「私を届けてください」といったものまで、さまざまな依頼を正確に運んでいた。

そんなある日、天野杏奈(影山優佳)がアルバイトとして働きたいと店にやって来る。好奇心旺盛な杏奈は、そのうち運び屋の仕事にも首を突っ込んでくることに。実は、杏奈が運び屋に関わるのは、剣とのある過去が関係していた。


キャスト
白鳥剣
演 - 田辺誠一
洋食店「キッチン白鳥」の店主と、運び屋という二つの顔を持つ男。“物を運ぶことは、思いを伝えること”という信念の下、依頼人が抱える事情を自分なりにくみ取り、さまざまなものを配達している。

天野杏奈
演 - 影山優佳
「キッチン白鳥」のアルバイト。好奇心旺盛な性格で、運び屋の仕事にも首を突っ込んでくる。実は、運び屋に関わるのは剣との過去が大きく関係している。

ゲスト
第1話
平野壮馬(依頼人)
演 - 戸塚純貴
ともにプロミュージシャンを目指していた元相方にギターと楽譜を届けてほしいと依頼する。

一ノ瀬奏太(受取人)
演 - 山口大地
平野の元相方。

第2話
榊原麻衣子(依頼人)
演 - 立石晴香
不倫相手に、時間通りに携帯電話を届けてほしいと依頼する。

飯沼彰(受取人)
演 - おいでやす小田
妻子がいながら、麻衣子と不倫関係にある芸人。

紺野あずさ
演 - 東風万智子
女優兼モデル。飯沼の「サレ妻」。

第3話
玉井沙耶(依頼人)
演 - 志水心音
ネット上の友達である「リコ」にぬいぐるみを届けてほしいと依頼する。

西村孝夫
演 - 升毅
リコの父親と思われる大学教授。

第4話
矢中美恵子(依頼人)
演 - 中島ひろ子
家出をした娘に誕生日ケーキを届けてほしいと依頼する。

矢中葵(受取人)
演 - 中井友望
美恵子の娘。

スタッフ
監督 - 日暮謙、松本拓、角田恭弥
脚本 - 政池洋佑、當銘啓太、守口悠介、綿種アヤ、高尾苑子
プロデューサー - 松本拓(テレビ東京)、馬渕義史(テレビ東京)、澤田賢一(カーツメディアワークス)、小松俊喜(楽映舎)
オープニングテーマ - クボタカイ「gear5」(ROOFTOP / WARNER MUSIC JAPAN)
制作 - テレビ東京、カーツメディアワークス
制作協力 - 日産自動車、楽映舎
企画協力 - TBWA\HAKUHODO
製作著作 - 「ハコビヤ」製作委員会


番組公式サイト
ハコビヤ - Wikipedia

『ハコビヤ TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

消せない「私」―復讐の連鎖― TOP

『消せない「私」―復讐の連鎖―』は、2024年1月6日(5日深夜)から、日本テレビの深夜ドラマ枠「金曜ドラマDEEP」(毎週金曜24:30〜24:59)にて放送中。


各話あらすじ
第1話 2024年1月5日
新年の幕開けと同時に、灰原硝子(志田彩良)は25年の人生を終わらせようとしていた。部屋で一人、除夜の鐘の音を聞きながら命を絶とうとする――刹那、テレビから流れてきた聞き覚えのある笑い声に、硝子は驚愕する。そこに映っていたのは、楽しそうにインタビューに答える同級生の藍里(吉本実憂)、武(芳村宗治郎)、みちる(小日向ゆか)。3人の姿を見た途端、おぞましい記憶と共に激しい憎悪に支配される硝子…。全ては、10年前のあの日から始まった――。


第2話 2024年1月12日
地味で平凡な高校生だった硝子(志田彩良)は、徳道(本郷奏多)の手ほどきを受けてモデル活動を始めたものの、それをねたむ藍里(吉本実憂)によって、武(芳村宗治郎)から暴行された動画をネットに投稿されてしまった。動画はあっという間に拡散。消したくても消せない『デジタルタトゥー』に苦しめられる硝子は、さらに不審火により家が燃え、両親も失ってしまう…。

それから10年――。田舎の祖母の家に引きこもり続けた硝子は、「…もう、いいかな」…自ら命を絶とうとしたその時、テレビに映る藍里たちのはしゃぐ姿を見てショックを受ける。自分を苦しめたやつらが、何食わぬ顔で笑っている…。このままでは終われない…絶対に許さない!


第3話 2024年1月19日
復讐を誓う硝子(志田彩良)は、藍里(吉本実憂)が参加する婚活パーティーに正体を偽って潜入。藍里の婚活をサポートし、アパレル社長・米沢(安井順平)との仲を取り持ったことで、藍里に“友達”として信用されることに成功する。しかしその裏で、硝子は米沢と2人きりで会っていた…。

藍里の結婚式が近づき、硝子は、式の一部始終をLIVE配信してはどうかと藍里に提案。ただでさえ世間から注目されている米沢との結婚式、LIVE配信すれば米沢の会社にとって絶好のPRになるし、藍里にとっても“良き妻”をアピールできるチャンスのはず。「最高の式にしましょう」と熱を込める硝子。


第4話 2024年1月26日
硝子(志田彩良)は、自分の人生を狂わせた首謀者・藍里(吉本実憂)を幸せの絶頂から奈落の底に突き落とし、最初の復讐を成し遂げた。復讐を一つ終わらせたときに10年ぶりに笑えた…そんな硝子の次の狙いは、自分を暴行した張本人、武(芳村宗治郎)だ。

2番目の復讐相手の武は妻と娘と3人で幸せな家庭を築いていた。「絶対に地獄を見せてやる…」武に近づく方法を探る硝子は、武が『シンドバッド』という名のバーに出入りしていることを突き止める。だが、店は会員制のようで、中に入れてもらえない。諦めて帰ろうとしたその時、「硝子?」…呼び止めたのは、徳道(本郷奏多)だった…!


第5話 2024年2月2日
復讐が果たせるなら、地獄へ落ちたって構わない――。硝子(志田彩良)は、10年ぶりに再会した徳道(本郷奏多)の力を借りて、復讐相手・武(芳村宗治郎)の身辺を探り始める。

徳道の部下・ソラ(阿佐辰美)の報告によれば、食品会社に勤める武は社内でイクメンをアピールし、後輩から慕われているようだ。しかし、家庭内での武はまるで違っていた…。実際は家事も育児もおざなりで、共働きの妻・実里(岡本玲)に全て任せっきり。「外面だけじゃなく、ちゃんと行動で示して!」と実里から毎日のように責め立てられ、夫婦仲は険悪で…。


第6話 2024年2月9日
硝子(志田彩良)は復讐相手の武(芳村宗治郎)とホテルで朝を迎える…。ベッドに座って何かを持っている硝子の傍らで、武が裸で眠っていて…。

その数日後、武に思いがけず出世のチャンスが訪れる。先輩の犬養(内藤秀一郎)が不祥事を起こしたため、徳道(本郷奏多)の会社との大型契約を武が一手に引き継ぐことになったのだ。上司の猿渡(小久保寿人)から「契約がうまくいったら昇進だから」と言われて舞い上がる武。昇進すれば家族との時間も取りやすくなって、家事にも育児にも、もっと目を向けられる…!


第7話 2024年2月16日
灰原硝子(志田彩良)は2人目の復讐相手・大桃武(芳村宗治郎)から大切な“家族”を奪い、地獄のどん底に突き落とした。いよいよ最後の1人となった硝子の復讐…。相手は、10年前、武に暴行されて助けを求める硝子を笑いながら見ていた青嶋みちる(小日向ゆか)だ。

「あと1人…最後まで、私に付き合ってくれますか?」…硝子は徳道(本郷奏多)に改めて協力を求め、徳道も最後までそばにいることを誓う。しかし、そんな2人の元に、ソラがあるニュースを手に飛び込んでくる…。


第8話 2024年2月23日
「海崎藍里さんって、分かる?」…硝子(志田彩良)は10年ぶりに再会した親友・より子(片山友希)の言葉に息をのむ…。刑事になっていたより子は、あろうことか藍里(吉本実憂)の事件を担当していたのだ。当たり障りない返答でその場を乗り切る硝子は、再会を喜ぶより子から「私たち、何も変わってない」と笑顔で言われ、複雑な心境になる…。

3人目の復讐相手・みちる(小日向ゆか)の人生を絶頂にしてから地獄へ叩き落すために、ホストのソラ(阿佐辰美)に協力を仰いだ硝子。時間をかけてみちるを落としてもらうつもりだったが、警察と接点を持ってしまった以上、悠長に構えている時間はなくなった。「私が直接、青嶋みちるに接触します」…復讐を急ぐ硝子は、なかなか心を開かないみちるに自ら偽名を使って近づいていく…。


概要
黒田しのぶの人気漫画を志田彩良の主演で連続ドラマ化。人生を台無しにされたヒロインが、時を経て復讐を遂げる“爽快”リベンジ・エンターテインメントを描く。平凡な女子高校生・灰原硝子(志田)は、人気美容系配信者と出会ったことでインターネット上で有名人になるが、その活躍をねたむ同級生にわなにはめられ、デジタルタトゥーを刻まれることに。不審火で両親も失い、廃人のような生活を送っていたが、10年後、幸せそうな加害者たちを見て復讐を決意する。

硝子が有名になるきっかけを与えた元美容系配信者の徳道仁役で本郷奏多が出演。硝子の炎上事件に責任を感じる徳道は、葛藤しつつも硝子の復讐に協力していく。

ストーリー
平凡な女子高校生・灰原硝子(志田彩良)は、美容系配信者の徳道仁(本郷奏多)と知り合い、彼のプロデュースで一躍有名人に。しかし、そんな硝子の活躍をねたむクラスメート・海崎藍里のわなにはめられ、大桃武に乱暴されてしまう。しかも、その動画を青島みちるによってインターネットで拡散され、硝子は誹謗中傷の標的に。自宅住所を特定され、さらには不審火により両親が死亡。すべてを奪われ、硝子は廃人のような荒んだ生活を続けていた。

10年後、自ら人生を終わらせる決意をした硝子だったが、テレビのインタビューに笑顔で答える加害者の同級生たちの楽しそうな姿を目にして、復讐を決意する。


キャスト
志田彩良 /灰原硝子 役
人生を台無しにされ、復讐を誓う女性。高校時代に美容系配信者・徳道仁のプロデュースによって一躍有名になるが、それをねたんだ同級生たちにはめられ炎上。決して消えることがないデジタルタトゥーを刻まれ、両親も不審火で亡くす。廃人のような生活を続けていたが、偶然テレビで加害者の同級生たちが楽しそうにしているのを見て、あらゆる手を使い復讐することを決意する。

本郷奏多 /徳道仁 役
元美容系配信者で、現在はさまざまな事業を展開する経営者。10年前、街で偶然出会った硝子のメークやファッションをプロデュースし、彼女が有名になるきっかけを与えた人物。炎上事件で硝子の人生を変えてしまった原因が自分にもあると責任を感じ、彼女を救えなかったことを後悔している。硝子に過去を忘れて幸せになってほしいと願いながらも、復讐に協力する。


スタッフ
脚本:烏丸棗
監督:中茎強、岡本充史、田原秀雄
プロデュース:明石広人、伊藤裕史、福井芽衣
主題歌:Break Free/NAQT VANE
挿入歌:Rust/NAQT VANE


番組公式サイト

『消せない「私」―復讐の連鎖― TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

闇バイト家族 TOP

『闇バイト家族』(やみバイトかぞく)は、2024年1月6日(5日深夜)からテレビ東京系列の「ドラマ24」枠(毎週金曜24:12〜24:52)にて放送中。主演は鈴鹿央士。


各話あらすじ
第1話 2024年1月5日「人生ドン底5人の強盗計画」
 ある閑静な住宅街の一軒家。そこで、それぞれの事情を抱えて同じ闇バイトに応募した颯斗(鈴鹿央士)、美咲(山本舞香)、健三(光石研)、佳苗(麻生祐未)、徹(綾田俊樹)ら5人が、空き巣に入ろうと右往左往していた。見るからに慣れていないその素人窃盗集団は、目当ての金庫を開けようとするもあと一歩のところで失敗。危機一髪、車に乗り込み逃げようとするが、今度は人をひいてしまう。

第2話 2024年1月12日「危険な“闇ギョーザ”バイト!?」 ※24:27〜25:07
 今回の指令は、特殊詐欺グループから金を奪うこと!その拠点を見張るため、闇バイト家族は向かいの空き店舗に餃子屋を開いのだが、行列ができるほど大繁盛してしまい…!?

第3話 2024年1月19日「特殊詐欺グループVS闇ギョーザ屋家族」
 颯斗(鈴鹿央士)ら‘闇バイト家族’は特殊詐欺グループの五十嵐兄弟・弘(遠藤雄弥)と丈(渡部龍平)らの金を奪うため、彼らの拠点の向かいにギョーザ店をオープンした。ギョーザをデリバリーすることになった颯斗は、目当ての金庫を確認。さらに「ギョーザ90分食べ放題サービス券」をプレゼントし、グループが拠点に不在のうちに颯斗と徹(綾田俊樹)で潜入を果たすが…。

第4話 2024年1月26日「出会い系のサクラで大ピンチ!」
 闇バイト関連の事件が急増する中、颯斗(鈴鹿央士)ら‘闇バイト家族’はサンジ(吹越満)から次々と指令を出される。美咲(山本舞香)は出会い系の‘サクラ’として島崎(合田雅吏)をだまそうとするが、睡眠薬を盛られホテルに連れられてしまう。颯斗が後を追うと、美咲の秘密が明らかになり…。

第5話 2224年2月2日「家族旅行のフリして拳銃を運べ!」
 美咲(山本舞香)の秘密を知った‘闇バイト家族’は颯斗(鈴鹿央士)の希望で大金を稼げる運び屋を引き受ける。同時に闇組織「D」のしっぽをつかめば、家族は解散できる。旅行を楽しむ健三(光石研)をよそにキャンピングカーで目的地へ向かう家族は、謎の一家に遭遇。警察の検問にも引っかかる。

第6話 2024年2月9日「キャリーケースの中身は死体!?」
 拳銃を運び終えた家族だが、帰り道は大きなキャリーケースを運ばされる。なんと中身は死体…!?しかも、別の家族に荷物を間違って持ち去られて大ピンチに!

第7話 2024年2月16日「禁断の恋に要注意!」 ※世界卓球2024」中継のため、25:12〜25:52
 運び屋の仕事を終え、サンジ(吹越満)からバカンスをもらった‘闇バイト家族’。佳苗(麻生祐未)は好きな韓国人俳優にそっくりなドユン(長妻怜央)と出会うが、家族は国際ロマンス詐欺を疑う。一方、颯斗(鈴鹿央士)は、妊娠させて手術費を請求された元恋人の梨奈(森マリア)に遭遇する。

第8話 2024年2月23日「国際ロマンス詐欺の危機!」
 元カノから妊娠中絶の慰謝料を請求される颯斗(鈴鹿央士)。韓国人留学生からプロポーズされるも300万円を要求される、佳苗(麻生祐未)。闇バイト家族が大ピンチに…。


概要
人生を踏み外して闇バイトに加担した5人の老若男女が、偽家族を演じつつ人生の再起を図る、スリリングでユーモア満載の痛快エンターテインメント。人生逃げてばかり、言い訳ばかりの闇バイト家族の長男・田中颯斗役で鈴鹿央士が主演を務める。颯斗と偽の家族を演じる家族に扮するのは、山本舞香、光石研、麻生祐未、綾田俊樹。


ストーリー
ある閑静な住宅街の一軒家。そこで、それぞれの事情を抱えて同じ闇バイトに応募した田中颯斗(鈴鹿央士)ら5人が、空き巣に入ろうと右往左往していた。見るからに慣れていないその素人窃盗集団は、目当ての金庫を開けようとするもあと一歩のところで失敗。危機一髪、車に乗り込み逃げようとするが、今度は人をひいてしまう。

ひき逃げをしてしまった5人は、翌日、その弱みを口実に一堂に集められ、偽の家族として、空き巣、運び屋、受け子と、次から次へ闇バイトを繰り返すことに。果たして、彼らはドン底人生からはい上がることができるのか。そして、彼らに指令を出す黒幕の意外な正体とは?


キャスト
田中颯斗〈25〉
演 - 鈴鹿央士
闇バイト家族の長男。逃げてばかり、言い訳ばかりの25歳。人生で問題に直面したらいつも逃げてきて、逃げ足の早さだけが取りえ。闇バイトに応募したことをきっかけに、美咲らと偽の家族を演じることに。

久保美咲〈24〉
演 - 山本舞香
闇バイト家族の長女。口が悪くてドS。人には言えない事情を抱える。

小川健三〈57〉
演 - 光石研
闇バイト家族の父親。女性とお金にだらしないため、家族から絶縁されている。

原佳苗〈56〉
演 - 麻生祐未
闇バイト家族の母親。惚れた男のために勤務先のお金を横領してしまった過去を持つ。

栗林徹〈80〉
演 - 綾田俊樹
闇バイト家族の祖父。普段はほとんど話さないが、実は前科24犯の伝説の空き巣。

七王子警察署
本郷和哉
演 - 山口祥行
闇バイト事件を追う中堅刑事。

岡田辰夫
演 - 諏訪太朗
本郷の先輩刑事。

鵜木半蔵。
演 - 見津賢
若手刑事。

犯罪組織
五十嵐弘
演 - 遠藤雄弥
特殊詐欺グループをを取り仕切る極悪兄弟の兄。

五十嵐丈
演 - 渡部龍平
弘の弟。

一ノ瀬
演 - 丸山智己
この街で暗躍する犯罪組織集団のボス。

その他
謎の男
演 - 吹越満
5人のひき逃げを目撃したことで彼らの弱みを握り、闇バイトの指令を次々と出す。

財前幸四郎
演 - 近藤公園
5人が空き巣に入る資産家家族の父親。

轟大介
演 - 夏生大湖
陽気な宅配バイト。闇バイト家族の家によく食事を届けに来る。

島崎弘
演 - 合田雅吏
「出会い系サクラ」の闇バイトでカモとして狙われる。

ソジュン
演 - 長妻怜央(7ORDER)
韓国ドラマの主演俳優。佳苗が大ファン。

スタッフ
脚本 - ふじきみつ彦、金沢知樹
音楽 - 遠藤浩二
オープニングテーマ - idom「アングラ」(Sony Music Labels)
エンディングテーマ - NEE「一揆」(Getting Better / Victor Entertainment)
監督 - 小路紘史、宮脇亮、西古屋竜太
チーフプロデューサー - 祖父江里奈(テレビ東京)
プロデューサー - 濱谷晃一(テレビ東京)、木村綾乃(The icon)
制作 - テレビ東京、The icon
製作著作 - 「闇バイト家族」製作委員会


番組公式サイト
闇バイト家族 - Wikipedia

『闇バイト家族 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おっさんずラブ-リターンズ- TOP

『おっさんずラブ-リターンズ-』は、2024年1月5日より、テレビ朝日系列にて「金曜ナイトドラマ」枠(毎週金曜23:15〜24:15)で放送中。

『おっさんずラブ』は、2016年からテレビ朝日系列において放送されているテレビドラマシリーズ。同年12月31日(30日深夜)に『年の瀬 変愛ドラマ第3夜』として単発放送された後、「土曜ナイトドラマ」枠で2018年に第1シリーズ、2019年に第2シリーズが放送された。


各話あらすじ
第1話 2024年1月5日「I’ll be back!」
 不動産会社の東京第二営業所で働く春田(田中圭)の元に、海外勤務をしていた牧(林遣都)が3年半ぶりに帰ってくる。新婚生活を始めた2人だが、春田は部長の武川(眞島秀和)から中途採用の和泉(井浦新)の指導を任され、昇進した牧は会食や資格取得の勉強で激務に追われていた。やがて、忙しさで擦れ違う2人は家事を巡りけんかに。ちず(内田理央)の提案で家事代行サービスを頼むと、黒澤(吉田鋼太郎)が家政夫としてやって来る。
 

第2話 2024年1月12日「渡る世間に武蔵あり」
 待ちに待った新婚生活がスタートし、ウキウキ上機嫌の春田創一(田中圭)。牧凌太(林遣都)と一緒に朝ごはんを食べて、いざ出勤…と家を出ると、隣の家の前に“血だらけの男”が…。慌てて駆け寄ると、なんとその男は、転職してきた謎多き部下・和泉幸(井浦新)だった! 唖然とした春田が救急車を呼ぼうとした瞬間、和泉宅のドアから、ゆるーいテンションで現れたのは、謎の移動式おかかおむすび専門店の店主・六道菊之助(三浦翔平)。倒れている和泉を見てもまったく動じない菊之助は、「これは見なかったことに」と笑顔で春田に告げ、ひょいと和泉を抱きかかえて爽やかに家の中に入っていき…!?

 
第3話 2024年1月19日「昼顔の二人」
 「相変わらずうるせえ唇だな」。 またも朝出勤時に、隣の家の前に“血まみれ”で倒れている部下・和泉幸(井浦新)を発見し、絶叫する春田創一(田中圭)。さらにあろうことか和泉は突然、春田の胸倉を掴み、キスをして、意識を失ってしまい…。 一方、その様子を目撃した人物がいた。自らの抑えがたい気持ちの正体は“姑”の感情だと理解し、これからは“愛息子・はるたん”と、その夫・牧(林遣都)の幸せを見守っていこうと決意したばかりの、家政夫・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)だ。


第4話 2024年1月26日「お尻を拭くまで帰れま10」
 春田創一(田中圭)と牧凌太(林遣都)の家にやってきた、おとなりさんの和泉幸(井浦新)と六道菊之助(三浦翔平)。ボヤ騒ぎのお詫びに…と肉じゃがのおすそ分けを渡そうとしたその時、弾みで和泉のペンダントが弾け飛んでしまう。慌てて床に落ちたペンダントを拾いあげる春田、しかしその中には、≪春田と瓜二つの人物≫の弾ける笑顔の写真が…!

 「え、俺ぇぇぇ…!? でもこんな写真撮ったっけ…!?」と、驚く春田に菊之助は、「それは春田さんではなく、秋斗です」と、意味深な言葉を残し、そのまま去って行く。いや、秋斗って誰やねん! そしてなぜ和泉は、春田のそっくりさんの写真を大切に持っているのか…!?


第5話 2024年2月2日「私を熱海に連れてって」
 ひさびさに休みが重なった春田(田中圭)と牧(林遣都)は、ずっと行けていなかった“新婚旅行”の計画をたてはじめる! 仕事の関係で天空不動産にやってきたちず(内田理央)や同僚の栗林(金子大地)の影響を受け、行き先を≪熱海≫にしようと提案する牧。その話聞いていた家政夫・黒澤(吉田鋼太郎)はハッとする。

そう、実は先日商店街の福引会でまさかの一等賞「熱海旅行券」を当ててしまったのだ。一緒に行く人もいないし、トイレットペーパー1年分がよかったな…と孤独を感じていた黒澤は、「ぜひお使いください」と、2人に熱海ファミリー旅行券の目録を差し出す。春田は大喜びのままにうっかり、「部長も一緒に行きましょう!」と誘ってしまい…?


第6話 2024年2月9日「深紅のバレンタイン・ウェディング」
 愛と涙と大乱闘の“新婚旅行”から数週間――。春田創一(田中圭)と牧凌太(林遣都)は、2月14日のバレンタインデーに行う≪結婚式≫の準備に追われていた。念願の結婚式を前にウキウキモードの春田だが、牧は仕事が多忙を極め毎日クタクタ…。春田はふと、ひとり空回りしているような寂しさを覚え始める。

 迎えたウェディングプランナーとの打ち合せ当日。約束の時間になっても現れない牧から、会議が長引いているので先に向かってほしいと連絡が…。ため息をつきながら春田が歩き出すと、偶然にも家政夫の黒澤武蔵(吉田鋼太郎)が通りかかり、なんと打ち合わせに付き添ってくれることに。後日、タキシードの試着日にも、牧は残業で遅刻し、「一生に一度の結婚式なのに…」としょんぼりする春田。仕事を応援したいという気持ちの一方で、結婚式に対する牧との温度差、はては日頃の価値観の違いまで実感し、徐々に春田はマリッジブルーになってゆき…。


第6話 2024年2月16日「君たちはどう生きるのかい」
 結婚式を無事終えた春田創一(田中圭)と牧凌太(林遣都)。その裏で、ひとりトイレで、深紅の血を吐き出した黒澤武蔵(吉田鋼太郎)の存在には気づかぬまま――。

 幸せいっぱいな気持ちをなんとか切り替えて、日常に戻り仕事に励む2人。そんな中、春田に1本の電話が掛かってくる。なんと荒井ちず(内田理央)が倒れたというのだ…! 早速、保育園にちずの息子・吾郎(佐藤大空)を迎えに行くことになる春田。一方、病院に付き添った牧と栗林歌麻呂(金子大地)は、ちずから兄・荒井鉄平(児嶋一哉)と舞香(伊藤修子)は、子どもたちを連れて初めての海外旅行中なので、絶対に連絡しないでほしいと頼まれる。倒れてなお無理しようとするちずを心配した春田と牧は、入院中は吾郎を預かることに…!


第7話 2024年2月23日「余命一か月の家政夫」
 「余命一か月、ですか……?」
春田創一(田中圭)と牧凌太(林遣都)の結婚式の日、人知れず吐血した黒澤武蔵(吉田鋼太郎)が病院で告げられたのは、衝撃の真実だった――。

信じられない事態にぼう然とする武蔵だが、付き添いでやってきた元妻・栗林蝶子(大塚寧々)には、心配かけまいと笑顔を見せる。 そして帰宅後、“終活”について考え始めた武蔵は、“エンディングノート”を書き始め…。


概要
田中圭、林遣都、吉田鋼太郎が再集結しておくる、2018年に同局で放送された“初代「おっさんずラブ」”の続編。アラフォーになったポンコツ会社員・春田創一(田中)と、春田と結ばれたドSな後輩・牧凌太(林)の夢の新婚生活を描く。幸せな日々の半面、多忙で家事がままならない春田と牧。そんな2人の新居に、早期退職して家事代行サービス会社に再就職した黒澤武蔵(吉田)が家政夫としてやって来て、5年前とは立場を変えたバトルを繰り広げる。

前作のレギュラー陣が全員続投するほか、井浦新と三浦翔平が新たに参戦。ぼんやりした春田の部下・和泉幸を井浦、和泉の同居人で移動式おむすび店の店主・六道菊之助を三浦が演じる。


ストーリー
モテない独身ポンコツ会社員・春田創一(田中圭)が、ピュアすぎる乙女心を隠し持つ上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と、イケメンでドSな後輩・牧凌太(林遣都)から告白され、“本当の気持ち”に気付いた春田が牧にプロポーズしてから5年。春田は、シンガポール転勤から帰国した牧との“夢の新婚生活”を期待していた。

ところが、係長になった春田は自由な部下と完璧主義すぎる部長との間に挟まれて悩み、牧も本部の課長に昇進し、激務に追われていた。共働きで多忙な2人の生活はままならず、小さなことでけんかになってしまう日々。そんな折、会社を早期退職して行方不明になっていた黒澤が、家政夫として2人の新居にやって来る。


キャスト
田中圭 /春田創一 役
「天空不動産」東京第二営業所の係長。牧の夫。係長となり、完璧主義すぎる新しい部長・武川と自由な部下たちに挟まれる中間管理職として日々悩んでいる。海外転勤を経て帰国した牧と夢の新婚生活を期待していたが、共同生活の難しさや価値観の違いに直面。やがて“家族になるとは一体どういうことなのか?”という新たな課題に立ち向かうことに。

林遣都 /牧凌太 役
「天空不動産」ホテルリゾート本部の課長。春田の夫。シンガポール転勤から帰国し、課長に昇進。会食や出張と激務の中で、資格取得の勉強に励むなど悩みは尽きない。春田の存在が癒やしと支えになっていくが、春田が会社でスキンシップを求めてくるのは嫌。すべてにおいて素直になれず、勝手に1人で抱え込み突然爆発する癖は治らない。嫌いな言葉は「公私混同」と「泥酔」。

吉田鋼太郎 /黒澤武蔵 役
「ばしゃうまクリーンサービス」のユニコーン家政夫・兼エリア統括部長。かつては「天空不動産」東京第二営業所の部長を務めていたが、謎の早期退職を経て行方不明に。ある日突然、春田と牧の新居に家政夫として現れ、やがて牧へのねたみが噴出する。仕事では、家政夫としてのプロフェッショナルぶりから世界中からオファーが殺到しており、再び“部長”と呼ばれている。

井浦新 /和泉幸 役
「天空不動産」東京第二営業所に中途採用で入社した、春田の年上の部下。ぼんやりしており驚きのポンコツぶりを発揮したかと思えば、突如春田を見つめて涙をこぼしたりと情緒不安定な面も。秘密が多く、不思議でつかみづらい雰囲気だが、礼儀正しく、心優しく、ちょっと天然。春田と牧の新居の隣家で六道と同居している。趣味は弓道で、蝶子の運営する弓道場に出没しがち。

三浦翔平 /六道菊之助 役
移動式おかかおむすび専門店「おむすびごろりん」の店主。春田と牧の新居の隣の家で和泉と同居している。生真面目で硬派な男だが、とにかく謎が多い。店に来る女性たちからは「菊様」と呼ばれている。

スタッフ
脚本 - 徳尾浩司
音楽 - 河野伸
主題歌 - スキマスイッチ「Lovin' Song」(AUGUSTA RECORDS / UNIVERSAL SIGMA)
監督 - 瑠東東一郎、山本大輔、Yuki Saito
協力プロデューサー - 松野千鶴子(アズバーズ)
エグゼクティブプロデューサー - 三輪祐見子(テレビ朝日)
プロデューサー - 貴島彩理(テレビ朝日)、神馬由季(アズバーズ)
制作協力 - アズバーズ
制作著作 - テレビ朝日


番組公式サイト
おっさんずラブ - Wikipedia

『おっさんずラブ-リターンズ- TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不適切にもほどがある! TOP

『不適切にもほどがある!』(ふてきせつにもほどがある!)は、2024年1月26日よりTBS系「金曜ドラマ」枠(毎週金曜22:00〜22:54)で放送中。主演は阿部サダヲ。


各話あらすじ 平均視聴率 7.13%
第1話 2024年1月26日「頑張れって言っちゃダメですか?」 視聴率 7.6%
 1986年。中学の体育教師で野球部顧問の市郎(阿部サダヲ)は、生徒から「地獄のオガワ」と恐れられ、家庭では一人娘の純子(河合優実)の非行に手を焼いている。ある日、バスでうとうとした市郎は2024年の日本にタイムスリップ。事態が飲み込めない中で渚(仲里依紗)という女性と出会う。一方、純子は令和の時代から来た中学生・キヨシ(坂元愛登)に一目ぼれしたと告白されていた。


第2話 2024年2月2日「一人で抱えちゃダメですか?」 視聴率 7.1%
再び令和にやってきた小川市郎(阿部サダヲ)が持っていたスマホに、昭和にいるサカエ(吉田羊)から着信が。市郎のタイムスリップ話を信じていなかった犬島渚(仲里依紗)と秋津(磯村勇斗)だが、ビデオ通話で確かにサカエが昭和にいるとわかり、驚きを隠せない。そんなことはさておき、市郎は純子(河合優実)とキヨシ(坂元愛登)の“チョメチョメ”を未然に防ぐため、サカエに今すぐ自宅へ向かってくれと懇願するのだった。

改めて渚と秋津にこれまでの経緯を説明すると共に、初めて会った時の“渚の涙の理由”が気になっていたと打ち明ける市郎。そこで、渚はこれまでに起こった出来事を語り始めるのだが、それは現代の働き方の難しさを象徴するかのような内容だった。

鬱屈とした毎日を過ごしている渚の前に更なる問題が。その時市郎は…!?


第3話 2024年2月9日「カワイイって言っちゃダメですか?」 視聴率 7.1%
うっかり足を滑らせたことで昭和に戻ってきた市郎(阿部サダヲ)は、何事もなかったかのように純子(河合優実)たちが待つ家に帰宅。一方、市郎が突然姿を消した令和では、渚(仲里依紗)と秋津(磯村勇斗)がその行方を心配していた。

市郎が消えて2日、喫茶「SCANDAL」では、渚と秋津がサカエ(吉田羊)の元夫でタイムマシン開発者の井上昌和(三宅弘城)と向かい合っていた。井上からタイムマシン開発秘話などを聞いていると、渚のスマホに昭和にいる市郎から着信が…。

そして井上は、過去を改ざんすると未来が変わってしまう“タイムパラドックス”の危険性を語り始めるのだった。

そんな中、昭和のバラエティ番組へ出演すると言い出す純子。未成年は保護者同伴ということで、市郎やサカエもスタジオへ同行することに。一方令和では、渚が先輩プロデューサー・栗田一也(山本耕史)の担当番組で起こった大スキャンダルに巻き込まれてしまい…!?


第4話 2024年2月16日「既読スルーしちゃダメですか?」 視聴率 6.7%
キスをしようとした瞬間、ビリビリッと弾け飛んだ市郎(阿部サダヲ)と渚(仲里依紗)。2人の間に何かの障壁があることに気づくのだった。

後日、喫茶「SCANDAL」では、井上(三宅弘城)がようやく恩師である市郎と再会していた。市郎は井上の協力の元、キヨシ(坂元愛登)のスマホを自分名義に変え、メッセージアプリをダウンロードしてはしゃぎ倒していた。これが更なる問題へと発展していくことも知らず…。

一方、昭和の小川家では、ひょんなことからキヨシがクラスメイトのイノウエ(中田理智)に告白されたと話し始め、サカエ(吉田羊)が衝撃を受けていた。すると純子(河合優実)が二股だと騒ぎ立て…。


第5話 2024年2月23日「隠しごとしちゃダメですか?」
「父親に会ってほしい」と渚(仲里依紗)に連れられた市郎(阿部サダヲ)は、ホテルのラウンジで犬島ゆずる(古田新太)と対面していた。
なぜか市郎のことを「おとうさん」と呼ぶゆずるに対し、“おとうさん”はそっちだとイライラする市郎。そのやり取りを見ていた渚は、市郎にある写真を見せるのだった。

一方、昭和では、サカエ(吉田羊)がひょんなことからキヨシ(坂元愛登)のクラスに不登校の生徒がいることを知る。キヨシも令和では不登校だったと知った純子(河合優実)は、「その子の話し相手になってあげれば」と提案。SNSのない時代にどう連絡を取ったらいいものかと頭を抱えるキヨシだが、昭和ならではの“ある連絡手段”を思いつき・・・!?


第6話 2024年3月1日
EBSテレビでカウンセラーを続けている市郎(阿部サダヲ)のもとに、渚(仲里依紗)が同期の羽村由貴(ファーストサマーウイカ)を連れてやってきた。

憧れの大物脚本家・エモケンこと江面賢太郎(池田成志)とドラマを作ることになった羽村だが、その打ち合わせでの出来事に悩んでいるという。

そんな羽村とともに市郎は、エモケンとの打ち合わせに同席することに・・・。

一方、純子(河合優実)はなかなか家に帰ってこない市郎のことが気になっていた。
そんなとき、市郎と純子の運命を知った秋津(磯村勇斗)が、嫌がる市郎をある場所へ連れていき・・・!?


キャスト
小川市郎(おがわ いちろう)
演 - 阿部サダヲ
中学校の体育教師・野球部顧問。コンプライアンス意識が低い昭和のおじさんであり、度々問題視される。
とある理由で1986年から2024年にタイムスリップする。

犬島渚(いぬしま なぎさ)
演 - 仲里依紗
シングルマザー。EBSテレビのバラエティ番組のAP。

秋津睦実(あきつ むつみ) / ムッチ先輩
演 - 磯村勇斗
市郎の娘が密かに想いを寄せる相手。

向坂サカエ(さきさか サカエ)
演 - 吉田羊
フェミニストの社会学者。
市郎と反対に、2024年から1986年にタイムスリップする。

市郎の関係者
小川純子(おがわ じゅんこ)
演 - 河合優実
市郎の娘。非行に走っている。

渚の関係者
栗田一也(くりた かずや)
演 - 山本耕史
EBSテレビの情報番組のプロデューサー。渚の先輩。
ある出来事から、コンプライアンスを意識した番組作りを強いられることとなる。

サカエの関係者
向坂キヨシ(さきさか キヨシ)
演 - 坂元愛登
サカエの息子。下ネタ好き。

井上昌和(いのうえ まさかず)
演 - 三宅弘城
サカエの元夫。大学教授。

その他
安森(やすもり)
演 - 中島歩
中学教諭。市郎の同僚。キヨシの担任。

マスター
演 - 袴田吉彦
市郎や純子たちが行きつけの喫茶店「すきゃんだる」のマスター。

スタッフ
脚本 - 宮藤官九郎
音楽 - 末廣健一郎、MAYUKO、宗形勇輝
主題歌 - Creepy Nuts「二度寝」(Sony Music Labels)
演出 - 金子文紀、坂上卓哉、古林淳太郎、渡部篤史、井村太一
プロデュース - 磯山晶、勝野逸未
編成 - 河本恭平、松本友香
製作 - TBSスパークル、TBS


番組公式サイト
不適切にもほどがある! - Wikipedia

『不適切にもほどがある! TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

院内警察 TOP

『院内警察』(いんないけいさつ)は、2024年1月12日から、フジテレビ系でドラマ枠「フジテレビ金曜9時枠の連続ドラマ」(毎週金曜21:00〜21:58)で放送中 。


各話あらすじ 平均視聴率 5.70%
第1話 2024年1月12日「病院内に実在する治安維持組織“院内警察”が巨大病院の闇を暴く!」 視聴率 7.1%
「阿栖暮総合病院」の院内交番に所属する元警視庁捜査一課の武良井(桐谷健太)は日々、患者同士のトラブル対処や遺失物捜索などに従事している。武良井と室長の横堀(市村正親)だけの交番に、事務の川本(長濱ねる)が配属された。有名病院の医療事務だと張り切っていた川本は、そこが‘3K’(軽薄で、空気の読めない、給料泥棒)とやゆされる部署と知ってがくぜんとする。一方、同院が誇る若き天才外科医の榊原(瀬戸康史)は、ドイツからの帰国直後にもかかわらず難しい手術を成功させ、周囲の医師たちをうならせていた。

第2話 2024年1月19日「病院内で幽霊事件発生!?詐病の政治家の警護任務!」 視聴率 5.4%
 阿栖暮総合病院内に設置された院内交番に所属する院内刑事・武良井治(桐谷健太)は、交番事務員の川本響子(長濱ねる)と院内をパトロール中、とある病室の入り口に盛り塩があることに気づく。病室の中をのぞくと、入院患者の清宮松雄(でんでん)が他の患者たちに囲まれていた。昨夜、トイレに行った清宮は、そこで長い髪の女性の幽霊に遭遇したのだという。「トイレに行けなくなるから何とかしてほしい」と頼まれ、困惑する武良井たち。

第3話 2024年1月26日「病院内でストーカー事件!院内交番が真犯人を追う」 視聴率 5.7%
 整形外科の看護師・日向(工藤美桜)が、入院患者の飯塚がいないと駆け込んでくるが、武良井(桐谷健太)と川本(長濱ねる)が同行し、無事に見つかる。同じ日、院内交番に麻酔科医の葵(馬場ふみか)が現れた。葵は日向の姉で、日向が職場で嫌な思いをしているのではないかと切り出す。3カ月ほど前から何も話さなくなり、2人暮らしの部屋にも帰ってこないという。

第4話 2024年2月2日「隠蔽された医療過誤事件の真相大病院に潜む闇とは」 視聴率 5.5%
 武良井治(桐谷健太)は、看護師の白石日向(工藤美桜)から、半年前に阿栖暮総合病院を辞めた循環器内科の専攻医・前川大樹(近藤頌利)の話を聞く。前川は5年前に臨床研修医として阿栖暮総合病院にやってきた、明るくて勉強熱心な医師だった。実は前川は、この病院で亡くなったコメンテーター・乾井卓の死に関わっていた。乾井は大腿骨頭置換術を受けたが、術後に胸の苦しみを訴えたという。担当の整形外科医・久保田雅人(荒川浩平)は原因を探るために前川に相談した。

第5話 2024年2月9日「語られるあの夜の真相…明らかになる武良井の過去」 視聴率 5.6%
 8年前の美咲(入山法子)との出会いを思い出す武良井(桐谷健太)。そして現在、武良井は「医療安全管理委員会」の場で、医療ミスの疑いで亡くなった乾井(中山克己)への処置について追及しようとしていた。退職した循環器内科医・前川(近藤頌利)も武良井や川本(長濱ねる)の熱意に負け、証言のため同席する中、武良井は手術を行った榊原(瀬戸康史)に事実を明かすよう迫る。

第6話 2024年2月16日「天才外科医に失脚の危機!?消えた医療機器の謎」 視聴率 4.9%
 次の副院長は外科部長の倉田(神尾佑)だとうわさされる中、院内情報のアクセス権を得た武良井(桐谷健太)は、恋人・美咲(入山法子)の死の真相に近づこうとしていた。一方、見舞いで来院したという中学生の結依(梨里花)が指輪をなくし、財布を落としたという男女も現れた。武良井らは窃盗を疑い、調べを開始。さらに医療機器メーカーの浅田(和田正人)も消えた紙袋を捜していて…。

第7話 2024年2月23日「榊原に秘められた悲しき過去清宮最後の依頼とは」
 院内で見舞客だと偽っていた中学生の結依(梨里花)が入院した。武良井(桐谷健太)は、結依に付き添い屋上へ。結依の執刀医となった榊原(瀬戸康史)は、彼女と自分の妹・希(共田すず)を重ね合わせる。一方、長期入院していた清宮(でんでん)の退院が決まった。その清宮が、院内交番の武良井と川本(長濱ねる)の元に、10年以上前に出て行った妻を捜してほしいとやって来る。

第8話 2024年3月1日
 武良井治(桐谷健太)は、勤務中に当直室で不倫行為をしていた男性医師に証拠写真を突きつけていた。その医師が阿栖暮総合病院と製薬会社の取次役だという情報を得ていた武良井は、兼ねてから捜査していた治験に関する情報と不倫の証拠写真破棄を交換条件として出す。


概要
日本ではなじみの薄い“院内交番”を舞台に、元警視庁捜査一課の院内刑事と、天才外科医の正義がぶつかり合う姿を描く医療エンターテインメント。刑事ものと医療ものを掛け合わせた作品でフィーチャーする院内警察は、実際に一部の大学病院や国立病院に常駐する民間組織で、病院内で起こる患者同士のトラブル対処やクレーム対応などを担っている。

大病院・阿栖暮総合病院を舞台に、プロファイリングスキルと抜群の記憶力を誇る院内刑事・武良井治役で桐谷健太が主演を務める。ライバルとなる孤高の若き天才医師・榊原俊介を瀬戸康史が演じるほか、交番事務員役で長濱ねるが、院内交番室長役で市村正親が共演する。


ストーリー
阿栖暮総合病院内に設置された院内交番に所属する、元警視庁捜査一課・武良井治(桐谷健太)と院内交番室長・横堀仁一(市村正親)。そこに、事務員として川本響子(長濱ねる)が配属される。響子は、有名病院の医療事務になれると張り切って来たものの、実際は院内交番勤務でがっかりする。

そんな中、病院が誇る若き天才外科医・榊原俊介(瀬戸康史)がドイツから帰国。帰国直後に難易度の高いオペを執刀し、素早く正確な手術で周りの医師をうならせる。対して、そんな榊原を鋭い視線で見つめる武良井は、事あるごとに榊原に絡み、業務範囲を超えて執拗に付きまとう。


キャスト
桐谷健太 /武良井治 役
阿栖暮総合病院の院内交番に勤務する刑事。元警視庁捜査一課のエリートだが、警察を辞し自ら警察OBが多い現職を志願し、院内の不正監視や治安と秩序を守っている。抜群の洞察力を基にしたプロファイリングスキルと、さまざまな情報をすべて把握するほどの記憶能力持ち合わせる。人たらしな一面があるが、歯に衣着せぬ物言いが院内でトラブルを起こすことも。榊原を鋭い視線で見つめ、事あるごとに絡んでいく。

瀬戸康史 /榊原俊介 役
阿栖暮総合病院の若き天才外科医。執刀する手術は素早く正確で高い成功率を誇り、テレビ番組に密着もされるほど、業界内で名をはせているエリート。外科部長からの信頼も厚く、次期外科部長の座も期待されている。その一方で、常に無表情で感情が読めず、難易度の高い手術ばかり便宜されることが多く、同僚からはよく思われていない。武良井から、敵対心にも似た感情を向けられている。

長濱ねる /川本響子 役
新しく院内交番にやって来た交番事務員。大病院の医療事務になれると張り切っていたが、実際の配属は“3K”とやゆされる院内交番でがっかり。しかし、武良井に振り回されつつも、彼の仕事ぶりを見て院内交番の必要性を感じるようになる。性格は真面目で、武良井の行動や言動にツッコミを入れることが多い。また、中年男性にほれ込む“枯れ専”のため、上司の横堀室長を推している。

市村正親 /横堀仁一 役
院内刑事の第一人者的存在で、現在は院内交番室長。警察OBながら、茶柱を見つけただけで幸せそうにほほ笑むほど、心優しい人物。交番の運営に努めており、武良井と響子を優しく見守っている。

スタッフ
脚本:天本絵美、諸橋隼人、相馬光
演出:石川淳一、木村真人、北坊信一
プロデュース:中村亮太


番組公式サイト

『院内警察 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャンヌの裁き TOP

『ジャンヌの裁き』(ジャンヌのさばき)は、2024年1月12日からテレビ東京系「ドラマ8」枠(毎週金曜20:00〜20:54)にて放送中。主演は玉木宏。


各話あらすじ
第1話 2024年1月12日 ※19時55分〜21時09分
少女漫画家さんぷう・みなみ。本名・越前剛太郎(玉木宏)。世間的には女性と思われているが実は2人の子がいるシングルファーザーだ。忙しい日々を送る剛太郎はある日、検察審査員に任命された。漫画の〆切が迫る剛太郎は辞退を申し出るも、特別な事情ではないため裁判所に却下される。しかも編集者に「さっさと終わらせる」と説明しているのを弁護士の近藤ふみに聞かれ、「さっさと終わらせるようなものではありません」と叱責されてしまう。

集められた審査員11人は個性的な上、一様に早く終わらせたいという空気を放っている。さらに審議を進行する審査会長に選ばれてしまった剛太郎は、右も左もわからぬまま、みんなに急かされるように一つの事案を手に取った。それは、ある男性に因縁をつけた泥酔状態の会社員が、殴り返された拍子に頭を強く打ち死亡するも不起訴となった事件。大半が「不起訴相当」とするが、やがて“さっさと終わらせる”わけにはいかない裏事情が浮かび上がる。


第2話 2024年1月19日
人気少女漫画家の婚約会見を見ていた剛太郎(玉木宏)は驚く。お相手が次の検察審査会で取り上げる妻殺しの容疑者・瀬川(田島亮)だったからだ。事件は遡ること1年前の朝。瀬川が首を吊った妻しのぶ(朝見心)を自宅リビングで発見した。嫌疑がかかった瀬川は不起訴に。しかし、しのぶの母・照美(藤田朋子)は自殺ではなく殺人だと訴え再審査を申し立てた。審査会メンバーは2人から話を聞くが双方正反対の主張をしていて…


第3話 2024年1月26日「玉木宏主演!セクハラ事件の鍵は空白の5分?」
ふみ(桜井ユキ)が新たな審査補助員に着任した。剛太郎(玉木宏)らは広告代理店で働く岡崎夏菜(永井理子)が会社と直属の上司をセクハラで告訴した末に証拠不十分で不起訴になり、自ら命を絶ったとされる事件の捜査を開始。夏菜の両親の話から、彼女のSNSに投稿された謎の言葉「イーダスの弓矢」や、証拠の音声が見つからないなど、不可解な点が浮上する。その時、いつも冷静沈着なふみが怯えていることに剛太郎は気がついて…


第4話 2024年2月2日「玉木宏主演!黙秘の貴公子秘める謎…?」
剛太郎(玉木宏)のもとに佐和子(優香)から桧山(田中直樹)に遭遇したとの連絡が。その会話で自分たちの情報を知りすぎていることが気になったという。さらに寿(音尾琢真)も審査会についてなにやら怪しい噂を話し出すのだった。そんな中、剛太郎たち10人は人気パティシエ淡路宗一郎(前田拳太郎)の、父親殺害の不起訴事件を審査することになったのだが、その時1人の審査会メンバーに異変が…!


第5話 2024年2月9日「玉木宏主演!学園の闇に葬られた教師の死の真実!?」
ふみ(桜井ユキ)の細工で審査会のとある人物が桧山(田中直樹)と繋がっている可能性が判明する。桧山を追い詰めるべく無茶をするふみを剛太郎(玉木宏)が心配する中、審査会には新たな審査員・鈴女(関智一)が加入することに。この日の事案は駒村学園教諭・葛城修治(小南光司)の転落死だ。当日学園では食中毒騒ぎが起きており、修治も体調を崩して階段を踏み外したと遺族が主張し学園の責任を追及するも不起訴になっていた。


第6話 2024年2月16日「後半戦!裏切者が判明…ひき逃げ起訴相当の悲劇」
佐和子(優香)の調べで桧山(田中直樹)のスパイがついに判明。鈴女(関智一)が正式加入した審査会メンバーは、権力を振りかざす桧山に「一般人の力を見せてやろう」と一致団結。剛太郎(玉木宏)は次回の審査に、桧山が不起訴にした議員・貴美子(高橋由美子)の運転手・健太(坂田聡)のひき逃げ事故を提案する。


※2024年2月23日は『世界卓球2024<生中継>世界一へニッポン団結!女子 準決勝「日本×香港」』中継(18時55分 - 22時8分)のため休止。


第7話 2024年3月1日
自分たちが振りかざした正義が時に人を苦しめてしまうことを痛感した審査会メンバーは、剛太郎(玉木宏)を残し全員が退出。その後、審査会には誰も現れず、代わりに塩川(金子昇)の姿が。なんと桧山(田中直樹)が検事長になるという――。その後、剛太郎らを呼び出した寿(音尾琢真)は、桧山の就任は庄司議員(笹野高史)の力だと明かし、ふみ(桜井ユキ)は驚がく。ふみの姉がセクハラで訴えたのは庄司の息子だったのだ…。


概要
検察による不起訴処分の審議を行う検察審査員たちが革命を起こす姿を描く“エンタメ司法ドラマ”。圧倒的強者である検察に、国民の中からランダムに選ばれた弱者である一般人の寄せ集め=検察審査会の面々が、ジャンヌ・ダルクのように立ち向かい、事件に隠された巨悪の存在に迫っていく。

ある日突然、審査員に任命される少女漫画家で、シングルファーザーの主人公・越前剛太郎に扮するのは玉木宏。彼が、個性豊かな審査会メンバーのまとめ役として悪戦苦闘していく中で、事件の裏にある人々の思いや、検察によって理不尽に隠された真実に迫る内に、徐々に審査会の重要性を認識していく。


ストーリー
世間的には女性と思われている少女漫画家のさんぷう・みなみは、実はシングルファーザーの越前剛太郎(玉木宏)。ある日、剛太郎は国民からランダムに選出される、検察による不起訴処分の審議をする検察審査員に任命される。突然の決定に、剛太郎は辞退を申し出るも裁判所に却下されてしまう。

集められた審査員11人が一様に早く終わらせたいという空気を放つ中、審査会長に選ばれてしまった剛太郎。審査するのは、ある男性が不起訴となった事件で、男性に因縁を付けてきた泥酔状態の会社員が、殴り返された拍子に頭を強く打ち死亡していた。大半が「不起訴相当」とするが、次第にある事情が浮かび上がってくる。


キャスト
越前剛太郎(えちぜん ごうたろう)
演 - 玉木宏
“さんぷう・みなみ”というペンネームの、そこそこ人気の少女漫画家。世間的には女性と思われているが、その正体は2人の子を持つちょっと優柔不断なシングルファーザー。検察審査員に任命され、審議を進行する審査会長に選ばれてしまう。やがて、事件の裏にある人々の思いや、理不尽に隠された真実を知ることに。

近藤ふみ(こんどう ふみ)
演 - 桜井ユキ
審査補助員として剛太郎をサポートしていく生真面目な弁護士。

寿就一(ことぶき しゅういち)
演 - 音尾琢真
刑事。剛太郎とは小学校の同級生。

草壁佐和子(くさかべ さわこ)
演 - 優香
新聞記者。剛太郎の元妻。

甲野美弥(こうの みや)
演 - 高岡早紀
ネイルサロン経営者。検察審査員。

桧山卯之助(ひやま うのすけ)
演 - 田中直樹(ココリコ)
東京地検特捜部長。

スタッフ
脚本 - 泉澤陽子、大北はるか、いとう菜のは
主題歌 - ケツメイシ「We GO」(avex trax)
演出 - 西浦正記、池辺安智、三木茂
チーフプロデューサー - 濱谷晃一(テレビ東京)
プロデューサー - 北川俊樹(テレビ東京)、中島叶(テレビ東京)、平部隆明(ホリプロ)、河添太(オランジュ)
企画協力・アドバイザー - 田淵俊彦
製作著作 - 「ジャンヌの裁き」製作委員会
制作 - テレビ東京、ホリプロ


番組公式サイト
ジャンヌの裁き - Wikipedia

『ジャンヌの裁き TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月26日

ナースが婚活 TOP

『ナースが婚活』(なーすがこんかつ)は、2024年1月12日(11日深夜)から同年3月1日(2月28日深夜)まで、テレビ東京系列の「木ドラ24」枠(毎週木曜24:30〜25:00)で放送中。全8話。主演は矢田亜希子。


各話あらすじ
第1話 2024年1月11日「医者に4股サレる看護師」
元ナースの横山陽子(矢田亜希子)は、ナース専門の婚活相談所「ナースのとも」の代表。ある日、彼女のもとを現役ナースの安藤明穂(華村あすか)が訪れる。明穂は周りのナースからも人気の高い医師・冴島昴(佐伯大地)と交際しているが、結婚願望のある明穂に対し、冴島は結婚願望がないことが判明…さらに、冴島が四股していることが発覚し…。そんな絶望の明穂に陽子がかけた言葉とは。婚活に一歩踏み出した明穂はどんな選択をするのか?


第2話 2024年1月18日「外科医とオペ不倫ナース」
今回「ナースのとも」を訪れたのは、オペ室看護師・別所牡丹(潤花)。同僚の付き添いで無料面談にきた牡丹だったが、陽子(矢田亜希子)から不倫していることを言い当てられてしまう。外科医師・深田郁哉(黄川田雅哉)と不倫している牡丹は、今の関係を続けるのはダメだと分かっていながらも、深田との関係が壊れるのが嫌で別れられずにいた。しかし、ある事がきっかけで牡丹はある決心をし…。果たして陽子は牡丹を救うことが出来るのか?


第3話 2024年1月25日「マッチング夜勤ナース」
夜勤専門救命救急センターのナース・野町千晶(小島藤子)。生活リズム的に出会いがなく、マッチングアプリに登録するも遊び目的の変な男ばかりと出会ってしまう…。ろくな出会いがない中、誕生日を迎え30歳になった千晶は、焦りから陽子(矢田亜希子)のもとへ駆け込む。

陽子の看護により、楠田紀佐志(岩井拳士朗)と会うが、アプリで出会う男性より刺激がなくつまらないと吐露する。しかし、何度か会ううちに楠田の良さに気付く千晶は…


第4話 2024年2月1日「お局干物ナース」
陽子(矢田亜希子)は久しぶりに友人の鷹野珠代(遊井亮子)とランチに行くことに。独身の珠代に婚活をするなら相談にのると言う陽子だが、年齢的に諦めている様子で…。しかし数日後、あることをきっかけに珠代は婚活を始めることに。早速3人の男性とお見合いをする珠代だが、後日全員から交際終了の連絡が…。

振られたことにショックを受け、結婚を諦めると言い出してしまう。果たして、ネガティブになる珠代は幸せを掴むことが出来るのか!?


第5話 2024年2月8日
緒人(阿久津仁愛)は「ナースのとも」でリハビリ科看護師の江頭恵美(北野日奈子)と母親・美子(横山めぐみ)と面談を行っていた。過保護な母親の期待に応えたいとお見合いをしてみるも、自分に自信のない恵美は会話が弾まず失敗ばかり…。何も取り柄がなく、相手にいいと思ってもらえることが一つもないからと、婚活をやめたいと言い出す恵美。

そんな恵美に陽子(矢田亜希子)がかけた言葉とは…。恵美は自分に自信を持てるようになるのか!?


第6話 2024年2月15日
ナースのとも」を訪れた訪問介護会社の社長・福田風花(中村静香)。風花は4年前、夫に浮気をされて離婚しており、再婚するにあたり絶対に浮気をしない人を望んでいた。風花の話を聞き、条件に合う男性を紹介する緒人(阿久津仁愛)だったが、なかなかいい相手を見つけられず思い悩んでいた。

そんな緒人を見た陽子(矢田亜希子)は緒人にあるアドバイスをし…。果たして、元夫に裏切られて負った風花の心の傷を癒し、希望に沿う男性との結婚を導くことができるのか?


第7話 2024年2月22日
一人になって整理したいと失踪騒ぎを起こしていた菊池(中林大樹)だったが、珠代(遊井亮子)のハッピーオーラに触発され再婚する気に。菊池の婚活を手伝うため話を聞く陽子(矢田亜希子)だが、相手の理想の条件に頭を悩ませていた…。

一方で、看護師の保科ひかり(守屋茜)と蒲生吾郎(落合モトキ)は、付き合っている人が”ヒモ”という同じような悩みを持っており、陽子の元へとやってくる。果たして陽子は3人を幸せへ導くことができるのか…


最終話 2024年2月29日
「ナースのとも」で会った菊池(中林大樹)とひかり(守屋茜)は元家庭教師と教え子の関係だった。昔の思い出話に花を咲かせる中、頼り甲斐があり包容力もある菊池にひかりはときめいていた。陽子(矢田亜希子)の勧めもあり菊池とお見合いをしてみるも、菊池はひかりを結婚の対象とはみれない様子…。

一方、ひかりとお見合いをした吾郎(落合モトキ)は、別れた彼女のことが忘れられず…。果たして、3人が出した答えとは…?いよいよ最終回!


概要
男性にモテる職業No.1と言われながらも、常に多忙で夜勤も多く不規則な日々を送るナースに向けた、柳川圭子による婚活本をドラマ化。ナースはもちろんのこと、世の中の婚活女子が共感するポイントがたくさん散りばめられ、歯に衣着せぬ物言いで婚活迷子たちを次々に成婚に導くカリスマ主人公を矢田亜希子が演じる。

ナース専門の婚活相談所「ナースのとも」の代表を務める横山陽子(矢田)は、元ナースで自身も長年の婚活を経験した過去を持つ。そこへ相談に訪れるのは、実らぬ恋に悩むナースたち。彼女らが“婚活界の神”によって、結婚を手にするまでの軌跡を描いていく。


ストーリー
ナース専門の婚活相談所「ナースのとも」代表・横山陽子(矢田亜希子)。元ナースで自身も長年の婚活を経験した過去を持つ陽子は、歯に衣着せぬ物言いで、婚活迷子たちを次々に成婚に導くカリスマと呼ばれていた。医師との不倫がやめられない、“ダメンズ”と別れられない、元カレが忘れられないなど、実らぬ恋に悩むナースが、“婚活界の神”陽子によって結婚を手にしていく。

キャスト
矢田亜希子 /横山陽子 役
ナース専門の婚活相談所「ナースのとも」代表。元ナースで、自身も長年の婚活を経験した過去を持つ。歯に衣着せぬ物言いで、婚活迷子のナースたちを次々と成婚に導くカリスマ。

阿久津仁愛 /大沢緒人 役
「ナースのとも」で働く陽子の助手。明るくテンションの高い陽子の発言や行動に、冷静に対応する。

遊井亮子 /鷹野珠代 役
四葉総合病院・救命救急センター師長で、陽子の友人。あることがきっかけで「ナースのとも」に入会する。

中林大樹 /菊池克樹 役
四葉総合病院・循環器内科の医師で、陽子の元カレ。

スタッフ
脚本:保木本真也、的場友見
監督:水田成英、大内田龍馬、小林和紘
プロデューサー:村田充範、大瀬花恵、長部聡介


番組公式サイト

『ナースが婚活 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

めぐる未来 TOP

『めぐる未来』(めぐるみらい)は、2024年1月19日(18日深夜)から、読売テレビ製作・日本テレビ系の深夜ドラマ枠「木曜ドラマ」(毎週木曜23:59〜24:54)で放送中。主演は萩原利久。


各話あらすじ
第1話 2024年1月18日
感情を表に出さない夫・襷未来(萩原利久)は、明るく無邪気な最愛の妻・めぐる(早見あかり)にも言えないある秘密があった。それは、感情の起伏が激しくなると過去に戻ってしまう原因不明の病気。母からは、絶対に病を発症させてはいけない、と強く言われていた。
この病のせいで、感情を出さないよう、ずっと自分を押し殺してきた未来に、手を差し伸べてくれたのがめぐるだった。

めぐるとの結婚記念日が迫る中、未来のもとに、非通知で電話がかかってくる。出てみると、ボイスチェンジャーの声で「しんじゃうよ」とひと言。嫌なイタズラだと思った未来だったが……。

迎えた1月18日の結婚記念日。「今夜、楽しみにしているね」と出勤するめぐるを送り出した未来だったが……その後、信じがたい知らせが入る。午後3時ごろ、めぐるが職場の外階段から落下し、亡くなってしまったという。第一発見者は、同僚の日南小夜(香音)。刑事の時任(勝村政信)は、自殺の可能性が高いと話すが……。

「めぐさんがいない人生なんか、考えられない……!」。
動悸が激しくなる未来は、“過去に戻る病”が発症してしまうことを懸念するも、めぐるを救うために過去に戻ることを決意する! 果たして、未来はめぐるの死を防ぐことはできるのか!?


第2話 2024年1月25日
感情の起伏が激しくなると過去に戻ってしまう病気を抱える襷未来(萩原利久)は、結婚記念日に最愛の妻・めぐる(早見あかり)を亡くしてしまう。病を発症して過去に戻った未来は最悪の結末を止めようとするが、何者かの手によってめぐるは転落死してしまうのだった……。

そのショックでまた過去に戻る病を発症させた未来は、1月15日の朝に戻る。会社の人間が怪しい、と考えた未来は、なんとか理由をつけて、めぐるの職場で手伝いをすることに。そして、めぐるの同僚で、友人の干支ゆりか(大西礼芳)から、最近めぐるが「誰かに見られている」と話していたことを聞くのだった。

ゆりかの協力は不可欠、と判断した未来は、18日の夕方にめぐるが何者かに殺されてしまうことを伝えた上で協力を求めるが、ゆりかからは「あなたのこと、信用できません」と言われてしまい……!?

そんな中、誰にも言わずに外階段に来るように書かれた手紙が、めぐるのバッグに入れられていたことが判明する。迎えた18日。今度こそ未来は、めぐるを転落死から救うことができるのか!?


第3話 2024年2月1日
“過去に戻る病”を発症させ、最愛の妻・めぐる(早見あかり)の転落死を未然に防ぐことができた襷未来(萩原利久)だったが、その直後、めぐるは何者かに刺されてしまう。再び病気を発症させ、めぐるを助けようと過去に戻った未来だったが、戻った先はめぐるが刺されてしまった直後。今回も救うことはできなかった……。

「あんたのせいでめぐるんは不幸になったんじゃないの?」。

葬儀会場で、めぐるの同僚・日南小夜(香音)から怒りをぶつけられた未来。そこへ未来の母・育子(佐伯日菜子)がやってきて……。

未来が病気を発症させたことを知った育子は、“20年前のお父さんみたいになる”と、未来の父・正年について語りはじめる――。
数日後。日暮署の時任(勝村政信)から、めぐるのバッグに入れられていた手紙にある“香り”が付着していたことが知らされた未来。この香りにピンと来た未来は、その人物の元へ向かうが……!?


第4話 2024年2月8日
母・育子(佐伯日菜子)から「これ以上、過去に戻ってはならない」と警告されつつも、犯人からの電話をきっかけに、また過去へ戻った襷未来(萩原利久)。最愛の妻・めぐる(早見あかり)を守ることに成功し、結婚記念日を祝うことはできたが……翌朝の1月19日、めぐるは突然いなくなってしまう。

急いでGPSの位置情報で示された河川敷へ向かった未来は、めぐるのスマホを発見。着信履歴を確認すると、「非通知」の着信が……。めぐるは犯人から呼び出され、さらわれてしまったのだ。

警察に捜索願を出し、藝談社に向かった未来。干支ゆりか(大西礼芳)に協力を求め、“ある人物”を呼び出してもらうことに……!

そんな中、日南小夜(香音)は、なにやら怪しい動きをする朝間田(太田駿静)を目撃していて……!?
めぐるがさらわれた真相が少しずつ明らかに…! そして、ついに犯人が判明する!


第5話 2024年2月15日
襷未来(萩原利久)たちが、行方がわからなくなっためぐる(早見あかり)の捜索を行う中、ついに犯人が判明する。めぐるの同僚、日南小夜(香音)が犯人だったのだ!

未来や四季村(時任勇気)が日南の自宅に駆けつけると、めぐるは縛られ、床にはガソリンがまかれていた。皆で説得したものの、日南は火を放ち、四季村たちは亡くなってしまう。「俺が巻き込んだせいで……」と呼吸が荒くなった未来は、“6周目”で1月18日の結婚記念のパーティーの最中に戻る!

体調が悪いのを抑えながらも「まだ一つだけ、やり直せることはある」と“ある覚悟”を決めていた未来。そんな中、めぐるは日南から電話で呼び出され……。今度こそ、未来は妻を救うことができるのか!?


第6話 2024年2月22日
襷未来(萩原利久)の病気の秘密を知り、一人で日南小夜(香音)に立ち向かっためぐる(早見あかり)は、日南の殺意を取り除くことに成功する。しかしその後、日南は自ら命を絶ってしまう。

何者かの存在をほのめかしていた日南のことが気になっていためぐる。自分と一緒にいるときの様子を考えても、日南が自殺するわけがないと感じていた。そんなめぐるの話を聞いた未来は、今もめぐるの命が狙われているのだと感じるのだった。

“真犯人”に繋がるものを探すため、日南の家に行った未来とめぐる。大家に家の鍵を開けてもらい中に入ると、「めぐるんへ」と書かれた手紙を発見し……!?

そんな中、突然胸が苦しくなってしまった未来。これは過去に戻るようになってから出てきた症状で、最近その周期が短くなっていた。病気のことを知るためにも、二人は未来の実家へ向かうことに――。そして、衝撃の事実を知ることになる!

一方、日南の家に未来とめぐるが来ていたことを知った時任(勝村政信)は、未来たちの後を追っていて……。


第7話 2024年2月29日
母・育子(佐伯日菜子)から、過去に戻り続けると死んでしまう、という衝撃の事実を聞いた未来(萩原利久)。ショックを受け、思わず実家を飛び出してしまった未来に、めぐる(早見あかり)は「今後未来くんが過去に戻らないように、死なないように頑張るから」と決意を伝える。

そんな中、二人が実家に戻ると、育子が死体となっていて――!?

どんどん未来の息が荒くなり、このままでは未来が過去に飛んでしまうと思われた瞬間、日暮署の時任(勝村政信)の声が。部屋の状況から、未来とめぐる(早見あかり)は時任から疑いの目を向けられてしまう……。

その頃、干支ゆりか(大西礼芳)は、日南小夜(香音)が書いたと思われる小説を見つけていた。日南が、“ベル”という人物に操られていたことを知ったゆりかは、四季村隆道(時任勇気)に相談する中、真犯人につながる重大なヒントを発見し……!?
さらに事件は、未来の過去と繋がっていたことが判明し――。


概要
辻やもりの同名漫画を萩原利久の主演で連続ドラマ化。感情の起伏が激しくなると過去に戻ってしまう原因不明の病気を抱える襷未来(萩原)が、妻が転落死したことで過去に戻り、妻の死の真相に迫っていく新感覚タイムリープ・サスペンス。“過去に戻る病”を抱え、感情が表に出ないよう孤独な生活を送っていた未来に、初めて寄り添ってくれた妻・襷めぐるには早見あかりが扮する。過去をやり直す中で見えてくる、妻の知らなかった一面や人間関係。未来は、自分の意思では制御できない“発症型”のタイムリープで妻を救おうと奮闘する。

ストーリー
デザイナー兼イラストレーターの襷未来(萩原利久)は、妻・めぐる(早見あかり)には秘密にしていることがあった。それは、父親からの遺伝で、感情の起伏が激しくなると過去に戻ってしまう原因不明の病気を抱えていること。この病気のため、未来は幼い頃から感情を表に出さないよう心掛け、他人と関わらないよう生活していた。

そんな中、迎えた未来とめぐるの結婚記念日。めぐるが職場の非常階段から転落死したという知らせが入る。明るく無邪気な彼女はなぜ死んだのか? 深い悲しみの中、未来は病を発症。気が付くと、めぐるが生きている時間へと戻っていた。

キャスト
萩原利久 /襷未来 役
デザイナー兼イラストレーター。父親からの遺伝で“過去に戻る病”を抱えている。感情の起伏が発症のスイッチになるため、幼い頃から感情を表に出さないよう心掛け、他人と関わらない孤独な生活を送ってきた。カフェでアルバイトをしていためぐると知り合い、結婚。結婚記念日にめぐるが転落死し、深い悲しみの中、病を発症する。自らを犠牲にしてでもめぐるを救いたいと思うほどに愛情深い。

早見あかり /襷めぐる 役
未来の妻。出版社の編集部勤務。ドジなところはあるが、明るく無邪気で外交的。ずっと孤独に生きてきた未来に初めて寄り添った人物。結婚記念日に職場の非常階段から転落して、死亡してしまう。

スタッフ
脚本:井上テテ、高矢航志
監督:久万真路、塩崎遵
チーフプロデューサー:前西和成
プロデューサー:山本晃久、大沼知朗、宇田川寧、田口雄介
主題歌:OCTAVE/OCTPATH


番組公式サイト

『めぐる未来 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大奥 TOP

『大奥』は、2024年1月18日から「木曜劇場」枠(毎週木曜22:00〜22:54)で放送中。平成時代に製作されたフジテレビ×東映の『大奥』シリーズは完結しているが、本作は2005年版以来19年ぶりの連続ドラマ形式で「令和版」として新たに製作される作品となる。


各話あらすじ 平均視聴率 5.04%
第1話 2024年1月18日「愛のない結婚…咲くのは恋か、裏切りか」 視聴率 6.7%
 公家の姫・五十宮倫子(小芝風花)は、大奥総取締役の松島の局(栗山千明)に導かれ、徳川家治(亀梨和也)との婚儀の間へ。倫子は幼い頃に会った家治に冷酷な印象があり、現れた家治と目を合わせることができない。その頃、家治の父で第9代将軍の家重(高橋克典)は婚儀にも出ず、女中をはべらせ酒を飲んでいた。その姿に、側用人の田沼意次(安田顕)は「天罰が下る」と口にする。

第2話 2024年1月25日「仕掛けられた罠―そして側室を巡る争いが始まる・・・」 視聴率 4.7%
 大奥ならではのしきたりに閉口する倫子(小芝風花)は、お知保(森川葵)に代え、お品(西野七瀬)を付き人に戻したことで、松島の局(栗山千明)からさらなる嫌がらせを受けることに。家治(亀梨和也)は田沼(安田顕)を老中首座に任命するが、そこには苦渋の思いがあった。一方、家治の叔父の宗武(陣内孝則)は養子に出した息子の定信(宮舘涼太)を押し上げようと狙っていて…。

第3話 2024年2月1日「恋心と側室を狙う女…」 視聴率 5.0%
 倫子(小芝風花)は家治(亀梨和也)の優しい一面も知り、その真の姿がつかめずにいる。松島(栗山千明)はお知保(森川葵)に「側室になれば許されぬ」からと‘里帰り’を促した。さらに、田沼(安田顕)を頼っていてはらちが明かぬと、家治に側室を設けるよう直訴。家治は「子などいらぬ」と即答する。一方、倫子はお品(西野七瀬)から、家治の母・お幸の方(紺野まひる)についてのあるうわさ話を聞く。

第4話 2024年2月8日「正室VS側室家治の秘密」 視聴率 4.6%
 倫子(小芝風花)は家治(亀梨和也)を巡り、味わったことのない嫉妬を覚える。そんな中、奥女中たちが将軍に代わり増上寺に参拝する「代参」の日が訪れた。松島(栗山千明)は御台所である倫子の同行を「前例がない」と言うが、家治は承諾。当日、参拝を終えた倫子とお品(西野七瀬)の前に、家治のいとこの松平定信(宮舘涼太)が現れる。彼が幼い頃の遊び相手だと知った倫子は…。

第5話 2024年2月15日「運命の再会試される二人の愛」 視聴率 4.2%
 家治(亀梨和也)が大奥の総触れで、オランダ商館長のもてなしに琴を披露したいと話すが、傷心の倫子(小芝風花)はうつむくばかり。琴の演奏も側室のお知保(森川葵)に決まってしまい、お品(西野七瀬)は気をもむ。一方、朝廷と幕府の連絡に当たる新任の「武家伝奏」が家治にあいさつに訪れるが、倫子はかつて淡い思いを抱いた信通(鈴木仁)と知り、動揺。家治もそれに気付く。

第6話 2024年2月22日「第二章開幕側室の子」
 お知保(森川葵)が名実共に側室となり、劣等感にさいなまれる倫子(小芝風花)。お品(西野七瀬)は、家治(亀梨和也)との子を切望する倫子の力になろうと、懇意の大奥料理役人・貞之助(小関裕太)に食材のことを相談する。そんな中、松島(栗山千明)は田沼(安田顕)に対し「用済み」と言い放ち、決別を宣言。一方、宗武(陣内孝則)は定信(宮舘凉太)にある遺言を残していた。

第7話 2024年2月29日
 五十宮倫子(小芝風花)に長らく子ができなかったのは、お梅(小南満佑子)がすり替えていたお香が原因ではないかとお品(西野七瀬)が告げる。そのお香には、子をできにくくする薬草が使われていたという。命じた者を探ろうにも、肝心のお梅が姿を消してしまう。なんと、お梅を動かしていたのは松平定信(宮舘涼太)だったのだ。


概要
2019年に「大奥」シリーズの完結作としてオンエアされたフジテレビ開局60周年特別企画「大奥 最終章」以来、約5年ぶりに「大奥」が復活。世代を超えて長きにわたり愛されてきた作品が、より一層進化を遂げて帰って来る。


ストーリー
時は江戸中期。景気は悪化の一途をたどり、民衆は質素、倹約、勤労の日々を強いられていた。格差は広がるばかりで、人々は、この景気を改善し、民を豊かにしてくれる将軍の登場を待ちわびる。そんな中、皇室の血を引く公家の娘・五十宮倫子(小芝風花)は、第10代将軍・徳川家治(亀梨和也)との政略結婚を強いられ、京から江戸城本丸にある大奥へ渡る。

大奥には1000人近くにもおよぶ将軍に仕える女性たちがいた。たった1人の天下人の寵愛を受けるべく、女たちの激しい戦いの火ぶたが切られる。一方その頃、大奥、そして江戸幕府を、混乱の渦に陥れようと、ある人物が陰謀をくわだてていた。


キャスト(2024年版)
五十宮倫子:小芝風花
東山天皇の皇子・閑院宮直仁親王の娘。京育ちで人を疑うことのない純真で優しい性格だが、一方、心(しん)は強く利発。朝廷と幕府の橋渡しとして、次期将軍である徳川家治と政略結婚をさせられたことで、逃れられない運命に翻弄される。やがて将軍正室として男子禁制の大奥へ渡ることになるが、京にいた頃からの幼なじみである久我信通に思いを寄せている。

徳川家治:亀梨和也
第10代将軍。父であり第9代将軍の徳川家重が謎の死を遂げ、将軍の座に就く。幼い頃より聡明で、祖父である第8代将軍・吉宗から目をかけられ、直接帝王学を学ぶエリート教育を受けてきた。苦境に陥る幕府を立て直したいと考えて行動に移すが、田沼に秘密を握られる。愛におびえ、愛を知らずに数奇な運命に翻弄されながらも、懸命に生きる。

お品:西野七瀬
倫子の付き人。京の宮家の姫である倫子を尊敬し、誠心誠意仕えている。家治と政略結婚する倫子と共に江戸城に入る。大奥でさまざまな試練が立ちふさがる倫子の一番の味方で、お世話係としてどんな時も倫子に尽くす。倫子が、家治のほかに好意を持つ相手がいることに気付いている。

お知保:森川葵
倫子の付き人となる御中臈(おちゅうろう)。貧しい旗本の娘で、公家の娘である倫子が家治の正室になることをよく思っていない。大奥総取締の松島の局の部下だったが、倫子付きとなり、松島の指示に従って倫子やお品に度重なる嫌がらせを行い、とことん追い込んで大奥の洗礼を浴びせる。

松平定信:宮舘涼太
徳川(田安)宗武の息子で、白河藩藩主。徳川将軍家の血を引く家治のいとこであり、倫子と家治の婚儀にも顔を見せる。幼い頃に養子に出された過去があり、今も胸の内にある思いを秘めている。家治とはライバル関係。家治の正室となる倫子に対しても、ある思いを抱えている。

徳川家重:高橋克典

田安宗武:陣内孝則(特別出演)

松島の局:栗山千明
大奥の女性たちを束ねる重役・大奥総取締役。公家の娘で家治の教育係だったが、その後、将軍付き上臈御年寄(じょうろうおとしより)となり大奥を取り仕切る大奥総取締役にまで上り詰めた実力者。“表”である幕政にも影響力を持ち、幕政をつかさどる老中の人事にまで口出しができる。権力を欲しいままにするため、側用人の田沼と手を組み、ある計画をもくろむ。

田沼意次:安田顕
小身旗本の出で、成り上がりの側用人。貧乏な旗本出身ながら破竹の勢いで出世を果たし、小姓から将軍の側近である側用人、さらには幕政のトップの老中にまで上り詰める。上昇志向の塊で、大奥総取締である松島と結託し、幕府を思いのままにするべく自身の出世をはかる。家治の、ある重要な秘密を握る。

徳川吉宗:伊武雅刀

久我信道:鈴木仁

高岳:田中道子

五菜の猿吉:本多力

夜霧:井本彩花

お幸:紺野まひる

スタッフ(2024年版)
企画 - 安永英樹
脚本 - 大北はるか
音楽 - 桶狭間ありさ
演出 - 兼ア涼介、林徹、二宮崇、柏木宏紀
プロデュース - 和佐野健一、清家優輝、出井龍之介、庄島智之
制作協力 - ファインエンターテインメント
制作著作 - フジテレビジョン、東映


番組公式サイト
大奥 (フジテレビの時代劇) - Wikipedia

『大奥 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グレイトギフト TOP

『グレイトギフト』は、2024年1月18日からテレビ朝日系「木曜ドラマ」枠(毎週木曜21:00〜21:54)にて放送中。主演は反町隆史。


各話あらすじ 平均視聴率 7.58%
第1話 2024年1月18日「サバイバル医療ミステリー開幕!!」 ※ 21:00 〜 22:00 視聴率 9.8%
 病理医の藤巻(反町隆史)は検査技師の久留米(波瑠)らと、急死した政治家・愛宕(山田明郷)の解剖を担当。診断は急性心不全だが、遺族が愛人による殺人を疑っていたのだ。遺体の右頸部の黒ずみに着目した藤巻は、液状検体から未知の球菌を発見。球菌は採取後1時間で消滅した。‘殺人球菌’だと危ぶむ藤巻は、理事長・奥野(坂東彌十郎)の許可を得て新たな検体の採取に臨む。

第2話 2024年1月25日「犯人現る!!新たなる病院の犠牲者」 視聴率 7.6%
 殺人球菌‘ギフト’を巡り、入院中の妻・麻帆(明日海りお)の主治医で心臓外科医の白鳥(佐々木蔵之介)に協力を求めた藤巻(反町隆史)は、病院内外で奔走する羽目になる。そんな中、ギフトの培養と研究をひそかに続ける藤巻は、話があるという久留米(波瑠)に呼び出され、居酒屋で会うことに。すると、久留米は不審死に言及し、ギフトの培養について知っていると口にする。

第3話 2024年2月1日「妻の命を救え!!軽井沢ゴルフ殺人」 視聴率 6.9%
 警視庁の元捜査一課刑事で、同じ患者家族として藤巻(反町隆史)と親交のある神林(尾上松也)が病院内の不審な事態に疑念を抱く中、藤巻は白鳥(佐々木蔵之介)と対峙(たいじ)。久留米(波瑠)からも真相を問われ追い込まれていく。その後、麻帆(明日海りお)の手術について白鳥から説明を受けた藤巻は、同席した心臓外科医で同期の郡司(津田健次郎)から告げられた言葉に息をのむ。

第4話 2024年2月8日「黒幕判明!病院コンビが猛反撃!!」 視聴率 6.8%
 藤巻(反町隆史)は久留米(波瑠)の発言に困惑しつつ、‘ギフト’殺人の経緯を振り返る。そんな中、久留米は、実は理事長となった白鳥(佐々木蔵之介)が‘最初の犯人’で、藤巻を利用したのではないかと推測。だが、その動機が分からない。そして久留米を見つめる藤巻は、真相を解き明かすと決意し、1カ月が経過する。ギフトの新事実をつかんだ藤巻は、白鳥に呼び出される。

第5話 2024年2月15日「嫉妬と復讐!女の闘いが招く殺人」 視聴率 6.8%
 病院の事務長・本坊(筒井道隆)が好意を寄せる杏梨(倉科カナ)がオーナーの会員制ラウンジで、思わぬ‘野望’に巻き込まれた藤巻(反町隆史)。‘ギフト’を作り続けるか悩み、麻帆(明日海りお)を転院させようと考える。そんな藤巻と彼を気にする久留米(波瑠)に本坊が接触。郡司(津田健次郎)の不倫相手を見つけたいという。一方、神林(尾上松也)は不審死の特徴に気付く。

第6話 2024年2月22日「真犯人登場!変人病理医の大逆襲」
 白鳥(佐々木蔵之介)が待ち構えていた理事長室の光景に、ぼうぜんとなる藤巻(反町隆史)。一方、麻帆(明日海りお)の退院が決まり、神林(尾上松也)は、入院中の娘の琴葉(中島瑠菜)の車椅子を押しながら、琴葉が麻帆の退院を祝う姿を見つめていた。麻帆を病院の外で待っていた藤巻は、久留米(波瑠)を呼び出し、「全てを終わらせる」と告げる。そして藤巻の計画が動き出す。

第7話 2024年2月29日
 熾烈な権力争いが渦巻く明鏡医科大学付属病院内のみならず、ついには院外にも波及し始めた連続殺人事件。一連の事件に使われた殺人球菌「ギフト」の創造者だと名乗る正体不明の真犯人が、ついに動き出した! あろうことか真犯人は、ギフトを発見し培養してきた病理医・藤巻達臣(反町隆史)に電話で接触し、新理事長・白鳥稔(佐々木蔵之介)が裏で手を付け始めた“ギフトの密売”を即刻中止するよう要求。見せしめとして、明鏡医大の入院患者をまたひとり殺してしまったのだ――。


概要
反町隆史が主演を務め、脚本家・黒岩勉が紡ぐ完全オリジナルのサバイバル医療ミステリー。うだつの上がらない病理医・藤巻達臣(反町)が、ある患者の不審死をきっかけに、完全犯罪の殺人を可能にする未知の殺人球菌“ギフト”を発見したことで、激しい権力争いと謎の連続殺人に巻き込まれていく。“ギフト”によって図らずも権力の階段を駆け上がることになった藤巻は、生と死、正義と悪の間で葛藤する。


ストーリー
明鏡医科大学付属病院病理部の藤巻達臣(反町隆史)は、病院内ではうだつが上がらず、周囲の職員から見下されている病理医。そんな藤巻が、不審死したある患者の遺体から新種の球菌を発見。この球菌が体内に侵入すると、患者は間もなく死亡。その後、球菌は完全消滅し、死因は急性心不全としか診断できなくなる、完全犯罪の殺人を可能にする恐ろしいものだった。

“ギフト”と名付けたこの球菌によって、藤巻の人生は激変。医師や権力者たちの争いに巻き込まれ、“ギフト”による謎の連続殺人を追う警察組織と対峙。さらに、重い病に倒れた妻の治療法を探す中で“ギフト”をめぐる陰謀の渦に飲み込まれ、引き返せなくなっていく。


キャスト
藤巻達臣(ふじまき たつおみ)〈50〉
演 - 反町隆史
明鏡医科大学付属病院病理部の病理医。院内で謎の不審死をもたらす殺人球菌「ギフト」を発見する。

久留米穂希(くるめ ほまれ)〈31〉
演 - 波瑠
藤巻と同じ病院の敏腕検査技師。他者と言動がズレているところがある。

明鏡医科大学付属病院
病理部
奈良茉莉(なら まり)〈26〉
演 - 小野花梨
検査技師。穂希の後輩。

伊集院薫(いじゅういん かおる)〈33〉
演 - 盛山晋太郎(見取り図)
病理医。茉莉に好意を寄せており、機会を見つけてはアプローチしている。

心臓外科
郡司博光(ぐんじ ひろみつ)〈49〉
演 - 津田健次郎
医師。藤巻の同期。

白鳥稔(しらとり みのる)〈56〉
演 - 佐々木蔵之介
教授。麻帆と琴葉の主治医。凄腕のオペスキルを持つ。

その他
鶴下綾香(つるした あやか)〈37〉 
演 - 片山萌美
看護師長。郡司と不倫している。

本坊巧(ほんぼう たくみ)〈53〉
演 - 筒井道隆
事務長。病院の経理を担っている。

奥野信二(おくの しんじ)〈58〉
演 - 坂東彌十郎
理事長。政財界にも繋がりがある。

アルカナム
会員制ラウンジ。
安曇杏梨(あずみ あんり)〈39〉
演 - 倉科カナ
オーナー。ミステリアスな女性。

立花佑真(たちばな ゆうま)〈25〉
演 - 市川知宏
ボーイ。

警視庁
神林育人(かんばやし いくと)〈41〉
演 - 尾上松也
警部補。警務部厚生課 職員相談支援センター所属。元・捜査一課の刑事。一人娘を持つシングルファザー。

月足修平(つきあし しゅうへい)〈28〉
演 - 濱正悟
巡査部長。捜査一課の刑事。神林の後輩。

藤巻の関係者
藤巻麻帆(ふじまき まほ)〈44〉
演 - 明日海りお
藤巻の妻。明鏡医科大学付属病院の元看護師。心臓に重篤な疾患を抱えている。

藤巻あかり(ふじまき あかり)〈19〉
演 - 藤野涼子
藤巻と麻帆の娘。東都薬科大学に通う1年生。父とは仲が悪い。

神林の関係者
神林琴葉(かんばやし ことは)〈13〉
演 - 中島瑠菜
神林の娘。心臓に重篤な疾患を抱えている。

スタッフ
脚本 - 黒岩勉
音楽 - 得田真裕
主題歌 - JUJU「一線」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
演出 - 本橋圭太、星野和成
ゼネラルプロデューサー - 横地郁英(テレビ朝日)
プロデューサー - 野渉(テレビ朝日)、菊池誠(アズバーズ)、岡美鶴(アズバーズ)
制作協力 - アズバーズ
制作著作 - テレビ朝日


番組公式サイト
グレイトギフト - Wikipedia

『グレイトギフト TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

推しを召し上がれ〜広報ガールのまろやかな日々〜 TOP

『推しを召し上がれ〜広報ガールのまろやかな日々〜』(おしをめしあがれ こうほうガールのまろやかなひび)のタイトルで、2024年1月11日(10日深夜)からテレビ東京系「水ドラ25」枠(毎週水曜25:00〜25:30)にて放送中。主演は本作が地上波の連続ドラマ初主演となる鞘師里保。


各話あらすじ
第1話 2024年1月10日
就活中に、ヨーグルトを題材にした創作小説にハマった朋ほう太子だいし由ゆ寿ず(鞘師里保)は一年後、株式会社明和に入社する。辞令で大阪支店へと配属になり、地元岩手にしか住んだことがない由寿は困惑しつつも新天地・大阪での生活をスタートさせる。先輩社員の金城剛(水間ロン)と共に担当先のスーパーに営業しに行くが、慣れない仕事と環境にドッと疲れが溜る由寿。その翌日、競合会社の配送トラックが事故に巻き込まれ、物流網がストップしていると金城から緊急連絡が…?!


第2話 2024年1月17日
交通事故の影響で物流網が止まり、商品が届かないトラブルが発生。その日はポイント3倍デーで、お店にとっては勝負の日。肝心の商品が届かない事態に落胆する林泰然(好井まさお)。由寿(鞘師里保)は、足りない商品は自社商品で賄うと伝え、林と一緒に開店に向けての品出しを手伝うことに。ガラガラに空いた棚を見て、由寿が地元岩手で体験した震災時の話をすると、林は自身の父親も似たような体験をしたと伝える。そこで語られた明和伝説の営業社員である「おでん先輩(バッファロー吾郎A)」の雄姿を聞いた由寿は…。


第3話 2024年1月24日
辞令で東京本社の広報部に移動になった由寿(鞘師里保)。東京の街並みと本社の佇まいにビビりつつ、広報部で教育係の緑川逸美(明日海りお)と先輩の飯野朝子(生駒里奈)と初対面。キラキラしている二人の先輩と地味な自分との差に愕然とするも、“東京OLに擬態しろ”という岡林(滝沢カレン)の助言を得て、まずは形から入ることにした由寿。吾輩(橋本さとし)に見守られながら、広報ガールとしての1歩を踏み出していく由寿だったが…。


第4話 2024年1月31日
広報部での仕事にも慣れてきた由寿(鞘師里保)。次のステップにと緑川(明日海りお)から明和ヨーグルト50周年特集で載せる記事を任されることに。取材候補リストを見て目をキラキラさせる由寿は、研究所の方にインタビューをしたいと相談する。そこで名前に上がったのが石川肇研究員(宇野祥平)。インタビュー前に石川研究員の論文に目を通すべく、英文を翻訳しながら徹夜で読み上げた由寿。準備万端でインタビューに臨むが、癖の強い石川研究員の受け答えに苦戦を強いられてしまい…。


第5話 2024年2月7日
小説の最新話が更新され、一晩中推し活に没頭していた由寿(鞘師里保)。翌日、本社の会議室ではミーティングが開かれ、朝の情報番組に「明和」のオリゴ糖チョコレートが紹介されることが決まったと報告を受ける。再び開発担当者の石川研究員(宇野祥平)と連絡を取るなど、情報番組に向けての準備を忙しなく進めていた最中、来客が来ているとの連絡を受ける由寿。お迎えに行くとそこにはコスプレをした兄・迦寿(永田崇人)の姿が…。さらに情報番組収録当日には緊急事態が発生!どうする、由寿?!


第6話 2024年2月14日
緑川(明日海りお)から50周年特集の掲載記事として、ヨーグルト商品のパッケージデザインを担当している足祐幸来(野村麻純)への取材を頼まれる由寿(鞘師里保)。足祐とは兄・迦寿(永田崇人)の一件でお世話になっており、インタビューを進めていく中で出身が同じ東北地方であることを知る。足祐にシンパシーを感じる由寿であったが、その反面、東京での暮らしや広報部での仕事など、環境の変化に精神が追い付かず、心身ともに疲労が限界に…。さらに震災を生き残り、背負ってきたある想いを吐露し涙を流してしまう…


第7話 2024年2月21日
ヨーグルトを使った料理レパートリーも増えてきたある日、明和ヨーグルト50周年特集にあたり、 広報部で何か企画出しができないかと打診される由寿(鞘師里保)。

案だしの中で、由寿の突飛なアイデアに切れ味抜群のツッコミを入れる緑川(明日海りお)。
意外な一面を発見したと喜ぶ由寿。その頃、吾輩(橋本さとし)はプロキシという乳酸菌変異株と出会う。宿主はいったい…? そして緑川と飯野(生駒里奈)は、根詰め過ぎている由寿を気遣い、連休は実家に帰ってゆっくり休むように伝える。

二人の圧に負けて渋々帰省することにした由寿だったが、この帰省がきっかけで、自分にブレーキをかけていた本当の気持ちと向き合うことに…。


第8話 2024年2月28日
東京での暮らしにも慣れ、すっかり東京OLに馴染んできた由寿(鞘師里保)。帰省した際に思いついた由寿の企画が通り、50周年特集の企画として広報部からはレシピ本を出すことが決まった。発案者である由寿をリーダーに、デザイナーの足祐(野村麻純)も加えて、各々がレシピ本に載せるヨーグルト料理を考えることに。

翌日、飯野(生駒里奈)や足祐が自身のニーズにあったレシピを紹介する中、由寿が紹介したレシピはまさかのあの料理で…。


原作概要
『令和ブルガリアヨーグルト』(れいわブルガリアヨーグルト)は、宮木あや子による小説。『小説 野性時代』(KADOKAWA)の電子版にて、2022年5月号から2023年4月号まで連載された。2023年11月29日には、同社から単行本が出版された。

ドラマ概要
鞘師里保が地上波連続ドラマ初主演。「校閲ガール」シリーズなどを手掛けた宮木あや子の、人気ヨーグルトを題材にしたお仕事+推し事小説をドラマ化する。株式会社明治の企画協力の下、歴史あるベストセラー商品「明治ブルガリアヨーグルト」の誕生の裏側にあるさまざまな人間ドラマを、鞘師演じる新人広報ガールの奮闘劇とともにひもといていく。

ストーリー
朋太子由寿(鞘師里保)は、就職活動中に読んだヨーグルトを題材にした小説にハマり、ブルガリア菌の大ファンに。その後、老舗食品メーカー「明和」に就職。研修後に大阪へ異動を命じられた由寿は、新天地で不安を覚えるも、担当先で「明和」の伝説の営業社員の話を聞いて奮起する。

そんな中、由寿は本社の広報部に再び異動することに。先輩社員の緑川逸美(明日海りお)と共に「明和ヨーグルト」50周年特集の社内報の記事を担当することになり、新人広報ガールとして奮闘していく。そんな由寿の姿を、“吾輩”こと乳酸菌(橋本さとし)が、由寿には見えない存在として見守っていた。


キャスト
朋太子由寿(ほうだいし ゆず)
演 - 鞘師里保
老舗食品メーカー「明和」に入社した新入社員。本社研修後、大阪支店に配属され、新天地での社会人生活をスタートさせるが、人事異動で本社の広報部へ。新人広報ガールとして奮闘する。岩手の田舎出身でオタク気質。就職活動中に読んだヨーグルトを題材にした創作小説にハマり、小説内で登場する“ブルガリア菌”の大ファンになる。

緑川逸美
演 - 明日海りお
由寿が所属することになる「明和」本社広報部の先輩にして教育係。一見すると、手間暇かけた毛髪や肌、高価そうな服を身にまとうという日本の働く女性の多くが目指しているであろう外見をしているが、実は隠された素顔を持ち合わせている。

ブルガリア菌20388株
演 - 橋本さとし
創作小説をきっかけにブルガリア菌推しになった由寿に取りつき、社会人として新たなスタートを切った彼女の成長を見守っている乳酸菌。現在は由寿に気付かれていないが、いつか本人とコミュニケーションを取れる日が来ることを願っている。

株式会社明和
飯野朝子
演 - 生駒里奈

足祐幸来
演 - 野村麻純

林泰然
演 - 好井まさお

金城剛
演 - 水間ロン

石川肇
演 - 宇野祥平
由寿の関係者

朋太子迦寿
演 - 永田崇人

朋太子野恵
演 - 中島ひろ子

スタッフ
原作 - 宮木あや子『令和ブルガリアヨーグルト』(KADOKAWA刊)
脚本 - 阿相クミコ、波多野都
音楽 - 田井モトヨシ
オープニングテーマ - wowdow「ブルーステップ」(SKID ZERO)
監督 - 片桐健滋、佐藤洋輔、藤田結衣
プロデューサー - 阿部真士(テレビ東京)、元村次宏(東通企画)、藤田結衣(東通企画)
企画協力 - 株式会社明治、株式会社 明治アドエージェンシー
制作協力 - 東通企画
製作著作 - テレビ東京


番組公式サイト
令和ブルガリアヨーグルト - Wikipedia

『推しを召し上がれ〜広報ガールのまろやかな日々〜 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パティスリーMON TOP

『パティスリーMON』(パティスリーモン)は、2024年1月11日(10日深夜)から、テレビ東京系「ドラマNEXT」枠(毎週水曜24:30〜25:00)にて放送中。主演は畑芽育。


各話あらすじ
第1話 2024年1月10日「運命の再会!?恋する乙女パティシエ」
恋愛経験ゼロ、運命的な恋愛を夢見る山崎音女(畑芽育)は、勤めていたスーパーの閉店で無職となり再就職に悩んでいた。ある日、かつて憧れていた家庭教師の土屋幸平(中川大輔)から突然DMが届く。再会した土屋はフランス洋菓子店「パティスリーMON」でパティシエになっており、お菓子作りが趣味の音女に一緒に働かないかと提案する。

心ときめく音女だったが、店のオーナーシェフの大門勇(濱田崇裕)は、かつて働いていた女性従業員の印象から「女はダメだ」の一点張り。音女の就職と初恋の行方ははたしてどうなる!?


第2話 2024年1月17日「まさに戦場!?クリスマスを乗り越えろ!!」
土屋(中川大輔)との運命の再会を果たした音女(畑芽育)は懸命かつ実直な仕事ぶりが認められ、「パティスリーMON」の一員として迎えられた。

音女に与えられた最初のミッションはクリスマス!土屋に彼女がいないと知り心躍る音女だったが、予約表にはズラリとケーキの注文が並んでおり、クリスマス期間はまさに戦場…!大盛況の中、いけ好かないと思っていた大門(濱田崇裕)の意外な一面を目にした音女は…。


第3話 2024年1月24日「恋のライバルは“先生”の彼女!?」
怒涛のクリスマスを乗り切り、帰り道で土屋(中川大輔)と二人きりになれた音女(畑芽育)だが、大きな進展はないまま新年を迎える。「MON」では音女の歓迎会が開かれ仕事も着実に認められていくが、大門(濱田崇裕)は新作の開発で「俺は絶賛スランプだ」と言い始める。初めての事態に驚く土屋、アイデアを出そうと頑張る音女たち。

そんな時、音女の元に土屋の彼女だと名乗る女性・片岡雪(山崎紘菜)からDMが届いて…。


第4話 2024年1月31日「恋のライバルはマウント女子!?」
音女(畑芽育)の前に突然現れた雪(山崎紘菜)。土屋(中川大輔)の彼女で、MONの元スタッフでもあるという雪は大門(M田崇裕)不在の間にピンチヒッターとして店を手伝うことになる。仕事も完璧、スタッフからの信頼も厚く、土屋(中川大輔)との親密な様子を見せつけられた音女は動揺し、ある時大きなミスをしてしまうのだが…。


第5話 2024年2月7日「加速する恋のトライアングル!?」
カスタードの居残り練習を経て、急激に距離の縮まった音女(畑芽育)と大門(M田崇裕)。突然の大門の“音女ちゃん”呼びに土屋(中川大輔)は動揺を隠せないでいた。そんなある日、有名なスイーツ雑誌から取材依頼が来る。「MON」への異例の注目に盛り上がるスタッフたちだが、土屋は取材時に音女が見せた大門への親しげな表情が頭から離れない。一方、店を辞めた雪から再び連絡をもらった音女は雪から衝撃の告白をされ…。


第6話 2024年2月14日「大門と遊園地デート!?明かされる秘密…一方土屋は」
「MON」を大門(濱田崇裕)の母・美津子(戸田菜穂)が訪ねてきた。親子の訳ありな会話を偶然耳にしてしまった音女(畑芽育)だったが、大門からスタッフには黙っていて欲しいと口止めをされる。ある日、大門から遊園地に誘われた音女は、そこで初めて大門の父・政孝(阪田マサノブ)との複雑な親子関係を聞かされて…。一方、仲睦まじい二人を目撃してしまった土屋(中川大輔)は、ついにある行動を起こすのだが…。


第7話 2024年2月21日「揺れる乙女心に忍び寄る暗い影!?」
音女(畑芽育)と大門(濱田崇裕)の急接近に心穏やかでない土屋(中川大輔)は、自分の想いを大門に打ち明ける。仕事をやってもらえれば恋愛は自由で構わないと答える大門だが、二人の関係は少しずつ変わり始めていた。そんなある日、MONにかつて梅田(パース・ナクン)をいじめていたという3人組の男が現れる。一度は彼らを追い返した大門たちだったが、後日、夜道を帰る音女に暗い影が忍び寄ってきて…。


第8話 2024年2月28日「加速する三角関係…それぞれの想いが動き出す!?」
ついに音女(畑芽育)に想いを告白した土屋(中川大輔)。生まれて初めての出来事に恥ずかしさと戸惑いでいっぱいの音女だが、二人を祝福するような大門(濱田崇裕)の態度が受け入れられず、つい八つ当たりしてしまう。そんなある日、大門が母(戸田菜穂)のお見舞いで店を空けたタイミングで、落ち込む音女を元気づけようと土屋が作った特別なケーキが大門を巻き込む大きな波乱を巻き起こしてしまうのだが…。


原作概要
『パティスリーMON』は、きらによる日本の漫画作品。2006年から2008年まで、『YOU』(集英社)にて連載された。

ドラマ概要
女性向け漫画雑誌「YOU」(集英社)に掲載された、きらの同名漫画を連続ドラマ化。趣味のお菓子作りをきっかけにフランス洋菓子店「パティスリーMON」で働くことになる、恋愛経験ゼロのピュアな主人公・山崎音女役で、畑芽育が同系ドラマ初主演を務める。

ストーリー
運命的な恋愛を信じるまま21歳を迎えた山崎音女(畑芽育)は、勤めていたスーパーマーケットの閉店により無職に。そんな中、趣味で作ったお菓子を紹介していた音女のSNSに、かつて憧れていた家庭教師の土屋幸平(中川大輔)からメッセージが届く。

再会を果たした幸平は、フランス洋菓子店「パティスリーMON」でパティシエを務めており、音女は彼に言われるがまま店で働くことに。オーナー・パティシエの大門勇(濱田崇裕)は音女に厳しく当たるが、彼女の懸命かつ正直な仕事ぶりに感心し、めでたく「パティスリーMON」の一員として迎え入れられる。やがて、純粋な音女の恋は波乱へと巻き込まれていく。


キャスト
山崎音女〈21〉
演 - 畑芽育
新米パティシエ。無職になり悩んでいた時に幸平から声を掛けられ、フランス洋菓子店「パティスリーMON」で働くことに。趣味はお菓子作り。恋愛経験ゼロだが、運命的な恋愛を信じる21歳。

大門勇
演 - M田崇裕(WEST.)
「パティスリーMON」のオーナー・パティシエ。かつて働いていた女性たちの印象から、店で働くことになった音女に最初は厳しく当たる。

土屋幸平
演 - 中川大輔
「パティスリーMON」のパティシエ。音女の元家庭教師で、憧れの存在だった。

梅田レオン
演 - パース・ナクン

御手洗タロウ
演 - 福地涼

御手洗ジロウ
演 - 福地清
周辺人物

塚原キヨミ
演 - 本田仁美(AKB48)

片岡雪
演 - 山崎紘菜

加瀬総一郎
演 - 桐山漣

加瀬かな子
演 - 安達祐実
音女の関係者

山崎直人
演 - 内場勝則

山崎倫子
演 - 未知やすえ
大門の関係者

大門美津子
演 - 戸田菜穂

大門政孝
演 - 阪田マサノブ

スタッフ
原作 - きら『パティスリーMON』(集英社刊)
脚本 - 鈴木裕那
音楽 - ベンジャミン・ベドゥサック
主題歌 - 清水美依紗「Sugar」(ユニバーサル ミュージック)
エンディングテーマ - WEST.「あじわい」
監督 - 河原瑶(テレパック)
チーフプロデューサー - 山鹿達也(テレビ東京)
プロデューサー - 江川智(テレビ東京)、黒沢淳(テレパック)、河原瑶(テレパック)
制作 - テレビ東京、テレパック
製作著作 - 「パティスリーMON」製作委員会


番組公式サイト
パティスリーMON - Wikipedia

『パティスリーMON TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

婚活1000本ノック TOP

2024年1月17日から、フジテレビ系「水曜22時枠」(毎週水曜22:00〜22:54)にて放送中。主演は本作がドラマ初主演となる福田麻貴(3時のヒロイン)。


各話あらすじ 平均視聴率 3.02%
第1話 2024年1月17日「私を捨てたクソ男が幽霊となって婚活をサポート!?」 視聴率 3.6%
福田麻貴がヒロインを務める“婚活ラブコメディー”。コロナ禍で孤独を味わった小説家・綾子(福田)は、生涯のパートナーを求めて日々奮闘していた。ある日、綾子の前にかつて遊びの関係で終わらせられた男、通称・山田クソ男(八木勇征)が幽霊となって現れる。綾子は、クソ男に婚活を手伝わせることにする。

第2話 2024年1月24日「次々とやってくる運命の相手!?でも好きな人を好きになれない…!?」 視聴率 2.8%
 山田(八木勇征)と共に婚活を始めた綾子(福田麻貴)は、相手の外見ではなく内面を重視しようと決め、友人の鳥羽(中越典子)とおけけ(橋本マナミ)の勧めで、相手の顔に注視しにくい「ペアシート婚活」に参加する。そこで取り繕った会話ばかりしていた綾子は、編集の仕事をしているという男性(竹財輝之助)と意気投合。カップルが成立するが、相手の顔のある部分が気になってしまう。

第3話 2024年1月31日「白熱の婚活バトル発生!?幽霊と情熱の間で…!?」 視聴率 3.1%
 「心揺さぶられたい」と相手の理想を語る綾子(福田麻貴)は、九本(関水渚)から「婚活は条件」と鼻で笑われる。実は、その九本もある秘密を抱えて婚活中で、帰宅すると父の龍二(宇梶剛士)に不満をこぼしていた。そんな中、綾子は‘ラテンダンス婚活’に参加。情熱的なシェフ・熱盛(大貫勇輔)に心揺れるが、山田(八木勇征)は彼を怪しむ。同じ頃、九本も好条件な相手・堂島(風間俊介)とのお見合いが進み…。

第4話 2024年2月7日「御曹司とのまさかの母親同伴婚活!?」 視聴率 2.9%
 相手に求める条件を真剣に考え始め、もじゃもじゃ髪の‘小池’こと大池(野村周平)との婚活に臨む綾子(福田麻貴)。条件に照らし合わせながら小池と話していると、山田(八木勇征)から助言が入る。実は山田と小池は知人だった。有名企業の御曹司でもある小池は進展に前向きで、綾子は慎重になりつつも、誠実さにときめく。だが、小池が求める大きな条件が明らかになる。

第5話 2024年2月14日「人生最大のモテ期到来!感情の大渋滞発生!?」 視聴率 2.6%
 綾子(福田麻貴)は見る目のない自分ではなく第三者に相手を決めてほしいと考え、「1年以内に婚約できなければ登録料返金」というシステムの結婚相談所を訪れる。婚活マイスターを名乗る代表の森(アンミカ)と話すうちにやる気になった綾子は、山田(八木勇征)に助言はいらないと宣言。九本(関水渚)にも幸せをつかむと言い放つと、森と共に、5人の男性と一度に会う見合いに臨む。

第6話 2024年2月21日「村総出で大歓迎!?ノープラン人生遂にお別れ!?」 視聴率 3.1%
 綾子(福田麻貴)は見合い相手の‘ヤギオ’(千賀健永)の実家の村を訪ねることになり、山田(八木勇征)との約束をかなえて成仏させられるかもと意気込む。ヤギオの両親に歓迎された綾子は、村の祭りに参加。山田がなぜか姿を消す一方で、綾子はヤギオの妻として扱われ、仕事に理解のある彼との結婚を現実的に感じ始める。そんな中、綾子は村の女性・和代の過去を聞き…。

第7話 2024年2月28日
 幽霊の山田クソ男(八木勇征)に「そばにいてほしい」と言ってしまった南綾子(福田麻貴)。なんと、山田もそれを了承。こうして、綾子と山田の疑似恋愛生活が始まった。


原作概要
『婚活1000本ノック』(こんかつせんぼんノック)は、南綾子による中編小説。2014年12月22日に新潮社より刊行された。

ドラマ概要
婚活戦国時代と呼ばれる現代。著者である南綾子を主人公に、最新の婚活事情を通して登場人物たちをコミカルに描く婚活エンターテインメントをドラマ化。3時のヒロイン・福田麻貴が、連続ドラマ初主演で生涯のパートナーを求めて日々奮闘する売れない小説家の綾子役を務める。

また、綾子の前に幽霊となって出現するクズな男に扮するのは、八木勇征(FANTASTICS)。自らが成仏するために、綾子のバディとなって彼女の婚活をサポートする役どころを演じる。一生懸命婚活に取り組む綾子だが、そこで出会う男性たちと展開する“恋愛あるある”が、1000本ノックのごとく彼女へと浴びせられていく。

ストーリー
南綾子(福田麻貴)は、数年彼氏もいない33歳で独身。小説家だが、小説の仕事1割、アルバイト9割の生活をしている。ある日、自分を遊んで捨てた山田クソ男(八木勇征)が幽霊となって突如出現し、死ぬ前に果たせなかった“ある約束”を果たさなければ成仏できないことを綾子に打ち明ける。
そんな矢先、同期の売れっ子作家から言われたことをきっかけに、綾子は「誰かと一緒にいたい! 誰かに愛されたいし、愛したい!」と思い始め、結婚に向けて歩み出すことを決意。なぜか傍らに居て、いつも謎に芯を食ったアドバイスを入れてくる山田と共に、二人三脚の本気の婚活を始めることになる。


キャスト
南綾子(みなみ あやこ)〈33〉
演 - 福田麻貴(3時のヒロイン)
33歳独身の売れない小説家。小説の仕事1割、アルバイト9割の生活を送る中で、かつて自身の中で「クソ男・オブ・ザ・イヤー」の栄冠を与えた山田の幽霊が現れる。山田を成仏させ自らも幸せをつかむために、婚活を決意。生涯のパートナーを求めて奮闘する。

山田クソ男(やまだ クソお)
演 - 八木勇征(FANTASTICS from EXILE TRIBE)
過去に綾子と関係を持つも、単なる遊びの関係で終わらせたクズ男。ほかの女に恨まれ、刺されて死亡したが、成仏するためには死ぬ前に誰かと交わした約束を果たさなくてはならないという使命を受け、綾子のバディとなって婚活をサポートする。

九本(きゅうもと)
演 - 関水渚
綾子のライバルでデビュー同期の売れっ子小説家。結婚相手に対する考えは綾子と真逆で、自らが描く人生設計を実現させてくれる相手をドライに探すタイプ。

大池貴司(おおいけ たかし)
演 - 野村周平
山田の紹介で綾子と出会う婚活相手。有名貿易会社の御曹司だが、ある隠し事を秘めている。綾子に対して、今までの人生で出会ったことのないタイプだと衝撃を受ける。

相沢はなえ(あいざわ はなえ)〈26〉
演 - 白河れい
綾子の担当編集者。官能小説にハマっている。

鳥羽(とば)〈39〉
演 - 中越典子
韓国料理屋の店長。綾子の婚活の先輩であり、良き相談相手。

おけけ〈36〉
演 - 橋本マナミ
綾子の友人。男遍歴を気軽に相談できる良き理解者。推しマニア。

スタッフ
原作 - 南綾子『婚活1000本ノック』(新潮社刊)
脚本 - 松本美弥子、山岡潤平、ニシオカ・ト・ニール、藤平久子
演出 - 田中亮、西岡和宏、吉野主
プロデュース - 羽鳥健一、矢ノ口真実(The icon)、石明彦(The icon)
制作協力 - The icon
制作著作 - フジテレビ


番組公式サイト
婚活1000本ノック - Wikipedia

『婚活1000本ノック TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

となりのナースエイド TOP

『となりのナースエイド』は、2024年1月10日より、日本テレビ系「水曜ドラマ」枠(毎週水曜22:00〜23:00)で放送中。主演は本作が民放GP帯の連続ドラマ初主演となる川栄李奈。


各話あらすじ 平均視聴率 7.97%
第1話 2024年1月10日「くせ者ナースエイド誕生!」 視聴率 8.6%
 大学病院の統合外科に配属された新人ナースエイド(看護助手)の澪(川栄李奈)は初日、腰痛を訴える外来患者を見つけて医師に診察を指示し、大先輩の晴美(水野美紀)に叱られる。医療資格を持たぬ立場で診療に首を突っ込むなどもっての外だ。だが澪は患者の気持ち最優先で動き、先輩の菊池(矢本悠馬)や夏芽(吉住)、看護師の明菜(織田梨沙)、外科医の猿田(小手伸也)らに‘面倒くさいナースエイド’とあきれられる。一方、医療オタクでもある澪は、天才外科医の大河(高杉真宙)と一緒に働けると胸躍らせるが…。

第2話 2024年1月17日「モンスターナースエイドVS超わがままVIP患者!」 視聴率 8.8%
 ある秘密を抱えた澪(川栄李奈)は、オペ室での大立ち回りのせいで看護師たちから腫れ物扱い。そんな中、特別個室に超わがままなインフルエンサー・萌(恒松祐里)が入院し、大河(高杉真宙)が担当することになる。萌は膵臓(すいぞう)がんで、すぐに手術をすれば完治可能だが、なぜかかたくなに拒否。大河から萌の説得を任された澪は、どうしたら心を開いてくれるか頭を悩ませる。

第3話 2024年1月24日「明かされる衝撃の過去」 視聴率 7.8%
 澪(川栄李奈)は、半年前に命を落とした姉・唯(成海璃子)のことを大河(高杉真宙)に打ち明ける。なぜ、自身を‘人殺し’だと言ったのか、ナースエイドになったのか、全てを告白した直後、澪は予期せぬ事件に巻き込まれ、大河の部屋で一夜を過ごすことに。一方、相馬(矢本悠馬)の友人で普段は物静かな内藤(戸塚純貴)がおかしな言動を繰り返すようになり、検査を受けるが…。

第4話 2024年1月31日「新たなクセ強キャラ現る!」 視聴率 7.1%
 澪(川栄李奈)は、姉・唯(成海璃子)の死に他殺の可能性があることを知る。あまりに衝撃的な知らせに混乱する澪は、大河(高杉真宙)に相談しようとするが、なぜか毎晩留守だ。そんな中、教授・火神(古田新太)の娘の玲香(瀧本美織)が米国から帰国した。容姿端麗で外科医としての腕も超一流の玲香は、大河相手に起こした留学前の事件で伝説的な存在。玲香は澪の秘密を知っているようで…。

第5話 2024年2月7日「衝撃!大河の裏の顔」 視聴率 7.5%
 澪(川栄李奈)は、姉を殺した可能性の高い男・辰巳(やべきょうすけ)のアジトとおぼしき屋敷の前で、大河(高杉真宙)を目撃する。その頃、火神(古田新太)の耳にも、大河に関する悪いうわさが届いていた。一方、ナースエイド控室では、夏芽(吉住)が相馬(矢本悠馬)に澪への告白をけしかけ、晴美(水野美紀)は大学生の息子のことで頭がいっぱい。そんな中、澪は大河をこっそり尾行するが…。

第6話 2024年2月14日「消えない大河への疑惑と加速する謎」 視聴率 8.0%
 澪(川栄李奈)の姉・唯(成海璃子)が残したノートパソコンから大河(高杉真宙)の写真が見つかった。澪は大河を呼び出すと「先生がお姉ちゃんを殺したんですか」と単刀直入に問い詰める。一方、晴美(水野美紀)は、星嶺医大に通う息子・照希(兵頭功海)が勝手に退学届を出したことに大慌て。理由を聞いても「干渉するな」の一点張りだ。そんな照希の体調に突然、異変が起こる。

第7話 2024年2月21日「急展開!クセ強キャラたちの裏の顔!」
 澪(川栄李奈)は、先輩の晴美(水野美紀)が自分を監視していたことを知り、ショックを受ける。大河(高杉真宙)は、監視を命じたのは澪の姉・唯(成海璃子)を殺した人物で、星嶺医大の統合外科の中にいる可能性が高いと指摘。そんな中、交通事故で骨折した高校生・香澄(上坂樹里)が入院した。誰にも心を開かない香澄だが、なぜか突然、夏芽(吉住)と2人だけで話がしたいと言い出す。

第8話 2024年2月28日「明かされる大河の過去」
 刑事・橘たちばな(上杉柊平)の言う“星嶺医大の秘密”とは一体…?澪みお(川栄李奈)は姉・唯ゆい(成海璃子)の死に星嶺医大が関わっていることを知り、混乱を隠せない・・・。そんな中、突如大河たいが(高杉真宙)の家族だという少女・小夜子さよこ(永瀬ゆずな)が入院してくる。今すぐに手術が必要な危険な状態だが、小夜子にはどうしても手術を受けられない複雑な事情があって…。


原作概要
『となりのナースエイド』は、知念実希人による小説。2023年11月24日に角川文庫より出版された。

概要
知念実希人の同名小説を、ゴールデン・プライム帯の連続ドラマ初主演となる川栄李奈を迎えて映像化。誰よりも患者に寄り添うナースエイド(看護助手)が、患者を癒やし、支え、奮闘する病院ライフエンターテインメント。医療オタクで人との距離が近いナースエイド・桜庭澪を川栄が演じ、澪とぶつかりながらも、やがてバディのような関係になっていく謎に包まれた天才外科医・竜崎大河に高杉真宙が扮する。

患者の気持ちを第一に考える澪と技術第一主義の大河はもめてばかりいるが、澪は大河との出会いによって、自分の生きる道を見いだしていく。しかし、そんな澪には想定外の秘密が。そして、大河にも壮絶な過去があり、物語は二転三転する。

ストーリー
名門・星嶺医科大学附属病院の統合外科に配属された新人の桜庭澪(川栄李奈)は、医療現場の縁の下の力持ちであるナースエイド(看護助手)。仕事は入院患者の身の回りの世話だが、患者の気持ちに寄り添いすぎる医療オタクでもある澪は、診察に首を突っ込んでトラブルを連発。一部の医師や看護師からは煙たがられ、先輩にもあきれられ、配属早々に面倒くさいナースエイドに認定されてしまう。

そんな澪の前に、天才的なオペスキルを持つ外科医・竜崎大河(高杉真宙)が現れる。手術の技術が医師のすべてと考える大河は、患者の気持ちが最優先の澪とぶつかってばかり。そんな澪には、ある想定外の秘密が、大河にも壮絶な過去があった。


キャスト
桜庭澪(さくらば みお)〈29〉
演 - 川栄李奈
星嶺医科大学附属病院・統合外科に配属された新米ナースエイド(看護助手)。患者の気持ちを第一に考え、何でも全力投球の頑張り屋。医療オタクで、やけに医療用語に詳しい。人のことに首を突っ込みすぎて、相手との距離感を測り間違えることもしばしば。実はある秘密を抱えている。

竜崎大河(りゅうざき たいが)〈29〉
演 - 高杉真宙
星嶺医科大学附属病院・統合外科の医師。天才的なオペスキルを持つ技術至上主義で、「技術がない医者は、医者とは言えない」が口癖。患者の気持ちを第一に考える澪とは考え方が真逆で、もめてばかりいる。プライベートは謎に包まれているが、クールな顔とは別の一面がある。

星嶺医科大学附属病院・統合外科
片岡晴美(かたおか はるみ)〈45〉
演 - 水野美紀
ナースエイド。経験豊富で、皆をまとめあげられる頼もしい存在。子持ちの母。

菊池相馬(きくち そうま)〈28〉
演 - 矢本悠馬
ナースエイド。大人しめで口数が少ない。

小野夏芽(おの なつめ)〈32〉
演 - 吉住
ナースエイド。トゲのある言動をするところがある。

火神郁男(ひがみ いくお)〈57〉
演 - 古田新太
教授。

猿田弥彦(さるた やひこ)〈46〉
演 - 小手伸也
外科医。

中山明菜(なかやま あきな)〈25〉
演 - 織田梨沙
看護師。猿田とナースエイドのことを下に見ている。

その他
成海璃子、上杉柊平

スタッフ
原作 - 知念実希人『となりのナースエイド』(角川文庫)
脚本 - オークラ
音楽 - 井筒昭雄
主題歌 - Awesome City Club「ヒカリ」(cutting edge)
演出 - 内田秀実、今和紀(泉放送制作)
チーフプロデューサー - 松本京子
プロデューサー - 藤森真実、藤村直人、森雅弘、白石香織(AX-ON)、島ア敏樹(泉放送制作)
制作協力 - AX-ON、泉放送制作
製作著作 - 日本テレビ


番組公式サイト
となりのナースエイド - Wikipedia

『となりのナースエイド TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相棒 Season22 TOP

『相棒 Season22』は、2023年10月18日から、毎週水曜日21:00 - 21:54に、テレビ朝日系の「水曜21時」枠で放送中。

『相棒』(あいぼう)は、2000年からテレビ朝日・東映の制作で放送されている刑事ドラマシリーズ。

2000年6月から2001年11月にかけてテレビ朝日系「土曜ワイド劇場」で単発ドラマとして放送され、2002年10月から連続ドラマとしてシリーズ放送されている。派生作品として劇場版4作とスピンオフ映画2作が公開されている。


各話あらすじ 平均視聴率 11.13%
第1話 2023年10月18日「無敵の人〜特命係VS公安…失踪に潜む罠 」 ※初回15分拡大(21:00〜22:09) 視聴率 12.5%
 警視庁特命係の右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)は、薫の妻・美和子(鈴木砂羽)が知り合った弁護士の阿佐子(栗山千明)から、行方不明の婚約者でフリー雑誌記者の牧村(市川知宏)の捜索を頼まれる。牧村の出入りしていたレストランでは、1年前に宗教団体の信奉者が爆弾テロを起こしていた。一方、伊丹(川原和久)ら捜査一課が追う転落死事件の被害者も同団体の信者で…。

第2話 2023年10月25日「無敵の人」 ※15分拡大(21:00〜22:09) 視聴率 12.8%
 阿佐子(栗山千明)が捜していた失踪中の婚約者は、実は鶴見(市川知宏)という公安部の捜査員だった。3年前に志願して「微笑みの楽園」という宗教団体に潜入した鶴見は、その後、教団側に取り込まれて懲戒免職になっており、美彌子(仲間由紀恵)が銃撃されたのは、公安部長が隠蔽(いんぺい)していたその件を掘り返そうとしたためと思われた。右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)が鶴見の捜索を続行すると、彼の驚くべき秘密が明らかになる。

第3話 2023年11月1日「スズメバチ」 視聴率 11.2%
 スズメバチが飛び交う巣のそばで遺体が見つかった。現場検証ができない状況下で、犯人を名乗る人物から「死んでなどいない」と電話が入り、右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)は慎重に近づく。だが、被害者の加藤(一ノ瀬翔太)はやはり殺されていた。右京と薫が加藤の恋人だっためぐみ(生越千晴)の家を訪ねる一方で、ある警察関係者がめぐみに関与していると分かる。

第4話 2023年11月8日「天使の前髪」 視聴率 11.1%
 右京と薫がクラシックコンサートに向かう途中、血まみれの女性に出会う。部屋を調べると、ナイフで刺された男性の死体が見つかる。女性は劇団主宰の久保崎美怜であり、死んだ男性は審査員で舞台演出家だった。美怜は男性に襲われ、抵抗中にナイフで刺してしまったと証言。薫は正当防衛だと感じるが、右京は状況に疑念を抱く。美怜の劇団は活動休止で経済的に苦しんでいたことが判明。才能に悩んでいたとの証言もあり、驚くべき過去も明らかになる。

第5話 2023年11月15日「冷血」 視聴率 10.7%
 角田(山西惇)が課長を務める薬物銃器対策課に、所轄から桐生(小林亮太)が異動。特殊詐欺を二度突き止め、首席監察官の大河内(神保悟志)も一目置く腕利き。一方、右京(水谷豊)は薫(寺脇康文)とのランチ帰り、路地のアパートで不審な部屋を発見。犯罪の可能性高まり、薫と共に調査。結果、犯罪グループのアジトを特定し、角田たちと急襲。しかし、現場は闇バイトの若者のみで指示役は不在。摘発の情報漏れ疑惑が浮上。大河内が桐生の素行調査を特命係に依頼。右京と薫は意外な方法でアプローチを試みる。

第6話 2023年11月22日「名探偵と眠り姫」 視聴率 11.1%
 17年前に百貨店社長の孫娘の里紗が誘拐された「眠り姫事件」で、投身自殺を図ったとされる犯人は実は殺されたという情報提供が届く。名指しされた右京(水谷豊)は薫(寺脇康文)と共に、里紗の父で常務の慎吾(佐伯新)ら一家の関係者が集まるパーティーへ。すると、里紗(潤花)が行方不明になる騒ぎが起きていた。婚約発表から逃げたらしい里紗の協力者は、右京らの知る人物で…。

第7話 2023年11月29日「青春の光と影」 視聴率 11.1%
 20年前に解散し、再結成ツアーを発表していたロックバンドのボーカルの矢崎(金子昇)が遺体で見つかった。高校の同級生で結成したバンドメンバーの林田(江頭勇哉)、佐光(川野直輝)、早苗(細野今日子)らに事情を聴く右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)は、自分勝手な矢崎にメンバーそれぞれが振り回されていたと知る。その上、遺体発見前夜にメンバーがもめていて…。

第8話 2023年12月13日「センチメンタル・ジャーニー」 視聴率 10.0%
 右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)が夫婦旅行を巡る角田(山西惇)の愚痴を聞かされた数日後、右京は青森・弘前行きの高速バスに乗る絹(中尾ミエ)と名乗る老女の隣に座り、旅に出ることに。絹は右京をうっとうしく感じながらも、やがて昔話を始める。角田が右京の目的が分からないまま絹を調べる一方、薫は、ある女性を乗せた車を捜索。その車は連続強盗事件とつながる。

第9話 2023年12月20日「男の花道」 視聴率 11.2%
 会社社長の弓生(赤ペン瀧川)が逮捕された。暴力団の若頭・鬼丸(三国一夫)ともめた際、プロレス技を知る弓生が必死の抵抗で殺害してしまったのだ。組長の桑田(大石吾朗)や組員の虎鉄(鳥谷宏之)も動きを見せ、不穏な空気の中、弓生が正当防衛で釈放される。桑田とかつて親密だった刑事部長の内村(片桐竜次)に呼ばれた右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)は、弓生を警護することになる。

第10話 2024年1月1日(月)「サイレント・タトゥ」 ※第10話は月曜21時から23時15分までの2時間15分SP。なお、同日16時10分に発生した「令和6年能登半島地震」に伴いL字型画面にて放送のうえ、番組終盤は余震に伴う緊急速報により放送休止。 視聴率 10.2%
 右京(水谷豊)のかつての相棒である享(成宮寛貴)と、そのパートナー・悦子(真飛聖)の息子である桔平(森優理斗)が、学芸会の演劇で主演を務めることに。享の逮捕後も悦子と桔平を気にかけていた右京は、薫(寺脇康文)らと会場へ赴く。桔平の父親代わりを務める享の兄・秋徳(新納慎也)も舞台袖で桔平を見守る。すると、舞台上に桔平の担任教師・姉小路(福澤重文)がフラフラと現れ卒倒。背中には刃物が突き刺さっていた。姉小路から一方的に婚約破棄された同僚教師の志津子(美村里江)が容疑者として浮上するが…。

第11話 2024年1月10日「その頬に触れるな」 視聴率 10.9%
 化学メーカー研究員が神経ガスで殺された事件の捜査に駆り出された右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)は、落とし物から、人気キャラクター「ほっぺ丸」のデザイナー・初音(映美くらら)と知り合う。彼女の息子の誘拐事件が進行中だと疑う右京らの調べで、ほっぺ丸は自殺した別の女性がデザインしたことが判明。やがて、化学メーカー事務員の登紀子(山下容莉枝)という人物が浮上し…。

第12話 2024年1月17日「惡の種」 視聴率 10.8%
 東京・池袋の地下道で弁当チェーン店主・吉口の遺体が見つかる。残された手帳から、本社社員の内田(前原滉)にパワハラ疑惑が浮かぶが、殺害当日に吉口と会ったのは別の社員だと判明。手帳のある文言に着目する右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)は、吉口が仕事に真面目で、地域でも慕われていたと聞く。だが、右京は、そんな吉口が別のホームレス殺人の犯人ではないかと言い出す。

第13話 2024年1月24日「恋文」 視聴率 10.8%
 美和子(鈴木砂羽)に匿名ラブレターが届き、不機嫌な薫(寺脇康文)は、伊丹(川原和久)と共に路地裏で他殺体を発見。手には美和子宛ての封筒があり、手紙はなかった。被害者は美和子が通うカフェの店員で、右京(水谷豊)と薫は遺留品から、12年前に失踪した妻を今も捜す画家の戸倉(モト冬樹)と会うことに。被害者と戸倉は知人で、右京は事件に失踪が関連しているとにらむ。

第14話 2024年1月31日「亀裂」 視聴率 11.1%
 チェス喫茶で美術品コレクターの道明寺(小林隆)と対局した右京(水谷豊)は、道明寺の家から美術品が盗まれ、男性の遺体が見つかったと聞く。捜査一課が美術品強盗グループの犯行と推理する一方で、右京と薫(寺脇康文)は手口の違いに着目。やがて、遺体が強盗グループの一員と判明する中、右京と薫は道明寺が支援してきた洋画家の横井や陶芸家の雪乃らから話を聞く。

第15話 2024年2月7日「マッターホルンの殺人」 視聴率 11.0%
 サイバーセキュリティ対策本部の土師(松嶋亮太)が特命係に持ち込んだ動画で、マッターホルン登頂中の配信者‘善ちゃん’が誰かともめて倒れた。右京(水谷豊)は薫(寺脇康文)と共に過去の動画を探り、配信者が芸能プロダクション社員の善家(加治将樹)と突き止める。その自宅に置き手紙をした少年・宗介に逃げられた右京らは、その後、善家の職場を調べ、思わぬ真実にたどり着く。

第16話 2024年2月14日「子ほめ」 視聴率 11.2%
 かつて事件を起こした落語家・青楽(小宮孝泰)の復帰公演に招待された右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)だが、開始直前に青楽が姿を消した。翌日、右京らが青楽の妻の美奈子(大西結花)を訪ねると、そこに伊丹(川原和久)らが来訪。元受刑者の男性の殺害現場に青楽の手拭いがあったという。右京らは、被害者と共に青楽から落語を教わっていた受刑者の根津(菅田俊)と接見する。

第17話 2024年2月21日「インビジブル」
 チェス大会の‘強敵の少年’について、右京(水谷豊)が薫(寺脇康文)に話した数日後、東京都知事選の有力候補である東都市長・征志郎(升毅)の自宅で爆弾テロ事件が発生。爆弾入りの荷物2個の差出人は、右京と‘インビジブル’となっていた。征志郎と面識のない右京は、事件に関わるよう仕向けられているという意図を感じつつ、薫と共に、征志郎や彼の息子の所轄署署長らに話を聞く。

第18話 2024年2月28日「インビジブル〜爆弾テロ!最後のゲーム」
 右京(水谷豊)とチェスで互角に勝負できるIQ150の天才少年・山田(中川 翼)が、連続爆破事件の犯人“INVISIBLE(=透明人間)”を名乗って所轄署に出頭してきた。抵抗する素振りを見せず、そのまま逮捕された山田だったが、右京以外とは一切話すつもりはないと主張し、取り調べ官に指名。しかし、右京の追及に対しても挑発的な態度で応じるだけで、本当の目的を明かそうとしなかった。


概要
大人気刑事ドラマシリーズの22作目。水谷豊演じる杉下右京と、前シーズンで5代目相棒として約14年ぶりに復帰した寺脇康文扮する亀山薫が、新たな挑戦に向けて走り出す。名キャラクターたちも健在で、思惑が見えない警察庁長官官房付の甲斐峯秋(石坂浩二)、特命係を敵視する野心家の警視庁副総監・衣笠藤治(杉本哲太)、“鉄の女”の異名を持つ内閣情報調査室トップ・社美彌子(仲間由紀恵)がさらなる暗躍を見せる。また、伊丹憲一(川原和久)をはじめとする捜査一課の面々が特命係に存分に絡み、「こてまり」の女将・小出茉梨(森口瑤子)、薫の妻でジャーナリストの美和子(鈴木砂羽)も絶妙なスパイスを加えていく。


ストーリー
警視庁特命係の杉下右京(水谷豊)と亀山薫(寺脇康文)は、薫の妻・美和子(鈴木砂羽)が料理教室で知り合った上原阿佐子(栗山千明)に頼まれ、2週間前から行方不明だという彼女の婚約者・牧村克実(市川知宏)を捜すことに。しかし、フリーの記者だという彼の仕事先では、誰もが口裏を合わせたかのように「そんな人間は知らない」と返答し、右京らは早速、不可解な事態に直面する。

一方、伊丹憲一(川原和久)たち捜査一課は、男性が自宅マンションから転落死した事件を捜査。男性は「微笑みの楽園」という宗教団体の信奉者で、何者かに突き落とされた可能性が浮上していた。


キャスト
水谷豊 /杉下右京 役
警視庁特命係の係長。警部。明晰な頭脳で数々の事件を解決してきたが、切れ者であるが故に上層部から疎まれ特命係という閑職に追いやられている。どんな時でも冷静沈着、誰にでもいんぎんな態度で接するため、無礼に感じられることも。そうした性格から、特命係に配属された者はことごとく辞めていき「人材の墓場」と呼ばれているが、相棒の薫とは確固たる信頼関係がある。

寺脇康文 /亀山薫 役
出戻りで特命係に復帰した右京の“初代相棒”。親友が殺害された事件をきっかけに警視庁を退職し、腐敗が蔓延する南アジアの小国・サルウィンに移住。その後、教え子たちが腐敗政権を打倒し、親善使節団の一員として一時帰国した際、右京と再会。新政府のリーダーをめぐる事件に巻き込まれた結果、サルウィンからの退去を命じられ、妻の美和子と共に帰国。捜査一課の伊丹憲一の“口利き”によって特命係に復帰した。

スタッフ
脚本:輿水泰弘
監督:橋本一
エグゼクティブプロデューサー:桑田潔
プロデューサー:高野渉、古草昌実、西平敦郎、土田真通


番組公式サイト
相棒 - Wikipedia

相棒
各シーズンあらすじ
相棒 season1
相棒 season2
相棒 season3
相棒 season4
相棒 season5
相棒 season6
相棒 season7
相棒 season8
相棒 season9
相棒 season10
相棒 season11
相棒 season12
相棒 season13
相棒 season14
相棒 season15
相棒 season16
相棒 season17
相棒 season18
相棒 season19
相棒 season20
相棒 season21

『相棒 Season22 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

#居酒屋新幹線2 TOP

『#居酒屋新幹線2』(いざかやしんかんせん 2)は、2024年1月10日(9日深夜)から毎日放送制作のドラマイズム枠(毎週火曜25:28〜25:58)で、2024年2月10日からチャンネル銀河でシーズン2を放送中。

前作
『#居酒屋新幹線』は、2021年12月15日(14日深夜)から2022年2月9日(8日深夜)まで、「ドラマイズム」枠(毎週火曜24:58〜25:28)で放送された。2022年2月5日から同年2月26日まで、チャンネル銀河でも放送(毎週土曜19:30〜21:00 3話連続)。全12話(地上波では8話)。主演は眞島秀和。


各話あらすじ
第1話 2024年1月9日「金沢・料亭編」
高宮進が金沢支店で監査の仕事中、経理部社員の高橋に声をかけられる。今日は、進が仕事を早く終えて観光に行けるよう、帳簿を完璧に仕上げたと言う高橋。高橋に薦められた電動自転車で街中を巡り、干菓子とクラフトビールを手に入れる。思いのほか自転車散策を楽しんだ後、朝取り置きをお願いしていた人気の駅弁を受け取って帰路につく。帰りの新幹線の車内でひとり居酒屋を満喫していると、高橋に言われたことをふと思い出す。


第2話 2024年1月16日「敦賀編」
敦賀で日本海を眺めながら、新幹線の延伸に感慨深い高宮進。ノープランで仕込みに向かい、わさび昆布と貴醸酒を購入。すると、仕事で鯖江に単身赴任中の志偉に道を聞かれ、彼が向かうお店に付いていく。志偉もグルメ好きで、休みの日は日本各地で美味しいものを探しているらしい。志偉の案内で一緒に仕入れたのは、皮ようかん、浜焼さば、みかんのビール。そして帰り際、志偉から敦賀のソウルフード・フジバーグを渡される。


第3話 2024年1月23日「長野編」
長野支店での監査が早く終わり、仕込みに気合いが入る高宮進。善光寺の門前通りを歩きながらアップルブランデーを買ったところで、焼きおやきの店を発見。店員から焼きおやきはここだけと聞いた進は、店の囲炉裏で焼かれたおやきを入手。その後、信州味噌店のお惣菜や市田柿のスイーツを購入し、長野駅からバスで30分程かかる松代地区に遠出する。そこで念願の松代限定クラフトビールを仕入れるも、帰りのバスに乗り遅れてしまう。


第4話 2024年1月30日「長岡編」
長岡での抜き打ち監査を終え、ひどく疲れた様子の高宮進。発酵と醸造のまち・摂田屋地区に向かい、お団子屋で長岡赤飯、新潟県で最も古い蔵元とされる酒ミュージアムで吟醸酒、発酵ミュージアムでビーフジャーキーを購入。その後、駅ビルで、新潟の代表的な家庭料理・のっぺや、鮭の焼漬け、菊とかぶの酢漬を仕入れていると、「米百俵」と書かれたあげもちのコーナーが目に入る。長岡花火の最後の打ち上げ花火が米百俵花火だった。


第5話 2024年2月6日「福井編」
福井駅前で恐竜の像を見上げる高宮進。仕事を終え街中に出ると、敦賀で出会った志偉と偶然再会。2人で200年以上の歴史ある酒蔵を訪れ、定番の日本酒を手に入れる。一緒に福井城址を散歩中、離れて暮らす家族のことを思い出す志偉。志偉と別れ一人になった進は、日本の三大珍味の1つとされる越前仕立て汐うにと、福井の銘菓・羽二重餅を購入。そして、小鯛のささ漬、へしこのおにぎり、若狭梅酒を仕入れたら、福井セットの完成だ。


第6話 2024年2月13日「上田編」
上田支店を出て、ごきげんな高宮進。娘の咲からの手紙に、父兄参観で進がイケオジ選手権1位に選ばれたと書かれていたのだ。体型を維持してカッコいいパパでいるために、本日のテーマは健康。歩いて真田十勇士の像を巡り、柳町通り、別名、発酵通りで、350年続く酒蔵の純米吟醸酒、ゆず味噌、酒粕を使った鶏ハムを仕入れる。が、たくさん歩いて健康になった気がして、行列ができる地元の名物・志゛まんやきも買いたくなってしまう。


第7話 2024年2月20日「小松編」
小松駅の近く、こまつの杜にあるショベルカーの前で見栄を切る高宮進。仕事の後、踊るような足取りで向かったのは、酒造りの神様・農口尚彦の酒蔵、農口尚彦研究所。モダンな店内に並んでいる日本酒の中から定番の本醸造を選ぶ。酒の肴を仕込みに、古い町家が残る通りを歩いていると、農口尚彦研究所で見かけた枝野ひかりと出会う。そして、江戸時代末期創業、加賀の珍味や乾物を取り扱う店に立ち寄ると、そこにも、ひかりがいた。


第8話 2024年2月27日「富山編」
富山駅前の路上で立ち尽くす高宮進。路面電車で港町・岩瀬地区にやって来ると、遠くにいるトランクの男に気づく。進を居酒屋新幹線に誘った師匠に違いないと、男の後を追って入ったのは酒屋。店主に薦められて純米大吟醸を買い、富山湾展望台に行くと、目の前に広がる雄大な絶景に圧倒される。その後も、白えび天ぷら、ほたるいか粕漬、かじきの昆布〆、特選ますのすしなど、立山連峰の雪解け水が育んだ酒と肴を仕入れるのだった。


概要
2021〜22年に同枠で放送された、眞島秀和主演のグルメドラマのシーズン2。出張帰りの会社員が、新幹線の車内でご当地テークアウトグルメを堪能する姿を描く。前シーズンから引き続き主演を務める眞島が、損保会社の内部監査室で働いている主人公・高宮進を演じる。シーズン2では、金沢〜敦賀間の延伸が注目を集めている北陸新幹線と上越新幹線の沿線の街を高宮が訪れ、その土地ならではの無限の組み合わせを楽しむ。


ストーリー
損保会社の内部監査室で働いている会社員・高宮進(眞島秀和)のひそかな楽しみは、出張帰りに新幹線の車中で堪能するご当地テークアウトグルメだ。高宮は、新幹線の座席テーブルの上に、出張先で仕入れた酒や食べ物をセッティング。その土地ならではの酒やつまみ、弁当、さらにはデザートまで、組み合わせは無限に広がる。SNSで「#居酒屋新幹線」と打てば、高宮からの食リポ投稿を待ち望んでいる仲間たちがいる。今宵も“居酒屋新幹線”が開店する。


キャスト
眞島秀和 /高宮進 役
損保会社の内部監査室勤務。出張先で見つけたご当地テークアウトグルメを、帰りの新幹線で堪能するのがひそかな楽しみ。

スタッフ
原作 - 天宮さろん/KADOKAWA/ジェイアール東日本企画
製作 - 堀内大示、弓矢政法
企画 - 椿宜和、相原勉
脚本 - 木田紀生、黒沢久子、阿相クミコ、横幕智裕
監督 - 芝ア弘記、吉野主、エダゴウシ
OP主題歌
シーズン2 - (夜と)SAMPO「プラズマクラシックミュージック」
ED主題歌
シーズン2 - 杉本琢弥「また明日」
プロデューサー - 木之内安代、野澤雪乃、津田悠子、村島亘、橋口一成、大健裕介、平部隆明
企画・プロデュース - KADOKAWA、ジェイアール東日本企画
制作プロダクション - ホリプロ
製作・著作 - 「#居酒屋新幹線」製作委員会、毎日放送


番組公式サイト
#居酒屋新幹線 - Wikipedia

『#居酒屋新幹線2 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

瓜を破る〜一線を越えた、その先には TOP

『瓜を破る〜一線を越えた、その先には』は、2024年1月24日(23日深夜)からTBSテレビの深夜ドラマ枠「ドラマストリーム」(毎週火曜24:58〜25:28)にて放送中。主演は久住小春と佐藤大樹。


各話あらすじ
第1話 2024年1月23日「あたたかいセックスがしたい」
どこにでもいるごく普通の会社員・香坂まい子 (久住小春) は生まれてから32年、未だ性体験がないことに悩んでいた。そんな中、同僚の染井菜々 (土村芳)、原幸成 (泉澤祐希) とランチ中に、上司の味園美由紀 (酒井若菜) が「高齢処女」ではないかという噂を聞き、まい子は自分事のように感じてしまう。だが、そんな美由紀にも彼氏がいると知ったまい子は、自分もセックスした側の人間になりたいと切に思うのだった。

ある日のこと、仕事終わりに高校の同窓会を控えていたまい子は、子どもが熱を出してしまった染井の代わりに残りの仕事を引き受けることに。それを見ていた派遣社員の小平蓮 (石川瑠華) から、まい子は気の毒そうな視線を向けられてしまう。あと少しで仕事が片付くかと思った矢先、コピー機にトラブルが……。すぐに駆けつけてくれたメンテナンス会社の鍵谷千里 (佐藤大樹) のお陰で無事仕事を終えることが出来たまい子は、鍵谷に感謝を伝える。


第2話 2024年1月30日「柱はね、多いほどいいからね」
ついに訪れた初セックスのチャンスだったが最後まですることができず、まい子 (久住小春) は落ち込む。そんなまい子の姿を見た染井 (土村芳) は、恋愛の悩みと勘違い。「恋愛のことばかり思い詰めず、自分を支える “柱” は多い方がいい」 とまい子に助言する。自分は 「家族」「仕事」「趣味」 の3本の柱に支えられていると思っている染井だったが、最近は趣味の同人誌仲間から誘われなくなったことに寂しさを感じていた。まわりから 「母親なんだから」 と言われることに戸惑う染井は、元彼が夢を叶えて有名漫画家になったことを知るのだった。

そんな中、コピー機の定期メンテナンスで会社に来ていた鍵谷 (佐藤大樹) と再会するまい子。ラブホテル前での佐伯 (松本享恭) とのやり取りを見られてしまったまい子は羞恥心を抱くが、ひょんなことがキッカケで意外にも鍵谷との会話が弾み…。


第3話 2024年2月6日「こういう触れ合いは好きなのに…」
原 (泉澤祐希) から 「二人きりになりたい」 とバーに誘われたまい子 (久住小春)。原が彼女と別れたばかりだと聞き、もしかしたら間違いが起きてしまうかもしれないと急に原を意識してしまう。しかし、原は自分がノンセクシャルであり相手に性的欲求を持てないのだとまい子に告げる。自分とは逆の悩みを抱える原に驚くまい子だった。

ある日、まい子は、レトロゲーム喫茶に向かう鍵谷 (佐藤大樹) に遭遇。ふとした瞬間に鍵谷を思い出すことが増えたまい子は勇気を出し、一緒に行きたいと伝える。

一方、染井 (土村芳) のスマホに漫画家として成功している元彼からダイレクトメールが届く。突然の出来事に動揺する染井を見て、夫・秀直 (森岡龍) は訝しむ。


第4話 2024年2月13日「私はどこで間違えたの !?」
まい子 (久住小春) は思い切って鍵谷(佐藤大樹) を食事に誘う。次の約束が決まり最初は嬉しく思っていたが、メッセージのやり取りに始まり、服やお店選びなどをするうち、徐々に面倒臭さを感じてしまう。当日になっても憂鬱なまい子だったが、約束の時間より早く待ち合せ場所に来ていた鍵谷の姿に驚く。また、鍵谷はいつもよりオシャレな恰好のまい子に思わず見惚れてしまう。そして食事を楽しんだ帰り、まい子は勇気を振り絞り鍵谷を自宅に誘う…!

一方、会社では美由紀 (酒井若菜) の元同期・辻 (安藤聖) がパートとして復職することになり、美由紀は嫌悪感をあらわにしていた。入社した頃は仲が良かった二人だが、次第に関係は破綻し、辻は早々に寿退社していた。そんな辻が戻ってきたことでイライラがおさまらない美由紀は、同棲している恋人の真 (窪塚俊介) に当たり散らしてしまう。


第5話 2024年2月20日「こんな思いするならずっと一人が楽」
自分が迫ったせいで鍵谷 (佐藤大樹) が突然帰ってしまったと、まい子 (久住小春) は落ち込んでいた。鍵谷とのことを悩むうちにまい子は仕事でミスをしてしまい、美由紀 (酒井若菜) から叱責されてしまうのだった。

一方の美由紀は、突然出て行ってしまった真 (窪塚俊介) と連絡がつかないことに苛立ちと焦りを感じていた。さらに、まい子のミスで過剰な叱責をしてしまった美由紀は、自分が“怪物”になっていくような感覚に苛まれ、苦しさを覚える。そんな美由紀を救ったのは、大嫌いな元同期・辻 (安藤聖) だった。


第6話 2024年2月27日
勇気を出して鍵谷 (佐藤大樹) に電話をしてみたが折り返しもなく、まい子 (久住小春) は憂鬱な気持ちを抱えていた。そして、コピー機のメンテナンス会社から鍵谷ではない他の担当者が会社に来たことを知ったまい子は、鍵谷が自分に会いたくないから担当を変わってもらったのではないかと考え大きなダメージを受けるのだった。そんな中、まい子はふとした気持ちから、鍵谷と一緒に行った喫茶店を訪れる。

一方、自分の外見にコンプレックスを持つ蓮 (石川瑠華) は、一緒に作業をしているまい子を見て、どうせイケメンでハイスペの彼氏がいるのだろうと思い、自分はマッチングアプリで出会った男性たちと関係が続かないことに悩んでいた。唯一、ケイタ (草野大成) だけは音楽の趣味が合う友人として会うことを続けていたが……。


概要
板倉梓による漫画を久住小春と佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)のダブル主演で連続ドラマ化。30代処女、事実婚、ルッキズム、ノンセクシャルなど、悩みや生きづらさにもがきながらも向き合い、一歩ずつ踏み出していく群像ラブストーリー。30歳を超えて性体験がないことに悩み、自分に自信が持てない会社員・香坂まい子を久住が演じ、過去の経験から人と関わることが苦手なOA機器管理会社の契約社員・鍵谷千里に佐藤が扮する。それぞれ孤独を抱えた登場人物たちは、悩んだ末に自分の殻を破って踏み出していく。

ストーリー
ごく普通の、どこにでもいるような会社員・香坂まい子(久住小春)は、30歳を超えて性体験がないことが悩みで、そのコンプレックスのせいで、自分に自信が持てないでいた。ある日、同窓会に出席するため急いで仕事を片付けていると、コピー機から異音が。メンテナンス会社に連絡すると、作業着にマスク、長めの髪で顔があまり見えない鍵谷千里(佐藤大樹)がやって来る。修理が終わり、すぐに帰ろうとする鍵谷にまい子がお礼を言うと、鍵谷は軽く会釈をして去っていく。その後、同窓会に参加したまい子は、自分を変えるべくある行動を起こす。


キャスト
久住小春 /香坂まい子 役
会社員。30歳を超えて性体験がないことが悩みで、そのことで自分に自信が持てないでいる。劣等感に悶々とする中、自分を変えるためにある行動を起こす。

佐藤大樹 /鍵谷千里 役
OA機器管理会社の契約社員。人と関わることが苦手。過去に夢にやぶれたトラウマから、どこか無気力で人見知りになった。コピー機の修理をきっかけにまい子と知り合う。

スタッフ
脚本:おかざきさとこ、高橋幹子
監督:坂下雄一郎、枝優花
プロデューサー:田中美幸、岩上貴則
配信プロデューサー:今井夏木、齊藤彩奈、杉山香織
エンディングテーマ:涙の国/吉澤嘉代子


番組公式サイト

『瓜を破る〜一線を越えた、その先には TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夫を社会的に抹殺する5つの方法 Season2

『夫を社会的に抹殺する5つの方法 Season2』(おっとをしゃかいてきにまっさつするいつつのほうほう しーずん2)は、2024年1月10日(9日深夜)からがテレビ東京系列の「ドラマチューズ!」枠(毎週火曜24:30〜25:00)で放送中。主演は高梨臨。


Season1
2023年1月11日(10日深夜)から3月15日(14日深夜)まで、テレビ東京系列の「ドラマチューズ!」枠にて放送された。主演は馬場ふみか。


各話あらすじ
第1話 2024年1月9日
 漫画家を目指していた日野美咲(高梨臨)は、敏腕マンガ編集者の夫・透(柳俊太郎)と5歳の息子・優斗と3人で幸せに暮らしていた。重度のアレルギーを抱えた優斗の子育てに日々、奮闘する美咲。ある日、美咲は透に優斗を任せ、ふと外出先から見守りアプリを見ると、優斗が胸を押さえて苦しみ悶えていた。側にいる透は慌てるばかりで何も出来ない。慌てて帰宅した美咲は、透から発せられた思いがけない一言に驚愕する…。


第2話 2024年1月16日
 夫・透(柳俊太郎)の不注意で優斗がアナフィラキシーを起こした際に、透は日野美咲(高梨臨)に対して声を荒げる。しかし、翌日からは何もなかったかのように、笑顔で過ごす透に、美咲は違和感を覚えていく。そんな中、義母の真澄美から、優斗の急変の際に家を空けていたことを責められる。ある日、帰宅途中に透から電話が。電話口から聞こえてきたのは、「優斗が・・・」という言葉と救急車のサイレンで…。


第3話 2024年1月23日
 夫・透(柳俊太郎)の不注意で最愛の息子・優斗を失った日野美咲(高梨臨)は、絶望から自殺未遂を図ってしまう。大事には至らなかったものの、悲しみに打ちひしがれる美咲のもとに、一通の手紙が。手紙には「夫を社会的に抹殺する5つの方法」と書かれており、手紙に記載されたQRコードを読み取ると、優斗が亡くなった日の見守りアプリの映像が再生される。衝撃の事実を知り、美咲は透に復讐することを固く誓う。



第4話 2024年1月30日
 日野美咲(高梨臨)の元に届いた「夫を社会的に抹殺する5つの方法」と書かれた謎の手紙。その手紙には、夫・透(柳俊太郎)の不倫と、愛する息子が死んだ原因は透にあると告発されていた。さらに、手紙には「本当の復讐とは、肉体ではなく相手の心を殺すこと。心を殺し、絶望の中で生き地獄を味わせれば最高の復讐となる」と。美咲は、夫を社会的に抹殺するために、まず透の不倫を告発する1つ目の復讐を始めていく。


第5話 2024年2月6日
 1つ目の復讐を終えた美咲(高梨臨)は、何食わぬ顔して生活している夫・透(柳俊太郎)に苛立ちを募らせる。しかし、夫の悪事を社会的に告発しても、亡くなった息子・優斗が返ってくるわけではない…。そんな中、美咲の元に怪しい人物(稲葉友)が近づいてきて、透の不倫を撮った証拠写真を突きつけてくる。再び復讐へと気持ちが向いた美咲に、仮面から連絡がくる。一方、透は何者かにつけられていると感じていて…。


第6話 2024年2月13日
 周りで起こる不自然な出来事を不審に思う透(柳俊太郎)は、寝室にある美咲(高梨臨)の机を物色する。しかし見つけたのは、かつて美咲が描いた漫画。思い出に浸る透だが、美咲は漫画を取り上げる。冷え切った夫婦関係とは裏腹に、透は業界屈指の大物漫画家・高橋(本田博太郎)からの指名を受け、新作作りに取り掛かる。会社からの信頼を取り戻したい透を横目に、美咲は仮面からの新たな指示を受け、2つ目の復讐に取り掛かる。


第7話 2024年2月20日
 仮面の指示を受け、美咲(高梨臨)の仕掛けた2つ目の復讐により、編集者という立場を失った透(柳俊太郎)。テレビの生放送で「大手出版社を辞めて、独立し、自分の会社を立てる」と宣言したが、美咲は何も聞いていない。何も相談なく会社を辞めたことに美咲が苦言を呈すると、透は「働いたことないくせに」と悪態をつく。一方、美咲の知らないところで透の不倫相手・瑠香(桜井玲香)と樫原(稲葉友)が不穏な動きをしており…。


第8話 2024年2月27日
 仕事で失敗したことを機に、大手出版社を辞め独立した夫・透(柳俊太郎)は、両親からの資金的な援助をしてもらうため、義父の元を訪れる。透がお願いした資金援助の金額は1億円。なんの相談もない美咲は不信感を募らせていたが、両親の前では笑顔でやり過ごす。そんな中、透の不倫相手・瑠香(桜井玲香)の差し金により、記者の樫原(稲葉友)が美咲に対してある行動を起こす。そして、3つ目の復讐の時が近付いていた。


原作概要
『夫を社会的に抹殺する5つの方法』(おっとをしゃかいてきにまっさつするいつつのほうほう)は、原作:三田たたみ、作画:アップクロスによる日本のWeb漫画。2022年10月15日から、GIGATOON Studioの制作でDMMブックスにて連載中。

ドラマ概要
同名漫画の実写ドラマ化第2弾で、2023年1月期に放送し好評を博した、馬場ふみかと野村周平が夫婦役の「夫を社会的に抹殺する 5つの方法」の続編。今作ではキャストを一新し、高梨臨が主人公を、柳俊太郎がそのモラハラ夫を演じ、脚本・監督の上村奈帆をはじめとする前作のスタッフが再集結。世界観をさらにパワーアップさせる。

ストーリー
専業主婦の日野美咲(高梨臨)は、漫画家になる夢を諦め、有名な漫画編集者である夫・透(柳俊太郎)と重度の小麦アレルギーを抱えた息子・優斗と暮らしていた。透はルックスの良さからテレビ出演も多く、美咲は周りからはうらやましがられることが多い。そんなある日、優斗を透に預け買い物をしていると、優斗がアナフィラキシーショックを起こして意識不明になったという連絡が入る。

後日、優斗が亡くなり葬式を終えた美咲のもとに、「夫を社会的に抹殺する 5つの方法」という手紙と、ある映像が送られてくる。透の浮気と、その相手が持参したマフィンで優斗のアレルギー発作が起こったことを知った美咲は、復讐という修羅の道を選ぶ。


キャスト

日野美咲
演 - 高梨臨
5歳の息子・優斗を育てる専業主婦。26歳の時に「これで最後」と決めて新人賞に応募した作品が佳作を受賞。その時に審査員だった、ヒットメーカーで有名な漫画編集者の透と出会い、交際を開始。その翌年、透との間に子どもを授かり結婚した。ワンオペ育児の傍ら、漫画家デビューを夢見て夜な夜な漫画を描いている。

日野透
演 - 蜿r太郎
美咲の夫。金持ち一家に生まれた、高学歴・高収入のハイスペック男。大手出版社の漫画編集者で、上司や後輩から信頼を寄せられている。そのルックスからメディア露出も多く、タレントのように人気。人生の目標は、一生“勝ち組”で居続けること。プライドが高く、美咲に対して心ない暴言を浴びせる。

周辺人物
愛原瑠香
演 - 桜井玲香
透の不倫相手。今どきの自立した強い女性で、結婚や出産には興味がないと口にしているが、30歳を目前に、今のままでいいのかと漠然とした不安を抱えている。

清水香奈子
演 - 工藤遥
美咲の妹。

早川周
演 - 市村優汰
日野家の隣に住む不登校の高校生。

樫原虎太郎
演 - 稲葉友
美咲と情報交換を行う週刊誌の記者。

日野真澄美
演 - 藤田朋子
透の母。

日野聡一郎
演 - 佐戸井けん太
透の父。

スタッフ
脚本:上村奈帆
監督:上村奈帆、的場政行
プロデューサー:倉地雄大、植田郁子、櫻田惇平


番組公式サイト
夫を社会的に抹殺する5つの方法 - Wikipedia

『夫を社会的に抹殺する5つの方法 Season2』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リビングの松永さん TOP

『リビングの松永さん』(リビングのまつながさん)は、2024年1月9日から、カンテレ制作・フジテレビ系列の連続ドラマ枠「火ドラ★イレブン」(毎週火曜23:00〜23:30)にて放送中。主演は中島健人。


各話あらすじ
第1話 2024年1月9日「ひとつ屋根の下!シェアハウスの恋!」
松永純(中島健人)は、仕事はできるが曲がったことが大嫌いな29歳のグラフィックデザイナー。バーテンダーの鈴木健太郎(向井康二)、ネイリストの大貫朝子(黒川智花)、カレー屋のアルバイト店員・服部あかね(大久保桜子)とともにシェアハウスで暮らしている。

ある日、オーナーの河北雅彦(山口森広)の姪で、高校2年生の園田美己(橋ひかる)が「ここに住まわせてください!」とお願いにやって来る。聞けば、両親が母の実家の旅館を継ぐため和歌山へ引っ越すことになったが、どうしても親友と離れたくない美己は、卒業までの一年間、叔父の家に居候して今の学校に通い続けたいという。ちょうどその日、シェアハウスには大学生の北条凌(藤原大祐)も内見にやって来るが、結局契約には至らず、空き部屋には両親を説得した美己が住むことになる。

引っ越し当日、留守の雅彦から頼まれた松永は、美己にシェアハウスのルールを教え、早速“ミーコ”とあだ名をつけて、荷ほどきや買い出しに付き合う。しかし、ひと足先にシェアハウスに戻ると、そこには美己の母・朋子(映美くらら)の姿が。実は、雅彦が仕事でしばらく海外に滞在することになったため、朋子は未成年の娘を見ず知らずの大人たちが暮らすシェアハウスに置いていくわけにはいかないと、美己を連れ戻しに来たのだ。

朋子から電話で話を聞いた美己はショックを受け、帰ってこない。心配になった松永は、美己を探しにシェアハウスを飛び出し…。


第2話 2024年1月16日「いきなり家出!真夜中に近づく二人の心」
美己(橋ひかる)の叔父でオーナーの雅彦(山口森広)が日本を発つ日、シェアハウスでは新たな住人となった美己の歓迎会が開かれる。するとその席で、松永(中島健人)は美己専用のルールを設けると宣言。「門限は5時半」「無駄遣い禁止」「早寝早起き」−−まるで昭和の親父だと、健太郎(向井康二)らシェアハウスのメンバーからはブーイングが起きるが、美己の保護者代わりとして責任をまっとうしようとする松永の意思は固く、美己も渋々受け入れる。

その夜、松永はデザイナーとして自分が手掛けている小説の装丁について、美己に意見を求める。

小説の内容が学園ラブストーリーということもあり、リアル10代である美己の声を参考にしようと思ったのだ。しかし、2種類のデザインを見せ「ミーコならどっちがいい?」と聞くと、思いもよらない答えが返ってきて…。

翌日、松永が出版社での打ち合わせを終えて帰ると、門限の夕方5時半を過ぎているのに美己が帰ってきていない。それどころか夜8時になっても連絡がつかず、朝子(黒川智花)や健太郎がのんきに構えるなか、松永は気が気ではない。

そのうえ、遊びたい盛りの女子高生相手に煩わしいルールなど作るからだと2人に責められ、いてもたってもいられなくなった松永は美己を探し回る。すると、浮かない表情で駅前を歩く美己の姿を見つけて…。


第3話 2024年1月23日
新しい入居者は、以前、シェアハウスに間違って内見に来た北条凌(藤原大祐)だった。松永(中島健人)と健太郎(向井康二)は早速、みんなの予定を合わせて歓迎会をやろうと提案するが、凌本人はパーティーの主役になるのが苦手なのか、気が乗らない様子。それでも松永は、サプライズで歓迎会を決行すると宣言し、さらに当日になって、急きょ泊まりでグラピングに行こうと言い出す。

早速、準備に取りかかる一同だったが、ひょんなことから、松永と美己(橋ひかる)が先に現地へ向かい、準備を進めることに。当然、移動の車中は2人きり。スマホのストラップをプレゼントされて以来、なぜか松永を意識するようになってしまった美己は、まるでデートのような状況にドキドキが止まらない。

やがて、松永は歓迎会用の料理を、美己はテント内の飾りつけを完成させ、あとは主役の凌とシェアハウスのメンバーの到着を待つだけ。2人きりの空間にいたたまれなくなり、そわそわし始める美己に、松永が怪訝な表情を浮かべていると、そこへ健太郎から「由々しき問題が起きた」と連絡が入る。

どうやら、肝心の凌を連れてこられなくなったらしい。それはつまり、松永と2人で一晩テントに泊まるということ!?まさかの展開に、美己の緊張はピークに達して…。


第4話 2024年1月30日
美己(橋ひかる)は松永(中島健人)への気持ちが“恋”だと自覚するが、一つ屋根の下で暮らしているとかえって距離感が分からないと、親友のマホ(志田こはく)とりっちゃん(臼井萌音)に相談。するとりっちゃんは、健太郎(向井康二)と凌(藤原大祐)を含めた、シェアハウスの男子3人と合コンをしようと言い出し、医大生の凌が気になるマホも、その提案に賛成する。

ところが、美己は松永たちになかなか話を切り出せず、いつの間にか、マホと凌の仲を取りもつために美己が合コンを企画しているという話にすり替わってしまう。それを聞いた松永は、最初こそ父親さながらに反対していたが、健太郎や朝子(黒川智花)に諭され、日曜の昼間という条件つきで合コンを許可する。しかし美己が松永を誘えなかったことから、結局、合コンの相手は凌の医大の友人になってしまう。

迎えた当日、美己が出かけたシェアハウスでは、合コンの行方が気になる松永が、一人ソワソワしていた。見かねた健太郎が「今から合コン、一緒に行ってみる?」と誘うと、渋るそぶりを見せながらも誘いにのる松永。一方の美己もまた、カラオケで盛り上がる一同をよそに、心配した松永から何か連絡があるのではと、終始携帯電話を気にしていた。ところが美己たちが店を出ると、そこには松永と健太郎の思わぬ姿が。ショックを受けた美己は…。


第5話 2024年2月6日
松永(中島健人)の誕生日が近づき、シェアハウスでは本人に内緒で誕生日祝いの準備を進めることに。パーティーの主役には住人それぞれからプレゼントを贈ると聞いた美己(橋ひかる)は、これまでのお礼も兼ねて、自分も松永に何かプレゼントしたいと考えるが、バレンタインデーも近いため予算が足りない。

そんなとき、隣駅のカフェで働く凌(藤原大祐)から、店が人手不足だとアルバイトに誘われた美己。言えば松永に反対されることは間違いないが、それでもプレゼントをあきらめきれない美己は、松永に内緒でアルバイトすることを決める。

ところが、働き始めて数日後、突然、松永が編集者の三枝(ファーストサマーウイカ)とともに店にやって来る。絶体絶命のピンチに焦るも、唯一、事情を知る凌が機転をきかせてくれたおかげで、何とかその場をやりすごす美己。しかし、バレていないと安堵したのは美己と凌だけで、松永は店で働く美己の姿に気づいていた。

模試のために放課後も土日も友達と図書館で勉強すると言っていたのになぜ−−。美己が自分に嘘をついたことにショックを受け、さらに美己と凌が付き合っているかもしれないとやきもきしていると、その過干渉ぶりを見かねた健太郎(向井康二)から、「見守ることも保護者の役割」と釘を刺される松永。そしてシェアハウスに帰ると、そこには家を見つめる怪しい人影が…。


第6話 2024年2月13日
美己(橋ひかる)が内緒で凌(藤原大祐)と同じバイト先で働いていることを知った松永(中島健人)は、2人が付き合っていると勘違い。なんとか誤解を解きたい美己は、うっかり本当の気持ちを口にしそうになり言葉につまるが、機転をきかせた凌に助けられる。松永も、2人の関係が自分の早とちりだったと知り…。

数日後、松永に渡すバレンタインチョコを作っていた美己は、偶然、松永が以前シェアハウスの住人と付き合っていたことを知る。健太郎(向井康二)によると、シェアハウス内での恋愛は自由だが、恋人同士になった時点でどちらか1人が出て行くのが暗黙のルールで、松永の元恋人もシェアハウスを出てアメリカへ旅立ったという。しかし、今は日本に戻ってきているといい、美己は言いようのない不安に駆られる。

学校でも元気がない美己を心配して声をかけてくれたのは、赴任してきたばかりの臨時担任・小林夏未(若月佑美)だった。夏未は「勝算がない」と恋に後ろ向きな教え子を「自分の気持ちに素直にならないと後悔する」と励まし、美己もその言葉に元気づけられる。そんななか、三者面談のため朋子(映美くらら)が急きょ和歌山からやってきて、シェアハウスに泊まることに。松永は片付けを手伝おうと美己の部屋にやって来るが、そこにはバレンタインチョコを作ったときの道具や包装紙が散乱していて−−!


第7話 2024年2月20日
朋子(映美くらら)に代わり、保護者として美己(橋ひかる)の三者面談に出席した松永(中島健人)は、教室で、以前シェアハウスで一緒に暮らしていた夏未(若月佑美)と再会。夏未が美己の担任だと知り、言葉を失う。2人が元恋人同士だと知る美己もまた、突然の再会劇に動揺し、松永に笑顔を向ける夏未の心には、今も松永がいるのではないかと気になる。さらに、松永の隣に並んでも遜色一つない夏未に、女子高生の自分など到底かなうはずがないと落ち込んで、その日以来、松永のいるリビングに顔を出さなくなってしまう。そんな美己の異変に気づき、やさしい言葉をかけたのは凌(藤原大祐)だった−−。

松永の誕生日前日、学校で夏未に声をかけられた美己は、夏未が朝子(黒川智花)にバースデーパーティーに誘われ、シェアハウスに来ることを知る。さらに、「前に相談してくれた年上の好きな人って、純じゃない?」と聞かれて…。

迎えた誕生日パーティー当日、美己は松永のために、あるプレゼントを用意するが、やって来た夏未の差し入れを見て、出すに出せなくなってしまう。さらに、夏未と久しぶりの再会を果たしたシェアハウスのメンバーたちが、自分の知らない話で盛り上がる姿に寂しさを覚えて、思わずその場から逃げ出してしまい…。


第8話 2024年2月27日
美己(橋ひかる)が期末試験の勉強に没頭するなか、松永(中島健人)は、しばらく遠ざかっていた広告デザインの仕事を手掛けることに。手始めに、取引先のデザイン事務所の社内コンペに参加することになるが、内心では激しい競争が繰り広げられる広告の世界に戻るかどうか、迷っていた。

一方の美己は、凌(藤原大祐)から「松永さんには、ハッキリ『好き』って言葉にしないと伝わらない」とアドバイスを受け、告白すべきかどうか悩む。自分が松永を好きなように、松永も自分を好きでいてくれたら−−そんな淡い期待を胸に、美己はもう一度、担任でもある夏未(若月佑美)に相談しようとするが、反対に「私はまだ純のことが好き」と打ち明けられ、先を越された美己は言葉に詰まる。そして、松永と夏未の恋が再燃する可能性を心配するあまり、朝子(黒川智花)に「昔好きだった人と何年かぶりに会ったら、また好きになることはあるのか」と尋ねて…。

そんななか、美己のもとに、和歌山にいる母親の朋子(映美くらら)から「手術明日になりました」というメッセージが届く。どうやら美己の祖母が手術を受けるらしいが、電話口の朋子はなぜか歯切れが悪い。さらに、叔父の雅彦(山口森広)も滞在先の海外から和歌山に帰るといい、誰も詳しい病状を教えてくれないことから、命にかかわる重病なのでは…と美己の不安はピークに達する。そんな美己の様子に気づいた松永は…。


原作概要
『リビングの松永さん』は、岩下慶子による日本の漫画作品。『デザート』(講談社)にて、2017年2月号から2021年8月号まで連載された


ドラマ概要
岩下慶子の人気コミックが原作の、さまざまな世代の男女が共に暮らすシェアハウスを舞台にしたラブコメディー。中島健人が、堅物で一本気なグラフィックデザイナー・松永純役で主演を務め、年下の女子高生・園田美己(高橋ひかる)と、時に衝突し、時に助け合うことで互いを認め合い成長していく恋模様を描く。


ストーリー
さまざまな世代の男女が共に暮らすシェアハウス。グラフィックデザイナーのアラサー男子・松永純(中島健人)が住むシェアハウスで、ある日、高校2年生の園田美己(高橋ひかる)が同居することに。

祖父母が切り盛りしていた地方の旅館を両親が継ぐため、家族全員で引っ越すことになったった美己は、同じ学校の友人と一緒に卒業する約束を守るために転校を阻止したいと考え、叔父に相談してこのシェアハウスを紹介されたのだった。こうして共同生活をすることになった、恋愛に不器用で堅物なアラサー男とピュアで一生懸命な女子高生が、時に衝突し、時に助け合うことで互いを認め合い成長していく。


キャスト
松永純〈29〉
演 - 中島健人
仕事はできるが、曲がったことが大嫌いな29歳のグラフィックデザイナー。かつて、勤めていた大手デザイン事務所を上司のやり方に反発して退職し、フリーランスに。一見がさつなようだが、情に厚く面倒見がいい。シェアハウスにやって来た美己を放っておけず、見守っている。美己の母親から“保護者”として美己を託されており、恋愛対象としては全く意識していない。恋愛には不器用。

園田美己〈17〉
演 - 橋ひかる
都内の女子高に通う高校2年生。明るい性格で友達思い、思い立ったら即行動してしまう。祖父母が切り盛りしていた旅館を両親が継ぐことになり、家族全員で地方に引っ越すことになるが、友人と一緒に卒業するという約束を果たすために、松永たちが暮らすシェアハウスに住むことに。

周辺人物
鈴木健太郎〈27〉
演 - 向井康二
シェアハウスのメンバーでバーテンダー。明るく陽気で、女性に優しい。松永よりも先にシェアハウスに住んでおり、松永とは男の友情で結ばれている。松永の過去も知る人物。束縛を嫌い、特定の恋人は作らない主義。

北条凌〈20〉
演 - 藤原大祐
医大に通う大学生。恋愛に興味がなく、そもそも他人への関心が薄いクールボーイ。

服部あかね〈23〉
演 - 大久保桜子
シェアハウスに住むオタク系女子。カレー店でアルバイトしているが、生活スタイルは謎。

大貫朝子〈31〉
演 - 黒川智花
シェアハウスに住むネイリスト。美己にとって、憧れのお姉さん的存在。

スタッフ
原作 - 岩下慶子『リビングの松永さん』(講談社 デザート刊)
脚本 - 田辺茂範
演出 - 金井純一、日暮謙、松川嵩史
プロデューサー - 萩原崇


番組公式サイト
リビングの松永さん - Wikipedia

『リビングの松永さん TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ドラマ/アイウエオ順検索