2023年03月31日

2023年冬ドラマ(1-3月)

20:00 21:00 23:00 23:00 24:00
CX
23/1/9〜
女神の教室
〜リーガル青春白書〜
CX
23/1/16〜
罠の戦争
TX
23/1/16〜
ダ・カーポ
しませんか?
NTV
23/1/23〜
すきすきワンワン!
  EX
23/1/17〜
星降る夜に
NHK
23/1/10〜
大奥
TX
23/1/10〜
夫を社会的に
抹殺する5つの方法
TBS
23/1/17〜
夕暮れに、手をつなぐ
TBS 全9話
23/11/15〜1/17
私のシてくれない
フェロモン彼氏
TBS
23/1/24〜
ブラザー・トラップ
TBS 全4話
23/1/10〜1/31
REAL⇔FAKE
Final Stage
EX
22/10/12〜
相棒season21
NTV
23/1/11〜
リバーサル
オーケストラ

TX
23/1/4〜
来世では
ちゃんとします3

TX
23/1/4〜
それでも
結婚したいと、
ヤツらが言った。
CX
23/1/18〜
スタンドUPスタート
EX
23/1/5〜
警視庁アウトサイダー
CX
23/1/5〜
忍者に結婚は難しい
NTV
23/1/19〜
しょうもない僕らの
恋愛論
TX
23/1/5〜
ヒヤマケンタロウの
妊娠
TX
23/1/27〜
今野敏サスペンス
機捜235×
強行犯係
樋口顕
TBS
23/1/13〜
100万回
言えばよかった
EX
23/1/20〜
リエゾン
−こどもの
こころ診療所−
TX
23/1/6〜
今夜すきやきだよ
TX 全4話
23/1/6〜1/27
花嫁未満エスケープ
完結編

TX
23/2/3〜
全力で、
愛していいかな?
NHK
23/1/21〜
探偵ロマンス
EX
23/1/14〜
ハマる男に蹴りたい女
EX
23/1/14〜
ひともんちゃくなら
喜んで!
NTV
23/1/14〜
大病院占拠
EX
23/1/14〜
6秒間の軌跡〜
花火師・望月星太郎の
憂鬱

CX
23/1/7〜
三千円の使いかた
TBS
23/1/8〜
Get Ready!
NTV
23/1/8〜
ブラッシュアップ
ライフ
20:00 21:00 22:00 23:00 24:00

『2023年冬ドラマ(1-3月)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月30日

全力で、愛していいかな? TOP

『全力で、愛していいかな?』は、2023年2月4日(3日深夜)から、テレビ東京系「ドラマ25」枠(毎週金曜24:52〜25:23)で放送予定。主演は桜庭ななみ。


各話あらすじ
第1話 2023年2月3日「お●●●恋愛のはじまり」
建設会社に勤める篁千世(桜庭ななみ)は、ひょんなことからランチを一緒に食べるようになった“ひる友”のイケオジ・瀬尾一愛(竹財輝之助)から突然告白される。長年恋愛を遠ざけてきた千世は戸惑い、逃げるようにその場を後にする。それから、いつも一緒にランチをしていたお店に瀬尾が突然来なくなってしまう。

会わない間に、瀬尾と過ごす時間が自分にとってかけがえのない大切なものだったと痛感した千世。久しぶりに再会した二人はお試しで付き合うことになるが…いきなりホテルへ!?


原作概要
『全力で、愛していいかな?』は、さんずい尺による日本の漫画作品。forcs内の電子雑誌レーベル『.FiZZ』にて連載中で、2020年8月7日より、コミックシーモアにて先行配信が開始された。2022年9月22日には、紙版の単行本1巻がviviONより刊行された。


ドラマ概要
女性を中心に大きな話題を呼んでいる同名作品をドラマ化した、大人同士の不器用なラブストーリー。恋に臆病な30代の主人公・篁千世役を務めるのは、今作が恋愛ドラマ初挑戦となる桜庭ななみ。そんな千世に告白する40代のイケオジ・瀬尾一愛を竹財輝之助が演じる。


ストーリー
建設会社に勤める篁千世(桜庭ななみ)は、オジサンたちに囲まれながら日々仕事に励んでいた。そんな中、ひょんなことからランチを一緒に食べるようになった“ひる友”のイケオジ・瀬尾一愛(竹財輝之助)から突然告白される。

長年恋愛から遠ざかっていた千世は、その告白に戸惑いながらも、「お試し期間が欲しい」と告げる。恋に臆病になり“好き”が分からなくなっていた千世と、包容力抜群な優し過ぎる瀬尾の、大人同士の不器用な年の差ラブストーリーが始まる。


キャスト
篁千世(たかむら ちよ)〈30〉
演 - 桜庭ななみ
大手建設会社の土木部に勤めており、将来はデザイン部に行くのが夢。ストレス解消は、子どもの頃から続けている柔道。恋に臆病になり、長年恋愛から遠ざかっている。一緒にランチを食べる仲の瀬尾から突然告白され、戸惑う。

瀬尾一愛(せお いちか)〈45〉
演 - 竹財輝之助
外資外食チェーンの副社長。スマートでカッコよく仕事も趣味も充実している。彼女ができても長続きしないタイプで、「しばらく恋愛はいいか」と思っていた矢先、千世と出会い運命的な恋に落ちる。心は乙女。

千世の関係者
城野丈
演 - 岩岡徹(Da-iCE)
ドラマオリジナルキャラクター。千世の同期。たまに会社で会うと千世のことを気に掛ける。イケメンだが女性にあまり興味がなく、仕事を優先する。

本郷灯
演 - 渡邉理佐
千世の後輩で営業部勤務。親身になって千世の相談に乗ってくれる。太郎というパートナーがいて、幸せな結婚生活を送っている。

瀬尾の関係者
夢路
演 - 小田井涼平
瀬尾の大学時代からの友人で、共にベンチャー企業を立ち上げて社長をしている。瀬尾と同じく外見に反して心は乙女で、瀬尾のよき理解者。



演 - 藤森慎吾
瀬尾の大学時代からの友人であり、共にベンチャー企業で働いている。常に冷静沈着で、夢路と一緒に瀬尾の相談によく乗っている。

その他
町田悠宇、桃月なしこ、原日出子

スタッフ
原作 - さんずい尺『全力で、愛していいかな?』(株式会社forcs / 株式会社viviON)
脚本 - 川アいづみ
主題歌 - I Don't Like Mondays.「WOLF VIBES」(rhythm zone)
オープニングテーマ - 黒子首「あいあい」(TOY'S FACTORY)
エンディングテーマ - I Don't Like Mondays.「MOON NIGHT」(rhythm zone)
監督 - 金井純一、本間利幸、朝比奈陽子
プロデューサー - 村田充範(テレビ東京)、高瀬敦也(ジェネレートワン)、小林和紘(FCC)
制作 - テレビ東京、ジェネレートワン
制作協力 - FCC
製作著作 - 「全力で、愛していいかな?」製作委員会


番組公式サイト
全力で、愛していいかな? - Wikipedia

『全力で、愛していいかな? TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月01日

ブラッシュアップライフ TOP

『ブラッシュアップライフ』は、2023年1月8日より日本テレビ系「日曜ドラマ」枠(毎週日曜22:30〜23:25)にて放送中。主演は民放GP帯の連続ドラマ初主演となる安藤サクラ。


各話あらすじ 平均視聴率 5.90%
第1話 2023年1月8日「脚本バカリズム! 人生を赤ちゃんからやり直す」 視聴率 5.7%
 地元の市役所に勤務する麻美(安藤サクラ)は、実家で父の寛(田中直樹)と母の久美子(中島ひろ子)、妹の遥(志田未来)と4人暮らし。仕事を終えて、月に2回ほど食事に出かける幼なじみの夏希(夏帆)と美穂(木南晴夏)は小・中学校の同級生。他の同級生のうわさで盛り上がり、学生時代を思い出して写真シールを撮ったり、カラオケで歌ったりして、平凡だが変化のない人生を過ごしていた。その日の帰り、トラックにはねられた麻美は、死後の世界の案内人である男性(バカリズム)と出会い、人生をやり直すことになる。

第2話 2023年1月15日「脚本バカリズム!2周目の人生は徳を積む」 視聴率 6.3%
 来世も人間として生まれ変わるために、人生をゼロからやり直して徳を積もうとする麻美あさみ(安藤サクラ)は、2周目の小学生時代を謳歌する。ブームになる前にたまごっちのレア品をゲットしたり、頭脳は大人だから勉強しなくたって成績は常に上位。今度は玲奈ちゃんが同じ小学校にいるし、後に結婚して離婚する福ちゃんとしーちゃんも一緒。親友の夏希なつき(夏帆)や美穂みほ(木南晴夏)とも予定通りに仲良くなり、童心に帰ってシール交換やプロフィール帳で遊んでいるうちに、楽しい6年間はあっという間に過ぎ――。

第3話 2023年1月22日「脚本バカリズム!1周目で死んだあの日に奇跡が起こる」 視聴率 5.2%
 2周目の人生で26歳になった麻美(安藤サクラ)は、薬剤師として上司の宮岡(野間口徹)と調剤薬局で働いていた。そんな中、体調が悪い祖父の薬の飲み合わせの悪さを指摘し、最大の徳を積むことに成功する。やがて、1周目で亡くなった33歳の事故当日に。麻美は夏希(夏帆)、美穂(木南晴夏)と食事中に、同級生(黒木華)と偶然再会し、彼女の恋人が既婚者の知人だと気付く。

第4話 2023年1月29日「脚本バカリズム!人生3周目はテレビ局勤務」 視聴率 6.4%
 3周目の人生を始めた麻美(安藤サクラ)は大学で文学部を選び田邊(松坂桃李)と再会する。卒業後は人を楽しませて大量の徳を積もうと日本テレビに入社。臼田あさ美(本人役)と仲良くなったり、ヘアメーク担当の同級生のごんちゃん(野呂佳代)と再会したりと世界が広がる。そんなある日、麻美は中学時代の教師の三田(鈴木浩介)が、痴漢の冤罪で捕まることを思い出す。

第5話 2023年2月5日「特を積み直す」
 人生3周目の麻美あさみ(安藤サクラ)は日本テレビに入社して5年、ドラマ『家売るオンナ』の制作真っ只中。仲村トオル(仲村トオル)の衣装合わせがあったり、再び現場が一緒になった臼田あさ美(臼田あさ美)とスタジオ前室で楽しく会話したり、小学校からの同級生でヘアメイクを担当するごんちゃん(野呂佳代)とお昼を食べに行ったり、忙しくも楽しく過ごす。


概要
安藤サクラが民放連続ドラマ初主演を務め、バカリズムが脚本を手掛ける地元系タイムリープ・ヒューマン・コメディー。地元の市役所で働く実家住まいの独身女性・近藤麻美(安藤)が、ある日突然、自らのこれまでの人生を赤ちゃんからやり直すことになる不思議な日常を描く。


ストーリー
実家で両親と妹と4人で暮らしている近藤麻美(安藤サクラ)は、地元の市役所で働く平凡な独身女性。仕事終わり、小・中学校からの同級生で親友の門倉夏希(夏帆)、米川美穂(木南晴夏)と食事に行った帰り、麻美は軽トラックにひかれてしまう。
真っ白な空間であっけない死にぼうぜんとする麻美の前に、来世案内人の男性が現れ、これから生まれ変わる新しい生命に案内すると告げる。生前の徳によって決まるという来世を受け入れられない麻美は、自分の人生を修正して希望の生命に生まれ変わるべく、もう一度今世をやり直すことに。こうして麻美は2周目の人生をスタートさせる。


キャスト
近藤麻美(こんどう あさみ) / あーちん〈33〉
演 - 安藤サクラ(保育園時代:永尾柚乃、小学校時代:和田愛海 、中学校時代:安原琉那)
主人公。地元の市役所に勤務する女性。実家で両親と妹との4人暮らし。
ある日突然、気が付くと、記憶をそのままに赤ちゃんの頃に戻ってしまい、人生をゼロからやり直すことになる。

門倉夏希(かどくら なつき)/ なっち〈33〉
演 - 夏帆(小学校時代:小吹奈合緒、中学校時代:早瀬憩)
麻美の親友。小・中学校の同級生。

米川美穂(よねかわ みほ)/ みーぽん 〈33〉
演 - 木南晴夏(小学校時代:前田織音 、中学校時代:住田萌乃)
麻美の親友。小・中学校の同級生。

周辺人物
田邊勝(たなべ まさる)
演 - 松坂桃李
麻美の元カレ。
黒木華
麻美の家族

近藤寛(こんどう ひろし)
演 - 田中直樹
麻美の父親。

近藤遥(こんどう はるか)
演 - 志田未来
麻美の妹。

近藤久美子(こんどう くみこ)
演 - 中島ひろ子
麻美の母親。
麻美の学生時代に関わる人々

福田俊介(ふくだ しゅんすけ)/ ふくちゃん
演 - 染谷将太(小学校時代:塩崎忍)
小・中学校の同級生。元売れないミュージシャン。地元のラウンドワンの店員。

田上静香(たがみ しずか)/ しーちゃん
演 - 市川由衣(小学校時代:上村結羽)
同級生。

丸山美佐(まるやま みさ)/ ごんちゃん
演 - 野呂佳代(小学校時代:羽子田梨杏、中学校時代:小澤美優)
同級生。

島本加奈子(しまもと かなこ)/ ぺーたん
演 - うらじぬの(小学校時代:小嶋咲絢、中学校時代: 野中梨緒那)
同級生。

三田先生 / ミタコング
演 - 鈴木浩介
中学時代の教師。

市役所の人々
麻美の職場の同僚たち。
河口美奈子(かわぐち みなこ)
演 - 三浦透子
麻美の後輩。

谷口課長
演 - 竹森千人
麻美の上司。

緑山春奈(みどりやま はるな)
演 - 佐々木史帆
麻美の同期。

生田美樹(いくた みき)
演 - 冨手麻妙
麻美の同期。
保育園時代の麻美が関わる人々

洋子先生
演 - 中田クルミ
保育士。

森山玲奈(もりやま れいな)
演 - 鈴木凛子
友達。

玲奈の父親
演 - 勢登健雄
友達・玲奈の父。
死後案内所

受付係
演 - バカリズム
死後の世界の案内人。

その他
野間口徹、 臼田あさ美

スタッフ
脚本 - バカリズム
演出 - 水野格、狩山俊輔
音楽 - fox capture plan
チーフプロデューサー - 三上絵里子
プロデューサー - 小田玲奈、榊原真由子、柴田裕基(AX-ON)、鈴木香織(AX-ON)
企画協力 - マセキ芸能社
制作協力 - AX-ON
製作著作 - 日本テレビ


番組公式サイト
ブラッシュアップライフ - Wikipedia

『ブラッシュアップライフ TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Get Ready! TOP

『Get Ready!』(ゲットレディー)は、2023年1月8日よりTBS系「日曜劇場」枠(毎週日曜21:00〜21:54)にて放送中。主演は妻夫木聡。


各話あらすじ 平均視聴率 10.25%
第1話 2023年1月8日「最強闇医者チームが手段選ばず患者を救う命の価値を問う物語」 ※初回25分拡大(21:00 - 22:19) 視聴率 10.2%
 「エース」こと波佐間(妻夫木聡)は、パティスリーのパティシエとして働くが、裏の顔は法外な報酬と引き換えに違法な手術をする闇医者チームの執刀医。ある日、副総理の羽場(伊武雅刀)が脳神経を断裂して大学病院に運ばれた。一命は取り留めたものの院長の剣持(鹿賀丈史)から「もう自身の足で歩くことはできない」と告げられ憤慨する羽場の前に、エースの手術の条件を提示する交渉人・ジョーカー(藤原竜也)が現れる。交渉が成立するかと思った矢先、そこにエースが現れ、羽場に「お前に生き延びる価値はあるのか」と問いかける。


第2話 2023年1月15日「金の亡者に余命宣告息子は父を救うのか」 視聴率 10.9%
 ジョーカー(藤原竜也)と深く関わる、千秋(市川由衣)が、一人息子を城和大学附属小学校に裏口入学させるため、2億円を用意しろと訪ねて来る。その城和大学は近年、坊城理事長(柄本明)による裏口寄付金プロジェクトで莫大な金を得ていた。金の亡者となった坊城理事長は、副理事長で息子の康之(三浦貴大)にその座を降ろされた上、ガンで余命数か月と宣告される。しかし、交渉のため現れた闇医者チームのジョーカーに、自分が死ぬとしても2億円以上は払えないと断る。「金のない‘理想’は無意味」と語る坊城理事長に隠された秘密とは?そしてその言葉に引っかかったエース(妻夫木聡)は、果たして坊城の命を救うのか!?


第3話 2023年1月22日「連続殺人犯を追え!闇医者達が救う理由」 視聴率 10.3%
 闇医者チームは、とある連続殺人事件を追いかけていた。警察の捜査が近づく中、ジョーカー(藤原竜也)やクイーン(松下奈緒)の反対を押し切って事件の被害者たちを救い続けるエース(妻夫木聡)。実は犯人の安達(杉本哲太)もまたエースの患者であり…彼が連続殺人犯になった隠された理由とは? そして闇医者チームは警察の目を盗んで、安達を救うことができるのか?


第4話 2023年1月29日「病が生み出した天才命?才能?極限選択」 視聴率 9.6%
 天才彫刻家の洋子(美村里江)は、脳腫瘍の摘出手術は不可能であると医師から告げられ、残された時間で最期の最高傑作を作ろうと決意する。そこにジョーカー(藤原竜也)が現れ、6億円で腫瘍の摘出手術をしてもらう契約を結ぶ。

ところが、洋子のMRI画像を確認したエース(妻夫木聡)は、彼女が腫瘍が原因で発症した後天性サヴァン症候群であることを見抜く。腫瘍を取り除けば命は助かるが、彫刻家としての才能は失われてしまう。命か、才能か・・・。

唯一無二の才能を持った洋子の迷いを、クイーン(松下奈緒)は自分のことのように受け止めていて・・・。


第5話 2023年2月5日
 町工場「石川精機工業」の職人・石川智明は、通称クローバー(小林勝也)。エース(妻夫木聡)との付き合いも長い、闇医者チームの特殊機械担当だ。仮面のメンテナンスを頼みに行ったスペード(日向亘)は、クローバーからエースとの出会いや、エースとジョーカー(藤原竜也)の関係を聞く。

そんな折、若年性アルツハイマーを患う渚(小島藤子)とその夫・健二(高橋光臣)と出会ったエースは、手術の交渉をジョーカーに依頼する。夫婦は資産家ではないためジョーカーは乗り気ではなかったが、2人に会い、思ってもいなかった事実を知ることに・・・。


概要
堤幸彦が演出を手掛け、妻夫木聡が孤高の天才外科医を演じる完全オリジナルの医療ヒューマンエンターテインメント。エースと呼ばれる波佐間永介(妻夫木)は、昼は自身の店でパティシエをしているが、裏では法外な報酬と引き換えに、超人的なオペ技術でどんな手術も請け負う闇の最強医療チームを率いる天才執刀医。そのエースの相棒で、表の顔は国際弁護士の下山田譲、通称・ジョーカーに藤原竜也が扮し、エースがオペを行う患者との交渉を担う。

闇医者チームのメンバーとして、クイーンことすご腕オペナース・依田沙姫役を松下奈緒、若き万能ハッカー・白瀬剛人役を日向亘が務める。

ストーリー
エースこと波佐間永介(妻夫木聡)は、表の顔はパティスリー「カーサブランシェ」のパティシエだが、裏の顔は、法外な報酬と引き換えにどんな手術も請け負う、闇の医療チームを率いる天才執刀医。

ある日、副総理・羽場が脳神経を断裂し、大学病院の院長から「二度と歩くことはできない」と告げられる。憤慨する彼の前に現れたのは、闇医者チームの交渉人・ジョーカーこと下山田譲(藤原竜也)。すご腕オペナース・クイーンこと依田沙姫(松下奈緒)と若き万能ハッカー・スペードこと白瀬剛人(日向亘)がモニターで見守る中、ジョーカーはオペの条件交渉を開始。しかしその時エースが現れ、羽場に「お前に生き延びる価値はあるのか?」と問う。


キャスト
闇医者チーム
多額の報酬と引き換えに手段を選ばず患者の命を救う謎の医療チーム。仮面ドクターズとも呼ばれる。
波佐間永介(はざま えいすけ)
演 - 妻夫木聡
天才的なオペ技術を持つ執刀医。通称:エース。
昼間は洋菓子店「カーサブランシェ」を営んでおり、そこでパティシエを務めている。

下山田譲(しもやまだ じょう)
演 - 藤原竜也
オペ患者との交渉役。通称:ジョーカー。
普段は国際弁護士として活動している。

依田沙姫(よだ さき)
演 - 松下奈緒
凄腕オペナース。通称:クイーン。

白瀬剛人(しらせ ごうひと)
演 - 日向亘
若き天才ハッカー。通称:スペード。

周辺人物
嶋崎水面(しまざき みなも)
演 - 當真あみ
「カーサブランシェ」に足しげく通う女子高生。

千代田医科大学附属病院
染谷慈恩(そめや じおん)
演 - 一ノ瀬颯
外科医。院長令嬢・玲於奈の婚約者。

橋元芙美(はしもと ふみ)
演 - 橋本マナミ
外科医。

幾田洋一(いくた よういち)
演 - 中山麻聖
外科医。

汐留明(しおどめ あきら)
演 - 田野倉雄太
研修医。

台場虹江(だいば にじえ)
演 - 長見玲亜
研修医。

剣持玲於奈(けんもち れおな)
演 - 結城モエ
院長の娘。

剣持理三(けんもち みちぞう)
演 - 鹿賀丈史
院長兼理事長。アジア医師会・会長。
警視庁特務捜査課

佐倉亮一(さくら りょういち)
演 - 矢島健一
課長。

菊川忍(きくかわ しのぶ)
演 - 片山友希
佐倉の部下。

東堂雄彦(とうどう たけひこ)
演 - 菅原卓磨
佐倉の部下。

加須崇(かす たかし)
演 - 吉田涼哉
元CSI捜査官。

久豆番(くず つがい)
演 - 川本光貴
ハッカー。

その他
羽場一郎(はば いちろう)
演 - 伊武雅刀
副総理。脳神経を断裂し、千代田医大学病院に搬送され一命を取りとめるが、二度と歩行できないと剣持院長に宣告される。

POC(ポック)
演 - 三石琴乃

占い師。
ゲスト
第1話
渋谷隆治(しぶたに りゅうじ)
演 - 池松壮亮
資産運用会社「渋谷キャピタルパートナーズ」のCEO。余命宣告を受ける。

才津明(さいづ あきら)
演 -入江甚儀
「渋谷キャピタルパートナーズ」のCOO。

スタッフ
脚本 - 飯野陽子、山田能龍、川邊優子(オフィスクレッシェンド)、金沢知樹、渡辺啓
音楽 - ノグチリョウ
パティシエ監修 - 辻口博啓
プロデュース - 武藤淳、植田博樹、鈴木佳那子(オフィスクレッシェンド)、市山竜次(オフィスクレッシェンド)、佐井大紀
演出 - 堤幸彦(オフィスクレッシェンド)、武藤淳、山本剛義
制作協力 - オフィスクレッシェンド
製作著作 - TBS


番組公式サイト
Get Ready! - Wikipedia

『Get Ready! TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひともんちゃくなら喜んで! TOP

『ひともんちゃくなら喜んで!』(ひともんちゃくならよろこんで)は、2023年1月15日(14日深夜)から、朝日放送テレビの「ドラマL」枠(毎週土曜26:30〜27:00)で放送中。主演は矢作穂香と犬飼貴丈。


各話あらすじ
第1話 2023年1月14日
人事コンサルタント会社『オフホワイト』に勤める人見まもる(矢作穂香)は、人事で働く人たちの頑張りを掬い上げたいという理想とは裏腹に…会社では“天使すぎるコンサル”という単なる広告塔として利用されるだけの不本意な日々を送っていた。自分のやりたい仕事とは一体何なのか…働く意味を見失いかけていた人見は、ある日。憂さを晴らすため、誰にも気づかれないようスッピンで飲みに出かける。

そこで人見は、とあるイケメン男性に声を掛けられる。彼は人見の事を「天使に見える」と絶賛!気を許した人見はつい飲み過ぎてしまい…気づけば翌朝、見知らぬ部屋のベッドの中に居た。横には昨日のイケメン男。男は躊躇せずベッドインの様子をスマホの写真に収める。「俺に協力してくれたらこの写真は拡散しないから…」はなから人見目当てで近づいていたこの男の名は佐京紫織(犬飼貴丈)。彼は自らの会社のコンサルタントになるよう人見に要求するのだが…


第2話 2023年1月21日
念願だった人事コンサルタントとして、佐京紫織(犬飼貴丈)の会社『ジェットブラック』に派遣された人見まもる(矢作穂香)。新人離職率100%のブラック企業、一体ナゼ新人たちは会社を辞めていくのか…調べていくと新人たちを辞職に追い込む通称“マウント四天王”と呼ばれる4人のモンスター社員が存在する事が判明。マウント四天王を改善しない限り、この会社に未来はない!人見と佐京は早速、マウント四天王の割り出しを図ろうとするのだが、恐れるあまり社員達の口は思った以上に固く、調査は難航する。

そんな時、人見に声を掛けてきた一人の女性社員。「コンサルさん、私と腹割って喋りません?」彼女の名は創業以来、経理一筋で働く高円寺エリカ。会社への忠誠心に厚く、自らの仕事にも強い誇りを持って働く高円寺の姿勢に感銘を受ける人見だったが…


第3話 2023年1月28日
新人離職率100%のブラック企業「ジェットブラック」では、社運を賭けた展示会を前に社員が忙しく働いていた。そんな社員達の様子を見た人事コンサルタントの人見まもる(矢作穂香)は、社員ごとに佐京紫織(犬飼貴丈)との関係性が大きく異なることを知る。デザイン部のカリスマ・美澄レイ(綱啓永)は左京に臆することなく積極的にアイデアを提案するのに対して、生産管理課の常盤舞子(鳴海唯)は必要な書類すら佐京に直接渡さず、人見に託す始末。常盤のその態度は、佐京を避けるかのようにも見え…。

そんな中人見は営業部のエース・桃井亜里沙(北野日奈子)からランチに誘われ、そこで桃井の口から佐京の女癖の悪さについて聞かされる。女性と見ればすぐに手を出す佐京は、陰で実は「性欲モンスター」と呼ばれているという衝撃の事実を知り、佐京への警戒心が募る。しかしそれは佐京と人見の仲に嫉妬した桃井の作戦だった!二人目のマウント四天王・嫉妬の鬼桃井の標的にされた人見は、気付かぬうちに桃井に包囲され…


原作概要
『ひともんちゃくなら喜んで!』は、八海つむによる漫画作品。ウェブコミック配信サイト『裏サンデー』(小学館)にて2021年5月10日より連載されており、『マンガワン』(同社)では5月3日より先行配信されている。


ドラマ概要
八海つむの同名漫画を、矢作穂香と犬飼貴丈のダブル主演で連続ドラマ化。新人コンサルタントと新人離職率100%のブラック企業の社長がオフィス改革に挑むラブコメディー。SNSで“天使すぎるコンサルタント”と話題になっているものの、現場経験ゼロの人事コンサルタント派遣会社の新人・人見まもるを矢作、仕事の鬼であり、自分にも他人にも厳しいアパレルメーカーのワンマン社長・佐京紫織を犬飼が演じる。


ストーリー
人事コンサルタント派遣会社「オフホワイト」に勤める新人・人見まもる(矢作穂香)は、“天使すぎるコンサルタント”としてSNSで話題の有名人だが、実際は現場経験ゼロの会社の広告塔。本当にやりたいのは最高の人事マネジメントで、派遣先での実務だと不満がたまっていたある夜、人見はすっぴんで街のバーに繰り出す。

すっぴんが“超幸薄顔”で、誰にも気付かれることはないと高をくくっていた人見の前に、アパレルメーカー「ジェットブラック」の社長・佐京紫織(犬飼貴丈)が現れる。すっぴんの人見のことをエンジェルのようだという佐京。実は彼は、新人離職率100%の自分の会社を改善したくて人見に近づいたのだった。


キャスト
人見まもる
演 - 矢作穂香
人事コンサルタント派遣会社「オフホワイト」の新人。“天使すぎるコンサルタント”とSNSで話題だが、実際は現場経験ゼロのまま会社のPR業務を任じられている広告塔。人事の仕事に就いていた亡き父の背中を追い就職したが、派遣先での実務ができず不満がたまっている。あることがきっかけで、佐京が経営するアパレル会社に人事コンサルタントとして派遣されることになる。化粧を落とした素顔は“超幸薄顔”。

佐京紫織
演 - 犬飼貴丈
アパレルメーカー「ジェットブラック」の社長。仕事の鬼であり、自分にも他人にも厳しいワンマン。業績は悪くないものの、新人の離職率100%というブラックな実態から、「人が長く続く会社にしたい」という思いを抱き、人気コンサルタントとうわさの人見に急接近。強引な手段で人見を自社に招き、自らのブラック企業を立ち直らせようとする。

マウント四天王
「ジェットブラック」の問題社員たち。
高円寺エリカ(こうえんじ エリカ)
演 - 大谷麻衣
経理課のOL。怒り出したら誰も手を付けられないお局社員。

桃井亜里沙(ももい ありさ)
演 - 北野日奈子
営業部のエース社員。佐京に近づく女性への嫉妬心をむき出しにする。

常盤舞子(ときわ まいこ)
演 - 鳴海唯
生産管理課のOL。あざとい女子社員。

ジェットブラックの社員
薄井京香
演 - 新井舞良

若手社員。
黄文革
演 - 大倉空人(原因は自分にある。)

若手社員。
オフホワイト
人見の勤務する人事コンサル派遣会社。

紺野悟(こんの さとる)
演 - 山崎銀之丞
社長。人見を「天使すぎるコンサルタント」として売り込み、企業イメージアップに成功する。

スタッフ
原作 - 八海つむ『ひともんちゃくなら喜んで!』(小学館「マンガワン」連載)
脚本 - マンボウやしろ、諸橋隼人、灯敦生
監督 - 高橋朋広、八重樫風雅、渡邉裕也
主題歌 - センチミリメンタル「ひとりごと」(Epic Records Japan)
プロデューサー - 南雄大(朝日放送テレビ)、加藤伸崇(S・D・P)、坪ノ内俊也(R.I.S Enterprise)
制作協力 - S・D・P
協力会社 - R.I.S Enterprise
制作著作 - 朝日放送テレビ


番組公式サイト
ひともんちゃくなら喜んで! - Wikipedia

『ひともんちゃくなら喜んで! TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三千円の使いかた TOP

『三千円の使いかた』(さんぜんえんのつかいかた)は、2023年1月7日より、東海テレビとテレパックの共同制作で「土ドラ」枠(毎週土曜23:40〜24:35)にて放送中。主演は葵わかな。


各話あらすじ
第1話 2023年1月7日
「人はね、三千円の使いかたで人生が決まるの」。御厨美帆(葵わかな)が子どもの頃から祖母・琴子(中尾ミエ)から言われた言葉。24歳になり憧れの一人暮らしをはじめた美帆は、そんなことなど忘れ人生を謳歌していた。

IT企業に勤め同世代の中では給料もよく、自慢の彼氏と幸せに暮らす毎日…しかし順風満帆に見えた美帆の人生に、自分自身の生活を見直す転機が訪れる。さらに美帆の姉・真帆(山崎紘菜)や母の智子(森尾由美)ら御厨家の面々にも、それぞれが自身の人生について深く考える出来事が…。
 

第2話 2022年1月14日
「保護犬を飼うため一千万円を貯めて一軒家を購入する!」。夢の実現のため、固定費を浮かせて貯金しようと実家に戻ってきた美帆(葵わかな)。

一方、夫の死後、「一千万円の遺産をコツコツ増やしマッサージチェアを購入する!」 という目標を達成した77歳の祖母・琴子(中尾ミエ)はその後、日々の生きがいもなく暮らしていた。

そんなある日、智子(森尾由美)から、友人たちにおせち料理の作り方を教えてほしいと頼まれる。智子に懇願され渋々協力することになった琴子だったが、この出来事がきっかけで人生が思わぬ方向に転がることになる…。
 

第3話 2023年1月21日
55歳の智子(森尾由美)は健康診断の結果、子宮体がんのステージ1だと分かる。娘の美帆(葵わかな)・真帆(山崎紘菜)はもちろん、義母の琴子(中尾ミエ)も心配して励ましてくれるが、反応の薄い夫・和彦(利重剛)からは「大丈夫か」の一言もなく不満を募らせる。

そんな中、親友の千さと(とよた真帆)から熟年離婚を考えていると聞かされ動揺する智子。

航空会社勤務の夫と結婚し、裕福な暮らしをしていたはずの千さとでも、離婚後の生活は苦しくなるらしい。「もし自分だったら」と不安になる智子だったが…。


第4話 2023年1月28日
美帆(葵わかな)の姉・真帆(山崎紘菜)は元証券会社勤務。消防士の夫・太陽(堀井新太)の給料をやりくりしながら貯金一千万円を目標に日々節約を心がけていた。

そんな真帆の友人・小春(中村加弥乃)がセレブ婚をすることに。学生時代の友人たちと集まると、玉の輿に乗った彼女を祝う一方で、自身の結婚について「正直なんで?って思った」「仕事も辞めて、あの旦那一本にかけたってことでしょ?」と率直な感想をぶつけられる。

「みんな、そんな風に思っていたの?」節約ばかりの毎日が何だか惨めに思えてきて…。一方、一生懸命節約に励む美帆は、スーコ(アン ミカ)のセミナーで運命的な出会いが⁉


第5話 2023年2月4日
ホームセンターで琴子(中尾ミエ)と知り合い、庭友(にわとも)として仲良くなった安生(橋本淳)。40歳手前となった今でも日雇いのアルバイトで稼ぎ、貯金ができると放浪の旅へ…年収は100万円程度だが、悠々自適な生活を満喫している。

持ち前の人懐っこさですっかり美帆(葵わかな)とも打ち解けるなど、なんだかんだと御厨家になじみ始めていた。

「子どもが欲しい」と願う恋人のきなり(高田里穂)をうまくはぐらかしていたが、ある日安生のもとに得体の知れない若い女性が訪ねてくる。これまでの生活を揺るがす安生の大ピンチに、美帆が取った行動とは…?


原作概要
『三千円の使いかた』は、脚本家、小説家である原田ひ香による小説。


ドラマ概要
原作は、節約や貯蓄にまつわるエピソードや女性の悩みがリアルに描かれ共感と支持を集める原田ひ香の同名小説。家族3世代、4人の女性たちが、人生の悩みに向き合い節約をして、それぞれの夢をかなえるために奮闘する。主演の葵わかなが、ある出来事をきっかけに節約に目覚める御厨家の次女・美帆に扮する。

美帆の姉で子育ての真っただ中にいる長女を山崎紘菜、更年期に熟年離婚危機を迎えた母を森尾由美、生きがいを失い退屈な日々を過ごす祖母を中尾ミエが演じるほか、橋本淳、堀井新太、アン ミカ、利重剛も出演。「三千円の使いかたで人生が決まる」をキーワードに、幸せになるお金の貯め方&使い方を描く。


ストーリー
IT関連会社に勤める御厨美帆(葵わかな)は、実家を出て都内のおしゃれエリアで1人暮らしをしている。彼氏もいて仕事も順調。将来のための貯蓄などは考えも及ばず、好きなものに囲まれる毎日を送っていた。そんな矢先、会社で最も信頼している憧れの先輩・街絵が病気で倒れ、退社してしまう。胸にぽっかりと穴が空いた美帆に追い打ちをかけるように、彼氏との間にも隙間風が吹き始める。

一方、御厨家では、夫の遺産1000万円をコツコツ増やし、目標を達成したものの逆に生きがいを失った祖母の琴子(中尾ミエ)、定年間近の夫との熟年離婚も脳裏をよぎる上、突然病気の宣告を受けた母の智子(森尾由美)らが人生の岐路を迎えていた。


キャスト
御厨美帆(みくりや みほ)
演 - 葵わかな
御厨家の次女。IT関連企業に勤務する24歳。就職を機に東京の下町にある実家を離れ、都内のおしゃれエリアで1人暮らし。給料はそこそこいいが、節約等には無頓着で貯金はほとんどない。学生時代からの彼氏と憧れの社会人ライフを送っていたが、ある出来事をきっかけに自分の人生を見つめ直し、節約に目覚める。

美帆の親族
井戸真帆(いど まほ)
演 - 山崎紘菜
御厨家の長女。消防士の夫・太陽と結婚し一人娘を授かる。夫の手取り25万円の給料で家賃8万8000円のアパートで暮らしている。結婚前は証券会社勤務だった。

御厨琴子(みくりや ことこ)
演 - 中尾ミエ
御厨家の祖母で、和彦の母。夫の遺産を心のよりどころに、年金で生活している。結婚当初から家計簿をつけるなど、貯蓄や節約に対する意識は高い。

御厨智子(みくりや ともこ)
演 - 森尾由美
御厨家の母。バブルを経験し、結婚後は専業主婦として2人の娘を育て上げた。現在は都内の下町で購入した一軒家で夫・和彦と暮らしている。貯金200万円弱。

御厨和彦(みくりや かずひこ)
演 - 利重剛
御厨家の父。無口で家事は一切しない。女性ばかりの家で、何かと気を使っているらしい。

井戸太陽(いど たいよう)
演 - 堀井新太
真帆の夫。高校卒業後に消防士となった。その名の通り“太陽”のように明るい性格。

周辺人物
小森安生(こもり やすお)
演 - 橋本淳
アルバイトをしながら世界中を放浪している男。憎めない笑顔で、御厨家の祖母・琴子に近づく。

黒船スーコ(くろぶね スーコ)
演 - アンミカ
人気フィナンシャルプランナー。節約アドバイザーとして、テレビに出演する。

小田街絵
演 - 酒井若菜
美帆が勤務する会社の先輩。

沼田翔平
演 - 葉山奨之
見習いグラフィックデザイナー。

スタッフ
原作 - 原田ひ香『三千円の使いかた』(中公文庫刊)
脚本 - 嶋田うれ葉、鈴木裕那、青木江梨花
音楽 - 横山克、橋口佳奈
挿入歌 - mihoro*「えっか」(JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)
演出 - 村上牧人(テレパック)、室井岳人、柿原利幸、下向英輝
企画 - 市野直親(東海テレビ)
プロデューサー - 遠山圭介(東海テレビ)、雫石瑞穂(テレパック)、山本梨恵(テレパック)
制作 - 東海テレビ、テレパック


番組公式サイト
三千円の使いかた - Wikipedia

『三千円の使いかた TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6秒間の軌跡〜花火師・望月星太郎の憂鬱 TOP

『6秒間の軌跡〜花火師・望月星太郎の憂鬱』(ろくびょうかんのきせき はなびし もちづきせいたろうのゆううつ)は、2023年1月14日からテレビ朝日系「土曜ナイトドラマ」枠(毎週土曜23:30〜24:00)にて放送中。主演は高橋一生。


各話あらすじ
第1話 2023年1月14日
 2022年・夏。新型コロナが収束しないため、夏の花火大会は中止となり、望月星太郎(高橋一生)と航(橋爪功)の花火師親子は今年も暇になりそうだ。大規模な花火は上げられないものの、個人がオーダーする花火を始めようと、航は星太郎に何度か提案してきたが、星太郎は難色を示す。個人向けの花火となると、HPで宣伝、打ち上げる場所の許可取り…などと色々とやらないといけないことがあり、加えて、特定の個人に満足してもらうためには、客との事前の綿密なコミュニケーションも必要であることなどから、乗り気ではなかった。しかし、星太郎が個人のオーダーを嫌がる本当の理由は…。

 その後、星太郎はいつものように、朝食の片づけを終えてから作業場に向かう。すると、航が倒れており、「すまん」という言葉とともに、息を引き取るのだった。

 そして、冬――。1人となった星太郎のもとに、『あなたのためだけの花火を打ち上げます』と書かれた手書きのチラシを手にした水森ひかり(本田翼)が訪ねてくる。彼女は花火を上げてほしいと星太郎に頼むのだった。そんな時、なぜか死んだはずの航が、突然、星太郎の前に現れて!?  驚く星太郎だったが、「生きてるとか死んでるとか、そんなのどっちだっていいじゃないか」と、航は取り合わず…まさか《幽霊》なのか!?


第2話 2023年1月21日
 ある朝の望月煙火店。望月星太郎(高橋一生)がいつものように朝刊を手に部屋に戻ると、そこに先日、個人オーダーの花火を依頼してきた水森ひかり(本田翼)が立っていたことで、驚がくする。なんと、ひかりは「持ってたもの、全部捨ててきた」と語り、望月煙火店に住み込みで働かせてほしいと星太郎に頼むのだった。これには、ひかりからは姿の見えない望月航(橋爪功)も大喜びとなるが、星太郎は困惑。ひかりは、自分が客を集めて、困っていることはなんでもすると、半ば強引に望月煙火店の従業員となり、奇妙な《3人暮らし》が始まることになるのだった――。そして星太郎は、先日の打ち上げ花火の際に、ひかりが鼻で笑った行動が気になり彼女に問うが、その答えは…!? 

 なにかと気を遣って面倒くさがる星太郎、勝手に台所で昼食の用意を始めるなど自由気ままなひかり、その二人の様子を横やりを入れながらも微笑ましく見守る航。ひかりはさっそく、個人オーダーに向けた望月煙火店のホームページを作成し、そこに実際に打ち上げた花火の映像を載せたいと言うが、先日のひかりのための花火の映像は誰も撮影しておらず…。しかも、ひかりは「どんな花火だったか、思い出せない」という始末。これには星太郎もショックを受ける。しかし、「今から言うことは独り言」と前置きし、彼女は自身が歩んできた人生を語り始め、花火を打ち上げたくなった理由や、その花火のおかげで今の自分があることを感謝するのだった。


第3話 2023年1月28日
 水森ひかり(本田翼)から、姿は見えないものの、今は亡き父・望月航(橋爪功)との不可思議な関係性を指摘された望月星太郎(高橋一生)は妄想癖があると思われたかもと心配し、航に相談する。すると航は、一つ屋根の下で一緒に生活しているのだから、偶然にひかりに裸を見られてもいいように、大胸筋を鍛えておくことをアドバイスするのだった。星太郎は、亡くなった航が姿を現すのは、何か心配事があり成仏できていないのではないかと推測するように…。航は、40歳を超えても独身の星太郎を心配しているのだろうか――? そして、ひかりは花火作りを教えてほしいと星太郎にお願いするが、星太郎は、なにかと理由をつけて、これを拒否するのだった。

 すると、星太郎の幼馴染・田中勇人(小久保寿人)が訪ねてきて、住み込みで働いているというひかりの存在に驚く。ひかりは、星太郎と田中が話していた、過去に星太郎が4年間付き合った《由紀子》という女性の存在をそこで初めて知るのだった。


第4話 2023年2月4日
 慣れない個人花火の受注や、水森ひかり(本田翼)との同居生活など、なにかとストレスを抱える望月星太郎(高橋一生)。望月航(橋爪功)は、気にすることはないと諭すが…。そんな2人の様子を、見えていないし聞こえていないひかりだが、それが、すっかり日常の風景となりつつあった。

 そんな中、個人花火の依頼人である片山貴広(高井佳佑)がやってくる。1カ月前、パートで会社に来た神谷佐和(牛尾茉由)に、花火の下で告白をしたいという。神谷を「運命の人」だと語る片山だが、星太郎とひかりは、顔見知り程度の女性に招待状を送り、来てくれることを前提に花火を依頼した片山の告白が成功するとは思えない。しかし、ひかりは、我々の仕事は片山の望む花火を作って打ち上げることだと語り、それを聞いていた航は、どちらが社長か分からないと星太郎をからかう。また、ひかりは芋けんぴにかりんとうと、航が好きだったお菓子を未だに食べ続ける星太郎を不思議に思って…。


概要
地方都市にある代々続く煙火店(花火店)を舞台に、花火師の親子とミステリアスな女性が織り成すファンタジーホームコメディー。脚本は橋部敦子のオリジナルで、高橋一生が、代々受け継がれてきた「望月煙火店」に生まれた花火師の望月星太郎を演じる。


ストーリー
2022年夏。新型コロナウイルスが収束しないため、代々続く花火店「望月煙火店」の望月星太郎(高橋一生)と航(橋爪功)の花火師親子は、今年も暇になりそう。大規模な花火が上げられないならと、航は個人がオーダーする花火を始めようと何度か提案するが、星太郎は、客との事前の綿密なコミュニケーションが必要であることなどから乗り気ではなかった。そんなある日、星太郎がいつものように作業場に向かうと航が倒れており、「すまん…」という言葉とともに息を引き取る。

冬になり、1人となった星太郎のもとに、「あなたのためだけに花火を打ち上げます」と書かれた手書きのチラシを手にした水森ひかり(本田翼)が訪ねてくる。


キャスト
望月星太郎(もちづき せいたろう)〈42〉
演 - 高橋一生
「望月煙火店」の花火師。代々受け継がれてきた花火師の家に生まれ、自身も花火師に。9歳の時に両親が離婚し、以降は父親と2人暮らし。ここ数年は新型コロナウイルスの影響で花火を打ち上げる機会がほぼなく、経済的な不安を感じている。

望月航(もちづき わたる)〈享年80〉
演 - 橋爪功
「望月煙火店」の4代目。故人。従業員である息子・星太郎と2人で店を営んできたが、「すまん…」という一言を残し息を引き取る。元妻である星太郎の母親とは結婚10年で離婚しており、2人の間には星太郎も知らない事実がある。

水森ひかり(みずもり ひかり)〈29〉
演 - 本田翼
実家暮らしの29歳。4年間付き合っている彼氏がいるが、何度か別れたり付き合ったりを繰り返している。「あなたのためだけに花火を打ち上げます」というチラシを見て、「望月煙火店」に花火をオーダーする。彼女の雰囲気に、なぜか星太郎は母を、航は妻を思い出し、望月親子の生活に影響を与え始める。

周辺人物
田中勇人(たなか ゆうと)〈42〉
演 - 小久保寿人
星太郎の幼馴染。「田中工務店」の若社長。

スタッフ
脚本 - 橋部敦子
監督 - 藤田明二(テレビ朝日)、竹園元(テレビ朝日)、松尾崇(KADOKAWA)
音楽プロデュース - S.E.N.S. Company 
音楽 - 森英治
主題歌 - ケツメイシ「夜空を翔ける」(avex trax)
エグゼクティブプロデューサー - 内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー - 中込卓也(テレビ朝日)、山形亮介(KADOKAWA)、新井宏美(KADOKAWA)
制作協力 - KADOKAWA
制作著作 - テレビ朝日


番組公式サイト
6秒間の軌跡〜花火師・望月星太郎の憂鬱 - Wikipedia

『6秒間の軌跡〜花火師・望月星太郎の憂鬱 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

探偵ロマンス TOP

『探偵ロマンス』(たんていロマンス)は、2023年1月21日からNHK総合の「土曜ドラマ」枠(毎週土曜22:00〜22:50)で放送中。主演は濱田岳。


各話あらすじ
第1話 2023年1月21日
 20世紀初頭。荒廃した街で銃撃事件が頻発し、引退した名探偵・白井三郎(草刈正雄)の待望論が。小説家志望の平井太郎(濱田岳)は新聞での連載を条件に三郎を探すことに。

第2話 2023年1月28日
 真犯人を捕まえるため、予告場所に乗り込む太郎(濱田岳)と三郎(草刈正雄)。激しい戦いの末、新たな予告状を手に入れるが、太郎は人気の踊り子(世古口凌)に心奪われ…

第3話 2023年2月4日


概要
脚本家・坪田文が書き下ろす、大正時代の帝都を舞台にした虚実交錯するロマンス活劇。若き日の江戸川乱歩が初老の名探偵とバディを組んで探偵稼業に乗り出し、やがて乱歩作品おなじみのキャラクターが躍動する物語を生み出すまでを描く。後に江戸川乱歩となる、まだ何者でもない貧乏暮らしの若者・平井太郎を濱田岳、太郎と出会い“怪盗”との大いなる対決へと向かう名探偵・白井三郎を草刈正雄が演じる。


ストーリー
20世紀初頭、帝都。後に江戸川乱歩となる平井太郎(濱田岳)は、海外の推理小説家に憧れながらもまだ何者でもなく、仕事を転々としながら友人・郷田初之助(泉澤祐希)と貧乏生活を送っていた。新聞社などに原稿を持ち込んでも全く相手にされない太郎の小説に、いつも感想を送ってくれる文通相手の村山隆子(石橋静河)からの手紙が、唯一の心の救いだった。

そんな折、太郎は初老の名探偵・白井三郎(草刈正雄)と出会い、ピンチに強い三郎のユーモアとペーソスあふれる人柄に魅了される。一方、三郎は、純粋な太郎から飛び出す突飛な発想を面白がり、あふれ出る熱情や叫びに心動かされ、2人はバディを組み探偵稼業へと乗り出していく。


キャスト
平井太郎(ひらい たろう)
演 - 濱田岳
海外の推理小説家に憧れるもいまだ何者でもなく、職を転々とする貧乏暮らしの青年。名探偵・白井三郎と出会い、探偵稼業に乗り出す。後に日本を代表する推理小説家・江戸川乱歩となる。

白井三郎(しらい さぶろう)
演 - 草刈正雄
白いスーツに身を包み、数々の難事件を解決してきた名探偵。世間にその名を知られているが、3年前に引退を表明し姿を消している。太郎と出会い、深い因縁のある“怪盗”との大いなる対決へと向かう。

村山隆子(むらやま りゅうこ)
演 - 石橋静河
鳥羽の小学校教師。太郎が親愛を寄せる文通相手で、新しく小説を書いたらいつも送り、彼女の感想を心待ちにしている。

郷田初之助(ごうだ はつのすけ)
演 - 泉澤祐希
太郎の友人。

時子(ときこ)
演 - 本上まなみ
古本屋「二人書房」、下宿の女将。

梅澤潤二(うめざわ じゅんじ)
演 - 森本慎太郎(SixTONES)
帝都新聞の記者。世間を沸かせる特ダネを求め、名探偵・白井三郎の行方を追っている。新聞社にやって来た太郎の小説を酷評したことから犬猿の仲に。

狭間勇(はざま いさむ)
演 - 大友康平
帝都警察の警部。三郎とは犬猿の仲。

お百(おひゃく)
演 - 世古口凌
舞台『華炎城の舞姫』のヒロイン。

ラッパ
演 - 浅香航大
オペラ館の客引き。

伝兵衛(でんべえ)
演 - 岸部一徳
バー「K」のマスター。

蓬蘭美摩子(ほうらん みまこ)
演 - 松本若菜
会員制の秘密倶楽部「赤の部屋」の主人。貿易商や画商、官僚など、特権階級の人々を相手にしながら、ある秘めた目的のために動いている。

後工田寿太郎(ごくうだ じゅたろう)
演 - 近藤芳正
外務次官。「赤の部屋」の会員。

住良木平吉(すめらぎ へいきち)
演 - 尾上菊之助
上海帰りの貿易商で、「赤の部屋」の会員になったばかりの新顔。優雅な身のこなしや謎めいた言葉に、美摩子は魅了されている。

スタッフ
企画 - 大嶋慧介
脚本 - 坪田文
演出 - 安達もじり、大嶋慧介
音楽 - 大橋トリオ
主題歌 - 大橋トリオ
制作統括 - 櫻井賢
プロデューサー - 葛西勇也


番組公式サイト
探偵ロマンス - Wikipedia

『探偵ロマンス TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハマる男に蹴りたい女 TOP

『ハマる男に蹴りたい女』(ハマるおとこにけりたいおんな)は、2023年1月14日から、テレビ朝日系「オシドラサタデー」枠(毎週土曜23:00〜23:30)にて放送中。主演は藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)。


各話あらすじ
第1話 2023年1月14日
 大手飲料メーカー・カヅキビール勤務、商品企画部のエースとして人もうらやむエリート人生を歩んでいる設楽紘一(藤ヶ谷太輔)。31歳にして社長賞を3回獲得するなど出世コースを駆け上がっていた。そんなある日、その仕事ぶりがアダとなり、突然左遷されることになってしまった紘一。これは事実上のリストラだと気づいた紘一は、自ら退職届を叩きつける。帰宅した彼を待っていたのは、テーブルの上にポツンと残された離婚届だった――。

 突然仕事と家庭を一気に失うことになった紘一はぼう然…。父亡き後、商才を発揮して成功者となった母・しま子(大地真央)からの電話にも出ることができず…!? さらに、転職活動を始めたもののうまくいかず、すっかり自信をなくしてしまう。そんな彼を見かねた幼なじみ・佐久間ナオ(西田尚美)は、意味深な表情を浮かべながら“住み込み、食事つき”“時間の融通が利く”“転職活動可能”という仕事を紹介する。

 教えられた住所へ向かおうとする紘一だが、まさか、ナオが言っていた仕事って愛人契約!? だとしたらありえない! 踵を返そうとしたその瞬間、猛スピードの自転車が突っ込んできて…!?


第2話 2023年1月21日
 大手飲料メーカー・カヅキビール勤務、商品企画部のエースとして人もうらやむエリート人生を歩んできた設楽紘一(藤ヶ谷太輔)だが、その仕事ぶりがアダとなり、まさかのリストラ! さらに妻とも離婚…と、一度に仕事と家庭を失った…。ひょんなことから幼なじみ・佐久間ナオ(西田尚美)の暮らす女だらけの下宿『銀星荘』の管理人として働くことになった紘一は、今日も今日とて慣れない家事に悪戦苦闘中。

 料理にいたっては、西島いつか(関水渚)、増田すず(久保田紗友)らに「まずい、まずい」と酷評され続ける切ない日々を送っている。一切料理の腕が上がる気配のない紘一に冷ややかな視線を送るいつかは、“これなら失敗が少ないはず”と考えた定番メニュー・カレーを夕食の献立にリクエストする。いつかを見返してやりたい紘一は、意気揚々とスーパーに向かうのだが、これまで億単位のプロジェクトを動かしてきた大企業の元エースが、予算内に納めるために10円刻みの買物に頭を抱える始末で…。


第3話 2023年1月28日
 一度に仕事と家庭を失い、下宿「銀星荘」の管理人となった大手飲料メーカー「カヅキビール」の元エリート社員・設楽紘一(藤ヶ谷太輔)は、住人の西島いつか(関水渚)に突然押し倒されてぼう然…。激しく動揺した紘一は、朝食の席でもいつかの顔をまともに見ることができない。住人たちを送り出し、スーパーに向かった紘一だが、頭の中は昨夜のできごとでいっぱい! すると、ふいに歓声が聞こえてくる。そちらに目を向けると、カヅキビール時代の後輩・武田直樹(西垣匠)らが、紘一が最後に手掛けたビール『潤沢』の試飲会を行っていた。我に返った紘一は、今の自分の姿を見られないよう、慌てて逃げ出す。

 一方、Web制作会社「コスモインデックス」に出社したいつかは、同僚の友部ミチコ(サーヤ)に、衝動的に紘一を押し倒してしまったと告白する。2年前、カヅキビールのプレゼンで、いつかに強烈なトラウマを植え付けた担当者が紘一だと知るミチコは“嫌いな人を襲うなんてもはや欲求不満”とバッサリ! “超優良物件”の同期・香取俊(京本大我)の告白を受け入れるべきだとそそのかすのだが…!?


第4話 2023年2月4日
 同期の香取俊(京本大我)とともに「カヅキビール」のコンペの担当になったWeb制作会社「コスモインデックス」の西島いつか(関水渚)は、2年前、「カヅキビール」の担当者だった下宿「銀星荘」の管理人・設楽紘一(藤ヶ谷太輔)に心をえぐられたトラウマを払拭するべく、今回こそはどうしても勝ちたいと仕事に打ち込むのだが、過労で倒れてしまう。いつかを下宿まで送り届けた香取は、なぜか突然紘一をライバル視!

 「西島と付き合いたいと思っています。あなたには負けません」と、きっぱり宣戦布告する。そんな香取に、「あの女のことは何とも思っていない」と告げる紘一だが…!?

 結局、そのまま風邪で寝込んでしまったいつかだが、プレゼンのことが気になり、紘一をこき使いながら無理に仕事を続けようとする。その後も一向に熱が下がらず、出社できないいつか…。すると、香取がお見舞いと称して、連日「銀星荘」に現れるように!

 “仕事の話をしているのか? それとも…?”


原作概要
『ハマる男に蹴りたい女』は、天沢アキによる漫画作品。『Kiss』(講談社)にて、2021年7月号より連載中。


ドラマ概要
天沢アキによる同名漫画をKis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔の主演で連続ドラマ化。ひょんなことから女性だらけの下宿の管理人になった元エリート会社員が、住人のズボラ女子に振り回されるラブコメディー。藤ヶ谷が、下宿「銀星荘」の住み込み管理人になる元大手飲料メーカーのエース社員・設楽紘一を演じ、その紘一をこき使いながらも、ある日突然、彼に大胆に迫る「銀星荘」の住人でズボラなバリキャリ女子・西島いつかに関水渚が扮する。
いつかに思いを寄せる同期で、紘一の恋のライバルとなる香取俊役をSixTONES・京本大我が務め、「銀星荘」の住人役として久保田紗友、西田尚美が出演する。


ストーリー
妻とタワーマンションに暮らす大手飲料メーカー勤務のエース社員・設楽紘一(藤ヶ谷太輔)は、ある時、上司の反感を買い子会社に転籍させられてしまう。事実上のリストラに遭い、自ら辞職して帰宅すると、なぜか妻も離婚届を残して消えていて…。そんな折、紘一は幼なじみ・佐久間ナオ(西田尚美)から下宿「銀星荘」の管理人の職を紹介され、転職活動をしながら管理人をすることに。そこで紘一は住人の西島いつか(関水渚)と最低最悪な出会いを果たす。

いつかはWeb制作会社で働くバリキャリ女子で、すべてを仕事に振り切った結果、家では超ズボラ。紘一に何かと突っかかるいつかだが、突如“ある感情”が芽生え、勢いで紘一を押し倒す。


キャスト
設楽紘一(したら こういち)〈31〉
演 - 藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)
女性だらけの下宿「銀星荘」の管理人。かつては大手飲料メーカー「カヅキビール」で商品開発を担当するエースだったが、上司の反感を買い子会社に転籍することに。事実上のリストラにより、勢いで辞職すると、妻も離婚届を残して出て行ってしまう。友人に紹介された「銀星荘」で管理人をしながら転職活動をする中で、住人のいつかと最低最悪な出会いを果たす。


西島いつか(にしじま いつか)〈26〉
演 - 関水渚
下宿「銀星荘」の住人。Web制作会社「コスモインデックス」の社員。あることをきっかけに「銀星荘」に引っ越して生活のすべてを仕事に振り切った結果、家では超ズボラになってしまった仕事一筋のバリキャリ女子。下宿で紘一と最低最悪な出会い方をして以降、何かとツンツンした態度を取ってしまう。

銀星荘の住人
増田すず(ますだ すず)〈23〉
演 - 久保田紗友
健康食品の研究・開発職。理系女子。

佐久間ナオ(さくま ナオ)
演 - 西田尚美
バー「Dolce」のオーナー兼店長。紘一の幼馴染。
紘一に叔母が経営する「銀星荘」の管理人の仕事を紹介する。

カヅキビール
紘一が勤務していた大手飲料メーカー。
武田直樹(たけだ なおき)〈28〉
演 - 西垣匠
紘一の後輩。

土屋良介(つちや りょうすけ)〈31〉
演 - 田渕章裕(インディアンス)
紘一の同期。バー「Dolce」の常連客。突然会社を辞めた紘一を心配する。

コスモインデックス
いつかが勤務するWeb制作会社。
香取俊(かとり しゅん)〈26〉
演 - 京本大我(SixTONES)
Web制作会社「コスモインデックス」に勤めるいつかの同期。爽やかで人当たりがよく、仕事までできる有望株。いつかにずっと思いを寄せ続けており、2年間の大阪勤務を経て東京に戻ってきたことをきっかけに猛アプローチを開始する。

友部ミチコ(ともべ ミチコ)〈26〉
演 - サーヤ(ラランド)
いつかの同僚。

末永光太(すえなが こうた)〈23〉
演 - 金子隼也
いつかの後輩。いつかを尊敬する。

その他
設楽しま子(したら しまこ)
演 - 大地真央
紘一の母。食品会社「設楽グループ」の創業者。

スタッフ
原作 - 天沢アキ『ハマる男に蹴りたい女』(講談社『Kiss』連載中)
脚本 - 関えり香
音楽 - 木村秀彬
主題歌 - Kis-My-Ft2「Lemon Pie」(MENT RECORDING)
監督 - 片山修、中前勇児 ほか
ゼネラルプロデューサー - 中川慎子(テレビ朝日)
プロデューサー - 田中真由子(テレビ朝日)、尾花典子(ジェイ・ストーム)、平林勉(AOI Pro.)、森田美桜(AOI Pro.)、小林麻衣子(テレビ朝日)
制作協力 - AOI Pro.
制作著作 - テレビ朝日、ジェイ・ストーム


番組公式サイト
ハマる男に蹴りたい女 - Wikipedia

『ハマる男に蹴りたい女 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花嫁未満エスケープ 完結編 TOP

『花嫁未満エスケープ 完結編』は、2023年1月7日(6日深夜)から同年1月28日(27日深夜)まで、同系列の「ドラマ25」枠(毎週金曜24:52〜25:23)で放送された。全4話。原作にはない完全オリジナルストーリーとなる。

前作
『花嫁未満エスケープ』は、2022年4月8日(7日深夜)から6月24日(23日深夜)まで、テレビ東京系列の「木ドラ24」枠にて放送された。主演は岡崎紗絵。


各話あらすじ(2023年1月7日 - 1月28日)全4話
第1話 2023年1月6日「出会いと再会」
 デザイナーとして仕事に邁進していたゆう(岡崎紗絵)は高校の同級生の結婚報告の場で深見(浅香航大)と再会する。そんな中、ゆうにデザイナーから店舗勤務へ不本意な異動の話が…。落ち込んでいたところ、偶然出会った作良(井上祐貴)からナンパされたと勘違いし、恥ずかしさから立ち去ってしまう。後日、付き添いでドレスショップに行くと、そこには作良がいて…。

第2話 2023年1月13日「キスの意味」
 ゆう(岡崎紗絵)はウエディングドレスのデザイナー・作良(井上祐貴)からドレス作りを手伝ってほしいと頼まれる。美沙(小林涼子)と亜衣(松村沙友理)は恋の予兆だと色めきだつが、ゆうは「どちらとも恋愛はない」と一蹴する。ところが作良を手伝う中で、彼のプロとしての思いを知り、特別な思いが芽生え始め…。

第3話 2023年1月20日「突然の抱擁」
 作良(井上祐貴)と付き合い始めたゆう(岡崎紗絵)は、美沙(小林涼子)・亜衣(松村沙友理)に報告するも、作良と娘のいと(沼田あきら)と一緒にいる時に距離を感じてしまうことを吐露する。そんな中、ゆうは尚紀(中川大輔)とマミ(美山加恋)の結婚の知らせを受ける。尚紀と話す中で、ゆうは作良親子とどんな関係を築いていきたいのか考えていたところ、深見(浅香航大)に会い、悩みを打ち明けると…。

最終話 2023年1月27日「運命の恋」
 作良(井上祐貴)ときちんと向き合う決心をしたゆう(岡崎紗絵)。そんな矢先、作良は仕事面や娘のいと(沼田あきら)の面倒などをサポートしてくれていた姉・千晶(澁谷麻美)が夫の転勤で北海道に引っ越すため「エメスパリ」を大手アパレルに売却することを決断。ゆうは作良を説得するが別れを告げられてしまう。そして恵里菜(森田想)と関(齊藤友暁)の結婚式当日、受付係のゆうと深見(浅香航大)は作良と会い…。


概要
岡崎紗絵の主演で2022年春に同局で放送した連続ドラマの完結編。前作は、小川まるにの同名コミックを原作に、アラサーの主人公が結婚に踏み切らない今カレと高校時代の元カレとの間で揺れる恋愛模様を描いたが、今作ではそれから半年後を舞台に完全オリジナルのラブストーリーが展開する。


ストーリー
“結婚適齢期”を迎えたアラサーの柏崎ゆう(岡崎紗絵)は、元カレの深見一(浅香航大)に別れを告げてから、都内でデザイナーとして働き仕事にまい進していた。自分軸で生きているものの恋愛になると流されやすいという自覚のあるゆうは、ある時、ブレずに生きているシングルファーザーのウエディングドレスデザイナー・作良亮介(井上祐貴)と出会う。仕事に没頭し恋愛から遠ざかっていたゆうに、再び恋の兆しが訪れる。


キャスト
岡崎紗絵 /柏崎ゆう 役
駆け出しの服飾デザイナーとして働くアラサー女性。以前はセレクトショップで働いていた。同棲していた尚紀や再会した元カレ・深見とも別れ、自身の幸せをつかむため、日々仕事にまい進している。

井上祐貴 /作良亮介 役
ウエディングドレスのデザイナー兼クチュリエとして働くシンクルファーザー。

美山加恋 /堀田マミ 役
ゆうがかつて同棲していた尚紀の会社の後輩。

小林涼子 /坂本美沙 役
ゆうと同じ店で働いていた元同僚。

松村沙友理 /三田亜衣 役
ゆうと同じ店で働いていた元同僚。

中川大輔 /松下尚紀 役
ゆうの元カレで、住宅メーカー勤務。長らく同棲しているうちにゆうを母親扱いするようになり、なかなか結婚に踏み切らなかった。

浅香航大 /深見一 役
ゆうの高校時代の元カレで、建築デザイナー。再会したゆうをいちずに思っていたが別れを告げられる。

スタッフ
脚本:桑村さや香、早船歌江子
監督:堀江貴大
監督:亀谷英司
プロデューサー:村田充範、石田麻衣


番組公式サイト
花嫁未満エスケープ - Wikipedia

『花嫁未満エスケープ 完結編 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今夜すきやきだよ TOP

『今夜すきやきだよ』(こんやすきやきだよ)は、2023年1月7日(6日深夜)から、テレビ東京系列の「ドラマ24」枠(毎週金曜24:12〜24:52)にて放送中。主演は蓮佛美沙子とトリンドル玲奈。


各話あらすじ
第1話 2023年1月6日「魔法の8時間肉」
 内装デザイナーのあいこ(蓮佛美沙子)は、仕事はできるが家事全般が苦手。恋人と婚約中だが、結婚への価値観が相いれず擦れ違いの日々を送っていた。一方、誰にも恋愛感情を抱かない「アロマンティック」のともこ(トリンドル玲奈)は、家事は好きで得意だが、絵本作家としての仕事はスランプ気味。そんな2人が高校時代の同級生の結婚式で久々に再会。あることをきっかけに意気投合し、同居生活を始める。


第2話 2023年1月13日「深夜のとり天」
 同居して半年になる太田あいこ(蓮佛美沙子)と浅野ともこ(トリンドル玲奈)。性格も生活スタイルも正反対な二人だが、思ったより衝突もなく共同生活は平和に進んでいた。そんな中、あいこは仕事で出会った杉浦ゆき(鈴木仁)から食事に誘われ、何やらいい感じに…。しかし、やがて沸々とあいこの中に疑問が沸き上がるようになる。「恋愛って、楽しい会話と幸せなセックスがあればOKじゃないの?家事能力はマストなの?」


第3話 2023年1月20日「愛が詰まった参鶏湯」
 スランプ中のともこ(トリンドル玲奈)は、担当編集者・山木 (紺野ぶるま)から、大人の恋愛をテーマにするのはどうか?と提案される。新境地開拓という言葉に背中を押され、取材会に出かけるも「恋することが“普通”で“当たり前”」という空気に疲れてしまうともこ。
更に友人のしんた(三河悠冴)と歩いているとカップルに間違えられてしまい…。ともこの中に募ったモヤモヤはあいこの何気ない一言で更に膨れ上がり、二人の間には気まずい空気が流れるが…


第4話 2023年1月27日「光輝く牛すじ肉まん」
あいこ(蓮佛美沙子)は、注目の内装デザイナーとして業界誌の取材を受けないかと提案されるが、そのプロジェクトは先輩である五十嵐(河井青葉)が立ち上げたもの。「若い人が前に出たほうがいい」という周りの言葉に引っかかっていた。一方、ともこ(トリンドル玲奈)は憧れの絵本作家、内山田(宮崎美子)と出版社で偶然出会い、お茶をすることに。

そこで内山田が創作と年齢との間で揺れる不安な気持ちを持っていることを知り、何かできないかと考えるように。年上女性のこれまでと、未来の自分たちのために、二人はそれぞれの方法で年齢のモヤモヤに向き合いはじめる。そんな中、しんた(三河悠冴)が突然牛すじを持ってきて…。


第5話 2023年2月3日「ハマグリで乾杯」
同期たちの活躍を知り、仕事に対し焦りを抱くゆき(鈴木仁)。そんな中、あいこ(蓮佛美沙子)も仕事の話をしたがらない、聞きたがりもしないゆきに気を揉んでいた。一方、絵本のラフ画にとりかかったともこ(トリンドル玲奈)が担当の山木(紺野ぶるま)に相談していると、どこからか「男ウケ」を基準にした世間の評価を耳にしてしまい…。

クライアントとうまくいかず残業続きのゆきは、ひょんなことからしんた(三河悠冴)と出会う。「男らしさ地獄から抜け出したい」と嘆くしんたに、ゆきは何だか無性に苛立ってきて…。


原作概要
『今夜すきやきだよ』は、谷口菜津子による日本の漫画作品。ウェブマガジン『yom yom』(新潮社)にて、vol.59からvol.67まで連載された後、ウェブコミックサイト『くらげバンチ』(同社)に移籍し、2021年4月2日から7月2日まで連載された。単行本は全1巻。

作者の谷口は本作と『教室の片隅で青春がはじまる』の2作で第26回手塚治虫文化賞の新生賞を受賞している。


ドラマ概要
第26回手塚治虫文化賞新生賞を受賞した谷口菜津子の同名コミックを、蓮佛美沙子とトリンドル玲奈のダブル主演で連続ドラマ化。ある出来事から一緒に暮らすことになった女性2人が、日常生活に当たり前のようにあるジェンダーロールや婚姻制度、セクシュアリティーにまつわる生きづらさに立ち向かう姿を、おいしい食事を通して紡いでいく。


ストーリー
内装デザイナーとして働く太田あいこ(蓮佛美沙子)は、仕事はできるが家事全般が苦手。結婚願望が強く今の恋人と婚約中だが、家庭的な妻を求める彼と価値観が相容れず、すれ違いの日々を送っていた。そんな中、高校時代の旧友の結婚式で元同級生である浅野ともこ(トリンドル玲奈)と再会。他人に恋愛感情を抱かないアロマンティックのともこは、料理などの家事は得意だが、絵本作家としての仕事がスランプ気味で、あいこと同じく悶々として過ごしていた。

そんな2人がある出来事をきっかけに意気投合し、あいこが住まいを提供する代わりに、ともこがおいしいご飯を提供する、という交換条件のもと同居生活を始める。


キャスト
太田あいこ
演 - 蓮佛美沙子
内装デザイナーとして働く女性。何事にも一生懸命で仕事はできるが、家事全般が苦手。恋愛体質で結婚願望が強い。今の恋人と結婚したいと感じているが、“家庭的な妻”を求める彼とすれ違い気味。

浅野ともこ
演 - トリンドル玲奈
絵本作家。家事は得意だけれど仕事がスランプ気味で、長いこと新作を描けず悶々とした日々を送っている。他人に恋愛感情を抱かないアロマンティック。高校の同級生だったあいこと再会する。

周辺人物
杉浦ゆき
演 - 鈴木仁
内装デザイナー。あいこと恋に落ちる。

村山しんた
演 - 三河悠冴
フリーのWebライター。ともこの友人。

山木楓
演 - 紺野ぶるま
ともこの担当編集者。

五十嵐博美
演 - 河井青葉
あいこの職場の先輩。

内山田美津子
演 - 宮崎美子
ともこの憧れの絵本作家。

スタッフ
原作 - 谷口菜津子『今夜すきやきだよ』(新潮社「バンチコミックス」刊)
監督 - 太田良、山中瑶子
脚本 - 山西竜矢
音楽プロデューサー - 福島節
音楽 - 澤田かおり
オープニングテーマ - 甲田まひる「CHERRY PIE」(WARNER MUSIC JAPAN)
エンディングテーマ - LIL LEAGUE「Hunter」(rhythm zone)
チーフプロデューサー - 祖父江里奈(テレビ東京)
プロデューサー - 本間かなみ(テレビ東京)、高橋優子(ザ・ワークス)
制作 - テレビ東京、ザ・ワークス
製作著作 - 「今夜すきやきだよ」製作委員会


番組公式サイト
今夜すきやきだよ - Wikipedia

『今夜すきやきだよ TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大病院占拠 TOP

『大病院占拠』(だいびょういんせんきょ)は、2023年1月14日から日本テレビ系「土曜ドラマ」枠(毎週土曜22:00〜22:54)で放送中。主演は櫻井翔。


各話あらすじ 平均視聴率 7.40%
第1話 2023年1月14日「大占拠」ラテ欄「襲われた病院…犯人は鬼 敏腕捜査官が壮絶戦に立ち向かう!」 視聴率 7.2%
 神奈川県警捜査一課の武蔵三郎(櫻井翔)は、1年前の『ガソリンスタンド立てこもり事件』で人質を守るために犯人の命を奪ってしまった。自分を責める武蔵はそれ以来休職し、妻・裕子(比嘉愛未)、娘・えみり(吉田帆乃華)とも別居。現在も心の傷が癒えないまま、裕子が勤める大病院『界星堂病院』で治療を受け続けている。今日はその診察日だ――。

第2話 2023年1月21日「大配信」ラテ欄「直接対決開始!首謀者青鬼の頭脳戦に…危機迫る妻の命を救え」 視聴率 7.6%
 武蔵(櫻井翔)は逃げ込んだエアダクトがICUにつながっていることを、捜査の指揮を執るさくら(ソニン)から無線で聞く。一方の鬼達は動画配信チャンネル「百鬼夜行ちゃんねる」を開設し「登録者数10万人を超えたら院内のライブ配信を行う」と告知。武蔵はICUに閉じ込められている裕子(比嘉愛未)ら人質全員の無事を確認するが、青鬼が裕子をおとりに武蔵を呼び出す。

第3話 2023年1月28日「大交渉」ラテ欄「緊迫の交渉戦!人質の隠す罪とは?遂に鬼の素顔が明らかに!」 視聴率 7.4%
 青鬼の次なる標的は、タレント医師の土佐(笠原秀幸)だ。鬼が示した殺害時刻までに土佐の罪を明らかにしなければ命はない。武蔵(櫻井翔)は青鬼のヒントをたどり、「クラブ・タンゴ」へ急ぐ。「百鬼夜行ちゃんねる」の登録者数は約30万人に到達。県警のSNSには国民からの応援メッセージや土佐に関する情報が次々と届き、中に昨年のハロウィーンの映像が…。

第4話 2023年2月4日「大突入」
 武蔵(櫻井翔)は廃ビルでの爆発から危機一髪のところで逃れ、急いで現場指揮本部に引き返すが、青鬼との交渉再開時刻にわずかに遅れてしまう。怒った青鬼は裕子(比嘉愛未)の頭に銃を突きつけ、武蔵に「あること」を問う――国民の視線が集まる中、武蔵の答えは――。さらに青鬼は、次の標的として人質の中から知事・長門(筒井真理子)を選び、「午後11時5分までに、ある人物の死の真相を突き止めてください。できなければ知事を殺します」――


概要
同系ドラマ「ボイス 110緊急指令室」(2019、21年)の制作チームが手掛ける完全オリジナルのタイムリミット・バトル・サスペンス。日本が誇る大病院を鬼のお面をかぶった武装集団が占拠し、休職中の捜査官が人質を救うため犯人に立ち向かっていく。櫻井翔が主演を務め、一見クールだが正義感が強く、時にはルールを破ってでも真実に迫る神奈川県警捜査一課の刑事・武蔵三郎を演じる。


ストーリー
神奈川県内にある日本が誇る総合病院・界星堂病院が、突如、鬼のお面をかぶった武装集団・百鬼夜行によって占拠される。犯人の動機や要求も分からぬまま、医師や職員ら関係者100人以上が人質に。現場が極限の緊張感に包まれる中、巻き込まれた1人の捜査官・武蔵三郎(櫻井翔)が人質を救うため犯人に立ち向かっていく。

武蔵は、神奈川県警捜査一課強行犯係の刑事だが、1年前に起きたある事件をきっかけに現在は休職し、妻・裕子(比嘉愛未)と一人娘とも別居中。そんな中、人質の中には病院の心臓外科医である裕子の姿も…。刑事として圧倒的な推理力と真実に迫ろうとする行動力で、武蔵は息詰まる頭脳戦と体力戦に挑んでいく。


キャスト
武蔵三郎〈40〉
演 - 櫻井翔
神奈川県警捜査一課強行犯係の刑事。警部補。1年前に起きたある事件がきっかけで、現在休職中。刑事として圧倒的な推理力と、時にはルールを破ってでも真実に迫る行動力のある人間。一見冷静だが正義感が強い熱血漢。妻と一人娘とは別居中。

武蔵の家族
武蔵裕子〈37〉
演 - 比嘉愛未
三郎の妻。界星堂病院に勤務する優秀な心臓外科医。患者の手術中に占拠事件が発生し、自らも人質となってしまう。度胸が据わっていて、正義感が強くリーダーシップもある。三郎とは1年前に起きたある事件がきっかけで別居中。


武蔵えみり〈9〉
演 - 吉田帆乃華
三郎と裕子の娘。

神奈川県警
和泉さくら〈40〉
演 - ソニン
神奈川県警刑事部捜査一課特殊班(SIS)管理官。警視。武蔵の警察学校時代の同期でよき理解者。優秀な能力を見込まれ、めきめきと出世し、「界星堂病院人質立て籠もり事件現場指揮本部長」を務める。

相模俊介〈27〉
演 - 白洲迅
神奈川県警刑事部捜査一課特殊班(SIS)捜査員。警部補。硬派でクールな性格だが、若さゆえの自信家な一面も。「界星堂病院人質立て籠もり事件交渉人補佐」を務める。尊敬する上司のさくらから武蔵の補佐を命じられ、最初はぶつかり合うが、後によき相棒になっていく。

駿河紗季〈32〉
演 - 宮本茉由
捜査支援分析センター(KSBC)の情報分析官。警部補。

志摩蓮司〈34〉
演 - ぐんぴぃ(春とヒコーキ)
KSBCの情報分析官。警部補。

丹波一樹〈48〉
演 - 平山浩行
警備部SAT(特殊部隊)の管理官。警視。

備前武〈56〉
演 - 渡部篤郎
神奈川県警本部長。警視監。全捜査官を束ねる県警のトップ。今回の占拠事件に対して、県警全体としての対処を迫られる。常に冷静だが、時に大胆な判断を下すことも。優秀なさくらに目をかけ、管理官のポストまで引っ張り上げた人物。

界星堂病院
占拠された神奈川県内の総合病院。
医療関係者
播磨貞治〈50〉
演 - 津田寛治
院長。

若狭昇〈30〉
演 - 稲葉友
外科医。裕子の同僚で、助手兼相棒的存在。

佐渡稔〈50〉
演 - 阪田マサノブ
外科部長。

土佐大輔〈37〉
演 - 笠原秀幸
呼吸器内科医。テレビにも多数出演する人気タレント医師。

石見カナ〈34〉
演 - 中村映里子
院長秘書。

大隅史郎〈47〉
演 - 瓜生和成
事務長。

安芸しおり〈30〉
演 - 呉城久美
看護師。

神奈川県
長門道江〈56〉
演 - 筒井真理子
知事。界星堂病院の視察中に占拠事件に巻き込まれる。

報道
因幡由衣〈35〉
演 - 明日海りお
元新聞記者の動画配信者。登録者数250万人越えを誇る。

武装集団
界星堂病院を占拠する鬼のマスクを被った武装集団。
青鬼
演 - 不明
20代男性の鬼。他の鬼達を率いるリーダー的存在。

赤鬼
演 - 不明
40代男性の鬼。

白鬼
演 - 不明
40代女性の鬼。

黄鬼
演 - 不明

黒鬼
演 - 不明

灰鬼
演 - 不明

桃鬼
演 - 不明

橙鬼
演 - 不明

茶鬼
演 - 不明

緑鬼
演 - 不明

スタッフ
脚本 - 福田哲平、蓼内健太
演出 - 大谷太郎、茂山佳則(AX-ON)、西村了(AX-ON)
音楽 - ゲイリー芦屋
チーフプロデューサー - 田中宏史
プロデューサー - 尾上貴洋
制作協力 - AX-ON
製作著作 - 日本テレビ


番組公式サイト
大病院占拠 - Wikipedia

『大病院占拠 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リエゾン -こどものこころ診療所-

『リエゾン -こどものこころ診療所-』(リエゾン こどものこころしんりょうじょ)は、2023年1月20日からテレビ朝日系「金曜ナイトドラマ」枠(毎週金曜23:15〜24:15)で放送中。主演は山崎育三郎。


各話あらすじ
第1話 2023年1月20日
 郊外にある児童精神科、さやま・こどもクリニックの院長・佐山卓(山崎育三郎)は、臨床心理士の向山和樹(栗山千明)とともに、発達障害など心に生きづらさを抱える子どもとその家族たちの診察を行い、向き合う日々。同じころ、大学病院の小児科で研修を受けていたドジな研修医・遠野志保(松本穂香)は、またしても遅刻をしてしまい、教授に呼び出される。そこで遅刻したことを怒られるかと思いきや、実は志保が重大な医療ミスにつながり兼ねないミスを犯していたことが判明。教授から医者になることを諦めろと告げられてしまう。

 ショックでがく然とする志保は、気づけばある場所へ向かっていた…。そこはかつて幼い頃に住んでいた郊外にある小児科・心療内科の「りえ・こども診療所」。怪我をしては親には内緒で訪れて院長の佐山りえ(風吹ジュン)に優しく対応してもらっていたのだ。ところが志保がたどり着いた先は、「さやま・こどもクリニック」となっていて…。


第2話 2023年1月27日
 院長・佐山卓(山崎育三郎)のもと、遠野志保(松本穂香)は「さやま・こどもクリニック」で研修することになり、向山和樹(栗山千明)や産休明けで戻ってきた受付担当の市川渚(是永瞳)も揃ってクリニックは賑やかに。そんなある日、川島雅紀(戸塚純貴)が佐山のもとに相談にやってくる。川島が訪問介護を行っているうつ病患者の滝川治(岡田義徳)は小学4年生の娘・悠里(浅田芭路)と2人で暮らしているのだが、どうやら悠里は学校に行っていないようで、また発達障害の疑いもあるという。

佐山の指示で、川島とともに滝川の家を訪ねることになった志保は、そこで衝撃の光景を目にする。家の中はゴミで溢れかえっており、その中で悠里がひとりご飯を作っていたのだ。さらに、万年床から出てきた様子の治はボサボサの髪に無精ひげを生やして、お世辞にも清潔とは言い難い。悠里は人懐っこく明るい印象ながらも、多動傾向が見受けられたこともあり、志保はなんとか治を説得してクリニックの予約を取り付ける。


第3話 2023年2月3日
 遠野志保(松本穂香)は佐山卓(山崎育三郎)から、診察する前に患者が来院した経緯などを聞き取る予診を任される。やってきたのは6歳の女の子・柿崎希(沢田優乃)。希は誰彼構わず話しかけては、一方的に話し続けてしまう傾向があり、後日、志保は診断の結果、ASD・自閉スペクトラム症であることを伝え、さらに支援学級の話にも触れると、母の柿崎貴子(黒川智花)は激しく動揺して、通常学級に入れるつもりだと言い切って診断書を断る。そんな貴子の様子を見ていた佐山は、まずは療育を受けることを提案する。

 療育を担当する言語聴覚士・堀凛(志田未来)を紹介された志保は、普段はロリータファッションに身を包んだ見た目とはかけ離れたその強気な性格に一瞬怯むが、志保も一緒に希の療育に立ち会うことに。


第4話 2023年2月3日
 遠野志保(松本穂香)は佐山卓(山崎育三郎)から、診察する前に患者が来院した経緯などを聞き取る予診を任される。やってきたのは6歳の女の子・柿崎希(沢田優乃)。希は誰彼構わず話しかけては、一方的に話し続けてしまう傾向があり、後日、志保は診断の結果、ASD・自閉スペクトラム症であることを伝え、さらに支援学級の話にも触れると、母の柿崎貴子(黒川智花)は激しく動揺して、通常学級に入れるつもりだと言い切って診断書を断る。そんな貴子の様子を見ていた佐山は、まずは療育を受けることを提案する。

 療育を担当する言語聴覚士・堀凛(志田未来)を紹介された志保は、普段はロリータファッションに身を包んだ見た目とはかけ離れたその強気な性格に一瞬怯むが、志保も一緒に希の療育に立ち会うことに。凛は希に、ボールを使ってゲーム感覚で人の話を聞きながら話をすることを教え始めると、徐々に成果が出てくる。志保や凛に褒められて嬉しかった希は、ある日、貴子が目を離した隙にボールを持ってひとりで公園へ遊びに行ってしまい、そこで見ず知らずの小学生の子どもたちにいきなりボールでの会話遊びをしようと誘う。嬉々として話しかける希だったが、小学生たちからは相手にされないどころか、邪魔だと突き飛ばされてしまい…。


原作概要
『リエゾン -こどものこころ診療所-』は、原作・漫画:ヨンチャン、原作:竹村優作による漫画作品。『モーニング』(講談社)にて、2020年14号から連載中。


ドラマ概要
原作&漫画・ヨンチャン、原作・竹村優作による同名漫画を吉田紀子の脚本で連続ドラマ化。児童精神科クリニックを舞台に、自らも発達障害がある院長と研修医が、さまざまな生きづらさを抱える子どもとその家族に真っすぐ向き合い寄り添っていく姿を描く。


ストーリー
児童精神科「さやま・こどもクリニック」の院長・佐山卓(山崎育三郎)は、総合病院を実家に持ちながら叔母が営んでいた小さなクリニックを引き継いだことから、一族からは変わり者扱いされている。だがその裏には、自らも発達障害・ASDを抱え、誰よりもその苦悩を理解する佐山の、患者やその家族と触れ合う時間を大切にしたいという信念があった。

一方、寝坊・遅刻・忘れ物は日常茶飯事の研修医・遠野志保(松本穂香)は、大学病院で小児科の研修を受けていた際、重大な事故につながりかねない失敗をしてしまい、教授から医師になることを諦めろと言われてしまう。失意の中、志保はあることを確かめるために向かった先で、佐山と出会う。


キャスト
佐山卓(さやま たく)
演 - 山崎育三郎
児童精神科「さやま・こどもクリニック」の院長。実家は大病院だが、叔母が経営していたクリニックを引き継いだため、一族の間では変わり者と捉えられている。自身も発達障害で、“さやま体操”と呼ばれる風変わりな体操など、毎朝決まったルーティンをこなす。患者やその家族と触れ合う時間を大切にしたいという信念がある。趣味はチェロ。

遠野志保(とおの しほ)
演 - 松本穂香
研修医。寝坊・遅刻・忘れ物は日常茶飯事で、大学病院での小児科研修時にミスを連発した上、重大な事故につながりかねない失敗をし、教授から医師になることは諦めるよう言われてしまう。そんな中、自身が発達障害・ADHDであると知り、一度は医師になることを断念しようとするが、佐山との出会いで背中を押される。

さやま・こどもクリニック
卓の運営する小児科クリニック。
向山和樹(むかいやま かずき)
演 - 栗山千明
「さやま・こどもクリニック」に勤務する臨床心理士。小学校でスクールカウンセラーも務める。佐山の独特な行動やペースにも動じることなく、常に冷静沈着。一見クールだが、誰よりも優しい心を持っている。佐山のよき理解者で、女房役としてクリニックを支えている。

市川渚(いちかわ なぎさ)
演 - 是永瞳
受付。一人息子を持つシングルマザー。

その他
堀凛(ほり りん)
演 - 志田未来
言語聴覚士。「さやま・こどもクリニック」などに出向いている。

川島雅紀(かわしま まさき)
演 - 戸塚純貴
「富士見坂訪問看護ステーション」の看護師。

佐山りえ(さやま りえ)
演 - 風吹ジュン
卓の亡き叔母。生前は小児科・心療内科「りえ・こども診療所」を営んでいた。

さやま・こどもクリニックの患者
鈴木梨央、浅田芭路、川原瑛都、佐藤恋和、沢田優乃

スタッフ
原作 - ヨンチャン(原作・漫画)、竹村優作(原作)『リエゾン -こどものこころ診療所-』(講談社『モーニング』連載)
脚本 - 吉田紀子
音楽 - 得田真裕
主題歌 - コブクロ「エンベロープ」(ワーナーミュージック・ジャパン)
挿入歌 - MOMO SANA MINA from TWICE「Bouquet」(ワーナーミュージック・ジャパン)
演出 - Yuki Saito、小松隆志、竹園元(テレビ朝日)
チーフプロデューサー - 五十嵐文郎(テレビ朝日)
プロデューサー - 浜田壮瑛(テレビ朝日)、木曽貴美子(MMJ)、村山太郎(MMJ)
協力プロデューサー - 中込卓也(テレビ朝日)
制作 - テレビ朝日、MMJ


番組公式サイト
リエゾン -こどものこころ診療所- - Wikipedia

『リエゾン -こどものこころ診療所-』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

100万回 言えばよかった TOP

『100万回 言えばよかった』(ひゃくまんかい いえばよかった)は、2023年1月13日からTBS系「金曜ドラマ」枠(毎週金曜22:00〜22:54)で放送中。主演は井上真央。


各話あらすじ 平均視聴率 7.37%
第1話 2023年1月13日「出会いと別れのハンバーグ」ラテ欄「愛する人が突然幽霊に…あなたがいるって感じたい!」 ※初回15分拡大(22:00 - 23:09) 視聴率 7.4%
 幼馴染でお互いを運命の相手だと確信していた相馬悠依(井上真央)と鳥野直木(佐藤健)。悠依にプロポーズしようと決めた矢先、直木は不可解な事件に巻き込まれてしまう。最愛の人が突然姿を消した悲しみに暮れながらも直木を懸命に探す中、悠依は刑事・魚住譲(松山ケンイチ)と出会う。後日、譲は街中で直木の姿を見つけて話しかけるが、なんと直木は幽霊の姿となっていたのだった…。直木は、自身の存在を唯一認識できる譲に、自分の言葉を悠依に伝えてほしいと頼むが…。


第2話 2023年1月20日「ゆれる思い」ラテ欄「感じられるなら大丈夫なんて…ウソ!」 視聴率 7.6%
 直木(佐藤健)の姿が目に見えなくても、そばにいてくれていることを感じ取れるだけでいいと悠依(井上真央)は少し前向きな気持ちになることができた。ある日、殺人事件現場の防犯カメラ映像を見ていた譲(松山ケンイチ)はそこに映る直木の姿を発見する。死んでいる直木が事件に無関係ではないと考えるが、直木はまだ行方不明者扱いのまま。そんな中、悠依に呼び出された譲は、直木に何があったのかを捜査して欲しいという依頼を受ける。話をするうち、直木には失踪前後の記憶がないことが分かり…。


第3話 2023年1月27日「家族という罠」ラテ欄「私は伝えられる!あなたのことが大好きです!」 視聴率 7.1%
 尾崎莉桜が事件に関わっているかもしれないと考えた直木(佐藤健)と譲(松山ケンイチ)は、莉桜に会おうとする悠依(井上真央)を心配し、急いで悠依のもとに駆けつける。

その後、譲は悠依に直木が殺人事件に関与している可能性があると説明する。しかし悠依は、直木の全てを知ってはいないが決して人を傷つけるような人じゃないと確信しており、真相を突き止めたいと訴える。

事件解決に向けて捜査が進む中、譲は田島(少路勇介)と一緒に直木の父親を訪ねる。そこで直木の過去を聞いた譲は、田島に直木のことを打ち明けようと決意。そんな中、直木の母親が悠依に会いたいと言い出し・・・。


第4話 2023年2月3日「世界で一番下手で優しいあなたの口笛」
 悠依(井上真央)の独白とも言える直木(佐藤健)への思いを聞いた譲(松山ケンイチ)は、力になりたいと考えるも、今の自分に何ができるか思い悩んでいた。

そんな中、河川から直木の携帯電話が発見される。依然、殺人事件の容疑者にされたままの直木は、自分の遺体が見つかっていないことを不審に思い、行方不明の自分の身体を捜し始める。

一方、悠依の元に英介(荒川良々)から、こども食堂に来ていた子の一人が行方不明だという電話が。直木も協力し、とある山間部に子どもを捜しに行くが、そこにはさらなる衝撃が待ち受けていて…!?


概要
突然の死によって運命が引き裂かれてしまった男女と、2人をつなぐ唯一のよすがである刑事の3人が、非情な運命に必死にあらがい奇跡を起こそうとする姿を、脚本家・安達奈緒子が完全オリジナルで描く“切なくて温かい”ファンタジーラブストーリー。


ストーリー
幼なじみだったが大人になってから偶然再会し、あらためてお互いを運命の相手だと確信した相馬悠依(井上真央)と鳥野直木(佐藤健)。しかし、運命のいたずらか、直木が悠依にプロポーズしようと心に決めた矢先、直木は不可解な事件に巻き込まれ、突然姿を消してしまう。悲しみに暮れながらも直木を懸命に捜す悠依だったが、実は直木は、自分が死んだと分からないまま魂となって現世をさまよい続けていた。

自分の声が悠依に届かず、何かがおかしいと不安を感じている直木の前に現れたのは、唯一直木の存在を認識できる刑事の魚住譲(松山ケンイチ)。直木は譲に、自分の言葉を悠依に伝えてほしいと頼むが…。


キャスト
相馬悠依(そうま ゆい)
演 - 井上真央
有名美容院の系列店の店長。かつて、家庭の事情から里親に預けられた過去を持つ。
運命の相手と意識した直木を突然失い、その死を受け入れられずにいる。

鳥野直木(とりの なおき)
演 - 佐藤健
調理師。悠依が中学生の頃に預けられた里親・樋口家で、彼女と出会っている。
大人になり再会した悠依を運命の人と意識し、プロポーズを決意した矢先、不可解な事件に巻き込まれ亡くなるが、想いを伝えられなかった「思い残し」から幽霊となる。

魚住譲(うおずみ ゆずる)
演 - 松山ケンイチ
刑事。実家は千年続く寺で代々霊媒の家系だが、これまで霊とは無縁の生活を送る。
しかし、直木の死に関わる事件を捜査するうち、突如霊媒の才能が覚醒し、直木の霊が見えるようになったことから、悠依と直木の2人の運命に関わることになる。

周辺人物
宋夏英(ソン ハヨン)
演 - シム・ウンギョン
脳神経内科医。

樋口昌通(ひぐち まさみち)
演 - 板倉俊之(インパルス)
直木と深く関わる謎の人物。

広田勝(ひろた まさる)
演 - 春風亭昇太
悠依と直木の里親。

広田美貴子(ひろた みきこ)
演 - 桜一花
勝の妻。悠依と直木の里親。

池澤英介(いけざわ えいすけ)
演 - 荒川良々
洋食店「ハチドリ」のオーナー。学習塾も経営。

魚住叶恵(うおずみ かなえ)
演 - 平岩紙
譲の姉。霊を見る力がある。

神奈川県警 先浜警察署
田島宏一(たじま こういち)
演 - 少路勇介
刑事課の警部補。譲と直木の事件を捜査する。

村中望海(むらなか のぞみ)
演 - 穂志もえか
生活安全課の巡査。譲に一方的に告白し、振っている。

その他
高原涼香(たかはら すずか)
演 - 近藤千尋
譲が追う事件の被害者。

スタッフ
脚本 - 安達奈緒子
音楽 - 河野伸
主題歌 - マカロニえんぴつ「リンジュー・ラヴ」(TOY'S FACTORY)
警察監修 - 志保澤利一郎
里親監修 - 岩朝しのぶ
医療監修 - 冨田泰彦、藤田浩
演出 - 金子文紀、山室大輔、古林淳太郎
プロデューサー - 磯山晶、杉田彩佳
編成 - 中西真央、吉藤芽衣
製作 - TBSスパークル、TBS


番組公式サイト
100万回 言えばよかった - Wikipedia

『100万回 言えばよかった TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今野敏サスペンス 機捜235×強行犯係 樋口顕 TOP

『今野敏サスペンス 機捜235』(こんのびんサスペンス・きそうにいさんご)と題して、2020年4月24日の19:57 - 21:48に、テレビ東京系列で放送。主演は中村梅雀。また、天童隆一管理官役には『警視庁強行犯係・樋口顕』のテレビ東京ドラマ版(主演・内藤剛志)でも同役を演じる榎木孝明が務める。

2023年1月27日から連続ドラマ化。放送クールを通して『警視庁・樋口警部補』とのコラボレーションが展開される。


各話あらすじ
第1話 2023年1月27日 ※20:00〜21:48
 盗難車両を追跡する縞長(中村梅雀)と高丸(平岡祐太)。車を置いて逃げていく犯人を追うが…。高架下で男性の遺体が発見され急行する縞長たち。殺害された山崎礼二(姜暢雄)は、14年前に起きた警視庁最悪の事件の関係者で、1か月ほど前から樋口班が追っている人物だった。機動捜査隊と強行班係の働きで、車両盗難事件や過去の放火事件など、様々な事件と人物が繋がっていることが明らかになっていき…!


第2話 2023年2月3日「石礫」
 縞長省一(中村梅雀)は高丸卓也(平岡祐太)と手配中の爆破テロ犯・内田繁之(大西武志)が若い男とリュックを交換している瞬間を目撃。追跡するも取り逃がし、ビルに立てこもられてしまう 縞長は特殊犯の増田庸平(尾美としのり)に、別の男が爆弾を持っている可能性を報告するが、裏が取れていない情報だと一蹴される。若い男が爆弾を持っている可能性をぬぐい切れない縞長は、高丸とともに、勝手に捜査に乗り出してしまう!


原作概要
『機捜235』(きそうにいさんご、MOBILE INVESTIGATION UNIT 235)は、今野敏による日本の推理小説のシリーズ。光文社より2019年3月から刊行されている。


ドラマ概要
今野敏の同名小説を原作に、これまで「月曜プレミア8」枠でスペシャルドラマとして3度放送されてきた人気シリーズが連続ドラマ化。中村梅雀が定年間際の元見当たり捜査官・縞長省一に扮し、平岡祐太演じる若手イケメン隊員・高丸卓也とバディを組んで覆面パトカーに乗り込み、さまざまな事件を軽快かつ爽快に解決していく。山本未來、東根作寿英、秋山ゆずき、榎木孝明らおなじみのキャストに、今回から“機捜のIT担当”として須賀健太が加入。

さらに、連ドラ化にあたり「警視庁強行犯係 樋口顕」シリーズとコラボレーション。主演の内藤剛志をはじめ、樋口班のおなじみの顔ぶれが集結し、機捜メンバーとの共演を果たす。


ストーリー
定年間際で機動捜査隊(通称・機捜)に配属された縞長省一(中村梅雀)は、一見さえないただのおじさんだが、実は指名手配者800人の顔を覚える見当たり捜査のレジェンドだ。そんな彼とバディを組み、捜査一課への異動を夢見る上昇志向のイケメン隊員・高丸卓也(平岡祐太)。そして、高い洞察力を持ち、時にはスタンドプレーも辞さず事件の裏にある真実を追求し解明していく、警視庁強行犯係の刑事・樋口顕(内藤剛志)。日々起こる難事件を、機動捜査隊が痛快に解決しながら、機捜バディと樋口班メンバーがタッグを組んで、警視庁最悪のコールドケースに挑んでいく。


キャスト
中村梅雀 /縞長省一 役
警視庁第二機動捜査隊渋谷分駐所の巡査部長。一見さえない中年男性だが、指名手配者800人の顔を覚える見当たり捜査のレジェンド。人の“目”と“耳”の特徴を覚えている、ずば抜けた才能の持ち主。

平岡祐太 /高丸卓也 役
警視庁第二機動捜査隊渋谷分駐所の巡査部長。縞長とコンビを組む若手イケメン隊員。捜査一課への異動を夢見る上昇志向の持ち主。

山本未來 /安永知世 役
警視庁第二機動捜査隊渋谷分駐所の所長。警部。

須賀健太 /浜川誠 役
警視庁第二機動捜査隊渋谷分駐所の巡査。サイバー対策課から新たに配属された。

榎木孝明 /天童隆一 役
警視庁刑事部捜査一課の第二強行犯捜査管理官。警視。

内藤剛志 /樋口顕 役
警視庁捜査一課強行犯係の樋口班を率いる刑事。高い洞察力や推理力を持ち、時にはスタンドプレーも辞さず事件の裏に潜む真実を追求していく。

スタッフ
脚本:安井国穂、村川康敏、坂上かつえ、政池洋佑、山岡潤平
監督:児玉宜久演出:川口浩史細川光信、本田隆一
演出:川口浩史
チーフプロデューサー:山鹿達也


番組公式サイト
機捜235 - Wikipedia

『今野敏サスペンス 機捜235×強行犯係 樋口顕 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月31日

ヒヤマケンタロウの妊娠 TOP

『ヒヤマケンタロウの妊娠』(ヒヤマケンタロウのにんしん)は、2023年1月6日(5日深夜)より、テレビ東京系「木ドラ24」枠(毎週木曜24:30〜25:00)にて放送中。主演は斎藤工。2022年4月21日よりNetflixで配信中。


各話あらすじ
第1話 2023年1月5日
 仕事もプライベートも順風満帆な毎日を送っているエリート広告マン・桧山健太郎(斎藤工)。大きな仕事も決まり全てがうまくいっていた健太郎だったが、謎の体調不良に見舞われる。病院で検査をすると妊娠していることが判明。男性の妊娠自体が稀な中、元々出産・子育てに対し、仕事の弊害になるとネガティブだった健太郎はなおさら自身の妊娠を受け入れることができずにいた。この妊娠をきっかけに健太郎の人生は大きく動き出す…!


第2話 2023年1月12日
 自分が妊娠していると知った桧山健太郎(斎藤工)は、つわりや身体的な変化に悩まされ仕事に集中できないでいた。中絶を決めた健太郎だったが、同意書には相手の署名も必要だった。妊娠した時期から、相手はパートナーの亜季(上野樹里)だと判明。健太郎は亜季に妊娠したと伝え、同意書を書くよう促すが、亜季の他人事のような言動にイラついてしまう。そんな中、最近の仕事態度から重要なプロジェクトの指揮からおろされてしまい…。


第3話 2023年1月19日
 中絶のため受診した桧山健太郎(斎藤工)は病院で自分と同じシスジェンダーの妊夫・宮地(宇野祥平)と出会う。珍しい男性妊夫同士、二人は意気投合し、健太郎は宮地の妊娠を決意した経緯を聞くことに。妊娠してから仕事に集中できずにいた健太郎は、プロジェクトの指揮からおろされ、雑務を押し付けられていた。そんな時、プロジェクトが頓挫しそうになり、健太郎は自分が妊娠していると告白。そして、自らモデルとなり男性妊夫を広告モチーフとする案を提案した。


第4話 2023年1月26日
 妊夫として一躍時の人となった桧山健太郎(斎藤工)は妊夫として持てはやされる一方で、誰にも理解されない不自由さも感じていた。そんな不自由さを解消するために、健太郎は同じ妊夫の宮地(宇野祥平)と妊夫同志が交流できるオンラインサロンを立ち上げることに。サロンのオフ会を開くと、予想以上に多くの妊夫が集まり順調に思えたが、ある日宮地の妻・のりこ(山田真歩)から連絡が。病院に駆けつけると、宮地がウイルスに感染したと告げられる。そこでのりこの本音を聞いてしまい…。


第5話 2023年2月2日
 亜季(上野樹里)とは家族に対する価値観が違いすぎて一緒に子育てできないと告げた桧山健太郎(斎藤工)。そんな中、亜季は妹の結婚式に参加するために久しぶりに帰省すると、周りは男性妊夫に対する冷たい意見が飛び交っていた。女性だから、男性だからという偏見に悩まされながらも、健太郎に一緒に子育てすると伝える。ずっと不安だった健太郎は亜季の言葉に救われ、亜季に結婚しようと伝えるが…。
その時、健太郎の目の前に父親だと言う男性が突然現れ…。


原作概要
『ヒヤマケンタロウの妊娠』、坂井恵理による漫画作品。『BE・LOVE』(講談社)にて、2012年17号より同年23号まで連載された。続編として、『ヒヤマケンタロウの妊娠 育児編』が同誌の2019年9月号より2020年10月号まで連載された。テレビドラマが地上波で放送されることを記念した読み切り前後編が、同誌2023年2月号から掲載されている。


ドラマ概要
今年4月にNetflixで全世界配信され話題になった、坂井恵理による同名漫画が原作の社会派コメディー。男性も妊娠するようになって約50年経過した世界を舞台に、男性が妊娠した後の男女逆転生活をコミカルに描きながら、妊娠をきっかけに今まで見てこなかった社会のさまざまな問題に直面し、奮闘しながら徐々に周囲の人と自分自身を変えていく姿を映し出す。


ストーリー
スマートに生きることを信条に第一線で仕事をこなし、特定の恋人も作らず人生を謳歌していた桧山健太郎(斎藤工)は、ある日突然自分が妊娠していることを知る。男性の妊娠はかなり珍しい中で、自身に訪れた予想外の出来事に慌てふためく健太郎。そして、仕事優先で結婚や出産は二の次だったパートナーの瀬戸亜季(上野樹里)も、戸惑いを隠せない。

紆余曲折を経て出産を決意した健太郎と亜季だったが、社会から向けられる予想外のまなざしや、妊娠によるキャリアの壁、妊娠した男性への偏見を身をもって体験することになる。


キャスト
桧山健太郎
演 - 斎藤工
広告代理店の第一線で仕事をバリバリこなすハイスペック男子。仕事もプライベートも順風満帆な毎日を送っていたが、ある日突然、自分が妊娠していることを知る。

瀬戸亜季
演 - 上野樹里
健太郎のパートナー。仕事優先で、結婚や出産は二の次と考えていた。健太郎の妊娠に戸惑う。

桧山智子
演 - 筒井真理子(若い頃:清瀬やえこ)
健太郎の母。

栄一
演 - リリー・フランキー
健太郎の父。

大杉
演 - 岩松了
健太郎の上司。

田辺
演 - 細川岳
健太郎の後輩。

澤部悟
演 - 前原滉
健太郎の同僚。

古賀奈々
演 - 山本亜依
健太郎の後輩。

遠藤
演 - 森優作
健太郎の後輩。

松野
演 - 伊勢志摩
健太郎の同僚。

宮地
演 - 宇野祥平
健太郎の妊夫仲間。

宮地ノリコ
演 - 山田真歩
宮地の妻。

中島
演 - 高橋和也
産婦人科医。

瀬戸英男
演 - 斉木しげる
亜季の父。

亜季の母
演 - 根岸季衣

瀬戸成美
演 - 木竜麻生

亜季の妹。
亜季の従兄弟
演 - 橋雄祐

高木
演 - 橋本淳
亜季の元同僚。

詩織
演 - 小野ゆり子
亜季の友人。

リナ
演 - 坂ノ上茜
その他 - 篠原ゆき子、川床明日香、土屋太鳳

スタッフ
原作 - 坂井恵理『ヒヤマケンタロウの妊娠』(講談社「BE LOVE KC」所載)
監督 - 箱田優子、菊地健雄
脚本 - 山田能龍、岨手由貴子、天野千尋
エグゼクティブ・プロデューサー - 高橋信一(Netflix コンテンツ・アクイジション部門マネージャー)
プロデューサー - 間宮由玲子(テレビ東京)、太田勇(テレビ東京)、平林勉(AOI Pro.)
制作協力 - AOI Pro.
企画・制作 - テレビ東京


番組公式サイト
ヒヤマケンタロウの妊娠 - Wikipedia

『ヒヤマケンタロウの妊娠 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

しょうもない僕らの恋愛論 TOP

『しょうもない僕らの恋愛論』(しょうもないぼくらのれんあいろん)は、2023年1月19日から、読売テレビ製作・日本テレビ系の深夜ドラマ枠「木曜ドラマ」(毎週木曜23:59〜24:54)で放送中。主演は眞島秀和。


各話あらすじ
第1話 2023年1月19日「愛した人から届いた友達申請」
40代独身の筒見拓郎(眞島秀和)は、デザイン事務所で20年働くデザイナー。最近は後輩の面倒を任されることも多くなり、「仕事も人生もこのままでいいのか……?」と漠然とした不安を抱えている。

ある日、行きつけのバー「ちゃらんぽらん」で、元バンド仲間・宇崎隆と飲んでいると、白髪が生えていることを指摘され、「もう立派なおじさん」と言われてしまう。さらに、行きつけのバーのマスター(嶋田久作)からは「仕事、仕事ってやっていると、気づいたらおじいさんだぞ?」と言われてしまうのだった。

そんな夜、誰もいない暗い部屋に帰宅した拓郎の元に、SNSから「友達リクエストがあります」と通知が入る。差出人は、20年前に愛した大学の同級生、谷村安奈で……!?


第2話 2023年1月26日「守れなかった20年前の約束と後悔」
20年前に愛した大学の同級生、谷村安奈が亡くなった。この悲しい事実を、安奈の娘・谷村くるみ(中田青渚)から告げられた筒見拓郎(眞島秀和)。「会ってみたかったんです。母が好きだった人に」というくるみの言葉が、頭から離れない。

そんな中、くるみから「行きたい場所がある」と連絡が入る。行き先はバッティングセンター。そこは昔、安奈と行った場所だった。当時のことを振り返る拓郎は、くるみの笑顔に、思わず安奈の笑顔を重ねてしまう……。ところが、くるみから安奈のもとから離れた理由を問われた拓郎は「…君には関係ないんじゃないかな?」と冷たく突き放してしまうのだった。

その夜。拓郎から、くるみと会ったことを聞いた森田絵里(矢田亜希子)。母親を亡くしてしまったくるみを心配しつつも、複雑な思いも感じていて……!?

そんな中、拓郎のもとにくるみからもう一度会って話をしたい、と連絡が入る。2人は、拓郎と安奈が通った大学で落ち合い、拓郎は安奈との過去の出来事をくるみに語りだす…


第3話 2023年2月2日
20年前、突然母・安奈の前から姿を消した理由を、筒見拓郎(眞島秀和)から明かされた谷村くるみ(中田青渚)。そんなある日、同級生から、バンドのイラストを描いてほしいと頼まれる。ふと、“人生のバイブル“である漫画家・ワカタマコのマンガを手に取ると、背表紙に「装丁・筒見拓郎」の文字を見つけ……!?

ひょんなことから、自身が長年にわたり表紙のデザインを手掛けてきたワカタマコの新連載が始まることを知った拓郎。ところが、自分ではなく、知り合いの若手デザイナーが担当することを知る。拓郎は、自身の感性が古くなっているかもしれないと、戸惑いを隠せないでいた。
そんな中、拓郎の働くデザイン事務所「JIRO」にくるみがやってくる。くるみは、拓郎に“あるお願い”をして……!?

一方、森田絵里(矢田亜希子)は、バー「ちゃらんぽらん」で、安奈の娘・くるみと初めて顔を合わせ……。


原作概要
『しょうもない僕らの恋愛論』は、原秀則による漫画作品。『ビッグコミック』(小学館)にて、2019年2号から2021年7号まで連載された。全6巻。
連載終了後の2021年8号に特別編が掲載された。


ドラマ概要
原秀則の同名漫画を眞島秀和の主演で連続ドラマ化。生き方や仕事に葛藤を抱えるデザイナー・筒見拓郎(眞島)が、2人の女性との交流を通じて、人生と恋、そして過去にやり残した思いと向き合っていくヒューマンドラマ。拓郎がかつて思いを寄せた女性・谷村安奈の娘・くるみを中田青渚、高校時代から拓郎に片思いしている同級生・森田絵里を矢田亜希子が演じる。

ストーリー
40代独身で人生の停滞期に入ったデザイナー・筒見拓郎(眞島秀和)のもとに、ある日、大学時代に思いを寄せた谷村安奈からSNSの友達申請が届く。戸惑いとともに再会の予感に期待が膨らむ拓郎だったが、現れたのは安奈の17歳の娘・くるみ(中田青渚)だった。この巡り会いが、過去の果たせなかった約束を拓郎によみがえらせる。

一方、くるみの出現は、拓郎の高校時代の同級生・森田絵里(矢田亜希子)にも変化をもたらす。大手家電メーカーでバリバリ働く絵里は、20年以上も拓郎に片思いしながら、今の関係を壊したくないと考え、素直になれないでいた。しかし、くるみと拓郎との出会いが、そんな絵里の心を揺さぶり変えていく。


キャスト
筒見拓郎〈41〉
演 - 眞島秀和(大学時代:水沢林太郎)
デザイン事務所「JIRO」の書籍デザイナー。独身。仕事や人生に漠然とした不安を抱えている。恋人はいないが、高校時代からの友人・絵里とはよく飲みに行く仲。大学時代に思いを寄せた安奈からのSNSの友達申請をきっかけに、安奈の娘・くるみと出会い、胸の奥にしまっていたやり残した過去への思いと対峙することになる。

森田絵里〈41〉
演 - 矢田亜希子
拓郎の高校時代の同級生。大手家電メーカーの美容機器部門の課長を務めるバリキャリ。友達として拓郎と付き合っているが、実は20年以上も片思いしている。告白するタイミングをとうに失い、自分のなかで折り合いをつけてきたが、くるみの出現を機に、抑えていた拓郎への思いと向き合うことになる。

谷村くるみ〈17〉
演 - 中田青渚
拓郎の初恋相手・安奈の娘。高校2年生。押しが強く勝気で、自立心も強い。幼なじみで同じ高校に通う悠と親しい。小さい頃に両親が離婚し母親の安奈に育てられるが、その安奈とも死別。母が「ずっと好きだった」拓郎と出会うことで人生が動き始める。

JIRO
拓郎の勤めるデザイン会社。
木ノ下二郎
演 - 杉本哲太
社長。

野口
演 - 水間ロン
拓郎の同僚。

太田
演 - 金井浩人
拓郎の同僚。

拓郎のバンド仲間
大学時代、拓郎と安奈と一緒にバンドを組んでいた仲間(回想シーン)。
宇崎
演 - 黒田大輔


演 - 好井まさお
絵里の関係者

堀江
演 - 古舘佑太郎
絵里の勤める会社の後輩。

河島
演 - 内田慈
絵里の勤める会社の同僚。

くるみの関係者
小椋悠
演 - 木全翔也(JO1)
くるみの同級生。成績優秀で、少し大人びたところがある。真っすぐで、時には思い込みで突っ走ってしまうくるみを、いつもそばで支えている。

谷村桃子
演 - 手塚理美
喫茶店を1人で切り盛りするくるみの祖母。ちゃきちゃきした明るい性格で、くるみのお手本のような存在。はっきりものを言うので厳しく聞こえることもあるが、言葉には愛があり、くるみを温かく見守っている。

平尾研二
演 - 橋本じゅん
くるみの父。安奈とは早くに離婚している。

船村
演 - 本多力
くるみが通う高校の美術教師。

その他
マスター
演 - 嶋田久作
拓郎の行きつけのバーのマスター。

スタッフ
原作 - 原秀則『しょうもない僕らの恋愛論』(小学館「ビッグコミックス」刊)
脚本 - いとう菜のは、今西祐子
監督 - 近藤啓介、松本花奈、本田隆一
主題歌 - JO1「We Good」(LAPONE ENTERTAINMENT)
チーフプロデューサー - 沼田賢治
プロデューサー - 山本晃久(読売テレビ)、大沼知朗(吉本興業)、古賀俊輔(ザフール)、長坂淳子(ザフール)
制作協力 - 吉本興業
制作プロダクション:ザフール
制作著作 - 読売テレビ


番組公式サイト
しょうもない僕らの恋愛論 - Wikipedia

『しょうもない僕らの恋愛論 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

忍者に結婚は難しい TOP

『忍者に結婚は難しい』(にんじゃにけっこんはむずかしい)は、2023年1月5日からフジテレビ系「木曜劇場」枠(毎週木曜22:00〜22:54)にて放送中。主演は菜々緒。


各話あらすじ 平均視聴率 6.25%
第1話 2023年1月5日 ※初回は15分拡大(22:00 - 23:09) 視聴率 7.0%
 薬局で薬剤師をしている蛍(菜々緒)と郵便局員の悟郎(鈴木伸之)は、結婚した当初は仲が良かったが、生活習慣や価値観の違いから言い争うようになり、離婚の危機に直面していた。実は、2人には互いに隠している秘密があり、蛍は甲賀忍者の末裔(まつえい)で、悟郎はその敵対関係にある伊賀忍者の末裔だったのだ。そんな折、蛍は国会議員のスキャンダルをつかむという指令を受ける。しかし、その怪しい動きは察知され、悟郎ら伊賀一族に警護の依頼が舞い込む。

第2話 2023年1月12日 視聴率 5.8%
 赤巻(信太昌之)の違法薬物使用の証拠をつかむよう命じられた蛍(菜々氏jは、彼の邸宅に侵入。一方、悟郎(鈴木伸之)は赤巻邸を警護中に不審な人物を発見するも逃げられてしまう。するとその後、祐樹(勝地涼)と共に赤巻の遺体を発見。悟郎は、伊賀グループの本部長・松下(小須田康人)に、赤巻が毒殺されたこと、そして現場から逃走した不審者はその身のこなしから甲賀者ではないかと報告する。

第3話 2023年1月19日 視聴率 6.2%
 爆弾テロを装って甲賀忍者をおびき出す伊賀側の作戦で、悟郎(鈴木伸之)は舞台となるイベントに妻同伴での参加を指示される。一方、テロの阻止を請け負った蛍(菜々緒)は離婚問題に揺れつつも、渡りに船とばかりに夫婦で出席することに。そんな中、伊賀一族の総帥・城水(市村正親)の孫で悟郎の初恋の相手の小夜(吉谷彩子)は、会場に本物の爆弾が仕掛けられると知る。

第4話 2023年1月26日 視聴率 6.0%
 蛍(菜々緒)と悟郎(鈴木伸之)が互いにある疑念を抱く中、悟郎の同僚でもある伊賀忍者の音無(勝地涼)が、本部からの呼び出しを無視し、行方不明になる。音無に内通者の疑いがかかり、慌てた悟郎が郵便局インターンの宇良(藤原大祐)と共に捜す一方で、蛍は音無を心配する妻の恵美(筧美和子)を気遣う。さらに蛍は、悟郎と親しげにする小夜(吉谷彩子)と顔を合わせ…。

第5話 2023年2月2日
 議員殺害事件で生じた疑念に頭を抱える悟郎(鈴木伸之)。一方、蛍(菜々緒)は妹の雀(山本舞香)から、姉で競馬騎手の楓(ともさかりえ)が倒れて意識不明だと連絡を受け、慌てて病院へ駆け付ける。楓は甲賀忍者に代々伝わる‘秘伝の術’が必要な状態だった。すると、現れた蛍らの父・竜兵(古田新太)が思わぬ過去を打ち明ける。その頃、甲賀の術について調べた悟郎は…。

第6話 2023年2月9日
 草刈蛍(菜々緒)は、夫の悟郎(鈴木伸之)が伊賀忍者だったことを知る。そして悟郎もまた、蛍が赤巻議員の邸宅に侵入した甲賀忍者だと気づいていた。「知ってしまった以上、けりをつけるしかない」。帰宅した悟郎と、それを出迎えた蛍は、互いに武器を隠し持って対峙する。蛍と悟郎は、夕食の間も相手の一挙手一投足に目を光らせていた。だが、心の準備ができておらず、行動を起こすことはできなかった。「明日こそ」。ふたりはそう決意し、眠れない夜を過ごす。

原作概要
『忍者に結婚は難しい』(にんじゃにけっこんはむずかしい)は、横関大による日本の小説。2022年6月1日に講談社より刊行された。


ドラマ概要
「ルパンの娘」シリーズの横関大による同名小説を、菜々緒主演、鈴木伸之共演でドラマ化。互いに正体を隠したまま結婚した忍者の夫婦が、すれ違いによる離婚危機に直面するも、忍びとしての特殊任務を遂行する中で結婚生活を見つめ直していくラブコメディー。


ストーリー
薬剤師として働く草刈蛍(菜々緒)は、28歳の時に郵便局で配達員として働く悟郎(鈴木伸之)と結婚し、ごく普通の生活を送っている。しかし本当は、古来より続く甲賀忍者の末裔という裏の顔を持ち、人一倍気が強く、完璧主義で失敗や負けることが嫌いだった。

一方、夫の悟郎も実は、蛍と敵対する伊賀忍者の末裔。ともに正体を隠して結婚した2人だが、秘密を持つためにすれ違いが生じ、結婚3年目にして冷め切った夫婦関係となっていた。そんな中、それぞれに“特殊任務”が舞い込む。互いの任務でニアミスする2人は、やがて互いの正体を疑い始める。


キャスト
草刈蛍(くさかり ほたる)
演 - 菜々緒
普段は薬局で薬剤師として働く甲賀忍者の末裔。甲賀一族であることにプライドを持っているが、悟郎と出会い、心の奥に秘めていた“普通”への憧れがあふれ出し、忍者であることを隠して28歳で結婚。正体がばれないよう表向きは穏やかで物静かな振る舞いをしているが、実は人一倍気が強く、完ぺき主義で失敗や負けることが嫌い。時々、本音の毒舌が漏れてしまう。身体能力が高く、トレーニングは欠かさない。

草刈悟郎(くさかり ごろう)
演 - 鈴木伸之
蛍の夫。伊賀忍者の末裔だが、普段は正体を隠し郵便局の配達員として働く。明るくおおらかで、優しくて力持ちの癒やし系。一方で、能天気で面倒くさがり、ずぼらで鈍感、かつ気弱で優柔不断という一面も。しかし忍者としての任務遂行においては機敏で、優れた手裏剣の腕前を持つ。忍者一族から抜け出し、普通になりたいという気持ちも持っている。蛍を普通の女性だと思い、結婚する。

甲賀一族
月乃雀(つきの すずめ)
演 - 山本舞香
蛍の妹で、薬学部に通う大学生。ライブ動画配信で月収30万円ほど稼ぐインフルエンサーでもあり、さまざまなSNSで忍者姿のダンスなどを発信し、熱狂的なマニアから人気を得ている。好きなことしかしたくない自由人だが、実はとても家族思い。ごく普通の恋愛に憧れていて、一般人と結婚できた蛍は理想。奇抜なファッションで、物おじしない活発な性格。

月乃楓(つきの かえで)
演 - ともさかりえ
蛍の姉で競馬の人気ジョッキー。母を亡くした後、父と妹の面倒を見ていたしっかり者。金にだらしない父を反面教師にし、金銭への執着が強い。強引な性格でもあるが、根底には蛍たちの幸せを思う優しさがある。忍びの指令を蛍に任せっきりなことを気にする一方で、自身に結婚願望がないこともあり、蛍に事あるごとに離婚を勧める。

月乃竜兵(つきの りゅうへい)
演 - 古田新太
蛍の父。忍者としての仕事を蛍に引き継いでからは無職で、東京・中野のアパートで1人暮らしをしている。いつも酔っ払っているが、若い頃は優秀な忍者として指令を遂行していた。酒ばかり飲むようになったのは妻を亡くしてからで、仲のいい夫婦だったため、そのショックから酒に頼っていると娘たちは思っているが…。

伊賀一族
音無祐樹(おとなし ゆうき)
演 - 勝地涼
伊賀一族に属する悟郎の幼なじみで、同じ郵便局に勤務する。エリート上忍(忍者階級の最高峰)の家系で出世コースをまい進。仕事、任務、人付き合いを器用にこなし、上司や部下からの厚い信頼も得ている。悟郎とは親友だが、仕事も結婚も親の敷いたレールに乗って生きてきた自分と違い、一族の人間ではない蛍と結婚した彼にひそかに驚きと羨望を抱く。

風富小夜(かぜとみ さよ)
演 - 吉谷彩子
悟郎の幼なじみ。伊賀一族に属し、現在は外資系保険会社外交員として働く。名家の超エリート上忍で、仕事も忍者としての任務も優秀にこなす。悟郎の初恋の相手で、自身も悟郎にほのかな恋心を抱いていた。3年ぶりに再会した悟郎が結婚していたことにひそかにショックを受けるものの、離婚寸前だと聞き恋心が再燃していく。

音無恵美(おとなし めぐみ)
演 - 筧美和子
祐樹の妻。

風富城水(かぜとみ じょうすい)
演 - 市村正親
小夜の祖父で伊賀一族の最高権力者。最強の組織と評される伊賀一族の総帥として、温かくも威厳をまとうカリスマ的存在。小夜に対しては、孫といえども厳しく接している。

その他
宇良豹馬(うら ひょうま)
演 - 藤原大祐
大学4年生。悟郎の職場にインターン生としてやってくる。

スタッフ
原作 - 横関大『忍者に結婚は難しい』(講談社刊)
脚本 - 松田裕子
主題歌 - aiko「あかときリロード」(ポニーキャニオン)
挿入歌 - 鈴木伸之「Ambivalence」(Sony Music Labels)
演出 - 土方政人、木下高男、小林義則、北坊信一
プロデュース - 貸川聡子
編成企画 - 木由佳(フジテレビ)
制作著作 - フジテレビ


番組公式サイト
忍者に結婚は難しい - Wikipedia

『忍者に結婚は難しい TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警視庁アウトサイダー TOP

『警視庁アウトサイダー』(けいしちょうアウトサイダー)は、2023年1月5日からテレビ朝日系「木曜ドラマ」枠(毎週木曜21:00〜21:54)にて放送中。主演は西島秀俊。


各話あらすじ 平均視聴率 9.83%
第1話 2023年1月5日 ※初回6分拡大(21:00 - 22:00) 視聴率 10.7%
 所轄署刑事課のエース刑事である光輔(濱田岳)は、不審な男が職務質問を振り切って逃走したという一報を聞き、現場に駆け付ける。するとそこに、ダブルのスーツにサングラス姿の英児(西島秀俊)が乱入し、鮮やかに不審者を取り押さえる。英児は、組織犯罪対策部から飛ばされて刑事課に異動してきた人物だった。バディを組んで捜査に当たることになった2人は、新米刑事の直央(上白石萌歌)の面倒を見ることに。直央の父は警視庁副総監の有働(片岡愛之助)だった。

第2話 2023年1月12日 視聴率 9.1%
 警務課の米光(長濱ねる)や倉間(野波麻帆)と帰宅中の直央(上白石萌歌)が、夜道を1人で歩く5歳の凛(いろは)を保護。シングルマザーの加奈子(寒川綾奈)がいなくなったという。若い女性の連続失踪事件との関連を訴える直央らに気おされ、英児(西島秀俊)が渋々調べると、失踪女性と共通した不審な人物が浮上。直央が捜査に躍起になる一方で、ある人物が英児と光輔(濱田岳)を調べていた。

第3話 2023年1月19日 視聴率 9.6%
 警務課の米光(長濱ねる)や倉間(野波麻帆)と帰宅中の直央(上白石萌歌)が、夜道を1人で歩く5歳の凛(いろは)を保護。シングルマザーの加奈子(寒川綾奈)がいなくなったという。若い女性の連続失踪事件との関連を訴える直央らに気おされ、英児(西島秀俊)が渋々調べると、失踪女性と共通した不審な人物が浮上。直央が捜査に躍起になる一方で、ある人物が英児と光輔(濱田岳)を調べていた。

第4話 2023年1月26日 視聴率 9.9%
 英児(西島秀俊)が‘マル暴’時代に上司の藤原(柳葉敏郎)に紹介された元警視正の黒石(井上肇)が遺体で見つかり、検視の結果、自殺とされた。4カ月前に不倫報道で辞職した黒石は「わなにはめられた」と英児に書き残しており、英児は光輔(濱田岳)と調べ始める。やがて、直央(上白石萌歌)が黒石の不倫相手に接触を試みる中、光輔は英児の‘失態’を口にする元部下達と会い…。

第5話 2023年2月2日
 光輔(濱田岳)と英児(西島秀俊)が、光輔の父・優人(神尾佑)が逮捕された10年前の事件を洗い直す中、暴力団員の楠本(横山涼)の白骨遺体が見つかる。5年前、楠本は更生を支援する元暴力団員の清掃会社社長・小松崎(デビット伊東)を訪ねていたが、組長が足抜けを許さなかったという。光輔は楠本の一貫性のない行動に着目。一方で英児と共に、あることを確認するため、直央(上白石萌歌)を呼び出す。

第6話 2023年2月9日
 10年前、蓮見光輔(濱田岳)の父・梶間優人(神尾佑)が冤罪に巻き込まれたホステス殺人事件の手がかりを求め、架川英児(西島秀俊)は単身、長野県春蘭市に乗り込んだ。その直後、桜町中央署管内では、看護師・今野静香(高橋美津子)が何者かに駅の階段から突き落とされる事件が発生。静香は幸い一命をとりとめたものの、意識不明の状態だった。


原作概要
『警視庁アウトサイダー』は、加藤実秋による小説シリーズ。元マル暴と訳ありエース刑事のバディが人々を救う警察小説。


ドラマ概要
加藤実秋の同名小説を、西島秀俊の主演で連続ドラマ化。見た目が極道の元マル暴刑事・架川英児(西島)が、一見非の打ちどころがないが大きな秘密を抱えたエース刑事と、安定した就職先として警察を選んだ新米刑事と手を組み、互いを利用しながら難事件を解決していく。

あるトラブルから所轄に左遷され、本庁への返り咲きを望む英児。そんな彼に秘密を察知され、密約を交わして協力することになる蓮見光輔を濱田岳、実は父親が警視庁副総監だが、成り行きで刑事になってしまった新人・水木直央を上白石萌歌が演じる。それぞれが背負っていた過去が明らかになるにつれ、物語はやがて壮大な復讐劇へと展開する。


ストーリー
不審な男が人質を取って立てこもり、桜町中央署刑事課のエース・蓮見光輔(濱田岳)は現場へ。男を冷静に諭し、投降させるまであと一息というところで、突然、ダブルのスーツにサングラスという任侠ファッションの男が乱入し、鮮やかに不審者を取り押さえる。瞬時に場を収めた男こそ、警視庁の組織犯罪対策部、いわゆる“マル暴”から左遷されてきた架川英児(西島秀俊)だった。

その矢先、女性が刺殺される事件が発生。英児と光輔はバディを組んで捜査に当たるが、英児は何もかもが完璧な光輔に違和感を覚える。そんな中、2人は新米刑事・水木直央(上白石萌歌)の面倒を見ることになるが、実は直央は警視庁副総監の娘だった。


キャスト
架川英児(かがわ えいじ)
演 - 西島秀俊
桜町中央署刑事課警部補。元警視庁組織犯罪対策部。

蓮見光輔(はすみ こうすけ)
演 - 濱田岳
桜町中央署刑事課のエース。
水木直央(みずき なお)

- 上白石萌歌
桜町中央署刑事課の新人刑事。実父は警視庁副総監。

桜町中央署
仁科素子(にしな もとこ)
演 - 優香
鑑識係。

倉間彩子(くらま あやこ)
演 - 野波麻帆
警務課事務職員。

米光麻紀(よねみつ まき)
演 - 長濱ねる
警務課員。

梅林昌治(うめばやし まさはる)
演 - 長田成哉
刑事課員。

野本滋(のもと しげる)
演 - ワタナベケイスケ
刑事課員。

矢上慶太(やがみ けいた)
演 - 小松和重
刑事課長。

警視庁
羽村琢己(はむら たくみ)
演 - 福士誠治
警務部人事第一課・監察係。英児と光輔をマークする。

藤原要(ふじわら かなめ)
演 - 柳葉敏郎
組織犯罪対策部警部。英児の元上司。

その他
小山内雄一(おさない ゆういち)
演 - 斎藤工
与党所属の衆議院議員。組織犯罪の撲滅をスローガンに掲げる若手のホープ。

小山内響子(おさない きょうこ)
演 - 青山倫子
雄一の妻。

沙希(さき)
演 - 井本彩花
地下アイドル。居酒屋「龍宮城たつみやぎ」でアルバイトをしている。

水木真由(みずき まゆ)
演 - 石田ひかり
直央の母。

有働弘樹(うどう ひろき)
演 - 片岡愛之助
警視庁副総監。直央の実父。真由と離婚したため、直央とは別々に暮らしている。

ゲスト
第1話
最上賢太郎
演 - 上原佑太(ダウ90000)
最上家の長男。引きこもりであったが、自宅での殺人事件発生後に失踪する。

最上憲彦
演 - 飯田基祐
賢太郎の父親。大学教授。

最上亜由美
演 - 星南のぞみ
賢太郎の姉。大学の研究員。

水品理奈
演 - 川津明日香
賢太郎の幼馴染。最上家の近くのクリーニング店の娘。

永峰弓江
演 - 室井滋
最上家のハウスキーパー。最上家で発生した殺人事件の被害者。

プロレスラー
演 - 真壁刀義、棚橋弘至、田口隆祐、オカダ・カズチカ
刃物を持った不審者が乱入したプロレス興行に出場していた、新日本プロレスのレスラーたち。

スタッフ
原作 - 加藤実秋『警視庁アウトサイダー』シリーズ(角川文庫刊)
脚本 - 橋泉
音楽 - 末廣健一郎
主題歌 - 山下達郎「LOVE‘S ON FIRE」(WARNER MUSIC JAPAN)
演出 - 木村ひさし ほか
エグゼクティブプロデューサー - 服部宣之(テレビ朝日)
プロデューサー - 藤崎絵三(テレビ朝日)、長谷川晴彦(KADOKAWA)、山形亮介(KADOKAWA)
制作協力 - KADOKAWA
制作著作 - テレビ朝日


番組公式サイト
警視庁アウトサイダー - Wikipedia

『警視庁アウトサイダー TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それでも結婚したいと、ヤツらが言った。 TOP

『それでも結婚したいと、ヤツらが言った。』(それでもけっこんしたいと ヤツらがいった)は、2023年1月5日(4日深夜)からテレビ東京系列の深夜ドラマ枠「水ドラ25」(毎週水曜25:00〜25:30)にて放送中。主演は鈴木ゆうか。


各話あらすじ
第1話 2023年1月4日
結婚式場「ウェディングヒルズ大黒」。そこには、永遠の愛を誓うカップルたちを神様と一緒に見送ってきたネズミの一家が暮らしていた。しかし、このままだと式場が売りに出される話が立ち上がる。何とかすべく、長女のチュー子(鈴木ゆうか)を筆頭に、結婚式のお手伝いをすることに。今宵、結婚式に臨むのは新山隆文(前原滉)と片山由美(筧美和子)。しかし、どこか心ここにあらずの隆文からまさかのカミングアウトが…。

都内にある結婚式場「ウェディングヒルズ大黒」。そのロビーの一角に、名前の由来となった大黒天を祀る小さなお社がある。そこには、永遠の愛を誓うカップルたちを神様と一緒に幾度となく見送ってきたネズミの一家が暮らしていた。しかし近年、結婚式の需要が落ち込む一方で、このままだとお社一帯が売りに出される、そんな話が立ち上がる。

「なんとかせよ!」という大黒天さまのお達しのもと、結婚式場をつぶさないため、長女であるチュー子(鈴木ゆうか)を筆頭に、式場スタッフに“乗りうつり”結婚式のお手伝いをすることになったネズミ一家。チュー子が“乗りうつる”のは、プランナー歴2年目の新人・篠原天音。どこか頼りない彼女だが、チュー子が“乗りうつる”ことで別人のように変貌する。

そんなこんなで今宵、チュー子こと篠原天音が担当する結婚式に臨む新郎新婦は、新山隆文(前原滉)と片山由美(筧美和子)。式の打ち合わせをチュー子と入念に進める中、演出やプランにリアクションする由美に対して、どこか心ここにあらずの隆文。受け身の姿勢に何かを感じたチュー子は思い切って隆文にどのくらい結婚したい気持ちがあるのか聞き出すことに。

すると、“忘れられない人がいる”とのまさかのカミングアウト…。そこには、隆文と由美を取り巻く人間関係が影響していて…。


第2話 2023年1月11日
ようやく本当の意味で結婚式に臨むことができる由美(筧美和子)と隆文(前原滉)だったが、幸せも束の間、隆文の母・新山清美(速水今日子)から結婚式を中止にすべきとの連絡が…。いわゆる毒親に困惑する一同。しかし、チュー子はこの理不尽な清美の要求には何か裏があるのではないかと考え始める。ここまで結婚式に介入してくる清美の真意とは。そして、チュー子がある謎を解いた時、物語は大転換する!

前回、由美(筧美和子)の本心を聞くとことができ、心のモヤモヤを無事解決できた隆文(前原滉)。ようやく本当の意味で結婚式に臨むことができる二人だったが、幸せも束の間。隆文の母・新山清美(速水今日子)からコース料理に「キャビア」が入ってないことを理由に、ゲストの人たちに満足してもらえない結婚式なら中止にすべきと連絡が…。

しかし、今のプランだとこれ以上予算をかけることもできず、急な展開に困惑する二人。なんとか解決策を見出したチュー子(鈴木ゆうか)とスタッフたちだったが、今度は「キャビア」を諦めて、出し物で「ライブペインティング」をやりたいと言い出す清美。

内容を聞いたプランナーの桜井康平(福山翔大)はさすがに限度があると隆文に伝える。体裁や体面を気にしたり、行き過ぎた親心で子供達に介入してしまう、いわゆる“毒親”だと教えられるチュー子。

しかし、チュー子はこの理不尽な清美の要求には何か裏があるのではないかと考え始める。ここまで結婚式に介入してくる清美の真意とは。そして、チュー子がある謎を解いた時、物語は大転換する!


第3話 2023年1月18日
結婚式の打ち合わせをしている水谷俊哉(樫尾篤紀)と琴葉(白石優愛)。二人だけのオンリーワンの結婚式をしたいと暴走気味の俊哉は、明らかに予算オーバーな要望をしてくる。新郎の承認欲求に過ぎないと断じるチュー子(鈴木ゆうか)に、憤る康平(福山翔大)。結果チュー子1人で担当を受け持つことになるが、ネズミ一家が一丸となり、この難題をクリア…そう思われた矢先、琴葉の隠された思いにチュー子は気づき…。

天音(鈴木ゆうか)と康平(福山翔大)と共に結婚式の打ち合わせをしている新郎新婦の水谷俊哉(樫尾篤紀)と琴葉(白石優愛)。二人だけのオンリーワンの結婚式をしたいと暴走気味の俊哉は、結婚式のプランに生バンド演奏や、バルーンの演出、デザートに高級マンゴーと、明らかに予算オーバーな要望を連発する。

天音はチュー子に切り替わり、今の予算だと厳しい旨をはっきりと伝えるが、新郎新婦の希望をなんとかして叶えることがプランナーの仕事だと引き下がらない俊哉。状況を冷静に判断した康平が一旦、この件を持ち帰ることを提案するが、納得のいかないチュー子。
ギクシャクするチュー子と康平だったが、桐沢信江(久保田磨希)の提案で、ある条件つきでチュー子一人で水谷夫妻の結婚プランを担当することに。チュー吉(濱津隆之)、チュル美(優希美青)、チュー太(西岡星汰)の力を借りて、ネズミ一家が一丸となり、この難題に挑んでいく。

なんとか、チュー太からの妙案もあって、代替えプランをまとめることができたチュー子だったが、どこか不安な表情を浮かべる琴葉。チュー子に打ち明けた、琴葉の結婚式に秘めたある思いとは・・・。


第4話 2023年1月25日
お互いの本心を打ち明け、足並みを揃えることができた俊哉(樫尾篤紀)と琴葉(白石優愛)。チュー子(鈴木ゆうか)も二人にとって意味のある結婚式を挙げるため準備を進めるが、琴葉から結婚式キャンセルの申し出が。俊哉の病気が判明し、将来のことを考えると式を中止にすべきとのことだった。しかし、俊哉はどうしても結婚式を挙げたいと訴える。二人の思いを胸に、式を挙げるべきか否か…チュー子が出した答えとは。

幼い頃に見た母親の結婚式のように、来てくれる人たちを笑顔にできる結婚式にしたい。そう自らの本心を俊哉(樫尾篤紀)に打ち明けた琴葉(白石優愛)。俊哉も琴葉の気持ちを理解し、ようやく足並みを揃えることができた二人。

チュー子(鈴木ゆうか)も二人にとって意味のある結婚式を挙げるためプランを変更し、準備を進めていたが、琴葉からまさかの結婚式をキャンセルしたいとの申し出が…。俊哉の病気が判明し、将来のことを考えると今すぐ式を挙げるべきではないとのことだった。

しかし、俊哉は自分の状況を分かりつつも、琴葉のためにどうしても結婚式を挙げたいと訴える。どうすれば良いか考え込む康平(福山翔大)。しかし、それはあなたの“エゴ”だと有無を言わさず結婚式の中止を打診するチュー子。話し合いは決着せず、どうしても人間の機微を理解できずに葛藤するチュー子。

そんな時、バックヤードで琴葉の母親がこの場所で結婚式を挙げたDVDを発見する。その中身を見たチュー子は、自分自身と琴葉の大きな勘違いに気づく。そして、式を挙げるべきか否かに対して、ある一つの答えを見出すチュー子。果たして式の行方は…。


第5話 2023年2月1日 ※25:30〜
結婚式を挙げるためにウェディングフェアに参加していた東條なつき(未来)とパートナーの岩井ミホ(森咲智美)。後日、ただならぬ雰囲気の二人を発見するチュー子。場を落ち着かせようとしたその時、怪しい手紙と大量のお金が入った封筒が発見されたとの報告を受ける。復讐を兼ねた結婚式のぶち壊しの可能性があり、急いで犯人を見つけるべく会場内へ。手紙の臭いを頼りに犯人を捜すチュー子だったが…。

ウェディングフェアにやってきた東條なつき(未来)とパートナーの岩井ミホ(森咲智美)。チュー子(鈴木ゆうか)と康平(福山翔大)がアテンドしながら披露宴会場を回る二人。披露宴での様々な演出手段を聞き、テンションが上がるなつき。

しかし、ミホは普段のなつきならもっとシンプルな式を臨むはずだと、彼女の不自然さに不安を感じていた。チュー子はチュー太(西岡星汰)に意見を聞くと、運命の人なら思う存分やったほうがいいと言われる。後日、ただならぬ雰囲気のミホとなつきを発見するチュー子。話を聞くと、なつきに対し、もっと自然体でいてほしいと主張するミホ。

場を落ち着かせようとしたその時、康平から受付で怪しい手紙と大量のお金が入った封筒が発見されたとの報告を受ける。法律関係で働くなつきによると、このような手紙を残して、新郎か新婦への復讐を目的とした結婚式ぶち壊しのケースが稀にあるらしい。嫌な予感がしたチュー子。

何と現在進行形のある披露宴に、ぶち壊し犯・岡崎志乃(景井ひな)が入り込んでいる可能性が…。急いで犯人を見つけるべく会場内へ。手紙の臭いを頼りに一人一人臭いを嗅いでいくチュー子だったが、犯人を見つけることはできず…。果たして、チュー子たちは志乃の野望を阻止して無事、結婚式を守ることができるのか?そして想いがすれ違うなつきとミホの関係性は…。



第6話 2023年2月8日
打ち合わせ前にミホ(森咲智美)から、結婚を機になつき(未来)と別れようと思っていることを聞くチュー子(鈴木ゆうか)と康平(福山翔大)。そして、なつきはミホとの恋愛に区切りをつけるべく結婚式を挙げたいと伝える。困惑するチュー子と康平。そこには、ミホの父親が二人の交際を認めていない背景とミホ自身のある思いが関係していて…。果たしてチュー子たちは二人の結婚を認めさせることができるのか?!

結婚式の打ち合わせ前にミホ(森咲智美)から、結婚を機になつき(未来)と別れようと思っていることを聞くチュー子(鈴木ゆうか)と康平(福山翔大)。困惑する二人を尻目に、なつきはミホとの恋愛に区切りをつけるべく結婚式を挙げたいと伝える。そこには、ミホの父親が二人の交際を認めていない背景とミホ自身のある思いが関係していて…。

チュー子がこの一件をチュル美(優希美青)とチュー太(西岡星汰)と話し合っていると、お社の外から天音の声が響く。すでに、自身の体がチュー子に乗っ取られていることを知る天音は、ネズミ一家を外に出すため、強硬策に出ることに。現状を把握したチュー子は覚悟を決めて二人だけの精神世界で天音と話し会うことに。

“私にだって、絶対に成功させたい式がある”、天音はチュー子の力を借りず、ミホとなつきの一件をまとめてみせると進言。天音はミホの父親を二人の式に招待することを提案するが、ミホは諦めムードに。天音は、一生に一度の出会いかもしれないこと、二人の挙式を見たら何かが変わるはずと力強く伝える。そんな、天音の姿に可能性を感じたなつきもミホとこれからも一緒にいたい気持ちを口にする。

しかし、いつか言われた父親の言葉が脳内を駆け巡り、中々一歩を踏み出せないミホ。すると、見かねたチュー子がまさかの作戦を天音に提案するが…。果たして、ミホの父親は結婚式に参列してくれるのか、そして天音たちは二人の結婚を認めさせることができるのか?!


概要
“結婚式の素晴らしさ”をテーマに、式を迎えるまでのリアルな道のりやさまざまな人間模様を、式場に住み着くネズミ一家の視点から描く新感覚ウエディングドラマ。

「JKからやり直すシルバープラン」(同系)で主演を務めた鈴木ゆうかが演じるのは、ネズミ一家の長女である主人公・チュー子とウエディングプランナー2年目の新人・篠原天音。しっかり者のチュー子が、引っ込み思案な性格の天音に乗り移り、結婚式に至るまでの難題とトラブルの解決を試みていく。さらに、福山翔大、優希美青、西岡星汰、濱津隆之らがレギュラーキャストとして共演。結婚式に臨む訳ありカップル役で多彩なゲストも登場する。


ストーリー
都内にある結婚式場「ウェディングヒルズ大黒」。そのロビーの一角には、式場の名前の由来となった小さな大黒天をまつる社がある。そしてそこには、永遠の愛を誓うカップルを幾度も神様と一緒に見送ってきた、大黒天の使いであるネズミの家族が住んでいた。

しかし、近年結婚式の需要は落ち込む一方で、社を含む一帯が売りに出される話が持ち上がる。「なんとかせよ」という大黒天からのお達しの下、ネズミ一家は式場スタッフたちに“乗り移る”ことで、式場の再建と、カップルたちに降りかかるトラブル解決に向けて奔走する。


キャスト
ネズミ一家
「ウェディングヒルズ大黒」にある大黒天のお社に住まうネズミの一家。
チュー子
演 - 鈴木ゆうか
しっかり者の長女。合理的で効率的にものごとを考えるため、面倒くさい人間の心が理解できない。

チュル美
演 - 優希美青
今どきで明るい性格の次女。好奇心旺盛で、家族の中でも身体能力が一番高い。

チュー太
演 - 西岡星汰
気弱で引きもりがちな末っ子。

チュー吉
演 - 濱津隆之
父親で一家の大黒柱。見た目や口調は昭和の頑固親父だが、考え方は時代の先端を走っている。

ウェディングヒルズ大黒
経営危機に直面する都内の結婚式場。
篠原天音
演 - 鈴木ゆうか
チュー子に乗りうつられる職歴2年目の新人プランナー。
共感力は人一倍あるのに引っ込み思案なため、その時々の感情に流されやすい。

桜井康平
演 - 福山翔大
若手のプランナー。天音の先輩。
真面目な性格で同僚からの信頼も厚いが、ネズミのチュー子とは相性が悪い。

淡島芹奈
演 - 優希美青
チュル美に乗りうつられるホールスタッフ。
いろいろと気が利くが、天音にはライバル心を持っている。

御子柴隼人
演 - 西岡星汰
チュー太に乗りうつられる見習いシェフ。
勝気な性格で生意気だが、仕事は優秀にこなす。

後藤田昭一
演 - 濱津隆之
チュー吉に乗りうつられるウェディングキャプテン。
事なかれ主義だが、かつては優秀なプランナーだった。

桐沢信江
演 - 久保田磨希
天音の上司にあたるプランナー。
多くの結婚式を成功させてきた実績で、新郎新婦たちからの評判も良い。

その他
大黒天
声 - 中野周平(蛙亭)
お社に住む神様。ネズミ一家に式場の再建と、挙式するカップルたちのトラブル解決を命じる。

ゲスト
第1話
新山由美
演 - 筧美和子(第2話)
新婦。

新山隆文
演 - 前原滉(第2話)
新郎。

第3話
水谷俊哉
演 - 樫尾篤紀(第4話)

新郎。
水谷琴葉
演 - 白石優愛(第4話)
新婦。

第5話
岡崎志乃
演 - 景井ひな (第6話)
新郎の元恋人。

東條なつき
演 - 未来(第6話)
ミホのパートナー

岩井ミホ
演 - 森咲智美(第6話)
なつきのパートナー。

第7話
大菊柾
三浦浩一(最終話)
雛の夫。若い頃、妻と結婚式を挙げることができなかった。

大菊雛
東ちづる(最終話)
柾の妻。

スタッフ
監督 - 有働佳史、芝ア弘記
脚本 - 大歳倫弘、保木本真也
オープニングテーマ - et-アンド-「恋のせい、」(avex trax)
エンディングテーマ - 安斉かれん「恋愛周辺(Demo)」(avex trax)
プロデューサー -北川俊樹(テレビ東京)、千葉貴也(テレビ東京)、芝ア弘記(ホリプロ)
制作 - テレビ東京、ホリプロ
協力 - 株式会社ベルコ
制作協力 - キャンター
製作著作 - 「それでも結婚したいと、ヤツらが言った。」製作委員会


番組公式サイト
それでも結婚したいと、ヤツらが言った。 - Wikipedia

『それでも結婚したいと、ヤツらが言った。 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

来世ではちゃんとします3 TOP

『来世ではちゃんとします3』(らいせではちゃんとしますスリー)は。2023年1月5日(4日深夜)から毎週水曜24:30〜25:00に放送中。


『来世ではちゃんとします』は、2020年1月9日から3月26日までテレビ東京他で「ドラマパラビ」で木曜 1時35分から2時05分(水曜深夜)に放送。主演は内田理央。

2021年8月12日から9月30日までシーズン2となる『来世ではちゃんとします2』(らいせではちゃんとしますツー)が放送された。また、Paraviではオリジナルストーリー『来来来世でもちゃんとします』も8月25日から配信された(全3話)。

2022年1月1日(12月31日深夜)0時50分からは『来世ではちゃんとします お正月初夢SP』が放送された。


各話あらすじ
第1話 2023年1月4日
5人のセフレと関係を持っていた性依存系女子の大森桃江(内田理央)は、会社の同僚・松田(小関裕太)と3ヶ月付き合ってから一線を越えようと約束し、健全な交際をしていた。しかし、3ヶ月を過ぎても何も起こらないことに桃江の性欲は爆発寸前!

セックスしたいと思いながらも、今までのセフレ同様、セックスをしたら松田も変わってしまうのではないかと不安に思う桃江…。
一方、松田も桃江と一線を越えられないことに葛藤していた。
 

第2話 2023年1月11日
処女しか好きになれないセカンド童貞・林勝(後藤剛範)は夢に見るほど元カノの梢のことを忘れられずにいた。そんな中、林に恋する女装男子・栗山凪(ゆうたろう)が林の家に訪ねてくるが、気まずい雰囲気に…。

一方、BL漫画を描いているが恋愛経験がなくリアリティのない作品になってしまうことに悩んでいた高杉梅(太田莉菜)。特殊な性癖でエログロ漫画を描いているプロの漫画家・リンゴちゃん(小西桜子)に相談すると意外なことを言われ…。


第3話 2023年1月18日
ソープ嬢の心ちゃん(中川知香)にガチ恋中の檜山(飛永翼)は最近欠勤続きの心ちゃんの事が気になっていた。そんな中、副業で描いている漫画の書き下ろしの依頼を引き受けてしまい、仲の良いコスプレイヤーの蜜柑ちゃん(岬あかり)を手伝いとして呼び出すことに。

一方、桃江(内田理央)は松田(小関裕太)となかなか一線を越えられないことにやきもきしていた。そんな桃江は松田と真面目に付き合うため、ついに5人のセフレに別れを告げることを決心し…。


第4話 2023年1月25日
ある日、桃江(内田理央)は女装男子の栗山凪(ゆうたろう)とラブホテルで女子会をすることに。ジャグジーやカラオケを楽しみながら、互いの悩みを打ち明け、分かち合う二人。そして桃江は元セフレの一人であるDくん(富田健太郎)にちゃんと別れを告げようとする。

一方で、桃江の悩みの原因でもある松田(小関裕太)は元カノの華(筧美和子)と会っていた。付き合っていたころを懐かしむ2人だが、松田は華からあることを提案され動揺する…。


第5話 2023年2月1日
季節は2月。バレンタインを目前に控えていた。桃江(内田理央)は元カノの華(筧美和子)と会った松田(小関裕太)の様子がおかしいと思いながらも何も話してくれないことに不安が募っていた。さらに松田からバレンタインの日にフランスに戻る華の見送りに行くと言われショックを受ける。

一方、松田は華にフランスに一緒に来てほしいと言われ悩んでいた。果たして松田が出した決断とは…?それぞれの思いが交錯する運命の日!


第6話 2023年2月8日
セカンド童貞・林(後藤剛範)に恋する女装男子・栗山凪(ゆうたろう)はSNSで知り合った柊忍(七瀬公)と会っていた。凪にとって好条件の忍だが、どうしても林のことが諦めきれない凪。忍から告白され、好きな男がいると伝えるが、それを聞いた忍は…。

一方、檜山(飛永翼)がガチ恋するソープ嬢の心ちゃん(中川知香)は最近仕事を休みがちになっていた。檜山からの連絡や送金を無視し、引きこもり状態に。心ちゃんに一体何が!?


概要
いつまちゃんによる同名漫画を原作に、性と生き方をこじらせ、それでも毎日をしぶとくサバイブするいまどき男女のあらゆる性生活を全肯定する、赤裸々ラブエロコメディー。これまで2020年にシーズン1、21年にシーズン2、22年元日にスペシャルドラマが放送された人気シリーズが、シーズン3として帰って来る。

主人公の性依存系女子・大森桃江役の内田理央をはじめ、太田莉菜、小関裕太、後藤剛範、飛永翼らレギュラーキャストが引き続き出演。誰もが抱える人には言えない思いや性癖といった過激なテーマをあっけらかんと描き、不思議と優しく心に刺さるストーリーに加え、それぞれのキャラクターたちの恋の行方を描く。

ストーリー
「彼氏いない歴=年齢のBL大好き処女」「無責任に女性をもてあそぶ魔性のイケメン」「過去のトラウマから処女しか愛せなくなった面食い」「風俗嬢にガチ恋し収入のほとんどを貢ぐ男」と、こじらせたメンツがそろう映像制作会社「スタジオデルタ」は、アニメやゲームのCG制作を行う下請け会社。

社員の大森桃江(内田理央)は、5人のセフレと同時進行で付き合う性依存系女子だったが、同僚の松田健(小関裕太)と付き合うことになり、性に奔放な人間同士であるにもかかわらず健全交際を約束。桃江の性欲はいまや爆発寸前だが、「ヤったら終わるかもしれない…、でも…!」と悶々とする日々。果たしてこの恋の行方は…。 


キャスト
内田理央 /大森桃江 役
都内にある映像制作会社「スタジオデルタ」の社員。5人のセフレと同時進行で付き合う性依存系女子だったが、同僚の松田と付き合うことに。性に奔放な人間同士であるにもかかわらず、健全交際を約束するが…。

太田莉菜 /高杉梅 役
美人だが、彼氏いない歴=年齢の隠れ処女。恋愛への興味がないアセクシャルでBLが大好き。アリを飼っている。

小関裕太 /松田健 役
「スタジオデルタ」の社員。悪気なく女子に手を出す魔性のタラシ。ヒモ適性もあり、肉体関係を持った女をことごとくメンヘラ化させていく。

後藤剛範 /林勝 役
「スタジオデルタ」の社員。過去の失恋から、清楚な処女しか好きになれなくなってしまったセカンド童貞。

飛永翼 /檜山トヲル 役
「スタジオデルタ」の社員でチームリーダー。副業で漫画を描いている。風俗嬢に本気で恋しており、稼いだお金を貢ぎまくる。

スタッフ
脚本:ペヤンヌマキ、皐月彩
監督:三木康一郎、湯浅弘章、松浦健志、渡邉裕也
チーフプロデューサー:山鹿達也
プロデューサー:祖父江里奈、宮阪直樹、菊地聖
エンディングテーマ:会いたいな今夜/ゆいにしお


番組公式サイト
来世ではちゃんとします - Wikipedia

『来世ではちゃんとします3 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スタンドUPスタート TOP

『スタンドUPスタート』(スタンドアップスタート)は、2023年1月18日より、フジテレビ系「水曜22時枠」(毎週水曜22:00〜22:54)にて放送中。主演は竜星涼。


各話あらすじ 平均視聴率 3.87%
第1話 2023年1月18日「一歩踏み出せば人生はいつだって変えられる」 ※初回15分拡大(22:00 - 23:09) 視聴率 4.1%
 大陽(竜星涼)は、挫折した人や夢を諦めた人などを再生に導く、自称‘人間投資家’。中卒で前科がある虎魂(吉野北人)も大陽からの出資でゲームアプリを開発し、成功した起業家だ。ある夜、大陽は虎魂らといたクラブで、林田(小手伸也)と出会う。子会社に出向中ながらメガバンク次長時代の名刺を使ってホステス相手に自慢話をする林田に、大陽は興味を抱く。

第2話 2023年1月25日「全てを失った男が気づく大切な事と特別な1日」 視聴率 3.8%
 大陽(竜星涼)が「三ツ星重工」社長で兄の大海(小泉孝太郎)と対峙(たいじ)する数カ月前。大陽はイベント会社副社長のあかね(岡本玲)に声をかける。同社は社長の東城(野村周平)とあかねで起業したが、今では大きなイベントは全て東城の仕切り。さらに東城は自身の持ち株比率80%の子会社を勝手に作り、彼女をそこに追いやる。同じ頃、大陽は大学生の隼人(水沢林太郎)と知り合う。

第3話 2023年2月1日 視聴率 3.7%
 大陽(竜星涼)は、起業家と銀行をつなぐ会社を起こした林田(小手伸也)を同級生の御手洗(内藤秀一郎)と引き合わせる。家業でパチンコグループを経営する御手洗は、社内起業し、遊技と交流の場を兼ねた複合施設を作ろうとしていた。事業計画書を読んだ林田は、銀行からの融資は可能と判断。ところが、林田の元部下で銀行の融資担当の羽賀(山下美月)は融資を拒む。

第4話 2023年2月8日
 三星大陽(竜星涼)の投資でゲームアプリ会社『ハイパースティック』を興した小野田虎魂(吉野北人)は、業績こそ順調に伸ばしていたものの、過酷な制作環境下で疲弊していく社員たちの姿に心を痛めていた。ある日、行きつけの居酒屋を訪れた虎魂は、店主に「社長をやめたい」とこぼす。そんな虎魂に声をかけてきたのがM&Aアドバイザーの野本優作(竹財輝之助)という男だった。虎魂と店主の会話を聞いていた野本は、『ハイパースティック』をイグジットしたらどうか、と持ちかける。


原作概要
『スタンドUPスタート』は、福田秀による日本の漫画作品。『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて、2020年29号から連載中。


ドラマ概要
福田秀の同名人気漫画を、竜星涼主演で連続ドラマ化。自称“人間投資家”の主人公が、会社組織でうまくいかない人や生きづらさを抱えている人々に、起業を持ちかけ、それぞれの持つ可能性を見いだすことで、生きる希望を取り戻させていくビジネスストーリー。

ストーリー
三星大陽(竜星涼)は、投資会社「サンシャインファンド」の社長で、「資産は人なり。資産を手放す投資家はいない!」という理念を持つ、自称“人間投資家”。過去の栄光にすがる中年や前科者、就業経験のない主婦、就職活動に挫折した大学生など、さまざまな事情を抱えた“訳あり人材”へ投資する。会社組織でうまくいかない人や、生きづらさを抱える人に「スタートアップ(起業)しよう!」と声を掛け、思いもよらないアイデアでそれぞれの持つ可能性を見いだしていく。


キャスト
三星大陽(みほし たいよう)
演 - 竜星涼
投資会社「サンシャインファンド」の社長。「資産は人なり。資産を手放す投資家はいない!」という理念を持つ、自称“人間投資家”。会社組織でうまくいかない人や生きづらさを抱える人々に「スタートアップ(起業)しよう」と声を掛け、可能性を引き出していく。熱い信念を持ち、思いもよらないアイデアで新規事業を興しながら、関わる人たちの人生を明るい未来へと導く。大胆不敵で、おとこ気がある。

三星大海(みほし たいが)
演 - 小泉孝太郎
大陽の兄。家業である財閥系企業「三ツ星重工」の代表取締役社長。会社が抱えていた数千億の巨額負債を、社長就任後すぐ、過去最大のリストラや数々の社内改革を断行して返済。窮地から会社をよみがえらせた。頭脳明晰で常に冷静、会社のためなら心ない決断も下す。大陽とは立場や考え方が異なるため、対立することも。

三星義知(みほし よしとも)
演 - 反町隆史
「三ツ星重工」の副社長で、大陽と大海の叔父。大海が社長に就任する前の先代の頃から仕える重鎮。聡明で会社のあらゆることを熟知している。昔から三星兄弟のことをよく知っており、今では若き経営者となった大海を陰で支える一方、大陽とは何か因縁がある謎多き人物。

三ツ星重工
高島瑞貴(たかしま みずき)
演 - 戸次重幸
「三ツ星重工」の社長室長。相当な切れ者で仕事においての必要な知識やスキルは超一流、大海の右腕として会社を支えてきた1人。大海を完璧にサポートできるのは自分しかいないと強烈に思い込んでいる。

山口浩二(やまぐち こうじ)
演 - 高橋克実
「三ツ星重工」の常務。加賀谷とは“山谷コンビ”と呼ばれ、大海が社長として掲げる新たな改革のために、最前線に立って会社を引っ張る。常務となった今も現場に出て実務をやりたいタイプ。

加賀谷剛(かがや つよし)
演 - 鈴木浩介
「三ツ星重工」のグローバル推進事業部本部長。現場のたたき上げで数多くの好成績を残してきており、山口とは“山谷コンビ”と称されるほど。上司への気遣いと、叱咤激励をしながらも後輩への思いやりもあり、社内評価が高い。

サンシャインファンド
M(エム)
声 - 雨宮天
大陽の専属秘書。電話やリモートで大陽をサポートし、決して姿を現さない。

周辺人物
小野田虎魂(おのだ どらごん)
演 - 吉野北人(THE RAMPAGE)
ゲーム会社「ハイパースティック」の社長。スマートフォン向けゲームアプリの開発者で、大陽から出資を受け、若くして起業で成功した。大陽のことを実の兄のように慕う。金髪で派手な服を好んで着ることが多い。一見、明るくて自信満々のようにも見えるが、中卒の前科持ちという過去があるため、自分の経歴にコンプレックスを抱いている一面も。

林田利光(はやしだ としみつ)
演 - 小手伸也
「リリーフ保険」の部長。メガバンクであるみその銀行融資部門の次長として働いていたが、あることがきっかけで左遷され、出向して現職に。過去の栄光話ばかりしており、みその銀行からはお荷物扱いをされ、子会社である今の職場でも部下から煙たがられている。大陽と出会い、起業しないかと声を掛けられる。

羽賀佳乃(はが よしの)
演 - 山下美月(乃木坂46)
「みその銀行」の融資部門の行員。

立山隼人(たてやま はやと)
演 - 水沢林太郎
起業を目指す大学生。大学の起業サークルに所属。

武藤浩(むとう ひろし)
演 - 塚地武雅
「三ツ星重工」の元社員。造船所の現場責任者として貢献していたが、大海が断行したリストラで失業する。

音野奈緒(おとの なお)
演 - 安達祐実
シニア向けマンションの管理人。就業経験ゼロの専業主婦。

スタッフ
原作 - 福田秀『スタンドUPスタート』(集英社『週刊ヤングジャンプ』連載中)
企画 - 狩野雄太
脚本 - モラル、伊達さん(大人のカフェ)
音楽 - 瀬川英史
主題歌 - JUJU「Bet On Me」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
演出 - 瑠東東一郎、久万真路、的場政行、松下敏也
監修 - 上野豪(DRONE PILOT AGENCY株式会社 代表取締役)
プロデュース - 清家優輝(ファインエンターテイメント)、庄島智之
制作協力 - ファインエンターテイメント
制作著作 - フジテレビ


番組公式サイト
スタンドUPスタート - Wikipedia

『スタンドUPスタート TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバーサルオーケストラ TOP

『リバーサルオーケストラ』は、2023年1月11日より日本テレビ系「水曜ドラマ」枠(毎週水曜22:00〜23:00)にて放送中。主演は民放GP帯連続ドラマ初主演となる門脇麦。


各話あらすじ 平均視聴率 6.48%
第1話 2023年1月11日「逆転劇開幕 元・天才バイオリニストの地方公務員はポンコツ楽団の救世主!?」 視聴率 6.8%
 市役所で働く初音(門脇麦)は音楽に興味はないと語る公務員。同市で活動する児玉交響楽団、通称‘玉響’は認知度も団員の意識も低く、ドイツ帰りの指揮者の朝陽(田中圭)は怒りをにじませていた。そんな中、初音は朝陽から玉響のコンサートマスター(コンマス)になるよう懇願される。実は初音は幼少時に国内外のコンクールを総なめにし、10年前に突然、表舞台を去った天才バイオリニスト。逃げる初音を追う朝陽は、父で市長の修介(生瀬勝久)の力も借り、フルートの蒼(坂東龍汰)ら玉響団員の練習場へ連れ出す。

第2話 2023年1月18日「安月給で生活できない!?地方オケの問題児を救え」 視聴率 6.6%
 朝陽(田中圭)の熱意に負け、‘ポンコツオケ’玉響の改造計画に加わった初音(門脇麦)は、急きょ決まった2週間後の公演に向け、オーボエの穂刈(平田満)ら団員達と練習を始める。ところが、フルートの蒼(坂東龍汰)は遅刻してばかりでやる気のない様子。いら立つ朝陽の命令で、初音は練習終わりの蒼を尾行することに。やがて、遅刻の理由を知った初音や朝陽らは…。

第3話 2023年1月25日「波乱の初舞台敵は豚汁!?団員逃亡でスカウト作戦」 視聴率 6.2%
 蒼(坂東龍汰)との健全な同居生活を始めた初音(門脇麦)。団員達との距離も縮まり、玉響はますます良い雰囲気になっていた。ところが、オーケストラの大黒柱でもあるティンパニの木之崎(篠崎史門)が突然、退団。一転、玉響は大ピンチに陥る。復帰ステージまで残り4日、初音は朝陽(田中圭)から、元有名オケのティンパニ奏者をスカウトしてくるよう命じられ…。

第4話 2023年2月1日「頑張れ受験生家庭と音楽…ママ団員の選択とは!?」 視聴率 6.3%
 初音(門脇麦)が児玉交響楽団のコンサートマスターとなって初めて臨んだ演奏会が終了。朝陽(田中圭)はすぐさま次の目標となる定期演奏会に向けて動き出し、初音をコンチェルトのソリストに指名する。ところが、初音は練習でミスを連発してしまう。そんな中、明るい性格で一人娘の亜美(凛美)がいるビオラのみどり(濱田マリ)に、定期演奏会への出演が危ぶまれる事態が発生する。

第5話 2023年2月8日
 玉響の練習場に突然現れたかおり(相武紗季)は、朝陽あさひ(田中圭)の頭をぐしゃぐしゃになでて久々の再会に大喜び。果たして2人の関係とは…!?かおりの勢いにあぜんとする初音はつね(門脇麦)たちは、小野田おのだ(岡部たかし)の報告にさらにどよめく。シンフォニーホールとのフランチャイズ契約を懸けて、4月のこけら落とし公演で高階フィルと対決することが決まったのだ。


概要
元天才バイオリニストの訳あり市役所職員が、ドイツ帰りの新進気鋭のマエストロと共に地元オーケストラの立て直しに挑む音楽エンターテインメント。門脇麦が主演を務め、かつては天才バイオリニストとして活躍していたが、今はある理由から表舞台を退き市役所で働く谷岡初音を演じる。そんな初音を交響楽団の再建に巻き込む強引な変人指揮者・常葉朝陽に田中圭が扮する。


ストーリー
幼い頃より数々のコンクールを総なめにし、名門オーケストラとの共演を果たすなど輝かしい活躍をしてきた元天才バイオリニストの谷岡初音(門脇麦)は、10年前にある理由から表舞台を去り、現在は西さいたま市役所・広報広聴課で働いている。二度と舞台には立たないと決め、バイオリンを静かに弾き続けたいと願っていたが、地元のオーケストラ・児玉交響楽団、通称・玉響のマエストロ・常葉朝陽(田中圭)に正体がバレ、コンサートマスターにスカウトされてしまう。

一方、西さいたま市長の父・常葉修介(生瀬勝久)に強引にドイツから帰国させられ玉響の立て直しを命じられた朝陽は、玉響のポンコツぶりにイライラを募らせ、初音を振り回す。


キャスト
谷岡初音(たにおか はつね)
演 - 門脇麦
本作の主人公。元天才ヴァイオリニスト。10年前、突如表舞台から姿を消し、現在は西さいたま市役所・広報広聴課の職員として働いている。

常葉朝陽(ときわ あさひ)
演 - 田中圭
児玉交響楽団の変人マエストロ。父は現職の西さいたま市長。

児玉交響楽団
佐々木玲緒(ささき れお)
演 - 瀧内公美
恋多きチェロ首席。

庄司蒼(しょうじ あおい)
演 - 坂東龍汰
遅刻魔のフルート首席。

桃井みどり(ももい みどり)
演 - 濱田マリ
受験生を抱える母でもあるヴィオラ。

穂刈良明(ほかり よしあき)
演 - 平田満
オケ最年長のオーボエ首席。

土井琢郎(どい たくろう)
演 - 前野朋哉
セカンドヴァイオリン首席。クラシックオタク。

松本弓香(まつもと ゆみか)
演 - 行平あい佳
第1ヴァイオリン。

ヨーゼフ
演 - ロイック・ガルニエ
トランペット首席。超楽天家のムードメーカー。

小野田隼(おのだ はやて)
演 - 岡部たかし
オケの事務局長。

周辺人物
三島彰一郎(みしま しょういちろう)
演 - 永山絢斗
日本屈指の人気ヴァイオリニスト。初音の幼馴染。

谷岡奏奈(たにおか かんな)
演 - 恒松祐里
初音の妹。初音と2人暮らし中。

本宮雄一(もとみや ゆういち)
演 - 津田健次郎
ことあるごとに児玉交響楽団の活動を邪魔する市議会議員。

高階藍子(たかしな あいこ)
演 - 原日出子
日本一と名高いオーケストラ「高階交響楽団」のオーナー。

常葉修介(ときわ しゅうすけ)
演 - 生瀬勝久
朝陽の父。西さいたま市長。

スタッフ
脚本 - 清水友佳子
演出 - 猪股隆一、小室直子、鈴木勇馬
音楽 - 清塚信也、啼鵬
チーフプロデューサー - 三上絵里子
プロデューサー - 鈴間広枝、松山雅則
制作協力 - トータルメディアコミュニケーション
製作著作 - 日本テレビ


番組公式サイト
リバーサルオーケストラ - Wikipedia

『リバーサルオーケストラ TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相棒 Season21 TOP

『相棒 Season21』は、2022年10月12日から、毎週水曜日21:00 - 21:54に、テレビ朝日系の「水曜21時」枠で放送中。

『相棒』(あいぼう)は、2000年からテレビ朝日・東映の制作で放送されている刑事ドラマシリーズ。

2000年6月から2001年11月にかけてテレビ朝日系「土曜ワイド劇場」で単発ドラマとして放送され、2002年10月から連続ドラマとしてシリーズ放送されている。派生作品として劇場版4作とスピンオフ映画2作が公開されている。


各話あらすじ 平均視聴率 13.39%
第1話 2022年10月12日「ペルソナ・ノン・グラータ〜殺人招待状」※初回15分拡大(21:00〜22:09) 視聴率 17.3%
 警視庁特命係の右京(水谷豊)は、南アジアの国「サルウィン」の腐敗政府を倒した活動家・アイシャ(サヘル・ローズ)の来日パーティーで、同国に渡っていた元相棒の薫(寺脇康文)と再会。その薫に「アイシャを殺さなければ旅客機を墜落させる」という脅迫文が届く。機内には薫の妻・美和子(鈴木砂羽)も乗っていた。右京と薫は、アイシャを支えるミウ(宮澤エマ)らと関係が良好な外務省幹部の厩谷(勝村政信)や衆院議員の雛子(木村佳乃)ら要人が集まる中で脅迫者捜しを開始。すると会場で思わぬ事件が起こる。

第2話 2022年10月19日「ペルソナ・ノン・グラータ(後篇)」 ※15分拡大(21:00〜22:09) 視聴率 15.4%
 テロ予告のあった旅客機は無事だったものの、アイシャ(サヘル・ローズ)が命を落とし、責任を問われた右京(水谷豊)は謹慎を申し渡される。一方、脅迫されていたのは薫(寺脇康文)、アイシャの親友・ミウ(宮澤エマ)、外務省幹部の厩谷(勝村政信)ら6人と判明するが、脅迫犯に関しては目星さえ付けられていなかった。そんな中、薫は右京の捜査復帰を官邸に働き掛けてほしいと厩谷に直談判。そこに右京が現れる。

第3話 2022年10月26日「逃亡者 亀山薫」 視聴率 14.2%
 輸入雑貨店店長の須賀(ニクまろ)が刺殺され、容疑者に特命係嘱託職員として復職したばかりの薫(寺脇康文)が浮上。薫は右京(水谷豊)に電話で「こうするのが一番」と告げて逃走してしまう。薫が罪を着せられたと疑う右京は、美和子(鈴木砂羽)から薫が恩人の塩見(長谷川公彦)を調べていたと聞く。その頃、薫は所轄署組織犯罪対策課の羽柴(波岡一喜)らに追われ…。

第4話 2022年11月2日「最後の晩餐」 視聴率 13.7%
 右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)は、タクシーの忘れ物のマフラーから、堂島(矢柴俊博)という人物にたどり着く。彼は誰かを殺害し、自殺を考えている可能性があった。そこで右京は、バーでマスターのミツル(長村航希)と話す堂島に接触。薫は、堂島を知る高級クラブなどで聞き込みをするうちに、資産家で遊び人の堂島が若い女性と何かのトラブルになったと推理する。

第5話 2022年11月9日「眠る爆弾」 視聴率 14.0%
 大学の工学部で爆弾事件が起き、警察に学生の翔太(山本涼介)から「爆弾はもう一つある」と告げる動画が届く。翔太の部屋に残された‘逆止弁’という部品に着目した右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)は、同大教授の野々村(佐藤誓)の元へ。前月、実験室で学生が事故死しており、翔太もその関係者だった。翔太は准教授の三沢(山崎潤)を拉致しており、右京らに要求を明かす。

第6話 2022年11月16日「笑う死体」 視聴率 13.2%
 右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)が窃盗の現行犯で逮捕した中年男(有薗芳記)の証言から、1カ月前に千葉で見つかった殺人被害者の身元が、会社員の伊藤(阿南健治)と判明。その遺体が笑っていたと聞いて興味を抱き、調べ始めた右京と薫は、伊藤が元お笑い芸人で職場の不正な金を盗んだようだと知る。右京らは、スナックで働く伊藤の元相方・紗矢(池谷のぶえ)を訪ね…。

第7話 2022年11月30日「砂の記憶」 視聴率 14.3%
 健康管理について保健師の吉崎(桜木梨奈)から厳しく指導される右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)。そんな特命係に20年前の連続通り魔事件の再犯を警告する手紙が届く。7人の女性が襲われたこの事件では、中学生の沙織(佐藤ひなた)が友人の弘美(桜樹なつ)からもらった砂時計を奪われ死亡していた。犯人が奪った物が気になる右京らは、沙織の母の瑞恵(根岸季衣)を訪ねる。

第8話 2022年12月7日「コイノイタミ」 視聴率 10.5%
 伊丹(川原和久)が弁当店店員の由香子(霧島れいか)に横恋慕した挙げ句、強引な捜査をした疑いで、監察官の大河内(神保悟志)から聴取される。由香子は、投資会社勤務の大久保(イワゴウサトシ)の殺害容疑がかかる篠塚(檜尾健太)の妻。伊丹はそれを聞き、家に押し入ったという。右京(水谷豊)が大久保の残した‘血文字’に着目する一方で、薫(寺脇康文)は伊丹が気になり…。

第9話 2022年12月14日「丑三つのキョウコ」 視聴率 12.7%
 白いコートの女“丑三つのキョウコ”に出会ったら最後、心臓をえぐり取られて殺される…。という噂がSNSで流布され、動画まで拡散していた。都市伝説に興味津々の右京(水谷豊)に対し、薫(寺脇康文)は否定的。そんな中、フリースクールの入口で、胸を刺された男性の遺体が発見される。

第10話 2022年12月21日「黒いコートの女」 視聴率 12.3%
 角田(山西惇)ら薬物銃器対策課の宝石窃盗グループ摘発に加わった右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)は、その一員の国枝(高野光希)の自宅で、叔母を名乗る黒いコートの女性(橋本マナミ)と遭遇。彼女は国枝に宝石の場所を問いただし、逃げた国枝が事故死していた。国枝が誰かを恐喝していたと判明する中、その対象に正則(五代高之)と一紗(山下裕子)ら一家が営む輸入雑貨店が浮かぶ。

第11話 2023年1月1日 元日スペシャル「大金塊」 ※21:00〜23:15 視聴率 13.9%
 右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)は角田(山西惇)から、無報酬で活動する「熟年探偵団」の話を聞く。そんな中、与党政調会長だった袴田(片岡孝太郎)の元に、自宅にある金塊を狙った犯行予告状が届く。1年前、右京によって殺人事件への関与が明らかになった袴田は、その証拠がなぜか消失したため、いまだに政界で隠然たる力を持っていた。袴田の息子で秘書でもある茂斗(森崎ウィン)は、予告状を大門寺(斉木しげる)、串田(佐藤B作)、野崎(井上肇)の熟年探偵団に見せて、調査を依頼。そのことを知った右京と薫は興味を抱き、袴田邸の門前にいた寧々(茅島みずき)と探偵団の3人に声をかける。

第12話 2023年1月11日「他人連れ」 視聴率 10.8%
 ある日の昼下がり、右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)が車で住宅街に出ていたところ、突然、小学生くらいの男の子に声を掛けられる。その子供は、父親とみられる南野(駒木根隆介)という男性と一緒で、「財布を落として帰れないので、家まで乗せてほしい」という。要望に応えて、マンションまで送るが、右京は2人の様子に違和感を覚える。

第13話 2023年1月18日「椿二輪」 視聴率 13.3%
 右京(水谷豊)は、薫(寺脇康文)とともに“情熱の画家”牧村遼太郎の展覧会を訪問。ナイフを手にした男が、『椿二輪』という油絵を切り裂き、来場者に怪我を負わせる事件に遭遇する。『椿二輪』は、遼太郎が自身と愛人を二輪の花に例えたといわれる遺作で、完成直後に心中を企てた曰く付きの作品だった。心中相手は、大宮アカネ(花澄)という女流画家だったが、彼女だけが一命を取り留めていた。

第14話 2023年1月25日「まばたきの叫び」 視聴率 12.6%
 美和子(鈴木砂羽)が取材先の民家で襲われる事件が発生。さらに、現場からホームヘルパーの男性の遺体が発見される。美和子は、その家に住む元受刑者・柳沼(忍成修吾)の妻・聖美(陽月華)を取材しようと訪ね、事件に巻き込まれたらしい。柳沼は15年前に通り魔殺人を犯し長年服役をしていたが、間もなく出所となった半年前に脳梗塞で倒れて寝たきりに。世話は、獄中結婚した聖美が担っていた。右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)が夫婦から事情を聴くと、柳沼は「犯人は私も殺そうとしていた」と証言する。

第15話 2023年2月1日「薔薇と髭と薫たち」 視聴率 12.7%
 右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)は東京・新宿の公園で男性の遺体を発見。男性は社会問題を扱うルポライターの鬼塚(工藤俊作)で、妻で少女小説家の美智子(大島さと子)のサイン本を握りしめていた。美智子は同じ公園でフードバンクのボランティアをしていたが、夫がいたことを知らなかったという。右京と薫は、鬼塚とフードバンクの関連を推理し、サイン本の謎を探る。

第16話 2023年2月8日「女神」
 美和子(鈴木砂羽)が薫(寺脇康文)の態度に腹を立て、夫婦喧嘩が勃発。美和子の一方的な提案で、自然豊かな山荘に泊まり掛けで夫婦カウンセリングを受けることに。その件に興味を持った右京(水谷豊)は、「プロフィールだけ貸してほしい」と小手鞠(森口瑤子)に頼み、夫婦を装って参加する。カウンセラーは、橘志織(銀粉蝶)という女性。ただ、美和子の狙いはカウンセリングではなく、実は別の思惑があった。


概要
大人気刑事ドラマシリーズの21作目。水谷豊演じる杉下右京の5代目相棒として、足掛け9年にわたって相棒を務めた寺脇康文扮する亀山薫が復帰する。不正が蔓延する南アジアの小国・サルウィン(架空の国家)に移住した薫。以降、右京と直接連絡を取ることもなく歳月は過ぎ、約14年ぶりにタッグを組む。

薫と共に帰国した、鈴木砂羽扮する妻の美和子もカムバックするほか、薫の一課時代の同僚である川原和久演じる伊丹憲一ら名キャラクターたちも健在。特命係存続の鍵を握る存在として、石坂浩二、杉本哲太、仲間由紀恵らも続投する。


ストーリー
南アジアのサルウィンで腐敗政府を倒した反政府運動のリーダー、アイシャ・ラ・プラントが親善目的で来日。なぜかパーティーに招待された右京(水谷豊)が会場に向かうと、そこにはサルウィンに渡っていた元相棒・亀山薫(寺脇康文)の姿があった。パーティーには、外交通でサルウィン側との関係も良好な外務省幹部・厩谷琢(勝村政信)ら要人が招かれ、お祝いムード一色。

そんな中、薫のスマートフォンに「アイシャを殺さなければ、旅客機を墜落させる」という脅迫文が届く。該当の便には、薫の妻・美和子(鈴木砂羽)が乗っていた。リミットは4時間。右京と薫は手分けして脅迫者を追跡するが、その矢先、会場の一角で事件が起こる。


キャスト
水谷豊 /杉下右京 役
警視庁特命係の係長。警部。明晰な頭脳で数々の事件を解決してきたが、切れ者であるが故に上層部から疎まれ特命係という閑職に追いやられている。どんな時でも冷静沈着、誰にでもいんぎんな態度で接するため、無礼に感じられることも。そうした性格から、特命係に配属された者はことごとく辞めていき「人材の墓場」と呼ばれている。

寺脇康文 /亀山薫 役
元警視庁特命係の刑事。所轄勤務を経て捜査第一課に配属されるも、指名手配犯に人質にされるという失態を犯し、特命係に左遷された。当初は一課への復帰を願い手柄に固執していたが、右京と捜査を共にするうち、自分なりの正義に目覚め心を砕くようになっていった。退職時の階級は巡査部長。一課時代の同僚である伊丹とはライバルで、薫が特命係に異動してからも憎まれ口をたたき合う関係だった。

スタッフ
脚本:輿水泰弘
監督:橋本一
エグゼクティブプロデューサー:桑田潔
チーフプロデューサー:佐藤凉一
プロデューサー:高野渉、西平敦郎、土田真通


番組公式サイト
相棒 -Wikipedia


各シーズンあらすじ
相棒 season1
相棒 season2
相棒 season3
相棒 season4
相棒 season5
相棒 season6
相棒 season7
相棒 season8
相棒 season9
相棒 season10
相棒 season11
相棒 season12
相棒 season13
相棒 season14
相棒 season15
相棒 season16
相棒 season17
相棒 season18
相棒 season19
相棒 season20

『相棒 Season21 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

REAL⇔FAKE Final Stage TOP

『REAL⇔FAKE Final Stage』(リアルフェイク ファイナルステージ)は、2023年1月11日(10日深夜)から同年2月1日(1月31日深夜)まで、毎日放送(MBSテレビ)の制作によりTBSテレビをはじめとする同系列の一部で(毎週火曜25:28〜25:58)にて放送された。全4話。


『REAL⇔FAKE』(リアルフェイク)は、2019年9月に深夜ドラマ枠「ドラマイズム」の作品として毎日放送(MBSテレビ)の制作によりTBSテレビをはじめとする同系列の一部で放送された。2021年6月には続編となる『2nd Stage』が放送された。


各話あらすじ(2023年1月10日 - 1月31日)全4話
第1話 2023年1月10日
クイーンレコード・朱音社長(蒼井翔太)の下で、活動する“Stellar CROWNS(ステラクラウンズ)”が慰安旅行で、山奥にある一軒の洋館に訪れていた。5人の様子をファンクラブ用に撮影をするため、ディレクターの守屋(染谷俊之)も一緒に来ていた。ただの旅行だと思っていたメンバーは不満げだが、束の間の休暇にメンバーで一緒に居られる時間を楽しんでいた。が、ただ一人、牧野凪沙(荒牧慶彦)の表情は曇っていた。リーダーの征行(和田雅成)は心配して声をかけるが、「何でもない」とはぐらかされてしまう。

そんな中、メンバーだけの貸し切りのはずの洋館に、突然、多田圭一(谷口賢志)がやって来る。予約していたと言い張る多田は、貸し切りだと言っても一歩も引かず、1泊だけ泊めてくれ、と。渋々、洋館のオーナー・菅原(小西詠斗)は従業員用の部屋に案内することになり―。

そしてその夜、Stellar CROWNSはチームに分かれて、肝試しをすることになったが、そこで“とある事件”が起こり―。


第2話 2023年1月17日
多田(谷口賢志)が何者かに刺され、しかも、洋館にあったはずのナイフが1本なくなっており、「この中に犯人がいる―!?」と騒然とする一行。とりあえず、多田が刺されたときの皆の状況を整理することになった。その結果、アリバイのない人物が、ずっと洋館にいたという菅原(小西詠斗)、肝試しのゴール時点で皆を待っていたという深水(定本楓馬)、そして、ドッキリの仕掛人だった紘希(猪野広樹)の3人だという。

中でも、紘希は、多田とはもともと知り合いで、過去にとある揉め事があったことが明らかになり、一層疑いの目を向けられてしまい…。守屋(染谷俊之)の発案で、肝試し用に仕掛けた撮影用カメラに犯人の手がかりが映っているかもしれないと、次の日の朝、皆で森に回収にいくことになった。その頃、一人部屋に戻り、物思いに耽っていた紘希は、多田とのある出来事を思い出していて―。


第3話 2023年1月24日
皆が森の中にカメラを回収しに行っている間に、多田(谷口賢志)の荷物を物色していた翔琉(佐藤流司)が襲われてしまう。襲った犯人は、洋館オーナーである菅原(小西詠斗)だった。「多田を刺した犯人も菅原で間違いない」と事件は一件落着するかに思われたが、寝たきりの多田には危害が加えられておらず…どこかしっくりこない征行(和田雅成)。そして、多田の看病をしていた黎士郎(松村龍之介)は、多田のジャケットからあるものを発見する。

悠輔(植田圭輔)は、頭を冷やそうと中庭で休憩をしていたところ、何者かに背後から口を塞がれ、こちらもあわや大ピンチに―!?一方、守屋(染谷俊之)は、多田が刺されて洋館に運び込まれた時のVTRを確認していたところ、とある人物の発言に“矛盾点”を発見し、ついに犯人の正体が明らかに…。いったい何故、多田が刺されてしまったのか―事件の全容はいかに。


最終話 2023年1月31日
多田(谷口賢志)を刺した犯人が分かり、事件は無事収束した…かに思われたが、「悪いけど、皆もうちょっと付き合ってくれ」という征行(和田雅成)の発言に戸惑うメンバー。事件のアリバイを確認した際、本当は嘘をついていたメンバーがいたのではないか、と問いただすが、これ以上話すことはないと憤る翔琉(佐藤流司)。

そんなやり取りを不安げな表情で見つめていたのは…凪沙(荒牧慶彦)だった。凪沙と多田との間に何があったのか―。「例えどんなに素敵な関係でも、変わり続けずに、ずっと同じままではいられない……いつか必ず、終わりは来る。」すべての真相が明らかになったとき、Stellar CROWNS、そして朱音(蒼井翔太)が下す決断とは―。


概要
舞台で活躍中の俳優陣が共演するオリジナルドラマ「REAL⇔FAKE」シリーズの最終章。1期、2期から出演する、荒牧慶彦、植田圭輔、佐藤流司、松村龍之介、和田雅成、猪野広樹、笹森裕貴、染谷俊之、蒼井翔太の9人が続投。新キャストとして定本楓馬、小西詠斗、谷口賢志が加わり、個性あふれるメンバーたちのやりとりがパワーアップ。シリーズ史上最大のミステリーを展開させる。監督は杉岡知哉が務め、ほさかようが引き続き脚本を担当する。

舞台は山奥にある一軒の洋館。「クイーンレコード」社長・朱音(蒼井)の下で活動するStellar CROWNSが慰安旅行で訪れた洋館で、“ある事件”が起きる。


ストーリー
「クイーンレコード」社長・朱音(蒼井翔太)の下で活動するStellar CROWNSは、慰安旅行で山奥にある一軒の洋館へ。5人の様子をファンクラブ用に撮影するため、ディレクターの守屋英俊(染谷俊之)も同行。ただの旅行だと思っていたメンバーは不満げだが、つかの間の休暇を楽しんでいた。しかし、牧野凪沙(荒牧慶彦)の表情は曇ったままで、リーダーの瀬名征行(和田雅成)が心配して声をかけるが、はぐらかされてしまう。

そんな中、メンバーだけの貸し切りのはずの洋館にフリーのルポライター・多田圭一(谷口賢志)がやって来て、1泊だけ泊めることに。そしてその夜、“ある事件”が起きる。


キャスト
荒牧慶彦 /牧野凪沙 役
Stellar CROWNSメンバー。心優しい性格。征行とは事務所の同期で親友だが、ある事件をきっかけに少しずつ亀裂が生じていく。父は代議士で、家のことを任せきりにしている姉に対して申し訳なく思っている。

植田圭輔 /育田悠輔 役
Stellar CROWNSメンバー。10代の頃、持病によりFyrkloverを脱退した過去がある。最年長としてリーダーの征行を思いやりつつも、彼と衝突しがちな翔琉のことも気にかけている。

佐藤流司 /鈴木翔琉 役
Stellar CROWNSメンバー。人気バンドのボーカルも兼任している。不器用だが根は優しく、仲間だと認識した相手を守る強さがある。撮影中の事件をきっかけに、凪沙と行動を共にするようになる。

松村龍之介 /梅原黎士郎 役
Stellar CROWNSサブリーダー。穏やかで親しみやすく、メンバーの面倒を見る母親的な面がある。思慮深く行動し、自分のことはあまり語らず謎が多い。帰国子女。

和田雅成 /瀬名征行 役
Stellar CROWNSリーダー。正義感が強く仲間思いで、自分にもメンバーにも真摯な性格。凪沙とは何でも話せる親友だと思っており、何かにつけて彼を心配している。

猪野広樹 /卯野紘希 役
弥月とのユニット・ASTRA RINGのメンバー。過去に凪沙・悠輔・弥月と共にFyrkloverとして活動していたが、解散後は生活のために仕事を選ばなかった時期も。メンバーに対しては複雑な思いがありつつも、徐々に仲間意識も芽生え始めている。

笹森裕貴 /稲森弥月 役
紘希と共にユニットASTRA RINGとして活動中。Fyrklover時代から紘希を慕っており、たまに暴走する彼のブレーキ役になっている。最近は別々の仕事も多いため、欠かさず連絡を取るようにしている。

染谷俊之 /守屋英俊 役
フリーの映像ディレクター。朱音とは高校時代からの親友で、よき相談相手。朱音が事件に巻き込まれるたびに、解決に一役買っている。朱音の依頼により、Stellar CROWNSのロケに同行することになる。

蒼井翔太 /朱音 役
「クイーンレコード」社長。国民的人気アーティストとしても活躍していたが、グループとして成長過程にいるStellar CROWNSとASTRA RINGをアーティスト・社長両面から支えている。

スタッフ
脚本:ほさかよう
監督:杉岡知哉
エンディングテーマ:Key to My Heart/蒼井翔太


番組公式サイト
REAL⇔FAKE - Wikipedia

『REAL⇔FAKE Final Stage TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラザー・トラップ TOP

『ブラザー・トラップ』は、2023年1月25日(24日深夜)から、TBSテレビの「ドラマストリーム」枠(毎週火曜24:58〜25:28)で放送中。主演は久間田琳加。


各話あらすじ
第1話 2023年1月24日「出会ってしまった特別な人」
他人に気を遣いすぎる性格の女子大生・立花あかり (久間田琳加) は、待ちに待った漫画の発売日に友達からカラオケに誘われてしまう。
周りに合わせカラオケで盛り上がるフリをしつつも本屋の時間が気になるあかり。さらに遅れてやってきた後輩とその友達・成瀬和泉 (山中柔太朗) も加わり、あかりはますます帰れない。

無表情で座る和泉は黙々と飲み物を飲むだけ。あかりは、和泉も自分と同じく断れずに参加したのかと、その様子が気になり声をかけるが…。

帰り道、あかりは和泉から周りに気を遣うタイプだと初めて見抜かれてしまう。するとあかりは、自分が本当は本屋に行きたかったのだと、思わず和泉に本音をこぼしていた。それを聞いた和泉はスマホをいじり出し…。

数日後、あかりは近所のコンビニで和泉とバッタリ遭遇。勇気を出して和泉に声を掛けたあかりは、和泉との会話を嬉しく感じ自分の中に芽生えた感情を自覚せざるを得なかった。あかりは思いきって和泉を映画に誘う。……あかりはまだ気付いていなかったのだが、和泉は実は元カレ・大和 (塩野瑛久) の弟で……!?


第2話 2023年1月31日「再会、あの頃と変わらない人」
和泉 (山中柔太朗) と一緒に映画を観に行く日。思い切って映画に誘いOKを貰ったはいいが、和泉が内心戸惑っているのではないかと、あかり (久間田琳加) は自分がリードするつもりだった。だが、実際は気の付く和泉にテキパキと仕切られてしまい、あかりはネガティブな妄想に支配されてしまう。

そんな中、和泉がこういうことには慣れておらずカッコつけていたと本音を話し始め、あかりの不安を一瞬で吹き飛ばす。和泉の正直な言葉やあかりを気遣ってくれる態度に、あかりの中の和泉に対する気持ちがどんどんと膨らんでいくのだった。

あかりの気持ちが和泉に傾く中、2人がカフェでお茶をしていると和泉に用があった大和 (塩野瑛久) の姿が…。和泉の兄が大和だと知らなかったあかりは、元カレとの突然の再会に動揺が隠せない。和泉とご飯を食べに行く約束をしていたあかりだったが、その場を離れたい一心で逃げるように去ってしまう。

大和と付き合っていた時の思い出が蘇り、和泉があかりと大和の関係を知ってしまったらと悩むあかり。和泉に話しかけられても避けるような態度をとってしまい…。


第3話 2023年2月7日「想いを伝えるチケット」
大和 (塩野瑛久) と2人でカフェを訪れたあかり (久間田琳加)。大和が話始めたのは、弟・和泉 (山中柔太朗) のことだった。さらに大和から思わせ振りなことを言われたあかりが慌てていると、そこに和泉が現れる。和泉は、あかりが大和と付き合っていたことを知り、それを確かめたかったと言う。さらに、和泉は戸惑ったものの今まで通りあかりと「友達」として仲良くしたいと言い…。

一方、あかりと大和の写真を見たことがある遥 (工藤遥) は、あかりが大和に近づくために和泉と仲良くしているのではと、和泉に忠告するのだった。

そんな中、あかりの友達のピアスが紛失。それが大事な物だと知ったあかりは、ひとりでピアスを探し始める。校内を探していると、やってきた和泉に遭遇し、あかりは戸惑いながらも事情を話し始めるのだった。

その日の夕方、友達から焼肉に誘われていた和泉が集合場所に行くと、あかりがまだ来ていないことを知らされる。連絡も付かないと言われ、和泉は思わず駆け出し…。


原作概要
『ブラザー・トラップ』は、日向きょうによる漫画作品。LINEマンガ内『ジーンLINE』(KADOKAWA)にて、2018年6月21日から2022年3月17日まで連載された。2022年12月22日より番外編が連載中。


ドラマ概要
日向きょうによる同名人気漫画を連続ドラマ化。元カレとわだかまりが残ったまま別れてしまったことがきっかけで、恋愛に積極的になれない女子大生が、同じ大学に通う年下男子にひかれていくものの、彼が元カレの弟だと発覚し三角関係に発展する、繊細でいちずなドキドキのピュアラブストーリー。


ストーリー
大学2年生の立花あかり(久間田琳加)は、優しく純粋で友達思いだが、一方で自分に自信が持てず、自分の気持ちを優先させることが苦手。恋愛面も、元カレとわだかまりが残ったまま別れてしまったことで臆病になっている。そんな折、あることをきっかけに、同じ大学に通う1年生・成瀬和泉(山中柔太朗)と出会う。

和泉は穏やかで優しいが、何事にも真っすぐなためうそがつけず、思ったことをすぐ口に出してしまう性格。そんな偽りなく気持ちをぶつけてくれる和泉に、あかりは自然とひかれていく。しかし、ある日、和泉はあかりの元カレ・成瀬大和(塩野瑛久)の弟だと発覚。その事実を知った大和は、2人の関係を揺さぶる。


キャスト
立花あかり - 久間田琳加
大学2年生。純粋で友達思い、かつ困っている人を放っておけない優しい性格。一方で、自分に自信が持てず常に他人に気を使っており、自分の気持ちを優先させることが苦手。元カレとわだかまりが残ったまま別れてしまい、恋愛に臆病になっている。

成瀬和泉 - 山中柔太朗
あかりと同じ大学に通う1年生。穏やかで優しく、真面目で誠実な性格だが、何事にも真っすぐなため、うそやはぐらかしができず、思ったことをすぐ口に出してしまう。あかりの元カレ・成瀬大和の弟。

成瀬大和 - 塩野瑛久
あかりの高校時代の元カレで、和泉の兄。器用に物事をこなし、人付き合いもうまい明るい性格だが、人に対してなかなか本音を言えず、自分の気持ちを自分でも知らないうちに隠している一面もある。あかりと和泉がひかれ合っていることを知りつつも、あらためてあかりへの思いに気付く。

藤宮遥 - 工藤遥

駒井瑛太 - 若林時英

三宅絵里子 - 渡邉美穂

コータ - 齋藤璃佑

成瀬由紀 - NANA(MAX)(第3話 - )

スタッフ
原作 - 日向きょう『ブラザー・トラップ』(ジーンLINE コミックス / KADOKAWA刊)
脚本 - おかざきさとこ
エンディングテーマ - さゆべえ「マイラブ」
演出 - 坂上卓哉、尾本克宏、府川亮介
プロデューサー - 阿部愛沙美
配信プロデューサー - 大原拓真、今井夏木
制作プロダクション - TBSスパークル
製作 - 『ブラザー・トラップ』製作委員会


番組公式サイト
ブラザー・トラップ - Wikipedia

『ブラザー・トラップ TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夫を社会的に抹殺する5つの方法 TOP

『夫を社会的に抹殺する5つの方法』(おっとをしゃかいてきにまっさつするいつつのほうほう)は、2023年1月11日(10日深夜)から、テレビ東京系列の「ドラマチューズ!」枠(毎週火曜24:30〜25:00)にて放送中。主演は馬場ふみか。


各話あらすじ
第1話 2023年1月10日「壊れた心」
 結婚一年目の主婦・奥田茜(馬場ふみか)は、家庭を顧みない夫・大輔(野村周平)の日ごとに増える暴言や暴力に怯えていた。「子供ができれば変わるはず」そう信じていた矢先、新しい命を授かり喜ぶ茜。結婚記念日に伝えようとご馳走を用意して大輔の帰りを待つもなかなか帰ってこない。深夜遅くに帰ってきた大輔からは香水の香りがして…。ただ幸せを願っていた女性が大切なものを奪われたとき、大きな愛が復讐へと変わっていく。

第2話 2023年1月17日「最凶の復讐、始動」
 流産し、絶望のどん底にいた奥田茜(馬場ふみか)の元に、「夫を社会的に抹殺する5つの方法を教えます」と書かれた手紙が届く。手紙に記載されたURLをクリックすると、仮面を被った人物が出てくる。大切な子供を亡くした怒りはあるものの、復讐に躊躇してしまう茜。そんな中、西野早苗(岡本夏美)から夫・大輔(野村周平)と宇佐美麻里佳がキスをしている浮気写真を見せられて、遂に「1つ目の復讐」を実行する決意をする…。

第3話 2023年1月24日「声にならない声」
 奥田茜(馬場ふみか)の家に、親友でライターの工藤凛(佐藤玲)が遊びに来る。広告賞の取材で、大輔(野村周平)にインタビューして、久しぶりに会いたくなったという。その時、西野早苗(岡本夏美)から大輔が会社の後輩とイチャついているのを盗撮した動画が届く。反省しない大輔に、茜は怒りがおさまらない。そんな中、再び仮面の人物から連絡が。そこには、デザイナーとして地位を築いた大輔の秘密が書かれていた…。

第4話 2023年1月31日「まとわりつく視線」
 大輔(野村周平)は会社を追われ、父・奥田雅俊(渡辺いっけい)の経営する会社で働くことになる。茜(馬場ふみか)は、次期社長の妻として、義母・美千子(宮崎美子)から毎日厳しい指導を受けていた。慣れないことに疲弊している茜を気遣ってくれたのは、大輔の姉・和美(森カンナ)。「本当の姉だと思って欲しい」という和美に心救われるが、大輔は相変わらず冷たい。再び仮面の人物から、メッセージと衝撃の映像が届く…。

第5話 2023年2月7日「暴走する正義感」
 大輔(野村周平)の過去のいじめ動画をSNSで晒した茜(馬場ふみか)。イジメに悩んでいた多くの人から、告発を称賛され、感謝のDMがたくさん届く。さらに仮面の人物からも誉められ、茜は自分の行いを肯定される。ひたすら拡散されていく大輔の黒い過去。そんな中、かつての大輔の友人と名乗る人物から連絡が。その人はいじめ動画でいじめられていた泉川という人物で、茜は大輔から暴力を受けた同志に会いにいくことにする。


原作概要
『夫を社会的に抹殺する5つの方法』は、原作:三田たたみ、作画:アップクロスによるWeb漫画。2022年10月15日から、GIGATOON Studioの制作でDMMブックスにて連載中。


ドラマ概要
同名WEB漫画が原作の、新時代の社会派サスペンスドラマ。夫からDVやモラハラ等を受けてきた主人公が、謎の手紙の指示に従い夫を社会的に制裁していく中で、自他と対峙し人生を見つめ直す姿を描く。インターネットを介して、発信、受信、監視、管理が容易になった現代だからこそ、心と体が求める“コミュニケーションのあり方”を問う、現代社会が抱える問題に切り込んだ意欲作。


ストーリー
結婚1年目。幸せなはずの専業主婦・奥田茜(馬場ふみか)は、夫の大輔(野村周平)によって絶望の淵にたたき落とされる。日ごとに増える暴力とモラハラによって少しずつ心を壊し、大輔の言いなりになっていく茜。それでも、「子どもさえできれば彼は変わってくれるはず」と信じていた。しかし、大輔に裏切られ、命より大事なものを奪われた茜が選んだのは、復讐という修羅の道だった。


キャスト
奥田茜(おくだ あかね)
演 - 馬場ふみか
結婚して1年の専業主婦。夫・大輔のモラハラによって、向き合うことを避けて機嫌を取り、彼の言いなりになっていた。しかし、念願の子どもを流産したことがきっかけとなり、大輔を社会的に抹殺しようと決意。一見おとなしそうに見えるが、実は心(しん)が強く頑固。大輔に復讐する一方で、本来自分が持っていた強さを取り戻していく。

奥田大輔(おくだ だいすけ)
演 - 野村周平
茜の夫で、広告会社に勤務する新進気鋭の敏腕社員。実家が経営する「奥田産業」をいつかは継ぐ予定。茜と結婚するが、顔色をうかがう茜に対してイライラしてDVに走る。イケメンで外づらがよく、仕事ができるためモテる。

周辺人物
工藤凛
演 - 佐藤玲
茜の親友。週刊誌のライター。

西野早苗
演 - 岡本夏美
茜の会社員時代の後輩。良き相談相手。

ここまちゃん
演 - 永瀬莉子
引きこもり系YouTuber。

長澤光太郎
演 - 持田将史(s**t kingz)
大輔の実家の会社「奥田産業」の最年少取締役。

奥田和美
演 - 森カンナ
大輔の姉。

奥田雅俊
演 - 渡辺いっけい
大輔の父親。「奥田産業」代表取締役社長。

奥田美千子
演 - 宮崎美子
大輔の母親。

スタッフ
原作 - アップクロス・三田たたみ/GIGATOON Studio『夫を社会的に抹殺する5つの方法』(DMMブックス連載中)
脚本 - 上村奈帆、進藤丈広、服部紘二、倉地雄大(テレビ東京)
監督 - 上村奈帆、小坂志宝
主題歌 - 伶「So Addictive」(Sony Music Labels)
プロデューサー - 倉地雄大(テレビ東京)、櫻田惇平(ホリプロ)
協力プロデューサー - たちばなやすひと(Nemeton)
制作協力 - ホリプロ
製作著作 - テレビ東京


番組公式サイト
夫を社会的に抹殺する5つの方法 - Wikipedia

『夫を社会的に抹殺する5つの方法 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大奥 TOP

『大奥』(おおおく)は、2023年1月10日よりNHK総合の「ドラマ10」枠(毎週火曜22:00〜22:45)にて放送中。


各話あらすじ
第1話 2023年1月10日「八代将軍吉宗・水野祐之進編 (1)」 ※初回は15分拡大(22:00 - 23:00)
 若い男にのみ感染し、致死率80%に及ぶ奇病「赤面疱瘡(あかづらほうそう)」が蔓延し、男の数が激減した江戸時代。男子の多くが、種馬としての人生を送っていた。一方、女は労働を担い、将軍職も女へと引き継がれていた。そんな中、貧乏な旗本の息子・水野祐之進(中島裕翔)は、幼馴染・信(白石聖)との結婚を諦めようと、大奥入りを決意。そこで、8代将軍・徳川吉宗(冨永愛)から最初に声がかかるのだが…。

第2話 2023年1月17日「三代将軍家光・万里小路有功編 (2)」
 謎の奇病「赤面疱瘡(あかづらほうそう)」が流行り始めた頃、3代将軍・徳川家光が死亡。家光の乳母である春日局(斉藤由貴)は、将軍の死を隠そうと、実の息子である稲葉正勝にあることを告げる。その6年後、美しき僧・万里小路有功(福士蒼汰)は、継目祝いで訪れた江戸城で、春日局から無理やり還俗を迫られ大奥入りをすることに。有功がそこで出会った将軍・家光(堀田真由)は、なんと少女であった…

第3話 2023年1月24日「三代将軍家光・万里小路有功編 (3)」
 有功(福士蒼汰)は、家光(堀田真由)から贈られた猫に『若紫』と名付ける。若紫の存在で家光と有功の距離は次第に縮まっていく。一方で、有功の部屋子・玉栄は有功のことを良く思わない者たちから嫌がらせを受け始める。有功もまた玉栄の変わった様子が気がかりになっていく。そんな中、有功と家光を繋ぐ若紫を巻き込んだある事件が起こってしまうのであった…

第4話 2023年1月31日「三代将軍家光・万里小路有功編 (4)」
 思いを寄せ合い始めた有功(福士蒼汰)と家光(堀田真由)。しかし有功は春日局(斉藤由貴)からとある宣告を受ける。そして春日局は新しい家光の相手候補・捨蔵を大奥に呼び寄せてしまった。一方、有功から報告を受けた家光は、激しく取り乱すも、しばらくして、家光は捨蔵との子・千代姫を出産。母となった家光は、ある決断を行うのであった…

第5話 2023年2月7日「三代将軍家光・万里小路有功編 五代将軍綱吉・右衛門佐編 (5)」
 嫉妬に苦しむ有功(福士蒼汰)は、家光(堀田真由)にある訴えをする。有功の気持ちを知った家光は、有功にとある役目を授ける。そして、時は流れ―5代・徳川綱吉(仲里依紗)の時代。綱吉は奔放な将軍で、大奥だけに留まらず城の外でも男を漁るほど。そんな中でも綱吉との間に子を持てずにいた御台が大奥に呼び込んだのは、大奥中が噂をするほどの美青年・右衛門佐(山本耕史)で…


概要
男女が逆転した江戸パラレルワールドを描いたよしながふみによる同名漫画を連続ドラマ化。脚本は森下佳子が手掛け、男女逆転・大奥の世界に新風を吹き込む。物語は、中島裕翔演じる水野祐之進が大奥入りを決意し、冨永愛扮する8代将軍・徳川吉宗に見初められるプロローグからスタート。

その後、さまざまな改革に乗り出した吉宗は、男女逆転の謎の解明と、家光の時代に日本中に広がった奇妙な病「赤面疱瘡(あかづらほうそう)」撲滅に尽力していく。

すべての始まり「3代・徳川家光×万里小路有功 編」には福士蒼汰、堀田真由らが出演。続く5代綱吉の治世「5代・徳川綱吉×右衛門佐 編」では、仲里依紗、山本耕史らがその葛藤を表現する。


ストーリー
江戸幕府3代将軍・徳川家光の時代、「赤面疱瘡(あかづらほうそう)」と呼ばれる奇妙な病が日本中に広がっていった。この病は“若い男子にのみ”感染し、感染すれば“数日で死に至る”恐ろしい病。対処法も治療法も発見されず、結果として男子の人口は女子の4分の1にまで激減し、日本の社会構造は激変する。

男子は希少な種馬として育てられ、女子はかつての男子の代わりとして労働力の担い手となり、あらゆる家業が女から女へと受け継がれるようになる。江戸城でも3代将軍・家光以降、将軍職は女子へと引き継がれ、大奥は将軍の威光の証しであるがごとく希少な男子を囲い、俗に美男3000人などと称される男の世界が築かれていく。


キャスト
詳細は「大奥 (漫画)#登場人物」を参照
3代・徳川家光×万里小路有功 編
徳川家光 / 千恵(ちえ)
演 - 堀田真由
徳川家光の娘。家光が亡くなってしまったため、彼の身代わりとして生活することとなる。

万里小路有功(までのこうじ ありこと)
演 - 福士蒼汰
公家出身の僧だったが、春日局によって還俗させられ、家光の側室「お万の方」となる。後に大奥総取締となり、大奥の基盤を築いていく。

春日局(かすがのつぼね)
演 - 斉藤由貴
家光の乳母。

玉栄(ぎょくえい)
演 - 奥智哉
有功の弟子の僧侶。有功と共に還俗し、大奥で彼の部屋子を務めることとなる。

村瀬正資(むらせ まさすけ)
演 - 岡山天音(吉宗編:石橋蓮司)
春日局の命により、大奥での出来事を日記に記す。

稲葉正勝(いなば まさかつ)
演 - 眞島秀和
春日局の息子。千恵の影武者。

5代・徳川綱吉×右衛門佐 編
徳川綱吉(とくがわ つなよし)
演 - 仲里依紗
5代将軍。

右衛門佐(えもんのすけ)
演 - 山本耕史
大奥総取締。

桂昌院(けいしょういん)
演 - 竜雷太
もとは有功付きの小僧として江戸を訪れ、ともに大奥入り。その後、家光の側室となり、綱吉の父となる。

8代・徳川吉宗×水野祐之進 編
徳川吉宗(とくがわ よしむね)
演 - 冨永愛
8代将軍。

水野祐之進(みずの ゆうのしん)
演 - 中島裕翔
貧しい旗本の息子。

杉下(すぎした)
演 - 風間俊介
御三の間の一人。大奥に仕えて10年経つ古参。

加納久通(かのう ひさみち)
演 - 貫地谷しほり
吉宗の幼馴染。紀州時代から吉宗に仕える片腕的存在。

藤波(ふじなみ)
演 - 片岡愛之助
7代将軍・家継の代から大奥総取締を務める男。

お信
演 - 白石聖
水野の幼馴染。薬種問屋「田嶋屋」の跡取り娘。

松島
演 - 橋本淳
御中臈のひとり。

柏木
演 - 井上祐貴
御中臈のひとり。藤波のお気に入り。

スタッフ
原作 - よしながふみ『大奥』
脚本 - 森下佳子
音楽 - KOHTA YAMAMOTO
主題歌 - 幾田りら「蒲公英」
演出 - 大原拓、田島彰洋、川野秀昭
制作統括 - 藤並英樹
プロデューサー - 舩田遼介、松田恭典


番組公式サイト
大奥 (2023年のテレビドラマ) - Wikipedia

『大奥 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夕暮れに、手をつなぐ TOP

『夕暮れに、手をつなぐ』(ゆうぐれに、てをつなぐ)は、2023年1月17日からTBS系「火曜ドラマ」枠(毎週火曜22:00〜22:57)で放送中。主演はTBSの連続ドラマ初主演となる広瀬すず。


各話あらすじ 平均視聴率 6.83%
第1話 2023年1月17日「出逢い。青春を思う時、なぜ人はせつなくなるのだろう。」 ※初回15分拡大(22:00 - 23:12) 視聴率 8.0%
 九州の片田舎で育った空豆(広瀬すず)は、目前に控えた結婚式の打ち合わせをするため、幼なじみで婚約者の翔太(櫻井海音)を追って上京していた。そして、パソコンで楽曲制作をする「コンポーザー」としての成功を目指す音(永瀬廉)と偶然、出会うことに。その後、翔太との待ち合わせ場所のカフェを訪れた空豆は、翔太から思いも寄らない話を切り出される。

第2話 2023年1月24日「まさかの恋が、始まった!」 視聴率 6.6%
「とっくに恋に落ちているのに、なかなか恋が始まらない」運命的で衝撃的な出逢いを果たした浅葱空豆(広瀬すず)と音(永瀬廉)。それっきり、もう一生会うことはないと思っていた2人だったが、不思議な運命の巡り合わせから、空豆と音は共同生活をおくる事に。そして、まさかの恋が始まる!

第3話 2023年1月31日「いつか、この夢が咲く」 視聴率 5.9%
ひとつ屋根の下、共同生活を送る浅葱空豆(広瀬すず)と海野 音(永瀬廉)。それぞれの恋を見つけていく2人。そんな中、空豆は「人生が大きく変わるかも」と思える、心沸き立つ夢の種に出会う! 運命の出会いをきっかけに、動き出す空豆と音の新たな道。

第4話 2023年2月7日「秘密のキス」


概要
脚本家・北川悦吏子が夢と恋愛をテーマに紡ぐ、とっくに恋に落ちているのに、なかなか恋が始まらない、夢追う2人の青春ラブストーリー。主演に広瀬すずを迎え、20代のまだ何者でもない男女が、それぞれの夢に向かって支え合うかけがえのない時間を描く。


ストーリー
九州の片田舎で伸び伸びと育った野生児のような浅葱空豆(広瀬すず)は、幼なじみの婚約者・矢野翔太(櫻井海音)を追って上京した先で、大学卒業後、就職せずに音楽の道を選び、フリーターをしながら“コンポーザー”として成功を目指す海野音(永瀬廉)と、運命的で衝撃的な出会いを果たす。

元画家で資産家の雪平響子(夏木マリ)の古民家「雪平邸」に下宿する音は、響子によって拾い上げられた空豆と一つ屋根の下で暮らすことに。そんな折、響子の一人息子で、起業家として単身ニューヨークに住む雪平爽介(川上洋平)が一時帰国。この帰国で結婚相手を探す爽介は、自身の家に下宿している空豆と出会う。


キャスト
浅葱空豆(あさぎ そらまめ)〈23〉
演 - 広瀬すず
九州の片田舎出身の野生児で、独特な九州なまりがある。“サル”“イノシシ”などと呼ばれ、竜巻のように周囲の人をひきつけるエネルギーを持つ。屈託なく育ったように見えるが、胸の内にはさまざまな思いを抱えている。上京後、音と出会い一つ屋根の下で暮らす中で、ファッションに目覚めていく。

海野音(うみの おと)〈23〉
演 - 永瀬廉(King & Prince)
パソコンで楽曲を制作しリリースする、コンポーザーとしての成功を目指すフリーター。大学卒業後、親の反対を押し切って就職せずに音楽の道を選んだ。レコード会社と契約はしているものの鳴かず飛ばずで、普段はコーヒー店でアルバイトをしている。

雪平邸
空豆と音が暮らす下宿先。
雪平響子(ゆきひら きょうこ)
演 - 夏木マリ
家主。元画家で資産家。

雪平爽介(ゆきひら そうすけ)
演 - 川上洋平([Alexandros])
響子の一人息子。ニューヨーク在住の起業家だが、一時帰国中。

大野屋
「雪平邸」の近所にある蕎麦店。
丹沢千春(たんざわ ちはる)
演 - 伊原六花
店員。空豆のアルバイト仲間。

丹沢博(たんざわ ひろし)
演 - 酒向芳
店主。千春の父。響子の幼馴染。

ユニバースレコード
音が所属する大手レコード会社。
磯部真紀子(いそべ まきこ)
演 - 松本若菜
A&R(アーティストの発掘、育成担当)。音の担当。

アリエル
演 - 内田理央
音楽ユニット「ズビダバ」のボーカリスト。「ユニバースレコード」の所属アーティスト。

アンダーソニア
空豆の憧れるファッションブランド。
久遠徹(くおん とおる)
演 - 遠藤憲一
天才デザイナー。響子とは美大時代の同級生の間柄。周囲からは「テツ」と呼ばれる。

葉月心(はづき しん)
演 - 黒羽麻璃央
パタンナー。

その他
菅野セイラ(かんの セイラ)
演 - 田辺桃子
音がアルバイトをするカフェで出会う女性。

矢野翔太(やの しょうた)
演 - 櫻井海音
空豆の幼馴染で婚約者。九州の大学を卒業後、上京して起業する。

浅葱たまえ(あさぎ たまえ)
演 - 茅島成美
空豆の祖母。

スタッフ
脚本 - 北川悦吏子
演出 - 金井紘、山内大典(共同テレビ)、淵上正人(共同テレビ)
音楽 - 眞鍋昭大
プロデューサー - 植田博樹、関川友理、橋本芙美(共同テレビ)、久松大地(共同テレビ)
編成 - 三浦萌
制作協力 - 共同テレビジョン
製作著作 - TBS


番組公式サイト
夕暮れに、手をつなぐ - Wikipedia

『夕暮れに、手をつなぐ TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

星降る夜に TOP

『星降る夜に』(ほしふるよるに)は、2023年1月17日からテレビ朝日系「火曜9時の連続ドラマ」枠(毎週火曜21:00〜21:54)にて放送中。主演は吉高由里子。


各話あらすじ 平均視聴率 7.57%
第1話 2023年1月17日「人は恋で生まれ変わる--教えてくれたのは10歳下のあなたでした」 ※初回は6分拡大(21:00 - 22:00) 視聴率 7.7%
 のどかな海街にある「マロニエ産婦人科医院」で働く35歳の産婦人科医・雪宮鈴(吉高由里子)。ある医療裁判がきっかけで、大病院を追われた彼女は、命の始まりと終わりが、繰り返される毎日や、窮屈で息苦しい社会の中で心がすり減り、誰にも本音を語らず、孤独な毎日を過ごしていた――。

第2話 2023年1月24日「恋は出会いから、加速へー10歳差ピュアラブ、本格始動。」 視聴率 7.9%
 鈴(吉高由里子)は一星(北村匠海)に直接会って、遺品整理のお礼を伝える。すると、強引に鈴の腕をつかんだ一星は映画館に直行。観賞後のやりとりで2人が10歳違いと分かる。そんな中、病院から緊急の呼び出しが掛かり、鈴は飛び込みの匿名妊婦(清水くるみ)の分娩(ぶんべん)を担当。無事に出産しながらも、子どもなんていらないと言い放つその女性に、新人医師の深夜(ディーン・フジオカ)は…。

第3話 2023年1月31日「明かされる10年前の秘密ー君の涙が教えてくれたこと」 視聴率 7.1%
 雪宮鈴、好きだ」――。 雪降る夜に、真っすぐな瞳で、踏切越しにあふれる思いを伝える一星(北村匠海)。不意の告白に驚き、立ち尽くす鈴(吉高由里子)に走り寄り、2人は見つめ合い、キスを…するのかと思いきや。「待て。まてまてまて」――あまりの展開の速さ、そして一星が10歳下であることへの戸惑いが入り混じり、鈴は一星のキスを寸前で制止。「なんで?」と子犬のように不満を訴える一星に、鈴は言い放つ、「とりあえずステイ」。しかし、その胸は密かに恋の予感に躍っていて――。

第4話 2023年2月7日
 まっすぐで、強くて、どこまでも優しい――音のない世界で自由に飛び回る柊一星(北村匠海)の本質に心惹かれ、10コの歳の差を超えて、彼のおでこにそっとキスをした雪宮鈴(吉高由里子)。「ステイ」状態解除により、また一歩距離を縮めた2人は、胸躍る新たな日常の扉を開くことに。


概要
脚本家・大石静が描く大人のピュア・ラブストーリー。吉高由里子演じる、感情を忘れて孤独に生きる産婦人科医・雪宮鈴と、北村匠海扮する、音のない世界で自由に生きる遺品整理士・柊一星。命の始まりと終わりをつかさどる対照的な2人が、星降る夜の出会いを機に、10歳の年齢差と既成概念を飛び越えて運命の恋を育んでいく。


ストーリー
のどかな海街の病院で働く産婦人科医・雪宮鈴(吉高由里子)は、新たな命の誕生という輝かしい瞬間に真摯に手を差し伸べる一方、窮屈で息苦しい社会の中で心がすり減り、誰にも弱音をはくことができない“孤独”を抱えていた。ある日、息抜きのソロキャンプで鈴は泥酔。そんな鈴の前に現れた柊一星(北村匠海)は、何も語らず彼女に向ってカメラのシャッターを切る。しかもいきなりキスをして…!?

翌朝、微妙に記憶のない頭を抱えて目覚めた鈴は、一星が何か手でサインを伝えたまま去っていく背中を見送ることに。現実に戻った鈴は、一星が「お前のゲロは全部片付けた、バカ女」と、手話で悪態をついていたことに気付く。


キャスト
雪宮鈴(ゆきみや すず)〈35〉
演 - 吉高由里子
のどかな海街にある「マロニエ産婦人科医院」で働く産婦人科医。勉強家で優秀。誰に対しても甘すぎず優しすぎず、厳しい中にも時にユーモアを持ち合わせ、患者からも同僚からも頼りにされる存在。一方で、本人は誰かに頼ることが苦手。ある医療事故がきっかけで、医療裁判を抱えている。食事にはさほど興味がないが、お酒は好き。息抜きのために行ったソロキャンプで、10歳下の一星と運命の出会いを果たす。

柊一星(ひいらぎ いっせい)〈25〉
演 - 北村匠海
遺品整理士。職場の「ポラリス」で顧客満足度No.1を獲得するほど仕事の評価が高い。生まれつき聴覚を持たず、手話や筆談、スマートフォン、ジェスチャーを用いて会話をする。ストレートかつ直情的な性格。感情表現が豊かで、明るく陽気でおしゃべり。口が悪い時もあるが、うそがない。両親を学生時代に亡くし、現在は祖母と2人暮らし。多趣味で、世界中に友人が多数いる。偶然出会った鈴に一目ぼれをして、激しく恋に落ちていく。

佐々木深夜(ささき しんや)〈45〉
演 - ディーン・フジオカ
「マロニエ産婦人科医院」で働く新米医師。30代後半で前職を辞め医学部に入り、45歳で医師になった異色の経歴を持つ。衝撃的なヘタレでポンコツ。スタッフからは毎日叱られ“顔だけ”とののしられているが、人をほっこりさせたり、気を緩ませたりする天才でもある。感情移入度が非常に高く、どこまでも人の心に寄り添うことができる性分。鈴がつらい状況に陥った時、ただ黙ってそばにいてあげることができる唯一の存在。

マロニエ産婦人科医院
鈴が勤務する産婦人科医院。
麻呂川三平(まろかわ さんぺい)〈63〉
演 - 光石研
院長。

犬山鶴子(いぬやま つるこ)〈50〉
演 - 猫背椿
看護師長。レディース「ピンクエンペラー」の元総長。

蜂須賀志信(はちすか しのぶ)〈30〉
演 - 長井短
低いテンションでシニカルな毒を放つ看護師。

伊達麻里奈(だて まりな)〈25〉
演 - 中村里帆
真面目で正義感あふれる優秀な看護師。
遺品整理のポラリス
一星が勤務する遺品整理業者。


佐藤春(さとう はる)〈30〉
演 - 千葉雄大
遺品整理士。一星の親友。手話が堪能で毒舌。

北斗千明(ほくと ちあき)〈45〉
演 - 水野美紀
社長。

北斗桜(ほくと さくら)〈17〉
演 - 吉柳咲良
千明の娘。一星に好意を抱く。

桃野拓郎(ももの たくろう)〈22〉
演 - 若林拓也
リーゼントを愛する新入社員。

服部洋美(はっとり ひろみ)〈45〉
演 - 宮澤美保
定時で帰る鑑定士。

岩田源吾(いわた げんご)〈50〉
演 - ドロンズ石本
ベテラン遺品整理士。
その他

犬山正憲(いぬやま まさのり)〈23〉
演 - 駒木根葵汰
鶴子の息子。ピンク髪。添い寝店「スリーププリンス」で指名 No.1の「添い寝士」。
別名「チャーリー」。

柊カネ(ひいらぎ カネ)〈70〉
演 - 五十嵐由美子
一星の祖母。

橋本英雄(はしもと ひでお)〈33〉
演 - 寺澤英弥
手話教室の講師。

スタッフ
脚本 - 大石静
音楽 - 得田真裕
主題歌 - 由薫「星月夜」(ユニバーサル ミュージック)
挿入歌 - NCT ドヨン「Cry」(avex trax)
監督 - 深川栄洋、山本大輔
ゼネラルプロデューサー - 服部宣之(テレビ朝日)
プロデューサー - 貴島彩理(テレビ朝日)、本郷達也(MMJ)
制作 - テレビ朝日、MMJ


番組公式サイト
星降る夜に (テレビドラマ) - Wikipedia

『星降る夜に TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ドラマ/アイウエオ順検索