2008年08月15日

四つの嘘 第七話あらすじ

夫・武(渡辺いっけい)を刺す覚悟で、詩文(永作博美)を従え、包丁を手に愛人宅に乗り込んだ満希子(寺島しのぶ)だったが、夫と若い愛人の君子(星野真里)を目の当たりにし、泣きじゃくりながら二人を責めるのが精一杯。

対して君子は毅然とした態度で、経済的負担はかけないので武に会わせて欲しいと、満希子が仰天するようなことを口にする。詩文にも「みんなで仲良くすれば?」と言われ、その言葉に満希子の怒りはますますヒートアップ。自分と大森(崎本大海)のことはすっかり棚に上げ、本妻の立場を振りかざし、みんな勝手だと責め立てる。

さらに、話は高校時代の詩文、美波、河野の三角関係にまで及び、君子は蚊帳の外に置かれることに。自分がぞんざいに扱われていることに怒った君子は、突然、包丁を振りかざすと武に襲い掛かる。逃げる武、驚く詩文と満希子。4人でもみ合っているうちに、詩文は腕を切りつけられてしまう。

 傷を負った詩文は満希子と武に付き添われ、救急車でネリ(高島礼子)の病院へ向かう。傷の手当が終わった詩文と満希子は、ネリからスキャンダルが原因で、教授選がなくなったと告白される。英児(勝地涼)との逢瀬がスキャンダラスにばらまかれたことが原因だった。

 その後、詩文は病院から直接バイト先のラブホテルへ。一方、疲れきって帰宅する満希子と武。そこへ大森からメールが届く。武の汚らわしさに比べ、若くて美しい大森の存在は、満希子を一層切なくさせるのだった。

 翌朝、ラブホテルでのバイトを終えた詩文は、澤田(石黒賢)に誘われ豪華な朝食を共にする。詩文の生き方を「たくましくて潔い」と称えつつ、もっと穏やかな暮らしを詩文に与えたいという澤田。そのまま詩文が澤田の車で帰宅すると、義母の良子(野際陽子)が、冬子(松山愛里)が帰ってこないと血相を変えてやってくる。

 そこへ、冬子が禮一郎(品川徹)を連れて帰って来た。禮一郎が入居する老人保健施設に行っていたのだという。家に帰りたいという祖父を連れて帰って来た冬子を、良子は「優しい子」と褒めるが、詩文は「誰が面倒を見るの?」と厳しい現実を突きつける。冬子を養女に出したのも、父を施設に入れたのも、考えに考えた末の決断なのだと、冬子の気まぐれを厳しく正す詩文。

 西尾仏具店での仕事に向かった詩文は、満希子から武の洗濯物を渡され、自分で洗うように告げてと言われる。だが詩文は武には渡さず、自分の自宅へと持ち帰り、洗うことに。そこに再び澤田がやってきた。詩文を食事に誘う澤田だったが、男物の洗濯物を見つけ、詩文に男がいるのかと勘違いするが、詩文も特に否定せず、澤田は帰ってしまう。

 数日後、大森の誕生日プレゼントを選びに街へ出た満希子は、娘のゆかり(夏未エレナ)によく似た子が、メイドの格好であるマンションへと消えるのを目撃する。後をつけた満希子は、オタクたちがひしめき合う中、ゆかり歌い、踊り、投げキスする姿を目にし、大混乱。帰宅したゆかりを責め立てるが、ゆかりは平然と「私は芸を売っているだけ」と言い放ち、ますます満希子を怒らせるのだった。

 一方、ネリは後輩たちが開いてくれた励ます会に出席。宴会を終え、英児のアパートへと向かったネリは、背後から何者かに肩をつかまれる。恐る恐る振り返ると、そこに立っていたのは研修医・福山(長谷川博己)だった。福山はネリが自分を認めなかったことを責め、こんな部屋にいてはいけないと激高。だが、英児の足音を聞き、逃げるように去っていく。

 翌朝、仕事を終えて帰宅した詩文を、英児が待っていた。もう一度リングに立つためにパナマへ行く、一緒に行って欲しいと言う英児に、詩文は英児の相手は自分ではないと冷たく突き放す。一方、意を決した満希子は、店の金庫から200万円を取り出すと、大森のために175万円もする高級時計を購入する。早速大森にメールを送る満希子。だが、メールを受け取った大森の横には、なぜか詩文がいて……!?


第1話 2008年7月10日 「41歳?隣の女には負けられない!!」 11.8%

第2話 2008年7月17日 「41歳…命をかけた不倫の恋」 10.6%

第3話 2008年7月24日 「41歳…建前と本音」 8.3%

第4話 2008年7月31日 「女41歳おひとりさまの真実」 8.1%

第5話 2008年8月7日 「衝撃の夜〜花火散らして」9.2%

第6話 2008年8月14日 「家庭内スキャンダル!!」10.8%

第7話 2008年8月21日 「危険な女ともだち」7.0%

第8話 2008年8月28日「そして嘘は暴かれ始める」8.7%

最終話 2008年9月4日
タグ:四つの嘘

『四つの嘘 第七話あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その男、副署長 メインキャスト

レギュラー

池永清美(京都河原町署 副署長) - 船越英一郎
階級は警視。毎日、1200件もの書類決裁に追われてストレスがたまっている。過去に刑事だった性か事件が起こると我慢しきれず、「おれの我慢もここまでだ!」と言うや否や、制服を脱ぎ捨て、周囲の目を盗んで独自の捜査を展開していく。犯人に対しては、動機を明らかにすることを第一とする。事件を解決しても、犯人には「手錠を持ってない」「ここからは一人で行けるね?」と言ってはいつも自首させる。自身の闘病を隠していた妻の心労を減らすため、刑事から内勤へ異動。妻は後に他界している。

池永佳子(京都河原町署 交通課) - 田中美里
階級は巡査部長。清美の妹で、はるかの叔母。事件へ首を突っ込む清美に呆れつつ、行動を共にすることが多い。

平松純平(京都河原町署 刑事課) - 宇梶剛士
階級は巡査部長。ベテラン刑事だが、手柄とは縁がなく万年ヒラ状態。池永とはウマが合い、よく捜査情報を教えている。

上田聡(京都河原町署 刑事課) - 鈴木一真

野沢健作(京都河原町署 刑事課長) - 石丸謙二郎
階級は警部。迅速な犯人逮捕を第一とするため、また刑事課の領分への口出しを嫌うため、清美とはたびたび対立する。
鈴木豊(バー「追憶」のマスター) - 酒井敏也

池永はるか - 永井杏
清美の娘。思春期で父親に反発するが、内心は父親の心情を理解している。拓海とは知り合ってすぐ仲良くなる。
第2シリーズのfile1では、学校でいじめの加害者となったとして、父から叱責・殴打される。

藤原拓海 - 春山幹介
あきらの息子。あきらと清美双方の立場、意見を理解するだけの器量がある。

島英明 - 的場浩司
雑誌「週刊タイム」記者。有能だが、黒い噂が絶えない。
近藤時男(京都河原町署 警務課長) - 本田博太郎
階級は警部。清美のかつての上司だったが、清美の昇進で立場が逆転。清美の隣席にてお目付け役の如くふるまうが、刑事のイロハを叩き込んだ張本人でもある。清美が捜査に出ることは黙認していて、いつも「長いトイレ」として処理する。

藤原あきら(京都河原町署 署長) - 萬田久子
階級は警視正。清美が副署長になるのと同時に就任した。検挙率向上による治安維持を重視する立場にあり、野沢同様に清美とは意見が合わない。自ら事件現場に出張ることが多いが、清美が勝手に捜査をすることは疎ましく思い、禁止している。署長官舎と清美の住む副署長官舎は隣接しているため清美とは「お隣さん」でもある。

『その男、副署長 メインキャスト』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その男、副署長 File.8 あらすじ

File.8 2008年08月21日「なぜ、面影寺の跡取り息子が、沢渡神社の石階段の下で死んでいたのか?」

最近やたらとトイレだの外出だのが多い副署長(船越英一郎)ですが、つい先日どうにも妙な行動が見受けられました。実は副署長、署長(萬田久子)から、最近見つかった梅閣寺からの盗難品である掛け軸の運搬を命じられたのです。しかもそんな折、近くの佐渡神社の境内で面影寺の住職・黒川道念(河原さぶ)の息子・裕之(川上英四郎)の死体が発見されました。何者かに突き落とされたと思われる被害者の靴の中には何かの絵があしらわれた陶器の欠片が入っており、何とも不可思議な状況であります。
こういう謎めいた事件の話を聞いた場合、副署長は所用にかこつけて外出し、首を突っ込もうとするのが通常。しかし、なぜか副署長は掛け軸の運搬を部下に任せようとする! おかしい…。なぜに行きたがらない、副署長?

 しかし、その理由はすぐに判明致しました。なんでも副署長は若かりしころ、梅閣寺の住職・駿河勝己(石山輝夫)からよくお灸を据えられていたんだとか。そんな理由で…副署長…。私は躊躇する副署長のお尻を叩き、むやみやたらに事件に首を突っ込まないよう、熱いお灸を据えられてくるよう進言致しました。しかし、この私の進言がうかつにも副署長をまた職務違反の道へと進ませてしまうとは!

 梅閣寺を訪れた副署長は、住職から寺に展示中の美術品がデジタルコピーによる複製品だと聞かされました。どうやら昨今、美術品を専門にデジタルコピーする会社があるんだとか。ただ、その会社はデータの著作権が自社に帰属すると主張し、梅閣寺との間で裁判沙汰になっているらしい。しかも、やがてこの会社の社長・古賀ゆたか(根本りつ子)が面影寺にも美術品をデジタルコピーし、それを土産品として売らないかと持ちかけていたことが判明してしまいました。その美術品こそ、文化財の鼠御伽絵巻。被害者の靴の中に入っていた陶器の欠片に印刷されていた絵だったのであります!

時を同じくして、事件現場に残された靴跡の中にハイヒールの跡が残っていること、被害者が最後に電話したのが古賀ゆたかだったことも判明しました。犯人は古賀ゆたかなのか…? ――副署長はそんな疑惑を抱いたようです。嗚呼、今回もまた事件に首を突っ込んでしまった副署長。が、今回は私の不手際もあることですし、一方的に副署長を責められる状況ではなさそうです…。

 そんなこともあって、私がうっかり目を離している隙に、副署長はどんどん独自捜査を進めておられました。ところが、古賀ゆたかを犯人と断定できる証拠は見つからない。それどころか、彼女がシロの可能性の方が高くなっていきました。というのも、被害者は父である道念和尚とは反対に、美術品の商品化に賛成しており、古賀とは利害関係が一致していたのであります。

副署長が自ら外に出て、さらなる情報を手に入れたいとご所望されるのは百も承知。が! 私の立場上、副署長をこれ以上野放しにすることは許されません。こっそり出かけようとする副署長にいち早く目を付けた私は、咄嗟に声をおかけしました。「副署長、どちらへ?」。ところが、副署長は「未解決事件の資料が痛んできてるので、デジタル化して保存できるかどうか相談してくる」とおっしゃる。デジタル、デジタル…。筋金入りのアナログである私は、何でもかんでもデジタル化しようとする世の風潮にはいささか不満を覚えておりますが、資料の痛みを理由に出された以上、頭ごなしに否定することもできません…。結局、副署長はすたこらさっさと外出されてしまいました。

 副署長は古賀ゆたかと会っておられました。そして、陶器の欠片がマグカップのサンプルだったことをお知りになりました。なんでも、古賀は道念和尚を説得するために、サンプルを被害者に渡していたというのです。ところが事件当夜、被害者から「父の“伝統を守り続けた思いまではコピーできない”という言葉を聞いて気が変わったから、サンプルを返す」との電話連絡が入ったとか。古賀は被害者と佐渡神社で待ち合わせをしたそうですが、彼女が到着したときにはすでに階段の下で息絶えていたというのです。

 そのころ、我が河原町署は古賀ゆたかを書類送検する決定を下しておりました。が、密かに事件現場にあった足跡のひとつがある人物の靴と一致していたことを突き止めていた副署長は猛反対。

俺の がまんも ここまでだ

 そんな書置きを残し、副署長は署から姿を消しておられました…。副署長が向かったのは、梅閣寺の息子・駿河義勝(大沼遼平)のもとでした。そう、彼こそが真犯人だったのです! 伝統を重んじる義勝は以前から美術品の商品化に積極的な父・勝己和尚に反発していました。事件当日、被害者の黒川裕之が持っていたマグカップを見てしまった義勝は、彼が商品化を断ろうとしていることを知らず、言い争いに。結果、被害者は階段から足を踏み外し、亡くなってしまったのでした。2親子の思いは同じだったというのに…ちょっとした行き違い、心のすれ違いが悲しい事件を引き起こしてしまったのであります…。

 翌日、駿河義勝は勝己和尚と道念和尚に付き添われ、自首しました。ようやく同じ思いで心が通じ合ったその表情は、事件への後悔・悲しみはありつつも、どこかスッキリとしていたようにも思われます。嗚呼、私も副署長と同じ思いでひとつになりたいものです。上へのぼり詰めるまでは我慢して職務規定を遵守するという思いで…副署長!


File.1 2008年07月3日 「なぜ、コンビニ立てこもり犯の手にしていた包丁には、店内の誰も刺していないのに血痕が付着していたのか?」 12.4%

File.2 2008年07月10日 「なぜ、人気漫画家は、殺された叔父の遺骨を
タクシーの中に置き忘れたのか!?」
11.6%

File.3 2008年07月17日 「なぜ、殺された人気コラムニスト胃袋からは
長ネギと九条ネギの2種類が発見されたのか!?」
11.6%

File.4 2008年07月24日 「なぜ、あの近藤警務課長が制服を脱ぎ捨てて
河原町署から飛び出していったのか?」
10.9%

File.5 2008年07月31日 「ストーカーを殺した女は、なぜ1万6800円もする安眠枕を通販で五つも買ったのか?」 12.8%

File.6 2008年08月07日 「なぜ、漂着死体が発見された前日、喫茶店『ビーベリー』のコーヒーカップは温まっていなかったのか?」12.6%

File.7 2008年08月14日 「偽装問題で揺れる大手スーパーの重役は、なぜ、真夏の熱帯夜に凍死したのか?」13.0%

File.8 2008年08月21日 「なぜ、面影寺の跡取り息子が、沢渡神社の石階段の下で死んでいたのか?」8.7%

File.9 2008年08月28日 「ひき逃げ事件を目撃した学童擁護員は、なぜ嘘の証言をしたのか?」12.2%

File.10 2008年09月04日 「ネットカフェの防犯カメラに映った女は、なぜ、香水の残り香とホットケーキを個室の中に残して消えたのか?」

『その男、副署長 File.8 あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

正義の味方 #07 あらすじ

 槇子(山田優)が結婚したというのに、容子(志田未来)は相変わらずこき使われていた。その日も一週間分の食料品や日用品などの買い出しを命じられる。早速容子が買いに行っている間に留守の新居にやって来た里美(山口いづみ)は、冷蔵庫やゴミ袋、部屋の中などをチェックして顔色を変え、克夫(平泉成)に見せようと報告に走る。

その間に買い物を終えてやって来た容子が、食料品の補充やゴミ出し、掃除整頓までしてくれたため、帰宅して里美らと顔を合わせた槇子は、何とか正体がバレずにすむ。だが、里美の槇子を見る目は、一層厳しくなった。

帰宅した槇子に里美は、家事の細かいところを色々指示した上に槇子を良川家の嫁としてみっちり仕込むと宣言する。槇子のイライラはたまる一方だった。

 里美が勝手に新居に入らないようにと直紀(向井理)に頼んだ日の夜、実家に戻った槇子は、容子に買い物の代金を1万円渡した上にお釣りも受け取らなかった。容子は槇子が絶対に何か企んでいると勘ぐる。その翌日、春子(田中好子)の用事で良川家を訪ねた容子は、里美からなんと1万円もの小遣いをもらい、槇子に関する情報の提供を求められる。槇子と里美の双方から味方になるよう迫られた容子は、自分がいつの間にか嫁姑戦争に巻き込まれてしまったと気づくのだった。

 容子が知佳(西内まりや)を不良達から助けたことから口利きしてもらい、犬の散歩のバイトをすることになって程なく、ついに槇子と里美のいさかいが激しさを増していった。新居にやって来た里美が自分好みに部屋を模様替え。帰宅してこれに怒って、全て元通りにする槇子。そんな女の“戦い”がしばらく続いたのだ。そして、ついに槇子は、里美が持ち込んだ物を全てネットオークションで売り払うよう容子に指示し、新居のカギも新しく替えるよう命じたのだった――。

翌日、容子が新居のカギを交換しているところに陸(本郷奏多)が現れ、犬の散歩に一緒に行く事に。急に大雨が降り出し、神社に避難する二人。カミナリに怯える容子の手を取り、やさしく言葉をかける陸。

 日曜日に槇子が昼食を食べに中田家にやってくる。そこで槇子は中田家で二世帯住宅を建てる計画を打ち明ける。そんな中、容子の携帯に里美から電話があり、マンションのカギが換えられていて中へ入れない、槇子と連絡がついたら家の前で待っていると伝えて欲しいと怒っているのだ。槇子に報告すると、一緒に連れて行かれてしまう。マンションでは槇子と里美の嫁・姑バトルの間に挟まれオロオロする容子。

 怒って帰ってきた里美はカギが変えられていた事や、里美がもって行ったクッションなどが無くなっていることなどを克夫(平泉成)に報告するが、取り合ってもらえずに悔しがっていると、直紀の弟・弘志(田島亮)がやってきて、克夫の書いた書がネットオークションに出品されていることを告げる。ますます激怒した里美は克夫と一緒にマンションにやってくる。

ネットオークションに出品した理由を説明しろという二人に、容子は自分が勝手に出品してしまったと言い訳をするが、槇子は「あまりに素晴らしいので、どれだけの価値があるのか、試しに載せてみたのです」と金額を示すと30万まで値段が上がっている。喜んだ克夫は、自分の書がこんなに評価されているなんて、槇子のお陰だと礼を言う。好きな事に打ち込んだ結果であり、好きな事をやるのが一番ですという槇子の言葉に克夫は、浪人中の弘志に受験をやめてカメラマンになる事を許す。

 数日後、中田家に直紀の両親がもっと交流を深めたいと訪れた。そこで話題は二世帯住宅の話に・・・。慌てる容子をよそに、盛り上がってお互い勘違いしながら話しをする両家。しかし、真相を知る容子はここでも、両家の間に挟まれ、苦悩はまだまだ続く・・・。


第1話 2008年7月9日 「強烈姉とトホホ妹の傑作痛快コメディー」13.2%

第2話 2008年7月16日 「姉が恋すりゃ地獄の日々」 10.1%

第3話 2008年7月23日 「悪姉はキワモノがお好き」 8.7%

第4話 2008年7月30日 「プロポーズ大作戦」    9.4%

第5話 2008年8月6日 「結婚追い出し作戦」11.6%

第6話 2008年8月13日 「チキンハートな姉妹たち」 9.1%

第7話 2008年8月20日 「渡る世間は鬼ばっかッ!」7.8%

第8話 2008年8月27日 「喪服を着た悪魔」
10.5%

第9話 2008年9月3日 「湯けむりスッポン姉妹」
10.0%

最終話 2008年9月10日

タグ:正義の味方

『正義の味方 #07 あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴンゾウ 第8話あらすじ

第8話「鍵を握る女」 2008年8月27日(水) 9:00〜9:54pm 

潜入捜査であることが岡林(白井晃)にバレてしまい、ショットガンで殺されそうになった黒木(内野聖陽)。そんな彼を救ったのは、現場に突入してきた佐久間(筒井道隆)だった。岡林は佐久間に撃たれて死亡。捜査本部は岡林が凶器であるイカズチを持っていたこと、鶴(本仮屋ユイカ)の証言どおり右足を引きずっていたこと、さらには犯行当時に着用していたと思われるポンチョやスニーカーなどを持っていたことなどから、岡林をバイオリニストのもなみ(前田亜季)殺害犯人と断定する。

 佐久間の発砲は正当とみなされ、またも難事件を解決したと一躍ヒーローに祭り上げられる。その一方、黒木は杏子(池脇千鶴)を死に追いやった忌まわしい過去を思い出し、さらには岡林にショットガンで狙われた恐怖から逃れられず、再び精神が不安定な状態に陥ってしまう。精神科医の理沙(大塚寧々)は自分がムリに捜査本部に戻したから、と責任を感じてしまう。

 それにしてもなぜ黒木が潜入捜査官であることが岡林にバレていたのか。理沙は黒木を踏み台にのし上がろうとした佐久間の仕業に違いないというが、黒木には佐久間がそこまでするとは思えない。

 自分を助けてくれた礼を言おうと、黒木は休暇中の佐久間を自宅まで訪ねる。が、誰もいないため帰ろうとしたその途中、年老いた母・絹江(有馬稲子)の歩行訓練に付き合う佐久間を見つける。佐久間がふといなくなったスキに他人を装って絹江に近づいた黒木は、佐久間が3年前自分が倒れた時に駆けつけられなかったことを後悔している、と聞かされる。そういえば3年前、母親の具合が悪いから捜査を外して欲しい、と言った佐久間を黒木はいきなり殴りつけたことがあった。その時の母親が…。すべてを悟った黒木はショックに打ちのめされる。

 ますます黒木の心は闇に閉ざされるようになってしまう。ある日、ふと見ると幼いころの杏子が立っている。黒木はその杏子に誘われるように保管庫にあった銃を手にすると、弾を込めてこめかみに向けて引きがねを引く。が、弾は出なかった。杏子がもう少し生きろと言っているのか。そう解釈した黒木は元気を取り戻していく。

 黒木は鶴とともに引き取り手のないニコラス(正名僕蔵)の盗品の整理を。バッグの一つにあったSDカードをPCで再生した黒木と鶴は激しく動揺する。そこには盗撮されたもなみの姿があった。ただ1枚だけ、バスタオルを巻いた30歳前後の女性の写真が。

 黒木と鶴はニコラスから、そのバッグがもなみのバイオリンの横に置いてあったこと、持ち主は若い男だったことを聞き出す。その若い男は岡林ではないという…。

 SDカードにあった30歳前後の女性が日比野が獄中の飯塚(加藤虎ノ介)に頼まれて探している飯塚の姉・早苗(遠野凪子)らしいことがわかった。しかも早苗は、幼いころバイオリンのコンテストでもなみに敗れ2位になっていた。

 犯人は岡林ではなく、もなみを盗撮していた若い男。しかも、行方不明となっている飯塚の姉・早苗が事件と関わりがある…。黒木らは再捜査を、と本庁などに掛け合うが誰も相手にしてくれない。

 若い鶴や日比野を巻き込むわけにはいかない。黒木は一人で事件を調べ直すというと、寺田(綿引勝彦)が現れ手伝うという。そんな寺田に触発されたか、鶴も日比野も黒木と行動を共にするという。

「今の俺には上等すぎるチームだ」

 ルミ子(吉本菜穂子)はゴミ箱から「ヴァイオリニスト殺人事件捜査本部」と書かれた紙を引っ張り出すと柱に貼り付ける。

 今、彼らの心は一つになった。真犯人逮捕へ向けて…。

第1話 2008年7月02日 「ダメ警官登場」 12.5%

第2話 2008年7月09日 「第一容疑者」 10.4%

第3話 2008年7月16日 「目撃者ロダン」 12.0%

第4話 2008年7月23日 「天使の証明」 10.8%

第5話 2008年7月30日 「幻の拳銃」 10.3%

第6話 2008年8月06日 「潜入捜査」 10.9%

第7話 2008年8月13日 「3年前の真実」 6.3%

第8話 2008年8月27日 「鍵を握る女」 12.2%

第9話 2008年9月03日 「真犯人」9.6% 

最終話 2008年9月10日 「夏の終わり」
タグ:ゴンゾウ

『ゴンゾウ 第8話あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学校じゃ教えられない! #06 あらすじ

舞(相田舞)が、正式に部として認可された社交ダンス部初の発表会を、9月の文化祭でやると宣言。
それが創作ダンスだと告げられた部員たちは、口々に文句を言いながらも練習を始める。

そんな中、一樹(中村蒼)と瞳(朝倉あき)は、目も合わさず、よそよそしい雰囲気の叶夢(森崎ウィン)と永璃(仲里依紗)に気付いた。
実は、叶夢は、永璃とラブホテルに入ったものの、“好きなのか”“それともやりたいだけなのか”と質問をされてフリーズし、キスさえしないで出てしまったのだ。

これを知った一樹と瞳は、懸命になだめるが…




予告動画
http://ssl.dai2ntv.jp/cse/Shop?EcLogicName=freeitem.play&itemId=NtvI00020350



1限目 2008年7月15日 美人教師の愛のレッスン@なぜ、ひとりHするの?
9.9%


2限目 2008年7月22日 なぜ、あんな人を好きになるの?
6.1%


3限目 2008年7月29日 デキちゃったらどうするの?
6.9%


4限目 2008年8月5日 なぜ、命は大切なの?
5.4%


5限目 2008年8月12日 なぜキスしたくなるの?
4.7%


6限目 2008年8月19日 好きなの? ヤリたいの?
7.0%

7限目 2008年8月26日 なぜ愛は人を狂わせるの?
5.6%


8限目 2008年9月2日 どうしたら愛は届くの?
7.1%


9限目 2008年9月9日

『学校じゃ教えられない! #06 あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

モンスターペアレント 第8話あらすじ

ここ数ヶ月で弁護士の業績が落ちていた高村樹季(米倉涼子)は城山(草刈正雄)に教育委員会の仕事から手を引くように言われるが返事を保留する。

そんな中、望月道夫(平岡祐太)からタレントとして活躍する太田桃花の母親・祐美(三浦理恵子)の対応を頼まれた。

祐美は学校より仕事の方が大事だと言い、忙しい桃花に宿題を出すなとクレームをつけていた。三浦圭吾(佐々木蔵之介)の「特別扱いはせず個人授業はさせないように」といういつも以上に厳しい口調と、田川龍之介(角野卓造)直々の依頼もあり、学校に向かう樹季と望月。 なんとか説得を試みる樹季だが祐美の意見は変わらない。

すると担任の中川功(佐藤二朗)が個人授業を申し出た。祐美も渋々と納得し樹季たちは教育委員会へ戻るが三浦は猛反対、あまりの剣幕に望月も辟易するほどだった。

自ら中川の元へ出向き「個人授業は絶対にさせない」と強い口調で言い切る三浦だったが、中川は涼しい顔をして去っていく。何も言い返せず、中川の帰っていく後ろ姿を見ながら教員だった頃の不幸な事件が思い出され、いたたまれない三浦。


ある日、樹季は城山から重役ポストへの内示を受けた。明後日の取締役会議で発表することになり喜ぶ樹季は、そろそろ教育委員会の仕事から手を引くタイミングだと田川を訪ねる。
ところが、反対に田川から三浦の悲しい過去を聞かされ、何も言い出せないまま学校へ向かう。

学校では望月が祐美相手に説得をしていたが、相変わらずの堂々めぐり。樹季は、選ばれた人間の桃花だからこそ他の生徒の模範になるように個人授業をせずに祐美と共に頑張るように説得する。樹季の巧みな言葉にのせられ、渋々ながら納得する祐美だが、中川は樹季をにらみ続けていた。


取締役会議当日。間もなく会議が始まろうという時、望月から電話が入った。結局、中川が桃花に個人授業をすることになり、それを知った三浦が飛び出していったというのだ。そのまま弁護士事務所を飛び出し学校へ向かった樹季は、教室へ行こうとする三浦を必死に説得するが三浦は足を止めない。
教室の直前で行かせまいと腕を取る樹季だが、桃花に写真を撮らせて欲しいと言っている中川の声を聞いた三浦は、樹季を振り切り教室へ駆け込んだ。中川につかみかかると樹季の制止の声も聞かず殴り続ける三浦。狂気に満ちた三浦に、樹季は桃花の視線を逸らせることしかできなかった。

やがて学校にやってきた警察に手錠をかけられパトカーで連行される三浦。
樹季は悲痛な思いでパトカーを見送り…

第1話 2008年7月01日 「娘の担任をかえろ」 14.2%

第2話 2008年7月08日 「学級閉鎖しろ」 11.6%

第3話 2008年7月15日 「給食費は払わない」 13.0%

第4話 2008年7月22日 「息子を絶対医者にしろ」13.2%

第5話 2008年7月29日 「カリスマ校長の秘密」 12.2%

第6話 2008年8月05日 「先生の顔を整形しろ」11.2%

第7話 2008年8月12日 「霊感母の恐怖」8.7%

第8話 2008年8月19日 「急転!悲しみの鉄拳」 12.4%

第9話 2008年8月26日 「別離の日」11.6%

第10話 2008年9月2日 「衝撃! 刺された相棒」12.0%

最終話 2008年9月9日 

『モンスターペアレント 第8話あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シバトラ 第7話あらすじ

 柴田竹虎(小池徹平)は、千葉さくら(真矢みき)から、中高生の間で流行している覚せい剤入りキャンディーについての捜査を命じられる。竹虎が、中高生が覚せい剤に手を出していることにピンと来ないと言うと、さくらは竹虎を取調室に連れていく。

 そこでは、新庄徹(宮川大輔)が17歳の生野弥生(大平奈津美)を取り調べていた。竹虎が話しかけると弥生は、自分を殺すつもりなんだろうと、取り乱した様子を見せる。そして、飲めば苦しくない「アレ」を飲みたいからここから出してくれと訴える。そんな弥生にさくらは帰宅を許可、同時に竹虎に尾行を命じる。

 警察を出た弥生が向かったのは、「サティスファクション」というセレクトショップで、店内にはどういうわけか宝生美月(大後寿々花)、藤木小次郎(藤木直人)、白豚(塚地武雅)の姿もあった。そんな中、弥生は店長の宍戸(弓削智久)に「アレ」をくれとせがむが、宍戸に白を切られる。そのうち興奮状態に陥った弥生は、店内に入った竹虎を見るとカッターナイフを向けるが、間もなく揺らめいて床に倒れ込んでしまう。そんなところに、本牧高校の町田リカ(末永遥)が入ってくる。

 リカは、竹虎と美月に「サティスファクション」に出入りしていて店で配られるキャンディーもよく食べているが、キャンディーに覚せい剤が入っているとは知らないと話す。竹虎はリカにキャンディーを店に置かせている人物を知っているかと尋ねるが、リカは何も知らないとその場を去る。

 キャンディーは表層に過ぎず、実はもっと中毒性の強いクスリがあり、それに「サティスファクション」とバックにある“事務所”がからんでいると感じた竹虎は、後日、美月と店にやってくる。すると、宍戸がふたりに声をかけてくる。美月が機転を利かせて話すうち、宍戸はふたりに「ニコニコ芸能プロダクション」という事務所を紹介する。

 その頃、新庄はさくらに竹虎を使い覚せい剤の出所を探らせているだろうと迫るが、またしてもさくらは取り合わない。すると新庄は、「千葉さくら係長 違法捜査疑惑」と書かれた書類を突きつけ、上層部に報告すると揺さぶりをかける。その様子を、鮎川環(南明奈)らがこっそり見ていた。

 竹虎と美月は、芸能事務所を訪ねると迎えた社長の金井(木幡竜)からテレビに出るにはもっと痩せないといけないと言われ、即効性があるというダイエット食品を渡される。また、その事務所にはタレントとしてリカが所属していることもわかる。





 事務所を後にした竹虎と美月は、ダイエット食品に覚せい剤が含まれているだろうと見当をつける。すると、突然、顔を隠した男たちに襲われる。竹虎が応戦していると、小次郎、白豚が助っ人でやってきて、男たちを次々に倒していく。そして、逃げようとしていた男を捕まえ覆面をはがすと、宍戸の顔があらわになる。

 宍戸を警察署に連行し事情聴取すると、芸能事務所から脅されて店でキャンディーを配ったり、事務所にカモになる若者を紹介していたことを自供する。そして、あろうことか、それを指示していたのがリカだとも明かす。

 一方、芸能事務所では金井らが集まり、宍戸が警察に捕まりマズイ状況になったので、すべてをリカに背負わせて殺してしまうという話になる。それを聞いてしまったリカは、こっそりと事務所を後にして、古着店にやってくる。


 留守の竹虎に代わりに応対した美月は、覚せい剤を使っているとほのめかすリカに、怒りをあらわにする。リカはクスリなんていつでも止められると言うと、いらついた態度で店を出ていく。

 その頃、竹虎はリカを探して自宅を訪ねていた。玄関先に出てきた母親は、リカとは関わりたくない、娘が怖いのだと言うと扉を閉めてしまう。

 時間が経ちクスリが切れてきたリカは、ふらついた足取りで街をさまよっていた。そして、そんなリカを捕らえようと、金井は部下に指示を出す。

 同じ頃、竹虎の携帯に本牧高校の楠木裕二(川野直輝)から連絡が入り、リカと会うことになったと告げる。それを聞いた竹虎は、待ち合わせ場所に急行するが、寸でのところで金井の部下たちにリカを連れ去られてしまう。すると竹虎は、声色を変えて金井に電話をし見事、リカの連行場所を聞き出す。





 寂れた廃工場に連れて来られたリカは、体を縛られナイフを突き付けられていた。竹虎はそこへ飛び出すと、ナイフをかざし向かってくる男たちに、太いペン1本で立ち向かう。そんな竹虎を男たちはさげすむが、竹虎は次々と急所を突いて倒すと、リカを救出する。
そして、リカに母親に会ったと話すと、リカは自分は家でモンスターと呼ばれ怖がられていると教える。小学生の頃、脅かすつもりで母親にフォークを突き付けたのをきっかけに、もはや家族は自分の顔も見ないのだと明かす。それを聞いた竹虎は、どんな事情があっても覚せい剤をやっていい理由にはならないと厳しい口調で言う。

 するとそこへ、金井が男たちを連れて現れる。竹虎は美月に携帯メールを打ち居場所を警察に知らせるように指示、脱出の機会をうかがう。しかし、クスリの禁断症状が強くなってきたリカが騒ぎはじめる。そして、竹虎が静めようとするうち、もみ合いになり、リカは隠し持っていたナイフで竹虎の右肩を刺してしまう。さらに、金井たちに見つかり、スタンガンで意識を失わされると、連れ去られてしまう。

 その頃、どこかの倉庫では、小次郎、白豚、そして宇崎亨(聡太郎)が、へルタースケルターの副ヘッド・五十嵐(出口哲也)らに襲われ倒れていた。


 また、竹虎からのメールを受け廃工場に来ていた美月は、竹虎とリカが運び出されるのを物陰から見ていた。そんなとき、誰かに腕を掴まれる。恐る恐る見ると、それは落合建夫(橋爪遼)だった。


第1話 2008年7月8日 「童顔刑事(秘)潜入捜査せよ」

第2話 2008年7月15日 「約束・・・君のために僕は飛ぶ」

第3話 2008年7月22日 「裏切り僕は貴方を許さない!」

第4話 2008年7月29日「完結編 君が鬼神なんだね」 

第5話 2008年8月5日 「萌え〜メイド喫茶に(秘)潜入」  

第6話 2008年8月12日「復讐…涙あふれる最終対決」

第7話 2008年8月19日「悪魔の誘惑…必ず君を救う」

第8話 2008年8月26日 「勇気…予測不能の脱出!」

第9話 2008年9月02日 「刑務所潜入…驚愕の計画!」

第10話 2008年9月09日 「脱獄!チーム最大の危機!」

最終話 2008年9月16日「希望僕たちの未来へ…」

SP 2009年5月9日 「あの童顔刑事が帰ってくる完全新作!連続爆破とバスジャック同時発生“僕は絶対君を守る”タイムリミットまで爆破回避できるのか」
タグ:シバトラ

『シバトラ 第7話あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太陽と海の教室 EPISODE-5 あらすじ


湘南学館、櫻井朔太郎(織田裕二)が担任する3年1組の優等生、澤水羽菜(谷村美月)と楠木大和(冨浦智嗣)が恋に落ちた。

これまで受験勉強一筋、恋など邪魔だと思っていた羽菜と大和。しかし、仲良く2人で勉強しているうちに、いつの間にかお互いを意識していたのだ。2人がその想いを通わせたのは放課後の図書館。羽菜と大和の告白は、ほぼ同時にキスから始まる。だが、心を通わせたと同時に、微妙なすれ違いも始まった。自分の心に一段落つけたとクールな大和に対し、羽菜は恋のスタートで受験勉強に感じていた疑問が一気に膨れ上がっていく。

次の日、羽菜は根岸洋貴(岡田将生)や白崎凛久(北乃きい)に大和との関係を嬉しそうに話す。冷やかしながらも、2人を祝福する仲間たちだが、大和はいたって冷静。今は勉強が一番大事だとキッパリ語る大和に、羽菜は戸惑う。その羽菜を、榎戸若葉(北川景子)が呼びに来た。先日行われた神奈川県の模試でトップテンに入った羽菜は、神谷龍之介理事長(小日向文世)の指名で全校集会のスピーチをさせられることに。スピーチ用の原稿は、柴草修平(八嶋智人)から渡された。

その頃、櫻井は船木真由(前田敦子)の“UFOの前線基地”探しに付き合っていた。長谷部杏花校長(戸田恵子)から羽菜の件を聞いた櫻井は、体育館へと急ぐ。体育館では、まさに羽菜がスピーチを始めようとしていた。すると羽菜は渡された原稿を読まず、勉強への疑問を問い始める。教師陣の制止も無視して、疑問をぶつける羽菜。異変に気づいた洋貴たちも、羽菜を止めるよう櫻井に頼む。だが、櫻井は生徒たちに羽菜の話を聞けと落ち着いていた。さらに、櫻井はついに壇上から強制的に降ろされる羽菜にただ一人で大拍手を送る。

この日から、羽菜は櫻井と杏花の擁護とは裏腹に、神谷たちから異端視扱いされてしまう。それでも、羽菜は清々した様子。逆に、羽菜は大和との恋を進めようとする。だが、大和には羽菜の一連の行為が理解出来なかった。櫻井は神谷から羽菜を再び勉強に向かわせなければ、退学させると言い渡される。また、羽菜の両親は娘が心に異常を来たしてしまったと心配して、転校させると言い出す。

羽菜と大和の恋は、完璧に食い違ってしまった。学校も勉強も止めようとする羽菜だが、大和は大学を無事に卒業してからの恋を想像していたのだ。そんな2人を再び結びつけたのは、羽菜のお守り。大和との出会いを大切に封じていたお守りが、2人の想いを通わせる。だが、羽菜が勉強を止めようとしていることに変わりは無い。

櫻井は、そんな羽菜と大和、そして洋貴や凛久たちを集めてテストを行う。櫻井自身も彼らと一緒にテストを受けるのだが、成績はなんと最下位。その時、櫻井は生徒たちに、羽菜の指摘どおり、今やっている勉強は将来何の役にも立たないとキッパリ。だが、無駄だと思うものの中に、宝物があるはずだと告げる。勉強とは、そんな宝探しの旅だと言う櫻井に羽菜もようやく納得した。

そんな中、湘南学館にはある異変が起きようとしていた。若葉は、柴草から現在の3年生が必要とされているカリキュラムをこなしていないことを教えられる。若葉は、不安に襲われてしまう。

羽菜は、大和とともに勉強を続け、模試も受けると教室に戻った。ようやく落ち着きを取り戻した3年1組で、櫻井が授業を行っていると、船木真由が突然立ち上がり、地球最後の日がやって来ると叫んで…。


Episode.1 「2008年7月21日 初回90分拡大スペシャル
地球一熱い教師が海からやってキターッ!!」
20.5%

Episode.2 2008年7月28日 「地球一熱い教師VS恋を金で売る女生徒!
本気で好きなら胸を張って馬鹿になれ!!」
14.4%

Episode.3 2008年8月4日 「死なないで、お兄ちゃん…まさかの船上大手術!
海の上で初めて明かされる熱血教師の過去」
12.7%


Episode.4 2008年8月11日 「崖の上のショパン」 10.7%

Episode.5 2008年8月18日 「優等生の反乱…明かされた秘密」14.7%

Episode.6 2008年8月25日 「友達のSOSが聞こえますか?」 14.0%

Episode.7 2008年9月1日 「友達の死…先生ごめんなさい」14.1%

Episode.8 2008年9月8日

Episode.9 2008年9月15日 「さよなら」14.5%

Episode.10 最終話 2008年9月22日 「最後の授業…涙のラストメッセージ」 15.6%

『太陽と海の教室 EPISODE-5 あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

あんどーなつ 第7話あらすじ

ある日、満月堂に元売れっ子芸者・あや乃(遠山景織子)が訪ねてきた。気丈に振舞うあや乃だが、実は離婚して5歳の娘を独りで育てており、浅草の花柳界に復帰したいと願って10年ぶりに浅草へ戻ってきたのだった。

それを聞いて気の毒に思った光子(風吹ジュン)は、かつてあや乃の面倒をみていたたつ家の女将・辰子(佐々木すみ江)との仲を取り持とうと考えるが、辰子は頑としてあや乃の芸者復帰を認めようとしない。

そんな折、同い年の芸者見習い・麻衣子(水橋貴己)と仲良くなった安藤奈津(貫地谷しほり)は、たつ家に遊びに行くことに。素敵な柄のかんざしや扇子、着物などを見せてもらった奈津は大感激。和菓子作りに役立てようとデッサンを始める。

さらに、勧められるがままに部屋にあった着物に奈津が袖を通していると、そこに辰子が帰ってきて・・・。



第一話 2008年7月07日 「お菓子な出逢い」

第二話 2008年7月14日 「破門!?最初の試練」

第三話 2008年7月21日 「花火大会の夜、涙と奇跡の和菓子が生まれる…」

第四話 2008年7月28日 「土用丑の日ウナギ騒動!」

第五話 2008年8月04日 「出たあ! 浅草幽霊大騒ぎ 竹村謙太郎」

第六話 2008年8月11日「実家を乗っ取られた兄!」

第七話 2008年8月18日 「浅草芸者の心意気」

第八話 2008年8月25日 「しょっぱい帰郷」

第九話 2008年9月1日 「女将さんがお見合いっ!?」

第十話 2008年9月08日 「父と息子…涙のオムレツ」

第十一話 2008年9月15日 京都から来た男

最終話 2008年9月22日 「のれんを懸けた決勝戦」

『あんどーなつ 第7話あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

打撃天使ルリ 第四撃あらすじ

ルリ(菊川怜)が働いているコールセンターの顧客データが何者かによって盗まれるという事件が起きる。さらになんと社長のもとにデータ流出をほのめかす脅迫電話がかかってきたらしい。ルリがフロアに落ちていた携帯ストラップを拾うと、右の拳に震えが走った。このストラップの持ち主が犯人なのだろうか。

 落ちていたストラップはルリの後輩・礼奈(木内晶子)のものだった。彼女を心配したルリはどうにか話を聞こうとする。
「時には誰かの前で泣くことも強さだと思います。一人で抱え込まないで……何かあるなら言って下さい」
だが、礼奈は頑な態度でそれを拒む。実は礼奈は取引先の会社経営者・国井(大沢樹生)と交際しており、彼に頼まれて仕方なくデータを盗み出そうとしていたのだ。

 その一方でなんと国井は別の女子社員・洋子ともつき合っていた。顧客データは洋子が盗んだのだった。礼奈は国井の部屋で洋子のものと思われる腕時計を見つけ、言葉を失う。同僚の由香里(永池南津子)によれば、洋子とは最近、急に連絡が取れなくなったという。もしかして国井が洋子を……。

 健一郎からの連絡によって国井の悪意に満ちた正体を知り、町外れの教会に駆けつけたルリ。そこにはロープで縛られた礼奈が。「俺がおまえみたいなバカ女と結婚するわけねーだろ」悪魔のような形相で礼奈を罵り、容赦なく殴りつける国井に、ルリの怒りが爆発する。
「触るな、外道……あんたの人権など、認めない。許せない奴が、多すぎる」

「だしゃぁぁぁ!」

襲いかかる国井に渾身の一撃を叩き込むるルリ。その後ろ姿はそう、まるで……。「天使……みたいですね……ルリ先輩って……」礼奈の言葉を背に、黙ってその場を立ち去るルリだった……。




第壱撃 2008年7月25日 「拳よ、おこれ」 10.0%

第弐撃 2008年8月1日 「震えの代償」 7.4%

第参撃 2008年8月8日 「目覚めれば、月」  5.3%

第四撃 2008年8月15日 「汚れた裸婦画… 史上最悪の敵!!」 5.5%

第五撃 2008年8月22日 「時に、正義は」 7.2%

第六撃 2008年8月29日 「唯、その真実と死」7.5%

最終撃 2008年9月5日 「ヒトと愛しか無い世界」

『打撃天使ルリ 第四撃あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魔王 第7話あらすじ

成瀬領(大野智)は、本当は真中友雄であるという“領の正体”を突き止めた池畑(六平直政)を倉庫で転落死させた。大胆にも死に際に立会い、秘密を録音したボイスレコーダーを回収し、危機を脱した領。駆けつけた芹沢直人(生田斗真)は、池畑に懸命な心臓マッサージを施すが、時はすでに遅かった・・・。

池畑のポケットから、赤い封筒と自分に送られたのと同じ「ソードのエース」のタロットカードを見つけ、
「また、俺のせいで・・・」と、三人目の被害者が出てしまったことに、落ち込む直人。直人の脳裏には、"雨野真実"が父・栄作(石坂浩二)を操って池畑を殺させたのでは?という疑念が拭い去れない。
その頃、栄作は池畑の対処を託した大隈(嶋田久作)からの連絡を待っていた。
そこに、直人が飛び込んで来て衝撃の事実を伝える。
「…池畑が死にました。取引すると呼び出して、襲わせたんじゃ?」
愕然とする栄作。金でカタをつけたハズの池畑がなぜ死んだのか?・・・
「父さんに、捜査が及ぶかもしれません・・・」苦悩を滲ませて伝える直人。
「・・・私を逮捕する気か?」と、直人に迫る栄作。

一方、捜査本部は、池畑の死は、外傷も目撃証言もないことから、“事故死”と処理せざるをえないという判断を下そうとしていた。雨野の正体は掴めておらず、証拠もタロットカードのみという現状では、そうするしかなかったのだ。

「雨野を見逃すって言うんですか!?これじゃ雨野の思う壺です!」
本部の方針に納得出来ない直人。
雨野を捕まえる為に、雨野に操られていたのではと疑う栄作に、
「本当の事を話して下さい!」と迫る。
そこに現れたのは、領。顧問弁護士として証言を拒む領に、直人は部外者は黙っていて欲しいとつっぱねるが、栄作は部外者は直人だと領を庇う。傷つく直人。
「…自分の父親も信じられんのか」と言う栄作に、直人は遂に、
「もう、父でも子でもありません」と親子の縁を切り、出ていってしまう・・・。
魔王=領の策略が、親子の絆を引き裂いた瞬間だった。

自分で証拠を掴むしかないと池畑のアパートを調べる直人。しかし、室内は荒らされ、何らかの証拠が隠滅されていた。
「やっぱり池畑は雨野の正体を突き止めていたんだ・・・」
その時、直人の思いに共感し、捜査を続けていた倉田(東根作寿英)が、池畑が殺された倉庫の近くで宅配便の伝票を見つける。
差出人は、池畑。そして、その宛名は、「成瀬真紀子」。中身は、「CD−R」だ。

真紀子に送られたCD−Rの中身。それは、池畑が資材置き場の人間から聞きだした領の正体が英雄の兄・友雄だという秘密を録音したものだった・・・。録音された真実を聞き、衝撃を受ける真紀子。姉・真紀子を訪ねて来た領は、いつもとは違う真紀子の様子に違和感を覚える領。そこへ、直人が訪ねてくる。
「池畑という記者から、CD−Rは届きませんでしたか?」
領はまさかの展開に、激しく動揺し、真紀子を見る。真紀子は真実を知ったのか?自分の正体を警察に明らかにするのか?
「届きました・・・」
領は真紀子のその言葉に、復讐計画が崩壊したと確信する。真紀子に送られてきたというCDを直人が再生する。全ての真実が明らかになってしまう事を覚悟し、観念した領。しかし、…デッキから流れてきたのは、なんと音楽だった――!!真紀子は領を庇ったのだった。

二人きりになると、真紀子は領に静かに話し始める。助かる見込みがない病気を患い、生きていて良かったなんて思ったことは一度もなかった。
「でも、私にはあなたがいてくれた。あなたが、私の希望だった」と語る。
真紀子は、誰かが領と入れ替わった事に気付いていたが、領が本当の姉として気遣い、精一杯「領」でいてくれようとした領をいつしか本当の弟のように感じていたという。真紀子の気持ちを知り、涙が溢れ出て止まらない領。最後に真紀子は、領に言う。
「私はあなたを信じてる…亡くなった領が信じたように。お誕生日おめでとう…領」
溢れ出る涙を流しながらも、領は答える。
「ありがとう…姉さん」これが10年に及んだ姉弟の最後の会話となった・・・。

典良(劇団ひとり)が妻・麻里(吉瀬美智子)と食事をしている所へ、宗田(忍成修吾)がやってくる。宗田に葛西(田中圭)との不倫の関係を知られてしまった麻里は、典良に送るよう言われて来た葛西に、別れ話を切り出す。全てを捨てて麻里と生きていってもいいと話す葛西に「私は…そんなつもりないから」と足早に去っていってしまう。

突然の事に呆然と立ち尽くす葛西だったが、次第に宗田への怒りが込み上げる。自分の元に麻里と抱き合っている写真を送ってきたのが宗田だと思っているのだ。葛西の不倫を掴んだ宗田は、秘密をバラされたくなければ、ホテルの支配人として雇ってくれれと言う。無理な注文を言う宗田に葛西は激怒。馬乗りになって宗田を押さえつけ「今度彼女に近づいたら殺すぞ」と、麻里との関係を壊した友人を心底恨み、怒りをぶつけるのだった…。まさか、典良の元にも赤い封筒が届き、葛西と麻里の密会写真が送られてきていたことは誰も知る由がなかった・・・。

直人は、中西(三宅裕二)らとこれまでの捜査資料を前に、池畑が掴んでいた真犯人について考え込んでいた。その時、ふと池畑の言葉を思い出す。
「死んだ奴が相手じゃ捕まえらんねえわな」
この言葉から、直人は真中友雄がまだ生きているのではという疑念が生まれる。

領は、復讐の為とはいえ、大切な人を欺いてまで、なぜ生きているのかという苦しみの中にいた。そんな領に、もしかして復讐を迷っているのかと問い質す山野。

事務所へ戻ると、事務長の堂島(松澤一之)らと一緒にしおり(小林涼子)が待っていた。今日が領の誕生日だということで、みんなでお祝いをするために集まってくれたのだ。領という偽者を心から祝ってくれる仲間たち。そして、空(大野百花)が描いた自分の絵を見たとき、罪悪感で一杯になる。苦悩の表情を浮かべる領を心配したしおりは、思わず言う。

「何を悩んでいるのか分かりませんけど、力になれることがあれば言ってください。私じゃ、成瀬さんの天使になれませんか?」
しおりの優しさと健気さに心打たれた領は、思わず気持ちが溢れ出し、
突然しおりを抱き寄せた――!!そして、しおりを抱きしめながら声を殺して泣くのだった…。

復讐に迷い始めた領は・・・?!

しおりの淡い恋心は領に届くのか・・・?!

直人は雨野の正体に辿り着くのか・・・?!




第1話 2008年7月4日 愛を捨てた復讐鬼―哀しき魔王 14.0% 15分拡大

第2話 2008年7月11日 裏切りの罠…引き裂かれた親子!! 12.6% 5分繰り下げ

第3話 2008年7月18日 暴かれる素顔 愛とひきかえの復讐 9.2%

第4話 2008年7月25日 狙われた魔王 地獄の門は開かれた 10.1%

第5話 2008年8月1日 殺人予告・・・!? 魔王に届く赤い封筒 10.9% 30分繰り下げ

第6話 2008年8月8日 教えてやるよ…真犯人の正体を!!  7.6%

第7話 2008年8月15日 偽りの姉弟…優しい嘘が死を招く 12.1%

第8話 2008年8月22日 許されぬ愛の終わり…復讐、再び 11.5%

第9話 2008年8月29日 真犯人は俺だ 知りすぎた男の悲劇 11.5%

第10話 2008年9月5日 一族の崩壊…死のラストカード!!

第11話(最終回) 2008年9月12日 最後の対決死が絆を引き裂く!!
タグ:魔王

『魔王 第7話あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロト6で3億2千万円当てた男 #7 あらすじ

 あの黒服2人組に、全額寄付すると申し出て、彼らのクルマに乗った悟(反町隆史)だったが、健太(澁谷武尊)がケガをしたというメールをもらい、急遽、クルマを降りて病院に向かう。軽いケガで済んだことを知って、安心する悟。健太の存在の大切さを実感し、お金を減らさずに息子のために残してやることこそが大事だと思いつく。

 そんな矢先、悟の母・道代(加賀まりこ)が突然、訪ねてきた。水商売をやっていてだらしない性格の母に反感を抱いている悟は、当せん金のことを秘密にしようとする。ところが、悟の態度を怪しんだ道代は、彼が寝ている間に、こっそり通帳をのぞき見た。悟が大金を持っているのを知った道代は友人を誘い、悟の金で豪遊してしまう!

 一方、グローバル電機から契約を打ち切られ、業績の振るわないあすなろ広告社では、悟のリストラの話が出ていた。それを感じ取った悟は、吉村(西村雅彦)からの勧めもあって、健太に誇れる仕事をしようと会社を興そうと考えていた。だが、悟を心配する掛井(豊原功補)は、吉村が金を借りた負い目を挽回しようとあせっていると指摘。今の仕事のままでも、プライドを持って働けばいいのだと励ました。

 迷う悟に、今度は母・道代がレストランの経営をしないかと持ちかけてきた。2億5千万円で店を買い取って社長になれと言われ、まんざらでもない様子の悟。黒服男が再び寄付を募りに来たが、道代の剣幕にタジタジとなって引き下がった。

 母の申し出を受け、会社を退職しようと決意した悟だったが、あすなろ広告社に新しい仕事が舞い込んだおかげで、リストラ話は立ち消えに。

 会社を辞めて一歩踏み出すべきかどうか再び迷っていた悟は、真弓(眞鍋かをり)をレストランに呼んで相談する。「立花さんが本当にやりたいって思うなら私はせいいっぱい応援します」と真弓が言ったところに、道代が現れた。綾乃(小沢真珠)から真弓に気をつけろと吹き込まれた道代は、真弓が金目当てだと非難する。悟は真弓をかばって道代に怒りをぶつけ、レストランから追い払った。しかし、母が持ってきた改装プランに、自分への思いやりが込められていたことを知った悟は、道代を追いかけて店を飛び出す。

 その頃、道代は体に不調を感じ、道端にうずくまっていた……


第1話 2008年7月4日 「衝撃の実話…100万人が見た貧乏男の逆転人生!!」 12.4%

第2話 2008年7月11日 「セレブ女とNo.1ホステスの罠」 6.8%

第3話 2008年7月18日 「資産100倍にする奇跡の女!!」 6.0%

第4話 2008年7月25日 「金か愛か…3億賭けた結婚!?」 4.7%

第5話 2008年8月1日 「復讐編…一文無しVSセレブ女」8.0%

第6話 2008年8月8日 「逆転人生、花火の夜・・復讐開始」4.6%

第7話 2008年8月15日 「母vs元妻3億円争奪の修羅場」5.1%

第8話 2008年8月22日 「母の涙・・・別れの25年預金通帳!!」5.2% 

第9話 2008年8月29日 「最終章!負け組ついに逆転」

第10話(最終回) 2008年9月5日

『ロト6で3億2千万円当てた男 #7 あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

コード・ブルー #007 あらすじ

 藍沢(山下智久)は、大腿骨を骨折して翔陽大学附属北部病院の救命救急センターに運び込まれた祖母・絹江(島かおり)のことで心を痛めていた。絹江は、ケガのショックが原因で認知症になり、藍沢の顔すら覚えていなかったのだ。絹江は、個室に入院していた。その前を通りかかった藍沢は、藤川(浅利陽介)に食事の世話をしてもらっている絹江のことを気にしつつも、いつもと同じように淡々とした表情で職務をこなす。黒田(柳葉敏郎)は、そんな藍沢に、人工血管による頚動脈の血行再建手術に加わるよう指示する。藍沢は、その手術に強い興味を示していた。

 一方、白石(新垣結衣)は、森本(勝村政信)や冴島(比嘉愛未)らとともに、突然の嘔吐と腹痛を訴えて成田空港から搬送されてきた大柄な女性の処置をする。だが、実はその女性は、バンコクで性転換手術を受けてきたという大山恒夫(古本新乃輔)という38歳の男だった。大山は、手術の後、絶食する必要があったにも関わらず機内食を食べてしまい、腸閉塞を起こしたのだ。

  大山の処置を終えた白石は、電動車椅子に乗った田沢悟史(平山広行)と、その母親・俊子(大塚良重)に声をかけられる。ふたりは、冴島を訪ねてきたのだという。白石は、悟史たちにロビーで待つよう言うと、冴島のもとへと向った。だが、悟史たちが来ていることを知った冴島は、何故か動揺したようすで…。

 そんな折、ドクターヘリの出動要請が入る。千葉中央裁判所で、男性が公判中に嘔吐し、胸痛を訴えているのだという。森本とともにドクターヘリで現場に向かった緋山(戸田恵梨香)は、ランデブーポイントにやってきた救急車から、患者とともにスーツ姿の三井(りょう)が現れたことに驚く。その患者とは、三井を医療ミスで訴えていた真壁(阿南健治)だった。真壁は、三井の本人尋問が終わった直後に倒れたらしい。三井によれば、真壁はブールハーベ症候群の可能性があるという。森本たちは、ただちに真壁を救命救急センターに搬送する。
 
 俊子と悟史は、「難病患者を支える家族の会」に出席するために翔北病院を訪れていた。冴島は、ふたりの姿を確認したものの、何故か逡巡し、踵を返す。エレベーターの中で冴島とすれ違った藍沢は、彼女のようすがどこかおかしいことに気づいていた。

 真壁は、突発性食道破裂を起こしていた。三井がいなかったら命に関わる危険もあったのだ。緋山からそれを聞かされた真壁は、安堵の気持ちと憎んでいた相手に命を助けられた情けなさから、突然ポロポロと泣き出してしまう。


 そのころ三井は、田所(児玉清)の部屋にいた。三井は、弁護士の相馬(隈部洋平)や事務長の春日部(田窪一世)から、裁判での発言について責められていた。三井は、本人尋問の際に、自分が悪かった、と発言したのだ。春日部たちは、これで裁判が振り出しに戻ってしまった、と怒りを顕わにした。

 白石と緋山がカフェで休憩していると、そこに藤川がやってきて、冴島の噂話を始める。少し離れた席でその会話を聞いていた藍沢は、他に話すことはないのか、と藤川たちを非難した。

 三井は、真壁の病室を訪れた。そこで真壁は、何故裁判で急に謝ったのか、と三井に問いかけた。すると三井は、事件が起きた日…9月14日のことを話し始めた。実は、そのちょうど1年前、三井も、難産の末、子どもを出産していた。胎児を諦めて母体を優先しなかったのは、赤ちゃんを助けてほしい、と三井に訴えた真壁の妻に、1年前の自分の姿を重ね合わせたからだった。
「あの晩、私は医者であることを忘れ、ひとりの女として感情で治療方針を決め、結果、ふたつの命を失いました…」三井は、涙を流しながらそう告白すると、改めて真壁に謝罪した。

 大山の容体が急変した。大山は、絶食しなければならないのに今度はケーキを食べてしまったのだ。白石からその知らせを受けた三井は、大山のオペを行った。黒田と森本が別のオペ中だったため、田所も三井をフォローした。

 大山は、幸い、大事には至らなかった。田所は、オペを終えた三井を呼びとめると、離島で診療所をやっていたときのことを話し始めた。田所は、大学病院での張り詰めた日々から逃げてその島に行ったのだという。しかし、村人たちからは感謝され、例え失敗しても言い訳ができるような環境は楽だった、と続けた。
「私がやったことは、決して島の人のためじゃない。自分のためです。結局、偽善だった」田所は、それでも来てくれてよかったという人がいてくれたのだから意味はあったのだと思う、と言うと、あなたに会えてよかったと思っている患者は必ずいる、と三井を励ました。

 そんな最中、悟史が庭にある階段の下に倒れているところを発見される。悟史は頭を打っているようだった。冴島は、悟史が難病のALSを患っていること、そして半年前に自殺を図っていることを黒田に伝えた。俊子が目を離した際の出来事だった。頭部のケガを縫った悟史は、念のため入院することになった。

 大山は、恋人に振られたことを白石に告白した。性転換手術をした途端、恋人に振られてしまうケースはよくあるのだという。白石は、それなら何故手術をしたのか、と問いかけた。すると大山は、自分の相手だけは違うと信じるのが恋だ、と返した。

 あくる日、藤川は、絹江が今朝も食事を取らなかった、と藍沢に伝える。その際、藤川は、もう少し絹江についてやってもいいのではないか、と藍沢に意見した。すると藍沢は、家族を犠牲にしても働くのが自分たちの仕事だ、と返して立ち去ろうとした。藤川は、そんな藍沢の態度に怒り、自分を正当化しているだけだ、と言い放つ。が、振り返った藍沢にびびってしまった藤川は、それ以上、何もいえなかった。

 病室に向った藍沢は、看護師の村田(金田美香)に代わって骨折患者の相手をする。となりのブースでは、冴島が悟史のケアをしていた。悟史は、迷惑をかけてしまったことを冴島に詫びた。すると冴島は、悪いのは自分の方だ、と言い出す。冴島は、仕事の合間に悟史に会いに行くことが苦痛だったが、別れを切り出す勇気もなかったのだという。俊子のように、24時間を悟史のために使うことはできない、というのだ。悟史は、そんな冴島に、このまま死んで何もなかったようにされるのが怖い、と告白した。だから、例え冴島に憎まれても、もう一度会って、自分の生きた証を残しておきたかったのだという。冴島は涙をこらえていた。

 ほどなく悟史は、退院することになった。白石と藤川は、悟史を玄関まで見送った。悟史は、最後まで冴島のことを心配していた。

 その日、ヘリ担当だった藍沢は、要請を受けて三井、冴島とともにドクターヘリで出動し、ミッションをやり遂げる。緋山は、戻ってきた藍沢に、「私たち、誰のために医者をやっているのかな…」と問いかけた。


 ヘリポートでは、スタンバイ時間を終えたドクターヘリに、梶(寺島進)がシートをかぶせようとしていた。そこに冴島が現れ、装備の補充をやらせてほしい、と願い出る。何か事情があるらしいことを察した梶は、冴島を残して去っていく。

 そして、ヘリの中に聴診器を忘れた藍沢がそれを取りにくる。冴島は、悟史の件で迷惑をかけたことを謝ると、恋人の命から逃げ出したような自分がヘリに乗ってもいいのだろうか、と藍沢に問いかける。「俺も自分が一番大事だよ」藍沢は、そう返すと、絹江の面倒を見るよりも、自分の腕を磨きたい、と続けた。時々何が一番大事なのかわからなくなるがそれでもヘリに乗る、という藍沢の言葉を聞いて、涙が溢れてくる冴島。藍沢は、そんな冴島を思いやって、ヘリのドアを閉めて去っていく。

 藍沢は、絹江に食事をさせようとしていた藤川に、今日は自分が代わる、と告げる。しかし絹江は、箸を放り投げ手で食べ始めた。藍沢は、ベッドの横に座ると、同じように手で食べ始めた。絹江は、一瞬手を止め、藍沢に笑顔を見せた。「あなたはお医者さん? うちの孫と一緒ね」藍沢は、そんな絹江に悲しく微笑みながら一緒に食事を続け…。




第1話 2008年7月03日 「決断」   21.2%

第2話 2008年7月10日 「責務」   16.0%

第3話 2008年7月17日 「急変」    16.0%

第4話 2008年7月24日 「母の愛」  13.2%

第5話 2008年7月31日 「過去」    15.7%

第6話 2008年8月07日 「無償の愛」

第7話 2008年8月14日 「告白」 10.8%

第8話 2008年8月21日 「決断」 13.4%

第9話 2008年8月28日 「壊れた絆」 15.8%

第10話 2008年9月4日 「揺れる心」14.9% 

第11話(最終話)2008年9月11日


『コード・ブルー #007 あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四つの嘘 第六話あらすじ

 灰谷ネリ(高島礼子)と英児(勝地涼)が裸で抱き合っているところを目撃した原詩文(永作博美)は、目が合ったネリに微笑を残し、なぜかケラケラと笑いながら帰宅する。そこへ、西尾満希子(寺島しのぶ)から「相談したいことがある」との電話がかかってきた。男のことだとすぐに察する詩文。満希子は夫の武(渡辺いっけい)が来たため、詳細は改めてと慌しく電話を切る。「勝手な女…」と呆れつつ、電車の中で目撃した満希子と若い男の姿を思い浮かべ、またしても意味深な笑いを浮かべるのだった。

 翌日の夕方、詩文は満希子の了解を得ず、いきなり西尾仏具店を訪れる。ちょうど大森(崎本大海)も来ており、家で相談事など話せないと慌てる満希子。だが、そんな満希子の様子を楽しむかのように、詩文は武、明、大森の男3人とたちまち仲良くなってしまう。ささやかな幸せが詩文に壊されてしまうのではないか?と動揺する満希子を横目に、詩文は突然、西尾仏具店で自分を雇ってもらえないかと切り出す。「この女はダメー!」と、叫びたいが叫べない満希子のもどかしさをよそに、武はすんなり了承し、詩文は週末だけ働くことに。

 詩文が帰宅すると、家には娘の冬子(松山愛里)が帰ってきていた。良子(野際陽子)との生活に飽きたという冬子を、詩文は「大人をナメるのはよしなさい」と厳しくたしなめる。想像と違う詩文の対応に、「来なければよかった」と不機嫌に帰っていく冬子。

 一方の満希子は、よりによってなぜ詩文を雇うのかと泣き出す始末。「怖いな〜、女友達って」と、逃げるよりない武。その後もしばらく涙の止まらない満希子だったが、そこに大森からの連絡が入る。

 翌日、ネリが詩文堂までやってくる。先日のことはなかったかのように老護施設の件を報告するネリ。だが、詩文は「英児、よかった?」と単刀直入に尋ねる。しばしの沈黙の後、ネリは戸惑いながら事の成り行きを話し始めるが、詩文はさっぱりしたもので、「ネリと英児はいいカップルね」と微笑んでみせる。自分と英児は奪い合うだけだったが、ネリと英児は埋め合っているという詩文に、「まだ半分治療している気分だけど」と幸せそうな顔で答えるネリ。

その日、満希子は大森に誘われ二度目のデートへと出かける。高級そうなレストランにいざなわれ、二人きりの食事にお酒も入り、とろけそうな満希子。

 同じ頃、詩文は澤田(石黒賢)から交際を申し込まれ、ネリは、外国へ行ってでもボクサー復帰を目指そうとする英児を、必死に引きとめていた。そして、デートを満喫する満希子はついに大森と唇を重ね、さらに、詩文が働くラブホテルへと向かう。

 モニターに映る二人の姿に詩文が驚いていると、満希子がひとり逃げていく姿が映し出される。思わず笑い出す詩文。当の満希子は、大森が追いかけてこないことに気落ちしながらも帰宅し、すでに就寝中の武に謝ると「愛してるわ」とつぶやく。だが、その直後、満希子の携帯に武から愛人宛てと思われるメールが届く。武はまだ寝ていなかったのだ。衝撃を受ける満希子。

 翌日、院長に呼び出されたネリは、中傷メールが届いていることを知らされ、行動に気をつけるよう、注意を受ける。その頃、詩文は西尾仏具店でアルバイトをしていた。夕方、いそいそと出かける武の後を追うように、帽子とサングラスで変装した満希子が店を出ていく。そのバッグの中には、包丁が入っており、店に電話をかけた満希子は、詩文に武を殺すと宣言。いますぐ来るようにと告げる。

 詩文が言われた場所に到着すると、武と浮気相手の女・君子(星野真里)が寿司屋から出てくる。詩文はバックの中の包丁を取り出そうとする満希子をたしなめ、さらに武たちの後をつけることに。君子のマンションに入っていくふたりを確認した詩文は、躊躇する満希子を横目がひとり逃げていく姿が映し出される。思わず笑い出す詩文。当の満希子は、大森が追いかけてこないことに気落ちしながらも帰宅し、すでに就寝中の武に謝ると「愛してるわ」とつぶやく。だが、その直後、満希子の携帯に武から愛人宛てと思われるメールが届く。武はまだ寝ていなかったのだ。衝撃を受ける満希子。

 翌日、院長に呼び出されたネリは、中傷メールが届いていることを知らされ、行動に気をつけるよう、注意を受ける。その頃、詩文は西尾仏具店でアルバイトをしていた。夕方、いそいそと出かける武の後を追うように、帽子とサングラスで変装した満希子が店を出ていく。そのバッグの中には、包丁が入っており、店に電話をかけた満希子は、詩文に武を殺すと宣言。いますぐ来るようにと告げる。

 詩文が言われた場所に到着すると、武と浮気相手の女・君子(星野真里)が寿司屋から出てくる。詩文はバックの中の包丁を取り出そうとする満希子をたしなめ、さらに武たちの後をつけることに。君子のマンションに入っていくふたりを確認した詩文は、躊躇する満希子を横目に、平然とチャイムを押し、ドアを叩きながら「火事なんです、助けて〜!」と叫び出す。

 すると、ズボンだけ脱いだ武が飛び出してくる。武の姿にショック受ける満希子。そんな満希子に「刺さないの?」とつぶやく詩文で……。




第1話 2008年7月10日 「41歳?隣の女には負けられない!!」 11.8%

第2話 2008年7月17日 「41歳…命をかけた不倫の恋」 10.6%

第3話 2008年7月24日 「41歳…建前と本音」 8.3%

第4話 2008年7月31日 「女41歳おひとりさまの真実」 8.1%

第5話 2008年8月7日 「衝撃の夜〜花火散らして」9.2%

第6話 2008年8月14日 「家庭内スキャンダル!!」10.8%

第7話 2008年8月21日 「危険な女ともだち」7.0%

第8話 2008年8月28日「そして嘘は暴かれ始める」8.7%

最終話 2008年9月4日
タグ:四つの嘘

『四つの嘘 第六話あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その男、副署長 File.7 あらすじ

File.7 2008年08月14日 「偽装問題で揺れる大手スーパーの重役は、なぜ、真夏の熱帯夜に凍死したのか?」

 ある日、例によって席を外したまま一向に署に戻ってこない副署長(船越英一郎)を心配し、例によって私は携帯に連絡を入れました。すると、電話の向こうから若い女性の賑やかな声が聞こえてくる! 副署長…よもや接待など受けておられるのでは…。副署長は否定されましたが甘いっ! 接待かどうかは別として、若い女性がいる場所に副署長がおられたのは火を見るよりも明らかです。

 そんなことがあった数日後、海老原健一(大橋吾郎)が社長を務める大手流通店「マルキヨストア」の生産管理部長・仁科秀夫の他殺体が空き地で見つかりました。死因が凍死だったため、上田刑事(鈴木一真)は発見現場近くの同社支店の冷凍庫で殺されたのでは…と推察したようです。が、同社に冷凍商品の偽装表示の疑いがかかっていることから、署長(萬田久子)は慎重に捜査するよう指示されました。

 そんな折、田村理香子(星野真里)というコンパニオンが署に連行されました。なんでも彼女、先日私が電話をした際に副署長と一緒にいた女性だというではありませんか! ふ、副署長……これほどお若い女性と……いや、それはこの際おいておきましょう。どうやら、彼女には仁科と愛人関係にあったという説が…。

彼女は完全否定しましたが、副署長は彼女の胸元を見て引っかかられました。彼女が着けていたブローチに、仁科のワイシャツから取れたものと思われるカフスボタンとよく似た木彫りが施されていたからです。副署長は遺体の写真を見た瞬間から「被害者のカフスボタンが2つとも取れているのに、1つしか見つかっていないことが気になる」とおっしゃっていましたが、まさかこの木彫りのカフスボタンが真犯人の正体、田村理香子の悲しい過去につながるカギだったとは!! さすが副署長、事件に対する眼力は決して甘くはない…。

 ある日、副署長は泥酔した理香子が桜の木に抱きつき、涙を流しながら寝る姿を目撃されました。何でも、その桜の木は彼女の両親が出会った思い出の場所だとか。しかし、母・桜子は理香子を妊娠した直後に父親に捨てられたという…。母親はひとりで彼女を生んで育て、もう二度と会うことはない捨てた男のことを一途に愛し続けた末、2年前に病死したそうです。男と女の関係は複雑なものでございますな、副署長…。

 後日、マルキヨストア各支店の冷凍庫の一斉捜査がなされました。しかし、仁科殺害に使用された形跡はひとつも見つかりません。副署長は「ハナから冷凍庫を使わなかったのではないか」と考え始められたようです。ちょうどそのとき、副署長は平松刑事(宇梶剛士)から、ガイ者のポケットから見つかった例のカフスボタンの材質が桜の木だとお聞きになられました。桜の木と聞いて、副署長は理香子の両親の思い出の桜の木を思い浮かべられたご様子。カフスボタンも理香子のブローチも、その桜の木で作られているのでは…?

折しも「東京に戻る」と挨拶をしに来た理香子にそのことを話すと、彼女はあっさりと認め、2つとも母親の手作りだと話したそうです。彼女は母親の死後、父親がマルキヨストアの関係者だと直感。コンパニオンとして参加した流通業パーティーで出会った仁科にカマをかけ、ブローチについて話したところ、驚いた顔を見せたとか。しかし、彼女がもう一度会おうとした矢先、父親かもしれない仁科は殺されたというのです。

 それと同時に、副署長は遺体発見現場近くの公園でのボヤ騒ぎの件を思い出していました。仁科殺しの当日、マジックショーの煙を近所の住民が火事と勘違いした一件であります。その煙がドライアイスでは…? 副署長の推理は的中しました。公園の蓋付ゴミ箱からマジックショーの業者が捨てた大量のドライアイスが発見されたのです! つまり事件当日、ゴミ箱は即席冷凍庫と化していた。これこそが仁科が凍死した原因かもしれません。

 そのころ、提携業者がマルキヨストアの仁科に指示されて商品の偽装表示を行ったことを告白しました。年のせいか、最近妙にトイレが近くなってしまった私が用を足しに赴きましたところ、個室からこそこそと話す副署長、平松刑事、上田刑事の声が漏れ聞こえてくるではありませんか! 副署長、またよからぬことを考えておられるのでは…。私は副署長に決済作業を促し、事件から目を逸らさせるよう尽力致しました。が、副署長は…。

「俺の我慢もここまでだっ!!」

 ついに事件の真相を見通してしまわれた…。ふ、ふ、ふ、副署長…。鬼の近藤の居ぬ間に、副署長は海老沢社長のもとを訪れていました。実は、例のカフスボタンは海老沢のもので、理香子の存在をネタに偽装表示の件を黙認するよう迫ってきた仁科と公園で揉み合ううち、取れてしまったのです。海老沢は頭を打って気絶した仁科が死んだものと思い、仁科をドライアイスが捨てられたゴミ箱にいったん隠しました。その後、仁科は凍死。死体を別の場所に移すために戻ってきた海老沢は、そこで初めて自分のカフスボタンが無くなっていることに気付き、偽装工作のために仁科のカフスボタンを2つとも引きちぎったのでした。

 海老沢は自首を決意しました。が、なぜこれまで自首しなかったのか…。愛し合いながらも桜子と別れることになった海老沢は、桜子、そして娘である理香子のことを人知れず愛し続けていました。娘に犯罪者が父親だと知らせたくはない――そんな思いが、海老沢の出頭を遅らせてしまったのです。しかし、もう安心です。副署長のおかげで、海老沢と理香子は長い時を超えてお互いの愛を確認し合いました。めでたし、めでたし……いや! 私も決して甘くはありませんぞ、副署長。副署長が本日の決済をすべてさばくまでは、口が裂けても「めでたし」などと言いません! よろしいですな、副署長?


File.1 2008年07月3日 「なぜ、コンビニ立てこもり犯の手にしていた包丁には、店内の誰も刺していないのに血痕が付着していたのか?」 12.4%

File.2 2008年07月10日 「なぜ、人気漫画家は、殺された叔父の遺骨を
タクシーの中に置き忘れたのか!?」
11.6%

File.3 2008年07月17日 「なぜ、殺された人気コラムニスト胃袋からは
長ネギと九条ネギの2種類が発見されたのか!?」
11.6%

File.4 2008年07月24日 「なぜ、あの近藤警務課長が制服を脱ぎ捨てて
河原町署から飛び出していったのか?」
10.9%

File.5 2008年07月31日 「ストーカーを殺した女は、なぜ1万6800円もする安眠枕を通販で五つも買ったのか?」 12.8%

File.6 2008年08月07日 「なぜ、漂着死体が発見された前日、喫茶店『ビーベリー』のコーヒーカップは温まっていなかったのか?」12.6%

File.7 2008年08月14日 「偽装問題で揺れる大手スーパーの重役は、なぜ、真夏の熱帯夜に凍死したのか?」 13.0%

File.8 2008年08月21日 「なぜ、面影寺の跡取り息子が、沢渡神社の石階段の下で死んでいたのか?」8.7%

File.9 2008年08月28日 「ひき逃げ事件を目撃した学童擁護員は、なぜ嘘の証言をしたのか?」

『その男、副署長 File.7 あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正義の味方 #06 あらすじ

直紀(向井理)と一緒にアフリカに行かずに日本に残った槇子(山田優)が、克夫(平泉成)と里美(山口いづみ)に良川家での昼食に呼ばれる。槇子の命令で一緒に行くことになった容子(志田未来)は、さっそく始まった嫁と姑の応酬に気が気でない。しかも舅と姑が席を立ったスキに、出された寿司の美味しそうな所を食べまくる槇子。すまし顔の槇子に、あっさり容子が“犯人”にされてしまうのだった。

 まもなく、直紀が国際会議出席のため、急きょ一時帰国。容子は、槇子の命令で新居の掃除や買い物をさせられる。その夜、直紀の姿を確認して帰った容子。翌日になってようやく槇子のいない家で自由を実感するのだった。晴れて汐留のイベントで響子(中村静香)らと遊んだ後、海賊版のDVDを借りた容子は、一人でテレビを占領できると喜ぶ。ところが、直紀は仕事の会食で帰りが遅いという槇子が現れ、夕食を食べた上に海賊版DVDを持って帰ってしまった。

 翌日、直紀に大好物のチキンカレーを夕食で食べたいと言われた槇子は、置いてあった例のDVDのことを聞かれる。それが海賊版だと気付いた直紀は、今回戻った目的が、知的財産権を守るための国際会議への参加のためだと明かす。直紀の話によると、海賊版DVDなどの摘発はなかなか難しいらしい。

 仕事先の槇子からチキンカレーを作れ、との連絡が入ったのは、容子が麻衣(志村玲那)らとプールに行く約束をした直後。容子は、槇子に直紀から仕事で帰りが遅くなるとの連絡が入っていたとも知らず、せっせと料理を始める。途中鶏肉を買い忘れたことに気づいた容子は買出しの途中に偶然陸と出会う。陸(本郷奏多)や、陸の家にやって来た知佳(西内まりあ)まで巻き込んで、カレー作りはようやく夜になって終了した。

 徹夜仕事をこなして帰宅した直紀が必ずカレーを食べると宣言した次の日、槇子は、直紀がその日も帰りが遅くなると知り、ガックリ。そこにおふくろの味を手にした里美がやって来たことから、槇子に緊張が走った。たまたまDVDを取りに来た容子は、またしても嫁姑争いの間に立つことになって、居心地が悪い。里美の手料理を食べる槇子に対し、チキンカレーを食べる里美と容子。微笑の中でトゲのある言葉が飛び交うのを見た容子は、戦々恐々となった。

 食器を洗い終えた容子が帰って程なく、槇子は克夫からの連絡で、里美が腹痛で入院したと知る。肉が腐っていたと考えた槇子は、容子を呼び出し、買い物をした肉屋に押し掛けるが――。
閉まっている肉屋のシャッターを叩く槇子に、容子は作っておいたカレーを冷蔵庫にしまっておいたの?と尋ねる。この暑い時期に丸一日冷蔵庫にしまわずにカレーを出しっ放しにしておいたら肉も悪くなっちゃう・・・、という容子に槇子は「そうなの?」と答える。

その時、容子も急にお腹がキュルキュルと鳴り出す。店のシャッターが開くと、容子はトイレを貸してくださいっ、と飛び込むが、ダンボール箱につまずいてしまう。すると大量のDVDが飛び出してきた。それは容子が響子から借りていたDVDと同じ海賊版DVDだった。なんと、その店は肉屋を隠れ蓑にした海賊版DVDの密輸組織だったのだ。

 翌日、槇子は稲田事務次官からDVDの密輸組織を摘発したことで、礼をいわれ、「貴方は、我が省の、いえ我が国の正義の味方です。」と褒められる。槇子は「夫の助けをしただけですわ、正義の味方がいるとしたら私の夫です。」と答える。そしてこの度開かれる国際会議の草案も作成している事を告げると、稲田事務次官は二人の名前を覚えておきますと、言い去っていく。

 政務省では時期外れの人事異動発表があった。直紀のドンボ共和国赴任が取り消され、大臣官房付きとなり、日本に戻る事になった。

 直紀のマンションで直紀と槇子、克夫と里美、そして容子が食事をしており、槇子は以外にもテキパキと料理をこなし振舞っている。その姿に驚く容子。すっかり良川家の嫁だなぁ、と克夫が関心する一方、里美は騙されないから・・・とつぶやくのだった。

 何はともあれ、槇子と直紀の新婚生活がようやく本格的にスタートし、晴れて容子は自由の身になった喜びに浸っていたのだが―――。




第1話 2008年7月9日 「強烈姉とトホホ妹の傑作痛快コメディー」13.2%

第2話 2008年7月16日 「姉が恋すりゃ地獄の日々」 10.1%

第3話 2008年7月23日 「悪姉はキワモノがお好き」 8.7%

第4話 2008年7月30日 「プロポーズ大作戦」  9.4%

第5話 2008年8月6日 「結婚追い出し作戦」11.6%

第6話 2008年8月13日 「チキンハートな姉妹たち」 9.1%

第7話 2008年8月20日 「渡る世間は鬼ばっかッ!」7.8%

第8話 2008年8月27日 「喪服を着た悪魔」
10.5%

第9話 2008年9月3日 「湯けむりスッポン姉妹」
10.0%

最終話 2008年9月10日

タグ:正義の味方

『正義の味方 #06 あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴンゾウ 第7話あらすじ

第7話 「3年前の真実」2008年8月13日

 今から3年前。2005年。

 そこには若き佐久間(筒井道隆)を柔道場でイヤというほど畳に叩きつける黒木(内野聖陽)がいた。事件発生の報に捜査一課7係へ戻る黒木と佐久間。
「いくぞぉ!」
 黒木の掛け声一つで7係が動いた。その先頭に立つ黒木の顔は、揺るぎない自信に満ちあふれていた。

 暴力団員の工藤が何者かに殺害された。本庁捜査一課7係の黒木らはさっそく売春婦・杏子(池脇千鶴)を拘束。取調室の杏子は座ったままで何ひとつしゃべろうとしないが、工藤にいいように使われていたらしく動機はある。黒木は佐久間に「徹底的に追い込め」と厳令する。

 そんな黒木に昇進の話が持ち上がった。捜査一課では新たに13係を設置、上層部はそのリーダーに黒木を考えているという。ただし、すべては工藤殺害事件を片付けてから。気合いが入る黒木は、あっさりと杏子を帰してしまった佐久間に尾行を命じる。

 杏子を張り込む黒木と佐久間。が、佐久間は妻が海外出張のため一人家にいるという母と何度も電話で話している。黒木はそんな佐久間が面白くない。

 しかし、佐久間から杏子の身元を聞いた黒木は表情を一変させる。実は杏子は黒木が巡査時代に一家心中から救ってやった少女だった。両親は死亡、施設に預けられた杏子に「困ったときにはいつでも助けに来る」と言った黒木だったが、それきりになっていた。

 その杏子が売春婦に、しかも暴力団の男にいいように使われていた…。美しく成長したものの、ボロボロになってしまった杏子に黒木はいとおしさを感じ始める。

 その日から黒木は勝手に捜査から外れ、体を壊した杏子を付きっきりで看病する。回復しても黒木に対して「何を今さら」と憎しみを露にする杏子。が、杏子は施設に入ったときに黒木からプレゼントされた人形を大事にしまっていた。いてもたってもいられない気持ちになる黒木。人形を投げ捨てようする杏子の手をつかんだ黒木は、そのまま杏子と唇を重ねる。

 黒木のやさしさにようやく心を開き始めた杏子は、工藤を殺した犯人を知っているという。が、自分のために殺してくれた犯人を裏切るわけにはいかない、とも。黒木は犯人を捕まえたい黒木だが、あえて杏子を追及しない。

 捜査にも参加せず、杏子と関係を持ったことで黒木の出世もフイになってしまった。それでも黒木は杏子にプロポーズ。危険だから刑事は嫌い、という杏子の言葉を聞き入れ、備品係への転属を誓う。

 そんな折り、工藤を殺害した犯人が杏子に接触してきた。杏子から犯人と会う時間と場所を教えてもらった黒木は、岸(菅原大吉)ら緊急招集をかけホテルの一室に乗り込むが、そこはもぬけの殻だった。「愛を裏切った女に報復を」という手紙以外は…。

 ワナだと気付いた黒木猛ダッシュで杏子の部屋へと戻る。そこで黒木が見たものとは…。血だらけの杏子が人形を抱えて力なく座っていた。

「この世界に…愛は…あるの…」

 それが杏子の最期の言葉になった。

 工藤、杏子を殺害した容疑者が浮上した。が、佐久間は母の体調が優れないから捜査から外して欲しいと言う。そんな佐久間に黒木の鉄拳が飛んだ。
「ママのオッパイが吸いたきゃ刑事なんかやめちまえ!」
 黒木らが駆けつけたとき、容疑者の男は薬のやりすぎで死亡したあとだった。怒りをどこにぶつければいいのか…。黒木の心は次第に闇へと沈み込んでいく。

 被疑者死亡のまま送検し、工藤、杏子殺害事件は一件落着。しかし、佐久間は母が半身不随になってしまったことを知らされる。自分が家にいることができたら…。佐久間は自らを責めつつも黒木への不信感を募らせる。

 しかし、杏子を失った黒木の心も重症だった。ある日、幼かった頃の杏子の幻影を見てしまう黒木。誘われるように屋上へとあがってしまうと、そのまま空へと身を投げてしまい…。


 それから3年後。2008年8月。

 バイオリニストのもなみ(前田亜季)殺害の容疑者・岡林(白井晃)を前に、杏子の幻影を見てしまう黒木。ショットガンを手にする岡林に追いつめられるが…。

 病院で意識を取り戻した黒木は理沙(大塚寧々)に付き添われながら捜査本部へ。しかし、部屋はすっかり片づけられ誰もいなくなっていた。

「捜査は終わったわ」

 理沙の言葉にぼう然とする黒木。いったい何が、どうなってしまったのか…。



第1話 2008年7月02日 「ダメ警官登場」 12.5%

第2話 2008年7月09日 「第一容疑者」 10.4%

第3話 2008年7月16日 「目撃者ロダン」 12.0%

第4話 2008年7月23日 「天使の証明」 10.8%

第5話 2008年7月30日 「幻の拳銃」 10.3%

第6話 2008年8月06日 「潜入捜査」 10.9%

第7話 2008年8月13日 「3年前の真実」 6.3%

第8話 2008年8月27日 「鍵を握る女」 12.2%

第9話 2008年9月03日 「真犯人」9.6% 

最終話 2008年9月10日 「夏の終わり」
タグ:ゴンゾウ

『ゴンゾウ 第7話あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

学校じゃ教えられない! #05 あらすじ

影山(伊藤蘭)が、男女交際を禁止する新しい校則が出来たと発表。

舞(深田恭子)は氷室(谷原章介)と交渉し、その結果、今回のダンス大会で一組でも入賞者が出れば社交ダンス部を正式な部と認め、かつ新しい校則を廃止するとの約束を取り付ける。そんな中、真面目に練習に打ち込まない部員たちを見た瞳(朝倉あき)がイライラを募らせる。クビをひねった一樹(中村蒼)は、放課後に瞳を尾行し、瞳の秘密をしってしまう。

予告動画
http://ssl.dai2ntv.jp/cse/Shop?EcLogicName=freeitem.play&itemId=NtvI00020362


1限目 2008年7月15日 美人教師の愛のレッスン@なぜ、ひとりHするの?
9.9%


2限目 2008年7月22日 なぜ、あんな人を好きになるの?
6.1%


3限目 2008年7月29日 デキちゃったらどうするの?
6.9%


4限目 2008年8月5日 なぜ、命は大切なの?
5.4%


5限目 2008年8月12日 なぜキスしたくなるの?
4.7%

6限目 2008年8月19日 好きなの? ヤリたいの?
7.0%


7限目 2008年8月26日 なぜ愛は人を狂わせるの?
5.6%


8限目 2008年9月2日 どうしたら愛は届くの?
7.1%


9限目 2008年9月9日

『学校じゃ教えられない! #05 あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

シバトラ 第6話あらすじ

 柴田竹虎(小池徹平)は、千葉さくら(真矢みき)からメイド喫茶で売春を斡旋しているという落合建夫(橋爪遼)について聞かれる。落合は、竹虎の父とさくらの妹・ゆり(原田佳奈)を殺害した犯人だが、竹虎の旧友でもあるからだ。竹虎は、落合とは高校で知り合い意気投合したが、やがてそりが合わなくなったと話す。

さくらは、落合が失踪中の生島透子(志田菜々子)が最後に通話した人物であることを明かす。竹虎は、透子の事件の再調査のため、新庄徹(宮川大輔)と組んでメイド喫茶へと向かう。

 同じ頃、藤木小次郎(藤木直人)が白豚(塚地武雅)、宝生美月(大後寿々花)と古着店にいると、竹虎あてに電話が入る。電話の男は、また誰かを殺されたくなければ、自分の邪魔をするなと冷徹に言う。小次郎はそれが落合だと確信。帰宅した竹虎に落合に関わるなと忠告するが、竹虎は聞き入れない。

 後日、竹虎と新庄は、メイド喫茶で見つけた売春リストに名前があった水原咲(垣内彩未)に話を聞くため、咲と透子も通うスイミングスクールにやってくる。咲は透子と同じ高校に通い、メイド喫茶でも顔を合わせているはずなのに、透子を知らないと言う。


 そんなある夜、竹虎は古着店の外で小次郎と出くわす。小次郎は前夜、店の前で落合を目撃したが、その一瞬だけで嫌な予感がしたことを告げ、竹虎に事件から降りるように言う。そのやりとりを見ていた美月は、真剣な小次郎の姿に、ゆりを失った悲しみが大きいのだろうと竹虎に話す。
そして、8年前の事件の日、ゆりが落合がいた埠頭に行った理由がわからないと不思議そうに言う。すると竹虎は、それは自分のせいだと答える。あの日、竹虎の父親の敵討ちに埠頭へ向かった小次郎に死の予感を感じた竹虎は、そのことをゆりに告げた。それを聞いたゆりは、被弾して動けない竹虎に代わり小次郎を止めに埠頭へ行き、命を落としてしまったからだ。


 数日後、情報を得るため、泳げないにもかかわらずスイミングスクールに参加した竹虎に心を開いた咲は、透子について話し始める。
咲は透子にメイド喫茶のアルバイトを紹介したが、さらに、店長・岩城(青木伸輔)から「もっと金になる」と言われた仕事も紹介したのだという。そこで竹虎が確認すると、岩城ともうひとり、落合からも紹介されたと明かす。そして、落合が今夜メイド喫茶に来ると言っていたことも話す。竹虎は、さくらに電話で報告すると、メイド喫茶に急行する。

 その電話を盗聴していた白豚は小次郎に報告、小次郎もメイド喫茶に向かう。

 竹虎がメイド喫茶に来ると、岩城がいて売春の罪を認め自首すると話す。竹虎が落合の所在を尋ねても、そんなヤツは知らない、すべて自分ひとりでやったことだと言い張る。

 そこへ小次郎がやってきて、岩城の胸倉を掴み殴り倒す。それでも岩城が口を割らないでいると、小次郎はさらに激しく殴る。そんな小次郎の腕を竹虎が掴んだとき、小次郎の携帯が鳴る。透子の監禁場所に関して解析していた白豚からで、透子は波の音が聞こえる場所にいるらしいと言うのだ。小次郎はその情報を岩城に突きつけ、場所を白状するように迫る。やがて観念した岩城が、監禁場所は港の倉庫で、落合はそこで“県警の女”と会うと言っていたと告げる。



 小次郎が現場に向かおうとすると、竹虎が行く手を阻む。落合に復讐しようとする小次郎を行かせるわけにはいかないし、ゆりもそんなことは望んでいないと言うが、小次郎は理屈ではなく落合が生きていることが許せないのだと、怒りをみなぎらせる。もはや言葉では止められないと判断した竹虎は、先を折ったモップを手にして小次郎と対峙。小次郎もそれを受け、ふたりの闘いが始まる――。
激しい乱闘の末、小次郎は竹虎を殴り倒し、店を後にする。

 その頃、ゆりと竹虎の父が撃たれた埠頭で、落合と対峙していたさくらは、落合から取り引きを持ちかけられていた。透子を無事に返す代わりに、自分を逃がせというのだ。さくらが拒むと、落合は今から1時間後に自分が監禁場所に戻らなければ、透子は殺されることになっていると、薄笑いを浮かべる。

 そんなところへ、鉄パイプを持った小次郎が来て落合に殴りかかろうする。さくらが止めるように言うが、小次郎は聞かずにパイプを振りかざす。すると、その瞬間、さくらが拳銃を発砲する。銃弾は小次郎の足に当たり、小次郎はその場に崩れる。

 そこへ、竹虎と美月がやってくる。竹虎は、落合に銃口を向けるさくらに撃っても何も解決しないと言うが、さくらは8年前から反省した様子が見られない落合は、ゆりの死を無駄にしたから撃つのだと拳銃に力を込める。それでも竹虎は、あなたが誰かを傷つければ誰かが悲しむことになる、復讐に終わりはないと諭すように話す。

それを聞いた落合は、さくらに執拗に決断を迫り、やがてさくらは銃を下ろす。落合を見逃すという決断を下したのだ。落合は歪んだ顔で竹虎を見ると、父親を撃った自分が憎くないのかと聞く。竹虎は、小次郎やさくらと同じくらい憎いが、落合の銃弾から自分をかばってくれた父の思いに応えたいのだと言う。いつでも味方でいてくれた父のように、自分も何があっても人を信じようと決めたのだと答える。

それなら、自分が信じてくれと言ったら信じるのかと落合が聞くと、竹虎は「信じるよ」とうなずく。落合は冷たい目で竹虎を見据えると、そういうところがムカつくんだと言い、竹虎に殴りかかる。それを受けきった竹虎は、「次はないからね」と強い口調で落合に言う。

 その場を去り車に乗り込んだ落合は、透子を殺すようにと電話で指示を出す――が、電話に出たのは白豚だった。透子はすでに白豚によって救出されていたのだ。

 翌日、横浜みなみ署では、新庄が今回の一件はすべて岩城がやったことでいいのかと、さくらに念を押すと、さくらはそれでいいと答える。新庄が去り竹虎とふたりになると、落合のことを諦めたわけじゃないと言い、ポケットからあめ玉を取り出し竹虎に渡す。最近、若い子たちの間で流行っているというそのあめ玉を舐めた竹虎に、さくらは「どう? 覚せい剤の味は?」と言い……。


第1話 2008年7月8日 「童顔刑事(秘)潜入捜査せよ」

第2話 2008年7月15日 「約束・・・君のために僕は飛ぶ」

第3話 2008年7月22日 「裏切り僕は貴方を許さない!」

第4話 2008年7月29日「完結編 君が鬼神なんだね」 

第5話 2008年8月5日 「萌え〜メイド喫茶に(秘)潜入」  

第6話 2008年8月12日「復讐…涙あふれる最終対決」

第7話 2008年8月19日「悪魔の誘惑…必ず君を救う」

第8話 2008年8月26日 「勇気…予測不能の脱出!」

第9話 2008年9月02日 「刑務所潜入…驚愕の計画!」

第10話 2008年9月09日 「脱獄!チーム最大の危機!」

最終話 2008年9月16日「希望僕たちの未来へ…」

SP 2009年5月9日 「あの童顔刑事が帰ってくる完全新作!連続爆破とバスジャック同時発生“僕は絶対君を守る”タイムリミットまで爆破回避できるのか」
タグ:シバトラ

『シバトラ 第6話あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太陽と海の教室 EPISODE-4 あらすじ


櫻井朔太郎(織田裕二)が担任をする3年1組で、ピアノでの大学推薦を得られる演奏会に出場予定の生徒、三崎雅行(中村優一)が"湘南海岸高校対抗ビーチバレー大会"に出場すると言い出す。廃部寸前のバレー部のために選手を募った櫻井は大喜びだが、雅行の出場希望にはある理由があった。

一方、幼馴染の根岸洋貴(岡田将生)と白崎凛久(北乃きい)は、微妙な関係。その凛久を雅行がビーチバレーのペアに誘う。この指名に、貴林優奈(黒瀬真奈美)が反応して練習要員に名乗りを上げる。雅行と優奈の関係は誰もが認めるところ。だが最近、雅行は優奈を避け、凛久に接近していた。もうひとりの練習要員として、洋貴も加わった。

4人は練習を始めるが、何ともギクシャクしっぱなし。そんな時、優奈がアタックしたボールが凛久の顔面を直撃。非難する雅行に、優奈はどうして凛久とペアを組むのかと聞く。すると、雅行は凛久が好きだからとあっさり告白。ショックを受けた優奈は、泣きながら去ってしまう。と、そこに、赤木保則(池田鉄洋)がやって来た。音楽室に戻り、ピアノに専念するよう雅行を説得する赤木を櫻井、若葉(北川景子)、凛久が見守る。だが、雅行は今やりたいことはバレーだと話して、出て行ってしまった。

櫻井と凛久が海岸に行くと、雅行が1人でバレーの練習をしていた。せっかくピアノで推薦を受けられるのにと雅行を心配する凛久に、朔太郎は子供の頃になりたかったものは何かと問う。歌手だったがなれるわけがないのであきらめたと答える凛久に、櫻井は自分自身が“なれま線”という線を引いてしまっているのではないかと告げる。大人になって引いた線を、飛び越えたい時もある…と。

櫻井の言葉を聞いた凛久は、雅行と練習を始める。櫻井も加わって、練習をしていると雅行が、どう考えても追いつけないボールに飛び込んでポールに激突。幸い大怪我には至らなかったが、櫻井や凛久は、なぜ無理な追い方をしたのかが引っかかる。

次の日、仲直りしようと凛久が洋貴に話しかける。洋貴は以前のように2人の間が誤解されるのは嫌だと言うのだが、凛久は思い当たらない。“ショパン”というヒントにも気づかない凛久に、ため息をつく洋貴は優奈に呼ばれた。

優奈は洋貴を音楽室に連れて行く。すると、怪我したハズの雅行がピアノを弾いているではないか。中に入ると、優奈は洋貴に推薦をかけてピアノを弾くのが嫌だから、わざと怪我をしてにげようとしたのだと突きつける。


と、雅行は扉のガラスに腕を突っ込んだ。音を聞いて駆けつけた櫻井と凛久、長谷部杏花(戸田恵子)に、雅行は洋貴と優奈にやられたと言う。凛久は、いくら嫉妬しているからと許せない行為だと洋貴を責める。反論しようとした洋貴だが、杏花に保健の先生を呼んでくるように言われて外に出た。すると、優奈が雅行は自分でしたのだと話し出す。さらに、優奈は凛久も雅行に利用されているだけだと続けた。凛久は、自分の誤解を洋貴に謝ろうとする。だが、もはや洋貴は聞いてもくれなかった。

神谷龍之介(小日向文世)は、さらなる怪我を負った雅行の演奏会出場を断るよう赤木に言い渡す。演奏会の運営者に電話しようとした赤木は、杏花に止められた。杏花は、雅行が演奏会に出ると櫻井が言っていると告げる。

洋貴に謝れなかった凛久が力なく家に帰ると、田幡八朗(濱田岳)たちが古いビデオを見ていた。それは、凛久が小学生のころのもの。映っていたのは凛久と洋貴だ。どうやら2人は喧嘩していたらしいのだが、良い雰囲気になっていく。その時に遠くから聞こえたピアノのメロディーは、ショパンのノクターン。凛久は、洋貴が怒っている理由にようやく気づく。この時、2人は幼いキスを交わしていたのだ。

その夜、トラックを借りた櫻井は雅行を呼びに行き、海辺の崖へと連れて行く。櫻井は、凛久や八朗に頼んでピアノを用意していた。雅行は、連れてこられたわけが分からず、櫻井にとりあえず演奏会から逃げたことを謝罪する。だが、櫻井はそんなことは気にしていなかった。それより、櫻井が知りたかったのは、雅行がピアノを弾くことを本当に嫌いになったか否か。櫻井は他人のためではなく、自分のためだけに用意されたピアノを弾くように雅行を促す。

その言葉に、雅行はショパンのノクターンを弾き始めた。凛久は、洋貴に電話をかけ、雅行の奏でるショパンを聞かせて…。

翌日は、ビーチバレー大会。仲直りした洋貴と凛久が出場するが、すぐさま敗れてしまった。相変わらず、言いたいことを言い合う2人だが、想いは通じ合った様子。その頃、もうひとつの恋が芽生えていた。それは、優等生の澤水羽菜(谷村美月)と楠木大和(冨浦智嗣)で…。



Episode.1 「2008年7月21日 初回90分拡大スペシャル
地球一熱い教師が海からやってキターッ!!」
20.5%

Episode.2 2008年7月28日 「地球一熱い教師VS恋を金で売る女生徒!
本気で好きなら胸を張って馬鹿になれ!!」
14.4%

Episode.3 2008年8月4日 「死なないで、お兄ちゃん…まさかの船上大手術!
海の上で初めて明かされる熱血教師の過去」
12.7%

Episode.4 2008年8月11日 「崖の上のショパン」 10.7%

Episode.5 2008年8月18日 「優等生の反乱…明かされた秘密」14.7%

Episode.6 2008年8月25日 「友達のSOSが聞こえますか?」 14.0%

Episode.7 2008年9月1日 「友達の死…先生ごめんなさい」14.1%

Episode.8 2008年9月8日

Episode.9 2008年9月15日 「さよなら」14.5%

Episode.10 最終話 2008年9月22日 「最後の授業…涙のラストメッセージ」 15.6%

『太陽と海の教室 EPISODE-4 あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モンスターペアレント 第7話あらすじ

占いは信じないと公言する高村樹季(米倉涼子)が対面した保護者は、未来が見えるという藤巻類子(室井滋)だった。
類子は、担任の甘粕七海(松木里菜)に3日後に迫った遠足で子供たちが熱さに苦しむ様子が見えたからという理由で日程変更を要求していた。予感だけでは信憑性に欠けると受け流す樹季に類子は日程を変えなければ娘の綾音は遠足を欠席させるという。

呆れる樹季だが、七海が好みのタイプの望月道夫(平岡祐太)は熱心に助けを求め、三浦圭吾(佐々木蔵之介)は「何か見落としていることがあるのではないか?」と相変わらずの発言ばかり。


後日、遠足のバスでクーラーが故障したことを挙げ、予感は当たったと自信満々の類子は、明日の登校時に赤いものが飛び散る様子が見えたと警備体制の強化を依頼。

翌朝、人手不足のため通学路の警備に駆り出され、不満いっぱいで校門に立つ樹季の前に、ヘルメットを装着し執拗に周囲を警戒しながら登校してくる類子と綾音が現れた。呆然とする樹季だが、道を渡ろうとした綾音に高校生の乗る自転車が突っ込んできた。

とっさに綾音をかばい校門の塀に身を寄せた樹季。接触事故にはならずに済んだが、樹季のスカートには塗りたてだった赤いペンキがべったりと付いていた…。危険を確信した類子は、「授業を休ませる」と言い、引き止める七海の声も聞かず、おとなしく従う綾音をつれて帰ってしまう。


その後も腹痛に苦しむ姿が見えると給食を中断させたりと、様々な要求を繰り返す類子はついにクラス替えを要求。綾音がクラスメートの男子・剣持にいじめられているからだという。

樹季や七海らの説得に耳を貸さない類子は、要求が通るまでは欠席させると綾音を連れて帰ろうとする。何か言いかけるも黙って類子に付いていく綾音。樹季は、綾音を見送る剣持が「あいつ、かわいそうなんだ」とつぶやいた言葉を聞き事情を聞く。

3年前、悪い予感がするという類子の制止を振り切って公園へ遊びに行った綾音は大怪我を負い、止められなかった自分を責める類子は夫と離婚。すべて自分のせいだと感じた綾音は類子に逆らわなくなっていたのだった。


後日、学校に類子を呼び出した樹季は、予感は類子の不安な気持ちが見せているもので、さらに綾音が母親に引け目を感じていることを指摘する。

納得できず席を立った類子は、校庭の鉄棒の下で座り込む綾音と横に立つ剣持を見つけた。予感で見た光景に慌てて駆け寄ろうとする類子を樹季は止める。それは綾音の逆上がりの練習に付き合う剣持の姿だったのだ。
成功して手を取り合って喜ぶ2人を見る類子に「目に見えないものより、目の前にいる今の綾音ちゃんを見てあげてください」と話す樹季。

翌日、類子にいつも通りに学校に行くように言われ、驚きながらもうれしそうな綾音がいた。



第1話 2008年7月1日 「娘の担任をかえろ」 14.2%

第2話 2008年7月8日 「学級閉鎖しろ」 11.6%

第3話 2008年7月15日 「給食費は払わない」 13.0%

第4話 2008年7月22日 「息子を絶対医者にしろ」13.2%

第5話 2008年7月29日 「カリスマ校長の秘密」 12.2%

第6話 2008年8月5日 「先生の顔を整形しろ」 11.2%

第7話 2008年8月12日 「霊感母の恐怖」8.7%

第8話 2008年8月19日 「急転!悲しみの鉄拳」 12.4%

第9話 2008年8月26日 「別離の日」11.6%

第10話 2008年9月2日 「衝撃! 刺された相棒」12.0%

最終話 2008年9月9日 

『モンスターペアレント 第7話あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

あんどーなつ 第6話あらすじ

夏のある夜、満月堂の職人・奈津(貫地谷しほり)は見知らぬ二人組に道を聞かれる。丁寧に対応する奈津は、観光で浅草に来たと見えるほろ酔いの彼らの会話に「満月堂」という単語が出てきたのに驚く。

その翌日、満月堂に職人・竹蔵(尾美としのり)の妹夫婦がやってきた。妹の律子(有坂来瞳)は竹蔵に話があるというが、妹のことが苦手な竹蔵は詳しい内容も聞かずに満月堂を追い出す。しかし彼女たちを見て奈津はびっくり。昨夜道を聞かれた二人組だったのだ。

その夜、陽介(細田よしひこ)や泰造(なぎら健壱)に誘われて居酒屋・まめ太に顔を出した奈津は、またまた竹蔵と妹夫婦に出くわす。

律子は実家を“自分たち夫婦のイタリア料理屋に改装する”と知らせに来たのだった。それを聞いた竹蔵は激怒。竹蔵の実家は祖父の代から続く和菓子屋で、竹蔵も実家を継ぐために満月堂で修行をしているのだ・・・。しかし律子は「高齢の父がいつまでも一人でやっていけるわけがない」と主張、伝えることは伝えたと店を出て行く。

残された竹蔵は怒りのやり場がなく自棄酒を煽って酔いつぶれてしまう。
翌朝、酒の抜けた竹蔵は梅吉(國村隼)や光子(風吹ジュン)に実家の状況を説明するが、竹蔵が受けたショックは大きく、満月堂は暗い雰囲気に包まれ・・・。



第一話 2008年7月7日 「お菓子な出逢い」

第二話 2008年7月14日 「破門!?最初の試練」

第三話 2008年7月21日 「花火大会の夜、涙と奇跡の和菓子が生まれる…」

第四話 2008年7月28日 「土用丑の日ウナギ騒動!」

第五話 2008年8月4日 「出たあ! 浅草幽霊大騒ぎ 竹村謙太郎」

第六話 2008年8月11日「実家を乗っ取られた兄!」

第七話 2008年8月18日 「浅草芸者の心意気」

第八話 2008年8月25日 「しょっぱい帰郷」

第九話 2008年9月1日 「女将さんがお見合いっ!?」

第十話 2008年9月08日 「父と息子…涙のオムレツ」

第十一話 2008年9月15日 京都から来た男

最終話 2008年9月22日 「のれんを懸けた決勝戦」

『あんどーなつ 第6話あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

太陽と海の教室 EPISODE-3 あらすじ


櫻井朔太郎(織田裕二)が担任するクラスの生徒、川辺英二(山本裕典)の成績が3年生になってから急落していた。理事長の神谷龍之介(小日向文世)は、柴草修平(八嶋智人)らを集め、原因を探る。もとは学年で10位以内の成績だった英二は1昨年、事故で父親を亡くしていた。だが、成績の下降はその時に始まったわけではない。さらに最近の英二は、欠席も目立つ。同席していた榎戸若葉(北川景子)は、先日垣間見た英二の姿を思い起こしていた。神谷は、そんな若葉に自分が英二に書いた手紙を渡してくるようにと依頼する。

放課後、若葉は根岸洋貴(岡田将生)、白崎凛久(北乃きい)、田幡八朗(濱田岳)に案内させて英二の家へ。いやいや案内してきた洋貴たちだが、買い物から帰ってきた英二の姿を見て驚く。英二はエプロンをして幼い2人の子供を連れ、その胸には赤ん坊さえ抱いていた。

若葉たちが家の中に入ると、足の踏み場もないほど散乱した部屋で子供たちが走り回る。神谷からの手紙を英二に渡した若葉が、母親の所在を尋ねると意外な言葉が返ってきた。英二は、母親は有賀島の病院に入院中で、子供たちの面倒は4ヶ月間自分で見ていたのだと言う。

次の日、櫻井が3年1組で授業を行っていると、昨日英二の家で見た2人の子供が乱入してきた。後方で授業を見ていた若葉は、駆け回る子供たちを捕まえようと必死なのだが、櫻井は動じない。それどころか、子供たちをすぐに手なずけてしまう。そして、子供たちから英二に関するあることを聞く。

その頃、英二は理事長室にいた。神谷は英二への期待を手紙にしたためていたらしい。英二は、一番下の子を親戚に預け、後の2人は児童相談所に頼むので、これからは受験勉強に集中できると神谷に話す。

英二が教室に戻ると、櫻井の傍らにいた子供たちが駆け寄って行った。その姿を見た櫻井は、英二を屋上に連れて行く。一緒に来た若葉は、英二の決断を褒めるのだが、櫻井は英二が弟や妹と離れることに疑問を抱いていると気づく。だが、英二はこのままでは兄弟を嫌いになってしまうと言って去った。

放課後、櫻井は洋貴、凛久、八朗、日垣茂市(鍵本輝)を連れて英二の家へ。家事を手伝っていると、神谷たちが来た。英二が兄弟をきちんと児童相談所員に預けるかどうか見届けに来たのだ。英二が、兄弟を連れに行くと、2人から絵馬を渡される。その時、英二の気が変わった。様子を見ていた洋貴たちに頼んで、英二は兄弟を連れて逃げ出した。

理事長室に戻った神谷は、英二が母親のもとに行くと予想し、捕まえるためにフェリー乗り場に教師を送ったと告げる。それを聞いた櫻井は、英二を追い詰めてはいけないとバイクでフェリー乗り場へ急ぐ。若葉は、長谷部杏花(戸田恵子)の車で後を追った。その道中、若葉は櫻井がなぜ教師になったのか、そしてその経歴を知ることになる。

英二は兄弟を連れ、フェリーに乗り込んだ。そして、追っての教師をまいて機械室に隠れる。櫻井が到着し、追っ手の教師たちを騙して下船させた時、船は岸壁を離れた。洋貴、凛久、八朗、そして若葉も櫻井とともに英二たちを探すのだが、なかなか見つからない。と、櫻井は船員以外立ち入り禁止のエリアを発見。機械室に下りていくと、英二たちがいた。兄弟は無事だが、英二は機械の下敷きになって足に大怪我を負っている。船に医師は乗っていず、このままでは英二の命の保障はない。櫻井は若葉の静止も聞かず、機械をどかし、英二を引きずり出した。

櫻井は、英二の傷を縫合しながら兄弟たちを信じるように促す。こうして英二は、櫻井の言葉で兄弟たちと離れて暮らす決意を改めて持つことが出来た。


Episode.1 「2008年7月21日 初回90分拡大スペシャル
地球一熱い教師が海からやってキターッ!!」
20.5%

Episode.2 2008年7月28日 「地球一熱い教師VS恋を金で売る女生徒!
本気で好きなら胸を張って馬鹿になれ!!」
14.4%

Episode.3 2008年8月4日 「死なないで、お兄ちゃん…まさかの船上大手術!
海の上で初めて明かされる熱血教師の過去」 12.7%

Episode.4 2008年8月11日 「崖の上のショパン」 10.7%

Episode.5 2008年8月18日 「優等生の反乱…明かされた秘密」14.7%

Episode.6 2008年8月25日 「友達のSOSが聞こえますか?」 14.0%

Episode.7 2008年9月1日 「友達の死…先生ごめんなさい」14.1%

Episode.8 2008年9月8日

Episode.9 2008年9月15日 「さよなら」14.5%

Episode.10 最終話 2008年9月22日 「最後の授業…涙のラストメッセージ」 15.6%

『太陽と海の教室 EPISODE-3 あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

打撃天使ルリ 第参撃あらすじ

ある日、ルリ(菊川怜)と健一郎(遠藤雄弥)は、ふとしたことから人気プロ野球選手・横須賀アポロンズの三宅武彦投手(永山たかし)と知り合う。三宅は今、テレビの女子アナウンサー・岩倉優子(古川りか)と交際中だが、そのスポーツマンらしい爽やかな態度に、健一郎はますますファンになってしまう。しかし、ルリは優子の怯えたような態度がどこか気にかかる。

 山中で顔面を強打されて死んでいる女性の遺体が発見された。これもまた例の連続暴行事件の犯人によるものなのだろうか。佐々木(池田努)たちが捜査を進める中、神取(池畑慎之介)だけはじっと黙ったまま犯行現場を見つめていた。

 優子と再会したルリは、彼女が三宅との別れを決意したことを聞かされる。自分に自信が持てなかった優子は、すべてを三宅のために捧げ、彼をつなぎとめておくことで自尊心を保っていたのだという。だが、三宅に別れ話を切り出し、去ろうとしたその時……。

目を覚ますと優子は両手を縛られ、吊るされていた。視線の先には硬球を握った三宅が。山中での殺人事件は彼の手によるものだったのだ。間一髪のところで駆けつけるルリと健一郎。

「身勝手なあなたの心を、私は打ち抜く……」「僕は天才だ! 僕は何したっていいんだよ!」三宅の投げる豪速球を紙一重で避け、ゆっくりと近づくルリ。「触るな、外道……許せない奴が、多すぎる」
「だしゃぁぁぁ!」ルリの拳が炸裂すると、衝撃と共に三宅ははるか彼方へと吹き飛んだ。

「私は……打撃天使……ルリ」



第壱撃 2008年7月25日 「拳よ、おこれ」 10.0%

第弐撃 2008年8月1日 「震えの代償」 7.4%

第参撃 2008年8月8日 「目覚めれば、月」  5.3%

第四撃 2008年8月15日 「汚れた裸婦画… 史上最悪の敵!!」 5.5%

第五撃 2008年8月22日 「時に、正義は」 7.2%

第六撃 2008年8月29日 「唯、その真実と死」7.5%

最終撃 2008年9月5日 「ヒトと愛しか無い世界」



『打撃天使ルリ 第参撃あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

打撃天使ルリ 第弐撃あらすじ 

 ついに打撃人類として覚醒したルリ(菊川怜)は、健一郎(遠藤雄弥)に連れられ、唯(沢木ルカ)という謎の少女と会う。「打撃すればいい。答はおのずと出るはず」とルリに語りかける唯だが、ルリはまだ恐怖と戸惑いをぬぐい去ることができない。そんなある日、出社途中のルリの前に、一人の若い男(渡航輝)が駆け込んで来る。「これを俺の婚約者に渡してくれ。俺はやってない、そう伝えてくれ」そう言って小さなケースをルリに渡すと、男は警官(遠山俊也)に連行されてしまう。

 一方、ルリが定食屋で知り合った刑事・佐々木(池田努)は、上司である神取(池畑慎之介)たちと共に、謎の連続暴行事件を追っていた。そんな折、顔面を殴打された警官の遺体が発見されたという知らせが入る。被疑者はなんとルリが偶然出会った男、竹山だった。しかし、彼は犯行を否認。では、いったい誰が犯人なのか。翌日、ルリは健一郎からあるメモを渡される。そこには竹山を連行した警官・松坂の写真と共に、彼の恐るべき素顔について書かれていた。ルリは松坂を調べるよう警察に訴えるが、まったく相手にしてもらえない。

 ルリが竹山から渡されたケースには婚約指輪が入っていた。ルリはそれを手がかかりに、竹山の婚約者である裕香(佐藤寛子)を訪ねる。だが、彼女は「もう関係ありません」と冷たく言い放つ。彼女に指輪を渡し、その場を立ち去ったルリは後日、交番に松坂を訪ねる。ところが、松坂が突然、ルリに襲いかかる。辛うじて逃げ出すルリだが、助けに入った健一郎と共に地下室に連れ込まれてしまう。そこには松坂に捕まり、拘束された裕香もいた。

 警官殺しはやはり松坂の仕業だった。ルリが叫ぶ。「どうして罪のない人を酷い目に合わせるの? あなたは社会正義を守るはずの警官でしょう」「俺は特別なんだ! 俺に逆らえる奴なんていないんだ!」「あなたは間違っている……こんなの、正義じゃない」狂気の表情でルリに銃口を向ける松坂。「触るな、外道。あなたに正義を語る資格はない! 心をなくした人間には……哀れみの一撃を」
「だしゃぁぁぁ!」絶叫するルリの繰り出した拳が松坂の顔面に衝撃波と共にめり込む。コンクリートの壁をぶち壊して吹き飛ぶ松坂。

「私は……打撃天使……ルリ」




第壱撃 2008年7月25日 「拳よ、おこれ」 10.0%

第弐撃 2008年8月1日 「震えの代償」 7.4%

第参撃 2008年8月8日 「目覚めれば、月」  5.3%

第四撃 2008年8月15日 「汚れた裸婦画… 史上最悪の敵!!」 5.5%

第五撃 2008年8月22日 「時に、正義は」

第六撃 2008年8月29日 「唯、その真実と死」

第七撃 予告

『打撃天使ルリ 第弐撃あらすじ 』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魔王 第6話あらすじ

領の過去を探る記者・池畑(六平直政)に、領が本当は真中英雄の兄・友雄で、友人だった成瀬領が事故に遭った際に身元を証明する者が誰もいない家出少年だったことを利用し、領と入れ替わり、領に成りすまして生きていることを突き止められた領。しかも、池畑はそのことを見逃す代わりに多額の金を要求してきた。
領にとっては大きな誤算であったが、大胆にも領は池畑から送られた赤い封筒を復讐に利用しようと考える。

領は、渋谷東署に現れると、自分に赤い封筒が届いたと直人に申し出る。その中には直人(生田斗真)の父・栄作(石坂浩二)と表向きは実業家だが、実際は誘拐、殺し…金さえ払えば何でもやるという噂の裏社会の大物・大隈(嶋田久作)との密会写真が・・・。

「これがマスコミにバレれば、大スキャンダルだ」と中西(三宅裕司)。 その写真は山野が盗撮したもので、領の策略通り、直人は父親とヤクザの大物との密会に不穏な気配を感じる。

  また領は、同じ写真を栄作にも見せ、池畑の仕業だと思わせる。  すぐさま、栄作は大隈に池畑の口を封じるよう命令する。

しおり(小林涼子)から、『神曲』の残像を見たと連絡を受けた直人は「ガランサス」を訪れる。見えたのは、過去の直人の事件の池畑が書いた捏造記事と、池畑宛の赤い封筒だった事などから、直人は次に狙われる可能性があるのは池畑だと推測する。

「もしかして、雨野は親父を操って池畑を殺させるつもりじゃ・・・?」 また、領の元に赤い封筒が届いたと知ったしおりは、領の身に何かが起こるのではないかと心配する。直人はそんな彼女を見ながら複雑な思いを抱くが、「犯人は必ず俺が捕まえます」と励ますしかなかった。

直人は池畑のアパートを訪ね、殺人事件に巻き込まれる可能性があるので捜査に協力してほしいと頼む。しかし、池畑から「アンタみたいな“人殺し”に守ってもらおうとは思わない」と冷たく切り捨てられてしまう。悔しさとやりきれなさでいっぱいの直人は、それでも守りたいと池畑に言う。事件は、自分が止めなければいけないのだと。

直人は父・栄作を問い詰める。大隈を使って、池畑を消すつもりじゃないのか? 「お父さんは操られてるんです!」と必死に止めようとするが、見覚えがないと栄作は白を切るばかりか、「お前があんな事件など起こすからだ。私の人生はお前の尻拭いの為にあるのではない!」と罵声を浴びせ掛ける。

ホテルのロビーでは、意気消沈する直人を領が待っていた。一連の事件に必ず領が関わっているのはなぜなのか?と話す直人に、自分こそその理由が知りたいから調べてほしいと答える領。

事件が十一年前の事件に端を発するなら、「一番犯人に近い人物はあなたなのでは?」と、冷たい瞳で見据えるように言う領に、直人は何も言い返すことが出来なかった…。

その頃、領の姉・真紀子(優香)の元を領の取材と偽り池畑が訪ねていた。 電話でその事を知った領は怒りを露にし、口止め料の件で返事をすると言ってある場所に呼び出す。

そして、宗田(忍成修吾)の元にも、赤い封筒が届いていた。中には葛西(田中圭)と麻里(吉瀬美智子)が抱き合っている写真の他に典良と麻里が自宅から出てくる所の写真が入っていた。宗田は葛西と麻里の不倫を知り、ある事を企む…。

池畑が領に呼び出された場所に来ると、そこには領の姿はなく、赤い封筒を見つける。中には、タロットカードと11年前の記事のコピーが入っていた。裏切られた事に怒りを露にする池畑は、領の秘密をバラす事を決意する。しかし次の瞬間、大隈の部下たちに囲まれる。栄作の差し金だと判断した池畑は、なんとか彼等から逃げ出し、栄作に連絡。金と引き替えに、直人の件をマスコミにバラさない事を約束する。それに応じた栄作はすぐさま大隈に連絡し、池畑殺しを中止するよう伝える。

しかし、大隈は部下達に予定通り動くよう命令する。実は大隈は、領から多額の金を受け取っており、池畑を追い詰めるように依頼を受けているのだった。金で動く大隈は、栄作を裏切り、領に寝返ったのだった―――!! 池畑は、取引で栄作が裏切ることを用心して、直人に守ってくれと連絡する。その代わりに、「教えてやるよ、真犯人」と言う池畑。 「死んだ奴が相手じゃ、捕まえられねえわな」という池畑の言葉が引っかかりつつ、すぐさま現場へ向かう直人。

直人から近くについたと知らせを受け、外に出た池畑を、大隈の部下達がようやく見つけ、捕まえようとする。栄作とは金で型がついたと不敵にいう池畑だが、チンピラの一言に愕然とする。「ボスは変わったんだよ」 それを聞き、命が危ないと逃げ出す池畑。それを追う部下達。

逃げ場を失った池畑は、古びた倉庫へと逃げ込み「立ち入り禁止」と書かれた場所へ足を踏み入れてしまう。すると…老朽化が進んだ床が抜け、落下!下にあった鉄骨に頭をぶつけてしまう。そんな池畑の元へ一人の人物がやってきた。直人が来たと思った池畑は、虫の息で証拠であるボイスレコーダーを渡すが――!!なんと、来たのは領だった!!!愕然とする池畑だったが、時既に遅し。驚きと怒りに震えながら息を引き取る。

池畑から呼び出された直人は約束の場所まで来た事を知らせるために電話をかけていた。すると、どこからか呼び出し音が聞こえ、その音がする方へ歩いていくと…池畑が倒れていた!!!

既に息絶えている池畑を前に、言葉も出ない直人。 池畑から受け取ったボイスレコーダーを聞きながら不適な笑みを浮かべて現場を去る領。またしても第三者を操って人を殺す計画を成功させたのだ。 領の復讐は留まる事を知らない…。



第1話 2008年7月4日 愛を捨てた復讐鬼―哀しき魔王 14.0% 15分拡大

第2話 2008年7月11日 裏切りの罠…引き裂かれた親子!! 12.6% 5分繰り下げ

第3話 2008年7月18日 暴かれる素顔 愛とひきかえの復讐 9.2%

第4話 2008年7月25日 狙われた魔王 地獄の門は開かれた 10.1%

第5話 2008年8月1日 殺人予告・・・!? 魔王に届く赤い封筒 10.9% 30分繰り下げ

第6話 2008年8月8日 教えてやるよ…真犯人の正体を!!  7.6%

第7話 2008年8月15日 偽りの姉弟…優しい嘘が死を招く 12.1%

第8話 2008年8月22日 許されぬ愛の終わり…復讐、再び 11.5%

第9話 2008年8月29日 真犯人は俺だ 知りすぎた男の悲劇 11.5%

第10話 2008年9月5日 一族の崩壊…死のラストカード!!

第11話(最終回) 2008年9月12日 最後の対決死が絆を引き裂く!!
タグ:魔王

『魔王 第6話あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロト6で3億2千万円当てた男 #6 あらすじ

ついに、美佳(中島知子)や真弓(眞鍋かをり)にロト6で3億2千万円当てたことをバラしてしまった悟(反町隆史)。会社に復帰し、佐竹(石垣佑磨)にも真実を告白した。

 もう金目当てで近づいてくる人にはだまされないと決意し、綾乃(小沢真珠)にも、もう自分とは別れて、使った金を返してくれ、と言い渡した。きつく言い過ぎたかと後悔する悟を見て、掛井(豊原功補)は自分の過去を打ち明けた。彼の父親は宝くじで1等を当てたが、叔父にだまされて一文なしになって家族は崩壊。それをバネに彼は投資家になった。そんな掛井にとって、悟は放っておけない存在だったのだ。掛井は、人の嫉妬は恐ろしいと改めて悟に忠告する。

 掛井の忠告どおり、3億2千万円当てたことを告白してから、悟の周りの人たちの態度が少しずつ変わり始めた。息子の健太(澁谷武尊)は悟が大金を持っていることを知ってわがままを言うようになり、美佳の手を焼かせるように。綾乃は、もっと物を買ってくれなきゃ、ネットに悟の実名を公開するとちらつかせてきた。その上、花火の見えるホテルの部屋を予約してくれとねだられてしまう。

 そんな中、3億2千万円当てたことを先輩の吉村(西村雅彦)に隠し切れなくなった悟は、思い切って当せんの事実を告白した。すると、今まで堅実な生活をしろと説き続けてきた吉村までもが、800万円貸してくれと頼んできた。悟は恩返しになればと思い、快諾する。

 花火大会当日のホテルはどこも満室で、悟はネットオークションで100万円をつぎ込んで、ようやくスイートルームを落札した。だが、親しい人たちが自分から離れていくと感じていた悟は、それを綾乃のためではなく、みんなで楽しむために使おうと思いつき、招待状を出す。

 当日、ルームサービスを準備し、みんなの到着を待つ悟だが、時間になっても、誰も現れない。みんな、悟に気をつかうのをいやがって、来るのを止めたのだった。1人、寂しく花火を見る悟。心配した真弓がホテルの部屋を訪れた頃には、悟はすでにチェックアウトした後だった。

 その頃、悟は驚くべき行動を取っていた。あの黒服2人組に、彼らの正体を教えてもらうことと引き換えに、全額寄付すると申し出たのだった!



第1話 2008年7月4日 「衝撃の実話…100万人が見た貧乏男の逆転人生!!」 12.4%

第2話 2008年7月11日 「セレブ女とNo.1ホステスの罠」 6.8%

第3話 2008年7月18日 「資産100倍にする奇跡の女!!」 6.0%

第4話 2008年7月25日 「金か愛か…3億賭けた結婚!?」 4.7%

第5話 2008年8月1日 「復讐編…一文無しVSセレブ女」8.0%

第6話 2008年8月8日 「逆転人生、花火の夜・・復讐開始」4.6%

第7話 2008年8月15日 「母vs元妻3億円争奪の修羅場」5.1%

第8話 2008年8月22日 「母の涙・・・別れの25年預金通帳!!」5.2% 

第9話 2008年8月29日 「最終章!負け組ついに逆転」

第10話(最終回) 2008年9月5日

『ロト6で3億2千万円当てた男 #6 あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

コード・ブルー #006 あらすじ

 左前頭葉の脳腫瘍と、脳ヘルニアを起こしていた松原秀治が死亡した。藍沢(山下智久)は、秀治の死を知った家族が年金をもらえなくなって悔しがっていた、と白石(新垣結衣)に話す。それを聞いた白石は、家族の気持ちを理解しようとは思わないのか、と藍沢を非難する。

 同じころ、翔陽大学附属北部病院の救命救急センターには藍沢の祖母・絹江(島かおり)が運び込まれていた。買い物途中に転倒し、大腿骨を骨折したのだという。藍沢は、ドクターヘリで搬送されてくる患者の受け入れ準備をしている最中に、黒田(柳葉敏郎)から絹江のことを知らされた。しかし藍沢は、治療が終わっているのなら搬送されてくる患者の処置を終えてから絹江のところに行く、と答える。

 ドクターヘリで現場に向かい、患者を搬送してきたのは、緋山(戸田恵梨香)と森本(勝村政信)だった。患者の名前は小田浩一(大高洋夫)。家の2階屋根を修理している最中に転落したらしい。黒田たちは、ヘリが着陸した直後にショック状態に陥った小田を初療室に運んで処置する。

 藤川(浅利陽介)は、微熱と腹痛を+訴えて救急外来にやってきた上村(北見敏之)という中年男を診察していた。そこに冴島(比嘉愛未)がやってきて、藤川を外へと呼び出す。上村に付き添ってきた高校生の息子・久志(熊谷知博)が藤川に話があるのだという。久志は、廊下に出てきた藤川に、動揺したようすで奇妙なことを話し始める。何と彼は、呪いの人形を使って父親に呪いをかけたというのだ。

 小田の処置を終えた森本と緋山は、あることに気づく。小田は、2階屋根から転落したにも関わらず、手足にケガを負っていなかった。森本たちは、脳梗塞などで落ちる直前にすでに意識がなかった可能性も考慮してCT検査を行うことにする。するとそこに、小田の娘・有美(伊藤麻里也)がやってくる。だが、有美は放心したようすで、自分は悪くない、などとつぶやいていた。

ほどなく、緋山と森本は、小田が屋根から落ちた原因を知る。小田が、やってきた有美と激しく口論を始めたからだった。実は小田は、突然結婚したいと言い出し、すでに式場まで予約していた有美と口論になったらしい。が、話を一方的に打ち切って屋根の修理を始めたところ、カッとなった有美に突き落とされたのだった。

 藤川は、白石や緋山を相手に、藍沢の噂話をしていた。藤川によれば、藍沢は幼いときに両親が離婚し、彼を引き取った母親も他界したために、ずっと絹江に育てられたのだという。


 藍沢が絹江のもとを訪ねると、そこに藤川と緋山がやってくる。白石も、藤川たちに半ば強引につき合わされていた。藤川たちは、絹江に藍沢の同僚だとあいさつした。仕方なく、絹江に藤川たちを紹介しようとする藍沢。ところが絹江は、何故か藍沢にも「初めまして」とあいさつする。

  絹江を診察した西条(杉本哲太)は、ケガのショックによる一時的な健忘症か認知症だと判断する。藍沢も同じ意見だった。藍沢は、その事実を冷静に受け止め、しばらく絹江の様子を見ることにする。

 そのころ三井(りょう)は、田所(児玉清)や春日部(田窪一世)とともに会議室にいた。弁護士の相馬(隈部洋平)を相手に、裁判の本人尋問に備えて、主張すべき点を確認していたのだ。相馬は、想定される質問に反論しない三井に対して、正しいことをしたのだからキチンと反論しなければダメだ、とアドバイスする。

 藤川は、冴島とともに、久志から事情を聞いていた。久志は、勉強しろと口うるさい父親に対して不満が募り、黒魔術を使ったのだという。ネットで黒魔術のやり方を調べたという久志によれば、上村は意味不明な行動を取った挙句、1週間後に狂い死ぬのだという。

  上村の病気が何であるのかわからない藤川は、黒魔術をかけたという久志の証言を完全に否定することもできず、冴島を呆れさせる。するとそこに、上村が奇妙な行動を取り始めたという知らせが入る。上村が、植木鉢の土を美味そうに食べ始めたのだ。

 そんな中、ドクターヘリの出動要請が入る。ヘリ担当は三井と藍沢だった。するとそこに、絹江が急に苦しみだしたという知らせがあった。白石とともに絹江の元に向う藍沢。絹江は、小銭を誤嚥した可能性があった。藍沢は、絹江のことを白石に任せると、ヘリポートへと急いだ。

 藍沢たちは、現場での処置を終え、患者を近くの病院まで搬送した。その帰り、藍沢は、パイロットの梶(寺島進)から、絹江のことを知らされる。絹江は100円玉を誤嚥していたが、白石がそれを取り出していまは安定しているという。

 白石は、西条の指示で、絹江の荷物を片付ける。絹江は、せん妄がひどくなっていた。白石は、戻ってきた藍沢にそれを報告すると、認知症を軽減するためには身近な人間が側にいて安心させてやることだと言おうとした。藍沢は、そんな白石の言葉を途中でさえぎると、何年も離れて暮らしていたのだから絹江にとっては身近ではない、と返す。

 森本と緋山は、小田のCT検査をする。そこで緋山は、小田がガンに侵されていることに気づく。緋山から告知を受けた小田は、有美を呼んで自分がガンであることを打ち明けると、結婚を許すと告げる。「思っている以上に難しいぞ、人と一緒に暮らすっていうのは。せめて半分くらいは相手の言うことを聞いてやれ。それと…母さんを頼むぞ」

小田は、突然の告白に激しく動揺する有美にそう話すと、緋山に向って、有美が式を挙げる12月に一緒にバージンロードを歩けるかどうか問いかけた。緋山は、小田の思いを受け止め、全力を尽くす、と答える。

 上村のカルテを見ていた冴島は、ふと何かを思い出し、資料室を訪れる。そこには白石がおり、老人病関係の本を読んでいた。そのとき白石は、手元にある本の著者が冴島という姓であることに気づいて、冴島に声をかけた。白石が何を言おうとしているか察した冴島は、問われる前に、父親が岳南大の医学部教授であること、兄姉ふたりも優秀な医者だが自分は医学部の受験に失敗したことなどを話す。

 藤川は、冴島の助言により、上村が髄膜炎であることを知る。上村は2週間ほど前に歯の治療を受けており、その際に入った細菌と仕事の疲れが重なって髄膜炎を起こした可能性が高かった。藤川は、久志にそれを伝えた。久志は、父親の病気が自分のせいではないことを知って安心する。藤川は、そんな久志に、父親が厳しく接するはそれだけ心配しているからだ、と声をかけた。

 その夜、絹江が暴れだした。「私のお金を返せ!」と叫び、駆けつけた藍沢に、お前が盗ったんだろう、などと怒りをぶつける絹江。藍沢は、そんな絹江を押さえつけて鎮静剤を打つと、抑制帯を使って彼女の体を固定する。

 黒田は、上村が髄膜炎であることによく気づいたな、と藤川に声をかける。正直に冴島のことを話そうとする藤川を止めたのは、冴島自身だった。そこに藍沢がやってきた。黒田は、リハビリ病棟に移るまで絹江のことを見るよう藍沢に指示した。


 あくる日、絹江は、再び金を返せと言い始めて、藍沢を困らせる。必要なものがあれば買ってくる、と藍沢が言っても、絹江は、自分で行きたい、と譲らないのだ。藍沢は、そんな絹江を車椅子に乗せて、一緒に買い物に行く。

  田所と一緒にいた三井は、絹江を売店まで連れて行こうとしている藍沢の姿を見つける。藍沢が、絹江のことに動揺することもなく淡々と業務を遂行しているのに比べて、2年前の自分はそれができなかった、と自分を責める三井。あのとき自分が引き受けなければ、真壁朋子は死ぬこともなかったかもしれない、というのだ。

 絹江は、売店で手当たり次第に菓子をカゴに入れていた。藍沢は、そんなに食べられない、といって、絹江を止めようとした。絹江は、その手を払いのけると、菓子を胸に抱え込んで、「買わしておくれよ」と懇願した。白石や緋山たちは、藍沢たちのようすがおかしいことに気づき、ふたりを見つめていた。床には、絹江が落とした財布からこぼれ出た小銭や菓子が散乱していた。藍沢がそれを拾おうとすると、絹江は、こう言った。「約束したんだよ!耕作にお菓子を買ってやるって約束したんだよ!」たったひとりで頑張っている孫に自分ができるのはこんなことしかない、と…。藍沢の目から涙が溢れた。藍沢は、なおも菓子を手に取ろうとしている絹江に抱きつき、嗚咽していた。


第1話 2008年7月03日 「決断」   21.2%

第2話 2008年7月10日 「責務」   16.0%

第3話 2008年7月17日 「急変」    16.0%

第4話 2008年7月24日 「母の愛」  13.2%

第5話 2008年7月31日 「過去」    15.7%

第6話 2008年8月07日 「無償の愛」 15.6%

第7話 2008年8月14日 「告白」 10.8%

第8話 2008年8月21日 「決断」 13.4%

第9話 2008年8月28日 「壊れた絆」 15.8%

第10話 2008年9月4日 「揺れる心」14.9% 

第11話(最終話)2008年9月11日

『コード・ブルー #006 あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コード・ブルー #005 あらすじ

 藍沢(山下智久)たちフェローの面々は、受付で怒鳴り声を上げ、警備員に制止されている男を目撃する。その男・真壁清(阿南健治)は、三井(りょう)に妻と息子を殺された、と叫んでいた。藤川(浅利陽介)は、医療ミスに違いないと決め付け、興味津々だった。だが藍沢は、どうでもいい、とそっけない。誰でも困ったときには医者に頭を下げ、結果が悪いと訴えるものだ、と藍沢は続けた。

 そのとき白石(新垣結衣)は、前を歩いていた老人・松原秀治のようすがおかしいことに気づく。秀治は、体が右側に傾いていた。次の瞬間、秀治が突然倒れた。MRI検査の結果、秀治は、左前頭葉の脳腫瘍と、脳ヘルニアを起こしていた。治療は、開頭手術で脳腫瘍を取り除くか、脳圧降下薬を使うしかなかったが、いずれにせよ、もって2、3ヵ月という状態だった。

藍沢と白石は、秀治の息子・俊夫(田口主将)とその妻・春江(佐野珠美)に、手術をしたら2度と秀治の意識が戻らないことを説明し、薬で痛みを取る治療を勧めた。が、俊夫たちは、少しでも長く生きられるのなら手術をしてほしい、と強く希望する。「勝手なものだな、家族っていうのは」。藍沢は、そう言うと、オペか投薬か本人に確認しておいてくれ、と白石に告げる。

 そのころ冴島(比嘉愛未)は、電話で中年女性と話していた。中年女性は、たまには顔を見せに来てほしい、と冴島に頼んでいた。そこで冴島は、午後、その中年女性のところに行く約束をする。「嬉しい。悟史も喜ぶと思う。ありがとう」。中年女性は、そう応えて電話を切った。

 藤川は、森本から三井の過去を聞きだそうとしていた。そこにやってきた黒田(柳葉敏郎)は、次に行く病院は決まったのか、と藤川に問いかけた。目をあわすこともできず、まだです、と答える藤川。黒田は、そんな藤川に、早く決めたほうがいい、と告げる。

 そんな中、消防署からドクターヘリの出動要請が入る。工場解体現場で爆発事故があり、3名の負傷者が出ているのだという。緋山(戸田恵梨香)は、三井とともにヘリポートに向おうとした。黒田は、そんな緋山を制止し、森本に出動を頼む。

 現場に到着した森本、三井、冴島は、その惨状を目の当たりにし、呆然となる。負傷者は3名どころか、数10名に及んでいた。その中には、倒れたまま動かない者や鉄筋の下敷きになっている者までいた。


 連絡を受けた黒田は、藍沢、白石、緋山の3人に、患者を搬送して戻ってくるドクターヘリにタッチアンドゴーで乗り込んで現場に向かうよう指示した。そのころ三井たちは、負傷者を見て回り、治療の優先順位を示すトリアージ・タッグをつけていた。

 現場に向かう途中、大規模爆発により傷病者多数、という情報が入った。それを聞いて高揚感を抑えきれない藍沢と緋山。だが、白石だけはそんなふたりについていけない。

 ほどなく現場に到着した藍沢たちは、手分けして治療に取りかかった。

 白石は、助けを求める声を聞きつけて、声のする方向へ向った。声の主は、作業員の横山(山崎裕太)だった。壁にもたれるようにしている横山の腹部を見た白石は愕然となった。壁から伸びている鉄筋が彼の腹部を貫いていたのだ。

 白石の応援に駆けつけた藍沢は、レスキュー隊が間に合わないことを知る。アドレナリンが出ているせいで痛みを感じていない横山は、饒舌になっていた。藍沢は、そんな横山に、血管をふさいでいる鉄筋を抜けば大出血し、助からないことを告げる。横山は、ショックを受けていた。来月、3人目の子どもが生まれるのだという。

 緋山は、大量に出血し、救命が難しい状態の作業員を見つける。その男は、「助けにきました」という緋山の言葉に安堵し、礼を言って笑った。が、次の瞬間、男が吐血した。緋山は、必死に心臓マッサージをしたが、男は蘇生しなかった。そんな緋山の姿を見た三井は、「あなたを必要としている患者は他にいる!」と叱責した。一度、別の場所に向って駆け出した緋山は、再び男の元に戻ると、耳元で「ごめんなさい…」と囁いてその場を離れた。

 救命救急センターでは、黒田たちが搬送されてくる患者の処置にあたっていた。藤川は、西条(杉本哲太)のサポートを命じられていた。

 危険な状態になっていた横山は、藍沢に、定期入れを探してほしい、と頼んだ。藍沢が横山の服を切ったときに一緒に切ってしまい、真っ二つになった定期入れには、横山の家族の写真が入っていた。

 緋山は、患者をヘリで搬送した。緋山が落ち込んでいることを知ったパイロットの梶(寺島進)は、医者なら避けて通れないことだ、と彼女に声をかけた。

 横山は、3人目の子どもの名前を考えたからそれを妻に伝えてほしい、と藍沢に告げる。ほどなく、意識混濁を起こし、危険な状態に陥る横山。それを見た藍沢は、この場で鉄筋を抜こうと提案する。反対する白石に、お前は無関係でいいから手伝え、と告げる藍沢。それを制したのは冴島だった。オペ中の黒田と電話が通じた、というのだ。

 黒田は、開胸してより心臓に近い部分の動脈を止めて、それから鉄筋を抜くよう藍沢に指示した。藍沢は、白石、冴島のサポートでオペに挑み、大動脈のクランプに成功した。

 藍沢は、横山の手に定期入れを握らせると、子どもの名前は自分で伝えるんだ、と告げた。藍沢たちの手で、横山は鉄筋から外された。その直後、心室細動が起こった。直接心臓マッサージを続けても、モニターは戻らなかった。諦めかけて立ちあがった藍沢は、不意に力を込めて横山の胸を叩いた。すると横山の心臓は再び動き出し…。


 藍沢たちは、横山を救命救急センターに搬送した。そのころ藤川は、紹介状を書くために、搬送されてきた患者から聞き取りをしていた。それに気づいた黒田は、もう止めるよう指示した。藤川は、その言葉を無視して作業を続けると、自分にはここしかない、と黒田に言い放つ。森本は、そんな藤川に「グッジョブだ」と声をかけ、持っていたコーヒーを手渡した。

 あくる日、各ブースを回っていた白石は、俊夫と春江の話を偶然聞いてしまう。ふたりは、家のローンのために秀治の年金を当てにしていたのだ。白石からその話を聞いた藍沢は、秀治自身もそれを知っている、と告げると、手術の同意書を取り出した。藍沢は、人は人から必要とされないと生きていけない、というと、こう続けた。「医者もそのために腕を磨く。患者から必要とされたいからな。外科医は一番にならないと意味がない。二番目、三番目の医者に誰が命を預けたい?」。白石は、横山は藍沢の腕だけに命を預けたのではないと思う、と反論しようとした。藍沢は、そんな白石に、秀治のオペは面白いものになりそうだ、と言い残して去っていく。

 エレベーターの中で黒田と一緒になった三井は、フェローたちに現場で開胸させたのは危険すぎるのではないか、と意見する。すると黒田は、冷静かつ器用で、患者に感情移入しない藍沢だったからやらせた、と返し、フェローと昔の自分を重ね合わせるのはやめるべきだ、と三井に告げる。実は三井には、かつて真壁の妻とお腹の子どもを救えなかった過去があった。

 藍沢は、西条のオペを手伝うため、オペ室に向った。そのとき、ストレッチャーに載せられた老婆が運ばれてきて藍沢とすれ違った。大腿骨骨折とショック状態で救急搬送されてきたその老婆は、藍沢の祖母・絹江(島かおり)だった…。



第1話 2008年7月03日 「決断」   21.2%

第2話 2008年7月10日 「責務」   16.0%

第3話 2008年7月17日 「急変」    16.0%

第4話 2008年7月24日 「母の愛」  13.2%

第5話 2008年7月31日 「過去」    15.7%

第6話 2008年8月07日 「無償の愛」 15.6%

第7話 2008年8月14日 「告白」 10.8%

第8話 2008年8月21日 「決断」 13.4%

第9話 2008年8月28日 「壊れた絆」 15.8%

第10話 2008年9月4日 「揺れる心」14.9% 

第11話(最終話)2008年9月11日

『コード・ブルー #005 あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2008年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ドラマ/アイウエオ順検索