2010年08月06日

熱海の捜査官 第3話

遺留品のカセットテープを再生すると、微かなノイズが入っていた。北島は星崎剣三(オダギリ ジョー)の指示に従って学園からバスを借り、事件発生現場へ。拾坂修武(松重豊)を中心に当時の状況を再現。霧が人工的に作り出されたのではないかと予想した拾坂は、スモークマシーンを使って実験。ところが作り出した霧はショボショボで、バスがどんなに速度を上げても、霧の中に消えることはなかった。

 南熱海市の中心に住んでいる人なら、この地のことに詳しいのではないか―― ふと思い立った星崎は、南熱海の地形的な中心を突き止める。そこには占い師の占部日美子(銀粉蝶)が住む雑居ビルがあった。占部は捜査は指定されたポイントにあるマークを見つけていく“オリエンテーリング”だ、と星崎に告げる。さらにそれらは現象に惑わされず直感で捜し当てるべきだとも忠告。身につけておくと守ってくれるという人形を、北島と星崎に渡す。

 その後、星崎と北島、拾坂は行方不明となっている蛇川方庵(小野栄一)が住む大名荘の2号室へ。蛇川の姿は見当たらなかったが、星崎がダウジングで室内を調べると、畳の下からビデオテープが出てきた! その矢先、桂東光子(ふせえり)の調べで蛇川が3年前に死亡していたことも判る。星崎らは急いでビデオテープの映像を確認。そこには不思議なダンスを踊る椹木みこ(山田彩)と東雲麻衣(三吉彩花)が映っていた…。

 永遠の森学園を再度訪れた星崎は東雲を美術室に座らせ、事件前日に行われた四十万新也(山崎賢人)のヌード写生について思い出させようとするが、その様子を見た星崎は、自分が“現象”に惑わされていたことに気付く。と同時に、バス失踪事件に巻き込まれた4人の女生徒には別のつながりがあること、犯人は南熱海市にいることを確信するのだった。

 一方、北島は『空と海と虹の会』の代表・平坂歩(萩原聖人)から「新設堤防のおかげで沈んでいたバスが見つかった」との推測を聞かされる。しかし、平坂はもう少しデータを集めないと断定はできない、と言う。

 やがて星崎は甘利レミー(二階堂ふみ)から、レプス陶芸クラブが裏で援助交際の斡旋をしており、そこに朱印組組長・朱印頭(松尾スズキ)と甘利市長(団時朗)が一枚噛んでいることを聞く。星崎の気を引きたいレミーは、勝手に隠しカメラを持って陶芸クラブに潜入捜査。ところが、朱印とその手下の鮫島猛(緋田康人)に見つかってしまう。父親である甘利市長を強請るためにやった、と言い訳するレミーに、朱印らは自分たちも強請の仲間になりたいと申し出るのだった…。

 そのころ永遠の森学園の旧寮では、敷島澪(藤谷文子)とともに新也が自らのヌード・デッサンを燃やしていた。やがて敷島は新也を引き寄せてキスをし…。


熱海の捜査官 TOPへ 各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『熱海の捜査官 第3話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(7) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うぬぼれ刑事 第6話

「くされ縁」

ある日、世田谷通り署にタレントの 田尻えみ (小原正子) が暴漢に襲われたと被害届を提出。田尻はバドミントン日本代表としてペアを組んでいた 萩尾ゆみ (小雪) の仕業だと主張する。萩尾と田尻は、かつて “ハギシリ” と呼ばれるバドミントン女子ダブルスの人気ペア選手だったが、その後、現役を引退。

田尻はタレントとして活躍し始めるが、美人でタレント性が高いと思われていた萩尾は頭の悪さが災いし、全く売れなかった。それ以降、田尻は萩尾から嫌がらせを受けるようになったという。

一方、すれ違いざまに肩がぶつかったことから萩尾に一目惚れしてしまった サダメ (生田斗真) は、偶然再会した萩尾と同棲を始める。しかし、うぬぼれ (長瀬智也) も捜査をしているうちに萩尾のことが頭から離れなくなっていて…。

そんな折、田尻のブログや掲示板に息子・シンヤの殺害予告が書き込まれた。そして、うぬぼれにも同じ内容の脅迫文が届く。


うぬぼれ刑事 TOPへ 各話視聴率へ


2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『うぬぼれ刑事 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(5) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

崖っぷちのエリー〜この世でいちばん大事な「カネ」の話〜 第6話

一流飲食店をバッサリと斬る連載『恨メシ屋』も一周年を迎え、順風満帆…のはずが、絵里子(山田優)は浮かぬ表情。というのも、絵里子が先月稼いだ原稿料は8万1200円。目標の月収30万円には到底及ばないのだ。絵里子に好意を寄せる『週刊秘宝』の編集者・正宗(小泉孝太郎)は「単行本にしてはどうでしょうか」と提案するが、編集長の梅本(大杉漣)に「そう簡単に本なんか出せるか」と斬り捨てられてしまう。

 その夜、絵里子が帰宅すると、母・光代(渡辺えり)がため息をついていた。東京にいる人を対象にした中学の同窓会の案内が届いたのだが、光代には5000円の会費を払う金銭的余裕などないからだ。その姿を見た絵里子は、入ったばかりのギャラ5000円を渡し、光代を同窓会へと送り出す。

 同窓会当日。光代はいつものパンチパーマに時代遅れの洋服を着て、会場に入る。すると、中学時代に仲の良かった真山佳江(東ちづる)が声を掛けてきた。すっかり垢抜けて見違えた佳江を見て驚く光代。佳江の夫は5年前に独立して出版社を設立、その直後に出した本がすべて大当たりし、自社ビルを建てるほどの大成功を収めているらしい。亡くなった夫が二人ともろくでなしだった上に、いまも借金を返済し続ける生活をしている光代とは大違いだ。素直に感心する光代に、佳乃は明らかに上から目線で「一度うちに遊びにいらっしゃいよ」と招待する。

 光代からその話を聞いた絵里子は大興奮。もしかしたら単行本出版の夢が叶うかもしれないと考えた絵里子は、光代と共に佳江の家を訪問し、いきなり『恨メシ屋』を本にしてもらえないかと切り出す。すると、佳江は「オリジナルの新作」という条件で承諾。その代わり、“女の愛と人生”というテーマで、とびきりロマンチックでドラマチックなものを描けという。そんなテーマで描いたことのない絵里子は戸惑いつつも、売れっ子漫画家を目指すため、その条件を飲むことに。

 そんな中、光代は佳江から日給1万円で家政婦をやってほしいと頼まれ、引き受けることに。絵里子はいくつも仕事を掛け持ちしている光代の体を心配するが、前の家政婦が急に辞めて困っている友だちを放っておけない光代は、翌日から佳江の家で働き始める。佳江の桁違いの金銭感覚や、貧乏人を見下す態度にどこか違和感を覚えながらも、働き続ける光代。自分の出版話のせいで母親が佳江に頭が上がらないと感じた絵里子は、「絶対に売れるものを描く!」と奮起する。

 絵里子は“売れる本”を描くため、画風もガラリと変え、佳江に言われた通りの路線で漫画を描き始める。ところが、描きかけの原稿を見た丈一(塚地武雅)から「全然面白くねぇ」と言い捨てられてしまう。さらに、突然訪ねてきた氷室(田中要次)からも、面白くないと言われた上、光代の頭の方がよっぽど面白いと言われた絵里子は、自分が本当に描きたいものを描こうと決意するのだった。

 数日後、必死で描き上げた原稿を佳江に届けた絵里子は、そのまま『週刊秘宝』の編集部へ。するとそこへ、佳江から「原稿が無くなった」という連絡が入る。急いで駆けつけた絵里子に、「いつのまにか無くなっていた」と悪びれずに説明する佳江。さらに、「弁償するわよ」と100万円の小切手を差し出す佳江に呆れた光代は、絵里子に原稿を渡した時のことをもう一度思い出すよう言う。すると、絵里子の原稿はゴミ箱に捨てられてしまったことが判明。しかも、ゴミはすでに収集車に回収され、ゴミ処理場へと運ばれた後だった!

 絵里子と光代はゴミ処理場へと向かい、ゴミの山から原稿を探し出すことに……。陽も暮れ、さすがに諦めようとする絵里子に、喝を入れる光代。とそのとき、ゴミの奥から絵里子の原稿が見つかった!

 二人は急いで、佳江が出席している財界の実力者の妻たちの集まり『咲百合会』の会場へと向かう。まさに会長就任のあいさつをしようとしていた佳江に、「あったよー」と大声をかける光代たち。渋々原稿を受け取る佳江だったが、原稿を見た途端、さらに険しい表情に。絵里子が渡したのは、自分と母の貧乏話を描いた漫画だったのだ。セレブが売りである夫の出版社では出せないと切り捨てる佳江に、土下座して頼む光代。そんな光代を見下す佳江だったが、光代は中身が空っぽの佳江こそ惨めだと言い返す。絵里子も「見栄張ったり、人に自慢するために金持ちになりたいわけじゃない。母ちゃんを幸せにするために金が稼ぎたい」と言い放ち、二人はその場を後にする。

 とは言え、必死で描き上げた70ページの大作がボツになり、すっかり気落ちしてしまう絵里子。編集部員たちの励ましも、全く耳に入らない。翌日、編集部に置いていったはずの原稿が消えてしまい、絵里子が再び大騒ぎしていると、梅本がその原稿を手に戻ってきた。なんと、文暁社からの出版が決まったというのだ。

 一ヶ月後、絵里子の初単行本『貧乏ものがたり』が書店に並んだ。書店の片隅で、本が売れて行く様子を嬉しそうに見つめる絵里子と正宗。同じ頃、新聞に掲載された絵里子のインタビュー記事を見つけ、悔しがる佳江の姿があった……。


崖っぷちのエリー〜この世でいちばん大事な「カネ」の話〜 TOPへ 各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『崖っぷちのエリー〜この世でいちばん大事な「カネ」の話〜 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もやしもん 第6話

「発覚」

突然の出来事に動揺し、蛍との約束を破ってしまった沢木。翌朝、発酵蔵では様々な人間模様が繰り広げられていたことが明らかに。大騒ぎになる樹ゼミ。混乱の中、長谷川は沢木の菌が見える能力がなくなっていることを見抜いて…。


もやしもん TOPへ 各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ
タグ:もやしもん

『もやしもん 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土俵ガール! 第5話

若林相撲倶楽部で五日間の合宿を行うことになった光(佐々木希)と注連縄高校相撲部たち。寝食を共にして一日中稽古するいい機会のはずだったが、元ヤンキーの広崎(古原靖久)相手に稽古で負け続けた詠介(中村倫也)が、部長の資格を問われてしまう。合宿中広崎に一度も勝てなかったら、部長を辞めることを約束した詠介だったが。

一方田中島(忍成修吾)は、かつて自分が「太っている子はきらい」という理由でふった女の子が相撲部コーチの光だと知り、たびたび光のもとを訪ねるようになった。詠介はそんな二人の関係が気がかりだった。


土俵ガール! TOPへ各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『土俵ガール! 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

日本人の知らない日本語 第5話

日本語学校で幽霊騒ぎが起き、嘉納ハルコ(仲里依紗)が夜の見回りをすることに。
同僚のカトリーヌ(原田夏希)と見回りをしていると、消したはずの教室に明かりがついていた!

ところが、そこにいたのは幽霊でも泥棒でもなく、ハルコのクラスの生徒たち……。
日本の夏の風物詩のひとつ、暑い夜に身の毛もよだつ怖い話をして、涼しさを感じようとしていたらしい。
ハルコが生徒たちのインターナショナル爆笑怪談にあっけにとられていると、なぜか足元にひんやりとした冷たい風を感じ、同時に唸り声のような音が聞こえてくる。

さらに、廊下ではカレンダーの写真の人物から涙がつーっと流れ落ち、今は使われていない教室には―――!


日本人の知らない日本語 TOPへ >各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『日本人の知らない日本語 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GOLD 06

早乙女悠里(天海祐希)は、亡兄・修一(水上剣星)の息子だと主張するカメラマン、宇津木洋介(綾野剛)のDNA鑑定を依頼する。悠里は、長女の晶(武井咲)を早乙女家に戻せば願い通りDNA鑑定を行う、と宇津木と約束していた。だが、悠里からその経緯を聞かされた晶は、宇津木にだまされたと思いこみ、大きなショックを受けてしまう。

新倉リカ(長澤まさみ)は、悠里の運転手をしている保坂次郎(志賀廣太郎)のことが気になっていた。リカは、一度も保坂の声を聞いたことがなかったのだ。悠里によれば、保坂はもともと悠里の父・惣一(夏八木勲)の運転手で、悠里の運転手を務めるようになって20年近いという。だが、悠里自身も、長い間、保坂の声を聞いていないらしい。

そんな折、悠里たちは、刑務所の慰問に行くことになった。悠里は、子どもたちと一緒に、受刑者たちの前で楽器を演奏するという。悠里はハープ、長男の洸(松坂桃李)はチェロ、次男の廉(矢野聖人)はバイオリン、そして晶はフルートを演奏することができるのだ。洸は、悠里と一緒に練習を始めた。廉も、父・辰也(寺島進)のマンションで久しぶりにバイオリンを手にしていた。

一方、蓮見丈治(反町隆史)は、悠里の依頼で、宇津木の身辺調査に乗り出す。丈治は、宇津木の母親が温泉街でコンパニオンをしていたこと、そしていくつもの犯罪歴がある男と結婚していることを突き止め、悠里に報告した。もし宇津木が修一の子どもだとしたら、ふたりは不倫関係だった可能性もあると知った悠里は、宇津木の母親に会ってみる、と言い出す。すると丈治は、宇津木の母親は話すことができない、と悠里に告げた。

プライベートバーに宇津木を呼び出した悠里は、早乙女家が関わっている会社業務の概要を伝えた。修一の息子だと判明した場合、その後どうしたいか聞いておきたかった、と悠里は宇津木に告げた。その際、宇津木は、修一と若い女性が一緒に写っている1枚の写真を悠里に見せた。そして、金なんかいらない、父親が素晴らしい人だったことを証明したいだけだ、と言い放つ。

刑務所慰問の日、丈治は、社長室を掃除していた女性が、クレーマーの丹羽聖子(エド・はるみ)であることに気づく。聖子は、丈治の制止を振り切って社長室を飛び出し、エレベーターに乗って逃げた。

同じころ、休みをもらったリカは、会社のジムを訪れてトレーニングをしていた。そこにやってきた丈治は、リカから、悠里たちが刑務所の慰問に行ったことを教えられる。すると丈治は、いますぐに悠里たちを追いかけようと言い出す。悠里が慰問なんかするはずがない――丈治は、リカにそう告げると、ただちに刑務所に向かった。

刑務所に向かう車の中で、丈治は、ある事件について語り始めた。悠里が子どものころ、参宮橋の早乙女家に2人組の強盗が現れたこと、若いお手伝いさんが機転を利かせて幼い悠里をベッドの下に押し込んで守ったもののそのお手伝いさんは殺されてしまったこと、そしてそのお手伝いさんは運転手の保坂の新妻だったことを…。

悠里は、保坂に電話をして、「聞いていて」と告げると、子どもたちと一緒にステージに上がった。演奏したのは、モーツアルトの『フルートとハープのための協奏曲』だった。

演奏を終えた悠里は、マイクを手に、受刑者たちに向かって話し始めた。それは、幼いころに体験した、忘れようとしても決して忘れることができないあの事件のことだった。すぐに受刑者たちの間でざわめきが起きた。悠里は、そんなことはお構いなしに、話を続けた。

生まれたとき、赤ん坊は心琴――心にハープを持たされて、それで他者からの感情を受け取る。成長するにつれ、自らこの弦をつまびくことによって人と交わっていくが、この弦はもろく、いけないことをするとプツリと切れてしまう。そうしてついには、奏でる弦がひとつもなくなってしまったのがあなた達だ、と。人間としての尊厳を、利己主義を超えて達成するために生きて、愛して、生き切っていくという命題を放棄し、自分の利益、快楽しか追求できないあなた達はケダモノだ――悠里は、そう叫んだ。

激高した受刑者たちがステージに詰め寄り、会場はパニック状態に陥った。廉は、晶を連れて避難した。辰也と洸、そして駆けつけた丈治は、必死に悠里を守り、彼女をステージから連れ出した。

あくる日、丈治は、惣一の邸宅を訪れる。丈治は、改ざんした修一と宇津木のDNA鑑定の結果を悠里に渡したことを後悔しているようすだった。事実、修一が残した遺書には、宇津木の母親である女性のことも記されていたのだ。しかし惣一は、この話はこれで終わりだ、といって、修一の遺書を燃やしてしまう。

悠里は、宇津木の母が入院している病室を訪れ、DNA鑑定の結果を伝えていた。宇津木は、父親が修一ではなかったことに、ショックを受けているようすだった。悠里は、そんな宇津木に、晶の力になってくれるならふたりの交際を邪魔する理由はない、と告げた。

外は激しい雨だった。病院の玄関を出て車に乗り込み、ため息をつく悠里。そのとき、「明日は晴れるそうです」と保坂が悠里に声をかけ…。


GOLD TOPへ 各話視聴率へ 

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ
タグ:GOLD

『GOLD 06』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(6) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警視庁継続捜査班 第4話

数日の間に、2人の男性が頭を撃たれて殺害されるという事件が発生する。鑑定の結果、犯行に使用された拳銃が過去の事件で奪われたものだとわかり、継続捜査班に捜査協力が要請された。

10年前、警察官の森谷(半海一晃)は、何者かによって襲われて拳銃を奪われ、事件は未解決のままとなっていた。その拳銃が今回の犯行に使われたのだという。早速、真奈美(木村佳乃)は10年前の事件についてプロファイリングを開始。土地勘があり計画性も高いが、肉体的には劣る人物という犯人像を描き出す。

一方、矢吹(筒井道隆)は、今回射殺された被害者の共通点を発見した。2人には経歴不明の空白の2年間があるのだ。岩瀬(平泉成)の調べで、2人は、未成年だった10年前、他の共犯者3人とともに、ある犯罪に関わって服役していたという事実が明らかになった。今回の事件の背後にはどんな事件が隠されていたのか?

さらに、第三の射殺事件が発生! 今回の被害者もまた、10年前の共犯者たちの1人だった。事件を追う継続捜査班を待っていた衝撃の事実とは!?


警視庁継続捜査班 TOPへ 各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『警視庁継続捜査班 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

科捜研の女 第10シリーズ 第5話

とある廃墟で、イスに縛りつけられたまま絞殺された大学生・松岡裕太(翔太)の死体が発見される。現場に急行した榊マリコ(沢口靖子)たちは、被害者の上着のボタンに巻きついた毛髪を発見する。

 その後、同じ手口で女子大生・芹沢奈央(田中良子)が殺され、やはり上着のボタンに毛髪が巻きついているのが見つかった。2つの髪の毛をDNA鑑定したところ、なんと2年前に自殺した殺人犯・今村尚之(柄本時生)のものと一致し、マリコたちは驚愕する…! 

 当時、高校3年生だった今村は、担任教師・小原哲也(野々村仁)を殺害した容疑がかけられていたが、逮捕される直前に逃走、伊豆の海岸で飛び込み自殺を図ったものと思われていた。だが、実は、死体は見つかっておらず、しかも2年前の事件は、今回の連続殺人とまったく同じ殺害方法だったとわかる。

 今村は生きていたのか…!? そんな中、京都府警のホームページの相談窓口に今村を名乗る人物から謎の書き込みがある…。


科捜研の女 TOPへ 各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『科捜研の女 第10シリーズ 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

ホタルノヒカリ2 #6

「結婚はやめよう」と部長(藤木直人)に言われてしまったホタル(綾瀬はるか)。

 同居は変わらず・・・の関係に「ま、いっか」なホタルだったが、山田姐さん(板谷由夏)に「結婚をやめるってことは他の男のモノになってもかまわないってことなんだから」と言われてしまう。「部長をハラハラさせて、もう一回プロポーズさせろ」と高度な恋愛技術を吹き込む山田姐さんに、ホタルは「ぶちょおをほっておく」と決意する。

 一方、契約更新の時が迫っている瀬乃(向井理)は、そんなホタルの変化を感じ取っていた―――。


ホタルノヒカリ TOPへ 各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『ホタルノヒカリ2 #6』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(8) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新・警視庁捜査一課9係 season2 第7話

志保(羽田美智子)の高校時代の友人で専業主婦の理子の死体が自宅で発見された。そばに七輪が置いてあり、自殺のように見える。しかし、死亡当日に理子と会う約束をしていた志保には、理子が自殺したなどとはにわかに信じられない。死体には引きずった跡もあり、他殺の可能性が高くなる。

 第一発見者である理子の夫・光太郎は、有名な大学教授で、「ベストハズバンド賞」を受賞するほどの愛妻家。事件当時は、ゴルフの練習場へ行っており、帰宅した際、妻の死体を発見したという。その自宅で青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)は盗聴器を発見。光太郎は心当たりなどないというが…。

 真澄(原沙知絵)の解剖結果から、理子は死ぬ前に多量の睡眠薬を飲んでいた事が分かった。顔見知りの人間が自殺を装い殺害した可能性もある。
 理子は心療内科に通っており、友人にも恵まれていなかったようだ・・・。志保と後日会う約束も、偶然出会ったときに半ば強引に理子から言い出したものだった。光太郎との関係は本当に円満だったのだろうか。志保と村瀬(津田寛治)が改めて光太郎から事情を聞くと、妻が心療内科に通っていたことも知らなかったという。
 さらに倫太郎(渡瀬恒彦)と直樹(井ノ原快彦)が理子の手帳から美容室で話を聞いている一方、志保と村瀬の捜査で光太郎がゴルフ練習場にはわずか1時間しかいなかったことが判明。光太郎のアリバイが崩れる。

 盗聴器の線を洗っていた青柳と矢沢は、盗聴していたのが離婚問題を専門としている弁護士・都であることを突き止める。都によると、理子は光太郎から言葉の暴力で精神的に追い詰められるモラルハラスメントの被害者だったという。その盗聴で録音された夫婦の会話には、光太郎が理子を追い詰めるようなやり取りが収められていた。
 さらに練炭がついた光太郎の手袋が発見された。アリバイもなく、財産を独り占めしたいという金がらみの動機もある。犯人は光太郎で決まりかと思われたが…。



新・警視庁捜査一課9係 TOPへ 各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『新・警視庁捜査一課9係 season2 第7話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

逃亡弁護士 第6話

目の前に絵美(石原さとみ)が現れ、驚きを隠せない成田(上地雄輔)。
絵美は、逮捕直前の浅沼(姜暢雄)から、成田の冤罪の真相解明に協力するよう電話で頼まれていた。成田は早速、美由紀(村川絵梨)に虚偽の証言をさせた “フクナガ”という人物について、生前の二ノ宮(船越英一郎)がつかんでいた情報を調べるよう絵美に頼む。しかし絵美は、事件から1年以上経ってなお冤罪の証拠を一つも挙げられない成田を信じ切ることができない。

その矢先、絵美の妹・まどか(折山みゆ)が、友達・橋元望(波瑠)の自殺を止めようとして、まきぞえでケガをしてしまう。
望は、知り合いの男性にレイプされ、妊娠してしまったのだという。母親にすら相談できず一人思い悩む望を不憫に思った絵美は、成田に協力を仰ぐ。成田は早速、望から事情を聞く。

相手の男性はバイト先のカフェで知り合った常連客の大学生。デートの途中で急激な眠気に襲われ、気付いた時にはホテルのベッドの上で、抵抗しようにも逃げ切れなかったという。薬を使用したかもしれない悪質なレイプ事件に、成田は望の働いているカフェで聞き込みを開始するが、店側によると望は随分前に辞めており、問題の男性との出会いが成立しない。

不審に思った成田は改めて望の自宅に赴き、経緯を一つ一つ尋ねるが、望の証言は一貫性がなく、成田は望が嘘をついていると確信する。彼女の部屋に氾濫する高級ブランド品の数々から、本当は援助交際をしており、妊娠もそれが原因ではないかと言う成田に、「アナタはやっぱり信用できない」と不信感を露わにする絵美。

しかし、事実は成田の推測通りだった。両親の愛情に飢えていた望は孤独を埋めるため援助交際に走り、いつしか男性からのプレゼントに自分の存在価値を見出すようになっていった。その揚げ句の果ての妊娠……。

ひどく自己嫌悪に陥る望を成田は優しく励ます。そして相手の男性にも掛け合って、望を窮地から救い出す。この誠実な対応に、絵美は頑なだった態度を軟化させ、二ノ宮が握っていたフクナガの事務所の住所を成田に教えるのだった。早速、フクナガの事務所にやって来た成田は、手かがりを見つけようと事務所内を物色し始める。

しかし、その直後、背後から何者かが刃物を振りかざしてきて…!


逃亡弁護士 TOPへ 各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ
タグ:逃亡弁護士

『逃亡弁護士 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジョーカー 許されざる捜査官 第5話

伊達一義(堺雅人)は、無差別殺人犯・椎名高弘(窪田正孝)が、どうやって心神喪失を装っていたのかが気にかかる。宮城あすか(杏)は、精神鑑定士を上手くだましたのでは、と言うが腑に落ちない。

そんな折、練炭自殺を図った男女3人の遺体が発見された。3人は、昨年起きた、高校生殺人事件の被害者家族だった。被害者家族がなぜ――と驚くあすかに、久遠健志(錦戸亮)は、3人の個人的な問題を派手に書きたてた週刊誌の記事を見せる。伊達は、たとえ記事が真実だったとしても、一家心中を図るまで追い込まれた理由が気になる。すると、記事を見ていたあすかが、伊達を呼ぶ。なんと、高校生殺人事件の加害者の弁護士と、椎名を担当した弁護士が同じだと言うのだ。

早速、伊達とあすかは、弁護士・氷川成美(鈴木砂羽)を訪ね、被害者家族がバッシングを受けるようになった原因が、成美の発言にあったのでは、と切り出す。しかし成美は、それを一蹴。さらに、椎名の鑑定も、心神喪失で間違いはないと自信を覗かせる。そんななか、片桐冴子(りょう)から、椎名の鑑定を行った精神鑑定士・幸田弘道(小須田康人)が行方不明になっているとの情報が入る。伊達と同様、椎名の偽装だけで鑑定結果が誤魔化せるはずはないと感じていた冴子は、鑑定士に目を付けたのだ。

翌日、伊達とあすかは、幸田の自宅を訪ねる。妻・京香(春木みさよ)は、最近、幸田の様子がおかしかったと証言。伊達らが自宅を調べると、金庫から京香に宛てた遺書が見つかり、そこには、椎名の精神鑑定結果を改ざんしたと書かれていた。遺書を見つけたことで京香は動揺するが、伊達は、遺書は人目につきやすい場所に置くものだから、金庫にあったということは自殺の前段階だと考えていい、と話す。さらに、金庫には預金通帳があり、そこに氷川弁護士事務所から 500万円の入金記録があった。ところが、同じ日にその全額が、柿原沙世という人物宛てに振り込まれていた。

その後、伊達が柿原沙世(菅原禄弥)を取り調べたところ、沙世はいわゆる美人局で、幸田と撮った写真をネタに500万円を要求していたことがわかる。しかし、沙世は、金は好意でもらったものだと主張。そんなところへ、沙世の担当弁護士だといって成美がやって来る。

伊達は、幸田に精神鑑定の改ざんを引き受けさせるために、成美が沙世を幸田に接近させたと確信。伊達の主張を聞いた成美は、自分は幸田に、椎名をどうしても勝たせたい、希望の報酬を支払うから力を貸してほしいと言っただけで、改ざんを頼んだ覚えはない、と言い切る。

その頃、あすかは冴子に呼び出され、ある原稿を手渡され、見返りにあすかの兄・夏樹(丸山智己)の事件を一緒に調べてほしいと言われる。冴子が追う"神隠し"が、夏樹が殺害された頃から始まっているため、夏樹の事件に"神隠し"にたどりつくヒントが隠されているかもしれない、と言うのだ。

そんな折、幸田から電話があった、と京香から伊達に連絡が入る。幸田は、自分がやったことは決して許されないことだ、と自殺を思わせる口ぶりだったと言う。その通話記録から、幸田は三浦海岸の公衆電話からかけていたことがわかり、来栖淳之介(平山浩行)らが急行するが、現場に幸田の姿はなかった。

幸田が京香に電話をする前に、成美に電話をしていたことを知った伊達は、成美に幸田の居場所を教えてほしいと頼む。幸田を見つけ真実を聞きたいという伊達に、成美は、鑑定結果を改ざんして自責の念にかられ、自殺を思い立ったというのが真実だろう、と平然と言う。伊達は、成美が沙世の強請りを利用して椎名の鑑定結果を改ざんさせ、今度はその改ざんを理由に自殺を強いたのだ、と成美に迫る。成美は、そんなことで自殺はしないだろう、と言うが、伊達は、幸田は妻を巻き添えにすることに耐えられず、死を選ぼうとしているのだ、と答える。

その頃、あすかは、京香から幸田の居場所のヒントを聞いていた。そんななか、京香は夫がどうして脅されたくらいで死のうとしているのか理解できない、と話す。するとあすかは、迷いながら、「精神鑑定士の妻 息子を殺した過去」と書かれた原稿を差し出す。それは、冴子から渡されたもので、そこには、3歳のときに事故で亡くなった幸田夫妻の息子・伊吹に関することが書かれていた。伊吹は事故死だが、京香に落ち度があったかのように書きたてている原稿が世の中に出たら、京香が傷つくと思った幸田は、それを出版させない約束を成美とした代わりに死を選ぼうとしていたのだ。

その後、伊達の説得で、成美は幸田が三浦海岸の漁協跡にいると明かし、連絡を受けた久遠、来栖らが急行する。しかし、そこに幸田はいなかった。と、あすかから、幸田があるホテルにいることが確認されたと連絡が入る。ところが、来栖らが着いたときには、幸田は自殺を図っていて、かろうじて息はあったが、病院に搬送される前に死亡したという。

成美は、時間を稼がせるために、わざと違う場所を教えたのだ。伊達に幸田の死を告げられても、成美は表情を崩すこともなかった。

その夜、事務所にいた成美のところに、黒づくめの伊達と久遠が現れる。伊達は、幸田を自殺に追い込んだのは成美だ、と迫るが、「だったら何?」とまるで悪びれる様子もない。そして、自分は法には触れていないし、法を犯さなくても人は殺せるのだ、と言い放つ。伊達は、そんな成美に銃口を向けると「お前に明日は来ない」と言い、発砲する――。

その頃、県警本部でひとり夏樹の事件の捜査資料を見ていたあすかは、資料が1枚抜かれていることに気づく。すると突然、肩を叩かれた。そこには、井筒将明(鹿賀丈史)が立っていた。


ジョーカー 許されざる捜査官 TOPへ 各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『ジョーカー 許されざる捜査官 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(9) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

夏の恋は虹色に輝く 第4話

優雅な生活を送ってきた楠大雅(松本潤)。だが、父の航太郎(伊東四朗)がいなくなったため、その暮らしも改めざるを得ない。この日は、植野慶太(笠原秀幸)と最後の乗馬を楽しんでいた。しかし、大雅の話題はどうしても北村詩織(竹内結子)のことになってしまう。海(小林星蘭)という娘の存在を知っても、まだ未練たらたらで詩織を想う大雅。想いは深いものの、大雅が未だに詩織に告白もしていないことを知った慶太はあきれ顔。大雅は、告白よりも海の父親が誰なのかが気にかかっていた。

その夜、大雅が家に帰ると母の真知子(松坂慶子)がグッタリと倒れている。駆け寄る大雅に、真知子は航太郎への浮気疑惑を口にした。真知子の周囲には、航太郎が持っていた宮瀬桜(桐谷美玲)の写真や赤ん坊を抱いた詩織の写真が散らばっている。赤ちゃんを抱いた詩織の写真には、隠し子がいたと泣きじゃくる真知子だけでなく大雅も絶句。

その日以来、大雅は詩織をこれまで以上に意識してしまう。どこか気まずくて顔も見られない状態。さらに大雅は仕事もない状態。そんな大雅を桜が付き人にして欲しいと言い出した。激励の言葉をかける詩織だが、大雅に無視される。自分が何か怒らせるようなことを?原因がわからず自分のことが嫌いなんだと怒る詩織に大雅はうっかり好きだと告白してしまう。ビックリする詩織だが、好きの意味を必死に言い訳する大雅に「ごめんなさい」。大雅はうっかり告白で、あっさりフラれてしまった。

力なく家に帰った大雅。やはり、海は詩織と航太郎の隠し子なのか? との疑問も残る。そこに、大貴(沢村一樹)が来て、堂々と詩織への愛を大雅に告白。詩織の隠し子疑惑を話そうとする大雅を遮って、大貴は自分の包容力をアピールして出て行った。

桜の付き人を始めた大雅が事務所に戻ると、青木久雄(松重豊)たちが詩織の作って来た弁当を食べていた。一緒に食べ始めた大雅が、唐揚げに酢をかけると詩織の目に涙が浮かぶ。給湯室に向かった詩織は、ついて来た海をそっと抱きしめた。その後、スーパーで買い物する詩織と海は、桜に頼まれたロケ用の品物を探す大雅を発見。呼びかけようとする海を止めた詩織は、大雅の真面目さに感心する。

大貴と青木が真知子に呼び出された。大雅も交えての緊急家族会議だと言う。いつになく真剣な真知子は、青木に航太郎と詩織の関係を問いただす。航太郎の部屋で見つかった詩織と海の写真を真知子に突きつけられた青木は、頬を緩める。そして、事の経緯を真知子に話した。

青木の話では、かつて航太郎のロケを見学していたお腹の大きい詩織が突然倒れた。航太郎は青木に命じて車を出して病院に詩織を連れて行った。その後、無事に出産した詩織を見舞った航太郎。すると、詩織は赤ちゃんの父親がいないと話し、航太郎に赤ちゃんの名を付けて欲しいと頼む。航太郎の命名は、海だった。それから、航太郎と詩織の手紙のやり取りが始まって…。理由を知った真知子はホッとする。大雅は海の父親が気になりだす。大貴は詩織と結婚したいとまで言い出した。

その日は、桜の見せ場が撮影された。側で見ていた大雅は桜の圧倒的な演技力に驚かされ、自らの力の無さを再認識させられる。その頃、詩織は大貴から夏休み中に楠家に来ないかと誘われていた。

大雅が事務所に戻ると詩織がいた。大雅は、さっき思い知った自分の俳優としての不甲斐なさを詩織に嘆く。すると詩織は一生懸命に大雅を励ましだした。その必死さを正面に受け止めた大雅は、今度はごまかす事無く愛を告白。詩織も真剣に言葉を返す。私には好きな人がいる…と。詩織の好きな人とは、亡くなった海の父親。その人を愛し続けているから、もう恋は出来ないと告げる詩織に大雅は言葉を返せずに…。


夏の恋は虹色に輝く TOPへ 各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『夏の恋は虹色に輝く 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(9) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハンチョウ〜神南署安積班〜3 第6話

ある日、京都から花村ゆい(山谷花純)という少女が神南署へやってくると、「お父さんですよね?」と安積(佐々木蔵之介)に問いかける。身に覚えがない安積はびっくりするが、ゆいは続けて母の冴子(荻野目慶子)が、命を狙われているから助けてほしいと安積に訴える。
そんなとき、神南署管内の公園で女性の死体が見つかったとの報せが。ほどなく、被害者の遺留品から、京都でホステスをしていた大滝美枝(広岡由里子)だと判明。仕事を探しに上京していたようだ。また、宿泊先が荒らされていることから、出会い頭の引ったくりや強盗ではないと安積班は推測する。

 その後、被害者が京都で勤めていた店が、冴子がママを務める「花」という店だと分かると、安積は桜井(山口翔悟)とゆいを伴い京都へ向かった。
京都に着き冴子を訪ねると、「お久しぶりです」と冴子にあいさつをする安積。15年前、出張で京都を訪れた安積が、京都府警の長岡刑事(中川浩三)に連れられて飲みに入った店が、冴子の店だったのだ。
亡くなった美枝は他殺の疑いもあり、そうなると冴子が誰かに狙われているという、ゆいの話もうなずけると安積はいうが、冴子は身に覚えがないという。また、長岡刑事は元気かと冴子に尋ねると、安積が店を訪れて数ヵ月後に自殺したと聞かされる。
長岡の人柄から、自殺をするとは信じられない安積だが、その当時、長岡の部下だった日野刑事(大浜直樹)から、長岡には暴力団との癒着などの疑惑があったと知らされる。

 その頃神南署では、美枝の宿泊先から、北村(若杉宏二)という暴力団員の指紋が確認されていた。そして、事件発生前後の北村の携帯通話履歴から、吉井伸夫(小須田康人)という京都の経営コンサルタントと頻繁に連絡を取っていたことが判明。その報告を聞いた安積は、吉井の事務所を訪ねる。が、事件にかかわる証言などは得られなかった…。


ハンチョウ〜神南署安積班〜TOPへ各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『ハンチョウ〜神南署安積班〜3 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

GM〜踊れドクター 04

名峰病院では、業績の上がらない総合診療科のリストラ話がさらに進み、新たなリストラ候補として冠婚葬祭部長・漆原(生瀬勝久)の名前が上がる。漆原は、事務長・曽根(八嶋智人)や後藤英雄(東山紀之)に泣きつくのだが、まったく相手にされない。唯一、桃子(多部未華子)だけが、まるで保護者のように漆原の力になろうとする。

そんな中、後藤は病院の庭で、漆原の息子・颯太(岸本慎太郎)と出会い、ダンスを教える。颯太は、家庭では威張っている父親が、病院でバカにされていることを知り、強く反発していた。

リストラの危機にさらされ、いつになくどんよりとした空気を醸し出す漆原の診察を受けることになった患者は、平憲一(小林隆)50歳。1ヶ月以上続く体調不良を訴える平を「低血糖」と診断した漆原は、その対処としてブドウ糖を注射する。ところが、注射後に痙攣(けいれん)が起きたため、痙攣を抑える薬を注射すると、今度は呼吸が止まってしまった!

焦った漆原は、誤って呼吸器の挿管を食道に行ってしまうという大失態を犯し、駆けつけた玲奈(小池栄子)の適切な処置によって、なんとか危機的な状態を回避する。“低ナトリウム”であることが判明した平には、「肺ガン」か「髄膜炎」の可能性が浮上。ソウシンのメンバーは、病名の特定を急ぐのだが…。

4日後、意識を取り戻した平は、自分は医療コンサルタントであることを明かし、漆原を「有名病院に部長待遇で招きたい」と言い出す。漆原は、半信半疑ながらも有頂天になり、院長の大山(大和田伸也)に辞表を提出して…!?


GM〜踊れドクター TOPへ 各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『GM〜踊れドクター 04』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(5) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

美丘-君がいた日々- #05

「家を出て、太一くんと一緒に暮らす」と決意した美丘(吉高由里子)は、太一(林遣都)との同棲資金のために、アルバイトを探し始めた。太一はあらためて美丘の想いの強さを感じ、限られた時間を少しでも長く一緒に過ごそうと、美丘の決意を受け入れる。

ある日、大学野球の応援会場で、美丘と太一は、しばらく会っていなかった邦彦(勝地涼)や洋次(夕輝壽太)、麻理(水沢エレナ)、直美(中村静香)、と一緒になる。久しぶりの6人勢揃いに喜んだ邦彦は「これからみんなで祝杯でもあげちゃう?」と誘うが、そのとき、みんなの目の前で美丘が気を失って倒れてしまう。

病院に運ばれ、一晩入院することになった美丘。麻理は、「美丘さんって…病気なの?」と太一に問いかけるが、太一は答えることができない。美丘もまた明るく「一晩入院すれば大丈夫だって」と言って、みんなを安心させようとする。美丘と太一の交際を反対している母・佳織(真矢みき)は、病室で仲間たちに囲まれ、太一と心から笑い合う美丘の様子を見て、複雑な思いを抱いていた。

その日の夕方、太一は美丘の父・始(寺脇康文)と佳織に、「美丘さんを支えたい。美丘さんがふたりで暮らすことを望むなら、僕もそうしたい」と、決意を伝える。しかし、佳織に「私たちから美丘を奪っていかないで!」と言われ、心が大きく揺れてしまう。

美丘にとってなにが一番幸せなのか―― 太一が苦悶していたその夜、病院に入院しているはずの美丘からメールが届く。「太一くん、まだ起きてるんだね」。太一が驚いて部屋の窓を開けると、そこには病院から抜け出した美丘がいた――。


美丘-君がいた日々- TOPへ 各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『美丘-君がいた日々- #05』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハンマーセッション! 第5話

3年生の生活指導責任者に任命された涼子(比嘉愛未)は、蜂須賀(速水もこみち)と共に繁華街の見回りに出掛ける。二人はそこでキャバクラに入っていく担任クラスのエリカ(山下リオ)を見掛ける。

一方、楓(志田未来)たちは蜂須賀が一人でキャバクラに入って行く姿を目撃する。翌日、ホームルームでそのことが話題になる。エリカは蜂須賀がキャバクラでアルバイトをしている自分を辞めさせに来たことを明かし、騒ぎを終わらせる。

エリカは実業家の母親と二人暮らしだった。涼子はエリカの母親に学校に来てもらおうと連絡を取るが、彼女は忙しいらしく取り合ってもらえない。校長室に呼び出されたエリカは、母親は自分に興味がないと話し、退学になっても構わないと言って出て行く。



ハンマーセッション! TOPへ 各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『ハンマーセッション! 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(4) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

モテキ 第4話

幸世(森山未來)は、かつて人生で一番好きになった夏樹(松本莉緒)から呼び出された。夏樹はなぜ幸世を振ったのか理由を話し始める。

2年前、幸世は夏樹とデートすることになり幸せの絶頂に。しかもデートでは酒を飲まないと言っていた夏樹がどんどん飲みだし、ついには酔って幸世の部屋に行くと言いだす。思いがけないチャンスに舞い上がる幸世だったが、いざ夏樹にホテルに誘われるとひるんでしまう。


モテキ TOP

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ
タグ:モテキ

『モテキ 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熱海の捜査官 第2話

吊り上げられたバスの中から、遺体などは発見されず、酷い錆で指紋等の検出も不可能な状態だった…。広域捜査庁鑑識課のエース・坂善正道(田中哲司)が調べたところ、窓枠4カ所の錆がほかの部分より進行。どうやら何者かがバスを沈めるために使ったワイヤーで部分的に塗装が剥がれ、錆が進んだようだ。さらに奇妙なことに、運転手の新宮寺有朋(山中聡)が引いたはずのサイドブレーキは解除してあった。

 星崎剣三(オダギリ ジョー)は甘利市長(団時朗)に呼び出され、南熱海市役所を訪れていた。捜査に全面協力すると申し出る甘利に、星崎は未だ行方不明の3人の女生徒の中に面識があった子はいるか尋ねる。否定しようとする甘利市長を尻目に、市長の娘・甘利レミー(二階堂ふみ)は、ペラペラと口を滑らす。「椹木みこ(山田彩)さんはお父様のお知り合いの陶芸クラブにも入っていたんです。」

 一方、北島紗英(栗山千明)は事件発生時に新宮寺が介抱しようとした老人・蛇川方庵(小野栄一)に会うため、怪しげな見世物小屋『南熱海天然劇場』へ。蛇川はバスの箱に入って消えるという、事件を彷彿とさせる手品を披露していた。しかも不思議なことに劇場の時間の流れは早く、手品を見た北島が劇場を出るとすでに7時間が経過していた…。

 翌日、星崎は包帯少女・東雲麻衣(三吉彩花)に発見されたバスを見せると、東雲に変化が! 突然「ライン」という言葉を口にしたのだ。ラインとは何なのか…。事件前日の写生以外に、東雲ら女生徒4人には何か共通点があり、それがラインと関係しているのではないか…。星崎は気になって仕方がない。


 星崎は拾坂修武(松重豊)とともに、椹木が所属していた『レプス陶芸クラブ』へ向かった。拾坂の元カノで経営者の洲崎道代(広田レオナ)によれば、品格の備わった女性の育成を目的にした陶芸クラブだという。しかし、陶芸にいそしむ女子高生たちの手つきは誘うように妖しく、朱印組の組長・朱印頭(松尾スズキ)も出入りしている。さらに、クラブの中にあった灰皿には葉巻が置いてあった。葉巻を吸う人間といえば偉い人――拾坂の言葉に反応して、星崎はつぶやく。「そういうことか。だいたい分かりましたよ」。

 そんな折、バスの後部座席の下から、ビニール袋に入ったカセットテープが発見された。それを受け、星崎と北島らはバス消失地点を再び訪れる。そこで周囲を見渡した北島は『空と海と虹の会』の建物に目をつけ、代表の平坂歩(萩原聖人)を訪ねることに。しかし、平坂はバスが消えた日、特には何も気付かなかったという。

 同日、東雲の包帯が取れ、ついにその素顔を晒す。そして、永遠の森学園に復学することが決まった。そして南熱海警察署では、星崎らが遺留品のカセットテープを再生するため顔を揃えていた!


熱海の捜査官 TOPへ 各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『熱海の捜査官 第2話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(7) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熱海の捜査官 第1話

入学式の準備のため、『永遠の森学園』の東雲麻衣、椹木みこ(山田彩)、月代美波(佐倉絵麻)、萌黄泉(岡野真也)ら女生徒4人は、通常より早く寮を出てスクールバスに乗り込んだ。ところが学園へ向かう道中、運転手の新宮寺有朋(山中聡)がバスを急停車させる。路上で行き倒れている老人・蛇川方庵(小野栄一)を見つけたからだ。新宮寺は生徒4人を車内に残したまま、虹川を介抱するため外へ。すると、ちゃんとサイドブレーキを引いて停めたはずのバスが、坂道を下り始めた! 新宮寺は慌てて追いかけるが、バスは霧の中へと消えてしまう…。

 学園から通報を受けるやいなや捜索を開始した南熱海警察署の拾坂修武(松重豊)らは、衣服を脱ぎ捨て錯乱状態で原っぱを走る新宮寺を発見。即座に保護するが、事件解決の決め手となるような手がかりが得られることはなかった。

 ところが3日後の深夜、事態は急展開を迎える。南熱海市内のバス停で、意識不明状態の東雲麻衣が発見され、病院に搬送されたのだ! しかし、東雲の意識は一向に戻らず、ほかの3人とバスの行方も掴めないまま時間だけが過ぎていった…。

 あれから3年――。突然、東雲が覚醒。それを受け、広域捜査官の星崎剣三(オダギリ ジョー)と北島紗英(栗山千明)が捜査のために南熱海警察署へと派遣されてくる。2人はさっそく入院中の東雲と面会する。しかし、東雲は紫外線拒否反応の一種で顔や手など露出部分を包帯にくるまれた状態。事件発生当時の記憶もすべて失っていた。星崎はそんな東雲に向かってわざとジュースをこぼし、咄嗟の筋肉の動きから避けるかどうか迷ったことを見抜く。おそらく東雲はまだ正常でない自分を演じており、包帯も取って構わない状態だろう――それが星崎の見解だった。

 やがて、星崎はバス失踪事件に関わった生徒4人の担任が敷島澪(藤谷文子)という美人教師だったことを知る。星崎はさっそく敷島を訪ねて学園へ。「やはり、犯人はこの町の人間?」と問う敷島に、星崎は「問題は“誰が起こした事件か?”というより、“何が起こした事件か?”ということです」と告げる。

 一方、北島は犬塚発見(少路勇介)の案内で南熱海を一望できる地点へ。政権交代の滑り込み公共投資で作られた新設堤防で、平坂歩(萩原聖人)と遭遇する。平坂は自然保護団体『空と海と虹の会』の代表で、目下のところ市長の甘利雅彦(団時朗)が推し進めようとする道路建設に強く反対しているらしい。堤防のために湾内の海流が変化している、と言い残して去って行く平坂…。北島からその話を聞いた星崎は、堤防工事の関係者がバス失踪事件のどさくさに紛れ、監査を免れた可能性を考える。イエスノーランプを握り、「堤防が出来る。海流も変わる。その結果、事件の流れも変わる…」とつぶやく星崎。すると、思っていることが正解だと示唆する青のライトが点灯した!

 その翌日、星崎は敷島に呼び出される。やはり、敷島は“何か”を知っていたのだ! 「バスに乗っていた4人は事件の前日、ある行為をしておりました」――そう切り出したかと思うと、敷島は星崎と北島を美術室へと案内した。敷島によれば、4人は秘密の写生クラブを結成しており、事件前日にどういうわけかクラスメート・四十万新也(山ア賢人)の全裸を写生していたらしい。「秘密の写生クラブ、男1人に女が4人…。だいたいわかりましたよ」。

 何かを掴んだかに見える星崎。そこへ、釣り人が湾の中央付近で失踪していたバスを見つけたとの知らせが入った。星崎と北島は港へ急行。彼らの目の前で赤黒く錆びたバスが釣り上げられ、その全貌をあらわにした!


熱海の捜査官 TOPへ 各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『熱海の捜査官 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(11) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うぬぼれ刑事 第5話

「甘党」

うぬぼれパティシエ・松岡 (要潤) は、自身が開くスイーツ教室の生徒・村上清美 (原史奈)、大橋琴美 (山口もえ)、桜井遥 (手島優) の 3人の主婦を運命の人と思い込み、恋をする。

そんな中、30代の男性が突然腹痛を訴え病院に運び込まれた。初めは軽い食あたりだと思われたが、容態が急変し心不全で死亡。検死の結果、体内から今は製造が中止されているブタミールという薬が検出された。

数日後、同じように腹痛を訴え病院に運び込まれた男性が心不全で死亡し、体内から再びブタミールが検出された。なんと、死亡した二人の男性はスイーツ教室に通う清美と琴美の夫であった。早速、遺族から話を聞くために両被害者の葬儀に向かった うぬぼれ (長瀬智也) だが、受付をしていた前原信子 (薬師丸ひろ子) の美しさに目を奪われてしまう。

警察は清美と琴美がスイーツ教室のパティシエ・松岡と共謀してケーキに薬を混入して殺したのではないかと疑い、松岡から事情聴取をする。しかし、うぬぼれだけは清美と琴美の葬儀で見かけた信子のことがどうしても気になっていて…。


うぬぼれ刑事 TOPへ 各話視聴率へ


2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『うぬぼれ刑事 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(7) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

崖っぷちのエリー〜この世でいちばん大事な「カネ」の話〜 第5話

高級フレンチレストランで受けた酷い扱いをネタに描いた『恨メシ屋』の連載化が決まり、ようやくイラストレーターとしての活路が開けた絵里子(山田優)は、売れっ子漫画家への道を歩き始めたと自分で勝手に決め付け、キャバクラのアルバイトも辞めてしまう。そんな絵里子を『週刊秘宝』の編集者・正宗(小泉孝太郎)は一生懸命サポート。というのも、正宗は絵里子に恋をしてしまっていたのだ!

 一方、『週刊秘宝』では国民的歴史小説家・大河内利光(山下真司)の連載を始めることが決定していた。ある日、正宗とともに『週刊秘宝』を出版している文暁社の本社を訪れた絵里子は、偶然にも大河内と鉢合わせになる。しかし、大河内のことなどまったく知らない絵里子は、『週刊秘宝』で小説の連載を始める作家だと聞いて、エロ小説家と勘違い。大河内の気分を害してしまう。

 大河内ほどの大物が、三流誌である『週刊秘宝』で執筆するのは、普通はあり得ない話なのだが、編集長の梅本(大杉漣)がかつて新人時代の大河内の担当編集をしていた縁で、実現したのだという。鴨田(塚地武雅)によれば、大河内は新人時代に自分を厳しくしごいた梅本に現在の力を見せつけ、復讐したがっているらしい。さらに、大河内には「新人潰しをする」など、普段から良からぬ噂が多々あるという。

 そんな中、絵里子は突然、梅本から『恨メシ屋』連載の打ち切りを告げられる。なんと、大河内が絵里子と同じ雑誌で連載するのはイヤだと言い出したのだ。先日のエレベーターでの一件が、大河内を怒らせてしまったらしい。納得のいかない絵里子は、大河内の自宅へと押しかけるが、門前払いを食らってしまう。

 困った絵里子は、鴨田と正宗のアドバイスを受け、大河内にファンレターを書くことに。受け取った大河内はまんざらでもない様子でその手紙を読んでいたが、余白に描かれていた下手くそな似顔絵に大激怒。絵里子をますます嫌悪するように。

 一方、絵里子に冷たく連載打ち切りを告げた梅本だったが、ひとりで大河内のもとを訪れ、連載を続けさせて欲しいと頭を下げる。嫌味を言う大河内に、梅本は絵里子が昔の大河内に似ていると言い放つ。

 その頃、絵里子は葉子(佐藤江梨子)の別居中の夫・康男(石井正則)が、5年前に応募した新人小説コンクールで大河内に酷評され、そのことが原因で小説家を目指すのをやめ、家を出て行ってしまったことを知る。大河内が自分の連載を打ち切りにしただけでなく、康男の小説家としての将来を潰したことに激怒した絵里子は、そのまま大河内の道場へと向かう。

 連載再開をかけて勝負を申し出る絵里子。そして、絵里子が勝ったら連載再開、大河内が勝ったら絵里子は出版業界から追放されるという条件を賭け、二人は一週間後に剣道で勝負することに。とはいえ、もちろん剣道などやったことのない絵里子。昔少しだけ剣道をやっていたという鴨田の指導を受けながら、絵里子は必死に練習を重ねる。

 一週間後の試合当日。有段者である大河内は面を装着せず、試合時間10分の間に大河内に一本でも技を決めることができれば勝ちというハンデをもらった絵里子だったが、まったく歯が立たない。しまいには、自分の面も外して大河内に向かっていくが、体当たりされ、派手に倒れてしまう。母の光代(渡辺えり)や正宗らはそんな絵里子を見ていられず、試合を中止するように言うが、絵里子は自分がどれだけこの連載に賭けているかを熱く語り、再び大河内へと向かっていく。そのとき、大河内の脳裏には、かつて日本一の小説家を目指し、貧乏ながらも必死に頑張っていた自分の姿が浮かんでいた……。

 結局、絵里子は大河内から一本も取ることができず、試合は終了した。翌日、落ち込んだ様子で荷物を片づける絵里子に、梅本が『恨メシ屋』の連載再開を告げる。さらに、大河内の指名で、新連載の小説の挿絵も描くことになり、大喜びの絵里子。

 その帰り道、絵里子は葉子と康男が仲直りしている現場に遭遇する。絵里子の試合を見た康男は、自分ももう一度小説を書くことを決意したのだ。タケル(濱田龍臣)も加わり、笑顔溢れる親子3人の姿に、絵里子も笑顔になる。

 数週間後、氷室(田中要次)にそそのかされた正宗が自分の気持ちを絵里子に伝えようとした矢先、『恨メシ屋』と大河内の新連載『遥かなる女剣士』が掲載された号の読者アンケート結果が出た。なんと『恨メシ屋』は『遥かなる女剣士』に次いで2位となっていた。さらに、『遥かなる女剣士』の挿絵がよかったという読者からのハガキも届き、大張りきりの絵里子で……。


崖っぷちのエリー〜この世でいちばん大事な「カネ」の話〜 TOPへ 各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『崖っぷちのエリー〜この世でいちばん大事な「カネ」の話〜 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もやしもん 第5話

「惚れ薬」

日増しに忙しくなる樹ゼミ。樹教授は発酵蔵に集中するためにこれで煩悩を振り払えと沢木たちに小瓶を渡す。それは特製の媚薬だった。

どう使おうかと沢木達は色めき立つ! その頃沢木の元に、入学と同時に休学していた幼なじみ・結城蛍から復学すると連絡がはいる。


もやしもん TOPへ 各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ
タグ:もやしもん

『もやしもん 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(4) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土俵ガール! 第4話

綱取高校との練習試合を経て、一致団結した注連縄高校相撲部。もっと練習して県大会では必ず勝つ、と息巻く光(佐々木希)は、「マット土俵」しかない相撲部のために、父・強(宇梶剛士)に若林相撲クラブを練習にとお願いに行く。

ところがその強に思わぬ事態が。連帯保証人になった友人が失踪してしまい、今週中に強が金を返さなければ、光にとって思い出の場所でもある若林相撲クラブが人手に渡ってしまうというのだ。怖い借金取りを追い返した光は、部員の詠介(中村倫也)らに土俵を守るため、お金を稼ぐアルバイトを命じるが…。



土俵ガール! TOPへ各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『土俵ガール! 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

日本人の知らない日本語 第4話

「日本語教師の嘉納ハルコ(仲里依紗)は、イタリア出身のイケメンでアニメオタクのルカ(セバスチァーノ・セラフィニー)から、女の子の口説き方を教えてほしいと相談される。好きになったメイドカフェの女の子に、自分の日本語が通じないらしいのだ。

このままでは失恋してしまうと嘆くルカに、ハルコは元カレに告白された言葉を教える。だが、その言葉通りにルカが告白するとビンタされフラれる始末。
激情して自殺しようとするルカを止めようともみ合ったあげくハルコは、メイドカフェ店内を破壊してしまう。駆けつけた鷹栖(池田成志)から謹慎を言い渡されるハルコ。

しかも、ショックを受けたルカが退学届けを提出!
“全員卒業”宣言が崩れるピンチに立たされたハルコは、なんと自らその退学届けを受理。さすがの鷹栖も驚く中、ハルコはルカの腕をつかみ、最後の授業のため教室へ向かう。
教壇に立ったハルコが教えたのは「告白に勝つ日本語」だった。


日本人の知らない日本語 TOPへ >各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『日本人の知らない日本語 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GOLD 05

早乙女悠里(天海祐希)は、クレーマーだった丹羽聖子(エド・はるみ)とすっかり親しくなっていた。電話で話すだけの関係だったが、まるで友だちのように打ち解けるふたり。悠里は、どこかで会わないか、と聖子に提案した。だが、それに驚いた聖子は受話器を落とし、その拍子に電話が切れてしまう。

悠里のことを心配していた蓮見丈治(反町隆史)は、悠里の秘書・新倉リカ(長澤まさみ)に、電話の相手について調べるよう依頼する。悠里も、次男の廉(矢野聖人)や長女の晶(武井咲)のことで悩んでいて、息子のことで悩んでいるらしい電話の相手と痛みを共有したいと思っているのではないか、と丈治は言うのだ。

そんな折、悠里は、晶と交際中のカメラマン・宇津木洋介(綾野剛)が、悠里の兄・修一(水上剣星)の息子だと主張している、という報告を受ける。宇津木は、明石辰也(寺島進)にそう告白し、それ故に、晶とは男女の関係になっていないと断言したらしい。悠里は、宇津木の話を信じなかった。しかし丈治は、晶が宇津木と一緒にいる以上、きちんと調べて話をつける必要がある、と悠里を諭した

あくる日、YSコーポレーションに廉がやってくる。久しぶりに悠里と対面した廉は、祖父の惣一(夏八木勲)から呼び出されたことを伝えた。惣一は、洸(松坂桃李)、廉、晶の3人に話がある、と言って自宅に来るよう命じたのだという。が、晶には連絡が取れなかったため、洸と廉だけで惣一を訪ねたらしい。

その席で惣一は、修一の死に関する怪文書が送られてきたことに言及し、修一の死は事故ではなく自殺だ、と洸たちに告げた。廉は、自分同様、洸も大きなショックを受けていたことを悠里に告げると、そのことを悠里が知っていたかどうか確かめるために訪ねてきた、と続けた。廉は、確かめたくても怖くて確かめることができないでいる洸のために、知らなかった、と洸に言ってやってほしい、と悠里に頼むが…。


GOLD TOPへ 各話視聴率へ 

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ
タグ:GOLD

『GOLD 05』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警視庁継続捜査班 第3話

越坂奈月(芦名 星)は、幼い頃に「満月の訪問者」と呼ばれる殺人鬼に両親を殺害された。事件が未解決のまま15年が過ぎた現在、天才チェリストとして活躍する彼女の元に、犯人とおぼしき人物から脅迫のメールが届く。そこで、貴志真奈美(木村佳乃)ら継続捜査班の面々が出動することになった。

奈月の元に届けられた脅迫メールを高木(田島優成)が解析し差出人の住所を突き止めた。メールの送り主はルポライターの小林という男。早速、真奈美たちは小林のマンションを訪れる。小林は留守だったものの、部屋からは15年前の事件に関する記事のスクラップが発見された。小林が「満月の訪問者」なのかと思われた矢先、真奈美たちに小林が遺体で発見されたという知らせが飛び込んでくる。一体だれが殺したのか!?

高木が押収されたパソコンを調べたところ、小林が奈月に2通目のメールを送っていたことが新たにわかった。だが、奈月はそれを警察には話していなかった。なぜ、奈月はメールを隠していたのか? 「満月の訪問者」の正体とは? 15年の時を越え、継続捜査班が事件の真相に迫る!


警視庁継続捜査班 TOPへ 各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『警視庁継続捜査班 第3話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

科捜研の女 第10シリーズ 第4話

京都市内に住む男性・三河真治(山田永二)の死体が川岸で見つかった。外傷も争った形跡もなく、榊マリコ(沢口靖子)は毒物中毒を疑う。現場に落ちていた瓶には毒物が入っており、三河が毒物に詳しいこと、3カ月前にリストラされ、借金がかさんでいたことなどから、服毒自殺と思われた。

 そんなとき、その現場に誰よりも早く到着していた、定年間近の京都府警捜査一課刑事・沢郁夫(古谷一行)が過労で倒れてしまう。

ところが、沢の病室に若い女性・武田凛子(小島可奈子)が駆けつけて来たから、一課は騒然。沢は半年前から妻子と別居中の身だが、不倫は懲戒処分の対象となる。問題視した佐久間刑事部長(田中健)は土門刑事(内藤剛志)に沢のプライベートを内偵するよう命じるが、土門は「スパイの真似事などできない」と拒否する。

 土門のかわりに沢を見張るよう命じられた権藤刑事(高橋光臣)は、沢がヤミ金融業者・塚原勲(木下通博)から金を借りる現場を目撃! しかもその翌日、塚原が変死体となって発見され、三河が自殺に使ったものと同じ毒物が死体から検出される。


科捜研の女 TOPへ 各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『科捜研の女 第10シリーズ 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

ホタルノヒカリ2 #5

 瀬乃(向井理)から突然、ホタル(綾瀬はるか)への想いを打ち明けられた高野部長(藤木直人)は、相変わらず家でゴロゴロする“干物女”ホタルを前に「この女に惚れる男がいるなんて…」と複雑な気分。

 一方、瀬乃は、契約社員としての期間更新の時が迫っていた。ホタルを意識しながらも、契約期間が切れたら辞めてしばらく家でゴロゴロするつもりだとホタルに話す。「雨宮も部長と結婚して専業主婦になれば、働かなくてもビールが飲める」という瀬乃の言葉を聞いて、ホタルは「私は専業主婦に向いていると思う!」と部長に告げる。

 「ビバ、専業主婦」を目指すことに決めたホタルに、部長は主婦力を問う「朝食作り」を命じるのだが、朝4時55分に家を出るという部長の朝ごはん作りは、ホタルにとって高いハードルとなり・・・。


ホタルノヒカリ TOPへ 各話視聴率へ

2010年夏ドラマ(7-9月)TOPへ

『ホタルノヒカリ2 #5』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(9) | 2010年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
50音検索