2013年02月12日

いつか陽のあたる場所で 第7話

第7回「闇からの訪問者」
本放送:総合 2013年2月19日(火)午後10時
再放送:総合 2013年2月25日(月)午前10時5分
再放送:総合 2013年2月26日(火)午前0時25分

芭子(上戸彩)は、岩瀬(斎藤工)に前科のことを告白しようと決心する。綾香(飯島直子)は谷中でスリの常習犯・香江子(坂井真紀)と偶然再会する。芭子と綾香は、かつて香江子と同じ刑務所にいた。香江子は綾香の職場とアパートを探し当て、金を出さなければ二人の過去をバラすとを恐喝する。綾香のアパートに駆けつけた芭子は、「人生をやり直したいと二人で精一杯生きている。どうかそっとしておいて」と香江子に懇願するが・・・。

第1話 2013年1月8日「前科ある二人」
第2話 2013年1月15日「強くなりたい」
第3話 2013年1月22日「一番会いたい人」
第4話 2013年1月29日「故郷からの伝言」
第5話 2013年2月5日「弟に贈る言葉」
第6話 2013年2月12日「幸福になる資格」
第8話 2013年2月26日「また会う日まで」

いつか陽のあたる場所で TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ


『いつか陽のあたる場所で 第7話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラストホープ 第6話

STORY #06「命より視力を取り戻したい…余命2ケ月の写真家が迫る究極の選択」2013.02.19 ON-AIR

波多野卓巳(相葉雅紀)たちの高度先端医療センターに、新たな患者が訪ねて来る。その患者は、天才写真家の篠田登志雄(石黒賢)。篠田は重篤な脳腫瘍を患っていて、すでに複数の病院で治療を断念されている。脳外科を専門とする橘歩美(多部未華子)は、篠田と同じ症状の患者を担当したことがあるのだが、助かった患者はいなかった。

卓巳と歩美で、篠田を診察室に迎え入れた。診察を始めた途端、卓巳は篠田の目の異常に気づく。篠田は、右目はすでに失明し、左目もほぼ見えなくなっていると言う。また、目の治療の最中に脳腫瘍が見つかり、余命2か月を宣告されたと卓巳たちに伝えた。余命宣告からすでにひと月が経過。脳腫瘍を治せるのかと問う篠田に、歩美は完治が厳しいと正直に応える。それでも余命を伸ばす事は出来ると補足する卓巳。すると篠田も素直に納得した。だが、篠田は命よりも、目の治療を優先して欲しいと2人に依頼する。助からないのなら、もう一度写真家に戻って目の前の風景を切り取り、写真家として最期を迎えたいと…。

篠田の治療についてのカンファレンスが始まる。脳の治療を優先して延命すべきか、篠田の希望通り目の治療をするべきか。歩美は脳の手術優先を訴えるが卓巳は疑問を持つ。いつも通り喧々囂々の議論の中、副島雅臣(北村有起哉)が篠田の視力を回復させる手段を提案した。

第1話 2013年1月13日「死なせない、ただ一人として…見放された患者たちの最後の砦」
第2話 2013年1月22日「誰もやらないなら私が救う…最先端医療か最高難易度の手術か」
第3話 2013年1月29日「失われた神の手を再生せよ!!患者は母を見殺しにした天才医師」
第4話 2013年2月5日「最先端“再生医療”で瀕死の心臓に挑む!!〜決して見捨てない医者たちが患者の未来を救う!!」
第5話 2013年2月12日「お腹の赤ちゃんを助けて〜瀕死の母の願いを先端医療で救え!!」
第7話 2013年2月26日「普通の女の子として生きたい…白血病患者の心を溶かす希望のノート」

ラストホープ TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『ラストホープ 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビブリア古書堂の事件手帖 第6話

「脅されているんです、異常な男から」2013年2月18日

 何者かに石段の上から突き落とされた篠川栞子(剛力彩芽)は、救急車で病院に運ばれた。幸いなことに足首の骨折だけで済んだと聞いた五浦大輔(AKIRA)は安堵するが、倒れていた栞子を見つけ救急車を呼んだのが藤波明生(鈴木浩介)だと聞くと顔を曇らせる。

 やがて、志田肇(高橋克実)、篠川文也(ジェシー)、藤波が病室を出ると、栞子は大輔に病院に持ち込んだ金庫から一冊の本を取り出すように頼む。パラフィン紙に包まれたそれは、太宰治の『晩年』だった。栞子は、この本を狙う男に突き落とされたのだ、と明かした。

 栞子が祖父の代から引き継いだ『晩年』は、500部ほどしかない初版本のなかでも太宰自身の署名まで入るなどした大変稀少なもので、世に出せば300万円以上の値が付くという。栞子は『晩年』を母屋で保管していたが、その存在を知った人物から「譲ってほしい」と何度もメールが来るようになり警戒していたところ、今回の事件が起こったと言う。

 栞子の入院中、大輔はひとりで「ビブリア古書堂」を切り盛りするが、古書の知識がないため苦労する。そんな大輔の様子を見に、小菅奈緒(水野絵梨奈)や藤波がやってくる。そんなとき、店外に出た藤波が大きな声を上げた。大輔と奈緒が駆けつけると、ワゴンのなかの本にガソリンがかけられていた。

 危機感を覚えた大輔は、『晩年』を売ってしまってはどうかと勧めるが、栞子は本を手放すくらいなら殺されたほうがましだ、と言って譲らない。

 後日、大輔を手伝いに笠井菊哉(田中圭)が「ビブリア古書堂」にやってくる。古書の知識はないとはいえ、ネット通販を手伝ってもらった大輔は笠井にアルバイト料を支払い、笠井から領収書をもらう。そこに記された名前を見た志田が、梶山季之の『せどり男爵数奇譚』の主人公と同姓同名だと言った。本の存在すら知らないという笠井に志田は、店にある『せどり男爵数奇譚』の本を探してやろうと言うが、笠井は断る。

 そんな折、大輔は栞子から頼まれて、「ビブリア古書堂」で『晩年』を350万円で展示販売することに。それは、犯人を店におびき出すための作戦だった。他人に買われることを恐れた犯人は、すぐに店に現れるだろう、と栞子は考えたのだ。

 その後、大輔と文也が書籍を「短編」と「長編」に分けていると、志田と笠井がやってくる。『晩年』が売られているのを見た志田は、それが安価な復刻版であることを見抜く。大輔は、防犯上展示しているだけで本物は栞子が病院の金庫に保管している、と明かした。そんなとき、文也が焦げ臭いにおいを感じる。それは店外のワゴンの本が燃えるにおいだった。消火器で火を消した大輔は、ヤジ馬のなかの怪しげな男が逃げるのを見て後を追う。やがて男に追いつき覆面を取ると、男は奈緒を振った西野(浅香航大)だった。奈緒を振ったことをクラスメイトに知られた西野は、それがきっかけで不登校となっていた。人生を台無しにされたと思い込んだ西野は、奈緒とつながりのある「ビブリア古書堂」を逆恨みしていたのだ。

 警察の事情聴取も終わり安堵した大輔は、最後まで付き合った笠井に礼を言うがその顔は浮かなかった。後味が悪くて、という大輔に、笠井はどんな事情があるにせよ、人を突き落としたり、放火をしてはいけないのだから、と励ました。

 店に戻り笠井の言葉を思い返した大輔は、「短編集」の山に置かれた『せどり男爵数奇譚』を見て驚く。それは笠井が置いたものだった。

 大輔は自転車で笠井を追うと、読んでいないはずの『せどり男爵数奇譚』を「短編集」に置いたのはなぜか、と聞く。置いた場所が偶然「短編集」の山だったのでは、と答える笠井に、大輔は西野の話をしたとき、笠井が「人を突き落とす」と言ったことに言及。栞子は表向き「階段から足を滑らせて転落した」ことになっていて、「突き落とされた」ことを知るのは、本人と自分、そして犯人だけなのだ、と。

 ついに自分が犯人であることを認めた笠井は、大輔の自転車を奪うと、栞子の病院へと走り出した。大輔は、栞子に笠井が向かっていることをメールで教え、それを見た栞子は、松葉杖をつきながら屋上へとやってくる。しかし途中で転び、その拍子にストールが落ちてしまう。病院に着いた笠井は、落ちてきたストールを見て屋上へとかけだした。その頃、大輔は全力疾走で病院へ向かい…。

第1話 2013年1月14日「偽のサインと古書に秘められた謎」
第2話 2013年1月21日「なぜ犯人は一冊だけ本を盗んだのか」
第3話 2013年1月28日「本日のお客様は脱走犯!?」
第4話 2013年2月4日「鍵のかかった部屋から盗まれた本」
第5話 2013年2月11日「今回は、結末が2つです」
第7話 2013年2月25日「複数の真実」

ビブリア古書堂の事件手帖 TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『ビブリア古書堂の事件手帖 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(8) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

終電バイバイ 第6話

第六夜「六本木駅」 2013.02.18 OnAir
ラテ欄「第六夜・六本木駅〜深夜の秘密の教室」

深夜の六本木、とあるマンションの一室に、三浦(濱田岳)は上司の吉田(古山憲太郎)と2人でいた。「いったい、どうして、こんなことに?」もう終電も無い。三浦は、1時間前に吉田と飲んでいたころからの記憶を思い起こしていた。

吉田とともに六本木のバーで飲んでいた三浦は、終電の時間を気にして帰ろうとする。バーを出た二人だったが、吉田は駅へ向かう道で謎の男(谷中敦)と話し始めた。その直後、吉田は「これから打合せに行くぞ」と話し、「もう11時すぎてるのに、今から(打ち合わせ)?」と二の足を踏む三浦を連れて、とあるマンションに向かった。

マンションに辿り着いた三浦と吉田。そこで吉田は突然「ここはセックスの教室だ」と三浦に打ち明けた。驚き、たじろぐ三浦。しかし、部屋から出てきた綺麗な女性・大塚(手島優)に、吉田とともに部屋に連れ込まれてしまい…

第1話 2013年1月14日「立川駅」ラテ欄「第一夜・立川駅〜深夜の大人の冒険」
第2話 2013年1月21日「秋葉原駅」ラテ欄「第二夜・秋葉原駅〜深夜の大人の冒険」
第3話 2013年1月28日「南千住駅」ラテ欄「第三夜・南千住駅〜フレンチな深夜恋」
第4話 2013年2月4日「蒲田駅」ラテ欄「第四夜・蒲田駅〜潔癖男と地元アイドル」
第5話 2013年2月11日「片瀬江ノ島駅」ラテ欄「第五夜・片瀬江ノ島駅〜深夜の水族館」
第7話 2013年2月25日「溝の口駅」

終電バイバイ TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『終電バイバイ 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

ハンチョウ警視庁安積班6 第6話

第6話「消えた交番巡査…いぬのおまわりさんの秘密」2013年2月18日 OnAir

向島中央署押上交番の寺田正一巡査長(林家正蔵)の元に、「落とし物です」と小学生がセカンドバッグを届けに来た。知らないオジさんから頼まれて、代わりに届けに来たという。中には警察のマスコットキャラクター・ピーポ君のストラップが付いた携帯電話のみ。と、突然、携帯電話が鳴って寺田が出た…。

それからほどなく、押上分署の久米島課長(升毅)に「寺田が消えた」との連絡が!? 早速、安積(佐々木蔵之介)と小池(福士誠治)が押上交番に駆けつけ、寺田と一緒に勤務している岡部(絲木建太)巡査に事情を聞くと、午前8時15分頃、寺田が警ら用の自転車で慌てて飛び出していったきり、無線にも本部との連絡用ピーフォンの呼びかけにも応答は無いとのことだった。その後、近くの公園で寺田が乗っていた自転車と所轄系無線機、受令機が発見されたが、本人の行方はわからないままだ。

押上分署では、久米島、安積、小池、岡部巡査、そして向島中央署の地域課課長・冨坂警部(山中敦史)が寺田についての対策を検討していた。冨坂警部は、警察の威信に関わる問題だけに出来るだけ穏便に処理しようとするが、警察官が制服姿でしかも拳銃を所持したまま失踪していることから、重大事件に繋がる可能性も視野に入れて慎重に捜査に乗り出すことになった。

当の寺田本人はその頃、制服姿のまま、周りの視線を浴びながら携帯電話を握り締め、青い顔をして街を右往左往していた。果たして、どこへ向かっているのか? そして、携帯電話の相手は誰なのか?

鑑識の千春(加藤夏希)がGPSを使い、無作為に動き回っていると思われる寺田の動きを補捉、小池がスマートフォンでそのデータを確認しながら寺田を追跡することに。しばらく追跡していると、寺田の動きを捕捉したGPSのポイントが1点で静止。その場所へ小池が駆けつけると、寺田のピーフォンと警棒がこれ見よがしに置かれていた…。

第1話 2013年1月14日「バスジャック発生!」
第2話 2013年1月21日「バスジャック!解決編」
第3話 2013年1月28日「8年前の指紋…殺人犯をかばう町医者の秘密」
第4話 2013年2月4日「アメ横〜川越…伝説の女スリが狙ったサイフ」
第5話 2013年2月11日「ストーカーに狙われた花嫁!人形が語る真実」
第7話 2013年2月25日「伊豆に消えた5000万…伊豆湯けむり旅情編」

ハンチョウ〜警視庁安積班6 TOPへ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『ハンチョウ警視庁安積班6 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

dinner 第6話

Story #06「まず始めに前菜を」2013.2.17 Sun.On-Air

『ロッカビアンカ』に有名雑誌から取材依頼がきた。前回の小さな記事とは違い、4ページの大特集だという。スタッフは、江崎究(江口洋介)の横柄な態度が相手を不愉快にさせるのではと不安を抱くが、今回はアンティパストの特集で取材対象が浜岡孝太郎(志賀廣太郎)だと聞いて安心する。ところが浜岡は、取材は断って欲しいという。辰巳沙織(倉科カナ)たちは必死に浜岡を説得したが、同意を得ることはできなかった。

いつものように、閉店後に辰巳日出男(風間杜夫)が入院している病院を訪れた沙織は、見舞いに来ていた浜岡と遭遇する。沙織は、日出男が戻ってくる時にお客様の笑顔があふれる店にするためにはどんなことでもしたいと訴え、取材を受けて欲しいと再び説得する。

数日後、浜岡の取材が行われた。記者の質問に少ない言葉で返す浜岡を不安気に見ていた沙織だが、取材はなんとか無事に終了する。やがて、掲載誌が発売になると予想以上の反響があり、喜ぶ沙織や瀬川壮一(ユースケ・サンタマリア)。そんな中、ひとりで来ていた男性客(弓削智久)が、出されたアンティパストに手を付けず、作った者を呼べと言い出す。その乱暴な態度に戸惑う沙織に、男は浜岡の写真が掲載されている雑誌を開き、この店は人殺しが作った料理を出している、と大声で騒ぎだした。ホールスタッフの平石雅弘(渡辺邦斗)が慌てて厨房へ報告に行くと、浜岡はエプロンを外してホールへ向かう。

ホールでは騒ぎが続いており、瀬川が必死で男をなだめようとしていた。そこへ浜岡がやってくる。男は浜岡を見るなり、こいつが自分の父親を殺したと詰め寄り…。

第1話 2013年1月13日「最高のレストランに最低のシェフ登場」
第2話 2013年1月20日「居場所を無くした料理人!?」
第3話 2013年1月27日「美食の女王来店!嫌な注文」
第4話 2013年2月3日「届け!パスタにのせた想い」
第5話 2013年2月10日「空飛ぶタコと小さな奇跡」
第7話 2013年2月24日「最後の晩餐と叫ぶ皿洗い!?」

dinner TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ
タグ:dinner

『dinner 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

とんび 第6話

第6話「父と息子の最期」2013年2月17日

平成2年、冬。
ヤス(内野聖陽)は、家から通える地元の国立大学を受験すると言っていたアキラ(佐藤健)から東京の早稲田大学を受験したいと伝えられる。

はじめはアキラが早稲田を受ける事を喜び、たえ子(麻生祐未)や照雲(野村宏伸)、社長(ベンガル)らに自慢するヤスだったが、「東京に行ったら戻って来ないのではないか」という葛原(音尾琢真)の言葉を聞いて一転、ショックを受けてしまう。

そしてある夜、些細な事でアキラと口論になってしまったヤスは「行きたいんだったら勝手に東京に行け!」と言い放ってしまう。

翌朝、家にはアキラの姿はなかった――。

第1話 2013年1月13日「〜昭和を生きた家族の愛と命の感動物語〜どうしようもない男がどうしようもなく妻と息子を愛した30年間…全ての父親に捧ぐ−」
第2話 2013年1月20日「最愛の決断−」
第3話 2013年1月27日「父と子の反抗期」
第4話 2013年2月3日「本当のお母さん」
第5話 2013年2月10日「さらば愛しき人」
第7話 2013年2月24日「父と子の巣立ち」

とんび(TBS版)TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ
タグ:とんび

『とんび 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カラマーゾフの兄弟 第6話

2013.2.16 Sat On-Air
第6話 〜死を刻む砂音〜
ラテ欄「死を刻む砂音〜遂に事件当日!!」

 刑事・入江悟史(滝藤賢一)は、黒澤文蔵(吉田鋼太郎)が遺体で発見された際に、近くで倒れていた秘書・小栗晃一(渡辺憲吉)から事件当時の話を聞こうとしていた。それより前、使用人・末松進(松下洸平)からも話を聞いていた入江。末松は、事件当日は忙しく午後3時をまわってようやく昼食を取ったところ、急に気分が悪くなり、屋敷の離れで休んでいたという。

 一方の小栗は、末松の代わりに用事を済ませるため外出したが、途中で忘れ物に気づき、屋敷に引き返したところである人物によって階段から突き落とされたという。その人物を聞き出そうとする入江。

 ある朝、三男・涼(林遣都)は、2階から文蔵と吉岡久留美(芳賀優里亜)が降りてくるのを見かけるが、文蔵が久留美に接吻したため目をそらす。一連の様子を見ていた次男・勲(市原隼人)。
勲と涼は、前日に"世の不条理について"激論を交わしたこともあり、気まずい雰囲気になるが、話が長男・満(斎藤工)の件になると、どちらにも連絡がないことを知り心配になる。

 その日の午後、勲と文蔵は、下請け会社・杉卓工務店の件で打ち合わせをしていた。裁判所に、文蔵側に有利な証拠書類を提出して一件落着すると説明した勲に文蔵は、次の仕事も宜しくと話す。この件を片付ければ文蔵の元を離れられると考えていた勲は、息苦しくなる。翌朝、勲はあることを伝えるため、海岸で満を待っていた…。

第1話 2013年1月12日「汚れた血族」ラテ欄「汚れた血族〜衝撃の心理サスペンス開幕」
第2話 2013年1月19日「次男〜侵された魂」ラテ欄「侵された魂」
第3話 2013年1月26日「〜長男・満 棄てられた犬〜」ラテ欄「棄てられた犬」
第4話 2013年2月2日「〜三男・涼 奪われた我〜」ラテ欄「三男〜奪われた我」
第5話 2013年2月9日「剥がれる仮面」ラテ欄「剥がれる仮面〜事件動き出す」
第7話 2013年2月23日「黒く潰された空白」

カラマーゾフの兄弟 TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『カラマーゾフの兄弟 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

泣くな、はらちゃん 第5話

第5話「もう会えないの?」2013.2.16

自分が漫画に描いたチョコを持って現れたはらちゃん(長瀬智也)を目の当たりにして、ついに、はらちゃんが漫画の中の人物だという事を知ることになる越前さん(麻生久美子)。

簡単に信じられる話では無いのだが、実際に目の前でノートから飛び出したり消えたりするはらちゃんの姿を見て、戸惑う越前さん。
「少し一人で考えさせてください!ごめんなさい!」
と、ノートを開いてはらちゃんを漫画の中に帰してしまう。

再びはらちゃんが現実の世界に飛び出してきても、越前さんは田中くん(丸山隆平)と玉田(光石研)に
はらちゃんを預け、そそくさと去って行ってしまう。

そんな中、はらちゃんと共に現実世界に飛び出していたマキヒロ(賀来賢人)は、偶然出会った清美(忽那汐里)に一目惚れ。自分の事を綺麗だと言ってくれるマキヒロに清美は・・・。

一方、玉田から「キス」というものを教えられたはらちゃんは・・・。

第1話 2013年1月19日「恋するヒーロー!!」
第2話 2013年1月26日「恋したけど片思い」
第3話 2013年2月2日「両思いになる方法」
第4話 2013年2月9日「涙のバレンタイン」
第6話 2013年2月23日「家族になりましょ」

泣くな、はらちゃん TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『泣くな、はらちゃん 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(7) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信長のシェフ 第6話

第6話「焼肉で姉川の戦いに勝て!!平成の恋人は…戦国のパティシエ!?」[2013年2月15日放送]

 市(星野真里)の手引きで小谷城を脱出したケン(玉森裕太)。急ぎ織田信長(及川光博)のもとへ戻ろうとするが、途中合流した楓(芦名星)が野盗に襲われ負傷してしまう。楓を支えながら本陣に向かうケンだったが…?

 一方、信長軍は姉川にて浅井長政(河相我聞)との戦を開始していた。浅井軍の勢いはすさまじく、本陣にまで迫る勢い。戦況が芳しくない中、命からがら帰還したケンにさっそく信長は「浅井軍に食わす料理を作れ」と命じるのだった。「敵に食わす料理」とはいったい何なのか―信長の意図を汲み取ろうと必死に考えたケンは、思いもよらぬ方法で相手方の戦意を削ぐことに成功する!

 その頃、石山本願寺が敵に回る、との情報が入る。石山本願寺の大軍を制するためには堺から大量の鉄砲を買い付ける必要がある、と判断した信長は森可成(宇梶剛士)を堺に派遣。ケンと夏(志田未来)も同行し、料理で今井宗久(渡辺いっけい)ら堺の納屋衆を説得するよう命じられる。
 堺に入ったケンは、さっそく宗久らの嫌がらせを受けることに…。

 そして石山本願寺の顕如にも不穏な動きが…そんな顕如の傍らにはなんと、ケンの脳裏にたびたびフラッシュバックする謎の女(香椎由宇)の姿があった!

第1話 2013年1月11日「現代の料理人が戦国時代へ!!平成グルメで本能寺の変を止めろ」
第2話 2013年1月18日「伊勢エビで戦を終わらせろ!!平成の料理人決死の戦場デビュー」
第3話 2013年1月25日「平成グルメが室町幕府を倒す!!信長を救う戦国バイキング料理」
第4話 2013年2月1日「徳川家康の裏切り!!信長暗殺…平成グルメで最大の危機を救え」
第5話 2013年2月8日「戦国一の美女・お市を暗殺!?平成のシェフお子様ランチで潜入」
第7話 2013年2月22日

信長のシェフ TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『信長のシェフ 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(8) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜行観覧車 第5話

第5話「加速する悪意…暴走する娘と母の叫び」2013.2.15

2013年、事件三日後。
高橋弘幸(田中哲司)殺害事件の捜査をしている坂留警察署の刑事・結城(高橋克典)らは、「ひばりヶ丘」を仕切っている小島さと子(夏木マリ)に話を聞きに訪れる。さと子は「大事な手がかりを教える」と言い、事件のあった高橋家の向かいに住む遠藤啓介(宮迫博之)が、事件直後、高橋家から出てきたのを目撃したと教える。事件直後から失踪している弘幸の妻・高橋淳子(石田ゆり子)と啓介に繋がりを感じる結城は、啓介の張り込みを後輩の藤川(南圭介)に命じる。

その頃、関西に一人暮らしをしている高橋家の長男・良幸(安田章大)は、大学の研究室にこもっていたため、事件の事を一切知らないでいた。久しぶりに部屋に帰ってきた良幸。部屋にいた良幸の彼女・明里(滝裕可里)から、置きっぱなしにしていた携帯を見せられる。そこには妹の比奈子(宮ア香蓮)から、事件のことで不安な気持ちを伝えるメールが。顔をこわばらせ混乱する良幸。そのとき、「ひばりヶ丘」から比奈子がやってきた。横浜に一緒に帰ろうという比奈子と、一緒にいてほしいと風呂場に立てこもり出てこようとしない明里。混乱する良幸は、時間が欲しいと言い残し研究室に行ってしまうのだった…。

一方、真弓の娘・彩花(杉咲花)は、真弓(鈴木京香)がパートをしているスーパーで友達から万引きを強要され、その場に居合わせた真弓は…。

第1話 2013年1月18日「高級住宅街の殺人!渦巻く悪意…家族崩壊」
第2話 2013年1月25日「美しい街に隠された秘密…謎の失踪」
第3話 2013年2月1日「狂い始める家族の歯車…逃亡する母子」
第4話 2013年2月8日「夫の秘密と嘘…兄妹たちの残酷な現実」
第6話 2013年2月22日「悲しい罪の告白…ついに、犯人逮捕!?」

夜行観覧車 TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ
タグ:夜行観覧車

『夜行観覧車 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(9) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

最高の離婚 第6話

第6話「男が子供だから女は鬼嫁か泣く嫁になるしかない!」2月14日木曜 夜10時

 光生(瑛太)と結夏(尾野真千子)は、改めて婚姻届を出すことになった灯里(真木よう子)と諒(綾野剛)が来るのを待っていた。光生と結夏は、灯里たちから証人になってほしいと頼まれていた。だが、ふたりは何故か姿を見せず、連絡もしてこなかった。光生は、ソファーで眠ってしまったせいで体調を崩していたが、とりあえず出勤する。その際、ジョギング中の灯里に出会った光生は、婚姻届をまだ出していないのか、と尋ねた。灯里は、うなずいてそれを認めたものの、詳しいことは何も話さずに立ち去ってしまう。

 仕事を終えた光生が帰宅すると、結夏も熱を出して寝込んでいた。明日クリーニング店を開けられない、と結夏が困っていると、淳之介(窪田正孝)から電話が入る。淳之介に店番を頼む結夏。あくる日、光生は、やってきた淳之介に仕事の説明をする。が、淳之介はクリーニング店でのアルバイト経験もあるらしく、心配はなさそうだった。

 その夜、結夏は、仕事を終えた淳之介を夕食に誘う。一緒に食事をした光生は、気を遣って話しかけてくる淳之介に対して、いちいちひねくれた返答をしていた。結夏は、そんな光生に呆れ、頭がいいとか知識があることより、素直でまっすぐ生きている淳之介の方が周りを幸せにできる、と告げる。

 翌朝、家を出た光生は、再び、ジョギング中の灯里に出会う。しかしそこでも、灯里から話を聞くことはできなかった。

 結夏が開店の準備をしていると、淳之介がやってくる。淳之介は、濱崎家で食事した後、そのままコンビニのアルバイトに行ったらしい。結夏は、そんな状態でバイクに乗って帰ったら危ない、と言って淳之介を家に上げ、ベッドで寝るよう指示すると、シャワーを浴び始める。そこに、結夏への差し入れを持った亜以子(八千草薫)が訪ねてきて…。

第1話 2013年1月10日「つらい。結婚って、長い長い拷問ですよ」
第2話 2013年1月17日「あなたなんて死ねばいいのに」
第3話 2013年1月24日「もう一つの夫婦の秘密と真実」
第4話 2013年1月31日「あなたが好きなのは自分だけ」
第5話 2013年2月7日「出来るもんなら浮気したい!」
第7話 2013年2月21日「お別れは自分で決めたこと」

最高の離婚 TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ
タグ:最高の離婚

『最高の離婚 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(9) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お助け屋☆陣八 第6話

第6話「保険金殺人の女」
2月14日(木) 夜23:58〜0:38放送

“お助け屋”のウラ稼業をする浅草の車夫・俥屋陣八(宮川大輔) に依頼人が現れる。若い後妻をもらった呉服店『小川』の店主・小川宗佑(森本レオ)の息子と娘だ。「一億円の生命保険の受取人までも若妻に書き換えてしまった父の目を覚まさせてください」という。結婚相談所で紹介してもらった妻・ひな子(笛木優子)は、前夫とも死別していて、財産目当てだというのだ。

さっそく、助っ人のポン太(南海キャンディーズ・しずちゃん)が芸者姿で呉服店に偵察へ。妻のひな子は、“キッチン時代屋”の看板娘で現役女子高生の萌(有村架純)も納得する色っぽさ。男が騙されるのも無理はない。

一方、助っ人の元外科医・井口達也(小泉孝太郎)は、ルポライターになりすまして、小川がひな子を紹介してもらったという結婚相談所『エタニティ』を訪ねていた。ひな子の前夫が火災で亡くなった事件のことを問われて、所長の水上栄子は「ひな子さんが保険金殺人をすることなどあり得ません。若いのに落ち着いていていい方です」と真っ向から否定した。

だが、以前ひな子が働いていたスナックでは、ひな子の悪い噂でもちきり。前夫の前にも、ひな子につきまとっていた男が全財産を貢ぎ、保険金の受取人をひな子にした挙句、練炭自殺していた。そして、その男の死後、結婚相談所を開設した栄子の紹介で、前夫と小川が紹介されていたのだ。

(最初の事件で味を占めた二人が、手っ取り早くカモを見つけるために、結婚相談所を開いた。栄子が紹介した男をひな子が籠絡し、事件に見せかけて二人で殺しているのではないか……)陣八の部屋で“お助け屋”の面々がひな子たちの悪事のからくりを推理していたときだった。萌が呉服店『小川』で店中の火災報知器が外されていたことを思い出す。「あのおっさんが殺されるのも時間の問題や」と思わずポン太が言う。

その頃、呉服店『小川』の裏口に栄子がやって来て灯油タンクを置いていた。そして、その深夜――酒に酔って熟睡する小川の周りに、ひな子が灯油タンクから灯油をぶちまけた。ひな子は、まいた灯油に火のついたマッチを落とす。
だが――火は消えてしまう。慌てて灯油タンクの匂いを嗅ぐと、中身は水!

「どういう事!?」

間一髪、灯油タンクの中身をすり替えたのは、陣八だった。
だが、どんなに周りが忠告しても、小川本人に騙されている自覚がない。決定的な手を打たなければならない。みなで考えるうちに、先代を色惚け呼ばわりされて怒った陣八が、ポン太と小競り合いを始める。止めに入った達也に秘孔のツボを押された陣八は、ハタと動きを止める。「閃いた! 閃いたでっ!!」

翌日、着物姿の萌が呉服店『小川』を訪れ「旦那さん。うちと遊びません?」と小川を連れ出していた。その後、すぐポン太が慌てふためいて店に飛び込み、「ご主人が出先で倒れて、病院に運ばれたんです」とひな子を病院へ。

ひな子が病室に駆け込んだときには、すでに小川は心臓発作で亡くなっていて、枕元で小川の息子と娘が涙を拭っていた。
「全財産を妻ひな子に譲渡する」と書かれた遺言に、兄妹は「父はひな子に殺された」とわなわなと怒る。「保険金一億に現金一億をあわせ、二億円の遺産が自分のものになる」と聞いて、ひな子は呆然と病室を出た。
ひな子は、病院の外に出ると、携帯電話で結婚相談所の栄子に連絡し、小川が亡くなったことは一言も言わずに、栄子の犯行ではないことを確認した。

その栄子を偵察していた達也は、栄子に動きがないので、栄子を訪ね耳打ちする。「小川が亡くなり、遺言でひな子に二億円が転がり込む」と聞いた栄子は「ひな子が独り占めしようとしている」と知る。「あの女狐!」

家の金庫から小川の保険証書や現金・預金通帳を鞄に詰め込んだひな子は、高飛びしようとしていた。だが、その前に栄子が立ちはだかる。
「あんた、どういうつもり?」「これはわたしのものよ」ひな子が最初の男を殺し損なったときに助けたのは栄子。そして栄子は、それをネタにひな子を縛りつけいいように使ってきた。二人はそんな過去をさらけ出し互いに毒づき、鞄を取ろうとする。と、ポン太たちがもみ合う二人にバケツの水をかけた。

「若い女に目がくらんだ男につけ込んで、命まで取ろうっちゅう女は悪魔や。絶対許せん!」と陣八。死んだはずの小川も現れ「すべては陣八たちの仕組んだ芝居」と告げる。小川は「騙されて殺されても、楽しかったからそれでいい」と思っていたが、陣八が現れ観念した。「自分が死んだら少しは悲しんでくれるだろうか……せめて知りたかった、お前の本当の気持ちを」

「悲しいはずないじゃない」と最後まで「全部芝居だった」と言いきるひな子だが、その顔は愁いを帯びていた。栄子と共に、謎の女に連れて行かれる。

“キッチン時代屋”では「男ってさ、若い女がいいんだ〜」と陣八をからかう萌がいる。そんな萌も、(男って本当に愚かだけど、ちょっとだけ可愛い)と思っていた。

第1話 2013年1月10日
第2話 2013年1月17日「極悪ホストを退治」
第3話 2013年1月24日「金髪の新メンバー!?いじめ問題を解決!」
第4話 2013年1月31日「振り込めサギ撃退」
第5話 2013年2月7日「ブラック会社退治」
第7話 2013年2月21日「白アリ詐欺の毒牙に苦しむ若妻を救え!」

お助け屋☆陣八 TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『お助け屋☆陣八 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月07日

あぽやん〜走る国際空港 第5話

第5話「部下の心を掴め空港は“女”の職場」2013.2.14 On Air

古賀(中村ゆり)と外国人男性の親密な現場を目撃した遠藤(伊藤淳史)は、翌日の勤務中もついイライラしてしまう。この日の旅客リストには“自宅への連絡NG”と付記されている中年男性と若い女性が。訳アリのカップルだ。遠藤はセンダーの岡浜(李千鶴)・柳沢(野口聖古)・篠田(近野成美)らに慎重に対応するよう念を押すが、3人は慣れていると言って遠藤を軽くあしらう。

だが、最悪の事態は起こってしまう。岡浜がセンディングした旅客の中に、男性の妻がいたのだ。夫と妻と夫の不倫相手が一同に会したことで、空港は修羅場と化してしまう。岡浜たちを注意不足・センダー失格だと叱り、スーパーバイザーの指示にちゃんと従えという遠藤に、岡浜たちは猛反発。今泉(柳葉敏郎)には一度だってそんな風に言われたことは無い、と言い捨てる。

今泉と比べられ、自分よりも経験豊富なセンダーたちと、どうすればうまくやっていけるのか…悩む遠藤に、馬場(貫地谷しほり)は「自分たちセンダーをもっと頼ってほしい」と声をかける。

そんなある日、遠藤のもとに、またも同期の須永(青柳翔)がやってくる。ミステリー作家・円城寺ミサエ(かとうかず子)の執筆部屋を用意してほしいという須永。馬場は岡浜たちに協力を促すが、彼女たちは頼まれればやってあげなくもないという態度だ。気に障った遠藤は、自分ひとりでいいと言い切るが、やってきたミサエにあれこれと用事を言いつけられ…。 しかしそんな遠藤に、古賀との距離を一気に近づけるチャンスが訪れる。

第1話 2013年1月17日「迫る出発時間!キャンセル発生!?お客様を“笑顔”で送り出す!!」
第2話 2013年1月24日「夜の空港で大捜索!消えたハワイ客」
第3話 2013年1月31日「少年を驚かす!!輝く光の空港ショー」
第4話 2013年2月7日「便が引き返す!!殺人犯がツアー参加」
第6話 2013年2月21日「大好きでした…それでも僕は見送る」

あぽやん〜走る国際空港 TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『あぽやん〜走る国際空港 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おトメさん 第5話

第5話「ヨメの男遍歴…証拠が揃った」2013年2月14日放送]

 怪しい嫁・李里香(相武紗季)から家族を守ろうと、たったひとりで奮闘を続けてきた麻子(黒木瞳)は、夫・博行(石田純一)からその“行き過ぎた行動”を諌められ、思わず家出。そのまま、刑事・呉竹(大地康雄)のもとへと向かう。嫁・李里香(相武紗季)の持ち物の中から、失踪中の中年男性・福本章介の名刺を見つけ、事件に李里香が何か関わっているのではないか、と疑念を抱いたからだ。ところが、呉竹から返ってきたのは、あまりにも意外な言葉だった! すっかり動揺した麻子は、行くあてがないこともあり、すごすごと家に戻る。

 それから数日後、正社員の上司に楯突き、職を失った優太(郭智博)は、ある会社の面接を受けに行くことに。ところが、夫を見送った直後、李里香が怪しい行動に出る! さらには、李里香を訪ね、福本のチラシを持った呉竹が水沢家へやって来て…。

 やがて、優太が面接から帰ってくるが、結果は不合格。李里香はキャバクラ嬢時代からの知人が新たに開店するレストランバーでアルバイトをしながら、今後のことをじっくりと考えてみたらどうか、と勧める。李里香のことが信用できない麻子は、その話に難色を示すが、優太も博行も乗り気。まもなく、優太はその店で働き始める。その矢先、男としての独り立ちを焦る優太のもとに、おいしい話が飛び込んでくる。しかし、そこには“無理難題の条件”が待っていた…!

 一方、麻子は相変わらず、隣家の主婦・美由紀(鈴木砂羽)が目撃したという、李里香に現金を渡していた男が何者なのかが気になっていた。そこで、麻子は美由紀に頼んで、男のモンタージュを作ってもらうことに。ほどなく、麻子はその男と思いがけない場所で出くわし、愕然とする――。

第1話 2013年1月17日「ヨメが怖い…姑デビューは地獄の始まり」
第2話 2013年1月24日「あんな嫁とは別れなさい!」
第3話 2013年1月31日「嫁が宣戦布告!大乱闘の夜…」
第4話 2013年2月7日「姑が嫁に追い出される日」
第6話 2013年2月21日「もう私のもの…嫁の勝利宣言」

おトメさん TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ
タグ:おトメさん

『おトメさん 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月06日

シェアハウスの恋人 第5話

「遂に告白!三角関係危険なバレンタイン 」2013年2月13日放送

ある朝、雪哉(谷原章介)の妻・真希(須藤理彩)が突然シェアハウスに現れた。離婚届けを受け取りに来たと言う真希のサバサバした様子に、心を閉ざしてしまう雪哉。
汐(水川あさみ)は息子のためにも離婚を思いとどまるよう真希を説得するが、逆に真希から雪哉に告白するべきだとけしかけられる。

雪哉が立ち直ってくれるなら…と、汐は玉砕覚悟で思いを伝える決意をする。
汐の決意を聞いた辰平(大泉洋)は汐のために雪哉の本音をそれとなく探る。

すると、雪哉はバレンタインを毛嫌いしていること、「もし汐に告白されたらシェアハウスを出て行く」という答えが返ってくる。

悩んだ辰平は、汐に告白を断念させようと奔走するはめになる。
そうとは知らない汐は、バレンタインのチョコレートと一緒にラブレターを渡すことに。
カオル(川口春奈)との関係が悪化する一方の凪(中島裕翔)も、起死回生のラブレター作戦を考えていた。

そして迎えたバレンタインデー当日。汐は同僚用の義理チョコと雪哉への本命チョコを持って会社へ。
そこで事件が発生―――
汐の外出中に後輩のメグ(木南晴夏)は、雪哉へのラブレターが入ったチョコを上司の杉ノ原(半海一晃)に間違って渡してしまう!

生まれて初めてバレンタインにチョコをもらい、杉ノ原は有頂天に。すると、杉ノ原は「チョコを返して欲しい」という辰平と汐の言葉に耳を貸さず、チョコを持って逃げてしまう・・・

第1話 2013年1月16日「ひとりぼっち30女が共同生活…恋の予感と2人の男」
第2話 2013年1月23日「三角関係!?共同生活のルール」
第3話 2013年1月30日「頑張る私に幸せを!逆ギレ30歳」
第4話 2013年2月6日「父親失格?嘘つき子供涙の学芸会」
第6話 2013年2月20日「裏切り男に復讐を!愛の告白に揺れる心」

シェアハウスの恋人 TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『シェアハウスの恋人 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(4) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相棒Eleven 第15話

第15話「同窓会」
2013年2月13日(水) 9:00〜9:54pm

 右京(水谷豊)と享(成宮寛貴)が歩いていると、一人の老人が右京に「吉村君ではありませんか?」と声を掛けられた。岩田(近藤正臣)というその老人は元教師で、40年前に廃校になった中学の写真部の同窓会に行く途中だった。同行する元部員の佳奈子(川俣しのぶ)によると、この日欠席の吉村(野添義弘)と間違えているらしい。吉村の古い写真を見せてもらうと、右京とは似ていないのだが…。右京は佳奈子らに頼まれ、吉村になりすまして同窓会に出席することに…。

 会場の日本料理店で座が盛り上がってきた頃、元部員たちから岩田先生にプレゼントがあるという。喜びを露にする岩田だったが、ふと右京が回りを見るともう一つ袋が残っている。元部員の仲川(志垣太郎)によると、仲居さんが玄関に置いてあったと持ってきてくれたとか。どうやら欠席の吉村がプレゼントだけ置いて帰ったらしい。右京はその吉村に成り代わり、プレゼントを渡そうとするが、中には…。

 ひと騒動のあと、捜査一課の刑事らが岩田や部員たちに事情をきくと、40年前の撮影旅行の際、写真部の副顧問をしていた女性教師が事故死していた事実がわかる…。さらには同級生の一人が「姫小百合」という作者が投稿した短歌などを掲載した最近の新聞の切り抜きを持っているのが見つかるのだが…。

 40年前の女性教師の事故死はなぜ起こったのか? また「姫小百合」の短歌に隠された秘密とは?

第1話 2012年10月10日「聖域」
第2話 2012年10月17日「オークション」
第3話 2012年10月24日「ゴールデンボーイ」
第4話 2012年10月31日「バーター」
第5話 2012年11月7日「ID」

第6話 2012年11月21日「交通巡査・甲斐享」
第7話 2012年11月28日「幽霊屋敷」
第8話 2012年12月5日「棋風」
第9話 2012年12月12日「森の中(前編)」
第10話 2012年12月19日「猛き祈り」(後編)

第11話 2013年1月1日 元日スペシャル「アリス」
第12話 2013年1月16日「オフレコ」
第13話 2013年1月23日「幸福な王子」
第14話 2013年2月6日「バレンタイン計画」
第16話 2013年2月20日「シンデレラの靴」

相棒 TOPへ
各話視聴率へ
2012年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
タグ:相棒Eleven

『相棒Eleven 第15話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(7) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月05日

書店員ミチルの身の上話 第6話

第6回「疑念」2013.2.12(火)

竹井(高良健吾)は、久太郎(柄本佑)の死体を車に乗せ、どこかへ運び去った。ミチル(戸田恵梨香)は、殺人現場となったマンションを引き払おうとするが、不自然な行動は怪しまれると竹井に止められる。ミチルは豊増(新井浩文)に紹介された東京の書店で働き始めるが、豊増への思いはすでに失せていた。使い込みが発覚し追い詰められた豊増は、仕事帰りのミチルを待ち伏せる。

2013年2月12日(火)よる10時56分〜11時25分【総合】
※ニュース拡大のため放送時間が変更。
再放送:2月18日(月)午前0時40分〜1時9分(日曜深夜)【総合】

第1話 2013年1月8日「平凡な女」
第2話 2013年1月15日「嘘」
第3話 2013年1月22日「宝くじ」
第4話 2013年1月29日「秘密」
第5話 2013年2月5日「後始末」
第7話 2013年2月19日「別れ話」

書店員ミチルの身の上話 TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『書店員ミチルの身の上話 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(5) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サキ 第6話

第6話「弱者の逆襲!追い詰められた悪女」2013/2/12

野村(萩原聖人)の葬儀がとり行われる中、隼人(三浦翔平)と直美(内田有紀)は、野村のあまりに突然の死が腑に落ちないでいた。するとその夜、サキの自宅を訪れた隼人に、サキは「野村がなぜ死んでしまったか知っている」と切り出し、隼人を愕然とさせる。

一方、空調整備員の本田(岡田義徳)は、サキと偶然再会。先日、サキが落とした手袋を拾って、本屋のレジに預けてあると伝える。屈託のない笑顔で礼を言うサキに、高揚感を覚える本田。本田は日頃、同僚から馬鹿にされ孤立していたのだった。

日曜日、手袋を取りに来たサキと再会した本田は、サキから「お礼がしたい」と食事に誘われ、胸が高鳴る。また、病院理事長の須藤(高嶋政伸)も、無意識に院内でサキの姿を探すようになっていた。

そんな中、隼人は同僚の記者・岩城(石黒英雄)の取材資料の中に、かつてサキにつきまとっていた中川(姜暢雄)の写真を見つけ、中川が自殺していたことを知る。野村だけでなく、サキの周囲で男が二人も自殺していることを知った隼人は…?

第1話 2012年1月8日「美しい隣人のサキが甦る!“姉弟”の再会に潜む毒」
第2話 2013年1月15日「悪女の微笑みは復讐の始まり…最初の標的は」
第3話 2013年1月22日「禁断への階段をかけ上がる男、運命を操る女」
第4話 2013年1月29日「第一ターゲットの結末…秘めた恋が暴かれる時」
第5話 2013年2月5日「新ターゲットへの赤い罠…姉への疑惑完全犯罪がバレる時」
第7話 2013年2月19日「母へ…明かされる“悪女”の履歴書」

サキ TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ
タグ:サキ

『サキ 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(7) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いつか陽のあたる場所で 第6話

第6回「幸福になる資格」
本放送:総合 2013年2月12日(火)午後10時
再放送:総合 2013年2月18日(月)午前10時5分
再放送:総合 2013年2月19日(火)午前0時25分

芭子(上戸彩)は大道芸大会に出場する岩瀬(斎藤工)を見に行くが、輝いている岩瀬と自分は釣り合わないと落ち込み逃げ帰ってしまう。一方パン屋では、綾香(飯島直子)目当てに佐伯(長谷川朝晴)という紳士が通ってくるようになる。妻を亡くした佐伯には9歳の娘がいた。結婚を前提に交際を申し込む佐伯に綾香は「私には人を幸福にする資格がない」と断る。岩瀬に本当のこと隠し続けている芭子は、過去を告白しようと決意する・・・。

第1話 2013年1月8日「前科ある二人」
第2話 2013年1月15日「強くなりたい」
第3話 2013年1月22日「一番会いたい人」
第4話 2013年1月29日「故郷からの伝言」
第5話 2013年2月5日「弟に贈る言葉」
第7話 2013年2月19日「闇からの訪問者」

いつか陽のあたる場所で TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ


『いつか陽のあたる場所で 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラストホープ 第5話

STORY #05「お腹の赤ちゃんを助けて〜瀕死の母の願いを先端医療で救え!!」2013.02.12 ON-AIR

波多野卓巳(相葉雅紀)が夜の医局で明日のおやつの準備をしていると、橘歩美(多部未華子)から至急、救命救急センターに来て欲しいと連絡が入る。歩美は高度先端医療センターのチーム全員に同じ連絡をしていた。卓巳たちが駆けつけると、すでに救命救急センターは患者であふれ、さらに次々に負傷者が運ばれている。歩美は高度先端医療センターの仕事がない時に救命救急センターを手伝っていたのだが、この日は雑居ビルで大規模火災が発生し、負傷者が多数発生したのだ。

治療にあたっていた卓巳は、患者の中に妊婦の山崎千佳(坂井真紀)を発見。卓巳はそばにいた荻原雪代(小池栄子)に助言を仰ぎ、千佳の症状が火災事故に巻き込まれたことだけが原因ではないとみて、詳しい検査をしてみる。すると、千佳はミラー症候群に陥っていることが判明。千佳が宿す双子の体に起きた異常が、母体に反映されてしまうのだ。

負傷者でごった返す救命救急センターの廊下で、卓巳たちのチームが緊急カンファレンス。すでに胎児たちは母体の中でかなり体を弱らせていた。胎児を助けるためには帝王切開で出産させる必要がある。しかし、千佳の胎児は未成熟のため母体から出されたら死んでしまう。胎児の発育を優先させれば、千佳の命が危うい。だが、歩美は両方とも助けると断言。

その後も続々と運び込まれる火災の負傷者たち。それぞれの患者を治療しながら、卓巳たちは千佳と胎児を助ける手段を考える。

第1話 2013年1月13日「死なせない、ただ一人として…見放された患者たちの最後の砦」
第2話 2013年1月22日「誰もやらないなら私が救う…最先端医療か最高難易度の手術か」
第3話 2013年1月29日「失われた神の手を再生せよ!!患者は母を見殺しにした天才医師」
第4話 2013年2月5日「最先端“再生医療”で瀕死の心臓に挑む!!〜決して見捨てない医者たちが患者の未来を救う!!」
第6話 2013年2月19日「命より視力を取り戻したい…余命2ケ月の写真家が迫る究極の選択」

ラストホープ TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『ラストホープ 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビブリア古書堂の事件手帖 第5話

「今回は、結末が2つです」2013年2月11日

篠川栞子(剛力彩芽)は、書籍を寄贈するため聖桜女学館を訪ね、栞子を迎えた図書委員の田辺美鈴(生田絵梨花)が搬入を手伝った。書籍は教員の杉浦(阿南敦子)により選別されたが、数冊が「中学生には不適切」という理由で返却されてしまう。栞子は、それらが文学的評価が高いため、性描写や暴力描写があるだけで除外するのはもったいない、と言うが、杉浦は最近もアントニイ・バージェスの『時計じかけのオレンジ』を読んで学校の体制を批判する感想文を提出した生徒がいたから、と返却の理由を説明する。

 同じ頃、「ビブリア古書堂」に小菅奈緒(水野絵梨奈)がやってくる。奈緒は、志田肇(高橋克美)に借りた本を返しに来たのだが、表情がどこか暗くて志田は心配する。奈緒は、中学生の妹の結衣(森迫永依)がCDを万引きしたことが発覚、停学になっていると明かした。結衣は聖桜女学館に通う優秀な生徒だが、先日書いた読書感想文が学校で問題視され母親が呼び出されることもあったという。

 その後、奈緒は栞子、五浦大輔(AKIRA)、志田に新聞に載った結衣の感想文を読ませた。それは『時計じかけのオレンジ』を読んで書かれたもので、善悪の常識について疑問を投げかけていた。それを聞いた藤波明生(鈴木浩介)は、万引きも本の影響だろう、と意地悪く言う。栞子は奈緒に、結衣はどこで『時計じかけのオレンジ』を購入したのかと聞き、奈緒はインターネットの通販で、自分が買ってやったものだと答えた。

 志田が調べた結果、結衣は盗んだCDを売ったというショップに売っていないことが判明。なぜそんな嘘を付いたのか、と嘆く奈緒は、話の流れから結衣が潔癖症だと明かした。それを聞いた栞子は、結衣は万引きをしていないかもしれない、と言う。

 放課後、奈緒に連れられて結衣が「ビブリア古書堂」にやってくる。結衣と対面した栞子は、結衣が感想文を自宅で書いたこと、潔癖症で普段から図書館を利用したり友達と本の貸し借りをしたりしないことを確認。そして、結衣の作文の冒頭を暗唱すると、『時計じかけのオレンジ』を最後まで読んでいないだろう、と言った。

 反論する結衣の前に、栞子は装丁の違う2冊の『時計じかけのオレンジ』を差し出した。それらは旧版と新版だが、旧版は出版社の意向で原稿にあった最終章を削除して出版、その後40年近く経って、最終章を加えた完全版の文庫が刊行され、代わりに旧版は絶版になった、と栞子は説明した。つまり、結衣が最終章のように作文に書いた部分は、旧版では最終章だが、新版では最終章ではないのだ。奈緒が取り寄せたのは新版のうえ、潔癖症の結衣が図書館や古書店にある旧版を読むことはできないはず、と栞子は推測。読んでいないのになぜ感想文が書けたのか、と尋ねる大輔に栞子は、他人の作文を書き写したからだ、と答える。

 栞子は、結衣が書き写したのは自宅にあった文集に掲載されていた感想文だろうと言った。同じ文集を偶然目にして盗作に気づいた美鈴は、結衣に取引を持ちかけたのだ。CDを万引きしたのは美鈴だが、犯行が露見しそうになっている自分の罪を被れば、盗作のことは黙っている、と。

 なぜ盗作をしたのか、と尋ねた奈緒に結衣は、小学生が書いたその作文が上手くて驚き、自分も『時計じかけのオレンジ』を読んでみたが難解で挫折してしまった。しかし、 最近、本に詳しくなっている奈緒も挫折していたため、奈緒より難しい本が読めると見栄を張りたい一心で感想文を写してしまったのだ、と認めた。

 そんな日の夜、栞子は大輔に一冊の文集を差し出した。そこには、「『時計じかけのオレンジ』を読んで 四年二組篠川栞子」とあった。

 翌日、栞子は顧客の自宅に本を届けるため、雨のなかを出かけていく。その途中、石段を上っているとき、前方に立つ男の足が目に入り、栞子は傘を上げ相手を見ようした。その瞬間、男の足が栞子の肩を蹴った。階段を転げ落ちた栞子は、道路に横たわったまま動かない。冷たい雨は降り注ぎ…。

第1話 2013年1月14日「偽のサインと古書に秘められた謎」
第2話 2013年1月21日「なぜ犯人は一冊だけ本を盗んだのか」
第3話 2013年1月28日「本日のお客様は脱走犯!?」
第4話 2013年2月4日「鍵のかかった部屋から盗まれた本」
第6話 2013年2月18日「脅されているんです、異常な男から」

ビブリア古書堂の事件手帖 TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『ビブリア古書堂の事件手帖 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(10) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

終電バイバイ 第5話

第五夜「片瀬江ノ島駅」 2013.02.11 OnAir
ラテ欄「第五夜・片瀬江ノ島駅〜深夜の水族館」

江ノ島の堤防で、能勢太郎(濱田岳)は上司の伊藤(田中要次)と夜釣りをしていた。その後、二人は近くのビキニパブに寄ったのだが、伊藤は店のオンナの子とタクシーで帰り、太郎は片瀬江ノ島駅に向かうもあえなく終電を逃してしまう。

「こんなところで…」途方に暮れ、釣具を持ったまま浜辺をさまよい歩く太郎。そこで太郎は、若い女性が男たちに絡まれている様子を目にする。思わず助けに行き男たちを追い払う太郎。その女性・亀田紗栄子(諷加)は、近くの職場まで太郎についてきて欲しい、と頼んできた。近くで見た紗栄子を「かわいい」と思った太郎は、言われるがまま紗栄子に付き添い彼女の職場に向かう。紗栄子の職場は、近くの水族館だった。

深夜の水族館の幻想的な水槽の前で、紗栄子は太郎に豪華な食事や美味しい酒を振舞う。気分良く酔っていく太郎、「なんだか、竜宮城にいるみたいだ!」と舞い上がってしまう。そんな太郎の気持ちに気づいてか、酔っ払った紗栄子が太郎にキスをしてきて…

第1話 2013年1月14日「立川駅」ラテ欄「第一夜・立川駅〜深夜の大人の冒険」
第2話 2013年1月21日「秋葉原駅」ラテ欄「第二夜・秋葉原駅〜深夜の大人の冒険」
第3話 2013年1月28日「南千住駅」ラテ欄「第三夜・南千住駅〜フレンチな深夜恋」
第4話 2013年2月4日「蒲田駅」ラテ欄「第四夜・蒲田駅〜潔癖男と地元アイドル」
第6話 2013年2月18日「六本木駅」ラテ欄「第六夜・六本木駅〜深夜の秘密の教室」

終電バイバイ TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『終電バイバイ 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

ハンチョウ警視庁安積班6 第5話

第5話「ストーカーに狙われた花嫁!人形が語る真実」2013年2月11日 OnAir

ある日、殺人事件が発生。現場に駆けつけた安積(佐々木蔵之介)と小池(福士誠治)は、鑑識の丸岡(六平直政)と千春(加藤夏希)から、死亡推定時刻が前日の夜9時から11時頃との報告を受ける。事件現場では凶器こそ発見されなかったが、血痕のついた手ぬぐいと、被害者の体の下から「合歓垣早苗」(ねむがきさなえ)と書かれた紙片が見つかった。また、ポケットにあったボールペンに「週刊新時代」のロゴが印字されていたことから、安積たちは身元確認のためにその編集部を訪ねると、被害者は、広川東吾(若杉宏二)というフリーの記者だと判明。編集長の大垣(佐藤尚宏)によると、社会の不正を暴くような告発ネタを持ち込む、やり手のジャーナリストだったといい、そのためにトラブルに巻き込まれることも多かったらしい。

ほどなく、広川のアパートを捜索すると、記者の必需品のパソコンが見当たらない。広川を殺害した者が持ち去ったのか? 一方、デスク上には、あるタウン誌が。そこには、広川が担当し、長期連載としてスタートしたはずの「江戸木目込み人形(えどきめこみにんぎょう)職人・清瀬陽道(竜雷太)」の記事があったが、なぜか連載2回目にして終了となっていた…。

詳しい事情を探りに、安積と小池がタウン誌の編集部へ向かうと、広川が持ち込んだ企画だったが、陽道とのトラブルが元で連載が中止となったことが判明する。
それを受けて陽道を訪ねる安積たち。聞き込みの最中、「この人をご存知ですか?」と、安積が殺人現場に落ちていたメモの「合歓垣早苗」という文字を陽道に見せると、「ネムガキなんて知らない…」と陽道は言い放つ。しかし、安積は、なぜ陽道がこの難読苗字を読めたのかが気になっていた。

さらに調べを進めると、陽道は、妻の美佐子(立石涼子)と一人娘の結衣子(大凪真生)の3人家族で、結衣子には婚約者がいたが、工房の職人の証言によると、取材で足しげく工房へ通っていた広川は、結衣子に好意を抱いていたといい、それが陽道の逆鱗に触れて取材を断られたらしいとのことだった。
この度の事件は怨恨が原因なのか? 事件現場に落ちていた「合歓垣早苗」という名前の人物は誰なのか?

そんなとき、調査を進める安積班の前に、陽道の主治医である水沢医師(橋爪功)が、またしても立ちはばかる!?

第1話 2013年1月14日「バスジャック発生!」
第2話 2013年1月21日「バスジャック!解決編」
第3話 2013年1月28日「8年前の指紋…殺人犯をかばう町医者の秘密」
第4話 2013年2月4日「アメ横〜川越…伝説の女スリが狙ったサイフ」
第6話 2013年2月18日「消えた交番巡査…いぬのおまわりさんの秘密」

ハンチョウ〜警視庁安積班6 TOPへ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『ハンチョウ警視庁安積班6 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

dinner 第5話

Story #05「空飛ぶタコと小さな奇跡」2013.2.10 Sun.On-Air

『ロッカビアンカ』のスタッフたちが、家庭の内情や好きな異性のタイプを話題に賄いを食べていると、仕入れに出かけていた江崎究(江口洋介)が帰ってくる。武藤はづき(関めぐみ)から、奥さんはいるのかを尋ねられた江崎は、いるにはいる、とだけ答えると、仕込みのために厨房に入ってしまう。

ワインセラーでワイン整理をしていた本宮恵理子(柴本幸)の元へ、不倫関係にある夏野大樹(袴田吉彦)がやって来る。夏野は家庭がうまくいっていないことをアピールし、恵理子を温泉旅行に誘う。OKの返事をもらい、嬉しそうにワインセラーを出てきた夏野の前に瀬川壮一(ユースケ・サンタマリア)が現れた。焦る夏野に、瀬川は以前から知っていたことを告げ、店に迷惑さえかけなければいい、と口外しない約束をする。

その直後、夏野は妻・愛美(森カンナ)からの電話で、今夜、ママ友たちと『ロッカビアンカ』に来ることになったと知らされる。慌てた夏野は瀬川を呼び出し、愛美が妻であることを恵理子らスタッフたちに秘密にするよう頼む。渋々、最善を尽くすと約束する瀬川に、夏野は妻に自分が新料理長だとウソをついていることを話し、呆れられる。

店がオープンした。厨房が忙しくなるが、夏野は仕事に集中できず、ちょっとしたミスを繰り返す。やがて、愛美たちがやってきた。対応した瀬川が、料理長には救われたと話しているのを聞いた恵理子は、愛美が江崎の妻だと勘違いする。興味津々で愛美に接する恵理子。同じころ、別のテーブルにひとりで来ていた女性客(原沙知絵)がいた。メニューにないものを次々にオーダーする女性客に、辰巳沙織(倉科カナ)は戸惑いつつ厨房へオーダーを通す。困惑する厨房スタッフだが、江崎は、その女性が頼んだワインを聞き、料理は自分が全部作ると言い出す。

そんな中、沙織は恵理子から愛美が江崎の妻だと聞く。苦しい言い訳で制止しようとする瀬川の苦労もむなしく、沙織は愛美の元へ挨拶に向かい…。

第1話 2013年1月13日「最高のレストランに最低のシェフ登場」
第2話 2013年1月20日「居場所を無くした料理人!?」
第3話 2013年1月27日「美食の女王来店!嫌な注文」
第4話 2013年2月3日「届け!パスタにのせた想い」
第6話 2013年2月17日「まず始めに前菜を」

dinner TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ
タグ:dinner

『dinner 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(4) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

とんび 第5話

第5話「さらば愛しき人」2013年2月10日

平成元年。入院している海雲(柄本明)の見舞いにヤス(内野聖陽)は毎日のように病院に通う一方で、アキラ(佐藤健)は高校の野球部でレギュラーを決めるテストを控え、一度も顔を出せずにいた。

ある日、ヤスは照雲(野村宏伸)から実は海雲が癌で先が長くないために、アキラに意識のあるうちに会いに来るよう頼まれる。
ヤスは見舞いに行くよう頼むのだが、「今は野球の練習が大事だから」と断るアキラ。
そんなアキラの一方的な態度にヤスは腹を立ててしまう。

悩んだヤスは、アキラを見舞いに連れて行こうと野球部の練習を訪れると、偶然にも後輩・山本(大内田悠平)らの尻をバットで叩くアキラの姿を目撃してしまう。
止めようと駆けつけたヤスはアキラと言い争いになり、思わずアキラを殴ってしまう。

第1話 2013年1月13日「〜昭和を生きた家族の愛と命の感動物語〜どうしようもない男がどうしようもなく妻と息子を愛した30年間…全ての父親に捧ぐ−」
第2話 2013年1月20日「最愛の決断−」
第3話 2013年1月27日「父と子の反抗期」
第4話 2013年2月3日「本当のお母さん」
第6話 2013年2月17日「父と息子の最期」

とんび(TBS版)TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ
タグ:とんび

『とんび 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(4) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カラマーゾフの兄弟 第5話

2013.2.9 Sat On-Air第5話「〜剥がれる仮面〜」
ラテ欄「剥がれる仮面〜事件動き出す」

 町の有力者である黒澤文蔵(吉田鋼太郎)は1月14日に自宅で殺害された。死亡推定時刻は午後4時〜6時、死因は鈍器で頭部を強打されたことによる脳挫傷および、脳内出血だった。第1発見者は文蔵の三男・黒澤涼(林遣都)で、事件当日午後7時過ぎに自宅に戻ったところ、階段下に倒れていた秘書・小栗晃一(渡辺憲吉)を発見する。さらに文蔵の部屋が半開きになっているのに気づき、遺体を発見したのだった。

 数日前の朝、次男・勲(市原隼人)が1階に下りてくると、涼はまだ食卓についていなかった。いなくなるべき人は、他にいるのに・・・、と思い詰めていた涼を、勲は心配になる。文蔵が昨夜連れ込んだ女の悪態を付きながらやってくると、下請け会社の杉卓工務店社長・杉山卓郎(水野智則)が慌てた様子で入ってきた。

一方、恩師である園田教授(小野寺昭)の死を受け入れられず途方に暮れていた涼は、黒澤家の庭で卓郎の息子、杉山一郎(樋口海斗)を見つける。

 長男・満(斎藤工)が、バー『メトロポリス』で女と飲んでいると、男性同伴の吉岡久留美(芳賀優里亜)が偶然やってきた。罠にはめられた一件後、初めて顔を合わす2人。お互いの同伴者が席を外したところで、満から声を掛けた・・・。

 その夜、涼が誰もいない勲の部屋に入ると、机の上に原稿用紙があった。その内容を見てショックを受ける涼。と、そのとき勲が部屋に戻ってきた・・・。

第1話 2013年1月12日「汚れた血族」ラテ欄「汚れた血族〜衝撃の心理サスペンス開幕」
第2話 2013年1月19日「次男〜侵された魂」ラテ欄「侵された魂」
第3話 2013年1月26日「〜長男・満 棄てられた犬〜」ラテ欄「棄てられた犬」
第4話 2013年2月2日「〜三男・涼 奪われた我〜」ラテ欄「三男〜奪われた我」
第6話 2013年2月16日「死を刻む砂音」ラテ欄「死を刻む砂音〜遂に事件当日!!」

カラマーゾフの兄弟 TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『カラマーゾフの兄弟 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月02日

泣くな、はらちゃん 第4話

第4話「涙のバレンタイン」2013.2.9

「この世界は・・・越前さんが描いている漫画の中なんです」

自分の住む世界が漫画の中だと気づいたはらちゃん(長瀬智也)。
しかし、そんなことを言われても理解のできない漫画世界の住人達は、はらちゃんの言うことを全く相手にしてくれない。
越前さん(麻生久美子)に聞いてみようと決意したはらちゃんは、再び現実の世界に飛び出すチャンスを待つしかなかった。

一方、現実の世界ではもうすぐバレンタイン。
そわそわしている田中くん(丸山隆平)や清美(忽那汐里)の中、越前さんも、はらちゃんの事が気になっていた。

そんな心の中を百合子(薬師丸ひろ子)に見抜かれてしまった越前さんだが、再び現れたはらちゃんにも素直になれず、ついつい突き放してしまう。

そんな中、越前さんが風邪で仕事を早退したと聞いたはらちゃんは・・・。

第1話 2013年1月19日「恋するヒーロー!!」
第2話 2013年1月26日「恋したけど片思い」
第3話 2013年2月2日「両思いになる方法」
第5話 2013年2月16日「もう会えないの?」

泣くな、はらちゃん TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『泣くな、はらちゃん 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(10) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信長のシェフ 第5話

第5話「戦国一の美女・お市を暗殺!?平成のシェフお子様ランチで潜入」[2013年2月8日放送]

 織田信長(及川光博)から「浅井長政(河相我聞)の居城・小谷城の台所に潜入し、先方に借りを返してこい」と命じられたケン(玉森裕太)。小谷城には信長の妹・市(星野真里)とその娘、茶々と初もいる。敵となった義理の弟だけでなく、実の妹や姪たちまでもを毒殺しろということなのか…。思い悩むケンだったが、信長の真意は毒殺ではなく、ほかにあるのではないかと考える。

 先だっての金ヶ崎での戦の際、市から信長に「罠」を表す鮎が届けられていたことを思い出したケンは、信長の言う「先方」は、長政ではなく市だったのではないか、と推察。そのときの礼を伝えるため、3匹の鮎を笹舟に載せた料理を出し、反応を探る。

 だが、市の反応は芳しくなく、さらにケンは信長が送り込んだ間者であることがバレて、地下牢に閉じ込められてしまう!

 捕えられたケンの元を市が訪ねてくる。そこで、信長はケンに信頼を置き、裁量を与えていることを知った市はケンを殺さず、茶々の専属料理人にしてはどうか、と長政に提案。長政は、茶々がもっとも嫌いな食べ物=“肉”を使った料理を作らせ、その腕を試すことを承諾する。

 失敗すればその場で殺されることは必至。包丁すらも使うことを許されないケンは、懸命に考えた末、お子様ランチ風に仕上げたハンバーグで勝負に出るのだった…!

第1話 2013年1月11日「現代の料理人が戦国時代へ!!平成グルメで本能寺の変を止めろ」
第2話 2013年1月18日「伊勢エビで戦を終わらせろ!!平成の料理人決死の戦場デビュー」
第3話 2013年1月25日「平成グルメが室町幕府を倒す!!信長を救う戦国バイキング料理」
第4話 2013年2月1日「徳川家康の裏切り!!信長暗殺…平成グルメで最大の危機を救え」
第6話 2013年2月15日「焼肉で姉川の戦いに勝て!!平成の恋人は…戦国のパティシエ!?」

信長のシェフ TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『信長のシェフ 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(8) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

夜行観覧車 第4話

第4話「夫の秘密と嘘…兄妹たちの残酷な現実」2013.2.8

2013年事件翌日。
捜査をしている結城(高橋克典)ら坂留警察署の刑事たち。殺害された高橋弘幸(田中哲司)の妻・淳子(石田ゆり子)が、搬送された病院から行方をくらまし消息不明になり、事件直後に姿を消した次男・慎司(中川大志)の足取りも、依然つかめていない。京都在住の長男・良幸(安田章大)ともまだ連絡が取れていない。事件当夜、友人の家に泊まりにいっていた長女・比奈子(宮ア香蓮)は、かなり混乱した状態が続いていたが、刑事たちは消えた慎司、淳子の身柄が確保されれば、この事件の解決は長引かないと考えていた。しかし、高橋家の向かいの遠藤啓介(宮迫博之)が、殺害された弘幸から借金をしていたことが記された借用書が出てくるのだった。啓介の勤める工務店に訪れた結城は、啓介に事件当時のアリバイと借金のことを確認すると、動揺しながらも否定する。啓介の動揺を怪しむ結城は、淳子が行方不明になったことを啓介に告げその場を去る。

その頃、真弓(鈴木京香)は、さと子(夏木マリ)から、事件当時、啓介が高橋家から出てくるところを目撃したと言われたことを思い出し、もやもやした気持ちを抱えながらパートに向かった。働いていると、シフトで休みだったパート仲間の晶子(堀内敬子)が車で現れる。その助手席に比奈子が乗っていることに気がつき真弓は驚く。比奈子が晶子の姪っ子だったことを知り、真弓は力づけようと声をかけるのだが…。

さと子の発言や、啓介が弘幸から借金をしていることを警察から聞かされ気になった真弓は、パートの合間に啓介の会社を訪れる。しかし、啓介は打合せで外出中だった。仕方なく車を走らせると、喫茶店から出てくる行方不明だった淳子の姿を見つける。車を止め、慌てて降りた真弓が再び喫茶店に目をやると、淳子のあとから啓介が出てきた。淳子と反対方向へと歩きだす啓介を真弓は追いかけるのだが、見失ってしまうのだった。パート先のスーパーに戻り、車を降りたとき、結城が「久しぶり。中村さん」と真弓に声をかけてきた。大学のゼミが一緒だった真弓と結城は、朝の聞き込みの際、お互いそ知らぬふりをしていたのだった。スーパーの駐車場で懐かしい昔話をするのだが…。

第1話 2013年1月18日「高級住宅街の殺人!渦巻く悪意…家族崩壊」
第2話 2013年1月25日「美しい街に隠された秘密…謎の失踪」
第3話 2013年2月1日「狂い始める家族の歯車…逃亡する母子」
第5話 2013年2月15日「加速する悪意…暴走する娘と母の叫び」

夜行観覧車 TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ
タグ:夜行観覧車

『夜行観覧車 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(11) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ドラマ/アイウエオ順検索