2013年04月01日

でたらめヒーロー 第1話

第1話「史上最低のクズ男が10分間だけ大変身!」4月4日(木) 夜23:58〜

主人公・久住健太(佐藤隆太)は「めんどくせえ」が口癖のロクデナシ男。
定職にもつかず、今日も借金取りたちに追われている。
逃げる健太は、コンビニの前で老婆とぶつかり、罵声を浴びせる。それに怒ったコンビニ店員・倉田夏輝(本仮屋ユイカ)と口論に。逃げていく健太の背中に「最低」と夏輝。

結局、借金取りたちに捕まった健太は、明日までに三百万円の返済を迫られる。できなかったら「テメエの命で払ってもらう」と借金取りたち。 追いつめられた健太は、幼馴染の制服警官・丹波修司(塚本高史)の元へ。いつものように金をせびるも断られる。恐妻家の修司は小遣いを減らされ、カツカツらしい。しかも、幼稚園の先生たちとのコスプレ合コンを控え、その準備に余念がない様子。「俺にだって待ってる女くらいいる!」と啖呵を切り、健太はハローワークへ。

窓口で健太を“待って”いたのは、ハローワークのマドンナ・白井麻里(原幹恵)。その笑顔に癒やされる健太。だが、一日で三百万稼げるような仕事は当然見つからず。
肩を落として自宅のボロアパートに帰ってくる健太。

すると、健太の部屋の前には、見知らぬ少年・久住大地(秋元黎)の姿が。大地は、音信不通だった健太の姉・恭子の息子だという。恭子がシングルマザーになっていた事に驚きながらも、健太は、大地が持つ二百万の通帳目当てに、暫く泊めてやる事に。

恭子が男でも作って出てったんだろ?と決めつける健太に、グッと拳を握り締める大地。しっかり者の大地は、汚い部屋にも嫌悪感、いい加減な健太に不信感いっぱいな様子。
それでも強引に通帳と印鑑を持ち出した健太。借金返済のために金を増やそうと、競馬に全額つぎ込むも、見事失敗。アッという間に文無しに。それを知った大地と諍いになる。

その拍子に大地のリュックからドロップ缶が飛び出す。中には色とりどりのドロップが。「食べちゃいけないって言われてるんだ!」という大地の声を無視し、健太が赤いドロップを食べようとしたその時。午前0時を過ぎて日付けが変わり、借金取りたちが乗り込んでくる。咄嗟にドロップを三粒ポケットに突っ込んだまま、拉致される健太。

生命保険をかけられ、殺されようとしている健太、「何でもしますから!」と命乞いする。そんな健太に借金取りたちは、敵対するヤクザの倉庫からヤクを盗んでくるよう命じる。
選択の余地なく、倉庫へ向かう健太。しかし、当然の如く失敗。ヤクザたちに捕まり、囲まれる。銃を向けられ、死を覚悟する健太。しかしその時、ポケットからドロップが一粒こぼれ落ちる。それを口にした健太。その瞬間、髪が逆立ち、力がみなぎる。

健太は、スローモーションに見える銃弾をよけ、超人的な速さで壁を駆け上がり、大の男たちを次々と投げ飛ばす。訳も分からない内にヤクザたちを全滅させてしまう健太。「…すっげえ。俺マジすげえ!」自分の力に驚き、興奮する。

その頃、大地は、恭子からドロップ缶を託された時の事を思い出していた。
「特別なドロップだから食べちゃダメ」「時間がないの。お母さんと約束して…」
切迫した恭子の姿を思い出し、大地はドロップ缶をギュッと握り締める…。

翌日。借金取りも含めヤクザたちは一網打尽にされていた。だが、健太のドロップ話を、修司を含め警察は誰も信じない。真実だと証明するため、健太は交番で修司にドロップを食べさせるが、効果ナシ。しかし健太が食べると再びスーパーパワーが。それを目の当たりにし、ようやく健太の言葉を信じる修司。どうやらドロップは健太にしか効かない様子。

その時、コンビニで立てこもり事件発生の一報。健太に事件解決させ、自分の手柄にしようと企む修司は、合コン用の安っぽいヒーロー衣装とカラフルなゴーグルで健太を変装させ、現場へと連れて行く。「ヒーローなんてやってらんねーよ」と拒む健太だったが、修司に「借金をチャラにしてやる」と言われ、仕方なく応じる。

コンビニで人質になっていたのは、健太と最悪の出会いをしたあの店員・夏輝だ。自棄になった犯人たちによって夏輝に危機が迫る。その時、ドアを破壊して颯爽と現れる健太。その姿を目にした夏輝は呟く。「ゴーグルZ2号!」その名称に違和感を覚えながらも、健太はスーパーパワーを発揮。犯人の一人をあっさり片付ける。ところが、もう一人を倒そうとした時、突然ドロップの効果が切れる。殴られ、追いつめられる健太。それでも夏輝の活躍によって何とか事件は解決。修司に促され、健太は裏口から脱出する。散々な目に遭い、ウンザリしながらも、夏輝から「ありがとう」と言われ、妙な気持ちになる健太。

アパートに帰ってきた健太は、大地の手作りケーキを勝手に食べる。そう言えば、今日は恭子の誕生日だ。すると、「何で勝手に食べちゃうんだよ!」と激昂する大地。ケーキ程度に何だよ?と失笑する健太。そこにやって来る弁護士。彼は意外な真実を告げる。恭子は一週間前に交通事故で死んだというのだ。大地を健太に託すという遺言を遺して…。
驚く健太。大地は母を亡くした悲しみにずっと耐えていたのだ。それを知らずに俺は…。

弁護士が去った後、ケーキの前で堪えてきた涙を流す大地。健太はヤケクソ気味にハッピーバースデーを歌い、「食うか。(姉ちゃんと)三人で」と言う。健太なりの不器用な慰めに救われる大地。

一方、謎の男・黒木(小日向文世)は、部下に命じる。「一刻も早く見つけ出せ」と。黒木の手には、隠し撮りされた恭子と大地の写真が…!

第2話 2013年4月11日

でたらめヒーロー TOPへ
各話視聴率へ
2013年春ドラマ(4-6月)TOPへ
2013年春ドラマ視聴率一覧へ

『でたらめヒーロー 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

お助け屋☆陣八 第12話(最終話)

第12話「仲間の死を乗り越え街つぶす宿敵と対決」
3月28日(木) 夜23:58〜0:38放送

“お助け屋”のウラ稼業をする浅草の車夫・俥屋陣八(宮川大輔)は、風俗まがいの“メイドカフェ☆ぷりぷり”の摘発を依頼された。オーナーの蓮杖美咲(三浦理恵子)の裏には、地上げ屋の荒巻隆治がいて、日の出通り商店街の組合会長も味方。陣八は依頼された娘の奪還に成功するが、「街おこしの邪魔をする陣八の俥屋の営業を差し止める」と、会長に商売道具の俥を取られてしまう。そして驚いたことに、陣八の幼馴染の帝都銀行浅草支店の支店長・村上鉄雄(細川茂樹)こそ、荒巻と街の地上げを計画する黒幕だった。

そんなとき、オーナーの美咲が、恨みに駆られた元メイドの父親によって刺殺される事件が起きる。美咲の死であっけなくメイドカフェは閉店するが、「街おこし」のため店に出資していた商店街は負債を負うことに。帝都銀行からの融資額は一億円にもなっていて、村上は会長に返済を迫る。
「このままでは商店街が潰れてしまう」と、店を差し押さえられた会長に助けを求められ、陣八はいやとは言えない。陣八最強の敵との戦いが始まる。
「借金させて貸し剥がして別の所に土地を高く売るのが荒巻のやり方だ」と、“お助け屋”の助っ人の元外科医・井口達也(小泉孝太郎)は言うが、陣八は「話せばわかる」と、帝都銀行の村上に直談判に行く。村上の目的は、商店街を潰して新しい複合商業施設を作ること。陣八が情に訴えても、村上は「金を動かす」ことしか考えず、聞く耳を持たない。村上に「一か月で一億用意しろ」と言われ、陣八は啖呵を切る。「わかったわ! 俺が街を助けたるわ!」

“キッチン時代屋”に戻ると、達也たちが待っていた。看板娘・萌(有村架純)も、助っ人の芸者・ポン太(南海キャンディーズ・しずちゃん)も、「街の借金の一億円を背負った」という陣八の話を聞いて呆れ果てる。そんなとき、謎の女に軽口を聞き、どつかれた陣八は、あることを閃く。
日の出商店街を企業名や商品名に改名して金を得る――いわゆる“ネーミングライツ”のスポンサーを探して、陣八は駆けまわる。ところが、陣八の動きを邪魔しようと、荒巻が萌を拉致。わざわざそのことを伝えに“キッチン時代屋”に現れた。荒巻は、ポン太にとって父の仇の憎い男。だが、萌を人質に取られては手が出せない。街の人間も諦め始め、お助け屋は崖っぷちにいた。

そんなとき、四代目陣八(加藤茶)が現れ、奪われた俥を取り戻す。さらに四代目は、ポン太、萌の父の神谷輝道をひき連れ、萌の奪還に成功する。

一方、会長の元へ向かった陣八は、会長に店を売却させようする村上に遭遇。村上は「昔から、明るいだけしかとり柄のない陣八が大嫌いだった。お前が偽善者ぶって人助けなんかするから、イラついて俺も本気になれた」と本心を吐露する。そして「助けられへんかったら、俺の前で死ねや」と言う。

思わぬ村上の本音に落ち込む陣八が、俥のガレージに戻ると、四代目が心臓発作を起こして苦しんでいた。救急車を呼ぼうとする陣八を四代目は制止する。「俺が死ねば、生命保険で金が入ってくる。それで街が救える。それが、俺の最後の仕事だ――」
四代目は「自分を信じるんだ」と陣八に言い遺し、こと切れた。涙をのんで、陣八は立ち上がる。

陣八が、村上の元へ行き、四代目の保険証書を叩きつける。村上は証書を受け取るが、「日の出通り商店街が元通りとはならない」と言い出す。「確かに、街おこしのために融資した金は回収したが、別件で店の運転資金を貸している。その金が回収されるまでは、店は再開させない」というのだ。四代目が命を張って作った金が水の泡になろうとしていた。陣八が怒りをこらえきれずにいたときだった。血相を変えた女性店員が駆け込んできた・・・

なんと、街の老若男女が金を持って集まっていた。四代目に祖母の命を救ってもらった男。陣八がお助け屋の初仕事として娘を助けた団子屋の女将……。その光景を見た村上は思わず悪態をつく。「所詮はその場しのぎ。底辺のもんは底辺らしくでしゃばらずに言いなりになっときゃええんや!」一同の視線に、村上は街の人間を敵に回したことに気付く。街の人間を敵に回して支店長を続けられるわけがない。自らの首を絞めた村上は力なく項垂れる。
そんな村上を「アイツも終わりだな」と見ている荒巻がいた。ポン太は、その姿を見逃さなかった。「アイツが終わりって事は、アンタも終わりやで」ポン太は荒巻に強烈なパンチを浴びせ、復讐を遂げた。

一か月後――
街は見違えるように人が溢れていた。達也は商店街に診療所を開き、女性患者に人気。ポン太は変わらず浅草の名物芸者で朝帰り。あの一件以来、街には平和が訪れ、お助け屋の依頼はない――と言いたいところだが、陣八の携帯電話に連絡が入る。「依頼やで」陣八は、達也とポン太と共に、仕事に向かう。

今日も、陣八の俥が街を走る――

第1話 2013年1月10日
第2話 2013年1月17日「極悪ホストを退治」
第3話 2013年1月24日「金髪の新メンバー!?いじめ問題を解決!」
第4話 2013年1月31日「振り込めサギ撃退」
第5話 2013年2月7日「ブラック会社退治」
第6話 2013年2月14日「保険金殺人の女」
第7話 2013年2月21日「白アリ詐欺の毒牙に苦しむ若妻を救え!」
第8話 2013年2月28日「美容整形の魔の手」
第9話 2013年3月7日「初恋の男は暗殺者!?凶弾に倒れたのは…」
第10話 2013年3月14日「チカン店長を撃退」
第11話 2013年3月21日「メイド喫茶の魔女」

お助け屋☆陣八 TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『お助け屋☆陣八 第12話(最終話)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

ラストホープ 第11話(最終話)

STORY #11「大丈夫、必ずあなたを助ける…宿命を背負う医者の最後の選択」2013.03.26 ON-AIR

波多野卓巳(相葉雅紀)たちは、町田恭一郎(中原丈雄)への肺提供の意志を2人の息子、真一(要潤)と恵介(石田卓也)から得た。そして、生体肺移植の準備を進めるのだが、当の恭一郎に息子たちからの肺提供を拒否されてしまう。そんな時、鳴瀬哲司(嶋政宏)が卓巳と橘歩美(多部未華子)の前で突然倒れてしまった。意識を失う寸前、鳴瀬は生体肺移植を成功させて欲しいと卓巳たちに託す。脳腫瘍の腫瘍内出血だった鳴瀬は卓巳によって直ちに処置されるのだが、重篤な状態に陥ってしまった。

恭一郎の拒否により手術を行う事も出来ず、高度先端医療センターの責任者、鳴瀬の不在。石原隆一病院長(大石吾朗)たち病院幹部は恭一郎を転院させることを考え始めた。卓巳と歩美は、真一、恵介とともに恭一郎の病室へ。2人の息子は生きて欲しいと、恭一郎に手術することを訴える。だが、恭一郎は応じようとしない。すると、卓巳が突然、家族の説得に口を挟む。いつになく、熱い口調で真一たちの覚悟を語る卓巳。その思いは、自らの重い宿命にも重なっていた…。

果たして、恭一郎の生体肺手術は行われるのか? 鳴瀬は? そして、卓巳が背負っている宿命とは? 全ての謎が明らかに! 『ラストホープ』ついに完結。

第1話 2013年1月13日「死なせない、ただ一人として…見放された患者たちの最後の砦」
第2話 2013年1月22日「誰もやらないなら私が救う…最先端医療か最高難易度の手術か」
第3話 2013年1月29日「失われた神の手を再生せよ!!患者は母を見殺しにした天才医師」
第4話 2013年2月5日「最先端“再生医療”で瀕死の心臓に挑む!!〜決して見捨てない医者たちが患者の未来を救う!!」
第5話 2013年2月12日「お腹の赤ちゃんを助けて〜瀕死の母の願いを先端医療で救え!!」
第6話 2013年2月19日「命より視力を取り戻したい…余命2ケ月の写真家が迫る究極の選択」
第7話 2013年2月26日「普通の女の子として生きたい…白血病患者の心を溶かす希望のノート」
第8話 2013年3月5日「君は一人じゃない!!一緒に立ち向かう医者と希望の最先端移植」
第9話 2013年3月12日「容態急変〜最先端のガン治療に大きな罠?連続発症する病魔に打ち勝て!!」
第10話 2013年3月19日「息子の決断…医者には決められない最先端肺移植…父を救うのか、見捨てるのか?」

ラストホープ TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『ラストホープ 第11話(最終話)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(5) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビブリア古書堂の事件手帖 第11話(最終話)

「乱歩が残した間違った暗号文!?」2013年3月25日

 母・智恵子(安田成美)に金庫の鍵を奪われたと確信する篠川栞子(剛力彩芽)は、智恵子よりも早く暗号を解いて暗証文字を入手することが、自分たちに残された道だと話す。

 その後、栞子と五浦大輔(AKIRA)が「ビブリア古書堂」に戻ると、智恵子がカウンターに座り本を読んでいた。驚く栞子に智恵子は、金庫の中身は何だと思うかと聞く。栞子が、江戸川乱歩の未発表の草稿か何かだろうと答えると、智恵子は「押絵と旅する男」の第一稿だと言った。それは乱歩の代表作のひとつだが、第一稿は乱歩自身の手で破棄されたといわれている。それが鹿山明(須永慶)の金庫にあるとは信じられないが、智恵子は鹿山の父親と乱歩の接点を明かした。その意外な事実に志田肇(高橋克実)も驚きを隠せない。

 そんな折、栞子のもとへ鹿山直美(横山めぐみ)から智恵子が現れたと連絡が入った。鹿山邸の書斎に駆けつけると、智恵子は金庫の鍵を手にしていた。実は、智恵子が栞子の前に現れたとき、智恵子はまだ鍵を見つけていなかった。しかし、早合点した栞子がしゃべり過ぎ智恵子にヒントを与えてしまったのだ。鍵は、「少年探偵団」シリーズのなかでも特に希少な4冊とともに書棚に隠されていた。直美は鍵を返すように言うが、智恵子は直美の兄の義彦(名高達郎)から全面的に任されているから、と言って渡さない。智恵子は、鍵と一緒に封筒に入っていた二銭銅貨を栞子に見せた。それは乱歩のデビュー作「二銭銅貨」に関連するものと思われたが、ヒントを見つけることはできなかった。しかしその後、栞子は来城邸書斎のガラスケースのなかに二銭銅貨を見つける。銅貨はふたつに割れ、なかから「南無阿佛」などと漢字が羅列した紙が出てきた。

 そこで栞子は智恵子に交渉を持ちかける。義彦からの指示で、来城邦代(松田美由紀)と慶子(高樹澪)は翌朝に屋敷を出なければならない、それまでの間、鍵を貸してくれ、と。金庫の中身は鹿山家のものだが、自分たちは鹿山明(須永慶)が慶子に何を残したのか知りたいのだ、という栞子に智恵子は鍵を渡す。

 その後、志田も加わり漢字の羅列が「ひしょうえじま」という暗証文字であることがわかった。意味は不明だが、「1915」のダイヤル番号、鍵、その文字を入力すると金庫が開いた。なかには、「押絵と旅する女 江戸川乱歩」と表紙に書かれた原稿用紙の束があった。邦代からそれを手渡され胸に抱きしめる慶子。邦代は、栞子らに慶子をひとりにしてやってほしい、と頼む。

 栞子、大輔とともに書庫にやってきた志田は、「江川蘭子」があることに気づく。先日、それを落下させそうになった、と大輔が話したとき、栞子に閃きが走った。急いでリビングに戻ると、そこには慶子がひとり残されていた。栞子は来城邸を飛び出し走ると、前方を歩く邦代に「慶子さん!」と呼びかけた。

 場所を移し栞子と向き合った邦代は、本当は自分が慶子で、慶子が妹の邦代だと明かした。病を患う人間の頼み事なら、鹿山家も断りにくいだろうと思い、画策したのだという。

 栞子は、先日の「江川蘭子」の扱いから「本に疎い」と話していた邦代のウソを見破ったのだ。

 栞子は「押絵と旅する女」は、若い頃に推理作家を目指した鹿山が乱歩を真似て書いたものだろうと言った。さらに、原稿の一枚目の裏には、鹿山のペンネームだと思われる「作 江島日生(えじまひしょう)」という記述があった。自分のために書かれた小説を手にいれた邦代は、「押絵と旅する男」の主人公のように自分も旅をしながら読むつもりだと言った。

 その後、智恵子が栞子の前に現れた。志田から話を聞いたという智恵子は、鹿山が死期を悟るずっと以前から屋敷にあった金庫に、自作小説だけを入れていたとは考えられないと言う。あの小説は、「押絵と旅する男」の第一稿の断片で、乱歩がトイレに捨てるなどして欠落した部分を鹿山が補う形で書き上げたのではないか、本物と偽物が融合しているからこそ、乱歩マニアである邦代にとって最高のプレゼントなのではないか、と栞子に迫った。一方で、邦代の足取りを追うことは難しくはないから、小説を読む猶予を与えてやる、とも言った。

 栞子に向き合った智恵子は、この10年間自分は本を探していたのだ、と明かした。人生のすべてをかけてもいいくらい欲しい古書なのだという。そのために子供たちを残して旅に出たが、後悔はしていない、なぜなら、栞子も文也(ジェシー)も自分の子供だからだ、と。その本がどんな本か知りたいのなら、自分と一緒に来ればいい、と言う智恵子は、「押絵」の原稿を手に入れたら日本を出るつもりだと話す。栞子は、智恵子の生き方が今は少しだけ理解できる気がする、と答えた。

 数日後、「ビブリア古書堂」に大輔がやってくる。顔色が悪いのを心配した栞子が尋ねると、前夜に「押絵と旅する男」を読んだが5ページで挫折してしまった、と明かした。その努力が嬉しい栞子は、いつものように大輔に「押絵と旅する男」のあらすじを話してやり…。

第1話 2013年1月14日「偽のサインと古書に秘められた謎」
第2話 2013年1月21日「なぜ犯人は一冊だけ本を盗んだのか」
第3話 2013年1月28日「本日のお客様は脱走犯!?」
第4話 2013年2月4日「鍵のかかった部屋から盗まれた本」
第5話 2013年2月11日「今回は、結末が2つです」
第6話 2013年2月18日「脅されているんです、異常な男から」
第7話 2013年2月25日「複数の真実」
第8話 2013年3月4日「真犯人はビブリアにいる」
第9話 2013年3月11日「タヌキとワニとイヌが出てくる絵本」
第10話 2013年3月18日「江戸川乱歩・少年探偵団」

ビブリア古書堂の事件手帖 TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『ビブリア古書堂の事件手帖 第11話(最終話)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(7) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

dinner 第11話(最終話)

Story #11「これが最後の味」 2013.3.24 Sun.On-Air

江崎究(江口洋介)は、以前修行していたイタリアの有名店『テレーザ』から、新しくオープンするシンガポール支店の料理長になって欲しいと誘さわれる。『テレーザ』のマネージャー・フェリーニは、2日後に来日する際に返事が欲しいという。

同じころ、『ロッカビアンカ』では、客からメニューにはないかぼちゃのトルテッリが食べたいというオーダーが入る。今井耕助(松重豊)は味の決め手となるモスタルダがないからと断る。しかし、どうしても食べたいと再度オーダーが入ったため、いまあるものを使って即席でモスタルダを作ることにした。

帰る途中、店に電話を入れた江崎は辰巳沙織(倉科カナ)から状況を聞き、最終的な味の調整は自分がやるからと、料理を出すのは待つように指示を出す。しかし、沙織がそれを伝える前に料理がテーブルに出されてしまった。

店に着いた江崎は、着替えもせずに厨房に飛び込んでくる。料理がすでに出されたと聞き、残ったもので味見をした江崎は、その想像以上の美味しさに驚く。白衣に着替えるため厨房を出た江崎は、今井の指示の下きびきびと働く厨房スタッフたちを無言で見つめる。

ある日、ランチ営業後にみんなでくつろいでいると、沙織が翌日に『カーザ・トリーノ』から予約が入ったと飛び込んでくる。『カーザ・トリーノ』とは、世界中のイタリアン・レストランを三ツ星で格付けしているガイドブックで、アジアには星が2つの店はなく、星1つの店も、日本には『ロッカビアンカ』を含め3軒しかないほど評価が厳しい。今回の評価で星がなくなればダメージは大きいと困惑する一同。しかも、江崎が格付け評価のために料理を作ってくれるかどうかもわからなかった。

沙織が事情を話すと、意外にも江崎はすんなりと引き受ける。舌の肥えた審査員をギャフンと言わせたらさぞかし気持ちがいいだろうと、今井に話をふる江崎。今井がその言葉に同意した直後、江崎は『カーザ・トリーノ』の審査員に出す料理はすべて今井に任せると言い出し…。

第1話 2013年1月13日「最高のレストランに最低のシェフ登場」
第2話 2013年1月20日「居場所を無くした料理人!?」
第3話 2013年1月27日「美食の女王来店!嫌な注文」
第4話 2013年2月3日「届け!パスタにのせた想い」
第5話 2013年2月10日「空飛ぶタコと小さな奇跡」
第6話 2013年2月17日「まず始めに前菜を」
第7話 2013年2月24日「最後の晩餐と叫ぶ皿洗い!?」
第8話 2013年3月3日「まずいと言った最強の敵!」
第9話 2013年3月10日「あぁ、神様!料理長が不在」
第10話 2013年3月17日「店がなくなる!?決断の時」

dinner TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ
タグ:dinner

『dinner 第11話(最終話)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(5) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月17日

カラマーゾフの兄弟 第11話(最終話)

2013.3.23 Sat On-Air
第11話 〜真実の色〜

 次男・勲(市原隼人)は、事件当日の行動に不審な点があった使用人の末松(松下洸平)に父・黒澤文蔵(吉田鋼太郎)を殺したのはお前か、と詰め寄る。そして、末松こそが三男・涼(林遣都)から聞かされていた「もう一人の兄弟」であることを知る。末松は、文蔵は最低の男だ、と吐き捨て、さらに長男・満(斎藤工)と涼についても否定的に語る一方、次男・勲だけは自分の兄として相応しい人間である、と饒舌に話す。

 少年時代のある日、自分の父親だと分かった文蔵に会いに行き、自分が息子であることを打ち明けた末松だったが、文蔵から物乞い呼ばわりされ小銭を投げつけられた。
末松は、その時、文蔵への復讐のために生きていくことを決意したのであった。そして、素性を隠し、使用人として黒澤邸で働き始めた末松は、兄・勲への尊敬が強くなるにつれ、自分のやるべきことが何なのか、明白に自覚したと言う・・・。

 そんな折、警察署に駆け込み、刑事・入江(滝藤賢一)に、末松の写真を見せ、真犯人の存在を伝えた涼は、入江と共に黒澤邸に急いで向かっていた。  一方、勾留中の満には、起訴が着々と迫り・・・。

第1話 2013年1月12日「汚れた血族」ラテ欄「汚れた血族〜衝撃の心理サスペンス開幕」
第2話 2013年1月19日「次男〜侵された魂」ラテ欄「侵された魂」
第3話 2013年1月26日「〜長男・満 棄てられた犬〜」ラテ欄「棄てられた犬」
第4話 2013年2月2日「〜三男・涼 奪われた我〜」ラテ欄「三男〜奪われた我」
第5話 2013年2月9日「剥がれる仮面」ラテ欄「剥がれる仮面〜事件動き出す」
第6話 2013年2月16日「死を刻む砂音」ラテ欄「死を刻む砂音〜遂に事件当日!!」
第7話 2013年2月23日「〜黒く潰された空白〜」ラテ欄「黒く潰された空白」
第8話 2013年3月2日「断ち切れない鎖」ラテ欄「断ち切れない鎖〜嵌められた男」
第9話 2013年3月9日「引き裂かれた果てに」ラテ欄「引き裂かれた果てに〜罪と罰〜」
第10話 2013年3月16日「 〜顔の無い仔〜」ラテ欄「顔の無い仔〜ついに真犯人!?」

カラマーゾフの兄弟 TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『カラマーゾフの兄弟 第11話(最終話)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

泣くな、はらちゃん 第10話(最終話)

最終話「私の世界」2013.3.23

「はらちゃん、私たちは両思いです」
そう言って、はらちゃん(長瀬智也)たちを漫画の世界へ帰し、さらに自分自身をノートに描き、漫画世界へと行ってしまった越前さん(麻生久美子)。

心配した百合子(薬師丸ひろ子)が越前さんを呼び戻そうとするが、現実の世界に帰りたくない越前さんは、漫画世界に留まろうとする。

心配する漫画世界の面々に、
「私なんかいなくても、あの世界は何も変わらないんです」
と、悲しげに微笑む越前さん。

「そんな越前さんは好きではありません」
自分の世界を、そして自分自身を好きになろうとしない越前さんに、はらちゃんはそう告げると、再び揺れ始めた漫画の世界から、越前さんを現実の世界に連れ出そうとする。

はらちゃんと越前さん、二人の恋の行方は・・・?


第1話 2013年1月19日「恋するヒーロー!!」
第2話 2013年1月26日「恋したけど片思い」
第3話 2013年2月2日「両思いになる方法」
第4話 2013年2月9日「涙のバレンタイン」
第5話 2013年2月16日「もう会えないの?」
第6話 2013年2月23日「家族になりましょ」
第7話 2013年3月2日「ずっと一緒」
第8話 2013年3月9日「神様のナゾの真相」
第9話 2013年3月16日「2人が選んだ結末」

泣くな、はらちゃん TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『泣くな、はらちゃん 第10話(最終話)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(13) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

夜行観覧車 第10話(最終話)

第10話「犯人が語る事件の動機…家族の未来」2013.3.22

2013年、事件九日後。
「ひばりヶ丘」に報道陣を集めた良幸(安田章大)は、比奈子(宮ア香蓮)を引きつれ、「何が本当で、何が嘘か、この事件にについて、そして高橋家の人には言えない秘密」について語りだす。ひとり、養護施設で保護されていた慎司(中川大志)は、TVの中の良幸に止めろと叫ぶのだった…。
刑事の結城(高橋克典)に保護された良幸と比奈子は慎司と再会するのだが、会うなり慎司は良幸に掴みかかる。そして、慎司は今まで黙っていた事件の真相を語りだす。

一方、リビングで良幸の会見を扱ったニュースを見ていた真弓(鈴木京香)、啓介(宮迫博之)、彩花(杉咲花)。3人とも釈然としない思いでいるなか、啓介の携帯の着信ランプが点滅する。啓介が玄関からこっそり出てくると、通りに携帯を持った結城が立っていた。ギクリとする啓介に結城は…。

第1話 2013年1月18日「高級住宅街の殺人!渦巻く悪意…家族崩壊」
第2話 2013年1月25日「美しい街に隠された秘密…謎の失踪」
第3話 2013年2月1日「狂い始める家族の歯車…逃亡する母子」
第4話 2013年2月8日「夫の秘密と嘘…兄妹たちの残酷な現実」
第5話 2013年2月15日「加速する悪意…暴走する娘と母の叫び」
第6話 2013年2月22日「悲しい罪の告白…ついに、犯人逮捕!?」
第7話 2013年3月1日「事件の夜夫が見たモノ…狂った母2人」
第8話 2013年3月8日「殺された父の本性!?許し合えない親子」
第9話 2013年3月15日「最終章〜前編〜事件の夜の家族の悲劇」

夜行観覧車 TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ
タグ:夜行観覧車

『夜行観覧車 第10話(最終話)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(13) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最高の離婚 第11話(最終話)

最終話「結婚って、拷問だと思ってましたが、違いました」3月21日木曜 夜10時(15分拡大 午後10時〜11時9分)

 光生(瑛太)は、付き合いで参加させられたことがきっかけで、アキバ系の人気アイドルグループ『でんぱ組.inc』にすっかりハマってしまう。彼女たちのライブの帰り、『金魚カフェ』に立ち寄った光生は、河口湖の近くで暮らしている父・修一(山崎一)が、亜以子(八千草薫)と一緒に暮らすために、明日迎えにくることを知る。姉の智世(市川実和子)は、そのときに離婚したことを修一に報告するよう、光生に告げた。

 帰宅した光生は、愛猫のマチルダとはっさくが開いていた窓から外に出ていってしまったことを知り、愕然となる。慌てて探しに出た光生は、『金魚カフェ』にも立ち寄った。するとそこには何故か結夏(尾野真千子)の姿があった。亜以子にお別れの挨拶にきたらしい。結夏は、光生とともにマチルダたちを探しに行く。

 同じころ、灯里(真木よう子)と諒(綾野剛)は婚姻届を書いていた。光生たちに証人になってもらおうか、という諒に、灯里は、何故前のときは婚姻届を出さなかったのか、と尋ねた。諒は、区役所まで行ったが、居なくなった飼い犬を探してほしいと友人から連絡があった件を打ち明けた。そこにやってきた光生たちは、事情を話し、一緒に探してほしいと灯里たちに頼んだ。4人は近所を探し回るが、マチルダたちは見つからなかった。

 結夏とともに家に戻った光生は、ひどく落ち込んだようすの彼女を気遣う。しかし結夏は、明日約束があるからもう帰るという。結夏のようすがおかしいことに気づき、引きとめる光生。そこで、結夏が人妻モノDVD出演のための面接に行くことを知った光生は、結夏に対する自分の思いを伝え、何とか説得に成功するが…。

 あくる日、『金魚カフェ』に修一がやってくる。連絡を受けた光生は、結夏とともに修一に会いに行く。光生たちが離婚することを知った修一は、結婚とはふたつの家族が縁を結ぶことだ、山梨県と静岡県ではこんな離婚は認められない、というと、いまから結夏の実家に行って両家揃っての家族会議を開く、と言い出す。困惑する光生に、亜以子は、幸せになってくださいと結夏に言ったのだから、そうなれる道まで連れて行ってあげなさい、と光生に助言し…。

第1話 2013年1月10日「つらい。結婚って、長い長い拷問ですよ」
第2話 2013年1月17日「あなたなんて死ねばいいのに」
第3話 2013年1月24日「もう一つの夫婦の秘密と真実」
第4話 2013年1月31日「あなたが好きなのは自分だけ」
第5話 2013年2月7日「出来るもんなら浮気したい!」
第6話 2013年2月14日「男が子供だから女は鬼嫁か泣く嫁になるしかない!」
第7話 2013年2月21日「お別れは自分で決めたこと」
第8話 2013年2月28日「いいじゃない、一回寝てみよ」
第9話 2013年3月7日「今度は最高の結婚をしてね!」
第10話 2013年3月14日「あなたがその子の父親になればいいんじゃない?」
最高の離婚スペシャル2014 2014年2月8日「離婚の原因が何かわかりますか?結婚です。結婚するから離婚するんです。つらいです」

最高の離婚 TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ
タグ:最高の離婚

『最高の離婚 第11話(最終話)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(15) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お助け屋☆陣八 第11話

第11話「メイド喫茶の魔女」3月21日(木) 夜23:58〜0:38放送

“お助け屋”のウラ稼業をする浅草の車夫・俥屋陣八(宮川大輔)の元に、依頼に現れたのは、女子大生の田畑梨香(岡本玲)の母親。梨香がバイト先で援助交際させられているという。そこは、日の出通り商店街に最近できた“メイドカフェ☆ぷりぷり”。「どうか娘を説得して、店を辞めさせて下さい!」
名門女子大に通う梨香だが、実はつい最近まで、お洒落なブランドもので身を固めた同級生たちに、貧乏でブスな外見を「金魚ブス」とからかわれていた。いじめに落ち込んでいた梨香は「あなたもプロの手でかわいいメイドになろう!」というびらに誘われて、“メイドカフェ☆ぷりぷり”へ。オーナーの蓮杖美咲(三浦理恵子)は、怪しい雰囲気の美女で、「あなたは全然ブスじゃない。絶対かわいくしてあげる」と、梨香をメイクとメイド服で変身させた。鏡の自分に恍惚となる梨香に、美咲はささやいた。「洋服やメイクで女の子は変われるの。でもそのためにはお金が必要よね。ここで働いてお金稼いだら、どんどんかわいくなれる。かわいくなって、大学のみんなを見直してやりなさいよ」

梨香の母の依頼をひき受けた陣八と“お助け屋”の助っ人の元外科医・井口達也(小泉孝太郎)が、さっそく “メイドカフェ☆ぷりぷり”へ。店内は満席でオタク風の男たちが、メイドたちとゲームで盛り上がったり、ステージのパフォーマンスに声援を送ったり。陣八たちの席にオムライスを運んできたメイドの瞳は、ケチャップで絵を描くと、「ぷりぷりきゅきゅーん」とハート形を手で作り“愛情を込める”おまじないをする。瞳は「アイドルになるのが夢」というが、十万円を払うVIP会員のことは、「ヒ・ミ・ツ」と明かさなかった。
「ここから先は萌ちゃんに任せますか」と達也に言われて、驚く陣八の前に現れたのは、メイド服姿の“キッチン時代屋”の看板娘・萌(有村架純)! 「お帰りなさいませ、ご主人様」――萌は、陣八に内緒で潜入していたのだ。

“メイドカフェ☆ぷりぷり”では、美咲が週ごとのメイドの売上成績を発表する。VIPルームでの『ハグ一分五千円、膝枕一分三千円』などのオプションや、裏オプションの“ほっぺチュー”で男たちから金を巻き上げ、女の子たちは売り上げを競っているのだ。一位のメイドにはご褒美がプレゼントされたが、最下位の瞳にはクビが言い渡された。「お願いします! もう一度だけ、チャンスを下さい!」土下座してクビを勘弁してもらった瞳は、必死で売り上げを上げるため、男とラブホテルに行く特別裏オプションの“お散歩コース”へ。

そんな店の様子を潜入調査していた萌の正体が、美咲にばれてしまう。だが、盗聴器で萌の危険を聞きつけた達也が、危機一髪、萌を救いだす。
陣八、達也、芸者・ポン太(南海キャンディーズ・しずちゃん)は、作戦会議を開き、情報を整理した。VIPルームでのオプションのうち二割がメイドたちの取り分になる。店は「援助交際はダメ」と言いながら、二時間の“お散歩コース”で援助交際をさせている。逃げ口上を作って、メイドたちの虚栄心や競争心を煽って、風俗まがいのことをさせているのだ。

(だけど、なんでシャッター通りになりかけてる、日の出通り商店街にメイドカフェを作ったんだろう?)陣八が街を俥を引きながら、考えていたときだった。美咲と商店街組合会長が仲睦まじく話しているのを目にする。美咲は祭りのライブのための出資金を会長にねだっていた。名目はあくまで「街おこし」のためらしい。「街おこし」のため、帝都銀行が会長に融資した額はなんと八百万円にもなっていた・・・

その夜、援助交際までしたのに売り上げが少ないため、美咲にクビを言い渡された瞳は、自殺未遂を起こしていた。それを知った陣八は、居ても立ってもいられない。「はよ何とかせな、みんなあの女の犠牲になる……」
陣八はメイドカフェに駆け込み、「こんな店はよ辞めぇ!」と力説する。だが、メイドたちは「うちらはアイドルになるんだから、関係ない」と意に関せず。そんな陣八を美咲と一緒に店内のモニターで見ていたのは、荒巻隆治。美咲の後ろには、荒巻がいたのだ。荒巻は、帝都銀行浅草支店の支店長・村上鉄雄(細川茂樹)と組んで、商店街の地上げを計画していた。美咲は荒巻の指示で、陣八の俥の客のふりをして、陣八をおびき寄せ、待ち構えた屈強な男たちにぼこぼこにさせる。

一方、梨香は、新規の客に“お散歩コース”の指名を受け、ラブホテルへ。客は、達也。達也は梨香に「服を脱ぐように」言う。梨香の耳に「トップになるチャンスよ」と囁いた美咲の言葉が蘇る。涙を流しながら、梨香はボタンを外す。と、達也はメスを手にする。「俺は心臓外科医でね……君の心臓を見てみたい」次の瞬間、達也は、恐怖に駆られた梨香をツボ押しで失神させた。陣八たちは、梨香を母親の見守る家に届けた。究極の恐怖心を味わせる“荒療治”で梨香の目は覚めていた。

だが「これ以上犠牲者を出したらあかん!」と、陣八が店を摘発しようとしていたとき、“キッチン時代屋”に商店街組合会長が現れた。会長は「街おこしの邪魔をする陣八の俥屋の営業を差し止め、俥を商店街で預かる」という。さらに、陣八に追い打ちをかける。幼馴染だと思っていた村上は、商店街の味方。村上は陣八に冷たく言い渡す。「おまえはこの街から出ていけ」
俥も、友情も失った陣八は衝撃を受ける。陣八、万事休す――

第1話 2013年1月10日
第2話 2013年1月17日「極悪ホストを退治」
第3話 2013年1月24日「金髪の新メンバー!?いじめ問題を解決!」
第4話 2013年1月31日「振り込めサギ撃退」
第5話 2013年2月7日「ブラック会社退治」
第6話 2013年2月14日「保険金殺人の女」
第7話 2013年2月21日「白アリ詐欺の毒牙に苦しむ若妻を救え!」
第8話 2013年2月28日「美容整形の魔の手」
第9話 2013年3月7日「初恋の男は暗殺者!?凶弾に倒れたのは…」
第10話 2013年3月14日「チカン店長を撃退」
最終話 2013年3月28日「仲間の死を乗り越え街つぶす宿敵と対決」

お助け屋☆陣八 TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『お助け屋☆陣八 第11話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

あぽやん〜走る国際空港 第10話(最終話)

最終話「空港が僕を見送る日」2013.3.21 On Air

馬場(貫地谷しほり)が退職したショックで沈みこんだままのセンダーたち。しかしそんな様子を見た遠藤(伊藤淳史)はみんなを叱咤し、遠藤班はまた笑顔でカウンターに立つ。

そんなある日、遠藤は今泉(柳葉敏郎)から衝撃の報告を受ける。遠藤に本社への異動辞令が出るというのだ。かつては待ち望んでいたはずのその辞令だが、遠藤は馬場に続いて自分まで成田を離れるわけにはいかないと断ろうとする。しかし穏やかに背中を押す今泉の言葉に、受け入れるしかないのだと理解する。

翌日、遠藤から報告を受けたセンダーたちは驚きを隠せない。戻らないでほしいという一同に、返す言葉がない遠藤。しかしただ1人、森尾(桐谷美玲)だけは遠藤の異動に賛成する。応援するという彼女の言葉に、いつもの厳しさはなかった。

そして遂にやってきた遠藤の成田勤務最終日。この日は人気海外ドラマ「エアポート」シリーズファン向けのツアーに、100人もの旅客が集まっていた。旅客らの楽しげな空気を感じ、嬉しさをかみしめる遠藤。センダーたちも、遠藤の成田最後の仕事を前に張り切る。

だがそこへ須永(青柳翔)が現れた。なんとこのツアーの添乗員を務めるという。しかし現地にサイクロンが接近しているとの報告が入り、出発の目処が立たなくなってしまう。遠藤たちは手分けして旅客に状況を説明し、戸惑う旅客に誠心誠意対応する。やがてなんとか出発時刻が決定。これで無事にお客様を送り出せる…そう遠藤が安心した矢先、これまでにないトラブルがあぽやんたちを襲う。

第1話 2013年1月17日「迫る出発時間!キャンセル発生!?お客様を“笑顔”で送り出す!!」
第2話 2013年1月24日「夜の空港で大捜索!消えたハワイ客」
第3話 2013年1月31日「少年を驚かす!!輝く光の空港ショー」
第4話 2013年2月7日「便が引き返す!!殺人犯がツアー参加」
第5話 2013年2月14日「部下の心を掴め空港は“女”の職場」
第6話 2013年2月21日「大好きでした…それでも僕は見送る」
第7話 2013年2月28日「空港は悲しい場所なんかじゃない」
第8話 2013年3月7日「搭乗拒否…1%の可能性にかける!!」
第9話 2013年3月14日「サヨナラ空港…女が仕事を辞める時」

あぽやん〜走る国際空港 TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『あぽやん〜走る国際空港 第10話(最終話)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(5) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月13日

相棒Eleven 第19話(最終話)

第19話 最終回2時間スペシャル「酒壺の蛇」
2013年3月20日(水) 8:00〜10:09pm

 角田(山西惇)と同期で組対二課・課長の恩地の遺体が自宅から発見された。現場の状況から毒キノコを誤って食べた事故死と思われた。警察の幹部が毒キノコを誤食したという前代未聞の事態に大河内監察官(神保悟志)の指示のもと、特別に司法解剖も行われるが怪しい点は発見できず事故死として処理されてしまう。

 右京(水谷豊)と享(成宮寛貴)は、恩地の妻・由美子の証言から、最近恩地が炭素繊維を扱う企業の女性とこっそり電話をしていたことを知る。さっそくその企業を訪ねた右京と享は、恩地の携帯電話の履歴に残された電話番号が我孫子という人物の所属する部署であることを確認。その部署の女性社員はいずみ(星野真里)一人だけであることを掴む。

 いずみから話を聞こうとした右京と享だが、なぜか携帯は通じず、会社を訪ねても留守ばかり。いずみが偶然にもCA養成スクールで悦子(真飛聖)と顔見知りだったこと知り、享は悦子にいずみと一緒に食事をする約束を取ってもらい、そこに向かうのだが…。

 一方、右京は同行せず、いずみと連絡がつかないことに不審を抱き一人で別行動し、待ち伏せ。するといとも簡単に会うことができ、ようやくいずみから話を聞くことに成功。しかし、いずみは恩地のことは知らないと証言。悦子の話では、いずみは近々結婚の予定があると言っており、相手はアドリア大使館勤務の井川という日本人男性だという。

 恩地が、輸出制限されている炭素繊維を国外に持ち出した外為法違反容疑の捜査を単独で行っていたことがわかった。その容疑がかけられた企業の一つが我孫子やいずみの勤務する会社。ということは、恩地は我孫子といずみに接触していた可能性が高い。さらにいずみの婚約者・井川が、アドリア大使館には存在しないことがわかり…。

 一人の刑事の死から日本企業の違法行為を暴いていく右京と享。そして、容疑者へとたどりつくが、思わぬ“敵”に事件は二転三転。はたして正義の裁きは下されるのか?

第1話 2012年10月10日「聖域」
第2話 2012年10月17日「オークション」
第3話 2012年10月24日「ゴールデンボーイ」
第4話 2012年10月31日「バーター」
第5話 2012年11月7日「ID」

第6話 2012年11月21日「交通巡査・甲斐享」
第7話 2012年11月28日「幽霊屋敷」
第8話 2012年12月5日「棋風」
第9話 2012年12月12日「森の中(前編)」
第10話 2012年12月19日「猛き祈り」(後編)

第11話 2013年1月1日 元日スペシャル「アリス」
第12話 2013年1月16日「オフレコ」
第13話 2013年1月23日「幸福な王子」
第14話 2013年2月6日「バレンタイン計画」
第15話 2013年2月13日「同窓会」

第16話 2013年2月20日「シンデレラの靴」
第17話 2013年2月27日「ビリー」
第18話 2013年3月13日「BIRTHDAY」

相棒 TOPへ
各話視聴率へ
2012年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
タグ:相棒Eleven

『相棒Eleven 第19話(最終話)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(14) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月12日

サキ 第11話(最終話)

第11話「ついに今夜完結!明かされる復讐の真相と、悪女の最後」2013/3/19

自ら自宅に火を放ち、燃え盛るリビングで倒れる須藤(高嶋政伸)。その頃、須藤がサキ(仲間由紀恵)の4人目のターゲットだと突き止めた隼人(三浦翔平)は、須藤家に急ぎむかう。

翌朝、隼人と直美(内田有紀)は、須藤からサキが母・明美(朝加真由美)の死に立ち会っていたことを知る。また、その日のある時刻、サキが破滅に追いやった男たちの内の3人が、母が倒れた場所にほど近いある地域に居合わせていたことが判明。「母は5人の男に殺された」というサキの言葉から、直美と岩城(石黒英雄)が最後のターゲットは誰なのかと思い悩む中、隼人は次に狙われるのは自分だと感じていた。 

そんな時、隼人のもとにサキから連絡が入る。意を決してサキの自宅を訪れた隼人は、サキに自分が“母を殺した”のだとついに告白する。すると、2つの内1つに毒の入ったワイングラスから、どちらかを選んで飲むように迫るサキ。選びもせずに幸せな人生を手に入れた隼人への、生死をかけた最後の復讐だった。隼人は、ついに、グラスを手に取り…。

後日、サキが母親に宛てて書き綴った手紙が発見される。隼人は、なぜ狙われたのか?母の死と隼人たち5人の男の関係とは?そして、最後に明かされるサキの本心とは?すべての謎が明らかになる。

第1話 2012年1月8日「美しい隣人のサキが甦る!“姉弟”の再会に潜む毒」
第2話 2013年1月15日「悪女の微笑みは復讐の始まり…最初の標的は」
第3話 2013年1月22日「禁断への階段をかけ上がる男、運命を操る女」
第4話 2013年1月29日「第一ターゲットの結末…秘めた恋が暴かれる時」
第5話 2013年2月5日「新ターゲットへの赤い罠…姉への疑惑完全犯罪がバレる時」
第6話 2013年2月12日「弱者の逆襲!追い詰められた悪女」
第7話 2013年2月19日「母へ…明かされる“悪女”の履歴書」
第8話 2013年2月26日「母のための復讐…妻が寝ている間に男を誘う女」
第9話 2013年3月5日「セレブ妻を狂わす疑惑の真珠…4人目の復讐」
第10話 2013年3月12日「姉さんごめん…母さんを殺したのは、僕です」

サキ TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ
タグ:サキ

『サキ 第11話(最終話)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(11) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラストホープ 第10話

STORY #10「息子の決断…医者には決められない最先端肺移植…父を救うのか、見捨てるのか?」2013.03.19 ON-AIR

高度先端医療センターの波多野卓巳(相葉雅紀)たちの手から離されて、手術を受けた町田恭一郎(中原丈雄)。だが、術後の感染症で間質性肺炎とARDS(急性呼吸急迫症候群)という重篤な肺疾患を患ってしまい、再び卓巳たちのもとへと戻された。

卓巳たちは、恭一郎の治療法をカンファレンスする。そして、生体肺移植だけしか治療の手段がないという結論に至った。生体肺移植は患者の近親者からの臓器提供が望ましい。卓巳は恭一郎の2人の息子、真一(要潤)と恵介(石田卓也)に状況を説明して臓器提供の意志を確認。すると、恵介は二つ返事で同意するが、真一には拒否されてしまった。恭一郎には両肺を移植しなくてはならない。一人の提供者から両肺を移植するわけにはいかないので、真一の同意がなければ手術は行えない。だが、医師が移植を勧める事は出来ないため、卓巳は再び真一のもとへ向かう。

その卓巳は、自らの出生の秘密を探るうちに行き当たった斉藤健(高橋一生)の主治医となった。橘歩美(多部未華子)は行方不明となっている父親の居場所に近づこうとしている。高木淳二(田辺誠一)、荻原雪代(小池栄子)たちも、それぞれの過去や直面する医療問題の答えを得ようとしていた。

第1話 2013年1月13日「死なせない、ただ一人として…見放された患者たちの最後の砦」
第2話 2013年1月22日「誰もやらないなら私が救う…最先端医療か最高難易度の手術か」
第3話 2013年1月29日「失われた神の手を再生せよ!!患者は母を見殺しにした天才医師」
第4話 2013年2月5日「最先端“再生医療”で瀕死の心臓に挑む!!〜決して見捨てない医者たちが患者の未来を救う!!」
第5話 2013年2月12日「お腹の赤ちゃんを助けて〜瀕死の母の願いを先端医療で救え!!」
第6話 2013年2月19日「命より視力を取り戻したい…余命2ケ月の写真家が迫る究極の選択」
第7話 2013年2月26日「普通の女の子として生きたい…白血病患者の心を溶かす希望のノート」
第8話 2013年3月5日「君は一人じゃない!!一緒に立ち向かう医者と希望の最先端移植」
第9話 2013年3月12日「容態急変〜最先端のガン治療に大きな罠?連続発症する病魔に打ち勝て!!」
最終話 2013年3月26日「大丈夫、必ずあなたを助ける…宿命を背負う医者の最後の選択」

ラストホープ TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『ラストホープ 第10話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(4) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビブリア古書堂の事件手帖 第10話

「江戸川乱歩・少年探偵団」2013年3月18日

 篠川栞子(剛力彩芽)は、「古書に関する特別な相談がある」と連絡を受け、五浦大輔(AKIRA)とともに、来城慶子(高樹澪)が暮らす洋館にやってくる。車椅子の慶子に代わり栞子と大輔を迎えたのは妹・邦代(松田美由紀)で、案内された書庫は江戸川乱歩の古書コレクションで埋め尽くされていた。

 そのコレクションは昨年のクリスマスに死去した慶子の夫のものだが、ある条件が解決されれば、「ビブリア古書堂」に売ってもよいと言う。その条件とは、洋館にある巨大な金庫の暗号を解くことだった。

 「ビブリア古書堂」に戻った栞子は、志田肇(高橋克実)、篠川文也(ジェシー)に金庫を開けるために必要なのは、鍵、四桁のダイヤル番号、暗証番号の3つだと話した。

 その後、栞子は大輔とともに井上太一郎(佐野史郎)が経営する「ヒトリ書房」を訪ねる。

 コレクションのなかに、「ヒトリ書房」で購入したと思われる本があり、手がかりが得られるかもしれない、と思ったからだ。栞子は、井上に来城慶子を知っているか、と尋ねた。店員の鹿山直美(横山めぐみ)は微かに反応したが、井上は知らないと言う。

 志田は、栞子らに直美が以前にも「ヒトリ書房」で働いていたこと、父親の鹿山明(須永慶)は昨年のクリスマスに事故死した有名な政治学者だったことを話す。また、藤波明生(鈴木浩介)は、鹿山が「1915」というダイイングメッセージを残していた、と教えた。

 それを聞いた栞子が顧客名簿で調べると、「鹿山明」とあり、住所には「来城慶子様方」とあった。鹿山明が慶子の「夫」だと確信した栞子は来城邸を訪ね、「1915」は乱歩のデビューに当たる年でもあるから、それがダイヤル番号では、と言った。栞子の推理に感心した邦代は、この屋敷が鹿山の別邸であること、慶子は鹿山の愛人で38年間ここで暮らしていること、鹿山の死の翌日に届いた手紙には、自分が死んだら金庫を開けるようにと書かれていたことを明かした。

 栞子は書庫内のケースに並べてある乱歩コレクションに、「少年探偵手帳」がないことを不審に思う。慶子は、昨年の秋頃に鹿山が手に取っているのを見たのが最後だと証言。また、乱歩の代表作である「少年探偵団」シリーズも慶子が初めて書庫に入ったときから置いていなかった、と言う。

 そんな折、鹿山の息子の義彦(名高達男)が、慶子らに1週間以内に別邸から出ていくように、と通達。突然そんな通達をしたのは、別邸に乱歩コレクションがあると知ったからだろう、と義彦の妹の直美は言う。誰が義彦にコレクションのことを明かしたのか、栞子にある確信がよぎったとき、母・智恵子(安田成美)が現れた。智恵子は、コレクションのことを義彦に話したと認め、金庫の中身も狙っていると明かした。

 後日、鹿山邸を訪ねた栞子は、約束の時間よりも早く到着すると、人目がないことを確認し鹿山の書斎のクローゼットのなかに隠れる。すると、直美がやってきて書斎のソファを操作し始める。やがて座面のクッションが持ち上がりその下に本が見えたとき、大輔が声を出してしまう。大輔とともにクローゼットから出た栞子は、どうしても金庫の鍵が見つけたかったのだ、と謝罪。そこへ、井上も現れた。ソファに隠されていたのは、やはり「少年探偵団」シリーズだった。幼少期、このシリーズが好きだった直美は、近所の井上の家で読ませてもらっていたが、それが厳格な両親の知るところとなり、井上との交際を禁じられてしまった。そこで実は密かな乱歩のコレクターだった鹿山がソファに隠していた「少年探偵団」シリーズを、こっそり読んでいた、というのだ。

 さらに栞子の予想通り、ソファのなかから「少年探偵手帳」が出てきた。手帳には、「直美へ」、「井上直美」という鹿山直筆の文字が書かれていた。それは、昨年の秋に死期を悟った鹿山からのメッセージだが、いざ気持ちを言葉にしようとしたら何も書けなくなってしまったのだろう、「井上直美」というのは、密かに思い合っていた直美と井上の関係を公には認めることができなかったが、実はふたりの結婚を望んでいたのだろう、と栞子は話した。

 すると井上が、鹿山は自分の恩人なのだ、と話しはじめた。20数年前、「ヒトリ書房」が経営危機に陥ったときに、鹿山がコレクションの一部を破格で譲ってくれた、以来数年間、商売を通じてつながり、直美には話せなかったが慶子の存在も知っていたという。

 ところがある日、鹿山を紹介してほしい、と智恵子が現れた。愛人の存在や秘密のコレクションのことまで知っていた智恵子は、秘密を守ることと引き替えに、井上に替わり鹿山と商売を始めた。そういう事情があるから、今回、栞子の協力に応じたのだ、と井上は話した。

 それを聞いた直美は、金庫の鍵もここにあると言って、ソファのなかから箱を取り出し栞子に渡した。栞子はそれを開いたが、空だった。不審がる直美に、栞子は智恵子が持ち出したのだ、と言い…。

第1話 2013年1月14日「偽のサインと古書に秘められた謎」
第2話 2013年1月21日「なぜ犯人は一冊だけ本を盗んだのか」
第3話 2013年1月28日「本日のお客様は脱走犯!?」
第4話 2013年2月4日「鍵のかかった部屋から盗まれた本」
第5話 2013年2月11日「今回は、結末が2つです」
第6話 2013年2月18日「脅されているんです、異常な男から」
第7話 2013年2月25日「複数の真実」
第8話 2013年3月4日「真犯人はビブリアにいる」
第9話 2013年3月11日「タヌキとワニとイヌが出てくる絵本」
最終話 2013年3月26日「乱歩が残した間違った暗号文!?」

ビブリア古書堂の事件手帖 TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『ビブリア古書堂の事件手帖 第10話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(9) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

終電バイバイ 第10話(最終話)

最終夜「東京駅」 2013.03.18 OnAir
ラテ欄「第十夜・東京駅〜東京駅で缶蹴り!」

深夜、東京駅前広場。改装なった東京駅を背景に、缶蹴りに興じるスーツ姿の若者5人の姿があった。彼らは数時間前、とある会社の入社最終面接で出会い、一緒に共同製作をすることになった5人だった。その後、共同製作したオブジェを持ち帰り、反省会を兼ねた飲み会の流れで、各自終電を逃してしまった。仕方なく、オブジェに着いていた缶を「有効利用」しようと、真夜中の東京駅前で缶蹴りをすることになったのだ。

共同製作中に美大出身ながら建設的な意見を言えなかった鈴木(濱田岳)、仕切り役になった川口(柿澤勇人)、就職浪人である大森(高橋周平)、口数の少ない女子・上野(岸井ゆきの)、逆に女子ながら積極的な姿勢を見せる田端(谷村美月)。異なる地元から集まった5人が、東京駅前で缶蹴りをしていた。それぞれが昼間の共同製作のときとは違う表情で、それぞれが様々な思いを抱えながら…

そのとき、5人全員の携帯にメールが入った。そのメールを見た5人は、入社面接がまだ続いていること、共同製作から深夜の缶蹴りという自分たちの行動が何者かに「誘導」されていたことに気付く。そして5人の中に、「試験官」がいることにも…その途端、鈴木はそれまでと同じように缶蹴りを楽しめなくなってしまった。鈴木は「試されると駄目な男」だったのだ。

第1話 2013年1月14日「立川駅」ラテ欄「第一夜・立川駅〜深夜の大人の冒険」
第2話 2013年1月21日「秋葉原駅」ラテ欄「第二夜・秋葉原駅〜深夜の大人の冒険」
第3話 2013年1月28日「南千住駅」ラテ欄「第三夜・南千住駅〜フレンチな深夜恋」
第4話 2013年2月4日「蒲田駅」ラテ欄「第四夜・蒲田駅〜潔癖男と地元アイドル」
第5話 2013年2月11日「片瀬江ノ島駅」ラテ欄「第五夜・片瀬江ノ島駅〜深夜の水族館」
第6話 2013年2月18日「六本木駅」ラテ欄「第六夜・六本木駅〜深夜の秘密の教室」
第7話 2013年2月25日「溝の口駅」ラテ欄「第七夜・溝の口駅〜深夜の仁義無き戦い」
第8話 2013年3月4日「下北沢駅」ラテ欄「第八夜・下北沢駅〜下北沢で修学旅行」
第9話 2013年3月11日「日本橋駅」

終電バイバイ TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『終電バイバイ 第10話(最終話)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

ハンチョウ警視庁安積班6 第10話(最終話)

第10話「ひとつの命のために」2013年3月18日 OnAir

久米島(升毅)は既に時効となった現金強奪事件を、押上分署に異動してからも密かに追い続け、多くの目撃証言を残しながら忽然とその姿を消した“赤いジャンパーの男”と思われる人物に接近したことで撃たれたと見られていた。
安積班は、影ながら15年前の事件捜査を手伝っていた寺田巡査長(林家正蔵)から、「押上リバースにはもうひとつ顔がある」「町ぐるみでウソをついている気がする」と久米島が語っていたとのヒントを得た。そして当時、押上リバースのメンバーだった、おでん屋とくよしの徳吉(金田明夫)と、チームの担当医だった水沢医師(橋爪功)が捜査線上に浮かぶ。安積(佐々木蔵之介)と結城(比嘉愛未)が二人を訪ねるが、「刑事として話を聞きたいなら礼状をもってこい」と、そっけない態度でかわされてしまう。

一方、尾崎(小澤征悦)と小池(福士誠治)は、15年前に誤認逮捕されて、現在は区議会議員となっている平沼和夫(影丸茂樹)をマークする。また捜査本部は、15年前に襲われた現金輸送車に乗っていた、今は老舗呉服屋の主人となっている坂木治郎(榊英雄)を、久米島を撃った容疑者と断定して、その行方を追っていた。
それぞれ捜査を進める安積班だったが、15年前、ある難病の少女を助けようと、押上リバースのメンバーが中心となって募金活動を行っていたことを掴む。その活動のおかげで目標額の1億円の募金が集まり、少女は渡米して手術を受け、現在も元気に生活しているというが、少女が渡米する2日前に現金強奪事件が起きていたのだ。強奪されたお金が、少女を助ける費用に当てられたのか? 久米島がいう押上リバースのもう一つの顔とは、このことなのか?

そんなとき、久米島の意識が戻ったとの連絡が……。

第1話 2013年1月14日「バスジャック発生!」
第2話 2013年1月21日「バスジャック!解決編」
第3話 2013年1月28日「8年前の指紋…殺人犯をかばう町医者の秘密」
第4話 2013年2月4日「アメ横〜川越…伝説の女スリが狙ったサイフ」
第5話 2013年2月11日「ストーカーに狙われた花嫁!人形が語る真実」
第6話 2013年2月18日「消えた交番巡査…いぬのおまわりさんの秘密」
第7話 2013年2月25日「伊豆に消えた5000万…伊豆湯けむり旅情編」
第8話 2013年3月4日「容疑者は初恋のカレの母親!?結城刑事号泣す」
第9話 2013年3月11日「課長撃たれる!遂に明かされる15年前」

ハンチョウ〜警視庁安積班6 TOPへ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『ハンチョウ警視庁安積班6 第10話(最終話)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

dinner 第10話

Story #10「店がなくなる!?決断の時」2013.3.17 Sun.On-Air

『ロッカビアンカ』の厨房で、仕入れてきた高級な鶏肉を前にご機嫌になっている江崎究(江口洋介)の元へ辰巳沙織(倉科カナ)がやってきた。沙織は遠慮がちに材料費を下げて欲しいとお願いするが、江崎は即答で断った。儲けのために味を落とすわけにはいかないと断固として首を縦に振らない江崎に、沙織は勢いで支配人命令だと言い放つ。江崎はそれならば店を辞めると言い出し、今井耕助(松重豊)と瀬川壮一(ユースケ・サンタマリア)が慌てて止めに入る。瀬川はお金は自分がなんとかすると言って、その場を収めた。

閉店後、店を出てきた大塚弥生(池津祥子)は、冬樹恒彦(勝村政信)とぶつかる。知り合いに似ていると、冬樹にじっと見つめられた弥生は胸をときめかせる。弥生が去った後、冬樹は『ロッカビアンカ』の写真を撮り始めた。同じころ、沙織、今井、瀬川は赤字解消のため、ランチを始めることを決める。

 あくる日、今井からランチを始めたいと言われた厨房スタッフは、仕事量が増えると不満を訴えつつ渋々了承する。そこへ江崎が入って来た。反応を恐れつつ、今井がランチの件を切り出すと、江崎は料理が倍作れるということだと快諾する。

 ある日、街を歩いていた梶信成(越村友一)と古田博巳(町田宏器)は、消費者金融店から厳しい顔で出てくる瀬川を見かける。ふたりは、沙織らが集まる休憩室でそのことを報告する。すると本宮恵理子(柴本幸)も、瀬川からの支払いが遅れることが多いと仕入れ業者から言われたことを話す。一同は、瀬川が店の金を使いこんでいるのではないかと疑い始める。そこへ、銀行の人が来たと沙織に声がかかる。

来たのは、数日前に店の写真を撮っていた冬樹だった。冬樹は、銀行の融資調査課だと自己紹介し、ローンの返済が3ヵ月滞っていることを告げる。瀬川とは何度か相談していたと言い、今日から3日間で店の収支状況の確認を行うという。改善の見込みがないと判断した場合は差し押さえもあると聞き、驚く沙織たち。冬樹はさっそく帳簿調査を始めるが、そこへ業者に立ち寄っていたため遅れていた瀬川が現れ…。

第1話 2013年1月13日「最高のレストランに最低のシェフ登場」
第2話 2013年1月20日「居場所を無くした料理人!?」
第3話 2013年1月27日「美食の女王来店!嫌な注文」
第4話 2013年2月3日「届け!パスタにのせた想い」
第5話 2013年2月10日「空飛ぶタコと小さな奇跡」
第6話 2013年2月17日「まず始めに前菜を」
第7話 2013年2月24日「最後の晩餐と叫ぶ皿洗い!?」
第8話 2013年3月3日「まずいと言った最強の敵!」
第9話 2013年3月10日「あぁ、神様!料理長が不在」
最終話 2013年3月24日「これが最後の味

dinner TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ
タグ:dinner

『dinner 第10話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

とんび 第10話(最終話)

最終話「終幕〜父が息子へ…30年の愛と命の物語が起こす奇跡の贈り物」2013年3月17日

平成11年・冬。
ヤス(内野聖陽)は走っているフォークリフトの積荷の下敷きになりそうになった葛原の嫁(橋本真実)の孫を助けようとして、代わりに下敷きになってしまう。

茫然とする葛原の嫁、社員たちは必死に荷物を退かし、ヤスは救急車で病院に運ばれる。
事故の知らせを受けたアキラ(佐藤健)やたえ子(麻生祐未)は急いで搬送された病院へ向かう。

父と子、「とんび」の30年間の物語が終わる――。

第1話 2013年1月13日「〜昭和を生きた家族の愛と命の感動物語〜どうしようもない男がどうしようもなく妻と息子を愛した30年間…全ての父親に捧ぐ−」
第2話 2013年1月20日「最愛の決断−」
第3話 2013年1月27日「父と子の反抗期」
第4話 2013年2月3日「本当のお母さん」
第5話 2013年2月10日「さらば愛しき人」
第6話 2013年2月17日「父と息子の最期」
第7話 2013年2月24日「父と子の巣立ち」
第8話 2013年3月3日「父と息子の遺言状」
第9話 2013年3月10日「突然の終わり…」

とんび(TBS版)TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ
タグ:とんび

『とんび 第10話(最終話)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(7) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カラマーゾフの兄弟 第10話

2013.3.16 Sat On-Air
第10話 〜顔の無い仔〜
ラテ欄「顔の無い仔〜ついに真犯人!? 」

 三男・涼(林遣都)が母・詩織(安藤サクラ)の墓前に来ると、丸谷八重子(山野海)がいた。八重子から、詩織が文蔵(吉田鋼太郎)のために自らの体を犠牲にしていた事実を聞かされて以来、初めて会う2人。その事実を話して良かったものかと気にかけていた八重子に、真実を知ることで自分のあるべき姿に気付けた、と感謝の意を伝える涼。涼の優しさを痛感した八重子は、詩織が存命中にあった"あるエピソード"について話し始めた。

 一方、拘留中の長男・満(斎藤工)との接見を終えた勲(市原隼人)は、警察署の廊下で加奈子(高梨臨)と出くわす。数日前、満が選んだ女性、久留美(芳賀優里亜)の姿を目の当たりにしたことで、傷つき落ち込んでいた加奈子を優しく抱きしめた勲。以前、満への愛が受け入れてもらえない仕返しに、自分の気持ちを弄んでいると勲から指摘された加奈子。2人は気まずい雰囲気のまま、当たり障りのない会話だけで、それぞれの方向に歩いて行く・・・

 勲と別れた加奈子は、満と面会。加奈子との別れを置き手紙で伝えたことを謝る満に、加奈子は2人で住む部屋を引き払うことを伝えた。

 黒澤邸に戻った勲は、部屋で満との接見で得た情報を整理していた。事件当日の内容は、どれも満に不利なものばかりで、兄を無罪にするのは困難と思われた。そのとき、ドアがノックされ部屋に入ってきた涼が、八重子から聞いたという衝撃の新事実を話し始めた。

第1話 2013年1月12日「汚れた血族」ラテ欄「汚れた血族〜衝撃の心理サスペンス開幕」
第2話 2013年1月19日「次男〜侵された魂」ラテ欄「侵された魂」
第3話 2013年1月26日「〜長男・満 棄てられた犬〜」ラテ欄「棄てられた犬」
第4話 2013年2月2日「〜三男・涼 奪われた我〜」ラテ欄「三男〜奪われた我」
第5話 2013年2月9日「剥がれる仮面」ラテ欄「剥がれる仮面〜事件動き出す」
第6話 2013年2月16日「死を刻む砂音」ラテ欄「死を刻む砂音〜遂に事件当日!!」
第7話 2013年2月23日「〜黒く潰された空白〜」ラテ欄「黒く潰された空白」
第8話 2013年3月2日「断ち切れない鎖」ラテ欄「断ち切れない鎖〜嵌められた男」
第9話 2013年3月9日「引き裂かれた果てに」ラテ欄「引き裂かれた果てに〜罪と罰〜」
最終話 2013年3月23日「真実の色」

カラマーゾフの兄弟 TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『カラマーゾフの兄弟 第10話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

泣くな、はらちゃん 第9話

第9話「2人が選んだ結末」2013.3.16

現実の世界には、暗く、恐ろしく、悲しい一面もあると知ってしまった、はらちゃん(長瀬智也)と漫画世界の仲間たち。

「もとの世界に帰りたい」と言い始める仲間もいる中、「それでも、私はこの世界の人間になりたいです」と主張するはらちゃん。

一方、百合子(薬師丸ひろ子)は町を出ようとしていた・・・。
それを知った越前さん(麻生久美子)は、百合子を止めようと走り出す。

そしてある日、サッカーボールで遊んでいたはらちゃん達は、ボールを悪い人にぶつけてしまい・・・。

第1話 2013年1月19日「恋するヒーロー!!」
第2話 2013年1月26日「恋したけど片思い」
第3話 2013年2月2日「両思いになる方法」
第4話 2013年2月9日「涙のバレンタイン」
第5話 2013年2月16日「もう会えないの?」
第6話 2013年2月23日「家族になりましょ」
第7話 2013年3月2日「ずっと一緒」
第8話 2013年3月9日「神様のナゾの真相」
最終話 2013年3月23日「私の世界」

泣くな、はらちゃん TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『泣くな、はらちゃん 第9話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(10) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

夜行観覧車 第9話

第9話「最終章〜前編〜事件の夜の家族の悲劇」2013.3.15

坂留署の廊下で慎司(中川大志))は、刑事の結城(高橋克典)に父親の弘幸(田中哲司)を殺害したのは自分だから母・淳子(石田ゆり子)を返して欲しい、と言い出す。その場にいた良幸(安田章大)と比奈子(宮ア香蓮)は絶句するしかなかった。その話を聞いた淳子は、結城に慎司に会わせてほしいと錯乱したように懇願する。

良幸と比奈子は、慎司を引き取るために親戚の晶子(堀内敬子)の元に身を寄せることにしたのだが、晶子の夫から2,3日したら出ていって欲しいと言われてしまう。そんな折、結城から電話がかかってくる。本人の強い希望で、慎司が晶子の家ではなく児童養護施設に身を寄せることになったと知らされる。良幸と比奈子が、真弓(鈴木京香)の車で児童養護施設にやってきたその時、出迎えた施設職員に、結城が慎司を託していた。慎司は、駆け寄る比奈子らに気がつくのだが振り返らず、職員と共に屋内に入っていくのだった…。

同じ頃、志保(吉田里琴)たちに囲まれながら下校する彩花(杉咲花)。その表情はうつろだった。めまいに襲われ立ち止まった彩花の鞄を志保は突然奪い取り、川に向かって放り投げた。その鞄を取りに行けと命令する志保。川に浮かんでいる鞄をじっと見つめていた彩花は、川へと入り始めていった。その時、良幸と比奈子らと別れて家路へと向かっていた真弓の車が通りかかる。真弓の視界に川に入っていく女の子の後姿が見え、それが彩花だと気がつく。全力で走っていく真弓だったが、どんどん川に入っていく彩花の背中が見える。真弓の呼びかけに彩花は足を止め、ゆっくりと振り返るが、生気のない目で真弓を一瞥すると再び歩き出すのだった…。

2013年、事件八日後。
真弓は高橋家の家屋を見つめていた。ビラに書かれた心ない言葉たちに向かって毅然とした顔つきで歩み寄っていき…。

第1話 2013年1月18日「高級住宅街の殺人!渦巻く悪意…家族崩壊」
第2話 2013年1月25日「美しい街に隠された秘密…謎の失踪」
第3話 2013年2月1日「狂い始める家族の歯車…逃亡する母子」
第4話 2013年2月8日「夫の秘密と嘘…兄妹たちの残酷な現実」
第5話 2013年2月15日「加速する悪意…暴走する娘と母の叫び」
第6話 2013年2月22日「悲しい罪の告白…ついに、犯人逮捕!?」
第7話 2013年3月1日「事件の夜夫が見たモノ…狂った母2人」
第8話 2013年3月8日「殺された父の本性!?許し合えない親子」
最終話 2013年3月22日「犯人が語る事件の動機…家族の未来」

夜行観覧車 TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ
タグ:夜行観覧車

『夜行観覧車 第9話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(12) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最高の離婚 第10話

第10話「あなたがその子の父親になればいいんじゃない?」3月14日木曜 夜10時

 光生(瑛太)は、灯里(真木よう子)が妊娠していることを知る。友人のマンションに身を寄せている結夏(尾野真千子)に連絡を取った光生は、灯里の件を打ち明けた。すると結夏は、光生がその子どもの父親になれば丸く収まる、と言い出す。光生は、そんな結夏の言葉に反発した。子どもはいらないと言って結夏を悲しませてしまったことを後悔している光生は、そんなことをしたら結夏を傷つけるだけだし、自分自身も望んでいない、と声を荒げた。結夏は、光生の気持ちを理解しながらも何も言うことができず、迷惑だからもう電話してこないでほしい、と言って切ってしまう。

 あくる日、秋葉原まで人材派遣会社の面接に出かけた結夏は、その帰り道、都並(佐藤祐基)というスカウトマンらしき男から声をかけられる。都並は、結夏に人妻もののDVDを見せ、出演1本なら300万円、3本契約になれば1千万円のギャラを出す、と持ちかける。

 一方、光生は、諒(綾野剛)に連絡を取り、彼に会いに行く。諒は、若い女の子たちとカラオケを楽しんでいた。そこで光生は、灯里のことに触れようとしたものの、諒とケンカになってしまい、結局言い出せなかった。

 その帰り、家の近くで灯里と出会った光生は、彼女を家に招く。灯里は、嘘をつかない人と一緒にいるとホッとする、と言って光生のことをほめた。もしかしたらまた光生と付き合っていたかもしれなかったが、そうならなかった分ほめたのだという。続けて灯里は、子どもを産んで育てることにした、と光生に告げる。母親になることが自分にとって嘘のない生き方だ――灯里は、そう言って微笑み…。

 別の日、光生は、諒が勤務している美術大学を訪れる。そこで千尋(小野ゆり子)に出会った光生は、諒が酒に酔って3階の窓から落ち、入院していることを知る。病院を訪れた光生は、灯里が妊娠していることを諒に告げるが…。

第1話 2013年1月10日「つらい。結婚って、長い長い拷問ですよ」
第2話 2013年1月17日「あなたなんて死ねばいいのに」
第3話 2013年1月24日「もう一つの夫婦の秘密と真実」
第4話 2013年1月31日「あなたが好きなのは自分だけ」
第5話 2013年2月7日「出来るもんなら浮気したい!」
第6話 2013年2月14日「男が子供だから女は鬼嫁か泣く嫁になるしかない!」
第7話 2013年2月21日「お別れは自分で決めたこと」
第8話 2013年2月28日「いいじゃない、一回寝てみよ」
第9話 2013年3月7日「今度は最高の結婚をしてね!」
最終話 2013年3月21日「結婚って、拷問だと思ってましたが、違いました」

最高の離婚 TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ
タグ:最高の離婚

『最高の離婚 第10話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(9) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お助け屋☆陣八 第10話

第10話「チカン店長を撃退」3月14日(木) 夜23:58〜0:38放送

“お助け屋”のウラ稼業をする浅草の車夫・俥屋陣八(宮川大輔)の元に、毎日バスで痴漢に遭うというOLの白井沙織(三倉茉奈)が相談に現れていた。「捕まえて警察に突き出したい」という沙織の依頼を陣八は快く引き受ける。というのは、沙織は陣八のまさに好みのタイプ。“キッチン時代屋”の看板娘・萌(有村架純)も含め、みなにとって、陣八の“春”はバレバレだった。

翌朝、沙織に痴漢する男を“お助け屋”の助っ人の芸者・ポン太(南海キャンディーズ・しずちゃん)捕まえた。ところが、その男・長田秀樹は、沙織の兄が経営する惣菜屋『白井』の取引先のスーパーの店長。立場を利用して沙織を思い通りにしようと言う魂胆だった。逆らえない立場にあることを知った沙織は、警察に突き出すことを諦めた。
「パワハラだ。許せん!」と陣八は憤るが、沙織は言う。
「兄が父から受け継ぎ、赤字だった惣菜屋がやっと軌道にのってきたところなんです。取引の半分以上はあのスーパーなんです」
それでも陣八は「ワシがなんとかする。絶対守るから……」と諦めなかった。

陣八たちは、行動を開始する。恋する陣八は、いつもと力の入りようが違う。陣八は実演販売になりきってスーパーに潜入、元外科医・井口達也(小泉孝太郎)は買い物客の振りをして偵察、萌もアルバイトのふりをして長田の動きを見張った。
長田は愛想がいいので客受けもよく、要領がいいから売り上げも伸びる。だが、裏では下請けにパワハラするなどやりたい放題。陣八は、長田が女子高生に万引きの罪をなすりつけ、毒牙にかけようとするセクハラ現場を目撃してしまう。

そんななか、スーパーからの受注が二割増しに増え、それに応えようと懸命に働いていた沙織の兄が過労で倒れてしまう。そこへすかさず現れた長田は、沙織に「俺の女になれ」と脅す。長田はスーパーに潜入した陣八たちの動きも察知していた。長田は沙織にあることを囁く。
沙織は悩んだ末、陣八に「これ以上私に関わらないで」と告げる。だが陣八は「ワシが守る」と言い続けるのだった。

翌日、バスの中で沙織を護衛する陣八は、突然、女子高生に痴漢呼ばわりされた。よく見ると、そう主張するのは、先日長田に万引きの罪を認めさせられ署名させられていた女子高生だった。
警察に突き出された陣八は、「女子高生が長田に命令されてやったこと」と弁明するが、認められない。なぜか、沙織も陣八の肩を持ってくれない。沙織も長田に裏切るように強要されていたのだ。陣八は留置場に入れられてしまう。

陣八がよりによって痴漢に間違われて捕まったことを知り、困り果てていた達也やポン太たちの前に、大いなる助っ人が現れた――四代目・陣八(加藤茶)だった。 四代目は先代の助っ人の二人に陣八が痴漢ではないことを証言させて、陣八を釈放させた。
沙織に裏切られ、四代目に喝を入れられて、しょぼくれていた陣八に、“キッチン時代屋”のマスターがタイキックを食らわす。思いきり尻を叩かれた陣八は、長田をあっと言わせる作戦を閃いていた。

その夜、陣八たちは、無理矢理沙織とデートする長田に薬を飲ませ油断させた。その隙にポン太が沙織を連れ出し、気絶させその服をびりびりに破く。長田を沙織の服で誘い出し坂の上までおびき寄せ、突き落とした。ゴロゴロと転がった長田が止まった先には、服を破かれた沙織が!

まるで沙織を襲ったかのような証拠写真を撮られても、長田は「あくまでも茶番だ。力持ってる人間の方が正しいんだよ!」と突っぱねる。そんな長田に陣八は啖呵を切る。「確かにワシらに力はない。けど、正義は守る。力使わんでもお前がどんだけ酷いことしたか、分からせてやることは出来んねんで」

「ぎゃ〜〜〜」
長田がゲイたちにもみくちゃにされていた。陣八は、以前人力車に乗せた客に尻を撫でられて、ぞっとしたことがあった。その客のやっているゲイバーに長田を連れて来たのだ。陣八たちは、ビデオの前で長田に告白させ謝罪させた。「私はパワハラ男です。自分の立場を利用して、沙織を含むたくさんの女性を言いなりにしようとしました」
そんな長田を連れて行くのは、闇の掃除人、謎の女――

事件が落着し、陣八が沙織に告白しようとしたとき、沙織はつきあっていた男性と結婚が決まったことを告げる。ガックリする陣八だったが、達也たちは帰ってきた四代目の行方を気にしていた。
その頃、四代目は、メイドカフェでメイドたちに囲まれて、ご機嫌だった。
そこは帝都銀行浅草支店の支店長・村上鉄雄(細川茂樹)と闇金を裏で牛耳る荒巻が商店街の地上げ計画の一端を担う店。四代目はそのことを察知し、偵察しているのだった――

第1話 2013年1月10日
第2話 2013年1月17日「極悪ホストを退治」
第3話 2013年1月24日「金髪の新メンバー!?いじめ問題を解決!」
第4話 2013年1月31日「振り込めサギ撃退」
第5話 2013年2月7日「ブラック会社退治」
第6話 2013年2月14日「保険金殺人の女」
第7話 2013年2月21日「白アリ詐欺の毒牙に苦しむ若妻を救え!」
第8話 2013年2月28日「美容整形の魔の手」
第9話 2013年3月7日「初恋の男は暗殺者!?凶弾に倒れたのは…」
第11話 2013年3月21日「メイド喫茶の魔女」

お助け屋☆陣八 TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『お助け屋☆陣八 第10話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

あぽやん〜走る国際空港 第9話

第9話「サヨナラ空港…女が仕事を辞める時」2013.3.14 On Air

人事部から早期退職者の募集が通知された。成田空港所での募集人数は5人。募集とは言うものの、希望者が集まらなければセンダーの誰かが契約切りを言い渡される。あまりに突然のことに、ショックを隠せないセンダーたち。遠藤(伊藤淳史)をはじめとするスーパーバイザーたちも、この状況に心を痛めていた。

数日後、遠藤は田波(眞島秀和)と堀之内(戸田昌宏)の班から、2人ずつ計4人の退職希望者が出たと報告を受ける。田波も堀之内も、陰でセンダーたちと直接話し合うという辛い仕事をしていたのだ。残る1人は遠藤班から出すしかない。うろたえていた遠藤は、それもスーパーバイザーの役割なのだと知る。
腹を括った遠藤はセンダーひとりひとりと面談をはじめる。しかし誰も退職を考えていないうえ、査定表をつけても長所しか書くことがない。みんなお客様を笑顔で送り出そうと頑張っているだけなのだ。それなのに、と遠藤は嘆く。

そんなある日、空港にまたしても須永(青柳翔)が現れる。最終の便に添乗するのだというが、それにしてはやけに到着がはやい。一方オフィスでは、遠藤が馬場(貫地谷しほり)からある報告を受ける。それはそこにいる誰もが驚くような、馬場の大きなミスの告白だった。

第1話 2013年1月17日「迫る出発時間!キャンセル発生!?お客様を“笑顔”で送り出す!!」
第2話 2013年1月24日「夜の空港で大捜索!消えたハワイ客」
第3話 2013年1月31日「少年を驚かす!!輝く光の空港ショー」
第4話 2013年2月7日「便が引き返す!!殺人犯がツアー参加」
第5話 2013年2月14日「部下の心を掴め空港は“女”の職場」
第6話 2013年2月21日「大好きでした…それでも僕は見送る」
第7話 2013年2月28日「空港は悲しい場所なんかじゃない」
第8話 2013年3月7日「搭乗拒否…1%の可能性にかける!!」
最終話 2013年3月21日「空港が僕を見送る日」

あぽやん〜走る国際空港 TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『あぽやん〜走る国際空港 第9話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おトメさん 第9話(最終話)

最終話「告白します」[2013年3月14日放送]

 男としての複雑な心境から歪みが生じてしまった妻・李里香(相武紗季)との関係を、紆余曲折の末に修復し、麻子(黒木瞳)ら両親との同居を解消することを決意した長男・優太(郭智博)。その決意を受け、麻子は李里香にこう切り出した。「あなたにこの家をお願いしたいの」――姑の真意が掴めず、戸惑う李里香。そんな嫁に麻子が告げたのは“知られざる驚愕の事実”だった!

「2年前のあの日…私がお姑さんの命を奪ったの」

 李里香は麻子の話が信じられず、詳しい事情を聞き出そうとするが、すでに自首を決意した麻子は「すべては警察に話す」と言い、李里香に水沢家の全財産を託す。ところが…やがて追い詰められた麻子が、衝動的にとんでもない行動に出てしまう! 麻子が長年、ひとりで抱え込んできた“秘密”の真相とは、一体何なのか!? そして、それを知った李里香は…!?

 時を同じくして、李里香自身もまた、決断のときを迎えていた。都庁職員・福本(市川勇)の失踪事件を追っていた刑事・呉竹(大地康雄)が、自分を執拗にマークし続けた理由が明らかになったからだ。これまで関知することのなかった、自分自身の人生に隠された秘密…。それを知ったとき、李里香の胸に浮かんだのは“新たな人生の選択肢”だった――。

 麻子がトメ・デビューを果たした日から、波瀾万丈の運命に翻弄されつつも、ようやく再生への一歩を踏み出した水沢家。そんな彼らが、想像を遙かに超える新たな局面を経て、最終的に選ぶ道とは…!?

第1話 2013年1月17日「ヨメが怖い…姑デビューは地獄の始まり」
第2話 2013年1月24日「あんな嫁とは別れなさい!」
第3話 2013年1月31日「嫁が宣戦布告!大乱闘の夜…」
第4話 2013年2月7日「姑が嫁に追い出される日」
第5話 2013年2月14日「ヨメの男遍歴…証拠が揃った」
第6話 2013年2月21日「もう私のもの…嫁の勝利宣言」
第7話 2013年2月28日「うちの嫁を逮捕しないで!!」
第8話 2013年3月7日「姑を殺しました」

おトメさん TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ
タグ:おトメさん

『おトメさん 第9話(最終話)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(4) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

科捜研の女(第12シリーズ) 第9話(最終話)

第9話(最終回)「罠に堕ちた管理官!色彩認証が暴く殺意」2013年3月14日放送

 京都市内の公園で、男の刺殺体が見つかった。被害者は警視庁上野毛署の刑事・郡侍利信(小西康久)で、京都府警捜査一課の管理官・芝美紀江(戸田菜穂)のかつての部下だとわかる。その直後、美紀江が現場近くの寺の階段下で倒れているのが発見される。美紀江は意識不明で目撃者もおらず、転落が事故なのか事件なのかわからない。

 そんな中、郡侍の爪の中から採取したDNAが、半年前に東京・上野毛で起きた“上野毛ストーカー殺人事件”の現場で見つかった毛髪のDNAと一致する。“上野毛ストーカー殺人事件”は、美紀江が警視庁から京都府警に異動になるきっかけとなった事件だった。

 ストーカー殺人と今回の事件には、何かつながりがあるのか…!? 手がかりを求めて、マリコ(沢口靖子)はいまだ意識の戻らない美紀江の“生前検視”を行う。その結果、美紀江が傷を負ったのは、郡侍の死亡推定時刻と同じ時刻だと判明。さらに郡侍を京都まで呼び出したのは美紀江だという事実が浮かび上がる。

 土門刑事(内藤剛志)は郡侍を刺した犯人が美紀江である可能性も視野に入れて捜査するべきと主張、美紀江を信じるマリコと対立する。その矢先、土門は、ストーカー殺人事件の被害者の両親が京都に移住していることを知り、父親の野添亮司(矢崎滋)に会うが…!?

第1話 2013年1月10日 科捜研の女スタート2時間スペシャル「疑惑の銃撃戦!立てこもり事件の謎!?矛盾する弾道、接点なき共犯者の罠!顔+歩容認証が暴く真実!!エリート管理官に潜む闇…」

第2話 2013年1月17日「枯山水殺人!作られた密室、描き直した紋様の秘密…」

第3話 2013年1月24日「夜祭の凶弾!疑惑のともし火、母娘に隠された罠…」

第4話 2013年1月31日「疑惑の白骨死体!残された押収拳銃の謎」

第5話 2013年2月14日「殉職刑事が残した謎血液指紋の告発…」

第6話 2013年2月21日「謎の転落死体!不可解な落下地点!!疑惑の花嫁、偽りの家族愛」

第7話 2013年2月28日「警察犬の死角!消えたロック歌手、途切れた臭いの罠」

第8話 2013年3月7日「疑惑の女たち!奇妙な溺死体、不可思議な海水の秘密」

科捜研の女 TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『科捜研の女(第12シリーズ) 第9話(最終話)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

シェアハウスの恋人 第9話(最終話)

「別れのキス…一人で生きる幸せのルール」2013年3月13日放送

ついに両想いとなった汐(水川あさみ)と辰平(大泉洋)。
汐は辰平に「これからもずっと一緒にいて欲しい」と言い、辰平も「分かった」と答える。

しかし、汐は久しぶりの恋、辰平に至っては初めての恋に、お互いどのように接したらよいか分からず、ぎこちないやりとりをしてしまう。

そんな中、雪哉(谷原章介)のもとへ妻・真希(須藤理彩)がやってくる。
すると話の流れで、2人は汐と辰平のデートに付き合うことに。

向かった先は、なぜかサーカス。
観覧中、辰平は汐からもらった大事なマフラーを象に持っていかれてしまう。

汐と辰平と一緒にいる時の雪哉の自然体な表情にショックを受けた真希は雪哉にこれまで言えなかった本音をぶつける。
そして雪哉は、息子・空知(君野夢真)の卒園式が近づく中、ある決断をする。

汐は辰平のためにマフラーを編み始める。
勤め先の営業所では閉鎖を食い止めようと、汐は営業活動にも奔走していた。
後輩のメグ(木南晴夏)も契約を伸ばし、目標の新規契約50件達成まであとわずかとなるが・・・

一方、恋人のカオル(川口春奈)との関係を修復した凪(中島裕翔)は辰平にある想いを伝える。

辰平は悩んだ末、星の仲間が生き残っており、次の満月の夜に迎えにくることを汐に告白する。完成したマフラーを見て、ひとり、じっと考え込む汐。

満月の日。
辰平はいつものようにスーパーで同僚の香苗(もたいまさこ)と働いていた。

そしてついに、夜がやってきて・・・この恋の結末は!?

第1話 2013年1月16日「ひとりぼっち30女が共同生活…恋の予感と2人の男」
第2話 2013年1月23日「三角関係!?共同生活のルール」
第3話 2013年1月30日「頑張る私に幸せを!逆ギレ30歳」
第4話 2013年2月6日「父親失格?嘘つき子供涙の学芸会」
第5話 2013年2月13日「遂に告白!三角関係危険なバレンタイン 」
第6話 2013年2月20日「裏切り男に復讐を!愛の告白に揺れる心」
第7話 2013年2月27日「恋ベタ女に大波乱!二人の男にラブラブ」
第8話 2013年3月6日「…今すぐ会いたい!ついに三角関係決着」

シェアハウスの恋人 TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『シェアハウスの恋人 第9話(最終話)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(6) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビブリア古書堂の事件手帖 第9話

「タヌキとワニとイヌが出てくる絵本」2013年3月11日

 篠川栞子(剛力彩芽)と五浦大輔(AKIRA)は、大輔の勉強のため定休日に古書店巡りをすることを決め、写真集専門の古書店へやってくる。ギャラリーを併設したその店で写真を見ていると、写真は好きか、と高坂晶穂(矢田亜希子)が声をかける。晶穂は、大輔の高校の同級生で元恋人だった。カメラマンの晶穂は、野上司(望月章男)という気鋭のカメラマンと写真展を開いていると説明。そんな晶穂は、栞子が古書店店主だと知ると、「タヌキの絵本」を探してくれと頼む。タイトルや作者は覚えていないが、舞台は外国でタヌキなどさまざまな動物が出てきてみんなで家を建てる話だったという。それを聞いた栞子は、知っている話のようだが詳しくはわからないと答える。

 後日、晶穂が「ビブリア古書堂」を訪ねてくる。志田肇(高橋克実)が焼き上げたパンの試食をすすめるが晶穂はそれを断り、今日来たのは思い出したことがあるからだと言った。絵本にはほかに、サイとワニ、成績の悪い男の子も出てきたと話すが、栞子は思い当たらない。晶穂は、あとは実家を探すしかないと言うが、母親・ミズエ(かとうかず子)との関係が悪く会いたくないので、栞子に同行してほしいと頼む。

 栞子と大輔が晶穂とともに実家を訪ねると、迎えたミズエの態度は冷たく晶穂を見ると「栄養不足」などと言う。さらに、部屋で絵本を探しているとミズエが入ってきたので、大輔が絵本に心当たりはないかと尋ねるが、ミズエは覚えていない、と言い放つ。それどころか、亡くなった夫が残した書籍を買い取ってくれ、と頼む。

 数日後、大輔は買い取った書籍代をミズエに届けに行き、その際、大輔が庭に残された「なかよしの家」と名付けられた犬小屋のことに触れる。「なかよしの家」とは、絵本に出てきた家を真似て晶穂が付けたものだ、と。するとミズエは、犬小屋に「友だちの家」と付けたり、飼い犬に「トービク」と名前を付けるなんてバカだ、と返した。

 「ビブリア古書堂」に戻った大輔は、栞子にミズエとのやりとりを話す。すると、大輔が犬の名を言う前に、栞子が、「トービク」ではないかと聞き、絵本がわかった、と言った。

 翌日、栞子は、「ビブリア古書堂」にやってきた晶穂に、パペットアニメーション映画『チェブラーシカ』のDVDを差し出す。意表を突かれた晶穂に、栞子はチェブラーシカの物語を話してやる。チェブラーシカがライオンに子犬のトービクを紹介したり、みんなで友だちの家を作るという物語は晶穂が言っていた通りだが、大きな瞳と耳を持つ主人公・チェブラーシカのキャラクターが、晶穂が話していた「タヌキ」とは異なる。

そこで、栞子が1冊の絵本を取り出した。それは、『チェブラーシュカとなかまたち』という『チェブラーシカ』の原作になった本で、そこには、タヌキのようなキャラクターが描かれていた。栞子は以前、映画『チェブラーシカ』を見た篠川文也(ジェシー)からストーリーを聞いていたが、絵本を読んでいなかったため、そのふたつがすぐに結びつかなかったのだ。それを聞いた晶穂が感心すると、栞子はミズエの言葉にもヒントがあったのだ、と言う。ミズエが犬小屋を「友だちの家」と呼んだのは、最近映画を見たからで、それはつまり、密かに絵本を探していたからだ、と。探したが見つからず、代わりに見つけたDVDを見たのだろうと栞子は言うが、そんなことはあり得ない、と晶穂は受け入れない。

すると、栞子が晶穂の実家にあったメモ用紙をつなぎ合わせた地図を見せる。それは、晶穂が写真展を開いていた場所を示したものだった。さらに、ミズエが書籍の買い取りを依頼したとき、晶穂が携わった写真集だけは売らなかったことも告げた。そして、栞子は、パンの匂いを受け付けないなどの理由から、晶穂が妊娠していることを言い当てた。相手は、野上で絵本が見つかったらそれを打ち明けようとしていたのでは、と言った。晶穂はそれを認めたが、大事な時期にいる野上には話せないし、子供を産んだとしてもミズエのような母親になるのが怖いのだ、と葛藤を明かした。

 そこへ、ミズエが入ってきた。ミズエは晶穂の様子から妊娠にも気づいていたが言い出せなかったのだ。ついに、晶穂と向き合ったミズエは、出産をためらう晶穂に、素っ気ないながらも出産を後押しする言葉をかけた。そして、「私、産むから」という言葉を聞くと、店を後にした。その後、晶穂は野上にも妊娠を告げ、ふたりは結婚することになった。

 晶穂とミズエの結末を聞いた志田は、母娘はどこか深いところでつながっているものだ、と言った。それを聞いた栞子は、ノートに挟んでいた母・智恵子(安田成美)の写真を取り出すが、すぐに閉じてしまう。

第1話 2013年1月14日「偽のサインと古書に秘められた謎」
第2話 2013年1月21日「なぜ犯人は一冊だけ本を盗んだのか」
第3話 2013年1月28日「本日のお客様は脱走犯!?」
第4話 2013年2月4日「鍵のかかった部屋から盗まれた本」
第5話 2013年2月11日「今回は、結末が2つです」
第6話 2013年2月18日「脅されているんです、異常な男から」
第7話 2013年2月25日「複数の真実」
第8話 2013年3月4日「真犯人はビブリアにいる」
第10話 2013年3月18日「江戸川乱歩!?」

ビブリア古書堂の事件手帖 TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『ビブリア古書堂の事件手帖 第9話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(9) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

書店員ミチルの身の上話 第10話(最終話)

最終回「告白」

ミチル(戸田恵梨香)は香月(大森南朋)に、故郷を捨ててからの身の上話を語り出す。香月の母・聖子(吉村実子)が営む食堂を手伝うようになったミチルは生気を取り戻し、香月とも少しづつ心を通わせていく。しかしある日、竹井(高良健吾)からミチルに電話がある。ミチルは香月に、これまでの全てを打ち明ける。そして香月の前に現れた竹井は、香月のことも全て調べ上げていた・・・。


2013年3月12日(火)よる10時55分〜11時24分【総合】
再放送:3月18日(月)午前0時40分〜1時9分(日曜深夜)【総合】

第1話 2013年1月8日「平凡な女」
第2話 2013年1月15日「嘘」
第3話 2013年1月22日「宝くじ」
第4話 2013年1月29日「秘密」
第5話 2013年2月5日「後始末」
第6話 2013年2月12日「疑念」
第7話 2013年2月19日「別れ話」
第8話 2013年2月26日「正体」
第9話 2013年3月5日「放浪」

書店員ミチルの身の上話 TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『書店員ミチルの身の上話 第10話(最終話)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(7) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
50音検索