2024年04月02日

街並み照らすヤツら TOP

『街並み照らすヤツら』(まちなみてらすヤツら)は、2024年4月27日より日本テレビ系「土ドラ10」枠(毎週土曜夜10:00-10:54)で放送中。主演は本作が単独でのGP帯ドラマ初主演となる森本慎太郎(SixTONES)。


各話あらすじ 平均視聴率 3.54%
第1話 2024年4月27日「寂れた商店街を立て直すために衝撃の方法で臨む!!」 視聴率 5.1%
父から受け継いだケーキ店『恋の実』をなんとしても守りたい正義(森本慎太郎)は、幼なじみの荒木(浜野謙太)から「俺がおまえの店に、強盗に入ってやる」と偽装強盗を持ちかけられ…

父から受け継いだケーキ店『恋の実』をなんとしても守りたい正義は、幼なじみの荒木から「俺がおまえの店に、強盗に入ってやる」と偽装強盗を持ちかけられた。店に強盗が入れば商店会から保険金が下りて、借金を返せる…。すぐにバレるとダメなことだと分かっていても、店を守るために荒木の誘いに乗る正義。さっそく荒木が助っ人を呼んでくるが、集まったのは荒木が営むビリヤード場の常連客でチャラい若者シュン(曽田陵介)とマサキ(萩原護)。警察に捕まってしまうかもしれない危険な仕事なのに、シュンもマサキもふざけてばかりでろくに作戦も聞かず、役に立たない気配がプンプン…。


第2話 2024年5月4日「偽装強盗、再び…全てが想定外の方向へ 夫婦関係も危機」 視聴率 3.4%
シャッター商店街で廃業寸前のケーキ店『恋の実』を営む正義(森本慎太郎)は、幼なじみの荒木(浜野謙太)にそそのかされ、保険金目当ての偽装強盗に手を染めてしまった。このまま誰にもバレなければ保険金が下りて店は安泰、のはずだったのだが…。酒屋の娘・莉菜(月島琉衣)がひょんなことから正義たちの偽装強盗に気付き、事態は想定外の方向へ…!

「うちの店にも、強盗してほしいんです」…父・龍一(皆川猿時)が営む酒屋にも保険金目当ての強盗に入ってほしいと依頼してくる莉菜。高校を卒業したら大学に進学したいのに、龍一は酒を飲んでばかりで真面目に働かず、家計は火の車。このままでは大学に行けなくなってしまうし、何よりも、だらしない父のことが許せない…「お父さんを恐怖のどん底に落としてやりたい」。そんな莉菜の思いに共感した荒木はヤル気満々で依頼を引き受けようとするが、これ以上危険を冒したくない正義は参加を拒否…。


第3話 2024年5月11日「新重要人物が登場 事態は急展開へ…偽装強盗に警察動く…」 視聴率 3.0%
正義(森本慎太郎)たちが保険金目当ての偽装強盗をしていることが商店街の店主たちの間で広まり始めていた。そうとは知らない正義は、彩(森川葵)とのギクシャクした夫婦関係を立て直すことで頭がいっぱい。毎晩スナックで働く彩が一体どんな接客をしているのか…気になってスナックまで迎えに行く正義は、憎き商店会長・大村(船越英一郎)にベッタリくっついて接客する彩を見て余計不安に…。

そんな正義の元を、商店街で時計店を営む向井(竹財輝之助)が夜中に突然訪ねて来る。一体何の話かと思ったら、「もうお金出た?」。強盗被害のことを根掘り葉掘り聞いてくる向井は、「うちもやりたいんだよ。やり方を教えてもらえない?」…やっぱり偽装強盗に気付いていた…!


第4話 2024年5月18日「偽装強盗がバレて崩壊へ…夫婦にも亀裂 謎の男が遂に動く」 視聴率 3.3%
商店街を挙げての偽装強盗が日に日にエスカレートし、警察も捜査に本腰を入れ始めた。バレてしまわないか心配な正義(森本慎太郎)は、時計店の向井(竹財輝之助)から「リーダーとして、みんなをまとめなきゃダメだ」と促され、仕方なく店主たちを集めて注意を喚起。危ない橋を渡ろうとする店主たちをなだめようとするが、みんなの生き生きとした顔を見ていたら、何も言えなくなってしまう。

そんな正義に対抗心メラメラの荒木(浜野謙太)は「そもそも最初に偽装強盗を言い出したのは俺だし」…みんなが正義をリーダー扱いすることに納得できないようで…。

一方、強盗に遭って以来すっかり笑わなくなってしまった彩(森川葵)は、「急に街の治安が悪くなった」とますます不安を募らせる。正義の前でタメ息ばかりの彩。でもシュン(曽田陵介)と会っている時だけは笑顔が戻り…。


第5話 2024年5月25日「全てが最悪の事態へ…警察に逮捕!?裏の思惑が明らかに」 視聴率 2.9%
「偽装強盗をバラされたくなければ、今すぐ街を出て行け」――。商店街を挙げてのイベントが近づくなか、保険会社に脅された店主たちが次々と夜逃げし、不安に駆られる正義(森本慎太郎)。時計店の向井(竹財輝之助)の話では、商店会長の大村(船越英一郎)と息子・光一(伊藤健太郎)が保険会社と結託し、再開発のために商店街をつぶそうとしているらしい。「俺はもう出てくよ」…警察の目を気にする向井も店を畳んで街を出て行ってしまう…。

一方、彩(森川葵)は、相次ぐ強盗事件が正義たちによるヤラセだったと知って怒り心頭!問い詰められた正義は「俺と彩の生活のためだよ」と必死に弁明するものの、怒りが収まらない彩は我慢の限界に達し…!

そんな中、正義と荒木(浜野謙太)のもとに、また新たな依頼者がやって来る。しかし今度は、偽装強盗よりも危険な依頼で…。


第6話 2024年6月1日「第二章・地獄編開幕!全員逮捕?!」
正義(森本慎太郎)と荒木(浜野謙太)が放火の疑いで警察に捕まった!!2人は火災保険目当てのツチヤから放火を頼まれて倉庫に侵入したが、火を付ける直前にホームレスの遺体を発見。あたふたしているうちに、いつの間にか火の手が上がっていて…。訳が分からずその場を逃げ出したものの、荒木が現場周辺で警察に見つかってしまったのだ。

口裏合わせをする時間もないまま、正義と荒木は警察署で別々に取り調べを受けることに。「2人で何してたの?」…刑事の日下部(宇野祥平)から問い詰められ、絶体絶命の正義!そんな正義に好意を寄せる澤本(吉川愛)は、日下部の邪魔をしようと画策するが…。

「全ての崩壊の始まりかもしれないぞ」――正義と荒木が警察に捕まったことで、商店街の店主たちは戦々恐々。莉菜(月島琉衣)も2人が放火の罪を犯したことにショックを受けてしまう。一方、家出した彩(森川葵)は実家にこもり、正義から何の連絡もないことに不満を募らせ…。


概要
SixTONES・森本慎太郎がGP帯ドラマ単独初主演。寂れたシャッター商店街で経営ギリギリのケーキ店を営む店主・竹野正義(森本)が、大切な店・家族を守るため、悪事に手を染めてしまうが、そこから物語は予期せぬ展開へ。仲間のため、街のために巻き起こす、怒濤のヒューマンエンターテインメント。


キャスト
竹野正義(たけの せいぎ)〈32〉
演 - 森本慎太郎(SixTONES)
シャッター商店街にあるケーキ店「恋の実」のオーナー。

竹野彩(たけの あや)〈32〉
演 - 森川葵
正義の妻。

周辺人物
深川莉菜(ふかがわ りな)〈15〉
演 - 月島琉衣
高校生。商店街の酒店の娘。

深川龍一(ふかがわ りゅういち)〈45〉
演 - 皆川猿時
莉菜の父。酒店オーナー。

荒木太一(あらき たいち)〈35〉
演 - 浜野謙太
ビリヤード店オーナー。正義の幼なじみ。

シュン〈22〉
演 - 曽田陵介
ビリヤード店の常連客。

マサキ〈21〉
演 - 萩原護
ビリヤード店の常連客。

大村一郎(おおむら いちろう)〈65〉
演 - 船越英一郎
地元商店会の会長。地域一帯の大地主。

警察関係者
澤本絵梨香(さわもと えりか)〈26〉
演 - 吉川愛
商店街を含む地域を管轄する所轄署の新米刑事。

日下部茂利(くさかべ しげとし)〈45〉
演 - 宇野祥平
刑事。澤本の同僚。

スタッフ
脚本 - 高田亮、清水匡
音楽 - 大野宏明
監督 - 前田弘二、鯨岡弘識、中里洋一
チーフプロデューサー - 田中宏史
プロデューサー - 藤森真実、榊原真由子、宇田川寧、妙円園洋輝
制作協力 - ダブ
製作著作 - 日本テレビ


番組公式サイト
街並み照らすヤツら - Wikipedia

『街並み照らすヤツら TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ドラマ/アイウエオ順検索