2024年04月02日

イップス TOP

『イップス』は、2024年4月12日からフジテレビ系「金曜9時枠の連続ドラマ」枠(毎週金曜21:00-21:58)にて放送中。主演は篠原涼子とバカリズム。


各話あらすじ 平均視聴率 4.86%
第1話 2024年4月12日「書けなくなった作家と解けなくなった刑事の倒叙式ミステリーコメディ」 ※初回15分拡大(21:00 - 22:13) 視聴率 5.8%
 小説を“書けなくなった”ミステリー作家と、事件を“解けなくなった”エリート刑事の“絶不調バディ”が絶妙な会話術と掛け合いで事件を解決する。小説家のミコ(篠原涼子)は5年間新作が書けず、テレビ番組のコメンテーターをしていた。新作の執筆に煮詰まるミコは、自分の大ファンだという刑事・森野(バカリズム)と出会う。

第2話 2024年4月19日「生配信中に生殺人!?絶不調バディ、今週のサボり場所はカラオケ!!」 視聴率 4.5%
 ミコ(篠原涼子)は森野(バカリズム)に、小説にしたら面白い事件が起きたら教えてと言い、事件を小説のネタにしようとする。そんな中、森野が入ったカラオケ店で、2人組の動画配信者「悪童エクスプレス」メンバーが配信中に自殺を図る。その場に居合わせたミコは、目を輝かせながら事件に首を突っ込もうとする。

第3話 2024年4月26日「頭がお花畑な二世議員が密室殺人!?まさかの協力者を2人は見破れるか」 視聴率 5.5%
 ミコ(篠原涼子)は、森野(バカリズム)をモデルにした小説を書くべく、密着取材を申し込む。そんな折、都議会議員・尾花(塚本高史)の邸宅で、尾花の第一秘書を務める田所(平田満)が遺体で発見される。現場の状況などから自殺の可能性が高いと思われたが、森野は現場に到着したときから“殺人事件味”が強いと感じていた。

第4話 2024年5月3日「2人のパティシエとオーナー泥沼三角関係の悲劇!甘すぎた偽装工作!?」 視聴率 4.9%
 人気パティスリーのオーナー・小泉(宮尾俊太郎)が死体となって発見される。現場を訪れたミコ(篠原涼子)と森野(バカリズム)は、樋口(矢本悠馬)から、小泉の死因は頭部を強打したことによる脳挫傷の可能性が高いと聞く。ミコと森野は、小泉の恋人でチーフ・パティシエの環奈(香椎由宇)から話を聞くことにする。

第5話 2024年5月10日「渡部篤郎が妻を亡くした悲しき法廷画家を熱演!裁判中に弁護士を殺害!?」 視聴率 4.5%
 ミコ(篠原涼子)は、小説のネタ集めのため、坂浦(渡辺大知)と共に裁判の傍聴に訪れる。傍聴席に着いたミコは、坂浦の隣に法廷画家と思われる男性・板野(渡部篤郎)が座っていることに気付く。閉廷後、ミコたちが別の事件の裁判を傍聴していると、裁判所の屋上から男性が転落死するという事件が起きる。

第6話 2024年5月17日「フェアな逆恨み」 視聴率 4.3%
 黒羽ミコ(篠原涼子)は、森野徹(バカリズム)のことを「卑怯者」呼ばわりしてしまったことを謝ろうとDMを送る。だが、森野からは何の反応もなく、イライラを募らせるミコ。するとそこに、弟の慧(染谷将太)から「急いでこれを見て」と、メッセージと共にURLが届く。URLを開くと、物々しい雰囲気の部屋と森野が映っていた。その動画の中で森野は、8年前に起きた殺人事件の犯人として逮捕されたタクシー運転手・異口治(モロ師岡)は冤罪だと訴えている。

第7話 2024年5月24日「犯人は村上佳菜子!教え子を奪われたコーチの殺意氷上の演技にも注目」 視聴率 4.5%
 ミコ(篠原涼子)は、監禁事件以来休養を命じられている森野(バカリズム)を気晴らしのためにアミューズメント施設へ連れ出す。そこで元フィギアスケーターで、現在は吹雪(青山凌大)のコーチをしている真白(村上佳菜子)と出会う。自分のことを知っていた真白と、ミコは連絡先を交換。数日後、ミコの元に真白から連絡が入り、会いに行くことに。

第8話 2024年5月31日「犯人はアンミカ!ミコの天敵の恋愛小説家がTV局内で共演者を殺害!」
 ミコ(篠原涼子)は、因縁がある恋愛小説家の理沙(アンミカ)と、人気俳優の窪田(河合我聞)がMCを務める恋愛トーク番組にゲスト出演することに。理沙と窪田は公にはしていないが、恋仲にあった。しかし、窪田は6年前に結婚していたことが発覚。そんな中、番組は本番直前を迎えるが、窪田が遺体で発見され、収録は中止となる。


概要
篠原涼子とバカリズムがW主演を務める完全オリジナルのミステリーコメディー。小説を“書けなくなってしまった”ミステリー作家・ミコ(篠原)と、事件を“解けなくなった”エリート刑事・森野(バカリズム)というイップスを抱えた二人が、お互いを補い合い、小気味よい会話劇を繰り広げながら犯人を追い詰めていく。


キャスト
黒羽ミコ(くろば ミコ)
演 - 篠原涼子
ミステリー小説家。デビューから3作連続でベストセラーを記録したが、現在はネタが思いつかず5年間新作が書けていない。
副業のワイドショーのコメンテーターやコラム執筆を本業並みにこなしているせいで作家業がさらに片手間になってしまっている。

森野徹(もりの とおる)
演 - バカリズム
警視庁捜査一課刑事。かつては検挙率ナンバーワンのエリートだったが、とある出来事をきっかけに検挙率が下がり、事件が解けなくなってしまっている。

ミコの作品の大ファンだったが、コメンテーター業ばかりで新作を発表しない彼女に苛立ちを募らせ、SNSに批判を書き込むなどアンチ化している。

ミコの関係者
黒羽慧(くろば けい)
演 - 染谷将太
ミコの弟。人権派弁護士。世間では“人権王子”という異名で呼ばれるスゴ腕弁護士。小説が書けなくなってしまったミコを応援する良き相談相手。

坂浦猛(さかうら たける)
演 - 渡辺大知
ミコの運転手。ミコの小説の大ファン。ファン過ぎて運転手であることに誇りを持っている。

初田豊(はつだ ゆたか)
演 - 勝村政信
ミコのマネジャー。マネジャーながら小説家としてのミコにはまったく興味がない。

萩原らくだ(はぎわら らくだ)
演 - 角田晃広(東京03)
ミコがコメンテーターを務める朝の情報番組『朝キュン』の司会者。取り上げた情報について深いところまでは切り込まずノリで番組を回す。

警察関係者
樋口一之(ひぐち かずゆき)
演 - 矢本悠馬
警視庁捜査一課刑事。森野が何かと嘘をついて事件現場から逃げていることには気付いている。

酒井純平(さかい じゅんぺい)
演 - 味方良介
警視庁機動捜査隊。事件現場で森野を見かけると記念写真をお願いするほど森野に憧れている。ミコと仲良くなっていく。

水田勇人(みずた はやと)
演 - 足立英
制服警官。現場の規制線を守り、いつもミコと森野の事件現場入りを受け入れる。森野に憧れている。

ゲスト
第1話
電撃ウィッチ麻尋
演 - トリンドル玲奈
犯人。“熱波界の魔法少女”をうたうアイドル熱波師。サウナプロデュースも手掛け、サウナ業界をけん引する。タオルで熱風を送る「熱風ライディーン」が特技。

夏目楓(なつめ かえで)
演 - なえなの
不倫が発覚する清純派人気アイドル。謝罪会見の模様が『朝キュン』で取り上げられる。

スタッフ
脚本 - オークラ、森ハヤシ
演出 - 筧昌也
音楽 - 野崎美波
主題歌 - AARON「フェイス」(ユニバーサル シグマ)
プロデュース - 宮ア暖(フジテレビ)
プロデューサー - 熊谷理恵(大映テレビ)
制作著作 - フジテレビ


番組公式サイト
イップス (テレビドラマ) - Wikipedia

『イップス TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ドラマ/アイウエオ順検索