2024年04月01日

Destiny TOP

『Destiny』(デスティニー)は、2024年4月9日から同年6月4日まで、テレビ朝日系「火曜9時枠の連続ドラマ」枠(毎週火曜21:00-21:54)で放送中。全9話。主演は3年ぶりの連続ドラマ復帰となる石原さとみ。


各話あらすじ 平均視聴率 7.38%
第1話 2024年4月9日「許されない初恋」 ※初回6分拡大(21:00 〜 22:00) 視聴率 7.9%
 期末試験に臨む奏の隣に座った野木真樹(亀梨和也)は、驚く奏をよそに、いきなり馴れ馴れしく接してきた。その後も、真樹は何かと奏に絡んできて、自分の友人・森知美(宮澤エマ)、梅田祐希(矢本悠馬)、及川カオリ(田中みな実)を紹介する。そんな真樹のおかげで、心を閉ざして生きてきた奏に初めて仲間ができた。「私たち、友だちでいようね。永遠に」――その言葉通り、奏は大自然あふれるキャンパスで仲間と青春を謳歌。初めて心から笑い、充実した日々を送る。

第2話 2024年4月16日「空白の12年…疑惑の恋人」 視聴率 7.3%
 奏(石原さとみ)が担当する違法薬物売買事件の被疑者が、大物政治家の次男だと判明。犯行を否認する被疑者に対して、共犯者の供述しか取れていない奏は支部長の節子(高畑淳子)から叱責されてしまう。事件のことで頭がいっぱいになる中、恋人の貴志(安藤政信)から突然プロポーズされ、思わずぼうぜんとする。

第3話 2024年4月23日「許されないキス」 視聴率 6.8%
 奏(石原さとみ)は、真樹(亀梨和也)が父・浩一郎(仲村トオル)と言い争っているのを見かけ、その時真樹が口にした「辻英介(佐々木蔵之介)を殺したんだろう」という言葉が頭から離れずにいた。奏は「東京地検」特捜部の主任検事だった父・英介が亡くなる前、最後に担当した「環境エネルギー汚職事件」について調べ始める。

第4話 2024年4月30日「誰が彼女を殺した?」 視聴率 7.5%
 祐希(矢本悠馬)と知美(宮澤エマ)夫婦の家で奏(石原さとみ)と偶然再会した真樹(亀梨和也)は、何のために12年ぶりに帰ってきたのか、そして過去の自分に思いを馳せる。一方、恋人・貴志(安藤政信)との結婚話が進む奏は、真樹との再会で心が揺れる。そんな中、真樹が横浜地検を訪れ、奏にカオリ(田中みな実)の事件について語り始める。

第5話 2024年5月7日「第一部完!父を殺した犯人と対決」 視聴率 7.2%
 奏(石原さとみ)は、父・英介(佐々木蔵之介)が関わっていた「環境エネルギー汚職事件」について調べる中で、特捜部時代の英介の部下・新里龍一(杉本哲太)を紹介される。新里から父は「死をもって真実を封じ込めた」と聞かされた奏は、突然思い立って長野の実家へ帰省。断片的な記憶を頼りに、ある遺品を発見する。

第6話 2024年5月14日「検事vs元恋人…この愛を裁けますか?」 視聴率 7.6%
 野木真樹(亀梨和也)の実家が放火され、弁護士の父・野木浩一郎(仲村トオル)は意識不明の重体…。あろうことか、その日実家を訪れていた真樹が、犯行を自白し、放火事件の被疑者として警察で取り調べを受けていた。ニュースで真樹の逮捕を知った「横浜地検」中央支部の検事・西村奏(石原さとみ)は、驚きのあまり言葉を失う。さらに、支部長・大畑節子(高畑淳子)から、衝撃の発言が…。

第7話 2024年5月21日「最後の逃避行」 視聴率 6.7%
 吐血して倒れた真樹(亀梨和也)から一緒に逃げないかと誘われた奏(石原さとみ)。2人は長距離バスで思い出の地・長野へ向かう。一方、真樹が姿をくらますという緊急事態に、大畑(高畑淳子)らは必死で奏と連絡を取ろうとするもつながらない。また、病院から連絡を受けた貴志(安藤政信)も嫌な予感に襲われ、やがて2人が逃亡したと確信する。

第8話 2024年5月28日「真犯人はそこにいる…!」 視聴率 8.0%
 大学時代の恋人で、放火事件の被疑者なった野木真樹(亀梨和也)を長野から横浜に連れ戻した「横浜地検」中央支部の検事・西村奏(石原さとみ)。一貫して犯行を認めている真樹だが、その供述と鑑識結果は食い違いっており…奏は刑事の渡辺(板尾創路)らと、捜査を続けていた。何度も聞き込みを行ううち、奏らは真樹ではない不審な男の目撃情報を入手する。

最終話 2024年6月4日
 ニュースで民事党総裁就任報告を見ていた「横浜地検」中央支部の検事・西村奏(石原さとみ)は、20年前、『環境エネルギー汚職事件』で「東京地検」特捜部の主任検事を務めていた父・辻英介(佐々木蔵之介)のことを思い出す。弁護士・野木浩一郎(仲村トオル)の力で無罪を勝ち取った東正太郎議員(馬場徹)。そして、身に覚えのない疑惑を掛けられ、命を絶った父――。しかし次の瞬間、奏はテレビ画面に映った男に釘付けになる。正太郎の父親で元総理の東忠男(伊武雅刀)。そして、その傍らで拍手している男こそ、野木真樹(亀梨和也)が容疑者となった『野木邸放火事件』の現場で目撃され、宅配業者の置き配証明写真に写り込んでいた人物だった!


概要
石原さとみ主演、脚本を「Dr.コトー診療所」シリーズ(2003年ほか、フジテレビ系)の吉田紀子が手掛けるサスペンスラブストーリー。検事の奏(石原)は、大学時代に真樹(亀梨和也)ら4人の仲間たちと青春を謳歌していたが、とある人物が死亡する。彼らの運命を狂わせた事件から12年後、奏は再び過去と対峙することになる。


キャスト
西村奏(にしむら かなで)〈35〉
演 - 石原さとみ
本作の主人公。横浜地方検察庁中央支部所属の検事。信濃大学法学部出身。

野木真樹(のぎ まさき)〈35〉
演 - 亀梨和也
奏の元同級生であり初恋の相手。
大学時代の仲間

森知美(もり ともみ)
演 - 宮澤エマ
奏と真樹の同級生。頭脳明晰で聡明な性格であり、他人の意見に左右されない強さを持つ。

梅田祐希(うめだ ゆうき)
演 - 矢本悠馬
奏と真樹の同級生でムードメーカー。お調子者に見えるが、人の気持ちを理解できる優しさを持つ。

及川カオリ(おいかわ カオリ)
演 - 田中みな実
奏と真樹の同級生。親が病院を経営している娘として育つが、愛情に飢えている。
横浜地検中央支部

大畑節子(おおはた せつこ)
演 - 高畑淳子
横浜地方検察庁中央支部の支部長であり、奏の上司。

加地卓也(かじ たくや)
演 - 曽田陵介
横浜地方検察庁中央支部の事務官であり、職場における奏のパートナー。
周辺人物

奥田貴志(おくだ たかし)
演 - 安藤政信
「横浜みなと総合病院」に勤務する外科医で、現在における奏の恋人。奏と生活を共にしている。

辻英介(つじ えいすけ)
演 - 佐々木蔵之介
奏の父。故人。東京地検特捜部の元検事。

野木浩一郎(のぎ こういちろう)
演 - 仲村トオル
真樹の父。敏腕弁護士。息子とは不仲。

スタッフ
脚本 - 吉田紀子
音楽 - 得田真裕
主題歌 - 椎名林檎「人間として」(EMI Records / UNIVERSAL MUSIC)
監督 - 新城毅彦、星野和成、中村圭良
ゼネラルプロデューサー - 中川慎子(テレビ朝日)
プロデューサー - 浜田壮瑛(テレビ朝日)、森田美桜(AOI Pro.)、大古場栄一(AOI Pro.)
制作協力 - AOI Pro.
制作著作 - テレビ朝日


番組公式サイト
Destiny (テレビドラマ) - Wikipedia

『Destiny TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ドラマ/アイウエオ順検索