2024年04月01日

スナック女子にハイボールを TOP

『スナック女子にハイボールを』は、2024年4月8日から読売テレビ系(毎週月曜25:29-25:59)で放送中。主演は山口紗弥加と北香那。
中京テレビでは2024年4月4日(木)25:04から放送。


各話あらすじ
第1話 2024年4月8日「1杯目 こじらせ女子にハイボールを」/「2杯目 こじらせ女子にハイボールを おかわり」
最近、スナック通いにハマっているOLのさつき(北香那)は繁華街の路上でさつきに声をかけてきたナンパ男たち(近藤頌利/納谷健)を軽く遇らい、地図アプリで見つけたスナックに向かう。

地下に降りた目線の先に広がるは「スナック マーガレット」。さつきが店内に入るとスナックマーガレットのママ(山口紗弥加)や勢いよく飛び出してきた常連客の友部(浜野謙太)、カウンターでお通しをつまむ堀(加治将樹)、カラオケを熱唱する西山(吉見一豊)など個性的な面々と出会う。

ママや常連客たちの会話に自然と入り、酔った勢いでさつきは会社の上司・宮西部長の愚痴を語り出し、常連客たちもさつきの愚痴に付き合う。そこに、さつきの携帯に宮西部長から着信が入る。さつきは「業務時間外だし」と電話を取らずにいるが、着信が切れたあとに宮西から入った「店、何時に着く?」というメッセージに既読をつけてしまう。

そのメッセージを見て「うわぁぁぁ!宮西部長と得意先との食事なの忘れてました...」と焦るさつきと常連客は言い訳を考え始める。その間もなる宮西からの着信。ママと一行は「あごが外れた」という言い訳を思いつき、宮西を騙そうと試みる____。


第2話 2024年4月15日「3杯目 宴会部長にハイボールを」/「4杯目 新婦の父にハイボールを」
得意先との食事会の約束をサボり、スナックで飲んでいたことが部長の宮西にバレたさつき(北香那)。

ママ(山口紗弥加)や友部(浜野謙太)に心配されるが、なんと宮西は怒っておらず、逆にさつきを宴会部長に任命したという。苦手なことを任され不服そうな顔をするさつきに、「ここで花見のリハーサルをやろう」とママが提案。

友部が宮西部長役を演じ、即興の花見芝居をし始めるが、みんなのいじりに遂にさつきは我慢の限界に…。


ボックス席で一人ため息をつきながら飲んでいる西山。

いつもと違う様子にママと堀(加治将樹)とさつきは気になって声をかけると西山(吉見一豊)の髪型もおかしい。聞くと、娘の結婚式でスピーチのために散髪してきたと言う。

長年娘と関係がうまくいっておらず、口もきいてもらえない西山は「俺は父親か!?」と言いだし、10年前に娘が入っていたソフトボール部を間違えて「ハンドボール頑張っているか?」と声をかけたことが関係不良になった原因ではないかと思い悩む。 そんな西山を見ていたさつきは突然立ち上がり、娘のフリをしてスピーチを始めるのだった。


第3話 2024年4月22日「5杯目 スナック女子にノンアルコールを」/「6杯目 芸能マネージャーにハイボールを」
最近VTuberの彼女ができたというてっちゃん(堀井新太)の話で盛り上がっていた堀(加治将樹)とママ(山口紗弥加)。

そこへさつき(北香那)が来店し、いきなり「ある宣言」をする。どうやらまた宮西部長に何か言われたらしい。さつきは不機嫌モードで部長の愚痴をまくしたてたかと思うと、不敵に笑って部長の弱みについて語りだす。

そこに、タレントのマネージャーをしているという澤田(上川周作)がスナックに入ってきた。澤田は仕事の不満を口にするが、そのタレントが誰なのかは頑なに明かさない。さつき達はあの手この手でタレントの名前を聞き出そうとするが…。


第4話 2024年4月29日「7杯目 恋する酒屋にハイボールを」/「8杯目 イマドキ女子にハイボールを」
さつき(北香那)とママ(山口紗弥加)と談笑中のてっちゃん(堀井新太)は、普段は観ない野球を最近よく観るようになったと話す。
不思議に思ったさつきとママが「彼女と会う機会が減って暇になったからでは?」と指摘すると、その言葉に不安を覚えたてっちゃん。さらに追い討ちをかけるように彼女の浮気を疑うさつきとママ。(7杯目)

カラオケで盛り上がるスナック常連客とさつきたち。充分に愚痴をこぼし、歌い、盛り上がった面々が帰り支度をしていた時、スナックには場違いのイマドキ女子二人組(吉原怜那/ねお)が来店。初めてのスナックに盛り上がり、店内を撮影する二人。
その様子を見た常連客のおじさんたちは帰り支度を止め、再び席について、二人を気にするように会話を始めるのだが…。(8杯目)


第5話 2024年5月6日「9杯目 失恋男子にハイボールを」/「10杯目 演歌歌手にハイボールを」
3番目の彼氏だったことが発覚してフラれたと落ち込むてっちゃん(堀井新太)。
その事実に興味津々のさつき(北香那)とママ(山口紗弥加)はてっちゃんを質問攻めに。未練たらたらの様子のてっちゃんを、ママは励まそうとするが、てっちゃんの発言によってさつきとてっちゃんがケンカを始めてしまう。(9杯目)

常連客・西山(吉見一豊)の娘の結婚式でのスピーチの報告で盛り上がっているさつき(北香那)とママ(山口紗弥加)。
その時、山口晋平(彩青)と名乗る演歌歌手が営業で訪れる。ママは慣れた様子で断りを入れる。すぐに諦めて店を出ようとする山口の態度に西山が”営業としてなってない”と激高したことで、店内で歌を披露することとなる。
初めて演歌を聴いたさつきが、山口晋平へかけた言葉から思わぬ展開に…。(10杯目)


第6話 2024年5月13日「11杯目 ジリ貧ママにハイボールを」/「12杯目 サトリ男子にハイボールを」
新規客が減り、売り上げが落ちていることを明るく話すママ(山口紗弥加)。
その言葉を受けて、さつき(北香那)や常連客たちは慌てて作戦会議を始める。ビラ配りやSNSの宣伝といったアイデアが出るも、今ひとつピンとこない一同。そんななか、さつきがぽつりと言った一言でママたちは俄然やる気を出し…。(11杯目)

西山(吉見一豊)と友部(浜野謙太)が先日撮影した動画を観ながら、ママと新規客が増えたことを喜んでいると、さつきが店に入って来る。
普段より遅い時間に来たさつきにママが珍しがると、実は後輩(吉田仁人)を連れてご飯に行っていたとのこと。そのままスナックマーガレットにも連れてきたという後輩はコスパやタイパを重視するさとり世代で…。(12杯目)


第8話 2024年5月20日「13杯目 恋する乙女にハイボールを」/「14杯目 マキタスポーツにハイボールを」
さつき(北香那)とママ(山口紗弥加)、堀(加治将樹)の3人が占いの話で盛り上がっていると、澤田(上川周作)がスナックにやって来た。
澤田が席を外した隙に、ママと堀に彼のことが気になっていると告白するさつき。ママのアドバイス通りにアプローチを開始するさつきだったが…。(13杯目)

偶然、鉢合わせになった澤田(上川周作)とその担当のマキタスポーツ。どうにか気づかれないように退店しようとする澤田であったが、さつきがマキタスポーツへ話しかけたことをきっかけに澤田がスナックにいたことがバレてしまう。
澤田に対してイライラしながら叱責するマキタスポーツ。そんな様子を見ていたもんさん(伊藤一朗)は…。(14杯目)


第9話 2024年5月27日「15杯目 臨時ママにハイボールを」/「16杯目 珍客たちにハイボールを」
風邪をひいたママ(山口紗弥加)から急遽代理を頼まれ、さつき(北香那)はスナックのママに必要なレクチャーを受けることに。
ママが店を出て行くと、一人の男性客(赤ペン瀧川)がやってきた。その男性は加藤と名乗り、さつきは「加藤」のキープボトル3本のうちどれが正解なのか悩んでしまう。(15杯目)

加藤の対応に困っている時にママさんバレーの集団が来店。マイペースすぎる彼女達に困惑するさつき。
そんな時、常連客の友部(浜野謙太)が訪れた。さつきは友部に救いを求めるが、まったく役に立たない。困り果てたさつきはママに連絡するが、「追い返せ」との返事にパニック状態に…!(16杯目)


第10話 2024年6月3日「17杯目 管理職おじさんにハイボールを」/「18杯目 宮西部長にハイボールを」
ママ(山口紗弥加)と常連客たちがさつき(北香那)の代理ママの話で盛り上がる中、初見の男性客(マギー)が来店。
ママとの会話の中でその男が管理職であり、今年で55歳であることがわかると、西山(吉見一豊)は自分と境遇が似ていることで意気投合。しばらくしてその男がトイレで席を外している間にさつきが来店、いつものように上司の宮西部長の愚痴を話し始める。

その時、男性客がトイレから出てきた。その姿を見たさつきは驚いて椅子から転げ落ちる。その男の正体はなんと宮西部長だった。(17杯目)

マーガレットに来店中の上司・宮西と遭遇し、気まずい空気を醸し出すさつき。
“部下の通うスナックに来るのはおかしい”と宮西を責めるさつきに対して、西山は同じ管理職をしている宮西の肩を持つが、納得のいかないさつきは友部(浜野謙太)を味方につける。

すると、宮西&西山チームとさつき&友部チームのバトルが始まり、さつきと宮西はお互いに日頃の不満をぶつけあうが…。(18杯目)


概要
Aマッソ・加納愛子が初めて連続ドラマ脚本を手掛け、山口紗弥加と北香那が主演するシチュエーションコメディー。スナック「マーガレット」を舞台に、山口演じる風変わりなママと、北演じるスナックの魅力に取りつかれるOL・さつき、そしておかしな常連客たちの交流を描く。演出は有働佳史、高階貴法が担当。


キャスト
ママ:山口紗弥加

さつき:北香那

友部:浜野謙太

堀:加治将樹

てっちゃん:堀井新太

モンさん:伊藤一朗

西山:吉見一豊

脚本
加納愛子(Aマッソ)

監督
有働佳史
高階貴法

音楽
吉田ゐさお

チーフプロデューサー
池田京平(中京テレビ)

プロデューサー
加藤康介(ワタナベエンターテインメント)

制作協力
ワタナベエンターテインメント

製作著作
中京テレビ

番組公式サイト

『スナック女子にハイボールを TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ドラマ/アイウエオ順検索