2024年04月01日

好きなオトコと別れたい TOP

『好きなオトコと別れたい』(すきなおとことわかれたい)は、2024年4月4日(3日深夜)から、テレビ東京系「ドラマNEXT」枠(毎週水曜深夜0:30-1:00)で放送中。主演は堀田茜。


各話あらすじ
第1話 2024年4月3日「別れられないオトコ」
働くアラサー女子・郁子(堀田茜)の彼氏は、定職に就かず居候しているダメ男・浩次(毎熊克哉)。30歳を目前にして結婚や将来に不安を覚えた郁子は、浩次との関係を清算し本気で婚活を始めようとする。だが結局、浩次の事が好きすぎてズルズルと関係を続けてしまう。そんなとき会社の後輩でハイスペ年下イケメンの青山(木村慧人)が海外勤務から戻ってきたため、乗り換えるチャンスだと後輩・ナナ(紺野彩夏)が焚きつけて…


第2話 2024年4月10日「俺と真逆のオトコ」
浩次(毎熊克哉)から「働くから結婚しよう」とプロポーズされ浮かれる郁子(堀田茜)だが、ぐーたらしていた男が簡単に変われるのかと後輩・ナナ(紺野彩夏)に指摘される。その指摘どおり仕事を探すことすらしない浩次。郁子は「変わってくれなきゃ困る!」と伝えるが、浩次は…。一方、ハイスペ年下イケメンの青山(木村慧人)は「僕の手でダメ男から救い出す!」と決意を固め・・・!?さらにナナも彼氏のイチ(柏木悠)に不満が…。


第3話 2024年4月17日「子供みたいなオトコ」
浩次(毎熊克哉)の就職活動用にスーツを購入、そのままデートすることになった郁子(堀田茜)。普段の格好では行けない高級イタリアンに誘うが、浩次はあまり気乗りしないようで…。そんな浩次に不満を抱えるが、郁子も変わらない浩次が好きでたまらない。そんな中、とある電話で郁子の心が乱れる。一方、青山(木村慧人)は郁子に喜んでもらおうと美味しい料理店をナナ(紺野彩夏)と下調べ。ナナも何かを抱えているようで…。


第4話 2024年4月24日「年下からのプロポーズ」
祖母の春子(田島令子)にダメ男の浩次(毎熊克哉)を紹介することになり、厳しい春子に将来の相手として認めてもらえるか不安な郁子(堀田茜)。後輩のナナ(紺野彩夏)に相談するとエリートでイケメンの青山(木村慧人)に“彼氏のフリ”をしてもらうことを提案される。そんな時、仕事中に階段を踏み外した郁子を救ったのは…青山。そのまま青山は「結婚してほしい!」といきなりプロポーズ!しかもその現場を春子に見られ…!?


第5話 2024年5月1日「優しすぎるオトコ」
青山(木村慧人)にプロポーズされるところを祖母の春子(田島令子)に見られてしまった郁子(堀田茜)。さらに、郁子の家で働きもせずソファーで寝ている浩次(毎熊克哉)を春子に見られてしまう。呆然とする春子に翌日改めて挨拶することになったが、浩次は約束の時間になっても現れず、連絡も取れない…。浩次に一体何が!?そして春子は、二人が付き合っていることを大反対。それには春子ならではの理由もあって…。


第6話 2024年5月8日「もっと好きになっていい?」
浩次(毎熊克哉)の就職が決まり喜ぶ郁子(堀田茜)は、お祝いを兼ねて二人で温泉旅行をすることに。浮かれる郁子に対し、ダメ男との付き合いを反対していたナナ(紺野彩夏)から、ヒモの良さがなくなってしまってもいいのかと詰問される。そんなナナも人には言えない悩みを抱えており、ある行動を起こす。そしてオフィスで青山(木村慧人)と会った郁子はプロポーズに対する返事をするが、青山からは思いがけないことを言われ…。


第7話 2024年5月15日「サラバ愛しのダメオトコ」
郁子と結婚するため、無職だった浩次(毎熊克哉)がついに就職。しかし帰りも遅く、疲れてすぐ寝てしまうように。すれ違い生活に郁子(堀田茜)はムラムラしてしまって…!?さらに、浩次の勤める会社はブラック企業で、上司からパワハラにあう浩次は…!?一方、青山(木村慧人)に郁子からの一言で胸を躍らせる出来事が!そしてハイスペックな元カレと再会したナナ(紺野彩夏)は、イチ(柏木悠)と別れ元カレと付き合い始める。


第8話 2024年5月22日「さよなら、郁ちゃん」
就職した浩次(毎熊克哉)が、日に日にやつれていくことを心配する郁子(堀田茜)。結婚のために頑張ってくれているのだとわかっているが、いつもの浩次が変わったことに寂しさを感じてしまい…。そんな浩次は、いつもの優しさから他人を優先し仕事が上手くいかない。そして、ついにクビを宣告される…。変われない自分、この先も変われないなら…浩次は、ある決断をし、郁子に思いを告げる。


第9話 2024年5月29日「もう、待たない」
浩次(毎熊克哉)から「好きだから別れよう」と告げられた郁子(堀田茜)。「俺といて郁子が苦労するのは、俺は幸せじゃない」と浩次は出て行ってしまう…。浩次を吹っ切るために酒をあおり寝てしまう郁子。目を覚ますと目の前には後輩の青山(木村慧人)が…!?「振り向いてくれるのをずっと待ってた」と郁子を抱きしめ…。一方、イチ(柏木悠)と別れたナナ(紺野彩夏)はカズマ(野村康太)との結婚話が進むが…。


第10話 2024年6月5日「試しに、僕と」
青山(木村慧人)に再び想いを告げられた郁子(堀田茜)だが、まだ浩次(毎熊克哉)のことを忘れられずにいた。そんな郁子に対し青山は、つまらなかったら途中で帰ってもいいと強引にデートに誘う。しかしデート中、ふとしたときに浩次を思い出してしまって涙が溢れる…。それを見た青山は、帰り際まさかの行動に…!?一方、ナナ(紺野彩夏)はカズマ(野村康太)との結婚の準備を進めるが、イチ(柏木悠)のことを思い出し…。


原作概要
『好きなオトコと別れたい』は、藤緒あいによる日本の漫画作品。デジタルコミック誌『comic tint』(講談社)にて、vol.24からvol.52まで連載された。vol.70(2024年2月2日発売)からは番外編が連載されている。

ドラマ概要
藤緒あいの同名漫画を堀田茜主演でドラマ化。将来を考えるアラサー女子が、別れたくても別れられないダメ男の魅力にハマり、その沼から抜け出せないループな恋を繰り広げる姿を描く。働くアラサー女子・郁子(堀田)は定職に就かずに居候しているダメ男の彼氏・浩次(毎熊克哉)との関係を清算し、本気で婚活を始めようとする。

キャスト
白石郁子(しらいし いくこ)〈29〉
演 - 堀田茜

黒川浩次(くろかわ ひろじ)〈34〉
演 - 毎熊克哉

周辺人物
青山大翔〈27〉
演 - 木村慧人(FANTASTICS)

黄田ナナ〈25〉
演 - 紺野彩夏

イチ〈25〉
演 - 柏木悠(超特急)

しのぶ〈34〉
演 - 相田周二(三四郎)

白石春子〈80〉
演 - 田島令子

スタッフ
原作 - 藤緒あい『好きなオトコと別れたい』(講談社「comic tint」所載)
脚本 - 川アいづみ
オープニング主題歌 - Penthouse「我愛你」(Victor Entertainment, Inc.)
エンディング主題歌 - PSYCHIC FEVER「Pinky Swear」(LDH Records)
監督 - 湯浅弘章、田口桂、松浦健志
プロデューサー - 山鹿達也(テレビ東京)、清水俊雄(テレビ東京)、三浦和佳奈(大映テレビ)
制作 - テレビ東京、大映テレビ
製作著作 - 「好きなオトコと別れたい」製作委員会


番組公式サイト
好きなオトコと別れたい - Wikipedia

『好きなオトコと別れたい TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ドラマ/アイウエオ順検索