2023年12月27日

恋する警護24時 TOP

『恋する警護24時』(こいするけいご にじゅうよじ)はテレビ朝日系「オシドラサタデー」枠(毎週土曜23:00〜23:30)で2024年1月13日から同年3月9日まで放送された。全9話。主演は連続ドラマ初単独主演の岩本照(Snow Man)。


各話あらすじ(2024年1月13日 - 3月9日)全9話
第1話 2024年1月13日「相性最悪な任務開始!」 ※初回30分拡大(23:00 〜 0:00)
 ボディガード会社・RACCO警備保障に勤める北沢辰之助(岩本照)に、法律事務所から警護依頼が舞い込む。警護対象は弁護士・岸村里夏(白石麻衣)。以前担当した案件で逆恨みをされ、命まで狙われているという。契約書も無事交わし、警護をスタートさせようとしたその矢先、里夏から「ボディガードなんていりません!」という耳を疑う一言が…! このままだとキャンセル料が発生してしまうという事で、今日1日だけ警護される事を渋々了承した里夏。

 辰之助と相棒ボディガードの原湊(藤原丈一郎)の警護のもとクライアント先に向かう里夏は、安全のため移動手段からルートまで決められ、エレベーターの混雑を避けるためにハイヒールで6階まで階段を上らされるなど、辰之助の融通の利かなさにイライラ。それでも、新しいクライアントである新進気鋭のミールキット会社・社長の漆原透吾(溝端淳平)を前に張り切るが、威圧感と存在感のすごい辰之助のせいで漆原との打ち合わせも仕切り直しとなってしまう。我慢の限界に達した里夏は、辰之助に警護は今日限りと告げると、辰之助を巻いて逃走をはかる。

 そんな中、里夏は母校で講演会に参加することとなり、そこで本当に命を狙われる事件が起きて…!?


第2話 2024年1月20日「同棲生活スタート!?」
 岸村里夏(白石麻衣)の警護契約が継続されることになっただけでなく、24時間体勢で請け負うことになった北沢辰之助(岩本照)は、安全確保のために里夏を辰之助や原湊(藤原丈一郎)が暮らすボディガードの寮でかくまうことに…。里夏が辰之助の部屋を借りることになったため、辰之助は仕方なく原の部屋へ。そんな中、里夏は父を追って警察官になった辰之助がなぜ警察官を辞めたのか気になり、辰之助にその理由を聞くが、はぐらかされてしまう。

 辰之助の警護の下で法律事務所に出社した里夏を、事件のことを心配した漆原透吾(溝端淳平)が訪ねてくる。漆原は里夏に何かを耳打ちして去っていくが、辰之助には聞こえず…。そこへ、里夏に矢吹賢治(小野武彦)所長からお呼びがかかる。里夏を襲った兄妹の両親からお詫びがしたいという申し入れがあったことを伝えられ、辰之助はすかさず外部との接触を控えた方がいいと進言するが、その言葉を制して里夏は会うことを承諾。厳戒態勢で警戒する中、両親が現れ…!


第3話 2024年1月27日「誰だ!?差出人不明のメッセージ」
 父が殺害された事件で捕まった少年のうちの1人、加賀美洋太(山口大地)と父の墓の前で遭遇した北沢辰之助(岩本照)は、突如、加賀美に襲い掛かられるが、応戦してねじ伏せる。観念した加賀美に辰之助は、父が殺された当時、何があったのかを話して欲しいと頼むと、加賀美は自分が知りうる限りの事件当時の出来事を明かすが、父を殺害された真相まではわからず…。

 そこで辰之助は加賀美に、事件に関わる残りの2人の少年の居場所を知りたいと協力を依頼する。すると、加賀美は事件以来2人とは会っていないが、一度だけ差出人不明のあるメッセージが届いたという。その内容から、2人のどちらかが送ってきた可能性が高く…。

 社員寮に戻った辰之助は、原湊(藤原丈一郎)たちボディガードの同僚にその話を伝えたところ、湊が加賀美になりすまして送り主に「会って話せないか?」とメッセージを送って、反応を待つことに。


第4話 2024年2月3日「リビング騒然!突然の襲来!」 ※『開局65周年記念 サッカーAFCアジアカップカタール 準々決勝 日本× イラン』(20時 - 22時35分)中継に伴う特別編成の関係で5分繰り下げられ、23時5分 - 23時35分に放送。
 父の殺害事件に関わる2人のどちらかと思われる人物に、身分を偽ってコンタクトを取った北沢辰之助(岩本照)は、ついにその人物から返信を受け取る。指定されたサウナで会うことになり、原湊(藤原丈一郎)と椎谷厚徳(今野浩喜)と共に向かった辰之助は、その人物らしき人を見つけるが、接触する寸前に思わぬ事態が起きてしまう。

 一方、岸村里夏(白石麻衣)は、漆原透吾(溝端淳平)から出張のお土産を渡すために、社員寮に来たいと申し出を受けるが、安全の観点から住所を知られることを避けるために外で会う約束をする。ところが、偶然会ったという津田結子(吉谷彩子)が漆原を社員寮に連れてきてしまう。念のため周囲の安全確認をした辰之助たちボディガードは、里夏、漆原、結子たちと微妙な空気の中で食卓を囲むことに。

 そこへ突然、チャイムと共にドアを叩く音が鳴り…!


第5話 2024年2月10日「事件発生!誘惑の夜」
 加賀美洋太(山口大地)から、水田雄介から連絡が入ったと知らせを受けた北沢辰之助(岩本照)は、加賀美が水田と会う約束をした現場へ向かう。しかし、そこに現れたのは水田ではなく、金井光男(渋谷謙人)。辰之助は金井に水田の居場所を問い詰めるも、金井は知らないと言う。

 ただ、金井は水田の恐ろしい本性を明かし、辰之助の父が殺害された事件当日、何があったかを話し出す。会社に戻り、金井から聞いた内容を岸村里夏(白石麻衣)や同僚たちに報告した辰之助は、水田を探し出して罪を償わせると強い思いを口にするが、里夏は思い詰めたような様子の辰之助に一抹の不安を抱く。

 そんな中、辰之助たちに漆原透吾(溝端淳平)から警護依頼が入る。漆原の会社の新商品お披露目パーティーに里夏を招待するために、当日の会場の警護を任されることに。当日、会場には津田結子(吉谷彩子)も招待されていて、辰之助が呼び止められていると、漆原に案内されていた里夏は、そこで漆原からある告白を受け…!

 同じ頃、会場付近では不審な動きをする金井の姿があり…!


第6話 2024年2月17日「ハメられた!絶体絶命の夜」 ※『テレビ朝日開局65周年記念 MC芸人・奇跡の一夜 よくぞ集まったSP!!』(19時 - 22時52分)に伴う特別編成の関係で30分繰り下げられ、23時30分 - 翌0時に放送。
 北沢辰之助(岩本照)は、金井光男(渋谷謙人)の仲介で水田雄介と会うことになったが、約束の場所に向かうと、そこには金井の他殺体が!

 しかも、同時に駆け付けた警察によって辰之助は殺人容疑で逮捕されてしまう。ボディガードの仕事をしながら、父親殺しの事件を追い、関係者に1人で接触しようとしていた辰之助の状況から報復と疑われる中、岸村里夏(白石麻衣)は辰之助の無実を信じ、弁護を請け負うことに。自ら招いた事態に打ちのめされる辰之助だったが、接見に訪れた里夏から原湊(藤原丈一郎)らボディガードたちも辰之助を助けるために動いていること、そして「私があなたを守ります」という言葉を受け、気力を取り戻す。

 里夏と原たちは、これまで得た情報を整理する中で、水田が仕組んだ罠だと考える。ただ、いまだ水田の居場所も正体もつかめていないため、まずは加賀美洋太(山口大地)に話を聞こうとするが、加賀美が姿を消していることが発覚。そんな中、漆原透吾(溝端淳平)が里夏を訪ねてくる。そこで原は、漆原のある発言が引っかかり…。


第7話 2024年2月24日「新たな警護依頼!?証拠はどこだ」
 矢吹賢治(小野武彦)が漆原透吾(溝端淳平)に会いに行ったことを知った北沢辰之助(岩本照)と岸村里夏(白石麻衣)たちは、急いで後を追って漆原の会社へ向かう。しかし、矢吹はすでに帰った後で、漆原は涼しい顔で辰之助が釈放されて良かったと心にもないことを言う。そんな漆原に、辰之助と里夏はこれまで調べた裏付けと共に漆原が水田雄介であることを問い詰めると、漆原は平然と認める。それでも辰之助の父親殺しに関しては否定、堂々と無実を主張し…。

 そんな漆原の挑戦的な態度に、辰之助が改めて必ず真相を突き止めると強い決意を誓う中、行方をくらましていた加賀美洋太(山口大地)から連絡が入る。実は、加賀美は水田=漆原が父親殺し事件の犯人だという決定的な証拠を持っていると言う。しかし、辰之助はこの任務を外されてしまい、代わりに原湊(藤原丈一郎)たちが加賀美の元へ向かうことになる。


第8話 2024年3月2日「特別なクライアント…2人の決断!?」
 北沢辰之助(岩本照)の父親殺し事件の犯人が水田雄介=漆原透吾(溝端淳平)である決定的証拠を持つ加賀美洋太(山口大地)の警護をすることになり、合流場所へ向かう原湊(藤原丈一郎)だったが、加賀美はなかなか現れず…。身を案じる中、原に警察から連絡が入り、なんと加賀美が事故に遭い、意識不明の重体だという。報告を受けた辰之助と岸村里夏(白石麻衣)は、漆原が証拠の隠ぺいを図るために起こしたことだと確信する。あと一歩というところで証拠を手に入れることができなかった辰之助を里夏は心配するが…。

 さらに、辰之助は金井光男(渋谷謙人)殺害事件の犯人が漆原であることも暴こうとするが、そのためには現場に残されていた足跡が漆原のものであると証明する必要があった。そこで、里夏が漆原にアポイントを取って向かうことになるのだが…!


最終話 2024年3月9日「そばにいて欲しい…新たな任務へ!」
 北沢辰之助(岩本照)は、ついに父親殺し事件の犯人が水田雄介=漆原透吾(溝端淳平)である決定的な証拠を手に入れるが、その矢先に密かに追っていた漆原ともみ合い、刺されてしまう。

 平静を装い、出社する漆原だったが、辰之助の事件の重要参考人として話を聞くため、警察がやって来る。ところが、漆原は警察の姿を見た途端に逃走! こつ然と姿を消してしまう。一方、辰之助の父親殺し事件の真相を明らかにし、漆原を実刑判決に持っていくため、弁護士・岸村里夏(白石麻衣)が原湊(藤原丈一郎)と共に動き出すことに。そんな中、行方をくらましていた漆原が信じられない行動に出る!

 ついに漆原の口から明かされる父親殺し事件の震撼の真相――全てを知った辰之助と追い詰められた漆原が、対峙した先に迎える運命とは!?


概要
岩本照が連続ドラマ単独初主演を務め、金子ありさがオリジナルで描く考察系アクション・ラブコメディー。父親を殺害した犯人を追う、武骨で超ストイックなボディーガード・北沢辰之助(岩本)が、負けず嫌いで頑固な弁護士の24時間警護を請け負い、一つ屋根の下で暮らすことに。その相性の悪さで2人は反目するが、次第に気持ちに変化が生じていく。


ストーリー
ボディーガード会社「RACCO警備保障」の北沢辰之助(岩本照)は、運動神経抜群で会社のエース。警察官だった父を強盗事件で亡くしている辰之助は、その犯人が野放しになっているのではないかと知り、仕事をしながら父の事件も追っている。

そんなある日、矢吹法律事務所から警護依頼が舞い込む。警護対象は弁護士の岸村里夏(白石麻衣)で、以前担当した案件で逆恨みされて命を狙われているという。早速警護をスタートさせようとする辰之助だが、里夏から「ボディーガードなんていりません!」という耳を疑う一言が。その後、里夏は渋々警護を了承するが、辰之助の融通の利かなさにイライラを募らせる。


キャスト
北沢辰之助(きたざわ たつのすけ)〈30〉
演 - 岩本照(Snow Man)(少年期:齋藤潤)
「RACCO警備保障」勤務。ボディガードのスペシャリストで会社のエース的存在。前職は警察官。
岸村里夏を厳戒態勢の24時間警護するため、ひとつ屋根の下で暮らすことになる。

岸村里夏(きしむら りか)〈30〉
演 - 白石麻衣(中学生時代:月島琉衣)
矢吹法律事務所で働く弁護士。真面目で一本気な性格。担当した案件の関係者から逆恨みされ命を狙われる。
里夏を心配した所長が辰之助に警護を依頼するが、警護の必要はないと考える里夏は辰之助とぶつかっていく。

RACCO警備保障
原湊(はら みなと)〈27〉
演 - 藤原丈一郎(なにわ男子)
ボディガード。辰之助の2年後輩で辰之助と厚徳の3人でシェアハウスをしている。実家が金持ち。

椎谷厚徳(しいや あつのり)〈40〉
演 - 今野浩喜
ボディガード。辰之助より先輩。体力がある力持ち。

塚本和江(つかもと かずえ)〈52〉
演 - 松下由樹
社長。

村田耕太
演 - 北村圭吾
ボディガード。通称:村さん。体育会系でパワフル。奥さんを溺愛中。

矢吹法律事務所
矢吹賢治(やぶき けんじ)〈75〉
演 - 小野武彦
所長。里夏の良き上司。辰之助の父の事件の裁判官。

戸口美央(とぐち みお)〈26〉
演 - 岡本夏美
パラリーガル。明るい性格で、恋愛にも積極的。

ラーキリッシュ
急成長中のミールキットを扱う会社。
漆原透吾(うるしばら とうご) / 水田雄介〈34〉
演 - 溝端淳平(少年期:織山尚大〈少年忍者〉)
社長。里夏のクライアント。
警察官だった辰之助の父・克己が殺された事件に関係する。
事件の証拠物件を辰之助から奪おうとして刺傷を負わせ、逃走している。

河野宗一(こうの そういち)〈27〉
演 - 内田航
漆原の秘書。

その他
北沢克己(きたざわ かつみ)
演 - 丸山智己
辰之助の父。稗桜警察署の警察官だったが、強盗事件で殉職している。

津田結子(つだ ゆいこ)〈31〉
演 - 吉谷彩子
看護師。辰之助の元恋人。

加賀美洋太(かがみ しょうた)
演 - 山口大地(少年期:今井柊斗)(第2話 - )
少年時に北沢克己の事件にかかわった男性。強盗は認めたが、克己の刺殺は否認していた。
成人になり、たまに克己の墓へ花を手向けている。

金井光男(かない みつお)
演 - 渋谷謙人(少年期:唐木俊輔)(第4話 - )
北沢克己の刺殺事件に使用されたナイフの持ち主。
北沢は加賀美宛のメールを利用して接触しようとしたものの取り逃がしてしまっている。

ゲスト
第1話
吾妻修子
演 - 櫻井淳子
経営難に陥った里夏の実家の会社「岸村フーズ」の債務整理と事業再生を手助けしている。
このことが里夏が弁護士を目指すきっかけとなっている。

小野寺英雄
演 - 小沼朝生
元刑事。辰之助の父の事件を定年前に担当した。

梶尾朋絵
演 - 星野奈緒(第2話)
「救保ファンド」の被害者。そのために家族で経営する「梶尾出版」が破産している。
そんな会社の弁護をした里夏を恨んでカッターで切りつけ、右手に怪我を負わせている。

梶尾真也
演 - 松本城太郎(第2話)
朋絵の兄。朋絵と共に里夏が講演をする盟京大学に侵入し、里夏を襲おうとする。

上島芳子
演 - あいだあい
母校の盟京大学で里夏が行った講演会のスタッフ。里夏を控室に呼びに来る。

高橋明人、高橋
演 - 吉田朗、水野篤史
盟京大学の搬入口と出入り口の警備員。

第2話
梶尾郁夫、幸子
演 - 中山克己、外海多伽子
朋絵と真也の両親。里夏にお詫びがしたいと矢吹法律事務所あてに申し入れをし、里夏と厳戒態勢の中、面会して謝罪している。

第3話
岸村善治、岸村夏子
演 - 木建二、角田千景
岸村里夏の両親。

佐渡学
演 - 向井康人
里夏の実家の「岸村フーズ」の倉庫に侵入した泥棒。

男性
演 - 渡辺航平(第5話)
加賀美洋太がかつて働いていたファミレスで女性ふたりと騒いでいた男性客。店の鍵を床に落としていった。

第4話
原香
演 - 桜井日奈子(最終話)
原湊の姉。湊に頻繁に連絡してきて、実家の会社の事業拡大のためにボディガードを辞めて手伝えと迫る。
湊に連絡を無視され続けたため、社員寮にまで押しかけて強引に連れ戻そうとして、里夏とやり合ってしまう。

第5話
沼岡康太、佐野礼司、大久保千代、庄司芳治
演 - 大高洋夫(第6話)、牧トオル(第6話)、吉田恵利子(第6話)、三宅重信(第6話)
ラーキリッシュの新商品お披露目パーティに招待された契約農家の人たち。
北沢克己の刺殺事件に関わった少年の1人と漆原が似ていると言う者が地元にいると沼岡が話す。

五十嵐充、中嶋大貴
演 - 榎木薗郁也(第6話・最終話)、大西武志(第6話・最終話)
金井光男の殺害現場に駆け付けた刑事たち。居合わせた辰之助を捕まえる。

きなこ
演 - こたろう
辰之助がかつて飼っていたポメラニアン。

第6話
黒川京介
演 - 川末敦
辰之助が収容された品川東警察署・留置場の担当官。

第8話
伊東礼香
演 - 中山志緒音
加賀美が入院した病院の看護師。

スタッフ
脚本 - 金子ありさ
演出 - 鈴木浩介、宝来忠昭、飛田一樹
音楽 - 見優、信澤宣明
主題歌 - Snow Man「LOVE TRIGGER」(MENT RECORDING)
ボディガード&警察監修 - 古谷謙一
法律監修 - 吉村健一郎(六本木法律事務所)
アクション - 和田三四郎
スケジューラー - 坂梨有剋
エグゼクティブプロデューサー - 三輪祐見子(テレビ朝日)
プロデューサー - 神田エミイ亜希子(テレビ朝日)、尾花典子(ストームレーベルズ)、石塚清和(ファインエンターテイメント)、岡田健人(ファインエンターテイメント)
制作協力 - ファインエンターテイメント
制作著作 - テレビ朝日、ストームレーベルズ


番組公式サイト
恋する警護24時 - Wikipedia

『恋する警護24時 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2022年夏( 7 - 9月期)
2022年春( 4 - 6月期)
2022年冬( 1 - 3月期)
2021年秋(10 -12月期)
2021年夏( 7 - 9月期)
2021年春( 4 - 6月期)
2021年冬( 1 - 3月期)
2020年秋(10 -12月期)
2020年夏( 7 - 9月期)
2020年春( 4 - 6月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
ドラマ/アイウエオ順検索