2023年12月26日

夫を社会的に抹殺する5つの方法 Season2

『夫を社会的に抹殺する5つの方法 Season2』(おっとをしゃかいてきにまっさつするいつつのほうほう しーずん2)は、2024年1月10日(9日深夜)から同年3月27日(26日深夜)まで、テレビ東京系列の「ドラマチューズ!」枠(毎週火曜24:30〜25:00)で放送された。全12話。主演は高梨臨。


Season1
2023年1月11日(10日深夜)から3月15日(14日深夜)まで、テレビ東京系列の「ドラマチューズ!」枠にて放送された。全10話。主演は馬場ふみか。


各話あらすじ(2024年1月10日(9日深夜) - 3月27日(26日深夜))全12話
第1話 2024年1月9日「崩壊する愛おしい日々」
 漫画家を目指していた日野美咲(高梨臨)は、敏腕マンガ編集者の夫・透(柳俊太郎)と5歳の息子・優斗と3人で幸せに暮らしていた。重度のアレルギーを抱えた優斗の子育てに日々、奮闘する美咲。ある日、美咲は透に優斗を任せ、ふと外出先から見守りアプリを見ると、優斗が胸を押さえて苦しみ悶えていた。側にいる透は慌てるばかりで何も出来ない。慌てて帰宅した美咲は、透から発せられた思いがけない一言に驚愕する…。


第2話 2024年1月16日「失われる大きな愛」
 夫・透(柳俊太郎)の不注意で優斗がアナフィラキシーを起こした際に、透は日野美咲(高梨臨)に対して声を荒げる。しかし、翌日からは何もなかったかのように、笑顔で過ごす透に、美咲は違和感を覚えていく。そんな中、義母の真澄美から、優斗の急変の際に家を空けていたことを責められる。ある日、帰宅途中に透から電話が。電話口から聞こえてきたのは、「優斗が・・・」という言葉と救急車のサイレンで…。


第3話 2024年1月23日「死の真相と夫の裏切り」
 夫・透(柳俊太郎)の不注意で最愛の息子・優斗を失った日野美咲(高梨臨)は、絶望から自殺未遂を図ってしまう。大事には至らなかったものの、悲しみに打ちひしがれる美咲のもとに、一通の手紙が。手紙には「夫を社会的に抹殺する5つの方法」と書かれており、手紙に記載されたQRコードを読み取ると、優斗が亡くなった日の見守りアプリの映像が再生される。衝撃の事実を知り、美咲は透に復讐することを固く誓う。



第4話 2024年1月30日「最凶の復讐、始動」
 日野美咲(高梨臨)の元に届いた「夫を社会的に抹殺する5つの方法」と書かれた謎の手紙。その手紙には、夫・透(柳俊太郎)の不倫と、愛する息子が死んだ原因は透にあると告発されていた。さらに、手紙には「本当の復讐とは、肉体ではなく相手の心を殺すこと。心を殺し、絶望の中で生き地獄を味わせれば最高の復讐となる」と。美咲は、夫を社会的に抹殺するために、まず透の不倫を告発する1つ目の復讐を始めていく。


第5話 2024年2月6日「許せない夫の悪事」
 1つ目の復讐を終えた美咲(高梨臨)は、何食わぬ顔して生活している夫・透(柳俊太郎)に苛立ちを募らせる。しかし、夫の悪事を社会的に告発しても、亡くなった息子・優斗が返ってくるわけではない…。そんな中、美咲の元に怪しい人物(稲葉友)が近づいてきて、透の不倫を撮った証拠写真を突きつけてくる。再び復讐へと気持ちが向いた美咲に、仮面から連絡がくる。一方、透は何者かにつけられていると感じていて…。


第6話 2024年2月13日「止まらない不倫夫の悪行」
 周りで起こる不自然な出来事を不審に思う透(柳俊太郎)は、寝室にある美咲(高梨臨)の机を物色する。しかし見つけたのは、かつて美咲が描いた漫画。思い出に浸る透だが、美咲は漫画を取り上げる。冷え切った夫婦関係とは裏腹に、透は業界屈指の大物漫画家・高橋(本田博太郎)からの指名を受け、新作作りに取り掛かる。会社からの信頼を取り戻したい透を横目に、美咲は仮面からの新たな指示を受け、2つ目の復讐に取り掛かる。


第7話 2024年2月20日「暴走する正義感」
 仮面の指示を受け、美咲(高梨臨)の仕掛けた2つ目の復讐により、編集者という立場を失った透(柳俊太郎)。テレビの生放送で「大手出版社を辞めて、独立し、自分の会社を立てる」と宣言したが、美咲は何も聞いていない。何も相談なく会社を辞めたことに美咲が苦言を呈すると、透は「働いたことないくせに」と悪態をつく。一方、美咲の知らないところで透の不倫相手・瑠香(桜井玲香)と樫原(稲葉友)が不穏な動きをしており…。


第8話 2024年2月27日「仕組まれてた罠」
 仕事で失敗したことを機に、大手出版社を辞め独立した夫・透(柳俊太郎)は、両親からの資金的な援助をしてもらうため、義父の元を訪れる。透がお願いした資金援助の金額は1億円。なんの相談もない美咲は不信感を募らせていたが、両親の前では笑顔でやり過ごす。そんな中、透の不倫相手・瑠香(桜井玲香)の差し金により、記者の樫原(稲葉友)が美咲に対してある行動を起こす。そして、3つ目の復讐の時が近付いていた。


第9話 2024年3月5日「取り返しのつかない写真」
 突然、透(柳俊太郎)の両親が訪ねてきて、美咲(高梨臨)の不倫疑惑について問い詰める。なんの覚えもない美咲に対し、透はSNSに出回っている樫原(稲葉友)とホテルに入る写真を見せる。必死に否定するものの、透の両親から一方的に縁を切ると言い放たれてしまう。透は、美咲にGPSを渡し、これからはどこにいて何してるのか分かるようにしてほしいというのだった…。憤慨した美咲の元に、仮面からある動画が届いて…?


第10話 2024年3月12日「逆転した関係性」 ※24:40〜25:10
 3つ目の復讐で、義両親の前で優斗の死因と透(柳俊太郎)の不貞を明かし、透の最大の後ろ盾を奪うことに成功した美咲(高梨臨)。透が美咲に謝罪するも、美咲の怒りは収まらない。そんな中、次に仮面の人物から提案された4つ目の復讐は、透の愛人・瑠香(桜井玲香)を社会的に抹殺することだった。瑠香の渡したマフィンを食べ命を落とした優斗。最愛の息子の敵を討つため、美咲は瑠香に社会的制裁を加える決意をする。


第11話 2024年3月19日「仮面の正体と思惑」
 隣の家に住む引きこもりの高校生・周(市村優汰)は、美咲(高梨臨)に復讐を指南していたと告白する。驚く美咲を横目に、経緯を話し続ける周。しかし美咲は、仮面の正体について心当たりがあって…。一方、美咲の4つ目の復讐により、高みの見物をしてきた透(柳俊太郎)の愛人・瑠香(桜井玲香)は、これまでの悪事がすべて週刊誌に書かれ、バッシングを受けることになる。マスコミに囲まれる中、瑠香は透に助けを求めるが…。


最終話 2024年3月26日「復讐の末路」 ※24:40〜25:10
 仮面の人物の指示に従い、最愛の息子を死に追いやった夫・透(柳俊太郎)と愛人・瑠香(桜井玲香)を社会的に抹殺した美咲(高梨臨)は、生きる目的を果たし、全てを終わりにしようとしていた。そんな中、美咲のもとに1本の電話が…。最愛の息子を授かり幸せいっぱいだった日々。いつまでも続くと思っていた日常は些細なことであっけなく幕を閉じた。復讐を果たした美咲に待ち受けるあまりにも切ない結末とは…?


原作概要
『夫を社会的に抹殺する5つの方法』(おっとをしゃかいてきにまっさつするいつつのほうほう)は、原作:三田たたみ、作画:アップクロスによる日本のWeb漫画。2022年10月15日から、GIGATOON Studioの制作でDMMブックスにて連載中。

ドラマ概要
同名漫画の実写ドラマ化第2弾で、2023年1月期に放送し好評を博した、馬場ふみかと野村周平が夫婦役の「夫を社会的に抹殺する 5つの方法」の続編。今作ではキャストを一新し、高梨臨が主人公を、柳俊太郎がそのモラハラ夫を演じ、脚本・監督の上村奈帆をはじめとする前作のスタッフが再集結。世界観をさらにパワーアップさせる。

ストーリー
専業主婦の日野美咲(高梨臨)は、漫画家になる夢を諦め、有名な漫画編集者である夫・透(柳俊太郎)と重度の小麦アレルギーを抱えた息子・優斗と暮らしていた。透はルックスの良さからテレビ出演も多く、美咲は周りからはうらやましがられることが多い。そんなある日、優斗を透に預け買い物をしていると、優斗がアナフィラキシーショックを起こして意識不明になったという連絡が入る。

後日、優斗が亡くなり葬式を終えた美咲のもとに、「夫を社会的に抹殺する 5つの方法」という手紙と、ある映像が送られてくる。透の浮気と、その相手が持参したマフィンで優斗のアレルギー発作が起こったことを知った美咲は、復讐という修羅の道を選ぶ。


キャスト
日野美咲(ひの みさき)
演 - 高梨臨
専業主婦。漫画の新人賞に応募し出会った編集者の透の指導の元、プロデビューを目指すが彼との間に優斗を授かり結婚する。結婚後も透に内緒でプロ漫画家を目指していたが、最愛の息子・優斗の死をきっかけに、「仮面」から送られてくる謎の手紙の指示に従い、夫を社会的に制裁していく。


日野透(ひの とおる)
演 - 蜿r太郎
美咲の夫。童永社の漫画雑誌「週刊マシンガン」の編集者。人気コミック『I'm MASK』の原案者。

資産家の家庭に育った高学歴・高収入の人気コミック原案者としてテレビ番組に出演し、世間にはイクメンで通っているが、息子の優斗を瑠香との不倫で自宅に放置しアナフィラキシーショックで死亡させる。

仮面の指示に従う美咲によって、「高収入」「大企業での地位」「資産家の実家」を奪われ、愛人を社会的に抹殺され、美咲が新人漫画賞に応募した作品「夫を社会的に抹殺する5つの方法」で美咲への裏切りを世間に暴露される。

仮面
演 - 馬場ふみか(特別出演、第11話)
透に社会的制裁を与えるよう、美咲に手紙を送り動画配信で指示を出す謎の人物。

その正体はS1の主人公でカフェレストラン「P cube」のオーナー奥田茜。周から透に復讐したいと相談を持ち掛けられ何度も断っていたが、美咲本人が復讐の気持ちを投稿したSNSを見つけ、1年前の自分自身の気持ちや体験に重なり仮面として美咲の復讐に加担することを決意する。しかしその一方で、復讐は無意味で対話をすべきだと美咲に語る。

周辺人物
日野優斗(ひの ゆうと)
演 - 近江晃成
美咲と透の息子。呼吸困難になるほどの小麦の食物アレルギーを抱える。
瑠香と不倫する透に自宅に放置され、瑠香が持参したマフィンを口にしたためアナフィラキシーショックで亡くなる。

愛原瑠香(あいはら ゆか)
演 - 桜井玲香
透の不倫相手。ホステス。結婚や出産に興味がないと言いつつ、30歳を前に不安を感じている。
透と美咲を離婚させるため、樫原に不倫の証拠写真をわざと撮影させ、樫原と美咲が不倫している捏造写真も撮影する。

美咲が提供した映像から樫原に殺意から小麦アレルギーの優斗にマフィンを差し出したとスクープされ、社会的に抹殺される。

清水香奈子(しみず かなこ)
演 - 工藤遥
美咲の妹。カフェレストラン「P cube」の雇われ店長。

早川周(はやかわ しゅう)
演 - 市村優汰
日野家の隣に住む不登校の高校生。優斗に懐かれている。

密かに日野家を盗聴・盗撮しており優斗の死の真相を知っていたことから、引きこもりの自分のことを偏見の目で見ない美咲のために透に復讐しようと茜に相談し、仮面の指示を通して透の人生を奪っていく。

しかし家を覗き見られた茜から感謝されるとでも思っていたかと苦言を呈され、見くびらないで欲しいと告げられる。

樫原虎太郎(かじわら こたろう)
演 - 稲葉友
灯文社「週刊ゴールデン」の記者。透と瑠香の不倫を追い、心理カウンセラーの原太志(はら ふとし)と偽名を使い美咲に近づく。

裏では瑠香に探偵として接触し雇われており、彼女の依頼で透と美咲の離婚工作を請け負い依頼料を受け取る。

日野真澄美(ひの ますみ)
演 - 藤田朋子
透の母。孫の優斗を溺愛する。嫁に対する理想が高く、時に美咲に厳しく接する。
優斗の死後は気落ちし、美咲に辛く当たる。

日野聡一郎(ひの そういちろう)
演 - 佐戸井けん太
透の父。一代で財を成した実力者だが、妻の真澄美には頭が上がらない。

仮面から入手した透と瑠香が不倫中、放置された優斗がマフィンを口にしアナフィラキシーショックを起こす映像を美咲から見せられ、親子の縁を切られ家庭が崩壊した透は「資産家の実家」を奪われる。

上田紀文(うえだ のりふみ)
演 - 濱津隆之
「週刊マシンガン」編集部での透の上司。
透の不倫を脅迫する相手(美咲)に会社が口止め料1千万円を支払ったため、2年間の減給、賞与カットとし、透の「高収入」を奪う。

松野みお(まつの みお)
演 - 鈴木美羽
優斗が通う幼稚園の先生。透のファン。

杉山久美(すぎやま くみ)
演 - 高嶋香帆
TV東西のテレビ番組「ミミヨリeveryday!」の制作スタッフ。

清瀬大也(きよせ だいや)
演 - のせりん(第5話 - )
「P cube」のアルバイト。アメリカのアクターズスクールで役者の勉強をするため資金を貯めている。
宅配業者として美咲に仮面から送られた復讐の小道具である眠気を誘うミントタブレットの入った小包を届ける。

ゲスト
第1話
美咲の母親
演 - 木直子​(最終話)
美咲と透の結婚式に出席し、資産家の家に嫁いだ娘の結婚を涙して喜ぶ。

神父
演 - 外山誠二​(最終話)
美咲と透の結婚式を取り仕切った神父。

仮面ダンサーズ
演 - キース(第7話)、西田政希、ゆうか、さやか、KURO(第7話)、坂本志士男、ミヤタユーヤ、桐木玲花
美咲と透の結婚披露宴の余興でリベンジ仮面のマスクをつけて踊る出席者たち。

医師
演 - 中田春介
優斗の食物アレルギーについて診察する。

公園の子供たち
演 - 伊藤美々(第2話)、長谷川楓(第2話)、五十嵐晴登(第2話)、小川拓真(第2話)
優斗が小麦の食物アレルギーがあると知らずクッキーをあげようとして、美咲に止められる。
東京ホテイソン

たける、ショーゴ
演 - たける(東京ホテイソン、本人役、第3話・第5話・第7話)、ショーゴ(東京ホテイソン、本人役、第3話・第5話・第7話)
「ミミヨリeveryday!」の出演者。

廣岡まりあ
演 - 廣岡まりあ(第3話・第5話・第7話)
「ミミヨリeveryday!」のアナウンサー。

吉田千絵
演 - 矢島理佐(第2話・第5話・第7話)
「ミミヨリeveryday!」のコメンテーター。ハイパーアートディレクター。

秋山辰雄
演 - 荒木誠(第3話・第5話・第7話)
「ミミヨリeveryday!」のコメンテーター。国際政治学者。

漫画編集者
演 - 仁科咲姫(第2話 - 第6話・最終話)
「週刊マシンガン」編集部での透の同僚。

ダブルジロー
演 - 粟大和(役名:鈴木)(第2話・第7話)、齊藤友暁(第2話・第7話)
「ミミヨリeveryday!」に出演する芸人コンビ。透や上田と瑠香の勤めるクラブで同席する。

門戸未来(もんど みらい)〈25〉
演 - 細川晃弘
無職の男。リベンジ仮面のマスクを被り、住宅街で刃物を振り回し近隣住民に取り押さえられ、駆けつけた警察官に逮捕される。

第2話
赤ちゃん
演 - 中田莉梨
育児雑誌「ひよっ子クラブ」のイクメン特集で透に抱っこされている赤ん坊。

テレビ局の制作スタッフ
演 - 末吉9太郎(第5話・第7話・第11話)
TV東西の制作スタッフ。

第3話
漫画家
演 - 瞳水ひまり
童永社で透と作品の打ち合わせを行う。

女性信者
演 - よしのよしこ
幸福真理教の信者。亡くなった人の魂を呼び起こすことができると街頭で美咲を勧誘する。

テレビ局の制作スタッフ
演 - 斉藤里奈(第7話・第11話)
「ミミヨリeveryday!」の制作スタッフ。

木本
演 - 五十嵐諒(第7話・第11話)
「ミミヨリeveryday!」のAP。透は独立でなくヘマをやらかし実質クビらしいと、童永社にいる同期からの情報を口にする。

第6話
高橋オサム
演 - 本田博太郎(最終話)
業界屈指の大物漫画家。「I'm MASK」で実績のある透を担当編集に指名する。
命を削る思いで創作しており、以前連載を抱えていた出版社で原稿をコーヒーで汚した担当編集が許せず童永社に移籍している。

美咲がすり替えたミントタブレットで眠気に襲われ原稿をコーヒーで汚した透に憤慨し、透は左遷され「大企業での地位」を奪われる。

漫画編集者
演 - 稲垣政成(第7話)、吉木遼(第7話)、中山まりあ(第7話)、白波瀬美月(第7話)、今井蘭(第7話)、井上未優(第7話)、山根彩(第7話)
童永社の漫画編集者。

水谷かよ子
演 - 傳谷英里香(第7話・第9話)
「週刊ゴールデン」での樫原の同僚。

第7話
佐々木リョウ
演 - ベッキー
飲食店「P cube」の客。ランチの味がイメージと違うと、店長の香奈子に理不尽なクレームをつけ謝罪を求め騒ぎ出す。
隣席していた美咲から食事がまずくなるので出て行けと食事代を突き付けられ、飲食店を追い出される。

バーテンダー
演 - 山崎朋弥
出版社を退職し自暴自棄になり酔い潰れる飲み客の透に、奥さんが心配していると声をかける。

テレビ局の制作スタッフ
演 - 和田安佳莉(第9話・第11話)
「ミミヨリeveryday!」の制作スタッフ。APの木本から透は出版社を実質クビになったと聞かされる。

仮面ダンサーズ
演 - ゆうか、じゅんり
公園で踊る仮面ダンサーズ。

スタッフ
原作 - アップクロス・三田たたみ/GIGATOON Studio『夫を社会的に抹殺する5つの方法』(DMMブックス連載中)
脚本
上村奈帆
音楽 - 齋藤優輝
主題歌
Natumi.「クルワセ」(avex trax)
監督
上村奈帆、的場政行
プロデューサー
倉地雄大(テレビ東京)、植田郁子(テレビ東京)、櫻田惇平(ホリプロ)
協力プロデューサー - たちばなやすひと(Nemeton)
制作協力 - ホリプロ
製作著作 - テレビ東京


番組公式サイト
夫を社会的に抹殺する5つの方法 - Wikipedia

『夫を社会的に抹殺する5つの方法 Season2』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2022年夏( 7 - 9月期)
2022年春( 4 - 6月期)
2022年冬( 1 - 3月期)
2021年秋(10 -12月期)
2021年夏( 7 - 9月期)
2021年春( 4 - 6月期)
2021年冬( 1 - 3月期)
2020年秋(10 -12月期)
2020年夏( 7 - 9月期)
2020年春( 4 - 6月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
ドラマ/アイウエオ順検索