2022年12月05日

エルピス―希望、あるいは災い― 第8話

第8話「親友だった少女の秘密…ついにたどり着いた全てを逆転する鍵」
2022.12.12(月)よる10時 ON AIR

かつて迷い込んだ商店街で、暗がりのなか、えたいの知れない雰囲気と危険をはらんだ瞳で恵那(長澤まさみ)を惑わせた男−−。その人物こそが、大門副総理(山路和弘)の有力な支援者である「本城建託」社長の長男・本城彰だという。あの男には何かある−−。そう直感した恵那に頼まれ、拓朗(眞栄田郷敦)が調べると、彰に対する地元の評判は上々。だが一方で、その存在があまり知られていないことも分かった。八頭尾山で3人目の女子生徒が殺されてから、再び犠牲者が出るまでの12年間、彰は海外を転々としていたという。

連続猟奇殺人の犯人について、ある“仮説”を立てた拓朗は、再び八飛市で聞き込みを行い、最後に殺された中村優香と親しかった高岡ひかるにたどり着く。ひかるは、亡くなった優香をどこか快く思っていない様子だったが、拓朗がある質問をすると、当時のことをぽつりぽつりと話し始めた…。さらに、ひかるの携帯電話に残されていた写真が、拓朗をさらに突き動かすことになる。

事件の真相に近づこうと突き進み、興奮気味に報告をしてきた拓朗に対して、恵那の反応は妙に鈍かった。強いいら立ちを隠せない拓朗はついに、恵那に“本心“を問い詰めたが、返ってきた言葉は…。

第1話 2022年10月24日「落ち目の女子アナと新米ディレクターが冤罪事件を追う!?」
第2話 2022年10月31日「女子アナと死刑囚〜連続殺人事件の真相と女子アナという職業について」
第3話 2022年11月7日「第1章終幕!迫る連続殺人事件の真犯人の影…彼女のした決断
第4話 2022年11月14日「視聴率と再審請求〜突如告げられた衝撃の事実、二人の慟哭」
第5話 2022年11月21日「消えた目撃証言の秘密〜無実を証明する最強の真実」
第6話 2022年11月28日「第2章完結!明かされる真実、歓喜と慟哭、それぞれの結末」
第7話 2022年12月5日「最終章開幕!近づく真犯人の影…刑事の秘密と経理部員の執念」
第9話 2022年12月19日「最終回直前!最後の切り札は事件の裏に隠されたもう一つの罪」

エルピス―希望、あるいは災い― TOPへ
2022年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2022年秋ドラマ視聴率一覧へ

『エルピス―希望、あるいは災い― 第8話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2022年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2022年夏( 7 - 9月期)
2022年春( 4 - 6月期)
2022年冬( 1 - 3月期)
2021年秋(10 -12月期)
2021年夏( 7 - 9月期)
2021年春( 4 - 6月期)
2021年冬( 1 - 3月期)
2020年秋(10 -12月期)
2020年夏( 7 - 9月期)
2020年春( 4 - 6月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
ドラマ/アイウエオ順検索