2022年11月22日

エルピス―希望、あるいは災い― 第6話

第6話「第2章完結!明かされる真実、歓喜と慟哭、それぞれの結末」
2022.11.28(月)よる10時10分 ON AIR

西澤正が「松本死刑囚(片岡正二郎)を見た」というのはうそだった−。逮捕の決め手となった目撃証言が覆されたことで、再審は現実味を帯び、恵那(長澤まさみ)は再び奮い立つ。さらに、拓朗(眞栄田)がつかんだこの事実は、かつて報道局に在籍していた村井(岡部たかし)の魂にも火をつけ、事が事だけに報道部に任せるべきだという恵那や名越(近藤公園)の言葉をよそに、村井は『フライデーボンボン』で大々的に報じると宣言する。

オンエア後、日本の司法を揺るがす新事実に世間の反応はすさまじく、あらゆるメディアが動き出し、情報提供者である西澤の元妻・吉村由美子も不安を隠せない。さらに、恵那たちの考えがいかに甘かったかを思い知らされる、取り返しのつかない事態が起きてしまう。

社内では緊急幹部会が行われ、この大事な局面に、恵那が局の看板番組である『ニュース8』に“事件を追っていた記者”として出演することが決まる。本来なら古巣への凱旋出演を喜ぶところだが、恵那の中には、斎藤(鈴木亮平)が副総理大臣の大門(山路和弘)とつながっていると知ったときから、ある疑念が。その不安を払拭するべく、恵那は出番を待つばかりであった…。

第1話 2022年10月24日「落ち目の女子アナと新米ディレクターが冤罪事件を追う!?」
第2話 2022年10月31日「女子アナと死刑囚〜連続殺人事件の真相と女子アナという職業について」
第3話 2022年11月7日「第1章終幕!迫る連続殺人事件の真犯人の影…彼女のした決断
第4話 2022年11月14日「視聴率と再審請求〜突如告げられた衝撃の事実、二人の慟哭」
第5話 2022年11月21日「消えた目撃証言の秘密〜無実を証明する最強の真実」
第7話 2022年12月5日「最終章開幕!近づく真犯人の影…刑事の秘密と経理部員の執念」

エルピス―希望、あるいは災い― TOPへ
2022年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2022年秋ドラマ視聴率一覧へ

『エルピス―希望、あるいは災い― 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2022年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2022年夏( 7 - 9月期)
2022年春( 4 - 6月期)
2022年冬( 1 - 3月期)
2021年秋(10 -12月期)
2021年夏( 7 - 9月期)
2021年春( 4 - 6月期)
2021年冬( 1 - 3月期)
2020年秋(10 -12月期)
2020年夏( 7 - 9月期)
2020年春( 4 - 6月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
ドラマ/アイウエオ順検索