2022年10月03日

Sister TOP

『Sister』(シスター)は、2022年10月20日から同年12月22日まで、読売テレビ製作・日本テレビ系の深夜ドラマ枠「木曜ドラマ」(毎週木曜23:59〜24:54)で放送された。全10話。主演は山本舞香と瀧本美織。


各話あらすじ(2022年10月20日 - 12月22日)全10話
第1話 2022年10月20日「愛した人は姉の婚約者…「裏の顔」が暴かれる」
広島から東京に出てきた三好凪沙(山本舞香)は、人気スタイリストの自慢の姉・三好沙帆(瀧本美織)の紹介で、デザイン会社で働いている。デザイナーとして一人前になるのが夢である凪沙は、デザイン部の先輩にも恵まれ、充実した日々を送っていた。

ある日、部長の丸山(アキラ100%)からの頼みで、営業部にデザイン画を届けることになった凪沙は、高校時代の初恋相手・麻倉陽佑(溝端淳平)と再会! しかし、営業部の羽瀬昊汰(佐藤大樹)が凪沙に陽佑を紹介してくれると、陽佑からは「初めまして」と言われてしまう……。

その夜、沙帆と共に暮らすマンションへ帰った凪沙。この日の出来事を報告すると、沙帆は「それって運命ってやつじゃない?」とおおはしゃぎ。翌日、いつもより少し大人っぽく凪沙をコーディネートし、凪沙の髪をセットした沙帆は、「応援してるからね」と伝え、微笑むのだった。

そんな中、ある会議で、陽佑と同席することになった凪沙。しかし、空回りして、空気を悪くしてしまい……。凪沙が困っていると、陽佑が機転を利かせ、助けてくれて……。

そんなある日、沙帆から婚約者を紹介したい、と言われた凪沙。待ち合わせのレストランで待っていると、沙帆の元にやってきたのは、凪沙の初恋相手である陽佑で……!?


第2話 2022年10月27日「最愛の姉が隠す思惑… 黒い衝動が暴かれる!」
歓迎会の帰り道、仮面をつけた男に襲われ、車に連れ込まれてしまった三好凪沙(山本舞香)。異変に気がつき、助けてくれたのは、初恋の相手・麻倉陽佑(溝端淳平)だった。「大丈夫?」と自分の上着を凪沙にかけてくれた陽佑。恐怖から解放され、凪沙は思わず陽佑の胸に飛び込むのだった。

そんな二人の様子を見つめていたのは、凪沙の姉・沙帆(瀧本美織)だった。直後、沙帆のスマホに、「写真は撮れたよ」のメッセージと共に、先ほど車内で撮影された凪沙の写真が送られてきて……!?

一方、陽佑との関係を、沙帆に知られたくない凪沙は、警察には通報しないと決める。そんな中、陽佑と昔話をしようとする凪沙に、陽佑は「仕事以外では関わらないようにしよう」と告げて……。

翌朝、陽佑の上着を持って出勤すると、社内の異変を感じた凪沙。兎谷(小山莉奈)から見せられたパソコン画面には、昨夜車の中で撮影された、凪沙の下着姿の写真が!!

さらに、凪沙の写真は、営業部にも一斉送信されているといい……!?

ストーカーの仕業だと疑う営業部の羽瀬昊汰(佐藤大樹)は、凪沙に「会社にも何か仕掛けられている可能性、あるんじゃないかな?」と助言するが…


第3話 2022年11月3日「豹変していく姉の策略…溢れ出す初恋の記憶」
「本当に大切な、心の支えだった」。初恋の相手で、姉・三好沙帆(瀧本美織)の婚約者である麻倉陽佑(溝端淳平)に、本当の気持ちを話した三好凪沙(山本舞香)。そんな中、凪沙と陽佑のやりとりを聞いていた沙帆は、「私のこと裏切ってたの!?」と言いながら、車道に飛び出す。慌てて沙帆を追いかける陽佑だったが、その陽佑に車が迫る!陽佑をかばい事故に遭った沙帆は、陽佑以外の記憶をなくしてしまう……

しかし実は、沙帆の記憶障害は嘘だった。車の事故も、沙帆から頼まれた羽瀬昊汰(佐藤大樹)によるものだったのだ。自分をかばって事故に遭い、自分以外を忘れてしまった女を、陽佑が放っておけるわけがない、と沙帆は考えていたのだった。
一方で、沙帆に協力した昊汰は、「俺、頑張ったよ。ご褒美は?」とおねだり。昊汰に深いキスをした沙帆は、「あとは昊汰くんが凪沙を完全にものにして」と告げて……!?

そんな中、沙帆からの依頼で、着替えの服を病院に届けることになった凪沙。沙帆のクローゼットの扉を開けると、ノートが落ちてくる。そこには、「憎い。凪沙さえいなければ」の文字が。思わずノートを手にした凪沙は、10年前から自分のことを憎んでいた姉の気持ちを知って……。
そして、迎えた退院日。沙帆は、陽佑と凪沙と3人で暮らしたいと言い始め……!?


第4話 2022年11月10日「明かされる6年前の真相! 姉の狂気と妹の決断」
「本当に大切な、心の支えだった」。初恋の相手で、姉・三好沙帆(瀧本美織)の婚約者である麻倉陽佑(溝端淳平)に、本当の気持ちを話した三好凪沙(山本舞香)。そんな中、凪沙と陽佑のやりとりを聞いていた沙帆は、「私のこと裏切ってたの!?」と言いながら、車道に飛び出す。慌てて沙帆を追いかける陽佑だったが、その陽佑に車が迫る!陽佑をかばい事故に遭った沙帆は、陽佑以外の記憶をなくしてしまう……

しかし実は、沙帆の記憶障害は嘘だった。車の事故も、沙帆から頼まれた羽瀬昊汰(佐藤大樹)によるものだったのだ。自分をかばって事故に遭い、自分以外を忘れてしまった女を、陽佑が放っておけるわけがない、と沙帆は考えていたのだった。

一方で、沙帆に協力した昊汰は、「俺、頑張ったよ。ご褒美は?」とおねだり。昊汰に深いキスをした沙帆は、「あとは昊汰くんが凪沙を完全にものにして」と告げて……!?


第5話 2022年11月17日「予測不能な姉の狂気…新たな裏切りが発覚する!」
三好沙帆(瀧本美織)の連絡が途絶えてから3カ月。同棲する三好凪沙(山本舞香)と麻倉陽佑(溝端淳平)は、幸せな時間を過ごしていた。そんな中、羽瀬昊汰(佐藤大樹)が二人の部屋へやってくる。凪沙と陽佑がうまくいっていることを喜ぶ昊汰は、陽佑に「結婚とか考えてるわけ?」と質問。陽佑は、「……考えてるよ」と答えるのだった。

凪沙、陽佑、昊汰が楽しく過ごしていると、突然インターホンの音が鳴る。扉を開けると、そこには笑顔の沙帆が!!

「陽佑の子を身ごもったわ」。妊娠12週目であることを報告した沙帆は、つわりがひどく、なかなか陽佑の元へ来られなかったと話す。そして、「陽佑のこと、返してくれる?さ、早くここから出ていって」と凪沙の腕を取り、引っ張り出そうとして……!?

後日。クライアントから指名があり、雑誌広告の企画「働くママのファッション×メイク」を担当することになった凪沙。喜ぶ凪沙だったが、企画のモデルを務めるのは、人気スタイリストである沙帆だとわかり……!?


第6話 2022年11月24日「悲しみが殺意に変わる時…驚愕の真相が暴かれる」
三好沙帆(瀧本美織)の妊娠が嘘だとわかり、笑顔が戻った麻倉陽佑(溝端淳平)。三好凪沙(山本舞香)との交際について、会社のメンバーにも報告しよう、と凪沙に話す。

そんなある日、凪沙が会社の廊下を歩いていると、羽瀬昊汰(佐藤大樹)とぶつかってしまう。落ちてしまったバッグの中身を拾おうとすると、見覚えのある仮面が。それは、凪沙を襲った男がつけていた仮面と同じもので……!?凪沙は、「まさか、あのとき襲ってきたのが羽瀬さんなんてことは……」と不安になる。

その夜、凪沙はデザイン部の飲み会へ。同じ頃、陽佑のマンションでは、陽佑と昊汰が二人で飲んでいた。「お前と友達になれてよかった」と昊汰への感謝の気持ちを語った陽佑だったが、グラスに口をつけると、その場に倒れ、眠ってしまう。

そこでチャイムが鳴る。やってきたのは、なんと沙帆で……!?


第7話 2022年12月1日「第一章完結!姉の過去ついに全てが明らかに!」
見知らぬマンションの一室で、目を覚ました三好凪沙(山本舞香)は、三好沙帆(瀧本美織)により、椅子に拘束されていた。「陽佑はいったい誰の物?」と沙帆に問われるも、答えずにいると、「私でしょう?」と平手打ちされてしまう。

「あなたが生まれるまで、あの人は私の物だったのよ……」と、父・洋介(吉沢悠)への秘めた想いを語り始めた沙帆は、凪沙に復讐しようと思った驚愕の理由を明かす……。

そんな中、「さよなら凪沙ちゃん、永遠にね」と沙帆から口元にハンカチをあてられた凪沙。麻倉陽佑(溝端淳平)を思うが、次第に意識が遠のいて……!?


第8話 2022年12月8日「裏切り編開幕!幸せの終わり、狂気の始まり…」
三好沙帆(瀧本美織)と羽瀬昊汰(佐藤大樹)が崖から転落した衝撃の事件から1年。麻倉陽佑(溝端淳平)と結婚した三好凪沙(山本舞香)は、相変わらず優しい陽佑との生活に、全てがうまくいっていると思っていた。

仕事でも社長賞を受賞するなど、絶好調の凪沙。授賞式に来ていた桧山亨(永井大)に声をかけられ、デザイナーが集まる飲み会に参加することに。飲み会後、凪沙が桧山と話していると、車道の向こうに沙帆の姿が! 沙帆はこちらをじっと見つめていたが、背を向けて歩き出してしまう。思わず追いかける凪沙だったが……!?

生きていたとするならば、必ずまた陽佑に近づいてくるはず、と心配する凪沙は、ことあるごとに、沙帆の“幻覚”を見るようになってしまう。そんな中、陽佑のいる自宅マンションから出てくる沙帆の姿を目撃し……!?


第9話 2022年12月15日「裏切りの代償を払う時…狂気の沼へ堕ちていく」
桧山亨(永井大)のマンションで、妻・娘と仲良く過ごす桧山の姿を見た三好凪沙(山本舞香)。桧山と目が合うも、知らないフリをされてしまい、唖然としてしまう…。そんな凪沙の様子を見ていたのは、三好沙帆(瀧本美織)だった。凪沙のことで話したいことがある、と麻倉陽佑(溝端淳平)を電話で呼び出す。

凪沙の会社では、デザイナーのアシスタント・野口希恵(香音)が入ってくる。凪沙の下につくことになった希恵は、凪沙に憧れていることを明かしながら、早く一人前になりたい、と意気込む。その姿は、入社したばかりの凪沙のようだった。

一方、沙帆から呼び出された陽佑は、凪沙が桧山とホテルの前にいる画像などを見せられる。凪沙が浮気していることを告げた沙帆は、「私のお願い、聞いてもらえる?」と陽佑に伝える……。

桧山に仕事の資料を渡しそびれてしまった凪沙は、再び桧山のマンションへ向かう。買い物帰りの桧山の妻・恵美(黒川智花)から声をかけられ、部屋に上がることになった凪沙は、桧山が恵美たちにとって“家族思いの夫”であることを知る。

その後、桧山から呼び出された凪沙。もう二度と連絡してこないで、と伝える凪沙だったが……!?


最終話 2022年12月22日「姉妹を襲う衝撃の裏切り! 予測不能な結末に涙する」
突然現れた三好沙帆(瀧本美織)に、「やっぱり生きてたんだ。どこまで私を苦しめれば気が済むの!」と怒る三好凪沙(山本舞香)。そんな凪沙に、永遠に気が済む日は来ない、と告げた沙帆は、凪沙の浮気相手・桧山亨(永井大)とのつながりを明かす!

さらに、「このままだと、あなたは絶対に幸せになれない」と言い放つ。自分の前から姉が消えてほしい……凪沙はそう考える。そんな中、麻倉陽佑(溝端淳平)は、沙帆の【本当の思惑】を話し出し……!?

そして自分が怯えていたのは、姉ではなく、自分自身であったことに気がついた凪沙。自分は陽佑にふさわしくないと、離婚届を置いて家を出て行ってしまう。

さらに一ヶ月後。衝撃の出来事が……!


原作概要
『Sister』(シスター)は、あやぱん(原作)、蜆ツバサ(作画)による日本の漫画。漫画アプリ『マンガボックス』にて2018年8月9日から2021年12月16日まで連載された。全9巻。


ドラマ概要
原作・あやぱん、漫画・蜆ツバサの同名漫画を連続ドラマ化。再会した初恋相手が姉の婚約者になっていたことから、登場人物たちの裏の顔が次々と暴かれていく、秘密と裏切りだらけのノンストップ・ラブサスペンス。山本舞香と瀧本美織がダブル主演を務め、姉や周囲の人間たちに翻弄される妹・三好凪沙に山本、愛する人を手に入れるため次々と狂気的な姿を見せていく姉・三好沙帆に瀧本が扮する。そして、妹の初恋相手で姉の婚約者である麻倉陽佑を溝端淳平が演じる。


ストーリー
スタイリストの姉・三好沙帆(瀧本美織)の紹介で、デザイン会社に転職してデザイナーとして働き始めた三好凪沙(山本舞香)。上司に用事を頼まれ営業部へ行った凪沙は、男性とぶつかりそうになる。それは、初恋相手の麻倉陽佑(溝端淳平)だったが、どうやら忘れられている様子。がっかりして帰宅した凪沙は、同居している姉・沙帆にそのことを話し、励ましてもらう。

そんな折、凪沙は沙帆から婚約者を紹介したいと告げられる。数日後、待ち合わせ場所で沙帆と一緒にいたのは陽佑だった。あまりのことに戸惑いを隠せない凪沙をよそに、沙帆は、凪沙には会社で気になっている人がいると陽佑に話す。


キャスト
三好凪沙(みよし なぎさ)〈25〉
演 - 山本舞香(6・7歳時:小井圡菫玲、11歳時:白石紗羽)
沙帆の妹。陽佑の勤めるデザイン会社に就職する。

三好沙帆(みよし さほ)〈31〉
演 - 瀧本美織(5歳時:津久井有咲、少女期:五藤希愛)
凪沙の姉。スタイリスト。陽佑の婚約者。

麻倉陽佑(あさくら ようすけ)〈31〉
演 - 溝端淳平
凪沙の初恋の相手。デザイン会社の営業。

羽瀬昊汰(はせ こうた)〈31〉
演 - 佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)
陽佑の同僚。
三好家

三好洋介(みよし ようすけ)〈享年47〉
演 - 吉沢悠
三好姉妹の父。故人。

三好奈美(みよし なみ)〈55〉
演 - 櫻井淳子
三好姉妹の母。

East Design Creations
凪沙・陽佑・昊汰が勤務するデザイン会社。
丸山保(まるやま たもつ)〈45〉
演 - アキラ100%
凪沙の上司。

大島武夫(おおしま たけお)〈38〉
演 - 笠原秀幸
凪沙の先輩。

亀井裕太(かめい ゆうた)〈35〉
演 - カジワラタクト
凪沙の同僚。

兎谷真由子(うさぎだに まゆこ)〈27〉
演 - 小山莉奈
凪沙の同僚。

社員
演 - 瀬戸口祥侑

野口希恵
演 - 香音(第9話 - )
新しく加入するデザイナーアシスタント。

杉田康佑(すぎた こうすけ)
演 - 村上弘明(第6話 - )
会長。陽佑の父。
その他

桧山亨(ひやま とおる)〈41〉
演 - 永井大(第6話 - )
フリーのデザイナー。凪沙が広島の広告会社で勤務していたときの先輩。

桧山恵美(ひやま めぐみ)〈31〉
演 - 黒川智花(第8話 - )
亨の妻。

ゲスト
第6話
康佑の秘書
演 - 葉月美沙子

スタッフ
原作 - 原作:あやぱん・漫画:蜆ツバサ『Sister』(マンガボックス)
脚本 - 泉澤陽子、大林利江子
監督 - 山本大輔、湯浅弘章、渡邉裕也
音楽 - 斎木達彦
主題歌 - Rin音「qualia」(ROOFTOP/ユニバーサルミュージック)
絵画制作 - 新宿美術学院
デザイン協力 - バンタンデザイン研究所、グレートインターナショナル
スタントコーディネーター - 劔持誠(スタント - 上野山浩)
技術協力 - WING-T
美術協力 - BEENS
チーフプロデューサー - 岡本浩一
プロデューサー - 中間利彦、熊谷理恵(大映テレビ)
制作協力 - 大映テレビ
制作著作 - 読売テレビ


番組公式サイト
Sister (漫画) - Wikipedia

『Sister TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2022年夏( 7 - 9月期)
2022年春( 4 - 6月期)
2022年冬( 1 - 3月期)
2021年秋(10 -12月期)
2021年夏( 7 - 9月期)
2021年春( 4 - 6月期)
2021年冬( 1 - 3月期)
2020年秋(10 -12月期)
2020年夏( 7 - 9月期)
2020年春( 4 - 6月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
ドラマ/アイウエオ順検索