2022年12月31日

相棒 Season21 TOP

『相棒 Season21』は、2022年10月12日から、毎週水曜日21:00 - 21:54に、テレビ朝日系の「水曜21時」枠で放送中。

『相棒』(あいぼう)は、2000年からテレビ朝日・東映の制作で放送されている刑事ドラマシリーズ。

2000年6月から2001年11月にかけてテレビ朝日系「土曜ワイド劇場」で単発ドラマとして放送され、2002年10月から連続ドラマとしてシリーズ放送されている。派生作品として劇場版4作とスピンオフ映画2作が公開されている。


各話あらすじ 平均視聴率 13.39%
第1話 2022年10月12日「ペルソナ・ノン・グラータ〜殺人招待状」※初回15分拡大(21:00〜22:09) 視聴率 17.3%
 警視庁特命係の右京(水谷豊)は、南アジアの国「サルウィン」の腐敗政府を倒した活動家・アイシャ(サヘル・ローズ)の来日パーティーで、同国に渡っていた元相棒の薫(寺脇康文)と再会。その薫に「アイシャを殺さなければ旅客機を墜落させる」という脅迫文が届く。機内には薫の妻・美和子(鈴木砂羽)も乗っていた。右京と薫は、アイシャを支えるミウ(宮澤エマ)らと関係が良好な外務省幹部の厩谷(勝村政信)や衆院議員の雛子(木村佳乃)ら要人が集まる中で脅迫者捜しを開始。すると会場で思わぬ事件が起こる。

第2話 2022年10月19日「ペルソナ・ノン・グラータ(後篇)」 ※15分拡大(21:00〜22:09) 視聴率 15.4%
 テロ予告のあった旅客機は無事だったものの、アイシャ(サヘル・ローズ)が命を落とし、責任を問われた右京(水谷豊)は謹慎を申し渡される。一方、脅迫されていたのは薫(寺脇康文)、アイシャの親友・ミウ(宮澤エマ)、外務省幹部の厩谷(勝村政信)ら6人と判明するが、脅迫犯に関しては目星さえ付けられていなかった。そんな中、薫は右京の捜査復帰を官邸に働き掛けてほしいと厩谷に直談判。そこに右京が現れる。

第3話 2022年10月26日「逃亡者 亀山薫」 視聴率 14.2%
 輸入雑貨店店長の須賀(ニクまろ)が刺殺され、容疑者に特命係嘱託職員として復職したばかりの薫(寺脇康文)が浮上。薫は右京(水谷豊)に電話で「こうするのが一番」と告げて逃走してしまう。薫が罪を着せられたと疑う右京は、美和子(鈴木砂羽)から薫が恩人の塩見(長谷川公彦)を調べていたと聞く。その頃、薫は所轄署組織犯罪対策課の羽柴(波岡一喜)らに追われ…。

第4話 2022年11月2日「最後の晩餐」 視聴率 13.7%
 右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)は、タクシーの忘れ物のマフラーから、堂島(矢柴俊博)という人物にたどり着く。彼は誰かを殺害し、自殺を考えている可能性があった。そこで右京は、バーでマスターのミツル(長村航希)と話す堂島に接触。薫は、堂島を知る高級クラブなどで聞き込みをするうちに、資産家で遊び人の堂島が若い女性と何かのトラブルになったと推理する。

第5話 2022年11月9日「眠る爆弾」 視聴率 14.0%
 大学の工学部で爆弾事件が起き、警察に学生の翔太(山本涼介)から「爆弾はもう一つある」と告げる動画が届く。翔太の部屋に残された‘逆止弁’という部品に着目した右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)は、同大教授の野々村(佐藤誓)の元へ。前月、実験室で学生が事故死しており、翔太もその関係者だった。翔太は准教授の三沢(山崎潤)を拉致しており、右京らに要求を明かす。

第6話 2022年11月16日「笑う死体」 視聴率 13.2%
 右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)が窃盗の現行犯で逮捕した中年男(有薗芳記)の証言から、1カ月前に千葉で見つかった殺人被害者の身元が、会社員の伊藤(阿南健治)と判明。その遺体が笑っていたと聞いて興味を抱き、調べ始めた右京と薫は、伊藤が元お笑い芸人で職場の不正な金を盗んだようだと知る。右京らは、スナックで働く伊藤の元相方・紗矢(池谷のぶえ)を訪ね…。

第7話 2022年11月30日「砂の記憶」 視聴率 14.3%
 健康管理について保健師の吉崎(桜木梨奈)から厳しく指導される右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)。そんな特命係に20年前の連続通り魔事件の再犯を警告する手紙が届く。7人の女性が襲われたこの事件では、中学生の沙織(佐藤ひなた)が友人の弘美(桜樹なつ)からもらった砂時計を奪われ死亡していた。犯人が奪った物が気になる右京らは、沙織の母の瑞恵(根岸季衣)を訪ねる。

第8話 2022年12月7日「コイノイタミ」 視聴率 10.5%
 伊丹(川原和久)が弁当店店員の由香子(霧島れいか)に横恋慕した挙げ句、強引な捜査をした疑いで、監察官の大河内(神保悟志)から聴取される。由香子は、投資会社勤務の大久保(イワゴウサトシ)の殺害容疑がかかる篠塚(檜尾健太)の妻。伊丹はそれを聞き、家に押し入ったという。右京(水谷豊)が大久保の残した‘血文字’に着目する一方で、薫(寺脇康文)は伊丹が気になり…。

第9話 2022年12月14日「丑三つのキョウコ」 視聴率 12.7%
 白いコートの女“丑三つのキョウコ”に出会ったら最後、心臓をえぐり取られて殺される…。という噂がSNSで流布され、動画まで拡散していた。都市伝説に興味津々の右京(水谷豊)に対し、薫(寺脇康文)は否定的。そんな中、フリースクールの入口で、胸を刺された男性の遺体が発見される。

第10話 2022年12月21日「黒いコートの女」 視聴率 12.3%
 角田(山西惇)ら薬物銃器対策課の宝石窃盗グループ摘発に加わった右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)は、その一員の国枝(高野光希)の自宅で、叔母を名乗る黒いコートの女性(橋本マナミ)と遭遇。彼女は国枝に宝石の場所を問いただし、逃げた国枝が事故死していた。国枝が誰かを恐喝していたと判明する中、その対象に正則(五代高之)と一紗(山下裕子)ら一家が営む輸入雑貨店が浮かぶ。

第11話 2023年1月1日 元日スペシャル「大金塊」 ※21:00〜23:15 視聴率 13.9%
 右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)は角田(山西惇)から、無報酬で活動する「熟年探偵団」の話を聞く。そんな中、与党政調会長だった袴田(片岡孝太郎)の元に、自宅にある金塊を狙った犯行予告状が届く。1年前、右京によって殺人事件への関与が明らかになった袴田は、その証拠がなぜか消失したため、いまだに政界で隠然たる力を持っていた。袴田の息子で秘書でもある茂斗(森崎ウィン)は、予告状を大門寺(斉木しげる)、串田(佐藤B作)、野崎(井上肇)の熟年探偵団に見せて、調査を依頼。そのことを知った右京と薫は興味を抱き、袴田邸の門前にいた寧々(茅島みずき)と探偵団の3人に声をかける。

第12話 2023年1月11日「他人連れ」 視聴率 10.8%
 ある日の昼下がり、右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)が車で住宅街に出ていたところ、突然、小学生くらいの男の子に声を掛けられる。その子供は、父親とみられる南野(駒木根隆介)という男性と一緒で、「財布を落として帰れないので、家まで乗せてほしい」という。要望に応えて、マンションまで送るが、右京は2人の様子に違和感を覚える。

第13話 2023年1月18日「椿二輪」 視聴率 13.3%
 右京(水谷豊)は、薫(寺脇康文)とともに“情熱の画家”牧村遼太郎の展覧会を訪問。ナイフを手にした男が、『椿二輪』という油絵を切り裂き、来場者に怪我を負わせる事件に遭遇する。『椿二輪』は、遼太郎が自身と愛人を二輪の花に例えたといわれる遺作で、完成直後に心中を企てた曰く付きの作品だった。心中相手は、大宮アカネ(花澄)という女流画家だったが、彼女だけが一命を取り留めていた。

第14話 2023年1月25日「まばたきの叫び」 視聴率 12.6%
 美和子(鈴木砂羽)が取材先の民家で襲われる事件が発生。さらに、現場からホームヘルパーの男性の遺体が発見される。美和子は、その家に住む元受刑者・柳沼(忍成修吾)の妻・聖美(陽月華)を取材しようと訪ね、事件に巻き込まれたらしい。柳沼は15年前に通り魔殺人を犯し長年服役をしていたが、間もなく出所となった半年前に脳梗塞で倒れて寝たきりに。世話は、獄中結婚した聖美が担っていた。右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)が夫婦から事情を聴くと、柳沼は「犯人は私も殺そうとしていた」と証言する。

第15話 2023年2月1日「薔薇と髭と薫たち」 視聴率 12.7%
 右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)は東京・新宿の公園で男性の遺体を発見。男性は社会問題を扱うルポライターの鬼塚(工藤俊作)で、妻で少女小説家の美智子(大島さと子)のサイン本を握りしめていた。美智子は同じ公園でフードバンクのボランティアをしていたが、夫がいたことを知らなかったという。右京と薫は、鬼塚とフードバンクの関連を推理し、サイン本の謎を探る。

第16話 2023年2月8日「女神」
 美和子(鈴木砂羽)が薫(寺脇康文)の態度に腹を立て、夫婦喧嘩が勃発。美和子の一方的な提案で、自然豊かな山荘に泊まり掛けで夫婦カウンセリングを受けることに。その件に興味を持った右京(水谷豊)は、「プロフィールだけ貸してほしい」と小手鞠(森口瑤子)に頼み、夫婦を装って参加する。カウンセラーは、橘志織(銀粉蝶)という女性。ただ、美和子の狙いはカウンセリングではなく、実は別の思惑があった。


概要
大人気刑事ドラマシリーズの21作目。水谷豊演じる杉下右京の5代目相棒として、足掛け9年にわたって相棒を務めた寺脇康文扮する亀山薫が復帰する。不正が蔓延する南アジアの小国・サルウィン(架空の国家)に移住した薫。以降、右京と直接連絡を取ることもなく歳月は過ぎ、約14年ぶりにタッグを組む。

薫と共に帰国した、鈴木砂羽扮する妻の美和子もカムバックするほか、薫の一課時代の同僚である川原和久演じる伊丹憲一ら名キャラクターたちも健在。特命係存続の鍵を握る存在として、石坂浩二、杉本哲太、仲間由紀恵らも続投する。


ストーリー
南アジアのサルウィンで腐敗政府を倒した反政府運動のリーダー、アイシャ・ラ・プラントが親善目的で来日。なぜかパーティーに招待された右京(水谷豊)が会場に向かうと、そこにはサルウィンに渡っていた元相棒・亀山薫(寺脇康文)の姿があった。パーティーには、外交通でサルウィン側との関係も良好な外務省幹部・厩谷琢(勝村政信)ら要人が招かれ、お祝いムード一色。

そんな中、薫のスマートフォンに「アイシャを殺さなければ、旅客機を墜落させる」という脅迫文が届く。該当の便には、薫の妻・美和子(鈴木砂羽)が乗っていた。リミットは4時間。右京と薫は手分けして脅迫者を追跡するが、その矢先、会場の一角で事件が起こる。


キャスト
水谷豊 /杉下右京 役
警視庁特命係の係長。警部。明晰な頭脳で数々の事件を解決してきたが、切れ者であるが故に上層部から疎まれ特命係という閑職に追いやられている。どんな時でも冷静沈着、誰にでもいんぎんな態度で接するため、無礼に感じられることも。そうした性格から、特命係に配属された者はことごとく辞めていき「人材の墓場」と呼ばれている。

寺脇康文 /亀山薫 役
元警視庁特命係の刑事。所轄勤務を経て捜査第一課に配属されるも、指名手配犯に人質にされるという失態を犯し、特命係に左遷された。当初は一課への復帰を願い手柄に固執していたが、右京と捜査を共にするうち、自分なりの正義に目覚め心を砕くようになっていった。退職時の階級は巡査部長。一課時代の同僚である伊丹とはライバルで、薫が特命係に異動してからも憎まれ口をたたき合う関係だった。

スタッフ
脚本:輿水泰弘
監督:橋本一
エグゼクティブプロデューサー:桑田潔
チーフプロデューサー:佐藤凉一
プロデューサー:高野渉、西平敦郎、土田真通


番組公式サイト
相棒 -Wikipedia


各シーズンあらすじ
相棒 season1
相棒 season2
相棒 season3
相棒 season4
相棒 season5
相棒 season6
相棒 season7
相棒 season8
相棒 season9
相棒 season10
相棒 season11
相棒 season12
相棒 season13
相棒 season14
相棒 season15
相棒 season16
相棒 season17
相棒 season18
相棒 season19
相棒 season20

『相棒 Season21 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2022年夏( 7 - 9月期)
2022年春( 4 - 6月期)
2022年冬( 1 - 3月期)
2021年秋(10 -12月期)
2021年夏( 7 - 9月期)
2021年春( 4 - 6月期)
2021年冬( 1 - 3月期)
2020年秋(10 -12月期)
2020年夏( 7 - 9月期)
2020年春( 4 - 6月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
ドラマ/アイウエオ順検索