2022年06月18日

パンドラの果実〜科学犯罪捜査ファイル〜 第10話(最終話)

第10話「最凶ウイルスから人類を救え!不老不死…最後の審判」
2022.6.25 放送

星来(鈴木凜子)と最上(岸井ゆきの)を救うため、榊原(加藤雅也)の研究所を目指す小比類巻(ディーン・フジオカ)。彼は、西城(平山祐介)が取引する現場を突き止めた。西城は、部下にボディハッカージャパンの研究所から研究資料とナノマシンを盗み出させ、榊原のもとへ運ぼうとしていた。小比類巻は、隙を突いて西城たちが榊原の研究所に向かう船に忍び込む。船は、榊原の研究所がある島に到着。小比類巻は西城の後を追い、研究所にたどり着く。

研究所の中では、最上がナノマシンの改良に成功し、星来に投与。プロメテウス・ウイルスの暴走が抑えられて星来は一命を取りとめるが、榊原は思いがけないことを言い出す。

「プロメテウス・ウイルスを改良する」

榊原は、ウイルスに強い耐性を持つ星来の体の中でプロメテウス・ウイルスと別のウイルスを掛け合わせることで、より感染力の強いウイルスを作り出そうとしていた。最上は、これ以上負荷をかけると星来の体がもたないと必死で止める。しかし、星来にウイルスが投与される。無菌室で苦しみ始める星来。星来の体内で、最強最悪のウイルスが作り出されてしまう。最上は「本当の目的は何なの?」と榊原に迫る。

長谷部(ユースケ・サンタマリア)は、榊原の所在を懸命に捜す。島崎(板尾創路)は、榊原が言い残した“最後の審判”という言葉が気にかかっていた。榊原には不老不死とは別の目的があるのではないのかと、島崎は疑念を抱く。

小比類巻は、研究所内に潜り込む。彼が実験室にたどり着いた時、中にいた研究員の一人が倒れ、急激に老化して死亡する。実験室内でプロメテウス・ウイルスの感染が起こっていた。影山(鷲見玲奈)は、パニック状態に陥る研究員たちを閉じ込め「最後の審判が始まるのよ」と告げる−−−!

小比類巻は、長谷部がいる捜査本部に連絡。小比類巻の情報から、捜査本部は榊原によるテロを警戒する。そんな中、西城がウイルスを島から運び出したことが判明。榊原が企むテロの標的は、どこなのか?葛木(西村和彦)や長谷部ら捜査本部に緊迫感が高まる。

榊原が企てる巨大な陰謀の全貌が明らかに。小比類巻たちは、人類を危機に陥れるバイオテロに、どう立ち向かう−−−!?

第1話 2022年4月23日「科学は闇か光か!?介護ロボットは人を裏切り殺意を抱くのか?」
第2話 2022年4月30日「魂が抜けた!?脳内チップの謎と不老不死への誘い…!」
第3話 2022年5月7日「死体が歩いた!?蘇りの科学の秘密と亡き家族への想い」
第4話 2022年5月14日「仮想現実…最愛の人に会えるゲームの誘惑と家族の絆」
第5話 2022年5月21日「人類の夢…老化を止める研究の謎と科学者の裏切り!?」
第6話 2022年5月28日「心霊現象VS科学!温泉宿の美女幽霊の謎」
第7話 2022年6月4日「冷凍庫の愛する人…女性研究者が犯した証拠なき殺人」
第8話 2022年6月11日「冷凍した妻と同じ顔の遺体!?二人の秘密と愛娘の危機」
第9話 2022年6月18日「科学の闇が愛娘と仲間を襲う…立場を捨てた父の暴走」

パンドラの果実〜科学犯罪捜査ファイル〜 TOPへ
2022年春ドラマ(4-6月)TOPへ
2022年春ドラマ視聴率一覧へ

『パンドラの果実〜科学犯罪捜査ファイル〜 第10話(最終話)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2022年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2022年夏( 7 - 9月期)
2022年春( 4 - 6月期)
2022年冬( 1 - 3月期)
2021年秋(10 -12月期)
2021年夏( 7 - 9月期)
2021年春( 4 - 6月期)
2021年冬( 1 - 3月期)
2020年秋(10 -12月期)
2020年夏( 7 - 9月期)
2020年春( 4 - 6月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
ドラマ/アイウエオ順検索