2021年12月08日

婚姻届に判を捺しただけですが 第9話

第9話「傷ついてもあなたをラブです」
2021.12.14 ONAIR

 改めて気持ちを伝え直し、やっと思いが通じたと思った矢先…離婚を切り出した百瀬(坂口健太郎)。わけがわからない明葉(清野菜名)は、ショックを受けながらも離婚に応じる。

 「好きな人に正直な気持ちを伝えたい」と百瀬は言うが、その好きな人は美晴(倉科カナ)だと思い込んでいる明葉。すれ違ったままの2人は、別々の暮らしをスタートさせるのだった。

 そんな中、明葉がリベンジをかけたコンペの締め切りが迫っていた。離婚したことを周囲に伝えた明葉は、憧れの丸園先生(西尾まり)に認めてもらいたい一心で仕事に打ち込む。

 一方で、百瀬の本当の気持ちを知る唯斗(高杉真宙)や麻宮(深川麻衣)からは呆れられ、旭からは離婚を責められる百瀬。でも、明葉の邪魔にならないようにコンペを応援したいと思い悩んだ百瀬は、麻宮にある頼み事をする。 百瀬の“新たな不毛な恋”の行方は…!?

第1話 2021年10月19日「お一人様最高女子がカタブツ男子と偽装結婚!?」
第2話 2021年10月26日「堅物夫とお泊まりで大波乱!?」
第3話 2021年11月2日「兄嫁に恋する夫に恋しました」
第4話 2021年11月9日「私、偽装夫と友達になります!」
第5話 2021年11月16日「恋のスイッチはどこですか?」
第6話 2021年11月23日「偽装夫、初めてのジェラシー」
第7話 2021年11月30日「偽装妻VS寄生女…本当の妻は」
第8話 2021年12月7日「偽装夫、激走!?早朝のハグ!」
最終話 2021年12月21日「ずっと一緒にいたいです!」

婚姻届に判を捺しただけですが TOPへ
2021年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2021年秋ドラマ視聴率一覧へ

『婚姻届に判を捺しただけですが 第9話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2021年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2021年秋(10 -12月期)
2021年夏( 7 - 9月期)
2021年春( 4 - 6月期)
2021年冬( 1 - 3月期)
2020年秋(10 -12月期)
2020年夏( 7 - 9月期)
2020年春( 4 - 6月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
50音検索