2021年10月01日

相棒 Season20 TOP

『相棒 Season20』は、2021年10月13日から、毎週水曜日21:00 - 21:54に、テレビ朝日系の「水曜21時」枠で放送中。


『相棒』(あいぼう)は、2000年からテレビ朝日・東映の制作で放送されている刑事ドラマシリーズ。

2000年6月から2001年11月にかけてテレビ朝日系「土曜ワイド劇場」で単発ドラマとして放送され、2002年10月から連続ドラマとしてシリーズ放送されている。派生作品として劇場版4作とスピンオフ映画2作が公開されている。


各話あらすじ 平均視聴率 13.56%
第1話 2021年10月13日「復活〜口封じの死」 ※初回15分拡大(21:00〜22:09) 視聴率 15.2%
 警視庁特命係の右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、元内閣官房長官・朱雀(本田博太郎)の異例の仮出所を知る。一方でIT長者殺害容疑で逮捕された庸子(遠山景織子)が接見禁止に。さらに、朱雀を師と仰ぐ内閣官房長官の鶴田(相島一之)が右京らの前に突然現れ、庸子が自殺したと告げる。右京らは鶴田による口封じを疑い調べ始めるが、亘が逮捕される事態に発展してしまう。

第2話 2021年10月20日「復活〜死者の反撃」 ※10分拡大(21:00〜22:04) 視聴率 14.5%
 右京(水谷豊)と亘(反町隆史)が、自室で死んでいる都々子(織田梨沙)を発見。不可解な点もあったが、捜査一課は自殺として処理。納得のいかない2人は捜査を続行しようとするが、これまでの経緯から、亘が免職の危機にさらされる。加西(石丸幹二)が残した“鍵”が、一連の出来事の真相解明の足掛かりになると推理した右京は、亘と青木(浅利陽介)と共に鍵が示す“ある場所”を訪れる。

第3話 2021年10月27日「復活〜最終決戦」 視聴率 12.6%
 右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、青木(浅利陽介)を伴い、加西(石丸幹二)が生前に準備していた仮想現実の世界に足を踏み入れる。一方、元内閣情報官の栗橋(陰山泰)は、庸子 (遠山景織子) の一件を巡って捜査一課から厳しい追及を受けるが、関与が疑われる鶴田(相島一之)をかばってか、完全黙秘を貫いていた。同じ頃、警視庁では広報課長を務める美彌子(仲間由紀恵)に辞令が下り、思わぬポストに異動することになる。

第4話 2021年11月3日「贈る言葉」 視聴率 13.3%
 右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、元特命係の陣川(原田龍二)の友人で人気ゲームクリエーターの鴫野(黒田大輔)の殺人容疑を調べることに。新作ゲームの発売が延期される中、鴫野の勤務先の元社員・相島(金子鈴幸)が、鴫野へ脅迫文を送った後に殺されていた。陣川が友人を救うと息巻く一方、右京らは鴫野のスピーチライターを務める由佳(瀬戸カトリーヌ)から話を聞く。

第5話 2021年11月10日「光射す」 視聴率 13.3%
 首をつった遺体で発見された警備員の紅林(西野太盛)について調べる右京(水谷豊)と亘(反町隆史)。施錠された室内にはペットの亀を見守るカメラが設置されていた。隣人の富士子(草村礼子)を訪ねた右京らは、ひきこもりの息子の存在を知る。一方で、失踪した娘を捜す所轄署の元刑事・水木(伊藤洋三郎)が、インターネットの書き込みを基に紅林を調べていたと判明する。

第6話 2021年11月17日「マイルール」 視聴率 11.0%
 右京(水谷豊)と亘(反町隆史)はベストセラー作家の福山(菅原大吉)が殺害された現場の自宅へ。連載するミステリーの最終回原稿がなくなっており、‘扱いにくい作家’として知られる福山が連載する出版社を直前で変更していたことが判明。そんな中、福山が連載の完結で「失われた事実があぶり出される」と言及していたと知った右京と亘は、過去のある事件にたどり着く。

第7話 2021年11月24日「かわおとこ」 視聴率 15.0%
 川辺で行方不明になった男児が意識不明の状態で見つかり、小学生の姉・百花(米村莉子)が父親ともめるのを目撃していた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は関連を調べ始める。現場では過去に工場排水による水質汚染問題が起き、また、釣り中のガラス工場の社員が事故死していた。そんな中、右京らは百花が近隣住民達に「弟は‘川男’に引っ張られた」と主張するのを聞く。

※2021年12月1日は「ビートたけしの超常現象!?不思議だなニュース」(19:00 〜 21:48)放送のため、休止。

第8話 2021年12月8日「操り人形」
 大学構内の地中から白骨死体が発見された。死後50年近くたっている時効事件のため、右京(水谷豊)と亘(反町隆史)が捜査を押しつけられる。DNA鑑定の結果、白骨は1970年代に学生運動をしていた岡田という過激派の幹部であると判明。当時の仲間によると、岡田はカリスマ指導者で、人心を操る天才だったという。


概要
大人気刑事ドラマシリーズの記念すべき20作目。season14以来7シーズン目に突入し、ますます信頼感を増す水谷豊と反町隆史演じる杉下右京&冠城亘のコンビが、これまでの歴史を胸に新たな扉を開く。長年シリーズを彩ってきた名キャラクターたちも健在。石坂浩二、杉本哲太、仲間由紀恵など、特命係存続の鍵を握る上層部の面々が暗躍。昨シーズンに加入した森口瑤子と篠原ゆき子も続投する。

新シーズンの幕開けでは、昨シーズンに4話に連なる物語を展開した一連の事件の黒幕・内閣官房長官の鶴田翁助(相島一之)と、さらにスケールの大きな戦いを繰り広げることに。また、冠城が逮捕されてしまう衝撃展開も待ち受ける。


ストーリー
IT長者・加西周明(石丸幹二)の殺害容疑で逮捕送検され、判決確定までの間、東京拘置所に拘禁されていた元内閣情報調査室職員・柾庸子(遠山景織子)の接見が突然禁止となった。不審に思った特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)が探り始めた直後、内閣官房長官・鶴田翁助(相島一之)が突如、杉下の行きつけの小料理店「こてまり」に現れる。そして鶴田は、庸子が拘置所内で自殺したと告げる。

鶴田による“口封じ”を疑った特命係は、庸子の死の真相を突き止めるべく捜査を開始。しかし、この事件には、想像以上に複雑な思惑と陰謀が絡み合っていることが発覚。そして、ついには冠城が逮捕されてしまう。


キャスト
水谷豊 /杉下右京 役
警視庁特命係の係長。警部。明晰な頭脳で数々の事件を解決してきたが、切れ者であるが故に上層部から疎まれ特命係という閑職に追いやられている。どんな時でも冷静沈着、誰にでもいんぎんな態度で接するため、無礼に感じられることも。そうした性格から、特命係に配属された者はことごとく辞めていき「人材の墓場」と呼ばれている。

反町隆史 /冠城亘 役
巡査。法務省から警視庁に出向してきたキャリア官僚だったが、事件捜査に興味を持ち、紆余曲折あった末に法務省から警視庁へ天下りのような形で異動。特命係の配属となる。元キャリア官僚らしく明晰な頭脳を持ち、軽口や芝居がかった態度で人をけむに巻く。杉下とは息の合ったコンビネーションを見せることもあるが、どこか信用しきっていない素振りも見せる。

スタッフ
脚本:輿水泰弘
監督:橋本一
エグゼクティブプロデューサー:桑田潔
チーフプロデューサー:佐藤凉一
プロデューサー:高野渉、西平敦郎、土田真通


番組公式サイト
相棒 -Wikipedia


各シーズンあらすじ
相棒 season1
相棒 season2
相棒 season3
相棒 season4
相棒 season5
相棒 season6
相棒 season7
相棒 season8
相棒 season9
相棒 season10
相棒 season11
相棒 season12
相棒 season13
相棒 season14
相棒 season15
相棒 season16
相棒 season17
相棒 season18
相棒 season19

『相棒 Season20 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2021年秋(10 -12月期)
2021年夏( 7 - 9月期)
2021年春( 4 - 6月期)
2021年冬( 1 - 3月期)
2020年秋(10 -12月期)
2020年夏( 7 - 9月期)
2020年春( 4 - 6月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
50音検索