2021年07月01日

ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜 TOP

『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』(ハコヅメ たたかう!こうばんじょし)のタイトルで、2021年7月7日から同年9月15日まで、日本テレビ系「水曜ドラマ」枠(毎週水曜22:00〜23:00)で放送された。全9話。主演は戸田恵梨香と永野芽郁。


各話あらすじ(2021年7月7日 - 9月15日)全9話 平均視聴率 11.37%(特別編除く)
第1話 2021年7月7日「新米×元刑事の最強交番女子ペア誕生!意外と知らない超リアルお巡りさん物語」 11.3%
 安定収入を求め警察官になった川合(永野芽郁)は‘ハコヅメ’こと交番勤務に就くが、2週間で限界を感じ、交番所長の伊賀崎(ムロツヨシ)に辞職願を出そうとしていた。その矢先、川合は刑事課から‘パワハラ’が理由で飛ばされたという藤(戸田恵梨香)と組むよう言われる。パトロール中に早速、不審な男(モロ師岡)を捕まえた藤。その男は藤の同期で刑事課捜査一係の源(三浦翔平)、後輩の山田(山田裕貴)らが追う連続窃盗犯だった。さらに、「今から自殺する」という通報で、藤と川合は自殺の通報の常習者・坂本(森田甘路)の元へ向かう。

第2話 2021年7月14日「交番女子ペア始動!犯人尾行でラブホに潜入!?涙のガサ入れ」 視聴率 11.7%
 宿直のパトロール中、助手席で睡魔に襲われる川合(永野芽郁)を藤(戸田恵梨香)は学校で降ろし、見回りを指示。川合は恐怖におののく。その後、2人は中学生の優太(南出凌嘉)を補導。交番にはピアスを落とした理沙(山口まゆ)が現れる。翌日、2人は刑事課の応援に駆り出され、川合は源(三浦翔平)、藤は山田(山田裕貴)とカップルを装って薬物使用が疑われるホストを尾行する。

第3話 2021年7月21日「新米交番女子の初手柄!?超独特な犯人の似顔絵で捜査が動く」 視聴率 10.8%
 ペアとして息の合ってきた藤(戸田恵梨香)と川合(永野芽郁)。川合は、藤の期待に応えたいと思い始めていた。そんな中、近所のスーパーで、女が「源刑事(三浦翔平)が来てくれないと万引きする」と言っているという通報が入る。駆けつけた藤と川合にふてぶてしく接する万引き犯の高齢女性・山崎だが、源が到着した途端、態度を急変させて……。川合の知らなかった源の“特殊能力”が明らかに!

第4話 2021年7月28日「交番女子、強面だらけの特捜本部に参戦!!ついに犯人逮捕へ」 視聴率 8.9%
 川合(永野芽郁)の描いた似顔絵から、女子中高生を狙った連続傷害事件の被疑者として安田(北澤ひとし)が浮上。一方、藤(戸田恵梨香)は道案内を間違えた川合に、管内の地理を頭に入れるよう指示する。1週間後、捜査の進展が気になる2人が刑事課を訪ねると、先の見えない捜査に源(三浦翔平)らは疲れ果て、藤と川合は事件以来引きこもる被害者・彩菜(畑芽育)の家を訪ねる。

※コロナ禍による撮影休止の影響で、第5話を延期。代わりに2週「特別編」を放送。 

特別編 2021年8月4日「新作エピソード×名場面! 交番女子SPストーリー」 ※『東京2020オリンピック』の中継(17時50分 - 22時10分)に伴い10分繰り下げ、22時10分 - 23時10分に放送 視聴率 6.4%
 話題沸騰中のドラマ「ハコヅメ」怒涛の後半戦に向けてお届けする「特別編」。 「特捜」終わりの刑事課には、源(三浦翔平)、牧高(西野七瀬)、北条(平山祐介)、鈴木(渕野右登)の姿が。黙々と事件の書類を整理する面々だが、心の中ではそれぞれの思惑が渦巻き…!? 超個性的な4人の「心の声」が行き交う“本音ダダ漏れ”の新エピソードに加え、これまでの名場面もたっぷり!笑いあり涙ありのスペシャルストーリー。

特別編 2021年8月11日「新作×名場面!涙と笑いの交番女子物語に新展開!?」 視聴率 8.8%
 話題沸騰中のドラマ「ハコヅメ」怒涛の後半戦に向けた「特別編」。 「特捜」終わりに開かれる宴会の幹事に任命され、プレッシャーを感じる山田(山田裕貴)。たまたま交番に残っていた「ハコ長」こと伊賀崎(ムロツヨシ)に余興の演目を相談するも…伊賀崎の熱血指導で事態は思わぬ方向に!? 伊賀崎&山田が繰り広げる爆笑必至の新エピソードに加え、これまでの名場面もたっぷりお届け!笑いあり涙ありのスペシャルストーリー!

第5話 2021年8月18日「交番女子の初恋&合コン大作戦!デート中に緊急事態発生!?」 視聴率 12.5%
 川合(永野芽郁)は藤(戸田恵梨香)と合コンに臨むが、店内で別の合コン中の源(三浦翔平)や山田(山田裕貴)と鉢合わせ。翌日、交番に高齢の三宅(小野武彦)が駆け込み、妻(朝加真由美)に襲われそうになったと訴える。さらに、火災の通報を受けた藤と川合は、現場に急行。寝不足の川合はめまいに見舞われ、しゃがみ込んでしまうが、そこへ消火を終えた消防士の武田(小関裕太)が現れる。

第6話 2021年8月25日「新米交番女子の涙…突然奪われた命に最強ペアの絆が揺らぐ」 視聴率 11.1%
 猛暑の中、休む間もない藤(戸田恵梨香)と川合(永野芽郁)は、全員参加のメンタルヘルス研修に臨む。翌日、高齢ドライバーの免許更新手続きに対応した川合が報われない交通課の仕事をぼやいていると、交通課一怖いと噂の宮原(駿河太郎)が現れる。さらに、藤と川合は交通事故現場へ臨場。大事に至らなかったとほっとする川合だが、藤は路上のタオルケットに顔色を変える。

第7話 2021年9月1日「ついに明かされる謎!署最大の未解決事件と交番女子の秘密」 視聴率 11.8%
 伊賀崎(ムロツヨシ)が藤(戸田恵梨香)の同期・桜(徳永えり)とペアを組んでいたと知った川合(永野芽郁)は、桜について尋ねるが、伊賀崎は言葉を濁す。一方、山田(山田裕貴)が警察手帳を紛失。吉野(千原せいじ)は警察の威信をかけた捜索を命じる。翌日、伊賀崎の妻の出産予定日を迎え、立ち会えるよう協力する藤と川合だが、交番に「男の人に抱き付かれた」という男子大学生が駆け込んで…。

第8話 2021年9月8日「藤さんには私がついてます!新米交番女子の覚悟とペアの絆」 視聴率 11.6%
 川合(永野芽郁)は宮原(駿河太郎)から、藤(戸田恵梨香)が交番に異動した本当の理由を聞く。それは藤の同期・桜(徳永えり)の身に起きた事件に関わっていた。藤が真実を隠して自分のそばにいたことに混乱しつつも、平静を装おうとする川合。そんな中、藤や伊賀崎(ムロツヨシ)らが応援に駆り出されて張り込むレストランに、源(三浦翔平)と山田(山田裕貴)がそれぞれデートで現れる。。

最終話 2021年9月15日「あなたがいるから頑張れる交番女子が起こす最後の奇跡!!」 ※最終話10分拡大(22:00 - 23:10)。視聴率 12.6%
 川合(永野芽郁)の作成した‘守護天使’の似顔絵により、桜(徳永えり)ひき逃げ事件の捜査が動き出す。だが進展はなく1週間が経過したころ、隣の村川署から守護天使の似顔絵に似た男が現れたという情報が入る。


原作概要
『ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜』(ハコヅメ こうばんじょしのぎゃくしゅう)は『モーニング』(講談社)にて、2017年52号から連載中。また、講談社のウェブコミック配信サイト「コミックDAYS」でも2018年4月から配信されている。架空の町にある岡島県警町山警察署の交番(=ハコ)に勤務する女性警察官の内情を描いた警察日常マンガ。


ドラマ概要
シリーズ累計発行部数170万部を突破した、元警察官の泰三子によるコミック「ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜」を、戸田恵梨香と永野芽郁のダブル主演で連続ドラマ化。ある理由で交番に異動してきた元エース刑事・藤聖子を戸田、警察官を辞めようと思っていた矢先に藤と出会う天然の新米警察官・川合麻依を永野が演じ、ペアを組むことになった凸凹コンビが次第に信頼関係を築き、事件に恋に奮闘するリアルな交番エンターテインメントを描く。


ストーリー
「警察官にさえなれば一生安泰」。そんな安易な考えから警察官になった新人・川合麻依(永野芽郁)は、町山警察署・町山交番(通称・ハコヅメ)に配属されて2週間。理不尽なことの連続で、ただただハードな交番勤務に限界を感じ、早々に交番所長の伊賀崎秀一(ムロツヨシ)に辞職願を出すタイミングを狙っていた。

そんな矢先、川合は“問題”を起こして交番に飛ばされてきたという刑事課の元エース・藤聖子(戸田恵梨香)とペアを組むよう言い渡され、辞職願を出し損ねてしまう。飛ばされた理由が“パワハラ”と聞きビビる川合をよそに、藤はパトロール中に早速その能力を発揮。ある“気付き”から、不審な男を鮮やかに捕まえる。


キャスト
埼玉県警 町山警察署
地域課
藤聖子(ふじ せいこ)〈30〉
演 - 戸田恵梨香
巡査部長。地域課に異動し町山交番の勤務になった元エース刑事。警察学校を首席で卒業し、パトロール中にも次々と犯罪者を検挙する凄腕警察官。異動理由は本人曰く「パワハラで左遷された」ということになっているが、本当の理由は同期の桜を轢き逃げした犯人の検挙が目的で、志願して町山交番に異動していた。

川合麻依(かわい まい)〈20〉
演 - 永野芽郁
町山交番に勤務する新人警察官。巡査。安定収入を求めて公務員である警察官になったが、ハードな交番勤務に当初は辞職を考えていた。だが、藤とともにペアで仕事をしていくうちに、警察の仕事に対してやりがいを感じるようになる。

伊賀崎秀一(いがさき しゅういち)〈46〉
演 - ムロツヨシ
町山交番の所長。警部補。のらりくらりしていて、楽に仕事をすることを第一優先に考えている。度々部下にお菓子をあげる。救命士とメンタルヘルスカウンセラーの資格を持つ。

既婚者で3人の息子がおり、藤が町山交番に赴任後4人目である娘が生まれる。3年前に桜が轢き逃げ事故に遭った日は、妻が三男を出産した日だった。

原作に比べ人格者の設定で、那須や鬼瓦をはじめドラマには登場しないキャラの役柄を兼ねていたり、源や山田の役回りを一部受け持つ形で、原作よりも登場頻度は高い。

桜しおり(さくら しおり)
演 - 徳永えり(第4話(写真のみ) - )
藤・源の同期。過去に伊賀崎と共同の交通事故の事案で轢き逃げ事故に遭い、意識不明の重傷を負う。現在は休職扱いでリハビリに励んでいる。

刑事課
源誠二(みなもと せいじ)〈30〉
演 - 三浦翔平
捜査一係の刑事。巡査部長。藤とは警察学校の同期。人たらしで取り調べの天才。藤のことを「聖子ちゃん」と呼び、「マウンテンメスゴリラ」とも言う。父親も警察官。

山田武志(やまだ たけし)〈29〉
演 - 山田裕貴
捜査一係の刑事。巡査長。源とペアを組む。藤と源とは警察学校の一期後輩にあたり、先輩二人に都合良く使われている。

牧高美和〈27〉
演 - 西野七瀬
捜査一係の刑事で紅一点。巡査長。藤の後任として異動してきた。新撰組オタク。

鈴木敦〈25〉
演 - 渕野右登
捜査一係の刑事。巡査長。牧高とペアを組む。THE・真面目な性格。実は牧高に気がある。ドラマオリジナルキャラ。

北条保〈48〉
演 - 平山祐介
捜査一係・係長。警部補。一見するとかなりの強面だが、実は部下想いで優しい。

交通課(テレビドラマ)
宮原三郎
演 - 駿河太郎(第6話・第8話)
元交通機動隊の白バイ隊員。巡査部長。情の厚い性格で、初めて交通事故による死亡事例を目の当たりにして意気消沈した川合に厳しくも心情に寄り添った励ましをする。

幹部
吉野正義〈51〉
演 - 千原せいじ
副署長。警視。機動隊出身の柔道の猛者。署内で警察術科訓練の講師を務める。

田邉司〈59〉
演 - 深沢敦
署長。警視。吉野からは来年で定年退職だと勘違いされていたが、実際は定年まで1年以上あった。

埼玉県警 戸成警察署
地域課
桃木
演 - 臼田あさ美(第5話 - )
巡査部長。藤・源の同期。県警一の美貌の持ち主。本人はその魔性に気付いていない。女性特別機動隊の分隊長も務める。

埼玉県警 本部
刑事部
松島
演 - 大西礼芳(第5話 - )
捜査一課の巡査部長。藤・源の同期。強靱なメンタルの持ち主。陸上のオリンピック候補にまでなったほどの体力を持つ。

その他
警察無線の声
声 - 佐々木啓夫

ゲスト
第1話
篠原(窃盗の常習者) - モロ師岡
坂本太郎(自殺をほのめかす通報を繰り返す男性) - 森田甘路
田中(忍者が出たと通報する認知症男性) - 原田文明
ミーちゃん(麻依の親友) - 大友花恋
翔クン(ミーちゃんの彼氏) - 早瀬圭人
落とした帽子を引き取りに来た市民 - あいだあい
ひったくり犯 - 吉田健悟
坂本太郎の母 - 山本道子
一時停止を無視した原付バイクの運転手 - 仲野元子
ひったくり犯の追跡シーンで川合を応援している子供のうちのひとり - 鈴木楽

第2話
高木優太(補導された中学生) - 南出凌嘉
高木咲子(優太の母) - 遊井亮子
赤城琢磨(覚醒剤取締法違反の被疑者) - 武藤賢人
立花あかり(赤城の関係者) - 玉井らん
松原理沙(遺失物届けに交番を訪れた女性) - 山口まゆ
菊池竜哉(理沙の彼氏・空き巣狙いの連続窃盗犯) - 井上尚

第3話
清水彩菜(痴漢被害者の女子高生) - 畑芽育(第4話)
清水麻里(彩菜の母) - 西山繭子(第4話)
安田大二郎〈42〉(痴漢の容疑者) - 北澤ひとし(ロビンソンズ)(第4話)
早見健(痴漢を目撃した男子高生) - 池田優斗(第4話)
木村珠代(交番を訪れた女性) - 茅島成美
詐欺師(木村珠代のキャッシュカードと通帳を狙った詐欺師) - 和知龍範
山崎多恵(源巡査部長を指名するスーパーの万引き犯)- 青木和代(第7話)
山崎恵美(多恵の娘) - 並木愛枝
山崎聖人(多恵の孫) - 梅谷祐成
久本(スーパー大安の店長)- 田村義晃
コインランドリーで下着盗難にあう女性 - 浜口京子
県警捜査一課のコワモテ刑事たち - 高倉組(エキストラ協力)(第4話)

第4話
米田益男(本部捜査一課 班長) - 矢柴俊博

第5話
三宅雄三(交番を訪れた認知症の男性) - 小野武彦
三宅幸子(雄三の妻) - 朝加真由美
武田(火災現場でめまいに襲われた川合を介抱する消防士) - 小関裕太
彼氏がスマホを落とし、交番を訪れるカップル - ヴァンゆん
結衣(源と山田の合コン相手) - 團遥香
千佳(源と山田の合コン相手) - 五島百花
紺野(藤と川合の合コン相手) - 高島豪志
青山(藤と川合の合コン相手) - 平田雄也

第6話
田村雅樹 - 仁科貴
田村麻美 - 阿南敦子
竹中茂(免許証返納者)‐ 藏内秀樹
赤ん坊を膝の上に載せて運転していた主婦 ‐ 相馬有紀実
チェーンソーを振り回して暴れていた男 ‐ 中村元気
免許証更新希望の老人 ‐ 菅野久夫

第7話
伊賀崎の妻 - 小野真弓
変質者 - 諏訪雅
萩原真希 - 山田キヌヲ

第8話
木村義徳(守護天使 / 「清水農園」従業員) - 森下能幸(最終話)
浮気男 - くぼてんき
桃香 (源のデート相手) - 川添野愛
美波(山田のデート相手)- 川井望鈴
小森太郎(違法デリヘルの親玉) - 阿部亮平
自動車泥棒 - 武田幸三
違法デリヘルの店員 - 三木崇史、ななみにこ
浮気男を殴る女 - 黒岩よし

特別編 第1話
チカちゃん(SNSで源を合コンに誘う女性) - 五島百花

スタッフ
原作 - 泰三子『ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜』(講談社「モーニング」連載中)
脚本 - 根本ノンジ
演出 - 南雲聖一、丸谷俊平、伊藤彰記、菅原伸太郎[注 2]
主題歌 - milet「Ordinary days」(SME Records)
オープニングテーマ - ロイ-RöE- 「YY(ワイワイ)」(unBORDE / Warner Music Japan)
音楽 - 井筒昭雄
警察監修 - 城下司郎、古谷謙一
医療監修 - 山本昌督
スタントコーディネート - 青木哲也
カースタント - タカハシレーシング
CG - マリンポスト(田中貴志)
プロット協力 - 松島瑠璃子
チーフプロデューサー - 加藤正俊
プロデューサー - 藤森真実、田上リサ(AX-ON)、大平太(協力)
制作協力 - AX-ON


番組公式サイト
ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜 - Wikipedia

『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 6月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
50音検索