2020年10月01日

科捜研の女 第20シリーズ TOP

『科捜研の女』(かそうけんのおんな)は、テレビ朝日・東映が制作し、テレビ朝日系「木曜ミステリー」(木曜20時 - 20時54分)で放送されているサスペンスドラマシリーズ。


第20シリーズは、2020年10月22日から、毎週木曜日20:00 - 20:54に、テレビ朝日系列の「木曜ミステリー」枠で放送中。


各話あらすじ 平均視聴率 11.45%
第1話 2020年10月22日「マリコに殺意20年!? 謎の逆恨み女と空飛ぶ女子高生!!」 視聴率 10.7%
 女子高の非常勤講師だった瑠璃(大久保佳代子)が人を殺したと自首する。10年前、山岳部員の範子(里吉うたの)が部活動中に滑落死を遂げ、事故として処理されたが、実は瑠璃が範子ともめた末に滑落させてしまったという。京都府警捜査一課の土門(内藤剛志)らが捜査を始める中、マリコ(沢口靖子)ら科学捜査研究所の面々は所轄署が保管するカラビナなど範子の所持品の鑑定に着手する。

第2話 2020年10月29日「ハロウィーン殺人!! マリコ土門のコスプレ潜入捜査!?」 視聴率 11.1%
 ハロウィーンの電飾が付いた棺から悪魔の格好の遺体が発見され、マリコ(沢口靖子)らが鑑定に当たる。死因は感電で防犯カメラには棺を運ぶ人物が映っていた。遺体のポケットには特技を売買する‘スキルマーケット’登録者の名刺が。そこから、被害者が服飾会社の営業部長・田部井(清水昭博)で、棺を運んだのが名刺の主である元部下・迫田(村田雄浩)と分かるが…。

第3話 2020年11月5日「殺人犯は激辛好き!? タバスコの1000倍辛いインコの謎」 視聴率 10.9%
 激辛料理店を営む堺田(波岡一喜)、和食店店主・向山(大浦龍宇一)、料理ブロガー・希美(鈴木亜美)による「うま辛コンテスト」で、優勝した希美の料理がコンビニエンスストアで販売されることに。本命視された堺田のシチューは審査員の富永(伊庭剛)が酷評し最下位になる。翌朝、富永が遺体で発見され、マリコ(沢口靖子)が注目した傷から唐辛子の成分が検出される。

第4話 2020年11月12日「マリコVS.睡眠を操る殺人犯!? アリバイ偽造を暴くたいやきの謎」 視聴率 12.0%
 入籍を控える雄吾(小堀正博)が、新居の掃除に来ていた婚約者・真弥(篠原真衣)の他殺体を発見。雄吾の母親・美香子(杉田かおる)は有名な‘睡眠プランナー’で、死亡推定時刻には社内、雄吾は新幹線に乗車していた。マリコ(沢口靖子)は着衣を鑑定し、1粒の小豆を見つける。一方、タレントだった真弥が、付き人の蕾(松田るか)を快く思っていなかったと判明する。

第5話 2020年11月19日「牛はみた!! チーズが暴く殺人…マリコ決死の乳搾り!?」 視聴率 12.2%
 高級ホテルチェーンの社長・恵子(中原果南)が殺害される。マリコ(沢口靖子)はかばんに付いた痕が、牛の個体を判別できる‘鼻紋’だと気付く。また、靴底の植物は牛の飼料で、購入者は牧場主の三倉(夙川アトム)と特定された。そして、三倉と恵子が小学校の同級生で、恵子が牧場を買収しようとしていたと判明。マリコらは牧場を訪れ、鼻紋の採取に取り掛かる。

第6話 2020年11月26日「死体が歩いて干物を買った!? 白い粉が暴く美女の嘘!!」 視聴率 11.8%
 京都市内のトンネルで、有名カメラマン・梶木譲士(栄信)の遺体が見つかった。現場の状況から、被害者は別の場所で殺害され運ばれてきたものと思われたが、臨場した榊マリコ(沢口靖子)は着衣に白い粉が付着しているのを発見する。また、梶木のズボンのポケットから、幼い少女が写った写真の切れ端を見つける。

第7話 2020年12月3日
 マリコ(沢口靖子)らが秘密裏に‘実験’を行っていると、早月(若村麻由美)の娘で大学生の亜矢(染野有来)が訪ねてきて、一同は慌てる。マリコを「師匠」と慕う亜矢は法医鑑定室の見学を許され、目を輝かせる。亜矢と接し、早月親子に初めて会った12年前を思い返すマリコ。そんな中、亜美(山本ひかる)が早月の‘差し入れ’がヒントになり解決した事件を話題にして…。


概要
沢口靖子扮する法医研究員・榊マリコら京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)のメンバーが、おのおのの専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿を描く人気ミステリーのSeason20。現行のテレビドラマでは最も長く続いている長寿シリーズで、今シリーズでも“新しいマリコ”“新しい科学”を描くとともに、“変わらない京都の風情と人情の機微”も同時に発信していく。

前シーズンで大きな反響を呼んだ“マリコVS.○○な女”は今シーズンも継続。さらに、新型コロナウイルスと共に生きる今の世界にも踏み込んで描いていく。


ストーリー
京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコ(沢口靖子)は、科学捜査の分野においては常に冷静沈着なスペシャリスト。マリコの卓越した知見、そして科捜研メンバーが持つ最新の専門技術を武器に、京都府警捜査一課の土門薫(内藤剛志)と共にさまざまな難事件に挑んでいく。

ある日、10年前に起きた女子高生滑落事故で、生徒を殺害したという元教師の女性が自首してくる。なぜ今になって自首してきたのか、疑問に思った土門は当時の関係者にあたる。一方、生徒が身に付けていた安全環付きカラビナが壊れていなかったかを確かめるため、マリコは自ら現場でぶら下がって実験すると言い…。


キャスト
沢口靖子
榊マリコ 役
京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員。科学捜査には信念とプライドを持っているが、過信することなく真理は科学を扱う人間にかかっていることも心得ている。現在は独身だが、実は一度結婚経験がある。京都府警捜査一課の土門とは強い絆で結ばれており、互いに信頼し合っている。

内藤剛志
土門薫 役
京都府警捜査一課の刑事。警部補。団体行動が苦手な一匹狼タイプで、直情的に突っ走ることが多い。マリコと共に独断で捜査に走ることがあり、藤倉刑事部長から苦言を呈されることもしばしばだが、やり方を変える気はない。妻とは死別、かつての部下の殉職に責任を感じ続けている。

若村麻由美
風丘早月 役
洛北医科大医学部病理学科法医学教室の教授。一男一女の母。のんきで陽気な性格。仕事以外でも何かとマリコの相談に乗っている。マリコとは性格も私生活も正反対だが、仕事に関してはよいパートナーシップで結ばれている。

風間トオル
宇佐見裕也 役
科捜研の化学担当。狭き門の中途採用試験に合格し採用された。以前は国立航空科学研究所の技官として、爆発物や化学兵器の防犯・研究をしていた。気象や海洋など航空安全に関わる知識も豊富で、マリコのよきアドバイザー。

金田明夫
藤倉甚一 役
京都府警刑事部長。警視。以前は鑑識畑一筋で、筋金入りの現場第一主義だった。頑固で曲がったことが嫌いな性格。人にこびたりは絶対にしない。以前は「科捜研はあくまで裏方であるべき」と考え、捜査に過度に介入してくるマリコの行動を非難していたが、最近は一定の理解を示すようになった。

斉藤暁
日野和正 役
科捜研所長。文書鑑定担当。もともとは警視庁の科捜研にいたが、京都府警からの要請で異動してきた。そのため、妻子は東京在住で単身赴任中。見かけはいい加減だが、意外に正義感も強く、情にもろい。過労で仕事中に倒れて入院して以来、科捜研メンバーの働き方に気を配っている。


スタッフ
脚本:戸田山雅司
脚本:櫻井武晴
監督:田崎竜太、森本浩史
プロデューサー:関拓也、藤崎絵三、中尾亜由子、谷中寿成

主題歌:ありのままで/藤川千愛


各シーズンあらすじ
科捜研の女9
科捜研の女10
科捜研の女11
科捜研の女12
科捜研の女13
科捜研の女14
科捜研の女15
科捜研の女16
科捜研の女17
科捜研の女18
科捜研の女19


番組公式サイト
科捜研の女 - Wikipedia

『科捜研の女 第20シリーズ TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索