2020年06月19日

警視庁・捜査一課長2020 第7話

2020年6月18日(木)よる8:00〜
第7話日「BG緊急参戦!!7つの石を操る石頭の女と焼き芋の謎」

 ジュエリー製造販売会社の常務・小松原重光(松田洋治)が小石を握りしめながら、自社ビルの非常階段の下で死んでいるのが見つかった。何者かに突き落とされたものと思われたが、警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)が臨場したところ、遺体のポケットから同じような小石が7つも見つかった。

 また、現場の階段の踊り場に微量のふかしたサツマイモが付着していることも判明。しかし、被害者が握っていたものは、“石焼き芋”に使う石の種類とはまるで違っていた。

 捜査をはじめた現場資料班刑事・平井真琴(斉藤由貴)は、被害者が社長・神石理沙子(羽野晶紀)とニューヨーク出店をめぐり、激しく対立していたことをつかむ。死んだ小松原はクーデターを計画しており、事件翌日の役員会で理沙子の解任動議を出す予定だったこともわかった。

 理沙子を怪しんだ真琴は、雑誌記者・福光弘美(菊池麻衣子)のインタビューを受けていた彼女を直撃するが、理沙子は「ダイヤモンドはダイヤモンドでしか磨けない」「石ころはいくら磨いても石ころ」などと語るような高慢な人物だった。しかし、真琴はダイヤモンドの美しさをたたえる理沙子が、石ころを加工したペンダントを身に着けていることに違和感を覚えて…!?

 さらに、宝石加工の職人・風岡寛治(忍成修吾)が、理沙子を追及する自分を気にしていることを感じ取り…!?

第1話 2020年4月9日「嘘をつくと殺される…帰ってきた最強の刑事VSエイプリールフール連続殺人!!4万年前のマンモスが見た犯人」
第2話 2020年4月16日「レインボーブリッジ殺人ルート!? 24の証言に潜む美女たちの罠」
第3話 2020年4月23日「3割引シール殺人!? 絶対怒らないクレーム処理女の謎」
第4話 2020年4月30日「殺人犯は餃子好き 東京〜九州1000キロ食べ歩く女の謎」
第5話 2020年5月7日「上空1000メートルで殺人!?ありえない物を握って落ちた美女」
第6話 2020年5月14日「殺人キャンプ!?3人の美女を撃つ水鉄砲と黒大福の謎」
第8話 2020年6月25日「ナタデココは見た!?高輪ゲートウェイ駅殺人ルートの謎」

警視庁・捜査一課長2020 TOPへ
2020年春ドラマ(4-6月)TOPへ

『警視庁・捜査一課長2020 第7話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2020年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索