2020年04月14日

私の家政夫ナギサさん TOP

『私の家政夫ナギサさん』(わたしのかせいふナギサさん)のタイトルで、2020年4月期にTBS「火曜ドラマ」(毎週火曜 22:00〜22:57)で放送予定だったが、コロナウイルスの感染拡大の影響で7月期に移動。主演は多部未華子。


当初は2020年4月14日からの放送開始が告知されていたが、2019新型コロナウイルス感染拡大の影響により、開始・放送延期が発表された。
同年6月13日、先述の通り7月7日からの開始・放送予定に変更された。休止期間中には、過去に火曜ドラマで放送された作品の総集編・特別編が代替番組として放送されている。(4月14日に『恋はつづくよどこまでも胸キュン!ダイジェスト』が放送され、4月21日から5月12日にかけて『恋はつづくよどこまでも』第7話以降の特別編(再編集版)が放送された。5月19日からは『逃げるは恥だが役に立つ』特別編が放送された)


各話あらすじ 平均視聴率 13.75%
第1話 2020年7月7日「28歳独身女子おじさんを雇う!散らかった部屋も心も綺麗にして!」 視聴率 14.2%
 製薬会社のMRとしてバリバリ働くキャリアウーマンの相原メイ(多部未華子)は、仕事は誰よりもできるのに、家事が全くできないアラサー独身女性。そんなメイの28歳の誕生日の夜、彼女の散らかり放題の部屋に、突然見知らぬおじさんが現れた!その正体は、全ての家事を完璧にこなすスーパー家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)だ。ひょんなことからナギサさんを家政夫として雇うことになってしまったメイだが、「おじさんが家にいるなんて、絶対イヤ!」と受け入れられない。

第2話 2020年7月14日「ヒミツのおじさんを隠し通せ!ライバルと急接近…」 視聴率 12.8%
 ナギサ(大森南朋)の家事代行お試し期間の最後、メイ(多部未華子)の部屋に母・美登里(草刈民代)が現れた。メイはナギサの存在を隠すべく悪戦苦闘。慌ただしくメイと別れたナギサは、自分のポケットにメイの服のボタンが紛れ込んだと気付く。一方、新薬の契約を田所(瀬戸康史)に取られたメイは、新薬講演会の企画と並行し、‘敵を知る’ため飲み会に参加することになる。

第3話 2020年7月21日「母襲来でおじさん卒業…目指すは家事もデキる女!?」 視聴率 12.7%
 美登里(草刈民代)の言う通り、仕事と家事を両立しなければと思うメイ(多部未華子)。ナギサ(大森南朋)にはもう頼らないと決意するものの、前途多難だ。そんな中、同僚で親友の薫(高橋メアリージュン)の家で一緒にマッチングアプリを見ていたメイは、誤って好意を示すボタンを押してしまう。その男性は、新薬講演会で講師を依頼している医師・肥後(宮尾俊太郎)だった。

第4話 2020年7月28日「今度は父襲来!秘密の指きり…デートで鉢合わせ!」 視聴率 12.4%
 総合病院新設の噂について、支店長・古藤(富田靖子)は他社より先に情報を集めるよう指示。調査を始めたメイ(多部未華子)は、肥後(宮尾俊太郎)と偶然再会する。そんな中、寡黙な同僚・馬場(水澤紳吾)の電撃結婚に衝撃を受けた薫(高橋メアリージュン)は、田所(瀬戸康史)へのアプローチを開始。一方、メイは隣人の田所に、ナギサ(大森南朋)の正体を隠し続けていた。

第5話 2020年8月4日「極秘計画で母と妹の仲直り大作戦!隣の敵の秘密…」 視聴率 14.4%
 田所(瀬戸康史)が隣人だと薫(高橋メアリージュン)に告げた方がいいのか、今更悩むメイ(多部未華子)。そんなある日、メイが帰宅すると、美登里(草刈民代)が夫・茂(光石研)の還暦祝いのため、ナギサ(大森南朋)から料理を習っていた。美登里と唯(趣里)の関係修復を狙うメイは、ナギサに協力を依頼。仕事の相談にも乗ってもらううち、彼自身のことを知りたいと思うようになる。

第6話 2020年8月11日「おじさんの私生活調査開始!敵の恋心も急加速!?」 視聴率 16.0%
 ナギサ(大森南朋)の前職を知り、驚くメイ(多部未華子)。折から、会社では上司が部下の聞き役に徹する「1on1ミーティング」の実施が決まり、メイはその練習と称してナギサの秘密を暴こうとする。そんな中、美登里(草刈民代)と唯(趣里)がやって来て、ナギサも交え食卓を囲むことに。一方、帰宅するメイの家族と鉢合わせした田所(瀬戸康史)は、‘父’ナギサに不審を抱く。

第7話 2020年8月18日
 新薬説明会を開く病院までナギサ(大森南朋)に忘れ物を届けてもらったメイ(多部未華子)は、ナギサがある女性(松本若菜)を見て動揺する姿を目の当たりにする。一方、皆で説明会の反省をする中で田所(瀬戸康史)と遭遇したメイだったが、薫(高橋メアリージュン)も交えた会話はぎくしゃくしてしまう。その後、メイは様子のおかしかったナギサがしばらく仕事を休むと知り…。


原作概要
『家政夫のナギサさん』(かせいふのナギサさん、Housekeeper Nagisa-san)は、四ツ原フリコによる漫画。NTTソルマーレが運営する電子書籍配信サイト『コミックシーモア』内の少女漫画レーベル「恋するソワレ」で2016年8月19日から配信連載中。製薬会社のMRとして働く28歳のキャリアウーマンが突然現れた家政夫とライバルとの関係に振り回されるさまを描くハートフルラブコメディ。


ドラマ概要
四ツ原フリコの同名WEBコミックを多部未華子主演でドラマ化。不器用で家事も恋愛も苦手な“独身アラサー女子”が“おじさん家政夫”を雇ったことから巻き起こるハートフルコメディー。働き盛りで仕事に一直線な主人公・相原メイを多部が演じる。

ストーリー 
製薬会社のMRとして働くキャリアウーマン・相原メイ(多部未華子)は、仕事はできるが家事が全くできないアラサー独身女性。そんなメイの28歳の誕生日の夜、彼女の散らかり放題の部屋に見知らぬおじさんが現れる。

その正体は、全ての家事を完璧にこなすスーパー家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)。ナギサを家政夫として雇うことになってしまったメイだが、「おじさんが家にいるなんて、絶対いや!」と受け入れられない。

一方、仕事では無敵のMRとして活躍するメイの前に、ライバル製薬会社のMR・田所優太(瀬戸康史)が出現。自分とは異なる手法で営業先の信頼を得ていく田所に、メイはライバル心と警戒心をむき出しにする。


キャスト
相原 メイ〈28〉
演 - 多部未華子
製薬会社「天保山製薬」の営業職であるMR。負けず嫌いで、入社3年目からずっと営業成績1位を維持している。隙がなく「仕事もプライベートも完璧」と思われているが、実は、仕事以外のことは無頓着で不器用。家事、恋愛、婚活は仕事優先で後回しにしている。ナギサとの出会いを機に、自分の人生と幸せについて考える。

田所 優太〈32〉
演 - 瀬戸康史
外資系製薬会社「アーノルド製薬」のMR。性格もルックスも完璧なうえ、超優秀なMRとして有名。医師や営業先から絶大な信頼を得ている、人たらし。ライバル会社の社員とも垣根なく情報交換するなど、懐が広く非の打ち所がない。メイと同じ営業エリアに異動となり、営業先の病院やクリニックでよく遭遇する。

瀬川 遙人〈23〉
演 - 眞栄田郷敦

陶山 薫〈28〉
演 - 高橋メアリージュン

肥後 菊之助
演 - 宮尾俊太郎

松平 慎也〈47〉
演 - 平山祐介

馬場 穣二〈43〉
演 - 水澤紳吾

堀江 耕介〈32〉
演 - 岡部大(ハナコ)

天馬 あかり〈25〉
演 - 若月佑美

駒木坂 春夫
演 - 飯尾和樹(ずん)

吉川 かりん
演 - 夏子

古藤 深雪〈48〉
演 - 富田靖子

相原 美登里
演 - 草刈民代

福田 唯
演 - 趣里

鴫野 ナギサ〈50〉
演 - 大森南朋
家事代行サービス業者「NTSクリーンハウス」の家政夫。50歳・男性という家政夫として異色の存在ながら、指名率ナンバーワン。仕事に誇りを持ち、家事全般を完璧にこなす。口数は少ないが、謙虚で穏やかな人柄と独特の安心感がある。豊富な人生経験から放つナギサの一言は、依頼者の心をスッと楽にする。

スタッフ
原作 - 四ツ原フリコ 『家政夫のナギサさん』(恋するソワレ / コミックシーモア配信連載中)
脚本 - 徳尾浩司
主題歌 - あいみょん「裸の心」(unBORDE / Warner Music Japan)
編成 - 松本友香
プロデューサー - 岩崎愛奈(TBSスパークル)、加藤章一(TBSスパークル)
演出 - 坪井敏雄、山本剛義
製作 - TBSスパークル、TBS


番組公式サイト
私の家政夫ナギサさん - Wikipedia

『私の家政夫ナギサさん TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索