2020年04月01日

行列の女神〜らーめん才遊記〜 TOP

『行列の女神〜らーめん才遊記〜』(ぎょうれつのめがみ らーめんさいゆうき)は、2020年4月20日から同年6月8日まで、テレビ東京系「ドラマBiz」(毎週月曜 22:00〜22:54)で放送された。全8話。主演は鈴木京香。

原作では男性である主人公(芹沢達也)が、ドラマでは女性に変更されている。


各話あらすじ
第1話 2020年4月20日 視聴率 5.1%
 連日大行列ができる人気店『らあめん清流房』店主・芹沢達美(鈴木京香)は、研鑽を積み、数々の伝説を打ち立てた日本一のラーメン職人。いま彼女が挑んでいるのは、自ら始めたラーメン専門のフード・コンサルティング会社「清流企画」で、苦境にあえぐラーメン店を救い出し、この国のラーメン文化をさらに飛躍・発展させることだ。そんな中、「清流企画」社員の夏川彩(高橋メアリージュン)は、店で月替わりのラーメン・特製肉だし清湯麺に手を付けない女性客(黒島結菜)を発見する。

第2話 2020年4月27日
 芹沢(鈴木京香)は、新入社員・ゆとり(黒島結菜)に夏川(高橋メアリージュン)の仕事を見学するよう指示する。夏川の依頼主はおしゃれな街にあるラーメン店。店主・坂口(浅利陽介)と妻・恵(金澤美穂)が3カ月前にオープンしたハイレベルな味の店だが、全く客が入らない。夏川は土地柄に合わせ、カフェ風に改装させる。そんな中、芹沢はゆとりの家族の秘密に気付く。

第3話 2020年5月4日
 依頼を勝手に受けたゆとり(黒島結菜)は、味に自信はあるが客が入らず困っているラーメン店主・安西(窪塚俊介)の元へ。だが、安西の妻・絵里(林田岬優)も、福花(夙川アトム)が社長を務める別会社に依頼し、担当の倫子(松井玲奈)を連れてきた。2社は立て直しのプランを競うことになる。一方、芹沢(鈴木京香)の店にゆとりの母・ようこ(高畑淳子)がやって来る。

第4話 2020年5月11日
 芹沢(鈴木京香)の会社に勤める須田(前野朋哉)は‘ラーメンオタク’。知識や能力はあるが上からの物言いが災いし、依頼人からクレームが入る。そんな中、須田はゆとり(黒島結菜)を誘いラーメン店へ。すると、「ラーメンの作り方を教えろ」と訴える青年(堀井新太)が店主・飛田(芹澤興人)と口論に。ゆとりはラーメン店を開きたいその青年・相川の依頼を勝手に受ける。

第5話 2020年5月18日
 ラーメン評論家・有栖(石塚英彦)が長年通う中華食堂が店を畳もうとしていた。高齢の店主夫妻・大平(螢雪次朗)と芳江(茅島成美)に後継者がいないからだ。店を失いたくない有栖は夫妻を説得し、「清流企画」に後継者探しを依頼。芹沢(鈴木京香)は社員全員に、各自の人脈で候補者を探すコンペを提案する。ゆとり(黒島結菜)も参加を命じられるが、人脈がないため苦戦する。

第6話 2020年5月25日
 店の手伝いを許され、浮かれるゆとり(黒島結菜)。一方、白坂(小関裕太)は担当店の新メニュー開発でトラブルが。流行に乗ろうとする白坂に依頼主が納得しないようだ。そんな中、業界最大手チェーンを経営する蒲生(マギー)が芹沢(鈴木京香)の「清流企画」に新メニュー開発を依頼する。2社で争う形式で、相手は「味惑コーポレーション」の倫子(松井玲奈)だという。

第7話 2020年6月1日
 芹沢(鈴木京香)は世界的な日本食イベントのラーメン部門責任者に抜てきされ、大忙し。そんな中、’90年代に名をはせたラーメン店店主・中原(石黒賢)がやって来る。本店と同じ味を出しているが、新店舗に客が入らず困っているという。芹沢はある思惑で、この依頼をゆとり(黒島結菜)に任せることに。一方、芹沢が担当すると思っていた中原は、訪れたゆとりらに激怒する。

最終話 2020年6月8日
 「清流房」全店舗の近くに看板メニュー「濃口しょうゆ」と味も名前もそっくりなラーメンを出す店が出現。150円も安いため客を奪われてしまう。さらに「ジャパンフードサミット」で芹沢(鈴木京香)が統括するラーメン部門中止の連絡が。ようこ(高畑淳子)の横やりだ。批判するゆとり(黒島結菜)に、ようこは「ワクワクさせるラーメンを用意できたら撤回する」と言い放つ。


原作概要
『らーめん才遊記』(らーめんさいゆうき)は、原作:久部緑郎、作画:河合単による日本の漫画作品。『ビッグコミックスペリオール』(小学館)2009年17号から2014年5号まで連載された。ラーメンを題材とした料理・グルメ漫画であり、『ラーメン発見伝』の登場人物の一部が引き続き登場する外伝的な続編にあたる。全11巻。続編となる『らーめん再遊記』が2020年2月より『ビッグコミックスペリオール』で連載されている。


ドラマ概要
2009年から14年まで「ビッグコミックスペリオール」で連載されたラーメンを題材としたコミック「らーめん才遊記」を原作に、鈴木京香演じるラーメン業界をけん引する主人公・芹沢達美が、苦境にあえぐラーメン店を救うフード・コンサルティングの物語。

ストーリー 
連日大行列ができ、日本一のラーメン店といわれる「らあめん清流房」の創業者であり、ラーメン専門のフード・コンサルティング会社「清流企画」の社長でもある芹沢達美(鈴木京香)は、奇抜なアイデアと計算し尽くされた手法で街のラーメン店を次々に繁盛店へと導いている。

一方、天然ボケで空気が読めない「清流企画」新入社員・汐見ゆとり(黒島結菜)は、コンサルティングの知識はゼロでもラーメンに懸ける情熱は本物で、おいしいラーメンをたくさんの人に食べてもらいたいという夢を持つ。そんなゆとりに、芹沢は課題を与える。


キャスト
清流企画
芹沢達美(社長) - 鈴木京香
日本一のラーメン店といわれる「らあめん清流房」の創業者であり、ラーメン専門のフード・コンサルティング会社「清流企画」の社長。業界のカリスマで、性格はクールで毒舌。仕事では周りにも自分にも厳しいが、実は部下の成長を見守っていて、見えないところでフォローしたりと、義理人情にも厚い。いつもゆとりにイラっとさせられるが、そこにはカリスマならではの深い訳がある。

汐見ゆとり - 黒島結菜
「清流企画」の新入社員。面接に遅刻したり、料理人を前に「おいしくない」と言い放つなど、天然ボケで空気が読めない。だが料理の才能は秀でており、一口食べれば素材を見抜き、芹沢も驚く新作ラーメンを作り出す。おいしいラーメンをたくさんの人に食べてもらいたいという夢を持つ。

夏川彩 - 高橋メアリージュン
「清流企画」の社員。芹沢に憧れており、ラーメン職人としていつか独立して成功したいと思っている。竹を割ったような性格で気が強い。天然ボケのゆとりがかんに障るらしく、厳しく接する。

白坂隼人 - 小関裕太
「清流企画」の社員。端正なルックスのイケメンで、ゆとりの良き先輩。プレーボーイな一面があり、外回り中に人妻と不倫をしているといううわさがある。

須田正史 - 前野朋哉
「清流企画」の社員。気弱だが筋金入りのラーメンオタク。ありとあらゆるラーメンの知識を持ち、ラーメンを語りだすと止まらなくなる。

河上堅吾(部長) - 杉本哲太
「清流企画」の部長で、芹沢の良き理解者。温厚な常識人で、冷徹な芹沢や天然ボケのゆとりのフォローに回る。

「らあめん清流房」店員 - 古澤光徳、平野遊史、松本銀二、坂本悠真、渋谷希帆

味惑コーポレーション
福花康男(社長) - 夙川アトム

難波倫子 - 松井玲奈

橋爪クッキングスクール
橋爪ようこ(校長) - 高畑淳子

HCS講師メンバー - 佐々木春香、藤本沙紀、金子なな子、奥村優希 ‎、平島茜、森脇由紀、榊原美紅

その他
有栖涼 - 石塚英彦
ラーメン評論家。芹沢と懇意にしており、「清流企画」によく顔を出す。“おいしいラーメンがあるところには有栖の姿あり”と言われ、味覚の確かさと知識の広さは随一。

汐見亮二 - 利重剛

雅代 - 枝元萌

一麺懸命グループの男 - 佐藤輔九(中華そば勝本)

屋台時代の「らあめん清流房」に仕方なく来た客 - 山本浩司・関太(タイムマシーン3号)
「JAPAN FOOD SUMMIT 2020」関係者 - 六角慎司、川嶋秀明

ナレーション - 石丸謙二郎

ゲスト
1杯目(第1話)
郷田正一(「京来軒」店主) - 泉谷しげる
郷田秋江(正一の妻) - 川俣しのぶ

2杯目
坂口琢磨(「とんこつラーメンさかぐち」改め「noodle Cafe TMY」店主) - 浅利陽介 *第7話の回想シーンにも出演
坂口恵(琢磨の妻) - 金澤美穂 *第7話の回想シーンにも出演
坂口雄大(坂口夫妻の息子) - 千葉新

3杯目
安西徳之(「つけ麺あんざい」店主) - 窪塚俊介 *第4話、第6話の回想シーンにも出演
安西絵里(徳之の妻) - 林田岬優 *第6話の回想シーンにも出演
久保 - 谷川昭一朗
中村有志(「テレビ☆チャレンジャー」司会) - 中村ゆうじ

4杯目
相川鉄也("ラーメンドリーム"を目指す青年) - 堀井新太
本多信和(「さかな居酒屋ほんだ」店主) - 大友康平

5杯目
大平茂幸(「おおひら食堂」店主) - 螢雪次朗
大平芳江(茂幸の妻) - 茅島成美
鷹野研次郎 - 音尾琢真
「おおひら食堂」後継者候補
松井正弘(推薦:白坂) - 谷遼
板垣勇次(推薦:夏川) - 土屋佑壱
小森仁志(推薦:須田) - 海老沢七海
「らあめん清流房」池袋店アルバイト候補者など
野崎の母 - 鳥居みゆき
塩崎潤 - コージ・トクダ(元・ブリリアン)
山下 - 薄幸(納言)
鳥岡 - 土佐有輝(土佐兄弟)
野崎 - 竹内一希(まんじゅう大帝国)
畑中 - 佳久創

6杯目
牧原弘貴(「麵屋まっきぃ」店主、白坂の大学の先輩) - 金井勇太
蒲生博昭(「楽麺フーズ(株)」社長) - マギー

7杯目
中原昌英(「麺房なかはら」店主) - 石黒賢

8杯目(最終話)
安本高治(「麺獄グループ」代表) - 岡本健一 *第7話のラストシーンにも出演
下平進介(安本の部下) - 福田悠太(ふぉ〜ゆ〜)

スタッフ
原作 - 作:久部緑郎、画:河合単『らーめん才遊記』(ビッグコミックス刊)
脚本 - 古家和尚
監督 - 星護、池澤辰也(テレパック)、吉川厚志(テレパック)
音楽 - 佐橋俊彦
主題歌 - THEイナズマ戦隊 「WABISABIの唄」(日本クラウン)
オープニングテーマ - LOVE PSYCHEDELICO 「Swingin'」(ビクターエンタテインメント)
ラーメン監修 - はんつ遠藤
EDロール演出 - 根本和政
技術協力 - バスク
照明協力 - ラ・ルーチェ
美術協力 - BEENS
CG - マリンポスト
ポスプロ - アップサイド
チーフプロデューサー - 浅野太(テレビ東京)
プロデューサー - 中川順平(テレビ東京)、倉地雄大(テレビ東京)、黒沢淳(テレパック)、雫石瑞穂(テレパック)
制作協力 - テレパック


番組公式サイト
らーめん才遊記 - Wikipedia

『行列の女神〜らーめん才遊記〜 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索