2020年04月06日

警視庁・捜査一課長2020 TOP

『警視庁・捜査一課長』(けいしちょう・そうさいっかちょう)は、テレビ朝日系の2時間ドラマ「土曜ワイド劇場」(土曜日21:00 - 23:06)で2012年から放送されている刑事ドラマシリーズ。主演は内藤剛志。

好視聴率を受け、2016年4月から同年6月23日まで、同局系「木曜ミステリー」(木曜20:00 - 20:54)枠にて連続ドラマ版が放送された。全11話。(season1

2017年4月13日から同年6月22日まで、同局系「木曜ミステリー」(木曜 20:00 - 20:54)枠にて連続ドラマ版(season2)が放送された。全10話。

2018年4月12日から同年6月14日まで、同局系「木曜ミステリー」(木曜 20:00 - 20:54)枠にて連続ドラマ版(season3)が放送された。全10話。初回と最終回は2時間スペシャル。

2020年4月9日から同年9月(予定)まで、同局系「木曜ミステリー」(木曜 20:00 - 20:54)枠にて連続ドラマ版『警視庁・捜査一課長2020』(season4)が放送中。


2020年5月21日以降は、新型コロナウイルス感染拡大による撮影延期の影響で「2020年特別バージョン」と題した傑作選を放送。放送ではオープニングとエンディングに「大岩・小山田・奥野が、新型コロナウイルス騒動の影響で在宅勤務をしている」という設定のもと、内藤・金田・塙の3名が出演するリモート形式の新規撮影ミニドラマを追加している。6月18日から再開。

第7話は後続番組『BG〜身辺警護人〜』とのコラボレーションとして放送された。


各話あらすじ 平均視聴率 13.44%
第1話 2020年4月9日「嘘をつくと殺される…帰ってきた最強の刑事VSエイプリールフール連続殺人!!4万年前のマンモスが見た犯人」 ※初回2時間スペシャル(20:00 〜 21:48) 視聴率 13.3%
 新宿で深夜、新聞記者の小柴(吉満寛人)が殺され、早朝、その上司・泰子(宮本真希)が遺体を発見。臨場した捜査一課長・大岩(内藤剛志)は、忖度(そんたく)とは無縁の新宿中央署刑事・萩(三吉彩花)と出会う。目撃情報と防犯カメラからファッションデザイナー・美蓮(松下由樹)が浮上し、1年前に失踪した彼女の夫が小柴の同僚と判明するが、美蓮はアリバイを主張する。

第2話 2020年4月16日「レインボーブリッジ殺人ルート!? 24の証言に潜む美女たちの罠」 視聴率 13.8%
 会社員の咲良(大関れいか)の遺体が東京・お台場で発見され、大岩(内藤剛志)らが臨場する。待ち合わせをしていた看護師の雪子(武田玲奈)は逃げ去る人物を見たが、黒ずくめで年齢も性別も分からなかったと証言。また、共通の友人が入院した際、見舞いに来た咲良と知り合ったと話す。一方、上司の千昭(遊井亮子)によると、咲良は勤務態度に問題があったという。

第3話 2020年4月23日「3割引シール殺人!? 絶対怒らないクレーム処理女の謎」 視聴率 13.9%
 警備員・桃山(尾崎右宗)が自宅で殺され、大岩(内藤剛志)、真琴(斉藤由貴)らが臨場。クレーマーの桃山が電話で「値引き」「謝罪」などと言うのを隣人が聞いており、遺体の手には‘3割引き’のシールが貼られていた。クレーム先のスーパーが桃山の1年前の派遣先だと判明するが、店長の加奈(小沢真珠)もクレーム担当の菊子(杉田かおる)も彼を覚えていないという。

第4話 2020年4月30日「殺人犯は餃子好き 東京〜九州1000キロ食べ歩く女の謎」 視聴率 14.5%
 中華料理店「津々龍」店主・太蔵(野添義弘)が刺殺され、大岩(内藤剛志)らが臨場。遺体はギョーザの皮を握っていたが、店のものではなかった。また、太蔵の妻・益代(栗田よう子)によると、息子・泰春(小早川俊輔)が勤める不動産会社に土地を売却し、今月末に閉店することが決まっていたという。真琴(斉藤由貴)は同じ皮を使う店を探す中で、事件当日のやじ馬の中にいた久仁子(三倉佳奈)と遭遇する。やがて、ギョーザだけを食べ歩く久仁子が、15年前に潰れた津々龍近くの中華食堂の一人娘であると判明する。

第5話 2020年5月7日「上空1000メートルで殺人!?ありえない物を握って落ちた美女」 視聴率 14.2%
 雑居ビルから女性が転落死し、大岩(内藤剛志)、真琴(斉藤由貴)らが臨場。被害者の美枝(内田慈)は3年前に辞めたアパレル会社の社長・ルリ子(酒井若菜)をデザイン盗作で訴えていて、10年前、2人が黒坂(天宮良)が経営する業界大手の会社から独立したことも判明する。一方、黒坂の部下・いづみ(小橋めぐみ)が打ち合わせの動画を提示し、ルリ子のアリバイを証明する。

第6話 2020年5月14日「殺人キャンプ!?3人の美女を撃つ水鉄砲と黒大福の謎」 視聴率 13.7%
 都内にあるキャンプ場で、スーツ姿の男性の遺体が発見された。警視庁捜査一課長の大岩純一(内藤剛志)が臨場したところ、遺体は身元がわかるものを所持しておらず、胸ポケットから水滴のついた水鉄砲が見つかった。死亡推定時刻は前日の夕方6時ごろで、状況からどこか別の場所で殺害され、犯人が現場まで遺体を運んだ可能性も高かった。

第7話 2020年6月18日「BG緊急参戦!!7つの石を操る石頭の女と焼き芋の謎」 視聴率 14.3%
 宝石製造販売会社常務・小松原(松田洋治)が転落死し、大岩(内藤剛志)らが臨場。遺体は小石を握り、ポケットにも数個あった。やがて、小松原が社長・理沙子(羽野晶紀)の解任に動いていたことが判明。理沙子を聴取した真琴(斉藤由貴)は、彼女のペンダントに違和感を抱く。一方、遺体のポケットからダイヤモンドの粉が検出され、研磨担当の風岡(忍成修吾)が容疑を認める。

第8話 2020年6月25日「ナタデココは見た!?高輪ゲートウェイ駅殺人ルートの謎」 視聴率 12.6%
 飲食関連会社社長・松友(黄川田雅哉)が殺され、大岩(内藤剛志)らが臨場。松友は最近、株で損失を被り、証券会社に怒鳴り込んでいた。しかし、証券会社の課長・順子(森脇英理子)はトラブルを否定。一方、松友は春世(中島亜梨沙)との離婚の際に競走馬を譲ったが、生命保険金1億円の受取人が春世のままと判明する。真琴(斉藤由貴)らは春世の変わった行動に注目する。

第9話 2020年7月2日「埋蔵金1万円殺人!? 密室トリックと恐怖の味噌汁の謎」 視聴率 12.5%
 雑貨会社の経理部長・唐澤(小松利昌)が、本社の庭からアルミケースを掘り出したところを殺された。中身はふたに引っ掛かった1万円札1枚のみ。大岩(内藤剛志)らが臨場し、真琴(斉藤由貴)は凶器の石に注目する。社長・風吹(森尾由美)や社員の玉美(黒沢あすか)ら社内にいた5人に容疑が掛かる中、玉美は唐澤や風吹が「埋蔵金」と口にするのを聞いたと証言する。

第10話 2020年7月9日「近づくとくしゃみが出るご遺体!? 捜査線上に浮かんだのは、悩んで煮詰まる“カレー名人"の女!?」 視聴率 12.9%
 カレー店店主・香奈(中別府葵)が撲殺され、大岩(内藤剛志)らが臨場。遺体の周囲には粉末の黒こしょうが大量にまかれていた。従業員の好美(牧野莉佳)によると、グルメライター・武田(片桐仁)主催のカレーコンテストで香奈が優勝したが、他の参加者は納得していないようだったという。真琴(斉藤由貴)は、コンテストで最下位だった梨子(南沢奈央)のカレーに注目する。

※2020年7月16日は『県索しちゃいました 日本にはビックリなグルメがあったもんだSP』(19:00 〜 20:54)放送のため、休止。

第11話 2020年7月23日「オムライス美女連続殺人!?空飛ぶアンパンの謎!!」 視聴率 13.2%
 警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)のもとに、「アンパンまみれの刺殺体が見つかった」という知らせが入った。被害者の身元は移動販売のベーカリーを営む椋木淳史(若林久弥)で、アンパンを詰め込んだ段ボール箱を車から運び出そうとしたところを何者かに襲われたらしく、確かに遺体の周囲にはアンパンが散乱していた。

第12話 2020年7月30日「ヤギは見た!?都心でメェ〜と鳴いた4人の美人容疑者」 視聴率 12.4%
 東京・代官山の不動産会社社長・鮫島(井上肇)の他殺体を専務・鎌ヶ谷(吉村涼)と秘書・静香(太田彩乃)が発見し、大岩(内藤剛志)らが臨場する。近隣ショップ店員・牛田(ねお)は死亡推定時刻にヤギの鳴き声がしたと証言。真琴(斉藤由貴)は鮫島自ら用意したようかんから来客予定を見抜き、広告会社担当者・歩美(柳生みゆ)と前任の時子(しゅはまはるみ)に注目する。

※2020年8月6日は「未解決の女 警視庁文書捜査官 初回2時間スペシャル」(20:00 〜 21:48)が放送のため、休止。

第13話 2020年8月13日
 ホテルの非常階段の踊り場で、IT企業の広報部長・姉崎育代(馬渕英里何)の転落遺体が見つかった。警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)が臨場したところ、被害者はドレス姿で、胸には“起業のシンデレラ”と書かれた記章をつけていた。


概要
内藤剛志主演、ヒラから捜査一課長まではい上がったノンキャリアのたたき上げ刑事・大岩純一が、都内で発生する数々の凶悪事件に立ち向かい、信頼する部下たちと共に解決していく刑事ドラマ。

2012年の「土曜ワイド劇場」からスタートし、16年から3年続けて連続ドラマとして放送。その後、8作品ものスペシャルドラマが制作されてきたが、今回再び連続ドラマとして帰ってくる。

塙宣之、金田明夫らレギュラーメンバーはそのままに、今回から、新人刑事・妹尾萩役で三吉彩花が捜査チームに新加入。進化を遂げていく東京の最新情報や新名所もストーリーに盛り込みながら、地道な努力で容疑者に立ち向かう。


ストーリー
警視庁捜査一課長の大岩純一(内藤剛志)は、400人以上の精鋭集団・捜査一課を束ねるリーダー。今日も都内で起きた全ての凶悪事件の現場に臨場し、各捜査本部の指揮に当たっている。大岩と共に命懸けの捜査で数々の事件を乗り越えてきた刑事たちの団結力は盤石なものとなっていた。

そんな捜査チームに、帰国子女の新人刑事・妹尾萩(三吉彩花)が加わることになる。妹尾は海外生活が長かったため、空気を読んだり相手の心を察することが苦手で、大岩らに対しても物怖じせず、思ったことをはっきりと伝えてくる。


キャスト
内藤剛志
大岩純一 役
警視庁捜査一課長。400人以上の精鋭集団・捜査一課を束ねるリーダー。都内で起きた全ての凶悪事件現場に臨場し、各捜査本部の指揮に当たる。捜査員たちからの信頼も厚く、その業務は多忙を極める。一人娘を病で失った悲しい過去があり、月命日には娘の好物だったカレーとプリンを食べている。

松下由樹
今田美蓮 役
ファッションデザイナー。関東新聞社会部の記者だった夫が1年前に失踪している。娘の亜希はモデルとして活動中。

三吉彩花
妹尾萩 役
新宿中央署の刑事課に配属されたばかりの新人刑事。母親の仕事の関係で海外生活が長かったため、日本人らしくその場の空気を読んだり、相手の心を察することが苦手。思ったことをはっきりと伝える性格。

金田明夫
小山田大介 役
警視庁捜査一課・庶務担当管理官。大岩の右腕として捜査を進める頼れる存在。多数の捜査員を動員して行う“大捜索”で目標物を探し当てる能力が人一倍高いことから、“見つけのヤマさん”とも呼ばれている。恐妻家で、妻には弱い。

スタッフ
脚本:深沢正樹、田辺満
監督:池澤辰也、木川学、濱龍也
プロデューサー:関拓也、残間理央、島田薫

『警視庁・捜査一課長2020 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索