2020年04月06日

四月一日さん家と TOP

『四月一日さん家と』(わたぬきさんちと)は、2020年4月6日(5日深夜)から、テレビ東京系(毎週日曜 25:35〜26:05)にて放送。


前作
『四月一日さん家の』(わたぬきさんちの)は、2019年4月19日から同年7月5日まで、テレビ東京系・ドラマ25枠(毎週金曜 24:52〜25:23)にて放送。全12話。


各話あらすじ
第1話 2020年4月5日「四月一日さん家と出戻り」
 東京都江東区の門前仲町に暮らす、四月一日(わたぬき)家の3姉妹。結婚した次女・二葉(猿楽町双葉)が家を出て、長女・一花(ときのそら)と三女・三樹(響木アオ)の2人暮らしに。そんなある日、謎の女子高生・生子(物述有栖)が訪ねて来る。一方、カラオケバーのママを始めた二葉も、バイト仲間たちと一緒に四月一日家のドタバタに巻き込まれていく。

第2話 2020年4月12日「四月一日さん家と新参者」
 「あなた達の妹です」突如、四月一日家に訪れた白鳥生子(物述有栖)は三姉妹の妹を名乗る。困惑する三樹(響木アオ)をよそに、一花(ときのそら)は生子をすんなりと受け入れる。最初は疑っていた三樹も、生子の生い立ちを聞くうちに妹だと信じ始める…。四月一日家は実は四姉妹だった!?

第3話 2020年4月19日「四月一日さん家と謎のイケメン」 
 二葉(猿楽町双葉)が働くカラオケバーに珍しくイケメンが来店する。よく見ると有名人のようだが、二葉には誰だか分からない。一花(ときのそら)たちの力も借りながら、そのイケメンがゴールデンボンバーの樽美酒研二であることを突き止める。ところがそこから三樹(響木アオ)の様子がおかしくなり…。まさかの樽美酒研二がVTuber化してゲスト出演!?

第4話 2020年4月26日「四月一日さん家と笑いのファンタジスタ」
 カラオケバーにお客さんを呼び込むために、漫才ショーを開催することに。いつもの如くネタを作りはじめた三樹(響木アオ)だったが、全く新しい笑いのスタイルを持つ生子(物述有栖)にかき乱されていく。三姉妹とは一味違うもふた味も違う、「四月一日家DE候」の新ジャル漫才が炸裂する…?!

第5話 2020年5月3日「四月一日さん家といたこ」
 霊能力者が儲かると聞いた一花(ときのそら)と生子(物述有栖)は「死者を降ろすことができる」と言い始める。最初は冗談半分だったが、生子が数珠を取りに行ったことから事態は急変。二葉(猿楽町双葉)も巻き込んだ四月一日家の大騒動に発展していく…。

第6話 2020年5月10日「四月一日さん家と形見の指輪」
 母親が三姉妹に遺した形見の指輪が無くなった!一花(ときのそら)は生子(物述有栖)を疑い始めるが、またしても迷探偵ぶりを発揮してしまう。事件は迷宮入りかと思われた時、意外な犯人が明かされる…!

第7話 2020年5月17日「四月一日さん家とドッペルゲンガー」
 二葉(猿楽町双葉)の店に、一花(ときのそら)そっくりの麗子がバイトの面接で訪れる。一方、生子(物述有栖)もコンビニで一花そっくりのメリーと遭遇。一花、麗子、メリーの3人がそろった時、四月一日家に異変が起こる…。

第8話 2020年5月24日「四月一日さん家と初恋」
 生子(物述有栖)が同級生から告白された!三樹(響木アオ)は任された台本の参考になると、告白した男子から色々と聞き出そうとする。本人そっちのけで盛り上がるなか、告白の裏に不気味な事件があることに気付いてしまい…。告白から始まるまさかのサスペンス!


概要
CGで描かれたキャラクターの表情や動きをリアルタイムで反映させる“バーチャルYouTuber(VTuber)”が出演し、話題となったドラマ「四月一日さん家の」の第2シリーズ。前作に引き続き、ときのそら、猿楽町双葉、響木アオが3姉妹を演じ、新レギュラーとして物述有栖が出演。他にもボイスドラマでも参加の天神子兎音、夏色まつり(ホロライブ)、大空スバル(ホロライブ)、朝ノ瑠璃(朝ノ姉妹ぷろじぇくと)もゲストとして登場する。

脚本には、お笑いコンビ・かもめんたるの岩崎う大、さらば青春の光・森田哲矢ら各界の異才が集結。さらにパワーアップした四月一日家周辺で巻き起こるドタバタな日常を描く。


ストーリー
東京都江東区・門前仲町。長女・一花(ときのそら)、次女・二葉(猿楽町双葉)、三女・三樹(響木アオ)の四月一日3姉妹は、母親が幼少期に他界し、父親が一昨年に亡くなっている。二葉が結婚して家を出て、一花と三樹の2人暮らしになったある日、四月一日家に女子高生・白鳥生子(物述有栖)が訪ねてくる。

一方、住まいを移した二葉はカラオケバー「まさこ」でアルバイトを始めていた。まさこママの娘・大森神生湖(天神子兎音)、酒屋の看板娘・若木春(夏色まつり)、さらには3姉妹のいとこ・雨夜瑠美(朝ノ瑠璃)ら個性的な面々も加わり、四月一日3姉妹と居候女子高生の日常は上へ下への大騒ぎとなっていく。


キャスト
ときのそら
四月一日一花 役
四月一日家の長女。大学卒業後、アルバイトをしながら声優をしており、少しだけ売れてきた。本人はしっかり者のつもりだが、真面目系の天然で妹思い。幼少期、母親が亡くなった時にアニメに救われたため、アニメ好きになり、声優を目指すように。「恋愛より仕事」と常に言っているが、本当は男性に対してどう接してよいか分からない。とても優しい母親的存在。

猿楽町双葉
四月一日二葉 役
四月一日家の次女。結婚して家を出たが、同じ街に住む幼稚園からの幼なじみ・かなこが営むカラオケバー「まさこ」で雇われママをやることに。3姉妹のいとこや酒屋の看板娘、演劇少女など個性の強すぎるアルバイトと共にお店を切り盛りする。姉妹の中では最も理性的でデキるタイプ。

響木アオ
四月一日三樹 役
四月一日家の三女。理工学部に通う現役女子大生。姉妹の中で一番冷静で、責任感が強いしっかり者。IT系会社の起業を目指していたが、お笑いの道も捨てきれずにいる。頭がよく数字には強いが、会話の最中に考えすぎて主旨から逸脱してしまうことも。幼い時に母を亡くしたため、普段は出さないが母親の愛情に飢えている。

物述有栖
白鳥生子 役
突如現れた謎の女子高生ニューカマー。おしとやかなお嬢さまに見えて、実はかなりの天然。ひょんなことから四月一日家に住むことになり、3姉妹と共にドタバタな日常を繰り広げることに。実は普段の振る舞いからは想像できない、複雑な家庭環境を持っている。北欧メタルが大好きで、室内着はいつもメタルTシャツ。斬新すぎるセンスで三樹を翻弄する。

スタッフ
脚本:岩崎う大、熊本浩武、竹村武司、土屋亮一、鳥山フキ、堀雅人、森田哲矢
プロデューサー:五箇公貴、赤木央哉、赤津慧

エンディング:花が咲いたら/ジ・エイプリルフールズ


番組公式サイト
四月一日さん家と - Wikipedia

『四月一日さん家と TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索