2020年04月01日

いいね!光源氏くん TOP

NHK総合の「よるドラ」枠でテレビドラマ化され、2020年4月4日から同年5月23日まで、毎週土曜23時30分から23時59分に放送中。全8回予定。主演は千葉雄大。


各話あらすじ
第1話 2020年4月4日「平安のいけめん現る?」
 週末、会社員の沙織(伊藤沙莉)がすだれとお香をセットして非日常の解放感に浸っていると、突然、平安時代の装束をまとった男性(千葉雄大)が現れる。不審者と思った沙織はバットで殴り、警察に通報。だが、「光源氏」と口にした沙織を男性は抱擁し、痴話げんかと勘違いした警察官は退去する。沙織は人助けのつもりで、その男性・光をしばらく住まわせることに…。

第2話 2020年4月11日「ひもなのに朝帰り?」
 沙織(伊藤沙莉)が出社している間、家にやって来た妹の詩織(入山杏奈)は、光(千葉雄大)に遭遇し、彼と街へ。帰宅した沙織は光の姿が見当たらず心配するが、光は詩織と一緒に帰ってくる。沙織は詩織から、光を恋人だと勘違いされ、否定。だが、関係をうまく説明できない。翌日、光から身の上を聞いた沙織は、彼が「源氏物語」に登場する本物の光源氏かもしれないと思い始める。

第3話 2020年4月18日「だいえっとはお好き?」
 光源氏(千葉雄大)は、平安時代では口にすることがなかった甘いスイーツに夢中になり、だんだん太り気味になる。それにつられて自分の体形も気になりだした沙織(伊藤沙莉)は、ダイエットのために光と一緒に運動しようとするが、走る経験が無かった光は元いた世界への郷愁に駆られるようになっていく。そんな光の本心を知った沙織は、どうやったら光が元の源氏物語の世界に戻れるのか、いろんなことを試してみるが…

第4話 2020年4月25日「らいばるにご用心?」
 光源氏(千葉雄大)がどこかへ消えてから意気消沈の日々を送る沙織(伊藤沙莉)はある晩、すだれの音で目が覚めて狩衣姿の男の後ろ姿を発見。光が戻って来てくれたと思い喜んで抱きつくが、振り返ったら見も知らぬ男(桐山漣)で、話をするうちに源氏物語で光のライバル的な存在の頭中将(この時は三位中将)だとわかる。沙織は、もしかしたら光の居場所がわかるかもしれないと思い、しばらく中将を家に居候させることにする。

第5話 2020年5月2日「恋は食品さんぷる?」
 沙織(伊藤沙莉)の部屋が手狭なため、中将(桐山漣)は詩織(入山杏奈)の友人・カイン(神尾楓珠)の広い部屋に居候させてもらうことに。ある日、中将はカインが勤めるホストクラブに体験入店。ところが、ナンバーワンホスト・ヒカル(町井祥真)に付いて接客の様子を見た中将は、男女のやりとりに違和感を覚える。一方、光(千葉雄大)と沙織は音沙汰のない中将が元気なのか心配になる。

第6話 2020年5月9日「ないすとぅみーちゅー?」
 光(千葉雄大)は、沙織(伊藤沙莉)が婚活パーティーから帰った夜に泣いたと詩織(入山杏奈)に話す。女性は誰かに話を聞いてもらいたいものだと詩織から教えられた光は、積極的に沙織の話を聞こうとする。詩織の入れ知恵だと気付く沙織だが、光の気持ちがうれしい。そんな中、カイン(神尾楓珠)の家でパーティーが開かれる。沙織と中将(桐山漣)が親しげにしている様子を見た光は…。

第7話 2020年5月16日「ばっくとぅ京都?」
 多元宇宙論学者のフィリップ(厚切りジェイソン)から、光(千葉雄大)を元の世界に戻す手掛かりが京都にあると聞いた沙織(伊藤沙莉)は仕事を休み、光と中将(桐山漣)を連れて京都へ向かう。京の変わりように驚く光と中将だが、抹茶パフェにありつくと上機嫌になる。詩織(入山杏奈)も追ってきて3人に合流し、一行は目的地である宇治の「源氏物語ミュージアム」を訪れる。

最終話 2020年5月23日「光くんばいばい?!」
 光(千葉雄大)は沙織(伊藤沙莉)から「あなたが愛した人は誰一人幸せになっていない」と言われて以降、沙織と気まずい関係が続いていた。光は悩みを聞いてもらおうと中将(桐山漣)を飲みに誘う。一方、沙織はフィリップ(厚切りジェイソン)からの電話で光を元の世界に戻す方法を知る。沙織は迷った末、光に伝えようとするが、光から思いがけないことを告げられ動揺する。


原作概要
『いいね!光源氏くん』(いいね ひかるげんじくん)は、えすとえむによる日本の漫画。『FEEL YOUNG』(祥伝社刊)に2015年12月号から連載、FEEL COMICS swingから刊行されている。既刊3巻。現代の日本を舞台に雑貨メーカーに勤務するOLの沙織と、突然タイムスリップして沙織の部屋に現れた光源氏との交流を描くラブコメディ。


キャスト
光源氏 - 千葉雄大
「源氏物語」の中で雅(みやび)の世に生きていた平安貴族。なぜか現代の沙織の家に出現し居候することに。沙織から働くように言われて、和歌教室を開く。

藤原沙織 - 伊藤沙莉
地味で自分に自信がない“こじらせOL”。帰るところがないと困っている光源氏を仕方なく居候させる。初めは違和感を覚えつつも、徐々に光の存在に癒やされていく。

中将 - 桐山漣
光同様、「源氏物語」の世界から現代にタイムスリップしてきた。光に劣らぬプレーボーイ。

藤原詩織 - 入山杏奈
沙織の妹。キャバクラに勤務。姉思いで、光に対して素直になれない沙織にあれこれと助言する。

カイン - 神尾楓珠
源氏名がカインのホスト。詩織の友人で、中将を居候させる。

安倍課長 - 小手伸也

スタッフ
原作 - えすとえむ『いいね!光源氏くん』
脚本 - あべ美佳
音楽 - 小畑貴裕
主題歌 - 岡崎体育 「ニニニニニ」(SME Records)
演出 - 小中和哉、田中諭
制作統括 - 管原浩(NHK)、竹内敬明(テイク・ファイブ)
制作・著作 - NHK、テイク・ファイブ


番組公式サイト
いいね!光源氏くん - Wikipedia

『いいね!光源氏くん TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索