2020年03月31日

ギルティ〜この恋は罪ですか?〜 TOP

『ギルティ〜この恋は罪ですか?〜』(ギルティ このこいはつみですか)のタイトルで、2020年4月2日から読売テレビ「木曜ドラマF」枠(毎週木曜 23:59〜24:54)で放送中。全10話。主演は新川優愛。

第4話から、新型コロナウイルスの感染拡大で撮影スケジュールに影響が及び、延期となった。6月25日から再開。 8月6日に最終回が放送。


各話あらすじ 平均視聴率 3.95%
第1話 2020年4月2日「登場人物全員裏切り者! 最愛夫初恋の人と揺れる恋」 視聴率 3.4%
 広告代理店勤務の優しい夫・一真(小池徹平)と暮らす爽(新川優愛)は、ファッション誌編集者として仕事面でも充実し、アルバイトの寺嶋(神尾楓珠)にも憧れられる存在。そんな爽も子どもが欲しいことを一真に言い出せず、行きつけのバーで友人の瑠衣(中村ゆりか)に相談する。後日、爽は仕事の撮影で急きょ訪れたレストランで、店主で高校時代の元恋人・秋山(町田啓太)と再会する。
 
第2話 2020年4月9日「親友の裏の顔…動き始める初恋! 夫の本性が明らかに」 視聴率 4.4%
 秋山(町田啓太)の店に忘れ物を取りに行った爽(新川優愛)は、秋山の妻・美和子(徳永えり)と顔を合わせる。帰宅した爽は、自分のバッグにGPS発信機が入っていることに気付き、高校時代からの親友・若菜(筧美和子)に相談。浮気を疑う一真(小池徹平)が入れたか、一真が浮気をしているかという推測に動揺する。一真を疑って口論になった爽は、瑠衣(中村ゆりか)の元へ向かい…。

第3話 2020年4月16日「愛人と対決悪意の嘘が暴かれる! 苦しみ救う初恋の人」 視聴率 3.9%
 一真(小池徹平)のことで落ち込む爽(新川優愛)は仕事に集中できず、早退して若菜(筧美和子)の元へ向かう。帰り道、爽の行きつけのバーに寺嶋(神尾楓珠)の姿が。爽を心配して見舞いの品を持ってきたという。そこで爽は、寺嶋のアルバイトのきっかけが自分の記事だと知る。その後、瑠衣(中村ゆりか)と遭遇した爽は、彼女と口論に。混乱する爽を秋山(町田啓太)が呼び出し…。  

第4話 2020年6月25日「放送再開! 夫の正体…初恋の行方 新事実が明らかに!」 視聴率 3.9%
 瑠衣(中村ゆりか)から「一真(小池徹平)に子どもがいる」と衝撃の事実を告げられた爽(新川優愛)は、親友の若菜(筧美和子)にその事を相談する。しかし、若菜も爽の結婚式当日に優希(大西礼芳)からその話を聞いていたと打ち明ける。親しくしていた人達のさらなる裏切りの連鎖に追い詰められた爽の中には、救いを求めるように秋山(町田啓太)への思いがあふれ出していく。

第5話 2020年7月2日「夫と決別…予測不能の裏切り 地獄驚愕事実が明らかに」 視聴率 3.8%
 一真(小池徹平)が子持ちだと知り、打ちひしがれる爽(新川優愛)。寺嶋(神尾楓珠)は様子のおかしい彼女を気遣う。体調の異変に悩む爽は、公園で秋山(町田啓太)の妻・美和子(徳永えり)と遭遇し、秋山と7年前に交わした約束を思い返す。一方、一真を家に訪ねた瑠衣(中村ゆりか)は彼にある事実を告げる。そんなある日、出勤した爽は、会社の前で待つ秋山の姿を目にする。

第6話 2020年7月9日「逆襲開始! 裏切りの謎が明らかに 今夜、新たな衝撃が」 視聴率 3.9%
 周囲の裏切りに傷つき疲弊する爽(新川優愛)を秋山(町田啓太)は心配する。一真(小池徹平)を奪うためだけとは思えない瑠衣(中村ゆりか)の目的について頭を悩ませる爽は、若菜(筧美和子)と訪れた場所で意外な事実を知る。一方、瑠衣は爽の母・かすみ(戸田菜穂)の療養施設へ。そんな中、秋山の店にある人物がやって来る。それを見た美和子(徳永えり)は慌てて店を出て行く。

第7話 2020年7月16日「復讐の連鎖 愛した人との涙の決別 今夜、裏切り真相が」 視聴率 4.3%
 寺嶋(神尾楓珠)の正体に気付いた一真(小池徹平)は彼からの呼び出しに応じる。秋山(町田啓太)の言葉が頭をよぎる爽(新川優愛)は、一真を引き留める一方で、覚悟を決めて瑠衣(中村ゆりか)と対峙(たいじ)。彼女に宣戦布告をする。そんな中、一真は前妻である弥生(智順)と息子に関するある事実を聞き、動揺。そんな一真の前に爽がやって来る。一方、爽の宣戦布告を知った秋山は…。

第8話 2020年7月23日「最終章突入露わになる禁断の愛! 交錯する初恋が動く」 視聴率 4.3%
 爽(新川優愛)はゴシップを扱う週刊誌の部署へと異動に。編集部には同期の守屋(桜田通)がおり、爽は嫌みを連発する守屋を苦々しく思いながら仕事をこなす羽目になる。一方、美和子(徳永えり)の元に向かった瑠衣(中村ゆりか)は、用意した画像を見せ、彼女を揺さぶる。瑠衣の行動を危ぶむ秋山(町田啓太)は爽を思い、あることを決意。そんな中、爽の職場で騒動が起こる。

第9話 2020年7月30日「再開デート 運命を引き裂く狂気! 二人の恋の行方は?」
 爽(新川優愛)は守屋(桜田通)から遊園地のチケットを渡され、秋山(町田啓太)を誘うよう促される。一方、ある連絡を受けた秋山は、瑠衣(中村ゆりか)の元へ。瑠衣が母・明奈(矢田亜希子)に抱く思いを探る。そんな中、爽は意外な場所で元夫・一真(小池徹平)と遭遇。互いの家族について初めて素直に語り合う。さらに爽は一真と話すうち、瑠衣に関する新事実に直面する。

最終話 2020年8月6日
 爽(新川優愛)と秋山(町田啓太)は思い出の場所で見つめ合い、互いの思いを察する。一方、瑠衣(中村ゆりか)は「お兄ちゃんと一緒に暮らしたい」と口にし、秋山の反応をうかがいつつ、裏である決意を固めていた。一真(小池徹平)は寺嶋(神尾楓珠)を気に掛ける一方で、爽に対しやり直さないかと告げる。さらに一真は秋山の元へ。その頃、爽は母・かすみ(戸田菜穂)に本音をぶつけていた。


原作概要
『ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜』(ギルティ なかぬほたるがみをこがす、Guilty)は、丘上あいによる漫画。2017年9月15日からコミック配信サービス「まんが王国」で配信連載中。女性ファッション雑誌の編集者である女性が夫を始めとした周りの人間に次々と裏切りに遭うさまを描くラブサスペンス。


ドラマ概要
累計発行部数150万部を超える丘上あいの人気コミックを実写ドラマ化。信頼していた身近な人々に裏切られ、許されない純愛に苦悩しながらも強く生きる女性ファッション誌の編集者・荻野爽役で新川優愛が主演を務める。

爽が数々の裏切りに遭い、幸せを奪われるドロドロの人間関係とキュンキュンする恋愛が交錯する“ドロキュン”なラブストーリー。爽の高校時代の元恋人・秋山慶一を町田啓太、優しくて理解ある完璧な夫・一真を小池徹平が演じる。


ストーリー
女性ファッション誌の編集者・荻野爽(新川優愛)は、結婚6年目となる夫・一真(小池徹平)に子どもを持ちたいと打ち明けるが拒否されてしまう。落ち込んでいる爽に、友人の及川瑠衣(中村ゆりか)から連絡が入り、事のいきさつを話して慰められる。

そんなある日、仕事の撮影でイタリア料理店に向かった爽は、オーナーシェフで高校時代の初恋の相手・秋山慶一(町田啓太)と再会する。変わらない秋山の姿に爽は動揺するが、お互いに結婚していると分かり、複雑な思いを抱く。

そんな中、爽の会社の同期・横山優希が社内不倫をしていると知り、爽は「やめた方がいい」と忠告するが、翌日、優希の不倫写真が社内メールで流出して大騒ぎとなる。

キャスト
荻野爽〈29〉 - 新川優愛
女性ファッション誌の編集者。編集部の中でも頼れるエース的存在。筋の通らないことが許せない真っすぐな性格。6年前、仕事で知り合った一真と結婚。優しくて料理もこなす完璧な夫だが、恋人のような夫婦でいるのを望む一真と、子どもを持つことに関して意見が合わずに悩んでいる。

秋山慶一〈29〉 - 町田啓太(劇団EXILE)
イタリアンレストランのオーナー兼シェフ。爽の高校時代の初恋相手で初めての恋人。数年前に父が病気で他界し、父が営んでいた食堂を改装して小さなイタリアンレストランをオープンさせた。ぶっきらぼうだが本当は優しく、困っている人を放っておけない性格。

荻野一真〈34〉 - 小池徹平
爽の夫。広告代理店勤務。家事を分担するなど爽の仕事への理解もある優しい性格。いつまでも恋人同士のような夫婦関係を理想としており、爽にずっと奇麗でいてほしいという理由で、子どもを持つことを拒否している。

及川瑠衣〈25〉 - 中村ゆりか
爽の年下の友人。1年ほど前、行きつけのバー「チートン」の常連だった爽と出会い意気投合する。付き合っている恋人がニートのため、爽に愚痴を聞いてもらったり、爽から夫・一真との関係のことで相談を受けたりと、本音で話をする間柄。しかし、爽に話せない秘密を抱えている。

寺嶋睦月〈21〉 - 神尾楓珠
爽の勤務する編集部でアルバイトをしている大学生。爽やかな好青年。爽が担当した記事を読んで、編集の仕事に興味を持ったと話している。 爽のことが好きな素振りで、何かと気を使ってくるが、実は爽に隠している秘密がある。

小高かすみ〈50〉 - 戸田菜穂

秋山美和子〈31〉 - 徳永えり

西村若菜〈29〉 - 筧美和子

横山優希〈29〉 - 大西礼芳

龍〈29〉 - 阿部亮平

未来〈20〉 - 長井短

中村結〈25〉 - 結城モエ

スタッフ
原作 - 丘上あい 『ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜』(コミック配信サービス「まんが王国」配信連載中)
脚本 - 泉澤陽子、大江利江子、三浦希紗
監督 - 河原瑶、林雅貴、野田健太
音楽 - 中村巴奈重、田渕夏海
主題歌 - ToshI 「BE ALL RIGHT」(ユニバーサルJ)
チーフプロデューサー - 岡本浩一
プロデューサー - 中間利彦、黒沢淳(テレパック)、水野督世(テレパック)
制作協力 - テレパック
制作著作 - 読売テレビ


番組公式サイト
ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜 - Wikipedia

『ギルティ〜この恋は罪ですか?〜 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索