2019年12月28日

伝説のお母さん TOP

『伝説のお母さん』(でんせつのおかあさん)は、NHK総合テレビの「よるドラ」枠(毎週土曜 23:30〜24:00)で、2020年2月1日から同年3月21日まで放送された。全8話。前田敦子主演。


各話あらすじ(2020年2月1日 - 3月21日) 全8話
第1話 2020年2月1日「ほいくしょがあいていない!」
 魔法使いのメイ(前田敦子)ら伝説の勇者一行はかつて世界を支配しようとした魔王(大地真央)を撃退し、平和を取り戻した。今、メイは生後8カ月の娘の育児に奮闘している。だが魔王が復活し、メイは国王(大倉孝二)の士官・カトウ(井之脇海)から再び魔王討伐の旅に出てほしいと言われる。夫のモブ(玉置玲央)は頼りなく、娘を預ける保育所に空きがないため、メイは悩む。

第2話 2020年2月8日「こづれでいこうぜ」
 子連れで魔王(大地真央)討伐の冒険に出たメイ(前田敦子)を、仲間の盗賊・ベラ(MEGUMI)は叱る。だが、同じく仲間の僧侶・クウカイ(前原瑞樹)は「子連れで魔王に勝利したら格好良くないすか」と発言。賛同したリーダーのマサムネ(大東駿介)は冒険の継続を決め、メイに「伝説のお母さんになれ」と告げる。一方、魔王は人間が抱える問題を研究し次の攻撃を考えていた。

第3話 2020年2月15日「働"け"ざる者たち」
 カトウ(井之脇海)はメイ(前田敦子)の子育て問題を先に解決すべきと国王(大倉孝二)に直訴するが、逆に魔王(大地真央)討伐を急ぐよう言われてしまう。一方、ベラ(MEGUMI)は女手一つで育てる8歳の息子・ベル(林田悠作)をメイに預け、勤務先の盗賊会社の仕事に専念することになる。

第4話 2020年2月22日「ただの結婚ではないようだ」
 メイ(前田敦子)達はクウカイ(前原瑞樹)とポコ(片山友希)の結婚発表に沸く。だが戦士としてのキャリアを失いたくないポコが「子どもはいらない」と宣言し、2人の関係に暗雲が。クウカイは一子相伝の魔法を継承してきた両親・アキラ(大塚明夫)とアツコ(仙道敦子)の期待に応えようとしていた。一方、マサムネ(大東駿介)は魔王(大地真央)から意外なことを告げられる。

第5話 2020年2月29日「そして決断へ…」
 メイ(前田敦子)達は、魔王(大地真央)討伐に向けた決起集会を開く。そこへカトウ(井之脇海)がやって来て、「全員、魔王討伐のメンバーから外された」と告げる。新リーダーには、メイの後輩魔法使い・メルル(林田岬優)が任命され、国王(大倉孝二)主催で新たな討伐メンバーを選ぶトーナメントも行われるという。メイは子育てに専念できる状況に安堵(あんど)するが…。

第6話 2020年3月7日「眠れる勇者と導きの魔王」
 魔王(大地真央)討伐の新メンバーを選ぶトーナメントに出場したメイ(前田敦子)は、会場で夫・モブ(玉置玲央)と鉢合わせる。言い争う2人を笑って傍観する国王(大倉孝二)に、カトウ(井之脇海)が「陛下のせいです」と言ってしまったことから、モブが会社を解雇された裏事情が明らかに。ショックで家出したモブは、そこが魔界とは気付かず、マサムネ(大東駿介)の元に身を寄せる。

第7話 2020年3月14日「メイとモブと魔王と呪われし会談」
 「平和的に話し合いたい」という魔王(大地真央)側の要求が国王(大倉孝二)に伝わる。魔王のわなではと疑う国王は、メイ(前田敦子)やベラ(MEGUMI)らを再び集め、この機に乗じて魔王を生け捕りにする作戦を授ける。メイがモブ(玉置玲央)の育児に不安を抱く中、迎えた国王と魔王の首脳会談当日。メイ達が作戦を実行に移そうとしたその時、魔王は意外なことを口にする。

最終話 2020年3月21日「ろーど しますか?」
 パーティーから外され、子どもを連れてカトウ(井之脇海)の家を訪れたメイ(前田敦子)は、ある人物と出会い、モブ(玉置玲央)の元へ戻る決心をする。一方、魔王(大地真央)との決戦に挑むベラ(MEGUMI)達は、なすすべもなく敗北寸前まで追い詰められる。魔王がとどめを刺そうとした時、メイが救出に駆け付けた。ところが魔王は、メイ達の想像を超える力を身に付けていた。


概要
ロールプレーイングゲーム(RPG)の世界を舞台に、“伝説のお母さん”が魔王討伐に奮闘する姿を描く、ファンタジーなのにリアルな子育てストーリー。出産後初のドラマ主演となる前田敦子が、かつて勇者と共に魔王を撃退した魔法使いのメイ役に扮する。


ストーリー
かつて闇の力で世界を支配しようとした魔王を撃退し、世界の平和を取り戻した勇者一行。この戦いに参加した伝説の魔法使い・メイ(前田敦子)は、訪れた平穏な日々の中、めでたく第1子を出産する。

専業主婦として子育てに奮闘する日々を送っていたメイのもとに、ある日、魔王が封印を解かれて復活したという知らせが届く。国王(大倉孝二)は、伝説の一行に魔王討伐の命を下すが、0歳8カ月の娘・さつきを預ける保育所も空いていないばかりか、夫・モブ(玉置玲央)も頼りにならず、メイの現状はそれどころではなかった。

果たしてメイは、数々の障壁を乗り越えて「育児」と「世界平和」の両立を実現することができるのか!?


キャスト
伝説のパーティ
メイ - 前田敦子
かつて魔王を封印した史上最強の魔法使い。現在はワンオペの家事育児と戦う毎日。0歳8カ月の一人娘・さつきを抱え、初めての子育てに奮闘中。「家事育児はお母さんの仕事」という思いが強く、一緒に子育てしてくれない夫のモブにも強く言えない。

ベラ - MEGUMI
伝説のシーフ(盗賊)。あらゆる情報に精通し、世界を見通す。夫と離婚し、1人で8歳の息子・ベルを育てている。完全男社会な盗賊会社で戦うワーキングマザー。マイペースなメンバーをまとめる裏ボス的存在。

ポコ - 片山友希
伝説の戦士

クウカイ - 前原瑞樹
伝説のパーティに新加入した僧侶

マサムネ - 大東駿介
伝説の勇者。イクメン。商社勤務で男性の育休取得者第1号となったが、社内の風当たりは強く、疲弊している。リーダーっぽい決めゼリフを試みるが、根が適当なため大していいことは言えない。モブとは悪友同士。もうすぐ第2子が生まれる。目立ちたがり屋で持ち歌を持っている。

人間界
モブ - 玉置玲央
メイの夫。行き当たりばったりの性格。ゲームとゴロ寝が大好き。「男は一家の大黒柱」という思いも強く、メイに対してコンプレックスを隠し持っている。娘・さつきのことはかわいがっているが、オムツは替えられない。おだてに弱く、人はいい。

さつき - 岡部明花俐、岡部光花俐(2人1役)
メイとモブの娘、愛称はさっちゃん。

バーのマスター - 中村まこと

メルル - 林田岬優(第4話〜)
メイの魔法大学時代の3年後輩でカトウの同期の魔法使い。

国王に仕える大臣 - 大竹直、中藤奨、高橋義和

カトウ - 井之脇海
国王に仕える若き士官。実直な仕事ぶりで人望も厚い。10年前の魔王侵攻の際、メイに家族を救ってもらった。冒険と育児の両立に悩むメイを支えようと奔走するが、国王のムチャぶりに振り回され、いつも苦労が絶えない。

国王 - 大倉孝二
メイたちの国を統治する王さま。「私、偉い?」が口癖。士官のカトウや大臣たちをいつも困らせている。子育て政策には無関心。自国にラグビー世界大会を招致するのが夢。適当なようで、たまに鋭い発言をする。

魔界
リツ - 松岡恵望子
マサムネの妻、魔界にマイホームを持つ。

魔王の側近 - 村上新悟
復活を遂げた魔王が人間界の育児・家事事情を理解するための教材VTR(制作・著作:MHK)を制作している。

魔王 - 大地真央
魔界を支配する王。侵略のため人間を研究するも、魔族は雌雄同体であるため、「男だから」「女だから」という概念が理解できない。人間界の「ショウシカ」「ワンオペ」「タイキジドウ」に付け入った奇策を弄する。

魔界のお兄さん - 小林よしひさ

魔界のお姉さん - 上原りさ
側近が制作した教材VTRに登場。劇中では、「ショーシカ」・「マミートラック」・「大黒柱」(再生されず)について説明。

ゲスト
第1話
メイの母 - 梅沢昌代
料理番組の出演者 - 孫成順、吉田桃華

ピアンカ - 島田桃依
子育て担当課の職員
第2話
テレビリポーター - 阿部祐二(第5話)

第3話
ベル - 林田悠作
ベラの息子

第4話
タカギ - 杉浦太陽
勇者派遣会社「スクエニー」所属の派遣勇者。マサムネの代理でパーティに一時的に加入した。保育士、歯科衛生士、インテリアコーディネーターの資格を所持。

アキラ - 大塚明夫
クウカイの父

アツコ - 仙道敦子
クウカイの母

第5話
レフリー - お宮の松(第6話)
「魔王討伐パーティー選抜トーナメント」のレフリー。

ブレイブ・ドリーマー - 藤森慎吾(オリエンタルラジオ、写真のみの出演)
「魔王討伐パーティー選抜トーナメント」にエントリーした戦士。

修行の講師 - 益山貴司

第6話
ダンサー - 池田美千瑠

ヨシムネ
マサムネとリツの子ども。

最終話
クミコ - 安澤千草
カトウの母

スタッフ
原作 - かねもと『伝説のお母さん』
脚本 - 玉田真也、大池容子
予告編ナレーション - ましゅるむ(Youtuber)
CG制作 - 大月壮
劇中SNS制作 - 志村環、松田美喜子
グラフィック制作 - 勝木めぐみ
美術 - 小谷内理華、佐久間ゆかり
美術進行 - 浅沼道之、高橋尚孝、荘埜裕介、佐藤浩、金平裕之、椎名俊明
美術統括 - 小澤直行
装飾 - 松本吉正、落合生嗣
資料提供 - だっことおんぶの研究所
抱き方指導 - 中垣佳代子
メイク - 馬場五大、岡本侑子
ヘアメイク - 石月裕子、猪狩友介
衣裳制作 - 森まき
スタイリスト - 山エリ
編集 - 岡崎正亮
記録 - 村上律子
TD - 高口英史、酒井俊史
撮影 - 大石理沙、石橋正和、山口卓夫、高橋秀幸、岩崎巧
照明 - 阿刀田琢、関康明、山本大貴、鈴木勇人、菅原陽一郎、嶋岡万美子
音声 - 奥山操、佐藤生康、天利浩和、水野友晴、榎田大道
映像技術 - 岡本卓、山下輝良
音楽 - 宮崎誠
音響統括 - 吉田直矢
音響効果 - 佐藤あい、千本木真純
プロデューサー - 上田明子
制作統括 - 松川博敬、篠原圭、岡本伸三
演出 - 村橋直樹、佃尚能、二見大輔、田中健二
制作・著作 - NHK


番組公式サイト
伝説のお母さん - Wikipedia

『伝説のお母さん TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索