2019年12月28日

病室で念仏を唱えないでください TOP

『病室で念仏を唱えないでください』(びょうしつでねんぶつをとなえないでください)は、2020年1月17日からTBSテレビ系「金曜ドラマ」枠(毎週金曜 22:00〜22:54)で放送中。主演は伊藤英明。


各話あらすじ
第1話 2020年1月17日「僧侶であり救急医!型破りな男が命と心を救う!」 ※初回15分拡大(22:00 - 23:09)
 僧侶兼救命救急医の松本(伊藤英明)が働く「あおば台病院」の救命救急センターに交通事故の救急患者数人が運び込まれる。同僚医師・三宅(中谷美紀)らが様々な状態の患者の対応に追われる中、松本は車の助手席にいた容子(hitomi)の処置に。そこに容子の息子・将太(大西利空)が駆け付ける。直後、現れた容子の同乗男性の妻・みどり(黒沢あすか)はセンター長・玉井(萩原聖人)らを前に夫の浮気を騒ぎ立て、将太がそれを聞いてしまう。一方、有能な心臓血管外科医・濱田(ムロツヨシ)を迎え同院には変化の時が訪れる。

第2話 2020年1月24日「少年の涙僧医が起こす奇跡!」
 この日も、朝からあおば台病院の救命救急センターには、次々に急患が運び込まれていた。交通事故による大怪我で運ばれてきた患者・宮島隆弘(ナオト・インティライミ)は、意識が朦朧とした状態で、医師の三宅(中谷美紀)はじめ、研修医の田中(片寄涼太)や看護師の堀口(土路生優里)が処置にあたっていた。

第3話 2020年1月31日「爆発事故炎の中の恩人を救え」
 交通事故で入院中の宮島(ナオト・インティライミ)が姿を消す騒動が発生。「楽になりたい」という宮島の心の健康まで気に掛ける松本(伊藤英明)と、救命という救急医の本分を守るべきだという三宅(中谷美紀)は意見が対立する。そんな折、松本はスポーツジムで児嶋(松本穂香)と遭遇。児嶋は松本に、濱田(ムロツヨシ)が心臓血管外科に来てから、執刀の機会が減ったとこぼす。

第4話 2020年2月7日「救命拒否奇跡起す千手観音!?」
 全ての患者を受け入れたいと言う松本(伊藤英明)に研修医の田中(片寄涼太)が反発。大病院の御曹司である田中は医療には限界があると考えていた。一方、児嶋(松本穂香)は濱田(ムロツヨシ)から手術の助手に指名され、救急と関わらないよう忠告される。そんな折、階段から転落した男性・長沢(本並健治)が一刻を争う容体に。ところが、駆け付けた長沢の妻・奈穂(中島ひろ子)が手術の中止を訴える。

第5話 2020年2月14日「熱血僧医VS天才医!新章突入」
 松本(伊藤英明)は師匠・円明(団時朗)の寺で失意にさいなまれていた。救命救急センターには、松本の頼みを受けた整形外科医・藍田(堀内健)や、児嶋(松本穂香)が合流する。そんな折、円明の元に旧知の老人・石川が危篤との連絡が届く。少年時に温かく接してくれた石川を覚えていた松本は、行かせてほしいと懇願。初めて触れた臨終の形に医師としての在り方を考える。

第6話 2020年2月21日「僧医に嘘つかないでください」
 児嶋(松本穂香)が、目指す救急医として三宅(中谷美紀)の名前を挙げ、誘った松本(伊藤英明)は複雑な気持ちに。そんな中、救急受け入れ要請が相次いで入る。態勢を整えた一同は、ボウリング場から搬送された患者にあぜん。一方、建設現場のパネル落下事故では、1人目の患者は脚を骨折、2人目は意識不明となっていた。2人目の顔を見た三宅は動揺して動きが止まってしまう。

第7話 2020年2月28日
 松本(伊藤英明)は、延命治療を拒む憲次(泉谷しげる)を説得しようと宮寺家を訪れるが、意見が対立し、口論になる。そんな折、病院にも延命治療を望まない末期がん患者が搬送されてきて、松本はその人と向き合うことに。直後に交通事故で搬送されてきた少年には心臓付近に手術痕があった。松本が緊急手術を始めようとした矢先、濱田(ムロツヨシ)が手術室に入ってきて…。

各話視聴率


原作概要
『病室で念仏を唱えないでください』(びょうしつでねんぶつをとなえないでください)は、こやす珠世による日本の漫画。小学館の『ビッグコミック増刊号』に2012年8月17日号から連載されている。また、『ビッグコミック』(同社刊)本誌にも出張掲載されている(2012年 - 2013年、2020年に短期連載)。


ドラマ概要
こやす珠世の同名漫画を原作に、僧侶でもある救命救急医・松本照円の奮闘を通して、「生きること」を問う医療ヒューマンストーリー。TBSの連続ドラマは12年ぶりの主演となる伊藤英明が、肩まで長かった髪をばっさりと落とし、丸刈りで異色の役柄に挑む。


ストーリー
幼少期に目の前でおぼれている幼なじみを救えなかったことから仏門に入り、大切な人の死を前にして命を救いたいという思いから医者を志した松本照円(伊藤英明)。病院では救命救急医として医療に従事しながら、霊安室での枕経や、終末期の患者の心のケアといった僧侶としての仕事も兼任している。

救急センターに運び込まれた患者の処置に法衣のまま当たることもあり、時に患者に「自分が亡くなってしまったのでは?」と勘違いさせるなど、騒動を起こしてしまうことも。また、何かにつけて念仏を唱えたり説法をするため、同僚からはしばしば煙たがられるが、本人は医師としても僧侶としても明るく真面目に日々取り組んでいた。


キャスト
松本照円(照之) - 伊藤英明(幼少期:吉田日向)
あおば台救命救急センターの救命救急医であり、病院付きの僧侶。僧侶としての名が照円で、本名は照之。幼なじみを自分のせいで亡くしたと考え、トラウマから仏門に入り、たくさんの命を救うために医師となる。病室で念仏を唱えると、「縁起でもない」と嫌がられている。僧衣姿のまま救急医療にあたることも。

濱田達哉 - ムロツヨシ
エリート心臓血管外科医。医学会でも一目置かれる存在で、心臓外科の中でも特に難しいとされる小児心臓血管外科手術も手掛ける。「美しいオペ」を信条としているため、命を救うためであればむちゃにも見える処置をもいとわない松本と、事あるごとに衝突する。

児嶋眞白 - 松本穂香
濱田の下で働く新人心臓外科医。能力は高いがプレッシャーに弱い。濱田の前立(第一助手)をしていた際にミスをして役立たず扱いされてから、干され気味に。松本と出会い、目の前の命を助ける救命救急に携わりたいと思い始める。

田中玲一 - 片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)

小山内みゆき - 唐田えりか

吉田太郎 - 谷恭輔

長見沙穂 - うらじぬの

堀口瑠衣 - 土路生優里

宮寺あや - 土村芳

瀬川修二 - 安井順平

藍田一平 - 堀内健

おばちゃん - 宮崎美子

澁沢和歌子 - 余貴美子

宮寺憲次 - 泉谷しげる

玉井潤一郎 - 萩原聖人

三宅涼子 - 中谷美紀
松本の同僚。腕のいい仕事のできる救命救急医。松本のことを「念仏くん」と呼んでいる。サバサバとした性格の現実主義者。一方で繊細な一面も併せ持つ。容姿端麗だが少し抜けたかわいらしい一面も。松本とは衝突することも多いが、互いの実力を認め合い、信頼関係を築いている。

スタッフ
原作 - こやす珠世 『病室で念仏を唱えないでください』(小学館「ビッグコミック」連載中)
脚本 - 吉澤智子
音楽 - 井筒昭雄
主題歌 - 三浦大知「I'm Here」(SONIC GROOVE)
編成 - 渡瀬暁彦
医療監修 - 林宗博(日本赤十字社医療センター)、渡部広明(島根大学医学部附属病院)、山岸俊介(イムス東京葛飾総合病院)
仏事監修 - 新倉典生(善立寺住職)
チャプレン監修 - 谷山洋三(東北大学大学院文学研究科)
演出 - 平野俊一、岡本伸吾、泉正英
プロデューサー - 峠田浩
製作著作 - TBS


番組公式サイト
病室で念仏を唱えないでください - Wikipedia

『病室で念仏を唱えないでください TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索