2019年12月28日

アライブ がん専門医のカルテ TOP

『アライブ がん専門医のカルテ』(アライブ がんせんもんいのカルテ)は、フジテレビ系「木曜劇場」枠(毎週木曜 22:00〜22:54)で、2020年1月9日から同年3月19日まで放送された。全11話。倉光泰子のオリジナル作品で、主演は松下奈緒。


各話あらすじ(2020年1月9日 - 3月19日)全11話 平均視聴率 7.02%
第1話 2020年1月9日「発生箇所不明のがん…治療不能からの逆転劇!新医療ドラマ始動」
 腫瘍内科医の心(松下奈緒)は、職場の総合病院で「オンコロ先生」と呼ばれて親しまれていた。全ての領域のがんに対して患者に合わせた治療を提供する腫瘍内科は常に人材不足で、部長の阿久津(木下ほうか)は研修医の結城(清原翔)と奈海(岡崎紗絵)を勧誘していた。ある日、心は患者の検査の件で、病院に移って来たばかりの消化器外科医・薫(木村佳乃)に助けられる。その後、心は原発不明がんで余命宣告を受けたという女性から、治療方針の相談を受ける。

第2話 2020年1月16日「知られざる男性乳がん…患者達がつなぐ希望」
 腫瘍内科医の心(松下奈緒)は、乳がん患者の莉子(小川紗良)を診察。莉子は手術を遅らせたいと言うが、研修医の結城(清原翔)はその気持ちが理解できず、同僚の奈海(岡崎紗絵)と言い合いに。そんな中、心は意識不明の夫・匠(中村俊介)に関する義父・京太郎(北大路欣也)の言葉に傷つき、仲良くなった消化器外科医・薫(木村佳乃)に愚痴をこぼす。一方、莉子と話した結城は…。

第3話 2020年1月23日「愛する家族最期の時間…在宅医療という選択」
 心(松下奈緒)が治療を担当する末期がん患者・陽子が救急搬送されてきた。心は緩和医療への切り替えを提案し、陽子もそれを希望するが、夫の修造は複雑だ。さらに在宅医療かホスピスかを巡り、娘2人を含む家族の中で意見が割れてしまう。心は、陽子と夫・匠(中村俊介)の状況を重ねて思い悩む。一方、薫(木村佳乃)は、ジムで関河(三浦翔平)という男性と知り合う。

第4話 2020年1月30日「愛する人を亡くしたら…悲しみを癒やす医療」
 匠(中村俊介)のことを考える心(松下奈緒)と京太郎(北大路欣也)は、元気がない漣(桑名愛斗)を思いやる。そんな中、出勤した心に警察から連絡が。そこで心は、匠が事故に遭った現場にいた理由を知る。一方、治療の副作用について説明を受けた乳がん患者の莉子(小川紗良)は、同じ病気を経験した薫(木村佳乃)に相談を持ち掛ける。その頃、心は京太郎の様子が気になり…。

第5話 2020年2月6日「離婚調停中の母親を襲う希少がん光射す逆転の治療法」
 心(松下奈緒)は希少がんの患者・春香を診察。夫と中学生の息子がいる春香は仕事が決まったばかりで、入院はできないという。同じ頃、薫(木村佳)の元上司・須藤(田辺誠一)の前に関河(三浦翔平)が現れていた。後日、春香の治療方針について他科の医師らと話し合った心は、春香が抱えている事情を知り、迷いが生じる。一方、病院内では、薫に関するある噂が広まる。

第6話 2020年2月13日「娘を救いたい!父の切実な想い…標準治療と民間療法」
 ジャーナリストの関河(三浦翔平)が薫(木村佳乃)らの周囲を探る中、薫はある決意を固める。一方、手術を控えた民代(高畑淳子)と話し、思い迷う心(松下奈緒)は、結城(清原翔)と共に患者の絵麻とその両親へのがん告知に臨む。その後、心と薫は民代の手術を巡って意見が衝突。そんな中、抗がん剤治療に否定的な絵麻の父が突然現れ、絵麻を連れ帰ろうと騒動を起こす。

第7話 2020年2月20日「がん再発の父と引きこもりの息子6030問題」
 心(松下奈緒)は結城(清原翔)と共に、がんの手術から3年後に転移が認められた患者・武井(平田満)と向き合う。入院を拒否し、息子・健太(篠原篤)の話題をはぐらかす武井に、心は何か事情があると考える。一方、薫(木村佳乃)は前の職場へ。後日、結城に自身の余命を問い詰めた武井が診察に現れず、心は武井の自宅に向かう。そんな中、心に須藤(田辺誠一)から連絡が入る。

第8話 2020年2月27日「男子高生のがん患者と母の想い…涙を笑顔に変える日」
 民代(高畑淳子)が抗がん剤治療を続けないと決め、戸惑う心(松下奈緒)は薫(木村佳乃)に相談する。病棟では、18歳の和樹が2度目となるがんの再発で入院。発病時の9歳の和樹を知る光野(藤井隆)の話を聞き、奈海(岡崎紗絵)は彼を励まそうとするが、はねつけられてしまう。一方、民代は莉子(小川紗良)と知り合う。後日、奈海は和樹が書いたブログを目にして…。

第9話 2020年3月5日「妊婦のがん子供か母か…2つの命を守れるか」
 心(松下奈緒)の元患者でもある妊娠初期の静(山田真歩)が切迫早産で搬送されてきた。検査でがんの再発が判明し、心と薫(木村佳乃)は治療を優先することを勧めるが、静も夫の敬(落合モトキ)も中絶を拒否する。一方で、莉子(小川紗良)から民代(高畑淳子)の様子を聞いた心は、莉子のテーブルに静が編集長を務めるがん関連情報のフリーペーパーがあることに気付く。考え込む心に、ある知らせが入る。

第10話 2020年3月12日「すい臓がん難手術と兄弟愛…二人の女医、最後の試練」
 手術を控えるがん患者・佐伯の弟が、実績のある病院への転院を宣言。医局では、研修終了が近づく結城(清原翔)や奈海(岡崎紗絵)が進路に悩む一方で、心(松下奈緒)に仕事のオファーが舞い込む。そんな中、佐伯の転院を断りに現れた大手病院の理事が、結城の母親と判明。心と薫(木村佳乃)は、急ぎ佐伯の手術準備を進めるが、佐伯は転院しろと譲らない弟と口論になる。

最終話 2020年3月19日「がん再発を越え…生きる希望を全ての人へ」
 薫(木村佳乃)の‘記念日’の告白により、心(松下奈緒)と薫の生活が慌ただしくなる中、食道がんの患者・千寿子の手術が決まる。千寿子は執刀医の薫に、手術の日程を遅らせてほしいと言い出す。結婚を控えた娘・麗奈に予定通りに挙式させたいという。だが、麗奈は心に手術を優先するよう願い出る。一方で、心は自身の進む道や、患者の治療と生きがいについて悩み…。

各話視聴率


概要
日本のテレビドラマとして初めての、腫瘍内科を舞台にしたメディカル・ヒューマンドラマ。日本ではまだ比較的数の少ない“がん診療のスペシャリスト”である腫瘍内科医と、有能な消化器外科医を中心に、がん治療の最前線で闘う医師と患者の姿を描き出す。


ストーリー
横浜みなと総合病院で、本人の名前とかけて“オンコロ先生”と呼ばれている腫瘍内科医の恩田心(松下奈緒)は、「治るか治らないかではなく、患者の人生に寄り添うこと」をモットーに、誰よりも真摯にがん患者に向き合っていた。

そんなある日、心は、移籍してきた有能な消化器外科医・梶山薫(木村佳乃)と出会う。腫瘍内科の必要性を理解してくれる外科医として、そして、太陽のように明るい性格で支えてくれる同僚として、大切な友人となった薫との出会いは、心にとって、公私ともに突然差し始めた一筋の光のようだった。しかし、実は薫は、心には言えない秘密を抱えていた。


キャスト
恩田心(おんだ こころ)
演 - 松下奈緒
主人公。神奈川県横浜市の横浜みなと総合病院の腫瘍内科医。周囲からは名前を略して“オンコロ先生”と呼ばれている。
医学部卒業後は放射線科に進むが、より多くのがん患者を救いたいという強い思いから、腫瘍学を学んだのち腫瘍内科への転科を決める。

梶山薫(かじやま かおる)
演 - 木村佳乃
横浜みなと総合病院の消化器外科医。物語が開始する1週間前に関東医大中央病院から転院してきた。
“サイレントキラー”と称される膵臓がんの手術におけるスペシャリスト。それ故にがんに関する知識は豊富である。しかし、バディを組むことになる心にも話せない隠された秘密を抱えている。

横浜みなと総合病院
腫瘍内科
結城涼(ゆうき りょう)
演 - 清原翔
横浜みなと総合病院の研修医。
物事をはっきりと言う性格のため、周りから誤解されることがある。冷静沈着でありながら、素直になれない不器用な性格である。家系が外科医であるため、本能的に外科医を目指している節がある。

夏樹奈海(なつき なみ)
演 - 岡崎紗絵
横浜みなと総合病院の研修医で結城とは同期。あるきっかけから小児科医を目指している。
真面目で努力家だが、時折羽目を外してしまう。

光野守男(みつの もりお)
演 - 藤井隆
横浜みなと総合病院の腫瘍内科医で心の同僚。
元は麻酔科に所属していたが、5番目の子供ができたこともあり、勤務時間が安定している腫瘍内科に異動した。腫瘍内科医としてのキャリアは浅いが、大変明るく朗らかな性格のため、医師や患者たちからの信頼度は厚い。

阿久津晃(あくつ あきら)
演 - 木下ほうか
横浜みなと総合病院の腫瘍内科の部長。病院内に腫瘍内科を創設した人物。
基本的に診療は心に任せているが、心をはじめとする部下たちに対しては極めて寛容。開放的で明るい性格。

婦人科
前園敬之(まえぞの のりゆき)
演 - 高橋洋(第1話・第5話・第9話)

消化器外科
美川史郎(みかわ しろう)
演 - 阿南健治(第1話・第6話・最終話)
消化器外科の部長。薫の上司。

看護師
松井聡
演 - 松本慎司

渡辺
演 - 田川可奈美

病院関係者
高坂民代(こうさか たみよ)〈64〉
演 - 高畑淳子(第1話 - 第10話)
長年通院している全身がんの患者。そのため、病院内の事情に詳しい。 元化粧品メーカーの美容部員。
心が一貫して担当しているが、薫からも診療を受けている。

佐倉莉子(さくら りこ)〈26〉
演 - 小川紗良(第2話 - 最終話)
会社員。ある日乳がんが見つかり、心の診察を受ける。
全摘手術の話を心から聞かされ、現実を受け入れられなくなるが、心と薫の説得により、手術と抗がん剤治療を受ける事を決断する。

恩田家
恩田匠(おんだ たくみ)〈45〉
演 - 中村俊介
心の夫。
父の京太郎に憧れ小説家になったが全く売れておらず、生計は心に任せて、自身は家事と漣の育児を務めていた。意識不明の重体。

恩田漣(おんだ れん)
演 - 桑名愛斗
心と匠の一人息子。小学1年生。

恩田京太郎(おんだ きょうたろう)
演 - 北大路欣也
匠の父。職業は脚本家。

関東医科大学附属中央病院
須藤進(すどう すすむ)
演 - 田辺誠一
消化器外科の副部長。薫の元上司。

その他
関河隆一(せきかわ りゅういち)
演 - 三浦翔平(第3話 - 第7話)
スポーツジムで薫に近づいてきた謎の男性。
正体は医療ジャーナリストであり、過去にある病院で起きた医療過誤について調査している。

ゲスト
第1話
村井恵子(むらい けいこ)〈55〉
演 - 石野真子
原発不明のがんを患っている女性患者。
余命3ヶ月を宣告されているため医師からホスピスの入寮を勧められているが、本当に助からないのか否かを確かめるために、結婚を約束している忠司とともに心のもとを訪れる。

山本忠司(やまもと ただし)
演 - 田口トモロヲ
恵子の大学時代の同級生。恵子とは結婚を約束している。
原発不明のがんを患っている恵子と共に心のもとを訪れる。

殿山俊樹(とのやま としき)〈38〉
演 - 石田明(NON STYLE)
美川の親友の病院から転院してきた患者。
胃がんの肝転移ステージ4という診断を受けていたが、それは画像のみの診断であり、肝生検を行った結果、胃、肝臓共に初発のステージ1のがんである事が判明した。

第2話
日ノ原徹(ひのはら とおる)〈58〉
演 - 寺脇康文
男性乳がんを患っている患者。かつては妻と娘の3人暮らしだったが、離婚して現在は独り暮らし。
乳腺科で発症率が1%に満たない男性乳がんと診断され困惑する。

赤城紀子(あかぎ のりこ)
演 - ふせえり
徹が乳腺科で出会った乳がん患者。“おせっかいババア“を自称しており、男性にして乳がんを患っている徹の手助けをした。緩和ケアを別の病棟で受けている。

佐倉裕子(さくら ゆうこ)
演 - 村岡希美
莉子の母。手術に来なかった莉子を病院に連れてくる。

吉田葵(よしだ あおい)
演 - 宮澤竹美
莉子の友人。

第3話
木内陽子(きうち ようこ)
演 - 朝加真由美
複数のがんを患っている患者。
抗がん剤治療による身体の負担を軽減させるために緩和治療を打診される。

田所歩美(たどころ あゆみ)
演 - 三倉茉奈
陽子の次女。
心から打診された母への緩和治療の方針を受け入れられず、抗がん剤治療の続行を望む。

猪瀬浩美(いのせ ひろみ)
演 - 野田久美子
陽子の長女。
心からの説明を受け、母への緩和治療の方針に賛成するが、在宅医療については同じく家庭を持つ妹と共に反対している。母を苦しませたくないと思っているため、抗がん剤治療の続行を望む妹と対立してしまう。

木内修造(きうち しゅうぞう)
演 - 遠山俊也
陽子の夫で浩美と歩美の父。

川谷潤平(かわたに じゅんぺい)〈45〉
演 - 生津徹
4年前に肝臓がんを切除するも、再発を宣告された患者。妻の美沙と息子が1人いる。

川谷美沙(かわたに みさ)
演 - 小出ミカ
潤平の妻。

第4話
中山
演 - 佐藤みゆき
出版社「徳文社」の社員。

森川
演 - 三浦誠己
半年前に妻を亡くした男性。妻の担当医だった阿久津からグリーフケアを受けている。

第5話
長尾春香(ながお はるか)〈40〉
演 - 遊井亮子
希少がんの一種である粘液型腫瘍肉腫を患う患者。夫と別居中で、息子の優斗の親権を争っている。

長尾優斗(ながお ゆうと)
演 - 南出凌嘉
春香の息子。
夜中にこっそり家から出ようとして二階の窓から落下し左腕を骨折、母である春香が通う横浜みなと総合病院に搬送された。

本間
演 - 伊藤洋三郎
北陸総合病院の医者。

第6話
土方絵麻(ひじかた えま)〈27〉
演 - 清水くるみ
若くしてステージ3の胃がんを患う患者。心から抗がん剤治療を勧められる。

土方徳介(ひじかた とくすけ)
演 - ベンガル
絵麻の父。病院が勧める標準治療に懐疑的である。

土方律子(ひじかた りつこ)
演 - 宮田早苗
絵麻の母。

第7話 
武井正弘(たけい まさひろ)〈65〉
演 - 平田満
3年前に膀胱がんを患い膀胱を摘出するも、肺への転移が発覚し、がん性胸膜炎を診断される。心から入院し抗がん剤治療をする事を勧められたが、自宅に引きこもっている息子の健太を気にかけており、息子のために入院を拒む。
後日、呼吸不全を起こし、健太の119番通報により心の病院に搬送される。

武井健太(たけい けんた)
演 - 篠原篤
正弘の息子。自宅に引きこもっている。父とは、母が10年前に亡くなって以降一切話をしていない。
呼吸不全により苦しむ父を見つけ、119番通報をする。

第8話
井上和樹(いのうえ かずき)
演 - 萩原利久
横浜東高校に通う高校3年生のがん患者。
幼い頃からがんで入退院を繰り返し、大学進学を目前に胚細胞腫瘍の再発を診断された。
自身のがん闘病の体験を綴ったブログを運営しており、読者から“希望“と呼ばれている。入院後もブログを更新しているが、がんの再発を隠し、「免許を取って初ドライブ」や「家族とスキー」などの嘘を綴っている。

井上弥生(いのうえ やよい)
演 - 安藤玉恵
和樹の母。

第9話
小山内静(おさない しずか)〈39〉
演 - 山田真歩
切迫流産で緊急搬送されてきた妊婦。5年前に大腸がんを患い、無事に退院して凍結保存した卵子を用いて妊娠したが、搬送されてきた際の検査でがんが肝臓に転移していたことが発覚した。
心は静に妊娠の継続は難しく、母体の命を優先したいと話すが、夫の敬と共に中絶を拒んだ。
大腸がんになった後、出版社を退社し“NOT ALONE“というフリーペーパーの編集長に転身し、がんに関する情報やがんサバイバーの体験記を執筆している。

小山内敬(おさない たかし)
演 - 落合モトキ
静の夫。

第10話
佐伯芳雄(さえき よしお)
演 - 相島一之
すい臓がんの患者。隼人の兄。

佐伯隼人(さえき はやと)
演 - 丸山智己
芳雄の弟。芳雄を有馬総合病院に転院させようとする。

結城美紀子(ゆうき みきこ)
演 - とよた真帆
涼の母。有馬総合病院の理事。

結城駿(ゆうき しゅん)
演 - 若林拓也
涼の弟。

最終話
橘千寿子
演 - 三田寛子

橘麗奈
演 - 佐津川愛美

スタッフ
脚本 - 倉光泰子
プロデュース - 太田大、有賀聡
演出 - 野舞 
主題歌 - 須田景凪 「はるどなり」(unBORDE / ワーナーミュージック・ジャパン)
音楽 - 眞鍋昭大
製作 - フジテレビ


番組公式サイト
アライブ がん専門医のカルテ - Wikipedia

『アライブ がん専門医のカルテ TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索