2019年12月27日

SEDAI WARS TOP

『SEDAI WARS』は、2020年1月7日から同年2月18日まで、深夜ドラマ枠「ドラマイズム」(毎週火曜 25:28〜25:58)で、毎日放送制作によりTBSをはじめとする同系列の一部において放送された。主演は山田裕貴。


各話あらすじ(2020年1月7日 - 2月18日) 全7話
第1話 2020年1月7日
 経済の衰退が進む近未来の日本。どの世代も、不幸や不運を他の世代のせいにしている中で、総理大臣の安藤(大友康平)は、政治を国民に返還すると宣言。各世代の代表者「SEDAI(セダイ)」による、日本国初代大統領決定戦「SEDAI WARS」を開催すると発表した。旅行代理店に勤める地味で目立たない青年・悟(山田裕貴)は、「ゆとり世代」の代表者として選ばれる。

第2話 2020年1月14日
 悟(山田裕貴)ら各世代から選ばれた10人が、VRフィールドで戦う「SEDAI WARS」が始まる。勝敗を分けるのは、それぞれの気合いと集中力。当初は戸惑いを隠せなかった10人だが、各世代の誇りと他の世代への不満から、やがて各々が覚醒し、独自の技を繰り出していく。激しいぶつかり合いが続き、ついに最初の敗退者が出る。

第3話 2020年1月21日
 戦いを勝ち抜いた6人は後半戦を前に一時注目を浴びる。しかし萌(浅川梨奈)は学校でいじめに遭い、優子(真飛聖)は仕事と介護に明け暮れるなど、喜んでいる余裕はなく…。

第4話 2020年1月28日
 後半戦に出場する6人は、要領を得て前半戦を超える激闘を繰り広げる。だが、悟(山田裕貴)だけが戦いに消極的で、“みんな仲良く”では駄目なのかと提案する。そんな悟の思いも虚しく、敗退者が続出し、最後にある“SEDAI”が勝ち残る。

第5話 2020年2月4日
 団塊世代の茂(西岡徳馬)が初代大統領となってから半年後。国民の不満が爆発し、茂はあえなく失脚してしまう。再び大統領決定戦を行う発表に、悟(山田裕貴)は疑問を抱き…。

第6話 2020年2月11日
 悟(山田裕貴)は元首相・安藤(大友康平)の秘書だった愛(長澤奈央)に接触。誰が二度目の大統領決定戦の開催を決めたのかを疑問に思っていた愛は、悟に情報を提供する事に。

最終話 2020年2月18日
 大統領決定戦の糸を引いていた黒幕の正体が明らかに。強制的にVRの世界へ転送された悟(山田裕貴)は、黒幕のアバターを倒せば自分達が脱出できる事に気付き反撃に出るが…。


概要
近未来の日本を舞台に、最強の世代を決める世代間バトル“SEDAI WARS”を開催するという異色のオリジナル作。出場するのは、団塊、バブル、ロスジェネ、ゆとり、ミレニアルの各世代代表者。内閣総理大臣に代わって日本を治める大統領を決めるべく、VR空間内でバトルアクションを繰り広げる。

ストーリー 
近未来の日本。国民の間で、世代間のわだかまりと不満から、社会の機能が著しく低下。経済は衰退し、崩壊の一途をたどっていた。各世代が、不幸と不運を全て他の世代のせいにして、人々は誰かを信じる気持ちや思いやりを失っていた。

そんな中、時の総理大臣は、日本をどの世代に委ねるのかをバトルアクションで決める大統領決戦“SEDAI WARS”の開催を宣言する。出場者「SEDAI」に選ばれたゆとり世代の柏木悟(山田裕貴)は、各世代の思いが渦巻く戦いに、流されるがまま参加することになる。


キャスト
ゆとり世代代表
柏木悟 - 山田裕貴
ゆとり・さとり世代。旅行代理店に勤務。何事に対しても受け身な性格で、周囲に流されて“SEDAI WARS”に参加する。脱力系のイマドキの若者。なぜか人をひきつける魅力も併せ持つ。

玉川麻美 - 奥山かずさ

団魂世代代表
山尾茂 - 西岡徳馬

小川清 - 鈴木正幸

ロスジェネ世代代表
白井優子 - 真飛聖
ロスジェネ世代。会社員。独身。仕事と介護に明け暮れる生活に疲れ切っている。

黒田哲也 - 出合正幸

バブル世代代表
大谷修 - 岡田浩暉
バブル世代。高価なスーツと装飾品で着飾っており、発言もバブリー。

鈴木香織 - 横山めぐみ

ミレニアル世代代表
西條萌 - 浅川梨奈
ミレニアル世代。グラビアアイドル。通っている高校でいじめに遭っている。

筧翔太 - 池田優斗

内閣総理大臣
安藤直樹 - 大友康平

内閣総理大臣秘書
藤原愛 - 長澤奈央

その他の登場人物
後藤田勝 - 坂本長利

GEN - 高山みなみ(声の出演)

スタッフ
監督 - 坂本浩一
脚本 - 横手美智子
撮影 - 百瀬修司
編集 - 目見田健
音楽 - 中村康隆(夜長オーケストラ)
オープニングテーマ - Blue Vintage 『SEDAI WARS』(FROG MUSIC / NVPR)
エンディングテーマ - ニノミヤユイ『私だけの、革命。』
ナレーション - 田久保宗稔
チーフプロデューサー - 仲吉治人、丸山博雄
プロデューサー - 有澤亮哉、村島亘、梶原富治
制作 - ロボット
企画・原作 - バンダイナムコアーツ


番組公式サイト
SEDAI WARS - Wikipedia

『SEDAI WARS TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索