2019年11月01日

おっさんずラブ-in the sky- TOP

『おっさんずラブ-in the sky-』は、2019年11月2日から同年12月21日まで、毎週土曜日23時15分から24時05分のテレビ朝日系で放送された。全8話。


各話あらすじ 平均視聴率 4.49%
第1話 2019年11月2日「1st flight アテンション・プリーズ!」 視聴率 5.8%
 突然のリストラで航空業界に転職した新人客室乗務員(CA)の春田(田中圭)は、初日から遅刻し、憧れの機長・黒澤(吉田鋼太郎)にフライトから外されてしまう。副操縦士・成瀬(千葉雄大)からもチームの一員と認めないと言われ落ち込む春田。寮で隣室の整備士・四宮(戸次重幸)は、そんな彼を優しく励ます。一方で、ある客の相談に頭を悩ませる春田は成瀬のもめ事に巻き込まれて…。

第2話 2019年11月9日「2nd flight 空港の中心で愛をさけぶ」 視聴率 4.7%
四宮(戸次重幸)と成瀬(千葉雄大)の行動に動揺する春田(田中圭)は、仕事に身が入らない。一方、春田への感情に戸惑う黒澤(吉田鋼太郎)は、社内でぶつかった春田に抱き留められ、胸の高鳴りが収まらない。そんなある日、春田は高校の後輩で広報の緋夏(佐津川愛美)から、成瀬と春田に関する怪文書が出回っていることを知らされる。さらに若手客室乗務員(CA)のアリスこと有栖川(木崎ゆりあ)が成瀬からパワハラを受けたと主張、会社に相談すると言い出した。騒ぎが大きくなる中、春田は成瀬から話を聞こうとするが…。

第3話 2019年11月16日「3rd flight ENDLESS RAIN」 視聴率 3.5%
 黒澤(吉田鋼太郎)が緋夏(佐津川愛美)の父親と聞き動揺する春田(田中圭)。黒澤は自分の思いを受け入れてくれたはずの春田の行動に心がざわつく。後日、春田は成瀬(千葉雄大)が若い女性と言い争っているのを目撃。事情を探るが、相変わらず成瀬から冷たくされる。一方で成瀬は春田への思いを隠す四宮(戸次重幸)を気に掛ける。そんな中、春田は母校で授業をする四宮に同行する。

第4話 2019年11月23日「4th flight 嫌いになれない私たち」 視聴率 4.6%
 春田(田中圭)が機内販売の売り上げアップを目指す中、黒澤(吉田鋼太郎)は緋夏(佐津川愛美)の幸せのため、春田への思いを封印しようとする。緋夏に春田が好きだと明かした四宮(戸次重幸)は、春田に対しぎこちなくなる。そんな中、寮で四宮の誕生会をやり直すことになり、春田は黒澤を誘う。春田が成瀬(千葉雄大)や四宮と過ごす姿を目にした黒澤は、「決着をつけよう」と言い…。

第5話 2019年11月30日「5th flight 俺じゃダメか」 視聴率 4.3%
 黒澤(吉田鋼太郎)が傷心を隠し気丈に振る舞う中、体験学習の小学生を迎え、春田(田中圭)や成瀬(千葉雄大)、道端(鈴鹿央士)らが業務の紹介をすることに。小学生の中には先日、オフィスに現れ、春田を驚かせた少年もいた。皆を案内する一方で、春田は気付いたことを四宮(戸次重幸)に伝えようとするが、成瀬からおせっかいだと止められる。春田は成瀬と四宮の関係に妙にいら立つ。

第6話 2019年12月7日「6th flight 俺とお前の七日間」 視聴率 4.2%
 春田(田中圭)が四宮(戸次重幸)からの申し出に驚く一方で、黒澤(吉田鋼太郎)は春田の行動にもんもんとしながらも会話を避けてしまう。黒澤との気まずい関係を修復したい春田は、仕事で挽回しようと試みる。そんな中、成瀬(千葉雄大)は四宮の報告に動揺。成瀬の様子に気付いた黒澤は居酒屋に誘う。店を出た黒澤と成瀬は、四宮と一緒にいる春田を目撃。4人の思いが交錯する。

第7話 2019年12月14日「7th flight そして誰もいなくなった」 視聴率 4.3%
 春田(田中圭)らの元に、改めて獅子丸(山崎育三郎)があいさつにやって来る。獅子丸の件で、根古(MEGUMI)やアリス(木崎ゆりあ)らは驚きを隠せない。一方、黒澤(吉田鋼太郎)は緋夏(佐津川愛美)と向き合い、春田への思いを告白。緋夏は努めて冷静に振る舞うが、内心では激しく動揺する。そんな中、成瀬(千葉雄大)の行動が気になる春田は、成瀬があることで悩んでいると知る。

最終話 2019年12月21日「Last flight 天空のメリークリスマス」
 黒澤(吉田鋼太郎)に関するニュースに驚く春田(田中圭)は、成瀬(千葉雄大)に促され、緋夏(佐津川愛美)に電話をかける。後日、クリスマスイブのフライトのプランに向けて、春田が頭を抱えていると、獅子丸(山崎育三郎)がやって来る。そして春田に、普通が一番だとアドバイスする。そんな中、黒澤が春田と成瀬、四宮(戸次重幸)を呼び出し、「黒澤杯」と題して相撲大会をすると言い出す。


前作
『おっさんずラブ』は、2018年4月21日から同年6月2日まで、毎週土曜日23時5分から23時59分のテレビ朝日系「土曜ナイトドラマ」枠で放送された。全7話。


概要
モテないサラリーマン・春田創一をめぐる“おっさん同士”の恋模様を描き、社会現象を巻き起こした「おっさんずラブ」の新シリーズ。主演・田中圭、ヒロイン・吉田鋼太郎の最強タッグで、再び“王道恋愛ドラマ”を繰り広げる。

物語の舞台は大地から空へ。35歳で突然のリストラに遭った春田(田中)が、転職した航空会社で新人CA(客室乗務員)となり、なぜか男性にモテまくる“モテ期”が到来。あらゆる出来事に巻き込まれていく。

今作から新たに、吉田が演じる機長・黒澤武蔵とペアを組む副操縦士役で千葉雄大、熱血でストイックな職人肌の整備士役で戸次重幸も出演し、ラブバトルに参戦する。


ストーリー
バカで真っすぐ、お人よしで情に厚い、独身ポンコツダメ男・春田創一(田中圭)は、35歳にして突然リストラされる。途方に暮れていたところを高校時代の後輩に救われて、航空会社「天空ピーチエアライン」に転職。ピカピカのアラフォー男性CA(客室乗務員)として、女の園に放り込まれる。

ある日、憧れのグレートキャプテンこと機長の黒澤武蔵(吉田鋼太郎)が、空港の中心で春田への愛を絶叫。さらに、不愛想な孤高の副操縦士・成瀬竜(千葉雄大)、職人肌の航空整備士・四宮要(戸次重幸)も巻き込んで、ラブバトルが急展開。春田が男性にモテまくる“モテ期”が到来する。


キャスト
春田創一(はるた そういち)〈35〉
演 - 田中圭
航空会社「天空ピーチエアライン」の新人客室乗務員(CA)。以前は別の会社に勤務をしていたが、リストラに遭い転職してきた。

黒澤武蔵(くろさわ むさし)〈57〉
演 - 吉田鋼太郎
天空ピーチエアラインきっての優れた技術と人柄を有し、「グレートキャプテン」の名を欲しいままに冠する信頼の厚いパイロット。
慣れない客室業務に熱心に奮闘する春田の姿にときめきを覚えてしまう。

成瀬竜(なるせ りゅう)〈30〉
演 - 千葉雄大
天空ピーチエアラインに勤務する副操縦士。勤務態度は非常に真面目で優秀、一途な性格であるが、その一方で誰とでもキスをしてしまう一面がある。

四宮要(しのみや かなめ)〈40〉
演 - 戸次重幸
天空ピーチエアラインの航空整備士。職人気質の熱血漢。

天空ピーチエアライン
橘緋夏(たちばな ひな)〈33〉
演 - 佐津川愛美
広報室勤務。春田の高校時代の後輩。

根古遥(ねこ はるか)〈35〉
演 - MEGUMI
客室乗務員。通称“ネコさん”。

烏丸孫三郎(からすま まござぶろう)〈48〉
演 - 正名僕蔵
ディスパッチャー。社内情報に精通している。独身。

有栖川民代(ありすがわ たみよ)〈25〉
演 - 木アゆりあ
若手客室乗務員。通称“アリス”。

十文字美冴(じゅうもんじ みさえ)〈45〉
演 - 片岡京子
客室乗務員で、チーフパーサー。

道端寛太(みちばた かんた)〈23〉
演 - 鈴鹿央士
若手整備士。四宮の部下で、通称“ミッチー”。

ゲスト
1st flight
茂木一典
演 - 吉田ウーロン太
春田が出会った乗客。
遠方に住む恋人にプロポーズするために搭乗予約をするが、直前に自信をなくしキャンセルを繰り返して迷惑をかけ続けていた。春田の真心のこもった説得に心を打たれ、ようやく搭乗した。後日、プロポーズが成功したことを報告する手紙と写真を春田宛てに送った。

小比類巻姫子
演 - 片山萌美
轟の元彼女。
轟と関係を持った成瀬に詰め寄り口論。その時、たまたまその場に居合わせた春田に成瀬がキスをして、轟に対して好意がないことを伝えると怒りは頂点に達し、春田に迸りの平手打ちをした。後日、轟を連れて訪れ、再び春田に手をあげた上に顔写真を撮ってSNSに投稿して炎上を試みた。

轟正輝
演 - ダイキ(ブリリアン)
自称・成瀬の元恋人。
姫子に連れられて天空ピーチエアラインを訪れた。成瀬に袖にされたと分かると呆気にとられている春田に怒りの矛先を向け、飲み物を顔にかけた上に平手打ちをした。

2nd flight
郡山
演 ‐ 中野剛
人事部長。成瀬のパワハラへの聞き取りを行う。

3rd flight
青物横丁の祖母
演 - 大方斐紗子
黒澤にありがちなアドバイスをしてその気にさせた占い師。

4th flight
森本つばさ(5th flight)
演 - 長野蒼大
四宮のひとり息子。穴守小学校の4年生。天空ピーチエアラインには学校の体験学習の一環で訪れた。
一歳の頃に両親が離婚。それに伴い母・蘭に引き取られ、以降、四宮とは会うこともなく成長したため顔を覚えていない。母とともにバンコクに移住するため、その前に実父に会いたいと願い、訪ねてきた。

5th flight
森本蘭
演 - 松島花
四宮の元妻。家族に対する夫の愛情に嘘はないと分かっていたが、恋愛対象が男性である四宮が無理をしている姿を見るに堪えず家を出た。
結婚するまでCAをしており、今も根古と親交が続いている。現在はホテルに勤務。再婚が決まっている。

6th flight
獅子丸怜二
演 - 山崎育三郎(7th flight・last flight)
外資系の航空会社勤務を経て天空ピーチエアラインに転職、CAとして配属された。眉目秀麗、業務は完璧といって過言ではないほど卒なくこなし、周囲への気遣いも細やか。また春田と同じ年齢であったこともあり初対面からフレンドリーに接して、懐に入った。

実は天空ピーチエアラインの執行役員。組織改革を施すために身分を伏せて現場を視察・内部調査を行っていた。クルー各々の長所やチームワークの良さは自らの目で確認していたが、会社の運営にはそれらだけでは成り立たないという上層部の意向も承服している。役職が明らかになってからは毅然とした態度で厳しい指示をクルーに与えた。

7th flight
限定グッズのための整理券をもらえなかった客
演 - 今野浩喜
天空ピーチエアラインのファン。年間搭乗回数も多く、オフィシャルグッズも収集している。お客様感謝デーイベント限定の“てんピチくん”グッズ購入に必要な整理券を入手するために配布開始時間に合わせて足を運んだが、時間より前から並んでいた人数が多くいたために手に出来なかった。ルールを守らなかった者が咎められずに得をしたことに憤りを覚え、社屋を訪れて抗議をした。

スタッフ
脚本 - 徳尾浩司
音楽 - 河野伸
主題歌
シーズン2 ‐ sumika「願い」(ソニー・ミュージックレコーズ)
エグゼクティブプロデューサー - 桑田潔(テレビ朝日)
ゼネラルプロデューサー - 三輪祐見子(テレビ朝日)
プロデューサー - 貴島彩理(テレビ朝日)、神馬由季(アズバーズ)、松野千鶴子(アズバーズ)
演出 - 瑠東東一郎、山本大輔、Yuki Saito
制作著作 - テレビ朝日


番組公式サイト
おっさんずラブ - Wikipedia

『おっさんずラブ-in the sky- TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索