2019年10月01日

シャーロック TOP

『シャーロック』は、2019年10月7日からフジテレビジョンの制作により、フジテレビ系「月9」枠(毎週月曜 21:00〜21:54)で放送中。主演は本枠初主演となるディーン・フジオカ。


各話あらすじ
第1話 2019年10月7日「危険な天才探偵×スマートな医師ー今夜、運命の出逢い」 ※初回30分拡大(21:00〜22:24 ) 視聴率 12.8%
 東京都内の病院の中庭で、勤務医・赤羽(中尾明慶)の遺体が見つかった。警視庁捜査一課の警部・江藤(佐々木蔵之介)と部下・クミコ(山田真歩)は、赤羽が屋上から突き落とされたとにらみ、夜勤の看護師・麻里(松井玲奈)らに事情聴取する。同行するのは、ずば抜けた観察眼と天才的な思考回路で江藤に協力する犯罪捜査専門コンサルタント・獅子雄(ディーン・フジオカ)だ。獅子雄は、院内での事情聴取の最中、静かにその場を立ち去った精神科医・若宮(岩田剛典)に注目。彼が何らかの真実を握っていると察知し、調査を開始する。
 
第2話 2019年10月14日「新宿駅替え玉遺体の女の謎!都会の闇に埋もれた女達」
 江藤(佐々木蔵之介)に呼ばれた獅子雄(ディーン・フジオカ)は、同居人の若宮(岩田剛典)を伴い警視庁へ。列車にひかれて亡くなった女性が、所持品が示す「博美」とは別人だという。獅子雄はこの‘成り代わり’の謎を追い、婚約者・佐々木(内村遥)や過去に博美の弁護を担当した弁護士・藍子(菅野美穂)に会う中で、藍子の事務所のアルバイト・美沙(岸井ゆきの)に着目する。

第3話 2019年10月21日「地面師詐欺という闇!死者の伝言は3本の小枝…」
 東京・渋谷の空き家で身元不明の老人の遺体が見つかった。獅子雄(ディーン・フジオカ)と若宮(岩田剛典)は江藤(佐々木蔵之介)から、そこが5年前の「地面師詐欺事件」の舞台で、事件後、詐欺被害に遭った建設会社の社長が自殺をした家だと聞く。獅子雄は遺体の手の部分にある3本の木の枝に気付く。やがて遺体が地面師事件の犯人の1人と判明。そこへ捜査二課の利枝子が現れる。

第4話 2019年10月28日「ボクシング世界王者の失踪…空白の1分に何が?」
 ボクシングのライト級世界王者・梶山が試合直前に姿を消し、1時間ほど前に起きた殺人事件の現場で目撃されたことが判明する。獅子雄(ディーン・フジオカ)と若宮(岩田剛典)は、その殺人事件の被害者の村川がかつて公園の遊具のロープを切る事件を起こし、重傷者を出していたと知る。一方、梶山の控え室にあった女性物の傘に注目した獅子雄は、ジム会長・石橋に質問する。

第5話 2019年11月4日「死体が歩く夜…真相は、愛か狂気か」
 国会議員の息子で会社員の町田の部屋で、大量の血痕と凶器を見つけた恋人が警察に通報してきた。ところが、現場検証中に帰宅した町田は犯行を否認。血痕は致死量にもかかわらず遺体は見つからない。江藤(佐々木蔵之介)の依頼で、獅子雄(ディーン・フジオカ)は若宮(岩田剛典)と捜査を開始。血液は町田のパワハラを受けていた乾のもので、母・千沙子から捜索願が出されていた。

第6話 2019年11月11日「前世で犯した殺人?古いビデオテープが語る真相」
 誉高校生の綾香が家族に突然「ジュンちゃんを殺した」と話し、証言通り白骨遺体が見つかる。しかし、遺体は死後20年以上が経過しており、綾香に犯行は不可能だ。マスコミが‘前世殺人’と騒ぐ中、獅子雄(ディーン・フジオカ)と若宮(岩田剛典)は調査を開始。綾香に話を聞き、彼女が男に追い掛けられたトラウマから、母親の勧めで大学病院の精神神経科に通っていることを知る。

第7話 2019年11月18日「少年シャーロック現る!祖父誘拐と開かずの金庫」
 獅子雄(ディーン・フジオカ)と若宮(岩田剛典)を、小学生の虎夫が訪ねて来て、一昨日、家を出たまま戻らない祖父の寅二郎を捜してほしいと依頼。そして寅二郎が大切にしていた小袋を見せる。河川敷で見つけたというその袋の中には白い粉が入っていた。現場を調べた獅子雄達は、寅二郎が2人組に拉致され、車で連れ去られたと確信。その日、寅二郎が利用した介護施設を訪ねる。

各話視聴率


概要
世界中で読み継がれているミステリー小説「シャーロック・ホームズ」を原作に、舞台を“令和の東京”に移して展開される痛快ミステリーエンターテインメント。原作のシャーロックに当たる誉獅子雄役でディーン・フジオカが月9初出演にして主演を務め、相棒・ワトソンに当たる若宮潤一を岩田剛典が演じる。また、レストレード警部にあたる足手まといな警部・江藤礼二に佐々木蔵之介が扮する。


ストーリー
都内の病院で、消化器内科医の遺体が発見された。警視庁捜査一課の警部・江藤礼二(佐々木蔵之介)は、何者かによって屋上から突き落とされたのではないかと疑うが、患者からの信頼が厚く、女性関係のトラブルも皆無だった被害者が殺されるはずはないと、病院関係者は口をそろえる。

それを静かに聞いていたのは、犯罪捜査専門のコンサルタント・誉獅子雄(ディーン・フジオカ)。江藤は公にはしていないが、ずば抜けた観察眼と天才的な思考回路を持ち合わせる誉の力を時折借りながら、事件捜査に当たっていた。そんな中、その場を静かに立ち去る勤務医の精神科医・若宮潤一(岩田剛典)の姿を、誉は見逃さず、彼を調べ始める。


キャスト
誉 獅子雄
演 - ディーン・フジオカ
フリーの犯罪コンサルタント。幼少から犯罪心理学や人間の罪について興味を示してきたことが発端となり、学生時代には不可解な事件をいくつも解決に導いた実績がある。しかし、その内面には常に危うさが潜んでおり、一歩間違えれば犯罪者に成りかねない危険性を帯びている。原作におけるシャーロック・ホームズに相当する人物。

若宮 潤一
演 - 岩田剛典
都内の病院に勤務する精神科医。幼少から「いい子」として扱われ、常に淋しさと切なさを心に秘めたまま過ごしてきたため、とても繊細な性格の持ち主である。ある事件がきっかけで獅子雄と会った頃はあまり良い印象を持たなかったが、次第に獅子雄の人たらしな態度に興味を持つようになる。原作におけるワトソンに相当する人物。

江藤 礼二
演 - 佐々木蔵之介
警視庁刑事部捜査一課に所属する刑事で、階級は警部。自分は優秀な刑事だと思い込んでいる節があるが、意識的に捜査を邪魔したり、サボる癖が多々あるなど決して刑事としては有能とはいえない。そのため、獅子雄には常にバカにされてしまっている。原作におけるレストレード警部に相当する人物。

小暮 クミコ
演 - 山田真歩
警視庁刑事部捜査一課に所属する刑事で、階級は巡査。上司である江藤の迷走に突っ込みを入れながら、事件解決に向けて冷静に事を進めていくことができる。原作におけるグレグスン警部に相当する人物。

レオ
演 - ゆうたろう
謎多き情報屋。獅子雄に拾われて以来、容疑者と思われる人物を尾行し、獅子雄に有益な情報を提供している。獅子雄とどのような経緯で知り合ったのかは不明。原作におけるベイカー街遊撃隊に相当する人物。


スタッフ
原作 - アーサー・コナン・ドイル 『シャーロック・ホームズシリーズ』
プロデュース - 太田大
脚本 - 井上由美子
音楽 - 菅野祐悟
主題歌 - DEAN FUJIOKA「Shelly」(A-Sketch)
演出 - 西谷弘、野田悠介、永山耕三
制作著作 - フジテレビ


番組公式サイト
シャーロック (テレビドラマ) - Wikipedia

『シャーロック TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索