2019年10月01日

Re:フォロワー TOP

『Re:フォロワー』(リ フォロワー)は、2019年10月5日から同年12月14日まで、朝日放送テレビ(ABCテレビ)制作により「ドラマL」(日曜 23:35 - 翌 0:05)で放送された。テレビ朝日(日曜 2:30 - 3:00(土曜深夜))ほか同系列局においても放送。全10話。主演は西銘駿。


各話あらすじ
第1話 2019年10月5日「裏アカ男子が悪を成敗 ヒーロー×2.5次元」
 「依頼者の悩みを解決してくれる」といううわさで圧倒的フォロワー数を誇る巨大インフルエンサーの「クレシダ」。運営メンバーはリーダー的存在の一十三(西銘駿)を中心に、優作(塩野瑛久)、友木(和田雅成)、公人(佐藤流司)の4人だが、世間では誰もその正体を知る者はいなかった。
 
第2話 2019年10月12日「裏アカ男子が悪を成敗! 人気俳優彼女バレ炎上」
 クレシダのメンバー・優作(塩野瑛久)らが選んだ依頼者は、人気若手俳優、安平(東啓介)に裏切られたという理沙(増田有華)。彼女は「全てを奪いたい」と恨むが…。

第3話 2019年10月19日「謝罪なき同級生殺人犯…元少年VS被害者の姉 」
 今回の依頼者は、26年前に14歳だった弟の卓(西本晴紀)を殺害された唯(田中良子)。事件のせいで家庭が壊された唯は、賠償金も支払わずに行方をくらました加害者の少年Aを追っていた。友木(和田雅成)は、少年Aが馬形(窪寺昭)と名を変え、弁護士になっていることを突き止める。

第4話 2019年10月26日「妻と娘を返せ! 父の依頼で新興宗教団体に潜入」
 一十三(西銘駿)らが選んだ依頼者は、新興宗教団体・倶利伽羅会に妻と娘を奪われた六田(林和義)。娘の病を治したい一心だった妻が、倶利伽羅会にのめり込んで家に帰らなくなったという。友木(和田雅成)は、偶然を装って信者の杏(折井あゆみ)に接近する

第5話 2019年11月2日「新興宗教集団と全面対決! 勝つのはどっちだ」
 一十三(西銘駿)と友木(和田雅成)は新興宗教団体・倶利伽羅会のセミナーに兄弟だと偽って潜入する。そこでは、幹部・木野(村田洋二郎)が言葉巧みに受講者たちをコントロールしており、一十三と友木も洗脳されたふりをする。

第6話 2019年11月9日「新章開幕! 次の依頼者はクレシダメンバー」
 「クレシダ」の活躍で倶利伽羅会は壊滅し、総帥の犬飼(和興)は重傷を負う。ジャーナリストの五島(谷口賢志)は、一十三(西銘駿)から「これ以上踏み込むな」と告げられる。

第7話 2019年11月16日「次の標的は国家権力 真の復讐が始まる!」
 公人(佐藤流司)が内閣お披露目の集合写真を「クレシダ」のアカウントにアップしたことから、現内閣の中にターゲットがいると発覚する。これを知らずにいた優作(塩野瑛久)が大慌てで友木(和田雅成)のもとへ行くと、次のターゲットは防衛大臣の角光(松尾貴史)だと明かされる。

第8話 2019年11月23日「明かされるクレシダ事件の真実! 警察の追手が迫る! 」
 公人(佐藤流司)は、11年前の事件の真実にたどり着くため、「クレシダ」のアカウントからフォロワーに向けて「力を貸してほしい」とメッセージを発信する。一方、殺人未遂の容疑をかけられ指名手配中の一十三(西銘駿)は、美奈(喜多乃愛)と身を潜めていた。

第9話 2019年11月30日「明かされる真実…11年前なぜ母は殺された」
 公人(佐藤流司)が発信した問いかけに対し、当時、病院にいた看護師・祥子(中村綾)が真実を語り始める。祥子は公人とSNSでやりとりをしながら、11年前に起こった出来事を明かしていく。一方、逃亡中の一十三(西銘駿)と美奈(喜多乃愛)は祥子の告白によって真実を知り、電車に乗ってある場所に向かう。

最終話 2019年12月14日
 ある地方の駅に降り立った一十三(西銘駿)と美奈(喜多乃愛)。2人は、11年前にクレシダ事件の起こった草原へと向かう。一方、優作(塩野瑛久)は電車に揺られながら、2年前、優作に「クレシダ」のアカウントを告げた見知らぬ男のことを思い出していた。


概要
「仮面ライダーゴースト」主演の西銘駿と「獣電戦隊キョウリュウジャー」の塩野瑛久がダブル主演。さらに、2.5次元舞台で活躍中の和田雅成、佐藤流司と話題の若手俳優が集結し、“裏アカ男子”が悪を翻ろうする姿をサスペンスタッチで描く。

実際にSNS上でも人気の4人が演じるのは、巨大インフルエンサー「クレシダ」を運営する謎に包まれた男たち。依頼者から寄せられる悩みを、時に激しく断罪し、ドラマが進行するにつれてその目的とメンバーの本当の姿、それぞれの狙いが少しずつ明かされていく。

ストーリー
池永一十三(西銘駿)、原田優作(塩野瑛久)、鯨岡友木(和田雅成)、城江公人(佐藤流司)は、SNS「クレシダ」を人知れず運営している。「クレシダ」は、悩みや不満をぶつけると解決してくれるといううわさで圧倒的フォロワー数を誇る巨大インフルエンサー。リーダーの一十三が依頼者を選び、公人が言葉を与え、友木が情報収集、優作が潜入してSNSの“裏アカ”を使い、問題を解決していく。

しかし、依頼者が幸せになれるかどうかは本人次第。中には社会的に抹殺される人間もいるという。

記者の五島は、10年前に世間を騒がせた中学生殺人事件と、この「クレシダ」が何か関連があるのではないかと追い続けていた。

 
キャスト
西銘駿
池永一十三 役
巨大インフルエンサー「クレシダ」のリーダー。依頼者を選び、“悪”との対峙に全てを捧げる。アカウント名は「@ROSALIND」。

塩野瑛久
原田優作 役
俳優志望の演技力を生かした「クレシダ」の潜入役。見た目は軽薄だが熱い心を持つ。アカウント名は「@IAGO」。

和田雅成
鯨岡友木 役
弁護士を目指す図書館司書で「クレシダ」のメンバー。頭脳明晰で情報収集能力に長けている。アカウント名は「@POLON」。

佐藤流司
城江公人 役
依頼者に言葉を与える「クレシダ」の象徴的存在。口数は少なく、その素顔は謎に包まれている。アカウント名は「@AIRREAL」。

スタッフ
脚本・監督 - 西田大輔
音楽 - YOSHIZUMI
チーフプロデューサー - 近藤真広(朝日放送テレビ)
プロデューサー - 中田陽子(朝日放送テレビ)、渋谷英史(The icon)
主題歌 - GLIM SPANKY「ストーリーの先に」
制作協力 - The icon
制作著作 - 朝日放送テレビ

番組公式サイト

『Re:フォロワー TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索