2019年07月01日

僕はまだ君を愛さないことができる TOP

『僕はまだ君を愛さないことができる』(ぼくはまだきみをあいさないことができる)は、2019年7月15日 月曜12時からFODで配信が開始され、2019年7月16日(15日深夜)から、フジテレビ(毎週月曜 26:50〜27:50)で放送中。足立梨花と白洲迅のダブル主演。


各話あらすじ
第1話 2019年7月15日
 仕事のキャリアを順調に積んでいるものの、恋愛面では失恋ばかりの陽(足立梨花)は、高校・大学時代の同級生で大親友の蓮(白洲迅)が、唯一本音を打ち明けられる相手だった。陽が29歳の誕生日を迎えた日、2人は“31歳までに先に結婚できた方が、30万円のご祝儀をもらう”という賭けをする。

第2話 2019年7月22日
マッチングアプリで婚活を始めるものの、何か違うと感じる人ばかりの陽(足立梨花)は、蓮(白洲迅)と一緒に恋愛運アップの神社に行き、楽しいひとときを過ごす。そんな中、蓮が後輩の麻希(松本妃代)から積極的なアプローチを受けていると知った陽は…。

第3話 2019年7月29日
 母・春(かとうかず子)から蓮(白洲迅)を恋人に薦められた陽(足立梨花)は、蓮とは親友でしかないと恋の可能性を否定する。一方、蓮は会社の歓迎会の帰りに、部下の麻希(松本妃代)から「今度は2人で食事に行こう」と誘われる。

第4話 2019年8月5日
 成り行きで、蓮(白洲迅)と麻希(松本妃代)の3人で食事をすることになった陽(足立梨花)は、蓮に甘える麻希にイライラし、それに対抗して悠(佐久間悠)を呼び出す。その夜、蓮は麻希の積極的なアプローチに根負けして、付き合うことになる。

第5話 2019年8月12日
 陽(足立梨花)から電話をもらった蓮(白洲迅)は、名古屋のホテルに駆け付ける。蓮と一緒にいることで沈んだ心が軽くなった陽は、気付くと蓮に腕枕をされていた。蓮に異性を感じて気まずくなった陽は、今までのように気軽に連絡できなくなってしまう。

第6話 2019年8月19日
 久しぶりにキャンプに行くことにした陽(足立梨花)と蓮(白洲迅)。ところが、それを知った麻希(松本妃代)が付いて来てしまう。そして、麻希から蓮と付き合い始めたことを聞いた陽は、蓮が話してくれなかったことにショックを受ける。

※2019年8月26日の放送は『世界柔道選手権』(19:00〜21:45)の45分延長により放送休止。

第7話 2019年9月2日
 5年前、起業に失敗して陽(足立梨花)の前から突然姿を消した元カレ・竜星(浅香航大)から蓮(白洲迅)に連絡が入る。竜星と会い、陽のことを今も思っていると聞かされた蓮は、また陽が傷つけられるのではないかと心配で仕方ない。一方、麻希(松本妃代)の紹介で陽はお見合いをするが、相手の態度が傲慢で…。

第8話 2019年9月9日
 陽(足立梨花)が、竜星(浅香航大)との思い出の品を処分した矢先、竜星が急に陽のオフィスにやって来る。一方、麻希(松本妃代)と別れた蓮(白洲迅)は、陽に気持ちを伝える決意をしていた。そんな中、陽は仕事上のトラブルから竜星と2人で食事に行くことになる。

第9話 2019年9月16日
 蓮(白洲迅)は陽(足立梨花)に思いを伝える決心をするが、陽が竜星(浅香航大)と一緒に仕事をすることになったと知り、心配のあまり陽をとがめてしまう。仕切り直して蓮が陽と約束をした日は、蓮の誕生日だった。ところが当日、蓮は会社で倒れた麻希(松本妃代)を放っておけず、陽との約束をキャンセルしてしまう。

第10話 2019年9月23日
 陽(足立梨花)と竜星(浅香航大)が抱き合う姿を目撃した蓮(白洲迅)は、陽への気持ちを伝えられないまま家に帰る。その後、陽の店に麻希(松本妃代)が靴を買いに現れ、蓮とは別れたこと、蓮が風邪を引いて寝込んでいることを聞き、陽は蓮の家へお見舞いに行き看病する。


原作概要
『イタズラな恋愛白書』(イタズラなれんあいはくしょ、原題:我可能不會愛你)は台湾のテレビドラマ。

2011年9月18日から2011年12月11日まで台湾の民間全民電視公司で放送された。日本では2012年9月12日から2012年11月28日までアジアドラマチックTV★So-netで放送された。全23話。


ドラマ概要
“恋人以上”の親友関係である男女2人が織り成す恋模様をリアルに描き、アジア中で大ヒットした台湾のテレビドラマ「イタズラな恋愛白書」を、「イタズラなKiss」シリーズ、「きみはペット」(共に同系)などを手掛けたスタッフと日本人キャストでリメーク。原作の魅力的な部分はそのままに、日本オリジナルの要素もたっぷり詰め込んだラブストーリーが展開する。


ストーリー
靴メーカーに勤務する御手洗陽(足立梨花)は、順調に仕事のキャリアを積んでいるが、恋愛面では失恋ばかり。そんな陽にとって、高校・大学時代の同級生である石田蓮(白洲迅)は、最大の理解者で、唯一本音を打ち明けられる大親友だ。

陽の29歳の誕生日、2人は“30歳最後の日までに先に結婚した方に30万円のご祝儀を贈る”という賭けをする。お互いに恋をすることはあり得ないと断言する2人だったが、その賭けがきっかけとなり、それぞれの職場の後輩からアプローチされる。さらに、陽の元カレ・水沢竜星(浅香航大)が姿を現したことで、陽と蓮の関係は次第に変化していく。


キャスト
御手洗陽
演 - 足立梨花
靴メーカー「ダイアナ」に勤務する主任で、愛する靴の仕事にやりがいを感じている。仕事にも恋にも一生懸命だが、恋愛はあまりうまくいっていない。正義感が強く、簡単には妥協しない努力家だが、お人よしの一面も。高校時代からの幼なじみである蓮は、よき理解者で一番の親友。

石田蓮
演 - 白洲迅
都市の再開発などを手掛けるデベロッパー「芹沢地所」に勤務。誰に対しても優しく、気遣い上手なのでモテるが、これまで付き合った数人の女性とは、親しすぎる陽の存在が原因で破局している。陽に思いを寄せながらも親友として優しく見守る。高校時代、陽に「絶対に好きにならない」と宣言している。

水沢竜星
演 - 浅香航大
陽の元カレ。5年前、起業に失敗したことで自暴自棄になり、突然陽の前から姿を消した。ベンチャー企業の社長になって再び陽の前に現れ、復縁を迫る。

河野麻希
演 - 松本妃代
蓮の会社の後輩。理想の結婚相手である蓮に対して、猛烈なアプローチをかける。

鳴海悠
演 - 佐久間悠
陽の会社の後輩。優しい性格で甘いマスクの持ち主。絶妙な気配りで陽に接近していく。

御手洗学
演 - 永野宗典
陽の兄。あまり多くを話さないが、常に陽のことを気にかけている。

石田真琴
演 - 早織
蓮の姉。

石田静香
演 - 中村久美
蓮の母。

御手洗隼人
演 - 廣川三憲
陽の父。釣りが趣味。

御手洗春
演 - かとうかず子
陽の母。陽とは何でも語り合えるほど仲良し。

スタッフ
脚本 - 新井友香、古賀文恵、今奈良孝行
監督 - 熊坂出、玉澤恭平、山田卓司
音楽 - 堀口純香
プロデュース - 櫻井由紀、東康之、代情明彦、伊藤太一
配信担当 - 野村和生、中川智允、井上美帆
制作プロダクション - AOI Pro.
制作協力 - ヘッドクォーター
製作著作 - 「僕はまだ君を愛さないことができる」製作委員会(エスピーオー、フジテレビジョン、AOI Pro.)


番組公式サイト
イタズラな恋愛白書 - Wikipedia

『僕はまだ君を愛さないことができる TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索