2019年06月14日

ストロベリーナイト・サーガ 第11話(最終話)

STORY10「最凶の正義ブルーマーダー永遠の殺意と愛」ON AIR 2019/06/20

池袋界隈で暗躍する裏社会の者たちを次々に殺害し震撼させている“ブルーマーダー”。その手口は何らかの武器を用い、全身の骨をバラバラにすると残忍さだ。事件を追っていた姫川玲子(二階堂ふみ)は、勝俣健作(江口洋介)とバディを組む葉山則之(葉山奨之)から“ブルーマーダー”の正体がわかったと連絡を受ける。

元警察官、木野一政(要潤)だった。そんな時、池袋のホテルで警察官も被害を受ける発砲事件が発生。現場に急行した姫川は、近くの公園に身を潜めていた木野を発見、確保する。

姫川が捜査本部に戻ると勝俣がいた。ホテルの事件現場に勝俣と下井正文(陰山泰)がいたことに疑問を持つ姫川。自分で調べろと取り付く島もない勝俣は、木野の取り調べは自分が行うと言い張る。安東智寛警視正(大谷亮介)は、取調官の選任は木野の治療が終わるまでに決まると告げるが勝俣は譲らない。

姫川がホテルで銃撃を受けた下井の病室を訪ねると、勝俣がいた。ホテルでの状況を聞く姫川に、下井は応じる。下井の話を聞いた姫川と勝俣は、木野が元警察官だという情報を組織に流したのは外部の人間ではないかと思い当たる。例えば、木野を組織の潜り込ませた作戦を知る当時の警察官だ。

菊田和男(亀梨和也)は指名手配犯、岩渕時生(木下ヒロト)の潜伏先として茅場組を張っている。菊田は、茅場元組長(相島一之)と出かけた男の風体が、姫川が確保した男に似ていたことが気になるが…。

第1話 2019年4月11日「移動する死体遺棄現場の謎!?女刑事哀しき過去と連続猟奇殺人の真相!!姫川班VSガンテツ!平成最後の本格派刑事サスペンス衝撃の出会いと別れ」
第2話 2019年4月18日「死体なき殺人謎を呼ぶ真実の連鎖」
第3話 2019年4月25日「究極の父性!?哀しき殺人者の慟哭」
第4話 2019年5月2日「取調室緊迫の攻防!姫川VS女子高生私が刑事である理由」
第5話 2019年5月9日「超能力の殺人奇妙な縁と謎の番号」
第6話 2019年5月16日「新作映像化!通り魔事件の謎を追え姫川班涙の総力捜査」
第7話 2019年5月23日「第二部突入!インビジブルレイン」
第8話 2019年5月30日「私に眠る殺意禁断捜査が導く真実」
第9話 2019年6月6日「姫川班解体!?伝わらない想いと再会への誓い」
第10話 2019年6月13日「最終章突入!!姫川玲子VS青い仮面の殺人鬼!」

ストロベリーナイト・サーガ TOPへ
各話視聴率へ
2019年春ドラマ(4-6月)TOPへ
2019年春ドラマ視聴率一覧へ

『ストロベリーナイト・サーガ 第11話(最終話)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2019年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索