2019年01月05日

イノセンス 冤罪弁護士 TOP

『イノセンス 冤罪弁護士』は、日本テレビ系「土曜ドラマ」枠(毎週土曜 22:00〜22:54)で2019年1月19日から同年3月23日まで放送された。全10話。主演は坂口健太郎。


各話あらすじ
第1話 2019年1月19日「無実の罪から救い出せ!衝撃の科学実験で逆転無罪か!?」 ※初回15分拡大(22:00 〜 23:09)
 法律事務所で働く拓(坂口健太郎)は刑事事件で3年間に5件の‘逆転無罪’を勝ち取ったすご腕弁護士ながら、事務所の物置に住む変わり者。そんな拓の元に、自宅に放火した罪で起訴された阿蘇(吉田栄作)の妻・恵美子(中島ひろ子)がやって来る。新米弁護士の楓(川口春奈)と共に阿蘇に接見した拓はある質問を彼にぶつけ、警察から自白を強要されたことを告白させる。

第2話 2019年1月26日「息子は無実です(秘)実験で母子を救え」
 拓(坂口健太郎)と楓(川口春奈)はコンビニでの強盗致傷の容疑で捕まったアルバイトの岳雄(山田裕貴)に接見。岳雄の母・睦美(仙道敦子)によると不良だった岳雄は更生し、料理人を目指していたという。不起訴を勝ち取りたい拓らは現場検証を行い、警察のずさんな捜査を知る。その後、拓らは岳雄が立ち寄ったガソリンスタンドに向かい、検察官の指宿(小市慢太郎)に遭遇する。

第3話 2019年2月2日「vs白い巨塔!稲妻が暗示する術中死」
 拓(坂口健太郎)と楓(川口春奈)は看護師・美紀(青野楓)の依頼で医師・雲仙(平岳大)の弁護をすることに。雲仙は、心臓手術中に人工心肺が停止し患者が死亡した責任を問われ、逮捕されていた。拓らは、雲仙と同期の磐梯(山本耕史)を訪ねるが、手術の関係者に会わせてもらえない。雲仙の主張と病院側の報告が食い違う中、所長の別府(杉本哲太)は拓に手を引くよう命じる。

第4話 2019年2月9日「vs検察の父!波だけが知る女の殺意」
 拓(坂口健太郎)は、登別(正名僕蔵)がこっそり弁護しようとしていた殺人事件を代わりに担当する。容疑者の玩具会社社員・奈美(ともさかりえ)は溺死体で見つかった後輩のデザイナー・理沙(入山法子)の殺害を疑われ、全面否認していた。拓と楓(川口春奈)は、奈美と理沙の旅行先の島へ向かう。その帰り、楓は拓の父で最高検察庁の次長検事・真(草刈正雄)と会う羽目になる。

第5話 2019年2月16日「パワハラ教師に制裁!?盗撮体罰動画で法廷騒然」
 拓(坂口健太郎)らは、体罰を疑われて起訴された高校のフェンシング部顧問・高松(豊原功補)から依頼を受ける。高松の指導中に部長でエースの藤里(清水尋也)が倒れ、一命を取り留めるも自宅療養となっていた。部員の田代(柾木玲弥)は、自ら高松側の証人として出廷。だが、高松の体罰を訴え、証拠を見せる。一方、楓(川口春奈)は前の職場で起きたセクハラ騒動に動揺する。

第6話 2019年2月23日「4歳児誘拐事件消された騒音の謎!?」
 拓(坂口健太郎)を変えた過去の殺人事件を知った楓(川口春奈)は、パラリーガルの穂香(趣里)から、拓が事件にこだわる別の理由があると聞く。そんな中、拓らは射殺事件で逮捕された大企業の社長の息子・裕也(須賀健太)の弁護のため調査を開始。裕也の家の使用人・有珠田(吹越満)の証言と周囲の話の食い違いに気付く。同じ頃、穂香の息子・晴斗(森優理斗)が誘拐される。

第7話 2019年3月2日「僕は弁護士失格悪女を裁く死の実験」
 楓(川口春奈)は拓(坂口健太郎)が気に掛ける事件について、被害者遺族である秋保(藤木直人)の思いを聞く。そんな中、資産家・乗鞍(団時朗)の殺害容疑で捕まった妻・満里奈(川島海荷)から依頼がくる。指名を受けた湯布院(志賀廣太郎)が腰を痛めたため、拓と楓が接見。不利な状況の中、拓はあることに気付き、裁判を有利に進める。だが、拓の中に満里奈への疑念が生じる。

第8話 2019年3月9日「死刑囚の父娘を救え!お化けの謎!?」
 拓(坂口健太郎)と楓(川口春奈)は死刑囚・式根(片岡鶴太郎)の再審請求をすることに。式根は24年前、社宅住人の集まりで飲料に青酸化合物を混入して6人を死亡させた罪で死刑が確定していた。式根を取材する聡子(市川実日子)らの話では、式根は無実の可能性がある上、がんに侵されているという。式根と接見した拓らは、娘・玲子(星野真里)に会うが、協力を拒まれる。

第9話 2019年3月16日「最終章!檸檬が明かす連続殺人の謎」
 拓(坂口健太郎)は幼なじみの浅間(鈴之助)が有罪となり自殺した11年前の事件と、美術大学生の京香(山崎あみ)が刺殺された事件に共通点があると知る。京香のストーカーで、殺人を否認している容疑者・富士田(坂本真)の弁護を買って出た拓は、11年前の事件との関わりを調べ始める。そんな中、楓(川口春奈)は拓の母・麗(榊原郁恵)から、拓の浅間への思いを聞く。

最終話 2019年3月23日「vs連続殺人鬼ラスト10分法廷戦慄」
 謎の男から拓(坂口健太郎)をかばい刺された楓(川口春奈)。一方聡子(市川実日子)は、殺された京香と殺人を疑われている富士田(坂本真)のSNS上の共通の“友達”である『KooZ』という人物が、11年前に殺された彩花と自殺した浅間(鈴之助)の両方のブログにもコメントを残していることに注目していた。

各話視聴率


概要
意外な実証実験で冤罪(えんざい)事件を解き明かす若き弁護士の活躍を描く、ヒューマン・リーガル・エンターテインメント。起訴されると有罪率ほぼ100%の日本の裁判において、冤罪事件に積極的に取り組む弁護士・黒川拓を坂口健太郎が演じる。

ストーリー 
ある日、自宅放火の容疑で逮捕された男・阿蘇の妻が、保駿堂法律事務所を訪ね、夫の弁護を依頼する。火災当日、妻は持病のため検査入院をしており、夫が計画的に火をつけて保険金を狙ったと警察に自白したというのだ。

調書を読んだ弁護士の黒川拓(坂口健太郎)は、資料の中に阿蘇が家から持ち出したものが写された写真を見つける。そこには、ランドセルや戦隊ヒーローのフィギュアが写っており、それが5年前に亡くなった息子の形見だと知る。

後日、拓は新人弁護士の和倉楓(川口春奈)と共に阿蘇に接見。疲れ切った表情で何も話そうとしない阿蘇に拓があることを聞くと、阿蘇はボロボロと涙をこぼして、冤罪を主張する。


キャスト
坂口健太郎
黒川拓 役
保駿堂法律事務所に所属する弁護士。不可能に近いとされる“冤罪弁護”に積極的に立ち向かい、現場で起きた事象を実験で再現して事件の解明に挑む。普段は動きやすい服装に、さまざまなアイテムが詰まった布袋を背負っている。いつも金銭的な余裕がない。

川口春奈
和倉楓 役
保駿堂法律事務所の新人弁護士。拓と弁護活動を共にすることになり、拓のスタンドプレーに振り回される。実証実験の重要性を理解してからは、次第に拓を見る目が変化していく。

趣里
城崎穂香 役
拓専属のパラリーガルで一児の母。拓の数少ない理解者の一人。

杉本哲太
別府長治 役
保駿堂法律事務所の所長。企業法務を請け負うエリート弁護士事務所を目指している。

志賀廣太郎
湯布院和人 役
保駿堂法律事務所の最年長弁護士。司法制度に疑問を抱いており、黒川を後継者だと思っている。

市川実日子
有馬聡子 役
テレビ日本の報道局社会部ディレクター。冤罪事件を取材する。

草刈正雄
黒川真 役
拓の父親。エリート検事。息子が弁護士になったことで絶縁状態となる。

藤木直人
秋保恭一郎 役
東央大学理工学部物理学科准教授。拓の大学時代の先輩。拓が依頼する犯罪におけるさまざまな実証実験を引き受ける。警察の捜査が科学的実証を軽視している現状に、強い危機感を持っている。

スタッフ
脚本 - 古家和尚
参考資料 - 今村核「冤罪弁護士」(旬報社)
演出 - 南雲聖一、丸谷俊平、本多繁勝
音楽 - UTAMARO Movement
音楽プロデュース - 岩代太郎
サウンドデザイン - 石井和之
法律監修 - 室谷光一郎
法律所作指導 - 藤川忠宏、吉田可保里
警察監修 - 古谷謙一
アクションコーディネート - 佐々木修平
制作協力 - AXON
チーフプロデューサー - 池田健司
プロデューサー - 荻野哲弘、尾上貴洋、本多繁勝(AXON)
制作著作 - 日本テレビ

主題歌 - King Gnu「白日」(Ariola Japan)


番組公式サイト
イノセンス 冤罪弁護士 - Wikipedia

『イノセンス 冤罪弁護士 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
50音検索