2019年01月04日

メゾン・ド・ポリス TOP

『メソン・ド・ポリス』は、2019年1月11日からTBS系「金曜ドラマ」枠(毎週金曜 22:00〜22:54)で放送中。主演は高畑充希。 初回15分拡大。


各話あらすじ
第1話 2019年1月11日「新米刑事×退職刑事痛快捜査チーム始動」※初回15分拡大(22:00 〜 23:09)
 柳町北署の新人刑事・牧野ひより(高畑充希)は念願かなって刑事課に配属され、やる気に満ち溢れていた。そんなある日、所轄内で人が焼かれる動画が投稿サイトにアップされるという事件が発生。捜査本部は5年前に起きた焼殺事件の模倣犯と見て捜査を開始。ひよりは事件の手がか りを探るべく、「デスダンス事件」と呼ばれたその5年前の事件を担当していた元刑事・夏目惣一郎(西島秀俊)から話を聞くため、高級住宅街にある古びた洋館を訪れる。

第2話 2019年1月18日「ウサギが暴く密室の謎!?」
 自宅アパートで老婦人・祥恵(内田尋子)が死亡し、現場の状況から警察は自殺と断定。柳町北署の刑事・ひより(高畑充希)は、元刑事の迫田(角野卓造)、元科捜研の藤堂(野口五郎)と共に現場を再検証する。現場で採取した毛を取りに「メゾン・ド・ポリス」を訪れた鑑識係の杉岡(西田尚美)は、元夫・藤堂がいることにびっくり。さらに2人は捜査を巡って対立する。

第3話 2019年1月25日
 東京・柳町北署管内の都民住宅建設予定地で、猫が殺され青いペンキがかけられる事件が相次いで発生。区広報誌編集者・仁美(橋本マナミ)によると誌面で事件を扱ったところ「また猫を殺してやる」と匿名の投稿があったという。ひより(高畑充希)と仁美、そして夏目(西島秀俊)らメゾン・ド・ポリスの面々は現場へ。そこで、青いペンキがかけられた人間の遺体を見つける。

各話視聴率


原作概要
『メゾン・ド・ポリス』は、加藤実秋が著しているシリーズ小説。退職した警察関係者のみが住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪れる新人女性刑事が、シェアハウスに暮らすくせ者のおじさまたちに振り回されつつも事件を解決していく物語。

第1作『メゾン・ド・ポリス 退職刑事のシェアハウス』は2018年1月25日に角川文庫より発売されて以降、2018年10月現在で5度重版されている。2018年10月24日には第2作となる『メゾン・ド・ポリス2 退職刑事とエリート警視』が発売された。


ドラマ概要
加藤実秋の同名小説シリーズを原作に、警視庁柳町北署の若手刑事でやる気にあふれた主人公・牧野ひよりを高畑充希が演じ、初の刑事役に挑む1話完結の刑事ドラマ。

ひよりが退職警察官だけが住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪れて、元捜査一課の敏腕刑事・夏目惣一郎(西島秀俊)らワケありの“おじさま”たちに振り回されながら事件を解決していくストーリー。シェアハウスの住人役には、小日向文世、野口五郎、角野卓造、近藤正臣が出演するなど豪華キャストの共演も見どころ。


ストーリー 
警視庁柳町北署の若手刑事・牧野ひより(高畑充希)は、念願の刑事課に配属されて2年目を迎え、やる気に満ちあふれていた。そんな中、所轄内で人が焼かれる動画が投稿サイトにアップされる事件が発生する。

捜査本部は5年前に起きた焼殺事件「デスダンス事件」の模倣犯と見て、捜査を開始。ひよりは当時の事件を担当した元刑事・夏目惣一郎(西島秀俊)から話を聞くために、ある古びた洋館を訪れる。

そこは、伊達有嗣(近藤正臣)、迫田保(角野卓造)、藤堂雅人(野口五郎)、高平厚彦(小日向文世)、そして高平の下で雑用係をしている夏目らおじさんばかりが暮らすシェアハウスで、その全員が元警察官だった。


キャスト
牧野ひより - 高畑充希
警視庁柳町北署刑事課・巡査部長。6歳の頃に父親が建設現場で転落死し、7年前に母親を病気で亡くしている。交番勤務時代から刑事課への配属を希望しており、念願がかない現職に配属されて2年目。奇妙な焼死事件の捜査にあたり、上司の指示で退職した元刑事たちが暮らすシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪ねる。

夏目惣一郎 - 西島秀俊
シェアハウス雑用係で、元警視庁捜査一課主任の警部補。潔癖で完璧主義者。手抜きや妥協は一切しない。融通が利かない不器用な性格。警察組織の中で自身の理想を押し通すことが難しくなり退職。伊達の誘いを受けて「メゾン・ド・ポリス」の雑用係として住むことになった。

高平厚彦 - 小日向文世
シェアハウス管理人で、元中野東署警務課課長代理の警部。空気の読めない天然おじさん。「メゾン・ド・ポリス」に自宅から通っている。料理の献立を考えて、おじさんたちの健康管理もしている。推理小説を愛読する推理オタク。刑事になるのが夢だったが、捜査から縁遠い部署に配属されてばかりで現場経験はない。

藤堂雅人 - 野口五郎
シェアハウス住人で元警視庁科学捜査研究所の第一法医科科長。キザで隙あらば女性を口説こうとする根っからの女好きでバツ3。科学捜査研究所にいた頃は所内のエースだった。引退後、伊達の誘いを受けて「メゾン・ド・ポリス」にやって来た。自室には研究&鑑定機器を取りそろえている。

迫田保 - 角野卓造
シェアハウスの住人。元柳町北署刑事課の警部補。高校卒業後に警視庁に入庁。交番、所轄地域課勤務を経て刑事課に配属され、定年まで約40年間刑事畑を歩き続けてきたたたき上げの刑事。昔気質の堅物な性格。30年連れ添った妻に離婚を切り出され、その後、伊達に誘われて「メゾン・ド・ポリス」の住人になる。

伊達有嗣 - 近藤正臣
シェアハウスのオーナーで、元警察幹部。東京大学法学部卒業後、警視庁入庁。各県警の課長、署長、部長、局長、本部長などを歴任。警察官僚でありながら、昔から事件現場での泥くさい捜査を率先し、たたき上げの刑事たちからの信頼も厚かった。ひよりを「メゾン・ド・ポリス」に招き入れ、捜査の手助けをする。

杉岡沙耶 - 西田尚美

瀬川草介 - 竜星涼

原田照之 - 木村了

新木幸司 - 戸田昌宏

スタッフ
原作 - 加藤実秋 『メゾン・ド・ポリス』シリーズ(角川文庫刊)
脚本 - 黒岩勉
演出 - 佐藤祐市(共同テレビ)、城宝秀則(共同テレビ)
プロデューサー - 橋本芙美 (共同テレビ)、芳川茜(共同テレビ)
主題歌 - WANIMA「アゲイン」(unBORDE/WARNER MUSIC JAPAN)
製作 - 共同テレビ、TBS


番組公式サイト
メゾン・ド・ポリス - Wikipedia

『メゾン・ド・ポリス TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
50音検索