2018年12月30日

スキャンダル専門弁護士 QUEEN TOP

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(スキャンダルせんもんべんごし クイーン)は、フジテレビジョン制作・フジテレビ系木曜劇場枠(毎週木曜 22:00〜22:54)で2019年1月10日から放送中。主演は竹内結子。


各話あらすじ
第1話 2019年1月10日「国民的人気グループに殺害予告!?リークされた熱愛写真解散騒動に隠れた嘘」 ※初回15分拡大(22:00 〜 23:09) 視聴率 9.3%
 法律事務所の危機管理部に勤める弁護士・氷見(竹内結子)は、政治家・林(山田明郷)が出席するパーティーに潜り込む。会場には従業員に扮した弁護士の与田(水川あさみ)や藤枝(中川大志)、事務員・真野(斉藤由貴)も潜入していた。仲間たちが騒ぎを起こして注目を集める中、氷見は、テレビ局の記者・東堂(泉里香)が林の息子・太一から受けたセクハラについて、林と駆け引きを繰り広げる。そんな中、鈴木(バカリズム)が副所長を務める事務所に、杏里(馬場ふみか)、桃子(中村ゆりか)ら4人組の人気アイドルグループ「フォレスト」の番組を担当するテレビ局のプロデューサー・深川(宇野祥平)から依頼が入る。

第2話 2019年1月17日「契約社員VS大企業のセクハラ騒動嘘か真か暴露本の罠」
 氷見(竹内結子)らは、大手広告代理店の人気クリエーティブディレクター・谷のセクハラ疑惑を調査する。谷も、同席した代理店の人事部長・貴美子も事実無根だと主張。被害を受けたという元契約社員・瑠璃の話を聞いた氷見は、要求通り谷に謝罪させると言い、与田(水川あさみ)ら一同を驚かせる。そんな中、瑠璃が暴露本を出すことが判明。世間の批判が瑠璃に集中する。

第3話 2019年1月24日
 鈴木法律事務所では、次から次へと舞い込む仕事に氷見江(竹内結子)と与田知恵(水川あさみ)は休みも取れないと愚痴っている。そんなところに、副所長の鈴木太郎(バカリズム)が新たなクライアントを招き入れた。マネージャの間宮智也(片山亨)、コーチの渡瀬美央(村岡希美)に伴われて現れたのは、フィギアスケート選手の相馬紀子(白石聖)だった。紀子の来訪に氷見たちは仰天するも、紀子の依頼内容を聞くと、さらに仰天することに・・・。

各話視聴率


概要
情報を操作し、影で社会を動かす存在“スピン・ドクター”を日本で初めて題材にするノンストップ・エンターテインメントで、6年ぶりの地上波連続ドラマ主演となる竹内結子が、主人公の危機管理専門弁護士・氷見江を演じる。水川あさみ、中川大志、バカリズム、斉藤由貴が演じる同僚たちと、破天荒なリーガル・チームを結成し、パワハラ、セクハラ、名誉棄損、損害賠償などのトラブルの渦中にいる人間たちを救い出すべく、人心掌握、情報操作といった特殊なテクニックを駆使して逆境を覆していく。


ストーリー 
大手の法律事務所に勤める弁護士・氷見江(竹内結子)の専門は危機管理。彼女の主戦場は、法廷ではなく、パワハラ、セクハラ、名誉毀損、損害賠償をはじめとする多様なスキャンダルや社会的トラブルの裏側で、クライアントからの依頼達成率は99.9%を誇る、知る人ぞ知る天才トラブルシューターだ。

そんな氷見のもとに、今日もさまざまなスキャンダルの対応依頼が舞い込んでくる。そのスキャンダルを巡って次々と騒動が起こる中、氷見は、逃げ場を失い崖っぷちに立たされている女性の心に寄り添い、手を差し伸べ、危機から救うべく奔走する。


キャスト
竹内結子
氷見江 役
大手法律事務所に所属する危機管理専門の弁護士。クライアントを社会的窮地から救い出すためなら、時にうそすら正義に変えて依頼を達成する。「危機にある女性の最後の砦」という信念を持ち、相手が誰であろうと言うべきことは言い、どれほどの逆境でも絶対に諦めない。

水川あさみ
与田知恵 役
氷見の同僚弁護士。危機管理専門の弁護士で、氷見にとっての右腕的な存在。冷静沈着で論理的な性格だが、怒ると手が付けられない一面も。たまに、言葉の端々から恋愛至上主義者であることをにおわせる。

中川大志
藤枝修二 役
氷見の同僚で、危機管理を専門にする駆け出し弁護士。容姿端麗でアメリカ最難関のロースクール出身という華やかな経歴を持つが、どんくさいミスをするなどどこか抜けている。困っている人を助けたいという思いは人一倍強く、氷見の仕事に圧倒されながらも懸命についていこうとする。

バカリズム
鈴木太郎 役
氷見が所属する法律事務所の副所長。生粋のおぼっちゃまで、舞い込んできた仕事は基本的に氷見たちに丸投げする。顧客のクレームにも動じないが、それが時に氷見たちを守っているようにも見える。

斉藤由貴
真野聖子 役
喜怒哀楽をほとんど見せず、マイペースに仕事をこなす、法律事務所の事務員。高度なハッキング技術を持ち、要望があればフェイクニュースを作り上げて世間を混乱させることも簡単にできる。バツイチの子持ちで、波瀾万丈な過去を持つらしい謎多き人物。

スタッフ
脚本 - 倉光泰子
編成企画 - 加藤達也
プロデュース - 貨川聡子(共同テレビ)、櫻井雄一(ソケット)
演出 - 関和亮
衣装協力 - ケリンググループ
制作 - フジテレビ
制作協力 - ソケット
制作著作 - 共同テレビ


番組公式サイト
スキャンダル専門弁護士 QUEEN - Wikipedia

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
50音検索