2018年11月22日

科捜研の女 第18シリーズ 第6話

2018年11月29日(木)よる8:00〜
第6話「飛行距離1200キロ!? 蝶が見た逃亡犯VS虫取り名人マリコ」

 日本の昆虫学の権威・花森栄一教授(岩松了)が自身の研究室の中で何者かに襲われ、意識不明の重体となった。花森の指先からドライジン、ライムなどが検出され、花森が事件前夜にバーでカクテルを飲んでいたことが判明。バー店主の話では花森は女性を伴い、6年前の罪を自白しようと思う、と話していたという。マリコ(沢口靖子)は現場に落ちていた蝶の標本に「2012.9.3 JH 宮内あすか」と書かれていたことを思い出し…。

 宮内あすか(小池里奈)は、大学附属病院の小児科に入院しているときに支援学級で花森から理科を教わっていた。土門(内藤剛志)とマリコが事情を聞くと、蝶はアサギマダラで6年前に病気の自分を救ってくれたのだという。

 6年前、花森の授業で渡り蝶のアサギマダラが無事に新しい世界にたどり着けたら自分も難病を克服できる、との願いを込め空へ放ったというあすか。やがてアサギマダラが種子島で見つかったという報告を受け、生きる力と勇気をもらったという。土門はバーで花森と一緒だったのはあすかではないか、と質問するが、あすかは曖昧に否定する。

 犯人の逃走経路と思われる門に残された指紋から、沖縄の不良グループの元リーダー・平良圭介(三浦孝太)という男が浮上した。平良は6年前に発生した未解決の現金輸送車襲撃事件の容疑者。この男と花森にはいったいどういう接点があるというのか?花森の罪とはいったい何なのか?

マリコが一匹の蝶からたどり着いた、衝撃の真相とは!?

第1話 2018年10月18日「マリコVS.殺人音楽隊 音程を外すと死を招くメロディ!?」
第2話 2018年10月25日「家事の裏ワザで完全犯罪!? マリコVS妻たちの殺人計画」
第3話 2018年11月8日「マリコが嫉妬!? 美人容疑者の"1000倍吸水トリック"」
第4話 2018年11月15日「殺された着ぐるみ!? マリコVSパワハラ美女の絶叫鑑定」
第5話 2018年11月22日「凶器をフリマアプリで売る女!? マリコ決死の爆買い!!」
第7話 2018年12月6日「山ごもり美女の殺人ブログ!? セレブを襲う銃弾と人参」

科捜研の女 第18シリーズ TOPへ
各話視聴率へ
2018年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2018年秋ドラマ視聴率一覧へ

『科捜研の女 第18シリーズ 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2018年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索