2018年11月18日

下町ロケット(2018年版) 第7話

第7話「帝国重工が佃をつぶしにかかる!逆転へ」2018.11.25 (SUN) O.A.

ある日、財前(吉川晃司)が佃製作所を訪れた。佃(阿部寛)らは笑顔で迎え、試作中のトランスミッションの説明をする。しかし、そこで財前が告げたのは、突然の取引中止だった。

聞けば、帝国重工の次期社長候補と目される的場(神田正輝)により、エンジンとトランスミッションの内製化の方針が急きょ決定したという。長年取引のあったヤマタニに仁義を通し、社運を賭けた挑戦だっただけに、佃をはじめ社員たちも抗議するが、板挟みの財前にはどうすることもできない。

さらに財前は、こんな状況でさらに厚かましいお願いをしなければならないと切り出した。それは、佃製作所が離脱するならプロジェクトを降りると言う野木(森崎博之)を説得してほしいというものだった。

自分たちは梯子を外され、そのうえ親友・野木の説得と、さすがに虫がよすぎると激昂する佃だったが……。

第1話 2018年10月14日「新シリーズ幕開け!ロケットから撤退か?夢を諦めずに立ち向かえ!!」
第2話 2018年10月21日「15億円をかけた戦早くも大ピンチ!愛とプライドをかけろ!!」
第3話 2018年10月28日「大逆転なるか!牙をむいた帝国重工に立ち向かえ」
第4話 2018年11月4日「涙の別れ!鬼の経理が退社!!裏切者は誰?逆襲へ」
第5話 2018年11月11日「完結!ゴースト編〜負けたら終わり!予想不可能な展開!!逆転なるか!?」
第6話 2018年11月18日「新シリーズに突入!この国の未来のために〜帝国重工との対決」
第8話 2018年12月2日「大企業に復讐しろ!中小企業VS帝国重工食うか食われるか!?」

下町ロケット(2018年版) TOPへ
各話視聴率へ
2018年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2018年秋ドラマ視聴率一覧へ

『下町ロケット(2018年版) 第7話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2018年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索