2018年11月08日

科捜研の女 第18シリーズ 第4話

2018年11月15日(木)よる8:00〜
第4話「殺された着ぐるみ!? マリコVSパワハラ美女の絶叫鑑定」

子供服メーカーのファッションイベント開催中、その控室で社員の渡辺和登(斉藤祥太)の遺体が、人気キャラクター「ヤンヤン」の着ぐるみを着ている状態で見つかった。着ぐるみの中からボイスレコーダーが見つかり、「目障りだから死んでよ、死ね」というパワハラとも思える女性の声が録音されていた。

 渡辺は、パワハラの実態を訴えようとして、その相手に殺害されてしまったのか…?

 マリコ(沢口靖子)らは、まず録音された場所を探る事に。音声は人ごみの中の様な雑音が終始入っていたが、音量が変化していない事から、その正体は「会話マスキング音」だという事が分かる。関係者以外に会話の音が漏れ聞こえるのを防ぐ為に流されているもので、被害者の職場にもこの音の発生装置があるとしたら…?マリコの睨んだ通り、被害者の部署・販売促進部の一室にマスキング音を流す装置があり、鑑定によって、ここで音声は録音されていた事が判明。

 社員の加藤に話を聞くと、被害者の渡辺は、女性が中心の職場の中で、仕事の出来るほうではなかったようで、日常的に上司の叱責を受けていた模様。やはり渡辺はパワハラを受けていた相手に殺害されたのか…!? 声紋検査でボイスレコーダーの声の主を探るため、部内で“邪馬台国の卑弥呼”と噂されるほど部下に高圧的な宝井日美子部長(国生さゆり)や名取摩耶課長(黒坂真美)、松川恵利香主任(篠原真衣)ら女性社員の声を録音していく。

 しかし、部内の女性社員たちとボイスレコーダーの声紋は一致しない。女性の声はいったい誰なのか?謎が深まる中、マリコが声の鑑定で暴いた、意外な真犯人の正体とは…!?

第1話 2018年10月18日「マリコVS.殺人音楽隊 音程を外すと死を招くメロディ!?」
第2話 2018年10月25日「家事の裏ワザで完全犯罪!? マリコVS妻たちの殺人計画」
第3話 2018年11月8日「マリコが嫉妬!? 美人容疑者の"1000倍吸水トリック"」
第5話 2018年11月22日「凶器をフリマアプリで売る女!? マリコ決死の爆買い!!」

科捜研の女 第18シリーズ TOPへ
各話視聴率
2018年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2018年秋ドラマ視聴率一覧へ

『科捜研の女 第18シリーズ 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 2018年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索