2018年10月02日

忘却のサチコ TOP

『忘却のサチコ』は、2018年10月12日から、テレビ東京系列において、ドラマ24枠 毎週金曜日の24:12〜24:52の時間帯で放送中。


概要
2018年1月にスペシャルドラマとして放送され好評を博した、阿部潤の同名コミックを原作にしたグルメコメディーを連続ドラマ化。スペシャル版に引き続き主演を務める高畑充希が、“鉄の女”と呼ばれる文芸誌のアラサー編集者・佐々木幸子を演じ、結婚式の日に新郎に逃げられたつらい記憶を忘れるために“うまいもの”を探し求めて奔走する姿を描く。


ストーリー 
完璧な仕事ぶりと冷静な性格から“鉄の女”と称される文芸誌編集者の佐々木幸子(高畑充希)。ところが、結婚式当日、新郎・俊吾(早乙女太一)がなんの前触れもなく失踪するという悲劇に見舞われる。そのつらい思い出から、幸子はおいしいものを食べることで得られる“忘却”の境地に目覚る。

それから数カ月後。幸子の周りには、放浪癖のある作家や引きこもりの作家、さらには空気の読めない新入社員が現れる。事あるごとに俊吾を思い出してしまう幸子は、一体どんな忘却グルメを選ぶのか!?


キャスト
高畑充希
佐々木幸子 役
文芸雑誌・月刊「さらら」の編集者。真面目な性格と完璧な仕事ぶりで“鉄の女”と称される。結婚式当日に新郎に逃げられたことから、そのつらい記憶を忘れるために、ひたすらに“うまいもの”を食べる。

早乙女太一
俊吾 役
幸子の婚約者だったが、結婚式当日に「幸子、すまない」という置き手紙を残してこつ然と姿を消した。料理上手で優しい性格。

葉山奨之
小林心一 役
月刊「さらら」に配属された新人編集部員。意識高い系男子。ゆとり世代だが、根は真面目で人の話もきちんと聞く。

逢沢りな
橋本玲奈 役
幸子の後輩の編集者。幸子の完璧な仕事ぶりを尊敬している。

重岡漠
大野恭助 役
幸子の同僚編集者。幸子の仕事ぶりに一目置いている。

上地春奈
岡田友里奈 役
幸子の同僚編集者。

ふせえり
佐々木和代 役
幸子の母。幸子の一番の理解者で、いつも気に掛けている。

吹越満
白井智昭 役
月刊「さらら」の編集長。幸子を心配し、温かく見守る。「要するに…」が口癖。

スタッフ
原作:阿部潤「忘却のサチコ」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中)
脚本:大島里美、狗飼恭子、山岸聖太
監督:山岸聖太、石井聡一、根本和政
プロデューサー:浅野太、井関勇人、木下真梨子、藤原努

エンディング:ループ/edda


各話あらすじ 平均視聴率 2.01%
第1話 2018年10月12日 視聴率 2.0%
 文芸誌の敏腕編集者・幸子(高畑充希)は、担当作家・姫村(長谷川朝晴)の新刊発売記念のサイン会に気合十分で挑んでいた。しかしふとした瞬間に、数カ月前、結婚式から逃げた婚約者・俊吾(早乙女太一)を思い出してしまう。幸子は必死に俊吾を忘れようとする。そんな中、サイン会でトラブルが発生。幸子は、問題解決のための秘策を思い付く。その後、幸子は偶然見つけた老舗店で、彼を忘れるために「ごぼうビーフ」を食べる。

第2話 2018年10月19日 視聴率 2.7%
 幸子(高畑充希)は、月刊文芸誌「さらら」での新しい試みとして、ライトノベル作家・ジーニアス黒田(池田鉄洋)に恋愛小説を書いてもらおうと提案する。だが、ジーニアスは引きこもりで、誰もその素顔を知らない。そんな彼が唯一、公開している自画像は、結婚式当日に逃げた幸子の婚約者・俊吾(早乙女太一)にそっくりだった。ジーニアスに原稿を依頼するために奔走する幸子は、彼の心をつかむため、ある方法を思い付く。

第3話 2018年10月26日 視聴率 2.4%
 編集部に新人・小林(葉山奨之)が配属される。小林は‘意識高い系’のモンスター新人で、先輩編集部員達は手を焼いていた。編集長・白石(吹越満)から教育係に任命された幸子(高畑充希)はいちいち屁理屈(へりくつ)をこねる小林にいら立ちを抑えきれない。そんな中、幸子は小林と共に、大御所作家・有村(大和田伸也)へ執筆を依頼しにいく。2人は有村に新作の依頼を試みるが、その有村から「書けない理由」を聞いた幸子は…。

第4話 2018年11月2日 視聴率 1.9%
 幸子(高畑充希)は編集長・白井(吹越満)と共に、作家の葬儀のために港町の神奈川・三崎に来ていた。幸子は、漁港で婚約者・俊吾(早乙女太一)を見掛けた気がして、またもや彼を思い出してしまう。そんな時、港で声を掛けてきた漁師は、俊吾にそっくりだった。「俊吾は記憶喪失なのでは」と疑う幸子の前に、妻を名乗る愛美(木下あゆ美)が現れる。その後、幸子は漁師に連れられて訪れた店で、名物のマグロ料理の数々を食べる。

第5話 2018年11月9日 視聴率 1.8%
 姿を消した婚約者・俊吾(早乙女太一)を忘れられない幸子(高畑充希)。そんな幸子には新たな恋が必要と、後輩・橋本(逢沢りな)が合コンに誘う。橋本の熱意に負け、参戦することにした幸子だったが、初めての合コンで大暴走してしまう。さらに、幸子はその場で幼なじみ・梶(清原翔)と再会。幸子が初恋の相手だと宣言する梶と、俊吾を忘れるためにデートをすることになる。そして幸子は懐かしの味・ナポリタンに出合い…。

第6話 2018年11月16日 視聴率 2.1%
 幸子(高畑充希)はいとこの結婚式に出席するため、宮崎へ。しかし、結婚式当日に婚約者・俊吾(早乙女太一)に逃げられている幸子はある症状を抱えていた。式までに気持ちを落ち着かせるため、宮崎の美食で俊吾を忘れようとする幸子。観光タクシーの運転手・日高(温水洋一)に、地元のおいしいものが食べられる店を巡ってもらった幸子は、忘却へと導く宮崎料理の数々に出合う。

第7話 2018年11月23日 視聴率 1.6%
 いとこの結婚式に出席するため宮崎を訪れている幸子(高畑充希)は、宿泊先のホテルで、結婚式当日に逃げた婚約者・俊吾(早乙女太一)を見掛ける。ところが、以前にも別人を俊吾と見間違えているため、彼だという確信が持てない。いったん心を落ち着けようと、観光タクシーの運転手・日高(温水洋一)から教えてもらった宮崎名物を食べることにした幸子。豪快な炎に包まれる絶品料理や、宮崎県民が愛する朝ご飯を無心に味わう。

第8話 2018年11月30日 視聴率 1.6%
 幸子(高畑充希)が教育係を務める新人編集者・小林(葉山奨之)は、大物作家・有村(大和田伸也)に執筆を依頼していた。ところが、その有村の新作が他社で発表され、編集長・白井(吹越満)は激怒。幸子は小林に同行して有村と会うことになるが、そこにライバル誌編集者・真由美(佐藤めぐみ)が現れる。さらに俊吾(早乙女太一)と再会したことで、妄想が加速してしまう。そして幸子は、全てを忘れるほど絶品のロシア料理を食べる。

第9話 2018年12月7日
 幸子(高畑充希)から、引きこもりのライトノベル作家・ジーニアス黒田(池田鉄洋)の担当を引き継いだ小林(葉山奨之)は、無理な頼みに悩んでいた。ジーニアスは大ファンだというアイドル・もぎか(岩田華怜)と対談することになったが、小林に自分の替え玉をやれという。相談を受けた幸子は、小林と共にジーニアスの元へ。その後、幸子はジンギスカンを食べ癒やされる。

第10話 2018年12月14日
 幸子(高畑充希)は、恋愛小説に関する文芸編集者の討論会に参加することに。ネットで生中継される会場には、幸子をライバル視する他社の尾野(佐藤めぐみ)の姿があった。幸子はテーマが恋愛なだけに、俊吾(早乙女太一)を思い出してしまう。その後、幸子は老舗店のオムライスを食べる。


番組公式サイト

『忘却のサチコ TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
50音検索